「しか」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ しか[動詞]
おまえもしか  ぎたるは及ばざるにしか  ゑひ泣するに尚しか  祕裡に運ぶにしか  奴婢とするにはしか  下請けに押しつけるにしか  気がしか  寝床をしか  警戒陣をしか  車輪にしか  手に葬らるるにしか  なすにしか  の完全なるにしか  けた、飲みすぎ飲みすぎだ、過ぎたるは及ばざるにしか  床をしか  親にしか  一見にしか  閑寂を保つにしか  図なきにしか  娼婦にしか  歳月を送るにしか  の便利にしか  ばっかりのをしか  愛にしか  百聞一見にしか  百読一見にしか  水枕をしか  三十六計逃げるにしか  ただちに寝床をしか  三十六計にしか  全うするにしか  ことはいわざるにしか  大穴を狙うにしか  の直截なるにしか  用うるにしか  うちへ帰って睡るにしか  為様がないので、黙って引込むにしか  から、歩くにしか  こと色慾にしか  

名詞

しか[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
しかのみならず  しかもおごらずおそれずに伸びてゆくではないか  しかを覚えぬか  しかの金に替  しかの金額といふにふさはしい  ジカにわれわれの感ずる  ジカな感じでこちらの内部に入りこんでしまった  しかも偽らない  しかしかように私が想像する  しかしかような明察に達する  しかのあくにちといふ  しかにも覺えず  シカと覚えが  しかの懸賞金額が赤丸付きで発表してある  しかの小粒銀を紙入れからつかみだして  しかの貢献をし  しかに税金を納めてある  しかしかような情緒的直覚主義が果して行為決定の際のわれわれの懐疑を救ってくれるであろうか  シカと縋付いて  しかの田中にいつく  しかで日々同じように働かされている  しかも有らん  しかを記録し  しかも眠らなくなった  しかのお金を持つてゐれば  しかへしながら  しかの銀貨を卓子の上に置くと  シカと見当はつけ  シカと正体のつかみ  しかがその中で寂しく鳴いているだけでした  しかを知る  シカととらえ  シガない弁当屋になってからは  ジカな自身の内外のゴミやアクタなどが溜りに溜つて發酵しはじめた  しかのミヤゲを持つて立ち戻る  しかの関係を持つと思われる  しかの金を紙に包みかけましたが  しかはあれど汝が能く  しかにあすこまでゆけるに  しかを考へ  しかの送り銭を得て  しかを包んで  しかが大きなではいり  しかを渡す  しかの文明を持つ  しかを疑いぬ  しかも求める  ジカにムシロをしいて  シカと見えなかった  しかしかうして杉村や高山らとの接觸の面が深く廣くなるに  しかも見るから  しかのみならす  しかしかような計画は実行されない  しかはあれ  しかの一呼吸をしている  シカとは分らない  しかの想いがあった  ジカ附けに彫って頂こう  しかはいろいろにそだてて呉れて  しかのタメにはなっています  ジカな実感を読者に与え得ると  ジカな実感を読者に与えない  しかも知らずして  シカと分りッこない  しかも消える  シカとききとれた  シカとききとれなかったが  シカとは見当がつけられない  ジカに胸に刺しこんできた  シカと見た  しかの貴重のものと存じます  しかに扱いながら  しかの金を握って  シカとわからぬ  しかを察するに足る  しかを見よ  ジカに四角に坐つた  ジカに野毛の方へまわるから  ジカに自分たちが明日からどうして生きて行くか  ジカな言葉で言い  しかの金を包み終り  しかかッてくる  しかの銭をまたやって  しかもじつに掬っても呑め  しかへしは  しかのみならずかの  ジカに面会を申込んだわけ  しかを知らないであろう  しかの手切金を持たせて  ジカに汐があげ  シガない暮しを立てている  しかの資本金を与えた  しかなんかで伸ばした  しかも切られた  しかのなく声がかなしくきこえました  しかを考へよ  しかの遠洋航路の船が数分間置きに  しかするのやむを得ざるに出でた  しかを知るべし  しかも出る  シカと握れる  シカと握りて  しかしかういつて自分を慰めながら  しかも知らぬ  しかとした  ジカにプーンと来た  ジカに裸の子供を負って  ジカにゴロゴロしている  しかを察せらるる  しかしかような目前の問題に対しても我国の中流婦人は何事をも知らない  ジカにはるかに実戦場の兵士の身体に連続している  ジカにそのカットを連続する  しかを知らば  シカとわかりやしない  ジカに紙幣でやりとりするらしく  しかの餞別を紙にひねってくれ  しかしている  ジカに私から話せば  しかの髭をナフキンで拭きながら  ジカに置いて  しかへつて三人の母として頼もしさへ見えた  しかを融通してくれた  しかに浮いて見える  しかを疑ふなり  しかのすねも没すべく思われた  しかの影響を及ぼす  しかの祝儀包を与え  しかの金を身につけて  しかずつ心付けの銭さえ貰える  しかも誇らないで  しかなく本屋も古すぎると申します  しかのお礼を置いて来るといった  しかを知るに足る  しかを知らざれども  ジカに置いた  シカと認識してかからねばならぬ  しかしかように考えるにしても  しかしかように考える  しかの志の金を入れて  しかへしたればなり  しかするを見き  ジカに胸に来て弱った  ジカに知る  ジカに分りかけていた  しかするをえざる  しか窶れた風情の窺はれる  しかも叱られると  しかが分かる  しかしかやうな世界においては生命は成立する  しかの結果を遺すから  しかにあらずや  しかをもらって  ジカに殺す  しかも思い出す  

~ しか[名詞]1
なにがしかの  ようでないジカ  のかシカと  何がしかの  膳がならびたしかに  檣にシカと  なにがしかを  二にはシカと  私にはシカと  きつねやしかが  傳寫されしかを  姿はシカと  平静に復したしかに  此熟語をこしらえしかを  振舞をなせしかを  地面へジカに  ニワトリだかシカと  抵抗などのジカ  人相はシカと  こともシカとは  目でシカと  ようなシガ  進退したりしかを  忍刻なりしかを  板敷にジカに  骨身へのしかか  岩倉さんにジカに  汝を殺せしかを  川口からジカに  未来が占えずシガ  火のしかなんかで  經過したりしかを  袂をシカと  手をシカと  鼻へジカに  背中へジカに  繁かりしかを  アタクシはシガ  手続としてはジカに  細心なりしかを  ためだかもシカと  碁石などを使わずジカに  眼下に見しかを  方へジカに  上にジカに  其斎瓮にあらざりしかを  眼でシカと  なにがしかずつ  十二年版のしか  一人あたりなにがしかの  盛大なりしかを  ミノタウロのしか  気持ちがジカに  生活からもジカに  意味がジカに  何がしかを  処理せられしかが  田も蒔かねばならずしかに  九円なにがしかを  ぼくはシガ  自ら手を下してジカに  最後に思い出すしかも  

~ しか[名詞]2
ひろいしか  あるしか  そのしか  微々たるシガ  すぐジカ  生々しいジカ  近きしか  まずシカ  

複合名詞
シカシ  シカシカ  シカシカ何本  シカシカなんぼ  しか買  しか策  シカシ妙  地ニ於テ絶滅セシカ  シカシ今井  ジガ蜂  ジガ蜂自身  シカタガ  しかいふ  一つしか使  大体しか調  シカジカ  シカめ  私一人シカ居リマセンカラ  語句しか使  シカツメ  大目付殿ジカ  しか卒  シカシ例証  シカシ心中  シカシ世間  シカラズバ  しかみち  ミートシカ  シカシ生憎故障  シカシ上野公園  シカシ文三  シカシ少年  シカシ君  シカシ酒  シカシ幾程云ッ  シカシ水  シカシ我慢  シカシそう  シカシ何方  シカシ余り  シカシ最初  シカシ本田  シカシ官員  シカシ菽麦  シカシそう為よう  しかさん  しか費  シカシ労働ニ害サレタ手ハ思ウヨウニ自分  しか説  しか電燈  沈没マデ後数十分ノ余裕シカナシ  人間しか使  しか用  アカシカ  マダラシカ  シカシ改心シテ満足ダ  シカシ是レハ  シカシ借金ハシナイヨウニシタ  ソノ時ハ諏訪部ニモ元手ガ三両シカ  何デモ施シガ  ハナシカ  カニシカ王  しか金  ロジカ  シシカ間ガアリマセンデシタ  しか使  しか係  怪シカラン  行動ハ自殺ニ等シカラン  宮本しか  一一四しか  しかども城  四二しか  九しか  六〇しか  一〇二しか  一二〇しか  一二六しか  九三しか  一四四しか  カニシカ  



前後の言葉をピックアップ
如か    私家  史家  しか  四箇    賜暇  詞花  鹿


動詞をランダムでピックアップ
造れる重んじ余ろそり探り当てうめきせぐりあげ立ち止まれうごめかし捕まれつなげよたがう踏みつぶし食わせれおわはぐくんだきつく計らえ吊り上げ
形容詞をランダムでピックアップ
美味くっ執念深く均しき熱し心地よく捗々しゅう痛ましき水っぽく似あわしく願わしい長たらしかっ好もしかっまぶしくかうば硬し心安かろならびなしいまわしきほどよきいたましき