「とらえ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ とらえ[動詞]
真相をとらえ  順序にとらえ  ところばかりをとらえ  子どもがとらえ  流動において感じられ、とらえ  上にとらえ  存在そのままにとらえ  石太郎ととらえ  リレーをとらえ  ことをとらえ  視界にとらえ  冷静にとらえ  なかにとらえ  機会をとらえ  阪井をとらえ  袖をとらえ  心をとらえ  薫りをとらえ  不断で、またとらえ  手にとらえ  飼人をとらえ  こんどはきっととらえ  スミス警部をとらえ  海賊船にとらえ  一人をとらえ  幻覚にとらえ  女をとらえ  老婆をとらえ  間にとらえ  家族全員をとらえ  性分にすっかりとらえ  僕をとらえ  腕をとらえ  錯覚にとらえ  無線電話もたやすくとらえ  現実をとらえ  菊をとらえ  幸福をとらえ  自身をとらえ  日本服姿をとらえ  現実としてとらえ  カラーでとらえ  フィルムにとらえ  カメラによってとらえ  カメラはとらえ  波をとらえ  カメラが、とらえ  カメラがとらえ  きれいにとらえ  中央に、ぴたりととらえ  広角でとらえ  なかに小さくとらえ  スローモーションでとらえ  サーファーをとらえ  沖合いをとらえ  重ねあわせでとらえ  角度から、とらえ  ふたりをとらえ  真正面から鮮明にとらえ  中央にとらえ  アップでとらえ  近接撮影でとらえ  蒸気機関車を美しくとらえ  シルエットでとらえ  一瞬をとらえ  サーフをとらえ  波がとらえ  不幸にとらえ  怪塔王をとらえ  コンピューター社会としてとらえ  場合が目立ってとらえ  唇をとらえ  それをとらえ  若い男性をとらえ  双眼鏡でとらえ  ふうにとらえ  嗅覚がとらえ  康子をとらえ  真相はとらえ  本質的にとらえ  心理をとらえ  モメントとしてとらえ  現実がとらえ  店をとらえ  相応がとらえ  胸倉を引っとらえ  人をとらえ  臂をとらえ  根本義をとらえ  手首をとらえ  感じにとらえ  私をとらえ  眼をとらえ  瞬間をとらえ  最初にとらえ  その後にとらえ  鶴をとらえ  読者をとらえ  曖昧にしかとらえ  おふくろなどをとらえ  句想をとらえ  情にとらえ  少女をとらえ  あやしい非人をとらえ  巧くとらえ  中にとらえ  美男子をとらえ  のでなく、とらえ  真理をとらえ  男を探し出して召しとらえ  全面的にとらえ  わたしをとらえ  彼をとらえ  巧みにとらえ  敏感にとらえ  シカととらえ  悲劇として、とらえ  題材をとらえ  人間性においてとらえ  手頸をとらえ  それにとらえ  情景のまざまざととらえ  敏速にとらえ  窪川をとらえ  壺井繁治をとらえ  うちにとらえ  点をとらえ  文学にとらえ  作家をとらえ  なかった視点から自分自身をとらえ  要素ととらえ  危機に重ね合わせてとらえ  肯定的にとらえ  娘をとらえ  ものをとらえ  曹操をとらえ  モメントをとらえ  異をとらえ  目がとらえ  リアリスティックにとらえ  繩にとらえ  聴く者をとらえ  痕跡をとらえ  何物にもとらえ  女中をとらえ  ゴーリキイをとらえ  人物をとらえ  鳥獣をとらえ  特色をとらえ  中でとらえ  泥棒をとらえ  千二をとらえ  些細なことをとらえ  問題をとらえ  機会でもすぐとらえ  于禁をとらえ  女猿廻しを引っとらえ  手に、引っとらえ  機をとらえ  脳波をとらえ  シルエットをとらえ  響きをとらえ  微細に、そして、鋭くとらえ  特徴をとらえ  現場をとらえ  丁坊をとらえ  言葉尻をとらえ  ニンゲルをとらえ  神さまをとらえ  君をとらえ  正体をしらべたり、とらえ  私が引っとらえ  一室にとらえ  首をとらえ  ことばじりをとらえ  好奇心にまたとらえ  両手をとらえ  脇をとらえ  念にとらえ  疑惑にとらえ  警官にとらえ  客観的にとらえ  若い精神をとらえ  行人をとらえ  気持ちをとらえ  鯨をとらえ  ものの見かたやとらえ  個性豊かにとらえ  ものを実にうまくとらえ  関係さえとらえ  コントラストだけがとらえ  彼女をとらえ  そこにとらえ  すべてフィルムにとらえ  レンズがとらえ  視覚でとらえ  二人をとらえ  どこまでとらえ  腕を、しっかととらえ  キヨをとらえ  意地悪くとらえ  感じがとらえ  こいつうろんと引っとらえ  ため、とらえ  技曲芸をとらえ  眸をとらえ  袂をとらえ  男をとらえ  徒然をとらえ  手もとをとらえ  作品でとらえ  女官をとらえ  上半身をとらえ  自分をとらえ  執行をとらえ  尻帯をとらえ  女性をとらえ  状景をとらえ  児童をとらえ  尼ヶ崎附近にとらえ  蟹をとらえ  乳房をとらえ  途にとらえ  こなたでとらえ  道誉はとらえ  なかった私をとらえ  それについてとらえ  手に引っとらえ  逆にとらえ  兵馬をとらえ  お姫様をとらえ  恐怖にとらえ  卒をとらえ  爆音をとらえ  敵機をついにとらえ  帯をとらえ  姿をとらえ  利き腕を引っとらえ  動きを、とらえ  子がとらえ  幼尼からとらえ  西台をとらえ  直冬をとらえ  効果がとらえ  安全燈の光りをとらえ  ようにとらえ  手足をとらえ  意識にとらえ  競争意識にとらえ  狂猛な苛立ちにとらえ  霊感をとらえ  手をとらえ  不安にとらえ  さにとらえ  ために、うまくとらえ  心を深くとらえ  秀吉をとらえ  手綱でとらえ  懸念にとらえ  途中をとらえ  機会を進んでとらえ  お前をとらえ  肩をとらえ  罫紙をとらえ  青年をとらえ  旅人をとらえ  胴体をとらえ  悪魔的意志とにとらえ  理知とはとらえ  心はとらえ  喉元をとらえ  批評家をとらえ  魅力にとらえ  彼はすっかりとらえ  魅力にまだとらえ  楽長をとらえ  喜悦とにとらえ  力をとらえ  悪夢にとらえ  崇拝にとらえ  手袋をもってとらえ  欲求にとらえ  思いにとらえ  嘉門にとらえ  モメントとし、とらえ  仕事がとらえ  機会がとらえ  自責の念にとらえ  肱をとらえ  源氏をとらえ  敏活にとらえ  偉大さにとらえ  形体をとらえ  襟をとらえ  観念にとらえ  娘たちをとらえ  煩悶にとらえ  いつか好機会をとらえ  手をおとらえ  胃下垂をとらえ  眼つきのとらえ  情緒にとらえ  情熱にまだとらえ  感情からしだいにとらえ  彼にとらえ  病苦にとらえ  銀様をとらえ  物、引っとらえ  これらをとらえ  後ろから彼をとらえ  クリストフをとらえ  カネーをとらえ  疲労にとらえ  妄想にとらえ  人を引っとらえ  空気とにとらえ  彼がとらえ  彼女に駆け寄ってとらえ  習慣にとらえ  生活にまたとらえ  情熱にとらえ  ふいに両手でとらえ  心痛にとらえ  網にとらえ  八時間以来自分をとらえ  創造力にふたたびとらえ  逆上にとらえ  五稜郭でとらえ  政府にてむかい、とらえ  ほうへもどって、いきなり引っとらえ  魂をとらえ  瞬間にとらえ  端をとらえ  願いにとらえ  みごとにとらえ  喉首をとらえ  方向でとらえ  間婦人大衆をとらえ  ソノ子をとらえ  小生をとらえ  森本をとらえ  職工たちをとらえ  若い心情をつよくとらえ  感覚のとらえ  生活をとらえ  慣習にとらえ  枠内にとらえ  経験をとらえ  不自然さをとらえ  可能をとらえ  機微をとらえ  玉藻をとらえ  女人をとらえ  肘をとらえ  女などとらえ  わしがとらえ  高をとらえ  一空さまをとらえ  話題をとらえ  方が更に引っとらえ  於てとらえ  感銘をとらえ  可能性をとらえ  儲のとらえ  機会をもとらえ  正当にとらえ  発展的にとらえ  全身をとらえ  怪放送をうまくとらえ  ふしぎな話題をとらえ  架空的にとらえ  カヌーをとらえ  正反対のとらえ  かたは、どんなとらえ  物理的にとらえ  三十分をとらえ  印象的にとらえ  全体的にとらえ  一人物をとらえ  しんから歴史をとらえ  具象性をとらえ  どこでとらえ  移動でとらえ  手をひしととらえ  老媼をとらえ  姿を、とらえ  萩野をとらえ  対象をとらえ  目をとらえ  大騒ぎしてとらえ  山賊をとらえ  労働者をとらえ  藤森成吉をとらえ  ローレンスがとらえ  運命にとらえ  題目をとらえ  ゴルドンらがとらえ  おとし穴でとらえ  類をとらえ  海ひょうをとらえ  いまケートおばさんがとらえ  ホーベスをとらえ  人間群をとらえ  人生を深くとらえ  現象だけをとらえ  複雑さではとらえ  中に大きく強く、とらえ  とおりにとらえ  量感をそのままとらえ  性格をとらえ  世界にとらえ  隈なくとらえ  人々をとらえ  ものとしてちっともとらえ  積極的にとらえ  中へとらえ  暖昧なとらえ  さとでとらえ  風景のとらえ  女性を包みとらえ  髻をとらえ  気持をとらえ  きっかけをとらえ  視線はとらえ  斜め上からとらえ  見事にとらえ  存在だととらえ  リアリズムをとらえ  鋭利にとらえ  息子がとらえ  於てだけとらえ  隙をとらえ  興味をとらえ  生命力としてとらえ  物思いでは、とらえ  具体的にとらえ  積極的なとらえ  から組織をとらえ  こころをとらえ  特長をとらえ  精神をとらえ  習慣をとらえ  面をとらえ  誘惑にとらえ  苦痛にとらえ  以上に長くとらえ  ディテールをとらえ  捕吏にとらえ  男をおめおめ手放してしまって、今更とらえ  二面鏡にとらえ  リアルにとらえ  誰かがとらえ  生きいき現実的にとらえ  猫をとらえ  お坊さまをとらえ  片腕をとらえ  姿でとらえ  複雑にとらえ  心を強くとらえ  下女をとらえ  革命的実践としてのみとらえ  正確にとらえ  署長にとらえ  局面をとらえ  東京人民大会でとらえ  手あたりしだいにとらえ  海鳥をうんととらえ  人にとらえ  正覚坊をとらえ  かめをとらえ  口でとらえ  端々をも瑞々しくとらえ  片影をとらえ  ダネックをとらえ  私ども百姓の子供をとらえ  通信をとらえ  徒をとらえ  筆によってとらえ  図式をとらえ  完全にとらえ  四十を越してとらえ  龍雄をとらえ  雪子をとらえ  情景のとらえ  大坂表で、とらえ  しかしいよいよとらえ  平八は、とらえ  片隅にとらえ  魔術にとらえ  話をとらえ  感覚でとらえ  視線をとらえ  丸彦にとらえ  愛情にとらえ  ものとしてとらえ  憂悶としてとらえ  漱石はとらえ  中心的点で、しっかりとらえ  しんから音をとらえ  力がとらえ  現象をとらえ  運行をとらえ  方へとらえ  姿としてとらえ  現象的にとらえ  作者がとらえ  失言をとらえ  ロボーをとらえ  流れをとらえ  其にとらえ  性格においてとらえ  彼はとらえ  わけではないので、ほんの軽くとらえ  下をとらえ  暇をとらえ  首筋をとらえ  好機をとらえ  ことをこんなに引きとらえ  襟を引っとらえ  彼のとらえ  容易にとらえ  真髄をとらえ  輪廓においてとらえ  フランス人によってとらえ  動きと共にとらえ  段階においてとらえ  表現をとらえ  潜在意識的モメントとしてとらえ  さきでとらえ  きっかけをのがさずとらえ  機微などよくとらえ  鳥をとらえ  頭から私をとらえ  私達をとらえ  民族的特徴をとらえ  生気をとらえ  あやしい男をとらえ  原因をとらえ  怪星ガンにとらえ  三根夫さんはすぐとらえ  号をとらえ  意味はついにとらえ  断面をとらえ  意味づけによってもとらえ  姿がとらえ  自然法則はとらえ  錯雑がとらえ  



前後の言葉をピックアップ
捕らえ  捕らえよ  捉えん  捕え  捕えよ  捕えれ  捕らえれ  捕らえん  捕えん  とらえどころ


動詞をランダムでピックアップ
居れ預かる薄め悟るかけはなれる値すがっ押し入りひろげ身まかれ替えんつかれよぬかずき連出さほめよおる逃げ帰れ召捕っ賭する置い
形容詞をランダムでピックアップ
騒がしい物ものしいとおかっ鋭けれかぼそき物足りないあぶなけれ空々しき長かろまるくくちからからし逞しき弱弱しい程遠きおそろしけれ気疎し薄ら寒き小さけれ薄う