「こたえ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ こたえ[動詞]
骨身にこたえ  さはこたえ  茸狩がこたえ  それにこたえ  胸にこたえ  心臓にこたえ  手紙を持つて来た、こたえ  のだから、さうとうこたえ  長良川博士はすぐこたえ  博士はきっぱりこたえ  英語でこたえ  んにこたえ  代表してこたえ  おかみさんがこたえ  グレーテルはこたえ  十分にこたえ  胸には烈しくこたえ  頭へとひどくこたえ  神経にこたえ  身にこたえ  寒い夜気がこたえ  一つ一つ胸にこたえ  腕にも余りこたえ  それにはこたえ  黒人は、おどおどしながら、こたえ  さがビンビンこたえ  気がして、とてもこたえ  ズンとこたえ  さがこたえ  奥がたはこたえ  声でこたえ  さまはこたえ  成は笑うだけでこたえ  カレンはこたえ  五年とこたえ  声にこたえ  彼女にこたえ  見当のちがったこたえ  挨拶にこたえ  気持だ、どうも、こたえ  関金にこたえ  一番胸にこたえ  口調で、こたえ  称讚にこたえ  教諭はうなずきながらこたえ  音調で、こたえ  仏蘭西語でこたえ  竜太郎が、こたえ  声で、ひくくこたえ  身体にこたえ  そこが、うまくて安くて、こたえ  要望にこたえ  島にいるとこたえ  のだとこたえ  ようになついているとこたえ  事もなげにこたえ  束にしたよりもこたえ  大新聞ほど強くこたえ  精細にこたえ  問いにこたえ  赫くなってこたえ  一言は一層こたえ  さが一層こたえ  心にこたえ  需要にこたえ  腹にこたえ  必要にこたえ  精神にこたえ  全身にこたえ  グツとこたえ  わが身に痛くこたえ  大変にこたえ  呼びかけにこたえ  問いにはこたえ  ミカサ代表者はこたえ  呼びかけにもこたえ  顔でこたえ  サト子は、きっぱりとこたえ  ぼんやりと、こたえ  愛一郎がこたえ  顔で、こたえ  切口上でこたえ  おかずにこたえ  調子でこたえ  正直にこたえ  鼻声でこたえ  口調でこたえ  教援はそうだとこたえ  胸にどきんとこたえ  課題にこたえ  敬愛にこたえ  火星語でこたえ  諮問にこたえ  心に痛くこたえ  言葉がこたえ  んだ、こたえ  僕はこたえ  一郎はこたえ  希望にこたえ  友軍へこたえ  青木もこたえ  記代子も笑って、こたえ  遺言にこたえ  命にこたえ  託にこたえ  のだから、こたえ  奨意にこたえ  仕事そのものによってどうこたえ  妙にこたえ  女医サクラ博士は、すぐにこたえ  質問にはこたえ  水棲魚人がこたえ  女医サクラ博士は、すぐこたえ  ぎっくり胸にこたえ  ように軽くてこたえ  三四郎にはこたえ  みんな声をそろえて、こたえ  のが余程こたえ  咽喉が乾いてこたえ  とおりをこたえ  三郎は、こたえ  輿望にこたえ  だれも、なんともこたえ  伊藤君は笑ってこたえ  話はひしひしとこたえ  奉公をいたしましょうとこたえ  そうにこたえ  あたしがこたえ  下士官がこたえ  先任参謀がこたえ  ママがこたえ  歯にこたえ  胸にもひしとこたえ  警部モロはこたえ  知らないとこたえ  おばあさんがこたえ  いもうとはこたえ  事位からだにこたえ  唇をぶるぶるとふるわせながら、きっぱりこたえ  命令にこたえ  敬礼をしながら、こたえ  一人がこたえ  癇癪にこたえ  空腹がこたえ  ことが、著しくこたえ  河岸とがこたえ  それがこたえ  彼はこたえ  私はこたえ  からないってこたえ  のは出来ない、ってこたえ  相手をさせるだけのこたえ  おばさんはこたえ  ぼくは、こたえ  ぼくはこたえ  バーソロミューはこたえ  マックがこたえ  物価騰貴がことさらこたえ  西行法師とこたえ  一番からだにこたえ  両手にずっしりとこたえ  捷径ありや、こたえ  課題はこたえ  お玉はこうこたえ  ものだとこたえ  ムク犬にはこたえ  期待にこたえ  空腹にこたえ  私にはかなりこたえ  静かにこたえ  アッサリとこたえ  度毎に少しずつこたえ  大儀そうにこたえ  顔を見つめながら、こたえ  ピロちゃんが、こたえ  微笑しながらこたえ  キャラコさんが、はっきりと、こたえ  声で、こたえ  大儀そうに、こたえ  調子で、こたえ  声が、こたえ  言葉すくなに、こたえ  自若とこたえ  眼付きをしながら、こたえ  しょうことなしに、渋々、こたえ  青年はすぐこたえ  ニーナが、こたえ  質問に、こたえ  どこから知ったか、こたえ  署長がこたえ  兵太郎君がこたえ  腹にはこたえ  三里は少々こたえ  酒がこたえ  酒はこたえ  朝酒がこたえ  癇にこたえ  間にこたえ  胆にこたえ  合図にこたえ  召にこたえ  木村がこたえ  畑中がこたえ  米友がこたえ  方には、こたえ  私にこたえ  ズキリとこたえ  投ゲ銭にこたえ  ノウともこたえ  玉太郎はこたえ  三郎やあ、とこたえ  八百両は、こたえ  下腹にこたえ  国々からの、こたえ  正成のこたえ  おん頼みにこたえ  女は少しもこたえ  サーヴィスぶりに、悠然とこたえ  あなたらしくないこたえ  口をつぼめたなりこたえ  冗談でこたえ  栓をぬきながらこたえ  愉快そうにこたえ  腕にこたえ  消極なうけこたえ  のがこたえ  女の子がこたえ  下問にこたえ  沖のこたえ  隠岐勢にこたえ  の恩顧にこたえ  耳に入ると、グッとこたえ  ひらひら愛想よくこたえ  明晰にこたえ  肚にこたえ  熱望にこたえ  貞造は、そうこたえ  寵恩にこたえ  男は、ふりむいてこたえ  エキモスはこたえ  主人はこたえ  いきでこたえ  エキモスはすぐにこたえ  感激にこたえ  目にこたえ  のへさえ、こたえ  鼓膜にこたえ  駒井は全くこたえ  久我が、こたえ  山瀬がこたえ  特高課にいると、こたえ  そうに、こたえ  むっつりとこたえ  姿はいよいよ、ありありと見えるけれども、一向にうけこたえ  徳兵衛は、よほどこたえ  異例をもってこたえ  相当にこたえ  勅にこたえ  防毒面だからこたえ  白らばっくれてこたえ  みかどの召にこたえ  声がこたえ  癪にこたえ  尊氏もきもにこたえ  号令が、ようやく、こたえ  私は、持ってませんとこたえ  物影がグッとこたえ  祈願にこたえ  辞儀にこたえ  胸でこたえ  下で、うむ、とこたえ  ほんとうに腹にこたえ  深刻にはこたえ  相手にはこたえ  人あらば何とこたえ  説明がまた、こたえ  ジャックはこたえ  胸にじんとこたえ  彼がこたえ  そっちへ行っているとこたえ  ところだとこたえ  相当以上にこたえ  貧乏人は大抵こたえ  味と来ては、見ても聞いてもこたえ  士気にこたえ  相応にこたえ  脳天にこたえ  感情にこたえ  それにはなんともこたえ  訪問にどうこたえ  ばあやがこたえ  むすこはこたえ  石のスープ入がこたえ  ノックにこたえ  方のこたえ  化け物は一向こたえ  てきめんにこたえ  肩でこたえ  香いが、しみじみとこたえ  弁信にはこたえ  耳に、いよいよこたえ  耳にこたえ  圧迫にはこたえ  心肝にこたえ  肌身にこたえ  辛辣さがこたえ  大金持ちになりたいとこたえ  人にあってこたえ  諭吉は、きっぱりとこたえ  心にぎくりとこたえ  男がこたえ  東助がこたえ  東助が、こたえ  身体にはこたえ  言葉で、そうはっきりこたえ  工場長にこたえ  胸へじかにこたえ  別になんにもこたえ  鸚鵡に代ってこたえ  酒に対してこたえ  何のこたえ  ことをいわれると、こたえ  はい、とこたえ  代わりにこたえ  高がこたえ  ものをいいかけても黙っており、笑いかけてもこたえ  キリ胸にこたえ  ようだと言えばそんなに冷たいかとこたえ  脂の乗った、こたえ  おうむ返しにこたえ  おうむがこたえ  ことばでそのこたえ  沈み睡眠不足がこたえ  睡眠不足がこたえ  登行もこたえ  ものであったがひどくこたえ  三浦はこたえ  小倉はこたえ  小倉はハッキリこたえ  胸に質してこたえ  手に重くこたえ  なにもこたえ  元帥はこたえ  オルガ姫がこたえ  底までしみこたえ  ぴりりと神経にこたえ  膚身にこたえ  恩恵がこたえ  ふいに胸にこたえ  さをこたえ  私にもこたえ  大砲のごとく、こたえ  ろばはこたえ  一度もこたえ  猫女はこたえ  春木はこたえ  かげんのこたえ  丹霞和尚がこたえ  谷これにこたえ  歌とかこたえ  骨にこたえ  感傷にいたくこたえ  生活にこたえ  もみの木はこたえ  ことをこたえ  桃太郎はこたえ  孝子夫人の求めていられた和らぎにこたえ  いっしょにこたえ  いちばん胸にこたえ  一寸法師はこたえ  真顔でこたえ  ずんだ調子でこたえ  暑気がひどくこたえ  待望へこたえ  それもこたえ  心に、どっしりこたえ  競馬ファンにこたえ  しずかにこたえ  ことがなかったとこたえ  徳一君はこたえ  人がなにかこたえ  のであったが、いくらそんなこたえ  つばめたちはこたえ  なんのこたえ  ばらの花がこたえ  ゲルダがこたえ  ひるがおはこたえ  歌をうたうだけで、なんにもこたえ  ゲルダはこたえ  となかいがこたえ  愛好者にとっては、こたえ  算ファンにとって、実にこたえ  膸まで響いてこたえ  ゼフリズはこたえ  ロークはこたえ  門番はそうこたえ  のはこたえ  ようすで、重々しくこたえ  態度でこたえ  落ちつきはらってこたえ  上にすわりこんで、ふてくされてこたえ  トーマスは、しおしおとこたえ  ようすでこたえ  表情でこたえ  アダイ署長はこたえ  びりっ、とこたえ  これはこたえ  紅潮させてこたえ  淡々としてこたえ  あいまいにこたえ  雑作にこたえ  中でこたえ  要求にこたえ  次郎はこたえ  共鳴したらしくこたえ  顔をしてこたえ  飯島がまっさきにこたえ  気味にこたえ  しかし、かれはすぐにはこたえ  槌をふるいながら、こたえ  得意らしくこたえ  小僧はあくまでもつつましくこたえ  ようにこたえ  夫人にこたえ  胸にはひどくこたえ  あとで、こたえ  今日ほどぴんとこたえ  無造作にこたえ  田沼先生は、きっぱりこたえ  田沼先生が、あっさりそうこたえ  まじめにこたえ  朝倉先生は軽くこたえ  小川先生は、ぶすりとこたえ  ことをそっとただしてみると、かれはこたえ  兄にこたえ  中尉にはこたえ  素直にこたえ  帆村がこたえ  脈にこたえ  千ちゃんはそうこたえ  ポコちゃんにはこたえ  ウンとこたえ  風に逆らってじっとこたえ  妙にひどくこたえ  奴メにグッとこたえ  底ふかくこたえ  乾旱は真にこたえ  腹のこたえ  陽気ばかりだと、さほどこたえ  口でこたえ  脈をとりつづけながらこたえ  パートン夫人はこたえ  木に立てかけながらこたえ  警部はこたえ  フォクス警部はこたえ  頭をふってこたえ  私がこたえ  一郎を見ながらこたえ  一郎はわらってこたえ  ぼんやりとうけこたえ  これには多少こたえ  自尊心にこたえ  気持のこたえ  笑いがこたえ  からだにこたえ  相手はこたえ  体中にこたえ  照道寿真は軽くこたえ  帆村探偵は、なんとこたえ  おなかにこたえ  みんな身にこたえ  そちら、とやっていたので、幾分こたえ  目は随分こたえ  私にはこたえ  身振りが楽しくて、こたえ  鼻いきでこたえ  一斉にこたえ  一ぺんにこたえ  声だけでこたえ  みんなはこたえ  のが幾分こたえ  一番ひどくこたえ  体にこたえ  肩とに少々こたえ  もっとひどくこたえ  マギステルじいさんはこたえ  外出がこたえ  暑気はこたえ  どんなにかこたえ  微妙にこたえ  さがしみじみとこたえ  みはこたえ  憂いに嵩み、さすが、こたえ  男の子はこたえ  言葉はひどくこたえ  歯ざわりが、こたえ  徹底的なこたえ  宣旨にこたえ  好意にこたえ  三日もこたえ  貪欲にこたえ  トン服もこたえ  抗議よりも鋭く痛くこたえ  なにうけこたえ  眼脂をふいてこたえ  礼をこたえ  ヒクラーはこたえ  サイラスはたぶんあっているだろうとこたえ  ボスコウィッチはこたえ  ソーンダイクがこたえ  駅長はこたえ  躯にこたえ  だれかがこたえ  泣声はひどくこたえ  のは、こたえ  左程こたえ  彼女がこたえ  女記者がこたえ  夫がこたえ  彼がなれなれしくこたえ  博士にこたえ  



前後の言葉をピックアップ
答えん  堪え  堪えよ  堪えれ  堪えん    応え  応えよ  応えん  答え


動詞をランダムでピックアップ
伺えよい計れよ擡げりゃ入り浸はりさける追い散らさくわだて膿み事欠き持ち出そ嘱する折り込むふくらみまるめよ愛せ成り返っ立ち上れあおる
形容詞をランダムでピックアップ
草深きうら寂し細かしむごたらしかっねばり強い未練がましい偉く騒がしけれ重たい根づよく生じろいむくつけいゆゆし喜ばし後暗い辛うかわい汚らわしかっずるくっ