「こぼれる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ こぼれる[動詞]
葉からこぼれる  空からこぼれる  酒のこぼれる  冬夜ふければ煮えてこぼれる  水がこぼれる  涙がこぼれる  月がこぼれる  やうだ、溢れてこぼれる  露がほろりとこぼれる  つて涙がこぼれる  手のきずからこぼれる  涙のこぼれる  国土にこぼれる  一面にこぼれる  さい涙がこぼれる  こんどはこぼれる  血がこぼれる  木の葉をこぼれる  花はこぼれる  温泉が湧きこぼれる  客へのこぼれる  針がこぼれる  涙がもろくこぼれる  口先からこぼれる  塀外へこぼれる  口元にはこぼれる  羽とともに散りこぼれる  剣もこぼれる  花がこぼれる  涙がぼろぼろこぼれる  ビールがこぼれる  実のこぼれる  それがこぼれる  手からこぼれる  水玉がはらりとこぼれる  モミがこぼれる  のか、こぼれる  例の笑みこぼれる  煤がこぼれる  懐中からこぼれる  色香のこぼれる  足端にこぼれる  いまそのこぼれる  いつしよにこぼれる  萩がこぼれる  朝湯がこぼれる  湯がこぼれる  酒がこぼれる  植ゑる花でもない、生えて伸びてこぼれる  頬にこぼれる  花粉のこぼれる  崖土やこぼれる  蜜がこぼれる  汁がこぼれる  花がほろほろこぼれる  時、はがこぼれる  意識をこぼれる  笊をもってこぼれる  花のこぼれる  子産石をこぼれる  森閑としてこぼれる  だい星がこぼれる  それぢや、こぼれる  移動からこぼれる  觸れてこぼれる  ポロリってこぼれる  涙がやたらにこぼれる  わけもなくこぼれる  愛嬌がこぼれる  顔にはこぼれる  愛嬌はこぼれる  のであるが、それでもこぼれる  涙のほろほろとこぼれる  匂いが散りこぼれる  実でもこぼれる  却って涙がこぼれる  いっしょにたわいなくこぼれる  実をこぼれる  口からこぼれる  壁がこぼれる  櫻は、こぼれる  桜は、こぼれる  俵からこぼれる  だしの煮こぼれる  花が、はらはらとこぼれる  しみ/″\泪のこぼれる  背後へこぼれる  花片のこぼれる  涙は一層激しくこぼれる  ズーッと開いて、折々こぼれる  ものがこぼれる  窓からこぼれる  砂のこぼれる  鋪道に散りこぼれる  鍋からもりこぼれる  白粉のこぼれる  ポロッとこぼれる  ものでこぼれる  籠にも盛りこぼれる  歯のこぼれる  銚子にも、こぼれる  地面にこぼれる  光のこぼれる  星屑のこぼれる  湯が煮えこぼれる  葉がひとりでにこぼれる  梢をこぼれる  梢からこぼれる  麦粒のこぼれる  ようにこぼれる  花が、こぼれる  網からこぼれる  座敷へこぼれる  花は、こぼれる  灰がこぼれる  房を、こぼれる  裙に優しくこぼれる  陽がこぼれる  さには、僅かばかりのこぼれる  げつと、こぼれる  んですから、こぼれる  油がこぼれる  外へもこぼれる  雫がこぼれる  露のこぼれる  婆はこぼれる  顔にこぼれる  男の子がポロポロとこぼれる  草にこぼれる  盆からこぼれる  人を乗りこぼれる  あとからあとから溢れこぼれる  畳にこぼれる  夕闇にこぼれる  上にこぼれる  白椿が、まだ疎に咲き残って、絶えず湧きこぼれる  お粥がこぼれる  眼からこぼれる  



前後の言葉をピックアップ
こぼれおち  こぼれおちる  コボレタ  こぼれよ  零れる  こぼれれ  こぼれん  こぼれ種  こぼれ落ち  こぼれ落ちる


動詞をランダムでピックアップ
もてなせ匿う遂げおどれる見違える隠れれ受取らしのばす驚き入るたれこみ組みこま取り押さえる塞き止めふためき濡れそぼっ慣れ親しむしばり上げるえんぜかけこみ
形容詞をランダムでピックアップ
若々しくっおおく貴き手痛かっひ弱ほしけりゃ数少ないでかきしがなく慌しゅう暑かろ床しゅう腹だたし面白かろ嬉しきうら若気むずかしき生温けれあたたかき