「こまっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ こまっ[動詞]
陳はこまっ  方をチラリと見て、こまっ  やり場にこまっ  博士、こまっ  おばあさんは、こまっ  男の子が、こまっ  女のこまっ  日光はこまっ  挨拶にこまっ  段々目がさえてこまっ  娘六つ位のこまっ  これは、こまっ  汗を流してこまっ  お母さんはこまっ  お母さんは、こまっ  しかし、こまっ  ことになっているので、こまっ  ように痛いので、こまっ  とき博士が、こまっ  千二少年は、こまっ  蛇がはいってきて、こまっ  場所にこまっ  顔をして、こまっ  返事にこまっ  中で、こまっ  時に、こまっ  眼先が見えなくなって、ひどくこまっ  ように畏こまっ  イヤだてえんで、こまっ  のだが、こまっ  タテマエであるから、どうも、こまっ  人々はそう言われると猶こまっ  代り、こまっ  野菜類にこまっ  間にはさまって、まったくこまっ  出鱈目ばかり申して、こまっ  三人は、こまっ  様子が、いかにもこまっ  困惑させ、思わず、こまった、こまっ  狂言師が食うにこまっ  うちに、こまっ  二人がつれ立って歩くと、こまっ  板ばさみになって、こまっ  野郎から盗み取り、こまっ  点については少しこまっ  のやら、こまっ  病気だったりして、ひどくこまっ  二人ともこまっ  裁決にこまっ  意外千万にも、このこまっ  不安でこまっ  敵意をもち、噛みつこうとするので、こまっ  手にはこまっ  様にあの細いこまっ  小娘こそ、こまっ  あたい一人になって、こまっ  こづかいにこまっ  これにはこまっ  これはどうも、こまっ  寺男はこまっ  こと/″\くこまっ  西日がさして眩しいので、疲れてこまっ  困難があり、こまっ  買いになったか、つい訊かないでこまっ  男にたかられてこまっ  犬を追っぱらわにゃ、まったくこまっ  機銃について、少々こまっ  いやじゃあこまっ  下座に畏こまっ  ふくあいなどと、こまっ  始末にこまっ  怪外人も、こまっ  当日になったが、こまっ  母親にこまっ  心理状態がこまっ  特別感情はあるにきまってますよねー、だからそう云うこまっ  しなやかなこまっ  どこのこまっ  真面目にこまっ  糸が通らないでこまっ  手水をそのまま捨ててこまっ  置場にこまっ  ことでは生き返らず、こまっ  ばにこまっ  合槌にこまっ  あずきを入れられて、こまっ  私はこまっ  返事にはこまっ  からなくてこまっ  憲兵さんたちは、こまっ  道が、わからなくてこまっ  私たちもこまっ  一郎は、こまっ  んですね、こまっ  いくつでこまっ  一生かかってもできあがらないぞ、こまっ  ぼくはいまこまっ  一文なしでこまっ  水にこまっ  これには、まったくこまっ  食物にこまっ  私もこまっ  本部でもこまっ  事を思うとこまっ  馬をもちこまれてこまっ  そうですが、こまっ  行方不明でこまっ  奴らが多くてこまっ  がらはこまっ  親友になりましたが、こまっ  ベスはこまっ  メグはこまっ  返事してよいかこまっ  怒りで、まったく、こまっ  どれといって、実に、こまっ  ものにこまっ  ことにでもこまっ  頭をなでて見たり、こまっ  たまのこまっ  気持で、こまっ  萩ショッキがうちきらしくうなだれてこまっ  複雑にこまっ  ハタとこまっ  虎二郎も、こまっ  博士は、こまっ  金にこまっ  一般がこまっ  批判し、こまっ  夫婦はどうしたらいいかと、こまっ  人たちがこまっ  判断がつかないので、どうしたらいいかとこまっ  譬にこまっ  末にこまっ  人から饋られて、何故こまっ  涙が出てこまっ  気が滅入ってこまっ  



前後の言葉をピックアップ
小町  小町糸  古町  小町屋  困っ  コマッチャク  コマッチャクレ  小松  古松  コマツ


動詞をランダムでピックアップ
還らねじ込ん立ちはだか取りくみ留まるいの引き揚げる神さびみしりひき込まこきつかっ招く思える耀こ隠っ抄くとまる起きん手古摺らすぎゆく
形容詞をランダムでピックアップ
もったいらしくこげくさいこちたく照れくさふるうきびしけれ待遠しくっ手っとりばや手厚いむずかしけれ蒼し湿っぽいさむく大きからなさけなたまらな薄暗理屈っぽい