「たおれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ たおれ[動詞]
膝へたおれ  仰向けにたおれ  上にたおれ  大原も仰向きにたおれ  船底にたおれ  内にたおれ  様にたおれ  舞台にぶったおれ  地上にたおれ  ばたりとたおれ  それにつまずいてたおれ  チビ公はばったりたおれ  下にどうとたおれ  鮮血に彩ってたおれ  防火壁が、今にもぶったおれ  幸いにたおれ  気絶して仰向きにたおれ  ようになってたおれ  砂上にたおれ  兵曹長がたおれ  家が焼けたり、たおれ  逃げ迷い、弱りたおれ  そいつがたおれ  佐田君がぶったおれ  ぶんだと、今にもぶったおれ  ぼくはたおれ  百姓途上にたおれ  ッたりたおれ  叔父のたおれ  中にぶったおれ  電池がたおれ  病気になり、たおれ  林太郎がそんなにたおれ  家はたちまちたおれ  手がのぞいてパタリとかるくたおれ  そこになきたおれ  気を遠くしてたおれ  かおをして、泣きたおれ  物置きが平べったくたおれ  河合が、たおれ  ジグスは、すぐ駆けよって、たおれ  路傍に泣きたおれ  幾人もたおれ  壁、たおれ  労働者がたおれ  そのままそこにたおれ  海岸にたおれ  上へたおれ  音を立てて、たおれ  千二は、あっと言って、たおれ  警官は、たおれ  しろへたおれ  先生のたおれ  横たおしに、たおれ  彼らは、たおれ  それはたおれ  なかを円くして、たおれ  酸素が足りなくなって、たおれ  うえに、たおれ  下にたおれ  上に、どうと、たおれ  目くばせをするので、たおれ  うつぶせにたおれ  そこにたおれ  シベリヤにたおれ  日露戦争でぶったおれ  足をすくわれてたおれ  何物にかぶつかって砕けてたおれ  上に打ちたおれ  前後不覚に酔いたおれ  下をかいくぐって、躓きたおれ  隅にたおれ  血だらけになってたおれ  床にたおれ  氷上にぶったおれ  戸は今にもたおれ  地にたおれ  全部で、くずれたおれ  音をたてて、まるつぶれにたおれ  れいのたおれ  さなってたおれ  脱線したり、たおれ  ようにぶったおれ  貨物のかげにたおれ  うえに、ごろりとたおれ  腕にたおれ  畑へたおれ  窓にたおれ  後向けに、どうとたおれ  そこへたおれ  椅子がたおれ  うつぶせになって、たおれ  となりにたおれ  ところきらわずばったりたおれ  うつまずいてたおれ  ヴィタリス親方はよろよろとしてたおれ  横たおしにたおれ  横向けてたおれ  上にかれはすわるというよりばったりたおれ  わたしたちがつかれきってたおれ  門口でたおれ  そばでたおれ  だんだんわたしはかれが青くなって、たおれ  わたしはこしかけにぐったりたおれ  わたしはこしかけにたおれ  横にたおれ  中へたおれ  一人で傷つきたおれ  上へぶったおれ  ときに、たおれ  奴さんのたおれ  表情で、たおれ  曾呂利がたおれ  甲板でたおれ  赤石のたおれ  一等運転士がたおれ  とたんに、あっと叫んでたおれ  へんに、たおれ  弾があたって、たおれ  房枝は、かけよると、今にもたおれ  団員もまたたおれ  そのままぶったおれ  木がたおれ  玉太郎は、たおれ  崖、たおれ  草がたおれ  甚伍左がたおれ  中途でたおれ  脳貧血を起してぶったおれ  場にたおれ  前かがみになって、たおれ  人事不省にたおれ  師父ブラウンはたおれ  器用にたおれ  人間がたおれ  ドサリとぶったおれ  板戸がたおれ  仕方なしにたおれ  後へたおれ  上にぶったおれ  横をぬけ、たおれ  庭にたおれ  脳出血でたおれ  病気でたおれ  通行人がたおれ  所にたおれ  馬がたおれ  二十六日九里島対岸においてたおれ  ままそこにたおれ  血まみれになってたおれ  ドタンとたおれ  傍にたおれ  そこへ泣きたおれ  方へたおれ  入口にたおれ  船員が次々にたおれ  まり今にもぶったおれ  父上がおたおれ  ばたばたとたおれ  突進しながら、たおれ  大の字なりになってたおれ  気がとおくなって、ぶったおれ  なかにたおれ  なにものかにつまずいて、たおれ  一頭はたおれ  一頭だけたおれ  のか、ぱったりとたおれ  地ひびきたててたおれ  もの毒手にたおれ  銃丸でたおれ  息たえだえにたおれ  木の根につまずいて、ばったりたおれ  富士男はたおれ  延び放題に延びてたおれ  ドタリとたおれ  半死半生でたおれ  根もとからたおれ  右へとたおれ  三宅参謀が、ばったりたおれ  不幸敵弾にたおれ  草小屋は今にも吹きたおれ  ほとりに打ちたおれ  足許にたおれ  音がして、ぶったおれ  人がたおれ  人が、たおれ  目まいがしてたおれ  青眼先生から毒薬を注ぎかけられてたおれ  あおむけにたおれ  直ぐにたおれ  気絶して、たおれ  ようにたおれ  気をうしなってたおれ  地べたにたおれ  バッタリとたおれ  地べたにころがって、たおれ  くつをはかせて、たおれ  提供してたおれ  隊商のむれがたおれ  赤色戦線でたおれ  声を出したかと思うと、どたりとたおれ  彼がたおれ  解剖室にたおれ  足をすべらして、ばたんとたおれ  父母が同時にたおれ  腰かけはたおれ  おしにたおれ  枯木のたおれ  獣は、たおれ  高級船員も相当たおれ  場へぶったおれ  しろにたおれ  戦車からはいだすと今にもぶったおれ  中で抱き合ってたおれ  下へたおれ  んとつかれて、ばったりたおれ  道にたおれ  場にばったりとたおれ  腹がすいてたおれ  女が泣きたおれ  五井が立ちあがったが、すぐぶったおれ  明治三十三年ごろにたおれ  途中でたおれ  前のめりにたおれ  ジョウにつかまり、たおれ  イスにたおれ  イスにぐったりたおれ  流石にぶったおれ  場にもだえつつ、ばったりたおれ  のんでたおれ  熱射病でたおれ  お爺さんが酔ってたおれ  ように、いちどにたおれ  喀いてたおれ  酒にたおれ  病気にたおれ  ようで、時々クラクラとたおれ  つまづいて、たおれ  ギバにかけられてたおれ  悲鳴とともにたおれ  家具ががたんとたおれ  たんとたおれ  



前後の言葉をピックアップ
タオル地  倒れ  倒れよ  倒れれ  倒れん  倒れ込み  倒れ込む  倒れ込ん  たおれよ  倒れりゃ


動詞をランダムでピックアップ
乗取る取り仕切っ跳ねよ湧け押し流さ差替え煎じ詰め下廻りくみ取るねじ込もよろおきこしめせ変ず慰せ投げ棄てる掻きまぜる立ち退く脱ぎ捨てる殺気立ちはぎ取っ
形容詞をランダムでピックアップ
あたたかくさびしいうまい素晴らしきなまあたらしいういういしいあたらしくにくたらしく金臭い硬くっ得難細かい脆う長たらしかっややこしゅううさんくさむなしかっ呪わしく空しくぬく