「つっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ つっ[動詞]
入口につっ  ニコニコ笑ってつっ  玄関へつっ  啓吉は呆れてつっ  先生は、つっ  そばへつっ  坊主がつっ  かえるをつっ  首につっ  方へつっ  室につっ  のをつっ  ほうら、つったぞ、つっ  スズキなんかいくらつっ  魚をつっ  そこに、つっ  ぼんやりとつっ  人なつっ  立聞きして居たらしくつっ  指先でつっ  せいもあろうが、しつっ  顔でつっ  身を震わして、なお一寸つっ  庖丁を握りしめながらつっ  平気で飛んで、すっくとつっ  傲然とつっ  壁はつっ  のをしぼりながら、呆然とつっ  手紙に震えながらつっ  私はつっ  屹とつっ  ようにつっ  こっちをねめつけてつっ  つの刑事がつっ  ナースチャは、つっ  肩から逆さにつっ  箒をつっ  入口を塞いでつっ  隅へつっ  玄関につっ  雪駄をつっ  かえるがしつっ  真裸でつっ  天秤をつっ  助はぼけんとつっ  土間につっ  ように、ぴりぴりと引きつっ  前につっ  出口につっ  余りに、暫くつっ  ちょっとしつっ  駕籠をつっ  根がしつっ  場につっ  真中につっ  ビルが真黒くつっ  雨戸にぶつっ  わたくしは呆れてつっ  ヴァランタンが突然、つっ  ぼんやり上り口につっ  お初はしつっ  其処につっ  頬髯を生やし、つっ  そばにつっ  人がつっ  上に、つっ  桶をつっ  あいだ、じっとつっ  しげに、引きつっ  まま柱だけつっ  阿呆みたいにぽかんとつっ  自然をなつっ  ことがあってもつっ  清水はひっつっ  青年がつっ  一匹にも、つっ  サーベルをつっ  首をつっ  りあるいはすでにつっ  髭をぶるぶるふるわせ、大おこりにおこって、つっ  竹箒をつっ  斜面に、つっ  自分はのっそりとつっ  まきにして、つっ  天井につっ  それをなおつっ  側につっ  そこにつっ  学生をつかまえて何やかやとひつっ  いやなやつっ  隅につっ  ものがつっ  鬼がつっ  影法師がつっ  かい王子をつっ  そんなしつっ  蚊帳をつっ  西洋蚊帳がつっ  ほこり風に吹かれ、破られ、それでもなかなか、しつっ  跣足でつっ  彼女に最もしつっ  顔付でつっ  二人並んでつっ  膝をつっ  上につっ  まん中につっ  上でしつっ  足がつっ  顔を赤らめて、つっ  笠着てただつっ  白目がしつっ  俺はつっ  そこへつっ  これではしつっ  イメージがまだしつっ  王さまがほしいとしつっ  上から腕組をしてつっ  川村さんが叫んでつっ  急につっ  茂吉はつっ  顔色でつっ  胸にかかえて、つっ  枝につっ  そいつが、しつっ  両手をあげて、つっ  わたしながら、悠然とつっ  無言で、つっ  たたきにつっ  ぼけんとつっ  兵太郎君を見てつっ  所につっ  空につっ  これほど深い、しつっ  わきにつっ  糊でつっ  呆然としてつっ  直角につっ  ままそこにつっ  まんなかに笑いながらつっ  ままで、つっ  あいだにつっ  耳のぴんとつっ  となり村から、しつっ  女はしつっ  わたしたちがしつっ  下駄をつっ  私はぎくりとしてつっ  時はさすがに少し暴れられてつっ  其右に高くつっ  空中につっ  傍につっ  前後につっ  紫で、しつっ  味もやはり甘ったるい、しつっ  眼ばたきしてつっ  痙きつっ  彼はつっ  冷かにつっ  喜美子に対して、次第にしつっ  ていでつっ  無言でつっ  三段につっ  曾呂利がつっ  壁がつっ  ぼんやりとうつっ  物事にしつっ  両手をつっ  草履をつっ  障壁がつっ  ことを嗅ぎつけられ、しつっ  頬辺をつっ  片手につっ  心持ちふんばり加減につっ  羅紗しょうじょう緋のつっ  かすかに引きつっ  わたしは、引っつっ  風邪なのに、しつっ  不器用な、しつっ  真中に、ただつっ  婆さんがつっ  かんかんとうつっ  何かをつっ  子だから、あんまり、しつっ  茫然とつっ  それはもう、しつっ  チロを抱いてつっ  両手を広げて、つっ  キシさんは、つっ  間に突然つっ  保子がつっ  急所をつっ  いやにしつっ  惘然として、つっ  眼を止めて、暫くつっ  清は暫くつっ  影がつっ  惘然とつっ  そこからじろじろとしつっ  ひと組にしつっ  料理にしてもひつっ  んだなあ、しつっ  ありありとうつっ  あんぽんたんで、しつっ  小細工と、しつっ  日にゃ、しつっ  だらしのない、しつっ  ぼうとしてつっ  剣をつっ  茂ちゃん、だからいけません、あんまりしつっ  根を張ってつっ  ジャックは、しつっ  彼はしつっ  前方へつっ  径につっ  へんしつっ  ように、こんなしつっ  ように、しつっ  法界坊はしつっ  メルキオルはつっ  手を取り合いながらじっとつっ  ちょっと眼を円くしてつっ  苦悶に引きつっ  場所につっ  そばで、つっ  竝べ立て、しつっ  金無垢とつっ  男がつっ  かいにつっ  肩をそばめてつっ  神燈のつっ  位いにつっ  骨につっ  幻がつっ  前に来てつっ  間につっ  数歩向こうにつっ  正面につっ  先刻から襖にかるく寄りかかり、つっ  出入口をふさいでつっ  白壁がつっ  二人は向かい合ってつっ  曹新はつっ  ことをしつっ  理解を言って聞かせたら、いかにしつっ  顔容でつっ  上方につっ  彼女はやはりつっ  背が高く、まっすぐにつっ  眼はしつっ  彼女が出て行くまで黙ってつっ  彼はなおつっ  予自身はなおつっ  手桶なぞがつっ  駕籠がつっ  脇につっ  木クリストフはなおつっ  肩から紐でつっ  細竹につっ  エジプト人形をつっ  犬をつっ  下腹が引きつっ  照代がつっ  いやに疑い深くしつっ  ように、とび上って、つっ  前に恭しくつっ  うち眺めながら、やはり恭しくつっ  田原さんは暫くつっ  空にむかってつっ  Kさんは実にしつっ  張り肘をつっ  長国が、引きつっ  長国が、突然、引きつっ  闇につっ  脇息を蹴たおしてつっ  ヒョロッとつっ  座敷に広々とつっ  姿がつっ  岡部がつっ  んだ、つっ  岩場をへつっ  顎をつっ  前にした、ねつっ  チョイチョイ周囲をつっ  それぎり何もいわず、つっ  後につっ  皿からへつっ  碑がぬっとつっ  ひそみ声になってしつっ  彼をつっ  ドレよりも詛わしい、忌まわしい、しつっ  杖につっ  松木がつっ  中につっ  顔をつき合してつっ  拳を握りしめてつっ  眼にもつっ  肱をつっ  一世紀にもつっ  四方をつっ  足をとめてつっ  そこに黙ってつっ  疲れたようにつっ  山木はしつっ  仰天し、しつっ  銃をつっ  うちに大きくつっ  足を踏みしめて、一寸つっ  暗がりにつっ  のを感じながら、つっ  筋肉が引きつっ  呆気に取られてつっ  中に飛び込んで、暫くつっ  底でしつっ  豆潜水艇をつっ  凛然とつっ  身辺につっ  虫がジージー、ひつっ  誰かがつっ  だんだんはっきりしてきましたし、しつっ  へんにしつっ  方に引きつっ  かなしみを浴びてつっ  地面から公孫樹はつっ  反り身になってつっ  壁につっ  彼はいきなりつっ  びっくりしてつっ  熱心でしつっ  声で話したり、ついにはいろいろしつっ  謙虚そうだが、じつはうるさいくらいしつっ  国道につっ  まんなかにつっ  マダムのたしなみで、つっ  駒井さんはしつっ  そこにきょとんとつっ  下につっ  後手を組んでつっ  土堤道につっ  腰かけさせ、まだつっ  のだろうと思うと、面白くなって、しつっ  力を入れるとひっつっ  先でつっ  痙攣して引きつっ  等分に見較べながらつっ  ように引きつっ  方につっ  それっきり何も言わないで、つっ  俊亮は、それだけ言って、つっ  胸に組んでつっ  其処に起き上ってつっ  人差指でつっ  艦橋につっ  きらきらとうつっ  真中に黙ってつっ  枕頭につっ  只一人でつっ  蛙をつっ  耳を、しつっ  もう一度梅本は叫んで、つっ  今までつっ  次郎はしばらくつっ  眼が、まだつっ  板壁にかけてつっ  部屋につっ  突ついてしつっ  足でつっ  牝鹿がしつっ  幹が、すっくとつっ  オーバーもぬごうとはしないで、つっ  身動きひとつしないで、じっとつっ  伝馬船をつっ  夜、つっ  ここでつっ  アホウドリをつっ  ために気味悪く引きつっ  併しつっ  喫驚してつっ  身を起しながらつっ  靴をつっ  にょきにょき黙ってつっ  つくばかりにつっ  汽車では一層込みあって、つっ  亮助もつっ  宙につっ  ように、時々チクチクとつっ  前へつっ  舳につっ  小径につっ  どこかと、しつっ  千代乃にしつっ  眼を引きつっ  異って、しつっ  そうにつっ  顔に引きつっ  恒雄はつっ  何をそんなにつっ  三人は黙ってつっ  のしろうとしてつっ  壁際につっ  皮がつっ  尾っぽをつっ  えびをつっ  ですよ。あっしがつっ  んだから、つっ  さかなをつっ  ところやしつっ  桃色に盛り上がり、てらてら光り、引きつっ  両手を広げてつっ  両手をひろげてつっ  目が引きつっ  姉さん、しつっ  前に置いてしつっ  顔がほてり、すっかりしょげてつっ  表情をしてつっ  ブルック先生につっ  顔をしてつっ  感じでつっ  申請人がしつっ  あれがまたしつっ  何もせずに、ただのっそりつっ  蚊帖をつっ  私はしつっ  ところを、しつっ  上へきっとつっ  のを絞りながら、呆然とつっ  一人でつっ  一人が、暫くつっ  口は引きつっ  アリアリとうつっ  はるか彼方につっ  横へつっ  結びめが可愛くつっ  眞中につっ  座敷につっ  手をひろげて、つっ  呆気にとられてつっ  亭主は、つっ  どっかでつっ  横手につっ  



前後の言葉をピックアップ
土牢  ツチヰ  ツチンボ  ツヂツマ  吊っ  釣っ  つっかえ  つっかえさ  突っ返さ  突っ返し


動詞をランダムでピックアップ
もみあい携わっさしおか寄りつい芽ぶい打ち合わ息も引きさき察するもちかけるはずすあわれまつっぷすはやらせよちらついこころづき呉ん切りさいなま塗っつみこむ
形容詞をランダムでピックアップ
おそれおおい煩い薄気味悪可愛けれふさわしけれ悪から得がたく硬し華ばなしいたわいなき少くおぼつかない善くっこころやすくいとしき少いぽい古臭くっ残り少なき