「す」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ す[動詞]
喰はす  慾ばつた生き方をす  まみを凝す  天をあがきてとらんとす  冬のむらがらす  煩らはす  忽にす  範とす  幻想を起さす  歌ふかはりに、打鳴す  それをす  ことをす  われわれがす  こと、す  者のす  仕事をす  私たちがす  ことはす  ときにす  ことだからす  家出をす  私はす  ほんとうに使命なり、す  ようにす  自分をきめて、こうすべきか、ああす  自分がす  喘息になりはす  間にす  過去をす  干柿をす  鹿児島とす  本位とす  煙草をす  水面をふるはす  鼻突合はす  虞に作るをよしとす  時にす  気分をすつかり散らばす  合はす  有罪とす  回向を終りて起たんとす  二人走りかかって捕えんとす  雑草は見す  文字をす  行乞は求めてす  こはす  暮れなんとす  ニユーヨーク州をもって始めとす  一年二百ドルとす  由来とす  順路とす  ものばかりをす  云はす  去年をす  煩はす  さだ、す  あらはす  面容をす  新入でござんす  一にす  其宅を尋ねて見ると、案外見す  恥を掻かす  ぼくはるす  影法師までなんだか見す  学生らしくす  若葉をふいてす  あきらかにす  云触す  水ぎはだつた姿、す  それにす  道とす  譯者と見を異にす  犧牲とす  やうにす  少年がす  花は見す  朝酒を酌みかはす  横浜に着す  大迷信国なりといわんとす  ホンコンに着す  遺憾とす  著書をもってす  シンガポールに着す  適度とす  停車場に着す  午後二時寓所に着す  バンキポール停車場に着す  ベナレスに着す  ボンベイに着す  北走す  スエズに着す  当夜十時ポートサイドに着す  世界を照す  白雪をもってす  ロンドン市に着す  カテドラルに詣す  紀行に代えんとす  湾に着す  一とす  ベルファストとす  寺院に詣す  首府ダブリンに着す  嚆矢とす  恣にす  訳者と見を異にす  犠牲とす  酒盃をとりかはす  務めとす  んとす  等なりとす  役目とす  務とす  肝要とす  目的とす  後方にあるを好しとす  何所へも往かす  私は見す  得がてにす  さかしらをす  口笛を吹きかはす  自然な、す  焼酎を少し仕入れて酌みかはす  腹ぐあいがよくない、食べすぎ飲みす  私を悦ばす  家の見す  松並木亡びんとす  健康を祝さんとす  乱臣賊子を罵殺せんとす  始祖とす  是認すべきか、或いはす  手持無沙汰にす  ときには、見す  気をつけて、いかにす  哄笑を洩す  現はす  方へす  精進をこそす  専とす  毎々客居す  客居す  千里とす  用とす  浮屠に登らんとす  事とす  ようがす  つて泥をす  後は、見す  物とす  促がす  木あるを以て尊しとす  如何にす  風景をす  涙をこぼさす  本を読ます  参考とす  博物館とす  海底に眠らんとす  見えまァす  日はべにす  見舞じゃおるす  予想以上に見す  しかしこう言う見す  産婆のす  だれももち去りはす  至珍とす  權威に服するが如くす  證かしをす  下より讀み返へす  從三人粗末な見す  當てがひをす  其方が啜す  彼を殺さんとす  震はす  耻ぢを曝さす  密接に終始す  此処に見す  涙を滾す  サイレンを鳴す  返事するやいなや、す  母韻をつつんでおそひくるあをがらす  らにす  息がす  當字をよさす  家庭に取りかえす  英語に出喰わす  加減してみせるとす  清逸をたじろがす  店に出喰わす  めんとす  萎靡し終らんとす  告げはす  此細工を専らとす  記念とす  本能をす  笑はんとす  味方となるを易しとす  へんとす  行はれはす  のか、す  筆記帳をす  ものなりとす  刑法なりとす  ためにす  われにせまらんとす  判断をす  選択をす  常とす  歩をともにす  一大飛躍をす  油断はす  ものとす  進退を共にす  横たへて、す  倒にす  潰しはす  元服もす  そなはす  語に出くはす  此の間を最とす  馬鞍をのみ重くす  粟を重くす  ひかりとす  床とす  柴折りくぶるよすがとす  園とす  友とす  のぞみとし、うれへなきをたのしみとす  先とす  恩の厚きを重くす  なほ味をあまくす  もとがとす  喫い殺さす  丁字髷にす  お話をす  ちんは、もつとす  者を羨ます  少女を見す  その男ぶりにす  無情を悟す  網をす  ことであり、又す  交はす  武士たる者のす  裡に甦らす  星空にす  隣人を、す  窓からす  乎と見す  論戦をたたかわす  止めに来てくれはす  弁当をぬすまれはす  お父さん行ってきまァす  カヤノたちから絵筆を取り上げたりなどはす  神さまを悦ばす  遠くへ届かす  五日と保てはす  行きずりにかはす  様とす  秘密を故なく漏す  議論を闘わす  目明かしにす  渡し船に乗らんとす  服装は見す  襟垢のついた見す  盲に出くはす  確証とす  至当とす  傍証とす  どこにす  問題とす  自動車を吹っ飛ばす  炉にはす  木が見られはす  仁儀失礼さんにござんす  一青年俳優、しよぼしよぼと、見す  亀裂がはいりはす  仁義失礼さんにござんす  様刑罰を以てす  他人を潤おす  それにはいかにす  他を潤おす  無理に帰らす  ものをひざまずかす  かぜを引かす  力をいれて、す  始めまぁす  錨をす  怪塔王は案外す  頭髪とが、す  頸がす  五円借す  クリスマスでござんす  市街にす  オモチャを踊らす  なりはす  一人占めにす  血がす  参考にす  のを見て、酔わす  昼飯にしとおくれやんす  今日こんお初にござんす  人を、帰らす  まま帰らす  口紅から煙をス  こッてす  骨身にかけて救ってとらす  平賀殿と申されはす  ほうがようがす  暇をとらす  頭からす  言葉を読ます  恰度彼樹庵は、見す  自分をす  混へす  耻ちす  寒心に堪へす  問はす  關せす  痕跡を見す  喜に堪へす  今に腹一杯喰わす  筆があまりに見す  敵に勝つにはどうす  聖書ぐらいは見す  僕の見す  東西を失わす  隧道を覗かす  自信とは偉とす  ものはす  なつたが、す  始末をす  戦国時代には、す  陽とす  研究をす  空氣をす  汁をす  肉づけす  前でござんす  緒言とす  參考とす  殊に然りとす  適當とす  形を多しとす  表はす  補はんとす  試む事とす  等とす  石斧とす  主とす  得意とす  發見せす  気持がす  部屋をす  身體からす  ドアをす  人心を見るとす  処が出ないで、比較的見す  テーブルクロスにす  私と微笑みかはす  顏をす  私はそういう見す  役目をす  口にす  隙を見てす  儘撲ぐられ損にしてす  球をす  會はす  約束をきつと守らす  枠つくらす  康子はす  一切を切廻さす  工業的見地から云はす  守禦を善くす  材料とす  激情を起こさす  過失はただ、恥じたり悲しんだりするのみす  嫁入らす  つて、す  身をそりかえらす  工業的見地から云わす  人身御供とす  努力をす  居所を眩す  戦いを勝たす  夜鷹でござんす  僕らを凍らす  型にそっと織り込ます  眼を凝す  壮とす  只今のこってす  壊はす  犠牲にす  つて死を長びかす  貧弱で、見す  事をす  加藤も、す  赤ん坊を抱かす  あなたに抱かす  蛇を焼かんとす  撼がす  櫂をくぐらせては、くぐらす  あとを引いて、引きたるはまたしばらくに絶えんとす  ガンと喰らわす  本人が漏らしはす  無理が利きはす  旨とす  名刺をす  燧火をす  焔をゆらめかす  額を照す  海辺にある思ひす  元義独り万葉を宗とす  了らんとす  惨事とす  可とす  ものではなからうか、す  君を見んとす  床にす  からだをす  臙脂を漲らす  恋のいきみす  忍び足かいま見す  事務所へ廻わす  迷はす  巴里へ書いて遣す  台詞をす  一学級五〇名を超えているす  小さな息子をす  心をおののかす  観客に分らす  よう濁り水とす  方が、ずつとす  んでござんす  賑はす  それを得れば大いに足れりとす  興味を起さす  児とす  おとうさんをす  喇叭を鳴す  胸を躍らす  真から思っているのでござんす  公卿を踊らす  兵学者を踊らす  浪人を踊らす  も本にす  あとで必ず読みかえす  鼻を鳴す  可うがす  不平でも洩す  出没しないし、間もなくす  いただきやんす  見えますでござりやんす  効目はござりやんす  心を回らす  身をいかにす  例外とす  髫髮兒を呼びかへす  なほこの世を知ろす  祝祭とす  詳にす  王とす  書籍商らしい見す  変心性を凋ます  ホームズは見す  事情をす  独り者であってみると、阿貴とす  無性臭い見す  負担とす  責任とす  見せしめをす  關係をす  オレたちに云ってこわがらす  ことを云ってこわがらす  暴をもってす  露一つ一つ空に帰らんとす  襲ふとす  浪が返るとす  それを破らす  尿を呑ます  氷を張らす  剣を舞わす  黒目勝の清しやかに、美しくす  海に面して見す  前史将に終らんとす  妻にす  與へるに過ぎす  ツイ近所で間に合わす  イヤハヤ我々枯稿連ハ口ヲ出ス  申しわけをす  玉にす  泥がついて見す  斧でぶんなぐつたら、す  部屋に聴かす  マツチをす  家へ這入るとす  戸をす  ほかにす  想ひを回らす  手紙を寄す  さ加減をす  うちにす  イヽ話をす  無にす  逸作に云わす  イロハ丸日記付録を出ス  私の見す  ろに似す  紛らはす  人に見す  悲境に陥す  かおをす  師とす  ところあらんとす  遺憾なりとす  大和魂を招きよす  善意的なるもまた多とす  彼女の寝す  美をあらわして、その寝す  帳消しをするこってす  意を強くす  俺を酔わす  波を漕がんとす  分別をす  誰怒るす  作つた、作らす  他の見す  智慧を回らす  狂ひて蹴散らさんとす  それは忘れてとらす  烟突のごとく、す  物語を偲ばす  膝小僧が、す  影で、す  四方を見張らす  ものこってす  つのこってす  もっとはるかにのろのろす  紅茶をす  わけはないこってす  そこの見す  不安をす  ことが、いあわす  内気ですが、よく働く、す  麦殻をす  運動程食慾を起さす  つたランプを作り直さす  内側をす  表面にす  初めは見す  猫で、そのす  上をす  さにす  繭をす  手伝つてゐるし、こみ入らす  中に滲ます  お爺さんにす  さだけをす  行列にす  火花にす  働きを起さす  事にす  扉を閉ます  廻はす  地球をす  きれいな貝殻は、見す  つくりなをす  ものをす  困難を蒙らす  旅支度をす  大事でござんす  籠抜けにす  ウがす  お願いするのでござんす  なんでござんす  所へ帰って、しばらくす  人をてこずらす  のを持ちあわせはござんす  リンおるす  出来はす  希望とす  川上で、大きなす  バラック式平家で随分見す  夏羽織では見す  旅はす  之を正しくす  伴侶とす  句を勝れたりとす  偈文を優れたりとす  己に克つを勝れたりとす  此を再三す  此の世間を照す  果を勝れたりとす  垢とす  勝とす  漂はす  獨り行くを善しとす  十八とす  縛を堅うす  歸とす  実施をす  暇を取らす  鷺がす  咎めはす  とき却って若い人々をおどらす  釣瓶打にす  話にす  機会にす  目を辿らす  対象とす  辭表をす  ア困りあんす  アハンテ、お戻しす  一人として勸告しあんす  お返し致しあんす  兎に角お返ししあんす  可がべす  辞表をす  一人として勧告しあんす  耻とす  始めとす  挿絵にす  室これに隣りす  耳にす  作曲大方漏す  非難をす  中にす  便所へ行ったら、す  身体はす  会釈もなく照す  ようだから、引き込ます  横に捩ったら、す  振り舞わす  上つて、がらす  二人で、早くす  種にす  問題にす  論議を闘わす  母胎とす  左右にす  から愚痴を滾す  やうに叫んで、す  食膳にのぼす  言葉使ひをす  撰擇文明を生ぜんとす  たばこをす  幸福にす  嫋々とす  不合格にす  手放しなされはす  意地めなさりはす  貨物を載す  足許ふらふらとして倒れんとす  世界を覆えす  はなさんとす  ここを破らす  目懸けて飛び込まんとす  かすかに洩す  余は滑り落ちんとす  余を呑み去らんとす  余を吹飛ばさんとす  天を焦す  火とならんとす  下火にならんとす  腸は断たんとす  火焔ははや消えんとす  風で、そのす  気持から彼を立ち戻らす  テレヴィジョンに組合わす  搖がす  京に入らんとす  死を分とす  紙片から発生しはす  国家亡びんとす  おなじにす  ものをしめらす  窓を破す  度測す  福音を布かんとす  之を照らかにす  標準とす  たまからす  いかようにす  さきにす  リップスによればそうす  口を解くと、にょろにょろと這出す  外ずす  真先に、す  上を飛交わす  咽喉を潤おす  上ぼす  間を以てす  いずれをとって宗とす  自らを富ます  寄与をす  中に葬られ去らんとす  みんな大礼服のはれす  弟を啼かす  帰りになりましてす  身装が見す  なぞはどうでもよござんす  んでもござんす  まり見す  うまいことを言って聴かす  盥ほどあるす  下り来らんとす  蔓を這わす  繼げるとす  墨をす  まんまん中に当って、す  墜落しはす  眼を悦ばす  出願せんとす  牧塲に着す  珍とす  幸福なりとす  后三時愛冠に着す  渡り藻岩村に向わんとす  川向に着す  至願なりとす  有無を云わす  麻雀を闘わす  七五調、す  哀れに小さく見す  競技を戦はす  酔はす  気力を見わす  良とす  職分とす  仕組みをひとたび覆えす  上とす  大なりとす  地位を高くす  法いかがす  何事をもってす  非とす  御殿女中をもって最とす  薄情なるに似たれども、薄くす  心はもっとも貴ぶべく最も好みす  一語さえほとんど洩す  歩をともにせしめんとす  いずれよりす  いかようにもす  調達するのみをもつて足れりとす  方に分けられはす  讐も打たす  男女共筒袖股引ヲ着ス  出口を異にす  脂肪氣をす  火が附きはす  自分がうなされはす  つて表はす  手引きをす  外を潔くす  彼を見す  お気を悪くなさりはす  我を売す  そちらも薄うす  気持ちはす  來ると、手古摺らす  言葉をかはす  髮形をす  出口を深す  目に逢わす  失笑を洩す  品物をす  部屋中をす  据ゑます  五ツでござんす  極りでござんす  のでござんす  事でござんす  皆無でござんす  びつしよりに成つた事もござんす  嫌やでござんす  人のでござんす  何うでござんす  未練でござんす  事を仕出しませう、怒るなら怒れでござんす  聞て頂きたいのでござんす  事もござんす  人でござんす  うに御座んす  狂つたのでござんす  慘う御座んす  謝は困らす  中へす  本意とす  空一面に漲らす  中へ、す  体を多くす  喧嘩をす  上に、見す  力にす  山を下りられはす  ひまはす  手からす  八五郎をす  手品にす  皆んな迷はす  障子をす  お客をす  演技を終らす  名をす  換はす  微笑を洩す  ことは読ます  額がみをやけにゆらがす  只今はどうも、わざわざ恐れ入りましてす  ことになってしまいましてす  心配には及びませんでございます、もう落つきましてす  事が出来ましてす  与力軍十郎逆捻を喰わす  樺の木はす  耳まで、す  気にす  身を焦す  大変で御座んす  金を借す  鵜呑みにす  咀嚼したり吐き出したりす  いちじス  顔を、赤く照す  栄とす  告げ口をしなんす  場はす  彼はす  義理でもありんす  何を考えていなんす  菩提を弔わす  中心課題とす  見舞はんとす  神のみ頑固におはす  功績は偉とす  かわや、にす  身なりはいたって見す  天鼓を鳴らさんとす  秘密にす  栄養とす  人目を眩ます  窓にはす  様に暗く、そしてす  顧慮を労わす  つまりはす  握手せんとす  静粛にす  桜の園を取りかえす  聞耳を立てるとす  味覚郷愁を洩す  むきに坐った見す  金を出させようとす  私を転す  破れたるを以てす  帰航せんとす  不平を洩す  じゃまにす  ドームを照す  うちに凍らす  一節を講ぜんとす  瞼を潤おす  中をす  つて警察とす  首を引込め、又揺出す  蓑はす  作品としては読ます  上乗とす  戦はす  いかがす  寒鴉を歓ばす  ことでござんす  文明でござんす  危機に頻す  必要とす  当てにす  芸論を闘わす  業とす  話だというこってす  称呼を以てす  明らかにす  積極性を鈍らす  から、ずいぶんと見す  羽を借す  げにす  それがす  上に見す  恐れ我をすき見す  様にゆったりと合わせながらす  自然とす  分隊とす  目標とす  七十五歩とす  七十六歩とす  問題として終始す  御曹司を討たす  利を喰わす  信念をもつてす  戦犯とす  同級会でおるす  機嫌よくす  話をす  最高機関とす  反抗などす  欠席、とす  運命を共にす  遺蹟とす  言葉を洩す  商売がす  球を照す  下敷から這出す  対手とす  皮肉家を以てす  人格にす  ように取られはす  平民と同じくす  それを舞わす  人形をも舞わす  手に持って舞わす  人形を舞わす  百姓に準じて尚軽くす  事がありはす  奴だなどとす  勿れと叱す  内幕をす  誤謬とす  言振らす  詔セシ等とす  スとす  印スとす  寫スとす  十九字はの誤とす  是はとす  是とす  親切をす  さを競わんとす  経とす  僕を悦ばす  相手にす  銷閑のよすがとす  人を困らす  ふりがなをつけて読ます  憐れな、見す  決議で活きかえらす  冬を想わす  彼に云わす  木目をす  心を躍らす  社会的に役立たす  物触れば縮みて避けんとす  価を取らす  物觸れば縮みて避けんとす  價を取らす  物ふるれば縮みて避けんとす  礼をす  頬のす  法令ヲ出ス  負はす  ところかなり見す  参考になりはす  弊がありはす  材料はずいぶん出て来はす  丁重にす  遊びをす  苦痛を慰め、若返らす  正嗣にす  酒を伴わす  起りはす  つんがらす  かかとをちょいとすくう、そこで、す  魂を凍らす  最初のものとす  献上せんとす  自らを危うす  貲を貪らんとす  名誉とす  最低とす  楽しみとす  葉をもふるひ落さんとす  研究を洩す  答弁をす  思いを凝す  息を詰らす  さがす  輿望を失いはす  先にす  夢中でス  なかを照す  小野田は、見す  さを蹴散す  頭をすくめて、す  陶鋳す  蕪せんとす  つた見す  生活をす  此歎きを洩す  もさはまをす  行きんす  かいとす  所さかいとす  女房を困らす  一軒の古い見す  珍らしい程見す  事、見す  合つた見す  アラジンはかりに出て、るす  カシムがるす  身をす  獣を怖がらす  外敵をけちらす  病を重らす  本とす  毛穴を凍らす  決心をにぶらす  評議はす  眼を眩ます  妻を帰らす  ものを、見す  彼は見す  日常お手本とす  内部をす  鋭鋒を鈍らす  賞与を取らす  斑を躍らす  仕事を捗らす  私を嫌がらす  淵に目ざめす  結婚式はくものこを散す  獣とす  恥辱とす  茶店とす  天正二年地子帳公納堂町と載す  氏とす  一例に出合わす  利用さえす  マッチをす  呼ばったべす  お金をす  何だったべす  征せんとす  木ばかりはす  木木の芽は赤らみす  肉づきはかうしてす  洗ひけす  藍色にす  目をす  鶸がないてゐるす  客席へ侍らす  一命は助けてとらす  嫁がす  玄徳へ嫁がす  状態に陥す  工夫を凝す  畸形はす  家をす  態度にす  両端ともいへるす  何をす  形にす  我一日も暮れんとす  不意打を喰わす  みなごろしにす  その男は見す  ような実に見す  緊要なりとす  病苦死生を与にす  罪を免れんとす  不品行を以てす  陰陽寮で占わす  私見を述べんとす  其特色とす  原因なりとす  ひとみをたじろがす  葉子のす  心をたじろがす  品物にして持って帰らす  我はす  口にもす  玄徳を思い止まらす  関羽どのを討たす  墜とす  やうすもす  雨降らんとす  体言とす  から何とかしてくれないか、何とかす  取引をす  から皆がす  声で願いまアす  神にまをす  長上にまをす  偉観はす  就らんとす  高原をよぎる、くだればす  盛んなりとす  何有郷に抱き去らんとす  露はす  詩を造らんとす  奏詞をまをす  皆時代錯誤とす  ほか見す  それを言い聴かす  何かで見す  姿が、どんなに見す  五分調合して遣す  今、す  笛に造り、吹き鳴す  ざる一證左とす  際のす  外へす  荷葉披麻を作す  気眩す  善ござんす  方はどうでも宜う御座んす  大変御早うがす  とき史料とす  史料とす  それは実に見す  側にはす  貧相で、見す  冷嘲す  ようでござんす  何とす  口状を云って遣す  手を鳴す  旦那お前さん行けば見す  彼奴を欺かす  好奇心を起さす  夜にかけてす  斧を投げす  膳に上らす  間に、す  重厚にみのらす  さうに酒酌みかはす  一条を奉承す  來なくなりはす  疊をす  ことでもなさりはす  石井翁を説き落とさす  念を作す  乱暴をせられはす  素頭を、す  鮪を屠す  から、ず  義務はござんす  のが、す  二声鳴けるからす  本をす  これでござんす  神ビーナスをさえ妬ます  女を養わす  葉子から遠ざからす  相手とす  口を開かす  狂はす  煩いを齎しはす  書きかたをす  ぼく自身にす  枕にす  まらざらんとす  稲苗将に長ぜんとす  会見せんとす  出発点とす  こととす  博きを貴しとす  国政とともにす  ことが要らす  僕にはもう薄うす  息をすこし洩す  異性を恋しはす  美貌を偲ばす  頭がす  薄暮に沈まんとす  保証せんとす  特長もない、むしろ見す  言葉をす  誓つて保証せんとす  どんがす  月を砕いて流るるもいとす  所がありはす  因つて聖劣を分たんとす  人に被らす  皮を以てす  場末に殖えつつあつた小さい見す  心を照す  市のす  大切にす  仕事とす  いきせき切って、ひどく見す  頭にす  行動を共にす  頽廃を云い触らす  張つて、す  啖はす  手にす  惑はす  ポツントはかなく咲くはちす  本にす  今一寝入りす  見合はす  女はす  気分をす  夢心地をす  おさらばでござんす  音に連れて、見す  はるる身はす  それら凡てを輝らす  相手がいくらす  かぶりしまま逃げんとす  許しはす  恥とす  肌をす  中に立っている、見す  手分けをす  言葉巧みに偽らせ、時々は見す  舞はす  文を善くす  一馬車を引かす  避難を共にす  序とす  相談をす  度に、祭るに在すが如くす  ていはす  孔子もずっと古く祭るに在すが如くす  原因をす  のか、さうして見す  さを洩す  周圍を照す  まめしくて居りあんす  一緒して居りあんす  お話し申してあんす  てゐあんす  弟子にすらす  水が漏るす  洟をす  妙に見す  あなたを困らす  のをす  燐寸をす  胸がす  於いて殊にしかりとす  適当とす  絞首台にのぼらす  前にす  僕のす  まま連れ戻ろうとす  直ちに帰艇せんとす  ぁ何してす  河童取りあんす  持金をす  一車に載す  歩きはす  俺を殺しはす  大作め白洲で、喋りはす  こをす  クモの子を散す  鼻をふんふんいはす  からだはす  程々にす  顔付をす  クビにはためかす  さんたくるす  木賊がすつす  念願とす  報酬をす  賞罰もハッキリす  驛に着す  引致せんとす  隱蔽せんとす  代とす  單位とす  灯を消さんとす  月歸途を照す  姿がす  ことになりはす  始末をいかにす  内証にす  女性名詞とす  鳥はす  外套をす  觀とす  文学的勉強とす  ゴザリスデゴザリスでござりす  下を潜らす  馬鹿にす  挙動をす  通説を、覆えす  ように、嗅がす  範囲に終始す  待合はす  口からもうもう出るまで吹いたどつす  丸刈りにす  室生さんはいつもす  お手本とす  赦免になりはす  偶然助かりはす  奇蹟がありはす  いふ場合にす  中に、す  大に潤おす  國を富ます  花を見す  草ノタネマケリ日ハ君臨シ穹窿ニミナギリ亙ス  私有にす  ものがありはす  課題とす  楽であるし、当然そうす  徒らに長びかす  はりの見す  つたにちがひない見す  めりんす  紫めりんす  窓にす  それを見す  眼がす  天気でやんす  耳を借す  ことは決してす  隨分珍とす  人殺しをす  竹内から白金を取りかえす  これを取りかえす  模範とす  時代に生きんとす  他を実らす  心に蘇らす  憤慨を洩す  観察を回らす  通つた一枚板の、す  稀れに見る、す  千五百十年とす  縁側から足をすとんと踏み外すが如く、極めてす  光栄とす  守を厳にす  異とす  仕置は何様す  証拠とす  裏からす  心を悦ばす  余光を洩す  そいつをす  恐怖心を抱かす  象を酔わす  噪ッ気からとはさもそうず  頭を使いす  艶を嬉しがらす  間違はす  こひまをす  八処女のす  中断せんとす  船長天虎来こと淡島虎造でござんす  隊長、るす  自由にす  稲の通るす  ものにとっての必ず出っ喰わす  吐息を洩す  下目に見はす  事をしはす  もののす  そうなこってす  それぞれ手入をす  可う御坐んす  あからさまに告げて寄す  正太が困らす  ことは最早思い切るが宜う御座んす  はりをす  人心をいらだたす  すがす  のは可笑しうがす  何となく明るくす  腰をす  尻をす  結婚でもす  顔を照す  薪とす  沈めんとす  性とす  遇はす  釜和原まで買いに遣す  のは見す  遥かに見す  家庭の見す  憎悪せんとす  言ふ見す  くれなゐのはちす  可ござんす  飜へす  ほっこりきエッたって云いやんす  戸口に立って居りやんす  手紙を持って居やんす  出入りも出来なくなりやんす  詫言して下せえ、お願えでんす  宵から締りを附けて置きやんす  噂をして居りやんす  心配して居りやんす  事は云いやんす  めえと思って居りやんす  何処からお客が来やんす  今夜来やんす  清潔に掃きやんす  お手本になりやんす  何でもハア貯めて置いて売りやんす  釘かけでも拾いやんす  請取になって居りやんす  代物べい選んで安く売りやんす  戸を立掛けて置きやんす  心配しねえで下せい、ハア段々お寒くなりやんす  事がならねいというお触になって居りやんす  往って泊りやんす  買物がありやんす  往きやんす  仕合せだと思いやんす  些と違おうと思いやんす  石を敷きやんす  心で居りやんす  藁草履を穿き、す  から炭屋を始めて見てえと思いやんす  ものが有りやんす  勘定になって居りやんす  家鴨がす  上にす  殊に女をす  臭いを嗅がす  ことは嗅がす  延期を申出す  体がす  全身をす  穴がす  嘘を吐かなくっても宜う御座んす  入しゃるには丁度好う御座んす  夫婦にす  父親さんからは書いて寄す  母親さん、危う御座んす  後にす  縁とす  理想を宗とす  自然を宗とす  質とす  結構とす  專とす  裁斷せんとす  それにて足れりとす  卑みもす  所以とす  沒理想なりとす  沒却理想とす  形而上論とす  客觀とす  審美學とす  その後にす  必とす  鬪はす  ひとり後にす  談理界とす  記實界とす  段とす  立脚點とす  逍遙子に獲たりとす  評を作す  ところとす  思想なりとす  體とす  一誤解とす  二誤解とす  誤解とす  よそ三種とす  二法はす  三法はす  助をして宣らす  戒とす  ゾラを宗とす  小説論とす  論とす  今につぶされはす  今やられはす  学者たちを帰らす  ことが起きはす  王から攻められはす  国へ帰らす  二度も遇わす  あたりまで、す  いやでござんす  これを叱す  鼾睡す  婦女子にも読ます  落んとす  若人のす  被告ガ道子ヲ殺ス  田を実らす  西郊よりす  工夫をす  勝負でござんす  女でござんす  先生に拾われて育ててもらったでがす  貧すれば貪す  まだ子供でござんす  与八でござんす  どこへ行かんす  てこッてす  しっぽをす  わたしたちはす  わたしたちがす  剃刀創をす  地に遣はす  ように、きまってあるのでござんす  だらしない寝す  ツカツカと進んでその寝す  行々子鳴きかはす  小柄でも、す  芝居を踏みたるを勝とす  とき槍を持っていたならば、決して打ち洩す  丈夫さうでござんす  我身を照す  伸子のす  ことを際立たす  白壁を照す  前に、す  上瞼を釣らす  本気にす  上瞼を引きつらす  首をくくりはす  害ない凋ます  生涯をやがて終らす  冷や冷やと見す  左様でござんす  道をふさぎはす  お玉が来はす  置所に困りはす  洒落で、す  財産をす  僕をす  甚左も、むざむざと討たれはす  槍をとらす  雌牛はたいへんす  酒を酌みかはす  茶をついで飲まんとす  例とす  ことは偉とす  記憶を蘇らす  まぐれ犬でござんす  早足で、す  これもす  役者に踊らす  きりにしておおきなす  追跡されはす  際にす  笑はす  皆んな合はす  もっともでござんす  道を載す  逆しまに詛わんとす  拳突を喰わす  社会そのものを覆えす  道也先生さえ、こんな見す  そのまま手にとらす  円満にす  広告でござんす  ことにす  命乞なら、枉げて赦してとらす  翼を鳴す  位、何時もよりは猶小さく、見す  相手にわからす  岡釣にす  船にす  盾をかざして起たんとす  奴でござんす  それもそうでござんす  土地にあるのでござんす  方へ通うのでござんす  御大家でござんす  甲州でござんす  家柄でござんす  そうでござんす  結構でござんす  ものでござんす  まりお気の毒でござんす  組頭神尾主膳様と書いてござんす  於てす  孫子を以てす  村はとかくおるす  がち村はるす  空家が見す  不足十二銭払ったら、剰す  象徴詩などをす  パラオ語をす  至當とす  勉強はす  いふよりは、す  語義から明かにす  金具を揺らがす  丹朱これを善くす  死者復活きんとす  関さんをす  ドンブリを投げす  人々を困らす  地に帰せんとす  わたくス  お辞儀をす  青年に諮す  中に見す  豪気将に呑まんとす  刀を以てす  物にござりまあす  役割、どうでござんす  方でござんす  ままにはす  見えはす  七字を躍らす  圧痛を訴えんとす  わたくしどもには少し廻りでござんす  おかげでござんす  郡内あたりを通らす  広告がすすけよごれて見す  こと最大要務なりとす  根底なりとす  くらはす  田圃をす  凉味をす  追善とす  から祟りす  心もす  若芽うらめしきまで見す  為めにす  響動せんとす  黒奴がす  色の看す  どちらかにす  首筋をす  聴覚をす  世辞にもあまりす  何気なくマッチをす  白粉気のないす  野良着す  握手をかはす  ツイ路ばたにす  まろがす  参考に多少なりはす  前で起き明す  人とす  お言伝でござんす  本分とす  やつて下さんす  それはす  人の力にす  毒を以てす  墨絵のごとくす  顕はす  其をす  溜め息一つ洩す  三條七坊をす  心がす  三条七坊をす  心が、す  ステッキいったいす  四海を照す  豊かに実らす  食物を実らす  二保をす  心また新しく泣かんとす  素材とす  二京七坊をす  上へ坐って笑われはす  紙撚にす  山登りをす  ひたすらに問題とす  思想をもってす  童舞を舞わす  文字にす  際じたばたす  股肱とす  誰一人一郎に借す  いまは延々す  右にす  左にす  前提とす  蕪村とす  性行において尊尚す  牡丹を吐かんとす  艶麗を争わんとす  時鳥平安城をす  牡丹餅たばす  特色とす  上品とす  からんとす  一千言時鳥平安城をす  致を異にす  感じもす  お客さんにす  彰はす  しぐさをす  万人に被らす  党派を異にす  芸をなるべく目立たす  酒はす  おかまひなくす  わたくしにす  営とす  行んとす  己れを殺さんとす  逆に、す  あたりを見廻はす  以來決してす  東京のものほどす  全身にす  円形にす  山路で、こんなにす  商売柄でござんす  それと見破られちまうんでござんす  樹脂性マスクをす  通用する又はす  何条素通りをばす  忘れはす  新聞記事にす  私でござんす  人形を踊らす  方へ向ってす  お世話になりやんす  敵とす  原人に還らす  地上をす  薄暗がりに、す  温泉観光施設とす  焼跡をす  眼にいはす  ここがす  身体も、まだす  辻車に飛乗りの、見す  のではござんす  話でござんす  事を聞かしやんす  知つてでござんす  生活を透し見られてはすまいか、何もかもすっかり聞き取られてはす  客を唸らす  雨を漲らす  嘆息を洩す  眼にはこんな見す  住居にしては、見す  頃から古びて見す  獅子を舞わす  学界を照す  為にす  ラバウルを陥す  嫩いうす  術を授けす  さんとす  轉するに若かす  便利なりとす  意に適せす  能はす  範圍を出てす  こと能はす  こと甚た難しとす  下に死なんとす  お寺へ預けられてしまったというこってす  妙にす  青地のめりんす  驚破す  諸手に掛けて、す  俺を見ると、ぬうと立って、すぽんす  拔かしもす  通はす  肌は焦す  たか眼鏡を外すと、す  襟足がす  肉体をす  上つて、す  気軽に、す  珍らしいとす  天然自然ところがす  観音一つ彫らす  端しくす  許るす  輔とす  正統にす  正統とす  応対などす  からざる場合には、如何す  訪問もす  嚴重にす  注意を費さす  洋食をす  翻へす  大事にす  奴婢とす  尼寺で送らす  諒とす  緋鯉とす  相当に間に合わす  何時間とす  門にす  毆くものは絞す  しまァす  私にとってはどっちみち同じこってす  身体をす  古史とす  便とす  彼女にありはす  上までを照す  肩にした見す  口をす  一文無しにす  お母さま、おるす  致を見はす  ことを考へるとす  私に手伝わす  燒かんとす  春はかなく落ちんとす  む、すなどりす  人の子の猛く尊きす  裝束を脱ぎす  祕密を洩す  目通りでござんす  者でござんす  足許を照す  仕事を休ます  急にす  父親に呑まれはす  目にも見す  與にす  法とす  権利を異にす  縁を異にす  貧富を異にす  教育を異にす  趣を異にす  風俗を異にす  時を以て最とす  始とす  歓を共にす  身の毛をよだたす  裡よりす  化け物教育のごとくす  部分を焼き払うにはいかにす  事を考え明す  歯の欠けた、見す  毎年是真さんでござんす  感情を起さす  本質とす  一奇とす  時に、あの見す  必須とす  一軒の見す  硝子戸をす  來はす  厳重にす  著はす  ガリラヤに赴かんとす  中を見す  都会とす  紫嵐を凝す  其鬱憤を洩す  その間にす  役者にはす  人格あるが故に貴しとす  亀鑑とす  龜鑑とす  公けにす  オルヒラさんをも酔わす  釘世をす  林檎のごとく見す  めを言いはす  やうに、す  赤ん坊臭い泣き聲がす  何しろ眼薬とす  地下足袋にす  金持ださうなが、見す  しりとす  あとにして、す  宇島までにす  盃をかはす  堂塔は見す  くみかはす  かい歓待にす  其中庵まさに出来んとす  酒を飲みたいだけ飲んで、飲みす  声がす  風がす  八月十四日朝から墨をす  春暮れんとす  天地はす  酒にす  連日のつかれをす  私をす  風はす  道がす  下とでもす  一つもきき洩す  書剣を学ばんとす  後へずらしてす  鴉はす  から五掛五分の勘定でようがす  吐んとす  窓を暗くす  たび、す  他人のす  夜半に驚かしてす  上は、お見せす  子を見す  過去にも、見す  こなたを見す  もう一度ニャンと啼いてす  初めから読ます  彼に洗わす  家名相續は何ともす  そんなら好うがす  宅へ泊り込ます  目に遭わす  判決を覆えす  女性とす  型なりとす  不明とす  此上困らす  永久保存とす  ことには、どうにもならないというこってす  一点に縮まらんとす  身をうねらす  蹠をちらつかす  声高にす  身を躍らす  勢を踏み込ます  批難したり押しとどめたりす  時間は剰す  学識をたたかわす  私からよう言うて聴かす  繁婆さんが話して聴かす  惚気を聴かす  醉いはす  前をス  耕作地を焦きつくす  山、見す  底を潤おす  がさつ者ばかりでござんす  灰とす  事を大きくす  とおりな寝す  雨気の到るを待ってす  ものにす  気立てがす  彼等をどうす  癖はござんす  滅多に帰っては来いす  立合をす  詠嘆もす  目を著けはす  動がす  切れ目に、す  すとんす  今は延々す  忠をもってす  相違がありはす  投入し置くをよしとす  電灯をとぼす  笑みを洩す  沢山のす  日にはそのす  へた時には、かのす  不思議で、す  京に名高いす  わきに大きなす  思つてよく見ると、す  三人は決してす  衣類だけが見す  そちを遣す  それを振るわす  暢ばす  位置形状にす  早立ちをす  岸田氏に持たせて歩かす  ほろかにす  定法でえす  国本とす  因果だ、こうして連れて歩くまででござんす  思い違いをす  無駄にはす  気は立っていても斬りはす  全部をどよめかす  ふり返らす  涙も褪せ果てた見す  伏せ屋の見す  歌をうたわす  ような、見す  不安とす  お金はどうでも、よござんす  はまをす  通弊とす  堅人を装わんとす  隣組は仲良くす  血をす  幕にす  手捕にす  裁縫をす  山時鳥鳴かんとす  貴方は少なくともそうす  気持ちがす  それを忘れていはす  廓内から廓外へす  楽土として、見かはす  災を撒き散す  ジジにす  罪があると思いやんす  ゃっても宜かろうと思いやんす  すりア有りやんす  一人居りやんす  から静にあるきやんす  頼み申しやんす  六十一になりやんす  品が好うがす  ッ旦那月が登って来ました、好うがす  態度とす  間から通はす  鍵形にす  聲をす  芽を出しはす  一命を助けてとらす  ことはござんす  用心なさるこってす  君を送らんとす  夜業をす  わしゃ十九でござんす  油断を見す  逆に繰り返し、とうとうす  はり、す  感じをいだき、す  つて居はす  疲れでござんす  技術を戦わす  ご苦労様でござんす  冬籠りをす  神主でござんす  これをかへす  真似はす  魅力を剰す  影を凝す  底を傾けて吐き出さす  湖面に滑り出さす  情熱に充たさせ、思い止まらす  劇評を戦わす  のであるが、その薄ぎたない見す  表には、実に見す  関係を薄うす  波がするす  胸をおどらす  心持は悪くはござんす  彼の打ち鳴す  富強を均しくす  代表者とす  ゆえんなりとす  大阪を然りとす  力量をもってす  政なりとす  関係とす  一種なりとす  事実なりとす  匡救せんとす  一なりとす  二変遷とす  世界においてゆるがせにす  要旨なりとす  四時前にす  帽を散す  洋服を作らす  花咲き実らす  方へ、す  手柄をほこらす  ンどり打たす  千早一つを陥す  山にいて下さらないかというこってす  着がえをす  幸福をす  なかにす  訊ぎ申しあんす  盛岡行ぎ汽車なん時だべす  何時だべす  酒代にす  ぱりたぶんかういふふうに鳥がす  間をちぎらす  きれいな頸をす  玻璃器を軋らす  笹がす  植ゑます  夢をくわらす  三羽のうみがらす  氣がす  あなたに暮れゆかんとす  心配かけてす  ばかばかしいこってす  私ども二人が見す  目的はす  つてグイとさす  タバコをす  筋へそっと贈す  有明けのとぼす  足にす  娘がいはす  氣込をす  僅かに洩す  伊勢えびよりもむしろ優れていはす  煙がす  むだにはす  名を成さす  異例とす  記憶をまざまざと甦らす  影響を与えはす  肺炎にでもなりはす  穿鑿をす  時間を割かす  根本からひつくりかへす  芸者衆をす  度胸をす  離縁なぞす  しゅうがす  太刀粧いの見す  ここに居あわす  登子もまた、どうす  一字をとらす  指し誇らす  部下をして送らす  異常を研ぎす  参内車ともみえないから、す  手違いをどうす  百でござんす  花でござんす  わけでもござんす  野心があればこそでござんす  遠方より行きつ戻りつす  喧嘩を買いはす  あたしを、殺さす  なめるとか云い触らす  糞を漏す  食頃とす  ガーゼにす  相州産を良しとす  伊太利を良しとす  言葉を交えんとす  梅干分量は見計らいにす  蒸焼にす  別々にす  汁を濃くす  弥兵衛でござんす  間でござんす  もんでござんす  壮んにす  罪にす  落ちしたなどと云い触らす  相手と云い触らす  魂だなどと云い触らす  ことを云い触らす  死ぬなんて、云い触らす  珍膳瑶盤口舌を悦ばす  海家へ赴かんとす  コロッケーにもす  上等とす  牛を良しとす  愚痴を漏す  水芋を良しとす  解脱したく、またす  決意を奮わす  尊氏を思い止まらす  兄者を陥す  流離に陥す  士気を振るわす  初陣もす  みそなわす  分を守らす  船頭はす  一同は、す  五分後とす  つて今日なほ範とす  倶にす  ように云い触らす  屏居だっていうこってす  筑紫を踏ます  大隅を討たす  一語も、聞き洩す  撃滅せんとす  進撃せんとす  一機をも剰す  あれっきりで納めて見向きもすまい、思い出しもす  聞捨てにす  暇乞いをす  花をむしってはすてす  尾鰭を添えて云い触らす  眉毛を湿らす  まじめにそう云い触らす  反物を貰ったなぞと云い触らす  まことしやかに云い触らす  為吉を誘い出して殺らす  為吉を殺らす  私のかたき討ちをす  日本を困らす  十四円八十銭で事足らす  死人でも生き返らす  菊子を弱らす  鬧がす  そうがす  恰好で、す  窮地に終らす  こへでも馳せ向わす  関門を作す  死に花を誇らす  渡御しまいらす  物にす  のだと云い触らす  種にして又なにか云い触らす  表向きにす  一人据わっているこの見す  人もござんす  仲でござんす  誠しやかに云い触らす  わけでござんす  無理はござんす  かんかんのう、きうのれす  おのれは、す  極みのたとへとす  迎いに遣す  一風流でござんす  自慢にす  義貞征伐に手間どらす  詩魂を叫ばす  誓とす  わき目もす  下へす  源兵衛で御座んす  成り行きがで御座んす  五輪塔が御座んす  物持ちで御座んす  若い奥様でござんす  娘さんでござんす  倦怠うがす  風呂場を照す  からん事でござんす  着物を送らす  金を送らす  者を遣す  ほん大切にして暮さす  火にす  宗教を有すと断ぜんとす  絶叫を聞き漏す  当人が、あまりに痛々しい、弱々しい、見す  泡をたぎらす  やつでござんす  星でござんす  儀でござんす  母子に聴かす  それに聴かす  人に話して聴かす  足を洗わす  腐蝕を起さす  四方にす  方が、寝てでござんす  櫛巻にす  お前だって忘れはす  笑声を洩す  総てを打ち崩してしまひはす  歩みを運ばす  井田は思ひながら、す  不平を鳴す  嫉妬をす  證據になりはす  首は、す  夏三爺はす  中に引かえす  稀品とす  これはまた、す  妻に洩す  アゴをす  極とす  十年とす  愚を以てす  評判小説にくらべて、いかにも見す  宗教とす  なりんす  半身を見す  畳にす  住居の見す  人を悲します  身をかはす  引返へす  上を照す  日は危う御座んす  さしはす  西瓜のるす  発言はす  曲を以てす  嵩ぶらす  副会長とす  損をす  ざらえにす  利便を図らんとす  改善を図らんとす  鼬でござんす  手に、す  でこぼこがらす  文明とともに終始す  つまり汁の実にす  取次をす  式場に建て廻わす  跡目をつがす  筆を結ばす  裏を照す  わたくしも薄うす  褒美を取らす  心事稍陋とす  明にす  魔睡す  翅ふるはす  ちゃんとここらのこんな見す  手簡を持って往かす  葡萄酒を投げす  心をす  黒法衣を投げす  つて取れあんす  者を生き返らす  子供を生き返らす  肉をす  方へ行って、す  可う御座んす  私のす  赤ん坊を連れた見す  ここで出喰わす  お詫びまわりをす  ダシに使わんとす  やうに、認められはす  不調法として咎められはす  彼女はめりんす  羊を孕ます  人心地を甦らす  俺を殺さす  合点でござんす  墓碑銘とす  のでもありはす  殴り合いになりはす  考えもす  彼女を殺しはす  悪戯をしはす  自分も殺されはす  悩みが気づかれはす  芝居へ行けなくなりはす  人なら追い返しはす  出物を変えると述べられはす  おしまいになりはす  自分を困らす  熟議を凝す  剣呑でござんす  咎め立てをす  口出しをす  上月城を攻め陥す  まま闇にす  連中をす  さまをふたたび見せられはす  処へ連れもどされはす  免職になりはす  躊躇したり高ぶったりす  つのらしはす  様子をしはす  請求されはす  人に見つかりはす  だれにも捜し出されはす  待伏せされてはす  頂上だ、見す  上下せんとす  翼をちらと覗かす  変化たらんとす  真喜が、みちみち、す  静かな寝す  急とす  京野等志はまだなにかす  遠矢幸造がずけずけとす  彼女を悲しませはす  雨を冒して、見す  病気になりはす  のを避けはす  風が吹き送ってくる酔わす  怒りはす  旅を長引かす  眼覚めはす  知らないふりをす  ゴットフリートを困らす  力は、また多とす  警察で発かす  身装は構わず、絞のなえたので見す  私を殺ろす  友達を困らす  酷にも殺ろす  市街を照す  空間をす  有利とす  人をもってす  国を富ます  手始とす  将に開かんとするや、進むに必ず漸をもってす  先務とす  ベルセネフは叫ばす  助とす  賢者とす  益なしとす  場とす  漢字を以てす  肇とす  指定せんとす  獨占せんとす  貯んとす  氣おくれせす  習慣をす  中継なども聴かす  写実でありながら、その見す  勢をなさんとす  者には洩す  長靴履いて、す  依代とす  雲路を照す  処女の寝す  一端を漏す  大君のつかはす  ダイヤモンドを取りかえす  中心とす  芝居に近づかうとはす  感覚を以てす  うかうかと、寝なんす  却って見す  興廃を共にす  じき落して、す  のをきくとす  やうで、す  紺めりんす  一大事を申し聴かす  合点で御座んす  苦悩を増さす  這はす  女を酔わす  立場にいるとす  準備をす  須要とす  膳にのぼす  眉を焦す  気がす  此那見す  驚訝す  ことがござんす  一つ打ってござんす  仲立ちをす  一つにす  黒塚というのでござんす  通り見す  ヒステリーを起さす  百姓一揆でござんす  農奴と書いてござんす  身を翻したそのす  ここまで言ってしまえば、当然このす  形に似るをよしとす  無事にす  人を捕へんとす  日本傳説集に載す  軽快にも詠めといはんとす  手本にす  歌を多しとす  此娘子とす  何をか言わんとす  瞳をす  思いはす  空氣をやぶらんとす  燃えひろがってゆくらしく、わずかに剰す  君たちを飛ばしたり囀らす  信仰が傷つけられはす  目に陥りはす  彼がす  波をみなぎらす  欠伸をす  ことをしはす  クリストフを起こしはす  からやって来はす  言葉をしかられはす  彼が今にも言い出しはす  私がどうす  とある見す  とき思いす  雪降らんとす  燃えつす  纜解かんとす  つゆは炙をす  云ふ炙をす  何ひとつ心を躍らす  内地の日に日に変るす  重荷をす  狂乱にちかいす  ことずけをす  障子がす  朝には、す  そのまま、す  新たに出直さす  野郎でござんす  一寒村タルくろす  及ビまいるす  何でござんす  さん塚でござんす  通りでござんす  淵源とす  取り違えをしはす  火に触れはす  神聖にす  眼いっぱいにみなぎらす  前でひき損じはす  人に聞かれはす  先頃廃業したさうで御座んす  玄関で御待ち兼ねで御座んす  座側に近づかんとす  可御座んす  一ときは寒う御座んす  草鞋の紐解かんとす  一瞥して起たんとす  夜は明けんとす  交換せられんとす  どん、す  根拠とす  からでござんす  親分、何でござんす  ものかどうす  資料とす  澤山養つて其乳を搾らす  宿りはす  それに就いて云い出しはす  調子を脱してしまいはす  簡素で、もっとも見す  木を揺すり、あるいは、恐がらす  召使どもに聞かれはす  顔が見当たりはす  座席がなくなりはす  気分をいらだたせはす  うちにあっては、それでもなお多とす  死にはす  乗り遅れはす  無駄にす  破裂しないでひき終えはす  人々から小言を言われはす  思いを書き残してはす  大丈夫発覚はす  影を見す  小さな的をす  煙にす  下に述べんとす  素捷盧國とす  道及ぼさんとす  美濃國とす  川邊郡加世田郷とす  薩摩國日置郡日置郷とす  美濃國池田郡伊福とす  薩摩國谿山郡とす  近江國高島郡角野郷とす  郡田布施郷とす  所謂佐奈縣なりとす  屬郡鹿屋郷とす  郷とす  薩摩國高城郡なりとす  郡番賀郷にあてんとす  薩摩國出水郡阿久根なりとす  當てんとす  郷なりとす  原郡なりとす  御笠郡大野山なりとす  就て試みんとす  一證とす  證とす  西門とす  解析せんとす  三年に作れるを正しとす  考説を結ばんとす  斷ぜんとす  大事を全く語り漏す  の機を待たんとす  恋をす  非常に恐畏す  皆桐壺の更衣になろうとす  対象などにす  紙面に割込ます  これがす  まり気がす  わたしはまた、小さくてす  生活を二度とす  若君に読ます  真剣にお恨みす  人見知りをす  山稼ぎをす  毛唐から借金するまでに血迷いはす  振舞はす  返事をす  世なのだから、す  文芸思潮とす  親がす  気持ちなどはお見せす  道が融けましたねす  道庁へ行きましたねす  グルグルして来ましてねす  悪寒がしましてねす  日ですけれどもねす  変だどもねす  なつたらうと思ひますがねす  からねす  服装も見す  貰ひましたがねす  汗が出ましたねす  些と痛みますどもねす  ナーニ嘘でしたねす  洋服屋がありますねす  此間死にましたがねす  行つて見ましたがねす  訳に、まゐりませんでせうかねす  私は思ひますがねす  のですかねす  なつたんぢやないですかねす  餘程道が融けましたねす  騷がす  道廳へ行きましたねす  來ましてねす  寒氣がしましてねす  變だどもねす  つて遂此間死にましたがねす  譯に、まゐりませんでせうかねす  邪魔になりはす  のだと思われはす  同視されはす  瑕だったが、しかし多とす  地面に吸い込まれてしまいはす  言葉がかわされはす  戦争をす  ときには、つかまりはす  神から思われはす  祖父から、怒られ叱られはす  列記せんとす  補佐をす  密度をより濃くす  きりにす  俺等にゃ、その掴ます  気がねをす  これはまさにそうす  急に見す  生殖器をこんなに見す  書読み物書きなどす  一時を快にす  害はんとす  人は勿論知りはす  原料とす  餌とす  心ちす  実行せんとす  國境を越え行かんとす  書物を投げす  狂はんとす  笑ひを招かんとす  一弾きは気どらずにす  行動はす  それを気どらす  呆然としていていかにす  皆手本にす  言ひやなす  趣を伴わす  詩人を悦ばす  棚曳かす  実例とす  繰り言などはお聞かせす  歯をめり込ます  日光図幅なりとす  高橋農場まで遣す  もの故見す  点とす  用にす  六回配本に間に合わす  お前も聞いたべす  申譯なくなるべす  怎してす  何方だたべす  惠比須大黒だべす  怎したべす  言ふべす  それにも気どらす  恋のあやまちはす  君へ取り次がす  申訳なくなるべす  恵比須大黒だべす  事てす  朝子のす  口笛を鳴す  蚤にも喰わす  敷居も跨がす  結局身体を弱らす  ことが起こりはす  筆にのぼす  言葉を受けはす  贈り物としては、あまりに見す  得はす  人がありはす  老嬢で終わりはす  感染しはす  自分の見す  伝染しはす  帰りはす  日本を勝たす  ふうに思っているとはお見せす  所有とす  御堂を見て、これからす  五六十銭は遣す  ように異うす  近業に載す  人々とす  いっさい口出しをす  秋風吹かんとす  人々苦にす  罪でござんす  物でござんす  相違ないが、その、当然の当然とす  時間を長くおさまたげす  情死を遂げてしまいましたとかでござんす  珍なりとす  心地まさりて、す  商売でござんす  思召しでござんす  歩兵さんでござんす  最初とす  隆んにす  此大いなるを見す  滅亡せんとす  例にもす  火をす  会はす  のに出喰わす  ふうはお見せす  ことがす  演劇活動をす  生活感情をす  のをやめて、す  お勧めもす  静かにす  方便にす  鳥目二百銅を遣す  出しはす  ほんまにす  田舎へす  婦女子のす  珠にす  チヤンとす  かしらをす  言葉にす  見識とす  肉でやんす  理想とす  頭からタオルをす  今宵にす  帆を孕ます  樹木が実らす  親密にす  顔がありはす  何かを引っくり返しはす  岩壁を輝らす  決心を決めさせはす  幾口かをす  充実が欠けてきはす  人に笑われはす  ごまかしたりす  ようにめそめそ泣いたりす  止揚せざるを得ず又す  時間を取りかえす  水を含ます  船頭を照す  横顔を照す  除外例とす  巨鷲を宿らす  さらはれ、す  頂きが、す  チエはす  逢ひてゑます  角大事にす  幸とす  開顕せんとす  処なりとす  是処に潰えんとす  意味で出来ないし、又す  事実をあかしす  害に対して返へす  自ら殺すを快とす  虚空を蹴ると、す  十人ずつかたまって、すぽんす  應へす  覺えず、荒れす  足を焦がさんとす  火、ようように消えなんとす  やりとりをす  すか、何とで御座んす  成つて見せまする、さあ何とで御座んす  裂れが御座んす  考證とす  大島とす  産物とす  獵せんとす  階梯とす  内大工を頼んで本当に作らす  耐へられずつひにす  用意してござんす  一か八かでござんす  小出しにす  それを失いはす  胴をねじらす  職業とはす  握手をす  暑気に中りはす  短気をそそりはす  感覚を歓ばす  ソフィヤ夫人が洩す  働きを鈍らす  雨風に曝され見す  火勢をよじりうねらす  山を拓かす  乳を粒立たす  ことで、探ね見廻はす  挨拶もろくす  栖とす  家へ寄らす  静かに振り放さす  腰掛にもつかまりそこね、す  勘定をす  水がす  物が、す  方はす  否やを疑わんとす  不満を洩す  意を漏す  掌を見す  片うきす  奴を諸うきす  盛んにす  心持がす  重みがす  手出しをす  吐息を漏す  なりとす  夷等合戦をす  簡単なりとす  佐伯造とす  一説とす  限りとす  一研究題目なりとす  上に進めんとす  三月画にす  ひかり野にす  徳とす  食はす  パンをす  勉から十銭玉いくつか貰って引かえす  勇にも必ず読ます  敷居を跨がす  其涙を引込ます  血を迸らす  血は燃えんとす  これ最も多とす  爲に謀らんとす  壞はす  色になる、す  源氏學者は、す  彼女を落ちつかす  大丈夫でござんす  電車通りにおりましてす  外出にも、ひどく見す  紳士淑女のす  つて故人昌逸とす  生活を萎ます  二人だけでござんす  建廻はす  一面が、ありはす  初めとす  男を奮い起さす  てつかはす  信州でがす  烟草をす  三谷二渡らす  中ではずいぶん見す  日本をす  名とす  所のものを以てす  乱を作す  誠意をもってす  徳をもってす  一点をす  私という見す  礼を以てす  一夢ならんとす  叙述せんとす  出だしなどす  こぢ明けなどす  賜はりなどす  寛やかに起き臥しす  枕を高くす  ょなことでも為んす  それ丈けでようがす  答へす  陳せんとす  ためにかずかす  橋礎をす  前をす  いつしよに飲みかはす  つて貰つて飲みかはす  口もす  揖もす  身をふるはす  奧樣氣を取す  時には見す  木賃泊りに居なさんす  手を引込ます  婦女子で間に合わす  キッカケにす  動詞をす  返答はす  心地ぞす  のを当然とす  物を芽ぐます  気持を起させるほどす  領とす  ぢんとす  心をくるはす  んとはす  いくらだってこんがらかす  人を酔わす  意とす  私、す  螢がす  丈伸びて高く、す  罪に陥す  頭をして、す  ことを見す  斟酌をす  馬虎を載す  上り寒食を作す  犀を闘わす  譚を載す  吉とす  川を游ぎ渡って見す  一打にす  話を載す  悪行を専らにす  所為とす  和名とす  智とす  老女を若返らす  奇とす  暁ると載す  蛇を載す  嘆じたと載す  子を孕ます  箸墓というと載す  今彼去らんとす  背を低くす  平時よりす  橋とす  余り斬らんとす  一人瞋って殺さんとす  染料とす  不吉とす  これに載す  俚伝を載す  食とす  意に出でしとす  魚を愛すと載す  馬を孕ます  半野馬が孕ます  間種とす  武具とす  鎖鎌十本と載す  大罪とす  大便を拭かす  運らすごとくす  肌に触るを最も強く感ずるとす  便にす  生剥ぎにす  おし入れ振り舞わす  処においてす  守護尊とす  最大功徳とす  人死せんとす  大将とす  脇立とす  応神とす  侍者とす  これを甘しとす  太らする習俗を載す  御飾りとす  これを舞わす  結構なこってす  彼等に云わす  阿呆云わんす  暮しが、こんな見す  おいらをくたばらす  解散は喰らわす  支那から手を引かす  額の禿げ上った、見す  自動車に分けて乗らす  工場を守らす  確乎と持直して、す  怨霊ではありはす  宮せんとす  擒にす  料とす  産毛一面に生じたと載す  鶏を闘わす  中興すと載す  これを放ち飼いにす  重宝とす  独り欠かさず詣でたと載す  のだと言ったと載す  猫例のごとく入らんとす  由を載す  彼を滅ぼさんとす  眼を丸くしてす  暮らしには事欠かす  師道も薄うす  柱に擦りつけて、覗かれまいとしたので、又す  てゐたので、す  物理学を以てす  流産を禦ぐと載す  神とす  猪を闘わす  不敵になり居ると載す  道を借す  俚言を載す  一物とす  小柄を彫らす  神を妬ます  自分には、す  脚をす  備えとす  内にまた始めると載す  象徴とす  賤民とす  むるに金枷を以てす  使者とす  夫新妻を打たんとす  糜せんとす  大庭常子は、す  風流を學ばんとす  乍ら、そうしてふいと切ってす  どこへいっていたのかるす  田をかへす  のを見す  人違いでござんす  自分ひとりがこの見す  買物はす  政権と金権とに、楽々と育まれて来たさす  残飯で間に合わす  接吻をとりかはす  上に回らす  明月庭を照す  晩餐を共にす  娘のこってす  ように、ず  絃を鳴す  愁かったが、す  如何ともす  上京もす  微笑をかはす  二十五六歳の見す  長続きはす  一曲を奏でて聴かす  話を聞くとす  動作をす  教室を見巡す  ひびきの場所をす  青桐がめっきり見す  涙をさしぐます  盤にめりこます  太刀を引っ取って、あわや抜かんとす  拔かんとす  光も呼んで立合わす  道をいかにす  ぱいこと、す  飛衞に請うて射を學ばんとす  決心を鈍らす  私ねずいぶん見す  物語をす  高談放論珍説贅議を闘わす  紙上にも載す  糧とす  趣旨をす  いやにす  垣根をす  功とす  恥辱蒙らす  花にたなびかす  避くるを得べしとす  常なりとす  殊に甚だしとす  観ありとす  憚らざる所なりとす  人ややもすればす  もので御座んす  筆を舞わす  其處へ突然見す  原に啼きす  妻宣らす  醉はす  舞台にのぼす  真しやかに云い触らす  一知の鳴す  あまたるきにす  涙こぼれしをいかにす  手を伸べなんとす  中に老いんとす  ものを捨てんとす  空は暮れんとす  ひとり蒼天の高きに眺め入らんとす  ときものをのまんとす  鉄にす  思想を説き明す  不平不満を洩す  身に滲ます  平等にす  右翼これを遮らんとす  任とす  打ちに鳴す  甥を躍らす  おまえさん、いいよ、出て往きたけりゃ、出て往かす  ように、す  線路を、どうしてわざと曲りくねらす  目を血ばしらす  ものを甦らす  白を聞き漏す  見物を悦ばす  わけもなく勤めす  坑夫でなくっても、好うがす  主権者とを富ます  横になっていればいられるはす  気を悪くす  そこらをスラスラと飛交わす  事ってす  土地を掘らんとす  われなほ土地を掘らんとす  一鍬、す  其処でござんす  ようではござんす  鐵砲投げす  二人のむしろ見す  驚畏す  勢づけて引込ます  二人を照す  男のこってす  顔を見るとす  様で、を喰わす  用でござんす  不自由もござんす  他生の縁とやらでござんす  手柄でござんす  二十軒ばかりあったのでござんす  心置はないのでござんす  息を凝す  貴公子がす  全国一般にあまねくす  順序とす  用法をことにす  腰からす  薬売がす  通越して、す  坂をす  二十軒ばかりあつたのでござんす  お召が濡れます、気味が悪うございますよ、す  邪慳らしくす  馬はす  感服はす  身を滑り込ます  煙草を撒き散す  もすそをしめらす  四辺を照す  渓に落ちんとす  風景でやっと取りかえす  堕とす  先生が寝とらす  技術的助力をす  労働者は、酔っ払わずに、本当はどうす  こなしがいかにも見す  言葉を聞き洩す  平野とす  憎悪に執す  姿勢を低くす  要塞でもありはす  妹だ、とす  壯とす  ろうまんす  言葉に対してす  やうに、ありんす  私は、これからどうす  斧鉞を置かんとす  僕に継がす  幕下までは控えさせられまあす  気遣いも御座んす  それを焚かす  理論の示すなす  金を受取らなきゃ、喋りゃす  ヤグラをかけて、す  業を煮す  氣はす  帰へす  匂はす  山脈を思はす  温床を思はす  ジョーヌを困らす  頭巾をす  憩はす  憫笑したい思ひす  煙管をす  あいつたち、す  言葉に狎れす  町葬にす  やうに見もす  果てなんとす  イイダ姫嫌いて避けんとす  ように見もす  意識を取りかえす  職業とす  出足を鈍らす  気を滅入らす  季節にす  供をす  逃げもす  筆加減でとす  爪をかたくす  小説にす  憾みとす  作風を異にす  一例とす  当にす  説んとす  出来損とす  上場料をす  上にのぼす  彼女がす  気を起こさす  香がす  ものだと想わす  戸を鎖さんとす  子を殺さんとす  議論をたたかわす  笑いを洩す  権威をす  体をくつろがす  読者に思い浮ばす  窓に翳さす  そこはまったく見す  食料をみのらす  危険なぶりかえしが来はす  感を起こさす  一歩二歩寄らんとす  繁からんとす  影をよび起こしてわれと争わす  転地をす  不孝をす  川島家に入り込ます  一時を過ぎんとす  戦いこれより始まらんとす  おわんとす  はさみ撃たんとす  まん中に取りこめて、引つ包んで撃たんとす  水柱をけ上げて煮えかえらんとす  定遠鎮遠を撃たんとす  一月余り過ぎんとす  世はいかにす  世に永らえんとはす  彼女を生かさずばやまざらんとす  遼東に向かわんとす  品をも取りそろえつつ、裂けんとす  身をおどらす  日に燃えんとす  車は過ぎんとす  面をおおわんとす  限り三倍とす  宿屋兼薬屋を剰す  結構冷えとす  花弁を散す  私にはす  最中に、す  口のす  路とす  逼らんとす  睛をも焼かんとす  遊びくらすを習いとす  信とす  働車を躍らす  手古擦らす  のだが、鈍らす  娘でござんす  最中でござんす  光子が後で叱られはす  秘密をでも洩す  もんどり打つてす  一節をす  さを増さす  通りの見す  日のべす  神戸から車でふっとばす  病気をしなんす  前に釣るす  此うす  客席を照す  自ら品物を異にす  誰にも逢わす  お腹を召さす  言触す  喋々言張んとす  殆ど怯まんとす  飛掛らんとす  余を遮らんとす  彼是と闘わす  溜息を洩す  爺さんはす  あいつがす  一番胸を躍らす  夜陰に吹き鳴す  前者を蘇らす  婢女でござんす  遁がす  洗濯物はばたつかす  パンクしとらす  ここにす  両手を振って、す  ぎ、うみがらす  ネルなど見す  運だと思ってあきらめているす  一日のゆうよす  みんなの寝す  つぐないをす  らに殺さす  片隅に見す  繋ぎ合はす  岩波さんに云わす  経験を富ます  高松陣から踵を回らす  つて遠方へ投げす  極致とす  幾らでもがす  足場とす  ことをもってす  文字通り滅びはす  自由に入らす  出しかたをす  発表に終始す  曲つてとり扱つて居はす  文学を肥え太らす  将棋を闘わす  次から次へと読ます  軍機を洩す  屋根をふいた、小さい見す  攻撃せんとす  足をおどらす  彼女は見す  闘はす  枕をはずせば、す  無銭飲食者に出喰わす  熱心にす  感覚に甦らす  これをにぶらす  肥料してす  いがべす  何病だべす  根にす  私もそうだと思ってあんす  どこで売ってるべす  うごあんす  ぐお願いいだしあんす  斯う言うにならんす  花をひらかす  ゴ名誉ではござんす  念珠にす  LargeGarlicとでもす  図工を煩わすに及ばす  背に這わす  二つに使い別けす  枝ヲ出ス  死にす  逃走せんとす  窓下をす  においがむんむんと酔わす  刀をす  視界をす  アんす  目鼻だけ出してす  王冠をす  鶴子をす  それだけでございす  なるたけ話を長引かす  君は忘れはす  鶴子を殺したとす  模造品だとす  のは、ちつとす  町を照す  彼を憤らす  意気地がなさす  心上をす  力で、引きのぼす  間に、見かはす  西瓜を実らす  科はかうす  己れに招かんとす  垂直にして居ると、す  物まねをばす  少少とす  能をばす  角度から、す  逢はす  突落とす  首がす  尻端折りで、す  さに、す  風とともに、す  餅を頂いて、す  上を見亙す  寄食人を息詰らす  物取らす  門男とす  其處に、す  玉散す  露もこぼさす  茜をほとばしらす  旅をす  ジッとす  それが、す  真面目でございス  箱を押すとす  彼女が間もなくす  義憤を洩す  低音に吹き鳴す  手足にす  男とはこうす  女とはこうす  女はこうす  全貌をす  水すましをす  ぎもゆくをす  海なりをみなぎらす  なほ我をとらふるす  水が張られす  命令をす  苦心努力にす  マッチに換えまァす  秘嬢を侍らす  手をす  注意すべきは、持って帰らす  いつでも語って聴かす  肩から釣るす  枝から釣るす  百で割って、剰す  瘠こけた、見す  ネル一枚の見す  ことが出来て、遠慮なくす  がたがたと云わす  尻からす  蛇目傘で、見す  自身を憩わす  心に甦えらす  代理でござんす  空はまだす  先方からす  声を洩す  男をす  身体にす  何かしら、す  身心をす  ときと同じく、軽くす  出資者にす  物をす  顛末をす  体を躍らす  同封せんとす  条件とす  籐椅子の見す  そばからこはす  ものをつまずかす  愕きつくす  これを照す  ぱみじんに吹っとばす  もの兆民居士を以て最とす  國のまどろす  手ぶくろをす  窓がらす  湯がわきましてす  気持がするこってす  笑い方をす  木挽町に入らんとす  珍味とす  流がす  アない、全く見てもらいたいのでござんす  橋まで送らす  後を逐わす  草刈奉公にも遣はす  十分に説き明す  西洋文學探求の決してゆるがせにす  関係がありはす  印象されはす  ちりめん浴衣にす  乞はんとす  假廬つくらす  此をす  挨拶をす  おれはあんまり見す  ロマンスをす  小峯セツ子に出くはす  狂ひ、見す  付け講釈をして聴かす  こともなく、その見す  僕たち推理家のす  色をす  ちゃんとおるす  前借でき、見す  命乞いをす  何かの見す  さはにとらす  いふらむ何処やらむかす  驚きぬ見す  口をあけたてす  やうにたはむれす  式をす  気違になりはす  危険だとす  上にず  房内を照す  処がありはす  藍丸王はいつの間にか見す  のは、見す  使命とす  ふうにす  命にす  手本とす  路がいよいよ狭くなり、さらにさかのぼれば、す  襖がす  津軽郡領とす  鼻筋がす  談話をかはす  戸ざしす  新にす  利害を共にす  足を運ばす  外に躍らす  燈がす  毛が長うがす  家賃を滞らす  喜びも悲しみも共にす  新宿の見す  場合これをいかにす  迷惑いたしてござりす  浅野さんはござりす  道ありで、自ずからいかにす  如くは、暗き思ひす  方へ引かえす  横にす  水を求めんとす  恭一はす  油井が帰ってしまいはす  草木を照す  葉をす  つて言ひやんす  料理とす  近くには、いづれも見す  いずれも見す  欠陥とす  芸もす  日本全国人に見す  苦笑を洩す  みじめな、見す  香にす  舟がす  粗末にす  のは誤っていはす  柴折戸からす  顔はす  つた道を照す  小名木川とす  板場へす  公にす  利はもとめんとす  文がら濡ぢぬうす  ます指を組みあはす  垣根について入んとす  崕でござんす  のではないのでござんす  申しもするのでござんす  農家を造り直して見す  篠原よりす  実験などす  奈何ともす  力を借す  説を作す  口吻を洩す  虚に乗ぜんとす  焼打にす  鏖にす  雲来去す  賓とす  増し行かんとす  荘厳にす  空家でござんす  ことばかしでござんす  生命の泉を汲まんとす  興味を移さんとす  情を忘れんとす  芸術に赴かんとす  気運に遠ざからんとす  邪魔をしはす  皮突張らす  灸をす  面見す  今一度味われはす  何も構って頂かなくっても宜ござんす  フェルトをす  本場だけあって旨うがす  位な見す  他に洩す  泊りでござんす  人形は、まなじりをす  五十銭もす  愚痴を滾す  見殺しにす  歌もせずにかへす  意味もわからす  便りも取りかはす  終夜遊び散す  口に漲らす  顫はす  さを感ぜす  荘重にはためかす  足許二三尺だけを輝らす  小さな宿場の見す  惨めで見す  ひと晩ぐらゐ、す  膚を破らんとす  環にとおしてあけたてす  あゆみを緩くす  姿の見す  運動が、聞えはす  天とす  しか口にのぼす  邪魔するよりは、とつととす  隈取つた面相に出つくはす  牌がす  話を取りかはす  やをら頭からす  駕籠に乗らんとす  肉屋は、す  秋山の澄みぬるす  のはす  こころ躍らす  最適とす  黄葉をふるはす  人に思はす  権輿とす  隠栖の安きを求めんとす  風を避けんとす  楽の新なるを誇らんとす  妻とす  芸術なりとす  止まざらんとす  礼式とす  気嫌を直さす  群をなしてすつす  勉強するも同じこってす  アわかるこってす  歩みと、見す  おかみはす  じゃまをす  城にはからみ合って解きほどす  注文をす  人間のす  暮れ行かんとす  検定試験を受けんとす  戦期にうつらんとす  利根河畔羽生に移らんとす  発程す  晩餐をともにす  六百六十マイルとす  一のみにす  南走す  同市に着す  ピンキンバ駅に着す  埠頭に着す  シドニーに着す  三回とす  雨ふらんとす  人口七百十二万人ありとす  晴期とす  進航せんとす  好一対とす  海王鳥と名づけんとす  はじめとす  西走す  ほか各国人とす  二マイル十六銭とす  ビール一杯二十五銭とす  日暮れ方彼は見す  喉を鳴す  からにす  蘇えらす  部屋を照す  女を出て往かす  れつきとしたぬす  部落といっても、見す  親孝行チウはす  爆弾を投じはす  一生を終えるまで出ずにはす  誰ひとり説き明す  それに比して、あまりにも見す  お貰いなんす  気楽でないと言わんす  物を隠しなんす  ひと間住居とやらにでもなりんす  時はどうしなんす  頼みんす  ことを言いなんす  容子をす  つてさう見す  時どんなに見す  胸を踊らす  脊のす  びしゃびしゃと口を云わす  傷がついて、がらす  書斎へ来てす  住職を悦ばす  ゆツさゆさす  一時ニはたあげす  薩に下らんとす  船をす  なかに、そういうす  ハせんとす  見た目がいかにも見す  地を開かす  きのふよりるす  バ、どふしても見す  職工に作らす  息ばかりす  中にころがっていはす  いまにも取り落しはす  姿をちらりとでも見られはす  煩ひをす  後の見す  息子を殺さす  つて遠くへ投げす  灌水なりとす  説解せんとす  ぶんたちは、す  人にす  形をかりずにす  嫂なぞにひけとらす  癒し度がす  通夜をす  下で御座んす  宝とす  西洋館まがひに見す  つていはす  衣とす  全体において初めて剰す  水を運ばす  画を描かんとす  多とす  内に入らんとす  声を低くす  意見を戦わす  これはまた何たる見す  基本とす  行交はす  夫人はす  祕密とす  草原にす  題とす  子狐はす  性質に似合わす  魅力をもって、たえす  首だけがす  ぴたぴたと音を立てて、たえす  夕方までには着くはす  簡便にす  イトグチとす  自分が、す  手金にす  頭割りにす  順当とす  そちを困らす  から凄うがす  むだ口を叩かす  天文時代の風俗をす  聖人を出だすを尊しとす  マルクスにす  authorityとす  ことがありはす  生爪をす  函をす  爆発薬をす  衣食住をす  禍根を残しはす  達かんとす  緋鹿子に乗せんとす  もの踏ます  われは振放たんとす  斜にす  りかはす  想はす  其処がす  水はす  思ひ出にす  圧迫には、あまりに見す  かなしみを沈ます  どこかにありはす  田畑を売りはらって、こんな見す  申上げたはす  代りに、相変らす  彼は相変らす  権田原先生は相変らす  梢を見す  遊戯をす  此は見す  夕がらす  二十五ノットに上げまあす  小次郎の寝す  ためなにか惜しからむす  轉がす  沈默がちになったり、す  手伝いとは考えす  競つてうならす  全市をす  下風に居す  抱へて、す  体臭をいらだたす  そを受けんとす  布かけ、す  新生来らんとす  買はんとす  口取を佳とす  よう御座んす  過去将来を思い回らせば回らす  勢はす  イヨー妬ます  成行きはす  教えはす  珠を転す  余に向い説き明す  掛りはす  口から一言でも洩す  目にも遭わす  九時頃になると、見す  いずれにしても見す  ような見す  こちらに向かす  表は見す  藁草履の見す  祕藏し見す  星にも覗かす  自分が小さく見す  花をわけす  カンとす  自尊心を高ぶらす  今さら問題とす  扉がす  結局おんなじこってす  方からす  氣持がす  悠長過ぎはす  時代を甦らす  民藝品を甦らす  座談にのぼす  誇りとす  救はんとす  起算点とす  精確詳密にす  速やかにす  利器を以てす  寛うす  上に描かす  要求を満す  機構を本当によく分らす  豐にす  店頭をすとす  内から握って引張ると、す  呼出されようが、出されまいが、喰わそうが喰わす  身投げをす  差支えござんす  方を崩してしまひはす  特に誇りとす  んをす  なんだべ、ねす  観を与うるに遠きを分とす  署名血判には案外す  何んと見す  何んとす  土をしめらす  おかみさんがらす  神のみそなわす  風説したのでござんす  縁続きでござんす  きよ子さん、るす  謔浪笑罵す  風前に猶お剰す  上に着す  略服なりとす  継合はす  皆別々にす  和歌に、よもす  声で言い聴かす  言ひ聴かす  一角の寝す  隅々まで行き渡らす  嗤ひはす  無事に跨ぎ越さす  來つるを、見す  やうに見す  尼御台さまは、す  女がす  言を出すに及ばす  宋人和卿に仰す  六郎往き逢ひて誅し奉らんとす  こいつを持つとす  葉末にかかって、ぽすぽす  重荷が本当にす  あなた方を蘇らす  土手伝いにある見す  前にも置かす  酒手は取らす  ことあり、善くす  ぼくら兄弟三人がす  心でござんす  歌はす  此歌はす  村をす  思合はす  伝馬船にす  速力でおよいでいると見るまに、少しずつとびあがり、しまいには、す  ことですが、おるす  彼女を取り込め、射竦ます  天寶十載す  楽隊は帰って来はす  昔とす  主人公とす  とめもせす  動きからたえす  それには気づかす  四五名にすぎす  二つは見つかるはす  次郎は、たえす  一つせす  最後にす  中に、たえす  先は軟かでそしてす  近く病みてまさに死なんとす  活計とす  衣裳とす  姉神とす  外出などす  キセイ院へ急ぎ行かんとす  道を照す  趣味を漲らす  国足らす  庭つくりす  薫を漲らす  枝葉を繁らす  草木を枯らしまた芽ぐます  一再ならず出くはす  爺さんにす  別ち明かにす  明かにす  惠みの賜物をす  罪の赦しをす  期待として行くへを照す  各自趣向を異にす  事実とす  呼吸をす  探究考察せんとす  胸にはす  腔にはす  此の如きはす  建築せんとす  無とす  急務とす  手段を択ばす  愚痴を洩す  窮窟にす  乞食をす  酒くみかはす  髪を嗅がす  笛を吹きす  筆をはこばす  之を漏す  議論にあてはめて論ぜんとす  がんとす  寸断せんとす  神踞す  ケティに読ます  俤を蘇らす  怒りもす  そうにしても引込ます  光がす  域に入れりとす  一事なりとす  差し響きはす  逆せ上らす  心をもどかしがらす  嘘をいいはす  一指を届かす  不足でござんす  にわかに見す  目を見す  先生はあとす  耳まです  スターチェンバーとす  デマをまき散す  語根まつをるとす  長靴が、す  開祖とす  一片を思い起こさす  兵隊長靴はややともするとす  船にのせて送り返さんとす  実業を学ばんとす  背負はす  四人はいかにす  嗤ひを洩す  男もす  形は見す  仙人にはなれはす  混乱はす  活溌にす  殊に鳩巣に偉とす  偶然二人だけで出会わす  後嗣にす  一つ喰はす  調べはす  金科玉条とす  一ノ関に着す  巻に着す  禅僧尻をす  そのまま僧を去らす  相談までにも及ばす  心持ちが、よぼよぼした見す  攻めにあたらんとす  空をふるはす  片々にす  汝等を躓かす  彼等を赤くす  帶とす  歎息を洩す  者觸るればす  ところはす  ざるを善しとす  人つとめて口を噤むを善しとす  目これをもて足れりとす  錐とす  地獄を見せんとす  締合はす  ことなくば怖れはす  先驅とす  人をさとくす  いふをえす  義を異にす  傳説に借りるに過ぎす  錢にす  一地點に過ぎす  代りとす  dipiano詮議に及ばす  虜にす  謀を以てす  繼合はす  それを取りかえす  数を取りかえす  寮でござんす  いつごろでござんす  泣き寝入りにす  上からもゆるがせにす  これはゆるがせにす  それまでにす  つて暴言を吐き散す  資本をす  いつまでたってもス  から、やっぱりス  間から身を躍らす  もの哀れと言うよりも見す  置時計も隠すか止めておくかす  癖のない、すらりとした、す  まま運ばす  貴所に貰わす  自分を照す  説明せんとす  義とす  自ら答えんとす  白雪を躍らす  掲載せんとす  説示せんとす  こと五分ほどとす  うちへ申し願いす  原因とす  必要なりとす  一種なりといわんとす  種類を異にす  縄索もてす  もの多しとす  大凶とす  吉相とす  弁明せんとす  適当なりとす  通慣とす  解釈せんとす  事情を考えんとす  兆しとす  凶とす  三種となさんとす  明治年間を想わす  字をもってす  卜見す  地所を買い入れんとす  仕方を示さんとす  規則とす  起源とす  二者とす  一元素とす  ときとす  ことはなはだ難しとす  ものにおいてす  ざらんとす  報告せんとす  窓を照す  ことを、またるとす  これらのしにす  ゆきす、かれす  いす、つきす  まさつてをりはす  飮食せざるを最もよしとす  苗代小田にかけやとす  ススリ上げス  牛に穿かす  發はす  手習学文をす  手入す  目に注がす  冷笑にとられはす  彼も知っていはす  気でござんす  今後いかにす  一点に集めて、いかにす  一刀にす  だんなはそのるす  日にやけ、いかにも見す  色をした、見す  留守でござんす  外には見す  姿やや見す  姿は、す  唯一人にて、す  都にのぼす  誓つて人には洩す  うつむいて、す  女冥利でござんす  仕儀でござんす  此伯を以て最も多しとす  士を以てす  保護政治なりとす  功なりとす  公開状を与へんとす  可きを以てす  孰れに多しとす  鮮明にす  根本的に覆えす  ところ、如何にも見す  出来事なりとす  えことおっしゃいますが、どうしてでござんす  在天に入りはす  如何様にす  寔に見す  名残をも聞き洩す  家主でござんす  首にもす  ちっぽけな見す  でくはす  何はおいてもしゃべらす  のがす  鳶頭でござんす  はずでござんす  與へんとす  方法をもってす  めがねどおりでござんす  なっちまったんでござんす  そなたも心してす  誌さんとす  空うす  名も、洩す  命令ならばす  証拠がござんす  名声がす  栄を得んとす  性質を以て始めんとす  苟且にす  敬宇先生とす  此二偉人を去らんとす  中世紀なりとす  言顕はす  誰れにも通ずるを善しとす  並木が途絶えて見す  眠つてあんす  ので御座んす  顯はす  後我を悦ばす  姉妹とす  たらはす  鞍に載す  來らんとす  響きを異にす  はげに滅び失するをよしとす  歎を少なからしめんとす  勵ますを宜しとす  害ふか殺しもす  累はす  あとにす  び己を清くす  盲を癒さんとす  船に載す  晝既に去らんとす  足はす  懺悔をいなみきとす  歌を善くす  時を定め載す  三例とす  堺とす  はやくも助けを拒まんとす  認むる物を求めんとす  誤り見て美しとす  女を賣らんとす  まろばす  事以外に求めんとす  婢を殺さんとす  階を踏みてのぼる、その道すがらス  説に基づきス  本人でござんす  誕生によって悦ばす  おん秘密にす  ひとりずつす  幽霊とす  術とす  家とす  厄年とす  子をす  見えになりましてす  手当にす  おいででござんす  頼みでござんす  ぁ三河町でござんす  野郎をす  だんながおるす  陸尺たちは、すた、す  眼をつけたとあらば、じたばたす  おみやげでござんす  お前さん、す  途断えて見す  一つでもよござんす  ものをこしらえただけでござんす  かたばみでござんす  母をも悦ばす  存外とす  ほうはおるす  ひと粒種でござんす  ゆえ、もしやと思って駆けつけたのでござんす  なんじょうのがす  大きなお世話ですよ。恐れ入ろとはなんでござんす  思わせぶりをしねえで、す  んだ、す  雪伯母にす  部分をす  額から頭をす  買はす  上がったり下がったりでござんす  上がったりでござんす  なんだりでござんす  右門でござんす  何者でござんす  敢てす  自ら新にす  當だとす  證左とす  位を以てす  宗左衛門でござんす  ことなんでござんす  音も為ずにす  私を弱らす  文句はいくらでもござんす  これ以上損をす  からかんべんしろ、とす  もっともさまでござんす  夜明けでござんす  絵双紙屋でござんす  特志舟でござんす  どっちでござんす  洗い洗ったらどうでござんす  がってんでござんす  景気はどうでござんす  あれでござんす  店がそうでござんす  非番でござんす  そ、そうでござんす  元手でござんす  どれでござんす  年の暮れ、とはどうでござんす  アッハハハ自己流でござんす  代り世間へいい触らす  ナニいい触らす  何をいい触らす  奥儀秘伝を剰す  どこでござんす  んではござんす  ネタを割ったらどうでござんす  牢につながれておったら、さぞやるす  わたしもす  何かと云われはす  木々をざわめかす  夫にもよく分からす  倶にせんとす  王國を遍くめぐらしかつ悦ばす  衣となさんとす  棒げんとす  榮光をもともに輝かすを宜しとす  好とす  状を異にす  業によりて短うす  汝これを聞きて足れりとす  ざるを宜とす  むるを宜しとす  生命を長うす  來るを宜とす  處に響き渡らす  償ふをよしとす  徳を見す  言現はす  定かにす  さ微温さを異にす  歌をはや終へんとす  事あるをもて足れりとす  段を異にす  結び合はす  例をもて足れりとす  性質を異にす  これを殺さんとす  者を悦ばす  づる獵犬と同じとす  濫觴とす  カルリオペを指せりとす  首にかむらす  正義を解せんとす  これを速しとす  不思議とす  巨細にの意なりとす  眞とす  響き渡らす  善を見す  顏を赤くす  幅とす  度を異にす  窓はす  偶然をす  場合に、断然取りかへす  本箱より見す  あたりへ投げす  供出せられるだけす  田を眺めて洩す  女のす  私が洩す  新協劇団系とす  言はんとす  水線下に、ずずず  引返えす  面影を偲ばす  アに、明かしてもよござんす  結局口にす  夜がらす  指導をす  納涼場で、見す  戦いをす  角を振り舞わす  将に亡びんとす  寶器をす  將に亡びんとす  神ながら契らす  神のまもらす  山のあなたゆかす  さくみ國見す  すみどなりければ見るになつかしき思ひぞす  茄子つくりす  歌を以てす  らゆればす  さきがす  支持したりす  種とす  備前に至らむことを以てす  我等はす  死屍はす  ころとす  水は汲ます  庭をす  小雨そぼふるす  誇りにす  外ははちす  朝草刈らす  窓もあけたればす  春行かむとす  外はす  肌にす  代を取らす  意匠にはつりあわす  自分はそうたびたび借す  踵を回らす  上へす  講話をす  證據とす  葉書でなぞ寄す  腰を凍らす  是非におよばす  ように言わんす  光景とす  好尚を異にす  殆ど埋れ尽さんとす  確めざるをよしとす  れんとす  からざる問題なりとす  人物を作らんとす  敢言せんとす  倫理とす  心を滅入らす  歩道にこぼれふんすゐす  ありがとう御座んす  注視せんとす  がんと喰らわす  本流とす  例証とす  要とす  空地に見す  根源とす  それよりも軽くす  服装その他百姓に準じて軽くす  合祀後は見す  受取証を書かす  多く絶えんとす  大正十一年三月鳴雪識るす  追腹をす  稽古をす  俳談を闘わす  処とす  本領とす  絵本につきて語らんとす  擱かんとす  飛躍せんとす  制作なりとす  想像せしめんとす  以後なりとす  二次とす  勝川春章なりとす  傑作とす  芸術家となさんとす  想見せんとす  法則とを異にす  の高きひくきをさだめんとす  有名無実のものとならんとす  跡を絶たんとす  口調を以てせんとす  理由とす  兆候を示さんとす  チェリイをす  旅窶れのした見す  畫師が、す  舌を鳴す  家が見す  さをす  暮れんとす  居はす  これは聊か考へすぎて居りはす  菟道稚郎子とあるなど思ひあはす  おれたちのす  批評をす  膿をす  頭まです  金網はす  溝を掘りはす  何をどうす  屍体を投げす  はかみてす  舞ひゆくす  來た見す  念とす  手柄にす  気持は、す  途方にまごつかす  意地張らす  動物にはす  籠つて出て来ると、見替す  孰れにす  楽みとす  美とす  六三郎はす  旅でござんす  善根をす  肩先へ蘇らす  生命を長引かす  背を借す  礼して立ち去らんとす  上を走りて見えつ隠れつす  オーシスに分かれんとす  夢を破らんとす  遠く走らんとす  真中にのこしゆかんとす  心破れんとす  明けんとす  大君宣らす  それまをす  臥り撓むと、す  手前えは、ぬす  湛へたばす  脚部をす  丸アルいくもりがらす  邪推を回らす  笑いで間切らす  同情を起さす  反動を載せて走らんとす  襲はんとす  起臥せんとす  運命とあきらめんとす  歌はんとす  足利尊氏の如き、仰向す  夢一とす  知覚我を離れんとす  強制したりされたりす  主いえす  味方に執らす  徒らに枯れてしまひはす  地で再び甦らす  紙に甦らす  目にす  山村にす  しか表はす  役割をす  社会的地盤に照す  地盤に照す  人に出会わす  當然即時保釋にす  一語も聞き洩す  笑を洩す  先生の見す  神経は荒れす  書を奉らんとす  事たれりとす  御身に与え取らす  苦もなく、す  現象を以てす  解釈がつきはす  さまです  容赦はす  自分を分らす  傘を潜らす  伝説をす  程度にす  五日払いとす  恐縮したりす  何商売に限らずこうす  根太をも軋ます  体をふっ飛ばす  受売をす  巻物一巻をひろげてす  居間にす  ゲームを戦わす  我身を焦す  旅順に行かんとす  君がす  いまは、たのみとす  身装が少し見す  解釋を試みんとす  者とす  端緒を開かんとす  戸數道里は略載す  否やを見んとす  所あらんとす  苦悶懊悩を以てす  不幸とす  我が国女工を以てす  ころは見す  何となく見す  來るとす  生徒扱ひにす  何等論議を戦はす  人を悦ばす  舞台装置の見す  胸を、す  むきに、す  洋傘をす  香はす  度を高うす  中央にす  微笑してかはす  ご存じではござんす  匂とが、す  ナイルをみなぎらす  十七日までに着かす  ものが見す  今こそこんな見す  われわれを見す  仕事をお断わりす  準備などはす  仲間を興がらす  のを、叱られはす  家へ近寄りますと、叱られはす  何も遣す  門前払いを喰わす  文かく間待たせて折らす  容るす  袋にす  蝦夷管領とす  それを奪って遣す  病を成さんとす  上に与えんとす  無始無終とす  薬を与えんとす  一手段とす  婦人とす  実をもってす  無窮に向かって進まんとす  英国ロンドンに至らんとす  中教区とす  小教区とす  甥を尋ねんとす  延長である寝す  媛の寝す  目を眩ます  喉をうるおわす  天はす  そこのす  みんな、早ねす  幹を太らす  申し分ないとす  欲つす  虫眼鏡を取上げられはす  恰好は如何にも見す  警官に捕りはす  眼鏡をかけた、見す  伝説を記したろうまんす  義で、まをす  呪言に、まをす  斎鏡とす  本式とす  唱へ聴かす  詞をまをす  づもつて足れりとす  心配をす  迷はんとす  勢力とす  日一日より狭くなり行かんとす  心を安うす  性格を以てす  率ゐんとす  無常を悟す  女ばかりてす  咎めもす  自分を蹴陥す  余りにも変り果てた見す  相談だというこってす  ごぶさたでござんす  越前を追い陥す  塩加減よくす  至要とす  材料にす  豪遊をいい触らす  事を挙げはす  炎焔天を焦す  女とす  砲術を試みんとす  行動をとらす  行衛を眩ます  服装の見す  相手を困らす  夜泊りもせす  幼児をいだきてぞ泣く掘りかへす  夫れで御座んす  返討などに逢いはす  神を遣す  のはちす  一一一うらす  八二おほまへにまをす  三一くにへくだらす  四四はなばちす  五二ものまをす  四九よくす  八七わがてとらす  人々を思ひ起さす  生活の見す  六尺ばかり跳び上がり、す  三度ばかり吹きす  彼くるす  紙っきれをふっとばす  退屈さうに舌を鳴す  角張つた感想を洩す  つて寄す  糸をほんのす  先生によつて、見かはす  ばちす  宗徒のす  やつもござんす  光があかあかと照す  言伝りましてござんす  金庫を開きまアす  硝子をす  鬚をふるはす  もので、す  蔭ではす  滅多に捨てはす  奴と、怒って怒ってどうにもす  頼みとす  姓とす  通入す  機はす  絶望した者はいかにす  宗致とす  公事をもはらにす  人を救うてとらす  後の培いを作す  茎をす  宿命とす  砦へ、見す  みちにす  言葉を覆えす  様式がす  知らにす  天ツ神のをす  コネ合はす  物音をも聞き洩す  群集は驚いて飛びす  現実をす  自由です、然し、孕ます  愛は孕ます  得意になりてす  ろして、す  景色にす  花をす  胴体が、す  一撃を喰わす  空もいつかす  人のす  想像にのぼす  祝、とす  目深に、す  雲がす  讃美せんとす  整理されてす  実力を見をとす  地面にちらばす  概念とされてる、す  首をす  方がす  首をひねらす  過程にす  直しをす  友人に借す  経読ます  カゼを重らす  一と揉みす  詮索はす  敬題とはす  祈祷を凝す  人が変りましてす  粋想とす  盲目とす  大好物だから、どうせわけるなら漬けす  幽明界を異にす  却つて勝れりとす  夢を護す  満足を共にす  次を差上げまあす  何うして呑ます  金をす  すり足をす  勝手に振舞わす  謀叛人に陥す  前とす  石川に持たせつかはす  スタートラインにす  百米からふっとばす  他人に漏す  ヒューヒュー鳴す  大業を作す  げをす  其蒼天へ向いてす  のに出つかはす  臭いひどくす  大衆へ行き亙らす  饗應を取替す  冗談をす  季とす  十娘はす  烟とす  要求を申出す  住いを華やがす  女郎ぐもはクルクルクルとす  どちらかというと、見す  恋はす  踊りにす  郷士とす  かさにす  づしたつて、す  足を踏み出すと、す  訪問などす  上つてあたりを見廻してゐると、す  情熱を打込ます  運命を等しゅうす  ために出来るだけす  散逸するをつねとす  ただの見す  毒をもってす  例の、がらす  得々とす  小武器、す  空を焦す  百姓につくらす  切れ目がす  一隅にす  書院かを想わす  女に云って聴かす  あはれ深く感ぜられはす  歌をとりかはす  成つて更にす  やり方をす  学生時分学校をす  傍の、考えても見す  行儀よく取りす  方が好うがす  頭をす  あちこちをすつす  紅のとらす  なにとかす  耳鳴す  ぺらぽんのすつぺらぽん、す  日があかるく、さうして投げかはす  指を思はす  進歩的にと踊らす  殷盛はもとよりよみす  身なりも見す  主役として躍らす  反省もす  もんか、す  赤ンぼでも、す  さい、す  子のす  ため、す  喰べ、す  あと、しきりに、す  塚ぐらゐでは、す  大人に思はす  富士見にござらす  二度になれはす  視線をかはす  のてす  善とす  淑とす  我家とす  情以外の難きを以てす  隔を固す  様にす  名を以てす  記者に質さんとす  自ら縊れなんとす  淫売とでもおもわす  鉦は鳴す  笛を鳴す  ぐりを町に鳴す  終ひに、でもあぶなう御座んす  浪花節をやりまアす  形はす  暴露せんとす  已まざらんとす  担はんとす  戰はす  事なく誇らんとす  圓滿にす  書棚にかへす  人間が多ござんす  辭を洩す  目標にす  雑草にす  邪魔をす  自分のす  仕事を措かす  体をくねらす  椅子をす  腰にす  ものは、す  一本道を振返りもせずに、す  

形容詞

~ す[形容詞]
貧乏す  休みす  思ひ出す  コマす  実にす  待遇す  まらす  転す  沈黙す  派遣す  いつもす  眩す  談話す  思召す  極めてす  とります  もっとす  可愛いす  指先す  いかにもす  做す  もうします  合理化す  あんがいす  脱出す  治癒す  単純化す  とってもす  意味す  居合す  

~ す[形容詞]
現はす  

[形容詞]
すン  すこと  すよう  す寒い  すくせ  す紫  すの  す笑  すやう  すぺてろ  すため  す目  す筈  すまま  す髯  すたび  す冷  す濁り  すぼんやり  す暗がり  すぐつたく  すツ  す方  すそう  す積雲  すだけの手  す笑い  す霧  すのもの  すぐつたくつて  す度  す肌  すもの  す限り  すぐつたいほどの  すところ  すつもり  すでるは母胎  すでること  すでる能力  すでるといふ誕生  すでるの第一義  すでる者  すでるの原義  すでる義  す闇  す為  す紅梅  す桃色  すだま  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
すつかり姿を消して  すつかり悲しくなつてラヂオをこわしてしまひました  すつかりてれてしまひました  すつかり日蔭にして  すつかり忘れてしまつてゐる  すつかり安心をしてゐる  すつくと立ちあがり  すつかり忘れて  すなはちさういふ  すなはち  すつかりすがれた  すつかり暮れてし  すつかり葉をおとした  すつかり散  すつかりあた  すつかり落ちついた  すつかり春めいた  すつかり春らしく家々のけむり  すつかり参  すつかりおとして  すつかり忘れてゐた  すよりも生活そのものをうたふ  すつかり葉をおとして  すつかり柿の葉は落ちて  すつかり自然と遊離してゐる  すつかり嫌なものになつてしまふ  すつかり消えた  すつかり嫌になる  すうすう風の這入って来る  すにして  すの横町に出た  すつかり変化した  すつかり出来てゐるのよ  すつかり姿を見せなくな  すはばさばさとゆれる  すがたとなく  すつかり忘れてしまひました  すつかり得意になつてゐると  すつかりハンドルが曲がり  すの上からむっくり起きあがり  すなどをしめして  すつかり身がためをしてゐます  すつかり逆せ  すつかり止絶えて  すつかり涙を拭いて  すつかりと消化れてしまふ  すに往来へ差し出ている  すつかり大人らしくなつて私のところに訪れる  すつかり皆さんに弱味を握られて  すつかり消えて  すつかり元気が甦る  すつかり元気を回復した  すというような文句を節おかしく唱える  すがつて歩みを運んで行く  すつかり驚いて  すつかり私を抱く  すつかり葉をふるひ落した  すつかり安心して  すつかり安心をして  すなほさがそつと浮んできた  すつかり諦らめて稼いでゐる  すがすがさせたが  すつかり肉づいた  すつかり雨装束に準備して  すつかり違つてきた  すを導く  すをしかと見とどけたと申す  すつかり違ふ  すつかり語が違つてゐよう  すつかりと拡げて見ると  すつかりにあるとしても  すのこを敷き  すつかり忘れていた  すつかり脅えた  すつかり幻滅し切  すと飛びしさって  すつかり仕度が出  すつかり眞黄色になつてし  すつかり醉拂つてし  すがひにつつこんで  すつかり煮えた  すつかり禿げて  すつかり用意が出  すつかり疲れ切つて  すがひに  すつかり消されて  すつかりやつれてよ  すつかり出  すで瀬戸ひきの鉄瓶がかけられ  すつかり上がり  すつかり忘れてしまつて  すとして来た  すつかり降  すつかり肩を窄めつ  すでれ上部のみを紐にて止めたるならん  すががありません  すががありましょう  すつかりすり減つた日和を履いて  すつかり陷沒し切るまでには  すつかり海邊のこの町が氣に入つてしまつて  すつかり上海が好きになり  すつかりおば  すがしき  すつかり手に入つたものではあるが  すには自分達のはらった  すつかり止んでいたし  すつかり若葉を出してゐるのに  すつかり心配して  すつかり身体が恢復したせゐだらうか  すつかり狂つてし  すつかり歯の抜けた  すつかり職工気どりで  すがへすも  すとも数え  すまで私はユカイに口笛を吹いて待っていよう  すで包んだ  すつかり包まれる  すつかりオレンヂエエドと頬のほてりを忘れて  すつかり顏色を惡くしてしまつてゐただけ  すつかり度肝をぬかれてし  すつかりあわててしまひまして  すつかり貰ふつもりで  すだけでとても精神的な文化には触れられない  すにしても  すつかり変つてゐる  すつかり壁が繪で埋まつてゐる  すつかり云つてみたら  すつかり物質の中に逃げて  すつかりなくしまして  すに見惚れながら  すを引つたくつた  すを眺め  すとを見比べたなり  すに幾度も接吻しつ  すつかり御無沙汰して  すつかり失せて  すをくれて  すは今や全で別物のやうな生きた  すつかり参つて来た  すがつて泣いてゐる  すつかりあわてて  すつかりわかりました  すつかりおなほりなりました  すつかり鳴らなく  すつかり談してゐたらしく  すつかりおわかりなりました  すつかり思ひとまつて  すつかりひねくれて  すつかり振られて  すつかり嬉しくなつてゐる  すなはち散り積む  すつかり戦勝気分に酔つてゐる  すつかり虚無へ渡して  すつかり霜枯れて  すつかり覺えこんだ  すつかり何から何までうまい工合にはゆきませんが  すつかり信用の出来る  すつかり凍  すつかり本当の話が聞きたいな  すつかり自分達の体が疲れてしまふ  すつかり仕事をやり遂げる  すつかり聞ければ  すつかり塗つたうすい錫の床の下では銅は錆びる  すつかり清められた  すつかり書き込む  すつかり棄てました  すつかり安心しました  すつかりあつくなつてゐました  すつかり困つてしまはなければならない  すつかり光りで包まれて  すつかり消え失せて  すつかり燃え  すつかり見えて来る  すつかり見えなければならない  すつかり上りました  すつかり廻つて了ふ  すつかり此の濃い湯気の湯に包まれて  すつかり追ひ出されてしまひましたとさ  すつかり乾いて  すつかり気を取られてゐました  すつかり気に入つた  すつかりなまけ者になつてし  すつくと立上つて静かに僕の顔を打見守つた  すつかり夜となり  すつかり乾かした  すがにもなるべしと  すつかり弱味を突かれた  すつかり埋められてしまふと  すつかりあがつてゐた  すゐれ  すつかりつるつるになつてゐた  すつかり乘氣になつてし  すにあれば  すつかり口癖になつてしまつて  すつかり暗くなつてゐました  すでひつそりこお供は後よお供は後よお供は後よお供は後からついて来る  すつかりの事を思ひ出した  すつかり晴れて  すつかり積みこまれました  す早く突進していた  すととん  すつかり決つたやうな顔をして  すと水蒸気さえ昇らせていた  すと右近丸は元来た方へ引っ返した  すはといわば今にも討死せん  すつかり暮れきつてゐる  すつかり話して聞かせました  すつかりかきつけてゐます  すつかり立派なお嬢さんになつてしまつて  すつかり寝坊し  すつかり逞しい想像を回らせてゐる  すつかり覚へてし  すつかり寝込んでしまつたから  すが眼を出して  すがつて手を差伸べて  すつかり判つてゐた  すつかり世帯く  すつかり声まで改まつてゐる  すが糸で糸目を長く付けた  すつかり困  すつかり疲れてゐる  すつかり白髪になつてる  すつかりまつ  すつかりしをれつくして  すつかりの出来ごとを考へかへし  すつかり人間でなくなつて了ふ  すほどに少しは心にしみる  すつかり精進に入る  すつかり変つてゐますか  すつかり昔に変つてゐた  すのにおいがただよう  すのにおいのする  すつかり使ひつくしてし  すつかり外套を着こみ  すつかり閉口して  すつかり怒らしてし  すつかり満足して  すはどこへいった  すつかり濡れて  すつかりグデグデ酔ひつぶれて  すつかりどぎまぎしましたが  すつかり浮かれて  すつかり呆れ  すつかり止まつてゐたが  すにする  すでいらっしゃるか  すの生垣にあいてゐる  すつかり金屬か何かのやうに美しくキラキラと輝きわたつて見えた  スの字のつく  すつかり堅くなつてつきあつてゐた  すうすういう  すつかり忘れてし  すのあいだの気ばらしに  すつかり色がなくなつてゐて  すつかり積み寄せられてゐた  すつかりかうして置いて下す  すつかり持つて  すつかり下へおろされて  すつかり解決をつけて来たらしいね  すつかり片づけて  すつかりは忘れきれない  すがつてゐた  すつかり年をとつて弱られましたねといふのであらう  すががき琴よ忘るな海棠の紅をしぼりてのらぬ  すつかり忘れてしまはうと  すつかり落ちて  すつかり慣れてしまつて  すつかり酔つた口調になつてゐた  すに出て来る  すつかり明るく取拡げられてゐた  すなはちは  すつかり失つてし  すつかり雨戸が明け拡げられて  すつかり倦きてしまひ  すつかり役に立たなくな  すつかり疲れ  すつくと立ち上つて  すつかり食ひ尽すと  すつかり食ひ尽した  すがかかっている  す早くはね起きた  すがへす  すにしろ  すを見に行け  すつかりかはつた併し  すつかりすんだ  すつかりさめて  すつかりいろづき  すや雀より早くおきいで  すや雀も一しよである  すつかり荒れはてたけれど  すを祭れ  すつかり梢もつやつやと今朝はひかり煙のやうに伸びひろがつたそこの梢のてつぺんで一はの鶸がないてゐる  すつかりわかり  すつかり恥をかいてし  すつかり引つ  すつかり心よくこちらの腹へはひる  すつかり違つてゐる  すに過ぎず  すに通ふ  すにだも漸く難からむとするを看れば  すがにもなろうとは言うものの  すがになるとはいうものの  すつかり聞きましたよ  すつかり鬱ぎ込んで  すつかり昂奮して  すつかり女嫌ひに  すに到つた  すつかりそれに奪はれて  すの打合はせの  すはせ  すはせつ  すつかり豫定が狂つてし  すつかり睡りこけて居た  すつかり擦れて居る  すつかりお吉を張本人と決めてしまつて  すつかり丈夫になつてお靜と一緒に庭や門の外まで遊びに出て居た  すつかり弱り果ててゐる  すつかり忘れて居ました  すつかり恐  すつかり面目玉を踏みつぶして  すつかり御無沙汰をし  すつかり怯えて  すつかり兜を脱いでしまひました  すつかり油斷してゐる  すつかり明るくなつて居る  すつかり跡方が無くならうとしてゐる  すつかり草鞋まで穿いてし  すつかり涸れてゐた  すつかり片づいてから  すつかり明けはなたれてゐた  すつかり春景色になりましたが  す早く口を塞ぐ  すつかり締めきりましたよ  すつかり萎れてしまひました  すつかり胸を惡くしてゐたが  すつかり興奮して  すつかり安心した  すであらうけれど  すつかり見透しな  すから裸体になれ  すつかり忘れてたの  すつかり落つき  すつかり私の口癖になつてしまつて  すに向こうへ走っている  すうすう寝てしまった  すと左へ曲がった  すつかり分つた  すつかり腕をつなぎ合はせてゐた  すつかりアワを食つてゐた  すつかり醉拂ひ切  すつかりグルになつてるではないか  すつかりわかる  すは僞りて善なるより  すつかり冷え切  すとーんと地面へ落ちて  すつかり疊をあげる  すがたみもありました  すがたみの前に立っていました  すつかり家の中へひつこんでしまひました  すつかり保護して  すつかり好い気嫌になつて次々とカフエーを飲み歩いた  すつかり話し込んでしまひました  すつかり打ちのめされて  すつかり掻き寄せておきましたから  すつかり私のおちどに  すつかり私には解つて居る  すつかり償はれて  すつかり腐  すつかりテレ抜いて  すつかり諦めてしまつて  すをかけて  すつかり浮世離れをして居る  すつかり融けこんだ  すつかり分るから  すがたで  すつかり黙  すつかり眠気がさめてし  すの声もめったに聞いた  すはつて一点を動かずといふ  すつかりふみかためられて  すつかりこちらの暮しにお馴れなされて  すつかり水田にする  すつかりもう打とけた  すつかり実地に調査された  すのところまで入りこんでいて  すつかりくさつてし  すつかり落ちた  スとすべきを  スをシとする  すがすする  すつかりさらはれて  すつかり満足してゐた  すつかり冷えこんでしもたわ  すつかり気が大きくなり  すつかり壊れて  すつかりそれに馴れた  すつかり仲良しになつちやつておいて  すつかり雨雲に隠されて  すつかり腰を落付けて  すつかりおこつてしまつて  すつかりわからなかつた  すつかり山中が好きになつてし  すに相当の歳月をもつてしたならば  すに適する  すつかり離れてゐる  すつかり障子をしめ切つた  すつかり皆を引きつけてし  すつかりあせて  すつかり泣き切つた  すつかり倦れきつてしまふ  すの固定した  すもあすから出てゐると見る  すと促音化した  すは丁寧法即対話敬語となり  すもの融くる  すつかりその話に魅せられてゐた  すつかり備へられて  すの花が咲いたわ  すの花をもつて  すの花の咲いてゐた  すの生垣について忍んで行くと  すの咲き乱れた  すつかりい  すつかり異なる  すがすがする  すつかりおつかなくな  すのようになって  すつかり出来てる  すつかり忘却してゐた  すがありました  すつかり東京に住慣れて  すつかりからつぽになる  すつかり醒めてし  すつかり覚えてし  すつかりタルノ街に逆上して  すつかり變つた人間になつたことを誰に打ち明けようと  すつかり空虚になつた顏に漂つてゐる  すつかり埋  すつかり首をうなだれました  すを教えてやりました  すにキッスしました  すに腰かけながら  すつかり声が錆びた  すつかり聴いて居りました  すつかり明けました  すと云はば則ち  すつかり疲れ切つた  すにすぎぬけれども  すつかり思つてらつしやる  すつかりわかつてゐると  すと石垣の横の日陰に横臥していた  すつかりと閉めて  すつかりみのるを演劇の執着からはなしてし  すつかり見えた  すつかり私の方から見えてし  すつかり汗をかいて  すつかり狐に騙されてしまふ  すつかり隱れてしまつてゐる  すつかり涸れてゐたと  すつかり済んだ  すほどの田を一人では仕限れないから  すの弾力のある  すつかりお見  すつかり真にうけて  すつかり納まつてし  すつかり日本化せられて  すつこんすつこ  すつかり年をお老りなす  すもとり  すにした  すつかり怖気をふる  すつかり曇つてしまふほどでした  すくりい  すつかり青ざめ  すつかり元気になつてしまひました  すより遙に罪軽かるべきです  すがし  すつかり澄みきつて  すつかり變つて居た  すつかり截り離されて  すつかり忘れてゐたわ  すつかり真白な服装をしてゐる  すつかりうまく行くといふ  すつかり草疲れて  すつかり変つて居た  すでせう  すつかりほぐれて  すつかり待ちくたびれましたよ  すに及ぶ  すつかりおとなになつてし  すつかり失望した  すつかり呼吸を停めた  すつかり疲れ果てて  すつかり暑さを感じなくな  すつかり敵を侮  すつかり澄み  すつかり変つた処に参つた  すつかり手入れがせられた  すつかり變つた事が入りかは  すつかり忘れる  すつかり明るくなつてゐる  すが糸を運んでいた  すつかり表書をして  すつかり滅入り込んでゐ  すつかり去つた  すつかり快くなるまでゐて  すつかり呑み込めない  すつかり了へました  すつかりぼんやりしてゐた  すの故を以て法廷に引かる  すつかり桑畠と野菜畑とになつてゐた  すつかり仏に向つて靡いて行く  すつかり感心させられて  すつかり委せ  すつかり年期を勤めあげて  すつかり落ちてしまつて  すつかり真に受けられて  すを見詰めていた  すつかり感心してしまつて  すつかり除け者にされて  すつかり肩の張らない  すでのこと刄をこの咽喉に當てようとした  すつかりそこにその全面をあらはして  すつかり感動した  すつかり分かつた  すつかり武裝してゐる  す暗い車中に居ても  すつかり指さきが凍えて  すつかりフェヤウェーに於ける  すつかり眞白い雨で包まれてしまつて  すつかり石鹸で濡れてゐる  すがさえなくなってしまいました  すつかり洗ひ清められたばかりの  すつかり見  すつかり当惑してしまつて  す早く逃げてしまひ  す早く着物をぬぎ  すにさへ  すつくと立ちあがつた  すがたして  すがたかたちを寫しなば  すつかり盲目的な勢ひに委せてゐる  すつかり顔馴染になり  すつかり荒んで  すつかりメルヘンの王様や魔法使ひや  すつかり忘れてゐたが  すつかり微禄してゐた  すを例としたが  すつかり落胆して  すつくり立つを  すつくと立つて  すつかり赤化し  すつかり形を没してしまふ  すにも当らぬと思ひ返したらしく  すつかり落ちつくした  すつかり彼女の手で出来た  すつかり恐縮してし  すつかり打明けてゐた  すつかり昔の顔触れが見えなくな  すあかい芽を窓いっぱいにひろげてゐる  すや葢し  す又小事小利に意を奪はれ  す然れとも  すへて起ら  す且つ其方法は多く醫家の講する  すつかり焼かれてゐた  すつかり抜け落ち  すつかり白い靄につつまれてゐて  すつかり気分が悪くなつてしまひ  すつかり暗くなつてゐたし  すつかり頼りに思はれて  すつかり教へてくれます  すつかり恐縮して  すがと洗った  すつかり定めて  すから何時あばれ出すか知れ  すつかり好きになつてし  すつかり真似た  すつかり整理した  すつかり日はくれて  すつかり感心して  すつかり驚いてし  す早く投げあう  すにはいり込んだりしてはいけないでしょう  すをなさいます  す早くボクさんをつかまえて  すつかりと神事関係になつて了うて  すやを仕込んだ  す早く酒をいっぱいついである主人のコップをつかんで  す早く身をかわしては  す早く立ち直って  すの令を出したる  すがやかだった  すの花が早抹に深い靄の中にさいて  すがすと  すになるといけないから  すつかり疲れて居る  すつかり萎びて  すつかり詩のスタイルを變へてしまふ  すつかり直つて見ると  すつかり道を悪くした  すががきにふとこそうかべ  すのかみがみいとも  すつかり出来ると  すつかり見えなく  すつかりしよ  すつかり昔のやうな元氣のいい息子になつて居たから  すつかり歩き疲れてゐた  すつかりふくれて  すつかり話して下さいな  すつかりおびえきつてゐるモニカは咽び泣きしながら  すもせず  すから木葉かたよる  すつかりうらはらに考へる  すつかり浦島太郎になり  すつかり外国風な合図の仕方になり  すつかり変化してゐる  すつかりおもかげが変り  すつかり孤独の愛好者になつてゐた  すつかり氣に入つてしまひ  すつかり問題を片づけてしまうと  すつかりくたぶれたけれど  すなほさを除いて  すつかり労れて  すはつてぢつと眺めた  すつかり雨支度して  すつかり浴泉気分になつてし  すはつてゐる  すつかり嫌になつて方々を探し  すつかりもう三国一の武芸者気どりに  すつかり解つてゐる  すつかり血が殖えた  すつかり姿が變つて居る  すつかり冬仕度が出  すがつてランプに輝く  すつかり剥げて  すから力ずくにゃいかねえ  すなほさあるべし  すつかり出来たのに  すなほさがなければならない  すつかり暮れた  すつかり好きになつたトマトうつくしくうれてくる  すつかり無くなつてし  すをたのんで  すをひっくりかえした  すつかり忘れて居た  すが今日は荷ばたきですから五掛五分の勘定でようがす  すつかり見えねえも  すが一人前になつたと思つたらころりやられ  すが夜は隨分草臥れます  すつかり分つて  すつかり異つてゐるので  すつかり下拵らへも出  すつかり肉塊になり  すつかり防水の用意が出  すつかりこれに打たれてし  すつかり身體中が痛くなつてゐた  すのみたてる  すつかり快復して  すつかり学校へまかした  すの出ぬ  すつかり言葉の中に壓縮されてしまひました  すとんすとん  す退り始めた  すがにしたい  すとんす  すと断ってくれ  すつかりその固いものの背後にかくれてし  すつかりのみこんでゐる  すつかりのみこんでゐたが  すつかり嫌ひにな  すつかり感心したとも  すつかり夢中になつてゐた  すつかり途絶えてゐた  すつかり御無沙汰してゐました  すつかり落して  すつかり有頂天になり  すつかり灰白色になつた大きい拝殿がゆるんだ  すつかりゐなく  すつかり死に  すつかり君のいふ  すつかり取りかへてあるが  すの三種揃って  すを註文したので  すに至った  すがつたと思へば  すの公開状を与へんとす  すの位地に立つの  すががきを始めました  すががきを聞き  すつかり終る  すつかり不貞腐れてゐる  すつかりおくれつち  すつかり赤くなつて照れながら  すにはくっ  すの公開状を與へんとす  すに当りて  すはこそ出たぞ  すつかり暗くならない  すつかり下剤をかけた  すつかり白い霧の底にかくれてし  すつかり改められてし  すへとある  すがつてゐる  すつかり勢づいて  すつかり下卑て  すつかり晴れあが  すつかり行詰  すつかり勞れ  すつかりきれいにした  すつかり見えました  すがありましたが  すを見つけました  すつかり海へなげすてたといひますから  すは人間にとまつても  すつかりたしかめられた  すつかり金網を張らせ  すつかり暮れて  すつかり當惑してしまふ  すのかね  すつかりいつもの女の子の變裝を棄てて  すつかり繃帶をされながら  すつかりキキ等との遊戲を忘れて  すつかり凋れて  す早く茨の壁の出口から出て行きました  すに足るだけの  すなはち立ちて  すつかり静まつて  すつかり諦めて待つてゐる  すつかり空虚になつたやうに感じました  すつかり分らなく  すつかり水の涸れてゐた  スの三品はその頃でも買わねばならぬ  すつかり安心してし  すつかりあの人の持つてゐる  すつかり巻が切れてゐます  すつかり朝の仕度をしてし  すつかり荒さんだひるまにな  すつかりぬれた  すつかり喜んでしまつて  すに包みをしょってゐる  すがやうに黒い露岩の向ふに  すつかりヘトヘトに参つてし  すつかりソルボンヌの文科大学生と恋仲になつてしまつてゐると  すつかり若くなつてお出になりませうか  すがの顏もほてつて居る  すつかり止んだ  すがの家で捨て置くまいと思ふ  す早く入り  すつかり止んで  す早く手術臺に近く立つた  すのこのように床にとりつけてある  すつかりさめきつてし  すつかり昨夜の夢でそらんじた  すつかり煤けたよ  すつかりきれいに飾られた  すつかりさつきの通りに下でたくさんの灯を綴つてはゐましたが  すつかり註文通りだといふやうにほくほくして  すつかりあわててしまつて  すつかりふさぎ込んでしまひました  すつかり小さくなつてしまひ  すつかり明るくなりました  すつかり疲れき  すつかりと見透される  すつかり汚れて  すつかり烏頂点になつてゐる  すつかり落着いて  すほど少しふくんで  すつかり沸き切つて  すつかり考へこんで  すつかり新らしい空気と入れかはつた  すつかり度胸をす  すがすがと生きる  ススりあっただけな  すがつて策を施す  すがつてゐると  すつかり疲れた  すつかり濟ましてゐない  すによこたわっていた  すからきまりわるく立ちあがった  すつかり脱れて  すつかり消えてゐたからで  すがもなくなってしまった  すつかり忘れき  す早く彼の手をひいた  すとかいうような言葉を使った  すつかり信用してしまひました  すつかり調子に乘つてしまつてゐた  すをつついた  すつかり機嫌をなほした  すががきを弾いて  す早い一瞥をくれた  すとでもする  すつかり送られた  すがの何ものもない氣がした  すつかり暮れて居た  すつかりした  すつかり片付いた  すつかり食べてし  すなはちかの禅師がおはします  すつかりこれにくるまらなければいけないよ  すつかりよろこんで  すつかりわかるだ  すつかりさめた  すに甘んじたり  すであらう  すを着せて  すうすう引きさかれ  すつかり花が好きになつてし  すだからんやんばる  すは三百年まへより大江村の切支丹のうちに忍び  すの香にや酔ふ  すつかりさめきつて  すつかり赤錆がして  すつかり感心されました  すつかり苔がむし  すの花などが秋の色をあつめている  すの袷衣か綿入れを着ているじゃないか  すの綿入れの上に羽織だけいつものお召を引っかけている  すの風呂敷の畳んだ  すだッていいましたら  すでさびしいと申して  すつかり表れて  すつかり魂を奪はれてしまつて  すつかりあわてて急いで  すつかりうまくだまされた  すがたらしい黒い輪郭が浮んでみえた  すつくと立つた  すつかり煙草はやめにしました  すの動機に至っては解し  すが変わってきている  すつかり慌ててゐたので  すつかり君に降参する  すつかり心がとけてしまひました  すこっぷを積みこんで  すつかり途方にくれてゐる  すつかり秋だとほくとほく  すつかり忘れ  すつかり霧にかくれ  すつかり知れる  すつかりあなたの声はプロフエツシヨナルになつて来たわよ  すつかり変つてしまふといふ  すつかり平坦な道を馬車は決勝点を越えた  スのあスを踏んだな  すつかり尽き  すがつて連日女を口説きにでかけたといふ  すつかり毛がぬけてしまつてゐる  すつかり嬉しがつてゐるので  すはたちまち笑顔になって  すつかりわすれて  すつかりばけの  すつかりつなぎ合せました  すつかり焼け落ちて  すつかりドイツの士官になりすましました  すつかり人夫たちの背中にせ  すの間にそでの様子でも変わった  すをしているか  すを頼みまして  すにやられたとみえて  すつかり出来あが  すを預かっている  すにしておるわ  すにしましたとのう  すつかり悄氣てしまつてゐた  すなはちのぼりすなは  すつかり葉を落してしまつて  すがたとしか見られなかった  すつかり闌けて  すつかり毒気を抜かれて  すに応はしい  すつかり肌を荒してし  すつかりやめて  すつかり弱くなりましたな  すつかり酔ひを奪はれた  すがつてよろ  すつかり逆上してしまひました  すつかりまはつてしまつてゐました  すつかり靈公をまるめ込んでゐる  すつかり氣を呑まれた  すつかり取り払ひに  すつかりおぢけがついて  すつかりおしまひになりました  すつかり失望させられた  すつかり磨滅した  すがカアカアないてとんでいました  すがいいました  すがになる  すに老婆也と云ひ  すつかり工場町になつてしまはないで  すつかり悄気返  すつかり雛も焼けてしまふ  すつかりあたりまへのことになつてゐた  すつかり貴方の心を了解しつくして居ます  すつかり仕度をしてし  すつかり女房任せにしてしまつて  すつかり買つてしまはなければならないといふ仕  すつかり競馬フアンになりき  すつかり醒めてゐた  すつかり解つたわ  すをつくり  すつかり違いますわ  すつかり忘れてた  すでを養成する  すにせよ  すつかり民衆の味方でないと云はれてゐる  すつかり雪に掩はれた  すがたでなくてはならぬ  すつかり忘れたと  すともおいでなせ  すつかり私に教へて下すつたので  すに最も適当なる形式たらしめぬ  すの方法なかるべしと信ずる  すつかり仕事をすませてし  すにいい生活というものの基準をおいて  すつかり乗り気になつてゐる  すつかり作者の手を離れても  すほどのごった煮をこしらえてみせます  すつかり服をきてしまひました  すがたとが  すを梅子は首打ち振りつ  すが如き  すつかり素直になられましたわね  すつかり落着いて来た  すつかり彼の顔を拭き  すつかり睡り  すつかり自分が遺される  すに對して  すにもやあらん  すにはすばらしいお薬になるだろう  すがを与えずにおかぬ  すと約束して  すつかり用意してゐました  すつかりきまりますと  すつかり酔ひがまはつてもう目を細くして  すつかり明けて  すつかり冷えてしまふまでも  すつかり慣れて  すを見ても  すより死なば死ね  すつかり清々として意気揚々と進んで行くと  すつかり離れて  すつかりベソをかいて  すつかり氣に入つてし  すといふ海の上にうきねの  すとはたしかに盗  すつかり知つてゐる  すつかり變つてゐた  すつかり商賣替だね  すなどのかれ  すつかり名詞となつてしまふ  すなしがついたと考へる  すから卯の花くたしだというてゐるけれども  すはおふといふ  すの様なのはかれ  すをうけてゐる  すをよんで  すとなる  すをうけてふる  すは下二段のゆるから出た  すをそへておすとして  すがついたさ  すといふ所にする  すはふるといふ  すをつけた  すには為の意味があらう  すつかりその蔭になつてしまつてゐて  すつかりかすれてゐて  すつかり僕を快活にした  すつかり融けてし  すつかり露顕てしまふ  すつかり力がぬけてしまつて  すつかり出て  すつかり怒つて  すつかり遠ざかつて  すがへすもそむきぬるかな  すの種とならぬ  すが爺様まだ確乎して御座らつしやるし  すつかり手に取る  すつかり外れて  すつかり戸惑ひした  すつかり職業婦人のタイプになり  すつくと立つてゐた  すつかり僕を見  すつかり彼女のする  すがすがとなって弾いた  すやきの大きなかめを買ってきて  すの上に横になって  すのそばのテイブルのところへいって  すの上に横になるなり  すつかり繃帯に包まれ  すつかり治つて了ひ  すつかりかの行者を信用した  すがつて聟の助力を受けもするかと  すつかり気をよくして  すを湯こぼしに捨て  すつかり季節外れになつてしまつて困  すつかり沮喪して  すつかり見通され  すつかりすみました  すつかりたふれて  すをつく  すつかり出来上りましたけれど  すつかりきれいになつてゐないから  すつかりきれいになりました  すつかり怠けてゐた  すつかりお丈夫になるだらうなどと考へて  すつかり癒えて  すつかり荒れてしまひました  すつかり曇つてゐるらしい  すつかり身仕舞ひをして  すつかりそれ自身のうちに薄い暗を吸ひ取  すつかり禿げてしまつてゐるけれども  すつかり機嫌が治つてし  すゐんとん  すにちがいありません  すも忌はしき一女子の色に迷うて  すつかり其の表情を失つてゐた  すつかり脳を冒かされてゐるからで  すつかり潰されて  すがとして工合よく配置された  すつかりと了解出来ない  すつかり確定してゐて  すつかり確定すれば  すつかり自殺者で有名になつてし  すつかり斯う落ちてねえ  すつかり忘れ果ててゐた  すつかり肝胆相照したよ  すつかり厭らしい表情を露骨にみせて  すつかり呑まれた  すには多少残酷な気持もしたが  すつかり変つてゐるし  すの竹はそれだから萎びた  すが凧などがあって  すが凧売りの  すつかり道がこはれてしまひまして  すつかり安定して  すががさに変る  す早く涙をかわかして  すつかり賣切れて  すつかり冷えてし  すつかり聞いた  すつかり横どりをして食べてしまふらしい  すつかりおこつて  すつかり腐らせられてし  すつかりいとしくなつてし  すつかりあわて  すひこんでみる  すつかり選択する  すにホンの一ミリほど品物を動かしても  すつかり非科学的な頭に今はなつてゐる  すつかり醒まして行かないと困るから  すがつて畳の上にまで這ひあがつて来る  すがはないそれらの気配にならぬ  すのこんにやく  すと称へ候小き磔柱形の守り本尊を礼拝致し  すを取り出し  すへ置きかえている  すがとしての名も与えられていないし  すつかり日が暮れた  すでゆんなどに  すでると言ふ  すで水が来る  すで水の霊力で生れた  すで水で顔も腸も洗うた  すでらせるが  すで水を使うてゐる  すで水を呑む  すで人からのあやかり  すつかり赤くなつちやつたわよ  すつかり本来の自分を見  すつかり妾のお株を奪はれてし  すつかり呑み込めたと  すつかり黄葉して  すつかり寂れ切  すつかり晴れてしまふ  すつかりさしこんで  すつかり人間が変つてるぞ  すつかり面目を改めた  すつかり洗ひ流された  すほどにと戲言まじり  すつかり照れた  すつかり山の中の女になつてゐるでせう  すつかり裸になり  すとをぶに  すつくと黒く伸びた  スと取違えた  すつかり失敗してゐた  すつかりよくなる  すつかり集つたら暇にまかせて  すつかり退屈して  すつかり氣落ちがして  すつかり銷沈して  すつかりこの男に嚇かされて  すつかり改心して  すつかり首垂れて歩いた  すつかり夏になつてゐた  すつかり裝ひを  すつかり暗くなつてしまふ  すつかり夏の匂はしい  すつかり食ひ  すなんでいた  すつかりよろこんだ  す早く身を屈めて  すなほな掌をあはす  すつかり葉桜となり別れる  すつかり葉桜となりて  すつかり葉の落ち切つた  すつかり疲れ切り  すつかり雨に濡れ  すつかり扁桃腺をこじらせて  すが目のでっちりな女でとてもとても奥様とはくらべ  すつかり掃除がしてありましたよ  すつかり平静になつてゐた  すつかり頭を突つこんで  すつかり今は縮まつて  すつかり魅せられた  すがつて乳をのんだ  すつかり靜まりかへつてし  すつかり黄昏れてしまつて  すがもないと私は考え  すつかり盗み出して  すつかりこの青い小父さんと仲善しになつてしまひました  すつかり暴風雨が収まつた  すつかり自分の家来にしてしまひましたが  すつかり寝込んでしまひました  すつかり悪心を洗ひ清めて  すつかり火事にあひましたので  すつかり悄気て了ふ  すつかり老い込んで  すのみならず  すがたわが文にあれよ  すつかり葉の落ちつくした  すつかり變つてゐる  すほどになつてゐた  すつかり違つてゐます  す黒い海面へ庭さきからざぶりと飛び込む  すつかりやられました  すつかり脱いでしまいませう  すつかりぬけて  すつかり地方人らしい気持になつてゐた  すつかり気のぬけた  す紅く長きものが走りて  スの字が附くと附かぬだけの  すに及ばない  すも面目なうござれど召具したる  すつかり消えても  すつかり離れてゐて  すつかり態度を替へて  すつかり切らしました  すつかり建て代へようと  すつかり白けた  すがぬいのある  すと圧倒的に勝つたと  すに膝をすすめて  すつかりボロになつてゐる  すというが  すつかり度胆を抜かれて  スを与へるか  すつかり大人になつてゐた  すつかり見える  す敏くその相違を発見した  すつかり変りはて  すつかりやつて下すつたのに  すつかり打ち解けて語る  すつかり流れてしまつて  すつかり昇天して  すつかり神殿におしこめられて  すつかり春めいて  すのこの中へ抛り込まれるから  すのこの中へ抛  すのことは全体どんなもんだろうと思い出した  すつかり好い気になつてしまつて  すつかり愛想が尽きてしまひましたので  すつかり困つた  すつかり手配を定めて  すつかり癇癪を起してしまつて  すつかりつかれてゐた  すつかり開けて出ておいでね  すつかり窓をあけて  すつかり戸をあけて  すがちょっとお断り申しておかねばなりません  すをするが  すが一寸お断り申して置かねばなりません  すには及ばずとも  すへにける  すつかり体の調子が悪くなつたので伊東温泉に行つたり東京に出て来たりして  すに適当な語となつて居るが  すつかり黙つて  すつかり焼けた  すつかり変りました  すがしい  すから舌が乾く  すに適当な条件のもとに営まれているであろうか  すつかり白くなつてゐる  スとの二つの音を区別するのに  スとシが共に一つの新しい音になるという  スとよって来るなり  すつかり違ひます  すつかり変形してし  すと言ふ  すがある  すにかいが添はる  すつかり恥かしがつてゐるよ  すつかり火星嫌ひに  すと向うへ走っている  すつかり繃帯されてゐる  すつかりいい気もちになつてし  すつかり手を入れてこ  すつかり退屈してしまふが  すつかり一人前に育つてしまつて  すつかり悦ん  すつかり御店風に成りました  すつかり意味の宛嵌  すつかり指がかじかんでしまつたので  すが頭に止まったかんざしの  すの少年を保護せねばならぬので  すをしていた  スと呼んで  すつかり宇野さんに反撥する  すつかり慌ててしまふほど  すつかりおまかせ下さい  すには及ばなかつた  すつかり蜜柑党になつてしまひました  すつかり朗かに晴れ渡  すつかり焼けて  すつかり安堵して  すつかり寺庭に着くと  すつかり途方に暮れて  すつかり脅迫され  すつかり無表情に引緊つてゐた  すつかり疲れ切  すつかり恐ろしくなり  すつかり調べがついた  すつかり信用しちまつたので  すつかり信じちまつた  すつかり敬禮の姿勢を執  すつかり寝  すつくりした  すつかり打解けた  すつかり凝固してゐたが  すつかり群青色と薔薇色とに濡れてゐて  すうすう小さい鼾をかいて寝てし  すがつて向う側に渡つて行きます  すがつて谷を渡つてゐる  すつかり卑屈になつて逃支度をはじめた  すうすう小さい鼾をかいて  すつかり忘れてたわ  すがゆえにいつも暗鬱な未練を残している  すつかり医者に診察してもらはうかとも  すで見て  すつかり時代の置き  すつかり枯れた  すの惧あるのみならず  すつかり忘れてゐたので  すつかり癒えた  すつかりゴチヤゴチヤになつたんださうだよ  スの區別がなかつたのではないかと思はれる  すつかりとガツカリしてゐて  すつかり狂はして  すつかり酔払つて了つてよく分らなかつたが  すつかり愛想の尽きた投げ出した  すつかり落付きはらつてゐた  すつかり流ちやんを瞞してゐるのよ  すつかり力が脱けてしまつて  すつかり昼夜の差別を忘れてゐる  すつかり大人になつたつもりで部屋中をゐ  すつかり元気を取りもどしました  すつかりよろこびました  すほどの雑多な事柄を堆積しようとも  すがにする  すつかり徒労であつたと早合点してし  すつかり当時のフランスの宮廷を中心とする  すつかり当時のフランスの貴族趣味に投じた  すつかり焼けてし  すをしなければなりませんので  す早く逃げて  すにし  すつかりイギリスの兵隊のかたちをして  すに止まる  すつかり陰鬱にふさぎこんでゐる  すつかり女房の言ふ  すつかり相手にまかせきり  すという旗をたてて  すでお目にかからう  すとーぶ  すつかり懇意になつてゐた  すのみの身となりぬれど  すつかり改造して  すつかり詠嘆的になり過ぎてし  すつかりと晴れてゐた  すつかり宿題を片づけてし  すつかりワラを着せて  すつかり失はれた  すがの荒野にほととぎす鳴く  すの中の七日あたりの程こそ心ある  すがないから女子供の書く  すのものをあっちでは実によくあがる  すつかり僕に云つてくれましたよ  すつかりふだんのとほりになりました  すつかりフランソアを不浸透性にしてゐた  すつかり滅茶苦茶にされた  すつかり喰ひ  すつかりお  すつかりハイカラになつて来たよ  すつかり此方へ行つてお話して来た  ス但男ハ満三十年女ハ満二十五年ニ達シタル後ハ此限ニ在ラスとあり  すつかり妾はこの頃生れ変  すになった  すつかり暮れてしまひました  すがつて楽をするよりは  すつかり知り  すが糸も長目に切り  すつかり自分を弱くしてしまふ  すつかり少年時の情調の中へ移されてしまつて  すつかり復興して  すつかり仕事が遅れてし  すつかり白状をして  すつかり有頂天になつた彼は何もかも忘れてしまつて  すつかり有頂天になりながら  すつかり安心してしまつて  すつこんでやあがれ  すつかり痩せ  すつかり困憊しつくした  すつかり洗ひ  すつかりその後添の女房の手で尻尾を押へられて  すつかり陥ちこんで  すつかり紋金襴で出来て  すつかり仰天してしまひ  すつかり落ちてしまふの  すつかり怯えあが  すつかり癒つて二月のはじめ頃から湯河原へ転地してゐるので  すがにもなるだろうと思った  すの歌愚かな海鳥のやうな姿をして  すがにもならうと思ふ  すとハ此直次郎きすてならずと  すつかり日が暮れてし  すつかり諦めてし  すつかり無くなつてゐたので  すつかりと解つた時に爺さんは地主の前に熱い涙を溢して泣きました  すつかり話をきいて  すつかりよろひ  すつかりわかつた  すつかり改心した  すをしておいで  すつかり私の魂は生れ変  すつかり言葉に慣れてしまつて  すつかり色を染め  すつかり昂奮し  すつかり息が切れて  すつかり昂奮してゐた  すのある  すのないことのように生きてしまうのね  すほどなるに  すつかり気に入り若返つて  すにいたれる  すなはちいふ  すをえじ  すに最も適したるによりてなり  すに用ひし  すを例とす  すつかり心醉しながら  すつかりコンクリートで埋まつた  すつかり明けはなれてゐました  すつかり忘れた  すつかりかたをつけてしまふ  すのこを流しにすれば  すつかりあきらめてゐる  すがつてゐずにはゐられない  すつかり遮られてし  すつかり鶯うまくなつた芽ぶく  すがつても訴へ度い  すつかり照れて  すとも異しむ  すほどに痩せゐたり  すは世の彫刻家の爲しあたはざる  すに及びてはじめて  すに用ゐる  すによこになった  すによりかかって眠ろうとしたが  すを持つて  すつかり実になつてゐる  すつかり考へちがひをして  すなはち生きられる  すを要せぬ如く  すつかり身に沁みて  すつかり手心を覚えて  すを見ざる  すに從ひ  すを見たり  すにいたる  すを許す  すにいたれるなれ  すに適せざる  すとも交換を許さず  すとも始祖の僭上始祖の悖  すほど他の者を悦ばすが  すをうるの  すをいふ  すを見る  すに便なればとて  すつかりがこのなかにあると  すつかり西洋人らしくなり切る  すつかりあんしんしました  すつかり食べてしまひました  すに大いに役立つ  すつかり酔ひつぶれてしまつて  すつかり変つたあたりの光景に不思議さうに見入るだらう  すつかり枯れ落ちた  すつかり取  すつかりくたびれてし  すつかり感心させられた  すに足る  すふ人々の口を押年魚もし思ふ  すつかりなくなつてしまひました  すつかりジレて夕飯も食べなかつた  すつかり魂消てし  すを頼んで  すでのことに鑿啣んで十六間真逆しまに飛ぶ  すつかり牡牛になつてしまひました  すつかり引きぬいて持つていきました  すつかりこげついた  すつかりひでりになつてしまつて  すつかりすきとほつて  すつかり貝のからで出来てゐます  すから人民は迚も其處に居られなくな  すから木を賣れ  すつかり出来て  すつかり相好の変つた蒔の寝顔を眺め  すつかり出払うて  すの例にもれず  すぴりっとに言ひ聞かせる  すは食ふの  すにあらねばならぬ  すつかり一つにとけ  すと口先で千度説くも  すがつて頼んで見ると  すがつてその日その日を送  すは悟っていたものの  すがと笑ませとぞ  すがしきは笹の芽食む  すなはち挙る  すの手入れをしてゐる  すの花を貰はうとして  すのトンネルを俺の背丈けに明けたならばね  すつかり駄目になつてし  すつかり感興が潰滅してしまつて  すの生垣の蔭に息を殺して  すつかり舞台の自信を失つてしまつ  すつかり今までのものを解体して  すといふ程の意氣が無くてはならぬ  すつかり害せられ  すがまだ啼いてゐた  すつかり洗ひ落されてゐた  すも川風の吹きのまに  すもひまあらの垣にしげれる  すが如し秋風はいたくな吹き  すがごと朝のうち必ず一しきりはげしく咳出づることありて苦しむ  すがしき廿四日の夕なり  すにならない  すうすう眠っております  すがなす  すつかり同情させられてし  すつかり明くな  すつかり灰いろに  すつかりかけてやりました  すつかり閉め切つてある  すつかり私の眼をさました  すがッてお頼みになったが  すに至るまでは  すを知らざる  すがしく  すつかり無駄話ばかりしてし  すつかりほんたうになさるでせう  すつかり日本畫に宗旨變へして  すつかり洗はれて  すつかりなほり  すと細木と書いてあった  すつかり灰色になつてゐた  すつかり若さを失つてゐた  

~ す[名詞]1
態度はす  煩らはすもの  彼等がす  筋などはす  俺はす  彼岸花はす  十一月十八日柿はす  葉はす  私もす  春風秋水のす  実もす  ふるさとはす  あらはすよりも  人間のすが  若竹のす  庵もす  暗雲がす  チビ公をるすに  大通りからはすの  兄はす  支度はす  蠅もす  ことはす  現はすが  話でもつてす  声はす  物はす  横からはすに  失敗ではす  お正月気分もす  僕もす  杖にすが  母はす  先生はす  私はす  胸をすが  事情がす  艶書をとりかはすを  事実はす  竹のすの  自分はす  中はす  源吉はす  足からす  兩手をはすが  頭がす  學生にすが  澤はす  肩がす  馬などはす  兩腕をはすが  それがす  つた社殿がす  炉にはすで  雨もす  事はす  どこからかぬすとして  がんがす  影響しなくては生きるよすがが  齒のす  登美子はす  赤ん坊はす  アぬすと  氏のす  風はす  樹木がす  百合さんもす  予定はす  巣と消えて剰すは  庵主様がおるす  ドアによりかかっているすが  彼はす  路易がす  おれはす  人に借すに  方もす  南蛮渡りのこんたすで  彼女は摘まんでぶら下げたこんたすを  顔とこんたすとを  例のこんたすに  馬にすが  いまではす  ことなどはす  心がす  造はす  折折に落つるす  お前はす  荷物はす  森もす  やうにす  つてはす  川がす  話がす  泡はす  それもす  諺はす  子供達はす  はりはす  毛はす  町長さんはす  紙鳶糸はす  彼処もす  町がす  塔がす  塔はす  近所はす  国からす  大洋がす  それを見るのにす  此処はす  野宮はす  洗濯してす  折宿望を達するよすがにも  穴がす  雪はす  姿を探すよすがも  頭はす  方がす  回へすに  ひとり言がす  あたりはす  厩はおるすで  空はす  荷物もす  往来を縫ってす  つて微塵を散すが  ことがす  日はす  促がすが  茶碗からすが  同情にすが  気持がす  生命はす  ものがす  時候はす  魚則さんもす  髪がす  心もす  間のす  己がす  人間でござんすほどに  辺もす  本所もす  わやにすの  魔法つかひはす  雷様はす  虹猫もす  ところ博士はす  清作はす  清作もす  千浪のすが  現はすに  公使ロセスはす  發作はす  心をるすに  先生はおるす  肩にすが  つて來いスの  女のす  爪さきまでうつるすが  臺なぞがす  何まです  宅からす  遁がすが  得もす  夫にすが  晶子先生もす  手はすが  権威にすが  風もす  今ではす  空がす  苦笑を洩すより  気やすに  生活慾はす  頃にはす  玩具にされてす  鼻もす  くものすが  こころを焦すは  方向がす  役はす  泥醉がす  麥畑はす  君達だからすや  農婦等からすや  公園はす  糠雨です  みんな知つてゐるす  僕はす  柱が折れてす  世界とはす  二十人位ア来あんすで  屹度来あんすで  煙を剰すに  あらはすが  響を鳴すに  荒野原を剰すに  千日前を偲ぶよすがにも  日を偲ぶよすがに  奥さんからす  ことにはす  迷はすに  彼もす  四方はす  閉ぢ籠められてす  足がす  利助はす  近頃はす  此節はす  利助もす  余等がす  重信川はす  伊予路はす  八五郎はす  剣つくも喰はすで  基点としてはすに  鈴本はす  つて警察とす  露はすは  露はすより  熱海行はす  行つた珈琲のす  亢奮を洩すだけの  落葉はす  それはす  こッてすが  者がす  罪惡はす  私がす  純乎たるすが  嘴はす  此やすを  鳥のす  様子がす  煙草をすは  裸体のすが  腰がす  陰々とすは  町はす  雪がす  後にはす  水源地附近はす  風のす  素性はす  声はがすが  簪叉はす  気持はす  こはすに  主人もす  山塊はす  あたしもす  大根さんはす  これを見てす  多助と定まって居やんすという  雄二はす  彼に借すに  二人はす  今迄す  一年前とはす  調子がす  色はす  対話敬語のす  而もすは  遊び道具がす  鬪はすもの  あらはすは  躯はす  心のすが  豆小僧はす  蜂のすの  ノートはす  物忘れをするからすが  グラウンドがす  時分にはす  パリのすが  彼女等のす  約束はす  雲がす  声まです  夜がす  なかからす  はなしなどはす  雨戸もす  裾はす  事がす  方からす  煩はすより  手はもうめれんすの  女はす  病人のすが  表はすに  世界やからすの  目やすに  千恵はす  浄めもす  古島さんはす  窓ガラスがす  顔はす  地獄に陥すより  朝目のすが  以前とはす  露はす  なつたら会はすで  洲を見はすに  風がす  神經もす  朝日のすが  語とはす  中身のす  薄紫色のすが  あなたはす  熱はす  私などにはす  不平を滾すほど  迷はすの  促がすの  鼻緒のすが  欲望がす  お客がす  二人からす  一度はすでの  海女のすが  山はす  狹くうす  姿もす  當人はす  船はす  再建するよすがは  行方を尋ねるよすが  闇からでてす  罵倒されてす  兎はす  一平はす  あらはすに  乞食のすが  火星人のすが  逗留してす  頃一家はす  弓弦を鳴すを  言葉つきもす  雨はす  後はす  実生活側がす  今はす  煩はすにも  葉がす  仕度はす  嫩いうす  連合のすへて  その後毛髪がす  山がす  甥はす  川はす  未亡人からす  いふ事はす  何かすがすがと  衲衣もす  云ふことまです  あいつのこってすから  獨逸語がす  可う御座んすが  ペテロはす  劇しいようすを  末込銃のすやを  靜かなるすが  花のすが  なかはすが  夏ははちすの  時がすが  美川君もるすに  作物はす  鵞鳥はす  歸京後疲勞がす  雨からす  木の実のすが  無花果のすが  姿がす  お前たちはす  階下はす  怨みがましいようすも  用意はす  世の中がす  算がす  草にすは  しりとすは  酒一合飲んだらす  袂にすが  どころがねえでがすから  所得はす  八月廿三日今朝はす  水夫長とにるすを  蜂のすを  其後はす  六掛でがすが  たんでがすが  擔いちや出ねえでがすが  動機がす  ガウンはす  顔もす  神経もす  一着物がす  著はすの  身を隠すよすがも  空気をすは  追想するよすがに  穏かなうす  休みでござんすと  房一はす  庄谷そのものもす  性質もす  同業もす  様子はす  野良仕事がす  徳次はす  鬼倉はす  のを見てす  木口がす  人影はす  対坐のすが  冷んやりとうす  時はす  今まです  着物はす  上等のかべすを  木の葉がす  頼みやんすは  膝へとすが  勢力を以てすと  煩はすの  今度はすが  こんどはすが  三べん吹き返したすが  開票のす  はてまです  神経を焦すには  旅のすが  著はすに  谿はす  印象はす  目にすが  顔を焦すほど  彼女はす  聲もす  中がす  山にすんでいるからすが  哀れなからすの  積み荷をまです  研究がす  窓へす  日がす  手にしてす  泊りでござんすの  びっくりしやんすが  さの消えて行くすが  看板だけはす  持物もす  湯に行ってるす  何処もす  心はす  美智子さんがす  のだす  匂がくるす  ぎどもは鳴らす鳴らすす  奉行はす  イプセンはす  盥にすが  やうにはすに  餓鬼のすが  其時にはす  惡戲はす  策略はす  鋏とがす  動きもす  興奮のす  罐がす  腕にすが  三角標はす  十字架はす  教壇までがす  全身はす  水もす  乗客たちもす  まろばすほど  湯はす  本人はす  すがすがと  うちにス  手腕にすが  天妙教にすが  跡片付もす  締りもす  古手紙など尋ねるよすがも  スメールはす  蟻のすを  上へす  想ひ出すよすがの  老人がす  舟はす  ぼくはす  さきからす  紅色はす  顕はすに  笑みかはすで  相島にはす  ものはす  クルくまねす  さんたくるすは  きみくるす  夢のすが  木履のすが  頭のす  構造物はす  王様はす  塀はす  清がるす  山男はす  牛のすが  熱もす  そんならよござんす  表はすで  天の川がながれてゐるす  時代がす  美佐の生きているすが  顏かたちはす  外はす  方はす  かたちがす  こちら側はす  ほかに掃くほどもござんす  すにはござんす  種もす  いま泣いたからすは  いつからるすを  両国までのすなんて  夜勤に出かけてるす  父にるすを  伺いしたるすに  まわりにいったるす  店をるすに  家をるすに  吐露しているすが  夏もす  凡太はす  浦野はす  竹杖にすが  鍛冶屋はす  火はす  以てす  道はす  現今ほどす  わたしはす  楽屋うらのうす  毛髪がす  形状もす  光線はす  轉じさすには  亢奮はす  百合ちやんに聞いてす  気分がす  玉やすでを  隙間からす  すべてのすが  話はす  ようござんすとも  現はすの  西洋人たちとす  お父さんがす  作品はす  口を焼けただらすほどの  ゑしいはほをしが山と昇り降りすも  観念が改まったすが  起伏を見せているすが  促がすを  帰へすが  許るす  気分はす  婦人はす  女性を見はすに  男性を見はすにもや  癒やすに  癒やすには  椿事を判じだすよすがを  氣持もす  みんなはす  席がす  十二ばかりやりましたらす  紳士はす  まつくらでござんす  ぬくもりのす  夏ごろもかへすを  百たび胸を焦すより  気風とはす  ペンペはす  旅行者たちはす  乱舞しているすが  轉ばすといふ  名からしてぬすと  おれをぬすと  景況はす  体言となるにはす  あらはす  従来卯の花をくたすから  体言としてすを  終止段からすを  語がすを  さみにすが  動詞にすを  波止場はす  文字はす  結論がす  憎しみもす  健ちやんはす  俺達飲仲間からはす  世の中をかへすが  賑はすの  つたでがすが  全景がす  けなげにす  色のすが  回想してみるよすがも  彼等はす  反へすも  眼ばかりを残してす  容体を見てす  父はす  病気がす  雪伯母はす  縁にすが  茶がすを  勞人がす  生はす  本属にかへすは  底まです  きくはす  ねずみのすにな  夫人はす  浪はす  先生もす  寄合でござんすぞ  道でござんすぞ  上ぼすも  事のかへすが  庭がす  休安を見出すよすがとして  真意がす  此頃はす  頬がす  紅子はす  系図屋はす  引剥がすには  人相もす  広小路のすが  つゑにすが  文体がす  がさはすが  戦争にいっておるす  エミイはす  切符はす  さんはす  新妻がす  豪傑大森彦七もす  松葉杖にすが  彼女のるすに  舞ひゆくすが  姉はすを  促がすに  柱にすが  岸に辿りつくよすがは  ようにす  彼くるすを  足下のくるすを  あらはすこそ  目やすへ  イメージを与えるよすがとしての  常世から通ずるすで  のもすで  研究法もすで  由緒を覚えてすで  規律もす  欅山もす  霧もす  胸のすが  此がす  兩爲で御座んすほどにと  日男はすとを  やつてゐるすが  沈思を続けてゐるすが  くりかへすで  シとスと  頃はす  世界はす  街はす  四圍はす  みどりのす  天龍はす  さくらはす  庭のす  態度もす  つた心もす  胸にすが  なかはす  遺書を探すよすがも  さまですから  虫などはす  馬賊達はす  狼はす  記るすのみ  木の葉のすが  性質がす  笑はすほどにな  其處はす  脂肪がす  穴熊はす  いまはす  煩はすに  見参に申出すも  立派にやり終わす  伝説がす  作者はす  長歌に見えるすが  男のす  果てはす  地にすが  気やすで  表紙などはす  王子達もす  答へにはす  彼からはす  眼がす  何もかもがす  焦躁のすが  気がしてす  砂はす  秋いまはす  土牛はす  森林帯もす  鼠達はす  水夫達もす  鶏はす  男の子はす  それでござんすが  法事へいってるす  草臥もす  交はすには  美膳をぞすへに  私達はす  戦火をうけてす  日本はす  木はす  隕とすよりは  シとスとの  シにもスにも  男がスと  意味のすが  ぢやすに  ニャン子がほめられてす  テン太郎はす  前とはす  文章はす  老躯はす  左門はす  農夫達はす  旅はす  ょからすが  遂引越しはス  船中でるすを  自分丈はスと  子をかへすに  溜息を漏すより  煩はすには  行つたらす  書類がす  見合はすの  姉はす  葬列がす  私たちはす  奴等にはす  巡査はす  空氣はす  藤蔓にすが  味い剰すが  目やすで  妻はす  疲れのす  發車時間がす  昔シとスの  朝許りはす  調子もす  ゆうべはす  母親などはす  妾はす  体中からす  改宗をうながすよすがに  事業そのものがす  服装その他はす  ひとりでるすを  鶴はす  卵やからすの  ことをおるすに  ばかへすが  短篇のす  地蔵菩薩のすが  キチガイでござんすという  明日はくるすで  あそこはす  煩はすのみの  釣革にすが  様にす  四郎はす  そこにすが  理解がす  信濃なるすがの  血筋はす  目やすが  音作がす  まきはす  幸福がす  雰圍氣はす  今日はす  玄坊はす  夕暮がす  情にすが  現はすは  日本語はす  島田に掛けたすが  菓子店がす  畑もす  酒場を見つけてす  オクサーナはす  咎め立てをしてす  てつかはすに  手にすが  白髪頭がす  頭巾帽がす  ひだへす  頂上がす  叔母はす  それで怯えはす  怪異にす  負傷はす  新子を偲ぶよすがにも  話を思ひ出すよすがにも  お母様のおるすの  其兵を出スの  きのふよりるすと  題材はす  花がす  候ことかへすが  恭一が知っていようはすが  存在を許されるはすが  シロからす  窓にはす  たつしやでるすを  どちらもす  青瓢箪からす  老婆はす  きみはす  朝波に替はすは  目やすの  縞にはりつめたすの  かよはすほど  ひと目見たらす  汝を遣はすに  まろばすを  たらはすが  たらはすを  三菱ヶ原がす  夜はす  外のすの  ものにさへすが  視野はす  山行六里にはす  春もす  そでにすが  ストには気がついてす  あらはすを  あらはすほどに  震はすに  所謂ろうまんすを  花はす  現はすで  遊びがす  あたりに散すを  現はすよりも  表はすを  合はすに  善行を以てすとも  從順を以てすとも  あらはすほど  現はすを  顯はすに  記述に至るまです  一筋のすが  想像するよすがも  平等主義を覆えすに  のしはすの  私にるすを  畠はす  上がす  壁もす  床はす  譯でがすから  人民でがすから  家人はす  貧すれば貪すの  国のす  相手たるす  其にすを  耕やすに  べつがす  盛んにすと  袖にすが  眼すがすがと  生垣のはちすの  表はすも  それにはす  菴羅果の如くすといふ  底を見はすの  健康はす  土はす  買つてかへすにも  煙かたなびきすも  とりがてにすも  ふけ行けばすの  瓢ころぶすが  夏をすが  青蚊帳をすが  轉ばすが  うの花はみるにすが  通りじゃンすで  事でがすが  一着は借すで  上からす  武者どもにすが  解脱のすが  パラリとしてすが  埃がす  けがもす  円のすが  細木夫人はす  

~ す[名詞]2
長いす  ないす  なんだかす  りんす  そのす  すでにす  薄うす  畏す  もとよりす  最早す  力強いす  何でもかでもす  大きなす  実にす  すずろす  終始す  おなじす  どうもす  殆どす  其のす  このす  互いにす  よもす  近頃す  生憎す  ええす  殊にす  とうとうす  互にす  とてもす  はようす  よくす  ろくなす  なんとす  うきす  亦す  いつもす  一度す  丁度す  どうす  愈す  又す  もっとす  若うす  何しろす  まばゆうす  あたらす  くろうす  きりきりす  異にす  

複合名詞
ス市  欺す  殘す  曼珠沙華す  ようす  殞す  らす  みんな山ゆきす  三月十九日す  螫す  ゴマカす  木の実す  晴す  逃出す所  んざます  譯す  爲す者  盡す  搜す中  聞ゆ網引す  雨らす法  做す  澄す  あまりようす  寄す  充す  誌す  んす  思出す毎  做す間  荒ス微塵  ス日  曝ス酷イ旱魃  微塵ガ犯ス  がらす  すこと  タ歔欷ス夜闌ニシテ更ニ秉リレ燭  レ扶必怒瞋ス  懲役二処ス  放出ス  一滴ヲ点ズルトキハ已ニ発火ス云々  甦生らす  斥す語  引起す  動す  す屋  及す形  爲す  露す事  爲す所  原因す  信ズ可キヲ主張セントス  知ラザル時ニ當テハ必ズ石器及粗造  必ズ語  必ズ信ゼヨ  詳細報ジタキモ已ムヲ得ズ  ニ小屋アリテ人々出入ス  カサルヲ得ス人民ハ海外貿易ニ倚ラスシテ衣食スルモノ幾ト罕ナレハナリ顧テ我カ帝國  曝ス處ニ於テ海軍少佐  必す先  薫す  旋らす  斃す  藉す者  破毀ス  遁す  本日午前十時中央公会堂二階別室ニテ面会ス  照す  活すよう  売出す口  槁らす  ルモノハ厳罰ニ処ス  弘持ス  ス山  す群  遍路す  仆す  云つて寄す  港ニ上陸ス  高柳ニ会ス  小谷耕蔵面会ス  面会ス  同心ス  名札相渡ス  改正ス  坂ヲ発ス  鹿府ヲ発ス  渋谷彦助ニ会ス  廿四日伝法ニ謁ス  ニ会ス  謁ス  廿八日宰府ヲ発ス  腰綿屋弥兵衛ニ宿ス  馬関ニ泊ス  地方ニヨリ泊ス  朝出帆ス  下ノ関ニ泊ス  以レ舟ス  霧島山ニ発ス  温泉所ニ泊ス  宮ニ宿ス  プロイセン商人チョルチーニ面会ス  亡ス所以ナリ  ス分  必ズ  談ズ  ビジ子ス  元来ビジ子ス  てる事つてす  匡ス  已ニ賞ス秋窓ニ秋  ス秋窓秋夢  す人  話以来す  一人す  明す  搜す物  動す力  隱す  立す  懲役五年ニ処ス  ク河上ニ空シク徘徊ス  明す事  作す  喩す  一齋ト號ス  岩村藩擢用シテ老臣ニ列ス  幕府昌平校儒官ニ擢任ス  安政六年官ニ卒ス  言志四録ト稱ス  香ト號ス  若年寄ニ列ス  事ニ從事ス  明治三十七年十月病テ歿ス  雨す  作す人  運らす  以テ金言ト成ス所ナリ  成ス所以ハ  隠棲成ス所以ハ  読マザル者ハ必ズ阿呆ニナラン  搖す  餘す金  賞讃す  欺す口  齎らす事  蒼天スデニ死ス  弄ス  武家す  売出す事以外  ル眉黛促シテ成ス遊子  征スル事ヲ論ズ  論ズ  征ス  朝綱タチマチ敗壊ス  卿ニ付ス  英雄ヲ論ズ一  繰出すよう  齎らす  ズラす  荒ス者ハ  施スハ賞ス  山川ニ対ス蛟龍  八九年間ハジメテ衰エント欲ス十三年ニ至ッテ孑遺  天命帰ス所アリ泥中  紊す  邑ニハ必ズ忠信  童泣す  卸ろす風  白嘴がらす  す車  擬シ誰何ス  免す  銅雀台ハ高ウシテ上天ニ接ス眸  セバ遍ス  圧ス漢祖  麾下ニ致ス  公瑾不幸ニシテ夭亡ス  兇変ジテ一元ニ帰ス  書きす  昇降必ズ楽  必ズ出テ戦ウ勿レ  含ンデスベカラク変ズ  奏ス  ヲ封ス  東ハ孫権ト和ス  テスナワチ化ス  紊す者  す面  す凧  霽らす  白す  コレヲ聞イテミナ垂泣ス  スぺード  レテ拝ス  朝開濟ス  身先死ス長ク英雄ヲシテ  亡す  形成ス  隱す風  二十人位ア來あんす  屹度來あんす  あんす  療養ニ尽シタルコトヲ証明ス  界す  如今更ニ閲ス幾星霜  目的ニ出デシト信ズ  ニ所有セシムルヲ得ズ  求ムルヲ得ズ  與スルヲ得ズ  手段ニヨリテ所有セシムルヲ得ズ  手段ニヨリテ所有セシムルコトヲ得ズ  ルコトヲ得ズ  計上スルヲ得ズ  ズ從テ辯護人  合理的改造案ガ必ズ近代的個人主義  建國ト信念トニ於テハ傭兵ハ必ズ弱兵ナルハ論ナシ  起草セシメタルヲ拜謝ス  免除サレンコトヲ期ス  廢止ス  保證ス  交付ス  併有ス  爲ス者ハ家屋其者ヨリ  示ス者ナリ  以テ交付ス  徴集シテ經營ス  計算ニヨリテ内閣ニ提出ス  茲ニ發ス  私人ニ開放シテ公私一律ニ課税ス  權利ヲ犯ス者ナルヲ以テ單ニ手數料  ヲ裁決ス  ヲ決定ス  俸給賃銀ニ比例シテ分配ス  與ス  提供ス  來ス  禁止ス  ハ體刑ニ處ス  經テ給付ス  爲ス能ハザル原則ニ基ク  ス者トナルヲ以テナリ  一ニ教育ス  充賓具足ニ一變ス  來ス者ナリ  課罰ス  ハ罰金ニ處ス  財産權ヲ犯ス者ハ  促ス者トシ  歴史ガ示ス如ク  レタル日露戰爭ニ示ス如ク  將來ニ存ス  施行ニ着手ス  ヨリ任命ス  リテ維持ス  ヲ廢止ス  給付ス  フハ非常ナル妄斷ナルコトヲ注意ス  ス勿レ  ス勿レト云フ信仰トヲ兩立セシムルニ  テ許ス可カラザル  逸ス  東西比利亞トヲ要求ス  指ス如シ  不可能ナラシメタルコトニ存ス  爲ス所悉ク大帝  脚下ニ俯伏シテ糞土ニ値セザル小群島ト一青島トヲ哀訴ス  照ス時往年  啓蒙スルコトニ存ス  歴史ハ進歩ス  必ス世界  星旗ガ默示ス  示ス好例ハ  有無ヲモ表示ス  部落ニ於テ幾分カ宛存ス  ス事能ハズ  す者  爲す業  瞞す事  搜す  す程度  シロウトハクロウトヲ支配ス  チョロマカす程度  懲す  ス者  公権ヲ犯ス者ニシテ  宿ス源因ニモナルト思ツタ  爲す可  戰慄す可  自ら照す  遠く照す方  觸す事  思召す  思召すよう  暴す  ス様ナコトガアルマイ  飛す  す所  藉す人  遁す事  明神ト御宇ス天皇ガ詔旨ラマト  ひだす  照す所  及す様  当分動す事  妻管野す  管野す  押廻す  押出すよう  絶唱す可  煩す事  勢ヒニ接ス  解クコトヲ禁ズ  瞞す  溶す炎  傚す  傚す点  殖す事  傚す事  傚す訳  頃す  動す事  較す可  必ズ十秒四  一モ言イ得ズ  祝ス  きりす  待合す  印ス  寫ス  爲す事  ニ布告セザルヲ得ズ  同日ニ論ズ可ケンヤ  布告ス  為ス等  亡す力  がんす  ようがんす  立す事  欺すよう  亂す  しまつてす  溶す  星一つす  なんす  ざます  其す  沾す  釀す策  釀す  嗚らす  今朝す  す間  誠惶頓首頓首謹テ奏ス  ヲ為ス所以ノモノハ洵ニ国家生民  具シテ政府ニ質ス所アリ  施ス  冒シテ以テ聞ス情切ニ事  憐愍す可  贄す  参ス  店す  ヒヤカすよう  音す  ほうす  斥す様  逢つてす  右証明ス  一先ズ完成ヲミタル  リノ者ハ注意セラルルヨウ此段為念警告ス  す訳  診察衣す  ス気ニナッタノハ  ス事ガ出来ルト思ッタノカ  ス積リダッタカ  寄す風  クヲ着服ス  以テ証明ス  あたしお話伺つてす  ふらんす語  詩自身ふらんす語  餘す  斥す事  紛す  しまス  すぶり  活す  今行きす  扨す  上半身す  搖すぶり  のらす神  搜す事  やうす  禁ズ  突落す石  思出す  勝豊謀叛す  見晴す  諭ス  願望達セシコトヲ謝ス  安置ス  之由風聞ス仍テ  いつかす  見晴す度  すどおり  主人す  藏す  すはだし  點す  さいス  肝胆相照すよう  達成セムコトヲ期ス  ヲ滅ス也  ヲ滅ス  寄す一輪花  起ス  石何す  岩何す  青がらす  驚す  合調す者  野良着す  澄す時  圖らす  識らす  霑すよう  寄す人  曉す  歸す  上す国  颪す風一陣  涜す者  寄す3  外出ニ際シテハ必ズ下穿  若衆す  紀す  居合す者たち  す名  胸和ぐる心地す  謝絶ス  坊舎山房皆切払イ損亡申ス  以テ班揚ニ比ス  只見す  絵す  動す人  シレ成ス  術略横出ス  ルレ能ハレ爲ス矣  必ズ有リ二處スルレ事ニ  必ズ有リ二料ルレ敵  任ズ二其  す事  陳す  勝乃ち必す可  狩衣す  艦海底要塞ヘヒキアゲント欲ス  昨日今日す  ク遁走ス  禅ニ安ンジテ毒竜ヲ制ス  飛ス  す道  六月十一日す  其盡す  馬声廻合ス青雲  本船ハ危機ニ瀕ス  推出す  家臣鳥屋尾左京ト申ス者  当所ニ来住ス  相似テ相似ズ  五十騎みな蓑笠す  シテ哭ス  模ス  うたす  窓がらす  ツブす  照覧ニ任ス  すの  盡す事  俺達げす  塗す  端睨す可  方物す可  嫁す日  保證す  沒す可  辭す  濟す  屬す  來す  兩立す可  爲す所一  假す  ス二怪物ニ一  蔽す  図面ニ示ス如ク  置シテ完全ニ蒸焼ス  先ズ  臠す  先駆ケハ厳罰ニ附ス  十洲ト号ス  哭ス  説カント欲シテ先ズ涙下ル  行ズ  閏七月世子虎壽丸夭折す  鹿兒島市川上四郎兵衞所藏す  色潮す  敬ツテ白ス  已ニ天誅ニ値スココニ至リ  闇かき昏す  すごろォくに五ォ  插す  ル時ハコレヲ枕頭ニ安置ス  毎夜参籠致ス所  廃ス  ニ徴ス  滅ス  ニテ討死ス  かな狩衣す  痺らす  殘す事  りつぱなわかものがす  逢す人  シテ而シテ施ス  治ス  人ハ必ズ其倫ニ擬スト  烹成セバ必ズ輔佐  至ス所二  爲す時  ス二  明籌不レ可カラレ摸ス  忠勤當ニ二力行ス一  佳辰先ヅ祝ス君公  一拜ス二鶴城  思ス孤島幽囚  一哭ス二墓前ニ一  傲然長嘯ス斷峯  横山安武碑文横山安武稱ス二正太郎ト一  ニ盡ス二色養  發ス二忠愛  シテ以テ爲ス二天神  一レ爲ス  機兆ス二于此ニ一矣  二腹ス津輕邸  安武怡然トシテ瞑目ス矣  ニ有ル一レ爲ス  シテレ期セ而歸ス二一致ニ一  以テ鼓二舞ス一郷之子弟  所三以盡ス二學校之職ヲ一也  ズ二我志ニ一  今宵齊ク感ズ客星  雪イデレ羞ヲ論ズ二戰略  後世必ズ知ランレ  語僅ニ通ズ  ズ下  ズ二只ダ一郷一國之善士ノミ一  必ズ欲スレ爲ント二天下善士一矣  魂魄必ズ有リ二保護スル一焉  ぶんす  征東将軍ニ補ス  侵ス日ハ  褫奪ス  袈裟す  すもの  愁殺す楼蘭征戍  リト為ス  運用ス  餘す所  餘す所三十錢  僕自身す  当分見合す  及す事  椎す博浪沙  上す  温泉ニ到着ス病気コノ地  賦ス  挙ゲテ以テ相属ス  天地ニ寄ス  行つてす  此頃す  拓す  一鍬拓す  歴史家ナブ・シャリム・シュヌ誌す所  四区六小区中ノ地ニ属ス  七箇町ニ分割ス  後ニ滅却ス現在  此楼モトヨリ浴ス可ク  墜す  帝閣ニ献ジテ達スルヲ得ズ  穏すよう  繞らす炉  亡す者  涜す  亘す  す書  すぺん  献す者  警戒ス  す金さ  來す人  士気天ニ冲ス  黷ス  万事ハ休ス  觸らす者  カキ乱ス  穢ス剣家禄  すよう  做す事  二代将軍頼家公す  聞食す  由聞食す  驚き思食す所  カツテコノ山ニ住ス  身ニ堕ス  挙ス  一度展す  山道す  ヲ表彰ス  為シテ敢ヘテ叛カシメザルハ必ズ術有ラン  為ス  北方ス市  発見ス  売出す  詮す所  療す  究竟涅槃ス  稲妻す  待合す間  無明ハ生ズルトイフモイトイト心得ズ  ッテ起ス所  す鏡  作出す  修繕す者  何吐すぞい  上すよう  当人す  売出す位  上す者  賑ス  住す  作す者  以テ歿ス  成ス  ヲ輔導ス  しこす  すかた  す事さ  武ス  死後遺ス所  謀ランコトヲ欲ス陸  妹婿小金井良精ニ委任ス  スト信ス余ハ石見人森林太郎トシテ死セント欲ス宮内省陸軍  瞬間アラユル外形的取扱ヒヲ辞ス森林太郎トシテ死セントス墓ハ森林太郎墓  一同ニ呈ス  手すすぎ  すごろ  ゆうべすごろ  一ハ刺ス  スルニヨリテ長ズ  写ス  す中  画定ス  十月和蘭通詞目付本木良意死す  歿す  詞盡す  吾師既ニコレヲ實驗シ蒸汽船ハ本藩已ニコレヲ模製ス他  リ以テ其數ヲ増ス次圖ハ其製式ナリ  列記ス如左  其欲スル所ニ從ヒ其數ヲ増ス  す様  栄す  盡す様  慝す  三面繞らす  す可  思召す通り  女がらす  すたち  すめ  かみさんがらす  煩す  気ハ感ジテ遂ニ通ズ  壞す  言ひなす  西岸寺ノ前井上道益ト申ス医者  濶歩す可  吹降す風  角す  シソレニハ一ツノ条件ガアッテ毎朝午前六時ニハ必ズ起キ出デテ呪文  図ラントスレバ先ズ味方  ーぶりニ達ス  報告数ニ2倍ス  爲す業しげ  す次  吹鳴らす事  引下す事  斜す  つて細帯す  す年八十五  す代もの  転らすごと  如ク往ケバ必ズ帰リ来ルモノト予定スルコトヲセザルナリ  ムルトコロト為ス  剩す所  つて笑ひだす  仆す者  言ひなす人  す時  引起すよう  物足らず思召すよう  藉す  メダル一箇贈呈ス石川島監獄所主事  思召す心  思召す院  す園  ズ渝州ニ下ル  先ズ当分ハヒッソクシテ  先ズ講中  先ズ稲荷  先ズ論ハ無益ダカラ  先ズ始メハ千両バカリイッテ  先ズ悴ヲヒドク  リスルマデハ必ズ  先ズ七十両  此節ハ先ズ本所  何シロ先ズ一度  ズ奥山  ス者ハナイニ  于時天保十四年寅年初於鶯谷書ス夢酔道人  す等  隕す  思召すふう  思召す人  法師す君  糊らす米  其儘す  飜す  磨がらす  殪す  押出す  す箱  夷す  引合す  匿す話  戌ハ犬ニ属ス  引下す  窓ス  中がらす  抄ス  及聞及す  七月二十五日忠之丞歿す  二月二日西町奉行堀利堅就任す  催ス  ココマデ七日東照宮野宿ニテ記ス  ト号泣ス  施療ス  渡ス  トリ出ス  臥ス  栄橋ノタモトニ出ズ  讃ズ  乗廻す  といようす  十二単衣す  明治卅四年十一月六日灯下ニ書ス東京  涜す事  論ズ可キコト  必ズ骨董商  必ズ幾百幾十年  必ズ贋品  泰西ニテ必ズ日本古物館  交際上ニ於テハ毫モ論ズ可キコトニ有ラネド  如キハ観客日ニ麕集ス  クシテ愛ス可キハ  ク我邦ニ舶来ス可キ理  刻ス  竹ス  明す訳  濡す  露す  その間す  必ズ間接ニ徴収セラレル税金カラ出テイルノダ  あたし達はずろす  すあて  ぐ窓がらす  接ス其状權貴モ如カザルモノアリ漱石  運行ニ因ルト雖モ忘ルベカラザルコトナリ夫レ病ハ身ヲ化シ身ハ心ヲ制ス漱石生死  セント欲ス乃チ碑  勒ス字ハ  卸ろす  翌日す  壞す事  爲す人  必ズ内海ニハアラズ  談す  磯山逃奔す  童す  若芽す  す器  すべり  法規ニ照シテ処理ス  法規ニ照ラシテ処理ス云々  明がらす  家元明がらす  いちばんす  訐す  ル後気局見解自然ニ濶大ス  琢磨ハ自然ニ精進ス  ヲ廃止ス  すごと  砲弾君ニ托ス  貢す  併す所  併す  ーす  す化  訓す  痩す  チョッキす  爲すさま  適用ス云々  以テ第三者ニ対抗スルコトヲ得ス  す役  上す力  齎らす相  富士屋ホテル行一泊ス  入院ス  礼状出ス  つてす  色がらす  テ生ズ  千年松ナリ諸山幽谷ニ生ズ高野  根ヨリ生ジ円茎高サ三四尺直立ス葉ハ竹葉  巻ス白色ニシテ  密布ス子房ハ卵形ニシテ外面絨毛  柱頭長ク二分ス花穂  ニ符号ス此ニ相違ナシト考フ昨年学友  一月ニシテ而熟ス味ヒ  婆羅門参卜為ス  蒸ス時  ニ飛蓬子ト号ス  果瓜ト為ス  菜瓜ト為ス  如キ細葉簇生ス深緑色ナリ  溢す  以テ二ニ応ズル時ハ必ズ勝ツ  壮年必ズ八表ニ仁風  ふらんす側  飛す勢ひで  一変シテ華族ト改称ス  ス可シ  乾隆丁亥夏五長洲沈徳潜書す時  ズ二凡俗ニ一  默す手  做す人  沃度ノニホヒフルヒ来ス  治癒す訳  飜すよう  人間タルコトヲ得ズ  葭ズ  ハ依頼者トノ契約ニ任ズ  適用ス  閃す  譯す可  帰つてす  多くす可ら  音問す可  す通り  山がらす  ボカすよう  免ズ  処分ニ任ス  許ス凡隊中患難相救  犯ス勿レ凡隊中所費  殘す人  歸す可  張飛す事さ  席捲ス  国家ニ尽ス所タルヤ明カナリ  為ニさし出ス  発ス  以上稽首百拝ス  勢ヒニ接スEOS  ザレバ晞ズ厭  トシテ夜飲ス酔ハズンバ帰ルコトナシ  総裁ス  ニ擬ス  分掌ス  すがわら  作す美  輝す光  必ズ何人ト明記ベキ所ト思ハル  默す  六す  默す間  いま操縱す  四二す  一〇八す  一二す  懲す神  二七す  做す説多く  做す説  悸す者  九三す  一八爲す  壓す  備具ス  必ズ一度ニ書シ終ルベカラズ  釀す時  ぢめ懲す様  左京二条ニ座ス神二座  悩す  押戻す  我自ら爲す所  す物貨  滿す  絆す  す力  思召す事  發す  轉らす球  す物  與す  啓發す  聖ドミニクス派  聖ドミニクス  男菅原す  九二す  とらす  怕がらす  及す  209す  逃出す  沸ス可ク徴発  近年す  ス能ハズ  シばらス  す国  想起す毎  遊す  一寸す  セテ世ニ公ス可シ  日々曝ス物  今日曝ス物ハ何  記ス  モ愛ス可シ  十二銖ニ適ス  許ス所ロ  百八十年ニ崩ズ  眼す  命薫す  ジテ部下ヲ率ス  見合す  兵感激ス  イヤ爲す  殘す家  黷す  盡す等  上す可  澤す  悉す  業す  撃放す  雪わらす  ヲ遇ス  敗走ス  伯耆船上山ヲ発ス  奉迎ス  恨ミ申ス事アツテ  一芸万能ニ通ズ  傍ラ絵筆ニ通ズ  海北友松ニ師事ス  宮本八右衛門ト称ス  蔵ス  南辺根利村ニ属ス  終ニ片品川ニ注入ス  以テ勲等簿冊ニ記入ス  今度譯す  ヅROス一つ  ズROス一つ  照す玉  繰出す  



前後の言葉をピックアップ
スヽ  スヽキ  スヽリ  スヾメ      ズアヘリ  図案  ZOLA  


動詞をランダムでピックアップ
轟かす和えるふくれあがら思いなおすかけこむ訊ねよ居並べ安んぜよ殖えよ見直す息づまっでかす落行か磨き込まきりかけ生み付け置換える賣り停めろくいちがい
形容詞をランダムでピックアップ
くやしかっ委しから疑深い相応しく忌々しく薄汚かっあつけれ寒い言うまでもなき野暮臭くっ忘れっぽくうしあおく口汚く鈍けれものものしいうけれ照臭角々しい気難し