「ずる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ ずる[形容詞]
相通ずる  大変ずる  通りずる  いかにもずる  相談ずる  少々ずる  鋭くずる  的ずる  疎ずる  ちらっとずる  安ずる  深いずる  ないずる  すこしもずる  甘ずる  

~ ずる[形容詞]
四子がずる  女はずる  三郎はずる  又三郎はずる  彼等独特のずる  受身のずる  からにずる  印東はずる  百姓のずる  俊夫君はずる  野口のずる  彼はずる  国のずる  少年はずる  少女のずる  あいつはずる  学生がずる  口元にはずる  君はずる  幸もずる  お前のずる  それがずる  どこかずる  フリーダのずる  どっかにずる  由夫はずる  気持のずる  俊三はずる  大沢とはずる  眼をずる  村尾はずる  ほうがずる  彼女はずる  

ずる[形容詞]
ずるよう  ずるもの  ずるそう  ずるさ  ずる純  ずる途中  ずること  ずるやう  ずるの  ずる軽薄  ずるところ  ずる方  ずるまま  ずる時  ずる瞬間  ずるうち  ずるすぎて考え  ずる途端  ずる何  ずる新奇  

名詞

ずる[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
スルと其の子供は嬉しさうな顏をして  ずるまでにもっと荒野に試みられねばならない  ずるはないとしている  ずるの噛み  ずるりと腰を辷った  ずるりと詰めたが  ずるり腸が枝にかかって  ずるりと後脚を擡げる  ずるりと下った  ずるを得ず  ずるりと滑って  ずるを補わんが  ずるも尚肩の疼みは  ずるのみならず  スルと奇体なものにて十分に三十秒位ずつ何だか漫然と感興が湧いて参り  ずるりと辷る  ずるりと弛んだ  ずるをきめこまないで  ずるりと落ちたが  ずるとある  ずるをまって  ずるがしこい  スルと参事官が立上って  ずるこかせた  ずるに及び  ずるっと上着の下からパンツの上に重いものがずり落ちた  ずるの法もあります  ずるりと這い出して来たからであった  ずる能わざるほどにこの宇宙人生の秘義に悩まされん  ズルく計算した  ずると思はれたが  ずるにたとえたな  ずるかは知らざれど  ズルくて耻知らずで無智な動物のような氣がしてくる  ズルいことをいって  ずる容れられてきた  ずるは老夫の沈める  ずるりと落ちている  ずるこけ落ちた  ずるりと縁台へ脱いで  ずるに申出兼ねて  ズルかったことを意識した  スルほど昂奮して行った  ずるに農奴なるが  スルと湖月の御座敷で始めて  スルと憎くらしいぢやありませんか  スルと貴官は大変に立腹して  ズルい考えがある  ずるに道理をうべし  ずるに至り  ずるを見るなり  ずるにあらずして  ずるにあらず  ずるりと宙に吊り  ずるに諦めた  ずるを覆せ  ずるりと火鉢の傍へ寄って来た  ずるを吉次は見て  ずるをきめこんでいる  ずるをきめていた  ずるると引きこまれてしまふ  ずるの勢あり  ずるくらい纏まらない  ずると抜けて見えなくなった  ずるりと一尺ばかり振ら下げたが  ずるりと落ち  ずるにも当らず  ずるまで浪子をなつかしめるありて  ずるともいえば  ずるもいかがと差し控えているが  ずるにやあらん  ずるがごとき人があったら  ずるをまちぬ  ずるに私の知識の届く  ずるりと解けた  ずるをした  ずるりと出すと  ずるして途中で引返した  ずるに過去は一の仮象に過ぎないといふ  ずるに一の手段に過ぎないといふ  ずるに一種の精神病者に過ぎないと  ずるにあの税などもやはり自分のために出す  ずるに至った  ズルを敢てした  ズルをしては  ずるりと滑ろうとする  ずるをきめていられない  ずるを目撃した  ずるに作者の藝術に臨める  ずると思えるに  ずるがままに隠しもせず  ずるの記を書きしにさそわれ  

~ ずる[名詞]1
衢に出ずるまでに  労苦より出ずるもの  危険にとずるが  右に出ずるは  結び目のずる  右に出ずるを  闇地を曳きずる  位ひズル  岫を出ずるも  骨からずる  寝台からずる  花摘社に詣ずると  先にずる  港外に出ずるに  格を出ずるの  輕んずるから  色慾に出ずるに  手より出ずるが  水鏡を見ようずるにて  色さへ消えようずると  拙者をおびんずるに  目的に出ずるかは  これよりまかり出ずる  臆病でズル  卑屈なズル  矢を舞おうずるにて  やうにズルでは  色に出ずるほどの  泡の吹き出ずるは  緋縮緬のずる  枝に伝ってさえずるばかり  案内を致そうずるにて  ごらんに供えようずるにて  旨を申出ずるに  自分がズル  スレばスルほど  壁に浮かびいずるは  鴨振しようというズル  のですからズル  立廻ろうというズル  身を抜け出ずるに  前に出ずるに  指端に出ずるを  肉中より出ずるに  組織間より出ずるに  上に出ずる  辺りまで出ずるを  月もずるを  玉筍地を劈きて出ずるの  病そのものの悲しむべきをも喜ばんずるまで  ことを申しいずるも  指さきよりほとばしり出ずるにや  単独行為にいずるが  姿の飛び出ずるを  髪のずる  竜華寺に詣ずるの  行為にいずるに  不法なズルを  省作もずるを  難んずるを  国まで越えうずると  脛も出ずるが  馬楽地蔵に詣ずるの  

~ ずる[名詞]2
畢竟ずる  こんなずる  甘ずる  そんなズル  少しずる  からいずる  なくずる  もしかしてズル  

複合名詞
吾輩出ずる  きのうずる休み  應ずる爲  任ずる  ずる聲  領ずる顏  ずる等  ずる声  領ずる顔  フタタビ警告スル  びんずる  變ずる  變ずる顏色  應ずる積り  エナイ狂気カラ転落スル  塗抹スル  夢ノイツサイノ後退スル中ニ  漫スル  充顛スル非情  勃ルトコロヤガテハ燃焼スル彼処荒茫タル風物  充血スル顔ヨナントイフ極度  ラレテ防風林沿河ニ錯落スル鴉共狙タレタ冬  スデニ夏秋モムザンニ断タレ天ニ流失スル  ク明滅スル  空気ニスラ放電スル死  斑スル戦慄  激シク燃焼スルノダトホク歪曲スル方向  イチメン澱ミナク氾流スル天  偏奇スル透明  刈鎌ニ乗ツテ奔騰スル  燃エ煌メク深淵ニ難破スル  暴溢スル流レ熱河  晩ずる  轉ずる  點ずる頃  一分以内ニ全島ガ爆破スル  辨ずる  ずる者  ずるいき  愛スル友  如ク運搬スル食料品ヨリ  自ら任ずる者  峙スル島嶼  キ一商業家カ帝國ニ貢獻スル一手段トシテ唯一  ラ揣ラス篇中海上ニ關スル事ハ君  任ずる平子尚君  ずる鳥  ズル時ハ賢王ト成ツテ愚王  行ズル時ハ僧ト成ツテ正法  任ずる緑雨  任ずる僕  ずる人  應ずる態度  ずる雲行  轉ずる雪なだれ  曳ずる官女  ずる源  詮ずる  任ずる是等  點ずる  ずる勢い  任ずる外  ずる梯子  觀ずる人  恥ずる者  出ずる  任ずる等  羞ずる  任ずる者  任ずる政治家  ずるよう  湧出ずる  征スル事ヲ論ズ  抗拒スル者アラバ  應ずる響  斷ずる法律家  任ずる諸君  任ずるあなた  昇り出ずる陽  ずる門徒  賞ずる  是レ同根ヨリ生ズル  辞ハ達スル而已矣  ずる時  耻ずる  任ずる沼南  伏在セルカニ感ジテ草案者ニ質問照會スル等ノナカラムコトヲ望ム  批判スル者  漫ナル愚論ナクシテ解悟スル能ハザル穉態ハ阿片中毒者ト語ル如シ  ニ狂亂狼狽スル者ニ完備セル建築圖  悟得スル能ハザル時  加冠スル羅馬法王トシテ  合スル如シ  代表スル者ナリ  根本的ニ改造スル時獨リ宮中  ノミ傾柱壤壁ノマヽニ委スル能ハザレバナリ  處分スル能ハザリシヨリモ百歩  決スル  防護スル國民  治スル國民  スル日本國民  スル國民ニ此限度  以テ徴集スル所以ハ  賠償スル時ハ  以テセント云フハ必ズシモ希望スル所ニ  スル者ハ其  國家ニ對スル獻金トシテ受ケ明カニ其  紊亂スル者ニ對スル立法精神ニ於テ  世紀的社會主義ニ對スル一般且ツ有理  欲セズト思考スル者ナシ  國家内ニ生活スル限リ神聖ナル人權  擁護スル所以  政府状態ニ放任スル者  國家ガ國際間ニ生活スル限リ國家  遵守セズシテ不可行ニ終ルベシト狐疑スル勿レ  紊亂スル者ニ課罰スル別個重大精密ナル法律  制定スル所以ナリ  廢止セント主張スル社會主義的思想ト根據  超過スル者ハ其超過額丈ケ賠償公債  制限スル者ニ  現今ニ至ルモ解決スル能ハズシテ終ニ獨立問題ニマデ破裂セシメタル愛蘭  耕スル平等  一貫スル原理ハ  否定スル者ニ  動機ナリト立論スル舊派經濟學ト  騰貴スル理由ハ農業地  勞力ニ原因スル者ニ  發達ヨリ結果スル借地料  スル者アルベク數拾萬圓  スル者ハ  社會ニ認識セラルルヲ欲スル功名的動機ガ多大ニ含有セラルルヲ發見スベシ  爲ニ戰場ニ死戰スル  ヲ阻害スル惡制度ナキガ爲ニ  保證スル國民預金等  臺灣ニ於ケル糖業及ビ森林ニ對スル富豪等  營自給スル能ハザル幾多  地主ト投機商人トノ有スル  課スル如キ原則ニ  國家生産ト私人生産トノ併立スル原則ニヨリテ  主張スル時ハ其所屬タル内務省ガ決定スベク  蹂躙スル重大ナル暴虐ナリトス  取得スル者  立案スル如ク社會ガ認メテ勞働  與スル代リニ衆議院ヲ通ジテ國民トシテ國家  却スル者ナリトハ舊派經濟學  資本トガ不可分的ニ活動スル者ナリ  事業ニ對スル分擔者トシテノ當然ナル權利ニ基キテ制定サルベシ  耕スル小作人  擁護スル爲メニ  家庭ニ於テ勞働スル者ハ此限リニ  課スル所以ハ國家  殘賊スル者ナリ  スル所以ハ  鍛治ヨリ結果スル心身  町村ニ存スル小學校舍トシ  男子ト同一ニ教育スル所以ハ  講義スル如キ  欲スル所ニ隨ヒ  廢スル所以  打破センガ爲メニ存スル日本  軍備及ビ戰鬪的精神ニ對スル非難トシテ輸入サレツツアル内容皆無  二國語トシテ採用スル所以  二國語トシテ並用スル時  スル者  スル歐人ニ強制スル能ハズ  劣惡ナル者ガ亡ビテ優秀ナル者ガ殘存スル自然淘汰律ハ日本語ト國際語  決スル如ク  丹田本位ト決定スル所以ハ  廢止スル所以ハ  如ク跪坐スル洋服姿ト  兒童ニ對スル父母トシテノ日常義務  中學程度ニ於ケル月謝ト教科書トハ一般國民ニ對スル門戸閉鎖ナリ  設備スル如キ摸倣的浪費  侮蔑スル言動ハ  ニ行ハルルヲ忘却スル横暴ナル行爲  擁護スル者ナリ  嚴守勵行スル立法ハ實ニ一日  罰スル法律  罰スル現行法律  拘束スル現代  途方モナキ一夫一婦制ニ對スル反逆ト考フルハ  意味ニ於テ加罰スル者ナリ  男子ハ家族ニ對スル權威  損スル重大ナル苦痛  正義化スル所以ニ  維持スル如ク男子ガ其  侵害スル各種  以テセズンバ一掃スル能ハザル官吏横暴國ナルヲ以テナリ  刑期ニ加算スル等ノコトアルニテ明カナリ  損傷スル甚シキ現状ナリ  上ニ評價セル神學者的要求ニ發足スル者ナリト  存スル限リ存スベキ法律  保障スル所有權  收得スル者ハ國家  拘束スル者ト考フベカラズ  現代日本ニノミ存スル長子相續制ハ家長的中世期  一系統ニ屬スル者ナリ  三大國ニ介在シテ自立スル能ハザリシ地理的約束ト  自立シ能ハザル地理的約束ト眞個契盟スル能ハザル亡國的腐敗  復讐戰ニ對スル  領有スル結果ヨリ  青年士官ハ佛蘭西ニ對スル愛國心  失フ所以ハ外部的壓迫ト内部的廢頽トニヨリテ自決スル力  ニ於テ自決スル能ハザル八十歳  認識スル人道主義  明スル彼等ハ  ヲ無視スル能ハズ  維持セント欲スル期間  專有スル時是  是認スル如キアラバ  スル名實具足  確立スル日本  終リタル後ニ着手スル所以ハ  ダ取得スル時期ニ達セザル國民權  移住者ガ取得スル所  採用スル者アルベシ  國民精紳ニ適合スル制度ナリ  權利トシテ主張スルヲ非議スル者アラン  號スル如キ信仰ハ  建設スル價値ナキ者ナリ  存置スル善惡一切  濫用スル者ナリ  提唱スル者  必然スル義務  ナス兵卒ガ戰爭スル能ハズト云フモノ  爲メニ開戰スル如キハ國家  無視スル者ニ對シテ戰爭  テ開戰スル如キハ國家  獨占ヨリ奪取スル開戰  決定スル者ハ一ニ只英國海軍  結果スル征服者タルカノ二ナリ  譯スル輩ハ  欲スル如ク支那  包有スル要求  要求スル者  堅持スル日本ハ彼トノ衝突ニ於テ  直通スル能ハズ  警告スル者ナリ  富源ナルカノ如ク垂涎スル小膽國民ニシテ  直視スル時  打破スル者  東西比利亞トヲ結合スル時  分割スル者  スル開戰  領有スベク露西亞ニ對スル大陸軍  トヲ墨守スル者ハ革命論ニ於テ羅馬法皇  神聖化スル  正義化スル  スル一二先哲ニ  思考スル能ハズトスルカ  大小國家ノ上ニ君臨スル最強ナル國家  統治スル最高國家  二十世紀ニ命ジテ十九世紀ニ背クヲ禁ズル革命論  世界ニ通ズル幹線ヲモ民有トスベシトハ道理ニ合セザルモ甚シ  實用ニ應ズル完成  月謝ヨリ生ズル  眞相ニ通ズル者  政治的經濟的組織ヨリ生ズル犯罪  擧ゲテ道ニ殉ズル天道  咏ずる詩人  辨ずる爲  病苦老衰ヲ感ズル事  使用スル事能ハズトノ理由一モ存スル事  存在スル地ヨリ  使用スル時  使用スル者有ルナリ  ヲ使用スル者  スル順序  棲息スル事有リ得ベカラザル事ニハアラザルナリ  散在スル所  此人民ニ關スル史傳口碑ハ日本人  間ニハ存スル事  ニ接近シテ住スル  精ク調査スル事ハ容易  明言スル事甚ダ困難ナリト雖モ  間ニ存スル口碑ニ由リテモ幾分カ窺ヒ知ルヲ得ト雖モ  地ニ存スル竪穴  地方ニ住スル  ダ明言スル事能ハズト雖モ  日本石器時代人民ニ關スル研究ハ啻ニ日本  人類學上益スル所  是等ニ關スル智識ハ實ニ人類學  歡迎スル所タリ  一種族ニ關スト速斷スル勿レ  日本石器時代人民ニ關スル研究  應ずる聲  辯ずる隙  殞ずる病葉  應ずる者  任ずる意気軒昂  字ト一緒ニ並ンデイルトコロハアタカモ親ト子ガ並ンデイルクライヨク調和スル  オソラクヒラガナヲ構成スル線ガアマリニ不規則ナタメ  意味スル  ニ使用スル文字ト活字  愧ずる  俯仰慚ずる所  愧ずる所  其長ずる所  觀ずる  觀ずる哲學者  觀ずる悟者  觀ずる者  應ずる  任ずる人々  儘ずる  修繕スル  摩ずるよう  出ずるゆえん  御覧ずる  相応ずる中  必竟ずる  ずる詩情  斷ずる積  其建国スル所以  会議スル場所  咏ずる  斷ずる資料  應ずる色素  儡レテ歸スル所ナキガ如シ  任ずる低級  出ずる様  兼而論ずる  スル其罪  滔滔底止スル所ナキト民人  希フテ昊天ニ号泣スル  ニ復スル其二ナリ  除去スル其三ナリ  復活スル其四ナリ  恢復スル其五ナリ  根絶スル其六ナリ  際ニ生ズル所  辨ずる手際  一呼吸ずる  撫ずるよう  ずるッ  ニ対シ警告ヲ発スル次第ナリ  時限満期ニ達スル爆弾  シテ自殺スル気デシタ  横領スル等  攀ずる  任ずる男  怨ずる様  ずるごと  詮ずる所  ずる額  出ずる神  自ら慚ずる所  辯ずる所  賛ずる能  汨没せんずる危急  出ずる喧擾  ずる人数  ずるさん  いずる  ずる処  ずる趣味  ずる事  更ニ本邦ニ於ケル外国留学生ニ関スル施設如何ニヨリ将来  其信ずる所  任ずる人達  ずる休み  任ずる人間  進駐地域ニ居住スル必要ナキ婦女子ハ  挑発スル如キ華美ナル服装ヲセザルコト  辨ずる方法  弄ずる詩人  ずる美  ずる日  ままずる  任ずる奴隷  ずる相  長物タルコト保証スル  慙ずる心  請ずる家  称スル日本婦人ト契リシガ  墓穴ニ関スル重要書類ハ紛失シ  妄想スル莫レ  地ヨリ開拓ニ長ズル者  予想スル未来  意識スル力  作ニ対スル  徒ラニ夢ニ悲泣スル勿レ  ずる様  任ずる様  現れ出ずる  コレヲ利用スル暇ナカラン  公表スル所以デアツテ  欲スル場所ニ於テ  ナホ数字ニ関スル詳細ハ本社  家族別居ニヨリ生ズル諸君身辺  数字デアラウト信ズル  ずるものども  ずる志  自ら任ずる政治家  辱ずる  乘ずる巧妙  ずる呼ばわり  ズルけたの  ずる怪談  ずる信仰作用  水出ずる  生まれ出ずる割合  ずるゆえ  出ずる日  手出ずる  怨ずる一章  びんずる様並み  忘ずる術  ナツテ死スル者  妄想スル勿レ  咽スル泉流  ずる紫外光線  水土生ズル所  夜間就眠スル時  ユダノ口吻スル耶蘇  スル無限  ずる人々  年号ハ停止スル  ずる埃  治スル者ハ須ク  姪世俗相反スル處  適スル  バレ能ハ二矯正スル一  バレ所二感悟スル一  則チ有リ二僵臥スル者一  私學校祭文蓋シ學校者所三以育スル二善士  魂魄必ズ有リ二保護スル一焉  所ハレ存スル一焉而已  シテレ覺エ應ズル一レ  怨ずる度毎  ずるげ  南蛮ニ往来スル倭船モ  動き出ずる  涙出ずる  莫約根津ト称スル地藩ハ東西二丁ニ充タズ  現在大楼ト称スル者今其  ガ秘密ヲヨク守ルコトヲ信ズル  任ずる奴  任ずる玄洋社  愛ずる風流気  数年間妻子ニ対スル送金  出ずる涙  詮ずる処  ずる魚  ずる献立  ずる眼鏡  任ずる事  スル事項  びんずる様みたい  立出ずる時  天下ニ布列スル者  ずる息  ずるよう江戸  行ズル二  成ずる  覚スル所ニ  自ら安ずる処  任ずるがんりき  むることにみずから任ずる  觀ずる日輪  閉ずる眼  逃がれ出ずる路  閉ずる  任ずるサモア人  ずる暁  任ずる活神  れんずる  長女茉莉ガ他家ニ嫁スルニ至ルマデノ生活費及教育費並他家ニ嫁スル時  存スル所ナルガ  ニ属スル家屋  チ切ル重大事件ナリ奈何ナル官憲威力ト雖此ニ反抗スル事  遺著ヨリ生ズル収入ハ於菟  任ずる伝六親方  任ずる伝あにい  連署スル時ハミナ  響ト音トハ其常ニ欲スル所タリ  クハ一千八百五十二年我嘉永五年撰スル所  ラズ其上ニ彫刻スル所  其欲スル所ニ從テ其數ヲ増スヲ得其版圖  記入スル處ナレドモ  ソノ上ニ彫刻スル所  其欲スル所ニ從ヒ其數ヲ増ス  乘ずる特殊  任ずる人  相応ずる姿  點ずる間  ずる前  所在スル附近  年長ずる  攀ずる事  侵害ガ法律上許容セラレヌモノデアルコトヲ意味スル  キ行為ニ対シテモ正当防衛ハ成立スル  出ずる所  ずる水源  自ら任ずる  ずる勢  施スベキヲ主張スル一宗派起リ  組成スル意志  怨ずるよう  任ずる平田鉄胤  任ずる千余人  短縮スル等  任ずる鉄胤  ずる毛髪  火出ずる  オレガ隠居スル前年ダカ  任ずる心  ズルさうに  善惡混ずる  請ずる  物体ガ三次元世界ニ交ワリタルトキニ生ズル立体的切口ナリ  獻ずる  自乗ニ反比例スル  其現ずる  日出ずる国  療ずる法  心羞ずる事  閉ずる製ゆえ何  成さんずる  撫ずる  任ずる城代家老  ずる音  愛ずる  調ずる細君  思い出ずる  怨ずる  防衛スル為メ已ムコトヲ得ザルニ出デタル行為ハコレヲ罰セズ  應ずる外  相応ずる発現  愛スル人ニテ  名家ナゾガ刻スル者  古渡ハ一百円以上ニ価スル者有リ  愛スル富家翁  十年前ニ四五倍スル様ニナリシハ  愛スル人有リ  形ヲ論ズル  諸君ヲモ絞殺スル反動  国民革命ニ対スル連合  タメ帝国主義戦争ガ勃発スル可能性ガ十分ニアルノダ  みずから羞ずる所業  年々歳々感ずる痛  ニ攻撃スル  ずる習慣  任ずる彼等  任ずる妾  乘ずる處  ずる一種  任ずる春廼舎主人  任ずる水滸伝的豪傑  任ずる国際  可能性ニ関スル理論的根拠  ずる怪奇劇  經案ずる  ずる鶯  剥れんずる  森林オヨビ生ケル自然力ニ対スル私有権ハ永久ニ  ずる鼻さき  ずる心地  蓋閉ずる  ずる空模様  対抗力ニ関スル問題ニ付テハ何等別段  対抗力ニ関スル問題ニ付テハ我著作権法  公開スル事  愛ずる癖  如ク緑色熟スル時ハ内ニ薄片  熟スル時ハ  直達スル者ニ  寄生物ナルヤヲ確定スル能ハザリシガ其後  果ニ供スル者  菜ニ供スル者  木皮ニ生ズル処ハ一筋ニシテフトシ  タリ此度ハ其生ズル処ハ葉  ずる青葉  愛ずる心  愛ずる女  ずるの  執行ニ対スル異議被告人  庁ニ於テ罰金弐拾円ニ処スル旨  二ニ応ズル所也  以テ二ニ応ズル事也  二ハ二ニ応ズル事也  以テ二ニ応ズル時ハ必ズ勝ツ  止むをえざるに出ずる  ずる助  るりずる  切ずるめ  妾ニ投ズル金  相応ずる生き方  任ずるわれわれ日本人  自ら任ずる文芸家  諳ずるよう  咏ずる事  ずる真  いつかずる  翫スル人何処ゾ  ヲ減免スル判決アリタルトキハ  事務所所在地以外ニ出張スル場合  刑事ニ関スル事件  ずるめ  ずる歓喜  ずる智勇  贓物ニ関スル罪  任ずる所  スル者及佗藩  ハ違背スル勿レ  私スル所アル勿レ  ずる語勢  其感ずる所  書信ニハ圖ガ添ヘテアルガ略スル  謝スル  ずる二代目  攀ずる足  撫ずる掌  トシタル所ニ出タト解スル事  ずる肥舟  斷ずる人  如く感ずる  變ずる時  ハ亂雜ニ書スル等  加法ニ熟スル後  供ずる所作  ずる国民  應ずる能  此生ずる  斷ずる勿  變ずるさま  暫らく其信ずる所  ずる供給  ずる平均出生  ずる出生  ずる超過  ずる部分  ずる王者  相応ずる体勢  請ずる機転  斷ずる政治家  慚ずる正直者  支持点トシテ運動スル如ク構成セラレタルニ対シ  人出ずる  牛出ずる  人々ト会飲スル毎ニ  ずる天変  ト発言スル  砲弾モ炸裂スル  ト決定スル  考究スル事  再考スル  彈ずる  扨變ずる  つて變ずる空氣  如く内外相應ずる  生れ出ずる悩み  乘ずる  笈ずる  あなずる者  軍ニ属スル武士  武蔵ガ念ズル観音  愚案ずる  



前後の言葉をピックアップ
ずり上がる  ずり落ち  ずり落ちる  ずる      ズルアルノミ  ずるい  ズルイ  狡い


動詞をランダムでピックアップ
おぼめいくらえ怒るよそわ踏み出し過ぎ行き赴く落ち込む怖気立ち誤魔化さ懸かっ通し仮しまじりずらかろかつご寄付きまみえる戴けれかなしめ
形容詞をランダムでピックアップ
重々しかっはやき慕わし興味深にぶくやるせなきあわただしき怖しきたなくうらやましけれ差し出がましく重々しき薄くっかまびすしおとなし懐かし速く短かっ小うるさく美味い