「だまっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ だまっ[動詞]
家康はしばらくだまっ  家賃なんかもたまっ  石太郎はだまっ  二人はだまっ  車が走りだすと、しばらくだまっ  志津はだまっ  心持もあって、だまっ  そうだから、だまっ  僕は、だまっ  憤怒に燃えた、かれはだまっ  人々はだまっ  光一はだまっ  鹿毛もだまっ  敵をおさえつけようともせずだまっ  おれはだまっ  チビ公はだまっ  千三はだまっ  校長はだまっ  顔をしてだまっ  顔を赤めてだまっ  生蕃はだまっ  げたをはきちがえるとか、ただしはなにかだまっ  頭をたれてだまっ  ふたりはだまっ  父はすでに帰っていた、だまっ  巌はだまっ  ッ、だまっ  父はやはりだまっ  人のごとくうちしおれてだまっ  呼吸をきらしながらだまっ  阪井はだまっ  阪井はやはりだまっ  当惑してだまっ  先生はだまっ  おだやかでない、かれはだまっ  母はだまっ  クラモウというかというに、いつもだまっ  気分におされてだまっ  一同はだまっ  おまえはだまっ  ろばはだまっ  手塚はだまっ  新ちゃんと文子を見るやいなやだまっ  ちゃんはだまっ  おまえ達はだまっ  異によってだまっ  目にたまっ  横を向いてだまっ  美濃は、だまっ  古典人、だまっ  政ちゃんはだまっ  紅すずめは、だまっ  底にたまっ  ふたりは共にだまっ  海底超人は、だまっ  金がたまっ  使い走り、だまっ  男たちもだまっ  涙がたまっ  涙がいっぱいたまっ  下に降りてたまっ  悪いことがたまっ  のだから、たまっ  中にいっぱいにたまっ  裂けめから水が湧き出し、少したまっ  そこにたまっ  瞼にたまっ  ときはだまっ  主人はだまっ  西風がね、だまっ  事はだまっ  僕を愛して下さい、だまっ  六七枚もたまっ  根性を、これ程までに罵られてだまっ  なかにたまっ  電気代がたまっ  泪がたまっ  おとうさんはだまっ  ホモイに渡してだまっ  あなたはだまっ  みんな、だまっ  みんなは、だまっ  銭がたまっ  清造はだまっ  清造はしばらくだまっ  とき、だまっ  批判もだまっ  皮にたまっ  外側を暫くだまっ  口中にたまっ  涙のたまっ  父はだまっ  巡査はやはりだまっ  唇にたまっ  庄助は、だまっ  自分はだまっ  ぶんはだまっ  ほり云ってだまっ  落葉がいいほどにたまっ  彼もだまっ  俊夫君はだまっ  垢がたまっ  中にたまっ  老廃物がたまっ  上に、幾重にも折りたたまっ  ことは分っていましたが、なんだか申しにくくって、だまっ  脂肪がたまっ  私はだまっ  女はだまっ  心持になってだまっ  ものにすれば、だまっ  太郎がだまっ  悪いことをすれば、だまっ  のを、だまっ  ふたりでいろいろ考えながら、だまっ  子供はだまっ  アコ長が、だまっ  上にうっすらたまっ  なかに向い合って、だまっ  娘はだまっ  議論じゃ叶わないと思って、だまっ  他人から恵を受けて、だまっ  今までだまっ  どちらへ参りますと云うから、だまっ  婆さんはだまっ  涎のたまっ  人間が押しだまっ  ふうにだまっ  ファゼーロもだまっ  野原を、だまっ  ミーロはしばらくだまっ  こっちへ出てこないで、だまっ  わたくしもだまっ  ミーロはだまっ  三つもって来て、だまっ  ファゼーロに渡しながらだまっ  そうになってだまっ  ファゼーロはしばらくだまっ  食物があんまりたまっ  僧侶がだまっ  それをだまっ  よにだまっ  三人ともだまっ  溜息をつきながらだまっ  ツヤ子が立ってだまっ  津村はだまっ  私にだまっ  家賃がたまっ  ことよりも、だまっ  あなたがだまっ  大将は、だまっ  玄翁はだまっ  上にたまっ  自然にたまっ  皆はだまっ  中にいっぱいたまっ  下を向いてしばらくだまっ  ゴーシュは、だまっ  すぐきいてしまったのでだまっ  光君はだまっ  母君はだまっ  意味か分らないんで只だまっ  ようにとすすめるのでだまっ  ウッカリ口をきいてはとだまっ  女にはよく分って居るので何と答えてよいかと思い迷ってだまっ  口には出しかねてだまっ  光君もだまっ  女達もだまっ  女君はだまっ  様にだまっ  乳母はまだだまっ  お前はまだだまっ  貴女はまただまっ  乳母はだまっ  あとにはだまっ  紅が、だまっ  紅はだまっ  其れをだまっ  ほこりのどっさりたまっ  がちょうは、だまっ  床にすわり、だまっ  ばあさまはだまっ  おばあさまがだまっ  もんだから、だまっ  僕がだまっ  葉桜をだまっ  軽蔑されても、だまっ  気がしてだまっ  下手に繰り返されては、たまっ  五ヶ月分、たまっ  国際親善紳士は、だまっ  のをだまっ  貴女もだまっ  男迷惑そうにしてだまっ  何か云ってだまっ  思想がたまっ  ふくろふが、じっととまってだまっ  眼を瞑ってだまっ  首を垂れてだまっ  ふくろうが、じっととまってだまっ  もいちど信じてだまっ  そこでもだまっ  果実山盛り、だまっ  秀公、だまっ  ことをだまっ  胸にたまっ  箇所が少しずつたまっ  サト子が、だまっ  ことがなくなって、だまっ  話が詰まってくれば、だまっ  アテがつくまで、だまっ  通りを、だまっ  水上さん、だまっ  話をだまっ  愛さん、だまっ  秋川が、だまっ  間代がたまっ  彼女はだまっ  ローソクをつけてだまっ  今度はだまっ  ゴトゴトになってたまっ  感情がたまっ  膿がたまっ  王朗はだまっ  一部に片よってたまっ  自分が、だまっ  枝に少したまっ  清二は、だまっ  垢がうす黒くたまっ  話がたまっ  ものがたまっ  こっちゃない、だまっ  一夜、だまっ  それがさわいでわめくときゃ、けっしてだまっ  灰さえ、やはり落ちずにたまっ  支払いのたまっ  涙がまだたまっ  何を聞いても、やっぱりだまっ  まんま、だまっ  まま、だまっ  言出すかと、だまっ  蟻田博士は、だまっ  新田先生はいらだって、もうだまっ  先生は、だまっ  それは、だまっ  課長はだまっ  新田先生は、ついにだまっ  新田、だまっ  二人ともだまっ  二人は、しばらくだまっ  ルル公爵は、いつも、だまっ  あいかわらず、だまっ  それまでは、だまっ  ほこりがたまっ  看護婦さんは、だまっ  話は、だまっ  一郎はだまっ  目をりんとはってだまっ  からないと思いながらもだまっ  のを見ると、だまっ  三郎もだまっ  ことだかわからずだまっ  足を投げだしてだまっ  三郎はだまっ  三郎はやっぱりだまっ  ようにしてまたしばらくだまっ  そうにしばらくだまっ  庄助はだまっ  そうになりながら、だまっ  二人はしばらくだまっ  足を投げ出して、だまっ  から、だまっ  知らん振りをして、だまっ  顔を見合せてだまっ  博士はだまっ  そうになりながらだまっ  一ぱいにたまっ  ゲンナリしてしまい、しばらくだまっ  義一も、だまっ  四人ともだまっ  四カ月、だまっ  のどにたまっ  ところにたまっ  垢のたまっ  涙でもたまっ  人もありますが、だまっ  大師はだまっ  水がたまっ  あげく、だまっ  チンピラはだまっ  二がだまっ  立上って、だまっ  仏像みたいに、だまっ  覚悟をきめると、だまっ  いくら、たまっ  眼をむけて、だまっ  輪代がたまっ  昨日は、突然にだまっ  はるはだまっ  埃がたまっ  赧くなって、だまっ  そうにもじもじしていたが、やがてだまっ  鶴雄はだまっ  鶴雄がだまっ  自分にだまっ  そこでたまっ  上に、だまっ  はじめはだまっ  亮二はだまっ  君はだまっ  冬中にたまっ  さでたまっ  宇宙にたまっ  打ち水がたまっ  こんどはだまっ  それがだまっ  主人がだまっ  ことをされても、だまっ  生徒たちは、けっして、だまっ  泥がいっぱいだぶだぶたまっ  ものが、いっぱいたまっ  博士もだまっ  父がまたしばらくだまっ  間にだまっ  こともできずだまっ  六分目までたまっ  砂がいっぱいたまっ  埃がいっぱいたまっ  まりは、だまっ  川崎一艘取られてみろ、たまっ  蟹たたきでも、さ、されたら、たまっ  視線で、だまっ  お前もだまっ  げんもうかがわずに、だまっ  うちから出迎えてだまっ  埃のたまっ  気もちになってだまっ  口をきられて、だまっ  雑誌をつくられては、たまっ  ところがあったら、だまっ  旅から戻ってきて、たまっ  到着したばかりで、信じられないくらいたまっ  ケンカをやられては、たまっ  のと、一向に動ぜず、だまっ  祖母はだまっ  私がだまっ  一言も返さずにだまっ  祖母は、だまっ  なにもいわずにだまっ  息をだしてだまっ  あたしがだまっ  パパがだまっ  あたしが恐れいってだまっ  みなさんがだまっ  ことがありすぎ、だまっ  うちに、だまっ  民や、だまっ  斯うやって書いて来て、たまっ  死体のあぶらが流れたまっ  駆逐艦もだまっ  ところをだまっ  事務長は、だまっ  ハルク、だまっ  水夫は、だまっ  船長ノルマンは、しばらくだまっ  だれにもだまっ  恰好で、だまっ  泡のたまっ  私たちはだまっ  時に、おこらず、だまっ  血はどうしてもだまっ  布をかぶって、だまっ  からもうだまっ  ケレンコは、だまっ  相手もだまっ  妙にだまっ  潜水兜をぬがされてはたまっ  微笑みながら、だまっ  青扇はだまっ  僕たちはしばらくだまっ  いままでだまっ  そうに、もじもじしてだまっ  お前はだまっ  シグナルも、もうだまっ  ばかにされてだまっ  ように少しあきれて、だまっ  わたしたちはしばらくだまっ  からないので、だまっ  必要はない、ただだまっ  ゼルビノはすごすごだまっ  わたしたちはだまっ  わたしはかれがそんなふうにだまっ  そばにすわって、だまっ  恩を知っているなら、だまっ  親方はだまっ  つの落ち葉がたまっ  平太はだまっ  空気に抑えられてだまっ  それから、しばらくだまっ  落人詮議で追い廻される、たまっ  其臭気と来たらたまっ  土埃りがたまっ  わたしはだまっ  わたしが話しかけると、かれはだまっ  様子をだまっ  そばにだまっ  あいだかれはだまっ  わたしはこのくわだてを考えながら、だまっ  らはだまっ  わたしはかれがだまっ  それを起こすまいと思って、そっとだまっ  わたしはかれにだまっ  わたしがだまっ  女はしばらくだまっ  糟がたまっ  高柳君はだまっ  道也先生は、だまっ  妻君はだまっ  聴衆は依然として、だまっ  一面に軽くたまっ  彼はだまっ  私、だまっ  ところどころ地のくぼみにたまっ  材料はかなりたまっ  みんな、しばらく重々しく、だまっ  土ぼこりがたまっ  跡をつけられてはたまっ  四時間たって、だまっ  品がたまっ  俄かにだまっ  蜂雀はいよいよだまっ  手をやめて、しばらくだまっ  ネリはだまっ  ペムペルはだまっ  それから二人はだまってだまっ  四十雀をだまっ  相手がだまっ  あんた少しだまっ  銀様がだまっ  女学校へ這入れまいと思って、泣く泣くだまっ  近侍はだまっ  心にもわかって、だまっ  朝夕にたまっ  角、だまっ  しかもだまっ  通り、だまっ  柔順にだまっ  彼がだまっ  窮してまただまっ  葉にたまっ  亭主はだまっ  子供たちは、だまっ  ように、だまっ  可なりたまっ  おじいさん、だまっ  作者がだまっ  根津はだまっ  ベゴ石も、だまっ  石は、だまっ  火山弾は、だまっ  百とやらもだまっ  何も見えやしません、ただ、だまっ  ここにじっと立って、だまっ  しまいまでだまっ  ように寂しくだまっ  父は又だまっ  山岸もだまっ  前に坐ると、だまっ  手首を取って、だまっ  のだ、だまっ  のか、だまっ  わたしは歌わないで、だまっ  眼にたまっ  キャラコさんは、だまっ  眼を見かえすと、だまっ  少年は、だまっ  それを取りあげて、だまっ  影法師を落してだまっ  おれもだまっ  前に置いてだまっ  落葉のたまっ  つぶやきながら、だまっ  房枝は、だまっ  おれさまが、だまっ  無電技士は、だまっ  怪事件にだまっ  のをしっていて、だまっ  団員たちは、だまっ  公使館は、だまっ  支払いが、たまっ  爆発などをやられては、たまっ  久助君はしばらくだまっ  耳くそがたまっ  其はだまっ  捨られてもだまっ  腕組みをしてだまっ  押出して、だまっ  部屋などにだまっ  デコボコ頭の凹みにたまっ  祖母さんはだまっ  片時もだまっ  爪垢がたまっ  睫毛にたまっ  三寸もたまっ  おしげはだまっ  梯子段を見上げていると、だまっ  絹もだまっ  フイに湧き起って参りまして、そう言わなければだまっ  主膳もだまっ  人は、だまっ  角にはだまっ  神尾はだまっ  角とてもだまっ  事を聞くとだまっ  ポケットからなにかだして、だまっ  筆を、だまっ  代りに、だまっ  われわれ自身は、実にたまっ  砂埃が白くたまっ  弟君が、だまっ  物は、だまっ  妙達にもだまっ  さまをだまっ  児も泣いたり、だまっ  父親はだまっ  有年はだまっ  上野は、だまっ  内匠頭がだまっ  数右衛門はだまっ  正季はだまっ  都へ、だまっ  与八は、だまっ  痛快に感じてだまっ  そればっかりはだまっ  ものらしく、だまっ  辺に、だまっ  拳をにぎりしめ、だまっ  唖ようにだまっ  ようにだまっ  二時間もだまっ  顔をして、だまっ  人はだまっ  まぶたにいっぱいたまっ  若い男が立ってだまっ  お辞儀をして、だまっ  一杯にたまっ  露がたまっ  雫がたまっ  人がやっぱりだまっ  気の毒そうに、だまっ  気持ちがしてだまっ  ぼんやりしてだまっ  気がして、だまっ  鳥捕りは、だまっ  ものでだまっ  だいと思いながらだまっ  息をしてだまっ  のがつらかったのでだまっ  からだをだまっ  それからあとはもうだまっ  その時まで、だまっ  主膳は、だまっ  お前たち、だまっ  カムパネルラはきのどくそうに、だまっ  もので、だまっ  だいと思いながら、だまっ  息をして、だまっ  のがつらかったので、だまっ  からだを、だまっ  三月ごとにたまっ  人はしばらくだまっ  腹にたまっ  顔をしながらだまっ  私もだまっ  胸いっぱいにたまっ  口を尖らせてだまっ  弁信さん、だまっ  このごろお前、だまっ  物をだまっ  向うだって、だまっ  時はだまっ  翁はやはりだまっ  省作はだまっ  省作はまただまっ  ようになってだまっ  私は、だまっ  訴え出ないで、だまっ  色あざやかに思い出されて来て、たまっ  努力が、ほの温くたまっ  気味のわるいほどだまっ  直義は、だまっ  王さまはだまっ  金貨がたまっ  払いもたまっ  胸へたまっ  はなしもいろいろとたまっ  霜もだまっ  気を置かれて、だまっ  茂君、だまっ  ここにたまっ  目に逢わされてだまっ  四通八達らしく、だまっ  赧らめて、だまっ  竹はだまっ  其月はだまっ  行儀よく坐って、だまっ  其蝶はだまっ  二人もだまっ  浜はだまっ  七はだまっ  物具の繕いがたまっ  具簡はだまっ  二人は唯だまっ  仙二はだまっ  一人の子がだまっ  宇吉はだまっ  公卿たちがだまっ  尊氏はだまっ  外からぼんやりはいって来て、だまっ  洗濯がたまっ  儘で、唯だまっ  長八は唯だまっ  長三郎は終始だまっ  冬は又だまっ  鉄造もだまっ  冬はだまっ  ものはあったが、だまっ  坊官はだまっ  義詮はだまっ  蹲踞まりながら、だまっ  雨戸は、すっかりくり開け、だまっ  人間がたまっ  荷馬車のたまっ  家へかへってだまっ  一様にたまっ  おかあさんはだまっ  やけになって、だまっ  技師はだまっ  半分ばかりたまっ  雨水がたまっ  誰がついて来ようとも、だまっ  わたしたちにはだまっ  頭からガミガミ叱らずに、だまっ  煤がたまっ  貯金がたまっ  天然もだまっ  しかし、ほんのわずかでも離れていてはたまっ  定はだまっ  から、ついだまっ  三人がだまっ  涙が溢れるほどたまっ  ものをだまっ  ようすでだまっ  十数冊もたまっ  まっ青になってだまっ  つもりらしくだまっ  当人が、だまっ  こっちもだまっ  主婦がだまっ  狐はだまっ  心にたまっ  夫婦はだまっ  から、たまっ  僕はだまっ  前にだまっ  コップを、だまっ  女は、だまっ  晒らされてはたまっ  正ちゃんは、だまっ  ひつじさんは、だまっ  ひつじさんはだまっ  搾取を、だまっ  背中にたまっ  母親はだまっ  先をひっぱりながらだまっ  調子で合わせて居たがフッとだまっ  かおを見るとだまっ  妙ちゃんとはだまっ  云わず私もだまっ  涙のいっぱいたまっ  ひのきは、まただまっ  葉末にたまっ  事実、だまっ  ことになるかも知れないが、だまっ  弱気に、だまっ  恰好を、とても、だまっ  不愉快で、だまっ  こと、もすこしだまっ  それだけで、だまっ  やつだから、だまっ  喧嘩させて、だまっ  泡がたまっ  ようにたまっ  必してだまっ  ように畳みながら、だまっ  ときには、だまっ  それを、だまっ  中にとけてたまっ  僕のだまっ  たくさん話はたまっ  私さえだまっ  話を、だまっ  受皿にあけて、吹き吹きだまっ  ように重ね、だまっ  ペーチャは、だまっ  そこにだまっ  そばをだまっ  うず高くたまっ  横にたまっ  巧笑に接して、だまっ  滓がたまっ  所々にたまっ  ゆるやかにたまっ  私達もだまっ  中の人となってようやくだまっ  岩蔭にたまっ  玉となってたまっ  意識していなければならないとすれば、たまっ  金がいくらたまっ  隙だらけで、だまっ  間にたまっ  ちょっとうなづいてだまっ  虔十はだまっ  歳月が折りたたまっ  日ざしがたまっ  露のたまっ  お母さんのまえに、だまっ  気がたまっ  傍らに坐って、だまっ  老人はだまっ  気をのまれて、だまっ  炉辺にだまっ  健もだまっ  健がだまっ  節はだまっ  恵はだまっ  健はだまっ  皆一寸だまっ  荒川はだまっ  武田はだまっ  節は一寸だまっ  小作達は、だまっ  小作人達はだまっ  群集とたまっ  さっきから、だまっ  兄様たちにだまっ  リイはだまっ  真顔で教えたら、だまっ  肘をついて、だまっ  二三ヶ月分もたまっ  農夫長はだまっ  農夫はだまっ  汗のたまっ  溝にたまっ  ごらんなさい、たまっ  それが随分たまっ  慶次郎とはだまっ  子供は、だまっ  こっち向いて、だまっ  四本とも、やっぱりだまっ  君は一寸だまっ  きり、だまっ  両方がだまっ  相手はだまっ  口にたまっ  日本人をだまっ  黄黒くたまっ  阿闍梨はだまっ  千枝太郎はだまっ  安田はがたがたふるえながら、だまっ  窮してだまっ  気がして、いっそ、だまっ  みちはだまっ  穴へたまっ  心づかいを察して、だまっ  もろもろはだまっ  源三にだまっ  新聞にたまっ  腹中にたまっ  ごみがたまっ  泪のいっぱいたまっ  眼で、だまっ  惣七がだまっ  磯五は、だまっ  美代は、だまっ  者にもだまっ  ジュズイ氏はだまっ  侮辱をうけてだまっ  後輩がだまっ  伸子は、だまっ  相川良之介は、だまっ  代は、しばらくだまっ  絢子がだまっ  伸子は、しばらくだまっ  ウメ子は、だまっ  伸子はしばらくだまっ  つばのたまっ  横通りに曲ると、暫くだまっ  慶次郎はなんにも云わないでだまっ  云はないでだまっ  大抵はだまっ  痕にたまっ  塵がたまっ  フウフウ息をつきながら、だまっ  松山はだまっ  傍でだまっ  爪垢のたまっ  云わずに、だまっ  これは無論だまっ  ため息をつきながら、だまっ  のですが、だまっ  知らない人にだまっ  高原にたまっ  千世子はだまっ  水引をだまっ  血泡がたまっ  水のたまっ  手にたまっ  窓にたまっ  塵埃がいっぱいにきたなくたまっ  急にだまっ  小倉はだまっ  四日もだまっ  留守にだまっ  のを知って、だまっ  若いお母さんはだまっ  勤労大衆はだまっ  母親は、一寸だまっ  もの、たまっ  ようでたまっ  ものになってたまっ  ごみもたまっ  ネルロはだまっ  コゼツはだまっ  少年はだまっ  おじいさんはだまっ  証書をだまっ  月はだまっ  軍曹が、だまっ  沖島は、だまっ  一時水がたまっ  天井にたまっ  牛丸少年は、だまっ  牛丸少年は、それでもだまっ  春木少年は、しばらく、だまっ  仏国少年バクスターはだまっ  だんだんかたむくばかりじゃないか、だまっ  胸をとどろかしながら、だまっ  ドノバンも、だまっ  四人はだまっ  ドノバンはだまっ  きみはだまっ  ホーベスは、だまっ  からだでもたまっ  これまでだまっ  弘田外務大臣はだまっ  間をだまっ  いかほど不消化でも、だまっ  彼らはだまっ  大野はだまっ  主従はだまっ  ものがだまっ  間彼らはだまっ  守衛はだまっ  隅にたまっ  座敷にたまっ  あて推量まで持ち込まれちゃたまっ  さにたまっ  こと、たまればたまっ  しずくがたまっ  泥がたまっ  帝国主義侵略にあってだまっ  泥水のたまっ  両手をさし出してだまっ  どちらもだまっ  上の空をだまっ  玉になりながら、たまっ  ただ広くたまっ  屋根にたまっ  路をだまっ  まりにたまっ  緊まって、少しだまっ  洗濯物がたまっ  原稿がまた少したまっ  マッチばかり貰って、たまっ  あいだ、だまっ  もみの木ばかりは、だまっ  荒くれ男がだまっ  六台もたまっ  子はだまっ  毛が抜けてたまっ  花にたまっ  んですから、それで又思ってもだまっ  母親のだまっ  二人はややしばらくだまっ  かすがたまっ  頭中にたまっ  様子でたまっ  千世子もだまっ  手紙を、だまっ  あとはだまっ  義朝もへいこうして、だまっ  奥様はだまっ  ことも出来ないので、唯だまっ  自分に折りたたまっ  少女はだまっ  獅子はだまっ  頭が痛くなってだまっ  由利はだまっ  気持をわるくしてだまっ  おまえじゃないよ、やかましい、だまっ  鉛筆を持ってだまっ  顔を赤くして堅くなってだまっ  妖光がたまっ  小沢がだまっ  娘は暫くだまっ  男はだまっ  針助はだまっ  次郎はだまっ  龍太はだまっ  一寸法師はだまっ  三人はだまっ  のでは、たまっ  どんどんお金がたまっ  王子はだまっ  用事がたまっ  貴方にだまっ  様にしてだまっ  若い人とだまっ  ばっかりでだまっ  かおをしてだまっ  ムスメがだまっ  これだけ云ってまただまっ  靴をぬいで早速登って行くと、だまっ  金なんぞはだまっ  清岡はだまっ  番頭はだまっ  砂塵がたまっ  別に灰がたまっ  助はだまっ  お手本にしてだまっ  仕事がたまっ  ものがだいぶたまっ  払いがたまっ  新子はだまっ  椅子にだまっ  合槌にこまって、だまっ  ように、ハッキリというとだまっ  青年はだまっ  帰りを急いでいるかもしれないと思って、だまっ  美沢が、だまっ  勢いを避けて、だまっ  返事をしないに限ると思って、だまっ  目をつぶって、だまっ  馬吉がだまっ  平七は、だまっ  盃を、だまって引き寄せると、だまっ  兄にだまっ  クリスチャンであるし、だまっ  教卓にたまっ  何だかいろいろたたまっ  一ぱい物がたまっ  三吉にもだまっ  福原も、だまっ  深水さんにも、だまっ  気になられて、だまっ  ポーセはだまっ  外に出て、しばらくだまっ  阿部君、だまっ  克巳も、だまっ  ふたりはしばらく、だまっ  杉はだまっ  お金がたまっ  七十六号がだまっ  何千何百とたまっ  金でもたまっ  ぐちゃぐちゃにたまっ  子どもたちにだまっ  武蔵は、だまっ  ように、しばらくだまっ  お金はどしどしたまっ  見取図へだまっ  一人がだまっ  たしかに涙のたまっ  永年にたまっ  電柱はだまっ  一枝はだまっ  ライオンも、だまっ  親方もだまっ  顔にかぶると、だまっ  とおりに、だまっ  莚一枚でも、だまっ  気持でだまっ  二郎、だまっ  隠居さんには分るまいと思って、だまっ  方々にたまっ  陶物にたまっ  杯を、だまっ  雪がたまっ  久助君は知らなかったのでだまっ  眼をしていたが、それでも、だまっ  のだが、もうだまっ  みんな顔を見あわせてだまっ  俊亮はだまっ  言葉に見出して、だまっ  委員以外のものはだまっ  しかし、ただだまっ  こと、だまっ  顔をふせてだまっ  僕たちもだまっ  がらくたあだいぶたまっ  時間働かせられたら、たまっ  纒ってたまっ  龍介はだまっ  両方とも少しだまっ  煤のたまっ  踏面にたまっ  刃が、だまっ  流石にだまっ  私たち二人はだまっ  音をききながら、だまっ  じょうは話さないとわかると、だまっ  まりかねたおかみさんは、とうとう、だまっ  二人は、だまっ  のか、しばらくだまっ  身をしずめて、だまっ  一べつをなげ、だまっ  めいわくをかけられたら、たまっ  白波を見つめて、だまっ  かい連中も、だまっ  だれもだまっ  缶は少しかたむけてあるので、たまっ  缶にたまっ  雨が降るので、たまっ  万年灯にたまっ  お話がたまっ  次郎もだまっ  鈴田はだまっ  玄関にもどって来たが、やはりだまっ  大河は、しばらくだまっ  直感したらしく、だまっ  いつまでも陰気に押しだまっ  それまでだまっ  三人も、だまっ  無遠慮にさわられては全くたまっ  恰好でだまっ  お母様はしばらくだまっ  唾がたまっ  先生にのさばられちゃ、たまっ  それがもしかたまっ  陽がたまっ  手を取ってだまっ  時ローズはだまっ  詩人はだまっ  ジーと見て居た、だまっ  ツバがたまっ  秋山はだまっ  駅のまえにだまっ  ひとにでも聞かれたら、たまっ  口元をだまっ  言葉に、だまっ  俺はだまっ  元気にも似ず、降りたまっ  雪を落としながら、吹きたまっ  ことは、だまっ  タンクにたまっ  荷もたまっ  葉にとろりとたまっ  ヤニがたまっ  子供を叱りつけてだまっ  心持ちかただだまっ  下へたまっ  伍はだまっ  変だな、だまっ  姉はだまっ  目やにがたまっ  だいとききましたが、だまっ  木崎はだまっ  光景を、だまっ  あいだはだまっ  道夫はだまっ  高慢が憎いと思ったが、だまっ  いつものように、だまっ  慶次郎もだまっ  つめにたまっ  木はだまっ  革鞭をもって、だまっ  三張りもたまっ  雪のたまっ  小坂信二はだまっ  日野はだまっ  冴子はだまっ  信吉もだまっ  隙間隙間へ忍び込んで、だまっ  文句ひとついうでもなく、だまっ  彦は、だまっ  失敗にこりて、だまっ  丸彦を見あげましたが、だまっ  そこにかがんで、だまっ  栄蔵は、だまっ  あんたもだまっ  返事もせずだまっ  子供達が、はたして、だまっ  ワーニカがだまっ  ものを、だまっ  ベスは、だまっ  家来がだまっ  火をつついてだまっ  ローリイは、だまっ  おかあさんから、だまっ  それができないから、だまっ  ために、だまっ  くるまってかたまっ  様をだまっ  トランクを、だまっ  天水がたまっ  いっぱいにたまっ  笑いを報いて、だまっ  顔してだまっ  のだろうと思って、にこりともせず、だまっ  首人形を見つめながらだまっ  いやだったんでだまっ  事をだまっ  様子を見つめてだまっ  用もたまっ  あかのたまっ  娘もだまっ  島はだまっ  足痕にたまっ  文句もいえずだまっ  ぼくはだまっ  父さまには、だまっ  顔色を察して、だまっ  半月はかきものがたまっ  読書がたまっ  十二月はたたまっ  十人くらいたまっ  戸をあけてやるとだまっ  人もたまっ  一分間ばかりだまっ  頑固に、だまっ  商船、たまっ  十日間それをだまっ  手をつかむと、だまっ  それに対してだまっ  道にたまっ  うつ向いてだまっ  北川くんなどは、だまっ  弟は、だまっ  手紙にたまっ  ことがたまっ  のやたまっ  お返しがたまっ  禿頭はだまっ  不平がたまっ  宮殿にたまっ  小僧はだまっ  じいやはだまっ  僕なんて、だまっていたくても、だまっ  さっきから、やはりだまっ  それこそたいへんですから、だまっ  金をとられただけで、だまっ  論法に、だまっ  みことのりに、だまっ  ギンはだまっ  口がきけなくて、だまっ  倉沢はだまっ  妹もだまっ  ゅう、だまっ  お久美さんはだまっ  俺がだまっ  んざ、たまっ  ツラ当てしられちゃ、たまっ  枯れ葉のたまっ  締金がたまっ  おかみさんは、ただ笑って、だまっ  小金がたまっ  大将たちも、やっぱりだまっ  オシャベリ姫もだまっ  ふちにたまっ  重助はだまっ  信二郎はだまっ  先生にだまっ  のかだまっ  玉がたまっ  貴方がだまっ  妾はだまっ  身体とにたまっ  ばさまにかかっちゃたまっ  雨滴がたまっ  勇気はなかったので、だまっ  誰もだまっ  ほうへふりむいて、だまっ  一同は、だまっ  それからまただまっ  



前後の言葉をピックアップ
ダマスナ  だませ  騙せ  だまそ  騙そ  黙っ  ダマッ  ダマッテ  たまら  黙ら


動詞をランダムでピックアップ
噛み合お聞し召し寫せいこま攻めたてれ繁り合っ割出し略せるゆき過ぎ強がる凌ぎ置けるすき通っ総毛立た釈こみごもら晴れ渡り付き添っ献ずれ繕お
形容詞をランダムでピックアップ
とめどなき忌々しけれ高い塩辛蒼からきむずかしいほど近きひもじこまごましい薄ら寒くかぐろひよわいうまけれ厳しきみすぼらしくきやす嬉しから幼し聞苦しい冷たう