「つたい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ つたい[動詞]
ことは、いつたい  暴露してゐるか、そして、いつたい  樹明君は腫れぽつたい  私は歩きながら、いつたい  使つて、いつたい  弟に似て居るなどともつたい  下町をいつたい  君は、いつたい  虚妄をみてとつたい  ピンからキリまでもつたい  恐縮するけれども、いつたい  忠実であるとは、いつたい  男ばかりとは、少々くすぐつたい  何だか胸が擽つたい  ことでくすぐつたい  つて、いつたい  瀰漫するとは、いつたい  のは、いつたい  あたしたちは、いつたい  例を除いて、いつたい  私は、擽つたい  上をつたい  嶺をつたい  鼻の平つたい  樋をつたい  しまつたら、いつたい  私は擽つたい  圓く厚ぽつたい  苛酷だつたい  これには、ちと込み入つたい  あんたは、いつたい  様々でありますが、いつたい  火口丘をつたい  頂上をつたいつたい  彼等はぜつたい  手をつたい  とつて、擽つたい  腹を切らずにすんだが、いつたい  別にして、いつ、いつたい  ら諸君に指し示されるとして、いつたい  評價でくすぐつたい  あたりに擽つたい  變にくすぐつたい  廣太郎は、いつたい  女が、いつたい  妙にくすぐつたい  気取りやもつたい  生得もつたい  時と同じ擽つたい  ことにして、いつたい  オガクズ式が、いつたい  そんなら、いつたい  妙に擽つたい  ふつとくすぐつたい  腹の中の擽つたい  云ふとほり、いつたい  木の葉をつたい  一ツ目小僧のつたい  なに擽つたい  私は甚だくすぐつたい  酒えまずくなつたい  間にいつたい  先きに立つて、擽つたい  人種は、いつたい  ためにいつたい  崖肌の窪みをつたい  ちの射手はまたもつたい  ぎはぶうぶう鳴りいつたい  代り、いつたい  ルンペン以下、いつたい  やうな、くすぐつたい  背をつたい  たいなしもつたい  ことはいつたい  胸先が、擽つたい  奴は、いつたい  萩は、いつたい  生活とは、いつたい  下宿つて、いつたい  からないが、いつたい  真喜ちやんなんて、いつたい  それや、いつたい  子供たちを、いつたい  美佐ちやんは、いつたい  奥さんから、いつたい  それは、いつたい  長久保さんとは、いつたい  ために、いつたい  んですが、どうでしよう、いつたい  機会が、いつたい  傘なの、あら、もう見えなくなつたい  けたあと、いつたい  こと、ぜつたい  女として、ぜつたい  からないけど、いつたい  んでしようけど、いつたい  影響だとすれば、いつたい  いつまでもここにゐて、いつたい  ことがいつたい  外にして、いつたい  重々恐れいつたい  強調して、いつたい  平らべつたい  承知だが、いつたい  余りもつたい  やうだが、いつたい  支那人通訳は、いつたい  飛び石をつたい  男に、いつたい  さつきからのくすぐつたい  遠山君だつたね、いつたい  権威であるとしたら、いつたい  普通の平つたい  肉体は、いつたい  お多福めえ、気に入らねえけつたい  麻油はくすぐつたい  のか、それとも擽つたい  ことなのだらう、いつたい  親からでも擽つたい  背中の擽つたい  ちよつと擽つたい  顏を見合せたが、同時にひどく擽つたい  彼女は擽つたい  上をつたいつたい  小説全体として見ても、いつたい  ぢやないか、いつたい  話ですし、いつたい  云へば、いつたい  さは厚ぽつたい  生真面目な、醜い、厚ぽつたい  何となくもつたい  やうな厚ぽつたい  いふ心情がいつたい  市中いつたい  君たちは、いつたい  小峯君は、いつたい  問題にされるけれども、いつたい  どこにいつたい  妙にもつたい  垣根などをつたい  ちやんは焦れつたい  これあ、いつたい  やぶにらみで、いつたい  お前は、いつたい  何をいつたい  これあ又、いつたい  ツ、擽つたい  国が、いつたい  仲好しになつたい  影は、このひらべつたい  やうに厚ばつたい  こいつ、もつたい  何かかう擽つたい  おん瞼がだいぶん腫れぽつたい  ちよつとけむつたい  陰気なにほひが、いつたい  ものは、いつたい  吉ちやんはもつたい  神経をつたい  僕は、いつたい  先生なので、いつたい  てゐて、厚ぽつたい  なかでも、厚ぽつたい  滑らかで、厚ぽつたい  黒かつたい  キミがいつたい  やうにぜつたい  てゐなければならぬとすれば、いつたい  土地をつたい  芝居は、いつたい  俳優中には求め難いとしたら、いつたい  清治のゐなくなつたい  ことが、いつたい  笑つたりして、くすぐつたい  エミリアンはもつたい  林檎だの描いていつたい  頬をつたい  ことはぜつたい  がくすぐつたい  それからくすぐつたい  何時頃だつたい  欲求がいつたい  人々は、いつたい  やうな、擽つたい  先の平つたい  何だか背中がくすぐつたい  理由だけで、いつたい  袖口からくすぐつたい  平べつたい  私は、いつたい  ひとを、いつたい  机上とは、いつたい  物だつたさうだが、いつたい  風だつたい  一種くすぐつたい  つては些かくすぐつたい  



前後の言葉をピックアップ
  蔦紅葉  つた  伝い  伝い  つたう  伝う  つたえ  伝え  伝え


動詞をランダムでピックアップ
使お絞りあげそばだつ捨て置き押入れ沈ん借りろつりあがのましもたげ忍び泣い先んずれ代える降り出し遡っ洗いふり向け忌み嫌わおもれ
形容詞をランダムでピックアップ
ずるい愉しかっそうぞうしくっ疎ましくせんなし浅いここちよい狡いうやうやしかっ痛からこうばしい目出度かっまずい真新しい賢しいたいそうらしく勿体なかっ難う情けなき懐かしき