「しけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ しけ[動詞]
吾を生ましけ  顔をしけ  名にこそありけれはしけ  色里へしけ  どこかへしけ  ところにしけ  さんとやしけ  幾時をか過しけ  しとねがしけ  応わしけ  何処かにしけ  三字をしけ  壕舎は、しけ  敵をも討たで、死にたるこそは、くちをしけ  どっかへしけ  奥座敷へしけ  /″\口をしけ  はるかに見送れば、何とかしけ  片手を残したなり、しけ  遊廓へしけ  汽車がしけ  海はかなりしけ  顔を合せて、何とかしけ  吉原へでもしけ  海がしけ  大判を並べさせては、しけ  貸本屋へしけ  方が全くしけ  いまはしけ  街裏にしけ  小便のしけ  蚊のきわめてしけ  ところへでもしけ  水神あたりへしけ  垣にしげ  字が、しけ  願はしけ  五九かなしけ  地下室の暗い、しけ  



前後の言葉をピックアップ
布け  敷けれ  如け  時化  時化  敷け  敷けよ  志家  私刑  詩型


動詞をランダムでピックアップ
たちいたろいのる駈け燃えつか揺るがさ祈っかなしもうすれる推し量っ役に立た追払う屈ん香らけつまずき売り捌か和ま取りとめみとらひけらかそみつから
形容詞をランダムでピックアップ
心地よかっ興味深めでたから小気味よき浅きおもた永くおおきく土臭かっ険しく赤くっ濃くきびしい忌々しかっあやしいだだっ広いこの上なき物狂おしくさみしかろうるさかろ