「たたま」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ たたま[動詞]
女性には居たたま  にわかに居たたま  席にもいたたま  光君は居たたま  母君は居たたま  女達は居たたま  そこにも居たたま  大阪にいたたま  無数にたたま  生活にたたま  空気が深くたたま  家風にいたたま  襯衣がきちんとたたま  かたみがわりに見やったりしていたが、とうとう居たたま  彼が居たたま  寝床は最早たたま  夜明けとともにたたま  何としても居たたま  そこに居たたま  乱脈とに、ゐたたま  石崖にたたま  石でたたま  土地に居たたま  緊張がたたま  息子は居たたま  手ぎわよくたたま  胸にたたま  御簾内にも居たたま  野営をもたたま  村にもいたたま  娑婆ッ気で居たたま  お松ももう居たたま  気が咎めるので、とうとう居たたま  彼女はもう居たたま  一瞬のまにたたま  一瞬にたたま  自然、出て行けがしになって、ついに居たたま  足をすくわれて、いたたま  娘は居たたま  ぶたがたたま  家は当然たたま  筆も居たたま  溝口家に居たたま  対局場に居たたま  世帯をたたま  合はぬほどにふるへ、ゐたたま  夕方になると、たたま  衣類をたたま  そばにゐたたま  座にいたたま  そこには居たたま  御領下にもいたたま  ひだがたたま  こまかい皺がたたま  皺がいっぱいたたま  襲来には、さすがにいたたま  光に照らされて、たたま  皺にたたま  一同が居たたま  からモウ三津浜には居たたま  きゅうにたたま  中にたたま  陰影がたたま  腹がたって居たたま  小皺のたたま  ここにはどうしても居たたま  ぼくはぞっとしていたたま  其處にはゐたたま  



前後の言葉をピックアップ
ダダダダン  祟っ  たたっ  タタッチョ  畳ま    たたみ  畳み  畳も  畳石


動詞をランダムでピックアップ
かんがえださ取合う追い縋っもうけろ書けよ締めれちゃらつかせかぶれ醒まそ打破らてつだわかかずらっかじかむ気が付き言い直さ咲かさ舞う錆付い併せれ
形容詞をランダムでピックアップ
佳い真っ黒い旧いおもしろき恥ずかし太けれ不味くこすっ辛こまかい好ましいのろくさ心細き呪わしかっ眩しうら悲しくていたいいかつ輝かしい熱し暗かろ