「たえ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ たえ[動詞]
吹雪のたえ  政務にもたえ  ことが見るにたえ  息もたえ  口をつぐんだ、かれはたえ  五つ六つは見にいった、だがかれはいつもたえ  さにたえ  暴戻のたえ  音もたえ  音がたえ  風にもたえ  羞と憤りにたえ  自分は、たえ  全部死にたえ  同情にたえ  感にたえ  震動にたえ  悲しみにたえ  ことを思うとたえ  から食へたえ  内部にあつていつも燃えようとしながらも、たえ  徒然にたえ  不調和にもたえ  心配のたえ  気息とにたえ  味にたえ  風力とにたえ  きくにたえ  不思議にたえ  ものが、たえ  ほうをふりむいて、今にもたえ  渠はたえ  徳がまだたえ  卯の花のたえ  惨状は聞くにたえ  犠牲にたえ  しめに、こうまでたえ  思いに、たえ  人影がたえ  甲賀家のたえ  東風にもたえ  髀肉の嘆にたえ  悩みは見るにたえ  少女はたえ  色彩はとても見るにたえ  執拗にたえ  孤独にたえ  何かたえ  米ゆゑ苦労はたえ  胸にたえ  使用にたえ  胸を刺してたえ  模作品に、たえ  座にたえ  ジッとしているにたえ  綱は、たえ  燃え移さずには、たえ  無念にたえ  慚愧にたえ  間消息もたえ  千謝万謝にたえ  砲声もたえ  鶏も、生きるにたえ  拷問にたえ  不審にたえ  綱にたえ  それを見直すにたえ  密書密使のたえ  余は遂にたえ  恋人が欲しくてたえ  正視にたえ  堕落にたえ  懊悩のたえ  熱情がたえ  虐待にたえ  沈黙しているにたえ  小声に云いながらたえ  女君はたえ  男君はたえ  様にたえ  事をたえ  雲のたえ  ゅろはこの打擲にたえ  休息が死にたえ  一九一七年以来、たえ  艱難にたえ  風にたえ  ものにたえ  さにやっとたえ  息がたえ  ラジウムがたえ  それに快よくたえ  陸続とたえ  生活は、たえ  輿にも乗っているにたえ  越境沙汰がたえ  足がたえ  人迹のたえ  苦痛にたえ  千二少年は、遂にたえ  みんな死にたえ  痛心にたえ  人通りがたえ  必要とあれば雄々しくたえ  仕事も、たえ  心外にたえ  ところ髀肉の嘆にたえ  気の毒にたえ  憤慨にたえ  痛惜にたえ  現実にたえ  あくほどにらみつけて、聞くにたえ  状態もいわばたえ  さら慚愧にたえ  恐懼にたえ  往ったえ  瞞に過ぎず、聞くにたえ  守りにたえ  慶祝にたえ  横谷たちがうけてたえ  墓まゐりがたえ  闇取引のたえ  生活がたえ  想像するにたえ  さまにはたえ  日も、はてしないくるしみにたえ  おじぎをたえ  幻影と同時に、たえ  ような、たえ  仕事のたえ  功績のたえ  一族が、とうに死にたえ  上妾は黙って聴いているにたえ  屈辱にたえ  ジッとたえ  のは、たえ  体をなさず、見るにたえ  敬服にたえ  恐怖にたえ  玳瑁ならたえ  どこへやら、たえ  ことにはたえ  なに、たえ  顔はたえ  私はたえ  実在するにたえ  生活気分に、たえ  切妻は見るにたえ  私は聞くにたえ  者は、かぞえるにたえ  お前どこから持って来たえ  径がたえ  打撃にたえ  ふんがいにたえ  実習期間を通じて、たえ  劫風ともにたえ  話がたえ  悪臭にたえ  遺憾にたえ  喜びにたえ  彼はたえ  水音がたえ  瀬音がたえ  水声がたえ  音が、パッとたえ  思いにたえ  フンマンにたえ  息のたえ  悔恨にたえ  惜別にたえ  そさにたえ  重味にはたえ  一同感謝にたえ  生存にたえ  不安にたえ  僕も書くにたえ  会わずにいるにもたえ  惨状見るにたえ  ここにいるにたえ  祝着にたえ  あらましは死にたえ  なんの、見るにたえ  羞恥にたえ  痺れにもたえ  輩もたえ  近くでは見るにたえ  がたを、拝すにたえ  はいぞくさせて、たえ  ひとりでたえ  ドアは、たえ  音のたえ  視力にたえ  想いにたえ  苦慮にたえ  父を見るにたえ  嫉妬にたえ  感銘にたえ  戦務にたえ  味方同士反目のたえ  直義はふりむいて見るにもたえ  人たちのおまいりがたえ  上をたえ  さに、たえ  飢餓にたえ  追撃にたえ  出方に、たえ  武族がたえ  不平にたえ  みな胸をうたれ、仰ぐにたえ  好餌と狙われているらしく、聞くにたえ  和氏には見るにたえ  者がたえ  閑に、たえ  心痛にたえ  呼吸があるだけで、たえ  幸福にたえ  歩行にたえ  入りあるにはたえ  人々不審にたえ  感心にたえ  大分脾肉の嘆に、たえ  正視するに、たえ  ことにたえ  今だってよむにたえ  蔭口には、聞くにたえ  投降兵もたえ  衝動にたえ  喇叭もたえ  私は考えるとたえ  それらのたえ  光にたえ  言語にたえ  自分に押しつけようとするたえ  獰猛さにたいするたえ  ぼくにはたえ  冷淡さ、たえ  煩にたえ  彼れを評して、笑うにたえ  ような聞くにたえ  女性のたえ  背中から取卸してかたえ  気づまりな沈黙にたえ  私はおたえ  ざんきにたえ  煙もたえ  波瀾にたえ  音楽会は、たえ  小野山はたえ  感謝にたえ  責任さえも負うにたえ  戦争責任を負うにたえ  水音もたえ  世の中でほめたたえ  支出にたえ  ザンキにたえ  ときザンキにたえ  内にとどまっているにたえ  良心に対して、さすがにあつかましく押し出すにたえ  一年中くだものがたえ  ショックにたえ  人はたえ  作者として腐りきるにはたえ  それにたえ  衷心不憫にたえ  毎日風波がたえ  仕事は見るさえ、思い出すさえ恥ずかしくて見るにたえ  至りにたえ  香烟がたえ  水音はたえ  つて憂慮にたえ  漠とした、しかし、たえ  草の根をたえ  刺戟にたえ  意識しながら、たえ  沈黙にたえ  道づれのたえ  国からお客がたえ  冬期使用にはたえ  客すじとかのたえ  背景としてついにもだすにたえ  痛手にたえ  圧力にたえ  痛みがたえ  女史にとっては、実に見るにたえ  疼痛にたえ  侮辱にたえ  懽恋にたえ  さずつたえ  反撥するばかり、聞くにたえ  言葉慕うにたえ  苦しみにたえ  帰京して、たえ  路もたえ  空腹は、それほど、もうたえ  おかしさにたえ  アーメンと、あがめたたえ  感慨にたえ  四割がたえ  呼吸もたえ  冬にたえ  風はまったく死にたえ  航海にたえ  十分用にたえ  歓喜にたえ  試練にたえ  花のたえ  緒よたえ  一七白雲のたえ  苦労はたえ  情にたえ  重みにたえ  風がたえ  統一戦線は、たえ  事はたえ  さにもたえ  洗濯にもたえ  労務にたえ  摩擦にたえるだけの、たえ  背をたえ  苦痛に、やっとたえ  ばたりとたえ  憂愁のたえ  人でなければたえ  望もたえ  汽車のたえ  道がたえ  そのまま息がたえ  渡世としているとかいったが、たえ  墓参者がたえ  声がたえ  雑居生活にたえ  列がたえ  窮乏にたえ  弟は、もはやたえ  母がたえ  朝から晩まで、たえ  役人は、たえ  ドアも、このたえ  のであれ、たえ  ベルをたえ  どこから借りて来たえ  心配にたえ  噂のたえ  みつしら使つて二三年もたてばたえ  一時過ぎてもたえ  魅力をもって、たえ  ぴたぴたと音を立てて、たえ  地震にもたえ  今、たえ  ことばむなしくねをたえ  響はたえ  批判にたえ  呼吸がたえ  試煉にたえ  次郎がたえ  縹緻よしの踊子は、たえ  雪のたえ  何か、たえ  上にかたえ  さときたら、まったくたえ  ことがたえ  波にたえ  日のくれるまで、たえ  鞘が、たえ  動きからたえ  生活にもたえ  次郎は、たえ  苦悩にたえ  虚偽にたえ  中に、たえ  胸中同情にたえ  悲劇にたえ  激動にたえ  隈がたえ  頭をかかえてたえ  中にも、驚くにたえ  ぢをたえ  挙ぐるにたえ  ものは、たえ  こと、はなはだ怪しむにたえ  上流から下流へと、たえ  きみにたえ  ことばを聞いてたえ  恩惠をみていたく驚く、たえ  痛みも、ずいぶんたえ  抱腹にたえ  ものはまったく着るにたえ  小径にきえゆけばねもたえ  ことが、たえ  實を結び、たえ  それにもたえ  全部自然諷詠で、たえ  それ以上、聞くにたえ  結婚生活にたえ  声にたえ  のにたえ  横腹のいたみにたえ  にわかに、たえ  タイクツでたえ  消息もたえ  裏切りにもたえ  空腹にたえ  ものはみるにも読むにもたえ  児を、見るにたえ  苛責にたえ  ご苦労がたえ  者ほど、実は、たえ  山本左右太も、見るにたえ  曲折にたえ  世の中に出るまで、生きたえ  念にたえ  恐縮にたえ  苦笑にたえ  古来から争いがたえ  隔世の感にたえ  煩瑣にたえ  風もたえ  いまいきもたえ  その後は、たえ  若い人にはたえ  うずまきにたえ  男と、向きあって坐っているにたえ  苦るしくてたえ  曉から午後にいたる迄、たえ  惡罵と、聞くにたえ  ふしぎにたえ  同感にたえ  ようにたえ  事件をたえ  堀がたえ  惨劇を見ているにたえ  わたしたちにはたえ  体質ではたえ  気候風土にたえ  温度変化にたえ  航空にはたえ  歯をくいしばってたえ  



前後の言葉をピックアップ
タウンスエンド  タウンズビル  タウンゼンド  耐え  タエ    耐え  耐えよ  耐えん  絶え


動詞をランダムでピックアップ
おひゃらかしねじこめおろ誤魔化そ草すもうそぬぐいとっつまみもい落っこちすぼまっ領するうまんほほ笑もにじんやせ衰え突飛ばさ払い下げる引き込め後れ
形容詞をランダムでピックアップ
激しく似つかわしうぶい丸くっ短き眩く黄色い小面憎くいたけりゃ重たくとめどなく奥深いでかかろ面白けれそぐわない姦しきにぎわしい眠けりゃうらわかき悩ましくっ