「とおし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ とおし[動詞]
櫛をとおし  なかも見とおし  愛子をとおし  仕事をとおし  凧をとおし  ファインダーをとおし  眼をとおし  独力でやりとおし  マスクをとおし  輪をとおし  死をとおし  涙をとおし  女主人公をとおし  場面を生きとおし  火斉珠をとおし  宇宙学者長良川博士からマイクをとおし  通話器をとおし  肉をとおし  次から次へとおし  コル活動をとおし  亢奮をとおし  誘惑とをとおし  鼻にとおし  葬儀をとおし  映像をとおし  動きをとおし  チューブをとおし  マイクをとおし  PAをとおし  両脚をとおし  一年をとおし  人間をとおし  体験をとおし  伝声管をとおし  雲をとおし  目をとおし  壁をとおし  粉雪をとおし  睫毛をとおし  瞼をとおし  先生をとおし  ざっと目をとおし  糸をとおし  ところを、やりとおし  脇腹目がけて突きとおし  窓硝子をとおし  人物をとおし  細大洩らさず見とおし  感動をとおし  阿古十郎が見とおし  手をとおし  そこまでお見とおし  一つ住居に住みとおし  野をとおし  馬鹿にされとおし  霧をとおし  ちやんとおし  血をとおし  べりをとおし  白テープをとおし  袖をとおし  扉をとおし  咽喉にとおし  炬火きどりで生きとおし  目あてに刺しとおし  竿にとおし  硝子にとおし  虐非行を押しとおし  マイクロフォンをとおし  経験をとおし  空気を全く避けとおし  実践をとおし  政党をとおし  亀裂をとおし  三月、浮きうきとおし  期間をとおし  殺伐さをとおし  続篇をとおし  四時間、ぶっとおし  金網をとおし  革命性の見とおし  検討をとおし  文学的実践をとおし  硝子をとおし  追求をとおし  主人公をとおし  自分をとおし  機械をとおし  窓をとおし  エフ瓦斯をとおし  家をとおし  傷をとおし  思い出をとおし  筋肉である眼筋をとおし  ガラス玉をとおし  土けむりをとおし  空をとおし  同志をとおし  重点をとおし  昼をとおし  具足をとおし  馳けとおし  髪の毛をとおし  棚をとおし  女房から隠者へとおし  夫婦にはなったものの、拒んで拒んで拒みとおし  文学をとおし  旅人をとおし  昼夜をとおし  血涙とをとおし  条件をはっきり見とおし  光をとおし  骨をとおし  そばで、泣いて、泣いて、泣きとおし  肚も、見とおし  四時間もぶっとおし  夜をとおし  女でとおし  老嬢をとおし  蔓にとおし  欄干をとおし  書室へ籠りとおし  一晩中泣きとおし  ゆうべ一晩中泣きとおし  ガラス窓をとおし  暮から冬三月を吹いてふいて吹きとおし  ゆれる窓をとおし  死にたい、と言いとおし  のだ、と、あくまで押しとおし  八時間もぶっとおし  海水をとおし  方法をとおし  なにいざとなって見ろ、と見とおし  靄をとおし  道を歩きとおし  単衣をとおし  アルバイトをとおし  腕をとおし  葉をとおし  双眼鏡をとおし  ラジオで聴きとおし  会話をとおし  一心に習いとおし  そいつをとおし  唇をとおし  皮をとおし  それをとおし  波瀾をとおし  生地をとおし  演出でとおし  女上位でとおし  ままでとおし  ことをとおし  三年間をとおし  筋をとおし  輪にとおし  フィルムをとおし  現象をとおし  帯をとおし  中をとおし  電話をとおし  形象をとおし  労作をとおし  上段ぶっとおし  名号をとおし  水をとおし  幾日もぶっとおし  試しに生きとおし  大臣をとおし  専門技術をとおし  芝居をとおし  闇をとおし  旅日記を書きとおし  地底をとおし  つけ綱をとおし  繩をとおし  襖をとおし  畏怖をとおし  砂塵をとおし  客観の見とおし  土をとおし  朝霧のやぶれをとおし  描写しとおし  我儘をとおし  しげみをとおし  刀背をとおし  斎宮などをとおし  仏様が見とおし  観見をとおし  御簾をとおし  船が高く低くゆられとおし  晩から飲みとおし  女をとおし  それから先も駈けとおし  戦争をとおし  努力をしとおし  針をとおし  簾をとおし  硝子板をとおし  障子をとおし  あたりを見とおし  うすい絹地をとおし  大木をとおし  レインコートをとおし  部屋へとおし  背をとおし  んですけど、そう言いとおし  幾晩もぶっとおし  作品をとおし  オレは見とおし  着物をとおし  ほこりたかく生きとおし  物語をとおし  糸にとおし  糸がとおし  これをとおし  わたし家へいって、とおし  まんなかをとおし  じゅず玉をとおし  主張しとおし  峡をとおし  脅やかされとおし  良心の呵責に責められとおし  製作をとおし  今までかくれとおし  あなたを欺きとおし  几帳をとおし  はやくも先を見とおし  ほころびをとおし  光となって射とおし  のぞき穴をとおし  番をしとおし  ために苦しみとおし  立木をとおし  三百六十五日を生きとおし  鏡をとおし  用人をとおし  トタン屋根をとおし  うちに止まりとおし  追究をとおし  一つものでおっとおし  小説を書きとおし  客観的描写をとおし  真知子をとおし  現実をとおし  芸術的表現をとおし  テレビ受影機をとおし  隙間をとおし  何人もの口をとおし  桂庵をとおし  冷や飯草履をとおし  松屋惣七をとおし  通訳をとおし  縦にとおし  陳腐さや浅薄をとおし  一粒一粒ととおし  間をとおし  さをとおし  縁をとおし  ことを、はっきり見とおし  刻々を鋭く見とおし  ッて、とおし  一日乗り合い馬車に揺られながらとおし  葉蔭をとおし  屋根をとおし  映画ニュースをとおし  壁新聞をとおし  から柵をとおし  やり口は見とおし  涙とをとおし  表現をとおし  防音壁をとおし  プリズム反射鏡をとおし  煙幕をとおし  成果であるレンズをとおし  ガラスをとおし  大局的に眺め見とおし  傾向をとおし  楽屋から客席へとおし  実感をとおし  一貫してハッキリ見とおし  言葉をとおし  大気をとおし  畳をとおし  障子をはずしてぶっとおし  矢面に立ちとおし  忠義を立てとおし  花をとおし  木の間をとおし  洋杖蝙蝠傘をとおし  混乱をとおし  鉄環をとおし  意識をとおし  近業をとおし  描写をとおし  阿賀妻をとおし  うすい板壁をとおし  草履をとおし  レンズをとおし  我がままをとおし  七篇をとおし  ことを見とおし  知性をとおし  頃から思春期をとおし  全身をとおし  視覚をとおし  行為をとおし  頭から尻尾まで見とおし  底まで見とおし  公務員法をむりやりとおし  路を歩きとおし  何年間押されとおし  生活をとおし  いなばあい平服でとおし  出入口をとおし  空間をとおし  あんた何がいい、と聞いた、さうねえ、とおし  云ふおきよはどうだらう、とおし  帰つてよ、とおし  いやだ、とおし  不在であるならば、とおし  薄闇をとおし  文化啓蒙活動をとおし  梢をとおし  環にとおし  態度をとおし  ことを拒みとおし  労働をとおし  農作をとおし  勤労をとおし  敗北を見とおし  ガラス戸をとおし  口をとおし  硝子窓をとおし  空気をとおし  新緑をとおし  衣をとおし  部屋にとおし  ことをはっきりと見とおし  朝霧をとおし  人手をとおし  思惟像をとおし  藤葛をとおし  運命の意味を見とおし  手袋をとおし  理智をとおし  自分を欺きとおし  兇器を刺しとおし  マントをとおし  万年筆をとおし  夜具をとおし  心で押しとおし  蟇口をとおし  板戸をとおし  方をとおし  内儀をとおし  顔をとおし  上町下町をとおし  細引をとおし  針にとおし  鍛錬をとおし  文章をとおし  心持で生きて、生きとおし  しずかに吹きとおし  愛情をとおし  集積によって押しとおし  小さな通風孔をとおし  夜まで押しとおし  二部をとおし  長篇全体をとおし  個性をとおし  まぶたをとおし  究明をとおし  中を見とおし  硝子戸をとおし  声をとおし  黒眼鏡をとおし  滑車にとおし  ちゃんとなにもかも見とおし  層をとおし  汚辱そのものをとおし  中へとおし  芝居を打ちとおし  最後までねばりとおし  最後まで書きとおし  密林をとおし  彼女らがそうして生きとおし  ラジオ拡声機をとおし  強行撮影をやり、ぶっとおし  努力をとおし  初一念貫きとおし  舌をとおし  発展の見とおし  本質を見とおし  自主をまもりとおし  棒をとおし  人中へ出たので、いつもおずおずしとおし  作業服をとおし  無理を押しとおし  壁穴をとおし  穴をとおし  意志をとおし  一生をとおし  窮乏に苦しみとおし  窓をあけて風をとおし  形として生きとおし  家じゅう風をとおし  やりとりなどをとおし  一身上の都合一点張りで押しとおし  作用をとおし  悲劇をとおし  むきに犇めきとおし  チラチラマクマクをとおし  そこ迄見とおし  未来を見とおし  涼しい風が吹きとおし  布地をとおし  肉をどっさりやりましたら、とおし  評価されとおし  風吹きとおし  本をとおし  ものをとおし  一九四九年をとおし  豪雨は降りとおし  自由に生きとおし  事件をとおし  健康障害に苦しみとおし  杉をとおし  人間性をとおし  剣をとおし  五輪書をとおし  手首にとおし  布団をとおし  関係をとおし  庭木をとおし  雑事に追われとおし  口孔をとおし  窓から彩色硝子をとおし  裏まで見とおし  天井をとおし  妻であるわたしをとおし  はじめから終りまで流れとおし  

形容詞

~ とおし[形容詞]
風とおし  傲然とおし  突きとおし  スヤスヤとおし  のみとおし  立ちとおし  好きとおし  笑ってはいけないとおし  眠りとおし  守りとおし  

~ とおし[形容詞]

とおし[形容詞]
とおしとそれ  とおしだって  とおしについて懐疑的  とおしに対してだけいわれる筈  とおしと自分  とおしと方向  とおしと計画  とおしさ  とおしと統制  とおしたいよう  とおしと行動  とおしの費用  とおしとの対比  とおしと覚悟  



前後の言葉をピックアップ
透し  遠し  通し  通し狂言  とおし  通し  通し馬  通し柱  通し番号  通し矢


動詞をランダムでピックアップ
洩れ畏れよはべっ薙ぎ伏せおどりかかかんがみ罷り越しまいらすけいしおごりゃ嫌われなげかけるまつら回すうなる平らぎ立ち戻ら乗り込め鋏も
形容詞をランダムでピックアップ
わりなけれあたたかくっはやかっ鬱陶しいねつく薄かれ旨きしわく心強けれやるせなかっみめよくうとくわるがしこい瑞々しかっ初々しかっ果敢ないはげしかっ愛くるしくさびしゅう