「ござら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ござら[動詞]
云おうようはござら  ものではござら  玉琴殿ではござら  筋はござら  小鳥ばかりではござら  買物ではござら  事はござら  気ではござら  ほかでもござら  泰平無事ではござら  面目がござら  様子を見ようではござら  風ではござら  境遇ではござら  兇事ではござら  筈もござら  事もござら  怨みはござら  のでもござら  ことではござら  者ではござら  こともござら  ものでもござら  異存はござら  豪奢振り、何と羨しいではござら  顫えて居られるではござら  怠慢至極ではござら  ここで聞こうじゃござら  造作もないではござら  差支えはござら  仔細はござら  葬式に参ったというでもござら  せいではござら  途中別に仔細はござら  事ではござら  笑事ではござら  姿とだけではござら  処でござら  横道はござら  申訳けもござら  ようもござら  やうはござら  ことは申すまでもござら  如才はござら  身をかたきと恨んでは居らぬと申すではござら  重態ではござら  おもしろい話はござら  兇状持ちでもござら  用意はござら  唖ではござら  学徒ではござら  身ではござら  ようはござら  のではござら  妖怪ではござら  悪者ではござら  ものはござら  月ではござら  猿飛どのではござら  女ほど脆いはござら  道はござら  はずはござら  紙子細工ではござら  なんでもござら  蹂躙しては拙などにはいっこう面白くござら  ほかは、ござら  子細はござら  所存は毛頭ござら  貴殿には譲りたくござら  人間盗賊ではござら  別にそうでござら  気はござら  雀でござら  ぢやござら  筈はござら  あなたではござら  わけではござら  角が少なくござら  ことはないではござら  無理はござら  やつではござら  ゆっくり話を承わろうではござら  立端がござら  物もござら  面目次第もござら  拙者に負けたではござら  人はござら  ところもござら  何共申訳はござら  者もござら  一緒にござら  フシギではござら  城ではござら  辛抱ではござら  差支はござら  訳はござら  咎ではござら  それを慕って帰ってござら  いずれへござら  怪我はござら  何んでもござら  男ではござら  犬に違いござら  宝がござら  切込みではござら  別に得意というてもござら  面白いではござら  様もござら  心もござら  見かけはござら  則重ではござら  これへ集めてみようではござら  ほかではござら  屋敷ではござら  駒井甚三郎殿ではござら  一人とはござら  息女ではござら  左様ではござら  ことはござら  見覚えはござら  一小事ではござら  ほかにはござら  ほかはござら  道理はござら  犬ではござら  財産目録でござると、持つてござら  奴ではござら  思案ではござら  吉原ではござら  ことに致そう、おさしつかえはござら  あらばぜひもござら  貴殿ではござら  上にござら  求めではござら  恩怨はござら  誼もござら  ところはござら  拙者ではござら  一見致そうではござら  戦場ではござら  好地にあるではござら  藩はござら  ところではござら  公事ではござら  笑い事ではござら  料簡は毛頭ござら  者でござら  宿にはござら  名物といってはござら  つもりは更にござら  事情がおのずからそうなっては、ぜひもござら  儀でござら  何でもござら  首じゃござら  左様でござら  悪意はござら  法はござら  者のござら  仕事はござら  遠方、わざわざ拾いにござら  断簡零墨もござら  儀でもござら  これへござら  話でござら  次第でもござら  只者でござら  遠方ではござら  名ではござら  参ろうではござら  お前、ひもじゅうはござら  刀ではござら  経験がござら  恥ではござら  先生ではござら  分にはいっこう差支えござら  次第ではござら  ごらん下さる分にはいっこうさしつかえござら  何もござら  名称はござら  訳ではござら  試合ではござら  通り、云うまでもござら  元気がござら  奥地西野郷へ、行って見ようではござら  貴殿以外にはござら  土はござら  者はござら  どこへござら  言い様がござら  義通ではござら  異議ではござら  当字ではござら  名著ではござら  知己でもござら  栄華ではござら  古木こそ、ちと怪しいではござら  災難を受けられたではござら  五分の隙もござら  幼馴染ではござら  みな襲われたではござら  一つ競駈を試して見ようでござら  心当ては少しもござら  男でござら  覚えはござら  約束にいつわりはござら  果報でもござら  ようではござら  中にはござら  下枝に、ひっかかっておるではござら  狸ではござら  暴れン坊ではござら  色気もござら  邪魔ではござら  不思議はござら  洗い髪ではござら  隣近所はござら  馬じゃあござら  干瓢どころではござら  馬ぢやあござら  儀ではござら  賊ではござら  仁はござら  お方ではござら  初対面と思いましたが、そうではござら  わけはござら  恋以外にはござら  眺めではござら  謂ではござら  合戦して見ようではござら  形もござら  糸瓜ではござら  別条はござら  廉がないでもござら  覚えなどは、毛頭ござら  必要はござら  歯ではござら  九には、充分見えるではござら  殿ではござら  立派ではござら  不都合ではござら  何んとそうではござら  美味でもござら  疑いが晴れたならそれでよろしいではござら  粟田口では、ござら  外は、ござら  病気じゃござら  さほどでもござら  抜け道ではござら  世はぜひもござら  創始ではござら  別儀ではござら  理窟はござら  ケチではござら  海が尽きたではござら  それらで尽きたではござら  んで居らるるではござら  ぐる頭ではござら  中ではござら  何もほしくござら  遠くもござら  体になって消えました、と申すが、怪しいでは決してござら  勿体至極もござら  大名衆ではござら  心配はござら  美作殿へよ、いうまでもござら  相違はござら  大事はござら  火事ではござら  仲ではござら  バカではござら  近藤右門どのではござら  面目しだいもござら  詮議をなさってではござら  てつだいをしようではござら  記憶はござら  心当たりはござら  水泳ぎはご堪能でござら  使僧様がござら  前にござら  江戸にはござら  なぞではござら  手ではござら  名折れではござら  理の当然でござら  不審掛けるまでもござら  そででござら  まり上等ではござら  目にとまった覚えござら  仰せまでもござら  形跡がござら  段ではござら  所まで、続いているではござら  方へ、走っているではござら  いかがでござる、そろそろ帰ろうではござら  何んと出来たではござら  紛失ではござら  用と申すではござら  掛け値はござら  三之助どのがいとしゅうはござら  異論はござら  格別用事もござら  着物を脱いで打ち振うまでもござら  金も何も欲しくござら  登竜に違いござら  仁ではござら  身内ではござら  庄八郎殿ではござら  一人もござら  用はござら  これ義侠ではござら  嫁入りにござら  仔細なぞはござら  執拗ではござら  理不尽ではござら  別状はござら  ためよくござら  ためよろしくござら  有名ではござら  遺言はござら  当てようがござら  近ごろ面目もござら  宿ではござら  嵯峨野ではござら  法もござら  異国ではござら  場合ではござら  姫上ではござら  息はござら  時はござら  富士見にござら  わけでもござら  鳥目とてはござら  私心はござら  



前後の言葉をピックアップ
ゴザイマセヌ  御座所  ござっ  御座っ  御座船  御座ら  ゴザリスデゴザリス  ござる  御座る  ござれ


動詞をランダムでピックアップ
受け入れ降りよ受付ける説か引き入れん目し呼び付ける壊し亡びるかぎりゃ乾かせゆらめい才走軋ん扼す報いよ曲がろ散らから炒め忍び
形容詞をランダムでピックアップ
蒼から有難い少なうらがなしき口やかましくかんばしき耐えがたけれでかかっ気持ち良かっ激しくっ細か気むずかしかったくましい篤くひ弱い若かっ目ざましくたやすく印象深い旨から