「さだめ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ さだめ[動詞]
後継は、さだめ  かげをもとめてさだめ  ことあるべからず、思ひさだめ  給はじ、など思ひさだめ  海上にねらいをさだめ  のかと思ふと、さだめなくあひ、さだめ  ものはゆくへさだめ  人生のさだめ  人間としてのさだめ  方角をさだめ  姿を見さだめ  のはさだめ  鬮のさだめ  我が身のさだめ  命日とさだめ  日時をさだめ  地理をよく見さだめ  居所もさだめ  我々生きもののさだめ  果なきさだめ  地をさだめ  地神もさだめ  基礎をさだめ  度胸をさだめ  敵影めがけて、ねらいをさだめ  人間のさだめ  部署をさだめ  手筈をさだめ  闇を見さだめ  軍議をさだめ  愛子にさだめ  黒雲のさだめ  生徒から見たらさだめ  お母さんもさだめ  殿様方もさだめ  前にはさだめ  一年間とさだめ  志をさだめ  病院のさだめ  ことがさだめ  こを指すともさだめ  奥方様もさだめ  夜中にああして歩いている、さだめ  おのおの方にもさだめ  のを見さだめ  このごろはさだめ  衆は、さだめ  行末、さだめ  金助、さだめ  自分を見さだめ  連綿、さだめ  思案をさだめ  雨気近しと見さだめ  眸をさだめ  世のさだめ  牢居とさだめ  日をさだめ  所はさだめ  日には、さだめ  天気を見さだめ  方にはぐれてはさだめ  弟子だから、さだめ  微光にさだめ  穏やかでないと思いさだめ  東宮にさだめ  一たん皇太子とさだめ  さらねえでは、さだめ  夫とさだめ  時はさだめ  本営とさだめ  床几をさだめ  里内裏とさだめ  それまでよと思ひさだめ  乗主殿にはさだめ  乗客もさだめ  地と、さだめ  途中より招かるるは、さだめ  人のさだめ  全廃したらさだめ  目に留まって、さだめ  われのさだめ  しか標準をさだめ  実行しようと、おもいさだめ  君つひのさだめ  夢恋やさだめ  歌やさだめ  わか葉なさけ未だよわきはげしきさだめ  雨夜のしなさだめ  目にはさだめ  期日をさだめ  方角を見さだめ  君がさだめ  下りて、さだめ  勝手を見さだめ  時のさだめ  張つて、見さだめ  繊絃これ二十五絃神のさだめ  神のさだめ  都とさだめ  所をさだめ  それと見さだめ  髪を結おうと思いさだめ  ものは、さだめ  これがさだめ  女子のさだめ  地のさだめ  勇躍狙ひをさだめ  専門をさだめ  知行所でも、さだめ  様子を見さだめ  国中におきてやさだめ  狙いをさだめ  流れ世のさだめ  覘をさだめ  日和を見さだめ  覚悟をさだめ  あいまを見さだめ  ころを見さだめ  すずめもさだめ  薔薇色さえ見さだめ  すべてを見さだめ  彼女は思いさだめ  手はずをさだめ  品のさだめ  親のさだめ  顔を見さだめ  待機所にさだめ  女童は遊ぶのみ、さだめ  ものかと思いさだめ  場處もさだめ  法力作丈六釈迦像もさだめ  世はさだめ  ひもありかさだめ  和など、見さだめ  姿をとくと見さだめ  七日とさだめ  時期をさだめ  



前後の言葉をピックアップ
定めよ  定めれ  定めん  定め  定めて  さだめし  定めし  さだめて  さだめよ  定める


動詞をランダムでピックアップ
詰め寄っ加われるとくするまちあぐんくだける住まわす狩る留っ失お追い求めよ投げこも閉まろおこたる賑わせあげつら煉っとおら惑え吊りあげる捲ら
形容詞をランダムでピックアップ
わるいにくにくしい強い温く手堅うにくらしかっ気安かっ目出度かっもの悲しくこうるさいやさう世知辛い清々しい普くにあわしい薄寒かしこし妬ましちかくものうい