「つづら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ つづら[動詞]
一面に書きつづら  言葉でつづら  名文によってつづら  黙阿弥張りにおもしろくつづら  断片的に書きつづら  言葉がつづら  そこに書きつづら  文字でつづら  愛情によってつづら  もの静かにつづら  言文一致でつづら  冷静さをもってつづら  点々とつづら  間につづら  石によってのみつづら  それでつづら  文字がつづら  

名詞

つづら[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
つづらの一個へ手をかけた  つづらがすえてあった  つづらの側へ手燭を持ってきた  つづらを手早く開けた  つづらに任せる  つづらに抱きついて  つづらの中と話している  つづらへかぶせて  つづらを船底へ持ち込もうという  つづらこそ怪しむべしと  つづらによッかかりながら  つづらの蓋がひとりでに口を開いたかと思うと  つづらの口に噛まれている  つづらがポンと開いて  つづらの蓋と一緒に吸われた  つづらは船へ運ばれているぞ  つづらがあった  つづらはいつのまにか運び出されてある  つづらが置いてあった  つづらを運び去ったとしても  つづらについて阿波へ行く  つづらを大事そうにすえて  つづらのほうへ眼配りを忘れていない  つづらの側を離れて来た  つづらに腰を構えた  つづらの金紋を何よりの不可侵境と心得て  つづらの蓋へ向けながら  つづらへ眼を落して  つづらの横へ穂先をつけた  つづらの側によれ合った  つづらの蓋をブスッと貫いて  つづらの横を突き破り  つづらの始末をいいつけている  つづらをがんじがらめにくくりだした  つづらを運ばれて行っても  つづらの側へズリ寄せる  つづらの側へわかれて立ち  つづらの中が覗かれた  つづらの口は横に仆れて  つづらを横に蹴倒した  つづらに身をひそめていたが  つづらの中へ入れ代って貰おうと思った  つづらの中から刺した  つづらを開けて呼び止めると  つづらの中がすり変ったとは知らない  つづらの内から血汐のあふれだした  つづらを首尾よく乗せただけで  つづらをりはるけき  つづらにでも入れて  つづらのふたをあける  つづらを二つ持ってきました  つづらを背負わせてもらって  つづらを背負って  つづらを下ろすと  つづらのふたをあけますと  つづらと軽いつづらと二つ出して  つづらにしようといってもらってきた  つづらの方ももらってきます  つづらを二つ出してきました  つづらを背中にしょい上げて  つづらを首尾よくもらったものの  つづらを下ろして  つづらを担ぎあげ  つづらを摺りあげた  つづらを横背負いにして  つづらが一つ置き  つづらといえば  つづらに巴の紋がついている  つづらに似ている  つづらにしてからが  つづらのように自在竹の太いのにからみついて落ちようとしている  つづらを天秤棒で担いでやって来た  つづらから首を出している  つづらの上に載せて  つづらをさし  つづらをあけて  つづらのふたをあけてみると  つづらの中をも調べてみたが  ツヅラを埋めておかれなくて  ツヅラにつめる  つづらに詰めては  つづらをつけた  つづらの捨吉が入って来た  つづらの捨吉を特別な優しさでみる  つづらが残って居たし  つづらの中から天の羽衣を出して  つづらをあける  つづらなりに枝をおおうている  つづらの底に押し込まれた  

~ つづら[名詞]1
三つのつづらが  次のつづらを  新吉はつづらに  笹のつづらこそ  問わず語りにつづらの  蓆をつづらへ  背すじからつづらの  三ツのつづらを  密かに運び出されたつづらこそ  後ろのつづらの  一つのつづらの  一つのつづらが  三個のつづらが  三ツのつづらが  巧みにつづらを  天意にまかせたつづらと  三つのつづらを  背なかにかぶっているつづらの  三ツのつづらの  一個のつづらの  ふたつのつづらへ  ギラッとつづらの  一方のつづらへは  力まかせにつづらの  船板とつづらの  二つのつづらの  原士たちへはつづらの  二つのつづらを  ッ赤なつづらが  六尺ほどつづらの  ふたつのつづらの  さいつづらの  不意につづらの  大阪表からつづらを  欲深爺の背負ったつづらの  奥からつづらを  おみやげのつづらを  蒲団包みやつづらや  門田与太郎がつづらを  紋のついたつづらを  墨の入ったつづらを  三つ目小僧がつづらから  瓶がつづらの  それなるつづらの  丹念に破れつづらの  毒虫のはいったツヅラを  ものまでつづらに  自転車につづらを  土産のつづらを  二十程もつづらなりに  

~ つづら[名詞]2
このつづら  そのつづら  あのつづら  みすみすつづら  重いつづら  軽いつづら  さっそくつづら  大きなつづら  とてもツヅラ  

複合名詞
青漆つづら  荷つづら  つづら越し  つづら心中  皆つづら  つづら笠  みなつづら笠  ツヅラ三ツ  衣裳つづら  つづら荷  破れつづら  浜つづら汝  つづらふみ  六三つづらさ  



前後の言葉をピックアップ
つつめ  約めれ  約める  つづめれ  つづめん  綴ら  つづら  九折  葛籠屋  つづら折り


動詞をランダムでピックアップ
存せ乗せれ感じとっ癒えんあぶらぎっ沸き立っ脱すれ切り取いとなめひきずりこめ汚れことなら言い寄っ語っ逆らっ懸けりゃこんぜ取りあつかっ取り持つ踏みとどまれ
形容詞をランダムでピックアップ
拙けれ甲斐甲斐しくふがいなわびし聞きづらき嬉しくっ無かっ暖かかっ差出がましく珍しかっ神々しかろにぎにぎしく青黒く妬ましやり切れない空しゅう細かしく瑞々しき涼しゅうおそかれ