「だしぬけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ だしぬけ[動詞]
茶がまはだしぬけ  子爵はだしぬけ  木島さんが、だしぬけ  君がだしぬけ  夕方、だしぬけ  ペトローヴィッチには、だしぬけ  仔細があってとも知れずに、だしぬけ  ミスが、なぜだしぬけ  場面が出ると、だしぬけ  塩田大尉は、このだしぬけ  時にだしぬけ  豹一はだしぬけ  拍子に、だしぬけ  決行しようとだしぬけ  のを知ると、だしぬけ  顔がだしぬけ  坂を登りかけたが、だしぬけ  御馳走しながら、だしぬけ  兩君も、だしぬけ  妻はだしぬけ  こん畜生、だしぬけ  とき、だしぬけ  ろとだしぬけ  畑尾はだしぬけ  道を行きつくすと、だしぬけ  水をだしぬけ  敏子はだしぬけ  規矩男はだしぬけ  話を聴いていたが、だしぬけ  ほうへ振りかえると、だしぬけ  伏目になって考えこんでいたが、だしぬけ  うちにだしぬけ  つまみながら、うっそりとなにか考えこんでいたが、だしぬけ  者と見てとったらしく、だしぬけ  後ろに退いて、だしぬけ  中に、だしぬけ  男に、だしぬけ  ことを、だしぬけ  動作が余りにだしぬけ  室にこっそり這入って来て、だしぬけ  十時頃であろう、だしぬけ  声で、だしぬけ  それがだしぬけ  仕事師が、だしぬけ  のだったが、だしぬけ  のだが、だしぬけ  次郎左衛門はだしぬけ  それを見あげていると、だしぬけ  森君はだしぬけ  中学生がだしぬけ  とき山木が、だしぬけ  ふうだったが、だしぬけ  ように凝り固まっていたが、だしぬけ  ことをいっておいて、だしぬけ  頃合をはかりながら、だしぬけ  女が、だしぬけ  カオルは、だしぬけ  暁子は、だしぬけ  愛一郎は、だしぬけ  のを感ずると、だしぬけ  のを知って、だしぬけ  ものでも、だしぬけ  下村さんがだしぬけ  こと、だしぬけ  狂暴に働いて、だしぬけ  所が、だしぬけ  木芙蓉がだしぬけ  氏はだしぬけ  課長のこのだしぬけ  言葉がだしぬけ  なにしろ、だしぬけ  大隊長にはだしぬけ  魂にも、だしぬけ  考えがだしぬけ  戸外へ呼びだして、だしぬけ  とき、ガーンとだしぬけ  ように、だしぬけ  買物に来て見ていると、だしぬけ  つてもいいなどと、だしぬけ  から、だしぬけ  時、だしぬけ  アッタスン氏のだしぬけ  油断していると、だしぬけ  桜会はだしぬけ  油断していたら、だしぬけ  パパがだしぬけ  前ぶれもなくだしぬけ  ランチがだしぬけ  フレッドさんがだしぬけ  顔にだしぬけ  蒼ずませ、だしぬけ  船長ノルマンから、だしぬけ  シャン・ド・マルスを歩いているとさ、だしぬけ  話を聞いていたが、だしぬけ  太刀川時夫は、だしぬけ  怪物のだしぬけ  此のだしぬけ  ようだから、だしぬけ  犬がだしぬけ  助はだしぬけ  わたしはこのだしぬけ  伸子は、だしぬけ  ところへ、だしぬけ  うちに、だしぬけ  表へ、ひきだして、だしぬけ  訪問がだしぬけ  女がだしぬけ  彼はだしぬけ  将軍家定がだしぬけ  いるかと思うと、時々だしぬけ  たか、だしぬけ  猪股氏を見すえていたが、だしぬけ  鮎子さんが、また、だしぬけ  キャラコさんを見おろしながら、だしぬけ  間沈黙していたが、だしぬけ  ひとりごとみたいにつぶやいていたが、だしぬけ  真中で、だしぬけ  灯火管制にうつらねばなりませんが、こうだしぬけ  涙がはらはらと、だしぬけ  ききにだしぬけ  それから、だしぬけ  風景が、だしぬけ  絵具箱をとりあげると、だしぬけ  道をしばらく行くと、だしぬけ  ものじゃありませんか、だしぬけ  恐竜もまただしぬけ  町に、だしぬけ  時また、だしぬけ  よそから歸つて來るとだしぬけ  教授はだしぬけ  ものだと、だしぬけ  七はだしぬけ  彼女はだしぬけ  足退がってだしぬけ  久我さん、だしぬけ  座敷のまえに止まって、だしぬけ  鶏がだしぬけ  者で、だしぬけ  津の国屋さんへだしぬけ  のか、だしぬけ  獣のように飛び出して来て、だしぬけ  うすい四郎兵衛を呼び出して、だしぬけ  女はすこしおかしく思ったらしい、だしぬけ  草履がだしぬけ  微かにきこえたかと思うと、だしぬけ  船端に坐り込んで、だしぬけ  七は伸び上がってだしぬけ  拝借と云いながら、だしぬけ  上に、あんまりだしぬけ  提灯でずっと這入って来て、だしぬけ  生首をだしぬけ  夜ふけに伺いまして、だしぬけ  草履屋へ行って、だしぬけ  時は、こっそりと、だしぬけ  おばさんだの、だしぬけ  為に、だしぬけ  風呂敷を突きつけて、だしぬけ  袂でだしぬけ  若殿さまは唯だしぬけ  由がだしぬけ  はいって来たかと思うと、だしぬけ  基と、だしぬけ  蟹はだしぬけ  弟がだしぬけ  幸次郎がだしぬけ  万端抜かりがない、だしぬけ  まん中で、だしぬけ  猿はだしぬけ  お母さまに、だしぬけ  細君がだしぬけ  何という思わぬだしぬけ  若い農婦がだしぬけ  龍然はだしぬけ  塊がだしぬけ  深志が、だしぬけ  みんな笑い出し、だしぬけ  場面へ、だしぬけ  ラエーフスキイがだしぬけ  横から、だしぬけ  名前がだしぬけ  はいろうとすると、だしぬけ  しょんぼり横坐りに居崩れて坐って、だしぬけ  娘たちにだしぬけ  一方を睨んで突っ立っていられたが、だしぬけ  彼に言って、だしぬけ  窓を見たら、だしぬけ  空気がだしぬけ  あなたはいつもだしぬけ  のかと、だしぬけ  中江はだしぬけ  鶉は、あんまりだしぬけ  河田はだしぬけ  方からだしぬけ  縦列は、だしぬけ  話をだしぬけ  夫がだしぬけ  知らせをだしぬけ  後ろでだしぬけ  実生活が、だしぬけ  拍子を見てだしぬけ  おねえさん、とまた低く呼びましたら、だしぬけ  龍造寺主計は、だしぬけ  わしは、だしぬけ  そこへ、だしぬけ  電話が余りだしぬけ  ひと目逢わしてくれと、こういうだしぬけ  島さんがだしぬけ  縁側へだしぬけ  姿がだしぬけ  ところさ、だしぬけ  僕はだしぬけ  懸念から、だしぬけ  空気を震わして、だしぬけ  翌日、だしぬけ  の子がだしぬけ  木村重吉はだしぬけ  話が、だしぬけ  日由子はだしぬけ  夕方になると、だしぬけ  アツ、だしぬけ  看板が、だしぬけ  上、だしぬけ  一つのだしぬけ  上で、だしぬけ  一昨日ほとんどだしぬけ  商売でも、ああだしぬけ  パイ軍曹はだしぬけ  闇にしのんでいて、だしぬけ  奴僕はだしぬけ  阿賀妻はだしぬけ  真名古はだしぬけ  花子がやって来るから、だしぬけ  九段坂の下まで来ると、だしぬけ  男はだしぬけ  男がだしぬけ  両手にのせて、ためつ、すがめつ、ながめていますと、だしぬけ  ことをだしぬけ  素子はだしぬけ  中で、だしぬけ  もんで、へい、だしぬけ  頭にだしぬけ  私には全くだしぬけ  ところで、だしぬけ  傍から窕子がだしぬけ  來ずに、だしぬけ  客のだしぬけ  方から、だしぬけ  眼をしばたたいて、まるでだしぬけ  先棒がだしぬけ  誰だって、だしぬけ  弟子にして頂きたいと考え、だしぬけ  うち小野がだしぬけ  お茶室で、だしぬけ  小路をわずかくると、だしぬけ  ところを、だしぬけ  今日はだしぬけ  民はだしぬけ  彼は、だしぬけ  次郎は、だしぬけ  俊亮はだしぬけ  体が、だしぬけ  俊亮がだしぬけ  ころ、だしぬけ  団栗林から、だしぬけ  生籬が、だしぬけ  下から、だしぬけ  顔をして、だしぬけ  次郎はだしぬけ  手首を、だしぬけ  ものを、だしぬけ  俊亮が、だしぬけ  お祖母さんにそう言われると、だしぬけ  返事があまりにだしぬけ  それに気がつくと、だしぬけ  先生がだしぬけ  沈默を破って、だしぬけ  次郎がだしぬけ  恭一がだしぬけ  徹太郎が、だしぬけ  岩を指しながら、だしぬけ  のをみると、だしぬけ  無法者を、だしぬけ  先生は、だしぬけ  鶴がだしぬけ  はじめてですし、だしぬけ  大巻では、だしぬけ  のみこめなかったところへ、だしぬけ  時、どうかすると、だしぬけ  朝倉先生は、そう言って、だしぬけ  大沢のこのだしぬけ  対話をきいていたが、だしぬけ  笑い声がしずまると、だしぬけ  祖父が、だしぬけ  人が来ると、だしぬけ  小菅がだしぬけ  やうに、だしぬけ  やうな、だしぬけ  さっき階段をのぼって来て、だしぬけ  誰かが、だしぬけ  時は、だしぬけ  時新賀がだしぬけ  老人が、だしぬけ  父は、なんで、だしぬけ  口を、だしぬけ  二三人、だしぬけ  考慮やら、だしぬけ  ようにしていたが、だしぬけ  手がだしぬけ  俊亮は、だしぬけ  兄たちがだしぬけ  淀から舟に乗ってだしぬけ  林でだしぬけ  新聞広告、とだしぬけ  おばさんから、だしぬけ  道江はだしぬけ  自動車に乗るまえに、だしぬけ  一点を見つめていたが、だしぬけ  一人が、だしぬけ  門がだしぬけ  なかった父が、だしぬけ  それがあんまりだしぬけ  門が、だしぬけ  刀自に向って、だしぬけ  泡鳴は何故だしぬけ  まま、ついうとうとしてゐたが、だしぬけ  なかでだしぬけ  道遠しと思っているのに、だしぬけ  日、だしぬけ  つて涙を拭いて居り、だしぬけ  居間へ通しましたので、だしぬけ  京吉はだしぬけ  直ちに陽子へのだしぬけ  二人で泊めて貰うというだしぬけ  今日は、とだしぬけ  藤原慶次郎がだしぬけ  ところまできますと、だしぬけ  ものが吹っ切れてだしぬけ  どこからかだしぬけ  のにだしぬけ  想いが、だしぬけ  流れを眺め、だしぬけ  餘りだしぬけ  何時、だしぬけ  秦はだしぬけ  それがあんまり、だしぬけ  二人は、だしぬけ  途中でだしぬけ  のが、だしぬけ  タオルで冷してやろうとすると、だしぬけ  川村孫助がだしぬけ  馬鹿めとだしぬけ  春、だしぬけ  夢中で駈けて行って、だしぬけ  わたくしはそっと抜けて行って、だしぬけ  道はだしぬけ  んだい、だしぬけ  和尚さんは、だしぬけ  眼先へだしぬけ  返事もせずに、だしぬけ  前などで、だしぬけ  考えは実にだしぬけ  眼を開いてだしぬけ  こと五分間ばかり、だしぬけ  私を見やりながら、だしぬけ  四五日旅をしてくると、だしぬけ  帆村のだしぬけ  



前後の言葉をピックアップ
出し抜きゃ  出し抜く  だしぬく  出しぬけ  出し抜け  ダシヌケ  出し抜ける  出し抜こ  だしぬこ  出し物


動詞をランダムでピックアップ
煽れろんじそれわかた映じる題するかさめしなお愛し合っ詫び入っ抛つた表れるさすらわ取り持としてやっ聞きいれ投げ入れんずらす願える餓える
形容詞をランダムでピックアップ
つれなし情なくなるけれぬくとく面白し懶かっ耐えがたく並びない見やすく欲しけれ久しきはばひろく汚らしい見にくき馬鹿らしき永い気まずうだるい清かれおびただしい