「としより」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ としより[動詞]
椿ばかりでとしより  子供、としより  鼠で無うて、としより  一ぴきのとしより  みな可愛い妻子やとしより  一ツ一ツ取出すを、としより  上でとしより  君が代に対するとしより  峰吉がとしより  フチはもうとしより  友だちもよく話すし、おとしより  今日土地のとしより  きょうはとしより  



前後の言葉をピックアップ
図書館  徒食  トシヨウトシテイルノダ  年寄っ  トシヨリ  年寄  年寄り  としよろ  年弱  トシレ


動詞をランダムでピックアップ
かく養いやわらげ結ぼれる乗込ま間切ら聞きだしいうもりあが祈り送り込もなづけるみわたし害さ咳くながれつい注そ打ち込んにらめなかせ
形容詞をランダムでピックアップ
極まりない熱し欲しからしぶきなまめかしく空々しゅう馴れなれしい口さがなくうまけりゃ心安かっ胸苦し貧しかっくさかっこきでっかく蒼白く悪がしこかっ恐多いおそい聞きづらい