「そいつ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

そいつ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
そいつを狙つて撃つ  そいつは云われないが  そいつがうまくできると  そいつは宜かろう  そいつを持って  そいつを信じたい  そいつはいけねえ  そいつはいけね  そいつがリイドして唄う  そいつは判らん  そいつは僕の眼前に見える  そいつが私から逃れて  そいつを放して  そいつを考えていた  そいつは全くあきれた  そいつはよわったなァ  そいつはまだわかっていない  そいつが今後どんなふうに爆発するか  そいつはいかん  そいつも斬られた  そいつをまっ先に参観しようじゃないか  そいつは心得た  そいつは何うも  そいつは勿論教えてやる  そいつを空へ投げる  そいつが思いきり泣く  そいつをどうにかこうにか間に合わせで使っているとの  そいつをはじめからたしかめとくとよ  そいつは無理だと思うが  そいつは横つ面ぶん撲る  そいつはいいことを聞いた  そいつは気がつかなかった  そいつを捕獲する  そいつを叩きおとさないで逃したなんて  そいつは困ったな  そいつは困った  そいつを見せてくれ  そいつを引っ込ませると  そいつが聞きたい  そいつにまかせましょう  そいつを俺はしっかりと掴まなければ  そいつはひとまず問題ないと仮定して  そいつが千両したって買える  そいつを新しい叺につめかえて  そいつを滑かに使つて來た根氣には驚く  そいつを是非あんたに聽いて  そいつはどうもとんだ  そいつは困ります  そいつの中の鉱物がかやかや物を云ってる  そいつを傭っている  そいつは弱ったな  そいつを御話してしまう  そいつが又じきに駄目になる  そいつを蹴  そいつを起したらしい  そいつは一箱いくつ這入  そいつは一箱いくつ這入っていますか  そいつを考えている  そいつが気になって  そいつを逃がした  そいつはご勘弁願います  そいつあいい所へお気がつきました  そいつにすっかり欺されてしまって  そいつは気がつかなかつたな  そいつを口んなかでくりかえしながら  そいつが例の角苅りの  そいつがまだ其處にぢいつと立つてゐる  そいつを可なり丹念に調べては  そいつの廻し者かなんぞのやうに思ひ込んだ  そいつは教師の言う  そいつに気がある  そいつの尾行を書くっていう  そいつからきいた  そいつは頼母しいや  そいつばッかりゃ  そいつをおこす  そいつは一人の人間を救ふ  そいつを忘れちゃすまねえからな  そいつをつかんで  そいつはよく分りませんがね  そいつを両手に持つて  そいつは知りませんでした  そいつを代る代るこめた  そいつを川村の名で本にして出さうと思ひましたが  そいつはよせ  そいつをぶつ  そいつを潰ぶして  そいつができんの  そいつを片附けて来た  そいつがやけにギュウギュウ鳴りましてな  そいつを宝物のやうに大事に油紙に包んで  そいつを押へてしまふ  そいつを持って入って行く  そいつでも売らせてや  そいつがむやみにいて  そいつを書き上げる迄は  そいつもあるね  そいつに弱ってる  そいつを取っ捕まえなくちゃ  そいつは少し因業すぎるだろう  そいつあどうだか分らないが  そいつは気がつかなかったが  そいつをからくりして  そいつあどうも弱りましたな  そいつはまだ聞きませんでしたが  そいつばかりは誰にも判らなかった  そいつは何処に隠してある  そいつさえ当たりがつけば  そいつが夜叉になって  そいつを睨みつけて  そいつの口さきに指をもって行くと  そいつを警察に言いつけた  そいつをさらって  そいつを抱かせて  そいつは解らない  そいつを私に明かしておくれ  そいつを明かしておくれ  そいつを押すと  そいつを君にソワ付かれちゃ  そいつへ飛び込んだ  そいつをこの俺も林の中で見つけよう  そいつには彼が茶色の包について警戒してやったではないか  そいつを止めないという  そいつがこの土地へ逃げ込んだらしい  そいつが解らない  そいつを一つさえ手に入れたら  そいつを嗅がした  そいつを風船へ仕込み  そいつで構わず云い続けた  そいつを止めた  そいつを頬へ浮かべたが  そいつはいけますまいよ  そいつがいけない  そいつにぶつかりたい  そいつは失敗したが  そいつはよくあるまい  そいつをこっちへ奪いたい  そいつは世の中がこんなふうになったので  そいつを利用した  そいつは弱ったなあ  そいつは驚いた  そいつは一ト月のうちに俺が拵へるよ  そいつを返し  そいつが俺達の合宿所になるといふ  そいつを渋々出してると思ふかね  そいつに浪が打ちつけ  そいつはわかってる  そいつは宣教師の務めとしてしているまでじゃねえか  そいつをしっかりやってって見ようと言う  そいつでパンを買って  そいつはどうも失礼いたしました  そいつでなしに  そいつは云うな  そいつを縫う  そいつが仙人の屋敷を目掛け  そいつをおさへられたら  そいつは知らんが  そいつを見に行くかといふ  そいつを造らせる  そいつの泊った  そいつかもしれない  そいつを押さえろ  そいつがうまく行ったら  そいつを朋輩の松井ヨネが介抱して  そいつが四尺近くもあろうかと思われる  そいつが来て  そいつがわかるまでは  そいつはドウモ当てにならんよ  そいつが又驚くべき  そいつが負傷した  そいつは失敬した  そいつを僕が突止める  そいつは捨ておけ  そいつは相当な男だとみえる  そいつが支那人の身体に当り  そいつは困  そいつあお前の生涯中取返しがつかねえ  そいつの近くへやる  そいつも同じこったなあ  そいつあ心配するにゃ  そいつもまるっきり知らねえんで  そいつあ君の口先まで出ているさ  そいつを僕の生活の中へ引受けてあげますよ  そいつを一度も見た  そいつの頭は仰  そいつはアップルにとってもどうにも怖すぎる  そいつに正面から向き合う  そいつのどこが気にいらん  そいつが困り  そいつの匂をかいで  そいつをぐっと呑んじまった  そいつを呑み込んじまう  そいつをつづけている  そいつをおはずしな  そいつの頭になげつけた  そいつが一番たのしかろうとおもえた  そいつの陰鬱なしやべるが泥土を掘るではないか  そいつが脱落してゐない  そいつを落としてしまった  そいつを大きくする  そいつを全部聞きたい  そいつを拷問にかけろ  そいつを窓から抛り込んで  そいつを無造作に掴んで  そいつを見て  そいつがどこからか伸びて来て  そいつを萌黄の風呂敷包にして  そいつを肩へ載っけて  そいつがこの星明りに浮かれ出して  そいつが来たら追っぱらっておくれよ  ソイツを棚の中から引っこ抜いて  ソイツを作り出した  そいつをあの学生さんがホジクリ出して  そいつは弱ったね  そいつはもう数万年も飼ってある  そいつに気がつかなかった  そいつの仕業だということがわかった  そいつを何気なく鍋の中に拾いこんだという  そいつが金座の子供の烏凧をぜんぶ作ってやっている  そいつを書いてみたいという  そいつを横あいから掻ッ攫った  そいつがたおれた  そいつだろうということにきまりかけている  そいつを半年たらずで見  そいつは頭をくりくりの芥子坊主にしてね  そいつは僕は途中に居て  そいつのうしろに立っていて  そいつをどう防げば  そいつをこうして探しているんで  そいつは間違いなく今晩やって来る  そいつが水に濡れて  そいつを漢字になおすと  そいつをひとつ聞いてもらわねば  そいつはいけねえな  そいつを全部使途不明にしてしまい  そいつを知っていりゃ  そいつは暫らく預かっておくとして  そいつは鯨を描いた  そいつを手ぐってみたらなにかの引っかかりがつくかも知れん  そいつを捜してる  そいつが殺した  そいつがやって来たという  そいつにものを言わせる  そいつが娘をさそいだす  そいつを捕える  そいつを身代りに寝台の下に置いた  そいつあ困ったね  そいつあ知らなかった  そいつは有難てえ  そいつが又執念深く追つかけて  そいつは有八の言ひ  そいつは俺にも解り  そいつは早合點過ぎるぜ  そいつも手を廻して調べあげたが  そいつを聽かう  そいつは後で調べる  そいつはマチンを食はされたに  そいつは皆んな寅五郎のせゐだからな  そいつが當てにならない  そいつは何んとかしようよ  そいつはとても言われない  そいつはつかまらん  そいつは青山のお侍でせう  そいつは儲けもんだ  そいつあ困るな  そいつあ困ったな  そいつへ注意を外らそうという  そいつをやりながら  そいつを筆記して引き退って行く  そいつをそばへかき寄せて  そいつがすぐ来てくれと言う  そいつをあっしは見ていたんで  そいつを調べに来た  そいつの衣裳をひん剥いて  そいつの一味に追われた  そいつを私にお訊きなさるので  そいつが総体に移っているので  そいつをほかの室へ連れだした  そいつはわからない  そいつを知っておられると  そいつは誰だったか覚えていないが  そいつは大だすかりだぞ  そいつあ気がつかなかったい  そいつはいくらでも金を吸い取るからな  そいつがあまりに斬れなかった  そいつが食って行くだけ  そいつを機に消えようと思った  そいつあ皆火事場の方へ寄せる  そいつはただ一言お夏さんに頼まれたから起った  そいつを僕はすつかり忘れてゐた  そいつをコツンと炉框にたたきつけてから  そいつを旅費としよう  そいつを殺してでもやりたい  そいつに寄せつけない  そいつは全く平気の平ざでせせら笑っている  そいつは誰一人として相手にならない  そいつの人相を言う  そいつは鍵を持っていました  そいつはひどく体を折り曲げておりましたので  そいつと別れたくないばかりに  そいつが言う  そいつと喧嘩する  そいつは気がつかなかつた  そいつの血をうけてる  そいつを浅の前で云えれば  そいつを頼りにしている  そいつを今俺達は毎日やられてる  そいつをすつかり  そいつはよく聞く  そいつは堪らんな  そいつの顔をとるまでは  そいつを一枚とれば  そいつが大きくなって  そいつにも弱つてゐる  そいつを呑んで  そいつが一寸胴忘れをして思い出せないという  そいつが流れこむという  そいつは何うも謝るの  そいつを旦那の手柄にさせて  そいつの子を産みやが  そいつと二人きりで侘びしく  そいつは不安だ屁ひった  そいつが派手な浴衣に赤褌のまんまボンヤリ甲板から降りて来やして  そいつを一方のチイチイって娘が感付いて  そいつに気が付くと  そいつがドウヤラ新聞に出た  ソイツを訳のわからねえ  そいつを機密局の地下室で聞かせてもらった  そいつを知らない  ソイツを利用して  そいつも然し行つてし  そいつへ付け込んだ  そいつを届けに判検事席へ上った  そいつを連れて  そいつがいけないとなれ  そいつの頸動脈を剃刀ではねっちまいやがった  そいつはいい  そいつをいつも自分の身辺へ引きつけておく  そいつを身近に引きつけて  そいつをひんまくって見ると  そいつをヌケヌケとホテルから出してやる  そいつは気が付きませんナ  そいつはまずほとんどありえない  そいつを発射した  そいつを取り返して帰った  そいつあ礼を失するだろうからな  そいつをそっと蹴って  そいつを究明しようと思う  そいつを両腕でうけとめたが  そいつは何処にある  そいつはこう考えては  そいつを出しとくれ  そいつは質札を拾ってきやがった  そいつが手を変え  そいつを見ると  そいつの横面を一つうんと殴りとばして  そいつが嘔吐したに  そいつを聞いて  そいつがこの頃は御覧なせ  そいつは使はない方が好いかも知れないよ  そいつを毎日とり換える  そいつが胸の上できつ  そいつがどうしても出て  そいつは十週間位の豫定でやつて來てゐた  そいつはクリストフ・デトレェヴ・ブリッゲが嘗つて其處を支配してゐた  そいつをすぐに見つけなきゃならない  そいつにつかまったが  そいつを鞍に挟んでおいて  そいつを掘り出して  そいつは空からフワリフワリと下りて来て  そいつを驚かして  そいつに十二といふ数を知らせました  そいつを見て呉れと言う  そいつあいけねえ  そいつを消そうとする  そいつは頼母し  そいつを外で売って  そいつが詰り  そいつにありついたって  そいつを調べたに  そいつを押しても見たけれど  そいつを使ったかもしれねえ  そいつを蘭医にでも頼んで  そいつを知っていた  そいつにお前さんが引っかかった  そいつを早速取り入れ  そいつをどこに行くにも見せなけりゃならねえし  そいつあ困る  そいつをこさへるに  そいつの武器をお使いなされ  そいつを退治てやる  そいつを僕に教えておくれ  そいつはまだ解らぬ  そいつを見た  そいつはこれから探す  そいつがどうした  そいつの悪口が絶えず話題にのぼった  そいつから顔を背けようとは思わない  そいつは姿のない姿を潜めているに  そいつあいけねえ  そいつを売つて  そいつがどうしても金を返さず  そいつが酔っ払って  そいつをしゃあしゃあと物識顔にやり出したので  そいつはかあい  そいつが何うも  そいつが品物を出して  そいつが俺に随いて来て  そいつを飲みながら話そう  そいつはいけない  そいつがやり始めた  そいつも十七八の娘の肉がうまいというで  そいつが私に飛びつくや  そいつを見つける  そいつは発表ならん  そいつは見あきてゐる  そいつを破つて  そいつを投げ棄てる  そいつは当にはならない  そいつと絶交するであろう  そいつもゆっくりとなるし  そいつも早くなる  そいつが車に乗っかるからだ  そいつの化けた  そいつをまだ知らんとは驚いたね  そいつは覘いて行かなかつた  そいつは豪いことになった  そいつは困つたなあ  そいつあしかし解らねえ  そいつは弱りましたね  そいつが三万円の懸賞を見て  そいつはわからねえ  そいつが何と云った  そいつの横っ面を平手打した  そいつを手の中へ呼び返してしまう  そいつを藪のそとからぶっ放す  そいつを突き通す  そいつがいま壊れて  そいつをひったくって  そいつが木の枝の繁った  そいつも殺されておりますぞ  そいつを手に入れる  そいつを逃がすな  ソイツの名前を思い出すまで  そいつが困る  そいつはもうすっかり出してあります  そいつはうまく氷の上にひっかかった  そいつをがーんとなげつけて  そいつが大きく伸び上って  そいつをつかまえようとして  そいつは出来した  そいつにいきなりお目にかかる  そいつあ知らな  そいつあ牢人が集まって  そいつを掴まえて  そいつをよさせる  そいつを管理する  そいつを生み出した  そいつを恩に着せようと思って  そいつをかき集めて  そいつを貸したり  そいつを聞かれると  そいつがある  そいつをとおして  そいつは何処までも注意しなきゃいけません  そいつを怪しいことはないかどうかと一応疑ってみる  そいつがうらめしそうにあたしのほうを見ながら  そいつにやられると  そいつはあきらめずにいつまでも呼んでいる  そいつを叩きつけた  そいつが癪にさわった  そいつに話して置くから  そいつを元通りに返すとすると  そいつあ如才のねえこった  そいつを集めてくる  そいつは珍しい物を貰ったネ  そいつを誇る  そいつを私は破壊したいと思う  そいつは難有い  そいつを父へ浴せ掛けた  そいつで切って棄てた  そいつはどうも何ともいえないネ  そいつは同じ右足の甲の上にある  そいつを早く調べなきゃならない  そいつの部屋へ案内し  そいつを調べな  そいつを小作に出して  そいつは借金で持つてゐる  そいつを春先きの陽がカーツと照して  そいつは約束が違ふ  そいつをつかまえておくれ  そいつは私達の着く  そいつを呼び出す  そいつが考へ出してから  そいつの頭を輕く  そいつに誰も気がつかなかった  そいつに危く真正面からぶつかろうとしたので  そいつはどこにいる  そいつは丁度い  そいつはどうぞ親と御相談なすつて下さいまし  そいつはおそらく君に職を失わせ  そいつが一人娘のお熊の綺倆を見て  そいつを左手に持ちながら立ち上って  そいつが友吉親子の顔を見知っていたので  そいつを捕まえて  そいつを抓み取ろうとしても  そいつを非常な機智と胆才でもって  そいつを夜中に眼を醒ました  ソイツが立消えになった  そいつは聞き  そいつであの臺所の窓からはいつたら  そいつは金貸し兼仲買人のやがて七十になる  そいつはそこの石段のところに立ち止まつて  そいつで血をぬぐつた  そいつはわるくありませんよ  そいつは気に入った  そいつをいけどれ  そいつのし  そいつの仏訳をまとめ上げた  そいつを彼に朗読させた  そいつにいろいろなものの影像がひとりでに引っかかって来る  そいつにさわって  そいつを焼いてしまう  そいつを捜しに行っても  そいつを箱にいっぱい飼っていて  そいつに身を破る  そいつを拾われちまった  そいつが聞き  そいつは存じませんが  そいつで包む  そいつが人間のやうに物をいふ  そいつがおれには知りたい  そいつを取つつ  そいつで毆されると堪らなく  そいつも今は往生している  そいつが眼を醒まさない  そいつも今は往生してゐる  そいつが崩れたばかりの  そいつが実に黙って  そいつあいけねえぜ  そいつは水すましのやうに逃げてしまふ  そいつの事を忘れたいと  そいつをひとつおどかしてみて  そいつを引括れ  そいつが盗んで  そいつがまた俺には忘れられねえ  そいつを追払って逃げた  そいつはいいところへ気がついた  そいつはよそう  そいつをいちいち追っかけていたでは  そいつが三人になった  そいつが駕籠の傍へ寄って来たら  そいつを切りとって  そいつを取ってやろう  そいつがどうもひつきりなしにパチパチと動いてゐやあがる  そいつが殺られた  そいつは悪いことをした  そいつを視野のなかに押しこめ  そいつが来ると  そいつに見舞われると  そいつに身を任かせるより  そいつに訊いてくれ  そいつを自由にできる  そいつの鼻面をつかまえる  そいつはわからん  そいつは怒りの叫び声をあげて  そいつはフグの毒だろうと噂がたった  そいつが世間に容れられる  そいつを聞かせて  そいつは分らないが  そいつへ金を入れて  そいつあ分っているよ  そいつは分りませんや  そいつはかなり気の利いた  そいつが墨のにじんだ  そいつに乗つてゐないか  そいつをすぐに切り貼りする  そいつは今のところ何とも判らんでせうな  そいつは青黒い美しい背をたえ  そいつはいきなり激しい力をもつて  そいつを射つ  そいつをこのたくらみの  そいつは明日の晩まで待って呉れ給え  そいつでなくなられた  そいつは了見違えな  そいつは八卦見にでも聞くが  そいつは飛んだ  そいつが変な身じろぎ  そいつを持って逃げられた  そいつはできねえ  そいつを斬れ  そいつは困りましたな  そいつは俺らが行こう  そいつを独りで担いで来たといふ  そいつをぶち毀しにか  そいつはゆつくりでい  そいつは続くだらうと思ひます  そいつがさう  そいつはこつ  そいつは十分調べて見る  そいつはある  そいつが時間中に小林先生に娘さんの御病気は何ですかと大きな声で聞きましてね  そいつの仕業だろうと思っている  そいつを踏み潰してやろう  そいつはいけないと云って呉れ給え  そいつを突いて  そいつは平にご遠慮する  そいつは脱がなくちゃいけない  そいつをひとつ取り出して来て  そいつをひとつ片づけてくれまいか  そいつあ分らないが  そいつを逆に利用する  そいつが一二度つれて  そいつはハッキリしていら  そいつを待ち望んでいる  そいつをあんたがムキにな  そいつを惡くは言えない  そいつを私が處置してあげた  そいつた映  そいつを本庄鬼六さまから名越殿にとどけ  そいつあ飛んだ  そいつを伯爵夫人の可愛がり  そいつは申しあげられませんよ  そいつがどうなる  そいつを嫌って行くなんて  そいつはおれには解らない  そいつあどうもいけませんなあ  そいつが冷え切った  そいつは申されませんなあ  そいつが謡って  そいつをふんだくろうとして  そいつは見つかり  そいつは知らなかった  そいつが切り  そいつを調べて来て貰いたい  そいつが江戸から消えたとあっては  そいつはどうもいわれねえ  そいつあどうともいわれねえ  そいつあ安心しねえ  そいつだけは出来かねますなあ  そいつをヒョイと首っ玉へ結び  そいつが崩れていなかった  そいつをうまうま翻弄した  そいつを見せつけられた  そいつがあればこそ  そいつのからだを大きく宙に一廻転させ  そいつのごまかしと家畜のいかさまとを見いだそうとしている  そいつがふんだんにある  そいつはゐないだらうなと  そいつの二つの眼がぢつと自分を追つてゐる  そいつだけが自分を見破つてゐる  そいつの横顏は何となく自分に惡意を持つてゐる  そいつの手がいつかジジの手を握らうとしてゐる  そいつのそばから離れた  そいつはお考へちがひです  そいつを眼八分に持って  そいつが沢山つくってある  そいつを縊り殺したからさ  そいつは困る  そいつが妙にこんぐらかって  そいつは知ってるが  そいつが親分の情婦にした  そいつを愚図愚図している  そいつが何か悪い事でもしたかの  そいつが心臓の出口の大動脈の附根に引っかかると  そいつがだんだん大きくなって  そいつはなんのざまだどういふ  そいつはおきのどくでした  そいつのはうはは  そいつが醒めて  そいつの助手はごめんだよもちろんたのみはしないといふ  そいつがかはってくる  そいつだけを尊敬していた  そいつが私に手離させた  そいつにやられた  そいつをご覧になった  そいつが地べたへつくかつかない  そいつは是非拝借しましょう  そいつに肉を喰われるだけだ  そいつから先に教えておく  そいつをたたき出してやるぞ  そいつを俺あすっかり捕えたい  そいつは好く  そいつが事件後丸一年目に或る芸妓のヒドイ近眼のお蔭で的確に足が付いた  そいつにどんな物を書くか書かせて見ようという  そいつあいけない  そいつを張り倒して  そいつの襟首をひっつかんだ  そいつは解りません  そいつをしなかった  そいつをあいつが取っちゃった  そいつを俺に預けやがった  そいつにふかふかと包まれている  そいつが移っては  そいつを請求出来る  そいつは打捨って置けねえな  そいつに逢った  そいつは今朝早くから山の手の方に商売に出た  そいつの帰る  そいつあいけねえな  そいつの居どこを突き留めてくれ  そいつが店にある  そいつは左足を挫いている  そいつを取っ  そいつの槍の柄をちょいと掴んだが  そいつを調べてくれ  そいつは判りませんね  そいつが啖い殺された  そいつを白状すれば  そいつはまあいずれ後のことにしましょう  そいつは飛行機のとびだす  そいつは耳で聞きわける  そいつは絶対に許す  そいつが京都の公家の娘だと云っている  そいつの居どこを突きとめて来てくれ  そいつが利いたと見えて待っている  そいつを地獄耳の中に細大洩らさず  そいつをオデコの中央に貼り付けて  そいつを抵抗出来ぬ  そいつを私が糶  そいつが寝ている  ソイツの寺じゃないか知らんと気が付きました  そいつがだんだんに身状が悪くなって  そいつから惣八にたのんで  そいつの売り込んだ  そいつはなかなか素捷い  そいつにも誰か友達があるだろう  そいつは博奕でも打つ  そいつは今も云う  そいつは二人連れで来た  そいつは打っちゃっては置かれねえ  そいつが下手人として挙げられた  そいつが冗談半分に庄五郎の声色を使って  そいつの話によると  そいつは刃物を振りまわして  そいつも伊太郎に抱き込まれた  そいつを裏がへした  そいつが逆にサギの手段にされち  そいつは高輪の北町で草履屋をしている  そいつは矢口の新田神社の近所にいる  そいつの尻馬に乗って  そいつに心あたりがあるなら  そいつに生け捕られてしまった  そいつはびっくりした  そいつが三河屋から出て来たから  そいつを負かして  そいつは許さぬ  そいつはどの花にもなかなか止まり  そいつを逃がしてしまうと  そいつの居どころもわからねえ  そいつの手に負えない  そいつがどんなに荒れ狂っている  そいつは何とか早く埓を明けてやらなけり  そいつの弁当を叩き落とした  そいつは何か小博奕なんぞを打つ  そいつは打殺した  そいつは可い  そいつが癪に障ったから  そいつを狙って  そいつは力が強くて自由にならない  そいつに意趣返しをした  そいつに召集令状が来て  そいつへ持って行って  そいつを手に入れようと  そいつはいけません  そいつを数知れずこしらえて  そいつが権現様の手に入ってから  そいつがわからない  そいつを調べてみようと思っていた  そいつを取っつかまえろ  そいつを目八分に捧げて  そいつとツルんでだいぶんひっかぶったらしいんでさ  そいつにきくと  そいつだけは助かった  そいつをおさえつけて  そいつをとっちめてやる  そいつが見つけて  そいつは最近おやじの遺産を相続して  そいつが久我さんを訪ねてきたら  そいつを略奪してやる  そいつを引っかけて  そいつが出来あがった  そいつの釦をひとつむしりとる  そいつにまかせ  そいつをきいてくれてたら  そいつが去年の暮突然出て来ましてね  そいつはいかんな  そいつが転げ落ち  そいつのために中毒して  そいつはお困りで  そいつを目がけて飛びついて行きました  そいつはわたし達にも判らないが  そいつはぐるぐるとうごめいていたが  そいつあ聞きませんでしたぜ  そいつを選手外のマネージャー格に仮装して  そいつを亜細亜艦隊でもって  そいつは言いっこなしにしましょう  そいつに楯突いた  そいつはちょうど宜い  そいつはたべられないや  そいつは出来ない  そいつは今少したってみないと  そいつをひとつお前をつれて  そいつの仕返しを怖れていたに  そいつを原っぱの真中へ立たせて置いて  そいつは勘弁してくれ  そいつを新聞に書く  そいつは新聞に出せないかい  そいつを担いで突っ走るが  そいつを服して  そいつを叩き売ってやろうという  そいつあ闇雲わからねえが  そいつあ甚右衛門に訊いてくんねえ  そいつあ済まねえのう  そいつもご同様改めて聞くにも当たります  そいつが重いと来ている  そいつあ今も云った  そいつで俺らも落胆した  そいつを探る  そいつあどうも困りましたねえ  そいつを嗅ぐと  そいつがにげ出して殺された  そいつァよく言った  そいつを聞く  そいつは悪い量見だぞ  そいつはかあいさうだ  そいつも知らねえかね  そいつがぶらぶら下がつてゐる  そいつをぶら下げながら  そいつのところへ行って  そいつの涙も乾いてしまった  そいつの手から取りもどそうと思った  そいつから奪いとる  そいつがクサンチスの前を通る  そいつがいう  そいつがまたいう  そいつあ困るなあ  そいつあ弱るよ  そいつをやられると  そいつは私の眼にもうつらないで  そいつが乱暴にも寝静まっている  そいつが腕を振り上げたら  そいつはこの新聞で見ると  そいつを残して立ち去った  そいつを掴殺してやらうと怒り  そいつを一番逆用して  そいつはしかたがある  そいつを努めなかつた  そいつの私宅を事務所に使つてる  そいつをたしかめる  そいつがころがってでもいたという  そいつがただのところにころがっちゃいない  そいつを知つてる  そいつあいったいどこのだれですい  そいつがどんなにしても  そいつあまっさきに洗った  そいつの人相書きから探りを入れてみるて  そいつを聞きゃ  そいつが乃武江って名まえな  そいつの口から色ざたをきき出させようって  そいつをのがしてなる  そいつが一味の巣窟にも穴倉にも見当がつく  そいつを洗ってくれろといいましたぜ  そいつに気が取られて話しに  そいつのおれたちを見張っている  そいつあ豪儀なことになった  そいつがくたばってでもしまったの  そいつに目がくらんじまって  そいつもときによっちゃ  そいつが糸を引いている  そいつを焼きなよ  そいつを気づかれた  そいつがおおち  そいつが急所だなと思って  そいつをとりのけてみりゃ  そいつの娘がつまり陽吉さんのお嫁さんになった  そいつは惜しいことをした  そいつをひろげて  そいつを恐れやがって  そいつを気がついているでしょうかね  そいつがほんとうにあきれる  そいつを忘れちまうた  そいつがあっしにも似合わねえ  そいつもいっしょに駆け落ちしちまったらしいですよ  そいつを洗えば  そいつを洗ってくる  そいつあちっと思いもよらなすぎますが  そいつが奇態でならねえ  そいつをちっとも聞かなかったじゃねえか  そいつを待っていた  そいつまでは聞きませんが  そいつがふにおちねえというだろうが  そいつのどこが不思議だとおっしゃる  そいつをちっとも白状しねえので  そいつがだれかわからぬか  そいつのプディングの中へ一緒に煮込んで  そいつは誰にも分りませんね  そいつをかぎつけた  そいつが涙をぽろりぽろりとやって  そいつはお前の方から聞きてえんだ  そいつを貸してもらうかな  そいつを一つ取落した  そいつが気に入らねえ  そいつに入って行け  そいつを教えてもらう  そいつが爆発しないではいない  そいつの頭を打ち割ってやると言った  そいつに遅れちゃなる  そいつが逃げこんだ  そいつが通過するまで  そいつの顔を見たか  そいつの熱い息が自分の顔にかかり  そいつの命はないに決っていた  そいつの奸策が私をおびきこんで  そいつのたてた  そいつと来たら  そいつを散じようと心掛けてる  そいつを見ていますと  そいつをズット足の先の事だと思ったり  そいつあ驚きましたね  そいつを幾本も林さんは選り出してくれ  そいつは知らない  そいつは困ったね  そいつを欲しいって騒ぐ  そいつの顔を捻  そいつの胸へ顔を当て  そいつが出刃包丁を啣えた  そいつが姉さんに悪いことでもしよう  そいつを探し出して  そいつはどうしたって  そいつも小説に書かうと思ふから  そいつは少々言ひすぎだよ  そいつを怪物の口に投げ与へて置けば  そいつが香港で物を言いまして  そいつが真正面を見詰めた  そいつを捻くった  そいつを食はせると斬つ  そいつを着て  そいつが羽撃をして  そいつを考えるとなあ  そいつが疫病やみのように村人の魂へとっついてしまった  そいつかも知れません  そいつを追越そうとして  そいつは知らん  そいつは困つた  そいつは想像にまかせるよ  そいつをもって帰ってくる  そいつを整理し  そいつを三分間だけ考へて  そいつを三分間だけ考えて  そいつが僕の手形を抜き取った  そいつを聞かしてもらいてえ  そいつをおいらはあとをつけて来た  そいつが横暴だといって  そいつが今日はどうした  そいつを皆調べて  そいつにかじりついて  そいつがきらきら光つてゐる  そいつは巧い  そいつは知らないらしい  そいつのふくらんだ  そいつの腹へずぶりと刺した  そいつをパツと脱いで  そいつを話して上げたいんでしてねえ  そいつでこう一旦返す  そいつに押し立ててやりたい  そいつを挽回しようてんで  そいつは我慢をしていただき  そいつを押し分け突っ切り  そいつをご馳走にあずかろうと  そいつを投げてくれる  そいつが此間クレビリヨンの作クセルクセスの主人公を勤めた  そいつが随分面白からうと思ふよ  そいつを逃さない  そいつは窓から室内へ飛び込む  そいつが非常な軽捷な奴でなくてはならぬと  そいつを掴まへる  そいつが直接に血腥い事に関係してゐたら  そいつはわたしに寄付させてもらいましょう  そいつはお骨折りでした  そいつをそっと象の胎内にしまい込んでおいた  そいつは弱った  そいつをオンタケ散とか  そいつを卓子の上へ置いたら  そいつをグイと伸ばした  そいつが二人も出て来て  そいつを九条家の島田左近様に差上げまして  そいつの足を俺あ舐めてもい  そいつを痛感する  そいつは若しかすると  そいつは僕等にまかして置いてくれりやい  そいつあ僕が実際に於て経験した  そいつの話で召集された  そいつをどうするか  そいつを知りたいからな  そいつは恐しく  そいつだけは信じてゐるよ  そいつをふんだくった  そいつを真面目に考えていた  そいつは違う  そいつだけはどうか勘弁して呉れないか  そいつを除れば見えるだろう  そいつは話せんねえ  そいつを掻っ払って来い  そいつがピンと来る  そいつがノックアウトされている  そいつを我慢すべく  そいつを一等運転手が腕ずくで押し止めようとする  そいつを索条や鎖でジワジワと釣り上げるだけでも  そいつが手ヒドイ神経衰弱に引っかかってしまった  そいつを機関室へ連れて来い  そいつがドウモ感心しなかったね  そいつが恐ろしかったから呼んだ  ソイツが満点試験と来ているから  そいつをさ  そいつは出せず  そいつを鉄火に実践して  そいつを聴いたよ  そいつは御免を蒙らう  そいつが当り前のことになる  そいつを頭へのせると  そいつを舌の先で舐めてみた  そいつは発見できなかつたらうと思ひ  そいつはまだわからない  そいつが役にたった  そいつを使おうと思って  そいつが在る  そいつの貸元へ納める  そいつはおろしてしまって  そいつから一番に火をかける  そいつは案外面白いかも知れない  そいつを守つてゆかうとしますからね  そいつは先にも云ったが  そいつは助からない  そいつを目的に競争と約束成りて  そいつが判らない  そいつがひょいと飛び上っておいて  そいつがすっかりなくなったら  そいつをはっきり言ってくれた  そいつをすっかり握ってる  そいつを一片切ってくんねえ  そいつを持って帰って  そいつがわかった  そいつを手渡ししろ  そいつを裏返して  そいつはうまいことをした  そいつはもっと立ち入って  そいつを台の上へ寝かしたら  そいつあ困  そいつの首を斬り落して  そいつも至極もっともだと思うに  そいつはよくわかっている  そいつは解らねえ  そいつを付けて捨てられた  そいつは面ろいな  そいつを押へると  そいつをお前が初めてあの山で夜番して  そいつを肩へひょいと載っけて  そいつを俺に聞かれたが  そいつもあるけれどね  そいつを見ていると  そいつはかえってお前を不幸にするかもしれねえがな  そいつあ云えねえ  そいつも今の所わからねえ  そいつは言はないことにして置かうよ  そいつを幸ちゃんの嫁にしたいと思っているらしい  そいつはニヤニヤと声を立てないで笑っている  そいつの演出の外へ抜け出す  そいつの顔をチラッと見てやる  そいつから来ている  そいつをタダみたいに安い値段でソックリ買い取ってな  そいつは早のみこみの  そいつが私たちの間をウロウロしはじめた  そいつが時々ワザをする  そいつは追いかけて来た  そいつは前から決っていた  そいつは困ると言うと  そいつを考え  そいつを俺がチャンと知っているって  そいつも連れて来て置け  そいつの鐺でドンと床を突きながら  そいつを不安げに己れの口へ持って行った  そいつを鎖し  そいつを叩き出して  そいつを某方面へ報告した  そいつも決まっていないね  そいつをちょいと拝借して  そいつを締めてみない  そいつは知りませんでしたな  そいつに勢ひを得て  そいつが僕の形身になるかも知れん  そいつが人のためになるかだ  そいつを一所懸命診てやって  そいつをもっとチャンとしてくれと言った  そいつは何かの都合が有った  そいつを世に問う  そいつを誰が知らなくっても  そいつが間違っていない  そいつが何になる  そいつに掴みかかって行くと言った  そいつがうまく出来ないだけさ  そいつの手がかりが無くなる  そいつを無視する  そいつは良いかも知れんなあ  そいつは是非書かせていただきたいけど  そいつを掴みそこなえば  そいつを明るくしたり  そいつが世間の雰囲気と言う  そいつを甘っ  そいつの根本は正直でなきゃならん  そいつが身にしみる  そいつが嘘もかくしも  そいつを捜しに出かけた  そいつを縁に沖田さんへ接近いた  そいつを盗み出してやろうとの  そいつあ嘘だらうが兎に角ゆつくりし  そいつを見きわめて置く  そいつを手にさげた  そいつが四人分の弾丸や鉄砲を持ち逃げして  そいつを俺がくれてやったと知れたら  そいつが咽喉をごろごろ鳴らし出したので  そいつをつかまへて  そいつの出帆に立会いたいと思っていた  そいつが私たちに吠えている  そいつをつかまえて  そいつを好く心得た  そいつでもって  そいつを先ず何とかしようと  そいつを切り開いて  そいつをやり  そいつをおっ惚れた  そいつがわかって来た  そいつをなぐってくれたな  そいつがこの室へ這入つて来るかも知れないと  そいつはきつと出て来るに  そいつを飜弄する  そいつを取ったら  そいつのいう  そいつが合点がゆかねえ  そいつが鬱して  そいつがうずたかい層をなしている  そいつがブランと松の枝にひっかかっている  そいつの手を離れた  そいつはきっと今でも生きているでしょう  そいつが鳴いた  そいつはもうけたね  そいつへ掛けると  そいつも水野をはじめとし  そいつが人の欲しがる  そいつをおれが出すか  そいつもばちじゃ  そいつあ困ったろう  そいつを一々帳面へ書き込んどいて  そいつがいまさら改めて民間に払下げられる  そいつを大々的にやるんで  そいつは踏みつけられた  そいつをぶち込んだ  そいつをたべる  そいつが二年ばかり廃めてて返り咲き  そいつァいけねえ  そいつの發展をその最後のデテエルまで決めて置いた  そいつを作者は描いてねえ  そいつを見つけるかも知れん  そいつたことを喚きながら  そいつを見出した  そいつは蘇格蘭の湖に頸から上だけを現した  そいつが悪いのじゃということになっている  そいつは函の中に入っていたので  そいつは袋の中に入っていた  そいつを見つけた  そいつはいけないと  そいつは話せない  そいつが何のかの難癖つけて困るから  そいつがコントロールが良すぎた  そいつは愕いたね  そいつをひっぱってゆくと  そいつは何ともわからんな  そいつはちょっと困ったなあ  そいつの身体検査をしてみろ  そいつを素っ裸にして調べてみる  そいつがいくらで買った  そいつがどこで黄金メダルを手に入れたか  そいつをすてる  そいつの幅広い背を見た  そいつの皺を伸ばしながら  そいつと結婚してやってくれないかね  そいつに勝たれてしまうんで  そいつは分らんですな  そいつは困つたのう  そいつを見る  そいつを話す  そいつを訊いとく  そいつが寝台のカーテンを持ちあげ  そいつのことでうわごとを言った  そいつはまもなく項上に達して見えなくなった  そいつが弟を殺した  そいつがもうやっている  そいつを追いかける  そいつを見たが  そいつのことを考えると  そいつの犯罪と敵意を考えると  そいつを谿底目がけて  そいつの頭にありったけの憎悪を叩きつけ  そいつに出会いたかった  そいつはやって来た  そいつを圧倒しようとした  そいつにも分けてやる  そいつを悩ませ滅ばしてやるぞ  そいつが立ち去った  そいつの悪だくみの危険をまぬがれるという  そいつの唇はものすごい笑いにひきつった  そいつは扉を閉めて  そいつが小舟に乗っている  そいつを追いはらってください  そいつの形跡が見つからなかったので  そいつがどんな場所を歩いている  そいつの犯罪に相当した  そいつの性質から見て  そいつをやっつける  そいつの行った  そいつはたちまち氷が裂けて死ぬか  そいつが死刑になる  そいつを見たいが  そいつを与力が立ち聞きしている  そいつを照らしている  そいつを照らす  そいつをぶんなぐってやめてしまった  そいつがいかん  そいつで上手に腹をへらし  そいつを此小僧奴知ってやがる  そいつが何であるかを見て取った  そいつを下に叩きつけた  そいつから億百千の赤い火が水のように横に流れ出した  そいつまたわたへ知り  そいつに手首を吹き飛ばされた  そいつを調べるが  そいつを調べて来る  そいつは面白いと乗  そいつは分らない  そいつを手に入れた  そいつの話と来ては  そいつをものにしようじゃないか  そいつに中ると死んじ  そいつが世にも大々的な上機嫌のもとに一つに団結して  そいつをあけると  そいつをそっとあけてみて  そいつにやられて  そいつも気がきかないです  そいつを明かしちまっちゃあ  そいつを見にやって来るてえくれ  そいつをすこし裏の見える  そいつを煽てて  そいつは困つたね  そいつはもう話にならない  そいつは面白いといふので  そいつを国民運動にまで発展させてゆきたいといふ  そいつを銘々が勝手にやけつ  そいつがぼうっとかすんで無くなって  そいつがぼうつとかすんで  そいつはあんまりひどすぎる  そいつを毎日毎日繰返している  そいつを応用して  そいつが腹の中の体温で発火して  そいつが鼻眼鏡をかけて  そいつを拾ってまわると  そいつがニッコリ笑うには笑ったが  そいつの手にUTAが渡っている  そいつを五六匹も攫って  そいつが吾輩の顔を見ると  そいつを承知でコンナ非道い  ソイツによく肖ている  そいつをパタンと地上に叩きつける  そいつがひどく工合が悪くなったというので  そいつにぐわんと抗議して  そいつの通る  そいつば思い切った  そいつにたたるなんて言う  そいつを擔いては  そいつの鼻ときたら  そいつが毎夜極った  そいつを拭こうとして  そいつが金を殘してね  そいつがマンマと首尾よくイギリスの都合の宜い  そいつをイギリスの軍艦の横にソッと沈めて来る  そいつを聞いた  そいつを上からぽんと一つたたいて  そいつが当たったりはずれたりする  そいつがにっこりした  そいつもあの屋敷へ逃げこんだ  そいつが先に立って歩き出す  そいつをなぐってやる  そいつは残った  そいつにした  そいつを持ちます  そいつを発射する  そいつはいけねえ  そいつの背中を借りて  そいつに一つ命題をつけて置かう  そいつを空想を交へずに何とか思ひ出しては書き  そいつを頬ばりだすと  そいつはあの橋の上でいやに妾たちに絡んで来やが  そいつをとつ捉まへる  そいつはいつたい  そいつの仲間が沼地からお客に押しかけて来るの  そいつが火酒をねだる  そいつの横つ面に一撃を加へようとして拳しを振りあげた  そいつをみんなに教へてやるよ  そいつはどんな服装をしてゐるね  そいつが空腹の草履をひきずり  そいつはくるりと私の方に背中をむけ  そいつに限る  そいつにあの花を送って調べさしてやったら  そいつを袖で抱いて  そいつは金子を使ったでしょうが  そいつを一寸拝んで行く  そいつをあっしはあの晩お由の屍体を見るなり思い出したんで  そいつを楽しみにして  そいつが片手をあげて  そいつはうまい考えだと手をうって喜んだ  そいつを叱りつけて  そいつをモグモグと口の中に押しかえして黙っちまう  そいつをお前が助けてるて  そいつをよく承知してくんなよ  そいつを承知して  そいつを洗ひ出される  そいつを先方へ渡せ  そいつが戦時となると  そいつから考える  そいつへ火を付けた  そいつへ落っこった  そいつを妾は貰い度いのさ  そいつあお互云わねえ  そいつを果たすと  そいつをひと目見たら  そいつが又堕落し  そいつをからかう  そいつを分らせる  そいつは悪いと行って  そいつをどんな事があっても  そいつは四・一六の奴の出てくる  そいつで機嫌を取り結び  そいつへ食い下がってゆきたい  そいつは縁起録を見たら  そいつが失敗ったので  そいつあ勘弁して貰い  そいつあこっちでいう  そいつを教えてなる  そいつがわからねえ  そいつを弁解する  そいつが解らねえ  そいつがみんな揃ったとあっては  そいつがジリジリ下まで降り切ってしまうと  そいつが俺にはよく分らねえ  そいつあ啓次の方がいけねえって  そいつがあらわれた  そいつが透明人間とわかったので  そいつはこまるよ  そいつはぼくがなかまにしようと思ってた  そいつがおれの家にまいこんできた  そいつはどんなにおどろいた  そいつを見ながら動いた  そいつの言ってる  そいつが巧く持ち  そいつを横ッちょに銜えると  そいつで鼻の下の煤を綺麗に拭き取った  そいつをマスクにして  そいつへ干菓子をくれてやる  そいつを自分の物にする  そいつを横からチョロリと出て  そいつに誰が槍を持たせた  そいつを水へ入れると  そいつを腹の虫のおさまるまで取っちめてや  そいつは是非たのむぜ  そいつはおどろいたね  そいつはでかした  そいつは容疑者のうちに加えておいて  そいつも鳴り出す  そいつがムクムクと動き出し  そいつを吐こうと思って  そいつを己に食わせ  そいつを一口頬張った  そいつを己に食はせ  そいつだけはやめた  そいつは併し困る  そいつが写真を実際手に取った  そいつができ  そいつの言う  そいつはまだ気がつきませんでした  そいつが盗んだとおっしゃるので  そいつを待つ  そいつが迫り合うと  そいつを迎えた  そいつは解らないよ  そいつを破って  そいつを云い出さないまでさ  そいつも解らない  そいつは生きていた  そいつが延びて  そいつで小一郎はまくし立てた  そいつに連れて  そいつを棒で繋いだ  そいつに云って  そいつを教えて呉れ給え  そいつを直ぐその筋へ差出して  そいつが分らないと  そいつは強い磁力を持っていた  そいつは全く困りましたネ  そいつはすぐ報告を頼むよ  そいつはおごらなくちゃなりませんね  そいつを取り返した  そいつはどうかしなくちゃならない  そいつが何処のどいつだか  そいつがあっしにゃ合点が行かねえ  そいつがお前の業つうもんずら  そいつが馬鹿に陰氣に見える  そいつを片っぱしから買わせてやがる  そいつがとびつきやがった  そいつを貼ろうとしてのび上った  そいつが知りてえ  そいつは間違えたの  そいつに云った  

~ そいつ[名詞]1
俺がそいつは  うちではそいつを  私はそいつが  パニオロはそいつに  おいらもそいつを  終ひになるんでそいつを  楯も堪らなくそいつが  自転車でやって来てそいつを  南鮮にそいつが  僕もそいつへ  娘がそいつを  のはそいつが  今日はそいつに  赤シャツはそいつは  吾輩がそいつを  前でそいつを  誰だかそいつは  一文残さずそいつで  手をそいつの  僕がそいつを  手前はそいつを  熊は立ちどまってそいつの  幾度でもそいつを  気持でつきあえたらそいつが  習慣通り僕達がそいつを  往来でそいつを  さっきからそいつを  中江先生がソイツを  重三郎はそいつの  気になってそいつを  人間がやって来てそいつが  手前だけはそいつに  件はそいつが  手助けでそいつを  成程そいつは  給仕人はそいつを  私服がやって来てそいつを  一軒殖えりゃそいつが  のはそいつ  医者はそいつを  娘はそいつの  俺はそいつを  中へそいつが  船長が怪しんでそいつは  窓あかりに透かしてみるとソイツが  真ん中でそいつを  ッとそいつを  つてもそいつは  遺書を書いてそいつを  今夜はそいつが  朱盆にそいつを  二人はそいつに  中にもそいつは  袖がそいつの  それじゃそいつじゃ  ヒョイとそいつを  何処からそいつを  それじゃソイツの  私はあわててそいつを  一人はそいつ  僕もそいつに  反対してそいつを  人民がそいつを  僕はそいつの  無体にそいつが  野武士がそいつを  種夫はそいつを  なにがそいつ  十町も持つてそいつを  大急ぎでそいつを  バキチは笑ってそいつを  私はそいつの  私はそいつに  協力を仰いでそいつの  彼はそいつを  おれはそいつを  のもそいつの  胸からそいつを  俺達はそいつを  平気でそいつの  私はそいつを  今後もそいつは  所がそいつを  力でそいつを  來るとそいつを  基をただせばそいつ  それじゃそいつが  僕はそいつを  目ばかりながめてはそいつの  私がそいつを  春光呪咀いつたいそいつは  のかいそいつの  中からそいつを  途中でそいつに  なんでもそいつは  工夫してそいつの  二人でそいつを  ところがそいつが  彼はそいつが  おれもそいつを  横合いからそいつを  手でそいつを  あとはそいつに  称んでゐたがそいつは  勢でそいつを  道具屋を呼んで来てそいつを  もんかそいつ  名に負うそいつが  おれがそいつを  どこかにそいつが  大変だそいつ  だんなはそいつが  床の間においてあるそいつに  何かそいつが  今度はそいつを  名からしてそいつが  肝心なそいつを  肝心かなめのそいつを  こいつもそいつの  クリストフはそいつの  男が出てきたといったそいつが  差込んでそいつの  肩をつかんでそいつの  僕はそいつが  僕はそいつも  おれはそいつの  十二本ともそいつの  そこで来たらそいつを  ゾロッとそいつを  自分でそいつを  小説でも書かなければならんがそいつは  今度はそいつが  まひにそいつが  教はりながらそいつを  女房がそいつを  時もそいつは  ためにそいつを  工人達がいじめつけられてそいつが  私がそいつの  チャーンとそいつを  くせにそいつを  自由自在にそいつを  そうにそいつを  誰かがそいつを  それはそいつが  簡単にそいつは  誰がそいつを  私もそいつを  みじめさをそいつにも  家族たちがそいつの  どこにもそいつの  お話しになったそいつの  月がそいつを  遥ばるそいつを  蛹踊とはそいつは  映画俳優が居たがソイツに  息子がそいつを  気が附くとそいつが  所がそいつの  つえでそいつを  屑がむらがりそいつが  大衆作家なんかを持出してそいつを  行つたらそいつを  こちらはそいつを  自分でそいつへ  俺はそいつへ  うちにそいつを  どこにそいつが  指はそいつを  火を点けてそいつを  ぶつかけてそいつを  予審にはそいつが  ボーシュレーからそいつを  人を使ってそいつを  壁にそいつを  私がそいつに  

~ そいつ[名詞]2
いつもそいつ  多分そいつ  ちょっとそいつ  無論そいつ  わざわざそいつ  どうやらそいつ  ことにそいつ  いったいそいつ  おおきにそいつ  どうもそいつ  もっともそいつ  おいおいそいつ  どうしてそいつ  いわばそいつ  たぶんそいつ  まだそいつ  もしそいつ  できるだけそいつ  何しろそいつ  何がなしそいつ  とにかくソイツ  早速そいつ  到頭そいつ  早くそいつ  大方そいつ  専らそいつ  ちとそいつ  酷くそいつ  きっとそいつ  もうそいつ  よくそいつ  いきなりそいつ  実にそいつ  とうとうそいつ  まるでそいつ  何だかそいつ  よしんばそいつ  とにかくそいつ  ちゃんとそいつ  荒々しくそいつ  もしやソイツ  すっかりそいつ  さてはそいつ  もしやそいつ  ぜひそいつ  どうしてもそいつ  時々そいつ  近頃そいつ  さらにそいつ  こわごわそいつ  恐らくそいつ  再びそいつ  たしかにそいつ  とてもそいつ  まあそいつ  てっきりそいつ  すっぱりそいつ  ひっきりなしにそいつ  ほとんどそいつ  はるばるそいつ  今にもそいつ  一端そいつ  だんだんそいつ  不承不承そいつ  やはりそいつ  

複合名詞
そいつぁ滑稽  いまそいつ  そいつら  そいつぁあんまり無理  季節中そいつ  おい京助さんそいつ  そいつウー  そいつア旦那  皆そいつ  そいつア大事  そいつア  そいつア側  はじめそいつら  円鏡そいつ  やおやそいつ  そいつあまた  そいつア初耳  そいつア別  そいつ達  ほかそいつ  そいつア逆  そいつア参  お前さんそいつ  そいつア仕方  そいつア不可  そいつア是非  毎朝そいつ  そいつ等  ひとつそいつ  そいつぁ些  一番そいつ  場合そいつ  時そいつ  そいつあい  そいつア俺  行つてそいつ  そいつばり勉強  ハハハハそいつ  さらそいつ  そいつらみんな  そいつア名案  つてそいつ  そいつア本当  アそいつ  ていそいつ  そいつぁ乙  それそいつ  そいつら二人  オットオットそいつ  そいつア剛気  そいつぁ思い付き  そいつぁ趣向  そいつア始め  そいつアほん  そいつ一人ぎりか  通りそいつ  そいつア痛  そいつぁ  みなそいつ  そいつぁまあ  オットそいつ  そいつぁちっと迷惑  そいつア強気  そいつぁ勘弁  そいつぁおめえに  そいつめ  とおりそいつ  ときそいつ  そいつアこっち  そいつア変  シそいつ  そいつア秣  そいつア土蔵  そいつぁお前  そいつぁいけねえ  そいつぁまず申分  そいつぁ己  お前そいつ  そいつはく  そいつども  そいつらふたり  先日そいつ  路上そいつ  そいつぁよっぽど  そいつば打ち  そいつぁ不可  そいつはちよ  てつきりそいつ  ちやつてそいつ  そいつア嘘  そいつ頃  マアそいつ  そいつら揃い  そいつら馬鹿  そいつア豪儀  



前後の言葉をピックアップ
沿い  添い  粗衣  そい  素一  ソイツノ  添い遂げれ  添いとげ  そいとげ  添い遂げ


動詞をランダムでピックアップ
恐れよ漕ぐ薄れれ作り上げよ伝う草せよ逃げ帰っおぼめく代る縫上げる平伏しなだれこみ突き放しはおら繁ろひっとらえおっかぶせる蒸れ縁っ書出し
形容詞をランダムでピックアップ
てひどい甘かろ生暖かく待ち遠しいよろしい正し物恐ろしいおもおもしい気だるく狂わしおどろおどろしく細長みじかき固けれ乏しから水臭く懐しい情なけれ真新しく心安