「さておき」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ さておき[動詞]
それはさておき  余談はさておき  便宜主義をさておき  何はさておき  ことはさておき  艇長をさておき  小六はさておき  父親であるかないかはしばらくさておき  時代はさておき  三十年はさておき  水戸はさておき  外国語はさておき  方面はさておき  一戸はさておき  半ば伝説的時代はさておき  九州地方はさておき  方様はさておき  なにはさておき  ことは、さておき  説はさておき  生死はさておき  思惑買いはさておき  母にきいて、さておき  形式はさておき  女房などはさておき  妖術はさておき  否かはさておき  狸はさておき  三代目はさておき  未来もさておき  蛇はさておき  文学論はさておき  実践はさておき  未熟さはさておき  



前後の言葉をピックアップ
サティル  サティン  サティール  査定  さておい  さておく  さておけ  サテサテ  蹉跌  サテツ


動詞をランダムでピックアップ
判ずれうえよ割り込ま頼み入り湧かさ行交っ擦り寄っ着替えん立ちどまっ逸らし送り込も決まるちがいぶった切りたずさえはずかしめる縛る賞する焼き上げよつきあたり
形容詞をランダムでピックアップ
狭い清々しゅう欲しかろうらめしき疎ましき楽しい肌寒かっうるわしく可笑しゅう後ろめたい数多くみみっちいつまらない丸く手厳しくたどたどしゅう耐え難し温うめめしいきたならしく