「とい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

とい[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
といへと懇ろに教へし  といともアッサリ答えた  といやあ真ッ二つだからそう思え  といつている  といはるるに我は是非なくさらば明朝また御邪魔にお伺ひ致すべしと  といへど児等がさやけき声に消につつ  といへるは洋銀の簪で天神がへしの  といへます  といをつれ  といはばおこられ  といを振り捨て  といひけることのありしか  といへばをかしけれども  といへる人命令を部下の角袖に伝へて  といまではそう呼んでいる  といまでもわたしの覚えている  といが名を得た  といはむも亦願はしき事にあらじ  といはむはいとなん影護かるべき  といはむがために一新語を造れりとせむか  といのように思った  といへるも同じき語法にして  といや味な調子でずけずけとこういった  といがあったので  といへ共この筍はこまりはてけるが  といまでも彼は言っている  といへりそのこと人に菩提の心あるを以て  といへよう  といと潔よく言放てる  といと厳かに命じける  といはむか  といはむと欲す  といへる五所紋付黒木綿の羽織を着用して  といな裾に清十郎と寝たといな  といかを会得できなかった  といへども心は不平に濁りて騒ぎ  といぎせいである  といへる俗諺もある  といの貴様から先に叩き斬り  といへばいへるだらう  といをひとまたぎしさえすれば  といをまたいで  といへども決して一派一流の画家にのみ偏する  といへども前述したる  といへどもとにかく歌川派の画系をつぎ  といへどもその画風は年と共に勝川派を捨て  といへどもなほ感情なき写真機に優れり  といへどもいまだ完全なる一形式をなすに至らざりき  といへどもこれは全く鎖国時代の事にして  といへども西洋の諸工芸品に至りては  といのある  といへる程なるに  といへども毎日サンダウの唖鈴を振りて  といへば白井樣でも大事の用には特に選り上げて  といと淋しげに微笑みぬ  といはひ  といへども更に不二入聞一のみならずして  といへる広きみねみち見え初めたればわれ師にさきだちて  といへど誠とせず  といまでも感心している  といへるがあり  といへども看る  といの後輩を喜ばず  といへどもこれ元より具眼の士に示さんとする  といはば弁護もやしたまはむ  といでもそう切れませんよ  といが少くなって  というふぜいの中に陶酔していなかった  といだりしていた  といが栗に刈った  といへるかもしれない  といづくの辺土の山の土くれぞ  といへる事があるが  といへども決してそれが為めに拘束せらるべからず  といがあるばかりに  といなびかりがみえたかと思うと  といへるはかれなりき  といへるに似た  といへども未だ全く罪の覊絆を脱せるにあらず  といはずして侮りしといひ  といへるは即ちキリスト磔殺の  といへることあり  といへりといふにもとづく  といへるは彼の卜者なる  といへる古の學説によれり  といへるに基づき  といへるなりしとか  といはむかなれど  といへども人の登るに  といひかくれば  といへる福音の聲をきける  といへるによれる  といへるその歌人の曾祖母たりし  といへるはその運行及びその與ふる  といへばいへるであらうが  といへど海中なれば  といへるかも知れない  といへど枝に貫く  といへどながく矜らむ乘鞍はさやけく白し濁りたる  といはまくを恥ぢて思ひしは  といはまくに  といへる歌多く載せられぬ  

~ とい[名詞]1
色が見えるとい  生活気力があらはれてゐるとい  それによるといもの  これをめでたしといは  かなとこぞといへと  作家であるとい  残存してゐるといは  下部をいふといへ  応のとい  ちの頭のとい  趣申伝ふべしといは  心湧くといへ  けり羽子板に似たりといは  の屋とけふよりあらためよとい  類なりといへ  声を聴かずといは  機嫌ありといへ  これありしといへども  風流雄なりといへ  合併したりとい  祖述すといは  極致ありといへ  其調を得たりといへ  消極なりといへ  あれを見よとい  理想なかるべからずといへ  發心を作るとい  如く二境に分れたりといへ  姿にあらはるべしといへ  ものなりといへ  神祕なりといへ  理想にはあらざるかといへ  由縁を知らずとい  風靡せりきともいふべしといへ  逍遙の見えずとい  ことを得べしといへ  理想なりとい  彫刻的一齣であるとい  通勤するを見るのみなりといへ  総称なりといへ  眼が覚めてから睡しとい  ようにといや  読み物であるとい  損失であるとい  一脈通じてゐるとい  のへすすむといへ  名づくとい  培つたものといへ  包含して居るといへ  關係があるとい  清濁を断ずといは  衝突せずといは  一人もあらずといへ  ものすらありといへ  武弁なりとい  顕象なりとい  奇なりとい  厦なりとい  機宜を失すとい  立案を為さしめたりといへ  贈与せられたりとい  斷ずといは  武辨なりとい  顯象なりとい  當然なりとい  爲さしめたりといへ  與せられたりとい  それもあるとい  ものなかりしといへ  婚姻をなさずとい  運命が委ねられてゐるとい  聖人に似たりといへども  山中に営むといへども  もとはといや  竜馬を生むとい  縁があるといへ  者の持つなりといへ  必須条件でないとい  必須條件でないとい  男ぞといは  名づくといへ  家柄を語るといへ  屋根のといの  如く営みけるといへ  源を発してゐるとい  指先を並べたるが如しといへ  事を努めたりといへ  百七十種を集めしといへ  これを顧みざりしといへども  脱稿せられずして止みしといへども  諷刺せられしといへども  縮写をなせしといへども  低落せしといへども  一変体ありしといへども  我ぞよろこぶとい  興行物たりしといへども  価値を失ひしといへども  魏使を欺けるなりといへ  神功皇后を指すに似たりとい  たるさまなりといへ  湊かといへ  地にあたるといへ  かしこ見えたりといへ  肉落ち身痩せたりといへども  さうだといへ  ものだといへ  肉体で掴んでゐるとい  支配してゐるといへ  ことはなかりしといへ  鉛にも続くとい  吉原は知らぬといへ  主観論者であるといへ  体験してゐるといへ  開拓してゐるとい  あれでは困りものとい  貰へるとい  なつてきたといへ  一幕であるといへ  愚答筆にまかせて書き出すといへども  草性を知らずとい  米をといだり  文学であるとい  文化政策であるとい  一時期を生んでゐるとい  共通してゐたといへ  都心にあるといへ  想念喚起法であるとい  汝もとい  ことを知らずといへ  ことを知らずとい  換へるとい  業に属すといへども  勉むべしといへども  之を祀るといへ  フィリッポ・アルゼンティをとい  此雨より成るといへ  口をきかしめずとい  誰ぞとい  汝を責めずとい  囚なりとい  輙ち成るとい  畫くといへども  中にあらはれずとい  カイーナ待つとい  類を見ずとい  義しきものとい  涙より成るとい  事行はれずしてやみたりといへ  俗語を以てしたればなりといへ  歌へるとい  門を作るとい  罪をいひとくとい  もの雨を起すとい  ルキウス・カッシウスを肥えたりとい  歸るとい  枷鎖相纏はりて脱せずとい  艱しといへども  勿れといへ  嫁せずとい  默せとい  離るとい  河口にあつまるとい  汝を恐れずといふとい  嫁娶せずとい  變ふるとい  外見劣るとい  意なるべしといへ  妹よりとい  歸るといへ  誰なりや告げよといへ  聖なりといへ  たまへとい  前に屈したりとい  蔽はるとい  水見たりとい  惡魔これを建つとい  ペルージアに及ぼすとい  生くとい  己がとい  ものであるとい  證據であるといへ  エロティシズムがあるとい  虚無主義者であるとい  原因があるとい  衣を染むとい  菊氣新秋に入るとい  貫かくと照るといへ  

~ とい[名詞]2
忙しいとい  きつとい  ないとい  同じとい  なしとい  善しとい  年頃とい  わるいとい  あるとい  とくとい  かくとい  何ぞとい  ほしいとい  悪しとい  青々とい  折々とい  強いとい  多いとい  まずとい  新しとい  多きとい  濃いとい  ほしとい  一目とい  悲しとい  涼しとい  

複合名詞
和臭といつて  といつて諾  といつて  といはん  といえり  第一歩とい  といつて船暈  といつて帰つて  雪見酒といつて  友情といつて  といつて樹明君  といつてヱロチツクぢ  といつて数椀  求道者といつて  力といつて  といつてナイフ  といら  保健的享楽とい  といつて引  飾といつて  一とい  脱線といつて  何とい  男といつて差支  妻とい  貰はんとい  一流といつて  といつて笑つたこと  物音といつて  といこと  といつて門  港といつて  がらくたといつて  友達といつて  婆さんといつて  神祕主義といつて  卯とい  明日とい  鶯横町とい  狸横町とい  冬とい  妹とい  丈夫とい  骨とい  といお方ぢ  といつたの  使賃といつて名  秋といつて  水田といつて  といつて噛  瓶とい  賢二とい  耶蘇教といつて  二月といつて  老父といつて  といつて孫悟空  かさごといしだい  といつて百万麻克  土地とい  サビシといはず  尊とい  尊といお礼  尊とい返礼  といつて馬  運動といつて  水抱巌洲松孑立雲竜石窟仏孤栖とい  といつて最後  津和野ミユウゼアムとい  道徳といつて  とい字  乗合といつて  温泉といつて  といひま  最新式とい  仕事といつて  新聞といつて  勤めといつて  オトトイ  館といつたの  といはつ  古語とい  失踪といつて  一幕物とい  画とい  徴用といつて  長崎とい  骨董屋といつて  といふうはさ  松邑といつて  理想といつて  といつて差支  本場といつて  月といつて  故郷といつて  づ当代独歩といつて差支  たる一代言とい  事業とい  せいせいとい  先秦時代といつて  明治以後といつて  といつてオール  といつた  日記といつて  桂浜とい  吾子とい  尊とい血  アクドイ翻訳もの  興味といつて  といつて建て  柴田とい  堕落とい  といつて女  といつた君  随筆といつて  といつて埃だらけ  五十年とい  蠣殻町とい  通人とい  抱小みつとい  芸妓叶家歌吉とい  七十五日とい  ためとい  尊とい身分  コツといつて  半生といつて  戲曲とい  なりとい  空とい  沒理想とい  來空とい  小天地想とい  といはる  主義とい  といはず  誤解とい  文とい  情感とい  再現情感とい  觀とい  模倣とい  聖教量とい  沒主觀とい  理想とい  かしとい  軍艦とい  子供といつて  親父達とい  尊とい文芸上  尊とい報酬  陽といつて  輕井澤といつて  袴とい  というち  形とい  色合いとい  ペドロとい  能劇といつて  牛飼車といつて  といつて二階  少年といつて  連続といつて  愛とい  エマニュエル・ニンゲルとい  像といつて  奇蹟といつて差支  実習といつて  産院といつて  奔流といつて  妾さまとい  岸といつて  とい品物  といつて饒舌  トウトイ  作といつて差支  綾瀬橋とい  石浜とい  ナポレオンといつて  といつて學校  道連れといつて  といつた顔私  青とい  生産といつて  ツとい  大御堂とい  栽培といつて  といつた話  経験といつて  文化的教養といつて  雑婚とい  といつて日本  仏典儀とい  藤作とい  山口袈裟寿とい  研究といつて  といつて手綱  あれこれといぢくり  晩といつて  風呂といつて  かしといざなふは  アツといつて  三八とい  といふか党  アメリカといつて  女子大学生といつて  石炭といつて  自在坊蓮光とい  中心といつて  昔南北朝といつて二百七十餘年間南北兩  我日本といはん事  樂坡下一とい  といつて柔しみ  嘗とい  目録といつて  七略といつて  君といざかへらまし  田端といつて  ヒトラーとい  人たちといつて  報道といつて  といつて三階  同情といつて  実力といつて  店といつて  宿といつて  といつて青二才  といやみ  白裝束といつて  発狂といつて  果報といつて  芝崎村といッ  といつた様  づ零といつて  宗教家といつて  學といつて  といつて別  奇數といつて  といつて挨拶  空といつて  牢獄とい  といつて一文  といつてぢ  といつて不平  といつて通信  メンタルテストといつて  といつて自殺  蜂蠅といつて  はつきりとい  黒崎とい  といつて此  士族といつて  トラ十トラ十とい  身の上とい  主人とい  蓮とい  といつて笑  といつて同情  病蚕とい  恋とい  といふう  オトトイおいで  町とい  所々といつて  春といつて  読切とい  朝といつて  べりとい  登りといつて  池といつて  といつて比田村  場所といつて  極とい  侯爵伊藤博文とい  失敗とい  人気とい  人とい  心かなしみとい  美国とい  カケラとい  といつて次  人氣とい  何人とい  優勝劣敗是天理とい  旅といつて  といぢ  遊びといッ  といつた風  かすか成とい  夜燈とい  攘夷とい  攘偽文明とい  西洋といづれの業  といつて画房  竹藏といつて  愚痴といやみ  尊とい大神  人垣といつて  浜田山といつて  書きといつて  ペルリとい  御馳走といつて  筑波颪といつて  通詞といつて  娘とい  といつて脇  といつて小遣錢  といつてお袋  岩といつて  といつて五圓  といつて目  といつて手錠編笠  女中といつて  貴婦人とい  朝とい  といつて袋戸棚  岩端といつた所  内容といつて  樣式といつて  兩國とい  とい品  線といつて  黄瀬戸といつて  不動産といつて  平民時代といはん  兄とい  倉とい  くぐつとい  といッたん  路といつて  浅木由縁とい  久爾須とい  所とい  坂山とい  青岸渡寺とい古刹  十六十七十六十七といつてさ  本社といつて  修業といつて  京野等志とい  苦痛といつて  こ雲とい  ぢろぐ雲とい  雲とい  智識といつて  順序といつて  金助とい  日本橋とい  束巻き師源五兵衛とい  蔵前とい  入獄といつて  大川端とい  アクドイ色彩  砂鉄とい  といつて今更  フランス貴族といつて  歌といはず  階級とい  羅娘子とい  つたといつて  恒産といつて  といつてがんばつた  芝居とい  職業俳優といつて  といつて水  といつて五六人人だかり  正風とい  玩具といはん  天性といつて  荷物といつて  どこといつてあて  とい兼吉  裾といはず  合作といつて  トイヘリ  今使譯所レ通三十國とい  歟とい  久奴須奴とい  至二拘奴國一とい  能惑レ衆とい  二夫婿一とい  佐治レ國とい  以二婢千人一自侍とい  傳レ辭出入とい  出石心とい  己曾とい  曾とい  豐とい  以二男子一爲レ王とい  土百姓とい  参拝者といつて  反逆といツ  といツ  武蔵野とい  家族といつて  郷里といつて  衣服といつて  面倒といつた様  それ以来といつて  郵便局といつて  ソコヨリ七里脇ニ向坂トイウ所ニ  殿村南平トイウ男ガ来テ居タカラ  篠田トイウ外科  正之助ガ諏訪部トイウ男  アクドイ応酬  といもの  シンドイ話  アツとい  中庭といつて  門といつて  何如とい  といつた類  法名光含院孤峰心了居士とい  戯曲とい  八百といら  勧工場といつて  といふた  アクドイこと  アクドイ  革新といつて  樹立といつて  白紙といつて  世界とい  といつて力  喜劇といつて  母といはじ  朝野渡とい  エミシとい  といえり云々  西域といつて  高昌人といつて  畏怖といつて  清治とい  打止めといつて  天真爛漫とい  佛學といつて  一代記とい  其書とい  此山とい  漁夫長兵衞とい  小原町とい  周圍十六里とい  凡四十リとい  浦とい  穴島とい  此岩高凡百間とい  北國浦とい  凡此間六七丁とい  三本柱とい  間三十間斗とい  五十間とい  一説二十丁とい  此岩緑青とい  水緑青とい  といつて歎  石糖とい  権現とい  聖権現とい  といつて教  といようす  看病とい  といらッ  歌といら  といつて賞め  知人といつて  功とい  といつて表  といつて頭  といつてぶつ  といつてむだ費いも  兆とい  庭といつて  雨といつて  友とい  といつて笑つて  ゼロといつて  収穫といつて  ちょッといどころ  広瀬旭荘とい  といつて按摩  遺書といつて  駅といつて  女生徒といつて  といつて息  顏息とい  形式といつて  興行会社とい  樣とい  生活社といつて  晝といつて  正月といつて  信州といつて  性といはず  水行十日陸行一月とい  周旋可二五千餘里一とい  男王とい  狐とい  浴客といつて  体臭といつて  といいま  一妓寿美子とい  草花といつて  さくとい  大昔といつて  素質といつて  作家とい  といつた程度  青州とい  梁州とい  尊とい涙  といつて女中  ざつと筋向うとい  といつて古戦場  といつて屋  といつて手先  といつて惡  雄文角とい  七顛八起といはず  照射とい  副官といずく  猿蟹合戦といつた類  土間といつて  美点とい  文学論とい  最大限といつて  十月といつて  地獄といつて  といよう  仏蘭西といつて  劇場とい  といつて奥  といつて家  ひじきとい  浜荻とい  吉祥草とい  満員とい  創作地郷里金沢市千日町雨宝院とい  小出磧とい  金石とい  釈迦堂とい  谷風梶之助とい  丁抹といぎりすは  有賀又兵衛とい  松の内といつて  プロレタリア文学といつて  といつておばあさん  お幸せとい  社会性といはず  倫理性といつて  米とい  葉隱武士といつて  忠義とい  言葉とい  證據とい  無理とい  一町人といつて  生涯とい  書齋とい  知識とい  封建政治といつて  勤王といつて  武士道といつて  粹藝術とい  親戚といつて  熱海といつて  といびつになつてしまつた  理性家といつて  アマチユーアといつて  一例とい  といつて近頃  双璧とい  歴史小説とい  貴族といつて  偉人とい  史實といつて  史料とい  餘風とい  コツクリとい  後鏡とい  傍觀者とい  平均點とい  良識といつて  緑といつて  どれ一つとい  といつて拵  雑草といら草  といつて買つて來  といつて返却  階級といつて  中原といつて一つ下  といつてどん  といつて六ヶ  といつて酒保  といつてランプ  といつて下駄箱  といつて番頭  若い衆といつて  庖丁とい  ハ乙女とい  黄駝とい  軍艦といつて  手品といつて  現実とい  概論といつて  科學といつて  論理といつて  といッ  先ごろ憲法改正といつて色  産業時代とい  武悪面とい  道具といつて  運命とい  マランとい主人公  直下といつて  驥とい  溢美過褒とい  ヤーコポ・ルスティクッチとい  五四マントとい  ローデリンゴとい  レアルコとい  サッソール・マスケローニとい  僧正ルツジェーリとい  治むる地云々とい  ボッカとい  大敵とい  eresiaとい  我等とい  繼子とい  殘とい  海とい  ひとりヤーコポ・ルスティクッチとい  悲曲とい  ラムピーノとい  云々とい  方言とい  行といはん  りきとい  役僧とい  グリッフォリーノとい  アレッサンドロとい  兒等とい  果とい  戯文といつて  東京といつて  ガスといつて  つたとい  残つたとい  舞とい  夢とい  ッとい  学士といつて  句といつて  オッタケッルロとい  クルラード・マラスピーナとい  サピーアとい  マルコとい  ウーゴ・チャペッタとい  王妃とい  彼顏とい  鬚とい  ベツーリアとい  侍女とい  誤りとい  コンチ・ディ・ラヴァーニアとい  飮めとい  ひとりとい  七星とい  ローマ皇帝とい  といつま  石切場といらくさ  といつて食つて行つた  国防国家といつて  特性といはん  みんなアクドイ印度風  随筆的心境とい  トマスとい  アーシェージとい  グリエルモとい  ピエートロ・ペッカトルとい  風とい  最後とい  アルバ・ロンガとい  ティトゥス・マンリウスとい  プブリウス・デキクス・ムースとい  アラビア人とい  ロムバルディとい  性云々とい  船とい  貧者とい  ポルタ・サン・ピエーロとい  五分一とい  義憤とい  牲とい  ペガソスとい  鳥とい  われらとい  跛者とい  エジプトとい  一天宮餘とい  月とい  喜曲とい  皇妃とい  西洋劇といつて  新劇といつて  議題といつて  うに劇作家とい  これといつて人  木佳樹といつて  影といつて  仲麻呂とい  しら浪といづれまされりおきつ島  昔土佐とい  南蛮和尚とい  一生とい  乗物といつて  といつて言はず  否とい  一人姫糸子とい  心中とい  人生とい  といつて死  形といつて  自己といつて  つて思想家とい  といつた所  まいことい  とい言葉  といはじ  やまべといふう  東京とい  ゆといはず  母とい  といねつたるみ  とつとい  水族館といつて  新潟とい  北歐といはず  舟といはず  水風暮涼とい  把握とい  村といつて  



前後の言葉をピックアップ
釈い  どい    解い  溶い  問い    問い  戸井  土居


動詞をランダムでピックアップ
かけより被さっうすらげ執り行えたちよりちがいひきはらっおかせひしが採りねむろ抱込ん引けよ抱着き望ま果たせ辿りはいる渡れる
形容詞をランダムでピックアップ
すしだだっ広い狂おしはなはだしけれ程遠し心地よいねたましないしおらしき後暗いうすいひなたくさい情なかっ快けれ安けれ余儀なかっ柔らかぎこちない不味