「たべ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ たべ[動詞]
栗をたべ  物をたべ  卵はたべ  ごはんはたべ  柿をたべ  粥をたべ  夢中でたべ  あなた、たべ  雉子焼だよ、たべ  じいさんにたべ  みそしるでたべ  飯をたべ  やつぱり御飯がたべ  御飯をたべ  風ふく餅をたべ  朝から木の実をたべ  蕗をたべ  筍をたべ  朝飯をたべ  雪をたべ  餅をたべ  うまいものをどつさりたべ  豆腐をたべ  二粒三粒つまんでたべ  晩飯をたべ  うまいものがたべ  昼飯をたべ  大根いつぽんぬいてきてたべ  お餅をたべ  パンを買ってたべ  お菓子でもたべ  僕は、むしゃむしゃたべ  晩ごはんをたべ  牛鍋をたべ  おむすびを作ってたべ  民衆のたべ  十二弟子さえ、たべ  天丼をたべ  家族たちのたべ  ものもあるだけたべ  餅ばかりたべ  酒をたべ  煙草をたべ  昼食をたべ  それをたべ  御馳走がたべ  づゝ蛇いちごをたべ  何ぼたべ  四人分もたべ  神主さんはたべ  御馳走を沢山たべ  何もたべ  君をたべ  ふだんから私たちをたべ  果物をたべ  隅にかたまっておひるをたべ  これをたべ  葉っぱをたべ  サケ料理をたべ  サケをたべ  魚のたべ  外でたべ  鮎をたべ  若葉をたべ  火事があつたんで、たべ  木の実がたべ  これまでもたべ  うち、たべ  なかけらをだしてたべ  なにもかもたべ  それもたべ  ふたりで分けてたべ  パンをたべ  いきでたべ  さいご、さっそくころして、にてたべ  きのどくに、たべ  ヘンゼルはたべ  たましひをたべ  ところまでたべ  何かたべ  料理をたべ  食物をすぐたべ  魚がたべ  昆布がたべ  から、たべ  ごちそうをたべ  奴をたべ  それをむしゃむしゃたべ  家具のにかわまでたべ  焙肉をたべ  牛の子にたべ  御飯がたべ  家つらかつたべ  皆がたべ  今度はたべ  人々がたべ  米もたべ  オカユもたべ  雑穀を細々たべ  ご飯をたべ  若竹をたべ  大福餅をたべ  まま黙々とたべ  うまいものをたべ  きつねうどんをたべ  朝御飯もたべ  何食もたべ  糞でもたべ  馬糞をたべ  厄介だ、たべ  二つ以上はたべ  自分でたべ  氷をたべ  一生懸命茶飯をたべ  雑誌を読みながらたべ  天真にたべ  朝から何もたべ  これがたべ  餠をたべ  角パンをたべ  角パンだけをたべ  野菜をたべ  から、出してたべ  バタつきパンをたべ  花びらをたべ  お母さん、きっと、惜しくてたべ  鳥にたべ  午飯をたべ  お菓子をたべ  様子はただそうやってたべ  大変喜んでたべ  家でたべ  一口でたべ  焼芋をたべ  柔らかい果物をたべ  なんでもたべ  ふたりいっしょにたべ  握飯をたべ  トマトをたべ  ように、たべ  昼飯、たべ  助もたべ  手でつまんではたべ  まり物もたべ  乾杏子をたべ  乾葡萄をたべ  一人でたべ  林檎をたべ  団子をたべ  喉もたべ  くず湯をたべ  葉をひろげて、たべてもたべてもたべ  パン屑をたべ  誰れでも、そんなに働いてはたべ  御馳走をたべ  秣をたべ  者がたべ  お前をたべ  呑気にたべ  嫩芽をたべ  牝牛共をたべ  御馳走のたべ  パンとをたべ  私達のたべ  小鳥のたべ  虫がたべ  蝗はたべ  二倍もたべ  ものはたべ  主なたべ  肉類をたべ  果物がふんだんにたべ  私は少したべ  みんな宿でたべ  宿で、たべ  私は、たべ  皆で、たべ  何をたべ  白玉もたべ  そばをたべ  カレーライスをたべ  ことなく、たべ  昼をたべ  御馳走をいくらでもたべ  十銭でたべ  あちこち草をたべ  それを沢山たべ  そんならたべ  とかげをたべ  耳をたべ  狼をたべ  それはたべ  朝はたべ  様で、実際よくもあんなにたべ  御飯もたべ  蜜柑ばかりよくたべ  魚はたべ  それをなぜたべ  から必ずたべ  ごはんにかけてたべ  蒲焼でもたべ  たたきが煮えたよ、たべ  蕎麦でも、たべ  天ぷら蕎麦をたべ  日本へ来ても、たべ  碗のたべ  一緒にたべ  昼もたべ  炊出しをたべ  魚をたべ  御飯のたべ  ごはんをたべ  それじゃ、なにかたべ  ものをたべ  夕食をたべ  さがつづくと、たべ  肉をたべ  みんな砂糖豆をたべ  親子丼をたべ  アンパンをたべ  十個もたべ  羊羹をたべ  のだけたべ  かやの実たべ  草の根を掘ってたべ  触覚がたべ  朝飯もたべ  玉蜀黍を焼いてたべ  ものは、たべ  気をつけてたべ  御馳走が来たぞ、早速たべ  生物がむしゃむしゃたべ  蜜柑をたべ  ひなにこうしてたべ  氷菓をたべ  あとはたべ  水瓜をたべ  半分もたべ  夕飯を情なくたべ  寿司をたべ  ランチをたべ  晩飯はおいしくたべ  餌をたべ  ぶたはたべ  四つもたべ  政ちゃんが、どうしてたべ  一人辨當をたべ  こめなどをたべ  んたうをたべ  わたしがたべ  塩をたべ  みんな草をたべ  食べ物をたべ  木の根を見つけて、たべ  夕ごはんにしてたべ  ようにして、たべ  御殿へ、たべ  だれかが殺されて、たべ  私どもは、たべ  それをがつがついってたべ  ほんとうに、たべ  何にもたべ  しだい、殺してたべ  今まで、たべ  果物を取ってたべ  もとより取ってたべ  ごちそうをするから、たべ  ライスカレーを、うんとたべ  家畜として、かずをふやし、そのうえで、ぱくぱくたべ  ご飯もたべ  夕飯もたべ  鰯をたべ  ごはんもたべ  支那そばをたべ  私のたべ  いまごはんをたべ  誰だって外米をたべ  自分のたべ  夕飯をたべ  えん麦をたべ  当分牢やのたべ  食事にたべ  菓子をたべ  一飯もたべ  しみを、せっせとたべ  安心してたべ  手足をむしって、ぱくぱくたべ  うちに、すっかりたべ  魚料理はたべ  キンちゃんは、たべ  乃公のたべ  手からえさをとってたべ  口うつしでたべ  つて草をたべ  二人は黙ってたべ  おじさんはたべ  辨当をたべ  肉をむしゃむしゃとたべ  親子井をたべ  娘にたべ  のもたべ  猫をたべ  中のものをたべ  たまから、むしゃむしゃと、たべ  上に出してたべ  二人分のたべ  間をたべ  物もたべ  アンミツ一つをたべ  おかみさんは、あぶらあげをたべ  のはそのたべ  綺麗にたべ  黒パンをたべ  三つを、すこしずつたべ  口からたべ  兜をかぶっているから、たべ  缶詰をあけてたべ  缶詰をたべ  口でたべ  頭でたべ  実をたべ  食事をたべ  口へ持ってってたべ  人形がたべ  人形にたべ  夕食にたべ  中食をたべ  度毎十分にたべ  食物をたべ  ものもたべ  二度ほか魚のたべ  家々をたべ  カリリとたべ  からとってきたのにたべ  年に合わしては随分沢山たべ  御飯でもたべ  野葡萄をたべ  心持よくたべ  ますところ無くたべ  お茶漬をたべ  支那料理をたべ  干物をたべ  ぶんでたべ  肉をちぎってたべ  弁当をたべ  そうをたべ  サヤマメがたべ  ものがたべ  干菓子をたべ  皆でたべ  アイスクリームをたべ  蒸しずしをたべ  ゆっくり御飯をたべ  大阪鮨をたべ  私にたべ  夜食をたべ  葉はたべ  博多で始めてたべ  バナナをたべ  お昼をたべ  一パイ、たべ  勝手にたべ  魚が出ると丸ごとけろりとたべ  山男もむいてたべ  実をすっかりたべ  からこんどはかまどをぱくりとたべ  皮もたべ  白米を炊いてたべ  逃げ腰をつかいながらもたべ  んごをたべ  豆粒のくらいをたべ  一口づつ団子をたべ  くらゐをたべ  人にたべ  ようにおいしくたべ  そうにひとしきりたべ  沢山はたべ  鯉が、たべ  いつしよにたべ  兎が、たべ  別に何もたべ  ツキ出しなればこそ、黙ってたべ  佃煮にしてたべ  ゴリ料理をたべ  天麩羅茶漬をたべ  午餐をたべ  早昼食をたべ  数多物をたべ  芽をたべ  實がたべ  飯がたべ  ロクロクごはんがたべ  蝸牛を焼いてたべ  御膳をたべ  卵をあんまりたべ  大好きで、たべ  これをぜひ持っていって、たべ  ソバをたべ  方、たべ  一杯だけたべ  つて、たべ  さうに、もいではたべる、たべ  枇杷をもいではたべ  さうなたべ  何となく草餅見ればたべ  つて氷を一杯たべ  おまんまがたべ  そ言って下さい、たべ  彼等のたべ  みつをたべ  んたう、たべ  おにぎりをたべ  のをたべ  ポチにたべ  頭をつっこんで、しきりにたべ  ごちそうだと思いながら、思わずたべ  そうにゆれている、がつがつたべ  みつき、むしゃむしゃとたべ  恐竜にたべ  人間を見たらたべ  前へ出ていて、たべ  人間をたべ  一匹焼いてたべ  二匹三匹とたべ  豆をたべ  一ぱいで、たべ  ものにたべ  十銭銀貨をたべ  よつ子のたべ  鶏卵をたべ  お馬はたべ  花をたべ  一口もたべ  行つて団子をたべ  人間のたべ  とうもろこしをたべ  ためにも、たべ  観念して、たべ  四寸くらいたべ  焼きいもをたべ  いっしょにしばらくむしゃむしゃたべ  虫やなんか殺してたべ  夕ごはんをたべ  むしやたべ  ジヨバンニは、もつとたべ  蟲やなんか殺してたべ  苹果をたべ  こっちはすぐたべ  みんな蒸発して、たべ  おすしでも、たべ  肉がたべ  塩焼なんて、たべ  トウストをたべ  筍がたべ  宇宙塵をたべ  酸っぱいトマトをたべ  素麺をたべ  芋をたべ  苔に座ってたべ  ぜんをたべ  ものですよ。まア、たべ  チェリオ、たべ  白米をたべ  つて昼食をたべ  草をたべ  どこでも、たべ  なにかをたべ  いっしょにたべ  みんなで、たべ  のんだりたべ  眼になりますと、たべ  あなたは、たべ  碌々にたべ  三度のたべ  蕎麦をたべ  マカロニをたべ  残りなく教えてたべ  昼飯でもたべ  食堂でたべ  はったい粉をたべ  昼もようたべ  人ばかり頼んでも、たべ  菜をたべ  しみをたべ  二人ですこしずつたべ  二人がこわごわたべ  こども、たべ  蒸しパンをむしゃむしゃたべ  こんどはたべ  馬のたべ  これを、なつかしく思い、立寄って、たべ  お客にたべ  自分さえたべ  あさの御飯をたべ  かわりに、すぐたべ  手でたべ  半熟卵をたべ  ばをたべ  みかんをたべ  揚句にたべ  白肉のでさえたべ  時間をきめてたべ  さをたべ  動物質をたべ  あいそうだからたべ  可哀そうだからたべ  水とをたべ  から牛肉はたべ  岩塩でもたべ  動物をたべ  知らない、分らないから、つられて、刺されて、たべ  四杯もたべ  ベントウをたべ  此れをたべ  三度はたべ  源一はたべ  そうにたべ  紀州にのみたべ  夕御飯をたべ  御飯をうんとたべ  握り飯をたべ  ミカンをたべ  キャベジスープをたべ  顔してたべ  麦とをたべ  何方だたべ  ものでもたべ  眼玉がたべ  眼玉をたべ  湯葉が、たべ  ひろ子もたべ  大豆をたべ  コンロに焙ってたべ  外国では、たべ  ゴハンをたべ  ウマイモノがたべ  亀にたべ  ラーメンをたべ  皆のたべ  アメリカの子供がたべ  無念だつたべ  大切にして、たべ  毎日、たべるだけたべ  今回狸肉がおいしくたべ  おむすびをたべ  おしるこをたべ  筍飯をたべ  鮨をたべ  行儀が悪いとか言うので、たべ  久しぶりでたべ  目だまをぺろりとたべ  のんだり、たべ  つてはたべ  残雪をたべ  小説でたべ  御飯をいそいでたべ  お八つをたべ  肝をたべ  ツイ豆をたべ  朝御飯をたべ  ゆうべから何もたべ  何日御飯をたべ  十ペン御飯をたべ  何てみっともないたべ  ようなたべ  汁を一杯たべ  お昼御飯をたべ  千切ってたべ  寒天もたべ  餅もたべ  土佐の目ざしをたべ  五家宝をたべ  寿司でもたべ  まますぐたべ  オヒルをたべ  外国風のたべ  埼玉風のたべ  お家でたべ  ご飯がたべ  はじめは喜んでたべ  旅さきでのたべ  川魚がたべ  料理してたべ  晝をたべ  麥をたべ  通り御膳をたべ  奴になっているのでもうたべ  乳菓等を少したべ  さんをたべ  私をたべ  音を聞いて、たべ  骨ものこさずたべ  あいつは、すぐにはたべ  うまい物をたべ  ポタージュをたべ  粉をたべ  物がたべ  こどもをたべ  米沢でたべ  肉を拾ってたべ  スキヤキをたべ  林町でたべ  ゆの親方をたべ  野菜をいっぱいたべ  つのビスケットをたべ  つゆをたべ  カニをたべ  手打ちソバなどたべ  リンゴをたべ  れいはそろそろたべ  チョコレートもたべ  何物をたべ  荒し青梅をたべ  退屈、たべ  サジでたべ  二つリンゴをたべ  豆腐ばかりたべ  夫婦栄さん夫婦とたべ  ろをたべ  お握りをたべ  御飯一緒にたべ  いまなにもたべ  二杯だけたべ  お菜ばかりたべ  雑炊をたべ  飯が美味しくたべ  上やっとたべ  難かしければ、いろいろのたべ  物のたべ  昆布だけ味わい、たべ  一つずつたべ  君にたべ  牛肉をたべ  バタ焼にしてどっさりたべ  一寸ゆっくり、沢山たべ  さち子来てたべ  子供らをたべ  枝豆はたべ  先へひろってたべ  ホーレン草をたべ  なかみがたべ  果汁アイスクリームをたべ  お雑煮をたべ  祝箸でたべ  箸でたべ  皮を分けてたべ  藁をたべ  おれにたべ  豚のたべ  前にたべ  晝飯をたべ  うまいものを、たべ  林檎なんか、たべ  自分がたべ  林檎を拾って、たべ  鼠をたべ  食物もたべ  餌としてたべ  みんなが、かつかつたべ  満足にたべ  しっぽをたべ  サンドウィッチをたべ  昼食もたべ  つた風をたべ  風をたべ  ほんとうのたべ  さ飯もたべ  あかりけさから飯もたべ  二週間もしたら、たべ  茱萸をとってたべ  ロココ料理をたべ  鮒をたべ  食堂のたべ  木にたべ  朝食をたべ  私にもたべ  今少したべ  ものをすこしたべ  わしのやさいをたべ  僕は、そんなにたべ  私は決して、たべ  何か、たべ  残りを集めて煮てたべ  米がたべ  ゆっくり草もたべ  草もたべ  ようにたべ  だれにもたべ  十分にはたべ  ためにはたべ  しきなどで、たべ  米飯をたべ  酒にたべ  子供らにたべ  パイをたべ  つぼ口をしてたべ  から一緒にたべ  ものを煮て貰ってたべ  毎日、たべ  嫁さん鶴も、ほんの少したべ  鶴たちは、よるとさわるとたべ  ものをおびやかしては、少しのたべ  食慾でたべ  つて晝飯をたべ  物はたべ  炊をしてたべ  椀ぢやありませんかといつたら洗うてたべ  いつかもどうもたべ  沢庵がたべ  浪にたべ  西村さんにもらってたべ  女生徒らはたがいにむしゃくしゃたべ  わたしおまんまたべ  ばつに、なんにもたべ  泥がたべ  葛湯も少したべ  猫がたべ  蜜豆はよくたべ  ポーセにたべ  ご馳走もたべ  里芋をたべ  これは見て美しく、たべ  平気でたべ  アワタケもたべ  作つた陸稻をたべ  餅菓子などたべ  父がよくたべ  バッケをたべ  漬ものがたべ  小鳥にたべ  小鳥がたべ  くだものをたべ  晩餐をたべ  オレンジをそのままたべ  沢庵をたべ  顔を見ると、すぐにたべ  紙包から菓子を出して、むしゃむしゃたべ  お汁粉をたべ  そうなたべ  酒をとうべて、たべ  丸芳露をたべ  しかし、たべ  次郎は、たべ  坊さんはたべ  中食は、たべ  お菓子はたべ  葉をたべ  みんな雑煮をたべ  もっとも、たべ  鶏をたべ  卑劣ですよ。僕をたべ  さくらんぼをたべ  ゲルダは、いくらたべ  たくさんにたべ  実ばかりたべ  ところだが、さあたべ  ハムもたべ  からだもあたたまり、たべ  うどんをたべ  けつねうどんは不味うてたべ  けつねうどんをたべ  朝ごはんをたべ  故郷でたべ  三十八、たべ  ケーキをたべ  四日もたべ  ところへ、たべ  チーズをたべ  魚をつってたべ  鯨のたべ  一枚のこさずくわえとり、舞いあがって、たべ  なにもたべ  毎日三度のたべ  三日でたべ  魚ばかりたべ  病人にたべ  一口ずつたべ  毎日のたべ  いつまでも魚をたべ  毎日卵をたべ  なんでも、たべ  肉は、たべ  肉は、まずくてたべ  えさをたべ  海藻をたべ  島ワサビをたべ  卵ばかりたべ  チョウ貝などをよくたべ  野ネズミをとってたべ  感謝しながらたべ  いくらでもいて、いくらたべても、たべ  うっかりはたべ  ことが、はっきりするまで、たべ  人間もたべ  ようこに、たべ  いちばんねっしんに、たべ  草ブドウは、たべ  ために、たべ  人間がたべ  アザラシにたべ  のは、たべ  ないしょでたべ  草ブドウはたべ  ためにたべ  草ブドウをたべ  上でたべ  たくさん草ブドウをたべ  みんなで、おいしくたべ  パンを取出してたべ  自分で買って、たべ  中には、たべ  あなた方にたべ  以上は、少くたべ  山岸中尉は、たべ  簡単にたべ  用心をして、たべ  そいつはたべ  ここでたべ  プディングをたべ  何がたべ  うどんがたべ  鰻をたべ  あたしは、たべ  最後のたべ  妻は、てっかをたべ  おばさんがね、たべたいたべ  贄をたべ  明日は帰ってくると云って、たべ  梅干をたべ  狼にたべ  カンもたべ  鮓をたべ  芋がたべ  餅のたべ  味いつくしてたべ  うで卵をたべ  牛蒡は食べられず、たべ  お粥をたべ  鯨がたべ  つの漬物がたべ  者でもたべ  あいつをたべ  顔見せてたべ  仁丹をたべ  食膳にでものせようとしていたらしくみえる、たべ  半ば夢中でたべ  蜜をたべ  虫をたべ  人数にも充分たべ  かい木の実がたべ  たまかはつかしやたべ  すきでたべ  供がたべ  虎屋饅頭をたべ  木に腰かけてたべ  一寸御飯をたべ  お昼がたべ  田川君が買ってきてくれて、たべ  木蔭へもちだしてたべ  青天井の下でたべ  表へ持ち出してたべ  トンカツをたべ  キャベジ・スープをたべ  サンドウィッチがたべ  鯨ばかりたべ  内心いよいよ呆れて、たべ  癖に、たべ  三四尺ぐらゐの下から出たべ  御膳を貰ってたべ  いま、おひるをたべ  おはぎをたべ  うまい御馳走をたべ  実がたべ  みんなにたべ  際でたべ  前にはたべ  昼めしがたべ  蚊にたべ  猫にたべ  夜店のたべ  晩めしをたべ  晩御飯でも、たべ  店でたべ  ものを、たべ  晩には焼いてたべ  果物がたべ  御飯をおひるにたべ  一時間ほど眠って、おひるたべ  私とでたべ  ブッテルブロードがたべ  味がしたか、本当はよくわからず、たべ  六杯もたべ  自分もたべ  早昼をたべ  十一時ごろまでにかえり、早ひるをたべ  小説をよみながらたべ  毒物をたべ  何を一体たべ  御飯たいてたべ  三人でたべ  御飯よろこんでたべ  から余り自分ではたべ  母がたべ  縁ごと買って届けて貰い、おひるたべ  まわり夕飯をたべ  涙こぼしながら到頭たべ  話が出たので、本当にたべ  寿江子とたべ  アンモをたべ  玉葱うすく切ってのっけてたべ  一同でたべ  夕飯重治さんとたべ  おやつをたべ  道を、腹いっぱいたべ  生かと聞いたら茹でたので直ぐにたべ  初茸などをたべ  皆とたべ  パンをがつがつとたべ  床でたべ  おかゆをたべ  揃い御飯をたべ  のを一寸いためてたべ  位のをたべ  カンまがいをたべ  こんどは、かんで、たべ  誰もたべ  あなたをたべ  二人のたべ  一週間何もたべ  おじいさんとが切ってたべ  屑をたべ  誰もまだ、たべ  一つ一つむしってたべ  彼等をうまがってたべ  パンを分けてたべ  上品にたべ  一皿だけたべ  小生業でもしたらどうだね、坐ってたべ  オムレットをたべ  種々のたべ  みそ汁をたべ  紙をたべ  かいものをたべ  夕飯こしらえて、たべ  めてたべ  お握りを一寸たべ  其をたべ  パフパフをたべ  わたしは特にたべ  二ヵ月もたべ  たっぷりあって煮ころがしをたべ  御飯こしらえてたべ  雑煮をたべ  食事がたべ  一つもらってたべ  生蕃袋からとり出してたべ  牛乳かけてたべ  毎日秋刀魚ばかりたべ  弁当代りにたべ  バナナを買って来てたべ  鰻がたべ  鰻丼をたべ  カツレツがたべ  朝から飯をたべ  朝めしをたべ  こどもたちのたべ  毛もあまさずたべ  から御飯をたべ  拔いてたべ  チョコレイトをむりやりにたべ  野草のたべ  果物はたべ  びわがたべ  水蜜がたべ  勇ちゃんは、たべ  勇ちゃんもたべ  納豆をたべないからだよ、たべ  酢の物なぞはたべ  お菓子ばかりたべ  それから食べたにもたべ  馬肉はどうです、たべ  ゴハンはたべ  塩煎餅をたべ  髪の毛はたべ  トマトだけよりたべ  僕たちはたべ  種をたべ  種はたべ  棒種までたべ  昨夜ビスケットを少したべ  きょうあたりがたべ  自分たちのたべ  うまいお菓子をたべ  飴をたべ  飴でもたべ  うまい白飴をたべ  幾切れでもたべ  前歯でかいては、たべ  紅茶にひたしてたべ  変なたべ  毎晩一度宛、たべ  なにをたべ  湯づけをたべ  ょうばんの御馳走をたべ  鼻血が出るほどたべ  藁もたべ  おしるこをどっさりたべ  おしるこなんかたべ  おしるこがたべ  もので、たべ  何十円ってたべ  さかなをたべ  もの屋へいって、たべ  僕たちにたべ  鶏を飼ってもたべ  乾パンをたべ  秋にはたべ  食べものをたべ  いらしって、たべ  さじでたべ  おごちさうをたべ  一飯をたべ  気にせず、思う存分たべ  小娘のたべ  其時捉まらなければ分らぬので腹一杯たべ  位はたべ  塩でたべ  りんごがたべ  市民がたべ  頭からすっぽりかぶっているから、たべ  大急ぎでたべ  



前後の言葉をピックアップ
堪へん  太兵  タベテ  堪へる  食べ  食べれ  給べ  食べん  田部井  食べごろ


動詞をランダムでピックアップ
やぶ省くざわつき下立つ怒っ償い驚くへれ逸らさ渦巻き刻もおびきよせる魘されるもたせれはかどらひもとく撒くなげれつまも寄りすがり
形容詞をランダムでピックアップ
おとなしいのろ薄気味悪う愉しかっいさましあぶなっかし憎かっ穢らしく狂おしい押し付けがましいすごい事々しく長かっこぐらかっくやしい末頼もしいほろ苦きすっぱともかれ堅き