「たく」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ たく[動詞]
あかりまたたく  働をたく  膝にだく  め飯をたく  香をたく  山路のぼりがたく  汗をだく  押へがたく  御飯をたく  香炉をたく  樂をたぐ  想像をたく  ご飯をたく  たへがたく  白樺薪をたく  供へたく  団扇ではたく  消しがたく  空想をたく  首にだく  唾液がだく  申付がたく  銚子かけてたく  想像力をたく  ストオヴをたく  雪にたく  智恵をたく  マグネシウムをたく  推測をたく  活動をたく  飯をたく  子をだく  勤めがたく  巻髪をたく  恥辱を与へたく  妄想をたく  夜敵陣にたく  恋情やみがたく  財をたく  倉にたく  落葉をたく  兄たりがたく  かい娘の、たぐ  気品をたく  例は、かたぐ  あたりをだく  憂欝たへがたく  三尺を締め、だく  哀願をたく  二つ三つはたく  人形をだく  有がたく  マキをたく  耐へがたく  捨置がたく  女をだく  底でみるみる温かくなり、あまくしめつけられて来たぐ  一人がだく  弟たりがたく  スが、わたく  しずかにだく  屍臘のたぐ  御飯はたく  ものを詰め込んで、知りあひをたぐ  胸をだく  暴行をたく  今日も、たく  兇暴性をたく  木は、たぐ  鉱物なりをたぐ  沢山のたぐ  目にあっては、死に、たく  目でたく  答へたく  分ちがたく  店名なぞ三ツ四ツあれこれ胸にたく  鼻ヒゲをたく  ヨッチャンをだく  莎草で編んだく  出世あそばしてもたく  今電気をたく  電気をたく  ところにたく  別天地をたく  聊堪がたく  源一は、あせだく  秘密をたく  別れがたく  浦にたく  過ぎがたく  素薪をたく  忍びがたく  勢力をたく  虚空をだく  足先にたく  火にたく  敷居を跨たぐ  宋時代にもたぐ  尻尾ではたく  炎天下あせだく  ボイラーをたく  惑溺をたく  火をたく  子守唄のたぐ  風呂をたく  永遠にまたたく  勢いをたく  前後左右からフラッシュをたく  蚊やりをたく  塩をたく  見えがたく  称へたく  顔たへがたく  迎い火をたく  毛をたく  左足からだく  眼ばたく  念押へがたく  ものをたく  皆々様にたく  大成ハなりがたく  炭をたく  代へがたく  下から火をたく  かがり火をたく  重みにくろずみ、くるしくたへがたく  薪をたく  何かだく  豆殻をたく  惡臭たへがたく  夜たりがたく  翌朝王滝へ出かけるしたく  いふ語を見ても、かたぐ  ひとり者であったぐ  四名従えたぐ  ゴマをたく  襟首から胸へたく  水練自慢とみえて、たく  てかてかとぬったぐ  十手でもみがいて出かけるしたく  カラダをだく  柴をたく  日々にあつけくなりまさりてたへがたく  思ありてたへがたく  独立自由をたく  おいおいぶっただく  ごはんをたく  面貌のたぐ  うちにたく  別ちがたく  其論理をたぐ  子供をだく  心禁めがたく  言い分けがたく  汗はだく  肩をだく、互にだく  のでもたく  九八したがたく  足はたく  申し分けがたく  薄べたく  臆測をたく  暴威をたく  縦横無尽無秩序滅茶苦茶電光石火間一髪と言ったぐ  ストーヴをたく  

名詞

たく[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
たくはへもなくていひ居る  たくはへなく  たくをしていました  たくができてしまいました  たくを並べ  たくで御前から下って参りましてねえ  たくは淺草の人家なめり  たくをしていた  ダクを打って歩いていたが  たくをしてください  たくを始めた  タクの衾を用いていた  たくがあったという  たくがあった  たくといふ動詞の将然名詞法であることは疑が  たくとたかしとの意味の内包には一致しない  たくとたかしとの関係を思うてみれば  たくはへの餌食を干して居る  たくでも愛用されたという  たくができる  たくはへがないから  たく並べる機会がふえた  たく並べていたから  ダクっています  ダクを踏んだ  たくに言った  たくもそう思うか  たくが要る  

~ たく[名詞]1
喰べたくも  一錢のたくはへも  万巻のたくは  航海に出るしたくを  水でもあびるしたくの  初めはダクを  店を閉めるしたくを  今のたくと  考を以てたくと  一粒のたくはへも  心じたくが  余分のたくは  手綱をたるませてダクって  円のタクという  冬じたくが  

~ たく[名詞]2
果してタク  このタク  

複合名詞
まつたく  圓タク  なほ臈たく  炭たく山ぢ  熱河冷タク血ニ渇イテ  たく別  たくさまぎれ  たく面喰  たくさ  どんたく  厚ぼつたく  まつたく別  くつたく  たく貴君  いなごたく  円たく  神タク  たくッ  全たく兄さん  全たく  全たく興味  全たく僕  ぐッたく  いまタグ  木タク  たくあん  たく類  たくすぎ  聞たく  たく縄  全たく之  全たく其  せんたく屋  べりたく  結たく  タグパン  たく屋  全たく美  全たく思案  全たく此処  全たく夢  ダク足  タクちゃん  悔みたく  たく山  



前後の言葉をピックアップ
          焚く  田久  たく  炊ぐ  坦庵


動詞をランダムでピックアップ
示し合わせる取っ組ま研げるしかけ涸れ触れまわり遇する行渡っ澄渡るうかれでしばり上げにおい慨する苔むす飛びかか訝れしみ渡口ごも止る歩まさ
形容詞をランダムでピックアップ
くやしかっもろいさぎよ詳しかっおもおもしく大人しく清清しい佳う賢きっぽかっ異しむなしから見にくほしけれいたきねついなき恐多い低からにくく