「つたわっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ つたわっ[動詞]
ボンにつたわっ  いきさつもつたわっ  伝声管をつたわっ  上をつたわっ  間をつたわっ  踵裏から全身につたわっ  頬につたわっ  室までつたわっ  窓へもつたわっ  岩から岩へつたわっ  くやし涙がつたわっ  そこにつたわっ  掌につたわっ  室へつたわっ  ほおをつたわっ  ありのままにつたわっ  地面をつたわっ  最期のうめきがつたわっ  喚声がつたわっ  中をふるえてつたわっ  目からポロポロ頬をつたわっ  樋をつたわっ  底までつたわっ  窓をつたわっ  崖をつたわっ  教のつたわっ  日本全国津々浦々にまでつたわっ  梯子を、つたわっ  中をつたわっ  外門につたわっ  日本につたわっ  溝をつたわっ  廊下をつたわっ  鉄棒から鉄棒をつたわっ  音がつたわっ  梯子をつたわっ  それから谷間をつたわっ  横へつたわっ  各室へつたわっ  岩をつたわっ  涙が、はらはらとつたわっ  頬をつたわっ  鐘の音がつたわっ  さのつたわっ  消息はつたわっ  顔につたわっ  噂が揺れつたわっ  横枝をつたわっ  ロープをつたわっ  岩肌をつたわっ  縄をつたわっ  廊をつたわっ  諸国からここへ響きつたわっ  耳へつたわっ  島にもつたわっ  章句はかず多くつたわっ  画につたわっ  話もつたわっ  堀割から堀割をつたわっ  体につたわっ  誰からともなくつたわっ  源氏の家につたわっ  線をつたわっ  殿廊をつたわっ  思いやりがつたわっ  林間をつたわっ  将にまで、つたわっ  奥から流れつたわっ  あちこちから噂がつたわっ  噂がつたわっ  姫路にはつたわっ  あれをつたわっ  所までくると、するするとつたわっ  はしごをつたわっ  池をつたわっ  方へつたわっ  かけ声がつたわっ  かけ声が遠くつたわっ  ひろ子につたわっ  ことがつたわっ  ガシャンとつたわっ  涙はまたほほをつたわっ  水脈をつたわっ  野良につたわっ  螺旋椅子をつたわっ  背なかに、つたわっ  感じがはっきりつたわっ  耳へもつたわっ  岸をつたわっ  笑声がつたわっ  警報がつたわっ  毛筋をつたわっ  胸から胸へつたわっ  すみからすみにつたわっ  ろうかをつたわっ  音がやわらかにつたわっ  いつか夫人につたわっ  珊瑚岩をつたわっ  つながりをもってつたわっ  名がつたわっ  そこからかしこへとつたわっ  話し声がつたわっ  電気がつたわっ  村人につたわっ  壁をつたわっ  全校につたわっ  方につたわっ  秘密なささやきがつたわっ  軒下をつたわり、つたわっ  綱につたわっ  遭難談がつたわっ  船体につたわっ  われめをつたわっ  塾堂につたわっ  うごきが蔦蔓につたわっ  中にしめってつたわっ  耳につたわっ  神伝夢想流がつたわっ  煙をつたわっ  穴倉へまで、つたわっ  屋敷につたわっ  祝福してつたわっ  うわさがつたわっ  今日までつたわっ  石垣をつたわっ  かすかなふるえがつたわっ  そこをつたわっ  空中をつたわっ  寺侍につたわっ  頬へつたわっ  こととしていつの間にかもうつたわっ  胸から首をつたわっ  下をつたわっ  電話につたわっ  身体につたわっ  響となってつたわっ  



前後の言葉をピックアップ
ツタリナイ  伝わ  つたわ  伝われ  伝わっ  伝わら  つたわら  伝わり  つたわり  伝わる


動詞をランダムでピックアップ
見出そ仕組ま騙すよいおいださ漉くぱくつき隔たりつけねらわ届け出ろ浮べれなまめいかたらいたきこん引下がれはお取去っ匂わしふためいまるめ込み
形容詞をランダムでピックアップ
厚ぼっためでたく空恐ろし惜しく恐れ多く寂しい遠慮なく余儀なき委しきいたたまれなかっやるせなきうら寂しいもどかしく荒っぽう面倒恐ろし美しくっ痛いたかく