「され」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ され[動詞]
落着かず、され  遁れ難し、され  罪に落ちん、され  事は叶うまじ、され  能はざれ  ためで、され  気持ちもなかつたが、され  手につかず、され  全部を寫されたり、され  家道裕ならず、され  おん事はされ  花となしたり、され  いやきやされ  婆やはされ  ものであるか、またされ  叫び聲や、ざれ  者よ、され  静にござれ  のだが、され  適切には非ざれ  限りには非ざれ  何かであらう、散り残りの白いあざれ  初とは異なり、され  様で、され  ヘヘイ、され  性質であつたが、され  我は見じされ  間に還りて寝ぬ、され  磧まで送らるるなり、され  ことをくれぐれも頼みて死しぬ、され  ものさえありき、され  乙女ほほえみつ、され  笑はざれ  博学に非ざれ  身体にこたえ、され  伴なはざれ  希はざれ  向はざれ  膝下へざれ  二、され  小僧習はざれ  ゆ、され  皆あざれ  例もなきに非ざれ  抱合すべきに非ざれ  師もまた洒落るか、され  浪費乱用するというには非ざれ  理の当然され  何から何までわかり切っているので、され  事なきを保せず、され  むること能はざれ  うつちやつては行きたくなし、され  曹操から恩禄はうけているが、され  方から割るべし、され  やうで、され  ようだったが、され  知つてゐるではなし、され  もの、され  酒席のざれ  給はざれ  朝から何となく落ちつかず、され  母にざれ  実情で、され  ために嫌うでもなく、され  順吉はもとよりざれ  仕出来した、され  わけでもなく、され  のである、され  つた、され  盡力をした、され  ような、され  身分でも無く、され  ところ、され  懐も温くはならず、され  相違がある、され  証拠上らずされ  三日で又衰え始めて、され  群生しているからであって、され  身動き一つするでもなく、され  のであるが、され  愛嬌、され  筆紙に尽されぬくらい、され  道なく、され  さは寒し、され  絵でも、され  のかも知れぬとふっと気がついたが、され  事さえある、され  存して居ったとは思えませぬが、され  活字をうちねがはざれ  慊らず、され  二人前食いしに過ぎず、され  たる例もなきに非ざれ  賤しむべきに非ざれ  貧者なきに非ざれ  者なきに非ざれ  従事するには非ざれ  非役には非ざれ  者もなきに非ざれ  婚すべきには非ざれ  声の聞えしのみ、され  もの僥倖なり、され  それまでであるが、され  寒熱痛痒に感ずるに非ざれ  我に利するに非ざれ  バッタリ行詰まって御座るが、され  言葉とは言えないが、され  猥らを誹り、され  汝自身に非ざれ  ものでもなし、され  ものなりき、され  ものなり、され  無理はない、され  噂におざれ  買はざれ  従ひては、よしされ  さるるなりとか、され  相違ないが、され  ものかをもされ  間違いなく、され  大衆版であるが、され  乞はるること切なり、され  士分でもなく、され  なりというに非ざれ  ことなきに非ざれ  ごと一たび読みされ  願ひなり、され  われ有るに非ざれ  ア、され  自ら矜るに非ざれ  ところの毫もない、され  のでもなく、され  それはこのざれ  時で、され  問題ではない、され  謙遜に差し控え、され  ことで、され  おろそかに思われましょう、され  侮辱を被るかも知れぬ、され  かや、され  権力崇拝家であり、され  根が尽き果て、され  力に乏しく、され  いつまでも記憶され、伝へられても、され  事は出来ず、され  困難であろうし、され  成けり、され  さび、され  死体も現われず、され  云々、され  所なれ、され  事を好めり、され  人造らじ、され  汝を苦しめたり、され  桃李言はざれ  勇気もなく、され  のではあらうが、され  のもいけないが、され  いけず、され  恥をかかさず、され  のもいけませんが、され  ことを勧めますが、され  ことは出来ず、され  臑をすりむきなどして、ざれ  生甲斐がない、され  んだが、され  解釈していたが、され  渡りたりされ  霊泉なりされ  時劫を滅すされ  一事であるが、され  女郎に見立ててのざれ  名も知らず、され  断えつ、され  加へ、され  モコウはたまらなく心細くなる、され  位である、され  ことである、され  本来である、され  振りにて、ざれ  俊成のざれ  人足でござる、され  蝦夷地にはしる、され  からざることなのでございまして、され  定法であって、され  満足していられたので、され  感激であったろう、され  口争いもなく、され  独語に過ぎし、され  艱難を長引かせたとも見られるが、され  なんぴとも素足をみずされ  のでございますが、され  ものであるが、され  照添うに露違わず、され  具へざれ  水のざれ  むらさき人うつくしきされ  後逢はざれ  調度に包まれて、ざれ  醉ひしれたりざれ  喪はざれ  男です、され  別に誠吉を愛しもせず、され  候、され  満足出来ず、され  青葉でもなく、され  訳に行かぬ、され  ものだけれども、され  洗ひざれ  落日である、され  便宜なきをや、され  奴だ、され  それ、見され  押へられて、され  退屈の思ひをなさつて居られたらしく、され  目も当てられませぬ、され  常住し難し、され  優劣をいふべきにあらず、され  むるに外ならず、され  お話があつたさうで、され  しかし、され  無邪気なざれ  咎るには非ざれ  苦にしていたらしく、され  尊からざるに非ざれ  こともできないが、され  ものでない、され  んです、され  彼にいひけるは、され  ぐることなし、され  とらへき、され  敵なりき、され  出でにき、され  獄をめぐらず、され  唱へえざりしなるべし、され  爲なりき、され  處にとどまりき、され  信をえたり、され  備へおきたり、され  足をはやめて去り行けり、され  上に立てり、され  請ふ、され  はず、され  といへり、され  洗ふにたる、され  さだかに知るをえん、され  さままた斯くの如くなりき、され  中におつ、され  起せり、され  一因なるべし、され  ことあきらかならず、され  記事なし、され  七時となる、され  遭つて死せりといふ、され  ひつべし、され  ことでしたが、され  人物なきに非ざれ  ものなきに非ざれ  男でしたが、され  ふつごうなので、され  唇をそらしても居られないのであつたが、され  恩はあり、され  姿を現せり、され  口一つ利いたではなし、され  重々忝ないが、され  姿にあらはる、され  詩材のいかに高くなれるやを知る、され  地に屈ましむ、され  生く、され  足音を聞けるを知れり、され  與ふ、され  みな同じ、され  日の再び輝くを待つ、され  要にあたれり、され  はたらきすべて止むに似たり、され  一語なり、され  生々断じて口外いたすまじく、され  訃音に接し、され  燃抜き、され  人知り難し、され  問なれ、され  我を見き、され  悦びをえさせぬ、され  一樣にあらず、され  企圖ぬ、され  む、され  所以を知れるに非ず、され  肉はいと弱し、され  こに、いつ、いかに造られたりしやを知る、され  ためなり、され  ところなる、され  鋭さげにいかばかりなりしぞや、され  質を同うす、され  與へたり、され  ピエーロにいたる、され  整ふ、され  正義を知ると聞く、され  給ふが故なり、され  事なり、され  方ガデスを見るを得、され  時少くなりぬ、され  こと能はざれ  こと可ならざるに非ざれ  同一に非ざれ  ことに非ざれ  談に非ざれ  すべて自ら異れり、され  嗤はざれ  皆無聊でいたが、され  たるには非ざれ  事能はざれ  こゝろのざれ  偏見でもあるが、され  のか、され  風となるされ  ものはあざれ  青年は答え、され  こともなきに非ざれ  男と、ざれ  もので、され  事だ、され  所、され  事を促し来りぬ、され  危懼せざるに非ざれ  ペチカは燃えず、され  のです、され  のは、され  滿足されず、され  也、され  根気もなし、され  多弁を好むに非ざれ  非難するには非ざれ  



前後の言葉をピックアップ
ザルプ  ザルモノナリ  ザルモノノ  笊森  ザルヤ  ざれごと  戯事  戯れ事  戯れ言  サレドモ


動詞をランダムでピックアップ
おぎなうみあっさがしあて引き抜き浮き上がっ先立ち拘わ甲ばしっ降り続いとなえひさぎ取抑える号す沸くあまさおさまれよばあけるこしかけよ追っぱらっ
形容詞をランダムでピックアップ
どす黒いややこしいうつくしゅうほこらしあどけなし遠けりゃきいろ情なからすがすがしゅう遅かれほしけれつまんなくらう小汚佳いはしたな柔らかし下らない眠けりゃ心許なく