「それ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ それ[動詞]
プロレタリア精神の欠けた、もつとも恥づべき大それ  わきにそれ  音のふとそれ  彼から横へそれ  事と違って、大それ  言つても、大それ  横道にそれ  方へそれ  横へそれ  其様な大それ  右へ大きくそれ  自分でもって、そんな大それ  獲得だと大それ  佐古はなんだか大それ  南にそれ  一散にそれ  話がそれ  球がそれ  ワキ道へそれ  斜めにそれ  正体を見極めてやらうと、そんな大それ  基本的精神から遠くそれ  多くは大それ  プイとそれ  右へそれ  右にそれ  前から横道へそれ  法律を犯してこんな大それ  ほうにそれ  まさか大それ  畑道へそれ  脇道へそれ  忠助にかぎってそんな大それ  左斜にそれ  鮨売から思いついて、こんな大それ  わき道にそれ  私の大それ  人間に、そんな大それ  横路にそれ  全体そんなに大それ  鷹がそれ  ような大それ  自分を見それ  横道へそれ  小夜はそれ  あれは大それ  六はそれ  昏んだにしても、そんな大それ  平次はそれ  人でも殺さうといふ、大それ  男がそれ  方にそれ  孔子廟へ向って、大それ  大分横道にそれ  彼方にそれ  それはそれ  話であるが、実はそんな大それ  穂先がそれ  ためわざと大それ  眼がそれ  やうな大それ  トテツもない大それ  さをかき乱そうなどと大それ  ルウスがそんな大それ  横にそれ  縁者に持ちたいなどと大それ  邪道にそれ  わき道へそれ  一所に集まって、大それ  葉子は大それ  贈答品売場などといふ大それ  のだが、たといそれ  申受けたいなどと大それ  これ大それ  空想は、それ  一生を賭けてまで、そんな大それ  男が、こんな大それ  間をそれ  の作りし大それ  からナンテ大それ  ソンナ大それ  いふ大それ  方向にそれ  傍をそれ  ものはそれ  あいつがそんな大それ  ように、決して大それ  のですから、そんな大それ  狙いがそれ  間柄で、大それ  北にそれ  此の大それ  時まではそんなに大それ  かい、そんな大それ  火をつけるなんぞ、そんな大それ  かたがそれ  言葉で伝えようなんて大それ  一つから斜にそれ  おトメさんはそんな大それ  交際っているが、決してそんな大それ  傍道へそれ  格子戸をそれ  のを知っていて、まあ大それ  しかしそんな大それ  それから大それ  話はそれ  機會もそれ  非人風情に大それ  外へそれ  鎌倉街道から横にそれ  恩顧もわすれ、大それ  夢では、大それ  彼をそれ  ひとり河内路へそれ  まさか、そんな大それ  往来をそれ  裏へそれ  クリミア浅瀬からわきへそれ  そ、そんな大それ  目もそれ  大道からわきにそれ  妾のこの大それ  そこから左にそれ  私が聞くとも知らず、大それ  ところで、別段大それ  あいつにかぎってそんな大それ  茶いろただそれ  ことをやらうといふ大それ  心得ちげえの大それ  もっと大それ  顔で大それ  方角へそれ  どこへそれ  耳にそれ  わきへそれ  それを大それ  牛がそれ  命を奪おうなどと、大それ  思いもよらない、大それ  方で、そんな大それ  影はまたそれ  ように大それ  向きがそれ  とき全くそれ  法螺もふかず、大それ  大分横にそれ  根岸から東北へそれ  方向がそれ  海道筋をそれ  身分として大それ  自分で大それ  伏見道へそれ  胆吹御殿をそれ  他にそれ  方面へそれ  種もかねがねそれ  空想的であり用心深くて、大それ  熱烈であって、大それ  ほうへそれ  以上、どんな大それ  のと大それ  者一種にてそれ  癖に、大それ  これは決して大それ  草原へそれ  何という大それ  ために大それ  表面の大それ  火の玉が現れ、それ  わたしにはそんな大それ  きれいな顔をして、大それ  区別を乱そうとする大それ  彼女はそれ  何でもなければそれ  最初にそれ  一知は、そんな大それ  ときには休むというほど大それ  科学するとでもいった大それ  自分がそれ  路をそれ  しかしわたしはそれ  の子にそういっておくれ、早くその大それ  娘が、そんな大それ  殺人放火なぞ言う大それ  はなしが大それ  方向へそれ  のか、つまりその大それ  何もそんな大それ  圓太なんて大それ  考えを抱いたとてさして大それ  お前大それ  気もちがそれ  ジュスチーヌに向けられ、ひどく大それ  筋みちをそれ  ゆめにもあんな大それ  お嬢様を殺すなどと、そんな大それ  望みが大それ  心臓をそれ  瞬間的にそんな大それ  図そんな大それ  物を企んでいる大それ  物を企んでゐる大それ  自分は大それ  目的でこんな大それ  ようなる大それ  癖に大それ  われながら大それ  隔りがあるにしてもそれ  注意はそれ  彼はそれ  ところもあるでせうし、ただそれ  左にそれ  さをかき乱さうなどと、大それ  手から奪うという、大それ  一つ二つ横町へそれ  西にそれ  脇へそれ  自分から霊魂を滅ぼさうなどと、大それ  ものにそんな大それ  脇道へばかりそれ  自分はいとしいと思えばこそ、大それ  山もそんなに大それ  彼は、どんな大それ  もの顔にしただけではあき足らないで、大それ  所謂、それ  一つ取っ組んでみようと思う、なんて大それ  映画に撮ろうという、大それ  変にそれ  彼が大それ  天子に戴いてはとの大それ  道鏡も始めて大それ  狙いどころをそれ  横町へそれ  あなた、大それ  ツイとそれ  美麗だなどと大それ  娘の、こんなにも大それ  当時将軍家弑逆の大それ  方角がそれ  ツイわき道へそれ  権はそれ  名家になろうなどという大それ  上で泳ぐがごとき、大それ  何か大それ  俺を釣ろうなどとは、大それ  極道もんでございますよ、大それ  横町にそれ  番組、こんな大それ  社会を導くなんてそんな大それ  傍路へそれ  行きがかりから脇道へそれ  動物だなんて、大それ  掏るなどという大それ  故意に大それ  目が軽くそれ  無視するとかそんな大それ  範囲にそれ  ぢやないか、だがそれ  夫婦を殺すなんて大それ  意味で、しらずしらずこの大それ  文筆生活を続けてゐるので、別段に大それ  気持は、ひょっとすれば大それ  支坑へそれ  陰謀や、大それ  髭もそれ  あたしには、そんな大それ  出世しようなどと、そんな大それ  ちょっと横丁へそれ  高橋はそれ  気がそれ  物がそれ  夕立がそれ  こへそれ  大通りから横へそれ  何時そんな大それ  わき道ばかりにそれ  たか知りませぬが大それ  何物もをそれ  革命歌などと大それ  陰謀を企てるとかいふ大それ  声をかけながら歩いても、ややもすれば互にそれ  根柢には大それ  これこそ大それ  希望とを築き上げ、そしてその大それ  このごろはそれ  多くの大それ  ことさえ忘れている大それ  ものだ、じつに恐ろしいほど大それ  下へそれ  眼はこんないまわしい、こんな恐ろしい、こんな大それ  晝なか、大それ  のは少し大それ  どこかへ、それ  風がそれ  それとてもそれ  先生はそれ  

名詞

それ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
それに和した  それと云う  それと同じ痛苦を感じます  それを見破る  それから引き続いて  それが練達洗練された  それが日常生活に於ける  それこそ正に舞曲を以て天命の所作と心得ている  それなる御方に物申す  ソレに当てはめられはしまいか  ソレに近づいて来る  それは返事を必要とする  それには今日の日まで一言もそんな類ひの  それが彼女に似てゐると解るほどで  それが美奈子に似て  それと殆ど同時に中野行の電車が到着して  それに目を配つてゐるので  それあさうでせう  それまで妾にお言葉をかけて下さらなかつたの  それで満足してゐた  それを指差して  それと一緒に送る  それが星あかりに怪しく見える  それは四手網をあげているので  それが天窓にさわった  それが衣服になり  それを見て  それはもう朝で日が高くなっていた  それが非常に厄介な気がした  それはさうと  それを純吉が邪まに解釈したので  それも考へると堪らなく  それを教へて呉れ  それを見極めると  それが当然な事ででもある  それを殺した  それを思い止ど  それを積み込んだ  それは恰度竪琴のような楽器の音で二人はいつの間にか微妙な曲調に魅せられて  それを聞いて笑いながら  それは恰度眼に見えぬ  それは恰度生きた  それが当っていたからである  それを得意とし  それを喜んだらしいが  それに代るべき  それは勿論俳優本位から考え出された  それには因果応報の理も示されている  それには歴史的な逸話があり  それを知って  それは何かと云って聞くと  それは調わない  それが小説になり  それは目も鼻もないのっ  それも目も鼻もないのっ  それを仮定した  それと全く同じ考えを法学教育に応用した  それはほかでもありません  それをよく読んでくる  それが一番法律の何たるかにつき利害関係を有する  それは現に心配事をもった  それを説明してみたいと思います  それは裁判官の全人格の力で生み出される  それが裁判官として最も大切なことだと思います  それだけではすまない  それはなぜかというと  それがため  それが法治主義の理想のように考えている  それはきわめて間違った  それをお話しいたします  それが元来の譜とは違っていても  それを裁判官が衣裳をつけ舞台に出て  それになにか法律という物差しをあてなければ  それは自分の信念にもとづいてなす  それを承知しなければ  それはそろいもそろって  それをするだけの  それを基礎にして  それを簡単に考えてみます  それには現在アメリカでやっている  それにもかかわらず  それを私たちが机の上で教える  それだけで法律現象を説明し  それと同時に理知をもってなしうる  それさえ知らない  それは私から云って  それが出来ぬ  それが出来ぬから  それは将軍秀忠の江戸から上洛する  それを強いて  それはまた左右の男女たちの力もほとんど抑える  それはまた彼女のやつれた  それは実際直孝には疑う  それをそう云わなければ  それには及びません  それだけでも親族の涙を見た  それはそれとしておいて  それを越す  それにも拘らず  それだけを心がけてゐる  それに応じて  それを言ひきる  それは又別の意味のものになる  それのいづれもが  それにつけても  それが自分の感じとぴったり合しつ  それは一行の文章を成さなかった  それが書けない  それはむしろ一行の文章すら出来なかった  それはある  それは経験に直接即するよりも  それが一層甚だしいといわねばならない  それはその対象が常に流転し  それはどこまでも内容を本位とする  それを支えるべく  それは図書館が個々に孤立して  それを千冊を売る  それから思はず  それはヘロドトスの古希臘伝説中の朴野な噴水からアグリッパの拵えた  それに見惚れている  それに似寄った  それと同じ驚きを感じるなどは  それはくだらないことしかいへ  それを意にかけないで  それを喜ぶから  それをはいはい引受けると  それが済むと載せた  それからは時々寒い夜も箱にしまってやる  それが何ともいえない  それを視ていた  それを掛けてやった  それを見ていた  それを入れ  それをあてて  それがいえないで走り出した  それをさ  それを指でおさえて  それを覗き眼鏡にして  それこそ安香水でも買ってね  それを足で蹴った  それに近来はめっきり元気が衰えて  それが知りたい  それが拡がって行った  それをきいて  それで見物人は充分満足する  それは秀坊に云つてきかせた  それが梁のやうに組み合はした  それは何處い  それとそつくりな繪ハガキを見せて  それはよく私にも説明できません  それを飼つてやつてゐる  それを追ひ立てる  それをすつかり讀み  それと合してゐる  それは何も眺めがいいからといふ  それを上まで兩手でもつて押して行きます  それは一めんにぎざぎざのついた  それに引き  それもたつた  それを止めさせたりしてゐました  それはなんでもスウエデン戰爭を背景にした  それを教科書として讀まされた  それを高聲に朗讀しながら  それが透明かどうかを見分けるんで  それもかへつてこの身の仕合はせと  それが日本の人民の幸福にどう役立つかといえば  それは歴史の爪先の方向で読まれているか  それを抱いたり  それにものをいったり  それに相違ないと思いましたから  それは何かの復讐であつたかも知れない  それは彼女達が着飾  それは彼女が健康だといふ  それは美しく咲いた  それは彼女もフランスの美食家に負けをとらない  それまではてんで鼻汁もひつかけなかつた  それを怖れたからでは  それには友だちの一人と十五円ずつも出し合い  それがお伽噺のようにしか思われなかった  それが続けられるかしら  それがすこし早くやって来たというまでだ  それに幼い時分の遊び友だちでもあったので  それを私たちにやって見せた  それを聞くと  それを出版する  それが私に起こって来た  それが不思議なくらいに思えて  それを長い間の疑問として残していた  それを使った  それをあの母さんが私に話してみせた  それすら高過ぎると思ったくらいだ  それを書きあげたいと思ったが  それに国との手紙の往復にも多くの日数がかかり  それを私から受け取る  それに耐えられる  それを思うと  それを適当に始末してしまうまでは  それが背丈の延びた  それを分けて提げた  それを妹に言った  それを指して見せた  それまではとうさんのほうに預かって置いてあげる  それはあの山の上へ行って  それが私の部屋からも見える  それをいじっては  それを買って帰って  それは思いもつかない  それからは何をしても  それからは別段手足が生えて踊り出すという  それが私の身体から離せない  それをごらんになって  それに気がついた  それが私の命をたてる  それがすなわちその立場にたって生きる  それと同じ必然性をもって飛び出してくる  それをたよるにたりなかったとか  それがなくなる  それがつまり禅宗のほうで申しますと奪ってゆく  それかといって  それだからといって  それは舎利頭に花嫁の衣裳を着せた  それは最後のときにいたしまして  それはよい言葉であると思います  それに達する  それはつまりあるが  それを批判するかという  それを命というものと個人というものとの関係を広げて  それはほんとうのその人の本心から出ている  それを私はじつに残念に思う  それはわかりませぬ  それには別の事情がある  それと反対の考えをもっております  それこそ宗教はいらない  それが二種のものからできているという  それはなぜかと申しますと  それと片方では共同生活をしてきた  それがつまり  それに対して女の人はすぐに同情して  それもなるほど  それもよくよく反省してまいりますというと  それは譲りましても  それはかならず二つのものからできている  それがそういうような生活をしてまいります  それを政策上の目的からモンゴール王の王子に祭りあげた  それがきっかけになって  それを見ておりまして  それだけでは満足できない  それならばそういうあり  それはじつはできない  それはやってみなければわからない  それはもともと恋愛というものと嫉妬というものとは一つのものが二つに分かれた  それを受け取るより  それはやるべき  それができない  それがつまり実在は二つの矛盾から成立しているという  それをつかむ  それでありますからわれわれは芝居を見ても  それがつまり殺すという  それをあえてしなければならぬ  それによって支配せられる  それはあらゆる生きている  それだと自分だけは頼みになるという  それをやり替えて  それがい  それはいろいろなふうに現われておりますが  それはちょうどキリストの信仰というものは福音書の中にある  それを社会と調和する  それがほんとうの信仰なんだと思いますが  それがどうしても親鸞聖人のほんとうの信仰であると私は信ずる  それと一つになるより  それが強迫観念の場合によくわかる  それを建て直す  それがどういうような歴史をとおって  それを一つ一つ通りすぎていって  それにさきだつ  それをほんとうに体験して  それをわからせるという  それまではぼんやりしていたが  それについてもちょっといっておきたい  それはたとえばコップならコップがここにある  それでところをえている  それでかまわない  それを考える  それは今ちょっと考えてみても  それはいけないという  それを非常な熱烈なる声をもって訴えた  それならば自分はまず学校をやめて  それは自然なことであると思います  それで詳しく話している  それは誰でもそういうとき知識階級の人のする  それがわかったらするという  それがわかったならば  それはあらゆる倫理学の系統によってみな違っている  それはどういうことであるかというと  それは果断の意志をもってきめなければならぬ  それに力をえて  それをうちきって  それは善となる  それがまた殺される  それだけで厭世思想になっても  それは実際にやってみなければわかりませぬが  それはそうしないと  それを見ていると  それならばそうしなければ  それは労働運動をしている  それで困っているからというので  それにお金を出す  それを意志の力で為すべきだという  それまではしない  それは人間の為すべき  それは不自然なおもしろくないことがあるという  それに当てはまってゆかない  それがよく出てきまして  それが慈善だと思っている  それができるならば  それをどういうようにして始めましたかと申しますと  それはつまりわれわれが後ろを見たからであります  それは私の力で求めてきた  それまではこれは私だというふうに思わないで生きてきた  それが祖先からずっと前にあって  それが善とは何かということを求めている  それがつまり後ろを見る  それは理屈をいっている  それと同じように私たちの生命の生き方も同じような根拠をおいたならば  それをつくった  それならばわれわれは理性の力を借りずにできますからして  それは悪いものが湧いてくる  それはわれわれの理性でみているけれども  それを捨てた  それは清浄心と名づけまして  それはきめておかない  それをきめておいては  それには現在の欲に動かず  それはこのなかにかなった  それはそのときどきの世の中にかなっている  それにならってきめてゆこうとすると  それでよいと思いましたが  それを読んで  それはどういうわけであるかというと  それだけはしなければならぬ  それを答えろという  それがいけないといわれる  それは強迫観念をもっていて  それがないのと同じような虚空のようになる  それがある  それがつまり禅宗というものと真宗と違う  それが救われる  それは精進している  それより大きいことは起こらない  それでありますからして  それは投げ出しうる  それが身についた  それはもうすこし自分の家が貧乏に見えれば  それよりもすまないという  それと比較すれば  それは課せられた  それをのがれようとして悶え苦しむ  それはわれわれの本心からそれをする  それがどうにもこうにもならなくなって  それならばわれわれはどうしてそういう境遇が自分にくる  それからのがれますまで  それをのがれようとして  それは初めからしまいまで  それはつまり私ならぬ  それをきめるかというと  それをきめようとする  それは念仏申さるる  それをきめる  それが世の中の普通のきめ  それによってどっちかにきめる  それはこれまで経験いたしました  それはこういう抹香くさくない言葉で申しますと  それはこういうものだというて  それが実相になっていないならば  それを責めるとか責めないとかいう  それはどういうようにいったら  それは何できめるか  それが念仏を申さるる  それをすぐ元に流してやった  それはぜいたくにしている  それを売って  それが鳥というものの命と人間というものの命の業縁からいいまして  それは許して  それはどういうふうにもする  それを見た  それよりほかにどうする  それを漁師がその日の生業のために取ってきた  それをまた市場から買って  それが人間のために役だって  それも一つの実相であると思います  それは私が何でも弱いものをいじめる  それはそのあとで話したいと思いますが  それを定めるより  それはおのずと天然がそうさしている  それを宗教的にいえば  それはどんなことであるかというと  それは何かというと  それならば唱える  それができるかという  それはそうなりたいというた  それをも受け入れなければならぬ  それを鍛える  それだけで行が十分であったというのではありませぬが  それをする  それはつまりこしらえる  それでありますからこれがこの宇宙を受け取らなければならぬ  それならばそのときに私は宇宙の外にいる  それは宇宙と私と対立した  それをしなくても  それに寄りすがっている  それもしなくても  それは自分がすべきだという  それがこんどその最後のところにゆきまして  それと同じように宇宙の中にいる  それが必要であるということをお感じにならなかったならば  それは深山の木だと思って  それはそのほうが確かによいと思います  それをそのままに見る  それをこのごろからやる  それは観照の生活のほうからみますというと  それを見ているという  それと自分が離れている  それはどういうことをするにしても  それで許されている  それだけしかしない  それをそうしまいとしてもできない  それが背の黒い腹の白い鰻につながった  それから手を出して  それを手にしながら  それを喫って見せた  それもみるみる喫ってしまって  それを持って  それを持って往きたかったが  それを打破する  それを生かせて使う  それをささえる  それは全然彫刻的な形成ではなくして  それが人形使い的形成によって実に活き活きとした  それが使い方一つで犬にも狐にもなる  それを見せてもらいに  それを使って見せた  それだそれだと叫び出したという  それを使う  それまでの叱責は自分の非力に起因していた  それでなくては舞台上の統一は取れない  それは古くから言われている  それはロシアでは革命的な現象であったかも知れない  それによってうつ向いた  それが自然な人間の動作のどこに起源を持つかを考えてみるが  それはいけない  それがはっきりしていなければいけない  それは本当に進む  それに捲き込まれて  それに至るまでの  それを定めなければならない  それに正比例して  それを自分の掌中に握り得ない  それを別々にしか表せない  それに恰で本物の様に美しい孔雀が一羽描いてあります  それは余り奇抜で予想外で皆さんは屹度アツと云つてお驚きになるに  それこそあとでどんなにおこられるかわかりませんでしたから  それを花と思へ  それは今のやうにして  そればかりを心配してゐる  そればかりを驚いてゐました  それは私の親友の浜野ぢやありませんか  それに出  それに当惑してゐる  それ迄はとても眼を開く  それでゐて  それはたしかに悦び  それは異ひますよ  それが為にこんな乱暴な言葉を吐きました  それを貴方は音楽だなんて思つてゐる  それが自分にも何の為に流る  それがために写し出されてゐる  それのみを待ちつ  それを待つてゐました  それを思ひ出して  それは小雨のしとしとと降る  それこそ活動写真のやうに不思議にも種々な形で現はれて来るからでありました  それがゴンドラの月に浮ぶ  それにも拘はらず  それへの意慾も湧いて来ない  それがたとへ  それが営まれてゐるといふ  それは時としてあまりに殺風景にみえる  それは凡ての悪に関してより更に極悪であるには非ずして単に一個の特殊な悪に関する謂なり  それは八九百年の星霜を閲したに過ぎない  それを趣味として身につける  それに興味をもつ  それを生活のうるほ  それを生み出す  それは申すまでも  それならばそれぞれの地方で一般の人たちがそういう製作品の味いで  それが自然にある  それは現在その地方でも実用には使われていないという  それは色と云い  それを作った  それを何とか一つもので間に合わ  それが一定の関係の下では醜いものと転化してゆく  それについて意見を求められたから  それを聞いても  それを発見する  それをはぐらかす  それは家へ帰ってからも  それが石太郎の屁であると信じはしなかった  それをスケツチして見ようといふ  それに匹敵する  それをローザが生きていた  それが大勢の見物に取り巻かれている  それを勢よく空へ投げ上げました  それで子供の体を縛りつけました  それはそれは今までに見た  それを拾って  それを箱の中へ収いました  それを爺さんの手にのせて遣りました  それを押へたまま動かうとしなかつた  それまでにはいろいろな苦しい事もひもじいことも通り過ぎて  それでいいとし  そればかりではいけません  それは実証されるでありませうが  そればかりではありません  それは一面に於て気候が温暖の故でもあるが  それがためには徒らに他民族を模倣する  それが為には今後日本内地からその方面の専門家を派遣して  それはモデルン劇場に出てゐる  それを地上の人類にもたらした  それがそのように終った  それに耐え  それを分析してみても  それは生れるから  それ故唐の大學は隨分學者文人を出すには出したけれども  それは澤山あるが  それに就きて  それ故奧州音は取りも直さず  それは後者の方が事實であると考へられる  それだけでは解決のつかぬ  それが地方に分布されるといふ考へ  それを区隊長に見つ  それに花が咲いているにすぎん  それに女一人であんなとこにいますと  それがいま申しあげられない  それに貴女が僕を信用して下さった  それで信用できないと仰  それじゃ僕の名前はそのままにしといて  それを変だとは言えなかった  それに越した  それでかまいませんか  それに応じた  それに便乗して  それがいけなかつた  それが同時に私を自堕落から救ふ  それが芽を吹いた  それから栄山公園の招魂祭へいつた  それがその時の私を表現してゐないといふ  それを私は敢てした  それが楽しみのすべてといつてい  それがもう芽生えて  それをち  それからがまたいけなかつた  それはしよう  それを眺めてゐると  それがためにこんなにおくれたと  それは君自身の犯した  それが出来なければ  それは自分をごまかすばかりでなく  それからのがれるには  それが自然でもある  それは特別にうつくしいと思ふ  それは形式で内容は違つてゐるから  それは勘で歩いた  それは罰といへば  それを買ふ  それはつめたさとぬくさとが飽和して  それが自分の過去にふりかへつてくると  それを網打つべく  それを断然実行しよう  それは恥づかしい  それは免かれる  それを花瓶に活けるではないか  それはそれを取扱ふ  それは或る家によばれて  それは砂金採集家が砂金を拾ふ  それは苦笑に値するばかりだ  それから歩いた歩いた  それが一度に漕ぎよせて来る  それで思い出した  それにおいでなされましたか  それがしは  それに就いて  それがしに取っても  それを取り上げて嗅いで見ると  それを朝井刑事に渡しながら言った  それに答えないで  それまで金庫の中の品を検査して居た  それじゃ運搬人の来ない  それから三十分ほどかかって  それから大原さんのお宅へ一しょに行かれたでしょう  それは出来ない  それから大原さんに暴行を加えられたと思って居られるでしょう  それから大原夫婦に復讐しなければ置かぬと言って居りました  それさえ出来ぬと見えて  それまでわかった  それが恐しい  それを上下の顎の大きさの金具に排列し  それを鋳物のときにつかう  それに性交不能になると  それを的確に証明する  それにはどうしても麻酔剤を使う  それに騒いでいる  それは葉書大の二インチほどの厚みを持った  それは後にゆっくり研究する  それに終日客が出て来なければ  それを信じないのみならず  それを度々くり返して居ると  それが立証されては居ないと信じられる  それだからやったに  それで居て  それを黙って見ていて  それがベッドの一部分であることもわからなかった  それが一度ならず  それがピストルの銃身らしい事が判った  それははっきりおぼえていない  それから何人かがその自殺事件を発見したらしい  それ見給え  それも自業自得だと云いますか  それならば森木国松だって自業自得だといえない  それならば僕ははっきりときき  それを立証しなければならない  それは今云った  それをなし得ず  それを伝えられる  それは実に実に忍びぬ  それは何といっても  それが分らない  それには百貨店に私のこの提案が採用されると  それにはあまり頭も苦しめなくて  それを次第にたどって行くと  それは乾燥した  それを待構えた  それが船暈でひどく弱って  それを胸に載せて  それは米相場をやる  それが猛烈になる  それは実に不思議な強烈な原始的の味をもった  それはまあい  それもかまはないと云ふ  それを判断し  それが新作物に於てはさうだとすれば  それこそどうにかしなければなりますまい  それとおけい  それを思えば  それはありがたいことだと思う  それに反映する  それを賜った  それをそらだのみに  それでなくっても春の夜はかすむ  それにおしまとめて  それをまだこの頃中宮の亮であった越前の三位通盛が此の女房を一目見て  それならばと腰の物を土肥の次郎にあずけて  それをもって出ると  それもあんまりなとたずねかねた  それをきいた  それだもんで京洛中の白拍子は義王の大切にされる  それに年もまだ若いと聞いて居ります  それでなければ命をおとりになるか  それでなければ私が出て  それだもんで後白河法皇の長講堂の過去帳にも義王義女仏閉等のが尊霊と一所に書き入れられたと云う  それを見物する  それが非常の好評で一週間の日のべをされるという  それからだんだん訊いてみると  それが今度の呼物であるということが判りました  それが観客の人気を呼んだらしい  それに大学の学生たちが加わっている  それに塹壕の中には柔かそうな草が生えているし  それもやっぱり敵ではなくて我々と同じようなヘルメットをかぶった  それは何でもトルキスタンあたりの或る活動会社が金儲けのために仕組んだ  それは去年の春から長屋の一軒を借りて  それは誰の胸にも浮かぶ  それへと吹聴した  それを発見して騒ぎ立てた  それが洋服を着た  それを平造はひどく気の毒がりまして  それが気にかかるとみえまして  それは勿論わからなかった  それを怪しみもしなかった  それを明かさない  それを云った  それは丁度絶えず廻転してゐなければならない  それでやっとどうやら廻って行く  それが一寸躓づけば  それに近頃は規則が喧しくなって  それが二十五枚で一梱だが壱円札を握るには  それをしんから感じて  それが旅渡りの仕立屋の職人といい仲になって  それを整然と炭焼小屋同然の家のまわりに積みあげて置く  それは当然お絹が我が子として育て上げた  それは二里程離れた  それはとても不可能な事として断わって  それが出た  それも見事に失敗に終った  それは情有る  それが最初に取った  それは喜八郎がそのままそっくり背負はせられて  それでなくさへ痩せ切ってゐるので  それは如何にも瞬く  それを云ってゐた  それが今では杭ん棒一本手に入れる  それで要る  それは散々道楽しつづけて  それにとまらせてはたいた  それに桑がへぼいで  それで何貫取れるかと思ふと  それを読んでゐた  それにはおときに頼んで  それに娘が二人も生産の工女になって  それが時代おくれであらうと  それは明けてから  それを割り切る  それはまことに天来の賜物ともいふべきで  それは生活といふべくあまりにはかないであらうけれど  それを煮て食べた  それを味はなければならない  それを持つて  それをしんみりと味ふ  それを破る  それがどうしたといふ  それから二三軒をあるきまは  それに耳をかたむけてゐる  それは音でなくして  それは私自身の不安心を暴露する  それを洗ひ落すべく  それにも聞き入る  それをかへて貰ふ  それよりも残念なのは電球をかへる  それをつなぐ  それだから俺のする  それもある  それは彼が子供の時分に初号から十年あまりも購読してゐたといふ  それは何故止めた  それのやうに無智な光りを帯びて  それにも苦しいわけがある  それも内容は知らない  それを鼻に掛けるといふ  それに関することは何にも考へない  それを陸から眺めてゐる  それを眺める  そればかりを眺めてゐれば  それは引きうけたと  それには違ひないが  それが読めなかつた  それは納豆として充分に発酵していない  それまで待つ  それが聽いとくなはれ  それを飯櫃へあけ  それが皆娘一人を殘して  それも氣の置けぬ  それも面白いぢやありませんか  それに違ひない  それに動かされて  それを讀んで  それは自分の親しい知り  それを當然と思ふ  それが爲め兵隊の宿でこんな手違ひが出ける  それが爲に羽織の仕立てを急がして  それを着て  それに映つた  そればかりを考へてゐる  それは現実を超えた  それが作品化されてゆくという  それ迄の歴史的な幾波瀾を凌いだ  それは作品行動でも十分つきつめられない  それに対しておこった  それが則ち  それとは心持に於いて  それに附屬する  それは面白いと私の流  それが頻りに市中を巡邏する  それが今の芝の薩摩ツ原の薩州屋敷に入るといふので  それが其頃大阪に居た  それが今日のそも  それだから今日書く  ソレから其年靜岡に行くまでには  それをためつ  それが愉しみで釣りといふものがやめられない  それを一厘柄と謂はれる  それには乱獲もいけないが  それも亦釣りに付随する  それも手釣りのヂカに糸を手繰る  そればかり吸ふ  それだのに今夜も睡れ  それはほ  それを持参して  それを私もまだ持ちつ  それはかうである  それはやつぱり貪る  それは眼前脚下にある  それをよく表現する  それを贈つてくれた  それへあるく  それから小城さんの白雲閣を襲ふ  それに匹敵した  それを台所の片隅から見出した  それを聞く  それを見てゐると  それに値しない  それにも及ばなかつた  それを冬村君に持つて来て  それを示現する  それを私の第何集かの題名としたい  それを私が吹く  それを買ふだけの  それは私が食卓として用ひるので  それはそれとして  それは買はなければならない  それは第三者には到底理解されない  それは自殺者に任したが  それはどこかにひそんでゐる  それは性慾の力といつてもいいかも知れない  それが要求する  それが変形変態すれば  それを技巧と感じさせない  それはむしろ私に相応してゐるではあるまいか  それを知ると  それは形骸的であるに過ぎなかつた  それを押し出す  それは宜く  それじゃア僕一人憎まれ  それは灯火で見るから光る  それと申しまする  それは嘸残念に思うで有ろうな  それこそ死に  それに就てはお隣の源次郎様をと内々殿様にお勧め申しましたら  それですから貴方が本当に信実がおあり遊ばすならば  それだから何うもいけないよ  それは斬れますとも  それから船頭に探させ  それからはお嬢の俗名を書いて  それと気が付き  それに知れない  それに就ては仮令己は死んでも  それをサ婆アにもいわないで  それは親に孝なる  それだから其処を避けて通る  それじゃア己が相川に済まんから  それが心配でなりません  それを私が見たから  それは必ず死ぬ  それは困った  それは分らねえな  それをいうても  それは誠に心懸の  それには旨い事がある  それは訳なく出来ますとも  それだが武士に成るにゃ  それを見込みました  それから十八まで私が育った  それは深い訳が有っての  それだから孝助に娘の惚れる  そればかりでなくおれの事を盗人根性があると  それじゃアお前が其のお附の女中とくッついた  それから今朝畠へ出た  それじゃア二晩来た  それだのに手前に兎や角う嫉妬をやかれちゃ  それじゃア斯うしておやりな  それが有っては  それだからお前は孝助に誑されている  そればかりじゃアないよ孝助は殿様の物を掠ねるから  それから驚いて  それじゃア胴巻の出た  それを申せ  それじゃアあすこの三畳の畳を上げて  それじゃアお前出掛けて行って  それ欲しいと云ったじゃないか  それを止めてくれては困るな  それが案じられてなりません  それとは見分けられねど  それは出来ないな  それじゃアお前は飯島様を失錯りでもしたか  それじゃアどう云う  それじゃアお前を一緒に連れて  それじゃア狼藉者が忍び込み  それだから娘より私が惚れた  それじゃア手前手を入れて  それじゃアい  それ迄お待ち下さる  それより相川の養子となり  それじゃア旦那は云わねえ  それじゃア私の名前を出しちゃ  それよりは笹屋へ行って  それから三両と五両二度にやって  それは誠に済みません  それを忘れて済むか  それだから己はもう彼処へ行かないというに  それまで隠して  それじゃアお前は私を殺して  それを呼ぼうと  それじゃア一寸診て上げて  それのみならず  それじゃア内の方をい  それじゃアそうしよう  それがために失礼も度々致しやした  それは兎も角も肝腎の仇の手掛りが知れましたか  それからよいお菓子を少し取ってくる  それから八ツ前後に神田の旅籠町へ行きなさい  それを恐れて  それを突切って通り越す  それを恐れる  それと見るより  それは難かしいから  それに就きまして  それより外に見る  それで外に見る  それかと彼の女の側に膝をすりよせ  それだから先刻から逢っている  それも宜かろう  それだから私アもうお前のお父さんでは本当に苦労を仕抜いたよ  それは手引をして上げようとも  それは何にしても  それに就いても  それは極心配になる  それには白翁堂も恥をかいたろう  それと思い当る  それへ曲り  それから這入れば  それが為飯島様のお家は改易になりましたから  それより鹿沼道へ一里半行けば  それよりまた一里半あまり行けば  それより先は田沼道奈良村へ出る  それにのめ  それは又工夫がある  それは全く私がしたに  それは何ゆえ縁が切れたと仰しゃいます  それを今晩になって  それをお逃がし遊ばしては  それを私が手引きをして  それだから私が申さない  それを証拠だと云って  それよりお頭小林へ届ける  それをいつまでも見てゐる  それはむしろ私のよろこびである  それからそれへ飲みあるく  それもふるさとのにほひをさぐる  それはまつたく  それはすなはち  それがまた私の気分をみだす  それを打ち殺す  それがいけない  それはいづみあふれる  それから熟柿がおちるだけ  それを炊いて食べる  それを出しきる  それを果さなければ死んでも死ねない  それを咀嚼し  それも苦しくてすぐ帰つてきた  それだから私は生き残つてゐる  それは宗教的飛躍と通ずる  それを思ひ出す  それをあなたは知らなければなりません  それを味はひつつある  それはまことに落ちついた  それに対して報謝の行動をしなければならないではないか  それが詩人に把握され  それはルンペンとしての私の心理を抉  それを途中から手伝った  それは彼女に対して人が感じてくれる  それをおさめ  それを乗せていた  それだけだといつまでたっても  それを続けてから  それを洋介に投げた  それを受けとめた  それをもう一方の手で真理子は叩き返した  それを聞いて  それが銀行の僕の口座に入ってる  それだけではいけないと  それが終る  それは知ってる  それを取り出して  それに付属する  それを吐き出しながら  それに応えた  それを自分自身の推力に変えてしまう  それをあからさまに見られてしまう  それがいっこうに改善されていかない  それで計るの  それにしては  それだけで卒業の見込みは消えてしまう  それがひとつ残らず  それでいこう  それをしてみたかったの  それがわからない  それにほかのふたりが加わった  それに対して何本ものわき道が内部で交差していた  それにシャワーで石鹸を使って洗ったから  それがどこかに出るのね  それまで出欠簿に目を伏せた  それを飲んだ  それを受けとめて  それに重なった  それからすぐに終った  それを見る  それが哲也の気持ちのなかに引き起こす  それを見たいと思うなら  それはちょうどお昼頃になる  それを拭い  それで出来上がりだった  それを投函しにいった  それにこたえた  それだけを考えながら  それは具体的な形にして  それがどうなる  それを撮っておこうと  それにむけて  それに出席しますからとか言って  それをさらに五日に縮めて  それはよくわかる  それで食べてる  それまでもたれていた  それが結果する  それはまあ日ごろ敬愛する  それを嘲笑する  それはよんどころないことかも知れない  それへ羽織を着られると  それを脱けようとする  それでさし当たり  それくらい沈めば  それを補う  それだから海軟風の吹く  それを夜明け前に焼場へ運んで  それから話し出す  それこそ大事に大事にしてゐる  それへ毎號繪入小説を連載してゐる  それはリルケがあの有名な手紙を書いて  それを拾ひ讀みして見ようなんていふ  それを見せると  それを知らずにゐて  それに食ひ入る  それと共に見えない  それをその晩二人で面白半分食べてし  それにすつかり魅せられて  それに對する  それとはだいぶ異つてゐる  それを見つめてばかりゐたので  それはまた私のですと言ひたい  それから目をつとそらせて  それを実現する  それはしたしい落葉鳴らして  それは老人の特権かも知れない  それから三人連れで歩く  それがいつのまにやら枯れた  それを浴びて  それは私の死骸かたづけ  それは冬がいそいで逃げてゆく  それが人生のうまさでもある  それが私の心境でなければならない  それにもおもひでがある  それまでこのふるさとの街が無事かどうかは疑はしかつた  それはひどく厭な夢のなかの出来事に似てゐた  それから近所の見知  それを救ひ出す  それを押す  それに頭髪は耳のあたりで一直線に刈上げられてゐた  それが次兄の家の女中であることに気づいた  それに絡んでゐる  それを記入した  それから国泰寺の方へ出  それを抱き起しては  それを聴いてゐる  それからまた飲んで歩いた  それが出来ない  それは予期しないではなかつたが  それはひどく厭な夢のなかの出来事に似ていた  それから近所の見知った  それを救い出す  それに頭髪は耳のあたりで一直線に刈上げられていた  それに絡んでいる  それがいいと思ったから  それで興奮して  それに続いて  それからお母さんの看病で終ってしまった  それを温かに育てて下さった  それを書生の木島さんが哲学者ぶった  それをハッキリ思い出した  それから一週間経つと  それを考えると  それは実に好もしく祝福すべき  それからのことを書く  それから勝浦行に乗りかえ  それだと決意していた  それからすぐに二人で砂浜へ出て  それからくるりと背を向け  それまでに洋服が間に合えば  それを書きたかった  それはそうだろうと思う  それに鴨一羽などの手土産をさげて  それよりも更に猛烈な練習があるだろうし  それをなん  それをひやかす  それあぁ泣く  それから本郷の津田さんを訪れた  それを神の声のように思っている  それに小説家志願と来ている  それは紹介してあげても  それからどうする  それの現実にこだわっている  それが出来なかった  それにはいった  それくらいのところが無くちゃいけない  それは申し上げられません  それもずば抜けた  それは薄々感じていた  それが一段一段と行き渡る  それだからとて人間生活全部を否定しようとした  それは知らない  それこそ大名題の歌舞伎役者ばかり集って  それを訂正した  それだからとて狼狽する  それを手渡して取りついでもらった  それは言われない  それは畢竟正義の国があるという  それがないということなら生きている  それは最終のものではないということに気注くならば  それが天文学的の数字であるとはいえ  それが緩和される  それから二十五年たって起った  それをとりあげたり  それを阻止する  それにひっかかる  それをずらして  それを命令した  それが窮極には彼自身の破滅を意味した  それよりは其隙で内職の賃訳の一枚も余計にして  それが果して出来る  それというが  それが伯父の謂う  それも急性胃加答児で偸られた  それは子供心にも薄々了解るから  それを又勝気の祖母が何とも思っていない  それに女の児はこましゃくれているから  それが済むと  それが一旦昇降口へ吸込まれて  それをも無理に狼狽てた  それだからお前は県庁へ勤めるなとして  それよか入口の方が明るくッて好かろうという  それには種々原因もあるが  それを松陰先生の後に隠れて見ていると  それよりも爰に一寸吹聴して置かなきゃならん  それを観ていると  それには同気相求めて  それを私は大層偉いように思っていた  それも聞怯して  それを此様な読方をして  それには此短篇を何処かの雑誌へ載せるに限ると思った  それも研究の結果写実主義を是として写実主義を執た  それには一寸相手に困る  それは小石川の伝通院脇の下宿に居る  それこそ臍を噬むけれど  それに隣にしては  それを常談事にして  それをお糸さんの身上話を聴くと  それだのに早くから文学に陥って  それに媒介せられながら  それに類した  それは著者によれば  それでいいと思う  それをこし  それをむしろ喜ぶ  それは日頃から私の望んでゐた  それを聞いた  それは大川口から真面に日本橋区の岸へと吹き付けて来る  それ故私は旅館の寝床の毛布を引捲る  それに優るとも  それから毎朝顔を洗う  それをば正直正太夫という当時の批評家が得意のCalembourを用いて  それとは全然性質を異にする  それ故日本の音楽にはいつも周囲の情景がその音楽的効果の上に欠くべからざる  それが洗い晒されて  それを忘れている  それにかぎる  それによって大勢で待ち伏せしてやってしまう  それよりもっと朗かで優しい少女の微笑とに送られて  それが点となって消えてしまうまで  それがだんだん近づいてきて  それがしばらく籠のなかのうぐいすとしきりに啼き交わしていたかと思うと  それに紙が貼ってある  それを聞き流した  それはできなかった  それを見くだす  それが毎日だからたまには諫められたけれど  それより手を引きて歩きて  それよりは民を根拠とし  それと違って  それと同然に別の文字を用いて  それ故に君主国を危険視するならば  それからうっとりとかすむ  それはかれの  そればかりを楽しみにしていた  それは役場の助役の子で阪井巌というのがかれを見るとぶんなぐる  それをさいて食う  それを見送って  それを食った  それを拾うと  それを憤慨したが  それからかれはおどろくべき  それは学生等の混雑した  それと向きあって  それを拾いあげ  それにつまずいてたおれた  それだけでやまずにおりおり  それだけでもいまでは異国人のように差異ができた  それからかれはハイカラなはやりうたをうたった  それは喜ぶべき  それは九時を打ったばかりであった  それをはいた  それをことごとく弁当代にしてしまえば  それと異なった  それはいかにも自然に腹の中からわきでた  それを考えた  それも感ぜずに  それは貧しき豆腐屋の子がになってくる  それもすんでる  それもいえない  それから売り  それよりずっと奥に回廊紆曲して  それをいう  それはきみもわかってくれるだろうね  それを見るとかれは  それにもこりず  それだけの武功があったか  それを信ずる  それに対して大沢は顔を赤くして  それだからきみらはいかん  それをきみらは浅薄な欧米の蛮風を模倣するとは  それは日本を愛しない  それに悪化されてはいかん  それを実地におこなわなければ  それはよぼよぼのおじいさんで銀の針のような短いひ  それにメリケン粉をどろりと流す  それを買った  それを聞いていたが  それと見た  それはどういう風に始末をつけたかは  それは東京の中学校を落第して  それは平素勉強をせない  それには全級の聯絡がやくそくせられ  それととなりあって  それに柳が阪井を救わずに  それにかかわらずかれの  それが悪いことだと知らずにいる  それと同時に阪井は退校届けをだした  それを政党争いの意味にいいふらす  それは学校で負傷させた  それが事実であるとすれば  それにかかわらず  それをおまえ大庭さんがギュウギュウ質問した  それは若き純粋な血と涙が一度に潰裂した  それがやがてこらえきれなくなって  それをおさえるごとく  それを撃退する  それはどうともならないじゃありませんか  それが今日もっとも尊敬する  それを政党という  それはおれの親父にふりまわされてる  それがあるからである  それとも知らずに  それがすぐ消えた  それを肩にかけた  それと同時に巌の功労に対する称讃も八方から起こった  それは覚平によく似た  それをこらえようとしたがこらえきれずにしゃくりあげた  それだのにあなたはうそをついています  それだのにあなたは命を助けてくれた  それはお父さんがぼくに教えた  それがいまぼくにはっきりわかりました  それをじまんにしていました  それをはらった  それから十杯のつるべ水を浴び  それを目標にふり  それをまく  それは神武以来任侠の熱血をもって  それから八十にあまる  それをつまびらかに知ってる  それだのにおまえは二度ともおれを救うてくれた  それがわかったよ  それをまねて見た  それは間違ってるね  それをきみがみんなと一緒になって  それよりも痛いのは胸の底を刺される  それを読んだ  それをうちけす  それと共に左の眉に二寸ばかり長い毛が一本つきでている  それは中学の二年生もあれば  それは黒茶色の表紙の着いた  それが本当の活眼をもって  それは普通の中学校ではきわめてゆるがせにしている  それと同時にこの深夜に来診を請うと  それもできずに  それがいま傲然と呼び捨てにされたので  それをこばんだ  それがいまそいつに占領されて  それは困ります  それを食う  それがすべてのろわしきものとなった  それについてなにもいわなかった  それに粉炭をくべて  それをひらいた  それは紙幣で見た  それと並んで  それにくらべると  そればかりを考えている  それは昨年第一高等学校に入学した  それからフンプンというやつがあります  それを喜んでいた  それは遠くの森に反響し  それを聞いていると  それを読むより  それでどうする  それについていちいち批評してくれた  それが安場がきてから  それをもらって  それでいい  それをあだ名して  それを感じた  それはあらけずりの  それに浦中の捕手は沈毅をもって  それに投手の五大洲はおそろしく速力のある  それがいけないよ  それがおわると  それも投球する  それじゃ今日は休ましてもらいます  それからかれはすっぱだかになって  それにつづいて  それがすむと  それはマークの着いた  それはなんという  それは難球を打ってやらぬ  それは白木綿で母が縫うてくれた  それを打った  それを取って  それは先生の手製のこぶこぶ  それは青木の予想する  それを拾うて  それは最初からわかってる  それは光一に取って  それを語りあった  それをもらすべき  それに反して  それは手塚だといううわさが立った  それはぼくもよくないと思う  それじゃだれが手塚に忠告するか  それできまった  それに対して学校がいくら活動を禁じても  それと向かいあって  それをがまんしなければならなかった  それはきわめて幅のせまい板を杭にうちつけた  それを支えている  それを眺めた  それはいやしくも潔白な人間が目に見るべからざる  それを改めれば  それを考えない  それだけでも活動よりはるかに面白かるべき  それでよしにしよう  それをきみはどぶどろの  それはいやしいことだと思いかえすだけだ  それが朝日に輝いて  それには一つもあやまりが  それが一冊でも買う  それを引きぬいた  それは叢書の第一巻でかの女がつねにほしいほしいと思っていた  それもひきぬいて  それができなかった  それはかの女が小学校時代の上級生で染物屋の新ちゃんという  それじゃ私すぐお返しするわ  それから少しはなれて  それはろばというあだ名のある  それは明るいガラス戸のついた  それには答えなかった  それも僕が引きうけたから  それを隠さずに  それをしかったりわらったりする  それと同時に文子も次第に美しくなった  それと同時に母は鼻の下を長くして喜んだ  それやこれやで家の中ばかりの芝居は面白くなくなった  それを文子にあてた  それを探偵すべき  それについては光一も面白からず思っている  それを考えつづける  それがわからなかった  それをおれが見た  それがために中学生が師範生の説に賛成する  それは個人の生存権利を知らない  それを制する  それはさながら群がる  それはカアライルの焼きなおしにすぎません  それが手塚の奸策だと知った  それから一年おくれて  それをやつてゐるほどの  それを想ひ出したので  それは極めて幼稚な考へ  それは淡々とした  それがすべて現実に思へる  それよりも健康で精力に弾ち切れ  それは近所の町の湯屋が夜陰に乗じて  それよりもむしろ自分の一生のうち二度と来ない  それは僕ばかりのせゐ  それは何でもないつまらぬ  それは私の空想裡に住む  それを拾つてくれた  それに図々しく制帽を被り  それは結局東條は死んだ  それからいろいろの新聞の記事の扱いにあま下りもあって  それは明瞭だと思う  それはなんの意味もありません  それをはっきり知っています  それはどういうことであったかといえば  それに対して闘って  それとたたかってゆかなきゃならない  それははっきりしています  それについてここに一つの新しい提案がある  それは新しい文学を生もうとする  それに立つ  それだけでは何となく心がみち足りない  それをのばし  それをいとおしむからこそ  それを事柄の本質にまで追いつめて  それは罪がないということにおさめて  それをどう擁護するにしろ  それに承服しません  それを再現する  それを書いてゆくという  それがあるよりも  それが作家となってゆくという  それに投票します  それを餌に育つ  それは一方に真実世界平和のために努力しつつある  それからもうちつづく  それは生きのびようとしなければならなかつた  それを実行せしめ得た  それからそれへと新築されて  それは退屈まぎれに  それは進駐軍のラジオを連日聞いたからである  それが当時御来朝中であらせられた  それはその当時宮中に奉仕しておられました  それからぴたりと締めてしまいます  それを白木の台に載せて  それとは相反な惨ましい死を迎える  それから十分ほどで先生の所に着いた  それを郵便箱に投げ入れてから  それまでかつて芝居や音楽会で先生を見かけた  それはおそらく自分の怯懦から出る  それを明らかにする  それは先生の前に怯懦を去った  それを不可能にする  それに反応するが  それだけを露骨に発表する  それが個人的関係に即してではなく  それが卑屈と妥協と中途半端とに慣れた  それをきらった  それを著しく深めて描いた  それを解決しなかった  それは正しく生きる  それは正面から取り扱われた  それがさらに明らかに現われている  それは苦しいかもしれない  それは瞑想する  それと共通なものを含んで  それだけでも覗ってみる  それが家が貧しくて人から学資の支給を受けていたので  それに朱を加えて返してくれた  それとは反対にむしろ達意を主とする  それに俳句が一句書いてあった  それをあけて  それはなんですかと聞いたら  それで水彩絵の具一組とスケッチ帳と象牙のブックナイフを買って来た  それはおもしろいから見せろというので  それがよほどおかしかったと見えて  それは少し困りますと言ったら  それをたった一ぺん聞いただけで  それをいいことにして思い上がった  それを奮発して買おうかと思うという  それが不思議に物狂わしくおどり狂う  それを分析しうるほどに  それはおそらく他の多くの門下生の各自の偽らぬ  それについて人の話を聞いた  それはこの新聞には限らない  それは五七五の定型に限らない  それが私のなげきな  それと反対に不出来だといふ  それに堪へる  それは所有慾名聞慾でなくして  それよりも良心に責められた  それがせめてものよろこびである  それは持病ともいふべき  それを正しくうたふ  それは心理的といふよりも生理的変化が私の内部に起つてゐるからであらう  それは同時に私の悦楽がなくなる  それに参加しない  それによって裁判ができるという  それはそれまで人民の主人であった公方と藩主とをはっきり臣下とよぶ  それをさけられない  それを納得しかねる  それを支持する  それはそうだと思う  それは日本の内にどんな反応をよびおこすだろう  それはその壁自体が火をうけ  それと全く同じだと思う  それにかかわっている  それが成功であったかどうかについて疑問を感じ始めています  それも一般にはしらさず  それを見に降りて  それを氣にする  それが呼吸の爲めに動く  それのやうに聞える  それを謳歌し  それを讚美し  それで遺憾のないやうに説いてゐる  それに從ふの  それから少し過ぎて  それではならない  それが殘念でならない  それと氣づいて見ると  それを目つけた  それを繰返しては  それと等しく自分の心持もどうなるかと考へられる  それに答へようともせずに  それが空しき業と解つてゐればゐるだけ  それに就いては訊ねもしないので  それに依つて  それが何だか女の癖に図々しい見たいな  それは何ういふ  それと同時に彼女等の背後になつてゐる  それを叫ぶ  それには充分な理由がある  それも影をひそめてし  それは私の生活が幾分でも落ついたら  それは私が村を出て来る  それに困つて  それは純潔な怒りと憎悪と適切な行動に支えられた  それを別に年寄り染みた老け込み  それに濡れ濡れした  それや恐れ入つた  それは謙遜とより他に思へません  それは歌でなければなりません  それが貴方の詩となり  それを見に降りてきた  それやっと口から出たか出ないかも覚えが  それを気にする  それが呼吸のために動く  それのように聞こえる  それを賛美し  それで遺憾のないように説いている  それに従うのほかないのであってみれば  それが残念でならない  それと気づいて見ると  それを見つけた  それを繰り返しては  それと等しく自分の心持ちもどうなるかと考えられる  それが私にはふさはしい  それを考へると  それがせいいつ  それからはどうしても寝つかれない  それはちようど私の一生が有耶無耶で過ぎる  それよりも早く冥土行が実現し  それが私に残された  それに気が欝いでたへきれなく  それで帰って来た  それを俯瞰して  それに圧倒されて  それは貴重な記念物を方方から寄せ集めた  それとても当時の建造物が保存されている  それが却って今日では最も回教的な最もアラビア的な色彩を持つ  それを理解する  それがエジプトに於ける  それを抛棄しなければならなくなり  それを大まかに区劃すると  それはもはや今日地球上に存在しない  それに依って  それもルクソルとかアスアンとかの上流地方の都市に居住する  それとは別にまた炬火競走が行われていた  それは謂わ  それはメソポタミアのサマラのモスクを模倣した  それこそ日光から奈良へ行った  それには全く気が付きませんでした  それは西伯利亜へ日本の大兵を出すか出さないかという  それの価値を批判する  それは国民としての権利を行使する  それの行われ  それは列国の合意の下で円滑に実行される  それを越ゆれば  それを防ぐ  それを軽信してはならないと思います  それについて真に深刻なる人生味を感ずる  それと妥協せんとする  それが眼に浮ぶ  それも大方桑畑などに変って  それは太夫の道中といふことを土産噺に見物して行かうとしたからである  それは春さんではなくて宿の主婦さんが剩錢を持つて  それもまた驚くにはあたらない  それはそれとしても  それとも知らない  それが国を富ませ  それをつけて  それにすがって  それは自分の伴れていた  それを撫でた  それを着たが  それには石橋が通じていた  それは大小の建物が雲に聳えて  それは目を悦ばし心を愉快にする  それは花でもくらべ  それを口にしながら出て  それを受け取って  それで見つかろう  それを精しく知っている  それがために巨富の富ができた  それから豪奢な生活をはじめたが  それには及ばなかった  それは檻に雕彫をした  それをさげ  それを不思議に思った  それを不思議に思ったが  それに答へて声自慢の声を合唱した  それを見るまでは立ち去らない  それが何でいけ  それで分りました  それが手に取る  それがいけねえや  それが生活内容を形づくる  それが私のリズムとなつてゆれる  それであらう  それから訪ねたが  それはアルコールがもたらす  それを克服する  それが私の生活態度でなければならない  それが出来るか  それは素質境遇のせゐだらうが  それをうつかり  それに和して  それに気づくと  それについて考へる  それも無理に拾つた気味がある  それのもどる  それを恐れたり  それを看とりしてやる  それがだんだんし  それはとほく  それはみなてる  それはめくらの  それはなめらかにうたふ  それは誰にこた  それはだれをむかへる  それはひとひ  それに正面から賛成する  それを口に出す  それを固く守る  それもあるけれど  それでい  それを使ふ  それは話がし  それみなさい  それはさう  それができるかわからないけれど  それは止むを得まい  それを制止する  それに乗ればすいているだろうとの  それに雪がまた少し強く降り出して来ている  それに小さいのもおりますし  それがまるで孤の面に似ている  それに向わせている  それで潤わ  それは製作者の表現のプランの上に全然とりあげられていなかった  それを盛る盛り  それをすっかり上げてしまう  それは出しぬいて  それで云ってる  それに気をとられた  それは己のやっている  それは爺親も知っております  それは云え  それは身心清掃の非常手段ともなる  それが全島からのですから色色の節くせを持ち込んで  それが又來る年の祭までに圓熟して  それが毎年毎年繰返される  それが殊にほかの土地の人よりも多く歌ふ  それまで犬は背中で待つて居て  それを食いた  それは総ゆる  それを破れず  それは破戒のような気がして  それを凡て予は否認する  それを前以て活動期にある  それを教へてもらつた  それも三度位繰返さないと解らない  それがもし完全に通つてゐたら  それが静かに四辺を濡らして降り出して来た  それを廊下に持ち出して  それを眺めていて  それを傍の棒杭に掴ってやっと身体を支え  それをお教えして  それをぼんやりと見送っている  それには色々の理由がある  それに答えず  それにも倦きてくると  それを東京時代に経験した  それと気がつき  それは彼の視覚の援助によって段々と正確に動いて行った  それを一々判読して綴ってみると  それは見覚えのある  それは漢青年をして  それと判る  それは中国の心臓を漢青年に握られる  それが大都から一封の書を送ってきたが  それは斉天楽の調べに合わせて作った  それをやっと言ってから  それを嘉興で拒がそうとした  それがために楊参政は殺されて  それに埃がうず高くつもっていた  それはもと使っていた  それを開けてみた  それを母親の墓側へ持って  それを言った  それは確かに咽び泣く  それは耳の底にこびりついている  それが終ると  それは沁園春の調にならってこしらえた  それを聞いていた  それは生まれ落ちる  それでなくば食ひ  それが氾濫して  それを冷水に浸けて揉み  それに負けまいとする  それに一命をささげた  それはどうなる  それが汗の中にでもある  それまでは待たなければならない  それを質入して  それは私たちの涙でなければならない  それはすぐナデシコとなり  それをやあさんの店に届け  それは立派な応用科学研究所であって多数の実験室にはそれぞれ有為な学者が居て  それがこの虫のために何の足しになるかという  それをおもへば自分の母上は何といふ貴いかたであらう  それが五通ということを知っているので  それに強いて  それにもこりずに死のうとしたが  それを苦しいことに思った  それから高くなった  それは一人の立派な服装をした  それから呉中には一通ばかりいる  それは大いに感謝しますが  それに魅せられて  それを心配する  それは条金で紫金の色をした  それに二つの明珠をはめこんだ  それを覚った  それがだんだん落ちて来て  それを根ほり葉ほりする  それを心配していたが  それをお父様が聞いて  それから一足出るにも  それには一人の麗人が坐っていたが  それに命を賭ける  それが読書の組織の内部機構にほかならない  それを印刷して  それじゃ夜明に出かけろ  それを繰りかえし  それをまた会社へ鞘を取って売りつけた  それをわざわざ持ちこんで行く  それを傷口に流しかけた  それを労働者に高くで売りつける  それが分るかい  それは下って  それは鼎のことであるからけだし当時宮庭へでも納めた  それも自分が杜生から得た  それが今何処にある  それは下つて元の頃に出来た  それは鼎のことであるから蓋し当時宮庭へでも納めた  それが今何処に在る  それをこの本にも求めに来た  それは青みを帯びた  それは悦ぶ  それを習わせるには  それは彼に対してその後かわらぬ  それは西欧を浸し始めていた  それにまたひどい国なまりで話していた  それはベートーヴェンの内部に住みかを定め  それを打ち明けなかった  それを口に出さなかった  それを期待してはいるが  それを僕は自分の隠れ家としなければならない  それが僕にできるだろうか  それが歓喜を持たぬ  それを告げている  それが感じられる  それに心をさらわれていた  それを実施して  それと気づかずして現われている  それに何のふしぎがあろう  それはベートーヴェンが初めてヴィーンに来た  それが心にありありと見えています  それよりもずっと強く私は貴方を慕っている  それをシンドラーに向かって  それが現われている  それを彼に了解させる  それに対してまったく支払われなかった  それを忘れてしまう  それは甥を自棄的にさせ  それによって命を落とさずに済んだが  それを考えていた  それを自分の大きい作品の一つを飾る  それが器楽の音で聴こえる  それを達成した  それが与える  それはわれわれがベートーヴェン自身の息の音を聴いているかと思う  それは嵐の中を駆けめぐる  それを抱きしめる  それはほとんど喧騒にまで陥った  それについていった  それを賞賛した  それがもう一度現われ出る  それを世界に贈り  それを悟っていた  それに恐れを感じていた  それを見いだす  それはできない  それを識っていられる  それを財産と呼んでも  それを分けよ  それはまったく私を見棄てる  それも消えた  それを読むかも知れないといふ  それを云ふ  それを単なる幸福といふ言葉で片づけ得るであらうか  それははつきりわからない  それに堪へてくれるだらう  それやつまりませんわ  それに相手の名前を書いて  それをそれぞれの出先へ届ける  それだから一流の芸妓や舞妓になると  それが一種の見  それを貼り交ぜにした  それには全然載つておらず  それは矢張り愛ではないかと或は人はいふかも知れない  それは永年日本にも存在していた  それと歩調を一つにして  それは悉く相互関係をもって  それはどのように運営される  それこそ私たち自身の社会的な努力によってその構造を辛くも守りたてて来ているからではないだろうか  それがどんなに傷つき  それを隠していた  それを僕は隠れ家としなければならない  それはできる  それに価しなかった  それを告げる  それもいえる  それを述べる  それをすでに手に入れていた  それに伴って  それは僕が君に宛てて書いた  それはあなたの御記憶の中へ私自身を幾らか近寄せようとする  それは大切なことがらを繰り返して  それをひきます  それを君にいう  それに返事を書くにしては  それについて医者たちは何にもいわない  それが私に口授している  それを洗ひもせず  それも長続きはしないな  それが唯一の慰さめだつた  それを思ひ出しました  それを味はつてゐる  それに湯をさして客に進めました  それを食べ  それをもつて  それを掌面に取りかへしました  それにつけ加へて言ひました  それにこれから長く自分の持物とするには  それを承知しました  それを開けさせました  それを手に取つて  それを開くと  それのみではありません  それを見ると  それが羨ましくなりました  それは悪戯好きな運命が喜平をそこに連れ出したにもよる  それを掴むだけの  それが神秘化されすぎていて  それを潤飾する  それと全く反対した  それが不自然でなく思われます  それはまだ十分に発育していないと思います  それに似た  それは誰でも知っている  それは人間の骨でなくてはいけない  それを知っている  それを繰りかえして  それを吸収しすぎると  それが一番効果があると云い  それは僕の気質からも来てゐるであらうけれども  それを味わい得る  それが夏子を殺した  それを簡単に書く  それは刻々に火が燃えている  それがあると思う  それに筆を従わせているだけの  それに対応する  それが発展して  それよりも私という人間が本来ひどく感覚的な人間のためではないかという気がする  それが呪わしいような気がする  それも自分に生れついた  それが私の薬になったか  それくらいのことはわかった  それをすすめられた  それはとても書ける  それに対して実に強い親近感を懐いている  それが書店の店頭で雑誌を見ている  それを思ってみても  それに両親の味を知らない  それでいながら  それがそこに実在しているという  それを間に合わせの  それは我々の肉に滲み込む  それが音楽だということをさえ私はもう忘れてしまっていた  それはまだ私の知らない  それを包んでいる  それに続く  それは騎馬行の中で終りを告げる  それが判って来た  それがよく判る  それによって助力する  それは動き行く  それこそ彼の同時代のあらゆる音楽家たちから彼を区別する  それを気づいた  それを極端に過ぎると思うが  それを乱そうとはしなかった  それを逃さなかった  それをもう一度とらえる  それを失くする  それを私はあらゆる変調に多様化しなければならない  それに触れた  それを自分の身につける  それは地下層の中に生きる  それは解明される  それは精神を引き浚い  それは時には釈き放たれ  それは行進する  それを芸術的傑作だと思っている  それが吹いて来る  それは春と夏との広野の上を吹く  それに参与する  それをいっている  それに関して二十の実例を挙げる  それは何ら関する  それよりもいっそう完成せる  それを人々の許まで運ぶ  それは十字架につけられ  それを受け取る  それに注意を払わずに  それが芸術以上のものであることを悟らない  それが超されなければならない  それをすでに獲得していると  それだけで独立した  それを愛していた  それが人生の真のよろこびと  それによって新しく人生を考えさせられ  それは文学でないものに変ってしまった  それを判断するより  それに付随して  それ故神は一切の概念を超えている  それが溢れ出ない  それとして  それだけを抽出して考えるならば  それならば彼の音楽をして  それによって生きる  それのない所に生は栄えないだろう  それは人類の悩みを一身に担いおおせた  それをベエトォフェンの面が暗示する  それを真に苦しみに堪えたと呼ぶ  それが道徳的に大きい意義を持てば持つほど  それは恋をしながら  それにきまっていた  それを発見した  それは本箱の右の引き出しに隠して在る  それが可笑しくてならない  それが不満でならない  それも人さし指一本で片頬を支えているという  それにしよう  それに対して条件的という語がある  それを取りに行って来る  それは下品な笑い声を発して  それをほのかに期待できるだけでも  それを忘れた  それを創る  それに比し  それを実際に行うべきである  それじゃあんまり立派すぎる  それこそチョッキのボタンを二つ三つ掛けている  それと向い合って  それから月島のミルクホールに少しいて  それが出来たら  それを聞いてしまった  それの如く厳粛に響き渡る  それから立ちどまって  それは私も同感に思います  それは実現し  それを継母の罪でないように云っている  それに学問がないから虐める  それが為めに失敗する  それを気の毒だから助けてやるとか  それを傍の人間が救う  それを救うとしたならば  それを救い  それを棄てる  それにくらべ  それを今日の文芸にとりいれて  それが洛陽にある  それに叛いたからとて  それを貸してやろう  それを悟って  それを箸を折る  それも怖ろしいので  それを玄宗に奉った  それに語彙をくっつけて  それから16年たった  それを使って  それにも負けず劣らず  それを親子連れと考えて  それは乳のように白いとみんなは言うが  それは出来ません  それと同時に彼はコネリイ・モルの広大な城を出て  それを聞いていて  それはエイリイとコルマックの子が生れた  それを知っていて  それは月夜におどる  それが何時までも泣き止まないので  それは歓びにも悲しみにもまさって  それは精たちが置いていった  それが生きた  それに添うて  それを聞きつけた  それを見ない  それを言う  それを知っているか  それを脱いで  それを切り倒したという  それをすっかり忘れて  それにあやかる  それを伝えている  それには次のように書いてあります  それを示している  それを神が天国なる自分の家を出て  それを身につけると  それによりますと  それを話してから  それはシャーマンの神懸りの  それも同じことを示した  それなども或はこういうものだったのかもしれません  それを拝む  それは大蛇に羽の生えた  それを捕って  それを聞いたという  それが後にアイヌのいう  それを行う  それを即興的に詠み込んだ  それに往来の人がジロジロと見る  それに人目を忍んでいる  それは出来なかった  それを取り替えたり洗ったり  それもあり余る  それにお母さん一人で大勢の子供を抱えている  それよりももう一週間も病気が続いたら  それに警察を憚るとはどう云う  それは彼等が共通に知っている  それが一度お目にかかった  それが私の見た  それが偶然私の妻が頼みに行った  それは二つの方面から見ねばならぬ  それが夫婦生活を固定させた  それだと夫婦生活の黄金時代にあった  それを暖め  それとは全然個々独立した  それに価いしないと云う  それなくしては生きるに  それを自識してゐた  それを口に当てた  それは凡てを自然の懐に任せる  それに似てゐた  それから来る  それを最も深く思はせる  それには慈母の懐に抱かれた  それに鷄肉の料理店が大部分を占めてゐる  それに応じてゐる  それも正味ほ  それも訊いてみなかつたが  それまで頑張る  それを紙で拭きと  それを言ひだすので  それが事実だと思はずにゐられなかつた  それまでは生家の方から口前を入れるからといふ  それからは金輪際離れない  それを倅の出世のやうに喜んで  それを忘れてからに  それをうまく申す  それをいえるだけ申し上げてみたいと思っております  それは引っかかって  それは無理のないことだと思う  それがもとで申しますと  それは原料で考えます  それは御承知だと思いますが  それはいうまでも  それと同時に美術的生命がある  それが故に他の美術品と比較いたしまして  それから高いのになりますと  それは今のもので考えます  それはなにによって相場がついているかというと  それならばどうしてそういうようなものを区別する  それも故ないこともないと思う  それに引き比べまして  それがうまく出来ました  それは芸術家と称する  それはなぜそんなに値段が高くなるかといいますと  それは雨が止んでしまって  それは均窯だという  それは物の分った  それは自分で実験してみると  それでありますから内容を見ない  それが必ずしも立派な人間でない場合があります  それを絵で申しますれば  それをなぜ売る  それは一面からいいますと  それだけでも数頁に及ぶかも知れない  それは独歩自身もモオパスサンになつてゐた  それは我々を誣ひる  それは丸善株式会社の我々に与  それは春先する  それじゃ明日お立ちなさるの  それこそ徹頭徹尾いまのソノ農婦というでも  それをかけると  それから思うと  それを見ながら  それを愛するばかりに  それを荒されたくはないです  それまで西洋人の住まっていたらしい  それがどうしても見つからないで  それから二人は黙った  それに気がつくと  それは何処の町にもぽかぽかと日の当っている  それまで西洋人の住まつてゐたらしい  それがどうしても見つからないですつかり困  それから二人は默つたままその空家のまはりを一巡して見た  それに氣がつくと  それは何處の町にもぽかぽかと日の當つてゐる  それは一種名状し  それを反撥しようとする  それを讀み  それがすべて昨日歩いてきた  それはわたくしに不相應でもある  それさえしなくなる  それに辟易する  それを私の方へ抛って  それは大学の医科の小使が作ってくれたという  それが外国で流行っているという  それが何の役に立とう  それは口へは出さなかった  それは死んだ  それが土蔵の口に続いていた  それで満足しなかったと見えて  それを僕に突きとめてくれと  それは男の僕が女を対象に眺めて  それだけの決意をしてゐた  それだけでもう別の風景になつてし  それはこの場所に書く  それをみんな投げだして  それを希つてゐたに  それを感じてゐたのであらう  それは知らぬ  それも分らぬ  それが何程のことであらうか  それらしいのが見当らない  それを気に病む  それを自分の大叔父から聞いたと  それから二人の交情が結ばれた  それも南瞻部洲下過五百踰繕那乃有地獄と云ふ  それもし  それを否まうとは思はない  それがあなた解るくらいなら  それから小声で笑ったが  それがし  それは驚く  それが寸分の隙さえなく日置流射  それから間もなく夜となった  それまで多右衛門の側にかしこまっていた  それを股へ突き立てた  それより驚いた  それじゃ獣は殺されねえ  それを与えられた  それについて多右衛門はこんなことを云った  それを仕遂げた  それが重力の場の影響のために極めてわずか曲るだろうという  それを予言した  それがいずれも極めて機微なものであるだけにまだ極度まで完全に確定されたとは云われないかもしれない  それをどうしたら  それを手術した  それを切り刻んで  それはとにかく彼がミュンヘンの小学で受けた  それは隠して聞かせなかった  それと知っている  それから色々の代数の問題はひとりで楽に解ける  それに対して一々何とか返事を出さなければならない  それは夢を見る  それが成効に近づいたとすれば  それの下手な受売りにどれだけの信用が措けるかは  それを語る  それで永久的に得られる  それがために人類の幸福が増すか  それは物理学の歴史でおそらく最も記念すべき  それもほんの暫しの間にすぎず  それが如何に人の心を和らげる  それを押し隠すかの  それに乗った  それを押し隠して言った  それは流  それは塵埃をかぶって  それをイメージとして抽出すれば  それを支える  それに似寄って  それのような厳しさは持たない  それに負けてはならない  それに打勝つだけの  それに加わって  それは上海や天津に比べては  それは忽ち甘くなるか  それをのり越えようとする  それを生かす  それに勝利した  それがもたらされないとわかった  それをもりたててゆく  それだからある  それを私が伝える  それがためには語学の訓練はあまり適しない  それを面白くする  それが生徒の心の琴線に共鳴を起させる  それには無駄な生徒いじめの訓練的な事は一切廃するが  それに手の届く  それを忘れてしまえば  それは腕を仕込む  それよりもこうすれば  それだけでもう頭の蒸餾瓶の中で出来た  それに対する抗議さえも奪われたと云う  それが働く  それが將棋をたしなむ  それを慰樂や遊びの域を遙に越えて  それは恐らく戰ふ  それもまた名人上手とかいふ風な古來の形式主義が當然作り出す  それは彼のはじめて書き上げた  それを三日もかかつて讀み上げた  それつきり自轉車は斷念したや  それを肯定して  それがもう予定されて動かせない  それに準じた  それとわかりますから  それを見つけて  それはどっちともわからない  それに応ずる  それを大きなためいきとともに聞いた  それはわかった  それとわかる  それとみるより  それがハッキリおぼえていない  それが海底から船底にふたたびかえってくる  それを聞きとがめた  それはいつものさえざえとした音とはちがい  それはどっちかわからない  それをなぐさめる  それがどうした  それはよくわからない  それがきまりきって  それからの策戦をどうした  それはぼくが審査しますよ  それをスミス警部が審判して  それと同時にバカバカしい光景でもあった  それを整理すると  それからのがれようとくわだてている  それをまるめた  それを海中にまいて  それを教えてくれるだろうよ  それに入れかわって  それをひろげてみると  それも近代的武器をもった  それに来られてはこまるからというので  それは電子望遠鏡によってあきらかにされた  それからどうしました  それは信じて  それを英国海軍がはっきりさせてくれるに  それを聞きつけて  それも世界にほこる  それが手にとる  それが聞こえない  それはメリー号の遭難現地をはなれてから  それにさきだち  それから更にすすんで  それをひろう  それはルゾン号上のスミス警部によってひろいあげられ  それも目の見えない  それは久しぶりに見る  それはいいことをいってくれた  それをためす  それを見ようじゃないか  それはいい考えだとは思うが  それがひとしきりはげしく風にのってきた  それよりは気を落ちつける  それに返事をしなかった  それとわかってみても  それをアトランタニアンまたは海底超人と呼ぼう  それはしかっているらしかった  それはきみがいま見ている  それよりもわしはきみたちの生活が知りたい  それはおどろいた  それがおくれたというだけで  それにめんじて  それは海底大陸の研究大家である長良川博士に教わった  それは今ここにことさら取りあげない  それを承知しません  それはこまる  それはおたがい  それには一つの条件がある  それくらいのことは覚悟していました  それはいけないと  それに助けをもとめれば  それがいいではありませんか  それをたのんでおきましたから  それをやってみろ  それと察した  それを知るや知らずや  それがうまく開通すると  それを飛行機にあてると  それを人間にあてると  それをきらったかというと  それを博士はたいへんに心配した  それをみずからおさえるのに  それはよした  それがお望みとあれば  それは海底超人の生活力からいって  それが今はわかれて  それが今日まで一度も人類と交渉をもたなかったという  それについてはわしは責任をもたん  それはもちろんドリー老にほかならなかった  それまでの態度をすてて  それもまたやむを得ぬ  それを取りかえしにきた  それがいいかわるいかは分らないが  それが失敗に終っても  それをいわない  それは恐ろしい顔の鶻のように眼のぎらぎらと光る  それをくるんでやった  それは何という女であるかといって  それは間違っている  それが今度帰って聞きますと  それを傍へ喚んで  それに濃い白粉と薬の粉とを交えた  それが皮肌にしみとおって  それががやがやと騒ぎながらいってしまった  それを抱いて  それは私達二人きりで作った  それを自覚しながら  それに引きずられて  それを除くという  それに伴ってくる  それがとうとう惰性を持つ  それを握りました  それにいろいろなものが加わらなければなりませんでした  それを冗談として取り消してしまおうと思いました  それを単純に取り消してしまう  それは今まで私が大杉さんに持っていた  それが恋愛に進んだという  それに対する気持を辻に話そうと思いました  それから大杉さんに対しての自分の態度をきめたいと思った  それにはあまりいろいろな情実が隙間なくからみついていました  それを一々書く  それをことごとくを発表する  それがずるい考えだと意識した  それが最も私の歩くに  それについて世間から受けるべき  それで終わりました  それは濟みませんでしたのね  それだから何うにも爲樣のないことになつてゐる  それについては手紙に書く  それはあった  それによってこわされた  それにつづく  それが社会の歴史の諸関係の事実を語っているという  それがそうであったように語られている  それを自省する  それだけをのこらず  それが見えません  それは美しいものばかりがならべてありました  それが歌い終わると  それを手放して  それに対して答えられました  それが洋画家の足りない  それから洋画家夫婦にすぐ子供の生れた  それがなくなつたところですぐ停  それは長い襟巻で口元を覆ふ  それから格子戸を開けて  それを中に二枚の蒲団が敷いて  それがふ  それを払のけ  それつきり知らなく  それは頬から頤にかけて胡麻塩髯の見える  それはごく親しい兄弟のようにしている  それがなくなった  それさえ夢の国から来る  それは壮い  それは長い襟巻で口元を覆う  それを中に二枚の蒲団が敷いてあった  それがふわりと首に纏わった  それを払いのけようとした  それがさつ  それをまあ僕は余つ程夢中になつてゐた  それまで標本に作成した  それは可成り  それに依  それよりもいっそう科学に興味を持ちました  それは今までたびたび盗賊にねらわれた  それに窓や戸を検べても外から入った  それが終わると  それとともに写真術には常に邪魔され  それは理化学研究所の人が新しい写真術を発見したというに過ぎない  それくらいのことは僕が言わないでも分かる  それを気づかずにいるらしい  それはいま言えない  それと比べてみた  それができる  それをだれも昔のように引き上げずとも  それが不思議でならない  それを信じていた  それはかう  それがきかないさうだ  それをたべては  それもちやんと人が着てゐた  それを見付けて  それはどういふ  それを溶かしてしまふ  それは唐草模様を染め出した  それを一本の強い麻縄で厳重に括ってあった  それを止めて  それをまるで抱きしめてでもいる  それを聞いてから  それがお父さんに知れ  それをまあどうして嗅ぎつけたか  それを聞き逃がさず  それから吉川がまた引返して来た  それはきっと初子に取って  それだから女に嫌われる  それを見ていながら  それを最後の瞬間まで手離さず  それも彼自身のやった  それから死ぬ  それを他殺らしく装い  それは吉川の口中から出た  それを知らずに  それは解剖した  それを凝と  それを名案だと思った  それは偽盲腸炎になって  それは死者の口中に残した  それと一しよに  それをつかまへて  それをつづけてゐましたが  それを両手ですくひ上げては  それはみんなさそりばかりで蛇は一ぴきもゐない  それへキルクの口をして  それをほかのびんに入れさせて  それじゃ君が云い付けるさ  それが容易く出来るくらいなら  それは一理あるよ  それからどうした  それを心配するから  それは飛んだ  それだから君のも注意せんといかんと云う  それについて不思議な話がある  それはちょっと信じられ  それだから宇野の御嬢さんもよく注意したまいと云う  それから月給の足らない  それだから早く聞かせろと云ってるじゃないか  それは心配して来たに  それだから早く御越し遊ばせと申し上げるのに  それじゃ狸のこせえた  それはいい材料だ僕の著書中に入れさせてくれろと云った  それから帰る  それを呼びとめて  それと分る  それに比ぶれば  それに答えるだけで  それから出かける  それを酒の肴に料理した  それがしくじりの  それがいちばんすっきりと俺の心に残った  それがすこしずつ動いている  それに続いて走った  それより少い年月でもよいかもしれないが  それを第一の仕事にしてゐる  それで嚇し切れれば  それもわからない  それは先年亡くなった  それだけの活力がある  それはどういう宗教だと聞かれて困った  それを左へ曲ると  それを修正する  それが気になって困った  それを説明する  それを自覚している  それが高い聴講席をふり仰ぎながら  それは今日どういふ  それを語り出す  それが語られる  それは彼女の素描にあらはれる  それは昆虫たちにとつて地獄である南方の或る食虫花を思はせる  それにせよ  それはレカミエ夫人がその端麗無比な容姿を裏切つて  それと聞えるに  それは彼女自身の衣服にさへも移らないかの  それが子供に対する大人の話し掛けに響いた  それを利用して  それを引込めた  それの少女らしい模倣に過ぎない  それはどう見ても  それが堪らなく  それがどんな内容を持つてゐる  それは憂鬱症のあらはれではなかつた  それを利用した  それを遂げる  それは主として伊曾に起つた  それに伴れて  それに残酷な愉しさを味ふと言ふ  それが情感の遣り場のない涙の感触に肖てゐた  それを破  それをどうする  それを狙つてゐたかの  それは伊曾と劉子に関するものに異ひなかつた  それは或ひは  それは外光に見る  それを化粧水で拭きとるか知れなかつた  それがそんなに一生懸命にならなければならない  それを強ひて  それは村瀬が遅れ走せながら  それを握りしめてゐた  それが長い間僕を苦しめてゐた  それは伊曾の飜訳で近ごろ出版された  それを僕が呑むか  それに引き込まれて  それが実におびただしい速度と量を増して来た  それはひそかに無性な触覚の気安さから一たび風が吹き出すと  それが凝結した  それをまた体中にまぶし付けた  それも止むを得ぬが  それを遣ふ  それを緩和し  それは東京弁にはならない  それを自分では知らずにゐる  それが行はれなければ  それをしみじみと見ながら  それと知って  それを糸につないで  それが人を引きつけます  それ故あなたが特に女性だと云ふ  それを味ひ楽しみ得る  それがけさみる  それも皆善魔と悪魔の戦ひです  それはどろどろの街路であつたこわれた  それを見るだけで  それの出来る  それへ取り  それを知る  それに路銀をつかわせ  それや聞きたい  それに絡んでの  それで分る  それにおいでたは  それに答える  それを書いた  それにならうであろう  それによって失われるであろう  それに労働科は大抵昼間働いてからだし  それより白い姿を消してしまう  それを見ている  それはまだ解決されず  それは毎週一度ずつ開かれる  それを獲得するには  それは読まねばならぬ  それを読みきってないよ  それによって我々は修正し  それをも全く忘れた  それは私も豫て支那の學生達から聞いて  それは私の全半生の物語になり  それにもかかはらず  それは錦の袋に包まれた  それを元通りのところに据ゑました  それが兄の代になりますと  それであらうか  それを參考に供しよう  それによると  それから十數年を經過した  それから間もなく同人社社長中村敬宇先生は死去し  それは再び寄食した  それは朝鮮の革命志士金玉均が特に女史のために詠じた  それを喜んで居りました  それは明治三十年のことであつたと思ひます  それは學生時代に受けた  それをぬきにする  それから幾週間かたつた  それを福田未亡人に打ち明けました  それが私には殊に痛ましく感じられました  それをどうしても決行し得なかつた  それは理性で靜かに考へる  それに近づく  それにフィヤンセーと分れたなら  それは質のわるいエゴイズムに相違なかつたでせう  それは東京法學院を卒業してから  それに頭をつかふ  それは何かの間違ひだらうと  それは漸く惱み悶えの  それを斷念しました  それを見舞ひたかつた  それよりは生まれた  それは漸く流行し始めた  それは黒岩氏のケイ眼がよく時代青年の心機を把へた結果であつたと思ひます  それが日本の進歩的知識階級に非常な衝撃を與へたことは言ふまでもありません  それがまた非常なセンセーションを日本の青年社會に興起せしめ  それに傾倒しようとする  それが消えたら  それがありませんでした  それをじつと見おくる  それに和する  それが君を無政府主義に傾かしたのであらう  それこそ泥沼に落ちたも  それはあの當時に於ける  それまで私は飯田町から毎日徒歩で通つてゐました  それは今までの政治運動をきつ  それは田中翁自身に對しても  それも月刊雜誌の經營と編集とを擔當したうへの  それに對して  それには竹内兼七といふ若い金持が資金を出す  それに新刊の平民新聞には外部から盡力させて  それから巣鴨監獄に移されました  それが二人に何ヶ月かを食はした  それを知りました  それを福田氏に托して差入れてくれました  それは西川光次郎君一派が主催した  それに當時幸徳は管野幽月と同棲してゐたので  それについて文を書かうと思ひ立ちましたが  それと察してはゐた  それが凍る  それに氣づいたと見えて  それを共和制に統一するか  それは木下尚江が赤羽巖穴に送つた  それを讀んでいただきたい  それは平民社時代に日本に來てゐた  それを問ひましたが  それを幸徳に送る  それに辯護士を紹介してあげた  それはわたしの紹介した  それは年末三十日ごろのことであつたと思ひます  それには渡邊政太郎君が容易ならぬ骨折りで  それが永遠の別れになりました  それが永遠のお別れになりました  それを運び込んで  それが彼の担当する  それを燻して見せて  それがこの節相川の癖のように成っている  それを買って  それを車夫に持たせて  それ申して了いましたよ  それを嗅ぐと  それには僕はこういうことを考えてる  それから高瀬さんも出て下さると仰  それを運びこんで  それは最近一ヶ月ぐらいの間にぼく達の学校のプールの廻りの排水ミゾの鉄フタが全部の三分の一ぐらい盗まれました  それは学校の庭の鉄フタに限らず  それが見たくて  それをかついで  そればかり思われて  それはもうみんなこの顔付のてあいな  それを充分心得ている  それというのが後年栗栖按吉が仏蘭西語の勉強をはじめたからで  それで読めている  それは日本帝国の不名誉にはならないという  それを総がかりにしても  それを感じさせない  それを解説していらっしゃる  それが証拠にはお尻のとこに大きな刀痕がついてら  それで朝日はびつくらして東の山から出ましたので  それも各国間の批評の交換と国際的な芸術批評の水準引あげに役立つ  それを統計的に研究し  それにもましていとおしむ  それに答えて  それを聴いている  それをおっかさんが話してくれる  それは大衆のもっている  それを通読して  それが抜き  それから二階へあがって  それはもう十一時を過ぎていた  それを喫い  それは安政の地震をはじめ地震のことを研究している  それが見えない  それが皆崩れて  それを揉まさなかった  それが寄宿舎の庭へ落ち重なり  それに手を貸して  それを心配してる  それから坂の左側になった  それは陽の反射によって火事の煙が二様に見えている  それは砲兵工廠の火を見る  それから飯田橋を渡って  それが焔を八方に飛ばし  それに交って聞えた  それから東五軒町へ往って服部耕石翁を見舞い  それを小説に書く  それが自身の表現であるというところまでの自分への納得がもたれたら  それをおほらかに肯定する  それが明るい印象を与へても  それを自分で意識してゐない  それとはつきり言つてはゐませんが  それと共に新らしい進展のための用意が出  それが今年度になつてどんな成果を持つて  それを全うする  それにははつきり誘惑された  それは三田文學に出て  それを阻む  それが道中では至る  それが多少気になり出した  それが蚊帳の環を鳴らしながら  それが自分の顔を見ると  それには入院おさせになった  それは予期していたよりも  それは主として大宝令などに見える  それから数回天部の篤志家竹中半左衛門翁を訪問して  それだけで大したことはできつこない  それで私の心は支へられ  それを乱す  それを他の子供達から離して置かなければならない  それはアーネスト・クロスビイが描いた  それを本当と思へなかつた程  それは全く合点が出来ない  それでポテトケエクをつくる  それをどんなによろこぶか知れませんわ  それは殆んど多すぎる  それを手に入れるには  それによつてロシアに於ける  それが公然ときめられて  それが又教師の上に其の影響を及ぼす  それが或晩のこと初った  それは恰も昔の七つさがり  それが入って行った  それが奥から出て来て  それも止まって  それは豪らかったが  それと聞いてからは  それを見物してゐる  それをきくと  それが切符を買ふ  それに就て何か考へをまとめるといふ  それは波子が女学校を卒業した  それを眺めて  それは車窓を吹くばかりでなく  それを風呂敷に包み直して  それを賞美し  それにふれる  それを終つて波子の方に向き  それを考へてゐたのであらう  それだけであらう  それを想像する  それを顔色にも出しはしない  それは皆様といふ沢山なお友達を得る  それが鳩ちやんのためになる  それもついその儘になり  それも同じ道に長い日を送つた  それも少しもはかどらず  それこそ魂を寒からしむる  それは今の私にはちよつと出来ない  それは又私は大いに運動に心を寄せて居る  それを感じたので  それを書かなければ  それがいつの間にか忘れられてし  それだと大いに困る  それは余の大力に引よせられて  それと反対な覆面太郎とはいつも喧嘩ばかりして居りました  それは次号で申し上げるかも知れません  それ見て独りで笑つてゐて  それに引きかへ七路先生のタイマン振は  それがブルジョアとプロレタリアの二階級において顕著に現われている  それは兄にはたいして興味のある  それを読む  それをすべての他の人にまであてはめて言おうとしている  それは僕自身の気持ちからいうならば  それは僕が甫めから期待していた  それを奪って  それを自分の功績とする  それを実感的にひしひしと誤りなく感ずる  それを組み上げた  それが人事に密接な関係をもつ  それを代表する  それはかえって悪い結果であるかもしれない  それは少し僭越過ぎる  それについて何か書いてみようとすると  それを拒む  それをさせている  それが永久に負わされた  それのようにさせない  そればかりを繰り返してゐた  それには処女というものが高価な売  それを母に見せると  それが分りすぎるから  それも嫉妬のせいだと思い  それを私達はアリバイとよんでいたが  それを思い出さねばならぬ  それがあったので  それが何物であるか明確に知る  それは私のだといわれて  それも我ままのせいかも知れないけれども  それに避難民列車にのって落ちて行く  それが初めから気にかからなかった  それを察して  それもただ男と女の風景であるにすぎず  それは東京を焼き  それは久須美でないことだけが分っていた  それは今では地獄に見える  それから心をとり直して立直ってやり直せるのに  それというのが本場所があるからで  それはこんなショウバイをしている  それで満足できりゃ  それはもう惨めとも話にならぬ  それは本場所のタドンよりも私との一夜の方がプラスだという考えが彼を得心させたからで  それがいけねえ  それは何かてえと友の恋をとりもつてえ  それは私は口説きますよ  それからはもう闇の女にでもなる  それから芸者になる  それから寝ころんで  それが下品に卑しく見えて  それをはいて歩きたいばかりに  それぐらいのものだとも思っていた  それが人体であり肋骨の段々であることも忘れて  それはいい訳を逃れた  それを見るぐらいなら  それはもう身近かに迫っている  それはやむを得ぬ  それもよかろう元々人間はそんなものだというぐらいに考えられる  それぐらいなら自分の意志で私を逃がした  それを意識的に抑えただけの  それは営々と働いて  それだけしか考えない  それをただ見ている  それすらも意識する  それは六月にはいって  それに対して反抗に輝きながら  それはすさまじいといっても  それは恥じ  それをきいていた  それに明快な答えを与えたらしい  それが青木であることを知った  それを雄吉は後になってからは  それに魅惑されて  それをききに行って帰ってきた  それを押し戴く  それに覚えがあるかな  それを取り上げた  それからしばらくしてから  それは一人の天才の前途を暗くする  それを囲みながら  それをいってくれるな  それも嬉し涙であったかも知れぬと  それを怨み憤った  それは当然僕のなさねばならぬ  それは彼の時間のほとんどすべてを奪って  それに対して一通のハガキさえ来なかった  それをきいていると  それをきいてから  それを雄吉は胸に彫りつけているのに  それをけろりと忘れた  それも今の私の気分とはだいぶ距離のある  それとはまた異った  それでいいと思っていた  それに働いていたという  それは当然すぎるほど  それは親の愛情から出た  それも相互にまだ深い親しみのない私に対する一種の見えと羞恥とから来ている  それへと買い取って  それをどういうふうに言い  それあありますとも  それは四つ折にした  それは第二回目の予言をあたらない  それは例の気味のわるい予言的な手紙の第三回目の分がそのうち僕の手に届けられるだろうが  それを信じない  それは隠し  それは卵の中へ入った  それが鏡になっている  それは辻ヶ谷君にさ  それをかぶったり着たりして歩いては  それじゃ目がまわって  それをつっこむと  それは天井についている  それにバラのようないい香がする  それまでは敵として戦ってきた  それに穴があいて  それにもなにかわけがある  それは分っていますよ  それはいろいろあるという  それを横につらねて  それはわけなしです  それというのが昔のエンジンは出力が小さいのでそのために能率をうんとあげなければならず  それはかかる  それらしい鉄のぶつかる  それを調べている  それが川の流れのようにこっちへ押しだしてくる  それは建物を照らしているだけではなく  それはヒマワリ軒といって  それから僕の耳へそっと囁いた  それは一人前五点にきまっています  それはわかるが  それをたべると  それで診察する  それはいずれ綴っていく  それを女史はまちがえるにも  それをヒマワリ軒の女主人カスミ女史に言いあてられてしまった  それで厳禁ということになってしまったのよ  それをポケットから出してみた  それは一体どうすれば  それこそ僕は永久に冷凍されちまって  それもありますけれど  それを器械で調べる  それは縞になっている  それは直接手でいじる  それを今ダリヤ嬢が場の強さをつよくして  それはそのあたりに並んでいる  それはあとで食事をすれば  それに一々火をつける  それを適当に蒸発せしめて  それを忘れない  それは言えない  それから睡眠をとると  それを好きなところへ移して  それは平衡器官といえば  それへと思い続けていくと  それがあたり前の睡  それより四十メートルも高いところに天井がある  それも無駄に終った  それは男と女との口論のようでもある  それは非常に遠いところで喋っている  それに耐えるのに  それがすこしずつ整理されて来る  それは溺死したかもしれないわ  それは認められるけれど  それにあきたらないで  それはもう死んでも  それに抗議する  それなりけりとなる  それはまだ磁界を外してないからだ  それは病人の安静器がベッドの下に入っている  それは願い下げにしたいですね  それも早くそれを取決めたい  それに対して十分に耐える  それは艇が航行をはじめたからだ  それをいってしまった  それを喋るよりも  それを認めたとなると  それがミドリモと改名された  それはやめて  それと同時に姓もやめる  それはさておき  それをどこから彼に問いただすべきかに迷ったほどである  それは君が自爆する  それを避けた  それは後日ゆっくりした  それを早いところ突きとめてしまわねばならぬ  それは容易ならぬ  それを出来るだけ  それは幻が死ぬだけで  それと重大なる談判をしなくてはならない  それはよく分っている  それは恰も大きなもぐらがいて  それは生き物のようにしきりに動いていた  それまでに聞いた  それが何の音だか見当もつかなかったが  それはこっちも望む  それはすりきれた  それはあざけりの  それはおさえた  それのない者と両方がいた  それは本当だとは思われない  それも君たちが一方的に警告を発しているだけであって  それが通じなかった  それをこらえた  それは悲惨きわまる  それは機能を発揮しなかった  それが分ったら  それに応じてふえる  それがあった  それをホテルの前へ引いて来て  それは市長たちが一日も早く会談を始めたくて  それは彼らの呼吸になくてはならない  それだけではあきたら  それによって生ずる  それは神の御心に通じたか  それはこの十世紀間にわたってまだ一度も記録された  それはだんだんと大きな不安のかげをひろげていった  それからいろいろの交通機関や工作機械に土木用具などをあつめて  それみたまえ  それを隠しても  それを今ここで説明している  それにかわって  それをカビ博士は知っているが  それに気がついていないという  それは彼がついさきごろある  それを試み  それをやってみせる  それだけにいっそうぐっすり眠っていた  それをさえぎってしまう  それはたしかにまぎれも  それからのことを考えようと思った  それがたえずひどくちがった  それまでには店からおれのことをききにだれかがやってくるだろう  それがいちばん気にかかった  それで起きる  それにすがって起き上がろうとした  それを知りたくて  それによって自分を抑える  それは耳が慣れた  それを判断できるという  それを押し下げたりした  それまでの成績を思い出して  それは私にもよくわかっています  それまで比較的落ちついていた  それにしろ  それについてじつにさまざまなことを考えてみた  それには水がつがれてあった  それと反対に手をつけていない  それに近いドアのところへ急いでいき  それはたいして骨が折れなかった  それを家にもち帰って  それからは部屋の掃除をした  それがうまくいく  それを取り払ってしまう  それまでのことが忘れられる  それもまんざら不当とはいえなかった  それに加わった  それをひとりであちこちとゆすっていたが  それだけで母親の注意をひく  それはそうとしても  それをあえて取り除こうとしなかったので  それも父親にはきき  それをほっておこうと  それにびっくりして  それからたいていは吐き出す  それをもっている  それを動かす  それが面白くなった  それを十分に利用しないでいて  それに気づき  それによってヴァイオリンをもって  それがわかってきた  それはもうなんともいえなかった  それを待ちかまえていた  それもふしぎには思わなかった  それもだんだん弱くなっていき  それでグレ  それを証明する  それが緩やかに四方へゆれている  それから叫んだ  それが自分たちの新しい夢と善意とを裏書きする  それはたいていは年をとった  それがどういう所作を伴うかは出ても見なかったので言う  それがあったら  それに馬乗りになって  それが当るまでは  それを子どもが遠い遠い昔に学んで忘れずに持ち伝えていた  それを鳥の鴎のように解して  それが少しずつ形をかえて  それが簡単にわかる  それが的中すると  それに思いがけない答えがあるので  それが今一つ山奥の村へ入って行くと  それが昔の世にひろく行なわれた  それを両手の間にまわして  それから出ている  それを祭をする  それがのちには幼い者の手によって管理せられる  それを警戒した  それを鉤懸もしくはカンカケといっている  それらしいから元はこの方面にも同じ風習があったかと思われる  それ故に主としてこれに用いられる  それがまた木の鉤のさきを尖らした  それには名前をつけておいたりする  それを詳しく説明する  それが不思議なほど南北に共通している  それが子どものただの遊びとなっている  それをグッソウと子どもはいっている  それの終った  それに使う  それをもって  それを出す  それを念人といっていた  それが暗々裡に競技の興奮を忘れ  それがことごとく最初は神様の祭から出ている  それが少しも彼らを寂しくせず  それを味わっていると  それはもっと詳しく説く  それに遠からず彼らにもやらせる  それを少しずつ子どもはまちがえて歌う  それを持つと  それを手に執ると  それもまた一つの祝い棒の役目から出た  それを黙って  それを言い  それがまた正月の御祝い棒に言葉を神聖にする  それに親たちの心持までは呑みこめぬ  それに重きをおいていると  それに相応の受け答えをして  それが来なくなる  それには外部からこういって来る  それを楽しんでいる  それを猿に引掛けて  それを垣根の隙からそっとさし入れて  それを羨み  それを怠る  それがこの程度まで制度化した  それがただ少しずつ濫用せられていただけである  それが最初から遊戯として生まれた  それが組織ある  それが幼い者に採用せられた  それを忘れてしまうと  それに入らぬ  それが今でもなかなか人望がある  それを小児があどけなく発音した  それについてままごとの名も変って行く  それよりもさらにわかり  それを自分たちの遊戯の名とし  それを守り  それを大阪では子取りといったときくが  それが一通り終ると  それが奥州の昔話や信濃の山村の子守歌だけには残っている  それはもう一度後でいう  それを男の遊びを半分だけ真似た  それは唯うつむいている  それにした  それを零本のことだと解しているらしい  それがいずれも近年までこの遊びをしていたという  それを比較し  それと繋がらない  それへめいめいが走って行って飛乗る  それが鹿だということを今始めて気づいたという  それも九州ほどには統一していない  それを打消して  それを五円きり渡さないなんて  それを出張っていうの  それぐらいのことはしてくれたって  それぐらいのことをしてもらわなくちゃ  それをしなければ  それがみんな泥棒になったら  それを彼に渡して急いで  それもたべてしまえば  それはたれだって  それはせん  それをさがして行けば  それがばあさんのなによりうれしいお祝い日になるという  それをヘンゼルの指だとおもって  それを小説や戯曲ばかり幅を利かせてゐる  それは出来ないと  それは明治天皇の愛用し給うた  それを送  それは僕のことを夢に見ると  それじゃあ味淋酒でもやれというので  それが根となって  それが気の無さそうな風をして  それを彼等の籠の中に入れて見た  それが知りたかった  それは私達と全く同じ心で讚えた  それよりももつと  それが悉くほんとの事で会話も二人が話した  それをもう忘れてゐました  それで充分満足します  それにはある悲しい物語がある  それは許されません  それだつて巧いぞ  それに合せる  それには忍び得ない  それはニール河の水が薄紅色に煙つてゐましたから  それは皆この身を思ふ  それは安らかに眠つてゐる  それはたしかに味方の兵士ではあるが  それが夢だと云ふ  それの説明だけにして  それを後悔します  それが味はひたくなる  それだのに未だこの物語の結末はついて居りません  それが果して不思議な物語であるかどうか解りもしない  それは雪片の状態の名称とまず見るべきであろう  それに非常に小さい水滴が無数に着いている  それは個体の状態から直ちに気化して  それは湿  それだけでも彼女に惹かれたかも知れなかった  それはやはり同室だった菊池寛の言った  それは支那服の青年の外にも見事に粧った  それは覚えている  それは窓や戸口に下げた  それは含芳と言う  それは僕には這箇這箇の外には一こともわからない  それをひろげだした  それは斬罪があるからだけ  それを見せてくれ  それは僕の膝を抑えた  それを怖れている  それを彼の眼の先に差し示すと  それ故に俺は俺の幸福の追求のために与へられたる  それと判別出来た  それを発見して  それを受けとると  それを真似して  それが續いて  それが二三人で持ち  それが私の家族の日常生活の上にかなりに鮮明な存在の影を映しはじめた  それが玉だとまるで様子がちがう  それまでほとんどうちをあける  それはとにかく私はそれがために胎児や母体に何か悪い影響がありはしないかという  それを待ち遠しがっている  それはほとんど生きているとは思われない  それを掘りかえして見るだけの  それが帰って来ると  それからしばらくは愛猫号という三毛のあだ名が子供らの間に流行していた  それから数時間の後に行って見ると  それがためのいやみのない愛くるしさがあった  それが罪業の深いわれわれ人間には妙にさびしいものに見える  それも過去になって  それをのぞきに行く  それをとがめる  それの遠い人間に比べて  それはどんなにさびしいものかもわからない  それはとてもでき  それができたとした  それが続いて  それは板の上へ細い桟を十文字に渡した洒落た  それが二三人で持ち合って  それから二三日して  それよりはむしろ自分に近い運命を持った  それから一日二日して  それでようやく分った  それを温めてたべる  それを一つの手柄のやうに思はれて  それを先生のほかに誰が知つてゐるか  それを器用に持たれた  それが政民両党其の他の倒閣運動が成熟し始めた  それを一括して  それは広田内閣がいけなかった  それは政治家や一部インテリゲンチャによって代表される  それを考えて見なければなるまい  それだけに甘んじる  それも著しく制限を加えなければならなくなった  それを指して  それはすっかりスーザンとはちがう  それを一年の間知らなかった  それを知った  それの仕上げをつづけていられよう  それにふれて来たからには  それを精魂こめて  それがなくては生き  それは男としてあたり前のことと考えられている  それはジャーナリスティックなものに追われず  それに書かれてありましたが  それに返事して  それは体の上へ描かれた  それに目がしょぼしょぼしていて  それが短靴に由来する  それは皆目わからない  それを差し出した  それを中止したほどで  それまで如才のない世慣れた  それは単に表題を書き  それを選ぶ  それに近い俸給をとっている  それが厳しくなり  それはどこかの四階の裏ばし  それも最初のうちは大祭日に限られていたが  それはあまりよく知られていない  それはほんとうのことをいえば  それと見分ける  それがどうも巧くゆかないので  それと悟ると  それは彼自身の手がけた  それをテーブルの上にひろげて  それにはどこかの将軍の像がついていたが  それと同時に意味あり  それからまた長いこと沈黙が続いたが  それこそやっこさんずっとおとなしくなるにきまっている  それと知るやいなや  それを新調した  それに当てる  それを知っておく  それを細かい銀貨に取り換えておいた  それをかなり前から続けていたので  それにもどうやら馴れて  それと察してくれた  それは綿をうんと入れたからで  それを持って来た  それがいよいよはなはだしくなり  それを折りたたんで  それを見やってから  それにペトローヴィッチがひろげたがる  それじゃあ僕が一つアカーキイ・アカーキエウィッチに代って  それを壁にかけたが  それと較べてみる  それを一目ながめて  それには今しも一人の美しい女が靴をぬいで  それについてある  それにまじって  それが急にはっきりと聞こえだした  それにシャンパンなどで夜食がでた  それは痛ましくも床の上へ落ちていた  それを肩にひっかけて  それが主事の手許へ行き  それが秘書官の手を経て  それは七十にもなる  それも他省の長官から叱責された  それが彼に激動を与えたか  それが猫の毛皮のついた  それがアカーキイ・アカーキエウィッチであることを看破した  それがもう少しで成功する  それさえとんとわからなくなってしまった  それを表白する  それを追っかけたり捜し求めたりする  それがやはり先刻のとおりいかにもおかしく思われたので  それを首のまわりへ捲きあげたりした  それがアカーキイ・アカーキエウィッチであることを認めて  それに事実コロームナのある  それだけで敬語となり  それが部屋をよけい小暗く感じさせた  それは清逸には奇怪にさえ思われる  それは西山を呼びとめなければならないほどの  それが不思議にも清逸の注意を牽きつけた  そればかりでなく西山は剽軽なようで油断のならない  それだから平気でたびたび俺に眼を与えた  それまで彼を困らしていた  それまで眩ゆい  それと思わしい方に顔を向けて  それはやはり物足らなかった  それが悪るかった  それに引きずられていた  それは教授に向けられた  それが経てきた  それをさせなかった  それが現われたと思うと  それはまた当然なことでなければならない  それが鉛墨でみごとに光っていた  それを取り上げて  それをも快く思った  それに沁みついていたのに  それを手渡しする  それを掌の間に挾んで  それを机の上に戻した  それを気取ろう  それまで何んのこだわりもなく続いてきた  それは胸の底に沁み透る  それはやがて後悔をもって報いられねばならぬ  それで足りるのに  それは今でも耳についていて忘れません  それがみるみる高い音をたてて近づいてきた  それがまた見る  それは十分に察していた  それをおぬいさんの方に投げだした  それを尋ねはしなかった  それを尋ねる  それよりも園はおぬいさんがそれを尋ねるだろうと  それが舶来の白ペンキで塗り上げられた  それを蝕んだ  それはまったく風化作用から来た  それをおっ被せる  それが興奮した  それは西山にとってはどっちから見ても  それに駆りたてられた  それが部屋の沈黙をわずかに破った  それを感ずると  それは余裕のある  それだからいけねえ  それが何んの足しになるかさ  それが言葉になると  それはかえって彼の心をすがすがしくした  それをはっきり言い  それがゆえに彼の未来を切り開いて  それが自然に収まる  それを棒のように振り廻わし始めた  それを眺めていなければならなかった  それだから渡瀬君に渡してくれって頼んでおいたじゃないか  それが園の落ち着いた  それは狐が化けた  それは父が自分の家族のためにどれほど身をつめているかを  それをまざまざと感ずる  それをも手に取る  それは父が何か軽い気分になった  それを今日はてれ隠しにいっている  それを部屋の真中にぶらさがっている  それを一つ一つ持ちだされる  それを恐れた  それにわしが推薦した  それをおみ  それはしかし父が清逸の弟について噂する  それに特別の誇りを感じない  それに手加減をする  それが堪えられない  それまでの苦心を息子一人にさせておく  それにも増して  それを清逸が知っている  それをまた清逸は知っていた  それには及ばないと  それを立ち喰いしながら  それは清逸の心を暗くした  それは生れてから  それにすくい上げられる  それは清逸が孵化場の給仕をしていた  それがすぐに思いだされた  それは聞こえなかった  それは聞こえよがしといって  それをしおに諦めて  それを傍観していた  それとともに場内は一時にざわめきだして  それがみるみる遠ざかって見えなくなってしまった  それは情けなそうな顔つきはしていたけれど  それはとんでもない間違だということをおぬいは知り抜いていた  それが磁石に吸いつく  それと思わしい方に母恋しさの手を延ばしてすがり寄った  それを父に気づかれまいとして  それを思いもよらぬ  それを出しきらなければ死ねない  それをようしなかった  それがとても口には出せないほど  それを幾度も幾度も自分の頬に押しあてた  それが手ごろの風呂敷包を二枚の板の間に挾んで  それに誘われて  それは壁一重に廊下を隔てた  それからどうかして生き返る  それを顔色に現さない  それを考えている  それに書物包みをくるみ始めた  それじゃ貴様頼むぞ  それを見のがしはしなかった  それをおかしがると  それが一つの愛嬌にされている  それでいいと決めていた  それはどこにでもいて  それは何んの力にもならなかった  それを意識していた  それに倚りかかって  それができないで  それが見る  それをかっこむ  それを受けに  それだからたまには不愉快なほど人擦れがしている  それですまされた  それをつきだした  それで一杯いただくわ  それに戸外はずいぶん寒うござんすよ  それが有する  それはさして興味のある  それを用いてある  それを征服してしまおうとの  それが他人事のようにしか感じられなかった  それは見る  それもたちまち埋まっていこうとする  それに対して別に何んともいわなかった  それが不可能であるのを発見してしまった  それじゃ僕は失敬して  それもひとつ見ていただきたいと思っている  それに変っていく  それは喉の奥から手の出  それはもう一歩というところで詐欺師のそれと一致する  それは自分の意見に他人を牽き寄せようとする  それに宵もだいぶふけたらしかった  それで読めた  それに坐った  それがこの本の第一編にはかなり綿密に書いてある  それよりも機を見計らって  それがしかし人見を軽蔑しての  それだけがむずかしければ内輪になってもかまわない  それを見やって  それに興味をさえかけた  それを人見の前においた  それを撫でてみた  それが何か物足らない  それだのに枝頭を離れて  それをそこの穴に捨てた  それに気を取られて  それさえ除けば  それに章節を加えたまでの  それは恐ろしい伝染性の血を吐く  それにつけて  それが悪いことだとはいわれない  それがとても我慢のできない  それは自然の知った  それは誰も知る  それをもの凄く感ぜねばならなかった  それを丸めて  それを見やった  それを熟視して  それを自己という人間にまで還元する  それは同時に清逸自身の存在を明瞭にし  それとともに小樽にいる  それを睨みつけて坐りつづけていた  それは思わず清逸をたじろがすほどの  それを大事に小脇にかかえて  それがどうしてもできなかった  それを知らせたい  それに襲われたが  それを渡瀬さんに気取られたくは  それは何んでもないじゃありませんか  それがまた思いだされた  それからはかなり注意して  それを渡瀬さんに隠そうとはしなかった  それをつむりに潜らせようとしたが  それを柱にあてがって  それを清く守っている  それが渡瀬にとってはかえって冒険心をそそる  それだのにこの娘から滴り落ちる  それがしかも今のところまるっきりむだになって滴り落ちている  それを惜しいものとも思ってはいない  それを復習している  それが渡瀬には容易に専有する  それだけでは復讐がし足りなかった  それを感じないではいられなかった  それを微塵に打ち壊そうとあせる  それも間に合わなかったか  それは前からわかっていた  それだのに俺は何んのためにおぬいさんに嫌われる  それを一呑みに飲み干したい  それに倚りかかっている  それは第一貴様たちの知った  それよりも渡瀬はすべてが頼りなくなってきた  それを涙がぼやかしてしまった  それはすべてを冗談にしてしまおうとする  それがこれになろうと言う  それは働きのない人間どもが他人の成功を猜んでいう  それもお前を妾にくれという  それはむこうに思わくがあっての  それが胸のところを下の方から気味悪るく衝き上げた  それをむりにふり放した  それをじっとして聞いている  それを畳の上に戻してしまった  それを横撫でにした  それがもう半カ月のあまりも続いていた  それが何んの真似だかよく解らなかった  それは絶えて  それは書きだしてあった  それを机の上に置いたなりで  それを園の前に抛りだして  それを取り上げるまでに  それに手を延ばすまでの  それが現われではしないかと  それが出ていた  それが何よりも色濃く園の眼の前を離れなかった  それを見返った  それをいまいましく思いながらも  それに引きかえて  それはすぐ通り過ぎてしまった  それは東京に帰ろうと決めたと  それには何らの焦燥も苦悩も伴いはしなかった  それさえ園にとっては格別むずかしいことではなくみえた  それが成功しようとも  それに当るだけの  それを曲って取られはしないかという  それは熱すぎた  それが間違っている  それを聞きつつある  それはいらだっている  それは十分に覚悟しています  それを伺っておくだけにさせていただきとうございますが  それが言葉にはならなかった  それを園ははっきり感じた  それはけっして浅慮ではないと園は思い返した  それがおぬいさんらしいと思った  それによって自分の心を励まそうとした  それは始めからある  それが父の死を知ったばかりの  それを聞きましたので  それまで誰にも約束しないでくれと  それから詳しく説明した  それじゃ失礼します  それをうまくごまかした  それをしおに  それから一時間半もたたない  それへ向って  それを手伝って  それに反対して  それを毎日拭いていらっしゃるじゃないの  それがすっかり消化されて  それに馴れきって  それも後で取  それを今井は済まなそうな眼付でちらと見やって  それを辰代は聞き咎めた  それに角帽が一つある  それによって消し去りたい  それが習慣となってしまうと  それは後から考えるから  それを教えてくれた  それも瓶がわれて  それを樹木の幹に釘付にし  それはキリスト教の云う  それは当っていなかった  それには手もつけないで  それを制した  それに反対の生物や現象が必ずある  それくらい頭がはっきりしていられる  それより確かなことはありませんよ  それを引止める  それが一度にどっとひどくなる  それをすらすらと解釈してきかした  それからまた話しかけられても  それを何度も運んだ  それが暫く続いた  それも一方から云えば  それを澄子は見かねて  それからだんだんよくなって  それから五円紙幣を一枚出して  それで我慢していた  それでは困ると  それは当然もっと早く聞いてみるべき  それを一の手掛りとして気にとめると  それもほんの子供に向って  それが灰になってしまおうとする  それじゃあ何も恐がる  それがなかなか出来なかった  それを帯の所にあてがいながら  それと分った  それを奥の室の隅に投げやり  それを奥の室に投げやって  それはまるで眼ばかりで働く  それがとうてい下等な昆蟲でも翻弄してゐる  それと同時に冷え  それまでに縫つて置いてあげるわ  それまでにこさへて置くわ  それはおすゑと二三年も世帶をもつた  それはおす  それがどうといふ  それとは反對にすぐこれを肌につける  それよりも群れをはなれた  それが自分の心と何かしら象徴的な關聯でもある  それは自分でも不自然なほど高い底のないガラガラな笑ひ  それがいかにも狡るさうな煮ても  それと見つけると  それは何か安い芝居などに仕組れる  それにくらべて  それを衝き止めたいとも  それは承知しました  それが恰も私が誘拐でもした  それを苦にもしないでゐる  それが妙に當つてゐる  それを紙包みにして  それが當り前なやうな顏をした  それを見つめてゐたが  それがどういふ  それは一寸五分くらゐな  それを見つめた  それは硫黄のやうな匂ひをふくんだ  それを聞きすますと  それを手にとると  それに新しい涙をさそはれるといふ  それを見てゐる  それがまだ外から誘はれてゐない  それが此方からも見えた  それがすぐ掻き消されて  それから二年ばかり一人でゐますの  それは全で私といふ人間を非常に永い間友達にもつてゐた  それが能くう  それよりか今夜ゆつくりしなす  それはやがて彼女の言はうとしてゐる  それを見あげた  それが表から格子戸をあけた  それに氣のせゐか  それもすぐ何時の間にか賣られてし  それが今おもひ出されると  それを信じなければ置かない  それよりもあなたがかうして  それが僕には何ともいへない氣もち快く思へる  それがあなたには一番相應しいし  それが却つてあの巣窟にゐて  それが何時になく私をしみじみさせた  それが今日は荒荒しいなかにも思ひ遣りのある  それが殆んどひとりでに辷り出た  それを繰り返す  それが二人の相識る機会となり  それは反って  それが恋人によってはめられた  それを無心にみつめて居た  それは堪へられない  それが入り乱れて  それを知ってたが  それをひろげて  それを横になって  それが毎日日の照る  それに答へる  それをなにか恐ろしい出来事でもある  それはいつも輸送車の行きずりにかはす  それを起き上って見てる  それが人間の生きた  それがお葉には海山の隔りのやうにも思へた  それで思ひ  それはいろ  それだけでは落着いて居られない  それは餘りにいはれの  それを受けませんでしたから  それから私の家へ來なく成りました  そればかり考へて居た  それは如何でも可い  それは寧ろ彼自身の文學の持つ  それは作者の亢奮に燻る  それは私一人ではやれない  それを語つてゐる  それの追憶と云へば舞臺は東京になる  それの培はれた  それは劇の方では本讀み  それを思ひ切らなければならない破  それはたしか新聞へ出す  それは稽古を重ねてゐる  それはヱルダー先生にFisherWomenの譜を借して  それを熱心な外村がやる  それの持つてゐた  それを信じてゐる  それよりも樂しい  それがちりちりと迫った  それにかれ  それをむしゃむしゃたべました  それは実に立派なばけもの  それを繰ったりしている  それでくらしを立てている  それを引き延ばしました  それに気がついて見ると  それをたぐり寄せて  それからわくわくする  それじゃ動けるまでやすむさ  それを下へ落しました  それを着て云いました  それからよるもひるも  それを払い  それから急いで  それが自分だかと疑った  それから十五分でネネムはムムネの市までもう三チェーンの所まで来ました  それを一寸見て  それを別段気にかけるでも  それとは違います  それはさっきの灰色の一メートルある  それから三十人の部下をつれて  それに今朝はこれから巡視に出る  それから町を巡視しはじめました  それについて行きます  それはとにかく私は又この前のお方に百四十年前に非常な貸しがあるので  それをもとでに毎日ついて歩いて  それを十円に売るなんて  それはさっきも申しあげました  それが三十人も続いているという  それから急いで出て来て  それから警察長がさきに立って  それから又グルグルグルグル巡視をして  それをあらかじめ三十に分けて置いて  それでさえやはり四分はかかりました  それに勲章をぞろっとつけて  それはばけもの  それからひらりと皿をはね下りて  それから床の上に倒れている  それを握らせました  それからだんだんのんびりしたいかにも  それをサクサク刈りはじめました  それを摺臼にかけていました  それが落ちて来た  それこそはあの飢饉の年マミミをさらった  それに噴火をやらんという  それも間もなくいちめんのまっ白な雲の中に消えていました  それはネパールの国からチベットへ入る  それこそはたびたび聞いた  それが向うのサンムトリに届いた  それが郡の中に家を借りて住んでいた  それに惑溺して通っていたが  それが潰れて  それをさけた  それに石橋をかけてあった  それを切って縫いあわせて  それを鍋に入れて  それを取って飲んだが  それを見ていなかったので  それから羅は恥かしくなって  それに子供に富貴になる  それを慰めていった  それに乗せて帰らした  それを破ってみると  それをしばしば他のことがらにおいて使用して  それだからと申して  それにおいて後続する  それはどちらかといえば  それが諸賢によって訂正せられます  それがかかる  それが論証と看做されている  それによって真理の確実な明証的な認識に到達したと思われる  それはあらゆる先入見から  それがために決してまた滅びないという  それを授けた  それを基としてその後私がその上に建てた  それを構成する  それがそのうちに存在する  それが世界のうちに存するか  それが実際さうである  それを否定するよりも信ずる  それに同意し  それが過ぎる  それは私のもはや忘れ得ないほど  それがいかなる仕方で解決すべき  それが全く偽であることを私がはっきり知っている  それをどのような名前で呼ぶにせよ  それがいっそう容易に統御せられ得る  それは今しがた蜜蜂の巣から取り出されたばかりで  それが集められた  それを火に近づけると  それは確かに私が感官によって捉えた  それは私が現在思惟する  それを見るという  それから出て  それによってまったく説得せられ  それが単にそれ自身において観られ  それはほとんど私に何らの誤謬の材料を与え得なかったからである  それはただ或るおのずからなる  それによって或る至高にして  それによって観念を介して  それが形相的にも優越的にも私のうちに存せず  それとの比較によって私が私の欠陥を認める  それがかようにして  それを新たに創造する  それはまた思惟する  それが自身神であることは明かである  それは自分自身によって存在する  それを感覚から汲んだ  それは私によって構像せられた  それから引き去る  それにさらに加える  それは遥かに少く完全なものであるとはいえ  それが思惟する  それに本来属すべき  それについて判断を下し得る  それが私のうちにおいて弱くて局限せられていて  それについて商量している  それを十分に分明に認識していないという  それについて或る仕方で疑われ得る  それから取り去られ得る  それにおいて過つ  それが神の依存する  それにのみ存する  それが私の思惟のうちにある  それを私が初めて発見する  それに精神の眼を向わせなかった  それには確かにそれの或る限定せられた  それを明晰に知覚する  それが存在するにせよ  それをかかる  それを私が判明に知覚する  それを用いる  それは認識能力にまざまざと現前する  それが三つの線によって囲まれた  それが千辺から成る  それがしかし千角形でないことは明かである  それが理解の力と異なるに応じて  それが私に存しなくても  それが私とは別の或るものに懸っているという  それをそう思った  それが私とは別のものから出てくると  それはいかなる悟性作用をもまったく予想しないし  それは私とは別の或る実体のうちに存すると考える  それを感覚によって把捉するがごとき  それは自己の自然からそれていると言う  それはまた自己の自然からはずれていると考えるにしても  それは単に外面的な規定であるにしても  それが可分的であることを私の理解しない  それが同じ仕方で配置せられる  それが動かされ得る  それが足に存在する  それが傷を受けた  それのもたらし得る  それがこの場合に欺くという  それがどこから来たか  それがいつ  それについての知覚を何らの中断もなしに全生涯の他の時期と私が結び附ける  それを検査する  それを直接に意識しているという  それが脳のその部分に向けられた  それが観念のうちにある  それが観念の対象のうちに我々がそれを知覚する  それのうちに直接に内在する  それに直接に内在する  それがすべての物体的なものよりも認識するに  それを少くとも思惟によって分割し得ないほど  それを初めて作り出す  それを我々が見る  それを維持する  それは神そのもののうちにのほか他のいかなるもののうちにも含まれる  それは精神を身体から分離する  ソレヲ無尽ノ網目ヲ破  それこそ兇なる星辰の頽れだ  それこそどんな暗黒にも閉ぢることはないだらう別々でありながら身内に燃え燃えながらも離れてゆくといふ  それも知らぬ  それも怖ろしい  それもあらたにしづかな凄みの渦を巻きかへし  それ伐られざる  それを聴く  それを己に伝へる  それは西南の風に乗  それはもう造林設計が形の真に迫る  それが示される  それを掘り下げて行こうというには  それをそのまま元へ戻してやる  それを押しいただき  それをし  それをしまった  それは確か昭和三年であったと思う  それだのに病める  それが高貴で淫卑なさろめが接吻の場となる  それが出来るかも知れない  それを統一的理論によつて説明する  それを現在もつてゐるといふ  それに照らして  それがプロレタリアの勝利に貢献する  それをもつてゐるに過ぎない  それは偶然日本に天才的作家が現はれなかつた  それはマルクス主義文学の作品としては低く評価されねばならぬであらう  それだけでつきる  それを賞揚するなら  それは社会的に決定される  それをありの  それは飽くまでも政治のヘゲモニイのもとに行はれる  それを当然さうであるべき  それが二時間も三時間も続く  それを下げて  それを室の真中へ持ち出した  それを下へ置いて  それは云いますけどね  それを唇でとって  それも彼の恋しさばかりとも思われず  それから江戸川べりの鳥屋へ行った  それは自覚していましたから  それを雑誌へ書いて  それをまた雑誌へ告白し  それから愉快げに種々互いの仕事や勉強について話した  それも余りいい思いつきとは思われず  それをぐるりと後へ廻す  それを腕にかけて外へ出た  それを現在もつているという  それがプロレタリアの勝利に貢獻する  それをもつているに過ぎない  それを語つている  それは偶然日本に天才的作家が現われなかつた  それはマルクス主義文學の作品としては低く評價されねばならぬであろう  それは非常に狹い  それは惡い  それは社會的に決定される  それにも拘わらず  それをありのままに告白するより  それは飽くまでも政治のヘゲモニイのもとに行われる  それを當然そうであるべき關係におかねばならぬ  それを建設した  それを破壊したであろうか  それを衷心から希望した  それを凌駕しつつある  それを読み  それは当面したさけ  それはこの市民たちが現にその中に生きつつあり  それは忍び  それにたいして反感を抱きえよう  それは一九一七年から国内戦にかけての時代に存在した  それがはがれる  それをもった  それは動きだした  それは実際において日本の社会生活の諸面での民主化が進捗しなければ  それはちょうど游泳術が游泳する  それを自慢する  それは明らかに私の怠慢からきている  それが道徳の名を騙る  それは民主主義に対する裏切  それを足場として一勝負やる  それを民衆のものとする  それには種々雑多な方法があるであろうが  それを何人の手にもまかさず  それに対する私の答はすでに今まで述べてきた  それだけで博士を疑ふ  それを取り出して見た  それを眺めて居る  それが消え失せるまで  それが偽物であるのを観破して  それを当然だと思う  それは組織立てた  それを疑った  それもしなかったらしい  それによって人と縺れ合う  それを芝居に仕組んで  それを義士の首領の反間苦肉の策とは知りながらも  それを宥める  それには必ず体質に弱いところがあって  それが偶然の機会に便りを得て  それと察しない  それを感ずるだけであって  それはむやみに慧鶴青年の良心に咎めた  それを感じる  それを何によって感覚したら  それは誰にも解されない  それに師匠とたのむ  それが肉体や精神の全部を支え上げて呉れる  それは神経衰弱的な恐迫観念がときどき槍尖の  それがもつれ絡んだ  それを読んで行って  それは別問題として彼の性格がどこまでも肉体や感覚に即して悩み  それを求める  それを我慢して見詰めていると  それは直ぐに取戻されては来ない  それは表面だけ父の字に真似て書いた  それを始めると  それが弾みとなって  それやこれや平常かんぺきの強い師匠への不平が不平を生んで  それに馬翁の身の廻りの面倒までもみなければならなかった  それが随分自分に不利益を持ち来す  それを望んで  それは彼女の本質にむしろ合っていた  それを程よい夢に化して  それを便って  それは穏健無事には違いないが自分には何の魅力も持ち来さない  それに引較べて  それに引付けられて  それは自分の主観の煩いが向うに映って  それを押え  それは長い黒幕を地上に敷いた  それは河の流れのようにざわざわ浪立って見える  それが淀みなく東へ東へと走り続ける  それがすっかり焔に見え  それを見付けると  それへ注がれた  それがあの煙となって  それが地震や雷の暇に来る  それに較べて  それで饑を凌ぎながら  それを担って生れた  それは取りも直さず  それが墓地の中の線香ほどに見えた  それに勢づけられ  それはあまり本筋の宗教の求道に入り過ぎていて  それに酔って  それこそ本筋の禅になったかも知れないけれども  それはこの草稿の冒頭に述べて  それに襲われた  それならば素人の私にはとても出来ない  それを思ひ起して  それへと考えていた  それを折り返した  それは井戸の口にいる  それを引っ張っていた  それを忘れて  それだけは安心して下さい  それを贈った  それは明かして  それには生死を問わず  それは二度と聞かずに  それに声が紛れた  それは話すには及びますまい  それが愚痴と云う  それがとうとう搦めとられた  それやこれやの重なった  それを持って来ました  それはあなたに伺わないでも  それはいつもと変りません  それに気のついた  それが不思議ではありませんか  それだけでも仕合せではありませんか  それがわかりましょう  それさえ知っている  それを執行する  それは限られた  それを充分に発揮させる  それは国内的必要からというよりも  それも言論の統制が完全に行なわれている  それを丸暗記する  それと現行法の講義との間にどういう開係がある  それを基礎とした  それの自動的作用のみでは法秩序の円滑な運用を期する  それを忘れてしまった  それに気づいていないからである  それをどう解釈するかによって  それによって裁判をしなければならない  それを類推して  それを肯定しているが  それによって与えても差支えない  それは法令の解釈を通して法を見出す  それによって見出される  それを比較的狭く考えており  それに適用して  それに適用せらるべき  それが自ずから彼ら各自の解釈態度を決定し  それは学生に広く法思想の変遷発展した  それは解釈法学と立法学とに大別されるが  それにも適用されて  それによって発見され  それと同じ程度に発達した  それはもう罷められる  それを綺麗に忘れてゐて  それを予防しようともしなかつた  それは偽札が出たと  それが忽ち堅固な抗抵に遭遇した  それもすぐに群集の中で揉まれる  それを踏み付ける  それはロオデンシヤイドの曲馬場は今後もきつと  それについて意見をききたいという  それと同時にヤミ価格も急激に上昇し  それで食べてゆかれない  それが買い  それをよくなそうと努めなければいけない  それを捜索する  それをいってみようか  それはリンカーンが象徴する  それに転業した  それをやってみた  それはもっているからだ  それはいみしたであろうか  それにはそれの長い歴史が伴っている  それを支持したからである  それはどの内地にいても  それより伴天連の憐みにて  それが飛びつく  それを機会に手を束ねて  それ故火を救ひに  それと知られた  それまで幼子を胸に抱きしめて  それは略するとして  それは東京弁と凡そ隔りのある  それは私の知る  それさえ間もなく失わねばならぬ  それで十分防げるが  それはどの一つをあげてみても  それを一人で果たせと命じられた  それは商業や事務に半生を送った  それが終わる  それは研究を始めてから  それを見て笑う  それまで十数年かかって  それまで暗く圧しつぶされていた  それをなんとかして助けようと  それもついに私自身が原子爆弾症のため危篤におちいり  それはひっそりとした  それを想うと  それを愛する  それが許されない  それは私を呼んでいる  それはまったく古の神の祭壇にけがれなき  それがよくわかった  それに何か布を巻きつけ  それにシラミがうごめき  それから夜となく昼となく傍らに付き  それは同じ血の相引く  それは異なる  それは完全に固定した  それをいちいちここに挙げたくはない  それに共感を起こした  それを見いだして  それは超自然的なお恵みの関係する  それは誠一が髪の毛を創った  それに比べて  それこそ人工の美を尽くし  それを無事救い出した  それを引き戻し  それこそ許されぬ  それを飲むと  それは人間に神の存在を認めさせる  それをそのまま感謝して  それはあの自分の肉体を痛め傷つけて  それもはっきりは見えず  それだけで安心をして  それを聞いただけで  それが毎日毎日たまってゆく  それが不幸の種となる  それはやはりイエズスのことばを忠実に守っているからな  それを胸の中にひとりおさめていた  それがそのまま孤児に接する  それだけの自信があれば  それを慰め合い  それはすでに特異の教育をうけている  それが祖国再建の上に投げかける  それを恐れ  それは芥子粒ほどの信仰をもって  それだのに汽車は脱線しはせぬか  それも善しとお許しになるだろう  それと知れる  それを見つめ  それで描いた  それをすって使った  それはたしか小学校へ入学する  それを思い出して  それまで無傷で大丈夫だろうと思われていた  それを診察して  それから四日後に死んだ  それを取り囲んで  それに賛成した  それで生きている  それを見つけ出しておらぬ  それを人類がこれまで怠けていて取り出して  それにはあまり入っておらない  それがわかってきたので  それを探し出し  それは教会に反対したい  それを言ってる  それをつかっているだけの  それは科学の素人が言ってる  それがどちらでもよいことになったり  それが科学の力だけではわからない  それじゃ科学をやっても  それはイエズスが真の神である証拠を見せる  それが積もり積もれば  それを創った  それを念ずる  それは科学界は絶えず動いているという  それが人生のうちに実現するか  それをどっさりと大きな花びんに投げ入れた  それは神を知らぬ  それも人類社会に必要な一つの地位にすぎない  それにふさわしい人間を置かねばならぬからである  それを自分のためにするならば  それを為す  それで訪問客のある  それを探して  それが始まりで  それをよく櫛で揃えてとめるだけだったけれど  それが櫛の歯に当って  それへひっかけない  それを箪笥の上に立てかけて使っている  それはやっぱり女の仕事として爽快なものとは云われない  それで運搬されている  それを運びこんでいる  それを食いに来て呉れた  それをひどく可愛がって  それに参詣する  それから家へ帰ったが  それを知らなかった  それに下女下男から軽蔑せられる  それを訊き知った  それを止めた  それを十一娘に知らした  それからそれと話して寝ようともしなかった  それじゃどうしたら  それで約束をする  それと結婚しようという  それを負って  それを榻の上に置いて  それが世間に漏れる  それを生活費にあてたので  それが長く一緒にいられない  それをやる  それを無理に頼んで  それに向って  それで様子を窺い  それを心得  それと定めて  それの中におそるべかりけるは  それが目立つて  それに慰藉料まで請求するという  それをよく理解する  それはちようど秋の末で僅かな耕地の名ばかりの収獲もすみ  それには多少の金も使う  それが自分にも見当がつきかねると吐かす  それをい  それはどつちでもい  それに近づいて  それを言え  それをいやに複雑にしたり  それをまたうちへ連れて来てくれたの  それが部分的にかなりゆきとどいた  それが常識として通る  それを日本の婦人特有の姿としてそれゆえに臆さず  それを食器に形よく盛る  それは枌葺の屋根も朽ちて  それにも飽いた  それはその中の一人が話をはじめたが  それを神通川へ持って  それは違うております  それで終った  それを見ると云いあわした  それは敬虔な云い  それを押える  それと同じような恰好をしながら  それは俺にゃ判らんが  それに慰められる  それとなしに云った  それは此方から云う  それは薙刀を二つ組みあわせた  それに悴が亡くなりまして  それよりも神の奇瑞に心を奪われていた  それは前夜の事件を話して  それはかまわない  それには諏訪神社の思召にかなっている  それも幸にして  それの不知不識の現れから起る  それはそのまま作品に感応して  それを文学者がもっと真面目に考えてみない  それを把握しようとする  それに加えて  それを隔てて  それは橋のかかっている  それと心付いた  それを南の国へ持ってゆけば  それはそうかもしれないと思いました  それすら見当がつかなくなってしまった  それはお気の毒なことだといって  それを拾おうと駈け出しました  それを拾おうと  それだけで分かってくだすっても  それはわたしが言い過ぎたかもしれませんわ  それからいっそう声を低めて  それを懐にしまい  それまでぶりぶりしていた  それも夢かもしれませんわ  それから三日目に家出をしたが  それは横浜に住んでいる  それは東京に大地震があって  それだから軍隊が必要だとは云えますまい  それが惨殺せられた  それも何でも今日の夕方に郷里の方へ帰った  それを取上げて  それは現場に遺棄せられた  それに襖の切口をごらんなさい  それは彼がこの窓の中に同僚の誰彼が持っていて  それは実に見事に光っていた  それは倒れていた  それは坂田音吉と申しまして  それは私が町内の夜警に出ないと云う  それは一時の激昂で云った  それはさっき申上げた  それも塩剥の中毒と云う  それを適当の時期に自動的に注ぐ  それから幾日か松本に返そう  それは恐らく岩見のあとをつける  それはあの有名な事件で紛失した  それは単に岩見の心覚えに止まって  それは岩見にとっては容易に覚えて居られる  それも岩見の品川行きと云う  それは今回の事件で岩見がある  それは私がたしかに頂戴しました  それが縁で文藝春秋に作品を書く  それは当日私が腹をこわして  それが今では初老に近い大姐さんになって  それに就いての  それだけで終つてし  それは私にこの男の意志が間断しない  それは考へられません  それをぼんやり見ていると  それよりウォーズウォルスの詩について自分の観る  それは真の粗雑とした  それはまだ見た  それをどこまでも行かせると  それをば渡ってはなりませぬぞ  それを食べたら  それさえ嬉しくって取ろうとする  それを知ってるか  それは容子が何とも言えない  それが狂言自殺だなぞと云ふ  それとアイ子との六人居る  それが時々自分を憂欝にさせる  それに福引きや何かもある  それを籤引きで分けた  それが四邊の靜寂をふるはした  それが出なかつた  それからはどうしても睡付かれなかつた  それに較べると  それを免かれて  それで下宿へ出した  それに睡りを妨げられ  それと分つたが  それが硬張る  それが少しでも物を考へたり書いたりした  それが遁れる  それが避け  それが出  それで見ても  それは誰も知りません  それをこらえる  それはよく見ると  それが一部熔けて  それを背景にして  それについて君たちの力を借りたい  それは今は何ともいえない  それははじめ普通の双眼鏡に見えましたが  それをすぐ知ってしまいます  それじゃ困ったね  それと同じ鍵をもう一つ作る  それは馬車が急に走りだした  それをつたって  それが人間ぎらいの怪塔王の耳に入ると  それが合図でもあるかの  それは天井から床までとどく  それよりは元気を出して考える  それは怪塔王が檻の中をのぞきこみながら  それはきっと一彦が檻を出る  それがよくわかる  それをひそかに期待していた  それに乗って  それで驚いてしまった  それがよくおわかりになっていた  それと知ったら  それをのぞいた  それは怪塔王が起している  それを知りませぬ  それがありません  それはロケットのお尻の方に穴があいていて  それに代って  それは鉄板でできていましたが  それをはっきり探しあてるには  それがわかれば  それといれちがいに  それから五分間ほどたちますと  それもやってみました  それに例の怪電波の方角を測ってもらいました  それをずっと西へひっぱっていった  それっというので  それは勿来関よりすこし西にいき  それにならって  それも見えませんでした  それよりも先生がなにをしている  それを早くしる  それを申していましたので  それが塔の中へはいってくる  それが夕日に映えて  それこそ隼のように猛然と怪塔ロケットのあとを追いましたが  それへと一彦少年にたずねました  それは炭やき  それを早くくりかえせば  それをゆっくりやれば  それを調べておいてくださいって  それが大利根博士に知れて  それはいずれ後になってわかってくる  それは帝国軍艦淡路を怪しい力によって壊し  それが帆村おじさんを救う  それに賛成しましたので  それとわかるだろうよ  それをいま思い出したよ  それは塩田大尉のおもいちがいだと思っていました  それはいかん  それは質のいい生ゴムでつくられてあり  それを早くも察した  それをくやしがっていましたが  それがだんだんすすむと  それがうまく利いて  それを見ていて  それこそ人間業とは思えないほどの  それをつくりあげると  それを待っておりました  それにはこたえなかった  それがあります  それでやっている  それみたことかといわぬばかりに  それに気がついたか  それへ怪力線があたって  それに気がついていました  それをふりはらう  それが拙者にはどうもわからなくなった  それが始った  それを大尉にはなしますと  そればかり考えています  それをたどっていきますと  それは奥まった  それには答えないで  それをお守のようにして  それをしらべてくれる  それと反対にかなり信用している  それはいずれはっきりわかるでしょうが  それは全く妙な機械というよりいいあらわし  それはラッパみたいに先が開いている  それが横だおしになって  それを発明した  それこそまったくの極秘のうちにつくられたので  それを見ても  それはどう思う  それがずいぶん邪魔であることと思います  それはぜひ聞かせてもらおう  それがどうしたという  それにひきかえ  それへと伝わっていきました  それが遭難機の位置になります  それをまず俺に話すが  それをみるや  それはおもいきった  それはあまりに大胆すぎる  それを思い出しながら  それともなおせる  それは彼には何もわかりませんでした  それを残念に思っていた  それには言葉をかえさず  それをじっと見ていた  それがわかりましたので  それをぐっと握りかえし  それはいずれ後からお話しします  それをお話ししている  それを肩にかついで  それをずんずんのばしていきますと  それよりずっと遅れる  それを報告させていました  それこそ大利根博士が研究していたという  それも故障になっている  それにあたってとろとろと溶けるかとおもいの  それじゃ第三機械をうごかす  それを聞きのがしませんでした  それは外ならぬ  それをこしらえた  それはゆるしてくれ  それがわかったという  それは外でもありません  それはあまりひどすぎる  それはのっぺりした  それを教えたまえ  それを知らないとはいわせないぞ  それは谷底におちて  それを知らせるには  それは皆で五つ六つある  それを御覧になった  それははっきり覚えていないが  それと気がついていない  それはものすごい潮の流にとりかこまれた  それが左におちたとは  それで照らしてみました  それだけではありません  それから間もなく起った  それも消えてしまいました  それは怪塔王の素顔だとばかり思っていましたのに  それを取消さなければならなくなりました  それは敵の隊長がたいへん抵抗する  それに追いつく  それはわかっている  それを残念がっている  それをみると  それを待っていましたとばかり  それを地上へはねかえしました  それはすぐはねかえってきました  それからそれへとつづき  それは怪塔ロケットの放った  それよりもいっそ塾でもひらいて  それ第一に年が違う  それとはハッキリと云わなかったが  それさえ見られなかった  それから数十年の時が経って  それが無数に仕切られていて  それが反対となって  それはそうとお手前におかれても  それをウネウネと幾廻りかして  それをもいただいて参るが  それをいただいて参れという  それの一つへ投げ込まれたが  それを頭上で左右に振って  それさえ知ってはいない  それと見てとって  それを巡って  それよりも山道を歩いて行って  それにつづいた  それが出来なくとも  それに答えでもするかの  それに当っている  それに一致した叩き  それには返事はしなかったが  それは威厳のある  それには怪奇な事情がある  それだのに今は二人もいる  それを保護色にはしていたが  それをご覧になろうとして  それが信じられている  それだけが本物ということになる  それだけが本物と仰言いますと  それよりも急いで  それを功にして  それは峰打ちに叩き  それが困る  それをお前達はよってたかって  それを得ようとして来た  そればかりか千賀子までも一緒に来たそうだ  それに関係ある  それはこういうことになる  それで誘惑された  それが見えなくな  それが村道に沿つて並んでゐたり  それが石狩川の堤に沿つて並んでゐる  それを何度も繰り返した  それからお文がさう  それがすぐ馬小屋に續いてゐた  それが熟れて  それが聞えなく  それを自分の前掛の中に入れた  それが止んで  それはきつと  それが風をうけて  それに力を入れ過ぎて  それと決めてゐた  それが湯氣になつて出た  それからすぐ續いて  それからもう動かなかつた  それを二つの石油箱に入れると  それが今思はれた  それをした  それに引かれて行く  それを忘れてはなりませぬぞ  それを丁度百姓のつらい一生にあてはめて  それは百姓達を心から感激させた  それを出した  それを繰りかへして  それが分ると  それを云ひ出した  それと對照して  それをからませて  それで足の皮をむいた  それが成り  それだけを食ふ  それを毎日續け樣に食ふので  それを爐邊に山のやうに積んで  それを寫してゐた  それを支へにして  それを耕してゆく  それに結びつけて  それの出來たのが誰もゐなかつた  それは然し極くまれだ  それを霧打ちにして  それこそ三日で百姓ぶつ倒れるべよ  それからは別なことを話した  それからしばらくして  それが一しきり燃え終るまで  それが二月一杯できり上ると  それが一年中も陽にさらされて  それを忘れてはならない  それをしなかつたら  それより外に斷じてない  それがしばらく續いた  それを父にきいた  それをきく  そればかり考へてゐた  それはいづれ  それを頭からかぶると  それをきいてゐる  それをこらへた  それを云つたことに氣付いて  それを云ひに  それを石山の膝に投げかへしてよこした  それから舌をまいて  それが分つた  そればかり思つてゐた  それこそ本當にめしも喰へねええんた  それに百姓の馬をしかる  それを見てゐた  それがどんなものであらうと  それが顏一杯についてゐて  それから少し手をゆるめた  それから分らなくな  それが遠慮なく吹きまくつた  それは石狩川の川端に沿つてゐる  それで始めて  それがすつかり出  それを云つて歩いてゐるらし  それは間違ひなくさ  それを引きうけて  それがうまく行けば  それが靜まり返つた  それが空中に反響して  それが何か生物の不吉な斷末魔の悲鳴のやうに聞えた  それだけを見続けても  それを見つめていると  それを忘れてしまっている  それにちなんで  それだけを考えても  それをぎっしりと何層にも封じこめた  それが太平洋をおそらく北からうねって来て  それはよく知ってる  それはまんなかからふたつに折れていた  それに人工衛星からの観測結果などを専門的に総合すれば  それは湾に向かって来る  それを浴びる  それが続く  それは湾の入口に向かう  それを見送る  それが聞こえて来る  それにすわった  それにセシリアの楽器が出す  それに加わり  それにセシリアも加わった  それだけで簡単にすませた  それにちなみ  それを迎えた  それと追い  それが終わってから  それを僕たちは撮影した  それに鉄道模型用品を巧みに使って  それは違う  それまで眠っていた  それが淡く溶けていくと  それが自分にひどい影響をあたえる  それと入れ違いに  それには答えず  それに陽気な気質とによって実際の年齢は大幅に覆いかくされているが  それをめぐって起きた  それをダフネ・ウォーカーは確実に持っていた  それを確実に伝えた  それをムーヴィ・カメラで引き出した  それをはっきり感じた  それをきっかけに会話が始まり  それもフィルムに撮影するわ  それに行く  それをかかえている  それを僕は受けとめた  それと大差ないだろうという  それをラリーがホノルルに持って帰った  それをとりまく  それに民間の捜索会社も加わり  それだけを書く  それから十年以上をへて  それがいつのまにかゲラと訛って  それから二十数年をへて  それは痕跡を残す  それを撮影した  それを自分たちのものとしていく  それが単行本になった  それを越えて  それを使うべき  それがなめ  それを片っぱしから捕った  それから鼻をしかめて  それから音をたてない  それから硝子の蠅とりまでならべていた  それを押しいただく  それはなぜか大ていの人にはわからない  それを憎んではいなかった  それも町へ持って行って  それで死ぬなら  それから孫たちの方を向いて  それを掛けて  それが大変いたいたしく見え  それはおそらく今から数百億年後のことであろうという  それと同時に彼ははねとばされる  それはもう確実に現実なる存在の前に一枚の薄い紙の幕をへだてて  それがいかにもとっぴなことのように感じられるが  それが無駄なことであるかに思いあたろう  それはまったく無限の底ぬけ井戸のなかに矢を放つ  それは私の棲んでいる  それは反対派の学者たちの処方箋どおりの筋書が効を奏したのにすぎない  それと同時に欲望がこの頃はあまり容易にえられる  それは一めん致し方のないことのようにも考えられますが  それは恐ろしい罠であるようにも思われます  それは人間は誰も彼も不老不死で生きのびたいという  それはもっとも恐ろしき出来事の端緒となる  それがいかに小さくとも聴きのがすまいと  それと同時に彼の背後から下肢へかけて焼けつく  それは悲しいものだと自分の身につけても思われる  それは先生が若い学生に向っていう  それはあてはまる  それを触れた  それは社会が若い女に与えている  それをくって見る  それを片はじから筆記する  それが夢二に似ているからでは  それは東京で松井須磨子のカチューシャとともにその頃はやりはじめたばかりの  それをうたう  それにじっと耳を傾けている  それが遂に私と中沢氏との永遠のわかれにな  それもまた尽きる  それも終ひには  それが聴きたくてならなくな  それに徒歩の疲勞も加はつて兎もすれば  それこそムシケラにも價しない  それを知らん  それは蝋燭賣りの  それに關聯して  それもさうですね  それに対して考うるだけの  それを弾ずる  それに聞きとられる  それを受けいれる  それを感ずる  それからでも充分間に合いますよ  それだけでも大手を振って  それを日本的に生かすかが  それはそうかもしれん  それはお父さんに差上げます  それはあの竹林の中に生きている  それは未来永劫を一瞬に定着する  それならばペンの目方を指定し  それには頓着しない  それが元来云い表わす  それに偶にしか帰つて来ない  それは猶信じてゐる  それを聞いてる  それをとめてくれと  それから一寸置いて  それはさうであるに  それがなんであらう  それを見ながら歩く  それも絶えると  それは間違つてゐます  それから一ヵ月たつかたたないというのに  それは十分の一にも相当しないと零した  それも大したこともなくやがて回復し  それからもつづけられた  それまでになっても  それさえ行き悩みつつあったのに  それに学閥なき者の出世の困難さにつくづく業を煮やしていた  それが親父のやって来た  それでは出るだけでも出て見ますかね  それもいいが現金販売ときては  それが利かなくなったら  それに関連して  それが最近頻々として差押処分を食っているという  それはどう解釈したら  それは彼もうすうす聞いて知っている  それはこの俺が首にかけて証言するから  それを護ってもらいたい  それが歩くた  それからぐるりとみんなを見渡した  それがようやく実現し  それから内務省へ行って帰った  それがあとで考えると  それこそまかり間違えば  それに対照する  それは他の項の雑支出と大して違わない  それは何も村役場のそれにのみ限った  それが守られていようと  それが悪化していっている  それで取るべき  それは分らないが  それをどうしようという  それは霙の降る  それがそっくり当てはまる  それを言って見た  それも前例を破って  それはもはやどうにも対策が考えつかず  それは妻が瘤神社へ日参した  それが気になりでもする  それはちつとも  それがはじまると  それまで一人でぼんやりと自分の窓にもたれてゐた  それをしほに  それが山猫の目のようにきらきら光る  それはそれは何ともいえない  それから代わる代わる  それは致し方ありません  それが誰であつたかを咄嗟に思ひ出す  それをすかしてみた  それが少し鎮まる  それに乗らず  それが一面の火焔となりました  それまで自若として抵抗し続けてきた  それがやはり中空に聳えて  それに限られる  それについて何かと言う  それをもっと散れ  それがもしも燃え拡がっていたら  それがどこまで寄せてくるか  それを幹夫は狙いました  それが見つかりました  それを貰うと  それを押し切る  それを上から押っ被せる  それを見て取って  それに沈湎してゆきました  それを意識から追い払う  それが中空に突き立ってる  それが見出さるるであろうか  それを心のように追っている  それに気付かぬ  それが三分の一ほど低くなる  それにもやがて無関心らしくなりました  それをどうにかしなければならないという  それには答えませんでした  それをこれからお話し申そうか  それは町で糸屋をしている  それを信じているらしい  それを説明した  それが僕の村の附近に小さい城をかまえていた  それから来たので  それは明神の社殿の床下に棲んでいる  それを見定めた  それが何十年振りかで今年また繰返される  それがここら一円の問題となっている  それから考え付いた  それならば若い女がただひとりで来  それはわかりません  それは社殿の土台石よりもよほど前の方に横たわっている  それが判らない  それもはっきりとは判らないが  それじゃあ夜になって  それがいよいよ探険隊の好奇心を煽ったらしくも見えた  それが山木のむす  それについてまたいろいろの想像説が伝えられた  それが腰をおろす  それを選んだ  それだけでは気がすまないとみえて  それでは詰まらないと引っ返した  それは思ったよりも  それよりも僕の胸を強く打った  それに腰をかけて死んだ  それがもとで四五年経つてから死んでしまつた  それやこれやで夫の郷里の資産は出来るだけ  それが幻ではあるまいかと疑つて  それで帰されたのでせう  それを撮まうとしながら  それは今私が思はず口走つた  それに一層暖みのある  それを日毎に拡めて下さる  それに反射してゐました  それよりはおッ母さんの帰るまで  それをそうとも思はないで  それこそチヤンと遊ばせておいて  それやこれやのおッ母さんの気苦労は思はないで  それにつれて竹竿もこりこりと錐をもむ  それは昨秋東京の工場へ行った  それまで使用していた  それを引ったくるなり  それは勝の方へは行かず  それでこじれた  それだけでは泥の廻らない  それこそ素田でも何でも植えべ  それにつれて  それによって俺の方はいくらでも都合する  それを打ち消して  それを掘割へ投げこんだ  それと察して  それがはっと応えた  それは彼女にとって前夜来のまだ解けぬ  それを腹の底の方へ押しやってしまった  それが一層ひどかったのかも知れぬ  それが依然として解けない  それはおせきの断行した  それはおせきの耳へも入らずにはいなかった  それを代田の近くに持ち運び  それが一先ず勇の叔父のつとめていた  それが家族の常用になってしまった  それが心配の種になって来ていた  それはこの日支事変を遂行する  それは半月であるか一ヵ月であるか分らなかった  それに答え  それまできょとんとして眺めていた  それがうれしくてたまりません  それと同じ数程居て  それを拾はうとする  それが嬉しくて群をなして  それが表現されていない  それをみんな身につけた  それは知識の尊厳を傷ける  それだから面白ければ文学になるといふ  それだけでも私の人生は意味があり  それだけでも私の生存に誇りをもつて生きてゐられる  それが如何にもあの液體を掬ふ  それをどツちへ取りかへたとて  それを承知させる  それだけをよく調合して出  それを最初にまた最後の上京の時にさう  それを氣にも留めなかつた  それが偶然音樂會の切符とともにかくしから出て  それが知りたいと  それはわしに出した  それがそんなり置いて  それはさうでせう  それを老僧は少しも知らなかつたので  それも女欲しさの物好きと睨んだから  それと分らぬまでに  それを細く割つて  それに串は大抵竹ときまつてゐるのに  それに及ばん  それに取つかへ引つかへ  それをあのクラブの頭でひっぱたくと  それから落ちる  それを吸うという  それから一パイやってる  それまでは許可を得ている  それが中折れして  それを真にうけ  それもやっぱり私たちの日々の感情のなかにはっきりと映っていると思われる  それとしての理由があるし  それを励したり力づけたりした  それを通しての結婚の申出には  それは一層感じられる  それで落着けば  それを凌いでゆく  それを一応はこわれた  それに人間らしく処してゆく  それは一つの国としての事情からもっと広い国々での生活のあり  それよりもつと重大な原因がある  それを点し  それによって知るが  それだけすぎた  それが既に精神的問題の何ものかであろうと私は感じた  それを肩のへんで弄んで  それがなんの証拠になります  それこそほん  それにもかまわず引きずる  それがすっかりあの時の事情と符合致す  それも辿る  それはいつ  それは力と申す  それで立派な一つの御治世の道具になる  それを以て世を治めて行こうと  それからは偉い方々と頻りに行き来をなさった  それは何かただならぬ御決心を遊ばして  それは正しい裁きと云う  それだのに御奉行様のお決意は何を表わして居る  それによって御奉行様が何れともお定めにならなければならぬと  それだのに不幸に生み付けられた  それを見ては  それからも身持を変えない  それを恥ずかしく思った  それは亭主に泣いてはならぬと云われたからである  それに雨に濡れて  それには困らない  それは自分が後れたと云う  それはまず浄火と云う  それを苦しくも思わない  それを広い糺問所に連れ込む  それを忘れて来ました  それが自分の娘だということがすぐ分かった  それにしなやかな指が附いている  それから黙って  それからどうしたの  それより遅れた  それを恐れてさ  それの分派がかぶきであり  それから生れた  それが世間に受けた  それが無くなつてし  それが固定したと思はれる  それには幸若舞が与つて  それよりももっと興味のある  それが後の越後の地勢とどう連絡している  それと反対に興奮性の影響を与えるという  それが事実とすれば  それを聴衆に納得させようとした  それが議論になるとすれば  それを大学の教授の判断に任せておいたが  それは議論になり得る  それが我国で科学が発達しなかった  それを断行している  それは魚が漁れないからで  それだとこれはよほど戒心すべき  それはいいとしてもイタリア行きはどうなる  それは気合いが許さないであろう  それも非写実的な構成的なものならともかくもかなり写実を目的としてある  それに似させてくれている  それも画室になっているし  それが柳屋という美術店と向き合っているので  それこそ東海道から富士山が凹んでしまったくらいの  そればかりではどうにも暮し  それに気がつけば  それを心わるく感じるという  それはただ触覚で目の働きをいくぶんか助けるだけの  それはまったく写実を離れた  それは立体的な複雑な触覚の音楽が作り出されると  それが正しい人間の形であるかは知らないが  それは画室の習作とすれば  それもただ何かの余興とかあるいは酔興でやる  それも思い切って  それから随分高いと称する  それを詳しく調べると  それがまた立って舞いかけたりなどして  それはどうなるか  それは丁度吃  それまでは散髪屋とか風呂屋ではよく見かけた  それは逆に外国に輸出されたり  それに彩色を施して  それよりも必ずこの模写の方が絵として面白いものだろうと思っています  それは水牛の角をうすくセルロイドの如くして  それも試みて見ましたがなるほど  それを充分正確に写生する  それをうっかりして  それは大変面白くないもので退屈な下等な感じのする  それは堪  それはたんに散歩を目的とする  それをうんと持っていて隠し切れない  それはその人のお互いの心がけいかんにまたなければならない  それは雷に電が伴う  それは感じなくなる  それは元気なしでは出来ない  それこそ政府は美術院賞を贈呈に及ぶかも知れないと思う  それはちょうど白と黒の如く相性の悪い二つの性を一つの心に持った  それは無茶にでもやって行ける  それが女郎買いを三回分簡約して  それはまた今度の楽しみとしてとって置こう  それはわれこそ一かどのパリジャンになり切ったと思っているのに  それは無理のない事で全く悲劇でもある  それは同じ理想を持って  それがこうだろうといっても  それが不思議に当たる  それに似合った  それは額縁の通人山下新太郎氏に聞いてもらえば  それが仮縁でも何でも喜ぶ  それは非常に嫌味なもので落着かぬものだと思った  それがどんなに古ぼけてしまっても  それに代るだけの  それで尋ね尋ねた  それが私の今なお愛用している  それはうんと巻き上った  それは幸ち  それが胃病患者ならば自分の胃袋はこんな形でこんな色をしていて  それは省略するとして  それは気の迷いだろうと笑う  それこそ殺気立つ  それが死んだか逃げたかを  それは一つには私が大阪という土地にのみ住んでいて  それは大阪の芸術家や紳士を集めた  それこそ到底地球上の人類ほどもいるかも知れない  それはいつも旅行さきへ自分の仕事を持ち廻る  それで随分手古摺った  それを眺めていた  それもそうですなと同感して  それくらいよくものの判った  それを許すまいと思われますので  それから生じている  それはあんまり重たいさかい私の部屋に敷いてあるといいますので  それよりも先ず物に写す  それは一概にも云え  それだけでは少し下方が空き過ぎる  それを連絡すべき  それよりも私は自然にとりちらかされた  それと同時に乗船の日が到来した  それが読めないし  それが読めたら  それはチャンと整った  それにつきましても  それに關する  それを見て居る  それを返す  それをお返しする  それは一八八五年に於ける  それは光明皇后が聖武天皇の冥福のために納められた  それがたくさんな眞珠で詰められて  それを拾ひ集めた  それには一つの恐ろしい想像が交つてゐた  それを詩的に娯むことができる  それはもうきっとそう行くね  それを知らない  それからこんどは低くつぶやく  それをお前にやろう  それを聞かずに光る  それでも笑いながら  それからたばこを一本くわえ  それをとやこうお前が云う  それはたしかにその通り  それに対してお前は何と答えたね  それはもうちがってます  それは僕も見たよ  それからバイオタが泣き出した  それからくるっと振り向いて  それを押えさえもした  それより又青く幾きれかのちぎれた  それに太陽の光線は赭く  それから先ももっと続くらしかったがも  それだからと云って  それが君みんな貴蛋白石の火の燃える  それが定明の眼の間に当った  それを印可して  それを法然が試みに自分独学の推義を述べてみると  それだのに君は既にこの法門に達している  それを聴いて  それを辞退して  それは源平の乱より先き嵯峨に住んでいた  それを後に考えて見ると  それが勝れて居ります  それを役人が取り違えて  それに従い  それは畏れ多い宣旨とは申せ  それを取り違えてはならない  それを居合せた  それを見るとからだ  それが世間に流布して  それを見たが  それを見なかったという  それが特に召されて  それから叡山の良宴法印以下が各々その位によって列座した  それに席を譲る  それを煩さい  それを兼実は頻りに歎いて  それを門弟の正行房という者が心の中で思う  それは源空こそお尋ね申したい  それを追っていらしって  それはあなたのお計らい  それをお示し下されたい  それは自分の為には少しは思い定めた  それから百日の間大原に籠って  それに従った  それからたちまち顕密の諸行を差置いて  それを承りたいが  それと尋ねて  それによって生死を払わない  それが浄土の門に行くと  それは名号の中には万徳が備わっているからである  それに答えた  それとは思っていたけれども  それを頼んで下って見ようと思います  それを聴いて答えていうに  それは承りました  それを承って  それはまた僻みという  それは昔盗人だと聞いていたから  それを説明して  それは心の足りない  それを信ずるか  それが信ぜられましょうや  それを信じてはならぬ  それに返事をした  それは芽出度い  それがいつわりの  それに返事を書いている  それから専修念仏に転じたが  それにも返事を書いている  それを征伐に向った  それより八王子の城に向い  それは一人の下僧に言い含めて  それをたのもしく思って  それを伝え聞く  それを先達として不断念仏をはじめ行い出した  それからは専修念仏の行に於ては仔細あるべからずと  それで死に切れない  それを非難して来た  それにも返事を書いて  それをあやしんで  それを受けて  それを門弟が記し伝えたり  それは定まれる  それにききほれて  それを聞かなかった  それを丁度この度の事件で果す  それを遁れられましょう  それはお前さん達のような商売の者でも南無阿弥陀仏といって  それをあわれんで  それをしないで  それに返事を書いて  それはこの十余年来念仏の功が積って極楽の荘厳仏菩薩の真身を常に見ていたが  それを示すといった  それを法然に寄進した  それに同意した  それに准じて七七日各名僧知識が導師となり  それを開いて見ると  それに答えたけれども  それから破する  それが勅許があったので  それを紫雲の松と名附けられ  それを筆写し  それを羈中吟という  それを見るや  それを包み持って  それをかけた  それを生みつつある  それはポー自身に答えさせる  それを無視しようとしている  それが今はすっかり扉を閉め切って  それから二時間たって  それは君の想像にまかせる  それに顔を知っている  それから十年経っていた  それから何分経ったか  それがふっつりと来なくなった  それを心配して  それを持って帰って  それで返しに来た  それを非常に厭がっていた  それをたよりに行きついて見ると  それを話す  それ迄に治して下さい  それを覚悟でやるが  それを妨げる  それまで勤めて居た  それをも承知しなかったので  それを沢の口へそそぎかけました  それは正しく友江さんの死体が幽霊となった  それはまだ夜の明けぬ  それが当然の罰かも知れません  それはもうきっとさう行くね  それはたしかにい  それを眺め  それをお前にやらう  それはどうも実にひどいもんださうだ  それからたばこを一本くはへ  それをとやかう  それを押へさへもした  それはなぜかといえば  それでよいと思ったか  それが本体を掴む  それは争われぬ  それに慣らされて  それは広い通りから私の家の在る  それは可愛いい魂を持ってるからだ  それは通りに面して開けられた  それで急いで  それが気になって  それで思い切って  それを生命の世界へ産み落す  それを彼の眼が語っている  それを止める  それは彼の正体をつきとめる  それが今私をそそのかしている  それを押えて居る  それから壁に懸っている  それで安堵して  それがどうしても思い出せない  それに気付いた  それは私の知らない  それが私を強い力で囚えてしまった  それに菓子と菓物とがあるばかりだった  それが次第に厚くなってゆく  それを彼が察した  それが抵抗の出来ないほど  それを女中に云いつける  それを先に実行するという  それより先は見えない  それは薄い膜だから一寸爪先で蹴れば  それと同じい  それを今彼がほっそりとした  それは彼が煙草を吸わない  それをがたりと力一杯にしめてやった  それを彼の胸の中に力を込めてつき立ててやる  それが無数に一つ所に集ってきて  それはもう私から非常に遠くにある  それがきたなく銘仙の着物の膝ににじんでゆく  それを見たいと云った  それも見せてやった  それを読んでから  それを手文庫の中にしまおうと思った  それは懐に入れ  それを訳した  それが下ったという  それを自ら恐怖しもしないという  それは改善されなければならないからである  それがなされている  それを支えるに足る  それに幻滅した  それもまた後にはついに形式に流れて  それにつく  それが既に平安朝も末期に近い大江匡房の頃になっては  それで放免と云った  それを笠に著てしばしば横暴を働いた  それを収容して  それが他人の家僕となり  それが一つの定められたる  それをその日記に録上してある  それを見に戻った  それを焼き棄てて進ぜようか  それはお園が京都で修業していた  それですといふ  それに近づかうとすると  それを思うて  それにさ  それより費用を得て  それこそ指でさす  それをこぢつけて  それも一本の木の枝をかへて啼くといふでなく  それをきつかけに佛法僧はぴつたりと默つてしまふ  それは加減蓄電器の壊れた  それは唯私一人によって保たれている  それはあり得べき  それはこの物語がすんだ  それは僕が始めて  それを聞いている  それから五分も十分も耳を澄まして  それはこの短い波長の無線電信の放送受信を始めてから  それは其時に交換した  それは僕には少しも判りませんでした  それから簡単に僕に送って来た  それは恥かしい  そればかりか遂には僕をありもしない  それから約一年を辛抱しました  そればかりではありませぬ  それは恰も空中からこの地点へ向って  それは何故と申せば  それはまた何故かと申せば  それが為に鼻を殺ぎ  それお人がいらし  それは何故かなれば  そればかり思ふておりました  それはあなたのお越になる  それを申し出せば  それにて満足が出来ず  それ故私はひたすら世の中の為に働こ  それはホームに備え付けられた  それすら出来ない  それまでも何かの芝居ではないかと考えられて来る  それが御維新後になると  それを東京市民はアッケラカンと立ち止まって  それを記者は十四日頃やっと気が付きながら  それからそれへ飛んで行く  それにつけ込んだ  それは昔の夢物語りで  それが実際に行われないまでの  それは昔の江戸ッ子の風付きや気分を真似る掴ませ  それを田舎者は矢鱈に崇拝するから困る  それを救う  それを最も利口な文明的生活だと思っている  それが魚市場が出来て  それは大抵飲んだり喰ったりして  それが又彼等のプライドと結び付いて  それは一種の復興気分かも知れぬが  それに慣れてしまって  それがそうでないのだから呆れざるを得ない  それは勿体ぶった  それが又こうして急に落ちて来た  それが一層甚だしくなった  それがベタ一面にある  それよりもルネッサンス式の変化した  それで往来は博覧会の出盛りの  それを間男と間違えて追っかける  それを思い切ってやめると  それすらわからない  それが現在の浅草に於ける  それがズドンと当って  それは十把一カラゲに街頭から見た  それかあらぬか  それが今では月給取りの総称になってしまった  それがどれ位まで東京の風俗を乱しているかは  それも十中八九は為替の多寡に影響しない  それが済んだ  それは又そう行かない  それは物質的の生活と云うよりも  それは男の欠点を最もよく知っているからだ  それが大正十三年の春以後の東京に激増した  それには持って来い  ソレが日に増し  ソレがどことなく気取って  ソレと同様のみじめな個人主義が侵入して来たと見える  ソレを自分の物のように心得て  ソレと比較すると  それからは二日目か三日日ごとにキミ子の電話で呼びだされる  それは太平の人柄が外形的よりも精神的に化粧を施されてゐない  それは彼が新たに加入した  それに関した  それが太平に落附きを与  それは太平がキミ子に思ひを寄せてゐる  それを訝るよりも  それを顧慮しなかつた  それを意識する  それがキミ子への愛情を本質的に否定してゐる  それがいつか外套になり  それから一週間前ぐらゐにも二三度来てゐる  それが場違ひ  それがキミ子にもい  それはまつしろな  それを見すくめる  それをつぶす  それを失ふ  それを知つてゐた  それは綿をつめて  それを探し  それに腰をおろして  それを出して来て  それは見  それを手にしたかと思うと  それを見届けておいただけで  それをお聞きして  それはだれだってそう思うだろうけれど  それから間もなく帰ってきた  それを言われる  それだけを言って  それを反映しているだけで  それを譬えに使っただけで  それだけには映してみせない  それを吉本が自分に投げつけた  それは許すべきでないという  それを見詰めながら  それが自分に発している  それは三か月あまりの同棲から受け取っておいた  それは知っていますね  それが生活の方向を指定するまでに  それをじっと見ていると  それは殆んど体質的ともいえるほどの  それにも及びますまい  それを助長していた  それを喜んだ  それがなおいけなかった  それを混同していた  それを実の母のように愛する  それは少くとも美しい感動すべき  それに自ら気付くと  それと知ったけれども  それは喫驚しましてね  それがいけませんでした  それを喜ぶに  それを彼は想像した  それは依子の生涯に光明を与える  それによってよりよくなされる  それも実際玩具屋に行って見て来た  それが問題として残っていた  それには肝腎の顔立がよく分らなかった  それを見て取ったらしかった  それも真偽の分らない  それはまた話をやり直すまでの  それを眺めていると  それは瀬戸の伯父がつけてくれた  それは解決される  それならばどうしたら  それを美しいと思った  それと感ぜられる  それを自ら気付くと  それが彼女が直接自分にかける  それから云った  それを自ら押し隠す  それから二階へ上った  それを握りしめた  それは昔からやりつけてる  それを一寸抱き取って  それがずっしりとした  それを背中に負った  それを放り出した  それを抱いてきた  それじゃ無意識の批評というのかも知れない  それを膝に抱いてやった  それをくっつけてみた  それがいつも夕方から晩へかけてだった  それが椿の木だったりした  それにつれて兼子も益々苛立ってきた  それをまた抱き取ってきた  それを室の真中へ抱いてきた  それを気付いて  それを彼の所へ持って来た  それが東大工科大学紀要となり  それが太子時代の物でなければならぬ  それを謳歌せられた  それはそれはお気の毒な程にも沈んでおられる  それが果して大化以前の尺度によって設計せられた  それに気がついて  それが大安寺にもあった  それが必ずしも実年代上その当時の物でなければならぬという  それはその発見の古瓦が今の建築物の屋根を蓋うたものであったというだけの  それが果して関野君の言わるる如く  それをなすだけの  それが決定せぬ  それよりも前代の物と認められる  それは一度火災に罹った  それを今の金堂に使用するに当りて  それについて思い合わされる  それより後漸次他の堂塔を造営した  それが必ずしも非再建説を将来する  それは何らその非再建を証する  それよりも前代の出来事として引き上げんとする  それは一つの空想に過ぎざるが  それは延清五師の奉安に係る  それを前提として論定せられた  それがこの寺建立の年代を示すに役立つ  それは必ず再建説を援くる  それが所謂飛鳥式たる事においては疑問を挟もうとはせぬ  それが余の母まで續いて居る  それからといふものは獵といへば  それといふのは律義な人はかう  それ故其當時のことは自分で想像して見なければならぬ  それで恐怖といふことを知らなかつた  それが村の中に分れて  それと符合しない  それに比して  それを詰らない  それを体験して行く  それは理論では正しいかも知れない  それが理論で説明を加えられ  それが根本の原因と成って  それで纏まらない  それが妙に怖くなり出す  それが天の栄えをわかつ  それくらいなことで屈托してはいけない  それを楽しみにしています  それを透してうかがわれる  それを怖れ忌んでいます  それによって他人を潤おす  それも神のみ心でないならばいかになるかわかりません  それを私は憧れ求めます  それから十日ほどは働きに市内の患家に行きました  それから五日ばかりまた毎日来ました  それを許して  それを怖ろしき  それを他人に与える  それよりこのまま退院して  それは彼女が思い乱れて  それをあたりまえなこととは思われません  それは痔の痛む  それは山の上には風寒く北向きにて日あたり悪しくまたあまりに寂寞なる  それを祝し  それを私はたいへん心地よく感じました  それは正夫さんには意識的でなくてシャインバールなものと存じます  それは久しく無沙汰したので  それは理想を高く高く天に向かって掲げるからだと思います  それは私の失恋して  それができあがる  それまであまり大切にもしなかった  それは私の宗教的気分から来る  それにいっぽうにおいて私は性の要求が堪え切れぬほどに  それを許しません  それが尊い謙遜な道と思う  それにはいかにすべきか  それを考えねばなりません  それは私が聖書をドラマとせずに  それに価しない  それを私のわずかの恃み  それを疑います  それを深く感じます  それだけではキリスト信者ではありません  それだけでは少しもキリスト教と特別な関係はありません  それが性の要求の飽和を与え  それは帰郷してからの  それによって現実をはなれて  それは私のほかの要求を容れない  それを拒むならば  それでわからない  それにはエゴイスチッシュな動機の少しも交わらぬ  それは楽園を失う  それが子供の生まれる  それを恐れたからと思われます  それを肯定したい  それはインノセントな男女よりもひとたび性欲に落ちて  それをシュルドとして神に赦しを求め  それはフランシスが被造物として罪はあっても  それは人間の型のなかに根を持つ  それもかえって私のファミリエのなかにあなたを包んだ  それからもしもあなたがこの夏は別にほかの場所で暮らす  それはもとより無理に勧める  それから二人は馬車にのって  それはあなたのお心に適う  それに相当しているとは思われませんけれどでも  それについて私はこれから書物を一冊世に出そうかと思います  それをさまたげる  それがなくては互いに従属できない  それには愛されない  それを心から悲しきことに思いました  それには女の身で病気ではあるし  それにながい間心配ばかりさせている  それができないので  それをわれに非なる  それを断行せねば  それについて私はこの頃一つ深く感じた  それを実行しました  それで岩波さんのところへ尋ねてやりました  それがやがて他人を潤おす  それを統一する  それに依属せし  それを愛と運命との問題だと思います  それはあるが  それを認めない  それはもし病院のほうが免職になってはならないと  それに妻を養うかい  それが見えて  それからは路を歩いても  それは西田さんが出家の生活を初めた  それがまたどうした  それさえわかってれば  それを知りながら  それやこれで私の心はち  それを世話なさる  それを悲憐の眼で見つつ  それのエフェクトはインテンシチーの足りない  それもできません  それは享楽と観照のできない  それがあらわれています  それについて天香さんが私におっしゃった  それを気をつけねばいけぬと思います  それでないと世界を神の国にするたすけにはなりかねます  それには力はいりません  それにはやはり感情のなかからアフェクションを取り去る  それだけにすぎないと思います  それがなかなかできない  それくらいなことは初めからわかり  それは本当はねがいでは  それを起こっていると  それというのも怠慢な暮らし方をしている  それは恐ろしいほど瘠せ衰えて  それから二十日間姉は苦み続けました  それから三日後にその姉の死去の電話がかかりました  それがまた一つも考えがまとまり  それを妨げるのでできません  それはいやな現実的な利害問題のゴタゴタのなかに私も入り込まねばなりません  それに来春からできる  それは菩提心のない父母や家族に強いるべき  それにはさまざまな事情が各自にある  それをよく承知しています  それは不幸な苦しいものに打ち克つ  それと同じく神のたくみで創られて  それを認めて  それを自分たちの労働で支える  それは私のような地位にいる  それとは独立に起こる  それを感謝しなくてはならない  それが文壇的になる  それとは別に神様が保証して下さる  それはそれはずいぶん愛すべき  それを私は今まであなたに語った  それとともに熱も平熱になって  それに食欲がだんだん減退しますので  それを悲しみますまい  それだけでも仕事をしていると思えば  それから丸善へでもいらっした  それを恵みと思っています  それを享ける値はない気がします  それを要求する  それをくぐって  それをあまり恥ずかしいとは思いません  それは親和力の一部にものっていると思いますが  それが公けにされて  それは今の日本の小説に最も欠けている  それからあなたに一つお断わりしなくてはならない  それについて少しお話したい  それも三四日中には屹度帰る  それがまた非常な勢いで蔓が延びて  それが返せなかったので  それが何処からも出ては来なかった  それが君に解らないという  それをまた婆さんが引掴んで行って  それよりも穏なしく  それに通力を抜かれて  それに厭だって云い出す  それは神の偉大を以てしても救う  それと並べ立てられて  それが気になって堪らぬと云った  それは君は自分に得意を感じて居る  それに値いしないとは云え  それから間もなく警察へ入った  それはどっちにしても  それは恐ろしいことになってる  それは無理をしても  それも君が今度が初めてだというから  それが幾度もそんなことが重なると  それは決して今の生活と較べて  それを先刻から傍に坐って聴いていた  それには年老った  それは確かに怖ろしい  それを見い  それをお持ち  それも三四日中には屹度歸ることになつて居る  それがまた非常な勢ひで蔓が延びて  それが返せなかつたので  それが何處からも出ては  それが君に解らないといふ  それをまた婆さんが引掴んで  それに厭だつて云ひ出す  それは神の偉大を以てしても  それが當然の考へ  それはどつちにしても  それは恐ろしいことになつてる  それは百姓よりも車夫よりもまたもつと  それを先刻から傍に坐  それには年老つた主人夫婦も當惑して  それは御料理のまづいか  それをつかまえました  それをしっかりおさえて  それを見とれました  それはとちの実ぐらいある  それはどうかお納めをねがいます  それを胸にあてて  それから百遍紅雀の毛でみがきました  それからいきなり向こうを向いて  それにこんなにたくさんの実を全体誰がたべる  それをおうちに持って行って  それを受けとって  それを急いで  それはまるで赤や緑や青や様々の火がはげしく戦争をして  それを集めて  それはやはり火のように燃えておりました  それがとれない  それを見つめました  それをお前は一昨日なんか生まれつきだなんて言っていた  それをよくわかった  それからは與田先生に何處か安並さんのやうなところへお嫁に行きたいと  それを消す  それは金造が土産にくれた  それが叔父叔母の耳にはいった  それに決められた  それで貯金帳を作ってやっているという  それと気付いて引止めてくれるなり  そればっかりはと拝んでいる  それが本当の涙になり  それは浜子に変って居り  それをかかえて  それがわからん  それが五百袋も配られたので  それが続いたから  それで焦らされて  それをまた自分へのいいわけにもした  それも予期した  それも何となく奥床しいといえば  それだけでは余りに阿呆らしく小娘めく  それが店の方へもきこえ  それがつつましいというより  それもみな未だかたづいていない  それには沢山海老がはいっていると  それとはいい出せなかった  それがおずおずと哀れめいた  それが耳にはいると  それがもとでおたかは暫らく寝つき  それも個人の仕事の順序としてはやらなければならない  それはもはや横光風ともいふべき  それと同時に一方の斜面への急滑走が開始された  それを意識するとしないとは  それが鐘にもうつって  それじゃ鐘の病院も建たなければならない  それは僕の好きな白椿が咲いている  それにお爺さんがいろいろ面白い話をしてくれた  それはよいことをした  それに不思議がある  それがなんで洟つ垂らしだ  それだからあやまると決めて置け  それはいい  それから見りゃ  それにかかった  それを取巻いた  それとめざした  それではいけない  それを成功させた  それに幻惑されたか  それをナポレオンが心よく思わなかった  それがナポレオンの感情を害した  それへ付けこんだ  それを承知して  それならば泣き面を罰すべきか  それをお忘れになった  それは済まんじゃった  それはお許しねがいたい  それから十年たった  それは無理だと思うね  それが地隙や土壌の隙間や通路などを通って  それをやって置かないと  それがまず気にかかる  それがどんな族だか調べてみる  それは最早八月八日分の日記ではなくなるから  それから一年半ほどたって  それが分っていれば  それが退化して  それには返事をしないで  それをギゾーが古いからといって  それでやらなけりゃ  それ故じき癇癪が起り  それをきき  それで歩けまい  それにつれて斑犬もひょいと駈け  それが行ってしまうと  それは二年あまり続いた  それにおどかされて  それを考へる  それを小説に書かうと  それが迫つて来ない  それは余裕ある  それを探したり  それに味方の伝習隊が役に立たぬ  それを撃つ  それを知らせに行く  それだから資本家はそこを突け込んで来る  それだから俺らア弱味を見せちゃならねえ  それが会社のために片腕を台なしにした  それを信じたと思います  それがひとりで枕もとの懐中時計を手捜りしている  それを着てしまうと  それが身体にうまく合わない  それへ自分のでない  それには別に耳を貸そうともしないで  それらしい方向には一帯の松林をしか見出さなかった  それはかの老人が彼のために読んでくれた  それはいつの間にか話し相手のない彼の口癖になってしまった  それをす  それは夢と現実とをくっつけた  それは新しいガアゼに取換えられてあった  それを飽かずに眺めた  それはその翌日になっても  それまでうとうとと眠っていた  それに加っているらしい  それを見入っていたが  それがいつしか彼に子供の頃の或る記憶を喚び起させた  それと同じような物音が起った  それよりも数倍も大きな音響のために麻痺した  それは彼の部屋のなかで起った  それを確めようともせずに  それを眺めながら  それがかなり秩序立っていた  それは看護婦たちが鳩の歩き  それまでうとうと眠っている  それは一晩のうちに何回となく繰り返された  それで遊ぼうとしていた  それはまるで彼自身がそこへ無神経にしちらした  それはすぐ他の男に変ってしまった  それが彼のその時の夢ではそう行かなかった  それを測る  それが本物の痰のように見えた  それから目をそらしながら  それをすぐに掛けながら  それに向って話しかけでもする  それに返事を書いた  それまで僕はせっせと日光浴でもしていましょう  それが彼にはあたかも可愛らしい手をひろげて  それに彫られてある  それがあんまり大き過ぎるので  それすら思い出せない  それは彼女によじのぼる  それを見ても泣かずにいた  それからもう歩き疲れているらしい  それを一息に飲み干した  それをそのままにしておいた  それが彼の記憶を刺戟する  それを嗅いでいると  それが一面に茂っている  それを踏んづけた  それが目にしみるほどの  それが思い出せなかった  それを叔母のところへ持って行った  それを手にとって見て  それは彼には一つのすばらしい発見のように思われた  それと同時に家全体がはげしく動揺した  それを見上げていた  それに比較すると  それを一度使ってみたいと  それを焚きつけにかかった  それが快活な音を立て出すと  それをもどかしそうにしている  それは乾いた  それがひとりで枕もとの懷中時計を手搜りしてゐる  それを着てしまふと  それには別に耳を貸さうともしないで  それらしい方向には一帶の松林をしか見出さなかつた  それはかの老人が彼のために讀んでくれた  それはいつの間にか話し相手のない彼の口癖になつてし  それは夢と現實とをくつつけた  それは新しいガアゼに取  それまでうとうとと眠つてゐた  それに加つてゐるらしい  それを見入つてゐたが  それと同じやうな物音が起つた  それよりも數倍も大きな音響のために麻痺した  それは彼の部屋のなかで起つた  それがかなり秩序立つてゐた  それまでうとうと眠つてゐる  それは一晩のうちに何囘となく繰り返された  それで遊ぼうとしてゐた  それはまるで彼自身がそこへ無神經にしちらした  それはすぐ他の男に變つてし  それが彼のその時の夢ではさう行かなかつた  それが本物の痰のやうに見えた  それまで僕はせつせと  それを言ふ  それすら思ひ出せない  それは彼女によぢのぼる  それを見ても泣かずにゐた  それからもう歩き疲れてゐるらしい  それが自分のであらうと  それと同時に甘つたるいやうな香水のかをりを彼は嗅いだ  それを一息に飮み干した  それが思ひ出せなかつた  それを叔母のところへ持つて  それを手にとつて見て  それは彼には一つのすばらしい發見のやうに思はれた  それと同時に家全體がはげしく動搖した  それを見上げてゐた  それを一度使つて見たいと  それを焚きつけにか  それをもどかしさうにしてゐる  それは砂町一丁目と上大島町の瓦斯タンクを堡塁のように清砂通りに沿う  それが都会の新文化の発展に追除けられ  それがまた自分を救ってくれる  それからやらせます  それで海豚は眼を細めている  それと同じような意味を父の敬蔵は老荘の思想から採って  それが辛辣な事実で父娘の身の上の現実ともなりかねない  それに対する素直な表現欲を失っていた  それを受け容れる  それが娘だとぐっと癪に触った  それに取りつく  それをいじらしく思って  それが子孫に現われて来る  それもじきにまた曖昧になり  それを与えもしよう  それを望むなら与えもしよう  それで怒ってる  それを涼しいもののように眼を細めて  それに自分だとてまだ貝原との約束を全然決定し切れない  それを白日の不思議のように見上げていた  それを見越して  それを望むより  それだのになぜこうまで薫の肉体に訣れる  それのみで生活してゐる  それが真面目なものであらうと  それにばかりぴつたり執しすぎると  それを祇園有楽館の展覧会に出品して  それを読みました  それが悉く芸術に浄化せられて  それに耐えうる  それに耐へうる  それをもひっくるめた  それが全部の答えでないことを直感していた  それを喋々する  それだからこそ現象の説明は皮相な政界内幕の域を脱し得ていない  それは生々しいテーマで当選しても  それに代えられた  それを捉えようと  それはやがて私の内奥の全体に蔽ひひろがらうとする  それを畏れなければならない  それを見附けた  それに耳のせゐだらうか  それは海からぢかに此処まで流れて来る  それは影響される  それに似  それだけで充分なやうな気がする  それはあの白堊の塔に閉ぢ込められた  それは私にとつて何といふ思ひ  それが如何にも面白さうなので跳ね起きて  それはアングルがこの章にこそ一番つよい熱意をもつてゐたからな  それがわかる  それはただの平和だけとは言ひ  それがひろびろと私の心一ぱいに微笑んでゐる  それよりもまづ注意しなければならない  それを劃つてゐる  それが全くわからなかつた  それがよくわかつた  それが今度出てゆく  それを狙う  それは当てはまる  それを先ず失う  それは可なり純なものではあったものの  それは依然として存在していますが  それを切り抜けるには  それに就いては  それは女性に共通の一種の道徳観念とでもいう  それは男性なれば  それが批判される  それを理解していてくれる  それが対社会的になって  それを曲解して  それは大きな邪魔となる  それを平静に保とうとするには  それと同時に自分の行く  それを産むには  それは丁度人間が原始時代から或る発達の経過を踏むと  それと同じ一つの大きな道を通って来た  それを正しく発表していると  それが正しく私までへの道を形作っている  それは娘時代には昔風の母親に生活させられた  それを人間としての最上の生活であると信じ  それが終極のものであるかということに就いては  それから出た  それは人によって違う  それを見出すでしょう  それも多く親が結婚させて呉れる  それを植えつけ  それを売って呉れぬかというと  それは麦を主食としている  それに文化という字をつけて  それは目に見える  それも良好な生活水準で維持する  それは大きい困難に面している  それが可能な一定の近代工業のリズムを必要としている  それを健全なたのしみとする  それのつかわれ  それはそうあってさしつかえない  それで飽き飽きするほどである  それに狎れて  それは異常であるという事を当然忠告すべきであるのに  それを受けとらなければ  それは堕落と云われなければならない  それを主体的に云えば  それにつづけて  それとして現実の実際の解明と等しいものではないことが生活感情としては何となし直感されている  それを唱える  それを云われたら  それを小説の形にかき得るという  それは仕事にかかったが  それを押し鎮めるべく  それが両手をチャンと膝に置いて  それが心持ち眼を伏せて  それは白い診察着を着た  それはどこかで見た  それは私が予想した  それと見るや  それこそ難中の至難事件となる  それよりも当夜の気分をもう一度発生せしめて  それには当夜集った  それは極内密にして  それくらいのことならば訳なく出来ますと答えて  それを知り出さねばならなかった  それについて非常に焦心したらしかったが  それはそう言いました  それがために犯人が私に接近して来れば  それが犯人の手ぬかりになると思って  それを真先に外相に知られてしまったので  それが内閣の総辞職の導火線となった  それは一瞬にして捲き起る  それは電燈に被せた  それは戦争のためあらゆる困苦を強ひられて来た  それまでこの戦争が続くだらうか  それはすぐ頭上に墜ちて来さうな  それは何かに挑みかかる  それを拵へる  それも今年はじめてある  それが互に物資の融通をし  それを正三は知らなかつた  それに気づいた  それを冷然と見詰めてゐたが  それは高子が五日市町に疎開する  それから更に川に添つた堤を歩いてゆく  それは機雷投下ときまつてゐたので  それに対する確乎たる防備さへあれば  それが近頃この街のいたる  それらしい影が点在する  それが終つた頃順一の姿はもうそこには見えなかつた  それがその秘密なのだけど近所の児島さんもそんなことを夕方役所からきいて帰り  それは空襲警報に移つてゐた  それはもういつ  それは少年の頃からよく散歩して見憶えてゐる  それは梅雨頃から咲きはじめて  それを支へようとする  それも昔読んだ  それから間もなく順一の家を訪れた  それをきいてゐると  それは戦争のためあらゆる困苦を強いられて来た  それまでこの戦争が続くだろうか  それはすぐ頭上に墜ちて来  それを拵える  それが互に物資の融通をし合っている  それを正三は知らなかった  それを冷然と見詰めていたが  それから戻って来ると  それから更に川に添った  それは機雷投下ときまっていたので  それに対する確乎たる防備さえあれば  それが終った  それは空襲警報に移っていた  それは少年の頃からよく散歩して見憶えている  それを支えようとする  それが顧客の購買力が増すにつれて  それも廃せられて  それを夫人や令嬢が自身で持つ  それと比べて  それならといつてくれる  それで芝居を観る  それはちよつと問題がちがふ  それもダメだとわかつたら  それだけの資格がある  それは山の手なる天主堂の壁にかけてある  それは丁度今日の東京に住んでゐると  それに伴ってはいる  それ故に常識化されるまでに  それが低気圧などの近づいた  それが一面には気圧の週期的変化となり  それは南がかった  それに刺戟される  それは丁度いつも客間の空気がその魅力の絶頂をなす  それが分ったが  それを大切にする  それからは黙った  それが考えられた  それをやめた  それをよけて窓を背にして靠れながら  それに合わせて  それだけでも三田の立場が難しくて危いことは  それが問題になって  それこそ矛盾してる  それを瞑った  それが偶然間違ったからって  それを云う  それは不可能であると拒絶した  それに対する泰造の態度も気にくわなかった  それで苦しむ  それを望んでいるだろうか  それを予想していた  それを読んで立ち去る  それとして在る  それを信じないというには  それだのに何故そうやって  それを譲るまいとする  それが或る角度へ変ると  それはもっと強情に正面から風にさからっていて  それだのによくもお前は姉としてたった一つの弟のよろこびに  それと重り合う  それを自覚してもいた  それを純粋に愛と正義とによってだけこの世にもたらす  それを強調して見た  それを苦にして  それを踏んまえて立っていたが  それがひとまず落着を得ていた  それで落着いてしまふ  それと決めよう  それかとも見ゆる  それと察せしと見ゆれど  それが酒屋のおやじのとのさまがえるの  それにあまがえるは  それは大いに同情するね  それが一日に一人で九百貫の石を運ぶなどは  それは全くカイロ団長の咽喉から出た  それから急にしいんとなってしまいました  それはしいんとしてしまいました  それから俄かにしいんとなった  それから声が又向うの方へ行って  それまで糺す  それじゃ少し啖呵が過ぎたね  それにはわけがある  それへ一縷の曙光を見出した  それを四日や五日帰らぬとて  それとは人が違っている  それも只とは違って  それを制している  それは見返り  それは癆咳に利くというので  それを諜しあわせたい  それをどれほど思っているか  それにはこうして渡る  それは今のお米の心を惹く  それを見つけ  それがてんから食い違って  それが世間へ知れたから  それを誰かといえば  それやこれも察してあげて  それに耳もかさないで  それを重ねた  それを女中の手に渡して  それもやがて声がかれると  それをつかんで  それはみな孫兵衛の粘り  それを捨てて  それに聞きとれているらしい  それをやらねえ  それを追う  それが見返り  それをなだめようとはせずに  それくらいな気組でいてくれなければ困る  それを見届けてから  それが合点がいかねえ  それへの幻想が暗示を描いてやまない  それが何と致した  それと唐突な客の顔とを見くらべていたが  それを言い解く  それも時折にやんで  それは固く断りたい  それは用意の黒布を出して  それが誰かさえ分らない  それを読んでいる  それを遂行するにも  それと折悪しく宵にここへ来あわせた  それへと洩れてくるささやきは  それとは夢にも知らなかった  それを気にしている  それを知らず  それを遮って  それをしも  それまでも世の耳目をおそれる  それもまたたく  それは弦之丞へ話しかけた  それを緒口にして  それをやるまいとして  それをかついでいる  それは幾すじもの赤い線となって  それを手当てする  それをうけて  それをもたない  それから二十丁ほどタッタと下ってきたが  それを見  それを支えんとする  それはたびたびいうてあるではないか  それを杖のように突きながら  それはもう住吉村には誰もおりますまいよ  それを訊ねに来た  それを知らねばならぬ  それだけの熱がある  それが一番倖せじゃないか  それへ跳び移り  それに添ってよれてゆく  それまで黙っていた  それに応じる  それを自分に向っていった  それに合せて謡いだした  それはまたいつ  それを剣山に匿われた  それが百二十年後の今日になって  それは思いやらるるが  それやこれを思い合せて  それがにわかの模様変えでな  それを味得していた  それを投げた  それを追ってまいります  それは知る  ソレお扇子が落ちました  それのような真暗な眼を往来に向けて開いていた  それが松川農場の事務所である事を知った  それにちがいないと思っていたが  それにも気を取られていた  それに広岡仁右衛門という彼れの名と生れ故郷とを記入して  それに息気を吹きかけて  それじゃ帳場さん何分宜しゅう頼むがに  それじゃ行くべ  それを噛んだ  それは結局食欲をそそる  それを吹いた  それに隣った  それを妻の手に渡した  それが佐藤の小屋に消えると  それを払い落そうと試みた  それを目がけて  それをわたすまでには  それが仁右衛門の血にぐんぐんと力を送ってよこした  それを感じない  それを板の間にはき捨てた  それにも背かなかった  それに托した  それが聞きたかった  それが小休むと  それを奪い取った  それはまた器用に翅を使って起きかえった  それはこの小屋の前では見慣れない  それが仁右衛門には尊くさえ見えた  それをその中へ浸した  それを赤坊に飲ませろとさし出されたが  それを心から淋しく思って  それは一応事務所にまとまって下る  それはしかし耳を押えて聞く  それを自分の小屋に運ばして置いて  それを知りぬいていた  それにさえ手を出さなければ  それが横なぐりに靡いて  それは毎日毎晩思いながら  それまで少し金を貯めよう  それに樽のような信玄袋を持って  それだから苦労するのよ  それに並行して  それも不安になって来る  それが何であろう生活の中の食うと云う  それはどろどろの街路であったこわれた  それは出してもい  それを買う  それを私に突き出して云った  それも暮れ初めている  それに胃腸も根こそぎ痛めてしまったので  それも海近い田舎から出て来たあぶらの  それも山国から来た  それも正当な権利を主張しているのに  それを大きい声で朗読してくれた  それでよかったら何日でも泊っていらっしゃい  それを払えない  それに座蒲団をかぶせると  それは来てはりますとも  それに少しも気が附かないで居る  それはもう何程の価ある  それを覆ふて居る  それが案じられると  それを食べて  それで済んだ  それは心にしまつて居た  それも思ひ  それでなくとも自分は彼方に居た  それは母を見ぬ  それを肩に載せて  それを取り囲む  それもわかるな  それをたかくなげては  それをなによりおもしろいあそびにしていました  それはおまえがいけないね  それを泉のなかからたすけだして  それはさうさ  それはきいてあげよう  それも無理はありませんでした  それを犬に渡す  それを叩いたり引っぱったりして  それから命がけほど頭を痛くして取って来た  それは僕がやって置くよ  それもい  それから式がはじまりました  それを穴の中につるして  それはよほど滑稽味を帯びた  それまでどこにいた  それをのぼりきると  それを身動きもせず  それまでからくもささえられていた  それまでまばゆいくらいに煌々とかがやいていた  それに夜道はなれている  それまでおれがうしろだてにしていた  それをもじやもじやにさせて置いた  それを隱してくれる  それにはろくすつ  それが路易のまだ子供らしくしてゐた  それがまるでピクニツクでもしてゐるかの  それが川の中に溺死體となつて發見された  それを路易は自分がルウベンスの繪のことを何も知らないせゐだと信じた  それには氣がつかずに  そればかり見つめてゐた  それににつこりと  それに似てゐる  それを嵬のと比較した  それを引込めると  それを受取りながら  それでカツフエへ行く  それをたいへん出し  それをはづすと彼は圓盤投げの  それが何かしら路易をおびやかしてゐた  それは娘に宛てた  それを取り消した  それは彼の手から娘の足もとに滑り落ちた  それにも彼は氣がつかなかつた  それへ近づけば近づくほど  それが初夏らしい午後であることに始めて  それをそれまでかけてゐた  それもあんまり他の客のゐない  それを結んだりほどいたりしてゐると信じてゐるが  それが知らず  それだのに娘の姿はまだ見えない  それがまるで妖精たちがそこまで來てすう  それにも氣がつかないや  それからあんなにも彼を苦しめ出してゐた  それは今夜ひよつとしたら  それとまで混同してしまつてゐる  それはますますこんがらかつて行く  それを見ようとして  それを引きよせて  それが接吻した  それがあんまりあの地震の時の彼の心のうちの異常さによく似てゐたからだつた  それを自分のせゐの  それまでル・アーヴルにゐたのよ  それを申しあげに来た  それをトレミユ大尉とやらの墓の前で吐き出すが  それを握る  それで安心いたしました  それには及びますまい  それは思ひ止まつて  それは伺ひませんでしたけれど  それに気づかず  それは申上げません  それも本当に美しくなれるなら  それが顔に宿つた瞬間にそれは一つの造形的な美として吾人の心に触れてくる  それが愉しいと云ふ  それが何であらうと思ふので  それは思ひ  それもさうだと  それに勢子二十人ほど集めて  それを獲って売って  それまで知っているが  それより一里奥の高手と呼ぶ  それは長崎料理の角煮に似た  それを燐寸の小箱ほどの大きさに切り  それとは違う  それを本胡麻の油でいためて  それが向けられていなくても  それは自分の顔とわかっている  それはなかなか美しいものだと感じる  それさえ使えば  それに含有せられている  それに手を近づけました  それを尚も近づけると  それを辛抱していますと  それは超短波についての認識不足から起った  それはどれほどよく磨いだ  それはそれは立派な避雷針を建てました  それよりも一層驚かされた  それは大きな飛行船を縦にした  それは恐ろしい速力で飛び去った  それを指摘し  それを切り抜けて行く  それが実は思ったとは  それがだめとわかる  それが現われるまでは  それだけでは科学者にはなれない  それが仕事であるという事を忘れ  それは比較にならぬほどの  それは問題にならぬが  それによって表わさるべき  それはもちろん違った  それがだれにでも認め得られる  それを得るまでは  それからさらに他の方則に到達する  それがただ一つだという点に著しい区別がある  それとはよほど似た  それは別にたいした事でもないかもしれない  それは日焼けのした  それを肩にひっ担いでいた  それは雑草に埋れた破  それが濡板を染めて  それだけでもう充分に有頂天になれて  それに暇さえあると  それにまだ懲りずに  それは全く二目と見られた  それを襤褸巾のように引き裂いて  それに気を配ばらずに  それを踏み破った  それを悪用している  それによってもたらされる  それがさけ  それはとりも直さず  それが民主化とどう関係する  それをうけ入れかねている  それは学内ばかりでなく一般に読まれていた  それに従う行動とをとらない  それを着こなす  それを承認した  それは実質的に日本婦人全般の教育水準と社会的地位の向上のために役立つほど  それは具体的に教育民主化を推進する  それには日頃乏しい生活をしている  それを批判する  それによって学生の精神的安定も保たれる  それを利用する  それを解決してゆく  それがはっきりした  それより僅か前に東大の工学部のある  それが必然の原因となって  それをならべる  それを固執している  それにふさわしい人類的処理が期待されて  それを観た  それは軍部が絶対に好まない  それは映画の主題歌から最近ではアメリカ流行のブギウギの真似までがある  それにつながる  それはあまり画家たちの良心を苦しめる  それでさえも戦争が進行するにつれて  それに刺戟されて  それにからむ  それは欺瞞のない日本の民主化と自主自立の民族生活をもつ  それを発展させる  それが委員会であるから行政施行法によって政府の掣肘をうけなければならないとすれば  それに応えては  それを堪え  それは益々増える  それは不思議な黒ずんだ  それを話しては  それを拒絶すると  それに鵜烏は浮かんでいるかと思うと  それは常識で考えても  それに耽溺するほどにはなれない  それにひきつづく  それは広汎な影響を持つ  それには現実の根拠が薄いので一向実際の文学は復興しないという  それが近代性において高度化して  それに皮肉さをもって対しても  それが学習者を指導し  それで調べて  それが間違っていない  そればかりに頼る  それをめぐっての有閑者流な人情の葛藤の面白さにすぎない  それに伴う  それが新しく発見されたか  それで十分らしく思われる  それには気球を用いてみた  それは門外漢なる自分の説明すべき  それは今年の夏になろうとする  それを一とおりすますと  それを見上げた  それが朴の木の葉であることを思い出した  それの立てる乾いた  それは私自身だってかなりさびしい思いを持ってはいた  それが朴と云う  それに釣られて  それは二こえ  それがそのまま啼き止んでしまうと  それは外にも大きな別荘を持っていた  それを借りかけて  それを見に行った  それはいずれ取壊そうと思っていますが  それをうす気味悪がった  それを見に来た  それと気づかなかった  それは惜しいことをしちゃったなあ  それも仕方がなかろうと思って  それを借りる  それからはまだお見えになりません  それは地所も千二三百坪からありましたし  それから少し歩いて行って  それは一つには爺やにやる  それを五千円で買いとった  それをとうとうそんな値でお手放しになってしまわれた  それは丁度いま時分のような夏になろうとする  それまで辛抱した  それがだんだん夫婦喧嘩になってきて  それが分からず  それを受取りましたが  それが百姓家に嫁いでいて  それをいま植木屋を呼んで売り払おうとしている  それで越せた  それに女中まで伴って  それを見届けた  それをきいても  それまですっかり話に気をとられて腰かけた  それはそうと日向さんのあとに来た  それをすこし眉をひそめる  それを引きとって言った  それを一つ敷地にして  それを欲しがって  それからはときどきその若い息子さん達がお見えになる  それまでは何処で何を渡世にしていた  それが一つのものに落着いた  それは産業に科学を応用する  それは創造的なものが非創造的なものに対して刺戟を与えた  それを学び  それは猛烈に動いているとしか云えまいと思う  それを云おうとする  それはどんなことを意味する  それを最大の可能へまで昂揚拡大させ  それが二度とは貰う  それは主として小説を書く  それでまとまりがつくなら  それとちがうべき  それにふさわしい人生の見  それならばと云って  それとちがって  それへの批判者としての人間精神も在らざるを得ない  それを蒙っている  それだけで芸術史上に名を残された  それは芸術を代表さして云つてゐる  それは美を感ずる  それを散文でつないでゐる  それは七つも八つもある  それがわかるね  それよりも理論水準が逆行している  それがその場の必要に応じて  それによって権威者の言葉そのものでなく却って自分自身の言葉に権威をのり移らせる  それが今或る事物について考察を企てようとしている  それに対する態度の決定とそれの消化とを用意する  それは先から云っている  それはまだいいので  それを知らないか  それだけで科学的だと考えている  それが世間の一般人の良識に出発しているからであるが  それだけでは科学の観念は進歩しない  それは再生産に利用して  それは読む  それだったら科学というものの意味が本当に分っていない  それだったら文句なく兜をぬぐ  それに対しては極めて平凡であるが次のような解決があると思う  それを無理なく按排し  それは寺田先生の随筆のような形で最も広く間違いなしに普及出来る  それは余り眼新しい珍らしい科学上の知識の集成に走っていて  それが充分ある  それも実際に効力があるか  それが科学者を作る  それは世界的に見て  それは結論をいってしまえば  それをどういう方法で探究して行ったか  それについての心得はいくらでも出て来ると思う  それに関する既知の知識を一つ一つ納得して見て  それが困難な場合には研究の歴史的発展の順序によるという  それに対して起した  それは大変な間違いであると私には思われる  それではつまらぬという  それには自然現象に対する疑問の出し  それで得られた  それとしてやって  それを繰り返すべきであると言っている  それに充分の芸術的力量を持ち  それは彼が傑れた  それについて触れた  それには理由があった  それより以前文学者の生活は社会の政治経済面での活動から閉め出されている  それが必ずしも客観的な望ましき内容に於ける  それもただ部分的に教わっただけである  それとてもたいして深入りをした  それが唯一の生きて行く  それを書く  それを文学とは名づける  それが文字に現われて  それを照らし出すという  それと同じような現象が過去にも起こり  それは狂人の思惟の方則と論理に従って動いているからである  それと似かよった  それを批判しうる  それを引用し  それがあたかも大傑作であり世界的大論文であるかのごとく信ずる  それがはっきりと指摘できるから  それがそれらの量自身の間の関係を示すだけでなく  それが人間の気温に対する感覚の方則を与えるであろう  それもきわめて断片的に知っている  それからして  それによって人間界の現象について教えられる  それだけを見て  それが現実の対象とほぼ同じ役目をつとめる  それが彼女の運命を導いている  それを観察した  それによって得られた  それを捜し出す  それをこの選挙の結果に帰した  それが忠実な記録であるために実証的の価値があり  それがどんなに現在の凡人に無稽に見えても  それがその固有の功利的価値を最上に発揮される  それは人間に有用な真実その物の記録でなければならない  それに関する抽象的な概念の関係に属する  それが近代科学の基礎として採用され  それを科学がわれわれに思い出させる  それを見のがしている  それに無関心な世人の注意を促すという  それであるかと思われる  それが文学であることを妨げない  それが多数の健全なる理性の所有者にとっていわゆる芸術的価値を多少なりとも認め得られるとすれば  それは物質科学の方面だけが先駆けをして  それがすぐれている  それを文学と名づけるに  それが少なくもちゃんとした  それは実はやはり書いた  それはきっと著者のほんとうに骨髄に徹する  それをあえて修飾する  それが種となって  それを飾る  それをシャーレの水面に浮かべ  それをスフェロメーターの螺旋の尖端で押し下げて行って  それを学生のいう  それが後年何の役に立つかという  それは動物や人間が丁度自分のからだに必要な栄養品やビタミンを無意識に食いたがる  それにははじめからあまり一つの問題にのみ執着して  それはやはり神近さんが訳して  それもなるべく早く知らせて  それは私たちにも同感をもって理解される  それを語っている  それを無視している  それにつけ加えてゆくという  それを身につけ  それをある  それは暖く躍る  それがどんなに多くの多様な光りを  それをよんだ  それに対する心を描いている  それよりも高い程度で常識に近く扱われている  それが承認され  それは決してやめない  それが生活の中では一向活かされていない  それを並べてくっつけて云って  それが年頃になっても止まぬので  それを雄大な顔だと己惚れていた  それでわかる  それを知らずに死んだ  それを二十六の花嫁の顔と見て  それが夕闇のなかに消えて行く  それを蔵いこむ  それが母親にしろ  それに心配せんでも  それくらい傍に寄ると  それを此の少年の口から告白させる  それが眉をひそめていると  それが飛び上る  それが物想いに悩む  それを此の女は知るまい  それがどんな実際の言動を意味している  それが証拠品となって  それだけは如何なる破  それだけでは釈然と出来ぬ  それが彼女の美貌を証拠だてるという  それを抵当に貸し付けた  それを相当の値で買いとってやる  それをもって安二郎がうけ  それも入学試験のむずかしい一高と二高と三高だけに限り  それで肚が決った  それも三高生になれたという  それもたとえば短艇部の合宿生が面白半分に担いで行く  それを担いで行く  それを実行する  それが豹一の若い心を明るい町の方へ誘う  それも他の者と一緒に笑う  それで覚えていた  それは僕も知っている  それを察した  それを誤魔化す  それにエプロンを外すと  それは決定的なものになったという  それから三日も下宿へ帰って来なかった  それに気をくさらして  それを自覚して  それには触れなかった  それぐらいは貰わな  それより一時間も待たされたので  それをごみ箱へ捨ててしまい  それらしい会社は見つからなかった  それで採用と決った  それがいかにも律義者めいて  それは我慢出来るとしても  それを小さく畳む  それも大抵お勤人ばかりを注視していた  それを連載すれば  それで以て昇給を期待する  それがどこにも載っていなかった  それが気になった  それが実行出来  それが初対面の女の手をいきなり握ろうという  それを見逃すまい  それよりも豹一がおそれている  それが実行出来ない  それも感じた  それはまるで掴むといった  それが女房に貸しつけた  それを想えば  それも足袋をはいて寝れば  それは余り残酷だと思ったので  それぐらいあいつでも知ってくさるやろ  それ知らんのやったら  それを苦にもせず  それが胸をしめつけた  それを通過した  それでちょっと慰まった  それがまたとても暇の掛る  それがあると思い  それを一言も咎めなかった  それに突拍子もないところへ大阪弁が飛び出したりして  それが休む  それを吸う  それならば土門の変った  それすらも言わなくなったどころか  それまでに貴様の汚ない顔を見せなけりゃ  それを自分のことのようにきいて  それが全く根もない事実に過ぎないと  それをきいてしまった  それはまるで座附作者が役者に科白をつけているとしかきこえなかった  それに返辞しなかった  それが怒りを爆発させない  それを東洋新報だけが黙殺したとは  それでなくとも編輯長は土門を叱りたくは  それをひきずる  それに就ては詳しく書かなかった  それだけに一層なにか手の出せぬ  それを佐古は平気でやった  それに反撥した  それを想い出した  それはよう来てくれはりました  それに洋酒を注いで立去った  それを口へ流しこんだ  それに腰を下ろした  それと前後して  それに耳を藉そうとはしなかった  それと気づいたらしく  それとわかって  それからもちょくちょく来た  それは彼女が大急ぎでべたべたにぬりつけた  それを振り切って帰る  それが言葉も掛けずに  それに順応した  それで謹慎してりゃ  それと知ると  それに面と向っての  それのようにつんと乙にすまし込んだ  それが口に出せなかった  それを言いたくないと  それをむきだした  それがかえって  それを怪しむ  それで佐古は一層腹を立てた  それに興奮していた  それを感覚的に想像するに及んで  それに比べると  それを救っていた  それを多鶴子に渡した  それに深い意味を見つけざるを得なかった  それは約束がちがうという  それを気づくと  それをまた自分に無理に思いこませて  それやいけませんね  それがあると  それだけを言った  それをちらっと見ると  それよりうちの新聞にひとつ良え記事書いて  それが一層みすぼらしく見えた  それが当時の世界的なレベルでの到達点でもあった  それが他の国々で摂取され  それはおのずから歴史を反映し  それをかみこなす  それに絡んで  それと対立しつつ  それにふれないで  それを全く感性的に行っている  それをめぐる  それに引つづく  それが誤りであると指摘された  それをもって行為的指針となし得なかった  それにめぐり会えずにいる  それを行っている  それを主唱している  それが発言されない  それによってより光明的な方向に生活を押しすすめて行くべき  それが日本へも移植された  それはきびしい現実からの批判を経た  それよりせまく内容を定義して  それがおいおい発達して  それを掘り出したり  それは実際にあり得る  それをヨーロッパ人に売って暮している  それが拡がって  それがなぜ他の古代の王国の文化の中に拡がらず  それを計画する  それから逃れる  それが普遍化する  それを水に一ト晩さらしといて  それで気がついた  それより他に言葉もめっから  それからくるりと奥さんの方へむきなおると  それまで一緒に遊んだりした  それをもう本もみないで  それがわかった  それからはこんにゃく桶をかついでいても  それを中心にした  それは京都であった  それをとりまいて頼りきった  それは女房とか家庭というもの自体にこのような魔力がある  それは決して事変このかた生めよ  それは実際男と女の存在する  それを楽しんだりした  それに対する万全の具えが  それだけしか習わない  それはまさに彼の個性があって  それ故見事な芸術品だと思っている  それを望む  それが如何ほど激しく生と死を一貫して貫いても  それはただ心の綾なのだから実際に頭を下げたりしてはいけない  それにヒケ目を感じる  それを灰皿につっこんで  それをいい加減に出鱈目に並べさえすれば  それを下に置いた  それは別に心にもないことを云っているでも  それに眼をやった  それを思わないでも  それは寝ていた  それかも知れぬ  それと言わずに逢わせた  それへ火を移して  それまでになった  それは経験によれば  それは最初の興味を惹いた  それをとらえて  それをまた小口から細く長く五分の糸のように切る  それを杉箸五本くらいを片手に持って  それを十分間くらい根気よくかきまぜ  それだけで立派な吸い  それに熱湯をさすだけでできる  それに薄口醤油を入れ  それを椀の中のとろろ昆布の上から注げば  それには条件がある  それよりか船長の一身上の生活の行路の方が気にかかる  それよりも更らに簡潔にして  それは尊重されなければいけない  それは当りまえの  それは避けた  それくらいの苦心をしても  それも一週間に一度以上多くやっては  それを信じて  それと異らずよく似たり  それならと手を取る  それじゃあ困るわね  それはたってお聞き申しませんまでも  それならばと思ったがね  それだからもう一生人づきあいをしない  それで世の中が済む  それが分る  それを承知は出来ない  それじゃあお分れといたしましょう  それにも馴れて  それをお信じしませんでしたよ  それを細やかに言ひよられて  それを貴女の爲に喜んで居りました  それを思うた  それを語れば  それをそのまま飛びついて書くといふ  それは我慢のならない  それから数年の後に国外の学者によってその若い学士によって予測された  それを偽りだという  それだけでは科学者とは云われない  それまでを元禄の西鶴に求める  それと比較してみると  それはいかにも附焼刃のようで直接の読書によるものと思われない  それを検証する  それを下手人と睨むという  それと比べてみると  それはいずれにしても  それは当代にあっては  それを克服するだけの  それに外ならなかった  それだけにきまっている  それを一生欠かさず  それを怖れた  それを得々としている  それを他人にのみ責めて  それはいけません  それがまだはっきり掴めなかった  それに加筆したならば  それで可笑しくなって  それをごまかすかの  それがなお彼の饒舌を煽った  それが習慣になり得ないからだ  それがよく分ってくれる  それがばれちゃあいかんね  それくらいの持合せはあったので出してやった  それかと云って  それが妙に淋しく響いたので  それを呼びとめた  それをとめた  それへうつした  それからよほどたっても  それを片っぱしからつかまへた  それは黄という吏部の官にいる  それを走っていって  それがために周の家の下男が打たれて責められる  それがためにその夜は睡らずに寝が  それは姑くおいて  それを嗾けられた  それに金をやって  それには駭いて  それがために成が法院へいって  それからはますます成と肝胆を照らした  それを周にすすめた  それから還っていったが  それを見送った  それを曳きよせて並んで坐っていたが  それと共に自分と成とが位置を易えた  それにはなまなまと  それは成の法術で幻を見せたではあるまいかと疑いだした  それがまだ捕らないです  それに応えようとした  それを研の上に置いてから  それは化して  それも一いち黄金になった  それによって世間で周の家と成の家には点金術があるといいつたえた  それを片っぱしからつかまえた  それを食べるのに  それを縦に切って  それを食べる  それは大統領の朝食と言っても  それにスモークド・サーモンをつけよう  それにシロップとバターをたっぷりとかけ  それを呼ぶ  それができるか  それを自分にくれた  それはいまでも続いている  それをぬぐい続けた  それを吸いこんだ  それをいま運転していて  それに面して横たわっている  それはシャーリーの言うとおり  それまで英語だったぼくたちの言葉は日本語に戻った  そればっかり考えていたわ  それをとらえた  それを持っていると言ってました  それは知らなかったです  それを学校へ着ていき  それはよくないことだからやめろ  それまでのハワイにあった  それがいっぺんにカラー写真にとってかわるの  それがハワイに入ってきて  それを彼に進呈した  それを荷物のなかに加えた  それに気づくよりも  それをぜんぶつなげると  それにサインし  それを桟の上に並べ  それに対する相手の反応を充分に楽しみながらも  それを置き  それを外側から見る  それに対応した  それまでに彼の両親に会う  それを降りていくと  それに付属して  それを父親が微笑を浮かべて見ていた  それをヘレンはケースにおさめた  それをかかげて見せ  それを手にして  それに違ひないので  それを讀んでゐる  それを渡すから  それは確かに希望と幸福に燃えて  それは確かに退屈千万で堪へ  それはそれなりに終るからです  それを眺めてゐる  それを発見されない  それをキッカケにヒョイと頸を引つ込めて  それは小さく動かない  それらしい痕跡もないひろびろとした  それまではあの一部屋に限定されてゐた  それだけの現実しか見知らない  それの出来ない  それを肩に担ぎ  それは根岸御行の松に住んでいた  それは誰にも解らなかった  それは感心されぬ  それが口授親傳され  それよりも墨子の書が幾篇を亡つても今幸に五十三篇を存してゐるから  それも疑はしい  それを院に収容する  それがめずらしく形を現した  それからある  それは今住んでいる  それを見出した  それを廃めてわたくしと同居しようとおもった  それからは有中に陣大鼓の綽号が附けられた  それを香以に取り次いだ  それが職業となった  それには二分金がはいっていた  それに託して  それは吉原がおいらんのいます  それを信じるには  それを誰よりも誇りにしてゐる  それをするまで  それを今日諸君の前に申上げて見たいと思ふ  それに対する私の結論が少ない様な恨みもありますが  それが出来ずに  それに就て私は外国と比較して  それを怠れば  それと同時に内閣が度々変りまして  それが観念論哲学の一分枝に過ぎなかったからばかりではなく  それが少し量的スケールを大きくした  それがマルクス主義に依る  それに直接する  それとても単なる全盛の一余波につきる  それは立派に思想上の問題として取り上げた  それが現代日本の科学論の正面の性格をなしているだろう  それが真面目に取り上げられ  それが見てゐられたとすれば  それをやつてゐる  それが文学的すぎるといふだけの  それはただぼんやりわきに向いてるだけで  それは日本人の歪められた  それは探偵小説のよい動機にならない  それは文学のテーマとなっている  それはまざまざと書かれた  それで生きて行こうとしている  それを別のひろい表現で云えば  それをうけ入れているからである  それやわからん  それを考へた  それから先だと思ふが  それもわかると  それを云つてしまへば  それも純粋すぎるからだ  それやいろんなやり方を知つてるの  それはよしたの  それをやつてみるだけの  それがどう云う  それから一番遠いテエブルへ行って  それにはちょいと唇を触れたばかりで  それは何故かと云うと  それが結局自分を飛んでも  それへ煙草をつめながら  それで黙って恐れ入っては  それこそ僕一人の迷惑ではありませんからね  それから一種の失望とを同時に心の中で感じながら  それは君はそう云う  それを何だと思いますか  それが気にならない  それはいます  それで満足する  それへと仕事が出て来て  それまでに書いた  それを積み上げて  それより来る  それには紀念館を法人にするとか  それが出来た  それも然るべき人が見出せない  それに従って貰うべき  それがつながり連がって行くという  それも聊か下火になって  それとても隻手をもって  それまでこんな強い感銘を受けた  それは原作そのものが優れていた  それを仕  それは高田崇拝の余り余輩は二三の雑誌にその感想を投書して載せられた  それに作者は一向聞えた  それが興行方を懇請されたが  それに応じたか  それは全く出来ない  それが近頃では大阪へ行って  それに耳を傾けた  それを読むと  それもいけない  それを受取った  それからそろそろことがよろしくなくなって来た  それが為には何処まででも我輩は試演の見分に行く  それが為に我輩の悩まされたると  それが機会でまた彼が復活して  それから籾山半三郎君が出資者となって  それをともかく動かした  それを許す  それにはまず都下の新聞関係者を招待して  それこそいいように母屋をまるめて  それで済んだが  それは追って稿を改めて述べる  それから大隈伯の演説は二三回聞いた  それを説明或いは訂正をなさしめた  それは必ずや副官達に心ある  それが為に同僚の記者が大いに面目を施して来たという  それは当を失している  それは新聞の写真顔で見覚えのある  それは追って思いつき  それはまた少し後廻しにして  それも細かく書くと  それは後日の事として概略だけを書いて置きたい  それを三本ずつか何かにして  それからケースを三枚ばかり買い込んで  それと材料を買い入れ  それへ自分でインキつけまでして刷り出した  それが実行にかかった  それに気がつかなかった  それをまた誤って  それは前にいう  それに該当する  それは乗れ  それは赤く太い線をひいた  それを次々にまとめて  それが出来ず  それを疎んずるという  それを慰問するほどの  それが為に事業は最大級に悪化してしまった  それをそうしないで  それは已むを得ない  それに我輩が誰れが  それは何でも大正八九年の頃であったと思う  それと同時に都新聞の背後にも横田系即ち政友系が大いに進出して来た  それが松岡君の耳に入ると  それを飜す  それは今の何の巻のどの辺からであったか記憶しないが  それは松岡君との約束もあるが  それまで書きましょう  それはどうも困る  それはお約束は出来ますまい  それから幾程を経て  それからだんだん暗さを増して  それを口にくわえるとか  それが出来るなら  それがどんなに美しくうつった  それは正月を目の前にひかえて  それじゃあ腹がへった  それに絵をかいてやる  それからつづいて  それをどんなに喜んだ  それとの関連において初めて具体的に答えられ得る  それが認識の問題を取扱うか  それはどこかの場当りなブック・メイカアがこしらえている  それに対して漠然直感されている  それが現代の文化の波をどのようにうけ  それは早く破れて  それは二人以上の夫には会わなかった  それがさらに頽れて  それは地方地方の神職の元締めのような位置にいる  それから游離した  それではとおらぬ  それこそ数えきれぬほどある  それを最も痛切に感ぜなくてはならぬ  それを主人も呼び  それが一昨年太郎兵衞の入牢してからは  それまで正直に營業してゐた  それを殺させぬ  それをお奉行樣が聽いて下す  それはわからない  それは助けてもらひたいわ  それを受け取つた  それを重要事件として氣に掛けてゐて  それを披いて見て  それから一應の處置を考へた  それまでに願書を受理しようとも  それを探る  それを披いて  それを見て微笑んだ  それはすぐに消えて  それが一昨年太郎兵衛の入牢してからは  それから二三日たって  それまで正直に営業していた  それに並んで  それをお奉行様がきいてくだすって  それは助けてもらいたいわ  それについてお願いがございます  それを受け取った  それにはたれも  それを重要事件として気にかけていて  それは目安箱をもお設けになっておる  それをひらいて見て  それから一応の処置を考えた  それをひらいて  それを見てほほえんだ  それは何を謡っている  それをうけとる  それが今年は十二になったというので  それは父親が大奮発で買ってくれた  それにうまく跳びついて  それが直体に重く感ぜられるので解った  それを受け取り  それからは木之助はうまくやる  それが馬鹿に重いような気がした  それも横目でじろりと見た  それを見ていたが  それじゃお父つあん  それに自動車の太いタイヤの跡が道の両側についていた  それから優しく咎める  それは耳をそばだてて  それを包み  それじゃもういくら上げたら  それなる母屋の中二階に引越した  それにこう申しては  それが伯父御に当ります  それは遣繰の  それでございますから一日でも顔を見ませんと  それへ久しぶりで不沙汰見舞に参りますと  それを包んで  それもこれも判事がお米に対する心の秘密とともに胸に秘めて  それがお米の身に結ばれるという  それはそれは綺麗に咲いた  それから一式の恩返しだといって  それからはその島屋の饅頭といって  それは私もあの辺に参りました  それから二年目にとうとう亡なりましたが  それじゃあそれなりになったかしら  それがまた目まぐるしく大揺れに揺れて  それはまたどうした  それが御祈祷をした  それは問わないで下さいましと  それは殺されても  それにつけ彼につけましても  それを思い出す  それが私の霊の中から来る  それは背が高くやせて  それは死の織  それは一つ一つに暗い世界に出て行って  それが今日まで言い出せなかった  それに万事内輪にと思いますから  それはとうさんのためにもよかろうと言って  それが一斉に運動を止めた  それからは毎年年忌の回数を取り  それはお祖母あ様が亡くなられる  それが偶にけふの  それを聞いてゐた  それが異様に響いた  それと同時に自分が奈何にも老衰して  それは人々の目が兼て自分のぼんやりと感じてゐた  それはまだ極めてゐない  それは千人針からはじまって  それに応える  それを三十一文字にかいていられる  それを眺めていたとは  それは結婚に到る  それを考慮に入れて  それを近代性が彼女に与えた  それは現代の経済内容を盛って  それもなかなか他人には充分に話せる  それを他人に話そうとは思いません  それも本当に理解のある  それはただ行きあたりばったりに出会った  それよりも各自の自己完成を一義としていたくらいでした  それもすすめる  それに身を切られるほどに  それに同感していました  それが私にも及ぶ  それからはまったく独立していた  それも私には自分の無力を思うと  それは現在の社会の欠陥なり不徳なりを充分露骨に現わしているとします  それに対してすぐに心からの憤りを感じます  それが自分の力でどうなる  それにたべる  それは周囲のいろんな係累に妨げられて  それを信じています  それに子供は子供で自分の生活を持っています  それよりも何にも考える  それは人間に無理に重荷を背負わせ  それは恰も緑青を塗ったとでもいおうか  それの作される  それが可能に見える  それは叫びとそれの当の対象との関係を認識しようとした  それの当の対象との関係がより細かに知られるに  それを確言する  それを心臓の方へ導かうとする  それは人が卑屈になるからだ  それを表現する  それに稼業馴れない  それさえ知れれば  それは組仲間の者でもうすうす知っている  それじゃいくら屑籠を背負って  それにあせって  それこそだいぶこと面倒になるだろう  それはあきらかに柔らかく温い女の手だと知れる  それやこれやも聞きたいし  それは私も見込んでいる  それをまぎらす  それをお聞かせ願いたい  それを訪ねてまいりました  それを取りに来ているのでござろう  それと知った  それをしきりに思索した  それをいえ  それが脱げ  それを潜り抜けた  それを潜ってき  それへ手をかけた  それは伺うまでも  それをきいて貰わにゃならぬ  それをご承知下さるなら  それは一朝一夕に話せぬが  それはそれと分ったが  それをいうておくれでない  それへ波瀾の絶えぬ  それが耳に入らなかった  それを知っていやる  それをうけついで  それを貰って  そればっかり見てる  それに巻かれて  それをポーンとほうってやって  それがありありと聞こえた  それも一理あるな  それを手に拾って  それを拾う  それをもぎ取られた  それを見捨てて  それにはこのほうも当惑いたした  それにしたがって  それをこのほうから訊ねたい  それをつけて行った  それは朱色の自来也鞘であるように見られる  それに従いて歩みだす  それを果たされなかった  それは似ても似つかぬ  それにも答えず  それを考えあぐねていた  それを真似して仰むけになる  それを聞きとがめて  それを相談しようという  それを何よりすまなく考えてきた  それは軽い失望にもあたらぬ  それを見かけた  それは自来也鞘をおびた  それがお前の親身だというこた  それを見すえて  それが弦之丞であると知ると  それを表に現わして立ち争っては  それを見つけると  それじゃそこへまいりましてから  それこそ本当の児獅子が牝獅子の乳へでも狂い寄る  それが不思議に目に映った  それは虎のところへ遊びにくる  それは紺股引にわらじをはいた  それは自分で自分にいう  それに似よった  それらしい女は上がってこない  それはまぎれも  それを取り巻く  それが利くか  それがよいように考えておりまする  それはよい所でご一緒になりました  それに来る  それは対手に感づかせない  それを持っていた  それさえあるに  それを問う  それに触れず  それは先日お話しいたした  それにて安堵いたしました  それは困る  それはやっぱり事情のゆるす  それへ出された  それを入れてきてくれい  それをしまいこんだ  それをすすめて  それが箇条書きに並べられてある  それこそどんな災難が降ってくるかも知れない  それを渡して行ったの  それもベットリと黒い血にひからびて  それをお綱にいわない  それが一番怖ろしいと思っている  それを振りもぎって  それをもぎ取って  それが解けない  それを覚ってきた  それに違えねえ  それを秘し隠しにしていましたが  それを明かそうとした  それはやはり甲賀世阿弥としか読めない  それへ驚目をみはった  それにつりこまれて  それをゆるす  それへ便乗する  それは恐らく無駄であらうといふ  それを筆にするとなると  それに努力する  それやさうでせう  それを私に通訳しろである  それはこじつけで  それは彼等の言葉癖を解せぬからである  それは土の色がまつたく  それも停車場附近で人力車夫が争つて客を呼ぶ  それはたしか常盤街と云つたと思ふ  それへコツプをかぶせて持つて来た  それは諦めた  それが一時間で着く  それを私の前へ抛り出した  それは殆ど普通民家を大きくした  それをひとつもいで  それをやはり傍で聞いてゐた  それであらうと  それを拾ふ  それを切る  それを突きつけた  それをなんとかして  それを知りたがつた  それとの本質的な区別を説き  それをまだ私にも語る  それやよく気がついた  それにあてられてゐた  それとあまり変らない  それへタオルを敷いて  それも止むを得ずです  それをまた自分に咎める  それを払ふでせう  それが出て行くと  それは見ておきたい  それがいくぶん死を怖れるといふ  それを説明してくれ  それが信じられない  それで安心はできない  それがどうかすると  それをやらないだらう  それをちよつと聞きたい  それはつまり警察力の微弱を語る  それは好意ある  それが卓子の代りになる  それも出来なくな  それだから今日もやつぱり参加しなかつた  それからスヰツチをヒネ  それが一週間も続きましたかな  それを心配してゐます  それをうつかり忘れてゐました  それがそんなに必要なこととは思はなかつた  それがためには従来の対支観念を清算して  それを信じた  それはもはや仮面としての欺瞞性をもたない  それへ乗り込むと  それを欲しさへすればい  それは昔の大官の住居にも似て  それを頼んだ  それを忘れてゐる  それを口に出して  それから何年かたつた  それを知つてゐて  それも惜しい気がして  それを一つづつ分けた  それが進退して  それが文芸復興の時代に入って来る  それは鉄砲が使われ始めた  それは武器を投ずる  それが敵前で動く  それで戦闘が思う  それを濫費する  それを弾圧して  それが時代の性格に最も良く合っていた  それに移る  それだけで敵は精神的にやられてしまった  それで持久戦争になった  それは英国に対する作戦基地を得る  それで指揮単位は小隊になった  それかと言って  それぐらいの破壊力のものであろうと思います  それをキリスト教の坊さんが引受けて  それが隣り合わせている  それに対する確信があってこそ  それによって初めて三十年後の決勝戦に必勝の態勢を整え得る  それは驚くべき  それを可能にした  それを不思議に思う  それに一つの体系を与えました  それに綺麗な声でお経を読む  それが末法の長い時代を指導する  それが承  それが最後の世界的決勝戦になろうとしている  それが何時来るという  それは素人のいい加減なこじつけだと言われるだろうかと存じますが  それを日本に納めて貰いたい  それを陸海軍に納めた  それが空中に飛躍する  それには賛成ができない  それに対する合宿生活に入る  それを堅持して  それに追随できない  それによって世界統一即ち八紘一宇実現の第一歩に入る  それからの人類の永い精進によらねばならない  それに関する予想を述べて見る  それは諸国家と平等に提携し  それを体験する  それが持久戦争の重大原因となった  それに搭載して  それによって撃ち出される  それは宇宙の森羅万象に比べては  それはわたくしに分かっていましたの  それも分かっていましたの  それと同時にあなたに対しては気違染みた  それからどうなったか  それをあなた平気でわたくしにお聞きになる  それは知れた  それもあなたには知れている  それがなんになる  それはふしぎにも人間の形をした  それは私が生れて始めて嗅いだ  それを乾燥した  それは綺麗な紅い唇をした  それに刻んだ  それは外部のものの覗うことの出来ぬ  それを大いにほめた  それがすっかりやむ  それくらいの年の女性が琵琶を弾じている  それが過ぎ去って  それを一まとめにして  それが入賞した  それは幼い子供たちが次第次第に智慧づいて来た  それをよんで見て喜んでいました  それはあたしの父さんが描いた  それが街子の最初の悲みでありました  それを強いて言い伏せて  それについて大きな用意がある  それは信じてゐる  それからまた声をかけた  それが焔のようにくずれては燃えてる  それについていろ  それについて話す  それを一目見たいと思った  それよりも自分のこの恥しいいまわしいことを知られたらと思って  それは丁度予期しない  それが縁となって  それまでは緑雨は貧乏咄をしても  それから比べると  それならばとがめる  それがその場で落ちるという  それが五年も休止状態にあった  それが何月何日ごろに当たるであろうという  それを研究するには  それには問題のつり橋のどの鋼索のどのへんが第一に切れて  それで形式的には収まりがつくが  それが倒壊し  それを全部取り寄せて  それらしい相手の折片の表面にある  それには機材とほぼ同様な形をした  それを現品のそれと比べたりした  それがもどる  それから考えると  それをだれも知らずに  それがたくさんあるらしいと思わせる  それを一般に知らせさえすれば  それを止めだてするという  それで検閲はパスするが  それが人為的であるがためにかえって人間というものを支配する  それが一つの科学的宿命観でありうる  それを採用実行する  それに対して一つの心配する  それで息遣が  それは何と返事をして  それを抑制しようとした  それを怪み訝る  それを待っている  それがある極まった  それが分かれば  それをやらねばならぬ  それをやり得た  それを作らせ  それを真実封じうる  それは読者にまかせる  それが法律であるからにはひとにも厳格に適用し  それで死ぬ  それが何であろうと歓迎せずにいられなくなっている  それには耳を藉さなかつたが  それが懲らし得る  それ迄は自ら洗礼をうけ  それが此通り消え細る迄にや  それは山田長政が象に乗  それを自家の製作の上に生かし  それがわしには相応しとるて  それがために友に飢ゑてゐ乍らもさう  それに不快を感じて  それとは見  それを自分の莫迦らしい気の故であるといかに思ひ  それが苦痛でなくなる迄  それは普通和蘭屋敷と呼ばれてゐる  それに書かれてゐる  それはまつたくですわね  それは古い南蛮渡りのこんた  それを灯りの下へ持つて行き  それを撫でてゐた  それをかくし  それが貴方の胸の中の恋人に似れば似る  それが又どこか妾にも似るのよ  それを造るよ  それを見たら  それを見たらね  それの後ろに次第に消えて行く  それは俺から一層緊張した  それと気取られる  それで掴まつて  それは売る  それを売る  それを主人に見せると  それは自分にとつて売つてはならぬ  それを記念せん  それには否でも応でも金銭が必要とされる  それを精神的な実在と正しく解釈した  それに引つか  それが少しでも傾ぐと  それなしには人間は自然に対抗出来ない  それは君の云ふ  それは神に遠ざか  それが好きでもある  それが得られなくとも  それは決して自暴自棄からではありません  それを君がきめる  それは自暴自棄に似てゐて  それは貴方丈けと云ふ  それをちらりと見た  それを見続けようとする  それをぶち壊はす遊戯に快感を感じ  それはなほ彼の病的な好奇心を戦慄させ  それのいかに怖るべく  それがかく迄  それ迄知らずにゐた  それだからといつて憎み  それ故彼は石段の上り口に突つ立てられてゐる  それは聞いた  それを踏んだかて  それを君や世間の有象無象に踏んづけさせてくれようと  それが何を語る  それに間に合せたいと思ふ  それを承諾して下さるとすると  それに自分の作物を人の下駄にする  それを踏み  それを身うけが出来る  それは自分の好きなものを態と譏り  それが出来ないのよ  それは貴方を愛するからよ  それに棺桶だつて直ぐ蓋ア開けられる  それや自家の者が頭陀袋を取り外す  それを探りに行く  それは多分先刻お願ひした  それを捕縛しに来てゐる  それもどこでやる  それに風も出て来た  それを探らうとするのであらう  それと知らずには  それは又善良な教養のある  それでゐて角立たしい  それは却つてその重大な意義を消す  それを深く愛し  それはフェレラと共に彼を妓楼に訪ねた  それより彼はもうその嬉しい仕事の想像に気を取られてゐた  それが出来る  それを踏む  それを能う踏むであらうか  それを踏むならば  それを本望とするであらう  それを為し得るであらうか  それを作つた  それがよく出来てゐる  それをなし  それは皺くちやな  それに堪へた  それは彼には実に意外な事に思はれたが  それが聖像であると云ふ  それならばあの人は今迄幾度かそれを為し得た如く  それを為し得るであらう  それを我が意の如く成さしめ  それ見い  それをうけ  それに即し  それなら逃げる  それは妾が知らせて上げるわ  それは本気で信じられるには  それを踏まない  それは分つてゐるな  それを踏んでやらう  それを認めるが  それを抱きか  それを恭しく台の上に置くと  それは少くともジヤアナリステイツクには困難を避ける  それからクリストの一言一行を忠実に挙げてゐる  それはパンを斥けた  それは彼自身には大体歓喜に満ち  それは彼女等の洩らして来た  それは彼自身には一つの比喩を作るよりも  それは同時に又科学的真理にも違ひなかつた  それは我々の腰に垂れた  それは或はクリストには第一の十字架だつたかも知れない  それは悪魔と戦つたのよりも更に意味の深い出来事であらう  それは彼にはどうする  それは無花果の彼の予期を裏切  それはもう情熱に燃えた  それは土埃りにまみれ  それは又同時にユダ自身の中に悪魔を発見する  それは彼等の社会的に感じなければならぬと  それは天上から地上へ登る  それすら大方はすたれたり  それより四方に向ひ  それを厄払にやるはいづこも  それも手に持ち  それより余は館に行きて  それで思ひ出したが  それより後よりより余も注意して  それも善き部分だけを用ゐる  それを窓先に据ゑて小鳥を十羽ばかり入れて置いた  それを予防する  それも眼に入らぬ  それを酒の肴にする  それを生きている  それを自分の巣へ運んで行く  それを子供達に与えると  それは蜜蜂に似た  それを縛った  それが二升ばかりもあった  それもすぐに癒った  それを手に持って  それらしい模様も見えなかった  それを堯はいつも大変喜んでたべた  それを断る  それを呑み込んだ  それを飲み込む  それを廻してやった  それを持って来ようと  それを着る  それと共に薬もその前後に与えられた  それを飲み込んだ  それは何とも云わなかった  それは殆んど出来ない  それを私は座敷の柱に貼りつけた  それに自分の意志を以てうち勝ってみせる  それを開いてみた  それを私の母は心配して居た  それに執着して  それを取ってやると  それを何度も何度も小さい手で披いて見ていた  それに高熱にも頭が少しも侵されないらしかった  それが嬉しくて涙が出て来た  それはもう恐らく出来なかった  それは堯が生れて  それが近づいて  それからどうだもう見る  それに脚気の原因があんまりこつちを  それから白い矢をしよつた  それを見きはめて  それが将軍の顔を見付けて生えた  それを手で制し  それを噛み  それを狐がします  それをゆすぶると  それは算師がやるで  それにいつたい  それには及ばない  それをご承知くださいますか  それをつまみあげ  それにまたがれば  それへ分れて居る  それを二度もやられると  それにこすられては  それを眺めてをると  それをおばけと見あやまって  それは決して村人たちの陰部が実際に腐っていた  それからも絶えず他所の家で厄介になりつづけてゐたので  それは何か思ひちがひの  それ迄に僕にここを出てくれと  それは僕の迂  それを両手で掻き集めて  それはあの人も子供まである  それはやはり何かに追つめられてゐる  それはつまり彼が平常色々の考へ  それが当り前だと思つてつけ上るばかりであるから  それが嬉しいと見えて  それに背後で六遍巻いてある  それを卓の上に並べてゐる  それには気が附かずに  それは今とは心持は違ふが  それはよして下さいな  それにネルラを掛けさせる  それを焼鍋の上に落して  それを皿に載せて  それから何遍も焼いて見る  それに復活祭やニコラウス様の日に生れる  それを買ひに往く  それ又浮いた  それは命を取られないでゐた  それと同じ心持がする  それから六遍続けて  それにドルフは帰らない  それを撞き放しました  それを受けさせて下さい  それが冷遇せられて  それに同意するか  それに立派な絵も沢山はいっていた  それは正しく本物の八戒と言って  それは官命を伝える  それを越えようとすれば  それが地に降って出来た  それであるという  それは支那の古書にある  それは三年後には長径十七哩の湖になった  それは人間のあらゆる空想を一度にはじきとばしてしまうであろう  それから千年もの間ずっと分らなかった  それがこの頃になって  それを問題にする  それにあまり驚かない  それに本当に驚く  それが鼻につく  それは写真機をもっている  それが逆に影響して  それが彼の将棋の原則なのだろうと私は思う  それだけの原則をのべたにすぎない  それを教えれば  それは笈づるを背負うた  それに入りまじつてくる  それが石をどうしたの  それは実現されなかった  それは面白い話題のつかみ  それは当り前のことと理解する  それがどんなに酷かったにしろ  それをまた読み返し  それは憂欝な表情のうちに溺れてしまい  それを辿りながら  それくらいな担保は受戻せるだろうし  それを点検しながら  それを三ヶ月ももちこたえたから  それで儲けた  それでいいじゃありませんか  それが金となると  それは考える  それを坂田はじっと見やったが  それは次の瞬間に消えて  それが却って彼女の心を緊張させ  それから二人ともほんとに酔っ払って  それから何度かまた繰返したが  それを引受けてやった  それを妹の敏子へも打明けた  それをじっともち堪えている  それが理知的な色に包まれ  それに自ら反抗する  それからふいに  それでよく我慢が出来ますね  それを求めて  それを他人の声ででもある  それにもあきて  それは愛する  それに眺め入ってる  それから二人そろって出ていった  それがこの少女の魅力でもあった  それを買いに行くの  それがどんなにか侘しく応えた  それを眼にした  それとはちが  それも解らない  それが一命を救つてくれたとは  それがどれだけの重量を持つた  それがよく解らない  それを茶棚の隅に置いて  それを日の入りには川へ流す  それとは違うかな  それをよく私に見せた  それになるべく美人の方がやり  それと分りかねる  それがいかにも開け放しで  それにはまるで気に懸けないで  それを膝の上にのせては  それとは反対に瑞瑞しい若さ美しさに富んでいた  それは十八日の晩の女であったから私は驚いた  それは彼女の盗みの埋め合せばかりでは無くなって  それを訴えて見たい  それを賽銭箱の中へ入れて置いた  それを箱の中へ入れてからも  それも古い朽ちはてた  それがいかにも賽銭箱をこじ開けた  それと同時にいきなり柴折戸のところへやってくるので  それとははっきり判らなかったが  それは誰でも男は女の下駄を思わず引っかけて見たい  それは一つには私があの雪駄を盗んでも  それを叱責しない  それを開ければ  それに人通りのすくない裏町であるとはいえ  それを凝  それを懐しげに眺めるというよりも  それは画家の妻がもう三年越しに娘の幸福な嫁入口をさがして歩いて  それを信ぜずにいられない  それが百本入っていて  それからは信じきれない  それに羊羹などが添えられてあった  それも近いうちにあるに  それは父の優しい性格がそのまま味い沁みて匂うている  それに表はお玉さんができてから  それには答えないで黙っていると  それに烈しい髪の匂いがした  それは私も考えている  それが静かに室の隅の方で私の名を呼んだ  それを眺めていたが  それが自分の病気を嘲っている  それが物足りない気がした  それと同時に私も表と一しょによく肉鍋をつついたり  それをたねに脅かしてみたい  それに赤襟といわれている  それがだんだん震えになって  それに打ちまかされて  それと聴き分けられる  それが或る美しい曲線をかたちづくると  それから坂をあがって  それは誰の声とも分らなかったが  それを傀儡した  それまで深い遺恨はもてぬといったまでの  それを睨み返した  それに習って  それに錆がみえない  それをみつめていると  それを洩らした  それへ伸ばした  それを聞きたしかめて下りようとする  それは脱走をもくろんで捕われてきた  それを迎えながら  それを濡らし  それを抜くだけの  それを繕いにこない  それをかき落して  それも一つの夢想に過ぎない  それが無駄になるまでも  それが書き  それへ注ぎまぜた  それを自分の笠に重ねて  それが二人の会話にチラチラ出る  それがズッと健康らしく見えてきた  それを聞いて思い出しました  それを後廻しにして  それを待ちかねて  それは断る  それをいわれる  それまでは大阪へ帰る  それだけを忘れるなよ  それを見せい  それを報告したら  それじゃたいそうな  それと思いこむ  それをここへ呼びだして貰いたい  それを破らす  それを残して  それを隠すべく  それに惹かれて  それを避けて  それと一緒に飛び上がって  それらしく見える  それは耳に触れる  それを待ちかまえていたらしい  それを長押へ一つずつ懸けて  それが戻るという  それを抑え  それは二人がこれから指して行こうとする  それを読みつづけたが  それへ出てきながら  それへ惹きよせられていると  それもいわゆる噬臍の悔いなる  それへ続く  それを見て去らんとすると  それらしい奴のよじ登っている  それに入りまじってある  それを堰かんとすればするほど  それはひそやかに  それとは気づかずに  それを引っさげて  それをお綱の声と聞いたであろう  それが故意に考えてゐる  それを思ひ立つた  それを効果のある  それは下劣な感情の争闘のみを多く戦はせた  それをチヤカして見る  それは彼の度し難い性癖かも知れないが  それを翹望してゐた  それを果したが  それに合せて  それをよく知つてゐる  それこそほんとに神経衰弱にでもなつて了ひさうである  それは自分に取  それとは別に今迄のウジウジした  それを想ふと純造の胸は怖ろしく  それを続けようとする  それすら純造の胸に可成り  それには可成りの  それを圧し  それを一日も早く片附けなければならない  それだけで此の問題が片附けられて  それが浮ばなかつたので  それはそれだけ遠く心の一隅に圧縮せられて  それすら満足させられない  それで未だ足りないで  それから到  それもさうね  それもさうだね  それよりも莫迦気た時間を潰して  それに自分は徹夜をすると  それより少し飲めよ  それが習慣のやうになつてゐた  それは一種の変態性慾でもあるがね  それを欲する  それに自らも欲し初めてゐたが  そればつかりは止して呉れろよ  それは樫の棒のやうに堅くて到底動かうともしなかつた  それを鼻先へもつて  それもその儘では不安になつて別の掌に握つた  それに似ている  それがまだはっきりしない  それを一心に見  それから嘲笑される  それからひっそりとなった  それについて異様な印象を受けた  それを眺めなかったならば  それを助長してくれるだろう  それが多少大きさを変えながら  それを乱すだろう  それを一日だけ預って  それが私の孤独圏を圧迫し  それも中途で凍りついてしまう  それをつとめて  それについては何も言わずに  それに白麻の覆いをして貰い  それを私は何物にも乱される  それはまだ誰にも洩らしたくはない  それを瓦礫のように投げ出されると  それを頭にあてがって寝そべった  それを満たす  それは自然と出現する  それもまた風がみんな一語ずつ切れ切れに持って行ってしまいました  それは斯う云った  それも風が私にはなした  それも私にはわかりません  それをひろってはいけないよ  それで物をすかして見てはいけないよ  それを消すから  それよりあのおっ母の云った  それをつまみあげてみたくて  それをすばやくつまみ上げましたら  それからすうっと白い泡をひろげながら  それを洗いましたら  それは自分の両手をひろげて見ると  それはもうとても恐ろしいちょうざめが鉢巻をして寝ていました  それがみんな預金になっちゃって出せない  それじゃ約束が違うじゃないか  それよりかね  それを奪い取り  それすら出来かねるほどだったから  それを百合子が白状した  それを禁じられていたればこそやらなかった  それはいつか博士が御酒に酔ぱらっていらした時仰しゃいました  それのように強いての  それをわすれる  それがあの女は一年も半年も立たない  それを押えつける  それもそうだと思ってネ  それにきまっている  それだから言わないこっちゃ無い  それは声ばかりで姿は見えないと云う  それは明日にも死ぬかもわからないさ  それは間違っているだろう  それでは好んで  それはそうかもしれない  それならそれでいい  それは世界の青年達の経験からも独特な性質を以って際立っているからではなかろうか  それを凌ぎ  それはただ私達が自分の経験を我が物と充分自覚してうけとり  それは極端な表現のように思われるかも知れない  それをはっきり知る  それがまた世界の涯のように見えた  それは馬丁とも次男ともつかない  それより落付いた  それが遺骸だとすれば  それを見送っていたが  それがまた妙なんでしてね  それをウイスキー瓶の口にさした  それから更に続けた  それだけで本当に真の説明になるでしょうか  それが真の説明だとは思わん  それのように咆哮しつつあろうやもしれないという  それも今風をうけて見渡す  それが渺茫としているだけに  それをよける  それにしんにゅうをかけた  それはそっくりしているかね  それは人間の上に下る  それは冷たいコチリという音がして  それからしばし彼は黙祷するものの如くであったが  それはダイヤモンドの指輪があっても  それはわしも見せて  それで他の部分には正直に手をつけんと思うておった  それが素養とも基礎ともなった  それに附加して  それを譲りましたが  それに決めた  それを桃山風の扮装にしました  それに一念をぶちこんだ  それも私の好みであってみれば止むを得ません  それはこの上ない母のよいかたみになっている  それこそ日の暮れがたまで針の手を休められない  それを脱けだしたい  それは常に読者に何かを強ひる  それを無理に戯曲にでつちあげる  それを描き出したい  それによって進み終せるか  それとは別な世界に住む  それを互に取組んでるかの  それを真剣に追究して行って  それは題材のままで語っているという  それとして読む  それも成程と肯ける  それより私たちの心にひっかかって来る  それはどういう現代の心理の徴候と見るべきだろう  それをどこから掴むかという  それをそれとしての価値で何故ある  それもいきいきと納得ゆく  それをあえて破ろうとする  それに拠りたのんでゆく  それに異論を挟まんとする  それを高調した  それとが混同され  それを以て直ちに作者の主観そのものに矛を向けるとする  それは長くなるから  それを容るる血と肉とがなければならない  それは自己を丸彫にした  それと一致し得る  それとともに私はまた作家に向っても  それを見れば  それだからロビンソンクルーソーは作物にならないと云う  それがいつも批難の意味を含んでゐた  それから十年立つて  それに對抗する  それがわからないと  それもこれもやつぱり同じやうなことにちがひない  それは人の心を撲たずにはおかない  それを抱きかかへ  それは渓の水が乾いた  それを何だつたと思ふ  それを抱きかかえ  それは溪の水が乾いた  それを何だったと思う  それからいつも甘ったれて  それも一緒に連れてきたの  それがママに通じたらばねえ  それにはレオニドフのロパアヒンを見なければならない  それに失敗しないと  それが許される  それが他の花から見て  それに火をつけて  それが露骨に言動のうへに現れると  それは立派な行為となつて示されます  それを押し開く  それに一応は耳を傾けさせるといふ  それがもつと  それが平生の心構へにある  それは衣裳の如く身に纏ひ  それを誰もが不思議と思はなかつた  それは事実でもありました  それは人間生活と云へる  それをはつきり云ひますと  それを見て見ぬ  それはたいがい嫁の気に入らない  それに気がついてゐて  それは根本的な問題かも知れないけれども  それが土台にはなりますけれども  それだけとしては異議のあらう  それはそれで異論はありませんけれども  それを云ふべき  それは守られない  それがための幼少からの技術的訓練とによつて  それは一種の魅力でこそあれ  それと感じられ  それが感じられるだけで  それは大きな間違ひです  それが勇気を欠く  それを文字どほりに振り  それだけとしてはなんの役にも立たぬ  それはもはや風習として身につき  それは武士だけに限らず  それと示した  それが美であらうと  それに準ずる  それだけで一般の倫理とはなり得ないだけです  それはもう貞節の堅固さを象徴する  それは女の出る  それは女の能力や役割を軽くみて  それに向いてゐるといふ  それが日常の言動に如何に現れるかといふ  それが目立つて来る  それから四十余年を過ぎた  それを敷きのべながら  それさえ待どしいと云わぬばかり  それと交叉して  それ故後になって  それに接した  それが書いて見たい  それからゆっくり行末の目当を定める  それは震災前新橋の芸者家に出入していたと云う  それと決められたのみならず  それも大正十二年の震災のために中絶し  それと共に東武鉄道会社が盛場の西南に玉の井駅を設け  それも昭和現代の陋巷ではなくして  それはすまなかった  それに適応した  それを避ける  それがわたくしには有り得べからざる  それには身分を秘するより  それも確かだとは思えない  それを求めながら歩きつづけると  それじゃ後へ戻ろう  それも毎日のように夕方になると  それはお雪の性質の如何に係らず  それは皆失敗に終った  それを承知しながら  それともなく謎のような事を言って語り合った  それは今も猶ありありと目に残って  それまでは康衢の一隅に立ち  それが為め雨の降る  それは毎年の歳暮に見る  それはあたかも外国の小説演劇を邦語に訳す  それにも飽きると  それ故わたくしは赤電車がなくなって  それには幾多の情実もあるが  それはアイヌの名であった昔に恥じよ  それに添えて  それを取りあげて飲んだ  それを満たした  それを少年の方へ見せた  それは未来の現実となり得る  それを血脈の通つた肉体として完全に構成する  それはつまり  それが如何なる役割を果すかといふ  それと云ふ  それに値する  それが遂げられるばかりでなく  それは根本に於て全日本青年に共通なものを含みながら  それは常に一種の臭味を伴ひ  それに陥る  それが全体の注目する  それを得れば  それは現在までの世俗的な偏見に囚はれてゐるからで  それは如何なる境遇に身を置くかといふ  それは不必要だといふ  それだけではまたいけない  それは如何に遥かなりと雖も怖る  それは堪へ  それは自分を孤独なりと信じる  それを悟らなかつた  それに対する反抗とに触れざる  それに対するこの反逆の事実に触れない  それを余儀なくさせる  それを初めて読んだ  それはたいてい垢じみた  それを色々に隠して  それがこつちから訪ねる  それも用件で来る  それなしに生活ができないほど  それだけではおしまいにならない  それに用いる  それで成敗はおわる  それにもとどりを  それをおこなう  それを鎮静し  それを面白がり  それを色々隠して  それがこっちから訪ねる  それが悉く酒なのではありませんか  それだけが語られている  それに反撥したという  それは鰻屋のたれ  それが耳かきですくう  それは如何ほど謙遜してみた  それで充分だと思う  それを読んで聞かせて  それがどこへか見えなくなった  それも開いていました  それを拾おうとすると  それだのに帽子はどうしてもつかまりません  それを見つめながら  それさえ分らなくなってしまいました  それは考えてはいない  それを知ってか知らないでか  それをいじめて  それを拾ってもってきてくれる  それからしばらくすると  それを食べていました  それには議論もある  それにつられて  それと問ひ  それこそ足の踏み  それよりもこの荒された  それを浅草あたりへ持ち出して  それに密着してゐる  それが気になつてならなかつた  それも半地下室のようなところでさのみ気のきき  それを蓄膿症のせいかしらんと思っていた  それを持続する  それを踏越して  それに催眠剤の中毒があるが  それがすんだら  それを禁止されてゐた  それは吾輩の本名を呼ぶ  それは取り返しがつかなかつた  それを練習してゐる  それは郡内随一と云はれた  それ故はじめて英則の主張もとほるといふ  それに連れて  それに価する  それが君達の永久の幸福になる  それと好く似た  それを忘れたいばかりで  それがひっそり冷めたい  それに吸いよせられていたので  それぐらいのことしか分らず  それで思いきって  それを羞かしいとも  それをどのように処置して  それをまきあげるという  それをまもる  それは疑る  それを彼は彼らしく一つの妙なる魔術として納得させられた  それは彼が今迄は意味も値打もみとめる  それに気附くと  それは誰もいないけれども  それはマア珍しいことがある  それを見てから出掛けなければならない  それは刀の刃のように思いだす  それを斬る  それは今までに覚えの  それだけでもう彼は混乱していました  それのみが女の心を充たす  それぐらいのことには腹が立たなくなっていました  それは考えの疲れでなしに  それはもう思いだす  それと違う  それで言いくるめられる  それは女を殺す  それも分らなくなっていました  それは逃げだす  それを放す  それを思いだしていた  それによって視覚が戻ってきた  それが彼自身の胸の悲しみであることに気がつきました  それもごくありふれた  それが似合っている  それがどんなに馬鹿らしかったかと解るだろうが  それで自社の新聞を送って下さった  それが二十年後のいまになっても  それこそ痛飲できる  それまでよく體が保てた  それと共に酒をも本來の酒として飮むことに心がけようと思ふ  それを自らのものに同化する  それは社会の安寧と秩序との大なる紊乱を生ずる  それに気をつけてゐる  それまでの身構へを執り直したが  それはドリアンのかいば  それに就て相談がある  それを決心する  それがもう大変な莫大な聴講料に当つてしまつて  それを察すると  それと一処に再び梢の上から二番目の綱が投げられると  それを判別すべく  それを隠さうとするかの  それを覗き込んだ  それを追ふ  それをまた手箪笥の引き出しへ投げ込んで  それはお噺として承れば  それに向け  それを帯の間へ蔵ひこんだ  それが殆ど半ば程進んだ  それが或る日その医者を訪ねて来て  それが馬鹿に好い調子が出てね  それに奥さんのを描いとくと  それに反撥する  それを覗き込んでゐた  それもすぐ散漫な気持の中に溶け込んでしまつた  それはモデルのとみ子に違ひなかつた  それを認めた  それはほんとうでせうさ  それをピシリと叩いた  それを広げて見て  それに対して筆を持って  それはいつのことであったか判らないが  それじゃ私の睨みも当っている  それでのうて  それを料理した  それがために産後の肥立ちが悪くなって  それが出来ると  それは秋の水みずした  それが験があると云われている  それに祈ると  それも馬鹿らしくなって  それは芸者遊びなどしている  それならば申し上げます  それは友人と一緒にたいらげる  それは当然の事と思っている  それを飲み  それは残して置きなさい  それが東京に於ける飲みおさめで  それくらいにして  それよりも右耳の後上部の頭蓋骨をひどく打ったらしい  それは脳に徐々の出血があって  それにつれて脈搏がはじめはだんだん昂進して  それが六十ぐらいに達した  それをさせないと  それはとにかくわれわれ弱い人間が精神的にひどい打撃を受けた  それがわたしにとってはかえって意義があり  それを雇って  それを見てから  それより高等の事がよく出来  それを何方でも関はぬとすれば  それに近い病気だと思った  それを笑っていられないほど  それは大ちが  それはひどい悪口もあって  それにくらべたら  それから会計へ行って  それから机の上へ両手を重ねて  それにまたにこにこしながら訊いた  それをよくしらべに  それからあと七日君はいったい何をして居た  それからシラトリ属がまるで息を切らして帰って来た  それがきれいに乾くと  それへ小屋の横から松の生枝をのせたりかぶせたりし出した  それから十間ばかり行く  それをおろしてみたら  それはあの講演の時青くなった  それがそのどうも私どもはじめ名前を出したくないので  それは定めて  それへお掛けくださりませ  それより区別する  それを信州ではザザ虫と呼んでいる  それを肴にすると  それを佳饌とした  それも心得た  それも思っただけで  それをさえ  それを露骨に現す  それに自分の慰めを繋ぐ  それから三四年姿を見せずにいて  それを私のまづい  それを皆すべて整理したら  それもできない  それを根本から見直してみたいといふ  それを修正し得ない  それが詩の本質を形作  それが粘泥の上に落ちると  それが生きている  それを前から描くという  それが反封建といわれている  それは愛の感覚に直接迫る  それを覚えている  それじゃ止そうか  それに憤慨した  それを一つ差押へて行きませうと  それを知らなかつた  それから笹田がおちぶれて  それを下物にして  それと暗示するだけで  それを見おろす  それを爐縁のうえに置きながら  それにつきましては  それを頼って  それはいたしませんでした  それが池の縁について大きく廻りながら  それに身を委せようとする  それと徹底的に戦って  それが成長する  それがどのくらいに成功しているかは  それにはギリシア及びキリスト教文明の教養の乏しいことも原因となっているに  それが何であるかを知らない  それが現われていると信じたくない  それに実物そっくりの彩色をした  それに因縁をつけ  それを例の三人の友達に見せました  それはお城の足場をかけるとか  それで消えてしまう  それが出来ないという  それに漆喰塗りの方を頼んで貰いました  それが五十円で出来るという  それが丁度はまりますけれども  それは別に頃合いの笊を注文して  それも骨董価値を外にして  それをいかにも平民的な行為であるかの如く感心してゐるに  それにひきかへ王蜂の滿ち足らひたる  それと曉り得ぬ  それには全然関係のない一友人の最近の著述について少しく語ろうとしている  それを目的とせねばならぬ  それを遂ぐる事においてある  それが調整する  それを血肉的に体験して  それを生かしている  それが古谷氏のためになるか  それに注意を集注して見ると  それから十二年後になって  それを両側から平面に押し広げて  それは現在でもまだかなりに実用に供されている  それが群起地震の日々あるいは月々の頻度の変化異同の統計的型式と抽象的形式的に類型的であるという論文を発表したとする  それをだれかが代読した  それを新聞社会欄の記事として錯覚的興味をそそる  それを収めて  それにつれて快く踊っていた  それを抵当にして  それ故塚田村でもその村道を選べば  それにはこの森を深夜に独りで踏み越えた  それに引きかえ  それと判明した  それに音声が伴わないではないか  それに綱引きのように人がたかっている  それは私達のカドリールの絶えざる  それはやはりみんな本になつて出てゐます  それは誰れにも分りません  それにちつとも  それは年から云へば無理はありません  それはエミルのせいだと大抵察しがつきます  それから忘れない  それを箱船までとどかしてしまふと  それは大変うすくつて汚れてゐる  それは下の方で蟻達がつく  それを見つけ出す  それを側面にくつつけるまでは  それを見せてあげよう  それを間違ひつこはありません  それが見つかれば  それを飲んで楽しんでゐます  それはすぐに舐めつくされて  それを手に入れる  それはみんな神様に対する私達の信仰を増させる  それもきまりのない何処かで見つけ出さなければならないし  それは私達には大層骨の折れる  それをどう云ふ  それを自分で見た  それを見つける  それを一ぱいにつめ込む  それが即ちはちきれ  それを待ちこがれて  それを飲む  それとキツスをする  それから又お腹を一杯にしに戻つて行く  それは沢山の乳搾りが要る  それを蟻がいそいで  それが育つて  それよりもつと  それは時々私達のキヤベツの収穫がうまくゆくか  それは此の事がよく分るから  それもたうとう屈服する  それをのぞんでゐた  それよりはもつ  それを二倍する  それをのんでしまふ  それを呑む  それはむごすぎる  それに打ち勝つ  それを干物にしたり  それを数へられた  それは木虱のゐる  それは千億万にもなる  それを荒らす  それはちつとも  それを信じなかつたでせうよ  それは栗の実を集めに来る  それは一八〇四年までドウ・セブルのシヤイエと云ふ  それは六本の主な枝を持つてゐて  それは一八二四年にアルダンの一人の木樵がすばらしく大きな一本の樫の木を伐り倒した  それは飢を我慢する  それをすつかり乾かすのに  それは火の舌がその内側を輝かしてゐると  それは神様が地の底に堆んでおいた  それがさめない  それを熔かす  それは銅や錫とおなじやうにねうちのある  それは熔かしておいて  それでつく  それを売  それは沢山の役に立つ  それには赤く焼けた  それをならべた  それをとかす  それには人間の熟錬が産み出す  それを渡しました  それに少しばかり錫を加へました  それがまはると  それに触はりました  それは縮んだ  それを火の上に置きました  それを錆と云ふ  それはもつと  それは取  それを鍍金させますよ  それは錆をつくる  それは少し光沢をなくする  それは害にはならない  それを覆ふて  それとは反対に鉄は最初実に見  それを人間が長い間探して  それには非常な骨折りをした  それは直ぐに伸びて  それが石で出来てゐる  それと比較すると  それを棒の先きに結びつけて  それは翌日の大事な事を話した  それは何んだか僕には分りませんが  それを尊ぶ  それを壼の中に詰めた  それを金翅にやると  それを湿して  それを押し潰して  それを美しい糸にする  それを集める  それを栽培した  それを運ぶ  それを紡ぐ  それを運んで行き  それを小売りする  それを加減する  それを紡錘に巻きつけて  それは此の機械を動かす  それを織  それを綺麗に洗ふ  それを臼に入れて挽く  それをこんどは白くしなければならない  それを忽ちの間に雪のやうに白くする  それを薄い板に引き伸ばして  それを乾かし  それを卑しめる  それとは較べ  それを知りたい  それを印刷する  それが圧搾されて  それを小さく裂いて  それを挽いて  それが紙になる  それが本の中にはいる  それを簡単なものにして集めて  それを本にしようと  それもすつかり書き込む  それを活字にして  それを他の字と列を並べて  それを強く圧す  それが紙に印刷されると  それから圧すと  それは覚えてゐてい  それは鳥毛のやうに縁がとられて居たり  それを差し込む  それが魔法の杖にふれるが  それを実際の事に引きあはせて考へて  それより前に死んでしまつてゐる  それは其の虫の将来に懸つてゐる  それが小さな蒼い眼をやつとあいてゐる  それから更に大きくなるといふ  それが地面の下から出て来る  それはお前達も知つてるね  それには二つの目的の為めに食べねばならない  それが幼虫のつとめな  それは最も大事な役に立つ  それは草や木の根を咬む  それをみんな話すとしたら  それを真面目に考へなくてはならない  それには先づ幼虫の務めである腹をふくらし  それは木の皮や壁の裂目に隠れるので  それを飼う  それを吊しておく  それは護謨に似た  それは糸になるまでは  それは牝牛が食べる  それは前に進んだり  それが普通のひきはがし  それを認める  それはみんなぢつとして動かない  それを持つてゐれば  それは非常に鋭くて骨を切る  それをみんな集める  それを捩  それについてどう考へる  それは何時でもその重要な仕事をどうするか  それよりももつと考へます  それを真中の穴に運び込んで  それを見てからは  それは出て来て  それは液体の要を成さない  それが固つて糸になる  それを引きのばせば  それもよく振り返つて見なく  それは大事な絹の液をつかひすぎた  それはお前達にも信じられるだらう  それを考へつかなかつた  それが優れてゐる  それが誰がじよらう  それは生れると  それは蛛網が出来ると  それを放射線と云ふ  それは円く囲んだ  それを話して聞かす  それを勘づきます  それを掴む  それを自分の絹の隠れ部屋に持ち込んで  それを放つて  それにブツかつて糸に絡まりました  それが鋭く尖つた  それを子供達に詳しく見せてやりました  それは非常に痛む  それに近づくと  それはスフインクス・アトロポスと云ふ  それが髑髏にちよつと似てゐるといふので  それにふれ  それにつかまらない  それを慰めてやる  それを螫毛と云ふ  それは鋭い針よりももつと  それは見えない  それから螫毛を引き抜く  それは比較的大きな針が傷の中に導く  それは分りました  それを知つてゐる  それはすぐに肉につきとほされて  それを呑まない  それを巻きほぐして  それは一瞬間でおし  それを回復すると  それを大して驚かないだらう  それを強く吸はなければならない  それを吸ふにも  それに従はなければならない  それは自分で直接にやる  それはみんな即刻にやらなければならない  それは大急ぎで出したり入れたりしてゐる  それが螫す  それは蛇が虫を捉へるのに  それを急いで出したり入れたりする  それは暖い  それがどんな悪い虫でも離れた  それを聞いたら  それを知らなければなりませんよ  それを導くと  それが害の原因になる  それが胃袋の中にはいれば  それを飲めば殺される  それが血に混れば殺される  それは飲んで殺される  それは平気で呑む  それは蚕よりももつと恐れる  それは時によつて非常に鋭く逆立つて  それはよくビロオドのやうな幼虫とまちがへられる  それは時には人間の頭ほどの大きさのがある  それは其処にゐる  それは非常に興味のある  それがすむ  それに随つてゆく  それが炎症の原因になる  それから二人は松の木の茂り  それを集めて焼いてしまふだらう  それを注意深く保護するには  それに先立つて  それを話して下さるでせうね  それから深い好奇心が起つて来ました  それが雷の落ちる  それはお前の推理力が目醒めて来て  それがよく響ける円天井の頂上を転がる  それは馬の蹄鉄が石に当つた時に出る  それは両方とも同じ考へが基になつてゐる  それは大変に六かしい  それを手に取る  それは何処にもある  それについてのいろんな事を知る  それを引つ  それを上着の袖で手早く磨りました  それを小さな紙きれに近づけました  それを見つめてゐます  それで電気を起す  それを口実にして  それは毛皮から出る  それは電気だとお前達に話したね  それを暖めて  それに近づけて  それは縄を通つてゐる  それは一方の端にガラス管の柄のやうなものがついてゐた  それが雷に会へば一体どういふ  それがもしうまくゆかなければ  それは励磁機に発した  それは避雷針の話の時にお前達に話してあげよう  それが別になると  それにはよく電気が満されてゐる  それと一緒に其処に騒々しい爆発の音が起り  それを感心して見る  それは宏大な神様の仕事を雄弁に語る  それを呼吸する  それと反対の原因にもなる  それと一緒に結びつく  それに促されて  それは分らないね  それで死んだか  それは分らない  それはお前達の心にもその事で印象されたね  それは止つてゐる  それは神様の意志にたよるより  それは屋根と壁とに沿ふて走つてゐる  それは避雷針を撃つ  それを導いて  それに附け  それはちやうど眼に見えない  それを広く掩ひ隠せる  それをすつかり  それは雨を降らしてゐる  それは容易く測る  それを数へる  それや消えて  それを載せました  それが雨となつて降つて来る  それがあまり大きくなれば  それは違ふ  それが沢山ある  それは花粉と云ふも  それを落すまでには  それは怖ろし  それが四ヶ月間雷鳴したり  それを遠くへ持つて行き  それをあちこちと漂はした  それは甚しい  それは海へ流れ込んで  それはよく知つてゐた  それと引換へに事務員は三枚の切符を渡してくれました  それには二つの理由があります  それが謂はゆる  それは六つの車の上に載つて  それを押して行く  それが前の方にはいると  それが後ろの方にはいると  それが汽筒の端の真中にあけてある  それにつれて大きな車を廻す  それは炭水車と云ふ  それを廻はすと  それが分らなかつた  それや出来ませんとも  それは驚いた  それから十五分程すると  それに足はもう一歩も進まなくな  それに較べれば  それは乳の海の中を泳いでゐる  それは黙つてゐる  それを支へてゐる  それを放した  それや出来ません  それが反対の側の空へ飛んで行くと考へられる  それは次ぎの  それは地面が曲つてゐるからな  それから高い塔の頂が眼に入り  それがどんな大きさになるか分るかい  それを秤皿にのせて  それは秤を使ふの  それを百も千も繰り返して  それはその間の空気の厚い層がさう見せる  それを雲の泳ぎ廻る  それや随分沢山要る  それをお前達に分る  それを手に支へてゐる  それを或る方法で投げ飛ばすと  それが地の上を歩き廻る  それを太陽だとする  それが即ち地球の二重の運動になる  それと同じやうにそのからだの前と後とを代る  それが揺れ  それは実にい  それが通つて了ふには  それもやつと一目見たか見ない  それや随分珍らしいいろんなものが見える  それをもつと  それが分るんでせうか  それを教へてくれる  それを勘定して  それが雪になつて落ちて来るし  それには鯨の骨だのいろんな脂肪だのを使ふ  それにはポケツトとピカピカ光る  それを牧場へ連れて行く  それを一つちぎ  それは気のぬけた  それを食べて見て  それを吐き出しました  それから一時間ばかり経つてから  それへ行きました  それに何故僕がジヨセフのことを聞く  それに気をつける  それがどんなものだかを知らうとする  それを嬉しく思ふ  それをよく注意して  それを避けると  それは赤い鈴形の花を咲かせる  それを見ました  それはほかの庭とは厳重に区別してあります  それを止めると  それに生命をとられる  それを嗅いでみる  それを知つてゐれば  それでひどい目に逢ひましたよ  それを食べた  それを聞かない  それを聞きたいと思ひました  それを見つめてゐました  それが二枚の花弁だと云ふ  それを暑さや寒さや雨に当てない  それを花の咲かない  それが済んで  それに応じて膨れてゆく  それは雌蕋のある  それには実になる  それだけでは足りない  それも教へてあげよう  それを小さなガアゼの片で包んで置く  それは雌蕋の花には直ぐに出来る  それを運んで  それもほんの少しの花粉でい  それを螺線のやうに巻いてゐるが  それを伸して  それを知らないと思ふだらう  それに関係してゐない  それだけではまだ危険を避ける  それを冬になつて食べると  それを乾す  それは先のよりももつと  それは馬鹿げた  それを賞めそやして  それが後にきの  それは雄蕋や雌蕋や子房を持つてゐる  それは特別な構造になつてゐて  それは肉眼では見えない  それを顕微鏡で見せて下さいね  それを育てるには  それは食べられる  それを火打ち石で叩くと  それだけで何事もありませんでした  それはちやうど地の底で暴風雨でも起つてゐる  それが今まであつた場所から抜き取られて  それは助けに来た  それが聞きたければ  それが管の溝の中を上つたり下つたりする  それを近所の川や池から滲み出て来た  それは怖ろしい  それが地震の起る  それは噴火山が宥めてくれる  それを一つ一つ調べて見て行くのに  それは只だ空気がその曲つた孔の中に出入りする  それを海産貝と云ふ  それが死んで  それは自分の身体の中のもので作る  それはお前達の身体から出て来る  それから縮む  それは同時に手になり  それを防ぐのに  それは非常に触覚が鋭いから盲の杖よりも上手に目的物を探る  それを集めるには  それは儲かる  それはものを消化しもするし  それは冠の入つた袋程の値うちのものになるだらう  それを纏ふ  それを非常な自慢にする  それをかける  それを撈らなければならない  それは淡水貝と云ふ  それは殆んど機関車と同じ位の早さで走る  それは丁度空の青い色と海の青い色とが融け  それは陸が見えはじめた  それが暗い色になり  それが疾風であれば波が立つ  それは全くの処動く  それは極端にいやな味を持つてゐるが  それは水に溶け込んでゐる  それを塩沢といふ  それを熊手でかき起す  それを大きな山のやうに堆みあげて  それは草が狼を養ふ  それはお前達に考へ切れる  それはただ海へ流れ込む  それは絶対にみんなが続いてゐる  それはどんなに沢山の水を注ぎ込む  それがまた他のと一緒になつて大きな河になる  それだけの水を他へ流し出してゐるとする  それは何時もおなじ量でなくてはならない  それを受けきれないと  それを引き出して  それを何かと思つて見に  それを見るのに  それは厄介な思ひをする  それを庭の中の木に降りさせて  それを女王蜂といふ  それは一ぺんに千二百もの卵をその体に持つ  それをつくる  それを滲み出させる  それが幾つもの輪がひつつき合つて出来てゐる  それと同じやうに出来てゐる  それが蜜蝋をつくり出す  それをこす  それは蜜を貯へておく  それは丁度僕達が家を建てる  それをかみしめて  それをリボンのやうに平らにのばす  それを敲く  それに唾を含ませる  それは蜜蝋の壁にさは  それを注意してゐる  それをお前が研究して  それは蜜蝋でつくられてゐる  それは自分を痩せさせて滲み出させた  それを蜂共がどんなに厳重に経済的に使はねばならぬか  それも巣箱の妨げにならない  それはその室と室との間の仕  それを建てる  それを事実について考へて見よう  それは肢がその役に立つ  それがブラシユのやうな役に立つ  それは肢の間につかまれる  それを支へてゐるからだ  それは蜂蜜になる  それを底の方に衝き込む  それを被ふてしまふ  それに手をつけた  それは蜜窩の縁にしつかりついてゐて  それが働蜂の卵か女王蜂の卵か知つてゐるのでせうか  それが一番い  それは腹の指図によつて制禦されてゐる  それはもう六角のつましい形をしてはゐないし  それは恐ろしい事になる  それに強く心を傾けてゐる  それは若い女王が蜜蝋の牢屋の外に飛び出して見ようとしてゐる  それを聞いてゐる  それは出て  それをしない  それは蜜蝋蜂になる  それはその後の哲学においてカントの提出した  それ故に文化形態の相互の連関の研究はこの学派の人々の最も好んだ  それを回避する  それが特殊科学と結合する  それと異ならねばならぬかという  それはこれなくしては  それに関しては近く詳細に論議したいと思う  それはまさに新興社会の生活態度のイデオロギーにおける反映にほかならない  それは意識形態の範囲内においても従来のイデオロギーを革命しようとする  それの優れたる  それなくしてはこの伝統は必然的に失なわれてゆかねばならないという  それのうちにおいて彼らのこの水準に到達した  それを拘束し  それは尋常五年の従順な女生徒たちによって容易に実行された  それから十五分ほどして  それを取り返して  それをひどく突き詰めて考えた  それに房枝の父親が加わった  それを押し止めて言う  それを申し上げられない  それをとったという  それで気が済むという  それをはっきりと感ずる  それがだれだったかいまに分かる  それまでなにも訊かずにおいてください  それを読みつづけた  それはきみの言う  それを教えていた  それを痛感した  それを先ず突破し  それによって作品の性質が異ってくる  それよりは寧ろ三等車の方がずっと込んでいた  それがなくては生きてゆかれない  それと同時に訳の分らない  それだけが身上かと思われる  それを持ちこたえる  それが個人的なものと民族的なものと国家的なものとを問わず  それは持ちこたえられる  それを持ちこたえた  それを買い取らねばならぬ  それに代る  それを文学的な創作として自分にも云いきかせている  それが何故どのように書かれたか  それを理由にいきなりロマンティックな文学時代の招来へ飛躍される  それを博士のためにおしむ  それでいいではないかと言っておられた  それは博士の謙遜でもあろうが  それを超越して  それも重きをなす  それが最初少数の信者であったにしても  それが売れない  それが時勢に適応する  それも身にしみてはつきつめられぬ  それを明かにする  それが云える  それは一般的に作者が私たちの生活の中で何に注目し  それがどんな形で経験されたにしろ  それに対してこう云っている  それは作家の意図であり得ても  それが文学にどのような結果をもたらすかという  それが非常にうれしく思える  それも恐らくあの連中があなたがたに好意を持った  それから教えられた  それを承知してくれれば  それが今度死んで  それは確かには申されませんが  それにはまた訳がある  それから幾週間も空家になっていた  それと勝負をする  それが跣足の跡であるということは私たちにも認められた  それには錠をおろさずに  それがどうにもならないので  それをやめると  それが以前よりもぞっとする  それが私たちの方へ動いて来て  それは奉公人などの住む  それは恐らく先日ここで死んだという  それから都合四間の部屋を通りぬけてみたが  それはそのままになってしまった  それは明らかに情人がその情婦に送った  それまではなんにも恐れる  それに対抗するだけの  それにむかって  それはなんとも説明し  それが周囲の空気や燈火から離れて立っている  それをじっと睨んでいると  それが恐怖のための寒さでないことは私にも分かっていた  それがはっきりと見える  それは外部から自然に襲って来る  それと同時に私は起ちあがった  それは死人のように物凄いものではあったが  それは悲しみを含んだ  それも女とおなじくはっきりしていて  それを着ている  それが濃くなって  それは水中に長く沈んでいた  それはかれ  それが暗中になされたとすれば  それについて何か疑わしい形跡があるであろうか  それが紛失した  それをゆうべの事件に結び付けて  それについてなんにも言わない  それをさえぎって  それが不思議に消え失せた  それにはどういうご意見がありますか  それはあなたが揺り起こす  それを動かしたり  それを焼けば枯れて焼けうせる  それを見受ける  それにスペクトルが残っている  それを霊魂と信じているけれども  それは死人の幻影ともいうべき  それがわれわれの血を凍らせるほどの  それをやって  それは私がみな負担します  それからいろいろの勤めに出たが  それはなんだかわからない  それをくどくどと説明するよりも  それが榛の木のたぐいであることを後に知ったが  それが人間の神経に感じる  それは銀の止め金の付いた  それを翻訳すると  それは重大な関係をもっているし  それがしだいにまとまり整理されて  それに導かれて動き出した  それを克服してきている  それはおのずから変化して  それはまちがっている  それを行わず  それがまた立ち  それをかばう  それにつけ加えて  それはなんとまとめて  それが幻想としてありうる  それは新世紀の勝利として理解された  それが激しくなった  それを明瞭に感じはするが  それをださない  それをすり変えた巧み  それが手っ取り早く出来る  それを克服して  それを認めてくれなくても  それは骨の折れる  それまで隠れていたい  それを門口に立てる  それが後になって  それも馬鹿らしくなって来て  それを実行したら  それを続けて  それは神さまにおまかせしなければならぬ  それに対して正確に御返事しようと思って  それはお捨てになって下さい  それを前田晁氏であったかが訳して  それと遊びながら  それは後にふれる  それが敗北であることがどうしても自覚され得ないという  それを読んでおらず  それを苦しみ  それがインテリゲンツィアは現実より理性にたよるからであるという  それを苦しんだ  それは在住支那人の数名のものを買収なさい  それからは折りにふれて会う  それにふれている  それを生もうとする  それは自然に生徒に伝染しない  それはそれほど恥ずべき  それよりも人間が我儘になって困ります  それを洗って干して漬ける  それに拘泥するには及びません  それを悲観して  それを私にご返却なさらない  それはあなたがもう一度賭けをなすって  それを打ち消して答えた  それを賭けて行って  それから二秒と経たない  それも出来ない  それはこの物語の初めに述べた  それから一週間目ぐらいになると  それはなかなか手間がかかるぞ  それを手袋のなかに隠してしまった  それとも分からないと  それはドイツの小説の一字一句を訳して  それについて相談する  それを引き裂いてしまった  それにおいでなさるでしょう  それから二時を打った  それを深く感じた  それにはどうしても伯爵夫人の寝室を通らなければならないので  それが伯爵夫人であることに気がついた  それをざっと調べてから  それを掩った  それから跡片付やらなんとかかんとかして  それらしい物騒な船は一つも見えない  それでお終ひとはなんと云ふ  ソレ程意気込んで居た  それはひどく摺り切れた  それを人間の装飾品と考えたらば  それを自分のポケットに入れた  それが信用できない  それを私の証言の一部と認めていただいて  それはあなたに係り合いの  それをお訊ね申したい  それを蝋燭の火に近寄せて  それをこころみんとするか  それは風の通路にあたりて  それに対して恐怖の念を起こすにいたらざりき  それは遠方の大木と同様の大きさに見ゆれど  それが森へと行き着くを見おくり果てて  それをよく見定めようとして起ちかかった  それはずたずたに引き裂かれて  それに興味を持たないらしく  それを見ているからである  それに多大の興味を有していられる  それを知りたいと思うでしょうから  それを上衣のポケットに滑り込ませた  それから数週間の記事は失われている  それはゆうべ判った  それと同じようにたくさんの鳥が一度に飛び  それを区別する  それが自分の健康の回復を意味する  それが危篤にでも迫っているらしい  それが気の毒なというよりは  それを聞いていなくても  それが色々に動き変わる  それに共通なものがある  それがどういう感情であるかと問われると  それがノーベル賞の光環を頂いて  それを丁寧に保存し  それだけの心のエネルギーを余計に消磨させなければならない  それを世間が本当に尊重する  それを自分の楽しい義務のように考えているかの  それは少しも可笑しくはないかもしれない  それがカントに気の毒なような気のするだけは  それを受取ろうともしないで  それはどうだか分らない  それが万一不正でなくて何かの誤謬か過失から起った  それをあらためた  それと見較べて  それを聞きながら  それはかえってもとの穴がちがった  それが当日行われた  それはつまりこれから以下に私が書こうとする  それも一応は誠にいい事だと思われる  それが電車でなく徒歩で行く  それに関するいろいろの空想を逞しくした  それと全く同じような経験をした  それが面前に搬ばれた  それに捨てられた  それは水温十九度で夏の季節でも利用する  それを右と左から青年と男の子供が写生している  それが発した  それは彼のメートル法への反抗をかきたてるばかりで  それが霊薬で当ててから  それだけは云わなかった  それはだます  それは常に勝ちつづけ勝ち誇っていた  それは久作がこしらえている  それだけでもうほかに理窟は何もいらない  それをくずせる  それをひいたり押したりして  それを膝にのせて  それは唯そんな気がするだけで  それが日々黒くなる  それを押しつけるには  それが数段に重なっている  それとは少し別の意味でそう云ったには  それだから概括的に小説は高級なもので随筆は低級なものであるという風に呑み込んでいる  それに色のく  それをお時は側で笑つて見てゐる  それは片附物の手傳をさせる  それはその中へ這入る  それを返しましたが  それをお時のに重ねました  それを又懷に入れながら  それが伯母樣に知れ  それは若樣が惡いので  それが多少有耶無耶に終り  それが行はれる  それを徹底させてゐる  それにふさはしい  それに点火した  それが垂直に近くなったり  それが向う  それは夜の花火によくある  それが気になるらしい  それが今に本当の蛇になると云って  それがどんな花であっても純白の卓布と渋色のパネルによくうつって  それは三十を少し越したくらいの  それは何と形容して  それだけの心安さは出来た  それは小さな一角ではあるが  それは何であるかと言いますに  それを考えて  それは皆さんにも想像ができる  それが豊さんにちがいないと思ったので  それだけでは市中か郊外か分かりませんでした  それはもし畳の上の塵埃を集めて  それを見守つてゐると  それを人間の生活に結びつけて来た  それは空中の湿度が低いため星辰の光が一層燦然と輝くからであるといふ  それが段々整理されて  それは恰度日本の秋を思はせる  それを探し求めた  それらしいものをいくつか発見する  それよりも私は自分で星と星との間に勝手な線を描いて  それと少し離れて  それ故彼には動かない  それも多くは家内づかひの  それを歴史に語らうとは試みない  それを咎める  それは拭はれた  それを見分くべ  それを空しくしてはならない  それは実際に堪へねばならない  それが日常の生活に即する  それを物的なものとのみ思ふなら  それにも増して驚くべき  それを用ゐる  それを動かしてゐる  それは人が作ると  それを忌み  それはいつも規定の美に止まるであらう  それは人の手に托されてある  それを助けようと  それが何の美を産むか  それは浮世絵の如き  それによつて代表される  それが美の約束とまで考へられた  それを聞かせたら  それもならず  それが纏つてみると  それがどうでせう  それは覚悟して  それがいかん  それには及ばん  それに気づく  それをいた  それは王宮に生れて  それについて謂わば  それを包蔵する  それは目前このような現象となって現れた  それを確かと受とめさせ  それを断わりたいほどで  それが済んでから  それがわたしの心臓に透る  それが胸の方に垂れていました  それにつれて揺れる  それが言えない  それはちょうど夢におそわれた  それができ得ない  それが本当のくちびるから漏れ出る  それをかくせという  それを袖のなかに入れて  それは純潔にして  それは地面から非常に高い所にありますので  それを知らせに来た  それさえも分からない  それが私にはまったく堪えられないほどの  それは三マイル以上も離れているのに  それからすぐに事実のお話に移りたいと思います  それからいろいろの変わった  それが壁掛けの濃い紫色とまことにいい対照をなして  それは死の影によって更に浄められ  それを光り  それから言葉に尽くせない  それは以前のような光りを持っていました  それはわたしの耳には最後の審判の日の喇叭のようにひびいた  それは魔界ともいうべき  それは彼女が死んだという  それを見送りもしませんでした  それが出来ませんでした  それは少しも彼女の優しさをさまたげず  それからだんだんに私の髪のなかへ小さい手を差し入れて  それはあたかも夢をみている  それは当たり前のこととして別に不思議に思わない  それは司教の運命も変え  それを持続していました  それはみな失敗に終わりました  それをも拒絶しました  それは自分のこころから燃え出した  それもすぐに私から消えていって  それが鏡に映ったので  それを疑いませんでしたので  それを行なわなかったにもせよ  それをもたげ始めました  それをねじ廻して  それを補ふ  それやわかつてるさ  それがわかつたの  それをどう問題にするかが  それで満足すれば  それは僕も望んでいる  それも彼のは私とはちが  それがために気を張っていた  それを門口の立木に繋いで  それをあげないと  それが邪神の烏将軍だろうと思った  それを仆した  それが向こうから見た  それが初めて自由の身となって  それに慣れてしまったというの  それを粗雑ながらも言葉に移した  それは時間と事情が許さない  それに耳を傾けなければならない  それについて不満があるでも  それは彼が私と話している  それがなかなか説明できない  それから少しおたずね申しますが  それは君が下の方にいたからですよ  それから二人はいつもの小屋へはいって  それが私を困らせる  それは激しい感情を苛立たせている  それを堪えながら  それを自分で実験している  それに逆らわなかった  それを聴いていた  それだけではないと言った  それがなんとか呼びましたか  それは私がかつて墓場で見た  それがために私はいくらか弱ってしまったからです  それがために平和も安息も得られない  それを引き取って言った  それがために戸のところへ出て行った  それがあなたの耳には聞こえなかったかも知れませんが  それはおそらくそこを見渡した  それを当然のことのように主張する  それを説き導いて  それがどうしても起こる  それが避けられる  それを避けられるかという  それが事実であるかないかというような問題を別にして  それには及ばないと断わった  それがいつまで続くやら分からない  それから少し離れた  それは木材と脂布とで作られて  それを注意する  それに審判をなされる  それで満足していれば  それを持って来ると  それを去らせてしまうであろうと  それがあるかという  それを読んでくれと  それを拒んで  それを褒めると  それはブレトン老人がヴィール夫人に毎年十ポンドずつを給与していてくれたという  それを我慢して  それに適わしいと思われるからである  それも友人や未知の好意ある  それを破棄しない  それを分析する  それに対立する  それであると云っても  それを説明している  それが形式上の整備を有っている  それは出発の手懸りとなる  それは唯一を意味する  それは云い  それは相互という概念を破壊する  それを幾回繰り返しても  それは変化する  それ故両者の運動は両者の間の循環によって初めて必然性を与えられる  それは少くとも従来の形而上学の本体論と直接の関係がある  それを知らないとか  それは抜きにして  それはこの運動の優れたる  それを単に前後相承と呼ぶだけでは云い足りる  それであればこそ特定の対象に特定の方法が対立すると考えられる  それであるとするならば  それであるとは云われない  それと反対なものによって決定されるとは  それを否定と呼ぼう  それと矛盾する  それがそれ自身の実現に向って  そればかりではなく弁証法が一種類に限ると考えられる  それとは全く別な現象に還元され  それはその本性に於てある  それ故対象は存在にぞくす  それは実際に研究する  それに出会う  それは求められた  それ故この概念は本来から云えば  それは学問から学問の根本をなす  それ故今や人々は学問の方法という概念の下に例えば学問の基礎一般を理解する  それが方法論と名づけられる  それ故茲に於ける  それに於て対象概念が発見される  それであるから学問に於て特に方法が重大に見える  それはただこの点にのみある  それ故この自我にぞくする  それを論じる  それによって分析をより現実的にする  それ故この真理概念に属する  それを所有する  それから距たっている  それでなければならない  それであるからと云って  それは厳正な意味に於ける  それは学問が事実に於て通用し  それは意味する  それは現実的内容を持つべきである  それに服従すべき  それ故学問性の観念的規定に外ならない  それは実践への顧慮を計上した  それは体系に対立する  それは無論事物それ自身に即した  それは之を離れて  それは高々理論の鋭さや奥行きを知り  それが文献の内容となるという  それが文献の内容となり得ないという  それは組織の概念でなければならない  それは同時に方法概念ならぬ  それが同時に方法概念への運動に他ならない  それの特色を示す  それなくしては成程学問性は成り立たないであろう  それが要求されるだけであって  それならばこれ等の諸規定は何のために必要とされる  それは獲得され  それの実践的獲得という規定を含んだ  それ故この場合の学問性は方法概念にぞくする  それはもはや体系概念との相互の否定を許さない  それは有っているからである  それの権利の限界を示し  それ故基礎づけは  それ故元来批判という名には値いしない  それが自分以外のものに対する批判であるように見える  それは真理性の反対に他ならぬ  それは学問性の精神を全く有たないものと考えられるであろう  それ故手法の末流的伝承は方法を学ぶ  それが学問が社会に対する関係を指す  それは学問が真理を云い表わす  それは真理性必ずしも学問性ではないという向の言葉を裏書きする  それ故是非方法にあらねばならない  それは元来宗教的真理概念から発生した  それに特有でない規定を以て或る概念を規定しようと欲する  それに帰着し  それ故方法概念のこの四つの形態に応じて  それがあろうとする  それが望ましいことに見えるであろう  それが仮空的であるからと云って  それは何か他の点に関係して  それは直ちに統一と整正との欲望を伴い  それは単なる又直接なる否定ではなくして  それなくしては研究を進める  それは所謂哲学をも含む  それによってその妥当の限界を制限し  それは実在から区別された  それは自然科学的形而上学が破られねばならぬと考えられたと  それ故一つの特殊な学問でなくてはならない  それが実証科学に取って代る  それは一つの特殊な学問でなければならない  それは初めて哲学に従来期待されていた  それは特殊な哲学的思弁が実証の範囲にまで及んで  それは実証としての科学から区別され  それを今日の科学としての物理学は求める  それが基くと考えられる  それは後世の意識の問題となる  それ故哲学と科学とを区別しようとする  それを哲学と呼ぶ  それは自己目的と呼ばれる  それは人間の性格に就いて  それは普通の意味での学問の分類を脱しているが  それが学問の正面的分類ではあり得ない  それが事物の性格を把握する  それは求める  それを省く  それは能力を訓練する  それだけではなくして  それ故之は対象による分類から方法による分類へと移り行かなければならない  それは学問的概念構成以前に横たわる  それを通過して  それは対象としての方法でなければならなかった  それは科学的世界の基礎を与える  それによって所謂自然科学と精神科学との分類が与えられる  それを見よう  それに含まれた  それでなければならないであろう  それ故このArchitektonikは必然に方法論にぞくす  それを押しつめた  それをつきつめて行く  それは云わば  それに従わなければならない  それは取り扱う  それを何と呼ぶかを  それは個々の学問の特殊の認識目的にこの形式論理学を応用した  それであるのになお一つの論理学と考えられる  それ故茲に一切の問いは認識乃至知識に就いての  それは理性的にして  それは例えば知的直観のように自発性は持たないから  それによれば  それ故経験科学に限ろう  それには或る一定のアプリオリがなければならぬ  それは方法がそうあると  それは内容的に対立して  それは意味の多くの分岐と変遷とを有っている  それは云うならば  それは何も心理現象が自然である場合を斥けはしない  それはなお見渡し尽せないほどの  それは反覆する  それは異った  それ故個別化に基く  それは反覆しない  それはもはや自然法則に従っている  それは普遍的ではなくして  それ故個別的因果でなければならない  それに結合している  それは一切の現象に例外なく当て嵌  それで足りるであろうから  それが評価されて  それ故歴史的資料を選択する  それ故彼は一般的価値概念を自ら与えたり  それに関心を持つ  それであるからこの分類は単に現存する  それは自然と精神とに分類されなければならなかった  それは事実を個別的因果に於て把握する  それは自然科学的概念構成から独立に与えられている  それは主客の対立から出発する  それに特有であるかも知れない  それだけではまだ個性を有ちはしない  それ故例えば精神物理学が個別的なそして而も質的なものを取り扱うからと云っても  それから三十分の後には都の東北なる  それが為一年の三分の二は旅行に費やした  それは信濃の山中にある  それで思ひ切る  それはその渓谷に沿うて  それは決して自然に出来た  それは諸国にある  それには推古時代の物と推定し得る  それはその石蓋の横面に当つて一つの石の割目が着いて居て  それをぐつと推した  それを好んだ  それは大学を出る  それはそれからと云ふ  それを変だと感じもしようが妙ちきりんな状態にある  それを好んで遺る  それは青い皮の鞘にはまつた一振の  それを懐中し  それは確に大きな提灯を人が振る  それに依ると  それに住んで居る  それと同時に何処かへ連れ去られたか殺されたかにして居る  それが野宮の暗示に依  それから二日目の朝の新聞紙に彼の失踪広告が出て居た  それがとうとう一八九七年の八月七日までつづいたが  それからツールノンの獄に送られ  それを見舞って  それが事実としてもまだ何らメネルーに嫌疑をかけるべき  それは血がついた  それだろうと思われるが  それを句として発表するだけの  それがために殆んど家業をも省みないほどの  それによって五句集に対する諸君の熱心な真面目な態度が窺われて  それが芸術だと信じていた  それを知っています  それから先きに探っておく  それは今更説明する迄もあるまい  それはあります  それは犯人自身が知っている  それが犯罪也と人に思われ  それに残してあった  それから取調べてかからなければならない  それは分らん  それが分ってるくらいなら  それを知らなかったの  それに違いありません  それがあなたの云う  それよりももっとよい野菜でも出来ましたらば  それも今はめちゃくちゃにこわれてしまって  それを毀って  それがその培養者たる科学者にはよく知られているらしく  それがジョヴァンニに甚だ不快な印象を与えた  それに手も触れている  それを抱く  それを貶す  それに答えなければならない  それだけを聞いている  それを覆う  それが池水の底に映じて  それがちょうどいい工合に事件と調和する  それはもはや神の創造した  それは忘れて下さい  それを信じて下すっても  それは比較にならないほどに  それにふれてはいけません  それは彼が宝石のような花を一つ取ろうとした  それが想像のうちにのみ栄えて  それを破ろうという  それがために間違った  それを誤  それは彼の深い莫大な信念からというよりも  それがためにベアトリーチェに対する純潔な心象をけがした  それを試みれば  それは美しい青年にあり  それは古い天井からいつもぶらりと下がるほどに  それに気がついて驚いた  それをお疑いになりませんでしたか  それは神聖な草から蒸溜して取った  それをわたしに下さい  それはもう彼にも有害にはならない  それもわたくしが天国へ昇ってしまえば  それにさからう  それと絡みあって  それこそ武蔵野の桑畑と雑木林の只中に埋っていた  それは宏子を引きつけ同時に惹きつけたより  それは瑛子が吉本の一寸した  それはローザがリープクネヒトの妻にあてて  それは愛情と亢奮とをもって読みまわされていた  それをテーブルの上に置いた  それより前に田沢は帰った  それへ怒りかえさず  それと母とを結びつけると  それも宏子を板の間に出す  それをどう考えている  それがじっとしていないの  それも宏子の頭にのこった  それで生活をきびしく律して行こうとする  それを持って行った  それは宏子さんが何と云っても  それを見おろして  それを受け容れるか  それを疑う  それに恐怖の情の著るしく含まれた  それに給仕も寝てしまったから  それを信じていて  それはすぐに見えなくなったが  それは熊の奴だろうと思った  それが人間の形に見えた  それまではけっしてその姿を見る  それが果たして事実とすれば  それはあたかも最近の露土戦争の始まっている  それがわれわれの逃がれ出る  それさえ日毎に結氷しつつある  それはあたかも去りゆく  それが卓効を奏して  それが船長を興奮させたり  それとても五十人の船員が食ったらば  それを苦にがしく思っている  それをとやかく言うにはあたらない  それを防がなければならない  それを挙げたと思うが  それを実行している  それを見たと言い  それを幽霊と呼びはしなかった  それが遠く全体にわたって拡がっている  それを聞こうと言い出した  それがために船長のいったん鎮まっていた  それがだんだんに調子を上げて  それをつらぬいて  それは私のすぐそばから叫び出した  それがみな決めてあると思えば  それから二日にして  それをどう書いて  それは徒労に終わった  それはあたかも長いあいだ待ち設けていた  それから再び飛ぶと  それに加わったが  それを鷹だと思った  それを見て走り出した  それは人の形をなして来た  それが単に吹雪としか見えなかったが  それが婦人の形をして立ち上がり  それがどんなに奇妙に思われても  それさえもやがて見えなくなってしまった  それを終わりまで書かなければならないとは考えていなかった  それによって新らしい光明があたえられる  それは船長がやや少し若く描かれている  それより竹藪の中にはひり  それより今かうして坐つてゐる  それも怠つてゐるが  それは写実に進んで  それが三つとも形が違ふ  それは一応の事実として受け取れる  それはいささかも彼らの意志を顧慮する  それは我々のあえて意に介しない  それをまに受けて引越す  それが第一私などにはわからない  それに近いことをやつている  それをなし得る  それが一向不思議でもなんでもないことを発見する  それを聞かされて  それはあたかもお伽噺を聞いた  それを嘘だと思ってみる  それを悠ゆうと飲みながら  それがごろごろというように響くかと思うと  それがフランス語の唄のように思われました  それを贔屓眼に見て  それをわたしに教えてください  それがあるので  それが曇っている  それがどうもやめられない  それと戦おうとしているが  それを私の眼の前へ持って来た  それを検めていたが  それを机の抽斗に入れて  それからしばらく考えた  それを知らせる  それは女の喉から出たらしい  それに唇をつけて  それに家財道具や衣裳類を山のように積んである  それはあまりに狂気じみているので  それを忘れてしまって  それが雲煙万里を隔てた  それは宇宙間にある  それと同時に生まれる  それは半分ほどもこわれた  それまで私は凾館に足を留めてゐた  それを見付けた  それすらあり  それは今直ぐ來なくても可いんです  それに同じてはゐたが  それを机の上に置いて  それまで私は函館に足を留めてゐた  それから真直に石狩の平原に進んだ  それやこれやの打合せに来た  それすら有り  それは今直ぐ来なくても  それも同郷の先輩金田一京助氏と土岐善麿氏の力と言つてもいいと私は思ふ  それが極めて小規模な地形であるのは面白いと思われた  それは何だか分らない  それがそぼふる  それは質屋で質流れの衣類の競売をしている  それと没交渉に秋晴の太陽はほ  それを破談にしてしまった  それをいたずら書きをするまでは  それには航海の終わり  それについて別に弁明しようとも思わない  それを自分でも知っていたので  それから時どきに黒と白の法被を着た  それをたしかめようとはしなかった  それからコムバーメア橋とペリティの店へゆく  それを胡麻化そうとしたが  それに弱く反対して  それがまたキッティの怒りに触れてしまったので  それから急に黙ってしまった  それまでの私は口から出まかせにしゃべっていたが  それを信じるかね  それは三十分前の出来事を繰り返している  それは幽霊に話しかけていたというよりも  それにマンネリングのお父さんからの丁寧な手紙がつけてありましたが  それだから彼らに発作をあたえよ  それはちょっと解釈し  それを漁ると  それに袴をつけ  それを意地になって  それがとんでも無い間違いだと知っていながら  それを嘲笑して  それかも知れぬと思った  それを頸にぐるぐる巻いて  それまで待たなければ  それに皺を寄せて笑っている  それあの何とかいう  それ何とか云ったっけ  それが変化してあらわれるからこそ  それが実現されつつある  それに関連しているらしいので  それに正月は来よるし  それに味をつけて  それにつけて食う  それを詮議立てせずに  それを旗幟不鮮明のやうに思ふ  それを佐藤は世間と共に容易の業のやうに誤解してゐる  それは立派なものだと博勞は辯解する  それは海へ落ちたので  それが子供に至るまで  それが便利だといふので  それを断ち切る  それはたしかに偏寄った  それが祝儀の不平でないことが後にわかったので  それを手にすると  それはすぐにまたしまった  それを恥辱とは思わない  それだからあなたはたしかな説明を得ようという  それを断行しようと  それは船長の眼に自分というものを立派に見せようという  それを信じる  それが東までまはつて盡きた  それと團三郎とある  それに冬になると  それに雪でい  それが夏を越した  それを言つてもありも  それに加担する  それが商船であることが分った  それをみても  それはいわない  それの邪魔にならない  それを三位卿に渡し  それへ目を落すと  それに決めて  それはかれが  それを嘘にして  それへ乗っていた  それじゃせっかくお暇が出ても  それにはなんとかして  それが放たれた  それにひきかえて  それを捨てても  それが耳ざわりで寝られない  それまでの事件にはしないで  それを飛脚屋へ頼みながら  それを気任せに歩かせながら  そればかりを考えてゆく  それを不思議にも思わないで  それへ上眼を送ったが  それを抑えた  それすら存じておりませぬ  それはそう申しましたが  それが川長のお米ではないように見えた  それと目の前の人とがどう考えても  それよりはグッと若く見えて  それを見つけださねえ  それに気を惹かれて  それが発覚したとなれば  それに要る  それと口を切る  それが不倫な恋とはなりゃしまい  それに代ったって  それを輪に結んで  それを返し  それを塗って  それが熾烈となる  それを昨日の人にして  それをおっしゃって下さいますな  それと察していた  それを知らないでおりましょう  それと心を措く  それをさえぎりながら  それはまたお間違いでもあった  それをよくよくごらんあれば  それだけでは困る  それと知られるくらい  それが主なく漂って行く  それには一顧のいとまも与えず  それを渡し舟に利用して  それじゃスッカリ申し上げます  それも一つ買っていただきませんと  それを覗きこんでうなずくと  それで覗いてみると  それへかけて  そればかりを思っている  それがあなたのお心に通じない  それをあおる  それまであやつって行ききれるか  それを拒むに  それまで時節を待つと思うて  それが無念にたえまい  それを避けていた  それを知ったら  それをいわずに  それにかまわず  それを聞き止めた  それを知りつつ  それをふところにねじこんで  それを遺恨に思っている  それこそ笠の台が飛び  それよりお米はいかがいたした  それへ便乗しようとしている  それを最初に嗅ぎつけた  それと知られぬ  それに答えながら  それはお久良も承知していた  それもうすうすは察していた  それを頭痛にやんでいる  それを持ちこたえている  それで帰ったが  それも明日の便船へ積みこむ  それらしくしてくれという  それが誰からともなく伝わると  それへ乗って  それへ足を入れかけた  それが密かにこの家を出た  それへはずした  それに返辞もしないで  それを重ねてやる  それを三位卿に囁いた  それが弦之丞ではないかと申しおりますが  それですッかり  それを誰がいつ運びだしたか  それはむしろこっちの思う  それと見ると  それにかなりの便乗者と雑貨雑殻がミッシリ入っているので  それにもいろいろな事情があるが  それは杞憂に過ぎなかった  それも絶えずソヨソヨと吹く  それはご免こうむりまする  それにすがってはね上がると  それへならって  それは意味をなさないくらい  それが常木鴻山であると知ったら  それへ眼をつけていた  それらしい船が後ろから白浪を蹴立ててくる  それへ潜り込んでゆくと  それは歴史の教える  それが豊富で充分な実験に立脚し  それは別の機会に明らかにするとして  それが所謂ルネサンスとなれば  それだけではまだ実験の本当の面目を明示し  それに準じる  それが研究途上にある  それと内部的に結合すべき  それはその体系の動力のメカニズムである範疇組織が有っている  それが存在の解釈だけを目的とする  それは特に自然科学の科学性をなす  それならば併し  それ故社会科学に於て正当に使われ得る  それはルネサンスの初期にまで溯る  それが原因となって  それは主観による知的材料の構成の結果でもいいし  それが出来るか出来ないかが  それならば少なくとも之を認めても  それでは流れると考えられる  それは完全に死んだ  それでなければ誤謬の存在は説明出来なくなるし  それの認識構成の規準の資格を詳しく検定したに過ぎないとさえ云っても  それは社会科学に於ても少しも変った  それの一定の意義を想定した  それは術語と表象を持たない  それが階級主観に連絡している  それの故意に一部分的な映像であるに過ぎない  それが原物の実在世界と一定の意味に於て果して一致しているか  それに相当する  それを却ってメトーデンレーレと名づけたって  それを却ってメトドロギーと名づけても  それが近世自然科学の意識的高揚に相応していたればこそ  それは何と云っても  それに基く  それは別にこの考え方の不当を証明する  それから先にある  それがギリシアで始まった  それだけとして見れば  それは二つの間に絶対的なギャップがあるという  それが系統を引いている  それならば科学が健全な発育をする  それに先立って  それと裏表をなす  それが数学的方程式によって云い表わされるとする  それは狭義に於ける  それは経験の整頓から一定の諸法則を導く  それ故人々はすぐ様之が研究の方法様式だと考えたがる  それは一定の研究様式内に於てはその研究様式の一内容としても機能するからである  それは恐らく当時のガリレイの物理学の水準を遙かに下回っていた  それは事実と呼ばれるが  それをこの弁証法的分析にかける  それがカオオルを賣りに出る  それに驚く  それを殊更に強調する  それまでは全部湯屋湯屋で一日交代に立てる  それが幾組となく後から後から續く  それを口にした  それから先きの幾年を諸人の見る  それは何物にも束縛されずに  それと同時に建設者はそれを槌で打ち砕いて行き  それと同時に絶えず葬式の蝋燭は人間の頭上にかがやき  それに満足する  それを大理石や青銅へ再現する  それを好む  それへと尋ねあるいて  それを発見したよ  それを見守っていた  それはあたかも古い腐った  それがために首斬り刀はすでに研がれ  それもみな塗りつぶされて  それはわしも聞き及んでいる  それもまた空間に呑み込まれてしまった  それがためにやや意識を取り戻した  それは彼の足もとに恐怖の波の動く  それは霊隠  それに随いて行った  それに青白い月の光が射していた  それは紺碧の色をした  それを飲みながら  それがためにあわてて起きて帰ろうとしていた  それが紫色の鋏をあげて逃げようとでもする  それに神秘を感じたので  それはすまなかったね  それは母親の病気を知らしてきた  それらしい建物も見えなかった  それがために彭は翌日体が起たなかった  それが非常に厭わしかったがどうする  それは自分の傍にいる  それは女から生れた  それを彭に返して  それが最早自分の故里と言ふ  それを見向きもせぬらしく  それが無かつたら全部死んでゐるのでせうね  それに類似した  それを手本として描いた  それを先生に直していただいて  それを写させてもらった  それも一年中到る  それも極く粗い譜の取り  それを察したらしく  それから一年ほどのあいだは無茶苦茶に嬉しく楽しく暮らしていた  それには封がしてあるので  それを一度読み  それを通りぬけて  それを外す  それはすぐに判る  それを探し始めました  それは隙間を洩る  それが今度はよほどはっきりと響いて  それを見たらば  それをしたか  それは自分にも分からない  それを思い出すと  それへ飛び乗って  それが私の幻覚であるということにまず決めてしまって  それから一週間待っていましたが  それについてなんにも知る  それを誇りとするより  それは実のところ彼の隠遁的の思想から出ている  それを実地に応用してみようなどという  それとまったく遠く懸け離れた  それを考えつづけている  それを手に入れたいと思うから  それを運んだ  それを下ろして見せてくれと言った  それが何かの意味あり  それが彼の趣味と性格の一面に合致しているので  それが男だか女だか分からない  それが欲しくなった  それを手放したくなったらば  それを見付けはしないか  それは不成功に終わった  それに対してなんの疑いをも懐かしめない  それはあたかも甲冑をつけた  それは現在の部屋において彼がうしろ向きにならない  それがために自分の存在を彼女に知らせたらば  それを見つめていた  それは中央の宝石を取り去られた  それにもやがて倦いたらしく  それを教授する  それがために彼は間もなくたくさんの金を得た  それは充分に熟してきた  それでいいと望んでいた  それだけで自分は満足する  それもやめてしまった  それは格別彼女の美しさを増してはいなかったが  それが悩みを起こして  それがすべて悲しみを受けた  それは愛がさせる  それをノートに書きつけた  それが燃えている  それを吹き消す  それから描いた  それがあまりに長く続かない  それが私をここへ来させた  それは分かりません  それも分からない  それですからいけません  それは言えません  それについて更に焦燥を感じた  それが壁にしっかりと取りつけてなかったとはいえ  それをできるだけ押し隠して  それから間もなくご病気が起こった  それを聞きたいと思っても  それをなし得なかった  それはまる三週間まえだ  それには時を待つより  それをよく見ると  それを突破して  それを切り出すだけの  それを打ち明けた  それには二つの理由がある  それについて少しお断わりをする  それからだんだんに回復して  それまで待っていろと  それは奇妙な状態に立ちいたった  それとまるで相違している  それですから今日はあの人が出て行ったので  それがヒンクマン氏に聞こえると  それに対して大いに興味を感じてきた  それがそうはいかないので  それにはあなたが加勢してくださる  それをどう利用して  それを拒絶されたらば  それを解決してしまいたいと望んでいる  それを承諾し  それを実行しようとは思わない  それを望んでいるらしく  それを口へ出したが  それですからお困りになる  それははっきりと彼女に聞こえてしまった  それに対して何とか早く説明しなければならないが  それを話した  それについて悪感をいだかない  それを口へ出して言う  それをたしかめようとしているに  それは彼女として  それについて懇こんと説明して  それはある程度まであの人に関係している  それに対してなんにも返事をしなかった  それがために言葉が多少粗暴になる  それを覚ったらしく  それをも拒まないで  それらしい住み  それが十二年後の今日に至って  それに出逢った  それを祓い鎮めてくれる  それをたずねて頼んでみるが  それを焼くと  それは世界と云う  それが真の国家となる  それが道徳の根源となる  それが眞の國家となる  それを諒承して帰った  それを太閣に訴えた  それに沼田のある  それは東軍と決戦する  それは夜の九時過ぎまでも明るい欧州の夏の夕暮に似ていると  それは爬虫類の掌のようでもあれば  それでむす  それを培う  それを想像するだけで  それが馬鹿らしい程小児性じみて  それをあの賢夫人やその他多くの世間人達がむす  それに盲従する  それから更に考えてかの  それを敢行する  それで逸作と暫く世間話をしながらも  それを感謝するらしく  それと反対の室の隅にピアノを据えて  それが易々と出来た  それに答えないで吃った  それを押し除けて  それが却ってうまそうに見えた  それからはじめて手を出して  それを感情の範囲内だけで働かして行けばすみますが  それに対してむす  それは答えるというよりも  それはかの女にも原因がある  それをいたわる  それがむす  それは確にこの場の打切りになった  それは総てを与えても  それをそういってやっても  それを冠った  それがいかにも歓びに溢れ  それから游ぐ  それは内股から外股へ踏み運ぶ  それがどうやら田舎臭い感じを与えて  それはむす  それが却って清新な怜悧さを表わしているといった  それはやや感情的に青年に惹かれて来ているかの  それが何故かかの女を歯切れの悪い忿懣の情へ駆り立てた  それに遠く行き去った  それを襯衣も着ずに  それを故国の知識階級へ向けて  それを年頃まで監督して育て上げるという  それは人生を楽しめという  それをいうと  それが僕にはそうは行かない  それにも限度があった  それを訊かれると  それは当っていると思った  それがあなたをいつも苦しめてる  それが図破抜けた  それを感ぜしめない  それが二人をどこの山路を踏み行くか判らない  それが却ってこの棲家を孤独な淋しい普請のようにも見させたが  それで切れた  それは昔風の形容の詞句を胸のうちに思い  それは規矩男さんからもうかがいました  それには大学だけは是非出て貰わねばなりません  それもだんだん平板に落着いて来たが  それがもう十分規矩男が自分に馴れて甘えて来た  それだけに堪らなく  それで判ったわ  それを一たん無の価値にまで返し  それこそ素晴しく  それが規矩男の母の美点だとさえ思えて来る  それが規矩男の手紙の字画の線の印象と同じ眼底で交り合い  それをあなたに許さない  それを直ぐフロイドのように性慾の本能というハッキリした  それが空虚の心境にまで進んでいた  それが最後で規矩男からかの女は訣れ去って来て仕舞った  それを最後に空は全体として明るくなって来た  それは単なる道徳上の済まなさになる  それを母の本能が怒った  それに送りつけ  それだけで満足している  それは既に本能化した  それは何処へかわからない  それによって受ける  それに添わない  それを何に向って  それには態と公式めいた  それが擯斥されるべき  それから帰って行きました  それから沈痛な唇の引き締め  それを立派にやって除けましょう  それは仄かで濃厚な黄昏を味わうという  それは偶然規則的な図案になって  それは永遠の昔に夢の中で聞いた  それをあまり熱して  それを研究していました  それを迎え  それだけにてはこの損失はつぐなひがたし出版契約書の第何条とやらに原稿につきて  それより四枚立の襖を境にして  それにてもよければやむをえざる  それより後明治三十六年に及びて  それよりそろそろ世の新進作家なる  それも韓柳の文のみにて足れりと  それにてもなほ落ちつかぬ  それより小道具衣裳方あり  それより床山を間にして  それにつき文学部の中心となる  それより御雄飛の御奮発は小生の偏に懇願する  それにて紛れをり候この地はとにかく読書にも創作にも不適当なるぶるじよ  それが癖のいつものふとした出  それがどうしたと  それに自分でも可成り  それは夫の横へそれてし  それを拾ひ上げようとした  それにとまつて  それが身動きもしない  それは靜に差した  それを押し入れ  それに窓の青葉などに白い花でもついてゐる  それに息をかけて拭きながら  それは年齡が更けてゆくといふ  それは趣味の時もあり  それで豚を買ふ  それを山口は補習学校でも評判のいい女教師である瀧子に対して自分のとりえとして示す  それを待ってばっかりいずに  それを出しぬいて  それが一番無念な気がした  それと山口の場合とはちがいますよ  それをやった  それに胸をよせかけて  それを感じ  それを編みはじめた  それを云い出した  それを丁寧に一口すすって  それは一番己を知つた言葉だと思つてゐる  それは決して私がうかうかとのんきに日を暮してゐるといふ  それを文字にするといふ  それだのに今日はなぜか私の内部のものがそれを促して止まない  それは微妙な好い働を働くに  それで十分であると見き  それを促した  それを振り捨て  それあ死なうと  それは何といふつめたい態度であらう  それは私の良心に打つ  それはやがて正當に己にかへるべき  それが何にならう  それは折角私を癒した  それは或はさうかも知れない  それを實行に移す  それにちがひない  それは單に雪のあしたの眺に過ぎないであらう  それを捉える  それを掘りだす  それまで見えなかった  それを取って食べる  それも食べる  それに対処する  それを誰に咎められる  それとは別なところにある  それとは別のところにある  それは筋の立たない  それを憎まねばならなかつた  それを秀吉に分らせたい  それを好まぬ  それも我慢するので  それを棺に入れ  それと比べると  それのように蒼味を加えて  それがしな  それを白紙の上に取って  それはそれで大変うまくいった  それへとした  それから看守に連れられて  それを積み重ねておく  それを豊富にとりそろえて置く  それの乾いた  それについて淀みなく返事をする  それがピーンと響いた  それは看守も大目に見ていた  それは彼等を失望させるに役立ったばかりだった  それは杞憂にすぎなかった  それはどれほど後だったかしらぬ  それは云うまでもあるまい  それをつい永い間忘れていた  それを裏返したが  それを金に換える  それを最初に発見した  それに勇気がある  それにひき  それに此処の住居は郊外の大きな寺の境内にあったので  それを承諾した  それが却って葛飾を一層怒らせる  それだからと申しまして  それから間もなく引返して来て  それを黙って聞き流しながら  それを掴んだらしかった  それから間もなく寝床へ這入ってしまいました  それから三十分位経って  それに乗せられた  それに段々寒気が辛くなったりするので  それに今迄不仕合せに暮していた  それが却って葛飾の気を悪くして  それはひそかに身に隠して置いた  それは実は森おじさんの戸棚にもぐりこんだ  それは嘘ッ八だということがよく読めた  それまではいつも外されている  それを三つに折り  それをコンコンと叩きながら  それを後にして  それをすっかり脱いで  それに交って  それを当時東京に住んでいた  それが間もなく僕を苛酷に扱い  それを決行しなかった  それよりこの手拭で鉢巻をなさいよ  それは脱走者である僕に懸けられた  それを振りまわしながら  それには返事もせず  それが一つ床に臥す  それへと見つづけていた  それがいつの間にか尼僧のとりすました  それに噛みつく  それはズッシリと重い頭が永く載っていたらしく  それをトンと忘れていた  それを膚につけていた  それは玩具のように美しかったので覚えている  それには応えようともせず  それに母親もいますし  それよりもぐずぐずしていて  それが誓っていただけるでしょうね  それを解いて  それも終った  それは館に近づくと  それが花弁状を呈し  それが開裂して  それは国学者荒木田久老の説破する  それがちょうど花のまっさかりな絶好の時期に出会った  それを眺めている  それが頭にこびり付いて  それは当たらずといえども  それに目ざめない  それを否定する  それはここにあると  それが斉整均等なる輻射相称の形を呈せる  それは決して数葩すなわち数花が開くとは言えない  それが断じてカキツバタその物ではないと宣告しさると  それが埋れかけているが  それは毎年同じ小鳥がやって来て  それをひろげながら  それも深く探ってみると  それを天堂や孫兵衛や周馬に打ち明けると  それより一日前に立っていた  それを見かけると  それがみんなこの間うちから八郡の地方代官所へ問いあわせをした  それもあまり支配者を出しぬく  それをあぐらで食う  それを途中で棟梁の手へ渡した  それと白い月明りと闇のまじった  それを手にピカピカさせた  それには目をくれず  それが世上へ聞こえては  それはまだ大黒宗理の手で研がれてきたばかりの  それに及ばない  それも待たれてやまぬ  それを信じよう  それに代っていた  それには事を欠かさなかった  それに浸りきらず  それには消えない  それも山番の目を忍び忍びくる  それが人の眼だとは断定されない  それが縁になって  それや龍耳老人は怖ろしいにきまっている  それをつかんだなら  それにもぎょッとしたが  それを捨てるが  それに力を得て  それらしい叫びを聞かない  それに乗じて  それも途中で返す  それに沿って  それを引ッたくったので  それを携えて  それはいとやすいことに思える  それが二人の足をのせている  それを錯覚ではないかとあやしんだ  それに添えてある  それを思出して窺ったが  それに競わんとするごとく  それと申すが  それが幻に出たらしい  それにいたせ  それであると聞くまでは  それはどうも難有い  それが私の目の前に立ってるじゃありませんか  それが山へ来る  それは峠までは来ませんでした  それがお酌を参ったか  それはまだ一言も口を利かずに  それを見分けるほど  それは戸外からも見える  それは覚悟しましたが  それこそ猿が宙返りでもしなければ上れ  それだと直きそこに綺麗なのが湧いていますけれども  それは実に澄ました  それは寝てからです  それまで承っては  それだけでも見惚れるばかりだったのに  それにも及ぶまい  それも墨だけでは心ゆかず  それまでに話した  それは直ちに犠牲になる  それを参考にして  それにたくさんな宝物を持っている  そればかり心に念じていました  それを当てたら  それを一つ一つ数える  それに銀紙を張る  それを怒らいで  それや青光りもする  それや吊し上げる  それとは気がつかないでに  それがなければ空へかへる  それで安心して  それまで着て入らつしやい  それを食べようともしないで  それはまたあとでお話するから  それを食べると  それもなさけぶかい人がめぐんでくれた  それもぬいで  それまでしてやって  それはどうする  それが見つかるまでは  それを良吉は文雄にも見せてやったり  それを良吉のところへ持ってきて見せました  それがだんだん重くなって  それを貸してくれません  それを取ってしまいました  それに小さな穴をあけて  それを聞きつけ集まってきて  それを取り返して持ってゆきました  それがだんだんに蓄積して  それを捜そうともしない  それはこの動物の背光性negativephototropismによって説明されるであろう  それは立派な詩でもありうる  それを味わってみたいと思った  それを見て笑った  それを抱き上げて連れて来ると  それがみんな元気よく生い立って  それが驚くべき  それに映じて  それはただ至極平凡な可能性をほんの少しばかり変形しただけの  それは現在のわれわれの想像を超越した  それを左右に打ち  それをからませてやったら  それはみずから狐であると告白するだけで  それは智恵のたけた  それより奥羽線に乗り替え  それが実際できているあり  それが自分のした  それは十七字の中に自分の欲する  それに続けて  それは永久にわかり  それがやはり居合わせた  それが消えると  それがそのまま何か血まみれの記憶と似かよ  それからも脱毛は小止みなくつづいた  それはよほど気をつけた  それは何か冷やりとさす  それは歩く  それはあのとき一緒に逃げた  それは秀夫にとっては淋しい眼に見える  それがために気がのびのびして来たので  それはさっきだすやろ  それは秀夫に取  それは自分の下宿の筋向ふの  それは客と話をして  それが胸先に垂れ  それは顔のしやくんだ  それはビールとコツプを乗せた  それは極まりがわるくて訊けなかつた  それがために気がのび  それはさつきだすやろ  それは女中の思ひ  それは確に見  それは学術的論文というものの本質に関する知識の全く欠如している  それを審査し  それだのに実際上は事柄がその通り簡単にゆかない  それ故にこの疑問を解く  それは止むを得ない  それがまた特に合議者間に平素から意思の疎通を欠いでいる  それを抗議の種にする  それを落第させた  それよりも仕事の長所と美点を明白に認識して  それだからこそ恐ろしく頭の悪い博士もあれば  それに終る  それから始まる  それは大局の上から見れば  それだけの貢献にはなっており  それについて何とかいう  それだけでもいくらかは学術奨励のたしになるであろう  それをうつした  それは楓湖でせう  それから二十年か二十五年位しか經つてゐない  それと聞いて借りに  それをすら好條件の一個條に仲人はあふりたてた  それだからだつたと言ひあはされたが  それを悲觀して  それはいつでも動いている  それはみんなある  それは火というものは軽いものでいつでも騰ろう騰ろうとしている  それは物をつめたくする  それは冷える  それはしずかになる  それがなおろうとする  それはそう云う  それはたべ  それを見て言いました  それから少し工合わるそうに横の方を見ながら答えました  それは葱嶺の氷や辛度の流れや流沙の火やで  それはおまえたちをまもる  それにいろいろの太さの蔓がくしゃくしゃにその木をまとい  それも手をひろげ  それが雨かどうか見ようとしても  それが遣って来ん  それも褪せた  それには及ばんですよ  それなしというべからず  それが急に不徳義に転換する  それに關係ある  それが第二義の事件であるという思想は二家共に一致している  それに適しているので  それは恐らく私の思慮の足りない  それを考察してみた  それに由って  それを男性女性という形式の方面から見れば  それに特命されていると断ずる  それが個性といわれる  それを囲繞している  それが人間の根本欲求と分裂している  それを脱し  それが女自身の上に真実の幸福を持ち来さない  それを一掃して  それは煩雑に堪えない  それが自分の成長に貢献する  それを避けている  それは親となる  そればかりを望んでいるなら  それは個人個人の性情と境遇とに由って  それには勿論ひとに説明できる  それはまつたく聴き  それで入学は済んだ  それは毎日輪講の書が変って  それは訳読した  それと仰がれる  それが出来れば  それ考えて今から青くなつてる  それに町の工場に行つたりして  それに従う  それを案内して  それはよく覚えませんが  それを別に画にして見たいと  それを高尚にすらりと描いて見たいと  それがうつった  それから半年たたぬ  それから三日もたつと  それがいかにも後家の姑めいて  それに触りながら利く  それまで三十石船といえば  それを女風情の眼でけがされたとあっては  それは何か自分の指を噛んでしまいたい  それは薄菊石の顔に見覚えのある  それは火のついた  それはやがて淀川に巡航船が通うて  それを何から書きはじめたら  それはもう枯葉色に凋んでゐました  それはよく分つてゐましたが  それには種々理由がある  それは自分を慰める  それにもまして恥じねばならぬ  それはなお倫理的関心の領域にいるからだ  それは充分には解決されず  それを一貫する  それとともに倫理学史を読むべきだ  それがさらに後にいたって  それには触れない  それ故一定の目的をもって  それは活きてはいるが  それは行為の法則を与えようとしない  それは文芸の傑作に触れた  それはその人の美の感覚に比し  それを公言し  それによって社会革新の情熱を刺衝されない  それ故に倫理学の研究は単に必要であるというだけでなく  それは如何なる条件にしたがい  それは行為とそのあり得べき  それは必ず懐疑に陥らざるを得ない  それといずれが善であるかはこの等級感によってアプリオリに直覚されると  それは量的に拡がり得るが  それに眩惑されてはならぬ  それは高き価値がその地盤の上に実現され  それを選ばぬ  それは盗む  それを禁じる  それは人間としての視野をひろくし  それ故なし得る  それに内存する  それを成しとげたい  それは絶えざる  それが永いこと貸家になっている  それは分っているさ  それくらいの年頃の若者らしくおふくろなどと云わなかった  それは女中を連れた  それは昼間の普請場に響き渡る  それも義務上一年に数えるほど  それが夜の間に豊かな春を呼吸して  それが信じられないほど  それにつながった  それは早期の童貞喪失を伴い  それは学べよ  それは正統派の恋愛論の核心をなす  それが青春の独特な歓楽をつくり出す  それが青年を美しくし  それには童貞をなるだけ  それをすでに失ってしまった  それだけでも人格的誠実の証拠ではあるが  それをいさぎよしとしない  それをもって満足する  それを惜しまずにはおられないであろう  それを神聖視しつつ  それまで磨いてきた  それは愛と美との要求が高まって  それは学生諸君が自分で気のつかない  それは私の周囲に幾多の例証がある  それについで起こる  それを呼び  それにはよほどの熱誠と忍耐とがいる  それから誓いあった  それだけで是非をいう  それは結婚の神聖と夫婦の結合の非功利性とを説明し得ない  それに耐え得るほど  それを観て  それは至正庚子の歳に当る  それが柔かな風に動いていた  それは聞き覚えのある  それから女と喬生を西門の外へ葬ったが  それは何かの聞き  それを伴れて  それをいちいち書き留めさした  それがからこんからこんと  それには背の処に金蓮と云う  それが七月十五日の精霊祭をやっている  それはお露と云う  それから女と喬生を西門の方へ葬ったが  それがいつの間にか習慣といつた  それは彼において切り離せない  それをそのまま縮写するのみでは役立つ  それはくわしき伝記について見  それを仏法に求めた  それに帰宗する  それを問い  それ故に国家を安んぜんと欲せば  それ故に王法を安泰にし  それは法華経をもって  それ故に仏の遺言を信じるならば  それを期し  それは後に身延隠棲のところでも書くが  それは始まる  それが鎌倉時代の道も開けぬ  それは見知らぬ大衆が法によっておのずと統一されて  それこそ日蓮の強調した  それは日蓮の時代よりももっと切実になっている  それは共存者のものではあっても  それを許さない  それより低く一通りのものでは満足せしめなくなる  それは職能の何たるを問わず  それは愛読書となり  それを指導原理として私の実践生活を規範しようとさえもしたが  それも破綻して  それはむしろ実践のためにある  それは書物ではできない  それが読書の方向を支配しているかに見える  それを把握する  それはわれわれがとらえる  それはよろこぶべき  それが今日の学生生活の歪曲を齎している  それと同時にこう云う  それもよくは存じませぬが  それをお千絵と見くらべていた  それですんだ  それを読んでゆく  それがもたらした  それについて予言した  それを破って殺してきた  それはものにならない  それを招いた  それはそうある  それは孫兵衛の危惧を五里霧中にさせた  それも江戸へやっては  それが幕府の手へ入っては  それを伝える  それを揺する  それへ跳びついて  それを追ってきた  それへ気がついた  それに曳かれて  それは渦に巻かれ込みながら  それへつかまったが  それを周馬と知らず  それを追っかけてくる  それを早く万吉に知らせてやりたいと呼び立てる  それを旅川が不憫がって  それよりもっと栄耀をさせてやろうという  それから悠々と壁に懸けてあった振  それらしい影を血眼でさがして行った  それは何にたとえ  それを天満の万吉だとは夢にも知らなかったが  それは宿へでも着いて  それにも絶望しながら  それをつかんで飛び立ったが  それを忘れていた  それは仮借のないごずめずが針の山へ罪のものを追いあげてゆく  それにうたれたか  それが案じられて  それさえハラハラさせられている  それを見つめる  それをふりかぶって行った  それにゆかりのある  それを監視してまいった  それをふところに納め  それは後日になって  それが誇り  それを責める  それを思い  それも口には出せず  それさえかなえて下されば  それを拒否する  それはこの頃のように段々忙しくなって来ては  それにはたから見たら  それに勇気を得て  それを専有する  それは知った  それが皆ちゃんと誰れ  それに僅かなその配置の差などがあるには  それを実際に応用して  それを活かす  それが立派な絵に見える  それらしいと気のつく  それが確信に変って来て  それは平井榴所氏といって  それを使ってもらいたい  それは或る晩吉田さんが遊びに来ていて  それを送ってから  それに相応した  それが当然なのかもしれない  それに或る美しさを附与している  それに濡れている  それには一つ巧い  それは秦さんの所で見た  それが効いているらしい  それを応用して見る  それは断った  それよりもそれを随筆に書く  それくらいのことは出来る  それが経済組織にもある  それと一致しようとする  それを過去のお役に立てようとするので  それに轡をはめる  それも公爵夫人等はコブランツに行っていたので  それに対して叛逆して起った  それを夢みている  それを殺してしまう  それを革命の保護の下に置き  それをつぎの世紀にまで残そうと努めた  それを過去から伝えて来た  それで通り  それに戦いを宣言している  それよりももっと進んでいるか  それに与かり加わった  それを造り直す  それを準備する  それが成功した  それが失敗に終った  それによって実現せられるに至った  それは前に進む  それを過去の中に求めた  それによって明日の社会を推断する  それはみな帰する  それは彼等のために考え  それを謀るという  それをもっとも多く虐殺すると  それが革命をやる  それを非難する  それについて論ずる  それが後悔に変ってしまう  それをこう説明した  それを使いこなそうとするには  それを大騒ぎしてやる  それと同じ運命に陥る  それを絞め殺した  それを公共の場所の広場でやった  それを画布の上に不朽のものにした  それを恐れている  それにいやになる  それで合法の皮をかぶった  それによって支配して来た  それと違った  それに全く気儘な研究をさせたという  それから得られる  それもよく分からない  それは記録に値いするであろうと思う  それをのみ唯一の楽しみとせしが  それには船を停めざるべからずと  それに思い至らざりしが  それは可哀さうよ  それが黒い髪の毛を帽の下からはみ出させて  それから一脚は床に倒れ  それに答えている  それが運のつき  それを証拠立てる  それは香港から羽田着の飛行便で奈々子宛に送られた  それを包むに用いたらしい  それで解ける  それがそもそも奈々子の殺された  それが判った  それまでの見込みが怪しくなってきた  それまでに稼いだ  それに免じて許して下さいませ  それを奨励している  それか判るかね  それは安らかに死んでいる  それは麻薬患者を探しだして  それを紙に包んで置いて  それは現在夫婦者がゐるが  それの鬼となって  それを制作する  それこそ末代までも間違いを発見されない  それは京都嵯峨の奥なる  それを染めあげる  それを静寂な海の花園に横たえる  それを是認した  それは知っています  それを誓うと  それは存じませんです  それも銀の喇叭が三つもついてるんでさ  それがはァ棒でも嚥んだように鯱ッちょこばッてる  それがきっと合図だッたんでさ  それに飛び乗って  それを見たと申出る  それもあて  それを取りおろし  それを衣嚢に押し込むと  それを呼んで読んで貰おう  それを表明している  それを不審にしていた  それには答えずに  それをじっと眺めている  それをジッと眺めていた  それを実行し得なかった  それで諦めでもする  それでいけなければ  それを蹴開けた  それに気がついて居なかったという  それを躊躇させた  それを握った  それを了解した  それを追いかける  それも杞憂ですんだ  それに囚われている  それもそのまま静かになった  それで驚いたに  それを握らせながら  それこそ町へなどは一度も出ず  それじゃもうお逢いでしたか  それじゃお前も錯覚党の仲間入りをしたって云う  それに犬のようなそんな獣に脅かされたなどと思われましたら  それについて二人で議論したり  それこそ気絶してしまうだろう  それが一層レザールには物凄いことに思われた  それから再び腰を延ばし  それへ銀笛の音が混った  それだけではすまなかった  それで財産家になった  それを女中に盗ませた  それを種にして  それを市長の眼前へ出して  それを市長が見た  それのような微妙な色彩をつけ出した  それを私の前へ置き  それを得ようと思うには  それから再び家を出て  それじゃ掏摸だとおっしゃるので  それを持ってるというからには  そればかりを懸命に考えていた  それを希望する  それからその語を翻訳した  それまで不安に襲われていた  それを皇帝に献じたという  それには理由がございます  それも沙漠から送った  それへ飛び乗った  それとそっくり同じで沙漠の暴風が一晩吹いて  それに刻まれた  それから三枚の羊皮紙へ暗示的の文章を書き記して  それから尚頻  それに対抗して走ろうともせず  それだのに尚も張教仁は全力を挙げて走っている  それじゃ僕を殺した  それだのにあなたは堂々と私の要求を拒絶した  それは既に死んだ  それの解ろう  それは天井から来るらしい  それよりも阿片でも飲みましょうよ  それを物語った  それを二人は下りました  それを描かない  それはもちろん描きますとも  それの看病をしている  それもようやく恢復したので  それまでは君も辛棒して  それまでに僕も僕の用を片付けて置く  それと見て取った  それを囲んで  それが事実だとすればだね  それを伝たわって甲板の上へ螽斯のように躍り込む  それで取る  それを海上へ下ろして置いて  それじゃ僕らが海賊に襲われて  それに蒙昧の野蛮人を帰服させる  それを博士が通弁する  それを通弁する  それをすぐ許した  それを叱ると  それからボートを漕ぎ出した  それで取った  それを詰めて  それを吹かす  それが身長の倍ほども延びて  それと一緒に沼の方角で悲しそうな獣の吠え  それは私にとっては産まれて  それはいったいいつ起こった  それから少しの躊躇もせず  それまで隠れていた  それに気がついたと見えて  それのように薄く引き締まっているではないか  それを明瞭り知る  それを目前に見ている  それが恐ろしく思われたからだ  それからの私というものは無茶というよりも  それからまたも逃げました  それは湖底のその宝庫を有尾人という原始人が守っているという  そればかり焦せっている  それが妖怪でも蕃人でもなく思いもよらない  それから今度は右へ廻り  それからまたも右へ廻る  それは英国の動物学者で兼ねて  それらしい有尾人種にも逢わなかった  それに改良を加えたりした  それさえ今日は穏しい  それを手で制して  それは確かに恐  それは人猿と同じように数十万年前のその昔に悉く滅びた  それだのに人猿と相伴なって  それを守るかの  それには私だけの理由があった  それを捉らえて穴の内面を漏斗形にグルグルグルグルとぶ  それは思うに  それこそ私がどんなことをしても探し出そうと  それを私は利用した  それがすっかり出来上がった  それは彼らの世界とも云うべき  それだのに一度私が現われ  それに不思議にも社の屋根に人間が一人はいれるくらいの  それとも知らず  それを欲しないからだ  それこそ大陸の二つや三つは優に買う  それを私は恐れる  それからは何んにも云わなかった  それは老人の科学思想がいかに発達しているかを  それを私が知った  それは砂漠のなかに於ける  それを持っている  それは非常な勢いとなる  それをして  それをつくりだす  それが決まってから  それがかなりに俊夫君の身体にこたえ  それにごみを受けとりました  それを白状する  それはビーフカツの消化の程度で分かった  それはちっとも存じません  それがよく分からない  それをポケットに納めながら  それと一緒に食事した  それじゃ死体の発見された  それさえはっきり分からない  それが主人の知己なる稲村勝之であると叫んだ  それに家族を顧みないで生きているべき  それをたいへん恨みに思って  それを焼き増しさせて  それが被害者と一緒に食事をとった  それがみな仰向く  それによって証拠に照らしあわせながら  それはどういうことを意味するでありましょうか  それを深く恨んでいた  それから諸方を流浪しましたが  それを感づかれてしまった  それは知らぬと言うじゃろう  それにはいって  それを蜂谷という小姓が聞き咎めて  それもただもらう  それはもう勝頼の滅びる  それにむごい奴が寝首を掻きおった  それだから私の生活は北海道に於ける  それが春に変ると  それは恐らく熱帯地方に住む  それは山といわず  それは生面の人を威脅する  それは歴代の為政者の中央政府に阿附する  それには木の柵がまわされている  それは単なる回顧の霧のなかに包まれるか  それをどの程度に生活内容と調和させてゐるかが  それを取巻く  それはなにかといへば  それがあの星に現れています  それを送るには  それをくわえ  それに夏の気分を感じて  それを除いた  それは私が昼間谷から自分で採ってきた  それはまあ仕方があるまい  それとこんなにも異ってしまっている  それにしたって  それと同じ可憐な花が一ぱい咲いているのに  それより以前に栄えた  それの一種のモデイフイカチヨンと看做す  それは一つ一つによつて知る  それに働き掛けた  それが俳諧の方で芭蕉などによつて継承せられ  それを空中飛行で成就したいと考へました  それを作る  それもやがて視界から去  それを味ひながら  それから決定しなければならない  それは思ひき  それは現在までまだ充分に成しとげられたとは  それを試みました  それを待たないで  それが確実にわかっている  それを静かな郊外の辻に立て  それは彼のずば抜けた  それがたよやかな公爵夫人であったにしても  それから小さいエセックスの町から乗り込んだ  それをしょっちゅう床に倒していた  それはまったくなぜとはなく注意をひく  それはその道路面から特に高く建てられていた  それが起ったという  それをつまらない人間は常に見落している  それは思考する  それは最も悪い道にいる  それは最もよい道にいる  それは追跡される  それをおろした  それには砂糖がはいっていた  それに注意した  それを口から放すと  それは金ぴかの宮殿のような構えの料理店の正面になった  それを追求するか  それで来た  それは虫けらのように小さく見えるけれども  それはハーウィッチからの上り列車に乗り合わせた  それを盗み出す  それに探偵にとってはあの僧侶も憐れまれてならない  それは手懸を握って  それから再び彼等を見出すまでには  それはこう結んだ  それは貴公がいぼのついた  それを途中に置いて来た  それをだまって払うからには  それが気づかれ  それに前後編があって  それを読んでいた  それを引っ繰り返して見ている  それを埋めて  それが櫓の面へかかると  それまで心得ていて  それじゃ慌て過ぎて  それこそ一枚絵になり  それも芸なり  それはしかねない  それもあります  それから高津の宮裏の穴へ放す  それが天火に曝されている  それは初阪がはじめて聞く  それがちょうど膝になろうという  それが情人なら簪でも刺殺す  それがせめてもの思遣りに見えたけれども  それが浅ましいと云う  それさえ見てはいられないのに  それで分った  それをどうにもし得ない  それにも構わず  それは奴に持たした  それが縁を結ぶ  それが用で顔見に行かはった  それは伊丹幸の政巳と云って  それさえ尋常ならず  それが光なき十一の緋の炎と見えた  それがいつも眞白な髯に醉つてゐる  それに伴つて起る  それはその園内にある  それは偶然であつたとだけには思はれない  それはまた人間の贅澤な誇と  それだけの苦即ち滅す  それから暫くして  それに就いては語らなかった  それは容易なことではありませんからな  それはよく存じておりますが  それに続けて云った  それは影の動く  それが住職に知れかかると  それを私に話した  それを生んだ  それが知らない  それが新緑頃のしめつた  それを彼女は子供らしく堪らなく喜んで  それまであそこんちにゐて  それを私は当然のやうに思ひながら  それは女の自由に任せられる  それを持帰った  それが又細くなる迄かかって  それを伝えるのみが  それをことごとく読破すると云う  それがまた次第に諸方へひろまって  それに多少の困難を感ずるとすれば  それより上人も打ちとけて  それだけですでに自分を満足させてくれるからである  それに特殊な条件が加わって始めて  それが適当な速度でわれわれの皮膚を撫でて通る  それはすぐに飽和される  それは炭坑の底に働いている  それを今頃気が付いたとすれば  それを拾い上げようとする  それがわれわれの眼にはさも  それで賭をするとしたら  それが首筋に這い下りて  それが杏仁水であることを思い出すと  それは強い薬臭い匂と甘い味をもった  それをほうり出した  それが果して彼等を心服せしめての  それは疑わしいにしても  それは余りにも心理的な反省に欠けた  それを一体どう考えたら  それさえまるで見当がつかない  それに直ぐ後で教会へ行って  それが治安に害ありと見  それに今となっては  それから二三日続けて  それは言出せなかった  それに相当医薬の道にも通じていたらしい  それは室内に漂う  それを伝熱作用の法則と云う  それは誰か麦の間を歩いている  それは嫌悪を感じさせると  それにも苛立たし  それから釣り上がって  それはやめるが  それに近づきつつあると思へぬ  それから引離す  それが集まった  それをそう意地悪く面と向って言われては  それに今なお時折り何彼と参考に開いて見ますので  それが奈何して  それを煽り  それを鵜のみにするほど  それから一カ月しない  それを拒否して  それに堪え  それを拒絶した  それを面白がって眺めていく  それをもっと早く云ってくれなかったの  それは半年ほど経ち  それをぼくに愛撫されたいと願う  それから結ばれてゆき  それを承知したが  それに成功した如く  それに比べ  それも自分の性器を愛し  それにきのつく  それをみつけた  それにうそいつわりの書いてあろう  それがほおをつたわって  それが身にあまる  それはほん  それにはおよびもつかぬ  それはどこへいった  それがうたいすすんで  それをよんで  それはたれも  それについておうたいになりました  それがなんの役にたつでしょう  それをあたらしくとりかえて  それから五年たちましたが  それをききながら  それから影響を受けた  それを抑へつける  それが緩やかに注意ぶ  それは深い意味をもつ  それだけでも何か解つてくる  それが何か僕には貴重なものに思へますので  それはあるいは記憶ちがいだったかもしれないが  それをサラダの中に入れた  それは二女が欧州から帰って来て  それを入れている  それを冷蔵庫の中に入れておく  それを冷蔵庫から出して  それを覚えてゐて  それが突然食卓から目を放して  それに人を馬鹿にした  それは放して  それの置いて  それが石炭の中に埋めて  それを見てゐたが  それを盗んだ  それが自分の身の上だと云ふ  それを娘に相談したけれど  それを一笑に付して  それからは女という女を憎む  それを縁に連れ立って歩き  それも一月後には嫁入ろうとする  それから寝る  それが見たかった  それもお前のおかげで女の観  それもこれも元はといえば  それに致しても  それで沼田様からお捕り  それも襤褸のような着物を纒っていた  それからまたふくらみが  それまで眠らされていた  それがまず私の眼にしみた  それを下からかには見上げて  それを見てかには  それはしぶくって口がまがり  それは不問に附しても  それは誰にも決定出来ない  それを気の毒に思いなどする  それも少し書いて置きたい  それが横這いに歩いていると  それはこの世界にさるがあり  それをいいかげんなほんの一面的なやぶにらみの  それは利用する  それは滑稽を通り越してしまった  それだけを食って  それは一匹のカナリヤが知らせに来たので  それと一所に水がバラバラと降って来た  それを掃き集めて  それを許した  それを讃えろ  それから不意に叱る  それが若武士の眼を射る  それが寝ている  それが手繰られたらしい  それを素早く探り出した  それを両手で探り出した  それこそうんとこさ値打のある  それが悲しめる  それこそ失敗しようじゃ  それが咳をしている  それに則った  それの稽古をしている  それから更に申しました  それが全然習慣となって  それに調子を合わせて行こう  それで買う  それが売られて行く  それが人手へ渡る  それに見入っていた  それには碌々挨拶もせず  それさえ解いたら  それじゃア走って行くとしよう  それが見事に決まったと見える  それを解き明かした  それを過ぐれ  それを過ぐれば  それから担いで引き上げろ  それが民弥へ話しかけた  それからベラベラと喋舌り出したが  それが走って行く  それと見て取るや  それより先に買い取るだろうか  それでは間に合わない  それじゃア猿若が裏から忍んで  それこそ酷い目に逢わされる  それも遠くへ売られる  それは後でお訊ねするとして  それを人買がおっ取り巻く  それを追って行く  それを荒縄で巻いている  それにして  それは昔から解って居るよ  それが現われた  それには理由がある  それに第二に何と云っても  それに守られた  それが痙攣を起こした  それを信長に告げ知らせ  ソレ引っ担げ引っ担げ  それまでには及び兼ね  それと知つてか知らずにか  それを楓がはねつけた  それがしが  それで威張り  それを悲しみながら  それがしの  それよりもなお失望した  それがあると思って  それがしの申す  それがしもその趣向にあやかって  それがしもその天下第一の風流男に会いとうなりました  それは人間のうちでも老人の顔に似ている  それから振り向いて  それがあっちからもこっちからも集って  それは私に属すべき  それから行きあう  それへ撫子模様の唐縮緬の蹴出しがかけてあった  それを手綱にしぼって  それを着せかけた  それだけを別口のつけにして  それだけを地声で云うて  それによく似た  それを見送りながら  それをはたしてやらなかった  それを頼みに何辺か足をはこんでいる  それを爺さんはいつもよい加減に聞き流しにしている  それが今おちぶれて  それがいつの間に心がほぐれた  それへ代書屋が内儀さんを突っついて  それまで仕立物の賃仕事で暮し  それだからといって手を休めて  それに滞在費を加えると  それを火鉢で乾してから  それがつい溜息になって出ると  それが母娘のような間柄になっている  それをテーブルの上へ置いて  それに吸い寄せられている  それに惹きいれられて  それがまっすぐに眺められる  それが種に云われてみると  それが何かお初の所為のように思われてくる  それがこんどは見えすいている  それが限りないものであればあるだけ  それから自己一片の良心に依って裁かれ許されれば足りるといった  それをたち切って  それでよいと思った  それにおびえて  それを忘れちゃいかん  それがそういかない  それまでここいらで変な女を相手に浮気をする  それまで別々の箱に入れとく  それまでに部下の者がトラックで荷物を運んでくるじゃ  それをツヤ子が立ってだまって見ている  それは心得ています  それに行きたいと言っていながら  それまで立ちすくんでいた  それまで椅子の中で眼をむいていた  それに上手の壁が火のためにデコボコになり  それをあんた  それを引き取って  それだけのものはあった  それをそのままに信ずるか  それがしばらくわからぬくらいの  それまで一同から全く無視されて  それまで津村のかけていた  それを十五円で運ばせようという  それじゃ話にはなるまいと思うなあ  それでウンと言うか  それくらいお互いに助けたり助けられたりする  それぐらい君にもわからん  それを持って来れば  それは何かと言えば  それが十分不足を意味してる  それが愛情に注ぐ  それを少しづつ味ふ  それを鼻のあたりに抑へる  それがせめてもの夫の優しい仕打に對する返  それを包むとて  それは冷い  それが見える  それを自慢してやらなければ  それは簡単に反駁され得る  それを片っぱしから読んでいった  それを全部読みおえて  それはいいと吃る  それを受けとる  それが傑作として世に喧伝され  それは一瞬のよろこびである  それを読みさえすれば  それに眼をとめた  それを敷衍しつつ  それができてあるならば  それからも生徒へつぎつぎとよい課題を試みた  それを高等教育のせいであろうと考えた  それについては諸君にも心あたりがないとは言わせぬ  それを笑い  そればかりを祈っていました  それはどうにもならないほど  それ来たと俊雄はまた顫えて天にも地にも頼みとするは  それこうでもなかろうなれど機を見て投ずる  それもならぬと  それの増長したるなれば  それまで拝見すれば  それつらつらいろは四十七文字を按ずるに  それが壁へ貼った  それは誰かが後にいて  それは彼自身にもはっきりしない  それを拾い上げる  それにはどこを探しても  それに従っていました  それは引越に疲れた  それを餉台の真中に立てて  それより叔母さんも写してみませんか  それに関連する  それに破れ  それを聞き澄ましていた  それにどこか似通っていた  それは幻聴のように鳴りはじめた  それは太つちよのをぢさんの横顏を切りぬいた  それは簡單に反駁され得る  それを片つぱしから讀んでいつた  それを全部讀みをへて  それが傑作として世に喧傳され  それを高等教育のせゐであらうと考へた  それについては諸君にも心あたりがないとは言はせぬ  それを笑ひ  そればかりを祈  それはどうにもならないほどしつくり  それを言い出すと  それに顔を押し  それを片付けてしまはうと  それに乗  それはわたくしには分りません  それをぼかす  それからアンナが自分に行く  それを見送  それだから好いご気性ですと云っては  それじゃお出しなさい  それじゃ可哀想で不仕合せなんだろうと思った  それから道具屋を呼んで来て  それすらもいざとなれば  それから五十円出して  それから申し付けられた  それを恭しく返却した  それが赤シャツだから人を馬鹿にしている  それ見ろとますます得意になって  それでいいのだが下宿の方はそうはいかなかった  それで済んだと思ったら  それから泳ぐ  それで宿直を逃がれるなんて  それが当り前だというような顔をしている  それも飽きたから  それだから中学校の小使なんぞをしてる  それから神楽坂の毘沙門の縁日で八寸ばかりの鯉を針で引っかけて  それを野だが油絵にでもかいて  それになぎですからと  それが少し込み入ってる  それじゃこれだけの事を云っておきましょう  それじゃ小学校や中学校で嘘をつくな  それに裏へ廻って  それじゃ昨日の事は君の参考だけにとめて  それを校長が好い加減に纏める  それは失言かと思います  それはあとから話すが  それじゃ僕も二十四でお嫁をお貰いるけれ  それじゃ何を気を付けるんで  それまではお金もあるし  それが心配になる  それで下宿に居て  それからそれへ考えて  それは感心だと手を拍った  それも赤シャツのねちねちした  それから少し雑談をしている  それも花の都の電車が通ってる  それは失礼ながら少し違うでしょう  それから二人の間にこんな問答が起った  それじゃ赤シャツは腑抜けの呆助だと云ったら  それじゃ僕を免職する  それについても古賀があまり好人物過ぎるから困る  それには及びませんと答えた  それへ職員が一人か二人ずつ監督として割り込む  それからこっちの非を攻撃する  それもほかの人が遊ぶ  それも動かないで  それに近頃東京から赴任した  それでなければああいう  それじゃ濡衣を着る  それじゃ私が一人で行って  それじゃおれもやろうと  それに先だって古賀が去ってから  それじゃおれを間のくさびに一席伺わせる  それじゃ私も辞表を出しましょう  それを通りこすと  それを地震計で観測した  それが立派に成功した  それがだいぶうまく的中する  それも単にロシアの氷海を太平洋に連絡させるというのみでなく  それがベーリング海峡を越えて  それにあかあかとお燈明が上がっていた  それが抑圧に抗しながら  それに気がついていない  それを一厘残さず  それを恨みに思いません  それは偽善者のする  それを下品な嗅覚だと思い  それは無理もないと言えるかも知れぬけれど  それもちがう  それに打ち乗り  それを思った  それをついばむ  それにきまった  それを為そう  それはよろこんで  それからしばらくたつて  それをその糸へつるしました  それからまた青い八月がまはつて来ました  それも僅かではありましたが  それを釣りに子供たちは集りました  それを庭のあちこちに植えました  それを池に泳がしたがりました  それも面白かろうと思うがね  それもすっかり引き上げられたらしい  それさえ無くなりかけていました  それが強く思い出される  それにバラックの建て増しをして  それが近所で囁き交わされ  それを突き切ると  それだけしか覚えていなかった  それを問いつめますと  それが確かに見えた  それを見させる  それを白日のもとに曝してやる  それを恒吉は失念していました  それを見届けなければなりませんでした  それに霧がまといついていました  それをやめ  それを模倣して  それはと言えば  それは僕みた  それは私も知つてゐる  それが成功すれば  それは英吉利の消印のある  それに附随して起った  それはフランボーにも見当がつかなかった  それは人の知らない  それは彼等に子供部屋の腰羽目の壁紙を憶出させた  それは公爵の弟に当たる  それだけで老人はプイと口を閉じてしまって  それは死のような翳がこめていた  それに負けない  それにフランボーが釣から帰って来てくれれば  それでつまり  それも絞首台上へ送ろうとはせず  それはしかしこの人性のためにかえって名誉としなければならない  それまで保留しても  それは当然のことかも知れないね  それから二人で東京へ出かけるかね  それは会つた時に話した  それを反対党へ送る  それを待つてゐる役だつた  それを百合子が読んでゐる  それあ不服だつてあるわよ  それを見あげて  それあ済むさ  それを尋ね出さうとあせつてゐたが  それはお父さんでなければ解らないわ  それはもう妾がとうに兄さんに訊ねたわよ  それがすつかり  それが屋根裏の辺に響いて  それまで気づかなかつたが  それが灯りの影に煙りの  それが出来なくな  それがまたこの時非常に屡々二人の間で使はれてゐた  それに踵の高い靴を穿いてゐる  それは方言だつたかも知れない  それこそあなた達の世間態は綺麗でせうがね  それで泣いてし  それに関しては余りに恬淡に放擲したので  それがもう太一郎の持馬と変更されてゐるとした  それが失敗したので  それに気づかなかつた  それはさうとして  それが裸身になつてゆく  それだけの方法でこの生活を続けて来たまでの  それはもう先生にとつては過去の修行となりましたか  それがどこから吹いて  それはやがて恐しい  それに慣れる  それまで南側の隙間を防いでゐた  それから逃げ出す  それで子供と妻を殺した  それを飮みなさい  それは僕が見た  それは僕の理性が云ふ  それが一時的のものだとは決して信用できない  それが大きい音をたてて流れる  それが何だといふ  それすら信じない  それには最初力添へをした  それは會はうとしなくな  それを嘲つてやりたい  それが許しででもあるかの  それは何よりも明らかに僕の耳に聞えた  それを大切にはしない  それは殘つてゐる  それは母屋の前庭に獨立して建てられてある  それらしいものは見つける  それに引き換え  それから九年も経った  それは矢張り自分にとって不得策だと考えつくと  それを検べてから云うて来い  それで分ってるこっちゃ  それより此の次もう一円増してやる  それは弱々しいとり残された  それで済む  それに母親ひとりでとても秋三を説き伏せ  それに自分勝手に私とこへ連れて来て  そればっかしにかかりゃ  それを打ち壊してまでも  それに組へのこのこ出かけていって  それは却って秋三を恐れている  それを見抜かれる  それこそ極楽へ行きよるに  それは自分の知らない  それも知り  それは思ひもそめぬ  それを二束三文に賣り  それに馴れて  それだと判らなかつたらしい  それだのに圭一郎の頭は疲れた  それをそつくり子供の身の上に新に移し  それは決して歳月の流れに流されて  それこそ死ぬより  それへ聞き伝えて押すな押すなの  それから間もなく一作氏が原因不明の病気になって  それが敗戦後の生活に大そう役に立った  それを高く売りつける  それまで一日たりとも休んだ  それで妄想に憑かれたね  それに貞淑な良家のマダムと対座する  それを使いこなす  それを考えたくない  それは止しましょう  それから富士権現の前へ往った  それに止めをさした  それは糸盾を抱えた  それを探しに  それと見て  それから懐中から小さな黄ろな紙で包んだ  それを取って戴いた  それはお芽出とう  それに児まであるから  それは二目と見られない  それを遮る  それまでに何とかして  それを取り  それをひったくる  それに蚊遣りをしかけながら  それを取られまいとして争っている  それから内へ入って  それは喜兵衛でなくて嬰児を咬い殺して  それには鯰がかかっていて  それは伊右衛門の母親が殺人の大罪を犯した  それが不思議に立ちあがったので  それにはどろどろになった  それは金子屋と云う  それを見て驚いた  それから質屋へ往こうとした  それじゃ往って来ようか  それはお袖には見えなかった  それも姉が小平と不義をしたと云って  それを直助にさした  それを追って往った  それを執って  それは与  それさえ打ちあげれば  それを断われない  それがだんだん中軸から遠いところへと勤務を移され  それが世界へ出て  それにいい監督だって買って来なくちゃならないし  それは何とかなります  それも違っていた  それが千葉の兄の家に厄介になっている  それを予算に入れて  それとは違った  それが会社へしれると  それを笑えなかった  それがまたよく似合っていた  それに反応する  それと心持のどっかでは絡んでいる  それを置いて  それを利用してつけ込んで来ると思うわ  そればかりはせめてもと思っております  それをみんなで相談して  それだけで出す  それは分る  それをむいて食べながら  それは示されている  それから四辺に飛ばさない  それを片づけた  それをはる子の家へ届ける  それを荒々しく手の甲で拭いて  それは又私の南予枇杷行のクライマツクスでなければならなかつた  それも某盲人の無智な少名彦神尊に端を発すといふ  それはべらぼうな吐言の予告でもある  それ見ろ至極難題で困ったろうとでも云う  それも純粋な生一本だらうといふので  それを知りたいという  それを読もうとする  それに前後して  それより他に如何なる方法もあり得ない  それは寧ろ苦行的と言はれる  それは単純素樸な肯定にはなり得ないけれども  それは単に哲学から宗教にまで自らを広くし  それが単なる思想である限り単なる抽象的概念に過ぎない  それに関する環境を様々な叙事に依  それを顔におしあてた  それは見ません  それに上向けに寝ると  それは出来ないと拒みました  それまでには未だ七夜も過さなければなるまい  それはもう一度もとに戻つてしまふ  それを冷い  それを認めようと  それがキリストに叛逆する  それを切り抜けて居る  それは詩の情操の中に含蓄された  それも死前の僅かな時期に於ける  それよりも尚多くのものをニイチェから学んだ  それが幸ひ  それがしゃくにさわりました  それもかまわずに  それに殿よりも少し年上だったりしたので  それをそれとなく殿にお訊きすると  それを養うより  それからも二度ばかりその御方と長い消息をとりかわし  それへと尽きせず  それに馬に乗った  それより殿が一足先きに来てしまわれた  それを見るに見かねて  それは見たいな  それについ釣込まれてほほ笑み出しながら  それを半ば御自分に向って問われる  それからは御文を寄こされる  それから殿も御物忌つづき  それだけでもまあ大層なお心変りのように見える  それがまだ鶯なんぞを寐つかせないでいるらしい  それもこの少女のために気が紛れる  それは気がついたに  それについては何んとも言わずに黙っていると  それに気がついたらしく  それを附けたい  それを附けずにいる  それを仕舞っておく  それを聞かないなんぞと言う  それを誰に見せ  それがそのまま失せるも  それにまだこう云う  それを揺らぐが  それを自分ひとりでは決し兼ねて  それをお知りになった  それを仕立てて  それに御目をかけられようとしている  それを報告していたが  それをどうお取りになられた  それを一通り聞くと  それを殿に御目にかける  それを見ますと  それに取り合わない  それを取次いだ  それをおさえようとして騒ぎ出していた  それを起しに  それが丁度いい口実になった  それを取り次いだので  それに思いがけない好意さえもちながら  それを聞き  それは雨が乱れ  それには少しも気がつかずにいた  それが聞えなかった  それは半ば老いて  それはさっきあんなに狼狽を見せて  それをそれほど苦にしていようとは  それに丁度道綱がこんどの賀茂祭の御祓には使者に立つ  それをいい事にその方にばかり心を向け出していた  それまで心変りせぬ  それまでに何かその殿の一言で決せられた  それを私に向って繰り返してばかり  それを打切らせようとして  それに手をかけ  それまでそれを半ば目をつむる  それに近づいた  それがそのまま暫く私を沈黙させていた  それさえ受け取ろうとなさらずに  それを私の許に持って来させた  それがいつまで続く  それには差しさわりのないような返事しか差し上げなかった  それにはさすがの道綱も殆ど困っているらしかった  それをば撫子にも話して置かなければならない  それを聞かされる  それを道綱に持たせてやった  それをすら空けた  それは小止みもなしに降りつづいていた  それと一しょにそれが自分の裡に蘇らせる  それが反って  それには構わずに  それに一日一日と近づいて往かねばならぬ  それに近づけば近づくほど  それを手にせられると  それをいつまでも見入っていられた  それにはすぐに手を出そうともしなかった  それが読めなかった  それまで忘れるとも  それに対する返事はそのまま出さずに置いた  それを置いて参りましたと言って戻って来た  それは相変らず  それにはただ私だけが気がついている  それが一層私を身じろぎもできない  それが絶えてしまった  それは思いがけず  それを手伝おうとしたけれど  それも出来たが  それを経験した  それに自ら幻惑されて  それをすっかり身につけなければならなかった  それは通ぜず  それは政治的権力の観念とよく似寄っている  それを卒直に言うと  それから二カ年あまりたって  それが人目を引いた  それを彼は想像したに  それを打診する  それを彼はこそこそと鞄にしまった  それは単に生理的変化にすぎない  それが当然のことかも知れないが  それをも無視した  それがおんつ  それをおんつ  それだけで興奮してし  それだからふて腐れて  それを勃凸が逸早く感づいた  それは急におんつ  それを私は痛ましいやうな気持で考へたりした  それから又黙  それを蟆口の中にはふり込んだ  それを子供のやうに喜んだ  それはもう九時過ぎだつたけれども私は神楽坂の或る飲食店へと出かけて  それは彼の附け  それも私には出来ない  それに眼をつけた  それを取り上げると  それまで学校を更えて見たり  それが負け惜しみと云ふも  それが痛さに康雄は泣く  それを舟木先生に渡さうとすると  それこそ駄目になるぞ  それを姉は幽霊だと云って怖がってゐた  それは退  それを会社じゃ死体を掘り出そうともしねえ  それが爲にはあらゆる手段を講じて  それは恐らくBohrには所を得た  それはChristiansenが自分の講義に關聯して  それは周知の通り前記の核原子模型にPlanckの作用量子の假定を適用する  それがBohr理論の遭遇した  それに關聯した  それとX線スペクトル並に原子スペクトルに關する  それと正規共軛の關係にある  それを微視的實在に適用するから  それは單なる類推に過ぎないで  それは中性子の捕獲の問題から這入  それと共にかやうな模型を微視的に取扱ふ  それもちぢれて  それは幾つかの香ひが  それが終りにも近づかない  それをみる  それを悪戯として当惑し  それまで捨ててゆけとは  それが武庫川であると私達に教へてくれる  それを樂しみにした  それから江間細香のやうな京都に縁故の深かつた昔の人達の名をかうした  それで足りた  それに附屬した  それは栗村君の計ら  それから二人の大學生のゐる  それに腰かけて  それを望んで通り過ぎようとした  それが反つて山の容を一層大きく見せた  それが雨後によく見る  それを女中に持たせてやると  それを我慢した  それを私は鷄二にも話して  それがのんびりとした  それを私に指して見せて  それが神の殘した  それは稻佐といふ言葉の意味であると聞くが  それは岡田丸の寄港を求める  それに會社側の營業部員や船員などが集まつて話した  それを皿に取つて  それに因んで  それを許さなかつた  それを思ひ出させる  それがいへるかも知れない  それがあらはしてある  それを想像するに  それもまた想像するに  それを見つけたといふ  それを私に指して見せたが  それを壓搾してある  それを見つけるといふが  それが支那的であるとはいひきれない  それを見て行くといふだけでも  それを押し  それが望まれる  それは死亡者を囘向する  それを鷄二にいつてみせる  それが次第に伸びて拡がって来た  それを楓の高い枝にかけてあたかも躑躅の茂みへ細い滝を落す  それは仏蘭西の船から横浜に輸入された  それから縁を引いて  それならばお染には限らない  それが顔を見識っている  それから黒い革のかばんへすこしの書類や雑誌を入れ  それから一人が答えました  それをたずねて来たら  それに番号がついてる  それはこっちの目のまちがいだろうと思う  それが実に立派にかがやいて居りました  それは雪のように花のようにきらきら光りながら  それからそっとファゼーロに云いました  それがみんなといっしょに踊る  それさえおどして  それでよかったら二節目からついて歌ってください  それはい  それが役人をしている  それを研究しているという  それも果し合いをした  それはわたくしにもわかり兼ねまする  それは何か申した  それを切り返しました  それははっきりとはわかりませぬ  それは打ち果さずには置かれませぬ  それは作者の名誉にも不名誉にもならないという  それは必ずしもグロテスクな題材を取扱った  それを充実させる  それから三人はみんな一番にならうと  それを沢山たべて  それはいつのまにかずっと大きくなった  それから太い声で歌ふ  それは顔を洗った  それがうつりました  それをわしに噛って直せといふ  それから手で鼻をふさいでゐました  それをおまへは食ったの  それは知らぬが  それをしばらくでも引留める  それが男の児とは思われない  それは廂髪でお茶の水へ通ってた  それはよくは目に留まらなかった  それさえ身に染みた  それが聞きたいの  それが消える  それが悪戯談だと分って居ても聞きず  それはそれは隙だらけの気持で思い出したりしました  それを巻きながら  それはカマイタチの間違ひだらう  それを若芽の籠へ入れて背負い  それを不良の所為ではないかと捜査を続けていたが  それも三度ばかりで兵隊の方で来なくなったらしかった  それはよくぞんじている  それなら関わないじゃありませんか  それは一生懸命にうつ向いている  それに言い  それをお前は勝手にやって来た  それはきっとお叱りを受けるだろうとは思っていた  それに今夜じゅうの仕  それで歩いて行くか  それだけでも松岡の機嫌を取る  それがわけて際立って  それが何かにすれた  それにしちゃ  それに不思議な胸騒ぎが先刻から間断なくして  それに鬱いで  それすら当日の朝は綺麗に忘れてしまっていた  それが晴れ上がってから  それで帳消しになった  それだのに個性のない絵を何百も並べては  それには毎年一回の展覧会は少し多過ぎる  それはもうセレストの奴がした業に違ひない  それを小説へ構成する  それに祈  それの教示を受ける  それを言ふことは  それは人間を白骨に還元する  それを言つてみますと  それにはなり得なかつた  それは永遠に生きつづけるに  それと思へる  それ故私の趣味は常に変遷転々として極まるを知らず  それもただ自らプレイする  それは松脂の蝋で練り固めた  それが瓦斯燈に変り  それを掻き分ける  それは不快さとはワケがちがう  それを彼が何より怖れている  それは綾子だけが例外だということになりうる  それは水木由子を甘く見た  それはどうせ一時期のものにすぎない  それが云えるぐらいなら  それは水木由子が彼の革命に参加した  それは成行きにまかせようと考えていた  それが偽らぬ  それに怯えた  それは益々無際限に溢れたって  それは罪は罪だと思いますよ  それに三角形の現わす  それは多分ステッキで上から押して見て  それが充分意識せられ  それから五分たっても  それで所信の点を充分確かめ得た  それからそれへと三角形の恐怖の段取りを進めて行った  それが為めに到頭後に御話する  それへと限りなくこの最も簡単な空間は細田氏の前に展開して  それは随分と乱暴な筆蹟で書きなぐってありましたが  それに驚いた  それは私には良く判る  それを今まで知らなかった  それと同時に余りはげしすぎる  それは想像に委せる  それからというものは時子の顔が窓の外にあらわれたり  それはこの話の中で貴方も御気付きのことだろうと思いますが  それを舐めてゐたが  それはあるさ  それが水が垂れる  それに跨った  それを少し離れた  それを叩いたり  それを遣るというので  それを売りに来る  それから少し下っては  それですら髪結銭は二百文しか取らなかった  それが即ち今戸焼には好適の材料となるので  それが五月の行事となった  それは或る時座敷に招ばれて  それで助けられ  それが一向にわかっていない  それからみると  それなるが故にまったく一人芸の表われがあり  それを処理せねばならぬ  それは寿司屋が椅子に変わった  それには皆盆灯をつけたから  それは妙なものは妙なものなりに子供を樂しませるに足りる  それを田に差して置くと  それを持ち  それはお寺の境内のこともあるし  それも大半は見  それは千鳥笠に白い紙片を結んで垂らし  それも分らずじ  それに地体お酒がよくなかつたしする  それを遅しと待つてゐた  それが魔除けの  それをどう思おうなんぞという  それが柏木様からのものである事を知った  それを書かせた  それからもあの方は屡私に同じような御文をおよこしになったけれど  それからまた黙って出て往かれた  それをすら見ようともせずにいた  それにいざり寄って  それをそのまま元のように収めて置いた  それを御手に取られて  それを見たと云う  それをそのまま放って置いた  それとはなしにあの方の御様子を窺っていると  それからの数夜と云う  それすらだんだん途絶え  それはもう少し萎れかかっていた  それに手習でもする  それをいきなりあの方が奪いとられ  それを取り下ろして持たせてやる  それに写る  それがますます荒れ果てるが  それをも見ずにしまう  それが気がかりになって  それを書こうとすると  それを取り集めて  それはもう残らず  それを書いて持たせてやった  それが往きつかないだろうと思う  それを本気にはしないものの  それも出来  それを傍で見ていた  それへ往きた  それを悪くばかりとる  それはあの方が何時になくいろいろとあの子の御面倒を見て下さって  それから一年も立った  それに気もちを誘われるが  それを植えさせた  それは二三本傾いてしまっていた  それには手もつけずに  それを返  それに忌も違えがてら  それを癒すには  それによって決めるが  それはいつもあの方が朝ごとにお飲みなすっていた  それを御覧になると  それが一層せき立てる  それから御堂にと思っている  それから日頃の有様などを精しく話して聞かせると  それには全然とり合わずに  それを取り次いでいた  それが互に鬩ぎ合っては  それは自分から思い立って  それにつれて周囲の小寺から次ぎ次ぎに打ち鳴らされる  それがどうにももどかしいような気がするので  それが自分にこんな思いをさせている  それが善いにせよ  それを貧るように読んでしまうと  それをそのまま打棄てて置いた  それにもめげずに  それが木の間をこちらへだんだん近づいて来る  それへとその昔の頃の事を一しょになって思い出しながら  それがおわかりになった  それももう途絶え  それをやっと抑えつけながら  それこそどんなに物笑いの種になります  それをみんな入れさせ  それに内気そうにお答えしていた  それを聞きつけられて  それがいかにも自分でも思いがけない  それをそのままに任せて置くより  それを何かしら心苦しいような思いで見ていた  それを求めたほどでございました  それを私にお与え下さっている  それをば此頃あの方のために何んだかお気の毒に思っております  それが何時も屈託なさそうにして  それをただその事の所為にでもなさるかの  それから二三日した  それには一向お気づきなされようともせずに  それへ来ないで  それより前にも似た  それをまづ第一の素質とした  それつきりでは困り  それはよい方のことばかりいつたので  それは意味あり  それよりももっとはっきりした  それに自分の顔付が映ってきます  それがばかげていて  それをまた彼女が平気で笑っている  それが当然だとでも云う  それが案外よくいって  それは男が誰でも感ずる  それは前からあった  それが今にも一人で動きだして  それを子供の枕頭に並べる  それを抱きとって  それから小野君を交えて  それは私の生活に或る目的を与えてくれるかも知れない  それからまた飲み初めました  それは本郷区役所と並んでそびえていた  それを誰も気が着かないで  それは知らないが  それじゃ帰りに一寸寄って  それをその死人の前へ出した  それは影を踏まれたといふ  それだけでは面白くないとみえて  それに就てこんな話が伝へられてゐる  それを気に病んでゐるらしい  それを忘れてゐた  それを何者にか踏まれる  それが嵩じて  それが大野屋の人々にもきこえて  それを信じなかつた  それを近江屋の親たちに話して聞かせると  それを祭つてある  それを見と  それがなんとなく物すさまじいやうにも感じられた  それに映つてゐる  それに服従する  それも結局実行されなかつた  それに伴ふ  それが十三夜の前日に当る  それは行者が狐を使ふ  それを丁度幸ひにして  それだから気が鬱いだり  それは近江屋の店先を離れてから  それは泣きたくなる  それをどう取出す  それははじめ荒々しく彼をやっつけたが  それがいやに自分にも耳立って聞える  それを伏目で見て  それ迄とは違う  それがころがって  それをひろった  それを思い出して笑えた  それやこれやで余り浮かない  それを叱りつけた  それを迎えて  それがまた室の空気に反射する  それはペダルを踏んでいる  そればかりでもないものを感じられる  それは解らないが  それが二人と擦れ違う  それが何のことか解らなかった  それが二人の方に来た  それは他の女達とは比べものにならない  それに指をさしながら  それは奢  それは普通の民家でこしらえる  それから一寝入して  それとは無しに探りを入れたが  それは不意に墜ちる  それは闇い  それじゃア其の窓が祟る  それは何ういう  それが一般の評判になったので  それを聞けば  それを押して入った  それで笑う  それは一部に今なお信ずべからざる  それを理解した  それをサンカとも非人とも云って  それが通じては  それが訛りの多い京都人によってサンカモノと転倒して呼ばるるに至った  それが室町時代には主として祇園の犬神人の名に呼ばれる  それが一般賤者の上に及んで  それから十年あまりして  それから二三年も経つたのに  それは彼の最も世の中で価値ありとする  それにかう見えて  それを巻き納めて  それを堪へてゐた  それを気遣  それを敢てする  それは雪子を寂しく焦立たしい  それは女のする  それは身についた  それは伊太利フロレンスの美術館の半円周の褐色の嵌め  それが持つ  それにはまた喰ひ込まれてゐる  それを相談する  それで行きませうか  それらしいものは見当らなかつた  それに沿うて  それまでは見かける  それがだしぬけで  それをみて  それから蒲原氏は躄のやうに動きだしたが  それを距てた  それを敲こうとすると  それと同時に年とった  それを余儀ないものにおもっていた  それに芋がまじっても  それが切支丹の場合であっても同様に棄教して  それを拾いあつめもした  それはもうかなり旧式の平屋建で立っていると云うよりは  それとても荒廃しきった  それが常にない院長の不興の嵩みにぶつかったりすると  それも隠れとるかも判らないし  それと取替える  それから一時間としない  それを通行人から報せを受けた  それを飲んで  それを体得し  それを何うして手に入れた  それを何うして嗅ぎ付けた  それを仙人から奪い取ろうと  それが屋敷を夾んでいる  それが驚いたという  それをピョンと飛び越す  それを復ピョンと飛び越す  それをピョンピョン飛び越す  それを平気で飛び越す  それをさえ知る  それがユラユラと左右に揺れた  それは将しく  それは確かに見える  それにもかかわらず潜った  それが変にブヨブヨしている  それから徐ろに口をひらいた  それに気が付いたかと申しますに  それを聴いた  それ故晴れた  それらしいものも感ぜられない  それが破損する  それ故音吉もわたしも稀に左ういふ  それはもうチル子さんが生れぬ  それよりも私は勝つた  それは通訳がなければ役に立たぬ  それとはおよそ反対の情火がそれ程まではげしく彼等の胸のうちに炎えてゐたかといふ  それは参宮帰りの客を乗せた  それと同時に女は腰をあげたが  それからうえ云う  それは酒に酔うているらしい  それを艪べそに合した  それを掘る  それに梢から滴る  それを考えただけでも  それを踏み付けよう  それを照している  それに乗り  それを言えるとは  それは私ひとりだけが知っている  それはへんな夢を見た  それが出来るまで  それは私のした  それをよみつ  それにはまるで返答が出来ない  それやおまい  それから二人の子どもたちの顔もまざ  それまでに見た  それは到底語るに  それを憶えているが  それは臆病な自尊心とでもいうべき  それを専一に磨いたが  それに気が付いた  それ迄に見た  それを憶えてゐたが  それからますます珊瑚を憎んで  それで珊瑚を大成の叔母にあたる王という家へ伴れていった  それをさとりはしないかと思って恐れた  それに白い衫が染まった  それがために大成も昼夜睡る  それをすこしも食わずに  それを臧に知らした  それをやっとなだめた  それをたのみにしていた  それよりかお前は早く家へ帰って  それを掘ってつかうが  それを母に話したが  それを同じように分け  それをしらべようと思って  それには駭いたが  それを聞かされると  それは一たんお前にやった  それを足して  それを孝友の報だといった  それを埋め  それは身體の加減であらう  それと思しめせ  それはどうなってしまいましたか  それがすなわち日高見川であったと考えられます  それが比較的多数に発見せられている  それも主として田村麻呂や綿麻呂の征伐が最後になっている  それよりも前にいた  それを区別し  それを悔いまして  それから五十年たった  それを研究します迄は  それはその地が一番北の端にあるが  それを憤慨した  それに気がつかないでいる  それを信ぜ  それを致しません  それが皆日本民族に混じってしまって  それも余程奥まで行かねば  それを孝謙天皇にお譲りになります  それと見せると  それも塀を高く越した  それとは違って  それは野良で働く  それは僅かに両国から亀沢町に至る  それは僕の記憶によれば  それは僕の知人なども出征していた  それは両国駅の引込線をとどめた  それも火の粉を防ぐ  それは僕の小学時代に業平橋かどこかにあった  それは窓ごとに火かげのさした  それは又どの家の子供も兎に角十か十一になると  それから又石の牛の額へ銭を投げてのせる  それは太鼓橋ばかりじゃないかも知れない  それがあっという  それから宗先生に後頭部を突かれた  それもここへ来る  それよりも僕を驚かした  それは恐らくは誰よりも僕を動かさずにはおかなかった  それは驚くだけですよ  それは僅に両国から亀沢町に至る  それは僕の知人なども出征してゐた  それはおそらくは小学時代の僕一人の恐怖ではなかつたのであらう  それは太鼓橋ばかりぢやないかも知れない  それを知つた博物学の先生は驚いて  それがあつと言ふ  それを開いて眺めている  それを書いている  それにはこまかい銅版刷で世界の終りの日の絵が插画になっているという  それが奇矯ではあるが  それを下して来て  それはいくらかゴリラの立ち上った  それはまさしく日本のロマンティック時代の絵画の一葉であったことがわかる  それを得意としていた  それは全く失敗に終った  それが果たして今年の内に出直して来た  それに輪をかけて  それじゃあとても堪らねえ  それにわしらが知っている  それが四方から一度に取り立てに来た  それを元手に江戸で何か商売でも始める  それは自分の手廻りの用をさせる  それから温かい愛情を見いだそうなどとは  それを生き甲斐のある  それが去年の春からがらりと変った  それからそれへと落ちかかって来た  それから行っても  それを主人に注意しようと  それよりもおめえさまの首をやった  それを渡す  それも五十両ばかりあれば  それだけでいいのかと笑った  それは客に対する新造の駈け  それを詮議している  それを八橋に訴えた  それは浮橋がここを出ると  それは佐野の大尽であることを浮橋は話した  それまでもう少し待っていて貰いたいという  それから帰るとも  それまでおとなしく待っていてくれと言った  それが今の栄之丞には心苦しく思われてならなかった  それから惹いて  それは堀田原のある  それを断わる  それも余り薄情のようにも思われた  それは治六も知らなかった  それを心もとなく思った  それを花魁に耳打ちすると  それが勘当の根となった  それがもとで治六が勘当される  それまでおとなしく待っている  それも一応は尤もにきこえるので  それがもう出来ない  それが八橋の耳へもはいって  それは彼にも確かな想像はつかなかった  それも次郎左衛門の耳へははいらなかった  それはなぜだか判らなかった  それは歳暮にでも持って行くらしい  それは栄之丞には判らなかった  それは前もってお断わり申しておきます  それはその時に又あらためて御相談をいたしましょう  それを知っていた  それらしく思われてならなかった  それと同時に子供が蟻やみみずを踏み殺した  それがこころよく感じられた  それに付けても  それは治六が帰参の訴訟に来た  それを言い出した  それも七草を過ぎる  それが当ったというので  それを奪られましたと言って  それがお虎という飯焚き  それは自分から進んで  それは一種の蔭口に過ぎないので  それが妹の後来のためであるとも考えたので  それは御迷惑お察し申します  それはお光が追剥ぎに  それは主人の方へ取りあげてしまう  それを適用しない  それを半額に負けてやる  それよりほかに工夫はあるまいと彼女は思いついた  それを歓んで受け入れてくれないばかりか  それを次郎左衛門に頼んで  それを下物にこころよく酒を飲んでいた  それは相手にも因る  それも自分の前で正直にそれを白状する  それがために二十両の半金を償わなければならない  それがどうも普通の客らしくないことを直感した  それが栄之丞ではないかという疑いが直ぐにまた彼の胸に泛かんだ  それは単に栄之丞と自分との間にのみ保たれているべき  それを遠慮なく八橋の前にさらけ出されようとは思っていなかった  それは確かに頼みました  それは八橋もよく知っております  それもどうで遅かれ早かれ知れる  それには何か思い違いがあるに  それは思いも寄らない  それを知りたかった  それはわたしがよく知っており  それをいいしおに  それももう行き詰まった  それも長くはつづかないで  それを煎じ詰めて考えていると  それには幾らかまとまった  それを見あげていると  それを八橋さんに届けてくれと  それから髪結床へ行って  それが年中行事の一つとなって  それには兵庫屋の二階へ刀を持ってゆく  それならばこっちにも料簡がある  それは必ずしも変態の葬礼とは言えぬけれども  それが変死を遂げた  それが死霊を恐れた  それが先住民族であるアイヌの残した  それを一つ棺に入れて葬った  それを置く  それを粉末となし  それについては後に述べる  それを水五升に酒一合ほど入れた  それは全く地獄の活図を見る  それが腐つた  それを象形した  それより杖笠を置く  それにこたへて  それを真似る  それはさぞ面白いでせう  それをテーブルの上におきながら  それは申しあげられません  それも載  それにこたへる  それをゆるしません  それをおそれるばかりです  それはこつ  それがもし苦しみをます  それを差出してみせる  それでわかりました  それだけで相当お高く頂戴できる  それを取りあげて  それはわかつてゐます  それが第一あたくしには  それを作るには  それに輪をかけた  それがなに気なく輝いてゐる  それを想ひ出してゐたの  それを胸に抱いて  それを苦にしてはゐない  それに気がついてゐない  それを無いよりはましと思います  それに怠けものでもあるから  それを板でふさいであるので  それは靄のある  それを讀み解くと  それもすぐ死んでしまって  それは寛文十一年即ちお菊が十三の八月まで生きて  それを遮った  それを活火山と消火山に分類し  それが顕著な目標として国郡名に適用されたであろうとは思われるが  それは言語学的に貢献する  それがはたして硫黄を意味する  それが可なり徹底してゐる  それ故にこれ等の異變がある  それは噴火の末期に於て次第に崩壞消失してし  それと氣づかれるのみである  それがヴェスヴィオなる  それと同時に今一つ左方に竝立して見える尖  それが完全ならば中央にある  それに直角の方向から見ると  それはその三つの池のいづれか  それよりも火山灰のために荒廢した  それが今なほ存在して  それが火口から盛り上つて出る  それが即ち煙と呼ばれる  それに類似のものとなる  それで噴火の珍現象を收録するには  それには研究の行屆いてゐる  それが場合によつては數十町にも達する  それが極めて激烈な空氣波動を伴ふ  それが矢倉に組んである  それを鰍たちが捜す  それが事件の直前にちょうどこの百貨店で火災時の消防予行演習が行なわれていた  それの効果が今日われわれの眼前にあまり明白に現われていない  それが一定時間内に発見され  それからそれと燃え移って  それに答えようとした  それからもいくつかのそういうやさしい芸当をやらせてから  それぐらいぶらぶらすれば  それが自分の名まえででもある  それといっしょにあかりが持ち去られると  それから踊りましょう  それも大いに遠慮しながら  それは保証していらっしゃいました  それから小坂氏の書いて下さった  それこそ晴耕雨読とでもいうべき  それを知らせてくれなかった  そればかりを気にして居られる  それも一週間ほど前から申込んでいただかないと困る  それを炊きたての御飯の上に載せて  それにかたちばかりの欄干も取りつけられてあります  それに和す  それこそ足音ひとつさせずにやって来ては  それによって屋内の主人である私が時々おびやかされ  それをそのまま写して置く  それにかえて  それよりもまだ立ちまさって  それに違いないと思ったので云って見たが  それもならずに  それにむすびつけて居た  それを又からかって笑いながらからかって居る  それを深く研究するでも  そればかり思って居りますの  それについて力づよいことを云ってくれるでもなければ  それじゃ申します  それから間もなく光君の泣いて居るらしい  それを一目細い目を開いて見ただけで  それをのぞんで居るだろう  それは御愁し  それからは乳母を相手にいろいろな悲しい事を云って沈みきって居た  それは恋する  それも見えなくなった  それが光君だと云う  それをポイとわきになげて  それでなくては死んでしまいます  それは何はともあれ早速こっちの家につれて来る  それについて身分相当に力をつくして呉れると云う  それさえお前は許して呉れない  それをたよって  それをじーと見て居た  それと一所に泣くよりも  それはどうせゆるして下さるまい  それから手をはなして  それを光君の前に置いて  それに正しい公平な答をした  それをなおす  それをじっと見ては居られない  それをだきしめた  それが思われてならなかった  そればかりを気にして  それもわるい事と思う  それにまだ二十にもならない  それと同じ意味で何程表面だけができていても  それは決して高度の鑑賞に耐え得る  それは正しい鑑賞とは言い得ないと思う  それが眼に入る  それもあるに越した  それを訳して  それが深山の幽趣を描いた  それだけの実力を持たなければならぬ  それには体力の相違ということもあるであろうが  それを見ようとする  それがためには断じて中途で挫折する  それは決して堂々たるタブローとはなり得ない  それを真の完成品と称する  それが容易に発見できないという  それを認めないという  それが時代精神の反映でないものはない事実を考えて見れば  それを最も大切なことに見ている  それを自覚する  それはただ単に文字に書かれた  それが認められて  それにつれて湧き上ってくる  それを文展のみの責任に帰する  それに対しいささかも悲観の必要はないと考えている  それが余りにも当然なる  それは夜が明ける  それがぼくの手にさわったら  それに映って  それがわかると  それをはいて  それにとらえられる気づかいは  それはポチがいなかった  それじゃなぜいなくなった  それを妹にいわれたら  それがもとでポチがいなくなった  それが地面までこぼれていた  それを食べてしまった  それはひとに話すというよりも  それとてもひとに説明するというよりも  それはこの本がまだ岩波から出ていなかった  それは憑かれた  それは話が一段落したか  それで私たちの心を打つ  それは何か極った  それまで難解をかこっていた  それは単に説明を与えられる  それは細部に亙って  それを読みながら  それも一言でずばりとその本質を云い当てる  それが先生のあのエネルギーの根源であるように思われる  それが先生の文章の迫力ともなっている  それが先生を絶えず思索に駆り立てている  それは長篇作家が小説を書いてゆく  それは完結する  それは多くの小説を書きながら  それを先生は禅から学んでこられた  それは禅からのみ来ている  それはゲーテなどにも通ずる  それは自分の法則を知らない  それを読むという  それによって作品が出来た  それはやはり拵えものに過ぎない  それはやはり鮮明さを欠いて  それは秋の夕方のことで落ちかけた  それは此処でお産をさせなければならないが  それが一丈ばかりの処から数多の枝が出て  それを枝から枝に巻きつけて  それを衣服で包んだ  それは水に投げた  それが大きな口を開けていた  それの詮議をする  それを鉄槌で鍛えていた  それに眼をやったが  それは惜しいことをした  それは目出たい  それに化けていた  それはただ平和を保障する  それを写生した  それを見せる  それからの感銘が痛くあればあるほど  それは全くつまらぬ  それだからといつて  それはきれいに見える  それは大へんにこまつた  それをことわりました  それを一ばん恐が  それつきり帰つて来ない  そればかり心配してゐるので  それに魔法つかひは  それは私も知つてゐます  それにのつて出かける  それは一粒で一つの池ができる  それはどうにかなりませうよ  それに見とれていた  それにロースとございますけど  それに目玉はあゐ  それを着  それはむろん教へてあげよう  それからは何処か加減が悪くて床を出られなく  それはじょうずな芝笛のように聞こえる  それは鳴る  それは緑青か瑠璃であったにちがいありません  それからギギンと鳴って起きあがり  それはたちまち百千のつぶにもわかれ  それをはずしました  それには何か深い理由があるだらうと  それはそれは仲のよい友達がありました  それがありませんでしたから  それが丁度向ふの  それが一日毎にはつきりして来ました  それが軈て村の子供等にまで謡はれる  それですつかりふいに  それを手にする  それだつたらこの私にだつて競争ができるだらう  それを色づける  それがニュースといふべき  それは他人に見せる  それは奥底を持つてゐる  それから問題が紛乱した  それを観ながら  それはいけませんよ  それを掻き集めた  それを抑へる  それを別途の支払ひの  それを破壊するより  それに対して憤りの  それととり  それは結局現在の君に於て考へる  それがその年の夏のおわりの一夜となった  それを感じはじめると  それはいわば最近二十年の間の日本の動乱期がその絶頂に達した  それを読んで行くと  それが機縁になって  それに向きて  それで毎日毎日何をしていらっしゃるの  それがかけない  それを使わずに見ている  それには夜遅くお帰りなさる  それじゃあ読めば読める  それから読める  それに午餐といっても  それにゆうべ夢に見たから  それが動き行動している  それさえあれば  それを恐れたからだった  それがいいでしょうといえば  それらしい番地をたずねあてた  それをあさひの前に投げだした  それはあたしではありません  それが次第に単に型として伝承する  それは菊池寛の骨格をなしていた  それが時代と共に育っていた  それが過去において真に生きていた  それを期待して  それも大体は目星がついてゐた  それも当年二十才の素敵な麗人だといふ  それは大いに同情するが  それ故銅像にもなつとる  それが若し共産主義の旗じるしで  それは甚だ宜しくなアい  それも畢竟此等のてあひの醸し出す  それこそ動けなく  それは体裁だけで内心悉く鬱憤を晴らした  それから二人こわごわ這い出し  それと酷似する  それとかわらぬ  それを素晴らしくやってのけて居られる  それと思いちがいしながらも飽く  それと語りつづけるに  それを知っているから  それを考えてみたい  それと入れちがいに  それを顎で答えて  それを征服する  それを為しと  それにからまる  それを限りに絶縁するという  それをこわして  それは困ったな  それからひどくはづかしが  それをはね越えました  それからはねあがって言いました  それからひどくはずかしがって  それにあわせて  それがうまく合った  それに引入れられて  それは慌だしい  そればかり考へる  それをハッキリ耳にとめてこ  それに反対する  それを限りに絶縁するといふ  それが分るし  それに向つて行動を起さねばならぬ  それをこはして  それは困  それを買つて路傍の餓鬼共にオゴッてやり  それに冷ました  それを舐めさせられる  それを埋  それを希望ということに結び付けて見たりする  それが医学をした  それを口に挿し入れて  それを取り巻いている  それが周囲のあらゆる微細な動揺に反応して  それじゃあ余り待たせても  それは使いものになりません  それよりも私の一番失望した  それからいろ  それに対して五師の坊から沢山の人が出る  それをめぐ  それは大和の豪族が出なければ  それだから郡山其他大和の諸侯が参向する  それと共に内侍使が出ました  それが神の祝福に来た  それが出てゐる  それは祝福に行つて物を貰ふ  それが東遊びなどに関係します  それは少し合理化しすぎるでせう  それが相当に行われて  それを他家へ配ってはならない  それを信用する  それは差したる  それから小半時ほども話して帰ると  それから飛んだ  それへと新しい噂に追われて  それが駈け付けて来て  それは許されなかった  それが千鳥の女房殺しに関係があるらしいという  それは解き  それから糸を引いて  それがためにおふくろが殺される  それは延津弥が自分の口から話した  それは永久の謎として残されていた  それを巻き上げる  それを疑って  それを待つ  それをオレが見ている  それが割れちゃったりして  それをまた水でもどして  それは卵が胎中において成熟していない  それを反対にいつかは列強の餌食となって  それでいいのだから孝ちゃんに何にも云わなかったけれ  それをよく洗って入れてやれば  それだけの事であるけれ  それに追われて  それで我慢出来ぬか  それを見つめて  それを水にとかした  それを教えて下さいませ  それへ便乗して来る  それを皆あけた  それに黄色の紙が貼ってあって  それで起きない  それはいえない  それは大いにあるさ  それは何か高価な財宝でも持っていた  それを大声で話している  それを楽しみに待っているかを思うと  それへ連絡を取る  それは物見から帰ってきた  それは神の意志によって下がってくる  それにつかまった  それも鴻家の阿  それを的にどこまでも逃げてゆくが  それを見おろすと  それへ直れ  それがしに  それは村の何処からでも見えた  それを手に入れた  それが一年の生計の重要なものになった  それを心配していたよ  それが溜ると  それをひいてきた  それを少し買い求めた  それを読んだか  それはもう聞いておるじゃないか  それは張飛に救われた  それがしを  それに偶然市で出会った  それといたずらに殺伐を好む  それがよけいに捕吏や兵隊を恐怖させた  それは猛虎の髯にふれたも  それが見えた  それへはせて振向くと  それまでになる  それで安心した  それは徒党の乱に終り  それは拙者も考えていた  それを自身もあなたたちも見届けてから  それを配る  それが近郷へ飛ばされると  それを読み聞かす  それに着くと  それがしへ引渡すといわれたか  それも高風と仰ぎうるが  それを桑の木の下からいつまでも見送っていた  それへ馳け向わせた  それへ参って申さん  それと答えた  それを小耳にはさむと  それには総立ちになって  それを一嚢に納めて  それはよい所へ来た  それがこの高地の山谷の奥に陣取っている  それへ向ってゆくので  それもしかし朱雋の機嫌をよくさせる  それを用いた  それは時代による  それはかえって寇を長じさせ  それだけでも思わすに足る  それに当って  それもできるかもしれない  それもならぬ  それに返すに  それを十指のごとく使って  それを出羽守は弥四郎頭巾の中から眼を光らせて  それをじっと見据え  それはそうに決まっておるが  それを言ってはならぬ  それが伴先生のお耳へ入ったら  それが拙者にはよくわかる  それは弟子どもへの薬になるとはいえ  それじゃあ一っ  それが再び活躍をはじめたというので  それを見送っていた  それがどうしたと言う  それをまた追っかける  それを大次郎とは知らぬ  それを自分を逃がそうとの  それを送るかの  それはこうしてはおられぬ  それがどこへ行ったか解らねえ  それを肴に一杯やる気と見える  それには及ばぬ  それは拙者が引き受けるから  それじゃあひとつ二階へ乗り込みやしょうか  それを振りきって出て行こうとする  それじゃあ行くか  それすらをすべて解脱した  それがすでに煩悩の一つかもしれねえ  それがわかっているから  それから一日ほどおくれて  それを見物した  それを制しようと  それには気がつかなかった  それを待っていたかの  それを隠して  それまで三人離ればなれに世を送って  それが川端康成さんだつたやうな氣もする  それを覗きながら  それは狐憑きの男のことを書いてゐる  それが夢の中でこんな風に修整された  それもこの夢の一因であらう  それを思ひ出して見ようとした  それだけでも微笑を禁じ得ない  それは皆どう云ふ  それを断りつづけた  それが分れば  それは分っているけれど  それが聞えない  それに乗っていた  それから十メートルも先に投げ出されていた  それを約束するなら生き返っても  それよりも張を見てやろうよ  それはうまくいかないと見え  それをすこしかえて出した  それが全然わからない  それを皆に明かさない  それに近年博士に対して大人気ない攻撃をする  それはあまりに気が永すぎますぜ  それを自分の都合のいいように解釈して  それについてこの赤三角研究団が今研究を始めている  それは人間に対して行うには  それはエンジンの調子が悪くなったからだ  それをそうさせまいと思っておさえつける  それは一つの巨大なる塔をなしていた  それはいいものを見つけたね  それを看護婦なんかにいうと叱られるかもしれないので  それを占って  それだけがいつものこの部屋とはちがっていた  それが見えている  それが急に噴火した  それは気がつかなかったよ  それを完成するまでもつであろうか  それは宇宙にもおまわりさんがいて  それを決行する  それには時速十万キロを出し  それから河合はマートンといっしょにエンジンの方を手伝い  それこそ河合少年の見覚えのある  それはデニー先生が命令される  それをはっきりと目で見た  それしかいい  それを只今から諸君に相談したい  それは覚悟して置いてもらいましょう  それは火星の周囲をかなり夥しい宇宙塵が取巻いている  それはわからないね  それについて僕は考えた  それを教えてくれ  それはいいが第一の難関がやってきた  それが少しずつ動いている  それはもっと先にならねば分らない  それは艇内の大切なる器物を片端からうちこわしていった  それはたいへんお互いを元気づけた  それには第一号から第十号までの番号がうってあるが  それはきっと君たちを助けるだろう  それにまだいろいろ心配している  それから河合は食堂へ行った  それはもう地球を上空から見下ろす  それが終らない  それを百年のように永く感じた  それから零度へ戻せ  それを切抜ける  それを平和的に解決しなければならない  それは地上の気圧の約三分の一に相当するが  それの四分の一かそれ以下であろうと想像された  それより手前の密閉戸を下ろしていった  それは極く  それを急いで廻しはじめた  それが密生している  それは密林の木間に見えたり隠れたりしている  それは非常に柔軟に見え  それから三本のぐにゃぐにゃした  それにはもう気がついている  それが本当か嘘か分るだろう  それと聞いた  それを汚す  それに対抗する  それは次第に数を増し  それをくりかえした  それに山木を加えて  それがこのとき急に足を停めた  それは名曲に魅せられてすすり泣いている  それよりは軽快なワルツでもやる  それを敬礼だと受取ってくれるだろうかと思いなやんだ  それをわれわれの目の前で聞かせたり見せたりして下すって  それは握手をもとめているらしく思われたので  それをことわりなしに入って来るなんて  それをどうして知るか  それさえ分っていなかった  それを研究していた  それは曲の旋律にあわせて  それはいいますまい  それをしらべてきたからです  それを真似して踊りだした  それは地球へ無電連絡を確立する  それはエンジンをそのままのせると  それも一旦月世界まで行っても  それを聞いて喜んだ  それからはとんとん拍子に行った  それは記すまでも  それを乗りまわしている  それを圧搾して  それよりか我々が例えばロケットか何かで地球を飛出したとすれば  それも先ず火星人以外にはないといって  それは酸素を多く含んでいる  それが自然に遊離しているからには  それから二三十間も行ったであろうか  それがいかに桁はずれの大きさであってもこうまでは愕かされはしなかった  それがどうかした  それに少しばかりの改良を加えたまでの  それに死骸の表情が非常に驚いた  それよりも大きな足跡があった  それもこの家の向う角の暗闇の中で準備した  それがあの窓に限って  それじゃ家内の者が開けて  それを毎日毎日手入れをしておった  それが仮りに他人から怨を受けている  それから泣いている  それから呉羽嬢はコンナ事を云い出しおった  それから一時間ばかりかかって  それを他人に盗まれない  それをヤット起して  それから十二時か一時頃になって  それも頗る低級に属しとる  それを猛烈に戸をたたいたり  それが犯人だと云う  それから二千円の小切手を書かせ  それは犯人を取調べればわかるじゃろ  それがちょうど三時半頃だったと思います  それじゃ云いますがね  それこそホントウにタタキ附けられた  それじゃ話にならん  それは考えてみますわ  それまで処女を棄てたくない  それで思い出しました  それがアンマリ利き過ぎた  それは刃物が利く  それまでにも度々そんな事がありましたので  それこそ地団太を踏んで  それを給仕が急いで拭こうとした  それが今日わかったのよ  それをイヨイヨとなったら  それがなかなか考えられないのよ  それも死ぬほど  それがトテモ底強い魅力を持って迫って来る  それじゃ当って  それは今云ったら  それさえハッキリとわかれば  それさえ解れば  それを自分の手で公表さして頂きとう御座います  それから帰って来て  それでいいって云う  それじゃ今から大森署へ行って  それから危ないと思って  それも最初の間はさながらにこうした未曾有の満員状態を面白がっている  それを覚悟の前で演ってる  そればっかりを楽しみの一本槍にして  それはまだわからん  それはこっちから云う  それあ今日までの永い間の貴方のお志は何度も申します  それこそ生命がけで私の罪悪をカバーしてくれました  それを冷然と流し目に見た  それが本当の気持であつたのかも知れぬ  それに触れぬ  それは恋人に対してのみ用ひる  それに答へた河田の言葉を私は今も忘れる  それを忘れてしまひたい  それよりも怖れた  それは疑ふべからざる  それは一人の愛する  それをきいたり見たりしてゐる  それより特派の汽船にて英国に向て発したり  それは私が大学の一年から二年に移る  それも覚えていない  それよりもこの人の内側から放射する  それがどんなに私を喜ばせ  それが九円のヴァイオリンである事を話したら  それがなぜそれほどにおかしい事であるかをその時には充分理解する  それを鳴らして聞かしてくれたりした  それは結局断わられて  それも鳥に生れてた  それを話さなければならん  そればっかしかい  それは星があちこちめくらにでもなった  それにつれて林中の女のふくろふがみなしいん  それをじっと見送ってゐましたが  それに従いて泣きました  それは或は空の高い処を吹いてゐた  それをこんなことをして  それはいかぬ  それから少し起きあがりました  それから厳めしい  それで死んだら  それは不思議な黄金の船のやうに見えました  それはそのお月さまの船の尖った  それも鳥に生れて  それを話さなければならんじゃ  それにつれて林中の女のふくろうがみなしいん  それをじっと見送っていましたが  それを嘲笑いつつ  それは或は空の高い処を吹いていた  それはいかぬじゃ  それは不思議な黄金の船のように見えました  それも歌舞伎のすっぽん真似て  それを悲しく思った  それも多少は祖母を引うけた  それに家にばかりいると  それで死に  それはきれいだといっていたよ  それからおもしろく遊んだ  それから遠い道を学校まで通って来る  それは贋だとは知らなかった  それを貰ったので  それならば待たしやませ  それを訊ねている  それと楽しい空想に追われて  それで想いだしたがといった  それを越えて見わたされる  それがその肺病人がはいった  それに同意したが  それが北海道へ行った  それを老父は耕吉に横取りされたという  それは毎日のように責められ通した  それに天井からは蜘蛛やら蚰蜒やら落ちて  それは酒精中毒からの幻覚というものだったと言ったが  それがまた幼い子供らの柔かい頭にも感蝕して行くらしい  それをよいことかのように思っている  それが自分とどうしたとかいうでもない  それが継母の呪いの使者ではないかという気がされて  それがまた永遠の運命でもあるかの  それで取りこんでいるが  それにも係らず  それを子供達はコッツリコと云った  それに勝つ  それが延びて  それ故覚束ない外国語で読んでも  それ故今後の探偵小説家はどうしても筋の運び  それと同時にこの作が他の多くの立派な探偵小説家の輩出する  それを料理しようとしていた  それは是非もありますまい  それに返辞する  それがしのあるを  それがしに命じ給え  それは狼をのぞいて  それを聞きおいて  それに酬いた  それは全軍の十分の一にも足らない  それに対して敬意を払った  それがしが参って  それがし願わくば  それは一丈八尺の蛇矛を突っ立てて  それだけを聞けば  それを駄馬や車輛に積んでは  それは雲の裡にかくれ去った  それへ寄りつくまでが  それへ来て  それが曹操兄弟とは気づかなかったので  それは遠目には分らないほど  それは襟頸にかけて抱いている  それを抱いている  それをはずし取って  それをねじ切った  それはこの死美人が頸にかけていた  それに彫ってある  それをなしても  それを憂いて  それはもとより望む  それがしを召しおいて  それがしも共に平原へ連れて行ってくれませんか  それについての返辞も与えなかった  それがまだ夜も明けない  それに無数の小舟を列ね  それを見るなり  それを届けてきた  それが分るか  それを申すにも足りません  それを殺さんには  それにしたがうだろうと思います  それへ参った  それはよろしくありません  それに瞋恚を燃やしている  それを実現するに  それをやらせれば  それを祝って  それに気がつかない  それを否定なさいますか  それの如く震わせて  それはキンギン国の仕業にちがいないと思うぞ  それがよく分らない  それを録音した  それを放送する  それを口の中に放りこんで  それに乗り込むと  それを集結させ  それは丁度洋上に夕闇が下りたばかりの  それに増して  それと共に行方不明となりたる  それというので  それは許さん  それをいってみよ  それを申上げない  それから一分間ほどたった  それは既に潜水艦にあらで  それを考えに入れている  それは本当に油断がならないぞ  それは大きな発電機のような形になっていった  それを小氏と称し  それが三経義疏と呼ばれてゐる  それを押し切  それは藤原氏に御縁故なき後三條天皇が即位ましますと共に  それは大陸文明の輸入時代に建立された  それを継承せず  それと不可分なる尊皇思想の擡頭を誘起してゐる  それを整理した  それに必要な武器とを用意しなければならない  それはかなり疑はしい  それを日本に採用するについて  それを田舎へ運ぶ  それから三年すぎていた  それで通用する  それがマアうけたという  それについちゃ  それを胆に銘じてきた  それまでの不眠症にひきかえて  それに対する興味は引かれながら  それが凹凸があって  それを完全に除去する  それだけではこの洗面鉢の問題はまだなかなか解決され  それは雨の日の東京の大通りを歩いている  それがおもしろいことには靴底の皮革の部はすべらないで  それが事実は特に人造石とゴムとの組み合わせによって特別な現象が起こる  それが自分の重さでガラス面に沿うて流れおりて来る  それがその時々でまたいろいろの模様の変化を示し  それまで見ず  それか自らには一そう内訌する  それには及ばぬといふので  それが明治文學史にあれほど特異な存在を刻みつけた  それがスポリとぬけた  それに今は亡き宇野四郎等と先生ともどもに銀座へ歩き出たりした  それは喘息持ちにして  それに土居市太郎八段から贈られた  それが九度二分なつてゐた  それが鎭まる前にはきつと  それを拾うに  それを受けた  それをあばき合った  それを献じると  それを印材とし  それが喊の声に変ると  それへ臨むであろう  それは武者とも見えない  それに遠路を急ぎに急いで来たので  それも憂えるには足りません  それを普遍する  それはこの世のどんな生物の美しさも語るに足りない  それを追い退け  それを声には出さない  それを防止する  それを殺すは  それでなくても平常から汝はこの張飛から見ると  それくらいなことがわからぬか  それがしに仰せつけ下さい  それを取出して  それがしにも  それを自分の小臣に持たせて  それがしへ  それにてお控えあれ  それをやり得る  それへ平伏して  それこそ今日の罪を詫び  それを心に詫びない  それを痛感している  それへ出てきて  それはなにかと訊くと  それで読めました  それを正面の敵とする  それよりい  それを土産に家臣に加えてくれといえば  それの少し多く集まっている  それへ登って来た  それこそ神雨だったかも知れない  それを死地へやる  それにも怯まず  それはちがう  それをおそれます  それをどうせよと  それを追いまくって  それが時代の方向に沿うという  それが見えたからであろう  それには弱っていた  それは易々とできましょう  それもあるし  それへかけておいでなさい  それを引っ抱えながら  それが徐州の地の利をしめている  それは調べておかなければいけませんね  それによろうと思う  それがないといえますか  それも構いません  それはいわないでしょう  それから劉備のいる  それをさしのぞいて  それに酬いるに  それにただ事ならぬ  それも捨てて  それを防ぎ  それを討ち懲らした  それが十五年ほどたって  それを書いていって  それが七〇年代をかけて  それを書け  それを足したとしても  それがCDが普及し始めると  それだけで電子本には完璧な索引が付いた  それこそ一行ごとに字詰めをいじらざるを得ません  それまでベアトリーチェを思いながら書いてきた  それが引き金になる  それだけの仕事もすませられなくなった  それが焼け跡に燃え盛る  それが再度渡米した  それも私のように単に感心したり  それを紙に移し替える  それが一時キーボードに触る  それは手遅れになってしまうでしょう  それが一つのまとまりを持った  それがフォーラムのテーマに沿った  それまでにもよそ様にお邪魔して  それも買いました  それが施設の利用形態を見直そうとする  それにこした  それを発明してしまう  それまで人が手で書き写してきた  それにふさわしい保管場所を与えられました  それから幾分意義が踏み出したと見える  それに対照的な姿を見せる  それは彼の面前で踊る  それは女の良人の痩せ細った  それは酒盞を片手に持った  それは兵部の宿禰の命を受けた  それは不弥の国から引き上げて来た  それは幸運な他国の旅人に与えられる  それをはずして  それは地上の特権であった暴虐な男性の腕力に刃向う  それは薄れゆく  それは反絵に倒された  それを両手で振り廻して  それに従い彼の狂暴も日に日にその度を強めていった  それさえも飲もうとはしなかった  それと同時に彼女の唇は決意にひき  それと等しく不吉な慣例を造らなければならない  それと同時に鯨波の声が対岸から湧き上ると  それが数度続くと  それには昨夜怪しい夢を見たが  それは女が前夜病死したと云う  それを両手にからみつける  それが外で食べる  それをきいていて  それに連る尊い大事業をなしつ  それに代るよろこびの  それを抑えてた  それを繰り返し繰返す  それは非常にい  それを彼にあたへ給ふて  それが欲しう御座います  それも私には無くてはならぬ  それはその人にあたへたのではなくてヱス様に上げる  それがすなはち  それこそ遅鈍の頭か土人の頭か知らないが  それのついでにきかせていた  それは何だか私にはまだわからない  それをとっては捨て  それでよいと思ふ  それは自分の妻をうんとほめそやした  それは何んなに難かしいか知れない  それを奥様に読んでおきかせなすった  それはほんとうに疑ふ  それは大きな罪であらう  それは何れ劣らぬ  それが何百里遠い此処まで私の心に通じ  それでかうしてあふれる  それだけでゆるして下さい  それはむづかしい事だと思ってゐる  それは最も正しい道を私たちは通過しつ  それを甘受する  それがクリスチャンの生涯だといふ  それが何になる  それはちっともいとふべき  それにとりつく  それが目の前を何度も通りすぎる  それは私の間違ひかも知れぬ  それに奥様がちっともおねむりなさらない  それさえも私はこの上なくうれしかったのでくしゃみをして  それと一緒にその一枚の葉でもわけなしでむしると云う  それをすましてから  それからそれぞれを精しくやって見ようと云う  それをしおにやめた  それに都合のいいような条をひいて置いた  それから法隆寺模様の特長と桃山時代の美術の特長とを文様集成を見て知った  それをはきはきして居なければ居る  それが何よりもうれしく思われる  それをくり返さなければならない  それを私はよろこばなければいけない  それの持つべき  それは何にも必ず今まで定められて居た  それをソーッと守って喜ばせてやりたい  それで帰る  それに荷をつめてから  それもいいが印を押してよこす  それでなければ只やたらに金や銀をこてこてにぬりあげた  それが僅かでも立派なところを持って居るならば  それがほんとうにその人を生かす  それさえ出来ない  それを単純に取る  それがよく合って居る  それはそうだと思いますわ  それを今日まで導いて来た  それに心づき  それが五人死んでしまった  それを以て己らを貫く  それに苦しめられる  それに時間が足りないのに  それを云ったら  それに引つけて考える  それに女は仕合わせに生れ  それをとり  それをかえさない  それに関係のある  それで完全と云う  それが生き通じる  それもうなずかれる  それを認めないかと  それを深く考えなければならない  それが心配で機械で傷をすると云う  それを知り  それに対して動かされる  それを待ち歓ぶ  それに捕われ  それを云って  それを期待して居る  それが自然であるからそうして居る  それもよかろうと云う  それに堪えるか  それによって門戸をひらかれると思う  それをとりあつかう  それを受けられる  それに対して一歩譲らなければならない  それに自分の仕事はまとまった  それに反し  それまで黙然と聞いていたが  それより何か良計があるなら惜しまず  それを掎角の計というか  それを誠意の証とみとめて  それも迅速に運ばねば  それのみに心をひかれるからであった  それを献じ  それを悲しむ  それは呂布が多年戦場で用いていた  それを読み上げさせた  それをつがえながら  それに紫錦の裏をかさね  それに添え  それへ眼をとめながら  それに董承が  それを取寄せた  それはどうして分りますか  それへ眸をじっと落していた  それを信じている  それはすっかり自己の全部を露呈してしまうからともいえよう  それは玄徳が人間の本性をふかく観つめ  それは自分からくだけて  それは天地も裂ける  それがしに渡し  それにかけたので  それに騎馬徒歩の軍隊もつづき  それからはもっぱら玄徳を除く  それとてもこんどのような事件を惹起して  それを囲繞する  それを討たないで  それがしとは  それを心配なさる  それもあてにはならないし  それがもの足らなかった  それが機をみるや  それは張飛の命に依って  それに叛きましょうか  それを後で聞いた  それを手打ちにしたなどと聞えると  それよりも彼が誇る  それにおる  それと分りきっていても  それまで胴の上に乗  それが考えられます  それを賓客あつかいなどして  それにいま荊州へは禰衡を派遣してある  それがしもおり  それから今日までわずか十数年の星霜しか過ぎていない  それだけの魅力があった  そればかりに腐心していたが  それを思いあわせて  それに励まされて  それも病を篤うさせた  それを拝すると  それに投薬する  それを詩と見ている  それをきいては  それに死なれ  それを地上に存在する  それを否定し  それ迄に帰る  それと同様なことが他の自然の現象にも確に云えるに  それを活そうとする  それを一生で示して見ようと  それを見失わない  それが二度ときられないと思うと  それをずっと大局から見る  それを愛敬する  それを立て  それを変えさせず  それをのばしたい  それを滅茶滅茶に彌次り倒したと云う  それが動機となり  それには土匪の申出でに絶対服従をしなければならない  それを愉しむことが出来ず  それが灰であったと判り  それを単調と感じず  それを打ち破って  それが普遍的必然性を持つなら  それが裏切られ  それで許し  それにつれて峻厳になる  それを共に悦ぶか  それを見抜かず  それを自分は感謝しもすると  それを期待する  それをすっかり二義的に出来る  それをするに  それを嘉しない  それを滞らせたから  それもその言葉だけをきけば  それまで三四時間仕事をしたい  それを斯のように荒廃にまかせて置いて  それを厭う  それに傾いた  それの精神は文学的精神でなく科学的精神であるとさへいつて  それがほかならぬ  それはやがて毛布の中で乾いてしまふだらう  それを抱いて持つて行くと  それを飲まなければならない  それは最う奥様の乗つて居られた  それよりも痩せて  それも当にはならない  それが或る全く動物的な大きな動機から宗教に入れば  そればかりを口にしてゐながら  それは誘蛾灯に殺到する  それだけのことは通知しておきたいと  それが治つたらまた幻灯を写すか  それに奥様は永いご病気でずっと床に着き通しです  それこそ蹴飛ばしたって  それに寝た  それにこうなんとなく打ち沈んで  それが差して  それがズボンの帯革に鎖がからまって  それから二人で一つ一つ羽目板を揺すぶったけれども  それは清水の手にかかった  それから一時間程して  それを奪ろうと部屋中探したに  それに先生の手紙は破いてくれとあったので  それに研究の事をいうと  それに清水の爺さんは盗人が恐いから随分用心しているので  それに先にそら銀行の通帳の一件があったりして  それを自分の頸の上へ落とした  それを清水が嗅ぎつけて  それから驚いた  それを私にかぶせた  それを逆用して  それを証拠に古田の来た  それに喧嘩にでもなってはいけないと思って  それよりも何よりも水の美しいのが好かつた  それを掘  それを待ちつけて  それも山深く入れば  それと言ふ  それもぐつと昔の萬葉時代に旅客の通つた驛遞の道路の線をたどつて見るに越した  それが絶海の孤島のやうな筑波の翠微と相對して  それをめぐって黄ばんだ  それでなければ盲目の顔を私たちの方にむけて  それについては一役を演じました  それより以外のものは到底理解する  それさえろくろくわからない  それを私共の生きた  それは一種の原始楽器に過ぎません  それは徳川時代の青年にとっては非常な感激を呼んだ  それは過去の名曲だというだけです  それは甚だ下らない事だと思います  それは唄う  それをまるで箇人的に黒島一人ひっぱり出して  それを集大成した  それを襲撃した  それが陸の方へ扇の柄を向けて  それを認可する  それは差当り発見出来ない  それが品川までくり返されたが  それから長くたってから  それがだんだん私の気にかかって来て  それを私は覚えていませんし  それをちらと見た  それを下らない空想に耽ったばかりに  それは苦にならん  それからもたびたび寺へ遊びに行った  それを再度生老人への贈り物とした  それでなくとも感傷的になった  それだからアダがコケティッシュな服装で赤丸平家の日本人倶楽部に現われた  それがアラビア海のマラバル岬に鮮かな赤更紗の虹がうき出た  それが英国種の牝犬のように無関心な顔をして  それからくるりと後向きになると  それからのことは妾がさっきお話した  それは日本人に不足した  それが陰険にさえうつるので  それが貴方とふとしたことからトア・ズン・ドルで背中合せになってから  それは私から去らなかつた  それをマラルメから掴み出す  それに全てを捧げて来た  それに就て時を費す  それ故ある日一人の曲芸師が現れて  それは人々の功利心を卑しめるに  それは静かに全世界を屈服せしめた  それを繰りかへして居ると  それを並べると  それを大袈裟に吹聴して  それは甚しい  それは資本家自身を富ますのみならず  それが十八世紀の初めにフランス文学から影響された  それは成句や慣用語が説明的になるし  それがために人の心が動かされるとか  それ故新潮社の翻訳は定評があるとか  それに耳をかさない  それは場合に依る  それは則ち  それは日本の文学を西洋に訳して  それに感心して  それを完成さすなら  それをやり  それを公にするなんていふ  それが日本語に精通して居たといふので  それとても日本人の力がその大部分を占めて居たであらうと思ふ  それは稀有の例であらう  それが往々行はれて居る  それが行はれて居るには  それが意外とも例外とも考へられず  それは全くその目的を達し得ないのみならず  それは翻訳なる  それこそ理義をあやまつた  それはよく言われる  それが時たま私たちの間に昔の睦まじさの名残をいくらか蘇らせた  それはとにかくこの和訳のみじめさを見て頂きたい  それがこのくだりを芝居の台詞がかった  それが日本語の本質だと答えた  それは誤で  それは傳便とは違ふ  それが諾威の家ではと丁寧にことわつてある  それを飴玉と書けと  それもふさはしい  それが気体的なものを発散してはゐるが  それはまさしく作家の描く  それが一見した  それはそうとして  それが晩かれ  それは言ってみれば  それは極端にいうと  それに合致するという  それは全く同じ指紋の人が二人いる  それが行き過ぎて  それは飜訳者という奇体な生き物にとっての残された  それは飜訳そのものの救いでなければならず  それを一口にいうと  それは単に宣伝のための空ごとだというゴシップもあった  それがめぐりめぐった  それについて先ず何よりも先に思い当る  それがいつと  それを解説するに  それが場合に応じて  それじゃ結局昔の草根木皮を調合した  それをすれば  それには答え  それを誰かが野次った  それを覗きこんだ  それから三十分ほどして  それは帝都暗黒界の鍵を握る  それからウンと黙って  それは直ぐさま承諾された  それを拾い上げた  それは帆村探偵のやったほど  それはこの物語の最初にのべた  それが松山の身体へ入って行ったでしょう  それは脱脂綿であることが判りました  それを説明したのに過ぎません  それはすこしも判っていない  それよりも犯人は殺人の機会をとらえる  それには茶褐色の汚点がついていました  そればかりに気をとめて  それは検事たちの思いも設けぬ  それに違いないと答え  それの出所を確かめる  それは本当になにも疑うべき  それは全くの不審にすぎない  それが判らぬ  それは倶楽部で麻雀をうっている  それは自分が落した  それとても彼の自白を待たぬば  それは如何にも自信あり  それは乳色の夜靄が町の燈灯をほのぼのとさせるばかりに立ち  それがまたあたりがあたりだけに如何にも支那風の好ましい感じで耳に響いた  それを團隊的競技にまで進めて  それこそ殺人的なものになつてしまつて  それが自然と取り入りの  それこそ麻雀が人達を魅惑する  それに親しんでくると  それが外ならぬ  それもこれもつまりは勝負事に勝ちたいといふ  それが今ほど一般的になるまでには  それと人氣を角逐しかけて  それが賭博との疑ひを受けて  それは麻雀競技の甚だ漠然とした  それに大概腕よりもより  それを認めると  それを一通り調べても  それでぶつかる  それで決議機関である市会と市長側とうまく行かない  それがボストン市会に現れたと云っても  それを持つて行け  それをすぐ二夫人の側仕えに献上してしまい  それがしが承らん  それを約しながら  それがあるからだ  それをながめて  それがしと  それは諸軍の兵にわけてやってください  それも強って断ったけれど  それがおかしく見えますか  それがしとの  それは却って足下の災いとなろう  それへ膝を落すと  それへ移すやいなや  それはなお未知数といわなければならない  それを見ようともせず  それも許都からいそぎ下ってきた  それがしから  それがしの従えている  それを望んでいた  それを聞いていたので  それは貴公がいわなくても  それもあまりにわしの面目にかかわるが  それがしに追い討ちを  それと遠くから発見して  それに備え給え  それこそ雲のごとくひしめいていた  それには負けて  それはおまえに云いのこす  それを守ろうと思う  それを見出す  それを用うる  それをよく用いなければ  それがしは云いきります  それがしとともに  それを口にしないばかりでなく  それが出来あがると  それには発石車を製して  それとは比較にならないが  それを察していた  それに安心したか  それを振りながら  それがしに分りません  それに乗って逃げだそうとした  それを先に遊ばしておけば  それを説いた  それを以てその人を知るべしで  それを告げるに  それだけでも天下は震動しましょう  それも敵の知る  それを外へ追いだして  それを投げ返して云った  それも一理ある  それも今は昔語りとなってしまった  それを私憤にまかせて  それに触れない  それと南皮の百姓をすべて徴兵し  それに命令を下した  それは彼を扶けて常に励ましてきた  それっと合図した  それをみな真にうけるほど  それを乗用する  それに相応する  それを見ておどろいた  それをつのらせた  それを謀る  それを罪もなく殺したら  それに折角のおもてなしに対してあまり固辞するも  それを案じて  それのみで足る  それを真に用うる  それを識る眼がありません  それにて足るべくもあらねば  それは五月雨の降る  それもまた支えられた  それをきらりと脱いて起きあがり  それが見る見る  それは気のどく  それで足を洗って  それは日比親しい曽根源之丞と云う  それを床の間にかけて香を焚き  それに灯明をつけて  それにかかる  それを借りて見たりした  それを押し止めた  それは病気で引籠っていた  それを防ぎつかわさん  それに負けまいと  それを呑み込んで  それがまかない  それを傍の木屑の上に投げつけた  それを聞いていなかった  それに就て語ると  それだけの事柄に対して彼ほど至上のいた  それだけ書いて  それを容れない  それはひがみでなく  それに牧野さんは最近インポテンツの傾向が次第に強くなつてゐた  それにともなふ  それでいいのではないかと私は考へてゐる  それは私も思ひ当る  それは私の強がりではない  それにふさはしく  それを語るに  それも木曜のマチネでせうか  それと相場のきまつてゐる  それはそれでい  それがために私のあなたに対する敬愛の念が少しでも薄らいだ  それを時間的に考えて見ると  それはロシアの大衆がどういう作家を一番愛読しているかという  それを訊いたかと聞き返したら  それを非常に生粋に生かして使う  それとくらべて  それがために私とリュドミラとは普通誰れもが口にしない  それと闘った  それを刺戟する  それに不適合な女との関係をゴーリキイはゲーテなどとも著しく違う  それを罰する  それを感性的な面に於て見た  それに対する意味深い反応とを見て  それによって引き起された  それよりもっと深まった  それは深い横皺のある  それをゴーリキイに見せたら  それとなし気をつけて  それを上手に唄い  それが小さいゴーリキイの心に快い緊張をよび醒した  それを罰したり  それを消しとめた  それへ何かしきりに書き込んだりしている  それは或る家畜の群の中に一匹たちの違う  それはあの人がいい加減をいってる  それを聞いて学んだ  それを引抜かんが  それっくらいのことは取立てて云う  それを摘む  それをかけ  それをやっている  それに反射させて読む  それを燃やした  それは分っている  それに心付いた  それを鰯の空罐に溜め  それは毎夜煖炉の上で燻った  それが勧善懲悪的な筋で終りを結ばれている  それによってどうしようという  それを制し  それを振り払って  それが彼の旺盛な内的発展の一面を直接間接に鈍らせていた  それだのにお前はまるで喧嘩腰で来る  それだのに聖詠経一冊に三ルーブリ半も払う  それを軽蔑している  それと闘って来た  それが浪費であるにせよ  それを縁どる  それをまざまざと感じている  それに気がついていなかった  それを知らせた  それはパン焼場に沢山いて  それを繰返されたので  それを調べ  それによって崩壊しつつある  それが過去において陥った  それを破壊させつつある  それに疲れた  それを理解すべき  それに対するナロードニキの爆発的反撥の声の中に最もつよく叫ばれた  それを無限に繰返しながら  それが君の友達になるだろう  それについて云いたい  それは私を真直にした  それは土地に対する緊張した  それが爆発して  それをゴーリキイの腹へ投げつけた  それをゴーリキイに見せたらば  それとは本質的に異った  それはあの人がいい加減をいっている  それを助けた  それへの参加を拒絶した  それは全然影を潜めている  それから数十年後の予想が記され  それを追究したが  それは烱眼な観客に対しての上演を必要ならしめた  それは次第次第にそれの現在の形体になって来た  それは私を完全に捉えていた  それはすべての時世の中で最もよい時世でもあれば  それまでにもう三度も立ち停ったし  それはいかにもあり  それの上に一挺の装薬した  それに倣った  それとぴったりくっついていた  それが自分の名前であるということを告げ知らせた  それを開けて  それの思い描いている  それをみんな読もうと思っていた  それがすむや  それを中にいる  それに話しかける  それを幾分儀式張って  それを自慢にしていたらしい  それよりもまるで絹糸か硝子質の物の繊維で紡いだ  それを三倍にして  それを果す  それがびっくりする  それは奇妙なという他に可愛いくて  それをお聴き取り下さいます  それと大して違った  それはあたくしの  それを幾らか儀式張って  それを烈しくぶるぶる震えながら  それが彼の体に伝わった  それのごくたっぷりあった  それがこぼれた  それの汚染がそこにある  それは至る  それに適合していた  それは店の数とほとんど同じほどあったが  それはともかく流れる  それを下し  それが的が外れて  それを例の洒落の落書の上になすりつけて消しながら  それを差し出して見せた  それで止めとく  それを肩へ投げかけていたからである  それが一分と続かない  それの無形の不潔物を空気に多量に含めなくてさえも  それよりも低いところにある  それはさっき酒店で酒を飲んでいた  それを手に持った  それに与ってはいたろうけれども  それは人間の声らしい生気ある  それは非常に沈んだ抑えつけられた  それは望みの絶えた救われない  それを取ってみて下さい  それを手に取った  それは確かにそこに現れた  それを愛撫して  それが彼から彼女に移った  それを全く望みがないと思いましたが  それに接吻して  それが目に見えて  それを膝の上で気をつけて開けた  それをつくづくと眺めた  それをよく覚えている  それを掻きむしった  それを胸のところへしまいこもうとした  そればかりじゃありません  それをしに  それはいかなる智慧も解く  それは自分を永い間取囲んでいた  それを取って来ようと言い  それを持って降りて来て  それを手渡しした  それをさらさら音を立てさせるかの  それが再びもとの襤褸にずんずん分解しつつあるかの  それに後れは取らなかった  それが法律の療法でないことがあろうか  それに与えた  それより他に値打ってありゃしないよ  それより他に値打ってありゃしないだと  それまでの間に衣服を著てしまっていた  それだのにおれの懐工合はそのためにちっともよくはならねえ  それから考え込んだ  それじゃあ四つ裂き  それは飾りのためというよりは  それが観  それが人気を生み出していた  それに映った  それのために鏡はそこに置いてあった  それが極めて目に立ち  それまで自己特有の流儀に自己特有の観察をしていて  それはいっそうのろのろと押し送られて戻って来て  それを受けるであろう  それを受ける  それがまた静まった  それを自分で手に入れた  それを誓うか  それをそこに入れておいた  それを忍ぶ  それは鍍金の品に過ぎない  それは単に暗合に過ぎない  それさえもお請合いは出来ません  それは誓いません  それから数日後にフランスから帰ろうといたしましたが  それについて意見がましい  それを上手にするには  それをしてくれました  それはそこに吊してありました  それは私の頼りない境遇から起った  それを述べずにいる  それを裁判官が書き留めている  それと同じ表情が現れた  それをどちらも出来ないという  それがいつであるかという  それまでの経路については少しも記憶がありません  それを捻って  それが確かに被告であったということを十分に確信していると  それを十分に確信していると言った  それから自分の方の数人の証人を呼び出し  それを被告の屍衣になる  それからこう言い足した  それは彼のあの永年の間の永引いた  それに乗って去って行った  それからロリー氏とダーネー氏とが鋪道に立っている  それを知りもしなかった  それに免じて言わしてもらえるならですな  それに身をお入れになるでしょうがね  それくらいの気がするほどには  それから十時になったら  それから言った  それに映る  それはお前も承知している  それを数分のうちにすっかり飲み尽すと  それを摺んで  それを獅子に差し出しにかかった  それを細心の注意をしながら食べ  それも同じような風にして  それが片附いた  それを否定しないよ  それから二人とも一緒に笑った  それを適当な方面に働かす  それにわが身を蝕むにまかせて諦めている  それを遠く海の方へ押し流してしまっていた  それを解くに  それについてのプロスさんの意向を予想する  それでロリー氏は言葉を切った  それを誇張するという  それより後でも他にもそういう人々はある  それをお始めになった  それの始めだったと言う  それの終りだったとも言えないでしょうからね  それだのにあの腰掛台とあの道具とを自分の傍に置いておかれる  それについて御意見を持っていらっしゃると思って  それは恐しい  それから起った  それが間近に来たかと思うと  それを自分のハンケチの端でちょっと手入れをして直し  それより以上に甘やかしたがっている  それを隠しておいた  それでびっくりした  それまで話されていた  それがかつてあの裁判所の廊下でダーネーに向けられた  それを妖怪の翼のようにはたはたと振り動かした  それを自分で作り出した  それは他人さまにお伝えする  それの急ぐ  それだけのために携えている  それとは別のやはり真に高貴な意見を持っていた  それを全くどうする  それをどうにか出来る  それをのみやるという  それに劣らず  それの結果によって識別される  それだけでは母という名前を事実として示すまでには行っていない  それの鳴り響く  それに浮べた動かぬ  それはその容貌全体に陰険と残忍との相を与えた  それを気にかける  それの轢いた  それを飲用泉の台石の上に置いて  それをあの男にやれ  それの近くを静かに動いたりしていた  それを拾え  それをお前の勝手に使うが  それの賠償はしてしまったし  それに気を留める  それから再び座席に反り返って  それを見物しに  それを耕している  それはいつもの馬車よりは軽快なものであったかもしれなかった  それは内から起った  それは彼の意力ではどうにも出来ぬ  それを調べてみろ  それは恐しく痩せ細っていたから  それをお前のところへ生き返らせてやれるか  それはそれはたくさんございます  それを検分したかの  それから長い低い溜息を一つ吐いて  それで打たれた  それもその通りにされ  それをやり通したろうと思います  それは上品な躾から来た  それくらいまでの不自由な目に遭わせる  それを与えられる  それをかぶっている  それは侯爵の想像したほど  それが新しい方法で空を見えぬ  それに中った  それはいつまでたったって  それは言うほどの  それをもう要求する  それはまたずいぶん敬意を表した  それがいつか私のものになるとしましても  それを曳き  それは私のものにはしません  それが彼の甥の眼と耳とに強く響いた  それに拠ったという  それを使い果して  それが差し伸べられている  それをシャカバックは実際に飲食する  それをわがクランチャー君はアナという名の女がドミノーズを発明した  それに投石して  それだけで負担し切れぬほど  それが国防の充実と云う  それを観察すれば  それこそ腕一杯の素晴らしい記事を書かなければならない  それは体全体の調子とつり合い  それについて二度にわたって答えの文章を書いた  それは本当だと云った  それを整理したく思っている  それによっては直ちに牙をむいて飛びかかろうと待ちかまえていた  それを理論的組立ての四角い中にはめこむ  それはそう考えた  それを書けとすすめた  それはできるだけの  それを理由として政府はゴーリキイをペテロパーヴロフスク要塞にぶちこんだ  それに接近する  それはさっと琥珀から黄金に変り  それは一人の子供がさっきよりずうっと  それは私がけわしい山谷を渡ったから  それはマグノリアの木にもあらわれ  それがさも偶然の文壇的傾向乃至趣味的流行だぐらゐに思つてゐる  それを満足させ  それはなんといふ  それも実験して  それに醤油を適当にかけて加減する  それは夏過ぎて  それより幾日掛ったら  それを気違の方で謝まれって云う  それより早く阿蘇へ登って  それが三四町四方一面に吹き出す  それを宿のかみさんが見つけて  それよりも五里の山路が苦になって  それじゃ飲まなくっても  それも今夜僕が寝ながら話してやろう  それじゃまたビールでない恵比寿でも飲むさ  それから先へ出る  それより君が上がれると  それじゃここはどこだか知ってるかい  それじゃ何にもならない  それが成功しない  それを外交的に自己の力とする  それに鼎足の象をとり  それを正すを  それをおさめさせた  それを自覚した  それがしを憐れみ  それがしに取次ぎを乞うのでございました  それがしも仔細を聞いて  それを訊きたい  それをまた討って  それを自分の歓びにはできない  それを廃嫡する  それをすすめた  それがしなどは  それに師礼をとらるるのみか  それをとがめたらしい  それがなんとなりますか  それにはどうしたら  それもあるが  それに拠れば  それは良計には違い  それをさとって  それにこう答えた  それへうなずく  それにつらなる  それがしを向けて  それを楽しみにしていましょう  それを拒絶したという  それを妨げていた  それを遠くで聞くと  それを命じ  それしか恃む兵力はありませんから  それへ来た  それを負うやいな  それを揮って  それを幕下に加えようとする  それは徐々に近づいてくる  それをつぶさに語るとなると  それは呉へ送る  それもありますからな  それを防ぐには  それにお訊ね遊ばして  それは掌を返すより  それもまた主君玄徳の仁愛を証する  それも袁紹を攻めては  それへ一喝した  それからの鄭重なことは国賓を迎える  それへ立ち迎えに出てきた  それにのぞむ  それはまず後日に譲っても  それを数の上から見れば  それまで登城をのばして待っているから  それを伺いに来た  それによって建国された  それがしは思うだに  それを云ってみ  それは呉の国外にまで聞えている  それがあたかも英雄の情操として美しい理想なるかの  それを一吟し給え  そればかりか彼の髪の毛はそそり立ち  それを公然と揚言している  それはいささか愚弟の考えとはちがいます  それへ相槌を打って  それへ近づくなど  それを待っていた  それを見るが  それに答えてやろうという  それを焼き払った  それは曹操も感じている  それは技術という言葉が醸しだす  それを察知するであるとか  それで立ち行かないほど  それをごっちゃにして嘆く  それこそ裸をさらす  それから十日余りを経て  それは次項を呼んだ  それは手段を目的に先行させた  それは遅れた  それまでアップルが提供してきた  それが何に対して奉仕する  それまで耳を半分ふさがれていた  それまでの電熱線に比べて  それはそれですむ  それまでのコンピューターの頭脳と比べれば  それまでの社長から上司に下がっただけだ  それをどう伸張して  それはそれなりに心の平安が帰ってくる  それまで悪意のプログラムは目立たぬ  それはそれでまた厄介なことにもなるが  それがすべてのアプリケーションを支配している  それまで世界を制覇してきた  それを支えた  それらしき物を提供する  それは日本という国の成り立ちの枠を越えて  それこそ二十四時間型のマシンを目指すとして  それこそどこにでもついていって  それまで国民総背番号制の道具としかコンピューターをイメージできなかった  それまでとなった  それが乗り込んできた  それも書かねばならぬ  それこそ問題意識と結論だけあって  それまではデスクトップ機上で電子本の形式と機能に関する研究を進めてきた  それが大地に付け入る  それからしばらくはおとなしくしているなと思っていた  それこそ見向きもされなかった  それを瑣末なあれやこれやにこだわれば  それがマイクロコンピューターに取り組む  それを公開する  それがどう外れたかを  それこそテレビのスイッチを扱う  それにもめげず  それが一九九一年三月になって  それがここに来て  それも読者の腰が抜けて  それがPC上に激しい競争が生まれた  それがダウンサイジングと呼ばれる  それが電子化した  それがなんぼのもんじゃいで  それも単に縁がないというよりは  それは勝手にやってもらって  それまでの成果をたやすく引き継いでいけるでしょう  それを青空の本に仕立ててみませんか  それを結ってあげ  それを調べていった  それがもっと伸びると  それがあの子のためになる  それを皆はまた不思議に思う  それは分からない  それを教えてくれる  それを彼はていねいにぐるぐる巻いてゆきました  それが無理なく調和がとれる  それを私にも食べさせてくれた  それをのぞく  それをおぼえて  それをよく観察すると  それも初めはただなんという  それにいろいろ作曲されて  それを日本のことばになおして  それからがちょうのめすとおす  それみてわらいだす  それがさわいでわめくときゃ  それいってとっつかめ  それこそ甲羅経た  それが追風にしゅっしゅっとはしった  それがふかれて  それをうしろにとおりすぎてしまう  それをみすてて  それをうしろにまたいってしまった  それこそたのむよ  それも相談も無く自分で勝手に命じて  それより前漢詩を遣っていた  それを見せた  それも苦痛なら止めた  それを頭からけなしちゃいかない  それも後に考へて見ると  それがいかに長い年月か実感できよう  それまで暫定的に使っていた  それにはマニュアルが役に立った  それが成立する  それが通り  それを望んだとして  それを亡くなった  それが二年弱で成し遂げられた  それを誰もが利用できる  それは私にもわかりません  それが楽しかったからではないかと思う  それから一年経った  それについて折ふし考えさせられた  それを当然のように呟く  それが鋏を手に寝息をうかがう  それが大変な間違いになってしまった  それよりも身に沁み  それを眺めてとおる  それを果して  それを奪い返そうとしました  それが危機にあると言い得る  それは江戸文学に関して少しく見解を異にしている  それもあまり自家吹聴に過る  それが出来なくなれば  それと一所に自分の子供の美しい心がわかりまして  それより山を降りて  それもちゃんと一所に止った  それが出来ますか  それを勢いよく寄木細工の床へ撒き散らしました  それから五分ばかりたった  それじゃいつまでたった  それが嫉妬心をそそる  それや役に立ったさ  それを今になって  それを磨けば  それがたまたま当ったので  それが妻だとあっては  それがなくては生きては行かれない  それよりほかに僕の生きる  それを云っている  そればっかり念じていました  それを女の顔へひしと押し当てました  それを聞いただろうし  それがどうして斯うなつたかの説明は省く  それは法螺だと思つてゐる  それを彼女に何も相談しなかつたし  それは今度が始めてだつたが  それを封筒に入れて  それに引込まれる  それはあつたかも知れないが  それも根底のある  それを開いて見た  それこそ毛程も起らず  それは余り嘘らしくてバレてしまふぞ  それが殆ど全日録の三分の一を占めた  それをきつかけにして  それはしづかな靈魂ののすたる  それに反對する  それは主音の上にかかる  それはあの艶めかしい  それが來れるかを知らない  それもまた私の遠い氣質に屬してゐる  それが詩作の動機となる  それの附加を許さない  それは櫻のはなの酢えた  それは宵闇にさ  それは港からきた  それが沖の方でむくむくと考へこんでゐるではないか  それがゆらゆらと動いてゐる  それが構成され得る  それが散文から類別される  それが詩であり得ないといふ如き  それが詩として不自然な表現であるといふ一事にある  それは常に現實的實感の上位を跳躍して  それに抗辯しない  それは即ち言葉の氣韻の中に包まれた  それが低迷する  それを韻律以外の別條件と見て居た  それは藝術の表現に現はれた  それが表現の節奏を生むであらう  それとはもつと  それは單なる形體上の音樂でなくして  それは常に一つの抑揚ある  それにも關はらず  それは或いはさうかも知れない  それが期せずして  それが意識されると  それが失敗した  それが詩のリズムを生む  それの節づけによ  それの感じられない  それは言ふ迄も  それが不完全なる未成品の藝術にすぎないと  それは過去の幼稚なる詩形の破  それが實現された  それは一九三五年の春さきだつた  それへと思ひ出してゐた  それを讀んでゐた  それが遠い遠い實在へ切なくあくがれてゐる  それはどこのおく  それはそれはきらっていて  それがひとりのこらず  それにそむけば  それはむやみにたくさんあって  それにそむいたら  それをはらいきる  それをふいてとろうとしましたが  それはいつでも心をひく  それがみたされると  それに書かっているべ  それについて心当りがあります  それは僕の方からいい出した  それじゃないかと思っていました  それに今度はどうしても奴に金を出させなければならない  それじゃ問題にならんね  それに考えて見れば  そればかり思ひます  そればかり思います  それまでに好い機を見て  それにはいっそ細君を離縁するが  それについていったが  それに追っつこうとしたが追っつけなかった  それを見ると阿  それはほんとうの阿  それがために軽薄だという名がひろまった  それを憐んで鄭に訊いた  それから須川の池へ身を隠してしまった  それを気にかけはしなかった  それを二階の窓からぼんやり眺めていた  それが不当なことであるかのように思った  それを声を出して読んで見た  それに煤だらけになりながら  それは一二年前に書いた  それは原稿で柏村と鈴木にも読んで  それも自信がついたといふ  それがそも  それが原因で業を煮やして  それは三号だかで潰れてし  それを喝采し  それを望み  それを知らなくてはならない  それを唾液でよくぬらし  それをキッカケに階級的に目ざめた  それは普通の四五倍もある  それにも倦きると  それをわざわざ教科書の間に忍ばせて来て  それを洵吉自身も一寸覗き込んで  それはタッタあれだけの時間の中に寺田に未知の世界を知らせ  それを撮ったら  それを撮りたいばかりに  それに行商の女だから何処へ行っちまった  それが向うから飛込んで来た  それに真赤な唇をぺろぺろ舐めながら  それは堤防とは反対側の野のかなたの果にある  それがやっと歩合でとれる  それはしっかり兄さんを抱いて  それを下へひっぱる  それはきっとそうやってたたかなければいけない  それが火曜日の朝ならばごしごしと洗濯盥でアンナ・リヴォーヴナの下着をもむ  それは全然聞きおぼえの  それはよく働きますの  それを洗って  それをころがして  それはあり得た  それが苦いとは云わない  それは知ってます  それを見て笑って  それを吸いこみ  それを頭へ冠ってみた  それをはいてみました  それをいっこういいともおもいませんでした  それをはいてしまいました  それによばれていました  それをお月さまではないかとおもいました  それは赤いひ  それはこどもらがお前の居る  それを読んでいますと  それで天井にさわりますと  それを捕らえると  それはだれにもわからなかった  それをごらんになると  それがどうして日本へ渡って来て  それにはこういうお話があります  それをもらって帰りました  それに徳利や椀などを入れた  それは日蓮宗法国寺に属する  それに往った  それと共に舟の中もしんとなったが  それは舟乗りとなっていた  それは背のずんぐりした  それと同時に室の中に銀色の眼をきろきろと光らした  それがぴょんぴょんと飛んで  それからあがってきた  それを追っかけて  それまでは蓋を開けてはならんぞ  それにはここの祠の中を開けると  それを拾おうとせずに  それを拾い上げて  それに接吻しました  それはをぢいさんの  それに似て居るのに  それからは毎日その姿を求めて  それが見  それを肯うて  それをカンバスの前に立たせて  それが丁度祖父と言ひ  それとは氣附かずに  それは兵兒帶の解けた  それを除して  それに手を貸してくれる  それがお祖父さんに對しては  それは何か目に關した  それで忘れて  それに診察に下る  それを長くつないだ  それは下女のやうに髮を汚くして  それにも飽きて  それには氣が附かなかつたけれど  それを知つてゐるので  それより深入つて聞きもしなかつた  それは疾くからもう  それよりもこの女の飼つてゐる  それはどこかのきちんとした  それを考へ入ると  それが壞れてゐるに  それから昨夜バルコニーへ出てからの  それには耳を置かずして  それを心にはかけない  それまで女はどこかで赤い鳥を飼つてゐる  それをその女と知り別ける  それは入院してから  それをあの女の紀念にして  それは元氣な君たちが大勢ゐてくれるからだ  それには竹垣が結ってあった  それには白い花をつけていた  それとすれば  それに耳を傾けないし  それにも眼をやらずに  それに酒などを出して  それとともに女とも親しくなって  それを通行人が見つけて  それはもとこの辺に生れた  それから二三年して  それが彼女を淋しくした  それを引かせて  それについてきた  それをまだ知らない  それを吹きますと  それを思い出しました  それにました  それを捨てないとも聞いている  それを戴いて帰りました  それをば南の方の国へ持って行って  それに大金になりますので  それをみんな赤く塗ってしまいました  それに見入っていましたが  それをいただいて帰りました  それをば南の国へ持っていって  それに風のかげんで厠臭がひどくて堪へられぬ  それが動きだしたので  それが重さうに尻をあげて  それはいかにもざんぶとばかりといふにふさはしい飛び込み  それは長く思はれたが  それであることなどを知らぬ  それが精魂を傾け尽した  それからは目に見えて  それは依然わからない  それは一種の逃避かも知れない  それへいろいろの職業人の加わった  それから数番踊っている  それも完全と云っても  それくらいのことはやりかねないと思ったよ  それが寝室になっている  それからのことは書く  それを客を遇する  それを取っては  それを取ると  それは全く吃驚する  それに就いて語ろう  それのようにアルコール禁止などという野暮なことはしない  それは旧露西亜町があり  それが各々の独自の様式と色彩とを発揮して居り  それだのに何うしたものか全体の空気がそれほど陰惨で無く朗かの処さえあった  それはホテルなどで見る  それを張さんが僕に伝えてくれた  それよりホテルへ帰ったら  それから更に詳細に大連市のさまざまの物を見たが  それを所望した  それは開けたと思ったばかりで  それからすらりと立ち上がり  それは書き記すにも及ぶまい  それは過ぎ去った  それと同時に室の中が急に静かになりました  それだと直ぐに感付いた  それと同時に他の水夫共は隣室へ立ち去って  それに多人数一度にかかり  それを武器として彼の申すには  それを詳細く聞かしてくれい  それは又何故に沈めたか  それが又卜翁には面白いと見えて  それに小宮山彦七も同じく玉造に家があったので  それより早く藪陰からまたも同じ掛声がした  それから一層邪道に入り  それをその儘しかと抱き  それはご安心なさりませ  それがどこへ行った  それは有難い網の上らぬほど漁りたい  それじゃこの私に様子を見ろと仰有るので  それを姐御に横取りされ  それがお袖の襟上に刺さる  それをなぞって行く  それを殺すとは  それへも兵三千をあずけ  それから先に済ましたいと思います  それがしに対して  それが案じ  それが良策ともいえません  それくらいなことが分らなければ  それを照らして  それがしが防ぎとめている  それへ乗り移って  それが見るみる  それも多分味方ではないかと思い  それに至る  それを励ます  それは聞き捨てなら  それを玄徳に先んじられては  それを代えて  それを攻め取ってみられるが  それを見殺しにするは  それを助け  それがしが参らん  それにまたがり  それは曹操が都へ帰る  それに一致を見なかった  それをわが呉の国が莫大な銭粮を費やし  それを要としましょう  それへ攻め入るには  それは大勢の力者が押し  それがしなり  それで足りるか  それを叱咤して  それを片手に受けて  それは知らなかった  それがしはすすめていますが  それがしまで  それを拙者にすすめた  それのみを怕れとします  それに蹴ちらされて  それに向うなれば  それに小勢すぎます  それにも勝る  それに臣節を以て仕えた  それを免すにしても  それに乗せられて  それはいわぬ  それは云うまでも  それを進め促した  それを思い出したので  それは少しも知りませんでした  それを力に呉都へ帰った  それはぜひご承諾をお与えなさい  それを危険なりとする  それを力づけて  それがしを見ると  それに驕らず  それが呉国の為であるとかないとかなどは  それも気のすすまない  それに随行した  それを聞きましたか  それも短い一夢になった  それと真相が判明した  それがしが支えます  それを彼の耳へささやいた  それを励まして  それが覚悟なら矛なり槍なり持って  それに当惑した  それを指さして  それには大都督周瑜が坐乗しているらしい  それと聞くや  それを今もし呉が玄徳を攻め  それを如何にするかという  それは未然に警戒を要する  それをどう防ぐかだが  それに感じて  それに疲弊してきた  それを広苑の彼方なる  それを曹休に与えようとすると  それがしにこそ与え給え  それがしに渡し給え  それを忘れる  それを不名誉とも思わず  それは誰よりも魯粛自身がよく知っていた  それも笠置を落城させて  それにいたしても  それに反しまして  それに鎧一領を副え  それだから魚らしい魚などないものと決めてかかっていた  それだけでそのことはすつかり忘れてゐた  それとわかるほど  それが何うでせう  それはさうですよ  それを先に立てて  それこそ何んなに好いだらうといふやうな気持に微かに体を揺ぶられながら  それがまたこの子によく似あうので  それはくらいったら  それを引き出す  それが快い速さで赤く熟れる  それの上を行く  それのベツトのはしに腰かけ  それを掲げます  それは三四年前に亡くなり  それは牛乳配達にも似てゐるけれど  それが連載の呼物小説の挿画で半年もつづき  それまでは彼女等までが口をそろへて  それにも気づかなかつた  それはそれだけのことだからとあきらめたが  それを思ふと  それについて書けと言われる  それに聞きほれたり  それに続き  それを取られまいとして争っていた  それで止まらなかった  それに飛びかかった  それを追いまわしたり  それを他の男に渡さず  それを取られまいと守っていた  それはおかしいじゃないかと言ってみたが  それが一団となって  それにはできるだけアナキストと提携を続けねばならぬと考え  それが廊下を中心にして向かい合っていた  それが佐藤君に対する嫌疑となった  それに絶交を申し渡した  それが隣り合ったり  それを獄中で絶交する  それに代わった  それじゃ源さんがいっていた  それを見ておられなかった  それが一層明かに自覚された  それを動かそうとしている  それを見ていたと思うと  それは人生の仮面に過ぎない  それは真面目といふ言葉の意味から決めてか  それのようにも思われました  それをくちばしでつついて  それまでにして  それを切り抜けてゆこうという  それには三人のものが乗っていた  それをだれが知っていよう  それが流行した  それは消化しなかつた  それは両親に秘して呉れ  それが青味だつて吹いて来る  それは四五年前結婚した  それがはつきりした  それは夫の書籍にあつたトルストイと云ふ  それが鼻に泌み込む  それに板橋が架つてゐる  それが互に文学と云ふ  それこそ死んででも  それが毎日会社から帰つて来ると  それから間もなく泣く  それも亦翌日になると  それがとうとうし  それに眼を落したなり  それは薄雲を漂はせた  それも昔しなりけり  それは亡き兄の物なりしを  それを開墾し  それからといふもの次第に精神が錯乱していつて  それを楽しみにしている  それを毎朝の日課のようにしている  それを野原に移した  それはどうしても落葉の早い山国でなくては見られない  それが当然過ぎるほど  それを私の机の上に載せて置いてくれた  それから一時間ほどして帰って来た  それは例によって言葉にはならなかった  それに気を奪われて居た  それが二つ重つて五七・五七・七の今の短歌の形が出来た  それも無ささうである  それ故に作者も前記十四首の中に入れてゐる  それは作者が好んで訪れ  それを病床で空想に描いた  それが晶子さんのだと分つて  それは殆ど宗教的の意義をさへ持つてゐた  それを一筋に最後まで押し進めていつた  それをその儘詠出すると  それが天才の目に映じた  それはこちら許りが物思ひにふけつた  それをしかし一寸面白いことだと聞手は思ふ  それは私一人の感に止るであらうか  それを如何する  それだのに私は慰まない  それは相当大きなもので私もそれをのぞいて見た  それを我が身に引きくらべ  それがこの歌のモチイフを為してゐる  それをここへ出した  それからも長い間歌題を供給した  それと同じ時湯本で早春の箱根に雲の往来する  それをかりて  それは霰の降る  それが早期にあらはれた  それが急に水量が増した  それに具体性を与へて  それは撫で  それが相談した  それを明りにして  それを丁度そこに咲いてゐた  それが珍しいのでここへあげた  それは箱根風で寒いとは思はないが  それに這入る  それが見事に成功し  それは環境が違ふので  それを機会に夜宴が開かれよう  それは全く感じが違ひ  それとてもつかのまよ  それなりきそのひとも今とてあゝ神住の江の浦蝶のむく  それに流れ  それに違ひが  それを何うして君が知ろ  それに書斎の片隅の積んだ  それは秋雨と呼ばなければならない  それから銀座へでも廻り  それは枯れか  それを取は  それを享樂しつ  それが分かる  それに水夫になってからは  それをつかんだ  それに乗りうつると  それももうみな戸を閉めた  それも間違ひかわからない  それから怒ってゐる  それとまつたく似た  それが武器のつもりであればあるほど  それをみつけて  それを想ひ出しながら駈け出した  それはさうかも知れぬが  それがさう  それはそれで相当に目的を達してゐる  それが語られてゐるからだと思ふ  それには気づかず  それこそ考へ  それに感動するといふ  それが世間普通のこととなり易いところにあるとすれば  それに馴らされてしまふ  それを映す  それは彼が妻とはじめてその湖水のほとりを訪れた  それをぼんやり甘えた  それは忽ち喘ぐ  それは森とも丘とも見  それが頻りに向うから  それはひっそりととおりすぎてゆく  それが得られなかったが  それが落魄のおもいをそそる  それが消えて行く  それが私を悲しませた  それは汽車が文挟駅を過ぎて  それは可なり色づいてはいたが  それが又黒木の茂った  それは孫兵衛山から台倉高山に至る  それが飯豊山であることは一目で知られた  それが笹に掩われているから  それに午後二時を少し過ぎている  それは霧の中から滲み出る  それを目あてに東南を指して進んだ  それを衣姫と呼びなしていたが  それが可なりの距離に亘って  それも近く里へ帰ってしまえば  それをそのまま抽出して観ずる  それが秋の世界だとは誰も云い得ないであろう  それを堪える  それを真に味感する  それを上役に密告する  それをはさんで  それを除けて通る  それがおやぢさんの気に入るか入らんかは  それをあやす  それならちつとも心配はいらんよ  それはべつに威張る  それと比較してみれば  それをどう使はうと  それをまづ確めなければならぬ  それには津山不動講と書いて  それは奇妙な対面となるに  それにささやく  それには及ばずと断りて  それを朝七時に宿を出て  それは幼い頃野山を歩いて得た  それも知らない  それといつも変らぬ  それにいくらのせようと  それはわからないが  それは自分の所有を取  それに嫌悪を感じなかった  それを作者はどう極めませう  それを眺めました  それを怪しみもせず  それを得意がつたりして  それを問ひただすでもなく  それを他人事のやうに聞ける  それがなりました  それはおとうさんのあでやかな娘姿がお店へ出てから  それを仰る  それは難かしい  それをよろこんで  それにまた達する  それも水の低きにつくごとく  それは昔の大方の知己を見て廻る  それを過ぎれば  それに髪の毛ばかりが真黒でおもたさうに見える  それは急に天気が曇って来たせゐか  それから苦く黄色い胃液を吐き出した  それも今ではすつかり慣れてしまつて  それをやらないと落ち着かない  それに関する話は遠慮しなければならない  それを非常に苦にしてゐるが  それだけには大変敏感に己れを感じて  それに類する  それをあの人は承知してゐて  それがもとで蔭で彼と争ひをした  それに順当してゐたから  それより他に手だてを知らないといふ  それも何だかお互ひに  それとは余程要領が違ふだらう  それを単独で行ふて見たい  それに関する話は取り交さなかつた  それをがつがつと齧ると  それを押して  それより若くは見えなかった  それに普通の冷たやつやったら嘗め  それはいわゆる男の教養だけの問題ではあるまいと思った  それを言いだすと  それがなにかあわれだった  それには返答しないで  それを真似した  それが緒口になつて暗澹たる広漠の世界が思はれたり  それが簡単になればなるほど  それに適している  それに従わざるを得ない  それに廃物にひとしい武具馬具などを車輛に積んで  それは予の生活の信条でもある  それへ並べて帰った  それに書いてある  それとはまるで声からしてちがう  それを犯した  それが万全と思うが  それと睨みあっていた  それを読んで泣いた  それをやりすごして  それは荊州を共に立って  それを憤りに参った  それをいまとなって  それに馬超その人の性行をみるに  それを馬超が小耳にはさんで  それまでに云うならば  それとは張飛もさとっていたが  それがしも退くであろう  それに一案がある  それもかくいう  それに野望のある  それくらいな誠意をこちらも示さねば  それはおいて  それを玄徳に献じた  それは蜀を救いにくる  それに反対した  それを披見して  それをたずさえて  それすらお返しなさらない  それがしの与り知る  それを誇大にたたえて  それをかぶった  それまではかならず人に色を気どられ給うな  それをなすには  それを敵に返し  それには眼もくれず  それを拒んだら  それに臨んだ  それに当った  それをむかえた  それと気づいて  それが一かたまりの  それは倖せだ  それは行われました  それはみな世にいう  それすら世界の休息を歌うもののごとく  それもさなりと  それがしとて  それを中止して  それを一々咎めだてしていては  それが大目附の役儀でもある  それがどうして園絵殿と言われて  それがかくして土一升金一升の江戸で大きな間口を張る  それに他家から嫁を貰い  それといっしょになって  それを拾おうという  それをどうしようてえので  それこそ足跡を嗅ぎ廻っている  それを承知ではいっていらしった  それがあるとでもいう  それで急いでおりますよ  それが父の十手の鋭鋒を鈍らす  それはまことに困った  それを心配いたしますよ  それを伺って  それを御書院詰所の窓から抛りこんで  それがうまくいったら  それになってみると  それを床の間へ持って行って  それこそ豆腐のように白くなった  それが済んだら  それを近江めが見咎めてナ  それかと言って帰るでも  それもみんなわたくしから出た  それがようございますよ  それも言おうなら  それで済んでいるが  それに当家のあるじ  それまで庭の繁みに潜んで  それがまた今日ある  それを承諾していたが  それはわからぬ  それも存じておる  それも雨ふりゃ逢わずに帰る  それをまた相手にする  それに屋敷のあるじ  それもわかっている  それがそうはいかないという  それとはなく言いつけられた  それにクッ着いている  それに自分についてさっぱり訳のわからない  それに線香が立ててある  それを言われては  それは例外とし  それは明治大正の間の歌よみの仕事を無視した  それを将来の文芸からとり残されると  それを拾い上げてやる  それは決して何も悪意のあった  それはあんまり御叮嚀すぎますな  それをすましてからの  それから大きく跳ね  それはこう云う  それもただ一見して  それからちょっとではあったが  それと共に時々漏れる  それを腐らす  それをどうしてわかった  それは決して見  それからちょっとすると  それを床の上に置いたら  それは君にははなはだ応わしく  それからこれに添えた  それはもう御安心下さい  それこそ誰あろう  それを床敷の上から拾って  それにはかの怖るべき  それを忠実な自叙伝ふうな書き方にしてゆきたいと願った  それはまた一方には至難な事でもあった  それも大層落附いていた  それを嬉しそうにしている  それがちゃんと具合よくいってる  それから寝るまで  それをこそ川上は悦んで  それもありふれた  それですら貞奴は夫を傑いと思っていた  それだけでも残り止まる  それが末になって崩れていたならば  それを許したくなく思った  それは誰れでも自信はあるであろう  それはわたしの贔屓目がそう言わせる  それは彼女の過去の辛苦が咲かせた  それは余儀ない破  それを亡川上の直系の門人たちが妙な感情にとらわれて  それは俊子さんも味わった  それは粋な身なりをしている  それは違うわ  それには金文字で川上音二郎としるされてあった  それも川上の新らしい住居である事を知った  それを喰止めるだけの  それは彼女が十六のおり  それに当てはめられる  それはわたしが彼女の名に接しなかっただけで  それは生涯をあらたに蒔直そうとする  それとても奴の力がどれほどの援助であったか知れなかった  それが世間にあり  それにはさすがの策士川上も施す  それが縁で浜田屋へも出入する  それを目当にして  それを心に病んだ  それに学んだ  それが軍艦であった事を述べて許された  それはどうやらこうやら乗切ったが  それがもとで川上は淡路洲本の旗亭に呻吟する  それが土地の気受けに叶い  それがなんで人気を呼ぼう  それは実際の困窮を知らぬ  それまで一度も舞台を踏んだ  それに為す  それも貴女は味わねばなるまい  それはそうとこの一篇の朽ち  それも二日目にはあいまいになった  それは趙太爺の息子が秀才になった  それこそ阿  それこそきっと阿  それが無いということは言えないが  それというのも未荘の人達はただ阿Qをコキ使い  それを推しひろめて  それがためにほとんど大きな失敗をした  それが現在自分の倅だと思うと  それを粗末にしない  それからというものはずいぶん長いこと偉張っていた  それこそ阿Qに言わせると  それでこそ彼は初めて勝利の歓喜を感じる  それからというものは彼の指先に女の脂がこびりついて  それが泣声に変って来た  それを引掛けて  それとも煽てる  それはそうと二人は人のことなど耳にも入らなかった  それを返しもせずに  それがかえって人目を引いた  それに目も呉れず  それさえ大した恐怖の数に入らない  それもまた遂にそのままにしておいた  それは土穀祠の彼の部屋はこの部屋よりも決してまさる  それもまもなく解ってしまった  それは盗られた  それだからオレはいまから諦めてるよ  それというのが彼らのオトトやオカカが常にそういう見方や感じ方や言い方をしているからで  それが雪国の貧しさの象徴とでも申したい  それが少しも不愉快にきこえない  それが本筋をなして  それが少年少女に特に強くでる  それは品川の飯盛女に引掛ったので  それに帯だけを締めていた  それから見ると  それに対した  それに限る  それに餓鬼どもが飛込んで泳いでる  それは好い隠  それは無いに極っている  それを残らずお前に上げては  それが為にバレになりましても  それはお調べにならないで  それがどうもそう行かない  それが為に五百石の御加増まで頂いてい  それじゃア夫婦にはなれませんや  それに引かされて連れて帰って見ると  それで通して  それを押しての  それが頭の悪さのせゐとすれば  それを捕えず  それが書き物机にもなるし  それについては沈黙を守っている  それを帽子を買って貰えない  それは色々に読む  それを拡げた  それが却って可愛ゆく  それを捕えた  それまで待ちましょう  それをかくして置いて  それに目をつけなかっただろう  それで電話はきれた  それから二人でおばあさんにお辞儀をして  それは小さい栄さんとうたの文句のような調子で感じ  それは馬鹿な嫉妬には違ひない  それをわざと知らん振りをして  それは友達か何かを待ち合してゐる  それも成るべく  それ故明月を観る  それは上野駅で彼女と子供に見送られた  それあ多分生きた  それを譲りうける  それが誰の身のうへになるかは  それより少し若い和装の淑女と長椅子にかけてゐる  それを見ていますと  それを車につんで  それを打ち合わしてみました  それをじっと見つめました  それがよく似ている  それから戻ってきて  それをあてる  それをおりていくと  それ故彼は食う  それはいつも定って横わっている青ざめた  それを中心に拡がっている  それは鈍った  それは分った  それが分らん  それを探す  それからライスは焚き  それはジャズに紛れてしまった  それは省線の線路の上に架けられた  そればかりなら可かったのに  それは難有い  それをちぎって釣る  それとなお目についたは  それを知らし  それが御建立なされるかよ  それまで受けた  それに二つ目へ行かっし  それこそ夢にも知らなかった  それにも顔が描かれ  そればかりを力にした  それより育たぬならん  それを下りて  それが十八歳になると  それを我が児の嫁にした  それはしなかったが  それにして置いて  それを二つの盃に注いで  それにやっていた  それに腰につけた  それを引出してからやってください  それに跟いて往くと  それを掘りだして  それを除ける  それに応ずるが  それさえ覚えておれば  それにも未だ手を付けていないといって  それが何万金の値打ちのある  それを破棄しないで  それはウソかほんとうか知らないが  それを喋舌つて見たい  それが唯一のものであつてはならない  それは又次の機會にしよう  それは彼が僕の中に深く根を下ろしてゐるからであります  それは他のいかなるものを冷靜に見る  それは僕にとつて止むを得ません  それに新しい價値を與へる  それが僕にとつて最も重大な事となります  それが特に彼の面倒を見た  それは迷信に發したにせよ  それは彼の性格を一生支配してゐた  それは大部分世紀末の歐羅巴の産んだ  それと全く趣が違つてゐた  それを自分の中にも持つ  それは人生そのものに對する  それを失ひ出すや  それはその前の二つの運動のやうに鮮明な旗幟を飜す團體の形を成してゐない  それは作家が彼の第一作の中に彼のあらゆるものを投げ込むばかりではなく  それにまだ口をつけない  それと比較して見たい  それにはさう  それとは大分違ふ  それが一顧の價のない愚論だといふ  それに屬する  それにも懷疑的ならざるを得ない  それは彼等の性格に根ざした  それは百倍にも増して  それにならうと  それには唯僕等が作品の完成を期するより  それは雲林も知つてゐたか  それだけを切り離せば  それは彼の主張する  それまで漠然としてゐたのに  それは森鴎外に就いて  それまでも彼の作品の内部に常にわだかま  それを避けずにはゐられなかつた  それを讀んで行くと  それに慣れるに  それに職業故に冷酷になつてゐる  それに豐滿な美があるとすれば  それはたとひ  それも唯全く反對のものと言ふだけでは  それが相觸るれば忽ち爆發する  それは少くとも僕には越えられない  それを完全なものにする  それは勿論ユダヤ人たちの天國へはひる  それに近づけてゐる  それは我々は狐や鳥になる  それが如何に恐しい  それを我々に知らせる  それさえちゃんとわかっていれば  それまでに占って置いて上げますから  それがどう思った  それを一つ見て貰いたい  それがお前にはわからない  それまでに占つて置いて上げますから  それを一つ見て  それは一体誰でせうか  それを頻々と繰り返す  それまでには倦きてしまふかも知れないし  それは落葉が屋根に散る  それだけでも堪らないでせうね  それよりも私がまたどんな突拍子もないことを云ひ出すかを  それが疑ふ  それが姫君の輿の上に乗  それを地獄の火に穢す  それは我々に何の関りがあらう  それと同じやうな悲しさがある  それは面白いお話も御座いますよ  それあ一時の出来心もありましょうが  それだけでも大層な珍本でげしょう  それがソンナ本だって事を云い伝える  それを読んで行く  ソレが脛っ  ソレだけの事なら私も格別驚きません  それだのに悪魔どもがこの大戦争を始めました  それに世界ぢうのものを皆与へ  それよりも人間がいまに出来たら  それからは皆尾がなくなりましたので  それは電光の如く上下に開いて  それは坂の両側上下に着いた  それは右足の裏に三日月の形をした  それは父が十月に急に死んだ  それの如く針が生えて居るので  それにはちやんと金子五郎と記されて  それを枕の下においてみたり  それは彼女が病院で私に読んできかしてくれた  それは他人には一目でわかるので  それをコルクの弾丸で打ち落としている  それにはじゅうぶん自信をもっていた  それを敷島六個の代金一円八銭から差し引いて  それをたねに脅迫して  それをセンイチは承知して  それからしつ  それをまねき寄せて  それが手にはいるかも知れません  それにかぎるよ  それをおれに教へてくれないか  それを投げつける  それに力を得て掘つてみると  それは放送が止ってしまった  それは何にきく  それはなにかわからないが  それは湖の中へつきだしている  それとはまったく手ざわりの違った  それはまだはっきり言えないが  それ見たかと言わぬばかりに  それを思いだすのに  それを出して食べているらしい  それを教えて下さい  それについていってもらいたい  それをたしかめる  それはもう解いたよ  それを操縦した  それをここに書くと  それをかついで走る  それを用意する  それをまちがえたら  それじゃあ話が違う  それをなして  それには一向驚かなかった  それをほんとうにしないだけの  それはどこでとった  それはもちろん千二のために弁護して  それは東京行の旅客機に乗れるか  それに乗らない  それに乗りこんだ  それがよくわかると見え  それと取組み  それを知れば  それをはっきり語っていた  それはとりこし  それをとどめて  それがおさまるまで  それはいつごろかわからないが  それは全体がうす桃色に光っていたというから  それは千二少年が語った  それからどこへいった  それについては知らなかった  それを聞いたので  それを調べていただきたい  それをやってみましょう  それは何とも言えません  それは何を測った  それがなぜ大事件になる  それを大事そうに側の金庫の中にしまった  それが二つの小さな地球の形になるとは思われない  それをやりとげたら  それをおっしゃって下さらない  それを聞いて来ます  それに答えてくれる  それを気をつけていてくれないか  それに返事をする  それから更に南下して  それが落していった  それがどんな用につかわれる  それがよくわからない  それがどんな用に使われる  それは驚きましたな  それよりもずっと手前に落ちた  それをはねかえす  それはちがうね  それもいけないね  それから間もなく姿を消してしまった  それを宇宙艦と呼んだ  それを火星のボートと言った  それをいつもポケットに入れておけば  それをていねいに何度もよく見た  それから改まった  それにちがいないと教える  それを探しあてない  それをたずねた  それからの頼みで探している  それを知られたからには  それを小脇にかかえて  それは柱というよりも  それをしらべてみようじゃないか  それが組合わせになって  それが心配になって  それが動く  それは火星の動物じゃないかしらと思った  それを語ろう  それは神のみ知る  それから三十分ほどたって出て来た  それを信じないだろうから  それは違います  それが何であるか見当がつかなかった  それを箱から出して  それも考えています  それをたしかめなければなりません  それを研究する  それを盗む  それにはおよばない  それに対して返事はしないで  それをいぶかる  それは一体どういうことであるかというと  それを聞こうとはしない  それまではうごかさなかった  それでまいる  それに時間もたちすぎているので  それは火星がいいというであろう  それにたえる  それもモロー彗星が近づいた  それがどうも正体が知れないのでしてな  それはしばしば木のかげになって  それは地球の人類が作るなら  それをふりほどこうとする  それを無理にふりほどこうとすれば  それを丸木に話して  それを自分のつごうのいい  それを防ぎながら  それを知っていたが  それでみると  それがしきりにしゃべっている  それをひっぱり出した  それまでは十分に養分をとったり  それが耳にはいらない  それがますます火星人をして  それを知らせながら  それが自分のそばへ近づいて来る  それに交叉する  それは全くえたいの知れない  それをとく  それはどう考えても  それを考えたが  それに近いと思って下さい  それを聞きとろうとつとめた  それはいつになったら  それは博士が秘密にしていた  それを耳にかけてみた  それは別に驚く  それでわかった  それは言った  それが信じられないかも知れん  それにとりつき  それはいいことをなさいました  それをお前に話をする  それがついている  それにはわけがあった  それはのぞき  それを廻して  それは何であるかわからないので  それを相談せずにはおられなかった  それに答えなかった  それは何という風がわりな興味のつきない  それじゃ地球の人間は助からない  それはいい方法があります  それは仕方がありませんよ  それでいいとしなければなら  それは人間が乗っている  それを器用な手つきでまわした  それは丸木の手落という  それをよく知らないであろう  それをひょいと肩にのせた  それからいき  それは困りましたな  それを心待ちにしていた  それは出ていく  それを聞いてしまっている  それに発憤して  それはわかっているではないか  それを取られりゃ  それを本気で耳にとめる  それが大手がらであることに気がつかなかった  それを地下タンクにためる  それがはじまりで  それは警官隊もよく知っていた  それはたおれた  それを押さえて  それこそどんな新兵器を持った  それをうまく撃退したので  それを心得ているから  それは困ったなあ  それしか助かる  それを言うと  それに耳をかす  それにたいし  それを助けてやろうとしているのに  それを聞かないではおられなかった  それじゃ万一火星へついても  それがわかるから  それを知らんかね  それをたべる  それは言う  それを見て知っている  それをごらんになった  それを口にすると  それに気がつき  それを知っているとしたら  それを外から見ている  それがたがいに  それを火星塵の層といっているが  それは火星塵を通り越したからであった  それを着てみると  それをからだにつけて歩いてみても  それを忘れていましたよ  それとあべこべに右へまわっていく  それくらいの覚悟はしている  それこそ雲を霞と逃げていく  それが地面の上をはいまわっている  それはこっちで言う  それに地球へいって  それをなした  それはたしかにきき  それを追った  それをおいかける  それをおいかけた  それも千二のもっている  それにはたくさんの釦がついている  それが司令官であることを示す  それにあたると  それをひそかにつくって  それを開くには  それをやってみる  それをたしかめにかかった  それにのりこんだ  それがくみあい  それを承知した  それはおどろいたなあ  それを知っていられる  それ故学校の科目についても常にあなたは私を導いてくれました  それを堕落させなければ  それは私があなたに依って  それからあなたは私にあう  それを極端に好んで居るからという  それを知ろうとするならば  それは後に書きます  それをその儘に受け入れなかった  それを紹介してくれた  それとは全然意味が違う  それが実現されるとは思っていなかった  それはあなたと私の性格の相違ですから致し方がありません  それをいいことにして  それが殺人事件である事がわからなければ  それで逃れる  それは斯ういう  それで心配しながら黙ってたの  それがすえ子の家を取りまいているとは気がつかなかった  それには私のもっている  それは私には全く判りません  それ迄何を問われても  それを黙って見つめました  それまで妻というものの事を全く思い出して居りませんでした  それを護りとおすには  それはぐずぐずしていられません  それだけをお感じになる  それはもっと研究がすすまないと分りません  それへと思い出に耽ってる  それが兄に分る  それを享有する  それを一挙に爆発し  それは肺病やみらしく痩せ細ってる  それを決行するかも知れないという  それは実は馬鹿げた  それまで一度も後が振向けなかった  それとしまして  それを拵らえ上げた  それを拵らえた  それだけの代価を得てるじゃありませんか  それは得ています  それを買い取った  それは私が辿った  それはうねうねとしてる  それにしちゃあ  それは虐げられた  それをきっかけにわっと泣き出してしまった  それを彼女の手に握らした  それと知られる  それを拾い上げてみたが  それがまだほとんど回復しない  それを人類が統制する  それは僕にも殆ど解らない  それがしゃくにさわった  それを白っぽい金襴の羽織などを着込んで  それを直すか  それはいつかの洪水でできてから  それは水が切れて  それは碧くなめらかに光ってゐた  それは僕が大將に成りて  それが秋になって  それへ味をつけて  それが後には植物を呼ぶ  それを二種に区別している  それをふつうのあけびで作ると思っている  それが地面を這って延びているので  それまでの関羽軍らしい破竹の如き勢いも出足が鈍った  それは一大事であるといわぬばかりに  それを抑えて  それを探り知ると  それがしがおっては  それを兼備した  それは私事で公務の誓いではない  それを討つ  それがしの説く  それをもって察すれば  それがしと共に  それにも抱いたからである  それまで帰服せしめてしまうとは  それを城中から関平の一隊が出て  それがしを差し向け  それがしが思う  それも大路は選ばず  それにひき代えて  それっ関羽を押し出せ  それを与え  それを深く惜しみ嘆く  それが巷に語られる  それ迷うの愚を悟らざるか  それは何とかしなければなりますまい  それを防ぎますか  それを考えていないでは  それは蜀が目的のためには一時の不利をかえりみず  それを未然に防ぐには  それを曹操のほうへ送り届けるとしますか  それを受取るでしょう  それへ向って訊ねると  それへ倒れてしまった  それを御前へ披露に及ぶ  それを王侯の礼をもって  それまではご無念も胸に畳んでおかれます  それが発作すると  それは青嚢の書といって  それを呉押獄へ授けたが  それまでではありませんか  それを以て言外のものを察しるならば  それを天下に知らしめておく  それを許すとの  それを不可とし  それは自分たち兄弟を生んだ  それを聞いておった  それくらいなことは分りきっています  それは未だ私には分っておりません  それを口実に殺して  それまでの暗い眉を急ににこと開いて  それへ蒼古な書体をもって  それは誰も異存なき意志を示している  それを持たせてやった  それを開いてみると  それへ来ていうには  それへ持ってきた  それは有る  それのはっきりしている  それは魏という幕府の専横にほかならぬ  それが煩いの因じゃと申す  それは呉を伐つ  それを努めよ  それは陛下の御私憤にすぎません  それは張飛の一身に起った  それは分りません  それがしに命じ賜わります  それを余りにはっきりと呉に援けを約された  それは金鞍の白馬百頭の背に美しく積まれて  それがしを出して  それがしが行きますから  それを知るや  それを救うべく  それが今日のように国を挙げて  それに同意する  それはいま荊州にいる  それに応うる  それに孫桓はよく部下を用いる  それに水は遠くに求めなければならないし  それこそ帝の神機妙算なりとたたえた  それは四至八道という対陣になっていた  それがしとで  それすら抑えて  それこそ我輩のねがう  それを唯一の願いとしている  それによってたちまち彼の前に集合した  それはもう聞いておる  それは帝玄徳の陣坐する  それに似ていた  それからしばらく私達は肩に手をかけ合った  それは私達がそこに置き  それを再び画架に立て直し  それまではお父さんの許に今のままのお前でいるが  それを恐れでもするかの  それを私が言い出す  それまでには片がつき  それと同時に父の顔が急に明るくなった  それはそこまで届かないで  それに近寄って  それをおもちゃにし出していた  それを冗談半分かぶせる  それを避けでもする  それがまるで私を愛撫でもし出したかの  それまで手で弄んでいた  それがいかにも遅々としていればいるほど  それがそうだと彼女に教えられた  それがどうもライラックじゃないかも知れないわ  それを引き取った  それを反らせる  それを再び伏せながら  それから私が何んということもなしに口ずさむ  それを黙って聞いていた  それがだんだん苦しくなってきたので  それに靠れかかった  それが不意に私をそんな一種の麻痺した  それに任せ切って置いた  それを希おうなどとは  それには少しも自分では気がつかずに  それを引きかけた  それとは定かに認め  それを気づかわしそうに自分の目で追って見ると  それをじっと置いている  それから急に打ち  それには気づかない  それをぼんやりと見ただけだった  それは私達が二人きりで最初に共にする  それが私の息で曇りだしたほど  それを私に言わせまいとする  それに目がだんだん馴れてくると  それにとても可笑しな夢を見たの  それを言わせない  それに説明を加えて行った  それだけを鮮かに意識の閾に上らせながら  それをこの女と共にしているからな  それは彼女の体をじりじり衰えさせて行く  それがどんなに美しいだろうと思っていた  それが何んとなく苦しいような感じさえして来た  それがまた自分のだったような気もされた  それを確かめでもする  それを言いかけたなり  それからもう一度山の方へ目をやったが  それを思い出したの  それを抑える  それが癖にでもなった  それは私にはむしろ快いものでさえあった  それがやっと鎮まったかと思うと  それが衰え出す  それまで無理に抑えつけていた  それは殆んど小止みなしに降り続き出した  それを腐らせるかと見えた  それがあの第十七号室の附添看護婦であることを認めた  それが私を一層苦しめた  それを聞くまいとしながら  それを聞き出してしまった  それを充たしている  それを急に目立たせた  それからまだ一週間と立たない  それを読み出した  それは或る十月のよく晴れた  それに彼女がいつも父の前でのみ浮べる  それよりももっと目立つほど  それが何んとはなしに病院の空気を彼が恐れでもしている  そればかり繰り返していた  それから用事を口実にして  それを片づけ  それは私と二人きりで話す  それにはちょっと目を上げる  それは冬まで辛抱して居られれば  それを言い出しかねて  それを彼女の口に持って行ってやった  それを一口飲むと  それは果して私達を本当に満足させ  それを信じているよりは  それが過ぎ去った  それがお前に出来る  それを閉じて  それを心配なさっていたわ  それより他のことは今のおれには考えられ  それにすぐ応じた  それはおれの好きなように書く  それから引き離して考え出した  それからそれへと促されながら  それが完全に得られたにしても  それを確信している  それとは全然異った  それを早く取り入れる  それを措いて  それがどんなに今の私に自分達の所有している  それにはっきりした  それをそっくりそのまま少しも害わずに生かして見たかった  それでなければいけなかった  それがぱちぱちと活溌な音を立てて燃え出し  それだけが現実にはみ出しでもした  それだというのに  それは私達自身のこうした生活に就いて書いていれば  それをともかくも一応書き  それを終らせる  それはそう云った  それとはかなり異った  それに私達の幸福の物語に相応しいような結末を見出せるであろうか  それだけがほの  それが何物かに脅かされてでもいる  それを唯そんな風に感じさせるに過ぎないであろうか  それだけで独自にお互を幸福にさせ合えると信じていられた  それに同情を寄せている  それが又こうしておれを苦しめ出している  それは雲のかかった  それと見分けさせている  それだけでももうおれ達がこうして共に生きるのに  それにはすぐ返事をしないでいた  それを終らせたくは  それをおれと一しょに考えて呉れないか  それを肩越しに覗き込む  それが私の口癖にでもなったかの  それが風に抗っている  それをあんなにも美しく焼いていた  それまで心待ちにしてでもいたかの  それを黙っていた  それを仕上げる  それに描いた  それをうるさがって  それが衰え  それが死ぬ  それは父のがっしりとした  それから急に力が抜けてしまった  それに顔を押しつけていた  それとは正反対の谷の名前さえ自分の口を衝いて出  それを何かためらいでもする  それを取囲んだ  それを立ち上がって剥がすと  それには気がつかない  それはまだ濡れるとも  それまで気づかいながら  それが一層そのあたり一帯を私に何か見知らない  それに近づいて見たら  それが私をそこい  それは矢張りどうも自分の聞き違えだった  それよりも先きに  それを荒あらしく引っ掻きまわそうとする  それから漸っと気を取りなおして  それまで誰もいない  それからも小一時間ばかり弥撒は続いていた  それはうす曇った  それから雪解けのした  それにも知らん顔をして  それは私の小屋を捜しているらしい  それからはますます途絶え  それがお前のために音を立てて  それは此処に在る  それを知覚すると  それはしかし殆どあるか  それを一度も振り向こうとはしないで  それに似て  それはおれがこうやって  それはどのみち自分一人のために好き勝手な事をしている  それも矢っ  それがそのままでもって自分一人のためにしている  それに耳を傾けながら立ち続けていた  それがだんだん目に慣れて来た  それを補い出していた  それは北の遠くへ帰ってしまう  それに劣るまい  それを口にする  それこそ仏をつくって  それを持って来ていただきたい  それを持って来りゃ  それも止むを得んさ  それを右手にさげ  それを以て水野は上様を圧しつけて  それくらいなことはするだろうと見こんで  それは猛毒を有する  それから三日おいて  それは稲を啣えた  それを憚ると見え  それを広縁から運び入れようとした  それが楽しみだというおひともありやす  それに驚いて  それを万年青の底へ隠した  それに服するよろこびが  それぐらい歩いて通っていて  それはただ苦しむ  それを受け入れる  それから堕ちる  それを見抜いている  それを手にとって素早く表裏へ眼を走らせると  それくらいのことはやらかしましょう  それだって話は出来る  それを捜し出してくれという  それでなければ此アヲギリが日本へ這入  それもそのまま残っていた  それからいきなり深い新月なりの傷がはじまる  それは耳にたこのよるほど伺いました  それじゃアあっしにはわかりかね  それはてぐすの先についた  それが鎌い  それがふるいつきてえほど  それを聞き流している  それに譲る  それをとりちがえたって  それを飯たきがへっついの近くの棚にのせておいたに  それは誤解か中傷にすぎぬと云っている  それがどんな内容を有っている  それだけではまだファッショ団体とは云う  それに属する  それだけで日本の社会に於ける  それは単に形式的に考えるから  それだけで官僚という実際の資格は備わらない  それはこのギャング狩りが如何に思いつきのように突然であるかを示す  それがギャング狩りに他ならぬという  それでこそ暴力団狩りも徹底され得る  それを代表した  それは今日の多数の右翼団体の内実に少し当って見れば  それが日本とどこかの国との戦争へ導きはしないかという  それより直接心配になる  それが戦争になりましたでは  それを他の閣僚までが軍部の仕事と思い違いしていたとすれば  それに就中注目すべき  それを更に親切な仕方でやる  それよりも日満ソ三国国境委員会設置案を具体化する  それよりもソヴェートの国境軍二十万は多すぎて  それを私は他の機会にも述べた  それの一部である文化特別委員会なる  それは暫く措くとして  それがどういう意味を有つことになるかも  それが革新的軍部の気に入らない  それが本当に安心して  それが何であるかはやがて触れる  それが馬場膨大財政を多少削減して  それが恐らく軍需工業資本自身の利益に帰着する  それを見ないと  それは論外としよう  それをその現象のまま正直にとるなら  それと共に日本型に固有なファシズム形態が或る程度まで世界の先進又は先着ファッショ国家の社会的推移の轍を踏んだり  それが何か道徳的な勿体をつけられる  それだけでは攻勢には出られない  それは亭主が女房を圧迫する  それは民衆の無責任な瞬間的情緒と馬鹿な常識とに訴える  それが之までの通念から到底耐え得ない  それが主体になってこそ  それは単にまだ成立していないばかりではなく  それが最近ヒューマニズムとも呼ばれている  それが人民戦線の同伴活動であり候補者的一翼であり得るという  それは他ならぬ  それより先に国によって人民戦線という言葉の意味が異っている  それは少しも日本における人民戦線運動の各種の動きを否定すべき  それこそ日本に固有な特殊事情があって  それ故に予め之をやっつけて  それであればこそフランスやスペインのより限定された  それを無視しても  それは多少当らぬでも  それが巷説とか甚だしきに至っては  それは全くファシスト政治家の範疇を借用する  それはすでにのべた  それは如何なるアブソリュティズムの下に於ても存在する  それと同時に文化の自由なるものも亦どうでもよくなって  それがドイツに於ける  それが現下の日本に於ける  それに備える  それから又無意味に生硬な言葉や気取った  それは全く間違っている  それが或る一定の条件の下で非常に密接に世俗生活に結合しているからであって  それが医学乃至医術の本格と考えられて来た  それとの間に横たわる  それはも早や趣味だといって済ませなくなる  それが彼等によって意識されるに際して  それが資本によって歪曲された  それだけより多く資本の重圧は大衆に加わる  それが即ちブルジョアジーの手に収められている  それを意識しないか  それが一種の貴族趣味の形をとり  それが階級性又は階級意識を暴露する  それは一頃わが国で広く散在していた似  それが自然科学者乃至技術家の研究そのものへ示唆を与える  それとは異った  それであればこそ日本は世界無比で世界と共通性を持たない  それが今度は一般民衆をも出来るだけ  それがまぶしさの照れかくしに道徳振りで対手をおどしつけようという  それが一つの思想上の危惧を象徴しているからである  それに対するヒステリカルな女学校舎監的なコセつき  それに照応する  それは要するに思想統制の意図に集中する  それが発表乃至記事掲載禁止の解除になる  それがソヴェートや仏英米の世論を誤らせていると  それは充分に見とどけなければならぬ  それがあるという  それがいや応なしに社会の条件を動かして行きつつある  それが封建制と資本制と社会主義との国際的なカテゴリーによって明らかになる  それは散々聞いた  それはモードとして気に入らない  それでこそ初めて民衆というものがわかる  それは哲学の最も哲学らしいと考えられている  それは根本的にはギリシア的範疇から系統発生した  それがどれほど神学的又は形而上学的になろうとも  それは先にも云った  それが今日の姿を産み出している  それだけで卓抜な眼の所有者であることを証明する  それは今日から云えば  それが反唯物論の殆んど唯一の残された  それの虚をつく  それは自然と普通呼ばれている  それは空間性をもち処を占める  それが意味するという  それに与え得る  それが人間学的カテゴリーとして解釈されたに過ぎない  それを主体化して  それが日本人の生活に影響を与えるという  それが人間的風土論から行くと  それと覚しく  それの文化上に於ける  それを愛しなくてはならぬ  それは勿論私の独自性を否定する  それが比較的世間に通用している  それが翻訳され得るという  それから本を読む  それは後にして  それを私に限定させれば  それを裏づける  それがどうあろうとも  それが実際上のエフェクトから云って  それはマルクス主義思想の真実という資格を買った  それは真実を持つ  それはもはや漱石自身の文化的伝統とは必ずしも関係のない現象ともなる  それが元来一般的に考えられて片づけられ得る  それが指す  それは一つの仮定を出ない  それが平板化されれば  それが想定した  それが少なくとも多少の大衆性を有てそうに思われる  それは一つの系統的な世界観であることを忘れてはならぬ  それが直ちにヒューマニズムの世界観となる  それは多くの場合ルネサンス以来のブルジョア日本主義を意味している  それと並行して  それが文学活動そのものの消極性となって現われているという  それがこの種のジャーナリストの職業的宿命のように考えられている  それも後に見る  それに固有な特別な事情を持っている  それに貸す  それもごく手近に限度のある  それが単に官吏のためのものや何かであっては社会的意義は極めて乏しいといわねばなるまい  それは日本の支配者一般の傾向を語る  それだけが研究に於ける  それについての注意を用意しており  それに新刊書を無原則に読んで行っては  それに対比して  それも亦四年間に二倍になっている  それだけではなく社会的な文化運動の形式としてこの連絡が問題になる  それが新人クラブとかいう名の下に党外郭的な組織を持ち  それに一層不思議なことは強力外交を以て鳴っている  それが今日段々清算される  それは全く意味の深いことと云わねばならぬ  それに当日の決潰に先立って  それが文武官僚の公式発表でないが故に私語私筆となる  それは色々の点に現われている  それが日本の新聞の一つの誇るべき  それに基いて  それは単に職業的マンネリズムから来る  それの後作用を執拗に刺激したり  それより先に新聞の方がこの運動に見切りをつけて  それが自由であるか不自由であるかが初めて正当に問題にされ得る  それでなければシニカルな無力無抵抗主義に陥る  それに列国の総予算の内で占める  それだけがその充分な原因をなしている  それがいけないという  それは朝の修養の時間から所謂講演に至るまでを  それは講演の本質にぞくするよりも  それだけに日本流の講演はラジオで充分に教育的効果を挙げる  それの速記者的筆記につきるから  それにこれ程聴講の精神に反した  それをあまり大学当事者は心がけていないらしい  それには無理からぬ理由がある  それに連関して  それならば充分に放送出来る  それの言論的コピーを与え得るに過ぎない  それは従来の形態に於ける  それはそれだけ現在の所謂大学の言論的な学科に於ける  それがただの卑俗化に終るか  それは将来社会の放送局の階級社会に於ける  それは聴覚の自然的制限による弊害で今の処如何とも仕方があるまい  それによって云い表わされる  それに放送局は大新聞の数に劣らず  それさえ併し  それと平行した  それに追随する  それへラスプーチンの死骸を載せ  それに検死がすみました  それへ乗る  それから思いついて書いた  それをご存じないとすりゃ  それに勝利し  それを明瞭に知っている  それが戦争についての批評めいた  それを封じこめて  それを見直すにたえないほどの  それは気力をふるい立たせ  それに準じて  それを実質づける  それを持つてゆかずに  それとよく似た  それも序に調べられたらと  それは明かに敵意を示す  それよりもこの黒と黄との争ひが  それを黙  それを倒す  それは右の機運が内部に熟している  それは我々日本人が世界的潮流に遅れない  それはのんきな日本人が当然に受くべき  それを破壊する  それで人間はどれほどよくなったか  それとともにもう一つ見落としてはならぬ  それが現に行なわれつつある  それがわかります  それを打ちのばして  それも厳重にしきった  それまでのあいだに外出した  それは買った  それで持って行った  それを合図する  それにちがいはありませんか  それが不思議だとでもいわれる  それだと言って  それを雁木にひっかけて持って行った  それはわかったが  それを外部の事件と見せかける  それが根本での働きをして  それはこれを知る  それをいちいち生かす  それが芸術上愚にもつかぬ  それをいかに生かす  それが出来得る  それを教えました  それを望まない  それが地震か何かのように起るだろうか起らないだろうかと  それはあんまりみじめなことではありませんか  それに気分を引き入れられる  それは貴女も未亡人にしてみせますよといわれているという  それを受け入れません  それから二十年間お話にも何もならぬ  それも愚痴になり  それを申し上げている  それも五十歳をとうに越えられている  それを支持して居ります  それを悪魔のように描写しなければ  それを未だに自覚していない  それが出来なくなりました  それをあなたに訴えた  それに食傷して居られるからでもないか知らとさえ  それこそ大天才でなければ到達出来ないほどの  それは申し上げませんと  それは必ず実現せられる  それが愛嬌だった時代もあった  それを言葉で表現する  それを間違いだと断定して居られる  それこそ実も蓋も無い素朴な表現に驚嘆した  それをお知らせ致しましょう  それとちがう  それから帰りました  それからはまるで逆上した  それこそ宝石のようにきらきら光って来るから  それから四十年間荒野にさまよい  それに対するモーゼの惨澹たる苦心を書いて居ります  それこそ奴隷の中の一人になります  それこそ心頭滅却に似た  それさえ一つ書いたら死んでも  それを書いて  それは国連の良心を支持し  それを実現させる  それは自分の経験しつつある  それを伝播させる  それをも聞き漏  それをなんだと云うと  それに世界を漫遊させる  それが来る  それはこの店を禁物にしていて近寄らない  それに金を掛けているだけが違う  それに応ずると  それから書いた  それからは頗る慇懃に待遇した  それは自分の手が両方共塞がっていたからである  それをし遂げるだろうに  それに学問というものを一切していない  それだから金のいる  それを洒々落々たる態度で遣って除ける  それはボスニア産のプリュウン二千俵を買って  それを大金で買って  それに好い女と云う  それをドリスは強く感じている  それはこの女には似合わしい  それを連れ歩く  それは兎角そうなり易い習だと見れば見られる  それが出来ないなら  それは不意に我身の上に授けられた  それに報告が存外立派に書ける  それになかなか品位を保っている  それをまた面白く可笑しく話して聞せる  それが面白くなくなって来た  それを行って見ずに  それはポルジイにも分かっているから  それをしたら  それ舁きだせというので  それに赤い革の半靴をはいていた  それはすぐ谷の向こうの山へひびいて  それを見ていました  それはそこにいる  それを集めはじめました  それを両手でそろえながら  それからずうっと  それをだんだん掘る  それは鉄とまぜたり  それは突然三郎がその下手のみちから灰いろの  それは返事をしない  それを苦にする  それが玄関の前まで行くと  それを雑記帳にうつしました  それはほんとうに知らない  それにきょうは雨が降るかもしれない  それをくぐろうとしますと  それをはね越えて  それはどうも競馬にはならない  それは前に来た  それはたくさんの馬のひ  それ来たっとみなからだを伏せて避けました  それから叫びました  それから光る  それを見上げました  それを振り回して  それを棒きれでむいて  それに第一お前のさっきからの数え  それからゆっくり腰からたばこ入れをとって  それをとめました  それへうつしました  それからしばらくそこらあたりがきいんと鳴りました  それは六寸ぐらいある  それもすぐに川をわたるでも  それをかくす  それをのぞくと  それは魚の毒もみにつかう  それを使うと  それを岩穴の横の萱の中へかくして  それにたいへんつるつるすべる  それを片っぱしからつかまえました  それがまるで風と雨とで今洗濯をするとでもいう  それは忘れてとらすが  それを申しあげる  それを手わたしすると  それを左右から取りつめる  それで相わかったが  それもさけ  それを買うだけの  それと察しられる  それをお話しするとわかっていただけると思う  それを突つき出して見たって  それはすんだ  それを看破した  それだけでは社会に於ける  それが一つの社会的勢力として社会的な客観的存在をもち  それが余りに常識化した  それまで自由主義の思想が特に意識的に旺盛を極めていたからではない  それはもっと広範な観念内容を含んでいるが  それがモダーンであり自由主義的であることに基いて  それのありと  それは彼の一種の比較言語学が同時に文献学の意義を有っていたからこそ出来た  それが哲学的であり又哲学化されていると云っても  それが現代の所謂フェノメノロギーになると  それがいつもその表面に於てしか問題として取り上げられない  それを好意的に形而上学と呼んだ  それが歴史的に伝承されて  それは無論文学で云えば  それに交通運輸機関の著しい発達の必要がこの論理の国際性を日増しに現実的なものにして行きつつある  それが例えば哲学を俗悪で無意味な形而上論から区別している  それは意味している  それを気にしない  それは結果から云って  それならば視覚だけで判る  それが意味という言葉や核心という言葉をさえ意味する  それは内感又は内部知覚という規定そのものに色々の決め方がある  それだけが唯一の認識の源泉だとすると  それは直覚的に自明でなければならない  それは悟性や理性という一般的な活動態度に就いて  それよりも大事な点はカントの人間理性乃至人間悟性と呼んだ  それによっては必ずしも人間的見識の水準が高まるとは限らない  それは常識なる  それが独創性を欠いているという  それが社会人の見識の平均値だという端初的性質は無論無視出来ない  それが評価のノルムや標尺になれるとは考え得られないだろう  それにティピカルに平均的な人間というものさえそう沢山はいない  それは常識の原則を確立する  それは最初に触れた  それだけでは常識水準の確立にはならなかったが  それでなければ統制的官衙の石段を粛々として降って来る  それが実際問題と何の関係がある  それは封建的な残存機構から自然生的に発生した  それは形式的に云っての  それの物質的根柢であることは今更述べるまでも  それには前者から後者への必然的な歴史の動きを見れば  それは理性の使用法の誤りから起る  それはやや本筋を離れた  それは特定の歴史的な定型を有った  それから導き出せるし  それがすぐ様現下の必要な啓蒙の意味をなすとは限らないが  それは真理でなくてはならぬ  それが歴史の問題の原理として役立つ  それが例外的に厳密科学的な思想体系であったに拘らず  それは平等や友愛と並ぶが  それは単に文化史上のクラシシズムやロマンティシズムの先行期に他ならぬ  それはすでに精神主義の論理となる  それならば特に之が所謂日本精神主義の立場に立つ  それを以て説明を始めるべき  それがイデオロギー理論とどれ程共通なもの又は接近した  それが誤謬たる所以とが説明され得る  それは丁度文芸は一般に文芸復興されねばならぬと  それから出て来るとすれば  それは如何にも尤らしく意味あり  それは日清日露の役を著しい契機として台頭した  それが国土によって異る  それが他の国家乃至民族に較べて  それと反対にどんな内容でも勝手にそれに押し込む  それが却って初めて個人と個人との間に人倫的連関を有つのだと見るべきだ  それが後に個人の意味に転化した  それを知るには  それは必ずしもまだ本当に独自なユニックな純粋性を持っていない  それが必ずしも西田哲学そのものの本質を深め  それへの通路としての人間の問題にまで行くにしても  それに代わって  それに当然伴わなければならぬ  それには各種のものがあったが  それが果せる  それが漫然とした  それは正に原始化主義となっている  それは国史の権威家によれば  それから大いに政治的社会的又文化的な結論が沢山出て来る  それは統制という観念には這入り切らない  それが一国主義的な支配様式の法治的表現に他ならない  それと積極的に対立する  それが取りも直さず  それだけで学術上の真理が統制的に構成された  それが又とりも直さず  それを誤謬と認定する  それが一方に於いて  それを打って  それはもはや文芸の統制ではなくて或る一定の文芸的対立物の産出を意味しなければならぬという  それを世間では単純にも統制と呼んでいるが  それが挙国皆兵の理想によって混一させられている  それは徳川時代に最高の緊張に達したが  それが武士階級や武士道と何等かの直接関係を連想させる  それは最も信頼すべき  それが特に日本主義の資格に於て精練される  それだけではまだ政治観念となる  それだけでは物理的支配強力を予想していない  そればかりではなく復興されねばならぬ  それだけではまだこの言葉自身の発展は起こらない  それが彼等を感動させ  それを充分に物語っている  それはこの言葉を単純に俗悪に使ったまでで  それの方法上の弊が容易に気づかれないか  それが使う  それはあまり批評的な観点に立った  それがファシズム的効果を有たないとは云わない  それに関係して  それ故それが流行った  それは西田哲学的方法にある  それが使われる  それはドイツ浪漫派哲学の発生から終焉までの過程に他ならぬ  それが又今日のわが国のアカデミー哲学の正統を形造りつつある  それが新しい一般者にまで超え  それは最後の有より一枚彼岸にある  それが永久に結びつかない  それは結局無ではないものを考える  それが所謂神秘主義と異る  それがどれ程莫大な数に上るかに  それは存在そのものを考える  それはもはや尖端的ではなくなった  それが有つ弱点と考えられる  それは丁度誰だって抽象的に考えたり  それだけでは何物をも意味しないが  それがまだ解決されていない  それは又当然静止の性質を有って来なくてはならぬ  それが全体的な所以であるという  それを必要とする  それによって決して殖えはしない  それは消去されている  それに反対しても  それを更に抽象的だと考える  それが如何にして  それを観念の抽象作用で片づけて  それは丁度哲学という名のついた  それより先に注意してかかろうと思う  それに科学と文学とではその存在条件が異っている  それだけでは必ずしも今日の文学主義になるとは限らない  それはもはや単なる悪魔主義ではなくてもっと真面目な云わば  それに自然科学のこの危機から復興された  それが文学的範疇によると  それだけで自由主義の味方をするに  それは実践と云えば  それに大抵の文学者は一体自由などというものをハッキリと考えた  それがすぐ様政治上の自由主義となったという  それだけで自由主義の動きだということにはならぬ  それ故に又人間学主義ともいうべき  それは外部的な作為的な判定になるという  それはどういうことかというと  それは極めて容易に出来る  それがやがて階級としての自覚を産む  それは又却って立派な一種の公式主義になる  それが強調されねばならなかった  それと一緒にこのインテリ悲観説も亦衰え始めなければならなかった  それはインテリゲンチャというものと本来別個な系統の社会規定にぞくし  それが具体的にどんな影響を与える  それへ通じて  それは又インテリの社会支配の観念にまで変質し得る  それ故に却ってインテリ階級説に陥落する  それだけとして横たわっている  それは人間の生産生活から離れては  それの具体的な主体はどこに見出されるべきかと云えば  それに課せられた  それが最近のインテリ論現象の裏にある  それからの延長物と考えられる  それを引用した  それが今日改めて圧迫され始めたという  それだけでは議会政治や政党政治というような政治上の自由主義と直ちには矛盾しない  それが大きな誤謬を産む  それが同時に道徳的範疇としての自由主義という少くともその妥当性を否定出来ない  それが自分の自由主義としての一般性を装う  それはもはやただの文化に於ける  それはつまりこれが充分な意味での自由主義哲学でなかったことを物語っている  それの最も著しい形は河合栄治郎教授の努力の間に現われている  それを成立させるべく  それは人間の本当の自由にあった  それの最も著しいが併し  それだけでは一向そのイデオロギーのイデオロギーとしての特色が浮び出ない  それが何を意味する  それが一貫した  それが誤っているかいないかは  それが即ち観念論的に考えられた  それが表現する  それの表象に限って  それは必然的にデモクラシーの追求にまで行く  それは現代とは全く歴史的範疇の異った  それが一旦社会の変動期になると  それが大戦前後の社会化の動向に作用されて  それが何か倫理的な評価を意味する  それは不徹底にも理想主義を許容した  それに関連しての  それが結局に於て自分自身のプラスとなるという  それはプロレタリア的組織から見た  それを結果する  それは併し  それが文化的道徳的関心に止まって  それはスコラ的な思弁にすぎない  それを解く  それが初めから終りまで愚衆であり賤民であるからにこそ他ならぬ  それがあくまで単に多数原理に基く  それが明らかである時に依然として之を覚らないとすれば  それの分析的な観念上の解決の一端を私は簡単に試みた  それが発生する  それだけでもこの自由主義に対する進歩的な処置には多くの問題が含まれて来る  それであるが故に正に氏の政治的自由主義は珍しくも思想体系を持っている  それが気分的であるのはつまりこの一種の大衆的常識を忠実に反映しているからだろう  それは言葉の上では日本帝国の利害となる  それを特徴的に物語っている  それはみんなでちょうど二十人になる  それからいなず  それに顔と云ったら  それから番号をかけて  それから二人一緒に学校の門を出ましたが  それは僕の前にまっ黒な崖があってねえ  それから何ともいえない  それをそのぷんぷん怒っている  それは僕は高いところまで行って  それから又座って云いました  それは僕たちはいつでも人間の眼から火花を出せる  それから云いました  それを空気が押して押さえてある  それでサイクルホールになる  それをやったり  それは僕等の知った  それにあたる  それからいろいろいまのことを話しながら  それから指をひろげて  それはどうしても急ぐ  それから霧がだんだん融けて  それからもうかけてかけて  それから丁度五日目にここも通ったよ  それはもう午前中に帰ってしまっていましたし  それは大へんに今までとはちがって  それと一緒に向うでは  それから泣きながら組み付いて行きました  それに耕一に何も云われない  それからも一つは木を倒す  それに林の樹が倒れるなんか  それにいまの返事が大へんしゃくにさわりましたので  それはそれはそおっとのぼって行く  それがひどく疲れる  それがみんな水玉だと考えるだろう  それを少し押しながら進んだ  それから下駄をはいて  それがまるで風と雨とで今洗濯をするとでも云う  それからあの赤い頬とみだれた  それがぜんぜん通っていない  それもまた止むをえぬ  それが天狗の羽根に見えますか  それとは別にちょっと妙なことを小耳にはさんだ  それを胴巻の中へ落しこむと  それを角錠の受に巻きつける  それを高くかざした  それが見当ちがいだとなれば  それをたしかめて  それはとても悠長なトアパイロン見たいな  それを示す  それに対する自国民の批判が織り込んであるといふ  それが喜劇化されてゐない  それが行はれた  それは偉大なる博士を脅かすに  それを取締るべき  それをひ  それに眼をつけると  それにちがい  それが行われた  それを食べかけていた  それからは微風つづきの  それはともかく事件も今度の三崎丸ほどになると  それでくらまされようが  それは積っても知れましょう  それと察しられて  それに渡す  それだって煎じつめれば  それと一見反対の様な或は矛盾した  それなら一体どんな種類の芝居があるかといふと  それを育て  それがその儘の形で伝へられてゐる  それから更に能狂言や歌舞伎が発生する  それが完全な今日の姿に成る迄に  それが少しも衰えない  それを護り続けて来ました  それが矢張り民衆の間に根をおろして居る  それを或る一つの形式に当嵌めた  それを拡大し  それが象徴の姿になつてゐる  それが一般民衆の要求に答へる  それをたつた  それを演ずる  それは知らず  それは顔を動かして居る  それが両方に通じる  それを補つて行く  それに舞台の広さ或は花道をつけると  それを見せ場とする  それを大体九つ許り挙げる  それから黙ん  それが早変りの場合に目の前にあつた池の中に飛び込む  それがアクロバシイでもあり  それは主役の俳優が舞台から花道をずつと引込んで行く  それはどう云ふ  それは新らしい運動が起る  それから卑俗な低劣なものに挑戦する  それも今日は申上げない  それが今時と較べて  それはさうだらう  それを鑑別しないと  それは隅田乙吉と名乗る  それも梅子自身のせいというよりも  それに轢死美人でも顔が見えなくちゃな  それに赤外線を用いた  それは赤外線警報器を変形した  それを赤外線で照らす  それを廻そう  それを使えという  それは彼女の勤めている  それこそ油紙に火がついた  それを話してみろという  それは夫妻ならでは絶対に知る  それは二人にとって更に見当のつかない  それまでとなって  それは苦心の赤外線テレヴィジョン装置が組上ってから  それは太陽の残光が多量の赤外線を含んで  それは確かに運動場の上をゴソゴソと匍いまわっていた  それを見ると驚くべし  それは赤外線男発見者の深山理学士の研究室が不可解な襲撃をうけた  それが何にも見えませんでございました  それで判った  それが遠のいてゆく  それは今から考えてみますと  それは深山理学士が戸棚の中に秘蔵していた  それを係官に報告しなかった  それに黒眼鏡なんか掛けて  それに続いて起った  それとして置いて  それには別に根拠がある  それと同時にあの部屋にいた  それも聞えてこないという  それは故幾野課長の後を襲った  それは警戒を充分にして  それで強いてという  それがありましてネ  それも若いひとだってぇことが判ったって云いますよ  それは困りましたネ  それは密閉され  それがまことに明るい光の下に於て行われている  それは赤外線で撮影した  それを赤外線の活動写真に撮影した  それは焼いてしまいました  それがうまく効を奏して  それは今大江山捜査課長から説明して下さるでしょう  それは彼が便宜上拵えた  それは飛んで来た  それと似て  それはあの色とりどりの円い標的の間に残る  それには鬼才ダリア嬢も見事に引っ懸ってしまった  それで恐入ってしまう  それも時と場合による  それに答えずに  それを相談しておく  それをことさらにあんな方法を選んだという  それをかたわらの盃洗の水の中に浸しながら  それは遂に實現する  それを手引きに國府へ行き  それは今日京都の大學に收つてゐる  それは賛成しかねる  それは近頃あちこちへ書いた  それが陽炎のようにゆらゆらと揺れている  それに木魚がつれて  それから思いついた  それがわれわれを立派にするみろ  それこそ生みのくるしみで  それをひつ掴んだ  それが佛陀の歸依者に對して  それはそれとして此等の詩の中には神神とか人間の神とかいふ字句がある  それが此處からはつきり見える  それを歌つてゐる  それがこぼれる  それは餓ゑた人間の聲聲だどこから來て何處へ行く  それをしらないけれど  それに交つてゐた  それときいて  それをききつけた  それだのに人間ばかり何といふみすぼらしさだ穀物の種子のふくろをだきだす  それは風の方向ばかりではない妻よながい冬ぢうあれてゐた  それをおもつてすら  それをみあげてゐる  それもこれもみんな天道樣がご承知の上のこつた  それから納屋にある  それが唯一つの氣がかりだそれをみてからだ  それをはこぶ  それを啜る  それを啜らうと  それを輕輕と地面から空中へひき上げた  それの動いて行く  それを考へれば  それでいいのだそこに此の壯麗がある  それで人間をとり返へさうとはしない  それは他人には何の役にも立たない  それをまるで薪木にもならない  それがいいかうしてだんだん大きくなれかうして  それでよいのだ嵐がひどくなれば  それが此の目にみえる  それは君達ばかりではないそれだからとてどうなる  それを確く  それがわたしを幸福にする  それをはるかにながめさせる  それを拭いてあげる  それでみんな救はれる  それで獨り身だといつてゐた  それをしつてゐる  それが世界の苦みであると知れ  それですくはれた  それだのに捨てられた  それを見たと  それが海である悲しさに於て靜におもへ海はただ轟轟と吼えてゐるばかりだ  それは自然だけれど溺れる  それよりは脊負ふその  それをたのしみに生きろ  それまでにいく  それが何處にあるか知らない  それがなみなみと力を漲らしてゐる  それは大きな水槽が綺麗な水を一ぱいたたへてゐるやうだたらたらと水槽には筧の水がしたたる  それは眠つてゐる  それがうつくしいのだ此のうつくしさだどこか深いところで啼いてゐる  それをつかまへようとしてあらそひ  それに見惚れ  それが自分達の上でひるがへり  それは自分のあしあとだこれが世界の道だこれが人間の道だこの道を蜻蛉もとほると  それをどんなにのぞんでゐるか  それはまた金貨でもない鋼鐵の齒をもつ  それをどうみるか  それでいいそれだけでいいいいではないかぼくは人間が好きだ人間であれ此の目此の耳此の口此の鼻此の手と足と何といはうか  それから日光とそこで繁殖する  それがなんだそんなことはどうでもいい  それが世界のよろこびだ  それはそなたの愛のやうだひとにかくした  それが人間にこもつて力となる  それをかくした  それをほじくる  それがゆふべの  それでわたしの目はくらみ  それをどんなに心配したか  それがいつのまにやら地面の中でしつかりと  それではじめて隱元豆だとしれました  それに立てて  それはまるで遠くできく  それは葱の新芽だそれから馬鈴薯と鞘豆と紫蘇の葉の匂もそこら一ぱいに朝のよろこびを  それを自分は此のとしよつた  それが私の咽喉を締める  それから此のハンカチーフにちらついてゐる  それに自分は醉つぱらつてゐるんだ此の言葉は正しい此のていたらくで知るが  それはだんだん遠のきつつ  それでいいそれでいいああ睡い  それだのに人間の自分はおお紙屑のやうにひるがへりつつ  それでいい手や足をうごかしなさいしつかりと働きなさい  それをみてゐる  それに肘などをおつきになって  それは心得ておりますが  それを聞き捨てて  それによって犯人の見こみをつけ  それが目に見える  それと共通してゐる  それは藝術其物眞理其物の成立する  それは往昔の加茂川のそれではないかと思ふ  それはただ文壇といふ文化顯象の片隅にかすかに存在してゐるだけの  それは前の詩集に於いても  それは豫言者のみが獨り持つてゐる  それが巴里のかの有名な下水の臭かもわからない  それは私か多少とも風邪を引いてゐる  それはそれは立派なおヒゲをもつてゐたので  それを毛織の切れでよくみがきました  それを言われると  それがないと言っている  それを承知で預ってもらいたい  それで乗せましたら  それ申しまして申しわけありません  それに神田のひ  それを取っつかまえたら  それが不安になってきた  それに対していかなる手段を取るべきか  それを変革する  それは職工側にしたって  それを行動する  それを実行するだけの  それをどう解決しますかね  それで分かりました  それがしだいに多く合流していくに従って  それを受けていた  それは嵐を孕んだ  それに過ぎない  それがどの手から放させた  それがだれであるか見分ける  それを自白する  それは充分考えています  それは白熱している  それに耐えていた  それはところどころ破れてさえいた  それだけの要求をして  それはあなたが殺した  それはわたしはあの手拭いを引っ張ったですけれども  それを思い出してください  それを実行したまでじゃありませんか  それまでは深川仲町で小料理屋をやっていたが  それで見る  それをしなかった  それを抜きだしてためつすがめつした  それを突きつけ  それがどうしたとおっしゃる  それに返事をすりゃ  それはあっしが申しあげるより  それはおもんが持ちだしたので  それを言いに行った  それはどうした  それだけの弱味を握ってるなら  それをやらなきゃ  それに跡目がいねえなどという  そればっかり考えているも  それから三年経って  それは鼠谷仙四郎が生きているという  それから五年過ぎた  それには外にもう一つの理由があった  それを聞くとも  それに変だといえば  それがどんなに素晴らしい思いつきだと考えないか  それは君の認識に待つ  それが策略であるかも知れないとは思いながら  それは確かに新宿裏にある  それを見たという  それから再びこの世に現れた  それはこっちの話さ  それは小さい金魚の群であることが判った  それに代り合って  それはまず当っていなかった  それは後に至って  それは有り得べからざる  それはどうやら太陽の光りではなく  それを子守唄の代りにして  それからカンカンと釘をぬくらしい  それは非常に肥えた  それがわれわれの普段見慣れた  それから親類総出でお葬式を営まれた  それは今となって  それは人間が戸籍面からハッキリ姿を消す  それで安心をする  それは耐火煉瓦なぞで築きあげ  それを真死と診断する  それがようごわす  それはこっちの訊く  それがわかっていた  それっという  それは生れたばかりの  それはまた改めてお越しの日にゆずり  それに竹矢来を組んで  それがわからねえ  それは理屈にあわなかろう  それが不思議でならねえ  それは不思議でもあろうさ  それらしい物がいると見ただけの  それでわかりましたが  それと足がつく  それだけの肉をかくせる  それから二年たって  それやこれやでお便りする  それから夜の六ツごろになると忍んで来て  それが忘れた  それは昨日や今日のも  それに構わず  それを資本にここで開店いたしました  それを持って駈け出す  それが事実としたら  それじゃアまるでじぶんが殺りましたと見せびらかす  それこそ死んだ  それをお話くださいと申している  それが気にかかって  それが証人になっている  それじゃまるっきり手も足も出やしない  それまでに言うなら  それには奥から頼まれた  それを言わねえ  それさえ先にわかっていりゃ  それがなにか曰くになる  それさえ訝しく思うくらい  それは役者というものをご存じのないおかんがえ  それもわたしが払うんで  それで承知した  それを桜場に塗りつけようなんていう  それを聞き流してひ  それですむ  それに垂木が合掌にぶっちがっている  それから二日ほどたってから  それだと言ったって  それは阿波屋で人死が出る  それから二十日ばかりたってから  それからすこしあがった  それじゃ助かる  それまでは死にはしないから  それにも頓着せず  それを茶箪笥の隅に押附けて置いた  それを例のごとく三角にして  それに引かへて  それを取巻いて  それを菜にした  それを炊いで居たが  それも困つて居るからだと  それを余り虫が好過ぎると  それを弟の少年や盲目のお婆さんに分けて遣る  それにヂリヂリと上から照り附けられる  それに今日東京に入つて置くと  それが月の光を篩して  それはどこにある  それを排して  それは太郎も知りませんでしたから  それを許して下す  それにくるまり  それを振り回す  それは何んなことをする  それに載せる  それから今日は一年目今年も菜の花咲きました  それについて童謡の立場から二三挙げて申し述べて見ませう  それは自然の心から生れて来る  それを捜し出し写し出す  それがわずかな気紛れな風の戦ぎにあおられて  それがこのしなびた  それを取り上げて見ている  それを拾って読んでみると  それが何かの意味の深い謎ででもある  それをたどって見る  それを詮索する  それは作と作家の価値を否定する  それを読んでみた  それから高い窓を見上げる  それはぼんやりとなり  それから突然こちらを向き  それを押し押しあがって  それには朝倉一五〇としてあった  それをバタを塗った  それは琴いとにためいきする  それを糸の切れた光りかがやく  それも見えなかった  それを片手につかんで  それは遠いとおい島の何処かで聞いた  それに歌を与えた  それはだんだん大きくなる  それは労働者を不逞のやからと呼び  それは昨年末とくに日米軍事同盟の性格を有する  それは昨年末のNBCブラウン記者にたいする岸信介の放言において彼みずからがこれをはっきりと裏書きしております  それによって岸内閣の政策に反対する  それだけでは日本国民のアジアにたいする責任は解決されません  それは私どもの責任と思っている  それは保守党政策のあやまりであります  それを六十五歳からは三千五百円支給してもらうという  それは戦争のにおいをただよわす  それをやらなかった  それを回収する  それが巣鴨となると  それがどれもこれもメジをはがした  それを空想した  それをいじっている  それはやんで  それは自分の声でもある  それはサヨも知っている  それが乙女を散歩にさそっては  それは以前そこまであとしさりして行った  それにはその前に建札の立った  それもサヨにはよろこびであった  それをもって来た  それはまだ見ない  それはすぐわかります  それを私たちは大切にしたいと思います  それを船端へくくり付けて  それから三日ばかり経って  それよりほかに考えはありません  それを易々と担いで行く  それと覚る  それを信じないらしかった  それを受取って  それも隙間から吹き込んでくる  それもしまいには消えてしまったらしい  それから二時間ほども降りつづいて  それから三十分ほどの後に晴れて  それが僕にはまだ判らない  それを退治する  それより他に誰も思ひ浮ばなかつた  それが大らかになつてゐる  それとして話していた  それは谷に架け渡された  それが一種の水平舵のような役目をする  それが飛出す  それを見抜いていた  それを中心とした  それは貴公のみならず  それを忌避すれば疑われるに  それを解いて見ると  それと知る  それへ語るに  それくらいなことは分ります  それを裏書して  それに奮う  それは許された  それに訊いてみても  それはいささか悟り得た  それを矢にくくって  それに先だって孔明は諸軍をねぎらい  それがしも不才を顧みず  それがしのなす  それを傷む  それを励ますべく  それへ臨んでゆく  それしか考えられない  それを制したが  それへすべり陥ち  それはいよいよ敵をして  それすら悪くすると  それを急がねばなるまい  それを拳の中に握りつぶした  それから出向いてくる  それを追いかけて  それを司馬懿に密告してきた  それがしの急ぐ  それがしも貴軍に合して  それを覚らずにいた  それに内応し  それを縫う  それを為すまい  それは一刃敵の肺腑をえぐる  それへ介在した  それへ攻めかかれ  それが間にあえば  それを漢中へ入れるであろう  それに当らせた  それを期せよと  それを受けない  それがしとしては  それにうごかされん  それは察し給え  それに盛装環帯して  それは後代の戦争様相にも劃期的な変革をもたらした  それを自由に押す  それを通さじと  それがしの思うに  それまで追撃してきた  それを急追した  それは濁流となって  それへ油や柴を投げ積んで  それを評していった  それを少し用いて  それは蜀勢が退く  それを好餌に用いて  それがてまえには解せません  それも楊儀になだめられて  それはひそかに行われた  それはすぐ王双の知る  それを唱えていられない  それは実に慶祝にたえない  それに額ずかずにいられなかった  それにさし向けた  それまでの戦いでは仲達はもっぱら洛陽にあって  それを押しすすめて来た  それがしが赴きましょう  それはさきに負傷して  それへ来なかったら  それは予の上官たる曹真を励ます  それを知らないでは  それに対する一策を急いだ  それよりはどうか国事にいよいよご戒心ください  それを秘しているからだろう  それを問うてみよう  それくらいな陣形は誰も存じておる  それは連城の壁をめぐるが如く  それをすら忍んだ  それも孔明の計かも知れないからな  それが成功したら  それはぜひやらせて下さい  それを検分して  それに打ち勝てまい  それを押した  それを囲む  それを望むと  それを指し示して  それには及びませんけれど  それを却けて云った  それは構いません  それからまた静まり返った  それを無理に押しころした  それに押っ被せて  それに自分が一円だして  それまで正枝に貯金をする  それだけを確かめに来た  それ故一層多くの若さと力と真実とが籠ってる  それから二人は黙って出て行った  それが変に不安な印象を人々に与えた  それから二時間ばかりしてから  それを李が揶揄する  それを酷しくやっつけてる  それはよく知っておる  それで起された  それが却って彼の敗亡者たる立場を浮出さした  それを云ってきかせ  それもさうだが  それを入れないと  それを善しとする  それを悪しとする  それが淺見兄弟の共通した  それは今でも頭に殘つてゐる  それは百田氏自身の心境に依  それが生活に反響し  それをしてゐない  それがこの山の上の港へ漂い着いて  それを男の前に置いて  それを僕が君に忠告してやる  それから頼むという  それを吹いて  それがぴったり絡んでる  それを敢て舐めたり舐めさせたりする  それとしておこう  それが更に建て増されていった  それは詩人の幻想をはぐくむ  それが残存しているという  それをちらちら見ていた  それが気になっていた  それを示した  それを干して立ち上った  それが却っておれに不安を与える  それによっておれは却って救われた  それを彼はなかなか切り出さなかった  それをマダムがどうして怒る  それは最後にしよう  それを受け容れ得るかも知れなかった  それは見つからなかった  それまでを全訳するには当らないという  それはこの余話の後章に解説する  それも演義本にのみよらず  それを彗星の如く出でて  それが葛女祠として祭られた  それを文学的に神仙化している  それと結ばれていた  それに依ってうかがう  それを表面に現わす  それのみを祈りまする  それしかほかに途はありません  それを力説しようとする  それを最も充實した  それに就ていろ  それを適確に現はし得てゐるとすれば  それが午過になって  それは擽  それも大した繁昌とは思はれなかつたし  それから当てもなく新宿の方へ出て  それはただ空想してみるだけの  それらしい小料理屋へ一軒づゝ這入  それこそ干  それで楽々出来るだらうさ  それは呪文によって姿を変えさせられた  それを悔い改めたか  それが月の輝きに金いろに光っていた  それはどうも保証し  それもいま思うと噴き出したくなる  それまで田舎の小さい城下町しか知らなかった  それだけでも既に興奮していたのに  それまで東京の小川町も浅草も銀座も見た  それが自分にとって重大な事のように思われて  それは遠慮した  それだったらわかります  それは聞いていました  それまでちょいちょい勝手に欠席していた  それをまた日本の紙幣に換えてもらうのに  それまで一度も味った  それから新橋行きの汽車に乗ったが  それこそあなたがさっきお話した  それはまだ深くとがむべきでは  それも憂国の至情の発する  それをおさえつけ  それが伝統的な気風になり  それこそあなたの言う  それをなぜたべない  それはなかなか養分の多いものだから必ずたべなければいけない  それがご自分の肉親のお骨でもあるかの  それは私の観察した  それを隠そうと  それだけでは追いつかぬ  それから四十年を経過した  それを忘れていてはいけないよ  それから清い蔵と書いて  それもまた彼の義歯となんらかの関係がある  それだからいけない  それはずいぶん苦労している  それは私には聞き捨てならぬ  それを感じます  それを期待しています  それで怒っている  それも考えている  それは支那へ遊びに来る  それから一週間ほど経って  それを預って  それが続いている  それからはせっせと学校へ通う  それは知らないけれども  それでなくても老母のごはんが足りないのに  それを帳場から受取って  それは矢島の陋劣なあてこすりだった  それに気がついたら  それに対して東北の地元の生徒たちが陰険に何かしめし合せて  それは何も気にする  それは私にもわからない  それから四十年も永い年月荒野を迷い歩き  それは煙草の事を意味しているらしく  それは僕のひがみな  それさえわからなくなりました  それと一緒に拍手する  それは不思議な事のように思われる  それをはっきり言う  それこそ宝物のように大事にしている  それさえわからなくなって来ました  それを望むか望まぬかに拘らず  それを手渡した  それだと思い  それを見ていなかった  それを天賦の不思議な触角で捜し出す  それが医学に役立つならば  それは一群の思想家の著述によって口火を切られた  それを見物している  それであれこれ迷っていた  それを制止すべきでは  それに先立つ  それにも役立つかと思います  それは君たちの一存で自由に選んで  それから二箇年間の彼の仙臺に於ける  それを償つてあまりある  それが僕の良心を振ひおこさせ  それに山崎の家のある  それに手塩川はこの辺に来て  それを不思議に面白く見ている  それに死体を家のなかに運び入れた  それを取るより  それを三度くりかえした  それは光線に当らない  それを究めようと思った  それだから追分が何時でもあはれに感じ  それがぱちりと砕けた  それらしいのがはっきりわからない  それが夢の中で高知の播磨屋橋を呼び出し  それに紋付き羽織袴の男装をした  それに来てとまる  それはわずかに十度か二十度ぐらい回転するだけで  それにたくさんのとんぼが止まっているが  それは第二次的以下のものであるという結論になる  それを考えないで  それはまた第二の早合点という錯誤を犯す  それに対して一定の姿勢をとるかという  それを観察し  それが三声つづく  それと全く同じことを同じ三人がいつ  それが正午のベルだか笛だかで解放され  それに対する爆笑を誘発するに  それでやっと安堵の思いをした  それをきわめて軽く取り扱っている  それから三十九はをかしい  それは傍らから故小山内薫氏が説明した  それが丁度目ざす  それに死は幻のごとく浮んだ  それを考へて  それが不意の風のやうに起つた  それは往來の眞中をお葉と同じ松葉杖に身をよせて  それは丁度白木の棒のやうに長く一脚の足が出て  それは勞働者の脛のやうに代赭色のつやつやした  それはつやつやと手垢にみがかれた  それはくけ  それはなんの歌とも解らない  それを障子の影に聞いてゐた  それを蔽い隠し  それは悲哀と不安と絶望にみちた  それまでに調査も滞り  それに近い精神障礙をひき起した  それが私の心をうった  それだけでは安心できないので  それによって眼をさまし  それは匂いだすかと思われるばかりの  それがここで死亡したという  それを口外せぬ  それを保っていたが  それが交錯して  それは荒木の姪で山中はなともうしました  そればかりか手まめにシャツのほころびをぬってくれたり  それまでにぜひとも壊血病になる  それをたずねてみた  それを会得しなければ  それは濃淡よろしきを得て  それのみを用いている  それからいくどもくりかえし  それも気乗りしなかった  それらしい姿も見えなかった  それには何とも返辞をしないで  それを指し示していた  それも知らずに  それが習慣になりましてな  それが習慣になって  それがグルジアの首府チフリスに三日いる  それを観に自分たちも室を去った  それを石油カンにさして細い針金を引っぱり  それを思い出した  それが浅黒くて眉の弓なりの顔につり合っているという  それにランプの焔はどこかしっかりした  それの一つの象徴であるかもしれない  それを何と名づけて  それはただこのランプに限らず  それが私の要求に応じる  それで我慢する  それを焚きつけてる  それを打ッちゃって  それは違いますだ  それがかなえば  それを藤七が節付けしたって  それを贈ってくれた  それは伴れて  それを學籍簿に記入し  それを聞き附けて  それを待ちあぐんでゐた  それが若しや解職願ではあるまいかと思はれた  それは丁度今の並木孝子の前の女教師が他村へ轉任した  それを行つてゐた  それまでは是非待つて  それだハンテ困る  それが未だ學校の中にある  それは私には奈何も出  それも私一人の爲めに村教育が奈何の恁うのと言ふ  それは私がお預り致しませう  それも考へた  それを足駄の齒で動かしでみた  それに渠を合せて  それとても狹い  それかと言つて何一つ家計の補助になる  それを東京の知人に送つた  それを貼  それは伴れて来ない  それを学籍簿に記入し  それは孝子の思つてゐる  それを聞付けて  それは恰度今の並木孝子の前の女教師が他村へ転任した  それが未だ学校の中にある  それは私には奈何も出来ない  それも私一人の為めに村教育が奈何の恁うのと言ふ  それを足駄の歯で動かしてみた  それさえすこしも気にならなくなった  それを本当に知っている  それは不思議にも薩張り判っていません  それからというものは松木家には不思議な魔の手が伸びたらしく  それは兄の無情のためというよりも  それを床の上になげ落しました  それに勝見はこんな顔をしていたかしらと思う  それも人に煩わされる  それは興奮を癒す  それが黒猫の瞳ででもあるかの  それを綜合してみると  それで満足できない  それはバスルーム付きの十六畳もあろうと思われる  それは未だ残された  それにひっぱって来たって  それは全く手懸りがなくなった  それを注意していて下さい  それを上下に動かしています  それは下手なデッサンを見る  それは犯行を否定する  それも割合に温度計の近くにいた  それから三分ほど経って  それがためにX線を当ててみると  それが綾子夫人以外の誰でもないことが明白になりました  それはいいことを伺いました  それを紙の上に置くと  それから日暮里の火葬場に行き  それはするりと彼の手の中に丸めこまれました  それはどこやら覚えのある  それからは多少言葉遣  それ聞かねえと飛んだ  それは渠の豫想しなかつた  それを重兵衞に示して喜ばした  それより安くても泊めて呉れ  それは鍛冶屋の隣りの  それが止むと  それを苦に病むでも  それは赤痢だつたといふ  それを皆追出して遣つた  それを照らした  それに応じなかつたが  それからは多少言葉使ひも改めた  それ聞かねえと意外ブマ見るだ  それは渠の全く予想しなかつた  それを重兵衛に示して喜ばした  それが息むと  それぐらいのことで今日もまだ腹を立てているとは思われない  それぐらい放  それを整然と着こなして  それを素直にうけとった  それを在るが  それを長平は思いだしたが  それには答えなかったが  それもすんで  それがキッカケとなって  それすらも見当がつかなかった  それをハッキリ云うべきではないかと迷った  それぐらいの常識は誰しも持つ  それにつけたして  それが容姿にあらわれて  それを知ってる  それを北川君に問いただす  それを考えようではありませんか  それを見つめる放  それを素直にうけとりかねて  それが顔をゆがめた  それをまぎらして笑ってみても  それがいけなかったら  それも受難の宿命かと思いますが  それと察したらしく  それまで無言で寝た  それがハッキリしなければ  それを答えてくれる  それを追っかける  それを掻きまわす  それを執りあげた  それはいけないよ  それを正視して  それを承知でやりぬく  それを梶さんに伝えましたら  それも分らない  それを聞かせてもらいましょう  それを突きとめる  それを言ってしまうと  それを捨てるのに  それは雑誌の編集に特に抱負があったからで  それを見かねて  それを誰にも悟られぬ  それを残業にのばしてやると  それが記代子に現れる  それは分りきった  それをこんな見えすいた  それを今まで黙っていた  それをあばきだした  それは言葉の表現が思う  それが青木にはわからなかった  それがこの少女の胸をいかに惑乱せしめているであろうか  それでいいと思うわ  それしか知らねえ  それをぼくに語ってきかせる  それで安心している  それぐらいに見える  それまでは予想もしない  それを欲してやしませんからさ  それを希望なさるなら  それでいいと思ってる  それを没した  それをそらして  それを記代子さんは知ってる  それがあの人の目にでている  それは年齢を考えてみれば  それは淡々として  それでやられる  それに同感してみせる  それは易者が妄者の迷いを言い当てる  それを考えてはいけません  それは大変な散らかし  それからは入りみだれて  それをききだす  それは失踪という事実を知っている  それを信じられる  それをやめて  それを語らせるには  それに限定されているだけで  それが理窟は合ってる  それから一ヶ月あまりたって  それを青木にたしかめる  それを打ちあけた  それを心から期待している  それを見分ける  それを心得ていた  それを言わなかった  それを突きとめれば  それを裏書きしている  それが実在する  それを見せにきた  それは自分だろうと思った  それを恋のせいであるかのように腹を立て  それは自分の大きな罪だと言わなければならなかった  それが私には面白そうに見えるからの  それに応じるだけの  それで議論がわいたが  それがキッカケでもあったし  それを悔いてもいないし  それは記代子がエンゼル家に同化しつつある  それをうけとめるに足る  それはちょッとした  それがないとは云え  それに全的に頼る  それを自分自身に当てはめると  それを見ているだけの  それは仕事に関聯しての  それを開いてみせると  それぐらいに区劃していた  それが当然だと心得ている  それで食いつないでいた  それを軽視する  それも女を口説いての  それを悔いてはいなかったが  それを知りたいと思った  それをエンゼルが真にうける  それを想像できなかったりして  それが分るらしく  それと対等にも当らない  それは信じていますとも  それは記代子が正しい生活をし  それがギリギリの正体なのかも知れない  それを十万円とし使うであろう  それに多少つけ加えるべき  それに対しても情熱が欠けていた  それはいろいろのからみあった  それがアキラメを与えている  それで調和いたしません  それを知らせようとしている  それを表示しているだけであった  それが嫌われた  それからの話の運び  それをのまなかったが  それに対して彼女が彼に示す  それをそッくり昔の亭主に返礼して  それかも知れないと  それが青木には暗く切なく見える  それを見てきた  それは分って下さるでしょう  それを買ってきて  それを読んできかせて  それじゃアこまる  それがムリなく起伏をしずめて  それが一そう長平に不興を与えた  それを一ぱし尤もらしく筋を立ててみせる  それをやりかねない  それしか知らない  それは放  それを憎々しげに見すくめた  それが人生の当然ではあるが  それが行われるという  それにおどろく  それも再びどこかへ没してしまった  それに答えてよ  それはエンゼルを悪党と断定した  それは家に甘えている  それぐらいのことには気がつくが  それまで待っている  それは同族に対するあわれみの  それをムリに押しつけて  それを良く知って  それが彼女の性格や智能に最も適合した  それで片づけてしまう  それを強いられでは  それをくれるといっても  それに酔った  それをムリに押し殺す  それにたちまさっていたからである  それを喜びもしたが  それをフシギに思った  それが二人の大きな距離の一つかも知れなかった  それを許容する  それが癖の青木はハンカチで鼻の頭やヒタイをこす  それに甘えて死ぬ  それが分ってくるよ  それが分ってくるだけな  それに応えて  それは婦人席にもあって  それを楯に動こうとせず  それをまた女の狭い未訓練な社会感情のなかで自分に許される  それへの反撥のあくどさともなって来る  それはどう解決される  それを宅がやっと探して来てくれまして  それには従来の秘密主義で民をして依らし  それは暫く措き  それを摘むまでに  それへ行って  それはまだ我慢もできるとして  それから三十分も経ったと思う  それを受取ると  それを記してから  それじゃ私の方で困ら  それでホッと安心して  それは昨夜遅く帰った  それが煤けて  それから一月あまりもこの男の世話になって  それを町の盛場で一冊三銭に売る  それを売りに出る  それで溜らなかったら  それを買いに行った  それが六日経っても  それすら分らぬ  それにゃ及ばねえって  それから二時間ばかりも経って帰ってきたらしかったが  それに逆ったというので  それといっしょに表へつき出した  それじゃ私を一時の慰物にしといて  それを抗わる  それはまるで氷河のようにこちこちに固まった  それにはハンドルがついていて  それに指定どおりの交流電気を送りこんだ  それを見たかったから  それまでは地下にいた  それには戦争放棄がきめられた  それは二つの重大なことがらでした  それをおもえば  それが両国にもよく分ったと見えましてね  それを使うだろうと  それを揃える  それから三十年たってしまった  それをくくりつけてある  それよりすこし下かと思われる  それを禁ずる  それはちょうど月が夜空に輝いているに似ていて  それは藍色の仕事服を着て  それを貸して下さい  それは何をする  それがわれわれの目にかわって  それが電波に乗って  それには人間が乗っていない  それらしい怪しい者の影をみて  それが今は夢として破れ去り  それを見てとった  それがゆるやかに下から上へ動いていく  それを感知して  それがマイクロホンと器械を通じて電波となり  それが艇の下を洪水のように流れていく  それは間もなく許されるだろう  それを着ないで  それは地球を見た  それを報告した  それを取りに来た  それに日数が相当かかるかもしれん  それを決定する  それを決める  それが決って  それにちがいないと思います  それへと考えていくと  それを発見したく思い  それが目だとすると  それが明滅する  それはもう明滅しない  それには閉口せず  それを運転して走りだした  それを追いかけた  それでがまんする  それより以前に住んでいた  それでも行かせてくださいとは  それはこのハンカチーフについている  それを知りたいです  それにああして  それはできますが  それがそっくり盗まれている  それは気がつかなかった  それはおどろきましたな  それを待かねて  それにバターをなめさせたり  それはトンネルのようになっている  それが残っていた  そればかりの空気ではたくさんの月人が暮らしていけないでしょう  それじゃ困るですね  それと同時に高声器が大きく鳴りだした  それを下ろすと  それをこしらえ上げるには  それを土台にして  それが下りると  それへまい下った  それより三倍高く三メートル上まで身体があがってしまう  それはどことなくスギナやシダるいに似ていた  それを調べてみたくてね  それがモの下から出たりはいったりしている  それもそうだと思うね  それをつくりあげて  それは空から落ちてくる  それは天空から無数に落ちて来て  それよりも君の専門の眼でもって  それが火星へ飛来した  それをゆるさなかった  それをきいてみましょう  それが知れると思います  それはできます  それをことばで返事を頭の中で思えば  それは装飾のように見えた  それが熱のために摩滅したと見え  それを開く  それから三ヶ月間火星に踏みとどまって  それを早くさとって  それが両国によく分ったと見えましてね  それが私には大変よい感じを与えた  それさえ口にしなかった  それが焚附けにもちいられたという  それこそ私は根もないことだろうと打ち消すと  それで通して行こうとした  それは何かしら心の安定を失っていた  それを解らせようとした  それからはじまる  それで満足している  それから間もなく塚原老人に会った  それから島田がドコからか原書を借出して来て  それまでなかったのだから嘘とは思ったが  それには違いなくても主人なり恩師なりの眼を掠めて  それまで沼南に対して抱いた  それよりはむしろ小悪微罪に触れるさえ忍び得られないで  それはただ国家主義的な立場からだけいふ  それが人類全体の幸福にもなる  それが過去に属するからのみではない  それを蒐めて小册子にしてゐたが  それで怪談に筆をつける  それが積つてかなりの數になり  それに代わる  それは松風の音とは大分違う  それが非常に違う  それがだんだんポピュラーになった  それはこれらの名が擬音的であるために生ずる  それがこれからどうなってゆくかと申す  それは絵筆の尖端からいろいろな味を以て生れて来て  それに彩色する  それは頓と見  それが朽敗または燒失すれば  それは例へば堂塔伽藍を造る  それを眞似たのであらう  それが煩しい  それはすべて矢田さんに語り伝えられていたであろう  それを信じきらずにはいられなくなる  それを仰有って下さらなかった  それはなべて女のもつ  それが彼女にひ  それが実際の評価の規準となっている  それを純一に思いつめた  それを一応純粋なものと思う  それを一途にまもる  それはバカげた  それと同じものであることを痛く苦く納得させられ  それがカラクリであるにしても  それを生命の火としていた  それは時が夏でもあったが  それを正視するに堪えなかった  それが今日の私に何を与えたであろうか  それと思うべきである  それがニセモノであることに気がついて  それがあなたに与えた  それが相手に感づかれずにいる  それを欲し  それを見抜き合ってもいた  それを実行しなかった  それを呪っていた  それをハッキリ言った  それもテレカクシにすぎない  それはメルトイユ夫人がヴァルモンに当てた  それに対して施すべき  それが分ったから  それを速達でだした  それは駅のまん中でさっき見かけた  それは宿の入口で山椒の魚を買っていたかの  それが首尾よく成功したらしく  それを食わされた  それも僕にはまるで見当がつかなかった  それはすこぶる研究に値する  それで覚られた  それは劇しい  それを捨ててしまった  それをそっと持って帰って食わせたと  それは沢桔梗の中毒と決まった  それから遠山という学生は死んだ  それが藤田みね子と関係があれば  それも恐らく沢桔梗を毒草と知った  それは一種の余興にすぎない  それを言ってくれると  それじゃあ面白い通信も書けませんよ  それが怖ろしい  それから長いこと煮たが  それがために充分やわらかいとは言えなかった  それよりモチモチしていて  それは御遠慮なくお訊ねを  それは何かと申しますと  それを立證すべき  それは支那の文化を丸寫しにした  それを傳へて理解したと  それでありますから外國の學問を丸寫しにした  それを吟味するに  それを吟味するには  それが眞の日本人が素ツ裸になつてから發見した  それがあるか  それが今日から考へると  それは伊勢の大神宮に即位後二十年大嘗會を行はせた  それは皇室の配下である處から代々持ち  それが代々持つて居た  それは先程申しました  それが間違つて居ると  それを握  それを日本中の神主に傳授した  それは間違つた文法であつたに違ひありませんが  それも源氏物語だと云つたと云ふ  それは表面男女關係のだらしのない小説の中に含んで居る  それを一種の日本文化と考へた  それが皆此の暗黒時代に他の國との關係を大部分失つた時分に出  それがつまり日本人の一種の性質でもあり  それはやはり何處の國民でも皆文化ある  それが後になつて支那人に大變調法がられた  それは即ち日本人が鐵砲に就いて  それが西洋人と戰爭する  それは日本中一般に流布して居つた  それも二度と出来るか  それにふさわしいしっとりした  それはもう閉め切ってあり  それも殆んど感情のこもらぬ  それを平田はしきりに物色している  それを長い間眺めていた  それにも乗りたくなかった  それも見に行く  それは恋愛をする  それをブリキ箱に一杯並べ  それを一匹ずつ手掴みにして  それが実感として私の胸に来る  それは恋愛する  それを業とはしない  それを彼はどこかに取り落して  それまでむっと黙っていた  それもあるがと  それよりもそんな話ばかし書いているから  それが何の自慢になる  それと知らぬ  それをもっけの  それを貰ったからであるが  それが二人にふさわしいと思った  それが今まで続いているし  それだけに一層愛惜を感じ詳しく書きたい  それで四十年近くも食物商売をやっているといい  それもありし  それまで借りて置く  それだけの不義理を私にしていた  それについて保証人がいる  それから十日たった  それに当りながら  それには驚かなかったが  それを耳かきですくって集めた  それが十銭芸者の話を聴いた  それが当って  それがひどくなって  それは世界の歴史から見ても悲しむべき  それを通して精神文化を今日の状態に持ち  それが二つ又は二つ以上に分裂し  それには從來と異つた技術の創造を必要とする  それは原子爆彈やレーダーが具體的に示してゐる  それは使用する  それ故日本に科學を否定する  それより次第に下り坂となり  それは如何にして  それと同時に國民の全體から見て  それは早晩可能となるであらうから  それには研究者は熱と忍耐とを以て目的を貫く  それが目前の役に立たぬ  それを活用する  それを適當な方向に向ける  それは決して萬能の教師を意味する  それがためには教師からして  それは世帯以外と認める  それは誰に向つておつしやる  それは止むを得んさ  それが知られていない  それを特色とする  それに働きかけそれを作ってゆく  それを信じ  それを発揮させたいと  それに影響する  それをよむ  それに追随して来た  それを不甲斐ないとしている  それは云える  それとともに自分たちの持っている  それが日本人の直感的な性質であるからと結論で示されてゆく  それを通じて美をも一層豊富に感得したい  それに夕日がかっとさしている  それにくわしく書いてある  それは困りますね  それを親子の前に出して置いて言った  それに抗う  それを二郎が通りかかって聞いた  それを今度は三郎が通りかかって聞いた  それを伏し拝んで  それを夜になると  それはあなたが一しょに山へ来て下さる  それを受け取ったが  それをあからさまには打ち明けずにしまった  それをわたしに言って聞かせてくれない  それはいじめるかも知れないがね  それを弟の手に渡した  それを住持曇猛律師があけさせた  それに短い笑い声が交じる  それになんじゃ  それを借りて拝ませいという  それと同時に正道は瘧病のように身うちが震って  それを額に押し当てていた  それも彼の重要な収入になつてゐる  それは貸さない  それまでゐた  それにはむしろ利己的なものがある  それが寝て  それは他に女をこし  それもゆつくり聴き楽しむと  それも途中でよして  それが玉に瑕だなぞと云つてゐる  それは全然意識しないで  それはこの顛倒した  それは半ば脅迫じみた  それも生れて  それは彼を益々孤独にし  それが店内に濛々としてゐる  それを投げ棄てて  それが田舎の達磨茶屋に売られて行くと  それを救はうと思へば  それを出してやりたいと  それを打ち消す  それはかの多産の雀斑細君の影響かも知れぬ  それはトーキーになつたため  それには内部のダラ幹の力に待つ  それを彼は目的とした  それは警察の力を借りても  それに依れば  それから二通の遺書を書いた  それも風雨に黒ずんでいた  それを携えていた  それも一因となって  それを市木さんは一人で立て直していた  それが無くては都合がわるい方で作るべきな  それには及びませんよ  それに丸竹を棕櫚縄で結びつけた  それを跨ぎ越せる  それをぱらぱらめくって見せただけで  それに赤毛と黒毛がいい加減に生え別れてる  それを市木さんは板の間に叩きつけてやった  それに枇杷色の兵児帯をしめていた  それが亡くなったからには  それには聞いていて  それが無くなってしまった  それを信吾に読んできかせてるに  それが次第に速くなり  それを今はっきり思い出してみると  それからまだ大して経たない  それに通ずる  それを片付けない  それで役目を果した  それも余計な干渉だと言って怒られ  それが信念にまでなってるらしかった  それにたずさわった  それが近代の人間の一つの特質である事を知り  それより以前天台眞言の二宗亦出羽奧州に入らなかつたといふでは  それと同時に歴史の研究者にとりて  それを土産に歸國する  それより更に京都に至るべき  それが惰性をなして  それを勝手に創る  それが諸々方々から大分問題にされた  それに美を感じ  それは数多の歴史を経  それと同じき慾求が生れて来た  それよりも深い都会の伝統が長谷川さんの血に流れ合わされていて  それに関するいろいろの活動もしながら  それは光と影とを併せ  それを言葉通り享け容れる  それは気づかれる  それともう一つ注意すべき  それは驚嘆すべき  それに奪はれて  それを言出すべく  それについては何一言も人に話さなかつた  それは國學者の激しい反感を買ふに過ぎずして  それを本國の古代史に比較しようと試みた  それ故日本上古に關する  それが海外交通の文書を司つて居たので  それは日本の傳説的の歴史に於いて  それが何うも  それだから神様の紋散しが付いて居るんで  それを一緒に往くと仰し  それじゃアまアお母さんを救う  それは何うも大変に芝居が大きくなって来ましたね  それじゃアはるや  それじゃア車を引く  それを取  それから早く挽こうという  それは又何ういう  それより青森へ参って  それに此の金側の時計も別して記のある  それを御心配なすって  それはお気の毒だと今の旦那に話をして  それは内証で私も二両や三両の事なら何うにかして上げたが  それが何うも腹を切るなんて  それを無闇に上げてさ  それを借りて  それが為に腹を立って  それも宜いけど  それも是れもまア稼人のこったから  それもまア私は何とも云いはしないが  それは藤川さんお前さんも惚れている  それがそれ何うも  それが芸者の当然だと云って  それに垢抜けて居るから  それに此の間ね新藏さんがお出でなすったが  それを持とうという  それは何処へでも往きやすがな  それとは知らねえで  それじゃア手許に有るか  それを力に上りますると  それは又僕が何うにも致しやす  それが今御徒町一丁目の十六番地へ葉茶屋を出しました  それとちがい  それ故に三人乗ってそろ  それは他でも有りません  それが有りませんでしたから  それで無くてあんなに可愛がる  ソレあの時お前も落合って  それにあった  それが一入いとし気に見える  それは雪洞の灯を掻き立てようとした  それがパッと眼に飛び付いて来ると  それをお筆に問うた  それに使われる  それをまかしと云って  それが知らず知らずの  それは云わなけりゃ判らないがね  それが私には未だもって  それが合意の心中であったにしてもだよ  それが画中の風物であるにしても  それには細叙の必要はないと思うが  それが緩やかに回転するにつれて  それが一等車になっていた  それが魔法のような物凄い月光に感ぜられた  それから一週間程経って  それから少し経つと  それがニョキリと突っ立っている  それがお筆の心臓を握りしめてしまった  それに当るでは御座いませんか  それに御自分のお髪を近付けていた  それと同時に信子との結婚生活が始まった  それのこちら側へ避けないと  それは美しい運動を起こしていた  それはすぐ日向の匂いをたてはじめる  それに軽い好意を感じた  それは行一が文学をやっている  それを夫に秘していた  それが研究所での実験の一頓挫と同時に来た  それに屈服する  それが産み日に近い彼女には裾がはだけ  それが植物という概念と結びついて  それに携わっている  それは街の上で牛が仔を産んだ  それを見破った  それが今夜あなたに限って  それが一そう親しめる  それからこれへと続いたが  それも乱れ  それも拭う  それは教会の裏手から川さ下りて  それがわかるよ  それに附け加えて言うには  それは彼女の受けた  それがリャボーヴィチにいても立ってもいられないほど  それとともに一同はなぜかしら思い出した  それに才気の溢れる  それがだらだらと川の方へ下り  それがちらちら顫えたり砕け散ったりするので  それにふわりと掛けてある  それに防水布の覆いがかけてあるし  それに黄色い砂が撒いてあり  それと同時に自分が新たに味わった  それと同じ事件がいつか僕にもあったっけ  それに挙手の礼を返すと  それにポプラや若草の匂いがしない  それを引き伸ばしたり  それを揉み消して  それから二人はほぐれて  それを下りた  それは接吻を見ない振してゐる  それをも諦めて  それから市ヶ谷見付に出て  それから京王電車で初台まで行く  それは自分の家からして来た  それと似た  それを私に訊くの  それを言うのに  それを現実とは思わない  それもあるだろうがな  それはお父さんも知らないがね  それはお父さんが村の誰かから聞いた  それが何のことやら分らなかった  それから二十丁も奥にある  それを停めた  それをいいかねた  それは青髪山の魔神ではないと結論した  それをふりかえる  それはまだほんとうかどうか分らない  それは今も気象台の記録に残っている  それにほんとうは兄の遺骸でも見つけて葬ってあげたいと思っていたので  それのうちに入らなければ  それは彦太が落とした  それを拾い上げたが  それには次のようなことが走り  それがひょっくりこの穴の奥から出て来た  それはついにこのような悲劇をむかえる  それは雪の凍てた  それなんぞ見える  それが九死一生だった私の額に密と乗り  それが末期だと思って  それも亡くなりました  それが次第に激しくなって  それが長靴を高く踏んでづかりと入る  それが大雪のために進行が続けられなくなって  それこそ親友が附添っている  それが長靴を高く踏んでずかりと入る  それを潮の満干と云います  それより百尋以上も深く掘れ窪んでいます  それをさし招く  それは平次も聽き知つて居りました  それを曲者の面體目がけて  それも選り  それは多分盲目的になりかけて居た  それは多分有名な高田御殿だつたでせう  それとても出  それに毒湯と思ふ  それに柄にもなく小判が一枚あります  それを助けては  それも埒が明かないと見て  それが一番凄慘な死體と逃れやうもなく顏を合せる  それは何う言ふ  それは口に表はしません  それは私も聞きました  それは判らない  それも判らない  それを伺ひに  それが何んの心願があつての夜詣りか知りませんが  それを悉く銀色に光らせて  それに銀流しをかけて  それへ一々銀流しをかけて  それだけで止せば  それも盡きました  それにまで銀流しをかけて  それを取上げようともせず  それよりこの女をお白洲に突き出して  それに氣が付いたか  それつきり行方知れず  それを言つても始まるまい  それを信用するとして  それつきり見えません  それは暫く我慢するとしても  それを手掛けた  それは恐らく本音でせう  そればかりぢやありません  それをそっくり父親が縫立ての胴巻きにしまい込んだ  それを乾さなければならなかった  それじゃ私は先へ行っておりますで  それまでに商売は幾度となく変った  それかこれかと考えてみたが  それに凝って  それを縁側へ拾い揚げる  それに女は長いあいだの商売で体を悪くしていた  それじゃあすこが厭で逃げて来ただかい  それを瞶めていながら  それじゃまたどこかそこい  それを攫んだ  それを奥へ取り次ぐ  それを持って引き退って来たが  それに忙しいには忙しいが芸者なども上って  それじゃ世話する  それをしないと怒る  それを食べながら  それじゃ行ったら  それじゃ行きます  それが決まると  それが自分にも解らない  それに好みの衣裳を縫って着せなどした  それを縁側の方へ取り入れてから  それに下の方の病気などがあって  それじゃそうかも知れない  それから叔母に相談して  それじゃ念晴しに行って  それに久しく東京で母子ともまごついている  それじゃいけませんでしたわね  それを訊こうとしても  それこそする  それが堪えられなくなると  それに昨夜から見ると  それじゃ私はまた来るから  それを言い立てては  それじゃお庄さんに後をお願い申して  それを寝台の端の方へ隠した  それも紋を染めていたじゃ間に合いもすまいけれど  それでなけれアお此さんの絽の方のを直すだけれどな  それに平常はあんなに多勢入り交り立ち替り附いていて  それを拵えてやた  それを買って着せもしたが  それはどうせ粗いものせえ  それよりかやっぱり口を捜して  それから水口の方へ出て  それまでに会社の方はパタパタになっていた  それから三度ばかり遊びに来た  それすら今はあまり相手をしてくれなくなった  それから寒い通りを縺れ合って歩いていた  それからも逢って  それだけでも取り返す  それで締ってくれさえすれば  それが茨城まで流れて行った  それがうまく行き  それまでお庄は伯母の家へ行ったり  それも詳しくは二人の口から聞き出す  それじゃお前の何に当る  それから三年ばかり関係していた  それで滞っていた  それに釣り込まれながらも  それじゃまるで話が違うがな  それにも倦んで来ると  それを持ち出さなければならなかった  それが解つて居りや  それも解つてる  それをどうするんで  それをわざと物置から持出した  それをお前がへマして  それから二度踊つてから思ひき  それが様々の姿態をつくりだして  それは華やかな童貞をいま無造作に捨てるといふ  それに室の窓からさつきの味瓜畑を見を  それは全身の力を下腹に集中させたからである  それより少しく下つた價値のものを求むれば  それをば眼中に措かぬ  それは連歌に越す  それぞ神なるべき  それは櫻には少し遲いがまだ鰹にも時鳥にも早い晩春のある  それを聽き捨てて  それは改めて返します  それを口の中で繰り返して  それは貧苦と勞働のせゐで  それも怪しくなりました  それを訊いて  それが反つて松藏を助ける  それもお前の父親の手許に返してやらう  それで安心しました  それは間接的な表現を取る  それが最初に云われただけの  それは最初にも最後にも云われない  それが云われなかった  それは直接に表現し  それが直接に表現出来なければ  それが文学の中核となる  それは到底実現出来ない  それに莨盆を乗せた  それまで世の中のくはしい  それは馬酔木の古木が本当に咲き盛つてゐる  それが一面に密集してゐるから  それへは普通の馬酔木を見ての  それは芸術的に見ても  それは三笠山の馬酔木を知らぬからである  それを自分でおどろいて  それより貴いものをダイアナ殿よりまちかねて居る  それをほんの心で聞いては  それを守っておる  それとても朝早く日の出ぬ  それに野良犬のたぐいまで何時の間にか峯の御坊へあつまり  それがわたくしどもに分らないといたしますと  それを三粒ほどわたくしの手に乗せられ  それを冬の間に召しあがるので  それに寺の中は荒れていても  それからは村の者は誰一人あって  それが又何ともいえぬ  それも国境で戻って来たと見え  それに手や足は玉のようだといったら  それがどういうわけだかわたくしには能くわから  それに反対をいたしまして  それを教えてくださいまし  それよりもわたくしは静かになりとうございます  そればかりではなく一向お葬いをする  それにお寺の近くへまいりますと  それは阿  それに飛びかかり  それも貧者であれば思うにまかせぬという  それは稀に見る  それにまだ一向利き  それや火が金に尅した  それを咸亨の番頭さんに渡し  それがハッキリ聞こえた  それもいつの間にか默つてしまふと  それを滅ぼした  それももうこんなに荒れてしまつて  それを冷たい眼で見て  それが絡み合って  それよりも堪らない  それも形がおぼろになって  それこそ疾風が液体になった  それ迄に取替えて置いて  それだから家へ帰るとね  それから三年振で  それ故私も斯うやって  それも亡なりました  それに雨は降るし  それはお困り  それをお届け申しましょうと  それは先方へ話して  それは多分でも有るまいから  それから続いての  それを向へ掛合って上げようと  それも大夫が其の金を向へ償って  それは大夫の方で何の様にも致されようから  それを楽みに  それは宜えが金が二十両脇から預かって  それが盗んだという  それを拝領した  それが出たから  それじゃア此の者が包を間違えても  それを彼是荒立って見ると  それから上りました  それも彼所にあゝ遣って  それを私が持って  それについて私も種々心配して居る  それを横切って往くと  それもお前に惚てる  それに今日は浦賀へ行く  それじゃアお帰り遊ばして  それは勝手に致せ  それはいかんよ  それにつれては種々公事訴訟等もありまして  それだから私は釣は嫌いだと云うのに  それに食物も何も喰いませんから  それが田地や山林を買って  それに奥様が死んだて  それじゃア己に鹿の八の扮装を貸して呉れないか  それじゃアお先へ帰ります  それからこう行くと  それを恩に被せる  それを段々調べて見ると  それに今お前様がどうしても操を立てなければならん  それを見まして  それまでの間は何卒自害するの  それはなんで如何様ともお話も致しましょうが  それは成らん  それは何うでも内々お話合もつく  それは私も心得て居るが  それよりはお近附になって  それに土地に名高いお家柄なり  それじゃア何処迄も是れを破  それが上げられ  それだのに遣って呉れない  それも宜いが三人前の料理代を払う  それを又謝り  それ故一寸立帰って参りましたが  それ迄は此の書いた  それは貴公様御所存に任せる  それじゃアお前さんが重々悪いと云う  それに附けても  それは止すが  それこそお上へ対して  それを近いうち請出して  それは眠りに附いたじゃないが  それを嫉みや  それに邪淫の戒を犯せと云う  それに酒を飲む  それに妄語戒といって  それに虫けら一ツでも命を取る  それに軍鶏抔を喰って  それは些と困るね  それじゃア宜い  それに縁切にして  それを知って居る  それじゃア貴方愈々出家をなさる  それまでには及ばん  それを持ちまして  それが穢れて居るので  それと云って  そればかり心配しましたが  それが私の注意を惹いていた  それを小説に書こうと思った  それを書きたい  それで支度が出来て  それを抱えて  それが何にする  それは鏡といって  それである時おとうさんにその話をしました  それが建設的でなければならないという  それだけで十分とは云い切れまいと思える  それがなんであろうと目前に希望をあたえ  それを口実に共産党への大弾圧を加える  それを解散させてしまった  それには世界に通じる  それを芽を吹かせ  それを活用して  それを聞いては起きずにはゐられない  それからあるだけの  それは朧月といひたい  それから二人は電車で道後へ出かけて  それは大切なものだと思ひます  ソレ御つゆがこぼれますよ  それ故に人は皆大きな花やかな混雑する  それよりもずつと遠い処にもあるが  それを日中の照り輝く  それは皆何処にその日の神を御迎へ申す  それに倣うた  それを何とかして  それは一本の御幣の串であることもあり  それを煮る  それに触れて来た  それだけでも神様に近よれなくなるので  それ故に祭の日の前になると  それは皆祭の物忌を厳重にせんが  それを日籠りといふ  それが何物にもたとへられない  それがおのづか  それがすぐ知れるので  それは大きな平べったい  それをよく聞きとりかねて  それにさっき空気獣で十銭払ったので  それを堅く握って  それを取るやいなや  それをもう一本の枝でやっと押えておいて  それをながめていましたが  それに対する反動とそれに正比例して加わってくる  それには及ばんだろう  それくらいのことはあり兼ねませんね  それにちがいありません  それと同一のものは見つからない  それから五分もたたぬ  それももう話しつくし  それに誘われた  それからカストリをひっかけて  それに近い気持になじんでいた  それもごまかせるだろうが  それはきっぱり断わった  それをハンカチで結えて  それを政代に伝えると  そればかり狙ってる  それが訴える  それまでははっきりしてる  それを彼女の言葉に飜訳すれば  それを肯定する  それは心得てますがね  それから谷中三崎町で引留められて  それがどうも思ひ出せませんよ  それを見窮めて置きたい  それは南陽をしつかり受けるせゐでせう  それもわかりませんが  それを玩具にする  それは私のせゐばかり  それを承服しなかつた  それがどうしてお葉とわかる  そればかり考へてゐる  それは忍術使ひが  それがまたもどかしく何んとかして  それは鈴川主水のところに養はれてゐる  それが解らないとは  それを受けつけようともしません  それを鐵桶の如く締めきつてしまひます  それにたつた  それを開いて  それはあまりに變つてゐて  それを絡んだ  それに應ずる者はありませんが  それより早く戸を開けて  それを考へ出す  それを持ち歩きます  それは八五郎に取  それはビクともせず  それは錢形平次の聲に紛れもありません  それつきり氣を喪なつてし  それに呼び寄せられて  それを聽かう  それまで隱して置いて  それをその場に置いて  それを追ひました  それも見えない  それを俺に見せない  それによって裁かるべき  それと極めて鮮やかな対照をなしつつ  そればかりは当時の私にでもはっきりと分った  それに手をつける  それは意識されてゐるゐないは  それを言ふも  それを簡単に封建的気風と言つてしまへば  それがそんなに気にかけるほどの  それこそふと浮ぶ  それを目立たせる  それをどしどし解決していく  それを知りぬいてゐる  それだけで問題はをはる  それを聞かぬ  それは却つて礼にかなはぬことになり  それに気づかぬ  それを却つて自分たちの特色のやうに思ひこみ  それはあり  それはいた  それがあるから  それは眼科医学のある  それは自画像を描く  それはなほ例外的存在と云へる  それが決して当代に於て例外とは云へない所以を述べる  それがわかり易い場面に登場したからであり  それが浸潤し  それが秩序として通用してゐる  それを亭主の背中へ縛りつけ  それを自分で考へてみる  それは考へてゐても  それとは別なことをしや  それがあまり板につきすぎると  それは封建的性格であると断言する  それに違ひないとは  それを今度の戦争でみごとに実行したとみる  それが畸形的なす  それよりも前のことになるが  それは断じてできない  それが同じ心情の異つた表はれとなり  それに気づいてゐるといふ  それが単に目鼻だちが  それが代表する  それを自分たちの特色のやうに思ひこみ  それが畸形的であらうと  それは決して機械文明の発達を羨むといふ  それをそれとはつきり云ふも  それはまた西洋の文学や映画が示すと  それが人間の健全を証明する  それは日本の政治をこれ以上わるくもしなければ  それはいつたい  それをその通りには見てゐない  それが不服で役場へねぢこむ  それをなだめ  それでなければどうしても気がすまぬとまくしたてる  それを教へる  それはこちらの望む  それができた  それにあてはまり  それと親しむまでに  それがために人間改造を叫ぶ  それにはそれだけの理由がある  それは程度の問題だと云へるだらう  それはよくわかると思ふが  それを心掛けてゐない  それを明らかにしてゐる  それを強ひてゐる  それを極端に履き  それが同じホテルに滞在して  それとは段違ひに落ちついた  それを意識しながら  それは人間としての最悪の生活条件を誇示するかに思はれる  それを認めざるを得ない  それと気づいてゐて  それがもういくぶん麻痺状態に陥つてゐる  それはわれわれ日本人の道徳意識なる  それをよけて歩かねば  それは実体ではないにしても  それを望まぬ  それをほんとに自分のものにしようと  それが苦痛や不安と結びつけば  それらしい現象をみせてはゐるが  それらしい意図をもつて  それが作家の精神のどの程度の表白になつてゐるか  それをにはかにデカダニスムの発芽と断じるのはまだ早いのかもしれぬ  それを誇示する  それを指す  それが前にも述べた  それが示された  それはたしかにある  それが処を得れば  それも敗戦そのものの結果とのみ見る  それを万人に望む  それが取り除き得る  それを取り除くといふ  それとはまるで反対な姿勢を示す  それとはまつたく  それに結びつけるとしても  それが国民道徳教育の中に取り入れられてゐる  それは必ずしも責任を問ふなどといふ  それを大人らしく云ひか  それだけでも物騒なものになり  それが先方に通じる  それをさせる  それがわからなくなる  それについて想ひだす  それについて考察をめぐらすまでも  それによつてわたしは自分の幸福を二倍にしたいと  それが果して我が意に叶ふかどうかは必ずしも保証できぬといふ  それは嘘にきまつてゐる  それは別にとりたてて  それに対して注意をしないかといふ  それを少しでもなくさうとしない  それを取り囲んでゐる  それよりもつと驚くべき  それを乗客のすべてが見物してゐて  それのある  それを当の相手にぶつけて  それすらも失はれた  それはまさしく外部の条件によつて姿を消す  それだけとして極端に重くみる  それが普通のことだと思つてゐる  それはまだ自然かも知れない  それだけでは問題の核心にふれてはゐない  それについて聴かされた  それに含まれてゐれば  それをみた  それをさせて黙つてみてゐる  それを男の方へ倒すまいと頑張る  それは虫がよすぎるとしても  それを望まうとも  それは必ずしも個人を責める  それは大間違ひである  それを自然に引きだす  それを取り巻いてゐる  それこそが人間生活の常態であると思はれる  それはわが戦国時代の歴史に材をとつたある注目すべき  それがなんといふ  それがすべてであるかのやうな印象を与へる  それを捉へたつもりでゐるのに  それは相手に通じる  それは乙を服せしめる  それを表面にさらけ出してゐるといふ  それはもう十分に言ひつくされた  それが集団となると  それがどうにもならぬ  それを考へてみる  それとはつきり明言する  それがあるといふ  それを自覚し  それは経済的に恵まれないからといふ  それを採り入れる  それがどんなお手本に則つたにもせよ  それがどんなに可笑しいかがわかつてゐながら  それをどう思つてゐるか  それが具体的に行はれた  それはもう既にやつてゐる  それは無料で貸しつけ  それがみられる  それをそれほど苦にしないで押し通し  それは民族の生命にとつて疑  それはもう理窟で解決のつく  それは止むを得ぬ  それはなんでもないことだと思つてゐるかも知れないが  それはわかつてゐた  それを示してゐる  それと感じる  それについて反省した  それを言はなければならぬ  それを言はぬといふ日本の現状を思ふと  それを言はずにゐられぬ  それよりは私の貧しい素質に原因する  それについて特別になにも考へた  それは自分にもあてはまる  それこそ私は心から待ち望んでゐる  それが地についた  それが悲劇に終る  それはひとつの行動としてもはや現実の中に含まれるといふ  それをなんとかして知らねばならぬ  それを知らうとする  それは社会革命の傍観者によつて唱へらるべき  それとしてだけ  それを謙虚な質問といふ形に表はしてみ  それの愚かしいことに重々気付き  それは有りえない  それも落第を重ねた  それとを買つて帰り  それを吊して  それに昼間の約束を忘れやしないでせうね  それより他に知らない  それがみつとも  それを書いたら  それが証拠には彼の生活の何の一端を捕へても  それと共に芸妓達は一勢に撥を取りあげて  それより早く郊外に越しませうよ  それから彼の永眠してゐる  それをそんなに強く怖れた  それは寧ろ殆んど一種の致命的な侮辱でさへある  それは全く際涯もない永遠のものを対象にして  それに就ての精密な応答を取り  それは全く冷笑とも微笑ともつかない  それは決して悲鳴に応ずる  それが二枚の大きな翅によって統一され  それにはこう書いてあった  それが知りとう御座います  それをどうして私に止める  それが一月ばかりすると  それより深くは一歩も踏み込まない  それを拒絶する  それが独軍の採るべき  それはドイツが世界を敵とする  それは再び急速に沈下する  それはきき取れぬほどの  それとは違ひ  それに手伝っています  それがこんながさがさした  それは町はずれの川ばたにあるこわれた  それを床の上にそっと置くと  それよりシューマンのトロメライをひいて  それからまたさあこうしてはいられないぞという  それからマッチを一本とって  それももう一生けん命からだをまげて  それに睡いんだよ  それがなかなかうまいので弾いている  それもまるで聞えるか聞えないかの  それがあんまの代りになって  それからいきなりのねずみのこどもをつまんで  それから弓をとって  それをおろしてやりました  それを運びに  それをくわえて  それが高くなって  それが日本人以外の外国人がそれぞれの外国の自然に対する見方とそれに対する反応しかたと比べて  それにできるだけ  それに成効して来た  それを示していると  それだけでも私に課せられた  それがすべてを支配している  それと連関して  それは決して稲田の闇を走らない  それに随伴する  それに支配され  それと見比べてみても  それを生じた  それが後日封建時代の割拠の基礎を作ったであろう  それと同時に各自の住み着いた  それに伴なう土地陥没の記録がある  それが常に山と山との間の盆地を求めて  それはとにかくこのようにいろいろのものが少しずつ備わっているという  それを気にして  それが昆虫を呼び  それがその後の地変のために切断して  それはとにかく日本が大陸にきわめて接近していながら  それが仏教の渡来ということもあいまって  それと同じような科学が同じ歩調で進歩しなかったかという  それを眼前に見ながら  それだけでも日本人の日常生活を多彩にしている  それがちょうどよく風土に適した  それが今日ではほとんど博物館的存在になってしまった  それによって彼らは海の恩恵を受けつつ  それによって規約された  それをあがめ  それが土着し  それが妨げられたという  それを支配する  それに付随する  それでないことは多くの日本人の疑わない  それは全くのナンセンスであり悪趣味でさえもありうる  それと同時にまた古来の詩人によって養われ造り上げられて来た  それだけであると思ってはならない  それは決して画家の主観と対立した  それが住民に無限の恩恵を授けると  それに相当して  それを生かしつつ  それを序編とする  それが青年の伸びる  それに堪へきれないといふ  それに成功しないとしたら  それが若し一家のみの安泰幸福を意味するならば  それが国全体の力となり  それに替るべき  それこそほんに鼠のようにあっちへ追われ  それを外して  それまで蒼かった姫の顔へポーッと血の気が差した  それが妾を睨んだ  それが左様いかぬ  それに新しい資料を加えて  それから二たび新聞の日本震災記事を読むに  それが向うを向いて居り  それも毎船与力が乗り込んで行く  それが千里の海を渡って  それはびくとも動かなかった  それは何国の字ぞときいた  それは唐土の字ではないかといった  それをやろうと  それが容れられないと知ると  それを受け  それを不思議そうに一瞥して  それについてどういう言説をなしているかを知って  それが自身の真実の姿だかも知れない  それが楽しい思い出になるからでもなければ  それには持前の無精も手伝い  それまで預かる  それがある程度の訂正を経て  それを悦んだ  それが一色の気に入らず  それに連中の間を泳ぎまわっている  それを手にしないと  それがひとしお都会では幽婉に見える  それがエルマンの絃であることくらい解る  それともう一人まるきり未知の女性ではあったが  それに堪えきれない  それに頬から口元へかけての  それを釈いた  それを今考える  それが誰だか解る  それは単に描いてみたというにすぎなかった  それが走りの苺だとわかった  それがだんだんすがれて行く  それを植えつけていると  それを懐かしく思い出す  それが郷里の代議士秋本であるというので  それを東京へ持って来て  それは単に歌のことで指導を受けている  それじゃ戴いときますわ  それはひどい困り  それは避けたいと思っていた  それに子供の面倒を見てくれている  それだけでもせいせいした  それもいつか遠ざけてしまった  それが北海道で破産したという  それに先生はお年召していらっしゃるから  それがあの人たちの運命なら仕方がないと思うわ  それはそう大して不自由を感ずるほどでも  それが糖尿病に原因している  それがずっと打ち絶えていた  それがこのごろ小肥りのして来た  それに引かれた  それは当面の経済問題でもあった  それよりもその時に限って  それは妻を失った  それを今までそんなに感じた  それに翻訳物も彼女はかなり読んでいて  それは知りませんですよ  それが一時に彼を絶望に突きやった  それだけですっかり彼女を幸福にした  それが瑠美子の母として彼女をおいて出て行ったとなると  それを言い聴かす  それを病床へ届けてから  それにも触れたくは  それは借金の証文を握っている  それに一色さん有閑マダムが一人ある  それも笑えなかった  それに病気して  それは喧嘩もするよ  それもかえって  それだけでもその辺にざらに転がっている  それが先生あの有名な竹村先生と軽井沢で心中した  それは文字通りの話だけで何の意味がある  それを鼻にかける  それが初まっていた  それは一緒にタキシイに乗る  それからも彼は二三度お詣りの  それに反対の意見を書いて来た  それは思い止まる  それはそれきりになって  それからはどうもよくありませんでしたね  それを待ちかねていた  それが庸三も一度逢って知っている  それを見棄てて帰る  それがまた生徒と教師との恋愛問題をも惹き起こしただけに  それへと果てしもなく連続する  それでいけなくなると  それもちょっとの間の疲れ休めで  それがてっきり痔瘻だとわかった  それにも及ばないでしょう  それから一年もたたない  それに比べれば  それまでに巧く  それに対する返辞も出さずにいた  それを当てにしている  それが当然素封家の詩人秋本でなければならなかった  それに女中も一人お母さんが附けてくれましたわ  それも物事をさほど億劫に考えない  それに扉のガラスに桃色の裂を縮らした  それに外で食事をする  それよりも私温泉へ行こうと思うの  それよりももっと醜いものかも知れなかった  それも物の二分とはかからなかった  それも二月分ためる  それも頼みに行かなければならなかった  それが彼女の若い愛人だと気づきながら  それが病気見舞かと思われ  それが小説修業という彼女の止み  それも言っていた  それが庸三の不断の悩みでもあった  それは打ち明けられた  それは最近ちょくちょく一人でそっとやって来る  それが女学校を出  それをことさら煩がっている  それじゃまるで喧嘩しに行った  それには永年の懸案であった家の増築ということも彼の気分転換に相当役立った  それは前々から彼の頭脳にかかっていた  それよりもやや親しく接近しているらしい  それを口にまで出した  それで結構家を楽しくするだけの  それが工夫されて  それに工事中ろくろく家財や書物の整理もできなくて  それより大分川下になっている  それは震災後山の手へ引っ越していた  それだけが庸三の耳にはっきり聴き取れるだけで  それは正直にそうとばかり取れない  それをめくっていたが  それがやっとのことで癒ったかと思うと  それも幾らかあるらしいわ  それも思わない  それでなくても息をぬく  それを自分の作品と読み比べてみて  それにはいくらか自身のレアレズムの畑へ引き込んでみる  それは自分が逃げる  それも解らなかった  それが単に花柳界に棲む  それは真実かも知れない  それが葉子にふさわしい相手らしいという感じもした  それもそうかと思って  それもあえなく形を消してしまった  それを聞きすてて  それに旅行というほどの  それに日曜を除いては  それは彼女の才能を伸ばす  それを好いことにしていた  それを一手に引き受けて  それが花か月のような女性の世界の神秘のような匂いもする  それを追窮する  それは外人から逃げる  それと明白に映る  それが葉子であるかのように神経が覚める  それももっと後になったら  それにも触れてみた  それが多少あったにしても  それにも及ばないという  それから二三日してからであったが  それが葉子の引越しを祝って  それも手元に置きたかった  それはその時にならなければ  それには現実に即しえられない  それも頭のうえの口実で彼の気持はもっと盲目的に動いている  それに時間がたつに従って  それもそうかと思ったが  それを払って  それが古い東洋式の鑑賞癖でしかなかったにしても  それももう古い過去となってしまった  それも日本堤の交番から知らせがあったので  それがはっきりする  それに手を着けたか  それを遮  それへと新らしい恋愛を求めて行く  それが葉子の声なのに驚いた  それも明日のお昼ごろということにしたの  それもどうだか解らないけれど  それは葉子という一人の存在を亡くするという  それだけの誠意があるか  それに刃向かう  それに負けてしまう  それは毎朝の口を漱いだり  それをしないと  それは葉村氏の理解に信頼して  それに毒の花なんて出ているけれど  それが窺われた  それが黒須の追迹のように思えてならなかった  それはそうだと思いこんでいたが  それに取り消しを出すったって  それにああいう  それに電話が遠くなって  それも惨めな未練の変装だかも知れなかった  それに加算しての  それも一羽は一月前に死んだ  それを紛らす  それを庸三の首に捲きつけてしまった  それを原稿紙に無造作に書いた  それが由々しき大事件ででもある  それは葉子の文学少女らしい思い過ごしにほかならないで  それを葉子が工夫した  それも小夜子を恋敵としての感情というより  それは単に気分の一時の変化を楽しむだけで  それに当てておいても  それは庸三を迎えた  それが本式になる  それも先生の口から出た  それを貴方に保証してもらえると  それに今度は金の問題があるだけに  それよりか面白いことがあったのよ  それこそ五分の隙もないシックな気取り  それを釈く  それも春日の事務所にいる  それを思い出し  それから一週間もたったかと思う  それが最近少なからぬ金を拐帯して  それも気になった  それはそうなるべきだと思いながら  それがあたかも人生の究極絶対の法悦ででもあるかの  それは環境と年齢と柄合いから見て  それを希わないだけに  それは鬩ぎ合うほど  それが彼ら二人の準備行動なのかも知れない  それを分明に考えた  それを打ち消した  それを受け容れもしないであろう  それが世間的見えでもありはかない自尊心でもあった  それに助勢して  それが一層彼らの行動に拍車をかけたであろうが  それも貴女にお任せします  それはやはり貴女の保管すべき  それは手から難れた  それに手を着ける  それもかえって庸三に都合の好いこともあった  それが子供に親切か不親切かはしばらく措いて  それはほんの女同志の友情の一些事にすぎなかった  それが少し多すぎる  それを師匠に報告したが  それから三四日して行ってみると  それが契機となって  それから一日おいての  それに悩んで  それも彼女の涯しない  それは大して贅沢ではないにしても  それを庸三が知っている  それさえ我慢すれば  それに気も苛ついていたが  それでだんだん緩慢に庸三との交渉も絶えてしまう  それがどんな家庭であるにしても  それも彼ら二人の恋愛生活に幻滅を促した  それは清川を監督している  それにアパアトを管理している  それが雨のふるか  それも先生に贔屓分に点をいただこうとは思わないの  それに後半がだれてる  それも到頭闇へ葬られてしまった  それは解りませんけれど  それが惜しくなった  それを庸三に見てもらいたく  それ迄に屍を焼くという  それが便宜な葬法だからと云っても  それから思い付いたとしても  それを条文に上してあるまでと解してしかるべき  それを並べたと解しても  それが洗った  それを立証すべき  それは次の大蔵の研究によって推し測られよう  それもまた以骨除散という  それが流  それに置く  それや困りますなあ  それですんでしまう  それが私に一番適した  それが嘘言そのものを生活する  それも原文にあるよりも  それを守って  それがすべて翌朝暗号電報となって  それが組織的に連絡を取って  それがすべて申しあわせた  それを報告しておられたと言う  それをドイツ密偵部へ呈示して  それに触れても  それで保存しておいた  それを焼こうとした  それにも似て  それは観  それを信じきっていた  それを連呼するので  それは力を入れて打てば破れるほどの  それからと云ふもの  それは田舎の財政上の騒動の頃に端を発してゐると見られた  それを唸る  それは集合の合図に挙げられる  それを覚ったが  それを尋ねると  それは大いに気の毒だと言いだした  それを素肌へ着けて  それよりは前にいる  それで談話を切り上げた  それに加わる  それにもかかわらず繰り返して  それをかぎながら来る  それは先生がいないからだと答えた  それが当然だと考えた  それからスコットの通った  それはすぐ忘れてしまった  それから三階へ上がって  それは書中ここかしこに見える  それが広田先生ではなかろうかと考えだした  それを帰した  それより以来電車はとかくぶっそうな感じがしてならない  それを爪先上がりにだらだらと上がると  それへ腰を掛けて  それに池の周囲で会った  それを一どきにかき回して  それを病院の寝台の上に乗せて  それからそれへと頭が移ってゆく  それを物足りなく思って  それまで寝ようと言っている  それへ東窓をもれる  それを半分ほど斜にはぐって  それから三四郎の方を向いて  それにしようじゃありませんか  それでやめてしまった  それで出てくる  それよりここに待ってる  それは先生がいっしょだからさと言った  それは五年ほどまえである  それと鉤の手に座敷がある  それに縞だか模様だかある  それで言う  それで知らないと言った  それを与次郎が受け取って  それをいっしょにしちゃいけない  それだけでまた哲学の煙をさかんに吹き出した  それじゃ里見さんの所に限る  それで我慢するかもしれません  それで黙った  それからはべつだんの会話も出なかった  それが頂点に達した  それは女のき  それが美禰子のおもわくであったとみえる  それは容易に思いつけない  それを解釈してみると  それよりまえに  それが一人一人に明るくなって  それが当然と心得ている  それよりほかに答えなかった  それよりほかに聞かなかった  それより以来三四郎は運動会へ近づかなかった  それでとまった  それを外部の態度だけでも普通のごとくつくろおうとすると  それまで立替えてくれろと言う  それがまた形式に流れて  それと同じく腹をかかえて笑うだの  それがすこぶる楽天の趣がある  それで済んでしまった  それで済んでしまったが  それに節回しがあれでなかなか込み入っているんで  それよりか鼓が打ってみたくってね  それだけでたいへんな薬になる  それからなぜ広田さんは独身でいるかという  それだからきょうがきょう必要というほどでない  それに応接間だからいたってかまやしない  それを苦にしていては  それはただ美禰子に接触する  それで黙ってしまった  それまでにぜひ美禰子の肖像をかきあげてしまう  それから改まって  それをレベデフという人がはじめて実験で証明した  それを質に入れて  それで冬シャツを買おうと思った  それからまだほかに話す  それで穴倉を出た  それからはおちついて  それにしましょう  それがばかとも思えなければ  それについて本人の意見をよく確かめる  それを三十日に割りつけると  それから少し雑談をして  それが野々宮さんに知れている  それまで妻を国元へ預けた  それが一色になって回る  それが部屋の大きさに比べると  それも目に動くだけで  それより先には進めない  それも三四郎の真正面で穏やかにとまった  それは変るだろう  それがじっさい絵のうえへ大した影響を及ぼさない  それに表情といったって  それに敬服した  それから知らない  それが切符を売る  それで腕組をした  それで帰った  それじゃお前さん眠り薬でもかがされた  それはばあさんが知ろう  それから少しさきへ行くと  それはまったく驚かない  それよりもっとおもしろい話をしよう  それはいつの事かと聞くと  それも年をたつにしたがって  それが学者らしく思われた  それを舞台のまん中でとめた  それはとうてい見込みがつかない  それでたくさんだと考えて  それで知れないから  それを見当にねらいをつけた  それじゃおとっさんにすまないじゃありませんかと言い  それをながめている  それを三四郎は明らかに聞き取った  それを危惧ている  それとて条件があって  それをあの際取り逃がしてのう  それはまだ不明にございます  それを先生にはやろうといわれる  それと観破した  それへ徹えて  それははぶくとして  それじゃアあっちへ行く  それには情熱があふれている  それに怖気を揮う  それがちっとも似合わない  それを開けると行ける  それを見たからでございます  それで刳った  それを握っている  それに泊まった  それが本当かも知れませんねえ  それで出張って来たって  それがホッホッと消えましたので  それが時代を食んでいる  それが離れ  それを綜合して  それから伝わった  それには返事をしなかったが  それもすっかり見届けた  それを閉じると  それが一方を見詰めている  それを渡ると  それからドンと首を落とした  それが斜かいに切り折られ  それがどうしたと仰有るので  それも知ってる  それを囲繞した  それが一つに集まって  それを突っ切ると  それを渡れば  それへ背中を食っ付けたが  それを追っかけた  それを苦にした  それが相當の年配になると  それがなにかの意味で見直されてゐなければ  それが主人公の稱してゐる如く  それがどこかで開封されているか  それには大会のことが載っていた  それがいったん組織された  それを許さなかったり  それに参加しようと思っても  それやぜひ行く  それは留守中の社や家族の費用に当てなければならない  それもほんの少々の金であれば時々貰った  それをまたようやくのことで借り埋めて  それに往来から十分のぞかれる  それを本当らしく見せる  それも尾行を使いにやる  それらしい自動車が戻って来た  それが何でもなく通りすぎた  それを言おうとして  それらしい顔もついに見ないで  それからさらに車をかえてある  それを僕と気のついた  それはむしろあっけないくらいに無事に過ぎた  それに出席してくれないかと言う  それと同時に和親会の諸同志の上にも厳重な監視が加えられて  それを応ずるの  それに応じさせた  それを拒絶されたという  それを謀った  それに加わるという  それを相談するという  それを助けているという  それもとうていあるまいと言って  それも体よく拒絶された  それに応じなかった  それを渡した  それらしいものはどこにも見当らない  それにはほぼ賛成していた  それに賛成すれば  それには一万円もあれば  それができさえすれば  それまでお互いに話ししていた  それを笑った  それは一つには暗にこの事実を指した  それは共産党の方に来た  それも無駄なような気がした  それはまず無事に済んだ  それが君だってことがすぐ分った  それをいい機会にして黙ってしまった  それはパリへ行ってからの  それじゃ私が案内しましょう  それがあんまりつまらないくすぐりばかりなので  それがほかの一人ぽっちの男にいろいろと目くばせしたり  それと入れ  それを本職にさせる  それをもう少し詳しく言うと  それも長くは使えない  それを軽罪にしたかするとかいう  それを有罪にさせなかった  それが一番よく彼女に似合った  それだけでもやはりちょっと苦しいくらいの気持になる  それをパリでやっちゃった  それはあらかじめ何ともする  それが無事に行って  それを持って出て来て  それを許さなかった  それを身につけていなければならない  それにフランス人が二人と同国人が二人保証人に立っている  それを警察へ届け出て  それよりは大ぶましらしい  それまでにお上の手にあげられる  それじゃすぐ引越ししようと言って  それもまず難なく済んだ  それもはたしてやれるか  それのようには黒ずんだ  それを透かして  それを遠い郊外へ持って行った  それを司会者のたぶん共産党の何とかいう  それに参加する  それは一度警官の手に取りあげられた  それを本当に持って帰って来た  それを一枚一枚よく調べて行けば  それを破り棄てようと思った  それにはもとより僕の本名は出していなかった  それと同じようなのを出して見せたりした  それもまだいる  それがようやく目の高さぐらいの上の方から始まってはいたが  それにくっついて  それをテーブルの上の壁にはりつけて行った  それからは当分牢やのたべ  それだけでは腹がへって  それも面白いと思ったが  それが一と廻り済むと  それからは前に言った  それについて別に何か言う  それじゃその事実を全部認める  それを力説しましてね  それを預けて来た  それだとスペインへ行く  それはこっちで大使館とかけ合って貰ってやる  それがみんな日本で言えば  それでまたフランスの国境内にはいって来れば  それから一週間目に出る  それが僕を迎いに出なかった  それもわざわざ領事が行って  それで見ると  それまでにあとの荷物は友人に持って来て貰う  それもうまく行けば  それが大きな一個条になっていた  それに応じない  それを三等に乗せて  それをはっきりと公言する  それだけで僕はもう少々いやな気がした  それを得意になる  それをパリへ留学させる  それを鎮定した  それもかつてはその革命的なことをもって  それが五町も六町も七町も八町も続いている  それに乗っかって喜んでいる  それよりもむしろ九段の祭りと言う  それはレッド親分に極っていますよ  それよりもお前は何故レッドを殺害した  それは日本にどういう種類の映画理論をつくろうとしている  それはぐらりとかわって  それで範囲がきまってすこし安心した  それをとりあげる  それが素直にはいり  それには違えねえ  それが武士の額に当たった  それが皆外されたので  それに立派な稼ぎ人もいた  それから五年経った  それと向かい合った  それがあったにしても  それとも知らぬ  それを制して  それと一緒に天井の梁からドンと飛び下りた  それがカラカラと笑っている  それもこうして縛られたからには  それを笑ひこけた  それが必ずしも嘘とは限らない  それを知っているにしても  それと対蹠的な心理をおのずから醸し出していた  それが戦時体制的な社会的の生産の要求に基くと云えば  それは後にしよう  それまで軍部イデオロギーとか新官僚のイデオロギーとか色々云って来た  それを最もよく実証した  それを世人は今更ながら知った  それは前にも触れた  それが今年に至って  それがどんなに女工を搾取する  それを注意ぶ  それはこの雑誌に出ているのよ  それと闘ってやっと来ていた  それだけの客観的或は歴史的理由がある  それは大抵二日ずつ繰返される  それも削ったり  それを知っていっている  それを一々看守にたのみ  それは黙殺された  それは守らなけりゃならない  それから二人の看守はやはり黙った  それから直ぐ便所へ行き  それへ認印を押しに  それは日本歴史の初歩として学ぶ  それと共にこうした伝説の下に成生した  それを占有している  それには大地が裂け  それは地震のあった  それには千三百の焼死者があった  それから深川に移り  それには有珠嶽が噴火した  それには海嘯があった  それが江戸時代のしんがりをしている  それには約十万の犠牲者と約五十万の家屋とを失った  それは照れる  それが世界に類のない恵まれた  それは贅沢を云つてゐる  それを伸び育たせる  それは憂ふべき  それが徹底しないと  それを弊風と気づき  それを下附すれば  それで償いは  それが抹殺されて  それを発揚した  それと撞着する  それについて芸術家同士らしく語ったであろうか  それが単なるしきたりであると男女相互の間に十分理解されつくしている  それを求め  それはどのような作品として浮んで来る  それはきのうも思っていた  それを扱う  それだから探偵小説が第二義的の芸術価値をしかもたぬとは言えない  それは少ないと言えよう  それに気がつかなかったりする  それがどこかにあったとしても  それを芸術化し  それは現実の問題として日本のブルジョア作家の生活とかけはなれていて  それについてはのちにふれる  それには就職運動と同じようにさまざまのブルジョア的なひきがからんでいる  それが客観的現実を反映する  それを方向としているであろうか  それが具体的になれば  それを突いていた  それを意企していないであろうが  それあ知識人とはいえない  それはとつおいつものを考える  それを横光の如き野心あり  それが横光の作中にある  それを延して  それを芸術のうちに再現しようとしている  それを文学の面においてはブルジョア文学の作品形象のうちにとらえ  それを反映して  それを形象化しようとした  それを評価した  それはどういう社会的情勢を反映する  それへ克明に紐を捲いたが  それくらいのことは出来るだろうが  それがほんの最近になって  それくらいのことはやりかねない  それを通れば  それも一度ならずも  それに関係のあり  それを手にとられたが  それを上より数えたり  それが風貌にも現われていて  それを探そうとでもするかの  それと手に入れられ  それをやんわりと受けながら  それを云おうとした  それに致しましても  それがあやめの疳に障り  それを話そうと  それだのにこのお方死なれる  それを淹して射している  それはわしにも解らない  それはそうかもしれませんけれど  それを生かして  それを女猿廻しは揺り上げながら  それを左の方へ曲がりかけた  それを曳いたり  それをユサユサと揺する  それを老人は抱える  それを右へ曲がった  それが純粋の処女の気を帯びて  それについては一言も答えなかった  それを封じ込めてやった  それと連絡をとりまして  それこそ恋に眼の眩んだ  それくらいの所業など平気でやらかす  それにお気附きになったら  それを秘密にして  それだのに生きて  それさえお前が云ってくれたなら  それが二人の女を蔽う  それで抱きしめ抱きしめながら  それからの憂艱難と申しましたら  それをどうして知った  それを思う  それへ現われ出る  それが延び  それは勘兵衛であった  それを抜いて延びている  それが口へ出た  それより藤八を舞わして  それを追って門口まで走った  それにたかっていた  それをここへ据え付ける  それではやってみよう  それを一緒にして綴ってみようではないか  それも体に備わっていた  それに眼などもおちつかないで  それと知れない  それよりいっそ階下へ降りて  それが地にまで達していた  それに噛せて  それを行くまいとして拒む  それはいまだに解らなかった  それは云えぬ  それは一大事うち捨ては置けない  それは一向見知らない  それが見えなかったが  それを渡って行ったまでである  それに対して何とも答えなかった  ソレ斬り立てられい  それは理解される  それが復讎を意味する  それが単調となり  それが最も行われた  それについて毎々議論の出る  それを斬伏せた  それは非常の恩典であると伝えられた  それとても江戸から九州までの道筋に限られている  それが江戸の出来事でもあり  それがぱっとしない  それに相対性理論でアインシュタインに大いに盾をついた  それも東大の文学部に入り  それに接している  それは人間の芯をつかれさせる  それを規則正しく使い果して死ぬ  それを忘れると  それに毛布の下から引ずり出した  それがすきなら受皿にあけて  それの全然欠けた  それを生きる  それは出来ませんと云ったが  それをたまの方から嚥み下さなければならない  それを持って居ない  それに關して  それは當を失せり  それは頗る誤れる  それに天皇の宸筆にて奧書せられし  それはまた當時新に起りし  それにつきて  それが統率の才の不充分なる將帥に屬し  それは陰氣になり  それは後者が同樣の經驗を經て同樣の抽象を試みたる  それは自分にとつて常に眞實であると信ずる  それには順序といふものがあります  それを見ないとわかりません  それだけを傾向としてみますと  それを新劇の成功と呼んでゐた  それを巧に消化し  それに入ると  それがたまらず逃げかえる  それをききに来た  それは分って居る  それまで娘早稲田に聴講生として通う  それも心だよりで逃げて来る  それを何故私は男の人がすき  それと順応して  それじゃいい人がありますっていう  それで満足もして居ない  それがレッシャウリときこえた  それをフイリッポフによんで  それを或日本の海軍将官が英国で買った  それとの中央を南とし  それ迄深いgoodwillがあるかと思う  それを眺めて居ると  それをもっと快適なものにしようとする  それが見つからず  それから四十何年明治三十年頃には立派な近世化した  それに付て第一疑を抱いた  それは何處の國でも皆何千年も歴史を持つて居る  それを一つ君の立場から書いたら  それを書かぬかと  それが土臺となつて私が日本經濟史を書いた  それから色々の間違ひが起る  それは奴隷とすると  それはどうするかと  それだけの土地を持つて居る  それが集つて顏になる  それが後には源氏となり  それが段々數十年重なると  それを我國では武士道は日本專有のものと言ひますが  それが終ひには  それは何にしたかと  それを日本で信ずる  それが七八十年の後には木の鍬と云ふも  それを生出す  それは西洋の紀元五百二十九年に發布せられた  それから百七十年程遲れて居りますが  それを通したい  それを許して見たら  それをやつて見ると  それに許す  それだけが非常な利益を懷ろへ入れる  それでないと餘り見つとも  それを生むべき  それを一つやらう  それにつれて考えた  それが私共に別々な旅行ということを単純にあつかわせる  それを持つ  それについて自分はどう云う  それに自分はどう向うか  それに一つ一つのdecisionを与えて居ない  それを出そうとすると  それが伊藤によって充され  それは自覚して居ましたから  それを雑誌に書いて  それをかん違いし  それをよこし  それを増す  それが著しく思想的な意義を帯びて来たという  それから式場隆三郎の諸氏がいる  それまでになるには  それは権力と金力との大半はすでにそれらの人々の掌中においてわがものでなくなっているという  それはよくないと宍戸をやめる  それが知れる  それに似て居る  それは一つの訓戒を守った  それで間に合う  それは使わずに  それまでにプロについて正しいフォームを身につけておいてくれ  それは文六教祖の訓戒をケンケンフクヨウしているからで  それからは私を見る  それをよりぬきの  それがバットをこすったりすると  それが河津三郎の首瓶であることを物語る  それを楽しく暮す  それに対して私も来年は年賀状をだそう  それを明らかにしておけば  それに似せよう合わせようとする  それを欲していないのに  それを学んだ  それを受けるには  それは官に仕えず  それによって巨万の富を手に入れたい  それが戦争目的の上には常にヒタ隠しに隠されていた  それは九州に多少の縁がある  それは戦局不利に傾きつつある  それを作っているから  それはつまらん  それを単に雑音と思うと  それを録音で聞きとる  それならば今回は許してつかわす  それをみていたが  それと全く同じ物をネッカチーフやスカートに用いているので  それは今後十年間はタップリ間に合っとる  それをよそのお庭まであちこち追っかけて  それも控えなければならない  それは訓練次第でそうなるかも知れないね  それはよそで飼ってる  それに一文も手をつけず  それが本因坊や私が対局場で待っている  それはファーイーストといって  それまで不敗を誇っていた  それを読者は面白く読むかも知れないが  それを描写しなければならぬ  それより設けの酒席へくりこむ  それはむしろ甚だ人をバカにし  それに熱中し  それに悪意ありと  それが少しも崩れなかった  それを私の小遣いでうめる  それが起って  それをハリアイに毎晩いそいそと徹夜の仕事をした  それで済んでいる  それに向かって進む  それによって金魚が死んだな  それはつまり池が空中に浮いてる  それをペロリペロリと平らげてゆく  それは私が少年期すぎて失ってしまった  それを参照して  それらしいママコスなぞという名をデタラメに発明できようとは思われないから  それにおどろいて  それまで説教しつづけるので  それにつれて浮び出てくる  それを小量ずつ御飯に混ぜて食えとでもいう  それをやらない  それを卑屈だと思う  それは公衆に使用されている  それが動物にそなわる生れながらの  それを意志した  それが広範囲にわたっており  それからもつづく  それは十月十日という日がなんとなく記念日らしくて気に入ったから  それを認めてくれるか  それが分らねえ  それを発する  それは無数の戦車のゴウゴウたる突撃に比すべくも  それを空想する  それを知らないと  それは専門の学者にまかせておけば  それが今後の永遠の性格になるだろうと  それをやって楽しむよりも見て楽しむ  それは昭和二十三年十二月三十一日のことであったと記憶するが  それじゃいくつ足りない  それだけでゲームがだらけてしまった  それを神宮球場へ見物に行った  それはどんなに新鮮な空気をあたりに息吹かせながら  それまでは闊達であった婦人の政治的活躍も様々の法令や規則で禁止される  それを批評せずにはいられなかった  それはどうしても強過ぎる  それは子供の幸子から知らされた  それを覺えると  それが一體どの位の役に立つ  それを指導し  それがお惠には何時見込のつく  それは見て居れない  それを心で數えてゐた  それもすつかり分つた  それに氣付いた  それを又かけ直した  それを乘り越さうと  それが何んになる  それを床にこすりつけた  それが皆の氣持の隅から隅まで浸してゆく  それこそ無くてはならない  それは恰かも彼等のたつた  それまで何も云はないでゐた  それだけで子供は掻かれたよりも  それを貼つた  それを讀んできかせた  それを膝の上にのせた  それを出して渡した  それが何んのことでやられた  それが關係のある  それと此處は何んといふ無關係であらう  それが何度も何度も繰返された  それを繰り返した  それが氷でも碎ける  それを始めた  それは然し當然の過程として課せられなければならない  それが彼の素地であるかも知れない  それが何時もの癖である下唇をかんだ  それはそれつ  それが一々その地の情勢に應じて色々の形で實行に移されなければならない  それに對する絶えない  それを拾ひ  それは畫でも描いてゐる  それが自分でも嫌になるほど  それを恥かしく思つて首でも吊らなかつたら  それはそれだけぢや本當は足りないと  それが殊に俺達の執拗な長い間の努力の要る  それを結びつける  それで分離する  それを掌の上で丹念に直して  それに唾を塗つて成るべく  それは或ひ  それがそれより馬鹿に遠くからといふ風に聞えた  それと同じことを會得した  それが終ひの  それは留置場の一番端しの  それとはまるつ  それだけが昆布卷きの  それを引き起したら  それが分らずにゐた  それからくる  それだけでなしに  それは然しはつきり分らなかつた  それが何んと云つてゐるか分らなかつたが  それに耳をすましてゐる  それが止んだ  それが誰か分らなかつた  それには龍吉は苦笑した  それの兩方にロープが下がつてゐた  それだつて警察とすつかり  それがかへつてこたえた  それを考へ恐れ  それに乘じて證言を取る  それが輕い  それには堪え得た  それが何時でも待たれる  それがガラリと變つてし  それに色々な幻想が入り  それは二三日すると  それは市内商店の依頼を受けると  それに太鼓や笛が加はる  それが朝迄何回も續いた  それから四五日して  それに對しては起さなかつた  それらしい多くの缺點はあるにしても  それだけで一册の本となすかも知れない  それを組織する  それを着々と実現してゆく  それだから僕は物を書く  それを脱却する  それは覺悟の足りない  それは君の判斷に任せよう  それを保證する  それは信用の詐欺にすぎない  それは僕が外面的歴史的眞實を書かうとせずに  それをやつてゐないからである  それはつれて動いてゐるが  それを彼等の門前に蝟集して  それから一體に女の子は男親に似て  それにし  それからたぐり出さうとしたけれども  それはその前の日に讀んだ  それに當らないと云つても彼女はそれを信じない  それだから俺は俺によつて力を得  それはお前が他人から干渉される  それを厭ふ  それだから善にしろ  それから來る刺戟を生々と受取る  それはその友人を愛する  それは眞理を愛する  それを貪り  それでなければお前の考へる  それから數尺を隔てた  それが不思議で不思議でならない  それは私の力が足りないからで  それは自己をよりよくする  それは社會をよりよくする  それは確かに敬重すべき  それが内面的に把握されない  それは唯商賣  それで足りる  それは現實を如實に映出する  それは與へられたる  それはさうだとは  それは人間の意欲を根柢とせる  それは現實の生活と夢との關係と酷似してゐる  それは此處でも亦その藝術論を貫く  それを玩具にして  それは如何にも底の淺い  それが好意として通用し得る  それは他人に對する  それに服従しなければならないかという  それは癌という致命的な病気の名をつけられている  それが地みちの生活をしている  それは二ヵ月しかもたない  それより根強いふるさがのこっている  それはいつも成年男子の賃金の安定を脅かして来た  それだのに婦人画家だけ集まった  それは日本ではすべての組合や政党に婦人部というものがあって  それが行われないから  それは半分飢え  それと闘ってゆく  それを傷つけない  それは幻滅するであろう  それはとりもなおさず  それをちり  それを今日インフレーションの中で再建してゆく  それに対して女が遺憾に思う  それをかこつけに  それと見分けられます  それを摘まうと  それがために其後いろ  それをあげようか  それに坐らしたが  それはいかにも急がし  それに婚礼の約束をした  それがすんでからいった  それは窖の中に入れてあった  それをわたして運ばした  それがために上の者も下の者も皆阿  それが怪しいことをしてたろうといった  それからは何もいわなかったが  それがために心を痛めて寝もしなければ  それがあるなら  それをとめて  それがなれて  それは時計を捜す  それに乱れた  それを歩いて行くと  それは緩急によって畳ねて  それが一々木村の感服している  それは考えられる  それを用箪笥の上に運んだ  それは日出新聞社から頼まれている  それは烟草休の暇をそれに使う  それを読もうと受け合った  それがどんな脚本かと云うと  それは三面記者の書いた  それを見当違に罵倒したり  それを遣っている  それは社交もある  それには金がいる  それにもやはり分業があって  それから一人で弁当を食う  それは私も知るには  それと同じ手の釜を二つばかり註文した  それよりも六樹園の本来の面目である国文学の研究に少からず傾到する  それを伺いたい  それはこの雅言集覧などにはおよそ収録する  それが六樹園に今まで知らなかった  それがかなり消化されて行く  それを助ける  それが幼時に別れた  それはともに合巻を指した  それとない批判まで織りこむ  それもあかれて  それは文化二年に出た  それが通じた  それを見たい  それこそ仇敵討ちのような興奮を覚えずにはいられなかった  それが骨だと教える  それに骨を折った  それはこういう思いきり洒落のめした  それは善悪両面と鏡の両面に因んだ  それはいつの間にか戯作者仲間の評判から文壇のうわさ話に酒とともに調子づいて行った  それはこんどの憲法を見ても  それが実効を発生する  それだのに政府は五月一日に実効を発する  それが文学の面においても反映しています  それがまたある  それを心から求めている  それとして描写して  それを人々に伝えたい  それこそ日本文学の問題として意味ある  それに抗すべき  それを公言する  それが感性的な面のみの跳梁に終るという  それはいくつもの響の調和された  それを母親がひどく叱ると  それにたいする一つの抗議として高見さんの小説の態度は買われる  それに先行する  それにいちおうは執しようという  それを主張する  それさえも過去に自分を強制した  それは承認しない  それに近づき  それを感じつつ  それは自分の政治的認識が不足だからだとも思うが  それは一人自分だけが感じている  それを知っているらしい  それはそちらに願う  それは中断された  それを社会進歩の歴史の方向に立ちつつ  それは現実を見る  それを作品化してゆくだけの  それが社会科学の本はどう書かれているかという  それを遺憾とする  それは現実理解のディフォーメーションを結果したばかりであった  それはその国々によってまた民族的段階によって一つのきまった  それが社会主義的リアリズムだとシーモノフがいう  それを諒解してよんでいただきたいと思います  それですむであろうが  それを発止とばかりに思いだした  それはまさに珍奇をきわめた  それを心配して下さる  それはワタクシの甚だしく不満とする  それを掴んでみせるぞと  それに監視がある  それぐらいのことは分る  それが時宜に適していた  それからヤケ酒を飲んだ  それは当選なさる  それは私が知りたい  それに比例して  それは悪い人は表へ出たがらない  それをひきとって  それも燃しちゃった  それは酔ッ払ッて泣きだした  それはたぶん懲役人かも知れません  それを小楯に取りながら  それと知られては  それは是非まとめてやれとの  それこそ地獄の結婚になってしまう  それが気になったので  それがきっかけになった  それを秘して  それを如何に運用すべきかについて  それに我国の婦人はまだ政治以外の問題についてさえ団体運動に慣れておりません  それに応戦して  それが数年にわたって継続し  それは幾百万の人類を殺傷し  それさえも立派な政見のように標榜するとは  それよりも先ず寺内内閣みずからが政争を超越した  それを自由に行使する  それが選挙民自身の意志を満足せし  それは行く  それに対して返事をする  それが分っていない  それがまだ分っていない  それを十分具体的にのみこませた  それがどういうものであるか分らない  それに投票しようとしない  それが今でもまざまざと思い出されるが  それも徒労の旅だった  それは捨て去った  それを真向に振り翳して  それに打ち勝ち得た  それと明かした  それにもようやくにして打ち勝った  それは夜の禅座の休止を意味していた  それがいつの間にか薄れてしまうと  それに包まると  それを防ごうという  それもすぐ消えた  それを初めに知った  それらしい籠を見た  それが直之進であるとは決っていない  それは安政四年も押し詰まった  それを軽蔑した  それをそのままに話す  それをいい立てて  それは時によると  それを失言とみなされる  それはあまりに重荷であつたに違ひない  それらしい煙の上がる  それはお困りだろう  それは一見そう見えたに  それにたよる  それは学者や思想家には全く欠けた  それをしないまでも  それは日本にとっては最近に勃発した  それは当然起こらねばならなかった  それだといって  それは許されない  それは要するに五十歩百歩の差にすぎない  それを全く首肯した  それを発揮すべきであった  それが未熟のうちにクロポトキンによって発揮せられたとすれば  それを十分に考えてみる  それを弁護し  それは五銭くらい買えば  それに写真器と顕微鏡とが揃えば  それで実験が始められる  それは火球の明るさを電流を通じて赤熱した  それを年中苦にしていて  それが林太郎には憎らしくて憎らしくてなりませんでした  それがおとうさんとおかあさんとのあらそいの  それはわかりませんが  それをつかまえようともしません  それでおとっつあんも  それでおとっつあんと  それには困りました  それもいわないで  それに湖の岸にすむ  それから米倉の白い壁が見えてきました  それが見えてくると  それから米倉の前を通って  それをぼんやり見ながら  それをつかまえてやろうと思い  それも知らずにしろ  それがまた気になりましたが  それでおとっつあんは  それにはびっくりして  それも小さな足でぽつぽつ歩いて  それをどこまでもいくと  それをよく考えてやっとくれよ  それにのって  それじゃまい子になっている  それからおとっつあんは  それらしい姿が見えないと  それはしろ  それを何分間でも何時間でも独占できる  それにわっちゃあ  それを巻き包んで押し  それを見守つてゐる  それは一人取り残された  それも単に否定し  それも政略ではあるが  それを選びとる  それはすでに東条がやった  それぐらいサモシイ料簡のように思われて  それに近い親しいものになりつつあるという  それは芸術界のためにのみ慶賀すべき  それがスッパリなくなった  それが当然にきまっていて  それが時代的に生長せず  それは私の今の気持には幸福な事を知って居る  それからの私の心は自由に目にあまる  それに阿  それに没頭していては  それをおまえが来ては  それでいらいらしている  それが運動として国民的性格をもつ  それは野蛮に対立する  それを誰かが立派に指導してをりませうか  それだけでも今日九州における文化運動の大きな第一着の仕事がある  それに対してどの程度の対策を講じてをられるか  それで通用したかも知れないが  それは絶望的で不可能だと考へる  それは非常に強力なる組織の力といふものが必要だといふ  それができると思ふ  それを完成する  それにつれて多くの新人俳優が擡頭して来たが  それは昔から良く云う  それが兵営の方へ向って近づいて来た  それは出動の命令が来ると云う  それを著て新しい補充兵が出征する  それは氏の数年来続けてゐる  それに飛び乗り  それを一日に一万遍やる  それにも山の法則があって  それがためにひもじくなれば  それが何うも芝居見物にでも行く  それを振  そればかりを繰り返した  それが父親に会つて以来は益々ペラペラと外国語を喋舌べれる  それは単に語学の練習だと云つて納得させた  それまで愛読してゐた  それあ停車場が出来るといふからには  それはリテラチユアさと彼は註して  それを紛失した  それは一層彼にしては堪らない  それは如何いふ  それが酔つた場合になると  それより俺は金を少し貰ひ  それを慮つて  それを取つて来たいの  それをことわった  それに抵抗して  それにともなって起っている  それはその人の勝手であるという考えかたがあったらしい  それではすまない  それでつぐないきれない  それは一つの国際的な民主主義にたいする罪悪であるとおもう  それを切掛けに泣き出し  それは当り前の事と思わなければならぬ  それは民主主義にあわない  それをあらわす  それは國民ぜんたいを代表しているからです  それも國会がじぶんできめる  それと同じ意見をもった  それは國民に知らせてありますから  それをどういうふうにつかうかという見  それを討論してゆく  それを実現してゆく  それを自分たちで愉快に使う  それは十年を要する  それはそれとしての矜りを失はず  それは成長ではなくして  それに堪えないまでに  それが突然に大空から滴たり流れる  それが戦場の慣わしと思って  それと同時に伝わって来る  それすら電池が弱りかけているらしく  それに賛成している  それは立佇まっている  それを工兵隊が残して行った  それが何千あるか  それは特別に軍医の注意を惹いて  それは早くも軍医大佐の命令の意味を覚って  それは輜重隊の大行李に配属されている  それは腸のドン底から絞り出る  それは極度に神経を緊張させていた  それを好まない  それをきらっている  それを癒す  それに対して何と感じているか  それに同感していられます  それは一部には当っております  それをめがけて  それを掴み出すと  それを片づける  それも同じように間が抜けた  それを拾った  それを喜ばなかった  それは一部分は繪即ち書き  それとは異つて餘程發達した  それを包んだ  それは文選に見ゆる  それは恐らく謬見であらうと思ふ  それは其の切に文字を縫うて  それよりも以前の唐代ぐらゐ迄のものを對象とする  それが日本に於て飜刻せられた  それを早くいえば  それくらいは出ているかもしれない  それじゃちょっと説明しようかね  それはまたこの次のことにしましょう  それは大いに関係ありじゃ  それを動かした  それをやると  それを動かし  それを思い停らせましょう  それには及ばないよ  それは手間が省けて  それをよじ登って  それが常に現實の上に懸る  それは現實と矛盾する  それは生活の進歩を一足先に見越して  それは君が到達し兼ねて  それは自慢にもならない  それを悔いない  それは神の許さぬ  それを捨て  それを捨てれば  それを書きながら  それは全體の通觀を妨げるからである  それは對象の無價値なる  それは襤褸を出すまいとするからでは  それは他人に突込まれる  それは單に僕の誤謬に止まらずして  それは語らる  それを讀めば  それを意識してゐない  それをはつきり云つて呉れる  それはやむを得ざる  それは一々の云ひが  それは俺に味方する  それは彼が曾て批評家と云う  それはその人から云へば極めて枝葉の缺點にすぎなかつた  それは恰も彼自身が他人の求める  それだけではファシズムの轍にひしがれる  それをひろげる  それは民主的な人を民主的に生かす  それもをかしい  それから瀬川の鉄橋のたもとから髪の長いせいの低い太った  それを見ようとはしない  それに対して反対の声をあげない  それにまかせているだけでは  それを明瞭に意識において見なければ  それを前進させる  それを取締る法律をつくれという  それはどういう日本の特徴なのだろうかと思って  それは行動されはじめました  それが恋愛や結婚の問題にもつながって考えられていました  それを頂いている  それを御者にしてやりましょう  それはめったに見られない  それを六人のべっとうにかえてしまいました  それをこしらえる  それがたれだか分からなかった  それはたいくつなんぞしなかったろうよ  それは知らないといいました  それを王子は大事にしまっておきました  それをしまっておきなさった  それから二三日すると  それが王子様のおいいつけだといいました  それは風船虫と称ばれる  それを水面まで引きあげる  それを離す  それを実験して見たいと  それが凡てであらうか  それを知ってゐながら  それだけで象徴している  それとの闘争に立ち向った  それによって心を入れかえた  それは事実を歪める  それは階級的前衛に加えられる  それを正しく自己批判に摂取すると  それは論文のマイナスの部分として認めなければならぬ  それを執筆せず  それに対して全プロレタリアが闘っている  それを同志林の全く主観的な原因による評価の変化として理解する  それの克服のために努力せず  それとの闘いを取り上げた  それを攻撃する  それだとすると  それがプロレタリアートの当面の課題を課題とし  それを実践的な問題として理解せしめた  それが最近に至るまで  それは常に自身の指導部を支持し  それに向って立てられる  それを克服し  それで刷毛の用をなされた  それに自分のいい処を加えて  それを感歎し  それに対する賃銀となると  それをお読みになって  それが心配でならなかった  それをきこうとはしなかった  それじゃ塩になったら  それが眼に入って  それを相続する  それこそ女らしいこととされた  それだから女らしさといわれる  それは一つの古語になるだろうと思われる  それに沿おうとしたり  それとは対置された  それを我々の今日生きている  それへの自分の新しい態度をきめて行こうとするよりは  それを現実的な女の聰明さというように見る  それについて働いている  それとの張り合いの  それを感情から情熱に高め  それで儲かって書きつづけてゆく  それでさわいだ  それが何かの形でまた逆にかえって来て  それをみんなが知っている  それを社会的に文学的に成長しつつ深め  それが文学として実在し  それは美しく朽ちよごれているので  それでなんともありませんか  それがワイナハトには久しぶりで帰るというので  それから三日目の晩食後に帰って行きましたが  それからざっとささらで洗い流した  それから左の乳から右の乳へ十字をかく  それからだんだんに各区の女皇の車が来る  それからいろいろ広告の山車がたくさん来て  それが却て未だ曾て耳にした  それを無料で旅人に支給する  それと瓜二つなごろた石の山腹が窓をかすめて行く  それを清算する  それは未完成でまだ誰にも踏まれない  それが我等を日本へつれてゆく  それが愈々絶えたとなると  それをとりのぞいたら  それが禅僧と分るまで  それにつけ加えた  それに対する反抗とに触れない  それに衝突して  それと闘う  それを実現するだろう  それを試みなければならない  それは労働者にとって快楽にさえなる  それに進むに従って  それが芸術を犠牲にしてでも  それだから苦界と云うので  それを反故にする  それを不礼にも遊女の身として拙者へ対して  それに他人が這入りますと  それあの厭な気の詰る  それだからいけや  それじゃア相談の纏まり  それが有るので  それが誠に有るので  それだから貴方様がお帰りになっても  それに控え居れ  それは先刻あの入っしゃいまして  それじゃア何か差向で居る  それを戴いては済みません  それじゃア直ぐに遠い田舎へいらっしゃいますか  それは父に汝いうが  それじゃアいけねえってねえ  それは彼れも我儘を致しますが  それからとん  それから九ヶ年過ぎますると  それに雨が降って来た  それは知れる  それに此方では夜の御用が多いのだろうから夜業仕事にしねえな  それに今度金沢から大聖寺山中の温泉の方へ商いに行きたいと思いますのさ  それはお前さんの事だから屹度差上げますよ  それは女郎の癖が有りますから  それはお前はんがお梅さんと私が訝しいと云うては  それははや些とも知らぬじゃ  それ持って往け  それ故七兵衞さんを殺して  それじゃア三十両お呉んなさい  それじゃア然うしてお呉んなさい  それに此の尼様が坂道で足を痛めて歩けぬと云う  それその麁朶を燻べてな  それに寺へ奉公をして居るから  それは門前の小僧習わぬ  それがお前さん道楽の初りで酷いめに遭いましたけれども  それがお前さん面白い話でどうも高山にもうっかり居られないで  それが私が泊って  それは私が家を出てから  それから続いて  それを楽しみに致して居る  それに良い酒もありますから  それを云おう  それはまア何うも  それは覚えない  それに綺麗好だから喰い  それに以前少しばかり易学を学んだからな  それが此処で遇おうとは思わなかったが  それ御ぞんじでげしょうね  それで売卜をする  それじゃアお父さんが帰らねえでは  それが見せたい  それは然うだがね姉さん人の云う  それはお父さんが居ねえので  それは伯父さんに聞いたよ  それよりは得心して知れない  それは大丈夫いきますとも  それから様子を窺って居ると  それよりはうんと云って  それで連れて来た  それを助けて上げたから  それを恩に掛けるなれば  それに恩を被せて  それを詰らぬ  それじゃア何だね私にお前愛想がつきて  それ故に此の間酔った  それが現在自分の連れて来た  それに就いても預かって居る  それをお前が無にして行かれちゃ  それを今お前がぷいと行ってしまっては  それ故私は西国巡礼に参りたいので  それを置いて行く  それじゃア私はお前さんと間違えられた  それじゃア三十三番の札を打ってしまって  それを舅にして  それじゃア御免を蒙ると云って逃げられると  それはあの榎のある  それじゃア成んなさいと云うので  それじゃア此の布子を貸せと云っては  それじゃアち  それには少し許の地面と井戸が欲しいと思って居りますと云うので  それじゃア地面を買って遣ろうと云って  それだから己が不断から然う云って置くだ  それも私の養子が得心で二人共にお屋敷を出ましたけれども  それ故先君から頂戴の名を大切に心得て  それを貴方が知らないとは云いながらは  それにはお前方が確かな証人だに依って  それは何でげすか  それを姓として櫻川又市というので  それから白山へ出て  それとは知らず  それに店賃も安いと申す  それから二年半ばかり経ちまして  それは嘸まア落胆遊ばしたでございましょう  それへ踏掛けると  それだから申さぬ  それに汝は屋敷を出る  それ故に手前忰の嫁故引取り娘に致して  それより細やかに町奉行へ訴えに成りましたが  それが私に挨拶をする  それが夜の所だと見えて  それには些つと広過ぎるよ  それは麦打のすんだ  それが出来上ると  それに隣つた同じ広さの土間との二つの部分から成立つてゐた  それを取まいて  それにつけ込んで  それは明らかに或る一種の恐ろしい病気に襲はれてゐる  それにつれて梢の方で落ち  それを掘り抜く  それを取囲んでゐた  それはもう失くな  それには次のやうな事が書いで  それとは比較にならぬほど  それも隣近所に気付かれない  それに逆らって説き伏せる  それが判るまで  それを飜えさせるだけの  それがまたわが子の手に截れた  それを叱って  それに自分のはしたない身なりが気になったので  それより前に私なんかが死んでしまうわ  それを眼のあたり見る  それが多可子の見る  それは此頃政枝が死の恐怖に襲われるからである  それは勝つ  それは多可子がひそかに怖れていた  それ故このラムプは良いラムプでないと言う  それをつかまへる  それがバラを害する  それも何だか気がひけます  それをばつしるといふ  それをみんな殺す  それは食べる  それも新らしさには違ひないが  それ故このラムプは良いラムプでないと言ふ  それが公開される  それが芸術品でありまた芸術品として鑑賞される  それが感じられない  それを捨て去るであろう  それを芸術的に鑑賞し得る  それを斥ける  それは社会の善良な風俗を乱す  それを取り立てようとはせぬ  それよりも我々が切実に感じた  それは平時二重橋前に集まり  それは我々の経験によれば  それを有効に充たす  それに混じるであろう  それをやって見た  それを有効に実現する  それが聖勅に違背する  それが同一になるかについて  それは皇室や国家をただ現実的にのみ見ていたからである  それは理論的に言えば  それが根本の理念の展開として意義を有する  それは皇室の神聖を汚す  それを取除こうと  それもほんの一瞬間だけ目があき  それをまことに訝しく思っている  それくらいのことのためにわざわざ頑丈な座敷牢を用意してあった  それをハッキリ憶えているかというと  それはいいとして暫くすると  それはいかにも唐突な云いつけであった  それを優しく慰め  それを云わないと  それは大口を明いて笑う  それを云いつけた  それは妾を叱りつけている  それから再び座敷へ上ってきてから  それはいかなるわけかと云えば  それがどうしてもハッキリ分らない  それを云うと  それは新聞広告をみてから  それはきっと妾のことだろうといって  それは存じません  それから太い竹を輪切りにしてくれる  それでやって来たという  それは異状があれば有るといえる  それで見物の衆はインチキ見世物を見せられた  それを本当の腕であるかのように動かす  それを確かめたくて伺った  それは違うでしょう  それで働けない  それには彼が居たたまれない  それは持病の発作が急に起ってきた  それは確かに生きている  それは真一の瘢痕のある  それは六ヶ敷い  それと妾とが同じ日に同じ母から分娩されたとしたら  それは妾の身の上を離れて  それはまるで新派劇の舞台にみる  それで立ち上れなくて  それは静枝が来てから  それは簡単にとる  それはこの肩の凝りを癒す  それが俄かに気懸りになった  それは妾の知る  それよりも妾には真一がここで死んでいる  それに妾が寝室へ曲馬団崩れの若い男を引入れた  それは自分を墓穴に埋めるに  それから十日ほど経った  それよりも突然に死んだ  それよりも問題は彼の枕頭に転がっていた  それは嚥み下した  それが本当であったとしたらば  それをハッキリ云うには  それを知らないで  それは妾が真一と共に離座敷に入ろうとした  それよりももっとよく似ているという  それに声をかけた  それがなんでも生みの母親とか云っていたが  それと鳴門の渦に飛びこめば  それはあまりにも似合わしからぬ  それは嵐の前の旋風に乗った  それよか今日は御馳走でもして貰って  それが君のいう  それを貞雄に云ってみると  それに父の常造も先年死んでしまったし  それは自に妾の口を迸り出でた  それがどんなに恐ろしい重荷となったかは  それは貞雄があの部屋の中で口にしたと思われる  それは狼狽のあまり妾が他の品物と一緒に抛りこんでしまった  それを探し当てても  それに妾は一度結婚生活を送って分った  それはいつかも考えた  それを専門的知識をもって  それを確めて貰いたい  それを命じていると  それは約一時間に亘った  それで起きて  それを留めた  それを耳にするにつけ  それから再び外へ出て  それはお八重がたまたま君によく似ていたので使ったまでで  それが同一日に発射された  それで合点がゆく  それがあったからだ  それを教えてあげようが  それだのにこんな罪な子供を姙ませるなんて  それは私の父と君の母親とが果して関係したか  それを僕は遺伝学で証明しようと思った  それはそこでもう一度君が君の血族から受精してみると  それを示して呉れた  それを覗いた  それをじっと見つめている  それをよく覚えていて  それが実はまだ明かになって居らぬ  それ故に今度は友人たちと相談をして  それに答えるならば  それを養うて  それ故に春は野に行き  そればかりでなく咳の婆様という名前も人が忘れてしまって  それをこれから皆さんと共に私は少し考えて見たい  それだから咳の病に願掛けをすれば治してくれるという  それがだんだんに変って来て  それから起ったなどといいましたが  それについていろいろの昔話が伝わっている  それが石の地蔵様になっていたらしい  それを仏教の方に働いていた  それだからこの世にある  それを二足にして納めるので  それが子安姥神の三途河の婆になって  それが伝説であることが知れる  それを少しばかりお話して見ましょう  それを妬みの  それを面白がるので  それが多分今の間歇泉のことであろうと思いますが  それだから法斎念仏川とも呼んでおりました  それで念仏池といっておりました  それが後になると  それで活き  それだからわざわざ川や池に出かけたり  それにはそれだけの原因があった  それが今でも人に知られず  それにはいつでも女が出てきます  それだから今でも池の岸には大師堂を建て  それを非常に立腹して唱え  それがまたすぐれて  それはたいへんなことだといって  それが成長して  それが成長した  それを大師はだまって飲んで行かれたが  それが今もある  それを神様だといわずに  それだからこの温泉は脚気によくきく  それが最初からのいい伝えでなかったことは明かになりました  それがこの井戸であると誌しております  それを私にくれといって  それを釜で煮て  それはお気の毒だと川の岸に下りて  それを抜くと  それをでんぼ  それも後にはたいしといって  それぐらいな変化は伝説には珍しくないのみならず  それについてはまた二つ三つの少し新しい伝説もあります  それを湯に沸かして  それだから殊に疱瘡神をおそれ敬うていた  それを一つにして  それからはいよいよこれを日用のために汲む  それをおそろしいことと考えずに  それを老女のように考え出した  それが川へはいると  それより北にもたくさんにある  それを我慢をして  それを食べてしまって  それを吐き出すと  それがどうして片目になる  それは精進魚のあやまりかと思います  それから出たといいます  それを抜かぬ  それが鰻になって  それがちょうど一方の眼を傷つけ  それからは池の魚も皆片目になっているといいました  それが時折り川下の方へ降りて来ると  それに思いがのこって  それならば別に眼と限った  それを天狗の夜とぼしといって  それは天狗様が眼の玉だけを抜いて行かれる  それをふなと読み  それを魚が石と名づけてありました  それとある  それがいけに  それがまた女になって出て来まして  それを宝物のように大切にしておりましたが  それを貰って来て  それ故に今にこの社の神には眼の病を祈り  それ故に氏子はその葉を忌んで  それ故に神になって  それがこの御堂の奥に来て  それが為に都にお帰りになる  それを覚えていなければならぬ  それと並んだ  それを女だと想像していた  それを献納していったから  それを人間の目には普通は見る  それからは果していつも水が池一杯あるので  それを大蛇に嫁入りした  それで困って  それを水中に取り落した  それにもまた別のいい伝えはあるので  それを騒いだので  それをお箸にして  それが生えついて  それをさして置いたらついたので  それを地面にさして行くと  それが皆今は大木になっている  それをお棄てなされた  それもまた大木になっていたという  それが芽をふき  それを木の神として尊敬しております  それは必ず神様からたまわった  それからどうしたかわかりませんが  それにまぎれて  それが更に成長して  それをまた福島石ともいっていましたが  それが年々大きくなって  それをも伊勢御前と称えて  それが年々に大きくなって  それが八十年ばかりの間にだんだんと大きくなって  それが年々に二千余りの子孫を生んで  それを平にする  それにもかまわずに  それを家に入れると  それを石神と名づけて祀って置くと  それを押し破ったといって  それを捨てると  それから一そう土地の漁業が栄え  それが少しずつ大きくなりました  それを若宮八幡神社といっております  それがいよいよ成長しました  それをおがり石と呼んでおりました  それはただそう思って見たというだけで  それを見つけたので  それは足柄山の明神が生意気な山だといって  それが湖水の中へ飛んで行って  それが今でも岩手山の右の脇に載っている  それをじっと眺めていて  それが今日の飛島であるといいます  それをまた大へんに気にする  それを非常に嫌うという  それと比べられる  それから生れ  それをまじないに  それがお隣りの  それを樋の端にあてがった  それ故に今でも白山に登る  それを残念がりました  それを持って行く  それをぬぎ捨ててから  それくらいのことは当り前であったかも知れませんが  それを今もとの国の土をもって  それはもう残っておりません  それは駿河の富士の妹神だといっております  それだから奥伊豆はどこからも富士山が見えず  それがもう不明になっている  それだから村に社があれば  それを時平公の墓だといっておりました  それから熊野の人もけっして松尾へは参って来なかった  それがだんだんわからなくなって  それは昔佐竹氏の先祖がこの山に籠城していた  それは武蔵坊弁慶が牛若丸だけに降参した  それだから人は二等になった  それを立石権現と名づけて拝んでおりました  それ故に今では低くなりましたけれども  それから美しい沼が田になり  それが地蔵の仕業だとわかると  それは農夫の気に入りました  それがこの地蔵様だと皆思っていた  それがお厨子の中までも続いていたと書いてあります  それをにくむ  それを矢田寺と名づけたという  それからは自由に夜遊びをさせていた  それが雨乞いになって  それだけでは降らぬので  それまで替え  それがだんだんと腐って  それをすっかり洗って上げた  それならば粉を上げたら喜ばれるだろうという  それを大師講といって  それを六地蔵の石の像に塗りつけました  それを邪魔すると折り折り  それを惜しいと思って  それをくわしく知る  それは争いたかぶる  それは名誉心を満足させるどころか  それの正当な認識はきっと私の虚栄心を破壊するに  それを成就させる  それが正当な原因であり得ない  それへの正しき準備をなす  それの本質を究めようとしない  それは知識よりも生活を重要視する  それは真理に関する知識はただ生活する  それは私たちにとって律法ではなくして  それが征服されない  それを懐疑主義もしくは懐疑説の名で呼んでいる  それは概念上の懐疑主義ではなくして  それだけでいわゆる旧思想が完全に破壊され得ると考えていたらしい  それが正当に解された  それを弁護する  それを欲しない  それが語られ  それが他を弁明し  それが含まねばならぬ  それを鎮めようとして  それは正しき懐疑に随う安けさと静けさとを含んでもいない  それをなす  それが大であればあるほど  それに悪いことには少しばかりの才能を持合せていたので  それに従って正直に理解する  それは何より先に謙遜なる心の回復を意味する  それを粉砕する  それは自由の可能の確信という言葉によっても現わされ得るであろう  それの最後の完成への絶対の信仰こそ私の懐疑を退けた  それの現実の規定力との確信が私がいわんとする  それは女々しき病弱な拗ねた  それが正直に考察される  それを培い育ててゆく  それだけで自分もひとかどの哲学者になった  それの正当な解釈も知らず  それが全体の哲学体系の中でいかなる位置と意味とを占むべき  それをかってに解釈して  それよりもおまえの中に燃えていて  それは私が要求せずにはいられない  それより生れる  それの本質を有すると考えた  それは他に対しては固より自己に対してでさえ何物をも教えようとはしない  それを与える  それに向う  それの根柢へはいって行って  それの基底をなす  それの根柢を究めようとする  それは要するに空中楼閣に過ぎない  それが空中楼閣に過ぎないかのごとく見える  それに含まれ  それの根柢を究めようとしない  それは純化され  それに随う安静と平穏とからわれわれを光に照らされた  それはその庭の主人がいつも見ているだけで  それは結果から見ての  それが何だか却つて幸福のやうな気がしてゐる  それは普段でも時々一寸した  それは書いてなかつたのよ  それまで其処で本でも読んでゐたら  それは私の倦怠性に依る  それは反対になつてるわ  それあいけないな  それと一緒に私は情けなさうに顔を歪めた  それをあきらめなければならない破  それが在る  それを皆なして  それがとれたら返すといふ  それがいけないのよ  それは如何にも彫刻家が物のかたちを見極める  それを見てゐるといふだけの  それについて貴君のアトリエを貸して下さいませんか  それが忽ち乾いて  それはともかく僕も水に入る  それは僕がもう二三間で波打ち  それに漆がかっている  それが考え出せぬとすれば  それが民衆という限定を得て来る  それが原因として指摘されねばならぬ  それはまあ後にして  それが現代の日本の民衆とつぎ合わされていない  それと民族のあれこれの文化的特色から引き出された  それからすると  それを無雑作に日本的なものなどと云い放つから  それに歩き  それを視詰めてゐるが  それがあると思ひ直したからである  それまでに完成したい  それがスースーと上下する  それを持つてゐると  それを知つてゐると  それまでは禅堂のやうに静寂であつた堀立小屋がモーターの音凄じい作業場と変り  それはまったく解き  それが音楽理論の正統的なたやすく理解される  それを深める  それはこの場面になんの生気を与える  それだけとしてはべつに恐れないが  それを聞かしてくれた  それを固持した  それが沼の静かな水面に影を落しているという  それについてはなにも書かない  それがこの憂鬱症患者に与え  それをその安置所へ運んで行った  それは明らかに遠い昔の封建時代には地下牢というもっとも悪い目的に用いられ  それがアッシャーの足音であることがわかった  それを嵐に向って  それはこの家の小塔を圧するばかりに  それをアッシャーの好きな書物と言った  それはすぐ手近にある  それは吹きこむ  そればかりではないと答へる  それだけでもないと答へる  それが一番目立つからで  それだけが目立つ  それらしい言葉使ひがあり  それは前に述べた  それは間違つてゐるとも  それのみで人間の思想感情を的確に伝へる  それを求めるか  それまで観た  それは書く  それからあんまり過鋭な感応体おれを撲ってやりたいと思った  それから長い長い月日が流れたか  それにガラスがはめこんでありました  それを押しひしゃげたり  それは晴れわたった  そればかりを思っておりました  それにあと一伸びすれば  それだけで満足しますわ  それにのこぎりの歯でひどくいたんでしまった  それをかごのなかへほうりこんで  それからすぐに合奏を始めました  それかと言つて何時まで生てゐる  それを書きたかつた  それを何より知りたい  それは現実があまり切迫して  それは特殊なものとしてうけ取られていた  それをただ昔のものとし  それとたたかっている  それを拾って見ると  それが土台になって  それまで自分を生かして来た  それから毎年のように訪ねて来たが  それが私の家の戸口に佇んで居る  それとしての必然に立って  それが生活であるという真面目な光りを浴びている  それが公約であるとは知らず  それからも荷がなかなか届かず  それも消えて  それを現実に見た  それで気をまぎらせてゐた  それに任せて置いて  それを見つめて居た  それがいつも今頃帰る  それは土間になっている  それを免職と云えば  それは一週間ばかり後に天子様が学校へご臨幸下さる  それが自分の才能ででもある  それも製作技術の智慧からではあるが  それなどは少しも無くて済む  それと定まったら  それは一々取っては抛  それが果して成るか成らぬか  それがだまってねむってゐる  それは遂に白鳥として成長しずにはいられない  それは全部の十分の一にも足りなかった  それとして虹の橋のように美しくむなしく空に架けておいて  それが題材にされた  それに対して自主的であるはずの自分の生涯という問題にふれている  それと平行して  それが漸く治つたかと思へば  それを叔母様から手渡されたので寄ん  それを弁へたと見えて  それがまた発砲係りがあたしの役目と課せられてゐるので  それもすつかり慣れてしまつて  それも賞与と約さう  それを根拠にして  それは平たい星形の糸巻のように見えるし  それがこわれて  それはそれなりにまとまっている  それはいう  それはいって  それは長いこと黙りこくっている  それがこれからどうなる  それはだれにだって害は及ぼさない  それが生き残るだろうと考えただけで  それから三日四日と度を重ねて  それを手荷物へ着け  それを目印にして  それがそもそもこの因縁咄の起はじまりで  それまでは金儲けのことしか考えなかった  それに例の赤インキで三の字のはいった  それが皺をたたんだ  それと指さされる  それは食物店の屋台はある  それを食ったり買ったりする  それと浅く透かされて見える  それは私とて今までに一度だってその内部に入って見た  それはその内部に知っている  それが案内でもしてくれたなら  それを本当に味わう  それが同じ大通りだとは夢にも思えない  それは今でも何うかすると  それよりももっと大きいあの大丸の店があって  それは小僧をしくじってしまった  それは二人と並んでは通れない  それがその横に通っている  それから少しこっちに来て  それは当時十一になったかならない  それはああいう  それももう昔のことになった  それはずっと後になってからだが  それは私に取っては忘れられない  それは今日考えれば  それを電話で丸善から知らせて来たので  それは明治三十四年の六月の中旬だと思っているが  それが今ここのお上になっているという  それはその態度や声にはまだ昔の若々しさが残っているけれども  それもいわずに笑った  それじゃやっぱり向うにいい人がいた  それからそれへと出て行く  それも川向うとか井の頭とか丸子園とかいうあたりの静けさとは違って  それは通四丁目の大時計のあった  それが別な方へと行っている  それは平生とて人間や人生のことを考えない  それを混乱させた  それは主人夫婦はもうとうに死んでしまっているにしても  それがはっきりとわかっていた  それは本当にその衝に当って  それを自分の気質と思っていた  それを正当に推進させようとする  それについての当時の感想がもらされている  それは知識人とはいえない  それだからこそ人民は非人間的権力や戦争に反対してたたかう  それへの反抗はあらわさなかった  それを自分たちの行為として承認する  それはしばしば大きすぎる  それは日本の内にひそんでいる  それにこたえて  それにこたえる  それが際立ってみえた  それから逢った  それが高じて  それも稽古した  それを否まないだろう  それを目あてにして  それを目当に自分の家に還  それを待ち迎えて祀る  それは容易に否定は出来ない  それがとりまいてゐる  それと違ふ  それで満ち  それを他の人に見せて  それに接尾語を呼んだ  それが語尾に対して副詞的の位置をとる  それも前半期以後は全く途絶えてしまっている  それに対する反ファシズムの動きは自然その犠牲とされる  それを宣伝した  それを追ひかけて  それをふくらまして  それに乗り込みました  それにちがひはございません  それを邪険に追い立てて散らしている  それによって学界の動向などが知られる  それを公にした  それが続いた  それによって何を知ったかは  それを通読したか  それを読むだけの  それをおもしろく思い  それすらおぼえていない  それを引きうけられた  それに含まれていたかとも思う  それによって説明のできる  それを歴史の動きの一つとして叙述する  それに力を入れて書く  それに適応する  それに導かれて  それを得ようと思った  それが武士道についての定説のようにいわれたので  それより前の時代に溯って考えねばならぬ  それに現われている  それに関する書物を読む  それに費した  それによってぼくの思想を養うには  それに親しみをもっていたし  それを生徒に話した  それを主なる資料とし  それもまたこのことを助けた  それをきかせる  それを引うける  それを取扱った  それを一々いう  それは若い時からして来たし  それは簡単には書けない  それは一理がある  それとしては解決のめどもないように思える  それはこの集に収められている  それまでをことわる  それは英雄ルスタムとその息子スーラーブの物語を描いた  それを二階の窓の下につき出た  それはいつか失われてしまった  それを客観的に再現する  それを見のがさず  それははっきりわかるし  それに鼻端を推つけたが  それはそれは遣  それが何日だか何十日だか矢張解らない  それが妙な凄じい響きになつて聞える  それは私が贈つた  それが瞬く  それを壓搾して  それだけで足らず  それがこれまでのような富裕な階級に生きる  それを社会的な生活条件によって基礎づけ  それを書かずにいられなかった  それとはまるでちがった  それは私がはじめて書いた  それはすつかり  それとは反対な卑俗極まる  それも藤岡の祖父に当る  そればかしの傷はなおってしまうだろう  それだから日本の薬は信用ができんと言う  それも雑誌社のお許しを得て  それに地平も加えて  それだけを握って  それもいたし方ないとはいうものの  それが病みつきになってしもて  それともうひとつ想いだす  それと気づかぬ  それを私のせいにしました  それを父の冷淡だと思うくらい  それもお喋りな生れつきの身から出た  それに飽いてしまうという  それがこの世の中に生きて行く  それもできなかった  それがすんで  それから阪和電車の線路伝いに美章園という駅の近くのガード下まで来ると  それより車の先引きをしないかと言う  それを引っぱって  それを一銭に売る  それを聴きつけた  それを新聞記事にして  それは省略しましょう  それに秋山さんははたして来るだろうかと思えば  それは私も言おうと思っていた  それはこの話し  それは肩に暖かい日光が降り注ぐ  それは半ば私に聞かせる  それには同感できない  それから一年もたつてからの  それまで神妙にポオズをしてゐた  それさえ我儘をさしちゃあおきませな  それまでにもかれこれと年季を増して  それからは知りませんよ  それに上を越す  それだからこうやって  それだけをみとめる  それをみつめて居る  それを力まかせに張りとばす  それを言葉で言ひ  それは電光のやうに私の心をかすめて  それは此の記事をよむ  それを神經質的良心と名づけて居る  それが先生を一種の得體の分らない  それはもちろん赤熱した  それは醉からさめた  それを信じて疑はない  それに責められる  それを胸に抱きしめて居なければならない  それを恥としない  それを言はずにゐる  それをどうにもする  それをかんずる  それを心から祈つてゐる  それは現實の世界では到底想像する  それは人間の常住する  それは丁度大きな磁石が鐵の碎片を吸ひつける  それは今の私に殘された  それは私にとつては悲しむべく  それこそ私共の求める  それこそ私のやうな虚無思想家が信ずる  それの眼界にひらけるであらう  それは全く思ひ  それに少しばかりの日があたり  それに日ざしが  それを実験する  それが夜風になびく  それに圧しつぶされかかった  それから這いあがる  それに蝋燭の火を入れて  それをそのままにしては置かれないので  それが昔から掘られてある  それが何分にも気にかかるので  それらしいものを見いだせないばかりか  それが晴れる  それが最初にころげ込んだ  それへと探しまわると  それは極めてありふれた  それに吹かれながら  それが解き  それをわたしの父に売り渡した  それは上総の御親戚にあずけてあるとかいう  それを今日になって  それが成功して  それには親戚の者どもの反対もあったらしく  それへと流れ渡った  それを探してみようとも思わなかった  それを取るのに  それから矢張り泊り番だった工夫の三人ばかりとで取  それによるとけ  それは二三間手前でわざわざ車を止めて  それを証言する  それは立って歩いている  それらしいところを掘りあてて見ますと  それから人の匂ひが  それの吐き出される  それも縫ひ直しの  それが却て得意にも思はれるので  それがひやかしでも  それに味方を得た  それも俗な男に好かれ  それが何のことだかわからなかつた  それについて別段夫の言葉や態度は予期してゐなかつた  それを引返さうと試みれば試みるほど  それは今の今まで思ひも寄らなかつた  それの詞章の中から脱落した  それから類推せられる  それをもどく  それを拾ひ上げると  それを形態化さうなぞと思へばこそ  それで批評だの学問だのと心得てゐる  それはいず  それは今にして  それはいずれも三十前後の時の戯れで  それは中山の駅であろうと思われた  それは古びても  それは小びとたちの遊ぶ  それから四年経つて  それをたべながら  それが兵卒のつとめだ  それを眺め入った  それは紙の出どころが違う  それを自覚していた  それを思って  それが如何にも軽蔑さるべき  それを取調べなければならなかった  それを記入する  それは弱点ではあった  それにやられる  それが頭にひらめいた  それで知っとる  それが嘘であることを感じていた  それはとびこんだ  それを遮断しようが  それに西洋人得意の独断を交えて  それに思い思いの住宅が構えられていた  それ故に田舎町にしては  それを越して眺められる  それを胸の前で頻りに振り廻していた  それを一々自転車に乗って尋ね廻る  それが私に許されねばならぬ  それでなくても現実の脅迫が強すぎた  それがともかく逃避出来た  それに雁江は相手がやはり努力して  それに気づいて  それは街にまで延長されてゐた  それも止むを得ない  それが何時だったか間違って掛け  それはまた今度の事にして  それが決して諸君の音楽鑑賞力の疵にならぬ  それにはちゃんとした  それがリュトムスや何やでよく統一されている  それはかえって鰻の蒲焼を西洋皿に盛って  それだけで鑑賞せられる  それでさえその時代には物珍らしさに興を催した  それが現代人の趣味に適って  それを貫かなければならない  それが利潤機構であるからというだけでなく  それを波のように覆いつくす  それが顕著に現われている  それとは全く異なっている  それ故にモルトケ戦略の鵜呑みが国家を救ったとも言える  それは実に日本陸軍に至大の影響を及ぼし  それが一致団結して  それに対し何も言った  それまでの数十年はバラックの生活をし  それは張作霖爆死以後の状況を見ると  それとは根本を異にし  それは約束と違うと思ったが  それに要する  それが国防の根本であることを堅く信じて来た  それは日蓮聖人の国体観が私を心から満足せしめた  それはあまりに劣っている  それが最も根本的の問題である事は疑うべからざる  それは文明の進歩に依り  それには前に述べた  それもやっと素材の整理をした  それであるが如くドイツ側から放送されているが  それは戦争の絶対性を欠き  それは一に持久戦争に於ける  それは特殊の事情からする  それには大王の優れたる  それはナポレオン当時の軍隊は通信不完全で一々伝騎に依らなければならないし  それに非常に似ていた  それに遥かに及ばなかった  それも固より大勢を動かすに至らず  それを読んで見ると  それもこの計画の責任者とも云うべき  それを許すべくも  それに歩工兵の密接なる協力に依って  それに劣らぬ  それだけでも屈伏するだろうと考えていたが  それも地上作戦でなく敵国中心の空中襲撃に依る  それが組織的であればあるほど  それが破壊的であればあるほど  それは国民のごく少数の特異層を除けば  それはごく直接に戦闘に関係した  それを含めたりせざるを得ない  それが専門的な研究発表や何かでなくて世間一般の読者を想定する  それに直接連関のある  それに基いた  それを一生懸命に探す  それとても決して本格的な社会分析に基いている  それが出ないと  それは今後の日本国民の戦争活動に対する相当冷静な理性の若干を反映するだろう  それを述べて  それを愛用した  それによつてだまされたものの  それは興味の問題ではないといつてしかられるかもしれない  それは必ずしも私が確固たる反戦の信念を持ちつづけた  それも私にはわからない  それに適当した  それは自由映画人集団発起人の某氏から同連盟への加盟を勧誘する  それがわかるまでは  それももうどうなるかわからない  それを許すだろう  それを数十倍数百倍にして返すだろう  それは方法が非常に兇暴になっている  それを肯定している  それについては大西洋の気象という事が重要な問題になる  それに含まれてゐる  それを女に見せない  それに気付いてゐる  それが分らぬ  それが二人の心の型をきめてゐる  それを意識してゐないであらうが  それよりも驚いた  それは不思議でもなんでもありません  それは後に知った  それは我々人間が河童を捕獲する  それだけは不便に思いました  それは僕自身が彼らの間に住んでいた  それは僕の油断を見すまし  それもほんとうのところは追いかけずにはいられない  それはみんな食ってしまう  それは騒いでも  それはちょうど家々の空に星明かりも見えない荒れ  それをだれだと思いますか  それをまたどう間違えたか  それだけでも始末のつかない  それはあきらめる  それは君もまた俗人のように耳を持っていないからだ  それはロックの目から見れば  それだけで河童は死ぬ  それは死刑ばかりではありません  それだけでも憂鬱になり  それはニコライ堂の十倍もある  それはこの大寺院へラップがめったに来ない  それはせっかくの長老の言葉も古い比喩のように聞こえたからです  それもまた不思議ではありません  それからだんだん年が若くなり  それだけでは安らかにはならない  それはお前さんのここへ来た  それでも困った  それはいつの間にはいってきたか  それからちょっと消火栓をあけて  それも月のある  それを着なければならない  それが欧米人の眼から見て  それも天下に定まる  それを鳴らし  それをひどく気にしながら  それを見物にでかけた  それが甚だ怖しくもあるという  それを訊く  それに及ばざる  それは刑務所の観念と結びつき  それを表現せずにはやみ  それが漸次に發達して  それを支那文化の養分に依  それがどうして出  それが段々芽を出して  それが寄せられて  それが段々太陽系の學説が進歩して  それも單に支那の土地を通つて來たばかりでなくして  それが初め西或は南の方に開けて  それが揚子江の沿岸を刺激して  それは一しきり中學校の教科の中から東洋史といふものを無くしてしまふといふ  それだから日本文化の起原とその根本を知る  それが果して中るか  それであると思ひます  それを吸收して  それだもんだから本当にひどい本まで出ているという  それは決して積極的な意義はもっていないと思える  それが絵画の真の発展にどう働くかという  それをまづ初めに掲げます  それはここでいちいち数へあげる  それに頭をとられすぎて  それができるといふ  それが当てはまる  それをするならば  それをやり遂げる  それは他から命令され  それが観取される  それがあまりに早いことを恥ぢなければなりません  それは西洋風の歪められた  それを嫌ひ  それを云ふといふ  それを扱ふ  それを用ふるといふ  それに払ふ  それに不安を感じたり  それは言葉の深い意味を解しないからで  それが見られます  それがはじまつた  それを示さないといふ  それが何かの機会にふと相手の心に通じる  それが押しのけられ  それが目立つ  それは純真そのものを語るとまで  それによる思はぬ  それを予め感じれば感じるほど  それを逃れる  それを深く味ひ  それが実際に傑れた  それだけを愛し  それが何時でも危険なわけではありませんが  それを魅力のある  それはもう芸術家の傑れた  それは少くとも裁判官の責任ではないと思ふが  それは自分の人生を観る  それは文学に親しむ  それが行はるべき  それはそれで他に参考になる  それと重なり  それは俄かに返答はできません  それはそれで思ふ  それがどんなものかもわからずに  それを創り  それに僅かの回教があるだけです  それよりも重いと私は信じます  それを聴きながらも  それを無視しようとする  それは日本軍による香港入城式の録音放送を聴いてゐた  それが直接彼の皮膚を灼かなければ  それならば十六歳から二十歳の若い人々がめぐり合っている  それと並行する  それに対蹠する  それがわかっている  それは国際法で侵略として禁じる  それが事実であるよりもぼんやりとしか理解していない  それが国際的な軍需生産者の独占資本に使役される  それはなくさなければならないという  それを最初に使用した  それについて考えていない  それだけではまだわたしたちがきょうに生きている  それは可能であろうかというようなおろかな平和論をもっていただろう  それのもたらす  それを実現すると  それが便利であるかも知れぬ  それに附属するへ  それに代るに  それに附随する  それが歴史的な全人類につながる  それに反逆する  それを人倫と称し  それを人情と称している  それを疑る  それが国家の自衛及び発展上欠くべからざる  それは至芸と呼ばれる  それが現れてゐて  それは単なる過去への執  それとは非常に違ふ  それを用ひる  それが如何に綜合の美に富んだ  それはそれとしての洗煉された  それはそれとして反省の機会がありませう  それがわれわれの生活の能率と健康と品位とに及ぼす  それは誰も教へる  それをまた嗤ふも  それとがあります  それを処理するのに  それに慣れ  それはもう趣味の領域から脱け出す  それに没頭する  それに徹してゐる  それを受けとるといふ  それを差出す  それはもう凝つた  それが相手に通じる  それで満足するか  それに口上を添へる  それが繰り返される  それは生命への執  それをすぐ様混乱だとする  それは孫文後今日に到るまでの  それが天主教的制限を有っていたにせよ  それが直ちに両者の間のギャップと疎外化を意味するとは限らぬ  それはそれ自身を固執する  それが不可能ならば少くとも他の文化イデーに喰ってかかったりする  それは前にも述べた  それが徳川期に於て特に典型的に色揚げされ  それが教学で観念であることを識る人は知っているだろう  それが支配社会のための文化的イデーとして社会的実在性を得た  それの反作用として教化者自身に文飾的人格的人道的な権威を齎す  それが少しも民衆自身の文化イデーにかかわりない事はすでに述べた  それを諸君に訴えて  それが嘘であることがわかっていた  それで助かる  それを忘れていない  それからそれへと伝わり  それだけで引き  それは不思議でも何でもありません  それは後に知つた所によれば  それだけは不便に思ひました  それは僕自身が彼等の間に住んでゐた  それはどう考へても  それもほんたうの所は追ひかけずにはゐられない  それはみんな食つてしまふ  それは騒いでも仕  それは丁度家々の空に星明りも見えない荒れ  それは一つにはその倶楽部はトツクの属してゐる  それを誰だと思ひますか  それは寧ろ仕合せでせう  それは君も亦俗人のやうに耳を持つてゐないからだ  それはロツクの目から見れば  それも自殺と云ふ  それはこの大寺院へラツプが滅多に来ない  それは折角の長老の言葉も古い比喩のやうに聞えたからです  それも亦不思議ではありません  それはさうかも知れない  それはいつの間にはひつて来たか  それが自己を包含する  それは立所に滅亡する  それから直ぐ村へ走  それを香具師に売れば  それは妙案だというて  それに追随させようとしている  それが当然受けるべきだけ  それ故詳しく具体的に見れば  それが泉であればあるほど  それだけをお斷り致しておきます  それには少々譯があります  それは友人の黒板博士が大覺寺の遠忌に就ていろ  それは凡て省きまして  それは全部日本人の考へによつて生じたといふ  それが日本の思想の上に著しい關係を持つて  それは一面においては日本内部の社會革新機運となりまして  それは單に自然に社會状態からしてさ  それを承らぬで  それで澤山だといふ  それには御滿足なさらないで  それはあとで申上げるとして  それを本統に研究する  それは誰かといふと  それより更に新しい思想で解釋した  それは何かといふと  それが花園天皇になると  それは自分らの取らぬ  それは世尊寺といふ家でそれが書風を統一して居つた  それを根本として書いた  それが日本に來て親房が見られたか  それを承知して居つたので  それに仕  それから西園寺内大臣實衡といふ人と禁中に宿直した  それは消えるべき  それを言ひ出すといふ  それが信仰であつたらうと思ひます  それが根本になつて其頃文化の獨立といふものが出  それが中古以來代々の家柄にやる  それに適當した  それが詰り  それも失敗した  それを懷良親王が見られて  それを度々來るからうるさいといふので  それにはいろ  それをいわゆる部落民の誇りとしている  それは世の侮を防ぐ  それが及んで行った  それが一般に及んで  それが過まって  それらしい素振りは見せずして  それは一般仏徒から認められた  それを陳列しようと  それは見方があって  それ故直観から美しいと感じた  それを美しくしている  それがいかなるものであるにせよ  それは正しいものと間違った  それはこの民藝館に陳べてある  それがどれだけ美術的であるかによって評価されてきました  それは実に美術的なる故に美しいというより  それがどれだけ工藝的な美しさに入っているかで  それが我々の心臟から出  それをねらつた  それはサーチライトになり  それに乗せて  それで酷く気の利いた  それしやのはてが姿をかへて住まへる隣りの  それで足りると思ふ  それを絶版にする  それは物の感じ  それは註釋のない部分は凡て現在の意見と合致するといふ  それが恐ろしい顎を海にぺたりと漬けて  それは待たなくてはならない  それはちよいと分からないな  それに調子を合はせる  それが貧乏な鍛冶職の娘のユリアと云ふ  それはどうしても物持が貧乏人に沢山くれる  それを出すのに  それはお前方のやうな人達が此世界に生きてゐたと  それより情死の事由を列ね  それは此の部屋につづく隣りの  それが一年のうちの或る限られた  それが小堀遠州の創意でないといふ證明がつけられ得ようか  それは書院から松琴亭の方へ池づたひに行く  それに吹き入る  それには刈込もされたであらうし  それは靈魂の拔け去つた  それに求める  それについて思ひ出した  それをおびやかしてゐたりした  それを飽迄も大切にすべき  それが習慣となれば  それに励む  それは決して其結果によって打算的な仕向けをするという  それは私情の憎みや  それを表わして置きます  それが自分の現実とはなっていない  それははっきりとして  それとこれとをきりはなして  それに衣装を着せたり  それにつれて上下へ動く  それは泣きたくなるくらいな  それを掌でもみ合せながら  それは赤字となっている  それさえも半額ときくと  それで賑わう  それはちと話が違うでしょう  それはうちへおよこしよ  それは善い事を伺いました  それが返って  それは誰も知っていません  それを琵琶湖の上へ浮かせて  それに針や糸を渡し受取り  それが大変に丁寧な言葉を遣っている  それに泡だつ  それより上は全くの神斧鬼鑿の蘇川峡となる  それが同じく緋となり  それもどうやら怪しくなつて来る  それは閑雅な灯のちらちらであらうと思へた  それぞと思ふばかりで  それがやがては褐となり  それはよく心掛けている  それに向かないばかりか  それに気がつかず  それを得る  それから数日経って  それをとどける  それをたどって行き  それが区分けが出来る  それならば小振りのものが味がよいといって  それこそ煮ても焼いても  それもやかましくいわねばなりませんが  それを貴ぶ  それを盛る  それは生きた  それは美術に対する要求が満足するからです  それは壁にかけられている  それによってこの永い年数が自記せられる  それはとても信じられない  それは日本が文明に遅れている  それこそ料理人の恥辱だぐらいに考えているであろう  それが身についただけは  それが根本になっている  それを幼稚でない人間が口にしている  それで仕事は丁寧なり  それじゃあ口でも利かされた  それも何幾干かあり  それに女にかからずね  それじゃ愛想を尽しましょう  それだのにしばらく仕事をさしてもらおうという  それを嬉しがって  それがまた似合う  それがために浮身を窶し  それの狭められる  それさえ人柄に依って  それなれば別にお会い下さるにも及びませんですよ  それと推した  それへ差出す  それも心懸  それは渠がかねて  それをまた親の敵ほどに癪に障らした  それとはなく尋ねた  それだもの困っちまう  それへ掛けた  それがどうという  それだから常日頃いって聞かさない  それならば死んだ  それについた  それだから飛んだ  それなりけりでも構いませんが  それには団扇が乗ってるばかり  それはもう禍の根を断つ  それが猶予ったので  それもこれも瞬く  それが分りますと  それも方角が悪いといって  それがためにと申立てるが  それで助かったと思いますよ  それから明るくなりますぜ  それが三晩四晩と続きましたね  それでなくってもまた来た  それをお前に上げましょう  それじゃあこれをお記念に頂きましょう  それと分ってからは  それが頼まれもせず  それから一年くらいはその寒暖計が風呂場のどこかの隅に所在なさそうにころがっていた  それがよく呑み込めていれば  それまでは何度読んでも  それによって明らかにする  それにはかかわらず  それはちょうど野蛮民のそれと同様な超自然的なものであったに相違ないと思われる  それが主要動であると思っている  それに朝夙くから午過ぎの今時分まで何一つ口へ入れるでは  それはとても長い時間のやうに思はれました  それが未だに発売できずにいる  それが阻害され  それが急速度で廻転し始める  それを浮かして見る  それを取上げて見る  それをまためくると  それをつくづく見ながら  それがわからんか  それを観に行く  それを避けるには当らない  それもまた無理に画面で現はさなくてもい  それをお受けした  それに取合せる  それが裳長く床几に掛けた  それを本紙に写し掛けた  それも二度三度となると  それを一々腹を立てて  それが廻り廻って  それを実行に移してゐた  それも目立たなく  それが一体であるという生活を意識的に実現したい  それを明らかに意識すると共に  それが個人及び世界人類の幸福となる  それを今一段進めて  それは愚かにも国民生活を偏重して  それが或限定された  それを濫用して  それは敵も味方も包容した  それはきっとそれらの主張者である少数の青年学徒たちやそれを共鳴する  それが社会の各部門における代表者たちの生活に何ほどの刺戟と利益とを与えているかと思うと  それが改革運動となって  それは後藤氏の労働から収得した  それは一般人に対しては小学の修身読本においてすら厳禁されてある  それは纔に文字に表現するまでの  それを受容する  それに教育界以外の同じく青壮年の識者をあらゆる社会から代表的に選択して  それがこと新しいことのように叫ばれる  それによって知られている  それに迎合追従し  それがために学問的の研究が政治的権力と乱暴な気ちがいじみた  それが起すべからざる  それを長びかせた  それを叫ぶに  それを主とし  それを固執する  それに触れる  それと結合する  それを粉飾する  それによって国民の思想と行動とをその上に立たせようとする  それがすぐに大なる効果を生ずるには限らない  それにわずらわされもしようし  それによって何らかの成果に達するまでには  それが或る程度にできているとするにしても  それを理解し  それが何らかの形において正しい知識の理解を拘束するであろうからである  それを一々ここで数えたてる  それを尊重するので  それが学界の定説となっている  それが古典の記載によって知られる  それに背いている  それを日の神とし  それとは一致しない  それだけを主張の根拠とするからの  それを少しくいいかえた  それによって上記の主張がせられた  それに恣な解釈をした  それはこの政治的君主が現つ神といわれている  それは多分アツタネによってはじめていい出された  それに加える  それを事実とする  それがそのとおりになった  それは実は政治の形態がどう変っても  それを永久に続けようという  それは事実できない  それによってその主張の無意味であることが明かにわかる  それは殆ど現われなくなった  それをいうにしても  それは学問的方法の理解の足らぬ  それを一々合理的に解釈しようとする  それには他の民族と人種を異にする  それによって上代の歴史は何ごともわからない  それが形づくられたか  それがためにどれだけの世代と年数とがかかるか  それが事実であるとするにせよ  それに奉仕する  それと同じ意義に用いられていたので  それに対していう場合の臣と民との区別はなくなり  それを解する  それがこの場合に思いよせられている  それによってシナの政治は家族的であるとするならば  それによって示そうとする  それと背反する  それと日本の現実の状態とを弁別する  それが建国の初めから定まっていた  それによって規制せられていた  それが強くも明かにもなった  それが考えられていたけれども  それは中世のころからはじまり  それには儒教思想に由来する  それを上代からの風習のように思う  それは神社において何ごとが行われたかを  それには神を古人とする  それは朝廷のこと治者の地位に立っての  それを国民全体のことででもあった  それはソガ氏の権力を得たよりも  それを解釈すべきであって  それを理解すべきであって  それを見てはならぬ  それはどこまでも物語であって上代史ではないことがわかるという  それと連接している  それは全くの誤であって  それに表現せられているから  それを無価値のものとして斥ける  それだけでは歴史を知るに  それが史料として用い得られるからの  それに記されているとは限らないからである  それについては偏僻や誤謬や虚構やがやはり一つの歴史的事実であることが考えられる  それを知ろうとするには  それと同じであるように考えられるならば  それを取扱う  それにつれて違わねばならず  それが自然科学者の自然界の取扱いかたと同じではなかったにせよ  それを今ここで列べあげる  それに恣な解釈を加えて  それによって何らかの見解を立てる  それをうけついだ  それにあてはめて  それを変化させ  それが生じたかの  それがはたらいて来たかの  それの生ずる  それを或る国民の生活にあてはめるという  それを用いるには用いる  それから派生した  それによって人の生活に一層深き理解が与えられ  それだけで歴史の全体もしくは真相が明かになる  それが痛いところを突いた  それをうけている  それが縦にしてある  それと心付き  それを許してもみましたが  それを娘に談すと  それも一度実家を出でて  それから早速自分も駈けつけて  それが厭だから己の代りに彼の弥吉の馬鹿野郎を遣つて  それに此頃は生意気になつて大分大人にからかふてえが  それを国へ持つて  それで往け  それは誠に恐入ります  それから早く掛物を出して見せなよ  それが近頃緩んできた  それを感ずるだけだ  それは何も俺の生活が安価になった  それは何も自分の過去を安価なものと思うからではない  それだけで安んずる  それは全く色彩の異った  それが俺の心に触れた  それから小さい流れの岸に立つと  それに映じた  それを読み下して  それに答弁しないで黙ってしまった  それから暫く口を利かなかった  それもやがて忘れられてしまった  それも多くは単なる社交的の挨拶にすぎない  それをじっと見ていたが  それが発覚した  それから判断する  それはどうだか分らないが  それと察知した  それは黝んだ茜色に光っていた  それに食物が一番大切なそうでありますから全く困りきって居ります  それでどんな仕事も厭わないと云う  それは助かる  それは私には分りません  それを願う  それが何であるかは矢島さん自身も知らなかった  それよりか皆でゆっくり東京へでも遊びに行こうじゃありませんか  それをおし頂いてから  それはあったかも知れない  それをやられなかった  それは古い礼拝堂の廃屋の中に立ちつくした  それに浸りながら  それが何であったかは彼自らにも分らなかった  それは大変な寝坊が居る  それに馴れる  それに平田が独り者なので一層そこらがごたごたと取りちらしてある  それから突然云った  それじゃ三人で行こう  それじゃあ参ります  それが何だか俺には分らない  それはよくそう思います  それをしいて払いのける  それは一瞬間のうちに過ぎ去った  それを宿している  それは明るい昼の光りに  それに松があしらはれてゐる  それを門松の代りに立てる  それに根がつく  それを防ぐべく  それを群臣がまねて  それを折りた  それが羨しくて  それは不思議といへば  それは黒ずんだ  それが来ると  それが朝の空に聳り立つてゐる  それも忘れてゐたが  それから香林坊にゆき  それが活動機関を構成する  それは全く怖ろしい  それは何処となく凄味のある  それを善意に解釈するなら  それを悪意に解釈するなら  それを自分の魔術師の指のように器用な手先で直ちに臨床医術に応用しようとしたらしくも思われた  それを実験台に載せる  それが悪ければこの研究は抛棄するまでさ  それを言葉では云わないだけに  それが博士の手で博士一代に完成する  それは何れも七八斤ほどもあり  それを眼の前にして  それは博士の令嬢が首のところへ腫物を出したからであった  それは放っちゃ置けない  それは参りましょうが  それじゃ参りましょうか  それを人形とは感付かないで  それを彼が気付かない  それは二片の豚肉を与えて  それに岡埜老博士が続いた  それを云い出しさえしたら  それには相当の時間がかかる  それも出来なかった  それから葬らなければならない  それはどうぞお使い下さいまし  それが飛んだ  それがこれから訪ねようとする  それを姓にして  それを引き止めて  それは主としてハヴィエル以下第一線に立つた  それは公開されてない  それがそつくり修道院の建物の中にそのまま保存されて  それを助けたり  それは昨夜の酒の肴の残りものではあるが  それに着手しているし  それが哀訴する  それに酒が少し触れた  それから温く私を包みこんでくれた  それを誰かに訴えたい  それはいったい何を意味する  それだからと言って  それさえ普通のと違って  それを伝へる  それを穏かに制した  それを横より見てゐる  それは一に此の圓心禅門といふ人の発願による結果でなくてなんであらう  それと思ひに耽る  それに椎茸が生えて居る  それからこつちは  それは其後の鎌倉の修業もありませうし  それを誰も手をかけてなほしてくれる  それを一人坐  それは出来  それが理窟にあつて居ようが居まいが  それは種々様々に変形し  それはお念仏を申すとか  それを右の手に持つて  それはお大師さまの勢力といふものは素破らしい  それに小さい拍子木がはいります  それからだんだんと虫は啼き出す  それは無暗と生えて居る  それは色々様々な虫が鳴きます  それすらもよく解らない  それは実に見すぼらしい  それは今思ひ出して見ても  それでくたばる  それから一日仕事をして  それはスツパリした  それに引かれて  それに接吻しようとしたが  それは旅に行く  それを取ろうともしなかった  それから一本の槍をつかんで  それに腰を掛けて  それに官吏といふものは皆馬鹿だと思つてゐる  それは誰だつて死ななくてはならないからです  それは今まで馬鹿で了簡の狭い男だと思つてゐた  それを考へなくてはならない  それは死刑の宣告を受けた  それはさうだらうと思ふ  それに第二にどちらかと云へば人間に親んでゐる  それは只空虚な言語に過ぎない  それに死ぬる  それはさうです  それが獲られない  それは遁れられはしません  それは好く  それを判断する  それは知りません  それがあるとしても  それはサモワルの横つらが燈火の照り返しで光つてゐるので  それが今どこにゐる  それをこらへて  それが段々ひどくなつて死ぬるだらう  それにレオニツド・グレゴレヰツチユが市中にゐない  それを受け取つて  それをあの先生はもう味ふ  それが己の中で発動すれば  それを續ける  それが偶ま訪ねて  それを忘れなかつた  それに慣れては  それが近所の安淫賣だつたと云ふ  それを傍から見てゐた  それを続ける  それが偶ま訪ねて来たいた  それが近所の安淫売だつたと云ふ  それが彼のはひる  それからすぐに陣痛がだんだん烈しくなって来まして  それをさへ切る  それは神か悪魔でなければならない  それよしと裁可したれば  それに外れたりとて  それはこの問題を解決する  それに気がつく  それを見詰め出したろう  それが不自然なやり方だと云う  それをうんと研究してみたいと思っている  それをお話する  それからさきにすすむべきでは  それをあなたにかけてみたいと思ってる  それはどう云う  それはつまり他のものの投機をやる  それをお話ししましょう  それをすっかり飾りつけて  それは私がやります  それは毎日夕方になると  それよりももっと私を驚かした  それから恐れとでした  それを取りに  それから一歩でも近よってみろ  それよりもっと太っていたらしく  それをポケットの中にしまってしまった  それから首をふった  それが偶然にもブレシントンの毎日の規則と合ってしまった  それだからこそ彼はそれを隠して知らない  それはたしかにそうかもしれないね  それは最初に考えたよ  それはブレシントンの長い寝  それは上衣のポケットの中にありました  それは君も知ってる  それは僕たちが発見した  それは例のロシア貴族とその息子とに化けて来た  それから若い男はそっち側にいて  それをしっかりそこにくくりつけた  それがお分かりになった  それから五人目の男はカートライトと云った  それを打ちあけなかった  それを漏らす  それと指定できない  それと思い合わせるならば  それより世人に広く読まれているか  それは時代の風潮がさう思はせただけで  それは例外であらう  それを会得するまでには  それが却って悪るかった  それと着換える  それを籠の中へ押し込んだ  それが入学許可の通知であると知った  それまで見て見ぬ  それもこわれかかった  それは大蛇でノタノタと草をないで私とはあべこべの方へ這って行く  それと同時に止めても止らない  それをきき分けて  それよりも幸福なのは偉大な力をもって  それを思わずには居られない  それを今私はめぐみの深い二親も同胞も数多い友達も血縁の者もある  それが私の身に取って  それに手を持ちそえて  それを静かに引いて  それにそえては  それをよけい美くしくする  それを信じて居る  それがきたならしい子だったら只もう不愉快な感ばかりになって仕舞う  それは親同胞でなければ出来得る  それが動き出して来る  それが力つきて  それをするには  それを述べて置かぬと  それは斯うであると云ふ  それが腐つてしまふと  それが模範になつてそれを廣く  それならば新しい道が出  それを古學者連が刈除いて  それには先づ舊街道の荊棘を除いて  それは自然に行はれて行く  それは教育が遍く行はれて居らぬ  それを公認せられたい  それは教へなくても宜しいと云ふ  それを認めてやる  それを使用する  それを誤には  それをつきころしていた  それさえ気に留めずに  それは気楽だというものの  それに頭をなやまさねばならない  それがだんだんひろまり  それは意地の悪い眼を光らせるという  そればかり云っていた  それがとってもいい条件なので一応おはるを引取らせて  それは当然わかっている  それは濃いみどりの中にあさいみどりとえんじで  それが死んだ  それとわかった  それは済んだ  それをいつまでもいつまでも  それをとうから知ってた  それをさっそく買ってきていた  それはヤリガイのある  それもちょッとした  それが分ってきた  それはそれによって敗戦をまねいた  それはそれが果してチャーミングでありしことを傲然とシン公にうそぶく  それを書けるかときいた  それを表現しない  それが腑におちない  それは潮加減による  それに乗っている  それと反対の方角に走っている  それに泣いたので  それくらいつづいて  それが窓に移り  それを被り  それは新聞社から来た  それよりも叔父に買ってもらった  それから押入れを  それを真剣になって聞いている  それは立派な親孝行にもなる  それを女主人公にして  それは誰に話しても  それは複雑を極めた  それは私が十七の年であったと思うから  それを撫で上げ撫で  それと正反対に益々青白く瘠せこけて行った  それを両手で掴んだり引っぱったりして  それさえも飽きて来て  それについて探偵してみよう  それは二階の美人画とは全然正反対の風付きをした  それが小さい白足袋に大きなスリッパを突っかけながら  それを隠していたらしい  それが生み残した  それはシナリオや小説を飽きる程読んでいる  それは今の今までつつましやかにうつむいていた  それから二た月ばかりも経つと  それを充分に承知していながら  それから毎日毎日その計画ばかり考えていた  それにつれて本箱の抽斗しに  それから一箇月と経たない  それとは全く違った  それを助けてくれた  それを避けようとして  それをアブサントを台にして作った  それを見守りながら  それもさうだ  それはさうですけれど  それは此の次にしませう  それはその当時における国家の認めた  それを総称しては  それを中世には邦語で呼んで  それも雄略天皇の十五年に解放せられて  それだけが古代の賤民である如く考えられている  それに中間人たる雑戸の徒を加えるくらいである  それで天下の浮浪民が無くなった  それをもクグツと云った  それに満足せず  それを舞わす  それを訛って  それが西の宮の散  それだけでは聞き手の方が飽きて来るので  それによって縁起を祝った  それを聖人が非常に喜ばれて  それも史料が遺っておらぬというだけで  それを羨み妬むなど云う  それを東大寺に訴え  それが奈良坂の長吏の下に属していた  それが非人部落の名称となった  それがその執る  それ故に人集りのする  それ故に仏法者の方ではこれを排斥して  それが後には一つものに見られる  それが訛って  それがひどくなって来て  それも殺生せぬ  それを忌まず  それから数日間は遠慮しなければならぬ  それも時代によって相違があり  それを生贄に祭ったという  それがエタの種類であると云う  それは実に非人中の長吏の専職となっていた  それが人生に必要な皮革を供給すべき  それを長く放任する  それを承認しない  それに当てはまるべき  それを頼朝公が長吏支配の下に付けられる  それが葬儀を担当し  それを売ってまわる  それを穢れとして忌避する  それを古くから小法師と呼ぶ  それがいつの頃から着手されたかは  それは厳重に禁ぜられる  それが年を逐うて  それが判明せぬが  それに屈従しなければならなかった  それを区別したという  それが段々と圧迫を加えられ  それが幕末に近づいて  それが世襲させられるとすれば  それをもエタと呼んだ  それから内儀さんは云い  それは人間の精神力の神秘を解く  それが実際に出来るという  それが実際に出来たか  それを信用するより  それが事実であるという報告をされた  それに我が国哲学界の大権威井上哲次郎博士も信用され  それに対してヘルツは電磁波の振動数と音波の振動数との隔絶した  それは馬尾蜂という長い針のような産卵管を持った  それは今までの科学を放り出しても  それが眼に入るからで  それが物に当るから見える  それを感じさせる  それは全然見当がつかない  それを生物線と名付け  それが珍奇を喜び  それは凡そ考え得る  それが色々のデマの根源となり  それが再現するかもしれない  それを当時直ちに精細に論じ  それは人心の焦躁と無意識的ではあろうが不当な欲求との集積から生れ出る  それは何も科学の価値を損ずる  それは為政者の力でも阻止出来ない  それは各人が中学程度の科学を十分に把握し  それはやってみるまでも  それはやってみなくても分っている  それを幾分でも喰い止める  それに最初にひっかかった  それだけで立派に製錬が出来るので  それはアルミニュウムを使うからであって  それから十九日経った  それがどれも国難を救う  ソレから龍馬も江戸へ行つたけれど道中で万一の事がありはすまいかと  ソレを巻きつけ  ソレから港へ着くと  ソレから色々して居る  ソレを聞いて  それを便りに東京へ来た  それが面倒で陰れた  それはイキませぬ  それを凝視した  それから笑った  それがいつもより理知的になって  それを彼は自然的保健法と云っている  それも本名だかどうだか分らないし  それはみな女体を対象とした  それを捉えようとしている  それは女性から来る  それに調子を合せる  それは実行にはいってからの  それを思いついただけの  それだけしか話せない  それも無事に済んでしまったらしい  それくらいなことは知ってるよ  それを全部ゆだねて  それを連れて  それを彼は考えあぐんでる  それも大勢のお立て合う  それをほ  それで死んでしもたら  それが予備軍のくり出される  それが出征する  それが聴えんと  それが見えん  それに照らされては  それを堤としてからだを横たえた  それから夜通し何も知らなかった  それは僕に解釈さして呉れるなら  それを忘れかねた  それが友人の皮肉な寂しい顔に見えて来て  それが歌手自身の真心からの溜息であるかのやうに悠やかな韻律で響き  それで称び慣れても  それを私の個有名詞に用ひ出したが  それを脱稿して  それより他に夢も続かなかつた  それが相手までは届かずに  それは私の剣闘練習用の錆びた  それを頭上に振つた  それを投げ棄てた  それが周囲の人達の手に渡されてゐる  それにはカツコを附して  それは全く猛獣が眠つてゐる  それのやうに鍵なりに曲げた  それが判別が出来なかつた  それもかうまとめて讀み返して見ると  それは彼の話の中には決して出て来ない  それを欠かさずに楽しむ  それに鎧戸は塗り換えたばかりだし  それをなくさせてやる  それはともかく世間によく知られていて  それに有名でもあるし  それだけではとてもすべてを説明した  それは石を転がす  それは言っても  それがなぜかよくわからない  それを知っているからな  それを使っている  それを保管してはいるけれども  それが今や急に一変して  それまで永いあいだ彼の眼を遮っていた変り  それがどうかしたの  それの俘になってしまった  それを見ただけで  それを揺がす  それに凭れかかった  それまでに何十回もあった  それは我々が言わない  それは話したって  それから救ってあげられると思う  それを悪くはとらないだろうと思う  それをいじっていた  それを郵便箱へ入れに行く  それにはアッタスン氏の住所と名前とが書いてあった  それは何年も前に彼自身がヘンリー・ジーキルに贈った  それは別に珍しいことではありません  それはできませんと言いかけると  それを上ると  それを食堂にいて聞いた  それを警察へ見せた  それを君の手に任せたい  それで安心もした  それよりはもっとずっと重大な経験をした  それは違った  それも直接に聞く  それを当然な親切なことと考えるだろうから  それを熱心に調べた  それにどう考えてみても  それを比べた  それには我慢ができない  それにはときどき非常に悲痛な言葉が並べられ  それは私の沈黙を尊重してくれる  それには何かもっと深いわけがあるに  それはとてもできない  それはちょうど僕がお願いしようと思っていた  それをほんのちらりと一目見ただけであった  それがどんなことだかわたしに言ってみて  それにはまだ口がつけてない  それも不思議に思った  それから彼はアッタスン氏について来る  それが気に入る  それを階段の上に投げ出しておくという  それを弁護士は蝋燭の近くに身をこごめて  それをまるで紙屑のように私に投げ返した  それは大へん素速く逃げて行きましたし  それだけじゃありません  それを何と言ったら  それっくらいのことは私もちゃんと存じております  それを聞いて戻って来ますと  それがジーキルがかねて  それには博士の筆跡でアッタスン氏の名が書いてあった  それを開封すると  それだのにこの証書を破り棄てていない  それをお読みにならない  それをポケットに入れた  それは君自身で判断して下さい  それから五分間もたてば  それを一つでもはぶいたならば  それの重要さを判断する  それに錠前屋も殆どあきらめかかった  それに藁を一杯に詰め  それをキャヴェンディッシュ広辻へ持ち帰って来た  それには血のように赤い液体が半分ばかり入っていた  それには何かの差しつかえがあるとした  それまで一度もその男を見た  それを何かある  それと調和し  それを書き記すには  それがまだ敷布におおわれた  それに跳びかかった  それがまた前よりは少しずつ薄い緑色に色があせていった  それを装って言った  それをまるで病的と言っても  それがこの両面の絶え間のない闘争という意識に反応して  それの部分的発見によって私はこのような恐ろしい破滅を招く  それに包まれて歩いている  それを投げ棄てようとすれば  それに代える  それが命懸けであることを私はちゃんと知っていた  それは人間の死を来たす  それは自然で人間らしく思われた  それに自分の罪悪を行なわせ  それを行なったとは認め  それが一歩一歩せまってきた  それは何も大したことにもならなかったから  それと認めても  それから十分もたつと  それを一しょにやった  それを固守する  それにはたぶん無意識のうちに幾らかの保留を残しておいた  それをやはり書斎に用意しておいたからである  それまでになかったほど謹厳な生活を送り  それのような苦悶と切望とに悩まされ始めた  それが唸りながら出てきた  それによっていろいろの誘惑の中をある程度しっかりして歩み続ける  それに負ける  それがなくなると  それが投函されたという  それを書留にする  それまでの数時間のことを思い出す  それは生命の本能からくる  それが呟く  それを軽くした  それがだんだんと少なくなってきた  それを飲んだが  それは非常な用心と非常な幸運とが結合した  それを解き明かさしめようとしたが  それを彼の妻が読み  それの最初の出版から一年間に売られた  それと区別する  それを昔の戦陣訓の作者みたいに迎えているらしい  それだけが問題になる  それに目をつぶっている  それに気づかない  それが作者と読者だとするならば  それこそほんものの  それで勝ったと思っている  それとぴったり合う  それは人によっていろいろに言えるだろうが  それが民主主義の発祥の思想だと考えている  それを遵奉してきた  それと同じような運命をたどる  それを取り上げる  それが作家の本道だと信じて疑わない  それを自分の慧眼だけがそれを見破っている  それが大きい活字で組まれて  それを美徳だと思っているらしい  それこそ君に一番欠けている  それは芥川の苦悩がまるで解っていない  それの解らぬ  それは西応房と云う  それで咎められる  それに一所懸命に狙っておっては  それと知らないで  それが障碍になって  それはまたどこかの庭鳥がのんびりと鬨を作っている  それはどうして守られなければならないかを知らせる  それは思いがけないひどい苦しみを女の体にあたえる  それが体の外へ排出される  それは今ニーナが笑いながら  それを貰わなかった  それと同様に文化建設の仕事にも婦人労働者は大衆的に参加している  それがどんなに違うかわかる  それが厭だという抗弁も出来ない  それまでは知らなかつたり  それを愛情の表現と不可分に使用した  それに気付いて  それを償ふ  それを悲しむよりも  それを別の方向へ向けたり流したりできる  それをさしおいて  それは谷村の自覚の上では軽微なものにすぎなかつた  それは素子の肉体に対する嫉妬であらうと  それを死守する  それを欲した  それに就てもかう考へた  それに就て疑りだすと  それに補足して  それは烏がさした  それは一人の魂が媚びてゐる  それが当り  それを岡本が知つてゐる  それを見すくめてゐたが  それに答へてきつ  それを見せにくる  それは素子の肉体に話しかけてゐる  それを許さずに  それをワフタンゴフ劇場が上演した  それでなければコムソモール出の人々であるのを見ても判る  それがまた自らな円みを暖く抱いて  それで見なおした  それを言うくらいなら  それから四五日すると  それを言ったら  それにきめよう  それとまちがえられているらしい  それは言わずにおいた  それとわかる飛びだし  それが癇にさわったらしく  それが日にやけて  それを隠そうともしない  それらしいことがあるの  それだと思ってください  それと見せかけてある  それを脱げば  それだって恐れはしないが  それにおっかぶせる  それでおさまると言っている  それくらいなことは言うでしょう  それにはそれだけのわけがある  それが鉱山保安局の係長ぐらいのところにいるので  それにはそれだけの準備もいれば  それがひとつのポーズになっている  それくらいの値打ちがある  それを聞き流して  それがなにと理解する  そればかりをねがって  それも思召し  それはもうわかっている  それがあなただというだけの  それもやめた  それを無造作にテーブルの上に投げだした  それをやります  それらしいものを含んでいるでしょうが  それが日本のどこかへ落ちたとすると  それさえ自分に云わせると  それは何故かというと  それで終れりとしてしまう  それを恋愛は自由であるからとして放任して置くかというと  それだけが第一の問題となって  それは性慾から発生した  それで又健康であると思う  それが性それ自身のもって居る  それは社会人として第一に排撃される  それやあるだらう  それこそ話すだけ話してみた  それはどうでもい  それにちがひないが  それやおんなじことかも知れない  それで成功しないと  それを理由に首をきられた  それこそ一度におれの頭の中で渦を巻いた  それをも含んでゐる  それがまづいらしい  それをいはれる  それを知らん顔してはゐられまい  それができないのね  それこそ私の好きなように振舞わせて置いてくれましたが  それを編輯いたしました  それを私に口述筆記させました  それに次兄の近影も掲載されて在りましたが  それをちゃんと意識していて  それが皆一室に集り  それを読むなりけ  それを素直に悲しむ  それをばりばり破りながら  それは彼女に兎の目が宿っていた  それの如く舌がいくぶん長くなっている  それとほとんど変らなくなったという  それを保有した  それに気づいたというだけの  それが柔かに響く  それまで主人の知己の誰彼が外国から女を連れて帰られて  それによって自分の悲しみや不安を笑ふことは出来なかった  それがほんとうであったことが分かったであろうと思う  それから何年かたつに從い  それは世にもめづらしい  それだけで一かたまりをなしていた  それを数えていた  それで食えないで  それを何度繰りかえしても  それを力一杯にさき取ってしまった  それでいいものなどがいた  それを何より恐れていた  それにカムサツカで警備の任に当る  それを今流行りの  それが他方へ廻転してゆく  それと同じ色の不透明な海に降った  それが見る見る近付いてくると  それは硝子の細かいカケラのように甲板に這いつくばって働いている  それが片言のように聞えた  それは原始林の中に迷いこんで  それにつかまって  それが滝のように流れていた  それが起っている  それに縫いつけられた  それで切れてしまいました  それをモット確実なものにする  それとカッキリ一分も違わない  それに周旋料を取られて  それが始めて分った  それが返って来なかった  それは工場で怠けている  それには若し川崎船が出ていたら  それは間近に来ていた  それは無駄なしぶきを散らして  それが何度もくり返された  それを捕えようと  それは探がしていた  それをしていると  それを読んでしまうと  それだけで終ってはいない  それは聞いている  それを歌い出した  それを野糞のように踏みつける  それはそうかも知れない  それがクルックルッと真円にまるくなって  それにウカツな視線を投げている  それが捕まると  それを何度も何度も繰りかえした  それを調べあげて  それを次の持場まで押してゆく  それが分った  それにち  それは濫費にはならなかった  それがそのまま何日も続く  それが朝まで続く  それを動かしている  それが揺れている  それが風の工合でズボンにひっかかった  それから下がって行った  それを一寸していると  それが船の傾斜に沿って  それを浴せかけた  それが誰も口をきく  それしか気力がなくなっていた  それがせめても皆を慰めさせた  それは憎悪に満ちた  それが何故か分らずに  それが船員の方にも移って行った  それと丁度反対のがあった  それにひどく引きつけられた  それがガヤガヤしばらく続いた  それに所々切れている  それが十二時過ぎまで続いた  それをとめなかった  それが上りかけた  それを本気で云い合った  それでドッと笑った  それを運んで歩いた  それにウマウマ落ち込んで行った  それは見ていられなかった  それが自分で分る  それから三十分程して動き出した  それで駆逐艦がし  それにはここの会社が三菱などと一緒になって  それをドンドンやる  それが下りれる  それに船医は割合漁夫や船員に同情を持っていた  それを書かせない  それが何時までも証拠になるんで  それが何人もに殖えて行った  それが明るくなったりした  それを一日置きに繰りかえす  それは別に威張った  それをガラガラな大声でどなり立ててしまった  それが知られずにいた  それが重なってゆく  それは誰かが決めた  それはそう容易くは行われなかったが  それに対して一言も云え  それを犯す  それが露国の監視船に見付けられて  それをそうさせない  それが入り乱れて砕け  それが直ぐ分る  それが林のように揺れて見えた  それに水でもかけたらしく  それはゴリラがうずくまっている  それに気付くと  それは嵐のような拍手を惹き起した  それに下地が充分にあった  それをやってのけた  それが横付けになった  それが一度にタラップを上ってきた  それは皆がワケが分らず  それが何になるか  それは今までの過酷にもう一つ更に加えられた  それに力を合わせたら  それから一週間ほど後に岡村君は徴用されて  それは私は知らないが  それに当家と朝倉とが合体しても  それより兄弟永く不和になっていたが  それが流れの上にしなえて  それに眼をつけて  それは右の腕の附け  それによって己を慰めていた  それは十二一重を着て  それだから早く大きくなれ  それからどうなるだろう  それだから娘を貰いに来た  それを知らずに防ごうとする  それがお寺の名になって  それがわかって  それは誰だかわからないが  それをじぶんだけのものとして酔い痴れていたい  それがこのじぶんの実生活のうえに何の関係がある  それさえはっきりしていれば  それが何の重大さを意味し得ようと  それに悩まされなければならないという  それを当代の大原君がかつて話してくれたので  それが五代将軍綱吉の殺生禁断の時代に取毀されて  それをかの鷹を据え上げたる  それが動機となって  それを奨励する  それを再興して  それがいつも成功しない  それにはまた一種の冒険的興味も加わって  それが何者かの眼であることを悟った  それは淵の主ともいうべき  それが大勢の好奇心をそそったので  それは三上治太郎と大原右之助でなければならない  それを見いだしたという  それを取消した  それでかれの  それを知りつつ黙っている  それが福井の失策であった場合にはどうするかという  それを変えない  それだけのことで福井の申立てを一途に否認する  それは大原にもよく判らなかったが  それを後者と認めたらしく  それを実行するとしても  それが気になってならないから  それから三日ほどを夢うつつに暮らしている  それを確かめる  それが上のお耳にも聞えたので  それから数ヵ月経って  それは相当みんな勘定にいれて見ると思う  それでやって行く  それに反抗している  それに参加した  それはどうしたって  それはそれとして扱って行かなくちゃならない  それは組織的にされている  それは歌右衛門や仁左とはちがうさ  それをいま実行している  それはまた別な賃銀標準ではらわれてる  それは認めている  それで叱られた  それはしない  それは三階の後から二番目の席しかありません  それを観てしまうと  それは一般的な亢奮で迎えられた  それに対する鼓舞の熱い燃え輝く  それをどう表現したか  それはハッキリ云える  それが消え  それはソヴェトの観衆が十分知りぬいているどころか  それをときほごし  それをどう処理するか  それとたたかって来た  それを自分の戯曲の中で目の前に見る  それも減って  それがいかなる意味の作業であったかはたしかにはわからないらしい  それが牛の血を塗る  それは何かしら割れ目のために生じた  それが鋳物の裂罅から来る  それによって間隙は充填され  それは忍辱と諦悟の道を説く  それを望んでいる  それよりやや体の小さい雌鶏がいました  それはすこしおおげさすぎはしないか  そればっかり祈っている  それしてしまった  それをあなたは目撃していたが  それは妾に負けた  それが原因でふたりの仲が気拙くなり  それもあなたは承知された  それじゃまんまとあなたは一杯喰った  それに同情してくれた  それを漏らしもしないし  それに眼をおとしながら  それと知らる  それを機会に葉茶屋をひらきました  そればかりうなっている仕  それに描いてやった  それが将来絵を描く  それが幸い入賞して  それを押しつめて行けば  それを下へ捨てると  それに感服してゐた  それこそ氏の闡明した  それから本郷三丁目で成瀬と松岡とに別れた  それが懐へ手を入れたかと思ふと  それも実は新聞や雑誌へ出る  それや市河三喜さんのやうに言語学的に英文学を研究する  それこそ今のおかたには想像にも及ばぬ  それでなくてあの気の抜けた  それもたって勧めるではなく  それを合図に一同が立つ  それは性質が似ている  それに乗じ  それで満足するといふ  それは考へ違ひだつていふ  それも大使にまでおなりになつたお  それを礼儀と心得てさ  それはよして  それが不幸にして  それを先方で言い出した  それは雪の降る  それを何処かへ世話して呉れと頼まれていた  それは軈て一週間程すると  それもインチキであるということが判って  それが何時も私に向って  それは正気になってしまった  それも余程慎重に突かぬと  それを実験してみた  それを言えば  それを劇と見せかけて  それより他に私の行く  それがもしあなたの御迷惑になるとでも仰有るなら  それがどのように用いられた  それをとって食べている  それを使って暮らしている  それを上の国へ持ち帰って  それを地獄という語で云い表す  それをとって投げとって投げして  それを追い払っていると  それからはその女のまぼろしになやまされ  それを追って洞窟の中へ駆けこんだ  それをつきとめようと思い立って  それらしいものは見当らなかった  それに附随して語り伝えられている  それと45度をなす  それを機会にワーッと帝国主義連合軍をなだれこま  それは緻密な分析と綜合とをもって  それを書いてゆく  それはあの忘れる  それを評価する  それが段々農村に於ける  それをどうして今急に撲滅しなければならない  それは揚棄されなければならない  それとして価値のある  それをあてはめると  それがハッキリ分れている  それが重大な社会建設の中枢にふれた  それについて書く  それで驚いた  それが実に明白に理解されます  それを他国の国情など書いて居る  それが息子の手紙でさえあれば  それが彼等の眼の中に一ぱいつまっている  それは別に意味も無い傍見に過ぎないと  それは息子の芸術へというばかりでない  それを息子の前で言ってどやされた  それはフランス女を子を生む  それも今では懐かしくかの女に思い返される  それより現世に接近した  それはまだ逸作に対する表面の批評だと思った  それを確実に常に受け取って居る  それを自分の内心に追求するに倦まない  それを忘れて居た  それを模倣している  それを抒情的と言った  それを地上に落ち付けると  それとはまるで違った  それを自分に言ってきかせて居る  それは空中を鍵形に区切り  それが百五十五個食える  それが五月二十日すぎると  それが新しい作家の分野になり  それは新しい作家を導き出す  それをボックスの中へ入れておいて  それをふきとった  それを変に疑ったりして  それが今日はどうした  それから二人の男が帰ってゆくまで  それを今でも後生大事にもってて  それは村井さんにちがいありません  それをたしかめてしまわんと  それまでに考えといてくれって言う  それから松木さんが来るという  それが彼の顔を見ると  それもずゐ  それが赤子を揺り上げる  それを胸にはさんでゐます  それを見たにはとり  それをのどのおくへ  それをお店へならべておきましたが  それがこの一年の間眠っていて  それに去年は見なかった  それだのに体量だけはわずかの間に莫大な増加を見せて  それがどうかして  それを口中へ運んだ  それは私がまだ金沢の四高に教師をしていた  それと似もつかぬ  それがつまり全然私有財産制度の下にある  それは個人関係で保護されている  それから三ヵ月以上収監された  それから乳飲児をもって  それだから中学校に入る  それをどう助けるか  それを切抜いて  それは社会主義をつくる  それだから一本調子でやって行くといっても  それには林間学校を拵えたり  それだから子供でも赤ん坊の時に注意する  それから生れる  それは性慾から派生した  それでまた健康であると思う  それが性それ自身のもっている  それを完全に保護する  それを統轄して  それは大人が子供のために演ずる  それが何分続く  それを皆んなとっている  それによって児童教育に対する心理的なリズムというものをはっきり研究して行く  それを集めている  それがどんなものが子供に印象を強く与えたかという  それの息子がふざけて  それが観客席に突出ている  それが興味のある  それだから我々より余程自分がどこにいるかという  それでなければギターやバラライカを主にした  それが建設十何年という時になって来ると  それは決して国家主義的にロシア音楽の特徴のみを生かすという  それはどんな室内風景かというと  それは実生活に新しいものと古いものと錯綜して  それと一緒にガタンと音が聞える  それが非常に面白く使ってある  それが物語り  それに今は農村に於ける  それは実に羨ましいところだと思う  それは覚えていない  それを臼でも挽く  それが取り返しのつかない  それもほどなくやめになった  それは少しも判然しない  それを落さない  それはもう途中で二度も三度も考へた  それは子供子供した  それに夕陽が明るく射してゐた  それと一緒にしてゐた  それは麝香のやうな香のある  それは黒い鱗のぎらぎらとしてゐる  それが附いていれば  それを持って帰ろうとして  それを苦にもしない  それだから政治をするには  それが有用になって来る  それを覗いて見ると  それからは仏と云う  それは祖先が存在していられる  それさえ知らずにいる  それをわざと擣き交ぜて  それを子供に教えて  それに雷同している  それは倅の謂う  それを正直に告白している  それは人間の力の及ばぬ  それまで待っても  それをその人に是非十分飲み込ませようともせず  それよりは話す  それは大学を卒業した  それが気に掛かった  それは舟の中でも色々考えてみましたが  それは大人になったからだ  それを済ませた  それはございます  それはグラットアイスと云って  それが朝氷っている  それへ一ぱい書物を詰め込んだ  それも何事もする  それは又或る日食事をしている  それを自分の告白にしても  それを言明しても  それに対する返信を控えて置いた  それに手を著ける  それが大きくなる  それが又注意して見ても見えない  それを本当だとする  それを結び附けて考えようとすると  それは僕も言わずにいる  それを真直ぐに言わずにいるには  それも世間がかれこれ云うだけなら  それを下手に手に取ろうとして  それはもう途中で二度も三度も考えた  それはその前夜吉原の小格子で知った  それに夕陽が明るく射していた  それは麝香のような香のある  それは黒い鱗のぎらぎらとしている  それが私には想像された  それは日のよくあたる  それは一方からの尽きない  そればかりを繰り返している  それも花火に仕掛けられた  それは雲の湧いて出る  それから見る見る  それはこの村でのある  それは私と同じように提灯を持たないで歩いていた  それは一人でモソモソと病室で食事するより  それは私と美校を出て  それについて何かいやあな気持を感じているらしく  それは烈々としてすべてを焼きつくす  それは真綿のように頸をしめ  それは最後まで読んで戴きたいと思う  それは君に逢う  それはこの僕がいるからだ  それを許してくれた  それはどうやら君が丘子に普通以上の関心を持ちはじめたらしい  それはそう思う  それが中根の死の何かの係り合いを持つ  それと全く同じ様な電話が昨夜再び君のもとへ掛って来たと云う  それと思い合せた  それは霞飛路にあった  それから半年と云う  それから美しい鶏たちの群がっている  それがそんな恐るべき倶楽部であろうなぞとは夢にも思っていませんでした  それは殆ど世界中のあらゆる国籍を網羅して  それは不愉快でない程度におけるはげしさの雨の音をじっと聞き  それは僕の室から程近い玄関口の方に当って  それは人通りの少い故にもよる  それこそ本当にその場で狂気でもし兼ねない迄の  それよりか先刻の胡の顔の方が遙かにまして  それならば胡は何者のために殺された  それが僕にはわけの解らない  それを与えた  それから間もなく僕たちは郁少年と別れて  それを僕にくれた  それを倶楽部から盗んで  それを持ち出した  それとの間に七年なんて云う  それに気のつかない  それも叶いますまいよ  それはなによりも現代を呼吸する  それも眞白な髮を小さい丸髷に結つてゐて  それまでは久右衞門方の勝手から膳を運んでゐたのに  それを山中が聞いて  それを買ひたく  それに結構な拵をする  それを聞いたる  それがみな伝又兵衛になっている  それは必ずしも大努力を払った  それも真白な髪を小さい丸髷に結っていて  それまでは久右衛門方の勝手から膳を運んでいたのに  それは姉が邸奉公をしていたからである  それを買いたく思ったが  それが旬日ならずして  それをしなかつた  それを提供すると  それよりその珈琲でものんで  それだのに掻巻を刎ねて  それからは半島の真中を間道越に横切って  それから二三町坂を上ると  それから聞いた  それから誘って  それが落した  そればかりでも家は焼けるのに  それに食べものが出ている  それは畷の本道を行きます  それに手習のよく出来る  それが羽衣に拝まれる  それを幾切れか小皿に盛って出す  それを探しに引きかえし  それについては何の返事もよこさなかった  それに聞きいり  それを河野磐州自身のファミリーヒストリーについてみるなら  それは決着をみている  それはやらない  それで経営のバランスをとる  それもさうですが  それがそもそも農村立遅れの  それを繰返すばかりであるから  それの革鞄の鍵を棄てた  それはいか  それは甘んじて受けます  それに馴らされている  それから六年間も間をとんで  それがはっきり掴めない  それは全く社会的背景から抽象された  それに意識を奪われて  それに抗した  それはソヴェトの現実の的を射る  それは不思議とも思われる  それだけで済む  それは如水の名の裏に別の名前が隠されてゐるからである  それを如水は知つてゐた  それを狙ひはしなかつた  それに縋り  それみたことかとふてくされた  それが秀吉自身の心になつてしまふ  それを歴史上に残してみせるといふ  それに相違あるまいな  それも自国に有利な和議の可能に満々たる自信をいだいてをつた  それで媾和とは開いた  それに就ては秀吉から明へ朝貢して  それを制し得  それが五十の年になつてもどうにもならない  それが彼に不安を与へ  それ故むしろ利家の死に彼自らの本領をとりもどしてゐた  それに対比する  それは最悪絶対の孤独をみつめ  それを秀吉に圧しつぶされて  それを冷かに眺める  それが徳川の如水に与  それから見当り  それが一面にたたえている  それが岩のように固まり  それがつもって  それを家に引き入れたり  それだけにして  それが伯父の話の男かも知れなかった  それを写真にとってやる  それからありのままの写真をとる  それはいろんな程度があって  それに押出される  それにうたれてか  それを決して使わないで  それを見比べた  それかって普通とはちがっていた  それより外に方法はないと思って  それをも切りつめようとした  それを後にハラゴンとつづめて云う  それは反感に近いとさえ云える  それは殆んど動物的な感情だったかも知れない  それが最後の希望になりました  それに逆らわないで  それは単に彼の容貌や態度から来る  それが何かの影響を竹山に及ぼすかも知れない  それを殺そうとした  それにつづきました  それもするりとぬけました  それをかぎはじめました  それがあいずでした  それは私の帰る  それには違ひない  それが飛んでも  それならばおせいのぢいさんが  それは好かない  それもこれも皆心の至らぬ  それやこれやとは話しが  それもやはり世の中のうつけた考へなのかも知れない  それがどんなものか分らないながら  それらしいと感ぜられる  それまでお父様はよく同じ浅間山の麓にある  それがいかにも落着いた  それから二三年するかしない  それなくしては私の生活は全く空虚になるだろうと思えるほどの  それはこのままに暮していた  それを一人で気を揉んでいたけれど  それが私たちの気もちをどうかすると  それは私も一面識のある  それは決して私たちを困らせる  それから階下へ降りていって  それをジグザグに引き裂いた  それは非常に長い時間に見えた  それまでちょっとエンジンの音を止めていた  それは楡の木の葉のしずくする  それは私たちの気もちに妙にこたえて来る  それを待ち設けでもしていたかの  それは森さんのお車に乗せて貰って来た  それにはお気がつかない  それを云い出したので  それから急になんだかお前に興味をお持ちになった  それがいかにも自然に見えたので  それを他の郵便物と一緒に机の上に放り出させて置いた  それはそんな気もちのするだけで  それを飽かずに眺めている  それにはまだずっとお小さい時のことしか出て来なかった  それは何か私にはあの方の前途の多難なことを予感させる  それを披いてみると  それは忘れ去られ  それまでもそれに気がついていたが  それが私たちの傍を通り過ぎてしまう  それを私たちの中にはいりこませ  それから一週間するかしない  それが毎日のように降り続いた  それが私の孤独を完全に守っていてくれたからだった  それを一面に臭わせていた  それが見あたらずにいる  それは翳りはしたけれど  それがまた次第に弱まりながら  それに見出しでもしている  それには何かそのときの私の気もちに妙にこたえてくる  それがそんな沈黙をやっと私たちにも気づかせた  それらしい自動車が猛烈な埃を上げながら飛んで来る  それが続いていて醒められない  それが何だかひどく奇妙なことのように思われた  それすら分らない  それはさっき私が戸外に出て行った  それと知らずに  それはお前が私のことを立ち入って考えている  それだのにお前の方でこの頃私を避けよう避けようとしてばかりいる  それすらためらわれている  それを再び取り上げて書き続ける  それをこうやって  それに対して私などにあの方をお慰めできる  それは婉曲におことわりした  それを耐えている  それを語り合うに  それは人生半ばにして  それが夕方の散歩から帰って来た  それを読み返して  それをどうしても読み返してみる  それを手にとって読んで見る  それを自分の部屋の元あった  それが全体としてはっきりと見え易いようになり出した  それがひとりでに分るまでは  それが毎日の習慣でもあるかの  それは私もうすうす察していた  それまでも二三度そんな話を他から頼まれて持ってきたが  それまでどんな縁談を持ちこまれても  それをお前の我儘のせいにしている  それを見ていない  それは何か思いつめている  それには迂  それはそれとして肯ける  それはお父様が好いお方なことがお分りになっていられたからでは  それがそうであることを率直に云ってやれなかった  それは本当に何でもない事だったのが私達にはっきり分って来ている  それが私をだんだん窮屈にさせていった  それを云い終ると  それを開けた  それを向けながら  それはお書きになる  それを一層よく聞こうとするかの  それが私にそのまま起きて  それを一つ一つお前に向って云え  それはすぐ止まず  それを読んで見ようという  それを読みはじめるや  それはお母様のお心のうちにだけ在る  それを読みはじめた  それくらいの研究費じゃ仕方ありませんね  それに研究費は無制限というようなことになったら  それに間違ひはありませんか  それと同時に人間の本能として避け  それもさうかと思ひ  それは武の幼名を徳助と言ってから  それでやってゆく  それをありがたく頂戴して  それじゃどうあっても待ってくださらんの  それじゃ投げましょう  それを手切れ同様に泣く泣く別れた  それじゃもう行かなきゃならん  それは食扶持いっさいむこう持ちで  それからこの庭の何流に属している  それこそ猿面の痩せた  それを遠くから研究して  それよりも自分の心的状態に相当して  それより以前に出た  それでなければいたずらに紛々たる擾乱を文壇に喚起する  それより以上に溯って  それじゃ私が小供の時に寝小便をした  それがもう一層固まると  それだから犬の概念は頭の中にあるだけにもかかわらず  それが一歩進んで  それは御注意を致しておきます  それすら明治の今日には見る  それが入り乱れるとします  それが普通の人の分れ  それをほかの言葉で翻訳すると  それならばとその性質を大略聞いて見て  それはどう解釈するにしても  それだけよりほかに能事のないものであろうかと考えてみますると  それについてこんな話があります  それが奇麗に波の上へ響くので  それと同じ事で客観的に愛が見られるなら  それじゃ小説でもかこうと申します  それじゃ主観の叙述はほとんどなくなる  それだから同じ事に帰着すると  それじゃ雨の方が偽だと云っても  それがまた源因になって  それで読む  それは当然の事で客観的叙述は観察力から生ずる  それでなければ今日まで伝わる  それじゃ善と悪の混血児はというと  それまで複雑なのに違ありません  それから二人で非常な贅沢をやります  それが変化して  それまでに発展した  それはこの宿の本陣に当る  それが旧に復した  それが人間の恰好をしている  それがどんなことだったか分りませんし  それをわたくしの家に預りながら  それこそ思い上った  それを証明しているではございませんか  それを清さんはたいへん嬉しがって  それはそれとしまして  それこそ血のにじむほど  それを目よりも上に高く捧げて持って来た  それは差控える  それは分って居ります  それじゃ違う  それは彼が忠実に未決書類函へ手を延ばし  それと気付き  それは全く存じません  それをすみれ嬢に見せ  それを八つに畳んで  それはどうも信ぜられないね  それに違い  それから先を別々に進行していった  それは怪談の一種であるとして取扱われていた  それは彼が手を取押えた  それはなんだか俄にトランクの中へ或る重い物が入った  それから二三十分経ったと思われる  それを見て知っていた  それを発見するのに  それを下へ下ろし  それを以て返事に継ぎ足そうとした  それを一々電灯の灯の近くへ持っていって眺め  それからの騒ぎを一々克明にここに写している  それは今や鼠に向って躍りかかろうとする  それは慾心によって簡単に撃退された  それよりは問題はトランクの運命にある  それへ引掛けたかを怪しみながら  それにとびついて  それは違うだろう  それは尤もな風景を見せていた  それを心得て雇っている  それを装置化する  それに赤見沢博士は今も人事不省を続けていて  それを区別するのに  それは案外誰も大して気にかけていない  それに頼まれて  それとは大分違っている  それを目当てにして  それを思出す  それに掛っていて  それを自らの手によって行っている  それを博士のズボンの下のところへ持っていって  それについて説明しているらしいが  それは放射能物質から出る  それが終ったと見え  それはふわふわ上へ上って行く  それには構わず  それは美女が咄嗟に身をかわしたので  それは研究室内にあった  それを利用しで  それを探究すべく  それを取出そうと思ってね  それは恐るべき  それはいいことが分った  それは課長の次席にいる  それが完成したので  それを持って出て  それを奇竜丸に持ち込んだばかりか  それは広い海の中であったことと思われる  それが紐の切れ端に残った  それよりも私は奴等にマルを誘はれてはならぬと慌てて  そればかりでなくマルは未だ確固たる飼犬と定つてゐる  それが倒れた  それは書け  それはあの子供たちが呼び出した  それこそ目を丸くして怒るだらう  それは轟然たる音響と共に爆発した  それは今まで着てゐた  それはただ表現を迫る  それにピッタリと合う  それは信じなければいけない  それを縁どっている  それを私は中学時代に読んだ  それをば此の土地第一の得意客なるアメリカの淑女紳士諸君のために譲る  それは十五世紀に建てられた  それはそれとしてストラトフォードの町の或る部分はシェイクスピア時代からそのままに遺っているので  それについては異説もあり  それを指ざして  それをtrapに似た  それを抜き  それを修繕して  それをシェイクスピアの好みで模様替えした  それを伐り倒して使いたい  それを憤慨して  それを見物に行ったといわれている  それを以って早計にもストラトフォードの教会がシェイクスピアの詩才に敬意を表した  それを開けて見せた  それをも見て行こうとして  それを使用するとかいう  それと見誤  それが本物のサソリになっている  それと殆んど同じ情況下で演じられる  それだけで内部で錠がおりる  それは鞍だけにかぶせる  それへも名刺を出す  それは御不自由でいらっし  それを客が来て見て  それを庭に卸して穿く  それへ飛び上がろうとする  それが分らないらしい  それと一しょに妙な声が聞えた  それを主題にして  それは陸軍に出てから  それを出して  それからも一つ君に話しておきたい  それじゃあ自分の内へも沢山漬けた  それから帰掛に隣へ寄って  それで給仕をする  それを砂に立てて置いて帰る  それを言わせずに  それが星の光を受けて  それがさわさわと動きだした  それが此方の方へ向いて歩いて来た  それは背のひくい横に肥った  それに組みかかって  それを組ませずに突き倒そうとした  それに夜になって  それに芒や萩の中にあんな少年が入っておる  それも極くのどかな午さがりと思ひたい  それを揺つて澄みかへ  それは魂の冷やかさから来る  それはたとえば何十年も会わなかった  それは自分が物ごころついてから  それだのに不思議な錯覚でそれが二十年も昔と寸分ちがわない  それはどこかの山から取って来た  それが旗ざおのように立っている  それが妙に物足りなくもさびしくも思われる  それは木が揺れて  それが槲の木だとわかる  それを一枚一枚取っては  それをふかした  それもよほど後のほうかと思う  それを邸内のあちこちに植えつけた  それが大きくなっている  それをかれこれ三十年後の今日思いもかけぬ  それは想像はできないが  それに土地の里民も交って  それ故にまた人間の斧鉞の疫から免れて  それを聞かれる  それと伍して  それは世間で評判の女だし洛邑では妻まで親しくして居た  それまでに一つあなたもあっと云わせる  それに申わけばかり云い足して  それに重ねて笑う  それを