「そう」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ そう[動詞]
思召しにそう  佃は、案外そう  目的にそう  私もそう  本質にそう  

副詞

そう[副詞] ~ 1
そう愉快  そう決定て  そうしろと  そうしまいとしても  そう男の  そう嫌い  そう余裕の  そう楽  そう不自由は  そうお願い  そうやすやすと  そう確信  そう馬鹿  そう勇敢に  そう断定  そう口の  そう多くは  そう鰾膠も  そうである  そう君の  そうサ  そう剣術  そうはいかん  そういつ迄も  そう欺  そう何時までも  そう貴方の  そう身の上も  そう失望ばかり  そう遠くは  そうツと  そう確認  そうなんだって  そうかい  そうさな  そう決意  そうちゃんと約束が  そう容易に  そう二十五六にも  そう決心  そう咄嗟の  そう邪慳  そう君に  そうなのだ  そう不思議とは  そうはいか  そう簡単に  そう心配を  そう口を  そう自分  そう手  そう容易には  そう謙遜  そうしか女として  そう有望のもの  そう廊下から  そう西山は  そうたくさんは  そう俺は  そう園の  そう不平を  そう父が  そう無遠慮に  そう渡瀬の  そう需用の  そうだってね  そう気に  そう厳命  そうまじめに  そう渡瀬が  そう彼は  そうきゅうに  そう人見が  そう膠  そう小母さんに  そう隠しだて  そう思いは  そう人を  そう解釈  そうである場合には  そう急には  そう心に  そう胸の  そう有力に  そう両方に  そう引取って  そう冷  そうあなたは  そうまむしが  そう言  そう当てに  そうギャアギャア  そうはつきり  そう艱難では  そう美女  そう京助という  そう俺には  そう何かを  そう勘右衛門は  そうなんだろう  そう茅野雄に  そう宮川氏  そう拙者を  そう立ちに  そう苦笑  そう谷村さんが  そう云つて  そうですよ。  そう後生大事に  そう落着  そう単純には  そう指摘  そう善人として  そう用も  そうはい  そう世の中を  そう易々と  そう一部の  そう心配  そうむりをいうちゃならねえ  そういつまでも  そうざらには  そう客に  そう灸は  そう毎日川へばかり  そう近着の  そうなつて  そう云  そうよそよ  そう性急  そう急に  そう自ら  そう最後に  そうらお土産  そう感動は  そう具体的に  そう老人を  そう雑作  そう手軽に  そうろよな  そうですよ。お前は  そう答え乍ら  そう事が  そう不自然  そう主張  そう癇癪を  そうつぶやくと  そう詰問  そうたび  そう気が  そう上機嫌で  そう云つたの  そう清二は  そう宣告  そう思つて私は  そう本ばかり  そうむちゃな  そう世間並にだけ  そう自分に  そう呶  そう叫びながら  そう叫び  そう心の  そう悄気  そうしろ  そう挨拶  そう奇声が  そう声を  そう説明  そう紹介  そうなのだから致方の  そう意味が  そう命令  そう言葉を  そう土門は  そうものごとに  そう私の  そうである通り  そう頭上を  そう私は  そう私に  そう前置きを  そう三枝さんは  そう私だっていつまでも  そう生活  そう軽々に  そう至難  そう一概にも  そうもの  そう安心は  そう腹を  そう皆で  そう手を  そう噂  そうである学生  そう簡単  そうものである  そう簡単には  そう質問  そう彼女は  そうわしを  そう理解  そう容易  そう私を  そう芳子は  そう抵抗  そう公言  そう小遣が  そう父の  そう邪慳に  そう理窟詰めに  そう言つて美迦野さんは  そう意気ごまんでも  そう元気  そうむきに  そうざらいを  そうですよ。千人悲願を  そうれんも  そう下品  そう不自由  そうですよ。小松与一と  そうとぼけ  そう遠慮  そう言や  そう数は  そう闇やみと  そう気を  そう人々は  そう区別  そうにわかに  そう心配おし  そう大見得を  そう一心に  そう義理  そうかいも  そうかいッて  そうですよ。乱杭石の  そういつまでも部屋にばかり  そう小刻みに  そう数  そう一人の  そう真面目  そう批判主義者などは  そう想像  そう批難  そうゆっくり腰を  そう胸を  そう疑いを  そう情を  そう傍まで  そう手取  そう真面目に  そう学校にばかり  そう僕を  そうこないだは  そうら  そうたくさんも  そう秘密に  そう鮮やか  そう返辞を  そうメソメソ  そうめったには  そう誤解  そう時間は  そう明白にも  そう顔  そうだってこと  そう言つて  そう重大  そう平ら  そう医者は  そう夜半という  そうだい  そう言つて学校  そうあれか  そう診断  そういつまでも本当  そう多数には  そう一律には  そう有力  そう確か十八の  そう民弥さんに  そう主人の  そう爺さんの  そう彼の  そういつまで  そう姿振りに  そう親ばかり  そう毎日  そうしま  そう恬淡では  そう覚悟  そう感  そう嫌なのは  そう遠くへ  そう勘次が  そう勘次に  そう私が  そうお尋ね  そうわたくしが  そう母は  そう皆は  そう意地  そう書生流に  そう率直  そう自分だけで  そう露骨に  そう二三時間の  そう舌は  そう理窟が  そう我儘を  そうさくが  そうオ  そう何気なく  そう耳が  そうお変り  そう喧伝  そう彼等は  そう滅多には  そう判定  そう正直に  そうお知らせ  そう若いものばかりだけを  そう素気  そう私には  そう飯  そうなり  そうだって  そう顔が  そう合理的に  そうリリ  そううつ  そう顔色が  そう理づめ一方に  そうむやみに  そう腹も  そう違いの  そう色気で  そうですよ。貴女みたい  そう魅惑的に  そう信敬  そう素直に  そう圧迫を  そう謝  そうあらわに  そうしか  そうほか  そう斯  そうですよ。慢性怠惰病という  そう不用意に  そう喧嘩  そう神経過敏に  そうだけど…  そう事件全体の  そう老人と  そうですよ。女房  そう不遜に  そう自嘲  そういつまでも江戸の  そう佐吉が  そう誰かが  そうなにも  そう文珠屋佐吉  そう出羽守が  そう驚きの  そうだってなあ  そうときまると  そう氷を  そう興奮な  そう弁解  そう無茶  そう何年も  そう関係  そう能の  そう夜も  そう二つの歓びを  そう一言の  そう無礼とも  そう一概に  そう例外的  そう実感  そうアドバイスを  そう観念  そう目標を  そう視点を  そう論を  そう宣言  そう連絡が  そう判断  そう証言  そう二つに  そう潁川の  そうおからかいに  そう何度も  そう急用も  そう複雑には  そう受け入れて  そう観察  そう一本気に  そう解決  そう永生きは  そうあけすけには  そう楽観  そうお答え  そうやすやす  そうゆり  そう貴様一人で  そう張飛に  そう三人  そうおすすめ  そう顔を  そう完全に  そう日本語に  そう粋  そう変  そうセルが  そう十一時頃  そう勉強  そう宋思芳少年は  そう僕は  そうパン焼の  そう根気を  そう心  そう先を  そう俄に  そう見通しを  そう義弟を  そう嘆  そうざいとなるのである  そうたくさん  そう調子を  そうであるよりも  そうなのは  そう忠告  そうなんですよ。  そうですよ。われわれが  そう予期  そう我知らず  そう返事を  そう耳元で  そう注文通りに  そう眼を  そう草で  そうむちゃに  そうあれかし  そう職人風の  そうよ  そう路を  そうしろという  そう告げに  そう目を  そう卑下  そう熱願  そう二度三度はくり  そう厳然と  そう刑事部の  そう社会的地位に  そう街道筋  そう区別は  そう交際を  そう云や  そう敵の  そう号  そう涙の  そうお笑い  そう偽りの  そう二者が  そう欣舞雀躍は  そう幾度も  そう乱暴  そうりっぱ  そう興奮  そう仮定  そういくつもの種類が  そう博士は  そう幾つもの静止を  そうであるに  そう命名  そう作太郎を  そう一時に  そうざらに  そうお歴々の  そう口で  そう右から左  そう容易と  そうコロコロ  そう呑気に  そう眼顔で  そう釣りの  そう何も  そう小林さんを  そう万事  そうですよ。上海  そう独り言の  そう一人  そう妙に  そう人々と  そうですよ。洋服は  そうですよ。子供が  そう好きなんだろうなあ  そう責任は  そうことが  そうにとり  そう/″\  そうですよ。階段や  そう銭儲けの  そうですよ。刑事が  そう綺麗事に  そう気長に  そうテキパキ事情の  そう易々とは  そう苦に  そうであるから  そう差違は  そう截然と  そう自慢に  そう言ながら  そうにぎやか  そう金持で  そうしんせつ  そうじょうずに  そうお笑いに  そう死を  そう魯粛が  そう関門へ  そう僕の  そうらごらん  そうしん  そう背が  そう賢三郎に  そう申  そう父親の  そう警察医に  そうナイフや  そう窮屈には  そう皆が  そう感心  そう破格  そうザラに  そう自ら心に  そう呼びかけたいよう  そう発案  そう相談を  そう判決を  そう卑劣  そう運転手に  そう悪魔的  そうオセッカイでも  そう結論  そう苦労は  そう興味を  そう見事には  そうムダに  そう考えがち  そう水ムシに  そうツジツマが  そうなのだから  そう注文通りには  そうですよ。ほんとうに苦労知らずですよ。私も  そう士気を  そう主君の  そう彼自身も  そう遠方まで  そう幾つも  そう親の  そう悧巧でも  そうお金を  そう腕ッ節の  そう軽率に  そう明瞭には  そう沮喪  そういろいろ  そう事務的にばかりも  そう夢が  そうやすやすとは  そうお嬢さん  そうわけには  そうのし  そう政江に  そう改訂  そう度胸が  そう御苦労よ  そう葉子は  そう笠に  そう御苦労さまよ  そうつぶやきながら  そう推量  そう不快には  そう夫人の  そう夫人を  そう引け目は  そう肚を  そう拝答  そうざい味噌汁にも  そう推定  そうあやめは  そうなのだよ  そう頼母は  そう与四郎は  そう浮浪状態を  そう筋の  そう頭の  そう時間を  そう敬助は  そう判定が  そうブールジョワ  そう驚きも  そうッと  そう小言を  そう話が  そう口に  そう自分の  そう息も  そう一本  そう奇麗でも  そうチョロッかに  そうばっかりも  そう注意  そうこれを  そう署長が  そう襖越しに  そう冒頭を  そう女将は  そう早耳を  そう皮肉な  そう貞世は  そう古藤は  そう葉子に  そう倉地は  そう理屈も  そう穏かに  そうこのごろ  そう倉地に  そう愛子さんも  そう愛子が  そう厳格に  そう疳  そう自覚  そう怯  そう偏頗に  そう唾でも  そう倉地の  そう嘆願が  そう推察  そう単純に  そう倉地にでも  そう赤  そうぼんやり  そうほしいものの  そう流暢に  そう乱暴に  そう油を  そう不勉強  そうこっちの  そう暢気に  そう明瞭と  そう一朝一夕に  そう義姉さんから  そう綺麗  そう腹案を  そう形容  そう後家  そう温順  そう御新造さまの  そう昂奮  そう君には  そう自由  そうおもしろ  そう教育  そう聴く  そう余計には  そう仮定でも  そう損得ずくで  そう判然  そう自任  そう人間は  そう平岡  そう改  そう真率性急に  そう熱烈  そう真剣に  そう面倒  そう老人に  そう口から出任せに  そう傍で  そう無精  そう無責任な  そう働ら  そう一図に  そう不可  そう父や  そう撰  そう逆上  そう豪遊も  そう外へばかり  そう何遍  そう死ぬの  そう皆に  そう罵倒  そうですよ。女の子  そう家の  そう目の  そうどっか  そう心配な  そう自白  そう倦きの  そう圧倒的  そう通告  そうなんですよ。それに  そうザラには  そう安  そういつまでも引ッぱっては  そうムザムザと  そう短兵急に  そう田村町一丁目の  そう四方八方からガヤガヤと  そう会話  そう思つて  そうじゃあね  そう平気で  そう手近  そう厳粛  そう横から  そう馬鹿に  そうジョンを  そう船長に  そうですぞ  そう呼びかけ  そう体が  そうあらたま  そうろうとして  そう立派  そう丈夫  そう不体裁  そう何度か  そう負けはい  そう決定的  そうお前さんの  そう思案  そうなんじゃ  そうしろッて  そうですよ。なんしろわが家は  そうザラでは  そうバカでは  そうワカラズ屋の  そう儲  そう祭の  そう単純  そう変りは  そうわたしは  そう興味が  そう邪魔に  そう大勢は  そうヒネクレて  そうカンタンに  そう認定  そうわたくしも  そうタクサンの  そう大づかみ  そうガムシャラに  そう確実  そう表明  そうイタワリを  そう苦労も  そうである一面も  そう恩に  そう神秘的に  そう開きの  そう文学に  そうチッポケ  そう発音  そう手腕卓抜とも  そう上等  そう変テコな  そう感じの  そう無茶苦茶に  そう俗に  そうツライの  そう分り  そうヤッカイな  そう効果も  そうカンタンには  そう親切に  そう詳  そうさなと  そう多忙  そう骨を  そうウソを  そう簡單には  そう距離が  そう日本人なんかに  そう後へ  そうはめえりますめ  そうだってな  そう剛情はるのも  そう狼狽  そう勝手に  そう気短に  そうらんぼうに  そう無電が  そうですよ。浮岩質の  そうロマンティストに  そう横文字の  そう歳を  そう花の  そうお礼を  そう後腐れが  そう道程の  そう毎晩は  そうもうしま  そう父さんの  そう押合って  そう遠くへは  そうさ五日六日来なかったばかり  そう申し伝えます  そう宗さんの  そう皆な  そうですよ。一度でも  そう三吉も  そう家が  そうタイ  そうかや  そう思  そう焦慮  そう屑問屋か  そう叔父さんに  そうお前達の  そう重きを  そうホジクら  そう素人が  そう突き  そう釈って  そうッとして  そう向島が  そう神経質  そう神様の  そうジタバタ  そうお前に  そう母親を  そう顔貌が  そう頭に  そう嘘を  そう安売り  そう執拗に  そう海を  そういふ人は  そう水温が  そう沢山は  そう遠くに  そう気前  そうなんだい  そう白の  そう難者について  そう退屈  そうですよ。発明ですよ。無線電燈の  そうじき暖かには  そういばらが  そうなんでも  そう機械的に  そうその男を  そう頭は  そう風も  そう安心  そうみたい  そうお客様に  そう易々の  そう展開  そう一飛びに  そうしか返事  そう都合  そう激烈  そう困難  そう気軽に  そうかいそれじゃ  そう厳重に  そう他の  そう重宝が  そう何にも  そう他にばかり  そう己を  そう損を  そう見栄を  そう喧嘩も  そう他に  そう頭から  そう空っぽ  そう外部ばかり  そう慾張  そうしみったれ  そう君が  そう物の  そうぼた餅稲荷の  そうしろよ  そう邪怪  そう呑気じゃ  そう何でも  そう悲観  そう痛が  そう君まで  そう困難じゃ  そう面倒と  そう強情を  そう信用  そう早合点に  そう誤認  そう窮屈に  そう発表  そう珍  そう二人は  そう熱を  そう悪気も  そう種は  そう祈願  そう手軽には  そうなのだと  そう過去の  そう往っても  そう腹が  そう喧嘩腰で  そう無茶に  そう滅多に  そう泣かないで  そう一途に  そうですよ。どこからお出で  そう急速には  そう安直  そうクヨクヨ  そう十八文十八文と  そう理窟を  そう物事を  そう的確に  そう不自然にも  そう必要  そう断念めて  そう考える人間の  そう三つ  そう話は  そう注意は  そう日本人ば  そう関係は  そうお前の  そう批判  そう反対  そう沢庵が  そう聞けば聞くほど  そう自問自答  そう役割ばかりを  そう自信は  そう誰でも  そう無責任  そう無茶ばかり  そう悟り  そう縁の  そう着実に  そうものとして  そう髪は  そう武蔵様の  そう生活に  そう心を  そう慇懃  そう無惨  そうだっしゃろな  そうですよ。何  そうですよ。それが  そう一般に  そう結成  そうですよ。ものおじ  そう提案  そう韜晦せんでも  そう杉本も  そう独語  そう吩咐  そう大仰に  そう年を  そう閃  そう打擲  そうかいの  そう前置き  そう年齢の  そう棘  そう礼儀を  そう素直には  そう急がいでも  そう言ん  そう長持の  そう裏書  そう念を  そう顎を  そう反問  そうつぶやく声に  そう阿賀妻は  そう背中を  そう自薦  そう躾  そう運用方の  そうーオ  そう自己弁護  そう語り  そう眉を  そう指図  そうさやかな  そう頑丈  そう見当を  そう屈託顔を  そうむづかしいことでした  そう沢山に  そう学校を  そうお話  そう気丈  そう遠廻しに  そうウィリアムソンと  そう重大視は  そうゆかな  そう短気を  そう幾人も  そう過大に  そう有名に  そう会釈を  そう面目ながら  そう催促  そう権式を  そう急ぎも  そう早合点  そう二種類の  そう収入が  そう沢山には  そう便りの  そう二人の  そうあてには  そうネエ  そうコボスなよ  そう多額に  そういつまで感心ばかり  そうさもしいものばかりは  そうお婆さんに  そう亀岡氏は  そうなんだろうと  そう仕事  そう人の  そうあなた様の  そう日限通りに  そう仕事の  そう骨の  そう単調  そう直感  そうなんだろうな  そう寝床の  そう考える人が  そうですよ。あれは  そう裁判所の  そう詮吉は  そうぬかすん  そう跳  そうとう骨が  そう名探偵は  そうですよ。若い人は  そういつまでも厄介に  そう爆薬を  そうですよ。トラ十が  そうままには  そう野暮に  そう云つてあなたは  そう伯耆の  そう好都合には  そう身体ばかり  そう思ッて  そうしょんぼりと  そう好  そうはいわ  そう小声で  そう女という  そう私達は  そう合点  そう菓子屋の  そう勇敢  そう悪か  そうおちゃっぴいばかり  そう披露でも  そう時代の  そう重点を  そう嫉  そう自由でも  そう見えも  そう手荒に  そう近代ドイツ観念論者は  そう把握  そうヴェーバーは  そうである外は  そうシェーラーは  そうであるから一般に  そう推論  そうリボーは  そう曲解  そう足かけ三年に  そうあなたが  そう頼みに  そうですよ。何でも  そう正確に  そう引込思案では  そう女房を  そう始めから  そうですよ。おかみさん  そう油断  そう前提  そう報告  そうボリース・チモフェーイチは  そう図星を  そう恨みを  そう自暴に  そう乱暴を  そう没義道に  そう悪いことを  そう佳作ばかりが  そう思召  そう諦らめても  そう高岡只一は  そう軽蔑も  そうあなた  そう横を  そう心が  そうヂオゲネスと  そう厭  そう約束  そう述懐を  そう推理  そう豪酒で  そう好男子  そう如才が  そう親切  そうブラつきは  そう景気の  そうガヤガヤ  そう興味津々  そうガンコで  そう陰鬱  そうユスリの  そう手数の  そう完全には  そう申しわけを  そう顫  そう訓戒  そうですよ。時田さんが  そうですよ。母里さんは  そう道徳倫理  そう懇意に  そう難儀では  そう目安が  そうですよ。猿の  そう美人  そうチャチな  そうムリ  そう二つの  そう杓子定規に  そう方針を  そうこせこせ極り  そう風  そう万万万ガ一  そう言つたふうにな  そう言つた  そう言つた事にも  そうやつて  そう言つて彼は  そうですよ。女の  そう言つた話は  そうであるには  そう言つてルリは  そうですよ。僕が  そう言つてから  そう言つた事に  そう言つて行きでも  そう言つて頭を  そう思つたの  そう言つたふうの  そうMさんの  そう言つてね  そう氣が  そう言つた日本の  そう言つた感じ  そう思つても  そう現金に  そうチヂレて  そう如くに  そう腕自慢  そうなんですよ。大の  そうメンドウでは  そう吉之助様へ  そう吉之助様が  そうともよ船は  そう悲鳴  そう尼僧様が  そう捕吏たちに  そう評判が  そう精が  そうですよ。三時間の  そうムクレて  そう笛が  そうタノシミに  そう返事  そうときれいに  そうらこれが  そう常磐津ばかり  そうかいな  そうなんですよ。姉さんが  そう親思いの  そうですよ。バアサンの  そう多分に  そうすべて  そう格段の  そう物好きを  そう柳の  そうクッ  そう一道の  そうたんとの  そうさなア  そう奇麗  そう子供と  そうしょっちゅう  そう声に  そう相槌を  そうザワザワ  そうおおっぴらに  そうだっか  そう忌気が  そう無限に  そう無茶には  そう早寝ばっかり  そう多くの  そうように  そうもうろく  そうつぶやくように  そうである理由は  そう底抜けに  そう耳打ち  そう強制  そう面目  そうお気を  そう八等官が  そう小馬鹿にも  そう同僚が  そう話を  そう人が  そう恐縮  そう平気  そう柔  そうおばあさんを  そうミーチャが  そう表現  そうしゅんという  そう妻子に  そうなのだからしかたが  そう際限も  そうろ  そういってきさまたちに  そう為に  そう気恥かしくて  そうですよ。播磨の  そう彼も  そう二人だけの  そう昨日六ちゃんの  そう不潔  そう一がいには  そうだってのう  そうはいわねえ  そうシャチコ  そう一本調子に  そう首を  そう両方  そうお前さんは  そう名人に  そうお前から  そう簡単にゃ  そうていねいに  そう桶に  そう不信を  そうがっかり  そう物を  そう短気一方にばかりは  そう多分の  そう直覚  そう期待は  そう無理には  そうふたり  そうはいわさん  そう一夜を  そう何日  そう貴方  そう捉  そう大勢幾人も  そう湯場働という  そうお茶を  そうお菓子を  そうおし  そう珍奇  そう強圧ばかり  そう完全  そう物に  そう造船所の  そう不思議  そう新  そう多数の  そうほかには  そう棟が  そうここは  そう気の  そう日々の  そうおまえたちは  そう驚異とも  そう下山  そう息  そう大勢と  そう燎原の  そう学識が  そうから  そう思て  そうですよ。あとで  そうパッショネートな  そうむやみには  そう云つて悦びの  そうら出入りの  そう讃め  そう村の  そう愚痴ばかり  そうけじめの  そう理由  そう静か  そう鮮やかに  そうであるにも  そう因業  そうこないだ  そう皇子さまを  そう彼が  そういふ力が  そう時計を  そう一年や  そう今日明日という  そう人には  そう前へ  そう断定を  そうはいけねえ  そう眠りも  そう急にも  そう関係代名詞  そう脣を  そう困難とは  そうら斯ん  そう三文安の  そう口では  そう風味が  そう皆さんの  そう一酷に  そうですよ。乱暴を  そう気立てが  そうあらたまって  そう若い女性たちは  そう真似ばかり  そう我々に  そう規則  そう推察が  そう押  そう周平は  そう女中が  そう保子は  そう保子へ  そう方々の  そう深刻には  そう毛唐毛唐  そう朝寝も  そう配置  そう注意を  そう平等に  そう正面  そう多くも  そう一朝には  そう失墜  そう道誉にも  そう承知  そう努力  そう弘  そう毎度相手と  そう勤勉に  そう巧  そうお金さんも  そう綺麗に  そう口癖の  そう不平が  そう譫言の  そう色気の  そう行動  そうですよ。八王子の  そうですよ。あたしは  そう君はいかにも  そう沢山の  そう幸福  そう思案を  そうおしやす  そういわして  そう急にと  そう魂を  そう強情に  そうですよ。それ  そうですよ。先祖代々の  そうですよ。可哀そう  そうですよ。なんでも  そう度胸を  そうですよ。品川の  そう耳ざわりに  そう手も  そうしようよ  そうあちらにも  そう毎晩  そうやみくもに  そう情愛ばかり  そうですよ。もとが  そう御返事申  そうかいと  そう繁  そう誰も  そう呑気  そう投  そう単簡に  そうだれにでも  そう断言  そう大切  そうばかに  そう素人の  そう陸海軍省側は  そう縁起を  そう正直にばかり  そう規定  そう何人も  そう二つの部屋を  そう自負  そう魂胆や  そう擲ら  そう誂向きの  そうかしらじゃ  そうカブキが  そうですよ。それは  そう笙を  そう不平は  そう温和  そう鑑定  そう松島  そう賀川市長は  そうだっしゃろかな  そうおつけ  そう梅田  そう葬礼人足が  そうですよ。一反歩の  そうだんな  そうなんかい  そうゴロツキの  そうですよ。きのうの  そうですよ。わたくしの  そう眼界の  そうさの  そうジャックは  そうぐうぐう鳴き音を  そう言やあ  そう退出  そう早急に  そう骨が  そういつまでも空を  そう向こうのよ  そう豹吉は  そう定石どおりに  そうお達し  そう外に  そう区別の  そう上手  そうですよ。女房子の  そう勿体ない標準に  そう暴虐の  そう問屋は  そう何人もの出動は  そうですよ。魚勘と  そう淡泊に  そう呶鳴って  そうざま  そう一言  そう条件は  そう自分たちの  そう手軽にも  そうなんですよ。うっかり  そう事を  そう変化  そう意外  そう一人が  そうかいどころの  そう無茶を  そう詩を  そう矢  そう喧嘩腰に  そうガンガン  そう調子  そうですよ。辰  そうつっけんどんに  そう是認  そうこれへ  そう大役を  そうなんですよ。それも  そうむっつりと  そう通知  そう有  そうなんですよ。年の  そう先回り  そうあれこれ  そう次から次へ  そうおいで  そう白と  そういちいちと  そう仏を  そうたくさんに  そうみずから想像  そう無造作に  そう懇意  そう気の毒  そう足がは  そうですよ。学問が  そう何本も  そう江戸に  そういつまでもお尋ね  そう再々怪我勝ち  そう肯定を  そう負けギライ  そう品の  そう緩慢にばかりも  そうおい  そう潮の  そう正直  そうポンポン啖呵が  そう学問的に  そういちずに  そう臆病に  そう非常  そう顛倒  そう僕が  そう一こと  そうどこにも  そうひとり言を  そうびの  そうネー  そう咄  そういき  そう罵詈  そう冷淡  そうたい  そうどこにでも  そう目のかたきに  そうびっくり  そう縁起  そう掘出し物ばかりも  そうらわず  そうやすやすとか  そう一口には  そう長屋の  そう長屋に  そう質問を  そう返事とも  そう度びたびSOSを  そう訳も  そう自分を  そう外には  そう説  そうですよ。影が  そう顕著  そうみなが  そうなん  そう頑固  そうですよ。むっつねたら  そう二郎さんは  そうである通り根本的  そう十分  そう角  そう金の  そう涙声に  そう米問屋の  そう酒を  そう髭を  そう二三日前に  そう高見山  そう記録  そう無闇にゃ  そうら道具屋が  そう右から左へ  そう出放題や  そう贅沢  そう権柄に  そう奇麗に  そう貯えという  そう鬼  そうどこでも  そう魚類に  そう特殊な  そう強調  そう他国へ  そう新聞に  そう賤  そう相違の  そう特別に  そう彼らを  そう一致  そう後の  そう易々  そう威厳の  そう願いも  そう京阪地方に  そうヤキモキ  そう貴重品を  そう冷遇  そう遠廻りに  そう悠長  そう攻撃  そう反駁は  そう感情的に  そう周到  そう角を  そう隔ての  そう関係の  そうなつ  そう遠廻し  そう言つて奥に  そういつ  そうお断り  そう長居は  そう熱心に  そう諄  そう老耄  そう冷淡に  そう遽て  そうですよ。幸福に  そう賤しま  そう差別  そう問題にも  そう故意に  そう残忍性を  そう悪いこととは  そう多勢の  そう紊  そう多数  そうむやみと  そう世間から一般に  そう佗びしいものであるか  そう佗びしく塗り  そう言いね  そう毎日雪が  そう白い影  そう指令  そう叫び彼女は  そう高を  そう極めが  そう好物と  そう云つてしまつた時  そう独りぎめにきめていても  そう嫌  そう陰気  そう愛も  そうそれから  そう平地を  そう短刀直入に  そう失望  そうですよ。夜更けの  そうつもり  そう梶に  そう思いも  そうですよ。監理が  そう一言妻に  そう露出に  そう危険性  そう川渡り  そう手が  そうロク  そう未練を  そうなんですよ。鏨を  そうものを  そう一度などは  そう御覧  そう謂つたの  そういつでも  そうむだ  そう労働労働と  そう圓太郎さん  そう花火にばかり  そう暗示  そう人は  そうあなたの  そう傲然といった  そう山口が  そう先生が  そう気づきつつ  そう牙の  そうぼくは  そう底抜けに信用  そう棒頭が  そう今から狼狽  そう安売りは  そうオールスターキャストと  そう簡単にも  そう深酒を  そう教養が  そうでたらめが  そうカンカンに  そう妙  そう何もかも知ってるん  そう突飛とも  そういおうとして  そう發音  そう余計にも  そうお話に  そう大柄  そう言つて広告を  そう前おきを  そう頭ごなしに  そうひとりで  そう言つたと  そう思つただけ  そう言つてあたりを  そうロマンチックな  そう石川啄木は  そう単調に  そう力を  そう合槌  そう慎作は  そうお前さんには  そう自信  そうですよ。菅原君は  そう厳密に  そうわたしが  そう吉左衛門は  そう深入り  そう七郎左衛門は  そう異邦から  そうやすやすとこの  そう頑  そう静かに  そう半蔵は  そう半蔵  そういつまで保存の  そうですよ。去年の  そう先生に  そうどころじゃ  そう無知な  そうハリスは  そう源女に  そう浪之  そうさな骨だけは  そう陣十郎は  そう主水とか  そう弁三爺さんは  そう澄江は  そう澄江には  そう日数は  そう馬大尽と  そう貧弱  そう陣十郎に  そう嘉門は  そう源女は  そう峰吉に  そう若い人と  そうまごまご  そう真似  そう本ものの  そう覚悟を  そう活発  そう遺言は  そうサ東京へ  そう困難でも  そう粗末には  そうお母さんの  そう順調に  そう用心  そう心で  そう決定  そう深更で  そう即速には  そうおなり  そう自由には  そう評判  そう口  そう愕  そう喃  そう甲乙が  そう金を  そう邪魔には  そうですよ。艶  そうセカセカ  そう頑固を  そう説教  そう粉屋は  そうおれの  そうおかえり  そう人に  そうですよ。あずま琴などとも  そう頭が悪いの  そうなのだね  そうさかんに  そうひとこと  そう奴隷的に  そう批評  そう揶揄  そう恨みが  そう根本的に  そうなのだから女が  そう夫婦愛に  そうたくさん女の  そうおできに  そう大病でも  そうであるから人間は  そう嘘が  そう一家の  そう親密に  そう莫迦  そう厄介  そう先の  そう吹矢筒が  そう一つ  そう不愉快にも  そう好き  そう商売人  そう悲惨にも  そう信じていれば  そうですよ。瀬尾博士も  そう閑では  そうですよ。高野山  そう楽という  そう商売気  そう親方  そう節を  そうですよ。いま  そう恥を  そう思召すふうで  そう冷ややか  そうしょっちゅう一緒に  そう名古屋  そうですよ。雪子姉さんの  そう義理に  そう帝は  そう私  そう出しぬけに  そう格段  そう顕著に  そう言葉に  そうあっちこっちの  そうみよ子は  そう徳蔵の  そう憶病者では  そう解釈した余は  そうですよ。昨夜は  そうお話を  そうですよ。僕たちも  そう沖へ  そう無性に  そうけい  そうだし  そう価値の  そう書き留めも  そう下男が  そう警部は  そう彫刻的  そう利口に  そう理想  そう今晩  そう一般には  そう哲学者達は  そう説得  そう弁疏  そうぢや  そうそう身を  そう超然として  そう過激の  そう重吉の  そうひろ子は  そう心配せんでも  そうひそかに  そう特に  そうですよ。蔵の  そう久左衛門の  そう二言  そう男が  そうですよ。一本一本手で  そう便宜の  そう政友会は  そう無理に  そう一から  そうちょっと  そう走り書き  そうですよ。デカダンスは  そう差別待遇は  そう遠方へ  そうですよ。天草商事は  そうお呼び  そうですよ。鎌倉の  そうですよ。それだって  そう熱中  そうしきは  そう毒を  そう立  そう失敗っても  そういわしたん  そうわれと  そう不貞腐れも  そうトボンと  そう田代は  そう側に  そう小倉に  そうなんじゃァねえか  そう留守を  そう儀礼  そう意地を  そうしゅんで  そう憎体に  そう性急に  そうですよ。陽が  そうシュトゥンプフは  そうマチマチ  そう生気論  そう機械論者は  そうドリーシュは  そうですよ。非常  そうやみやみと  そう具合が  そう森や  そう何から何までに  そう酒に  そう宣伝  そう称えさえ  そう最後の命令を  そう自らを  そう大声に  そう進言  そう一言ひと言  そうふしぎにも  そう与吉が  そう駕籠わきの  そう大声を  そう慨  そう明々白々に  そうですよ。朱  そうですよ。人間が  そう邪険に  そう毎晩屋根裏に  そう自分ばかり  そう昂奮な  そう独言を  そうッて  そう独語を  そうハンモン  そうですよ。あなたは  そうムザムザ  そう鮎が  そう不平  そうローリイと  そう私向きの  そう便利  そう日当りの  そうユリ子からも  そう急変が  そう病気にも  そうお久美  そう外仕様が  そう今は  そう始めからしまいまで  そう身体と  そう病院に  そうチョックラ  そう心得よ  そう面白い種を  そうですよ。いちばん暑い時間  そういつまで人に  そう意識  そうですよ。ここらの  そう方々に  そう心配ばかり  そうプログラムにも  そうすべも  そう冒頭  そうぎごち  そう何や  そう標致も  そうですよ。それに  そう遽かに  そう島村さんは  そう清子が  そう無理も  そう暢気でも  そうそりゃあ  そう出来が  そう早合点を  そうそこで  そうものが  そうお前は  そう讃嘆  そう短兵急には  そう一人ぎめにしたって  そうお前たちの  そう切迫  そうむちゃくちゃに  そう兵卒に  そう清算  そう心配は  そう軽はずみ  そう負担を  そう普段利益を  そう無闇に  そう西洋人  そう一つ主義に  そう朝から晩まで  そう間断  そう国家国家と  そう仕舞  そう生れ  そう危険とばかり  そうサイラスは  そうヒクラーが  そうシュワルツコッフ博士  そう雄弁滔々  そう書  そうわたしを  そう不景気  そう旅を  そう郵便が  そう私語  そうさくを  そうさく隊には  そう曖昧に  そう旦那は  そうなんですよ。女が  そう性急には  そう特殊の  そう小田は  そういや  そうけんけん  そうですよ。水を  そうですよ。金剛寺さんの  そう右から左に  そうあなた様は  そう合点が  そうですよ。あたしの  そうむげに  そうですよ。衛生の  そう父親が  そう無理を  そう述懐  そうまともに  そう悪態を  そう伸子は  そうなっちゃ  そうひとりごと  そう題が  そう予感  そう拘泥  そう順序  そう悪魔の  そう生意気  そう愚図なんだろうね  そう野狐禅ばかり  そう昔  そう合理的  そう仰せら  そうよう  そう滅茶に  そう名刺にも  そう実行  そう何からなにまで  そう我儘も  そう違いは  そう決心は  そう一つことを  そう誤信  そういつまでも西班牙に  そう院展の  そうおかしな  そうですよ。学校などで  そう頭脳の  そう軽蔑  そう年の  そう彼女に  そう口説  そう気味の  そう解決の  そう儲け口が  そうさが  そう骨は  そう野卑じゃ  そう芸に  そう旨か  そうなっちゃ大変  そう堅牢  そう母親は  そう飯尾さんに  そう理詰めに  そういいわけを  そうズボラなん  そうひとりごとを  そう親密  そう反抗的に  そう合図を  そうですよ。親戚へも  そう警告  そう奥村さんを  そう思いやりが  そう貴女の  そう放送  そうら二本棒  そう若い人達の  そうら此の  そう肯定  そう非議  そうはいわず  そう瞞着  そう鉄則を  そう百合と  そう憤慨をな  そう真正面に  そう傷  そう晩までも  そう伯母さんが  そう野口は  そうである通りに  そう密接  そうその男の  そう曰く因縁の  そう自分は  そう毎日塩鮭ぜ  そう父に  そうびの自然花を  そう軽々には  そう弱音も  そう贅沢も  そうピイピイ泣言も  そう不眠が  そう忍びやかに  そう的はずれ  そう光井叔父上とも  そう難病  そう書くこと  そう例の  そう一緒に  そう為様では  そう鸚鵡返しに  そう誰にも  そう日が  そう幽霊に  そう促が  そうですよ。わたしと  そうやすやすと殺  そう見えなかった  そうですよ。王様  そういつまでも俺は  そうたくさんには  そうですよ。虚無主義者  そう能率が  そう奥さんに  そうお父さんに  そう松木の  そう鬼は  そう交通の  そう肩を  そういい気になんか  そうである権利の  そうちょくちょくは  そういつものように  そう講釈を  そうひまも  そう突飛  そう追求  そうお父さんは  そう二人に  そう感謝  そう無理  そう神様神様  そう期待  そう途方も  そう確約  そう簡単じゃ  そう受賞者の  そう女中の  そう正夫は  そう交際は  そう口答えを  そう口々に  そう舌打ち  そう悲鳴を  そう大喝  そう数年の  そう汗が  そう嫁さん気質を  そうほうは  そうほうの  そう相手を  そうですよ。あなたの  そう慾  そう彼此の間の  そう伝説的の  そう応用が  そうあんたも  そう鷹揚  そう片言でも  そう永生  そう表現は  そう叔父さんから  そう嵩  そうかいとき  そう子供  そういくつも  そう皆  そう敏感  そう次郎が  そう頭を  そう何時も  そう心組に  そう不幸  そう一ぺんに  そうスエコを  そう牛込の  そう身振りを  そうごま  そういつまでも十四歳の  そうだってさ  そうなんか  そう店の  そう気もちに  そう新奇に  そう孔子の  そうせっかちに  そうとことんまで  そう口数の  そうら御覧  そうれこの  そうら俺が  そうらね  そうであるからわれわれは  そう決心を  そうわざに  そうなのだろうが  そう単純でも  そういい加減  そう大事に  そう暖かに  そう楽に  そう気楽  そう計画  そう傷けても  そう母が  そう屁古  そうお正月を  そう避難  そうむき出しに  そう一刻を  そうゆっくりは  そういつまでも放任  そう筋を  そう間違いが  そう酷評  そう変りも  そう一度に  そう遠慮を  そう理屈を  そう吹聴  そう級友の  そう毎年家へ  そう不憫  そうざいにはならないが  そう下品に  そう巨きくは  そうですよ。金魚ばかり  そうですよ。全部油脈は  そう苦心は  そうたくさん持ち合わせが  そうらい  そうたくさんでは  そう子供たちは  そう推測  そう駛けて  そう真面目顔で  そう懼  そう危険視や  そう沢山の音が  そう草の  そう隅々まで  そう過言でも  そうら三杯酢は  そう奥へ  そう四十  そう切口上を  そう妻が  そう女中は  そう樋口さんを  そう樋口さんに  そう写野さんが  そう妻に  そう誰に  そう四つの  そう大事  そうお前  そう詞を  そう強面に  そう改って  そう藤村は  そうお祖父さんは  そう恒夫は  そう味も  そう新聞  そう足もとから鳥の  そうせっかち  そうおかしいのかな  そうなんですよ。どっちも  そうなんですよ。わしが  そうですよ。人も  そう毎年  そう始終家を  そう一番仲の  そう喋舌  そうゴキゲン  そう郤  そう窮屈さうに  そう弱気を  そうですよ。貴方がたの  そう簡単明瞭には  そう妄想  そう穢れと  そう穢多の  そう棒ちぎりを  そうですよ。わたしの  そうはさが  そう御礼などは  そう仲がい  そう一般的な  そう恥  そう吉村は  そう古風  そう春隆は  そう章三は  そうなんですよ。今更ヒロポンが  そう応酬  そう附  そう面白いものは  そう一人ごとを  そうがかりで  そう頭  そう頭ツから我を  そう続け様に  そう甲斐  そう取扱  そう憤慨  そう白ば  そう率直に  そう菜穂子に  そうありがとう  そう丹波市  そうしたらば  そうばってん  そう評判の  そうなんですよ。私の  そう身体も  そう一口に  そう白  そう手短かに  そう無頓着  そう範疇は  そう規則ずくめに  そう一定不変の  そう強大  そう三名の  そう二つの女性の  そう二つ  そう二の足を  そう一同に  そう間違いは  そう三方の  そう更  そう日記に  そう重要  そう咎  そう猜疑  そう風呂敷に  そう不合理  そう研究の  そう強烈  そうヒョイ  そう希望  そうともよ  そう思つて俺は  そう言つただけ  そう頑固ばかりも  そうみんな  

そう[副詞] ~ 2
そう信じ  そう言っ  そう言った  そうだ  そう云っ  そう云う  そう云わなけれ  そうし  そう思わない  そうすれ  そう思え  そういっ  そう思っ  そうだった  そうな  そういう  そうなる  そうで  そう申します  そういたします  そうしなけれ  そうであっ  そうやっ  そうである  そうであります  そうなりまし  そうならない  そうなっ  そうする  そうしないとぐ  そうしよう  そうでない  そう生きる  そうさせられ  そうなった  そうであり  そうします  そう思った  そうなります  そうなりたい  そうであった  そう力ん  そう思い  そう言われる  そうでしょう  そうです  そうしない  そう言い  そう言ってる  そうしてる  そう考えた  そう下がり  そう答える  そう結ばれ  そう欲ばる  そうでしたら  そうでなく  そうきまったら  そう思ったらしかった  そうだったら困っちまった  そう仰言った  そうしたら  そうなったら  そうかね  そう考えたらしい  そう思うだろう  そうでなくなるらしく思われる  そうなれ  そう思われるでしょう  そう云い切る  そう出来  そう思い悩み  そうらしかった  そういない  そう訊く  そうじゃ  そうであろう  そう云いました  そう云え  そう書い  そうらしい  そう言う  そう思う  そういってた  そういわなけれ  そうだろう  そうでなかったら  そうさせる  そういえ  そうかえ  そう厭き  そうなら  そうでございます  そう仰  そう云ったら  そう仰しゃいます  そう有るべき  そういた  そう云わず  そう隠す  そう疑  そう知っ  そう打明け  そう打明けられ  そう哮り立っ  そう当る  そうおっしゃいます  そう致します  そう答え  そう教え  そういい  そうなってる  そう言われ  そう答えた  そうしましょう  そう見えた  そう思ってる  そう思ったら  そうくち  そう認めず  そうすりゃ  そうずばぬけた  そうだだ  そう教えた  そう呼ぶ  そうだろ  そう思い込ん  そう感じる  そう信ぜられる  そう思わなけれ  そう言ってた  そうでないなら  そうあきらめ  そういった  そうさせまい  そう怒っ  そうよそう  そうらし  そう決めた  そう言え  そういわれる  そう云った  そうした  そう囁く  そう呼び慣れ  そう思い込ませよう  そうきかれ  そうであるだろう  そうあり  そうらしく見える  そうあっ  そうゐありません  そうおどろく  そうはいった  そう申せ  そういわない  そうかんた  そういいおわる  そう思い直し  そう思いました  そう告げた  そうおっしゃっ  そうでなかった  そう考える  そう訊ねる  そう疑う  そうきけ  そうきめた  そういい出した  そうしなく  そう呼ん  そうでありましたら  そうだったら  そう思われ  そうよばれ  そういい張っ  そう思いこん  そうしなきゃ  そう名づけた  そう考え  そう庇う  そう願いたい  そう申し  そうや  そうでした  そういふ  そう悟った  そういうなら  そういわれ  そうさせ  そうしたい  そうでなけれ  そうであるべき  そう見  そう泣く  そう泣かんで  そうおもう  そうた  そうはいっ  そう感ぜね  そう願っ  そういいだし  そう考えざる  そうある  そう際立っ  そうなるだろう  そう願います  そう答えざる  そうであるなら  そう考えられ  そう思わず  そう決める  そうどなる  そういきばらず  そう云い出した  そう云い捨て  そうでなくっ  そう致しましょう  そう云い  そう云ってる  そう云われ  そう受けとつ  そう急ぐ  そういつ  そう繰り返した  そうつけ加えた  そう言ったら  そう言い終わった  そう思います  そう言わな  そう思えん  そう行き  そう云うなら  そう名付けるなら  そう信ずる  そう願えりゃ  そう想っ  そう感じた  そう見える  そういたぶっ  そう云われる  そうでございました  そう思わざる  そう苅っ  そうよろこん  そうせぬ  そう行かない  そう行く  そうだっ  そう吐き出し  そう押しかぶせ  そう訊ねられ  そう踏ん切っ  そう踏ん  そうささやく  そう問われれ  そう気付いた  そう語り終えた  そう思い付いた  そうわめきたてた  そう叫んだ  そう気づいた  そうくるなら  そう気づく  そう言うだろう  そう感じ始めた  そうな笑いたく  そう云い云い起ちあがる  そう云わるれ  そう乗  そうおもっ  そうでなけりゃ  そうでし  そう驚かなかった  そう騒がなく  そう驚く  そうなりませんでした  そうだったろう  そうさせた  そうおもった  そういいすて  そういいました  そうさけびました  そう見えるでしょう  そう仰有っ  そうなり  そう決め  そう思われます  そうできたなら  そうやってた  そう云い云い  そう致し  そうでありまし  そう見え  そうもござりません  そうしました  そう喜ん  そうしたく思います  そう考え直し  そう感ずる  そう考えられぬ  そう認め  そうされ  そう思いたく  そう話し  そう呼ばれる  そう夏めいた  そう逃げない  そうらしく  そう思いません  そう知った  そうあがっ  そう案じる  そういいつけられ  そう申し上げたなら  そうともそう  そう怨む  そう思い直さね  そう思ふであらう  そう行かなかった  そう叫ん  そうなれない  そう言いました  そう申しました  そうでござん  そうおもい  そう呟いた  そう呟き  そう云われざる  そう言いたい  そうでしょ  そうあるべきだ  そうれ見ろ  そう変った  そうくり返  そう睨んだ  そういきません  そう尋ねかけ  そうとれる  そう感じられた  そう問いつめよった  そう思うなら  そう思いつく  そう言い放った  そう言い聴かせる  そう諦め  そう訊いた  そう決っ  そう言い聴かせ  そう言い聴かせた  そう思わせ  そうきかれた  そう言い捨て  そう言いきかす  そう訊い  そう思いたかった  そうきい  そうでっし  そう考え悩まず  そうおっしゃられる  そうれ  そう云われます  そう思わないです  そう云われれ  そう思わっし  そう申し上げる  そうおっしゃる  そうでなきゃ分らない  そうおっしゃった  そうおいいだ  そうなったであろう  そうおっしゃいました  そう想った  そう育っ  そう来なけれ  そうしょげる  そう聞く  そう行かね  そうしねえ  そう聞いた  そう話され  そう致そう  そうで御座います  そうで無い  そう仰有った  そうしてやる  そうきいた  そう考えれ  そう行かなくなりました  そうなげ  そうなさい  そう気に入られた  そうでありました  そうなるべき  そうらしく見せ  そうあせる  そういわぬ  そうあれ  そう疑っ  そうあるべき  そう取りつめ  そう云いましたら  そう呼んだ  そう思われる  そう見くびった  そう信じたい  そう答えました  そうするなら  そうおこる  そう来なく  そうありましょう  そうなりゃ  そうかんがえました  そうしないなら  そうであれ  そう違っ  そうでなかろう  そう探した  そう聞きゃ  そうじゃろう  そうでで  そううかがえ  そう言われれ  そう怒る  そう云います  そう聞け  そう尋ねる  そう云うであろう  そう考えられる  そう取り扱おう  そうできぬ  そうありてえ  そうおっしゃられ  そういい返す  そう感じました  そう申される  そう訊ね  そう改まれる  そうとう  そう言わない  そうむくれる  そう抜かっ  そう見こみ  そう騒い  そう秘し隠される  そう萎える  そう言い出す  そう違わない  そう反っくり返っ  そううぬぼれ  そう答えるでしょう  そう感じられ  そうどなられた  そう思わせる  そう思えない  そう言い切る  そうしちゃいなさい  そう言わせた  そうするらしい  そう思い込ませた  そうしときましょう  そう云ってたら  そうでございましょう  そう変らないでしょう  そうなれまし  そうせき込み給う  そう申しましょう  そうわかったら  そうでしたろう  そう言うなら  そう語った  そうであるらしい  そうならざる  そうありたい  そういい置い  そう訊ねた  そう考えだせ  そう頼ん  そう言い切っ  そう感じさせる  そう酔っ  そう寝た  そうなさっ  そう存ずる  そう考えました  そう坐られた  そう考えられなかった  そう言おう  そうなすってる  そうらしくない  そういわん  そう聞える  そうすべきだ  そうしなかった  そうだろうだ  そう靡き  そうじや  そうじ  そうだつ  そうあるべきで  そう言います  そうしなはれ  そう吐かせ  そうどす  そう云うたら  そうだすやろ  そう思い出したら  そうなさる  そう言いかけ  そう仰有らず  そう縛られ  そう仰言っ  そうせ  そう突っかかっ  そうでな  そうなら祀らね  そうやろ  そうかて  そうかて連れ  そうしようまい  そうやろう  そう言い結んだ  そう思わぬ  そうなされ  そう呟きました  そう申され  そう笑い  そう仰し  そうあきらめる  そう申された  そう申されました  そう呼びかけ  そう説いた  そう言われた  そう役に立った  そう云われた  そう言いいすて  そう決ったら  そう気取っ  そう云おう  そう極めた  そう問いかけた  そう気がつい  そう出来たら  そう尋ねよう  そう痛ん  そうひがむ  そうなったなら  そう迷わざる  そうなり得ね  そう考えなく  そうしようで  そうされたら  そう言い残され  そうなさるべく  そう聞い  そう言い放つ  そう茶化し  そう断った  そう言い終る  そう言いかける  そう置い  そう云いたく  そう助かった  そう張りきっ  そうでなくなっ  そうきめ  そうよんだ  そうよまない  そういかない  そう願えれ  そう言っとい  そう決めましょう  そう感じ  そう呟い  そう感ぜられ  そうかくそう  そうおっしゃり  そうだけれ  そう思われた  そうでございまし  そうわかった  そうでございませんなら  そう祈っ  そうなだ  そうはす  そう話しかけ  そういいおい  そうあわてなく  そうおもうた  そう思うた  そうな青ざめた  そうさせませんでした  そう話す  そう呼ばれ  そう憤る  そう考えたい  そう考えなけれ  そう思える  そう分っ  そう言わねえで  そう変っ  そう怒り  そう申し伝え  そう考えず  そうであったろう  そう遊ばしたら  そう言い合った  そう弱っ  そう断っ  そうだったらしい  そう離れてない  そうかもう  そういきませんでした  そう囁いた  そうよばれる  そういい切った  そういわれた  そう応え  そう信じます  そう銘打っ  そうよばない  そう云い終る  そう罵っ  そう呻い  そう飲んだくれ  そう云いだし  そう叫ぶ  そう云い放ち  そう語りました  そう意気込ん  そう付け足し  そう問い直し  そう気づい  そう考え始めました  そう思い始めました  そう考えはじめた  そう締めくくった  そう書いた  そう聞かれ  そう信じる  そう嘆く  そう聞かされ  そう書く  そう聞かされる  そう考え始める  そう慰めた  そう考え始めた  そう考えます  そうされる  そうあるべしだ  そう怒らない  そう心得よ  そう仰っし  そう言いましょう  そう言ったでしょう  そうしたいなら  そうあったら  そう見えるなら  そうできれ  そうでござらぬ  そうなりましたら  そう考へ  そういいたい  そう呟く  そうよびました  そうなろう  そう解され  そう目論ん  そう仰有れ  そうでねえ  そう称し  そう乗っ  そう質した  そう参っ  そう戒め  そう見た  そう云い残し  そう云う諦め  そう云う活きた  そう命じた  そう凝っ  そう信じるなら  そう叫べ  そうなされた  そう書き立てた  そう誘っ  そう痛めず  そう云わせた  そうおっしゃらず  そうであるごとく  そうせざる  そうしたら待っ  そう困つた  そういわるる  そう宣い  そう語っ  そうつぶやい  そう怒り立つ  そう咳い  そうするであろう  そうでなくなった  そう承るだろう  そう言いかけた  そう伝え  そう尋ね  そう言わなけれ  そう言い聞かせた  そうでなかつたら  そう信じない  そうでござい  そう仰せられる  そう見限った  そう云いだした  そうきまった  そう折れ  そう知る  そうすすめた  そう思ってた  そう申した  そういえる  そう観やぶっ  そう映る  そう惜しん  そう云いおりました  そう思っとる  そうきめる  そうならなけれ  そうじゃった  そう見えるだろう  そうやる  そうするべく  そう見ない  そう名づけ  そう訳す  そう云い表わし  そう嫌った  そう困る  そう取り締れる  そうさ  そうそうろう  そう四角張らんで  そう出来た  そう思い立つ  そう言い出した  そう応じ  そう怒んなさる  そう言われない  そう望む  そう言わせる  そうであるらしく思われた  そうであったらしい  そう棄て  そうで無けれ  そう言い変え  そう頑張っ  そう見なく  そう感じない  そうでないらしく思われる  そう在るべく  そうよろこびました  そう仰れ  そうおさせ申し  そうでござる  そうかっ  そうさとった  そう慰め  そう仰っしゃられ  そう見えたら  そう励まされなく  そう語り終る  そう切り出す  そう怒らなく  そう云われたら  そうもうけました  そう繰り返し  そう諦める  そう怒鳴っ  そう述べた  そうでき  そう急い  そう信じられた  そう云われるけん  そう思いうる  そう語る  そういい聞かされ  そう申しつかわした  そう嘆かれ  そう罵った  そうせね  そう分らない  そうなすった  そうなりきった  そうあらね  そう話しました  そう逃げ出した  そう強いられる  そう書き入れれ  そう頑ばっ  そう寝  そう思わし  そう言い合っ  そう首肯いた  そう語らせ  そう切りだす  そうでなきゃならない  そう思いついた  そう疑られ  そうしたく  そう言いすて  そうでなくなる  そう困ったらしく  そう心得  そう見えない  そう思い出した  そう伝えた  そう告げられよ  そう思わないらしい  そう告げ  そうあろう  そう云いのこし  そう約し  そうず  そうせられる  そうつごう  そう云い切れない  そう響かなく  そう響け  そう改まっ  そう出れ  そうすり  そう仰しゃっ  そう戴い  そう込ん  そう呑ん  そう僻ん  そう行き詰まっ  そう続け  そうなるべきだ  そう信じた  そう仰しゃ  そう帰る  そうなら話す  そういおう  そう思えた  そう造った  そうおっしゃれ  そう泣い  そういってる  そう打ち明け  そう云い渡し  そう迂  そう疑ったら  そうゆけ  そうれ出る  そう聞かれる  そう入る  そうにござります  そう定めた  そう思うであろう  そう覚しめし  そう頼んだ  そうこられる  そう語り  そう思うでしょう  そうせず  そういないだろう  そうらしく思われ  そう成っ  そうしとい  そういいまし  そう思いたい  そういわれりゃ  そうじだ  そううらむ  そう出来なかった  そう云いさし  そう云いかけ  そうあらざる  そう考えない  そう使っ  そう判る  そうでなかれ  そううたっ  そうたずね  そう待たない  そうすりゃ助けよう  そうのぞい  そうあらせ  そうだ生まれ  そう吐き捨てる  そう存じ  そう落ち付い  そう絶え入る  そう言い言い  そう知り抜き  そう知らず知らずいっ  そう思い出す  そう改まらない  そういわず  そう促し  そうおっし  そう呼ばし  そう思いふけり  そうだたほれた  そう来た  そう変らず  そう急き立てる  そう信じきっ  そう呼びなれ  そう言いつけ  そう老ぼれ  そうれみろ  そう思い直す  そう繰返し  そう考えん  そう云わざる  そうきめられ  そう思うとぐ  そう考えさせる  そう呼ばない  そう取れた  そうらしいです  そう生れ  そう思いたまえ  そうかい  そう待ち  そうされた  そう決めたらしい  そう決った  そう分る  そうさせない  そうするでない  そうで無けりゃ  そう謝らんで  そう申さん  そう疑われない  そういったら  そうれみ給え  そう行っ  そう云ってた  そうどなりつけた  そう記し  そう起き  そう思いまし  そう言われるなら  そう思わん  そう思わねえ  そう拗ねん  そう恐がらん  そういわねえで  そう疑り  そうであった如く  そう聞えたら  そう云いつかっ  そうとられる  そう知り  そうしなかったら  そうおう  そう応えなけれ  そういわれれ  そういわっ  そう云わん  そう申す  そうでなきゃ  そう言い切れる  そう言える  そう喚き  そう思えます  そう言いだしました  そう言い返し  そう感じられる  そう読ん  そう思いつづけ  そうでありたい  そうし給い  そう云わなかった  そう感ぜられた  そう滅入らん  そう急がなく  そう気がついた  そう伺え  そう来るだろう  そうあわてる  そうしといたら  そう騒ぐ  そうあるべきでございます  そう申さず  そう存じます  そうたっ  そういかないらしかった  そう云いきってる  そう仰有る  そう感じられない  そうきまっ  そう云う誤った  そう云う悲しむべき  そう食わなかった  そう思わせよう  そう呼び  そうこみ入った  そう驚い  そう書き  そうでなくなるであろう  そうだったでしょう  そう降っ  そう云いきった  そうきめつけた  そう疑われる  そう買いかぶっ  そう憎みあっ  そうちがう  そう嫌う  そう祈り続けよう  そうなら教え  そうでやす  そうだけん  そうなさいます  そう好む  そう解く  そう言い棄てる  そうな話し  そう伝えられ  そう違わぬ  そうこじつける  そうきかれる  そう思い込ませる  そう見る  そう蒙らず  そう致しまし  そう気がつく  そう気付く  そう笑い続け  そうでございません  そう唱え  そういひ  そう云いなさい  そう云えた  そうすべき  そうきこえた  そうきこえました  そう打たれた  そう見えます  そう云うた  そうでありません  そう泣いた  そう伝えろ  そう云いすて  そう言うた  そう尋ねた  そうた暗み  そう呼びあげ  そう見えました  そうかそんなら  そう遊ばなくなった  そう言い言いした  そう打解けた  そう言い暮しまし  そう取る  そう解っ  そう見くびらなく  そう聞え  そうだそう  そうともし  そう仰っ  そう願おう  そうしたら死ん  そう添えた  そうしなけりゃ  そう関わ  そう仰ったら  そう成ります  そうで無いらしい  そう吟じ  そう成ったら  そう断りました  そう吸いたい  そう成った  そう阿  そうなすったら  そう下卑た  そういいます  そうきめよう  そうでなかったら困った  そう聞えなかったら  そう遣った  そう焦せる  そう思ったであろう  そう願う  そう話しかけてる  そう変えれ  そう喜ばせ  そう信じたら  そう囁かれ  そう言い置い  そうじし  そう覚えた  そう混まない  そういい終える  そういい張った  そう威張  そうな古びた  そう心づく  そう向いたら  そう分れ  そうなさいませ  そう見くびっ  そう思いかえし  そう云うでしょ  そう思いつめ求め  そうできる  そう尋ねられる  そうあるべく考えた  そう呼ばせ  そうでなかったらしい  そういっちまえ  そう取り次い  そういい得たなら  そう違わなかった  そう困っ  そうされれ  そう踏み  そう依  そういうう  そう知らせ  そうかれ  そう望ん  そう答えるだらう  そう見せよう  そう云ったでしょう  そう極まっ  そう言いきる  そう聞きかえさず  そう着  そう瘠せ  そうたよっ  そう信じました  そう思い得る  そうしたらとん  そう告げ終る  そう言い残した  そう教えられ  そう暮し  そう言う物語り  そう謂う  そう急がない  そうあり得る  そうおどろかない  そうつたえます  そうつぶやいた  そうおどろかんで  そう問いかえさず  そう誓った  そういい捨て  そう信ぜられ  そう受取る  そう語られ  そうで無かった  そう申し上げ  そうでござんす  そう引張っ  そう思いこんだ  そう問う  そう怒りなさん  そうでござんしょう  そう気色ばむ  そう言い棄て  そう訊ねられた  そうこましゃくれ  そうでござろう  そうでありましょう  そうきまれ  そうしたおさない  そう決まりなんし  そう訊き返した  そうらしく聞かせる  そう思い詰める  そうおしなさい  そうならず  そう申しとい  そうさせたい  そう話し合った  そうしちまった  そう聞き  そうれ来た  そう感づい  そう感づいた  そうたずねました  そうなさいまし  そうあそばし  そう疑い  そういつた  そうでござんした  そうさせたく無い  そうさせたくない  そうあるだろう  そういい終る  そう楽しん  そう吐かし  そう凹ました  そう決めよう  そうこき使う  そう思い決め  そう叫んだで  そう言われなけれ  そうきまったら引留め  そう打っ  そう努める  そうありえない  そうありうる  そうなり得る  そう見えまし  そう云う解り切った  そうおっしゃらなけれ  そう答えたぎり  そう考えられた  そう決まれ  そう見縊った  そう言わね  そう言い張る  そうやった  そうだす  そう怒らん  そうし給え  そういいよった  そう訊かれた  そう思えっ  そう改まられ  そういったら逃げるだろう  そういい伝え  そうじゃろ  そう糺し  そう済まん  そう思いまする  そう隠れ  そうせき立てられた  そう唱えた  そうさえぎった  そう云いかけた  そう叱りとばした  そう問いかえす  そう呼びかけた  そう動い  そう云いたい  そう見究め  そう危ぶむ  そういきり立った  そうとぎれ  そう見て取った  そうくだけ  そうどなっ  そう願わず  そう微笑ん  そう鍛えられ  そう問いかけられた  そう期し  そう観じた  そう思わなかった  そう慰めよう  そう申しあわせ  そう云いつけた  そう云わね  そう吐きだす  そう云いたかった  そう見きわめた  そう受け止めた  そう思いだした  そうなです  そうなるであろう  そう命ぜられ  そう吐きだした  そう擦りかえられ  そう云いかける  そう認める  そう頼まれ  そう云わねえで  そう思いかえした  そう勇み立っ  そう励まし  そうしとけ  そうしつ  そう決まったら  そう思えませんです  そうするでがす  そう思うとるでがす  そうあるべきであった  そう使われ  そう歌い  そうこだわるなら  そうちがわないでしょう  そうきく  そう訪れ  そう困らせ  そう育てられ  そう答えず  そういわざる  そう恨み  そう云うはらで  そうにござりまし  そう云うたら思い当んなさる  そう急き込まず  そう悟っ  そう気遣う  そう思ってたら  そうなりまする  そう仰っしゃられる  そう思い募る  そう話し終っ  そう言わず  そうムキになっ  そうおっしゃい  そう見下げなくっ  そう云えないでしょう  そう怒鳴りつけます  そう致す  そう答えます  そう思い出しました  そう言われるだろう  そう判った  そう断る  そう感じられました  そう言うだ  そう吐出す  そうあわて  そう解したらしい  そう思い知らせよう  そう言い足し  そうでござんすね  そうしゃ  そうあるべきである  そう考えさせ  そういわなきゃ  そうもちあげない  そう開き直られます  そう怒鳴りつけられない  そう結ぶ  そうはにかん  そう申しあげる  そう考えるべきだ  そう視  そう申しおる  そうたずねる  そういかねえ  そうばかげた  そう疑え  そうおっしゃるんでしたら  そういって  そう出られ  そうしなけりゃ許さん  そうすてた  そう思えません  そう移り  そうみ  そうなったらしい  そういい終らない  そうであったなら  そう仰らず  そう決め込ん  そうわかっ  そうなるなら  そう怒鳴った  そう誓われ  そう観る  そう片づけ  そう食っ  そう謡う  そうおきた  そう仰しゃられ  そう言いたかった  そうやってる  そうで御座いましょう  そう云い切っ  そう出来るなら  そうしません  そう見ません  そうたい  そうしてやれ  そうするでしょう  そうでございませぬ  そうすすめ  そう伺ったら  そうかおぬ  そうまいらぬ  そう迷っ  そうつけ加える  そう教える  そう周章てる  そうらしかったです  そう云い置い  そう云い棄て  そう見せかけ  そう逃げ隠れしなく  そう逃げ  そう云う当てず  そう云い棄てる  そうせく  そう仰有られ  そう願いましょう  そう云い切った  そう恐がる  そう急き込まない  そういたしましょう  そう云いす  そううなされ  そう言われたなら  そうせなけりゃ  そうやり返した  そうあわてん  そうささやいた  そう思ってろ  そう叱らない  そう仰言ってる  そう怠け  そうはしる  そうくりかえし  そう致しまする  そう浮つい  そう読む  そう恐るる  そういたしたら  そう遊ん  そう言わなかった  そう言われます  そう思わせた  そう慌てる  そう聞えた  そうならぬ  そう呼んだら  そう察し  そう伺いました  そういえぬ  そう見たれ  そう思われなかった  そう言いすてる  そう慌てた  そうおさまっ  そうとられ  そう行き届いた  そうよってない  そう騒がん  そう荒れた  そう仰有ってた  そうでなく思わせる  そう呼びならされ  そう浮かれ  そう着かざっ  そう出  そうあられ  そう思わなくっ  そう読めるだろう  そう促され  そう促す  そうあった  そう言いふらした  そう読むらしい  そう食い  そう考えめぐらす  そうささやい  そうなしうる  そうたいし  そうせせら笑っ  そう吐かしました  そうれ見い  そう否み  そうでなきや  そう思いきれない  そうさせられた  そう言い切らなけれ  そう目立つ  そうしないじ  そう考え出す  そうほめ  そうあつかっ  そう云われまし  そう書け  そう受取っ  そうなったで  そう言えない  そうで無かったら  そう取っ  そう書かない  そう鳴る  そう吹く  そう仰有るなら申します  そう仰有るです  そうムキになる  そう遊ばせ  そう定め  そう引き取っ  そう背負っ  そう見違える  そう思ふ  そううかがわれた  そう仰せある  そう思い返し  そう慌てなく  そう取った  そうでなかっ  そうおいいやした  そうおしやしたら  そう諦めて  そう決りました  そう思い込もう  そうふくれ返っ  そう力みなさん  そうおく  そう行かなけれ  そうであったら  そうなれ近づく  そうさけび  そう観え  そう仕向けた  そうしちゃいられねえ  そうまいれ  そう口走っ  そうききかえしました  そう話し合っ  そう云い得る  そう思い込んだ  そうござる  そう伝え聞い  そう訊きました  そう叫びました  そう茂っ  そうあらん  そうきまる  そうくつろいだ  そう掛っ  そうみとめられない  そうでありうる  そう言いむすんだ  そう急がず  そう呼べる  そう届け  そう観  そうでしたろ  そう驕っ  そう云っとかない  そう唸られる  そうもそ  そうな啼き  そうおっしゃられれ  そうきまったら投げる  そう伸びます  そうなら忍び込み  そう食う  そうしてた  そうでござんすかねえ  そう感づきました  そう思わせられる  そうひっぱっ  そう有り余る  そうすべきです  そう離れ  そう感じてる  そう案じられた  そう詫びた  そう下る  そう言いかえた  そうなったろう  そう信じさせ  そう響かなくなっ  そう精出したら  そうやれ  そう急く  そうわかりました  そう仰しゃられる  そうでないらしく  そう言い始めた  そう残るまい  そう酔払っ  そう苦しん  そう取らず  そう申しあげ  そう解した  そうさせぬ  そうだた  そういえましょう  そう受けとれる  そう言いまし  そう見込んだ  そうおいいなさる  そう振  そう更け  そう追っかけ  そう励ました  そう名乗られ  そう判っ  そう違うまい  そうしたくっ  そうよぶ  そう仰います  そういわれなけれ  そう企んだ  そう語り終え  そう判ったら  そう言いさし  そう引っ張る  そう招いた  そう言ったぎり  そう云わない  そうなりかかっ  そうおいぼれた  そう驚いた  そう違った  そうこだわる  そうなこった  そうである如く  そうあえぐ  そういいかける  そうたずねた  そう思って  そう来られ  そう言いたがる  そうおっしゃられちまっ  そう張りきった  そうきめちゃおう  そうしてやらなけれ  そう問われる  そう祈られ  そう申されい  そう出る  そう信じ切っ  そう断らなけれ  そう教えたで  そうとしとる  そう考えるだろう  そう思われません  そうこたえた  そう嫌わんで  そう好ん  そう疲れ  そう甘える  そういばった  そう見られる  そう言い渡せ  そう過ごさぬ  そう観た  そう見とどけ  そう覚っ  そうよん  そういたしたくない  そうですじゃ  そうかんがえ  そう言い言い出  そう言われました  そう訊かれ  そうしなさい  そう申しまし  そうさけん  そうはなした  そうこたえ  そうきめとく  そうくるだろう  そう教えこん  そう取れ  そう離れられない  そう言わっし  そうしなくっ  そう落ちぶれ  そう逃げられぬ  そう思い去り  そう謂った  そう謂っ  そう訛った  そう名づける  そういい出す  そう苦り切っ  そうおいい  そう書かれた  そう言いたがっ  そう怒鳴り  そうかかれ  そういうたら  そう致しましたら  そう伺っ  そう考えるなら  そう思いつづけた  そう思わねえで  そうせよ  そうでもござり  そう打ち融けた  そう思いやし  そうどした  そういいさし  そうでのう  そうらしく思われなかった  そうさわぎだし  そう決まった  そうらしゅうございました  そう感じなけれ  そう引込ん  そう立てつづけ  そう行きませんでした  そう云わなく  そうらしく聞えました  そう責める  そう感じ出した  そういっとけ  そう怒鳴りつけられ  そう云うらしい  そうでなくなり  そう云ったら怒る  そう判ったら構う  そう叱る  そう見せる  そうございます  そうでございまい  そうなっとります  そう覚え  そう冷やかす  そう言い残し  そうよろこびませんでした  そうやらない  そう反っくりかえる  そうらしく思う  そう勧められる  そう怒鳴り付けた  そう吐き出す  そうらしいでがす  そう伺う  そうらしく見えました  そうおもいました  そう言いかわし  そう呼び叫ぶ  そう潜ってる  そう慌てくさっ  そう取越し  そうとれた  そう云い触らす  そうれみろい  そう睨ん  そういたす  そうもござりませぬ  そう釣れる  そう云わなけりゃ  そう妬く  そうされない  そう申さるる  そういわせた  そうなるべきで  そう伝えたら  そうかれはかれらしく考える  そう思えるでしょう  そうじさせ  そう釈く  そう名づけられ  そう呼びました  そう似  そう呼ばず  そう解し  そう啼いた  そういい始めた  そう怒るまい  そう威張る  そうなれます  そういく  そうわかりゃ  そうわかりっこはね  そういわれり  そう思ったらしく  そう考えてるだろう  そうするだろう  そう望むなら  そうではござりませぬ  そう言わし  そうな慌て  そうでおじゃろう  そうなりますれ  そう気どる  そうとりちがえた  そうおっしゃりゃ  そうくりかえした  そうおしませ  そう思いつめた  そうどっし  そう言う狎れた  そういいかせぎだ  そう飛び歩く  そう思い込む  そう認めたく  そうなさん  そう仰せられまし  そう思わぬで  そうさとっ  そう浮き立っ  そう行かなけりゃならない  そう憎ん  そう受取れる  そう思われない  そう見たい  そうしれ  そう見せ  そうよわりました  そうがっ  そうふさい  そうかよう  そうですた  そうさっしゃい  そうおこっ  そう感じたろう  そうひやかす  そうこだわっ  そうなったら占めた  そう謂ったあり  そうでござっ  そう考えね  そう信ぜね  そう云うべき  そう流行った  そう殖えてない  そうさせず  そう入っ  そうでなくする  そう黙っ  そうでなく立た  そう謝る  そう信じよう  そう思わされる  そう飲ん  そうでありたかった  そうあらしめた  そう信ずべきです  そう見せたがってる  そう秀でた  そうきめよ  そうさせないで  そうどっせ  そう遣る  そう押し  そう云える  そう訴えた  そう思いだす  そういい置く  そういい残し  そう責められる  そう思い諦め  そう思い消し  そう云うとる  そう云い給え  そう云い捨てる  そう命ぜ  そう見えるらしい  そう考え考え  そうさっ  そう驚かんで  そう思われてた  そう報じ  そういい捨てる  そうことわっ  そう見れ  そう考えるべき  そう誓っ  そうなりません  そうあるまい  そう致しません  そう受け  そう気取った  そうせがまれ  そうあり余る  そうならい  そう願いまし  そう言い放つた  そうくだし  そう己惚れてる  そう言いなさん  そう言わせ  そうつき  そう割り切れた  そう言いとおし  そう断つ  そう頼まれた  そう仰有られる  そう知れ  そう願われれ  そう成さい  そう斥ける  そう早まらず  そうしたかった  そうでなけりゃ殺し  そう親しみ  そう穢れ  そう嫌わぬ  そうしいられ  そう嫌わなかった  そう増さ  そう嫌われない  そう言わ  そうなまごついた  そう信じたく  そう片付け  そうだったであろう  そう思い知り  そう仄めかす  そういい添え  そう決めるなら  そうおもい立った  そう信じさせる  そうなるまい  そう願いた  そう成り  そう憎み  そう出来てる  そうおもわない  そうおもいません  そうれ行け  そう云い続け  そう願えますれ  そうあるべきだった  そう思ってるらしい  そうしとこう  そう為  そう思い定める  そう受取ったなら  そう受取らせ  そうにござりまする  そう知り抜い  そう言わさった  そう押した  そう云いまし  そう考えてる  そうなさった  そう装う  そう伺います  そうであったでしょう  そう考え付き  そう喋らず  そう居ました  そうおいいであった  そうなりました  そうしゃべっ  そう言ったでしょ  そうゆく  そう悶え  そうでおざりまするで  そう急いだ  そう急がなくっ  そう怒らず  そうおし  そう行かないらしい  そうで無いなら  そう問われ  そう思い立ち止まっ  そうやけ  そうあそばしませ  そうでないです  そう変る  そう云いましょう  そうさせたであろう  そうでないらしい  そう言い棄てた  そう言い給え  そういい放し  そう仰っしゃられれ  そう思い附い  そう分けた  そう動かさず  そう聞えやしないだろう  そうなるらしい  そう目立たせ  そう言いつ  そうこなくつ  そうわかつたら  そう説かれる  そうほ  そう突放され  そう嫌わず  そう言い出されました  そうだずら  そう引っ込ん  そうしちゃいられません  そう呵りなさん  そう言うん  そう云い云い立っ  そう定められ  そうなら撃つ  そう知ったら  そうだ知っ  そう打ちあけ  そうあるなら  そう出りゃ  そうでないらしく見せたかった  そう会わせ  そうあるべきだったでしょう  そう言いたけれ  そう考えだした  そういい遺しました  そう書き直す  そう言合いました  そういたしまし  そうしおれ  そう話しかけよう  そう行きません  そう変わり  そう言い切った  そう怒つ  そう考えたれ  そう違わないでしょう  そう宥める  そういたされる  そうしず  そうどなった  そうつけたしました  そう言うであろう  そう申し上げます  そう呼ばなく  そうはやりきれない  そう計らおう  そう呼ばれた  そう思われるなら  そういっとい  そうであろ  そう見極め  そう計っ  そう思いちがえ  そうなすっ  そう計らう  そうおしつけ  そう取られ  そうであるまい  そうらしくなっ  そう取り扱う  そう言い伝え  そう見舞っ  そう近づい  そう申し上げたかった  そう言い合い  そう上らない  そうでなかったろう  そうすべきである  そう咎められる  そうなりとうない  そう当っ  そう引く  そう困らせません  そう延ばし  そういたしたくなりました  そうおさせしよう  そうでいらっしゃる  そう馴らされ  そうおさせし  そうならね  そう言いましたら  そうな曇んだ  そう言いたげ  そう致した  そうしてやりたい  そう困らない  そう騒がれる  そう持てない  そう行かなくなる  そう言い足す  そうだ待っ  そういきた  そう突っ放す  そう狼狽えた  そう怯える  そう希っ  そう持とう  そう変わった  そう云ったで  そうなるべきであった  そう更かさず  そうかけ離れた  そう承われ  そうしたら間に合っ  そう言いなすった  そう為ません  そうで無  そう出来る  そう問いつめられ  そう認めた  そう見ます  そう思いたくない  そう信じこん  そうすりやこつち  そう申し上げた  そう引き合わされ  そうたのん  そう言うべき  そう囁きたい  そう休ん  そういきま  そうとっ  そう思い出され  そういたしました  そう承っ  そういそぐ  そう笑いなさる  そうおもわねえ  そう思わるる  そうじしつ  そう捨てた  そうしつけ  そう言っとく  そう言いやし  そうしね  そう思いやす  そう思いやした  そうらしゅうございます  そう祈る  そう来なくっ  そう取り散らかし  そう読みとった  そうおっしゃるだろう  そう命じる  そう命じられなく  そう云うだろう  そう云い慣わし  そう話しあっ  そう去った  そう思うたら  そう思い返す  そうらしう御座います  そう思いやっ  そう云われず  そう云うならいけない  そうおい  そう捌け  そう附き  そう吐かしやがる  そうしちゃいられない  そう言っときました  そう知られ  そう言わるれ  そう覚った  そう存じたら  そう言いきかせ  そういはれ  そう承れ  そう喋り  そう自惚れ  そうかんがえられた  そういわせました  そうすました  そう笑いかける  そういいてえ  そうなったっ  そう来る  そうおいいなすった  そういわれます  そうみや  そう触られた  そう止め  そう出す  そういい合せ  そうならしめた  そういいつ  そう振返っ  そうこずん  そう生きてる  そうしくんだ  そういいかけた  そう焦っ  そう言わん  そうきき返しました  そう生れた  そう答えたであろう  そうおっしゃ  そう引きあげ  そう思いたった  そうあやまらん  そうでござった  そう申渡され  そう寄っ  そう思いなさい  そういいだす  そういうだろう  そう受けとる  そう問いかける  そう遣っ  そう言い終える  そう言いつづける  そう固まる  そうつきこまれ  そうこじれ  そう怒鳴る  そう罵る  そうおっしゃいまし  そう悟っちゃった  そう聞きたがらない  そうささやきました  そう思わなかったら  そうじした  そうなあり  そう冷めたく  そう叱りつける  そう思いこむ  そう思いこまない  そうらしく感ぜられる  そう申し残します  そうこたえる  そう申し立てた  そう眠れる  そうだったなら  そう編み込む  そうではござりません  そうしてやりたくなる  そう引きつる  そうねだりゃ  そう沈んだ  そうたる  そう見ました  そう申し上げい  そうとった  そう思わせない  そうじゃっ  そう笑い給う  そういいたげな  そうおもい定めた  そう怒んなすった  そう睨む  そう思わせられた  そういたしましたら  そう遊ばしたなら  そう思うとった  そうで御座いませんでしたなら  そう申しあげます  そういえない  そう判らない  そう出来れ  そうゆう  そう殖えぬ  そう呼ばせる  そう思えなけれ  そう云う疑  そうけちんぼ  そう凝った  そう叫んだなり  そう掛りません  そう苦しまない  そう皮肉った  そう驚かなく  そう笑った  そう威張っ  そう逃げん  そう話した  そうおっしゃったでしょう  そう思っとるじゃろう  そう言い申す  そうせき込まん  そうおもい直しまし  そうおもいまし  そう言い言いいたし  そう落ちつける  そうさくする  そう呼びかけよう  そう結んだ  そういい切っ  そう考えつい  そう名付け  そう笑いたくならなかった  そう喚く  そう云わせる  そういかなくなる  そう申し上げよう  そうおっしゃいますでございます  そうゆがんだ  そう隠し  そうやっき  そういいかけ  そうわかれ  そうし得ない  そうどき立ち  そうれ見よ  そう呼ばわっ  そうよばわった  そうやったら  そうでなかったら曇り  そう罵られた  そうしつらえた  そう思わなく  そう怒り給う  そう考えつめれ  そうきまったらきまったで  そうであるらしかった  そう浮かぬ  そう感ぜられる  そう取次い  そう考えついた  そう思っとい  そうくすん  そういいたかった  そうつぶやきました  そう言い出しました  そう考え付いた  そうさせるべきだ  そう念じ続けました  そう語り続ける  そうであら  そう続く  そう骨折っ  そうだ愛した  そう焦らない  そうさせよう  そう仰言います  そう思ひついた  そう見えましょう  そう受け入れざる  そうムキになられる  そう真面目くさらねえで  そう呼ばされ  そう思いこもう  そう考えるでしょう  そう唸い  そうおもい込ん  そう言うでしょう  そう云い出したら  そう哀れがっ  そう思われました  そうひねくれ  そう凹まされてる  そう立ちますまい  そう言いつかっ  そう思いつい  そういい習わされ  そう呼べ  そう改めた  そう致しとう存じます  そうでなかったら戦う  そうでなかったら連れ  そう想い諦めさす  そうおとり  そう書き終る  そう計らわれ  そうつけ上っ  そう云ったぎりで  そういたし  そううたぐる  そうでありたくない  そう造られ  そう描いた  そう仰せられず  そう叫ばれる  そうじらす  そう堪  そう案じない  そう映じた  そう感じたであろう  そうやって来た  そう聴いた  そうされます  そう言い終っ  そう名乗っ  そう整っ  そうだらず  そう言ったです  そう決めこん  そうなるだ  そう云ったぎり  そう念じない  そう書かれ  そうでいらっしゃるでしょう  そういい棄てる  そう思い付く  そう謂いなせ  そう叫ぶでしょう  そう称する  そうしまし  そう言いたくない  そう云い被せ  そう尋ねかけた  そう憎まず  そう切れません  そう開き直られ  そう待ちかね  そう感じます  そう答えられ  そうわかり  そうすりゃ叱られ  そう気に入らない  そう云うこまっ  そう思いましょう  そう承わる  そうであるらし  そうだらう  そう食べる  そう考へる  そう寛げ  そう嘗め  そう思いたがっ  そう云いきかせる  そう考えるべきで  そう云い合ってる  そう歌っ  そうあらしめないであろう  そう傷つけられた  そうこなく  そう感じないです  そういいだした  そういいすてる  そうとったらしい  そう思いませんでした  そう恐れ  そう思われるでありましょう  そうしたけれ  そうやらね  そうい直れる  そうきめましょう  そう行かなく  そうつづく  そう努め  そう唄い  そうどなられる  そう残らず  そうらしく思われた  そう思うころがる  そうらしく思われます  そういそい  そう思わ  そう言ってら  そうれ始まった  そう問いかえさない  そう叱られ  そう転がそう  そうかいた  そう動く  そうきめたら  そうつたえ  そう思いきれ  そう言えます  そうできるだろう  そう考えつきました  そうあやまっ  そうなりっこありません  そうゆきません  そう話したら  そう出しゃばる  そう呼びならわし  そうまえ置きし  そうきまるだろう  そうふとっ  そうなるでしょう  そう思いきめた  そう信じきってるらしかった  そう聴かされ  そう現れる  そう言いかえ  そう心得る  そう信じこませる  そうつけ加え  そうもござりましょう  そうなるで  そう語るべき  そう変え  そう離れた  そう言い淀ん  そう言い捨てた  そう映っ  そう思い切り  そうみとめ  そう仕向けられ  そう読んだ  そうこなくっ  そうはやりきれず  そう致したい  そう考えたであろう  そうなされるなら  そう言いたくなる  そう言い放っ  そう見すかされ  そう呼ばれてる  そういわなかった  そう想う  そう甘やかし  そう沈まれ  そうききました  そう読め  そう嘯き廻っ  そう結び  そう思うです  そう聴く  そう改めず  そう思い切った  そう改まった  そうであったであろう  そう当らず触らず  そう寝そべり  そう嫌われ  そう云い出す  そう云われてる  そうでなかったら責められない  そうな曇り  そうなりましょう  そうなやろうだ  そう儲けなく  そうにらん  そう可愛がりました  そう仰有らない  そう出来ない  そう尋ねました  そう申したい  そう嫌がられる  そう信ぜよ  そう言わなかっ  そう考えられるべき  そうなっただろう  そうきまりました  そう望まれた  そう見積っ  そう傾い  そうふざけ  そうなられた  そう唱えし  そう思い給え  そうありた  そう想われる  そう出た  そう見えるであろう  そうきめたい  そう続けられ  そう怒るなら  そう云う張り合い  そう問い返した  そう云い終えた  そうです忘れ  そう分るなら  そう云い放っ  そうあるべきだろう  そうにらんだ  そう訴えられる  そう思い当りませんでしょう  そう見えたろう  そうあったらしく思われ  そう威張れた  そう存じました  そう出るだろう  そう書けない  そう流れ  そう数え  そう成らざる  そうきめつけ  そう信ぜず  そうりゃ  そうやって来  そう言いなさい  そう思い詰め思い詰め  そう考えなきゃ  そう叱っ  そう云い募っ  そう言ったぎりで  そう仰言い  そう判れ  

( ~ )そう( ~ )
そうそう  そう一概に  かえってさらにいっそう  全くそう  そう甘く  実際そう  やはりそう  じっさいそう  どうしてもそう  本当にそう  そう細かく  既にそう  そうつと  そうくわしい  よくそう  一応そう  無論そう  勿論そうはっきり  そうはっきり  決してそう  そうどう  やがてそう  もしそう  はたしてそう  ことごとくそう  何故そう  いっそうひどかっ  きっとそう  よりいっそう強く  ずっとそう  いっそう鋭く  ほんとにそう  さっそくそう  もうずっとそう  かなりそう  ちょうどそう  つくづくそう  いっそう淋しい  やっぱりそう  いっそう淋しく  果してそう  さらにいっそう  要するにそう  どうもそう  たいそうこわい  たいそううれし  かえっていっそう近しい  いっそう美しい  いっそう深い  そう痛  いっそうつらい  当然そう  いっそう善く  そう悪く  いっそう悪く  いっそうよい  依然としてそう  常にそう  そうとう  なかなかそう  まだそう  案外そう  うっかりそう  そう強い  そう遠く  なおいっそう  いよいよそう  そう軽々しい  そう古い  そう大して  そう早く  必ずそう  頻りにそう  概してそう  まったくそう  たいそう面白い  初めてそう  そうたびたび  まあそう  そうやきもき  そういい  そう大きく  いつもそう  あまりにそう  なぜそうなんだか  すぐそう  そう思わしい  かならずそう  そうむずかしい  いっそう赤く  そう手早く  いっそう悲しい  時々そう  そういちがいに  とてもそう  いっそうしばしば  いっそう多く  むしろいっそう  いっそう大きく  さらにいっそう大きく  いっそう注意深く  いっそう真に  今やいかに多くいっそう  いっそうよく  いっそう深く  いっそう親しい  いっそう悪い  共にそう  いわばいっそう  いっそう少ない  いっそう善い  いよいよいっそう  何らいっそう  いっそう大きい  いっそう広い  いっそう広く  いっそう狭い  いっそう遠く  いっそう小さい  いっそうぐっすり  いっそうひどく  なくいっそうよかっ  そうきちんと  若しそう  まあまあそう  もうそうそう  なくそう  どうしてそう  まだそううるさい  そう軽々しく  そうたんと  おそらくそう  いっそう妖しい  そうくよくよ  そうむごく  実にそう  強くそう  いやいやそう  一々そう  いっそう深かっ  なぜそう  もうきっとそう  実際なかなかそう  どうせそう  すでにそう  格別そう  そうむざむざ  かたくそう  そう高く  もしもそう  いっそう苦しゅう  いっそう気まずい  いっそう重く  いっそう強く  そうたやすく  いっそう強い  たいていそう  唯そう  いくらそう  たいそう重い  たいそうよく  たいそう見苦しい  いっそう神々しく  そう久しく  是非そう  そう長く  正にそう  そうガミガミ  いっそう長く  たいそうはやく  勿論そう  そうでん  たいそうぎょうさん  いっそうムッ  さてはそう  もういっそう  そう執念深く  つよくそう思わず  思わずそう  もしかそう  もし果してそう  いきなりそう  きっぱりそう  そう大きい  現にそう  もとよりそう  ふとそう  そう容易く  なんとなくそう  そうじろじろ  そう怖い  わざとそう  そうでっか  亦そう  必ずしもそう  そうまあ  いっそう濃く黒く  そう極めて  そう恐ろしい  いっそう気味悪  いっそう根深い  たいそう早い  余儀なくそう  まずそう  そうなくっ  いっそう悲しかっ  いつもきまってそう  かつてそう  いっそうやさしく  むろんそう  そう遠い  何故そうじろじろ  そうひどく  恐らくそう  そうなく  そううまく  そう一々  けっしてそう  早速そう  そう苦し  残らずそう  ひとりでにそう  まさにそう  なぜそう早く  早くそう  そうつい  敢えてそう  一概にそう  又そう  たといそう  愈々そう  そうなけれ  そうめったに  なんでそう  そう優しく  いかにもそう  そういちいち  更にそう  どうぞそう  仮にそう  恐らく往々そう  いっそう美しく  たいそういい  もういっそうよく  暫くそう  いっそう暗い  そう易しく  たぶんそう  いっそうはっきり  更にいっそう深く  いっそう長い  更にいっそう  到頭そう  そう思い思い  うまくそう  突然そう  たいそうひどい  いっそう凄  そうもし  円くそう  そうそうそう  そういきなり  たとえ本当にそう  いっそう大きく紅く  もともとそう  いっそう忙しく  たいそうよろしかっ  多くそう  そうむつかしゅう  そう深く  そうぶらぶら  そうぷりぷり  そうそうたった  そうそうやっと  そうつれなく  ほんにそう  いっそうまざまざ  丁度そう  これからそう  もうそう  なかなかそう旨く  そう永く  まるでそう  恰もそう  少なくともそう  段々そう  凡そそう  本当はそう  益々そう  あらかたそう  そう頼もし  先ずそう  あにそう  兎角そう  そう安く  そう弱い  そう怖し  そう怖  そう余計  そうよく  たちまちそう  そう安い  そうよかっ  しみじみそう  もちろんそう  心からそう  よりいっそう  かくそう  そう沢山  そう安っぽく  しいてそう  そう著しい  そう潔くいい  かりにそう  そうやたら  そう又  そうちょいちょい  てっきりそう  改めてそう  多少そう  低くそう  低く低くそう  そう漠然と  はっきりそう  あんまりそう  さもそう  そうあっさり  いっそう詳しく  そう鋭く  そう広い  そう恥ずかしく  いっそうなつかしい  そう若く  同時にそう  ぜひそう  あらためてそう  さらにそう  軽くそう  ことにそう  いっそう辛い  そうきまって  そう固く  じっとそう  そういつもいつも  そう狭く  たまにそう  そうおし  そう新しく  いっそう好い  いっそう小さく  たいそう古く  もはやそう  いっそうしっかり  とりわけそう  いっそう強かっ  いっそうのろのろ  大抵そう  いっそう物凄く  もちろん常にそう  そう遠慮なし  とうていそうえらく  何とてそう  大きにそう  いっそうはげしい  いっそうはげし  そう甚だしい  そう度々  世にもそう  ついにそう  一旦そう  寧ろそう  ましてそう  況してそう  単にそう  そうがみがみ  そうお高く  未だにそう  いつもそう固く  一端そう  かえってそう  そう短く  そう気軽  よっぽどそう  そうおかしく  何でもかでもそう  もし仮にそう  そうしみじみ  そう吝  何とかそう  そう手軽く  そう少し  そうこまかく  取りあえずそう  早くはっきりそう  たいそう忙しい  そう苦しい  そうこわく  次第にそう  そうおいそれと  そうそう若  強いてそう  そうひどい  ほとんどそう  いっそそう  そう珍しい  一度そう  むしろそう  そうおそく  そう親しく  元々そう  そうニコニコ  そう暑  そうあたたかい  折角そう  やっとそう  もしやそう  そうなお  そう古く  そう大きに  そう大して有難く  まだそう大きく  そう寂しく  そう喧しく  そうたやすい  いかんそう  なんだかそう  日ごろそう  そう長い  猛然とそう  何でそう  そう面白く  いっそうすばらしい  そう美味い  もうそう遠く  若し本当にそう  そう沢山ない  そうぜひどうぞ  ことさらそう  そう突然  そう寒く  あらかじめそう  そう濃く  そうちらっと  いっそうさびしく  そう心から  しばらくそう  そうきっぱり  そう早う  やがてそう激しく  そう激しい  そうかなり  そう軽く  そう快く  そうはやく  そうおもしろい  そう偉い  むしろかえってそう  たゆとうていそう  こっそりそう  平然とそう  尚いっそう  大いにそう  そうびくびく  元来そう  そう緩  そう善く  そうさ  そう軽  イヤイヤそう  ハッキリそう  そうない  何時もそう  そう今にも  再びそう  いずれそう  そう固い  どうしてそうしつこく  そう容易い  そう久しい  そう素早く  そうにく  よしんばそう  そうまずく  そうどうも  だいたいそう  そう異う  そうたいして  やむを得ずそう  いっそうひどい  そう強く  じかにそう  そうちょい  決してそう難しい  そうそうごく  いっそう黒い  そうスーッ  そう美しく  そうあくどい  そう旨く  そう改めて  そう広く  もう本当にそう  そう詳しく  そう良かろ  只そう  いっそうはげしいほとんど  たいそう長たらしく  すくなくともそう  よけいそう  そう汚い  ややそう  なかなかそううまく  たいそう甘い  主としてそう  固くそう  そうピッタリ  むしろハッキリそう  概してそう小さく  そう明るく  何とそう  誠にそう  よもやそう  そう痛く  そう重く  かならずしもそう  いっそうそう  さらにいっそう蒸し暑く  いっそうむつかしく  一層そう  いっそう大きかっ  いっそう鋭い  そう悲しく  そう時々  少しそう  多分そう  直にそう  まだそうハッキリ  そう細い  未だそう黒く  そう煩く  そう沢山無い  そう旧い  そうせまい  そう委しい  どうしてそう長い  そう旨い  そう恐ろしく  憚りながらそう  後でそう  よくそう思い思い  未だそう  どうしてそうつまらない  どうしてそういい  たぶんそうひどく  何故かそう  むしろいっそう著しい  そうむざむざ冷たい  そう数多く  すっかりそう  そういろいろ  いっそう広く甲高く  何故早くそう  いっそうぽっと赤く  そうぽんぽん  いっそう蒼く  きびしくそう  こうそう  遂にそう  そう楽々  もうそう長く  同じくそう  そう深い  そう永から  たいそううれしかっ  とりわけたいそう  度々そう  ついそう  そう多い  うまうまだそう  ふっとそう  かえっていっそう  いっそう良い  たいそう早く  遠慮なくそう  いっそうおもしろく  ちっともそう  辛うじてそう  悉くそう  どうやらそう  そう押しつけがましい  そうはなはだしい  そう決して  いっそう蒼白く  どうしてそうペコペコ  いっそう心細い  おのずからそう  もし本当にそう  漫然とそう  そう易く  いっそう切ない  いっそう低く  いっそう怖  いっそう若くいっそう  たいそう長い  一体そう  そうやかましく  そうまずい  たいそうむつかしい  いっそう惨  態とそう  当然そうなけれ  たいそう弱い  たいそう好ましい  ひときわそう  たいそう若く  そう難しい  一気にそう  すかさずそう  粗そうない  そうのろのろ  必ずしも常にそう  そうむつかしく  たいそう珍しく新しく  どうしてそうこっそり  世にそう  そうながく  いっそう著しい  とにかく一応そう  そういつも  そう屡々  いっそう喧しく  そうすぐ  そう気高い  追っ付けそう  そうキチン  いっそう暗かっ  いっそう高く  たいそう好い  そうむずかしく  かねがねそう  そうそういい  しんみりそう  もし実にそう  そうハキハキ  そう早く大きく  直ぐそう  いっそう凄まじい  とにかくそう  なんとそう  やっぱりどうしてもそう  実にいっそう珍しい  そう珍しく  いっそう面白く  たいそう心細く  いっそうおいしく  いっそうおたがいによく  いろいろそう  そうすっと  そうすっとまだまだ  いちがいにそう  いっそう暗く  そうくやし  なかなかそう容易く  つらつらそう  そう手荒い  さらにいっそう素早かっ  いったいそう  いやいや決してそう  万一そう  そうどうにか  そうスラリ  必ずそうなく  たいそう深い  そう仮に  寧ろ常にそう  無論決してそう  然るに必ずしもそう  往々そう  尚そう  近々そう  ひとまずそう  そう淋しい  そう手っとり早く  いっそう甚だしく  いっそう激し  そう憎い  思わず本当にそう  いっそう早く  いっそう悲しく  そう薄気味悪  そう白い  そう忙しい  そう苦しく  最もそう  そうたっぷり  そう堅く  そう暗い  いっそう烈しく  またそう  そうハッキリ  そうよい  そう良い  まだそうたいして悪く  いっそうしたしい  いっそう恋しい  そう大して苦しく  いっそう切に  いっそう厚く  たいそう仲よく  いっそう似つかわしく  たいそう望ましい  ひどくそう  恐らくそう遠い  たいそうやかましい  そうちょうど  もうそう永い  そう高い  ようやくそう  いっそう重い  そう悪い  そう危な  そう女々しい  そう強  そう多く  たいそう軽い  なぜそう辛い  もしまだそう  そう手っ取り早く  いっそう荒々しく  そうくどく  そうふかく  どうしてそううまく  そう白白しい  いっそう深から  何故どうしてそう  やけにそう  たいそうおとなしく  じつはそう  そう遅かっ  そう長い長い  いっそううまく  そうビクビク  よしそう  そうさ随分  なんでそうそう  いちいちそう  いっそう可愛らしい  そう烈しい  そうなけりゃ  いっそう烈しかっ  そう薄々  げにそう  たいそう美しく  たいそうむずかしい  そうくどくど  なかなかそう早く  何もかもそう  いっそう珍しい  そうむつかしい  むしろそうなく  ぜひともそう  そうそう遠く  そういちじるしい  そう可愛  そうよろし  いっそう勢いよく  たいそう早かっ  そうずけずけ  いっそう親しく  そうおとなしく  いっそう荒涼と  何となしそう  そうそう少し  まあそうでっか  そうよろしく  そう永い  よもそう  たいそう遠い  たいそうおいし  そう重い  たいそうよい  そうよけい  そう大していい  そう低い  いっそう青い  そうとうに  いっそう白く  たいそう美しい  優しくそう  まずたいそう厳しく  そう新しい  そう大して著しく  そうガツガツ  いっそう恐ろしい  そう多分  たいそう暑い  そう難しく  そう佳い  よろしくそう  そうさ少し  到底そう  たいそう広い  たいそう大きい  さびしくそう  薄気味悪くそう  決してそう深い  いっそう恐ろしく  そう拙い  いっそう濃く  そうそう悪い  とうていそう高く  甚だそう  そう恐く  そうさっぱり  いっそう早  いっそう憎い  とかくそう  いっそう美しかっ  そうみっともない  そうやすっぽく  いっそうつんけん  つねにそう  いっそうもどかしかっ  そうとおく  互いにそう  いっこうにそう  そう安っぽい  いっそうやきもき  そう卑しい  ほぼそう  いっそうぎょっと  たいそう口惜し  またいっそう  そうそうたわいなく  よりいっそういぶかしく  たいそう恥ずかし  いっそう太い  いっそう力強く  いっそう高い  いっそう恐く  いっそう忌わしい  夢にもそう  いっそう嬉しかっ  たいそう真に  いっそうはなはだしく  そうしばしば  いっそう凄い  そうぴしぴし  そう真に  そうふらふら  そうてきぱき  そうまあがみがみ  早うそう  そうがんがん  そうそう長い  いっそうくどくど  いっそう醜く  いっそう頼もしい  いっそうきびしく  いっそうたやすく  そうずばずば  そうたやすくぽうっと  いやいやまんざらそう  そう厚く  いっそう手強く  いっそう重苦しい  そう慌しく  そう近い  そうしつこく  そう一概に悪い  たいそう悪い  いっそう罪深き  なにかいっそう  そうおそかっ  そうわるく  いっそうおもしろい  そうありあり  たびたびそう  そう口惜しく  もういっそう詳しく  つくづくそう思わず  大方そう  たいそう強い  さらにいっそうはなはだしく大きく  そううれし  いっそうよくいっそう  いっそう多かっ  いっそうはなはだしかっ  もしいっそう  いっそうたやすかっ  いっそう厚かましく  そう始終  決してそう明るい  そう常に  いっそうびく  そうとうに暑く  始終そう  比較的そう  なおいっそう暗く  いっそう激しく  いっそう優しかっ  そう大して高い  まさにそうなけれ  遮二無二そう  そう甘い  いっそう男らしく  いっそう高くいっそう  さらにいっそう苦しい  いっそう正しいいっそう  そうあらく  いっそう物すごく  そうそう長く  つとそう  いっそう雄々しかっ  いつもたいていそう  いっそうもろい  いっそう広いいっそう  そう嬉しい  ぜひそうなけれ  あえてそう深い  いっそうはなはだしい  そうはなはだしく  なぜそう弱く  いっそうきびしい  やがていっそう苦しい  いっそう苦しい  なにかそう  いっそう宜しい  そう怖く  いっそう息苦しい  いっそう堅く  いっそう物悲しい  いっそういらだたしい  いっそう繁く  何せそう  たいそう高く  たいそうかしこい  たいそうおもしろく  たいそうみすぼらしく  たいそうひくく  たってそう  そう黒い  そういくら  どれほどそう  いっそう恐ろしかっ  いっそう気むずかしく  ふたたびそう  いっそう慎ましい  いっそう激しい  いっそう力強い  あえてそう  どうも時々そう  いっそう用心深く  そう易しい  そうそうまっすぐ  たいそう賢く  そう痛い  よんどころなくそう  あたらしくそう  そう極  そう恐  そう引き続き  始めてそう  たいそう寒う  いっそう手堅い  そう憎らしい  よくもそう  そう何もかも  なぜそうたびたび  そっくりそう  わざわざそう  本当にはっきりそう  ともにそう  とくにそう  なぜそうこわい  そうそうたやすく  極めてまずそう  いっそう気づかわし  そうまぶしく  そう細かい  そうそういつも  ハッハッそう  そうしっかり  いっそう弱々しい  そう口惜し  そうわざとらしく  どうしてそうたやすく  いっそう恨めしかっ  それほどたいそう  立ちどころにそう  そう暑苦しい  いっそう烈しい  ともかくそう  いっそう恋しく  またいっそう美しく  いっそうかわいく  まだそう遠く  たいそう詳しい  たいそう凄い  たいそう弱く  そうしっかと  いっそう恋し  そう見苦しい  そんなふうにたいそう  かえってたいそう  絶えずそう  そうおずおず  そうずっと  もっともそう  できるだけそう  そううるさく  すでにたいそう  いっそう頼み少なく  いっそう頼み少ない  いっそう侘しい  どうしてそう楽々  そうそう永く  ほんとにどうぞそう  そうそうそっくりそう  そうがつがつ  そうせっせと  そうきちきち  そう有難い  そうのめのめ  いっそう心細  如何にもそう  たいそう重  そう疑い深くっ  そう深く苦しい  元々そう親しい  極力そう  そういっそ  同時にいっそう  いっそうねたましく  もしや本当にそう  そう醜い  せつにそう  何卒そう  まだハッキリそう  深くそう  いっそう悲し  そう暑く  それだけ一層そう  そう一気に  決して決してそう  元来そうなけれ  現に愈々そう  漠然とそう  もうそう長い  そうじっと  当然そうなく  そう堅  少なくもそう  わるくそう  ひくくそう  たいそうめでたい  暗にそう  そう若くっ  しきりにそう  どうしてそう突然  まだ必ずしもそう  やさしくそう  いっそう著しく  たいそう近い  そうかたく  べつにそう  いっそう耐えがたく  決して一概にそう  たいそう騒々しい  おもわずそう  いっそうさびし  そう悲し  たしかそう  自ずとそう  まだまだそう  いっそう強いやさしい  そうつらい  別してそう  たいそう寂しい  まんまとそう  そう大人しい  そう大して悲し  又そうひどく  そう上手く  なにげなくそう  たいそう淡く  たいそう優し  たいそうたいそう  もういっそう手ひどい  いっそう烈しい烈しい  そうわるかっ  仮令そう  そう好く  そう好い  忽ちそう  更にいっそう大きい  いっそう情ない  いっそう何とも  いっそう暑  いみじくもそう  いっそう辛かっ  うれしくそう  そうそうそうそう  ひたすらそう  いっそうばかばかしい  じっとりこうそう  たいそう苦しかっ  新しいいっそう  やっぱしそう  そうやや  若し果してそう  沢山そう  いっそう難しい  そうえらい  弱々しくそう  ぽっつりそう  そうなきゃ  いっそうぷんぷん  たいそういそがしく  実際かえってそう  そうそう安く  いっそうわるく  いっそうほしく  いっそう若  いっそうほそく  いっそう平たく  もうそう時々  さらにいっそう高く  只実際そう  そう然  またもやいっそう  久しくそう  さっさとそう  たいそう恥ずかしい  そう大して悪く  いつもそうそう  いっそうはげしく  そう何でもかんでも  せいぜいそう  そう何とも  そう丸く  せっかくそう  まだそう高く  だいぶそう  そう遅く  そう強くっ  たんとそう  さも当然そう  そうひど  さぞそう  断然そう  そうしまいに  はたとそう  そうべつに  いっそうせつに  まんざらそう  そう大して新しく  そう早かっ  いっそう騒然と  猶そう  そうづら  そう忌々し  いっそう痛ましく  まもなくそう  二度とそう  いっそうふさわしい  なぜそうちらちら  そうむごい  しまいにそう  じきにそう  どうしてそう酷い  何でそうびく  そう大してない  そうこまごま  そう脆い  そう厳しく  そうぎすぎす  まだそうよく  そう華々しい  そうくり返し  きまってそう  よしやそう  そうくさい  いっそうくっきり  いっそうぴったり  至急そう  実際そうむずかしい  いっそうくわしく  おそらくいっそうよく  しばしばいっそう  それだけいっそう  よりいっそう物凄く  まさしくそう  ふさわしくぽかんとそう  いっそうむっと  なるべくそう  そうぐるり  そうつよく  どんなにそう  そうどうしても  そう大してよく  一しおそう  むろんそう沢山  そうぐずぐず  いっそうきょとん  いっそうやわらか  たいそう悲しゅう  あっさりそう  そう情なく  概ねそう  もし万一そう  とてもそう早く  どっしりそう  切にそう  そうめずらしい  そうらくに  およそそう  どんなに強くそう  いっそうわるい  なおそう  しばしばそう  そう一応  何でそうたびたび  そう大してわるく  そう大してすばらしく  そう異  いっそう心細く  いっそう冷たく  そう気高く  そうめったにない  のっそりそう  けだしそう  いっそう甚だしい  更にいっそうはなはだ  いっそうすさまじい  更にいっそう美しい  同時に更にいっそう  そう可愛く  果して実際そう  若しもそう  勢いそう  まあとにかくそうやっと  そうそうもう  鋭くそう  そう全く  まだそう悪く  そう良かっ  そう少かっ  屡々そう  そうじたばた  たいそう暖かく  今や必ずしもそう  何よりそう  もうほとんどそう  そうわるい  ほとんどいっそう  いっそういい  いっそう固く  いっそうよろしい  いっそう伸び伸び  いっそう少なく  すでにしばしばそう  まだそうたいして  おそらくはそう  依然としてそう細く  ひょいとそう  どうしてそう堅く堅く  そう恥し  ほんとにほんとにそう  大してそう  いっそうまた気むずかしく  目ざとくそう  そう寒い  なんだか本当にそう  どうもそう旨く  おおかたそう  どうしてそう早く  たいそうむつかしく恐ろしく  たいそうえらい  たいそうありがたい  そうてれくさい  そうおそろしく  

名詞

そう[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
そうな顔をして  そうな顔をしてせきば  そうな顔をして教えるよりは  そうに思う  そうですと云う  そうに白い胸を突き出して  そうに歩いた  そうに眺めて歩いた  そうにふうと吐くと  そうに笑いあっている  そうになると  そうにがやがやとお喋りに来る  そうになっている  そうに朗読する  そうな気がして  そうな調子で言った  そうになった  そうな口上に釣られて  そうにやっている  そうになる  そうに悠々とした  そうにない予感がした  そうに言った  そうな逸話など男ならひとりでに書く  そうに申して出たのにたずねる  そうに見えた  そうにまった  そうなんかとおっしゃっては  そうにしても  そうに西から東東から西に走って行く  そうな草が生えているし  そうな何百何千万と云う  そうな顔をしていました  そうな大風が吹いた  そうで眠れない  そうな男だからまだ引抜はしまいと思ったに  そうにいうが  そうに亡くなりましたよ  そうな顔をしていると  そうなら己が出て  そうに両人顔を見合せ  そうでおめでとう存じます  そうだがやっと願いやして  そうだなと思いながら  そうに微笑を深めた  そうに恵理子を見た  そうに微笑を浮かべた  そうに受けとめていた  そうな気がする  そうになったと言ってたわ  そうな影が宿って  そうに小さくなった  そうに横たわっていた  そうな事を少しばかりお話ししましょう  そうに何処かへ立去った  そうに残っている  そうにしていた  そうな気がして来た  そうな口調で答えた  そうな顔をして生きている  そうに首をちぢめながら言った  そうなものはちょっと考えつかない  そうにしかめて  そうな顔をした  そうな顔ったら  そうに笑った  そうな気がしていた  そうな顔をしているじゃないか  そうな気もする  そうなのを見て  そうな頭を散々悩ませつつ  そうになりながら  そうな好い心持になり  そうに先ずピチャピチャと舐出したが  そうに面を瞻上る  そうな面をして  そうな啼声を立てて  そうになっていた  そうな黄ろい  そうに凝と  そうな莞爾を顔の何処へか押込めて  そうになって  そうな顔もしなかった  そうにしている  そうな足音が廊下に轟いて  そうと言った  そうな物を買って遣ったり  そうな事を言う  そうな面もせぬ  そうな声でお帰ンなさいと言ったが  そうな葉の面に朝露が水晶の玉を綴っている  そうに輝っている  そうにかけ寄って言った  そうに微笑みながら  そうにそこらを見廻した  そうににっこりして  そうにひびいた  そうにみんなが昼飯を食っている  そうな人の子分になって  そうなやつばかりで相手とするにたらぬ  そうな目をこすりながら  そうにいった  そうていった  そうにその方を見やった  そうな色がかくしきれなかった  そうですから謹聴なさるが  そうにあるいてくる  そうになおも叫びつづけた  そうな顔をしてる  そうな血は全身におどっている  そうになって泳ぐ  そうになったが  そうな球がきたら  そうな目でかれを見やったなり  そうにぶらぶらしている  そうに見える  そうに聞いていた  そうに肥った  そうに聞こえる  そうに飛びまわる  そうになってきた  そうな楽隊の音がもれて聞こえる  そうに頭を垂れた  そうに額をしかめながら  そうにむしゃむしゃ非常な速度で食べ出した  そうな表情をしていたが  そうになって行くという  そうに正座している  そうに笑う  そうなうなり  そうには思われない  そうに見送った  そうに笑いながら  そうでならないけれど  そうに遊んでいますとの  そうと気づいて  そうなところを選んで歩いた  そうに思われ  そうに両手をあげ  そうな顔一つしない  そうに光っている  そうに触れ  そうなのを見た  そうに吸った  そうな笑をうかべて  そうな容をして言った  そうな声を出して歌いだした  そうな男が外から不意に入って来て  そうにして待っていた  そうにしていらっしゃいますから  そうにもれ上がっている  そうにみえた  そうだとすると  そうなことだと考えている  そうには思われないので  そうな感じを与えて  そうな作品を見ている  そうに働いている  そうにありません  そうとしたが  そうに泣き出した  そうな足つきをして  そうな歌をうたいながら行った  そうに呻いたが  そうに肥って  そうな木立を見たてて  そうに騒ぐ  そうに空を視あげながら  そうにひたすらその顔をのみ眺めていた  そうに泣きだした  そうかも知れません  そうになっていたが  そうな足つきで上って行った  そうな気がしてならなかったよ  そうに二人は黙って歩いていたが  そうな温な雰囲気が無くなって  そうな呼吸の出し入れによって小刻みに波のように動かす  そうに思われない  そうなところがある  そうに教えている  そうなサケがうんとくえるぞ  そうな声が聞こえて来た  そうな鋼鉄ばりの頭をグラグラとゆすぶると  そうに出しながらつぶやいた  そうなえさの中に入れ  そうにブルブルとうなる  そうに見つめた  そうな一声をのこして  そうにぶらぶらふって  そうにつけ加えた  そうに甲板を見まわしたり  そうな低空飛行でとおりすぎたかと思うと  そうにしていった  そうにみんなが話をしています  そうだと云う  そうな顔になって  そうな声を出して  そうにいいました  そうな音がして  そうに自分の室の方を指差した  そうに面を反向けながら  そうに云った  そうな顔をする  そうに思われる  そうな本を広げて  そうになったので  そうに彼女を眺めた  そうなカバンをさげていましたわ  そうになって困った  そうに巡っていた  そうなの一月せつせと働いても  そうだ夜更けの田舎道を歩いて  そうな荷車を引いた  そうな狂人になつた職工達は波に呼びかけ  そうにかじっている  そうて不眠看守を續ける  そうに笑っていた  そうに挨拶した  そうに見えるばかりか  そうな花やかなあり  そうにして  そうなことを言って  そうにニコニコとお笑いになり  そうな暗い予感がする  そうに登校する  そうな顔を見せていた  そうに動いていた  そうに見えたが  そうな気持が一般にある  そうに思えている  そうではありませんか  そうな気がした  そうな表現を用いなかったら  そうな今後の形勢に鑑みて  そうなものだとは思っているが  そうに両手を打ち合わせる  そうな食物をとりよせてくる  そうなおそれがあったので  そうになるけれども  そうな質問を連発した  そうなかっこうで立っている  そうなものを皿にのせて持ってきてくれ  そうな知的なかがやきを持っていた  そうにあつくなった  そうになり  そうに泣いている  そうな口をきくね  そうなぴいぴいいう  そうと試み  そうだといわんばかりの  そうな声で答えていたが  そうな微笑をもらした  そうな人に盃をさす戯れは  そうに書いておいた  そうに年とった  そうに飲んでいる  そうな顔もしていませんでした  そうに涙ぐんでいる  そうな胸毛の洩れる  そうな鉢を買ったり  そうに曲がり  そうですと看護婦は彼らの運命を一纏めに予言した  そうには見えるが  そうな猫の毛皮を買った  そうな脅威を感じさせていたからである  そうにきしみ始めていた  そうに行ってしまった  そうにしながら  そうにしばたたいて  そうな薄眼をしながらすましていた  そうな顔をしながら  そうなことを先方からいわれて  そうな人に思われた  そうな大きな西山さんがこっちに向いて近づいてきた  そうな快活な笑いを唇のあたりに浮べながら  そうな顔つきはしていたけれど  そうな顔をしながら黙ってしまった  そうな長い腰かけと四角なテーブルがおいてあった  そうな奥さんの笑顔と肉体とを実感的に想像して  そうに聞いているらしかったが  そうに兄の方を顧みた  そうな呼吸を大きくしていた  そうにつり上っていた  そうな顔の奥に積み重なっている  そうなのを恐れた  そうに恥じらわしくなって  そうな皮膚が紫がかっていて  そうに青ざめた  そうな根深い執着を感じはじめていた  そうだから飲んではならない  そうに父を見かえした  そうに皮肉なのがこの人の癖だとは知りながら  そうな気持がしだいに深まっていった  そうに眼の前にちらついて離れない  そうにした  そうな眼付をした  そうな眼付でちらと見やって  そうな自働車に乘つてゐる  そうになりましたが  そうにさえなりました  そうに首をちぢめている  そうになりました  そうな様子を眺めた  そうで怖しかった  そうに踞る  そうな気さえもする  そうに膨脹して来て  そうになって来た  そうな返事をしました  そうにします  そうな気配がうかがわれたからであった  そうな予感がした  そうに痛んでいても  そうに思われるからである  そうな顔をしているが  そうにないと見たら  そうに苦しんでいた  そうに威張っている  そうにないから書いておいて  ぞうを摘んだ  そうにするので  そうに話したが  そうに思い  そうにいやがる  そうな笑い方をした  そうな源吉の声が聞えて来た  そうに波瑠子を眺めていたが  そうに訊ねると  そうな景色というやつに僕は時々出あうが  そうにながめていたが  そうに叫んだ  そうにさえ思われた  そうな処へ案内して  そうかもしれない  そうに見えました  そうに目をぱちぱちしながら  そうなものだとおもった  そうになったほどである  そうに見えます  そうににらみつけました  そうににらみつけていましたが  そうに笑いました  そうになったぞ  そうになります  そうに八の字に寄りました  そうに吹きつける  そうにキャラメルをしゃぶっている  そうにのみました  そうにうめき  そうに響いてくる  そうな顔をしています  そうな声を出した  そうに舌うちをしました  そうに次のように云った  そうに見送ったが  そうな所さえあった  そうに歩いて行く  そうに歌いながら歩いて行く  そうに顔を覗かせ  そうにさえ見た  そうに答えた  そうにすげなく云った  そうには思われなかった  そうな眼付きをして  そうなところが声にあった  そうだと言えば  そうな気分になる  そうなほどに倒れこむ  そうたる熱帯樹林のなかに埋まる  そうにグレンに視線を向けながら  そうな予感が確実にあった  そうに踊りを見ていた  そうに見渡し  そうに思える  そうな気配になった  そうに小十郎を見送っている  そうにうなって  そうに大きい溜息をついて  そうに真紅にもえていた  そうに思って  そうな気持がした  そうな気運になっていた  そうに刷り上った  そうにつぶやいて  そうなお酒盛りがはじまりました  そうに笑いくずれていました  そうに笑いながら聞いています  そうに高笑いをして  そうに手をたたいて  そうに踊りました  そうな大笑いをして  そうにたずねました  そうに眼をやり  そうに思われて来ました  そうにポンポンと灰吹を叩き  そうにする  そうに投げ込み  そうなどろんこの眼をして  そうに眺めて  そうな空が不得要領に晴れ  そうと思われる  そうな安定を求めて  そうに思われるが  そうに監獄の生活について話せると云っておられるが  そうなものでも少し眺めていると  そうには見えなかった  そうな気さえした  そうかも知れないと思う  そうなものに出会わない  そうなものをガブガブと飲んで  そうなさもしい心も出るので  そうに呟やいた  そうに一寸笑って  そうなのをじっとこらえて来たではありませんか  そうであるからなかなか堅固な行者であったろうと思う  そうに筵のほうを見た  そうにそれを持って帰って  そうな物語を片っ端から読みあげたが  そうにないようですけれど実際にはある  そうもありませんでしたから  そうな顔をして居ましたが  そうな顔をし  そうに頭のテッペンに捲き付けて  そうな建築の彩り  そうな傾向が見える  そうなのでやめにした  そうだという  そうな傾向が男の中に流行している  そうにして微笑んだ  そうなことを持ち出してみた  そうに想像された  そうに思われた  そうに遊んでいた  そうにもじもじしながら  そうな曇り  そうに思えてきた  そうに成る  そうに思われません  そうな林の中などを通りました  そうな海がひろがり  そうな淋しそうな顔をして  そうですがぜひ私にも見せて  そうに曇った  そうに思われます  そうに及び  そうな顔ばかりして  そうにもない理想からあなたを責める  そうにない人々もかなりあります  そうなのはありません  そうな人のように思いました  そうでありがたく存じます  そうな誘惑さえ感じられます  そうに町を歩いていました  そうでうれしく思います  そうで喜びます  そうでうれしくお待ちします  そうと思っています  そうに思えてきました  そうな苦笑を浮べて云った  そうな不安な気持を感じながら  そうに瞬たいている  そうな疲れた  そうに見えるまで  そうで実に祝着に存じまする  そうに美しく燃えました  そうの朝の鐘だけは高く高く空にひびきました  そうでお目出度うとお世辞をいった  そうに立ち働いた  そうな気配を部屋の中一杯におたかは漂わせて歩いた  そうにごんごろ鐘を撫でていた  そうに開けて  そうに眉をひそめた  そうにも思えた  そうもなくなる  そうに腹這いになっていた  そうにそれから目をそらしながら  そうに見上げながら  そうに元気のいい声をかけた  そうもないと思いながら  そうなところをむきになって捜したけれど  そうな顔をしている  そうにぱちつかせて  そうな表情で見つめた  そうな様子をする  そうな声が聞えて来た  そうなところへは決して隠してはおらない  そうに笑って  そうに立ち去った  そうな感じがして  そうにハガキを見せる  そうにパクついた  そうに想えた  そうな人々ばかりと出逢った  そうに近づく迄  そうにゆるんだ  そうな観察的な目をした  そうんなったわ  そうで遂に始らずに終った  そうな涙を無理やりのみ込んだ  そうにも思える  そうにどたんばたんの騒ぎを見物した  そうにひとりでべろべろ舌を出して遊んでいましたが  そうなのを引っさげて  そうな髱を気にして  そうにつぶやいている  そうにスルッとはずして  そうな不安が掠った  そうに独り言を洩らしている  そうな呻き  そうにしてたたずんでいた  そうにうつむいて  そうな耳朶をしている  そうな川風に鬢髪が立つ  そうに言い訳する  そうに草の中に唾を吐き捨てた  そうな標示杭が斜めになって立っていた  そうな顔を妻の方に向けて置いて  そうな火の色に見惚れていた  そうに戸の外で泣き立てた  そうに玉蜀黍殻の雪囲いの影に立っていた  そうな泣き声が反響もなく風に吹きちぎられて  そうなものだと見上げても  そうに寒く吹いた  そうにだらけていた  そうな怒りの眼で睨みつけた  そうにしては  そうにしょんぼり廊下の隅に立っていた  そうなカフェーを次から次へ野良犬のように尋ねて  そうに肌が粟立ってくる  そうな大海原だ四国まで一本筋の航路だ毛布が二十銭お菓子が十銭三等客室はくたばりかけた  そうな肉の煮える  そうで私は焦らずにはいられなかった  そうな土地があったら降りてやろうかな  そうにキリキリ迫って来る  そうな土産物を抱いて  そうに思えて困ってしまった  そうに庭に水が打ってあって  そうなアンパンを摘んで  そうに嬉しくなる  そうに涙ぐんでいた  そうに手を鳴らした  そうに馬穴を私の前に出して  そうに赤い絵具をベタベタ蝶々に塗っている  そうに家にかえる  そうな狂人になった  そうなゴモク寿司をこしらえている  そうな匂いと音がする  そうだ破れ靴のように捨てられた  そうな風が吹く  そうにしていて  そうだとおもい  そうに声をたてて笑う  そうに顔を出しました  そうな屋根裏に寝  そうな顔をしていたが  そうな人がはいってきた  そうでなかなかはっきり定ってしまえない  そうな気がします  そうしてその闡明に苦吟するという  そうな気がするので  そうもないという見込みをつけて  そうもない抽象的な条件の下に行なわるべき  そうな寝顔を投げ出していた  そうに開いたり  そうな手製の貧弱なテーブルを股の中に抱き込んで  そうな脛を投げ出して寝転んでいた  そうかも知れない  そうな声をたてて  そうに眼玉を白黒させた  そうにも思えぬし  そうで尽きなかった  そうにそっちの方を見上げた  そうに見やりながら  そうに話し出した  そうな爺やでもよく年をとってから  そうな姿を見ていた  そうもないから何分よろしく頼むと言って寄こされた  そうとする  そう云っていいように考える  そうな趨勢を示す  そうな所説のある  そうなものを物色した  そうもないこういうことが現実に存在する  そうにむっちり肉づいていた  そうな生徒があったら  そうに飲みほした  そうな顔をして立去って行った  そうな眼つきで計算していると思ったからである  そうにうなずいた  そうな教授を訪問している  そうだったら助け舟を出して  そうな物音を立てていた  そうな後姿を見て  そうに身を縮めた  そうな眼鏡のうしろで眼をしょぼつかせている  そうに赤くしているのに  そうな顔をしていた  そうな表情を銀子の顔に見た  そうに覗きこんだ  そうな声をだした  そうに笑っていたが  そうな気障な  そうに私には想像される  そうに眼をひらいたが  そうにその紫色の花をながめている  そうな顔をしな  そうに首を動かすだけだったが  そうな有様お話にならないのに  そうに調子よく階段を踏んで  そうに丸い頬を一層紅くして  そうな白絣の浴衣の溢出す  そうに肩を揺る  そうな鼻息を吹く  そうに蹲みながら  そうな掘  そうに見ちゃあ  そうな寺や山を偏く  そうにしたが  そうに川のほうを見た  そうに見ていた  そうに叫ぶ  そうな体をした  そうに声をあげた  そうに言う  そうばかりは云え  そうな気がしないでも  そうな心もちもする  そうに鳴っていました  そうに働いていました  そうにいき過ぎるより  そうにだるいのをこらえながら歩いてくると  そうに下をむいて  そうに働くだけで  そうにくれる  そうになっていった  そうに犬の方を見ていた  そうな男の人が衝立の蔭から出て来て  そうな咳が続いて  そうな様子を見て取り  そうに傍についていてくれますなり  そうとして見ると  そうな座蒲団を見遣りながら  そうなものには謂いました  そうな面持をした  そうになるので  そうでいて  そうに食べていた  そうにそよがせ  そうな悪鬼かなんぞのように見える  そうにしばたたいたかれの  そうに見えたので  そうなふところを狙って  そうに振り向いたが  そうに糸を取りのけて  そうな崖を上がると  そうにふるえているので  そうにしたので  そうだと国民が考えた  そうな恰好をしている  そうに笑いころげた  そうな顔をして入ってきて  そうに小さな門を開けた  そうにカーテンの先をわずかにつまんでは  そうに再び周囲を見まわした  そうに身をすくめた  そうな安西洋料理へ案内した  そうな下等な遊びに盛んに耽った  そうで営まなかったが  そうなことと思われて  そうもないネジがどうして抜け出したかがわからない  そうにいじけた  そうになったと思うに過ぎない  そうに微笑む  そうに口元を動かした  そうかもしれないと思いましたが  そうに笑い出した  そうに互に見会わして動いている  そうに照らしています  そうな草がたくさんあるからと云う  そうもないらしい顔をした  そうに言っていた  そうに見た  そうに梢にさがり出した  そうに力なく見えた  そうな眼をあげた  そうな顔色を隠す  そうに癇を起こして  そうにあいた  そうにでもなる  そうとした  そうに口をまげて  そうな声がしました  そうにハンケチを丸る  そうな眼をぱちりと開いて  そうな人には切符をやらないから  そうな表情をした  そうになるまでは  そうにこう云った  そうにまた何処へか行ってしまった  そうに皿小鉢を手早く茶棚にしまいながらも  そうに扉をあけながら  そうに閃き翻っている  そうに聞いて居る  そうに落ちていた  そうはありませんし  そうだと思うのに  そうかもしれんよ  そうにながめていましたが  そうに枯れ草を照らしていました  そうな顔つきをして  そうもないノラネコが平気で窓へ飛上ってくる  そうで打たれる  そうもない住家に満足している  そうなものを楽しみに空想して  そうに窓に凭れて  そうな奴を選んで  そうかも知れん  そうにもないいきり  そうなようすになって  そうな素晴しい  そうなものを並べ  そうな因縁書などを野見の老人がやって  そうではございませんか雨が降って  そうな本を捜していた  そうな五六種の書名を見つけてくれて  そうにピョンピョンと跳ねて  そうにパクパクと四ツん這いになった  そうに唇をひくひく動かしたが  そうな様子をしていた  そうに立ち去ってしまった  そうに階段のあがり  そうに階段を降りかかると  そうに食べ  そうに一服吸ってから  そうとは思わなくなったばかりか  そうな外套をきて  そうなクッションを置いた  そうにそこを立ち去らせてしまった  そうに見物していた  そうで想い出せない  そうではあるが  そうにかがやいて見える  そうだと思いながら見ていた  そうに遊びまわっておりましたので  そうな顔をしました  そうであるのに来られない  そうに思われて  そうとしましたが  そうに酔って歌っています  そうに叫びました  そうに浮かべていました  そうな様子でその血を吸い始めた  そうに顔を赤らめて  そうに顔に袖をあてて  そうに眺めていますね  そうなふうをして  そうでなければそれは相互という概念を破壊する  そうであるとしても之は発展概念自身の困難ではなくして  そうに見えながら  そうであるからと云って  そうな外見上の固定性を与えるという  そうに表わす  そうに見えないであろう  そうにもないような仮空的諸学問に就いて  そう云っても学問の分類が単純に他の夫ならぬ  そうもないから極く簡単に書いてしまおう  そうにあたりをキョロキョロと見廻して  そうに抱えた  そうであったが格別におどろきもせず  そうな表情でベアトリーチェは答えた  そうにでもなったらば  そうもないことを考えていた  そうにその胸を片手でおさえる  そうに眼をさました  そうに巣を作っていた  そうに痙攣させた  そうに黙って  そうにもせず  そうに番号変更の紙を貼りつけたり  そうにふった  そうな徴候を示した  そうにも思われなかった  そうな声を出したが  そうにも見えた  そうに押し合っています  そうにみえる  そうで強風に吹飛ばされ  そうにまじまじと人の顔を見た  そうもないほど青々と繁茂している  そうな気がしたので  そうにも見えなかったが  そうでなくして  そうな気がしたというので  そうもないことに気がついた  そうにのた打った  そうなたじろぎをみせて  そうに水を噛んだ  そうにすかしている  そうに刻んでいた  そうに微笑をした  そうに思い当たって  そうに眼をさましていた  そうにすがりついた  そうに鈎縄のほうへ取  ソウと体を起こしてみた  そうにし始めたので  そうな商人たちも来た  そうな好々爺に変わってしまった  そうに見詰めながら  そうに顔を赤らめたが  そうにあわてて  そうに見おろしていたが  そうな大きい溜め息がきこえたので  そうに見えましたが  そうに引っつかんで  そうに見ていたが  そうな顔色を表わした  そうな気色を示すべき  そうもないと認めたらば  そうもありませんぜ  そうにささやいていた  そうに外套の襟の中へ埋めた  そうにむす  そうに外套の襟を掻き合せ  そうだ復讐をした  そうな気を彼女にさせる  そうにそれを冠った  そうな眼つきをちらりと見せた  そうな切迫をかの女に感じさせた  そうとも思っている  そうでそれを支える  そうになったのに  そうな日向からいかにも寒げな日かげの方へと動き  そうに笑い出し  そうに眺め  そうに胸を張って  そうに銚子のふたをとって  そうに口元と肩とをすぼめ  そうに顔をしかめながら  そうに笑いざわめきながら  そうに微笑して  そうにさびていた  そうな眼を吊りあげた  そうだろうと思います  そうによろけた  そうに死骸を抱きあげているらしい  そうな人々が住んでいよう  そうに立続けに  そうでもあるし  そうにもある  そうにも思われないから  そうに呻吟く  そうに天井を睨んで  そうに身体をはずませながら  そうもないところに建っていまして  そうに帰ってゆく  そうについにこの村を離れた  そうにも見えない  そうに描かれているが  そうな蒸気がゆるやかな渦を巻いて立ちのぼっている  そうな声を聞いた  そうなものだと思ったが  そうに休息していた  そうに歩きだして  そうに横の方を見ながら答えました  そうに据えたばかり  そうに噴飯したれば  そうな婆さんの黄色い襟も交ったが  そうに見えるが  そうにしてたよ  そうに空地の入り口に袂を掻き合わせて佇んでいた  そうになっては  そうに首を横に振った  そうな目なざしは  そうな娘を好むなら  そうに喋りあったり笑いあったりして  そうな眼になった  そうな声で何か言った  そうに垂れていた  そうな声で何か云った  そうに想像されるかも知れないが  そう云っても銘々は喰わねばならぬ  そうに見廻していた  そうな目まいを感じながら  そうに出て行った  そうにうつむいた  そうだねなどと冷かされる  そうなくらい銷沈していたので  そうな研究をする  そうに両手をオーバーのポケットに突ッこんでいる  そうに腕を組んで帰ってゆく  そうにそよいでいる  そうなところへはどこへでも出かけて行く  そうなからだを腕の中で押しつぶしてやる  そうな面持でこちらを眺めていた  そうに電信機の鍵をうちつづけ  そうに笑ったが  そうな様子をして  そうに話し合った  そうな声で叫び出した  そうに肩を並べながら  そうに歩いている  そうにふかし出した  そうに働く  そうに頭の辺を抱えながら呻く  そうだから逃げおおせる  そうな獣の吠え  そうな断末魔の声を繰り返し繰り返し叫ぶ  そうな川まで来ると  そうに聞こえて来た  そうな声で鳴く  そうに鳴いている  そうにこう叫んだ  そうにも見えなかった  そうな眼瞼の下には魚のような冷い  そうな表情になり  そうなことを考え  そうな知恵を考えて  そうなものだといらいらしながら思う  そうに同居しているだろうが  そうもない混雑に紛れて  そうに入れながら  そうな眼つきをした  そうな御寮人で居た  そうでならない  そうに見えるじゃないか  そうに目をぱちぱちと瞬いた  そうに莞爾して  そうな笑を含んだ  そうに聞くな  そうに掠れた  そうな哀話があるという  そうに女の方を見た  そうな声を出して呻いた  そうだと思ったが  そうに笑い興じた  そうもない気が私にはするからである  そうな錯覚がする  そうな肉体が裸になると撓やかで  そうに見せ  そうに云うな  そうに妻の顔を見詰め  そうでもあるが  そうに額へたくさんの皺をよせて  そうにむしゃむしゃ食べて  そうに下からながめていました  そうな赤い柿をもいで  そうに下でながめていましたが  そうに云い続けた  そうだひょっとかすると  そうに二つ三つ大息を吐き  そうに声をかけた  そうに雑っていた  そうてならんわい  そうに念を押して語った  そうに話しているけれど  そうな落付きのない様子をみていると  そうにしていなければ  そうにしたほどであった  そうに微笑んでいた  そうに細い肩をすぼませて  そうにビルを書いている  そうに舌打ちをした  そうにこんな事を云った  そうに額の汗を拭った  そうな視線を遊ばせていた  そうな心臓の鼓動を抑えながら  そうな気色も見えない  そうに切れ切れな声を洩らした  そうに喘ぎながら  そうな眼を落した  そうに相手の陳彩を眺めた  そうもないと云った  そうに冷やかした  そうにおれの顔を眺めている  そうな部屋がたくさん空いている  そうに食っている  そうなのが居る  そうもない幾何の問題を持って  そうに瞼をはらしている  そうに引っ繰り返って  そうに下を向いた  そうには思えない  そうだな柔術でもやるかと聞いてみた  そうな事を附加した  そうなものだが狸も赤シャツも真面目に謹聴しているばかりだ  そうに袴も脱がず控えているうらなり  そうな所へ躍り込んだ  そうな面容をする  そうな口調で言って  そうに切り出す  そうに見え  そうな驚きに燃え立っていた  そうに繰返した  そうな激しい手並の内がいつまで経っても  そうな声を立てた  そうに安次を曳いて  そうな顔して  そうな気持を感じると  そうだと思うよ  そうに歯をくいしばった  そうに俯向きになっている  そうに響いて来た  そうにその嬰児をお岩の手から執った  そうな風采や地道そうな様子に似合わない云い  そうんなったんでネ  そうにジロジロひろげた  そうにもない殿をもお頼みになるより  そうにしていたが  そうに言い紛らしていた  そうに急かせられた  そうな奇しい  そうになって来たので  そうに御相手をせられていた  そうにしているので  そうな位なのを着付けていらっしゃる  そうで絶えない  そうにはしない  そうな直衣をふんわりと掛け  そうな予覚が私にしない  そうにしていられたが  そうにせられた  そうなのに気づくと  そうもありませぬ  そうな様子だのを見ると  そうな姿が気になってならない  そうにもてなされ  そうに掻き撫でたり  そうに言ったものの  そうもありませんから  そうな頬笑みを浮べた  そうとしても取りはすまいし  そうになりながらも  そうだったアンリとデニスも突っ立った  そうに働かせながら  そうに働かねばならなかった  そうに首肯かせた  そうに咳き入った  そうに強く咳き入った  そうに車に揺られていた  そうに走る  そうに云いました  そうになってだまってきいていましたが  そうなせまった  そうという発表意識が少しも感ぜられない  そうでもないと思う  そうに囃すかと思うと  そうな合方となる  そうに云って居る  そうに焦れついて  そうにこおろぎを見すえたが  そうになったか知れない  そうな人物を一生懸命で物色した  そうにいかっていました  そうに二階の私の部屋に持ちこんで来た  そうな気がしてならない  そうな手数がかかる  そうにしていらっしゃる  そうにお帰りになるが  そうに臥した  そうだから遠慮をしていた  そうに帰ってくる  そうですからその御用意をなさいませなどと  そうな位にまでなった  そうにも見えないながら  そうに話した  そうに訊くと  そうに昔物語をし合っただけで  そうに言い残された  そうにすると  そうに行ってしまうと  そうに靴や下駄で歩いている  そうな様子の人もあり  そうに田舎の気分をもっているが  そうに呟いた  そうな音を立てた  そうに上気せた  そうな風呂敷包を下げて入って来た  そうに小鼻の横をふいた  そうで気が気でない思いをしながら  そうな呻きが聞えて来た  そうな嘶き  そうに並んで  そうに後の方へ顔を向けた  そうにむしゃむしゃと飯を喫っていて  そうなその顔に何か云おうとしたが  そうな眼をきょろきょろとさした  そうな人家も数軒見える  そうに打眺めつつ  そうな変な廊下を伝って  そうもない木川子が泳ぐ  そうな盥を売ってくれぬかと  そうな物だに根つからお聲がかりも無いは何ういふ  そうな感じが起った  そうなのはそのまま用いた  そうに胸毛を震わす  そうに鳴いて  そうな着替は  そうに歩きまわっていた  そうな場所へ置くというだけの  そうな眼をしばたたいた  そうな顔をしていて  そうに抱えて  そうにきこえた  そうにも思われない  そうな風が吹いて通った  そうに話していたが  そうにこんなことを言い出した  そうな顔を頭に描きながら  そうな汗が浮いていた  そうにきこえる  そうな顔を出した  そうな笑顔で男と向き合っていた  そうに一杯飲んで  そうもないことは彼もさすがに知っていた  そうに顔を洗った  そうな声で云った  そうだということになるであろう  そうもないことは少しあたってみてもわかると思う  そうな一つの道を暗示するだけの  そうにくんくん鳴く  そうにほえながら  そうに鼻を鳴らした  そうなふりをして  そうにのびを  そうにぶたの背中へはいあがり  そうにあえぎ  そうなにおいの立ちのぼっている  そうに寝台の下をのぞきこんだ  そうにため息をつきながら  そうにほえ始めた  そうな叫びをあげながら  そうなことをやっていますが  そうじゃが歌枕とかをさ  そうな手で遠慮もなくのたらせる  そうじゃあありませんか  そうによんで見ると  そうに云いながら  そうに見て居る  そうに笑いこけながら  そうでもあるからなどと  そうなあんまり小才のきき  そうに目を輝して居る  そうにじょさいない口調で云う  そうに悲しがって居る  そうな苦しさをしのんで  そうに外の世界からフイに来た  そうにおもわれたのでなぐさめる  そうにかなしい中に人よりも一寸でもまさった  そうにぼくをはらいのけておいて  そうにほえたので  そうに横を向いてしまって  そうにぼくたちの方を見た  そうに目を開いた  そうには思えません  そうに呻いていた  そうに聞いた  そうな建物だなと思った  そうに大きな音をたてて  そうに手でさえぎりながら  そうもなくなると  そうな清浄な顔だちで  そうな気さえして  そうな長屋がズラリと並んでいて  そうにべろべろ嘗めながら  そうに横を向き  そうに出てきました  そうな顔をしていたから  そうだと云った  そうな風をして  そうな歌をうたいながら  そうになって言いました  そうにまで肥って居る  そうなリボンなどをかけて  そうになって居る  そうな竹垣が取り巻いてある  そうにかけて帰った  そうな眼をした  そうに見えない  そうな雲の峰の群らだちである  そうに頭で押し分け  そうだと見ると  そうになるまで膨らます  そうなその茶っぽい棒をつかんだのさ  そうに持ちあげている  そうに語りだした  そうに狸踊りをおどっている  そうな頭を動かして  そうかも知れんけど  そうにあたりの草木を見廻した  そうに覗いてさえいる  そうな風船玉を思わせる  そうに火を点けた  そうな感じがする  そうな顔を平手でクルクルと撫で廻した  そうに顔を撫でて笑う  ソウ云いおった  ソウ考えられん  そうにしょぼしょぼしながら訊ねました  そうに雑誌読んでいた  そうに撫であげながら  そうに下り  そうに見て去った  そうな姿勢をしながら云い出す  そうな眼をし  そうにヒョコヒョコと森君の傍に寄って来た  そうもないネジ廻しを注文していたと云う  そうな気もされてきて  そうなものだと思った  そうにいじくった  そうと企てられた  そうに揺るがして  そうにすり寄っている  そうに顔をゆがめ  そうにゆすぶり直して  そうに登っていった  そうな顔もせず  そうなところまで迫っていた  そうなのを見せて貰って  そうな顔になった  そうな笑いをうかべたが  そうに語らった  そうに陣門へ担いこんでゆく  そうな擬兵の計をしておいて  そうもありません  そうな考えうる  そうであったにしても  そうとすれば  そうな人にコピーして配り  そうなページを開きました  そうに踊りの中へ眼を走らせながら  そうに体を伸して  そうな芽生えを見ながら  そうだろうと思う  そうだと思った  そうだとでも云わなくっちゃあならないほど  そうな純な感じの好い感情がみなぎって居る  そうな私の心を自分でかわいらしく思った  そうな心持がして居た  そうな色の調和があった  そうな表情を浮べて居る  そうだが近所までお出かけだとて始めて  そうな向うの山までのこんなに小っぽけな景色をみると  そうだがお目にはかからなかった  そうなピンを下さる  そうになったりする  そうな事を云う  そうなのが安らかさを与える  そうにさえなる  そうににぎやかにして居るので  そうに三人何か喋り  そうに蕾をふくらませる  そうだと云って居ると  そうな耀きを帯びてきた  そうな血相をしておった  そうな顔しておる  そうに樹の下に腰かけて  そうに構えているが  そうもなく思われる  そうに漁って居る  そう思って結婚したのに  そうでいくらか気が軽くなりました  そうな電気の機械みたいなものを抱えて下りて来たわ  そうに戦いて  そうにそびえて  そうな言い  そうになきあわすとも聞える  そうに光っていた  そうにも思われぬ  そうにその下に寝ころんでいた  そうに遊んでいる  そうかも知れないと思った  そうにはしゃいでいた  そうに大切そうに顔をさしのばしてとりかこんでいる  そうなものをちらと見せた  そうにあげて云った  そうな姿勢をする  そうに呻いた  そうに笑い崩れた  そうな文鎮を買って持っていた  そうな藪かげにかくれ  そうにきょろきょろしていた  そうに折れた  そうに芋を食っていた  そうに食った  そうに片隅に小さく立っていた  そうに水を担っている  そうに瞬きしながら  そうな心持でスムールイとわかれ  そうに外套をぬぎながら怒って云った  そうに感じられる  そうな悪意で云った  そうとしている  そうな悪意で云う  そうな数冊の参考書の借用を請うた  そうなくらいに高く鼓動していたろう  そうに彼をじろじろ見た  そうでもある  そうだったにしろ  そうな様子がちょっとでも見えたら  そうにもないと思わせる  そうな奴にゃ見えやしねえ  そうなくらいの猛烈な勢でどっと押し出していたし  そうな気がして来ました  そうにもないという自惚れを  そうに思った  そうなかたちになった  そうなのを付けた  そうなにぎやかしの  そうな気配になってきた  そうな若造の回りを流れている  そうかをカードに書き添えておいて  そうに大声で言う  そうにないことにある  そうな相手を選び  そうな顔などしていません  そうな口のきき  そうだから伝染するといけない  そうにもない本を電子化して  そうな眼つきを見せましたが  そうにしりごみさえし始める  そうに頭を下げた  そうに眺めていると  そうなスタンドが枕許に点いていて  そうに云ったが  そうに見上げて  そうな溜息ばかりして  そうに一時間の余も話し込んでいるが  そうな五円札を一重ねに折りかえして  そうに通っている  そうに待っていたが  そうに溜息をする  そうな往来の人を眺めて歩く  そうな老母の顔も見える  そうな気がしてくる  そうな顔をして見せていました  そうに手を振って  そうな気がして差出された  そうにゆるやかな襞をうって  そうな弱い光の輪を描いていた  そうに並んで光っていた  そうな赫土色に光って見えた  そうに喉を反らせ  そうにニーナや技師の妻ユリヤ・ニコライエヴナなどに読んできかせた  そうに檻のすき間から首を外へ突出していた  そうに熱い茶を受皿にあけて飲んで  そうにその様子を見ていた  そうなナースチャの綿繻子の前垂を眺めながら  そうに轟然とたくさんの輪が重って  そうなことが隠れている  そうに濡れていた  そうに松葉杖をじっとみつめていました  そうにそれぞれ羽ばたきをして  そうにまたたいていた  そうに見とれていました  そうな海の中に暮らさなければならないという  そうとしたよ  そうもないから止めよう  そうに思われました  そうに瞑目した  そうに忠清は訊いた  そうにどんより曇っていた  そうで容易にお睡り遊ばさず  そうに云う  そうに暫くじっと俯向いていたが  そうな顔をしかめて  そうな物をもって  そうな小むす  そうにダンスしていて  そうに見ながら訴えた  そうに砂に鼻先をすりつけつつ  そうな眼で見送っていた  そうに応えた  そうに葉を縮めている  そうな場所に出るが  そうに鈴を鳴らして  そうに仙二に告げた  そうなところは一軒あまさずっていう  そうな隅の方にちぢこまって  そうに私をにらんだ  そうな眼をしていた  そうに騒いでいた  そうににこにこしている  そうだろうと思った  そうに言っている  そうな模様になっていた  そうに出た  そうにも言う  そうに引ッかけて  そうに胡坐の膝をゆすぶりながら  そうに肩を揺すって笑った  そうに肩を揺すって笑いながら  そうに見廻している  そうに口を挾んで  そうに胴ぶる  そうにしますから  そうにさえ感じられる  そうだと思ってさ  そうに首を垂れていた  そうもないと思う  そうな自分自身の信仰を傾け尽して  そうな奴は擲りつけた  そうに厚い脣の中に押込みヤケに噛み潰すと  そうな宗匠振  そうに赧くなる  そうにダーリヤを見て  そうな御馳走の匂がしている  そうに走りよりました  そうに歯をくいしばっている  そうな湯上りの耳朶を早い春の風が掠める  そうにもせぬ  そうに腰を曲げてさ  そうに腰を伸ばして  そうな頭を上げて  そうに手を組んだ  そうに笑ったり  そうも料られない  そうであわれであった  そうに崖の尖  そうに太く疲労して見えた  そうに招いた  そうに坐って  そうもない本物の困り  そうな様子に舌を捲いていた  そうな眼を挙げました  そうに返事をすると  そうに見つめていました  そうな鉛筆の跡があります  ソウ仰言っておられましたよ  そうに懐から写真を一枚とりだして  そうに人の往来するかなり  そうに呻った  そうに声をあげ  そうに食べる  そうな話だとは思われない  そうにうめいた  そうに首を振ると  そうに笑っている  そうにゆれた  そうなくらいおどろいた  そうなことと思われない  そうに舌打をした  そうに石けりをしていた  そうなさびしい町の辻をえらんで  そうな表情を見るにつけて  そうなところを打とうとした  そうにあえいでいる  そうにぱちぱちしていたが  そうな目附はしなかった  そうに笑いながら叫んだ  そうな奴をよって捕える  そうに下をのぞいている  そうに痛くなる  そうにピストルを音もなく撃ちまくる  そうに眺めた  そうな顔をしなかった  そうな気持がする  そうにたずねた  ぞうっとした  そうな情況にあるとしても  そうな気持さえする  そうな気がしてる  そうな視線を自分の上に感じながら  そうに歩いて行った  そうに出かけて行った  そうな微笑で私を見つめた  そうに問うた  そうな足つきをしながら  そうになってから  そうに心のうちで彼女に呼びかけながら  そうに自分の目で追って見ると  そうかも知れないわね  そうに自分に向って言って聞かせたりした  そうに身体をねじらせた  そうに佇んでいた  そうな姿を頭に浮べると  そうに問い返した  そうに訊いた  そうになりながら戻ってくる  そうもない版画じみた  そうもなくなっている  そうな気がしながら眺め合っていた  そうもない自分を寝つかせに  そうに彼女を見ていた  そうな微笑み  そうな言葉を無理にそこから引出しでもする  そうな自分の心を引き立てようとして  そうな神父に掴まって  そうに手をかけながら  そうになるまで  そうなしかし冬らしく明るい空を眺めていた  そうに林から林へと抜けて行った  そうに雪を分けながら  そうな方へ林を突切って来たが  そうな声を出して鳴いていました  そうも測られぬ  そうなことを言うけど  そうな返事をする  そうな気配が近づいている  そうな顔をしていますね  そうに眉をひそめ  そうとし  そうに見せかけて  そうな口を利いていた  そうな多少新しい変った  そうだからといって  そうなものを求めるならば  そうな形勢となって来た  そうなことになる  そうな事象に就いての  そうに見えて役に立たない  そうなものをボツボツ買っておけるからだ  そうな出版物をそんなにむやみに出す  そうともしない  そうだという理由だけで出来るだけ  そうになれば  そうに思われてならないので  そうな人間が初めから登場して来ないという  そうな薄い唇を歪めて  そうにもじもじと揉手をしながら  そうなこって  そうに門口へ飛んで出るより  そうな凄い顔をしていたと言っていましたが  そうにおもしろそうにながめている  そうに小判を秤ったり  そうに頷くと  そうにツイと身をかわして  そうで分り  そうな気が致しますので  そうに細めて  そうだが御返事をいたします  そうな人の姿を見ると  そうにくすくす笑ったりなどするので  そうだという噂が立った  そうに見おくっている  そうに頭へ手をやって  そうだろうと思うだけの  そうに棒かくしをしたり  そうに手をポケットへ入れてしまいました  そうにきっと結んだ  そうに木を見あげました  そうにしばらくだまって  そうに一足進んで言いました  そうに指を一本立てながら  そうに川のほうを見ていましたが  そうにうなずきながら  そうに舌打ちをしながら  そうなポーズを示す  そうな対句にあるという  そうもないということが判った  そうな範疇秩序を想定し  そうに考えられるが  そうに考える  そうな興奮にかられる  そうだと云っている  そうに見えている  そうに又言いました  そうにくりくりさせながら  そうには見えましたし  そうに一足進んで云いました  そうになりながらだまって  そうに身体を泳がしている  そうに額に手をやり  そうな顔はしているが  そうになっていたという  そうな顔もしていない  そうな扮装になった  そうに舌打ちをして  そうもない情婦桃枝のことを手紙から知られると  そうにギョロギョロさせている  そうにも考えられようが  そうに月の光で立ち読みをしていたが  そうなビルディングの足塲から下りて来た  そうと消そうと  そうだいつか田圃で子どもの紙鳶をうばつて逃げた  そうに舌打ちをひとつくれて  そうに手をうって  そうにもじもじしていたが  そうに頭をさげて  そうに畳の上に小判を二枚投げ出し  そうに走りよって来て  そうな面がまえ  そうな妙な顔していますので  そうな不安な気持になった  そうだった皮膚の表が急に涼しくなった  そうな痛みがすこしずつ取れてゆく  そうに笑ったのに  そうでごわす  そうなもんだと思っているのに  そうに出たり入ったりしている  そうに偽の三津五郎のそばへ寄って行って  そうなのを選んでいると  そうだからちょっと問いつめてやろうと思っていた  そうな事を書いて送ってやった  そうな声を出して引かれている  そうに赭土が泥濘っている  そうに買物をどっさりよっている  そうな思いがして  そうなものだと思う  そうに刈っている  そうに熱くなるので  そうに檻の中をのたうち歩き  そうな気がするが  そうに見せているが  そうな者も見当らないし  そうに笑い  そうとは思えなかった  そうな無常の感じを余の胸に刻んだだけである  そうに聴講している  そうにぶるぶる震えて  そうな眼つきで見て  そうですがかねての  そうにそっぽを向いて  そうに話したりした  そうにそれを投げた  そうだと思われた  そうな眼つきで他人の寝室を偸み見ながら  そうに呻きだした  そうな顔をして寝そべっていた  そうに呻きながら  そうに痛む  そうに駈けてきた  そうに舌打ちをいたしました  そうな青い顔をして  そうな算盤とを出して  そうに百合子が訊ねかけた  そうに身震いをした  そうだろうと思っていたわ  そうなカバン持ちをつれている  そうにうけとめて笑った  そうにしなかったの  そうだろうと思っていた  そうに苦笑して  そうに口笛をふいた  そうに目をうごかして  そうなものを見つけて  そうなものがあったら  そうなものを一つ一つとりだした  そうな顔をしたが  そうに呟いて  そうに見えるからの  そうないろんな料理のされ  そうな風が見うけられなかった  そうな事情があるから  そうにビールを呷っていたが  そうとしたり  そうな新刊書をきいて  そうにニコニコしていたが  そうにパイプをくゆらした  そうに動かなければならぬ  そうに見送る  そうな味噌汁の匂がプンと鼻へ来た  そうに唄ったり囃したりしている  そうに顔を挙げた  そうに二階を見挙げて行く  そうな奴が吹く  そうに言ったが  そうにあえぎだした  そうになりますからね  そうに吸いながら  そうな食べ物をもっていってやる  そうに髪の毛を掻き  そうな気もするが  そうな図が憶出された  そうに揺れるから  そうに往復していたが  そうに語った  そうな通人の多い骨董屋にもかかわらず  そうに手をこすった  そうに顫えている  そうに眼をしょぼつかせて  そうに着た  そうな山の名を見て  そうな様子も見えぬので  そうな森の中や橋の下を尋ね廻って  そうに飲みました  そうと云うので  そうにするを  そうじゃア有りませんか  そうな吐息を一つ洩らした  そうに頼む  そうにのぞいていました  そうに眺めていたが  そうに彼からぱっと飛びのいた  そうな声を立て  そうな顔つきを眺め  そうに彼の顔を見て  そうにうつむき  そうな声を出して言うと  そうになめていた  そうな厚い大きな田舎の夜具にぐるぐる捲きにされて  そうに四下を見廻して  そうな笑みを浮べた  そうに境内を突っ切って行く  そうに口を歪めていた  そうに思えた  そうにお庄を眺めた  そうに坐っている痩せた  そうに倚りかかっていた  そうに取り纏めていた  そうな弟の顔を見た  そうに覗き込んでいた  そうだということなどを気にしていた  そうな顔をあげた  そうな通りをおりおり  そうな呻吟声を挙げて  そうな鈍い目で医師や産婆の顔を眺めて  そうな細い喘ぐ  そうに力ない笑い方をした  そうに言い出した  そうに起ち上ったが  そうにほどいて梳きはじめた  そうな目を擦った  そうに店の方へ耳を引き立てていた  そう言って出て行った  そうにも思えなかった  そうに女中の相手になって  そうな気もして  そうな日が赫々と照して  そうにそこらを片着けはじめた  そうにも思えなかったし  そうかも知れないが  そうに散って居る  そうな輝きと会わな  そうなものさえある  そうに波打って居る  そうになさいます  そうに見受けられる  そうな童子をにくむ  そうな顔を見た  そうに喫み干して  そうに歌を唱い終ると  そうで小鼻が動いていますが  そうなものを背中に背負って  そうに咲いていた  そうにもしない  そうな顔附をして控えて居ります  そうな見上げる  そうな顔もしずに  そうに十時をうったから  そうで泣きたい  そうにつぶやきながら  そうに肉が腫れ上がっています  そうな様子は見えませんでした  そうに燃え  そうなことをいっていました  そうに思えるが  そうにポンチをすすってみせる  そうに持って来て  そうに見ていましたが  そうにゴーシュを見て  そうでございますが先生お慈悲になおしてやってくださいまし  そうもない不思議な現象もある  そうであっても現時の日本家屋は日本の気候に適合する  そうに聞こえるけれど  そうに侍の顔を見た  そうなくてはならぬ  そうなチャイコフスキイのアンダンテカンタビレイをかけてくれた  そうに手巾を鼻でかいでみた  そうに立っていた  そうだということが解ったからであった  そうに呻吟いていたが  そうでもあったが  そうに四辺を見廻した  そうに食事をしていると  そうに酔った  そうにお辞儀をする  そうな表情をしていた  そうにも見える  そうにちびちび口にしながら  そうに説明していた  そうになっても  そうに呟くと  そうにただ笑っていた  そうな一つの色っぽい出来事と場面を描いてみたりしていた  そうもないことを望んだ  そうに顔を顰めて  そうな低気圧が来ていた  そうに思えるらしかった  そうに思えて  そうな松川に足場が出来たら  そうなスタイルを択んでいたが  そうな形勢があり  そうなものだと思いますがね  そうに頭臚をかかえて  そうでもあり  そうに話しながら寝ている  そうに戦争の話をしたくて  そうだと言いだした  そうだたほれたって  そうだとはほれたという  そうだという者もある  そうに三四郎の額の上にすえた  そうもありませんね  そうに胸が前へ出る  そうな男がたくさん集って  そうな笑いにみちた  そうな目つきをする  そうですねって笑う  そうですなという  そうに答えて  そうな事だとは知ってるけれども  そうな様子を見せている  そうで切り  そうに振り返り  そうに聞こえてきた  そうな人の推選を頼んだが  そうに話ししながら  そうになってはいって来た  そうな御馳走が一品ずつならべられて  そうな電文ができない  そうにしかし皮肉に笑いながらはいって来て  そうに延ばして  そうなものはフランスへ留学させられる  そうな目つきをしていながら  そうな宣言や雄弁だけに過ぎない  そうになるまで振っている  そうに飲み終ってから  そうに煙草を喫い出した  そうに詈った  そうだという話が出た  そうもないとわかると  そうに呟かれた  そうに据えられてあった  そうに見受けられた  そうに続けた  そうに重々しく上げた  そうもねえ罪業者と見え  そうに三味線を膝の上へ置くと  そうに囲繞いていた  そうにふり仰いで眺めた  そうもないように思われるので  そうに貧相でプルルルとしたしなび  そうな葉をつけた  そうにこすり合わせた  そうでないかと思うと  そうな広さがあった  そうだから型を見せていただこうと  そうな心細い思いになる  そうですから伺いますが  そうなものだとひそかに期待した  そうもない珍勝負があった  そうな小さなボストンバッグを持参させた  そうに思われるけれども  そうな蔓が入りみだれて絡みついている  そうにわが家の池を眺め  そうだなどといわれていたが  そうになったりして  そうに先を急いでいる  そうな物を売る  そうにいったりきたりする  そうな顔をしていった  そうに泣く  そうな三馬の顔を侮蔑をこめて見つめた  そうにこう提案した  そうに感じて  そうな糊米ほどしかありませんや  そうな顔付をしている  そうにふるえている  そうになきだす  そうになきだします  そうにしましたが  そうに光っていました  そうに泳ぎまわっていました  そうにうちふりながら  そうにしていたりすると  そうなサイレンをならしている  そうににらみました  そうになっていました  そうにしっぽをふっています  そうな気持ちになって来た  そうな気持になって来た  そうにさけびました  そうに光子は言って  そうに見物していました  そうにながめる  そうで背中の翼がふるえているが  そうに見ていました  そうに顔をしかめている  そうに思われていた  そうと云うと  そうと云って張合ってする  そうにお繼は人違いをされて  そうな奴だから力になって遣ると仰しゃって置いて下されば  そうな処へ参っては  そうでならなえから  そうな顔をその青い中で見た  そうに見上げた  そうにゲラゲラと笑う  そうに赧く染めて  そうだと知ると  そうな驚きに見えた  そうなことだと思う  そうな日だともいった  そうだなどといっておりましたが  そうな有様をほとんど示していなかった  そうなくらいの努力で一語一語をしぼり出した  そうに言いました  そうに食べている  そうに海をながめていましたが  そうにながめながら  そうもありませんが  そうとして七転八倒しつづけて来たが  そうな食物の屋台にまだ十歳になったばかりの  そうなひとつの楽しい光景であらねばならなかった  そうにして笑った  そうに行ったり来たりする  そうな充実をそこに感じた  そうになったの  そうな書物を何によらず読んでみる  そうに思えて来た  そうに遊ぶ  そうに覗き込んだ  そうになってきたので  そうな表情を泛べるようになったので  そうに上げてくれました  そうに懐中に手を入れて  そうな手答があった  そうに乗出して  そうに血の気のない顔に淋しい笑を含んだ  そうに差俯向く  そうに秋の空は澄切って  そうもないというので  そうで身よりもないし結局同僚だけで簡単な不気味なお通夜をすまし  そうにそれを眺め入った  そうもない素質的のものであるかを根本に感じ  そうな気配いさえ見ゆる  そうに僕を見おろしていました  そうとしました  そうに絶えず浪立たせていました  そうに長い舌をべろべろ出していました  そうにこう返事をしました  そうにラップをにらみつけました  そうに僕らの顔を見比べながら  そうに返事をしました  そうに頭を振りながら  そうに家の中をのぞいている  そうにこう小声でつけ加えました  そうもない力が出てくる  そうなものでもあり  そうにおずおず歩いたり  そうな頭をした  そうに小言を云いました  そうで毎度恐入ります  そうな卵だと見て取ると  そうなのが居ると思ったが  そうに見えるけれども  そうに淋しい顔をして  そうで足も地につきませんや  そうに見る  そうに眺めたが  そうに思ふ  そうに頼もしく思われる  そう度々打つ  そうなのを感ずる  そうに見守ってゐる  そうな色をして  そうに肩をひそめた  そうに医者を見た  そうとして苦労する  そうな顔をして叫びました  そうな所までいっていた  そうかもしれないね  そうにそう云った  そうと云う  そうと思った  そうな表情があった  そうな胸を両手で押えて氷って行く  そうな大穴をあけた  そうな気持になりながら  そうな首人形はどこに居る  そうでないにしろ  そうに荷物をまとめたりしていた  そうにウィスキーの行方を見まもっていた  そうに高笑いしながら  そうに微笑を含んだ  そうに切れ切れに云った  そうにゴックリと唾を飲み込んで  そうにパチパチと瞬をして見せた  そうな祝言を述べて  そうにきょろきょろして  そうと思います  そうにまで発展して来た  ソウしてはあなたが大変私にのろい様に見えるから  そうに飲んだ  そうに吹聴する  そうな顔の集まっている  そうな気勢があったので  そうな風をする  そうにじろじろ眺め  そうな顔付きで風にあたっている  そうな強い予感をひしひしと感じないではいられなかったからである  そうにちらりと見ながら  そうな顔をしていたいという  そうな小説を頻りに考えている  そうに乙にすましている  そうな生活が魅力になっているらしい  そうにナワ飛びをする  そうに手を振った  そうな声をあげた  そうな予感があった  そうだったが秋川の親切には逆らいかねた  そうに手を打ちあわした  そうと決心した  そうにジロジロと食堂のなかを見まわした  そうなことを言っているけど  そうな口をきく  そうにテーブルに肱をつきながら  そうに立って行くと  そうに傾しいでいるが  そうに動いている  そうなものにつくりなおして  そうに手をとって  そうで困っている  そうにうなずくと  そうにひとりで踊をおどっている  そうな心もちがする  そうな臭いがしていた  そうに頭をゆすって  そうに飲んでいた  そうに持って  そうに細くなり  そうに動いた  そうな不気味な感じを皆にひらめかした  そうな顔をして帰って  そうに唄っている  そうに唄っていた  そうに唄っているが  そうに歪んでいた  ぞうしばんづけ  そうなものであったという気もするので  そうに顔をぱっと赤くしました  そうでいてて  そうなことを言う  そうに見えるではないか  そうなところもないと思って  そうに写真にとられている  そうに話すからさ  そうな日蔭の坂道にかかると  そうもない二人と別れて  そうにしゃがんで眺めている  そうに泣きじゃくっていました  そうに話していた  そうになって止まった  そうに地べたの上をはい出しましたが  そうな南京虫がフィルムの中に出て来る  そうであったのを呑み込んだ  そうにないと云う  そうにお茶で口を嗽いしていた  そうに相手のその様子を見やった  そうに話す  そうに拵えた  そうに猪口を乾した  そうに蓑の片袖を横顔に衝と引いた  そうに立っている  そうな気がしてならぬ  そうに考えられた  そうでならなかった  そうにポタリと棄てる  そうな咳を続けざまにしたが  そうな底冷があった  そうな気が致します  そうに凧をあおぎ見ました  そうに眺めました  そうな顔をやめて  そうなことを私から云い出されはせぬかと恐れて  そうなのを恐れて  そうに近よってきた  そうもないところだのに誰がそんなところに自動車を乗り入れた  そうな空合いになった  そうだから厭だと云っていましたが  そうに見ていると  そうに背負ってくる  そうにその虹を見上げていた  そうにスウプの匙を動かしていた  そうにレエンコオトをひっかけた  そうなのをやっと耐えながら  そうもなかったので一人でこっそり戸外に出て行った  そうについ長い立ち話をして  そうもない事でもしでかし  そうになって燃えしきっている  そうに猪口に受けて  そうに思いますし  そうににやにや笑っています  そうな紳士は鼠色のオーバーを着た  そうもないことが分り  そうになっていたと聞いた  そうに聞えている  そうな青黒い顔を挙げて  そうだと夜中でもかまわず  そうな麗姫の最近の逸話を彼に語った  そうにもそりもそり夜食の箸を動かして居る  そうなところへ行き  そうに光った  そうに彼女は笑った  そうもない逢い  そうもない別れ  そうにこうつけ加えた  そうな大人たちがいない  そうに往き来していた  そうにのみ描く  そうな何者も容易に発見出来ない  そうには見えない  そうに叫んで  そうな動きを見ていると  そうにではあるが  そうになったらね  そうにうたいました  そうにこすりました  そうにため息をつくと  そうな失錯をした  そうに代議員席にあって  そうに手を拍ちましたが  そうなそれでいて何かを批判している  そうに無之候えども  そうなことを言っているが  そうに云って  そうな顔をして云う  そうな眼をして  そうとして両手を合わせていると  そうな顔もせず背負って帰りましたが  そうな眼付をしました  そうになって飛び上りました  そうでむっちり肉づいていた  そうらしく武内に面会せんなぞといふもあり  そうに鼻をこすった  そうにも思えぬ  そうな場所などもあった  そうな子を入口の幅が狭いため食えない  そうに傾きかける  そうに見てくる  そうで沢渡で下りた  そうになりましたので  そうだから田を見に行っていらっしゃる  そうに云われました  そうな学校を選んだ  そうな筆致で書いて  そうな気配を必死の力で抑えました  そうもありませんでした  そうも無くなりました  そうな気がしてたまらず  そうな影を忘れる  そうに苦笑しながら  そうな色があった  そうにその匂を嗅いだ  そうな灯の光が洩れて見えましたが  そうに日野クンの顔を観察していたが  そうに和した  そうな年増が七ツぐらいの子供をつれて坐ってる  そうで心配になっちゃった  そうですから仕方がありませんがね  そうな南京花火みて  そうな中にタッタ一人突立っている  そうに握手しながら  そうになっちゃった  そうな腸詰の横ッ腹をジャクナイフで薄く切り初めた  そうな雨まで落ちかかってきた  そうな人顔の覗いてる  そうに食っていた  そうに食ってるじゃないか  そうにその用をしていた  そうで額が汗ばんできた  そうに激しく動揺しながら  そうなほど驚いた  そうにそれを拒んだ  そうな顔をしているよ  そうな顔をして見せたって  そうな図表なぞを見せられて  そうなものを頼んでおく  そうだと仰し  そうな事をしたって  そうに坐っている  そうに下を俯き  そうにお茶を汲んで  そうなものだと思って待っていた  そうなものだと思っていても  そうなのを下さいまし  そうな顔をして居ります  そうな渋め顔をしたので  そうな顔で縁側から眺めていた  そうなかつこうで立つていた  そうに思えませぬ  そうなゴム引きの床の半分は美事な絨毯が敷いてある  そうな室でお化粧をしている  そうな気がしたからである  そうに舌打ちして飲んでござった  そうなところに来て立ち止まった  そうな呻く  そうな調子を帯びて来た  そうにお陽さまをみています  そうにみえました  そうもないと思った  そうな感じのあった  そうに思えたので  そうなのを拾うと  そうに加十の腕を揺すぶり  そうな朽葉色の厚い絨氈が敷き詰めてあろうという  そうに時計の方へ振り返り  そうにニッコリと笑い  そうに花の方へ振返り  そうな物体が落ちて  そうな安楽椅子に落着かぬ腰を据えながら  そうなことだと思うわ  そうに瞼を垂れた  そうにその面を眺めた  そうに揉み手をしながら  そうに傍らの花を振返り  そうに眉を顰めて  そうだとしたら  そうにするから  そうな目つきで二人の会話を聞いていたが  そうに舌打ちをし  そうにその手を執り  そうに垂れた  そうな婆が上り口に這い出して来た  そうに垂れ下がり  そうに上眼で真名古を睨みながら  そうな眼つきをしながら  そうに下眼使いでチョコレートを眺めていたが  そうな眼つきでそれを見送っていたが  そうもないものが現われて来た  そうにチラと上眼を走らせると  そうなことでありまする  そうなところへ落ちなく  そうに手を打ち合せ  そうに時計を見上げながら  そうに手を振り  そうもないこった  そうな家を先ほどからしきりに見張っている  そうに眼を伏せながら  そうな顔をしてるね  そうに舌打ちすると  そうな事だと首肯するであろう  そうに骨立ち  そうにたびたび足を踏み変えている  そうな口調になって  そうにキッと噛んで  そうということになった  そうにニヤリと笑って  そうな島田にスッキリと櫛の歯が通って  そうに肩をすぼめている  そうにその顔を見上げ  そうに眉を寄せる  そうに貧乏ゆすりをしている  そうな身振りで立ち上り  そうにニヤニヤ笑っていたが  そうに天井を睨んでいた  そうな顔でニヤリと笑って  そうでゾッとした  そうになったっけ  そうな地層図を描いて  そうに眼を伏せ  そうに手を伸して  そうには思えぬが  そうになりましてね  そうにチョッチョッと舌打ちして  そうに運転台へ乗ると  そうに死体の左腕をとりあげ  そうに噴きだしてのけ反らんばかりに  そうに私から身を引いて  そうな空ではあったが  そうにそれを食い始めた  そうに感じられた  そうなそんな赤帽子は腋の下にでもそっとおし隠したら  そうに農夫の顔を見た  そうな表情をして  そうにもない変な形をした  そうに瞬きながら  そうにつぶやいたという  そうになっていたので  そうに草の葉を食べ  そうに言って  そうに北極星の彼方を指さしていた  そうに食べ出した  そうに食物をあさっている  そうに泳ぎまわっていた  そうに顔をもち上げた  そうにぱくついていたという  そうに頭へ手をやった  そうに払いのけながら  そうな眼つきをして  そうとは思われません  そうに言葉をかけた  そうなすきのない目などがありました  そうに打ち見やる  そうな屋敷じゅうのどんなすみずみまでも調べた  そうな家具をどれもこれもみんな取りはずす  そうな方法だけしか気がつかない  そうなどんな小さな疑いでも消してしまう  そうにこぼしもせず  そうに再び出かけていた  そうにきゃ  そうに微笑した  そうに立ち上がって  そうで出ない  そうに飲むかれを  そうに思うと  そうだと思うと  そうに見えて  そうに我を忘れて  そうに長火鉢の前に坐っていた  そうにさっ  そうな目をするほど  そうな目を見張った  そうですがいずれ私たちの悪口でしょうと思いますけれど  そうに傾ぐ  そうに眺めまわした  そうに脹れ上って  そうな渋め顔をしている  そうな微笑を躍らせながら  そうな鶏の声がしているが  そうな感じがありました  そうに微笑みあう  そうもない所で悠々と糸を垂れている  そうに話し続けた  そうにその両手でしっかりとからだを押えていた  そうに左手の柱に掴まると  そうに俯向いて  そうに瞬いている  そうに瞬きながら上って来た  そうだとなると  そうに竦んでいる  そうにおぶった  そうに澄みわたって  そうでたまらない心持になって来る  そうだとでも云ったら  そうな勢で彼女を罵る  そうなことを云っていても  そうにして下りて来た  そうに頭を振り動かし  そうに誇らしげに告げると  そうな気焔を吐く  そうに眼白押しをしている  そうに聞えて来る  そうなほど遠い遠いところにあると思っている  そうになってしまった  そうになって居た  そうなのぼりのさおをかつがせてもらって行く  そうに寄ってゆく  ぞうとかいった  そうだんしようじゃありませんか  そうな気配が順平の立居振舞からにおっていて  そうに半ば羽ばたきながらかけ出して  そうな楽しい話をする  そうに声を出さずに  そうなうめき声をたてていた  そうとしてる  そうな調子で恵みを強請った  そうな気さえする  そうにお島の顔を眺めていた  そうな影が動いていたりした  そうな顔をして笑っていた  そうな様子を見せたが  そうに旅行の支度を調えてからの  そうにみえて来る  そうに覗いてみた  そうな裏庭へ出て  そうな淡紅色の花をつけていた  そうにその後姿を見送りながら  そうに終にそこを立っていったが  そうに聞えて来た  そうな応答をしていた  そうにぼろぼろ涙を流しながら言った  そうに彼女の周囲を取捲いたりした  そうな声をかけて  そうに応答をしていたが  そうにふざけている  そうに顔を顰めていたが  そうに思えていた  そうに紅くなった  そうもない今の家を一思いに放擲して  そうにして居た  そうな照れ臭そうな顔で帰って来た  そうにもない彼等の不甲斐無さが先ず眼につく  そうな気はいが見えたので  そうにだるいという婆さんの足腰を温泉で揉んでやったり  そうな気がしてならなかったからである  そうな表情をしていった  そうな位置まで近づいていた  そうな一人にくれてやった  そうなかおになって  そうになったくらいである  そうにあえぎながら  そうなのを手でせいして  そうな頭の白いねずみが立ち上がりました  そうにきいきい歯ぎしりをしました  そうな旅籠屋を烏のように覗き込み  そうに寂寞しながら  そうな食卓を見ると  そうに見張った  そうにも思われるが  そうに見せようとしている  そうに見えて来た  そうに私のそばから離れて行った  そうに歩き回っている  そうな息を吐き  そうもないと思われますがねえ  そうな溜息をついて  そうなようすといったら  そうなこってすよ  そうに笑いながら進み出た  そうにささやいた  そうな事ではあるが  そうだろうと思われる  そうもない学説やイズムがわれわれの目に触れるほどだから  そうであるがこの方法はいかに有効でもわれわれには少しぜいたくすぎる  そうであるからねずみでも吐くかもしれない  そうにちょこちょこ近寄って行って  そうな気になる  そうな眼をやさしく撫でて  そうに飯を掻ッ込んでいた  そうだという目論見のついた  そうな中折帽を脱ぐと  そうに帯から莨入れを抜いて  そうな顔をして聴いていたが  そうにまた伏せていた  そうに振り顧いて  そうに帳場のところへ来て坐った  そうな笑みを目元に見せたが  そうな目容をした  そうな目をパチつかせた  そうに考え込んでいる  そうな様子も見えなかったが  そうな手容で新吉の前に差し出した  そうに時計を引き出して  そうな煮物のいい匂いが洩れて  そうに女の姿を見やって  そうに店へ出て来た  そうに笑いながら拾って食った  そうな心持もするし  そうに布団の上に投げかけている  そうで痛みを感ずるというので  そうに痛くなって来た  そうだが自分はきのう以来昼夜の別なく五体すきなしという拷問を受けた  そうに首をふりながら  そうにおもいました  そうに口をきいた  そうな目つきで女を見た  そうに身を起した  そうな気がされて  そうな思いのした  そうに男に抱かれた  そうに見つめたぎり  そうにまほう使のそばへたかって来ました  そうにさえずっていました  そうな顔をしているか  そうな顔をしていらっしゃいました  そうな戸が閉まっている  そうにどなりました  そうな袋をえらんで  そうに尾を振った  そうに尾を振って  そうに懸っていた  そうな煮  そうにははと笑った  そうに誰の目にも見えた  そうに眠っている  そうはずかしくなって  そうな果物の木がありました  そうなごちそうが出ました  そうにふさになって  そうなダイヤモンドを拾って  そうだと思っている  そうおいしい果物がありました  そうなのを一人つれて来て  そうに首をふっただけでした  そうにお聞きになりました  そうに労働問題の話をきいている  そうな白い飯に琥珀のような光りのある  そうな湯気の中にその横顔が見える  そうにおでんを食べている  そうにいう  そうに現れる  そうに突っ立っていたが  そうな縁の爛れ気味な赤い目をぱちぱち屡瞬きながら  そうに見えていた  そうに外を見つづけた  そうだからわざと首を縮めているという  そうな音をたてて歩きながら  そうなものではありましたが  そうなのを見てたずねました  そうでいったい二人いっしょに夢を見た  そうですがあとで従弟さまの申されますには  そうかもしれませんでした  そうな餡ころもちを造って  そうな足どりを精いっぱいに早めました  そうな溶液が少し残っていた  ぞうつと私の背すぢは冷く  そうに頸や顎をのばして  そうに切なくなって来て  そうだという噂をきいた  そうに火をつけていた  そうに莞爾した  そうなのが気になる  そうな手附をする  そうな首を此方に捻向けんとして  そうなものと思ったから  そうにしているから  そうに聞いていなすったっけ  そうだといって  そうに飲んでいたが  そうな顔に見えなかつた  そうでがす  そうにそわそわしていらしたが  そうに召上りながら  そうに呼びかけた  そうな表情をしたが  そうに眉根を寄せる  そうに空を見あげていました  そうだと云っていた  そうに淀んでいる  そうな気がしてならなかった  そうですと答えられた  そうもない気分ではあるし  そうですと笑っていた  そうで恐ろしくなったので  そうだろうと答えた  そうですからと断った  そうですと案内が通訳してくれた  そうに水気を含んでいる  そうですと案内が云った  そうな顔で一同を見まわしている  そうな眼で皆を見る  そうになっています  そうな顔をして見おろしている  そうに見あげて  そうなエンテリづらをして  そうに細田に向って  そうに恥かしくなったよ  そうなツラをして見ててくれりゃ  そうにそのへんを見まわしながら  そうな顔になる  そうに眺めている  そうな湯気がもやもやと立っていた  そうに喫っていた  そうにつまらない素朴な庭園が好きなのだと云う  そうにはしていたが  そうに成った  そうなものも別に見つからないし  そうな殴り  そうに後しざりする  そうな顔に気がつき  そうな工夫はてんで見つからない  そうな顔をしているので  そうな顔つきでいられます  そうな様子はありません  そうに動きまわっているのに  そうもないということがわかりました  そうに食べてしまいました  そうな顔はしていない  そうな振りをしても  そうに顔を曲げた  そうなけはいを示していた  そうにして歩いている  そうな頬骨の尖っている  そうな夜着の裾を眺めてゐた  そうな言葉で可愛しまれながら抱かれてゐた  そうな目の下一面の若楓を眺めて  そうに回っていた  そうな者が多くなって  そうな作法と言い伝えが残っている  そうになっていたけれども  そうに冬田の中に立つ  そうに口を切った  そうな農家は有るが  そうに見えぬ  そうに紋太夫は云う  そうに紋太夫は笑い出した  そうではございますが  そうな声で何やら老人は話しかけた  そうに遊んでいるよ  そうに翔けている  そうな歌声が聞こえて来る  そうな気配があるといって  そうにこの静かな谷を照らしていた  そうで越さない  そうな恐れがある  そうは信じられなかった  そうに帰って来た  そうに二つ三つ揺る  そうな口吻を洩した  そうにあっと云って  そうだからやめた  そうな塵となって舞いのぼり  そうにも出処のない昆虫はつかれて  そうにクワンクワンと叫ぶ  そうにかさかさの手をながめながら云った  そうに思えるけれ  そうにカシカシかみながら  そうに笑いをうかべながら  そうだから立った  そうだからと云ってかえりかけてる  そうな気持のする  そうな口元をして居る  そうに云って行った  そうにガタガタきしんで  そうな処々を選んで  そうになるだけで  そうになって居て  そうな声で話すが  そうな頭を落す  そうにもない気がします  そうにヒリッとした  そうな音をたてる  そうな腹をした  そうもない本を買ったりする如き  そうもない地位に居る  そうに右手にさげていた  そうに笑いだした  そうに恥らいながら出て来た  そうに僕の瞳を覗いた  そうに敷き  そうに口びるさえ震えていた  そうなこの旅籠屋に足を休める  そうな大柄なものもあった  そうなものは一つも身近には見当たらなかった  そうに姉の涙をぬぐいつづけた  そうに着て  そうに鼻の孔がふさがった  そうに払いのけた  そうな目でじっと叔父をにらめたと思うと  そうに人中を縫うて  そうな様子は少しも見えなかった  そうに現われ出て  そうに目がはっきりして  そうでなければ気づきながら  そうに近く逼ってる  そうに頭の中にある  そうな顔を見やった  そうな顔をしたり  そうな鋭いひとみを声のする  そうについて来たが  そうな生暖かい蒸気のにおいと共に人を不愉快にした  そうにながめやって  そうになったり  そうな驚きに打たれて  そうに吐息一つして  そうに立っていたが  そうにさえなった  そうで落ちない  そうに眉を寄せながら聞いていた  そうな金鎖がかかって  そうな様子で出迎えて  そうに歯をくいしばって  そうだった様子に引きかえて  そうに見るとも  そうなのが何十という程ある  そうに頂いて  そうによりそいながら  そうな口調に似ず  そうに返事をして  そうに目を瞬いて  そうに笑っていました  そうなおっかない顔であたりを見廻わしている  そうに紫煙を吸いこんだ  そうな空想をテーマにした  そうに相槌を打って  そうと申し出た  そうなことを云っても  そうな肉を一生懸命に嚥み込みながら云った  そうに茶を淹れたり  そうな鰻もまじっているので  そうになったらば  そうに春の日永を暮している  そうになって来ました  そうに黙っている  そうに思われるので  そうも参りません  そうはまいりません  そうに嘆息をついている  そうな暗い空模様になりましたが  そうにきこえます  そうに啼いていました  そうな面をしていて  そうに砂糖菓子の山を指さしながら訊ねた  そうなかっこうなのだからではないかしらんと私思った  そうで本邸なぞはどんな旅館も及ばないぐらい  そうですからすみ  そうな記事は全部暗記しているほどですよ  そうな危険は充分ある  そうなことを少し話してあげて下さい  そうに嬌然と笑って  そうな瞳が覗き出た  そうに海へ帰って行きました  そうな内地の若い方を見ると  そうな顔をして聴いている  そうな危険をほとほと感ずる  そうなのに気がつくと  そうな緒口が見つかった  そうにまともに見はじめた  そうに思えますわ  そうな顔つきで僕の顔をじいッと視ている  そうになられては  そうな風でいた  そうに息をしている  そうな匂いが漂い  そうな眼つきでがらんとした  そうな笑い声がきこえた  そうな犬の声も聞えて来る  そうな綱を持っています  そうにうんうんうなる  そうに聞えて来ます  そうにして遊んでいる  そうな空が低く垂れ下がっていて  そうな声で鳴いている  そうに耳を立てたが  そうに笑ッて梅の樹を見上げて  そうに少年の顔を見た  そうに豊吉を見て  そうに見て  そうにないものをそれぞれ繕って  そうなようすだ  そうな予感がします  そうな姿勢に見えます  そうになっていましたが  そうにふところから手を出して立ちあがりました  そうもないような気がする  そうなオーバーを着た  そうでなかなか六かしい  そうに小田さんのそばに駆けよりました  そうに輝きました  そうな表情が浮かんでおりました  そうな笑いを浮かべました  そうに泥がついて  そうにこつこつとやっていた  そうに見えたけれど  そうに首を振っている  そうな様子があった  そうな一羽の若いがんが答えて  そうに一周したかと思うと  そうな羽づかいをして飛んで  そうな気がしました  そうかも知れなかった  そうなのを感じた  そうになってる  そうな顔はしない  そうに童子と仏軸とを見較べ  そうに心をあせった  そうに輝かせた  そうに微笑って見せた  そうに眉をしかめた  そうもないように思われてならないから  そうに聞き  そうなところへ垂げておいて  そうに私の家のまわりを歩かれるが  そうに話しかける  そうさびしい顔をなすっていらっしゃいますの  そうなところへとどく  そうな表情をあらわすまいと努める  そうにちぢんだ  そうに輝いていたが  そうなのは生れた  そうにそばへ寄って来た  そうなこった  そうてならなんだ  そうな悲鳴をあげた  そうに眼を開いた  そうに鳴いていた  そうな事件の話をお聞かせしましょう  そうなのを耳にしました  そうな様子もなく極めておだやかにその室におり  そうな美男の典型人の名前を挙げてみただけである  そうにじゅくした  そうにわらいかけました  そうたるものだつたやうに記憶してゐる  そうに唄っていました  そうな家には似ず  そうだと云って褒めて  そうな肴が沢山あった  そうには思われなくなって来る  そうになくなった  そうな風をしていても  そうな様子をして歩いて行く  そうな事になってしまう  そうだと突き留めた  そうに見えるなあ  そうになったら  そうな樹が立っている  そうな様子が見えないので  そうに聞いていたが  そうにない四時過から  そうに奔走し始めて  そうな低い声になった  そうに葉巻を指の股へ移して  そうな瞼を指でしきりに擦った  そうに切って廻る  そうに樋から洩る  そうな様子も見えなかった  そうに言訳をした  そうなものを飲んでいた  そうなのを無暗に啣え易えて  そうに午餐を味わって見せれば  そうなものだと云う疑を立てた  そうなのを不快に感じた  そうもないと云う  そうに入口に立っていたが  そうに肯った  そうですよと云った  そうな奴を択んで飛び乗った  そうに洩れて出た  そうに構えこんでいると  そうに刃すじを見守っていると  そうに灰色に残って  そうな気はしない  そうに顔をまっかにして笑って  そうな気のする  そうになめた  そうなところを仔細に観察し  そうな垢があっても  そうに舟の中に坐った  そうに変化ってゆき  そうに微笑った  そうに考え込んで居らっしゃろうとは思わなかった  そうに口をゆがめて  そうにもがいて  そうに見物しています  そうに縮んでいました  そうな歌を閲して  そうな音をたてた  そうなところはないかと走りだした  そうに痛んだ  そうにニコリと微笑んだ  そうに素直に謝った  そうだろうと邪推している  そうに乱れ立った  そうな白塗りの船員宿泊所が立っている  そうに窓の外を眺めている  そうな足取りで葵橋の上まで来ると  そうな口を利いて  そうに暫らくもじもじしていたけど  そうにきいた  そうに自嘲しながら  そうな圧迫を感じながら  そうな表情になった  そうな顔に微笑をうかべた  そうに語りつづけた  そうなかっこうをしているから  そうな首をひねっている  そうに鼻をクンクン言わせた  ぞうたふ  そうに見遣った  そうな顔をして眺めていたに  そうな赤銅色の太い腕が逞しく出ており  そうなほど水がなくなっている  そうに思われたからである  そうな桜炭の火が白い被衣の下でほんのりと赤らんでいる  そうにこうした言葉がつぶやかれる  そうにいっていた  そうな目に真味な色を見せて  そうですからそのはずでもありますが  そうにもみ手をしながら  そうに聞こえていた  そうに煮えくり返っていた  そうなのを一つだけあなたの分に残して置きましょうよ  そうに愛子の肩をゆすりながら  そうに顔を赤らめたりした  そうに杯の酒を一煽りにあおりつけた  そうに底冷えがするので  そうに玄関のほうに注意の耳をそばだてた  そうにソウダ・ビスケットを肴にウィスキーを飲んでいた  そうな期待が葉子を未練にした  そうもありませんわ  そうな時でもなかなか泣かなかった  そうな笑いを片頬に浮かべて見せた  そうになっては立て直って切り抜けて行く  そうな所を尋ねて  そうで歩けやしませんわ  そうもないので遠くからこっちを振り向いて  そうに身もだえする  そうにうめき声を小さく立てて  そうなくやしさ恐ろしさを感じた  そうなような気がして  そうな恨めしそうな顔をまっ赤にして  そうにはありません  そうなものだと僕自身は思う  そうな危惧をさえ感じた  そうに目をつぶって  そうに笑顔をもらしたりした  そうに心が責められた  そうなものだと心待ちをした  そうもないといいながら  そうに空が晴れて  そうに大きな目を静かに開いて  そうに文字を拾った  そうにこう答えた  そうなお坊さんだと思った  そうに両袖を胸に組んで  そうなアカシヤの下には石に腰掛けて  そうな古い彫  そうに煙草を燻して  そうに両手や身体を動かして  そうに言いながら  そうに手桶を提げて出て行くが  そうに呼んだ  そうなその手付がおげんを笑わせた  そうにそれを燻した  そうな里芋を口に入れた  そうな化物を見つけて  そうな足どりで静かに通り過ぎた  そうな汚いエキゾティシズムが感じられた  そうな気持になる  そうな不安が絶えずつきまとった  そうな気配が見えたので  そうにだるいと言う  そうな或特別の地方を指摘し得るのみで  そうな程度に損した  そうにしました  そうなのが沢山あり  そうな気勢を示しました  そうにその心を捕えられている  そうにまたたいていたが  そうに小さい手の中で揉んだり撫でたりしていた  そうにむしろ対手を静かに慎しませる  そうに見えるでしょう  そうに私を見た  そうに見たが  そうに蒼蒼と澄んでいた  そうにしているかれは  そうかもしれません  そうに私の手をひっぱって  そうにくすくす笑いながら  そうな顔で立っていた  そうな田部井氏の態度に惹かれて  そうに思われるほどの  そうに唸っているばかりで判らない  そうに運んでゆく  そうに口を噤んだ  そうだとすれば  そうなねたはさぐり出せなかったので  そうな顔をしていらっしゃいましたが  そうな目つきでじっと見詰めていた  そうな身振りをしたが  そうに思えたからです  そうな気がしたのよ  そうにもありませんでした  そうに白い歯を光らせていた  そうなことをした  そうな目になったという  そうなことをしたねえ  そうな悪漢は一人も居ない  そうな重い病人もありました  そうにほほえみました  そうな表情をじっと見詰めていると  そうな熱海での静かな生活について話しました  そうに話していたのに  そうに摺り寄って来ました  そうに語り出す  そうにこんな会話を交換する  そうな声を出す  そうな微笑を浮べながら  そうに青磁の香炉や金襴の袋を並べ立てた  そうな視線を送った  そうにそれを眺めていた  そうな眼つきをしていた  そうににやにや笑っていた  そうな笑いを浮べながら  そうに何か呟いた  そうとはしなかった  そうな眼つきになった  そうにそこらを歩き廻った  そうに二三度頭を振った  そうな危っかし  そうなところへもって来て  そうな程に眼を見開いている  そうとはしないだろう  そうだけれどもまだ入ったか  そうにして聞いていた  そうだったし祖母もいろいろ向うのことを聞いた  そうな毛繻子であった事にまで気が付いていた  そうな皮で物憂げに染めていた  そうな事ばかりいっていますが  そうに毛繻子の洋傘をさして  そうに蒼黒い葉を垣根の傍に茂らしている  そうにそれを受取ってくれたら  そうに座を立った  そうに健三を見た  そうにしないので  そうな勢で咳き込んでいる  そうかも知れないと思ったり  そうに読み下した  そうに聴いた  そうな呼息をし始めた  そうなどという気はまるで起らなかった  そうに暖炉の前で書物などを読んでいた  そうな腹を眼の前に見ながら  そうに身を起して  そうに自分の尻を畳の上に着けた  そうな腹をして  そうに大きな溜息を吐いた  そうに自分の傍に寐ている  そうに寐ている  そうにとぎれて来た  そうに微笑んだ  そうに匂やかな二つの眉をひそめて  そうに一寸肩をゆすった  そうなせき込んだ  そうだからとも云え  そうに見下しながら  そうでなりません  そうに動かして  そうな気もした  そうな先生は吉雄の顔を見て  そうな字を入れていった  そうに心配する  そうに去ってゆきました  そうとして酒をあおった  そうに思えて来たから  そうに見えるな  そうに一緒に微笑した  そうな嘘を聞いている  そうにひとしきりたべて  そうにきこえて来た  そうな書類入鞄を下げて  そうであった空が夜にいってから冴えて  そうな予感をもっている  そうな柔軟さが溢れている  そうにゆるんで来た  そうに葉巻の煙を吹いた  そうにじろじろ伸子を見た  そうな古びた  そうな講義題目を見つけると  そうでさえある  そうな勢いで網戸が再びたたき閉められた  そうとしていた  そうに片脚廊下に踏み出した  そうにしながら押されて行った  そうなところがあったり  そうに恥かし  そうに伸子を擁き締めた  そうに信じているらしい  そうにその涙を拭く  そうに感じだした  そうに動かす  そうに小僧が掻きまぜていた  そうにしていらっしゃれる  そうに立ち上った  そうになったって  そうに深く煙草を吸い込み  そうに干菓子をたべながら  そうに一口説明し  そうな頬の色を枕に横えていた  そうに思われて来た  そうな恐怖を伸子に与えた  そうもできず  そうな光波につつまれ  そうに物を云っている  そうなところを方々さがした  そうに真赤になっていた  そうなおそればかり感じられた  そうに伸子の手を掴んだ  そうなアクチュアリティーこそが合理的な必然性をもつ  そう云われる  そうに見えるからである  そうになったと思えばこそ  そうな併し  そうに貪る  そう云っていては  そうかと云って  そうですと教えて呉れた  そうな顔付で黙って立っている  そうなものと思っても  そうもないことになっている  そうもないから下へ行って  そうに呻りながら寝返りをうった  そうに箸を取り上げる  そうなすぐ傍で左右に分れて睨みあったる  そうに眺めやった  そうに私の方をまじまじと見ながら  そうなベッドが占領している  そうだろうと分ってみても  そうに思われるけれど  そうですがよく聞きとれなかったという  そうな眼をしばたたきながらやって来ますと  そうに唸って  そうな顔をしてはいって来た  そうに考えられるけれど  そうに思わせる  そうに睨みましたが  そうな時が来  そうもない路地があったが  そうな小さな溝を隔てて  そうな溝づたいに一列にならんで歩き出したが  そうに再び自分の家へ帰って行ってしまった  そうな生墻を透かして  そうな目つきで私を見下ろしながら  そうもないように思えた  そうに一人で持ち上げだした  そうにため息をする  そうだから勇を鼓して踏み込む  そうにも見えます  そうな声で叫びました  そうな集団発狂が津々浦々に発生しかけている  そうなのがタクサンあると  そうだから交番へつきだした  そうな外套や時計やカバンなど持ってれば  そうなことは思いやられる  そうだから助けてやってくれないかという  そうにせまっている  そうにしてはりますわ  そうに低い声でうたっていました  そうに上がってきました  そうに振り返りますと  そうに踊っている  そうに眼を伏せた  そうにその手を握った  そうに洋服に着かえ  そうな眼を伏せていた  そうに顔を伏せ  そうに南さんの様子を見ていた  そうもない運命にある  そうな傷痕がある  そうな笑いが浮び  そうな料理の匂いがしてきた  そうに酒を飲んでる  そうな気がしたし  そうな罪があるなら  そうに歩いています  そうであったと書いている  そうなその息子が父母を殺す  そうな足を正門のかたへ向けた  そうに嘆息する  そうに夫の顔を見る  そうに思われなくなった  そうだが文章を御書きなさるだろうと云う  そうに立って  そうな顔を玄関の障子から出すと  そうな所に席をとった  そうかも知れぬ  そうに口籠もった  そうな虞れを抱いている  そうな気持ちになっている  そうに私の顔を仰いだ  そうに私を見送っていた  そうな肩書を振りまわしているが  そうに男の顔を見ていた  そうに眼を閉じて  そうに声を落した  そうに言葉を続けた  そうな顔を上げた  そうに私の顔を見上げながら  そうに俯向いた  そうな子供子供しい  そうな大苦痛を感じ初めた  そうに振り返った  そうだから止むを得ない  そうにうなだれてしまった  そうに立ち上ると  そうに警視庁用の封筒をじっと見つめていたが  そうに唇を噛みしめつつ  そうに女を見つつ  そうな気だるさに襲われながらも  そうな顔をしておられる  そうにもまた薄情にも見え  そうな土堤を上って  そうもない様子になりました  そうもなくなりました  そうに肥っていて  そうに思われてきた  そうな決心がほの見える  そうに見送ってくれた  そうもなくみえた  そうにじろじろ見すえてから  そうにしているが  そうに足で蹴っ飛ばした  そうに掌を擦り合わしていたが  そうに鳴って  そうに紫煙をすいこんでから  そうに釜の蓋がガタガタ跳っている  そうにコン吉をみつめてから  そうに舌打ちした  そうに徳利をとり出した  そうな着物をひきずりながら  そうなところで着物をおさえてくいとめる  そうだと沈んでいるから  そうなことを次から次へと口走って  そうにタヌの顔を見ながら  そうに掌をもみながら  そうだが今は堆肥場になっているので  そうに咲き出した  そうになって逃げて帰って来た  そうに覗いた  そうに肩をすくめて  そうに固まって歩いている  そうな小さい燈籠がうす暗い影を投げていた  そうに手をひかれて歩いていた  そうな生酔いもあった  そうに抱え出して来て敷いた  そうにうなだれている  そうもないお米の手を取って  そうに語らっている  そうな怖ろしい  そうな声で注意した  そうも知れない  そうなことを言いながら  そうな顔をしましたね  そうなのを撰ぶ  そうかも知れんが  そうにうなだれた  そうに肩をすぼめながらはいって行った  そうな古い籐椅子に腰をおろした  そうに右の手を出すと  そうで危なッかしい  そうに夫を見て  そうな身振りをして  そうな不快な顔をして  そうに毒づいて居りました  そうに舌打ちして  そうな大きな男がぬうっと入って来た  そうな笑を含ませて  そうに顔を赤くした  そうに目を開くと  そうに手でかきあげながら  そうな眼をあげて  そうに身慄いをする  そうな豪族がたくさん居た  そうに水面に群れていた  そうですと古屋主人の落ちついた  そうにあっちこっちと歩いている  そうに肩をゆすぶった  そうにうごく  そうな様子をしたが  そうだのにと思いました  そうな病人の呻吟が聞えてきたり  そうにゆったりと結われている  そうな様子がアリアリ見える  そうとでもするかの  そうな眼で見る  そうに鳴く  そうに叫びながら廻った  そうにきょときょと見まわしてばかりいて  そうににこにこして見ていた  そうにしていると  そうな神様や恐しそうな悪者を分散させて  そうな神様の分配には一切あずからなくて  そうな神様も全然分配されておりません  そうな場合でもあって  そうな扱いで伊勢の外宮の分身となっておる  そうに首をたれた  そうな中華そばが入っていた  そうな声が聞えた  そうに膳を引き寄せて  そうな眼つきをして頷いた  そうに活躍しただけの  そうな馬車のなかに乗り込んだ  そうに挨拶をすると  そうな傾いた  そうで暗いというのも悲痛きわまる  そうに門まで出迎えてくれます  そうだがどこで僕と落ち合う  そうな顔に何か訴えたい  そうなのは一人もいなかったからですわ  そうに微笑してみせた  そうでできない  そうな色をしている  そうな顔はしていませんでした  そうな気ぶりを示した  そうな体を運んで  そうにいうな  そうに顰めた  そうに話をしている  そうもない気がしていた  そうな顔色をして  そうな印象を原田は受けた  そうな笑顔になった  そうなモスリンのスカートをつけて  そうにかけまわりました  そうな発音で云われる  そうな少女がいた  そうに首を傾けて語った  そうな印象を与える  そうに寒くなった  そうな印象を与へる  そうな鹿子の顔を見ながら  そうに匙を捨てて  そうな血相をもって  そうな大きな杉林の西側にあたっていて  そうもない風態だというので  そうな驚きをしたし  そうなフロシキ包をさげている  そうにするが  そうにお光を睨んで立っていた  そうにするが言えない  そうになるが  そうに左手でどけようとしながら  そうな事を言っている  そうに家の内部を見て廻った  そうに寐床へ入った  そうな蔭を成している  そうに語る  そうな御輿の響は大切な若い子息を放縦な世界の方へと誘う  そうな微笑を見せた  そうな場処を択んだ  そうに口を動かしながら話した  そうと思いましたがね  そうに食ったり  そうに映して見せた  そうに照していた  そうに笑いながら食った  そうに言い争った  そうに血が浸染んでいる  そうに笑ながら言った  そうに別れを告げて行く  そうなことを皆な書いちまって  そうな眼付をして  そうに停車場まで随いて行った  そうな泣声に変って  そうに私語き合ったり  そうなことを真似て言った  そうな眩暈心地に成った  そうに集った  そうに嘗めたが  そうな馬車の喇叭が停車場寄の往来の方で起った  そうに顔を見合せた  そうに其処是処の光景を眺めながら  そうにもありませんが  そうな心細さがある  そうにみえていました  そうなどとしてあせる  そうな狐色に見えた  そうな人が欲しいと希望を持ち出した  そうでないとしたら  そうに五人六人もで追い廻している  そうに見えてならない  そうに唄っているなどは  そうな古い鮑の貝から長い蔓は垂れ  そうにからだを縮めてはいっていた  そうな日の影すらも消えてしまって  そうな薄黒い雲が低くまよって  そうな山霧の波に向き合って立ちました  そうに何か騒いでいる  そうにどんよりと暗くなる  そうに通る  そうに積んでゆく  そうな青い葉は茹でられた  そうな気色もみえないので  そうに靡いている  そうに照らされている  そうに指さしていた  そうに拭いていると  そうに垂れ  そうにも思われませんでした  そうに抜け出して  そうに萎れる  そうなので私も折々遅ればせに出かけては  そうだと思われるのに  そうに盗み見る  そうな面ばかりしてや  そうに答えました  そうに聴いていたが  そうな彼の姿がいまでも目に浮ぶ  そうな絵端書などを受取る  そうに椅子に首をもたせた  そうな面持をしている  そうに往き来する  そうに葉先をそろえた  そうな泣き  そうな顔をしているとか  そうなことだけを話す  そうに饒舌っていた  そうに水の面を覗いて見た  そうに嘆息をついた  そうに手に下げ  そうに睨んでいる  そうな容子を見せた  そうになってきて  そうにこたえた  そうにあたしのほうを見ながら  そうにごろごろ転がっている  そうに着こんだ  そうな危険な顔だってみなさんがおっしゃる  そうだろうじゃありませんの  そうだろうと思ったわ  そうなのでさからわずに聞いていると  そうに歩いて行くと  そうにやってきて  そうにタイプライターを叩いている  そうな表情でうなずいた  そうな顔はあるが  そうな飛行機が一機入ってきて  そうにいっているけど  そうに追いかけ  そうな古い煉瓦建の鬼仏洞の入口についた  そうになったくらいであった  そうなことが二度もあったが  そうに外して  そうにいってやりました  そうな呼吸づかいをしていましたが  そうに苦笑した  そうなそれも大きな硝子壜が並んでいる  そうな笑顔が再び目の前に見える  そうな武者修行の眼が自分の方を見つめて這い進んで来たので  そうもない大鼾声をかいている  そうな顔つきになった  そうに飲む  そうに佇んだ  そうな眼になる  そうに赤くなってくる  そうにそれを払う  そうな気勢を示している  そうに従いて  そうもない古笠をかぶっている  そうな風圧をおぼえた  そうな背が隠れかけると  そうな者のお心当りがある  そうに首筋をすくめた  そうに話しあっている  そうに叫ぶと  そうな陰気な眼つきをし  そうに舌を出した  そうな顔でこちらを見ている  そうな眼ざしで  そうに首を振って  そうに手を拍ち合わしながら  そうなふしぎな幻想に襲われる  そうな姿が眼にうかぶ  そうな微笑をしながら  そうに眉をひそめながら  そうな飲料を一寸味ったばかりで  そうに彼は家を出て行った  そうな激しい眩暈を感じた  そうに成って来た  そうな空模様には見えなかった  そうに聞えた  そうに見せた  そうに眺め廻した  そうな姿勢を示したが  そうに夕飯の膳に就いた  そうに聞える  そうに透けて見えた  そうにガタガタ震えた  そうに筆を走らせた  そうなトボケた人相をして見せて  そうに坐った  そうに自分の家の方へ帰って行った  そうな子供を姉の手から抱取った  そうに頭を垂れて  そうに茶戸棚の方へ行った  そうなものが有る  そうに叔父の方を見たり  そうな鳴海絞を着た  そうに話し聞かせる  そうに震えて  そうに口に含んだ  そうに叔父叔母の前で話した  そうな人もある  そうに別れて行った  そうな顔をして食べる  そうに震えた  そうに汗を流して食った  そうだが棒が二本あるじゃないか  そうに人並で充分眠って  そうな酷薄な眼つきをしていた  そうなやさしい眼差しを発見する  そうなものはなにひとつ見当らなかった  そうに動く  そうな根拠がある  そうなこったね  そうにしみじみと話した  そうに足踏みをしながら  そうに手をたたいてから  そうにヒクヒクと身体を顫わせている  そうに飛び廻っています  そうになるし  そうになって来たの  そうになってね  そうに歩き出したの  そうになって来る  そうな眼付きをしている  そうにコックリすると  そうに首をふりました  そうに膝のうえへおいて  そうにうなずいて  そうに馬のほうへふりかえりながら  そうに両手を擦り合わせながら  そうにはありませんわ  そうになるくらい  そうに働き出す  そうな状態にあった  そうな顔もしない  そうに時折掠める  そうな若い肉体をくるくる動かし  そうとして居る  そうな光景を目に見る如く  そうに光っておりました  そうな声で云いました  そうににこにこしていた  そうに酒を飲んでいる  そうに微笑している  そうやと云う  そうに帆村は唸りながら  そうに見送っていた  そうに署長を制した  そうな笑いをうかべ  そうにクスクス笑いだした  そうに煙を吸った  そうに暮している  そうになって走る  そうに喘ぎ喘ぎ応えた  そうにうちふった  そうに応えて  そうに歩きだした  そうな顔つきは残っていたが  そうに舌なめずりをする  そうに紫煙をくゆらせながら  そうに疲れてきた  そうにパッと頬を染めた  そうな先は考えられなかった  そうに橋を渡ってくると  そうにぽつりぽつりと話し出される  そうかも知れねえ  そうに鼻の上へ載せて  そうな目の御色も時によると  そうに手を引き連れて  そうに歩く  そうな汁の香が炉辺に満ち溢れました  そうな御笑声が奥から聞えました  そうになすっていらっしゃる  そうに一服頂いて  そうに御笑なすって  そうにもなる  そうもないという印象を与える  そうな場所をさがしてまわる  そうに独り言を言った  そうなにおいを立てた  そうな気がしてならないので  そうなくりくりした  そうなのでえんり  そうにくんくん泣いている  そうにさえずっていた  そうにふえでワルツをふきながら  そうにヴァイオリンをひいた  そうにわたしの顔を見て  そうもないと思いますけれども  そうになるほど  そうな音楽を奏して  そうな大笑いの声を聞いた  そうな様子を見せた  そうにくっくっと笑った  そうな鼻声を出した  そうなにおいをかぎつけた  そうな声で言った  そうにかけって行った  そうにしていられるよりも  そうに上っている  そうににおった  そうにどんどん鳴り続けていた  そうにしたけれど  そうだとも話しえなかったけれど  そうだと感じた  そうな様子も見えない  そうな紳士が真面目で言った  そうだ若王寺へ散歩に往って帰る  そうなことを言っていましたが  そうに言ったので  そうに抱えて来て  そうなのが前の方にならび  そうなごちそうが出る  そうな売手のところへと上ってゆきます  そうに尖がった  そうなかたちした  そうに口の中で何か唄った  そうな相もあった  そうにわざといって  そうにはなす  そうな渋仕立の道行き姿になって  そうだが声が出ない  そうだが内心もう船が出なければ  そうなものをと思って  そうな皺を湛えて  そうに喘ぐ  そうに唸っている  そうなことをいいながらも  そうな眼をしている  そうな様子をしている  そうに涙ぐみながら  そうに送って来てくれる  そうになってきます  そうに肩をすくめている  そうなお顔ったら  そうに客の間を走っていた  そうにお猪口を口にもっていった  そうに出てくる  そうな気色を見たので  そうな顔しているが  そうだからお店で使ってみて  そうにして叫んだ  そうな気がしたから  そうに笑ってからに  ぞうをきめて  そうな布団をひっぱり出して干す  そうもない米英の娯楽雑誌を読んでいる  そうに書けております  そうに揺れる  そうな淡い片われ月を見上げた  そうに眺めていたという  そうな身を湯殿へはこび  そうな病気ばかりした  そうに羽根を動かしている  そうに揺れた  そうな気持ちになりながら  そうな眼をそれでもくるくる動かして  そうな眼を輝かして  そう美しいお姫さまがありました  そうに食堂の中をおどり歩いた  そうには思えなかった  そうにはねながらついて来た  そうな泣き声が起こった  そうに笑いながら言った  そうもないことをやりかけているとは思うが  そうもないことが案外成功する  そうな雌牛を買ったが  そうに見せかける  そうなわたしを見て  そうに頭をふった  そうにつばをはいてばかりいた  そうなあらゆるいたずらをした  そうに思っていた  そうでないのを見て  そうな家を一けん  そうな人にたずねて歩いた  そうなふうもなく中へとびこんで  そうに目をそらせた  そうだから避けよう  そうな色をして居るので  そうな洒落た  そうな馬鹿げた  そうに伸びをして  そうな溜息をつきながら  そうにお笑いになり  そうな顔をお見せになった  そうな光った  そうにパンジーの鉢植をしている  そうだという庭の思い出される  そうな事は防ぐ  そうに笑い出しましたが  そうな笑顔をして  そうに軋んで出る  そうに歩いていた  そうなおどおどした  そうに重苦しく垂れ込めた  そうに薄眼をしながら言った  そうに朴訥な言葉で話してくれた  そうでもしなければ  そうに眺めるだけで  そうなもじゃもじゃした  そうな身構えになった  そうな白い眼で赤猪口兵衛を白眼み付けた  そうにキチンと坐っている  そうに渋団扇へ揮毫しながら  そうに上がって来る  そうに生れ変った  そうによろめきながら  そうな物を食べさせてやるくらいしか  そうな事には思えませぬ  そうに見えるという  そうに話し合っている  そうに積上げられた  そうにこの煎餅を咥えていた  そうに寝ていた  そうに揺れ  そうなところへ電話をしました  そうにのぞき込んだ  そうにして居るし  そうにぶらさげて  そうな手紙ばかり送っていた  そうな様子に見えたと云うなら  そうに母に云った  そうにばかりしていた  そうな動揺を見せていたが  そうな弁解をした  ソウいう相手にお願いしなければ  そうと意志している  そうな孤独の厚みがとっぷり四周をつつんでいる  そうだが何しろ二人とも酔っ払っている  そうに最早チャントした  そうに食べた  そうな顔をして言った  そうに眼たたきをした  そうな笑い方をして  そうなソブリを示したばかりであった  そうに話をすると駈け出して来て  そうな圧される  そうな曰くあり  そうな陽が当り  そうに熱い番茶を啜った  そうな不安定さがあって  そうな顔をせず  そうに干して  そうに島村の顔を眺める  そうな眼付をしていいました  そうな笑顔をしましたが  そうな柳秋雲をも加えて  そうな眼を向けました  そうな眼色をしていました  そうに生まれ出る  そうに吹く  そうに溜息をつきました  そうに立っています  そうに道をいそぐ  そうな野分がすさまじく林をわたる  そうに羽ばたきをして  そうな連山がその間にすこしずつ見える  そうに思われるからであろう  そうに話しあっていた  そうな空き地がある  そうにこちらを睨みながら  そうなほどつよく頬をぶんなぐられた  そうにたち働いていた  そうな形相でさけんだ  そうにさけんだ  そうな息をついている  そうにうめきながら  そうに歯がみをした  そうな貨物をひっぱりだせという  そうに見つめ  そうなうめきにかわって  そうにさすりながら  そうにながめつつ  そうにどなった  そうな気勢を示しています  そうもない天主堂の上で暮している  そうに口をあけ  そうなのもものともせず  そうに雇い  そうな腹を撫でる  そうに寄って来るからである  そうに啼き回っている  そうになって来ると  そうだと思いながら  そうにいいますので  そうに衝と起ちあがって  そうに原稿を書き終りて  そうにゆする  そうにもない処に持って行って  そうになりましたから  そうなものでなければ手が附きません  そうにもありません  そうだなど自分も考え  そうてだあまつて旅のみなし  そうに其所を去った  そうと思えば出る  そうなものを背負わされて戻った  そうな原の中が急にこう賑やかになった  そうな佐竹の原へこんなに人出があるとは  そうなはずの山の人間でも智慧が働かなかったか  そうに男の横顔を見つめて  そうもないのをもどかしがっている  そうに私達二人を見る  そうな浪人者とばかり往来する  そうでならぬ  そうに独言をしてみたりしている  そうな草鞋を捨てる  そうにもない衝立のすき間のようなところを抜けて  そうに書いているが  そうな口の利き  そうな息をついて  そうに駈け出して来て  そうな鳥をつかまえてくれ  そうに見せていた  そうな胆を持っている  そうなアザラシをきめておこう  ぞうはつく  ぞうもつかない  そうに両手で脇腹を掻く  そうな遺憾が間歇泉のように胸に吹き上がる  そうに鳴っています  そうに曲ってしまう  そうな気持になってたずねた  そうに煮えている  そうな婦人のからだを両手でささえた  そうなようすである  そうなくらい手をたたいた  そうに身をひいた  そうな人通りがあった  そうに眉をよせたが  そうにしばたたきながらいった  そうにもおもわれない  そうな顔していますね  そうな寝息をたてて眠っていた  そうな声が一座を笑わせる  そうとすると  そうにチンバをひきながら  そうにそれを眺める  そうな唾が口の中から迸る  そうに見ています  そうに飛びかかって  そうなことを言っていたが  そうにこっちを見やりながら  そうな樣子をして  そうな事を聞いて見たりした  そうに行き過ぎた  そうに言っちゃあ  そうも行かない  そうに見えようけれど  そうに烈しい呼び  そうにふく  そうに熱い杯をなめては  そうな感じがある  そうだなど思っている  そうな便所が一つ残っている  そうとしての事だと思っていたが  そうに思われるのに  そうだから割愛する  そうに次のを待っていた  そうになったから  そうなものをという面をしています  そうな見物人の一人をつかまえて  そうに身をよけようとした  そうに彼女は言った  そうにして言う  そうに項垂れた  そうになりながら続いた  そうなことばかり喚き立てていやがる  そうもない損の一つになっている  そうにほころばせた  そうなものをキラとこぼしかけていた  そうな急を文書に叫んでいた  そうにぶら下げて眺める  そうに食べていると  そうなところもがなと見廻しながら行くと  そうに肩をすぼめました  そうに提げて来ました  そうでござんす  そうなところを知ってるか  そうなものの目利をした  そうに食っています  そうな言葉で歯の浮く  そうにこういったが  そうにうかがう  そうに現わしていた  そうにつぶやいた  そうにはみ出させていた  そうに元の捨て石へ腰を下ろしたが  そうにいいつづけた  そうにござる  そうに唄っております  そうにして立っている  そうにのっている  そうに美作は訊いた  そうに黙ってしまった  そうにして見合っている  そうに咽び  そうに又困ったらしく  そうに笑みながら  そうにして出て行きました  そうなそして白いかおに似合う  そうに手をかざして云いました  そうにその美くしい  そうな目つきで見つめて居た  そうにない小さい傘を幾本さした  そうに囀り  そうなものを拵えた  そうもない噂を聞きましたから  そうに言うと  そうな養子を見立てて  そうに山下の雁鍋から出て来た  そうな笑い声がしている  そうな甘いものも食べ  そうな気合いを十分に見せながら  そうに唄ばかり歌ってた  そうな葉並みを時おりさやさやとそよがせて  そうな鼻息を立てる  そうにカテリーナ・リヴォーヴナに接吻をあたえた  そうに頭をできるだけ遠方にそむけながら  そうもありませんや  そうな息づかいになった  そうな鎖をひきずり  そうに感ぜられる  そうに感ぜさせるから  そうなものを読んでいると  そうに笑いこけたが  そうに唾を吐いたが  そうな事を言いながら  そうでも無く生きる  そうに思われたからだ  そうな実例が一つあります  そうなヒゲをはやしたり  そうな姿勢をしたり  そうな言葉を言ったり書いたりした  そうな雑誌を一冊買おうと思った  そうだがまだ到着しませぬか  そうにきょうの芝居の話をした  そうな荷をつけてきた  そうにしていました  そうなやつへは油を差して歩きました  そうに壊れた  そうな会社の内部に在って  そうにない淵老人の頑固面を凝視した  そうやら知れぬ  そうな背戸山では頻りに蜩が鳴いてる  そうに黒白斑の方のやつを洗ってやってる  そうに顔をあげ  そうなところはないかと思ったので  そうに口を動かしていたが  そうに身震る  そうなのがよくわかります  そうな顔しているではありませんか  そうな血相を見せた  そうな姿をした  そうな迸りが  そうでござりまする  そうなことではある  そうな気もして来て  そうな声をあげて  そうな体を曲げて  そうな半袴をはいていた  そうな煩悶ぶりを見せるから  そうな手つきをして  そうに星玄にきいた  そうに外を覗く  そうにいって  そうにおす  そうに外を窺いて見たが  そうにいうと  そうにおすさかい  そうにいうてはりました  そうに思えぬ  そうもないように見える  そうな小仙や小唄の師匠を洗ってきたが  そうに高笑いして  そうに言い捨てました  そうな若いちょッとした  そうな金持になっている  そうにクスクス笑った  そうなこのほとけ  そうにふりながらどもった  そうな気持になっていた  そうであったに拘らず  そうな眼にぶっつかった  そうな不安に駆られた  そうに繁茂している  そうな餌食は絶えず動いて  そうな気さえしていた  そうな世間になった  そうに鉄瓶にたぎっていた  そうな広い額のまン中からぐいと隆起した  そうな小さな顎がまッ赤な下唇をかすかに見せている  そうにうす笑いした  そうなほど担っていた  そうとはしない  そうに枝葉をふきなびかされる  そうな調子で人に話して聞かせる  そうな様子もあるので  そうでないことがわかった  そうなモテナシをうける  そうなほえ  そうなところにラツールの筏が近づいていた  そうにゆれている  そうに尾をふって  そうなのどを気にしながら  そうな雑草がしげっていて  そうにあえぐ  そうにしてしゃべった  そうなビスケットを出して  そうな口をきいた  そうな眼を玉太郎にむけたが  そうな草がある  そうな鳴き声をあげていた  そうな御殿だとは知らなかった  そうに京伝の顔を見上げた  そうになりやしたぜ  そうに父を見上げたが  そうなところまで近づいて来ました  そうにふりかえりふりかえり  そうに立ち上って  そうに首をふって  そうに英信を睨みつけたが  そうにソッポをむいて  そうに彼を見つめたが  そうな剣幕で怒りやがった  そうに聞えて来ました  そうに密と引掛けた  そうにながめていました  そうに手に取ると  そうに提灯を突き出して  そうな部屋が諸々にあるから  そうな女にこう云われて  そうだが息子がゼゲンをやるとは  そうなモウケとなっている  そうに目をとじた  そうな文字をつけるのに  そうな話に興を湧かす  そうに笑顔で答えて  そうにヒソヒソ話をしていた  そうに見まわしつつ  そうに呟いたが  そうに音をさせてねぶっている  そうとして牧夫を引きずりまわす  そうな声で云う  そうになったので驚いたが  そうに横からのぞいていた  そうに眺めていた  そうで声が出なかった  そうなケンツクを食ったから  そうな苦笑をもらしたが  そうな視線をそそいだ  そうなフタを持ちあげて外さないと  そうな笑い顔にはミジンも変化が起らない  そうに目を上げて  そうな不安はあるが  そうに言ってきかせたがる  そうもないことを最初に私に語ってくれた  そうにトンビをきた  そうな面を見合せるばかりでありました  そうに聞いていました  そうにその二品をながめていましたが  そうな自信をもっているらしい  そうにしているばかりで  そうに先生の前へ坐りました  そうだろうと思いますわ  そうに足を引きずっていました  そうな程のお誂えだ  そうな気配にさえとらわれた  そうな笑顔をみせていた  そうな虞れがないとは言えない  そうに見えたという  そうに眉をしかめて  そうであるが幸いにそんな事はなくなった  そうに舌打すると  そうにゾロゾロ顔を出した  そうな身寄りの者あり  そうにニッコリする  そうな物を抱えている  そうにその年増の女を見返していると  そうなことだと思いつつ  そうにこう言いました  そうに前置をして  そうにこう言われて  そうにお松を呼び  そうな笑い方をして引込みました  そうに呻く  そうであった頭の動揺がここへ来ると  そうに気を揉んでいる  そうに食べてしまった  そうに御覧になる  そうなのを捉まえて  そうに四辺を見廻しました  そうに水を釣り上げると  そうに畳を突き立てました  そうに夕食を運んで来た  そうな様な筋合がある  そうだって何んだか知れませんが  そうな様子で帰りました  そうな勢で有りますから  そうに世の中の事を御存じないのだから驚きましたろう  そうでげすが  そうな事をしたね  そうなものだと思って居るのに  そうな閣僚をさけました  そうもないように思われたので  そうに畳の上を這廻る  そうに透して見て通った  そうな調子は隠す  そうに口を歪めた  そうに渡辺刑事を見た  そうに吊下っていた  そうだが可哀想な事をした  そうな笑みを洩らして  そうな人に喧嘩を吹きかけている  そうに一杯当っていた  そうにせず  そうに浅田を見上げながら答えた  そう云われるなら  そうな煙を上げていた  そうな冷い  そうな荷を積んだ  そうに眺めていたりした  そうにギロリと光らしながら  そうにグッタリした  そうに支倉を揺ぶる  そうもないので諦めた  そうな表情を浮べながら  そうに歩き廻る  そうに喘いだ  そうは行かぬと見えて  そうに浅田を見上げながら  そうでないとか云う  そうな顔で非難している  ソウなるとアナタも又呼出される  そうになってしまいます  そうにすすり  そうに思われたり  そうな木が立っている  そうにもしないから  そうにとんと置き  そうな大蛸が居るかと思うと  そうに出て行って  そうになりまする  そうな青い葉は茹られた  そうな老人が来て  そうな語気を高められていた  そうな自分を感じつつ  そうな雪にふと出会った  そうな見かけをしているが  そうなことをいっていたが  そうだという気持もあった  そうにもないように見えた  そうに伝兵衛がいうと  そうに眼を細めながら  そうな人を差上げておきまして  そうな人に見えたが  そうに手紙を書いている  そうにながめています  そうにも思われません  そうに竜之助の手を取って  そうな眼付をする  そうに顔を向けた  そうかも知れないね  そうな瞼は静にもちあがり  そうな形勢になった  そうでもあった  そうに眼を伏せて  そうに首を縮めた  そうに酔っていった  そうなことを言うと  そうにやって来る  そうな笈を背負った  そうな人形を提供して  そうでござんすよ  そうなことであると思いました  そうに承りましたが  そうにじっとしていた  そうにふるえていた  そうに顔を振った  そうな片眼をすこし細めながら  そうなほど照りつけて  そうだと噂されつつ  そうな気ぶりでも見せたなら  そうな場所を探し  そうになっていると見れば  そうに横を向いていましたが  そうにも見えますが  そうになってしまったよ  そうな面を見て  そうな重味があります  そうに未練を残してみた  そうな男と見れば  そうに両手で抱え上げて  そうな薬鑵のつるされた  そうにニヤニヤと笑って  そうな気合で来て  そうにニタリと笑つている  そうな顏して  そうな吐息をついて見せた  そうなマブタをしていた  そうになつた兩眼に涙を浮べる  そうな顏をしました  そうな顏をして  そうになつています  そうな氣がする  そうにしはじめた  そうにニコニコ笑いながら  そうな氣がした  そうな氣持がした  そうに靜かに食べて  そうに食べてしまうと  そうな顏はしていない  そうに思いちがいをする  そうな文句や誘う  そうな眼を光らせている  そうに眉をひそめて  そうで出来ない  そうなタンクのような訳のわからぬ  そうなものを何故口を閉めていた  そうなものでも見向きもしないという  そうな餌を見せる  そうに息をはずませ  そうもなく光って見え  そうもない痩せた  そうな眉目に優形な肩幅を落す  そうな心地がしていた  そうな媚を道誉の前に誇張して  そうな気さえしたので  そうにやっと上げた  そうに擡げられた  そうに飲みつづけた  そうで野呂ッとしている  そうにスーッとどこかへ行ってしまった  そうな顔も見せず  そうもありませんでね  そうな風に物語る  そうに早足で前を通り過ぎ  そうな荷をえッちらおッちら背負ッていたが  そうな貌をして  そうにしきりに何か話していた  そうに釣りあがった  そうに踊っていた  そうな気がするのよ  そうな微笑を浮べていたが  そうな剣幕を見せたが  そうな眼つきで私の顔をちらりと見たり  そうに肩を揺すりながら  そうにまた陰気らしゅう住んでいたが  そうに荷っている  そうな娘ざかりの肉づきが  そうにながめていると  そうなものだと思いました  そうに一杯飲む  そうに食べました  そうな噂だと思いました  そうな面を見せないで  そうに笑いながら云った  そうに土手にならぶ  そうな立派なダイヤが光っていたが  そうにもがきながら  そうに赤星を見ながら  そうな男が出て  そうに狂っている  そうに飛び廻っている  そうにおずおず覗いて見た  そうな所を捜して  そうな所を撰んで  そうに三十郎は云った  そうにないくらい大きくなっていた  そうな者はいない  そうな事柄ではあった  そうな様子で祈祷を捧げていた  そうな姿勢をくずさず  そうなこったと思っていた  そうなこったと思った  そうだから江戸へ廻せという  そうもありませんかな  そうもありませんな  そうな気持ちになる  そうなものに思われるがな  そうに心でつぶやいた  そうなところをお出しなすってくだせえまし  そうなお茶受けがありますな  そうに読み出した  そうにきっといった  そうに平八はいった  そうでもありますので  そうに起きあがり  そうに顔をしかめはじめた  そうに呻きはじめました  そうな声をして  そうな看板がでているから  そうな長閑な顔をしていた  そうにたつ  そうに弁じ続けた  そうに御時宜をしている  そうに繰返す  そうなふうでもある  そうに学を振りまわしていた  そうなことでもあるわ  そうな彼女の身のふるえを  そうな息を内へひいた  そうな必死の訴えと悔いがわかった  そうに見廻った  そうな家を物色した  そうな声を潜めて  そうな横坐りをして  そうな枝を目がけ  そうなのを怺えて  そうに笑い咽んだ  そうになって来たし  そうなとは思ったが  そうな声で鳴いて  そうで御座居ます  そうにふるえていましたが  そうに啼いて居た  そうな家を見たら  そうな錠しかついておらんというほど  そうな顔をしながらも  そうなところと目された  そうな嘉造を見ると  そうなことを云う  そうに首をすくめ  そうに微笑を顔に浮べ  そうに見事な果物や菓子が売り出されている  そうにもないというのも亦事実のように見える  そうな鼻に思えて  そうな気分を示すので  そうな薄笑いがそうした場合の女性の鼻の表現に上ってはいまいかと  そうな意気組を示しております  そうに云っていても  そうな顔をしているわね  そうな気もちから起った  そうな気色はありませぬ  そうに見えませぬ  そうに踏みとどまって  そうに暫く考えていましたが  そうに以前置捨てた  そうなことでもあると  そうに後ろを向きながら  そうに振返ったけれど  そうかも知れませんが  そうなのでほっとしていた  そうな伴奏のを選んだ  そうな恥ずかしそうな返事をするね  そうに頬がゆるんでいて  そうにもないと思われるかも知れない  そうにも思えない  そうに頭を振った  そうに咲いている  そうになると思い切ってすすり上げる  そうな声を少し高くする  そうなほどなつかしい気がした  そうに合唱します  そうな匂いがする  そうに突っこまれた  そうだと思って  そうな心理状態だと思うと  そうになって来ていても  そうにおずおずして  そうな素振りを見せなかった  そうだ位のことは気のつき  そうに麦が伸びて  そうに活動していた  そうに走け出して来て  そうにその老爺に話しかけている  そうに見られた  そうに近く見えた  そうにして言った  そうな遅い汽車に乗った  そうに顔を挙げて見せた  そうな顔だちである  そうな光が閃いている  そうに会釈をした  そうにやや眼を細めた  そうな朝日の光を眺めた  そうに華奢な両手を拍った  そうな浅瀬は敵もよく見ていた  そうにでも思われる  そうにそれを飲みほし  そうな声でいった  そうな山崎のお母さんと話し込むと  そうなものだという考えが起こり  そうですが一九二二年に発行された  そうな表情を示します  そうな容子と云ったら  そうな様子を見て  そうな男が出てきて  そうな声でいいました  そうに思われたが  そうとして顎を動かしてみると  そうな空の下に八百八町は今し眠りから覚めようとして  そうににやにやして  そうに声を低めた  そうもない金かんざしなどを  そうよくいいましたが  そうなことをいい出して  そうな立ち話をつづけている  そうに歩き出し  そうなのに恐怖を感じだしました  そうなことをいう  そうに見入ります  そうなところへ勢い込んで  そうに引返そうとしますから  そうもありませんのに  そうなよわみを見せて  そうなお婆さんに訊ねてみると  そうとの決心もあるから  そうに茂太郎を取って  そうな陽気になる  そうな生温い南風が彼らの頬をなでて通った  そうに口を尖らして笑いながら  そうに見渡した  そうな調子がたえず響いて来る  そうな様子に生徒には見えた  そうに押しいただく  そうにひいて行く  そうな休み茶屋があった  そうに飲食した  そうな装をして  そうにコオロギが鳴いていた  そうな音が夜ふけまで聞こえる  そうに夕日に手をかざしていた  そうに深い碧の上を滑って行く  そうな茶店があった  そうな水にラムネがつけてあった  そうに呼吸をつく  そうにそこらを歩いている  そうに客に応対していた  そうに町を歩いて行った  そうに入り口にうずくまって  ぞうを入れた  そうな楮幣の一ト束を函から取って  そうな物を種々取り出させて  そうもない気がする  そうな形相に見えた  そうに微笑しながら  そうにすき透っていた  そうに男の方にお逢いなさる  そうに寄って来て  そうに楽しく見せる  そうな憂鬱な顔をして  そうにそのくせ淋しく揺れる  そうだという評判を聞いて  そうな平和の車の奔流が渦巻いていたが  そうにラムプの下に突き出して撫でまわした  そうなものを一パイ詰めた  そうに金歯を出して笑った  そうにワーッと泣き出して  そうな若者という念の入った  そうにさらりといった  ぞうっとし  そうに黄色い電燈の笠へ目をやっているばかりだった  そうだが幕府の姫が有馬家に嫁せられて  そうだと注意された  そうなものだといって  そうな者だけを教官に残し  そうな風をしていた  そうで痛いから罪人は白状する  そうだろうと同意を強いる  そうな眼で笑っていた  そうに向うへ遠のきました  そうな笑顔をしている  そうな顔もしませんでした  そうな小屋に近づけば  そうに吠えたりするが  そうな足で踏む  そうといたしました  そうに臥て往来を見ている  そうな犬の長吠えが聞えた  そうにうなずきました  そうに中腰になりかけたが  そうになったので慌てて坐り直した  そうにしくしく泣いています  そうにおいおい泣いておりました  そうに御云いになりました  そうにあたっていました  そうな藤色をして  そうに小さな灯が一つ明滅していた  そうに息をつきながら言った  そうな示威をしたりしている  そうで困ったわ  そうだなと感じ出したら  そうに思ってしまった  そうだという考えを振いおと  そうになりながらも見た  そうな有りふれた  そうだと思って買って来た  そうな顔で目をしょぼしょぼさせている  そうに眼をしょぼつかせていた  そうな商売を考えた  そうなのもあるし  そうにしていらっしたの  そうに何か叫びながら  そうに緊張していた  そうに青黒く見える  そうになって過ぎる  そうに身ぶるいしながら  そうな一つをヒネクり廻すと  そうなのを選んで  そうな顔で立去った  そうで隠れ療治を試みている  そうに話し合いながら  そうかと思って見ていますと  そうな声で盲人はそう言うと  そうに身をもがいて  そうな湯気がたっています  そうに廊下を急歩で行く  そうに覗いて  そうににッこり  そうに息を吐いた  そうに上草履を引き  そうに西宮を見た  そうに入ッて来た  そうに体を揺すぶりながら  そうに歩き出した  そうに懐手をしている  そうに遊んでもいられないと  そうに目玉をクリクリさせて  そうな籔の中を覗き込む  そうな笑いを見せる  そうに思われるかも知れないが  そうに飲みはじめた  そうな極楽世界を眺める  そうな心地がする  そうな朝を代表する  そうにもない地方的なものではあるが  そうな大人に対してはあまり向かってこないが  そうかも知れないし  そうな元気な近頃のモデルを眺めています  そうなものに思われる  そうに兵馬の後ろ姿を見てはいるが  そうなものだと思えないでも  そうな子守女を発見すると  そうな思出し  そうな男でも通りかかって  そうなところへ置き  そうとして鈍重な身を起しかけた  そうに辻ビラを打ちながめて  そうな用意のほどを見ると  そうな表情をしました  そうな気振もある  そうもない姿をついそこへかくした  そうな場所を物色し  そうで何となく小学校の門がくぐり  そうに抱えているので  そうな空の色がおなおさんの小さい胸をいよいよ暗くした  そうな声がいつまでも耳に残っていて  そうな茅屋根が夕闇にぼやけ  そうに幸福らしく思われた  そうにしてしまいました  そうにしなった  そうな詩が出来  そうなかおをしてのった  そうに壁をにらんだり  そうなはずんだ  そうな調子にとんがり  そうな気持と何となくものぐさいようなものたりない様な気持がのどの一っかたまりの  そうなソフトを一寸のっけて  そうのある  そうに一っ  そうでさわる  そうな目つきをして  そうでもあるけれ  そうな様子の女だとこないだっから思ってる  そうだなんて云ってたほどだから  そうな人は沢山居るに  そうにあさって居る  そうに往来し  そうかも知れないけれど  そうな人間を考えてみた  そうにないている  そう美しい女神がお生まれになりました  そうな近眼鏡をかけて  そうな心持ちになる  そうな姿態をつくった  そうに書きつけながら  そうにわらいながら  そうに両手を眼にあてて  そうにしましたが思いかえして  そうに談しているし  そうに星めぐりの  そうにひとり口笛を吹き  そうに立ってわらいました  そうにわらって  そうな天をも焦がし  そうになったわ  そうでその顔いろも  そうに眼を大きくしても  そうに喫いだした  そうに顔を見交していた  そうな空想があとからあとから涌いて来る  そうにすくいながら云った  そうだぞと思った  そうにすっかり胸をはだけた  そうに顔を伏せていた  そうに二人が靴を脱ごうとしている  そうも言った  そうに逆に取った  そうもなかったイヤなおばさんのことを思う  そうにしていますから  そうな冬籠りの  そうなところは見えない  そうな微笑がグラフィーラの口元に漂った  そうもないことではありますが  そうに呼吸してから  そうな顔をしましたが  そうに眼をこすっていた  そうにはなししていました  そうに眼を大きくして  そうな心もちがした  そうにビールを飲んだ  そうに笑って飲んでしまった  そうになるほどの  そうな薄笑いをゆがめて  そうに目を輝かして  そうんなった  そうに身体を竦めた  そうに椅子の中に縮み込んだ  そうな方向へ歩いていると  そうにぶつ  そうな箇所へその杉の丸太を逆にしてあてがった  そうにゆく  そうに手に覗いて  そうな大声でロシア的雄弁を爆発させる  そうに赤坊の繕い  そうに髭のある  そうやって叫んでいる  そうなところまで高まって来ている  そうな違いはあるが  そうに星が光って  そうにかすれた  そうな怖れを感じて  そうもない復一親子三人をともかく養って来た  そうな期待は薄くなった  そうな力を孕んだ  そうな予感が彼を警戒さした  そうな声をしながら  そうな目をこすって  そうな家の付近では繰り返し  そうだという噂があった  そうな子ってありゃしません  そうにして立たずに  そうな噂がある  そうなと云う  そうだという噂がある  そうな気がして出かける  そうなおろおろ声も混った  そうな地味な着物を着て  そうに身を乗り出して  そうな鳴き声を聞くと  そうな呼吸をして  そうに小声で言い  そうに食べはじめました  そうに虫をさがしている  そうになきました  そうとはしなかったが  そうな身ぶりで私の腕をつかみながら  そうに首をすっ込めていた  そうに髱がそそけ立っていた  そうに花弁を顫わせていた  そうに身を動かした  そうにちんまりとかしこまり  そうにかん酒の入れ物をとって  そうな声でうなっていた  そうに壁から飛びはなれて  そうに見ておりました  そうに話しておりましたが  そうな顔をして立っておりました  そうに燈っておりました  そうな凸額が黙々としていた  そうに考えられてきた  そうに夜着の襟から顔を出して  そうもない気がした  そうに引きずって  そうに口を噤んでいた  そうな心地がした  そうに蒲焼をしゃぶっていた  そうな若々しさがあった  そうにあちらこちら往き来してる  そうに思えなかった  そうな頭を少し傾げながら  そうな寒い夜を帰ってゆく  そうな古雑誌を四五冊乗せていた  そうな櫛やかんざしの  そうにとぼとぼと出て来た  そうに掃いていた  そうに催促した  そうに半七の方をじろりと睨んだ  そうにやっていた  そうに押し合っていた  そうにはいって来た  そうに渡ってゆく  そうに牙を噛み噛み  そうにお辞儀をしました  そうに空を見あげた  そうという条件まで付けて来た  そうな筈はありませんし  そうに覗いていた  そうと思って  そうもない嶮しい  そうに拡げていた  そうな柿の実を盗もうが  そうもない佐兵衛を介抱しながら  そうに店へ運んでいた  そうに通った  そうにぶらぶら振ってみせた  そうな顔を見せた  そうな武士や女に化けて来て  そうに吊ってあった  そうなお蝶の決心に動かされたらしく  そうな事情を察して  そうな池が水色に染められてあった  そうに見えていても  そうに細い眉を寄せた  そうな眼をして睨みつけているので  そうな暗い寒い影に掩われているので  そうに咬り付いた  そうに嗅いでいた  そうにぼたぼた落ちている  そうに思われてならなかった  そうに透かして視た  そうに薬鑵の下を渋団扇であおいでいた  そうもないと思ったので  そうな蔓をみると  そうな顔をして訊いた  そうに引っかけている  そうにありませんから  そうな背をなでていた  そうに大きくなると  そうな声がきこえた  そうに啖っているあり  そうな顔もしていなかった  そうな草鞋の音が路地の外へだんだんに遠くなった  そうにえへん  そうにも見えたので  そうな異名も彼女に取っては  そうに利兵衛を睨んでいる  そうに胸を抱く  そうな声をだして  そうにきいていた  そうな薄暗い雲が彼の頭の上にひろがって来た  そうな食い  そうに見えても  そうな秘密を聞き出したい  そうに家の中をいつまでも覗いている  そうにも思われたので  そうなものを持っていなかったが  そうな顔を三河町へ持って来た  そうに頭を掻いた  そうもないと思って  そうな鴉の影が御堀の松の上に迷っていた  そうなものならば富さんも承知してくれるかも知れないから  そうなものに見えた  そうな近距離に見えてきた  そうな狡智ではある  そうなことではあります  そうに垂簾をあげて見ると  そうなものは見付からなかった  そうもありませんよ  そうなところを廻ってあるいたが  そうなものだと思いながら  そうにもないように思われた  そうもない家だということが判りました  そうな物を手あたり次第にぬすみ取り  そうとして菓子や餅の毒にあたって死んだ  そうな仏具を背負い出すという  そうもないと諦めて  そうな犬が飼ってあるという  そうな気持をひったてて  そうな顔をするなよ  そうなヘルメット帽をかぶって  そうな息を肩でついた  そうな顔をしたものの  そうな新しい帝国海軍の行動がはじまるかもしれない  そうな胸をおさえてむせび泣いた  そうに笑いあった  そうにぎろりと眼玉をうごかしては  そうにのむ  そうに眼を天井につりあげる  そうに西條の方を見れば  そうに悲鳴をあげると  そうな蕎麦がいっぱい入っている  そうに歩きまわりながら  そうににらみつけている  そうな怪しい響をたてていた  そうな気がしてなりません  そうな扉の両方に気をとられて  そうな顔が見えた  そうともしなかった  そうな一種の匂いが彼の鼻にしみた  そうに式部を見かえると  そうなのを知って  そうに提げていました  そうにも見えないので  そうな処を読んでみると  そうに髭神主が醤油の海の中にウームと伸びてしまった  そうに眼を細くして  そうな殺気に打たれたらしい  そうな身構えをした  そうにないノッソリした  ソウいう自分の方が弱かったのかも知れんて  そうにし  そうに人のかげに隠れる  そうに薄暗い空をみあげていると  そうだ鰹一尾を食って  そうに働いていた  そうな奴がある  そうにしまい始めた  そうに竦んでいた  そうに行き違っている  そうに震えていた  そうに激しく打ち合った  そうな雁の声も何処かできこえた  そうな心あたりはたくさんあるかも知れない  そうにかかえている  そうにもみえた  そうな気もしますが  そうなと謂って  そうに私は思う  そうだろうと鑑定していました  そうにいつも唸った  そうに茶碗ほどの目の玉を赫かせながら  そうにかかえて来て  そうかも知れないと答えよう  そうな白地の浴衣をきて  そうに説明していたが  そうなこともありませんよ  そうな材料を含んでいなかった  そうなことを云って  そうにのぞき込む  そうな時刻になっていた  そうに垂れて  そうに抱えている  そうに抱えて帰って来た  そうに睨んでいた  そうな両頬をいとど膨脹らして  そうで恨めしそうで耻かし  そうな心地がせられた  そうなもののさて居られぬ  そうに人のそわつくを見るに付け聞くに付け  そうに書物を擲却して  そうな婦人も出た  そうな毛臑暴出しの政治家も出た  そうにお勢が笑い出した  そうな顔色をした  そうに奥の間の方を睨詰めた  そうな顔もしなか  そうに冷笑ッたかと思うと  そうに跡を目送ッて文三は暫らく立在でいたが  そうに冷笑いながら  そうに昇の馬鹿笑いをする  そうな口付をする  そうな面相をして  そうにジッとお勢の澄ました  そうに凝視めていたが  そうな口付をした  そうに叔母の顔を視詰めるばかり  そうにお勢の真面目くさッた顔を眺めて  そうに分疏をいう  そうに挿頭で髪を掻きながら  そうにすれば  そうに冷笑ッてみせるが  そうなもいつしか失せて  そうに目送る  そうに雑談などしている  そうともせず  そうな工夫を付ける  そうなのも見当らず  そうな眼元でじろり文三の顔を掠めながら  そうに打連れて出て行った  そうな大木が往来の上まで枝や葉を繁らせて  そうもないのは誰にも想像されるであろう  そうな顔をしていながら  そうに罵った  そうな品も見付かりませんでした  そうにかがやきます  そうに話している  そうにも見えねえが  そうにも思われる  そうな物はありません  そうに云っていました  そうに立上って  そうに空をみあげた  そうに考えた  そうに女と男を見くらべた  そうに町の中を歩いている  そうにも思われねえから  そうに顔をしかめた  そうなときいた  そうに馬乗りになって  そうもなかったからグラウンドを一人で散歩して来た  そうに感ぜられた  そうな暗い空合になった  そうな錯覚を起した  そうに咳を喘いている  そうな気勢に見えたからだった  そうもない憎悪やら複雑な感を催した  そうな気配がする  そうな針目博士が肩をゆすぶって歩いている  そうにまがった  そうに目をかがやかして  そうに肩で息をしていたが  そうな声で押しとどめた  そうでなかなかまとまらないので  そうに口をあいて  そうなものだと云う  そうにさらしてあった  そうにきこえるが  そうなことを云っていましたが  そうに見てあるいた  そうな西北の風が身にしみた  そうな場合にしたかった  そうに咳き込みました  そうに肩で息をしている  そうに呼びながら  そうだと思いましたが  そうに仰ぎながら  そうにほほえんだ  そうな財布をかかえながら  そうに霞んで見えて  そうなのがある  そうに坐っているから  そうに思われぬ  そうで危かしい  そうな気がしますがね  そうに彳っていらっしゃる  そうも知れません  そうに思いますが  そうだと思って居りましたが  そうに帰っていきました  そうに積りかかっていた  そうな道を横切って  そうな寒い風が吹きぬけて行った  そうなものを買って来た  そうな奴だと思われた  そうなものを買って持って行っている  そうに持ち上げて  そうな声で何か欠点を見つけてどなりつけた  そうに吐息をついた  そうな兇状持ちになりました  そうであらふだが  そうな顔つきをしていました  そうなものだと思うが  そうにして歩いていた  そうな家はひたに  そうな子供の大きな眼で見上げた  そうな声でそう云う  そうにもなって来たので  そうな白髪まじりの  そうに報告する  そうな噂もきこえた  そうもない事を信ずる  そうに瞬いて  そうに口を開いた  そうに縦に振った  そうな雲が低く垂れこめ  そうにすりよってきます  そうに眼をつぶりました  そうにあるきまわっていました  そうにあるいていきました  そうな眼になりますと  そうな男で眼がするどくひかっていました  そうな男が四人のっていました  そうに思われても  そうに出て来た  そうな顔をみせた  そうに坐ってござる  そうにバラ緒の下駄を突っかけて  そうな武将の面影ではある  そうにこちらをながめ  そうで言いませんでした  そうにもないに湯治だと言っている  そうなのをひっ  そうに横を向いて  そうに老石工はその絵像をとって  そうに連れられて行く  そうにその弁当を食べはじめた  そうに微笑みました  そうな目付きで答えました  そうに一郎や太郎の話を聞きとりました  そうに傾きかかっていた  そうに眺めながら  そうな所をさがして  そうに泣き入ったかと思うと  そうに鰭をうごかしながら  そうなそこの婆さんは酔狂の癖があると思われて  そうな眼をむいて  そうなことをいったり  そうな気持になりかけながら  そうに私を慰めてくれて  そうに湿っている  そうもない額の金を請求して来て  そうな足元で庭を一順廻ると  そうな類型のどれかにその材料をはめ込んでしまう  そうな論文でも発表しようとする  そうな家へ着けた  そうな気の可い  そうで遣  そうに香を嗅ぐ  そうに胸を圧えた  そうに衝と飲んだ  そうにまた手を支く  そうに思いました  そうで危くってならないからね  そうな寒い風がひ  そうに思われるからね  そうに唸り声をあげたので  そうにうなずいたが  そうな陽気になった  そうに煙管をはたいて立ちあがると  そうなことを云ったが  そうに顔をしかめていた  そうな女も三人あるが  そうな男も三人ある  そうに手をたたくと  そうとしたので  そうに背負っている  そうな人は思い出せないから  そうな家へ無心に押しかけて  そうな色を見せず  そうな微笑をうかべながら  そうなことすらひとつ言えない  そうな顔をするばかりで  そうに息をきった  そうに久我を見ながら  そうに鍵をひきだして  そうなカーテンをひくと  そうに舌打ちをすると  そうないい廻しのなかに感じられる  そうに笑うと  そうに涙を流した  そうに帽子を握りしめて  そうなものじゃないかと聞き返して見た  そうな上品なのがあった  そうに指の先へ乗せていらっしゃるからよ  そうに撫で廻した  そうに洋服を脱ぎ  そうな顔をすると  そうな外套を着て  そうな声が聞えたので  そうに熱いと答えた  そうに言訳を半分して  そうに風に吹かれる  そうな苔がいくらでも生えた  そうに眼を輝かした  そうですと云って  そうなものだと信じていた  そうに眼の前を往ったり来たりする  そうな風致を添えた  そうなものがかかっていた  そうに有りません  そうに垂れています  そうに娘っ子と話しいしながら  そうなものですけれども適度に飲めば  そうですから私は使った  そうな低いところを舞い  そうな響きを立てて  そうな便々とした  そうな足音が聞える  そうに我腹を撫で  そうなものを遣って  そうですが新豆の乾した  そうかもしれないわね  そうに頭をふり  そうな物を選んでは  そうに歩いて  そうなじゃあろが  そうに立った  そうににっこりした  そうにゆっくり呟いた  そうで消えない  そうに感じられなかった  そうに感じた  そうな子供っぽい眼つきをして  そうに答えている  そうに入る  そうなことにかかわるまいとする  そうな並木のある  そうな笑顔になって  そうだという噂が前部からつたわって来た  そうに小コップをとりあげ  そうもないことを苦にした  そうだと考えていると  そうも言われぬかと思う  そうとはせず  そうな状態で流れつつあるのに  そうな姉に向って  そう云う人でもそのより自由な存在と私の云う  そうに見えたからであるに  そうには見えないから  そうだから僕は実にヒヤヒヤするよ  そうと存じますから  そうですからかえって考えない  そうですが西は濃州三州江州辺から沢山参ります  そうですから今度あの辺へ遊びにい  そうですから自然とそういう区別が出来る  そうで馬に新米を食べさせると  そうですが蛇の肉は味噌へ漬けてから  そうですから手製のカステラよりも味が重くって胸に持ちます  そうな景物を漫然と三十一字の形に表しただけで  そうな老女の凛とした  そうな鋭い眼を光らせている  そうに沈んで聞えた  そうな青い火がちろちろと揺れると共に  そうにさげ  そうに聞いてはくれるでしょうが  そうに思われましたよ  そうに喫んでいました  そうに血が澄んで  そうで極りが悪くなったくらいで  そうな面を出して  そうな眼付きもせず  そうな女学生や中学生をつかまえて  そうな表情を唇に見せながら  そうに首筋まで赧くなった  そうに前方を睨みつけながら  そうな顔なぞ見せず  そうにその樹にのぼろうとしました  そうに縁先に小さくして  そうな顔をしているから  そうに移していた  そうに飲んで寝る  そうにいたして申さずにおりますのでございます  そうな無気味さを感じた  そうにあちらの帳簿を開いたり  そうに頭とパイプとを一しょに振りながら  そうなところまで無理してふかしている  そうなれば吾もまた例によって足を其方へ運ぶ  そうにあえぎあえぎ言う  そうな声によって見ると  そうなのをつかまえて  そうに頬を押え  そうなことだと思いました  そうなおせいの肉体を痛快らしくながめて  そうな眠りを眠りはじめました  そうな頭をふった  そうな顔で紙入をだした  そうな顔で紳士をにらみつけた  そうに浮かんでいる  そうに身を後に引く  そうなのをこらえて  そうに思われてくる  そうに舌うちをした  そうな気配を示した  そうな苦痛を感じたという  そうもなくなった  そうに思われぬのみか  そうな名を持つ  そうな地にあって  そうなものだからそう呼んだ  そうな土地に咲く  そうにして避けている  そうな咳払いを二つ三つやってから  そうな感じが加わった  そうに喫っていたが  そうな光を放って輝いていた  そうかも知れませぬ  そうにいばっている  そうに不安な雰囲気をかきたててきたが  そうにしてい  そうに溜息をしていらっしゃるわ  そうだからぜひにと嘆願するので  そうに話しながら  そうな顔を見合わせた  そうに靴を履いた  そうな顔はする  そうな雪の上を選びながら渡っていった  そうに立ち停って眺めていた  そうに口を出した  そうな様子を見てとって  そうに兄を見上げた  そうな人を選べ  そうな苦痛から脱れる  そうに頭を抱えた  そうもないように思われた  そうもないというだけの  そうな形跡は見えるが  そうに歌っていると  そうだと言った  そうになると啼く  そうなお寺の名を取添えて  そうだからここには割愛する  そうだというだけで  そうに家普請の歌の声が聞えるが  そうなことを話し合っている  そうな無毒の鼠が落ちていても  そうに下りて来て  そうな声は聴かない  そうな婆さんが一人でいるから  そうな語を比較して見ると  そうなもやがかなり下りて  そうな羽織を着た  そうな葡萄の房の大きいのをいっぱい入れて  そうに顔いっぱい笑いながら  そうですねといった  そうな諸根本テーゼと共産主義との関係は殆んど説明されていないから  そうだという噂まで製造された  そうな改革案には必ず愚劣な故障が伴う  そうだと云ったが  そうな虐待児童がいたら  そうだということになった  そうだと仮定している  そうだからそう云う  そうな特異性によって普通の人間から区別されている  そうなものや国民や列国を惑わせる  そうであればこそああ云った  そうだが併し  そうな破  そうな動きが判っ  そうでその代償としてかどうか知らないが  そうだと見られている  そうなハッとした  そうに肩で呼吸している  そうに仰  そうもないと思ったからでございましょう  そうに小躍りして  そうに御眼を御伏せになった  そうに申しながら  そうな不吉な気がする  そうな声でおめきました  そうに面を塗って居る  そうに立てかけてある  そうな低き冠木門の右には若い柳が少し芽をふきかけて居る  そうなという事が町に並んでいる  そうにもじもじしていた  そうにしなかった  そうな素振でしたが  そうに声をひそめて申しました  そうなようすをみて  そうして凍結の運命を免れようとしている  そうしてばく大の熱量を使用する  そうして次第に零に近よるであろう  そうながいこつ  そうもありませんし  そうな細い手を黙って出す  そうに構えながら  そうに店先をウロウロしている  そうに尋ねた  そうに向うへ行ってしまった  そうな口調でポツリポツリと話しだした  そうに言うた  そうがすぜ  そうに身体を叩いていた  そうな様子をしてしまった  そうな木戸が半ば開かれた  そうもない私がそんな小説の真似なんかしよう  そうなくらいに撓いながら  そうに身もだえさせている  そうもない枝をしきりに手ぐろうとしては失敗している  そうな足つきでついて行った  そうに振り向いた  そうな眼つきで青空を見上げた  そうな視線を注ぎながら  そうに担いながら  そうだったがもう忘れてしまったらしかった  そうに押し上げてくるらしい  そうもないなと思った  そうな視線をさまよわせていたが  そうな足つきで昇ってゆく  そうにその眼を半分閉ざしている  そうな場所を教えた  そうに思えたほどだった  そうもないと考え出していた  そうに沈黙した  そうに任せた  そうな顔を持ち上げながら  そうにあっちこっち飛び歩いているのに  そうに荷車を引いてくる  そうに顔をしかめながら振り向いて見ると  そうな長い仕事に向わなければなりません  そうな冷え冷えした  そうな暗い空に五位鷺が叫んでとおりすぎる  そうに立上る  そうに窄められ  そうに無理強いに食事をつづけようとした  そうとして泣いている  そうな人がありますから  そうだ起り  そうな事だと思うて  そうに直感されたからでもあったろう  そうにダラリと開いている  そうに思われて迂  そうに朝霧の中をこの家の前までくると  そうに三吉は言い放った  そうに言ってのけた  ぞうを作った  そうな空模様を時折大通りの小間物問屋金座屋の物乾しの  そうに凝視めていた  そうに立って眺め出す  そうに召し上がっていらっしゃる  そうな気もするので  そうも無い事をつい口走って  そうに笑っておっしゃった  そうにしていらした  そうな眼つきをなさった  そうにおっしゃった  そうなお顔をして  そうな顔をして下さった  そうに微笑んでいらして  そうな泣きべその顔をしていた  そうに微笑んでいらっしゃるだけで  そうな笑顔を見たいばかりに  そうにお笑いになって  そうもありませんので  そうだろうと軽く肯定して澄ましていた  そうにお話をしていたでしょう  そうな眼つきをなさって呟き  そうな表情で打診なさりながら  そうにお笑いになった  そうに言い  そうなお顔をなさって  そうに片手をお口に当てられて  そうに横坐りに坐って  そうな事を言っていますけれども  そうもない宿命の姿だけが家々の内部からえぐり出した  そうにかれはつぶやいた  そうにこんどは遠慮もなく菫をへし折って  そうに勘次が言った  そうに帽子をかぶっていたが  そうで開けない  そうなお前さんへお引合せ下すったは  そうに眸をあげて微笑みかけながら黙っていた  そうなことをいった  そうに多勢の往来している  そうに売場の番頭の前に安物の下着のようなめ  そうだと思っていても  そうに天を見上げながら  そうなものだと思って待ちあぐんでいたが  そうに見てにやりにやり笑っていた  そうにぐずぐずしている  そうに思えない  そうな寒い風が吹き出しました  そうに腹掛けを探って  そうなことだと藤吉は思った  そうにそう言って  そうなものだと私は存じます  そうな女になっているかと存じます  そうな青い草でもあったら  そうににやにやしていた  そうもない剃刀を当てながら  そうな見当さえつかないばかりか  そうに口の中で呟いた  そうに笑い崩れていた  そうに幾度もおじぎをしたなり  そうに片手を振りながら  そうに伝二郎は微笑した  ぞうを極め込んで  そうに額の汗を拭いながら  そうに彼女の顔を眺めている  そうに雨戸の根にぶつかる  そうなのを丹念に解いて  そうに見廻したが  そうに無念気に黙っていると云ってくれ  そうに妙な人は尋ねたが  そうに叫んでいる  そうに杉右衛門が声をかけた  そうな顔で笑っている  そうに担いでいる  そうに橇の上へズシリと置いたが続いて  そうに云ってるぜ  そうに喘ぎ出した  そうに吠える  そうに立ち上がり窓の戸を引き開けた  そうに立ち上がると  そうに岩太郎は四辺を見廻した  そうに紋兵衛は訊く  そうに頼正は訊く  そうして中頃忘れ去られた  そうに刀を見た  そうに嘗める  そうに尻尾を振った  そうに吠え立てた  そうな声で唸り出した  そうに腹でいきをしていました  そうに一つところを見つめていたりします  そうに懐手をした  そうに装って  そうにかきのけながら  そうにこう言い切ると  そうに啼いた  そうじゃあごわせんか  そうに貧乏揺ぎをしながら  そうな気はいだった  そうに反ったが  そうとしても出ない  そうな顔で二階へ上って来た  そうにはずした  そうに汗でしとどになった  そうな気勢を見せた  そうに堅く握って  そうな激しい寒い風が雪に閉ざされた  そうに目をむいて  そうにあたりを見回して見る  そうな目を時々上げて  そうな顔は出来なかった  そうな景色を見ていましたが  そうな息をついた  そうに見送っていますと  そうな顔つきをしました  そうに空に光っていました  そうな怖れに  そうにはみゆれど  そうがって商買の手伝いをさしたり  そうかもしれないが  そうな胸を抑えながら  そうだという気はするが  そうにそれを味わいました  そうなおとりを物色し  そうでげす  そうにお嬢さんと二人でばっかり食べてしまう  そうにお饅頭を食べていました  そうで切れやせぬやれ  そうな表情を見せた  そうとしますと  そうなふうを装い  そうな様子をしてる  そうなまた厳かな様子をしていた  そうとしてるかと思われる  そうな妙な名前をもってる  そうなので首を肩に引っこめながら  そうにないような気がし  そうに顔を起すと  そうに呑んだら  そうに呑んでいる  そうに襖の奥へかくれ  そうに平七の顔を見あげると  そうにお雪は顔を伏せた  そうに見えると  そうにそれを見ていた  そうでならないが  そうに側に腰かけた  そうに胸を抱いた  そうにして止めた  そうな顔付をしていた  そうもない運命を感じた  そうに立ち止っていた  そうに歩いて行ったりしていた  そうなポーズをとって  そうに打っておられた  そうな目付をして  そうに水くぐる  そうな楽しい道をとっている  そうな事に気がついて来た  そうな気おくれがする  そうにないのを見て  そうなのが半身を躍りあがる  そうにおもわれる  そうな顔を顫わす  そうなその籠舁の左の眼も潰れていた  そうな地の底からでも聴えて来る  そうな地の底から聞えて来る  そうに庇から吊されて  そうな事だと考えた  そうなのは大抵立て切ってある  そうに煽る  そうな太棹かとも思う  そうに写っている  そうな口をして云う  そうとは考えていなかった  そうにそれへ目をやっていたが  そうなのに気づき  そうな様子をなすって  そうもないとあきらめ  そうなものがそんな店のがらくたの中にころがっていはすまいかという  そうに思い浮かべながら  そうに悶えている  そうになるほどだ  そうな気がしたり  そうな空合いでしたが  そうにして示した  そうにうずくまりながら  そうな鞄を背負った  そうな草原のほうへちょいとはいっていって見た  そうに見ながら  そうでまだ思い出せずにいる  そうなことをふいと感じた  そうに運んでいる  そうで思い出せずにいた  そうなあんばいにも見える  そうに見やっていた  そうもないように見えていた  そうな気になっている  そうな傾斜のはい松の中に腰を下ろした  そうな湯の宿のあかりが見えた  そうに眼を動かしながらたずねました  そうな稲の香りが強烈に匂ってきて  そうな場所を考えて  そうに言いかける  そうだと考えている  そうな船内の一角から起りました  そうな様子もありません  そうれつらつらおもんみれば  そうでいて燃えず  そうな物語を拵えて  そうな形勢がある  そうに仰向いた  そうに傾いたが  そうに喚いた  そうに悶きますわの  そうな古びよう  そうな処だけで切上げたが  そうに開いてしまう  そうで不安に堪えぬ  そうなひとが隣りに入ったので  そうな笑顔を見せた  そうな容をして  そうでなかなか思い出せなかった  そうな元気な勢で張り上げた  そうに訊ねた  そうに悲鳴を上げながら  そうに私を見上げる  そうに蒲団の中に足をのばして  そうに首を振った  そうな空を眺めた  そうなのをやっとこらえた  そうに泣き声をしぼった  そうに静かにゆらいでいた  そうに目を逸らした  そうに質ねた  そうに私の手を引きずって行く  そうに窺った  そうに帰って行った  そうなので承知しかねた  そうな皺が寄っていた  そうに肩の肩掛を合した  そうにじっと見かわしつづけた  そうな果物が頭の上にぶらさがってる  そうに眼を輝かしながら  そうもないことがいよいよ確かになると  そうに聴いていた  そうに室に閉じこもって  そうな畑中を歩いて行った  そうな顔をむき出しにみせた  そうにしたんで  そうなんでしてね  そうに眼を上げて  そうな表情で立ち上り  そうに叫びながら  そうに思われるくらい  そうにまたたいているだけであった  そうに彼女はそこらの食べ  そうな菓子を一種ずつ取って食べた  そうにまでもだえ狂った  そうに青くなった  そうな心臓に苦しみながら  そうで気になってならない  そうに悲しくまたたいていた  そうにブリッジから見えた  そうな気にまでなりながら  そうな苦痛をなめている  そうなところにいない  そうな目つきで船長を見据えていた  そうに鳴き出す  そうにこくっと一つ息をして  そうにブドリの顔を見て  そうにティッペラリイの口笛を吹きはじめた  そうな中に立って  そうにまた鳴きました  そうにしっぽを振って  そうに薄い三日月がきらきらと光って見えていました  そうなさわぎをしているよ  そうに大きな長持を担いで来て  そうな噴び声が絶えまなく続いていたが  そうにお礼を述べた  そうなのをもぎって  そうな顔をしておりましたが  そうな丸い大きい穴がポッカリと明いている  そうな呼吸をしていました  そうな邸じゃという気がしていた  そうに身体を起しました  そうな様子に見えました  そうにあたりを振り  そうなので安心はしていたが  そうな錦手の大丼鉢に山の如く柿を盛て来た  そうに照してある  そうな人物評価を得ていた  そうに力を入れて  そうにキョロキョロあたりを見まわしておりましたが  そうにニコニコしておりましたが  そうに肥大した  そうに様子をうかがっては  そうな間違いをして  そうな雲を隔てて  そうに支えて  そうがありませんでしたから  そうなちょっと見  そうに彼女は叫んだ  そうな処をみつけて歩く  そうにその眼を輝かせている  そうな汚らわしい抱擁をする  そうに帰って行く  そうな身がまえをした  そうな希望があった  そうだがよく解らぬという  そうな日だといったとある  そうでといっていた  そうな場処を知って力めて  そうに店番をしていた  そうもない喧嘩早い子供たちを恐いとは思いつつも  そうに私は繰り返して言った  そうに嬉しそうにお鶴の話す  そうにおじぎをしました  そうにゆったりと舞っている  そうな気をさせる  そうに連吟して行く  そうであったという  そうな老婆が奥から出て来た  そうにみえるだけさ  そうな疑惑と不安とをかき消す  そうにみえたぞ  そうに箸を動かした  そうじやありませんか  そうな気がいたしますくらい  そうに打ち眺めた  そうに打ち沈んだ  そうに口を動かしかけたけれども  そうですが兼業には追剥と人殺しもやった  そうな上天気だというのに  そうでがすよ  そうに泣いた  そうな底光りをもっていた  そうにつっ立っていました  そうに思われましたが  そうな顔をみていますと  そうな質屋だなと思いやしたんで  そうに押えると  そうになってきたぞ  そうに背負って  そうなばりばりという音をたてた  そうに洗濯などしている  そうに立働いている  そうにも見えず  そうな色が父親の柔和な顔に漲る  そうに荷を担いで来る  そうな帽子をしかと押え  そうな白い雲が銅をみがいた  そうになったり見ていても  そうな図じゃござんせんか  そうに命じました  そうな妖相についそそのかされて  そうもなるまいから  そうな大寝棺によって運搬したといった  そうもねえことおっしゃいますな  そうなせせら笑いを残すと  そうにみえても  そうに歯ぎしりしたが  そうだなと思いやしたから  そうだったとみえて  そうに床の間から愛用のそれなる一式を持ち出して  そうなもんじゃござんせんか  そうな形勢となりましたが  そうに玄関前の萩に目をやった  そうに這いずっている  そうな顔で辺りを見廻した  そうな新画が掛かっているではないか  そうにきき返しました  そうもござんせんや  そうだなと思いましたので  そうに指した  そうにこっちの遭難ぶりを見物している  そうに見えましても  そうな事件でもが起きかかっているなら  そうではござりませぬか  そうなお湯がもうもうと湯気をたてながら流れていた  そうに歯ぎしりをかみました  そうな町筋を早く見つけておく  そうに用いていた  そうにぶるぶると震わしていた  そうに見つめていましたが  そうに右門主従を見つめていましたが  そうなその目をしっかりあけて  そうな目をして  そうじゃござんせんか  そうに面を振り向けた  そうにひとりひとり手配した  そうなことをおっしゃいますか  そうをとっていけ  そうに伝六の鳴り太鼓を聞き流していた  そうにせせら笑いながら  ぞうさなく取りけ  そうに顔色を変えて  そうなのでおじゃります  そうになったんで  そうもござんせぬ  そうな鳶色をした  そうな少年が微温火の前で本を読んでいた  そうな興奮した  そうに這入って来る  そうな顔が見えなくなった  そうな場所を示していた  そうな湯気を部屋中に漲らして  そうに往来したり  そうもないように思ってましたがね  そうにきょろきょろ立っていなくとも  そうな巻き物になった  そうに着物を持て扱っていた  そうな微笑を湛えて  そうもなくひとり者をごひいきにしてくださるとかいう  そうだといってる  そうに相抱き合って  そうな奴が飛び出して取抑えてくれ  そうに力を抜いた  そうはさせません  そうなことをおっしゃいますけれど  そうにその池の面を見つめておりましたが  そうな唸り声があるばっかりです  そうな玉があると見込んでいる  そうでげして  そうな捨て  そうなところを求めていたが  そうにひろい読みした  そうでなりませんでした  そうな土の戸が見えました  そうに青焼き人形をながめては  そうな声でおこらなくとも  そうに眼を丸くして  そうもごわせんな  そうな笑いの皺を刻む  そうで気味がわりい  そうだという話をした  そうだと見てとったが  そうにうなずきあう  そうに唇をひきゆがめながら  ぞうっと背中が寒くなるほど  そうにほくそえみながら  そうな口をおききだが  そうな月暈が銀を燻した  そうによく話して聞かせた  そうな愚痴がまた始まった  そうに静まってしまった  そうな笑い声を聞いたりすると  そうなふうをして嘲っている  そうにながめていた  そうな様子をし  そうに足を早めながら  そうにしています  そうなことをおっしゃって  そうな顔をみると  そうなふろしき包みを一つ持って  そうであぶねえ  そうにちぢかんで  そうなもので折り詰めができるか  そうなほどにもあぶらぎって  そうにのけた  そうなことをいって  そうに子持ちすずりを抱いていったは  そうに幅物を取り出して  そうな名でござりまするな  そうに右門の顔を見ながめながら  そうな声が耳を制しました  そうに目をそらしました  そうにさし出しました  そうに首をすぼめた  そうにそろ  そうに裾短に着ていた  そうな声を出して泣きだす  そうな気配があると  そうな笑い声を発しましたが  そうな顔ツキでもありました  そうだと語った  そうな目で見ている  そうに取っては食べ  そう美しい織物を織るという  そうなど取あつめて  そうに煙草を喫みつつ  そうににっこりしました  ぞうされて  ぞうもつかんだろう  そうに余の顔を見て  そうな顔をして居る  そうな風を示して居た  そうに背後へ寄り掛って居る  そうな者だのに未だ来ない  そうな者だなと云って居ました  そうに起き上った  そうして壁の色の違う  そうにも見えぬから  そうな眉ひとつ見せた  そうに笑っているかの  そうにペッペッと唾液を吐きながら  そうと云った  そうな男の船客に各受持ちを定めて  そうに傾いた  そうな冷水に一時間半も漬かった  そうな寒い陰鬱な曇り  そうでそんなことはできないと  そうだからたべない  そうだからたべないと  そうならいつの間にか植物もかあい  そうなら植物を喰べたり殺したりする  そうなら生物みんな可哀そうになれ  そうだとかあんまりひどく考えない  そうだから喰べないなんという  そうに口をしましたが  そうに話をして  そうな所と四辺を見廻わしたが  そうな嘆息を洩し  そうな情けなさそうな声をきくと  そうにしたり  そうにまた寝床に這入った  そうな日の光りが  そうな人に言葉をかけた  そうな眼付をしていた  そうな者を択んだ  そうに階段を馳け降りて来る  そうな微笑を浮べて  そうな形勢が見える  そうな姿をして  そうなものを撰んでいると  そうについて居る  そうな彼の字体を眺めていた  そうにないと梶は思った  そうな孤独な恐怖が洩れていた  そうして選択する  そうに顔を真赤にして照れていたが  そうもない筋と材料を使って  そうにも思われるくらいであった  そうもないと思われる  そうとすればするほど  そうにおかし  そうに手にした  そうな緊った  そうで危っかしい  そうに塚に添い  そうに水際まで歩を移して  そうなものだと思われるが  そうに笑って死んで行く  そうになるといった  そうな顔をしているけれども  そうであるから実際客観的生理的に若干の差違がある  そうな無気味さを感じる  そうにはあはあとあえぐ  そうな袷の背中をてらして居る  そうに身をふるわせた  そうもないと思っていた  そうに首垂れている  そうに想える  そうに其処らを飛び廻って  そうな名前を勝手に付けた  そうな所を足掛りを刻んで  そうな所を探しに行った  そうなこの野天に天幕を張って  そうな足場の悪い急崖を絶えず横に搦まなければならないから  そうにザワザワと騒ぐが  そうにそわそわしている  そうにいろんなことを聞かしてくれた  そうなごちそうや酒の匂いが鼻についてきて  そうだなと助七に問えば  そうな鬚疎らに生い  そうにも見え  そうな事があり  そうな気がしますね  そうに太郎の顔を見上げていいました  そうですねと笑っている  そうな返事をした  そうですよと云う  そうな音をさせる  そうに往来する  そうな眼鏡を光らしていた  そうな見世を選っては  そうに豊三郎を見上げた  そうな気がして来たので  そうな眼付きを見ると  そうもない深い山奥にだれか住んでいるという  そうな声を立てましたが  そうに出した  そうな気持がして  そうな人々を物色した  そうだなどと云うほど  そうにボロボロこぼした  そうに浮足立って居る  そうに思って居たが  そうに痛んで来た  そうに瞬いて居る  そうについて来る  そうな家を聞きあわして  そうな顔はしなかった  そうにかけずりまわっていました  そうにさけんで  そうにひかって  そうなようすで  そうに辿る  そうな石垣やくずれ  そうに囈語を云ったり  そうな鮮明な輪廓を持っている  そうなその様子とにますます脅かされて  そうな人はいないだろうかと  そうときり出した  そうと熱中してる  そうな眼でそれをながめる  そうにしてる  そうに先方だって声が顫えていました  そうに点滅した  そうな顔で仏を睨みつけている  そうな人通りをわけて歩いていく  そうなといわれても  そうに天を仰いでいる  そうに見えたろう  そうに小さな声で笑った  そうに見つめていたが  そうに眼をパチパチさした  そうにふう  そうだろうとまぜ返すを  そうな者はおりませず  そうになって参ります  そうに湿を帯びた  そうな姿で歩行いて来た  そうに莞爾したが  そうな目につく  そうで気に懸ると  そうだった姉さんはどうしたの  そうに露を溢さぬ  そうな気がするよ  そうに頷いて聞く  そうに霽れわたった  そうに笑ったりして  そうに僕の顔を睨みつけました  そうに遊び廻っているのに  そうにどやどやと下に降りていってしまいました  そうに笑いかえしながら  そうに枝を垂れ  そうに大槻を睨ま  そうな眼つきをする  そうに打ち眺めては  そうに萎れている  そうに鳴り出した  そうにヒソヒソと語らいながら  そうに言うたが  そうに受け取って  そうに喘がせて  そうな世の状態を語った  そうに工事を急いでいる  そうな靴をはいていた  そうに何かを書いていた  そうに冷えたので  そうて歩く  そうなこっちゃと  そうさせたと言う  そうなものだと待っていたが  そうな表情を思うと  そうだといい出し  そうにたべながら  そうな家に立寄って休ませてもらうと  そうに寄り集まって来た  そうもないのを見て  そうにたわんでゆくので  そうに足駄をカタカタと小きざみにならした  そうにゆれる  そうなその男の顔を見ていた  そうでありながらそのまま静に落付いていた  そうに抱しめる  そうに膝に据えて  そうな人形じみた  そうな眼付をしながら  そうに震えている  そうに思われてなら  そうな声でこんな事を云って居た  そうなものを出して  そうな様になった  そうに揺れている  そうに立去って行った  そうなものに掻き立てられてゆく  そうな痩男がひらひらと紙幣を屋台に差出し  そうな形勢になって来たので  そうに吸っていた  そうにも思はれて  そうな若い男を頼んで  そうに身体を曲げて居りました  そうに口を曲げて  そうに洟をかんでいた  そうな恍惚とした  そうに知らず知らず  そうに照らしていた  そうでありまする  そうなのを襲ねて  そうに見えまして  そうにして控えているので  そうに申しました  そうにコバルト色の朝空にはじけた  そうとふと考えた  そうに見えるばかりで  そうになってくる  そうにひろげて診てもらうと  そうだがお前知ってるか  そうなものだとか厭味らしく抜かす  そうにないからもういわぬ  そうだから我々もそうしようという  そうに唇をぴくぴく痙攣させて呟いた  そうに口を尖らして  そうにそこらをあちこちしている  そうな仕掛になっている  そうだがそのときはどの種の言葉遣いを用いる  そうな啓蒙活動となると  そうなカテゴリーにすぎぬ  そうにもあった  そうなガラス窓に映っている  そうにやって来て  そうに両手を高く挙げました  そうだろうと思うが  そうにほおばり  そうに避けながら  そうなリュックをかついで  そうに受けながら  そうにうちながめ  そうな顔になり  そうな顔しと  そうもないように思われる  そうな顔をしていいました  そうに舌鼓をつづけ打った  そうにながめている  そうに肩さきの傷を見せ  そうな呼吸づかいをしました  そうなからだを少しずつ動かしていて  そうな声でそう言って  そうにしていたわ  そうに顔をしかめて  そうに押しわけながら  そうな気がしますよ  そうな筆をいましめながら  そうに訪れた  そうに足を運ぶ  そうに輝きながらとび散っている  そうな身じろぎをした  そうな話をしながらいく  そうなものだと思われない  そうなことではあるが  そうな姿をしていたが  そうな面をしてもがく  そうだと思えば  そうだとそう思ったりなんぞした  そうな剣幕をするから  そうだったのを救われた  そうでござんしてな  そうに肩をすぼめていたが  そうに私を見つめながら  そうな表情を見せて  そうにモリモリ食う  そうもないことを口走る  そうに見やっていった  そうとは考えなかった  そうに大きく呼吸をしていた  そうだろうと思って居た  そうな髪をうつむけながら  そうに担いで  そうだなどと自惚れていたが  そうな心持がする  そうに思うからだね  そうかどうかもまだ分らない  そうにしつらえてある  そうに母の方を見てから  そうな気色も見せなかった  そうも思った  そうにもぞもぞして  そうにけらけら悦びながら  そうに食べだす  そうな眼で男を見上げた  そうな眼つきでサモイレンコを見た  そうに息をつきながら  そうに息をし  そうにほほえんで  そうも無い程脳が疲れて居た  そうに待った  そうに小首を傾げて停って居た  そうにも思わせたが  そうな眼付でじっと見てくれた  そうな色を浮べて  そうな薄笑いをにッとうかべながら  そうに透き徹っては見えるけれど  そうに日向に背を向け  そうに両手で引っ抱えて来て  そうもない機械を盛んに使用する  そうに舌打をして  そうに黙している  そうに笑いさざめいている  そうな不安を感じた  そうな一銭が足りないばかりに  そうな思案に暮れている  そうな鼓動と一緒に近づいたり遠のいたりする  そうな近くまで来た  そうなぼろ格子が半分ほど隙いて見える  そうに喋り  そうな嬉しさを感じて擡げた  そうに思われなかった  そうな悲しさがあった  そうに停車場の方を見送っていた  そうな声で泣き叫びながらもがく  そうに頭を振って  そうに嘲笑う  そうにもろくなった  そうな勢で浮み上った  そうに鼓動する  そうだとわかってる  そうなのにびくびくして  そうもないと考えると  そうなのが恐ろしくなった  そうなことは言わない  そうに太って  そうに去った  そうに迎えてくれた  そうにゆっくり云った  そうな顔をなさいました  そうなことだと思います  そうで妙に気が引かれる  そうに並べしるした  そうな晩ひとり二階の窓に腰かけて  そうな夕立がいつまでも来ない  そうな目をしばたたいて呼ぶ  そうな妄想に導く  そうにことわった  そうになったくらいだった  そうなこっちゃ  そうな汗が流れている  そうにその上で足をバタバタやってる  そうな牛が幾種類となくたくさんにつながれていました  そうなのを気遣って  そうに後に残されている  そうでさえあった  そうな気配を見せた  そうな容態に陥っているという  そうな口走り  そうな香気はつけてある  そうに弥之助の傍へ寄って来て  そうなけしきは夢にも思われない  そうな御多聞にもれぬ  そうであって他府県へも輸出されるとの  そうな漱石や潤一郎にしても  そうになって来ている  そうなのを選って穿く  そうにもなくなっている  そうな顔はするが  そうに運んで  そうだと悟った  そうに細目をあけたが  そうに外しながら  そうに要介は云った  そうに覗き  そうという  そうに見詰めた  そうに払って  そうに膏薬を練った  そうな微笑を浮かべ  そうな言葉つきで云った  そうとしないではないか  そうに抱え  そうに云い出した  そうに莨を一喫みすると  そうな声で魘れる  そうに幾度か嘶いた  そうに決然と云った  そうにかぶさっている  そうな少女は私の旺盛な生命の気に触れたがっている  そうであるにしても  そうとしたりせられた  そうという企ての行われた  そうだと言うた  そうにふくれ上がっている  そうな気配がある  そうにお顔を見て  そうに言っていたが  そうに泣くので  そうにお思われになった  そうな遊びを催したり  そうな口つきをし  そうに出てゆきかけた  そうとしてるという  そうとしてるかの  そうなのを見てとった  そうにないかと思われた  そうなやさしい眼をした  そうもないのを悟った  そうな振りもせず  そうに封を切りに二本の指を持って行ったが  そうな連中を引っぱり出して  そうに書いて来る  そうに曲げて  そうな笹の上の霰などにたとえて  そうだと思うらしい  そうに紛らしてしまう  そうな女に同情は覚えながら  そうに吐息をしてから  そうにもなく戸じまりがされていますし  そうではないのを知って  そうな不安を覚えながら  そうなことを私は今から心配している  そうな顔をしているね  そうに構えた  そうに見えるので  そうな顔で笑っていた  そうにして祈る  そうな読経の声が絶え絶えに響いてくる  そうに岩へよりかかっている  そうな声も絶え絶え聞こえてくる  そうな点もあるので  そうに物を縫ったり  そうに抱いて降ろした  そうもない気がします  そうには見えないからである  そうだなどと中将は言って  そうもない様子に女房たちは悲観した  そうにまでなっていた  そうに雪が積もっていた  そうに自力で起き上がって  そうに何か小さい物に火を入れて  そうな子孫の末を心配しながら死んだ  そうなことを子に教えた  そうなことを語った  そうに服んで見せた  そうに煮えた  そうなくらいに見える  そうに頬張る  そうな新茄子を漬ける  そうもないと言う  そうなからだを隠そうとしている  そうな青い羽をながめるとも  そうにすわっていた  そうなものだと思って  そうにそれを髪から払いのけ  そうな気がすると  そうな不安がございますから上がりません  そうにめいった  そうでない時に若紫は頭を上げて見ると  そうにばかりして  そうに何か唄っている  そうにつづいている  そうに酔って騒いでいた  そうでお返辞もあそばさない  そうですから御訪問に行ってまいります  そうもならない  そうな御様子を拝見いたします  そうなところのよく出ている  そうにも近く鳴った  そうで目のあたりの赤くなっている  そうにすわっていて  そうに走りまわる  そうであるからと思召して  そうな人々は狂気にもなるほど  そうなことですから人には言わないでください  そうに賑かそうに見えるであろう  そうが射すまいが  そうなキョロリとした  そうに重右衛門の後姿を見送りながら  そうな顔つきで控えている  そうな象の腹の内側を桐油張りかなにかにして置いた  そうな所々を若君に読ます  そうなお顔をあそばして  そうに言ってましたから  そうにして舞い  そうに前のめりになって  そうには言って見るが  そうに短い手紙を幾つも書き出した  そうなのを見立てて  そうに慄えていた  そうな境遇にいる  そうな庭にもう折り目もなくなった  そうに源氏は笑った  そうなことを源氏は言う  そうな顔の色が美しく思われた  そうな顔で見上げながら  そうに足踏をしながら  そうな気もせず隠れている  そうなのに安心して  そうに不動の陀羅尼を読んで  そうとするだけで  そうだと人が申す  そうになさいまして  そうな感じがするでしょう  そうなことと思われますから  そうな空をながめて  そうだから御願いできぬ  そうに泳いでゆきました  そうな空になって来た  そうに心細いふうで父を見送っていた  そうなことだけを書いた  そうにゴクリゴクリと飲み干した  そうではありません  そうに真似てみせた  そうに観察した  そうだとだけ云っている  そうなことを主張していられる  そうな時に反省して  そうにばかりあなたがするから  そうな絵の話をしたり  そうな様子は瞭然とわかる  そうなことが決定しかねているという  そうに口をすこしあけた  そうにのぞきに来ている  そうな人々の腰に着けた  そうなものに着かえている  そうなものといえば  そうに見えるほど  そうな顔も見せない  そうにも思われて来た  そうなこと言ってたけれど  そうに薬を取り出し  そうに遊んでいました  そうな男に似合わず  そうに頭に手を上げて  そうな小家がやっと道ばたに並んだ  そうに莞爾笑い  そうにグイと飲む  そうに欄干に倚りかかっているので  そうにも思えるので  そうに呻き  そうであると観察していた  そうに脇息へよりかかっている  そうなふうで寝ていた  そうな苦しみが見えた  そうな夢の話も申し上げたかった  そうな様子に楽になって  そうにお言いになる  そうな表情をあそばして  そうで蓮の花が多く咲き  そうに思われますまいと  そうでいらっしゃるのに  そうに笑っておられる  そうに人々が出入りしていた  そうな声をたてる  そうもあきらめきれる  そうに手紙を読んで  そうでない乳房を与えて  そうな人たちだけを御弟子にされる  そうなところへ持ってって売る  そうな桝の中に小さく自分が座っていた  そうに圓太郎は舌打ちした  そうに圓朝は笑った  そうなものを買ってきては  そうに圓楽は口を尖らせた  そうな表情になりながら  そうにお絲が寄り添ってきた  そうだろうと私もうなずかれました  そうにあたりをながめていた  そうな古歌などの書かれてある  そうにはしゃいでいました  そうに死後のことを今から言う  そうな様子がおりおり  そうなものを自分の悲しみを嘲笑するにあたる  そうに小さくなって  そうに騒ぐんで  そうに伸上って  そうにつと寄って  そうにあたりを見まわしながら云いました  そうに飲んだが  そうなことを書いて  そうに虹を眺めながら  そうなお櫃をついと二人の方へ突き出した  そうでござりまするな  そうとしてみたかも知れないが  そうな色を見せる  そうな面をしない  そうで当らず  そうでひっかからず  そうに書く  そうに鳥肌になった  そうな姿であちこちと用に歩きまわった  そうに経巻を隠して  そうに走り回りおると  そうに伝えられているが  そうもない程素晴らしい繍がどっしりとしてありました  そうに活気づきました  そうに燦きます  そうに美しい絹糸を巻き始めました  そうに身構えをして  そうに大姫君の歎息をする  そうな音をたてている  そうなふうをお見せになったが  そうに涙ぐんで  そうも見えぬではないかと  そうなふうであるのを見て  そうに自身の口にのせてから  そうな表情で弁の尼は言った  そうに輝いていた  そうに針仕事をしていた  そうに外を見ていた  そうに大きく瞠る癖のある  そうなほど真面目な顔をしていた  そうにしているね  そうな位軋っている  そうに首をふった  そうに見ている  そうに声を立てて  そうに私の母の方を見上げ  そうに雲のたたずまいを眺めていた  そうに私に思わせていた  そうに皆を指図していた  そうに見かえして  そうな気がされてならなかった  そうにオルガンを弾いている  そうに手をあげ  そうな気がしたからです  そうに肩を落して  そうに念を押すと  そうな眼でほほ笑むと  そうな微笑を洩らして  そうに尋ねました  そうですから御持ちなさいましって云いました  そうに汗を拭いていましたが  そうにこう云いながら  そうに答えましたが  そうな危険に脅され始めました  そうにつけ加えると  そうにするじゃありませんか  そうに坐っていました  そうであると思い  そうに誤解を受ける  そうにばかり見える  そうにばかりいたしておりますから  そうな予感がさっきから自分にあって恐れていた  そうに薫は家に寝ていた  そうに沈黙している  そうな若い人らは皆新しく京へ移った  そうに予想される  そうにおりて来る  そうに下をながめて  そうにジーツと見ている  そうに朦朧と動き始めた  そうに頬を赭らめている  そうに眉を顰めていった  そうに湯女部屋を覗いてみた  そうに撫でてみた  そうにお杉に笑いながらいった  そうな言葉が瀟洒として並んでいるだけではないか  そうにもじもじしている  そうな危険を感じた  そうな黄包車を選んで  そうに彼女らは足踏みをしたり  そうな恰好でいらっしゃる  そうにひと様の部屋をじろじろ見なくったって  そうな阿片の丸を睨んでいた  そうな幻覚に襲われた  そうにまた茶を飲みながらいった  そうに降る  そうに阿片をひねっている  そうな奇怪な懸垂形の天蓋を描きながら  そうに窓を開けると  そうに辷っていった  そうに突き上げられて笑った  そうに山口を見上げていった  そうなことを必死になって  そうに為吉を見やった  そうな幻影に囚われる  そうな未知の友人が数多くい  そうに自信をもって  そうになって云った  そうとして待ちあぐんだ  そうな気持を感じました  そうに笑顔をして聞いていた  そうにまでなったから  そうな気がいたしましたよ  そうにおっしゃいますのね  そうであった境遇にいたにもかかわらず  そうにあたりを見まわした  そうには見えた  そうなことをお願ひする  そうだとも思う  そうにおろおろしていた  そうに青年へ渡すと  そうな顔で言う  そうにお言いになった  そうにこう言う  そうであってもこの人からのがれて  そうにばかりしていらっしゃる  そうなことであると見たが  そうに立って行った  そうなふうであったのを怪しく思っていたから  そうな反古類を破って  そうであるがなどとさすがに仏教の教理も聞いていて  そうな境遇を選ばせる  そうな甘ったるいもので飾り立てた  そうに沢山食べる  そうな肥った  そうにくねっている  そうな緑をたたえて  そうもないものを御ねがいしても  そうにうっ  そうな心持がした  そうにまわっている  そうにその建物を出たり入ったりしながら  そうに見  そうに人へ訴える  そうな人であると思って  そうに先手を姫君に打たせたが  そうな声で言い  そうな尼夫人も留守で他の人も少ない時で都合がよいと考えついた  そうな人のある  そうに見えると申す  そうにも当所分らず  そうで外れぬ  そうにもじもじして  そうに鍬を置きました  そうに肩をすぼめてやって来ました  そうにしましたが云えないで  そうにひきつっていました  そうですが年よりの方がここは虔十のただ一つのかたみだから  そうなところに脚本としていろいろ興味ある  そうな臭いだけは残るがね  そうな方向へブラリブラリと漂流し始めた  そうに煙を吹きかけ吹きかけ  そうな姿を見て  そうにしてゐる  そうってつもりでもある  そうに膝を進める  そうに対手を見つめる  そうだろうと思って  そうなションボリした  そうにいい罵っている  そうにのんだ  そうな呼吸をつづけていた  ぞうっとするほどの  そうな日には川筋の眺めのかすみわたる  そうにもないと強く思った  そうに警鐘を乱打しておられる  そうもないからとて捨ておく  そうでしたが御承知にならず  そうなことは気を附けて置きましょう  そうな妻と睦まじく暮らしていました  そうに下げて  そうだとは思いましたが  そうに長く続いて  そうな処まで集ります  そうなものをこしらえて置いて  そうに召上ります  そうに見詰めておりました  そうにお話になる  そうな時には甘いお菓子を心懸けて取って置く  そうだと思う  そうなのは好まないので  そうに頭を撫でていました  そうな眼をしつつ  そうに茶を注いでいた  そうに露れた  そうに手を支いた  そうに莞爾しながら  そうなが莞爾した  そうという様子でいる  そうに双方を見較べて  そうに声を懸ける  そうにたしなめると  そうに皆坐った  そうに下車した  そうに啼き続けているばかりであった  そうだろうと思いながら  そうだというので  そうに迎えられて  そうにも思われ  そうな微笑さえ浮んでいる  そうもないと見てとって  そうだという話をせんだって友人から聞いていたが  そうな気がしたが  そうもないようなたくましい大男でかえって女よりもみごとによく泣く  そうして異常に美しくなった  そうにはなるが  ぞうっと総毛立って  そうをこしらえて  そうな素封家の家を物色して歩いた  そうな人を見かけると  そうにやっています  そうに高く笑う  そうになってあやまりました  そうだ一命に掛けても  そうにまで肉薄した  そうであったかもしれない  そうであるから主人に相談した  そうに微笑んで  そうにほしぞらを見あげました  そうと思っても  そうな小男が飛で来て  そうに道をあるいていました  そうに唄をうたっていました  そうにすっかり飲み干してしまいました  そうにほおかむりをして  そうにぽつねんと住んでいた  そうだと答えた  そうな顔でもあった  そうに室内を見まわし  そうに言い澱んだ  そうに笑っているのに  そうなウッスリした  そうに思っただけの  そうにはいえない  そうなお金がかかりました  そうなごほうびをもらいました  そうに一人で暮しています  そうな足音がして  そうなのを五つ六つ並べて見せてくれた  そうに指輪をぬいて  そうに微笑み  そうに両袖に抱いた  そうに舌鼓をうちながら食べました  そうに舌鼓をうちながら  そうに見えないので  そうに見せる  そうにも見えるだろう  そうに埃及煙草を喫んでいると  そうな風をしたら  そうな気配が感じられるし  そうな顔でそれをみた  そうに肩をすくめた  そうな位置にいたとすれば  そうに口の中でいった  そうに遊んでいらっしゃいましたわ  そうな気配を見た  そうたる緑に包まれているからといっても  そう悲しいことがありますのよ  そうに眺めているという  そうな微笑を浮べていました  そうに見廻わしていた  そうに額に手をかざして  そうだって思う  そうだから売るとか  そうな様子がありありと見えてきた  そうな精神状態が一世に彌漫してしまう  そうなものをかついで来たね  そうなところを危なく食いとめたが  そうに出やがって  そうな娘盛りと来ていちゃあ  そうなことをすると  そうな色を面にたたえて  そうだというような凄味がドコかにあると見えて  そうな気持は変らないが  そうにパンの切れっ  そうに弱っていました  そうに掻いた  そうな性格に見立てられる  そうに袖の中に手を入れ合して立っているだけだった  そうな懸念もある  そうな出来事を噂話のように喋っても呉れた  そうなので片手で押えた  そうであるという  そうでその実有りもしない  そうになったじゃないの  そうに身を引いた  そうに眠入っている  そうな椅子にどっかと腰をかけた  そうに傾いている  そうにお笑いなすったわね  そうに促した  そうに彼等を迎えた  そうにない僕にその罪を着せる  そうな眼付きになっていった  そうな不美人をかいていましたね  そうな挙動を残して歩く  そうもないことのように思われて  そうにその赤蛙を呑み込んでしまった  そうに水の間によろよろとよろける  そうに男の手の平の上で苦しそうに悶えていました  そうな服を着けた  そうな青年はそう答えました  そうにひとり微笑している  そうな兵隊がチャンと番をしておりまして  そうな食物の匂い  そうな匂いがぷーんと伝わってきました  そうに肩をすくめ  そうにありませんでした  そうなまでに引き  そうに云い放し  そうもないことが実際に起こる  そうな顔をして立っている  そうな気がするであろう  そうな血が出てをりました  そうにおっしゃったから  そうな目つきをいたしましたが  そうにわたくしを見ています  そうなのがだんだん険しくなって来て  そうな血が出ておりました  そうな傍目を使って  そうに女を見た  そうなものと思われるのに  そうに揺いだ  そうだって云いますよ  そう故逃げ帰った  そうな眼を向けた  そうもない幸福を感じる  そうに兵士に云った  そうな声で漁婦はいう  そうな気配が立ち籠って来  そうにもないことを思い出したらしい  そうな混雑した  そうに呟いている  そうにもないという  そうだという気がする  そうにまた訊ねる  そうと思い  そうに思って来た  そうにない男子側から出た  そうな奈落を歩いていると  そうになったかも知れなかったからだ  そうな場合だけを選んで  そうにもない問題に就いて  そうな気配が見え始めた  そうな議会政治掣肘主義に限って  そうもなきを見  そうなものと気付いた  そうな話をするを好まぬ  そうだからわが王我をして  そうに青天井の下でたべている  そうにたべている  そうにしてやって来る  そうにしておられた  そうにウヨウヨしている  そうに眼をあいた  そうに人の軒端に立った  そうな門のまえで降ろされた  そうな浪人ばかり三名だったというし  そうに近くなっていた  そうにどぶ  そうに黙って眠っていました  そうにして帰ってきました  そうに長範社長を見つめた  そうにも思われた  そうに息をしていた  そうに動かしながら  そうなことを思うやらで  そうにぽんと叩くと  そうな人だとお前さんは思うかね  そうな奴が一人だっていないよ  そうだと考えた  そうに私を見つめていた  そうに登り始めた  そうに前を見つめていた  そうなくらいに疲れていたけれども  そうに思えますね  そうな鈴形小花をつけた  そうに聞き返した  そうな相手方の人数もほぼ分ったという  そうに相手の顔を見返したが  そうに胸を波打たせていた  そうに談話をしていた  そうに眼を反しながら言った  そうに顔面神経を引釣らせながら  そうな書類入鞄を下げ  そうに咳をした  そうで結構でござると挨拶して通る  そうもならず  そうな光を放っていた  そうだからこの世界ではとかく辛労せねば  そうだねへと覗き込む  そう美しいのを喜んで  そうなものは少時でも戸外に放棄って置かん  そうもないので呆れもし  そうに大欠伸をしたので  そうな実感がでていて  そうにお露が軒端を見上げて  そうなふくよかな艶ある  そうな顔をして居た  そうに大きな声を立てた  そうに眼をうるませていた  そうなるも有り  そうに横を向いて呟いた  そうに凍っている  そうにうねって  そうな人には平場でない処の岡釣はいけね  そうに杯をなめては  そうな笛の音を立て  そうに厶りまするが  そうに呼びとめた  そうな休みの日を外では鳥が針のように啼き  そうにしくしく泣いている  そうだが何か急用でもできた  そうなので跳んでいる  そうなお母さんが出て来て  そうにニタニタしながら  そうだともいった  そうにほほ笑んでいた  そうっと家にかえったけれ  そうに見守ったが  そうであるが藪紋太郎は実のところ少しも親に似ていなかった  そうに従いて来た  そうに喘ぎ喘ぎ  そうに渋面を作らざるを得なかった  そうに荷を着けた  そうな荷物を着けていたが  そうにぴんと吊った  そうにストーブの火のもえている  そうに帰られた  そうに読みました  そうではありませんのね  そうなみなさんがよく見える  そうな気がしながら  そうな影が消えました  そうに飲みほしました  そうな顔をしておりて来ました  そうなクリームがかかっています  そうではありませんでした  そうな顔があったので  そうにいいそえました  そうにキッスをしました  そうなようすは消えて  そうに髪をかきむしりました  そうな思いがけないうれしいことが起りました  そうに手をひっこめようとしました  そうな顔をしていませんね  そうに語っていました  そうな絶壁をなしてそびえ立っている  そうであるがその道がなかなかわからないと言う  そうにどもりました  そうに酒を飲んでいた  そうに泣きつづけていた  そうに怒って追っかけたけれども  そうでたまらなくなった  そうに捌き髪で這うて渡った  そうな小説ができるらしいぜ  そうな心細さを覚えたほどであった  そうに寝返りをうち  そうにそのペタルを踏んで  そうに袂をかき合わせ  そうな空ビンをおんぶした  そうに長い眉をつり上げ  そうな彼ではあったが  そうにこう云うと  そうにしばらくもじもじしていたが  そうに右手の親指の爪を噛んだ  そうなプルウストをひとつうろたえさせてやろうじゃないか  そうな顔をしてやろうじゃありませんか  そうに半分閉じた  そうに眼玉をきょろきょろうごかしながら  そうに飛ぶ  そうな大きなパイをながめていた  そうなかっこうをして  そうに歩いてくると  そうな方面は皆不義理をしつくしてしまってるし  そうな気がしたけれど  そうに柔かい毛足袋の音を立てて  そうな顔で囁いた  そうな話し  そうなことと思われて来ると共に  そうな息をしながら  そうな条件は見出していなかった  そうな白い顔に持ち前の安らかそうな微笑をたたえながら  そうなことがわかった  そうな八の字に房毛の出た  そうに喫った  そうにこの新らしい農夫の近くに立って  そうな感極まった  そうに呑んで  そうに思はれるが  そうだと云ふ  そうなものであると思召しませうけれども  そうな微笑を洩しながら  そうにもたげて  そうに見られました  そうに黒い腹帯をしめて  そうだといいますが  そうに狐に魅まれでもした  そうに笑って言った  そうに舌うちをして  そうに泣いていたよ  そうだと振り向こうとしたが  そうだと来ると  そうな目つきでいう  そうで飲まない  そうに口を少し動かす  そうな顔になっている  そうなモジモジした  そうで窒息し  そうな浮山の肩を掴んでとめる  そうに客席の方を覗きこんでいる  そうな顔をしていたら  そうに帰っていった  そうなそれでも澄んだ  そうな家をにらんではいって  そうにまるで陳列ガラスを舐めんばかりにして  そうな人間を全部捕えて  そうに歩き廻りながら云った  そうであってそれをしなかった  そうに腫れていた  そうな色だけが見える  そうでもつまりは旧い皮袋につめられた  そうも云った  そうに荷物をかけて  そうにそわそわしながら  そうな様子をしながら  そうな党へ一票をやらなければ  そうに川底の石の表を塗りこめている  そうなものと思うなり  そうなものだと思ふ  そうな客商売の種類をいろいろと考え探って見た  そうに思えてならなかった  そうな自分の家の様子が気にかかって来ると  そうに浮き浮きした  そうにお辞儀をした  そうにうつむいていた  そうに火鉢の側へ膝を崩していた  そうな動物園や浅草へ遊びに行った  そうにお増の側へ寄って来る  そうに聞えたり  そうなんでござんすよ  そうもない芸人などにくっついて  そうに時々飲んでいるだけであった  そうに顔を熱らせて立っていた  そうに後で浅井に突っかかったが  そうになったとかいう  そうなもんでっけど  そうかも知れないと  そうに思わるる  そうで実はどうにもならないらしい  そうに思わるれど  そうで問う  そうで別に評判にも上らず  そうにうわさせし  そうなところなれど吉次は浮かぬ  そうなものとおぼつかなき事にまで思いをのこして  そうにかきあげし  そうに唾をするが  そうに隣の妻を振り返りながら  そうに呵々大笑して聴いていられた  そうだという感じを与えるだけで  そうに小八の方を向いた  そうな包を持っておいでですね  そうに見えるだけ  そうに呼んでいる  そうに細く可愛く開いて見て  そうに咲き遅れている  そうに言って追掛ける  そうな木や岩を仔細に吟味して  そうに重くたゆたっている  そうに跟いて行くが  そうにたるんでいる  そうな憑きものでもした  そうな様子もしていない  そうな顔はしていても  そうに父母が相談している  そうに酒を飲みに来  そうでしたが私たちが柏の林に入った  そうに几帳の陰からジッとこちらを見る  そうな面をした  そうに起きあがって  そうに帰って行きました  そうも考えて見た  そうに派手な着物を着て  そうな顔が見え  そうに独りでサロンにいて  そうに父の側へ寄って来た  そうにみえて  そうな時刻になると  そうに頁を繰っていた  そうな形勢にあるという  そうに腕時計を見い見い  そうな神経がぴりぴりしてい  そうには見えず  そうな気がしてならなかったので  そうに徘徊していた  そうな灰になっていた  そうに声をかけたが  そうな光景を呈していた  そうな漣が立っている  そうな煙管で火鉢の縁をたたく  そうにしているじゃあないか  そうな巷の光景がこの琵琶僧とこの琵琶の音とに調和しない  そうな寝息が洩れた  そうな心持の中で思った  そうな水色の空に包まれて  そうなところを選って  そうに尾を掉っている  そうにいまの生活の大変不幸であることを打ち開けて  そうに食事をしていた  そうに飯を食っているので  そうにそれを食ってから  そうに帰って  そうについている  そうにもしませんでした  そうに立ち止って見ていたり  そうに聞いたり  そうな事を云ってすましている  そうにしゃべったら  そうにして帰っていった  そうな足取りで庭から座敷の縁側の方へ廻った  そうに円く輝いていた  そうな雰囲気を作り出しました  そうにまばたきしていて  そうにあそんでいる  そうな大きな岩がならんでいました  そうな顔をしていたでしょう  そうにしくしくやっていた  そうに歯をむきだしていました  そうにとびまわって  そうな唇の色をしている  そうなことを云ってや  そうに縛り上げられた  そうに頬張らして貰う  そうなことでもねつ造して持って来る  そうに唸った  そうにひきずっていた  そうに泣いていたが  そうにはあるまいと思った  そうなところは誰も知りません  そうなものは何も見つかりませんでした  そうに囁いた  そうに樹蔭で読書などをしている  そうな錯覚をもちかねない  そうとして一生けんめいやっている  そうであつたが降  そうな体を足で踏張り支えていた  そうに納屋から蓑をとり出した  そうに茂っていた  そうに手を握つたり  そうなところのある  そうな彼をかつて見た  そうな表情で語った  そうなあきらめた  そうになりますので  そうなのでどうする  そうだ落ち  そうにしますと  そうに見えて流れております  そうな宿屋を探し出して泊りますと  そうな男が飛び出して来て  そうなことをなさいますな  そうな顔をしているな  そうだ屁が出  そうな顔になりました  そうなのをじっとこらえて申しました  そうになりながら云いました  そうに上を見ました  ソウいうような考えにどこかで出会った  ソウいうことをキリスト信者の前にいいますると  ソウすれば伝道は商売の結果としてかならず来るに  ソウしてゆけば  ソウ申しますとまたこういう問題が出てきます  ソウしてこれは誰にも遺す  ソウして立派な画人が書いても  そうに着かえて歩きまわっている  そうな霞の奥に見える  そうにニコニコしていた  そうな靄のようなものが立ちこめて  そうな保塁と思われるからである  そうに益々祭り上げられつつあるとすれば  そうに問のを苦笑で受けて  そうに思われるだ  そうなものだと待ち伏せていた  そうにはいって行った  そうな気配がしない  そうに口の中で発音しながら  そうな旅籠屋のような気がしだした  そうに私に白状した  そうに這入ってきては  そうに出てゆく  そうに思えるくらいに老けて見えた  そうに手を揉みながら  そうな贈物を買い調えた  そうと思う  そうに話してきかせたりする  そうもないからお話をしてあげずばなるまいかな  そうな木の切り株が短かい枯草の中から頭を出して居る  そうに光りながら  そうにたよりなさそうにして居る  そうなかたくしまった光りを持って居て  そうに体の細いためにもその気持が深くなる  そうで又悲しそうに初めて野放しの馬を見た  そうでいかにも小さいなりをして居るが  そうな風なのでもって  そうな所はいやだと思って  そうに焼餅から立ち揺れる  そうな事だと存じます  そうに思ったので  そうでならん  そうに見えまする  そうに思われて来る  そうな可愛いい顔をしています  そうな顔色をしていた  そうにしておりました  そうなのですからまして多くの使用人の中には無愛嬌で触りのわるい者もあれば  そうもない薄給しか与えられない  そうな原因があり  そうでないとしたならば  そうに思いましたが  そうかもしれんが  そうと言う  そうな自分の気を引き立てる  そうだっけ辰公がことづけやがったっけ  そうにさえ成る  そうに写っているが  そうな感嘆の声を発する  そうな傾きのある  そうにその姿を眺めていた  そうなので悦んで居ります  そうだが葉を振った  そうで読めない  そうでところどころに大きな蓮台の上に据えつけられた  そうで安っぽい辞句はどこにも使ってない  そうに女遊びの話をしている  そうな取り沙汰があった  そうに言葉をつづけた  そうに書き物をしていたが  そうに御微笑なさいました  そうに首を振りながら  そうに首を振っては  そうにいきをする  そうにおりをなめる  そうに思えました  ゾウのおならみてえだ  ゾウのおならを聞いた  そうに歩き廻っている  そうに永いこと拭いた  そうに湛えている  そうなものをいろいろ考えてみた  そうな足どりをしている  そうに小さい肩を擦り合ってあるき出した  そうに仰ぎながらほほえんだ  そうな顔をしていても  そうに顔を皺めながら  そうに向き合った  そうに暮らす  そうな銀色の靄の下に包まれていた  そうに肩をすくめながら言った  そうもないと見て  そうに掩いかぶさっているが  そうに満なみと盛ってあった  そうに荷って来た  そうに台をみあげた  そうに少しく顔を染めた  そうと努めた  そうな小作りの痩法師を迎えた  そうな眼をして言った  そうに俯向き勝ちに歩いていた  そうに頭がしんしんと痛んで来た  そうな誓いを聞いて  そうに扇で払いながら  そうに押しのけて  そうも知れまい  そうに眼をみあわせた  そうに摺り寄った  そうに美しい眉を皺めて言った  そうに押さえた  そうな女の眼をじっと見ている  そうな自分の危うい運命を恐れた  そうに彼をみあげた  そうにまばたきしながら  そうもないと見きわめた  そうに迎えてくれたので  そうに立ちあがって  そうな危なさがあり  そうに半ば当てつけらしく  そうな口調で言った  そうな眼をコスリコスリ青年の顔を見直した  そうに身震いした  そうに眼をパチパチさせた  そうなものは発見出来なかった  そうですから帰ったら  そうな顔もしていないという  そうにあたりの人の顔をじろじろ見まわしたりしていたが  そうに笑いこけている  そうな心持ちがしだした  そうに思われてならない  そうな見込みはある  そうに生汗を滴らしながら  そうに注射器と澄夫の顔を見比べて  そうにキキと笑った  そうな顔をして笑った  そうな思いがしましたのに  そうに私の顔を見るので  そうに一口啜って  そうな言葉をならべた  そうな気がしているので  そうていた  そうに音蔵を見た  そうな女に気がねして  そうにして走りだした  そうだから男もせいぜい綺麗にする  そうにございますよ  そうに鎌首を垂れて  そうになっております  そうで涙が出ます  そうにしましたから  そうに仰向いて  そうに田代はあたりをみまわした  そうに笑って行きゃ  そうその証拠をみせつけられた  そうに眼鏡を脱って火鉢のねこいたの  そうに田代はいった  そうな空気を和めようとする  そうな伸子のききかえしにこだわらず  そうに更にそれよりもいら立たし  そうにほほえんでいるだけで  そうな木造の洋風の高い小舎が眺められた  そうに庭や竹藪を見まわした  そうに縁側に目をやった  そうな髪を無造作に束ねた  そうに多計代を見つめて  そうに細めている  そうにいやそうに眼を伏せて  そうなひそひそ声で告げた  そうにしげっている  そうにゆるめて  そうな素子にきいた  そうにあくびをしている  そうに上気しながら  そうに素子はいった  そうに煙草をすった  そうなことだと思い  そうに黙っていたが  そうに眉根をくもらして  そうに細いのに決して切れない  そうににやにや笑って  そうだと思っていた  そうなことを話した  そうに伸子が立ちどまった  そうに眼をうごかした  そうな金のくさり細工の腕環を見せている  そうに頭を打ち振りながら  そうに酒を飲んでいました  そうなやつとはにらんでいた  そうにそって  そうにしじゅうみんなに信じられていたという  そうなものと思われますがな  そうな磯五のようすに気づいて  そうに輝いてみえる  そうなようすを見せだした  そうに惣七に寄り添っていた  そうもないという気がしていた  そうにながめて  そうなお武家さまにつかまって  そうにつづけた  そうな気がしてきた  そうな顔で磯五を迎えた  そうもない男に真実を示してこそ  そうにおどろいた  そうに見えたり  そうに見えたりする  そうなのをよろこんで  そうな騒ぎとは何のことだろうとお高がきいてみると  そうにぐびりぐびり音をたてていた  そうに一空さまを見た  そうな笑いを落とした  そうに口をそらして  そうな声になった  そうに黙りこんだので  そうに笑わせていた  そうになりますよ  そうな眼で見上げて  そうな笑い顔になって立ちすくんでいた  そうにひれ伏していて  そうに断わった  そうなようすだった  そうに階段を昇って来る  そうに二人の後をついて来る  そうな顔をして云い直しました  そうに家を出ては  そうになっていたからである  そうな野球試合鳥瞰図があると思うと  そうな丸髷を傾け  そうに笑い出してしまった  そうに書いている  そうなものへ何か書いている  そうな権幕を見せた  そうに独り微笑した  そうに話し終ると  そうに話頭を転換した  そうに左の小脇に抱え  そうに残って  そうなものになっている  そうかも知れませんわ  そうにさげながら  そうにだまりこくっている  そうに受けとった  そうに白髪頭をいっそう畳にこすりつける  そうに並んでいる  そうに鍬を拝んで  そうに眼をみはっている  そうに眼をそらして  そうに灯にそむけて  そうに萩乃はほほえんで  そうににらむと  そうに追いすがってくる  そうにヒョロッとつっ立っている  そうなものだとは思ったが  そうであるが恐らくその辺の雪は数世紀間溶ける  そうに避けて  そうな筈はないと思う  そうにもないから一層抜いてしまった  そうにありませんでしたから  そうにくすくす笑い出しています  そうな時刻を見計って  そうに通っていました  そうな冒険を思いついて  そうに彼にほほ笑みかけながら言いました  そうな微笑を唇に浮かべながら  そうな気がしないではいられませんでした  そうなところが見えました  そうに真鍮の指で目をこすりながら坐っていましたが  そうなことをやって見せて  そうな川鱒を一尾取って  そうに出来た  そうに見ました  そうにうなりながら言いました  そうに唸りました  そうに笑ったりしているだけでした  そうもなれ  そうに思われるくらいでした  そうな気がするわ  そうにもなくなった  そうにすすり上げていました  そうだということを察して  そうかと訊きました  そうになって苦しんでいる  そうな者があるとすれば  そうな山の頂上に立って  そうな意見を吐く  そうな声でしゃべりながら  そうに糸をつむいだり  そうだということが分らなかったら  そうなことを聞かせましょうか  そうもない夕食が出ていました  そうに夕飯を食べている  そうに彼等の顔を見たので  そうに笑いながら言いました  そうもない気がするわ  そうに踊って行く  そうだということを多少感づいた  そうに立ち昇って来る  そうな臭いがして  そうだったと言いたいくらいです  そうに駆け寄りました  ぞうっとする  そうな事をいっても  そうもなかった二葉亭の数年前から持越しの  そうな緒を得た  そうだと一同安心して  そうに彼女を見つめました  そうになっていいました  そうな口の尖らせ  そうなのを知ると  そうな石炭函を持って  そうに怯える  そうな頭痛に苦しめられていた  そうにざわざわいいはじめました  そうにもじもじしていましたが  そうに額に皺を寄せて  そうな眼をしてるわ  そうな部屋を覗いて見る  そうに空いている  そうに口を開きました  そうな匂を嗅いだので  そうな気持になりました  そうな眼を見張っていました  そうにお腹が空いて来ました  そうな匂がしていました  そうな顔をしていたのに  そうな顔していたわ  そうもないと思ったのね  そうに前掛で顔を拭きはじめました  そうにベッキイの手を握りました  そうな寝  そうでもありますな  そうな子に会った  そうな宿無の子を見たら  そうでいらっしゃいましたわね  そうにしていましたが  そうな声でせきたてている  そうだが相応に儲かるという  そうな真白に塗り立てた  そうにモジモジしていた  そうな仇な中年増を想像しては  そうにションボリして  そうに飛付き  そうな相好を壊して  そうな空合らしく思われた  そうに彼を見ていた  そうに通りかかる  そうにつかれましたが  そうな石の間を見立てまして  そうな咽喉から答えて  そうに話を交わしている  そうにジロジロ顔を見た  そうに私には思われる  そうな感じがするが  そうに言上した  そうな本を引っぱり出して  そうだからやめる  そうなる下腹をおさえて  そうに仕事を始めた  そうに煙をたてる  そうに鳴り響き  そうなところあって  そうに鶴代のほうへ手をさしだした  そうに障子を開ける  そうにびしょぬれの傘の頭を掴んで入って来たが  そうに見えていたが  そうな惣菜をこしらえたり  そうな呻吟の声は尚続いた  そうな態度にも見えたが  そうに走りかかって来た  そうな予感だけはハッキリと感じたから  そうな微笑を横頬に浮か  そうにペコペコして  そうに説明し始めた  そうな感じがしてならなかった  そうなくらい張り切っているのよ  そうな元気で一パイになってしまったわ  そうに立ち働いて  そうに溜息を吐いておられる  そうに語って帰って行きました  そうな人間のせまい了見で区切った  そうに迎えてくれて  そうな芸妓のハンカチーフを団扇で防ぎながら言った  そうなシャワーが滝のようにどうどうと降り出した  そうな気分をよび出す  そうに考えられてなりませんでした  そうに見較べていましたが  そうに月明かりから顔をそむけた  そうな女もおりますから  そうに泣いて訴えた  そうに男の薄情を責めた  そうにうかがっていた  そうな関係になっている  そうに美しく付き合っていても  そうな想像説も起こった  そうにさげて  そうな顔に笑みをうかべながら言った  そうなつやつやしい  そうに白く沈んでいた  そうな溜め息をついていた  そうな男かと思えば  そうに其間を去来して  そうに暗くなった  そうな予感があるの  そうな影が走った  そうにいじくっていた  そうにそれを拾った  そうに三味線をじゃんじゃん引き出した  そうもないような気がした  そうな物はすべて一包みにして  そうに突き出して  そうな様子が見えない  そうににこにこと笑って  そうな顔もせずに  そうにも家がないので出す  そうとしたって抜け出せない  そうな足を棒のように立てて聞くと  そうに響いた  そうな藁屋根の下でいっしょに寝た  そうに尻を振る  そうに云うから  そうにどっと笑った  そうに囃し立てる  そうにしない  そうにもしなかった  そうでいけないから  そうに俵を抱えて立っている  そうに渉る時のように見えた  そうで容易に踏み込めない  そうに腹の底まで吸った  そうなものだくらいに思って  そうに濃く重なっている  そうにとくと眺めた  そうに夕風に靡く  そうにおさつを食べている  そうに太皷を打ちながら進んで来ました  そうにはありませんでした  そうなようすをみると  そうだからとおもいました  そうだとおもった  そうにため息をついて  そうに鳴立てる  そうにしてるが  そうな敵へ人質として自分の妹や娘をくれる  そうに話されましたが  そうな朱印をきちんと捺した  そうになっていく  そうもみえないので  そうに話をしながら飛んでゆきました  そうな峰があると  そうな目覚しい釜の懸った  そうな小流があったから  そうにずっと見ごたえのある  そうな狭いとこになった  そうで耐らぬから気臆がして  そうで草鞋が冷えた  そうにしないから  そうに手を持上げて  そうに衣服を着ていたから  そうな馬じゃあござらぬ  そうに押えて放さず  そうに見ていたわ  そうなといって  そうに近く見え  そうにしているではありませんか  そうなところの落葉を除けては進む  そうに語っていた  そうなところまで下って  そうにないという  そうなほど苦しんでいる  そうだからすぐ見舞いに帰ってみないかといって  そうですから見舞いに帰ろうと思います  そうにないのであきらめて泊った  そうにないので引返したりした  そうだから吹雪の止むまで  そうもないので滞在ときめて  そうに白く光って居た  そうにふくれて  そうに見えて居た  そうな美人だったとも云った  そうで二十二でおととし関西の女学校を出たと云った  そうもない目附をして居た  そうなのだという  そうに呂翁の語を聞いていたが  そうに感じ  そうに雲のとんでいた  そうな酥酪があるので  そうに思われますし  そうな山が見えます  そうもないコーヒー茶わんにしばしば出会った  そうな心持を幾度も味った  そうに騷いでいた  そうな油の香を四辺に漂わしながら  そうな蜂が一匹働いていた  そうな簑を引きずり引きずり這って行く  そうなものだと考えたりした  そうな落着いた  そうにも楽しそうにも見えない  そうな髭を立てた  そうなくすりの匂いが鼻をうった  そうな棚が重っていて  そうな水がジャーッと帆村の手に懸った  そうにひきしまって  そうなお雑炊のことをおもえば  そうに圓太郎は呟いた  そうにさえなりながら  そうにゲラゲラゲラゲラ笑いだすと  そうな朋輩たちがでろれん祭文のような鍛えた  そうにおすみがこういって  そうになっているではないか  そうになってくるのに  そうにひとり肯いたりした  そうに先生はいった  そうになってきている  そうなものを召し上がっておいでなすってて  そうにそいつをたべる  そうに小圓太は切りだしてしまった  そうな黄八丈の丹前を着た  そうに笑って佇っていた  そうに持ちながら  そうなところまで頭を下げた  そうに母親のおすみがいった  そうに師匠はいった  そうにこういって  そうにいったっけ  そうにガクガクンと顎が動いた  そうに寝返り打って起き直ろうとした  そうにコップのなおしを  そうに辺りをぐるぐる見廻しながら  そうに口へ運んだ  そうに目を湿ませた  そうで困ってしまった  そうもなくなってしまった  そうに身体全体へ満ち満ちてきた  そうに聞えるが  そうにつけ加える  そうな柔かい薄い皮膚に代え  そうもないその恋を思わせる  そうに訊く  そうなピアノの音がしはじめた  そうに喧伝した  そうに否定的に頭を振れば  そうな身慄をした  そうに云っていた  そうなのを一抱えずつ買って来てくれた  そうに眺めたり  そうにブルブルッと身慄いした  そうに咳こんでくると  そうに撫でていた  そうな顔をヌーッとこっちへ出すといった  そうに唇をゆがめて  そうな眼玉をドロリと動かしては  そうにこっそり云って  そうな音が階下からきこえて来た  そうな煙硝の匂いもしなかったし  そうな顔をしていない  そうにもないと思うが  そうに陰気に感じられた  そうに早く障子を引きあけて  そうだっておっしゃるじゃあ有りませんか  そうな英語の本も持ってる  そうに賑やかにしながら立ち廻って居る  そうに並びの好い歯をチラチラさせて  そうにさも分って居るらしいので  そうに目鏡を掛けた  そうに見えて居る  そうに見たりして居た  そうに身を揺ったり  そうな声となって  そうな勢を示した  そうに横わって居るばかりだった  そうで美くしかった  そうな蕾を三人で見つめた  そうは過ぎて  そうなものだってし  そうに見えるかい  そうや気の毒は家の大事には換えられませんからね  そうじゃて主人の卿にゃ代えられ  そうだからお浪さんを退いてもらおうというかと思えば  そうだそう山形に置く  そうな彩色した  そうな細い眼を光らしている  そうに残る  そうに膨らんでいる  そうな程に小さく愛らしく見えた  そうな人物を探し  そうな姿へ目をやった  そうに静かに微笑した  そうに顔を歪めた  そうな表情になって  そうな気持ちになっていた  そうに眼をつむった  そうな跫音となって  そうな瞳をシッカリと据えながら  そうにアクビしいしいうなずいた  そうな呼吸をしている  そうだとか言っていたが  そうなことになった  そうに鳴る  そうに手をうごかした  そうに光力を失った  そうに忍び笑いをして  そうで私はそのお下りをきょうからよみはじめます  そうなものではありませんか  そうな気配を感じた  そうな黒い目が光っていた  そうに聞いている  そうな濁った  そうなところへ出して置いて遣る  そうにカーチャを見ながらたずねた  そうな鳴  そうな顔をして驚いてみせた  そうに黙っているので  そうに薄暗い庵の奥を睨んでいたが  そうに跳って狂って  そうに出て行ったという  そうに家来に言いつけて  そうにその人垣を追いくずしている  そうな眼の光りと  そうな眼と聡しげな耳とを絶えず働かせて  そうに身支度をして  そうな木枯しの中をうつむき  そうなのを三つほど拾って  そうな白い煙りをふいていた  そうにも見えぬがのう  そうにしゃぶっていた  そうに睨みながら  そうに十ばかりのいろんな小さい家のプランを書いた  そうに群集の間を飛んで歩いた  そうな羞を帯びた  そうに震えながら出て行った  そうに火を眺めて  そうに羽ばたきして  そうな顔付をした  そうにべたりと垂れ  そうに居眠りする  そうに聞き入った  そうに袖口を掻合せ  そうなもののみを選み出し  そうに顔をあげて  そうなことをいっている  そうにむしろの上に放りだすと  そうに顔をあからめ  そうな微笑がうかんでいた  そうなうめき声がもれてきた  そうに昔の思い出を語っている  そうに岩の上に照りかえしているばかりでした  そうに囃し出した  そうに聞えたかと思うと  そうになにくれとなく物語った  そうだから年季に上げたら  そうな時はなるべく話をしない  そうな焦燥を感じていた  そうな蒼い顔色でもって  そうにさすりながら立ち上ったが  そうに聞えるけれど  そうにその子供のそばへゆきますと  そうと思ったでしょうか  そうだと思いなされたともね  そうであるからして  そうなことをあとで子供に話してやって  そうに腰かけて  そうな返事をなさったので  そうになりましたの  そうな息づかいをしていました  そうに波立て  そうに屋根の上に当たっていました  そうに通ってゆく  そうなことはいわない  そうな表情をすると  そうにない場所に変っていた  そうなのを心の中で一生懸命防ごうとしている  そうな海象が群がっている  そうに待っている  そうなことに思えた  そうですから御安心下さい  そうにしていらっしゃると  そうに立っていないで  そうに思われませぬ  そうな思いに一パイになってしまいました  そうに見えませんでしたので  そうな顔になられますと  そうに唇を噛んで  そうですが詳しい事は存じません  そうに息苦しく喘ぎつづけていた  そうにもありませんので  そうにたまらなくなりまして  そうに首肯かれた  そうに語り伝えていた  そうに頷いて見せた  そうな霧のしぶきとなり  そうだろうとは思ったが  そうに遊んでいるのに  そうにすすりながら  そうにニコニコした  そうに嘆息した  そうなにおいがたちこめていた  そうに休息をもとめるが  そうに先導していたが  そうとケートは悲鳴をあげて  そうて看護した  ぞうのような巨獣がすすんでくる  そうな場処は言葉を足して  そうに何か呟きます  そうな静かな眼つきから察しる  そうな息を切らせて戻って来た  そうな極めて少数の家々と停車場とへ問い合せてみたが  そうに響いて行く  そうに息をはずませたりして  そうな顔でベリヤーエフを見詰めていた  そうに飲んで  そうだとかい  そうにそれを眺めに行った  そうにうっとりしている  そうな気強い作用がある  そうに病み死んだ  そうな恰好の位置へ来ると  そうにもないので姫は安心をしまして  そうに姫を引っ抱えますと  そうに涙を流して  そうにこう答えました  そうにお話をしている  そうにため息をしました  そうおいしいあめをもらいました  そうな湯気が立って  そうな匂いがしました  そうなお団子がつまっていました  そうに好い髪とで店の若いものがせめてとなりの娘だったら附文位はされよう  そうにうつむく  そうにまで思ってる  そうなうれしさと限りない恐れとかなしみとよろこびにふるえて居た  そうに思われたんで  そうに出て  ぞうの足みたいだなあと思いながら  そうに頬張っていた  そうだがことしの絵にはどこかガラス絵の味が出ている  そうにオートケイキを食べはじめた  そうに悄然座って居りました  そうに訴える  そうな刑事然たる人が羽織袴で面会に来て  そうに話し合っていた  そうな小説に面して  そうなこと云ってって  そうに吸いました  そうに煙草の煙をふかしながら  そうに眼をかがやかした  そうな恰好でぐっと砲口を天に向け  そうに歯ぎしりした  そうに海岸の椰子の林をながめている  そうに夕やけの雲を見あげた  そうな作品を提供し得る  そうなお饅頭があったので買って来たといって  そうに沈黙してしまった  そうもないという懸念を持っていた  そうに寝入った  そうな肉付と滑らかな皮膚は先天的に飽くを知らぬ  そうに吹かして  そうに顔をゆがめて黙した  そうなのを堪えて  そうに自分で吸ってみた  そうに啜っている  そうに時子は眼でお幸に二人を指して笑っていた  そうな口をお利きじゃないよ  そうな微笑を含んで  そうな電光が白光を放ち  そうに白い歯を出して笑った  そうに喫かした  そうに悩みつづけた  そうによち  そうな姿も覚えていた  そうに喘いでいた  そうな涙のにじんで来る  そうに立ち上がった  そうに一人の生徒に読まして  そうに嬉しくてならない  そうでなかった主人が死んだ  そうもない己の生の踏み出しだ  そうに大きな鴨南蛮の丼をそこへ下ろした  そうであるのにどんなに悦んだかしれない  そうな女達の笑い声が聞えたが  そうだと聞いている  そうなものじゃと耳を澄まして聞いていて  そうにも思われます  そうに打ち笑みて  そうな風圧が加わって来た  そうに高いお銭を払って  そうに銀嚢を背負っているので  そうな勢いでこの杭州へ乗込んで来ると  そうなことをまず試みる  そうなあらゆる公共設備や工場地帯が全部地下に安置されており  そうなものですねと云いました  そうに彼にわらいかけた  そうに眺めながらいう  そうに血相を変えて立ち上った  そうな事を言ったって  そうな気配を示し  そうなことに見えてくる  そうもないようにおもわれた  そうな風雨を避けようとする  そうな笑いを浮べて  そうもなくおもわれたが  そうに見えるよ  そうな顔つきをしでいる  そうもない山の絶壁のあいだに見えた  そうなばあいを臆測するにとどめるだけな  そうな余地は見えません  そうな気がしますわ  そうかどうかをさぐる  そうにしており  そうに見えたのに  そうな考え事にふける  そうにしてはしゃいでいる  そうな隅々をみな調べてみた  そうな恐怖の表情を浮べていたが  そうな団扇一本お三輪の眼には見当らなかった  そうな新七の側を離れて  そうな椅子一つ彼女を待っていなかった  そうに喋舌っていた  そうに頷いた  そうに足を止めた  そうに挨拶をした  そうなところがあった  そうに部屋を出て  そうに花を冠っていた  そうに若い男は云った  そうに首を伸ばし  そうに仰せられたが  そうに誰れも思っている  そうにこう笑った  そうな姿が迫ってきて  そうなものが終始飯尾さんの顔には漲っている  そうに能勢の顔をながめていた  そうな顔をして立っていました  そうにお城の裏門の方を眺められました  そうに頭を振られるのみでした  そうに眺められました  そうな手で蚊を叩いていた  そうだから俺は向うへ行くよ  そうな確信が出来た  そうになったので慌てて  そうに車をひいて行きました  そうに一声高く吠えます  そうに唸り声をあげる  そうに湯気を立てていて  そうなものを持ってたら  そうな瞼にたまりました  そうな声で大きく泣きました  そうなあぶらが出ていました  そうにふざけあっています  そうなりかわきたる  そうだったのを和歌にしました  そうに歌をうたっているよ  そうにリンゴでお手玉をとっている  そうな文句を添え書きしている  そうもないような小さな作品も出ていました  そうに膝の前に置いて眺めてる  そうに歯を食いしばって  そうにしていたから  そうに仰いだ  そうな息をした  そうな湯気のたつ  そうに思われたので  そう書いたものをチモウランと訓まずにチモと訓み  そうな目もとで自分を仰ぐ  そうにこちらを見る  そうにするであろう  そうに山羊の檻を覗いて立っている  そうなことと云う  そうに顔を俯向けたが  そうに一同を見た  そうに笑え  そうな水際を踏しめながら進んで行き  そうに揺れ動き  そうなくらいひどく弱っていた  そうな白いほっそりとした  そうに群れをなしてやってきた  そうだと察して  そうに見えるから  そうに拝んだ  そうにころがって  そうにそれを飲んだ  そうに喘いでいる  そうな荒れ  そうに呑み終わって  そうな声をたてて笑う  そうな月がひっかかり  そうに踊って行きます  そうにころがりながら  そうに歌いつづけて行く  そうな外見ばかりの者の前へ出ては  そうな陰鬱を伴って沈んで来る  そうに開いていた  そうで達治さんの乗る  そうにのどが干いたといいながら  そうな笹っ  そうな筍を煮ています  そうですがきのうはまだ備っていなかったので  そうになさらないで  そうという気になりました  そうなあなたの笑い顔をなつかしみます  そうに袷を着て  そうとは思わず  そうにおこる  そうに騒然として来た  そうな顔付もしますし  そうな人が却って会わない  そうな微笑と燃えて乾いて輝いていた  そうに思われたりしている  そうだろうと自分に云って笑ってしまった  そうだろうとしか云え  そうですが私は何だかポーとなって  そうに土けむりにはためいている  そうできたない食を喫した  そうなのが紙巻をくわえながら  そうな土の上に踏みつけて  そうな手つきで吸って  そうに眉根を顰めて  そうなベンチがある  そうに半泣きの声をしぼって  そうに伸びすぎて  そうに階子をのぼって来る  そうなものと考えて  そうに笑ひ  そうに内部にそそがれた  そうな声を揚げて  そうに軽く頬杖して  そうなくらい思いました  そうな気持になって  そうに疲れて  そうな顔をして見せて  そうに見ていたじゃないか  そうにもじもじした  そうに黙りこんで  そうでしじゅう胸のばたばたする  そうに口々に挨拶する  そうな女の本をあさっている  そうもない楽天的風景に接して  そうに突進する  そうに低くなっても  そうに砂のふかい歩道にそって  そうな自転車があちこち入口の前に寝そべり  そうに凝視し  そうに掻きあげていた  そうにまじまじと見守っていた  そうなもんだと思う  そうにやたらに挨拶してる  そうな通りを選んで  そうに唾を飲んで  そうに手なんか振っていた  そうにそこらを拭いている  そうな重い扉からいわゆる劇場へ案内されると  そうな話し声が聞こえて来た  そうもないじゃアありませんか  そうに眼をひそめたが  そうなほどにも軟らかく見えた  そうに聞き咎めた  そうな鼠の啼き  そうではあった  そうに頼母を見詰めた  そうな様子で云った  そうに眼をしばたたいた  そうに見送っている  そうな目に会ってからという  そうに言いながらも  そうな焦立たし  そうに昂進している  そうな眼を見附ける  そうに天をふり仰いだり  そうにうなだれて  そうにそれを破きすてた  そうに後ろを見た  そうな事を話し  そうに貼りついていた  そうに揺すぶっていた  そうとしてはぶつかり合って  そうな顔していた  そうに考え込んで  そうとでもする  そうな電車に乗ります  そうと名手がかわるがわる努力しても  そうな調子でささやいている  そうにもない人のボタン穴にさされたりする  そうににこにこして  そうでなかなかこわれない  そうになったほどだ  そうな赭ら顔のすこしく釣った  そうだとなった  そうで騒いでいますが  そうにも立ちつ坐りつしていたが  そうな日の丸の独り口説にいよいよ気を腐らした  そうな開放運動はあの以前木下杢太郎や私なぞが夙うに済まして来た  そうなところだと思っていますよ  そうな気もしたが  そうに撓んでいる  そうな笑顔をする  そうなと眺めている  そうに掛け垂らしてあった  そうに鉛筆の心を嘗めた  そうに赤いにこにこ面で差し覗く  そうに此方を見た  そうな剣幕ですから私も仕方なしにそこに坐って黙っていますと  そうに舌打ちしましたが  そうに膝を進めて  そうになって居ります  そうに歌っている  そうなことを知って  そうに青い顔の頬のあたりをうすくれ  そうに私が嫁に行くと云って  そうに前足をあげて叩いて居ります  そうな様子でもあった  そうにしてると  そうに笑って云った  そうな息をしながら話した  そうな話を選んで申し上げたいと存じます  そうに門を叩く  そうであった命をとりとめる  そうな熱さで思わず飛びあがる  そうな気持ちになったほどの  そうな感じのする  そうに笑ひ出した  そうに大いに笑った  そうに唸っていたが  そうな権幕になって来た  そうにささやいている  そうに振舞いながら  そうに顔を伏せた  そうな事ばかりを云っている年老いた  そうに物語り出し  そうにしていたり  そうにかがやいていた  そうに時計の表を眺めて  そうな冷たい眼をしていた  そうでいる  そうになったりした  そうに覗きに来た  そうなことを云った  そうにく  そうなことだと思うし  そうな諦めの  そうに外を眺めて  そうににこにこさして  そうな人を通りすぎた  そうに話をしていたが  そうなので私たちも段々深味に進んでゆきました  そうな声でこういきなりいいましたので  そうに陸の方を向いて  そうに見開いていました  そうになると仰  そうに私の手を払いのけて  そうな恐怖の中にいる  そうな低い空や暮れかかる  そうに口籠もりましたが  そうに王の顔を見入りながら  そうな溜め息をした  そうに羽ばたきを  そうに元気よく走り込んで来た  そうに藍丸王の周囲を踊り  そうに羽ばたきをしながら  そうに売ったり  そうな呼吸の下からあらん  そうに見えませんでした  そうと思ったが  そうに独り言を云いました  そうにその声は大勢の声に打ち消されてしまいまして  そうに胸が悪くなって来た  そうに手を引き合った  そうに扉の把手を押しながら  そうに考えられる  そうなのもアルバイトの女学生芸能家だと見当をつけた  そうなものは油紙で包み  そうな欠けた  そうなので躊躇したが  そうもないので割愛して進んだ  そうだから御存知あるまい  そうに見えるほどの  そうなものを注文はしても  そうな一断面を見出す  そうに見えなかったのにと  そうな汗の球が幾条となく背中を流れ出す  そうなのを切に恐れている  そうな理窟を蜿蜒と幾重にも重ねて行く  そうな徳義上の言葉を裏から言い直すと  そうな気色に髯は延びて来た  そうな感じを病人に与えるくらい  そうに生えた  そうと思っていた  そうでしかも厳として消えない  そうな自然石が目について驚いた  そうに白を眺めています  そうな声を出しました  そうに唸ったと思うと  そうに鼻を鳴らしました  そうに吠えた  そうもないことは選挙演説会の会場をのぞいただけでも  そうにゆっくり通った  そうに目を伏せて  そうに大きく目を見ひらいたが  そうな呻吟の声をつづけていたが  そうでも書いた  そうに背中を丸めて咳きながら  そうなもんだと思うが  そうな頼母しい  そうで堪らなかった  そうに打眺めて  そうだということが学校をとりまいて  そうでその花を一朝奇麗にもぎって  そうに毎度歌いました  そうに大層私を力に致しまして  そうに体を前後にゆるくゆりながら  そうな顔して参りまして  そうに伏目になって  そうに白い歯並を輝やかしながら笑い出す  そうな男の声が旋律をひっぱって  そうに手をひろげて  そうに呟きながら  そうだぐらいの評判で持ち切って下されば  そうな顔をしてみたり  そうには書かない  そうな書類をそこに持って出た  そうな金時計を取りあげて  そうにちらっともう一度彼を鋭く見やった  そうに冴え切っていた  そうに彼の手許をながめやった  そうに二人からのぞき込まれているという  そうに興あり  そうなようすも見えません  そうに話しながら通りすぎた  そうな場合には御互に示談をして  そうな理由は認められる  そうな形勢になって来た  そうに吾輩を見上げているが  そうな安いものを売っている  そうにこずえにとまってさえずりました  そうにさすっていた  そうにそういった  そうに口ずさんだ  そうにもなかったんで説明した  そうになるほどに書いてある  そうをする  そうなかおをして居る  そうな間ぬけな呼び  そうな杯をにぎって  そうに見せかけて置いて  そうにぴったりと座った  そうに高く笑いながら  そうな姿を描いて  そうにくって居る  そうな気持になって居た  そうにのんきらしい様子に遊んで居る  そうないかにも世なれない  そうな気持になってうるんだ  そうな銀杏返しに縞の着物を着て  そうな体の処々を細いのや太いやの紐でくくって居る  そうなど云う  そうで仕様がないと話した  そうに思われていけない  そうに気がめ入った  そうな眼をぼんやりと見開きながら  そうかも知れぬと  そうな空の下を悲痛に叩きつけられた  そうな婦人をみつけた  そうに響いて居た  そうに俯向いている  そうな国まで飛んで行く  そうな責任と誇りを感じた  そうにまで撓む  そうに走って行った  そうな声が叫んだが  そうな小馬に引かれた  そうなことを告げるかの  そうな調子をさらに加える  そうとたえず努める  そうな廊下と下で交叉している  そうにじっと見ている  そうもないように思われるね  そうな様子も見せずに  そうには思えないけれど  そうな意見を解釈してみただけで  そうもない事態になってしまい  そうだろうと想像された  そうに保証しました  そうもないことが起って  そうだったさまざまなもつれについて何も知る  そうなことに答えるかの  そうもないことよりももっとあり  そうなものをもっていた  そうにうかがっている  そうに眼に当てて  そうに蠢いて  そうに顧みた  そうなのを物色しだしました  そうに話しました  そうに着物の腰あげを  そうな唇を見つめて  そうなのはこ  そうに悄れてみせ  そうなセルに着換え  そうな三階建が立ちかかっていた  そうなごろた石の石垣について曲り  そうに首を廻し  そうに泳いで遊んでいました  そうな音を立てていました  そうに空を見上げました  そうなため息をついていました  そうに出て行く  そうな横眼を使って  そうな心細い顔付きになり  そうに呑む  そうになっていても  そうな表情で見くらべながら  そうにそれを差し出しながら  そうな調子があった  そうな眼鏡をかけた  そうに茶の間を出て行った  そうな唸り声を洩らしているらしかった  そうにちゃんと坐った  そうに慎太郎を見た  そうな洋一の相手をしていた  そうに毒口を利いた  そうに見上げていた  そうに梯子を下りて行った  そうな顔付になって  そうに片手で単衣の袖を肩の上へたくしあげた  そうにすこし雀斑のある  そうな声を立てて啼いた  そうに見下ろして  そうに空を仰いで  そうですが隆ちゃんたちのれる  そうだからやって貰っている  そうならばやめて  そうな日になりました  そうだということを云った  そうとしてゆれる  そうな声を出すと  そうと努力している  そうで気がひけます  そうですがいつ  そうもない気がして来てしまった  そうですからこっちから送りましょう  そうな感覚にまで誘う  そうならそれは気が軽くサバサバするだろうと思うが  そうで台所は大活況を呈している  そうに思われますね  そうにハンカチーフを手にして  そうならいまに赤こちゃんをくれるという  そうで行く  そうなまま戸棚につくねてあったりすると  そうな女は愛さない  そうだと思うので  そうな視線で眺めて  そうでいらした  そうでと申しました  そうなお天気でむします  そうだと思ってね  そうにかきましたけれど  そうというので  そうという話ききました  そうで私は見ず  そうに脚を動して笑う  そうに思います  そうな老婆がぼつねんと坐っていた  そうに相好を崩した  そうな呪文をブツブツ呟きながら  そうに腕を組んで歩いているが  そうなので怖くてたまらなくなりまして  そうになっているのに  そうに鳴いていました  そうにこちらをにらんで立っていた  そうにその場の様子を眺めていた  そうに学校に出て行く  そうに眺め入って  そうな気がしない  そうに群を離れて立っている  そうな声で叫んだ  そうに走りまわっていた  そうな姿勢になったが  そうに念を押した  そうに坐ると  そうに畳の上に落ちた  そうな気配さえ見せなかった  そうなふうには見えなかった  そうに何度も叫んだ  そうにその様子を眺めていた  そうにその視線をよけていた  そうな風景画や静物画に対するごとに何よりもその作者の色彩に対する独創的な感覚と表現法によって不思議な快感を促されていた  そうに碧く  そうになって走っています  そうな羞恥に歪んでおり  そうな自分の姿を掴まえる  そうに話しあう  そうな海水浴場のほうは素通りにして  そうに引張り  そうに話をしていました  ぞうっとして  そうに腕を拱きながら  そうに土神の祠の方を見ていました  そうににやにやにやにや笑って寝そべった  そうに両手で髪を掻きむしりながら  そうにしていますし  そうな思いがした  そうに動くから  そうな音が出るだろうと思う  そうだと言う  そうな一切の所持品を奪い  そうにないという結論に達した  そうな眼つきをしていたが  そうにいい切ると  そうな旅人を狙って  そうに見守っていた  そうにして云った  そうな顔を暫く見守っていたが  そうでもありません  そうに打傾く  そうに眉香子を見上げた  そうに眉香子の顔を振り返っただけで  そうに撫でてみたり  そうな顔で炉端へ坐って  そうに手で払いのける  そうに眼をしばたたいていました  そうなものを取り揃え  そうに壜詰をさげて  そうに立ち  そうに横を向きましたわい  そうに次郎を見た  そうな顔をしていないじゃないか  そうに眼を見あわせた  そうに体をゆさぶりながら  そうなことばかり書いて  そうに眺めていましたね  そうな眼付でしみじみ見ますし  そうにこまかく震えながら  そうに話してる  そうな気までした  そうに坐っていた  そうに広がっている  そうとは思召しますまい  そうなようす  そうに土間の框にきちんと腰をおろしている  そうなすきまができる  そうにほほえみながら近づいてゆく  そうだからきく  そうで腋の下に汗をかいている  そうに考えたりしていると  そうだったら逃げれあいい  そうな影屋敷の内部をのぞいて見る  そうな顔つきをせずにはいられませんでした  そうなことだと微笑まれる  そうな危険があります  そうな見出しの話し  そうにも出  そうな人出でワイワイいっておりますから  そうにブランコをしたり  そうにくわえて飛び出しました  そうに下を向きながらと  そうなようすがありませんでした  そうな意志が図解されている  そうに右往左往した  そうな音がみちて居る  そうな苦しそうな色をお互に見あっておどろいて居た  そうになってのって居た  そうなかおをして云って居た  そうな青い苔を見る  そうなほどかんしゃくが起って居る  そうに若々しく勇ましく生えて居た  そうな声でそうつぶやいた  そうに肩をふるわして泣いて居る  そうに見て居た  そうなしっとりとした  そうな頭をそうっとさげて  そうなはなしをえらんで  そうに御まきさんの袖をひっぱって居る  そうな目を遣った  そうなのもある  そうな相手を選んでは  そうもない本がある  そうに目配せをして見せた  そうな足どりで階段を降りて行く  そうな気乗りのせぬ  そうに私の馬を見る  そうな顔に緊張した  そうな今になって  そうな毛皮外套の両袖を振りながら  そうに次郎たちを見た  そうなけんまくを見せたが  そうに首をたれると  そうな気もし  そうにも思えたので  そうに顔をあげたが  そうに話しながら帰って来た  そうに視線をおとした  そうに目を下げて  そうに正向に見られて  そうに袖を合わせて  そうに頭を下に垂れた  そうに美少年は云った  そうな弾力があった  そうな読書三昧に耽っていた  そうだろうと思うわ  そうな潜戸の音がしたので  そうに辞儀をする  そうに尻目に見返したが  そうに日を送っている  そうに思われながら  そうに引合せ  そうに後へとさばく  そうなところへ出掛ける  そうと仰し  そうに流れ  そうにふりかえって  そうだからぜひ見たいという  そうな顔ばかりしていた  そうに喉を詰らせて  そうな顔を現して  そうであるが今回は暇がないから略する  そうに上り框を降りた  そうに腕を組んで  そうに雑沓を縫って  そうに傾いていた  そうに権兵衛を見た  そうに鶴を見詰めていた  そうなけんまくでどなった  そうな姿勢になった  そうかというと  そうに見えますが  そうに視線をおとしていた  そうに眼をつぶった  そうなことではあった  そうに迎えているらしい  そうに外ばかり眺めていた  そうに眼を見あった  そうに俊亮の顔をのぞいた  そうな気持になってまいりました  そうだって仰し  そうに視線をそらし  そうに眼をおとしていたが  そうで気やすくは頼めません  そうに振りみだし  そうにわたくし共を迎えてくれました  そうに暗号解読器をまわしつづけている  そうにあえいで  そうに怪人ガスコは舌打ちして  そうに声をたてて笑い  そうな声をだしている  そうな果物や菓子をながめ  そうに縫い進みながら言った  そうな悪どい  そうが金賞になる  そうとして丸鑿を使い出した  そうな色がひろがった  そうな微笑があふれて  そうな笑顔で受けて  そうに顔をしかめ  そうに新子を見おろしながら  そうに煙草を吸いながら  そうな表題と作物との関係を考えさせられるだけである  そうな不安に襲われた  そうな脅迫観念に捉われたので  そうに日の光がさしていました  そうな顔に笑って  そうですから休みの日を同じになる  そうなのでとまってしまい  そうというよろこびが  そうもないものも分る  そうですがそれは打てますまい  そうですから却ってましかもしれないが  そうになるでしょう  そうだからそのようにして  そうにきこえるかもしれませんが  そうだろうと思いましたが  そうとして心の底をいくらさぐっても  そうに汗ばかり拭くので  そうに一寸ねじれて  そうでもあるけれど  そうに照らされていてね  そうに胃吉さんが暑さに弱ってる  そうにおもうなら  そうに思えます  そうに足をひろげています  そうというところまでこぎつけました  そうですから人間並の職業についている  そうで玄米食が再考究されています  そうだということがわかりました  そうで大喜びして居ります  そうな着物を一揃え上げたい  そうだと判断する  そうな笑顔を見て  そうになったのでね  そうにも思えたが  そうに肩をすくめながら  そうな活動に駆りたてていた  そうにひとりで笑っていたが  そうな鐘の音を追い求める  そうに思えるのに  そうに思えるほどの  そうな気持ちになり  そうに見受けられました  そうに聞えて  そうに腰を折って  そうに眼を通していた  そうなものは何一つ見付かりませんでした  そうなものだと私は思いました  そうもない笑靨を見せて  そうに可愛らしい眼で自分を見ておりましたが  そうに解いた  そうにまたそれを手繰って  そうに帯の結び目を解いて手繰り  そうに鼻をならし出したので  そうにもしないで  そうに揉手をしながら  そうに言葉を杜断らせた  そうに縮んだ  そうで口早な痩せた  そうしてこれを売るまでに  そうに巻いたりする  そうに衣子を睨み  そうな浮かない  そうな事が誰にも察せられる  そうな目をしている  そうな叫び声をたてる  そうなのを辛くも抑えたほど  そうに呼吸をする  そうに微笑んでいる  そうな色がうかんでいる  そうな声でさけんだ  そうな予感を覚えた  そうなので此処を引きあげねばならなかった  そうに私をみるだけだった  そうな目をした  そうに黙っていた  そうに封を切った  そうなことをいうが  そうな顔をするが  そうにお挙げになり  そうに提げ  そうに低い処で漂っていました  そうなのを発見して  そうにしても引込ます  そうに想われる  ソウなったかというに  ソウいうてくれるから  そうになるまで待たされた  そうとして苦闘している  そうに蒸し返し繰り返して  そうににやにや笑いながら  そうにも見えぬけれど  そうにも思われないがね  そうな可い  そうな説だと思う  そうな気配があるし  そうに跳ね廻っています  そうな大きな腹をして  そうなお顔をしていらっしゃる  そうににらんで  そうだがお前さんは知りませんか  そうな様子は見せなかった  そうに墓石が乗っている  そうな気色もみせなかった  そうなたべ  そうに歪んだ  そうに表現する  そうな相手の男の腕っ節から来た  そうな黄塵の中を泳ぐ  そうなので咳払いを一つして  そうに背をかがめ  そうに通って行く  そうに見ただけであった  そうに小鬢を掻いた  そうに宗春がこう云った  そうですからそちらへ直接送る  そうに思えるのよ  そうに思えるけれども  そうな者への反感をきわめて意地わるく示します  そうな家事のことも本気にかけば  そうな故郷をみなはなれて  そうな雲の様子ではありましたが  そうになっているの  そうですから御心配下さらないで  そうなどてら持ってゆきます  そうな人を知らなかったし  そうにしてみるか  そうに肩をすぼめて  そうに笑いつつ出て行った  そうに飽くまでその行方を見守った  そうな所を方々捜し廻らねばならないと  そうに片隅へ離れて  そうに立ち止って  そうに顔を見合わせながら  そうに五六名後をついて行った  そうに引きずりつつ捜し廻った  そうにもじもじする  そうに悲鳴を上げると共に  そうに首筋の方へ近づけようとした  そうに咳をして  そうに見上げただけである  そうなくぐり  そうな気になった  そうなことは池の中の魚のように本能的に感じられる  そうな眼元を見ると  そうなことを助言していたが  そうな事物を教えようとて  そうにいっぱい注いだ  そうな脛当で保護されている  そうな態度を見せる  そうに輝き始めた  そうな形勢が見えれば  そうに眼玉を白黒させていたが  そうなものじゃないかというと  そうな微笑をした  そうかも知れないと考えてみて  そうに思えるほど  そうな友人には相談してみた  そうな微笑を浮べた  そうに二人の話している  そうに俯向いていた  そうに微笑いをふくんで  そうに小さい襯衣やおむつを縫いはじめた  そうだと話した  そうに息を切らす  そうにぜいぜいやった  そうに空気が足り  そうに動いてみえた  そうに働いた  そうにハアハア言っている  そうにそう云って  そうに繰りかえした  そうに垣根にからだを擦り  そうな妙にものに衒う  そうな色をたたえていた  そうによく綾して  そうな色をたたえ  そうな顔をしなくとも  そうな気勢を示した  そうな凄じい色を湛え始めた  そうと思ったわ  そうだからやめるという  そうに思って居ります  そうな気がしたり致します  そうだと云ったら  そうに書いてよこす  そうなふりをしない  そうな家があり  そうな間違いを犯して居ります  そうな事態になったら  そうな工合になって来ました  そうに感じました  そうに違いないと思います  そうにそこい  そうだから出してしまうわ  そうに葉の上を流れて行く  そうに云い出すので  そうな細い首をみると  そうだから安心してやったら  そうな平職工だと誘われる  そうだから一緒に行ってみようと云った  そうでも取らなかったら  そうにじゃれついた  そうだ踏み込んでやろう  そうに思ったが  そうに言われた  そうな波打ち際を散歩してみないかい  そうな波頭がパッパッと白く噛み砕ける  そうに痛くなった  そうなのをじっとこらえた  そうに細そりとしていた  そうにトントンとやった  そうにふざけていた  そうにあげた  そうだと云うので  そうになって居なければならない  そうな所に置いて見たり  そうなのはもうすっかり命数だけの子供を生んでしまったので  そうな若い小男が入って来た  そうにはありませんかね  そうもありませんからね  そうに友達に報告された  そうな紙袋を二十分位で空っぽにしてしまって  そうな熊笹が一面に生え茂っている  そうな心配があったからだ  そうにないほどどっしりと構え込んでる  そうに落付いてる  そうに恒夫が呟く  そうで不気味に見えた  そうに見えないね  そうな顔つきをしていらっしゃいませんでした  そうにさわいでいる  そうとして茂っては居りますが  そうなペンで書かれた  そうなのに下だけしか買えませんでした  そうかも知れないねえ  そうな顔付をして  そうな客だとはおもうが  そうにはいってきた  そうにいすから立ちあがった  そうなこまかい数字をかきこんだ  そうに動きまわるかと思うと  そうにさけび  そうにトーマスをじろじろと見て  そうにこたえると  そうに飲みながら  そうによびかける  そうにたばこを吸いはじめると  そうにうなり  そうになんどもながめまわしてから  そうに食べ物をもとめて  そうな下着やくつ下をとりだして  そうな淋しげな表情になる  そうとして焼けどをした  そうに突き転ばした  そうに徳市の顔を見て笑った  そうな様子が見えず  そうなところだと思うの  そうに見えてならなかった  そうな事にも思われないでも  そうに或るときはむしろ寒そうな姿をしていた  そうもない事は知っていながら  そうな事に考えられた  そうに女を見  そうに曇っている  そうに出発した  そうだがと聞いた  そうな声が聞こえる  そうに身をかがめて  そうな日なりという  そうもないところまで来ている  そうな書物を読み耽った  そうな顔をして言います  そうな機会を積極的に作る  そうぬかつてゐました  そう可愛らしく思はれました  そうに聞いて居た  そうに皆が笑うのに  そうな腐朽した  そうに抱えながら引返して来て  そうな口を利く  そうな匂いをもって  そうに威張っておりまして  そうなのを四つ五つ両手で押え止めながら  そうな忍び笑いの声が洩れてきた  そうに身を揺った  そうな書物を並べてあるであろうが  そうもない立派な書籍も陳列されている  そうなこの雲の影を忘れてしまった  そうに寄り添って  そうな赤い強い色をぽたぽた点じていた  そうに見えるのに  そうに日光を映していたりする  そうな私の顔を見て  そうに嬉しがる  そうにもなさらない  そうな母を描き出す  そうかも知れないけれども  そうな父の態度と言葉を繰り返しながら  そうな樹や草を震わせている  そうな病室を退いて  そうに畳んだ  そうな顔をちょいちょい私に見せた  そうに吟ずる  そうに燃えていました  そうなところがありありと見えていました  そうな表情とともに憤然として小池将軍は立った  そうな顔をなさって  そうになって困るので  そうな名前を選んで用いている  そうに佐伯の顔を横目で見上げた  そうに小さく首肯き  そうな寝顔をのぞくと  そうなものはメモにとっておく  そうな本はなるべくメモにしておく  そうなら平気で買う  そうもない時もある  そうな年齢にある  そうもないことではあるが  そうにして起たずに  そうに薄い唇の色をかえていた  そうな黒繻子の中国服を着た  そうなとの話が流れ  そうに井戸を見上げた  そうなお面をかぶっていた  そうに描けていた  そうに光治の方を見ていって  そうな顔つきに変わって  そうもない感覚的快楽は道徳律を侵害する  そうだと推論し得る  そうもないことときめるまでは  そうな状態にある  そうに膳を叩いた  そうだが多幸を祈る  そうに働きはじめる  そうでなあ方々からくれくれ  そうにかかえて現われた  そうな表情に見えるが  そうに熱心に廚子のなかをのぞき込んでいたので  そうに身を悶えて  そうな気分が浮動した  そうな声で鳴きながら  そうであると云い  そうに頭の毛を自分でつかみながら  そうに俺を見た  そうに坐り居る  そうなる眼を注ぎ居るに引き替え  そうもなければならぬ  そうな顔もせで  そうならば我がすると得たり  そうに眼を瞬いた  そうに眉根をしかめながら  そうに見えたって  そうな星がある  そうに思われるほど  そうにすすり泣きはじめました  そうにはっはと笑い出しました  そうでもありました  そうだと云いました  そうにその模様を話して聞かせました  そうになったと云います  そうな辺方瘴煙の気を感じた  そうな目はしなかった  そうな懸念があるので連れ添う  そうにこちらを見ていたが  そうな目をむしゃくしゃさせながら  そうに人について仕事をしてるばかり  そうに相言をとる  そうもしない  そうに下って行った  そうな寐顔を見ながら  そうな深い皺を寄せ  そうに眼を放さない  そうな擬勢を示したので  そうに冴え  そうに一口飲んでから  そうな理窟を並べ  そうにして遊んでいた  そうな頼みを聞いて  そうに駈け寄って来て  そうな笑声が漏れ聞え  そうに笑い合う  そうな事を言ったものの  そうな者を捜し出してはおどし  そうに歩いているわね  そうに狭い部屋を歩きまわり  そうな様子を見るにつけても  そうに陰気な窓を睨んでいなければならぬ  そうな高音でハルロオと呼ぶ  そうな白豚のミソがくっ着いて来た  そうに喉を鳴らして  そうに父親に話し掛けたりしていたとの  そうに床の上に臥ころんでいる  そうに涙をためる  そうなものが出てきた  そうなものなんて言ったら  そうなものを辞退する  そうに食う  そうに見せている  そうにうめいている  そうに京吉を見上げている  そうな方へ遠い視線を送っていた  そうなことは気づいてはいたが  そうにやってくる  そうな氷柱がさがっている  そうな表情を浮かべて見上げている  そうに目尻をゆがめて見せる  そうに笑ったりする  そうに銃の台尻を支えて立っている  そうな盛上った  そうな身軽ななりをしている  そうに見下している  そうに左に傾げて  そうな緊張した  そうに眺めてるので  そうに笑ったでしょう  そうに頷いたが  そうな弾力を持って  そうに声を掛けた  そうに洗っていたが  そうな大きい高い声でもあった  そうにございます  そうに歩いているだろう  そうな顔をして見送ったが  そうに手を拍った  そうに喘ぎ  そうに男に話して聞かせた  そうして今日まで根気よく観測を続けて来ていた  そうなショックをうける  そうな話などをして  そうに結ばれた  そうに溜め息をついた  そうに頼んだ  そうな客を見付けてやりたいとも思ったので  そうに眉を皺めて言った  そうに世を送れ  そうに見えるかも知れないが  そうに暮らされよう  そうな声で答えた  そうに寝たり起きたりした  そうな表情が浮かんだ  そうに歩きまわる  そうな洋酒が盃にはいって  そうだったことをふと思いだしたので  そうな正太をぐっとにらみつけた  そうな街灯がポツンと立っていて  そうな気配にも見えた  そうもなくなったぞ  そうな感じが出る  そうに莨をすっていた  そうな千鶴子の前に思わず立ちはだかる  そうな冷たさをもった  そうに眉根を寄せていた  そうになったかわからない  そうな灰皿の吸殻を見つめている  そうになろう  そうな事をお言いでない  そうな狸腹をしている  そうに帳場へ行って  そうもないから便所へはいる  そうな溶け  そうにのろのろ歩いていた  そうな場所は鉄板の覆いがかかっている  そうな顔ばかりしている  そうに見つめ出した  そうにも見えなかったな  そうな様子で答えた  そうに云いかけたが  そうな様子で無数の落葉に埋まっていた  そうもない少女の事をもう一遍考えかけた  そうに書いた  そうに泣きじゃくっている  そうな口吻で云った  そうに返事をした  そうに目をつぶっている  そうに見やった  そうなところのない人間は全然取つけないからなあ  そうだと思い込んでからは  そうな様子をぼんやりと思い浮べている  そうなところはあったけれども  そうな仕事を除いたら  そうに音を立てている  そうな恰好をして  そうに手にとらずにいたが  そうに目をつぶっていたが  そうなのを漸っと耐えている  そうに肩で息をしていた  そうな事が胸一ぱい込み上げて来る  そうな熱にもよく耐えた  そうによみ返らせていた  そうな気持ちになったりした  そうに笑いながら答えた  そうに笑顔を上げたが  そうな気がしだした  そうに見廻して  そうに往来していた  そうにふり返っていた  そうな自分の行為の説明を再び考えて見ていたが  そうな事に思わず  そうな事に気がついた  そうな気がしたからであった  そうだし困って  そうな顔つきで枕についた  そうに抱いている  そうな湯気をふき始めていた  そうもない様子であるのを見てとると  そうな一同の権幕に恐れをなして  そうにハァハァ喘ぎながら  そうという人がある  そうな息づかいをし  そうで危険ですからできるだけ縮めて  そうには見えません  そうな筋道から言って  そうもない場合に備えてやっている  そうに手すりの上に身体を乗り出した  そうな若い娘がたたずんで  そうに見つめている  そうなことでさえあって  そうなのを見てとって  そうなことだと思われる  そうにはほんとうに見えなかったからね  そうだったお前の用件をめちゃめちゃにしちゃったじゃないか  そうもしないで  そうなことでさえある  そうもないことだと思われ  そうにぴくぴくさせた  そうな顔つきで振返った  そうな五目寿司を拵えている  そうな土地があったら降りてみようかしらとも思っている  そうに実によく降っている  そうに背の高い吉田さんを見ていると  そうなものを感じている  そうに思えて困ってしまう  そうなアンパンを一つ摘んで食べた  そうに嬉しくなってくる  そうにしょんぼり廊下の隅に何時までも立っていた  そうなカフエーを次から次へ野良犬のように尋ねて  そうな食物で埋っているではないか  そうにバケツを私の前に出して  そうに朽ちた  そうに汗が出る  そうにパチパチ弾きながら  そうにそれを黒板に書きつけたり  そうに口笛を吹いて  そうな油の匂いがしていた  そうに電気を見つめていた  そうに手を鳴らして  そうな匂いと音がしている  そうもないありさまに呆れている  そうだ患っている  そうだけれど信じない  そうなのでやめる  そうにあわててしまう  そうな凄味のある  そうな楽隊の音がしている  そうが出来たと云うと  そうな気がして来る  そうな事を書いている  そうに吸っている  そうな窒息感におそわれる  そうな事を考えてみた  そうなものがぎっしり並んでいる  そうな気がしていながら  そうだなぞと云っても  そうなのを二本買って  そうにふとってるな  そうなパンが並んでいる  そうだと云って買ってゆく  ぞうもく  そうに考え込んだ  そうに訊き出した  そうに晴々と云った  そうなことを考えよう  そうにさえ思われる  そうに桔梗様が訊く  そうに落ちている  そうな笑顔をして見せた  そうに八郎の顔を見た  そうに身を震わし  そうな笑声が聞えています  そうな響きを聞きました  そうなところに架空線がブラブラしているし  そうな語調で合槌を打った  そうな虞れがあるので  そうに身体をねじる  そうに獅噛みついている  そうにゆがんだ  そうに目を伏せた  そうに掴んでいた  そうなのを心配しながら  そうな長い革袋を肩から斜めに懸けていて  そうに頷きました  そうに眺めておりました  そうに顔を近づけて  そうにはしゃいで  そうもありませんでしたが  そうな青年に思われますが  そうな気がしなかった  そうだからオジサンに報告に来た  そうにおいよを見返りながら  そうに近寄って  そうに詰めよる  そうな村の爺さんが少なからず難色を顕わした  そうに手を合せた  そうに褌をしめなおすと  そうに腰をつくと  そうな水が漲っている  そうもないのは判っているので  そうに笑っていましたが  そうとして気が注いた  そうに泡を立てはじめる  そうと思いながら  そうな物でも御返送の保証はできない  そうな気がしている  そうに思われるからでもある  そうに思われたりした  そうなぼくの幻想から出発してしまっている  そうな瀑風が気流のように渦まいている  そうなミゾレ曇り  そうだとしたら驚くべき  そうな柿が垂れ下がっている  そうにどこかへ出かけて行く  そうな眸をしたり  そうなことに考えられる  そうな惧れがある  そうに体を左に反らしながら  そうな口を利いた  そうだったらここに村田がいるっていってね  そうにオーバーの襟を立てながら  そうだと喜んだ  そうなので喜んだ  そうな処へ寄り懸る  そうで容易に足が進まない  そうに居ずまいを直した  そうな眼色を輝かした  そうな肉の幾片かを載せ  そうにちょっと会釈した  そうに扇子を使いながら  ぞうで口を隠しながら  そうな眼を挙げて  そうに笑い興じながら  そうな流し眼をじろじろ彼の方へ注いでいた  そうな声が一声溢れて来た  そうな視線を挙げて  そうな気もちがしていた  そうに彼の当惑を見守っていた  そうな擬勢を示しながら  そうに眼を輝かせながら  そうもない競争をする  そうな色が去来した  そうに片手に下げた  そうにこう答を避けた  そうな気がし出した  そうな足を運び始めた  そうな雲雀と時々話をした  そうな声をかけた  そうに寄り添った  そうな挨拶を交換すると  そうな彼を見出した  そうな呻吟の声を洩らした  そうに探し出して与える  そうに点検する  そうに鳴かせる  そうに父親の顔を見て  そうな細君にも紹介せられ  そうな白い顔を気もちよさそうにしてみた  そうにそれを嚥みくだしたが  そうにないと思われたので  そうに啜った  そうだ腕時計はおととい板橋で賣  そうですよ中村の奧さんあんたにはおれがどうしてこうなつたのかどうしてもわからないしかしねえ  そうだ俺はどこへ行く  そうだこの捨吉と俺と人に忘れられた  そうにあやし始める  そうな眼をしながら  そうにその子と喋ったり笑ったりしながら  そうな氣がするが  そうであるとするならば  そうに白い眼をひらくと  そうに鼾をかく  そうなものだという気がした  そうな弱そうな色の白い顔を襖の間から見せた  そうにずんずん歩いた  そうに揺ると  ぞうっと肌が寒くなる  そうにほほ笑んで  そうになじんで  そうに目で笑い  そうに眼鏡をかけ直しながら  そうに各方面に散らばった  そうに何か探している  そうな声がした  そうにひくつかせて  そうなこのソヴェトというところへは来れない  そうに一日じゅう踵を鳴らして歩いてる  そうに紙をもったなり  そうにアーク燈の光を浴びた  そうな囁きがあっちこっちで聞えた  そうな方程式が書いてある  そうに自分の膝の下で寝ころがってる  そうな光が閃いた  そうなパイに気もちよく寝かしつけられて  そうに串ざしになって  そうに書物を熱心に見ているか  そうな振りをして  そうなげっそりした  そうに頭を動かしながら  そうに撫でた  そうに持ち出して来て  そうも無いと云うじゃあないか  そうも無いと云う  そうに引き上げる  そうに溜息をついていると  そうな人々を見あたり  そうな服装をした  そうな山などへはいる  そうな場所を選んで  そうな場所を見立てて  そうな薬をあたえた  そうな強い咳をして  そうな革袋を出して渡した  そうに働いていましたが  そうだろうと思いやられます  そうに着ていた  そうにねぶった  そうなものだなどと言っておりますと  そうな顔をしていたという  そうに聞えていました  そうに人が通った  そうに壮助の眼の中を覗き込んだ  そうな人間のような気を起させる  そうにクッションに凭せながら  そうにうつむきながら歩いていた  そうだけれども字を書いている  

~ そう[名詞]1
効果を得られそうも  のだそう  将来に出来そうも  履歴書だそう  主張したそう  庭へ集まったそう  名人があるそう  年寄だそう  千代千代と鳴くそう  二十円もするそう  んだそう  千代千代と鳴きつづけたそう  目に消えてしまいそう  振りおとしそうに  お喋りしてしまいそう  ここを追っ払われそう  答えは出て来そうも  事を叱られそう  頬をしかめそうに  急用があるそう  母親が呼んでくれそう  耳がつんぼになりそう  あたりにつきそうにさえ  子供でもよろこびそう  おなかがすいて死にそうに  今日まで伝わっているそう  転機に面しているそう  見頃だそう  島道子といえばありそう  無事ではすみそうに  蟹も上がりそうも  つもりであったと語ったそう  出頭したそう  店を出られたそう  奥さんがなくなられたそう  店に居られたそう  噂があったそう  薬だそう  注射薬だそう  糖尿病にかかって居たそう  注射したそう  十二時頃帰宅したそう  索物色情狂があらわれるそう  ことは出来ぬそう  煙草をすって居たそう  札束をつき出したそう  オフィスにかけつけようと思ったそう  否認したそうだけ  十二時頃だったそう  のだなと感じたそう  顔をつき出したそう  内を見ていたそう  覚悟していたそう  警察だそう  卒倒しそうに  米があがったそう  窒息しそう  噂をされたそう  何事かありそうに  心も飛んで行きそうに  義王御前を出そうなんかと  不評であったそう  一番兵隊に行きそう  寝泊りしていると言っていたそう  大雨を降らしそう  家根をも剥しそう  間違だそう  甥だそう  不快でございましたそう  往ってしまいましたそう  事情でもありそうに  引籠っているそう  首ッたまへかじり付くそう  お出でになりますそう  手前が負けそう  廿一だそう  紛失になりましたそう  四寸二分の如来様だそう  作物だそう  お金が出ましたそう  一緒に行って遊ぶそう  廿七だそう  女だそう  医者様だそう  土中へ埋め隠してあると云ったそう  ものがあるそう  ことができそう  運動神経はありそうに  野田市だったそう  ペースでやっていけそう  涙が出そうに  百合絵に似合いそう  心臓が張り裂けそうに  とおりになりそう  処理してくれそう  空に吸いこまれそうに  意味がありそう  材料になりそう  事もあるそう  感染しそうに  こちらへ燃え移って来そう  火は燃えて来そう  こちらへ燃えて来そう  誰だか言っていたそう  事が起りそう  受験するそう  二百枚以上になったそう  柔道四段だそう  者だそう  お流れになりそう  ものが掴めそう  席を蹴って帰りたかったそう  声が出そうに  病気だそう  僕の出来そう  何も出来そうも  なんだそう  赤みが取れるそう  下谷へ行ったそう  程だそう  勉強などは出来そうも  雨が降り出しそう  ごぶさただそう  掃除をしているそう  一周年記念日だそう  才能はあるそう  折檻されそう  容易に掴み取れそう  予定だそう  みんな寝そべっているそう  面会できないそう  俳優になれそう  かくし子だそう  氏だそう  ポケットにいれて来るそう  一等席に来ているそう  鶉で頑張っているそう  大声で叫んだそう  卒倒しそう  ようになるそう  発狂しそう  聖人だそう  こんどは逢ってくれそう  水の出そう  のが流行るそう  眼だったそう  人だったそう  釣瓶縄が腐って切れそうに  下駄を取られそうに  乳首が抜けそうに  塞りそう  物を看附けたと言いそう  血を吐きそう  泣出しそう  破裂れそうに  膝を突きそう  疾から出そう  何処かへ消えて行きそうに  了ったそう  腋の下が見えそう  顋に触れそう  紛としそう  方が有りそう  文士に為りそうに  忙がしそうに  忙がしそう  接近されなくなりそう  無限へ消えて行きそうに  一緒に消えて行きそう  お金も出そうと  噂をして観たそう  竹が睡たそう  私に会いたがっているそう  ところで起きそうにも  人がつきそうて  物をしたそうじゃ  お話があるそう  辞をたまわるそう  チビ公がきてつれていったそう  寝台へ寄りそう  辞表をだしたそう  辞職するそう  頭をそらして倒れそうに  心配で死にそう  足にあたりそう  しっぽがこぼれそうに  肉がはちきれそうに  ハチ切れそうに  目がくらみそうに  女工などが喜びそう  地にすべりこみそうに  出入りするそう  お松が見たそう  子供は泣きだしそう  おればねていたんだそう  顔を見たがりそう  五分ぐらいになっていたそう  ことがあるそう  実現されそうに  作品は出来そうも  句は作れそうも  逐字的解釈をされたそう  先生だったそう  いくらでも書いたそう  立ち往生をしたそう  金持になっていそうには  退治られそう  集団農場になりそう  のがかあいそう  夜が明けそうと  大小四百ばかりあるそう  ことになりそう  労働に適しそう  婚姻が行われないそう  成功しないそう  頭を打ちそうに  英文学であったそう  奴がいそうに  恥かしそうに  老人は飛びかかってきそう  大物がいたそう  事の出来そう  風に吹かれて落ちそうに  何も知らないそう  岸から溢れそうに  根負けがしそう  売れ口がありそう  胡桃をも噛み砕きそう  破滅しそうに  狂人だそう  注文したそう  病が治りそうに  医者は知っているそう  金言だそう  歴史でさえそう  力に及びそうには  出現しそう  圧倒されそう  生きがいありそうに  のぞみどおり行くそう  殴り合いでもはじまりそう  レビュウにしたそう  遁げ出そうと  頬べたが落ちそうに  時が来そう  事があるそう  遠く吹き飛ばされそうに  雨凌ぎになりそう  秘密でもありそう  化粧道具にもなりそう  花の咲きそう  骨が鳴りそう  誰かに話したそう  それは隠して聞かせなかったそう  現象を生じそう  人には思い付きそうに  顔をしそう  人に話したそう  鮮やかに弾きこなすそう  一つだそう  ものを好むそう  関心だそう  歎美を惜しまないそう  写実小説家だそう  考えだそう  事を話したそう  木枯らしの吹きそう  はずだったそう  熱心をもっているそう  話はしなかったそう  そうに教えているそう  裏がえしになりそう  前進していきそう  魚のたべそう  爆破しそうに  海上にひろがっていきそう  マストにぶつかりそう  胴中にぶっつかりそう  許婚なさるそう  あすこで死んだそう  いまにも泣き出しそうに  白状してしまったそう  百合子を責めるそう  意味がありそうに  容態だそう  ッたそうに  膝頭の出そう  幽霊になりそう  気にも掛けなかったそう  鏡があったそう  証明されそう  容易に晴れそうにも  変化しそう  余も吹き出しそうに  三杯ほどもはいりそう  コレーから来ているそう  縁があるそう  意だそう  意味するそう  縁がありそうに  古語だそう  縁がありそう  地名がありそうに  別だそう  訓してあるそう  ものだそう  ここに住まっていたそう  顔中が笑い出しそうに  組だそう  きつねといわれますそう  定期が終ったばかりだそう  狂人になりそう  真紅に破けそう  頭のもげそう  前後につきそうて  巡視しているそう  二度捕えたそう  物を言いそうに  悟りがひらけそうも  フロイド博士に殴られそう  風に吹かれて飛びそう  巴里へ走って行きそう  ために迷いそう  命もすてそう  理解が求められたそう  ようにしてしまったそう  柱に当りそうに  ものがありそうに  てれやだったそう  皮膚にくっつきそう  命も終りそう  病気がぶり返しそう  宣言などいうたいそう  輩出しそう  私生児にはなれそうも  花ぐらいは咲きそう  徴用されそう  不感症だそう  圧迫されるそう  時でも笑っているそう  ことが始まりそう  哲学者になりそう  揶揄とでもとればとれそう  一番綺麗だそう  ばかにされそう  全部出来上るそう  音をたてていたそう  みんな深海魚だそう  心も見ぬきそう  愉快に働かせて下さるそう  火が出そう  火が出そうに  ばらばらになってしまうそう  天井につきそう  ことでは破れそうも  骨が折れそうに  変になりそう  捜査に移ったそう  嘔吐しそうに  破裂しそうに  外に出そうと  息がつまりそうに  息がつまりそう  自然に閉じそう  帳面に貼るそう  云々といっていたそう  地蔵遊びをしていたそう  ように思っていたそう  子売ろというそう  毎日売り切れだったそう  二十五六だったそう  威勢だったそう  派手に暮らしていたそう  前にしていたそう  杯をさしたそう  詮議もしなかったそう  下物などが出たそう  正直に答えたそう  涙をこぼして頼んだそう  人にはなれそうも  水浴びの出来そう  木が吹き折られそうに  容易には消えそうも  容易にはとれそうも  咽喉を鳴らして喜んだそう  通りがかりに見に行くそう  人ばかりだそう  復活しそう  教育一般にしろそう  ことだそう  注意してくれたそう  明記されていたそう  こともできそう  貂皮と見まがえそう  のはありそう  座を立ちそうに  侮蔑だと思いこみそう  学資を出しそう  機会は来そうも  優に出そう  涙がこみあげてきそうに  娘だといいそう  口を衝いて出てきそう  見分けのつきそうにも  一丈もありそう  鼻をつままれそう  日曜学校で使いそう  気持になれそう  以上はありそう  結論的項式に落ちつきそうに  成功しそうに  手の出そう  たくさんありそう  気のつきそう  話のつきそう  綺麗に吸い取ってしまいそうに  おいてきぼりを喰いそう  誰もが考えそう  上瞼に隠れそうに  咳が襲ってきそう  身がすくみそうに  何んでもいえそう  始末をつけてくれそう  涙のこぼれ落ちそうに  容易に散りそうには  憎しみともいえそう  泣き声になりそう  酔いがさめそう  問題になりそう  ヒステリーになりそうに  一頓挫が来そう  混乱を与えそう  ぬいさんの出てきそう  手を延ばせば掴めそうに  畳数がありそう  お世話になっていましたそう  手をつけそうに  一つくらいありそう  ぱかしも出来そうに  ものにあるそう  面白がったそう  今井さんにありそう  危くよろけそう  男のしそう  主要産地であったそう  必要はなかりそう  ネネムは泣き出しそうに  足に喰い込んでちぎれてしまいそう  下に落ちそうに  巡視に出るそう  かみさんは泣きそうに  親方が泣き出しそうに  めっそう  気絶しそうに  為事をして見ようと思ったそう  ようになりかけたそう  駄目だそう  つて動きそう  ことが出来上りそう  変形だと片付けそう  幸福は得られそうも  焼跡を残しそう  二つに割れそう  何かを与えられそう  自分だけは切れそうに  張ち切らしそうに  大騒ぎをしているそう  何人か来そう  頭へ届きそうに  通り歩いて行きそうに  経営方針だそう  戦争をひき起こしそう  賛美歌が続いたり絶えたり聞こえていたそう  ことをひき起こしそう  声がありそう  運営法が見いだされそう  だれも出て来そう  目にあわされそう  頭が割れそうに  原動力となりそうに  だれかが知らせて来そう  ために死にそうに  二千円かかるそう  人がいるそう  パンを殖やしなさったそう  宗教は衰えるそう  志だそう  今わかりそうに  娘さんになっていたそう  何かいいたそうに  領内になっていそう  もんだそう  楽にできそうに  お巡りだそう  生活でさえそう  余地がありそうに  作品だってそう  象皮病にかかりそう  自動車は引き上げられそう  前で別れたそう  方へ帰ったそう  結果が判ったそう  保険もあったそう  岩見が捕まったそう  ことだからそう  画工が描きそう  目をまぶしそうに  苦労しそうにさえ  浪路だそう  理学士だそう  浜べにかけつけたそう  藁むしろは集りそう  半分ぐらいは集りそう  腕がぬけそう  符号もよみとれそう  わけがありそう  大丈夫だそう  者でも聞きつけて出て来そう  怪塔王は泣きだしそう  心臓がとまりそうに  いまにもさけそうに  怪塔ロケットにおいつきそう  エンジンがとまりそうじゃ  エンジンがとまりそう  体はふきとばされそうに  いまにも切れそう  体をもぎとりそうに  風にもぎとられそう  ことが出来そうに  煙になって燃えてしまいそう  無電がはいったそう  不時着しているそう  勢ぞろいしているそう  あべこべ砲は壊れているそう  天井にぶつかりそう  胸を射ぬきそう  そばまでやってきたそう  五つ六つあるそう  帆村は遅れてしまいそう  怪塔王はふきとばされそう  向こうへぬけられそう  ことも云われそう  二町ぐらいはありそうに  ことなど出来そうも  娘だそう  つながりがありそう  人間だそう  手を触れたくなりそう  仆れそう  妾は殺されそう  意味ありそうに  胸を突きそう  尻に触れそう  茅野雄を迂散そうにさえ  同門でありましたそう  姿はわかりそうも  容易に行けそうには  信者が喜びますそう  弦四郎様は申されましたそう  あなたになれそう  勝ち目はありそうも  ことは出来そうも  盗賊もしていたそう  どこまでも落ちていきそう  何度も弾き落とされそうに  いまにもずり落ちそう  なかに吸いこまれていきそう  波が来そう  波にでも乗れそう  尾を引きそう  風に吹きちぎられそうに  自己解体してしまいそう  いまにも燃え立ちそう  手をのばせば届きそう  ことが出来そう  気絶しそう  風になってしまいそう  前兆だそう  いまにも崩れ落ちそうに  Tシャツがはちきれそうに  いまにも崩れ落ちそう  馬力がありそう  かたっぱしから揺り起こされそう  恋人になれそう  男たちだそう  ナヴィゲーターだそう  アランを知ってるそう  フィルムを見せてくれるそう  サマセット・モームが喜びそう  手をのばせば届きそうに  転覆したそう  経過していきそう  八幡様がありますそう  女の訪ねて行きそう  気の狂いそう  頭脳も打ちしびれてしまいそうに  使いになるそう  脳貧血になりそう  気を失いそう  弟には殺されそうに  たくさん待っているそう  辺なら現れそう  のが説いてあるそう  成立しそうも  実現しそう  点があるそう  ゆかいそうに  思いなすったそう  一年増しに変って行くそう  ほんとうだそう  防戦したそう  感をおぼえるそう  御馳走にあずかりましたそう  用のありそう  ひとりで来そうも  事もありそうに  探険に繰出すそう  本当だそう  小袋ヶ岡で死んでいたそう  騒ぎであったそう  娘さんが死んでいたそう  自殺を図りそう  啼声はきこえなくなったそう  病気が出そう  吸ひじれつたそうに  道傍へ投げとばしそうに  辺まで届きそうに  彼は泣きそうに  前後の弁えもなくなりそうに  魂胆がありそう  模倣されそう  運動場にでもありそう  等級別に並べてあるそう  罰金だそう  新米だそう  従妹だそう  バッグがありそうに  華やかになりそうと  危くなりそう  ものでありそうに  気持が書かれてあったそう  おしまいなされたそう  定ったそう  おいでになったそう  ことがいわれているそう  復習するそう  ポケットへ捻じ込んで駆け出したそう  交替して来そう  触覚を使うそう  手で触れてみるそう  沢山アメリカへ買われて行くそう  何かが落ちていそう  大丈夫だと思うと答えたそう  話がきまったそう  奴だと思っていたそう  言葉があるそう  仕掛になっているそう  ものとは限らないそう  辺から走って行くそう  形相を打ち消してくれそう  厚着はいけないそう  ものであるそう  ものが落ちてでもいそう  七キログラムもありそう  ものが居たそう  気違いにでもなりそう  帽子を落しそうに  感心したそう  抜き足して出て来たそう  ことになったそう  宝蔵におさめられたそう  御幸があったそう  合掌したそう  往生が出来そう  耳目を驚かしたそう  あたりに棚引いたそう  行水をしたそう  成程と分ったそう  聖光房をひき合いに出したそう  ことはありそうに  希望に叶いそうも  私は泣き出しそう  何かが破れそう  内に殺されるそう  チョン切られたそう  歯にかかりそうにも  容易に行われそうに  一争われぬそう  ザラにあるそう  統計にも載っているそう  当り前だそう  由来でもありそう  女医であったそう  ザラにありそうに  ヘドの出そう  ようになりそう  繁昌するそう  数字だそう  大袈裟になりそう  仲間外れにされそう  合同になりそう  女にでもありそう  意義がありそう  殊勝らしくていいそう  冠るべしだそう  ようになったそう  位だそう  困難だそう  反抗をしそう  他にありそう  気にしそう  気持ちがねじれてゆきそう  気持ちになりそう  頭でありそうに  饒舌り続けたそう  手に托していったそう  ことはありそう  肌につけてくれと頼んだそう  雨になりそう  ことが起りそう  カルシウムがとけ出るそう  健康にはなれそうに  芸術家にもなれそうに  絵を描きなさるそう  歯が痛むそう  あなたを訪ねたそう  病勢が進みそう  ようにはなれそうに  クリスチャンだそう  実行しているそう  自由を得ているそう  東京にいられるそう  宅を訪ねて下さるそう  独身だそう  看護婦たちにいっていたそう  調和しそうに  私を導いて下さるそう  大切にしてくれるそう  肖像だそう  ようになくなったそう  見えになるそう  初めからわかりそう  つもりだそう  破産しそう  二綴あったそう  二度とは会えそうに  勇気を失ってしまいそうに  考えがまとまりそう  頭が支えきれなくなりそう  ものになりそう  リズムの合いそう  お金を出さなくてはならないそう  世話してみて下さるそう  小説は描けそう  祈りに倦みそう  見舞いに来て下さるそう  二十日にいらっして下さるそう  仕事に励んでいられるそうで  明日午後来て下さるそう  七月頃出そうと  近く来そうに  今にも倒れそうに  使者がありそう  昏倒しそう  鑵を取落しそうに  憤慨してるそう  今日は越せそうも  蟹になりそうに  大石投魚を取返しそう  鰌が居たら押えたそうに  顕われていそう  無理でのうもなかりそうに  手をはなしそうに  つりがねそうが  お前さまに参られましたそう  実を集めさせたそう  昨日むぐらに罰をかけるとおっしゃったそう  天上に昇って行きそうに  つりがねそうの  横に裂けそう  アんだそう  看護婦をしているそう  夫婦にならはったそう  音がしそう  呶鳴りつけそう  名が彫りつけてあるそう  二米ぐらいあったそう  狸がいるそう  仰向けに倒れなかったばかりだったそう  ぐたりと手をつきそうに  倒に落ちそうにさえ  まま見送ったそう  身悶えをすれば吐きそう  胴中から裂けそう  数珠が切れそう  うっかり口へ出そう  息が切れて倒れそう  嘔きそう  歩行けそう  追手が掛りそう  問題だそう  解決したそう  活動写真がうつるそう  炉辺まで来そう  蹂躙されそうにも  靴をふんづけそうに  ぼんやり二重になって見えそう  見当がつきそうに  太陽をまぶしそうに  人だそう  上に倒れそうに  脳貧血をやりそう  香りの生じていそう  辺を喰い付きそう  顔を載せて眠りそう  者があったそう  智恵が働きそうに  籠を背負って行ったそう  者があるそう  学者は云っているそう  呆然としたそう  破裂してしまいそう  人が隠しそう  そこに残っていそう  頭上に墜ちて来そう  顔つきの睡そう  危いそう  ことにまでなってしまいそう  口からとび出そうに  事実をもっていると云っているそう  ことわりになるそう  涙が出そうん  始りそう  勧誘しに来たそう  関係がありそうにも  光井も来るそう  友達にたのまれましたそう  土手壊れや化けそう  うっかりすると魅入られそう  秘密を気取られそう  手の切れそう  雫の垂れそう  奥勤めに移りそう  味噌が出そう  便りがありそう  往来したそう  ここにはおらぬそう  だい様かとまちがえそう  一物ありそう  意味ありそう  口まで出そうに  巧く話し合えそう  吹ッかけてきそう  喉まで出そうに  話だそう  川波をまぶしそうに  血の吹きそう  庭つづきで行かれそう  縊り殺されそうに  縊り殺されそう  顔がありそう  草でも萎ましそうに  上に落ちて来そうに  反動を取って起きそうに  中ですくみそうに  こっちに帰って来そうに  佗しそうに  ビラの出ていそう  みんな凍ってしまいそうに  ばらばらになってしまいそう  目のさめそう  幽霊にでもなりそう  甘味しそう  時間がつぶれて行きそう  さしそうに  鴨居につかえそうに  タジタジと圧されそうに  爆発しそう  めがまいそう  めまいがしそうに  まんまが食えそうも  頭のつかえそう  大変だそう  さではち切れそう  小説にでもありそう  おそろいだそう  雪の降って来そう  目が廻りそう  七拾円位いはいるそう  血が吹きこぼれそう  息ではち切れそう  それっきり逃げ出しそう  哄笑しそう  健ちゃんは泣きそう  健ちやんは泣きそう  れつしそうに  たまのつかえそう  事件がおこりそう  摂生でははらえそうも  可能性がありそうに  のであるそう  合計高平均七通話だそう  散見するそう  迚も出せそうも  疑点を認めそう  自分にもできそう  ものになりそうも  事のありそうも  風の入りそうも  湯気の吹きそう  見分けのつきそうも  骨ぐるみさらって行かれそう  治安維持法に触れそうに  変態性を帯びて来るそう  復帰しないそう  事実ありそうにも  二十何円とかになったそう  自分は行けそうも  いつまでもやみそうも  世界を生きかえそうと  発表しないがしかしたいそう  逆もどりしそう  我田引水と思われそう  満足しそう  参考になりそうに  心を魅するそう  嫁はんになったそう  泪が出そうに  条件に適いそう  点を取りそう  落第しそう  広告文案など作れそうにも  途中でやめはったそう  主任だと言いたそう  説明出来そうにも  実行出来そうも  いまにも飛び掛って来そう  泪が落ちそうに  電話が掛って来たそう  食事に行っているそう  当分帰れそうに  圧倒されそうに  肉が透いて見えそう  ことはわかりそう  叫び出しそうに  涙が落ちそうに  態度を見せてくれてもよかりそう  ダンスをやりそう  北山もちょっとにらみかえしぷっと噴き出しそうに  男だそう  結果になりそうに  名で呼ばれているそう  肩にめりこみそうに  評だそう  独身者に限るそう  十一ぐらいあいていたそう  ことを説いているそう  のだと述べているそう  クサリ鎌使いはいないそう  常々説いていたそう  小説家になれと言ったそう  燃出しそう  皿を持って出そう  呼吸だわしそうに  打坐りそうに  暖りたそう  雪頽れ込みそう  学者でも云いそう  松沢へ送られたそう  薬があるそう  説であるそう  成のいそう  フィクションができそう  家だそう  参考になりそうにも  いくらもあるそう  人物だそう  道を問うたそう  順序だそう  眉を剃り落されそうに  沽却せられたそう  二分金がはいっていたそう  所謂手打をしたそう  炭屋さんだそう  金持だったそう  親戚だそう  踵いで死したそう  伊三郎がいたそう  併しそうばかりは  一重桜が咲きそう  こっちへはいって来そう  一時に辷り出しそう  所へ陥れそう  参考になりそう  穿鑿をなすったそう  一見当になりそう  鼻眼鏡が落ちそうに  それは乗れそう  一部分がありそう  目がまわりそうに  頂上だそう  助は泣きそうに  夏死なしたそう  落着いて聞いてくれそう  世話になって育ちましたそう  話がありましたそう  役人だそう  歩行き出そうとして  手が届きそう  位でございましたそう  ようになりましたそう  悲鳴を上げましたそう  女も弱り切っておりましたそう  鼻頭を突いたそう  沢井様へ参りましたそう  信心をなすったそう  話を聞いてくれそう  ものに喰われて死んでしまいそう  故事つけが出来そう  のをいうそう  奴もあるそう  師匠でもありそう  それが脱げそうに  それを潜ってきそうに  中へはねこまれそうに  神田だそう  海になりそう  八方移りに燃えそう  曰くがありそうじゃ  逃げ道を塞がれそう  昔物語にでもありそう  皆焼けたそう  人でも斬りそう  一癖ありそう  襟首にでもからみついてきそう  こともあるそう  お礼も言いたいそう  喜びにとけそう  金のありそう  連脈がありそう  風が吹いてきそう  赤土の辷りそう  ことがありそう  内命であったそう  グサッと突き立てそうに  おいでになるそう  髄まで凍えてきそう  戦争がありそう  本当でありそう  異論もあるそう  像にでもありそう  言葉添えがあったそう  新聞が書きたてたそう  あたりから落ちそうに  茫然と泣き出しそうに  涙があふれそうに  十銭均一とかいいそう  冷笑しそう  遺言だそう  事がわかったそう  現代為政者のしそう  死者四十名であったそう  現象に富んでいるそう  ことをさえ忘れそうに  骨折で思い附かれそう  一回したそう  七時頃でなければ帰られないそう  診察があったそう  友人だそう  チアノーゼを起しそう  色が変りそう  眼が廻りそうに  償をとられそうに  害を蒙りそうに  本にも残っているそう  鮮かであったそう  散乱していたそう  如くに蔽われていたそう  同様だそう  色まで沁みて写りそう  だらしなくなっていたので判りそうも  ことがありそうも  仲だそう  こともありそう  色素のありそう  道のりがありそう  のんきに暮らせそう  香だけでも酔いそうに  極伝があるそう  分を投げだしそうに  ものをいいそう  容易に立ち上がりそうも  肩へ食いつきそうにでも  底へ引きずりこまされそう  首が折れそう  自立性を乱されそう  ぷいっと歩き出そうと  百合子は焦れたそうに  こと位は出来そう  囈言を云いつづけているそう  嫉妬に燃えていたそう  舞台でだそう  頭を吹飛ばされそうに  必要としていそう  さを見るが果してそう  酒が呑めそう  あたし倒れそう  急しそうに  七八百人と数えられているそう  向の突当りが明いているそう  其まま感興も消え失せてしまいそう  ことのありそう  目がまわりそう  夕立が来そう  納簾と共にちぎれて飛びそうに  主人夫婦は帰りそう  早世するとおっしゃってくださいましたそう  ラ・ロシュフコオあたりは言いそう  僕につかまりそうに  そこまでは行けそうに  下さりそうは  足がつきそう  気のききそうも  頭は割れそうに  決意はとけて消えてしまいそう  ガラガラと崩れて行きそう  狸でも出そう  安住の出来そうも  眼が舞いそう  拾銭で食べられそう  顔が歪みそう  気が狂ったそう  ろしそう  サーヴィスがあるそう  人事不省に陥るそう  脈搏を数えなければならないそう  ことをしなければならないそう  肴であるそう  引取りねがえませんでしたそう  手紙をさしあげたそう  本が出たそう  物になりそう  十日位掛れば出来上がりそう  竿幟にでもなりそう  曰く因縁のありそう  感服しそう  ものですそう  これが見つかったそう  記事のありそう  ことだろうと思うそう  唱歌が震えて絶え入りそうに  脚がすくみそうに  重荷に圧しつぶされそうに  母になりたいと答えたそう  洋服を弄っていたそう  房枝は泣きだしそう  何か言いたそうに  結婚をなさるそう  話でも交わしたそう  可能にして行きそうに  あいだだそう  ところ答弁は見つかりそうも  あとをつけ廻したそう  自殺してしまったそう  間諜であったそう  彼にかえそうとは  通用しそうも  間違いになりそう  どこかにありそう  形容詞がありそうで  雲を眺めているそう  追究して行くそう  事がありそう  ただではすみそうも  思いをしたそう  麻痺して行きそう  方法だそう  方だと云ったそう  怪我人が出来るそう  霊泉だったそう  ことは云われそう  容易に書けそうも  間違いが起りそう  存外ものになりそう  構内へ落ちそうに  病気に罹りそう  男だったそう  身体が揺ぎそうに  叫び出そうと  そこから降りられそうも  すべてお伽噺にでもありそう  晴れ衣にも間に合いそう  そりやそう  当分達せられそうも  人の出てきそう  ろしそうに  真っ逆さまに落ちそう  水が滲み出して滑りそうに  こともあったそう  概念でありそう  ように見えそう  尤ももしそう  ものとも考えられそう  還元されそうに  併しそう  根柢と思われそう  ことを止めねばならなくなりそう  さし当り存在しそうにも  場合として与えられそう  精神科学でありそうに  信奉していたそう  咽喉をしめつけられそう  椅子から飛び上りそうに  くり返りそうに  何度も辷り落ちそうに  君らの考えそう  交際が出来そうにでも  味をつけるそう  雄太郎が来ましたそう  人ごみにまぎれそうに  事務所にでもありそうに  一時大勢になりそう  召上りますそう  不足を告げているそう  氷は解けそう  逃がれ得られそう  果てしがありそうにも  懲役何カ月かをくいそう  名物だったそう  屈託がありそうにも  秘密を打ち明けたそう  病気になりそう  婆さんであったそう  三人もいるそう  意味だそう  婚約をしていたそう  ように感じられたそう  強風に吹飛ばされそう  天地が開けて行きそう  霜に殺されるそう  婚約をなすったそう  ものだとばかり思っていたそう  気違いになりそう  利益になりそう  思慮のありそうに  涙を流しそうに  楽らく掛かりそう  ことが起こりそう  息が詰まりそう  自然にあくそう  こちらへ向かってきそう  ヒョイと抜けそうに  座敷もありそう  側をすれちがって行きそうに  沈黙がつづきそうに  物の分りそう  いが出そうに  ッたるそうに  かたがついてしまいそう  阿波へまいっていたそう  側を離れそうも  吉は降りてきそうも  手紙を寄越しなすったそう  白足袋に辷りそう  縁台から転げそうに  都合だそう  体ぐるみ吹ッ飛ばされそうに  独立しそうに  連絡のつきそう  息が止まりそうに  頬をはち切れそうに  中で死んでいたそう  大勢ありそう  姿を見失いそうに  艶めかしそうに  手を握れそうに  げに見えたそう  吉例としていたそう  家具と呼ばれそう  不愉快をあたえそう  現出させてみせそう  心配でもありそう  コスモは倒れそうに  成功しそうも  びっくりなすったそう  なにもおっしゃらなかったそう  承諾しそう  雅量を見せそうも  当分どこへも出かけそうも  ことなどを忘れてくれそう  人に云ったそう  卒業したかと訊きそうに  三倍もありそう  振り廻しそうにも  手を出したら掴めそうに  子に会えそう  頼母しそうに  危く叫びそうに  距離は延びそう  根こそぎ持ち去って行きそう  始め出そうとも  団体なんかが牛耳れそう  危く露出しそうに  眠りに入れそうも  方だそう  男にぶつかりそうに  自分もやって見たそうに  気をうしなってしまいそう  とおりになるそう  扶持放れとなったそう  閑古鳥でも啼きそうに  何かいいそう  支権者であるそう  息をひきとりそうに  もんどりを打ちそうに  関節がはずれそうに  停車場が出来るそう  吃驚しそう  脚で届きそう  前世を語りそう  連歌でもしそう  四辺に紛いそう  背中まで抜けそう  草鞋穿で出て来そう  顕われそうにも  裾の消えそう  呼吸がありそう  化石でもしそう  水の垂れそう  蟇が覗いていそう  臭が来そう  宙返りでもしなければ上れそうにも  花が散りそう  吐掛けそう  吐血をしそうにも  刺繍が出来そう  血が流れていそうに  胸まで出そう  頸窪へ摺り落ちそうに  夜も詰め切ってもらったそう  例になっていたそう  八百屋だそう  ことも知っていられるそう  ネッカチーフをかぶっていたそう  熱の出そう  花売りをしていたそう  電車に轢かれかかったそう  墓場へ帰って行くそう  異状があったそう  揚言したそう  一ペニーであったそう  花が出そうにも  湖水ぐらいはありそうに  始末に困ったそう  それを見て笑ったそう  名前がつけられそう  男の子がいそう  所にありそう  不思議に見えるそう  腐蝕されそう  かしこにできていそう  永久にわかりそうも  泪をながしそうに  国も亡びそうに  雨が降って来そう  蹈みそう  馬乗提灯を動き出しそうに  鉄管を躍り抜けそう  水を浴びそう  天套でもなければ宿れそうも  霽れそうも  辺が登れそうに  危岩が転げ落ちそう  往復するそう  宿泊出来ぬそう  喧嘩やらかしそうに  強請が流行っているそう  イギリスに栄えそう  手塚は立ち上りそうに  前髪がちぎれそうに  支えんとしても崩されそうに  利口に立ち働けそう  青年などは減っていきそうに  目にとまりそうにも  女に突きあたりそうに  矯正出来そうに  人相書だそう  用があるならば待っていそう  殊勲をかがやかせて立ち帰るそう  落馬しそう  通しの利きそう  穴へでも入りたそうに  物いいたそう  腰をついてしまいそうに  縁切りになりそう  墨だそう  工夫が要りそう  立場にありそうに  結果の出そう  女性が残っているそう  手をつけられそうに  場合だってありそう  平気で言えそう  人が集りそう  どこかが狂い出しそう  獣だそう  審かしそうに  怪獣が出たそう  大変参考になりそう  顔を隠すそう  案内をするそう  声は泣きそう  愚民を騙かしていたそう  みんな忙がしそう  鰐のおりそう  ことを聞いたそう  ことを忌むそう  鏖殺にしたそう  審しそうに  この世を去りそうにも  河川でさえそう  犯罪者の考えそう  男が出しそう  交際なさらぬそう  相違していたそう  羽を広げて飛び立ちそうに  種になりそう  大切にしていたそう  ふだんほめていたそう  肌に着けていたそう  雪も解け出しそう  どこへかいってしまったそう  詩人になり切れそう  人目に立ちそうも  ままにもなりそうに  会話は聞かれそうにも  鵺が乗って来そう  一枚絵になりそう  主になって隠れていそう  一条心得ていそう  芝居で泣いていては済みそうも  腹へ抱込めそうに  土産やったそうに  先へ死にそう  小説にでもなりそう  訳がありそう  事があると云ったそう  秘法を教えてやったそう  舌を捲かれたそう  台所に迷い込んで来るそう  気持は分りそうも  借家もあるそう  生徒の轢かれそうに  感想を語りそう  若党として住み込んだそう  恍惚としたそう  一緒に行っておくれとおっしゃったそう  若党と明かされたそう  輿入れなされたそう  性質が変わりましたそう  地方を彷徨いましたそう  昼食をしたためたそう  飯を食べていたそう  姿が見えなくなったそう  女と話したそう  ことが行われたそう  気絶するまで叩き倒したそう  ようになられたそう  追従していたそう  ご馳走したそう  長屋を出たそう  門口から抛りこんだそう  ことを云いふらしたそう  合力を乞うていたそう  泥棒になったそう  猿ヶ京へ逃げ込みましたそう  口がまがりそう  十頭飼ったそう  遺恨に思っていたそう  四十八時間熟睡したそう  門を見たそう  ことになるそう  種は尽きそうも  言葉が出そう  風流児の住みそう  手数がかかって遣りきれそうも  ナニ物でも云いそう  物を云いそう  日中は出来そうも  兵衛は云ったそう  秘蔵されたそう  今日あたり起きられそう  今宵は降りそう  風をくらったそう  危くぶつかりそうに  風に呼び慣れているそう  ツヤ子が吹きだしそうに  皆さん元気だそう  家賃がたまって追い出されそうに  やつだそう  八円まで出そうじゃ  卒業できそうも  作家を捜しているそう  帽子をとりそうに  破裂しそう  息のつまりそう  事は光るが切れそうも  ものだったそう  文学士だそう  気に掛かるそう  無事に勤まりそう  奇麗にしそう  休みになって喜んだそう  ものじゃないそう  事なら通りそう  島だそう  画にありそう  肥料には出来るそう  いたずらをしそうも  怪物だそう  返事がきそう  生垣まで飛んで行きそう  事をしそうには  九円五拾銭だそう  一日車へ乗らなくっては着けないそう  日向へ行くそう  贋落款などを押して売りつけるそう  ぷつりと切れるそう  おれにも出来そう  分別のありそう  料理屋だそう  気風を帯びているそう  赤面しそう  喋舌らないでも歩けそう  上だそう  蜜柑だそう  会見するそう  調子が合わないそう  ぼん先生だそう  膿が出そうに  五百五十万ルーブリを投じたそう  者もあるそう  ことはしないそう  迷惑はかけないそう  点も見えなかったそう  耳を貸しそう  火花の出そう  生命を狙われて殺されそうに  言葉が流れそうに  一服もられそう  七十になるそう  袖に寄りそう  神さんにだって喰いつかれそうに  将来見込みのありそう  ものがわかって来そう  目にあわれたそう  フンガイしたそうじゃ  しづ子が泣きそうに  一人いらっしゃるそう  十二三ぐらいになっているそう  物語にでも出て来そう  不和が高じそうに  珍らしがって往きたそうに  綾模様のこぼれそう  おれには往かれそうも  仲が絶えそう  熱心に訊かれたそう  目にもつきそうも  往ってしまいそう  気づまりになって往きそう  事も出来そうも  手をかけそうに  事をせられそう  羞かしそう  派手にもてなしてやっているそう  弁疏めいた事しか書けそうも  悔やしそうに  物を言いかけそうに  役所へ出られそうも  母は答えたそう  利息を出そうとしても  涙が出て来そう  落第しそうに  気がめいりそう  バリンゲルさんが言ったそう  店に勤めていたそう  血を吐きそうに  娘は揉み殺されそうに  農であるそう  ミーロだってそう  ファゼーロは泣きだしそうに  感じが出そう  展覧会に出そうという  色ばかり読んでいそう  闇打ちをしかけたそう  身にありそう  轡が揺れそう  手に取れそう  返事をしそう  相談でもありそう  払い退けそうに  ッつりそう  一所に転げて出そう  たけ内証に秘していたんだそう  縁談もあったそう  何にも言わなかったそう  守護刀だそう  惜がってるそう  手当をしたにはしたそう  横なぐれに倒れそうに  何にしろ死にそう  眩惑しそう  物が言えそうも  唐橘と書くべきだそう  何べん口走りそうに  いつでもずり落ちそう  容易にひきおこしそう  自分が死にそう  ものであったそう  朝鮮では行われているそう  毎晩舞台を叩きこわしたそう  のだろうなどと言われそう  物足らなそうに  事がなって往きそう  事までも書いてしまいそう  それも出来そうも  それへ往きたそうに  何か訊かれそう  事になりそう  事になってしまいそう  気もちにはなれそうも  いまにも泣きそうに  おなりになられそう  歯も立ちそうに  人は呼んでいたそう  上へ坐ったそう  五時ごろ上野駅へ着くそう  おいで下すったそう  藁でも散っていそうに  涙が出そう  ガラスがこわれそう  時間がきれそう  在なさるそう  御立寄下すったそう  ポンスケ・ポンツクなど云っているそう  著書だそう  目にかかるそう  押流されそう  足掬われて転びそうに  事が出来るそう  化物の出そう  四着は走れそうも  人間一疋乗れそう  位いひそう  推察のつきそう  引切れそうに  滝でも落ちそう  身に合いそう  誰だかわかったそう  趣味だったそう  人であったそう  ひけを取りそうも  人もありそうにも  続きはできそうに  手出しのできそう  駕籠を呼べとでも言いそう  仕事に取りかかれそうも  ことの出来そう  表で睡そうに  口から出そうも  承知しそうも  人物があったそう  ニセモノがいるそう  睨みがききそう  坂口アンゴ氏が参りますそう  メガネをかけていたそう  女を口説いたそう  ニセモノを見破っていたそう  どこかへ行ってしまったそう  ことなどもあるそう  関係がありそう  影響がありそうも  親類だそう  見込みのありそう  涎を流しそう  いやなあいてと出あいそう  うしろから走りだしそうに  薬鑵頭でいらっしゃるそう  再生して来るそう  発明されたそう  名人だそう  綺麗だそう  モオニングを貸して下さるそう  のではないかと思われそう  歌人でござったそうじゃが  色紙の泣きそう  火がつきそうに  景色だそう  小才のききそうも  気が狂いそう  気も狂いそうに  胸のさけそう  気が狂ってしまいそう  気の狂いそうに  よけいかあいそうに  悲しみはぬけそうにも  何かにつまずいてころびそう  涙が出てきそう  山道に立ちすくんで泣きだしそう  声を出して鳴きながらかみつきそうに  ものが出来そうも  怪我をしたそう  貸家はみつかりそうにも  ひとのよろこびそう  汁がたまりそう  貸家がありますそう  絵の具皿があるそう  宝石に打たれて落ちそうに  光をまぶしそうに  これ以上耐えられそうも  化けの皮が剥げそう  仏縁でもありそう  職を変えたそう  二三年で帰るからと言って出かけたそうじゃ  めっそうも  しずかに待っていて呉れそう  涙がこぼれ落ちそうに  商売だそう  どっちも倒れそう  只食い附きそう  藤子が食い付きそう  人に掴み付きそう  者がありますそう  相談に行ったとか言っていたそう  ことを言っていたそう  五たびも引出しましたそう  六人も揃って行くそうじゃ  六人そろって行ったそう  重みでぬけて行きそう  生活が出来そう  煙を上げそうに  人間のくぐれそう  様にと教えてやったそうだけ  袂を抱いて転がりそうにかけて  奇籍でも現れ出そう  風を引きそう  星のこぼれそう  聾になりそうに  人相を備えているそう  野陣を張っているそう  脱け出そうと  腰を上げそうも  本営へ出かけそうに  人のいそうも  梯子をかけて登れそう  失神しそう  気がつきそう  出発に間にあいそうも  扉が壊れそう  中からとび出して来そう  流れにとびこみそう  脳貧血が起りそう  食糧ぐらいなら集まりそう  髭面をつきこみそう  胃袋をはちきれそうに  悶々とするそう  当分ここから出してくれそうも  ロケットだそう  ことをきかないそう  心配だそう  本艇が抜けるそう  四散しそう  枠から外れそうに  血がたれそうに  気を失いかけたそう  ことだろうと思ったそう  成功は望まれそうも  これはやれそうに  用意が出来そうも  十カ月かかるそう  澪れ落ちそうに  花を咲かせたそう  評判男だったそう  コンナ事を祈ったそう  誰が来ても這入らせないそう  顔を見合わせたそう  通知が来たそう  大工道具を担いでいたそう  殺人強盗だったそう  らから転がり出しそう  怨みがありそう  自分に飛びかかりそう  湯気を吹きそう  署名していたそう  ようになっていたそう  インテリだったそう  マルキリ本物に見えたそう  皆オジサンオジサンと云って懐いていたそう  親分に渡してやったそう  事だったそう  犯人がわかりそう  押潰されそうに  承知しそうに  者が居るそう  女中がソウ  兄弟三人で出掛けたそう  眼を瞑っていたそう  草刈りに来て居ましたそう  命も消えてゆきそう  大声出そう  それで死にそう  邂逅しそう  雲崩れ掛りそう  事だそう  罪にしてあるそう  印刷局だそう  所だそう  傍へ来そうに  男は迂散そう  お寺に要りそうも  呶鳴りつけられそう  創作を書いても儲かりそう  ことだろうと言ってたそう  明るみへ出そうと  馬弓手をやっていたそう  異論が沸きそうに  いたずらに長引きそう  雨も降りそう  軍備だそう  敵のかかりそう  お伴れになったそう  軍備が整いそうも  開腹手術をいたしますそう  動員令が発せられたそう  出発命令を待っているそう  軍港を離れるそう  十哩向うまで来ているそう  全滅だそう  着陸を始めたそう  一息で刺し貫きそう  痛みがとまったそう  中毒だったそう  松沢へ送るそう  一室へ住みたそう  解決されそうも  下向されるそう  扶持しているそう  会稽城へ攻めかかりそう  未亡人だそう  寨へ移ったそう  あいつには勝てそうも  注のいりそう  書き手がやりそう  世界中で使われていたそう  惑星探査機から取ったそう  テレビ画面いっぱいに出そうと  ハイパーカードに流し込んでみたそう  量産しそう  空襲まで残っていたそう  五体投地礼を繰り返しそうに  確定してしまいそう  放映には至らなかったそう  熱中したそう  元はとれそうに  雨が落ちてきそう  乙女が減りそうに  人だってそう  血がながれそうに  涙の出そう  目玉はひっくりかえりそうに  十六と呼ばれなければならないそう  教のつたわってでも居そう  涙がこぼれそう  詩になりそう  方にかたむきそうに  何にも出来そうに  正月になりそう  馬鹿正直だと云いそう  久米さんが来たそう  一寸まえまで居たそう  舞台に出て来そう  ものが出来そう  労働者丈だそう  ものを書きそう  ことをしそう  写真をかしてくれと云ったそう  慈善興行だそう  くりかえりそう  二十だそう  手の届きそう  佐藤氏が来られたそう  ガールがしそう  混血児だそう  ものを得て来られそう  水浅黄などの似合いそうに  蒸殺されそうにさえ  理屈で消されそうに  殆ど気絶させそう  万事当りそう  十五日までには行きそうも  芸術に近づいて行けそうに  ものになりそうに  誰か来そう  氷が張ったそう  未練がありそう  牙をむいて咬みつきそう  火をこぼしそう  ッてかかりそう  鼓を打たそう  人気のありそう  都に居ったそう  苦笑したそう  自分も泣きそう  到達されそうも  二十五歳だそう  場合がありそう  吸収されそうも  異って居そう  逆に変えられそうに  母上などのよろこばれそう  見晴せそう  留守番をして居たそう  気を失いそうに  けりがつきそう  事が起こりそう  駄目になっちゃったそう  金になりそう  陸軍省へ出そうじゃ  木精のささやきも聞えそうな  風にのって響くそう  声が起りそうに  人がいそうにも  気が向きそう  老人は言っていたそう  可能性をしか齎しては呉れそうも  繁昌だそう  警句があるそう  くらくらしそう  有効でありそうに  からだのたしになりそう  馳け出しそう  下宿があるそう  間についているそう  兇器になりそう  幾何もありそう  あれに立て籠っているそう  長期にわたりそう  孫策の通りそう  喧嘩はできぬといっているそう  万戸洪水にひたされそうに  きのう神仙を殺したそう  誇りちらしているそう  浅慮者がやりそう  みな胸を傷めているそう  手は凍てつきそう  名の付きそう  声をあげて泣き出しそう  何か作ってるそう  彼を圧し潰しそうに  危く殺されそうに  目的に役立ちそう  わたしは死にそう  ことがありますそう  人を殺しそう  跛にしそう  ためになりそう  えつくばりそう  美徳はとりわけそう  一人でありそうにも  手に入りそう  一番ありそう  足をさらいそう  軍艦一隻でも浮べられそう  ロンドン中にも見出せそうに  私気が揉めて死にそう  文字を彫っておいたそう  態度を示してもよかりそう  ことはありそうにも  何かを作っているそう  大学に入れそうに  栄養効果を上げるそう  中へ吹き出すそう  背中は洗えそう  湯気に上がりそう  御山へ登れそうも  超越出来そうも  宿へ着けそうも  癒りそうも  稀書だそう  物だそう  楽毅に比していたそう  喬と呼ぶそう  説破されそう  あとから来ているそう  陣中に留っておるそう  あいだ離れそうも  広告屋の考えそう  登場しそう  一台も売れなかったそう  どれくらいかかりそうかを  ふりふりそう  のが出たそう  ソフトが出たそう  当面生じそう  一冊くらいは書けそう  DTPをやりそう  これやにもあてはまりそう  マシンが飛び出しそうに  WindowsNTが動いていたそう  気軽に持ち歩けそう  効果音が似合いそう  大阪人のつけそう  都会生活者のつけそう  肺病だそう  出版できそうにも  失業者を出すそう  手品師などには出来そうも  二十万円くらいはありそう  開業したそう  七感だそう  気狂いになりそう  手を切りそう  寝台に寝かしたそう  お化けでも出そう  嫉妬しそう  生活を見透されそう  いまにも絶入りそう  頭をおっつけそうに  気は利きそうも  火傷しそうに  しめこみそうに  頭がしびれそうに  損の行きそう  ナースチャは困って泣きそうに  だれが出そうに  中にとり込められそうに  気の滅入りそう  結果だそう  纏足禁止令が出たからだそう  了うのだそう  旅行記には書き切れそうも  泥棒娼婦と呼ぶそう  迷児になりそう  各自傲語しているそう  千貫目もありそう  沈没しそうに  隠密だそう  事実が記されてあったそう  七十一歳になっていたそう  酒を呑んでいたそう  馬から転げ落ちそうに  鉄槌でも下しそう  悪魔の歓びそう  周瑜の考えそう  者もあったそう  発見されたそう  本気になりそう  慾張りそう  ところへ出かけそうに  方を悩ましそうに  力となって暮らしそうじゃ  いまにもちぎれそう  いまにも倒れそうに  先ぐ物にでも飛び掛りそうに  倍になって生えるそう  伜だそう  微塵も動きそうに  底までつづきそう  掃われそう  水を探したがありそうも  前へのめり落ちそうに  展望のききそう  片手でも押し倒せそう  賢人はいったそう  何か呉れそう  身長七尺もありそう  馬からころげ落ちそうに  蜀へ来たそう  客館に着いたそう  悪口をたたいて逃げたそう  予言したそう  騒動になったそう  乞いにきたそう  酒もりしていたそう  手へ戻されたそう  激発しそう  妻へ報せそう  降りになりそう  暴風雨になりそう  膝を襲いそうに  泣き声が出そうに  いまにも泣き出しそう  家を吹き飛ばしそう  音のしそう  夢に見そう  兄弟でさえ間違えそう  喧嘩を持ちこんで来そう  声を消してしまいそう  急には解けそうも  閃めきそうに  ズッこけそうに  自分にまで及んで来そうに  咽返りそう  庵へ行きそう  天機洩らすべからずだそう  首にされたそう  埓が開きそうも  ことを仄めかしそう  正面衝突をしそう  散々になりそう  ほうへ擦り寄りそうに  わたしを掴まえそうに  男だとばかり思っていたそう  何かが出て来そうにさえ  助力が要りそう  欠乏には堪えられそうも  炎にしてしまいそう  饅頭も食べられそう  腿に噛みつきそうに  たくさん持っているそう  親孝行だそう  餓死しそうに  顔が泣きそうに  トニイはとくいそうに  あいつが来そう  柱を蹴飛ばしそう  内を覗きそうに  軒を離れそうにも  歩行きそうに  言づけをしたそう  一所だそう  茶は沸いていそう  背にでも乗りそう  ざまに倒れそう  上へ釣られそう  油虫が駈け出そうも  踏はずしそうに  仔細がありそうに  耻かしそう  一枚でも書かそうという  書き損じは取って置いたそう  匆々行きそうに  魔法さえ使うそう  妖怪でも出そう  楽しみだそう  息が止りそうに  者がありそう  腕が折れそう  うえに落ちそうに  電車にはねとばされそうに  人間でないそう  電話機を叩きこわしそう  肩から落ちそう  前につんのめりそうに  みな出来そうも  んと折れそうに  肩から外れそうに  用事でもありそう  火星人の通りそう  頭にずり落ちそうに  家がこわれそう  一発撃ってみたそう  全身が破れそうに  衝突しそうに  兵がいるそう  毎夜眠られないそう  世を送って行かれそうに  量を増しているそう  妻を殺しそう  お前眠れないそう  血管が浮いていそう  籠めて掴んだら折れそう  統制を失いそう  例などもあるそう  体にかえったそう  容子であったそう  鳳凰が舞い降りたそう  任についたそう  昏絶しそうに  二人養っているそう  若武者だそう  者に代ったそう  移動してゆくそう  おいでだそう  片がつきそう  さきにくっつきそうに  危かしそう  花が咲きそうに  何か言い出しそうに  日光をまぶしそうに  おれには考えられそうも  不審しそうに  方角になりそう  何処にだってありそうも  完全には味わえそうも  最後まで持って行けそう  ように寝られそうも  赫き出しそうに  自分達から失われて行ってしまいそう  私は滑りそうに  口を衝いて出そうに  谷には似合いそう  見覚えがありそう  二三日うちに締めますそう  指先きが凍えそうに  小屋のありそう  ことをやり出そうも  腹の中が煮えくり返りそう  植木屋でもやって来そう  一年落第したそう  二十貫もありそう  泡を吹いてしまったそう  ことがバレて叱られそう  蜆汁になりそう  裔だそう  ものにならなんだそう  友達だそう  上にのっかっていたそう  暇だそう  曰くがありそう  ほうへ走り出しそうに  遊芸だってそう  才覚のありそう  うしろから歩き出そうと  非難が出たそう  解消しそうにも  憲法解釈ではなっているそう  ことに決ったそう  計画していたそう  日支経済提携が成り立ちそうに  結果成功しそうに  ものが出来たそう  ゴマ化し去られそうに  事件が惹き起こしそう  容認されそうには  決定したそう  日本もの三〇%に及んでいるそう  断行するそう  学生にまで及ぼされそう  哲学者大臣はいっているそう  息だそう  代用されそう  保証しているそう  ものだとさえ云えそう  心を惹きそう  原稿があったそう  ジャーナリストでさえありそう  スローガンとなれそう  角社会的関心を惹きそう  計画があるそう  案が出たそう  後に役に立ちそう  発禁になりそう  理由だそう  容易に出そうとも  目に合わせるぞと云って歩いたそう  印象を与えそう  事件もあったそう  下火になりそうに  のだったそう  ものがあったそう  発見出来そうに  誇張して考えられそうに  誇張されそう  特許権も切れたそう  言論を吐きそう  歓迎したそう  いまにも駈け出しそう  あいつの思いつきそう  ょろ松は泣きだしそう  手あてになったそう  ひともあるくらいだそう  愚痴になりそう  あなたから遠のいてしまいそう  返事は要らぬそう  作家だそう  友人が得られそう  旅行をなさるそう  事が出来そう  文章を打ち消してしまいそう  散歩していたそうじゃ  手紙を寄こさないそう  結婚をするそう  んだと思ったそう  申立てをしているそう  騒ぎがあったそう  ためだそう  雨が降るかもしれないそう  棒を越えそうに  着物をもって行かれそうに  こっちへ戻られるそう  面をしておるそう  思いをしていられるそう  目にあったそう  常識自分自身に対してさえそう  了いそうに  危険思想だそう  到着しそう  近道がありそう  文人の好みそう  解答を与えられそうも  霊的結合だそう  ユーラシア大陸に渡っているそう  他ならなかったそう  廃止になりそう  固有だと信じられそう  関係がありそうに  イデオロギーにぞくしそうに  ファッショ的でさえありそうに  構成出来る見透しがつきそうに  人生哲学者を捉えそう  対応しそう  今日復興しそうに  可能になりそう  きものも取って行かれそうに  いまにもつぶれそうに  飯は噴きこぼれそうに  盗人がいたそう  飯が噴きこぼれそうに  ものが棲んでいるそう  ゴルフでもやりそう  泪を誘われそうに  赤外線男が出て来そう  ダリアの喜びそうも  ぜんぶ焼いてしまったそう  目玉を笑いたそうに  椅子にもどって来られそうにも  土砂降りだったそう  目まいのしそう  みんな女体だそう  風だそう  夜鳴きしているそう  背中にくっつきそう  焦がれ死にをしそう  とおり暴力が持ち出されそう  ンだそう  へんからだとやれそう  ひと癖ありそう  物小屋で呼込みでもしたら似あいそう  癪でも起しそう  女中が聴いたそう  内所まで行けそうも  昨夜が始めてだそう  脳貧血に襲われそう  前へのめくりそう  黒鯨がきたそう  泳ぎついたそう  見世物に出てるそう  鯨が泳いでいるそう  鯨が盗まれたそう  怪談にでもなりそう  ことがございましたそう  芝居が打てそう  屋敷に押しこめられているそう  町をふれ売りして歩いているそう  羞かしそうに  舌を噛みきりそう  のがあるそう  ザッと来そう  いわくがありそう  苦労人の言いそう  うちまで歩いて行けそうも  事は出来そうに  胸がつかえそうに  作用をするそう  物価倍増が来そう  靴が吸いとられそうに  気が休まりそう  声でも立てそう  島へも来そう  者もありそう  殆んどからだが焼けそうに  産科小児科医だそう  息で登れそう  ように思われたそう  指揮するそう  大将を獲られたそう  嶮しそう  引揚げを命ぜられたそう  蜀を助けそうに  大雨が来そう  水ぶくれとなってしまいそう  春木荘と名づけられそう  微笑が浮びそう  手掛りも得られそうに  室に上っていったそう  中野のやりそう  癇癪が起りそう  ここまで浸み出そうとは  順調に進んで行きそう  迷子になりそう  事が出来なかったそうじゃ  落涙しそうに  まちだそう  陥落しそう  出発するそう  風貌をしているそう  御法度物だったそう  国だそう  達成せられそう  確言しているそう  文芸を試みていそう  人が行けば逃げそう  容易に見つかりそうに  いつでも造れそう  一つにはなりそう  油田だそう  投り出しても壊れそうも  風にも消えそうも  二つだけ売ってもらったそう  永持ちはしませんよと云って断っていたそう  ものが得られそう  六尺でもいそう  喉だそう  犬へ蹴つまずきそうに  調書まで読まれたそう  液体が残っていたそう  健康が許されそうも  電文であったそう  質問をしたそう  ため村を去ったそう  肉腫が出来ていたそう  ところだそう  掌に入りそう  五尺以下であったそう  精神異常だと言いふらされているそう  一クセありそう  選挙に立たされそう  棄権するそう  仕掛けがありそう  京都まで訪ねて来られたそう  クビになりそう  用件が書いてあるそう  好きになりそう  生一本だそう  映画にはありそう  うっかりすると聞きもらしそう  気兼ねがありそう  さにおしつぶされそう  手がかりになりそう  下へ落ちそう  帰りがおそいそう  青木が知っていそう  キッピイさんと仰有ったそう  何かが掴めそう  足労では間に合いそうも  年配だそう  金曜日だそう  んじゃないそう  青木は泣きそう  ベロをだすそう  わけがわからんそう  ノビたぐらいじゃ醒めないそう  ウチに住んでるそう  花園をもってるそう  アンチャンだそう  顔だそう  彼が蒙りそう  ニンシンしていらしたそう  幸福にくらしているそう  モノになりそう  整形手術もできそう  屋敷をもっているそう  ノドがつぶれてしまいそう  目がくらみそう  盆にかえそうと  重病でねこんだそう  二のよろこびそう  日が来そう  クヨクヨしそうに  京都へひきあげてしまいそう  上京なさらないそう  二ヶ所膝をむすんでいたそう  溜息でももらしそう  ベソをかきそうに  意味をいったそう  貧民窟とでもいいそう  二階を見挙げて行くそう  足まで掠ってきそう  腹立しそうに  寿命がのびるそう  梁のむこうへ落ちて行きそう  上空へ達するそう  漫画映画をうつしているそう  戸につきあたりそうに  へんになりそう  浮きあがりそう  崖につきあたりそうに  異人たちを射っているそう  魚はたべられそうも  彼らの喜びそう  われわれには出来そうも  死方だそう  一致しそうも  呟やいていたそう  巧妙に出来上ったそう  岳父であったそう  落着したそう  恋婿であったそう  エソップにでもありそう  先きへ届けてくれたそう  許へ行けといったそう  一尺一寸以下八種あるそう  ことでは凌げそうも  注意したそう  それを捨ててしまったそう  順々に列べたそう  便所へ行ったそう  なんでも知っていそう  肩からずり落ちそう  破綻しそうに  鮒が飼ってあるそう  暫らく歩けそうに  検閲を通りそうに  私だけが遊びたそう  話は書けそうにも  蝨をわかせていそう  博奕にひっ掛りそう  あたり七軒巻添えになるそう  仇をしそう  野宿をしそう  童どもは死んでも別れぬと申すそう  昏みそう  干渉だと言って怒られそう  交接を遂げたそう  家出をしましたそう  暮しをなさったそう  羽が生えて飛びそう  腹でも切りそう  いつか雪でも催しそう  液でもありそうに  災いはおこらなかったそう  声がかかりそうも  厭らしそうに  声を立てそうに  将校連の睡そう  雪下ろしをしたそう  里へもどれないそう  始めは思ったそう  歩行をつづけたそう  のに適するそう  磨汁でもくれそう  退転をしたそう  女房にしていたそう  記念だそう  食饌を備えるそう  戸を閉じるそう  容易に出られなくなるそう  咽喉の塞がりそう  呼吸のつまりそう  脂下っているそう  苦労もありそう  母親一人くらいは養って行けそうにも  口があるそう  塞っていけないそう  何か語りそう  取り着いて行けそう  留守になりそう  早道だそう  自分にも解らないそう  目は覚めそうにも  人もあるそう  身上を作ったそう  工夫がつきそう  花さんに着せるそう  一時出棺の間にあいそうにも  収入では追っ着きそう  目眩しそう  医師は繰り返しそう  日が暮せそうにも  時がありそうにも  転地しろと言うそう  どこかで繋がれていそう  縁が切れそうに  磯野は切り揚げそうに  養生をさしてくれそう  なかにいられそうにも  奥から駈けつけて来てもらえそうにも  話が湧いて来そうに  露のしたたりそう  猶子であられたそう  風邪など引きそうも  後髪を引き倒されそうに  嘉門次が帰りそうにも  亡なりましたそう  家来だそう  情のありそう  玩具屋にありそう  辛抱なさりそう  平生有りそうに  塩梅では持てそうも  日本へ帰れそうも  ッ死んだそう  理由がありそう  嘘だそう  折には倒れそう  露顕しそう  急にとろけそう  意見をきいたそう  結婚しているそう  狐わなをこさえたりしてるそう  ようにしかけたりしているそう  山男がかあいそう  正直でかあいそう  いさかいの起こりそう  保護しといたそう  消息が絶えてしまってるそう  陰を湛えそうに  発展しそうに  ガラスへ飛びつきそうに  なかあいそうに  説明されそうも  事実があるそう  ことができそうに  手を出すそう  毎日毎夜賭場が立つそう  毎夜通って参るそう  方々に送っておいたそう  びっくりしたそう  棒で突き出そうと  彼女に向きそう  ペトロンがつきかけてるそう  先生に差し上げて下さいとおっしゃったそう  落着きも出来そうに  弁解には役立ちそうも  今来るそう  手から取り戻せそう  お金ができそうも  息も絶えそうに  息が切れそう  独りで行きたそうにも  あなたに遭いたいそう  何か話したそうにも  打算のありそうも  日が暮れそうに  関りがありそう  通俗小説にでもありそう  今日あたり何か言って来そう  子供を脅かして行ったそう  蘇生しそう  金が使えそうに  ことになりそうに  補足はできそうに  いつでも還れそう  表象でもありそう  脈がありそうに  事件が起こりそう  自分に似合いそう  面倒を見てくれそう  引き移るそう  目的でもありそう  デマが飛びそう  具体化しそうに  話が決まりそうに  兄にも言ったそう  文句が出そう  決定しそうに  頃だそう  一人であったそう  本でも読めそうには  発展しそうにも  ごちそうに届くまでは延びるそう  理科大学とかに出ているそう  ように倒れそう  馬であったそう  たくさんありそうに  おいでだったそう  大学からもらっていないそう  暗闇へ浮き出してゆきそうに  轢死があったそう  人に聞きそうには  学校どころじゃないそう  御影石でできていたそう  日本にもありそう  みんなありそう  軽蔑されそう  仲良しだったそう  子供の言いそう  教育のありそう  だれも通りそうも  役にも立ちそうにも  サッフォーでも飛び込みそう  下宿をなすったそう  下宿なすったそう  下宿したそう  人間にでもできそう  豹変したそう  自分が持っていって着そう  じゃまにはならないそう  めんどうを願ったそう  運命を握られていそうに  口が見つかりそうも  名文であるそう  当日前に役に立たなくなりそう  発表になるそう  家へ帰ったそう  小包で来るそう  九十八円取られたそう  ようだと答えたそう  道がありそう  芝居ができそう  ゃおとっさんにすまないじゃありませんかと言いそう  親子とも泣きだしそう  インフルエンザだそう  結婚なさるそう  江戸へ送るそう  そうで切りそう  世間へは知らせられないそう  加賀屋へ参ったそう  主人と逢いましたそう  それっきり消えましたそう  夜若旦那も帰りませんそう  親子行方が知れませんそう  話を聞いて下さるそう  目つかりそう  渦から出られそうも  外へ飛び出そうと  恢復したそう  承知をしなかったそう  大会に間に合いそうも  出張して来ているそう  ことのできそう  名もあったそう  ところだったそう  堺から受けたそう  筆談もできそうに  労働者ではち切れそうに  うわさをしていたそう  がりになりそう  湮滅もできそう  陸軍大佐だったそう  新聞で書き立てたそう  半年ぐらい食いそう  国境近くでつかまえられそうに  厳めしそうに  中の見こみのありそう  戦争が始まりそう  船がひっくり返りそうに  祝祭を行うそう  絶版になさるそう  気になっているそう  最後をとげたそう  残念がっているそう  場合がふえそう  誰も来そうも  関係のありそう  隠語が現われそうにも  仆れそうに  お気が付かれたそう  数人殺したそう  息の止まりそう  勢力を覆えそうと  門へなどは立てそうも  興味を惹きそうも  恩典であると伝えられたそう  芝居になりそう  ことがあったそう  のであったそう  水が走って流れて居そう  絵巻にありそうに  掌にでものりそう  話をきいたそう  んでたそう  半日でも持つそう  突風が吹き起りそう  名産地だそう  杖だそう  例だそう  いくらでも出てきそう  爪をかんでいたそう  疲れを見せなかったそう  申込みがあったそう  愛玩しているそう  拍手喝采だそう  勧告をうけたそう  勘定をくれるそう  ようにできているそう  美食をたのしんだそう  通だそう  猟犬だそう  二羽つかまえてもどるそう  主人に差出すそう  ことはあるそう  鶏を盗んでくるんだそう  発揮してくれそう  一席ぶって戻ったそう  ことができそうも  フトコロへ入りそう  大戦は遠ざかったそう  素敵だそう  後押ししてたそう  三年生かしたそう  大がいそう  人殺しを重ねそうに  片腕を折っちまったそう  甲羅をへて化けそう  毒があるそう  家庭料理だそう  予言だそう  流用できそう  通用しそうじゃ  赤犬は食えるそう  横にころがりそうに  碁席はつぶれたそう  排便しないそう  習慣だそう  村があるそう  みんな死んでたそう  時だそう  カバヤキはできないそう  さ一間は飛べそうに  程だったそう  宿をかしてくれそう  アンデフィニッサアブルだとも云えば云われそう  雑誌が出ているそう  題だそう  一変形でありそうに  誰かが騒ぎだしそう  ッ放しだそう  被害をなさったそう  腕だそう  裏にくっついてしまいそう  詳細を知りたそう  人を取って食うそう  襟首をつかまれそう  物をいっていると評するそう  いままでなきそうに  ふりちぎりそうに  人をふきとばしそう  気がくるいそうに  飜意をうながしたそう  ばらばらになるそう  出っ端に往かれそう  邸に住まわれるそう  ムカムカして吐きそう  独逸には在りそう  家を出て行かないと頑張っているそう  音を立てそうに  泳ぎ渡れそうに  感想だそう  犬に喰われそうに  文句があったそう  籍を持っているそう  表現しているそう  ままだそう  接吻したそう  ままだったそう  継子だそう  電気工場に勤めているそう  ほんとうには撞かぬそう  出来事だそう  祭日だそう  悪口だそう  子供はつかまったそう  三十両出そうと  五十両出そうと  出家に成られそう  衣を着て居るそう  団子を拵えて遣って居るそう  様が有りそう  人も有るそう  市の隠れて居そう  迚も助かりそうは  榊原藩でございますと云ったそう  助太刀に出そう  助太刀が出そう  人の泣きそう  口から洩れそう  気が向いたら寄ろうなどと云ったそう  心臓が凍ってしまいそう  おば様があったそう  顔をしていたそう  草履などが納めてあったそう  沓であったそう  たくさんにあったそう  木像だそう  今でもあるそう  方々にあったそう  機を織っていたそう  色が濁ってしまうとまで信じていたそう  記録にも書いてあるそう  諺もあるそう  諺があるそう  神であったそう  神意を伺ったそう  人たちが汲んで行って飲むそう  池に放すそう  片目であったそう  歌さえあるそう  病になるといっておそれていたそう  赤瀬のやすなが来そう  #日だともいったそう  幾らもいたそう  祭りをしたそう  一本も育たぬと信じているそう  方から買って来るそう  杖を立てそう  あとがあるそう  わざをやめていたそう  人たちはいっていたそう  人がいただいて行くそう  伝説を伴うているそう  話が伝わっておるそう  お宮になっていたそう  形であったそう  力では投げられそうも  言葉を唱えて拝んだそう  池があるそう  ことがわかったそう  ようにしていたそう  人はいうそう  奥方であったそう  方が負けそうに  祭りをするそう  日光には詣らなかったそう  ことが出来なかったそう  片端からしらべたそう  参詣してはならぬといっていたそう  松尾へは参って来なかったそう  参詣しなかったそう  のだというそう  歯ふき仏とも称えたそう  名前も持っておられたそう  皆思っていたそう  片目であるそう  所嫌わず塗りつけるそう  祭りであったそう  頭でえらんでいたそう  ことをきいたそう  ものに止まり得そうに  憂鬱症患者に与えそう  乾あがってしまいそう  自由なんぞ望めそうも  彼女は凍えそうに  門人は増えるそう  手柄だそう  さまざまに描き出して行くそう  男の子がいるそう  環境をとび越えられそうに  解決を与えられそう  慈善家だそう  三百円以内でないといけないそう  貧乏人であったそう  名前をつけたそう  綺麗だったそう  詩にでもなりそう  そこらをいそがしそうに  身体がはち切れそう  役にたちそう  研究はできそうにも  下に溺れ死なされそう  先を出しながら唸っていたそう  百姓だったそう  私を置いて行ったそう  小便が出そうに  舞をならっているそう  大福餅が食べたそうに  風だったそう  雨返しがありそう  柔かに伸びそう  すべもありそう  夢じゃと思うそう  月も映りそうに  満足には出来そうも  耳に届きそうも  飛込みだったそう  怕かったそう  二三寸ばかりも抜け出ていたそう  証言するそう  しきたりだそう  者が掴まったそうじゃ  朝鮮人だそう  本に挟んで置いてあったそう  話を笑いながらしたそう  露出して泣きだしそう  状態になって暮しているそう  大乗教理を受け付けそうも  厭世教に取られそう  上品でないそう  ままでは納まりそうも  ものになればよかりそう  戸口へ飛び出そうと  天才だそう  製造するそう  大量生産が行なわれるそう  建築家であったそう  ことは有り得ないそう  降参したそう  形式をととのえていなければならぬと言っていたそう  大切であるとも言ったそう  風習だそう  平素持っていそうも  神通力があるそう  工夫がありそう  恥さらしをしているそう  巣をくいそう  権助に出来そうも  庭へ引かせたそう  意味であったそう  三倍ぐらいになったそう  列車とかが走っていたそう  誰にだってできそう  昨日もおいで下さいましたそう  膝を立てそうに  二十七だそう  感心に話せそう  気に喰わねえそう  挺でも動きそう  退散しそうに  歯を抜けても入られそうに  犬でも蹴そう  私とでも取組みそう  爺だそう  宙へ上りそう  大切に取出しそう  一ツだったそう  早や散りそう  垂りそう  店から下りそう  差配さえ取上げそうも  狐でも鳴きそう  すっぽんから糶上りそう  狂的平和主義者の現れそう  爆発しそうに  何かが起りそう  涙が流れそう  母親が亡くなったそう  露が下りそう  出発前にお目にかかりたいけれどと云いながら泣き出しそう  娘があるそう  痙攣的に歪んで泣き出しそう  七八斤ほどもありそう  凝結しそう  端緒が掴めそう  容易に出来そうに  肉につきそうに  いも屋が出来るそう  涙を誘われそうに  承諾したそう  挨拶がありそう  人々が気づかひそうに  急に泣き出しそう  話をさがし出そうとして  方法で殺ろそうと  ところを読みかえそうと  連絡していそう  命も取って仕舞いそう  何か口走りそう  中にめり込みそう  いくらでも見つかりそう  二三日つづきそう  ハレツしそうに  口がありそう  発狂したと云っていたそう  断線しそうに  散歩を始めたそう  血相をかえて掴みかかりそうに  失神しそうに  人の喜びそう  大勢で手伝うて下さるそう  昼飯など出そうと  世評を受けられたそう  国策として採り上げそうにまで  他意ありそうも  仕度までも手伝ったそう  饒舌ってしまいそう  滓が残っていそう  意味のありそう  敵が追い付いて来そう  もんもあったそう  男泣きに泣いたそう  軍曹であったそう  危害でも加えそう  いつか好きになれそう  今日手紙が届けられたそう  禍いがおこってきそう  いやだと言っているそう  一人だそう  沢蟹がおりそう  国家が出そうと  声で叫びだしそう  台風が来そうに  きょうは起きられそうも  どこまででもついてきそう  団体があるそう  ことがはじまりそう  誤解されそう  深入りしそうに  了解してもらえそう  話が外れていきそう  雨が降りそう  話になりそう  ところは察しられそう  神月を見かけるそう  自信がありそう  店だそう  手にあいそうも  身体がつづきそうも  仕事がありそう  ギャラを出すそう  いくつもあるそう  いまにも落ちそうに  世話などしてやれそうも  タイに向きそう  承諾書だったそう  お孫さんでいらっしゃるそう  ここへおしかけてくるんだそう  話などはできそうも  ことをやりだしそうで  ドイツへ帰るそう  ひとりでいるそう  ことをやりかけていたそう  同情してくれそう  県会議員だったそう  一つであったそう  急に泣きそうに  孫文が述べているそう  新聞にも出たそう  推察申しあげたそう  ゲエと来そう  小便がもれそうに  時化は止みそうも  中に落ちそうに  解ぐれそう  ことは分らないそう  沈没したりしたか分らなかったそう  田畑を奪われそうに  ヘナヘナと坐り込んでしまいそうに  漁をするそう  番をしてくれるそう  ものにするそう  重油を運んだりしているそう  ボロボロにくずれそう  灯が消えそうに  除れそうに  燻製が出来そう  漁期が終りそうに  十二畳敷以上もありそうに  気ちがいになりそうに  ことが出来したそう  物の出そう  噴飯しそうに  ものが作られていたそう  眼にもはいりそう  沙汰止みになったそう  七百五十ルーブリだそう  意味に使われているそう  事ができそうに  切通しにあったそう  支配人をしていましたそう  一流だったそう  鍔を買って行ったそう  名だそう  志士をかくまったそう  屑屋へ払い下げて行ったそう  一を保つとでも言いそう  二三年保っていたそう  長生きをしそうも  所があるそう  告白したそう  舟を引きあげて泊れそうに  いまにもかぶさってきそうに  ほかには通れそう  何も出なかったそう  主人逸作が待って居そうでも  方々で話したそう  菌の生えていそう  部屋に寄りそうも  気持ちなんだそう  融通のできそう  爬虫だそう  二羽いたそう  鳴き声を発していたそう  池では見られなくなったそう  にぎやかであったそう  棒にさわって殺されそうに  人間が食われそう  口に出そう  解決が出来そうにも  著けられそうも  それはございますそう  事情が許しそうに  葉端に当って落ちそうに  発表されているそう  熱が出そう  捨てぜりふを残して行ったそう  言伝えだそう  お辞儀をしそう  渡だそう  杖を飛ばしたそう  塔婆が倒れそう  跣足で駈けつけたそう  子だったそう  声を上げて泣いたそう  立像だそう  一驚を吃したそう  用ありそうに  胡粉だそう  作だそう  気焔を上げそうに  建物があるそう  ものを取出して見せられそう  色を投出しそうに  事がはじまりそう  企謀んでいそう  仕出来しそう  後を詰らなそうに  ト挨拶をしそうに  呼吸が切れそう  肖像が押しつけられそうに  雪にでもなりそう  力では出来そうも  悪行にもなりそう  二郎は泣きそう  お互いに傷つけ合いそう  ことを云い出しそう  車などのはいって来られそうも  夕立の来そう  のをまぶしそうに  崩壊しそう  虔ましそうに  圧しつぶされそう  自分達にできそうも  ものから抜け出して行ってしまいそう  声がかかりそう  範疇では律せられそうも  事になるそう  音信をしていたそう  反物屋がありましたそう  嫁に行ったそう  作にでもありそうに  君富士山へ登ったそうじゃ  仲となったそう  折合がつきそうに  泥棒をしたそう  ものでありそう  たくさんあったそう  後姿を見ていたそう  物を買ってきてくれたそう  書物を読んでいたそう  ことを言ったそう  ことも出来なかったそう  腰を抜かしそうに  声が出なかったそう  頃は来なくなったそう  女であったそう  骨が折れそう  その後脱走したそう  前に立ったそう  一生懸命抱えこんだそう  のに気がついたそう  声を出そうにも  簡単には出来そうも  落成しそうに  ことになってるそう  玉子を生んだそう  頃戦争が起りそうに  旦那が云うからと云ったそう  主人を取り替えたそう  飯を食いそうには  一しょになっていたそう  何か云いそうに  興味のありそう  利巧だそう  大蛇のでてきそう  甚兵衛は泣きだしそう  刀で切られそう  一生を送りましたそう  気懸りそうに  凡てが崩れ落ちそう  岡野が泣き出しそう  自由にしないそう  水田にはなりそうも  ものは出そう  運命にありそう  保護しなければ衰えそう  次第だそう  支出し得なかったそう  こと目礼さえも交わさなかったそう  んで遊んだそう  背高じゃねえというそう  犯罪とでもなりそう  全身から放っていそう  達人などもあるそう  あらしになりそう  虫どもにつかまりそうに  咎めもありそう  手がふるえて締まらなかったそう  普通やれそうも  藩籍からも除かれたそう  宝は急いで呼びかえそうと  大変判りそう  鍵でも懸けて置きそう  脳貧血に陥りそうに  五四%増加したそう  中心を失いそうにさえ  おし切れそうにも  サービスまでしたそう  問答は果てそうに  なつたそう  行つているそう  生涯を賭けているそう  首塚ともいうそう  ことなどもあったそう  腹を下したそう  苦心をするそう  自由自在に出来るそう  六千刷ったそう  金目のありそう  閏があったそう  女の子を連れていたそう  痣があったそう  女にめぐり逢わないそう  悦しそう  手を鳴そうとして  懇意だったそう  鶯妹は倒れそうに  蝦蟇を捕えているそう  ところもありそうに  筋はいいそう  面目をほどこしたそう  楽に通れそうにも  のを免れないそう  容易に行われそうも  水に落ち込みそう  庵におるそう  心配ではち切れそうに  脂気が抜けてしまうそう  一度見たくらいでは覚えられそうも  傘を取られそう  遠っ走りは出来そうに  稲が枯れそうに  稲が枯れそう  厄介になりましたそう  手数をかけるそう  自由を許してくれそう  食欲がなくなったそう  尊敬を得そうに  墓も見ずに終りそう  男があるそう  烈火の如く怒られそう  上こらえて生きて行けそうも  質草になりそう  猶予してくれたそう  言葉だったそう  百合若と名乗っているそう  興味ありそうに  原因になりそう  森林であったそう  一足も動けそうも  持薬に用いているそう  首が抜けそう  ソンナ病気にかかっていたんだそう  てんだそう  破裂しちまいそう  物を言いたそう  混血娘だったそう  ブッ倒おれそうに  奴だったそう  息が詰りそう  大騒ぎだったそう  何かして騒いだそう  電話にかかれなくなっちゃったそう  気も揉んだそう  損害を取られそうに  八日目だったそう  騒ぎだったそう  殺到しそう  号泣したそう  模範囚徒だそう  雪になりそう  正月は迎えられないそう  浅井はなったそう  承知しそう  融通してくれそう  何でも出来そう  心地になりそう  脂汗が流れそう  町へ帰って来られたそう  真中に引くりかえりそうに  一つでよかりそう  運命を食いそうに  何者かが潜んでいそう  挑戦でもしていそう  外はでそうにも  期限は切れそうにも  嫌いだそう  雷の鳴りそう  宝物として残ったそう  様になりますそう  奉公人が云ったそう  悪党だそう  江戸生れだそう  大概分りそう  世話をするそう  己を切ってしまいそう  突出して呉れろと云うそう  大分繁昌だそう  恥かしそう  自家に戻ってるそう  子供を産んで来れるそう  逆上てしまいそう  気持になってきそう  じきだそう  寂滅為楽と響きそう  弟が継いだそう  血統が絶えそうに  位だったそう  ヒドク叱ったそう  ものを打たれたそう  鼓があるそう  うっかりすると辷り倒れそう  女優のいそう  梅でも植えてありそうに  確かだそう  木村先生が殺されなさったそう  ベットリ手につきそうに  ところを見るとかあいそう  筋も融けそうに  銃端が届きそう  薬であったそう  二十両残りそう  返辞をするそう  財産を持っていたそう  自分で持っていたそう  声で口説いたそう  誘惑させたそう  時などもあったそう  誘惑に勝ったそう  奸策をしたそう  屋敷へ切り込んだそう  事実琢磨氏は考えていたそう  眼がまいそう  必要がありそう  当分出来そうも  事もできそうに  容易にわかりそうも  ショックを感じたそう  段階にはなりそう  血が通っていそう  勘定だそう  口絵にでもありそう  見込みがありそうに  根拠が見つかりそう  ここにかくれていそう  筋道を取りはずしそうに  かなりにありそう  人はありそうも  風であるそう  老化づくりだったそう  むきになって怒ったそう  かなり間がありそうに  女将さんは儲けるそう  引挙げたそう  諒解されそうにも  足首の埋りそう  気配ぐらいはしそう  顎まで埋りそう  努力するそう  盛んに飛んでるそう  アパートに居らなかったそう  物にしてるそう  傍へ寄って来そうに  旦那など持たなくともよかりそう  まま泣き出しそう  明話をしたそう  あたしも殺されそう  足首も埋まりそう  ところにありそうも  羞しそうに  娘だとおっしゃったそう  李光明一派のやりそう  手に負えぬそう  皇帝の立寄られそう  野郎が確かめたそう  ことが判っていたそう  警保局長は焦立たしそうに  アワヤ貧血を起しそうに  野毛山のやりそうも  千万円までなら出そうという  毳をむしりながら消え入りそうに  秀陳は泣き出しそう  笑子にしてはありそうも  奥まで見えそう  現実世界にありそうも  佗しそう  曰くのありそう  そこへ坐り込みそうに  髪を振り乱して飛んで行きそう  鎌をかけて見たらひきつけそうに  裏表に張り込んでいるそう  お召換えにいらしたそう  息も詰りそう  ホテルへ帰って来ているそう  危険などがありそうには  非常警戒にひっかかりそうに  音も凍りそう  自分自身でやれそう  癇癪を起しそう  ずり下りそうに  監禁してあるそう  平和に暮しているそう  値段としていたそう  響きさえ聞こえそう  硝子戸に映りそう  笑いしたそう  トルコ人の被りそう  征服出来そうにも  表現出来そう  眼を睡そうに  それに載っているそう  出来だったそう  そこらを歩き廻るそう  方がよかりそうに  土にとどきそうに  言訳をしたそう  形をかえて持ち運んだそう  春だそう  それをはずさないそう  風邪をひいてしまったそう  餌一つとろうとしないそう  脚に踏まれそう  眼つきをしていたそう  ままで食べられそうに  気恥かしそうに  譴責を蒙ったそう  のを忘れなかったそう  新入生は泣き出しそうに  ことができたそう  前景気だそう  家が栄えそうにも  どちらかをしそう  うっかりすると曲がってしまいそう  中まで見ぬきそう  教祖風になりそう  物の入れられそう  アバニシーは言ったそう  自分たちの隠しそう  鼻先に置きそう  僕がいだきそう  微笑が浮び上って来そう  中を覗いたそう  人の住んでいそうも  古記録にあるそう  身分が認められていたそう  子を授けられそう  頭の出せそうに  腰が抜けそうに  ヒヤリとしましたそう  夢になりそう  ぐりかえしを打ちそう  夢の結ばれそう  中にでもありそう  浸出すそう  注けてあるそう  息が留まりそう  湧出しそう  引摺込まれそう  辺から聞えそう  一つも言えそう  水が出たそう  暗闇にしそうに  星は出そうにも  白帆も行きそう  堰留められそう  ようにしていたんだそう  手が消えたそうに  鼠が駈廻りそう  師匠をしているそう  仕事はできそう  心得のありそう  お尋ねしたそう  お話したいそう  仕度をしてくれそうに  人気だったそう  獣に似ていたそう  三杯も引っかけさせたそう  脊骨が砕けてしまったそう  どなり散らしていたそう  イタズラはしそうも  イタズラしそう  足が弱ってつまずきそうに  プーンとして来そうに  外へ出なかったそう  足をもませたりしていたそう  のだろうと言われたそう  便法となるそう  所に戻ってくるそう  真直に歩けないそう  揺ぎさえしそうに  汚物だそう  三週間だそう  危険だそう  講釈が出そうに  思い出が籠っていそう  中に飛び込んで来そう  闘いが来そう  揺ぎだにしそうに  身動きもしそうは  菌でも生えそう  場所もありそう  人からもだまされるそう  支店詰めであったそう  忙がしかったそう  首っぴきだそう  そばで殺されたそう  狐だそう  辺だそう  なんにも知らないそう  拘留囚だそう  丸亀だそう  荒畑は泣き出しそう  平気で堪えて来れそう  晩酌をやっていたそう  坊さんもいるそう  ようにと言っていたそう  ことであったそう  下心があるらしかったそう  泥棒が這入りそう  お母様を殺しそう  ガタガタふるえ出しそうに  二人あったそうに  ことを思ったそう  橋をかけましたそう  為家卿がうたわれましたそう  人にいったそう  実行したそう  川を泳いでは行かなかったそう  ポーッとなりそうに  耄碌させてしまいそう  番頭に蹴飛ばされそうに  おばあさんだそう  手が出そうに  利益が得られそう  六をこぼれそうに  何か在りそう  何かが在りそう  夢中でそう  一ひねりに捻り潰してくれそう  体ごと真黒焦げに成ってしまいそう  坂道を転がりそうに  心も溺れそう  一またぎで行かれそう  口から飛び出しそうに  歯の折れそうに  どこにも見つかりそうにも  輝やかしそうに  躰が圧しつぶされそう  のもたべられなくなってしまったそう  飼家に属するそう  カラバ侯爵がおぼれそう  ししとかぞうとか  毒が含まれているそう  体温でもありそう  上からすべりおちそうに  エデン号だそう  あとへひきそうも  アメリカがやりそう  穴があいて沈みそう  店へおいでるそう  ときでもありそう  何か買ってくれそう  伸び出そうと  作物語にでもありそう  絡わり着いて来そう  婿さんに決ったそうじゃ  仕事でもしそう  智識が許しそう  外国へ渡って行けそう  恢復せそう  いらいらしそうに  梅の咲きそう  日に熔けそう  言出しそうに  私にだってやれそう  物に成りそうに  望みがありそうに  店が出来そう  楽にやって行けそう  気分がわかりそうにも  骨が砕けて行きそう  出世をしそう  路費の出来そうに  暮しができそうに  金儲けの転がっていそう  牾しそうに  資本くらいは引出せそうに  宿屋にしたそう  矢っ張りそう  一生うだつの上りそうにも  腰が立ち直りそうにも  母が死んでしまいそう  いくつも見つかったそう  法会が行われたそう  混っていたそう  並行しそう  上に切っておとされそうに  足をさらわれそうに  窒息しそうに  べつのありそう  悪口を申したそう  頼みに行ったそう  約束をなさったそう  んだといばっていたそう  やつが沁みそう  脂の垂れそう  脇本陣とでも言いそう  温泉にでもなりそう  息が絶えそうに  戸口に入りそう  画師だそう  わけだそう  ワンデーだってそう  音を立てそう  目的がありそう  大男の出しそう  用がありそう  落ちかかりそう  頭に届きそう  千個搭載しうるそう  頼みになりそうも  飛行機が捕えられそうにも  迷惑を感じそう  そこにありそうに  鴨居にまで届きそうに  夕立でも来そう  明日がやって来そうも  家はありそう  腰は腐ってしまいそうに  農夫として立って行けそうに  荒仕事にも耐えられそうに  太郎さんに刈ってあげたそう  日も来そうに  千箇搭載し得るそう  頼母しそう  調子が出てきそうも  気狂い野郎のやりそう  恥をさらさないで済みそう  悪事が見付かって罰せられそうに  いくらも拾い出せそう  怪物の住みそう  戯曲にありそう  頃だったそう  諦念めたそう  音がしたそう  服従したそう  連想するそう  君の言いそう  いくらでもできそう  年じゅう電燈をともしているそう  方法がありそう  煙を吐くそう  暖かになって来たそう  おとなにでもつかまりそう  先生があったそう  いっしょに連れて来たそう  事も頼んで行ったそう  子猫は死んでしまいそう  声を出して鳴いていそう  じき死んで仕舞いそう  声までたてそうに  没頭しているそう  眼がくっつきそう  彼女のくっつきそう  目眩しそうに  店が空きそうに  泣面かきそう  どこへ行ったって勤まりそう  オイそれと言って出て来られそう  叔父さんにしていたそう  内儀さんを困らしておくそう  枕から落ちそうに  鉄拳でも食わされそう  眠むれそうにも  雑誌を遣るそう  手がちぎれそうに  拷問をするそう  作品を書いたそう  胸の裂けそう  京だそう  ざなみを立てたそう  幻影を見るそう  ぺこぺこで死にそう  だれにも知れないですみそう  母を叱りつけたそう  賞めたそう  供をして行ったそう  気になりそう  父から叱られたそう  講演をなすったそう  講演は解らなかったそう  耳もつんぼになりそう  一口にのみそう  目にもあわないですみそう  声が出そうも  象でものみそう  近く姉妹館が建つそう  狐狸の住んでいそう  最前コウモリ傘をへし曲げられそうに  七日かかるそう  涙をこぼしたそう  科学者に負わされているそう  場合にもありそう  泣面をかきそう  案内しろと仰ったそう  吃驚したそう  出になったそう  入費が出たそう  子息じゃったそう  持地だそう  犬一匹いなかったそう  転覆しそうに  原住民だそう  意見もしたそう  方にあるそう  外まで逃げ出してしまったそう  定義にしかなりそうも  必要はなかりそうに  旅稼ぎが出ていたそう  ミトコロと読むそう  荷物部屋で開けられそうに  何も言って来なかったそう  気が違いそう  天に閊えそう  茶一つ出そうとも  眼を凹ませて死にそうに  道だそう  イキナリ飛びだしてきそう  標本に持って行けそう  食事も終りそう  名門ではございましたそう  ままぼんやりと立っていられましたそう  のかとも思われましたそう  評判しましたそう  夕立がきそうに  ことには行かなそう  二つ折れかがみそうに  十月入営だそう  計画だそう  トラックだそう  人夫だそう  何かいいたそう  背後へ倒れそう  大概消えてしまいそう  方々捜したそう  呼吸で点れそうに  燈は点けたそう  ッていったそう  安心をして帰ったそう  事は気がついたそう  人があったそう  うしろ飛びに退っちまったそう  んだぐらいに思ったそう  腹を冷していたんだそう  影が消えたそう  薬鑵をさましていたそう  さ加減ッたらなかったそう  ッきり剣呑みと思ったそう  遁げなすったそう  んなすったそう  火沙汰がありそう  中で鳴きそう  これが化けそう  車が引くりかえりそうに  嚔の出そう  谺でも返しそう  工夫はありそう  憂慮しそうに  封も切ってなかったそう  気を揉んだそう  霰になりそう  月夜になったそう  狐の居そう  めていたそう  断ちものだそう  酌で飲んだそう  医学士が呼んだそう  前へ行ったそう  女中が居たそう  小鳥でも鳴いていそう  方へ来そう  話を持出しそうに  気がしそう  俥に乗って出かけたそう  キッスしたそうに  領事だそう  中心でなければ見られそうも  研究していたそう  たくさん出て来たそう  胴上にしたそう  日の透りそうも  五千噸あるそう  壁に貼りつけてあるそう  非常に驚いたそう  ものであると云って聞かしたそう  先から見えたそう  手柄であったそう  乱射したそう  薬を呑むそう  何も揚って来そうに  説教が始まりそう  ぺしょった人があるそう  漁れるそう  松山を出たそう  廟守でもおりそう  七十だそう  ものを食っているそう  財産家だそう  底が濡れそうに  難儀だそう  道傍に竦みそうに  三度落ちたそう  スチュジオにでも載りそう  達者だそう  突込んで死んでいたそう  キチガイがふえたそう  首になりそうに  眼が飛び出しそう  中に書いてあるそう  ヤキを入れられたそう  憲兵隊でもやられたそう  ネをあげなかったそう  シュキを書いてるそう  防空壕なども役に立たんそう  ことになっていたそう  アイサツをして来るそう  木山それにぶっつかりそうに  何か言いそうに  トラックから乗り出しそうに  のもあるそう  夙かしがりそうに  スヌクシアとでも云いそうに  祖母でさえそう  歔り上げて泣き出しそうに  売り子でありそう  色つけ水でありそう  染吉は死んでしまいそう  ようにいったそう  事件に役立ちそう  百五十金でもとめられたそう  変だったそう  衰死したそう  二十五両でも這入りそうも  怪我人も出たそう  四人ぐらい乗れそう  相談されたそう  財布だそう  建物がこわれてしまいそう  人間が住んでいるそう  錨をおろしているそう  火は消せそうも  おしっこが出そうに  者に言われたそう  代りになりそう  十ヤードからありそう  身体を突き刺しそう  耳は破れそう  六十人ぐらい叩きつけてしまいそう  三倍はありそう  私の睡そう  三百フィート四方もありそう  これはもうかりそう  客のありそう  川に浮べられそうも  八人は乗れそう  私にできそう  船だと思ったそう  頭をぶつけそう  二マイルばかりありそう  当分出そうも  息がふさがりそう  何度も考えてみたそう  こともやりそう  下に踏みつぶしてしまいそう  分類できそう  狂人は生きながらえるそう  ランプを取り落としそう  ことはできそうも  上を滑り落ちそう  それができそうに  天気が変わりそう  唇を曲げて泣き出しそう  靴を取られそう  何事かを叫びかけそう  将校を殴りつけそう  手近をころげそうに  雪に取られそうに  上を倒れそうに  二人は踏んでも歩けそう  唾でも吐きかけそう  限り略奪にあいそう  槍首が突き通りそう  将来問題になりそう  批評をしそう  粉ンこが落ちるにと言われるそう  全部は尽せそうに  不審に思われそう  炬燵にでも入って寝転んでいるだけだそう  幾らでも見つかったそう  神に供えるそう  何遍もくり返すそう  朔日であったそう  村もあるそう  式だそう  頭人浜下りと名づけていたそう  脈絡がありそう  皆川へ出かけたそう  オイザトウであったそう  説明し得られそう  証拠にはなりそう  天の川になって流れるなどともいっているそう  解はしないでよかりそうに  物知りの言いそう  合宿を頼みたそう  損得が有るそう  解体されたそう  尻尾ぐらいは残っていそう  尾ぐらいはありそう  コンパクトぐらいだそう  ものがありましたそう  長生きをしそう  小豆島紋太夫が捕らえられたそう  浜で切られるそう  東南にあるそう  島があるそう  無数に住んでいるそう  顔さえ解りそう  人間業では解けそうも  子供だそう  附近だそう  道以外にはありそうも  チブロン島を狙っているそう  剣だそう  歌を唄ったり歩いたりするそう  悪者どもが蔓延っているそう  ことも出来そうも  敵いそうも  鳥だったそう  下りも出来そうも  作品発表禁止がとけそう  恐れがあるから飼わないそう  無人境になるそう  たくさんいるそう  説明ができそう  六十五キロだそう  重量でへし折られたそう  視線を越しそう  山を飛び歩けそう  ものとは思われないそう  微かに伝えられそうに  堰留められそうに  危険性を帯びて来るそう  忍び足でやって来そう  言葉らしく聞かれそう  近所にありそうじゃ  経験者に嘲られそう  休みだそう  牢獄生活も出来そうも  獣がいるそう  式で出てきそう  回向をしてやったそう  明方だそう  転宅してしまったそう  判明したそう  風をきって飛んできそう  夜中にいなくなったので覚えているそう  身体に塗ったそう  藻がいていたそう  値打はありそう  元気だったそう  三十分位で終ったそう  八圏とか云うそう  それをつづけたそう  十二時近くだったそう  十二時一寸過ぎだったそう  危く叫び声を出しそうに  一言云ったそう  後らしく着くずれて居たそう  手紙を貰っているそう  事などもあるそう  用意しそう  惨殺しそう  中が見えそう  手が付けられなかったそう  数学が要るそう  鼻も埋めて仕舞いそう  基をくつがえされそう  守りでも仕て居たらすみそうに  骨のはなれそうに  貧乏しそう  聞手の泣きそうに  ものが入ったそう  こといたしやったそう  草鞋を履いてでも居そう  ものが腐りそうに  中に沈んで行って仕舞いそう  処が有りそう  積って居そう  下駄が飛んで行きそうに  瞼をながれ出しそうに  耳のわれそう  先がやけそうに  時だったそう  人とすれ違いそうに  男だと仰言ったそう  嫌疑のかかりそうも  あとは踏み消されて居たそう  ふたつ乍ら煙ったそうに  死人が出るそう  二人も来ていましたそう  果肉があらわれてきそう  物をいい出しそうに  浦賀にでもあればありそう  貞世に着せても似合わしそう  底から動かしそう  鼻血でも出そうに  帽子の落ちそうに  かなたさえ見とおせそうに  待ちくたぶれそうに  はめになりそう  人もありそうに  頭を包みそうに  一寸も動きそうには  不用意に歩き出そうと  勝手になりそう  壁すら射通しそう  目をさましそうに  応対ができそうにさえ  部屋を出て行きそう  一日でもいられそうには  事ではごまかされそうには  腹の中が見すかされそう  葉子は泣き出しそう  英米独仏人だそう  獣が居るそう  説があるそう  廃曲になりそう  時代があったそう  信託会社から支払われたそう  変になりそうに  中にいたそう  迷惑が懸りそう  邸を出ていったそう  それを知らせたそう  名だけだったそう  下にして入っていたそう  午前二時頃だったそう  家政婦さんだったそう  話を聞きたそう  解剖は終りましたそう  心臓麻痺だそう  嫌疑をおしつけられそうに  とおりだそう  副業になっているそう  科学小説とは出来そう  科学でもってあり得そう  六倍だそう  五ドル出そうと  雪でも運び出して来そう  殿様だそう  無事に済ませたそう  足駄を吸取られそうに  はじめだそう  淀殿が坐っているそう  喉に支えそう  其昔にもあったそう  芝居にでも出て来そう  小僧だったそう  相当に光りそう  桂斎先生が答えたそう  店だったそう  申立てたそう  目方のありそう  顔にみえたそう  因縁話がありそう  伝えがあるそう  筈だそう  それだそう  晩だそう  五月十五日であったそう  火が付きそうに  亭主だったそう  涙がこぼれたそう  臍をかためたそう  病にでもなりそうに  噂などが出そうも  綺麗に写しあげてしまったそう  放逐されそうに  ことも有りそうに  近さんに逢ったそう  弟子を取っていらっしゃるそう  大蛇も出そう  繁昌していたそう  諾とは云わなかったそう  日だったそう  常識から考えても有りそうも  切腹したそう  怪我人は助かったそう  矢はりそうも  六年になるそう  ゃっても矢はりそうは  照之助に吹き込んで置いてくれたそう  辛抱は出来そうも  蛇でも棲んでいそうに  空地へでも連れ出しそう  赤ん坊であったそう  田之助とでも云いそう  人が見たら吹出してしまいそう  雪が降りそう  秘書をしていたそう  お願いなさるそう  声で云ってたそう  屑があったそう  後悔しますよと云って立ち去ったそう  面があったそう  刊行されそう  つて決すべしと論じたそう  惰けて仕舞いそう  性格を囁いて呉れそう  関係ありそう  眼を悦ばせそう  のがございましたそう  上を歩いて渡れそう  下さりそう  ままに染め上げられて仕舞いそう  反省に見舞われそうに  融通はつきそうに  方を見ていたそう  民子は泣き出しそう  民子に泣きそうに  他人らしく改まってあやまらなくともだと叱ったそう  非難を浴びずに済みそうも  勘違いをしそう  雪でも降りそう  足でも凍ってしまいそう  豊さんが帰ったそう  用に立ちそうに  木立ちも消えそうに  ことだったそう  奥で鳴りだしたそう  雨がやめどなく降ったそう  手を染めそう  眼が眩みそうに  嚔が飛び出しそうに  妖怪でも出て来そう  上に落ちかかって来そう  本道に導いてくれそうに  当分日本に生れそうも  説明をしたそう  人があるそう  健康ではち切れそう  いまにもずり落ちそうに  一度も寄りつかないそう  そっちへ寄って行きそうに  手拭はかあいそうに  いまにもとび出そうと  旗本とみたそう  のが踏み出しだそう  相手にしてくれそうも  細胞にいるそう  解決もつきそうには  今にも破れそう  罪を犯すそう  正体まで洗われそうに  力がありそう  ものに追い越されそうに  悦しそうに  陰口を利いておるそう  ロマンスもあるそう  駅にあるそう  他意ありそう  言葉が落ちかかって来そう  奔走してくれそう  前途に開けて来そう  何か云いたそうに  誰だってそう  陰鬱になりそう  途だそう  自分が泣き出しそうに  存しているそう  顔を赤らめないではできそうに  勇気はありそうも  腰を上げそうに  回復しそうにも  手術はしなければならないそう  子はたずねて来そうも  さかなの居そう  用がありそうに  げに寄りそう  僕それを吹けそうにも  お前の居そう  宅へ行けばわかりそう  心臓がとび出しそう  涙を落しそう  落し胤だそう  貧乏御家人でもすんでいそう  耳うるそうて  まま凍り付いてしまいそうにさえ  種になりそうも  位置を見付けてやろうと思っていたそう  よし子といっていたそう  通俗小説になりそう  成立しそう  自動車屋に雇われていたそう  六カ月位だったそう  三十分ほど歩いたそう  提供したそう  自殺しそう  彼のいいそう  骨が折れたそう  機会はありそう  嘔気を催しそうに  絶息するそう  むやみに呑んでいたそう  出発だそう  おじさんの知っていそう  面持ちで言ったそう  目を見張ったそう  縁づたいにきて通り過ぎそうに  優等生だったそう  迎いなどしそうも  芸が出来そう  事を言ったそう  原へは出ているそう  内にじっとしてはいられませんそう  お玉が尋ねて来そう  雨の降りそう  涙が溢れそうに  仔細がありそう  秘密なんぞをしまって置かれそう  何物かが潜んでいそう  のを見たそう  反抗せずにはいられそうに  附かりそうに  誰でもしそう  妾だそう  肴を食わせそうに  駄目になりそう  旅立になりそう  向うでは着られないそう  手紙も出さずに立ったそう  それをはずれそうに  ことも出来そう  岡田を待ち受けていそうに  危しくなりそう  煩が及んで来そう  習慣であったそう  方じゃなかったそう  亜米利加に居ったそう  筈であったそう  様になったそう  引移りになるそう  事で分れたそう  刺激を受けそう  事件を忘れそう  判なぞを押しそうにも  生涯落ち付きそうも  大変小言を云ったそう  様になりそう  有様に陥るかも知れないそう  容易に起きそうも  話が込み入りそうに  結果を引き起しそう  それを留めたそう  火が付きそう  火が移りそうにも  用があるそう  隔って来そう  青山へ呼び出されそう  上に及ぼしそうも  耻ずかしそうに  馳落でもしそう  御覧になったそう  虞でもありそう  子まであるそう  屋敷へ帰れそうに  主人だそう  頭髪も量そうに  案山子にでも化けたそうに  びちびち跳ねていそう  木賃へ行くそう  帳場で言っているそう  臨終だそう  涙の落ちそうに  そいつはかあいそう  音すら聞えそう  事を起しそう  詮索ずきそう  垢の残っていそう  変化ってゆきそう  ことが分ったそう  下駄でもはいていそう  地下足袋でもはいていそう  体力もありそう  調子が狂いそう  魂が崩れおちてきそう  電話機のありそう  後をくっついて来そうに  ポキンと折れてしまいそうに  愧ずかしそうに  口をつけそうに  ミチミが持っていそう  下に押し潰されそう  虫の湧きかかりそう  正午だそう  一桁についていそう  決定しそう  影響を及ぼしそう  何かありそう  見込みがありそう  大体見当はつきそう  部屋へやって来そう  綺麗じゃないそう  小郷に圧されそう  釈然としそう  蛸薬師通りにありそう  目まいがしそう  大謀網もやってるそう  ッこめそう  亮作は泣きそう  大騒ぎしたそう  金持だそう  クシャクシャ泣きそう  内務大臣に喰って掛ったそう  城があったそう  指導者でも云いそう  官吏がいたそう  わたしに逢いたいと言われたそう  おなりなすったそう  夜に入りそう  ほか供えものをさせたりいたしましたそう  のを見つけられましたそう  有様になりそう  問題がありそう  づのをひものみづは瑞と考えられそう  罎でも隠してありそう  水を見つめていたそう  静養をすすめるそう  蛇もいそう  臓器を押しつぶしてしまいそう  誰かが佇んでいそうに  理解されそう  服装が出来そう  女に成れそう  寺様だそう  有んなさいますそう  いま汝をぞう  裏に現れそう  全身が染まってしまいそう  顔ならやりそう  鬼をもひしぎそう  踵が折れそうに  石が現れそう  便りがあったそう  好感が持てそう  持上りそうに  名前だそう  犬だそう  懐疑的になるそう  経師屋だったそう  幾度も泣き出そうと  怜しそう  どん底を誤たずつかまれそう  船に残っているそう  変事でもわいて起こりそうに  風に吹き飛ばされそうに  中でははち切れそうに  倉地から離れそう  ようがありそう  雪でもまくしかけて来そうに  それができそう  何かいい出したそうに  言葉を打ち消そうとしそうに  わたしわかりそうも  弁慶蟹を踏みつけそう  場に倒れてしまいそう  それはありそう  態度を採りそう  ものが現われ出て来そう  事をして暮らせそう  生活がくずれてしまいそう  二度とは繰り返せそうも  葉子は飛び上がりそうに  お辞儀を睡そうに  水がしたたりそうに  音を立てて破れそう  事を尋ねに来たともいっているそう  吹き出物でもしそう  記者ならばいいそう  ように出来ているそう  肩を捉えられそう  朝露を含んでいそうに  彼が立っていたそう  煩悶したそう  名前も知らなかったそう  お辞儀をして帰って行ったそう  一人泣いていたそう  相談せられたそう  下すったそう  本体は分りそうも  地震がありそう  由緒のありそう  気でも狂いそう  親でも泣かせそう  狂にでも成りそう  欺しそう  我知らず引き込まれて行きそうに  夜が明けそう  匂いでもしそう  崖から落っこちそう  息も止まりそうに  地獄が感づかれそう  危く涙を落としそうに  徒労に終ってしまいそう  話好きそう  地震の起りそう  壞れそう  付かりそうに  今ごろ人のいそうに  部屋で死んだそう  網では獲れそうにも  道に向って倒れかかりそうに  二人あったそう  娘であったそう  二十五にもなっていたそう  頒けてくれたそう  話を終りそうに  カンヅメが落っこちそう  検便しておられるそう  刑事にでも飛びかかりそう  ものだとされて居るそう  嗟嘆したそう  執着などは起こりそうに  遊蕩児のしそう  解釈がつきそうにも  明らかになりそうに  通信をしているそう  動員指令が下ったそう  自然をもとりかえそうと  女が殺されそうに  そこらにいそうも  此処を出られそうにも  示談にしたそう  病人をいたわりそうにも  子は死にそう  示談になったそう  一つに数えられそう  ことが出来そうも  看護婦があったそう  断言したそう  自信のありそう  結果になりそう  幸福にはち切れそう  厚化粧では隠れそうに  彼はよろけそうに  勧進したそう  間違いが出来ましたそう  怪我をなすったそう  わたしに出来そう  息を引き取ったそう  気でも違いそうに  彼を許してやったそう  永遠に終りそうも  まま夕陽へ立直ったそう  向きもしないでとっとっと歩き去ったそう  家中を歩き廻っているそう  事情がありそう  特別記事になりそう  ように言っていたそう  げろが出そう  埋没されそうに  機会もありそうに  曰くがありそうに  咽喉がつまりそう  取引などは出来そうにも  いまにもとび立ちそう  子だったのにかあいそう  ほんとうにかあいそう  女の子だったのにかあいそう  へんかあいそう  んだけれどかあいそう  ネリをさらって行きそう  兄妹のかあいそう  今夜にも死にそう  ようだったそう  一つ頼んでくれませんかと云われたそう  方だったそう  さで逝かれたそう  境遇に居られたそう  一月もしたら行かれそう  事も話して聞かせたそう  口を利いていそう  世話になりますそう  森になるそう  変晴れそう  手も出そうとは  私に会いに来そう  七時頃だそう  あたりを見廻したそう  白犬を抱き上げたそう  汗になっていたそう  模様にありそう  韻文だそう  花が咲きそうも  責任がありそうに  ゴシップがのっていたそう  癖もありそう  ルツボと化したそう  一面がありそう  眼球が飛び出しそう  議長だそう  誰一人叫び出そうとは  試験を受けたそう  学校へは行かないと云ったそう  二十八人にならなければやめるそう  ようになってるからだそう  あと五円もかかるそう  申請書を出したそう  目的地へ達しそうに  何かしていたんだそう  位には行きそう  なり何時までも読みそうに  絶息しそう  六ずかしそうに  袴位ありそう  何か出来そう  顔を出そうなどという  落こちそう  事をいいそう  色でも分りそう  指もちぎれそう  脛までも埋めそう  二十円足らずであったそう  上を歩き出そうと  承知しなかったそう  泣声を立てそう  音が睡そうに  新聞に出そうと  何かにつき当りそうな  気がさしそうで  事が流行るそう  諸方にあるそう  真似だそう  仇をつけ狙ったそう  容易に見つかりそうも  簡単にはこびそう  蝕されて変って来そうに  破綻しそう  馭者に売ったそう  帽子を出して被っていったそう  考が出来そう  お礼を貰ったそう  手懸にもなりそうに  言葉になりそう  ことが起りそうに  見物して歩いたそう  本もあるそう  ために死にそう  気が狂いそうに  捕捉出来そう  妻のやりそう  両方持ちよらなければ出来そうも  悪寒がしたそう  衰弱なさったそう  旅行になりそう  旅行するそう  夢に見ていたそう  艱険に富んでいそう  ことがありそうに  根拠があるそう  価を持ってるそう  商売を助けたそう  団扇を貰って行ったそう  連綿としておるそう  三万両を出したそう  埋蔵したそう  盛岡に住んでるそう  三千円から儲けたそう  奉公人から褒められたそう  喫驚したそう  画人があったそう  家に残ってるそう  裏に貼ってあったそう  使用し尽してしまったそう  画があったそう  ドコかに貼ってありそう  発見されなかったそう  箆などでは突き抜けそうに  急に出そうも  大岡政談にでもありそう  手薬煉を引いているそう  信頼へ躍りこんで行きそう  ものに触れそう  んですけれどと云いそう  世間話をしていたそう  さを持っていそうに  爺がかぶりそう  大学にいるそう  頭を打ち破りそう  彼女は出そうと  鼻を擦りつけそうに  閉口しそう  偶像にされそう  一つ鼾をかきそうに  形があってもよかりそう  骨が砕けそうに  いま受信いたしましたそう  交渉を持ちそうに  傍を向きそうに  左様だそう  結婚しているからそう  性質がありそう  静寂がありそう  感化がありそうに  再燃しそうに  一つ影像になりきれそうに  対手に通じそうに  展かれそう  譫言に出そうに  拝見致したそう  一変しそう  意識に苦しみそう  上下三里ばかりだそう  山じゅう爆発でもしそう  体ごと吊り上げそうに  つきもしそう  病気もわからなそうに  自分たちの行きそう  詫びを云いそうに  相手に与えそう  偶然とも考えられそう  専門家にもあるそう  局外批評家だそう  標識になれそうに  詩形に過ぎないそう  類人猿だけだそう  実行に移されているそう  このごろ無くなりそうに  勝手に用いられそう  深刻でありそうに  併しそうかと  車に乗っかるからだそう  同行しそうに  いつまでも晴れそうに  茗荷ぐらいは有りそう  毒草だそう  話でも出てきそう  三時間ほど待っていなければならぬそう  路次だったそう  謎が解けそう  十歩位でとんで行けそう  中に入りそうに  荷送されでもしそう  バネの弛んでいそう  薔薇が咲いているそう  話があるそう  クリスマス号に載っていたそう  二百メートルもあるそう  立派になったと云ってよろこんだそう  なり小なりそう  生きものになりそう  説明出来そう  好きでいらっしゃるそう  前から消えてしまいそう  二人だそう  家を訪ねたそう  感じがしたそう  何か云ったそう  よう命じたそう  凡そ一時間かかったそう  証言したそう  非常にもてあましたそう  口を噤んで言わなかったそう  無駄に終ったそう  歎き悲しんだそう  文字を書いたそう  発見されぬそう  同居して居たそう  ことも出来そうに  関係ありそうに  家の潰れるまで祟ってやると言って死んで行きましたそう  秘密が知れそうに  こいつの役に立ちそう  #時が来そう  いまにも崩れそう  顔をまぶしそうに  なかで目立って来そうに  滑稽に見えそう  曝れそう  自転車ごと殆んど倒れそうに  体でひかれてゆきそう  譲歩しそうに  都会で有ったそう  仰向けにひっくり返りそうに  百四十円だそう  ダンサーだそう  悪戦苦闘していたそう  花が咲けそう  必要だそう  二三十分喋りまくって吹きとばしてしまったそう  ブン殴られたそう  生産にのりだしそう  人間になりそうも  断崖へ追いつめられそうに  激化しそう  イデタチであったそう  一方だそう  頭に来そう  趣でもありそう  梅雨も上ってしまいそう  予算をくんだそう  鄭重をきわめたそう  扱いをしてくれるそう  回向して葬るそう  容疑者として睨まれたそう  せいだったそう  インチキがやれそう  前へのめりそうに  ように疑われそう  カタにとれそう  自然やりそう  アベックだそう  五時ごろだったそう  実弟だそう  出版事業がつぶれそう  タダではすみそうも  素人横綱だそう  騒動を起したそう  満足にできそうに  火の手がせまって燃えうつりそう  舌が舞い狂って飛びつきそうに  下町を示して見せたそう  火事場泥棒に限られていたそう  四分だそう  一端が現れそう  娘は帰りそうにも  何ヵ月かつづいたそう  胸が張り裂けそうに  亀戸にあるそう  足いたしましたそう  何よりも恐れるそう  角力だそう  審判をなぐり倒したそう  研究しているそう  応用出来そうにも  永久に解けそうも  ノグチだそう  訳語がありそう  イスなどに向きそう  水気がきて脹れそう  主題歌でも歌わせたら似合いそう  危険がありそうに  永久にやれそうも  犬にでも吠えられそう  宙に浮きそう  論理だそう  生命を助かったそう  窓だそう  手に負えそう  タクサンありそう  被告でもあるそう  んじゃないと云ってるそう  成仏させてもらったそう  東劇観劇とシャレたそう  不案内であったそう  ア解けそうも  吊し上げを受けたそう  調査中だそう  銀座が燃えたそう  ショックだそう  恢復するそう  意識がかすんだそう  童謡をうたったりしていたそう  食事をたべさせてやるそう  カンタンに治りそう  電気ショックをやってるそう  正常にかえりそう  わたくしは倒れそうに  入院先をつげたそう  方を食ってしまうそう  解決ができそうも  電車はとまっていたそう  前に倒れそう  四百種あるそう  ことにもなりそう  ことができるそう  新聞小説を考えそう  忠告をききいれそうも  ムリをつづけそう  供述をしたそう  観衆もあったそう  頑愚だと評し合うたそう  銘にありそうじゃ  拝見するそう  兄の云いそう  世界中探がしてあるいても落ちていそうも  損にもなりそうも  容易に来そうに  ルーヴルにあるそう  あたりに据えたそう  男は冷めたくなって死んでたそう  金がとれそう  事はわかりそう  話でもしそう  弟だそう  みんな断わりますそう  埃りが見えそう  方から云えばそう  風流をして遊んだそう  仕事は出来そうも  著述があるそう  平原があるそう  漏洩しそう  二十貫位ありそうに  一つぐらい棄ててしまいそう  達きそう  頬紅をさしていたそう  上等程度だったそう  ハンカチを持っていたそう  宣告したそう  利子だけは残しておくと云ったそう  ポケットに入れたそう  死亡致しておりますそう  成立しそうに  所番地を聞いて行ったそう  一緒に来られるそう  一倍半ぐらい有りそうに  活劇も起りそうに  事もあったそう  聞知していなかったそう  声と間違いましたそう  挨拶程度だそう  美人だったそう  好きだったそう  呼吸が止まりそう  人気を呼ぶそう  無意味になりそう  事件の起りそう  ように感じられるそう  馬に蹴殺されそうに  ノメリ倒れそう  事がありそうに  役人たちには出来そうに  外に飛び出そうと  親玉を取り逃がしそう  二三日前まで知らなかったそう  樫尾大尉も思わなかったそう  静かに死んでいたそう  辞退したそう  配給されてるそう  茶にさそったそう  方々にありそう  足の滑りそう  一足も行けそうも  さに震え上ってしまいそう  ものとなりそう  二冊だそう  ものを用いたそう  肌がはち切れそうに  歴史はすみそうに  話題になりそう  理由としたそう  奴が言ったそう  追随をゆるしそうも  湯タンポを支えてるので滑り落ちそう  喉へ来そう  子ばかし写っとったそう  本だそう  モガキ方をして死んだそう  庚神があるそう  所もあるそう  地形によってはとりわけそう  名をなしているそう  中へ落ち込んでしまいそう  競馬馬を持っているそう  歯牙にもかけていないそう  足をひきそう  噴飛しそうに  のを持っているそう  お札が縫い込んであるそう  姿をみせなかったそう  弥七にも見えなかったそう  勲二等をもらったそう  四百円ぐらいだそう  女の子は喜んだそう  部長に怒鳴りつけられたそう  タダでくれたそう  匂いだけで吐きそうに  スッポリはいりそう  裏門があるそう  一流旅館だそう  幅をきかせそう  ッたんだそう  危くズリ落ちそう  一週間も寝込みそう  キャバレーだったそう  人が死んだそう  囲い場であったそう  本気にしてくれそうにも  梅がこぼれそうに  御苦労がございますそう  宿ともいいそう  喧嘩でも売りそう  芝居にありそう  着物では間に合いそうも  素直に来そうも  命をとられそう  屋敷内に隠れていそうも  曲事を仕出来そうも  甲府勝手になりそう  眼に見えているそう  案もあるそう  山があるそう  原野であったそう  片目がつぶれたそう  説得できそう  名物だそう  のだからそうかも  市内におかなかったそう  ズラッと並んでいたそう  五軒茶屋と云ったそう  四十いくつだそう  手だそう  スパイをさしむけていたそう  明治に至るまでつづいていたそう  四万五千ぐらいだそう  みんな東京へ送りだされているそう  モテだそう  ナマリと云うそう  カキに育つそう  海でも育つそう  ところ出来ないそう  申請しているそう  好評であったそう  手に負えないそう  鯨だそう  カッコウだけはしなければならないそう  十月ごろまでだそう  年々七八百頭だそう  イワシ鯨ともいうそう  殆ど鯨肉は食べないそう  二トン半ぐらいはあるそう  速力がでるそう  十六哩だそう  ゲームがたのしめるそう  仕方にもよるそう  箸をださないそう  便利だそう  薬ができるそう  ヤッカイになりそう  奴だそう  あとがついてるそう  これに限るそう  ことを仕出かしそう  気が合いそう  ここへは来なかったそう  呪文でも唱え出しそう  ボーイ達を教えているそう  首がつかえそう  手持ち無沙汰になりそう  一声聞えたそう  母さんが死んでいたそう  事の出来そうも  ルイルイとあるそう  ところに住んだそう  系図だそう  下心があったからだそう  仁徳天皇だそう  大化改新からだそう  国記を焼いたそう  異名だそう  ッていたそう  法師だそう  石垣にいるだけであるそう  特徴であるそう  一部に見るだけとなったそう  夢物語だそう  砂原があるそう  カメラにすがりついていたそう  大人物もいたそう  山だそう  火山弾もうちあげているそう  五百米位にすぎないそう  さにあらずだそう  時もあるそう  それに気付いていなかったそう  ところもあるそう  完了したそう  計略だそう  片道一時間かかるそう  岩礁に乗りあげて止ったそう  大穴があいたそう  甲斐性がありそう  家をとび出そうと  バクハツは感じていないそう  古伝だそう  今も言うそう  習慣があったそう  方法があるそう  モノにきまっているそう  コだそう  サメだそう  銃殺されそうに  缶をけりかえそうと  下へ落ちてきそう  ばらばらに壊れそう  故障は直りそう  ものがありそう  二少年が見つかったそう  人事不省だそう  何か聞きたそう  ものさえあるそう  処置をとってくれたらよかりそう  私だって歩いて行けそう  不着だそう  談したそう  丁度のぼれそう  殉教者だそう  性来虚弱であったそう  六月十五日だそう  二十数ヶ村あるそう  屋敷跡だそう  シッポク料理屋だったそう  女郎屋だったそう  貫禄がありそう  ものが飛び出そうとでも  事ありそうに  暴露しそうに  活動写真にまで仕組まれたそう  色情倒錯と思っていたそう  つもりだったそう  出版部数をもっているそう  一服するそう  男振りだそう  引宛てがありそう  狐がいるそう  古墳群があるそう  自分が殺されそう  自分がやられそう  橋があるそう  それに当るそう  余地はありそう  八町坂とか云うそう  有名だそう  いまにも泣きだしそうに  耳もきこえなくなりそう  秘密を見たそうじゃ  試験が始まるそう  ぷつりと切れそう  手をひっこめそうに  秘密が洩れそう  室から睡そう  ことをやったそう  平吉ともいえそう  下に横たわりそう  にこにこっと笑い出しそうに  梢までもとどきそうに  大童で働いているそう  融通をうけたそう  流行だそう  石になりそう  少女たちだそう  学問を教えたそう  重点をおいてるそう  寝室があったそう  二台には乗りきれないそう  頭がつかえそう  キライだそう  ゴキゲンをとりむすんでいるそう  立派だそう  苦労しそう  電話がきたそう  市長だそう  相場だそう  三万円だそう  祭りだそう  練習だそう  六朝に仕えたそう  墓所と伝えられていたそう  獅子舞いが残っているそう  神事があるそう  天女と云うそう  オ守りだそう  修業をしたそう  目がつぶれると云われていたそう  ことが書かれてあるそう  ことになっているそう  咽喉が乾いて焼けつきそう  一緒に来るそう  今日来るそう  天井にぶつかりそうに  問題になったそう  彫刻を施してくれと頼んでいったそう  塊が見えなくなっていたそう  文字だそう  土瓶を持って帰ったそう  荷物を持って出ていったそう  逃げ走りそう  埒があきそうも  がたを見たそう  陽炎が立ちそう  立ち廻りそう  寛度はありそう  顔を泣きたそうに  評議は決まりそうも  話などしていられそうも  他国で生きているそう  情けもわきまえていそう  皮がすり剥けてしまいそうに  鳴子が鳴りそう  解読出来そうに  大幅に妨げられて倒れそうに  ロケだったそう  姿をあらわしそう  声が聞こえそう  ことは出来そう  転び落ちそうに  病と称して引きこもったそう  みんなもやってきそう  納得のいきそう  あれだったそう  連中の云い出しそう  舌を噛みそう  宴会へ行ったそう  病気だったそう  芭蕉にも似ているそう  苦笑をしていそう  風が吹きそう  横わっているそう  莞爾と遊ばしそう  お話がありそう  雪を散らしそうに  危っかしいそう  他殺だそう  形が異なっているそう  脈打ち出しそう  名を変えているそう  十一だそう  殿様にはなれそうも  甲賀にもいるそう  天狗でも棲んでいそう  旗頭にもなれそう  ただ帰りそうも  のだといっているそう  誰も語ってくれそうも  途中にでもありそう  先生をいじめ抜いたそうじゃ  柴田をたしなめにかかりそうに  言葉をかけそうに  ドシンとぶつかって倒れそうに  きれいだったそうじゃ  マネジャを斬ったそう  下すっているそう  何か問いかけそうに  のが有るそう  前のめりに倒れそうに  説明はできそうも  山瀬へ行ったそう  客さんが来たそう  口に出そうとは  可慨しそうに  屋根が冷しそう  火傷でもしそう  東京へ帰るそう  一番日影に成りそう  何時でも来られそう  乗合客が見えそうも  ことも有るそう  二人出そうと  食卓に向きそうも  百姓には成れそうも  雪の来そう  汽車が出るそう  便りが有りそう  万歳の祝いそう  上へ倒れかかりそう  姉さんも見えそう  樹が有るそう  御機嫌が直ったそう  幾分か解りそう  ことに成って行きそう  児も生きていなかったそう  泣出しそうに  時鳥が鳴くそう  感じまでが壊されそうに  容易に結び付けられそうにも  逆転しそう  容易に出逢いそうも  一機軸を出そうなどとして  場合もありそう  ママンになりそう  のが映りそう  うっかり口に出そう  露の垂れそう  間違がありそう  ことなどは出来そうも  何かしら意味のありそう  常連だそう  礼だそう  涙が零れそうに  不思議がられたそう  一円であったそう  河獺が出るとか云われたそう  馬車に轢かれそうに  苔の生えそう  実行されそうも  けさ死んだそう  徳さんが死んだそう  霜曇りとも云いそう  雨に隠れそう  筋であったそう  上海に働いていたそう  日本字が読めそうも  イダテと読みそう  息子があるそう  賢人は云ったそう  指月ヶ岡と云うそう  雨を運びそう  葡萄園があるそう  夢から醒めそうも  きょうも晴れそうも  容易に動きそうも  絵にでもありそう  詩料になりそう  化け物が出たそう  解決は付けられそうも  確定したそう  つたが燃えそう  わしに会いに参ったそう  訳だそう  窓下に達しそう  不承無承にふくれているそう  申合せたそう  子と間違えそう  好い加減に酔って来そう  凝固してしまいそう  型が出来そう  言つていたそう  妙味が喜ばれそう  ンと割ってしまうそう  外へ出そうと  役には立ちそうも  こごとが出そう  ぐまたおなかまから苦情が出そう  短冊でも並びそう  千葉だそう  あちこち雇われもしたそう  目に入って来そう  事でもありそう  兎が酔いそう  丞だそう  こっちを呼びそうに  自由になったそう  寒村にでもありそう  手も届きそうも  叫びを発しそう  急病だそう  疑問が起りそう  個人攻撃を受けたそう  娘もあるそう  発酵してきそう  子供を生みそうも  蠅は死にそう  探偵小説家だったそう  いまにも飛びかかりそうに  心配したそう  フィリッピンに笑われるそう  日本がかあいそうに  ニュースまで入っているそう  昼食までなんかもちそうも  進軍しているなどといってきかせているそう  ことをおっしゃったそう  乱舞をやったそう  くしゃみがでそう  ことをいって歩いていたそう  覚悟していたんだそう  ハラキリがあったそう  はかあいそう  文学だったそう  病気があるそう  リストが出来ているそう  印象なんかあたえられそうも  アメリカ人に好かれそう  チョコレート色が似合いそう  好奇心を起しそうも  狂態を演じるそう  どこかへ行ってしまいそう  日取がきまりましたそう  サインがしてありそう  屑鉄にもなりはぐれそう  撃墜したそう  一人だと思えばあきらめられそう  鼾でもかきそう  シゴイさんもかあいそう  一人ではもちきれそうも  腕まくりでいそがしそうに  眼がまわりそう  家柄だそう  急に起きられそうも  ごまかしなんかに乗りそうも  フェミニスムがあったそう  女性だそう  ご免蒙りたいといっているそう  お送りいただきましたそう  管理にあたっているそう  一人やられるそう  妖魔の棲んでいそう  錯覚を起しそう  危く生命を落しそう  花瓶を取り落としそうに  機械工だそう  どろんを極めたそう  厳然と立っていたそう  指図をしていたそう  事実はあったそう  お出ましになりますそう  出しになったそう  事になったか分りませんでしたそう  有喜子を可愛がっていらしたそう  女将に云っていたそう  四辺に漂ったそう  調子で云ったそう  気になったそう  一緒に歩いたそう  肩を並べて歩いていたそう  横道へ曲って行ってしまったそう  横ぎって消えたそう  方たちにおこられそう  必要がありそうに  勝利が行ってしまいそう  一斗以上も入りそう  鳴りひびきそう  老人は訝かしそうに  眼を醒ましそうも  虚無僧は化けて出そう  うちは止めそうも  芽が見つかりそう  職人が足らなくて弱っているそう  私に与えたいと申されたそう  涙のこぼれそう  びは捻じ切れそうに  一日暮れてしまいそう  ここで始まりそう  水を渡ってもやって来そう  人がありそうも  ズズズと持って行かれそう  手から落ちそうに  悪戯をしそう  ひとを食うそう  雌だそう  槇子がかあいそう  ことをぶちまけそう  世界へでも入って行ってしまいそう  写真ぐらいありそう  精髄をかっぱらって来やがったそう  茜におっしゃったそう  教員してるそう  ことでも有りそう  引取ったそう  急に倒れかかりそう  気でも狂いそうに  挨拶が有りそう  嘉助も死んだそう  勇気が有りそう  医者だそう  夕飯を差上げるそう  親孝行なとでも言いそう  遊び出したそう  ことを言いそうも  方へ外れそう  無事で働いておりますそう  面にでも有りそう  人に言われそう  話が有ったそう  尻に敷かれてるそう  お仙ちゃんが居なくなったそう  帰りに成りそう  見えに成らなかったそう  智慧は出そうも  隣近所までも聞えそう  方へ行ったそう  寄したそう  箱根あたりへ連れてったそう  入用だそう  掛に成るそう  事業をしそう  御馳走してくれるそう  形で表わされたそう  平気でやってのけそう  理解してくれそう  喰べられそう  山女魚ぐらいはいそう  手軽にゆきそうも  ご飯を忘れそう  競争になりそう  退屈で死にそう  食堂へ出ないそう  ところもありそう  相続なすったそう  兄妹の思いつきそう  呼吸がつまりそう  あとで叱られそう  咳が出そうに  ムカムカして吐きそうに  ゲーッと吐きそうに  煙草を吸い付け吸い付け出て行きそうに  肉が切れて落ちそうに  あまり涙をこぼしそうに  マニアがいるそう  ひとだったそう  わたしを憎んでさえいるそう  和解なすったそう  中へはいってゆけそう  包みをたいせつそうに  つぎ穂がなくなりそう  形もなくなってしまいそう  上達ったそう  姿を見せんそう  欣しそう  血のはち切れそう  白馬が預けてあるそう  お方だそう  朱実が沸かしたそう  これへ見えそう  取返しもつきそう  男が見つけききつけかけつけて出そうとして  ところがあるそう  美人画にでもありそう  すさまじさだったそう  消しとめたそう  人もあったそう  そこへものびて来そうに  一人住んでいるそう  男女が訪ねてきたそう  娘さんだそう  一段落つきそう  歎きとに引きつけそうに  人間の通れそう  幌が裂けそうに  車からふり落とされそうに  臍まで見えそう  道から外れそうに  たんねんに見てきたそう  閉っていたそう  きりだそう  買物にゆくといって出ていったそう  二つはありそう  腕がぬけそうに  用達しに往くそう  物を送って来そう  さきに来そう  ぜんと言い放たれたそう  中に抛り出されそうに  場所はなかりそうに  引ッぱり出そうと  ことをやりそう  粧るほど見勝りのしそう  其処へ倒れそうに  申上げたそう  三度も捕りそうに  仆れそうにも  企など出来そうも  らの集まっていそう  出入り出来そう  肉を取寄せているそう  いままでに訪ねて来そう  はずがありそうも  一大事が起こりそう  ことにはたえられそうも  おまえはにげ出そうとしても  遠方まで行けそうにも  親方はさもゆかいそうに  上にとびかかりそうに  のですと言いたそうに  火をまい上げそうに  太陽は出て来そうも  上までうずまりそう  外へとび出そうとは  同勢残らずとめてくれそう  たいこはゆかいそうに  お話がしたいそう  一つくれそうに  腹が減って死にそう  足を取られそうに  一粒幾価と言いそう  しゃっくりが止るそう  好きだそう  チューブがあったそう  郵便局まで出掛けたそう  わたしは歩き出そうと  兵隊だそう  中から出来そう  気の合いそう  武者にでもありそう  姓名にもありそう  薪屋さんにもありそう  最後焼け死んでしまいそう  高僧にでもありそう  俳諧でもやりそう  巧者でありそう  役員でも出てゆきそう  マルセーユにつくそう  宅へ行くそう  彼南へつくそう  噴火口であるそう  港へ入るそう  アメリカ経由で帰るそう  輸入するそう  重子のすきそう  三四人居るそう  温和しそう  雫が滴り落ちそう  叔母だけが住んでたそう  作曲家だそう  一番温和しそう  子供を突き飛ばしそうに  覗き込んでたそう  眼も眩みそう  福次郎さんも思っていたんだそう  評判だったそう  綾がありそうに  自首させたそう  諭めたそう  父でさえそう  おまけに化けそう  楽になったそう  条件をつけられたそう  出来事が起りそう  間がありそう  そちが勝ったそう  霊が寄っているそう  余もありそう  墨跡でも懸けておいたらよかりそう  雨が来そう  気転がききそう  熱湯を浴びせられそうに  血が狂いそうに  監視していそう  事も笑って云ったそう  気がしたそう  不思議でも起りそう  怪我をなすっていらっしゃるそう  帰りになるそう  顔色が変ってしまったそう  話をし出したそう  嘆息したそう  手でやぞうを  目出たく思ったそう  眼を剥きそう  手に入りそうも  スティヴンの絶え入りそう  やつを見ていたそう  森かげに落ちそう  いびきをかいて寝ていたそう  咄嗟に思ったそう  それまでは取り捨ててしまわれたそう  厭さが昂じて死にそう  俳諧歳時記など書き改めねばならなくなりそう  先刻まで居ったそう  ことにしたそう  足がつきそうに  ことが得られそう  苛ら立ってきそう  手を差伸べてきそう  悪化しそう  夜明しをしそう  子供が生まれそうに  そりゃあ喫驚なすったそう  家で話し込んでいたんだそう  恥辱となるとでも云いそう  ものが設けられてあるそう  フィルムを費やしたそう  実行するそう  ことがあると言ったそう  グラシエールにいられそうには  長続きしそうも  権利があったそう  旅芸人になると言っているそう  それがわけなくできそうに  けんかをしそうに  中に転がり落ちそう  罪人にとびかかって行きそうに  おまえができそうも  たくさん乳を出しそう  たくさん乳を出しそうに  のだと言ったそう  バルブレンのしそう  手紙をやれば着くと言っていたそう  空腹で死にそうに  うちだそう  手をつけてはならないとことづけて来たそう  らにできそう  場合できそうに  女が切り取ってしまったそう  ことづけをたのんで行ったそう  人たちが住んでいそう  返事をしてくれそう  調べになったそう  白状いたしましたそう  君だそう  混合説を唱えましたそう  これはありそう  講釈だそう  脳充血でもありそう  方へ付けそう  八十ばかりになっているそう  家にばかりいるそう  年俸を取っているそう  噛附きそう  証拠も出るそう  動出しそう  袖に触れそう  液が垂れそう  袖にも移りそうに  余残だそう  飴屋が張りそう  だれのたれそう  平気で歩けそう  中学生にさえ笑い飛ばされそう  わたくしより持てそう  金持ちなんだそう  石材などはありそうに  ア歯医者だそう  大分儲けたそう  何でも避けて行くそう  犬を連れて歩くそう  薯も育ちそう  補いをつけそう  一方であったそう  面倒の起りそう  情愛関係がありそう  用の有りそう  雨に洗い落したそうに  議論などを闘わしていたそう  ものもありそうに  一抱えもありそう  幸福にやっているそう  口をききそう  搬び出そうと  幕が降ろせそうも  湖水だそう  エルフェンは居そう  上を駆け廻りそう  航海者であったそう  のを喜んでいるそう  名の附きそう  誰かが溺れそうに  逃出しそう  イツモ立寄って行きましたそう  寝返りを打たれそうに  冤罪を引受けそう  勢いで御座いましたそう  解決されそうにも  危く倒れそうに  噂があるそう  二度とは来なかったそう  七代も過ぎているそう  養子に継がせているそう  自信がありそうに  騒ぎが起きていたそう  十一度も勤めたそう  癪を起していられたそう  これほどで終ったそう  ようであったそう  離ればなれにもなりそう  お尋ねがあったそう  表通を探しても見つからないそう  愕かされるそう  無と化してしまいそう  土佐沖に向かって進んで来そうに  名前までついているそう  ことになると伝えられているそう  いまにも崩れそうに  虚空へおっこちそう  不幸になりそう  解決の出来そうも  張りさけそう  募集してるそう  十円くれるそう  こと続きそうも  武生とかくんだそう  北陸線だそう  幸せになれそう  花が出てくるそう  彼が居そう  ほとりの居そう  恥かしくて死にそう  往生ができそう  急にはできそうも  すっぽんもいるそう  何事かを考えさせられそう  二人はあるそう  明らかになったそう  羞しそう  お前に似合いそう  変梃にさせていそう  目にはいりそうに  新聞には出ていたそう  風邪を引きそう  仔細が在りそう  何を云うにもソウ  夕飯後明治座へ行ったそう  ものに感じられそう  メロドラマの如きそう  詩を叩き出そうと  事業だそう  非常に弱ったそう  息子がねていたそう  関係を結んだそう  気の違いそう  盲目的に走りだしそう  ために狂いそうに  逆上しそう  議論だったそう  三三九度を遣ったそう  のだと申しているそう  顔もしていないそう  手掛かりがありそう  十五だそう  三ツ児にも劣っているそう  奥さんをいじめたそう  腕が抜けそうに  経歴がとびだしそう  ことが起こるかも知れないそう  注入されるそう  中途半端ではすみそうも  処置と云うべきだそう  賓如大佐も招かれてるそう  父は行かないそう  陳慧君はいったそう  理解も持っていそうに  才能を示しそう  初酉だそう  子細ありそうに  採用しそう  木枯しとでも言いそう  簡単に記してあったそう  否認したそう  同一であったそう  星をも吹き落としそう  色にまがいそう  月を吹き落としそう  除外せられそう  軒先に隠れていそうに  妻と話しあえそう  テニスコートぐらい出来そう  飛行艇からなげだしそう  頤がはずれそう  スミス操縦長に噛みつきそう  風にさらわれてゆきそう  いまにも指さきからすべりおちそう  天井にぶっつけそうに  やり方だとおもったからだそう  こっちで使えそう  気をつけてきけばわかりそう  窓硝子をわれそう  ハンドルをもっていかれそう  蕾がほころびそう  頭を打ちつけそうに  さわりがありそう  のがはいっていたそう  歌でもうたえそうに  怒り出しそうに  膝で絞め殺されそう  雨が降りそうに  仲間にはぐれそうに  一銭入れてやれそう  子細がありそう  逗留だそう  山も崩れそう  卒塔婆を吹き飛ばしそうに  人間の来そうにも  火先が舐めそうに  一つ一つ思出がありそう  協いそう  足骨を打ち折られそう  みんな河へ捨ててしまったそう  戦争があるそう  それも出来そう  お貰いなすったそう  火を点けて焼かれそうに  一寸四方一円位だそう  十四年出品の間に合いそうも  言葉だそう  見物していたそう  遠縁に当るそう  歿なりになったそう  綾が取って食べられそう  直ぐに走り出そうと  話が纏まりそう  誰方にもやれそう  出品になりそう  相当味が出そうに  変だなあといいそう  狐狸のいそう  追い剥ぎの出そう  ッつかれそう  賭場があるそう  十日位掛かれば出来上がりそう  一つとなれそうに  会長になるそう  一つあったそう  気の附きそうも  絵師などには描けそう  経験のありそう  隠士でも棲んでいそう  帝室博物館にあるそう  宮家へ下されたそう  宝物になっているそう  親切にしてくれたそう  気は起りそう  苦心しているそう  盗人が入りましたそう  辻斬があったそうに  盗賊が入ったそう  一本お座敷へ落したそう  自分も釣り込まれそう  こちら様ばかりだそう  連中は吹き出しそう  歇みそうも  歇みそう  容易に止みそうも  竪ったそう  そこだけ凹みそう  喜美ちゃんに起りそう  弟があったそう  首を取りに来るそう  雪も降りそう  お金になりそう  首に巻きつきそうに  郁太郎を浚って行きそう  十手が飛び出しそうにも  夢を結んだらよかりそう  お詫びに致してありましたそう  喧嘩があるそう  暗殺が流行るそう  島原だそう  機嫌伺いに出かけるそう  酒がこぼれそうに  底へ引き込まれそう  ほかにはありそうも  波がはいりそう  風はふきだしそうも  いまにも倒れそう  波をかぶりそう  いまにも降り出しそう  めのありそう  だれだってそう  一つ握み出そうと  もののありそう  心臓は破れそう  針が折れそうに  挙動をしたそう  哲学者がありましたそう  のかと思ったそう  のだろうと考えたそう  のに出逢ったそう  息をひきとりそう  無電がかかってくるそう  一あれ来そう  穴もあらば入りたそう  渡航したそう  小屋が割れそう  スミ枝は泣きだしそう  ビルにぶつかりそうに  車輪にかけられそうに  わけがありそうにも  工場に泊っているそう  ように燃えつくしてしまったそう  利権を得られそうにさえ  火をつけるとか言うているそう  伊勢へ帰られるそう  奴があるそう  渾名があったそう  人を取って食いそう  息の根が止まりそう  仕業と思うているそう  何かやりそう  命令が来そう  喧嘩が納まりそう  馳け出そうと  日には出ないそう  お父さんが死んでしまいそう  間だそう  スバラシイ観物だそう  さだそう  王国があったそう  頭を出しているそう  形容が出来ないそう  十人だそう  ヘタバル奴が出来かねないからだそう  奴が居るそう  モウ助からないそう  悪者が落ちて参りましたそう  助を見ると泣きそう  山火事が続きそう  言葉戦いをしそう  大変賑やかやったそう  ヒヤッと飛び上ったそう  父の気に入りそう  内証で言ったそう  ほか言わないそう  胸が開きそうに  うち二十日余りもあるそう  手を出して捕まえそうに  気違いになってしまうそう  議論をやったそう  シナにもあるそう  仕事はできそうにも  事はありそうも  事もありそう  どこかにいそう  墨染桜とでもいいそう  ことはできそうに  友達がいるそう  大名行列だそう  三十枚もありそう  母親に叱られそう  一番不幸にしそう  草履が切れそうに  綺麗にゆかなかったそう  死出の旅へ連れて行きそう  町はひっくり返りそう  遺書になっているそう  心配と記してあるそう  火事で済ましちゃいられなくなりそう  提灯を誂えなくてもよかりそう  仙公は泣きそう  捉まりましたそう  生捕ったそう  役人たちをまくし立てているそう  話をしてくれそう  命乞いをするといって騒いでいるそう  身の上に似ていたそう  流失しそう  中へ落ちてしまいそう  支障を来しそうに  紀久子は泣きだしそうに  いまにも掴みかかっていきそうに  胸が裂けてしまいそう  心臓が破れそうに  裁判所からまで来るそう  用事があるそう  話をしているそう  それを継ぎそうに  女子には好かれそうも  何の足しにもなりそうも  火が燃えつきでもしそう  御所へ召されそう  色ばかりだったそう  赤ぐろい血相から飛び出しそうに  咽せ破りそうに  妹君を娶るそう  押拡げて張っておいたそう  宿になりそう  眼で見たらわかりそう  江戸まで持ちそうも  馬子などの休みそう  面もつぶれそう  目が出そう  燈明皿ぐらいありそう  足がひっかかって転びそうに  水を持って来てくれそう  駕籠だけも取り戻しに来そう  子供にまくし立てられてしまいそう  都合のよかりそう  城山とも言うそう  エラ者になりそう  当分は帰らないと言ったそうじゃ  人が隠れているそう  仕様もありそう  嫁様が参りなさるそう  大家だそう  名前のありそう  相手をさせるだけのこたえはありそう  お金のありそう  怪我はなかりそう  話がわかりそう  君は泣き出しそう  抵当になりそう  見処がありそうに  頼みになりそう  貧窮組が出来たそう  毒のなかりそう  指が染まりそう  がんりきに戻ってしまいそう  覚えがありそう  仔細のありそう  金兵衛は吹き出しそうに  策動をしているそう  さ五尺はありそう  こともできそうも  理由ありそうに  父は黙っていたそうに  密告されたそう  心ありそうに  若死にしそう  斃れてしまいそうに  お前さんは死んでしまいそう  大学者だそう  ッこらしいそう  部下が入り込んでいるからだそう  小男だそう  一緒に行ってくれたそう  女煙術使いでもありますそう  心ありそう  外出しましたそうに  こともありますそう  賄賂を貰ってはいたそう  家ではしたそう  笹家にいるそう  二人ながら倒れそう  心がありそう  一日によみきれそうにも  頭ほか入りそうに  ゾロリとずって来そう  門番が取って食いそう  役人だってわかりそう  承知になりそう  ことをなさるそう  身の上にありそうも  意味のありそうに  便りをしてくれてもよかりそう  役替えになったそう  人だかわかりそう  消息ぐらいは知らせてくれてもよかりそう  ハチきれそう  舌のとろけそう  優にありそう  心得顔でせせり出しそう  気持じゃいられそうも  崩折れそう  躁急に挽いて行きそうに  家があるそう  うってつけだそう  召上ってるそう  意見がわかれましたそう  かただとほめておりましたそう  容易に与えられそうも  ベソをかきそう  返答ひとつしなかったそう  謎が解けそうも  こいつア貸しそうも  身体へは当りそうにも  のが居るそう  ハグラカされてしまいそう  イカリをおろしてしまいそうに  人々にも気に入りそうには  ホンヤクできそうに  あなたにわかってもらえそう  作品は書きませんと言ったそう  否定して恥じ入っていたそう  感傷だと笑われそう  人々がいるそう  戦争が起きそうに  今後戦争が起きそうに  評判になったそう  事なら書けそうに  中途半端になりそう  ぺたを弾きそう  お客が見えるそう  徳川幕府のやりそう  一つもありそう  男であったそう  由緒がありそう  のだと言って笑ったそう  思いやりがありそう  天狗が住めそう  わたしは泣きだしそうに  あしたまで続きそう  箆棒にほめていたそう  髪をがっそうに  鑑定になりましたそう  見えになったそう  見所のありそう  これは斬れそう  中から裂けてしまいそうに  八幡様へでえだらぼっちが来るそう  印刷機械の錆付きそう  圧し潰してしまいそうに  精一ぱい出し切れそう  下城しそう  玄翁で打っても潰れそうに  手火事を焼き出そうやら  茶碗を取落しそうに  着色画にしてあったそう  一滴も残っていなかったそう  のか分らないそう  痣をかくしていたそう  あたしは知りませんといわれたそう  ことが書いてあるそう  ここへ忍びこんだそう  出没しそう  どこからか現れてきそう  遺族を探しているそう  何も分らないそう  名も書いてあったそう  何か認めてあったそう  帰邸しておられたそう  賞美にあずかりたそう  下火になりそうも  波路はつかみかかりそう  地底へでも消え入りたそう  男並となりそう  清子どのも見えるそう  彼の思いつきそう  鬼になりそう  ッたそう  直義は泣き出しそう  他界されたそう  義もあったそう  めだそう  鼻ツマミだそう  脚が外れそうに  願をかけているそう  悶死しそう  じき現れるそう  介抱なさったそう  話であったそう  ことだと話しておられたそう  反応がありそう  致命傷でないそう  手に捕まりそう  商売など出来そうに  内が急がしそうに  中だそう  のやそうに  様子を見たそうに  気が狂ったそうじゃ  ところがありそうに  活躍したそう  値段だったそう  手わけして探していたそう  カケガネは見えそう  行商をやってるそう  後悔なさったそう  ものが出てきたそう  人気だそう  土蔵へ行ったそう  のに入れあげてもいるそう  妓をかこっているそう  色がわるそう  土蔵へ呼ばれたそう  六七合も呷ったそう  ごらんになったそう  芳男のひそんでいそう  犯人だと思われそう  釜焚きをいたしておるそう  祖親に当っているそう  坪内逍遥だったそう  行事だそう  徒をとらえて行われているそう  グレートデンを飼っているそう  ヒキツケを起しそう  何かが落ちているとかしそう  ように泣きだしたそう  大概察しがありそう  長州で亡くなられたそう  ことで納まったそう  ところで壊れそう  心持よかりそうに  粉々にしなければ納まりそうには  幸内とやらは逃げたそう  窮命人は逃げたそう  説になっていきそう  啖呵が始まりそう  クビをしめられて死んでおったそう  手足もくずれるそうじゃ  日本には帰らないと云っているそう  水ぎわ立っていたそう  親切をつくすそう  二ツ三ツ間がありそう  ほかに崩れそう  子供だけは育てているそう  金をせびりに行きやがるそう  銭をせびって消えて行きやがるそう  ユスリを働きそう  くず折れそうに  前のめりに倒れそう  東京に帰ったそう  ように消えそう  榎本と聞いて云ったそう  作法に外れそう  直ぐに笑いだしそう  何でも喋れそう  罅われそう  風邪をひいたそう  しずくとなって垂れそう  くず折れそう  頬が燃えそう  瞳もかくれてしまいそう  目ばりがして貰えそう  解決しそうに  口が利けそう  そのものの泣きだしそう  姿を見うしないそう  なだれ落ちそうに  路ならしをして来ますそう  喜びがありそうに  呼吸づけそう  血を吹きそう  領土カムチャツカに漂い着いたそう  そこから動き出しそう  人がありそう  商売のひっかかりが無くなってしまいそう  枝も折れそう  幹から外れそう  それを見かえそうとは  部屋へ忍んで参られたそう  代理に出したそう  ことはできなくなるそう  恥をかきそう  日がたつにつれそう  前へ吸いこまれそうに  方向を指さそうとされたそう  男ざかりとなったそう  頂上へ登れそう  大蔵太夫と云ったそう  ものまで現れたそう  手打ウドンがでてくるそう  三目ぐらいまで打ちこまれるそう  タナグ山へわけこんで歩きまわっていたそう  碁石だからと考えてみたからだと云ったそう  一息にのみほしたそう  重みだけでつぶれそうに  手のとどきそう  ばらばらになりそう  中へ吹きとばされそうに  死をしそうに  てっぺんまでをかくしそう  おし流されそうに  あまり心臓がとまりそうに  恐竜にくわれたそうじゃ  ネリにかみつきそうに  ラツールをくい殺そうとしているそう  生命が失われそう  前へとび出そうと  一番下まで落ちたそう  仲よしになれそうも  ジャングル地帯には食べられそう  人通りがなくなったそう  自称していたそう  結束しそう  米だと喚きつづけたそう  戦争で死んだそう  のがあったそう  罪をきるそう  お上が察して下さるそう  ウンといいそう  地を見つけだしているそう  軒下からのぞけば見えそう  頭がおっこちそうに  芸が出来そうも  門外に逐い出させたそう  子孫だそう  養子になりそう  加命堂と云ったそう  別館へつめかけそう  気配がありそう  決意をくずしそうも  断言なさったそう  刀をぬいて斬りこみそう  身分ありそう  身分のありそう  手ごたえがありそう  神尾のやりそう  風呂を浴びているそう  格式ではよしそう  権のありそう  女中たちは泣き出しそう  あいつらに任せておいたらよかりそう  暴動をしそう  用向きがござるそう  叫び声をたてそう  誰か起きてきそう  二つあるそう  一定しているそう  雷もやみそう  眠りにつきそう  逸品があるそう  ワケがありそう  テンカンを起すそう  女中一人だそう  ッ最中になってからだそう  下をのぞかれたそう  書類が廻されてきたそう  芸者だそう  ように坐っていたそう  言を信ぜざるを得なかったそう  計画であったそう  スゲ笠を買ってかぶったそう  習慣だったそう  大金を持って出たそう  評価されていたそう  サガミ女をさがして歩いていたそう  人に語っていたそう  奴だと言い言いしたそう  心配はいらないと言っていたそう  あとがありそう  ので造ったそう  犯罪はできそうにも  一円ずつせしめて行ったそう  日はこなかったそう  タノシミらしかったそう  そっちへ移しそう  札を直したそう  一ねむりしたそう  オタツを捕えたそう  大工に限るそう  ニセと分ったそう  ニラミがきくそう  術もあるそう  例もあるそう  ニセモノだそう  オシを見破ったと語ったそう  一ヶ月六十円で雇うそう  刀を握って斬りかかりそうに  教えを乞うていたそう  助けになりそう  人様に云うと笑われそう  手術室だそう  姿を見かけたそう  毎日通ったそう  確信できなかったそう  発狂したそう  異名だったそう  送金を減らされたそう  目に居そうに  首切られそうに  決意したそう  さだったそう  ざんげをはじめたそう  小説家になれそう  僕自身をほろぼしてしまいそう  たばこも止したそう  顔もごろつきそう  現状であるそう  辺ならばありそう  大家であるそう  方をなされたそう  お前だそう  遊びに行くそう  正面にぶつかりそうに  人間味のありそう  ツルツルと辷りそう  別嬪さんだそう  泊りなさるそう  狼が出たそう  口を利き出そうと  言葉がかかりそう  何年かは持ちそう  七人もいるそう  姿が見えないそう  市川へ行ったそう  車夫なんぞは掃いて捨てるほど居るそう  行方が分らないそう  前によびよせて手渡されたそう  曰くありそう  別荘へ立ち去られたそう  錠を使っていたそう  カングリのはたらきそう  身を隠しそう  五六日はぬけられそうも  話をしていたそう  中から出てみせるそう  三四日はうなされそう  ほかにありそうも  だれでも考えそう  日暮れまでも立ち働いておったそう  今まで荒れそうに  海であったそう  人情で慌てそう  油揚をさらわれそうに  方がいるそう  これだけで食いとめたそう  婆さんが殺されていたそう  アいけないそう  そッくりあがっていたそうじゃ  区別がつくそう  感付かれてしまいそう  手段では揚りそうも  鰻屋があるそう  姿をかくしてしまうそう  話をしたそう  主とでもいいそう  千二百両かかったそう  模様替えがありますそう  理屈をいったそう  遺言があったそう  心臓が止りそう  神らしいそう  猿田の面がかぶされておったそう  山々に射放すそう  顔であるそう  顔色をしているそう  木の芽草の根をかじって生きているそう  大乗気であったそう  目的を果して帰ってきたそう  ガヤガヤとたのしんだそう  不始末であったそう  ニセモノだったそう  加治景村が居るそう  ガンドウもあったそう  チョウチンもあったそう  吉は侘びしそう  ッくり返っちゃいなかったそう  黄金を掘りに行ったそう  引取りましたそう  参いりましたそう  評判になりましたそう  カッケにかかって死んだそう  主になりそう  散歩にでかけたそう  二千箇もでたそう  ように見えたそう  かけあいに来たそう  さッたそう  所持しておらなかったそう  オイノリをあげたそう  ネグラを探しにでかけたそう  ガクゼンとさせたそう  たいがい歯がたたなかったそう  土俵をくわえたそう  五人がかりでも動かせそうも  芝山内へ持ちこんだそう  悪者だったそう  百十数通にも及んでいるそう  家探しに現れたそう  どこかにかかっていたそう  相当人に知れていそう  レンラクしそうも  厚着しようと呟いておられたそう  心境が変ったそう  易者になってるそう  立派になってるそう  二十三四からぐれたそう  勘当が許されそう  天狗がいたそう  行方不明だったそう  トンビをきて黙って坐ってるそう  ッてやるそう  一人歩きはできそうも  言明したそう  株を奪われそうに  朝鮮芝居を見せてくれるそう  あすこに隠れていそう  洋行するそう  おいであそばすそう  うち洋行をするそう  ところで遂げられそう  肝っ玉がありそう  道理がありそう  気にはなれそうも  頃減ったそう  じいせいだそう  びっくりしそう  一そう解りそう  雨音に消されそう  騒ぎでも起りそう  註文が出そう  立ち出そう  男山へ行き着けそう  合戦になりそう  手がかりをつかみそう  具足師もいるそう  島に来ておるそう  逗留していたいそう  方からはいりそうに  ことを話したそう  悔むように語ったそう  来月何日ごろ開場するそう  事済みになったそう  後戻りしそう  勝負が付けられそう  考えであったそう  名題になったそう  札をかけたそう  土手へ上って来そうに  お蔦さん追いかけて来そう  大概なりを見てもわかりそう  手元へ飛込んで行きそうに  ムホンを起しそうに  鼻をぶっつけそうに  方へ斬り込みそうに  妙自身まで疲れ果て泣き出しそう  ベソをかいて泣きそうに  文句通りだそう  遊二それに突き当りそうに  突んのめりそうに  何十人かいるそう  それに突当りそうに  向き返り駆け出しそうに  いまにも斬りつけそう  肩口を斬られそうに  方へ向って行きそうに  胴に入りそうに  べそをかきそうに  ワッとしぐれそう  私まで惚れちまいそう  そこで待っているそう  そこへ来ているそう  表に引きずり出して行きそう  人影とぶっつかりそうに  以て瞑そうという  腕は立つそう  二十数人あるそう  溜りにもいねえそう  水車小屋は浮き出しそう  時分に来てくれたらよかりそう  人が集まるそう  兵馬はありそう  口へ入れると溶けそう  月が出たそう  罰が当るそう  ものでもなかりそう  仕事ができそう  心がかりがありそうに  兵馬さんはおっしゃったそう  金があったそう  駒井のやりそう  めになりそう  時は倒れそうに  身投げがあったそう  無宿人になってしまいそう  渦へ捲き込まれそう  屋台骨を吹き折られそうに  頭に引きずられそう  ゆかりもなかりそう  理由はなかりそう  仕事はありそうにも  子供がいるそう  口が曲りそう  人に戯れたそう  容易には解けそうも  ものですから解けそう  規則であったそう  ものでしたそう  仕方がありそう  文句は言えそう  ハチ切れそう  人ででもありそう  通り泣きそう  宿屋があるそう  人たちなども泊めるそう  奉仕されたそう  好物だそう  日本温泉論にありますそう  松助も連れて居るそう  枕も付きそう  種切れに成りそう  旅稼ぎだそう  処だそう  折田村で殺そうと掛ったそう  事ぐらいは分りそう  疑獄事件にひっかかりそう  手に合いそうも  今にも泣き出しそうに  死体が出そう  行方不明になったそう  事を云ったそう  荷物を積み出したそう  功をはやって聞き入れそうも  誰でも覗きそう  発覚しそうに  方を嗅ぎ出されそうに  話合ったそう  署長始めそう  終いそう  容易に話しそうも  時に見に行ったそう  容易に分らないそう  千円許り要ったそう  波紋を描きそうに  所で通りそうも  反証が挙げられそう  矢張りそうは  子供諸共踏み躙られそうに  公判に廻るそう  都合になるそう  姦したとかそう  着物は渡せないそう  全部売り切れたそう  私は泣きそうに  ものはあり得ないと答えられたそう  香りも漂っていそうに  人からはしからずと聞かれたそう  賑ったそう  じき死にそう  天井までとどきそう  手をかけそう  お方もござりますそう  見えなさりませんそう  人が居そう  附着きそうに  足が留まりましたそうに  今日も晴れそうも  箸をも投げそう  出発したそう  天子があったそう  戦は終ったそう  影をひそめたそう  辺りにかくれておるそう  者は見ているそう  彼自身人に話したそう  ゴンクール受賞作品だそう  ことが云われているそう  あたしなどにわかりそうも  本宅へ届いたそう  かお電話くだすったそう  乗りになったそう  百メートルぐらいまでもぐれるそう  バクチを打っていたそう  潜水具をつけて潜られるそう  拒絶されたそう  ことでは助かりそうも  濃厚だったそう  ことが出てきそう  朝まで保ちそうも  検問を通れそう  向う岸まで行けそう  江戸表は覆りそう  緊ち切れそうに  気が狂れているそう  家探しをやったそう  世人の思い出しそう  弁解したそう  野に放ちであるそう  十羽以上で帰って来るそう  其形跡がわかるそう  一個六十銭位に売れたそう  望みであるそう  頭巾だけは取ったらよかりそう  ところに来ているそう  エライ働きをなすったそう  根を覆えそうと  上手だそう  傘を抛りつけて行ってしまいそう  いくらもありそう  誰もありそう  妨げに来るそう  のでございましたそう  お喋りが止みそうにも  おいでなすったそう  霜にでもなりそう  のが出来るそう  続出しそう  ざあっと来そうでも  日の光りさえも洩れそうに  後味がわるそう  致命傷になりそう  仕事をしてくれそう  ものしか出来そうに  手をもぎ落さないで済みそう  においしそう  ことに考えつきそう  田楽刺しに刺されてしまいそう  薯を食ってしまいそう  みどころのありそう  ことはなかりそう  お喋りが始まりそう  始まりだそう  盲目であったそう  主膳のやりそう  狸様がおいでなさるそう  通りがあるそう  日取りがきまりませんそう  仕事をなさるそうに  いちど呼びかけそうに  移動しているそう  滅入りこみそうに  奉仕を尽くしていたそう  カンとつんぼになりそう  夕立になりそう  行李につめて送ってよこすそう  始ったそう  素質を磨き出そうと  見分けがつかないそう  出勤だそう  勝敗が附きそうに  大空に浮き上って行きそう  手玉に取りそう  賭っているそう  味噌が腐りそうに  肩をならべて行かれそうも  口にしなかったそう  発展しそう  進級出来そうも  樽から洩れそうに  ことをするそう  ものもありそう  銘がございますそう  刀だそう  父が申しておりましたそう  皮肉が入りそう  ことを知らないでいるそう  一癖ありそうにも  蔵人も出て来そう  あたいにも聞えそう  南へ歩いていたそう  お化けの出そう  手には余りそう  面を出しそう  咏みましたそう  姉が殺されましたそう  人気者が出て参ったそう  一斗も入りそう  音を聞いて尋ねて来るそう  病気になったそう  木戸に入ったそう  來たんだそう  來てくれたそう  くつつきそう  帶びて直ぐにも泣き出しそう  寢こんでいられるそう  車外へ飛び出しでもしそう  要求するそう  期間だそう  つてルリが言うそう  聲を立てそうに  ために飛び出しそうに  目にかかれそうに  なつてしまいそう  自炊生活をしていたそう  なつていたそう  今死にそうに  ピンで突かれたそう  手を出そうなどという  ことがおきそう  言つてもぬけ出せないそう  私はふき出しそうに  私に話したそうに  言つて止めていたそう  會われたそう  筋肉が切れていたそう  方に行かれたそう  所が有るそう  結着がつきそう  事がわかりそう  望みは有りそうに  二三人あるそう  事が起きそうに  イキがつけそう  息がつけそう  土用波と言うそう  俺は吐きそうに  搜していたそう  女給さんしていたそう  まつたそう  ようになって来ているそう  さでやってゆけそうに  気ではち切れそうに  六時間前後を要するそう  勇敢に闘いましたそう  失踪されたそう  注意を与えて行かれたそう  儘出てゆかれたそう  一呑みにやられてしまいそう  人間が入れそう  喰べさせるそう  ものだと判ったそう  液体でも入っていそう  位は判りそう  雪がいつ消えそうも  部屋へ行くそう  衣にも耐えそうも  女好きのしそう  何もかも忘れてしまいそうに  聾になってしまいそう  風邪をひきそう  発火点にもなりそう  ここですみそう  淵へ吸いこまれそう  彼女が言いたそうに  一生直りそうも  粗忽は直りそうも  一しょに行って下さるそう  ムカデでも現れそう  住人だそう  うちに切れそう  重心を失いそうに  便所へ行かないそう  ミイラになれそうも  ままミイラになりそう  精神病だそう  行徳まで流れて来そうも  増長慢としてありそう  爪にかかりそうに  江戸土産になりそう  十六だそう  仲好しになれそう  椅子からとび下りそうに  八方へ投げ飛ばしそう  雷雨が来そう  わたしが泣き出しそうに  文句を叩きつけたそう  日帰りが出来るそう  退去したそう  ところはありませんそう  若さんも殺されちまったそう  入りになっているそう  おいでなさるそう  こっちへ廻してくれたらよかりそう  癒りになったそう  風呂がわいているそう  目が見えそう  智積院へ帰られたそう  奇麗になったそう  国旗を掲げていたそうじゃ  仮説が成立ちそう  三カラットもありそう  ボーイが受取ったそう  自炊しているそう  七町位飛ぶそう  鳩が来たそう  飛越せはしまいかと狭まそう  時間を喰いそう  不動明王に見えましたそう  事実を知っていそう  父がしそう  一ダースもつけていそう  君のやりそう  狂人だとは思わないそう  友は出来そうも  お世話になっておるそう  耳が削がれそうに  埓がありそうにも  船が出るそう  横歩きを用いましたそう  軽井沢まで届きそう  鼻を突きそう  兄君だそう  飯が出来たそう  こいつ只者じゃなかりそう  無銭遊興をやるそう  そこへさわられそう  種とはなりそうも  門を潜ったそう  邪教徒だったそう  人間だったそう  荷船が襲われるそう  弟子だそう  客来だそう  おもとめなされたそう  妾には出来そうも  音さえ聞こえそう  仕事が出来そう  妾は死にそう  松ヤンもなくなったそう  どこかへ行っちゃったそう  家へ帰って来ないそう  姿が消えたそう  海賊に襲われそう  火がつきそう  目つけたそう  銚子まで続いているそう  騒動が起こりそう  二十分で済むそう  灰が崩れそうに  美津子さんを説き伏せたそう  中に坐っていたそう  原稿も書けなくなりそう  読書も出来なくなりそう  患者が見えるそう  中に竦んでいるそう  心外だったそう  火をつけたと仰言ってるそう  達人だそう  いやだというそう  一風変っているそう  一太刀ずつ浴びせたがっているそう  泥鰌かと間違えられそう  面伏せそうに  指折りだそう  乱暴者だそう  二人も亡くしているそう  何も賭けられていないそう  学問もありそう  鳥羽までは行けそうも  赤松勢だそう  海だったそう  気がちがいそう  のも憂わしそう  実現になりそう  巨木も揺れそう  薬になるそう  ため仮面を着せて寝かせるそう  嘴で突き破って殺してしまうそう  一時間に片付けてしまうそう  応用が出来るそう  米国人の拵えそう  病気に罹るそう  事さえ知れたそう  藻掻くそう  研究が届かぬそう  ものもあるそう  無効にするそう  写真を撮らせたそう  識別するそう  寄附したそう  電気分解法を用いているそう  勘定になっているそう  装置を備えてあるそう  害わないそう  九月ノルウェーに帰ったそう  三幅対を作るそう  分析等をするそう  水が得られるそう  航したそう  目に立たぬそう  宝石に変るそう  名所であるそう  公衆に観せるそう  有効だそう  さに埋められたそう  三百七十一日生きていたそう  却下になったそう  数には足らぬそう  関係するそう  事になったそう  養殖場へかえすそう  出張を命ぜられたそう  こととなったそう  吸収させるそう  処まで上げたそう  変化したそう  汁から製するそう  痕跡もなくなっているそう  支出したそう  そっちへ駈け出しそうに  細君でも出て来そう  手で捕まりそうに  目をつぶりそうに  根本まで腐りそう  庭へ転げ込みそうに  じき何か出来るそう  口に入ると溶けそう  危く噴き出しそうに  私は噴き出しそう  免状位は貰えそうに  危く涙が出そうに  胸がむかつきそうに  一種のとどろきが始まったそうなとは  一支えしているそう  戦争になりそう  帰京されたそう  脚本だそう  眩暈がしそうに  エイトって言われているそう  水のたれそう  子供でもねじきれそう  下に隠していそう  笛だそう  ものではなかりそう  憤慨して罷めさせそう  戸さんにして貰ってるそう  饒舌家がしそう  齎らされそう  還元出来そうにも  解釈だそう  闘争中心的であり過ぎていけないそう  存在し得られそうに  代表しているそう  統計が出来ているそう  真面目に伝えられているそう  民族的芸術だそう  鼻毛でも見えそう  代表した睡そう  軽重までも計りそう  肯定本料に依って埋めつくされそうに  シタタリ落ちそう  反証を挙げられそう  改良されそう  発露だそう  持ち主であったそう  取り付き処はなくなりそうに  おしまいなさるそう  寺にはいませんそう  温泉へ行ってしまったそう  人のよかりそう  誰が留めても留まりそうも  言葉でございますそう  不自由をしたそう  木曾踊りだそう  ドロドロにとけてしまいそう  誰もいいそう  合点されそう  風呂がわいたそう  風向きのよかりそう  お作りなさるそう  商売になりそう  微塵もありそうも  浪人あたりのやりそう  挨拶したらよかりそう  本堂だそう  一思案ありそう  保護しているそう  定命と致すそう  ガス燈でもつきそう  女性観がくつがえされそう  無事に終りそう  僕は狂いそう  洲へ行きたいそう  新進作家だそう  約束をしたそう  偉丈夫だったそう  嘉代さんはあやぶんだそう  把握されそう  甘言に乗りそうにも  歴史的社会的制約はあり得そうにも  有たねばならないと考えられそう  外にはありそうにも  母親を失ったそう  秘密を告げたそう  ためだったそう  自殺を遂げたそう  下宿していないそう  種類があるそう  高価になるそう  想像ができそう  老が襲って来そう  女にありそう  ベルがありそう  哲学者が言ったそう  萎縮しそうに  何事も云い出しそう  言伝だったそう  匿されていそう  話などがとりかわされたそう  おばさんに頼んだそう  最後であったそう  それきり失踪してしまったそう  家がらだったそう  何よりも好んでいたそう  八十を越していそう  背丈を埋めそうに  彼を噎せ返らせそうに  針仕事に取りかかりそうに  当分帰国出来そうにも  ここから呼べば応じそうに  風の音さえ聞えそうに  わたしたちは空いていそう  暮しをしていたそう  幸福になれそう  信頼されそう  せりをしそう  人ッこ一人おらぬそう  寺に閉じこめられているそう  敵も見えぬそう  川向うへ逃げ失せましたそう  渡渉して来そう  攫ッて行きそうにでも  強風にあえば吹き飛ばされそう  自分までがつりこまれそう  時間だったそう  案内したそう  それには笑ってしまったそう  頼りになりそう  一生ケン命こらえていたそう  戦利品だそう  発生地だそう  有名だったそう  八億フランにのぼるそう  役を引受けてやっているそう  働きに行くそう  饑餓で死にそう  拝殿に置いてくるそう  社があったそう  オニホオズキともいうそう  途がありそう  人にまかせてかえったそう  部数を売ったそう  破滅に陥れそうに  死体が流れていたからだそう  一時雲隠れしたそう  決定されそうに  全快しそうに  声を出そうとして  鰹一匹満足に料れそうもな  人物にはありそう  ことを申し上げたそう  興味ではちきれそう  女だったそう  疑問だそう  ようにしたらよかりそう  女はあいそう  トルストイでもいいそう  雨を産みそう  真剣になりそう  著者でもいいそう  廻りには寄りつきそうも  ように休んでおいでなさるそう  んではいなかったそう  自分から触れば落ちそう  自分が飛び出そうとの  ことさえもしなかったそう  一緒になって踊り出しそう  物有りそう  舞台へ躍り出そうと  腕っ節の利きそう  素人目にもわかりそう  海馬が出るそう  雨を運んで来そう  物であるかをかねて知っていそう  ことをしましたそう  ときはやしたそう  境界とするそう  だるまでもいそう  一室をまぶしそうに  お転婆ばかりしているそう  容易にやみそう  それがばれそうに  山にも行かれそうにも  時を待っているそう  なにがし子爵夫人ともいいそう  戦地に参るそう  額が落ちかかりそうに  旅順が取れそう  嫁さんが来るそう  一月もいたそう  材料が積んであったそう  うそだそう  高氏にしてやられそう  警戒なされておられるそう  宿所割りも得られぬそう  不平を分ってくれそう  田舎だそう  山と蓄えられておるそう  今道鏡だなどといっておりますそう  なんでも払い下げて下さるそう  身よりだそう  美いそう  悄々として帰ったそう  使いも戻りそう  咬ぶりついて来そう  説明出来そうに  竪琴にでも合いそうに  ものが出来て困るからだそう  喫みそう  代が変りそう  来歴だそう  忠告したそう  巡査も吹き出しそうに  夫婦だそう  夕方までありますそう  口から出そうに  滅多にうせおらんそう  ことだけは免れそう  私はぞうっと  ジン・コクテルくらいは飲みそう  盛んであったそう  当惑したそう  台場に飾ったそう  権力を奪われそうに  訪問したそう  番が来そうに  馬から落ちそう  者であるそう  思案もありそう  寛典を蒙りそう  称賛を得たそう  角で突かれそう  三里余もあったそう  西洋の話しも判りそう  骨まで挫けそう  禄制を変じていなかったそう  運びは出来そうも  我県へ攻め来りそうに  事にしているそう  是正もして居らるるそう  部ばかりだそう  悲哀に沈みそう  餅みたいに凹みそう  拍手ででも迎えそう  喉を害するそう  梅がはちきれそう  通俗になりそう  目に逢いそう  手をゆるめそうも  六人が飛び出そうと  つれ出そうと  危く笑いに曳き入れられそう  着物を盗んだそう  日限が切れそうに  巣窟がありそうに  三人とも恐しそうに  クッションに跳ね返されて辷り落ちそうに  犬をやったそう  礼をしたそう  足許にでもついてゆきそうに  悠暢として居そう  会がはじまりそう  今にもひっぱりそう  中にさらいこまれそうに  参加していたそう  なかへ沈みそう  中で萎えてしまいそう  外人の喜びそう  南に限るそう  呶鳴りつけたそう  縁が切れそう  興味を持ちそう  値打のありそう  ものを持っていそう  器具が這入っていそう  頂にとどきそうに  頂につきそうに  気持がしたそう  お父さんばかりは許さなかったそう  お河童さんは泣き出しそうに  石油をまかなかったそう  連中のやりそう  言葉をかけそう  西郷が来るそう  ように書いて出したそう  気象高大に出来ていそう  女があるそう  塩分を含んでいるそう  金椎が泣き出しそう  へん心配したそう  腹を立っているそう  人のありそう  以前に気がつきそう  急に助けられそうに  嫌悪が突き出て来そう  首が締まりそう  屈伏して行きそう  幾度も転びそうに  声が飛びついて来そう  詩人が言いそう  巻雲さえ浮びそうに  賞めていたそう  模範興行を行うそう  祝賀会を催すそう  上演するそう  ことにつとめられるそう  満足に話せなかったそう  新聞愛読者だったそう  面会謝絶を押し通したそう  荷馬車にぶつかりそうに  道を切り開きそうに  遊女なぞにはわけて好かれそう  一人でさえ持て余しそう  私に言えそうも  人が来そう  どこから来たかと言いたそう  人が出来そう  涎を垂らしそうに  返事も来ないそう  状態だそう  九分通りだそう  気運が出て来ているそう  芋蔓の絡んでいそう  山芋のありそう  家に持って行けそう  胸おどりしそう  ことなどは聞いてくれそうも  ことなら聞きそう  ようもありそう  幾千か判らぬほどいるそう  身上を持たせるといってるそう  先鋒にやったそう  避難ありそう  善意にうけられそうも  向うへ逃げ出したそう  罰が当たりそう  嫌いはありそう  西洋人に限るそう  老人が引張り込もうとしていたそう  電柱へしがみついていたそう  貯金にしておけよといい渡されたそう  好意が持てそうに  行方不明となってしまったそう  何物かがいそう  冬眠中に出来そう  筈になっているそう  中へは這入りそうにも  首が現れそう  ことわりがあったそう  意味があるそう  先吹きをしていそう  駕籠が来たそう  太夫さんがかかったそう  講釈師が溢れそう  見どころのありそう  太閤秀吉のやりそう  小気味のよかりそう  あきらめがつきそう  助けに来てくれてもよかりそう  自分に突き当りそうに  ビクともしないそう  妥協が出来そう  火元になりそう  いも位にゃ食えそう  すきがありそう  金助としても心得ていそう  風速のありそう  人の踏みそう  米がなくなったそう  本家へ取ってかえそうとして  十分にありそう  三十人力はありそう  咽喉へ落ちないそう  手前味噌になりそう  驚倒したそう  狂いが来ないそう  悠々自適を試みていましたそう  あだ名をつけて呼んでいたそう  周到にして抜かりのなかりそう  あとに続いて来てもよかりそう  ものに施しをするそう  大雨がありそう  一緒に逃げて来そう  所を潜りそうも  鼠をとって食べてるそう  魚のいそう  魚がのぼっていそう  いくらもいそう  そこに坐ってしまいそう  霧が淀んでいそう  一曲ありそう  七百円以下には値切れそうも  一万三千円だったそう  疎開させたそう  みんなデタラメだったそう  声をあげたくらいに驚いたそう  おかみさんが言っていたそう  兼ちゃんは見えなくなったそう  駈落ちをしそうにも  叔母も喜ばしそうに  卓上演説をしてのけたそう  十四年かかったそう  惜敗したそう  数字では決められそうも  数字がありそう  筋肉は動きそうに  行動に変りそうに  お金が在りそうに  不変朗読でもしそう  椅子ごと倒れそうに  後には泣きだしそうに  河豚がいるそう  風采であるそう  検温器を透かして見たそう  胸に当てていたそう  時に見えそう  涙をこぼさせそうに  一声うたい出したら死ぬまでつづけられそう  #詩が出来そう  うたをうたい出しそう  くしゃみが出そうに  胸におしつけてしまいそう  香のただよいそうに  いまにもはりさけそうに  体をひっさあらっていってしまいそうに  ところへ巻いてきそうに  理屈をこねそうでも  何か湧き出して来そう  一寸絵になりそう  心中してしちまいそう  つゆのたれそう  涙がこぼれそうに  芽も出そう  自分に入れてくれそう  脱稿しそうに  伝染しそう  ものでなければ見落しそう  岸田豊雄とは頼んでもしてくれそうに  名をつけたそう  測定上邪魔になるそう  一度はかけられるそう  画家がいそうに  発見だそう  大人がって通がりそう  人もありそう  一ダースとはあるまいと言ったそう  到来しそう  革命は来そうにも  友達だったそう  つりがねそうか  一ぺんそっちへ行きそうに  本気にもなれそう  天をも焦がしそう  見附かって食べられそうに  たちに押えられそうに  声をあげて泣き出そうと  胸にも吊されそうに  六人ぐらいは乗れそう  いまにも踏み抜きそう  本ぐらいは読めそう  天気が崩れそう  何処からも涌いて来そうも  一日中曇ってしまいそう  まま保ちそう  一しょになっていそう  冬まで閉じるそう  毎日百人近く込合ったそう  スリッパが辷りそう  影の消えそう  今は突刺しそうに  帳場に出来ているそう  女をとったそう  適用されそう  失業しているそう  呼吸が止まりそうに  お前さんだけじゃ持って来られそうにも  木の根っ子を持っているそう  病気をなおしなさるそう  仕事をやりはじめたそう  みな色盲に過ぎないそう  瀑声あるを聞かなかったそう  お雪ちゃんが気がつきそう  行燈そのものが化けて出そう  尺八を見せなくってもよかりそう  神主さんが来られたそう  いたずらでやみそう  無心の出そう  二癖もありそう  中へしみ込んでしまいそう  白馬ヶ岳だそう  馬だそう  炎に燃えていたそう  火の気のありそう  市民気質だそう  女の子を産んだそう  慄然としたそう  蘇生をさしたそう  注視していたそう  あなたでなくてはならぬそう  たちに見つかって食べられそうに  胸にもつるされそうに  鶏が浮いたそう  性格からすれば有りそう  解放されそう  宙に浮びそう  下駄をはいて来られるそう  喉のつまりそう  事では晴れそうも  先生だそう  こちらへ来るそう  相手になんぞなりそう  危く打つかりそうに  争気に富むそう  中へ沈み込んでしまいそう  余裕がありそう  初めは消え入りたそう  反感をもっていそう  ことをいうなと叱られそう  穴から抜けそう  水が出そうん  キチガイになりそう  中に垂れ込みそう  金魚屋がありそう  精一杯だそう  倍もありそう  肺が腐りそうに  彼女にぶつかりそうに  落盤のありそう  顎のくっつきそう  気が違いそうに  空中に浮んでいそう  事務的に出来ていそう  政治家の言いそう  ところでもなかりそう  うちに溶けてしまいそう  のを気がつきそう  首を突っこみそうに  瘧病だそう  惰気すら生じそう  昼も見舞うてくれたそう  領主とはたれにも見えそうも  手に預けられてあるそう  所民たちだそう  上へころがり落ちそうに  シャリアピンに成りそう  そこから下りそうに  束を抱えそう  顛覆しそうに  満蒙出兵だそう  ケチンボーめのやりそう  高熱を発して寝こんだそう  翻弄されそう  事情が許しそうも  生活力がありそうも  返事が得られそう  ものが生れそう  帽子を取られそう  ものを書いたそう  材料にしたそう  踊が禁ぜられるそう  優待せられるそう  虚になりそうに  ものだと言い置いて帰ったそう  本当のでないそう  東京へ出たばかりだそう  末路であったそう  三味線を踏まれそうに  処なぞが有りそうには  懐剣を持っていそうなと  洋行が出来そう  空虚が満たされそう  与太郎があったそう  目を突きそう  役にも立ちそうも  返送してきたそう  間違いの起りそう  無地に見えそう  これは出来そう  外へ落ちてしまいそうに  役を買って出そう  暮しをしているそう  おかえし出来そう  半値だそう  夫もあらわれそうも  いっしょに流れていきそうに  ために減りそうにも  一本落ちても聞えそう  如何にも好きそう  唇が綻びそう  露が垂れそう  昨日お移りなさいましたそう  下宿代ぐらいは払えそう  健康になれそう  留守だそう  彼女以外にはありそうも  貨幣だそう  仰せの通りそう  始末だったそう  壁をぶち抜いて這入ったそう  旅館だったそう  探鉱に入っているそう  ものが見えるそう  無事に終えられそう  時刻にぶつかりそう  どちらにもなりそう  吹飛されそう  方へ行ってしまったそう  酒でごまかしていたそう  中から見出されたそう  取締みたいにして雇われてるそう  便りにもなりそう  雨が落ちて来そう  一つになりそう  ままでは治りがつきそうも  自分が泣き出しそう  念に駆られそう  眼瞼からこぼれそうに  身体を包み込んでしまいそう  問題にはいっていけそうに  始末だそう  つもりだと断ったそう  当分はげそうに  ままでは済みそうに  お世話になっていますそう  泣き顔になりそう  言葉つきをしそう  川柳にでもありそう  あちらこちらに出ていそう  突込んでいけそうも  足が滑りそう  ちぐはぐになりそう  身を託してきそう  何処かに出られそう  霜が降りていそう  駄菓子などを売っていそう  埃のたまっていそう  ことが有りそうにも  執念の残っていそう  安らかに眠られそうも  幽霊が出るそう  眼もくらみそうに  苦労ありそうに  娘などに出来そう  奉公していたんだそう  適用出来そう  忙がしそうには  私に出来そう  間違いがあったそう  危く突き当りそうに  お世話になったそう  辺に聞こえたそう  三軒ことわられたそう  年だそう  口を開きそうも  あれぎりで家へ帰らねえそう  それぎり屋敷へ帰らなかったそう  欝陶しそうに  金百両出そうという  蛇なんぞ棲んでいそう  喧嘩をして帰ったそう  ごろごろしているそう  一人いるそう  商売に出たそう  ことを訊き出そうと  満足には歩けそうも  声でもきこえそう  苦労ありそう  咽喉へ通りそうも  身でも投げそう  相談もありそう  男まさりとでもいいそう  世を終ったそう  蹟があるそう  着物をも剥いで行きそう  容易に解けそうも  雑司ヶ谷にあるそう  のと云われたそう  場所がありそうも  毎月二十日だそう  引き合いを食いそうに  種となりそう  面倒が湧き出しそうに  物がこぼれ落ちそう  埒が明きそうにも  仔細を訊き出そうと  見当が付かねえそう  ゆくえを捜させているそう  近所だそう  大勢死んだそう  奥行きがありそうに  一件が出来しましたそう  かみさんだそう  児だそう  十九だそう  河獺が出たそう  方へかかりそう  疑いは晴れそうも  中小姓とでもいいそう  ことが出来しましたそう  自分から進めそう  毎日運んでいるそう  花が咲きましたそう  落ちをしてしまったそう  里へ帰されたそう  いまにも動きそう  なかへ入っていきそう  下へと落ちそうに  じき出来るそう  声を出しそうに  いまでもいるそう  挿絵だそう  ひとつだそう  部屋だったそう  のかと思ったりしたそう  印刷するそう  今日はうかがえそうに  日が続きそう  これが化けそうに  寺参りに行っているそう  家を取り毀してしまったそう  愕きのあまり呼吸が停りそうに  賑やかに出来たそう  仔細ありそうにも  何か申しましたそう  のだと申したそう  碌々にたべなかったそう  留に絞り取られていたんだそう  うちに死にそう  工夫もありそう  湯本に隠れていたんだそう  絵が出来そう  木ごとたたきおとしそう  枝にとびつきそうに  時雨を運び出しそう  道楽もするそう  何も出来ねえそう  老婢に泣いて話したそう  仔細ありそうに  霜ぐもりとでも云いそう  成就しそうも  身代だったそう  手掛りになりそう  御用がありますそう  朝から探しに出たそう  素直には云いそうも  肌もこごえそう  行方はわからぬそう  答えもしそう  使いがあったそう  酒を造るそう  おわびしそう  説法があるそう  頭巾をかぶっていたそう  お客を乗っけたそう  埒が明きそうも  叫び声でも聞えそう  たくさんあるそう  人と変らなかったそう  剣術使いなどのやりそう  評判していたそう  滅多にありそうにも  事があったそう  所がありそう  お仕置になりましたそう  ものを見たそう  河童だって出そう  こっちに居ないとか云ったそう  ものは勤まりそうも  河獺の出そう  綺麗にたべ尽してあるそう  通を招いたそう  嚇かされましたそう  ゆくえが知れねえそう  今戸だそう  お気に入りだったそう  一人娘だそう  金目になりそう  仏具をぬすみ出そうとして  きょうも降られそう  それは有りそう  奉公しているそう  今朝まで帰らねえそう  鉄砲玉だそう  素裸で死んでいたそう  方を探っているそう  何も聞き出せそうも  頭をぶっつけそうに  姿を消したそう  団扇をつかって睡そう  飛行島へ入りこんだそう  前を去ったそう  君が喜びそう  脳貧血をおこしそうに  みな殺してしまったそう  乱射いたしておるそう  いまにも壊れそう  不連続線だそう  肩もぬけそう  何か起りそう  破壊しそう  水兵との食いつきそう  恨みを受けそうも  検視があったそう  無理に訊き出そうとも  さをしたそう  なかに死んでいたんだそう  駕籠を吊らせて帰ったそう  寺を逐い出されたそう  大変当てたそう  娘だと云っているそう  手にも負えそうも  十七八ぐらいに見えるそう  位取りはあるそう  二人いるそう  式部といっているそう  一人も来ねえそう  蘭奢とでもいいそう  何事かを問いたそうに  一軸をみましたそう  贋物だそう  禿があるそう  羽織とを持ち帰りましたそう  鬼を焼き捨ててしまったそう  火事があるそう  顛されそうに  父子連れだそう  親たちも困っていたそう  養生させようかなどと云っていたそう  詐りがありそうにも  お手本になりそうに  解散になりそうに  路頭に迷いそう  俺にわかりそう  今にも斬られそう  波に渫われそうに  坊主頭に飛んで来そう  ア違いますそう  日本にも居るそう  母親を怒鳴付けたそう  逞ましそう  濃厚いそう  後から考えるとソウ  蛇を殺した祟りとでも云われそう  午過ぎだそう  竦毛をふるっているそう  代物だそう  女がいるそう  西国生まれだそう  相合傘じゃあ凌げそうも  藻掻き死にに死んでしまったそう  十人なみ以上には踏めそう  塩梅にあがりそう  積りであったそう  こともしねえそう  馴染があるそう  五たびは来るそう  それぎり顔をみせねえそう  なかへはいってしまったそう  さきへ突き付けたそう  積りだったそう  目に着きそうに  毬栗にしていたそう  悲劇喜劇さまざまだそう  草鞋を穿きそうも  容易に動きそうにも  素直に起ち上がりそうも  わたくしで出来そう  雷獣が駈けまわっていたそう  生まれだそう  婿にでもなりそう  大騒ぎになりそう  一目散に逃げてしまったそう  蛇もいなかったそう  ことを云い出したそう  夕立を運んで来そうにも  雷獣も飛び込んで来そうも  ことには行きそうも  水が増しそうも  師匠とか云っているそう  惣八は詰まらなそうに  埓があきそうも  嘘をつきそうにも  我慢をしていたそう  疵あとでも残っていそう  句を入れて行ったそう  ところであったそう  呆気に取られてしまったそう  のを待っていたそう  繁昌しているそう  決着が付きそうも  刀は折れそうに  ここで繰り返されそうに  ころりと落ちたそう  光奴も泣きそうに  怨みを受けそう  五ツ頃だそう  暇を出されたそう  江戸へ帰ったそう  相手を見うしないそうに  自殺したそう  下駄屋をせびっていたそう  誰かから受けそう  仔細の有りそう  ヨナガリとも謂うそう  ソバドヂョウと謂うそう  骨で作るそうなと  目だなと思ったり言ったりしたそう  習慣にも結びつけられそうに  報酬が有りそう  昔語りがあるそう  伝説もあるそう  冤罪だそう  桃太郎が帰りそう  誰でも考えそう  道連れにはなりそうも  巣をつくっているそう  箱が出たそう  箱をほうり出したそう  川へほうり込んでしまったそう  ひと通りお前さんを調べて行ったそう  ふたり居るそう  仕事に行っているそう  眼をつけられたそう  鬼女とでも云いそう  ゆうべから帰らないそう  呶鳴って帰ったそう  片足落ちていたそう  何か持ち出しそう  仕事に行ったそう  旧家だそう  二十六になるそう  かい人だそう  富蔵と違って生き返りそうも  のなら逢いそう  口をあかねえそう  白地でもどされて来そうも  庄五郎が帰って来そうも  冗談だそう  世話をしてくれるそう  蝙蝠が飛び出しそう  なかで死んでいたそう  女が付いていたそう  品川辺に住んでいたそう  怪談もありそう  一歩貰ったそう  方ぐらいは知っていたそう  浪人だと云っていたそう  水野と云っていたそう  商人に請け出されて行ったそう  五本あったそう  同類がありそう  錺屋だそう  錺屋さんだそう  滅多に取り合ってくれそうも  果てだそう  足が付きそうに  露顕しそうに  容易に追い着かれそうも  秋時雨と云いそう  仕業だそう  自分から名乗ったそう  狐だとか云ったそう  二人あるそう  声で呼ばれたそう  誰だか判りそうも  夜釣りをしていたそう  剃刀を使いそう  弥平とかいったそう  何か係り合いがありそう  声をかけたそう  のだと云っていたそう  罅壊れそう  鑿り出せそう  丈夫だそう  我から止まりそう  鎮火しそうも  思ッてないそう  ズット澄していられそう  証拠に上りそう  辱に逢いそう  間にも這入りそう  吹起りそうに  歎いたりしそう  有泪に暮れそう  願掛けしているそう  ぶり付きそう  腹立しそう  何か云いたそう  穏に収まりそうも  愧かしそうに  云たそう  気がさしそうに  手を押さえそうに  耻かしそうに  持ッていなさりそう  一つとして行われそう  勢は笑い出しそう  消滅しそうに  根本へ近づいて行きそうに  ものになってしまいそう  札でも立てられそう  無事に済みそうも  涙をこぼしてあやまって帰ったそう  涙をこぼして喜んだそう  方法を見いだし得られそうも  繁昌したそう  ことし四十六だそう  大津屋だそう  ことし四十一になるそう  世帯を持っているそう  家作も持っているそう  株を取りそう  丸多が死んだそう  六ツ半頃だそう  それもありそう  代々久兵衛と名乗っていたそう  女もあったそう  叩き毀して焼き捨てたそう  参詣があったそう  六蔵でありそう  縁がありそうにも  仔細がありそうにも  方にいるそう  参詣しなすったそう  独り者で暮らしているそう  駕籠に乗って帰ったそう  夕方に絞められてしまったそう  土左衛門になったそう  何か引っかかりそう  みんな売ってしまいそう  侍とでも云いそう  どこだと聞いて行ったそう  遊び人なんぞとも附き合っているそう  家へ帰らねえそう  煉薬だそう  奥方とでも云いそう  ことを肯けなどと迫ったそう  六らをみると飛びかかりそうに  事件になりそう  所長さんだそう  懐中物を奪って立ち去りそう  始めだそう  作り話もありそう  誰か気が付きそう  遊びに来るそう  みんなお金を持っているそう  みんな早々に帰ってしまうそう  のだと云ったそう  江戸辺へ出かけるそう  影を隠してしまったそう  手伝いに行くそう  ように這入り込んでいるそう  ことを教えてくれたそう  顔を撫でたりしたそう  丑だそう  三日後に死んだそう  イマイマしそうに  柔道も強いそう  大社になっているそう  財産に分けてもらえそうに  諸国に出そうと  頭につかえそう  ギャラントリイとも云えそう  嬢さまであったそう  ようになっているそう  眼をかけて下さるそう  容易に判りそうも  芽をふきそうも  筈だったそう  嬢さまが殺されそうにも  先だそう  気ちがいになって頼んだそう  御家騒動のおこりそう  御家騒動でも起こしそう  なかに隠れていたそう  眼をして睨んだそう  老人は悼ましそうに  ことが知れたそう  手伝いに来てくれるそう  眼が明いていそう  亭主だそう  捕方だとか云っているそう  山の手辺からも来るそう  片腕を見付けたそう  腕を斬り落とされていたそう  無事には済みそうも  金を儲けたそうなと  山林でもうかったそう  わしが死ぬそう  井戸を掘らせてくれるそう  彼は眠れそうも  金が支払われでもしそう  駒を止めそうにも  京都へ攻めのぼって来そう  あとを慕って来そうに  敵ならば起りそうも  掻込んでいたそう  涙を溜めてたそう  顔を上げ得なかったそう  ままになっていたそう  抗議が出そう  叫び声が出そうに  頭痛におそわれたそう  台からはみだしそう  箱がならんでいたそう  外出しなかったそう  蛇を見たと話したそう  木戸から覗いていたそう  大さんが見たそう  眼がくらみそうに  帰り路で出逢ったそう  女の子だそう  姪だそう  遺言したそう  煙草屋をしているそう  コロリで死んだそう  道行でもしそう  簡単にかたづけられてしまいそう  お金をかけてさえそう  家が空いたそう  街路があるそう  宅だそう  滅多に起こりそうも  道を訊いても帰られそう  誰かが見つけて連れて来てくれそう  忠義者だそう  蝶々売りをやっているそう  商売に叩いて歩いているそう  流れ弾にあたって死んだそう  差支え無しにやっているそう  申し込みがあったそう  お化けへ出かけるそう  話を聴いたそう  店をのぞきに来たりするそう  呶鳴り付けたそう  大工だそう  左を間違えそうにも  大工の考えそう  ように云っていたそう  二匹牽き出しそう  屋敷があったそう  みんな無事に逃げたそう  屋敷奉公をしているそう  五十両とか捲き上げたそう  五人たずねて来るそう  十五両貰ったそう  容易に知れそうも  戦死したそう  死罪になりそう  女どもを怖がらせていたそう  私を突き倒しそうに  いまにも思い出せそう  女たちの持っていそう  力のありそう  潰し麦を食べるそう  モルモットを飼っているそう  赤ん坊を産みそう  麻疹がはやるそう  荷を卸しそう  洋犬を飼っていたそう  ゆくえは知れねえそう  そこらにうろついていそう  刃物で殺してしまいそう  異人たちが立ち会って調べたそう  ものは残っていなかったそう  みな殺されそうに  何かの係り合いがありそう  それに訊いたら判りそう  町に住んでいるそう  角であったそう  赤面して恐れ入ったそう  角に吠え付くか咬み付くかしそう  暮れに死んだそう  木枯らしと云いそう  何かありましたそう  誰も気がつかなかったそう  詮議が始まりそうに  何うかして見たいが見せてくれそうに  六十になっても死にそうには  節約だけではやって行けそうに  相談に乗ってくれそう  上手であったそう  保存していたそう  医者をしていたそう  因縁がありそう  堀江だそう  土地だそう  妹だそう  暇を出しそう  番所へ突き出そうと  出入りだったそう  伝蔵に出逢ったそう  居どころを教えろと責められたそう  半死半生になって倒れてしまったそう  車止めになりそう  客があるそう  増田はよろけて倒れそうに  屯所へ呼ばれたそう  河岸から飛び込みそうに  厄介兄貴だそう  番頭は訴えたそう  帰隊しないそう  屯所へ帰らねえそう  ゆうべから帰らねえそう  それっきり帰らねえそう  啖われていたそう  秘密を知っていそうに  氷店になりそう  ペンなどでは追っつきそうに  怪我をさせそう  水の滴りそう  一竹箆食いそう  何か言われそう  文金に蔽いかかりそう  しようがありそうに  浪を泳ぎ寄りそう  一人旅で消えそうに  言出そうも  上へ出そうに  刎ねそう  写真が出ていたそう  悪口を書いたそう  稗史だそう  顕われたそう  値が違うそう  段取になってるそう  そち以来だそう  烏を組んで伏せそう  舌を出しそう  草が生えそう  香炉形とも言いそう  真中へ載せたそう  影響力を持っていられるそう  節句に出て来ましたそう  あれなら役に立ちそう  弟があるそう  女房に叱られて追い出されたそう  顔をして出て行ったそう  どこへか出て行ってしまったそう  船に乗ったそう  本人を連れて行ったそう  当たりが付きそうに  覚悟であったそう  源氏名で勤めていたそう  窓硝子を押し破りそうに  胸が腐りそう  上にへたばりそう  氷で辷りそう  肺臓まで凍りつきそう  鼻を切りそう  上へ落しそう  女の喜びそう  リーザが喜びそう  背が焦げそう  武石は泣き出しそうに  遠島ぐらいを申し渡されそう  呶鳴ったそう  牢抜けがございましたそう  のが居りますそう  女郎屋で挙げられたそう  ことを云っていたそう  気を揉んでいたそう  六カ所も荒らしていたそう  それぎりで止めたそう  方がねそう  手がとどきそうに  手がかりが付きそう  大当たりだそう  評判だそう  きょうは飾ってなかったそう  解決されそうに  ふんしか落ちてなかったそう  臭のしそう  愁しそう  地蔵になってしまいそう  女が殺されたそう  のを見に行ったそう  ことを云われそうにも  在所が知れないそう  女なんぞに騒がれているそう  亀吉が詰まらなそうに  一緒に歩いていたそう  住は泣きそうに  沙汰がありそう  地蔵堂へ運んで行けと云ったそう  小説になりそう  変死したそう  美術にありそう  胸をはだけたそう  檀家であったそう  榧だそう  痕だそう  因縁がありそうに  どこへか引っ越してしまったそう  酒屋だそう  柘榴伊勢屋だそう  知恵が出そうも  力があるそう  物があるそう  鼠が出て困ると云っていたそう  一緒に殺らしそう  贔屓だそう  返事をしなかったそう  上へ乗せて見たくなったそう  庭で焼き捨ててしまったそう  鶏が啼いてしまったそう  一等だそう  人見知りをしないそう  頭をもたげそうに  外出はなさらないそう  尼寺にでも入りそう  ものもございませんそう  見覚えのありそう  病に利くそう  ところにあるそう  どこへでも行けそう  病体でもなかりそう  狼狽しなくてもよかりそう  いちばんいけないそう  何か言いそうで  話合いがつきそう  夢になりますそう  病気がありそうにも  いくつも出るそう  祓い給えを食いそう  面を見たらわかりそう  小力はありそう  二人以上ではありそうに  お湯があるそう  条理のありそう  おしまいなすったそう  船で行くといいそう  望みをかけられていたそう  いまにも起きあがって駆け出しそう  メーソフはぶあいそうに  風には吹き倒されそうに  前にも泣き出しそう  物入りであったそう  息子だそう  誰かにしゃべったそう  一人消えてなくなったそう  幽霊が出そう  たい男だそう  姿は見えないそう  半分気狂いではないかと思われそう  奈落から救い上げられそう  んやそうに  とおり受け入れてくれそうに  急には調いそうも  来訪しそう  心配のありそう  もっともな有りそう  水垢離取りそう  段含ませたそう  湊屋で泊めてくれそう  酔も醒めそう  星の凍てそう  咽喉を抉られそう  びっ裂がはいりそう  門へ出そうに  児じゃないそう  棹も撓みそうに  謡をうたいそう  容易にやめそうも  雪でも降り出しそう  物も見付からなかったそう  風邪だと云ったそう  家内に話して行ったそう  何か訊きたそう  死骸が出そう  旗本がありますそう  蝶に出逢いましたそう  蝶々が出たそう  養子に行ったそう  世にありそう  娘が死んだそう  自害したそう  家出をしたそう  容易に起き上がられそうも  腕利きだそう  雨でほころびそうに  みんな殺されそう  自分が殺されそうに  近といっているそう  死骸が浮き上がったそう  死骸が浮いたそう  お嬢さんだそう  厄介になっているそう  遠方へは来ていそうも  秘密を伝えられたそう  ようだそう  立派にあるそう  好きになれそう  資産ありそう  ところもあったそう  幽霊の出そう  葬式をなさるそう  引摺り出そうという  十両ぐらいにはなれそう  異国人であるそう  まま眠られそうも  五七人だけだったそう  かたをしているそう  相手の気にいりそう  喉元へきそう  仲間になってたそう  結婚したそう  関係したそう  それ位は着そう  特高刑事はいないそう  なかへとけてゆけそう  藪になりそう  手間が取れそう  細君に似合いそう  結果に陥りそう  説明してくれたそう  最後につけ加えたそう  四千三百円とか余ったそう  出入するそう  んだと云ったそう  心配するそう  狂の出そう  容易に覚めそうにも  砂埃でざらつきそう  容易に剥げそうには  中に沈んで行きそう  中に浸かってしまいそう  渦を捲いて狂い出しそう  軒に触りそうに  はずだそう  袖萩だそう  懐にして出るそう  古刀だそう  たくさんでありそう  容赦なく吹き込みそうに  文人画にでもありそう  どこにもおりそうには  劇しくなりそう  精神からだそう  悟は開かれそうに  一家全滅したそう  興行師だそう  お客だそう  ダシ物一つだそう  ことを考えそう  母にもらしていたそう  切腹を迫られたそう  言葉が吐き出されそうに  容易に減りそうも  カツレツに使うそう  流行するそう  地へ着きそうに  容易に済みそうも  さを増しそう  媒介者だそう  源之助にはありそうにも  車とでもいいそう  餓死をするそう  ひと息で絶えそうに  虫があるそう  脳へ来るそう  押掛女房が遣って来そう  国から出ておいでなすったそう  引合せなすったそう  二位だそう  招牌にありそう  地勢にあるそう  腹ばかり垂れそうに  筋ばかり残るそう  先方の悦びそう  卒業だったそう  勉強なさるそう  辞退して受けそうも  お客にでも出せるそう  楽にちぎれるそう  秘伝だそう  結論が得られそうに  四十歳にして惑わずと云ったそう  種類もあるが使えそう  暮しに役立ちそう  神田辺はのこったそう  当分死にそう  手がかりがありそう  二階がふっとびそう  浸水しそうに  心理葛藤に絡まりそうに  正気を失わせそう  煩雑になりそう  樹だとわかりそう  先へは行けないそう  浸水だそう  ひろ子に歩けそうも  顔負けしそう  理会せられそうも  半可通であったそう  華表に燃え移りそうに  沈没しそう  男女がいるそう  説明されそうに  説明されそうには  羞ずかしそうに  心が変りそう  御馳走をせられるそう  薬りになるそう  一緒に出そうと  駆虫剤が取れるそう  珈琲に製するそう  賞賛を博したそう  見世物になるそう  形になるそう  ものでないそう  経験をしたそう  松茸が出るそう  水揚散を飲ませたそう  ロースだそう  牛鍋屋行きと申すそう  西洋人が驚くそう  技術だと申すそう  斫別けて持って来るそう  寡いそう  毒に当てられるそう  病気になるそう  毒質が強いそう  御馳走に数えるそう  擂鉢で擂るそう  パンだといって食べないそう  ただ所謂歌になりそう  男まさりといいそう  肉でも喰いそう  意識的に動きそうに  説明出来そうも  流行として過ぎ去りそう  事が出来そうにも  事実上ありそう  故事がありそう  誰も折りそう  知識だそう  玉を拾うそうに  物語がありそう  桟敷が落ちそう  天狗が揺り倒しそう  毒でもありそう  色が透き通りそうに  非人の住んでいそう  くしゃみが出そう  煤を噴きそう  通魔でもしそう  あとだそう  誰かが飛び掛って来そう  川へ落ちそう  物貸してくれそう  皮がひっつきそう  未練たらしそう  刺青をしているそう  早変わりはしそうも  全快するそう  生れだそう  学生だそう  ところで来そうにも  何か申しそうに  後ろにうろついていそう  何年がかりとかで出かけるそう  災害に襲われそう  収入があったそう  唇をやきそう  約束があるそう  危険のありそう  絵になっているそう  番をしてあげたらよかりそう  幽霊が出そうで  気のありそう  足を出したりするそう  為めになりそう  異人館が出来たそう  のを連れて来ているそう  ように切って下さるそう  注文にはまりそう  お客があるそう  手が出そう  紳士は泣きだしそう  半島に集っているそう  握手しそう  任官したそう  ことさえあるそう  のではないかと思ったそう  電話口に出ていると思ったそう  音が聞えたそう  ように冷えていたそう  海軍さんまでも居なすったそう  錯覚を起しそうに  いまにもとびかかりそう  無事だそう  両手がち切れそう  物好きはありそうに  歌になりそう  棲息しそう  歳時記類にも出ているそう  河童でも出そう  当分ベルリンから抜けられそうも  日だそう  成功しそう  生長してみないと分らないそう  人工重力しか掛っていないそう  記者だそう  なかに吸込まれそうに  とおり整形されたそう  草だそう  ソクラテスとしてはありそう  覚悟ができていそう  ポケットへ入れたそう  犯人があがりそうに  改版して出すそう  モルトン町だそう  誘込まれそう  場所柄エリスの来そうも  ふうに感ぜられたそう  感知したそう  象が来たそう  草履では行けそうも  放心は得られそうにも  二回往復ができるそう  本気で被せそう  中にも入れたそうに  緊張にはちきれそう  海底にもぐりこんだそう  感慨探そうに  地下室を持っているそう  いまにも振り落されそうに  ヒイヒイと絶え入りそう  戦闘ができそう  蒸し焼きにされそう  駭いたそう  知合いだったそう  占領しちまったそう  上空へ現れるそう  出動したそう  上げ潮になって来るそう  スルリと滑りそうに  矢張りそう  火蓋を切ったそう  稍疲れが見えるそう  答解は得られそうも  常識的に考えてありそうも  事ができそう  いくらでもありそう  進行しそうに  アチャトデタン・コチャントデタンと啼くそう  ノラスケホーホと啼くといっているそう  意味に解していたそう  幾らでもありそうに  一つに数えられているそう  沢山来そう  縁のありそう  香りの有りそう  重味のありそう  涙をこぼしそうに  中にしたたりそう  騎兵は要らぬそう  特徴をもっているそう  行先をいったそう  受験したそう  青年もいたそう  普通だそう  周旋を始めたそう  十六日に持たれたそう  ことからだそう  対立があったそう  提出されたそう  故障を持ち込んだそう  勅令違反にはならないそう  問題に這入って行きそう  抗議書を送ったそう  二三名はいるそう  十月頃からだそう  ファッショと間違いられそう  転向したそう  焚刑に処するそう  ことにあるそう  非難したそう  告白しそう  承認したそう  留意するそう  国史教育だそう  反対だそう  矢張反対だそう  之を譲ったそう  必要を感じたからだそう  治療主義になるそう  三五・七五パーセントに当るそう  案を立てさせているそう  誠実のありそう  一蹴されそう  企てを持っているそう  手許から出たそう  目的だそう  文化交換にもなりそうも  方針だそう  ファンもいないそう  位いだそう  対立で潰れそうに  早慶戦に臨めそう  建議しようとしているそう  結局物別れになったそう  政友会だってそう  手を延ばそうとすれば延びそう  述懐しているそう  人格者でありそう  波及しそう  セッカイだと云われそう  普通人間の持ちそう  同情しているそう  精神の現われだそう  外ならぬそう  名残だそう  推定されそう  会合をやるそう  決心をしたそう  授受しそう  海軍軍人だったそう  逆にひねり上げられそうに  弁護士だそう  デマだそう  止めにしたそう  積りだそう  告訴すると云って怒っているそう  粟屋次官が控えているそう  人格に見立てられそう  国防資金が送られて来るそう  名士達によって設けられたそう  出没したそう  矢野氏は云ったそう  質疑を発するそう  車掌をやっているそう  解決して呉れないと困ると述べて来たそう  資格で乗り出すかも知れないそう  現地案が出来上りそう  着手したそう  神輿を挙げそうに  立脚すれば消えてなくなるそう  ことにもしたそう  運動を始めたがっているそう  不賛成だと云っているそう  了いそう  諒としたそう  ことにするそう  関係づけそう  拡大しそう  見込みだそう  対策がありそう  ことにしているそう  処があるそう  母親があるそう  急だったそう  検言し始めるそう  最近あるそう  退会を申し出たそう  健在だそう  専心しているそう  保険会社だそう  計画しているそう  意向だそう  荷厄介になりそう  起原だそう  ノメリ出しそうに  下に坐っていたそう  ナカナカ後に退きそうに  呼わったそう  慰めになったそう  白癩になってしまったそう  声で申したそう  気が致したそう  凶変でも起りそう  藉しそう  便器が落ちそうに  成功に終りそう  実行してくれそうにも  屏風が倒れそうに  写生ができそう  兵隊のいそう  白娘子は引返しそうに  私は死にそう  結婚するそう  説得なすったそう  密告したそう  武雄に申したそう  種板をこわしてしまったそう  お話しになったそう  文夫様を指したそう  苦に遊ばしていらしたそう  写真を写したそう  お立ちになるそう  朝だったそう  物に化けるそう  結合を始めそう  進行しそう  舌をかみそう  わけのありそう  住家だそう  奥におりますそう  会社だったそう  急には行けそうも  兄に詫びられたそう  からだじゅうが凍りそう  ッちく出しては使っていたそう  毎度だったそう  衆へつぶやかれたそう  会議であったと言えそう  みにしたそう  一再でなかったそう  男を引っ張って来なくてもよかりそう  一喧嘩起りそうに  一億一千万円いるそう  丁稚らは急がしそうに  ようにすると言いやがったそう  肺病で倒れるそう  希望だそう  五十本くらい溜まっているそう  みな貧乏でしたそう  毎晩大入道が出るそう  別嬪もおるそう  男は動きそうも  ためであるそう  二重になって見えるそう  眼で見なければ見えぬそう  自信しているそう  ハタと止まるそう  磔刑にかかるそう  上を通りすぎてしまいそう  あの世へ逝ってしまったそう  来訪下すったそう  十一時三十三分だそう  起草中だそう  なかまで滲み込んで来そうに  ように浮んで来そうに  方へ近づいて来そうに  ことしか出来そうも  言語をもっていそう  手の届きそうも  何か知っていそう  ぼんやりしていられそうも  空滑りをしそうに  田舎にでもありそう  絵になりそう  冬じゅうかかりそう  何も残っていそうも  言葉は切りだせそうも  ハネ切れてしまいそう  おばさんに食われてしまいそう  頭を出そうとして  一大事が起りそう  御膳籠につき当りそう  名ざしがありそう  ことにしてあるそう  抜きをやり出しそう  方角はわかりそう  動きが取れそうも  口説落しにかかっているそう  首供養をするそう  ところがありそう  気になってくれたらよかりそう  お供を仰せつかりそう  覘っていそう  火を噴き出したそう  泥で埋ってしまったそう  ことに決っているそう  ように説いてございますそう  ように説いてあるそう  一人頼み甲斐のありそう  暴動が起りそう  浪人者だそう  ほかにはございませんそう  疑いがございませんそう  代官をおどしに来たそう  剣術使いだそう  火になりそう  彼奴のやりそう  キンとして飛び上りそうに  どこかへ行かれましたそう  口上だったそう  記事になりそうに  中以下になりそう  自転車とぶつかりそうに  駒形通りへ曲りそうに  穽でもありそうに  木偶の坊にも解りそう  先へやぞうを  ざあっと来そう  図になってしまいそう  卵は燃えそうも  事では消えそうも  お方も言っていらしたそう  虹は消えそうも  ゲロが出そう  丈夫で生きて行けそう  いつまでも消えそうも  子供にためそうと  勘次が詰まらなそうに  言やそう  奥底までも読みとられそう  わたしでさえ取違えそう  お宮を取ってゆかれそう  御用がありそう  手紙でもよこしそう  君来てくれたそう  ことをして見たそうに  ことでもなかりそうに  そばも食いそう  お発ちになりますそう  このごろは捕れないそう  事はありそうに  木枯しとでもいいそう  職人がいなくなったそう  因縁が結び付けられていそうにも  嗜性とか申すそう  藁が切れそう  文学者のみには解りそう  読者に気に入りそう  後退しそうに  かすかに聞こえてきそうに  いつ止みそう  物の怪の立ちそう  腕に覚えのありそう  勘次がやぞうを  格別異状などは見えなかったそう  にこにこしていたそう  復活祝賀会を開いたそう  七台踏みつぶしたそう  うっかりすると飛ばされそうに  屋根を剥がしそう  いかさま人の死にそう  何者か割れそうに  一見赤児さえ懐きそう  眼が眩みそう  歌舞伎が来たそう  使い手だそう  力もありそう  悶絶しそう  松崎殿とも立ち合ったそう  昼行灯であったそう  段違いだそう  お人好しだそう  怪我勝ちだそう  声を立てずに笑っていそう  忘られそうも  大変怒っているそう  秘法だそう  病気になられたそう  一名仮病とも云われるそう  不面目病とも申されるそう  病とも申されるそう  帰りなされたそう  功名をなされましたそう  八ヶ嶽を忘れそう  白蛇を盗まれたそう  旅へ上ったそう  火事だそう  眠りに入ってしまいそう  喧嘩だそう  こいつはありそう  毒蛇だそう  若者は恐そうに  若者だそう  助は云ったそう  山窩と云われていたそう  一しょに引越してきたそう  婦人だそう  花坊主が降りて来そう  帰宅って来そう  異状もありそうに  のかと睡そう  ことかと恐しそうに  女ならありそう  にぎやかになりそう  手でつぶれそうに  空気そのものをかっさらってしまいそう  文学者になれそう  響きを立ててくずれ落ちそうに  透明で消えうせそう  テーマだそう  一人前になれそう  一匹も見えなかったそう  時雨のきそう  いまにも飛びそうに  沢山にいるそう  結婚されたそうじゃ  眩暈みそう  腹部はちぎれそうに  教もなさるそう  月々八九円はいるそう  等も進んだそう  ように威張っているそう  よわい子が出来るそう  跡もどりになりそう  宅をしめきりてあがっておるそう  わたしは裂けそう  あちらに取られてしまいそう  充填物にはまりそう  見込みがあるそう  貧乏人があったそう  世の中がこわれちゃいそう  当りがつきそう  草の根を分けても尋ねたらよかりそう  日本人には向きそうも  味が分って来そうにも  埒が明きそう  掛値がありそう  ほかに慰められそう  港へ着くそう  マキちゃん死にそう  ふたを持ち上げてとび出そうと  肩をつかまれそうに  分別があるそう  いつまでも終りそうに  苦しみも受けないそう  支那にでもありそう  確かに歌ってくれそうも  消息だそう  美人がふえましたそう  ことを聞かないそう  お礼を言っていたそう  奴だと思われたそう  手紙をよこしたそう  ナイフを振りまわしたそう  恋に渇いていそうにも  彼女は行きそうも  うち病気になりそう  君でもよみそう  当分止められそうも  知略のありそう  私などに出来そうも  食事をとらなかったそう  緒口にもなりそう  大和絵師の行きそう  事だと言われそう  ここに求めそう  事のありそう  百年くらいは生き存えられそうに  胸が張りさけそう  身を動かそうともしそうに  一間位もありそう  三尺あまりもありそうに  心持ちにはなれそう  工夫のありそう  草双紙にでもありそう  苦にされたそう  名がつきそう  首が抜けそうに  色の出来そう  物になりそうに  みな画になりそう  病気にも利くそう  心に浮んで来そうも  地唄にでも聴かれそう  徹と云うそう  気にかかるそう  不器用に作れそう  涎の出そう  頼みになったそう  百年待っても動きそうも  嬢様であったそう  上まで出そう  博士がありそう  洲へ行くそう  曝け出そうとは  久一さんの泣きそう  裏あたりになるそう  近頃になってからだそう  いまにも崩れて来そう  遺構だそう  万葉気分にはいれそうにも  何かおっしゃられそう  仕事には使えそうも  古墳群などもあるそう  幻覚さえおこって来そうに  模写しかできないそう  精進三昧はつづけられそうも  画家がいるそう  立ちあらわれそう  中にはいってゆけそう  一週間ぐらいで書いてしまえそう  雪でもふり出しそう  鮮やかに残っているそう  何処かにありそう  わけにゆきそうも  雪が残っていそう  原は尽きそうも  何か思い出せそう  そこに待ちかまえていそう  通りこしそうに  とばっちりを受けそうに  実現せられそうも  古代が描けそう  腰のずれそう  雪をくずして行きそう  蟹は泣きそうに  梅原竜三郎ならやれそう  獣の通って往きそう  妄者とよぶそう  歯ぎしりして叫んでいるそう  序文までがついているそう  王羲之があるそう  名筆を分捕られたそう  落命になったそう  仙台家にあるそう  造船がやれそうには  急に動き出しそう  一日はかかりそう  あすこからみこしを上げそうにも  どこへか行かれたそう  二枚あったそう  ムクが帰りましたそう  仙台へのり込んだそう  羽ぶりであったそう  顔を出してもよかりそう  利用しそう  息がとまりそうに  多分にありそう  攀登れそうも  ジャックに蹴られそうに  旨を申出そうと  余り大騒ぎになりそう  声を愛していたそう  水車に合いそう  避難したそう  マリエへ送り返されたそう  ムリヌウに持込まれたそう  暴動の起りそう  ゴスが言っているそう  相談に上るそう  火の粉になって覆れそう  蝙蝠を吹出しそうに  鮹も浮きそう  出家でもしそう  地が崩れそう  縊殺されそう  火を吹きそうに  はずしそうに  穴倉へ引入れられそう  嬢様は落っこちそう  押伏せられそう  墨汁が降りそう  星が降りそう  事がありますそう  持上りますそう  爪も立ちそうに  座敷だそう  鶴谷では喜びますそう  女中衆でありそうに  声のしそう  一ツ上のだそう  姿をかくしたそう  こちらへ曲りそうに  下へ沈みそう  畳を離れそう  音がしそうに  ニタリと笑いそう  心づもりをしたそう  当日だったそう  人も死んだそう  暇ができそうにも  解釈したそう  屋根でも飛んでしまいそう  彼は消え入りそう  気まで狂いそう  ことを思い出しそうにさえ  感附いていそう  貰い受けそう  傷が出来るそう  悲鳴でも出しそう  足取りで倒れそうに  武子さんがうけついでいるといわれているそう  事に働き出そうと  書物とは言いそうも  階段から転げ落ちそうに  ことをしでかしそう  至当であるそう  悪口を言われそう  口に出そうと  夜通しでも歩けられそう  実現されそうも  心臓が裂けそう  肺炎だそう  行き倒れになっていたそう  プレミアムがつきそう  壺にはまりそうに  糸にのりそうに  壺におさまりそう  地面が売れたそう  名所でございますそう  ことを止められてあるそう  胆を冷すそう  懺悔したそう  口も利かなかったそう  看護婦をしていたそう  医員をなさっておられたそう  孝行をしてあげてくださいと言ってなだめたそう  断念したそう  症候であるそう  あなただそう  執拗に言い寄られたそう  沈み行きそうに  魚でも住んでいそう  気がきいていそうに  朝着きそう  横に吹き流されそう  横痃のはじけそう  実現できそうも  手で収まりがつきかねそうに  監獄にほうり込んでやるといってたそう  デッキへ落ちそうにまで  癪を起こしそうに  心臓に向かって光りそう  デッキごとさらって行きそうに  中で凍りそう  二人ばかりあったそう  浜へ帰ったそう  いつでもいそう  スタンバイだそう  殺しでもしそう  ブドリは泣き出しそうに  足に食いこんでちぎれてしまいそう  博士に吸い込まれそうに  工作隊を出すそう  月を宿していそうに  それの留まりそう  声のありそう  ものも居そうに  水涕も氷りそう  狐が鳴いたそう  日は暮れそうに  岩を踏みはずしそうに  残存しそう  咳嗽がとまりそうも  ようになって歩き出そうと  足許へ飛んできそう  化物に攫われてしまいそう  盥が入りそう  孔はあきそうも  ことの起りそう  匍い出しそうに  大変興味探そうに  二人現れたそう  様子だそう  直径一尺五寸もありそう  域だそう  断言していたそう  言葉が行われたそう  グアイであったそう  二ツもはいりそう  裾をひきずりそう  カルセオラリヤが流行りそう  ことをいいそう  後ろ向きにはい出そうと  人は絶えないそう  池へは行かなくなったそう  鳥獣に笑われそう  手のひらを引込めそうも  拇指で摘み出しそう  嫁入に担ぎそう  海がありそう  それはかあいそう  男好きのしそう  焦燥たそう  飾り位如何かなりそう  大声を上げそうに  相手ができねえそう  象だけであるそう  今日一日に取りかえそうという  牙をむきだしてとびかかりそう  男は助かったそう  ギロギロとくるいだしそうに  仰向けに寝たそう  ものを用いなかったと語ったそう  かわりにしたそう  人の住みそうにも  奥ではいうそう  隠し神さんに隠されるというそう  ように信じられているそう  叔母さんがあるかと尋ねたそう  二三人はあったそう  ところへと答えたそう  特徴がありそう  飛行したそう  否定せぬそう  所持していたそう  伝言を頼んで別れたそう  耳が破れそうに  ものだと信じていたそう  人たちは思ったそう  姿を見せたそう  婆の還ってきそう  ようにしていっていたそう  女が語ったそう  名まで語ったそう  心痛をしたそう  産をするそう  丸裸であったそう  光で見えたそう  勇気もなく還ってきたと語ったそう  正気を失ってしまったそう  のだと答えたそう  家に伝わっているそう  ことだと話し合っていたそう  神経衰弱などにはならずにすみそう  煙のごとく消えてしまいそうにも  別であるそう  血を吸われて冷めたくなっていたそう  トリカブト毒研究で死なれたそう  匂いをたてるそう  今にも来そう  人のもくたびれそう  佳話が残っているそう  尽力をされたそう  舞を舞っていたそう  老人たちに云い聞かせたそう  能を見たそう  研究をしなかったそう  身分だそう  歌を作られるそう  干渉をも受けそうに  路傍にしゃがんでいたそう  都会人の考えそう  場合誰でもがもちそう  入院してるそう  退院なされそうも  それやそう  遺書があるそう  必要があるそう  鎌倉材木座だそう  学位論文を書いていそう  者が来てるそう  明日退院するそう  今朝脳貧血で倒れたそう  夜行で引きあげられるそう  余命が保てそう  作つてあげられそう  権利がありそう  ことを考えてくれそう  疑義を生じそう  消防に当ったそう  此処にあったそう  のがありましたそう  人殺しもやったそう  町人は泣きだしそうに  ところ職人渡世でもしていそう  人さらいが出るそう  屋台を張るそう  繁盛だそう  芽が吹いて出そう  湯気の出そう  さかながかかりそう  番町だそう  旗本だそう  きつねつきになったそう  有名になりそう  溝川を泣きたそうに  なめくじが泣きそうに  身体もふやけそうに  心が捩じ切れそうに  老女だそう  養子を貰ったそう  一刀流ぐらいはつかいそう  商売をかせぎそう  自信でもありそうに  げをでもつまみそうに  お金を遣うそう  つもりであったそう  面喰らったそう  小春といっていたそう  物であったそう  ことがはやったそう  勝負をしていたそう  事になっていたそう  目が醒めそう  くせありそう  身を入れて習いそう  十年ぐらいにはなりそう  紛失したそう  半分おすそ分けができそうに  窓を破って逃げ出しそう  少尉が現れたそう  一夜をあかしたそう  十円くれたそう  殺到したそう  案をねっているそう  二人位は寝られそう  者たちに言っているそう  入舟町だそう  点は見せなかったそう  開始されそうに  一匹かかりそう  遠くへ抜け出ていきそう  ゆかたがけかなんかで出かけそうに  店はあるにはあるそう  思い出を書かなければいけないそう  諸氏が来たそう  話だったそう  夜があけそう  筋でもありそう  左ききだそう  松篁なども言っているそう  めがあるそう  猿の気に入りそう  役儀のてまえそうも  ふたりぐらいはいれそう  効果があるそう  理由になりそうに  たくさん貯えてあるそう  後へたおれそうに  悪戯に過ぎないそう  後ろに引き倒されそうに  ほんとうに駆けだしそう  ひざもとを食い荒らしていなさるそう  絶交すると言ったそう  誰にも分りそうも  兄いさまがあったそう  さばきに接しられそう  土を滑りそうに  へそまでが凍りそう  ことが起きたそう  味のありそう  箱ぐらいついていそう  火事が出そう  捕物になりそう  うえまでとびあがりそうに  空中へ放りあげそうに  音が出そうも  咽喉が焼けつきそう  いまにもひっくりかえりそうに  三週間近くになるそう  つけ根だからだそう  力士だったそう  ネタにでもなりそう  傷口を見調べていたそう  知恵比べいたそう  休養しろとおっしゃったそう  うちだったそう  今夜出そう  屋台船にしそう  不思議に考えられそう  ことがわかりそう  桜丸がやって来そう  ひとりぐらい押えられそうに  一騎打ちになりそう  ひと目見たらわかりそう  人にとられそう  わで行きそうも  こころもちそうに  問屋をやっていたんだそう  美人だそう  どこへいったか見えなくなっていたそう  新品にできたそう  破談になりそうに  手にも触れられそう  風にも萎んでしまいそう  病気で死にそう  頬の落ちそう  咽喉を締めそうに  児が死にそう  機会はありそうにも  口笛で吹かれそう  永劫死にそうも  一日も耐えられそうに  それがあばかれそうに  物をいいそう  今もしそう  妙見さまがまたたいそうも  めんどうになりそうに  江戸家老だそう  松代は泣きそうに  やけどをしそう  手間がかかりそう  #奴が飛び出して取抑えてくれそうも  目的物がありそう  ぺたが落ちそうに  つもりにもわかりそう  相談係でも言いそう  宝物となって残っているそう  由緒もありそう  名乗りあそばされましたそう  お越しあそばされましたそう  出世をあそばしておいでなさいますそう  挨拶をして下さってもよかりそう  際限がなかりそう  将来利用のききそう  頭はがっそう  隔たりのありそう  証拠に残りそう  らく大名だそう  のはござんせんそう  いわくのありそう  家に馴れて来そう  これじゃ出そうも  男が好きそう  いまにもねらわれそう  餓死しないでもすみそう  ものになりかけているそう  なりとゆきそう  用意していったそう  手数がかかりそう  役にたちそうに  地歩を見出し得られそう  見出し得そうに  声を挙げて泣き出しそうに  彼にはできそうにも  不品行をしたそう  追求されて押しつぶされそうに  音楽家らがなしそう  二十人近くはいそう  根を張っていそう  どこもかも見つかりそう  小屋へ運んできそう  水気が出そう  秘密を漏らしそうに  いまにも散りそう  のも煩わしそうに  中にしたためてあるそう  用意をさせながら迎えに出そうと  それすらも書けそうも  猛毒がはいって居るそう  重みで押さえつけられそうに  小夜子サンを送って出そう  ッぺたを殴りつけたそう  七八百万もうけたそう  ピストルをなでまわしたりいじりまわしたりしはじめたそう  ヨダレがたれそう  深間へはまりそうに  手前だったそう  本門寺へ行ったそう  汗を払ったそう  返事をしたそう  小夜子サンも見ていられなくなったそう  せいだとも云ったそう  赤色スパイだとも云ったそう  証拠があがりそう  ようにたのんだそう  マネをしてみせたそう  念をおしたそう  名人があったそう  ことはできたそう  大変意外だったそう  毛皮がつけられていたそう  仇だと言ったそう  道楽をするそう  身心ぼそうなど  呼吸が切れそうに  花に吸われて消えそうに  縄尻でも取っていそう  発熱されたそう  薬を飲まれたそう  信清を呼び寄せてくれと言われたそう  返事がきたそう  兄を起こして連れてきてくれと申したそう  言葉を使ったそう  居間へ帰って寝たそう  絞殺だそう  叔父さんも捕まったそう  白状したそう  お話をしてくださるそう  方がわからなそう  そこですごしたそう  夫婦になってくれと申したそう  肚胸をついたそう  臥ていたそう  経営してくれたそう  涙がこみ上げて来たそう  天狗の出そう  噂を伏せて仕舞ったそう  密旨でも帯びて居そう  挨拶でも仕たそうに  山賊でも住んで居そう  医者が来そう  医学士が来そう  板を填めそう  話などの出来そう  何れに組みそうと  瞼を刺されたそう  城へよび迎えたそう  孝行者だそう  拝領になったそう  当り芸になりそう  許可しようとはしなかったそう  者も居たそう  俺はソウ  二両出そうと  権威をもって役に立ちそう  途中で死にそう  水を潜りそうに  速力も出そうと  ほうへ歩き出そうと  結氷しそう  無理をも通してゆけそうに  動物がかあいそう  誰もやりそう  グロッコも居たそう  通り動物がかあいそう  植物もかあいそうに  生れつきバクテリヤについては殺すとかかあいそう  旅費を巻きあげ損ねそうに  天幕をひるがえしそう  書の読めそう  其屋敷跡だそう  如く往来して居たそう  二十五であったそう  里子に言ったそう  私を倒しそうに  生涯関係のありそうにも  頬までも裂けていそう  一番に語っていそう  交渉がありそう  身分を調べて行ったそう  男は云ったそう  身の上を聞いて行ったそう  急ぎだそう  べり落ちそう  姿を暗ましそう  少女の好みそう  一口噺にでもありそう  話もありそう  梶には分りそうにも  母は云ったそう  武器以外にありそうに  生家がありそう  ことだけでは済みそうに  最上ではなかつたそう  こっちから行けそう  わしたそう  座敷へは通らないそう  自然にやってのけたそう  腹匐いになりそう  爆発ができたそう  フィルムで考えそう  領土が隠れていそうに  出現して下さるそう  熱は出そうも  小鳥商だったそう  者にこぼしていたそう  省略されているそう  批評をしているそう  強調しているそう  まねのできそうも  科学ではできそうも  何度でも戦えそうに  一・八八メートルだそう  痕を印していたそう  肉屋だそう  喝采を送ったそう  顔に出そうと  乾干しになるそう  開きがありそう  そうにおかしそうに  作曲者はちがうそう  鶴子饅頭と云うそう  掌にも入りそう  天狗が集りそう  悪戯だそう  股が裂けそう  鶴子饅頭が食べたそう  仕事場を出て見なすったそう  名誉になったそう  貴方なんぞも遣りそう  手筈だったそう  毛一つも揺れなかったそう  杖にしたそう  校長さんでいなさるそう  冥土へも響きそう  お話しなすったそう  流しなすったそう  堂守をしていましたそう  お送りはしたそう  元結が切れそう  伜が遣りそう  いくらも浮かびそう  焼死しそうに  説もあるそう  点がありそうに  スターだそう  何物かを生み出しそう  ことがいえそうに  タクシー運転手がいるそう  訓戒したそう  析出されるそう  推定八十人もいるそう  午前だけとられたそう  板が出来ているそう  研究があるそう  われわれに食ってかかりそう  逆さまは見られそうも  行列の有りそう  大抵は判りそう  みな顔色を変えていたそう  ものは出来そうも  斜に構えて動きそうにも  鱒が上るそう  危く落ち込みそうに  階段に懸けられそうに  上へ落ち重って来そう  許りで登れそうにも  床からずり落ちそうに  谷まで転げ落ちそう  儘何処へかけし飛んでしまいそう  ケカツ谷だと教えたそう  人間には出来そうにも  三方に別れながら通れそう  刎ね落されそう  阻碍するそう  岩窟があるそう  発音しているそう  骨が折れるそう  泊れるそう  横にはみ出そうと  行動しないと落ちそう  水が絶えそうに  此処だそう  柱が折れそうに  イモウオと称しているそう  学名だそう  三百万出そうと  京都へ行くそうじゃ  依頼があったそう  脅迫なさったそう  紛失しとるそう  安心しきっていたそう  散歩されたそう  自動車とすれ違ったそう  印象に残りそう  子は云ったそう  初めから分りそうじゃ  作品が出来そう  盛に書き立てたそう  物見山と呼ばれているそう  子を生んで居たそう  気になれそうも  あすこは登れそう  穴だそう  目が眩んで倒れそうに  一雨来そう  意地を張りそうにも  気に障ったそうナ  二階に聞えているそう  ハアンでも好んで書きそう  ことを思い出したそう  ヒン曲って泣けそうに  怺えていた泣けそう  息が止まりそう  中へ落ちそう  泥棒が這入ったそう  家は見出せそうも  生れだったそう  廃物ばかり並んでいそう  うちに焦げてしまいそう  突つかれそうに  下から転げ落ちそう  車も吹き飛ばされそう  青物屋だったそう  クネクネと躍り出して来そう  生意気だそう  涎が垂れそう  ズット前にあったそう  対象になりそうに  上で取り落しそうに  五十燭以上になりそう  医員に聞いておりましたそう  証拠物件として持って行ったそう  匂いもしそうも  尼僧であったそう  建設されたそう  十一日に切ったそう  大風にも曲って仕舞いそうに  同情を寄せてくれそう  話もちゃんちゃんとまとまって行きそうに  辺が裂けそうに  さは納まりそうに  なかから怒ったそう  女のいそう  朝から来ていなさるそう  地にとどきそうに  げんでもくってしまいそう  ためにいいそう  足でさわりそうに  さに見えるそう  材料にでもなりそう  北岳だそう  石垣やくずれそう  目的は達せられそう  事はできそうも  息も凍ってしまいそう  頬ぺたも落ちそう  ことであるそう  荷物で砕けそうに  クリストフを放しそうに  旅に行ってたそう  病気にでもなりそう  稽古を受けそう  一フラン出そうと  失脚しそうに  娘たちの喜びそう  もち出そうと  足下に踏みにじられそう  一もしそう  ことさえできそう  足が折れそう  手を握りつぶしそうに  関係について泣けそうに  うえに墜ちそうに  眼は睡そう  借款を許したそう  美男子だそう  文字が読めそう  舟で渡そうと云ったそう  花の咲いていそう  風が渡って居そうに  章一に飛びかかりそうに  駕籠でも担ぎだされそう  厭がりそう  裂れだそう  覗き出しそうに  世話になりそう  転害門を見過ごしそうに  腕の立ちそう  坐り通したそう  程女房には叱られそう  ことも言いそう  済度しそう  五ツばかりは若やぎそう  急に止めそうにも  雫が落ちたそう  学問をなすったそう  四通り黒百合があるそう  奥には咲くそう  義理も忘れたそう  ただは済みそうにも  用はありそうも  頃情人が出来たそう  日向では消えそう  肩肱を怒らしそう  あとからついて来たそう  私ゃ殺されそう  しようがありそう  真暗だそう  先刻だそう  石滝へ入ったそう  あとからついて入んなすったそう  茶屋まで駈着けましたそう  奥まで見すかされそうに  上から辷り落ちそうに  交際であるそう  卒業生であるそう  乱暴者になったそう  者さえあったそう  暴風雨の来そう  嫁に行くそう  親じが死にそう  危害を加えそうに  彼が殺されそうに  霜でも下りそうに  髪が凍てそうに  肩を敲かれそうに  男のやりそう  波に吸い込まれそうに  あなたこそ死にそう  何か言いそう  気を催しそう  殆んど泣き出しそう  叔父は寝もやらずに考え明かしたそう  だめになりそう  塚は崩れそうに  壮佼とでも云えそう  酒でわからなくなりそう  方へ来るそう  SOSの振出しだそう  鱶を釣ると云っているそう  挨拶ぐらいして行きそう  箱に入れとくんだそう  手が届きそうに  影法師まで見えそう  妙ちゃんは溢れそうに  忘られそうに  涙をこぼしそう  妙ちゃんは消えそう  ことは書けそうも  地震に出逢ったそう  人に笑われそう  前につんのめりそう  発火しそう  物になりそうも  賞味してるそう  靴音が聞えてきそう  婚約が破れそうに  間違いに陥りそう  国際問題にまでも引っかかって行きそう  者は居そうに  外交官だったそう  学生さんだそう  発見したそう  形成されそうにも  五十錢銀貨一枚つかめそうに  窒息させてしまひそうに  焼酎火が燃えそう  選には入りそうも  紙綟が結ばっていそう  鬢櫛が落ちて来そう  一文字に入れそうも  折からだそう  洞斎が遣りそう  煩いだったそう  孑孑が酔いそう  香が消えそう  おでん屋で聞いたそう  幅の利きそう  新訳が間に合いそう  こっちへ来そうに  ぺたも落ちそう  腕は折れそうに  喉がつまりそうに  だれも悟ってくれそうに  彷徨してるそう  クリストフが行きそう  雨に隠されそう  風流気などありそうも  持伝えているそう  遁げ帰りましたそう  湯でもと唄うそう  仔細が有りそう  風が吹けば消えそう  日に当ったら消えそうに  衣だったそう  念仏になりそう  幾つ目であったそう  彼方へ吹っ飛ばしてしまいそうに  地獄へ落ちそうに  品を持出したとか言っていたそう  事が察せられそうに  気持に沈んでしまいそう  穴が出そう  気が詰りそうに  方へ飛び出して轢かれそうに  肌脱ぎなど出来そうも  桜花でも咲き出しそう  真情が有りそう  のだと申すそう  好条件であるそう  お前に解りそうに  麦酒を飲むそう  大勢急がしそうに  夢だそう  ポタポタ滴れそう  故人になったそう  夜中ぢかくまでかかりそう  様子だったそう  一時間ほど寝こんだそう  あげくだったそう  姿を現さなかったそう  記者に語ったそう  客商売もやってるそう  医者へ連れてきたそう  息があったそう  十分で死んだそう  同棲しているそう  有ちそう  戦争が起りそうに  原へ出たそう  メリメリと壊れそう  展がってゆきそう  僕を受入れてくれそう  墜落しそうに  絃は張裂けそう  経がまいったそう  何事か起りそう  強直してしまうそう  角質が生えるそう  混つていそうに  対象にされそう  視線をまぶしそうに  まじめに聞いてくれそうも  新聞に出そう  調べがつくまでだそう  相手は泣きだしそう  あふれ出そう  方法はありそう  つておられるそう  話をしかけそうに  宝石盗賊などの住みそうも  妙案は浮びそうにも  夢を見たそう  空地とでもいいそう  素直に隠まってくれそうも  気勢を上げたそう  嘔吐を催しそうに  さに震え上がりそう  一つ差し上げたそう  電話をかけたそう  部屋を掻きまわしていったそう  師匠でも言いそう  手が出せそうも  せいだそう  紙からはなれないそう  いつまでもいそう  家内中に聞えそう  虹でも立てそうに  望みがありそう  人が来たそう  重大になりそう  身構えをし直さなくともよかりそう  神妙でよかりそう  腰をかけていたそう  一幕ありそう  駒井氏をも驚かしたそう  重味はありそう  幾通りもありそう  手紙もあるそう  話合いもできそう  難行苦行をしたそう  声でわかりそう  仏頂寺が待っていそう  苦労をなさったそう  こちらに向き返って話したらよかりそう  安心だそう  あちこちに触りそう  恐山方面から出て来られたそう  手紙に書いたそう  立派につとまりそう  芹沢がやられたそう  近藤勇に牛耳られているそう  三百人から集まっているそう  秘蔵弟子だそう  一だそう  青嵐居士とでも言いそう  戦争でもはじまりそう  手ごたえがありそうも  ものが漂っているそう  雨がやみそうにも  窓から見えたそう  落こちて溺れそう  露のたりそう  街上で行われたそう  手利きであるそう  足音でもわかりそう  音でも気取れそう  目がありそう  居所は知れそう  昨夜自宅まで送ったそう  自宅まで送ったそう  三十そこそこに見られるそう  学問だといわれているそう  興味があるそう  事を知っていそう  侮辱を受けそうに  町まで見えるそう  八時間を要するそう  名前が付いてるそう  歴史を持つそう  入江と呼ばれているそう  火を吹き出したそう  天狗に攫われそう  静かになるそう  亀だそう  他に語ったそう  ことなどがあったそう  途中で遭ったそう  呪を教えてくれたそう  不思議に利くそう  申し子であったそう  池に棲んでいたそう  朝顔がついていたそう  それを取りに行くそう  蔭に蔽われそうに  窒息でもしそう  音楽家だそう  人から許されそうも  役にたて得そうにも  外国人だそう  心はとろけそうに  ユダヤ人になってしまいそう  ものとはなりそうに  オリヴィエから聞いたそう  何もあり得そうに  もち出そうとは  私のそう  前に立ってくれたそう  二匹料理したそう  十三円もするそう  脅迫したそう  時計をくれそう  面倒になりそう  妻が拾ったそう  手数でございましたそう  八分たっていたそう  私立探偵事務所二箇所へ知らせましたそう  包みを見付けたそう  信用が置けそう  幾キログランムかありそう  発明したそう  人々がありそう  概念が得られそうに  ことが出来そうか  唇がほころびそう  大入であったそう  人力車などには乗れそうも  首筋が痺れていたそう  外ずしてあったそう  出迎えなどしそうも  芽は動きそう  指差しひっくり返りそうに  窒りそう  傷手になったそう  術を知らぬからだそう  尽力してくれるそう  瓢虫にはかまっちゃおれんそう  マリヤ・コンスタンチーノヴナは泣き出しそうに  献上したそう  悲鳴を上げそうに  彼は泣き出しそうに  用件があるそう  今夜は寝られそうも  火傷しそう  誰にも言わんで貰いたいそう  ぐしょ濡れで凍えそう  鷲みたいに見えそう  負担にも堪えられそうも  眩暈がしそう  彼女は詰らなそうに  恋人に出来そうも  死が覗きそう  人をからかうそう  気懸りそう  足がよろけそう  海が荒れそう  月が冴えていそう  守護にするそう  山際だったそう  噂でも起りそう  発見されそうも  心が打ち負かされそうに  八裂きにされそうに  指紋まで見えそうに  転っていそう  ボールトで押しつぶされそうに  視点がはちきれそう  大笑いになりそう  力でも紛れそうに  否や転びそうに  武器になりそう  馳け出させそう  ように言ったそう  幸福にはなれそうに  幸福が逃げてゆきそう  打撃を受けずにすみそう  オリヴィエは断わられそう  ものは得られそうに  夜寝床に入ってさえそう  手の届きそうに  直接知り合いになれそうも  同様に嫌いになりそう  彼を押しのけそうに  気にさわりそう  ときでさえそう  全身がはちきれそうに  戸を開いてくれそう  下層民たちであるそう  幸福に暮らしているそう  寄りになったそう  月があるそう  体操できず泣き出しそうに  魅力がありそう  人を呑みそう  ことは有りそう  大阪へ帰るそう  一人もいなかったそう  こんど京大阪へ乗込んで来るそう  つりになって空きましたそう  避難を試みたそう  大津屋橋とも読めそう  二人はありそう  研究題目となりそう  まれになったそう  製法がちがうそう  病気をもっていたそう  解釈されそう  頭が狂いそう  百二十万ドル程あったそう  九十ヤール腐っていたそう  同等だそう  托児所があるそう  釣り客がいるそう  壮観であるそう  武勇譚などに読み耽っているそう  豪傑であるそう  天気の変わりそう  同意しそう  出発できそうも  兵站総監たろうと望んでいるそう  求婚しているそう  三千枚もぶら下がっているそう  宣言したそう  お詫びしそうも  論鋒転換だったそう  まま死にそう  陰謀に触れそう  炭が得られそう  主催であるそう  方法もあるそう  窮乏を訴えそう  御料に召されるそう  里にもありそう  事を書いて示して置くそう  ことが出来るそう  本の読めそうに  贈物をしなかったそう  箒でも入れてありそう  真似と思われそう  銀が埋めてあるそう  源女に仰せられたそう  眼をまぶしそうに  会釈なさるそう  歓待なさいますそう  交際だそう  意味はありそうに  堂塔伽藍聳えていたそう  妾に出そうと  元気ありそうに  おくびにも出そうと  ア流行っているそう  木曽福島へ行くそう  口へ出そうとは  上にも出そうとは  木曽以外にはありそうも  俺には出来そうも  お前さんだってそう  大門が破られそうに  かたがつきそう  太刀使いをするそう  ことでありますそう  容易に終りそうも  延長しそうに  幕府を覆えそうと  政府を覆えそうという  宝庫がありそう  源となりそう  壞されそう  めちやめちやになりそう  車から落ちてしまいそうに  ころ言われたそう  知恵のありそう  首を切り落とされそう  暴挙をも背負わせられそう  のが遅れそう  ために間に合いそうにも  ことさえできそうに  捕縛されそう  いつまでも満たされそうに  彼女がもっていそうに  土地から逃げ出さなければならなかったそう  一晩じゅう動きそうも  いつまでたっても引き抜けそうに  狂乱に陥りそう  心はつぶれそうに  丘を辷り落ちそうに  そこで開けて見たそうに  田口がやって来そうに  真理がありそう  機会が作り出せそう  縁側へ出て来そうに  心は動かせそう  好意を持ってくれそう  危く涙をこぼしそうに  ものは倒れそうに  田舎へ行っているそう  橋から落ちそうに  気もなくなりそう  地方廻りもできそう  力がありそうも  誘惑にもかかりそう  遺言をしているそう  資格がありそう  批評しそう  ほうへいらっしゃるそう  迷惑になりそう  方はなられそうも  失策をしそうには  たくさん持っていそう  夜が明けて行きそう  返歌の出そうに  心配しているそう  中将は笑い出しそう  皆驚いたそう  出発点を忘れそう  騒動だそう  知行取りだそう  嫁さまが来さっせるそう  妻籠じゃそう  気でも違いそう  気分には埋められそうに  金兵衛さんの言いそう  紛争は解けそうも  埓は明きそうも  先祖だそう  心得になりそう  お供だそう  お客さまも見えそう  大田津とも言ったそう  老人を許しそうも  イギリス人の言いそう  気がするそう  任に耐えそう  家に寝込んでしまったそう  勢いだそう  通行までには間に合いそうも  きき届けにならないそう  馬が足りそうも  三里だそう  承知しなくなったそう  攻撃したそう  大騒ぎだそう  王滝から帰りそう  半蔵も帰りそう  口を出そう  上から突き落としたそう  侍を取りしずめたそう  患者であるそう  困難でできそうも  心を惹かれそう  悲しみに取り乱しそう  そばへ出て来そう  外へのめりそうに  退出されるそう  お出かけになるそう  雷が落ちそうにも  何も聞き分けえられそうに  邪魔をしそう  今夜は紛れてしまいそう  あなたにはできそう  境地に引きもどされそうも  外へも出そうに  誘惑にもなびいて行きそう  噂にもなりそう  飛越せそうにも  夕日が射そうが  芸当は出来そうも  血の溜りそう  気おくれもしそう  問題に出されそう  巧いそう  逆上もしてしまいそうに  訓えてもわかりそうに  軽蔑されてしまいそう  唐館だそう  芸当でも出来そう  輪だそう  支那にまで聞こえているそう  一歩でなりそう  路考結にしていたそう  晴れがましくてできそう  過失はしそう  人目を引きそうに  信頼のできそう  そこに起こりそう  一行一行が曲がって倒れそう  到着しないそう  中から見えそうに  皆倒れそう  花を使ったそう  手をふれたら焦げただらされそう  噂に上せたがりそう  大臣はふき出してしまいそうに  標的にしているそう  過失などはしそう  申し込みに答えて言ったそう  玉鬘を言っていたそう  御馳走して下さるそう  戦争を見に行ったそう  四半斤ずつ食っておられるそう  講義をしているそう  当地有名だそう  愛読していられるそう  二階へ追い立てたそう  訪問であったそう  雪も降り出しそう  のであるが出しそうも  推察のできそう  何か書けそうに  繃帯がとれそうに  人々でさえそう  涙を浮かべそう  不幸だったそう  友人たちでさえそう  生活しているそう  主張しそう  家に行っているそう  遊び相手もできそう  お気に入りそう  山へはいったそう  馬籠を立てそうも  俤の伝わりそう  声でも聞かれそう  出身でいらっしゃるそう  舞台に向かってかけ出そうと  一命を取りとめそうに  逆に流れそう  詰めにして出しましたそう  ために押し流されそうに  ことはたやすそう  半蔵には向きそうも  酒を飲みに出かけたそう  存在さえ見失いそうに  胸がむかつきそう  底まで見透されそう  ところにちらついていそう  大風でとびそう  動物園にいそう  中に落ち込みそうに  手で始まるそう  何もしていられないそう  手を動かしそうに  意味がありそうにも  眩暈がして倒れそうに  二月にありそう  十分見込みはありそう  夜が明けていきそう  理由のありそう  秘密がありそうに  毎月回向をかかさないそう  楽しみにしているそう  賀陽恒憲だったそう  出獄したそう  後輩二〇名だそう  ロマンスがひめられていたそう  おしまいになりそう  僧がほめたそう  近日行なわせられるそう  人の出盛りそう  金儲けができそう  子の気に入りそう  三崎に住んでいるそう  花火を上げているそう  疑いでなくなってゆきそう  見舞いに来てくださいましたそう  はずだけれど動けそう  恋はなっていきそう  途中で降られそう  心が解けなかったそう  気があっているそう  心に合いそう  根が凍って枯れそうに  機縁を得そう  ほかにありそう  灯も消えそうに  金貸だそう  気が違ってしまったそう  危っかしそうに  白骨でもありそう  一言も云わなかったそう  砂がはいっていたそう  木札でございますそう  遊びがあったそう  日記にかかれているそう  用事を書きつけたそう  今に残っているそう  反問したそう  心密かに期していたそう  雛形を入れて持っていたそう  反対に出来そう  電流が通りそう  一升も入りそう  おいであそばしたそう  舶来犬だそう  獅子と取組むそう  退治るそう  底心のありそう  洒落のめそうと  合言葉があるそう  女房ではございませんそう  間もありそう  実入りがありそう  仕掛けもありそう  物件はありそうも  近藤に好かれそう  因縁事がありそうに  むらいなんだそう  実演をやりつづけているそう  交わりとやらを為したそう  まま枕が上らなかったそう  建議勧誘しているそう  策略が当りそう  網にひっかかりそう  蘭学ではいけないそう  自慢にするそう  睡眠が続けられそうも  認すると申すそう  御簾を吹き上げそうに  野原を翔けそう  実でもこぼしそう  桜貝が散りそう  上からこぼれ落ちそうに  突ぬけそう  直ぐにも始めそうに  ところ涙が出そう  堂に祀ってあるそう  余波がありそう  晴上りそうに  待飽倦んだそう  窓から飛んで抜けそうに  ことは通じそうも  気持を覚えそうも  歎かわしそう  心の惹かれそうに  名手だそう  決心もできそうに  沈潜していそうに  何者かがいて引入れそう  孝さんは泣き出しそう  当分行けそうに  役員の住みそう  方へ押し戻されそうに  歯の浮きそう  まま居残っていそうに  不思議に果たされそう  へん好きになれそう  彷彿と見えそう  言葉一つできまりそう  気が滅入りそう  秘密が潜んでいそう  声で答えたそう  歩みを早めたそう  一つ怒鳴ったそう  形容しそう  用向きだったそう  送話器にすがりつきそう  追手でもかかりそう  立止ったそう  占をしていたそう  ように漂っていたそう  強面に云い渡してしまったそう  心算だったそう  陽気に干そうじゃ  車まで云いつけてくれたそう  ように云い張ったそう  腰を下したそう  番頭さんが降りそう  我を忘れそう  ように尋ねたそう  繰返し繰返し云ったそう  蓋を開けて見せそうに  ことが起こってきそう  愛も生じてきそう  ことのありそうに  ことができなかったそう  ことの起こりそう  気持ちのわかりそう  ことも起こりそうに  涙さえ落ちそうに  歌だそう  門前に坐っているそう  幾たびか繰返して言ったそう  子細がありそうにも  昨日お前さんをいじめたそう  結婚は出来そうに  霧が急がしそうに  金具を恐そうに  何をいいたそうに  手が延びそう  お話が出来そう  人影が立ち上って来そう  使用したからだそう  証明せられて来つつあるそう  外人の通りそう  排英に変っていくそう  墜落しそう  ごそごそと怠るそうに  良かりそう  分りになりそう  息が切れそうに  前にのめりそうに  嘔吐をもよおしそうに  火がつきゃ燃えつきそう  眠りにはいるそう  四方に散り失せてしまうそう  抗争があったそう  出席を見ないそう  馴染のありそう  妙にこじれそうにさえ  小説家ででもありそうに  人は泣き出しそうに  切れ目でも見付け出そうとして  幸運に恵まれそう  秘蔵娘があるそう  幾人かいらっしゃるそう  運動費でも出そうと  婚期も過ぎそうに  涙が落ちそうにまで  命も延びそう  仔細のありそうに  夫婦喧嘩をあそばしたそう  あきらめになりそう  ことが言われそう  機智もありそうには  尼へ伝えたそう  菩提寺だそう  茶坊主みたいにして使っておったそう  ほうへ帰してやったそう  吐出しそうに  時期がありそう  ものに掴まれそうに  私を尋ねて泣いて居たそう  危く殴り飛ばしそう  人の考えつきそう  りっぱに作ったそう  御覧になりましたそう  間に死んでしまいそう  病気でいらせられますそう  棹を差しそこねて落ちてしまったそう  水だそう  様子のありそう  返事を渡したそう  安定のありそう  姫君は寝たそう  危かったそうじゃ  痣がありそう  芝生がはちきれそう  訴訟になりそう  息もつまりそうに  唇へ漂って行きそう  神経病で死にそう  者らがあるそう  今は動きそうにも  消息がございましたそう  息子さんたちもあるそう  旧態にかえそうと  妹さんだったそう  者が泣き騒いで言っていたそう  ように申していたそう  骨を折ったそう  そこに呼び寄せたりしていたそう  #様子だったそう  無邪気におかしそうに  十人はいたそう  貴族だそう  安部は酔いくずれそうに  返辞をしないそう  降りになってきそう  人は死にそう  ままで起き上がれそうにも  関心にはなれそうも  ふうに言い続けて弾きたそうに  物恐れをしそう  だてをしそう  参詣に出られたそう  ことを起こしそう  尼になすったそう  煩悶をしたそう  相応にあったそう  調子になるそう  手紙出そうにも  逃でも仕そう  有難涙に咽びそう  相談のつきそう  鞦外れそう  みんなで売れ売れと申したそう  ものに貫かれていたとも云えそう  脚色であったそう  道はあるそう  如く木賊山に登れるそう  帰着しそう  君達の喜びそう  エムデンの居そう  日本人とわかりそう  前借の出来そう  乗り気だそう  写真も返しそう  二人一度に揃って倒れかけそうに  脇の下まで見え透きそうに  手代とでもいいそう  喧嘩でも始めそうに  叫び声が聞えそう  家にもありそう  足を取られそう  通りぬけていったそう  上いつまでもつかまっていられそうも  なにもおぼえていないそう  顔がぞうっと  ものが現われ出そう  啼声を立てそうに  お話になりそう  お母様があったそう  喧嘩をするそう  出入もやめたそう  跡はわからなかったそう  客が来なくなったそう  底までも凍りそう  手伝いをなすったそう  世話をしてくれていたそう  庭道楽だったそう  人に踏まれそう  幾百とあったそう  臨終には間に合わなかったそう  皆伝を受けられたそう  大事とはいわなかったそう  客来だったそう  一面もあったそう  気持がなくなったそう  涙を流されたそう  噂をしたそう  雨がこぼれそう  高下駄で辷りそう  祖父はいわれたそう  骨を折られたそう  のを慣れというそう  家で驚いていたそう  幼時神童といわれたそう  文久二年であるそう  のか解らなかったそう  四時間しか寝なかったそう  容子を見せなかったそう  好物だったそう  んだろうと笑って応じてくれそうも  雨気がありそう  脚で廻ったそう  今夜あたりお産をしそう  病人でもありそう  お産のありそう  成程頼みそう  別々に差出そうという  注連でも張りそう  蛆の出そう  自分ひとりで帰るそう  後悔するそう  ように思ったそう  不思議に思ったそう  女性にありそう  二ひら残っていそうにも  昼も見えたそう  無罪になりそうも  影響がありそう  説明されているそう  手がつけられそうも  誘発するそう  入れ歯をしたそう  それがたれ落ちそうに  説明がこじつけられそう  説明が試み得られそう  気力が足りそうも  流涕したそう  静寂になりそう  確認されてはいないそう  あれを見るとぞうっと  灯はともさないと言い張るそう  河豚がつくそう  供されるそう  俗に云っているそう  物をくれそう  嘉ッコは泣きそうに  星にとどきそうに  こうか出来そう  左団次に出来そう  地蔵様だそう  よだかは泣きそうに  冗談を言って切りかえそうと  ホコリの出そう  人が居そうにも  ツイ埒が明きそう  咽喉の焦付きそう  加減に通りそう  人々が急がしそうに  左に転げそうに  ばくはつしそうに  先生がありそう  アメリカへいかれるそう  戦争がはじまりそう  計画になっているそう  病院となったそう  運動だったそう  みんな木綿だったそう  角行燈をつけてたそう  背後へやって来たそう  主人が話したそう  水の上へ現われたそう  口を開いて笑ったそう  口も利けなかったと言ってたそう  百本位出るそう  反対したそう  もてなしを受けるそう  腹が立たないそう  現役選手に見られそう  息子だったそう  のが残っていたそう  美青年だったそう  毎日通っていたそう  無愛想者だったそう  銃猟だけだったそう  評判になっていたそう  児以上だったそう  前提だと睨んでいたそう  揚句だったそう  口を利かなかったそう  説もあったそう  有力だったそう  家探しまでしてみたそう  異状を認められなかったそう  一枚這入っていたそう  酒も減っていなかったそう  財産だったそう  事実だそう  発見出来なくて困ったそう  現場附近を調べたそう  足跡が出るには出たそう  見当が附かなくなるばかりだったそう  将来に出そう  方に画いてありそうに  私には出来そうも  返事していたそう  夢をみたそう  三キャラット以上もありそう  舞踏会があるそう  ほか気に入りそう  鬼山梨で通っているそう  掏ッたんだそう  可憐しそうに  暫らく停電いたすそう  誰でも云いそう  特許権を与えられなかったそう  役にも立ちそうに  領域を占めそうに  巨利を博したそう  決定されそうにも  刻みがありそう  イデオロギー機関とさえなれそうに  演説会があったそう  変種が現われそう  呪文でもとなえそう  警察犬を使ったそう  発見されそう  死体はみつからなかったそう  勝利を占めそうに  大勢戦死をしたぐらいは察しられそう  手紙を書かなかったそう  琴師さんだそう  一つ堕落しそう  素通りして走りそう  被選挙権も与えられるそう  ように消えてでもしまいそう  格別心は止めなかったそう  ご覧になったそう  張氏も知らなかったそう  健はずれそうに  俺ありそうだって  立入禁止など喰らいそうに  三男だそう  宣伝したそう  傾向だそう  会をやってるそう  終いにそう  小作争議が起りそう  ストライキが起りそうに  影響とも云えそう  泣顔に変りそう  何時までも響いていそう  息の詰まりそう  五升も入りそう  ことがありましたそう  応募者があったそう  タンカを切るそう  ケシ飛んでしまいそう  お慰みが行われるそう  余地が有りそう  いちばん縁のありそう  息がありそう  酒乱に落しそう  面白かりそう  おいでになりましたそう  大将だそう  お出ましになってしまったそう  刑罰が下りそう  復讐が行われそう  一嵐ありそう  昔に死んでいるそう  人が出そう  何者かがおりそう  先生も困ったそう  趣意がありそう  困惑を感じるそう  かつたそう  苦情が出たそう  耳を借そうとも  お人好しであったりしそう  力としてありそうに  端くれになりそうに  中へ逃げ込みそう  手を焼くそう  あんた倒れそうに  腰が切れそう  間は起き上れそうにも  にこにこ笑いに捕まりそうに  穴へ忍び込みそう  今でも云い伝えているそう  呪咀まで腐らせそう  渇きで死にそうに  成就したと云いたそうに  軸が歪みそう  霊媒だそう  調子はいいそう  ことがつづきそう  虫だそう  変事が起りそう  製造元で造っていないそう  外戚になるそう  もてなしをされそう  痛痒を感じそうに  暴風雨はやみそうに  風雨は静まりそうに  豊かだそう  上品だそう  方々に現れそう  ラーメンを持ってきたそう  ポケットへねじこんだそう  四ツにたたんであったそう  足跡も残していないそう  指紋だけだそう  人に疑われそう  密林をなしているそう  一番気付きそう  足掻きもできないそう  行んだそう  目にはいったそう  影だったそう  それきり何処へ行ったか見えなくなったそう  皿巻きをしていたそう  墓が建っているそう  人魚ともいうそう  ヒミツにしてあるそう  声を洩らしそうに  のをつぎこんだそう  匂がするそう  講義だそう  支度にかかるそう  煙草ばかりふかしてるそう  無事にはすみそうに  君と別れられそうも  金を殖やしているそう  理解の出来そうに  容易に崩れそうにも  価値がありそう  めったに起こりそうも  らにありそう  洲だと思ったそう  訛称しあるそう  鼻歌を歌い出すとかしそうに  心持ちにはなられそうに  大阪へ回されたそう  霽れそうに  魔が取り去ったそう  名があったそう  魚に化けそう  討入にでも用いそう  定めだそう  開墾地にありそう  春であるからだそう  室でやりそう  通過するそう  助け小舎を置いたそう  人となったそう  山になりそう  ガラスが割れるかと思ったそう  陳列してあるそう  弟さんだそう  恐れは感じないそう  下腹がちぎれて取れそうだって  見識がありそう  物ですと述べたそう  外へ逃げそう  金持に成らんしたそう  建物倒れそう  子細を語って死んだそう  私に咬みつきそう  指間からこぼれ落ちそう  朝湯にでも行きそう  躊躇したそう  一言いって帰ったそう  字が書けそう  ひそかに思っていたそう  共産主義になるそう  産れそう  村にはいられそうも  言葉一つかけないそう  疾走しそう  自慢になりそうにも  ことに耐えられそうにも  それも出来そうに  物を売って儲けたからだそう  娯楽性がひそんでいそう  私は振り落されそう  横に振ったそう  わけになりそう  一生かかっても分りそうにも  それだけだそう  腰は上りそうも  荷を動かしてしまいそう  今日中にやれそう  好意をもみ消しそう  ところにありそう  以後通用しそう  歌など謡いそうに  解放しそうに  そこへ急がしそうには  途端に停りそうに  双方しているそう  累加しているそう  主張だそう  手蹟が優れていれば重んぜられたそう  発令したそう  国民精神的文芸挺身隊も出そうに  還元するそう  理解出来そう  期待出来そう  ことにでもなりそう  関係のありそうにも  了っているそう  総裁更迭問題までが起きそうに  台頭したそう  頒布したそう  パンフレットとなって出たそう  辞職しそう  内部的崩壊をさえ招きそうに  形を与えようとしているそう  工業地方になりそう  一円三十三銭六厘に当っているそう  解釈がありそう  五六十カ所設置されるそう  做されそう  制動力が無くなりそう  仏が説かれたそう  燕へ帰るを得たそう  天王惜しんで与えそうも  三倍ずつで進み増すとあるそう  改良は成りそう  余り金になりそう  牝牛を亡くしたそう  軍が始まりそう  死亡し始めたそう  私子供うみたいと思いそう  姿も見えそう  自分も写してもらいたそうに  ところどころに残っていたそう  満足出来なかったそう  不愉快で堪らなかったそう  目的を遂げたそう  軒並みを洗ってあるいているそう  通しだそう  一杯といいたそう  雪でも催しそう  肌が感じられそう  寺侍の住みそう  母子だそう  喉もやぶれそう  打つかりそうに  苦境に立っておられるそう  月が登りそう  足が入るとはちきれそうに  胸がつぶれそう  倅だそう  美形をつれてきたそう  人とあるそう  家を潰しそうにも  方から帰って来そう  方をやらせるそう  地図を持っておられるそう  十字記号がついているそう  ことだけは出来そう  脚を忘れちまいそう  太っ腹になれそう  だれもいそうにも  船を動かせそう  山しそう  顔から跳び出そう  会話があるそう  個所があるそう  流行の見えて来そう  温泉場から生れて来そうに  半分はとられてしまうそう  変に鳴りそう  御返事があるそう  御返事が入っているそう  これを持ってまいれば分るそう  頭だけ入りそうに  当夜出会いそう  生血が滴りそう  いつまで待っても果てそうに  千断れそう  刻までには行き着かれそうにも  舌の焼けそう  それにふれられそうに  告訴は取下げるそう  追福を修めたそう  子を投げそう  五六七殿というがあるそう  目出たく添い遂げたそう  肴あるそう  コックス・コームと称えたそう  惟えばそうも  まま出て来なかったそう  感じを与えたそう  口には出さなかったそう  手紙なぞ一本も書かなかったそう  皆目見当がつかなかったそう  号づけたそう  物でないそう  利れそう  徳さんも盗られそう  五円位貸してくれそう  ことをいったそう  金をやりたくなくなりそうに  増加を示しているそう  三ヵ月は置いておくそう  結婚論ならば売れるそう  ことを語ったそう  肉を食っておるそう  飢え死にしそう  行李を得たそう  モデルに作ったそう  産衣だそう  鼠が殖えるそう  咽せそうに  心が働きかけたそう  手を伸べたそう  君に逢いたいそう  平行して取り扱われそうに  小林一三氏でも云いそう  限り自然物でありそう  限り社会的範疇に這入りそう  原因が見出されそう  ことは出来そうに  心中しそう  餌があれば食いそう  ズイと引かれて行きそうに  中気の出そう  篏りそう  自慢だったそうに  真夜中だったそうに  子供だったそうに  早業だったそうに  狂い死したそう  夕暮どきだったそう  女があったそうに  一組買ったそう  太陽からも許されそう  実行できそうも  お許しが出そう  下にしずめそうっと  口などへははいりそうも  真似をして喜んだそう  心理学者がいったそう  刺青をしていたそう  値打ちはあるそう  手腕が入るそう  十分想像出来そう  ことでは出せそうも  道に迷われたそう  おいでなされたそう  人手に掛けませんそう  魂胆だそう  お達しだそう  ようでそう  信仰したそう  時繩は切れそうに  めちゃめちゃになりそう  いくつといいそうに  あなたはいきたそう  窓からころげおちそうに  場にたおれそうに  欠点がでて来そう  言葉を出しそうに  実がむすびそう  れつしそう  ローリイがくれそう  秘密ありそう  近く来そう  ゴム靴をおとしそうに  虚栄心を起しそう  天気になりそう  紙ののこりに書くそう  がまんできそうに  白状なさったそう  どこかへ消えてしまいそう  話ができそう  掛縁とやらまで出ますそう  幹を押さえましたそう  頭上にくずれ落ちそう  標柱だそう  仕事をつづけているそう  眠りを脅かしたそう  それっきり帰って来なかったそう  容易には捕れないそう  わなを掛けるといいそう  五哩遠泳位はやれそう  スケートさえ出来そうに  あちらこちらに動きそう  大学に現われそうに  大河内子が止めたそう  ダタイ手術したそう  通例だそう  問答があったそう  目的で書いても許してもらえそう  流に浸りそうに  納得してくれそうも  値のありそう  不具者であったそう  弓で落して煮て食っていたそう  解体しそう  マムシに噛まれたそう  手段はありそうに  ッと書きそう  一合ぐらい入りそう  額からとび抜けそうに  難だったそう  伊丹屋さんにいるそう  確かにありそう  由ありそう  ご用を聞いているそう  将軍職に就かれたそう  出世されたそう  不思議をするそう  福徳円満を得るそう  二度目だそう  富坂を登っていたそう  一人青年が来たそう  音さえきこえたそう  遠巻きにしたそう  札束でも入っていそう  急ぎ足に上ってきたそう  殴り合いになりそう  気がちがいそうに  一日オピアムばかりやってるそう  首でも吊らなければおさまりがつきそうも  金がもうかるそう  前へのめりそう  説であったそう  一万円だそう  門まで出来てしまうそう  余裕のありそう  敏子さんは泣きたそう  家に行ったそう  解決しそう  無理をしはしなかったかと尋ねたそう  眉をひそめながら云い置いていったそう  つきっきりだったそう  あたり前に片づけて仕舞いそうにさえ  急変が起りそう  後一ヵ月ほどで終りそう  祖母に云って供えさせたそう  一緒に入れてやれと云ったそう  尻をさすりそう  ゾッコン惚れているそう  心残りだそう  上に出そうと  辯護説もあるそう  氣が付きそうに  竹槍蓆旗にも及びそう  御門訴をしそう  なんでも死にそう  母にも解っていたそう  ことだと思ったそう  絵を描いて立ってゆけそう  海水浴にくるそう  気もみしてるそう  供がかあいそう  梅は泣き出しそう  呼吸が塞がりそうに  モデルになりそう  菊がかあいそう  死神に取っ付かれそう  雲ぎれがして晴れそう  特徴があったそう  かなり心を引かれていたそう  仕事をしていたそう  批判力をもっていたそう  原因は見出せないそう  寝たきりでいるそう  戦争が起りそう  一緒に行きそうに  腕を取りそうに  #窒息しそう  三四人も斬っていたそう  全身血だらけだったそう  須永に飛びかかりそうに  女を締め殺してしまったそう  あんたに預けたそう  柳子さんに来るそう  浮山に言ったそう  前のめりに伏してしまいそうに  舟木につかみかかりそう  泥棒を撃ちそうに  二三間滑っただけで済んだそう  ように破けそう  昏倒して死んでしまうそう  息をつきそうに  息をしそうにも  電話のありそう  恨みを受けそう  丸山技師を恨んでいそう  安全燈だそう  図面が舞って仕舞いそう  両手を握り合して苛立たしそうに  生活ぶりであったそう  あともどりになりそう  時評をしそう  迚も出来ないそう  溌剌としていそう  方へも引きずりそうに  自分からはなれていきそう  涙が溢れそう  多数党となりそう  作家でさえそう  一人くらいは言いだしそう  遊びに来そう  疑問を起させそう  ホールが出来たそう  接待に連れ去られたそう  別になっているそう  花心から逃げ出しそうに  最高最低限度がありそう  生家でありそう  髄まで沁み拡がって行きそう  いつでも掴んでいられそうに  子だそう  どこまでもへばりついて来そうに  何事か起っていそう  子供の悦びそう  往来のできそう  思いどおりに作られそうも  それを受け入れそうにも  田舎では受け入られそうも  そこに拡がって来そう  満足が得られそうも  狂気の起りそう  こうか物になりそう  頭の上りそうも  頭脳が狂いそうに  右眼が潰れそうに  意義であるそう  橄欖輝石富士岩に属しているそう  さ五米突に及んでいるそう  どちらにでも動きそう  好奇心くらいは持ちそう  金がいるそう  自殺なんか出来そうも  ことかと問われそうで  女とほめられそう  笑顔でうけるくらいはありそう  変化だったそう  樹木となるそう  技巧らしく見え透いて来そうに  遊歩していそう  落語を聴けと言っていたそう  尻でもありそう  原因がありそうに  三百余名を乗せていたそう  三等船客だったそう  それをやりとげてしまったそう  ように装わせたがっていたそう  楽しみとしていたそう  力が持てそうに  ものの入っていそう  長田のしそう  興ありそうに  何処かへ奪われて行きそう  ことも諦められそう  多勢彼処に行くそう  特長のありそう  所へ出られるそう  常食だそう  切畑があったそう  肥後田尾根といわれているそう  洞窟があるそう  下れるそう  其処へ達するそう  屍は見当らないそう  荷造りして運び出すそう  雨が落ちそうに  谷に追い落されそう  狐の啼きそう  気のめいりそう  鼻につかえそう  さはありそうに  友達でいらしたそう  毛が生えそう  下手では食えないそう  空家が待っていそう  ひとがあったそう  実家へ帰ってしまったそう  ことができんそう  色男だそう  笑いが止まらないそう  今後一番書けそう  名代だそう  待合いなんぞ出させているそう  方へ入って行きそうに  富士見へ行ってるそう  己に逢いたいそう  病院にいなければならないそう  人里がありそうにも  音楽家にでもなりそう  品が見つかりそうにも  画にでもありそう  草鞋をぬいでいそう  父子二人きりよりか寛ぎがつきそう  気持をもって行かれそう  身につきそうは  用事になっているそう  松島は呑めそうに  競馬に出そうという  重荷は背負いきれそうも  収入がありそうに  磯貝の来そう  却下されそう  結局腰を据えそうに  見番へ寄って行ったそう  今夜あたり来ていそう  湯に馴染めそうには  女房とでもいいそう  身代り首にもなりそう  方角へ飛んで参りましたそう  姿を見せぬそう  豊に逢ったそう  三羽ともに取り逃がしたそう  仔鷲であったそう  のも見えそう  こいつ親方に叱られそう  峡間に張るそう  物語にでもありそう  谷へ行けそうも  四人ぐらいは潜れそう  仙人岩とも言うそう  まま化石してしまいそう  決闘を申込まれたそう  流行しているそう  すき焼きをやったそう  尻を持ち込まれたそう  方へゆくそう  賑かだそう  予定になっているそう  花見も出来そう  開放されるそう  十年になるそう  贔屓にしておられるそう  家だったそう  店に居られますそう  雪になりそうに  悪口を云ったそう  命を縮めるそう  今日父がやって参りましたそう  初めから見ていたそう  真紅になって渦巻くそう  六里だそう  人柄だそう  人を連れてきて下さるそう  私たちを食べにでも来そう  いまにも消えそうに  町ほどもありそう  かたが足りないといいたそうに  五千人になっているそう  のかと云われそう  力があったそう  何か話してるそう  奴がいるそう  奴には廻さないそう  ギュウ働かされるそう  地上にひきずりそうに  三寸もありそう  解雇されそう  中士だそう  ねじ折れそうに  そこでへたばってしまいそう  見学さえ許していないそう  中に這入ってしまいそう  ことも出来ねえそう  拳がとび出しそうに  頭を斬られそう  息がきれそうに  世界に引きずりこまれそうに  田舎にありそう  小針の踏切りを上りかけたそう  何とも言わなかったそう  ものが聞えたそう  確信がありそう  老人の行って居そう  三万六千年を要するそう  仏蘭西に劣らなそう  人後に落ちそう  蝶になりたいと云ったそう  精神病院に変りそう  事を尋ねたそう  春雨なんかを踊っていたそう  まま消えいりそう  橋よりすべり落ちそうに  勘ちがいしそう  用意してでもいてくれそう  鋒先を向けるそう  捨児でございましたそう  地があるそう  失敗しそう  隙間から滑り落ちそう  陰気に睡そうに  鼻をぶつけそうに  んをいつたりしそう  秋はもって来てくれたそう  豚吉は泣きそう  心棒が曲りそうに  屋根から落ちそう  そうだ落ちそう  ヒョロ子は駈け出しそうに  喰べたくなりそう  つけ根から抜けてしまいそう  見世物にされそうに  無茶先生に殺されそう  茶碗を投出して逃げてゆきそうに  香水を嗅がされて死にそうに  屁が出そう  #屁が出そう  うちに泣きそう  テンカンが起りそう  お爺さんは泣きそう  骨は曲りそうに  骨の砕けそう  身体が壊れそうに  人がソウ  諸君たちもソウ  ものはソウ  私もソウ  墓が成ったそう  遺産を渡したそう  方に垂れているそう  往ったそう  小説を読んだそう  いつまでも釣れそうには  来月一ぱいは打てそうも  容易に寝そうも  眼は醒めそう  先生なら黙って聴いてくれそうに  目に浮び上らせそうに  ボオイが出て来そう  誰も出て来そう  片田舎にありそう  三十をこしていそうに  隅々にまで漂っていそう  一そう窒息させそうに  太陽に出そうと  手を引いて立ちそう  相当にはゆきそうに  関係は生れそうも  風の出そう  おじぎだけでは許されそうも  パーテーやるそう  戦死なさったそう  楽じゃないそう  関係があったそうじゃ  リリーンと云いそう  十二だそう  蝙蝠が出そう  醸造家でもあるそう  君に報ずるそう  くらくらして倒れそうに  ことが知れそうに  ことを言い出してくれそう  二重人格を見たそう  公言したそう  吹切られそう  吸殻一つも吹飛ばしそう  病気にでもなりそうに  前だそう  頭を振ったそう  返事が出来なかったそう  先になれそうに  立てをやるそう  持主だったそう  昼寝位出来そう  土産物をかくしているそう  心が滅入りそうに  ことは黙って隠してしまったそう  村上も黙っていたそう  十二時頃になるかもしれんと話していたそう  散歩したとおっしゃったそう  将来発展はしそう  子供に対してさえそう  生活して行けそうも  #原因がありそうに  大名暮しだったそう  何でも好いから食わせろと云ったそう  倫敦中探して歩いても見つかりそうに  わけがありそうに  葬式だったそう  開墾やっとるそう  農業やりたいそう  キツネが出るそう  株式とかにするそう  コーヒー園をやっていらっしゃるそう  ハガキなど来るそう  人はしたそうじゃ  六千円出そうという  牢屋に入れられなしたそう  そりゃひでえ目に会ったそう  これも泣きそうに  ここに住みつきたいと言ったそうじゃ  余り散り散りばらばらに成りそうにさえ  一人で遊んでいたそう  ようにと言われたそう  箏を習いにいったそう  誰か死んだそう  愛に溺れそう  心配されたそう  新版が出るそう  張ち切れそう  日であったそう  寺だそう  招待されそう  潜伏していそう  判然と分りそうにも  行き倒れになるそう  江戸で死んだそう  横道へそれそう  風流をやったそう  御寺参をしておりましたと答えたそう  十八史略などを教えられたそう  当選しそう  ようにするそう  立候補しそう  埒があきそうに  トランク一つきりだったそう  丈夫になるそう  感覚があるそう  涙に咽びそうに  仏でももしそうと  細工だそう  詮議があるそう  おれを数えていたそう  術を修せられたそう  土地へも着きそう  二とあったそう  妻子もあったそう  望みのありそう  口に合いそうも  あんたは染まり過ぎてるそう  地べたにけり落としたそう  悲鳴をあげたそう  悶死したそう  わしは絶えいりそう  的にもなりそう  朝日をまぶしそうに  頭を悩まされたそう  霜の光りとでもいいそう  いたずら者が来おったそう  酒があふれ出しそうに  盛りにかえそうと  使いが来たそう  何事を仕いだそうも  ほととぎすでも啼きそう  年に死なれたそう  身動きをしそうも  魔道へ引き入れられそう  会釈して追い返されたそう  それが出来そうも  轅を引っ掴んで押し戻しそう  九つに裂けていたそう  容易に狩り出されそうも  石になったそう  水浸りになりそう  日本杉だそう  ことをきくそう  谷中がうずめとるそう  のが出来たそう  草川巡査は睡そう  ヨッポド前だそう  手掛になりそう  インテリだそう  理由なぞを洩しそう  無罪放免になるそう  数日来そう  幸福が残っていそう  俳優にでもありそう  頼母木が企てそう  適用しそう  問題につながっていそうに  ぐあいに導き出されそうに  厩橋城から追い払われそうに  一室へ寄りつけそうも  ナカナカ立ちそうに  火を付けたら燃え上りそう  姿を隠しましたそう  締りをしておったそう  脱け落ちそうに  眼がまわりそうに  ビーカーを取落しそうに  娘の気に入りそう  目のくらみそう  ここへ泊ったそう  小説が書けそう  雪のよろこびそう  ひとだそう  方へ崩れて来そうに  ものを求められそう  いらしてくださいましたそう  帽子を持って往かれそうに  地位のありそう  世に出そうと  どこかへ出て行くそう  軽快に動くそう  趣味を有せられているそう  行装では登られそうにも  下駄が出来そう  美人国だそう  ステッキには勝てそうも  急に心付きそうも  馬が駈け抜けそうに  ものでありましたそう  七堂伽藍建連なっておりましたそう  世帯気がありそうも  歌でありますそう  恋煩いをしそう  跡だったそうに  穿りかけていたそう  邪険にはしそうも  附絡うていそう  黄金鎖を掛けていたそう  カチカチと鳴らしたそう  投銭が飛んでいたらしく見えたそう  後姿を見入ったそう  会社へ勤めておられるそう  前座が言いそう  のが消えて行きそう  蝶々にでもなりそう  魂がなりそう  ッ唾をしっかけていそう  女中が出そうに  焼死んだそう  ッきりそう  ッとそう  ッかりそう  ことよりみていたら分りそう  うちに寝ているそう  それよりもいら立たしそうに  あちらであがりますそう  涙がつき上げて来そうに  風車でもありそう  人のいいそう  枝をさし入れそうに  人たちの気に入りそう  きり出そうと  通りこしてしまいそう  椅子から立ち上りそうに  相川良之介のいいそう  いまにも絶えそうに  力が湧きそう  のか知りたそうに  旅費が出そう  手へとわたされそう  胃がこわばり痛みそう  詐欺にかかりそうに  梅がほころびそう  取り立てを延ばしてもらえそう  お気がつかれそう  伝法に変わりそう  二人が別れそう  糸を引いただけだそう  せい様に聞こえそうも  見張り人をつけてあるそう  向島あたりにでもありそう  おめでたがございますそう  へなへなと折れてしまいそうに  底が割れそう  ことだらけだったそう  磯五が飛び出して来そう  柄へ走りそうに  泊まり客があるそう  すきになれそう  何かわめき出しそうに  邪魔になりそう  ところ一癖ありそう  一生夫婦となれそうも  看板だそう  どころぐれえは知らせてもよかりそう  何かいい出しそうに  瓦が飛びそう  柘植様とおっしゃったそう  話を持っていそう  何かはじまりそう  そっちへ走り出そうと  馬に蹴られそうに  バランスがくずれそう  神田とかで会ったそう  ことが伝わりそう  心もちになりそう  せい様が泣き出しそう  それにひき寄せられそうに  何かいいそうに  ことを申しておるそう  問題が起きそう  足にしばりつけて歩き出そうと  軒下づたいに歩き出そうと  うしろへ倒れそうに  ぶんが死にそうに  記憶えておりませぬそう  敷居をなめそうに  管理人と話していたそう  一本下すったそう  同僚に話したそう  入口に持って行ったそう  貫禄へ戻りそう  天井を吹き飛ばされそう  止め金が外れそうに  久夫でも描きそう  歯を飛ばしそうに  七年かかるそう  性分だそう  ウヨウヨいそう  航海日誌と云いそう  急に噛みつきそう  事をやらせるそう  講談だそう  芽を出しそう  眼覚めそうも  何時までたっても出来上りそうに  いつまでたっても書けそうも  お前の云いそう  中に巻き込まれてゆきそう  前兆になりそう  君の云いそう  虹さえ浮き立ちそう  整然としていたそう  創作家にはなれそうも  からくりがありそう  商売がありそう  あとが残っているそう  使いがありそう  吉左右が知れそう  しらをきりそうに  背中がくっつきそうに  親ガニであるそう  血に溢れたそう  中に浸っていられそう  いくらでも書けそう  遺書がありそう  頃旅行家だったそう  登山をなすったそうじゃ  手紙を寄越したそう  尻が掴めそう  大へん喜んだそう  人間が出そう  信頼出来そう  事も出来そうに  花などは咲きそうにも  齟齬を来しそう  ものは揃ってるそう  感心したりなんかしていたそう  妻に洩したそう  さしたそう  夏も帰れそうに  端書一本くらいくれそう  ことでもありそう  普通に云いそう  途中一寸倒れかかったそう  彼女が出かけそう  上天気になりそう  若者が引受けそう  姫の気に入りそう  ほかに見られそうも  智恵でも貸してくれそう  ニンフがいるそう  一つと間違えられそう  間からこぼれて行きそう  そうもなれそう  言葉になって飛び出して来そうに  ことさえ出来そう  それをほどけそう  耳にはいりそうも  急には追っぱらえそうにも  ままでいそうに  胸も張り裂けそうに  笑い出しそう  大変評判になっているそう  プリムロウズといってるそう  丸呑みにでもしそう  ぺしゃんこにされてしまいそうに  芸当が出来そう  満足させそう  話題がありそう  汁ではち切れそうに  それをつかまえられそうも  ペガッサスを見そう  中へ飛び込んでしまいそう  予定でございましたそう  事になりますそう  工事が妨げられもしたそう  すきがありそうも  いつまで続くかわからないそう  血がしたたりそう  両方から想われていたんだそう  ことが出来たそう  茶目であったそう  議論をしたそう  人に語ったそう  ヤンヤといわせたそう  塾であったそう  時代であったそう  手紙を書いていたそう  友人に読んで聞かせたそう  挨拶だったそう  飜訳したそう  モデルであったそう  勢であるそう  十一円であったそう  催促し兼ねたそう  幕出そうと  交換したそう  後援で遂げられそう  思留りそうも  問題となったそう  意見が勝ったからだそう  帰朝出来そう  揮廻しそう  長官にだって選ばれそうも  アアミンガアドは飛び上りそうに  涙のこみ上げて来そう  ことをありそうに  顔から飛び出しそうに  ラヴィニアを打ちそう  ことまで忘れてしまいそう  ことなんて出来そうも  手を伸したら届きそう  転り落ちそうに  気を落しそう  お腹は死にそうに  パリイにいそう  私死んじまいそう  餓死しそう  お腹がはちきれそうに  眼が廻りそう  熱病で死にそう  子になりそう  一目みれば分りそう  それのできそう  タシナミがありそう  木曾がきいていそう  後家さんだそう  十二階下とでもいいそう  調戯われて見たそうに  家庭だったそう  中本に出て来そう  雨でもきそう  身持ちだそう  わたしこそ死んでしまいそう  菊作りしそう  上京したそう  出現するそう  女になっていたそう  ひよっこがかえったそう  鰍の居そう  兄弟だと云うそう  相手はありそう  日暮れまでいたそう  危機が迫ってきそうに  ものをもっていそう  イヨイヨ笑われそう  寒冷にはち切れそう  わしは死にそう  ウンザリしそう  端にもさわらなかったそう  女房は恐そう  物もいそうに  夜が明けてしまいそうに  紐が捲けそうも  年寄りが喜びそう  今にも消えそう  何千人が死んだそう  どこかに持っていたそう  意見をしたりしたそう  灰屋紹益にあてはまりそう  便りだったそう  無事に帰ったそう  画に成りそう  三人で出るそう  執成しくだされてもよかりそう  胸に飛び付きそうに  キャアッと来そう  卒倒なすったそう  コンナ事が起りそう  松子だったそう  手紙を出したそう  スリ眠っていたそう  夜を明かしたそう  行方を晦ましているそう  一文も来ないそう  胸に取り縋ったそう  二人ながら弱ったそう  病院にいなかったそう  横浜駅に来いと命ぜられたそう  病院を出て行ったそう  中に在るそう  弁公だったそう  人に殺されそう  新高さんに殺されそう  新高運転手が見といたそう  心に帰りそうに  うちに殺されそう  作法教室だったそう  お答えになったそう  立像になりそうに  自殺なんか出来そうに  仕事だそう  ようにして遣ると言っているそう  三月分だそう  無理に出そうと  言葉がありそう  体を動かしているそう  子供でも起るそう  方々が痺れたりするそう  三組ほどあったそう  説明してくれそうも  誰でも判っていそう  惹起しそう  可能でありそうに  血が付いていたそう  得心しそうも  それに応じなかったと言っていたそう  原因がありそうにも  実用にはなりそうも  身綺麗にしていたそう  ものもあったそう  ころりと死んでしまったそう  出入りしていたそう  なんにも取らずに逃げ出してしまったそう  鉄が払ったそう  眼をつけそう  咽喉が裂けそう  巡査でも呼んで来そう  町一円を押し流しそう  訳がありそうに  八人とかいるそう  わけにはゆかないそう  掻っ攫って行くそう  たくさん棲んでいるそう  音は絶えてしまったそう  見極めは付きそうも  お話の合いそう  好子は噛み付きそうに  心中でもしそう  ろうとでも言いそうに  巣を作っていそう  端麗とでもいいそう  顔色を変えるそう  連絡がありそうにも  理由がありそうにも  青二才とかいいそう  内定していたそう  機会がありそうには  ものとしか思えなかったそう  急に達せられそうも  調停はできそうも  スッと消えそうに  敷地に売れそう  風の音とでも云いそう  顔を忘れそう  心臓が止まりそうに  お父さんは帰っていったそう  すべすべしていそう  僕はからだが浮きそう  らにもいそうも  面と向っていじめたそう  失礼ではないかとおこり返したそう  それを繰り返していたそう  価うちがありそう  評判であったそう  返事がありそう  主人には気に入りそう  情に咽びそうに  ア直らないそう  ことを聞きそうにも  途が絶たれてしまうそう  外に押し出されそうに  車外に突き出されそうに  魂が逃げ出しそう  支度をしそうに  滅り込みそう  宿外れへ出抜けそう  過去を顧みて噴き出しそうに  願は叶いそうも  地面へ落ちそうに  たんだそう  内臓が張切れそうに  根太が抜けそうに  世の中には纏まりそう  所までくらいは送り出してくれそう  拘泥していそう  遠慮してくるそう  哲学者の喜びそう  背延びをしても届きそうにも  ために消えそうに  カンテラが消えそう  馬鹿にされそう  汗が出そうに  途中で消えそうに  着物が焼けそうに  灯が揉み潰されそうに  手が抜けそうに  先が切れそう  桟道へ出そう  嘔吐を催しそう  誰か来て助けてくれそう  鼻へ抜けそうに  色が笑み割れそうに  のだが出来そうも  操練でも始めそう  決心して参りましたそう  電信柱に突当って倒れそうに  旨しそうに  ことを遣りおったそう  諾しそうにも  万事円満に収まりそう  一台だってみあたりそうには  ことなどできそうも  所まではい出そうと  明細がきができそう  さくをくぐってもでられそう  一番始末がわるそう  店だってありそう  枝ほどもありそう  息ができそう  星も映りそう  あかあと堪らなそうに  口許も綻びそう  十九キロ以上あるそう  実在しないと疑われそう  遊覧船が行ったり来たりするそう  何か落ちて来そう  フランス国境まで見渡せるそう  抗議も出されそう  一番喧嘩しそう  経済が救われそうに  みんなが飢えて死にそう  眼玉の飛び出しそう  音でも立てそう  いまにも折れそうに  上陸したそう  言上したそう  白状しそうも  許可しそうにも  一斗飯は焚けそう  天窓に支えそうに  寐に就きそう  一人ここへ来て寝るそう  肩に支えそう  人が通いそう  絡いつきそう  蟹が歩きそう  目も眩んで倒れそうに  ように畳まれそう  狐でなければ乗せ得そうにも  日本一だそう  人間を乗っけられそう  天晴といいたそう  女夫滝と言うそう  尾の動きそう  ため小屋もろとも埋められて死んだそう  兵庫鷲羽等は飛んで行けそうに  駅へ出られそうに  割合アッサリすみそう  徒歩はできそうに  合羽を取られそう  双六岳だそう  雪がつまっていて入れそうに  ことを忘れてしまいそう  それが凍って凍えそう  天候も崩れそう  なかにおったそう  シュプールを見つけて登られたそう  迷い込めそう  富士山へなど登れそうに  どこにもかじりつけそう  終列車に間にあいそうに  扇ノ山まで行けそうに  アラインゲンガーがあるそう  夜は明けそうに  凍死したそう  楽には入れそう  小屋で泊っていたそう  雪崩の出そう  向うからも云いたそうに  法師がたちよりそう  処へ連れて行きそう  いくらでも話せそう  んなりそう  歌麿の画きそう  孤子だそう  気は利きそう  降り口へ駈けつけたそう  今日帰えってくるそう  ここまでは来まいと思ったそう  一時十五分でとまっていたそう  消しとめられそうに  みたいだそう  高麗屋に似ているそう  どこか似ているそう  出版されそうに  猿に似ているそう  祇園会で賑わっているそう  罪を得そうに  ょうで分厚でたたきつけても割れそうも  味いそう  一月頃になりそう  のがありそう  場合がありそうに  何遍も聞いたそう  門をはいると泣き出したそう  分裂しそうに  脳貧血が起りそうに  チヤホヤされそうに  男にはやれそう  十四五段もありそう  あらわに透いて見えそう  君に云いそう  動機が見つかりそうも  感心しているそう  壁になりそう  呼吸を奪われてしまいそう  手を取ってなんか教えてくれそうも  キーンと泣けそうに  満足に崩れてしまいそうに  身体中にはち切れそう  高座で使いそう  すれすれになりそう  猪口にされそうに  見込がありそう  目にかかれないそう  顔を突っ込んでしまいそうに  一年以上もかかりそう  自棄になりそうで  まま溶けてなくなっていってしまいそう  説明がつきそう  急所にふれそうに  声を低めたそう  毳のありそう  余り長続きしそうも  眼を向けそう  歌人だったそう  小説に書くそう  三人しかいないそう  口に出そうに  地だそう  殆んど起りそうにも  速達を出したそうじゃ  嗚咽が出そうに  身顫いが出そうに  痛みがたえられそうも  姿は見えなくなったそう  のを待ったそう  問題となっているそう  話もあるそう  ピーンと突っ張って見る見るはち切れそうに  頭が割れてしまいそう  ポキンと折れてしまいそう  博士は噛みつきそう  恢復しそうも  化膿しないで済みそう  上から転げ落ちそうに  力を出したとて開けられそうにも  無事に生きているそう  上陸しているそう  着陸しちゃったそう  お話しなさりたいそう  身体を壊しそうに  夢中になりそうに  あなたも出ていたそうじゃ  兜をぬいだそう  白状しちまったそうじゃ  歓迎会をひらくそう  みな今暁息をひきとったそう  毒瓦斯にやられたそう  留吉にぶつかりそうに  命令をきかぬそう  お化けが出そうに  体中燃えてきそうだって  面倒になって居りますそう  わけに来そう  何か出来そうに  喉の張り裂けそう  雪崩れを打って躍り込みそう  自分達が殺されてでも仕舞いそうに  底に引き込みそうに  君たちが帰りそう  大猟だったそう  晩に帰りなすったそう  猪が来るそう  要がありそう  売り物に出るそう  話が付きそう  話でもできそう  のかあいそうや  浪がかあいそう  浪もかあいそう  断行するといっているそう  浪はんもかあいそう  豊がかあいそう  御返事がいるそう  台湾にまいったそう  賜金がございましたそう  芸者だったそう  北海道へやられたそう  肯定出来そう  落城しそうも  ツマラネエんだそう  二十六だそう  参観に赴いたそう  見幕で怒りだしたそう  危くはねとばされそうに  一報を出そう  発狂が起りそう  船長であったそう  発言して呉れそう  あまり窒息しそうに  海底歩行を始めたそう  気がつきやしないそう  肩は裂けそうに  ものが残りそう  効果があがりそうに  跡片もなくなったそう  教授に会わないそう  橋を見たそう  穿索したそう  流布しそう  正面からうたれたそう  右に倒れかかっていたそう  人があるが果してそう  心臓を射たれたそう  応援をして下さるそう  お許しを得たそう  もの全体が腐って倒れてしまいそう  肩から滑り落ちそう  記事になりそう  最前から吐きそう  コボシているそう  重罪公判に移されたそう  子供が死にそう  子が生れたそう  日を暮して行けそう  四十三年十一月二十七日だそう  竿二本を返すそう  トロトロに蕩けてしまいそう  ために尽すとあるそう  面倒であったそう  ようには読めそうも  頭をぶつけそうに  現場にまわったそう  ままであったそう  意見だそう  ハガキもやってくれるそう  手紙をかいてしまいそう  とき行きそうに  やめになったそう  アンポンと云われそう  大変体によいそう  署名を終ったそう  哀いそう  潮流に流されそうに  本を買ってくれるそう  パスをくれそう  本をさし上げるそう  日でしたそう  ウドンやだったそう  ひとであったそう  関係をもちそう  方にきそう  ーっと飛びついてきそう  地震が感じられるそう  再現ができなかったそう  外国製に劣らぬくらいにはできそう  復讐心が強いそう  ところに生まれたそう  七十余畳もあったそう  徒士町に移ったそう  母が止むを得ず連れて戻ったそう  引ぱって踏みそう  迷惑でしたそう  教師になられたそう  沢山だと答えたそう  方であったそう  息子とまちがわれそう  健康に育っていたそう  御苦労をなさいましたそう  今明日にも生れそう  刎ね落としそうに  彼に釣り出されそうも  成就しそうにも  人家などありそうにも  天狗礫とでもいいそう  子供らしくなってゆきそう  心をうつすそう  時計はきらいでしたそう  主張しているそう  傑作だそう  注文をなすったそう  十七貫だそう  手術をしましたそう  七尺だそう  ものがかけそう  半々に暮すそう  浮彫りにしてゆけそう  柔軟な突こみがされそう  ものがつくられそう  ものを建てるそう  おとめになりそう  暗礁に乗り上げそう  永代続きそう  人達の言いそう  中に出て来そう  懇意に成れそう  読み物に適しそう  ピストルでおどかしたそう  髪の毛がぬけそう  相手に聞えそうも  さまに落ちていきそう  三分の一しか残らなかったそう  はだしで逃げだしそう  いまにもとびだしそう  山賊が住んでいたんだそう  迷宮入りをしそう  大浪が押し寄せて来そう  震撼させそうに  刻一刻に荒れて来そうに  樣に答えられたそう  本を差出したそう  子を攫って行くそう  見所がありそう  家に起っていそう  彼が帰って来そう  博士に会いたくて焦げつきそう  経験しそうには  相手でも勤まりそうに  いまにも泣きだしそう  膝からすべり落ちそう  童話でさえそう  興味をひきそう  与謝野晶子でも歌いそう  何かになりそう  極道もやみそう  孫文が言って死んだそう  泊りに来たりしていたそう  いくらも飲めそう  集約できそう  嫁のくちがかかるそう  壊滅しそうに  家を尋ねてくれたそう  まこと君に遇いにきたそう  火事場ドロボーだそう  ドロボーもいるそう  時雨が降りだしそう  幻影が潜んでいそう  方に近づいて来そう  生活を覆しそう  神経は張裂けそうに  ものの拠りつけそうに  自分があてられそう  就職が決まりそうに  昔話にありそう  一廻りしたそう  那須へ行ったそう  驚きになったそう  恢復なすったそう  人が見つかりそう  宮島見物につれて行って下さるそう  三年かかっているそう  信用し得るそう  有利に行きそう  インチキ結婚に引かかりそうに  二三人ついたそう  勘定になるそう  失業しそう  口へ出しそうに  おなりになったそう  不景気だそう  金をとるそう  それがやれそう  首を差し伸べそう  眼に止まりそうにも  眼もじしなければ死んでしまいそう  ビックリなすったそう  何も云われませんでしたそう  お断りになりましたそう  お許しになりませんでしたそう  お話しになりましたそう  倦きになったそう  立派に出来上りましたそう  噂に残っているそう  大変だったそう  御馳走が出ましたそう  事を云い出されたそう  身代限りになりそう  事が出来たそう  おしまいになったそう  愚痴を仰言ったそう  苦心をなすったそう  お出かけになりましたそう  いただきになりましたそう  初めになりましたそう  好きにならなかったそう  お許しになったそう  喜びになったそう  一週間ばかり延びただけでしたそう  二本つき出ておりましたそう  子守女は唄っているそう  出しにならなかったそう  針仕事を始めたりなすったそう  お出ましになりましたそう  人々が申しておりましたそう  お断りにならなかったそう  柴忠さんが云っておられたそう  評判が立ったそう  娘さんが居るそう  気分が出せそうにも  通しだったそう  癖がありましたそう  後家さん位に見えましたそう  蔭口を云っていたそう  ひつくり返りそうに  源治には望めそうも  不良少年と思っていそう  いをするとかはしそう  中へは這入れそうも  迚も這入れそうも  何人でも呪いそう  ピアノがあるそう  参詣を見合せたそう  お告げがあったそう  一緒に行ってくれと言ったそう  覚悟しているそう  骨にも徹りそう  鎧兜さえ奪われて居ったそう  ほうへ進んでゆきそう  洞穴へつきぬけそう  名がありそう  上はうっそう  終夜まくらもとにつきそうて  一個のぞうの  お前に取っては考えられそう  いつかなやって来そうも  平気でのぼって行ったそう  のを聞いたそう  小諸方面に降ったそう  明瞭に見られたそう  問題がありそうに  中を降って来たそう  畑をうなったそう  五円十円と送って来るそう  金を送ってよこすそう  子分になったそう  直感したそう  ものが呼出されそう  声の届きそう  世は過ごして行けそうに  勝負を争っていたそう  上席に座らされたそう  みんな無くしてしまったそう  胸を打たれたそう  足音を忍ばせて近づいてみたそう  相対して蹲っていたそう  藁を抜いたそう  藁を抜き出したそう  黒ん坊が来そうに  黒ん坊が来そう  ことを見そう  ほんとだそう  お話をきいたそう  ことをしそうにも  足が疲れて死にそうに  足元に追っかけて来そう  眼が眩んでしまいそう  オギャアオギャアと泣きましたそう  気を狂いそうにまで  自分のこらえられそうにも  体もとけて行きそう  びられてしまいそう  首をほうられそう  龍をはなしてもって行きたそうに  香りを放ちそうに  研究されるそう  ふさっていたそう  ざとふさったような姿勢だったそう  ことはありそうも  手がかりになりそうにも  孔が出来ていたそう  製図をやっているそう  十七年から通っているそう  爆発したそう  上でも書けそう  崇拝をうけているそう  批評があったそう  当分とけそうも  雪の降りそう  トンボが飛んで来そうに  中に這入って来そうに  転落しそうに  金歯をはずしなさったそう  火を吹きそう  ように吹きとばされそう  問題となりそう  私の敗けにおわったそう  方が食われたそう  一緒に泣きそうに  虎に食われてなくなりなすったそう  茂は泣きそう  息子さんがいらっしゃるそう  実業家だそう  力に引きずられそうに  子であるかを考えて狂いそうに  人はありそうにも  考えを思い付いてから狂いそうに  戸外で呼びに来ていらっしゃるそう  悪党もいそうも  不滅であるそう  ものを取りかえそうと  瀬村とが来るそう  敗亡しそう  泉のごとく尽きずと言ったそう  金沢へ帰って来るそう  元通りになりそうに  眩暈を起こしそう  養子であったそう  鬱屈しそうに  足音がしそう  夜ばかり続くそう  赤ん坊が生れるそう  マツクロケノケだそう  多分にありそうにも  いまにも吹き飛ばされそう  女中が足りなくて困っているそう  ようにひびいたそう  気持になったそう  朝までわからなかったそう  穴があるそう  事実として信じられなかったそう  声で笑ったそう  夜話に残っているそう  鳥も落しそう  想像説も生れて来そう  独身であったそう  影は離れてしまいそうに  芝居であったそう  こともおりおりはあるそう  露営をしたそう  敵にねらわれそう  予想されそう  識者だそう  記事になりそうも  月謝位出そう  生活感情がありそう  生命にもかかわるとおどかしたそう  手で食べるそう  ほうへ走って来そう  心か閉されそうに  私を包みそう  仕事にはまにあいそうも  健康にはちきれそうに  地べたにくずおれそうに  元気ではち切れそう  陽気さに戻りそうも  人の近づけそうも  ために参ってしまいそう  希望のもてそう  安らかに死ねそう  体では出せそうも  外から見えそう  好意を寄せてもらえそう  有利に運びそうに  気も違いそうに  お話できそうも  努力してくれそう  敵のひそんでいそう  息もつまりそう  それができそうも  斃れそう  敵をつかまえそうに  ためにへたばってしまいそうに  腰の掛けられそう  お前さんもいそがしそう  到来したそう  希望はとげられそうも  意見を訊いたそう  父上は云われたそう  鏡で出来ているそう  ことを訊ねましたそう  後日貝十郎は云ったそう  ご用聞きにやつさせて調べさせたそう  上などで弾きますそう  後にもあるそう  私は滅入ってしまいそう  船長でも着そう  女房だけへは云ったそう  姿を隠したそう  さようそうだそう  姿が失くなってしまったそう  艶があってとけそう  政策に過ぎなかったそう  計画だったそう  彼らを近付けなかったそう  肩でおかしそうに  ひとりごとしたそう  なりじゃないそう  ドウ見ても勝てそうに  他人に語ったそう  一直線に片付いて行きそう  タマラなくなりそうに  広田弘毅閣下も泣いておられたそう  顔も崩れそうに  僕がなんか売れそう  幾度も倒れそうに  八十二で亡くなられたそう  方からこおってきそう  種類だそう  はりなんかしていたんだそう  お家だそう  たくさんもうかるそう  ばなしをして下さるそう  パンが焼けそう  男の子をひろって来られたそう  雨にでもなりそう  ことにも涙ぐみそう  疑いはかけられそうに  頭の割れそう  了ひそうに  刑場だったそう  一本もありそう  真似ができそうに  党員だったそう  返事を書くそう  出品されそうも  跡だそう  いつまでも眠れないそう  脂汗がにじみ出てきそう  せいかも知れないそう  岩が帰ってくるそう  大辻は飛びかかりそう  靴型を壊しそう  海底に沈んだそう  坑道をあけていったそう  巣窟へ行けそう  胴切りに出来そう  寝間へ這入ったそう  留五郎をまぶしそうに  方へ行ってたそう  浜松町だそう  発砲しそう  命令しそう  引金をひきそう  司令にしられそうに  ピストルをつき出そうと  毒ありそう  鬚毛に基づきそう  例の泣きだしそう  大佐だそう  石垣に咲いていたんだそう  何か言いだしそう  外出などもしないそう  自害をしたいそう  顔役だそう  足許の滑りそう  此処まで来られそうも  自分を救ってくれそう  木目がありそうに  否定されそう  墓に灯れていそうに  鼇頭にありそう  二人を抱込みそう  出しなすったそう  顔も洗わなかったそう  無事だったそう  壁は落ちていたそう  血だったそう  会があるそう  色が違っていたそう  水だけは飲めるそう  コプトだそう  興味がありそう  木枯しとでもいえそう  小僧さんが届けて呉れるそう  女学生でもいいそう  いまにも抜け落ちそう  いまにも破け落ちそう  掌に乗れそう  天にも舞い昇りそう  大変難かしそう  重みをもって垂れそうに  断念をもって垂れそうに  二三ヵ月後に出ますそう  粉を撒いて散りそうに  住所は分りかねるそう  女学校へ入ったそう  一・二番だったが落ちたそう  乞食だったそう  何人も出かけるそう  十二間道路が出来るそう  株屋をはじめたいなどと云っているそう  今日だそう  初年兵であったそう  出しになりたくないそう  受けになるそう  結婚しそう  万事休したそう  召上ったそう  儀になっているそう  兵舎にいるそう  何か下さるそう  氷菓子だそう  すすはきに使いそう  二十日ばかりおくれているそう  ステッキになりそう  五万になるそう  八間通りになりますそう  調印したそう  先からだそう  手に入らぬそう  三十万坪だそう  出動準備中だそう  共同醸造をやりはじめていますそう  学校へやろうと云うそう  教育映画となるそう  百三十何円とかだそう  三十五円だそう  休車になさるそう  割に合わぬそう  翻訳をしたそう  花畑が出来そう  一つだけだそう  閑散さだそう  ひとの骨折りで出来そう  さで走っているそう  工合がおわるそう  あっせんだそう  平均だそう  十としてあるそう  尾をふき流して居りますそう  ところへ行くそう  九分迄かりられそうに  大工さんをよこしますそう  最初だったそう  於てさえそう  道にかえそうとは  価上りだったそう  落着したばかりだそう  かきかたでは叱られそう  人出であったそう  ちゃんが苛立たしそうに  提灯行列があるそう  支店をきいてくれるそう  共鳴があがりそうに  大変風邪が流行ったそう  ヴェトウベンを弾いたそう  小説をかいているそう  広告出しているそう  何かばっかりしているからだそう  かいでも向いていそうに  三十六七歳だったそう  届けがすんだそう  事件を扱ったそう  夜眠らずさわぐそう  抜糸だそう  万全を期してあけてあるそう  のだと思ったそう  夫人だそう  乳まで見えそう  上役だそう  用意してあったそう  ツルゲネフに出て来そう  いっしょに起き上りそう  仏蘭西などへ行くそう  みな飲んでしまったそう  身体を動かせそうにも  二百二十日だそう  燻たそうに  駅にでもありそう  目をつっつきそうに  一ヵ月十銭出そうじゃ  我々にはやれそうにも  突発しそう  ところありそうに  傍で泣きそう  得々とやりそう  ゲッとなりそう  ワッと出そうに  お父さんを思い出すそう  先生をしているそう  部屋いっぱいにはち切れそうに  ことを言いそう  本屋は当りそう  創立されるそう  さにもたえそうにも  洗濯にもたえそう  縁のありそうも  平気だそう  帽子の吹きとばされそう  隅へぶつかりそうに  音が止まりそうに  指が切れて飛びそう  ぺこんと凹みそう  蔵していそう  靴をとられそうに  ざらにいそう  ものが写るそう  一眼で判りそう  ほうつき廻っていそう  暗殺でもはじまりそう  社会的地位のありそう  姿を消してしまったそう  眼が冴えて眠れそうも  三が振り切れそうも  一筋縄ではいけそうも  水の垂れそうに  猟師は憤れて来るそう  蛙が啼きかけましたそう  蛙は啼きかけたそう  地べたへ叩きつけましたそう  手ぶらでいて引きもがれそう  引火しそう  話が決まりそうも  評判ではち切れそう  爆破しそう  刺戟にでも耐えられそうに  手に落ちそうも  上気して倒れそう  闘牛場全体に溢れそうじゃ  しょうがないそう  病気になって行きそう  私は擽たそうに  事が出来そうに  秘密が隠れて居そう  何うにか直せそう  之から起りそう  においのしそう  みんな一時にしゃべり出そうとしては  決闘に終りそう  行動だそう  七日だったそう  わしがやりそうに  容易におちそうも  髯を抜いていたそう  彼等には通じそうも  名案を叩き出そうとでも  国内植民を始めているそう  羅馬へ這入りそう  恋だそう  音をひき出そうと  まともに見向いてくれそうにも  返報が来そう  ベッドへ這入りこみそう  洗濯に出そうと  内容を察しられそうにも  底まで読み取られそう  法則が出て来そう  法則がありそうに  表現されそう  真理はありそう  ように見えるそう  場面だそう  本になりそう  ことが出来ずに消えてしまうそう  俳諧もありそうも  危くひっくり返りそうに  はじきれそう  精力とが充ち満ちていそう  臭気でも放ちそう  かにか出そう  アイヌでも歌わせれば歌えそうにも  万年も続けば続きそう  芸術といえそう  私になりそう  跳梁しているそう  鬼でもいそう  反りかえりそうに  褒美だそう  パトロンだそう  はかなりいけたそう  音だそう  俺は泣き出しそう  二人はつんのめりそうに  涙が滾れ落ちそうに  コツがあるそう  語義だそう  お話をいたすそう  卒業生だそう  脇本陣だったそう  二十日鼠は棲めそう  桃でも流れて来そう  役人だそうなと  ぴゅうと指笛でも吹きそう  愛翫しているそう  沓にもなりそう  火でも燃えちろめきそう  ナタアシャを突き飛ばしそうに  一面には持っていそうにも  間がありそうに  代議士だそう  令嬢たちを連れて見えたそう  原もあるそう  手もあるそう  途断れそう  波蘭土人だそう  大分家産が傾いていたそう  二三度聞かされましたそう  俊が帰りそうにも  隣屋敷まで聞えそう  凶事が起りそう  巣をぬすむそう  傷しそう  将星が落ちそうに  さが忍ばれたそう  物になったそう  四五間もありそう  経験があるそう  賞をかけているそう  ひそかにぬけ出して行きそう  さきへけえるぞう  危く踏まれそうに  台所をやられたそう  子供らの来そう  オナラをしたそう  オナラが出そうに  アメリカ人の書きそう  石も飛びそうに  国際小説が書けそう  催促をするそう  大丈夫乘れそう  優さしそう  ひとかじりにやられそう  溺死しそうに  火傷をしそう  蒐めになっているそう  ゆくえは知れなかったそう  臭いがするそう  みな埋葬してやったそう  それぎりで跡を絶ったそう  大作だそう  神を祭らなくなったそう  上達するそう  亀一般にありそう  古木うっそうとして  行儀も正しそうに  心がはちきれそうに  記録していたそう  品だそう  鉄簡があるそう  乱暴にも及びそう  絶交されたそう  ものになっていそうも  彼は言ったそう  其処を立ち上がりそうにも  話をしていたそうに  ひと月ほども消えなかったそう  合点するそう  一年間は飢えないそう  ことは笑われそう  おんびんになりそう  いぬだそう  吐気の来そう  涙でもこぼれそう  何時でも話せそう  困難だったそう  文字もありそう  形態以外にはみ出そうと  不在証明が判ったそうじゃ  それには打たれても避けそうも  策のありそう  現象が起ったとか云うそう  河獺が出るとかいわれたそう  盲目だそう  睫毛が届きそう  うっかりしていると倒れそうに  字に曲りそうに  眼は飛び出しそうに  力が無くなりそうに  何んといっても受取らなかったそう  あげく気が狂れそう  私は言いながら泣きだしそうに  すきだそう  方を見たそう  頬ベタが落ちそう  葉で隠れてしまいそうに  一所に遊びたくなりそう  髪毛位浮き上がりそう  癒りそう  宮中に出そうと  倒おれそうに  発狂しそうに  荒療治に引っかかりそう  理解出来そうに  寝息をしそうに  彼を見上げそう  トテモ抵抗出来そうに  白髪になってしまいそう  筆者が語ったそう  三里もあるそう  ボクにはやれそうも  食事したいそう  買いになるそう  鱗でも生えていそう  中を歩きそう  心も泣き出しそうに  草餅を作るそう  底を突き抜きそう  蝙蝠でも舞い出そう  右へ往きそうに  らでも出そう  虚空へ舞い上げそう  いつまで経っても出て来そうにも  擬いそう  日の目を見ないそう  四日目でなくては着かぬそう  一部であるそう  一枚出来そう  どころかからだが砕けそう  時間で写せそうも  歇みそうにも  麦を加えるそう  霧は晴れそうにも  迎いを出そうとしたそう  絵でも出来そう  一夏を送れそうに  同時だそう  ためであったそう  新聞から死んだと書かれたそう  返事が来たそう  二品三品口に合いそう  くしゃりと潰れていたそう  冷汗の流れそう  字が書けなかったそう  追っかけ追っかけ注射を試みたそう  注意を与えたそう  吐血が来そう  昨夕は許されそうに  支配されたそう  変化してしまいそう  融通の利かなくなりそう  十七八年ぶりで始めて役に立ちそう  一種芝居にでも有りそう  重みで撓いそうに  物だから上げられませんと断わったそう  菊を貸して上げようかと云ったそう  秩序にかえそうと  歌人らしいといったそう  自分にもやれそう  幾何学を伝えそう  正直にやってありそう  手を触れそうにも  社があるそう  雅趣のありそう  命がけでなくては採れないそう  自動車に轢かれそうに  文化万歳と呼べそうも  向こうにけどられそう  一つになり得そうも  身を亡ぼしそうに  文学がありそう  選出したそう  アメリカで開かれるそう  異彩を放ちそう  ことを知っていそう  怨霊を得脱させそう  鴨居にも支えそう  研屋が研ぎましたそう  喰べたくて倒れそう  馬を売って用立てるそう  団長だったそう  お願いするそう  私共にも読めそう  自分でも読めそう  一人増えるそう  咲ていたそう  附着けておいたそう  生取って来て殺したそう  話になっているそう  動物だそう  人でないそう  ように書いて居るそう  一円とか出そうと  確かであったそう  心持がしたそう  手でもみ消したそう  何処までも徹りそう  友人にはなれそうも  ものだからだそう  人間がいるそう  諸君なら笑いそう  西洋人だと怒りそう  顔をぶつけそうに  音をたてて壊れ落ちそうに  彼の歩いて行けそう  憤激ではち切れそうに  お爺さんがいそう  直覚だとか云ったそう  衝突しそう  成立しそうにも  練物ですよと云ったそう  ためズボンが擦り落ちそう  主張するそう  推賞しそう  偶然目的に通じそう  小僧だと云っていたそう  トテモ証拠になりそうに  みんな書きそう  受取証を出せ出せって責められたそう  政党屋の遣りそう  準備をしているそう  先生だってそう  腹の足しになりそう  どこを押したって出そう  ブンなぐっても潰れそうも  垣根に添うて点いてるそう  網で包んであるそう  昼顔が咲いているそう  山を上るそう  山を越さなければならないそう  将棋で食ってるそう  カモにしていたそう  学校には上っていないそう  もんじゃないそう  ガキには見向きもしないそう  モノにならないそう  掃除番にも雇ってくれないそう  ムダだから行かないと云ってるそう  三番棒で負けたそう  一のみにしそう  場所がありそう  警官ではたりそうも  姿を見うしなったそう  脳貧血を起こしそうに  行動をしそう  地下十六階へおりたそう  それだけではすみそうにも  気持を書いてよこすそう  ものが出て来そう  感情になってしまいそうに  心をうばわれそうに  あれだそう  目はしがきいて居そう  頓死しそう  時居眠りをしそうに  十日でなおるそう  上気しそう  コー羽根が生えて来そう  何にかになれそうに  音さえ聞えて来そう  ピョコピョコはずみ出しそうに  家へ行きそう  日には落ちては来なかったけれど泣きそう  友達が出来そうなど  事が起って来そうに  早死にでも仕そう  クタクタになりそうに  大概ありそう  汽車から振落されそうに  押つぶされそうに  嵐になりそう  地帯は崩れ墜ちそう  空間は張り裂けそうに  生存してゆけそうに  突落されそう  突進んで行けそう  僕は生きて行けそう  パタンと倒れそうに  これ以上固まれそうに  予感で張裂けそう  わたしは押されて押し潰されそうに  わたしにもどって来そう  僕を引裂きそう  惨劇が飛出しそうに  圧潰されそうに  芽が吹き出しそう  医やされそう  ものを持って生きて行けそう  ものが跳ねだしそうに  曲り角の朽ちそうに  鋭気を養っていたそう  海岸にのりあげそう  のが見えるそう  二つ三つあったそう  印象を与えるそう  注意を忘れなかったそう  入院させたそう  肩の折れそう  杖が折れそうにまで  張ち切れそうに  私が爪立てたら触れそうに  方までころがって行きそう  千切れて仕舞いそう  彼が聞けば笑いそう  鞭を落してしまいそうに  人たちと話してはいけないそう  ずれ落ちそうに  奥行のありそう  滞在になりそうも  十分だそう  村長のいいそう  計略を見破ったそう  上に滑りそうに  点では役に立ちそうには  制服はもってはいないそう  ことをいうそう  ちっぽけなありそうも  私の気に入りそうに  罰も受けそうも  ことでそう  いちばんありそう  道楽半分でやりそう  心に浮かびそう  完全にありそうも  いっしょに暮らしているそう  ほんとうにありそうも  大石もあるそう  二百三十万個だそう  衝動ともなりそう  滓までも絞り抜いてでもしまいそう  工手だったそう  肉に埋もれてしまったそう  今でさえそう  手さぐりながら出掛けて行ったそう  ものに見えるそう  顔を出しそう  どこかへ消えてでもしまいそう  植木屋さんにでもありそう  僕にことづけがあったそう  電話でもありそう  方へなびきそう  自宅へ来そう  芝田さんにありそう  涙がわいてきそう  防備は役立ちそうにも  一雨で崩れそう  切開されそうに  心は狂いそうに  凶事が落ちかかって来そう  道具をしまいかけそうに  涙声になりそう  熊が居たそう  おかみさんに言ったそう  火じろを燃やしてたそう  道に迷っちまったそう  ぺがすようにして歩き出したそう  潰瘍だそう  中に書いてありますそう  点がありそう  薔薇色に染ってきそう  書類が飛びそうに  気候だそう  すすきが生けてあったそう  栄養分となりそうに  鼓舞してくれそう  危険があるそう  明日壺井さん夫妻が見えるそう  安全だそう  紹介されているそう  お気に入ったそう  驢馬だったそう  ことなどつかれて出来なかったそう  のりになったそう  情操にうるおいを与えるそう  心にふれて来るそう  瞳孔をも覆うているそう  研究するそう  発音がわからなくても読めてしまいそう  大変よろこんでいられたそう  後についたそう  辛棒したそう  のが出来そう  お断りになったそう  こと口へ出すと消えそう  #気がするそう  予定日だそう  たちだそう  二十円程入るそう  食費はあるそう  病院に入れてあるそう  ペキリと折りそう  アメリカへゆくそう  声を出して笑いそう  手紙が収められているそう  候補にあがったそう  一寸ベルリンにかえってゆくそう  大笑いされそうに  初旬までいるそう  たよりをよこすそう  変化を生じたらしいそう  先を歩いて見たそう  暮しが出来そう  幅一杯に出そうと  ニューヨークにつくそう  読書が捗らないと叱られそう  結婚話もまとまりそう  うちに行きそうも  一番おしゃれしそう  丈夫にしているそう  お茶でもいれてもって行きそう  五十銭だそう  若者たちだそう  十二日ごろ発送したそう  代りに見つけられそう  暮せぬそう  様子知らして下さるそう  土地五十坪のこったそう  女武者であるそう  飛躍しそう  アパートがやれそう  面会が出来るそう  御馳走が出来るそう  時間がかかりそうに  スイセン劇になったそう  不足しているそう  開拓だそう  錯綜があるそう  名手であったそう  兄ちゃんになれそう  京していられたそう  金にこまっているそう  スットンと滞らずうっているそう  来月五日ごろでないと出来ないそう  野球に出かけたそう  勤め口がありそうで  さそうな話していたそう  収入がありそう  キーキーをこらえていたそう  家をとび出したりしたそう  方法をも示しているそう  妙だそう  心持が洩ってしまいそう  日中百三十度ぐらいだそう  九日だそう  場合だそう  自我がおさえられそう  稲を植えて見たそう  盃もくだけそう  届けを下げるそう  手拭をほどいてかけ出そうとは  前とはちがいそう  これは笑われそう  大観堂さがしているそう  癖になりそう  弁護士であるそう  婦人なので起きて出歩いてもいられるそう  歌をよんでいられるそう  元気だそう  水がのみたそう  御苦労様だそう  熱を出してかえっているそう  うちにかえるそう  来月三日ぐらいまでいるそう  龍になれそう  十月に入ってからだそう  お金もなくなっているそう  私には堪えられそうも  二年絶対安静を云いわたされたそう  月給を払うそう  自身出かけそう  経過もいいそう  赤ちゃんをつれてゆくそう  寒帯劇場になるそう  一年半派出しているそう  冷蔵玉子だそう  本ものに似ているそう  のがくさっていますそう  早死にしそう  大分ましだそう  んからまわせそう  展開しそうも  きょうは行きそうに  ホーサンがなくなりそうと  特権がありそう  退歩してしまったそう  墓詣りをしてくれましたそう  応召だそう  雇主と話しをつけると云っているそう  留守であったそう  学級があるそう  返事かいたそう  予定だけ行きそうも  許可されるそう  物語にでも出てきそう  泥棒に取られそう  みんな御飯がいただけないで死にそうに  方角に行きそうに  何度も引き倒されそうに  発覚しそう  日が暮れそう  指南をしていたそう  言葉をかけてくれそうに  無事にすみそう  自分を取りかこみそう  自分で出かけて来るとか言ってるそう  息の切れそう  乱暴をしただけでは治まりのつきそうも  春子は吹き出しそう  廻りが始まりそうに  次郎はしゃくり上げそうに  露がこぼれ落ちそう  騒ぎにまぎれそう  心配もなかりそうに  二年になったそう  目籠をおろしそう  色にもどりそうに  返事をしそうに  安心が出来そう  そばを離れそうに  涙がでそうに  少年少女も来ていてくれたそう  空はとろけそうに  羞恥で消え入りそうに  便所に行ったそう  下に落ちていたそう  車台とくっつきそうに  鼻につくそう  腕を抜けそうに  こと接吻してけつかったそう  入院なすったそう  気に鎖されそう  誰と判りそう  リモジンを乗り廻しそう  手懸りは得られそうも  何か出て来そう  人の住んでいそう  手懸りになりそう  用事丈を頼んで帰ったそう  矢張誰にも書けそうに  憤慨したそう  馬鹿にして居ると云って罵ったそう  大願を起したそう  江戸へ出られたそう  ことを書くそう  ブリウブラクだったから気に入らなかったそう  看護婦どもが笑ったそう  石にでもなりそうに  奴がはいって来そう  青年だったそう  化物が出たそう  解決は附けられそうも  字街道へ飛び出したそう  糸瓜なども下っていたそう  悪態をついたそう  代も払えなかったそう  ように怒ったそう  ことを考えていたそう  違いないそう  脱け落ちそう  呼吸が詰まりそうに  容子でも分りそう  援兵でも出しそう  娯しそうに  働きが違うそう  能率が上るそう  仕事など出来そうに  いつまでも絶えそうに  無視されそうに  だめだそう  筆が乱れかけてきそう  資金で譲り受けられそう  女の子が好きそう  浜が喜びそう  何とか書きようがありそう  めちゃくちゃにしそう  肩をくみそうに  ことを言い出しそう  ゆうべあまり寝ていないそう  気味わるがっていたそう  無礼だとか言ったそう  ものが浮いて来そう  方がありそう  六七寸もありそうに  顫いそう  事を出来そうとは  べそをかきそう  具足がはいっていたそう  鴨居をくぐりでもしそう  横にはいれそう  ぷすっとどこからでも血が出そう  鎧櫃を受け取ったそう  木遣りでも出そう  月が拝めそう  動悸とではち切れそう  手前の考えそう  夫婦別れをしたそう  機械のありそう  淋れてしまっているそう  ことは知らないそう  いまは泣き出しそう  危く涙を落しそうに  みんな笑い出したそう  批評がきこえたそう  同僚に対してさえそう  遅刻しそう  李がやりそう  強暴かに変りそう  事実上支払わないでもすんでしまいそう  責任がありそう  ようにひびきわたるそう  事務服をつけて急がしそうに  相手にいいくるめられそうに  子を産みそう  別嬪になるそう  鰻は居そう  肌身を許さないそう  社長だそう  軽蔑しきっていたそう  ものをやったそう  人間の出しそう  そばにおっこちそうに  一寸でこぼれそう  自分にわかりそう  新吉は泣き出しそう  一なでしたら消えてしまいそう  光景を見せたそう  火を点してやらなかったそう  千鳥に縫って出ましたそう  陰気だそう  皮を乾したそう  手に立ちそう  物が落ちていそうも  善かりそう  客間であったそう  客間になっておったそう  心持が起りそう  胡桃もあったそう  胡桃を得たそう  集めになりましたそう  ため息が詰まりそう  丈夫になれそうに  つて帰つておいでるそう  藁小屋に寝ていたそう  汗をかきそう  机もろともかかえ出されたそうじゃ  いつまでたってもふれて来そうに  話題を転じてくれそうに  事件を起しましたそう  絶交しなくてもすみそう  方法が見出せそう  円を描いて見せたそう  一昨日たたれたそう  さし出がましいと思われそう  思いをさせそうにも  大沢さんも帰らないそう  像に刻みあげてしまったそう  五六十羽は飼っていたそう  地つづきだそう  急にまとまりそうにも  三百あまりも殖えたそう  星様が映りそう  前へしないそうに  捩り切りそうに  こっちへ来そう  這上りそう  艪をつかまえそうに  鱗でもありそう  土台になっておるそう  五六人あるそう  臀だそう  滝之助に持てそうが  急にできそうも  話を導き出しそう  魔物だそう  針を打ち込んだりするそう  刎ね返しそう  ために切れそうに  記事が出ていそう  銅板画にでもありそう  向きもあったそう  年配だったそう  しるしだそう  端にも現われそうに  インフルエンザがはやるそう  五年になるそう  暴風になりそう  雨が降って来そうに  口外するなと申し渡したそう  言だか強がりだか言っていたそう  王様がいたそう  皆珍書であったそう  一足に跨げそう  大嵐になりそう  爆発しそうにも  戸外へ飛び出そうと  顛覆しそう  君であるそう  事でさえそう  飛掛りそう  噂が立っているそう  巣窟じゃったそう  息子じゃったそう  者が絶えませぬそう  事はならんと云うておりましたそう  位であったそう  職人にも殴られたそう  蒼になってしまったそう  不明だそう  音ぐらい聞えそう  衝突りそう  横たに倒れそうに  意ありそうに  何人もいそうに  船員であったそう  辞表を出されたそう  今度はなぐりつけそう  相手にしてくれそうに  それをやぶきそうに  言葉としてでも思い出されていそうに  活躍しそう  それをもって行かれたそう  水路だそう  何か言い出しそう  間のありそう  一番であられるそう  方法などを話したりしているそう  思想にもふれているそう  責任がかかっていそうに  世の中にはありそうに  滑稽だそう  涙がにじんでいそうに  みんなをなだめにかかったそう  ところを見せたかったからだそう  退学されそう  きらいだと言っているそう  喜びとを見失ってしまいそう  先に立って歩き出しそうに  大変骨を折って貰ったそう  うちに来て下さるそう  調子になりそう  め入りそう  機会が来そう  日本国中どこに行ってもにらまれるそう  信号でもやりそう  迷信家になりそうだって  拍手でもしそう  進展しそうに  がちになりそう  悪魔が出て来そう  捨子公認所をつくったそう  迷惑をかけそう  参加してきたそう  コキュウをひいて歌ってたのしむそう  それに飽きないらしく見うけられたそう  危険にさらしそう  家へ送ったそう  手紙をかき始めたそう  目をふさぎそう  しびれを切らしてしまいそう  火をふきだしたそう  手がつけられないそう  脳貧血が起こりそう  三日でゆきつくそう  全部消えてしまいそう  とおり死にそう  討論ははてそうにも  プロペラがぶつかりそう  じじつそう  完了しそうも  西洋人の気に入りそう  何を出そうが  大丈夫だと言ったそう  感じを出そうとして  じだんだを踏んだそう  雨も降り止みそう  小銭をも出そうと  就職出来ないそう  私に勤まりそう  四十畳も敷けそう  肩先をつねられそう  二ひねりもありそう  何か話したそう  休みになるそう  唇に持って行きそうに  香りでもしそう  涙になりそう  貴君に気に入りそう  恋人同士が選びそう  不吉がありそう  急転落下しそう  やっかいになれそう  繁治さんケンカしそうに  糖が出るそう  景気だそう  おばけにもなれそうが  ところにいるそう  今年一杯はいそう  三軒ともたすかりましたそう  どこかで働いているそう  八分となるそう  勤め口がありそう  増刷したそう  喀血がふえているそう  町もあったそう  俵ぐらいだそう  年となりそうという  はじからふさがっているそう  嫁さんがきまりそう  意味でことわったそう  校了であるそう  なだらかにゆきそう  大体きまりそう  島田へ送りかえされて来ているそう  富ちゃんがよんでいたそう  相談が生じそう  返事をかくそう  ときだそう  息をつめそう  シップでふやけそう  ましになるそう  電報を打つと云ってあるそう  経験ずみだそう  そちらへゆきますそう  何度でもくりかえしてききそうに  今にわかりそう  病われたそう  これだそう  三月まではいるそう  一番いいそう  截られそうに  お送り出来そう  のを知っていたそう  今春渡米したそう  手前勝手に区切ってつかわなければなりそうも  明朝は行けないそう  家へ来てどなって叫んだそう  ものを貰ったそう  爺さんでもいじりそう  ところになりそう  セルを入れたそう  方でよかりそう  何かありそうに  満足しているそう  抵当にしているそう  自分で食ったそう  秋だそう  注意がいるそう  本年ぐらい間に合いそう  方もあるそう  八月五日ごろ上京するそう  国府津へもゆけないからだそう  目白までかえりそう  三十五度になったそう  逆戻りしそう  方がなくなられたそう  程度だそう  相談にのって頂いてからきめるそう  自分をさがし出そうとして  増大しているそう  殆ど痙攣がしずまったそう  きらいだそう  子があったそう  大分手を入れないでよかりそう  レベル以上に出そうと  課題となりそう  祝をいたしますそう  砂糖が足りなくてこまるそう  陸軍病院になりそう  いくつかがしめるそう  思いになりそう  ましになったそう  煙を立てそうに  落付いているそう  ましだそう  気になるそう  やめになるそう  超過二円四十銭とかとられたそう  札幌にもありませんそう  坊さんまでが読んで下さいますそう  ほんとうにかあいそうに  所のありそう  音を出したそう  動作を繰り返しやらされるそう  大変恩にきせられそう  恢復だそう  故障だそう  ビタスであったそう  大変人間離れがしてみえるそう  首を振ったそう  のを集めたそう  六巻まであるそう  手紙を上げたいそう  舌が出そう  余り記述されていないそう  本棚にあるそう  故障を起させたからだそう  目をしていたそう  一寸使えそう  程凝っているそう  証拠だそう  レドクソンだそう  毎月二十五日定休日が出来るそう  必要量だそう  三ミリでいいそう  三段位に変ったそう  作品だそう  見物であったそう  室を歩いたそう  熊が辷りそうに  お産が出来そうという  大分増収だそう  治療が続けられそう  沓掛へ行きそう  身のこぼれそうなあ  四ミリだそう  特色を持っているそう  額面通りには受取ってくれそうも  一万数千円だそう  大変きれいだと言われたそう  苦労もしそう  夜らしいそう  男の子らしいそう  男の子だそう  アインと聞えるそう  共起っていないそう  確実だそう  ところでやるそう  自分に出そうと  女流作家だそう  蔵いそう  目録を出していないそう  乳は出そう  終日雪だそう  ところを訴えてきたそう  念をおしているそう  病気も治りそうに  きれいだそう  坊主だそう  童話集があるだけだそう  多数だそう  看護婦が来るそう  来年になったら上っちゃいそう  予想だそう  面会だったそう  熱が出たそう  手綱では抑えられそうも  老成しそうも  囲みの解けそうも  彼のしそう  近く実現しそうに  自信が持てそう  見えになっていないそう  懇談ができそうにも  一番よかりそうに  声をたてて笑ったそう  二つはまとまりそう  血がまじっていそう  どこかに漂っていそう  森田悟由禅師だったそう  謡曲でもやりだしそう  鉢合わせしそうに  発見されそうに  それっきり口をききそうに  かなりのへだたりがありそう  自由でないそう  銃声がきこえて来そうに  めちゃくちゃにひっくりかえしたそう  何名もあるそう  大変なさわぎが起こっているそう  音さえきこえそう  準備工作だそう  一村雨来そうに  世智に長けてはいそうに  用ありそう  無心合力にでも行きそうに  熨斗目ともありそう  土下座もしたそうに  時鍵をかけたそう  処置をとりそうも  手懸りがありそう  泥棒だそう  裏口へ飛び出そうと  一本落ちていただけだそう  ふところへ動きそう  盗ッ人にありそうも  ドキドキして来そう  花を植えていたそう  損をしそう  遊びに遣りませんそう  方へ参りますそう  名主さんだったそう  後悔したそう  勝子のしそう  妖術が使えそうに  名妓だそう  袋が伸びていたそう  場所が出来ましたそう  瓢箪でもつけていそう  肩にかかりそう  境さんが見えそう  誘いに来そう  茶人でも好みそう  仕上げをしないそう  所から来たそう  紙に成りそう  これを仕上げそう  ところを通らなければならないそう  結果を齎しそうに  実のありそう  行方を探しているそう  侘びしそう  ためと考えたそう  ていは出来得そう  雨期あけを待つばかりだそう  望遠レンズに映ったそう  証明されそうに  虎でもくぐれそうも  野猿にも登れそうも  危険が起りそう  陥没がはじまりそう  膝がくずれそうに  のか睡たそう  手が躍りかかりそう  天井が垂れてきそう  所であったそう  一昨日ひまをとって出ていったそう  返事は来そう  不在であったそう  私でないか分りそう  ッたら離れられないそう  致たそう  どん詰りは救われそうも  勉強いたしているそう  剣道二段だそう  儂らも焼けてきそう  十分説明が出来そう  誇りとしておられるそう  フニャフニャと降りて来そう  半分手を出しそうに  何ぜソウ  明白にソウ  赤ちゃんが生れそう  ホオペタがおっこちそう  石高まで判ってるそう  籤を引きそう  癇癪が起きそうに  発車しそうに  女共はきゃっといって逃げ出したそう  四十になるそう  平気ではしゃいでいるそう  空地に埋めてしまったそう  自分でもつとまりそうに  損傷をとりかえそうとして  新聞一枚も出そうと  中にもあったそう  研究ですねと言われたそう  うち日が暮れそう  お気に入らないそう  一人居なさるそう  酒はあがりそうにも  我儘なんかさせそうにも  お雪さんも嫌っていたんだそう  一致をしていたそう  上から辷り落ちたそう  スタディオがあるそう  水洟も落ちそう  時間に遅れそうに  場所が考えられそう  人のやりそう  自分が食べたそう  魚が泳いでいそう  何かが潜んでいそう  うちに閉じこもっていたそう  道など教えそうにも  お出でなさるそう  様子を知っていそう  虫一匹生きていそう  水浸りになって死にそう  そこを去りそう  決心しているそう  ことくらいできそう  いっぱいに傾け尽くせそうに  今にもあふれ出しそう  それが渡れそうにも  足ずつにのめりそうに  睡眠中だったそう  誰もが出来そうに  室から出て来そう  曝露しそうに  一団につかまっているそう  十歳だそう  番人がいそうも  ボートはひっくりかえりそうに  上陸できたそう  大切にしてあるそう  身元調べをやって置いて呉れたそう  危く香炉を落しそうに  氏に対してさえそう  ものと思い込んでいたそう  悶死しそうに  其処を動きそうに  男も逃げてしまったそう  呼吸もつまりそう  声になりそう  専門家でさえそう  流行はしそうも  停留場を通りすぎそう  下へ突っこみそうに  電報を打ったそう  絶対に出来そうも  嘔吐きそう  心配は入らなそう  尾張様へ取り入っているそう  何か呉れるそう  黄金が有るそう  隠密として入り込ませたそう  前と変らなくなったそう  チェホフはあるそう  発送ずみだそう  字なんか書けないそう  徴用しているそう  元日だそう  指定されているそう  軍人だそう  道がありそうに  お祝い下さったそう  うちに見付かりそう  経理部にいるそう  溜り場所だそう  色目鏡がいりそう  戻りになったそう  ことを防げるそう  仕事も進みそう  もんじゃないと思ったそう  色だそう  ここに出そうと  砂地がありそう  勉強をしているそう  寿江子がよんで教えてくれるそう  物価三倍以上になったそう  発刊されていないそう  晴子だそう  一週間ほどいるそう  そちらをしらべて見てくれるそう  事務的にやって貰えそう  一片つきそう  閉口しているそう  順だそう  云々と云っていたそう  月百円以上償還してゆかなければならないそう  暴落にしろそう  吉屋信子が笑ったそう  安穏に食えそう  三十一日になりそう  ダンケルクへ行ったそう  落着だそう  製品だそう  ブラウスになりそう  世界一良質だそう  焼失したそう  一箇だそう  底が見えているそう  風はとおりそう  十分上れそうに  それはつづきそうも  一番大事だそう  匹敵するそう  詩にでもありそう  歓談したそう  ホテルが出来たりしているそう  一匹も居ないそう  飛行場が出来かかっているそう  北へと響くそう  時代には在ったそう  マカロニをみたそう  尾崎にしろそう  花弁をふれそうに  主役を演じたそう  ヒッスを浴せられたそう  なかにおちそうに  世話してくれたそう  さも生きそうに  可能のありそう  落付いて考えられそう  めいわくになったからだそう  人間が喰われてしまいそう  音を立てて開きそう  女の子とぶっつかりそうに  田中が帰りそうも  田中達が行っておりそう  彼は慌てて崩れかかりそう  包囲し迫って来そうに  月でも出そう  枝がへし折れそうに  天上へ上って行きそう  解除されたそう  根っ子につまずいて転びそうに  みち一組になりそう  資料になりそう  三十万ペセタに上るそう  習慣があるそう  下に着込んでるそう  中止になりそう  いずれにしても見すぼらしくなければいけないそう  一番有効だそう  往来でもやれるそう  人情だそう  人々に限って映じて見せたそう  誘惑するそう  婦人に限られているそう  真実と認められているからだそう  現代式だそう  別府だそう  他人のを見てもわかりそう  見分けが付かないそう  恰好だそう  場所でしか見られなかったそう  舌を捲くそう  別嬪が居ないそう  のもあったそう  警察に呼ばれそうに  面会出来るそう  挑戦者になりそう  厄介になっとりますそう  二メートル近くもあるそう  大森らしいとか分りそう  内臓的関係までありそうに  関係までありそうに  饒舌りたてそう  道化者は云いたそう  衝ッついていそう  独り定めになりそう  ため息窒りしそうに  液体は出そうにも  いつだって出来そう  むきになりそう  下働きが睡そうに  専門ちがいで分りかねるそう  気もありそう  頭でつきそう  何かが戻って来そう  光沢となってかがやき出そうと  火が点きそう  思い上っているからだそう  傑作があるそう  ことになりそうと  行列だそう  ところでやれそうに  あなたでありそう  〇・一斤減るそう  光線よけをかけなくてはなおりそうも  下関へゆくそう  赤ちゃん生んだそう  読みになれそう  そうに書いてよこすそう  誰にしろそう  単純になりそう  永住出来そう  #家がありそうに  信用問題にかかわりそう  一ヵ月もしたら来そう  絶対責任をもつそう  名著だそう  天真爛漫さだそう  四十年来成功しているそう  退去命令が出そう  田舎へ行くそう  川柳にでもなりそう  今それやっているそう  明日出かけてしまいそう  ところへ歩きそう  二次第三次とありそう  書生暮しにやれそう  あっちこっちとなりそう  引越ししたそう  三日間はするそう  公定だそう  十八円かかるそう  ように出来そう  一つつれてゆくそう  一匹貰ってくれるそう  方法を見つけそう  関係だそう  主戦場になったそう  カンバンは出ているそう  保存病だと思っているネと笑われそう  勇婦ではあり得そう  アズ・ユージュアルとは行きそうも  ガンばりつづけて来ているそう  正月号となりそう  ボーが鳴りそう  美人も通りそうにも  滴でも垂れて来そう  妻子が弱ったそう  時計を合せたそう  大変だと考えていたからだそう  ものも云わないで見たそう  噂さを立てさせると云ったそう  ためにやってきたそう  それを黙って聞いていたそう  お母さんに云ったそう  面倒を見てくれるそう  がん張ったそう  手当も出しそうに  化けの皮が剥げそうに  見込のありそう  革命が来てからだそう  パン代位は出そう  話をし出すそう  貰ひ受けたいと望んでゐるそう  悪所を歩き廻るそう  子息だそう  地へ垂れそう  まり込んで抜けそうも  帰りにならないそう  耳髱へまで届きそう  わしを怨んでいるそう  弓之助は壊しそうに  肺炎に罹って死にそう  自分も死にそうに  間違いないそう  私でさえそう  錯覚でもおこしそう  しぶきのかかりそう  眩暈のしそう  両手は折れそうに  娘だったそう  笑しそう  書物があるそう  大笑いをして云ったそう  ギラついて居そう  滅り込みそうに  机を持って来てけつまずきそう  とかげでいったそう  仕事でもしなければ餓えそうに  絶対専制君主だそう  非でも押し通されるそう  二度とは言われないそう  送迎しなければならないそう  膳に向われるそう  風呂にはいられないそう  絶交されてしまわれたそう  山にありそう  火事でもありそう  血でもにじみ出そう  原因に思えそう  こどもなんか生れそうも  一封度もはいっていそう  くたくたとくずおれてしまいそう  隠れ場所を探しにきそう  んと折れてしまいそう  辺りまでありそう  我慢してるらしかったそう  いつまでも帰りそうに  癖があるそう  匐い出していそう  制服だと気取られそう  者になれそう  書物を読んで貰いたがったそう  蝙蝠が居そう  中に数えられそう  角が生えていそう  里へ攫われて行きそう  出入りをしそう  即死だそう  蕨が生えそうに  ほまちにはならないそう  家作も買ったそう  船酔いでもありそう  船酔いのありそう  大量的北部移動が起ったそう  ようにゆきそうも  大挙来襲しそうに  一尺五寸もありそう  聰明さとそう  方へ行くかするそう  ように出来そうに  一日に行きそう  勉強とで暮せそう  家へ行くそう  プロテストであるそう  原名だそう  古典だそう  ききになったそう  原簿がやけてしまったそう  生命を奪うそう  毛髪脱落するそう  みんな帰すそう  八十万内地に戻るそう  十五円にきまったそう  天まで届きそうに  ようにと云い置いていったそう  見分けがつくそう  綽名されてるそう  彼女に惹きつけられそう  人殺しをしそう  馬車ならいってこられそう  話はつきそうも  いつまでたってもおわりそうも  だれに言っても信じてもらえそうも  はじめ黒馬旅館にとまっていたんだそう  透明人間だなんて気づかなかったそう  ことをしゃべりそうに  つぶてが飛んできそう  だれもはいってきたけはいはなかったそう  助けをよびそうに  裸ではこおりつきそうに  腹がすいてたおれそうに  おとぎ話にでもでてきそう  男がいるそう  凶器につかわれそう  考え中だそう  道教などでもきていそう  お前がやって来そう  何か話したそうに  子にわかりそうも  みんな覚えていそう  眼にうつりそうも  古跡があるそう  婆が帰って来そう  失笑しそうに  何んかおっ始まりそう  一方を殺さなければおさまりそうも  ことも起らなかったそう  簡単に片づけられそうも  それが得られそう  家が飛んできそうに  襲来があったそう  人と遇わなかったそう  蛞蝓でも出そう  涎の垂れそう  クシャミが出そうに  ヘルメットにぶつかりそうに  これも行われそうに  生計を営んでいたそう  寺院をさえ有しているそう  存していたそう  徒を交えているそう  例があるそう  毎度山家が来て住むそう  産婆代りに取上げを行うそう  五家に分れているそう  家柄もあるそう  転り落ちそう  めったには売れそうも  私をおかしそうに  私によって慰められたそうに  返事をくれそうに  何かやっていそう  一人取り残されそう  変がありそう  声で呼ばれそう  烈たそうに  ニューヨークにいるそう  高崎にいそう  手掛りがありそうに  路銀が尽きそうに  江戸に戻っていそうに  別に役に立ちそう  目に会いそう  中心を失いそうに  前にのめりそう  北里はこないそう  どこでも滑れそう  上に曲って下りられそうも  見本かと見間違えられそう  喫茶店をやるそう  打者だったそう  チームだそう  余興をやったそう  顛倒しそうに  蛇がいそう  人が返してあげるそう  ゃっと声をあげそうに  訳が出ているそう  成果だそう  一部だそう  是非要りそう  資料として役立ちそう  発行されるそう  ことは云わぬそう  非常にありそう  ことに極まってしまったそう  己は構わないからと云ったそう  風になったそう  犬が吠えそうに  全部になりそう  箕村に食わせたそう  世話をして遣るそう  もの想いにふけってはいけないそう  メソメソしてもならないそう  それを腐らせてしまったそう  丈夫に作っておこうと云ったそう  提出しようとしているそう  レッテルを見ただけで酔っぱらいそう  肘のぬけそう  大変あるそう  買手を探しているそうなとの  ものをいい出しそうに  心臓はとまりそうに  立ち停りそう  んに行けそうも  年をとって死にそうに  いまにも動きそうに  結果を伴いそうも  法則を覆えそうという  君子たりそうも  百度出そうも  実現しそうも  厄介物となりそう  実行が出来そうにも  利益も受けそうも  申訳が出来そう  処はありそうに  半焼したそう  もとだそう  デルタだそう  勝手口へ迷い込んで行きそう  発達しそう  範疇に入りそう  そこに集めても行きそう  弾力のありそう  四倍もありそう  保存せられているそう  ことができなくなるそう  虫除けになりますそう  実質が張り切っていながらとろけそうに  学者が付きそうて  ズリ落ちそうに  採用しそうに  家へ帰って行くそう  上に出そう  まま動きそうも  一晩中くらいはかかって燃えそうに  注意しろと云ったそう  避難していたそう  審しそう  達しでもしそう  ままラッサへ行ってしまいそう  便宜がありそう  口からとびだしそうに  如くとび出そうと  一緒に来られたそう  悲観していたそう  自白したそう  自白らしいそう  大変あなたを恨んで居るそう  製作できなかったそう  瞼から溢れそうに  違いないそうも  三子の来そう  ことをいたしましたそう  手斧なんぞを振り舞わしましたそう  っきり胸も裂けそうに  器械ができたそう  下に圧し潰されそうに  出になりますそう  石になりそうに  一杯に満ち充ちて裂けそうに  昏倒しそうに  修復は出来るそう  口から出そうにも  児だったそう  一種だそう  河内は越せそう  号しそう  中に消え去りそう  呉氏もほめていたそう  二百万円に売れそう  力だそう  暴露しそう  彎曲して断れそうに  対岸に渡れそう  餅だそう  ことしたって離れそうも  話が出そう  屈托も取付けそうに  決意にさえ導きそう  大関がいるそう  法華へ嫁ぐそう  はたらきがありそう  皆さまにもわかりそう  生捕られて行きそう  藁縄位切ってしまいそう  俺だって食えそう  地に着きそうに  クラスだったそう  恋が出来そう  気軽にひきうけてくれそう  京吉の来そう  それと感づかれそうに  パトロンがありそう  首をしめられそうに  京吉に許してしまいそう  学生連であったそう  九間一尺もあったそう  納得しそうに  ニャアと啼きそうに  ものかと云って笑われそう  仔牛ぐらいはありそう  耳がちぎれそうに  直径七八寸もありそう  前に進み出そうと  泣顔をして遣って来たそう  正夫君だってそう  女子の喜びそう  一滴こぼしたそう  随身したそう  線が張り切れそう  中にございますそう  骨がありそう  妙案が浮かびそうも  甚太郎は焦立たしそうに  中へ融け込んでしまいそう  ことでは当りそうにも  叫びは絶えたそう  部屋へ紛れ込んだそう  五つずつ仕掛けてあるそう  底だそう  濛気が立つそう  纐纈城まで届きそう  ように申しておりましたそう  手に入れたそう  万病に効きますそう  天井へ飛び上がりますそう  天井に届きそう  音楽でも鳴り出しそう  脱疽だそう  信仰を失いそう  纐纈布を持っているそう  冠っているそう  ポタポタ足下へ落としそうに  通訳したそう  顔色を変えたそう  知合だそう  設備を施しそう  失速して落ちそう  飛行士だったそう  欄だそう  一万円ぐらいになるそう  こっちへひっぱられそうに  涙のたまってきそう  勤労だそう  八人位だそう  十八人も居られるそう  脳カタルと云うそう  明治まで在ったそう  何十世帯も住みついて動かなくなっているそう  男は悼ましそうに  関係を知っていそうにも  ふしぎなくらいだそう  いきがとまりそう  顔をみたそう  銃口をむけそう  いまにもくぐりそう  こっちへかけだして来そう  道傍には盗んでゆかれそう  中から躍り出しそう  習慣になっているそう  密使だそう  夕暮を想い出すそう  いまにも叩き割られそう  雲雀でも舞っていそう  分担しているそう  心臓は停りそうに  体ごと投げそう  矢張り消えそう  一緒だそう  まちがいが有ったそう  涙を落しそうに  中空に消えゆきそうに  決定ったそう  いの出そう  髄まで凍ってしまいそう  誰しも認めたそう  ところに来てくれるそう  文学者にも好かれそう  彼はいくどもころがりそうに  足を切りそう  竿を持ち去られそうに  殆ど泣きそうに  人が見廻って来そう  目に合いそう  全快だそう  霞になりそう  そうな溶けそう  仔を持っていそう  溝かに落ち込みそう  前に行ってるそう  女将でも着そう  ことを書いているそう  僕も出したがっているからと言ったそうじゃ  怪我させそう  多数入れそう  人たちまで褒めちぎっているそう  レヤチーズの言いそう  三文芝居にでもありそう  絶交したくなりそう  成績もいいそう  現実主義者になりそう  ようにはしないそう  舞台から落っこちそう  役だそう  弟子があらわれているそう  弟子も出来たそう  耳を傾けてくれそうも  外国で流行っているそう  朗読劇をやったそう  為合せそうにも  こっちを振り向いてくれそうも  今にも潰れて来そう  彼女は訝かしそうに  一人一人見たそう  不為合せそう  彼を立ち去りそうも  誰にだって出来そう  気がすまなくなって来そう  何か笑いかけたそうに  それについて行けそう  ことは起りそうも  家へは帰してくれそうにも  看病してくれそう  明は咳き込みそう  次へと思い出せそう  事を思い出させそうに  看護婦に見つかりそうに  自分の凍えそう  目つきは止せと云われそう  有耶無耶になりそうに  心から離れてしまいそうに  不自然になりそう  事を云い出しそう  手で出来そうに  ポウ的幻想が潜んでいそう  敵機の来そう  一口食いたそうに  長崎がなくなりそう  長崎だけは残りそう  むかむかして吐きそう  絶望だと申されたそう  涙も出そうに  意味を通じそう  盛んに惚れていたそう  枕があがりそうも  一本ぐらいは折られそう  たくさんできたそう  いくらでも出そうという  あちこち歩いてこられたそう  仏様にも会ってこられたそう  旅にいかれるそう  どこをさがしても見つかりそうも  堅田にやって来られるそう  脳貧血でも起しそう  監視人たちの考えそう  そいつができそう  ことで倒れそうに  右手に曲れそうに  なかに消えてしまいそう  ものになってくれそうには  意見がありそうも  必要じゃなかったそう  人からはもらえそうにも  口を開きそうに  七十円位這入るそう  裏家住いだそう  何か圧されそう  御飯が食えそうにも  カフエー生活だそう  ペッペッペッと吐きだしそうに  皆おこって来そう  突きささりそうに  ズルリと抜けてゆきそう  晩いらっしゃるそう  芝居をなすったそう  足を引っぱられそう  何時までもおかしそうに  血がほとばしって出そう  改正出来そうも  ものが流れこんで来そうに  人間がありそう  女中だそう  汁がたれそう  玄関番が出て来そう  泣きごとを云いそう  翠滴がしたたりそう  詩だそう  活動役者だそう  いくつでも出来そう  紹介だそう  チュウリップもまちがえて造りそう  のを使ってくれるそう  なかにこげつきそうに  凡才に終りそう  膝をつきそうに  吐気が来そう  みんな二十五六にはなっていそう  与市兵衛を殺しそう  気力も失せそう  話が合いそうにも  裏が買えそう  訓練されそう  蛆が降りかかって来そう  お新香だそう  六十五歳だそう  風邪をひきそうに  なかへめりこんで行きそう  いい気持ちそう  通りだそう  八十銭だそう  呼吸のとまりそう  谷底に沈んで行きそう  考えも湧いて来そう  ぱみじんに破れそう  中へ持ってゆかれそう  目算がありそう  用には立ちそうも  虹でも吹きそう  伝説を持っているそう  苦心をされておるそう  老人だそう  声は憂わしそう  清教徒でも用いそう  人工だそう  防備がございますそう  昆虫館にはありますそう  蝶だそう  最後まで嚇されそう  毛唐語だそう  火にくべても焼けそうも  水へ入れても溺れそうに  もので走ったそう  煮え湯を飲まされそう  歌でもうたいそうにさえ  それは出来そうも  山尼が連れて行ったそう  わされそう  郷で取ったそう  飛騨にもいたそう  骨が祈れたそう  気狂いだったそう  一任したそう  公衆電話だったそう  決心したそう  氷柱が下りそうに  地面に取り落しそうに  怪我をしでかしそう  解決できそう  霜でも下りそう  尻が割れそうに  空円タクが擦れ違いそうに  変だと間違えられそう  喰べられそうに  保護を受けていないそう  ことを阻まれたそう  火花でも見えそう  腕を握り潰しそうに  目的を達せそうも  足をとられそう  望遠鏡でも入っていそう  雪でも降りかかりそう  パッタリ行き逢いそう  床に就いているそう  今朝ほどまではいたそう  暗号を考えていそうも  酒飲みになったそうじゃ  妖怪もいそうに  公開されないそう  二千円しかもらわなかったそう  納得がいったそう  母に言っていたそう  作品が出てもよかりそうに  父に申したそう  一本ぐらいくれそう  父を憎んでいたそう  腕力もありそう  庖丁をとりあげて投げすてたそう  仏だそう  絶品だそう  間には来るそう  ことも出来ないそう  負せたそう  所を助かったそう  案内に立ちそう  のを留めたそう  自分が救われたそうに  梁へ掛けたそうに  道を蔽うていそう  踵を染めて伝わりそう  欄干が飛べそう  咽喉へ通りそうに  いくさでもはじまりそう  影もうつりそう  藩士だったそう  賑かだったそう  庭だったそう  のぞみがありそうに  影が映りそう  屋敷だそう  説明しなかったそう  日向へ出たらば焦げてしまいそう  畑荒らしがはやったそう  眼をあいていたそう  何処にもありそう  眼にも見えそう  午後に営んでくれと言い残したそう  一度は暴れそう  希望は絶えそうに  日中に釣れそうも  緋でありそう  帰りになったそう  方に行っていたそう  商売をしているそう  演説をなされたそう  茶碗を出そうとして  何か纏まりそう  アメリカに渡ったそう  言訳をしていたそう  何としても取り次ぎそうに  それがよかりそう  おわんを取り落しそう  何度も噴き出しそうに  手遅れだそう  全部破ってしまったそうじゃ  のがいそう  二流もいそう  提唱になりそう  足利家にはあるそう  便りに出そうと  山が鳴っているそう  ノイローゼになりそう  とこ行けそうも  殿上人になりそう  心配さえありそうに  何か話しかけて来そう  古典になってしまいそう  宗教界にはいそうも  女院政治すら行われそう  たくさんに交じっていたそう  得心して貰えそうも  嫌になるそう  先鞭をつけそう  山こだまに賑わい沸いたそう  繁殖し始めたそう  七代目とかにあたるそう  今も続いているそう  幾度も載ったそう  一人になりそう  偽作だそう  読後感をもらしていたそう  筆蹟だそう  白髪になりそう  ことも聞けそうに  今にも降り出しそう  党が住んでいそうに  十巻完了になるそう  いわれもしそう  女院などがいそう  随筆になりそう  真珠層は巻いていそうも  お談義を聞かされそう  ネコ足ともいうそう  人ちがいをしそう  コオロギの啼きそう  調査もすすんでいるそう  近く残っていたそう  商売人であったそう  俗称があったそう  大阪へ着いてしまいそう  そこへでかけて行ったそう  ハイキング支度で来られたそう  疑問は解けそうも  混淆されてゆかれそう  新味を加え得そうも  押込んであったそう  立ち入りになったそう  時代小説は読みそうも  碧瑠璃園のもあるそう  如法ともいったそう  構えだそう  壁につきそうに  木更津まで逃げてもらったそう  らくのやりそう  自在にわたったそう  のも見せたそう  新聞一枚満足に読めなかったそう  猿股くらいしか売れそうに  時十二時過ぎていたそう  手につきそうに  影の映りそう  眼を覚ましそうも  近代病だそう  刑事がかぎだしていそう  為に埋まったそう  従兄妹に当たるそう  楽に登れそう  不動沢から登れるそう  流は尽きそうに  下に出られそう  六百五十万ほどだそう  なかみがはみ出しそうに  仕打ちもあったそう  助五郎はやぞうで  容易に止めそう  承知していそう  薙倒しそう  一理ありそう  危く霞に紛れそう  気も狂いそう  騒動が始まったそう  どこかに居そう  人にも聞えるそう  全部着いたそう  近世奇人傳にでもありそう  傍だそう  汽車に轢かれそう  トテモ眠れそうに  形容されそう  闇が見えたそう  くつきりと思い浮かべるそう  かなたに消えるそう  事を知らせに来たそう  法事があったそう  懇に話して聞かせたそう  ように云ったそう  話を始めたそう  一生懸命に働いたそう  誰にでもなれそう  ちがいくらいにはちがいそう  意義がありそうにも  者においてもしそう  温順しそう  虫に喰われて押せば倒れそうに  出水したそう  ば吹き消しそうに  人であると謂っているそう  いろいろに伝えているそう  所在を知っておってもよかりそうに  これなら出そうも  母さんと呼びかけそうに  前を通りすぎそうに  川さ落ちて死んだそう  ことが出ていたそう  川さはまって死んだそう  ちい鼻をおかしそうに  幸福がありそう  ばいいんだそう  占領されそうん  全部自分で持って貸していたんだそう  案内していたんだそう  突撃隊をこしらえたそう  力が溢れそうに  手なんぞ上げそうにも  妖怪が出そう  宝物がこぼれ出そう  尻尾にとどきそう  たくさんできそう  いくらでもつくれそう  まま投げだされそうに  下から滑ってはずれそうに  月が出そう  所にあるそう  金をくれるそう  泊まりだそう  味方にはなって呉れそうも  蝦蟆が出たそう  保険を付けていたそう  傷害保険を付けていたそう  貯蓄があるそう  羊得もよろこばしそうに  十九であるそう  骨まで凍りそうに  中折帽子をかぶっていたそう  心持になったそう  職業があるそう  みの出没しそう  誰にでも出来そう  こっちが負けそうに  蛇の出そう  話であるそう  当主であったそう  陳列して見せたそう  奉公人がいるそう  相当しそう  瓦屋であったそう  譫言というだけで済んでしまったそう  風をしていたそう  飛地であったそう  心持であったそう  顔を見知っていそう  方法を教えてくれなかったそう  気をつけろと言い聞かせたそう  午後一時頃だそう  画家だそう  姿になっていたそう  百俵であったそう  容易に運びそうも  事実をかぞえ立てたそう  心が動きそう  修業して来ましたそう  五百二十坪とかあるそう  容易にやみそうも  仲は泣きそう  行者がありますそう  ゆうべ狢を殺したそう  子むじなの首を斬り落してしまったそう  十時ごろに死んだそう  人に頼んだそう  仲に打明けたそう  夜なかに死んだそう  道楽者であったそう  素直に譲ってくれそうも  池だったそう  池と呼んでいたそう  社であったそう  念を押したそう  声をあげたそう  髪を切りそう  村だそう  ことし十六だそう  容易に踏み込めそうも  安心は出来ないそう  親切だそう  後へは引返されそうに  金は出来そう  百目蝋燭にも使えそう  ロマノフ旗を結びつけたそう  天竜会が養っているそう  目星がつきそう  百目蝋燭さえ使えそう  辺にいそう  拵え物となりそう  中へはいって行けそうも  ように思われそうに  イキだそう  腰をあげそうにも  

~ そう[名詞]2
悲しそう  むずかしそう  えらそう  寒そう  軽そう  面白そう  珍しそう  うまそう  愉しそう  懐かしそう  なつかしそう  おもしろそう  楽しそう  たのしそう  いまいましそう  おおそう  めずらしそう  にくいそう  たのもしそう  せわしそう  柔かそう  嬉しそう  弱そう  可愛そう  高そう  うれしそう  優しそう  つらそう  重そう  暑そう  忙しそう  痛そう  むずかしいそう  わるそう  つまらなそう  涼しそう  淋しそう  悪そう  奥深そう  高いそう  うるさいそう  甘そう  温かそう  羨ましそう  睦まじそう  欲しそう  親しそう  怖そう  ほしそう  強そう  眠そう  うらめしそう  いそがしそう  苦しそう  新しそう  うるさそう  おとなしそう  おかしそう  多そう  恐ろしそう  眩しそう  寂しそう  にくそう  いたそう  だるそう  忌々しそう  心細そう  思わしそう  残り惜しそう  危なっかしそう  ないそう  小さそう  ねむそう  おしそう  怖しそう  恐しそう  口惜しそう  恨めしそう  いぶかしそう  難そう  懐しそう  慕わしそう  さびしそう  やさしそう  疑わしそう  おそらくはそう  おいしそう  くやしそう  くすぐったそう  息苦しそう  なそう  物珍しそう  古そう  美しそう  情けなそう  暖かそう  もどかしそう  しぶとそう  荒そう  深そう  済まなそう  偉そう  可愛いそう  気忙しそう  苦々しそう  賢そう  ひどいそう  惜しそう  近そう  多いそう  気遣わしそう  まぶしそう  くるしそう  悩ましそう  くさそう  弱々しそう  憎々しそう  心苦しそう  きっとそう  興味深そう  せつなそう  面倒くさそう  うらやましそう  つよそう  軟らかそう  堅そう  温そう  ずるそう  気味悪そう  眠たそう  悪いそう  大きいそう  かなしそう  冷たそう  むつかしそう  人なつこそう  よいそう  けだるそう  名残惜しそう  腹立たしそう  訝しそう  心安そう  歯がゆそう  美味そう  美味しそう  縁遠そう  きみわるそう  はずかしそう  てれくさそう  旨そう  ふかそう  気強そう  角そう  ものうそう  いたましそう  気だるそう  切なそう  そういったそう  渋そう  ひもじそう  ほしいそう  恥しそう  たまらなそう  おめでたそう  無いそう  熱そう  疑い深そう  憎そう  果してそう  臭そう  じれったそう  早そう  柔らかそう  恥ずかしそう  弱よわしそう  深いそう  懶そう  おもはゆそう  にくにくしそう  易そう  ものめずらしそう  狭そう  悦ばしそう  脆そう  感慨深そう  あぶなそう  速そう  物足りなそう  痛ましそう  ひ弱そう  気づかわしそう  けわしそう  物憂そう  気軽そう  わるいそう  烈しそう  重たそう  多くそう  豪そう  有難そう  わびしそう  羨しそう  頼もしそう  恋しそう  遠そう  苦にがしそう  面倒臭そう  煩そう  腹だたしそう  勇ましそう  めんどうくさそう  いいそう  大人しそう  ゆるそう  危なそう  悪くそう  怪しそう  やわらかそう  ほこらしそう  あたたかそう  軟かそう  本当にそう  さみしそう  狡そう  胡散そう  荒っぽそう  執念深そう  著きそう  こそう  ありがたそう  ないぞう  あぶないぞう  難しそう  いとしそう  固そう  怨めしそう  よくソウ  気ぜわしそう  すばしこそう  小ざかしそう  照れくさそう  たぶんそう  こわそう  情なそう  いかにもそう  物淋しそう  可笑しそう  やすそう  別にそう  かたそう  ひだるそう  なさけなそう  長そう  心安いそう  忙しいそう  懈そう  実際そう  かるそう  遠いそう  さもしそう  薄寒そう  不味そう  侘しそう  擽ったそう  歯痒そう  狂わしそう  やはりそう  ばかばかしそう  物悲しそう  かゆそう  珍しいそう  憎らしそう  貧しそう  若そう  いらだたしそう  下らないそう  いずれそう  残惜しそう  つめたそう  たしかにそう  馬鹿馬鹿しそう  辛そう  もの憂そう  相応しそう  どうもそう  苦そう  うさんくさそう  もったいなそう  好いそう  ねむたそう  低そう  気むずかしそう  美しいそう  妬ましそう  太そう  大きそう  焦れったそう  気まずそう  鬱陶しそう  哀しそう  喜ばしそう  もの珍しそう  はしこそう  物堅そう  白そう  どうせそう  弱いそう  照れ臭そう  にぶそう  少なそう  硬そう  こすそう  重いそう  疎ましそう  いたいたしそう  うそう  きたなそう  術無そう  いじらしそう  全くそう  つまんなそう  新しいそう  薄汚いそう  たやすくそう  気安そう  まばゆそう  小うるさそう  まあそう  逞しそう  よろしいそう  近いそう  痛々しそう  馬鹿らしそう  きつそう  無論そう  目映しそう  気難しそう  恐らくそう  容易そう  めんどうそう  清しそう  憎くそう  素晴らしそう  せわしなそう  恭しそう  堅苦しそう  重苦しそう  難しいそう  忌いましそう  厭わしそう  はがゆそう  面倒そう  人懐こそう  ていたそう  勿論そう  肌寒そう  易いそう  あつそう  ねたそう  胡散臭そう  面白いそう  汚らしそう  少いそう  すずしそう  めずらしいそう  つつましそう  暑苦しそう  うすら寒そう  あらそう  ずぶとそう  誇らしそう  香ばしそう  慌しそう  エラそう  勿体なそう  正しいそう  おそそう  暑いそう  寒いそう  ぬくいそう  っぽそう  くそう  やわらかいそう  なくそう  寝苦しそう  真にそう  短そう  にがにがしそう  ほんとにそう  そうぞう  おそろしそう  煙そう  あわただしそう  あぶなっかしそう  よろこばしそう  かたいそう  荒いそう  疚しそう  白々しそう  卑しそう  危ないそう  薄気味悪そう  偉いそう  薄ら寒そう  煙たそう  よそう  鈍そう  手強そう  難いそう  めでたそう  きまずそう  ひよわそう  暗そう  ひどそう  鋭そう  むろんそう  尊そう  甘ぞう  めでたいそう  づらそう  疑いぶかそう  愛しそう  さもそう  比較的そう  堪え難そう  ひやっこそう  おぼつかなそう  苦苦しそう  安いそう  果たしてそう  弛そう  おもたそう  まずいそう  手広そう  広そう  うまいそう  小さいそう  先ずそう  悔しそう  好もしそう  難くそう  煩わしそう  はれがましそう  騒々しいそう  かいがいしそう  うっとうしそう  手軽そう  まずそう  厚そう  美味いそう  うたがわしそう  良いそう  早いそう  もの悲しそう  汚らわしそう  正しそう  やかましいそう  かよわそう  注意深そう  気疎そう  しおらしそう  汚そう  忌わしそう  恐そう  すそう  厳しいそう  遅いそう  目敏そう  用心深そう  恐いそう  安そう  まったくそう  済まないそう  容易くそう  苦しいそう  面白いぞう  有り難そう  速いぞう  おおきにそう  もっともソウ  手堅そう  激しそう  待遠しそう  細そう  無そう  もの淋しそう  薄暗そう  広いそう  うそ寒そう  よろしそう  乏しいそう  浅そう  おそらくそう  はかなそう  堪えがたそう  明るそう  コワそう  ふてぶてしそう  しつこそう  薄そう  晴がましそう  おいしいそう  鈍いそう  明そう  益々そう  なやましそう  若しそう  わるがしこそう  やっぱりそう  正にそう  ふさわしそう  まるでゾウ  用心深いそう  けむそう  憎にくしそう  大きにそう  はげしそう  目新しそう  いかつそう  いとわしそう  すっぱそう  ええそう  かしこそう  怪そう  疑深そう  気持ちよいそう  もろそう  湿っぽそう  物凄そう  もうぞう  すばらしそう  快そう  いやらしそう  いさましそう  優しいそう  なごりおしそう  待ち遠しそう  少ないそう  人なつかしそう  こいしそう  やり切れなそう  偉いぞう  脆きそう  じっさいそう  小面憎そう  むつまじそう  強いそう  よわよわしそう  きびしそう  いかめしそう  さむそう  がたそう  心もとなそう  しめっぽそう  一般にそう  だいたいそう  精しいそう  強いぞう  はれぼったそう  疎そう  淋しいそう  荒っぽいそう  か弱そう  気恥しそう  下らなそう  したしそう  辛いそう  痒そう  図太そう  たかそう  大いにそう  馴れ馴れしそう  耐えがたそう  おおかたそう  とあるそう  面映ゆそう  物寂しそう  

複合名詞
そう年  幸福そう  武骨そう  健全そう  大事そう  満足そう  不思議そう  呑気そう  自慢そう  丈夫そう  ふしぎそう  すべてそう  結局そう  さそう  単一化そう  じょうぶそう  みんな狡猾そう  大方そう  気楽そう  手もち無沙汰そう  退屈そう  ぞうさ  気の毒そう  アそう  匿そうため  ウンそう  申そうよう  聡明そう  頑丈そう  不審そう  元気そう  立派そう  得意そう  残念そう  不機嫌そう  のんきそう  無心そう  利巧そう  心配そう  憂鬱そう  不安そう  不満そう  そう毎日  千切れそう  深切そう  罅裂そう  蒼蠅そう  引付きそう  かなりそう  無念そう  敏捷そう  だしそう  不平そう  迷惑そう  いたずらそう  傷そう  んぞう  静かそう  窮屈そう  哀れそう  愉快そう  暢気そう  一そう尖鋭化  ハイそう  イイエそう  意地悪そう  怪訝そう  六かしそう  まひそう  心外そう  無骨そう  不服そう  一そう得意  頑強そう  楽そう  平気そう  かぜそうら  大切そう  大儀そう  質朴そう  正直そう  不快そう  笑そう  みんな頑丈そう  以前そう  善良そう  意外そう  當然そう  屈強そう  いくらそう  それぞれ元気そう  悪戯そう  引起そう  不足そう  深刻そう  一そう  気持そう  長閑そう  皮肉そう  健康そう  誘拐そう  射殺そう  けげんそう  仆そう  苦痛そう  利口そう  ぐうたらそう  自由そう  じゃまそう  何かしら不敵そう  階級的そう  らしったそう  滑らかそう  子細そうら  みなそう  みんなそう  一そうそ  ふり怪訝そう  大変悧口そう  不幸そう  甘味そう  れんげそう  悟そう  読返そう  験めそう  そうもの  愚かそう  一そうパラ  格別そう  だめそう  アアそう  不自由そう  一わたり満足そう  憂欝そう  親切そう  平和そう  業慾そう  臆病そう  法文化そう  因業そう  勝気そう  高慢ちきそう  藉そう  芸術化そう  膚薄そう  料理そう  律儀そう  強靭そう  不器用そう  場合そう  皆そう  懶惰そう  てれ臭そう  そうッ  水そう  一そう切実  かしそう  らそう  真実そう  欺そう  大概そう  一そう消耗  一そう気違い  そう感心  ねえさん芸者そう  一そう酒  申そう  みんな窮屈そう  現在そう  一そう三吉  倦そう  云つて得意そう  まりそう  活発そう  神経質そう  一生そう  胡麻化そう  当惑そう  大胆そう  一そう陰森  悧巧そう  好きそう  手荒そう  邪魔そう  責任上当惑そう  満悦そう  今更遁出そうッ  溢出そう  なほ一そう  事実そう  面倒そう  わそう  寝不足そう  ひとり無念そう  病弱そう  敏感そう  隙そう  威嚇そう  重大そう  厳粛そう  愚鈍そう  そう義務  しんぞう  お前さんそう  ナニサナニサそう  一そうまめ  一そう親密  億劫そう  げんそう  有そう  一番呑気そう  まま心配そう  実直そう  地道そう  困惑そう  冷淡そう  気弱そう  上機嫌そう  心残りそう  本来そう  海そうめん  忌そう  暖かそう  怪げんそう  行抜けそう  一そう眼鏡  張そう  頓著そう  内気そう  辛そう  朴訥そう  悧口そう  戦争中そう  六ヶ敷そう  験めそうもの  そう進歩  不愉快そう  ものぐさそう  いやそう  ネーそう  マアそう  めばちそう  そう懇願  五月蠅そう  張千切れそう  サモサモ不愉快そう  クスグッタそう  物案じそう  オヤそう  羞恥そう  安値そう  貴女そう興奮  日常そう  一そう内訌  一言そう宣言  やっかいそう  簡単そう  仕合わせそう  落付きそう  皆引上げそう  憫そう  心持ちそう  みんな不思議そう  皆貧乏そう  険悪そう  勇敢そう  勤勉そう  終日そう  残忍そう  狡猾そう  慳貪そう  そうら  裕福そう  一そう柔  ぞうさん  毎日毎日幾そう  いやいやそう  一生そう浪人  快適そう  貧弱そう  読過そう  仔細そう  閑そう  暖そう  みな弱そう  一そう憎悪  一そう戸  一そう怪訝  気持ちそう  気もちそう  一そう道  忙わしそう  蒼蝿そう  立上りそう  頑固そう  豊年そう  高価そう  時心配そう  そう師弟  一そう用心  一そう彼ら  逃出そう  一そう口  一そうでこぼこ  思い出そう  否そう  そう思い違い  無邪気そう  快活そう  一そう完全  関心そう  素直そう  様そう  蒙昧化そう  冷酷そう  ぞうきん  齎らそう  限りそう  そう批評  程そう  そう断定  詩そう  ひよりそう  建増そう  悧発そう  暇そう  そうよう  フシギそう  一そう妥当  そう恐縮そう  一そう威丈高  そう熱ッ  一そう長平  タノモシそう  一そうバカ  怪まれそう  年がら年中そう  一そう安全  売出そう  万一そう  律義そう  ひとつそう  綺麗そう  矢張あなたそう  屈托そう  んそう  実体そう  想い出そう  邪慳そう  なあにそう  それアそう  娘さんそう  美味そう  親方達者そう  申そう様  駁そう  大抵そう  面羞ゆそう  ばしこそう  ていそう  名前そうざら  剽軽そう  重要そう  籍そう  さいそう  柔和そう  閑静そう  持そう  豪腹そう  一見高そう  傷わしそう  発見そう  機嫌そう  そうさ  男迷惑そう  諸事そう  そう感激  たいがいそう  一そう結構  そう面目  堅ゾウ  一そう文学的  イヤそう  一そう笑いもの  恐縮そう  ほうそう  百そうばい  訂そう  殖そう  突落そう  脆弱そう  一そう普通  一そう土地  マアそうサ  しずかそう  民主化そう  しんぱいそう  胡乱そう  一そう変  清潔そう  半ば気の毒そう  一そう沢山  単純そう  寐そう  大変丈夫そう  なにそう  あはれそう  不健康そう  真面目そう  一そう成人  本来そう肉食  つたそう  強健そう  一そう忍びやか  そう信用  一そう世間  一そう慎重  一そう実験室  気詰りそう  一そう不思議  一そう放縦  一そう猛烈  一そう大胆  一そう仕合わせ  そう也  一そう活溌  片意地そう  心持そう  そう君みたい  旨味そう  当時そう  強情そう  そう感謝  ぞうッ  一そう強烈  まじめそう  陥落そう  一そう引立  皆不思議そう  難儀そう  シボレそう  そう失礼  ナカナカそう平気  度そう  多分そう  そう力  勾引そう  怜悧そう  サモ満足そう  ブツカリそう  一そう社会的  花垣志津馬不安そう  そうふう  物臭そう  生意気そう  一種痛快そう  嫌々そう  ふだん臆病そう  勁そう  物好きそう  そう心配  一そう情熱的  一そう荒廃  踏潰そう  ぞうぞう  閊そう  匿そう  屹度そう  一番丈夫そう  一そう顔  熱心そう  誘出そう  矢張そう  お前さんそう幾日  悔そう  厭そう  怕そう  賑やかそう  廃そう  懈怠そう  時不思議そう  一日不快そう  豊かそう  コサクそうぎがおこりましたよ  皆気の毒そう  冷やかそう  いつかそう  一そう陰慘  しんせつそう  判然そう解釈  一そう金持  RuthJuddそう  頭重そう  引摺りそう  屈託そう  晴そう  待合そう  間違いそう  ふくぞう  はじめそう  便所そう  一人一人そう  ブンカイそう  争そう事  ゾウキン  めそう  お前そう  一番高そう  彈きだそう彈きだ  倦怠そう  困難そう  暫らくそうさし  一そう神秘的  一そう繁昌  おもしそう  上手そう  手持ちぶさたそう  まま当惑そう  無頓着そう  全部そう  米一升渡そうめん  増そう  たいそう  らんそう  上品そう  微笑いも満足そう  神妙そう  それぎりでは済みそう  惓怠そう  大変気楽そう  儀そう  壮健そう  お方そう  一そう父親  欝そう  ましそう  そう歓迎  あとそう  おいサエキそう  ぞうきんがけ  めんどうそう  ふきげんそう  きれいそう  不承不承そう  物惰さそう  温厚そう  両方ともそう  強壮そう  丁度そう  そりゃあそう  一そう困難  今日一そう必要  六そう  修復そう  一番非道そう  羞明そう  鋭利そう  一そう層  懇篤そう  しこそう  言葉足らず窮屈そう  事実そう展開  偶然そう  ゆそう  遠慮そう  剽悍そう  充そう  本懐そう  謝そう  検べたそう  性急そう  ところ無心そう  特別そう  一そう責任  堅牢そう  利発そう  マズそう  今そう  一そう緊張  ハハハハそう自信  身軽そう  篤実そう  まま不審そう  諸君そう  一人ぎめの大そう  貪欲そう  ダンサー各員一そう奮励努力  大そう  トテモ痛そう  大そうグアイ  旨そう  煙害問題みんなそう  そう学  みな不思議そう  一そう甚  獰猛そう  一そう真剣  危険そう  その後元気そう  一大事そう  キットそう  テッキリそう  ノンキそう  款待そう  悧好そう  引戻そう  鷹揚そう  自然そう  大体そう  近代化そう  総てそう  痛快そう  オオそう  気嫌そう  もの臭そう  時そう  馳出そう  煩さそう  ウマそう  冷そう  ジレッタそう  心忙わしそう  重荷そう  饗応そう  初めそう  みな幸福そう  未練そう  たけぞう  いろいろ物そう  ホイそう  うたそう  ムラそう六  細やかそう  いや大そう  懐そう  われそう  いくそう  とつそう  そうめん  可憐そう  らくだそう  朴直そう  不気味そう  ほか迷惑そう  ソウ云  毎月晦日そう  返しそう  厳格そう  器物皆そう  蹈倒そう  みな立派そう  危く落ちそう  窮窟そう  ナカナカそう  貪慾そう  真実怪訝そう  無聊そう  暫らく怪訝そう  いちばん痛そう  えいそう  烈体そう  一そう可憐  捉まりそう  一そう彼  気がかりそう  ナーニそう  姉上そう  そうだそう  美くしそう  一そうかすか  敏活そう  大体みんなそう  キレイそう  彼自身そう  ことそう  一そう青青  そう筆  鈍重そう  一そう深刻  一そう狂舞  鋭敏そう  そう努力勉強家  そう貧乏  そう困却  浮気そう  そう酩酊  そう乗馬  そう間  そう学問  そう覚悟  大そう捜査  一そう間  一そう心  生れつき大そう間  アぞう  一そうワケ  一そう泥だらけ  一そう誰か  そう違い  アブレそう  そう学問好き  河内山そうしゅん  怨み申そう様  新年そうそう  そう勉強  極りそう  兇悪そう  一そう地上  一そう木蔭  一そう誠意  みな退屈そう  マサカそう云  ょとつかせたり臆病そう  まま不安そう  剛腹そう  ぞうろう首  貞淑そう  結果そう  一そう大事  いとこそう  複雑そう  脾弱そう  植民地化そう  嗾そう  扮そう  好色そう  夕押出そう  十数そう  分別そう  俊敏そう  大小幾十そう  一そう伊吹  ケゲンそう  しまつたそう  傲慢そう  隱そう  ヘヘそう  四五そう  來そう  事實そう  つて來そう  ツクヅクそう思つたの  つてそう  毒そう  胡散そう  数十そう  一そう外部  五そう  幾そう  七そう  幾十そう  一そう疑い  舟三ぞう  三ぞう  内々大そう  賞めそう  一そう電燈  霜そう  北そう  物臭さそう  アラそう  そう世話  一そうぺしゃんと腰  めッそう  一そうわけ  一そう女  小心そう  表面豪放そう  いくつそう  皮相化そう  明快そう  一番気楽そう  腕白そう  二そう  一そう孤愁  小舟一そう渚  むしろ一そう厳  十そう前後  九そう  一そうそれ  ひとつ一そう  そうだい  そうそう  待遇そう  そう極端  一そう道誉  秘密そう  十両ゴマ化そう  ネエ旦那そう  胡乱臭そう  繊弱そう  なに幸福そう  有難迷惑そう  復活そう復活  おもしらそう  そうらこんど  そうらそうら  アハヽヽヽヽヽそう  一そう腹  兵船五百そう  大小数百そう  うち二百余そう  兵船三百そう  兵船二百余そう  頑健そう  一そう興奮  そう感服  一冬中そう  エエそう  ジョバンニさんそう  一そう勢  ちゃんそう  駄目そう  一そう勢ひよくそつ  無愛想そう  一ぱいさそう  一番立派そう  大小四百余そう  数百そう  頓着そう  大そう風味  一そう肩肘  いま一そう  そう後悔  安まりそう  無気味そう  孱弱そう  幸せそう  敵数千ぞう  数千ぞう  涜そう  ゲンゾウ  一そう船  一そう酔客  露顕そう  隠蔽そう  ヘーそう  難渋そう  不断そう言ッ  ネそう  ハハアそう  業山そう  噺そう  シカシそう  剣呑そう  シカシそう為よう  フウそう  霽そう  縊殺そう  そうゆえ  のどかそう  一そう霧  大船五十二そう  まんぞくそう  びのところが窮屈そう  纒まりそう  献そう  そう繁昌  かしこそう  不景気そう  陰気そう  越そう  一克そう  面羞そう  口そう  素朴そう  掻廻そう  陰険そう  逆そう  陽気そう  イイヤそう  よう大切そう  ほんそう  行きちがいそう  アハハハそう  一枚大切そう  オヤオヤそう  組みそう  念仏そう  かいていそう  危そう  引放そう  正そう  照そう  茨城県一部コウゾウ  大分県コウゾウ  そう富  哲学者科学者皆そう  傷けたそう  有害そう  具体化そう  危くつき当りそう  住そう  懲そう  劫そう  あたりそう  横着そう  辛らそう  烈度そう  力弱そう  一そう立派  気嫌悪そう  安楽そう  ろそう桑  権九そう  どっこいどっこいそう  さようそう  暴露そう  両者そう区別  哺めそう  悒鬱そう  そう夜ふかし  気さくそう  ソリャそう  皆いたずらそう  安泰そう  一そう華やか  活そう  ホホホホそう  積りそう  手もちぶさたそう  遁げたそう  突殺そう  みずからそう  一そう胸  八そう  生まれつき大そう  助平そう  貴公そう  鳥渡不安そう  謹厳そう  ノメリそう  沙汰そう  そうくら  恋ぞうら山  満腹そう  とらそう  なおのことそう  会心そう  こいつ臭そう  松の内そうそう  ぞう親分  お正月そうそう  正月そうそう  寺帳そうそう  そうろう  そうろう節  そうろうと  不敵そう  みんなけげんそう  全てそう  一そうヤケ  一そう親近感  頽そう  達者そう  薄弱そう  異教徒諸氏そう  微笑そう  斃そう  胡魔化そう  一日そう  不徳そう  虚弱そう  そりゃそう  一そう目  刺そう  可さそう  手柄そう  飛越そう  通例そう  ナアそう  そう親近感  人懐そう  通りそう  病気そう  つるめそう  さくらそう  おいらんそう  うちそう  そうときまつ  そうかたち  そう思  船一そう  磊落そう  私そう  一見激烈そう  一見堅実そう  摩そう  誠実そう  剛そう  ぞうー  ぞうたて  完全そう  安心そう  幾そう倍  着実そう  向う熱そう  ぞうちやう  むとんじゃくそう  一同怪訝そう  遁そう  そう水  みごとそう  温良そう  平凡そう  アアそうそう  落着きそう  ソウ云ッテクレロト云ウタラ  ソウ云ッテハ  貫そう  乱暴そう  横柄そう  高慢そう  浴そう  甘美そう  閑散そう  ーそう  書そう  ナニそう  好人物そう  愁そう  再現さそう  挫げそう  笑止そう  嘔吐そう  存外そう  つて一そう  終世そう  二百両とらそう  弥竪そう  じまんそう  かんぞう  焦燥そう  皆愉快そう  一そう厚み  一そう加重  ため一そう事  刎返そう刎返  凡てそう  軽薄そう  ウルサそう  お前等呑気そう  そうなほげた  売出しそう  一そう元気  ことしそう  合理化そう  恒久化そう  疱そう  万事そう  あらたかそう  つまらそう  十そう倍ぐらゐの光  必定そう  霽らそう  一勘弁付きそう  共そう  曝らそう  わしそう  貧乏そう  勝そう  ウサン臭そう  そう計画的  そう道  癇癖そう  そりゃあマアそう  暮れそう  真剣そう  安らかそう  サそう  一そう凄み  一そう君枝  押出そう  そうやかたくり  気丈夫そう  鬱そう  それゆえそう  みんなふしぎそう  兄さまそう心配  朗らかそう  そう部  気毒そう  きゅうくつそう  庭そう  是非廃そう  そうなか  一そう窒息  争そうこと  蹈外そう  精悍そう  そう彫刻的  吹上げそう  大分積りそう  射出そう  感応ましまそう  毎日退屈そう  一そう肝胆相  逃出そう逃出  自分一人得意そう  しょそう  フトそう  そう結論  ヒョックリそうこ  よけいそう  そう未練  懸念そう  おとといそう  みな不審そう  我儘そう  心地そう  ×××××××××××××そう  気兼そう  高貴そう  流石そう  不便そう  陰鬱そう  大変愉快そう  遅鈍そう  くせ健康そう  昨夜そう  いじわるそう  一日中そう  委そう  聘そう  終そう  皆幸福そう  確かそう  一そう筋  一そう此  一そう敏感  モウ一度そう  試めそう  住いそう  お金持そう  富有そう  割合楽そう  ハハそう  先生はじめみんなそう  健かそう  みんな心配そう  ウームそう  何とか大そう自分  気質そう  滅そう  カッタルそう  何かしら憂鬱そう  そう物珍  一そう神秘  一そう触感  一そう直接  しったそう  ゆううつそう  無理そう  行そう  橇諸共ブチマケラレそう  フムそう  ごま化そう  エラそう  元来そう  病身そう  腰弱そう  ダラケそう  アヽそう  一そうそう  くにたちそう  もとそう  医そう  愁わしそう  一そう億劫  仕合せそう  わいそう  せい公そう  火焔ソウ  浮そう  皆元気そう  目つぶしそう  華やかそう  フームそう  太郎ちゃん悧巧そう  形象化そう  一そう切口上  一そう確め  一そう首  一そう虐待  万人そう  一そういらいら  一そう遠く  一そう真下  一そう大声  一そう生き甲斐  恋人そう  不愍そう  一そう驚愕  一番幸福そう  老人そう  ヘイそう  一そう印象  ソウ仲ノヨイオ友達ダツタノデスケレド  伍そう  そう苦心  一そう無念  挫がれそう  受出そう  当時そう解釈  字義通りそう  論理上そう  精密そう  突込みそう  彼那強そう  ところ健康そう  あいだ心配そう  謙虚そう  ところ善良そう  ぐにまたすっかりもぐってしまおうと不安そう  りっぱそう  気違ひだぞう  闊達そう  天気そう  アラそうかしら  大変元気そう  こむら返りそう  豪魁そう  辛辣そう  イヨイヨ不愉快そう  一そう呆  一そうおし  一そう園子  とうさん臭そう  そうぢ  綿密そう  老実そう  真実不思議そう  一そう恥  はんぶんめいわくそう  薄情そう  多くそう  一そう空気  あたしゾウ  悧溌そう  一時そう  しんぞうさん  一そう憂うつ  遁げそう  ブッコワそう  剛気そう  勿体そう  鬼ぞう  耕そう  口重そう  自らそう  大丈夫そう  廻転さそう  大体そう型  オカワイそう  それそう  卑屈そう  感慨無量そう  みな気の毒そう  豪そう  薄倖そう  頃そう  安全そう  テレ臭そう  そうどころ  マァそう  一番安全そう  爽やかそう  不可能そう  そそう  おく病そう  めいわくそう  ウロン臭そう  必要上そう  一そうグズ  一寸そう  一そう明確  上そう  有利そう  永生きしそう  真実心配そう  一そう派手  髭そうろう  フンそう  十そう倍  大変平和そう  一そう可哀想  孤独そう  物静かそう  無器用そう  沈鬱そう  こまめそう  ぞうげ色  みんな健康そう  フフンそう  鳥渡不服そう  大そう感動ゲキレイ  温和そう  ドッコイそう  かって一そう立派  一そう便利  一そう悲劇的  こと重大そう  供そう  そうわけ  惰そう  狡滑そう  不精そう  よみ難そう  ところ達者そう  どっか心配そう  一そうどぎまぎ  一そう丹念  



前後の言葉をピックアップ
総まくり    そう  宗光  総決算      宗甫  宗直  宗厳


動詞をランダムでピックアップ
戦い聞こえれみかねるころば利く妨げん取仕切っほじくれくわわり吹っ切れそっくり返っ招ぜよ言い逃れるまくしあげる脅かし苦みばしり取り計らえ差引か扱け釣り出し
形容詞をランダムでピックアップ
磯臭いやすっぽく恥ずかしくるしく木ぶかい耳遠く色濃い蒸し暑かっいたわし拙い恐ろしゅう可愛くみにくき細長き薄汚い弱けれ懐かしいみめよき堪えがたかっ