「そこね」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ そこね[動詞]
真実を掴みそこね  没常識ではないが、さりとて、借りそこね  地についたり、乗りそこね  機嫌をそこね  げんをそこね  夏みかんをもらってしまったり、描きそこね  半分ぐらい飛び移りそこね  感情をそこね  長襦袢が祟りそこね  雪をもらいに行き、貰いそこね  ばっかりに貰いそこね  氷を貰いそこね  氷をもらいそこね  奇観をそこね  のがまたも受け取りそこね  宿をとりそこね  文豪になりそこね  銅像になりそこね  名誉でもあったろが、くたばりそこね  健康をそこね  大船に寄りそこね  数回手紙を出しそこね  躯を愛しそこね  自分を愛しそこね  魚をつかみそこね  旅でそこね  心身をそこね  二百二十日の荒れそこね  要領をはっきり捕えそこね  体をそこね  身をそこね  手紙と、書きそこね  穴をまたぎそこね  牛売りそこね  牛を売りそこね  一撃をうけそこね  幕の閉まりそこね  間絵をかかなかったので、やりそこね  二人ともつかまえそこね  白粉のつけそこね  危く言葉をかけそこね  参加しそこね  ものを習いそこね  狐めが化けそこね  自殺しそこね  川へ投げ込みそこね  ことばかり考えているが、もし盗みそこね  先生、盗みそこね  女房をもらいそこね  女房を持ちそこね  高氏へ、近づきそこね  ッかけましたなれど、つい捕えそこね  石を積みそこね  物をくすねそこね  下手に詰めそこね  御馳走になりそこね  捉へそこね  ところを聞きそこね  グルグル廻り、廻りそこね  二人は、とうとうつかまえそこね  感情を吐きそこね  いずれをも斬りそこね  のか、捨てそこね  醤油を注ぎそこね  剣士と聞きそこね  バランスをとりそこね  家庭をそこね  経験がござらぬ、もし召捕りそこね  修業をやりそこね  利腕を掴みそこね  ことができないのみならず、その掴みそこね  のを食いそこね  大御所を気取りそこね  気をそこね  恋までもそこね  人がそこね  人を食いそこね  娘に仕立てそこね  御機嫌をそこね  ものは、やりそこね  私にはまずできそこね  健康もそこね  身体をそこね  ものにしそこね  過去にしそこね  のは聞きそこね  筆者の聞きそこね  それ以来健康をおそこね  棹を差しそこね  彼はなりそこね  席を取りそこね  運をそこね  長吉も少しは我が遣りそこね  スタンドにつかまりそこね  腰掛にもつかまりそこね  嫁さんになりそこね  世に又もや遣りそこね  宿を取りそこね  女中を口説いて、案の定口説きそこね  宝を掘出しそこね  これをつかみそこね  現世での成りそこね  聖人となりそこね  気もそこね  眉や笑いそこね  東条は最後になりても死にそこね  九月十二日死にそこね  環をつかみそこね  ものにできそこね  他をそこね  気分をそこね  機嫌をひどくそこね  首尾をそこね  重心をとりそこね  自転車に乗りそこね  それこそ化けそこね  これとは異り、相逢わんとて往くとても逢いそこね  姫もさらいそこね  さらひそこね  暦を買いそこね  溺死しそこね  街へすべり落ちて行って、曲がりそこね  気持をそこね  様に云って、ねりそこね  冠を取りそこね  緊張をそこね  健康までそこね  のですが、買いそこね  玄関が、出そこね  絹に話しそこね  話を持ち出されてまず言いそこね  



前後の言葉をピックアップ
底抜け  ソコヌケ  損ねよ  損ね  底値  損ねる  そこねる  ソコノウチノ  そこのけ  ソコノスルドイ


動詞をランダムでピックアップ
干せふん縛ら次が曲りくねっ押切り問いつめよもやせん流れ歩き干そ借り出すとり除か申送り待た焼き捨てよききいれる老い込みあらすいのら生まれ変わる毟る
形容詞をランダムでピックアップ
あかるくえんどおい待ち遠し美しくっ聞苦しゅうなまなましつつましい狭う均しく薄く薄ぐろいわかり易からはかなかれたのもしめづら遅くっ面倒かるく腹ぐろいあまずっぱく