「ことわっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ことわっ[動詞]
患者をことわっ  これをことわっ  断固として、ことわっ  ように一寸ことわっ  これもことわっ  横にふってことわっ  ことは、ことわっ  いやだとことわっ  看守がことわっ  面会をことわっ  丁寧にことわっ  のであろうと、堅くことわっ  自働電話でことわっ  子を引受けてるの、ことわっ  改札にことわっ  老婆はことわっ  それをことわっ  訳をことわっ  ときは、ことわっ  わたしがことわっ  はじめから、ことわっ  ようになったとか、ことわっ  最初にことわっ  代りを入れるとことわっ  人々をことわっ  さっきもことわっ  命令をことわっ  ついでにことわっ  一人もことわっ  そっけもなくことわっ  ゆうべそう云ってことわっ  檀那にことわっ  警官にことわっ  旨、ことわっ  お松にことわっ  切り口上でことわっ  兄はことわっ  誰にことわっ  鶏にことわっ  吉坊主にことわっ  しかし、ことわっ  子供じゃあるまいし、出るなら出るとことわっ  院代さんにことわっ  一部だとことわっ  心配になり出して、ことわっ  時には、一応ことわっ  主人側はことわっ  主人にことわっ  はじめにことわっ  貞造じいさんに、まずことわっ  態度をかえて、いったんことわっ  おかみさんに一応ことわっ  歌女代は泣いてことわっ  弥三郎は無論にことわっ  前へことわっ  門番にことわっ  無理にことわっ  浪にことわっ  家主にも一応ことわっ  人にことわっ  屋敷へも一応ことわっ  ことが無いので、一旦はことわっ  澹山はしきりにことわっ  加減にことわっ  番頭にことわっ  大屋へ一々ことわっ  役人にことわっ  方へもことわっ  御免を蒙りますとことわっ  家主に一応ことわっ  いた事をことわっ  人が来て、これから引っ越すとことわっ  酒屋にことわっ  電話口でことわっ  婉曲にことわっ  金椎さんにだけことわっ  金椎君にでも、ことわっ  先生にそうことわっ  作者もことわっ  源一はさんざんことわっ  のだ、ことわっ  話をことわっ  様子には、そう云ってことわっ  そうにことわっ  勝兵衛さんにことわっ  吉原行きをことわっ  重吉はことわっ  ことをことわっ  さきでことわっ  役者とことわっ  誰だと思う、と聞きに来たが、ことわっ  博士号などは欲しくないと云って、ことわっ  求婚をことわっ  一言、ことわっ  絶対にことわっ  腹をこわしてね、よるはことわっ  いくら伸子がことわっ  私はことわっ  から、ことわっ  正宗白鳥氏がことわっ  その男をことわっ  仕事をことわっ  勲一等を貰ってあげようとしたがことわっ  ことはことわっ  一日お客をことわっ  文壇をことわっ  客はことわっ  のをことわっ  同道でことわっ  彼は一応ことわっ  眼で、ことわっ  場でことわっ  千世子には云わずにことわっ  目が悪いと言ってことわっ  ていねいにことわっ  彼はことわっ  申し出もことわっ  それじゃあ、ことわっ  申し出はことわっ  さそうにことわっ  御免だとことわっ  お寺にも一応ことわっ  僕はことわっ  気の毒そうにことわっ  兄が来たので、泊って行くからとことわっ  君にことわっ  幾度もことわっ  義捐金は、きっぱりとことわっ  石井をことわっ  父にことわっ  小花がことわっ  からず思っているのでことわっ  あたしがいけないってことわっ  ひと、わざわざことわっ  こと、ことわっ  注文したらことわっ  所轄へことわっ  考えでしたらことわっ  系統的にことわっ  ここでことわっ  九郎右衛門にことわっ  新作だとことわっ  将来を思うてことわっ  手紙でことわっ  前にことわっ  鍵盤を押し沈めたらとことわっ  



前後の言葉をピックアップ
事訳    ことわざ  断わっ  理っ  断っ  断わら  理ら  ことわら  断ら


動詞をランダムでピックアップ
突きあわせひねりだし静まら加わるいたむそぼ降るつたわ抱きすくめからましよごれみとれたりよふしよ論らわらわれるぱらつく戦える省い僭する亡くなり
形容詞をランダムでピックアップ
おさなき目まぐるしくまぶしい空しからわろかびくさき粗くおぼつかなほしく心細けれはなばなしく悩ましき遅う淡いうらさびしけれやすきまわりどおくほそい畏し望ましから