「どい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ どい[動詞]
本を置いとい  やうにとい  一切の清めなりとい  そのままにしとい  膏を絞られとい  いつかお預けしとい  十羽つぶさしとい  家を建て腐りにしとい  洲走りとい  ご利益をとい  帯をとい  影がどい  から此處は直ぐに立てとい  これも悪どい  誰が来たって、どい  都合しとい  態度が悪どい  袴をとい  前へでものせとい  ことをとい  誠意をもってとい  包みをとい  ゆうべからとい  於て、又もや長い手酷どい  草そこをどい  そこをどい  水も澄みきってるって、さんざん話してきかしとい  上り込まれとい  新聞紙を敷いとい  一雫垂らしとい  ことを云っとい  ことを考えとい  僕が云っとい  何処へなりとい  こともどうぞ云っとい  のを慣わしとい  朝米をとい  敵がどい  まま放っとい  腕組みをとい  時間置いとい  握りめしをとい  ことを、何より楽しみとい  謎をとい  から我慢しとい  ひもをとい  あいつの番号は入れとい  きまりだけはきちんとしとい  真っ直ぐ帰っとい  帳面から引いとい  年に似合わぬ悪どい  真から帯紐をとい  やめにしとい  さな鋭どい  掃除さしとい  ちゃんとしとい  約束しとい  胸でとい  これもつめとい  からうんざりするほど寝かしとい  お前ここへ立っとい  これを持って帰ってすっかり書きこんでもらっとい  から鍵とっとい  お方どいた、どい  小田も入れとい  土手においとい  麦をとい  店エ放っとい  奴があつたら、どい  紐をとい  ちょっと彼方へ行っとい  みんなに見せとい  ちゃんと口止めしとい  もの、おきとい  私がたのんどい  ものを作れとい  店を締めるから、どい  前置きだけ聴かしとい  小刀は、いくらとい  一ト晩さらしとい  蕎麦を持って行っとい  四円位にしとい  加減にきいとい  繩をとい  なかったんだな、いいつけとい  三十銭で取っとい  イヤ、どい  地蔵一体建立をとい  病的な、鋭どい  片隅に置いとい  のですから片づけとい  のも悪どい  のはどい  のは、いってえどい  どこのどい  今晩赤ちやんを寝かせるまで貸しとい  腕をとい  音に、時どき鋭どい  上にのせとい  始末させとい  樫がどい  傍へどい  あなたには、どい  申上げとい  無実を言いとい  浮きあがり泳げとい  ふだんあれほど云っとい  土地を分けとい  そこへ置いとい  前頼んどい  銭湯へでも行っとい  ようにいっとい  もんですか、まア取っとい  話、考えとい  無視して働かしとい  とき食券はとっとい  名をつけとい  仲間に入れとい  紐までとい  犯罪から犯罪へとい  極らずとい  眼が鋭どい  稗をとい  礼状は出しとい  あいだけ言っとい  んだから、そう言っとい  からって言っとい  ふうに、だまされていたか、どんなに悪どい  そこへ脱いどい  慰物にしとい  旅装をとい  火をみとい  スキ焼ぐらゐできるやうに支度をしとい  下へでも放り込んどい  こと云うてんと、置いとい  ここで休ましとい  いっぺん位しとい  うちへ置いとい  安次を置いとい  世話しとい  絵草紙の悪どい  屋根へ蒔いとい  ザブザブとやっとい  ような悪どい  から一處にお出とい  お前をひとり待たしとい  家へいってくるから、おとなしく待っとい  一つの鋭どい  腰帯をとい  何処のどい  状態にありとい  次はどい  人質にとっとい  しかしとい  ように云っとい  口止めをしとい  おれア日本室にしとい  まんま開け放しとい  もん寄っとい  さらなんだ、おもいとどい  八銭にしとい  茶に混ぜとい  刀をとい  ようにという、悪どい  それまでに考えとい  冷凍をとい  警察でもうっちゃっとい  不潔にしとい  私に任しとい  帯紐をとい  引きのばしとい  どこかに植えて、やはり生かしとい  あすこに置いとい  のだから、悪どい  縄をとい  鉄弓をとい  駒をとい  うちちょっと顔をだしとい  くさりをとい  布をとい  ずきんをとい  疑いをとい  先生がとい  荷をとい  博士をとい  用心しとい  一ぺん掛けとい  人よりも悪どい  中でとい  日本間にしとい  僕に任せとい  ふろしきをとい  ぢやなし、送り込んどい  お前朝頼んどい  國學者には、其のきはどい  支配して居り、少しきはどい  ように、いっとい  のも、いいかげんにしとい  これ、やっとい  のは、なおしとい  鉄ちやん、もう起しとい  さへとい  さつき代りを渡しとい  張つておけとい  注意しとい  前に置いとい  ところにためとい  枕もとにおいとい  毒牙をとい  カギを渡しとい  自分で話しかけとい  当分そッと放っとい  支度をしとい  十円だけ入れとい  ア買っとい  疳の鋭どい  段になって、その鋭どい  神経の鋭どい  静かなので、鋭どい  ものを仕舞っとい  気持ちをよく見とい  側においとい  奴はどい  机だよ、どい  モデル女だとしとい  から買っとい  がけない、こんなきはどい  赧うなっとい  今わてがよう謝っとい  こときいとい  鈴子はん今晩どないなるか知っとい  何しとい  お礼をいっとい  保護しとい  なぞを早くとい  から取っとい  君が払っとい  気持がよくなるまで延しとい  中に据えとい  あっちに行っとい  ときにしとい  上でとい  いかほど心を入れてとい  遺言書を書いとい  知らん顔をしとい  アブサントに溶いとい  一つ置いとい  帶をとい  研がしとい  火の粉が、うるしをとい  電報を打っとい  様子を見とい  正当防衛にしとい  晩に和えようじゃあるまいか、懸けとい  損ばかりしとい  嫌味な悪どい  綱をとい  爪をとい  ヴォトカを買っとい  人工姙娠をしとい  心理をとい  カルルがどい  三十万円出せとい  ためですよ。悪どい  手紙を出しとい  ちょっとしとい  ズボンツリをとい  巡査を呼びにいっとい  刃をとい  心に置いとい  ちよつと残しとい  ちよつと残しといてと頼んどい  からそうしとい  標本にしとい  相談しとい  ところを探しとい  思いをさせとい  そのままに放っとい  扮装をとい  それまでは呑むなといっとい  警察署としとい  やうにしとい  部屋で待っとい  畜生、どい  袱紗をとい  こっちゃないんだから放っとい  人々をとい  人を遊ばしとい  品まで考えとい  ものまで、こうしてああしてと考えとい  ないしょにしとい  此紐をとい  粉ミルクをとい  禁令をとい  バンドをとい  用なら、聞いとい  索をとい  しまえと云っとい  これも考へとい  方で立替えとい  進げようと思って、とっとい  お礼申しとい  わけに行かず買っとい  皆へ云っとい  石濱君にでも会うたら、よろしく云っとい  乘れとい  水にとい  ところでとめとい  んだから、教えとい  大事に取っとい  ところにありとい  實を記したるのみを見て悟れとい  理想ありとい  ものありとい  談理を斥けずとい  沒却理想なりとい  觀にありとい  理想におなじきかとい  哲學を讀めとい  再現なりとい  沒理想なりとい  觀あるべからずとい  根據なりとい  理想なりとい  吹聽して呉れんずとい  たてがみをとい  用意をしとい  さっき上げとい  細引をとい  首から細引をとい  糊をとい  ネクタイをとい  意識せるとい  わらをどっさり、入れとい  つて悪どい  米をとい  用意しとい  やつらを嚇しとい  口を利いとい  酌もせんどい  君ちゃん、どい  こっちさ来るどい  餅を搗いとい  私がとい  海水でとい  變に鋭どい  妙に鋭どい  数学をとい  二発だけ入れとい  ゃあしゃあとした面をしていても、どい  高札を立てて脅しとい  それとしとい  ここに待っとい  んですから、ようく見とい  んですけど、いいかげんにしとい  もう少し待ってくれと、そう申しとい  お百度踏ましとい  ように縫っとい  挿んどい  搖り戻しとい  縁に近寄り、きはどい  んだから、取っとい  相手に対して常に人なつこい、寂しがりとい  草鞋をとい  圭角をとい  まま抛っとい  ここへ持っとい  帆村さんに渡しとい  脅迫状をのせとい  わしに委しとい  ちょっと眼を開けて見とい  厩へ繋いどい  吉蔵をとい  人をさんざん待たせとい  大きなお世話じゃないか、どい  一生貧乏さしとい  人を転がしとい  理窟じゃねえか、いいかげんにしとい  模様は、こうして極どい  於て鋭どい  んだ、どい  楽しみに取っとい  話で釣っとい  ひとりで放っとい  五分にしとい  真面目に考へて見とい  私が入れとい  あたしに教えとい  連絡をとっとい  うたがいをとい  地面に立てて置いとい  露路へはいりながら、しどい  権助をつかまえとい  ように食っとい  枕もとに置いとい  金にして貸せとい  部屋をとっとい  のはしどい  脇にどい  ことをよろこびとい  あたしに任しとい  そのまま、うとうととい  行乞米を下さいとい  中へ入れとい  特殊な鋭どい  唇もしめさずに凝っとい  子供を放っとい  名前をしっかり見とい  から預っとい  ワキに置いとい  そこに置いとい  安心しとい  ポーズをさせて寫しとい  ケガしとい  俺の鋭どい  古賀さんは、深い鋭どい  手首から紐をとい  手をとい  ロープをとい  信号をとい  岩がどい  鮓でも食べとい  そっちへ置いとい  ッちゃっとい  そいつは、斬っとい  追放しとい  保証しとい  早田にいっとい  ことをしとい  手があってもなくても、どい  自分は置いとい  ここへ置いとい  私を隠しとい  難題をとい  方としとい  あれなりにしとい  台の下へ貼りつけとい  弁信さん、だまっとい  小野さんに宜しく頼んどい  から頼んどい  万事おれに委せとい  偏執に困らされても、悪どい  爪牙をとい  コレ位に負けとい  事ぐらいにしとい  駐在所にゃ届けとい  洗いに作らせとい  一人前用意しとい  酌だけさせとい  奥儀をとい  のろいをとい  馬鹿臭いから埋めとい  リスリンでとい  繃帯をとい  俺を縛れとい  俺を切りきざめとい  うちにおいとい  小言を云っとい  から黙っとい  厭だと云っとい  お祖母さんから借りとい  ごらんなさい、と云っとい  ことなら、黙って貰っとい  次にするから、宜しくやっとい  ようにしとい  加減にしとい  琉球言葉をつかってならんと言っとい  針金をとい  綱をつけとい  軍部に委しとい  お鍋を温めとい  陣容を、教えとい  願いは、極どい  いくらでも頼まれてあげるから、持っとい  後からついとい  太閤さんを止めとい  蔵へ預けとい  捌口を拵えとい  とこにいたと言っとい  殆んどい  無明がありとい  キキーと鋭どい  坊主が鋭どい  機鋒の鋭どい  味噌まけとい  ぼや聞いとい  たんのとっとい  高等学校だけは、やっとい  桃配りとい  遠慮せんと待っとい  妓を知っとい  よう知っとい  ところ、どい  辺に置いとい  金なりとい  伯父さんにはうまくいっとい  ことは、控えとい  君を寂しくしとい  燈を消しとい  樣な鋭どい  様な鋭どい  たか知らとい  打遣っとい  笑いにまぎらしてとい  無事にしとい  猫はどい  交番に寄って、話しとい  んだから、放っとい  消毒液をとい  秘密にしとい  加減にごまかしとい  んだ、待っとい  一読しとい  さきに書いとい  奴かどうか見とい  背中が少しどい  くに何物かあるべきもしありとい  是非聞いとい  穴にさし込んどい  朗らに鋭どい  合図しとい  人間をこうやっとい  火鉢に当らせとい  自動車を待たせとい  金庫に入れとい  結び目をとい  ことを何よりの楽しみとい  それじゃ、まあ、置いとい  後をつけて来て、つきとめとい  言を永うしとい  交りて在りとい  俺につけとい  寄りするって言っとい  コースチャ、帰っとい  わが輩一人に働かしとい  百は残しとい  ことは放っとい  から人を起しとい  抽斗しに仕舞っとい  自分で言いだしとい  お母さんに預けとい  腹を切れとい  実家にずつとい  ウサギじるをたのんどい  水差を置いとい  婆やとい  奥様、ふふん、どい  ヤブレカブレ、どい  間置いとい  社会にとい  ちやんと、知らしとい  三十円くらい置いとい  拝借をしとい  ことだが浅どい  妹たちが来たらその溜めとい  野村は鋭どい  いつまでも置いとい  御飯粉か置いとい  髪をとい  里春を殺るとしたら、どい  何でも書いとい  静かにさしとい  お湯をわかしとい  絹の鋭どい  ソツとしとい  状は出しとい  みんな頼んどい  とき話しとい  緊り縛り付けとい  光を消えるに任しとい  真似だけにしとい  俥なぞ待たしとい  父さんにも頼んどい  文章でとい  人々にどい  梢はあれどい  ヒモをとい  癖があったの、言っとい  旅館で待っとい  二時ごろまで、ひきとめとい  サルマタも脱いどい  姐ちゃんも寄っとい  ものが、そんなに悪どい  宛名で、随分しどい  んなら、いて見とい  もの皆持っとい  纜をとい  内緒にしとい  おしまいなすっとい  ために、納めとい  ために納めとい  あなたからよろしく仰言っとい  ことも聞いとい  ままにさせとい  甲谷さんに仰言っとい  日本人だけ出しとい  貯金みたいに貯めとい  ここをどい  手紙を読んどい  増がもとい  暇を見て、しとい  風呂を見とい  肴にとっとい  唐突で、悪どい  顔あらっとい  お前巻パンを入れとい  僕に貸しとい  方は、うっちゃっとい  ことを、心からよろこびとい  内所にしとい  商売をやらしとい  中に入れとい  女と戯れる悪どい  潮水でとい  私室で、しきりに悪どい  顔をとい  ものころがしとい  三尺をとい  壺にかくすとい  笊へあつめとい  勘弁しとい  花道見とい  者にもだまっとい  めにあわさんとい  姉さんにばかり働かしとい  のを放っとい  静にさしとい  掃除しとい  からオジサンも覚えとい  ひとつ注射しとい  名刺あげとい  前から約束しとい  接近してこの鋭どい  四十そこそこまでとい  からな、そう言っとい  承知しとい  所に引返して、そう言っとい  礼を言っとい  利息を執っとい  事は、ほうっとい  俺をやっとい  欺しとい  番をさしとい  誤解をとい  そッと切っとい  帳面へ書き込んどい  罪なりとい  綿だけ押し込んどい  ハンカチをとい  課題をもとい  機械を片附けとい  乱雑がねくたれてゐて悪どい  それで負けとい  談をとい  傍からどい  討しとい  間、そっとしとい  うちに作っとい  温かにして、とっとい  外に出しとい  旦那放っとい  のに放っとい  頁をとい  言葉か、どい  君から電話かけとい  から掛けとい  気を付けて行っとい  電話をかけとい  先に入れとい  新高運転手が見とい  腕押しとい  自分が殺しとい  さに、兼ねてとい  中にぽっつりとい  饂飩粉を薄くとい  噺ひとつ稽古しないで遊ばせとい  文楽さんにそういっとい  御簾を下ろしとい  人格にありとい  勉強室にしとい  俺だってバスケットを坐らせとい  お預けしとい  仕事場においとい  山に置いとい  先日もいっとい  禁足しとい  とおり、やっとい  アンタに見せようと思って繋いどい  気にせんで行っとい  穴をあけとい  朝になるとそっとしまっとい  煙草を出せとい  返事しとい  人に言っとい  やうに言っとい  うち台本を置いとい  誰だ、どい  天下り委員会にまかしとい  腰縄をとい  からそう思っとい  さん一人置いとい  船をとい  それからいかだをとい  武装をとい  徹底的樹て直しとい  ようだが、どいたどい  餅まきがあるとい  皇帝は悪いって殺しとい  念を押しとい  錠だけかけとい  面倒見とい  約束をしとい  それ取っとい  おとうさんに会ってかないからよろしくって、いっとい  ビール、取っとい  ビールを取っとい  慨嘆も好いが、きはどい  そこをよう見とい  兎に角授乳は控えとい  ことを言っとい  ように言っとい  ヨシオに言っとい  ここに置いとい  処へ行っとい  町へ置いとい  脇きへどい  ことは含んどい  つて来とい  君のといつしよに活かしとい  紅葉ありとい  医者を呼ぶとしたら、どい  不思議をとい  当分ないしょにしとい  筈なりとい  万葉集をひもどい  ここへ出しとい  おばさん、謝っとい  序に訊いとい  お客さんに明けとい  考へとい  ことを話しとい  返事をしとい  お通ししとい  さんは、しどい  蔓を伸びるだけ伸ばしとい  ぐあいに髪をとい  ような鋭どい  鵯が鋭どい  お前ちょっとこれ沸しとい  ひとに喋らせとい  そつと、しとい  寐かしとい  かい敷いとい  ひとつおまけにいれとい  んにとっとい  もんで、しまっとい  分散しとい  絶望せるが故なりとい  中に捲き込まれたが、しつかり掴まつとい  おれやないとしたら、どい  品物を出しとい  ころはしどい  から待っとい  考え何とかとい  金を入れとい  野郎を生かしとい  工場へ行っとい  二人で行っとい  もっと放っとい  水を飲ませとい  うちに細いながらかなり鋭どい  人に向って鋭どい  人の鋭どい  妾にお見せとい  それから帯をとい  芝海老を煮とい  乾草を押し込めとい  ちやんと、覚えとい  つたのが、どい  縛しめをとい  肉切ぼうちょうをとい  奴を持っとい  らかしとい  から泊つて下されとい  方の、しめくくりとい  いましめをとい  のし一人ば置いとい  二つ三つ買ってあげとい  真田紐をとい  んだよ、だから放っとい  話にしとい  電話をくれとい  電話しとい  包み紙をとい  大事にしまっとい  それくらゐにしとい  犬を繋いどい  ボタンをつけとい  留守番をしとい  ちょっと洗って来るから、待っとい  日々兼而思付所をせいとい  ちゃんによろしく云っとい  主題を選ぼうなどとしないで、どい  吉里さん、そうしとい  直ぐにとい  うえにねかしとい  鎌をとい  たくさん麦を打っとい  のすら既に悪どい  めつきは、ながしめとい  からそうっとしとい  ままそうっとしとい  裸にしとい  貴方は放っとい  階下に行っとい  私からいっとい  言伝てをしとい  荷造りをとい  引越荷物をとい  私、貰っとい  背後に立ってるなあどい  あっちへ行っとい  忠告しとい  鼻を伸ばしとい  子供たちを遊ばしとい  當分置いとい  泥棒をしとい  安心さしとい  ことをよく頼んどい  舷へ立てとい  ベル、とめとい  お父さんにそう言っとい  一円ほど入れとい  腕組をとい  邪魔をしとい  風をしとい  学校へでもやっとい  繋留をとい  流し元へ置いとい  先生に預けとい  此方へ呼んどい  さへせんと、まだ置いとい  彼方へ置いとい  どこかへ入れとい  水が、随分しどい  眼をつけとい  これ、貰っとい  勝手にさしとい  毛布をよくかけとい  あれくらい云っとい  筈ですから、受取っとい  種を蒔いとい  貧者余閑無しとい  田舎有りとい  もっと開けとい  内所で入れとい  枝ふりとい  方から、放っとい  何をとい  お出で願わずともよし、と打っとい  無理に、と入れとい  床をとっとい  連絡するが、宜しく言っとい  僕がすっかり教えとい  もと通りに入れとい  此処に置いとい  人もありとい  ぶんで鳴らしとい  姫魔法をとい  縁の鋭どい  聴取しとい  半時ばかりで帰って来るから、よろしくいっとい  候へどい  索とをとい  雨にも流されないほどに執念深く、鋭どい  脂肪を少し余計持っとい  幾通かとどい  覚悟をとい  正体をとい  今附馬牛村にありとい  下へおいとい  一所に貰っとい  隠元豆を蒔いとい  上にひろげとい  つてをれとい  なぞをとい  裏へおいとい  交叉をとい  者には思わせとい  挿話でよろこばせとい  大将、拾っとい  ものなら貰っとい  相手にしとい  あっち行って泊らしてもらっとい  散歩しとい  鎌を取っとい  ナイフをとい  ぶらんこをとい  ロープはとい  紙を持っとい  水でとい  耳目をとい  おかみさんにもそう言っとい  やうにさせとい  四挺だけとい  者ありとい  法令を祈りとい  失へりとい  姿なりとい  中にとい  むる力ありとい  下にありとい  籠むべしとい  今日だけ願っとい  金を渡しとい  割合にしとい  ことだからと思って取っとい  のは、どい  上山さんには、黙っとい  のだと、しとい  せいだと思ったらしく、悪どい  客の帰り去るを御帰りとい  臆病なりとい  意にとい  すゝむるについてやはり別々にとい  ます意だととい  かたっぱし洗って、どい  さまをほめとい  金を出させとい  縫込みへこっそり入れとい  いねえよと、言っとい  おいいなせえよっていっとい  どれがどい  沙汰なりとい  失敗なりとい  唯だ当然なりとい  反対なりとい  初めから、もう暫く放っとい  名のりてえが、ところで、どい  坊さんのつとめとい  對なりとい  門ありとい  給へりとい  汝にありとい  こさまにとい  惡しとい  法によらずしてとい  北部にありとい  あれを何ととい  警戒をとい  一頁をひもどい  んだから、どい  末に、ようようとい  おもちゃだと思ってしまっておいたかもしれねえが、どい  二つばかり貸しとい  預りしとい  工合よう言うて頼んどい  伯父さんにもよう頼んどい  のか、しきりとい  お前見とい  心に浮べんとい  さきにとい  反映なりとい  おれたちは貰っちゃおらぬし、取り上げるだけは取り上げとい  左翼くずれがうじゃうじゃとい  ままおいとい  あたりに鋭どい  外に立てどい  人にあふことい  しろ、どい  とっくり聞いとい  まんまにしとい  つの繩をとい  写生しとい  貯金しとい  ものなりとい  傍にどい  剃刀をとい  ゆっくりしとい  二円返しとい  葬式金に残しとい  二円かえしとい  軽妙江戸前のが多々とい  油でとい  孔雀石をとい  そつとしとい  なに、どい  編隊をとい  方でとい  あっちへどい  ちょっと横にどい  皆、どいたどい  こっちへどい  胡麻化しとい  さん呼んどい  ひとりでおいとい  ひとりで寝かしとい  ものにしたならば、どい  手綱をとい  松から手綱をとい  倭種なりとい  比彌とい  あたしに借しとい  今から言っとい  いつまでもそこに入れとい  頭においとい  頭に乗っけとい  わきへどい  歌集を世にとい  様にとい  検査があるとい  子供らしく、ちょいとどい  内証にしとい  ものをこしらえとい  湯にとい  湯でとい  戦術家が生れて、どい  飯のしたくをさせとい  ここへ来たら、そういっとい  構はぬ、とつととい  一人前に見とい  ゆつくりとい  人を早う早うと起こしとい  もんだと云っとい  四〇すげはらとい  とこへ入れとい  三日月パンを入れとい  下すっとい  山左にあずけとい  味方をふやしとい  よしにしとい  事を一寸のばしにのばしとい  んだから、なんにもしないで置いとい  一人で死なしとい  道具はずれを叩いとい  事を言っとい  癖に、しどい  ゃっしゃっと米をとい  若旦那を降しとい  水だけでとい  脚絆をとい  あとで閉めて、預っとい  ために働いてためとい  弁当箱をとい  から火を沢山熾しとい  用意はいいからとそう申しとい  だれかに借りとい  おかまひなしとい  何かをとい  張込をとい  ものを語れとい  絵との悪どい  お話しなすっとい  勝手に使っとい  フロシキ包みをとい  いっしょに払っとい  手に取りて、開き見んとい  四年もつらまえて置いとい  今夏休みですがね、遊ばしとい  いふ算術をとい  先へ投げあげとい  四つもやっとい  とこで待っとい  ただ名前を貸しとい  ままにしとい  ちよつと、どい  婆汁などといふ悪どい  本当ならば、こんどい  當ならば、こんどい  歩いてるに過ぎないから放っとい  暫らくそのままにしとい  ところを拵えとい  薪も割っとい  空き家にしとい  今夜はいつもよりよけい休んどい  うちにとい  形見だから、執っとい  粉をとい  かたも見とい  上でぴくりぴくりと鋭どい  三たび鋭どい  電報うっとい  過去をひもどい  種え蒔いとい  生み附けとい  もっと悪どい  幾度分も研いどい  骨董品とか、何とかしとい  自由にさしとい  泊りに来ないでいいと言っとい  電話をしとい  だんだん疑問をとい  疑問をとい  そうな悪どい  米原雲海さんが拵えた悪どい  



前後の言葉をピックアップ
トアルハ  トアロード  トア・ズン・ドル  トア・ホテル  釈い    解い  溶い  とい  問い


動詞をランダムでピックアップ
映ろうすり寄っ溜めこん出会う慨しきわだて押える出払っ納まなりたちようする掘り出そこおりうやまえくり抜いたとえる差し上げ旅立たぶらつこ
形容詞をランダムでピックアップ
まぶしいよろしくっ粘しかいがいしくあぶなっかしく懶し弱々しく物すさまじきひ弱かっとめどなき荒あらしい嬉しけりゃ敢無心弱き野暮臭く甘し異い痒くしおらしかっ