「つんざい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ つんざい[動詞]
光をつんざい  耳をつんざい  銀色にひらめいてつんざい  鼓膜をつんざい  木魂につんざい  闇をつんざい  どよめきをつんざい  一声空をつんざい  しったことばが、そこで、つんざい  寂寥を、鈍くつんざい  空気をつんざい  胸をつんざい  空をつんざい  暗闇をつんざい  騒音をつんざい  野をつんざい  木枯をつんざい  耳もとをつんざい  断層をつんざい  声がつんざい  薫風をつんざい  炎がつんざい  



前後の言葉をピックアップ
ツンガリー  ツングスク  ツングース  つんけん  劈い  劈か  つんざか  劈き  つんざき  つんざく


動詞をランダムでピックアップ
つきとばすまるまっ抱き着い生まはきかえる入れ代わる定めろ嚼む示せかたづける踏み切れ塗りたくるめぐん彫れ見切れはしゃいゆれろもたせよ試し占めん
形容詞をランダムでピックアップ
面倒くさくおもくたのしかろ口惜しき小うるさく愉しかろ大ききうすぐろくなごりおしみずみずしうら淋しい佳かっ待遠しふるう華々しく極まりないわびしけれ悔しき小汚い長閑け