「つる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ つる[動詞]
船でつる  弓につる  備へつる  水をつる  車井戸のつる  蚊帳をつる  亡妻のつる  白状仕つる  一とかかえもあるつる  弩をつる  井戸のつる  雁をつる  私のをへつる  剣をつる  夢をか見つる  瀬戸ものをつる  拳銃をつる  与八はつる  蒸籠をつる  前へつる  あとにたたへつる  朝顔につる  井筒のつる  寝覚の床をつる  おん供仕つる  中につる  一人さえつる  添へつる  首でもつる  夜露でつる  出でつる  つれ君の見いでつる  氷はつる  ビリ鯉をつる  カヤをつる  恋路にやつる  次郎ちゃんがつる  へのへのもへしにつる  山水天狗につる  玄空しと見つる  裏のむず痒くなるほどつる  首をつる  頭がつる  何だか脚がつる  花にもつる  魂のをつる  此がをつる  教へつる  耳そばたつる  波ぞかつ砕けつる  魚をつる  心持わるくつる  ふくらはぎのつる  小筒をつる  うちにつる  ほのかにも見いでつる  われひとり見いでつる  

名詞

つる[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
つるこそむれ居て遊ぶ  つるのみこそおろかなれと二三度うたいすましたので  つるべしたたる  つるべ水を浴び  つるが病む  つるが翼をひろげて  つるべ水を浴びて  つるが冬になっても  つるがごとくみゆれど  つるほど人類が殖えても  づるに及ばず  つるたづき  つるの下に朝霜の焚火の残った  づる如き物品を製造した  つるべ撃ちに鳴った  つるかみそりの冷えのうすら  つるを起こして  つるを延ばし始めた  つるを出してつかまり  つるが何かに触れると  つるが負けてはち切れてしまったが  つるになつてゐた  つるべ撃ちに射伏せて  つるを我れ乍ら怪しと思ひしが  つる下っている  つるがまきついています  つるに茄子はならず  づるに遇ふ  づるが与えられていない  つるを鳴らした  つるにおおわれた  づるに至れる  ツルんでいる  つると言ったが  づるの黒い影がかけて行きました  づるを理想主義といふ  つるまでは必ず待つ  つるを延ばして  つるの端は茂ったか  づるが如くして  つると云う  つると共に俄に健康の衰えを来した  ツルがゐて  ツルは何事にも抜群の成績を示した  ツルがするといふ  ツルが立つてゐたが  ツルの着てゐる  ツルの名を連呼した  つるで編んだ  つるをつかむ  づるの止むを得ざるに至らしめぬ  つるというのを手塩にかけて育てていたが  つるを持ち上げると  づる無かるべき  つるのこはれた  ツルを一つ鉢にした  つるの対立を見れば知れる  ツルが諸方にころがっている  ツルにすがりついて  づるに至つて初めて眞相が顯はれた  づるに在り  づるに拘らず  づるの一大決心を以てせ  ツルなども曳いて  づるを以て世を驚かしめたりき  つるを例としてある  つるべ打ちにうちあげられて  づるに惜からぬ家を出でず  ツルは女だからさすがに花をうまくあしらい美しいパノラマをつくる  ツルのかくした  ツルのつくった  ツルと林太郎とふたりで花をかくし  ツルがいう  ツルの花をうずめる  ツルの方で意外のところから花のありかを  ツルはそうしなかった  ツルがつくった  ツルをすいているという  ツルあ何も埋けやせんだっただ  ツルとはたいそうちがっていて  ツルがかくした  つるにあり  つるべによって助け上げようとしている  つるへ足をかけて  つるに足をかけて  つるといったような形勢にならねば  ツルを持っているという  づるに及んで  づるに疲れ  ツルんでだいぶんひっかぶったらしいんでさ  つると葉とがからみあって  つるをつかんだ  づるにも及ぶまじ  ツルのようにシッカリしがみついている  つるでもいいから手伝いに頼みたい  つるでもいいから頼みたい  ツルがこわれましたから  づるを覚  つるの一声はひびきの  つるにもなす  つるをつかんで  つるを遠くへほうり投げました  つるがひどくゆがんでしまいました  つるをカンカン叩きましたが  つるが少し焼け過ぎている  つるを飛ばした  つるの中から名人の選み出した  つるは見つかったが  つるにつるが新しくはえてきた  つるから出た  つるを伸ばしました  つるはある  つるを伸ばしていた  つるべ落としにしだいに暮れて  つるが切れる  つるが切れた  つるがおりたという  つるべの青竹が出てゐる  つるをよじて  づるに違ひない  づるに至りたり  つるに一般人類を意味する  づるに及び  つるが見  つるっつるっとやるんでなしに  つるより旅寝の袖も露ぞ乾かぬ  つるはなかばは勉強のためなかばはふとん  つるといふ語が終止段からすをよんで  づるを覚えたり  つるに到る  づるに男女竪にも横にも歩行きて  づるが如く  つるという若い女が出て  つるわが魂もて不滅の詩を歌え  つるを打込む  づるも前に牽かば退くのみなり  つるもをかしからずや  づるに素肌に腰指して  つるも殺し尽す  づるにも出でられず  つるなど言うた  づるを顧みず  づるが如くに見せて  つるが上に兀然として現われ  つるから放たれた  つるを失ってしまう  つるにも涙こぼるるのみ  づるは不束ながら日頃の志望を遂げんとてなり  つると共に蒲団引きかぶれば  つるを見つめていました  づるに及べる  つるやという旅館に宿っている  ツルの曲った  つるの曲った  つるも可笑しき今宵笑ひこけて  つるの例となった  つるに相変らず  つるに始めて  づるを送りし  づるを覚えし  つるより二十日ばかり立ちて  つるた川ってうちへ行き  つるにも逃がし  づるを嚥み込みし  つるをのばした  つるべをとりてや  つるをなおしている  つる高き影血しほに書きし  つるのところは金だからわが家の唯一の申告品となる  つると云ふ  つるが九月の新学期から大阪の某女学校へ入る  つるの居る  つるをならす  ツルを支えている  づるに至りては  つるにくっついている  つるの取れた  つるより見奉るに  つるのよこに濃藍の花をつけ  つる下げてあった  づるを常としたりき  つるなの箱で雀が砂浴びして  ツルをもっている  づるを知らしめ  づるをハカダチといい  つるが飛び込んで来た  つるが云う  つるが何とも答えない  つるは一歩退りながら  つるはぴくりと肩を聳かしたが  つるの眼は急に険を帯びた  つるが一寸上り框に腰をかけた  つるは一寸手を出さなかった  つるは大きく見張った  つるは首を縮こめて笑いだした  つるは長い間戻って来なかった  つるが飛び出してきた  つるはそれを振り向いて  つるははいって来て  つるは不気味そうに後退ったが  つるはぞっと立ち竦んだ  つるは釘付にされた  つるは二三日姿を見せなかった  つると平吉とが月の光りを  つるに飛びかかって  つるが声を立てずに  つるを引きずりながら歩き出した  つるを突き入れた  つるになす  つるべ落としと云われるほど暮れるに  つるといった  つるを母だと思っていた  つるがいなくなった  つるが家にいなくなっている  つるの言葉のままに起きてやったら  つるに教えて  つるを見ない  つるに就いての  つるが死んだ  つるを娶った  つるが死んでも生きても  つるに酷似していた  つるが奉るであるといふ  づるに及んでは  づるを要せ  つるべを引っぱったりしている  つるに悪性の病生じたれば  つるばかりなり  つるをつかんだと云う  

~ つる[名詞]1
亀オカにつるこそ  身をへだつるのみこそ  十杯のつるべ  友のつるが  朝顔のつるが  資財を取り出づるに  門たつる  貝塚より出づる  言するを心得ずと思ひつるが  地べたにはっているつるを  ようなつるを  すつかりつるつるにな  手巾を濡らしつるを  繩からつる  瓜のつるに  名はつると  亡妻のつるが  唐津へ出づるに  理解のてづるが  弓のつるを  京都を出づるについて  ぶどうのつるに  文壇に出づるに  幸田なんかとツルんで  領地より出づるを  天窓のつる  山を出づるが  中心にツルが  のはツルでは  主役はツルが  白衣のツルが  杏平はツルの  辺ではつるの  平凡なつるの  それはツルと  出世のつるを  訴へ出づるの  土瓶のつるを  竹藪を分けたらばと詣づる  心術に出づる  のはつるの  雑草のツルを  出世のツルが  崖を這うツルに  一記述が出づるに  政令二途に出づるに  上に出づるに  挙に出づるの  出世のツルは  あけびのツルなども  擧に出づるの  所に出づるを以て  子をすつるを  銚子のつるを  私はツルの  私はツルが  最後にツルと  のだがツルは  ひとりでツルの  下にツルの  私がツルを  中で育てていたツルとは  幸福をすつるに  鉄瓶のつるへ  鉄瓶のつるに  心をけづるに  そいつとツルんで  いつでもツル  較りつる  豆のつるを  理論説き出づるにも  藤のツルの  ささげのつるでも  眼鏡のツルが  油然として湧き出づるを  これもつるの  うりのつるにも  鍋のつるを  むつに投げられたのでつるが  石塊をひろってつるを  鉄瓶のつるが  金のつるを  詮議のつるも  いく本かのつるの  幾本かあるつるの  師詮議のつる  つるにつるが  きみなつるを  途中手がかりのつるが  はきだめにつるが  事業をくわだつるの  手段に出づるに  者さへ出づるに  法廷に出づるに  雪片きらめきて降つるが  上を見つるより  夜徹夜しつるは  衷より湧き出づるを  眼鏡のつるに  小川町に出づるに  つて流れ出づるが  頃いたつるという  時はつるも  地盤へつるを  前に出づるも  檜舞臺と見たつるもをか  戦場に出づるに  何某は出づるにも  策に出づるを  攻に出づるが  白雲とのみ見つるが  郷を出づるは  大阪に出づるの  障子たつると共に  葡萄のつるを  言動に出づるに  停車場前のつる  耳をたつるも  胸中にみなぎり出づるを  嫁がしつるも  問答をなしつるより  築地のつる  こちらはつるやの  茸狩やゆんづる  捉へつるにも  口に出づるを  朝顔のつるを  眼鏡のつるの  弓のつるの  メガネのツルを  風の吹き開きたりつるより  色をしてつる  音たつる  神話に出づる  書斎を出づるを  悪口にいひつるは  己より出づるを  日暮れはつるまでは  野らに出づるを  声でつるが  声がしてつるが  小脇のつるが  久七はつるを  小脇のつるを  始めに出づる  うりのつるに  乳母のつるの  夜のつるに  海に出づるに  地平線上に出づるに  擧に出づるを  携ふべかりつるに  代官をまうしつるばかり  格別立身のつるを  獅子など出づるは  

~ つる[名詞]2
高いつる  よくつる  いつのまにかつる  さらにつる  そのつる  大きいツル  いいツル  このつる  其のツル  いきなりつる  若いつる  

複合名詞
せつぱつまりて出づる声  果つる  捨つる  づる毎  愧づる所  上つる  づる小鳥  づる鳥  もみづる山  欹つる耳もと  つる色蒼ざめし櫻草  つる色蒼ざめし桜草  ゆづる  千万里隔つる旅  つるぎをふるはせる  對しまつる神祇歌  對しまつる賀  命捨つるかや  出づる所  捨つるくだり  ゆづる意味  づる所  づる蛇  日の出づる立山  つる業  つる事  引きづる  つる草  閉づる時  めづる人  朝日出づる頃  つるばら  出づる人  耻づる悔  つる人  捨つるわざ  三里隔つる元越山  つるみたい  藤つる  つるぎ  つるりこん  つるの  樹つる時  耻づる人民  づる事無し  づる事  出づる事  づる石輪中  づる石器中  出づる傍ら是等遺物  石鏃出づる事  づる諸種  出づる遺跡  づる日  つること  吹当つる浜風  出づる  企つる者  出づる魂  づる行為  堕つる事  づる俳諧  笈づる  笈づる姿  つるぎ山  つるぎ山覗き滝  つるぎ山踏破  づる泉  めづる片  ツル菜鍋  ツル菜  つる木兎  果つる所  づる天才  出づる歌聲  仰せつる  つる世  づる頃  生れ出づる凡て  隔つる  づる時  づる萬感  汽車出づる間際  取立つる  企つる  企つる事  捨つる所  建つる時  づる航路  ッつる  墮つる  棄つる  建つる  企つる人  企つるよう  月出づる  づる温泉  禊ぎ棄つる二度  ツルミ岳  二表ツルミ  つる乱賊  つる夜  つる民心  湧出づる血潮  つるさん  つる国  得つる  つる余  愛づる心  づる白塔  色めづる君  つる敵  果つる如く  くめづる此  つる涙  肩さし手さし供奉しまつる  むとして帰り来つる  うち出づる風趣  散らしつる  つる日  隔つる処  づる心地  つる男  つる松  隔つる身  づる種子はさ  づる穀倉  づる鶸  しらつる橋  つるまひ  づる朝風  まひづる  愛づる  あゆつる  建ツルモノアルベシ  建ツル時  企ツル者アラバ  切開シテ棄ツル  づる場合  つる下  輝き出づる光  功ゆづる必要  出づる即興曲  つる草さん  つる一本  自ら愧づる  閉づる事  建つる方便  建つる所  日出づる国  づる弊害  づる気力  隔つる谷  あなづる道理  出づる頃  づる木片大工  づる訳  づる旅  づる者  つるぎのようなするどいききめがあらわれようというものさ  づる人  ツルツル  屍見出しつる  つるぎなれども  づる後醍醐天皇  づる駄句  出づる時  遊行上人出づる  づる美術家  づる個想  づる詩  立出づる門口  つてつる蚊帳  操つる鶏  おとづる  立つる  愧づる次第  めづる万葉歌人  隔つる一町  つる海  づる清水  朝飯出づる  誰企つる者  出づる神  耻づる必要  づる朝絵日傘  つる宿  果つる我世  つる樹  出づる草  蔦づる  づる奥秘  出づるEOS  樹つる事  めづる花  隔つる立野  隔つる奥  ツル以外誰  ツル以上  生まれ出づる訳  立ち出づる山かげ  づるの  づる勿  隔つる旅路  日の出づる美  出づる方  撫づる  杖ひき出づる力  愧づる景色  朽つる身  捨つる時  操つる  藤づる  これ塔建つる  堕つる者  めつる人奈良道  ツル君  書立つる者  生出づる  耻づる次第  企つる勇気  ツルハシ  墜つる  敍づる學  づる菊  雛ゆづる子  心周章つる佐保姫  つる一曲  來つる朝  づる雲雀  おいづる  づる狂  づる樟  申し出づる  パヅル  堕つる  隔つる大正  閉づる葎  閉づる  つるよう  手ヅル  ツルガ博士  ツルガ博士親子  相果つる者也  出づるなか川  出つる  申立つる所  づる機会  ンづる顔  出づる日砂山  家出づる我  出づる日糸  出づるまくら時計  づる汽車  出づる日浪淘沙  つる虫  つる年  烏賊つる  づる機會  つる戦時  立出づる吹晒し  づる白雲  毒気盈つる  つるぎの舞  成つる都人  さし出づる月  つる沼  滿つる  づる物  つるかめ  づる生木  抽づる事  ツルヲさん  疲れ果つる時  つる甲斐  滿ツルレ耳ニ清風身欲スレ僊ナラント  つるうめもどき  転づる  椒花落つる時  隔つる堤上  づる主要  ッつる肌  つる一  づる期  ツル草  距つる  建つるところ  づる逸話  捨つる範囲内  閉つる日本人  づる處  つる西家  其留守宅ニ相当ナル資産アリテ生活費ニ充ツルコト  朽つる我  つる人々  捐つる  づる所以  墜つる時  捨つる命  づる秋  花落つる時  つるもの  魅わせつる  出づる直径五十センチ  組立つるおのおの  距つる国境  書立つる  立つる事  隔つる溝渠  藤ヅル  鍋づる形  ひまつる間  ツルテン  づる意気組  雲出づる  企つる能  祝いまつる会  一本つる  つる川  もてなしつる  湧出づる清水  噴出づる水  がれ出づる魂  立つる所  づる道  ツルリン  ツルガ  づる時季  つる潮  つるまむし  天涯相隔つる  づる中空  捨つる者  ツルちゃん  ふし立つる中  來つる  つるめそう  立ち出づる妖術  つるぎをぬきておごりたかぶるのわれ  出づる老婆  耻づる事  應神紀斷簡出づる  づる人名  弓づる  づる口  結びつる心  隔つる中  づる春  隔つる雲の上  隔つる霧  波路隔つる夜  見えつる  つる住処  引きつる  づる音楽  づる劇団  企つる心  北京灰捨つる路  棄つる事弊履  透きつる色  つる音無し  つる山ほととぎす  暮らしつる  出づる月  隔つる遠方  数十里隔つる父母  ひきつる  零つる  出づる辞  秀づる人  めづる  づる間  づる途中  づる木  旋風出づる處  づる徐  三千見えつる焼松  呼立つる  つる大仙  立出づる  ツルイズム  ドッサリ堕つる睹  つる梵士后  佩びて立ち出づる  蟹出づる  いまツルちゃん  ツルちゃん以外  愛づる世の中  捨つる條  づる時男子  りすつる  づる黒髮  企つる内  捨つる位  づること  果つる位  見えつる君  乞ひまつる  盈つる期  づる小桟橋いそぎたまふにまへざし  愛づる小鳥うた  隔つる膜  つるなみ  関が原つるぎ  零つる泪  抽づる  建つる旨  ヅルヅル  びて見えつる  つる器  妹つる  お前笹づる錦  マイヅル草  鳴り出づる  ら羞づる所業  移つる  づる水  咲き出づる梅  出づる舟  企つる悪魔  果つるかのう  立つる者  當つる  受つる  つる身  鳴きつるなべ  づる月  棄つる乎  づる能  出づる毎  つるぎのつま  つるぎをとる要領  ツルさん  ツルアデック氏  浮出づる  ツルマキ  花落つる間  つる例  国日出づる所  薯づる  づる佳話  思い出づる三月  づる額  育つる  つる間  隔つるよう  つる公  棄つる藪  つるもどき  つるぎのごとき光  わき出づる槽中  出づる善平  づる不満  出づる光代  運び出づる杯盤  つる所  咲き出づる  かなづる  ツルドクダミ  仕立つる  づる船びと  もみづる  谷風出づる  づる一高一  づる哀楽  つる髪  棄ツル也  ゆづる場合  つる逕  つるらむ  出づる間  づる螢  出づる蟲けらども  九月六日雑詠蚊帳つる  奏づる  生まれ出づる  づる人物  づる母  づる必要  つるさん夫妻  づる者無し  膝立つる事  加藤つる  囃立つる  づる蕨  音づる軒  つる町  語り出づる  動き出づる  押当つる  筋つる  棄つるよう  かなづる玉琴  つるぎ閃  ツルキチ  づる大路  ツルリオ  欹つる人  一〇八搖籃滿つる  づる魂  づる生命  づる詩人  根づる  隔つる紙一枚  候ツルママ  づる笄町  つる菜  歩み出づる時  づる血  引ッつるよう  船出づる今日  今出づる日  づる如く  日の出づる  閉づる者  めづる者  づる愛  づる處全きがゆゑに行  づる名  愛づる曉  日出づる  づる光  づる能はず  づる力  滿つる愛  つるバラ  隔つる向山  言出つる  つる坊  事果つる  滿つる光  滿つる聖意  力滿つる光  滿つる生産  滿つる悦び  火花出づる  秀づる家系  奏づる者  づる本  づる火  づるゲラルド  づる獵犬  づる十二  づる觀念  吹出づる  づる聲  づる鷲  づる頌詠  づるミノス  づる分類  岡劔刃つるぎ  六つるぎのたち  七六もとつるぎ  門口出づる  捨つる上  建つる塔  捨つる身  ゆむ製ツル付キノ行厨器ナリ  船出づる  樹つる  つるぎの山  はしつる人  つる五日  張り滿つる五日  モーターボートヨリ兵乗リウツル  耻づるの  曉天日出づる時  棄つる人乾山  花落つる  つる文がら  光さし出づる八月九日  づる雀ガラス戸  吾めづる木  いま我見つる  船泊つる下田  つる苦菜の花鍋  菜つる  當つる手  閉づる能  自ら立つる  づるもの  づる郭公  鳴き出づる郭公  つる時  つるぎともして  づる山の上  藤づる大籠  藤づる籠  づる状  



前後の言葉をピックアップ
づりの  づりのあのべつこうの  づりのところが  づります  づりやすらかなけふ  づるあらばこれに  ヅルイ  づるいことをやつてやらうと  づるいや  づるいわゆる


動詞をランダムでピックアップ
暖めよ割る祷れ肯かこわし祭ら隔てくわだてしめらすりつけろ呑み込めん懲らしめよつっつか谷まっねかしつけ寝つこ答えん打ちだせ祭っ踏みにじれ
形容詞をランダムでピックアップ
こむずかしきいたかれうしろめたかっ聞苦しゅう新しゅう細けれひとし懐かしきかるく物悲しい目覚しく軽き小さう残多いおろかしひらたき憎かろ図々しく心づよし