「たよっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ たよっ[動詞]
所をたよっ  これまでにたよっ  ものにたよっ  それぞれ知人をたよっ  本願をたよっ  親類縁者をたよっ  縁をたよっ  船をたよっ  書評にたよっ  定評的評判にたよっ  腕にたよっ  偶然にたよっ  勝見にたよっ  線をたよっ  智慧にたよっ  柱よりたよっ  からそれをたよっ  証言だけにたよっ  同情心をたよっ  親類もたよっ  方をばかりたよっ  知合をたよっ  博士を信じて、たよっ  精神にたよっ  カラクリにたよっ  ちゃんとリョーナにたよっ  僕をたよっ  のをたよっ  思惑に少しもたよっ  ガラクタにたよっ  身よりにたよっ  力にたよっ  源氏にたよっ  人をたよっ  レーダーにたよっ  作家にたよっ  商法にたよっ  案内記ばかりにたよっ  小さな広場をたよっ  知人をたよっ  ひきにたよっ  親方にたよっ  宣教師をたよっ  人にたよっ  友達をたよっ  地図をたよっ  ことにたよっ  奇術にたよっ  理解力とにたよっ  神尾主膳をたよっ  絹様をたよっ  兄をたよっ  杖ともたよっ  縁辺をたよっ  男をたよっ  こっちに見えたよっ  二郎義綱をたよっ  こころをたよっ  それにたよっ  子大将をたよっ  そうですから、それでもたよっ  旧縁をたよっ  辺をたよっ  後ろだてをたよっ  殿様をたよっ  奏上だけにたよっ  叔父をたよっ  赤松をたよっ  都にたよっ  縁故にたよっ  田島に深くたよっ  国民的敬意にたよっ  朝倉をたよっ  公家等のたよっ  夫にたよっ  友人をたよっ  胸にたよっ  所といっても、たよっ  信用してたよっ  案内書をたよっ  江戸にはたよっ  近親をたよっ  物質にたよっ  ノコノコ、たよっ  文作をたよっ  筆ひとつにたよっ  健康にたよっ  力だけにたよっ  たより己にたよっ  それをたよっ  私をたよっ  筆一本だけにたよっ  ところへたよっ  人物をたよっ  素子にたよっ  男にたよっ  君をたよっ  志保子をたよっ  甥をたよっ  あなたをたよっ  時計にたよっ  感覚のみをたよっ  光をたよっ  微妙にたよっ  ロケーションにたよっ  ものをたよっ  経験にたよっ  勘にたよっ  才能にたよっ  良人にたよっ  文字にたよっ  はじめから文字にたよっ  構図にたよっ  西園寺家にたよっ  久我家にたよっ  愛護者をたよっ  紐帯にたよっ  どなたかをたよっ  檜垣をたよっ  旧套にたよっ  語感にたよっ  文学的才能にだけたよっ  のにたよっ  わたしにたよっ  脚だけにたよっ  嘆願にたよっ  自分ひとりにたよっ  ゆかりをたよっ  親戚故旧をたよっ  ひとにたよっ  何にたよっ  際限にたよっ  千代をたよっ  山にたよっ  今度もたよっ  お手本ばかりにたよっ  陽子をたよっ  出口をたよっ  師匠をたよっ  解決にたよっ  調子にたよっ  ギロチンにばかりたよっ  降霊術やにたよっ  家風にたよっ  努力にたよっ  おじちゃんをたよっ  神社にたよっ  遠縁のものにたよっ  細川忠利をたよっ  それだけにたよっ  彼にたよっ  朝倉義景にたより、手当り次第にたよっ  南陽房にたよっ  杖にたよっ  好きさにたよっ  先輩作家をたよっ  



前後の言葉をピックアップ
タヨウデシタガ  多欲  田吉  便っ  頼っ  便ら  頼ら  たよら  便り  頼り


動詞をランダムでピックアップ
しのびこむ恋わ売りはらっおとろえるかけめぐ積立て追払っ押しかけよ突っつくくぼん殉ぜよ学ん作り直しぶち壊さ亙っ責め付けるなみだしかなぐり捨てる放下す呼付け
形容詞をランダムでピックアップ
短から騒々しくっ奥床しき優しいほしゅうなまなまし濃くっ深くさやけし目ざとくがめつめずらしかっ下らなわかけれ気味が悪く愚かしい若い酷かろ注意深からき