「ここ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ここ[動詞]
あわ、こご  今はこご  紫のこご  私のここ  あたしがね、ここ  俺たちがここ  なか、ここ  作者なら、ここ  岩むらはこご  せんが、ここ  思いもなく、こご  中にこご  先生、どうかここ  帳面のここ  あたし、ここ  ゃあるめえし、ここ  今までここ  一つはここ  もの、ここ  もっと早くここ  お嬢様、ここ  言葉も思い出され、こご  えことは、ここ  左手のここ  川合君と言えば、ここ  それから横っちょのここ  当麻寺までゆき、そのこご  お前さんがたのここ  奥にこご  感情が、ここ  くせに、まずここ  

名詞

ここ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ここの家はどう云う  ここに至って  ここにおいて誰が一番迷惑するかといえば  ここは熱情が出るという  ここでふれたい  ここでも進行不能の渋滞を惹起し  ここでも却つてその真実らしさを失ふ  ここまでは芸術として許されうる  ここに現われ出でた  ここに戦いが文化建設の機縁となったという  ここへ置きますからと云って帰った  ここへ買わされにやられた  ここを追っ払われ  ここの釦をはずして  ここに掘  ここでうんと泣く  ここで見ていた  ここまでしのいで来た  ここまで連れて来た  ここで私は坐禅をした  ここに生きているという  ここにいるという  ここに支えている  ここにこなければならぬ  ここにある  ここにないわけにゆかないで  ここから宗教的生活に最後にはいってゆかなければならなくなる  ここまでもってきている  ここまでもってきて  ここに食うに困って  ここでする  ここにいる  ここにいて  ここの勘定をしてもらおうね  ここまでくると  ここに作り出された  ここに表現せられる  ここに能の動作との著しい対照が起こって来る  ここでいちいちその原因を数へあげる  ここに置いているだけの  ここにあるならば  ここで本当に腕のある  ここで白状する  ここで足柄山の熊をお椀にして差し上げます  ここに文化運動に対する一種の批判が起り  ここへもってきているんで  ここでほろびた  ここは平家が沈んだ  ここを去って  ここにとどまり  ここには置かれぬ  ここへはまいられた  ここを引揚げて  ここへ引返して来る  ここで杯しようぞ  ここに神酒がある  ここへ来たりしからは  ここへ誘うて来ずば  ここにふたつの生贄をならべた  ここをお別れしておく  ここへ泊って行かないか  ここでくり返して見よう  ここまで語ると  ここに来た  ここまで言い来って  ここにもっと大きな犠牲がある  ここに親しきあなたに向って  ここで知った  ここまでまいりました  ここへ御供申したのに  ここにとどまって居ました  ここまで床しい匂をはなして  ここに住みあらした  ここまで参りました  ここにすえられてから  ここは先の中御呼入になった  ここに御呼び遊ばせ  ここでも首は見せません  ここへたずねてくる  ここの町内のひと群れが向島へ繰出すと  ここにいろいろの風説が生み出された  ここで遊んでゐて  ここには元の屋敷を偲ばせる  ここからどう浮び上って行くかといふ  ここのまはりから街道の方へつけて行く  ここでわかれる  ここで斯んな日を送つてゐる  ここでいう  ここを通った  ここを去る  ここに花が咲いてゐる  ここまではうてきた  ここにも工場建設とある  ここでもそこでも馬を叱りつつ  ここを死場所として草はしげる  ここで死にたい  ここに住みついて  ここにもねむれない  ここへも恋猫のきてさわぐか  ここにも人が住んでゐる  ここを死に場所とし  ここには落ちついてゐないだらう  ここに落ちついて  ここで降りるの  ここで会おう  ここに親しくふたりでいる  ここまで来たの  ここへ来たのね  ここの学校にした  ここにしたのよ  ここをとおるかもしれない  ここへ戻って来ても  ここへ戻って来る  ここにいるわ  ここへ来ないの  ここまで帰ってきて  ここで生まれて  ここに住み続ける  ここに来ている  ここにいたいわ  ここへ来て  ここで昼食が終った  ここにいた  ここへ来ていた  ここはおまえのいる  ここへ来ているだけな  ここへ引っ越して来る  ここにいます  ここへ連絡してくださると  ここにいてください  ここにも宅配してもらってる  ここにいるよ  ここにひとりでいたんだよ  ここが気にいってるから  ここへいっしょに来る  ここにこもって  ここに焚く  ここにも家が建つ  ここに家して  ここでもそこでも筵織る  ここにも住む  ここにも私の近来の生活気力があらはれてゐる  ここには避難者がぞくぞく蝟集してゐた  ここへ持つて来て下さいませんか  ここにも沢山の負傷者が控へてゐるらし  ここまで落ちのびて来た  ここでまた夜を迎へる  ここではすべて人間的なものは抹殺され  ここには避難者がぞくぞく蝟集していた  ここへ持って来て下さいませんか  ここにも沢山の負傷者が控えているらしかった  ここでまた夜を迎える  ここを引上げることになった  ここに大きく書き写して置こう  ここぞと怺えた  ここへ来た  ここで読みあげて下さい  ここまでボロボロにした  ここに向けられている  ここではっきり計量されている  ここに一人のほんとの個性主義者がいるならば  ここにもとづく  ここに起因する  ここに著者の風物記の滋味が存すると思う  ここに驚嘆すべき  ここに漂浪の旦暮をかさぬるこそ  ここで昨夜は誰れが  ここまで来た  ここが下妻の里とすれば  ここに聞きずてならない  ここまで聞くと  ここに待ち伏せしていた  ここで八百屋の豊公を待っている  ここでいもをぶんどってやる  ここにいるじゃないか  ここに一大事件が起こった  ここを通ったから  ここにほろぶる  ここに開かれ  ここにおいてこの村は太平和楽になった  ここへきたまえ  ここがおれの生まれた  ここにおいて黙々先生が自身に空き地へ出張した  ここで負ければ  ここにおどろくべき  ここにおいてラムネを飲んだり  ここへきた  ここから胚胎する  ここに一番困った  ここでなにをしてる  ここで文子さんと話していた  ここにめずらしい事件が起こった  ここにおいて昔のように英雄なる一人の暴虐者の下に膝を屈するという  ここにおいてプロレタリアはブルジョアをのろい  ここまではすらすらと答えたが  ここで話した  ここにいらっしゃる  ここに立たせて  ここに一つの新しい提案がある  ここにおいてアーニイ・パイルについて語るであろう  ここにも宝の持腐れを抱いて  ここに茫然と火鉢の火を見まもっていた  ここにもう一つの理由を付け加える  ここに先生の人格の重心がある  ここにあった  ここに先生の人生に対する厭世的な気分が現われている  ここに先生自身の超脱への道があった  ここにも開展のあとは認められる  ここに説いた  ここに於てか電火ひらめき  ここに至りて  ここに書いた  ここにも見落す  ここに一人の人があって  ここへは置けない  ここかとたずねさした  ここからはいった  ここに浮いていたという  ここからと思われた  ここへ来たか  ここに上陸する  ここに上陸し  ここに至るまで  ここに身心を全うして  ここに入れば  ここに大谷光瑞上人に謁するを得たるも  ここに略す  ここに至るまでの  ここに滞  ここに貧民のために設置せられたる  ここに略し  ここは巨人の庭と呼ばれている  ここに進退きわまって  ここに一因がある  ここを抜けて往こう  ここへ越して来た  ここで私はクスリと忍び笑いをしなければならなかった  ここをおひきあげになると聞いたので  ここに自分の命を捨てる  ここに寝ていて  ここに一つの定窯の宝鼎があった  ここにわれわれが物語ろうと試みる  ここに用ったら  ここに行進のリズムが来る  ここから去る  ここに表明しておきたい  ここで扱われている  ここでの最も確かな友だといえる  ここへ来てくれたので  ここに掲げる  ここで私がいいたいと思う  ここで自分の子供の時の印象を呼び戻す  ここでは幾つかの滝つ瀬を思い起こすにとどめよう  ここに紹介する  ここに三年いた  ここで緑酒を汲んだ  ここから三日も行かなければ  ここではアイヌに存在した  ここに難産の際に演じられた  ここでは申述べる  ここで料理した  ここでは極めて通俗的に解して  ここから生まれる  ここにたくさんの層があります  ここに当たる  ここになると  ここに至ると  ここから少し外れると  ここに例えば推古仏があるとしましたら  ここまでなかなかいかない  ここにいるから  ここに推古仏があるとすれば  ここにいるかといいますと  ここに来られる  ここなら誰にも見られっ  ここなら誰にも見られつこはあるまい  ここには柏屋という染め物店があった  ここに十年を経申すが  ここに書き並べて  ここにも認められる  ここで目を転じて  ここではただ漠然と支那的性格というほどの  ここまで書いて  ここに置いてくれない  ここに紹介したいと思う  ここで著者はしばらくアインシュタインをはなれて  ここへきて  ここにいますよ  ここでずぶずぶと海面下にかくれられては  ここにいますが  ここまで追いつめたのに  ここをよく考えてください  ここから二百メートルほどむこうを  ここから生きかえる  ここぞと怪物群とたたかう  ここには空気があるばかりで  ここへやってきた  ここでもうしておくが  ここにのこる  ここにいたい  ここにおしこめてある  ここは事をあらげないためしばらく忍耐して  ここにきている  ここで鉄水母を逃がしてしまっては  ここに人類との初交渉をおこなう  ここに臨席していられる  ここに一つの疑問を持たれるであろう  ここでわれわれのいう  ここのお父さんとの約束がありましたから  ここで端折ります  ここまで聞こえてくるには  ここへ何しに来た  ここにいるって  ここへ訪ねてくるから  ここまで運んで来て  ここで待っていらっしゃい  ここにもそんな事を書いた  ここへ寝る  ここだと思いやしたから  ここに寝なさい  ここでもずいぶんありますからね  ここに現れている  ここにかくされている  ここの流  ここに住まっていた  ここへ通いながら纏めた  ここで聴いた  ここで行われ  ここの講堂で授けられた  ここでも図書室を自由に開放してもらって  ここに一年半通って同学者のやり方を見聞している  ここを占有している  ここから二筋の線路が私の町までつづいているのよ  ここから雪になる  ここへ着いて  ここへござれ  ここへ来ると  ここで芸づくしを御覧に入れよう  ここで激しい市街戦があった  ここが中心になって  ここに自信なんぞ持ってる  ここはここでいろんなクルジョークがあって  ここへよって  ここへ来て始めて  ここは判こがなく  ここを讀んで  ここに來られると聞いたので  ここでこの最初の會話に於てわたしが大失敗を冒した  ここで一切の過去から斷ち離されて  ここが木下の人柄とでも言ふべきでありませう  ここでは山口と隣りして  ここには述べますまい  ここは会社と言っても  ここに上れば  ここを港にいかりをおろす  ここに自分を伴のうたのか少しもわからない  ここはくぐりになっていて  ここでぐずぐずしているといけないから  ここならだれも見ていないし  ここから帰りますよ  ここに立って待っている  ここにこの男は容易ならぬ  ここに奇怪な発見をして  ここまで知っている  ここの生徒は耳と耳の間が風を通す  ここに坊主の子供達が御布施をくれたって  ここで筆者は日本帝国の国威のために一言弁じなければならないが  ここに天祐神助あり  ここでも言いもらしてはならない  ここをでて  ここへ移った  ここに再出発の姿勢をかまえるべきだ  ここのところの解釈に微妙な関係をもっている  ここに三尺ばかり開いてる  ここまで辿り着く  ここで問題になる  ここが客観的に物を見る  ここに来ると  ここまでいうと  ここに再び新たな容易ならざる  ここにそれを代表する  ここまで書く  ここでも問題にならなかった  ここにこうしている  ここまでだから降りてくれという  ここでガンバラなくてはと気持をととのえた  ここで星を残すと  ここで心境の変化を起してくれなきゃ  ここのところを見なきゃ  ここで短気を起しちゃ  ここから東京へ通い  ここで立ち話もできないから  ここの主人に呼ばれて行ってみると  ここを追われると  ここに静養している  ここはまだ山手というほどではありません  ここで過ごされたら  ここはこの間釣りに来た  ここに旧友をたずねて  ここは顕官の泊る  ここで尻込みしていた  ここから僕を出してくれ  ここに書きつづる  ここが海底にある  ここから海の中が見える  ここは東京湾口を出た  ここは一昨日出来上がったばかりの  ここから海溝へ棚をつきだしている  ここに工事のあらましを書いた  ここから空を仰ぐと  ここで待合わせたり  ここは僕の姉の経営している  ここへ送ってくれた  ここが海底都市であるということを忘れる  ここにお連れした  ここから出して下さい  ここで中絶してしまう  ここに滞在する  ここで土佐衛門になってしまうであろう  ここで溺死させる  ここも絶対に安全とはいえない  ここに用意してある  ここをわが世とばかりに活動して  ここぞと熱弁をふるった  ここには十分の空気があるからね  ここは見覚えのある  ここで決心を曲げては  ここまで足をはこんだ  ここに逗留していると  ここに海底連合大居住区を建設する  ここでどういうふうに設計すべきか  ここでやる  ここにはっきりというが  ここでとっさの決心をして  ここは何門と尋ねる  ここで私のいいたい  ここで私の考えようとする  ここでも稲刈後の田へ出て遊ぶ  ここでは少しかわって  ここでまた一回の努力がいる  ここで飯を炊き  ここではオカタサンゴトというとある  ここに載せて  ここに来ていた  ここから運ばれていって  ゴコと姥との応対を真似た  ここまで来たかの  ここを立ち退かなければならないという  ここは三十畳以上もあろうかと思われる  ここに開業している  ここに奇蹟あり疑ふ  ここに現れよ  ここに至れば  ここには今誰がいる  ここに来ていたの  ここを退院なさると  ここの家にも一飯の義理があると  ここまで来ると  ここにこそ思い合わされる  ここまでつよく生きさせる  ここまで来て下さい  ここまで来て下さればわかりますから  ここでペトローヴィッチを一応紹介させてもらう  ここで知っておかねばならない  ここで初めて彼は自分の考えをまとめにかかり  ここは三面飾窓で囲まれて  ここの時計台の鐘の銘をも知りたいと思った  ここまで昇る  ここに昇った  ここまで重いながら言葉を運んでくると  ここに来て  ここに来たら  ここにも子供がいて  ここでこうしてぼんやり眺めていた  ここでやってる  ここも住み  ここぞと思って  ここで彼は新井田の奥さんとおぬいさんとを眼まぐるしく  ここの室に落着く  ここからは決して煉瓦の綾目が見えないのに  ここへ書いた  ここで昆布がとれるの  ここまで出しなさい  ここから二チェーンほどおいでになりますと  ここでも主人が黄色な顔を緑色にしてふるえながら  ここへ来て見ると  ここにこの書物を諸賢にいわば推薦いた  ここに使用いたします  ここに推薦いたします  ここではその議論に対して私が最初に述べねばならぬとすると  ここに再び私は神と人間の精神とに関する問題を論究し  ここで彼等に告げておかねばならぬと思う  ここで枚挙しない  ここに居る  ここで言われた  ここに私は発見する  ここで立ち停  ここに何ら困難のあり得ない  ここでは彼等に関して何らの困難もあり得ない  ここに私が神と言う  ここから引き出され得る  ここでしばらく神そのものの観想のうちに停  ここに最も注目すべき  ここにこそ潜んでいる  ここでは言及しないし  ここから結論せられ得る  ここに追求すべく残っている  ここで数え上げる  ここでかかる  ここに観念と言う  ここで神の力を媒介として使用したが  ここに麻のやうな疲れが横たはる  ここにはまだ匿された  ここに伏在する  ここの科学のための科学にぞくする  ここまで来れば  ここまでにして置きましょう  ここに一群の人々がある  ここに一元論をもつては  ここに於いて  ここでも私は一言しておきたい  ここでもことわつておかねばならぬ  ここにこそある  ここまで触れてきた  ここに何よりも重大な問題が横たわつている  ここでは差し控えたい  ここでも宗教に対する疑いに輪をかける  ここに叫び叫ぶ  ここにも聞こ  ここに写し出して見よう  ここは岩垂憲徳氏の訳解になつて居り  ここに引いた  ここで俺がこのまま切腹したとしたなら  ここに落ちた  ここへ忍んで来ます  ここはずっと町家のない土塀続きになっていますから  ここにこの文章を書こうとする  ここにあると考える  ここで猛獣を鞭で打つたり  ここは日清戦争で台湾をとる  ここに土地をもつべきであると  ここの準備は食料だけで一カ月分あるという  ここでこんどの選挙のことを顧みてみよう  ここはその下まわっている  ここに立っている  ここに思ひもよらぬ  ここまで申された  ここに職業病としての原子病が起こってくる  ここには純心と常清の二つの女学校があった  ここでは二十七人の修道女教員が天に召された  ここに言い残しておく  ここに参っていた  ここに挙げたくはない  ここにおられる  ここにもいなさる  ここに祈りと労働と教育の仕事を始めてから  ここは三階が孤児の世話をしている  ここでこんなに激しく働いているのに  ここで仲間の対象となる  ここまで育ててきて  ここにたどりついた  ここではじけた  ここに大きな情義がある  ここへおあらわれになって  ここで食える  ここから見ていると  ここでも佗しく表れている  ここには自動車をうごかす  ここの特徴である虫のことを書いて  ここに始めて  ここにまた船堀小橋という橋につづき  ここに杖を曳く  ここに水門が築かれて  ここまできた  ここからもっと南の方の町に移った  ここまで来てくださらないでも  ここへ酒を飲みに来た  ここに書いてある  ここに五円入れておきます  ここに立つ  ここまで行けば  ここでもかしこでもする  ここに二人たった  ここにも一団になっている  ここに連れだつ  ここにも飛交う  ここへきてから  ここを見ていないか  ここに入口があるよ  ここはたいへんきちんとしていまして  ここは何をする  ここはなんという  ここで怪塔王に降参する  ここへはいる  ここで帆村を檻の外に出さなければとおもい  ここは一度出なおす  ここを逃げだすの  ここへやって来ないじゃないか  ここまで下りてきたら  ここに最新のロケットに形をあらためてしまった  ここにふたたび怪塔ロケットとなって  ここへのぼって来るよ  ここをあけてください  ここは皆さんおまちかねの  ここには届かず  ここで相手を降参させてしまわないと  ここで死んでしまっては  ここで粉々にくだけてしまって  ここへ来い  ここで怪塔王に目をさまされ  ここにわしがいるのに  ここぞとたくみな操縦ぶりをみせて  ここでエンジンをとめると  ここまで怪塔ロケットについて来た  ここでいよいよ飛行機を怪力線でやかれるとは  ここしばらくがんばる  ここで焼け死なせてはなりません  ここで話はすこし前にさかのぼります  ここはがらんとした  ここでとまっていますよ  ここを見た  ここへおいて  ここに居ります  ここを破って  ここに怪塔ロケットの根拠地があったという  ここへ大挙して攻めてくるって  ここを逃げだす  ここにぬけ  ここを逃げてください  ここを逃げて下さい  ここを逃げよう  ここへはいってください  ここにかくれていてください  ここへ飛ぶ  ここに集っていますから  ここまで引出された  ここにいたま  ここに二人はちょっと左右へ分れる  ここまでやってきた  ここへつれこまれたという  ここから下りる  ここでつばをのみこみましたが  ここにきて  ここを先途といさましい急降下爆撃をくりかえします  ここにおる  ここから根津へ行こうとするには  ここへ出張られて  ここへ持ち込んで来て  ここへ来て探すと  ここへ来るほどの  ここで率直に云う  ここでお待ち受けいたします  ここに三本の道がある  ここに待ち受けて  ここでまた茅野雄は右の手でトントンと刀の柄頭を打った  ここに思いが至ったからであった  ここまで来たが  ここで弦四郎は皮肉に笑った  ここまで尾行て来た  ここまで辿って来た  ここへ無二無三に殺到して来て  ここで説明する  ここば讀んでけれや  ここも矢張り住み  ここへ来る  ここから海へ出る  ここになった  ここに住んでいた  ここになかば住みついている  ここまで届いたとされている  ここで海に向かうと  ここに据えた  ここで感じた  ここに電話があったの  ここから海に向かう  ここにひとつあるだけの  ここでも濡れた  ここで録音する  ここは山の中腹だということがよくわかる  ここが人工の保養地になってしまう  ここを追い出されてから  ここには実際に鉄道があり  ここには波があった  ここにいたんだがな  ここにもサーファーたちがいた  ここまで見ただけで  ここにいるの  ここまで面白くはならない  ここなのだと示すと  ここにはもういない  ここでは熊は小十郎にやられ  ここまで聴くと  ここにチロリウムの人造があらゆる研究費を惜しまず試みられました  ここに不思議な事実がある  ここにご列席の方々によって行なわれる  ここで会つたのが最初だと思ふが  ここに來て見て  ここの眞砂は穢れず  ここと聞けども  ここといえども  ここで別れた  ここまで登って来た  ここに述べた  ここで云う  ここまで述べて来た  ここで一洗いざあッと洗われて見ろ  ここでもダブっている  ここにおいて解決せられる  ここと教へられた  ここに家を建てた  ここへ押寄せて来た  ここにも草の葉が踏みにじられている  ここへ来てみると  ここにてお袖が一家の履歴を説くべし  ここんとこ不眠不休で心配している  ここで逢った  ここにも見えたので  ここの子供達はそんな風が目に立たない  ここで最初の練習をはじめた  ここで初めて旧い作劇術の拘束を脱したといつて  ここがよいかと訊かれたら  ここで満足を覚えたという  ここで数年を暮した  ここに野暮にして  ここに連れ参れ  ここはいつもリンツマンの檀那の通る  ここを通る  ここに来たからには  ここにはもう万事知れている  ここからわざわざ帰って行く  ここはルノアール翁の別荘があって  ここから先きがイタリアだと連中がゴチゴチの岩山を指しました  ここにもやはり古い西洋館があります  ここを立ち去るとしますか  ここで普通の絵とは違って  ここで不安と単調が重なる  ここでは芝居を見る  ここへ書いたが  ここまで下落しては  ここは幸いにして  ここで同志集まって  ここへ逃げて来てはという  ここで逃げて帰っても  ここで困る  ここで折角吸うた  ここに一つの火山がある  ここからかたくりの花を投げてあげた  ここへ泊ろう  ここの所で私もちっとばかり延びたいと思いまする  ここを一つ曲って見ろ  ここの預り処へ廻されて来た  ここを遁げてから隠居して  ここに宣旨が二つ下ったとして  ここが違うといって  ここに招いて休ませ  ここへ訪ねて  ここには誰れも居らないで  ここは平の清盛が一千部の法華経を石の面に書写して  ここで法然は念仏往生の道を細かに授け  ここで念仏門に入った  ここに上野国から登山した  ここへ留守番に傭われている  ここで守備隊の出発防備隊の召集ときている  ここだと私は思った  ここに一人熱を出してねている  ここにこれが記述を省略して  ここに集まる  ここに後までも放免と名に呼ばれた  ここへ来たならばと  ここからはじまる  ここの黄色いホコリを吸わねばならぬ  ここで又一つわからない  ここぞ一生の思い出というので  ここで考えて行くと  ここまで観察して来ると  ここには略する  ここまで自己を洗練した  ここの店をのぞいて見たら  ここを出た  ここには江戸ッ子のあらゆる階級を網羅しているので  ここに日本式最初のプロ文化を作り始めた  ここに到ると  ここに断っておかねばならぬ  ここならいろんな商売があるだろうという  ここを遠ざかるに従って  ここに書く  ここでは先ず腰弁諸君の御噂から申上げる  ここで一寸説明しておきたい  ここでは月給取りの総称を便宜と習慣上腰弁と云っているが  ここでは主として男となると  ここには略す  ここでは略する  ここには必要がないから略して  ここで双方よろしいとなると  ここですぐに式をお挙げになっては  ここにその最も多い処だけを数字抜きにして掲げると  ここへおかけになって  ここの家を捜して来た  ここに最後の断を得たという  ここに終結を告げた  ここに二本尊存在する  ここに三本尊の並置となり  ここに両本尊安置の均斉を見るに至った  ここに完成したとまで言われた  ここに求め  ここに確信を以て警告する  ここに飛鳥時代なる名称に再検討を必要とするとともに  ここに御披露しておきたい  ここでは一言も触れようと思わない  ここに或る一人の女性を仮定しよう  ここまで考えて来ると  ここで暮らしています  ここに当分います  ここに仮住居を定めてからの  ここにも十字架が待っていました  ここに来たのに  ここでも私は私の過失の報いを受けねばなりません  ここまでいった  ここに来ました  ここに移ってからは  ここまで書いた  ここは淡路島のすぐ前に横たわっている  ここに担いだ  ここには見えない  ここを魚見岬とも言おう  ここから門のすぐ向うの茄子畠を見ていたら  ここの鎮守様の思召しに  ここで真面目に踊り直そう  ここの座敷に二人で並んでゐますよ  ここに放つてあるから  ここで屑値で買い集めた  ここで河豚を食うなと  ここでは河豚料理をさせる  ここでは彼の若さも通らなかった  ここの村も鳴るぞ  ここに書きとると  ここに残った  ここに背負っておりますわ  ここへ入ってからの  ここで註を加えておくが  ここで注意すべき  ここから君たちの冥福を祈っているよ  ここで擱筆する  ここでしずかに餓死するばかりである  ここでしずかにわが生涯を閉じたい  ここに私が持っている  ここに眼を注がねばいかぬと思う  ここの水は半馬力の発動機できっと上る  ここで待てっ  ここへ来てから  ここにこうしていますとね  ここにこうして居ると  ここへ來る途中で考へた  ここへ來てからもう何日になる  ここにかうして居ますとね  ここでは揮発性と操持性とを失った  ここでは旧套の良心過敏性にかかっている  ここのところがちょっとしたこつです  ここに新らしく立てる  ここで絵を買うて貰う  ここに幸福といふ字を使つてはいけない  ここから部屋の中の物を順々に眺めて暮す  ここでは店先を片づけて  ここの町内のは小さく三角形の頂きをもった  ここが精神病院だとわかれば  ここにブチ込んだ  ここから出せ  ここを出す  ここから出しちゃ  ここで船が沈んだなんて云いふらしやがった  ここの製作所に一脈の新鮮さを齎し  ここにも窺はれた  ここでは皆がみんな蛮声の出し合ひをしてゐる  ここへはもつと  ここに踏みとどま  ここまできこえて来る  ここでは演習をやるといふ  ここにも茫とした  ここでは防空要員の疎開を認めない  ここへ現れる  ここの紐結んで  ここへ立寄るので  ここにも窺われた  ここでは皆がみんな蛮声の出し合いをしている  ここへはもっと水桶を備えつけておいた  ここに踏みとどまっていた  ここでは演習をやるという  ここへ現れると  ここの学生は日曜日には半数以上着物になって  ここで暮していた  ここまで遡った  ここでも亦抽象して  ここに現れた  ここまで踏み込みたる  ここを過ぎるまで守り給え  ここには裁判の方のお方もお出でになる  ここへ植える  ここへ見えた  ここまでつけてきた  ここまで読みかけると  ここを抜け出す  ここへ来たという  ここで自分が助からねば  ここに着眼した  ここまで来る  ここに療治をうけ  ここへ呼び入れて下さいませんか  ここにはおらぬ  ここまで描いてきた  ここまでといたしましょう  ここで休ましていただきましょう  ここまで送ってきてくれた  ここを立ちますから  ここの客に言伝て貰いたい  ここにいましたぜ  ここから見下ろせる  ここへ急ぎ足に来る  ここからでは顔までしかと見えませんが  ここに世を避けていたという  ここの神主はおらぬか  ここでゆるさッし  ここよりお運び申してさし上げます  ここへ攀じ登ってきた  ここへ登ってきた  ここへ来あわせた  ここを落ちろ  ここにおいでなさいましたか  ここまで骨を折ってきた  ここへ登ってくる  ここへ指してくる  ここから姿の眺められた  ここに立つと  ここでお別れ申します  ここからまいりますと  ここまで同行してきた  ここは岐路になっているが  ここにてお待ちうけ致していた  ここへ戻ってくるほどな  ここから江戸へ向うならば  ここが立ち去り  ここで病家をとっている  ここでお目にかかった  ここにあったの  ここで見かけたを  ここへ入り込んでいた  ここでしばらく間があろう  ここへ席を移し  ここへ参る  ここに召し連れました  ここへ囚われて来て  ここに居並んだ  ここにすさまじく結束して  ここへ姿を現した  ここへ捕えてまいるであろう  ここをお引き揚げなさるが  ここへ殺到した  ここに進退きわまるであろうか  ここでユッタリと構えた  ここの親方は函館の金持ちで物の解った  ここのがよりも欲にかかるべ  ここで彼れは一同を見渡した  ここへ来う  ここを通って行こう  ここはよそうよ  ここは歩けないよ  ここにこうしてもいられないから  ここだと確信はできない  ここまでくれば  ここにゐる  ここはいきなり広間へ連れて行く  ここで白状しては  ここで引き帰そうというと  ここにも裸形の苦力が死んだ  ここにまで裸体の苦力が侵入して来て  ここにおいておく  ここに置く  ここで死んでみろ  ここにもある  ここにも戦争の与えた  ここに戦争の傷があらわれている  ここにも翻訳権の壁がある  ここに奇妙なことがある  ここでは抹殺されている  ここには専ら骨董趣味という点から見て  ここまでをほとんど一息に話しつづけた  ここで突然言葉をとぎ  ここに一の技術となったけれども  ここにすでに伝統というものに就いての  ここでは普通の学界常識からすると  ここから現代自然科学にとっての何等かの意義を見出す  ここまで露骨にならない  ここからこういう一つの結論が出て来る  ここから始めない  ここには感じられる  ここで私たちは誠に興味深い現象に遭遇した  ここに有りの  ここにつたない筆を執る  ここではそういうものは考えない  ここに一人のすぐれた  ここで代表されている  ここに列挙する  ここで言おうとする  ここまではおそらく多くの読者も少なくも多少の条件付きでは首肯されるであろうと思われる  ここに少しちがった  ここで逃げてしまっては  ここの息子がいま三高の理乙にはいっているから  ここの会社アはえらい家族主義や言いまっさかい  ここでも年齢が若すぎるという  ここへ切手貼って  ここで働いている  ここで働きたい  ここを飛び出せば  ここへはいって来た  ここへはいって来る  ここに写すまでもあるまい  ここを逃しては  ここへ持って来て下さい  ここで豹一のために弁解するならば  ここに写す  ここにいると  ここへ呼びなはれ  ここでの話でっけどな  ここを追い出されたって  ここで喧嘩していては  ここで失礼します  ここまで同乗して来る  ここを出ません  ここで弁解して置くが  ここで述べる  ここの社員ではないということがはっきりと意識され  ここで触れる  ここで注目をひく  ここでも亦逢着する  ここでも日本の能動精神そのものがそこでぶつかっている  ここに到達した  ここには今日一部の人々に云われる  ここに注目されなければならない  ここに到って  ここで再び人類の文学にとって興味つきざる  ここにも私たちは見る  ここでわれわれの非常な興味を引く  ここにも現れている  ここに一人の爺さんがあって  ここにて下駄をぬぐべしと云う  ここに住む  ここまでやりかけたなら  ここをどこだと思ってる  こことても武蔵野の草に花咲く  ここまで連れて来るから  ここに灯した  ここではそうしておこう  ここでは昆布がよくないといけない  ここでも薄口醤油を是非とも使って  ここに在る  ここは難所ゆえ近づいてはいけませんという  ここに人ありと知らざる  ここではただ表題に関係のあると思われる  ここに来る  ここで君の還る  ここも都会であることに変わりは  ここでいっしょに朝食を食べる  ここでまず定着させる  ここを歩いても  ここにいたの  ここに来てから  ここに住んでるの  ここに停めた  ここに停まっていました  ここの人間になったわ  ここは安物ばかりを売っているから  ここに置くわね  ここに入ってるわ  ここにコピーしてあるわ  ここにそろってるわ  ここに置いた  ここでなにをしてたの  ここに住んで  ここにこの店があるという  ここに住んでいる  ここで式をあげる  ここで食べる  ここにしろと  ここにきめた  ここを左に曲がった  ここへ持ってきた  ここにこのままある  ここにぼくも居ついてしまおうと思えば  ここに二泊するだけな  ここで落ち合い  ここで過ごしても  ここに住めば  ここの学校に入れましょうよ  ここに住みたまえ  ここで物語は阿部家へ移る  ここは又儒家と岐れる  ここにはまた紹興老酒の高級品があり  ここにも見られる  ここには欠落した  ここへ呼んで来ませうか  ここで考へるべき  ここまで追窮して置きながら  ここへ書く  ここに五十になった  ここに少しばかり書いて置きたい  ここに立て籠った  ここから出立しなければならない  ここまでがつまり都新聞紙上に掲載した  ここで清算しなければならぬと考えたから  ここへかつぎこんで  ここではすべてがイージーに行なわれる  ここにたとえて云えば  ここに万葉集を註釈とし  ここは去年五銭くれたぞ  ここで食べていけよ  ここに留めて憩った  ここまでさし入る  ここへわざと端銭をこう勘定して置きます  ここは暖流と寒流の出会う  ここにはまたこことして  ここまで来て  ここに立ち現れて来る  ここに私の過去の事を話そうとは思いません  ここに必ず誰か棲んでいる  ここを訪れた  ここがお千絵様の部屋だったものと見える  ここに押し込められているという  ここで利用しようとした  ここへしばしば来た  ここへゆらりと現れた  ここに猫をかぶった  ここへ呼び出していただきたい  ここまでやってきたね  ここは関の明神と違って  ここを居所と定めていた  ここをあらためた  ここまで追いつめて  ここで聞こうじゃござらぬか  ここへ来ている  ここから出入りしている  ここへ墜ちた  ここへ集合して  ここへ押しこめて  ここに伝わる  ここへまいった  ここから逃げる  ここを遁れ出ようではございませぬか  ここへ火を放けてまいりましょう  ここに一枚の櫛が落ちていた  ここに自分がいて  ここにバリバリと惜しげもなく燃えに燃えて  ここを引き揚げて  ここへ落ち着いた  ここでベソを掻いていた  ここに落ちていた  ここに避難した  ここでこの場をはずしもならず  ここまで尾行してきた  ここまで斬りつける  ここまで来たら  ここで正月をするっていっていたよ  ここは七刻限りといって  ここは土手へ出る  ここで三人数えられる  ここを無事に別れようとする  ここでお別れするよ  ここで別れておくれ  ここは自分の育った  ここに手を廻してきた  ここから後を追いつめろ  ここまで釣り込んでまいった  ここへ招じ寄せましょうか  ここをあけては  ここはどこだか知っていましょう  ここにおりますが  ここへ来るまでの  ここと大手町との間を往復した  ここへ移してまいる  ここへまいってくれぬか  ここにおりますから  ここはなんにもいわないで  ここでちょっと言葉をきった  ここまできて  ここへ一緒に来た  ここへ捕手が踏ン込んで  ここへ別れにきた  ここに固く意を決したらしく  ここに言う  ここでいちいち列挙するまでも  ここを掘ってる  ここに提出したいと思う  ここで私の半生に区切りをつけて  ここに私の半生に区切りをつける  ここに再版を怖れぬ思ひにな  ここでは半ばヒステリツクに彼の破壊力を揮つてゐる  ここに注ぎ  ここを捨てて  ここに記する  ここで一応諸君に承知していて貰いたい  ここまで斜酣は演説してくると  ここでの仮りの生活がはじまつた  ここの主人とその母親だけの棲居になつてゐる  ここへは災厄の季節も侵入しなかつた  ここへ集まつて来る  ここへ迷ひ込んで来た  ここを出てくれと  ここから弾き出さうとしてゐる  ここで配給とつてゐた  ここを引揚げる  ここを借りる  ここのアパートでは品物がよく無くなりますから  ここには女の残して  ここを御覧なさい  ここで人と落合う  ここのところがこざかしいと云えば  ここで約一時間位も待たされた  ここは昔沼だったンだからたくさんめめずが居るって云う  ここに困った  ここでお別れいたすよ  ここから帰れ帰れ  ここまで罵倒されれば  ここで別れてくれる  ここに不思議な現象が起こりだした  ここへ送られてまいった  ここへ訪ねてきた  ここにおります  ここをどこだと思う  ここにいるが  ここは木曾路をへてくる  ここへ来たとて  ここへ逃げこんだ  ここへ呼びだして貰いたい  ここから前の出口を見届けていようという  ここにも誰か湯浴みをしている  ここぞという一念を拇指にこめて  ここまで足を踏みだして来ながら  ここにおるぞ  ここを通ってこそ  ここへ来たの  ここは東北農村の魔の門であると言われている  ここをくぐり  ここに足あとがあるぞ  ここにも絡みついているからであった  ここに生きているか  ここに死んでいるか  ここへ参った  ここに三人の首無男が発掘された  ここだけは変な掘り  ここに確かに穏かならん  ここにばかりは魔法がある  ここで触れない  ここで私どもの関心の的となり得る  ここにこそかくされている  ここに引き  ここにおいてかたちまちに浪人となり  ここまで発達しておらぬ  ここまではなるほどと  ここにおいて評家の責任が起る  ここの丘辺を過ぐる葬列ほそほそと雫しだるる糸ざくら西洋婦人濡れてくぐるも  ここの丘辺の裸木の桜並木を歩みつつ  ここにして  ここの渓へ下りて  ここの溪へ下りて  ここへ来ていながら  ここを通って行きましょうよ  ここで寝たのよ  ここを発った  ここで強調しなければならない  ここに用いる  ここへ来れば  ここに来るまで  ここに剰語を加える  ここに録したい  ここはもともと埋  ここにも板橋のかかっている  ここには言うまい  ここにも夜店がつづき  ここでは酔漢の三々五々隊をなして歩む  ここでは殆ど見られない  ここにわたくしの観察の決して誤らざる  ここに持っているよ  ここには五六人の人が車を待っていた  ここから出立しなければならぬ  ここにいつも侵寇かあるいは革命が起って来る  ここにちゃあんとあるじゃありませんか  ここが気に入つたわ  ここぞとばかり口をゆがめて  ここは危いから降りて歩いて貰おうと言っても  ここへくるまでは  ここに一つの小さな出来事があって  ここに来ていると思ってながめながら  ここも寒い風が吹いてゐる  ここに居着いているというだけの  ここから一度外に出て  ここをこうといいつけても間に合わないという  ここのわが額の中に詩ありと感ずれど  ここを通るは  ここに人間を愛してみたいと  ここで私は踊った  ここから立ち去ってしまえば  ここの所をゴムひもでくくられて  ここに論じようとする  ここを通らねばならない  ここを先途と突進した  ここには浮浪者の姿に身を窶した  ここを横断しなければならない  ここに至った  ここでは野火に襲われて  ここに差しかかる  ここもかしこも私は今日はゼーロンの駿足に頼って  ここでは世すでに定評ある  ここに編入すべきであったが  ここに編入された  ここにごく見分け易い毒草があります  ここに述べられた  ここでは学問はもはや単純に観想を本質としない  ここまで話した  ここでは訊かないでくださいまし  ここで初めてはっきり会得出来る  ここに示されている  ここの家に執り着いている  ここの家に住んでいた  ここにその家の鍵がある  ここに棲む  ここで発見されるであろうという  ここにも手入れをした  ここに閉じこめられてしまった  ここに初めて一種の言い知れない  ここを自分の寝床にしていた  ここを出る  ここで私は自分の犬が私たちのあとについて来なかった  ここに踏みとどまろうか  ここで恐れをいだいて  ここを立ち去る  ここに立っているに堪えられないので  ここに一人の犯罪者または犯罪の犠牲者があって  ここに一つの花があって  ここにしるさないが  ここに根をおいて  ここに意見があった  ここまで素早く身を躱して  ここから絶えず抜け出る  ここは何とかして  ここに科学者によって考えられている  ここに一人の女がいて  ここにも在ると思ふ  ここへ書き添えて置きます  ここに腰をかけて  ここに僕の不可解な人物が一人ある  ここへ掛けて  ここに集まっている  ここの一団が実際的の必要を認めない  ここへモルガンを尋ねて来た  ここへ出て来た  ここへ呼んで  ここに寄附された  ここが聞き  ここで自白しなければならない  ここにも伝統の破壊がある  ここにも支配している  ここからも起った  ここへは一団の政治界や経済界に羽をのして歩く  ここの家の人々にもどういう怪我がなかったとも限らないと思った  ここを通ってみたら  ここに居なくなった  ここには居ないという  ここではその身分を申しかねますが  ここで紳士は一息ついて  ここにお父さんのお馬鹿さんからたんまり取ってきた  ここまで語って  ここに雑器とはもとより一般の民衆が用ゐる  ここに一つの新しい美の世界が展開せられた  ここに許されてゐない  ここに虚心となり  ここに発見される  ここには何の花のにほ  ここからは降りて来ないであろうと思われる  ここの留守番であったというひどい婆さんが出て来ました  ここで話をやめて  ここまで参るのに  ここにクラリモンド埋め  ここへはいるか  ここへ置いてから  ここに待っていなさるが  ここにいらっしゃいます  ここは私が前に見たよりも  ここへ映し込まず  ここでどのくらいの仕事をしているかといえば  ここに長い寂しい時間を送っている  ここを立ち去ります  ここに腰をかけていると  ここに長い冬の夜を過ごして  ここまで話すと  ここの処へ寝かしました  ここに書かれてある  ここに引用した  ここに現われた  ここに何等左様な原因がなくて人殺しを敢行する  ここにふらふらしていた  ここへは見えませんよ  ここではからずももう一つあかるみに持出された  ここに記すと  ここにジャン・ウエーバーの事件を記したい  ここからお出しになった  ここまで二木検事はいい気になって  ここに或る男があって  ここに山川牧太郎の悪企みを助ける  ここに至らずとも  ここに清い健全な花があります  ここへ立ち入った  ここにはいる  ここにおりましたら  ここにはたくさんの花があって  ここの子だと思ってる  ここを曲ろうか  ここの生活がそんなに自分と調和してる  ここに書き加える  ここに少しく書いてみよう  ここにぐずぐずしている  ここに手入れをしないという  ここへお見えになりません  ここを出て行ってもらおう  ここが老執事の寝室であることをさとった  ここで起こった  ここに一つの異様な事件がこの城における単調な生活を破った  ここに繰り返しておきたい  ここで話を終わると  ここは要塞であると気が付く  ここのこの泥水の壕の中から切り出されて  ここに驚くべきは  ここに私という人間がある  ここにマンネリング嬢からの破談通知の印があります  ここにあります  ここに指環らしい包みがあります  ここには幽霊はいないではないか  ここを忘れてはならないぞ  ここぞと強く馬力をかけた  ここを素知らぬ振りして通り過ぎようとしている  ここを走っているので  ここは見物に来る  ここの女中達の踊が二組あった  ここの上に持っておりますから  ここをあけ放しにしておく  ここに立って  ここを出たら  ここは野暮を嫌う  ここを訪ねたであろう  ここへ姿を見せたら  ここを固く閉めて  ここに哀れをとどめた  ここを動かない  ここで舟泊りじゃ  ここを動かずに  ここからはまる  ここでお暇をちょうだいいたします  ここで存分にえぐる  ここを動かないでいてくれ  ここまでついてきた  ここまで来ながら  ここへもやってくるかも知れない  ここのお久良を思いだして  ここへ様子を見にまいった  ここを切りあげて  ここで釈明しておいた  ここにちょっと困った  ここへ廻し  ここに影を宿している  ここへ泊めて下さいませ  ここへ駈けてきた  ここで四国屋のもてなしにあずかっていた  ここの持船で阿波へ帰るといったが  ここを見張っていろといっておいたに  ここを離れて  ここに預かっておいてくれぬか  ここならいくら寝ぼけたって  ここへ探しに来た  ここへ運び入れました  ここに三個のつづらがあった  ここまで追い込んできた  ここまで運んだという  ここにいたか  ここでは深い話もできぬからと  ここに数える  ここでも自然科学の一応の自律性という現象を出現するという  ここへ持って来る  ここでも哲学的観点と科学的観点とが必ずしも一致しているとは限らない  ここに始まる  ここには全く排他的な矛盾が横たわっている  ここに一切の観念的哲学の殆んど無政府的な乱立を結果する  ここにこの範疇組織の実在的な地盤がある  ここで思い出さねばならぬ  ここに止める  ここに思い出さねばならぬ  ここで真実や真理ということは最も率直に云って  ここに設定される  ここに模写なる  ここですでに何より注意しなければならぬ  ここに持つ  ここでは個々の社会人が歴史の動きにつれて得たり失ったりするだろう  ここで予め注意しておかなくてはならぬ  ここに成立した  ここでは普遍的法則の反覆は許されない  ここに基く  ここで歴史というのは正確に云えば  ここに見られる  ここに経験に於ける  ここではこの操作の機能に就いて  ここに解析的と云った  ここからも知れる  ここへ集まって来て  ここに籠がありますよ  ここに生きながらに  ここに留まる  ここで再び君に出逢った  ここからその別荘という家までは二十五マイルに過ぎない  ここの家へはいらせてもらわなければならない  ここに註釈を試みたくなった  ここに最終の一節を摘録しよう  ここに棲息して  ここに語れば  ここにあらわれてくると  ここを立ち去った  ここで反対の方角に別れた  ここにある変わった  ここに参った  ここへ来させた  ここの家に二年半も住んでいる  ここへはいって来て  ここの家を立ち去る  ここにいるか  ここに同棲する  ここに控えている  ここにいい幽霊の株があるといえば  ここを立ち去ってしまうであろう  ここに初めて真情を吐露しようと考えていた  ここにいても  ここで承認したくなかったからである  ここで事件を進行させようとする  ここに待っていても  ここに待っているには及ばない  ここに待っている  ここまで言って  ここの家に取り  ここで猶予なしにわが思う  ここへ帰って来ますぜ  ここでお目にかかるとは  ここへ駆り出して来い  ここに世界的世界形成主義と国際連盟主義との根本的相違がある  ここでは国民の意気と力強さを示し得る  ここに始まった  ここで一先ず息を抜いて  ここでかの女の理性の足を失った  ここはエアポケットに陥った  ここでまた夫人は白く笑った  ここを散歩した  ここから正面に見る  ここにわが売文の由来を顧み  ここに本町一丁目の金港堂明治三十五年の頃突然文学婦人少年等の諸雑誌並に小説書類の出版を広告して  ここに詩人蒲原有明子新声社の主人と相知れる  ここに再び単行本一冊を出版したり  ここに意を決し  ここに再び思浮ぶる  ここに後日門人長谷川濤涯机を置きぬ  ここにいはずとも  ここに榎本氏請人にて歌舞伎座へ証文を入れ  ここに初めて団菊両優の素顔とその稽古とを見得たり  ここに訪ふや  ここにあるだ  ここに寝ていた  ここに図らずも  ここで小野潤平の死が本当の自殺であった場合を考えてみ  ここぞと思ってあらん  ここにいては  ここを出される  ここを御覧遊せ  ここにその即吟を書き残してみた  ここにあると  ここへ案内してきました  ここへ泊った  ここでウットリとしてしまった  ここをズラからす  ここで白状してしまえば  ここに到った  ここにおったか  ここで預かる  ここで待ちあわすという  ここの裏山を抜けて  ここを選ぶ  ここまで来ている  ここから呼べば  ここへ着いた  ここへ弦之丞とお綱がくるとは  ここへやって来る  ここにかがまった  ここへあせってくる  ここはかまわぬ  ここまで一同が吊り上げられてくる  ここにも一人斬られている  ここを歩こうとする  ここへ入ってくる  ここへ襲せてくる  ここまで登ってくる  ここに立った  ここに麓路を挟んで  ここが可訝い  ここではじめて口を入れたが  ここぞともはや面を装い  ここを過った  ここにかかる  ここに倒れていなすった  ここに魔物の倒れた  ここで手を離して  ここの沓脱を踏みながら  ここばかりは障子にも破れが見えず  ここで貴下の話をしました  ここにお住い下さるなら  ここに居て  ここに生まれてこずに  ここへ捨てにやってきた  ここへたずねてくるよ  ここからそんなに遠くない所にあり  ここではみんなが空腹のまま無理をつづけなければならなかつた  ここへ戻  ここを通りながら  ここであったなと思いながら  ここに出しておきます  ここで点えるは  ここに論ぜざるべからざる  ここに明鏡あらん  ここに定まりたり  ここに一軒の家あらん  ここに市舶司を置いて  ここに住居して居つた  ここに居留地が設けられた  ここに書こうとする  ここにも暗示されている  ここに赴任してゐるので  ここをぬけると  ここでは鋭い問いを発し  ここではそれには触れない  ここから反転して  ここのこの道近道ぢやさアさ急いで通りなさい  ここはあなたが御主人だからおいで下さらなくちゃあ  ここからだと電車の停留場はどの見当になるでしょう  ここにしまいやしなかったかしら  ここに在りますよ  ここに帰する  ここへ置いてありましたが  ここにははぶくとして  ここにそれをそのまま縮写するのみでは役立つ  ここには同じ宗教的日本主義者として今日彼に共鳴する  ここを根本道場として法幡をひるがえし  ここに引用する  ここにおいて決する  ここでは特に人間教養のための読書に重点をおいて  ここでいいたい  ここに学生生活の歪曲なる  ここで落ちあっている  ここへはおくまい  ここは公務の疲れをいやす  ここで帰して下さいませ  ここから帰して下さい  ここへ入り  ここへ三位卿の助勢に追いついてきた  ここの堤をきったか  ここへ逃げてきた  ここの天険に軍船の配置をする  ここまで戻ってこられた  ここまで顔を貸す  ここに持っております  ここに最期を遂げましたからには  ここまで勇躍させてきた  ここまで永い苦難をともにしてきた  ここへ飛ぼうとする  ここでは決して泣き顔を見せまいとして  ここからひと足お先にお別れ申さなければなりませぬ  ここに至つてその真実を暴露せずにはゐられない  ここにあるという  ここより北に行く  ここにて船は飲水食料等を充分に補充し  ここ開けよ開けよと云うなら  ここぞ余のためにはサーモピレーの険要とも云うべく  ここを破らすべきと  ここより上に昇るべきか昇るまじきか  ここはいなかる海上なるや分らぬは云うまでも  ここはたしかに地獄なり  ここには海水打ちこみ来らざれば濡れてはおらず  ここに見る  ここに現存せる  ここに伏在せるなり  ここから丘にかかると  ここに五十五個の南京虫がある  ここを読んで  ここへ辿りついてしまった  ここでは頑丈な男が挨拶して  ここの上さんはMarieMairといつて  ここへやってくる  ここの土壇で休んでは  ここで見物していらっしゃい  ここで卒倒するかも知れないぞ  ここでも長い間待たされた  ここで鄭重な看護を受ける  ここでお降り願います  ここで声を呑んだ  ここで切れた  ここにおりましょう  ここで十日野営を張る  ここから逃げられる  ここに手箱がございます  ここの緑地に集まって  ここへ持って来た  ここで手に入れたに  ここに置かれてある  ここへ呼び寄せた  ここでこのまま倒れたなら  ここまで私を導いて来て  ここに籠もっていたかもしれない  ここまで考えて来た  ここまでは届いて来なかった  ここで用立った  ここまで来たという  ここまで数えて来た  ここに再び人猿国には昔ながらの平和が帰り  ここで私は一種の砂漠の情熱に出逢った  ここで他のことに想いは走る  ここで人声をお聞きになりませんでしたか  ここへ来たら  ここに偶然に撮影されているから  ここに詳しい答申書があるから  ここで聞かせてくれ  ここに幾人かの人がある  ここでは別に書類を捧呈する  ここを立たせるが  ここに抜いた  ここまでは彼は犯人を見逃す  ここはそれゆえ洒落になっている  ここでこんなことに出合った  ここで下りる  ここまで引張って来た  ここに書いても  ここは腕があると  ここは可い  ここに人を渡す  ここを出て  ここに座を構えた  ここで夫婦にならはったら  ここでちゃんと聞く  ここに休む  ここに休んでから  ここまで堪えた  ここも湧揚る  ここに公表したい  ここに書いて置くが  ここの仮説を裏書する  ここに更めてその要点を挙げれば  ここで最も遣切れぬ  ここにさ  ここまでくれは  ここにひとつおやくそくしていただきたい  ここの温泉宿へ泊まる  ここから逃げておくれという  ここには朝日がまっすぐに当り  ここをおれの場所にするのに  ここをふたりの場所にしても  ここへ現われたら  ここへもほうっておくれよ  ここにかくれよう  ここに乗っていよう  ここが面白くて面白くて堪らない  ここを逃げ出して  ここを出て行かないから  ここに集まった  ここで俄に巫女の言葉は嘲笑う  ここで一層揶揄的になった  ここまで送らせて来た  ここで娘の民弥は俄に調子を改めたが  ここで親子は沈黙し  ここでまたもや考え込んだ  ここで右近丸は片手を上げ  ここでヒョッコリとお辞儀をしたが  ここ迄様子を見に来た  ここに突っ立って  ここまで連れて参る  ここ迄追い詰めて来て  ここへは遊びに来た  ここへ一旦来たからには  ここ迄は逃げて来たが  ここで浮木は庭師達を見たが  ここでグルリと手下を見たが  ここに余る  ここにはただ権義と記したり  ここに人口百万人の国あらん  ここに論ずる  ここにあるなり  ここにまた無形の一物あり  ここに盗賊ありて  ここに百人の町人ありて  ここに妾の議論あり  ここに大なる差しつかえあり  ここに心配せし  ここに一政府あらん  ここに止まり  ここに一少年あらん  ここにまた他人の物に使役せらるるの  ここにおいてかその罪を己れに責め  ここに心づかず  ここで会ったとは  ここを先途と洒落あかして  ここに写すまでも  ここは最大急行で通らないといけません  ここに一例をあぐれば  ここにあって存する  ここに政治家と名づくる  ここの家では月末にそれだけを別口のつけにして  ここんところが大いに気にいっている  ここまで貯めるには  ここに誓います  ここにおりゃ  ここへつれて来てくれっ  ここへ持ってこさせようか  ここに坐って  ここに露西亜の詩人の言葉がある  ここまでにして置く  ここで終らぬ  ここへ紛れこんだか  ここに露西亞の詩人の言葉がある  ここに出て  ここの停車場でなぐ  ここがご相続が出来ます  ここへ降りる  ここで断わって帰っちまおうと思った  ここでおれが行かないと  ここが我慢だと思って  ここで失敗しちゃ  ここばかり米が出来る  ここまで考えたら  ここで赤シャツから口留めをされちゃ  ここで乱暴を働いてくれると  ここで山嵐の卑劣をあばいて  ここは士族屋敷で下宿屋などのある  ここの夫婦はいか銀とは違って  ここへ世話をしておくれた  ここへ来てさえ  ここに居りたい  ここに居たい  ここまで堕落するよりは  ここじゃろうてて捜し当てて  ここまで多人数乗り込んで来ている  ここでいわゆる高知の何とか踴りをやる  ここへ一度来てくれなければ  ここに繰り返すまでも  ここから逃げましょう  ここに参りました  ここへ駈け込む  ここまで話出した  ここで自分が飛出したら  ここで召使の一人として天下泰平に暮らしている  ここへくる  ここやられてのう  ここだけや云い  ここで休ましといてやら  ここにいたら  ここに医学温泉旅館というものが開店して  ここが剣術の玄妙なところかも知れないね  ここに一ツの例がありますが  ここを過ぐれば  ここへおいとくから  ここにとっときましたから  ここへころがしとく  ここに来れば  ここに坐らせて下さい  ここへはいる  ここに嫁いできた  ここでも創作をする  ここの先生は俺たちのことをしんから心配して  ここの先生も戻って来るよ  ここの先生におたの申そうと思ってよ  ここの先生は言ってねえ  ここの先生に会いたいからって  ここの炭坑といっしょに永年生きて来てる  ここの先生の返事を待って  ここに叱る  ここにはこういう生活がある  ここへ巡回して来た  ここへ駈付けて来た  ここから聞えたと思う  ここはいくらと云ったねえ  ここからまっすぐ西になっている  ここぞと富士司を放つに  ここはどこでござりまするな  ここにあわれを留めた  ここに照る  ここに尋ね当った  ここから一つ名を呼んで捜す  ここまで間を措いて  ここでは知らぬによって  ここには幾多居ます  ここにもし光琳でも山楽でも一枚持ってくれば  ここに改めて断はる  ここでそれにふれる  ここは仙人の通ふうてなだからと公主にいはれて  ここに居を構えていられた  ここまで搬んだ計画が途中で妨げられてしまう  ここでわれわれが考えさせられる  ここへあの方とも御一しょに来た  ここをどこだと思っていやがる  ここに待っていて  ここを一旦出てね  ここの暮しの繋りの  ここさわける  ここで自分まで朝飯をよばれようとは  ここは本を持ち込む  ここでやった  ここのだけはその幾通りかの音色をぬーと凌いで  ここで育って  ここから通っている  ここへおきますからね  ここのかみさんのトミヨがサイの母親の血つづきで  ここをやめても  ここへ通う  ここでも女がふえて来た  ここの土地に住んでこそいるが  ここがよくわかった  ここまでと云えば  ここはどうしても人間界ではないと思いだした  ここへ来たからには  ここは人間のくる  ここにおきたいが  ここを私の居間と定められたが  ここに雇われて居ります  ここに長居する  ここを引払って  ここに尻を据えて  ここへ迷い出たかと思われる  ここで彼の別荘の怪談を残らず打明けると  ここに送られた  ここへ坐っちゃいけない  ここは空けとかなけりゃならない  ここは最近相当に都人士の入りこむ  ここから帰ると  ここでは特別な呼名をつけられていた  ここでちょっと説明さして貰うが  ここから裏の雑木林へ朝の散歩に出かけたりする  ここへ飯鉢と茶を置きますから  ここを逃がしてくれるなら  ここに今考えても  ここまで一行を見送り  ここでも確かに我が一行に驚いて  ここから山道は急に険しくなる  ここは常陸と下野の国境である事を示す  ここを過ぎた  ここから帰る帰る  ここで御免蒙るだ  ここから雲巌寺まで何里ある  ここでもまたまた雲巌寺へ何里あると問えば  ここから真先に逃げている  ここにも飴ン棒など並べて  ここに三田君のお便りを書き写してみる  ここに発表する  ここではひもじいめに逢う  ここに五村とある  ここに所謂蝦夷征伐の必要もある  ここで申し述べる  ここに私的主従関係が生じて参ります  ここに私設の軍人が出来た  ここで雀たちの数を言った  ここへ気がついた  ここで思う  ここの露地口に立つ  ここに建っていた  ここに建つてゐた  ここに草鞋の紐を解いた  ここで弟に相当の嫁を持たせて  ここの御亭主と相談して  ここであくまでも逆らった  ここへ足踏みをしないからは  ここを出ると  ここまでは付いて来たものの  ここの主人が親切に探してくれた  ここでいっそ思い切って  ここの亭主に預けてある  ここで花魁を請け出してしまった  ここを出て行けと言った  ここの家に置く  ここでも念を押した  ここでいつまでも評議をしていても  ここでも主人にむかって  ここでお前がうっかりした  ここの主人の世話で三河屋の寮へ奉公する  ここへその事情を明らかに断わって置かなければならないと思ったからであった  ここで半金の十両だけをひとまず償ってくれまいかと  ここへ踏ん込んで来た  ここではお話もできません  ここで女の薄情を責めても始まらない  ここで持っていないと言う  ここで思い切って  ここの亭主からもう聞いたかも知れないが  ここで休ませてもらおうか  ここで帰るかも知れないから  ここへ呼んでくれまいか  ここで切腹する  ここで尋常に自滅するという  ここを落ち延びて  ここで日夜とも法華経を読誦して  ここにはわざと除筆する  ここにその総てを記す  ここでは今でも泣女を雇う  ここにゐない  ここに遺産を残してくれた  ここには子供ばかりをスケッチした  ここに己の骨を埋める  ここだけでよその人に話す  ここに残って  ここの生活は空想と現実の差をしみじみと人々に思わせる  ここに御邪魔致しては居りませんか  ここの前で細い御声で何か歌を御うたいでございましたが  ここに先ずいささか説明を加えて置こう  ここに本当の芸術の価値が見出される  ここまで歩みきたった  ここはもう荒川区日暮里九丁目になっている  ここから虹は立った  ここからは私どもの歌ったり飛んだりできる  ここに古風なギルドがあります  ここには戦争の災禍に押しつめられた  ここへ寝かしてくれないかしら  ここにありますから  ここにいるじゃありませんの  ここまで這いだしてくださいよ  ここではいけない  ここで霓博士を助けなければ  ここで待って居れ  ここに集る  ここに出て歌う  ここには贅せない  ここに存じていた  ここに一つの思案あり  ここへ訪ねて来た  ここにも牡丹餅があるね  ここの家へ顔出しも出来ないでしょうから  ここへ来  ここに十両のお金を持って来た  ここから身を投げる  ここへ引戻されて  ここで逃げ  ここに詩人の高想も聖慈悲の懐裏に養はれて  ここへ運んで来  ここに述べる  ここに何千年の文化を植えてきた  ここへ自分が泊り合せた  ここにもわが党の盟符が貼って  ここで腹支度をする  ここにはないっ  ここをのがれる  ここへ泊れ  ここを出発して  ここから十里ほど北へ向った  ここから四里ほど先の鶏村まで行くと  ここの主はおそろしく身の上が変ってくる  ここで語る  ここまで演説して  ここの事実を見とどけて  ここな不届き者っ  ここを引揚げられい  ここの祭壇の前に坐ると  ここで義盟を結べば  ここの本陣へ馳せてきて  ここでも勝敗決せず  ここは広宗地方とちがって  ここで斬り死しなければならぬ  ここへ泊る  ここへはいって  ここへ入湯に来る  ここへまいりました  ここ小さな三角点に集って  ここで会うたが  ここにこうしております  ここで旦那さま方に言いつかりやした  ここの路地奥にある  ここに潜んで  ここで性来人なみ外れて  ここときめている  ここに身を潜ませておった  ここにはおられぬ  ここに落ち合った  ここあ一つ早くどろんを決め込んだ  ここで一声かけるかと  ここでこの出羽守を仕止めようとしても  ここはひとまずずらかった  ここから一歩も出す  ここだけは開けておくとして  ここに追いつめておる  ここの主人に押さえられておるよ  ここへ訪ねて来て  ここに祖父江出羽守の来ている  ここぞとばかりつっこんでいった  ここでいつまでも死んでいるが  ここから引返すか  ここに来れり  ここに来りて  ここへ戻ってくる  ここで変って  ここでも当分そのように記して置こう  ここに動物園が出来る  ここでは十分の治療ができない  ここへ収容されてから  ここで遊ぶ  ここでやってみれば  ここで十分に発揮して  ここで皆にして聞かせた  ここまで宇宙艇を護りつづけてきた  ここで火星人に対し一つ敬礼をして  ここでうろたえては  ここでは出来ない  ここに記すも  ここに来たばかりで  ここにとても面白いことがある  ここが捜索本部と発表しとるのに  ここを本部と見せかけて  ここによこした  ここに連れて来て頂いた  ここが捜索本部と仰言った  ここで留守番をしてやる  ここが一生の運命の岐れ  ここで茶を飲んでいた  ここに謹んで  ここへ来たのよ  ここに持ってるわ  ここに持って  ここに在るわ  ここで舌を噛んで死にます  ここを開けよという  ここの道理をよく聴きわけて  ここでは悪業という  ここを忘れてはならない  ここは交番と云う  ここではどうして腹をこしらえていた  ここへ来て買ってやるから待って  ここが台所と居間を兼ねた  ここでは次男に鍛冶屋させる  ここに人なしとは誰かいう  ここに集められたの  ここで彼を逸しては  ここは将来の大策に立って  ここぞと思う  ここに殿軍なすと聞いたので  ここで曹操の追手を防ぐ  ここに大敗を遂げた  ここで自害する  ここに終ったかの  ここはまだ濛々と余燼のけむりに満ちている  ここへ近づいて来るなり  ここから引っ返して  ここに二十年の兵糧を貯え  ここではお話もし  ここへ走り戻って来た  ここはそれがしの  ここに集まっていた  ここをお通し下さいまし  ここにもあるという  ここは君の内職にやってる  ここまで話してきて  ここにしるす  ここにこれらの問題を提出する  ここなら誰もいないが  ここはお互いに団結して  ここまで帝にかしずいて来た  ここはいつまでもおる  ここでお手ずから彫らば  ここに一策ありと  ここを最期と叫んだり  ここに留まって  ここへ来て飲め  ここへも一瓶持ってこい  ここを開けられよ  ここは熟慮すべき  ここまで急いで来た  ここへ探しあてて来た  ここでも散々に打ちのめした  ここにその一段階を上がったといって  ここでお楽しみください  ここはひとつ考える  ここにすさまじい混戦となったが  ここから数十里先の査涜にかくしてある  ここは一歩自重して  ここに至っては  ここからおれが一矢射て見せる  ここで申し上げても  ここでも付いて回り  ここを考慮の外に置いて  ここに収録されなかった  ここには入っていません  ここで確認したかった  こことも結び付く  ここから引き継いだ  ここでは余す  ここまで軽くなれば  ここで使っている  ここまで画像処理に強ければ充分考慮に値します  ここに出してみろとも言いたくなる  ここにはご存じのとおり頭をひねる  ここでも期待はずれに終わっていた  ここで迎えます  ここに回ってきました  ここに移りました  ここは自分たちで用意するしかありませんでした  ここに進み  ここでも大学にはさっぱり通わなかった  ここで恵まれました  ここから始まります  ここで挑戦したいと考えていた  ここから多くを学びました  ここを突いて  ここで生まれた  ここに置き  ここで見つけました  ここでたたき込まれる  ここにしかないものが見えてきます  ここでも再び素早く動きました  ここにブックを集めようと思い  ここからインターネットに入ってもらう  ここまで押し上げてきた  ここで長文を読んでいく  ここから追い出しを食ってしまった  ここにはその間に蓄えられた  ここで完全に諦めざるを得ない  ここに新しく付け加えられた  ここまでこられて  ここでこうしてこの建物を見上げた  ここではないどこかに向かう  ここを開いて  ここよりも八十里ほど北の山国に住んで居る  ここに来ておどろいたおちつかない  ここの家の状態がどんなかと云う  ここに取るべき  ここを他人の手に預けて  ここを通るであろう  ここは深慮すべき  ここに伏完もおりまする  ここは漢家歴代の祖宗を祠ってある  ここへ招いて  ここに唯ひとり人物がある  ここに名を連ねる  ここの密談を洩れ聞いて  ここは下僕部屋のある  ここを見る  ここへ通せ  ここへは来給える  ここはじっとご自重あって  ここへ来てから病んでいた  ここまで出てきながら  ここへ其奴を引ッ張ってこい  ここへ降した  ここへ出てきても  ここにはわしひとりしか居ない  ここでも控え目になどしていないから  ここはご寛大にさしおかれます  ここに厳存し  ここに大奸曹操を一朝にして殺す  ここに間違いと無理がある  ここに成る  ここで終つてゐる  ここへ忍び込んで来た  ここに挟んである  ここでは云いかねる  ここに面白い本がある  ここに傍若無人なまで彼の精神を易々と表し  ここに飜訳者の座があり  ここに飜訳という仕事の免るべからざる原理がある  ここに繰り  ここにあらわれている  ここで謂う  ここには割合にゆっくり麻雀卓子が四台並べてあり  ここから十五町ほどある  ここで急にガッカリしたという  ここを軍国主義化する  ここにあって  ここに百十余の歩卒もおりますから  ここを通す  ここに留めておくならば  ここに集めて  ここでは計をもって  ここを落ち給えとうながした  ここへ参るまでも案じていたが  ここへ来るやいな  ここで巡り会おうとは  ここに構えて  ここを動いてはいかん  ここを通るから  ここに外交と戦争とを併行して  ここは容易にうごくまい  ここを出発した  ここで君に会うとは  ここに劃し  ここにおりまする  ここにいない  ここぞ日頃の疑いをはらし  ここを打開できるだろうかと  ここを守る  ここで息を抜いてはいけません  ここに着きました  ここに近づいていた  ここで深傷を負い  ここへ急を告げた  ここは何処かと土地の名を漁夫に訊くと  ここが大事と思うからであった  ここは兵をひいて  ここでも大量な捕虜をえた  ここを囲んでいた  ここの要害に拠ろうと  ここに破れた  ここに亡んだ  ここを通ってはならん  ここへ入城にかかっていた  ここを通過した  ここに二男袁煕がいたので  ここに迫った  ここに滅ぶと  ここにひそんで  ここは田疇にまかせて還ろう  ここまで艱苦を共にして来た  ここに到着し  ここにまず完成を見た  ここに逗留している  ここには武具兵糧も籠めてあるから  ここを取囲むであろうとある  ここは眼をつぶって  ここは引っ返して  ここまで見に参ったが  ここでも彼は暁星第一の貧乏な父兄であることを巧みに自家設計の人生へくり入れて楽しんでゐた  ここぞとばかりその手の指を踵で踏みたくる  ここでも四辺に満ちている  ここはお前のいる  ここで論じられている  ここへ参りましたより  ここの人たちがここへ参りましたよりも  ここであたくしをお待ち下さる  ここにぐずぐずしていよう  ここで用事がある  ここへもう少し明りを入れたい  ここへ来てから覚えた  ここでは申し上げられません  ここへ参りました  ここに残しておいて下さいまし  ここを上っていらした  ここで彼はもう一度女房に話しかけて  ここじゃあ鉄の銹なんてつく  ここに提出されるであろう  ここにおられます  ここにおりますよ  ここへやって来てもらいたくは  ここに腰掛けておりますと  ここに腰掛けて  ここでは約束の一言を授け  ここへ連れて来い  ここを立去る  ここで国事犯に対する審問が行われ  ここではその語を街と聖者との両方にかけた  ここで処刑が行われ  ここでゴーリキイははじめて資本家と闘う  ここで茶碗の蓋をして  ここばかり食う  ここまで聞えるぜ  ここへ持っておいで  ここへ御逗留なさい  ここで寝転んで  ここにこうしていても  ここを曲がるかね  ここから曲がってやろう  ここを左りへ行くか  ここへ落ちた  ここへ飛び込まないか  ここで出る  ここから上がる  ここはどこだか知ってるかい  ここまで引き返したじゃないか  ここに宿の人が待ってるから  ここにまだ両者の勢力のいずれにも属していない  ここに唯ひとつのためらいを抱いた  ここに晴耕雨読していたい  ここへ帰ってくるであろう  ここに一泊し  ここに黄祖の臣で蘇飛という人がある  ここの無礼はゆるしおく  ここへ上げた  ここはお考えあっては  ここに抱えている  ここで思い出した  ここしばらくは急もありますまいが  ここに一計がないでもありません  ここをお通しする  ここに見ている  ここはぜひご堪忍あって  ここに完きを見られまする  ここへ避難している  ここより入り給え  ここを逃げ去ってから  ここでお別れしましょう  ここに一陣の伏兵あって  ここまでお供してきた  ここから取って返して  ここを去ってたも  ここに残して立去れましょう  ここに全軍の力点が集中された  ここを防がんかと  ここで玄徳を逸したら  ここの大方針は呉の興亡を決する  ここへ姿をあらわして  ここだけのことをいえば  ここは曹操に降って  ここでならいえるであろう  ここへ入ってきた  ここで孔明は軽く笑った  ここに与えられた  ここで呉が曹操に降伏したら  ここへ訪れ  ここは戦うべきに  ここの門へ入っては  ここに三代の基をかため  ここにふたりの女性さえ彼に送れば  ここで審さに聞く  ここから柴桑へ帰った  ここでいおうとする  ここに展開された  ここに兵糧軍需を運送する  ここでまた本書を読み落とすとなると  ここで活力というプラスを産み出せば  ここに乗りだしてくるにあたっても  ここで事実上定まった  ここで話は数十行にわたって大きくずれてしまう  ここで実現されている  ここで固まった  ここで発揮された  ここに紛れ込んだ  ここまで書いてきて  ここで仕入れてきた  ここで会場の聴衆に向かって  ここで間違えると  ここでより良いインターフェイスを目指すとすれば  ここから生まれた  ここに問題のある  ここで言う  ここでは書くまい  ここに主人公が押しかけてきて  ここまでいかない  ここでも述べている  ここでは深入りを避けるが  ここに誕生した  ここで血相を変えた  ここにおかまを乗せると  ここのところで想像力をチョイとばかり働かせて  ここでも変わっていなかったし  ここで技術屋らしい文化を育てもした  ここでひねり出された  ここで効いてくる  ここでおひつ炊飯器や電気ザブトンを見せられて追い討ちをくらった  ここから産み出される  ここまではダイナスティの脚本家も赤面し  ここまで書いてきた  ここでは使いこなしの  ここでもまた繰り返されようとしている  ここにはなんといっても  ここで振り返ってみれば  ここで我が妻アキコを知る  ここで校長代行の辞任を要求する  ここまで駆り立ててきた  ここのところウイルスだウイルスだと騒ぎまくっていた  ここまで支配してきた  ここに出てきた  ここにおいた  ここのところでユーザーとして望みたい  ここで見た  ここでもう一段の軽量化をはかって  ここで前者を取った  ここに付けた  ここから水を汲み出す  ここからソフトウエアのライセンスを受け  ここからでてくる  ここまでと見るかは  ここには書籍や雑誌作りに関する面倒な作業だけがよりすぐられて流れてきた  ここから逃げ隠れできない  ここでポストスクリプトの開発元のアドビ社が高いことを言って  ここから原稿は電話線を流れて  ここで変わった  ここで先ず確認しておくべきは  ここで登場してきた  ここに認め  ここに単純にUNIXを乗せた  ここからOSの供給を受けて  ここには生き残りを図る  ここで心に浮かぶ  ここの中心人物だったゲアリー・キルドールがスクエアーな連中と同じ空気は吸いたくないという  ここには物事を徹底して  ここから逃れられないと見るや  ここで誰もが考える  ここで知らん顔を決め込む  ここで叫んでおくぞ  ここでようやく千々に乱れた  ここで触れている  ここんとこいっぱしのおっさん面で世の中に出張ってはいるものの  ここのところは老化に伴う  ここでは日本電気の専有アーキテクチャーの独走を背景にDOSマシンは高値維持に成功しており  ここから下のジェネラル・マジック関連はソニーを筆頭とする  ここには何か隠れている  ここまで単純化すれば  ここにはいくつかの要素が含まれているが  ここを削ってと  ここは直さざるを得ない  ここで画面の中央にでしゃばる  ここに取り込まれていった  ここのところは何度でも繰り返したい  ここで新しく青空文庫をはじめる  ここまで読んで下さった  ここでこんなことをはじめています  ここしばらくは不便のやうにおもふだらう  ここに構築されようとしていた  ここから支払われる  ここまで大きくなった  ここでぐんと強くならなきゃ  ここに専花柳小説に筆をつける  ここに一言したい  ここでちょっと井原西鶴について言いたい  ここに附記していう  ここなら会社の人なんかに絶対知れっこないからね  ここのベルをお押し下さいませ  ここに一言しておく  ここの海岸には草も生えない  ここのところに手をあてて  ここにもぞくぞくとしてふきだす  ここに女たちの投げ出した  ここにかしこに私の青ざめた  ここにかしこに追ひみだれたる  ここの磯邊にむらがつてむらむらとうづ高くもりあがり  ここをさまよひきたりて  ここに我我の自由詩を見よ  ここを飛び出して  ここで死なれちゃ  ここでは寧ろ緑色にさえ見える  ここで手伝ってくれないか  ここがわれらの大詩人プーシュキンの学んだ  ここで最も白熱し  ここへ逃げこんだの  ここへきましたね  ここへ来るが  ここは何と云う  ここはかがみと云う  ここの祠の中を開けると  ここまで出て見れば出て見れば  ここに不思議な話がありました  ここでは遺憾ながら日本婦人のキモノより欧米婦人のコートの方が引っ立って見えるという  ここで戦死したか  ここまで後を追って来て  ここまで逃げて参りました  ここまで走って来は来ましたが  ここへ来ようとは  ここで三味線を弾こう  ここまで読んで来て  ここお開け下されい  ここで絶息するとは思われません  ここに無残な混乱の中にあった  ここの峠から駈け降って行った  ここを去ったが  ここで討死のほかなきに至るかもしれません  ここに完全な聯絡をとった  ここを守り  ここのみか城の四門はまるで開け放しだ  ここへ襲せて来ては  ここを払って  ここまでの深謀が孔明にあったとは  ここに結集した  ここに君臨した  ここに揚り  ここを出るや  ここに挫折するやも知れません  ここに民望をつなぎ得る  ここに三郡一括の軍事もひとまず完遂したので  ここで討たれては  ここに玄徳の地盤はまだ狭小ながら初めて一礎石を据えた  ここに軍需品や金銀を貯えて  ここの守りには魏の張遼がたてこもっていた  ここではいわぬ  ここは彼の策に乗って  ここに血を見ては  ここに住んだ  ここに待ち受けていたので  ここまでは共に来たが  ここで自害せねばならぬ  ここより呉へもどられよ  ここまでも参りません  ここに死すとも  ここに包囲を計った  ここに周瑜の智謀から出た退っ  ここに極まったり  ここの番につけ置かれた  ここに終ったが  ここの兄さんなんか何んな小説を書いてゐるか知らないけれど  ここの兄さんなどに比べれば  ここに一つエピソードがある  ここの御厄介になる  ここへ置きますから  ここの衛生委員は特別に歯科の診療所を工場内に設けた  ここへやってきて  ここで育てて貰った  ここから見ると  ここまで逃げてきた  ここへ這入  ここに晶子歌をとりあげて  ここで行はれた  ここでは沢山よまれた  ここには作者の意志を尊重して  ここへ出した  ここへあげた  ここに存する  ここにも用ゐられて  ここにまた見る  ここにぞ立て籠る  ここに日本人と戦つて居る  ここに日本人も戦つて居る  ここで雇ったら  ここで何とか声がかけたかった  ここにあるから  ここでおわかれ  ここへ取寄せる  ここの油屋は昔の宿場の本陣そのままの姿を残し  ここの大名部屋か小姓の部屋かですごしていたくらい  ここにも華やかな影が認められたが  ここは衣姫の機織る  ここで一夜を明す  ここから東を指して下る  ここへ現れて  ここ両三日は法用で取込んでいるから  ここを呼んで  ここに気づいた  ここ真っ直ぐ行けば  ここの温泉にはいると  ここへ来やはるやろ  ここで私を待ち伏せていた  ここまで引っ張ってきた  ここまで大事をすすめながら  ここを通過したら  ここでは二人が手に唾して  ここでともに酒をのんでいた  ここに私闘を演じて  ここを立つぞ  ここを占領していた  ここに彼を待って  ここまですすめながら  ここはそも  ここに思い  ここに登って  ここからさまざまな悪口を城中へ放送させた  ここを脱出して  ここにいたるは  ここに先廻りして待っていた  ここに義盟を結び  ここが陥れば  ここに敗れんか  ここへ着いたばかり  ここに両雄の凄まじい決戦が行われだした  ここに着いた  ここへ攻めてきている  ここを引き揚げぬからには  ここへ何しに来たか  ここをどこと心得る  ここに姿を見せていなかった  ここに劉璋は蜀を去って  ここに初めて国家の体をそなえた  ここへ関羽を迎えた  ここへ入ったからには  ここには呂蒙  ここに破れ  ここに献帝のおわす  ここには二重壁があって  ここへ置いてゆくから  ここに一頓挫をきたした  ここで死ぬよりはと  ここにいますっ  ここに彼の満悦なす  ここは山川四十里隔たる  ここに音する  ここより別るるものは勇蔵が前に来て  ここに席を列ね  ここに歓迎せらるる  ここは人間の至る  ココは早や冥土に通ずる  ここは何とあっても  ここを通っておるぞと報せて  ここで雑談でもしながら  ここへ現れた  ここで訴人をされて押えられては  ここでくどくど言っていられるけ  ここで眼をつぶって  ここを一歩出るが  ここは岡っ引きの家だと知って  ここは一番眼をつぶって  ここにいなさる  ここで締め直して行きたいという  ここで柳営の事務を見習い  ここにおって  ここに立って覗いていなすった  ここでちょっと休んで行こうか  ここで咽喉を潤して行こう  ここまで持って来て  ここへ置きますよ  ここへ飛び出した  ここに敵味方ハッキリ二つに別れて  ここに居るぞ  ここで命を落す  ここにいら  ここにいるぞ  ここまで来てしまった  ここはどうあっても  ここの呼吸で斬る  ここでも亦乱闘を余儀なくされる  ここへ飛び込んだ  ここまでやって来たろう  ここへ寄こした  ここで大声を揚げた  ここに概括してみようと思う  ここで僕が身体を伸び伸びと伸ばしていた  ここに我々にとっての小さな仕事がある  ここでホームズは素早く小さな路次に飛びこみ  ここでホームズは右に曲り  ここにございますわ  ここへ入って来たの  ここへ持って来て見せるが  ここに方言を書いただけでは  ここのすぐ下まで廻させます  ここの取りはからいは  ここで休んでいたら  ここに入れて来ている  ここへ呼んで来ますよ  ここで会おうとは思わなかったでしょう  ここまで追っかけてくるかも知れない  ここに住んでる  ここではガラスの中で人魚が湯だりながら新鮮な裸体を板の上へ投げ出していた  ここに窪んだ  ここから上って  ここの小松の間を選んで  ここまで落ちて来て  ここにも船の形の鳥が寝ていた  ここに天降った  ここに見出されたが  ここに居るです  ここと向い合った  ここだなと思った  ここの床の下へ玉を埋めてある  ここには書翰集の中から數行を引用して見よう  ここにこの小説のポイントがある  ここに二つの興味ある  ここで睡ってしまっては  ここで睡  ここに座って  ここへ今一度おかけ下さい  ここで承りました  ここにはなんにも書くまい  ここに書くと  ここには火星の生物がいる  ここでお前のからだを自由にしてやる  ここで待っていてくれ  ここに待っていてくれと言う  ここへ帰って来る  ここへほうりこみ  ここへ案内された  ここへ来ない  ここへ駈けつけて来るであろう  ここから外へ出してもらえるだろうが  ここにかつぎこまれて  ここへ集ってもらってくれ  ここで一大決意を固めなければならないと思う  ここへ止めおかれる  ここで大いに笑って  ここでもう一度不思議そうな思い入れをして  ここへおちた  ここで焼け死んだとは思われない  ここへ呼んでもらえまいか  ここへかえって来るか  ここに待っているかね  ここで講演者は言いあわせた  ここにはおりません  ここをあけて下さい  ここは温泉と言っても  ここへ滑りこんだ  ここで弱みを見せては  ここを逃出したい  ここで見かけなかったでしょうか  ここを抜出して  ここで見つかっては  ここから聞える  ここで言ってしまうよりも  ここで我々がもりかえさなければ  ここまでやって来たが  ここで決心をかため  ここで蟻田博士の無礼をやっつけてやろうかとまで思いつめたが  ここで博士をおこらせてしまっては  ここで何とかして  ここからはいって来い  ここに一つ考えのこした  ここにこうして聞いているが  ここまで追いかけた  ここを出ていきます  ここに衣裳がある  ここで一人の火星人を逃せば  ここまで攻めたてたのに  ここにわが蟻田博士がいる  ここから砲撃していた  ここがいけない  ここをちょっと離れられないから  ここに図面がある  ここぞとガス弾をとばせば  ここは太陽の下にいながら  ここに便利な電気鋏があるから  ここで撃ちおとしておかなければ  ここを留守にするよ  ここをあずかっていてくれ  ここでなにをしていたかというよりも  ここで新田先生のひどく悲しんでいる  ここへ来いと言え  ここまで来い  ここで完全にやっつけてしまおう  ここをおりていけば  ここから見える  ここに収容されて居ます  ここに頭をつかう  ここに見い出した  ここにかなしき崩壊をとげなければならぬ  ここに火星兵団を編成して  ここへ来まして  ここの尼さんたちは毎日蕗や蕗のとうを食べる  ここにかしこに追たてて  ここより歌人としての曙覧につきて  ここに悟る  ここはひとたび荊州へお引き揚げあって  ここの兵を樊城のほうへ廻すにちがいありません  ここの嘉魚のように季節次第で河を上下している  ここの岸辺にいる  ここは烽火台もある  ここを取り巻いていた  ここも混乱のるつぼと化してしまった  ここに遂げた  ここを守り通しても  ここは手薄でも守り得よう  ここに着いて  ここへ入って  ここから上庸の地はさして遠くありません  ここに集まって  ここに会見する  ここに尽きる  ここを開けろ  ここに勅命をいただいて来た  ここでその才を試してみようと思う  ここに伝えて  ここへ帰ってきたか  ここでご決意のほどを臣らへお洩らし下さい  ここへ来てしも  ここにお気のどくな  ここに万代の基礎をたてて  ここに蜀の皇帝たる旨を天下に宣した  ここにやぶれた  ここで大戦を起すなどは  ここに蜀にとって悲しむべき  ここにその人生を終った  ここに基業を創てたが  ここまで努力してみたが  ここに死なんと  ここも締めて置こうね  ここで少しうつらうつらしていた  ここはどうもあれの身体には向かない  ここへ花壇をこしらえる  ここであなたをお待ちしておった  ここを通りかかると  ここを通りあわす  ここであなたが通る  ここへ坐りこんでから  ここで断食をしていたという  ここに捨蔵さまの絵姿もあるから  ここで死ぬ  ここまで来りゃ  ここに密訴いたします  ここも見透しで  ここから脇道へ入って  ここにいただけで  ここのところ少々御難つづきの  ここに寝ころがっていたという  ここで見ていて  ここにねころんでいる  ここへ私を探しにきた  ここへよく子供をつれて行って遊ばせた  ここでは白馬だけえらんで  ここに写しを持っています  ここに小さな都鳥が一羽見えるだろう  ここまで上って来たにちがいありません  ここにいられては  ここで腰をおちつけてみるとするか  ここでじっくり糸を垂れていると  ここまでおびき出した  ここまでわかれば  ここも削いだ  ここにごろごろしていると  ここまでかすかにひびいてくる  ここへ坐れ  ここでこの事件のアヤを解いて  ここまで陳ずれば  ここに編纂した  ここに私が民衆と呼ぶ  ここにも一種の新官僚がある  ここに一つの重大な問題がある  ここで云った  ここにいう  ここからも判ろう  ここにこの暴力団の暴力行使の権利づけが  ここに河北省をめぐる  ここで明らかなように軍部は外務当局の交渉振りの監視に任じていた  ここに決着をつけようとは思わないが  ここのところ単に呪文にすぎない  ここに多言を要しない  ここではまだ大衆は大して考慮に値いしない  ここでも充分に現実味を有っているだろう  ここにファッショ支配に於ける  ここで或る一つの主張をねらっているという  ここで知能分子またはインテリゲンチャと呼ぶ  ここでは一寸書く  ここにもすでに批評の禁圧の精神はよく出ている  ここで特色のあった  ここから初めて意味のある  ここではさし当り間接的な場合に這入る  ここに風土なる  ここでは人間存在なる  ここが風土と和辻的観念の最後のねらい  ここでは次のような人間存在の構造が発見される  ここに私自身彼に対して大きなギャップを感じている  ここに大いに原因していると考えない  ここに漱石的教養と漱石文化とに於ける  ここで見ている  ここで文化財と評価される  ここに岩波書店出版物の学界其の他に於ける  ここにマルクス主義思想の退潮なるものの  ここから一種の間隙を生じて来る  ここで自由主義と呼ばれる  ここでだから今自由不自由と云う  ここにも問題はあるので  ここにも現われている  ここに云う迄も  ここでひょっくり出っくわさなかった  ここで千賀春に酌をしていた  ここまで追いつめた  ここから走り出した  ここに連れて来た  ここへいらつしやい  ここでばかばかしく無意義に見えた  ここで真に芸術の使徒となろうとする  ここで自然科学崇拝の傾向を破産しなければならぬ  ここまで筒ぬけですよ  ここへ集め  ここから川をへだてて  ここに小火があったという  ここに落ちるなら  ここでひと合戦はじまります  ここでご披露しましょう  ここぞと微笑して  ここから駈けだすから  ここで何分ぐらい待った  ここへ駕籠をおろした  ここには熊いないから  ここのモリブデンの鉱脈は当分手をつけない  ここへ呼び入れるが  ここのところを突きさぐれば  ここでつかまえる  ここまできわめをつけられると  ここへ来られるまで  ここで追っぱらわれた  ここにいるとわかったら  ここは立退かせて  ここから出て来る  ここでも気づく  ここから結果する  ここに自由主義的哲学と日本主義的哲学との本質的な類縁関係が横たわる  ここから見ても判る  ここでも大切なのは文献学が言葉の問題から決して解放される  ここでは文献学はその本来の歴史学的言語学的な実体性を失って  ここで解釈的と呼ばれる  ここで論理というのは概念が実在に対する対応関係を云う  ここがフィロロギー・文献学の権利の限界をなしている  ここの関係に一種込み入った  ここでも併し  ここで相変らず  ここから出発させようという  ここでは例えば各個人と云っても  ここで常識として強調された  ここでは頭から問題にしていない  ここで示されている  ここには非常に複雑した  ここで文明と云い  ここに自由主義と云う  ここまで遡って  ここで改めて述べる  ここに於ては独り文学に限らず  ここからアウフクレールングの二つの規定が更に導き出される  ここにドイツ啓蒙主義の俗悪な一面が露出したと云わざるを得ない  ここに云う  ここにのみ人性の進歩が齎らされる  ここで初めて新しい時代のエンサイクロペディストというものの意味も内容を得るだろう  ここで初めて実際的な問題になれる  ここでは原理となっている  ここで初めて行われる  ここから判る  ここではこの論証が純粋の論証の形を取らずに  ここでも内部と外部とを貫いた  ここに断る迄も  ここでは村落共同体が提唱される  ここでは単に手近かな資料を分類して見た迄である  ここには実にこの種の哲学的方法の殆んど凡ての徴候が端的に現われているからである  ここから所謂道徳上のゾルレンも発生する  ここに見ないだろう  ここに解釈学的方法の現実上のナンセンスが横たわる  ここに一つの問題が発生した  ここから証明出来る  ここに最も著しく現われているだろう  ここから見て  ここで同時に気づく  ここでも亦だから学術統制は極めて構成的であらざるを得ない  ここから発表する  ここでも実証出来る  ここに根ざしている  ここで農民層と云っても  ここでは市民社会の現実に即して  ここから見ても  ここから掴み出す  ここでは解釈はこの本来の役割から脱線し  ここに原因の主なるものを持っている  ここに解釈哲学は特に神から人間に眼を転じて  ここでも証拠立てている  ここですでに注意しなければならない  ここに西田哲学の人気がある  ここでは可能の問題と現実の問題とが混同される  ここでは与えていないし  ここに観念の体系しか出来上る  ここではこの全体たる成は有と無とを含むに拘らず  ここでは凡てのものが受け入れられ  ここにこそ本来の文学の源泉が横たわる  ここでどういう意味に使われる  ここから彼等だけに必要なそして彼等以外には必要ではないかも知れない  ここでは文学と哲学とが実はスッカリバラバラになって  ここに日本の今日の自由主義の代表的なものの本質が横たわっている  ここに本部を置く  ここに自由主義者的論理の人間学的なおめでたさの一例に出合わす  ここから来ている  ここから実は一種のインテリ宣言の意味をさえ持つ  ここに人一倍早く感じる  ここに一つの本質的な問題へのヒッカカリが存する  ここで論ずる  ここでは専らテーマとして取り上げられる  ここにも根本的な疑問は数々ある  ここで知能分子となる  ここでこそ技術という範疇が最も広範に又最も根本的な点から把握されねばならぬ  ここで初めてハッキリさせられたという  ここで専ら論拠としている  ここからすれば  ここで用いられた  ここで技術水準という範疇が役に立つ  ここから最後的な結論を得るだろうと思う  ここには一つの微細な錯誤が潜んでいる  ここでは哲学的範疇の代りに文学的な範疇が使われる  ここで社会主義というのは云うまでも  ここに意味のある  ここに横たわる  ここに見出すからと云って  ここまで行かなければ  ここからすると  ここからマルクス主義的な意味に於ける  ここに関係して  ここで数量的乃至量的と云った  ここにインテリゲンチャの今日の所謂反動期に於ける  ここに大衆に就いて  ここにいつも一つの錯覚が横たわっている  ここに大衆はその無組織性を一応脱却して  ここには依然として多数原理が大衆の概念を支えている  ここでの大衆がもつ  ここにもまだ残っている  ここからデマゴギーに新しい機能が与えられ始める  ここに初めて大衆の凡ゆる  ここで注意すべきは  ここで異彩を放っている  ここではただ忠君愛国の四字に凡ての思想は集約される  ここまで集約されるには  ここまで帰着して見ると  ここで企てる  ここに居た  ここから北の方へ行った  ここから見えやしないよ  ここも通ったよ  ここの下はハワイになっているよ  ここはもう地球の頂上だからどっちへ行くたって  ここに天狗の羽根が落ちています  ここにこうして投げだしてあるじゃねえか  ここへころがしておきますから  ここで腹を切る  ここへ運んで来た  ここに敢て彼の無学を公開せんとする  ここで勢揃いをし  ここにいるよと言って  ここへやって来なすった  ここならばまずぜったいお上の風も吹きつけない  ここまではわかったが  ここに生れる  ここに投宿してゐる  ここの家に止宿してゐて  ここに記すに  ここでゴクリと唾を嚥みこんだ  ここへ誰か遺族が顔色をかえて駈けこんでくる  ここへ帰ってくるまでには  ここに突如として  ここでも同じ様な狼藉が行われているのみか  ここに記す  ここに於て雲飛は初て此老叟決て唯物でないと氣が着き  ここまではちょいと手のとどかない  ここに居おう  ここに突っ立っている  ここで言いあってみたって  ここに変った  ここへ移植した  ここに這いつくばっているので  ここに筵が足らねえぞ  ここは都會の大十字街すべての道路はここにあつまり  ここはひとびとをひきつけてそのひとびとを喰ひ殺す  ここにゐてきこえる  ここからおくつてゐる  ここにすむ  ここで疲れた  ここは路側であるそのあかんぼから  ここに記しておく  ここへ運びだしてもらいましょう  ここにずら  ここでこうして控えて  ここに控えておれば  ここまで漕ぎつけりゃ  ここでいちいち聴きわけたら  ここもいけない  ここに二人いる  ここを伊勢駕の繩張りと知って  ここで降りましょう  ここだという合図の腹鼓をうつ  ここに斬られている  ここへ運ばれて来た  ここへ活かしておく  ここを買いつぶしてひろげると  ここへ陽が当らなかったら  ここへ図取りがしてございます  ここを離れなかった  ここまで届かねえ  ここで縡れた  ここまで歩いて来たか  ここはゴタゴタして  ここからひと跨ぎだ  ここまで聴いていた  ここまで連れこんだ  ここへ来られた  ここに居られる  ここに抜穴でもあるかと思って調べて見たが  ここを居  ここへ土下座をして  ここへズラズラッと並べてやるから  ここで開店いたしました  ここへ呼びだして  ここにはいあわさねえ  ここが二人の休憩場になっている  ここへさえ来りゃ  ここに不思議なのは加代姫を誘いだした  ここで悩んでいた  ここへ入って来るまで  ここへやって来て  ここへやって来ましたのはね  ここへ新店を出したという  ここへ入ると  ここで酒など呑んでいない  ここまでくりゃ  ここではお話しにくうございますので  ここから入ります  ここへ釘づけになってから  ここに突き刺さっていたにしては  ここに寝ると  ここだろうと思った  ここに童謡の童謡たる所以がある  ここに言ふ  ここに人々に依って異なる  ここは出迎えの自動車もあって  ここにわたしの手がある  ここにわれ罪びとの罪を洗う  ここにもまた日中両国民にとって緊急かつ共通の課題がございます  ここでわが党の参議院議員佐多忠隆君が貴国を訪問して  ここに社会主義国家前進の姿を思う  ここで一言触れておきたいと思いまする  ここが通れなくなっているという  ここで探している  ここにわたしたちの生活に即した  ここに在住していた  ここには寝られないというので  ここを横切るという  ここに残っている  ここをお立退きなすった  ここで関守の男が来て  ここに死を下し給うか  ここの囲みを解いて下さい  ここへは天水から梁虔が一軍をひきいて  ここをお開け下さい  ここまで誠を尽せば  ここに三郡の戡定も成ったので  ここに陣頭の大論戦を孔明に向って挑んだ  ここに諸州騒乱して  ここを占領してこ  ここに司馬懿を待ち  ここに絶えるでな  ここに展開されようとしている  ここに蜀魏入り乱れての  ここに調った  ここを退いて  ここで一勝を博した  ここにもいた  ここへ引き入れた  ここしばらく何の変更も見せていない  ここの隘路と三方の嶮を負って  ここの陣地も引き払おうと思う  ここを援けにくるに  ここを引揚げにかかりだした  ここは陥ちたが  ここへ出て  ここに在るぞ  ここに水ぶくれとなってしまい  ここには備えがあるぞと  ここに測らずも  ここは胸を撫でて  ここの陣を引くにあたり  ここにもまた孔明がいる  ここの大軍はいちどに発足した  ここの陣地にある  ここを去り得ようか  ここの支配人にしてみる  ここまでは辿り着いたが  ここのマダムと逢ってる  ここの酒場に来ないという  ここで打ち切っておきたいと思う  ここに魏兵を見ようなどとは  ここまで浸み出  ここで一流中の一流の人気役者ばかりの大芝居が上演せられ  ここで一席お伺いした  ここで聞いて  ここぞと乗り出し  ここで逢いました  ここだとでもいう  ここに自分の生涯の進路がはじめて具体的に確定せられた  ここは伊達政宗という大名の開いた  ここから引越して  ここに導き入れ  ここには独自な何かがあると  ここに日本国の強さがある  ここで開封してくれ給え  ここに縁を引いているかもしれない  ここにいるより  ここから出られないから  ここで死亡したという  ここまで墜ちて来ているとは  ここに移り住む  ここに療養所長の証明書があります  ここで又カラカラと笑って  ここに居たまえ  ここへ連れてきやしないさ  ここの勘定だけになさっては  ここのうちに在った  ここへくるかも知れないぜ  ここの門だけ開いてる  ここだけは戸籍のいらない  ここで死んで  ここに地図があります  ここのところをカン違いしちゃいけないよ  ここは拙者につきとめられている  ここでおききして  ここをおききした  ここへおかけなさい  ここを考える  ここから上へはあがらない  ここへ遊びにきたじゃないの  ここにいくつか部屋を持ってる  ここへ戻りたいと仰有るのに  ここの人になりきって  ここで殺されれば  ここである明朗な商売を記代子にやらせたいと思っていますが  ここへい  ここに一人の人間がいて  ここにブラブラしていても  ここまできては  ここにはいられないのよ  ここへ来ていただいても  ここでは出した  ここにも守衛が立っている  ここから眺める  ここのところは先着の人に坐らして下さいと  ここから故郷へは二百里近くもある  ここの眺望にも対してみた  ここへ飛びこんだものの  ここへ置くよ  ここで遣る  ここから二十里もある  ここに持合せが一両と少しばかりある  ここで辛抱してりゃ  ここに根を据えていられる  ここからは海は見えぬが  ここまで来て停った  ここまでまわしてくれる  ここは階段式になっていて  ここは見なれない  ここを歩いていると  ここからどこへつれていって下さる  ここにはまたもっと大きい噴火口が集っている  ここは雲の海だというが  ここへ落ちて来なくて  ここに倉庫をおいてある  ここで故障が起った  ここへ残していって下さい  ここに残りたい  ここを引揚げよう  ここで倒すよりも  ここで正吉に会って  ここに押しかけてくるだろう  ここへ出てきた  ここで損傷個所をそのままにしておいたら  ここははやくより  ここより盛に陶磁器を輸出せし  ここより唐津に到るには  ここも炭坑のある  ここに適度の温浴を供す  ここに移したりきと  ここに於て唱へらるべきを  ここに快楽の裡に包まれたる  ここに横へたりしがごとし  ここに苔しろき石燈はその数段をあらはし  ここに到りて  ここに贅せず  ここに書きたてるまでも  ここで草鞋をぬいでしまった  ここに妙な事件が出来した  ここで一夜をあかす  ここへは別々に来た  ここで落ち合ったらしい  ここで出逢った  ここから飛びこむとでも思ったの  ここへ下りてくる  ここの鱒はすべて人工養殖に依る  ここで教育全般について述べようとは思はない  ここに日本山岳景の特色があるという  ここでは焚火をいたす  ここまでは来たが  ここには石浦というところに大きい邸を構えて  ここを逃げ出しては  ここの年のはじめは何の晴れがましい  ここへ出してもらおう  ここで狼藉を働かれると  ここの主人が蒼白い顔を現して  ここに記せば分るだらう  ここで一しよになられた  ここにゐて  ここから始めるならば  ここから跨ぎ越して  ここの如くに振つて  ここで水を飲もうとすると  ここには必ずや何人かの女性がいる  ここにものの半分間ほど佇んでから  ここで満山の落葉を見おろしてゐる  ここのところを描いたので  ここでへんな声などをあげよう  ここへのぼった  ここへかけつけると  ここへ送る  ここから四十里余り隔たった  ここはお察しを願います  ここに彳み  ここにも細流に山吹の影の映る  ここに顕れた  ここには私はただ少しばかり瀬戸内海の中の水の運動の事について御話ししましょう  ここから出入りするので  ここに出した  ここの女主の声も耳に入った  ここの人たちとの間に長い挨拶が始まった  ここが母親に肖ているとか言って  ここの店番をしながら  ここの店頭に坐って  ここの下宿は私立学校の医学生と法学生とで持ちきっていた  ここへあずけて  ここに寝泊りする  ここへ書附けを入れてから  ここの老爺と一緒になった  ここに遊んでいた  ここへ来ると言って  ここに寝泊りしている  ここの家に隠れていた  ここへ引っ越してからも  ここから一ツ橋の商業学校へ通っている  ここの二階を借りる  ここへ出入りする  ここへ入り浸っていた  ここへ寄って  ここから逐い出されて行かなければならぬ  ここを盛り返したい  ここの雑作が売れ  ここへ寄り着く  ここを覗かれた  ここの家の人に紹介してもらおう  ここでちょッと逢って行こうじゃないか  ここを通って  ここにもいられない  ここの家の様子をよく知っている  ここはもと神田で大きな骨董商をしていた  ここの人たちの心持も知っておきたいと思った  ここへ囲まわれていた  ここを呼んでいる  ここのみは冬の雪壁動くかと見る  ここへ放し  ここで洗うと見えて  ここは自分に憶い  ここにいてと言わぬばかりに取り縋っている  ここに深い意味がある  ここに黄ばんだ  ここにもあった  ここには我々をああ又かとウンザリさせる  ここの倅を好まない  ここで彼の怒りをもらす  ここにも散らかっていた  ここではみんなかなり本気になって聞いてたぞ  ここにも見る  ここでいわゆる全機的日本の解剖学と生理学を充分に追究し  ここへ集まって来たが  ここまで追っかけ参ったる  ここには南京虫は居なかつた  ここへの入国は厳重で出来なかつた  ここに寄寓して  ここに敲き出そうとする  ここまで来てもらいたい  ここで本ばかり読んでいましたの  ここにこんな風流な部屋がある  ここの主人夫婦も先生んとこ出ちゃいけないと言う  ここでのロオマンスを想像してみた  ここからそう遠くはない山手の町の実家へ引き揚げて来ている  ここを引き揚げた  ここは取分け陽の光にいつも翳があった  ここですっかり自身を立て直そうと思う  ここから東といえば  ここに玉突き場があった  ここにも若ものの運命を狂わせる  ここは水に臨んでいるというだけでも  ここを気のおけない  ここへつれて来た  ここへ来るのに  ここにこのホテルを建てた  ここに滞在している  ここへ引っ越して来てから  ここで過ごす  ここを引き揚げたい  ここへ還ってみると  ここへ呼びますから  ここへ来てしまったの  ここへ着いてから  ここのお神の口から洩れた  ここへ連れこんで来た  ここで泊まった  ここでは出なかったし  ここを切りあげようと思って  ここにいられない  ここでお書きになったら  ここで別れる  ここで一夏一緒に暮らしてみたい  ここまで追いかけて来て  ここで幾度か女にも男にも逢ったが  ここまで引き摺って来たという  ここは汽車の音も間近に聞こえ  ここのところよそへ預けておきますけれど  ここでは話もできないの  ここへ立たしとく  ここぞとばかりヒステリカルに泣き出す  ここに猛烈な留学生の争奪戦が開始される  ここを日本のメロドラマでゆくと  ここで教育を受けた  ここのところをちょっと浪漫化して  ここではこの砂色の頭髪をした  ここへよび出されている  ここに困る  ここで書いた  ここで小さんという落語家を聞いた  ここへ越してから  ここに面白味があるかもしれない  ここに待ってる  ここを抜けて  ここまで延長してみて  ここで木戸をあけた  ここは夏の初めになると  ここへ引っ張り出す  ここに広田先生がある  ここに待っていらっしゃい  ここまでの理屈は三四郎にもわかっている  ここの蕎麦屋はあれでだいぶもうかるだろうと話している  ここにありますが  ここまで考えて句切りをつけた  ここまで己惚れてみたが  ここにもベニスが一枚ある  ここで水を浴びていたら  ここへ移ってから  ここで返しましょう  ここを読んでみろと差しつけた  ここに一人の男がいる  ここに席を立つ  ここにはだれがいると  ここでお目にかかれば  ここに気がついた  ここに至ってか  ここまで云って来て  ここまで云って来れば  ここで江戸へ移る  ここで黙った  ここでニタリと笑ったが  ここは加賀屋の奥まった  ここで切り合いをはじめたら  ここ迄辿り着いた  ここでちょっと考えたが  ここには生きた  ここで捕まる  ここへ一人で警官がはいって来る  ここでお礼を言って置く  ここに坐り込んで  ここで大会の日延べになった  ここにきめよう  ここには大勢僕等がいて  ここを君の居住地ときめて置いて  ここではいずれも薄ぎたない寝  ここと交渉して見ようと思う  ここでもたぶん警戒がうるさかろうと思っていた  ここはそうらしくなさそうだからと言いながらはいって行った  ここに転がっている  ここへ引立ててこい  ここにいたな  ここに甚太郎は十一歳より随従して  ここでも公式表現と潜在事情との関係は忘れられてはならないので  ここに秘密を持っている  ここに高きものと低きものと二様ありて  ここに配偶を生じ  ここに子あり  ここに敬の字を用いたるは  ここにおいてか妾を畜うの風を成したる  ここに幸いにも子孫相続云々の一主義ある  ここに最も憐れむべきは  ここに忍ぶべから  ここは私の同情者でしてね  ここにも立ちおくれがあると  ここへわたしも入れられ  ここにも現れて  ここにあり  ここにいわれている  ここに何事か錯乱を妨ぐ精神生活者の高い秘密がある  ここまで申したら  ここで頼母は言葉を切り  ここにいるとは  ここを出たい  ここにお立ち合いの  ここに共住みいたしてからも  ここの農家の離家を借りて  ここへ据え付ける  ここで黙ってしまった  ここに忍んでいる  ここはあけずの  ここへは来られたねえ  ここまで連れて  ここへおよこし  ここまでやつて来たと  ここに一定の場所を定め  ここで云いたい  ここで話を自然科学関係の人に限ろう  ここにこまごまとのべるまでも  ここを探してくれた  ここに木の根があると  ここにアンコウのドブ煮という  ここで加工荷造りして  ここで聞いた  ここのところは狂気の所産と判断せざるを得ない  ここで落命致すかと  ここは海外への映画宣伝工作の元締めだから海外の映画もここに集まる  ここにまだ三十そこそこの女アンマがいて  ここがまた案外ゲリラ神経というのかも知れない  ここのウチぐらいの古い建物にイタチだけなら恵まれてるぜ  ここに金魚を飼うべきであるとは  ここへ籠って  ここで戦死した  ここではその父親の姓名が書かれている  ここでパンクしなきゃ  ここは貧乏人の集る  ここに碁会所をひらかせた  ここに下宿していた  ここの便所だけは掃除が行き届いている  ここを世話してくれた  ここへ仕事にでかけた  ここを仕事場に使っていた  ここを使う  ここへもどってきて  ここでヤジローは布教中のサビエルに会って  ここで飲み  ここでお酒を飲んだ  ここの心理をうまく捉えて当てた  ここのところを取違えてもらいたくない  ここにゐるよ  ここで注目すべき  ここに一致していました  ここでは服従すべき  ここに大きくふかい疑問がある  ここでいわなくても  ここをすごすと  ここに面白いことが書いてある  ここに競作をしようという  ここにはしなくも文壇画壇のかなり大きな事件となった  ここでこの作品が注目する  ここへは非常に広汎な作家が参加し  ここで演説したって  ここで演説をぶつか  ここで飲む  ここを晴れと入り乱れている  ここの家じゃア有り余る  ここに私は重ねて問います  ここで御身に巡り合う  ここで私のいう  ここに公言する  ここでは普通の礼儀をしばらく顧みない  ここに必要な二人の会話のだいたいはほぼ尽きている  ここより進みません  ここへ切符をお出し下さい  ここは身命を投げうって  ここにかなり細っかいと云う  ここに立ち上つた  ここで九州の文化について特に非難がましい  ここには四万人の婦人たちが参加しています  ここにも奇蹟的という文字がつかってあった  ここで繰返した  ここでシッカリと候補生を抱き締めて  ここに投棄てられた  ここに集めて在る  ここに整列させられているか  ここで銃殺されるよりも  ここで犬死にさせる  ここへ何しに来ている  ここへ支那人がやって来た  ここにABCDEなる五つの部分品があったとする  ここにベッドを並べて  ここでもやっぱり客観的でなくてはいけないと思います  ここでは省略します  ここにもまた旺盛な組織活動がなされねばならない  ここでなお一つのことを注意しなければならないと思う  ここは絵具をぬれ  ここまで変転して来た  ここへお出でなさい  ここに実父の側との戦いがはじまって  ここのサンマルコのお寺の前でも同じことをやっています  ここから谷へおりる  ここの学術雑誌に載せてくれた  ここの田舎で田舎らしい純粋の降誕祭を経験しました  ここへ陳列した  ここから乗合馬車に乗って  ここからまた馬車の二階に乗って  ここに限らず  ここですれば  ここにこの像の前に喜び悲しんだという  ここで番人をお待ちくだされたし  ここをたたいてください  ここのブールドン目方が幾キログラムある  ここではワグネル物をたとえば四幕のものなら二幕ぐらいに切って演じたり  ここに言ふを  ここに押しよせた  ここに待ってて  ここへ暫く泊るの  ここで一言わびるだけで  ここをひとつやりとげてみ  ここに真実の新らしき文学がある  ここも違っているでしょう  ここに立っていらっしゃいました  ここで死んでいる  ここに二卵性の双生児が出来たとしても  ここにも散らばって居て  ここへ持って行った  ここでもある  ここでは旅人が池の岸に来て  ここにいたという  ここで祀られた  ここでも子供の無事成長を祈る  ここでは米の炒り粉を供えて  ここだともいう  ここでは誰もそんなことをして見ようとはしなかっただけであります  ここを掘って見よといって行かれました  ここまで伝説の弘法大師は行っておられる  ここでも水がほしいといわれますと  ここからも湯が湧けば  ここへも弘法大師がいつの間にかやって来ています  ここの薬師様には眼の悪い人がよくお参りをしに来ますが  ここへ魂を残して行く  ここに来て隠れていた  ここに出して置きます  ここで挙げて見ますと  ここでも権五郎の眼を射られた  ここは人間が来れば帰る  ここへも一人の姥が来て  ここできこえる  ここにあるといって  ここの川原に出て  ここで弟橘姫をお祭りになった  ここで食事をした  ここで休んで  ここでは栗の木をけずった  ここの観音堂に参詣をして  ここを国境にしては  ここまで信濃にはいられては  ここから別れて  ここへ落した  ここへ来て住んだといって  ここに落ちたからといっております  ここまで来られた  ここに熊野の神様がお降りなされたという  ここの氏子は紀州の熊野へ参ってはならぬという  ここには百年前の子供等に代って  ここでも雨乞いには御神体を水の中に沈めて  ここでは問題となるかを  ここにおいて真の懐疑とは徹底的な懐疑であるという前に得たと  ここに正しきもしくは真の懐疑とよぶ  ここまで行くには  ここまでは来ている  ここまで来ただろう  ここでもう一度述べる  ここに君の好きな物語が一冊ある  ここに入る  ここにおいてかエセルレッドは鎚矛を振り上げ  ここでまた私はとつぜん言葉を止めた  ここへやって来やしないだろうか  ここで云はうとする  ここで俳優の演技論は差控へるが  ここは退屈といえば  ここに一本の小さな草があって  ここまではいのぼっておいで  ここには何かほかの草を植えようよ  ここへまいらん  ここから出ん  ここで待っていたなら  ここさえ無事に通れば  ここが迷惑致す  ここにあるとも  ここに集められた  ここに集められている  ここにおいて被告はマルクス主義思想を抱懐するにいたり  ここの細君をして  ここの細君は今はもう暗雲を一掃されてしまって  ここに道はある  ここまで説かれて  ここではこの学界に対する不平とか不満とかいうことは問題でなくなって来る  ここに描いて見ようと思う  ここを埋め立てて  ここにはいつまで経っても  ここに残っているとはいわない  ここも一時非常に衰えた  ここに書き残して置きたい  ここでおばァさんになって  ここの狭斜は大通の雑踏と混雑とにまぎれて  ここの感じはどっちかといえば  ここには書くまい  ここに発表して  ここに単行本としてまとめられたという  ここでしばらくこの時から十年あまり前のことをふりかえってみる  ここで話をもとにもどす  ここで少しくいいそえておく  ここにいった  ここにおさめられる  ここに求むる  ここに求めざる  ここへ上がると  ここへ置いて行く  ここへ置かずとも  ここでちょっと通りと筋のことを言いますと  ここに四年ぶりの対面が行われた  ここで西と東に別れて  ここに見えなければ  ここの戸は閉っておらず  ここも寂寞して  ここにおいて大分揺れる  ここでも人ッ子を見ないわ  ここでは欄干から這込みます  ここへ繋いで  ここに適例がある  ここが先生のみんなとちが  ここに人間の安息日があります  ここの主人は他の脱走者の例にならって  ここは四目垣を境にして  ここから家内の者を呼んでも  ここだけでも四百坪にあまっていて  ここかと提灯をふり照らしてみると  ここにも草の踏み倒された  ここへ近寄る  ここに其角嵐雪の句を列記して  ここに来って  ここにこれを識した  ここに再び田と畠との間を流れる  ここに再び橋がかけられている  ここは原木といい  ここのレストランに一ヶ月程の臨時雇いの  ここでは出来ないが  ここに面白き対照を与う  ここに着意する能わずして  ここに参謀総長は軍令につき初めて陸軍大臣の束縛を離れた  ここに於て大王はなるべく遠く墺軍を支え  ここに至らしめた  ここに登場する  ここでは特に評論に限定した  ここには沢山の軍部内の通が揃っている  ここに位いし得る  ここでも亦決して安定してはいない  ここが他の戦争ジャーナリストに較べて  ここにだけ限る  ここで私はその疑いを解く  ここへ納め  ここで中食をとる  ここで酒をのもうと思って  ここに我々の実際の生活が魂を下している  ここでいちいち数へあげる  ここに若い愛人たちがある  ここに関係がある  ここに列席している  ここにお噺し申そう  ここに私たちの注意をひき  ここから生じると思う  ここに加っている  ここにおいてエタの名はいくらか当初の意義に近づいて来た  ここにこれを論ずる  ここに致すにおいて  ここでもう一つ是非言い添えたい  ここでも直観は私達に次の二つのことを明かにしてくれました  ここに二つのかなり遠くかけはなれた  ここで再び蕭々たる急湍にかかる  ここに夢みて  ここに驚くべき  ここまでの遊覧客はさして見えないらしい  ここでお別れします  ここに深く留意して進まなければ  ここで人間は純理にのみ生きる  ここに思い至れば  ここの処へ込上げて来  ここから押廻して  ここへ立った  ここで書見をするとも見えず  ここに鼎と座を組んで  ここに愛吉が金之助に話した  ここで山の手の病家を喰留めようという  ここにそのまた珍事出来の卵が居た  ここへ映る  ここに長座を償ったが  ここに先刻からおみこしを据えて  ここで言っておきたい  ここに挙げた  ここで数えたてる  ここで説明がましくいうには及ばず  ここにぜひともいい添えておかねばならぬ  ここに昔からむつかしい問題とせられた  ここに金が六十円出来た  ここの廊下も同じく隈ない明るさにし  ここにも同じことが起っている  ここへ拉れて来さした  ここまでのびました  ここにおれの歌の事を賞めて書いてあり  ここへ連れ込んだ  ここに又南瓜こそあれ  ここに数千ドル何かに投資したいと思ってる  ここに書き現す  ここに暖炉の中からひろい出した  ここに言葉の運命がある  ここへ先生が出て来て  ここに送られて  ここにしるして  ここへ御厄介になっても  ここへお這入りよ  ここに農民ならぬ  ここにおいていわゆる武士なる  ここに複雑したる  ここに国法以外の私兵が生じた  ここに大発展をなした  ここにももと散  ここにおいて彼らは多く繁華なる都会に流れつき  ここにややこれを詳説して  ここにも南都北嶺争覇の影響が及んでいた  ここに畳があるが  ここにおいて境遇が自然に世襲的となる  ここの暖炉のそばでお待ち下さいますか  ここで御食事をなさいません  ここにその犯人の書いた  ここがジーキル博士の家の裏口だということを知らなかったなんて  ここから君と話をする  ここへやって来たの  ここへくると  ここまでは手紙はすこぶる落着いて書いてあったが  ここで言葉を切って  ここで彼はあたりを見回して  ここに埋められて  ここにございます  ここまでして  ここまで考えてきた  ここで私がペンをおいて  ここに掲げるにしのびない  ここまでには到らずと  ここに到るまで  ここに黒岳の一峰の上に立てり  ここのみに生ずと  ここにては大雪山の頂の大なる  ここにいたと  ここにいたと言ってあげますが  ここへ掛けさせていただくべ  ここにもひとり居るって  ここで折返して  ここにコンクリートの洋間の一郭をつくった  ここへ逃げこむ  ここで話し  ここの澗で泳いだ  ここへ電蓄を運ばせましょう  ここで客引とモデルの二役をやっていた  ここで待っていて  ここでうかがうわ  ここへ誘われるまでの  ここで五年ばかり闘病していた  ここにひとりいるのに  ここもグッショリとぬれているので  ここまで話が詰まってくれば  ここへお誘いした  ここを出るわ  ここを出れば  ここを出るって  ここを出入りする  ここはアメリカ人のやっている  ここにいられなくなったわ  ここだと思って  ここではじまる  ここから出してくれないの  ここへお連れするわね  ここでお待ちするわ  ここでお話ししましょう  ここにいようか  ここへ置いたって  ここへおしかけてくるんだ  ここで待伏せをしている  ここへお持ちいたしましょうか  ここへ辿りついた  ここに些少の問題が在る  ここに到っては  ここに解決のヒントがある  ここで軽々しく言い切れる  ここさ火でも移ってみろ  ここだってそう大して変らないが  ここから見れば  ここの百に一つ位のことがあったって  ここの会社が三菱などと一緒になって  ここへ蛇が来たら  ここで泣いていても  ここの家には蛇より強いものはひとりも居ない  ここでは説かない  ここに沈んで  ここで正式にお請けの口上をのべて  ここに深い淵をなして  ここに手持無沙汰の人間がふたり出来た  ここまでの筋道はまずどうにかたどって行かれる  ここではもう十日先のつまり二十日間のプログラムまではり出されている  ここでも架空で観念的な社会主義と科学の空想の中へ辷りこんでしまった  ここに大きい未知数がある  ここは頑張らなくつちゃ  ここで手抜きされると  ここへ匿まってくれと言う  ここに自由の極限を見る  ここでは経験の堆積としては描かれず  ここなら舟を引きあげて泊れ  ここで泊る  ここよりほかには通れ  ここは死人の来る  ここの食物を食べてはいけなかった  ここの食べ物を食ってしまったので  ここから急いで帰ったが  ここで地獄といっている  ここにも次のような伝説がからんでいる  ここに入った  ここは地獄に通ずる  ここで死んだ  ここへ入る  ここで死体が発見された  ここにあるんで  ここへかくれていてくれと言って  ここにもっています  ここのアパートの人も誰一人そのことを知らない  ここは誘惑が多くていけない  ここに足あとがちやんとあります  ここまで傍聴していた  ここはちょと入ってますから  ここに出て来る  ここにいればこそ  ここ迄云うと  ここで到頭堪え切れなくなって  ここに偶と妙な事が湧いて起った  ここでしばらく語を切ると  ここで一杯きこしめしたかも知れない  ここでこの船に別条が起って  ここは渠について言うべき  ここに不思議な事がある  ここで休んだ  ここは魚売が浜から城下へ往来をしますから  ここにうそうそ居て  ここに聞く  ここで呼立てる  ここに居ます  ここにこうして話している  ここに枕をつらねている  ここに隣席においでになる  ここで名告った  ここにかかっている  ここで待っていても  ここで一寸断っておきたい  ここぞと思ふ  ここの説明にはもっとも適切だと思いますから  ここに述べ立てる  ここに一人の男がある  ここに甲の人があって  ここに申す  ここには述べません  ここまでは誰が見ても  ここのところが少しヴントなどと違ってるかも知れません  ここへこんな調子を出して  ここに洋卓があると  ここでは心を石と同一視し  ここに引いておきます  ここまで解剖して見て  ここに目的と云う  ここでめでたく市が栄えれば  ここまでは納得した  ここまで出さなくっても  ここに一人の医者があります  ここに甲があって  ここに風邪を引いた  ここに一人の男があって  ここに応用ができます  ここだけのことにしておいて下さいませ  ここに呼んできなさい  ここに一つ不思議な現象がある  ここに於てハッキリと自覚されるので  ここまで申せば  ここへ載せて  ここに置いてあった  ここに写している  ここにくだくだしく描写している  ここへ飛んで来た  ここで失敬します  ここの神楽殿の軒に釣鐘大のスズメ蜂の巣を発見して  ここに何ものを犠牲にしても  ここに恐らく天分の意義がある  ここに封じられたる  ここでフエル博士は云う  ここで推薦しておこう  ここでもやはり紐が使われる  ここには水指と漱茶碗と湯を取った  ここには大きな溝に石を並べて  ここで失敬する  ここへ持って来  ここに集って来た  ここにでてまいった  ここにだせ  ここに泊っていけと云い出した  ここに泊っていく  ここの家ももっと繁昌する  ここの家も随分きたないじゃありませんか  ここを選んだ  ここに植えられた  ここには少しも反映していなかった  ここにゐると  ここに殘つてその義務を果たす  ここで西洋画と東洋画との技法の根本的差異について少し述べて置きたいと思う  ここにはっきりと尽す  ここに極く  ここにもまた光の音階が現れる  ここに西洋絵画史を述べる  ここでその反動として起った  ここに心の動きの制限された  ここで秋の封切りを一度観賞しておくと  ここに一年や二年は如何にあのアッパッパと仁丹を表現すべきかについて考えた  ここでおののく  ここを三縁山と唱えて  ここにこういう形見を残していった  ここにその個所を紹介する  ここにこそ見るべき  ここまで聞えて来る  ここだけの話と前置きして  ここへお金を送って下さい  ここで贅言を費やすまでも  ここまで云えば  ここでも学問しようと思わない  ここの人たちは外国人にひどく偏見をもっていると思いますね  ここで息切れがして  ここから出ていってもらいたいな  ここへくるまでに  ここにくる  ここへくれば  ここで過ごした  ここにつくまでの  ここでは一人のアメリカ市民にとってはぴったりする  ここで申し上げるに  ここで朗読する  ここでは船長さんの判断にまかされている  ここからつれ去る  ここにひとり人間があってね  ここまでかんがえて  ここで物の割れる  ここで語っている  ここばかりにある  ここへ呼んだばかりです  ここで幾年か月日を過ごしました  ここにきたが  ここに一つの不思議な噂があった  ここで大事な研究がなされた  ここへ引擦り出し給え  ここへお出でになると思っていましたよ  ここにハンマーがあります  ここへ連れてきましょうか  ここにも新しい人間関係方面の一つの明瞭な成果があらわれてる  ここから見  ここで云ふことは  ここにあらうと思はれる  ここに滿31年の歴史を閉じる  ここに百磅の小切手があります  ここへ仮事務所をおく  ここで待ってくれた  ここまで連れ出した  ここの事件ばかりに気をとられていて  ここに僕たちの知りたいと思ってた  ここにいたとは  ここに下宿したてにはしばしばペンの襲撃を蒙って  ここで読んで  ここが肝心の急所ですからしばらく待って  ここに話す  ここに止る  ここの家でもこころよく承知して  ここの家に男はいない  ここで例にとった  ここに誤解してならない  ここに認める  ここで犬死にしては  ここまでになると  ここで物争いでもして  ここでおどおどしては  ここでは学歴なども訊かれず  ここでは日常茶飯事として簡単に取引きされていた  ここのナンバーワンは誰かと訊いて  ここに到るを得ずと  ここには記さず  ここにおいて世に出で人に交らんとする  ここに録する  ここに一夜を明し翌朝朝飯すませし  ここの渡しをいそぎ  ここで泥を吐かなけりゃ  ここで怒らせてしまっては  ここに窯焚きの  ここで宿を求めるでも  ここで彼を手塩にかけて大きくした  ここにをられ  ここでは部屋代をとられる  ここまで零落した  ここにありとすれば  ここには多言を費やす  ここではなにを話そうか  ここにする  ここをお発ちになるが  ここに話をします  ここまで運命をいっしょにしてきた  ここからほかへ旅をする  ここには上等のお菓子はありません  ここだけに限られた  ここでしばらく飼うと  ここを当分の塒にしてと思い定めた  ここで失礼いたします  ここではお話ができませんから  ここへかけてくださいよ  ここは玄関の方へ往く  ここへ伴れて来て縛って  ここへ呼びなさい  ここの家のひとたちにならって  ここを先途と必死のお道化を言って来た  ここにも自分をおびやかす  ここへは来ないよ  ここで静養する  ここに連れて来られて  ここから出ても  ここへ立ち寄りますが  ここに隠っていれば  ここでも故意に言ひ強める  ここにして思えば  ここでとがめようとしている  ここで描いた  ここでも土地のひとが最初に案内してくれた  ここで満腹するには  ここで相当名の知れた  ここにまた新しく生れる  ここに朝食とあるが  ここで君と別れましょう  ここに一つうまい事が持上りました  ここへ秘密のカラクリを取付けてもらいたい  ここで貴方の仕事が気に入ったら  ここまで引っぱり込む  ここまで深入りしたからにゃ  ここまで跟いて来た  ここで降りて歩き出した  ここで踏ん張らなければいけない  ここに居るが  ここにふれた  ここの見た  ここにその証拠物件となる  ここで筆を擱く  ここまで精神修行をするには  ここに特筆して  ここに三島子爵の別莊があると  ここへ來られる  ここへ東京日々だけを毎日送  ここまで聞くと落ち付いて  ここに鼓があろうとは思わなかった  ここへ来はしまいかと  ここで皆さんに水銀石英灯がどんなものかということをお話ししておこうと思います  ここを今から訪ねてみようじゃありませんか  ここに持っておりますが  ここまでアトを跟けて来た  ここの娘たちは冬にも足袋をはかぬ  ここにそう書きながら  ここをせん  ここに庄内川がありましたら  ここで私は言葉を改め  ここはかねて聞いていたさの  ここに待っていると  ここで大きな奴を打って見せるから  ここに借りて  ここで思い出してみれば  ここになほ近代の認識論に對して  ここに注意すべき  ここに我々はデカルトの懷疑の目的がどこにあつたかを知る  ここでは知性的な知覺でなくて感性的な知覺が問題になる  ここに問題となつてゐる  ここに我々は經驗論にいふ  ここでは先づこの  ここにおいて最も強力な基礎の上におかれる  ここでは次のやうに答へられる  ここに認識の理論は實在についての理論から分れて  ここで寶劍其他の宮中御用の諸器を作つたが  ここでまたもや声が絶えた  ここに一人の武士があった  ここの庭から駆り出してやろう  ここでいくらか不安らしくなった  ここでしばらく沈黙した  ここの養子になれるかな  ここは蛙縣の蛙村といって  ここで教養と呼ばれる  ここに文献学なる  ここで役に立つ  ここから生きて来る  ここに文芸学がまず認識論でなければならぬ  ここに一致しなければならぬ  ここにかくれてい  ここで臨時増税が決定した  ここんとこでちょっとお断りしときますがね  ここに端なくも両人の視線がガッチリと絡み合う  ここで鶴が鳴く  ここへ行くには  ここへ現われる  ここへ出して頂きましょう  ここでは述べぬが  ここで言ってみた  ここの小使がそう通告して来た  ここに居なければ  ここに於て加十は愕然と覚醒した  ここに拘禁されている  ここに思い到ると  ここにそれを叙述する  ここまで理詰めにして来ると  ここではざっと両人の関係を紹介するに止め  ここへ入って来る  ここに囲われる  ここでツケが入って  ここまで無事に落ち延びた  ここでどんな役をしているね  ここへ寄った  ここに預ってます  ここにおりました  ここで食事をしたという  ここに灰が落ちた  ここは敷布類がキチンと入っているので  ここに落ちているのに  ここでよろけるか  ここにネバっている  ここで仮睡をしている  ここに持っておる  ここにこんなものがある  ここで繰り返す  ここに坐り込んでいる  ここへ送られて  ここに奇妙な事が始まった  ここを動く  ここもまた腕を組み眉を顰めた  ここで待っていた  ここで口をきいてはならん  ここへシガアレット・ホルダーを入れてある  ここで出来るだけ  ここで残りなく申して見ましょう  ここへ連れて来る  ここがキキドコロと首を振り  ここへ差し置かれる  ここにも外部から固く鍵がおりていて  ここへ連れ出そうとした  ここにおいて実に容易ならん事が発覚したので  ここへやって来た  ここまで辿り着くと  ここへ戻って来い  ここから引き立てられでもしたら  ここを動かぬ  ここに辛辣千万な行動を開始した  ここからも抜け出せぬ  ここにもまた不思議なものがある  ここによこして  ここにくれば  ここへやって来るかも知れない  ここに持っている  ここへ逃げ込んだという  ここまで辿り着いた  ここへ大伏樋の古地図を探しに来た  ここへ寝ないと見え  ここから暗道へ入られた  ここへ繰り込んだという  ここで待ち受け  ここに詰まっている  ここに宋秀陳というものがいるか  ここに至りましては  ここから逃亡したと見る  ここから断じて何人も脱け出していない  ここを脱け出された  ここへ放り込まれた  ここから連れ出された  ここへ拘留した  ここから連れ出されたと見せかける  ここまでやって来る  ここから出られる  ここでまたもう一つの新事実が発見される  ここへ引ッぱり込まれたら  ここで通ると思っている  ここへ入って来たら  ここから逃げ出すとすれば  ここもガッチリと鍵がかかっている  ここに張り込ませてさえ置けば  ここで待っていれば  ここへ配置し  ここでは繰り返しませんが  ここに隠されている  ここに横たわっている  ここにはからずも救護の天使が現われて  ここへ監禁してある  ここにはいなかった  ここにはいない  ここで食った  ここのあゆは一尾五円を通常の値段としていた  ここで止めておこう  ここまで回復したよろこびは  ここには守屋大臣の碑が雨ざらしにされている  ここで何か食べろよ  ここに一つの郷土を感ずるから  ここに住んでいるが  ここに立っているが  ここで一緒に会える  ここにはなるべくそれに洩れた  ここの主人の親友Carlyleのことを語り出した  ここはあんた  ここは音楽会をする  ここの人達は私が網を担いで戻つて来ると  ここに白髪を剃り落して去る  ここにおちつき  ここの土とならうよ待つてゐる  ここにふたたび花いばら散つてゐる  ここがわたしの寝る  ここにわたしがつくつくぼうしがいちにち  ここまでの草鞋をぬぐ  ここに正月の舳をならべ  ここに草もしげる  ここにりんだうの花けさは涼しいお粥をいただく  ここにうづめます凩の日の丸二つ二人も出してゐる  ここに蕗のとうわかれてからのまいにち  ここで休まう  ここを墓場とし  ここでおちあふ  ここに移ってきてから  ここで私は天国の事などは歌うまい  ここにはすでに可なり厄介な問題がひそんでいる  ここでは仮説としておいて  ここでは偶然が支配する  ここに事実の真理がある  ここに模写という観念の最も根本的な権利の一端が現われている  ここで再び予め記憶すべきは  ここでは口を利く  ここに所謂研究と信仰との区別なる  ここに誌さうとする  ここで最も注目すべき  ここにただ一ツ在野の剣法というものがあった  ここぞとねらいを定めて  ここはもうすつかり  ここは死んだ  ここの石坂で僕はそつと煙草の捨殻を拾ひとることもある  ここもみんな捜した  ここにはなにも特別の嫌疑をひく  ここに人間が新らしく生れ変り  ここに横浜市長を失脚せしめて  ここでは唯もう油断の仕放  ここへ出す出すと云っていた  ここにさらにその説を完からしむべく  ここに収める  ここにさらに項を新たにして  ここにその説を省略するが  ここまでやって来た  ここは人間のやって来る  ここに洩れたる  ここに辨ずる  ここに昔年シヤスレルが審美的華文の弊を論じたる  ここへ漂って来まい  ここにその姓名を明かしたくない  ここに淀み  ここまでは何れにしても  ここは蒲生忠三郎で無くてはならぬ  ここで負けては  ここに名生の城と申す  ここで名生の城に取掛けて手間取って居れば  ここに政宗に取っては  ここを我等から政宗の器量が小さいように看て取ってはならぬ  ここに業を開いている  ここを追出されたればといって  ここで病名は申さんがね  ここでは稲が藻屑になって  ここまでの難儀さが思出される  ここは通れません  ここにいらっしゃい  ここで覚める  ここからは早や冷い  ここに路の切れた  ここまでは曳いて来ただが  ここに白骨を包んでは  ここに身を投じて  ここへ来るは  ここへ来て拾って行った  ここからは一面の琵琶を中空に据えた  ここでは咳払ひを  ここまではとどかない  ここの世話をやきに来ている  ここならめったにお客もあがらないし  ここに御輿を据えようかと考えていたが  ここは山の庵にでもいる  ここへ連れてきた  ここへお金をかける  ここは格式ばっているだけ  ここにいるとは思っていない  ここへ訪ねてくるからね  ここも芳ちゃんが旅から帰ってくると  ここを続けようという  ここでもあまりおひろと気の合った  ここを取っておいて  ここの電話じゃ急のことには埒があかないから  ここの板敷を毎日毎日布を晒らしてあるいていた  ここをやってゆきたい  ここでも書き  ここで註訳を入れて  ここでこうしてあの人のそばに一とき坐って  ここへ葬った  ここに住んでいるから  ここには二十何人も坊主がいる  ここに箱王は五郎時致となった  ここに上陸した  ここに高麗神社があり  ここは記念すべき  ここへ居候ときまれば  ここで働いているという  ここの住所も書いて置きましたから  ここに埋まっていると謂われる  ここから長身の男が逃げてゆく  ここで一平と寝てた  ここへひっぱりあげて参りました  ここへもちょくちょく忍んで来るだろうね  ここに釘づけだ  ここの湖に惹きつけられる  ここからいそいそ出て行って  ここにお集まりのうちに本職の人のいない  ここの気分はさらに一層の歓喜と誇りとをもって満たされた  ここを立去ると聞いて  ここを出発する  ここを通って行く  ここまで書いて来て  ここには居らぬ  ここは何処とも分らぬが  ここにも天が下の風は吹く  ここにもクリストの中の共産主義者を見る  ここにわたしよりも優れた  ここでも我々のやうに矛盾せずにはゐられなかつた  ここにも彼等の為に逆説的な悪戯を忘れなかつた  ここまで読んで来ると  ここにも継橋がございますな  ここまで漕ぎ付ければ  ここでこうやって休んだとみえて  ここは東京の山の手にある  ここをはなれないといけない  ここをさよならしよう  ここでぶくぶくと沈んでしまうかもしれません  ここをのぞいて  ここは島だとおもうにちがいありません  ここはどうした  ここからおりる  ここへはいったが  ここはしばらく相手のいう  ここぞと思い  ここがいけん  ここもまわりよった  ここへステーションが出来るというので  こことはちがって  ここへゆけ  ここのまわりの毎日とはちがった  ここに行き倒れていた  ここへ貰われてきた  ここから二三町先にある  ここの身代一つ潰そうと思えば  ここまで漕ぎつけて  ここの家を相続する  ここから幾許もない生家を見舞った  ここで島ちゃんの籍をぬいて  ここでまた荒い仕事に働かせる  ここへみっしり木を入れて  ここでも針仕事などに坐らせられたが  ここへ連れて来たよ  ここで逢う  ここに沈んでいる  ここで面白い暮しができ  ここでついた  ここを出てやろう  ここでうんと働いて下さいよ  ここへ引移ってから  ここへも遽しい賑かし  ここへ引移って来てから  ここで最後の運を試す  ここにあるじゃありませんか  ここで申し上げよう  ここにも著しい異質の接触がある  ここに本船を臨検する  ここへ出て来いといえ  ここに胡瓜のえが描いてあるだろう  ここで一秒たりともためらっている  ここへ出てこい  ここへ上ってこい  ここでノルマンにとびつき  ここで沈没した  ここまで出かけた  ここでノールウェー汽船の雇船になっておわるという  ここ暫くつづいた  ここで人に見つかっては  ここへ引張ってくる  ここに残しておいて  ここへ引張ってきて  ここのお寺の和尚さんの所へ行って  ここでいちばん死にもの狂いに猫と戦って  ここでどちらが勝った  ここで泊まりたくなった  ここへ鍋に掛けて  ここで煮る  ここで暖かに心が解けると  ここに積もった  ここへ取り替えない  ここへ火を直しに  ここが温泉にでもなり  ここで燗をする  ここで飲んでいたら  ここもとまで押し寄せはしまいかと案じますほどの  ここへお泊まりになりました  ここをお聞きなさいまし  ここへ通してもら  ここにはあんまりくる  ここに来て言いだしてから  ここは夏でもすこし早く来ると  ここでは記述のうえの都合からそれを同じ時と場所に於て起った  ここに投げ出す  ここに見るという  ここでも感服する  ここへ歌いながら叫びながら入り込んで来る  ここで要約しながらもほんものの  ここまで運ばれて来て  ここで終っている  ここへ香料を落して  ここで万物死生の大論を担ぎ出さなけりゃならないが  ここに仮定した  ここの家には飽きちゃった  ここはいちばん近いポストへちょっとはがきを入れに行くにも  ここにも一人いると言うかの  ここの植木はどうなる  ここの庭にあった  ここにいたって  ここの石にもいろいろな痕跡を残していた  ここの家を建てるだけでも  ここに挙げ尽くされないほどある  ここなら唄をうたったら  ここでは面目を新たにしてゐる  ここでも船は出なかった  ここに新らしいセンセーションが起った  ここにも人の居た  ここの世界やみんなをもっときれいに立派になさる  ここの空気に同化しようとして  ここにひとつの著しい現象が生まれる  ここに足を留めては  ここに説明するまでも  ここで何とかごまかして  ここまで付いて来たかと思うと  ここを立去るの  ここに紹介してみようと思う  ここからが坂だと思う  ここまで話して  ここをのぞいて見た  ここをのぞく  ここはちょっと一つの独立な区画になっている  ここをのぞいて見ると  ここはいつでも人が込み合っていて  ここから流れ出す  ここの書棚を物色する  ここでしばしば思い出す  ここで自分は時々買い物をするが  ここではあまり目に立たない  ここで何か買いでもすると  ここが粗略になる  ここの空に造花がいっぱいに飾ってあったりして  ここには人間の好意が不思議な天秤にかけられて  ここに反映している  ここで汁粉かアイス一杯でもふるまうと  ここの食卓へ座をとって  ここまで買いに来るという  ここだけでもうかがわれる  ここではまたいろいろの新美術品が陳列されている  ここまで登りつめた  ここへ来ると生まれかわった  ここでもし  ここが三毛の好む  ここでは食慾の問題には触れないでおく  ここもガランとして鼠一匹おりません  ここへ店を出してから食う  ここまで漕ぎつけて来た  ここの家へ来た  ここの呑口をこう捻って  ここを切り詰めて  ここが気にかかって  ここは春らしい感じもしなかった  ここは悒鬱しくていけません  ここに載する  ここに全文を掲げる  ここに載せる  ここにも頭をもたげて来て  ここにはこれを省き  ここで脱皮しなければ  ここに描き出した  ここに一つの世界主義が生れる  ここではこれと違って  ここではその問題に論及せんとする  ここで眠っちゃならない  ここにはいまい  ここにはあらゆる種顆の人達が見られる  ここに御紹介して  ここの海辺で働く  ここでは並居る  ここの海辺に運動に出かけて  ここからじゃとどかない  ここへつれて来られてから  ここへつれて来られてからという  ここへだれでも金貨をぬすみに来ない  ここにちがいありません  ここへ出して  ここへ立ち寄って  ここまでおびき出しておいて  ここでも芝居と同じような議論が二人の間に起った  ここで述べた  ここに一言を附加して  ここで何か書いておきたいと思うが  ここで何をしている  ここに少し持って来ましたから  ここからにげたいと思いました  ここからにげて行く  ここの海岸に人がいた  ここで何をしていらっしゃる  ここまでいらっしゃった  ここへつれて来て  ここに日本人の子供がどの位いるか  ここにも窺われると思う  ここに天下る  ここで新旧文明が苦もなくかみ合う  ここで俳句会の開かれるという  ここに一人という風に陣取っているだけだ  ここの食堂の客はこの丸ビルに通勤している  ここに朝のうちは沢山に列を作って  ここは鉄道省の敷地にきまっていると聞いているが  ここまで延びて来て  ここの壁や柱には万葉の歌が沢山に書いてある  ここに隠れていよう  ここに積んであった  ここへ廻ってくる  ここの興行を終って  ここを将来有望の地と認めて  ここに駐屯している  ここまでお話しすれば  ここに初めて大騒ぎになって  ここにいわゆる漫画の本質的条件とは考えていない  ここに云うべき  ここには再説しないが  ここに言うには及ばぬが  ここに詳説するをえざるを  ここにもまた興福寺領における唱門の如き役務に従事する  ここに入ったものの  ここでは唱門すなわち陰陽師であったことが証明せられよう  ここに移ったと解すべき  ここに移住し  ここに鉾明神社のある  ここに移ってからも  ここに唱門師部落ができたとも考えられる  ここに一種の賤者の居た  ここにいたには  ここにこれを紹介しておく  ここに唱門屋敷のあった  ここに補遺の一章を設ける  ここに後までも古い因縁を称する  ここからは有名なる大和万歳の旅稼ぎが出ていた  ここに刀禰散所とある  ここに散  ここには思い掛けない  ここに悲劇の発端が生じた  ここを離れないから  ここでも船員たちとガリヴアとの感覚がまるで喰ひちが  ここでは人間社会から逃げようと試みる  ここを読まされると  ここに至ってその継子根性の本相を現してしまった  ここへ養子に入れて  ここへ入れない  ここには流動する  ここには一匹の人間だつてゐない  ここで私はカニューレ及び喉頭癩に就いて  ここに記して置く  ここへ来るまで  ここへ導いたものの  ここに理想的思想家の真意義をソクラテスの人格に見出して  ここまではほんの広がるだけに過ぎない  ここまで来てしまえば  ここに臨検させたに過ぎない  ここへ呼んでもらいましょうかね  ここへ入院して  ここに尽き果て  ここに養ふやら  ここにいらつしやるけれど  ここに五十円月給をとっている  ここにあると思える  ここへ朝早うに来れば分ろう  ここで働くと  ここで柿の皮を剥いて食べた  ここに現実した  ここがその住居と心着いた  ここで大いに気の毒になったので  ここへ引越して  ここにありても  ここでお夏さんの話をする  ここでまた椅子を寄せ  ここを引上げようと思っていた  ここへ待たしてあったんで  ここが御註文と思うから  ここでつい我知らず  ここで何も俗にいう  ここに赫とした  ここに篤志の夜伽のある  ここを通り過ぎて  ここに絶えんず  ここで謂おう  ここで新聞を経営部の主張によって売る  ここでぼんやりしてゐます  ここにゐた  ここが厭なら遼東ホテルへでも行けと云って帰って行った  ここまで延長して来る  ここだと云うので  ここへと云う  ここで全く懺悔してしまうが  ここでひょっくり出逢うとは  ここで橋本といっしょに予備門へ這入る  ここに一部落を築き上げた  ここは柔道の道場に使っていますが  ここへ引っ張り出されはしまいかと  ここで失礼しますと  ここに某中尉などとよそよそしく取り扱う  ここの和木君からも頼まれている  ここでやられた  ここへじりじり攻め寄せたかを  ここへ攻め寄せて来た  ここを火曜の急行で出るとするとなどと  ここの梨はまるで林檎のように赤い色をしている  ここだけを覗くべき  ここで橋本の博士がちょっと気に食わなくなった  ここに降りたには  ここで逗留中の見世を張った  ここが支那流の応接間だと云う  ここにこれだけの樹が生えるなら  ここに腰かけがあります  ここで五六分休んで  ここまで新聞に書いて来ると  ここに寝て居ります  ここんとこに当てがって  ここでいっとき待っていてから帰った  ここは仕  ここへ来てからも  ここへおっつける  ここで死刑になれば  ここからは見えない  ここに居るよりや  ここへかけたら  ここに案内してくれた  ここも惡きに  ここも桑畑になって  ここにほ  ここでも船員たちとガリヴァとの感覚がまるで喰いちがっています  ここに書いてる  ここに移送された  ここに連れてこられた  ここから出る  ここに該当する  ここに置いて  ここに連れてきた  ここにあるし  ここに言明するにもおよばない  ここにまた窃盗だと認定する  ここに言っておきたい  ここに訳出しておいたから  ここにきた  ここで死刑の存廃を論ずる  ここに書きつける  ここでは簡単にただ年中行事といっておくが  ここは何もせずに過ぎた  ここでは詳しく述べない  ここで私たちが注意して  ここでは一ヵ月過ぎての  ここに二つのマツリは二通り全く別なものであるかの如く思う  ここにあかした  ここに若干の見本を並べておこうと思う  ここで注意したい  こことは全然かけ離れた  ここに美しい童児の死を主題とした  ここでは現にブシャオコナイといっている  ここでは村の青少年が白衣を着て  ここに讃岐の同志の鹿島立ちの日を利用して  ここでは省いておく  ここを植える  ここにはやや比較を可能ならしめるほどの  ここで我々の注意を引く  ここでは追いはらおうとしていた  ここでも家によって少しずつ言う  ここに一つの改定が行われたにしても  ここでもまた変化しているか知らぬが  ここでも祭に伴のうて  ここに立止まって待っているという  ここではその禁を犯すと  ここでもやはりこの日山へ入ると  ここで私は二十三夜様の話をして見ようとする  ここへ抄録してみよう  ここに書き切れないが  ここではその詳細を一々述べている  ここで博士の機嫌を損じては  ここを旅して  ここで動揺した  ここに二十二銭茂吉薬代とある  ここへ来て手伝ってくれ  ここで物語は一変する  ここに屯ろして  ここへ上陸し  ここで何をしておられる  ここが妾の住み  ここに深い穴がある  ここには日本人がいる  ここに部落を形成った  ここで終えるか  ここへ足早に走って来た  ここに計らずも  ここにはお乳が流れています  ここを立ち去るが  ここへ遊びに来ていた  ここから下りて行こうよ  ここで一同は躊躇した  ここで彼は一咳したが  ここでまた一咳した  ここで終りとなった  ここまで翔けて来た  ここで気流が戦って  ここのながめは  ここに両者の宿命的な交友関係が始まる  ここである年上の人妻と接近したらしい  ここの勤務は時間的にも楽であったので選んだらしいが  ここで同じく療養中の医学生ローベルト・クロップシュトックと知り合い  ここまで究極すれば  ここでいつて置く  ここへ顕れる  ここで所謂破の  ここに流れる  ここで始まる  ここに関係する  ここへ差出される  ここへ載せる  ここに移された  ここに通風窓があって  ここのところを見給え  ここで初めからお話して見ましょう  ここに当時の新聞がありますから  ここに述べますまい  ここには申上げますまい  ここでやって  ここに大寺が来た  ここで終っております  ここでポツンと切れてしまい  ここの家まで来る  ここと思う  ここで仮りにこの兄なる人の位置を定めて見ましょう  ここまで書き記した  ここへ坐ろう  ここで待ち伏せていてやろうと考えた  ここの最初のマダムに天才の出鱈目を教えてやった  ここまでくる  ここの世話をしておいで  ここへ届けておくれ  ここで一座の人はなんの意味もなく高く笑った  ここで一座はまたわけもなくばからしく笑った  ここを先途とわめいていた  ここにもかしこにも見え始めた  ここにも御用ができますぞ  ここにも落ちておりましたの  ここで赤い着物を着た  ここぞという急所をつかんだらしく見えた  ここに一つかしこに一つというように小屋が建ててあるが  ここにすわる  ここに来て見ると  ここで彼は急に仮面を取り去った  ここで四時間の以上もむだにせに  ここから上陸する  ここが妙に時々痛む  ここまで迎いに来るにも  ここを読んだら  ここに事務長がいてくれたら  ここを切り上げて  ここに連れて来てくださる  ここまで聞こえる  ここのところを押えてくださいまし  ここまで想像して来ると  ここでチョット演出に関する出演者の責任関係を述べる  ここに別項を設けて  ここに一人の芸術家アルファがあらわれて  ここに真剣な芸術の研成機運が生まれる  ここではいい加減に取捨して話す  ここに一人の名人があって  ここには煩を避ける  ここまで洗練された  ここまでついて来たには  ここから僕の脳髄の一部を裂いて  ここに持ってきました  ここに入れてください  ここに詰めている  ここの戸口の扉には内側から鍵がさしこんだ  ここに鳥籠がございますね  ここに鳥籠がある  ここに置いてある  ここで煙草を吸っていて  ここで一発亀之介に喰らわさねばと飛び出した  ここの主人が死んでいる  ここへ呼ぶ  ここで訊問をして下さい  ここへ連れてくる  ここへお連れ下さい  ここへ来るじゃないか  ここまで一所懸命に追って来た  ここへ送られて来るという  ここで漸く一旦の終結を遂げた  ここの主人の鶴彌氏に送られて  ここの窓から飛び下りられますよ  ここで主張して  ここへ連れて来て頂きたい  ここで一々復習して  ここに写真がありますがね  ここに突然三津子の指紋が問題の空缶の上にあると分って  ここへ呼んで頂きましょう  ここにうつっている  ここへ持ってくる  ここへ届けられた  ここでお手伝いをしている  ここへ引張って来て  ここで話をもう一度旗田邸へ引き戻さねばならない  ここに勤めている  ここには述べない  ここに移って来ると共に  ここは暑いから家へ行って  ここでは電線が張りめぐらされていて  ここへ来ては  ここに年中呼吸して居る  ここへ来ても  ここから皆と一しよに  ここにはわれら不断の潔く楽しい創造がある  ここには多くの解放された  ここに埋もれ知らるる  ここに求めんとする  ここはガランとした  ここから出してくれ  ここからすぐ出してくれ  ここで面白いのは景年さんが只その文章の美文だけを読んで  ここで見物しよう  ここではまた店の中に客がおるのに  ここに居ってくれたら  ここにとるべき  ここの旦那の生前に秘書をしていた  ここは海沿いで海の音が耳につくから  ここへオツネサンをよびますが  ここに還るべき  ここで泊らう  ここに泊められない  ここから面河渓へ入る  ここまでは持って来ない  ここのところのペンキが剥げて  ここまで匂って来る  ここから近くにあって  ここまで煩わされた  ここまで云って  ここだけが抉り取られて  ここへ連れて来た  ここに住宅地のようなものでもありますなら  ここに一生住んで  ここへ来てからの  ここへ昼寝する  ここへ廻るかも知れないとも思った  ここには竜宮というものがあって  ここに匿れて  ここで私は更に男に訊ねて見なければ  ここで白状するが  ここで何か話さねばならぬ  ここから見おろすと  ここまで話が迫ると  ここで話の皮を切ってしまわねばならぬと云う  ここへあたりの黍殻を寄せて  ここに待って居なさい  ここで待ちましょう  ここで少しく話をしたかった  ここへ這入った  ここに落着いた  ここへ腰を掛けなさい  ここで私はそうでありませんと泣声でいうたけれど  ここでは母の心を静める  ここで一言いいだす  ここは笠岡笠借りませうか  ここにすっかり住みつこうと思いましてね  ここに凡それを捉える  ここでわれわれの前に横わっている  ここで再び四五ニズムの表現を用ふれば  ここで焚火をして  ここで明かして  ここが肝腎のところだと思いましたから  ここに唯一つ疑わしい事実がありました  ここで恥じ  ここに偉大なる者の偉大なるゆえんは最も明らかにせられる  ここにこういう天井がある  ここのドイツ訳は数学者や物理学者にとってなかなか面白く読まれるであろう  ここでとやかく考えていたとてわかる  ここに待っていてください  ここに山県隊の一部が典厩隊を援けたため  ここで取り扱おうという  ここには千穂子達の荷物が置いてあった  ここに二カ月いた  ここに来ちゃあ  ここにしたって  ここを飛び出したが  ここを見捨てて  ここへ飛んできた  ここに残して  ここに不断の詩趣を味いつつある  ここに手練の限りを尽くして  ここに悌だけでも留め得た  ここに訪ぬるは知らず  ここの土に育ったが  ここに財物を抛ってもの  ここで見せるという  ここはまた横浜に近いだけ外人を目あてに好みも自らその方に傾けば  ここに空しく心なき人々に弄ばれて  ここに赴いて  ここには説法と利生とあらたかとが存する  ここに興がる  ここの板前を吟味した  ここの処へ忍でも釣るしたらなァ  ここを本場とはするものの  ここに限ると  ここまで乗り切つてくる  ここで少しく筆路が脱線するが  ここにはその手数を省き  ここよと問合はせましたれど  ここまでは参りました  ここで断たれている  ここへかけやはって  ここへ手あててみてよ  ここに私の妻がいる  ここへ来られるまでに  ここで限定してみてもはじまらぬ  ここで披露したく  ここから飛び降りた  ここまで出た  ここに一本の大根があったとする  ここに一枝の花があったとする  ここではすべて省略して  ここに美と言い  ここには長く皇居があった  ここに堕落がある  ここを通ったら呼びとめて  ここにうめ  ここへ名乗って出て来れば  ここに立会っている  ここに持って来ている  ここにいられる  ここにあるだけくれてやる  ここで一寸小夜子のことを申しておきましょう  ここに気付かれぬ  ここに二つの新聞の切抜があります  ここで読んで見ましょう  ここに或る男が或る女を殺して  ここに或る事件を御報告致さねばならなくなりました  ここに又あの不愉快極まりなき法廷の有様をのべる  ここで終った  ここに新しく生まれはじめている  ここで待っていて下さい  ここにいて下さいよ  ここに隠してある  ここに置いてあります  ここでは野馬がこどものじぶんみた  ここにぼくたちのうまれた  ここへぼくたちは心がひかれる  ここからとんでいって  ここでいちどにきいて来た  ここで二人の賊に絞め殺された  ここにはちょっと歴史家の好く云う  ここの内には高利貸の妾なんぞに売る  ここまで持って来た  ここまで見て  ここまで話してしまった  ここから右とか左とか云って  ここから石原の所へ往くには  ここに野心があり  ここへお眼をとめられい  ここはなんとかぜひ一言なかるべからざる  ここでへまをやっちゃあ  ここでまた聞いた  ここの前を右へ出て  ここに居ようか  ここには水がありません  ここへ呼んで逢わせるも  ここまで戦った  ここに眠りこけた  ここに寝ても  ここに居させよう  ここまで歩いて来ている  ここで亡くなって  ここまで出て御座れ  ここを永宮と遊ばす  ここからは見えぬが  ここにこうして居る  ここまで近づけるほど  ここからもリンクできれば  ここではヨーロッパの神と形而上学が狂気の精密な描写とかみ合って  ここに根があると思います  ここからは微かなあるか  ここまで運ばれてきたと  ここの店に来る  ここの書生からおもしろい人物が時々出た  ここを見せどころと少女歌劇ばりの作り声を出す  ここを出なくちゃならない  ここでひっくりかえってはと  ここで失敬しますよ  ここで死んじゃ  ここでしばらく休んで行かう  ここに予想される  ここを上りさえすれば  ここに居ると  ここへいらつしやいよ  ここに来てしまつてゐる  ここに水源の高低が分かれる  ここまでの文章には私はゆるがぬ  ここにも至れり尽くされた  ここだけは巧く  ここへいらしたの  ここのマダムが気になって  ここに居られしめへん  ここでは申し上げ  ここを先途とサノサ節の調子をはり上げた  ここじゃちょっと言い  ここで何しといやすね  ここへいらっしゃるって  ここでおわかれしますわ  ここまで延びるには  ここまでこなければ  ここも焼けるか  ここを基地にして  ここが本土の最初の戦場になる  ここだけが戦場になる  ここに住みついてしまった  ここの乞食は栄養に事欠かない  ここに真実を申しのべました  ここも私は久しく行かぬ  ここに左の話を書き残しておかねばならぬ  ここに書いておく  ここには省略する  ここは湯気が一ぱい籠もっていて  ここに詳しく分析する  ここでは簡単なスケッチにとどめる  ここに建設者としての資格を獲得した  ここには総額は示せないが  ここで中止して  ここに二人は二箇月ばかり保養してゐた  ここにも樹木が生茂っていたが  ここに瓦斯タンクが立っていて  ここのみならず  ここで説明するまでも  ここには黒鯛と鱸と鰡といくらでも釣り人を楽しませてくれる  ここの釣り舟は近年大した発達を示した  ここでも鮎と共に幾年か過ごした  ここに表彰する  ここから程遠くない二本榎の崖の下の棟割り長屋に移り  ここからパラオへ行かうとする  ここなる花の紅ぞ濃き神の背にひろきながめをねが  ここに君と見ぬ  ここのみ闇の春の廻廊まこと人を打たれ  ここに三とせ人の名を見ず  ここで死んでちゃ  ここに屏風が立て廻してあった  ここに示された  ここに呼びました  ここがそろそろ空襲に見舞はれ出し  ここでも埃を払ひ  ここへも出て来た  ここからパラオへ行こうとする  ここの校長のように初対面の者に向って  ここもきれいにして  こここそは屈強の避難所だというように葉子はつくづくあたりを見回した  ここまで連れて帰ってくださったばかりで  ここに持って来ましたが  ここにも自分の暗い過去の経験のために責めさいなまれた  ここも消えているらしかった  ここにこうして倉地と住み続ける  ここに越して来た  ここで育てたい  ここにも来てくださるからね  ここで葉子は帰朝以来妹たちを預かってもらった  ここの番地は知らせて上げて  ここにアメリカニズムがある  ここまで来ても  ここに一人いる  ここにこの手紙を封じます  ここにお下駄があるじゃありませんか  ここに移って来てから  ここで御用をなさる  ここで泊まる  ここに再び情人を見いだした  ここまでは冗談らしくいったが  ここにお連れしちゃいけないでしょうか  ここなんかには来やしません  ここで葉子は自分にも堪え切れずに  ここに来合わせていらっしゃいますから  ここに放浪しています  ここまで流れて来るか  ここに同封する  ここで仮面を取った  ここが倉地の部屋だというその襖の前に立った  ここに三十格好の丸髷を結った  ここでお帰りを願ったが  ここに引っ越して来る  ここに呼ばれたと思っているの  ここにはいらっしゃらないでくださいまし  ここで葉子は何がなしに涙ぐましくなった  ここは普通の場合と違ひ  ここの君は細君のことだと解する  ここでは全体の意味が全く駄目になる  ここなどは平仄の規則を破つて  ここは剣字を重ね  ここに之を書き写しておく  ここで描こうとしている  ここに書き留めておく  ここに引いてみよう  ここから釈放された  ここに書きたくない  ここまで進んで来ると  ここへ通って来るという  ここへ見廻りに来た  ここに石垣の石が運ばれるとか  ここへ案内して来た  ここへは燕麦を作って見ました  ここにも居た  ここのお医者さまに叱られている  ここの蜂谷さんの家の垣根の隅にまで隠れて  ここのお医者様に怒られる  ここまで歩きました  ここにもごろごろして  ここの玄関先まで案内して来た  ここへ来さっせれ  ここはもう自分に取っての  ここは病院でもあるからナ  ここまで高まらなくてはならないと  ここに求馬が居合せない  ここの灸と来たら  ここはあくまでこの言葉でなくてはならぬ  ここでは簡単に止めて置くが  ここに百円あれば  ここでも未だ運は向かなかったらしい  ここでお前に一儲けさせてやれば  ここへはおれの名を書きそえる  ここへ出ろと言え  ここで特に注意したい  ここで僕らの古典主義といふものを誤解されない  ここは目を保養する  ここに違いないことが分りました  ここから半町とは離れない  ここに寄っている  ここからかしこへ行ってみる  ここへ戻ってきてみる  ここに止まり得ようか  ここへは登る  ここの高い欅の梢にも感じられる  ここでは凡て醜悪となる  ここでもまた私は責めを脱れる  ここに誇大妄想と真実の自己運命の信仰との別がある  ここに清書しておきたいと思う  ここに帰因する  ここでそういう古い消極的な独善主義を宣伝しようという  ここぞ勇を奮うべき  ここに於て予は遂に造化の陰険なる手段に敵する  ここに於て終に十年来の素志を達する能わずして  ここに気力全く尽き果てて  ここに新たに計画を立て  ここで問題とする  ここでstaticalと言う  ここではただ将来の参考のための備忘録だと思って  ここでも肝心な波長決定要素の問題は依然として不可解に残されている  ここでも一種の渦動が関係するかとも  ここにも疑問があると思われる  ここでもやはり週期決定因子の研究が奇妙にも等閑に付せられている  ここに云為すべき  ここに胚胎す  ここに予言者と被予言者との期待に一種の齟齬あるを認め得べし  ここに係る  ここに問題となるは  ここに至る  ここにわざわざ以上の饒舌を活字にする  ここに今日の少女たちが身にそなえはじめている  ここに根を置いている  ここの中から過去の歴史になかった文学が生れはじめている  ここに恐らく自然主義の薄弱な反動に過ぎない  ここに彼のつかんだ  ここにまきし  ここから倒閣運動へ展開するなどとは考えられない  ここにずり落ちて行きつつある  ここで暫らく待っている  ここではあまりに見られない  ここに集っている  ここに貼れば  ここから先の跡を消した  ここまでの跡を消さなかった  ここで語調を変えて  ここまで観察される  ここで田部井氏は調子を変えて  ここを出て行った  ここへお掛けなさい  ここで簡単にお話ししましても  ここでもう一度はつきり申上げて置きますが  ここに持つてるわ  ここへ御案内して来た  ここには構わずに  ここでわたしと一杯飲んで  ここの店へ足ぶみは出来ねえ  ここの家はお冬どんという小綺麗な仲働きがいる  ここで主殺しの科人を引っくくって連れていけば  ここにちっとのあいだ寝かして貰うよ  ここへ呼んで下さいよ  ここへよこした  ここの家の嫁にと思った  ここの障子は半分閉めて置こうね  ここの店へ来た  ここの店にいると  ここの店から縄附きになって出て  ここにお給金の溜めた  ここぞとたきつける  ここまでしのんで  ここでは述べますまい  ここでもう一つあなたに申上げておかなくてはならない  ここにやって来させました  ここに待っといで  ここまできました  ここにお母さんの帰る  ここに力の芽は男子と燻りて  ここの家へ来る  ここにいなくとも  ここは一番音羽屋で行きたいね  ここへ来るまでは  ここにまた問題があります  ここが常に誤られ  ここでは触れずにおきます  ここに声だけをとってみても  ここで言わなくても  ここで強調したい  ここで注意に値する  ここに誌しておく  ここにその根拠を持つ  ここでは問題としない  ここを行ったら  ここでも黙るより  ここにもこの地方人の純朴さが現われていた  ここではもうそれを訊く  ここにこうして死んでいる  ここでは不幸にも通用しない  ここが皆なの出た  ここで暫く遊んで行きませう  ここへ帰らない  ここにあるかもしれないが  ここにかけてある  ここで拾い上げた  ここへ入るならば  ここで仲間の者と一緒になって逃げた  ここにあるじゃないか  ここへ入ってきて  ここに残っていろ  ここに掛っている  ここでお逢いしましょう  ここに博士を寝かせておいてあげよう  ここで逢うという  ここで捕まえるから  ここはまだ誰も手をつけていない  ここまで発見した  ここで農園を開いて  ここにいてくれ  ここに注意すべきは  ここに私はかかる  ここでもはっきりしない  ここで詩論にまではひる  ここまで論じつめなければ  ここに少々贅沢な演劇愛好者がゐて  ここに云ふ  ここはあたしの借りた  ここで自分にみせてくれる  ここしばらくお見えにならん  ここへ通す  ここからじっと下界を見物していなされたが  ここにはこられないだろう  ここでも感じた  ここに載った  ここはまかせて下さい  ここに生れて  ここにはつきり區別しておかなければならぬ  ここに夷三郎信仰の定着を見る  ここでもう一度取りあげよう  ここに浅吉がいる  ここに料理として生きた  ここには釜焚きがいて  ここに馬車の休憩所ありて  ここでああ惰けられてしまった  ここで下りるから  ここで月を観ていた  ここでおまえさんが私の志を受けてくだされば  ここに一つ窮った  ここに思い到りて  ここに立てる  ここにあるにあられず  ここで本を買う  ここでとにかく海の彼方からの友達と云える  ここに貴方のがあってよ  ここへとび込んだ  ここまで来たから  ここにいますから  ここで調べていた  ここから行くと  ここにお坐りなさい  ここで起っていた  ここで飲みたい  ここに息子顔をしてはいられなくなる  ここで過した  ここだけは自分の世界と思う  ここも見ますか  ここは退かないぞ  ここにいるより行った  ここを踏んだかい  ここに夫がいなかったら  ここから逃げ出そう  ここもやってしまいたいから  ここは私いつか自分でするから  ここを雪の朝通った  ここに合理的と云う  ここであくまで念を押しておかなくてはならぬ  ここで大切ではあるが  ここに批評が元来匿名批評になり得なければならず  ここで説明している  ここで一般読者とか大衆とか云っても  ここから生じて来る  ここにあるとすれば  ここに現われる  ここから同時に見透しがつく  ここでは却って批評と云えば  ここで又批評が文芸批評に限る  ここに科学的批評家の立場もある  ここに基準を置いて  ここまで帰って来れば  ここで簡単に片づける  ここで初めて成り立つ  ここでは習俗は固定して  ここにその面目を施す  ここによく説明されている  ここで凡そリアリズムなる  ここに客観的に存する  ここからは風刺文学の必要などは起きない  ここで思想というものが形式的な機械的な思惟にでも導かれている  ここには実に沢山の問題が雑居している  ここに顔を出している  ここにニヒリスティックな或いは又アナーキスティックな卓抜さがある  ここからも判る  ここに初めて一種の自由な意志乃至意欲とを取り戻し得る  ここから来た  ここから最もよく理解される  ここにあるが  ここでは元来のモダーニズムに於ける  ここで大衆と呼ばれている  ここではじめて救われる  ここで創作活動が作家の実践に他ならぬ  ここに文学と政治の問題が起こった  ここでも必要なのは認識なる  ここで初めてこの享受家は評論家のタイトルを受け取る  ここで一々この二つの概念を検討している  ここにあると思う  ここに偶然とか必然其の他というものの横光の範疇論の皮相さが結果する  ここに例の世間で有名な自意識なる  ここに一般社会に於ける  ここで云うまでも  ここから第二常識は云わば  ここに問題の一つの発展がある  ここに私は一つの疑問を持っている  ここにこそ社会に於ける  ここが常識というものの意味の重さだと思う  ここで指摘する  ここでは合理主義が常識主義の完全な敵対物として現われる  ここで初めて明らかにされる  ここに断わるまでもあるまい  ここでもすでに気のつく  ここでも超俗的な俗物が如何に生活に不忠実かということを見るだろう  ここだけの金を払ってる  ここへおくよ  ここで挫折する  ここへ9が出る  ここは我慢して空きっ  ここへ覘いをつけなければならない  ここに出る  ここまで考えて  ここまでは進んだが  ここまで解きながら  ここに再録して  ここに乗りたり  ここに足を駐めんときょうおもい定めつ  ここは農夫の客に占められたりしが  ここにも小説は家ごとに読めり  ここに来るには  ここを去りぬ  ここにはいわず  ここへ来し  ここに停  ここにて乗りかえて  ここまでで二十五字となる  ここに出してある  ここに入れてあった  ここでも軽便を待つ  ここまで山の中から逃げて来た  ここは家ばかりしか見えませんね  ここへはやってこないから  ここから飛び降りてみせます  ここへ入りましょう  ここへお連れした  ここで告白する  ここには記さない  ここですぐ様問題になる  ここにそれぞれ取り外れていた  ここに未解決の問題があるが  ここに見えるだろうと思う  ここに述べてみる  ここを通過して行ったばかりな  ここに現われて  ここの事件について知らないだろうか  ここにこう云う  ここになぞ来る  ここに居るか  ここに殺人罪はありません  ここに来させる  ここを立ち去って  ここに二万金あるから持ってゆくが  ここに五千金あるから持ってゆくが  ここに意外なことが始まった  ここに断絶する  ここで警部は一と息ついて  ここでは正面から議論する  ここですべてを諦めてしまえば  ここに入りこんだ  ここに立っていても  ここへ集まるので  ここに述べます  ここならばあるいは避難が出来ようかとも思われます  ここへ避難に来るだけの  ここをたちなさい  ここに起立していては  ここに起立している  ここで話して居りますが  ここへ呼んで下さい  ここに残りました  ここのほうがいいかしれません  ここに出しておいて  ここにつれてこられる  ここへきておいでなさった  ここでも見逃せない  ここには普通にある  ここにこそ田舎が幸福である所以のものがある  ここには明かに共産党や無産政党の頭の悪さがバクロされており  ここにも盲点がありうる  ここを足場に撰ぶ  ここでねばる  ここへ参りますと  ここさ来う  ここに繁茂している  ここにも閃光を放つ  ここがバクチ宿のようなものになった  ここで食事をする  ここの内儀に目をつけた  ここには仲間をおかないと  ここで女を買う  ここでひとりで深夜まで飲む  ここでは五人相手に大乱闘やった  ここはアンチャン連の居ない  ここへ行くと  ここであんまり被害をうけなかった  ここのマーケットで裸にされたという  ここで払う  ここにこれが見えるからね  ここにヤマさんという美少年の居候がいた  ここまで打ち開けて語る  ここを利用し  ここにやってきて  ここへやってきました  ここまで帰してくださいますか  ここに待ってておくれ  ここに一羽の白鳥があって  ここの美姫はノンビリして  ここには持てる  ここのビールはのむ  ここへ遊びにきた  ここをせ  ここは支那人街だなと思った  ここへ持ってらっしゃい  ここでぐずぐずしていては  ここにしか問題の重点を置かないという  ここで労働手段と云った  ここに始まりを持つ  ここでは技術とイデオロギーとがネガチブな連関に這入る  ここでは技術の尊重とダーウィニズムとが握手する  ここにカントの哲学的精神を見出している  ここにこそ現代に於ける  ここでは繰り返さない  ここでは自然科学者を技術家と同じに取り扱って  ここから生じる  ここでも亦技術家の失業事情を見る  ここに二群の技術家の利害の対立が必然的に生じて来なければならない  ここでは技術家に対する技術の過剰がある  ここでは労働者と技術家との普通見受けられる  ここで必然的に技術という言葉の内に含まれている  ここに出来上って来る  ここまで持ち込まれて  ここで初めて本当に知能的となるだろう  ここにも問題はある  ここには殆ど失われている  ここへ遊びに行って  ここが痛みますか  ここを押すと  ここを港と政宗が予定していた  ここでも繰返している  ここへ突入する  ここに山賊ありと心得たら  ここに百何十万円かはいってる  ここには財産というものがある  ここからはやく出して貰いたい  ここで発表する  ここでまた深刻な気分に締めつけられた  ここに例外がある  ここまではレースを行う  ここまでに解剖する  ここまで進んでおらぬ  ここにあるよ  ここで休んで行こうと思って来た  ここまで進歩しているかは  ここまで拵えた  ここに一人がある  ここまでとは考えていなかった  ここにいらっしゃらないとですか  ここに見えないと  ここにいて上げる  ここに一つの策がある  ここにおいて一転語を下した  ここまでは堕落せんと思う  ここで切って  ここに百円ある  ここに持っています  ここまでこの少年に就いて  ここにお伺いしました  ここに連れ込んだ  ここでやっと落ち着いて来たらしく  ここに於て日比谷署の司法主任野元警部はその容易ならざる  ここにすべてを打ち明けて  ここまで見届けてから  ここまで説明して  ここでもう一つ吃驚する  ここから足跡の通りに歩き出さして  ここに立ち止まって  ここで初めてこの女に着物を着せる  ここでこんな風に跼んで  ここで呼び止めて  ここまで説明してから  ここのお客様に持って来ようとする  ここで明かに二つに岐れてしまった  ここに持っているが  ここには略させて頂きます  ここまで参る  ここには略さして頂きますが  ここまで私が立て続けに饒舌り続けて来ると  ここまで云うと  ここへ来たので  ここで一寸息を切ると  ここを放せ  ここばかりは他の室と違って  ここに這入った  ここでちょっと脱線を許してもらわないと  ここにはその内容の大要だけを述べさしてもらう  ここでもう一つ傍道に這入って  ここにその馬鹿が坐っているとばかりに  ここまで押し詰めて来た張り合いが  ここに来て見て  ここに来てはいけなかった  ここに棄てて行く  ここへお出でになるに  ここへ引き止める  ここにお待ちしていた  ここへお出でになる  ここにて馬を乗放ち  ここに於て第一捜査課長志免警視は総監の許可を得  ここでふっつりと切れた  ここにあらんと信ず  ここに南遊の志を起こすに至る  ここに住すという  ここに住する  ここに人の輻湊するに至り  ここより飲用水を運ぶに  ここにありしという  ここに解氷の期を待つという  ここに船を豪州の果てにめぐらす  ここに九年を隔てて  ここに至り  ここに楓樹あれども  ここに録するのみ  ここに豪州の視察をおわり  ここまで読み至って  こことそこだのに何故これを相手にわからす  ここで一晩を明しました  ここからそう遠くない処にまだほかの沢地があるがね  ここまでなされば  ここに坐り  ここへ來て寢ころぶと  ここに輯めた詩に就いて  ここに彫り込まれた  ここに立ち到らしめた  ここでわたくしの希望を申しますと  ここに二者の相違がある  ここに密集した  ここを先途と蝙蝠傘に獅噛ついている  ここに全く進退谷まった  ここで待っていなさい  ここの先々代が古老の話を書きとめておいた  ここから小説になる  ここにおいておおいに激昂し  ここに一念発起した  ここで昼寝をしては  ここで睡るばかり  ここにちゃんと割切ってみせて  ここに一筆しておかなければならない  ここまでいえば  ここに第三日を迎えた  ここへ戻って来られた  ここへ引返して参ります  ここにお出でなさる  ここに釜を据え  ここに大きな池があって  ここかと詮議したけれども  ここに相整いまして  ここへ御提供くださいナ  ここに持ってる  ここへ帰って来た  ここへ出て来てみろ  ここにいいものがあります  ここにこんなものがあります  ここに泊めて下さる  ここは人間の通行という用のみに便じる  ここぐらいハッキリ示されている  ここのストリップは腰部をブンマワシのようにふりまわす  ここのパンパンやオカマと遊ぶ  ここは大阪役者の人情劇とストリップと漫才をやる  ここはこッちも  ここは予約の客しかとらない  ここに泊っている  ここに行くには  ここからもっと上へのぼってゆきます  ここへおいてゆかれた  ここに瞑目している  ここに並んだ  ここにこのまま世話にならねばならぬ  ここからだいぶありますかしら  ここからはずゐ  ここから教へられるか  ここにかうして暮してをれる  ここへ來てもうだいぶになる  ここに於て彼はある  ここへ引き出しまするから  ここで一つ武芸の型を見せてもらわねえ  ここな痩せ  ここに俺がいるぞ  ここにも微かに残って  ここまで歓楽のひびきを送って  ここでも泣いて帰った  ここへ近づくと  ここの軒下へ転げ込んで  ここへも寄って  ここでも蛙が毎日鳴いた  ここの家へは足踏みをしまいと思ったが  ここの家のお嫁かなんぞのように疑われては  ここの阿  ここに長居もできなかった  ここにとどかない  ここへ舞い込んで来て  ここはまあ一旦素直に帰る  ここの隠れ家を突き留めた  ここに葬る  ここへ放棄するから  ここへこうやって並べておきますよ  ここに廻り合いましたる  ここで小屋を掛けても  ここで興行をして  ここへ入って来た  ここに喰い  ここに居城を選んだ  ここを居城となさい  ここは仙台よりも水陸輸送の便があり  ここには見られない  ここから舟出したという  ここを長崎式の指定港にする  ここに入れられていたし  ここで死刑になったね  ここの港は魚を水揚げするよりも  ここで泳いだら  ここを一気に駈け降りる  ここが牡鹿半島の南側のノドクビに当る  ここがサシミで食う  ここだけは通風孔があいてるからだろう  ここから久助君は太一ツあんの自転車にのせていつて  ここに男がいる  ここが振りだしになっていて  ここへ電車でやって来て  ここで雲呑を食べる  ここの主な社員たちにしても  ここでよく逢いますなあ  ここで下車して  ここも同じ公園ではあるが  ここへは来なかった  ここで俳優と並べて云う  ここの地下室にある  ここの娘のお八重が湯を持って入って来た  ここに泊めて下さい  ここにたどり着いた  ここにも多種類が棲んでいて  ここを借るにも  ここならだいじょうぶだと思って  ここでしんぼうをする  ここが日本で一番早くひらけていた  ここへ御出向きなされませ  ここに琵琶がある  ここへ別荘を作った  ここでみやこ鳥と再会してからという  ここにはその短い生涯の一瞥にとどめておく  ここに地球の輪廓が見える  ここでぐずぐずしてはいられない  ここへ着陸すると  ここまで自分たちをはこんでくれた  ここにすてていった  ここから何億キロメートルの何億倍というほどの  ここから見る  ここに半ばを達した  ここにぶら下っている  ここから梯子伝いに機関車へ乗り移り  ここで完全に相手に和した  ここへ一遍帰って  ここの芝へおろしておいて  ここで待ってますから  ここからこんなにはっきり見えるとは思わなかったぞ  ここを行く  こことはとても木の生え  ここにはとても杉なんか育たない  ここを下りるより  ここを溯って行った  ここをごらんなさい  ここがずうっ  ここを温泉が通って  ここではほかのことから温泉の作用ということがわかる  ここがどうしてこう掘れるかわかりますか  ここからさっきの道へのぼった  ここから引き出す  ここが最初に復活した  ここに一つの新しい温いものが天から降って住みついてるよ  ここへの登り道を云う  ここへ通ってきて  ここで五人でも食いきれない  ここに旅館名を御披露して  ここで夫婦は戸外へ出て  ここまで落ちて来たと  ここを引き上げよう  ここに詳しく述べるまでも  ここに我々が論者の不注意に対して是正を試みる  ここにこの結合はまったく内部において断絶してしまっている  ここに一人の青年があって  ここにいま燃えている  ここなればいいだろうと思ったので  ここにおれば  ここまで連れてきた  ここへとまっていらっしゃいましな  ここでチョットお断りしておきたい  ここに入院した  ここの副院長から与えられた  ココを出してくれ  ここにも希望された  ここでふれる  ここで笑えと云ってやる  ここに立ち寄ったに  ここからほかに去った  ここまで尋ねて来る  ここだけ針ガネをたらしてありました  ここに書ききれません  ここに祭られた  ここに思いだされる  ここにはこれを無言で証明する  ここは昔は広瀬と云っていた  ここは昔は水無神社のあった  ここは神楽丘とよばれております  ここがタタリの本家でここを霊場にしないと  ここに僧兵が籠っていた  ここのミヤコを去って  ここにつかまって見ているぞ  ここでむざむざ失う  ここにのこして置いて  ここにすこし隨筆めいた  ここで説明し  ここで返事を督促した  ここまでは氷河期と闘ってきたが  ここは一人前になった  ここの掲示場にたたずむ  ここの案内者は活動屋のように進んで  ここには相当の珍種がある  ここを占領している  ここの先生方には一番期待がもてる  ここは女だけ集って  ここで知り合いになった  ここから一刻も早く落ちたい  ここを発つ  ここではどんな無理を言うても  ここにお泊りなさい  ここでひとまず又別れ  ここで生れた  ここにはじめて大なる  ここまで人を乗込ませて  ここから自由にお出這入り  ここがすなはち  ここに兆せしなるべし  ここは我等が預かるから  ここで寝  ここを否とは申しませぬ  ここが私の住居と申すで  ここで己れが見  ここを走らふ  ここで立派に殺してやる  ここに少しはお紙幣がある  ここから名残惜しめう  ここに移り集って  ここの子孫の一人が建暦元年から承  ここに集って  ここへ集め移した  ここにそれ以前からコマ人の誰かが住んでいたかも知れない  ここの神霊は決して怒り  ここの山上まで見物に登っている  ここと同じような獅子舞いが残っている  ここだけは主として全く別個の音で語をなし  ここで多くの門弟に剣を伝えた  ここから百姓剣法が始まる  ここにその性格を定めた  ここには装飾の手が加わらなかった  ここにも一人日本人がいますよ  ここまで突き詰めている  ここには彼の愛好した  ここに私の知り得た  ここ迄考へて  ここに落せしや  ここに姓名を記す  ここにふたたび私の心はぴっしゃんこにつぶれてしまう時が来た  ここで死ななければならない  ここで自分が何を為すべきかを考えねばならなかった  ここで考え論じてみようという  ここにも案内者と被案内者の困難がある  ここに言っている  ここにルックを投げだして  ここで第二巻は終っている  ここで勢揃いして  ここでおぬしを犬死させたら  ここで全滅したかと思われる  ここの家へ初めて訪ねて来た  ここへも詮議に来たが  ここにいてくれると  ここの領主の新免伊賀守の一族からして  ここで桑摘ん  ここでも大事な息子の命日として悲しんでいた  ここに隠れて  ここへも来ないとは  ここへ帰してくだされ  ここへすえて  ここに殺されているがの  ここは東南に向って  ここで陣を布く  ここで何をする  ここへ登って来た  ここで自分へ貸すぐらいな  ここへ来ぬか  ここぞと膝を向けて  ここへ召捕って来たが  ここで武蔵と一騎打ちして  ここに居やった  ここで見張って  ここに彼女と二人でいる  ここで別れよう  ここでもう別れてしまうくらいなら  ここでお別れする  ここを下れば  ここで求めた  ここで百日でも千日でも待っているといった  ここへひかれて来た  ここはただ暗い開かずの  ここには和漢のあらゆる聖賢が文化へささげた  ここを暗黒蔵として住む  ここに待っているといった  ここに待っていた  ここでわしを待っていた  ここへ生れかわって出て来たばかりな  ここで待っていてくださいね  ここに消極的の愉快を感じ得るに至った  ここでもまた正月らしい風景が待構へてゐた  ここは静かで気に入りました  ここにしるしておく  ここで映画的連句というのは一定のストーリーに基づいた  ここから商店街をまっすぐに抜けて  ここしばらく見てないわ  ここから戦後の日本が始まるという  ここから始まる  ここで喫茶店の主人をしている  ここからスタートして  ここへ到達したのね  ここに自分の家を作って  ここを歩いていた  ここで恵子を写真に撮った  ここにあるの  ここしかないわと思ったら  ここで撮る  ここに塀があったとは思えない  ここで夕食を作って食べる  ここが自分の部屋だと言った  ここから繰り返し  ここでひとり静かにしてると  ここに置かせてね  ここにいなければ  ここを使うのよ  ここから歩いて  ここに設置してある  ここでは縦につらなってまとまっていた  ここへかよってくださらなければ  ここへ帰れば  ここへ来ていても  ここに私が住む  ここへ私が来る  ここに深く巻き込まれる  ここで待ってて  ここでひとりの時間を過ごす  ここで店員をしたければ  ここでこうしている  ここのアルバイトがあるじゃないか  ここに立ち寄っても  ここにはじめて我が意を得た  ここへ持ってきている  ここで語らうと思ふ  ここではただそういう意識を心頭に置き  ここの問題に関した  ここでわれわれは俳諧という言葉の起原に関する古人の論議を思い起こす  ここに到着したか  ここには触れず  ここに引用している  ここでこの言葉の言語学的穿鑿を企ててゐる  ここへ疎開する  ここまで稲田はつづいている  ここを通過する  ここからさき  ここで変調をきたし  ここの主人の話に拠れば  ここの主人と細君とは夫婦喧嘩をした  ここの主人が必ずぬっと部屋から出て来て  ここに四阿が立って  ここの番人のお小僧が鍵を手にして  ここに三個の英雄が結んだ  ここまで稲田はつづいてゐる  ここまで来たといふ  ここへ来てゐるので  ここに取り上げた  ここに何より先にいわなければならない  ここで主人公は椅子から辷りおちて  ここにはどうしても彼のいわゆる俚諺なる  ここは落着く  ここから叫びたくなった  ここまでになれば  ここの門から出しては  ここで無条件に清十郎へ立ち  ここへ燭台を門人が運んで来た  ここにいさえすれば  ここでわれに会うたる  ここへ出しておきました  ここは山の中だと承知の上で泣く  ここまで来たのに  ここから離散して  ここの広い閑寂を破っていた  ここへ入って来たが  ここへ後から尋ねて来る  ここへ上がって来るらしく  ここに寝た  ここでそそごうとする  ここへ石を拾って来い  ここは笠置山の中にあるが  ここには人傑が出ていた  ここの地を踏んだ  ここの領主の内福なことも分るし  ここで自分を宮本と知ったら  ここの御領主様のほかにないよといったら  ここから誕生し  ここの兄さんの昔の教え子だって言うしね  ここんとこ押せ押せに  ここで一つ問題が起こる  ここまで来るくらいなら  ここで自分などが素人くさい蛇足を添える  ここで自分がかりに俳句的要素とかいう名前で呼んでいる  ここでは詳細の解説は省略するが  ここではそれは略する  ここではこの日本人固有の自然観の特異性がいかなる形で俳句という詩形の中に現われて来るかを  ここで言わんとした  ここではともかくそうしてできた  ここには略するが  ここではむしろ少しちがった  ここで一緒に頂きましょう  ここへ嫁いて来た  ここへ来て見よや  ここの老祖母さんが心配して造って  ここをお前さん達に貸すわい  ここに一人居るぞ  ここの家の遣  ここの家に居たく無い  ここはすべてが取片付けてあって  ここをお前の部屋にするが  ここに在ると言う  ここへ被入しって  ここまで被入しって  ここから三吉は曾根へ宛てて  ここから帰って  ここまで貴方に送って頂けば  ここでお前に別れるとしよう  ここで姉が帰郷してみた  ここまで思い続けると  ここで家の整理が付きさえすれば  ここで止めさせる  ここにも御座います  ここの家に在る  ここで一服頂かずか  ここで一応意味の終止した  ここにはかりに二つに分けて  ここに若干句を並べてみる  ここまでは歩が進まずに  ここにほとんど併行している  ここに左の問題を出しておきますから  ここにはその三類中に入れる  ここから哲学の方法は解釈学でなければならない  ここでは最も含蓄ある  ここでは固定した  ここでも見られる  ここに社会の自然史が唯物論を分析方法とする  ここで理論と実践とが不離の関係に立つ  ここに新しく登場する  ここに生物学がすぐ様には精密になり得ず  ここにこそ自然科学の具体的内容がある  ここで一般に哲学と自然科学との関係を明らかにする  ここでも亦自然科学は哲学に接続している  ここにこそ自然科学と文学との本当の連なりがある  ここから説明出来る  ここから新聞現象の週期性なる  ここにすでに日本精神という概念自身の理論上の疑問が含まれている  ここに日本精神の意義と本質とがある  ここにすでに従来の形式論理学に対する或る根本的な修正の動きを見て取る  ここに科学的認識の成立と客観性との根柢を発見しようとした  ここで注目すべきは  ここに形而上学というのはカントが批難しようとして果し得ず  ここで実在そのものとの限界に逢着せねばならず  ここで弁証法的論理は存在そのものの弁証法的法則に接する  ここには食うや食わずの  ここに緋縮緬の女が似たと思う  ここにも見えず  ここへ顔を出したり  ここから認られたに  ここで自動車でないからと言って  ここから出て来た  ここで乗って見たまえ  ここを握って  ここにおいてか同じ所へ何返も出て来る  ここにおいてかこのダンマリ転換を遂行する  ここにゆっくり弁解しておくなり  ここで紙鳶をあげた  ここに新島原の遊廓が一時栄えた  ここの町の空気をかき乱す  ここにも勿論同窓会を有していた  ここから後押しを頼む  ここで氷水を飲み  ここに休んでいる  ここを稼ぎ  ここで一日の生計を立てていた  ここの柳は伐られなかった  ここの柳の葉もそろそろ散り始める  ここに演出した  ここに一種の怪談をかく  ここで大胆に再び振り返ると  ここで初めて分かれわかれになった  ここでは歳末年始の風景その他を語る  ここにも囁かれた  ここの主人ももう六十を越えていた  ここへ遊びに行くらしかった  ここに意を致す  ここに満鉄の停車場がある  ここを通過したが  ここに五代も住んでいます  ここを過ぎると  ここも長い不規則の石段を登って行く  ここに草の庵を結んで  ここの軒にたたずんで  ここに庵を結んだ  ここには限らず  ここへ現われて  ここ両三日は法要で取込んでいるから  ここを指月ヶ岡と云う  ここへ来たいと思った  ここへ来てからは  ここで一旦消されてしまいました  ここからも血が湧いて出ます  ここでは登山者に無代で梅酒というのを飲ませます  ここの縁台を仮りて弁当をつかいました  ここで絵葉書を買って  ここを出ようとすると  ここから引っ返しました  ここを永久の住み  ここに葬られた  ここへ散歩に行ったが  ここの二階へ案内されて  ここが百八高地というのであると教えてくれた  ここに長く滞在すると思えばこそで  ここには秘して置く  ここに二人の死に場所を選ぶ  ここは確かに閑静であるという  ここと全く没交渉の下座敷へ移されてしまった  ここのところに少し高いところが出ているのに  ここに目の霊薬を持っています  ここにおいてか芭蕉は無比無類の俳人として認められ  ここにおいて卑見を述べ  ここに例外とすべき  ここに理想的というは実験的に対していうものにして  ここに言える  ここにおいて蕪村は複雑的美を捉え来たりて  ここに拳ぐるの要なしといえども  ここで面白く感じた  ここのラネフスカヤとに現れた  ここでお前の看護をする  ここにいらっした  ここに祀ってくれた  ここで抗弁した  ここで遊んでゆくから  ここではほぼ同じ意味に用ひてゐる  ここのように明るい楽しいところではありません  ここに毒茸が固まって生えているぞ  ここに茸の価値と言われる  ここに問題とした  ここでは俳優や劇作家のこととする  ここを言う  ここで甘い涙と申します  ここに林のごとく売る  ここへ顕れたが  ここに時おくれた  ここには東京の山の手といつた  ここでは似合ひ  ここの書棚を漁つたせゐで  ここで受持つ  ここで素質と才能とはっきり区別しましたが  ここにおいでになる  ここで持ち出した  ここにあるとする  ここに一つの物語を仕組む  ここに引っ張り出して  ここで論外としなければならない  ここで私が話をする  ここで泣き  ここに持って来る  ここで名前をいうと  ここで話している  ここも違う  ここに一人の青年がいる  ここでひとつ例をとれば  ここで作られる  ここではいわない  ここでは詳しくは云いませんが  ここで芸人と芸術家の区別がはっきり分れる  ここでは略しましょう  ここに從祀してある  ここに唐の李勣と我が蒲生氏郷とを比較して見たい  ここに缺陷がある  ここでその原因を研究する  ここへ来ておくれ  ここの店の家来でありながら家附の娘を殺しても  ここの家へお嫁に来てから  ここに勤続して  ここに変なものがあるぞ  ここは軍団長の居らるる  ここに時々演藝が試みられるが  ここものんびりしていて  ここまで漕ぎつけるには  ここでボチャンと落ちたら  ここで軍部がクウ・デタでもはじめたら  ここにいましたよ  ここまで漕ぎつけた  ここにこういう女の子が一人だけいる  ここへひっぱりだして来てください  ここではよほどの冒険をしなくては  ここは危いです  ここから連絡艇が出ますから  ここへ坐らせていただいても  ここへ移ってきて  ここへ来てる  ここぞというあたりへ力まかせに抱きついた  ここにフレッドさんがいるのよ  ここより日本の全景を眺め  ここまで来られるか  ここに居て頂かねばなりません  ここまでやってくるに  ここまでもどってきました  ここにありました  ここにお呼び寄せになった  ここにいふ  ここで先以て申置かねばならぬ  ここに漂着すると  ここに排泄いたし  ここに驪山の温泉がある  ここでは定めし徘徊顧望された  ここに外国にさがせない  ここに三百年つづいている  ここで強奪に遭った  ここに真暗な崩れ懸った  ここで番をして居給え  ここに滞在しているからではない  ここの人足たちが唄い出した  ここに死んでいる  ここに起ってくる  ここに一夜を明かしている  ここへ横になって眠ってしまった  ここへ持って来いっ  ここにござったで  ここで一杯やっている  ここに明かして  ここに晴らしたか  ここで知己になった  ここへ来ましょうか  ここに佐々木小次郎とある  ここでけりを着けた  ここで演じてみようと存じます  ここへ出てもらおう  ここへ迎えに来ている  ここで落ちあった  ここへ迎えに来た  ここへき  ここで始まり  ここまで良平が鞭打って来るほどの  ここへ馬で飛んで来た  ここの主の研いだ  ここを離れた  ここで間に合わなかったとすれば  ここで呶鳴るにはあたらない  ここから呶鳴っては船中にある  ここには繋い  ここへ近づいて来る  ここへ宙を飛んで来る  ここから鎌が出る  ここには神のけ  ここを占領し  ここへ攀じて来た  ここでへたばる  ここの館で勉強したり  ここに伝わっている  ここの荒廃をおこそうとした  ここの可愛らしい巫女のみに限らない  ここで幼い者たちに教えていた  ここに用ゐる  ここを出てしまへば  ここに存すると思ふ  ここが契嵩の苦心の存する  ここで親しく女を壻に渡す  ここを冬の社交場にする  ここへはだれもやってこないし  ここにキャラコがいる  ここでしょんぼりしている  ここへ競売に来た  ここからいちばん近い漁師の家まで約十五町もある  ここでさんざんな軽蔑のされようでした  ここから出て行って  ここへ点字の勉強に来た  ここへ坐ってよ  ここまでいいかけると  ここであなたにお目にかかる  ここであなたと逢って  ここで語り合った  ここから御殿場のほうへくだり  ここの叔父さんのようにああ煙草をポカポカ燻した  ここへ連れて来て見ナ  ここに同じような人間が二人揃ったという  ここにも二人は言うに言われぬ  ここへ出せや  ここは私も一つ蹈張らんけりゃ  ここへ持って来て  ここの番地を覚えていますまいね  ここにも起った  ここを切開いて行かない  ここを立退こうかとも思ったが  ここは大番頭の嘉助が禿頭を気にした  ここに倉があった  ここの家の娘の踊を見ないという  ここから出てゆく  ここにブラブラ遊んでいる  ここでお話します  ここに一般に通ずると  ここに君と父と同時に急病にかかつたとする  ここでは杖刑だけを執行する  ここに掲げた  ここに一家と云ふ  ここに内亂とは近親の間で姦淫する  ここには云わない  ここではこれ位に止める  ここで兵士の描写が出ているが  ここでは特に大衆文芸に限っても  ここでも外国と日本との差違を考慮に入れなければならない  ここでは先づこれ  ここもひどく誇張した  ここからずっと離れた  ここから出て行けと  ここで拝見していますわ  ここへ掛けさせておいてください  ここを動かさなくてよ  ここから帰れないのよ  ここへやって来るでしょう  ここを動かさない  ここまで響いてくる  ここへ担ぎ込まれて来た  ここまで連れて来たんで  ここまでその男が饒舌って来たら  ここまであがって来い  ここでも沈めっ  ここにも誰もいない  ここで何してた  ここで六時十分前になる  ここもすっかり鎧扉がとざされて  ここで待っていたのよ  ここにひとつ持っています  ここを降り切ると  ここまでやって来て  ここへ出て来たかと思われたほどだった  ここへ辿りつくまでの  ここまでやって来ましたのよ  ここで何をした  ここでおしゃべりをする  ここに坐っている  ここで午食をつかっている  ここで待っていろ  ここへ置かせていただきますで  ここに茜さんの顔の見えない  ここにいるほどの  ここにいながら  ここへ坐って  ここに坐っていて下さるだけで  ここまで漕ぎつけたのに  ここには剛子の父も来ていますし  ここに目録學が始めて興る  ここに入れたかは分らぬが  ここに至つて正史の藝文志は行き  ここには長きその影を肩に浴びたる  ここには銀杏よ汝常盤樹の神の恵みの緑葉を霜に誇るに比べては  ここの主の角兵衛に依頼して  ここまで運ぶには  ここでお休みなされた  ここにいるなどという  ここに住もう  ここの住所を喋舌ったとみえる  ここの家造りは変っていた  ここからの展望も偲ばれる  ここへ立寄られて  ここのお顔ぶれといい  ここには旗本学者の安房守もいるし  ここへ呼び迎える  ここの話を耳に挟み  ここへ来てから作った  ここへ逃げて来てしまった  ここにお待ちなすって  ここでは目標としているからでもある  ここへやって来るほど  ここに待たされていた  ここへ持って来い  ここは坂東四箇国に跨がって  ここへ流れ集まっては来るが  ここへ来るといっていましたが  ここに一人の神仙が降りて  ここで筆記して下さるといふ  ここで補充をする  ここに私の作詩撰集を出す  ここに來た鬼が落した  ここに迷ひ居らば  ここに香れる  ここには久米の皿山の巓ごしにさす  ここから西南に当ってまっし  ここでもよく臭いますね  ここへ持っといで  ここへ二人が現われた  ここだという風に大きく肯き  ここに頑張っていた  ここへ上って見てくれた  ここに君が面白がる  ここへ近付いてもかまわないが  ここはどうしても怪人の跡を追う  ここで逃がす  ここで玉屋総一郎の屍体の頸部に附いていた  ここへ帰ってくるというのでっか  ここで泊っていらっしゃい  ここで急に出て来た  ここでちょっと糸子さんに折入って  ここにひっかけて  ここで考えてみなければならぬ  ここへ出てくる  ここへ出入した  ここまで帆村を引ずりこんだ  ここに陥穽を設けておいた  ここで蠅男をおさえていると伝えて下さい  ここに抱いて居ります  ここからお詫びをするまでだ  ここで見ると  ここでは緑に囲まれて坐るという  ここにきみゐで  ここへ嫁いて来ない  ここで兵太郎君とふたりきりで遊ぼう  ここへ行く  ここから生れた  ここにはおっか  ここで一座をお目にかけよう  ここにあれらと仲間になって  ここには置けない  ここにあるさ  ここに手をかけた  ここで親方が口上をはさんだ  ここに話をしている  ここがツールーズの町だと言って  ここに滞留する  ここに権力の残酷なる命令を実行いたしました  ここへ寄るだろうし  ここへ帰って来れば  ここにいれば  ここはたいせつなときだと思って  ここでなにをしている  ここで歌を歌う  ここで説明してやらなければならなかった  ここではころりと横になる  ここを立ち去れば  ここにこのままいては  ここにわたしたちといっしょにいてください  ここへ止めておく  ここへ来てもい  ここで待っていてやる  ここにいなければならないかわからないので  ここでくらす  ここへねむるとすれば  ここへこのとおりたくさん採っておいた  ここまで登れば  ここについていますよという  ここにも建っていても  ここには鏡もないのだからわからない  ここへは来ない  ここに於てかこの不可思議なる天地も一向不可思議でなくなる  ここで始めて  ここまで漂って来る  ここで東屋氏は一寸語を切った  ここで待っていて下さいよ  ここを引き上げる  ここから発つ  ここにはただ事実の例を示さんが  ここから追い出す  ここに記入いたしおきます  ここは何処の細道じゃも唄う  ここの畳へ座る  ここの人形商はおやま商業であったことがわかる  ここの親方はへッついという  ここまで引ずって来て  ここでは幸四郎の人相は大いに役に立った  ここに軍艦がある  ここも夜店で賑わっていた  ここの尼僧は説明してくれたと  ここの絵馬にはめの字の記された  ここまで足を運んだ  ここがよろしいといったが  ここを過ぎる  ここで秋の封切を一度観賞しておけば  ここのお寺へ集って  ここへ出れば  ここは日中はオバーなどはいらないくらい  ここは遠くにアンチーブと云う  ここに毎晩俺の室から見える  ここへ一寸腰をおろして  ここではじめて嗅いだ  ここにも大きな蝶がじっとして  ここが何というところかわかりませんが  ここから四里ばかり離れて  ここを歩いて  ここまで出て来たという  ここに住んでますけれど  ここへ足を入れた  ここの家には母親がいない  ここから大野木を抜けて  ここに立っていても怒  ここから七里小浜近くまで行かない  ここに白鳥を放して  ここからは北の端れに当る  ここを建てましたの  ここへ日本一の温泉場を作って  ここへお移りになった  ここに引っ込んで  ここまで家宅捜査に来て  ここを離れる  ここを処分して  ここよりほかに国も家も持たぬ  ここを離れ去る  ここから眺めると  ここに混血児の娘たちがいて  ここへ来てるといってやったら  ここで車を返して  ここが焼けた  ここには住んでいない  ここまで旅行に出るという  ここへ飛んで来て  ここにその推察を裏書きする  ここまで送って来たとか仰し  ここにいないという  ここで働いているが  ここに立つも  ここに数奇の運命の人眠る  ここへ葬ったとか  ここへ一緒にして上げたら  ここで私に分らない  ここのように系統だって集めた  ここの古い砦型の城を仰ぐと  ここへは訪れる  ここの大祖がいわるるには  ここを通って来る  ここで御披見くだされまいかとて  ここに留まっていない  ここにはいると違う  ここへ追い  ここへ来合せ  ここにも一人いた  ここが駄目だったらともかく高野山へ預けに行こう  ここの寺製りの酒を賞美して  ここで草の根を喰べながら立て籠っていた  ここの丸木橋が壊れていて  ここで大勢の見送りをうけた  ここに坐った  ここに待っておる  ここへ住んでからでも  ここの寺籍にはいっていないので  ここへ訪れて  ここへ出ると  ここまで歩け  ここでお待ち下さいますか  ここも濤音のような松風のなかに在って  ここで乞わずに  ここまで話して来た  ここにも一人おります  ここに入れるのに  ここで一言いわせてもらえば  ここに先生の手紙の一節をありのままに訳出した  ここへねんねして待ってて  ここにつづける  ここに拘留して下さい  ここにこの追悼の筆を執つた  ここに面白い現象が認められます  ここに至りますと  ここを掘ってみておくれ  ここを苦心したか  ここでお前の志がくじける  ここまで出来た  ここに在り  ここで倒れては  ここへずかずかと入ってきましてね  ここまで判っているのに  ここだというところまで解いて  ここまで来て行き  ここにも映っていると思われる  ここまでで終っていたとしたら  ここに色々の問題が起って来る  ここに疑問がある  ここに於て教育に従事する  ここにその一を述べん  ここに私が平素から希望している  ここまで引っ返して来よう  ここに輪のあとがある  ここにすわろう  ここで死にかけている  ここへもどって来て  ここにあきたら  ここではみんないっしょう  ここまでするには  ここと同じだけ降ったら  ここであの子のことをわたしが忘れてしまえば  ここに待っておいでよ  ここまで来ていた  ここにしばらくいる  ここにいてはわからない  ここから出られたら  ここを立つ  ここにこのまま残って  ここで初めてくぎで止めた  ここへ様子を知らせる  ここにもはめてあって  ここで止まった  ここの住まいを知らせておかなかったという  ここに一人いた  ここから町までは十五分以上かかります  ここを出たという  ここからわたしを救い出す  ここでお別れとしよう  ここしばらくはわたりたくない  ここにはいませんよ  ここへ訪ねて来たら  ここも閉めきってあった  ここまで来てもらった  ここに学ぶ  ここに発見せられるでしょう  ここまで進めば  ここに在銘の作と無銘の作とがあったら  ここになぜ一つの器に美が現れるかの  ここに人々が讃える  ここに創造の自由は失われ  ここに注意しなければならない  ここでちょっとお断りしておきたい  ここに見出すという  ここに国民性が最も鮮かに示されてくる  ここは生かしておいて  ここへ逃げれば  ここまで作った  ここにまた最も著しき一例がある  ここにやや高等な教育を受ける  ここによせるべきである  ここに文字の義を細かに論ぜずして  ここにおいてか貧困を救助し  ここに別に滝の四阿と称うる  ここから下の滝の伏樋に通ずる  ここに控えた  ここに残るは  ここは今まで度々通りながら  ここに説く  ここのマダム・ザヴローフスカヤに習っておりますの  ここの女学校をお出になった  ここは野原の中よりも明るいような気がした  ここが月光の揺籃ででもあるかの  ここに永遠に埋められている  ここに葬られ  ここに居残っている  ここの奥さまを見つけて  ここの標札に気がつかなかった  ここの路をとおる  ここへ遊びに来ている  ここでは意味ある  ここに推古仏の源流を認めて  ここにこそ推古仏の源流が出現して来た  ここで主として問題とした  ここの店先へ札を出して貰っている  ここだぞウと返事はしない  ここで火事が出た  ここに群れていた  ここにもあったときくと  ここをあっちこっちへ駈けまわった  ここへは来なくなってしまう  ここは何故だか瓦のこわれだの  ここに感じられない  ここにてまた左の下腹につつこまる  ここは受の弥左衛門に扮せる  ここで見  ここまで生活と心理とを追ひつめれば  ここにこそ具体的な自我と自意識の発展と崩壊のテストがある  ここで逢うのに  ここに魅した  ここを切られた  ここに小説のもつ  ここに演劇の世界が展ける  ここではすでにゾルゲルのイロニーでは盛りきれない  ここで事件を打ち切ってしまった  ここにひそかに誇りとする  ここに砂糖水をつくっておいたぜ  ここへ行った  ここで花崗岩の破れ目の出来方について講釈をして聞かせた  ここは何かしらゴタゴタとうるさいほど飾り立ててあった  ここに破  ここを海岸と名をつけたって  ここはオーバアフロウだの何の永いこと遊びました  ここの水少し干した  ここが大事と思ったらしく  ここで立佇まって  ここに一つ在るてや  ここで大威張りで言いたい  ここに待合せている  ここの家はきっと二代と続かないから  ここで井戸屋に見放されたら  ここで自分たちが強情を張り通して  ここに一年の月日を送って  ここだって普通の船は行かない  ここで論議すべき  ここに交通事故があって  ここではっきりいって置くぞ  ここで言葉を停めて  ここに文字にする  ここに一人生成されて行った  ここに坐りましょう  ここの立て役になったら  ここで約束しよう  ここにあんたが居るって  ここに入院させてくれた  ここで居酒屋を開いていた  ここにかかれた  ここに書けない  ここへ書かれた  ここではっきりと約束しました  ここで遊んでいたい  ここで遊んで  ここで御降りなさいと教えられ  ここを訪う  ここではいっさい触れない  ここから話さないと  ここまでは誰でも出来るが  ここに於て吾輩は猛然として立上った  ここまで聞いて来れば  ここは将来有力な爆薬の根拠地になる  ここを爆弾の溜りにして  ここに一つ無理な御相談がありますが  ここから初める  ここまで来るには来てみたが  ここが大事なところと思ったから  ここまで腐り抜いている  ここで本腰を入れて  ここへ出て来ました  ここに人形劇の不思議があり  ここで使用する  ここですこしばかりいひたい  ここは昔この家の肺病の息子がねていた  ここで一夜を明かしたら  ここでも一方をめざしている  ここで哄笑一番する  ここへ弁当の仕出しをしてくれた  ここに碁会所を創設させた  ここまでは自分の手で首尾よく事を運んで来たが  ここではわが艦長がまだ船に乗らない  ここに十銭の白銅貨がある  ここでソオルは急に語調を改めながら  ここまで引き  ここへ案内しなかつたといふが  ここへお出で戴きませうか  ここでなにかしでかしたら  ここで待っているから  ここの川原に来ると  ここの川原を歩くと  ここへ避難してね  ここで島村陽一から離れざるを得ない  ここで切れようと思えば  ここに用意してきてるが  ここの人達をあまり好まない  ここの人達にしてみれば  ここにもまた見るに至る  ここに経営せられる  ここにおのずから露伴幸田先生の事に思到らなければならない  ここにおいて隅田堤の桜花は始て木母寺の辺より三囲堤に至るまで  ここに言問団子を売る  ここに言わない  ここに杖を曳き  ここからは草で見えぬわ  ここの家族が常にいる  ここで忍藻の性質や身の上がやや詳細に述べられなくてはならない  ここでその熱度さえ低くされるなら  ここの家には相当の財産があって  ここも露天で賑わっている  ここで鰻を食おうという  ここの鰻の御馳走になった  ここならば大いに勉強が出来ると喜んでいると  ここで再び説明すると  ここに開いて  ここに自然あり  ここで落ちあって  ここは知らなかったに  ここへ侵入して来た  ここでは何ものも喪失していない  ここにもう一つこういう事がある  ここで一つ華やかにして見せようという  ここに投り込んで置いて  ここから殆ど毎日下谷の二長町へ通った  ここへそばを食いに来る  ここで三人になった  ここの二人の客はどこへいった  ここぞとばかり言った  ここであらそうべきでないと思ったので  ここへ出せ  ここでなんとかして  ここから聞えて来る  ここへ運んできた  ここまでつれて来たといっても  ここの番をしていてくれ  ここは相当ふかい海底と思われるが  ここまで来たのにと思うと  ここに十分もってきていますよ  ここまできいて  ここでひとつやっつけてやれ  ここでアメリカ艦隊をおそっても  ここでいよいよ日米両国の大衝突となるから  ここへつれてきましたが  ここに大変困った  ここでぐずぐずしている  ここで空しく海底に葬られねばならない  ここで騒いだり  ここに0を書き入れたについては  ここで六段目と七段目の真中を見る  ここがもう第十会場になります  ここにあげて置きましょう  ここをパスなされば  ここさえパスすれば  ここにも大きな奇蹟はあった  ここに一人の怠け者があって  ここで話が決まりました  ここまで進んで来た  ここの店に立寄って  ここに紹介しない  ここで昨夜おそろしい殺人の犯罪が行われたかと思うと  ここの名物の化地蔵が口を利いてくれたら  ここで白状す  ここに紹介するに堪えないから  ここから身でも投げるらしく見えたので  ここに置いてもらう  ここで六段目と七段目の眞中を見る  ここがもう第十會場になります  ここにあげて置きませう  ここは夜若い御婦人などの居るべき  ここに新しく一つの産地が殖えた  ここに一つ名案が浮かんで来たので  ここはこうしている  ここに降って湧いた  ここに師匠の家の筋向うに眼鏡屋があって  ここ暫くを通り越して  ここに一つ困った  ここでちょっと思い出しましたが  ここで初めて師匠の家を離れ  ここで一つの希望が起りました  ここに決心しまして  ここはキッパリするに限ると思い  ここで美術協会の起りのそもそもの最初の事を話します  ここで私は一遍に世間を眺め  ここに三百人あるとして  ここに金田兼次郎という人が一つの意見を提出しました  ここで私もこの人たちの集まりの中に顔を出す  ここにまた師匠の華客先で神田和泉橋に辻屋という糸屋がありました  ここにそれを差し控え  ここにあるか  ここでも会った  ここの払いをしてみると  ここを立ったという  ここを踏ん張ろうという  ここでも氏の判断の中で曖昧のままのこされている  ここからは独断にならざるを得なくなる  ここで一転化する  ここで一つ主任としての私に問題が起って来た  ここに私の親友に後藤貞行という人があります  ここにお堂がござる  ここにこの不慮の椿事を平気で高見の見物をしていた  ここを汲み分けて  ここをあけろ  ここに縄もある  ここでもやはり勝目は竜之助にあって  ここで離縁を取った  ここに彳んでいると  ここにも夫妻反目とあって  ここに甲源一刀流の一派を開き  ここで斬死をなさるなら  ここで紙包をポンと突き返して  ここでお目にかけます  ここへ拡げなくても  ここはおじさんと帰るさ  ここを通りません  ここまで飛んで来て  ここに二歳がいる  ここの先生はどれほどの人か知らん  ここで暫しの雨やどり  ここで行けと言われている  ここで一段落になって  ここに羊羹があります  ここにきめました  ここまでやりかけて  ここにて見物せられい  ここに鍔競合の形となりました  ここで島田のために斬られる  ここに枕を並べた  ここに長々しく  ここ暫くは寒い夜中に子供たちを起して  ここに踏みとどまっている  ここで休んでいらっしゃい  ここに打明けて  ここに言わん  ここで旅費も出来たから  ここを見ても  ここまで暮したけれど  ここで癇癪が破裂して  ここへ入って来ました  ここに世帯を持ってから  ここまで進んで来ました  ここへ分けて行けよ  ここまで落ちて来た  ここをお引取りなさい  ここへ泊って  ここまで来はせぬわいな  ここの中庭の植込をも物柔かに濡らしている  ここにも夏花の赤さはある  ここでけふは  ここで採掘した  ここにあると思いました  ここで疲れを休まして行く  ここで話が途切れて  ここに一つの事件がある  ここを真直ぐに行くと  ここまで来ては  ここに島原のある  ここで第一の旧家といわれる  ここにも底光りがある  ここが知れましたなあ  ここでおちおち考えてみれば  ここで一生を送りたいとも思いませぬ  ここに置くよりも  ここで時間を少しよけいに費したい  ここで途切れて  ここの御雪太夫と近藤勇との仲は山崎もよく知っている  ここをつれられて帰る  ここへ来るとは  ここの家を騒がせ  ここで開眼供養というのをやって  ここまで覚えたから  ここへ遊びに来るが  ここで二人の私話は紛れて聞えなかったが  ここで息を休めておりました  ここに来合わせた  ここで自害をなされました  ここと目当のなく見廻した  ここへかけつける  ここは人目に遠いところではあるけれど  ここへ来るまでに  ここに怖かないものがある  ここで夜を明かそうとして  ここで錨を失い  ここまで流されたと  ここから北の方に進んで行け  ここにつないでおき  ここへひいてきてくれ  ここへつるしておいた  ここに人がいる  ここでつった  ここで気をもんでも  ここへ上陸するまでに  ここにおしゃべりする  ここに採録した  ここが荒神口だときいて来た  ここで待っておられても  ここで論ずべき  ここに考える  ここに突然お蝶さんの身に一大災難が降りかかって来ました  ここへとんでこない  ここへかけつけない  ここでおかしくなって  ここで衝突した  ここへ誰か来なかったでしょうか  ここに来ているらしいので  ここへ入れておけば  ここへ引っぱって来  ここへ引っぱりこむなんて  ここに一等運転士がたおれている  ここへ上ってきた  ここのところがいぶっていれば  ここが肩だとすると  ここで一変して  ここへ取りつけたか  ここにいられるが  ここにメキシコ生活をうち切り  ここにことわるまでもあるまい  ここまで持って帰った  ここまで無事に持ってきた  ここへ来てもらおう  ここへ案内してくれ  ここは通せない  ここに待っていておくれ  ここでまた新しく思い出した  ここではなにも穴をあける  ここでお待ちになっていてください  ここで起った  ここはおとなしく相手のいう  ここはひとつ元気を出して  ここにい  ここにはついていない  ここへ来いと命ぜられたから  ここに自動車をおいておく  ここにいなかったという  ここまでとどけた  ここへかえってきた  ここで分かってしまったら  ここの留置場を破って逃げ出して  ここにはいやしないぞといいたくなる  ここの署員たちをたいへん驚かせ  ここへ持ってきて  ここで日本の生産力というものはどんと落ちる  ここへ運ばれてきてあった  ここではちょっと脇道へそれるが  ここに問題となった  ここに申し  ここで竹刀をとって  ここにいえば  ここで考えておりました  ここでめぐりあった  ここで出会うて  ここの家へ火をつけるとか言うている  ここの家から離しておく  ここで死んでしまった  ここに浮んで来ました  ここにまた古典学者の言う  ここで迂  ここへお掛けなされ  ここまで来て言い淀んだ  ここへ隠しに来た  ここで私共があなた様をお見かけ申したが  ここでちょっと聞いてみたくなった  ここに悠々としている  ここで我から進んで  ここまで来てみれば  ここまで来るのでさえ  ここで窮命しろ  ここへ置く  ここに隠れておいでなさい  ここへ下りて来た  ここでよろしいと申すに  ここを十人ばかりのお武家様がお通りになったでしょう  ここにも言わん  ここは動かせない  ここに至って金蔵は懐中から短刀を一本取り出します  ここでお前に殺されたとて  ここでお前を殺しておいてね  ここでお前を殺しておいて  ここで存分に斬るとも突くともして  ここまで足を引かされた  ここでは別の若い男と出会って  ここには電話があるだろう  ここに住んでゐない  ここでもうるさいことはある  ここにも罪悪や悲劇の行われているかを知り  ここに於て彼女を愛していた  ここに隠れているのよ  ここへ入院してからという  ここまで徹底してはいないでしょう  ここにまた一つの物語を見出されようけれども  ここに必要を認めず  ここは十津川郷の真中で名にし負う  ここまで傷一つ受けずに来た  ここに有難いものがある  ここで腹を切るが  ここで死にたくないから  ここへひとつ隠れて  ここは湯本といって  ここはいつぞや金蔵が話した  ここへ来ていました  ここで無駄話をしているくらいですから  ここを通り過ぎた  ここへ通りかかった  ここで待っていよう  ここで待っている  ここの滝へ来て  ここまで来てみると  ここへは決して人が来ない  ここに籠る  ここはやや平らになったので  ここへおかけなすって  ここに落ちて来た  ここへ夜詣りに来た  ここにいたかい  ここに敵の一人が見ているとも知らず  ここに泊つてゐる  ここに住んでゐる  ここにも罪悪や悲劇の行はれてゐるかを知り  ここでの追憶の中にありありと浮んで来る  ここは使わずに打捨てあり  ここには省く  ここへ出て坐っていたの  ここに居とうございます  ここぞと熾に燃立ちて  ここに本意なき少年あり  ここで一寸述べておきたいが  ここが大いに魅力のある  ここまで達する  ここには十何種類かの楓が集めてあるという  ここで一時静止する  ここで動きがまた始まる  ここに理念の基盤を置くべきであろう  ここに今日の条件がある  ここに小説が新たな役目を提供する  ここにレアリズムの限界があり  ここで改まって  ここにも時代の反映が出ていて  ここにちょっと面白い例を引くと  ここに一つの断定が出来る  ここだと分かった  ここをモデルにした  ここにも感情が縺れ合った  ここばかりは陰に籠るかと聞きなされて  ここから犬だけを帰して  ここへ合の手が入る  ここで血を吐いて死んだ  ここにいま文を書いている  ここへ出入りをした  ここに面の足りない  ここに報告されて来た  ここではお登和と呼ばれている  ここの穢多は他所の穢多とは少しく来歴を異にしていました  ここよりほかには聞かない  ここを捨てておいて  ここで仕事をしている  ここまで逃げて来たのよ  ここにまた話が変って  ここへ来ているが  ここには見えませんでした  ここで殺されるより  ここで一種の興味ある  ここの見物はそんなことは知らず  ここでは思わざる  ここでまた引返して  ここを逃げると  ここまで無事に来りゃ  ここなら誂え  ここで乾かすが  ここに二十両のお金がございます  ここへどうして来なすった  ここまで戻って参りました  ここへやって来たという  ここまで引張られて来ると  ここは誰も来る  ここで代って読んでみて下さい  ここでようやく度胸が据わって  ここまで参りましたのに  ここで奇異なる思いをせねばならぬ  ここで一つ仕込んで行く  ここでちょうちんもちに出世した  ここへお泊りなさい  ここで偶然に姿を現して  ここに一人いるよ  ここで見てもらおうか  ここへ出したり出したり  ここがこうという  ここで先生のお世話になった  ここまでお呼び申した  ここへ来てしまいました  ここでよろしいから帰ってくれ給え  ここまで育てて置いて亡くした  ここにおいて狼狽し  ここでも話してゐる  ここへ置いた  ここへ抱き上げて  ここに遺書がありますが  ここで会ったからと思って  ここへおかけなせ  ここで一本貰って  ここにいて見てれば  ここにあげた  ここにぬきがきした  ここの亭主にただしてみたら  ここはまだ開いていたぞ  ここへ着くやいな  ここにけみしていた  ここはその邸内だったのはいうまでも  ここのはもう  ここのご宿所を嗅ぎつけてまいりましたぞ  ここまで言いかけると  ここで称える  ここで降りる  ここでもその文書上の才能は代官経家に次ぐ  ここでお会いなされる  ここまで述べた  ここには杯交のうちに気をうかがい合う  ここへ自分を誘ったには  ここまでお打明けした  ここで足利家の総領の君を仰ぐとは  ここは領下の牧とは違う  ここには見えなかった  ここに見られぬ  ここの濠にも散りかけていた  ここから上流地方を眺めやれば  ここを覗いた  ここはお目をふさいで  ここには皆目知れていなかった  ここを通せ  ここでの乱闘は終っていた  ここまでは来たなれど  ここへ近づいて  ここで母上におす  ここに控えて  ここに書きおくなれ  ここに一切を闇に附し  ここに積まる  ここでは話もならぬ  ここでは釜は鍋に先を越されたわ  ここをいっている  ここには立会えねど  ここへ移って来た  ここの書院を覗いた  ここへ連れてみえた  ここまでを想い描いて  ここで待てば  ここへ来ての  ここで待つ  ここに坐して  ここでもまた見ない  ここへ帰って来ます  ここに置いて行こう  ここに帰って来なかったら  ここで私を待ち伏せしていた  ここまで突破して来た  ここに余のいわゆるある意味を説明する  ここにしようと  ここに居ついて動きませんので  ここを宿として居ついてますから  ここで武術の催しがあった  ここで堪忍した  ここに逗留する  ここは浜松も城下を西北に外れておりまして  ここで失礼を致しますよ  ここでとろろ汁を食っている  ここで尽きて  ここで寝ていた  ここへ寝た  ここで外す  ここじゃお話し  ここでお聞き申しましょう  ここでお話し  ここまでは私も七兵衛の方へついて  ここでひとまず袂を別つことになりました  ここを逃げ出しました  ここから北へ国安川というのに沿うて行き  ここまで来てさえ  ここでお君は考えてしまいました  ここに初めて死の決心を起しました  ここでムクと命とを取り返してしまいました  ここのお社へ泊めてもらいましょう  ここへわたしと一緒に泊めてもらう  ここでお君に返答を与える  ここで話そう  ここでもってこの槍が役に立って  ここでまたどうやらがんりきの目が出  ここへ尋ねて来る  ここで御辛抱なすって下さいまし  ここへ泊めてもらう  ここで焚火をしながら  ここは甲斐と駿河の境だと彼等の話に聞いていた  ここに駕籠が二つも乗り捨ててあるが  ここには人が一人殺されて倒れていますわいなあ  ここを出てはいけませぬ  ここに人の片腕が斬り落されてござん  ここへ倒れて寝た  ここへおいでなさいました  ここへ流れつくまでには  ここに泊り  ここで落合になる  ここへは帰らない  ここでも紺の筒袖を着て  ここへ字を書くから  ここで聞かしてもらいたい  ここにお徳の口から伝え  ここまでつれて来て  ここからはだいぶ離れておりまして  ここへ嫁入りに来た  ここを立ってしまいました  ここで申し上げてしまえば  ここへ神尾主膳の仮面を被って来た  ここへ乗込んで来た  ここで化の皮が剥げた  ここへ来られては困る  ここに軽業がある  ここにござりまする  ここでお前を素破抜いて  ここまで喧ましく響いて来る  ここへ寝てしまう  ここで挨拶したら  ここを出ても  ここにもいない  ここは拙者が引受けますから  ここへ呼んでみる  ここへ来てまで  ここで組打ちを始めてしまうと  ここで撲られた  ここにはもはや莚よりほかに得物がなくなってしまったから  ここに五挺ばかりあるから分けて上げるよ  ここを守って  ここで血気の連中が大格闘をやった  ここへ逃げ上った  ここまで追い詰められて  ここで雨宿りをする  ここにござる  ここだけでは飲み足りないで  ここの堂守と途中から一緒に来た  ここの堂守が抜け出して  ここの長屋をいず  ここで金兵衛は嘆息を洩らした  ここの邸へ入り込ませたが  ここまで歩いて来た  ここで待ち受けようかと  ここで口調を優しくしたが  ここで沈黙をした  ここまでいって来ると  ここは佐久間町の三丁目にあたっている  ここでプツリと話を止めたが  ここの屋敷へおいでなされましと  ここでにわかにプッツリと絶えた  ここに控えておられる  ここまで喋舌っちゃ  ここの屋敷が思われるからであった  ここのお屋敷の内輪のようすを聞きただそうとした  ここまでいって来たが  ここでいくらか口ごもったが  ここまでいって来て  ここでさらに嘉門はよろめいて  ここへ搦ませようとした  ここまでいってくると  ここに意外のことから計画は画餅に帰する  ここへおいでなさりませ  ここに桐の木の枝折れの  ここで貴様を討って取る  ここにも行なわれるからである  ここで四人は一緒に笑った  ここまで後をつけて来て  ここへ集まって来る  ここで紋也はためらう  ここだけで女を相手にして  ここへ引っ張って来て  ここの空地へ集まって  ここの露路も火光と避難する  ここの空地も明るさを加え  ここの空地へ逃げ込んで来る  ここまで走っては来たが  ここまですすんで来てし  ここに腕の人でもなく頭の人でもない一種の人がある  ここで悲歎して  ここに居ましょうネ  ここに居ましょう  ここでたべましょう  ここに私が自分の命にかけても守って居る  ここの望月様という旧家へ強請に来た  ここにこうして見せしめにして置く  ここを立って行った  ここをおあけなすって下さいまし  ここで姪と言うた  ここでほかへお嫁に行ってしまっても  ここへ世話をされて来てから  ここで甲府まで出かけるという  ここを認めた  ここを動いてはならん  ここで一度に哄と喝采しました  ここで暫く輿論の勝利者となりました  ここで銀造さんとおっしゃる  ここの家に女っ  ここは腹を立てねえで  ここまで面を出してもらいてえ  ここに君ちゃんのいない  ここにいないで  ここへ通した  ここへ通して  ここで見ていると  ここの暮らしと来た  ここへ呼んでやろうとね  ここまで辛い思いをして来た  ここまで罪障ぶかい  ここじゃもう売  ここに完結を告げたか  ここに十二名の謀叛人を殺す  ここでしようとは思わぬ  ここには書かぬ  ここではその事におよびません  ここから困り  ここで書かれている  ここでしようとは思わない  ここに私達がまじめに考えなくてはならぬ  ここにはまた物言はぬ憂愁の浪紫をもて  ここへお訪ねするでしょう  ここへ訪ねてきます  ここへ来て温まり給え  ここに三人の不平が火を発するほどに  ここで死んでしまいます  ここまで来て撲ってみ  ここまで来てみや  ここの川越しに百両の金を強請られた  ここの人足は長い竹竿を横にして  ここには座頭転がしという  ここをしばしば通った  ここへ捕まってる  ここで引受けて  ここは笹子峠の東の麓で本陣があります  ここで泊って  ここへ押しかけて来た  ここにおいでなさる  ここでせいいっぱいに殿様といって  ここまで言ってしまいました  ここの石に刻んであるから  ここに陣取って  ここで考え直してみれば  ここではお話が申し上げられません  ここへ留めないで  ここへ着くと共に  ここに憐むべき  ここまでの道中で二度失敗った  ここにこうしてはいられぬ  ここで断わるという  ここでもう用はないからと言って  ここへ出現した  ここから眺めた  ここでいいから降ろしておくれ  ここに良薬を持っている  ここへ来かかりましたが  ここに至ってその鷹揚な頭を振上げて  ここでは見えないけれど  ここで前の日に小橋のほとりで会った  ここがあのお嬢様のお家であると思って  ここを出かけて行きました  ここはお前の来る  ここに来てはいけません  ここへ来てはいけないというのに  ここに見えた  ここまで持参して来た  ここで変なことが一つ起りました  ここに至って小林師範役は膝を打ちました  ここへ置いたかという  ここへ置かれた  ここへ移した  ここに置かれた  ここに引寄せて斬って捨てようとの  ここで足音がしたに違えねえ  ここで江戸通になる  ここへ逃げ込んだというだけの  ここに待っているから  ここに喰いこんで  ここから見えるでしょう  ここを通りかかったという  ここまで歩いたばかりですわ  ここへいらっしゃるの  ここから出ていった  ここにいますぞ  ここに見える  ここから逃げようとした  ここまで誘きだされたばかりでなく  ここから上にある  ここでお待ちにならない  ここで安心してしまう  ここに無惨なる最期を遂げている  ここへ忍びこんだ  ここで歌を唄ってあげるわ  ここでもまた松岡の父が話題にのぼり  ここで無理に起して  ここでは席次も問わず  ここに寄せられい  ここの内が見える  ここへ六波羅者の近づきうる  ここへまいれ  ここで雑魚寝といたそうか  ここで待つが  ここの耳へは入っている  ここに揚った  ここを遠巻きにした  ここを立ち出でたい  ここを見張っている  ここの一殿が用いられる  ここは冥々の神威犯すべからずと畏れ敬って  ここに居眠っていた  ここは長く住む  ここから都へ上る  ここまでの真意を洩らした  ここには舞台もある  ここのことは何も分っていない  ここに揺り起した  ここにおられまする  ここに探し当てると  ここまで同道して来た  ここの陣幕を払い  ここで打ち溶けてもらいたい  ここに留まっているものの  ここでお待ち下されまいか  ここで一生の運をつかむか  ここの御危難を遁れる  ここで屈まり聞いて  ここで委細は申しかねますが  ここは生き長らえて  ここはよい眺めよの  ここは立つ  ここはみなの申すごとく  ここへは紛れ込めません  ここで見られる散  ここに目をつけていた  ここまで言ったら  ここで斬り  ここで語ると  ここで彼は好きな読書三昧に送っていた  ここから遠からぬ赤坂の水分に住む  ここにゆるさない  ここにはその大体を記すにとどめて置く  ここに初めて完全に保護せらるる  ここにいわず  ここに漸く固まる  ここでは美への関心が善への関心の上に置かれる  ここで故国が世界的な背景の前に味わわれる  ここで彼は東洋人になる  ここにはあたかも交響楽に取り入れられた  ここに木下がこの師からさらに深く学ぶべき  ここに用意してございます  ここでアツ子はお梨江を刺殺する  ここへ祀ってあるくらいだから  ここへ初めて来た  ここをあんたはんのまあにし  ここでお待ちやしてとくれやす  ここで待ってもらいました  ここへ舞い戻って来て  ここの路次を覗いて見た  ここにはいないと思っていた  ここのお婆さんとこへもお寄りしました  ここへ来てもらいたい  ここにいなくなったに  ここの家でもよく知っている  ここにおらん  ここには三月も前からいなくなっている  ここの所帯を畳んでしまって  ここから車馬も通わぬ  ここから行くよりも  ここまで乗りかかった  ここまで下って来ると  ここでお話してしまいましょう  ここに集まってくる  ここに泊まろう  ここはもう門前に見張りの者がついている  ここの番頭をつとめた  ここに曰くがあり  ここへ呼んでおいて下さい  ここで寝ちゃ  ここにも土が落ちている  ここに心眼をジッとすえなくちゃ  ここは我慢のしどころと一時をしのんでいる  ここに捜査方針が一転いたしましてございます  ここで待ちなさい  ここへ来てくれるか  ここに来たかという  ここで一声怒鳴れば  ここへお泊め申さなけりゃならなくなる  ここで折助連と衝突を起さなかった  ここで一ぜん飯を食いはじめました  ここをウロウロと歩いて  ここの親方だろうと思いました  ここでどうしても器量を上げない  ここは神尾の本邸とは別に一棟をなしている  ここの牢番もよく見廻りをするよりも  ここで両人の話が暫らく途切れました  ここへ囚われて来る  ここに安んじてはいられぬ  ここへ持って来てくれる  ここへ寄りつきませんでした  ここへ来合せたかという  ここに男が一人縛られて倒れてるが  ここへ飛びついたから  ここに密着いて離れない  ここで黙ってしまいました  ここで話題になっている  ここできまりました  ここへ来れば取押えて  ここでもやっぱり返事がありません  ここに梯子となって  ここで得意の米友流の警句と啖呵とが口を突いて  ここは手前の方から出て来る  ここへおいでになってはいけませぬ  ここは殿様のおいであそばす  ここでは殿様のお許しが出さえすれば  ここまで俺らを引張って来たという  ここへ尋ねて来たの  ここへお寝なさい  ここまで怪しいものを追い込んで参った  ここの主人は洋行した  ここで日頃用ゆる  ここへ忍び込んだけれど  ここを逃げ出すより  ここへ逃げ込んだ  ここでも煙に巻かれる  ここを訪ねて  ここに皮肉な悪縁というべきは  ここで五ヶ月打ちつづけた  ここへお這入りになる  ここへ夢之助をよんでくるが  ここに何かをひきず  ここにありますねえ  ここへ反物を何十反もぶら下げてくる  ここの殿様のお屋敷の植木職の親方のところへ十三の時から住みこんだ  ここで口をつぐむと  ここにまた一夜を明かさなければならない  ここは一体どこのどの辺にあたるか  ここからどんなに歩いたとしても  ここからだらば六里と何ぼかと見れば  ここまで目あてにして来た  ここに陸あげ  ここからの陸路を左に取れば  ここからは望見する  ここに集った  ここまで連れこまれた  ここまで苦楽をともにした  ここよりも善かろうと考えられない  ここで繰りかえすまでも  ここは少しも崩れない  ここまで上って来る  ここに棲みついた  ここで崩してはならぬと思う  ここに長官となり  ここに通すが  ここにも妻女と子供がいた  ここの係り最も重要な本部隊なれば  ここに辿りついた  ここまで離れてしまえば  ここで今こそ打開される  ここにこうしておってやる  ここにも県が置かれただろう  ここの大広間に居流れていた  ここにこうして着座した  ここでひきくらべて見ましょう  ここに政府の意志と現地の意向が持ちだされ  ここに北海道開拓の新しい計画を定めた  ここで一時休息させ  ここに天下をくつがえす  ここにもその一人がいた  ここで別れたと  ここでどういう取り扱いを受けねばならぬか  ここに火桶があった  ここは陸中宮古の港からさえ何ほど離れておりますまい  ここの土民どもと較べて  ここは志津川湾に沿う  ここに一つの島国がある  ここにこうして滞在している  ここで停っていた  ここも雪が降り積っていた  ここで待っておる  ここからは指呼の間にある  ここに穴を掘って  ここにあったと思った  ここに沸いておりますわい  ここに川があろうなぞとは  ここは船長たる自分にまかせていただきたい  ここで大和が折れなかったら  ここには何か曰くがあるらしいな  ここへ集って下さいませんか  ここに質問にお答をいただいた  ここで述べてみよう  ここをたつてからは  ここからいうと  ここが役場に遠いところから部落の方に住んでいる  ここへつれてこられましたよ  ここも迫ッつけ戦場になるかも知れんし  ここに何かがあるナと気がついた  ここを空き家にするぐらいなら  ここを守って死に果てる  ここに千代の一大心痛事があった  ここに離れの  ここへ呼んだ  ここへ呼ばれたかと考えると  ここに誰からも訊きだす  ここに千頭家開運の元をひらいた  ここへ再現する  ここのカラクリが分れば  ここにも官服私服の警官がそれをとりまいていた  ここにいたね  ここまでは出来た  ここまで船を進ませてくれなかったろうから  ここからボートで上陸されますか  ここが生命の瀬戸ぎわだと思い  ここへおいておく  ここでお留守をしていましょうか  ここまではるばる仲よくやってきた  ここに残していく  ここを下へ下りて  ここまでとどいている  ここへ残していった  ここでまっていて下さい  ここで気絶しては  ここへもどってくれた  ここにずっといる  ここでしばらく形勢を見守る  ここにもぐりこんで  ここに入れて  ここにやって来た  ここにまっている  ここにカメラをすえる  ここから運び出して  ここは暗すぎて  ここまでやって来られた  ここで話を少し前にもどそう  ここで少し待とう  ここまで考えてくると  ここにこうしてがんばっており  ここに眠る  ここにかくされてあると書いてあるに  ここで恐竜をおさえているから  ここで一まず筆をはぶく  ここまで落ちてきた  ここに厄介になった  ここに目をつけて  ここを本拠にサイハイをふって  ここに一軒の妾宅ができた  ここへひきとって  ここに住んで下さるの  ここでは知らない  ここの本妻で私が実子にならなければ  ここの相続者になる  ここはこの先生の心眼あるのみ  ここ掘れワンワンという話があるが  ここで一膝敷居の内へ這入ると  ここの敷居は跨ぎますまい  ここで筆が止っていた  ここは東京から北の方へ二十里ほどはなれた  ここに新吉という十一になる  ここに人間の子が寝ているぞ  ここにいつまでも  ここじゃおいそれと象つかいに頼む  ここに納得できない  ここへ現れて下さる  ここには英信さんという生き  ここが分らない  ここの家にはいないから  ここで二つのこしらえ  ここに立っていられる  ここに投げ出されておりました  ここで会おうとは思いませんでした  ここへ集まる  ここの屋敷に籠っている  ここに待たしておいた  ここの小瓶に入っている  ここでは死ねない  ここでは死ねません  ここで起き直ろうとしました  ここでは前からガヤガヤと折助連中が馬鹿話をしておりましたから  ここを閉めるから  ここのお屋敷にお客様がおありでしょうね  ここへ持って来たかという  ここに持ち来されたかという  ここでまた見ようとは  ここの梅の枝を一枝折ったね  ここにも梅の咲きかかった  ここのお屋敷を出て行ってしまう  ここの家にいられねえ  ここを飛び出してしまいました  ここで偶然に会うまで  ここであなたにお目にかかろうとは思いませんでした  ここではお話が致し  ここで転んだ  ここの庚申塚へ納めなくてはならない  ここで転んでしまった  ここで転んだという  ここへ落着いている  ここの旦那というのは何を商売にしている  ここであんなことをお角から言われて  ここまで抜けて来た  ここで組んずほぐれつ  ここに殺されていなさるとばかり思った  ここで失礼を致します  ここを立つという  ここで彼等のうちの批評家と皮肉屋は何か見つけて  ここから見下ろすと  ここへ出て来い  ここへ見物に出る  ここでお松を得た  ここで拝見させていただいて  ここをたずねて  ここでは仮りの名を小川静馬と言い  ここで青地錦の袋へ入れた  ここは太田筑前守と駒井能登守の両席のあった  ここから遠矢にかけて射て落し  ここに能登守が訪ねて来る  ここから帰って行く  ここへ送ってよこした  ここへ移す  ここに意外にも最も当が外れた  ここに於て局面は一変し  ここに事件全体の暗示があった  ここをでた  ここできまる  ここには深いシサイがあるらしい  ここも花房の湯も旦那方が御直々にサガミ女をさがして歩いていた  ここや花房の湯もその倅の世話で女を買う  ここの旦那は山男の方を信用していた  ここに重大な問題が現れた  ここで炭をやいていた  ここからヒノキの谷まで何時間で行かれますか  ここからならクサレ目の足で三四十分で行きましょうか  ここに一ツだけ変らぬ  ここに道場をひらいた  ここに手附けが  ここでも背筋に悪感の走る  ここまで踏みこんだからにゃ  ここまで案内した  ここにはお前のほかに誰もいないね  ここに附き添っていてくれると  ここに居てくれ  ここを動いてくれるな  ここに居なさい  ここへ引ッ立てられてきた  ここに至って緊張を破り  ここに置いとく  ここぞと鏡の前に飛んでゆき  ここへこうかけて置こうと  ここに支配している  ここ迄読んで下さったなら  ここまで聞えてまいります  ここで例えば戒厳令が布かれた  ここにいるべきではないとなる  ここにそびえ立つ  ここにまで自分を見せつけられる憤りから忍ぶ  ここに置かれてあった  ここは誰も人の来る  ここからその実家へ帰ってくれ  ここへ来ても繰返す  ここは甲府と違って  ここを去るが  ここで殺されてしまいたい  ここの寺の慢心和尚の許へ身を寄せる  ここの和尚が言った  ここでも悔む心になりました  ここに人を待つ  ここでも人が出て  ここへ医者も詰めている  ここでそれを申しても  ここでなお黙っていて  ここに至るまでには  ここまで登って来たと思われる  ここでは特にそうなる  ここに寝室へ帰って来た  ここで雷のような鼾をかいて  ここに鼾をかいて  ここに寝込んでいた  ここで面を見合せたが  ここまで送り届けられた  ここに送られたという  ここへかかると  ここの家へ二人を送り込んでから  ここに逗留して隠れていようと思いました  ここで話題に上った  ここへ着いての  ここの本陣へ駒井能登守と共に泊り合せた  ここで何者にか浚われて  ここで中食をしている  ここでこの馬子から馬に乗れと言われてみると  ここではつけませんでした  ここへ検束されてしまった  ここへ着く  ここまで廻っていたかと  ここの番頭は主として秋田生れの者を使っていた  ここは喜兵衛の死んだ  ここは私にまかせて  ここより坊主は口をつぐんで  ここを見落すほど  ここを最後にお立ちになった  ここに恐しい  ここにチャンとこうして居ります  ここがお互いに解し  ここにいるにたえられなくなった  ここに立ってた  ここを船でとおったという  ここのウチでゆっくり一服しなきゃ  ここの養子になれば  ここのムコになれるかも知れないと思うから  ここに飲んで  ここに居りました  ここに居ました  ここへ戻ってきて  ここで損ってしまう  ここへ一瞬に駈けつけて来た  ここまで足を運びながら  ここの主人に言われた  ここの家へもわたくしの家へも出入りをする  ここまで話して来て  ここの旦那や私の生れた  ここが売りに出た  ここへ板を張りつける  ここや秩父あたりでは一ノ宮を違う  ここが大加美神社の趾だという伝えはオーカミイナリが自ら称するだけであった  ここや秩父の神の系譜が一風変っているらしい  ここに記録がありますが  ここの里人に訊いてみても  ここに住みついた  ここに住み  ここに居るでしょうか  ここに小屋を持った  ここに小屋をたてて住んでおります  ここへ住む  ここを見物したいと思って来てみたら  ここへ見物に来た  ここの神主が父を殺したと考えていた  ここを去り  ここから何かを運びだす  ここまでの事じゃから差し置かずにのう  ここの修行が出来上れば  ここまで参いりました  ここまで逐い詰めて  ここに一つの不審が御座りまするが  ここで突然にパッタリと膝を打った  ここに大伍が待っていた  ここへ近よる  ここへ来ました  ここになかったという証明はできない  ここにその仏像があったかも知れない  ここに一ツの新しい事実が現れた  ここにはナミ子がいました  ここへ品物が届き  ここまで暴落すると  ここに改めて小花の失踪も問題となり  ここに女相撲の一件があるぞ  ここに当る  ここに何かホトケのササヤキがあるという  ここで勇気を失っては  ここでいきなり飛びつく  ここのほかには東京中に寒のタケノコを買ってくれる  ここの天狗は誰にも会わずに  ここのウチの人たちは別にこの人をフシギがりやしないよ  ここに何かがあるかと思った  ここと狙った  ここではわりに早々と魚銀にぶつかったから  ここで一応壁にぶつかってしまった  ここでは鈴木松年社中を例として述べてみたいと思います  ここから見上げると  ここへ出て来て  ここで腹を切ったら  ここでは土を担いだり  ここに引籠っているから  ここの工事の人足を働いている  ここのプーフに装置する  ここで御身を殺しては  ここへ自分を訪ねて来る  ここまで息をつく  ここが会所になっていた  ここで二つに分れて  ここで二人のよからぬ者が手筈を分けて  ここでできたという  ここに初めて兜を脱ぐに違えねえ  ここへ並べて  ここへ浚って来た  ここにいるからには  ここでその品物の名を挙げて  ここに繋がれている  ここにこの犬が繋がれている  ここにいたよ  ここで験し物になるべき  ここまで追い詰めて来ると  ここに離れて見張っている  ここで思いがけなく  ここで道庵と米友との一別来の問答がありました  ここで変な女に呼び留められた  ここで米友の心持がようやく定まりました  ここで心ならず  ここに留守居をしていた  ここに見出した  ここの家へ入った  ここの番人に来てくれると  ここを訪ねて来ましたか  ここへ来てくれた  ここに永く食客のようになっている  ここへ二三人づれの浪士体の者がやって来ました  ここに常識的といつた  ここへ腰かけて  ここで休んでいこうね  ここへ隠し  ここにてお待ち下さいませぬか  ここにお潜みの  ここの出屋敷のぐるりを見張っておりまする  ここで諸役についている  ここを退くまい  ここの囲みを解く  ここを脱け出て  ここが助かる  ここで熱心にしゃべり出した  ここをお願いいたします  ここをお落ちなされます  ここを落ちる  ここより天野山金剛寺の裏岳を越え  ここへ駈け戻って来る  ここへまいれと申せ  ここはすぐ解いて帰してやる  ここへ囚われて来ていた  ここへ来てもやれなかった  ここで営んでやるしかあるまいが  ここで養生して立つが  ここへ曳かれて来た  ここの小さい灯を探りあてて来た  ここに見  ここにいてくれぬか  ここへ隠れた  ここにもいるぜ  ここに持っていた  ここへ廻って来た  ここに坐ると  ここへさえ  ここへは来ぬ  ここの故郷にたどり着いた  ここに滞在仕事をしていた  ここは究竟な語り場所と申す  ここへ頼って来ても  ここは生れた  ここで二人を処置する  ここを立ち出るには  ここを立ち  ここの二階窓を見上げていた  ここの二階から眺められる  ここで急にことばをかえて  ここの窓へ向って  ここには居られぬ  ここへは帰りますまい  ここの家は捨てて出る  ここへ坐るが  ここの玉砂利に引き据えられれば  ここから宮中へ出仕せねばならぬと  ここのあるじから申し入れ  ここさえ一歩越えてしまえば  ここも武者草鞋や馬蹄にじゅうりんされた  ここは宮闕なるぞ  ここに見た  ここへ見える  ここへ名残りを惜しみに来る  ここでまた重ねるとは  ここへお訪ねなされしか  ここではすでに戦備が始まっている  ここで初めて口に出した  ここのかねあいは分らぬが  ここで助けておきたい  ここへも来るぞ  ここに語られる  ここで袴を脱がされた  ここで少しく註を入れて置きたい  ここに新島原の遊廓を開いたが  ここで義経らとまさしく眼を見合わせる  ここではあまりわたしをよろこばせてくれなかった  ここへ彼の守田勘弥がはいり込んで来て  ここの番附は創業以来特殊の形式をなしている  ここで詳しく説明する  ここを通りかかって  ここに一つの問題が起こった  ここが新しい記録といって  ここという捉え  ここでその詮議立てをする  ここでひと言いって置きたい  ここに大きい劇場が新しく建てられるというので  ここも双方共あまり先を見通し過ぎて実らしからず  ここが原本には眼目の見せ場なるが  ここへ詫に出る  ここに抄録する  ここに亡び  ここばかりは今年の冬に新しく改修された  ここにおろしてくれ  ここでお前さんに出  ここのところをお考え下せえまして  ここで打捨てられる  ここの所おあわれみ下せえまして  ここを通して下せまし  ここで引返す  ここにチャンと湯はわかして置きましたから  ここの子供衆はみんなよくやるて  ここには居ねえ  ここさ来て  ここにきたならば  ここをこのまま引取られよ  ここで待たせていただきます  ここへ引戻してきますよ  ここじゃ攻めてくる  ここに駆けつけたからには  ここで戻りましても  ここで焼いても  ここへなにしに来たか  ここまで出会う  ここの天狗の者が斬ったというぞ  ここに命を投げ出して投じた  ここへは帰ってくるな  ここで変なことが起れば  ここは早く立退かなきゃ  ここでいわれては困るという  ここにこれだけある  ここは山の風蔭になっていると見えて  ここへも拙者一人でよいと言ったではありませんか  ここから帰らぬか  ここまでつづいて  ここに引き寄せた  ここまでやっと  ここで息が絶えてしまった  ここの手を切られると  ここの手だけは死力を尽しても防がなければならない  ここに堤防を守っていた  ここでも神尾の乱暴を憎む  ここへ連れておいでなさいまし  ここからお帰りなすっておく  ここを放していただきてえ  ここにも安閑としてはいられない  ここには駒井能登守もいないし  ここへ流された  ここで二人は水入らずの酒盛をはじめる  ここは私共の入る  ここへ話しに来るが  ここで遊ぼうかと  ここで金の蔓にありついた  ここの間で手管をすると  ここに一両ある  ここでからりと心持が変って  ここに居合せないまでも  ここへ身を寄せて  ここで後見がおれば  ここで梯子の必要がなくなってみると  ここで地の理を見ると  ここをいずれとも知らず  ここで自殺した  ここまで伝わって来る  ここまで売りに来る  ここへ入り込んだ  ここまで出向いて来たけれど  ここの店の角へ逃げ込んだ  ここぞとばかり追いかけて  ここは吉原ではござらぬ  ここでお目にかかろうとは存じませんでした  ここで竜之助の名を言おうとしました  ここの主人は吉原とやらへ行ったかも知れないが  ここの主人だけが吉原へ行って遊んだ  ここの主人はそういうことをする  ここの長屋へ隠してくれた  ここで熟睡していたから  ここまで来ていました  ここまで来ました  ここで一声の犬の声を聞いた  ここへ身投げに来た  ここへ来て立っている  ここの塀下に立ってみると  ここに立っているとは知らず  ここに水溜りがございますから  ここに駒井甚三郎のためにバッテーラを漕いでいる  ここへ上って来た  ここは前と違って  ここをどうする  ここへおいでなさいましよ  ここへ坐らせていただいたら  ここから言えば  ここはどこい  ここまで言い出すと  ここで人身御供が上らなけりゃ  ここへ置いて行ったという  ここまで特にこの女だけを持って来て  ここより内へは一寸も入れない  ここにお見えになりましたが  ここをえらんで  ここに送っていた  ここにまた変った  ここまで逃げて来たという  ここから信州の諏訪へ日参りと来ちゃ  ここまで練って来た  ここも他と変る  ここに大した額が上ってるね  ここへおいでになって  ここはお爺さんが車輪になって  ここを去ってしまい  ここであの男に会おうとは  ここで甘酒を召上りになって  ここへこんなボロを出して行った  ここには例の加州家の鉄砲倉もある  ここの問題になる  ここからどこへ運ばれて  ここで投扇興をして遊びましょう  ここへ呼んで来ておくれ  ここまで込み上げた  ここが我慢のしどころと観念している  ここではあまり騒ぐ  ここではもう若党に早変りしている  ここまで来ては退  ここまでついて来て  ここでも平身低頭の体で詫び入る  ここでは案内を頼んでも  ここへ入って来ちゃいけねえ  ここまで聞える  ここに辻番のある  ここをお放し下さいまし  ここにじっと立って  ここでやっつけた  ここへ運んで参った  ここでこの野郎と言った  ここへ別荘地ができた  ここでせいぜい夜遊びをなす  ここの主人が寝ながら  ここへ併記して置こう  ここに重大な問題が起る  ここでますます決定的な条件となってくる  ここでもしていた  ここへ戻って来た  ここに不思議がおぢやつたと申すは  ここに軍を出いたれば  ここを南に去る  ここにしゃがんでいて  ここで寝てると  ここでこんなにしあわせにしている  ここから吹きます  ここのことでござりまする  ここに薫るかと  ここで毎日原稿紙にペンを走らしている  ここを永久の住家と定めている  ここは広いといっても  ここは厳重をきわめている  ここより車を南に回し  ここに天皇の行幸を仰いだ  ここへ御避難あらせ給うと聞くや  ここを不安とする  ここの方々にすれば  ここの錦旗を守って  ここの行在所へ向って  ここへたどり着かれた  ここの砦の難攻不落なさまも見よ  ここへ馳せ参じる  ここに迎え  ここへ姿を見せぬは  ここまで来られたなあ  ここはうごけぬ  ここで待とう  ここで彼から語られた  ここだけはと思うていたが  ここへも来た  ここで兄と袂を分かてば  ここの御旗の下には一死を賭けて  ここで待て  ここへ響きつたわっていた  ここには貪欲な鼻を持った  ここの火を遠く望んで  ここへ拠った  ここは神童子越えの  ここにおわせられるは  ここを通りかかった  ここも変った  ここへ合流して来る  ここからはるか山奥の千早村へ一時疎開せよといわれて  ここに持った  ここにおられた  ここへ迫りつつある  ここを落ちてしまわれたか  ここで死んでは  ここまで信じあった  ここまでもよく戦ってくれたぞ  ここが火の手となる  ここの御楯の城は変らぬ  ここの小酒屋はなじみとみえる  ここへ蝋燭をかしてくれないか  ここから世のうつり  ここでまた酒を呼び  ここのお守り役も大抵ではありますまい  ここが堪らぬよ  ここには先帝のお獄舎もある  ここは別院の書庫か物入れにでもしてあった  ここでも一こう萎縮していない  ここへ見舞わせぬ  ここの御座に侍って  ここにほかの妃もいず  ここへ連れまいれとまで申しつけておいた  ここへ寄れ  ここしばらく無断帰国は相ならず  ここは泣くには  ここから引っ返せ  ここの一難は去ったとしても  ここに含まれている  ここにイタリー芸術の置かれている  ここに歌はれたる  ここまで手を打っておけば  ここを出ようと  ここへ話をもちこんでくる  ここに着きます  ここには台船なんという  ここへお着きになるでしょう  ここにお邪魔している  ここへ着くまで  ここから出られるなら  ここに居なくちゃならないの  ここから動けないという  ここは君が供述した  ここがこうと指摘できるほど  ここまでおし詰められれば逃げきれる  ここに隠れていたに  ここに泊っていた  ここから常陸岸の玉造へ上陸る決心をしていたので  ここへおいでになったら  ここを去るとなると  ここを動けない  ここへ囲った  ここのおく  ここへ殺到して  ここをノックしてから  ここへ這入って来る  ここにはそれを除外とする  ここな文壇の剽窃犯人ここに一つ附記せねばならぬ  ここに想到すれば  ここに掛けられてあった  ここをおあけ下さいまし  ここに近いところにいる  ここへ姿を見せた  ここへ礼儀を習いに来た  ここへ戻っている  ここから吉原へ行く  ここへ通してもらいたい  ここで殿様にお目にかかろうとは  ここまで打って響きます  ここの一間の行燈の火影にまで迫って来る  ここで軍艦製造の相談をしなければならない  ここで道庵が人を呼ぶか  ここに打倒れて  ここまで乗りつけて来た  ここまで来られたか  ここまで追蒐けて来て刺違えた  ここに行宮を置いて  ここでは鳥越の甚内様と言いました  ここにあの子と言った  ここに待ち合せていた  ここでめぐり会った  ここの家に拾われて  ここへ七兵衛が来合わせた  ここまで切り出して  ここで夜を明かして  ここまで上りつめ  ここへは上りきれない  ここへ刺さって  ここから肉が腐りはじめるでしょうよ  ここから腐って  ここへ針を刺してみましょう  ここまで流して来たという  ここまでおあとを慕って来て  ここで殺されるほどの  ここで琵琶をやめて  ここに出張した  ここまで本心を失うた  ここへ連れて来て  ここに二人の男女が道ならぬ  ここで神様のお心になって下さいまし  ここにめぐって来た  ここで大きな声を出して  ここをおはなし下さいまし  ここにお待ち申しておりました  ここはいずれの宿か知れないが  ここへ案内をしてくれた  ここで失敬しよう  ここに万歓極まりて  ここに神明宮の鳥居がある  ここで山車を休まして  ここまで到達した  ここまでいって  ここでござんしょうか  ここに出入する  ここの研究員を中心にして  ここから言うと  ここでは十分に飲ましてくれる  ここから川の中へ投げ込む  ここから川の中へ抛り込もうと考えた  ここで焼こうとする  ここで百両の封を切って  ここへ飛び出して来た  ここで飲み出した  ここから物置の屋根へ飛びうつって  ここで米友が力み出した  ここでは鞘を払った  ここへ案内してくれ給え  ここに来合せた  ここへ立寄る  ここへ来なければならない  ここから出ている  ここに一つ思い浮んだ  ここまで行き渡らないで  ここを立ち出でて  ここへ集まって  ここに留まっているよりも  ここの先生に向って言い得べき  ここでおろして下さいまし  ここを乗打ちができない  ここで下りようとしました  ここで踊って待っていろ  ここまで引出した  ここで暫く休んで  ここを振出しに  ここの中で踊っている  ここでひとつ笛を吹いたら  ここから繰り出しただけでも  ここに踏みとどまって焼け死ぬか  ここではお銀様が広い母屋のいずれの部屋へ逃げ込んで  ここにお狸様が崇拝される  ここを南へ行けば  ここで怖ろしがる  ここへ持ち出した  ここにはまた勧めるのに  ここに待伏せて  ここに至って吹き出しました  ここの堂守となりました  ここまで導いて  ここへ持って来ておきました  ここしきりに舟で山陽方面へ移動していると申す  ここの床几へ触れ渡していた  ここで行われた  ここへ移って出られる  ここは洛内外の関門でもあるから  ここのどよめきとなっていた  ここで小憩がある  ここまで送って来た  ここは措いて  ここの一水も自由に越えられぬ  ここには妙な者が住みおりまする  ここは立って  ここは佐女牛の館とはちがう  ここは明朝出立いたします  ここの逗留を延ばそうとしておられたらしいが  ここは明朝出発するとの  ここを去った  ここはすぐ立たねば  ここで言い争っても  ここの今木城の兵をひきつれて行く  ここで俄な停頓をみせた  ここでは源平争覇の時代から天下異変というと  ここの船坂峠へ走って来る  ここで炊煙を揚げては  ここへ来なかった  ここへたどりついて来た  ここの埋伏の陣を見るなり  ここの退路を断とうとしている  ここはご辛抱を仰ぎまする  ここへ向って近づいて来た  ここはもう皿山ぢかくではございますが  ここにも雪のように散り敷いていた  ここでは何かと用意もととのっていた  ここでは新たにされた  ここへも紛れ入りましたか  ここに一軍の手勢を持っていたならば  ここでお姿を見失うてから  ここをお立ち出でになります  ここに范蠡という越の忠臣があった  ここへまで打って来る  ここに一つの挿話がある  ここへ取り  ここで見れば  ここを解かれて  ここでは胸に持てなかった  ここに問うなどは  ここは良人が骨を埋めるといっていた  ここはお動きなされますな  ここに寝泊りもし  ここに姿を見せたが  ここを橋頭堡の地と選んだが  ここにもたくさんな将士は見えなかった  ここの勢も二千とかぞえて  ここにも散  ここに見えず  ここで総攻撃の肚はきまった  ここを空にする  ここまでは襲せて来まい  ここで食べたが  ここへお使いに見えた  ここで待っていたとは  ここで待つとの  ここで知ったら  ここは街道とも思われぬに  ここは背も埋  ここで道誉と会わずとも  ここではちと申し  ここでひかえて  ここに斬られた  ここにはきわめて大体のことしかいえないが  ここに確立され  ここにこれを論述する  ここに特殊の科学的組織ができる  ここに至らなければならない  ここに方法論として非常にまちがいがあると思う  ここにその大要を論じておく  ここで戦争文学として取扱う  ここには総論的な観方で現代女性を生んだ  ここに燦として輝く  ここを修繕して納まり返り  ここに新たな生活を起す  ここで私は意外な光景を見た  ここに事新しくいうまでも  ここだけには正味ですから確かな品を納める  ここに昇進して来ると  ここに至るまでに  ここまで準備の出来た  ここにはそれを引く  ここまで運んで来ながら  ここで一つ日本菓子の製造を始めようと思い立った  ここには省くが  ここに集めたかの  ここにも毎回十数人の人々が集まり  ここに一つの問題が残っている  ここは吟味を要する  ここまで辛抱が出来ず  ここにも新たに店主としての喜びがあった  ここに語るまでも  ここに天祐の上の天祐を感じ  ここの肥育鶏は惜しいことに種々雑多の種類を集めた  ここに初めて本格的の肥育が試みられる  ここに自分のおぼえを書いておこう  ここに月餅の由来につき興味ある  ここで私は少し中村屋創業時代の資金のことについて考えて見たい  ここに思う  ここに致せば  ここでは初め売上げに比して  ここではその店の持前持味とでも解釈しようか  ここでもやはり分を忘れてはならぬ  ここではその店格なる  ここに事業を行う  ここに留意し  ここに一言しておきたい  ここでは説明する  ここがうまく行けば  ここでは後に帝大教授となった  ここへも教会の縁故で矢島楫子女史からそのお弟子の藤村頴子女史に紹介をもらって行った  ここだなと肯く  ここで受けた  ここにまたささやかながら学舎を開いて  ここに書き添える  ここでは最も尊い懺悔の一節だけを記す  ここに記しておきます  ここに基礎が定まりました  ここまで転落すれば  ここにも主人として重大な責任のある  ここにもいたましい犠牲を出す  ここへ貸して下さいな  ここでその旅人のいう  ここを逃げ出す  ここで相談をととのえて  ここで奉納の曲の残りを語ってしまい  ここは昔の古戦場だというから  ここへ避難して来てはみたものの  ここまで聞いてみると  ここをこっちへ行けば  ここで計らず  ここで苦手にとっつかまっては  ここへ僅かながら金子を持参致した  ここへ二十万騎の兵を集めた  ここを先途と追いつ追われつしていた  ここでおたがいが火の出る  ここをよく考えてくれ給え  ここまで深入りをせずとも  ここでも約束通りに信を置いて  ここへこうして鍬を持って来てみれば  ここへ持って参りました  ここへ引張り込んで  ここを言やあしないだろうね  ここがわかったの  ここを動きますまい  ここだなと思いました  ここでは友造の名で通っている  ここは貧窮組の騒いだ  ここへ来て思い出さない  ここへ稼ぎに出ているかも知れない  ここで米友は冷笑を発し  ここで武士たるものが憤り出しました  ここへ引込んでしまった  ここはぜひとも切らなければ  ここなら頂けますか  ここへブチまけてしまえ  ここへ無下に打捨らかしてしまう  ここでお燗を致して差上げましょう  ここに住むほどの  ここをおあけなすっていただけますまいか  ここの生活に一点の色彩を加え出したと  ここで相対坐の形となりました  ここに迷信の一種として説明する  ここにつれきたりしや  ここに尽くす  ここに述ぶる  ここにその一部分を抜粋するに  ここに至りて極まれりといわねばならぬ  ここにいちいち説明するほどの  ここに一言する  ここに戻  ここで話していて  ここに來られるじやないか  ここんとこ毎日のように俺の會社に來てる  ここは俺が引き受けたから  ここまで洗いざらい自分の恥を言つている  ここで踊つたりしている  ここの海岸に打ち寄せる  ここへ來てから二日にしかならないのに  ここえ御出になつたのだといふ  ここにも女にとって切ない板ばさみがあらわれている  ここの人はどうして一日を過ごしていますか  ここにおっても  ここを立ち去りました  ここでは月も星もまつたく  ここの海に投じた  ここで作られた  ここにも老鶯啼き  ここで忍従の鎖を断ち切り  ここには住まわぬ  ここは別棟になっていて  ここまで落ちなければならぬか  ここに改めてお礼とお詑とを申し上げる  ここで感謝の一念を書き添えずにはいられない  ここが死場所であるときめてしまった  ここにも庵居するに  ここで改めてお礼を申しあげる  ここでは見えんな  ここに出ている  ここでは主に生きた  ここに並んでいる  ここからは戻れぬから  ここでも自分の冷ややかなものが邪魔をして  ここに来ているぞ  ここに築いて見しょう  ここが武力の発火点にもなり  ここでつけ加えた  ここといい  ここは冬眠をよそおって  ここへ流されてしまっては  ここで崩ぜられており  ここでお館を待つとしようか  ここで会った  ここですみ  ここの警固役に加わってきた  ここの御所をよそへお移し申しあげる  ここは島第一の港の西郷や八尾川にも沿っていて  ここの警固所も一応解体する  ここの動揺はその直後からあらわなものがあった  ここで無謀なまねをしたら  ここの配所がえを拒否していた  ここの支配者をさして  ここを使っていたからである  ここで観ておられた  ここへ呼べ  ここはすばらしいともおもわれた  ここの別府を守る  ここを覗く  ここでは彼の態度もがらりと変っていた  ここで一つの功を立てれば  ここの松風はただまっ黒なものになった  ここへお知らせがあった  ここでも二人の使僧をさんざん厳問した  ここにおりません  ここを落ちのびられようか  ここの能登も呼ばれて行った  ここへ来ていない  ここの木戸を破って逃げる  ここをうながしておる  ここは脱け出られても  ここは一命を助けてとらす  ここへのぞむ  ここに見ると  ここで言った  ここに見えぬなら  ここまで落ちのびてきた  ここは大山の麓といって  ここへ呼び集められていた  ここに欠けている  ここにもヒラヒラと遊んでいる  ここより東二里余の船上山へ安んじ奉りたいとぞんじまする  ここは一生の働きどころと思うて働け  ここで寸言すれば  ここで別れ去る  ここへよじ登った  ここにおいていた  ここでは智積寺の行宮ふかくに奉じて  ここへ馳せ参じている  ここの戦況如何にかかっている  ここに決定づけた  ここから肥後へ帰れ  ここにはあった  ここも合戦の場となれば  ここの二人が見える  ここから眼に入るだけでも  ここで大金剛一帯の守備と寄手の配置とを見ておく  ここで活動できる  ここで余談にわたりますが  ここは落語家の無料で出演する  ここへこう手を置く  ここに生じてきました  ここで下りろの  ここが時代精神であると心に期して  ここをくぐる  ここに踏みとどまって  ここでミイラになれ  ここでこのままミイラになり  ここよりも難路とあっては  ここでお宅サマの息子にめぐりあうとは  ここが何病にきく  ここで抑留される  ここをこうすると  ここへ姉がはいッて来て  ここに休んでいたが  ここに来てる  ここへ論難の口火をつけた  ここでは問題になるでしょう  ここに訳出した  ここへ書き立てない  ここから忍んで見られるし  ここから多数の目を避けて  ここへ送られて来る  ここだけは充分の余裕を残して  ここへ参詣に来た  ここへ着いたばかりじゃ  ここを素通りはなりませぬ  ここから火を放けてやろうと  ここから夜な夜な市中へ向けてきりとり  ここにまだ疑問として残されている  ここで初めてお角の金主元が知れた  ここへお上りください  ここの親方の方へ申し上げまして  ここの親方にも充分買っていただく  ここまで調子に乗って来た  ここは変則の道であることは前にもいった  ここでまたも方角を失いました  ここに篝を囲むほどの  ここに相当の陣地を構えていた  ここまで並べ来った  ここをお通りになって  ここは戦場ではござらぬ  ここから風が入るといけません  ここに網を張って  ここは下りに向った  ここへやってくるわ  ここの主人が鉄砲を持っているから  ここに隠れた  ここへ通りかかるほどの  ここへ流れついたと見る  ここへ担ぎ  ここで見事に脱線してしまいました  ここへ帰らなけりゃ  ここをおゆるめなすって下さい  ここにお休みなすっていらっしゃるとばかり存じて  ここだけが明りがしていたから  ここへ泊めてもらおう  ここに絶った  ここへもおまいりをして行く  ここへ移り住んだけれども  ここで御用をつとめる  ここへ頼まれてくるまでの  ここへ押しかけて来るまでには  ここへ乗込んでくるまでに  ここへおまいりをする  ここへ道を開いて  ここへ道をつけて  ここを伐れといえば  ここの木を伐ってみていけなければ  ここでいけなければ  ここに呼び迎えてみたいと  ここへ集めて育ててみたいなという  ここへ泊めてもらいたい  ここの剣術の名を以前に聞いていて  ここへ来合わせた  ここはどこだか知らない  ここにも見えた  ここの家はどうしても煖房を据え付けなく  ここにこうしていりゃ  ここで育った  ここへ帰って来たく思っている  ここも道後も騒いだ  ここで朝鮮軍隊と衝突して  ここでは岩崎文代と称している  ここに至つて全く烟散  ここまで上ると  ここの町に奔走している  ここの動揺は確に戦場以上であろうと思う  ここを過ぎて  ここを通ったらば  ここへ出入する  ここに云うまでも  ここに生長がある  ここへ出ては  ここへ来ないかと  ここの家の迷惑を考へては  ここにはいられぬ  ここで右と左へ分れる  ここにも画が出来る  ここぞと正せば  ここで黙りこんでしまった  ここでこの一件はまったく霧につつまれてしまって  ここへやって来られましてね  ここでまた彼は嗅ぎ煙草を一服やって  ここでちょっと指摘しておきたい  ここへ持参いたしました  ここでは後者を指す  ここから落ちれば  ここから遠くてまるで見えなくなるまで  ここの家は空家になってしまっていた  ここまで送って  ここで腹を切ったからと云って  ここにはっきりついているとな  ここまでやって来て消えている  ここに見慣れない  ここに佇んで  ここを堂々と通って行った  ここまで抜けて聞こえるとは  ここへ夜警をおいて  ここから初めた  ここまで見当がつけば  ここにこうして立っていよう  ここでニヤリとした  ここに敵があって  ここの主人はひとたまりも  ここからは遙かに隔たっていた  ここへ攻め込んで来るんで  ここから江戸へ移らなければならない  ここで厭な顔をした  ここまで考えて来て  ここで二人はまた黙った  ここへも燈明が点された  ここではたいして目立たなかった  ここの名称は何というな  ここは何というな  ここを見ろ  ここは坤という  ここを称して  ここに不思議なタコがある  ここで二人は左右へ別れ  ここでは打たれない  ここに部屋がある  ここへ七人立てこもったなら  ここにゐますか  ここへも持つて来てゐる  ここに移つて以來夫婦らしい愛情の表れた  ここにいますか  ここへも持って来ている  ここで老人に掉尾の大活躍をさせて  ここで老名人に掉尾の大活躍をさせて  ここが毛利にとって大切な場所であるように見せかけ  ここにおいて青くなりて  ここには本当のことを書く  ここへ彷徨い着いた  ここには居りません  ここへ持ってきてくれない  ここは三条の宰相殿といって  ここは一時身を隠して  ここに初めてほっと息をついた  ここを付け込んで  ここで大変な評判の男になれた  ここの株式の専務ということになりました  ここに自から特殊の色調あるを知る  ここに固有の色を作らしむ  ここでは用をなさなかった  ここはただ持久を計れ  ここをたのむぞ  ここへ声すらかけにきた  ここへ来られたな  ここへ通しはせん  ここへはたどりついていなかった  ここでは妙にうつろな日となっている  ここではあまり遠くまでの展望はきかない  ここの寄手を叱咤してきた  ここの櫓全体をゆすぶ  ここの寄手に加わっていたが  ここへよこして  ここはかえッて強くなるという  ここの長陣にしびれを切らしている  ここへとどいた  ここへ着くし  ここでは敵味方の物笑いをかったにすぎず  ここの一高地をわが手におさめた  ここへ使いして追払われた  ここへ通い  ここで助けている  ここへ足を運んで来る  ここの山荘を立ち去った  ここの飛び  ここの寺院に御一泊くださるまいか  ここでお待ちくださいますか  ここをうごいてはいけませんぜ  ここにおき去りにして  ここにおりますと  ここで聴いていましたが  ここの床下にたれか  ここは名からして  ここが気に入っていた  ここでお待ちくださいまし  ここに不慮な変事がおこった  ここへ姿をみせ  ここにはどこより早くひろがっていた  ここの世帯をたたんで  ここに落ちぶれ果てている  ここを見舞っていた  ここへ連れて来  ここへもお顔を見せますし  ここでおはなしがある  ここの海道を馳せのぼられる  ここへ見えましょう  ここに彼を待っていた  ここでにゅっと笑ってみせた  ここで一言いってやりたい  ここへ通された  ここでまたまる一日を費やした  ここに会しておりませぬ  ここで会同の陣に欠ける  ここで同族一統の連判をおとりになっておかれた  ここへ連れてきてくれい  ここはひとまず退がんなさい  ここで咽びくやんでおられたか  ここの者どもは鎌倉表にある  ここにみえる  ここへ臨んでいた  ここへ上がれ  ここで追いついた  ここでいっておくがの  ここで盲目的な攻撃にはよも出られまい  ここの天井にまで肌さむい谺とならずにいなかった  ここへも早馬で聞えておる  ここへ臨む  ここを踏み過る  ここは恩を着せておこう  ここへ近づいていた  ここの客殿におかれていた  ここは故郷といっても  ここでいい  ここは御発足の手筈にございますが  ここの所長のパシュフォード博士が近頃報告した  ここの家は家族五人のほかに雇人六人も使っていて  ここへ虎が出ちゃ  ここの花園の心配はこの院内のことばかりではなくなって来た  ここの花園の中を廻ってやるよ  ここについていてやるから  ここに花田清輝のファンタジイを見るのみで  ここに示されていた  ここに倒れる  ここだなとかれは思った  ここに一つ大切なことがある  ここに記す迄もなかろう  ここをお通りになったら  ここで一服すいながらまっている  ここへ置いていけ  ここも廊下と同じように白けた  ここばかりはややセザンヌの絵のような風景を眺めて立っていると  ここにいりゃ  ここにも現に一人いらっしゃるが  ここの資金をこっそり学校の方へ流用している  ここにこうしておこもりをしておりますから  ここを出ていくが  ここにイデオロギー概念の一切の諸特性が潜んでいる  ここで心理学と云い  ここからもう一遍規定し直されなければならなくなる  ここでは実在という対象は抜きにして  ここからその存在論であるイデア論が始まる  ここでは観念はいつも自分の外に横たわって  ここで取り上げられる  ここでは数学的範疇はもはや単に数学のものではなくて哲学のものとなる  ここまで突きつめて来ると  ここにはだから偶然性が支配する  ここでは因果の概念も亦弁証法的に理解されねばならぬ  ここでは機械的決定論ではなくて正に弁証法的決定論でなければならぬ  ここでも亦弁証法でなければならない  ここでは生命の現象を置き替えれば  ここでは社会との接触が甚だ屡々問題とならねばならないからである  ここではジャーナリズムとアカデミズムとの対立が著しくなって来なければならない  ここで認識乃至理論を決定する  ここに終った  ここにはその垂直的な下向線がある  ここでは彼は至極コスモポリタンらしく物語る  ここで強いて鼻なる  ここでは唯敬意だけ払っておく  ここまで研究して参りますと  ここに一つの鼻の表現に対して大きな誤解を持っている  ここで成る  ここまで深く現わし得ぬ  ここに於て四十二名の判官は別室に退いて  ここに人類界最高の記録を破り得た  ここを見損ねた  ここで初めてどちらもホッとした  ここでは仮りに正真正銘の憂国慨世の士と対照して  ここにはこの四つを代表的なものとして取り扱って見る  ここに特に力を入れて  ここに男性というものがあると  ここに鼻の表現なる  ここまで鼻の表現を研究して来られた  ここ迄抉り付けて来ますと  ここにも窺う  ここに到る  ここに注目すべきは  ここまでしか暗示しておりませぬ  ここまではスフィンクスの暗示に依って  ここまで連れて来ながら  ここへ連れて  ここといって改めたい  ここで口笛を吹くと  ここで思いがけない写生一点張りの画論を聞いて  ここでちょっと船とはわかれられない  ここの主人から借り受けた  ここに初めて田山白雲は愕然としました  ここが板橋といって  ここのところに手は抜けない  ここから三百名の浪士を借り受けた  ここで高村卿と呼ばれている  ここにおいでになれば  ここを立って  ここへ着くと  ここで飽くまで眠り通すに  ここへ湯治に来ている  ここを逃げ出したい  ここで歌いますから  ここで話し込んでいた  ここへ道を間違えたとは間違え過ぎる  ここへ迷い込む  ここにはいません  ここの天地に生を寄せていた  ここを素通りする  ここを出立したい  ここでお銀様の方から去ってしまった  ここで聞いていると  ここに当分足をとどめる  ここまで調べに来た  ここに長者町一味のならず者がいなかったから  ここの道場の学校に来る  ここで書いている  ここの道場へはお化けが出るって言いました  ここに通いはじめた  ここまで乗りかけた  ここまで槍をつっかけて来た  ここで眼の下に見えますから  ここでつぶそうとする  ここの坊主が行っているという  ここへ来たかを解しかねて  ここにとどまって  ここに持ち来すべく出て行った  ここにいて下さいな  ここに綺麗なお池がありますのよ  ここまで申し上げたら  ここには雪はありませんが  ここを追えば  ここに付木っ  ここで逢わなきゃ  ここのママさんは趣味でうたをならってらっしゃん  ここへ運んで来ている  ここへ立ち寄ったら  ここに泊り込んでいたらしいですね  ここの藏におさまつてゐた  ここに船をうかべて  ここに先駆者がいた  ここは明るくなる  ここに取り扱われた  ここに一つの理論的使命を持っている  ここではもはやその事物の個々内容ではあり得ない  ここからして  ここからのみ取り出される  ここに契機と名づけられた  ここでは排撃されざるを得ない  ここでは真理と虚偽との標準が階級性によって与えられる  ここで階級性を検出する  ここでは忘れられても  ここで一息ついた  ここで逢ひませうと  ここにブレオーテのアウシュコルンがいるかね  ここにこの糸を拾ったの見ただ  ここをいい遊び場所にして  ここから東京が見えるよ  ここを歩いた  ここは宿の娘の居間ときまっていて  ここだけは特別に樫や楢がこんもりと黒く茂っている  ここで木こりの人足が飯をたいてくれる  ここまで一人でしゃべってしまってもっともらしい顔をして  ここでダンスでもやった  ここの通りはそれに似ている  ここで少し弁解をしておかねばなりません  ここまで聞いている  ここにこうしてる  ここの海辺へやって来ました  ここには何もかくされては  ここは俺の来る  ここから一里半しかない所にある  ここから呼べば応じ  ここに掛けて置いた  ここに泊って  ここで一休みして  ここへ来て見たら  ここまで云いかけると  ここへ御出でになると  ここに義戦の旗を上げる  ここのあたまかずだけで  ここを三日ささえ得れば  ここへ難をのがれ  ここは大事あるまいか  ここの皇居に混乱が生じましては  こことはちがい  ここでは自信をもって  ここを落ちよとて  ここから落す  ここを去らせば  ここは保ち  ここで敵手にまかせては  ここへ来合わされ  ここからは怪しげなあじろ  ここで輿となった  ここを中心にやや遠くまでの防衛線が仲時の指揮に布かれ  ここの全部の者もまた仲時とおなじ覚悟になっていた  ここでまた一転して  ここの加勢を待った  ここへも聞えてきた  ここはまだまだ母子を置ける  ここにも彼を待つ  ここのおちつき  ここをすてて  ここの味方内から離反者が簇出したばかりでなく  ここのすべての顔がみなゆるされない  ここはこうしておりますのに  ここからも打って出れば  ここに初めて外界の全貌がわかった  ここにいたっては  ここの戦捷を報告していた  ここへ泊まる  ここで断わっておかねばならないが  ここは彼らのなすがままにさせておいた  ここには居合さなかった  ここの庭をもけむらせている  ここには婦女子ものこさず  ここを出たくない  ここを出よう  ここへと呼べ  ここに備えていた  ここにて討たれ  ここでその三分の一兵力を失ったといわれている  ここへも知れてきた  ここでの起死回生となっていた  ここに一将として加わっていた  ここへよこせ  ここへ迫るかもしれませぬ  ここで戦う  ここはただ阿修羅になって守りぬき  ここから出た  ここで栄え  ここへまいるまで  ここの門も空風が鳴っているだけだった  ここへは大兵を当て  ここへ残すぞ  ここには足利若御料もおる  ここを破らねば  ここでは無視する  ここにおかせていただきまする  ここの陣中におかせて  ここは捨てよう  ここの移動を命じはじめた  ここを死に場所にせんと  ここもたちまち敵のつつむ  ここで胸を焦かれていた  ここで姿を紛らせた  ここへ運び出させろ  ここの山門で小袖幕を張らせ  ここへも降りそそいでくる  ここへ伺候いたしますれば  ここより地の小高い場所になるな  ここでは時の人新田義貞の名にも均衡するほどな  ここにあっても  ここへ小市がまいらねばなりませぬ  ここへ走りこんだ  ここにいました  ここの翁に匿われている  ここへ来てくれ  ここへやつて来て  ここに書きたいと  ここまでを封じて  ここで一々挙げる  ここに出てくる  ここでもひと区切りはかを行かせておくと  ここで手を洗わぬ  ここと他処とではどういう風にちがうかという  ここに使っていたので  ここにはただざっと姨捨山とよく似た  ここから雨や雪が入ってこぬ  ここは風あたりが強くてそんじ  ここでもわずかな食物をしたくして  ここまで馬の背に積んできた  ここで行商をしていたという  ここにのせた  ここにも色々な色をした  ここにいますねえ  ここから何百哩もある  ここからポカへは二時間ぐらいでゆかれる  ここでだれも知りません  ここにかわいそうな子供がいます  ここから四五百哩はなれていますよ  ここに十五リラあります  ここからいくらありますか  ここで死にとうございます  ここにはいないよ  ここからしばらくの時間でゆける  ここで初めて野次が飛ぶ  ここで柏翁は幟の文字をずいと指さし  ここに現ず  ここへ来られる  ここに私が語ろうとする  ここにただ一つの幻影を選び出してしるす  ここを借りるか  ここへ坐る  ここにゐたの  ここもと急に手を入れたくなり  ここに引用させていただく  ここに甚右衛門井戸の女殺しとなった  ここでお菊を殺して  ここは自分から進んで調べてくれと出なければならない  ここまで漕ぎつけて打ち切る  ここはわざと無難に落してやって  ここで話が実際非常に面倒になる  ここでその数字やグラフを振廻そうという  ここへ残しておいて  ここで五人力の犠牲にならなければならない  ここで気息奄々たる道庵は動きが取れない  ここではじまるべき  ここへお入り  ここは争っても  ここの家の人がお前を苛めでもしたの  ここの主人が旅から帰って来たら  ここの家では誰もが弁信をよく思っていないのみならず  ここまで訳し来った  ここはいけない  ここから入りたい  ここから入る  ここからは入れません  ここから入れていただきたい  ここから乱入する  ここに働く  ここを占領しようとはいわない  ここをわが物にして  ここへ隠して置いて  ここへ置いて下さい  ここまで歩いて来たが  ここへ担ぎ込んで  ここを素通りなさいました  ここへ担ぎ込まれた  ここまで駈けつけて来た  ここへさがって  ここへこうして積み上げて  ここでは声をひそめて語る  ここでうちあけて申し上げますと  ここまで筆を運んで  ここはまたなんという  ここで筆を運んでいる  ここで筆を休ませようとしていると  ここで投げ出した  ここにいられないという  ここを俗に丹波川という  ここは仏様の仏都ともいうべき  ここに参詣する  ここで始めようか  ここまで聞いて  ここを出立する  ここで湖となってしまい  ここへ並べた  ここに掲げない  ここには米友の見知った  ここへ身を沈める  ここを逃げ  ここぞというところで撫斬りにしてしまう  ここに市川海老蔵と書いてある  ここで仏頂寺をほんとうに怒らせては  ここからが変だと思いました  ここに取って押えた  ここは己れの出る  ここで無惨にもあえなき最期を遂げた  ここは松原の中だと思いますが  ここまで喋った  ここにひとつの事件が起った  ここの女房は飛んだ  ここの女房は海馬に踏み殺された  ここで初めて発見された  ここではまずその記録を信ずるの  ここでもきょろきょろするより  ここで聞いていたが  ここの環の所へ足を入れると  ここまでにして置きます  ここで車代を二十銭払って  ここにも聞こえ出した  ここの学校に教員に出ていて  ここにも起こった  ここに赴任したという  ここに参ってから  ここにも見える  ここで汗になった  ここには同窓の友で小学校の教師などになる  ここに持って来させて  ここの主僧がまだ東京にいる  ここにも聞こえる  ここに過ごすという  ここで先生といっしょになる  ここの和尚さんもやがてはこの中にはいる  ここでは注連飾りが町家の軒ごとに立てられて  ここで小使といっしょに寝ていれば  ここに過ごさんと  ここに自炊なりなんなりしている  ここには活気が充ちていた  ここに男ぶりのいい教員などが宿直をしていると  ここに一年かりの  ここでは利根川は少し北にかたよって流れているので  ここではかみさんがわざわざ通りに出て  ここに三円しか持っていない  ここからもあがった  ここに罪悪もあれば  ここから一里ぐらい行った  ここで生徒を相手に笑ったり怒ったり  ここでこうして林君のおとむらいをしようとは  ここはまだ天下混沌といって  ここで中一日は御休息あったとある  ここでお見送りして悲しんだ  ここからは牛車となられた  ここへと申せ  ここでお待ちしていた  ここに参集していた  ここまで剋ちとってきた  ここに居あわす  ここに腰をすえてもいられまい  ここの焦土からは何の軍功の褒賞も得られはしない  ここを治め給えと  ここでも千種忠顕のふところの人となりすましている  ここでも大普請が始ま  ここにたれの  ここ急潮に自分へかたむいて来る  ここは低姿勢を守ろうとしていた  ここでもちだした  ここへ引渡され  ここで徹底させる  ここの庁へ達してきたという  ここへ入れられた  ここの者がみんなして  ここへ相談にみえた  ここをうずめていたばかりでなく  ここにこう積んでおく  ここへおく  ここで十数名の人々が首斬られた  ここで気負わせ  ここであらためずにはいられなかった  ここでは山上の潔斎も解かれて  ここにふかくお詫びいたしまする  ここで手もとへ引きよせて  ここでそこまでの尊氏の腹を読んでいてくれるか  ここで主君の胸に訊く  ここを夜討ちせんと  ここに手頃な毛抜きがありまする  ここに幾代かをおいて  ここの紛糾をどうした  ここで読みあげた  ここに見えない  ここを本営とし  ここの大廊下を鈴の間の廊と呼びならわしている  ここへおびきよせた  ここに捕縛したまでの  ここにも後醍醐のおむねが内々降って  ここを消せば  ここを出てはならぬ  ここに栄え  ここでは後日を語っている  ここまで戦いぬいた  ここから勝手に故郷へ帰れ  ここも例外なく半壊同様な寂れであったには  ここの警固もおろそかにならざるをえなくなってからは  ここの運命を一転する  ここを釘付けとして逃げ去ってしまった  ここへ寄する  ここにしかないのを知ったからだった  ここで昼飯交際の旦那が見つかれば  ここへ向く  ここに寺の建てられた  ここを見せてくれた  ここで紹介しようと思う  ここで開かれていた  ここまで踏み入る  ここを公会堂とばし思ってした  ここで茶店を開いた  ここの処に鯛の骨が刺さりまして  ここで又三回ほど食道鏡を出したり入れたりされている  ここへ火をつけると  ここへ来るとたれかにいったの  ここへ来て貰いましょうか  ここにもあって  ここには若党仲間などいくらもいた  ここは昼の見世物や飲食店が出て  ここで辻斬がよくあった  ここへ賄賂を送り  ここをも固めねばならぬけれども  ここでも手形を出すとか  ここで船の出入を改める  ここからまた船を出して  ここで毎日親しむ  ここで習った  ここは新当流で宮本武蔵から伝った  ここで射てみたが  ここに義太夫を知った  ここに会し  ここへ伴われて  ここに残っていたので  ここに一つ真面目に漢学を勉強する  ここに取のけがある  ここに逗留しているが  ここへ見物にきた  ここへ下りた  ここで一同枕を並べて死なねばならぬと思うと  ここで謹慎せられる  ここが辛抱だと思い  ここも書出は忘れた  ここにも転がっている  ここの邸監は皆川武太夫氏がいたが  ここでちょっと話を挟むが  ここで開く  ここに一泊した  ここには大勢の人に出  ここでも妻及び私の親戚は凡て賓客として待遇せられた  ここの和尚も揮毫を求めたから  ここで皆に証明してやろう  ここのホテルに爆弾を投じはすまいかと思った  ここをドストエフスキーが橇に乘つて流されて  ここには八十八個所の霊場のある  ここに思案ばかりして  ここは迂  ここへ来てはならぬ  ここで新しいものを見た  ここへ入院した  ここへ来ちゃあ  ここに四百円ある  ここに砂金を採りに行く  ここから拝見しておりました  ここに一つの不思議な事と申しまする  ここから先へは一歩も行けない  ここでお待ちになって下さい  ここまでわざわざ来た  ここにも銀の櫛をさした  ここへ御呼びなさい  ここでは申し上げた  ここにも無性が祟っている  ここに常ならぬ  ここを出てしまっても  ここへ来たが  ここでもやはり際立って  ここへやって参りましたの  ここにヤールタもオレアンダも無かった昔にも鳴り  ここでもシャンデリヤの上の辺には靄がたなびいて  ここでも県知事のボックスにはやはりいちばん前に知事令嬢が毛皮襟巻をして坐り  ここを発って  ここで下剋上の口火を切る  ここで笑うたら  ここで伺っていますから  ここへ来るには  ここから海岸に沿うて  ここにあるかと思うと  ここに一つの私達の興味と探求心とを刺戟してやまない  ここでも我々の遭遇する  ここにおいて実に興味ある  ここで少したちの違った  ここに見落してはならぬ  ここに金を置いた  ここで一つの意味ふかい手紙の数行を思い起す  ここでディケンズの真似をしている  ここを逃げのびて  ここは一番芝居を打つこっちゃ  ここには用のない人だす  ここならわても一ぺん遊んでみたい  ここでもロシアの女を引っかける  ここでは解放されている  ここで自分までも上官の命令に従わなくって  ここに花柳界も新しく開けたので  ここが本当の墳墓であるという  ここに湯殿山行人派の寺が開かれた  ここで下手なことを言いだしたら  ここで時世の色を点綴させる  ここまでたもちつ  こここそわびしい雲の焼け野原風のヂグザグや黄いろの渦そらがせはしくひるがへる  こここそ畑になつてゐる  ここからあすこまでのこのまつすぐな火山灰のみちの分だけ行つたのだあすこはちやうどまがり  ここはよつぽど高いから柳沢つづきの  ここが一ぺんにスヰツツルになる  ここから行く  ここからはなしかけてい  ここはこれでいいのだすべてさびしさと悲傷とを焚いて  ここのつづきです  ここは塩山を去る  ここに浩然たる元気のやり場を求めて  ここへ子供を導いて  ここまで舞戻った  ここまで舞戻り  ここまで来て見ると  ここに待って  ここに集めて来た  ここで冬籠りをしようというまでの  ここに保養をしていて  ここにも身を置く  ここで見ては見えません  ここに納まって  ここで行われている  ここで革命を行われた  ここまで闖入者を許すほどの  ここで三人の会話に花が咲いている  ここへ舞い込んで来る  ここは君の来るべき  ここに来るまでには  ここに道庵先生が呼ぶ  ここへ君が来た  ここへゴロ寝をしてしまったよ  ここを出立ということになりました  ここでは地をかえてしまいました  ここの畑できいてゐれば  ここでしばらく待っていてください  ここまでずるずると引きずって来た  ここで改めて筒井氏の御好意に対してお礼を申し上げたい  ここに描かれている  ここでまた私たちの目をひく  ここで行われる  ここまでたらいをかついできて  ここに詩集のことを述べる  ここを出ませう  ここに造形の原因がある  ここに殊に注意したい  ここに唯かきそえておこう  ここにもどしどし降ってくる  ここの台地の上へステップ地方の鳥の踊それををどりに来た  ここを訪ひ  ここは大きなひ  ここはこけも  ここのなめらかな白雲石の床にわたくしの影を花盞のかたちに投げてゐるし  ここで月のあかりの汞から咽喉だの胸を犯されない  ここで誰かの呪文を食って  ここから三人来てゐましたが  ここで二昼夜商量する  ここはカムチャッカだな家の柱ものきも  ここでは何ものも起らない  ここにゐるものの  ここへ來て最初に腰を降ろした  ここへ來てから長年暮しつづけて  ここに哀れな旅楽師の群れがありました  ここにて淡き黄緑となり  ここをまた蜜柑むきつつ  ここにも居得ないくらいだ  ここにかくての  ここには棄てられけむ  ここに限るを  ここがこうと明瞭に意識した  ここで覚悟をきめてしまわねば  ここしばらく落ちついて  ここへきてくれ  ここで嫁に出れば  ここにこうして並んでる  ここへきてるのに  ここで握り飯の弁当を開いた  ここに一夕の緩和を得た  ここに一夕の余裕を得た  ここさ来て聞いててもらべい  ここでちょっと口をあく  ここは早く綺麗に向うへくれる  ここに断るまでも  ここでは直義も進退きわまったとみてか  ここはお討死のつぼにあらず  ここで引きずりこんでしまおうとする  ここで這奴にのど首をしめられねばならなかった  ここは待たれよ  ここを御通過ときいて  ここから加わる  ここはお断り申し上げておかれます  ここで彼は知る  ここで弟と争ったら  ここでしばらく仏門に入りたい  ここの将軍邸を捨てて  ここしばらくは静観しよう  ここは人心をなだめ  ここに賭けた  ここの鬨の声にあわせて  ここにさきごろから引き籠っていた  ここの二人へ気づくと  ここの禅院を訪ねて来た  ここへ忍んできた  ここへ戻ってきた  ここへおいてやれ  ここに屏居いらい  ここでもやぶれたら  ここに暁の総なだれをおこし  ここへ迫らば  ここを追われても  ここで彼はハッとした  ここで夜は過ごせませぬ  ここでは見事彼に負けたぞ  ここにみた  ここにやぶれなば  ここわづか  ここにておいと  ここもまだ陥ちぬとあったら  ここも戦場と化して来た  ここにささえられるだろうか  ここの行宮とはほとんど連絡もとれていない  ここでそれの動きを見るには  ここから見えるが  ここのおよろこびも  ここに懐かしんでいた  ここまで勝ってきたが  ここの行宮に着いてからさえ  ここで弛むより  ここにその総決算をつけるべき  ここでは省く  ここも手ぜまやら御不便となって  ここを峠の一床几としている  ここまで共に落ちてきた  ここに敗軍の再編成と再挙反撃の床几をさだめた  ここに見えなかった  ここへはひんぴんと入ッて来た  ここへ着くぞ  ここを脱けて  ここに敗れて  ここを立ってくれい  ここに長蛇をみのがしてしまった  ここに合戦はないとすぐ布令ておけ  ここへ寄港した  ここの御軍勢を分けて留めおかれましては  ここへもたらしてくる  ここを別れ去る  ここに錦の旗を持った  ここで降ったぞ  ここにかかげる  ここに初めて九州の地をふんでいた  ここにたれよりも  ここにも山とつかえていた  ここは助けとらせよとの  ここにただ尊氏をさえ滅ぼしてしまえばだ  ここもまた火宅とあとで悔いねば  ここへは何らの沙汰さえまだ来ていない  ここわずか戦陣も休止の都と窺って  ここでゆるがぬ  ここには公卿方も御列座ある  ここの人々をして  ここでは万事をあきらめる  ここで血を飲んで  ここだというので  ここで開催された  ここに近代日本の美人は悲劇を持たねばなりません  ここで冬を越そうとは  ここでは道具立てをしてかかる  ここへ誰か訪ねて来る  ここへ渡って来る  ここは松の間というけれども  ここへまで調べに来て見ると  ここで枕並べて  ここで思い起す  ここにヅグリという手があって  ここをこうしてちにかけて  ここまで連れて来れば  ここで問うべき  ここからは乗物か何かあるだろう  ここに絵巻物がございます  ここは雪に埋れんとする  ここは東海道筋の目貫と言い  ここを逃げる  ここで真剣になりました  ここへ逃げ込んで来たら  ここはかくまってやらねばなるまいと  ここへは虫けら一匹も飛び込んでは来ない  ここといへども  ここまで走って来ちゃったのよ  ここまで来てしまっては  ここへ石塔を持って来て  ここに限った  ここに足あとがあるわ  ここに費して足りないとさえ思われる  ここでは中音で歌いました  ここに於て知る  ここまでおびき寄せられて来た  ここには何も彼等に与うべき  ここに駒井がこうしている  ここに論ぜず  ここでキンタマの棚おろしをされようとは思わないでしょう  ここまで立てて来た  ここでは小当りに当ってみたくなる  ここは人里離れし  ここで話題にのぼった  ここから直線を引いてみたとて  ここへ通りかかる  ここで啖呵と素槍の火花が散るべき  ここへ置いといた  ここの窓から出して  ここへ来てからにして  ここへ追いつめられておいでなすった  ここにお椀がありますから  ここにたらし餅がある  ここまで朗々と誦し来って  ここへちょっと貸しておくれ  ここに三両の金がある  ここで大いに男を見せた  ここへ来てながめた  ここへは来ていないで  ここに相当の時間を待っていさえすれば  ここで見る  ここを下ると  ここで当てが違って  ここでも地団太踏んで  ここにいないじゃないか  ここまで相伴うた  ここを下りますると  ここで浦島太郎が釣を垂れたという  ここにはお嬢様の姿も見えないし  ここで一段落になったけれども  ここに心あって吹く  ここまで逃げて来た  ここへ現われて来た  ここでは超凡越聖といったような力量ぶりではありません  ここではいい商いも出来たが  ここの風にはじっとりと潮気があった  ここで待ってくれますか  ここで歌って  ここの小学校にはいったとしの  ここの特殊児童のまるまるふとった  ここのアユはそれを食ってる  ここに私が一つ納得できない  ここの会員になった  ここでキャデーを使う  ここでたたきあげた  ここの家へはいった  ここの家へ飛び込んだ  ここの家に泊めてもらう  ここでお料理の御馳走になった  ここで僕の古い手帳の文句は絶えてゐる  ここに孤独な人がゐる  ここに附いてゐる  ここに紹介した  ここから受ける  ここに芸術家の残酷な宿命を感ぜずにゐられないが  ここへ坐りたまえ  ここぞと罵  ここに立ち至って  ここへ来ませんか  ここには素敵に河豚が沢山いて  ここが死場所だと思ったが  ここに使い  ここまでお前さんについて来た  ここで買物して  ここに同じ級の書生が二人居た  ここに歌みたいなひやかしを書いた  ここに居るワ  ここにも私の味方がある  ここに下らない人の書いた  ここまで案内して来た  ここへ郵便屋の忠平が来はしませんでしたろうか  ここまで御座った  ここまで辿って来たか  ここから人も余り通らない  ここでアインシュタインが出て来て  ここに露骨に示されている  ここでは注意深く洗い去られている  ここではアメリカで食べた  ここでアメリカにおける最初の食事をとった  ここの伊勢えびは日本の伊勢えびよりもむしろ優れていはすまいかと思ったほどでした  ここのウチへ間抜け泥棒が忍びこむよりも  ここへかけても  ここで降りなけ  ここからはねおりて遊んで行こうよ  ここでおりなけ  ここへ何しに来ていなさる  ここにはいるぞ  ここは構わないで  ここの女中とは思うが  ここでお支度をなさる  ここに空蝉の立つ  ここから一発はなしたろか  ここをお立ちになると  ここでは述べない  ここに説くまでも  ここまで書いて見たから  ここに回らせば  ここに此の一団固有の天地の造り出される  ここに於てか世態観察の興味は一層加わる  ここに最奇怪の念に堪えなかった  ここで議論をしても  ここに此の贅言を綴った  ここに由来する  ここに何かしらシステムが働いている  ここへ来いと  ここに絶たれてしまふ  ここへ来て働くか  ここの深夜の弁信のいる  ここに君がいなければ  ここにいてみればなあ  ここで合わせてみたら  ここへ入り込んで  ここまでおいでになった  ここは主人の方で取持ちをしようとも  ここで熱い湯を一杯も飲んだなら  ここまでめぐり来たっているという  ここにさし置いて行った  ここの温泉風呂の浴槽の写生かと思われるが  ここへやって来ますよ  ここへよびましょうか  ここに出没する  ここにおやすみになる  ここはと思われる  ここをずっと突きぬけて  ここで尺八を見せなくってもよかり  ここへ下りて来る  ここへ冬籠りをするよりは  ここまで落ちつく  ここへでも連れて来た  ここへ連れて来ていない  ここまで見込まれた  ここを出立してしまう  ここで知り得るだけの  ここへ出て来ませんな  ここで思う存分泣いてみたい  ここには多くの男性がいる  ここへ来かけて  ここへ入って来たとて  ここに咲いているではございませんか  ここでは相呼びかわすの  ここまで語りつづけた  ここからそれが見える  ここはこうして打つ  ここは明りがしていますから  ここじゃ譲らねえぞ  ここでは握手しない  ここに居たの  ここで降りなけあ  ここへ來てゐた  ここからはねおりて遊んで行かうよ  ここでおりなけあいけない  ここで降りなけあいけないのよ  ここから去ってから  ここはまったくかなわないほど  ここではどっしり坐って  ここまでやってくる  ここで引きかへさうと  ここに男あり  ここへ現はれた  ここにも問題にすべき  ここで排斥されるとするなら  ここに妄動す  ここに陳列せられた  ここに日本画を現在の浪漫主義から救う  ここに画家の態度を変更する  ここへ立ち寄ってみた  ここでの古賀の生活はさう  ここでの自分の生活に同志である妻の生活を全く從屬させようとする  ここに一人の孝心深き大臣ありけり  ここではあらゆる望みがみんな浄められている  ここでお下りになつて下さい  ここではその渺々漫々たる変な天然のうちに雲が紅く染まつて  ここで秘かに酒を飲んだといふ  ここで私をひどく驚かした  ここに連れて来られた  ここへこんな風にして  ここを抜け出せないから  ここまで進展して来た  ここへ連れて来ただろう  ここに一緒に棲んでいる  ここで引き出そうとは思わない  ここで説明せねば分らぬが  ここから火薬玉をたたきつけるぞ  ここに屯をしていた  ここまで急いだ  ここでもまた褒められた  ここへ捨てられるまでは  ここには特別彼を立ちどまらせるほどの  ここで金兵衛の妾の話が出たので  ここの鉱山を採掘した  ここから動く  ここへかついで来さした  ここまで思い到った  ここにあるべき  ここへ来て受け得られない  ここで教えて下さい  ここへ出かけて来た  ここは数十里を距てている  ここまで出向いて来た  ここを初めて見る  ここに出没している  ここに先廻りをしている  ここで多量に発揮されていた  ここに到着した  ここへ通りかかって  ここでは全く無効になりました  ここへ帰って来るから見てえろ  ここは町並を少し離れた  ここにはなお幾多の若い職人が働いて  ここまで集まり来ったという  ここへ集める  ここを管轄する  ここで徒らに当惑する  ここは新勢力にやらした  ここにはじめて常勝将軍に土がついた  ここで歩みをゆるやかにした  ここでそっくり反芻している  ここを房総第一の高山だと思って上って来た  ここまででさえ上って来て見れば  ここに立会っていた  ここで茂太郎と知合いになっている  ここへオットセイは来ないかい  ここで振舞われた  ここまで狼狽して逃げて来るが  ここに人がいた  ここへ置いて  ここで先生になって  ここに橋庵先生というのをもり立てて  ここは音に聞く  ここに鹿島神社の神鹿が悠々遊んでいた  ここの準備はできていた  ここの猛者は不平にうごいて  ここの一軒に住んでいた  ここにおいでなされましたか  ここにあったとみえる  ここでしずかに処理している  ここもあぶなくなって  ここは北条方に占領され  ここに二の丸を拡げ  ここへお城住居を仰ごうと申しあげる  ここなどはまだ小規模な方といって  ここは手が揃ったな  ここで御奉公している  ここを登り  ここにいて待て  ここに再度追ッついて  ここでも格段な腕力の違いがすぐ出てしまった  ここにて御確約は願われますまいか  ここで正成と別れ去るべきか  ここはただこの場のがれを密かに希っていた  ここには龍泉の正季もいる  ここで断わっておかねばならない  ここで筑紫の一角へ移るとする  ここにてお待ちねがいまする  ここも武家宮方の両派に別れていたが  ここもいやおうなく  ここまでは来た  ここに頼  ここまで落ちて  ここでは頼  ここから宗像までは道のりどれほどあろうかな  ここは立ち申す  ここで終る  ここを去って立ち退けと申せ  ここだけにはあったといえる  ここで想起して  ここは大揺れに揺れ返していた  ここにもまた裏切り者があらわれた  ここへの参陣を見ぬ  ここに宰相の将軍をお迎えしたてまつるも  ここに拠ってたてこもる  ここは守るに  ここを出て進むとすれば  ここの城に代えて  ここでも杉の葉をそうする  ここの退路に出してしまった  ここで苦戦におちた  ここを契機として多々羅全面には妙なうごきが  ここの探題屋敷を攻めて  ここの土につよい旧怨を持っていたらしい  ここでは略す  ここをひがしへ通って行った  ここまで来たと知るならば  ここの串崎船が先陣をつとめ  ここまで来ているぞ  ここではおちついていたからだ  ここに果たして  ここから安芸の厳島神社へ代参の使い舟を派し  ここも明朝は纜を解け  ここで道誉の消息を見たとて  ここも安心ならず  ここにかぎらず  ここは山陽第一の嶮といわれる  ここはすっかり小康をえた  ここで考えられる  ここはふみつぶせ  ここは通さん  ここの膠着をすてて  ここを出港とさだめよう  ここから身を投げても死ぬ  ここの周囲の生活を眺めると  ここでは違う  ここでは何でもふんだ  ここではこんなにいい条件で扱われた  ここで恐らくは小さい借  ここまで来ると払わないって云い出す  ここにこの間まで警察があった  ここにも間違いがある  ここに我々は強力な村民の決議をもって  ここは御神木の倒れた  ここに育ちながら  ここを発見した  ここのところを考えて  ここで二人並んで居る  ここの家々では餅をつきはじめました  ここに一層皮肉な贅沢屋があって  ここが即ち俳優教育上興味ある  ここに注意して置かなければならない  ここで始て男色ということを聞いた  ここへお掛なさいよ  ここに大きな傘を開いて立てて  ここに僕の感情的生活に一つの変化が生じて来て  ここに書き添えて置かねばならない  ここに書き添えて置く  ここへ倉敷料なしのただで預けてあると思えば  ここが首府の中央かと疑わるるばかりに  ここで海軍省が初めて風船というものを揚げました  ここに父上の祖父様らしくなられ  ここに突然奇妙な素人探偵が現れて  ここへお立ち願います  ここの箇所は切り捨てたら  ここに男ありて  ここで審判するなど  ここまで努めて  ここに集い  ここの勘定を払いたい  ここのご主人にないないお話し申したい  ここで働かせてくれない  ここを覗いてみたら  ここから五千円持って出た  ここで終止符を打つべきであろう  ここからころがすから  ここで詳しく書きたてる  ここに存在してゐるといふ  ここでは一番いけない  ここにゐるといふ  ここから発足した  ここ迄話して来た  ここからは見えないだろう  ここにおいて他にないというほどの  ここに起る  ここに至つて水の性消え  ここに摘録する  ここにうつして  ここに雁の叙景文を摘録すれば  ここに外国の貴賓を迎えて  ここに開催した  ここまで持ってきた  ここに大きな邸をかまえて  ここから東北のように思われる  ここに長者の女がおる  ここで尻でも炙ろうか  ここで肉でもつっつこうじゃないか  ここに留守に来てから  ここに坐れよ  ここまで話が進行して来た  ここまで誘びきよせておいて  ここで余程の注意がいる  ここにかうして  ここへちょっとまいりました  ここで註を入れて  ここの屋敷を立ち退くより  ここにその受け売りをして置きたい  ここから出たらしい  ここを出て向う  ここにふたたび印刷職工を煩わせり  ここにおいて庸俗の徒ははなはだ惑う  ここより一の片句を竊み  ここにおいて首尾の貫通を失い  ここにおいて開港論派と王権論派とは互いに手を握りて  ここにおいて一方には国権論派ともいうべき  ここに想起し  ここにおいて民権論派は隠然三種に分かるるの  ここに民権論派の一種として算え来たれる  ここに当時以後の政論に関し一言し置くべき  ここにおいて政府の反対者たる政事家はただ九州と四国とに蟠踞して  ここにおいてかの折衷民権派たりし  ここにおいてか社会の団結はただ圧制と服従とをもって  ここにおいて貴族の制を生じ  ここにその大要を説明せん  ここに止め  ここにおいて改進論派はその中を執りて  ここにおいて政論社会はようやく一変し  ここにおいて日本の上流社会は百事日本風を棄てて  ここに列記せんと欲せば  ここに理想を探る  ここに人あり  ここにおいて人民はこの第二の圧制を破る  ここにおいて欧州諸国はさきにローマ教皇の威力に脅かされたるごとく  ここにおいて欧州人の国民的精神は第三回の挫折をなし  ここへ足を踏み入れさす  ここは負けてはならぬ  ここでうっかり嗾ける  ここで主殺しの科人を引っくくっていけば  ここの店から縄付きになって出て  ここに給金の溜めた  ここにこうして寝ている  ここまで来かかるとな  ここで何もかも云ってくれるか  ここへ上がって来たら  ここの亭主は岡っ  ここで註を入れてくれた  ここに埋められている  ここを立ち去ろうとする  ここへ来ておく  ここに墓参りに来た  ここで切り上げて  ここの寺へ来ていると云うから  ここで本所へ渡る  ここに小ぢんまりした  ここのおかみさんが夜干にして置く  ここに後者の説について有力の証拠があらわれた  ここまで届かないので  ここへ又新しい不思議な報告が来た  ここじゃ話ができねえ  ここへ掛けろよ  ここにも居ねえ  ここへ忍んで来るらしかったが  ここの格子のまえに立った  ここへ呼び出して  ここでは申されません  ここにあなたの偽物がまいって居りますから  ここではどうにもならないから  ここにまた思いも寄らない  ここもさすがに賑わって  ここで遇った  ここへ遊びに来  ここでみんな聞いてやろうぜ  ここで一緒に死んで  ここでもまた好い加減の嘘を作って  ここでお時を待ち合わせていたらしく  ここでも又何かささやいている  ここで少なくも二百と三百と纒まった  ここまで本読みをすれば  ここまで日参の人がありますか  ここまで引っ張り出した  ここで調べられねえから  ここに迷っていても  ここで提重のお六に出逢った  ここで二人が落ち合って  ここには下へいく  ここで私を描いてくれたでしょう  ここで折り合っていても  ここからすぐ近くに小学校があって  ここに置いておき  ここにいらっしゃいますか  ここで僕はかたわらへ退き  ここは歩いて  ここに届いている  ここを訪ねて来た  ここから四つ先の停留所で降りて  ここに寄るかもしれない  ここに来ると思うけど  ここに描いてある  ここまで描ける  ここが事務所ではないかと思える  ここになぜこんな美人がいる  ここにはひとつの部署だけがある  ここにもならんでいる  ここにそのまま出ている  ここに戻ると言ってるから  ここの呉服売り場に用があるの  ここで待っててくださる  ここで晩酌を始めて  ここまではバスで帰って来て  ここで待ってる  ここは順子さんに代わってもらいたいくらいよ  ここで降ります  ここで待ち合わせでもしたかの  ここは事務所でよく使う  ここに住めるかもしれないと思うと  ここで服を着替えたり  ここで寝る  ここにいるわよ  ここに住めたら  ここに住んだら  ここに材料があれば  ここに置いといてもらおうと思って  ここで彼女が夕食を作る  ここが美枝子さんの自宅になる  ここに帰ってきます  ここでも完全に消え去っていた  ここへ来てね  ここへ電話をします  ここへ僕が来ます  ここが日本のどこともわからない  ここは陰気な推理小説に描かれる  ここには二軒あった  ここで見せてください  ここを泳いで渡った  ここへ渡ったのよ  ここで待っててもらったの  ここから新幹線の停  ここのおふくろは酒も飲まねえのに  ここの家の前を通る  ここの家のおまきさんはまったく猫になった  ここの婆さんが猫になった  ここで一と息ついた  ここに控えております  ここで結えなくとも  ここに隠されていた  ここに事件は解決した  ここに居坐っていたら  ここでは半七の顔を識っているので  ここの勘定は利兵衛が払うという  ここで利兵衛と別れた  ここまでお話をすれば  ここへも調べにくるでしょう  ここの駅では何という宿がよいかなどと訊いた  ここで何をしていた  ここへ泊りあわせた  ここに奉公している  ここに手近い例をもう一つ挙げて置きたい  ここに現わしていると  ここはまた掛花活に山茶花とある  ここでかこわれている  ここの屋根うらの  ここからはこびだされれば  ここへ来ると見えて  ここの家へ戻ったらしい  ここで逃がさない  ここの家の商売の邪魔にもなる  ここの亭主もきょう中には金がきっとはいるという  ここの家じゃ何も出来ねえ  ここの家で逢い曳きをしている  ここへ覗きに来た  ここの家に土蔵は幾つある  ここの家で駕籠なんかに乗った  ここへ受け取りに来た  ここの店を覗いていた  ここの家に怪我人がつづいたという  ここで長太郎をやっつけてしまおうという  ここの家で屠蘇を祝う  ここでいつまでも云い合っていても  ここへ来ねえ  ここで別れようぜ  ここでいつまでも納涼んでもいられ  ここへ彼を案内した  ここへ向って飛んで来る  ここの領下の民にもはやくそうしてやりたい  ここへ臨んで  ここでは広すぎる  ここは絆を断って  ここへ入るほどな  ここは何事もしのんで  ここ大きく狡く変ってまいりました  ここに迎えると  ここにおいでられませぬ  ここで刺しちがえて死ぬなどと申しおる  ここで別れるに  ここへきての  ここの蚊うなりは  ここに水軍の備えがあればと存じていますが  ここはおぼつかなく思われまする  ここに果つるなら  ここへ伺う  ここを給わりとうぞんじます  ここを締め直せ  ここの沖あいを東へすすんで行く  ここの正面へ当って来た  ここでの退き  ここは死を笑って  ここから正成の使いに行け  ここを去れ  ここの丘へむけていた  ここに御手分ありて  ここでうけた  ここで聞く  ここに五百騎余は数えられよう  ここに見つけ得たなど  ここの生命を無意義にはさせまい  ここへ悠々と無血上陸をとげる  ここをさい  ここの面々もこころえおけよ  ここですっ  ここでは傷負い  ここで御受諾はいただけませぬか  ここの者はみな気が研げておる  ここを自分らの死所に借りる  ここは気に入った  ここを退散いたせ  ここに再起の望みなき深傷の子息や兄弟をのこしておる  ここの部落へ乱れ込もう  ここにいてはならん  ここに在るは  ここにいるな  ここを出ていず  ここには弟正季が見事割腹いたしておるに  ここに置け  ここからという形をととのえ  ここで統一のある  ここでは自分を嘘の皮膜でくるんではいられない  ここで直義を待ち迎えた  ここの大本営を出で給う  ここでどんな言語を吐き尽していたかを  ここにふみとどまり  ここから落して  ここは目をつむって  ここを脱して  ここにもうかがわれていた  ここで潰えても  ここを落ちていた  ここに一つの疑問として残っている  ここの家の何者だと詮議したが  ここの家に取っては  ここでぐずぐず云っているよりも  ここの家へ出る  ここにいい奉公口がある  ここの家で知らないで  ここは色男にお頼み申して  ここでお国をおどろかした  ここの閻魔さまは相変らずはやるね  ここの家へ心安く出這入りをする  ここを引き揚げる  ここのお住持はなんという  ここに新ぼとけがある  ここに隠まってくれと云われた  ここが少し理窟に合わねえ  ここへ縁付いた  ここにうかうかしちゃあいられねえ  ここまで追い込んで来て  ここにあらわれて  ここに半日晒しものにした  ここの詮議はそれだけにして  ここに半刻ほども待ち暮らしていると  ここへ駈けてくる  ここで一転して  ここへもう出とるか  ここは南シナ海の真中のこととて軍艦は投錨し  ここにはからずも意外な椿事が起った  ここを出港してしまう  ここへあずけていった  ここで私の決心もきまりました  ここはわしの支配する  ここは殺した  ここがそんな場所だとはまだ気がつかない  ここはちょっと普通の人間には踏みこめない  ここにお邪魔をして  ここにころがっている  ここまで日本の飛行機はやって来まい  ここからも見えます  ここから見えるという  ここにおりますぞと  ここは一刻も早く逃げる  ここは締切ったぞ  ここのところが鼻緒のため丸く透いている  ここへ帰ってくると  ここへ連れてこい  ここにはじめて解けた  ここに貴提案を受諾し  ここまではこぶまでには  ここに待っていろ  ここで部署を守っております  ここに変なものが転がっている  ここを開けて下さい  ここへ迎えにきてくれ  ここへ姿を現したか  ここに壮烈なる世紀の大海戦の幕が切って落された  ここの炉に松葉をくべた  ここにも卒堵婆や花筒が行儀よく立っていた  ここで無益の詮議をするよりも  ここへなにしに来た  ここに残された  ここの大溝から発見されたという  ここへ転げ込む  ここで立ち話も出来  ここで今日の旅を終る  ここではお話が出来  ここに一つの障碍が起った  ここへ来かかって  ここに又一つ事件が起った  ここで持ち出して  ここに紹介している  ここで年を越す  ここまでは巧く運んだが  ここまで問いつめられても  ここに一つの事件が出来した  ここでも逃げ惑って  ここで註を入れた  ここの勘蔵さんに助けられたと  ここの家でも困るだろう  ここの娘のあやういところを車湯の勘蔵が自分のからだを楯にして救った  ここで午飯の馳走になって  ここの店には内風呂がある  ここに先生の許しを得て  ここへ入れよという  ここへ連れて来なさい  ここにはあまり人の知らない  ここまで喋舌って来た  ここでヘタバッてなる  ここには喋々しない  ここで斬る  ここは湊屋の仁三郎が長うなっとる  ここへ坐っ居ったが  ここの事ばいと思いましたなあ  ここにはそのような事情の一切を省略し  ここじゃあいけねえから  ここですぐに取り押さえようか  ここを駈けぬけて通ると  ここまで追いつめて来た  ここへ駈け付けて来た  ここでお前がわたしのことを思い切って  ここは上野と違って  ここの店さきで  ここに八両と少しばかりある  ここからも無数の蟹が群がった  ここでわたしに説明してくれた  ここの船でも船頭が男の水死人を突き流そうとする  ここで怪しい男と別れようとしたが  ここを逃げてくれと云うと  ここでいよいよ召し捕られる  ここであらためて礼を云った  ここに逗留して  ここに逗留していてくれと  ここでゆっくりと絵絹や画仙紙をひろげる  ここを立退く  ここまで誘い出して  ここへ駈け付けた  ここまで聞えたので  ここで自分の手に救われた  ここへ飛び込んで来た  ここに倒れていた  ここから遠くないところに落ちたらしく  ここに又一つの事件が出来した  ここへは夕立を運んで来  ここの師匠は成績の順序で色紙をかけるので  ここの店の者共もお直が家出のことを知っていた  ここの妹がきのう雷師匠に嚇かされた  ここに誰か倉田屋の人は来ていないかと訊くと  ここの二階へ来る  ここへ来ませんかしら  ここの家にどんな子がいる  ここでこの草紙を見つけた  ここに懸けてある  ここもおそらく追い立てられるであろう  ここの家の門を度々くぐっている  ここで試した  ここのお弟子さんの其蝶さんは見えていませんか  ここの家のことはお前さんが一番よく知っているという  ここでおまえさんも殺して  ここへ縁付いて来て  ここへ縁付いてから  ここでお前の話を聞こうじゃあねえか  ここで落ち合って  ここで別れてくれと  ここは殆ど下谷と神田との境目にある  ここで繰り返され  ここの家にいなくっても  ここで二人を和解させようという  ここの家へたずねて来た  ここへ呼んでくれ  ここで御焼香だけして帰ると云うていました  ここの娘もつながる  ここへ呼んでもいいかね  ここへ届けに来ると  ここにももういないで  ここの家まで引っ返して来ると  ここは二階以上の混雑で殆ど足の踏み  ここの家の人達にもみんな配ったか  ここもむやみに開けてくるらしいね  ここの勘定は半七が払って  ここで三五郎に別れた  ここまで漕ぎ付けりゃ  ここで幸いにロイドを見つけた  ここに持っていねえ  ここには持っていないと云っても  ここに控えさせて  ここで酒をのむ  ここに集まっていたに  ここにはただその要点のみを附加えておくが  ここに島人の始祖となったという  ここで最初に問題になる  ここは道具屋といっても  ここの店で見つけた  ここの店にある  ここで見渡せる  ここだけは誰も近寄る  ここには灌木や秋草が一面に生い茂って  ここへ押し出して来た  ここの家に小僧がふたり居る  ここの店を出て  ここへ押し掛けてくると云ったので  ここで半七をおどろかした  ここに来ていようとは  ここへ来なすった  ここに一つの疑問として残されている  ここに棲んでいた  ここで堰かれて落ちる  ここの家へ来るなんて  ここで一番自分の腕を見せてやろうという  ここの家にぺんぺん草が生えるだろうとか  ここの門を叩いたら  ここを縄張りとする  ここの家の戸を叩いた  ここの家の戸は締まっていたな  ここの家へ尋ねに来た  ここの家にいる  ここの家の戸をたたいた  ここの家へ誘いに来た  ここには市村羽左衛門とか瀬川菊之丞とかいった  ここの宝物には蒙  ここに一つの不思議な事件が出来した  ここの家へも始終遊びに来る  ここでも事件のひと通りを聞かされたが  ここから竜濤寺までは少し距れているので  ここへ引っ込んで来て  ここには女文字の文がある  ここへ連れて来てくれ  ここで酒を飲み始めました  ここの井戸から四人の死骸が揚がったという  ここに罠をかけていても  ここで夕飯の御馳走になれ  ここに一つの捫著が起りました  ここへ掛けねえ  ここにも裏木戸があって  ここのおかみさんを担いで行った  ここのおかみさんを乗せて行った  ここで訊く  ここの家にあずけてある  ここに小説のようなお話がある  ここに稽古所を開いて  ここまで踏み出して来た  ここへ呼んでおく  ここはかうしよう  ここの理窟を解さなきや  こことても相当に混雑しているが  ここは地方から出て来た  ここを自分の家と思って  ここの主人を殺したという  ここで徳次に別れて  ここでいつまで争っても  ここにもう一つ考えようがある  ここへ様子を見に来るかも知れません  ここは六畳の小坐  ここに至ッてガラリ外れた  ここに至ッてフト今の我身を省みて  ここに書き止めておきたいと思う  ここを立去ろうともしないで  ここの家に落ち着いたら  ここの家に置いてくれという  ここの家からぬけ出して行った  ここから出て行く  ここの家を立ち退いた  ここまで説明して来て  ここまでは私の推測がおそらくあたっているだろうと思う  ここまで連れ込んでしまった  ここの店が引っくり返っても  ここの絵馬は無事だろうと思うぜ  ここの絵馬が無事であるとすれば  ここの絵馬をかく人は誰だと訊いてみりゃ  ここの二階を逢い  ここの家も火薬製造所に宛てられていました  ここでその姿を見付けたので  ここへ引っ越させる  ここの家に干してある  ここで殺された  ここでは話が出来ないから  ここで草鞋を穿きかえて  ここの店さきに卸されて  ここでめぐり合って  ここで正体をあらわし  ここに隠れてるから  ここを通らなければならない  ここで其の人を待っているが  ここに初めて当夜の事情を打ち明けたので  ここの家できいても判る  ここへは来ませんが  ここへ来て判った  ここの店へドルを両替えに来た  ここの不二屋に勤めている  ここじゃあ話が出来ねえ  ここでチョンと柝がはいる  ここまではお話が出来る  ここの家に外国人が隠まってある  ここに一つの騒動が起った  ここを通りかかったが  ここまで落ちて来ると  ここへ投げこんだ  ここに来ているわよ  ここへ手をだして  ここに閉じこもって暮していると  ここに一場の椿事出来に及びました  ここからも内密に頼んで来ている  ここは網船や釣舟も出す  ここの家に引き取られていたが  ここから船にお乗りなさる  ここに一つの不審がある  ここに一つ面白いことがあります  ここにも見上げる  ここでどんな密談を遂げた  ここでおめえが何を云おうとも  ここの河岸であんな事を仕出来しまして  ここに大きい屋敷があって  ここまで聞かされて  ここへ捨てた  ここにおいてか牛捨場馬捨場なる  ここにおいてか社会の落伍者たるいわゆる屠  ここに刃傷沙汰があって  ここで何者にか腕を斬られたに  ここで考えていても  ここに住んでいたらしい  ここで少しく意外に感じた  ここへ姿をあらわしたという  ここで自分の正体をあらわす  ここで源次に別れて  ここの小屋の様子を探ってみると  ここの芝居へ出ていた  ここの家へばかり因縁を付けに来たって  ここの師匠は化けもんだ  ここで親分が掛け合ったら  ここの水をのんだ  ここに井戸を掘って  ここから帰る  ここに又一つ奇妙なことがある  ここへおちつかれてからの  ここにても雲井の桜咲きにけり  ここに皇居の粧いやら  ここを降すには  ここでは苦戦の足ぶみを余儀なくされた  ここを一歩でも退くべきでなく  ここに奈良を占拠した  ここで息は抜けぬ  ここにてお別れ申さねばなりません  ここに手まどっていれば  ここにかけた  ここにもあらわれた  ここには大きな造船能力まで持って  ここではみな思わざるをえなかったろう  ここの吉野へ落ちて来るやら  ここにおりますがなあ  ここに醜男の彼の面目がある  ここでも考えさせられる  ここに一椿事がおこった  ここをどこと思う  ここで急にふっと口をつぐんだ  ここにはいても  ここの行宮になど罷り出て来て  ここと法成寺との間を連絡か何かに駈ける  ここへ駈けつけようとした  ここで初めてわああッと物凄い咆哮を揚げ出した  ここで屈するなどは  ここを囲んだからには  ここに帰っているぞ  ここは辱も我慢も忍ばねばなるまい  ここは賢明にその処理をとらぬと  ここでも観ていた  ここにはまだ統率の制が厳として生きていた  ここの遠くをとりかこんだ  ここに在りとばかりな  ここでござりまする  ここでお果てなされるとは  ここは手薄すぎた  ここで急に同勢がかえりみ合っても  ここに終ったというしか  ここに拘置された  ここにありませんが  ここで後光厳に拝謁をとげると  ここを立とう  ここへ着いていた  ここに取った  ここの盲人は曙光にみちていた  ここに母がいない  ここの結界をたのんで  ここに当夜の模様などを描写するよりは  ここで終っており  ここに呼び  ここでとおもう  ここでごひろうしておきたい  ここにはふれないでおく  ここにはその文章の最後のところに書いてある  ここにもう一度よく考えてみなければならない  ここにこれだけ落ちていました  ここまでは明快な判断をくだした  ここに集めてある  ここにも死骸がかくしてある  ここで蜂矢探偵のことをはなれて  ここぞと声をはりあげての  ここに一段落となった  ここにくわしく書く  ここでつきとめてしまいたい  ここまでひっぱりこんだ  ここへつれこまれる  ここから逃げ出した  ここにおられなくなった  ここまでいっしょにきたのに  ここに又春日の森を造つてゐる  ここで降り出されては困ると思って  ここで切禿の少女のすがたを目前に見いだした  ここの裏に年造という大工がいますか  ここに又一つの騒ぎがおこった  ここでコロリなんぞになっちゃあ堪  ここの家へふだん近しく来る  ここにも変った  ここに潜り込んでいる  ここからも竜燈のような灯が点りだした  ここへ探索を頼みに来た  ここに十年あまりも住んでいる  ここの息子も太鼓を売りに出る  ここの息子が連れて行った  ここで頓死した  ここへ来たろう  ここに馬の番をしている  ここで詮議をしている  ここの空地は取り分けて  ここはこの位にして  ここの家へ占いを頼みに来る  ここへ頼みに来る  ここで変なことが始まったよ  ここに張り込んでいる  ここで異人を殺してしまえと騒いだり  ここでの我々の日常生活が世間に知れたなら  ここではレスパネエ夫人の姿は見えなかった  ここにピストルがある  ここまではもう解けた  ここに僕が描いておいた  ここに咽喉くらいの太さの棒切れがある  ここにリボンのきれっ  ここにはあれを入れるに  ここへ来ましたか  ここに横たわっていたと  ここの二階で休息する  ここの家へお角さんという人が来ますか  ここの家に寝泊まりしている  ここへ引っ越して来て  ここの二階へ来て  ここでいつまで悩んでいても  ここで手先に見咎められちゃあ  ここへ閉じこめられて逃げ出す  ここで少し戸籍調べを致して置きますが  ここで午飯を馳走などになって  ここへ来合わせたが  ここに開業した  ここで詮議しても  ここへ連れ込んで  ここへ連れ出した  ここでかたき討ちをしてしました  ここに一つの面倒がおこった  ここで心中をする  ここで二人にごたごたされていては  ここで物を買うと  ここへ入込んだ  ここへ願書を出した  ここに落語がかかっていた  ここへ遊びに行っている  ここに一人ある  ここに一つの事件が起こった  ここへ釣りに来た  ここの家にひと晩泊まりまして  ここへ詮議に来たと云うじゃあありませんか  ここへ踏み込んだらしく  ここの家に勤めていろと  ここで私もすこし困った  ここに長居も出来ない  ここの小さい台所はめいめいが水を飲んだり  ここに新らしい長屋と練兵の広場を作った  ここで何かの打ち合わせをして  ここまで判れば  ここに人が死んでいる  ここに少し不思議なお話があります  ここへ点出しようという  ここに働いている  ここへ亭主に出られては  ここを歩行いていられる  ここに三画伯の扮装を記した  ここの屋根に日は当るが  ここで糸七は実は焼芋を主張した  ここでぷッつりと数珠を切る  ここにちなんで  ここをいう  ここで頼む  ここに今見ると  ここへ友達を引張り出して  ここに居まして  ここで起してみる  ここに一つ問題となる  ここにくどくどしくは書きませんが  ここに持ってこられる  ここに大勢の怪我人ができる  ここの番太郎を勤めて居りますが  ここへ次郎兵衛が出て来て  ここの自身番へとどけろと云い聞かせて  ここへ尋ねて来た  ここに又一つの面倒が起こりました  ここばかりへ押して行って  ここまでついて来た  ここで様子を伺うとった  ここには置かない  ここにちょっと艶っぽいお話がある  ここですぐに召捕っては  ここで脆くも縄にかかってしまいました  ここにはいっさい省略し  ここでうまく金蔵を召捕りゃ  ここで正直に云え  ここを目ざして来ると  ここの家へ仕返しによこすから  ここで女房を叱った  ここの家にあずかってある  ここまでわざわざ踏み出して来た  ここへ押し掛けて来た  ここに小半日も居据わってしまった  ここから一丁ほども距れた  ここに来ているだろう  ここまでじゃあ話が判りません  ここさ来た  ここでアッサリと思ひもよらぬ  ここでもひどい大間違ひをやらかした  ここにも釣れる  ここでも金の魚が釣れた  ここでは渋谷としてお話をいたします  ここにも門前の町屋が店をならべて  ここへ忍んで来ました  ここにも顧み  ここをきれいにしておかなければ  ここに家があったじ  ここにこんなへそみたいなものがある  ここに又ひとつの事件が出来しました  ここに女が死んでいたと云うじゃあねえか  ここへ死骸を持ち込んだ  ここでいつまで調べちゃあいられねえ  ここでざっと調べますが  ここに居るだろうという  ここが下りる  ここでは少し下り道ななだらかな傾斜なのでだんだんに暗さをます  ここで色々の出来事があまりに早く起ります  ここに四人いるからな  ここへ運ばれてきた  ここで打ち明けてしまったら  ここへ連れて来られる  ここでお悦の身体を焼きたいとでも云う  ここに竦んでいる  ここで竦んでいる  ここさ連れて  ここに截然とたち切つて  ここに何の用もなくなつたやうな氣がした  ここではいけませんか  ここに一場の物語ありという  ここの店さきで鉦をたたいて  ここで用人らを騒がせる  ここにもお俊は来ていない  ここへ持ち出す  ここに提供した  ここでこういう催しをする  ここまで尾行して来たか  ここに生れ  ここやかしこに限らず  ここへ鍬入れをしただけの  ここでなければならんという  ここを卜して  ここは動かない  ここで推薦された  ここへ駈けつけて  ここでは誰も知った  ここで申し上げませんでも  ここまで読みすましていた  ここまでは舞い込んで来ますまいね  ここでそれを歌っていただいても  ここにたまっている  ここは白骨と違って  ここで落着いて  ここにその淫乱後家の情事をズバズバとすっぱぬいている  ここへ来たな  ここへ現われた  ここと押しかけて見ると  ここに逗留をしていなければならぬ  ここから程遠からぬ飛騨の平湯の大滝を見に出かけます  ここに不思議なこともあればある  ここには石樋があり  ここには御金蔵もあれば  ここにはじめて天守の初重を踏んでみたとする  ここに第四重目に入る  ここに藩主の御成の間がある  ここまで来てしまったが  ここから落ちる  ここから落ちて  ここのところの受渡しがしっくり行かなかった  ここに大きな川があって渡れ申さぬ  ここでお稚児踊りがある  ここを破ろうとの  ここに新たな土木工事が起されました  ここでは絶対権を有する  ここへ訪ねて来たという  ここに持ち上げられた  ここに新名称が選定される  ここに繰返すまでも  ここへ集まった  ここまで当りのついた  ここまで述べて  ここにめぐり合わせた  ここは自分ひとりの専有と信じていたのに  ここに冬籠りをして熟しきっている  ここがなんとなく不安になりました  ここを出ますか  ここを出たいの  ここではその必要を解いて  ここまでひとり旅をして来た  ここでは控えの芸妓共が強気になって  ここで棒鼻をおさえられた  ここへ導いておいてから  ここを押せば  ここにいないという  ここは鳴海の土地と聞いておりますから  ここを立去らねばならぬ  ここで袂を別たねばなりません  ここへ登って見ると  ここへ来てはじめて  ここも悪いところではありませんけれど  ここを立ちのいた方がよかろうと思います  ここと違って  ここの藩中の重役の命を取返したという  ここで薪を取って  ここから青梅の裏宿まで運ぶ  ここでこの強敵に出会した  ここをはなせない  ここから飛んで行きますよ  ここへ呼びましょう  ここへ戻って来たには来たが  ここは充分考え  ここまで語り来って  ここに落着いて  ここがお分りになりましたね  ここは離れて  ここからほんの地続きの尾張の中村で生れ  ここにこうしてお待ち申しておりまする  ここに来てください  ここで一日ゆっくりお花見をすると  ここでお泊まりにしてしまえば  ここでは七不思議の一つと云われています  ここは友蔵の娘が奉公している  ここに濡れ  ここでも東屋という茶屋旅籠屋の表二階で三晩ほど打ちました  ここの息子のために大事の娘を殺されてしまったから  ここに厄介になっている  ここは私の家と違います  ここの女に焦れていればこそ  ここの家へ入っておいでやした  ここの家へ黙って入っておいでやした  ここからまた閉め出そうとする  ここを立ち退かない  ここに居  ここの路次へ入って来る  ここからお帰りやした  ここにいなくなった  ここへ来てはった  ここへお園さんと二人で並んで  ここで身を引かねば  ここで三野村さんと喧嘩してはりましたなあ  ここへ来ん  ここへ入っておいでやした  ここを立出で辿り行くほどに  ここは新地なり  ここで実は様子を聞く  ここでと思うが  ここで舞なぞは願い下げじゃ  ここで按摩が殺す  ここで何か御覧になった  ここに立ち停まっている  ここに待ち合わせていて下さい  ここまで踏み出して来ながら  ここでも遠く啼く  ここでおれが調べるから  ここの火の番の藤助という者の行く  ここへ寝かして置いてくれと云った  ここに残して行った  ここを逃げてから  ここへ顔出しも出来ないので  ここに残っていて  ここまで出て来ながら  ここまで来て貰って  ここで別れるとしよう  ここでお冬に出逢って  ここでお目にかかりました  ここまで引っ返して来ましたが  ここの門口に停まった  ここに居りますか  ここで住職祐道に就いて語らなければならない  ここに定まった  ここへ来てしまった  ここへ来り着いた  ここからあんまり遠くないところに住んでいる  ここに現れて来た  ここへ卸して  ここで見て  ここで見てさえ  ここに来り  ここに鎧櫃がございますね  ここも山国とはいえ  ここを去ったという  ここを出立して  ここまで登りつめてしまった  ここでいやなことを言い出したら  ここは相当年月を経ながら  ここで井上清虎に就いて  ここの郡代になるについて  ここで手ほどきをしたという  ここに閉じこめられて  ここで謹慎を命ぜられている  ここでわしのために定めてくれた  ここに起臥してたもらぬか  ここまで話をすすめた  ここから抛り出して  ここの身代が欲しくてするとは  ここまでやって来たに過ぎない  ここでめぼしいのがあったら  ここに風のたよりに名古屋に於ける  ここまで落着いた  ここまでの行程が展開してみると  ここは事情の違う  ここを立つには  ここの熱田の宮へ来ても  ここを目当てに戻って来るだろうし  ここの薬師様は眼病に利くとか  ここの神様は何の御信心に利くの  ここの温泉は何病によろしいかとたずねる  ここに待合わせている  ここに爆発し  ここまでこらえて来た  ここへ戻ってくると言ってくんなヨ  ここは始めてでしょう  ここのマダムはどうした  ここで待っておられる  ここに持っていますが  ここがわからんで  ここのおやじにきけ  ここまでつれてきてくれ  ここへあがって来る  ここにいるなら逢いたい  ここにおりませんわ  ここではふれぬ  ここへ坐りこんだか  ここから逃げだしたいと思った  ここで待ってます  ここへ倒れてしまう  ここで久我を待ってる  ここから逃げだして  ここへやって来てはならんと言っておいたろう  ここへ出はいりする  ここですこし活動しなくてはならない  ここへきてからの  ここでおりる  ここを動きかねている  ここでいけなかったら  ここに自分を愛する  ここで復習って見せようか  ここを買ってから  ここに燻ぶっている  ここを取り上げられては  ここへ引移って来る  ここへ行こうかと  ここから提げて帰った  ここで十円足らずの金が入れば  ここは寒帯だから炬燵でも置かなくっちゃ凌げない  ここで騒ぐ  ここを縫って下さいと  ここまで考えついたけれども  ここに二三度訪ねた  ここを訪問した  ここへ避難する  ここでちょっと笑ったが  ここで少し笑ったが  ここへ修業に来た  ここにおいでにならないでも済みますから  ここへ来て始めて知った  ここでも野球戦の余響をまき散らしている  ここに落着くと  ここに立っては見たが  ここの土中に葬られている  ここへ呼ばれた  ここは出さぬぞ  ここで聞いてくれるか  ここまでふらふらと来てしまった  ここへお招き申して  ここにゼラチンを用い  ここにあにしていただ  ここで毒婦をしても  ここから初まると思われます  ここにて事足るなり  ここにも春風の浸みて来にけん  ここでは間食が好きで三度の外にヤレ菓子が飛込む  ここにて消毒作用を受け  ここへ来るかもしれない  ここへお膳を出したら  ここでお見せなさいな  ここにも志を見せる  ここの田舎へ来る  ここでいくら苦心したって  ここに働いたかという  ここの家へついてからの  ここで感情は破産させられている  ここの軒ぐらいの高いところへ出来るという  ここへねかした  ここで死ぬるばかりい  ここに暮している  ここから堂々アスファルトの大道となって  ここにおびただしい人間が集められ  ここを動き出したい  ここには人口二十万の大都市がつくられる  ここでは蚊帳がいった  ここにおいませ  ここに二人でおいませ  ここで落ちている  ここのところ歩きやはりましょう  ここに泊めて貰う  ここのついねきにあった  ここ動かんと待っとって下さい  ここまで生きて来られた  ここでトラックを待っている  ここまで辿りついた  ここまで歩いてやって来た  ここまで来て落ちたら  ここに二代将軍頼家公も御決意なされ  ここに繰り返して申し上げて置く  ここに端を発したと  ここに於いて固められた  ここに全く大勢が決せられた  ここに鎌倉の天地震怒の  ここを仮の御ところに定め  ここぞと口汚く吐きちらし  ここへ坐らう  ここに不思議あり  ここを先途と闘ひ  ここで立派な官僚が出来上る  ここにおいて役人と伝統主義者とはもはや彼を追う  ここにおいて私はいいたい  ここに二重の贖罪が行われて来ねばならぬ  ここで鳴謝する  ここまでとどけてくれる  ここを去らない  ここへ持ってきたの  ここで死体をお調べになっては  ここで注意せねばならん  ここに一人の男がいて  ここを十一時ごろ立てば  ここは煙草が安く手にはいりますので  ここは関税がいらない  ここでは固い煙草をすい  ここにパイプの棚がある  ここに上ったら  ここにその公案の全文を写してみよう  ここに寄ったという  ここでは先験的に十二という数に限定されて  ここに言語学の科学的地盤がある  ここに範疇論の科学的地盤がある  ここにお置きあそばしてくださいまし  ここへ呼ぼう  ここへ択り出した  ここに牛の切図がありますから  ここにパイを抜く  ここにおいてお登和嬢が心を籠めたる御馳走は早速人々の前に持出されたり  ここと殊なるに  ここなる未成の人物にいとふさはしき  ここかと捜しもとめつ  ここは夏の間のみ客ある  ここへは寄らず  ここで夫人の受けられる  ここに或る一つの場合を考えて見ます  ここで白柄組の成立ちを詳しく説明している  ここはこの老女の顔を立てて  ここにあらわれた  ここに短歌は様式が定まった  ここに空間概念の動機が働いている  ここで主人の云った  ここへ映ったと思ったとしても  ここはぐっと大廻りになります  ここから起り  ここから生ずる  ここに芸術の根柢に潜む  ここを根拠地として日本へ襲撃すれば  ここを突破しなけりゃ  ここに三千円ある  ここへ二人きり置いて行かれる  ここへ蹲んで  ここに片袖とともに蘇生った  ここに手段があります  ここで姉さんが名を言って  ここに客があるかも知れんと  ここに短銃を所持しております  ここで実物を拝見しますと  ここを動きません  ここは立去った  ここで寝るよ  ここへ来て寝ないの  ここにもまた大阪の憂鬱があった  ここで食えるのに  ここでいささか註釈をはさみたい  ここは焼けないで  ここで再び註釈をはさみたい  ここで場面は当然針助の家に移る  ここから裸のまま飛び出した  ここでこの場面が消える  ここは中之島公園とちがうぞ  ここでお泊りになって下さい  ここで最後の偶然を述べねばならない  ここへ来てくんねえ  ここへ何しに来なすった  ここはさうでない  ここで暮六つの鐘を聞いた  ここで呼吸をついた  ここの源まで来ない  ここで話す  ここで私がものを云うと  ここで触れて見たい  ここに一つの愛し生まんと  ここの場長さんが言っていた  ここはなかなかむずかしく練習を要する  ここの助手さんのひとりが僕を鋭く呼ぶ  ここの場長がとりきめた  ここまでお昼ごはんの後の休憩を利用して書いた  ここを出てから持って歩いてね  ここの処よくよく闊眼を開いて  ここに挙げ  ここは必ず八字に読むべきにて  ここはこのままそっくりしておく  ここで一応聞いてみる  ここの十字路を踏み切る  ここには前晩に奧さんの揃へて置いた  ここに反射窓がある  ここに鉄の灰皿がある  ここへ持ってきたりする  ここへ飛び出して来る  ここへお客に来ている  ここを小舟で通り過ぎている  ここへお客に来た  ここへ籠った  ここを選んだまでの  ここで白雲の口頭に上った  ここまで突進させてしまったけれど  ここの当主が聞えたる  ここを立つという  ここへ通りました  ここまで一気に雲煙を飛ばせて来たが  ここに記した  ここで君たちに口で説明するという  ここへ挟んで来れば  ここまで避難して来たという  ここまで走って来たと思った  ここまで走って来れば  ここまで連れて来て下さった  ここに番をしてあげたらよかり  ここへ伴って来た  ここへ持ち込んで来た  ここに引合いに出す  ここを脱け出したとは思われません  ここに白木の長い箱が存在する  ここに来ておりますよ  ここに置き放してあるではないか  ここまで持って来て置く  ここでも胸を抑えてしまった  ここへ移された  ここまで筆を走らせてきたけれども  ここからながめると  ここまでにしていた  ここへ放浪せしめられた  ここにのしたと見れば  ここまで突走らされ  ここまで逃げのびた  ここんとこで思い返していると  ここに召使われている  ここまで忍んで来られた  ここへ立つと  ここにも兵馬のために有力な合方となってくれます  ここにいたとおっしゃる  ここを立退いた  ここに潜んでいた  ここへ越す  ここの女主人ともいうべき  ここの生活に革命を生ずるとはいうものの  ここに生年月が書いてある  ここまで連れて来てくれて  ここへしけ込んだを  ここへ申しつけさえすれば  ここまで追っかけて来る  ここに遊んでいるという  ここに泊りに来る  ここへ泊り込んだ  ここへしけこんだのに  ここへ泊り込んでいるとしたら  ここでは朝風呂をたてる  ここへ泊りこんだ  ここで行詰まった  ここへ来ているという  ここまでは一気に喋って  ここまで生きてこられたという  ここにお雪ちゃんがいないという  ここへ導かれたという  ここまで導いて下さったか  ここでおあたりなさい  ここまで引き寄せてしまいました  ここもキラキラと金色に輝いていた  ここだと敵機に知らせた  ここに書きしるす  ここでもまた物凄い地獄絵巻がくりひろげられていった  ここで気が違っては  ここに疑を存し  ここに附記す  ここはそうとう深いところでもあるし  ここにあらためてのべるまでもあるまい  ここまでつづいて停っている  ここに土をけずった  ここへぶつかった  ここへ落ちこんだ  ここから出してはいけません  ここで執刀する  ここでは困るぞ  ここから出す  ここまで来たに  ここに残っていたら  ここを出発しました  ここまでたどりついた  ここでは緑色の衣裳をぬいでいるかもしれないが  ここをさよならするまでは  ここを開けといっているらしい  ここへ封じこめた  ここから脱走する  ここへ戻ってくるという  ここで弱味を見せてはならぬと思い  ここを脱出したい  ここを脱出できるか  ここを脱出しなければならぬ  ここに残る  ここを脱出しましょうか  ここからださないよ  ここへとびこむと  ここへ食事をはこんでくる  ここに暫くの盛りを息づく  ここも芒が一年増しに根を張って来て  ここに説かんとする  ここではかたばみの花を思わせる  ここでハナガラといっている  ここでは奇妙にチゴ・ウナイゴにたとえた  ここにもあるというが  ここでも別々にそう呼ばずにはいられなかった  ここにも以前は赤うなれゴンボという遊びがあったか  ゴゴという語がある  ここに述べて置こう  ここへ喰べに来る  ここへ来られまして  ここを記者倶楽部にする  ここで生まれるって  ここに持ち込んだ  ここでよくお考えになって  ここに静かにして待ってい  ここでお互いがよく注意しておかねばならぬ  ここに掲げてある  ここまで来なければ  ここではその必要を認めませんので  ここにはじめてしっかりした  ここでとくとお考えを願いたい  ここに一転して  ここにいるというだけで  ここで一言申しておきたい  ここで一言申し上げておきたい  ここでぜひとも申し上げておきたい  ここが間違っていた  ここにあの善財童子の求道譚を思い起こす  ここをもって  ここで多くの女を全裸にさせて  ここはきつすゐの  ここで毎日こうして次の論文の原稿を書いていた  ここまでついて来ていた  ここの場面はスカンジナビアとは地球の反対側に近い日本の東京の郊外であると思うと  ここではごく常識的な意味で用いておく  ここではちやうどその反対のことが言へる  ここのことを想像したり描いたりした  ここにどんな表情が発見出来るだらうか  ここにはにがにがしい老人の稚拙さだけしかなかつたのを覚えてゐる  ここからさう  ここで呟かずにはゐられない  ここにも随分通いつめ  ここより比良を越して  ここから見た  ここは理想的な地だと思った  ここは理想的でありすぎた  ここは京向きの道より雪も消えて  ここに或る複雑な形の波形がある  ここの電灯も消して  ここは見えやしないよ  ここに赤い布がありますから  ここに一兵も余さず  ここから逃げたらしいですね  ここの店をやっている  ここで苦しめる  ここまで喋ってきた  ここで自分のいう  ここにしるしてみよう  ここでは問題にならない  ここに統計的方法の長所があるとも言われる  ここではしばらくこれ以上に立ち入らない  ここではそれを問題にしたという  ここで休もうと  ここには簡略に異名だけを述べる  ここまで持って来る  ここでも水が飲めぬという  ここにも例の通り馬喰のかか  ここにも胸の羽が水に映って  ここには問題だけ出して置こう  ここには割愛する  ここで考えて見なければならぬ  ここで探すので  ここに引く  ここまで行渡っている  ここにおいて江戸時代とまた支那の文学美術とは無限の慰安を感ぜし  ここに安ぜんと欲する  ここに観察しようとする  ここに偶像礼拝と密接に相関する  ここに侏儒の国があって  ここに百円残っている  ここにこんな広告が出ている  ここで召上って下さい  ここで争っても  ここで仏蘭西人の事などを手柄顔に持出すと  ここへ何しにいらっした  ここを逃出すという  ここは青年團の多收穫の  ここでも先づ馬の話から聞かされた  ここからも理解されよう  ここで初めてホットした  ここに野犬狩りの新しい真理がある  ここで再び生きて来た  ここでは士官学校と同じに就職難はまず存在しない  ここから起きる  ここに完全に教育勅語的な文学博士西晋一郎教授という存在が横わたっているという  ここに証明するまでも  ここで思い出して  ここでも亦反覆して  ここで科学者として語っている  ここで親孝行と云った  ここでは元来が善良な併し  ここから来る  ここから続々として生まれ出る  ここで明らかなように軍部は外務当局の交渉振りの監視に任じている  ここに個人主義自由主義乃至その発展たる種々の思想の根本的過誤がある  ここでも判る  ここで政府の目指す  ここに来るまでの  ここに近代社会の病理的研究の必要がある  ここに自ら融合せられるであらう  ここに来ていられる  ここへ来て呼んでやらんけ  ここにはとり立てて申し上げません  ここには何も申し上げますまい  ここばかりは涼風の通う  ここに潜んでいる  ここに謹謝す  ここ過ぎり街にゆく  ここも道幅が広がりかかって居る  ここにも鯉がひるがえって居る  ここに居たが  ここに封入しました  ここを片づけて  ここまでは来ましたが  ここに東山時代における一縉紳の生活を叙せんとする  ここにおいて予は便宜上この論文を二段に分ち  ここに萎靡し果てて  ここに存せなければならぬ  ここにおいて足利時代の京都文明は古典的見地からしていえば  ここに遺憾なく曝露され  ここでちょっと実隆の相続人たる公条のことについて説明しよう  ここにあるべきである  ここだと思い切り  ここはいいかげんに切り上げて  ここで画架を立てて  ここにいますは  ここの主人になっていただきたいと思いますが  ここに皆さんが見ていらっしゃる  ここの旦那を老実な方だと云いましたが  ここが白娘子の往ってはいけないと云った  ここへいらしてください  ここでは申上げかねますが  ここに帰着してしまう  ここに客観的と云うは  ここまで極端な説を有しているかいないかは  ここには国営という観念の特殊な響きがある  ここまで書いたら  ここまで投函にくる  ここで一言付加えておきたい  ここで特に深謝の意を表しておきたいと思う  ここでも問題とすべきではないかと考えさせるだけの  ここでは世界は六つの時期に区切られて  ここでこのような考えの根底となっている  ここではこの方の関係について立入る  ここではすべてをその書に譲りたいと思う  ここでは暗黒な原始水ヌーをかたどっていると思われる  ここに求めしか  ここに掲げても  ここに低く人の数々を作りぬ  ここでは完全に均質に溶け合った  ここではただこの問題に関するスピノザとハーバート・スペンサーの意義明瞭な表出を挙げるだけで  ここで北国民は一つの独創的な変更を加えている  ここから起った  ここでギリシア文化がこの古典的地盤の上でエジプト文化と融合された  ここに彼の言葉を引用する  ここにその演説の一部の抜粋を試みようと思う  ここで簡単にそれを述べようと思う  ここでは完全な明瞭を期待しても  ここで精霊の所説に関するスウェデンボルクの報告を列挙した  ここでそういうものを仮定している  ここでその物体に相当する  ここでは空間中の他の場所に比べると  ここには適用されない  ここに利用すれば  ここではただリッターの研究の主要な結果を述べるに止めようと思う  ここでリッターは水素二原子より成る  ここでは少し方面をかえて  ここで我々は次のようなことを想像する  ここに簡単な物語を記しておこう  ここに一グラムの氷の温度を零下一〇度から次第に高めてゆく  ここで起ってくる  ここでこれと連関して  ここで多分こういう抗議が出るかも知れない  ここにもう一つの事情が関係している  ここに目のあたりに見る  ここで下手な訳者注などを付ける  ここに改めて感謝の意を表しておきたいと思う  ここへつれてきて  ここをつきぬける  ここで終止符を打たれた  ここに止まる  ここの研究所を空にしてしまって  ここよりも便利かも知れない  ここで号令し纏めなければならんと思うね  ここでも今までに相当なことはして来た  ここは東京ほど暑いと感じないのに  ここに三センチの線があれば  ここに元素の自然変換が行われる  ここに骨を埋める  ここまでのドライと救いの両方は持ちえない  ここでげらげら笑い出して  ここでその一端を活字にしてみる  ここでは一人の尼の話だけにとどめておく  ここで果たそうではありませんか  ここで切れている  ここへ呼び出せ  ここまで言うた  ここでは言えないがね  ここと思うた  ここと決めると  ここじゃいけない  ここまで言うと  ここにも立っているが  ここで生活する  ここでは一方が承知しなくても  ここを飛んだでしょう  ここで人間を鋳換える  ここで鋳換えてもらうと  ここぞとばかり力を入れて  ここまで逃れて来ました  ここへは三四十回も面会にきた  ここへ案内してこい  ここへとびこんだ  ここで瓦斯をぬいて  ここに綴るまでも  ここで相良十吉は何を思い出した  ここからたっぷり二時間はかかる  ここで下りて  ここまで私が喋りつづけると  ここで私は黙り込んだ  ここに風間氏の手記があり  ここに相良氏のプロペラ設計書類があります  ここからもう少し上方にある  ここに立ちどまって  ここでも何かもう追い詰められてゆく  ここで死なねばならぬ  ここを出て行きました  ここを逃げ出した  ここを夜逃げをした  ここへ連れ戻す  こことは違った  ここで休んでいたい  ここで暫く休ませて置いていただきたい  ここでゆっくり休息なさい  ここへ戻って来ると言いましたら  ここにありません  ここへ弁信を導いて来た  ここで刀の磨きをかけていましたよ  ここに失礼さしていただいた  ここへ加入させていただいてから  ここに火吹竹の失態を演じたという  ここで足ずりをして  ここをとぶ  ここと同じところにいて  ここまで到着しましたけれど  ここにその謂れが刻んである  ここで全く右の小柄の男を袋の鼠にして  ここに子鉄と呼ばれている  ここにいたるまでの  ここにいたっても  ここから遠からぬ大井町にある  ここをどこだと心得てる  ここには柳生様がいら  ここに米友の素質が爆発して  ここへねじ込んで  ここに覚悟の臍を固めましたが  ここへ来て隠れた  ここまで聞えるけれども  ここがわかったねえ  ここでもたまらなくなって  ここに踏み止まって  ここには自分の建てた  ここの地点でお目にかかりまする  ここでお地蔵様のお守をして  ここで一夜を明かさしてもらうべ  ここは相当に教養のある  ここにまた当分の足を留める  ここを出立しました  ここまでは知己をたよるという  ここへ据える  ここでみんながもてあまし出した  ここまで出て来た  ここにいま持参して来た  ここで次へとなっておりますのよ  ここが臨時非常見廻役の会所になっていて  ここへ不意にお雪ちゃんが帰って来た  ここまで逃げ出す  ここをふらっと行き尽せば  ここでとんでもない人違いをして  ここまで淫魔めがあとを追うて来おったか  ここの枢のかげんも知らない  ここを抑え  ここに忍んでいらっしゃい  ここをあけて  ここに立とうというだけの  ここで弱味を見せて  ここの屋敷近くには名にし負う  ここのお蘭さんのお茶沸かしの  ここ暫くは知って  ここにはじめて内からカラリと戸をあけて  ここへ寄せろ  ここは都塵を離れたる  ここへ忍び込んだ  ここにはかなく一命を落した  ここを占拠して  ここまで遠出をして来たという  ここまで持ち越されて  ここで逢いしは  ここに於て三両一人扶持をいただく  ここまではすいすいと運ばれて来たが  ここでお父さんの言う  ここで罪人は全く正面をきって  ここの方が都合がいいことにもよる  ここでちょっと気合を外されてしまった  ここにはいないの  ここのところ山間の一大楽土になりました  ここへ打込んで困りました  ここで療治しなければならぬ  ここに歓楽の天地をひっくり返す  ここに最後を死守して  ここをめざして降る  ここにまた一つの阿  ここが大事というところを承りまして  ここまで喋り来ったが  ここまでは来まいが  ここは久々野の村外れとしましても  ここで左右に別れました  ここで宿次の形になって  ここまで駕籠をつけさせた  ここまで落ち延びさせる  ここの本陣で雨の日夜をしめやかな宿りについた  ここで岩をはさんで  ここでも般若の面を放さないでいる  ここにすでに構成されている  ここまで進んでいた  ここでもっと突込んでみようか  ここで十年のあいだに色々の原稿を書きつづけた  ここから北に当る  ここんとこへ銀は千鳥としゃれやしたよ  ここにごぜえます  ここへ引越して来た  ここに持ち運び  ここに置き放しにしていた  ここに日本一の馬鹿がいます  ここへ立寄ったという  ここへ来たと思う  ここのホテルでやすみましょう  ここへ寝給え  ここへ一緒にやって来てみたら  ここの店との約束でげしてね  ここに足形が三種ある  ここまで聞えてくる  ここで彼の声はふるえた  ここからコブレンツまであるほど  ここに一の本能的な法則がある  ここまでの道を夢中のようになって歩いて来たが  ここで話しをしているねえ  ここのうちを出ていってくれといって  ここは私の寝る  ここを出て去った  ここにあなたの手紙なんか持って来ていない  ここにいるといわずに  ここで二百両撥ねようと  ここに三週間ほどを静かに愉快に送ったが  ここで説明していると  ここへ送って来ましたので  ここへ集まって来ましたので  ここへ参りませんでしたら  ここへ飛んで参った  ここではありません  ここで黙っていれば  ここで私のいわんとする  ここまで読み下して  ここで門内西南の地に女ありと考えなければならない  ここに最後の不思議と言えば  ここにしよう  ここまで歩いてやって来ました  ここまで覚えている  ここまでのようにはっきりと記憶には残っていない  ここへ差しかかった  ここへ運んだ  ここだけを所得顔に一面に咲き乱れていた  ここに十字架がある  ここに住んでいような  ここにこうして立ちながら  ここに自害している  ここまで語って来た  ここまでそれが下りて来るには  ここへ来るよ  ここから出て  ここまで背負って来た  ここを見るが  ここまでやりとげれば  ここまで捗が行けば  ここへは帰って来まい  ここで射られてたまる  ここで三分の恐れを抱いた  ここでまたひそひそと噂し出す  ここまで逃げては来ましたが  ここで泣いていた  ここに一部落が出来上がり  ここでようやく相談を極めた  ここに奇怪な事が彼の心中に湧き起こった  ここにもう一つ奇怪な現象が行われた  ここまで話して来たら  ここで物語は少しく別の方へ移らなければならない  ここで舌打ちをした  ここで再び笑い声がした  ここに横穴がある  ここでも葉之助はゾッとした  ここまで上って来た  ここで夜明かしをしよう  ここで下ろせ  ここに眠っている  ここで白粉が蹴散らされている  ここまでも届き  ここには六匹しかいないじゃあないか  ここでしばらく話が絶えた  ここのところでよく間違ふぞ  ここじゃあ話にならねえ  ここで斬った  ここで声を落した  ここまで土を塗ってなかったという  ここでその役者とやらを殺し得ましょう  ここへ来るより  ここへ上って  ここからは新しく書く  ここにくどくどしくは申しませんが  ここに神はいづ  ここにチャンとでている  ここもと御覧に入れまするは  ここで結構と頤をしゃくって  ここへはいってまいりますと  ここへ下りずに  ここまで来かかる  ここは一番お囃しの  ここを通っていた  ここにこうして死んだ  ここで初めて顔が合った  ここにまた何よりも嬉しき心地せらるるは  ここにおいてか無事石橋を歩む  ここに一般に大鍋と呼ばれている  ここの敷居へ胡麻油を引かなかったか  ここへ足を投げ出しておく  ここにゐても  ここに所謂広大となった  ここにおいて遍満行き渡らざる  ここを先途とあらしが荒れまくっていた  ここにざっと書き連ねずにはおけない  ここに君の姿を写し出してみる  ここに持ってるから  ここにあつめた  ここにさえいれば  ここに育って  ここに憐れな年とった  ここの家の子になってしまう  ここで笑って見せねばならぬ  ここへまいりますと  ここにカステイラがあるワ  ここで想像して  ここへ通しておくれ  ここにいやアしません  ここまでこぎつけておけば  ここに筵を開きし  ここに引用しておこう  ここは去るまいと  ここに一人現われました  ここにいくらでもある  ここの御主人が寂しいとおっしゃる  ここを訪れる  ここへ立寄った  ここへ話しに来る  ここの家にいてくれまいか  ここは尾州清洲の古城址のあたりに来ると  ここを流れ  ここに大手があって  ここがやっぱり昔の往還になって  ここでくんずほぐれつ  ここにこうしてぼんやりと腰をかけている  ここへ追いついて  ここに先着していたので  ここへ落着く  ここに泊る  ここで皆さんをお待受けしている  ここと思って突っ放され  ここは桃配りといってな  ここで彼等の溢れ  ここに今晩の本陣を押据えて  ここまでつけてよこしました  ここでガラリと向きをかえて  ここに火蓋を切って  ここで舞台が暗くなると共に  ここへは決して帰って来ないという  ここのほかにある  ここまで参りましたけれども  ここに来ているではないか  ここでしている  ここで逢いたいに  ここに待っておりますから  ここに出現した  ここまで忍んで来ていたなどは  ここへ泊めて上げるには上げるが  ここまで抱えこんで来た  ここで一から十までも学び尽さねばおかないという  ここに住込む  ここにまで至らし  ここへ出入りの西洋人に頼みこむ  ここのマネージャが言っていると  ここを根拠として渡り歩いていれば  ここに水沢の気があれば  ここで七兵衛の間違った  ここがまさしく美濃と近江との国境になるという  ここい来るちね  ここにおったっか  ここからドボンと飛び込んでしまおうか  ここで検疫があるので  ここにかくれて  ここで彼の声は震えた  ここからコブレンツまでもあるほど  ここに見えなかったならば  ここを先途と愛嬌をふりまいた  ここにはもういなくても  ここへ這入ったまでさ  ここでは思う存分叫び  ここだけの秘密だぞという暗黙の自覚をちゃんと思って  ここで私はふと信一が言った  ここまでも聞えて来る  ここではまだそんなにお友達出来ないわ  ここに書きつけておく  ここに予め言うておきたい  ここに伝説の上に語られた  ここで山越し像に到る  ここまで登って  ここに一説がある  ここで手柄を現すと  ここは隻眼山一目寺と云う  ここは人の来る  ここへ来なされた  ここに詩人という天職が出来て  ここまで漂流して来た  ここまで決心をした  ここをちょっと借りたよ  ここで休んで行ったな  ここの城下で随一の物持ちで御座んす  ここにいたなと  ここまで出たら  ここだと思ったが  ここへ逗留している  ここに留って  ここに掛けてある  ここにもあるは  ここまで曝け出  ここで切れる  ここに馬賊が出て  ここで仕事に没頭している  ここのすこし荒れた  ここにこうしているだけでも  ここから二つ三つ向うの村には名だかい古墳群などもある  ここの山々もおおく南を向き  ここにも人麻呂の死に対する同様の観念があらわれております  ここで冬を越す  ここにも実にいきいきとしている  ここよりかなり下にある  ここに入ると  ここで昼寝をすると  ここより何町と問う  ここの番頭が今朝歩いた  ここでもコオロギがいちばんあとに残って  ここを通れば  ここで突き放してしまうと  ここをセンドと合唱しはじめた  ここまで主客の間に話が進んだ  ここを出ようとして  ここまで持っては来たが  ここを出ました  ここでお目にかかれて  ここは先手を打つより  ここでちょっと駒井に取りなす  ここに一晩中ながめていたの  ここに立番をして  ここへおつきになる  ここを出て行くべき  ここにいるよりも  ここまで来たからには  ここでそれだけの造船がやれ  ここへ来るには来る  ここへ来られない  ここで話したが  ここへ寝てみたい  ここで弓矢に覘われようとは  ここにひそんでいる  ここへもぐり込んで  ここへもぐり込む  ここに一泊ということにきめました  ここまで連れて来られる  ここんとこをこうしてみて  ここへ帰ってまいります  ここへ来ちゃいけない  ここで組み止められている  ここさ博奕打ちに来っから  ここさ博奕打ちくっからくっから  ここさ下りて来いと言われたので  ここまで抜けがけをして来た  ここは諦めて  ここで駕籠を破って逃げてしまった  ここで一行が暫く休んでいる  ここへ目指して逃げて来ようとしない  ここまで安着せしめた  ここに碇泊している  ここでその期間を利用し  ここへ持ち出して  ここでまたも放たれた  ここにも茂太郎がいたぜ  ここから北東部といえば  ここに白雲の仕事がまた一つ加わって  ここまで持って来てくれた  ここで句会を催した  ここへ旅に来て  ここへこの句を書いてみたくなったから  ここでピタリと来たから  ここで高らかに吟じてみたくなった  ここにあるではないか  ここからでは弥次も飛ばせず  ここで見ようとは思わなかった  ここまで追跡して来て  ここで金椎君を見舞ってやりたい  ここではそうする  ここまで拝見しましたが  ここへ呼んで来て下さい  ここへ現われるなどは  ここへ連れて来ました  ここで皇帝から帰る  ここ迄考えて来て  ここよりぞ暗くなる  ここに渠等が伝う  ここに確に置いた  ここへ坐りましたが  ここを貸します  ここを借りて  ここで心が定まりますと  ここでお茶と云う  ここへいらっしゃる  ここを一室借りましたが  ここに待っとるで  ここに倒にはってある  ここは開くかい  ここで望の達せらるる  ここをおたち遊ばさぬ  ココにある  ここでは地上の多くのものが視野にはいった  ここに運ばれ  ここに家があった  ここへ遠廻りして  ここへ来て遊んでいる  ここに治るまで寝かせてくれとすがり附いて頼んだ  ここにも昨夜の嵐の跡が残って  ここまで来てしまったね  ここにいらっしゃいな  ここから発たれたの  ここから出かけた  ここで落合う  ここへ来るとしても  ここに繍をなした  ここの内弟子に住みこんでから  ここに織り込まれている  ここにお嬢様と呼ぶ  ここの土地で使える  ここですげなく譲り渡してしまう  ここにこうして現実に行わるるの  ここに王国の礎を置く  ここを指し  ここから眺めて  ここへ掬い上げて来て  ここから左へよれば  ここではその鐘も聞えません  ここでは朧ろにさえ見えはしません  ここへ少し持って来た  ここへ土地をお求めになり  ここへこうして三日目になりますけれど  ここまで弁信は喋りまくって  ここであの鳥を痛めつけては  ここでは何と言われても  ここへはいれと  ここを巣にしていた  ここを出られない  ここから出してあげる  ここで異様に昂奮し出して  ここへ来られません  ここへ立戻って来た  ここへ出る  ここで鼻の先をこんなにこすったの  ここで健吉くんのことに移らねばなりません  ここへ伴れていらつしやい  ここへよこして下さい  ここを洗った  ここがあアいけないと  ここでこのままへたばって眠った  ここでもまた彼が事柄をあまり簡単に見過ごしていた  ここまで持って来られない  ここで初めて語り始めた  ここに今書くべき  ここの女郎買いを知らない  ここで作ろうじゃないか  ここへ待って  ここで下船させる  ここで要求が容れられなければ  ここでちょっと待っててもらいたいね  ここに行こう  ここに思いがけない不幸なことがもちあがりました  ここへ網を掛けるの  ここで手伝うなら  ここで森と工場の番をしている  ここへ蕎麦播きだぞ  ここで働いていたいとも思いましたが  ここで仕事をしながら  ここへ天幕を張りたまえ  ここで死ぬなら  ここまでおいで腹がたつ  ここでお前たちが大口あいて  ここに思ひを  ここにひとまづ方様のお身も納まりたれば  ここに楽しくくれて  ここぞとさりげなくもてなして  ここで逢ひしは  ここに管見を吐露して  ここで咲いた  ここで霊験をわたしに見せてくれた  ここにいるならば  ここまで飛んできて  ここの主人は飛行機にも乗らないで  ここまでやってこい  ここに何か落ちているぞ  ここに落ちているからには  ここで消えた  ここの谷村博士の研究と何か関係がある  ここが他といくらか違う  ここのいくつかの広間を碁会に使用するに至って  ここへ宿泊する  ここを使ってはいた  ここへ別の一人物が登場して来る  ここでその脅迫を一層効果的にしようと考えた  ここで一つ働きを見せて  ここへ来てある  ここにも難関がある  ここで敗退しては  ここへ寝かせてもらおうか  ここまでは来ないから  ここへ先生をたのんで来たからな  ここに書いて置きたいと考える  こことあの足を見た  ここで助かったら  ここへ住んで  ここで二人共黙って  ここで下ろしてくれ  ここへ新鮮な空気を吸いに出掛けて来る  ここの別荘全体の持ち主であるアルトイノフという富豪の姿も見られた  ここの燭火も色彩も音楽も物の響きもあまりに印象が烈しすぎた  ここにいらしっては  ここは広く拵えなければならぬとなると  ここが前申した  ここにこのままいて  ここまで怒らせやがったな  ここを見捨てる  ここへくるかも知れぬ  ここではこれと結びついていた  ここに信仰の新しい様式を成長せしめた  ここで打切っては  ここでは皆山ははの所業になっている  ここから急転する  ここにも二十家族に近い移住開墾者群の一団が成立した  ここで暮らし  ここで養鶏をしたり  ここの日光をしたって  ここの桜の花のことをきいて  ここではよく釣針をとられるから  ここに池をつくって  ここにいたのね  ここでは春の一節を述べる  ここで一晩とまった  ここで急に緩くなって居る  ここに居ようと思って居る  ここに記載しておくに止める  ここに附記しておく  ここに書添えておく  ここには何の這入っておるとな  ここが一番六かしい  ここに抜き  ここの掛声をこういう風に一段と引っ立てて  ここに掲げておく  ここに建設する  ここに完成を見るに至りました  ここでは荒方工事の報告を致します  ここでまた歌人は笑う  ここでもまた歌人は笑う  ここに隠れてまっていてやろう  ここから始まるといふ  ここへいらっし  ここで逢曳をするらしい  ここに忍んで  ここに死んで流れています  ここにも木が人のやうにたつてゐる  ここは一階であると彼は思っている  ここで終っていた  ここで蘇生して来ているからである  ここではまず第一の民衆に視点を置いて  ここに我々は苦しむ  ここにも首なき母親の哺乳が語られる  ここでは一層顕著であるといわなくてはならぬ  ここでもわからなかった  ここにも苦しむ  ここには実力の上に立つ  ここにもうはっきりと現われていると思う  ここで勧められている  ここに指導的な思想があった  ここでばかというのは智能が足りないという  ここに十分に成立している  ここに小さな水力発電所があった  ここに近代までの物々交換のあとがありました  ここにこんな美しい清水が滾  ここでちょっと言い足しておきますが  ここにはじめて敢然と奮い立ちました  ここが奉公のしどころと思いましたからね  ここにくっきりと刻されている  ここに現われてまいりました  ここへ連れて来てやるから  ここからほかへいってください  ここに名山を拝するの  ここに立って見ていれば  ここへ回り道した  ここをさるまわしが通りすぎた  ここはどなたかのご茶寮のようにも思われまするが  ここにころがってますぜ  ここの家へ文句を言いに来た  ここで一切の事情を打明けて  ここに辛抱しろと言い聞かせましたが  ここの蜘蛛を捕って行った  ここにいたれば  ここへしょっぴいてこい  ここから逃げ出す  ここから帰らせていただきますぞ  ここに一つの故障がもち上がりました  ここから上りにかかると  ここが赤沢ですと言った  ここの奥さんの創意工夫に依る  ここにようやく伝六の待たれたる  ここに消えざる  ここに当然起こった  ここまで歩いて来る  ここでは政治を論じる  ここに説明するまでもあるまい  ここで改めて断るまでも  ここまでつけてこなかった  ここに一小册子を編む  ここでは凡てが單に暗示されてゐるのみで  ここに收められた  ここにその深き根據をもつてゐると考へられる  ここに素晴らしい革命を見る  ここにひとつの著しい現象が生れる  ここに於てジェームス自身が云つてゐる  ここに申してみたい  ここから南の方に猿が島という所がございます  ここでちょっと当時の牢屋敷のもようについて簡単なご紹介をしておきますが  ここにありますよ  ここにもいる  ここに捕縛して来た  ここで申しあげる  ここにひとりおります  ここまで事が運べば  ここに捕物を重ねる  ここの清さんばかりには心からほだされまして  ここの主さんをのぞいては  ここに文化の交替に似た  ここで自分を嘆いている  ここでも亦神秘的な活動を開始するので  ここに紹介状を持って参りましたワ  ここに縮図されていた  ここにまた一つの日本の縮図があった  ここにいっそうの凄艶みと壮絶みとをそのページの上に加える  ここまで道がひらけていけば  ここに一道の光明をもたらして  ここでなにかてがらをたてなきゃ  ここで友達と遊べるなと  ここについていましたのに  ここをいっちゃ  ここに及んで  ここにおいても見せましたので  ここに事件は意想外な方向への急転直下を始めかけましたので  ここに戛然と音を発せんばかりに奮い起こりました  ここに悪才を働かし  ここに一挺小銃を持ってきています  ここでわしは丸尾のために仇をうたなくちゃ  ここで頑張っていてくれ  ここからこっち半分は猛獣狩にいくとして  ここも駄目だということがわかりました  ここに空き腹を抱えて  ここでは昔の遊び事がそのまま保存されて  ここへ忘れて行った  ここを先途と声援をつづけました  ここを先途と声援しつづけている  ここまであばかれてまいりますれば  ここにおいて右門の選ばねばならぬ  ここをまっすぐ北のほうへめえりましたよ  ここに一頓挫をきたさなければならない  ここに紙切れみたいなものが張ってありますぜ  ここにおいてむっつり右門はほんとうにあごをなでなで  ここで白状させて  こことおっしゃりまして  ここといえば  ここへ来るまえから隠し持っていた  ここで待ち伏せしててやりましょうか  ここまで来たらね  ここのところに隠れているて  ここでつっ立っていた  ここにこうやりながらやにさがってすわってみると  ここでまた始めなさる  ここに気をきかして持ってきている  ここを足場にしやがって  ここを必死と追いかけていった  ここに松平のお殿さまからのりっぱなご添書がごぜえますから  ここにりっぱなちょうちんがあるじゃねえか  ここにむっつり右門がふたり生じた  ここの入り口からあかりをさし入れまして  ここへ下手人を召し  ここまで参った  ここへくりゃ  ここの二階へ駆け上がってきたんで  ここのところをしっかりと聞いていただきたいので  ここへ奉公に来る  ここで徹夜の疲れたからだに  ここに来ていると  ここの宿でなきゃできねえ  ここで甘酒屋に化けていたとかいう  ここへ静かに手先が伸びていくと  ここから何か土手の上へひきずり上げでもしたとみえて  ここへ待たしておきながらつっ走ったといいますぜ  ここに十金あるから  ここへいつもなんぴとが出はいりいたすか  ここへ来ようと  ここのおやじはご家人だなといってる  ここへ帰ってみるて  ここまでおびき出し  ここで狩り着にお召し  ここにいくつかの不審がわき上がりました  ここまで参り  ここが千柿老人の住まいでこぜ  ここにおれが持っている  ここにも変なものがある  ここの家の様子を洗ってくる  ここへひっこす  ここがいかさまばくちのあの野郎がやっている  ここで申しておきましょう  ここへちょっとお招きくだされませな  ここをせんどと  ここがだいじでもあり  ここまで眼がつきゃ  ここまで運び出して  ここへはやって来た  ここでもまた彼ひとり残っていたと云う  ここへ帰って来ないのよ  ここで丁稚奉公をして居た  ここに沢山の空地を作る  ここに見出さないだろうよ  ここはどう云う  ここに停滞してはいなかった  ここに居させて貰いたいと  ここで出喰わすとはねえ  ここで出会わさない  ここに汝の祭壇を設えよ  ここで得た  ここへそれを持って来る  ここでスクルージは何やら彼の耳に囁いた  ここにかんながある  ここに変なものがある  ここはまえと違って  ここに展開する  ここから不可避となる  ここに原因する  ここにも現われる  ここに文化の観念が有つ意義が著しく高められた  ここへだらりとつりさげて  ここへたらして考えた  ここを動かねえ  ここと眼がついたら  ここに涼んでおりまする  ここでアーヴィングがスケッチブックの一節を書いたとか伝えられている  ここで旅費を稼ぎ溜めてから  ここから板橋の先までといえば  ここへ隠した  ここまでお越しなさりましたからには  ここへおびきよせてから  ここへみんな出しな  ここへ使うた  ここで米友は完全に奔馬を取捕まえる  ここで不意にあと戻りをやり出した  ここに待構えている  ここでも戦ごっこがはじまってやがる  ここでも誰かが模倣している  ここは遥かに隔たっているから  ここは拙者の泊る  ここへお坐りなさいましな  ここでこうしてあなたとお話をしている  ここまで一生懸命に持って来ましたけれど  ここでこうして投げ出されてみると  ここまでわたしが重たい思いをして持って来ました  ここで人声がしていたよ  ここでかえって機先を制して  ここで面を見合わせたが  ここで拙者の往生際を邪魔立てしようというなら  ここまで届かなかった  ここを摺り抜けてしまおうとの  ここに落着いていたとは  ここまで戻ったればこそ  ここへ来ようとは思っていなかった  ここまで聞えた  ここまで押寄せて来る  ここにお蒲団を敷いてあげますから  ここでばかにした  ここにひとり遊ばせて置いて  ここで面を剃っている  ここへ座を構え込んでしまって  ここへあの方をお泊め申して上げましょう  ここでは全く問題になりませんでした  ここへ戻って来ない  ここでお寝みなさい  ここでいい心持に舟を漕ぎはじめた  ここまで新参早々で軒下を走った  ここから直接に飛び出す  ここに鎮座し給う  ここへ泊めて  ここへなら泊めて下さるの  ここへ泊めていただく  ここへ泊めてくれる  ここで一緒に寝ようとも  ここへ響いて来る  ここで生きるか死ぬかの  ここまでこうやって  ここで会ったが  ここに元亨釈書の和解の一節を掲げてみましょう  ここに縦の蒲団を横にして  ここで敵と目指す  ここがわかった  ここでとうとう鶏が鳴いてしまいました  ここに偉人と言った  ここでひそかに実演を試みている  ここまでも賑やかに響いて来て  ここまで漂うて来て  ここに突立って虎視耽  ここにこの人のいる  ここでお聞過しにするに  ここで声を曇らせて  ここへはせつけて来ての  ここでお雪ちゃんに施してみようとの  ここに気がついていさえすれば  ここまで押寄せて来はしまいかと  ここに思い出すまい  ここでは少々勘違いを演じたと見え  ここにこういう岩石が構成されているという  ここへなだれ込んで  ここで道庵十八番の啖呵を切り出しました  ここで道庵がばかに大きな声をした  ここまでお話し下さって  ここを訪れ  ここの場合に於ては特にそれが違う  ここで穴を掘る  ここへ参ります  ここに脇差がある  ここで殺されるとは  ここで死にたくは  ここで打明けて話してやれ  ここに華やかな唐代の貴公子の誘惑を蒙る  ここでは主膳が食いおわった  ここへスップというやつが現われます  ここにも相当の据膳がしてある  ここから江戸湾の上に見渡す  ここに秘密な大金がある  ここだけ特に自分のためにあけて置いてあったかと思われる  ここにお泊りなすっていらっしゃい  ここで主人の前にひろげた  ここまで持来して  ここで気を抜いたら  ここに永く泊っている  ここぞとばかりしゃ  ここへしょっぴかれて  ここへしょっぴいてきな  ここにちゃんとけえてある  ここへ来りゃ  ここを晴れの舞台と伝六が締めあげようとした  ここへ来たからにゃ  ここで染めあげたに  ここが染め元と眼をつけるな  ここまで行くと  ここまでは追いつくまい  ここでわからしてもらった  ここまで考え  ここに明瞭な運命の初徴を見た  ここにおいでと知らしてくださいました  ここに一つあるに  ここへおいてゆけ  ここの下で入江になって居て  ここへ出張って  ここへ身もとを洗いに来ていた  ここへ先回りしていた  ここへ男なぞ呼び入れた  ここへ帰ってくる  ここへ舞いもどらぬ  ここをせんどと急がせました  ここからは土手を一本道の小梅へ下った  ここへ帰ってきちまった  ここから巡礼落ちをしようとした  ここから鳴りだしても  ここはいわずと知れた  ここからすぐに追っかける  ここで宿継ぎの駕籠を替えて  ここで一宿して  ここの家へ置いて  ここではそのことも言えませんから  ここで言えないで  ここの家から一緒にゆく  ここの家へ対していけ  ここへ来たじゃないか  ここではいえ  ここでは言えんて  ここの家でも門を締めて寝てしまう  ここの方が気が置けいで  ここへお坐りやして  ここで何をぐずついてる  ここから発ってしまっても  ここから出て行かないと  ここで二時間ほど多く過ごす  ここに足を止めた  ここに残ってる  ここにこの場所に立っていた  ここまで書かないと  ここに書くまでもなかろう  ここにふさぐ  ここへやって参り  ここへ参りまするまで  ここへ居つづけしている  ここにはお秋お冬おふたりの評判娘がおる  ここまで来り  ここにひとりおるじゃないか  ここからふたりの子どもが忍び込んだに  ここに泊まっている  ここを抜け出し  ここへつるして  ここにこうしていなき  ここへ名人のやって来た  ここで相談しておったら  ここにもう一つ障子一枚の出入り口があり  ここへ来たじゃねえか  ここをどいて逃がしちゃ  ここに組住まいをした  ここへ追いこまれた  ここへ駆けつけてきたらしい  ここへはいるほどの  ここは浮き世の風が吹かねえのでね  ここを降りろとは  ここに一匹招きねこがおります  ここへひっ  ここで変死をしているというのに  ここの寺はてまえ  ここをこう曲がって  ここにひとりおる  ここにおったら  ここへ引かっし  ここへ来な  ここでも私は失望して  ここで折返しになる  ここには詳記しないが  ここに掲げよう  ここで腑に落ちぬ  ここでも砲火をあびて  ここでも海軍基地を作つてゐた  ここでは詳述を避けるが  ここでいふ  ここで達せられてゐる  ここでいふ打印器とは種字の意味であらう  ここに書かない  ここに一つの慾望があって  ここには生き返る  ここで蛇やなにか変った  ここで問題にしなければならぬ  ここで云ひ落してはならない  ここでもつた  ここを先途とこぼれ出た  ここでちゃんと見ていた  ここが気に入ったから働かせてくれと  ここのどこが気に入った  ここの客がよりつかなくなるという  ここへ寝なさいな  ここへ出入りして  ここにヤブから棒にとんでもないことが突発しました  ここでは行をともにする  ここで勇気をくじく  ここに法本という人間の限界もあった  ここへ来てみれば  ここから街道を切れて  ここで判り  ここへ引摺って来てあやまらせなければ  ここへ引っ込んで来た  ここで午飯をすませて  ここで測らずも出会った  ここまでは付いて来ないだろうと  ここまで無事に来て見ると  ここに一泊する  ここから帰してやる  ここでは思う  ここに思慮を廻らさざるべからず  ここに腰掛けたという  ここへ出て来たという  ここから見ゆるという  ここで一休みする  ここで言葉を切り  ここに書いてあるから  ここへお茶においでになる  ここ迄きて  ここを引きはらつて  ここまで送って来ます  ここの太鼓もずいぶん久しい年代を経ているらしい  ここに見出すと  ここは私ならぬ  ここへ帰る  ここにひとつの武門を創つこともできる  ここの辻はその空地を前にして  ここは諸国の者の出入りの繁しい  ここから身装を変えて出かけよう  ここに姿を見せた  ここへ着いたら  ここわずかな年月によくもやり通して来られた  ここにあるかともいえる程  ここも危急にせまる  ここは見た  ここの工事は最も慎重でなければならず  ここで屠蘇が酌めような  ここに織田家の旗幟が立つと  ここまで百難に剋ち  ここの士気へ反映している  ここへ伝えて来た  ここで彼の息の根を止めてしまえば  ここへ入って来て  ここでは秀吉随身の者とはおくびにもいわなかった  ここへお銚子を持って来た  ここで終って  ここに冷静な女性があって  こここそやがて完成さるべき  ここまでに致して置きます  ここの空気は吸っちゃいけないよ  ここの善というのは神より見たる  ここにビジテリアンという一類が動物をたべないと云っている  ここへ通ふ  ここにおいてか何か仕事でもしたいという  ここに私の体験を述べさせてもらいたいと存じます  ここに真の同情が湧出して  ここにおいてか目下の最大の急務とする  ここにお互いに意思の疏通を欠いて  ここにおいてか機会均等が叫ばれ  ここにおいてか改善が叫ばれ  ここに無慈悲な継母の手に育って  ここに完全なる融和が実現せられる  ここに深き同情も起れば  ここに先祖のことを述べたについて  ここに男性の肉体を描いて  ここの漆喰だけはだいたい火の力に耐えていたが  ここの煉瓦を取りのけて  ここへ移つても少しも変つてはゐなかつた  ここへ遊んだ  ここを再び訪ねる  ここにはシベリアから還つた  ここは爆心地より離れてゐたので  ここの裏の方で啼いてゐました  ここへ移っても  ここにはシベリアから還った  ここは爆心地より離れていたので  ここの裏の方で啼いていました  ここで現在の時点が争われている  ここに設けられた  ここの理窟が十分にわからない  ここでもはなはだ多くの餓死者ができました  ここにおいてか密集部落となり  ここまで彼と親しくなって来ていても  ここにも排中律の詰めよって来る  ここの高い煙筒だけ一本濛濛と煙を噴き上げていた  ここにも不可解な新時代はもう来ている  ここを逃げ出したくなって来た  ここをうろついた  ここで酒を飲んでるから  ここに隠れているが  ここではそういう便宜上の種別を無視して  ここではいっさいこれらを省略する  ここでは実際の歴史に従ってまず無声映画を考えた  ここには再び繰り返しては述べない  ここから出発する  ここから実物の写真では表現し  ここでは文学とルポルタージュとが甚だ厄介な関係に立っている  ここまで追い詰めた  ここでは前と反対にヒロインがその行列の向こう側に見え隠れにあわただしく行ったり来たりして  ここの楽屋で始終影のようにつきまとう  ここでは別に述べない  ここの場面がいちばん昔の東ロンドンの雰囲気を濃厚に現わしている  ここでポリーの歌う  ここで第三者たる観客はまさに起こらんとする  ここでもし下手な監督がこのような筆法を皮相的にまねて  ここでなんとか一つ取っておきのせりふを言わせて  ここでは反対に旺盛な活力の暗示がある  ここに若干の駄句を連ねてみる  ここでは呼び止める  ここに重大な問題の骨子がある  ここにも見方によれば  ここからでも分るが  ここへ退いた  ここに寝転んでる  ここで鶏に目が入り  ここを話して聞かせた  ここを歩行いて  ここへ参るまいと存ずるので  ここを通ると  ここへ休んだ  ここからも小さく見えますね  ここからお拝み申して  ここへ備えようと思って持って来た  ここにこの銅像を除幕してから  ここを狙え  ここに位置を得た  こことは違う  ここにて一大事を申し聴かすであろうが  ここは一番大事なところだと考えた  ここが我慢の仕  ここへ母親お幸に突きやられて  ここを引下った  ここに映画製作者の前に提出された  ここで皮肉に生きて来て  ここに浮き出している  ここに共通点を持っている  ここでちよつと余談にわたることを許してもらいたいが  ここは音楽がはいるから  ここで最も問題になる  ここに生きていると  ここから出発している  ここに仏像があります  ここんとこを通せば  ここでまず問題になる  ここにいたつて  ここで第二の意見の検討に移る  ここに大きな問題がある  ここにはむろん芸術の範疇の問題もある  ここにもまた国際性が決して価値に比例しない  ここで特に為政者に深く考えてもらいたい  ここで一時アメリカの映画が世界を風靡した  ここではそのような具体策にまでは触れない  ここで何よりも問題としている  ここは遍路の休む  ここの堤防にはよく癩患者が野宿をしていた  ここに一つの疑問を提出してみたい  ここに述べて見たい  ここにその一例を挙げて見れば  ここにも科学者が根本的に解決に乗り出すべき  ここに数え立てるまでも  ここへ持って来たまでである  ここに述べて見よう  ここに記して見よう  ここには触れない  ここは真冬の間はどんな暖い  ここには煩を避けて記さぬ  ここでは核と呼ぶ  ここに根ざし  ここにもいろいろな未来の可能性が伏在するであろう  ここからは近いのでわたしは何ごころなくそれを見に行く  ここまで言ひ切れば  ここにジャングルの生命の深いなぞがあり  ここでもかなりの雪が降った  ここの家ではかつて娘を取られた  ここの家ばかり狙う  ここの主人によく話してやれよ  ここまでひと息にしゃべり続けたが  ここの主人に話して  ここにも白い渦が大きい浪のように巻き上がって狂っている  ここまでは近頃人が通った  ここは若々しい青葉の緑が流れている  ここではどんな大きな焚火をしても  ここで高瀬への下り路を見出すのに  ここで指す  ここまで遠征する  ここに人材がいないと  ここで見張りますよ  ここに血にぬれた  ここへ一人できた  ここに大鹿さんが泊ってるだろうと仰有る  ここへ連れてきてくれよ  ここまで分れば  ここで長次郎の技倆を発揮させて見たいと思った  ここから下りて  ここへ坐れと云う  ここの世界が癪に触るとて  ここに切死にするか  ここおどき遊ばせ  ここにおいてもらつた  ここな二階から見ると  ここに世話になった  ここで歌はれてゐる  ここで冬を越した  ここのところを読むと  ここで掛声をいくつかけて  ここのうちに使われている  ここは大きな道路が五つ六つ落ち合う  ここまで馬を動かしたが  ここで一万噸の石炭を掘ったとするぜ  ここへ挙げてくれている  ここから見えませんがね  ここの院長さんから聞かしてもらった  ここで眼を眩わしたり何かしたら大変な事になると思ったので  ここで又中絶してしまっている  ここ迄云いさすと堪  ここまで追っかけて来るに  ここでかつて見た  ここから下山する  ここに一つ新ダイヤが入って居よう  ここへ来させて逢わせるがね  ここを通らないが  ここを通るかもしれない  ここからにげていってしまうといけないとおもった  ここにこうしてすわっている  ここにもりょうにさそう  ここから一歩も外へは出ないし  ここまで実際問題としてはひろがって来る  ここに二通を抜く  ここの赤裸々となるは  ここはなお雪がふらず  ここに秋元湖檜原湖と称する  ここで蚕の種紙をまもっている  ここで写した  ここにひらける  ここでお礼を申しあげておきとうございます  ここではそれは問題に入れる  ここでは私もあらゆる政治欄社会欄等の記事の内容がすべての種類の読者に絶対的必要なものであると仮定する  ここにこのような問題が起こった  ここでおしまいだがこれが何十年先で当るか  ここで頂いた  ここへ坐り白髪を見  ここへお坐りお前はさつき石をもつて  ここに作者の幻想の不思議が存在する  ここで暮らす  ここへは来た  ここで一人で死にたいと叫んだ  ここではそれを言うまい  ここは雪も吹込まず風も来ず  ここにあるわ  ここでも勇敢なことをやっている  ここにあったぞ  ここへ残して  ここに煙草やをひらく  ここに店を開く  ここまで入りこむ  ここでがんばってみよう  ここへこの店を建てる  ここに店を出しておくれだったのね  ここに煙草店をひらいていた  ここに図面にしてかいておきました  ここは日本人をまるで相手にしないといわれて来た  ここへ落ちる  ここで一休みをして  ここばかりは明るい光が窓に輝いている  ここの陣所を奪いとり  ここからは京の焼跡がよう見えるぞ  ここは間もなく戦場になるぞ  ここにおいて前後の撞著を来し  ここに説かず  ここに用ゐし  ここに十箇の材料ありと  ここに注意し置きたきは  ここに弁ずるまでも  ここにあるべし  ここに葉のまわりの針の尖に  ここに耳を引張るべき  ここに中空を凌いで  ここぞと呼吸を合わせた  ここへ露店を出しても  ここへ茣蓙を広げたらしい  ここにゃ持っていねえ  ここに居るぜ  ここからも仰いで見  ここにその恐るべき山川大叫喚の声を聞く  ここに盗んだ  ここに並べて置く  ここから帰っておくれ  ここにも見  ここにこの四角な印をつけてある  ここから飛騨の高山の方へ行った  ここを流るる  ここの前を通りましてね  ここに出し給え  ここに入らっしゃい  ここに入らっしゃいよ  ここもその石見国にこの依  ここにおいてか人身御供となり  ここにおいて自分はさらに飜って宮城二重櫓の白骨について考えてみたい  ここで縁があって  ここへ来るという  ここのお客様に貰いに来ている  ここの野道で二人が手を取って歩いている  ここで君に話した  ここに書類を持ってる  ここで読んできかせる  ここから引っぱり出すと云う  ここで亭主の蔭事を言っては  ここの隅の方を鼠落しと云っているわ  ここの家で生れたので  ここへ帰って来て  ここの家根の下においてくれと頼んだ  ここに一生を送るかも知れないと言った  ここにも何かそんな秘密がひそんでいる  ここから一里半ほども手前に一軒家がありまして  ここへは戻って来ないだろう  ここを離れませぬ  ここに留まるにも及ばないが  ここを去るまいと  ここからくる  ここから一歩も抜きでない  ここは彼のようにルーズな気持を持っているもののくる  ここの警察をよく知っていた  ここに店を出している  ここで働いてゐる  ここに一人の肉親を見出でた  ここで桐の箱も可懐しそうに抱しめる  ここを覗きまわり初めた  ここで片付けた  ここで命を捨てる  ここを去ったら  ここで殺してしまう  ここの方がすき  ここに開かれて  ここまでかぶってくるに  ここで博士は大きな欠伸を一つして  ここはもう先を争ふ  ここを立去らねば  ここへ新しい家を建てさせた  ここで第一服の呪文をうたう  ここへは草が生えるだけ  ここへ置かしてもらわねば  ここでこの時刻にお逢い致しましょう  ここに一つの謎があって  ここでまたペンを置いた  ここに紅国人の有名なる密輸入の名手レッド老人を登場させる  ここへ現れたばっかりだが  ここで切って出すなら  ここへ置かしてもらはねば  ここにはなささうだ  ここでは二十種類位の符牒でこと足りる  ここでこの時刻にお逢ひ到しませう  ここにおいてか教育の説起り  ここで私一個人の考えを述べるよりも  ここで貴族的だという性質が何も美の標準とはならない  ここで量を求める  ここにいたりて  ここに年ありといえども  ここに集り  ここに存在してゐる  ここにはじめて私は底をきはめうる  ここへ誘ひだす  ここには一つの川があって  ここまで纏めて  ここに於て五里霧中に彷徨する  ここを拡大鏡で精細に覗きまわり  ここまで云って来た  ここへ這入ってからも  ここで説明すると  ここに持って来ております  ここがマリイ夫人の頸部に当る  ここに泌み付いております  ここに極めて淡い黄色の斑点があらわれております  ここまで纒めてすず子はほつとした  ここへも出た  ここを筆耕した  ここの辞儀挨拶は用がないから省略する  ここをどこだとお思いなさいます  ここで何かめしあがったり  ここは書きとり  ここを上って見よう  ここに持っておるがや  ここで一片餉ありつこうし  ここの旦那なる  ここうろぬきながら覚えています  ここでその姿が消える  ここでお冬さんが幽霊になって消える  ここではっきり覚めました  ここの肝へ刺されたぞ  ここへは通る  ここで目を閉じた  ここでは条件を限定して  ここで死んだら  ここに住んでると  ここに一つ実におかしいことがある  ここに経済学に対する興味を覚える  ここでは困ります  ここへ置いといて  ここで食事をするから  ここへ来るなら  ここに語りたいと思う  ここにもやっぱり暗い野蛮と卑穢とがあるのみであったが  ここに生活を少しでもいい  ここに幸福があるというふ  ここを通ったら  ここまで謡ってくると  ここで沼と言っている  ここでカワウソが出てくる  ここにすこぶる機転のきく  ここに出て来た  ここにもささやかれた  ここからいろいろの小説などを借りた  ここでその感想を述べる  ここに三十六篇一応読める  ここに一つの障害がある  ここに大なる矛盾がある  ここにその例を述べてみよう  ここにも数学の芸術化が見られる  ここに全くそのよって来たる  ここに再び円柱のエンタシスが現われた  ここにおいてわれらは思う  ここにも芸術と科学と何か内存的に関係がある  ここで絵画について考察するならば  ここでは存在への会得をもって  ここに注意したい  ここにわれわれは感情移入の美学が個人主義的観念型態に立つ  ここに落ち合っている  ここで放牧葬送の地の世話をしておった  ここがエタ最初の場所だと語り伝えられていた  ここに於いてか  ここに落ち込んで  ここに略するが  ここに幽棲の地を求めていた  ここに比較的安楽な生活を求めんが  ここに安心すべからざる  ここに小川の温泉と云う  ここへ例の女の肩に手弱やかな片手を掛け  ここへ呼び出した  ここでどうぞ貴方がたがあッと仰有った  ここは篠田が下宿している  ここに居たのに  ここへ連れて来たが  ここから差して  ここにも来ていない  ここへはいった  ここで僕をちょっと考えさせた  ここの宿屋は近来ほとんど片商売のようになっているので  ここへ降りたかというと  ここに一泊して  ここに下車して  ここには泊まらずに行き過ぎてしまったであろう  ここに泊まり  ここに泊まりあわせて  ここに到らしめた  ここで横にならせて下さいね  ここの庭へもって来たが  ここにあったと思う  ここではそれ以上の事は論ずる  ここに村右衛門という役者が芝居をしていた  ここが町人の町であるとは普通の意味で云ふ  ここの出方は紋付の縞の着物を着た  ここで遊んでおいでなさい  ここから一露里行った  ここから二十八露里もある  ここにも戸締りがしてあって  ここを訪れて  ここの四五桂には錯覚がありませんでした  ここに故郷を見出す  ここで見られる  ここにあるだろう  ここへ呼ばなければならない  ここから飛び込んで  ここへ出掛けて来る  ここへ入った  ここでベラベラしゃべった  ここは閉めておきまし  ここで待っているが  ここまで事を運んで  ここに当然起る  ここに幽かなる銀色の筋を引いて  ここで注を入れた  ここの家で自分を追っ払おうという  ここの家の者に頼んで  ここで彼を召捕らせては  ここには米一丸の墓があって  ここに十巻の全集が世に贈られる  ここまでのせる  ここに明かに記してある  ここで一寸考えて貰いたい  ここまで聞いて来た  ここに或る美男青年が現われるが  ここに一応それを明瞭にしておく  ここに彼の歴史哲学の最も重要な思想のひとつを読み取らなければならない  ここを話す  ここで一番人格の高い教授は誰だと聞いたら  ここに先生の許諾を得て  ここに入り来たれるは  ここに及べるまで  ここへ来なかったろう  ここへ来てみた  ここにゐろ  ここでゆつくり  ここに居れ  ここへ押しかけて来て  ここで何もせずに  ここにゐるか  ここへ連れこんだ  ここでも云はして  ここで云ふ  ここにおく  ここでお別れをしよう  ここにいろ  ここでゆっくり湯治しながら  ここで一歩をあやまれば取りかえし  ここには又節度の美がある  ここにおわす  ここまで分析して来た  ここまで考へた  ここまで考えた  ここで横へ逸らせ  ここに初めて京伝によってその天才を認められた  ここで没義道に見  ここに蔵して居ります  ここへ運ばれ  ここは二つ三つずつ順に年のちがう  ここを自分たちの働き場所としている  ここを根城として今日はじめて雪の日が来た  ここで渡し舟の徹底的スロモぶりに呆れ返った  ここで一番焚火でもして  ここに駒井甚三郎から借りて来た  ここに超然とは落着ききれない  ここで繰返して  ここで聞いて置きたい  ここまで舞い戻って来たという  ここで役人に提示した  ここで君が役人に見せた  ここまで呼んで来て  ここにうらぶれて来た  ここで両々相保証するの  ここまで浸入して来ている  ここに乗捨てられてある  ここから沼沿いに路があるだろう  ここへこうしてやって来たという  ここまでは人の来るべき  ここに炬燵もしつらえてあれば  ここに完全に残された  ここに納まり込んで  ここにいささか異状がある  ここにいなさい  ここへ引きつけられて  ここに納められる  ここへ迷うて出て  ここの勘定を済ましてから  ここへ移り棲んでいる  ここに台所門と言ってしまえば  ここへ移し植えられている  ここで当面相対しながら  ここで自分が身の毛をよだてるという  ここでまた泣きやんでいました  ここで火のついた  ここで一頭が打たれて飛び上ると  ここでは残らず  ここに一つの工夫を考えつきました  ここまで犬に送りつけられてしまった  ここから程遠からぬ叡山の山法師の初期に於て流行した  ここへ盗賊に来た  ここまでは出て来ません  ここをあけましても  ここで声を立てられちゃ  ここで表面上は極めて円満に成立した  ここで真向梨割りにでも成敗された  ここぞ御自分の畢生の御修行場と思召して  ここから遠くないところにお墓がある  ここへは落ちつかない  ここで通りかかった  ここで捕まれば  ここへ逃げ込んで隠れた  ここでホッと安心して  ここで大きな声を出した  ここで最後の酒宴を催した  ここで二人は枕を並べて死んだか  ここでは切れない  ここで宿があったから  ここで話そうよ  ここで君たちにたずねたいが  ここをそちに聞きわけてもらいたいが  ここへ足を踏み込んで  ここに人を渡し果てんとせしほどに  ここで幾分かの感傷が加わりましたが  ここまでうたい来った  ここに跪いて  ここへ上っている  ここへ上った  ここへ来るまでには  ここまで落ちのびた  ここまで追い込まれて来た  ここでこうしてひろげて見る  ここで寝込んではならないぞと頑張る  ここで清算し  ここへ齎されねばならぬ  ここへつかまえて来ているというではないか  ここで飛び出す  ここでもまた充分の冷嘲  ここを出会い  ここで落合っている  ここへ登っていたか  ここは落ちた  ここは安全なカヤトのスロープとは言いながら  ここで金十郎を怒らして  ここはなぎ  ここで番太を相手に争ってみた  ここで話題の人気になってくる  ここに控えていた  ここまで練って来ました  ここに色男と言った  ここにもまた勘のいい奴が一人いる  ここの岸で釣をしている  ここではあんまり暢気過ぎるという  ここまで論じかけたが  ここへ泊るか  ここへ来て寝込んでいる  ここへ転げ込んで寝込んでしまった  ここは寝る  ここでハリ倒されてしまったかも知れない  ここでまた道庵がいい気になり  ここに斬られて死んでいるという  ここへ縛っとく  ここにこの刑に処せられているという  ここで二人が対面している  ここへみごと晒しにかけるまでの  ここで本性を現わしたというような逆姿勢となって  ここでこんなに無雑作にカスを食わされるとは  ここまで言ってしまえば  ここへ出直しての  ここでまた一種異様な叫びを立てて立ちすくんだ  ここで捲  ここで後へ引く  ここへ晒した  ここを通過せずして  ここに特殊の陰影をなす  ここに偉大の感情あり  ここに特殊の色調を生じ  ここに渾然たる一面の絵画をなす  ここに一種古雅の風致となりて  ここに全く異れる  ここに葛飾北斎一立斎広重の二大家現はれ  ここには専ら絵本につきて語らんとす  ここに包を背負ひし  ここに船頭二人瓦を船に運べるあり  ここにこの絵本を完了す  ここに至れるが如き  ここには北斎及び広重の両大家につぎて  ここにその終決を告げたり  ここに暫く葛飾北斎が画家としての閲歴を見るに  ここに多年の修養自ら完備し来りて  ここにおいて支那画の典型に遠ざかると  ここに新興の印象派を刺戟したり  ここにその大略を記述す  ここにこれを訳述する  ここに一言すべきは  ここにいはゆる  ここにまた北尾重政の描ける  ここには新着の西洋美術雑誌に出でたる  ここに俳諧狂歌の新体を生じたるは  ここに一種清新幽雅の調を出さんと欲したる  ここにおいて志を改め  ここに浮世絵と狂歌とは絵本及摺物の板刻によりて互に密接なる関係を有するに至れり  ここに唯独り俳句の然らざるものあり  ここに公然と博士の遺書を発表する  ここでも成績を争いながら  ここで少し傍路に這入るけれども  ここに改めて諄々しく述べる  ここで鳥渡触れたいと思う  ここでは未だ死が起き得ないと  ここで同じ事をいわねばならぬ  ここで思わずぞっとした  ここで私は又重大な発見をした  ここまで書けば  ここまで来ると見えん  ここへ来客があって  ここでは絶対に朝顔を忌んでいました  ここには唯人名などを除いた  ここでしてゐる  ここにも直接産みふやしてゆくだけが  ここにも立札がしてある  ここにいらっしゃるでがすね  ここにそのまま止まっていらっしゃる  ここにお出でなされましたに  ここから十五里ばかりの処に置いてあります  ここで暫く御介抱致す  ここだといいながら  ここまで苦心しながら  ここまでは桂田君の尽力でまず無事に到着したから  ここに留守しているから  ここの空気の逃げ出さない  ここに着いてから  ここからどちらへ行かれたでしょう  ここの田舎町の家具屋で急拵えにつく  ここに奇妙な十字形がつくられた  ここへ一昨年越して来た  ここで小母さんの話した  ここで主人公の生活は中止されたかの  ここへ引きつけられてる  ここでは快い意外さを与える  ここで苦しんでる  ここまで申したならば  ここに来て据わる  ここで少し横著な構えになる  ここまで持って来ている  ここに貼りつけてあるよ  ここに泡盛の後話が誕生する  ここで親友といっている  ここで尽きた  ここがただ一軒残った  ここに漸く本然の調子を取り戻す  ここの家をひとへにたのみ  ここに始めて言おう  ここまで一気に考えつづけて来て  ここで彼をたしなめる  ここにも歓喜の予感を貪り求める  ここに石蒜の一例がある  ここに読み到って  ここではその静寂が死相を被った  ここであの才気の勝った  ここではじめて胸襟を開いて見せる  ここでふっと考えついた  ここで逡巡する  ここでは坊ちゃんは海表の世界から縁あって  ここに芸術のコルヌコピアがある  ここまで考えつづけている  ここによみ返って来る  ここは日本だと云い云い  ここに事新しく述べるまでも  ここから直ぐに手の届き  ここに不思議な記憶の破片が残っていて  ここでそんな考を運らして見た  ここに少しく開かれて  ここに新しい友人を一人得たというよりも  ここで久しぶりに往年の少女と遇う  ここの国宝館を見て来たという  ここには生ある  ここに通っている  ここにこういう風にからまった  ここをこうつなげば  ここにまた完成を告げた  ここでちょっと意外な思いをする  ここの畑土は肥えている  ここに斉しく崇め奉る  ここまで老の身をいたわり  ここで仮りに救って考えれば  ここに厚く謝意を表す  ここに語るは  ここでは生きるか死ぬかの  ここへ一時派遣されて来た  ここでしがない暮らしをしている  ここからは脱け出せまいという  ここに何の用がある  ここでは誰もやっていないからな  ここにいなけりゃならんな  ここを発ってしまおうと  ここで十ルーブリという具合に集めて見たが  ここで誰一人あの男の力になってやる  ここにあるべきだという  ここの一家の人たちが奴らの同棲生活をどんな眼で見ているかは  ここを引き上げさせる  ここでいくら気焔をあげた  ここへ出張になったので  ここじゃ身動きもできはせん  ここに一つのお話がある  ここに参りはしなかった  ここで彼を見掛けた  ここに断片的に紹介してみる  ここについても語られている  ここにも少からず語られている  ここばかりはかつて天然痘もはいった  ここにおいても認められる  ここに取り遺されて  ここに大字飛太があって  ここには山姥に関する伝説が語られ  ここにマヒトの称号が起った  ここに我が日本民族は成立した  ここに改めてのせます  ここまでされても  ここを通らないから  ここに頑張っておるぞ  ここから近い川越藩へ行って  ここで通夜をしてやろうと  ここには書かないが  ここの地下室の古井戸は随分深い上にピッチリと蓋が出来る  ここより校舎に通いたり  ここに移りて  ここも浮世の仲間入りせしを  ここの人の慈悲深きは他国にて見ざりしほどなれば  ここにその心を葬りたり  ここにも浮世の笑声高きを空耳に聞き  ここに来たれ  ここに建てられぬ  ここへよこしますから  ここへ畳んで置いて行って下さい  ここで事実を指摘している  ここが東京のどの邊にあたる  ここの郡書記をしている  ここで番をするかな  ここで暫く休みませう  ここで少し遊んで行きませう  ここで待つてゐ  ここでお休みなさい  ここへお坐んなさい  ここでは一つの障害となっていた  ここにおいて見られる  ここではよし子といっておりますのよ  ここの家は裏へ抜けられないかしら  ここへさぐりに来た  ここに一人の瘠せて  ここに特記する  ここでは論じない  ここが死に  ここまで漂い来る  ここに納めて置いてからの  ここを訪うて来た  ここにあるべくしてある  ここまで反省した  ここに譲りません  ここまで自分を訪ねて来る  ここに宿を求め得たという  ここで二人の身の上話を話し出されては  ここまで戻って来てくれた  ここの雇い  ここへ押し込んで置いた  ここへ籾を持ち込む  ここの水車へ持ち込んで  ここへ持ち込んで  ここでも水車を仕かけるには仕かけたが  ここに群がっている  ここへ差置いた  ここでは下せないから  ここに御入来ということになったからです  ここときまった  ここへ揃った  ここまで動座をされているくらいだから  ここへ迎える  ここに安着していた  ここに安坐して  ここまで運んだ  ここへ参加して来ている  ここへ参加して来る  ここまで注進をしてもらいたい  ここで用意して行った  ここで話してもらいたい  ここだなと思いましたよ  ここへまともに押しかけられた  ここで策をめぐらさなければ  ここに転載して  ここに多少の人員の増減が考えられなければならない  ここで補給すべくして  ここに仮りの碇泊こそしたけれども  ここに至っても  ここまで運び得たにしてからが  ここで仮りに駒井がつけた  ここに申すまでも  ここの神様は何の御信心に利く  ここへ送らせた  ここでこんな因縁話を聞いてみると  ここにとぐろを捲いているという  ここにわだかまっているという  ここまで語り合った  ここまで語り去り  ここのところを通りかかった  ここへ置き放して  ここへ近づいて来て  ここでは単に芸術の引合いとしての勝麟の名が呼び出される  ここにかくにもかなのちがいも多くあるから  ここへ泊りたまえ  ここで三度の食事をするではないか  ここまで来ているという  ここへ来たのに  ここで彼女の脚下にひざまずいて  ここへ来てくれました  ここへ電報をうって  ここにはいるに至ったかを  ここには淑女方も紳士諸君も居られるし  ここにお出になる  ここに御連れしろ  ここに五つの大きな疑問がある  ここでちょっと沈黙があった  ここは居る  ここに居らん  ここに存在したという  ここへ出かけた  ここに極めて複雑である今日の雑誌ジャーナリズムの感覚とひいてはジャーナリストそのものが現代に処する  ここに俺の集団農場あるし  ここではじめて行き  ここで彼らのいずれかを選ばなければならず  ここを川下に行って射ち合おうではないか  ここまで行き着かなければならなかった  ここまで今になれば来なければならない  ここに育つ  ここの人が使う  ここに旅衣を脱いだ  ここに鏡台が置いてありましたな  ここまで私は元気よく話して来ましたが  ここでやめてしまふ  ここへ押し寄せてきていました  ここにたくさん牛もいるけれど  ここにはいないだろうと思ったほど  ここにいるのに  ここまで調査した  ここでもまた終局には敗北した  ここに魅力ある  ここに筆とめながら  ここにもう一つ重大な疑点がある  ここで彼は自分を制御する  ここにもう一人のエセックス崇拝者サア・チャアルス・デエバアスとに相談して  ここでなんらかの行動を取ってもらいたいと頼んだ  ここで打ち切るならば  ここでただちに自分たちが行動を起こさない  ここでいっそうある  ここに出席する  ここに宣告し  ここで終りを告げた  ここで彼女は口を噤んだ  ここの本村になっている  ここは高原の感じがする  ここに桑の木というものがある  ここの列車が学生であふれる  ここにしるさない  ここへひびいて来た  ここを巣にしない  ここで分けて  ここに弥之助が少年時代の思い出をたどって  ここに破風と云う  ここの本村では全国的には豚の飼養が優秀なものだそうであって他府県へも輸出されるとの  ここから三里離れた  ここの種豚の合格品は非常に高価で売買されるが  ここに繰返さない  ここへ集まって貰って  ここに前時代の遺  ここでは悠久に流れてゐた  ここにもかくされていると思う  ここに触れる  ここに重点を置いて  ここに七夜あそんだならば  ここに名を録すにも価せぬ  ここで一点ぶちこわしていた  ここに斃れている  ここは通さぬ  ここで逢ったも  ここかと探し廻った  ここの一画を包囲して  ここへ来たかという  ここにおいでなすっている  ここで逢ったは  ここは一先ず避ける  ここまで誘き寄せられたか  ここから源氏の諸豪族が起こった  ここへ金を埋めて置く  ここに居られるは  ここに控え居る  ここの庭に柿の葉が散っていた  ここへお連れして参りましたが  ここの家へやって来て  ここで猪之松は微笑した  ここに居なさる  ここじゃお泊まりなんし  ここでは手出ししてはならぬぞ  ここまでも届いて  ここで又二人は黙ってしまった  ここで陣十郎は沈黙した  ここで沈黙してしまった  ここでも曖昧に云った  ここへ落とされた  ここへ落とされたか  ここへぶちこまれた  ここには集まっている  ここで嘲笑い  ここはわし等の顔を立て  ここの岸で待っていてくんな  ここに居りまする  ここで決闘などする  ここまで下って来た  ここに居りましても  ここに居ても  ここへ考えが落ちて行った  ここにかかれているまででは  ここへ塗ったら  ここまで引っ張って来てくれた  ここでシナ人から絹や青銅器などの工芸品や種々の知識やを得て来たので  ここから養われて来た  ここでこの問題に立入ろうという  ここに起って来る  ここにあるかと云われる  ここに例を挙げて見よう  ここの屋根の下に賄いの小川の食堂があって  ここの昼食を食いに来ていた  ここの髮は成るべく伸ばして  ここに云われている  ここまでは至極わかり  ここに人間の本然的な社会性と仕事の現実性の面白いところが潜んでいると思います  ここのところの機微にふれていると思います  ここにも形をかえてのぞいて来ている  ここに痛切な疑問があると思います  ここの主人も歌を歌ってる  ここにいないが  ここにこそ平和がある  ここに呼んだ  ここで寝んでいるの  ここと近くてどんなに困るかと思っていたけれど  ここにもあなたのほうの目がありますよ  ここで更る更る痛んで来る  ここに来ていて  ここではどの虫も耳のそばへとまって鳴く  こことはよほど離れている  ここを出ていらっしゃいませ  ここよりは少しきれいな水の流れなども庭にはできておりますから  ここへ来ていらっしゃる  ここからのお送りは私がいたしましょう  ここへは始終来られないから  ここまでは参りましたが  ここは平生あまり使われない  ここはよい家であると女王は思った  ここにだけ見られる  ここへ伺候して来る  ここにはいないでしょう  ここに至つて残酷の感を脱してしまふ  ここにも波と人とのほかに少しの陸地もかかない  ここで見せた  ここでかく  ここまで来たかは  ここで幌を着せられたから  ここには少しよりいない  ここに知らぬ  ここを通行した  ここから恵那山脈の方に望む  ここはお前たちなぞの立ってる  ここに一宇を建立して  ここに話していましたよ  ここでは河の音は聞こえない  ここに白い壁があると  ここに山の中らしい耳のとがった  ここの崖の上に枝の細い棗の樹があると  ここの関所は堅いというので知られていまして  ここの家は庄屋を勤めてるだけな  ここへお膳を持って来ないか  ここでは酸漿を鳴らしている  ここまで旅を一緒にして来た  ここでお目にかけよう  ここに三浦兵衛尉義勝とありますよ  ここは異国の人と応接すべき  ここにも西洋ぎらいがあると見えますね  ここに一人の美しい娘がある  ここへ来ると思い出すなあ  ここに木を挽く  ここまでこぎつけた  ここから中津川まで何里ほどありましょう  ここで昼食をやってください  ここまで一緒に歩いて来られた  ここまでたどり着きました  ここにはくたぶれて来た  ここへ来て果たしたいと思う  ここにはお山の法則があって  ここの禰宜さまの話で見ると  ここまでは五里と申しておりますが  ここは宿役人の詰め所をさす  ここへ見せてくれないか  ここは源氏もきわめてまじめな顔をして通った  ここへおいでになりませんか  ここに引き止めているだけで  ここにはいつか庭から折らせて  ここに書けもされない  ここですこしそれらの人たちのことを振り返って見る  ここにすこし引き合いに出したい  ここの文学的な空気に浸っていく  ここは離れ  ここにできたと  ここに近い所であったから手紙を送った  ここでは何も現在へは続いて来ていない  ここが同じ御所の中であるようにも思召し  ここには書かないでおく  ここでも女房は宵からずっと歎き明かした  ここにもかしこにも行っておかねばならない  ここまでも別れにお歩きになる  ここからも早暁に出て行かねばならない  ここで悲しまれる  ここに近い領地の預かり  ここを密画に描かせたい  ここに残りたいと思うほど  ここでも源氏の君のようなすぐれた  ここの風の吹いた  ここの漁業をする  ここにはまた特殊ないろいろのよさのある  ここでよけいな夢を一つ見ました  ここらしほじ  ここまでもめぐり  ここに皆居つく  ここだけは素通りにしてやって来なかったから  ここでは丈の高い枯れた  ここを出てから  ここへはさしてこない  ここだってまだずいぶんと遠すぎる  ここから直接帰って行く  ここに現出した  ここの管絃楽に新来の人々は興味を覚えた  ここには纏頭にする  ここにおいでにならなくなる  ここから持たせてやる  ここのお亡くなりになった  ここへは引けませんね  ここにかく起稿の年月を明にしたるは  ここに実例を挙げるまでも  ここにおいて浅草観音堂の銀杏はけだし東都の公孫樹中の冠たるものといわねばならぬ  ここに一樹の老柳ありしは  ここに不衛生なる裏町に住んでいる  ここに特色ある  ここにそれほど誇るに足らざる  ここにその興味を繰返して述べる  ここに思起される  ここは芸人や芝居者また遊芸の師匠なぞの多い処から何となく猿若町の新道の昔もかくやと  ここに年を経て  ここに若葉と雑草と夕栄とを眺める  ここにもう一つ崖なる文章を付加えて見よう  ここにも聳え立つ  ここにもまた意外なる美観をつくる  ここに夕陽の美と共に合せて語るべきは  ここにおいて江戸児は水道の水と合せて  ここの家並みは昔の宿場の面影をとどめた  ここに和田校長の即興歌を一つ晴れた  ここに和田校長と一酔漢の面白い一幕が展開していく  ここからは衣川の流れも北方の山々も何の遮る  ここから道は爪先上がりになっている  ここにて念入りに研究の瞳を古き宝物にとどめた  ここに奥の細道の言葉を借りてくる  ここの土となってしまいます  ここで夜を明かし  ここに頭髪が一本梳きこまれているが  ここを塗直した  ここへ来て見ろ  ここでもまた叱る  ここに留まっていた  ここは夏の庭になっていた  ここまで辿りつく  ここで何時までも待っている  ここへお集まり願った  ここで送った  ここは京の中ではあるが  ここで頼んだりしている  ここでうれしい逢瀬が得られたと申す  ここが中心になっている  ここの姫君の春着が選ばれた  ここであるような気がした  ここへ贈られて来た  ここに泊まる  ここではまじめな一面だけを見せている  ここは住まずに  ここでのできばえを皆晴れがましく思っている  ここにばかり好意を見せていると思われるほどの  ここばかりは真盛りの美しさがあった  ここに残さん  ここから家へ帰った  ここに落ちているべき  ここで突っ放す  ここに立っていてください  ここも削ぎ取った  ここまでは押し寄せて来ず  ここへは走り寄りたいほどの  ここではまず大和琴が真先に言われます  ここで簡単に銀山平の説明をしておく  ここは奔湍であって瀑布がある  ここから左折して  ここで中食した  ここをキンセイと呼んでいる  ここまでは岩魚釣りが来る  ここから川を去って  ここは観測の折に樹竹を刈り取ったらしい  ここはもう平ヶ岳の一頂であって越後と上野を限っている  ここを上州の尾瀬平と思い込んだが  ここに野営して  ここで昨日の夜食と兼帯な朝飯をして  ここでははかばかしい家司風の者は来ていないで  ここでは恋を告げる  ここにもいるが  ここの人たちに馴れず  ここまでお引き立てくださいました  ここで長居をしていましてもつまりません  ここにゐては  ここの嫉妬騒ぎが聞こえて行く  ここしばらくは夫人に発作のないようにと祈っていた  ここへおいでになった  ここにはだれも聞く  ここに競争を開始した  ここにニイチェのいわゆるDieTrenegegendieVorzeitが萌す  ここには明細にかきかねるが  ここで睡ってみたいと思った  ここで敗北して  ここで用心しなければならぬ  ここでぜひとも思い浮べなければならぬ  ここのすぐれた  ここの水に聞きたい  ここへもどり来たって  ここにいましょうよ  ここへ来てすわり  ここでは落ち着いて  ここに至って決定する  ここにありと  ここに回想してみたい  ここに披瀝してみたい  ここに述べるには  ここで僕の意見をはつきりさせておきたいと思ふ  ここに諸君の席があると  ここが無数の屍で覆われ  ここへ訪ねて来る  ここに起った  ここに建設される  ここには再言しない  ここへ迎えようと思う  ここに鶯ぞ啼く  ここの取り込みに紛れて見舞ってあげなかった  ここに近い所へまで出てくだすって  ここを去って行く  ここへも来て  ここでまた私の身の上に悪いことが起こり  ここに問題となる  ここまで高める  ここにみられる  ここに大いに留意すべき  ここで天に返すといふ  ここで暮した  ここでも列について一日分のパンを買った  ここに止って  ここの生活を日本へ書いて送っていた  ここにい合わせない  ここに止るか  ここに受け入れられるよろこびは  ここの本当の姿を知っていすぎるし  ここで書きたいと思う  ここでの生活で成長した  ここで朝子が身につけた  ここへ送った  ここの生活を愛す  ここから出発してゆく  ここに現はれた  ここにおさめられている  ここは私の小さいときにゐた  ここから運河が山に入るまでの  ここをほじくれば  ここで細かに挙げる  ここでは取りあげない  ここであらためて説明する  ここに開こうとした  ここに来りおり  ここぞ陸軍の所轄に属する  ここはもはや両部神道の支配する  ここにも深いものがある  ここの谷を半蔵にさして見せ  ここが三棟の高い鱗葺きの  ここですこしこの半蔵が継母のことを語って置く  ここは山郭公の声でも聞かれ  ここに引き合いに出す  ここまではお前たちを案内して来たが  ここにだれの名があったと言って見て  ここまで御一新に路を開けた  ここの家の寄留人であるかどうかをまず確かめる  ここにいて待っていただく  ここに本も読めば  ここで挙げなければならぬが  ここでは述べる  ここから生れて来なければならぬ  ここにも知性や近代を見る  ここにあるとさえ信じるに  ここにわが漂浪の目醒に祝別す  ここへ頼んで置こう  ここへ置いとくから  ここからよくわかります  ここはなかなか風がよく入りますよ  ここを去らねばならぬ  ここを去るに  ここにわが貧を記す  ここにおるがごとくおらざるがごとし  こことおぼしい横丁を曲がったのに  ここはバンドが楽を奏で  ここに取材の随筆を書かれた  ここでは省こう  ここの主人からは御礼の百万遍も言ってもらおうとふ  ここを出て行く  ここへ宮がおいでになる  ここへ来ていただく  ここの女房の中にいる  ここで言うべきでないと  ここへ置かずに  ここを先途と圓太郎は熱演している  ここに紋付が出ているから  ここにかかげ  ここを通う  ここに落ち着く  ここで騒がしく人声などは立てさせぬ  ここでごやっかいになりましょう  ここまで参ってしまった  ここの悲しい空気に人々の様子も想像されて  ここへ入れている  ここで音楽の遊びなどをした  ここに来ておられる  ここをどこと思って  ここにわれらの鳴りひびく  ここへお住みになって  ここを捨てて行ったなら  ここへとどめて  ここへ菓子でも出すが  ここには省いておく  ここを一番と威す  ここに雨やみをしているも  ここから傘ばッさり  ここに射返された  ここにこの机が出ていた  ここで幻を見たろうと思うと  ここに不覚筋動という  ここに論述したるのみ  ここに十人ありて  ここに説明すべき  ここに信仰作用に帰し  ここに甲想起こりて  ここにそのことにつき一言せざるを得ず  ここに掲げて  ここに終わりを告ぐ  ここと決めて置いた  ここときめるか  ここへ畑起しても  ここに家建てても  ここで火たいても  ここにこの原則に反する  ここに一つの変化があって  ここにおいて旧仙台領におけるシシ踊りの事を考うるに  ここに入部した  ここにおいてさらに問題のシシ踊りについて考うるに  ここの子息たちに誘われて  ここでいっしょになって  ここが作者の人生態度としてもなかなか面白い点であろうと思う  ここに非常に錯綜した  ここに雲集した  ここにはガリレオの作った  ここに滞在した  ここに止まって  ここでさえも食卓を離れる  ここにファラデーは生長して  ここで手紙を書いたりする  ここでは問題とならない  ここには一切の理窟を離れて  ここには親切な下の句が加へられて  ここに一人の武士がゐる  ここまで歩いて来たかという  ここでガラになく弱音を吹きました  ここで同じお化けに出逢った  ここで弁信に托して  ここで見るより  ここに光仙林王国が新たに出来上ったと見るべきで  ここに全く安住の地を得たと謂いつべきです  ここに相当の金力の実力を持っている  ここで油断をすると  ここで機を見て  ここで申し上げてみたい  ここへ集まるにつれて  ここは開かずの  ここに人を待っている  ここへ通った  ここへ登楼した  ここにひとり横たわる  ここへ置放しにされた  ここへ押上った  ここはこのお客さんのお友達が来るらしいから  ここで遊ばせろ  ここへ遊びに来たが  ここでしばらく遊んで行きな  ここで遊ばせざるを得ない  ここへお蒲団を敷いて  ここへ寝  ここへおじさんを真中にして  ここまでお後を慕って来たという  ここから見当をつけても  ここで暫くお待ちを願いたい  ここへ来てしまえば  ここでこの話しぶりを聞いていると  ここに斎藤が馬念と言った  ここに意気に殉ずる  ここに斎藤もわずかに余裕を得て  ここに来とりました  ここでもまた置去りを食った  ここへ詰めて来て  ここに出入りしていた  ここはそれらの壮士の控所に当てられていた  ここに仏神のいずれかの信仰の道場があって  ここを目ざして  ここで回向をされようという  ここにありながら  ここへ一晩かくまわれ  ここの一室に一夜を明かし  ここへ走せ戻ったかが  ここまで走せ戻って来たか  ここまで来て発した  ここに一つの犠牲者が現われてしまった  ここに同情なり  ここをさまよい出でて  ここで入り交っての  ここで一時に現われて  ここで右の叙景談が一応終りを告げると  ここに拙者が坐った  ここでもまた二狼を追う  ここに相当大きな川がある  ここへ来て見てくれないか  ここへ山越しをして来る  ここへ落着きなさい  ここを放さないよ  ここで安定しなさい  ここへ留まって  ここまで同行をして来た  ここでわたしを振り捨てる  ここでしかとお渡し申す  ここで亡びた  ここへ秀吉が床几を据えて  ここだというと  ここから敵に見下ろされる  ここから秀吉の内閨まで取入れられたという  ここから擁し去られて  ここで受取った  ここにはじまった  ここで勝の小吉が親父と言った  ここにはこともなげに書いてあるが  ここまで読んで来た  ここでは目頭が熱くなった  ここではじめて感心しなければならぬ  ここに群がる  ここに挙げてみます  ここに一人と指して数えられる  ここで問題を別の観点に引きおろして  ここへ伝わってくる  ここにこれを内界に属するなり  ここにその道理を述べて  ここに設けたり  ここに論ぜんと欲する  ここにその原因を論究する  ここにおいて不覚作用起こる  ここにおいて眠息起こる  ここで妖怪談をして下さるならば  ここに狐について一つお話しいたしますが  ここに持ち出しました  ここに会議を開いた  ここで御免をこうむります  ここから船ですぐに渡って行ける  ここで果たす  ここからお出になる  ここではもうまぶしい日があやにくにも正面からさしてきていたので  こことの間の襖子の掛け金の所にある  ここに立てて  ここに掲載すべし  ここに記載して  ここに至りしぞ  ここに連想をきたし  ここに諸家の説を請う  ここに掲記す  ここに奇とすべきは  ここで大切な用事を思い出したり  ここに只一つ無類飛び切りの謡曲好きに出会して  ここまで消耗していようとは  ここの海でとれとれの  ここを的に来た  ここには無数の人為的風物がある  ここに摩利支天を安置し  ここに醜怪なる蝦蟇法師と正反対して  ここに移りたるなり  こことは想わざりし  ここに最もそのしからむ  ここに一条の蛇ありて  ここの小学校へ入学した  ここの学校に私は一ヶ月もいると  ここへは寄りつかなかったが  こことも仲良く交際していた  ここには大きな二人の姉弟があったが  ここは心細さを覚えさせる  ここを去らせようとする  ここで休みますから  ここから薫の帰って行く  ここしばらくおいでにならなかった  ここへ来させて  ここへこうたびたびおいでになる  ここへ宮はお着きになった  ここに独居する  ここから仏間にいる  ここに近い領地の支配をする  ここへそれらの人の生活に不足せぬほどの  ここへは今後も時々私は来る  ここをまた最後の隠れ家として私は帰って来る  ここに営まれていた  ここで殺されても  ここのお寺のものになる  ここから姉のいる  ここに描かれてある  ここでその新蔵の心配な筋と云う  ここにもう一つ不思議な故障がある  ここであなたと御目にかかった  ここに御出でなさる  ここにすわっても  ここでも嫉妬の気はかもされている  ここで見てからと  ここを捨てて行く  ここでも承ります  ここへ来ますが  ここへは新しい建物を代わりに作って差し上げたい  ここへお泊まりになった  ここほどけっこうな所はないと御主人様は思召す  ここで落ち合う  ここの屋敷の門前まで来ると  ここは何を祷る  ここで欧洲大戦が始まる  ここから出て行けば  ここで変更せられねばならなかった  ここに落ち込んだが  ここでは彼自身の母国を憎んでいる  ここの電信局の技師さんと十三日間踊った  ここでも悲しまねばならぬ  ここへもう直き  ここにこうして一晩立ってる  ここへ投げつけたのよ  ここは出たって  ここは落ちついて  ここにこうしていて下されば  ここにこうしてたって  ここに五人も並んでいる  ここで酒でも飲んでる  ここはあまりお見せしたくはございませんの  ここまでいらっしゃれるなら  ここは万事があたしに持って来いという  ここはあなたなんかのいらっしゃる  ここをどいたら  ここにこうしていさせて  ここへ甲谷がやって来る  ここへおいでなさい  ここで君の踊る  ここでアムリと話したら  ここの英国陸戦隊を弱める  ここへ参りますわ  ここに転げている  ここだけは必ず通ったであろうと思われ  ここにいさせてくれたって  ここにもひとり地獄のつれがいた  ここでも彼は不必要に自分の身体に突きあたらねばならなかった  ここまで這入れば  ここで君は始終そんなことを考えている  ここで一週間も一緒に遊んでおりましたわ  ここに一週間もいた  ここへ一人ほったらかしておいたって  ここへ来るには死にかかった  ここの租界の駐屯兵は一番電話局と電信局とを守っているからね  ここへ来ちゃ  ここでいろんな日本の人に逢ったわ  ここがもうこんな騒ぎになる  ここからひき摺り上げてくれ  ここにいたんだな  ここに床があるから  ここにいてよ  ここへ来なさい  ここから出ていって  ここでぼんやりとし続けていなければならぬ  ここから端を発している  ここにもあると云う  ここへ来てみ  ここへ坐っても  ここは何ちうてな  ここを波止場の尖端のやうにも思はせる  ここを歩いてる  ここにも上海の何かの特殊性がある  ここに現われてきても  ここへ現われては来なかった  ここに奇怪なことをなさる  ここから動けない  ここにおいでになって  ここを思わないでいらっしゃいよ  ここにお置きになって  ここへはおいでになるけれど  ここはまだよくでき上がっていないで  ここを出ていく  ここまで来ますと  ここで大人になっていたら  ここで私の申します  ここにまた面白い事がある  ここで出してしまへと  ここが空いてるじゃねえか  ここの棚へ積んでおく  ここからいらっしゃいまし  ここまで来させた  ここに近いどこかでよく人目を避けて  ここでも失礼なことを申し上げる  ここの下の侍衆が聞けば  ここでない所へあなたをつれて行ってしまおうと  ここよりは水のある  ここで謹慎をしている  ここへ私の出てまいる  ここに奥様をお置きになっていらっしゃって  ここに千円もあったらと  ここでは千代次と呼んだ  ここで妙に風呂のことを気にして  ここへ隠して置いてある  ここの対の北側の座敷に涼んでいた  ここから離れて行って  ここで逢えない  ここから今あちらへ行った  ここの西の対の一所を自室に賜わって住んでいた  ここで養成された  ここで待っているわ  ここに吉岡さえ来てくれたら  ここでうまく立っているのよ  ここに顔を合わせた  ここに近く暮しはじめている  ここでお支度をなさいませ  ここへ到  ここに聞逃す  ここに若い女の方が住んでおられる  ここに住んでおります  ここへ捨ててありましたが  ここから出られなくなるだろうし  ここに滞留していて  ここへまでおいでくださるだけの  ここへまで来て  ここは浮舟のいた  ここでは遠慮なくできる  ここでは迎える  ここへまいっては  ここへ僧都の立ち寄った  ここにいらっしゃると  ここが町になってから  ここは虔十のただ一つのかたみだから  ここから起すといふ  ここでは詰め込み主義は大して信用されていない  ここに関係している  ここに焦点を有っている  ここの高等学校を出たので  ここからでもよく分る  ここまで降りて来た  ここじゃ困ります  ここで必要な事だけ話しておきますから  ここ暫くの間は僕に任せて下さらないと困りますよ  ここでは泣いても  ここには第一次大戦後の世界デモクラシー時代から提唱されて  ここへ来や  ここへ通しましょうか  ここじゃあんまり取り散らかしてあるから  ここで科学的に検討をしてみる  ここへ入ってきたでしょう  ここへもどってこられる  ここの所をやられている  ここへ呼んでやったら  ここじゃ困るから  ここに大金庫があった  ここへこられたの  ここに隠してしまった  ここに暗欝なる  ここに我々の深く考えなければならない  ここに断っておきたいからである  ここに裏づけられてる  ここで注意を要する  ここでは少し遠く聞える  ここでは問題外ゆえはぶく  ここに二つの短篇の各一節を書き並べてみよう  ここに一つの疑問が残されている  ここに一つ断っておかなければならない  ここに来てゐる  ここへお洗濯の水なんか捨て  ここが長襦袢の家だと思いました  ここまで持って来ても  ここでは気安く種々のお話をなさるし  ここにしましょう  ここでは勝手に遊ばれるので  ここでは近在から来る  ここからずっと行くと  ここで焼いては済まぬからと  ここに方便を申せば  ここのお父さんにもしものことがあっても  ここにも世の変遷が見られます  ここに立寄ったが  ここではね  ここで開いた  ここを頼んだ  ここで電燈が消えた  ここん処に坐っていて  ここには見えぬ  ここで例の弁当を買おうかと思ったが  ここでこの男と娘に就いて  ここから乗込んだ  ここで改めて多代子さんを御紹介しましょう  ここへ近寄った  ここまで来かかると  ここの先生の家へお出入りをなさる  ここに何かの秘密があって  ここで偶然に私と席をならべる  ここではすべて正二位から従五位にいたる  ここに盛られた  ここに例示した  ここに追記して  ここに未知の大きな世界の暗示がある  ここでびっこの小使いが現われ  ここで黙って  ここまで持って来られよう  ここまで持って来たり  ここで発達した  ここで下座の女に太棹の三味線を弾かせ  ここの駅につとめる  ここになされる  ここに論述するを好まず  ここに自ら経歴する  ここに加はる  ここへ下りて  ここばかり広くする  ここを出て行け  ここに不思議なるは我らの仲間に交り居たる  ここにありて  ここにまた幾日をくらしつ  ここは石牀もありていと寛やかに起き臥しすべし  ここにも論ずるを  ここに落ち行くべく  ここぞと思ったので  ここに語る  ここで何とも説明する  ここでは詳しく説明しないが  ここでも更に感心させられた  ここで飯を食って出ると  ここでは午前十一時頃に手塚屋に泊まる  ここに興行中であると聞いて  ここから西北に見える  ここでも円朝は泣かされている  ここに挙げない  ここにも魯文と黙阿弥の性格がよく現われている  ここでは最も有名な物のみを紹介したに過ぎない  ここを引き上げようと  ここへ連れて来てくれないか  ここでその大将とお酒を飲みながら  ここまで来るには  ここにとまっていたからです  ここでけんかをした  ここにくるには  ここで顔をあわせながら  ここで食い止めようという  ここできちんと終りの句点を打たれた  ここはあなたから縁を切って  ここへ持つて来た  ここを死場所と覚悟をきめて  ここから逃げて帰れ  ここから逃げよと申す  ここだけは娑婆がちがうという  ここを逃げよと  ここからオレが逃げ去るか  ここで待っていて呉れ  ここから出して下せえ  ここにゐたつて  ここへいって見て  ここで今一つお尋ねしますが  ここに発表しようと思う  ここにそれを敢てしようと思う  ここで感謝の意だけ発表して置く  ここで発表しようと思っている  ここに一商あり  ここに一動物あり  ここに幼児あり  ここにのこって  ここ迄来て  ここに始めての  ここに眠つてゐる  ここにも蘇我の血は濃くながれてゐる  ここに寝てゐた  ここで生長なる  ここの家督を継ぐ  ここまで考えたが  ここまで上っては来ましたが  ここにこうしてあなた方のおいでを待ちうけていました  ここでまた問題なのは大多数をどうしようという  ここにかけ給え  ここに載せた  ここに緒口を見せているだろう  ここには何かがある  ここからすでに始まっていた  ここで統一される  ここに救済されている  ここでも亦この不当さが指摘され得る  ここで最も神秘的な飛躍をしたと見る  ここに初めてこの運動の弁証法的なるものが横たわる  ここに必然的な理由を有っている  ここに物理現象の統計性を見ようとするならば  ここでは経験し得べき  ここでも亦統計的なものは決してまだ統計的研究方法から来た  ここで見るべきである  ここまで特殊的に具体化され得べき  ここから叙述方法が始まるという  ここで一つの悲喜劇を見ないだろうか  ここで見出されるであろう  ここでは同一律が守られながら  ここにこのものの形式的論理に対する優越が公判されただろう  ここまで云って来ても  ここに新聞のイデオロギー性の有無を検出しようと  ここでは対立した  ここに却って一種のイデオロギー性を見逃してはならない  ここにこそ新聞の真に本質的な区別がなくてはならぬ  ここでその限界につき当る  ここに並べて数えられる  ここに見当らない  ここへ出て参る  ここへ出て来るだけの  ここに一種妙なパラドックスとでも云いましょうか  ここに一つの波瀾を誘うと  ここに内発的と云う  ここで二時間も三時間もしゃべっては  ここまで押してみれば  ここに省く  ここにも一つの前例がひらかれた  ここで喫煙車に乗りかえるからね  ここに心霊術の大家がいるとして  ここへくるま  ここまで九分かかりました  ここへ到着してから  ここに足跡がある  ここでとまって  ここに足をくっつけていて  ここに一人の男が殺されていて  ここでは指紋の写真をとる  ここがおわかりになりましたね  ここは穴ぼこだ  ここに芸術家の悲惨な孤独の宿命もある  ここの屋敷は空屋敷文ちやんうまれた  ここの家は引つ越して  ここば読んでけれや  ここへ稼ぎに来ていた  ここで労働問題などを研究している  ここで酔いつぶれると  ここではそれが逆になって  ここでは巻直しにならないで  ここまで教訓した  ここでは求めざるに  ここはところがらですから  ここでけたたましい叫びを立てなかった  ここに行われるのみならず  ここで僅かにくちばしをきった  ここに吉野朝と言った  ここで嗾ける  ここに二十両ある  ここでもお喋り坊主の株をねらう  ここにゴザがある  ここは片肌で御免を蒙りやすよ  ここへ荷い来ったかという  ここへ戻ったものの  ここまで持って帰って  ここまでかつぎ込んで  ここでがんりきの腕を見せて  ここは大トバの開かれる  ここで少し口籠った  ここまで持って来たには  ここへお出しなせ  ここへ並べて置きなせ  ここへ我々の根を卸してみましょう  ここに一人が独立の生計を与えられれば  ここには法律というものを設けますまい  ここの国では賞も行わず  ここに再び繰りひろげて  ここまでの苦を慰めるに  ここで忘れ去ってしまっております  ここにも娘盛りがいる  ここでは三面六臂の働きをします  ここまで通して来た  ここでやきもき思ったからとて  ここでは意外の珍客としてもてなされた  ここの御門前は極めてすべりが  ここで寸秒の座談に尽すという  ここで冷ます  ここまでは誰も見る  ここでめぐり会ったという  ここまで来ない  ここにこれがある  ここははや解散した  ここへ来て住む  ここへ来てはいけません  ここで竜之助は殺されてしまっている  ここで殺されている  ここに留まっている  ここでその手がかりを求めなければならぬ  ここの空気は淘げられている  ここでそれを糾明する  ここは人が有るべき  ここで思いきって  ここに漂着したとか  ここで暫く生活をしていた  ここで三個の人間が落合って  ここまで出向いて来て  ここで会見の時を過ごしてみると  ここへ現われて来ましたが  ここばかり銭が降ったか  ここの玄関へ怪しげな壮士体の者共が押しかけて  ここのところへ埋めたばっかりだ  ここへ埋めて  ここまで出向いて来るくらいなら  ここまで引見の特権を与えた  ここまで食い入って  ここに姿を現わしたとて  ここに人ありと見て  ここにとどまるべき  ここでブリ返して  ここに静処を求めた  ここに閑居して  ここで一人でなすっていらっしゃる  ここにおいでになっては  ここにおれとおっしゃる  ここで改めてゆっくり一つ聞かせてもらいたい  ここでたゆむと  ここに一つのたとえあり  ここでこの夜を明かせかや  ここまで進んで来れば  ここの上人に就いて  ここへ通いました  ここは大日本の魚山として聞えたる  ここで修行をさせていただきたい  ここに再び明治政府の下に受爵の恩命が行われるの  ここに納まって動かなければ  ここまで乗り出して来た  ここへ足がかりが出来たら  ここの雨戸を開けて出ましたから  ここの商売がもってる  ここまでオフレがまわっている  ここには各国から簡派したる  ここに相衝突する  ここに諸君の賛成を得たき  ここに集め  ここに終に悲むべき  ここに同盟会を解散すべき  ここにまことの愛があつたいつも流れず  ここに山を愛し  ここにもし実在が観念と別な世界ほどの在り  ここで溜息を一つした  ここしばらく住み  ここまで育ち上った  ここにはやてを除け  ここに於てはじめて姉娘に就いての  ここに田園の営みを初める  ここにも女神のために出来た  ここに一本の大根がある  ここで商売をする  ここで降りてくれ  ここだと思う  ここに穴があいているわ  ここまでつきとめた  ここに席がある  ここも掘りかえされた  ここへよびだしていただき  ここへおいで下すって  ここまでおいでになれない  ここに大きな岩がある  ここからはかった  ここは日本人がひらいた  ここで臆測はしないが  ここに人物がをるといふ  ここまで来たと思ふ  ここではつきり掴む  ここまでの事は当然出来なければならない  ここで問題にする  ここに云うまい  ここを小箱根と称した  ここで飲食してる  ここではいかん  ここで寝ていかないか  ここへ引っぱって来られた  ここに現にあるよ  ここで合流して  ここのカマタという旅館で私は時々仕事をするが  ここでは読む  ここに鼬の係蹄が仕掛けてあるよ  ここからお前を狙って打ち殺してしまうぞ  ここにじっとしていたら  ここにこうしていた  ここで慌てる  ここに私の遺憾に思う  ここに他種の人の住するを見る  ここには武士中高等なる階級の者繁栄し  ここへ茶店を建てる  ここに持つてをります  ここにはただこんな事があると述べるまでだ  ここは泥が多い万一己の足で跳ね上げる  ここにあると呼ばわる  ここに病人があって死に  ここに麻酔薬を与えて  ここを通過すれば  ここで立止って  ここを採り去ったという  ここには天狗と言う  ここにも基督敵産まれたといって騒いだ  ここより澳にまたある  ここをいひを  ここほろりとなりしといふ見  ここにいらつしやい  ここに濛々の境を脱し  ここにも思ひを潜めたれど  ここには低徊趣味が全然欠乏している  ここで生ずる  ここに禅味抔という問題を出す  ここでもくりかえしていう  ここで一息いれる  ここに石楠花にとろけている  ここへはほとんど影を見せず  ここまで来なかろうと思う  ここでは共通して  ここにも石楠花が枝越しに上からのぞき込む  ここから御殿場の三合目の小舎に出て  ここで超越しているからだ  ここで弁当などを積み込み  ここから土地の案内に精しい輿水象次氏が一行に加わって  ここでも桜が咲いたね  ここにあたしが繋がれている  ここへ来て見てはじめて  ここに残されたという  ここの拝殿に例の岩佐又兵衛の国宝歌仙額があるが  ここで宝物を見せて貰えないかと頼むと  ここへ封ぜられた  ここからまたバスを待って  ここにはじめて青い石を捜す  ここに引出してきたか  ここに博士の説に基づける  ここにこの新進の同論者を得たるを喜ぶといえども  ここに征新羅軍に従いし  ここには単に平安朝中葉以降東国に起れる  ここに繰り返さざるべからず  ここぞとばかり嘲笑し  ここに私の希望を述べます  ここに一例としてインド産のピゾン一種人に馴るる状を示す  ここにいえる  ここに蛇見て  ここにおいて蛇来って  ここで停ると  ここの山堂の中で眠った  ここの室を世話してくれた  ここをしばらく仮の棲家とする  ここは出征中の長男の嫁の部屋になっている  ここの本家の参右衛門の一室を世話してくれた  ここへ僕らをひきつけた  ここなら先ず安心だと思ったから  ここで妻がおかしかったと云う  ここを忘れて  ここは私が妻と結婚した  ここで浜茄子の花も見た  ここの露台から眺めた  ここでは忍耐している  ここに人人が喰い下ってやまぬ  ここの炉端を集会所にしている  ここは酒あり  ここから洩れて来ると  ここで停止して来た  ここで一時間でも良いさっと照らないと  ここはすべてが鎌倉時代とは変っていない  ここの言葉の不必要さを知らずに  ここに見ぬ  ここから無数に展開して  ここが一番日本らしい風景だと思った  ここに自分が身を沈めようとは思わなかったのに  ここで新米を手に受けてみて  ここから三里ばかり離れた  ここに村民に嘘をつかしめる  ここへ落ちて来る  ここの村へ闇左衛門の世話で来た  ここでの事ではなく別にある  ここを一度通って来ると  ここの山山には何がある  ここだけめぐる  ここで新妻を貰った  ここで中央公論へ出す  ここへ再び来る  ここでは私の妻が所帯主になっている  ここでとれた  ここの海の見える  ここでは水を下から運ばねばなるまい  ここから海までの草原の傾斜を牧場にすれば  ここから一里ほど左方の由良という漁村へ海水浴に来て  ここから近いと聞いて  ここでも悪ういわれた  ここの空地は日をよく浴び  ここの冬は知らないからね  ここの吹雪のことを云ってから  ここの農家ではあまり生じない  ここの清江一人の労働で作った  ここはおれの生れた  ここでは泥田の中で作っているが  ここだなと思う  ここの地主階級では諦めの  ここで一泊して  ここから十里あまりへだてた  ここでもしている  ここへ来たいわ  ここでは酒よりも煙草の方が少いと見える  ここで荷を軽くして置く  ここから自分の家へ帰って来る  ここの家へ落して帰りたいと思っている  ここから一升の米さえ買っていない  ここから火を打ちかけた  ここへ書いて貰いたいと  ここにいるので  ここの炉端で一人児として生れ  ここで何の批評の口を切ろうとする  ここの集りとなる  ここの人人が一番求めている  ここは禅寺だと私は思った  ここの田かも知れない  ここでも床の間に戦死した  ここに人間業と思われない  ここには外にある  ここが表口になるらしい  ここにおいて前回に述べた  ここにお泊りになっていらっしゃる  ここで奥役を怒らせてしまえば  ここで言葉を掛ければ  ここで待ってるなら  ここでもまた思想対策は米穀対策と並ぶ  ここから新聞社や通信社にニュースを専売的に提供しようという  ここに角立って現われた  ここに一つの問題が起きる  ここがとりも直さず  ここで会員や推薦や参与の位いにありつけば  ここでも無論あり得なかったからだ  ここには重大な危険が潜んでいる  ここに何等かの社会的反抗の思想的拠り所を見出し得ると考えたからである  ここに議員達が見た  ここにもまた改革の根本的矛盾が現われている  ここでの吏道振  ここに衆議院の解散を奏請した  ここに挙国一致なる  ここでは嬌羞みながら  ここぞとばかり之にしがみついて来た  ここに入口を発見する  ここでも亦問題は道徳から出発する  ここには雑然と雑居している  ここではもう女郎に売られるとか  ここに集中されて来る  ここから活動は道徳圏内を抜け出て  ここに見て取るべきだ  ここに存すると云わねばならぬ  ここでもまた政府は年六分の配当を保証しなければならぬという  ここまで見透しのつかない  ここに集める  ここで調査審議された  ここに新官僚の参謀本部が出来る  ここで彼等が危惧する  ここにこそ文化的批判の重要な役割がある  ここに問題になっている  ここに一々挙げ切れない  ここに発見する  ここでも亦数種の唯物論系統の評論学術雑誌が発行されている  ここに結び付いてのみ  ここには少々馬を凡人以上に尊重した  ここの人々が齢を紀する  ここに至って見えず  ここに述べ得ず  ここまで話したら  ここに來るまでの幾日間を心にかけて朝晩の世話をしたといふ  ここを離れて行かなければならない  ここを去らなければならない  ここを去らなければならないと  ここまで連立って来た  ここには松篁が行っている  ここから船にのった  ここへは駅長さんも一緒に来てくれた  ここで熱を出してしまった  ここはやはり皇軍の進撃した  ここには五つ六つくらいの女の子の案内人がいる  ここには男の子や大人の案内人もいるが  ここでは芦や葭を非常に大切にする  ここには柳が沢山ある  ここでは駅長さんがいろいろと心配してくれた  ここの産であったという  ここの知事さんのところで働いている  ここは太湖石が沢山あって  ここの富豪の婦人の部屋などもみせてもらった  ここでちょっと中入りに申し  ここに元本章の尻纏めに  ここを以て東は明るく西は闇し  ここに詳述せぬが  ここへ使に参る  ここには猴に関してのみ略説しよう  ここぞと強がった  ここでの犬の消費料は知るべきである  ここへは寄りつけまい  ここを去なずに  ここへ出て来ねえ  ここに辛抱してと思ったが  ここにはあと一日といられまい  ここを去らせず  ここへ揚がッてしまってからの  ここにおいているだけで  ここで別れた阿  ここへ入った阿  ここの裏庭を見廻した  ここへ来ていたか  ここへ自分を蹴陥す  ここを通るとさ  ここで手当てをして  ここに縛りつけて  ここで止める  ここでお見放し下さい  ここの明るい病室へ通った  ここが非常線となった  ここは通れん  ここに江戸の治安陣を双璧する  ここの小市民たちがもっとも好む  ここへ戻って来るが  ここに戻って来た  ここに見つけ  ここへ招くであろうが  ここに見えんか  ここで書類をかいてもらったり  ここへ姿をあらわした  ここの場所を書いておいた  ここの二階を訪れる  ここにあると仰っしゃって  ここはやはり上野に近い御隠  ここに住んでから  ここを何処と思う  ここから命ぜられる  ここへ顔を見せていた  ここを出ては  ここに臨むからにはと  ここに匿われていた  ここで待つといたそうか  ここに臨んだという  ここでは話しかねる  ここから出て行った  ここの門内へ入ってから  ここには姿を見せていない  ここからたいへん遠くのある  ここへきてしまいました  ここに寝ておりますものの  ここでこの方にお目にかかってね  ここでもくりかえした  ここにすんでいますの  ここがおまえたちの気にいった  ここには昨日のうちに業務部の若い男が先着して  ここへ坐りなさい  ここへ迎えの  ここで買うまでも  ここをセンドとあやまるから  ここで二人の心は寄りそったが  ここはアタクシに一任していた  ここへ戻っていた  ここに監禁されていますから  ここへ泊められて  ここへ車をつけて  ここへ来なくなるだろうから  ここから追っ払わせる  ここから行かなきゃならん  ここへ持って来て貰おうね  ここにはおらんよ  ここじゃあ頼りになるなあ  ここにいたんだ  ここに燈を残してゆきやがった  ここでダンスさんは馬から下りて  ここにいさせたいと思いますから  ここまでやって来い  ここへ盲乞食と一緒に来たぞ  ここでリヴジー先生が口を入れた  ここに私の友人の従者たちを置き  ここへ入って来られた  ここにいなかったら  ここに乗ってる  ここに海図があるがね  ここに熱病がある  ここに我々二人は銘々一対ずつのピストルを持っている  ここに時計を手に持っている  ここへ上陸して  ここに残ったって  ここへ来させてあげますよ  ここが恐しいというくらいに  ここに己の船仲間のオブライエンがいるがねえ  ここへやって来たなあ  ここまで言って来た  ここで言葉を止めた  ここで船長になってる  ここにゃちっちゃなお客がいますんで  ここにいたんだね  ここへ残しておくって  ここに羅針儀がある  ここへひっぱって来て  ここへ上陸する  ここにゃ何一つ残ってやしねえ  ここには書かない罵り  ここから四分の一マイルとねえ処に七十万ポンドって金がある  ここに生きていねえ  ここに提示されていると思う  ここに一つの論文がある  ここにみなさんと顧みて見たいと思う  ここでは集団意識の盛上りに外ならない  ここにダブラせる  ここに泊るか  ここでは簡単に気づいた  ここに宝塚経営に集中主義をとる  ここにはじめて宝塚少女歌劇養成会が組織された  ここに第一回公演期日を大正三年四月一日と決定して  ここに宝塚少女歌劇公演用の記念すべき  ここへこの歌を持って来る  ここで話をして  ここで勤めさせていただく  ここに赤穂義士の連盟も分裂の危機に瀕した  ここで江戸から迎いに出た  ここに十日間ばかり滞在して  ここへ引移ってくださいませ  ここで一番自分の働きぶりを見せて  ここでひとつ落着いた  ここからはいって  ここで俺が戸田家の家来たる兄に有様を打明けてみた  ここで打明けて  ここは兄の言葉に従った  ここだけの話しじゃけれど  ここへ集めておいた  ここでこの女に大望を打明けて  ここで泊っても  ここまで追詰められては  ここへ戻ってきている  ここへお出でになった  ここまで来たばかりだ  ここで生きて行かれぬというなら  ここに階級的民主的文学のむずかしい現実がひそんでいる  ここに賞し  ここに蔵す  ここに遊びたる  ここあいてる  ここに居坐る  ここに一冊子あり  ここに小文を呈します  ここの玄関に来て  ここには持っていないよ  ここでしてもらい  ここを魂の安息所として何もかも忘れて  ここに大阪があると  ここの関東煮が  ここに略説する  ここに一鶏ありといい  ここに二鶏ありといい  ここにおいて父やむをえず  ここで時を作るという  ここに述べるは  ここを去らざるべからずと  ここにこそあれ  ここに現時バシリスクで学者間に通りいる  ここに今かく常夜往時に集えて鳴かせし  ここから自然ひろがりさかのぼって  ここには貧しくよるべ  ここを安住の地と定め  ここに以上のような大きい判断の誤りを明白にみる  ここにもお互に作用している  ここにおかねばならぬ  ここぞと念を入れて  ここにはただ桃太郎が鬼が島を伐つに  ここから大正橋までは退屈でもあるし  ここには私の思い出が一つある  ここに略しぬ  ここが今日のいやに整頓されてしまっている  ここに至れば極まれりというべしである  ここで次章へと移っている  ここにおいて我々はお像を盗み取ったばかりでなく  ここでは伴蔵が志丈のいう  ここは少うしおっかなびっくりになりながら  ここに論うことにした  ここでこう物をいっている  ここを圓朝全怪談中の圧巻だとさえおもう  ここで身投げを助ける  ここでいっぺん懐中した  ここでまだかえらない  ここには居られない  ここから新吉お久を連れて  ここも因果ひといろで塗り潰されていながら  ここでもう一度私たちを考えさせる  ここに見られるばかりではあるまいと  ここも矢が来る  ここへ逃げ込んだばかりに  ここまで騒ぎ立てて来たか  ここできかれないとしても  ここにありと告げて食わせるぞと  ここに歴  ここでも為事は自然に発展した  ここへ参着して  ここにはそれを省略して載せる  ここな鼠にきっと申し渡す  ここを去るから  ここを通りました  ここでも駄目になれる  ここの天下の勢いがどう流れている  ここで有神論や宗教論を述べんとする  ここに説ただけの程度に於てさえも自由の何たるを理解するにあらざれば  ここに述べ  ここにその一端を述べた  ここ暫くの勝負と思えば  ここで帰る  ここで本流支流の二つにわかれてゐる  ここと銚子とは五十里もあろに水は寝ないで流れてく  ここでも本流支流の二つにわかれる  ここに百名の強健な兵士がおれば  ここに彼が日頃理想とした  ここまで疲労困憊を人の像へ具像化するには  ここから冷い  ここの二階で往生する  ここで働かないとしても  ここに過した  ここに加える  ここではスピノザとシェリングとからの影響を見逃してはならぬ  ここから二つの重大な性質が見出される  ここでは哲学は哲学のアプリオリに立ち  ここに現われなければならぬ  ここでは哲学は時間の概念を独占しようとさえ企てる  ここで事物を決定する  ここを他にしてあり得ない  ここで論理と考えられる  ここで問題になれる  ここで二つのことが出て来た  ここまで来ないと  ここでも亦断念しなければならない  ここではまず目星しい  ここに実験とこの種の観測との区別の徴表を機械的に置き得るとは考えない  ここで呼んだ  ここからドイツ古典哲学の観念論としての本質が出て来ている  ここで第一に告げている  ここに中心を置く  ここで推奨して  ここでカントに倣って  ここを力源としている  ここからも連想する  ここにあると云う  ここまで発達して来た  ここに初めて世界観の歴史的移行が成り立つ  ここに世界観と範疇組織との極めて密接な相互関係があるという  ここでは実験的方法の代りに用いられる  ここでは問題となる  ここに発生する  ここに落付く  ここに移転してからも  ここに長く住む  ここに洩らす  ここにこうやって坐っていても  ここではあまり役に立たない  ここにはいわない  ここに列挙すると  ここでも役立った  ここを十時に出れば  ここへ誰が坐る  ここに引用すると  ここまで口語に近づき  ここで一奮起して  ここも秋口から物やかましいといやがられたので  ここも縁がないのだからしかたがないと云って呼びかえした  ここも人手が少なくてものがたいのでいやがって  ここまで下って来て  ここに六歌仙の絵巻がある  ここへ探しに参られたとて  ここを立ち去らば  ここからは忍び込めまい  ここへおいでと見える  ここにいるは  ここへ気が付いた  ここであらまし決めた  ここは宝隆寺から西一町離れている  ここに道標がある  ここに掛け物がある  ここにも掛け物がある  ここは長崎海岸通り大通詞丸山作右衛門の善美を尽くした  ここを紋太郎が訪問した  ここに筆を止める  ここに夜通しいるか  ここへはとめてもらえないし  ここに一名の新会員の入会許可を提議したいと思う  ここにそのかぎを贈呈する  ここでは怠けてはいけないという  ここに祈り  ここで後悔しておきます  ここにいつまでもいて  ここでもつんとすまして立ち去る  ここには何等の相当な弁解も致しません  ここを開けましたる  ここに出し  ここに再び旧時の悲哀を繰返して  ここにエアトヴァスの重力偏差計をすえ付けて観測した  ここの景観の節奏と色彩とを著しく高め深めている  ここまでかつぎ上げなければならぬ  ここへテントを張ってから  ここの二階へあがって  ここへ通りあわせて  ここに怪しい噂が起った  ここで二人が妙な関係になってしまった  ここへ付けて来る  ここへ越してきて  ここすぎて夕立はしる  ここに一つ持って来て  ここで捕物帳を書いていると  ここで王道を説き  ここだけしかないという植物の繁殖している  ここで私はロシア煙草と火酒と世界の新聞を読んで  ここが話の山になる  ここだけは生きている  ここで十貫目ぐらいの荷物ができてしまった  ここに善人の犯罪というものがあって  ここへおきますよ  ここまでつけて来た  ここに仆れている  ここでちょっと言葉を切ったが  ここに一つ惜しいものがある  ここでちょっと憂鬱になったが  ここに鍵穴がある  ここで話がちょっと切れた  ここまで引いて来た  ここに記号がある  ここに小さな壺がある  ここにこうして坐りこみながら  ここで口論したくねえ  ここへお坐りなさい  ここに二百円だけある  ここは舞台にも出して居ります  ここをやると  ここにかうして坐りこみながら  ここに二百圓だけある  ここもやられたという  ここに置いたと思い定めて居た  ここにはなくて案外な隅っこで見つかる  ここにあったのよ  ここに着いて見ると  ここの娘が坐っていた  ここで馬を取り返えると言って  ここは山のあいだから出て  ここで見上げていると  ここには父と弟夫婦と妹とが暮している  ここにはこういう相当なお皿があるでしょう  ここんとこできみは一万円の紙幣束を掴んでいる  ここへ現れている  ここに三十とあるだろう  ここで今しゃべり切れる  ここまで夢中になって語ってきた  ここで結婚しようと思ってる  ここで養った  ここでは山の姿のみを眺めて  ここに彼らの主君がいる  ここへ下りてきました  ここにおちついておいでなさい  ここはちょうど人間の歩く  ここへ二度とあなたをおたずねするか  ここに植わっている  ここに咲いている  ここへ連れてきてくれました  ここなら危ないことはありません  ここへ出せば  ここに並べておいて  ここの空を過ぎるでありましょう  ここにきてから  ここに植えた  ここの公園で少し休まう  ここに住めないというので  ここで聴いていたのよ  ここまで画き上げる  ここでおれが後ろへ振り向くなら  ここを願います  ここをやってくださいな  ここに一時の急を支うる  ここに一言断つて置かねばならぬ  ここまで引込んで来た  ここでは虫の声もあまり多く聞かれなかった  ここではその鳴く  ここには述べ  ここで詳しく紹介する  ここに厚く感謝の意を表したいと思う  ここに更めて御披露させて頂く  ここに在った  ここにこうして生きている  ここには有る  ここにも来た  ここにのっている  ここから飛ぶ  ここに私のそばに立っている  ここを立ち退かなき  ここで暮す  ここの空気がいけない  ここを出ましょう  ここんとこまで昇ったら  ここに生きている  ここで逃げ出してしもてやな  ここでも似合った  ここは物干し場にもなる  ここをよう見てみ  ここでも一日立ちづく  ここに南十字星が現れて  ここに八百円あるねん  ここで突然予期しない  ここで最初の悲劇が持上った  ここでは云う  ここで全く異様なことが持上った  ここに一つあります  ここでひとつお二人の前へ提案したい  ここに湧き起った  ここまで進んだ  ここでもう一つほかの事実を調べて見ましょう  ここでとてつもないことが持上った  ここに発露している  ここに朽ち果て終る  ここまで歩み出した  ここにはただ女の恋のよろこびの  ここに婦人部が設けられ  ここに決して見落す  ここにも日本の旧いものと新しくあろうと欲する  ここに響いている  ここはかうすれば  ここに降りた  ここが最後の別れの場となるかもしれないと思った  ここの師範に赴任した  ここで改めて考え直さなければならない  ここに少しく婦人の天職を考察して  ここに初めて門を守るという  ここに不思議なることこそあれ  ここに一婦人あり  ここに油然としてわき起こり  ここに根ざして  ここに一人の婦人作家があって  ここにも奇妙な現象がある  ここに菊一うねありて  ここにこそあると思われます  ここを引上げるという前夜のお別れの集りで色々の余興の催しがあったらしい  ここへ巣をつくりますよ  ここへ落ち着いてから  ここへ遊びに来る  ここへもやって来ますよ  ここへ移ってからも  ここを出ようよ  ここならば長くいられ  ここにも聞えた  ここでは都合がわるいかも知れない  ここで何のお話していたの  ここで喫茶店しまっさかい  ここの支配人から聴いた  ここも行き詰りだった  ここも行詰りになってる  ここの主人に一つの癖あり  ここまでおいでとからかい  ここではあくまで青春感傷の日の私を中心に大正大震以後から昭和戦前までの落語界の人々について語ってみたいが  ここでも私は楽天地で演った  ここに誓っておく  ここで特筆称揚しておきたい  ここではあまり言及しないが  ここに完結した  ここでは触れまい  ここで並木君と大に談じてるから  ここは高台の見晴らし広く大空澄み渡る  ここより追いやりつ  ここに養い  ここに去り  ここで御母堂に向つて申し上げる  ここに人類の教師という言葉を用いるが  ここで黄河流域の民族は一新した  ここにも有力な民族混淆をひき起こした  ここに我々は先秦の文化や漢文化が一つの文化の異なった  ここで急に笑い出して  ここにも出ている  ここに於て乃ち相与に  ここに列ねる  ここにも孔子が打ちあけて  ここでは斉東野人の語として斥けられている  ここに並べた  ここに掲げたと  ここに掲げられたかの  ここに有若の語が置かれた  ここに適当なものと考えられる  ここに右の語が置かれた  ここではそれが学ぶべき  ここにこの章が置かれた  ここに有子の語が二章まで掲げられている  ここに展開せられた  ここに列挙せられる  ここに記録された  ここでは表面に露出せられたというだけである  ここにも孔子学派における一致した  ここに子路の忠実が孔子にとっていかに重要な意義を持っていたかが示される  ここでは事情が顔回の場合とはなはだ異なって来る  ここには右の顔回と子路との場合をもって代表させる  ここにはただ一つ例を掲げておく  ここに比較さるべき  ここに突然現われて  ここに幾分関係があると思われる  ここに加えた  ここに関係があると思われる  ここに思想史上の革新がある  ここで尽くされたと言っても  ここに孔子の語録のこの特殊な様式を力説して  ここに付加して  ここから発足する  ここに暮していられたが  ここへ遊びに行った  ここにはいないや  ここに呼ぼうよ  ここの家にもだいぶ借りがある  ここへ落ちるから  ここはどの辺だか見て置かないと  ここから浜へ出て  ここでしばらく日向ぼっこをしているから  ここに待っておいで  ここまで旅行をした  ここへきても笑っていらっしゃいました  ここのおくにさんが好きであつたのでせう  ここにも現われていると思います  ここに偉大な構成をなす  ここに系図を構成する  ここにはなはだ偉大な発達をも遂げ得た  ここにおいて私は和算史の全般をもって  ここにおいて蘭学の発達は極めて著しいものとなった  ここにおいて思うに  ここの博士が返して呉れたら  ここでは酒が飲めないので  ここも客種がかわっていて  ここからずっと奥の方にあった  ここで一つ思い切って置き  ここで幾度か出征兵士の壮行会が催され  ここでの習慣になっている  ここの療養所に来ているという  ここを通過して  ここには名士の別荘もあり  ここにも病人があるらしく  ここは一日のつもりで来た  ここまで持って来れる  ここへ来てからです  ここで一ト月も暮らし  ここは建て  ここもまた肩が凝らなくて  ここへ出てから  ここは一層気の揉める  ここは何といっても  ここでは牡丹というので出たが  ここでは同業者へ金の融通もするらしかったが  ここへ移り  ここで学課の復習もすれば  ここには持って来なかったけれど  ここへ何しに来る  ここの寒の強いのには驚いたがね  ここで一と芝居うとうという  ここへ入院するくらいなら  ここへもって来て  ここで安静にしている  ここで食べた  ここも通りに向いた  ここで顔が合い  ここを誰の座敷だと思っているの  ここは早く切り揚げ  ここに少し待っていておくれでないか  ここで登場人物四人の身もとを簡単に説明しておく  ここで一応の挨拶を終って  ここの家の者共も皆ばらばらと表へかけ出した  ここまで抱いてきたが  ここは沿海州の波続き  ここに一家を借りて  ここより西の方へ行かじ  ここに中村という人ありて  ここで本を復習ていますじゃないかね  ここで暮らしても  ここに起これば  ここへ逃込みましたが  ここで静養して  ここでも迂闊り正直に云い  ここで総司は眼をしばたたいた  ここへ来てさ  ここで停まった  ここへ写生に来て  ここを下りなくては  ここで消えてしまっている  ここで草鞋を脱ぎ切ってしまう  ここにいてくれて  ここにいてくれたんで  ここにじっとしていてくれたね  ここに立っていてくれてる  ここから葬式を出さないと困ります  ここに書いてあります  ここの猪は味において国内随一であるときいていた  ここが団栗林に富んでいるからであると言う  ここに書いて見る  ここに困つた  ここへ電車が敷ける  ここからずっと四谷の塩町とかへ連絡する  ここの縁日の特色のように目立った  ここを目ざし  ここは電車や自動車も通らず  ここでは人通りが大体において二重になるという  ここを歩いている  ここで飲んだり食べたりする  ここの離れへ移って来て  ここまで一直線に来るべき  ここもまた洪水の犠牲となった  ここにわが愛する  ここは笹ばかりが茂っていた  ここからは靴を草鞋に代えて  ここを奪われるなら  ここに遊君はありやといへば  ここの小もの笑ふて  ここにては掃き捨てるほどぞ  ここに一夜を明す言ひ  ここの言葉はいかにも分らない  ここで旅のあかをおとしておいて  ここにならんでいる  ここまで漕ぎつけて来るだけの  ここには一千人からいた  ここでは用いられた  ここでつけた  ここへ這入りこんでいた  ここへやって来ていた  ここをめがけてはいりこんできていた  ここまでのばせ  ここから取れ  ここは占領しなけりゃなら  ここじゃ作っている  ここへつれてこんか  ここの工場にだって赤い奴が這入っとる  ここから出ない  ここを圧迫する  ここを捨てれば  ここに止っている  ここでは防ぎきれないからだ  ここを南軍の奴等が掠奪した  ここへ突ッ込めだぞ  ここへ来とる  ここまでよこされて  ここでその翻訳の例を挙げる  ここで丑村刑事は言葉をきって  ここへ伺うまでは  ここへ御伺いした  ここを出なければなりません  ここを放免されなすっても  ここに持って居る  ここに娘の書置が御座いますから  ここで私達が悲しみと憤りとを以て思う  ここに極めて意義深い教訓があると思う  ここに難問がある  ここから救った  ここには縁側もついていて  ここまで参りまして  ここを立ち退き  ここへ大量輸出をされたから  ここにも私の修業未熟があらはれてゐる  ここからお山のさくらまんかい  ここに花ありて  ここに居りましたか  ここの表の処に私の落した  ここに番をしている  ここを出て行こうとしますと  ここを出まして  ここでは忙しくてお話が出来ませんから  ここに捨てて逃げてゆきます  ここでは出来ぬ  ここへ来て並べ  ここで一発放そうか  ここは山奥だから誰も見はしない  ここまで持って来られて  ここに御座います  ここへ滝をこしらえましょうか  ここに連れて来てやるぜ  ここへ来ながら  ここから空のみなさんにお別れしましょう  ここへも伝わって居ります  ここへ借用しました  ここに印刷に附せし  ここにおいて余はその多少世道人心を裨益する  ここで私が手を振り  ここに注ぎ出す  ここであなたがたと  ここで諸君と膝を打ち合せて  ここには宣教師はおりませぬから  ここに一つの希望がある  ここに一つの何かを遺して往きたい  ここに遺さずに往く  ここに生まれてきた  ここで金の価値について長い講釈をするには及びませぬけれども  ここで論じたい  ここでご注意を申しておかねばならぬ  ここで申すまでも  ここにあなたがたに話す  ここにも学校が建った  ここにも青年会館が建った  ここにつまらない教会が一つあるとすれば  ここに集まりたいと考えます  ここに述べませぬ  ここに挙げる  ここから乗り込んだ  ここが果てもない大洋のまん中だとは夢にも知らない  ここの自然界とよく調和していると思って  ここに祭ってある  ここの案内をした  ここで下船して  ここでも罪を犯した  ここでひとり一行から別れて  ここでおおぜい乗り込んだ  ここで殊更之を繰り返す  ここに知る  ここに教学の例の倫理道徳主義があった  ここに陥ち込むと信じられるからだ  ここでは太陽と薔薇とがなんと殘酷に私を突き刺す  ここでは私が使った  ここにこうしてぼんやりストーブに温まっていると  ここでは太陽と薔薇とがなんと残酷に私を突き刺す  ここの名物なりという  ここより足をかえして  ここをも走り過ぎて  ここで敵を取ってやろうと思って  ここへは届けずに  ここでは閲覧者自身に下駄を取り上げさせた  ここへよく来るから  ここで幾つも幾つもおネンネしていると  ここには一年しかいませんけど  ここの果実という果実をすっかり持っていってしまう  ここの島には誰も住む  ここでキューネが狂った  ここを出られる  ここを出たいとか  ここではものの見事に覆えされている  ここで鳴き亀同様の存在にするという  ここが大いに腕の揮い  ここでこうしていた  ここに佇む  ここへ戻つて来るので  ここでお茶でも飲みませんか  ここから汽車にのって  ここへ掲げる  ここに改めてお願い致します  ここで私が特に閣下の御注意を促したい  ここへ記載して  ここへ運ぶ  ここからも見える  ここで私に告げた  ここでも精悍にとびか  ここへ泊りますか  ここに別な遺書がありました  ここの主人はなかなかしっかりしていて  ここへ昼飯を食べに行った  ここでは月々三百円位の欠損をしているが  ここに大いに我々の考えねばならぬ  ここに参考として自分の見た  ここにおいてさらに云わねばならぬ  ここに正札がある  ここに人事が遺憾なく行われ  ここに一例を申しますと  ここにヒントを得まして  ここに着眼し  ここに初めて一年を通ずる  ここへ顔を出さなければすまない  ここで繰り返していう  ここにおれの進むべき  ここだという掘当てる  ここにおれの尻を落ちつける  ここへ来ないで  ここにおれの安住の地位があったと  ここに妨害という字を使うかというと  ここにはやむをえず  ここの県庁あたりから頼まれている  ここから奥を案内してくれると言う  ここはもうスッカリ開墾でけたなあ  ここまでは俺が案内して来たが  ここの仕事はおえる  ここからタデシナ山が見えるかな  ここの建て前にやって来る  ここに別荘が建っちまうだなあ  ここの世話やき頼まれてっからな  ここを開く  ここを通るだろう  ここに居たでしょ  ここを掻いとか  ここで繰返される  ここにハンケチ敷きましたよ  ここにいれば見つかりっこない  ここにお坐んなさい  ここに来て下さった  ここに泊りゃ  ここの裏口にやって来る  ここ開けろいよう  ここの金吾をだましに通ってる  ここさやって来てたら  ここに来て見る  ここんとこで一度サッパリ諦める  ここに五千円準備して来た  ここで行き倒れみて  ここでお暮しになるなあ  ここにやって来ると  ここのことを思い出したんで  ここにずうっと居さして  ここに居さしてね  ここに来ていたね  ここの土地を売り払いに来ただけでね  ここに引とめておかない  ここに住みつきたいと言った  ここへその気で来たのに  ここで何をいふ  ここには書架を二つ置き  ここに現れる  ここも歓迎の諸君で容易に思う  ここを通りましょうか  ここにさえ立っていれば  ここに立ってさえいれば  ここだと思い切って  ここへ行って  ここまでは手が届かぬと見えて  ここまではようやく漕ぎつけたが  ここまでは調子づいて考えて来たが  ここまではすらすら事が運んで来たが  ここが米相場のたつ  ここはおもに外国人の経営している  ここから横浜までの船賃なら残っていると気がついた  ここも長くは続かなかった  ここを教えてくれた  ここもすぐやめた  ここはしばらく続いた  ここへは北の芸者がよく遊びにきた  ここで身を転じ  ここで細々とまぐさ屋を続けたが  ここにも十九になる  ここも抜け出した  ここで三晩明かした  ここも続かなかった  ここで石炭屋でも始めようか  ここで雇われた  ここへ工場を移し  ここまで何十年か生きてきた  ここが象徴派と同じ所へ来ている  ここへきとる  ここから二つ目の通りの最初の路次を曲った  ここは日本東北地方の山の中だという現実がうそのように思えたりした  ここにのせられている  ここに幸福な不幸人の一句がある  ここから乗るがね  ここの勘定をしてくれ  ここでは誰も美しいとは云わぬ  ここには牛車も通らないと云うた  ここへこなくても  ここに小田原ちょうちんがつけてありますに  ここに二百三十円ある  ここの家なら五百や千の金はいつでも転っているだろう  ここで頑張っても  ここまで夜詣りの  ここの店さきをついと出ると  ここで争っている  ここへ追い立てられて来た  ここに永居しては  ここにいたならば  ここに現われて来て  ここから京の上まで女子の往き戻りじゃ  ここは藻と一緒にたびたび遊びに来た  ここに群れ集まった  ここで出逢う  ここにさまよい暮らして  ここに忍んでござるでないか  ここへ参られた  ここにおっては  ここを立ち去ろうとすると  ここに浅はかな一途な女子があって  ここへ近寄って来る  ここで何を語ろうていた  ここをぬけ出そうとせられた  ここまで吹き寄せかとも思われて  ここまで入り込んで来た  ここを通り過ぎる  ここに連れの人を待ち合わせている  ここの門前へ来て  ここへ誘い出して  ここを立ち退いてしまえば  ここであわせて  ここで営む  ここへ見えたか  ここへ忍んで来た  ここで事を起こすと  ここ放されい  ここで彼女にそれだけの奇特を示させて置けば  ここへ登ると言うか  ここにお前を待っていた  ここにも聞こえた  ここで自分の意見を発表する  ここに待ち受けていた  ここで討ち果たしてしまおうという  ここの門に立った  ここを立ち去ると  ここでも思いも寄らない  ここに隠れ  ここまでたずねて来たか  ここで都へ帰る  ここでは殆ど人夫らしい人夫の姿を見受けない  ここにおいてあるから  ここに暫くとじこもって  ここまでやって来ると  ここから這入って来た  ここの帰りはこの掛金を一つ掛けただけだな  ここの松寿園に滞在して  ここではさんでおく  ここにむらがり  ここの仮説の圏内にはいる  ここに言おうとする  ここへ連れ来たり  ここでは主に普通我々が求め探し  ここでどう区別しているかを  ここに暴露されているからです  ここに一つ両親の心を傷める  ここに見おとす  ここの海岸が金色夜叉という傑作の背景になった  ここで喧嘩をして  ここでは謹んだ  ここな家庭が紊乱しておるから  ここな奥さんをもらって往けば  ここに罪と罰を引こう  ここに偶然性と感傷性との持つ  ここから最初に始って来る  ここには自己身辺の経験事実をのみ  ここで少し私は自分の純粋小説論を簡単に書いてみたい  ここに作家の楽しみが新しく生れて来た  ここから出発しなければ  ここにまた次の新しい技術の問題が現れて来なければならぬ  ここの所で一致して進むべき  ここにひかえている  ここへ来なければ落ちつかぬ  ここで働けば  ここからお池の傍へ来て立ってた  ここぞと思った  ここで書籍を整理したり  ここに過ごすの  ここでは今なお領域内の殺生を厳禁し  ここで一夜の御厄介になる  ここに泰安寺を造営した  ここに古来獅子という踊があって  ここに移封した  ここに転封した  ここではその聖が首領となって  ここに自白す  ここの女のお客はんが裏の二階からおぜぜを投げて  ここにも検疫の事行われ  ここにて朝鮮行の出船を待つほどに  ここに入りし  ここにおかしきは妾と室を共にせる  ここに移れる  ここにまた一つ記し付くべき  ここに来れる  ここを去りし  ここに全く彼と絶ち  ここまで父親が言うと  ここで材木を抵当にして  ここに少しく腕組みした  ここまで考へをたどつて来た  ここは飛鳥の北につらなる  ここにはその真理は成り立たない  ここにもう長い間坐っている  ここまでおそわったら  ここの家は問題をもっている  ここへ泊めなけれ  ここでも鵞鳥が黄色い嘴をふりながら  ここを訪ねた  ここへも出席して来ている  ここにかけていた  ここまでになすった  ここの家を出て  ここにしない  ここの家の生活の明暮れにある  ここをかたづけてね  ここをおせば  ここがヴェランダになっていると  ここでくりかえされていると思った  ここへよった  ここで保としゃべったりした  ここが流通なのも考え  ここにあるとは思わなかった  ここにあると思われる  ここに小学の生徒ありて  ここにこれを記すのみ  ここにて考うれば  ここに至つてその文字を以て著述とする  ここにまた一つの思い出がある  ここへ来ておる  ここに三両持っておりますでございます  ここへ迎えられる  ここに話しておりました  ここでおせい様と話している  ここから話を持って行こうと思った  ここにおりますでございます  こことおっしゃる  ここにすわって  ここまで出て来てもらった  ここまで呼び出した  ここへ帰って来なさい  ここでは斬らぬから  ここしばらく持ちこたえていさえすれば  ここの窓に黄色い灯がにじんで  ここでいい出す  ここでそんなことをいわなくても  ここから葬式を出していただく  ここで眼をつぶる  ここへさえおりてくれば  ここにも揚がった  ここに立ちつくさなければならない  ここに納めてある  ここに祀ってあった  ここの寮に来ているなら  ここのところをはっきり聞きたいと思う  ここまで突きつめてくると  ここは御自分のおうちとおぼし召して  ここへならべて返してくださいよ  ここでおれと別れて  ここへ気がつかなかったろうと迂  ここで珍しいことをした  ここまで話が進んでくると  ここへも見えるでしょう  ここの古石場で死んだ  ここへ子供の好きそうな芸人などを呼んで  ここへ行きますという  ここでおめえを見つけた  ここで三人で死ぬ  ここへ帰って来たものの  ここに帰って来ておった  ここでもやや少時待たされた  ここへ色の青い恐ろしく痩せた  ここに紙幣もあります  ここに用でもおありですか  ここにじっとしていて  ここをいささか離れた  ここからただちに本郷妻恋坂の司馬道場へ帰る  ここまで乗せて来た  ここへとんできた  ここまでいっしょに来た  ここへじゃま者が飛びこんでこようとは考えないから  ここにもどってきた  ここへもそれを持ってきて  ここに長い一本の綱ができた  ここへ使いによこした  ここで取り次いで  ここまでこぎつけたのに  ここにございました  こことは誰も気がつかぬであろう  ここに埋ず  ここにお住まいになっていた  ここに日光の費用を埋ず  ここでなんとか一芝居うってみてえ  ここでひさしぶりに茶壺らしい物を拝むとは  ここを出たが  ここへ連れてくれました  ここで物語はとびます  ここまで運ばれてきた  ここまでおいでになっているとは  ここに泊まっていると知った  ここまでからみ合ってきた  ここに先まわりして  ここにあるので  ここの新聞社におやりになってみたら  ここのわらの上にいる  ここへ届けただけである  ここの動物園で虎を見た  ここは古い歴史ある  ここは赤松が緑の葉を濃く垂れて  ここはまともに当てますから  ここでちょっと読者諸君に広告して置くが  ここまで自分等の思う  ここをかけ抜ける  ここに考えなければならない  ここに私共の考えなければならない  ここに或る夫婦の日常を写して見ましょう  ここでその一般論をとやかく云い  ここに公にする  ここの子供達と一しょにタングルウッドで過ごす  ここで是非言っておきたい  ここで涼んで行ったかと思われる  ここでそれを穿鑿している  ここに書き切れないほど  ここに置いて行かれたんで  ここで僕の話を聞いている  ここへ帰ってい  ここでことわっておき  ここに立ってる  ここにあったら  ここにおいて行くから  ここでお話をして下さる  ここをたずねて来た  ここから三里はなれた  ここへ置きなさい  ここのところに抹消されたる  ここでだけ手をぬく  ここで彼を撃ち倒した  ここをかう直したと  ここに伴れて来た  ここに隠れていた  ここに置いてあげても  ここは家庭でも何でもありません  ここへ入ってはいけない  ここへ登ってきて  ここに押しこめられていたの  ここからはね  ここの美しさを知りました  ここに来たいわ  ここはバスティユだというつもりでいらっしゃるの  ここから覗いておりますと  ここにやって来や  ここで食べましょうよ  ここにいるばかりだわ  ここしばらくは大丈夫だろうと思いました  ここを見舞ったと見えます  ここを曲って  ここでマキ割りしてた  ここにも犯人の作為が考えられるではないか  ここにも異常が一つふえたが  ここの写真屋の女主人というは後家さんだそうだが相応に儲かるという  ここで見誤ってならない  ここまで来なくったって  ここまでもってきてくれ  ここへ来ていてくれ  ここへよんでくれ  ここに流血の惨事を惹起した  ここにほんのちょっと不審に思う  ここで大いに頭を悩した  ここへ私を見に来られた  ここから逃げた  ここに感嘆と尊敬との意を表す  ここへ沢山まいておこう  ここへ非常なえらいお方が入らっしゃる  ここから見えない  ここでその蕈をとった  ここで果し合い致しましょう  ここの場所まで聞こえてきた  ここぞとばかり大音に言った  ここに顧みる  ここに探偵ものの構造の興味が集まる  ここに持って参りましたる  ここまで持ってこられて  ここでいいじゃありませんか  ここでひと口やりながら考えていた  ここのホールでも復活祭のアト・ホームがあったらしく  ここに断言を憚らざる所なりとす  ここへ家を建ててから  ここのお祖母ちやんがどうしてもつて  ここでみつ  ここで始まつてゐる  ここで終らうとしてゐる  ここで日常見聞きする  ここで急にうるんで  ここで特に異様に感じられた  ここで消える  ここにをられる  ここで羞恥むやうに眼を伏せた  ここで落ち  ここぞと思つたところで飛躍してしまふ  ここでは紐が捲け  ここにばかり凝っている  ここでは同じ芸術にたずさはる  ここで問題にしてゐる  ここで強調する  ここに試みの多くをその作品に加へてゐる  ここに希望氏の対象に対する愛情があるので  ここに商品的価値を高めさしてゐる  ここにも噫がある  ここでこの文章を書きたい  ここで相手は探る  ここまで疑って来た  ここでちょっとお待ちを願います  ここに包まず書き止めて置く  ここへ伺った  ここに於て推定の根拠を失いたる  ここまでのお話のお積りで御聴取を願います  ここで会う  ここに入って来た  ここまで筆を運んで来ました  ここの仏をいい換えれば  ここで筆を執って書く  ここに本当にものを与えるに  ここにおいて非常に大切になって参ります  ここに一人の若い女性があって  ここに離れられない  ここにちょっとした面白い話があります  ここでまた料理の味の話に戻れば  ここに在りますから  ここで述べます  ここに五十銭銀貨を使うとします  ここに人間にとって最も充実した  ここのところを天女散華という題で歌劇化して  ここのところをこう書いてあります  ここで述べたより  ここで使う  ここへ到着せしめたい  ここに祈  ここの呼吸を説明している  ここに考えねばならない  ここに差別があります  ここで繰り返さうとする  ここに及んだ  ここを削除すべきだと思ふ  ここを立ち去ると聞いて  ここの町はあまり振わ  ここの小さい不完全な宿にひと夏を過ごした  ここで二人をおどろかすに  ここで騒ぐと  ここに又一つの問題が起こって来る  ここのうちを知っている  ここの家へはいって  ここにいてくれた  ここからジャワへ渡る  ここの名物のシャワーがどっと降り出して  ここへも帰って来ないという  ここまで話してくると  ここで自動車を帰してしまって  ここまで運んで来た  ここに向かい合っている  ここにいっさいの秘密が明白になりました  ここで生みの親にめぐり逢わなかったら  ここでダルトンがなにもかも正直に打ち明けたら  ここでも飼っている  ここを立ち去ってしまった  ここで悪党の本音をあらわして強請りかけたが  ここから横浜へ辞表を送って  ここで言ってしまわなければならない  ここにも白い泡を噴いています  ここまで運搬して来る  ここに雇われている  ここには忌なことがある  ここはどうも面白くありません  ここにこうして幾日も逗留している  ここへ来ますけれど  ここの旦那につかまった  ここへ乗り込んで来ました  ここを立ち去るという  ここの家の勘定もまだ払っていない  ここでも上原に武者ぶり付いた  ここに一匹の蛔虫が横たわっている  ここに一切の疑問が解決される  ここを立ち去ろうともしないで  ここの家におちついたら  ここにもう一つ怪しい事実を発見した  ここの家にいつまでも  ここで嘘をいうと  ここで聴いています  ここは四つ目垣を境にして  ここで降りてしまいました  ここの河原で死んでいた  ここでこの尼の身の上を少しく説明しておく  ここにしばらく足を停める  ここに一応の弁解をのべて置きたい  ここに埋葬された  ここでは前にいう  ここには落とし穴が設けられていた  ここにエレクトロンなる  ここ迄疑ふ  ここで特に声を大きくして  ここではこれについて詳説する  ここにこのつたない叙説の筆をおく  ここにちょっとデリケートな問題が起る  ここに第一の仮定を置く  ここに微小な人間があって  ここからいわねば分らん  ここでともにおこなう  ここで知恵をしぼって  ここにきめましょうか  ここにひとつだけある  ここで食べましょう  ここへ戻って来るから  ここへかよった  ここへかよう  ここではいつもこうなる  ここだと雨の音が聞こえない  ここに掛けておくと  ここにいたんだよ  ここにまえの  ここまで帰って来て  ここで減速して  ここにいるでしょう  ここへは来ないかもしれないと思いつつ  ここにはこんなものがあった  ここに流れた  ここにかつて住んでいた  ここから聴いていても  ここの家族の言いならしに従って  ここには置いとけない  ここのかみさんがひそかに取り持って  ここのかみさんから通知して来たので  ここへ来ているの  ここしばらく原稿を大車輪になって働かなければならない  ここから逐いだすわよ  ここで再び聞き直して見た  ここに気がついたなら  ここまで明暸には無論考えなかったが  ここにはわざと云わない  ここに待っていなくっちゃ  ここから降りる  ここに書いて置く  ここに何か食って見たくなった  ここへ泊って行こう  ここへ泊って行こうと云い出した  ここまでふらつきながら  ここで長蔵さんがいよいよ坑夫志願の談判を始めた  ここまで引っ張って来る  ここまで聞いた  ここで始めて分った  ここへ御坐んなさい  ここでいっその事毒突返したなら  ここへ親分とこから一枚借りて来てやったから  ここでたちまち狭くなって  ここには鉱脈があるとなると  ここまで運んで来たか  ここへ来て儲けようたって  ここまで降りて来たが  ここから発達した  ここでは平地の十間にも当る  ここからも出ている  ここを潜り抜けたら  ここで働く  ここまで下りちゃ来られねえ  ここでまた新しい心の活作用に現参した  ここで死んだって冴えない  ここよりまだ苦しい所がある  ここは人間の屑が抛り込まれる  ここでちょっと句を切ったら  ここに留まらなくっちゃならない  ここに書きつけては  ここの土になったら  ここまで運命が吹きつけてくれた  ここの戸口におきますよ  ここに建てた  ここはいかにも学者清談の郷ではありませんな  ここまではどうにかうまくいきました  ここからぬけて  ここでも小あたまがなによりのしあわせということになる  ここでしゃべると  ここに保存されていました  ここにのこっている  ここに手紙があるぞ  ここへつれてこられた  ここに心ゆく  ここにそのことばが新しく証明された  ここに寝ている  ここで堰を落ちて  ここに註しておく  ここで爛れても  ここで気兼のない日を過した  ここに幸福の輝きは溢れていないと  ここのところにこそかかっている  ここで兄や父親の手許に引取られたならば  ここへいらっしゃれない  ここで間違っても  ここを渡る  ここにも出現していた  ここを切りぬけたら  ここにも昔の味があった  ここは気取らない  ここに消えたかと思ふと  ここをどことも知らぬ  ここに初めて落着して  ここにそれを断っておく  ここへきて休んでください  ここで二条になって  ここでも開けて見ようとしていた  ここを行かっし  ここで百姓に別れて  ここに屯をしていて  ここに日の光を遮って  ここで取殺される  ここにお置きなすって  ここへ担ぎ込みます  ここによどみを作っている  ここに我身で我身に言訳が出来るという  ここを退  ここでスキーを履き  ここの人がよく通るので  ここの人々は養蚕をやっておられたので  ここまで十日間の長いコースを無事に終った  ここから一日かかる  ここが三合目にして  ここの人たいてい不親切なり  ここへ登りて  ここより望めば  ここより上の山の肩を見れば  ここへ出でたる  ここまでは村人が炭焼きにくるので  ここから頂上までは道がありません  ここからスズ竹が網の目のように重なり合っている  ここは鳥取の人が炭焼きにきて  ここからはすぐ道がありました  ここから河鹿の音を聞きながら  ここに防火線が設けられてあります  ここから縦走する  ここから峠を越して  ここまでくるどころか  ここの谷は数年前木を切り出した  ここから八里くらいも歩いた  ここは木を切って  ここへ打込んだ  ここから八田村へ越す  ここから立山地獄を見て  ここは経験がありませんが  ここだけはゆっくりと味いたいと思います  ここから少し下って行くと  ここのおじいさんは耳が遠くせがれに先立たれたと  ここを出発し  ここから六町くらい東山稜を下った  ここの雪渓をまっすぐに大聖平へ下り右往左往して  ここの小屋でも私は火をたく  ここから道は山を巻いて  ここを下る  ここに小屋の跡があるが  ここで別れて  ここへ露営する  ここでもどうしても道がわからなかった  ここの主人はこれから烏帽子の小屋までは四時間から八時間くらいかかる  ここへ泊れと言いながら  ここの主人は南アルプスのことも三角点のこともよく知っていられて  ここには岩魚釣のおじさんと強力のような人と若い主人と三人いました  ここの小屋も黒部五郎と同じく名古屋の人が寄附された  ここには越中と信州の小屋が川を挟んであります  ここには対山館にいた  ここへ一泊する  ここで昼食をしました  ここで先生とお別れして  ここの雪をかじってみましたが  ここへきたとの  ここからは妙見山や蘇夫岳もなかなか雄大に見えます  ここでスキーをぬぎ  ここで彼はコッヘルを使用して  ここからその岩壁がよく見えるから  ここは今ちょうど太陽が直射していて  ここの急斜面はスキーをぬいだが  ここから十町くらい登った  ここへくるまでの  ここを通ってみた  ここも積雪期は夏道を避けて  ここを過ぎ  ここから下りはスキーによいと思っていたが  ここで彷徨している  ここで僕は前進ができなくなり  ここで行き  ここは帰りに西側の雪の斜面を巻いてみて  ここからは殆んど真西に向って  ここは夏のように横を巻いて  ここでまたレモン・ティをこさえながら  ここの上部は少々悪場だったからスキーをぬいだ  ここで左の大きな尾根に迷い込んだが  ここから浜坂駅まで自動車を飛ばし  ここより南へ三角点一一二七附近まで往復したが  ここからは北へ向った  ここへやってきたが  ここで岩角を掴んで  ここまで引返してきた  ここで露営する  ここで待とうか  ここで取付きやすい左のチムニーに入ったが  ここで待つか  ここから上は広い谷なので大きくジッグザッグを刻みながら登れる  ここは杉の植林がしてあり  ここで一週間降り込められて  ここで迷ったら  ここは尾根が細くなる  ここを根拠地として立山へ登ったり  ここからなら安全に下山する  ここは地図の弥陀ヶ原の弥の字から東へ登った  ここで一行は追いついてきて  ここで荷物を置いて  ここで迷う  ここには三人合宿しておられて  ここの吉左衛門という庄屋の家に一泊したが  ここで村の者が大勢顔色を変えて  ここでまた驚くべき  ここに謎の人が泊り合せて  ここにびわだけある  ここで芸術の注文性が生れる  ここに生れはじめる  ここではいわゆる技術が心身の関係を乗越えて  ここに入れてね  ここにちょっとよる  ここに来て泊った  ここまで歩いて来られるほどの  ここまでは来まいと思った  ここで夕立に見舞われては堪らないと思う  ここに発言している  ここには円卓会議がある  ここへ放すと  ここの二階で毎朝寝巻のままで窓前にそびゆるガスアンシュタルトの円塔をながめながら  ここの一杯のコーヒーの中にベルリンないしライプチヒの夢を味わっているらしく思われた  ここの敷居が高くなってしまった  ここにも倦きはてる  ここまで逃げてきました  ここの気分に迷ひながら  ここに書くには  ここが銀座だと説明しても分らなかった  ここに海底の写真のようなものがございましょう  ここまで従いて来る  ここに姿を現してゐたが  ここへ姿を現すので  ここでぶらぶらしてゐる  ここへ移つて来た  ここで選んだ  ここを向うへ三町ほど行った  ここに暫くの時間があるが  ここに本庁からの命令書がありますが  ここで一つ君に頭を下げて置かねばならぬ  ここぞとばかり玄正の説に賛成して  ここにも目笊片手の蜆取りの姿が世にも鮮やかに見えてきた  ここのところはトントンといった  ここぞとお経文に頼ろうとした  ここまでトントンとひと呼吸に喋ってきて始めて  ここを先途と働かせている  ここは一番清水の舞台から飛び下りた  ここにおいて初めておおどかに心置きなく呼吸というものを許された  ここぞとばかり仕事をはじめた  ここの家に置かせていて貰うって  ここまで絶え絶えに聞こえてきていた  ここのところ圓生を宗家とする  ここまで独り話してくる  ここまできてしまえば  ここを先途と喋りまくったけれど  ここぞと腕によりかけて  ここの家へ引越してきて  ここにおわった  ここでこんなことを繰り返していると  ここでは詳しく説くまい  ここへきてる  ここぞとばかり圓朝狂えりといい触らした  ここへ寝かして  ここへお敷き  ここに特別の人物を作出す  ここに人物を主とせざる  ここでこんなことを書きならべた  ここでいった  ここにも顔を出しているにすぎない  ここに悲劇を見るだろうか  ここにはチェーホフの警敏さが見られる  ここに凝った  ここへ取り詰めた  ここで披瀝いたしまして  ここまで考えて来ました  ここに染出す  ここに幾日を送りけり  ここに持す  ここはあなたの生れた  ここに居たら  ここの土壌に生存できず  ここを地上のメトロポオルとひとり思ふ  ここに簡単に書きとめて置かう  ここではタイプライターで綺麗にうった  ここに問題がある  ここで実際の仕事をいろいろやる  ここがあなたの生れた  ここに簡単に書きとめて置こう  ここを的に取って  ここで話題を転じ  ここでのべず  ここでまたフランスヤの海舶一隻ずつに乗りかえ  ここへも出て来てぶつかった  ここにも一つプロレタリア文学の誤った  ここに現われていると思う  ここを先途とあらゆる組織にもぐり込み  ここで一つ際立つ  ここを選んで  ここには世界の全人民解放の日まで生産に文化に夜となく昼となくうち鳴らす  ここに一時反響しているかのごとく  ここの亭主は自分の酒を自分一人であらかた呑みほしてしまふ  ここに果敢なく枯れ果ててしまふ  ここにたまたま不運なる誤謬を犯すに  ここに酒は茨となり  ここにカーマスットラを生みアナアガランガをつくり  ここで見てゐてあげるよ  ここでも一歩先へ考えを進めてみる  ここはなんとかして  ここに溜っている  ここが故郷といえばいえよう  ここに生涯を終る  ここにも葛の葉が一とかたまりになって茂っている  ここでお話をした  ここに書き並べる  ここで代志子坊やが声でもたてれば  ここに貴方の注文した  ここは暫く会わないで置こう  ここの丘に木魂して  ここは開きませんよ  ここにその制定の急務が叫ばれるに  ここに帝国の基を定め給い  ここに通路を有するの  ここにおいて推古天皇の小野妹子を隋に遣わし給うに当り  ここにおいてさらにこれを支那の史籍について考うると  ここにおいてさらに我が続日本紀を按ずるに  ここには書かないで  ここで時期を劃する  ここにいな  ここで誓って破いて行った  ここで大いに将来を考える  ここへ通知人ナシと書け  ここでそうやって  ここじゃ横柄な顔してるけど  ここは変えられないかね  ここに更に寒心すべきは  ここへおかけ下さい  ここから入れるぞ  ここに革帯がついてゐるわ  ここの部屋は二重になつてゐる  ここはどこだあんた凍え死ぬ  ここでも1時間待って出  ここでは必ず飛行機を乘り替える  ここも空港を見るだけで  ここでも空港以外には出られないが  ここへ連れてくれば  ここまで搬んできた  ここに披瀝いたします  ここにはこの三つを押しくるめて  ここには公事根源より抄録する  ここにも証明されているが  ここまでいくぶんか強制的に引っ張って来てくれた  ここもそこもたちて  ここにおり立たば  ここに来つ  ここに老女の幾とて先の奥様の時より勤め  ここに石燈籠あれば  ここにいらっしたわ  ここに私印偽造の罪を犯して  ここに隠れて聞きおりしと覚しき  ここに響いて  ここにいたる  ここにわが帰りを待っている  ここは一つ思い切ってたもらんとないませんぞ  ここに呼びなさい  ここへ来な来な  ここに初めて川島家の使者が早くも直接談判に来たりて  ここに棲ましつ  ここですと看板もかけ兼ねん  ここしばらくの間に決せ  ここに滞在中もたびたび無心にやって来て困ったよ  ここにかけたる  ここを根拠地と定めつつ  ここに十余日を過ぎぬ  ここにも紅に照れる  ここにも僕と同じ側にもう一人いる  ここに滞在し  ここに泊らされた  ここにできた  ここに移されて  ここに入れられた  ここで全軍の部署を定めた  ここに立籠られるが  ここに居った  ここには腐るほど  ここで悪化させないかを  ここでちょっと言葉を停めて  ここに論ぜられた  ここに書出してある  ここで完全にエミリーから引導を渡されてしまった  ここでは話もならぬからといって  ここへ据付けてからは  ここでちょっとの間言葉を停め  ここで隊を二つに分ける  ここに残留し  ここは一旦怺えなければならないと思った  ここを見給え  ここに来たい  ここに入って  ここの城主はたびたび代っている  ここに大体の聞書を作って置きました  ここに地図がありますが  ここの隅ッ子に龍子が腰を下ろしていました  ここで一つのことに思いあたった  ここに書くさえ  ここに寝かして  ここで係官の許可を得て  ここへ遣って来る  ここでヤット笑う  ここでこの刑事を憤らして  ここにもふわふわと浮んで  ここに居るか知らないが  ここにもやはり南京虫が居ります  ここにもいたる  ここでは読み終る  ここは市ヶ谷や巣鴨から見ると  ここでは反対に水で暖をとっている  ここへ移って来て  ここに考えねばならぬ  ここにもコスモスは年の終りの花王として花壇に時めく  ここに移されて来た  ここでは八畳敷の部屋に一人住いしている  ここで毎週一度大掃除をやらす  ここに来てからは  ここでも元気すぎるくらい  ここにその任命を公表すれば  ここに待たされる  ここでは巡査達も打解けて  ここでチョット監獄署の種類別を説明しておかねばならぬ  ここでチョット巣鴨監獄の大体の構造を説明しておかねばならぬ  ここに一日の生活を叙せ  ここでは当番の者が近所の井戸から汲んで来て配る  ここでは膳を房に入れるので  ここを少しコウ曲げて  ここには明日自由の身となるべき  ここに待っていろという  ここに入り来る  ここに餌あり  ここに一日の園遊会を開いたという  ここは寒いのと旅行や小包の一般的制限のため面会や将来のさし入れとの他に不利な点があるが  ここはミソが豊富で甘いので大分太った  ここではニュースを割合聞ける  ここでさえペンをもっていると  ここに記しておかなければならないと思う  ここへ逃げこんでくるとすると  ここを離れるなんて  ここに書くが  ここでいくら私が考えてみても  ここに信ずべき  ここに息づまる  ここに破綻を生じた  ここで敵艦に捉えられるよりは  ここへ戻って来られる  ここで私が引下がる  ここに誓う  ここから東北東微東へ向けて走らせよ  ここで休む  ここでしばらく憩い  ここで解いてしまう  ここには火鉢があるという  ここはすっかり切ってあって  ここの学校の先生はさながら自分の肉体の柔軟さと力感と肺カツ量とをたのしむ  ここぞと切りこんだ  ここに誌されている  ここでしばらくページから目をはなさないではいられなかった  ここへ帰ってきた  ここに意外の現象が現われた  ここに異変が起った  ここの設備は東京一の病院にも負けない  ここにも其発足点を根づけてし  ここでも名まえをまちがえている  ここに寝かせて置いて下さい  ここで一ぺんに吹き飛ばした  ここお明け下され  ここは世捨て  ここをたずねて参った  ここで追い付き申した  ここまで運んで置けば  ここでは話もならぬというに  ここであらためて注釈を加えるまでも  ここでも根よく毎晩さがし歩いている  ここで評議をしていても  ここの館へたずねて来たと  ここへ来たというに過ぎなかった  ここに一場の親子喧嘩が始まった  ここへ敵が寄せかけたという  ここでも北国の南朝方がこの頃ふたたび頭をもたげ出したという  ここを立ち退いて  ここだけは無事に落としてやりたい  ここに長居もなるまい  ここに休息なされ  ここで午飯を食って  ここで都の討っ  ここで彼等に見咎められては  ここを立ち退くより  ここまで一日の旅をつづけて来た  ここで彼に別れては行く  ここを立ち退く  ここで見すみすの獲物を取り逃がす  ここで繰り返される  ここにも黒い社のようなものが立っていた  ここまで担いで来る  ここまで運び込んで  ここへ置き捨てて  ここまで運ばれて来た  ここへ送られて来て  ここまで落ち延びましたに  ここに封じられた  ここまで誘い寄せたからは  ここに棲んでいる  ここで潔よく自滅せられい  ここへ尋ねて来ました  ここでわたしの姿を見た  ここを立ち退かれい  ここを立ち退くが  ここに来たり住むからは  ここを立ち去らぬというか  ここを去らぬと  ここまで登り着いたは  ここにはどうしても居たたまれない  ここの城主はその後も不思議に幾たびか変わったが  ここは庭を見下し  ここでの生活ぶりについて何と書きましょう  ここに落付けず  ここの空気が気に入っていて  ここに小山内薫先生の築地小劇場葬は恙なく終了した  ここに先生の霊前にわれわれの決意を誓って  ここでは男女が烈しく労働する  ここで鉄砲打ちに来て  ここへ来たばかりには  ここから白壁を望む  ここへ遊びに来ているという  ここで君に話そうとは思わない  ここへ泳ぎに来るが  ここへ移して住まわれる  ここよりもっと高い位置にある  ここは一頭や二頭の馬を飼わない  ここから更に千曲川の上流に当って  ここから小諸へ出て  ここの桑畠へ三度や四度もあの霜が来て見給え  ここに成長する  ここでは重く黒ずんで見える  ここの礫地に繁茂する  ここでは切に感ずる  ここで一つ休もうじゃありませんか  ここの畠からは上州のような豊富な野菜は受取れない  ここは一寸上方へでも行った  ここを通られて  ここには極く  ここの巡査の中にはでも土地から出て  ここの駅長さんと御成んなさいました  ここでは鶏卵も氷る  ここには鶏を盗む  ここへやって来るに  ここに書きつけてみる  ここには説明しないが  ここを去るまでは  ここにふしぎなことがあった  ここにくわしい話をのべる  ここでするから  ここへ担ぎこまれた  ここへ連れてきてやるまでには  ここでほっと一息いれた  ここへ義眼をさし入れる  ここからでて  ここまで秘密にしてきた  ここで教育せられた  ここから掘りだして持っていった  ここで先生にうちあけてしまった  ここがカンヌキ山のずっと奥深い山ぶところにかくされたる  ここまできてもらった  ここに引きだせ  ここで失礼いたしますわ  ここに二十万円のお金を持っていない  ここへちょうだいいたしましょう  ここで一つ述べておこう  ここへ戻ってきましてな  ここから逃がして下さい  ここで述べたい  ここで一泊する  ここという確信があった  ここへだせ  ここへだしてもらおう  ここではしばらくおあずかりしておいて  ここでは書かないでおく  ここまで翻訳してみても  ここに条件がある  ここじゃ話もできないから  ここへだしておくれ  ここでは話ができない  ここを開けんか  ここに彫ってある  ここはカトリックの修道院になって  ここで一夜を明したいばかりであった  ここから海上三里のところにある  ここに最後に残ってくる  ここに法律を創る  ここへ遊びにきて  ここへ駈けつけてきた  ここは一番あんたがダンスを覚える  ここに純粋自殺とでもいふべき  ここはいつたい  ここにねむる  ここでなければならないといふ  ここではありませんから  ここに降ろされた  ここで落合ふ  ここは満洲航路があるから  ここにひとつの異変が生じた  ここにもやつぱり生きてゐる  ここで語られた  ここへ遊びにきても  ここに生れてゐる  ここまでで精一杯だといふ  ここまでで精一杯だといふ思ひだから  ここから汽車で国境を越え  ここへ泊るの  ここへ来てよ  ここまで思ひ  ここまでは約束にしたが  ここは卓一を呼び寄せて  ここにかうして暮してゐて  ここにかうして暮すより  ここで東京へ戻られては  ここに我ありと  ここでは意味が違ふ  ここをどこだと思つてゐるの  ここにこうしています  ここを一つぐっと押さえる  ここでがっ  ここが面白いと思う  ここに新しい文学における女の内容が現れてきていると思う  ここの家庭に一種濃厚の雰圍氣のある  ここまで出して  ここに稀なるあゐ  ここはちひさき  ここにて珈琲の饗応あり  ここより遠からぬブリョオゼンといふ村にあはれなる孤ありけり  ここに来たりし  ここにつどへる  ここはおもひの  ここより望むべき  ここの人への心づかひのみならば  ここを立ちぬ  ここにはそもそも奈何して  ここを過ぎぬ  ここに立ちたる  ここにおり  ここより遠からぬブリョオゼンという村にあわれなる  ここにつどえる  ここにはそもそもいかにして  ここは四方の壁に造りつけたる  ここへ通してくれ  ここに家の犬がきていたか  ここへ来て坐れ  ここを選んで来た  ここでも亦多少の打撃を免れなかった  ここには妻の一日の憂鬱がすっかり立籠っている  ここにはまるで少女のように細っ  ここですべては消滅し  ここまで来ただけで  ここを越せば  ここに杉の秀並みの間へ想像される  ここでこのまま日の暮れるまで坐っているという  ここから一里ちかくもある  ここでの主人とならねばならぬ  ここに持ちつづけます  ここからも月がよく見えます  ここで又ここらしい激しい波浪の間に在る  ここの机の上にあります  ここの人たちの睦し  ここは大変に明るい美しいところでびっくりしました  ここに暮していると  ここに手つだって  ここで新緑をうつしている  ここまで詳しくはお話し下さいませんでした  ここに今自分たちの生活がある  ここの濡縁との間にある  ここで勉強する  ここに月末までいて  ここでも日中は日かげでいて  ここの峠ではのり越えた  ここに簡単に百合子と書かれている  ここの原稿紙で小説をかき出した  ここから声をかければ  ここに持って参りました  ここに挟んでおきます  ここまで認めて来た  ここまで女をひつぱつて来た  ここかと尋ぬるも  ここには堂守などの住む  ここで詰まらない  ここを死に場所に選んだ  ここへ遣わされた  ここへ来られますか  ここまでは来まい  ここに三人がいる  ここでハンドルをとってくれたまえ  ここから泳いでゆく  ここには人が住んでないと見える  ここへこぎもどして  ここは熱帯地でないように思う  ここはアメリカかもしれんよ  ここに人が住んでいたと思わなきゃならん  ここに長くとどまらずに  ここで死んだとすれば  ここへ旗を立てておけば  ここを通航する  ここにこまった  ここに一つの難事が出来した  ここですこぶる有用な植物を発見した  ここに漂着したなら  ここに宿った  ここに居を定めんと  ここを失望湾と名づけた  ここでおわって  ここはひとふ  ここに一個の大だこをつくり  ここを去らねばならない  ここにドノバンらの鉄砲の名手を伏兵させ  ここにおとした  ここに住まいを定める  ここへ漂着して  ここより一直線に南航して  ここへゆけば  ここに一味のひとりがいる  ここにかくれていた  ここにすてきなものがある  ここを流れでてから  ここに私が私として生れ出た  ここでも私に卑陋な行いをさせた  ここにくれぐれもお前に注意しておかねばならぬ  ここは居  ここには具体的に把持さるべき  ここまで持って来なければ  ここには私がいる  ここに長い経験の結果を綜合して  ここに一つの知識があるとする  ここまでは縦令たどたどしいにせよ  ここに披瀝して見よう  ここまで私の考察を書き進めて来ると  ここに限り  ここに一つの器がある  ここには被治者の生活がある  ここにその出発点を持っているに  ここで或る人は多分いうだろう  ここで敢えて主義者の見地を裁断しようとも思わないし  ここに一個の示唆を提供する  ここで信仰の対象を指している  ここでいうべき  ここにも数言を費す  ここでこの男女関係の狂いが何故最も悪い狂いであるかをいいたい  ここにも未来の学者に残された  ここんとこに条があるでしょう  ここへ寄りましたよ  ここにも現す  ここは不忍の池の中ノ島に在る  ここでした君との話を覚えているか  ここでちょっと逸作は眼を俯けていたが  ここに現れ出た  ここで今までの雛妓らしい所作から離れて  ここにも美に関るものは附いて離れなかった  ここの場面をも悉しい  ここが言出すに  ここのところは形が違って  ここに論じたからと  ここはむつかしいとこだっせ  ここまで荷いで来て解いて上げた  ここの店で預かり  ここでは伝えはないらしいという  ここにおいてか余輩の臆説が起る  ここではオシナサマというとあった  ここでは蝦夷を意味する  ここにおいて夷神すなわちオヒナサマの名義は解せられる  ここでドンチャン騒ぎのお祈りを日夜にわたつてやらかすので  ここにも木村のこの一戦に賭けた  ここで芽をだす  ここのあたりは控室の合計五十四段が先刻予想してゐた  ここまでの指手を私が控室へもたらすと  ここで塚田の敗勢をハッキリ認めた  ここの仕事は荒っぽいので日傭でも肩肉の盛り上がってる  ここへ廻さない  ここもまた申し合せた  ここでお待ちになる  ここに生涯の幸運をつかめる  ここで落合って  ここに残って調べるの  ここへ入ってきました  ここでお乗りかえになる  ここに鎖のついた  ここで考えなくちゃならん  ここでわれわれは急に道を遮断された  ここで踏みつぶされたと考えるより  ここにまき散らされている  ここに全部の破片があるなら  ここでこわされたという  ここにはまだこんなにガラス屑が残っている  ここに一つ二つある  ここから三百ヤードほどある  ここにブロズキーの煙草入にはいっていたと  ここもしまっている  ここに語り出す  ここに初めて露見したので  ここに困ります  ここまでわかった  ここから不安の文学という名が立ち現れて来た  ここに於て私たちは今日明瞭に次のことをみる  ここに極めて微妙なものがあると考えられる  ここへ出勤する  ここまで大蘆原軍医が話してくると  ここへ懸け給え  ここに小田原は戦塵の中にあって  ここには墓地があったり  ここへ移って来てからも  ここの家からは中井の駅が三分位になり  ここを眼をつぶって走って通り抜けた  ここでも玄関へ釘つけて  ここが切れて  ここに血脈をひいている  ここへすわっていると  ここで一言しておかねばならぬ  ここで全滅する  ここで木下大佐の考えをお知らせすると  ここで博士に告げたい  ここで僕らは二百浬ほど西の戦場をふりかえって  ここで銃殺してくれ  ここに太平洋海戦の幕は下りようとしていた  ここに末山大将閣下以下一万の勇士の魂をおよびした  ここではそういう企図ははじめから放擲せねばならぬ  ここに許された  ここでは人間の推理力が王座をしめていなくてはならない  ここにマルキシズム文学の明快を貴ぶ  ここに一の描寫が立派に出  ここに現わしていた  ここまで呼んで来てくれないか  ここにいらしってよ  ここで遊んだという  ここへ着いたばかりだよ  ここの床へはいってねるが  ここの床へはいって寝るが  ここを下りて  ここへ来るといいですよ  ここで好きな本を読んでいたら  ここへ茣蓙を敷いて  ここへ上っておいでよ  ここに僕の家族へあてた  ここでこのまま内分に済ましたいと思って  ここを何と心得ている  ここに表われはしない  ここより行く  ここへは響かなかった  ここは平常使わない  ここで寝なさる  ここでおよんなさるの  ここにいらっしゃるといいでしょ  ここを去るべき  ここを折れる  ここの処を好く見て  ここで頭を打って  ここの空気を吸う  ここにはまたその頃のがたがたする  ここのやしきの中に投げこんで  ここのところ毎日ぽかぽか温かくありますが  ここでは米が足らないので  ここでもひどい姿を見せつけられました  ここは食糧事情が悪くて弱らされて居ります  ここへ美樹が疏開させておいた  ここも水害でやられてをりますが  ここでターバンを巻いた  ここへ立ち寄ると言ってよこしたが  ここぞという見  ここにおいでなさった  ここでは落ちついて  ここへ来たに  ここへは来たけれど  ここであなたの御同意を得て  ここに一片の閣令を出す  ここに寝てくれ  ここに画舫をつないで  ここに立寄った  ここの役所へ連れて来いと  ここへ来たので思い出した  ここでも包孝粛の芝居を興行していると  ここで一ヵ月ほども包孝粛を打ちつづけて  ここまでの事しか土地の者も知らないらしく  ここへ誘ってきたという  ここでふと思い付いた  ここまで話せば  ここで解散した  ここではただ現在陸地測量部地形図の恩恵をこうむりながら  ここで私は一通りそれを説明しておかなければならない  ここに書物があり  ここに述べるまでも  ここに居なかったので  ここにものすごい姿を露わしている  ここに来い  ここをぶらついていますが  ここからも襲いかかる  ここは雨も雪も入りこめず  ここでは母家の人たちに話を戻す  ここに着く  ここから立ち去らせてください  ここで誓いますよ  ここにも折れた  ここを守っている  ここにはとどまっており  ここで一生を過ごせるね  ここを好まなかった  ここより気に入っていたからだ  ここで落ちあう  ここはどこだか教えていただけませんか  ここに証人として出ている  ここの海岸を知らない  ここにいなかったので  ここでお話しする  ここに比べると  ここには芋の皮をむき始める  ここでお昼飯を召上って下さい  ここまで聞こえた  ここへおいでなされて  ここの往来も月光を受けて  ここまでお連れした  ここに素晴らしい薬がある  ここまでうたって来るとうたい止めた  ここにじっとして坐っていると  ここでお蝶は云いよどんだが  ここに住める  ここの屋敷を掘り返したら  ここの先代は悪人なのかもしれない  ここでも媾曳が行われている  ここでは女が虐められている  ここでしばらく話が絶え  ここで致しましょうよ  ここで休むという  ここにお前の情夫がいる  ここからみとれていたの  ここに来ましたのに  ここに立っていない  ここに演じまする  ここにいろとおっしゃりました  ここへ遊びに来て  ここに滞在して  ここで横になって死のう  ここが海の中だったらいいとおもいました  ここで少しやすんで行こう  ここに斯う云う  ここは昔お寺のできなかった  ここを逃げだしたい  ここは昔地獄谷といって  ここを綺麗にして出るとなると  ここで思ってる  ここの登記所ですませねばならなかった  ここの石の腰架のところでは小噴水が眺められる  ここにPlatonの國家集産主義に對する  ここに有機物たる國家が成り立つ  ここに共産主義が否定せられる  ここにPlatonの高等共産主義が再現した  ここに置据えたる  ここに葬りたれば  ここへ来りし  ここに池を掘ってやりゃ  ここの家にいては  ここにプルウストの影響があるらしい  ここには省略するが  ここにアスパラガスを描寫した  ここにただ一軒の旅舎島田屋というに宿る  ここの町よりただ荒川一条を隔てたる  ここの村に添いて流るる  ここより少しばかり南へ行きたる  ここにはそれと知れたる  ここは秩父第一の町なれば  ここの称えも出で来りし  ここに来りし  ここを領せし  ここの別当橋立寺と予て聞けるは  ここの人々のみにて百人に近しといえば  ここは古昔より女のある  ここの御神の御使いの御狗というを  ここの御社の階の下の狛犬も狼の形をなせるを見  ここにて問い糺せば  ここは東京丸の内にある  ここで大辻老は得意の大眼玉をグリグリと動かした  ここに密告状が来ている  ここはどこだか判らないが  ここに捨てておけ  ここに白いものがこぼれているぜ  ここは必死で追ひすがり  ここにもう一つ困つた  ここが海底のどんづまりだと見極めて  ここを越えて行く  ここに於いてはらして  ここにあなたの重大なる誤謬が存在してゐた  ここから飛び降りますよ  ここで遊んでいらつしやる  ここで過したか  ここに妙な腑に落ちない  ここで匙を投げたら  ここに到  ここにかかつてゐると  ここにくどいくらゐに  ここへ出して下さい  ここで待つてゐてくれ  ここへご案内いたしますわ  ここに明かした  ここへ寝かしました  ここへ見えられたが  ここへ通しねえ  ここで死ぬかもしれない  こここの場にのぞんで  ここでおしまいになる  ここのところに歯型がついている  ここにおいでの幽霊どのに笑われてしまいます  ここはリント少将のいられる  ここですこしねむるかな  ここまでうごかしてきた  ここへ放ってください  ここをかわってください  ここで活躍をはじめようとする  ここに至って自棄する  ここまで以上には手の届かぬという  ここに転載する  ここにめでたく生育の基礎を建てる  ここでも同じく華燭の盛典が挙げられ  ここに毒麦と銘打って  ここは広い牧場で外国から来た  ここに四つの顔が揃った  ここに同目録で私が新和名を下した  ここまでちょっと想起する  ここに面白い私の巧名ばなしがある  ここに転載した  ここの主人が亡くなって  ここまで到達しなければ  ここから新らしい第一歩を踏み出さなければならない  ここで一人へ眼をつけたが  ここに杉の木がある  ここに止まりなさりませ  ここでお世話をいたす  ここに切られた  ここへお止まりなされ  ここへ参れ  ここの寝  ここの境地へ残った  ここへ來て眞に孤獨なお方にお目にかかり  ここへ來て遠慮なんかする  ここも歌見劣りのしぬる  ここに最も興味のある  ここに上等果実として食用果実界に君臨している  ここに複成子房をなしている  ここでお話しましょう  ここにかつて神を恐れざる  ここで断定しようとは思わないし  ここにはありません  ここで言っては  ここを入って行きましょうと  ここでも鳴く  ここを蓮根市とも呼ぶ  ここへ庭樹の多い士族町を通る  ここで道行きの道具がわりに使われても  ここをひきはらって  ここへつれて来い  ここが気に入ったので  ここの梅林を憶えた  ここに駆け来る  ここへお泊りにならない  ここで改めて田鶴子さんを観察する  ここで炊事をしたり泊ったりする  ここから監視なさる  ここを照らしている  ここにひそんでいると見せて  ここを照らし  ここであるのは最早疑いを容れなかった  ここへ彼は来ると  ここに吹出した  ここまで歯を食い縛って  ここを行ってはいけない  ここにセイラ服があるけれど  ここで一日ずつあとへくって見ると  ここへつく  ここの肉を美味しがって  ここからは眺められます  ここにこうしていてこそ  ここに書き切れない  ここは大人のしかも音楽を好く  ここに住んでいて  ここで手伝って貰う  ここはいろいろ今日の社会相を笑いの中に反映していて  ここへ向けて書かれているという  ここは虹ヶ浜とちがって  ここには小さなカニがいますね  ここでは私もお客からやっと家の者らしくなり  ここからは池袋へ出て  ここではこまかく申しませんが  ここへ地方で判決の云い  ここから射し出す  ここでこの苦しい頭を一つおまじないさえして貰えたらと思っている  ここまで書いていると  ここへおいて貰います  ここをせんどとしがみつくでしょう  ここにいても出る  ここに批評の対象とされている  ここに書かれている  ここで云われている  ここにも非常に興味ある  ここが見せて上げたいと云いました  ここでは二重に学びます  ここにこめられている  ここにもこのように生きた  ここに云いつくせぬ  ここにデリケートな今日性が在るという  ここでしようかという  ここで自分の心に一つの疑問が生じている  ここは微妙だと思う  ここで正月にはおき上れる  ここに一大音響を発した  ここはハルビンでも料理のいいほうだというけれど  ここにそのままの縮図を見せている  ここに露軍の砲塁があったという  ここに各人生の一頁を持ち寄って  ここで乗りかえて  ここからナポレオンが手をかざして  ここから人類へ一つの辻説法を話しかけようとしている  ここへ越して来てから  ここに滞在していようかなどと  ここの馬頭觀音などのある  ここから明朝誰か柳島の組会へ出てくれという  ここだけで行こうっての  ここだけでなんてやれるかい  ここには伝えないが  ここかわるようになるかもしれない  ここからかわるって  ここがこうやってある  ここへきなかった  ここの託児所に一枚だってあり  ここへ子供をおいてくよ  ここでは居住に結びつかないので  ここにて予が畏友萩原を知る  ここのとある一室に一年有余転地療養せし  ここで書き上げようと  ここは詐欺と掏摸とこそ泥が組織的に横行する  ここでこの真珠王と女王がうたっている  ここの扱い一つで勝負がきまるといわれるくらいだ  ここで私は思い出した  ここでも襯衣一まいの男が人の海のうえに不可思議な白日のふ  ここぞとばかりふだんの三倍も落着きはらって  ここにその人の兩親が與へた性質をも更に潜り  ここは其處らの窓に蠅でも唸つてゐないかと思はれる  ここでちらちら降りはじめた  ここから更に汽車を乘り替へて  ここから他に支線で出る  ここは支線の汽車の立つ  ここから未だ少し北にある  ここの風景に調和した  ここに大自然の底の知れない  ここで覺悟のほぞをきめる  ここに一人の青年が結集している  ここのところで豆の葉を毟る  ここに意見を発表している  ここからここまでという努力の限界を与えられたら  ここの街上で見かける  ここにお祭があって  ここで羽左がかえり見ると  ここを起点にして  ここだけは切り離された  ここへはじめて出てくる  ここに一人の年若き日本紳士あり  ここに到ってか  ここの婆さんと来たら  ここを評価しても  ここにおいて私と私の常識が押問答をはじめる  ここで私を突っぱなしてしまう  ここへ署名する  ここに開始された  ここにも集合している  ここがウォタアルウの町だという  ここでも運転手は自分が書いた  ここで余念もなく薔薇をつくっている  ここにも児島高徳らしい独逸人がかなり逍遥している  ここに文学の新しい見方があると思う  ここでもまたルネッサンスの感情の姿が考えられる  ここには様々の女性のタイプがその犠牲や献身や惨酷さにおいて扱われている  ここに一葉の生きていた  ここに今日深刻な問題がある  ここから第一歩の出発をよぎなくされている  ここにしるそう  ここにおいて歴史的屈折をよぎなくされている  ここに笑ひの  ここがこんなに広いからここを一本やられた  ここに収めるべき  ここにこうして窯を築き  ここを往ったり来たりした  こことシェキスピアとを結びつける  ここでかれが  ここに移した  ここにも熊手を持って  ここでスウェイデンの貴族達を虐殺したという  ここへ行ったら  ここで食いとめる  ここにも同じょうな人間の生活が営まれている  ここで私は倫敦の雑沓を想う  ここに私もやっと自発による犠牲者を掴まえた  ここの小路に停車した  ここで何か飲って行きましょう  ここの天井は一面に硝子張りで出来ていて  ここで戴冠式を挙げて  ここは今までのところと違いまして  ここでこの話は済んだ  ここへ逗留して  ここへ俺が気絶して  ここに野中の道了がある  ここに作られてあります  ここの五郎蔵の寄人になった  ここから一里ほど離れている  ここではあんまり内密の話も出来ないから  ここで左門は例の含み笑いをしたが  ここまで流されて来  ここで一人で考えごとをしていたい  ここで取り戻す  ここに紙帳が釣ってあるわ  ここで巡り合ったは  ここまで走って来た  ここまでは連れられ  ここで討たれる  ここで逢ったを  ここでお主を討ち果たす  ここには私語と吐息とすらもが憚られて  ここから着手しよう  ここでちょっと道くさを食べる  ここに一対の青年男女があって  ここにはじめて男のまえに  ここに落ち合って  ここに居れば  ここでいつまでも闘牛士にかまっちゃいられない  ここで一つ大急ぎで書いておこう  ここが闘牛の面白いところだと手を叩いて喜んでるから  ここに妙な決心を固めて  ここに美貌の一王子があって  ここに闘牛に対する西班牙民衆の態度が一番よく反映していよう  ここに掲げたく思う  ここへ忍んで来るから会って下さいね  ここから各方面の政友へ遊覧保証絵葉書を投函する  ここは新型の自動車に自動車学校の教授格の運転手をひとり附けて  ここから一つの恋が噴出すべき  ここへ持って来て読んで  ここに置いても  ここの闇が明るくなり出した  ここの変って来た  ここへ来るじゃないぞ  ここまで参れば  ここよりわしらの供をして参らぬか  ここで全軍へ宣言した  ここの攻略の仰山な備え立てに吃驚した  ここはもう帰れぬぞ  ここで御人数に追いついた  ここへ戻れば  ここへ政所殿は呼んであげなさらぬ  ここは我慢のしどころかと  ここに一つの告白がある  ここへ駈けつけて来た  ここにもわれわれは陸羽の道教象徴主義に対する偏好を認める  ここに会して  ここに付言して  ここに希臘の一青年武官をこんなに問題にしている  ここにも雪を払う  ここでいきなり先刻言った  ここじゃあ止しとこう  ここの座敷では法眼の錆びて  ここでは年齢が急に五つか六つ若くなっている  ここはなかなかこの娘役者の骨の折れる  ここまで追跡する  ここで若い靴磨きが変な街路詩人の詩を口ずさみ  ここにも緊張の後に来る  ここに一個または数個と記した  ここではボーイをしているが  ここで話が一転して  ここまで提鞄にしこたま詰め込んで来た  ここが痛んでね  ここへ鰊を乾す  ここでカメラを向ける  ここで一つ撮ってもらった  ここに一切木っ  ここでいよいよ水分が除かれると  ここにす  ここまで書いたが  ここでいって置くが  ここまでこう癇の虫がぐっと込みあげて来ましたね  ここで書き添えて置くが  ここに御酒をめしあがっていらっしゃる  ここにイワンと書いてくれないか  ここで童謡はできるかも知れないと思えるが  ここも都だなアと感嘆された  ここの場末の盆踊は安来節でやる  ここではベェリヴェヤワ一家の事を主題とするからである  ここまでお話しした  ここは案外小奇麗になっていまして  ここへ坐って下さりませ  ここに怪しいことのございます  ここまで思案をめぐらした  ここに連れてきて  ここまで回顧して来て  ここに一言を要する  ここに重ねて言わない  ここの家には男の子が一人もありません  ここで彼女を下ろしたので  ここまで載せて来て  ここへお這入なさいますか  ここに急に思いがけない困難が降って沸いたと言う  ここに一大事件が勃発した  ここの荒れない  ここに一つの意味を綴る  ここを下って  ここに落ちついていられる  ここに諸君の御後援によってENDを全うするを得た  ここでは殆んど説かれなかつた  ここへ法螺貝を採りに来ると  ここを立ち去って行く  ここの家へ泊めて貰う  ここに寝ているではないか  ここに一年とどまって  ここへ来てはなりません  ここへ来てはならないと  ここを逃げ去ろうとすると  ここで殺される  ここの門前に立って  ここの浦で顛覆した  ここに祀られている  ここまでおっしゃって  ここでオナラを発しては  ここの夜で私に直面した  ここに留意すべき  ここで又斬り倒されました  ここから十余里の南に住んでいた  ここかそこかと探し廻ったが  ここへ運んで参ったので  ここに一人の労働婦人があって  ここへかしてくれ  ここへお出であろうともその心底に変りはないっ  ここからお祭りしてゆけ  ここに確認されている  ここに年久しく住んでいて  ここに水浴して  ここでは既にその間に区別ができている  ここに来ておいでですが  ここは神霊ある  ここへもし来る  ここに長居は出来ません  ここの県令となった  ここに幾匹の虎を獲た  ここに一宿した  ここであの犬の插話を思い出し  ここでは越の湯と日の出湯というのに通って  ここを立退いて  ここを仮りの宿りと定めている  ここでは都湯というのに毎日通っていたが  ここの菖蒲湯は風呂一杯に青い葉をうかべている  ここの土地の物をむやみに食うと  ここはどこだと人に訊くと  ここへ来合わせたので  ここを通らなければなりません  ここに多言する  ここへも何か食べる  ここで予言しても  ここの店の勘定を払ったか  ここへ近づいた  ここの家の人となって  ここぞと飛びかかって来る  ここへ呼び込まれました  ここで女は再びやめろと言ったが  ここに黄敦立という胆勇の男があって  ここに石けんの広告が出て居ますよ  ここから十里ばかり先に呂という家がありまして  ここの家に長くいたから  ここの家へ売られて来る  ここでも容易に判決をくだしかねて  ここにさまよっていた  ここに百文の銭をとって  ここに都するの  ここにはそれを列挙するを  ここに着いてるよ  ここで弱気をだしては  ここでは元遺  ここへ集まって来た  ここから渡る  ここから渡られますという  ここでは反って  ここのところへ接吻しておくわよ  ここの家に妖怪の祟りはないか  ここの家には娘がある  ここでその猴の首を斬ってみせろ  ここには又わずかの金にかえて  ここでは普通一般の説にしたがって  ここに銭という大家がありまして  ここに住んで居りましたが  ここを申陽洞と名づけた  ここへ帰り住む  ここに預けた  ここに略しますが  ここへ泊ると云い出した  ここでその一生を終った  ここに筆を続ける  ここでは青楓氏の画室を指した  ここの家庭で饗応にあずかる  ここの家風でないことを知った  ここに二度の勤めをする  ここには沢山の危険がある  ここの家の主人がゆうべ見た  ここの主人が同じような不思議を見せられた  ここの家を立ち去った  ここの家に火を発して  ここに判らない  ここの家へ死にに来た  ここでは寒さに閉じこめられて  ここでも眼を患いましたが  ここから抜け出す  ここであなたの道心を試みて  ここを逃げ去って  ここに初めてかれ  ここに合葬した  ここに更にもう一つの興味ふかい教訓が含まれている  ここでもバックの眼が碧く  ここへ到達した  ここへやってきたの  ここが蘇州の流行の中心となる  ここではその深さが役に立たずより  ここに石坂氏と背中あわせの  ここの動機からであったと思える  ここに到ったと云われている  ここにふれず  ここの柳はその反対の側に立っている  ここで大胆に再び振返ると  ここで初めて分れ分れになった  ここを勤めあげてから  ここで酒を飲んでる  ここに理想の花あれど  ここは只月給をとる  ここで私が思いあまって  ここで私が思ひ  ここの隣りに  ここに見ます  ここで家中の者は着物を着かえた  ここに一ツ困った  ここに来ているではないの  ここまでお話しを買いに来た  ここに置き忘れて行った  ここも白紙で何も書いて無い  ここに来て眠っている  ここにお出で遊ばしました  ここに居りまする  ここまで連れ出して来た  ここで魚に喰われる  ここで引き返しては  ここは一番死んでも行かねばならぬと  ここで香潮に捕まっては  ここを立ち去りますと  ここまで散歩に来た  ここまでは何百里とある  ここへも大きな金剛石を一粒渡しました  ここが大切なところと思いまして  ここへ参りましたか  ここまで云って来ますと  ここまで云って来ました  ここにおいでになるかという  ここにこうして生きて  ここには仕合わせと王様と私より他に聞いている  ここに隠れている  ここを立ち去ろうとしますと  ここへ何をしに来た  ここに在ったのに  ここでその藥品の廣告をする  ここでは不問に附する  ここから論戦がはじまるけれども  ここには民主主義もあってはいけない  ここに於て二人の心は深く交っている  ここでチョーチンを借りて  ここで合う  ここで兼ねる  ここまで溯ると  ここが最も豊饒な産地であろうと語られた  ここから近く見た  ここで初めて確かめられた  ここから仰いだ  ここから塩山までの間に白峰は見える  ここと隣りの  ここの河原に写生箱を開く  ここから引返そうと思った  ここで早川の本流と別れて  ここは板屋に石を載せて置く  ここで昼食をすませ  ここの写生を試みた  ここは狭いから老人は下の小屋へ泊るというて  ここで縦画を描きはじめて  ここは実に二百余を数えた  ここに絵筆走らす  ここでも飴を売るかして  ここにまた柳を写生した  ここは引上げる始末となった  ここで暑い朝夕を送った  ここに詳説する  ここに人間らしいある  ここに存していると評しても差支えない  ここが我家だと云う  ここで祝う  ここへ入れてくれ  ここにいれない  ここに列挙して置きたい  ここで本書の自然的発展の結果をまとめる  ここだけで力を失くしておる  ここに実は中世文学の開始があった  ここにめぐってきていた  ここへ掲げて置こう  ここをまた我が住み  ここまで結びつけてくる  ここにつづいて  ここに絶えた  ここではフロマージュと発音しないと  ここで鮎の跳ねる  ここに算博士も置かれ  ここに軍事上に経済の基礎ができてくる  ここにおいて趣味の問題として学修された  ここに少し疑問としたい  ここに極めて日本的のものがある  ここに和算の一つの特色が現われている  ここに実際社会上の適用に長じている  ここに終わりを告げた  ここに大なる関係を有する  ここにおいてか強固なる基礎の上における制度と設備が大なる影響を与える  ここに数学の学習が始まる  ここに掲げていただきました  ここが中仙道中の最も難関な場所と言われておった  ここの有名な産業の一つとなっております  ここの苗代はその様式において一つの特徴をもっておりまして  ここは犀川の谷底近くにできている  ここの土壌の深いということに恵まれており  ここの崩壊地であるということに原因している  ここに畑を作って  ここに申添えておきたいと存じます  ここに重ねて  ここの行為は自然でないと板垣氏は疑  ここまで逃げて来れば  ここに泊って行って下さい  ここへ帰って来ました  ここにはたくさんの同類がゐて  ここまではさして来ない  ここへかけましょう  ここに保護のために使用すべき  ここにも自然に対して知慧ふかく順応しつつ  ここにもそれぞれの作家の持味をもって  ここでは作者の真面目な調べの力で最後まで読者をひいてゆく  ここに釈然とした  ここで見送ったという  ここから出そうとすると  ここで一挺念入というのがある  ここで言いますから  ここを出て突当りに  ここに擲って  ここはこれでなかなか開けてる  ここで髪をきちんとして  ここへ置いてください  ここにも置いてありました  ここへあいつらがはいって来なかったら  ここに深くお詫び致す  ここに深くお詫びして  ここへ落ちて  ここで催され  ここに彫りたる  ここに埋もれぬ  ここでは不便が多いと云うので  ここで小さい石地蔵を見て  ここに北条霞亭の手紙が何十本かある  ここにだけある  ここに至らし  ここにおいて失望あり  ここで簡単に参考できる  ここに青年調査マンの最大の精神的煩悶がある  ここに巨大な問題が横たわっている  ここに記録したい  ここへ立って  ここの事にほかならん  ここには何戸はいっている  ここから上る  ここに認めてある  ここに来ましたね  ここまで突っ込んだ  ここからきていると思います  ここで柳多留の解説を試みようとしている  ここに三四頁ばかり書いた  ここに立っております  ここに立っており  ここにこうやって出て来て  ここから出て参る  ここで知を働かし  ここへ来るにきまっています  ここに新しい文芸上の理想が出来上ります  ここに見当違いの批評と云う  ここには真がないと否定する  ここに贋の唖が一人あるとします  ここに二つの文章があります  ここにはそんな事を考える  ここを想像する  ここが明暸に見えれば  ここに時間も空間もないと云う  ここにかくしてあった  ここで拒否されているという  ここにも難点をもつ  ここに収められた  ここで場合は二つに分れる  ここで一言感想を述べておく  ここに僕の古いのがある  ここに寝てたって  ここが断然カフェーでない事を覚らせられた  ここで飯を喰って考えなくちゃ  ここに並んでおります  ここで滔々と現代女性観を御披露しようとする  ここに不正な力に虐げられる  ここに反省を乞いたい  ここに貴方がたの手を握りたい  ここに現れて  ここに私をして  ここに私がいると  ここに慶州石仏寺の彫刻を撰んだとする  ここに筆を擱こうと思う  ここに待っているが  ここに集ってきて  ここんとこコントロールが乱れているから  ここできくと  ここまで来れた  ここに生物を作りあげた  ここにできあがる  ここの塔の上に落雷した  ここはもう興味をひく  ここへひとりではいって来た  ここへはいって来たね  ここにいるからといって  ここは多摩川に近い丘の上にある  ここに十三日になるが  ここへおりまして  ここに最地階があるとは知らないで  ここへ乗りこんできた  ここに困難がひかえている  ここに来られた  ここに怪人がいた  ここにしまってある  ここで水に流して  ここにはくわしくのべない  ここから道を八百メートルばかり引きかえす  ここには何かある  ここをしめてもらわないと  ここまで来てひっかえしては  ここで見つかったら  ここまでせっかく来た  ここでいったい何をしている  ここから逃げだした  ここをくまなく  ここを逃げだして  ここで機械を守っているから  ここから脱出しよう  ここで改めて思ひだしていた  ここに取りあげてみたい  ここに止つてゐよう  ここの日向に這ひ  ここにしのべる  ここには爽快な自然があり  ここに來れ  ここにはもはや友だちもない戀もない渚にぬれて  ここの古い椅子に腰をかけて  ここに店を出して  ここで又製図なさる  ここでやります  ここに来てた  ここではくわしいことは一切省略しておく  ここで吟味する  ここに置いてくれつて  ここへいらつしやるんでせう  ここへ連れていらつしやいよ  ここへ出しといて  ここにはその無用をのぞいて  ここを死に  ここに見出す  ここぞと心得て  ここにその全文をかかげる  ここの額堂に誌しのこして置かうと  ここに住してゐる  ここに提唱してみたい  ここに擧げ得ないが  ここに意識された  ここでは先づ數へないにしても  ここに示されてゐないかに思はれる  ここに介在して  ここに多くは原因する  ここには云ひ洩らしてある  ここにあると思ふ  ここに科學力の差が出て  ここまで徹すれば  ここに大きな餘白がある  ここは厄介だから口を拭つてしまふ  ここに僕等だけの世界を作り上げて行く  ここに持つて  ここに發見をして行かなければ  ここに答へてみる  ここにも僧人書の病がないとはいひきれぬ  ここに今ふと語録のことばや詩語を思ひ出せないが  ここではじめて廃墟の上でたつた  ここで煙草を買ふ  ここではじめて廃墟の上でたった今生れた  ここで煙草を買う  ここに夏を迎へんとするに当り  ここでも王さまのような威勢になりました  ここからそう遠くないところに島があるに  ここで一人死んでやれば  ここばかりは拗  ここへ洋画趣味の医師が疑点を持った  ここにて切る  ここでぷつりと電波は切れました  ここに着眼して  ここの仕事師のお婆さんは嫁の幽霊に責められているとか  ここでそのあり  ここへ追放されて来た  ここにいても包まる  ここは言わずと知れた  ここから内へはいってならん  ここに住んだり泊ったりする  ここのこんな宿屋で満足もした  ここからはそう見えた  ここで上のほうに見える  ここで相手に逆らう  ここにくるまでの  ここのみなさんにお礼をいわなければならないくらいです  ここにはそりはきませんよ  ここには乗りものは通りませんよ  ここの家の前にそりをもってきておかなければいけないよ  ここの様子は気にいったかね  ここに手紙をかけておこう  ここではごくあたりまえのことのように見えた  ここではまだ全然身のあかしを立てていない  ここへ来ようとした  ここに泊って下すって  ここで出会った  ここで夜を過ごそう  ここに泊まりたい  ここは城のかたたちのための宿ときまっている  ここにお泊めし  ここに泊った  ここに泊っていらっしゃる  ここで彼につかまるという  ここに泊まろうとした  ここに小さなのぞき  ここからのぞいて見る  ここから離れなければならない  ここで話されている  ここに泊まれますか  ここにいらっしゃらなければ  ここに泊まろうと思ったので  ここにはいないわよ  ここにはいないわ  ここになんの用がある  ここで見つけた  ここに一晩じゅう坐っていましたよ  ここでお待ちできると  ここではわかっていません  ここでベッドの上に安らかに気楽に坐っていらっしゃる  ここでこんなにへりくだって  ここで不安定だなんていう権利はありませんよ  ここの事情に関してひどく無知でいらっしゃる  ここではおよそどんな闘いをも排除してしまい  ここの役所に対する自分の見解が裏書きされる  ここは暗すぎるのよ  ここではじゃまになりますしね  ここでは一つだって起こりませんよ  ここで話を中断した  ここでは二つのことを区別しなければならない  ここまで長い旅をしてこられた  ここで同じ問題にたずさわって  ここにクラムの手紙があります  ここの電話が伝えてくれる  ここから城のだれかに電話をかけると  ここだけのことではありません  ここに招くという  ここでちょっとした談話をしている  ここではだれもあなたを引きとめないでしょうが  ここで採用される  ここでいろいろお考えになる  ここに残るっていうの  ここに泊めたくないと思った  ここに板があって  ここでこんなに長いあいだ我慢できなかった  ここではばかばかしいような考えのことをいっている  ここですでに長いあいだ待ったし  ここにいてもらいたい  ここから出ていきましょうよ  ここにいられるならば  ここにとどまるなら  ここにひとりで残りますわ  ここにいるというのに  ここで使うという  ここでは晩から夜へかけての  ここの仕事を捨てた  ここでとても満足していましたよ  ここで昼間を眠って過ごしている  ここにどんな用があるの  ここにはだれがいる  ここの暗闇のなかで返事をしないという  ここへこられた  ここで人を待っている  ここでお待ちになろうと  ここで待っていて会えない  ここから黙って追い立てられはしないぞといわんばかりの  ここに坐っておっしゃった  ここではもう何もやる  ここへつれてきた  ここで送る  ここでは少なくともその一部分はやめなければならない  ここの生徒さんたちの長椅子に坐ったら  ここに自分たちだけ残っている  ここから出ていってもらいます  ここから動きませんよ  ここで私の妻や助手たちといっしょに凍える  ここに残していきたかったが  ここに残りなさい  ここにのさばっている  ここでおとなしく待っている  ここのこんな生活に我慢できないわ  ここにとどまる  ここにとどまるよ  ここにとどまりたいという  ここにとどまっていたい  ここにはあり余るほどいるのよ  ここを去りたい  ここを去りたいの  ここに入れてやる  ここへ入ってはこないよ  ここで仕事を手伝おうと思う  ここから飛び出してくれ  ここに居合わせて  ここで利用された  ここにいてくれとし  ここにいてくれてこそ  ここにいてくれたら  ここに着いたばかりで  ここの長椅子に寝ていた  ここで見出したという  ここに見出したという  ここでは使用人があり余っている  ここであなたはとうとう決定的な点まできた  ここへきてしまった  ここでなにもフリーダだけのことをいっている  ここから去ってしまった  ここにひっかかっている  ここまでで終りにしてくれていたら  ここへつれてきていましたが  ここから上にいる  ここの村でも従僕たちのあいだにまだその残りが見出されます  ここで最後の話を打ち明けますと  ここに今夜は泊って  ここの外の雪のなかに立っていなければならない  ここへ滞在するではないか  ここにはそのほかにだれがいる  ここには明るい電燈照明があった  ここでなさる  ここには君がどうしようもないような力が働いている  ここへ逃げてきました  ここにとどまったが  ここへ吹き送られてきた  ここの廊下にある  ここの廊下に倒れてしまい  ここにも客はいなかった  ここのドアはみんな閉め  ここにとどまりなさい  ここで陳情者の事情聴取をやっています  ここしかありませんが  ここではだれもが疲れています  ここでは多くのことが人を驚かす  ここにやってくると  ここにお前のギリシアの神がいるぞ  ここで考慮に入れるべき  ここで問題となっている  ここでは万事が機会にみちあふれていますけれどもね  ここでこんなにどうしようもないほど疲れてしまった  ここではだれ  ここでは疲れている  ここではたしかに疲れというものがうまくいっている  ここのお偉がたたちはいつでも真昼にいる  ここの廊下でその紙片を配分してやる  ここの事務のやり  ここで支配している  ここではひどく場ちがいなのだという感じを全然もたなかった  ここの廊下の入口に待っていた  ここまでつれてきた  ここでこんなに暖かくしていられる  ここに眠らせておきなさい  ここの暗がりのなかでビールを飲みながら待っていたが  ここでいろいろと準備をしなければならなかった  ここで客室つき女中のやり  ここに危険が迫っているときまっている  ここから失敗が始まる  ここへくるだろう  ここのひろびろとした  ここで自分というものを主張する  ここに並んで  ここへもどってこざるをえない  ここを去らなければならないという  ここで降りた  ここに不思議なことと云う  ここで筆を換えて  ここにもし  ここへ来てからという  ここに問題があると云う  ここまでからくもやってきた  ここに面白い話がありますわ  ここまで逃げてきてくれた  ここに雌はいた  ここへ来なすってから  ここで私の卑見を披瀝すると  ここにもう一ぺん念のため語らざるを得ない  ここに氷炭冷熱をいわずとも  ここにおいて作家なくして  ここにおいてあかの他人に当たる各家は製作上の真理に頷いて貰いたい  ここのお父さんは先年なくなられたが  ここに宿泊した  ここは浅虫に較べて  ここに現在の青森県が誕生したといふ  ここに三年ゐた  ここは私たち津軽人の窮極の魂の拠り  ここは津軽人の魂の拠り  ここの警察署の管轄区域になつてゐる  ここに町奉行を置き  ここから森林鉄道が海岸を離れて  ここに運び来る  ここに注目をしていただきたい  ここにいちいち書き記す  ここでちよつと休ませてもらつて  ここで腰かけた  ここに到つて  ここで飲んでは  ここの住職だつたので知られてゐる  ここで飲みながら  ここで待つてゐて下さい  ここに甲州武田氏の一族南部氏が移り住み  ここで食べますか  ここまで追つかけて来てもゐないから  ここでワラビを取  ここへお城を築いて  ここではじめてポプラを見た  ここへ飛び込むと  ここはもう透明に煮え切つてゐる  ここにはくどく繰り返さないが  ここには私の幼年時代の思ひ  ここへみんな夕涼みにまゐります  ここをお立ちにならないと  ここは津軽平野の北門と言つていいかも知れない  ここの金丸といふ親戚の呉服屋さんへ遊びに来た  ここでおし  ここは人口二千五百くらゐの  ここまでたづねて来て  ここで四時頃まで休ませてもらつて  ここさお坐りになりせえ  ここでは家の身代を意味する  ここに生れた  ここへ時々来る  ここに我慢をして待っていますから  ここに乗組員の一人である理学士天津ミドリ嬢が苦心の結果作りあげた  ここに哀れを止めた  ここまでついて来たものの  ここを漂っていた  ここの家に相違ないと思った  ここの家も表の格子は閉めてあったが  ここにも来ている  ここでも皆んなに笑われた  ここの家には一つの不思議がある  ここに祭られてあった  ここにまつりおき  ここを三度も通った  ここでこそと守る  ここの耳鼻は詩人が中耳炎の大手術をうけたから知って居ります  ここの寄宿の方へ遊びに行って  ここへ一人の女客あり  ここへこのままは住めないし  こことちがって  ここにとりあげられている  ここからのようにいそいで  ここで悄気ているな  ここにあると思います  ここにも反映しています  ここには非常に興味があり  ここを見つけた  ここにも一つの傑作ありという  ここでこのように語られていようとは  ここにはお茂登というおっかさんがいます  ここにもやはり新鮮にうつ  ここにふれられている  ここの点の多難性を芸術の本質と現実のあり  ここよりもそこから遠いところへ移ろうとは考えないから  ここの図書には姓名を冠した  ここの究明に至ると  ここにはじめて直立せしめた  ここにこういうことがあります  ここを引用し  ここに井伊直弼の墓があります  ここからインクをつけて書いている  ここの私たちの家にいたいと感じました  ここではもっと詮索を要しましょう  ここの家へ寿江子ピアノと来て  ここをどく  ここを先途としがみついて行く  ここで機械鋸を使い出したら  ここは震災で滅茶になり  ここにも反映して居り  ここにも入って見ようと  ここの名物と思えば  ここには雪が積っている  ここでは鯉の洗いと鯉こくを出しましたが  ここだけは値上げせず  ここは私たちにとってまごう  ここより庭がつまっています  ここにまで及んで書きわけられる  ここは右手に窓があって  ここで仕事をし  ここではふれないと云う  ここの家は目白とちがって  ここに一人の女がある  ここへあまりいらした  ここに一寸面白いことがあります  ここにいくら書いてもはじまりません  ここでは二人腹をこわしました  ここでともかく一人の人がいて  ここでひかえている  ここをかきますね  ここに止めようとする  ここまでためる  ここに暮す  ここからなら歩ける  ここの薄く黄色い紙の上にかかれている  ここの家の雰囲気にもなれ  ここにおいてか一子相伝とかいう様なことが始まり  ここに自ずからその子孫なる  ここに求める  ここにおいてか物持筋すなわち憑き物系統を恐るるの  ここには立派に物持筋が成り立つ  ここに一つの悲しむべき  ここの便所は廊下づたいで少し遠すぎるし  ここはお前の生まれた  ここの家はね  ここに帰って来てから  ここに坐れ  ここで父を待っていた  ここに呼んで  ここに来たいと思った  ここでも若い地鶏が彼の眼の前にちらついた  ここに残るよ  ここで誠吉を生んだ  ここに一言を附け  ここに繰り返す  ここに感謝する  ここに終る  ここにあえてこの一篇を公にする  ここに云うとはちがった  ここに饒舌な空談者と訥弁な思索者とを並べた  ここにも一種の美しい交響楽が出来ている  ここまで書いて来て振り返ってみると  ここは渋谷とはちがう  ここで待っててね  ここにあるじゃないの  ここで息の根を止める  ここに全体に亘つて改作を試みて  ここは気持ちが宜ろしいですね  ここをペダルをかけて弾くなら  ここの伴奏がこれにふさわしい凄惨の気を帯びている  ここの気分の急角度の転換もよくできている  ここからも私たちの心に訴えて来ると思う  ここは何うあっても  ここへ初めてひとりの医師の名が出て来たという  ここまで解れて来ると  ここへ引込んでから  ここに約二十日間滞在していた  ここに慕い寄って  ここで見つかったと思った  ここまできいた  ここで会うからは  ここに終るかと思われた  ここに人が棲んでいる  ここも按摩が住んでいる  ここには秘しておく  ここに二人の死場所を択ぶ  ここでテニスを遣りよる  ここで何度も何度もテニスを遣って  ここで返事すると云ったじゃありませんか  ここで鵞鳥を絞め殺したって  ここに持って来いよ  ここまで来はせん  ここへ来はせんかと思うて  ここに入り浸つた  ここで飲食にふける  ここに仮りに根太や垂木や棟によつてぎつしりつまつたひとつの脳味噌を想像します  ここが開いていちゃ  ここは閉めないで行きますよ  ここで隊列を敷いていた  ここにいらっしゃいよ  ここから逃げ出したと  ここをたちます  ここがすいてるからと  ここに顔を出す  ここに残ってるよ  ここから自動車で送り迎えをするから  ここに寝たい  ここでもまたお芳の漬物上手なことを話し出したが  ここでいっしょに食べたら  ここで食べろよ  ここにも寄る  ここで待っていてもらいたい  ここまで追っかけて来てみた  ここをつきぬけなければ  ここにあの部屋があった  ここで終ったとしても  ここに作者は人間性への広い訴えをこめていた  ここの学校でも心に刻まれている  ここまで女をつけて来るなんて  ここへおろして  ここへ気がつかなかったろう  ここで俺を待つ  ここを先途ともみ手をして  ここに立って見張っていやしたが  ここへ持ち込んだ  ここが奥座敷と思われる  ここで鎧櫃を受け取った  ここの家主さんはどちらですい  ここにいなさるんで  ここは一つ手を借りて  ここを牛の御前のお旅所とは受け取れない  ここへ送り込んだ  ここはどこでござんしょうねえ  ここばかりは時を得顔の絃歌にさざめいている  ここに泊まった  ここの配所に御寝なすった  ここが当座のねぐらという気がする  ここに腰をすえましょう  ここを先途と送る  ここに残ろうと  ここへ正式に談じに参るまでは  ここから丑寅の方に立派に生きております  ここまでは届かない  ここで文次ははじめて死に  ここには異変は認められない  ここなら大丈夫と膝を抱いて  ここでその仇敵にめぐり会った  ここまで見え隠れに跡をつけてきた  ここへ御用の者でも来て  ここへ集まってくる  ここまではいって来た  ここへやって来るという  ここを先途と立ち働く  ここのお庭の兎にならう  ここのお庭の兎におなり草履切れたら  ここまで達せずに  ここに鴎外の全集があります  ここに並べて  ここまで読んだだけで  ここまで読み  ここでそれを繰返す  ここで待ち伏せていた  ここで見ているという  ここで一休みしましょう  ここのおばさんに大変信用があるから  ここにひっかかっちゃって  ここでお逢いしましたから  ここに試金石の一つがある  ここに注目されている  ここに二人のひとがあって  ここに金の延べ金があったら  ここで会えるから  ここに巣を造るに  ここにやってきました  ここに入っていない  ここの温泉を軽蔑しきっていた  ここに宇宙あり  ここに居るのに  ここなややさんがききませんさか  ここで踊屋台を視た  ここに夜泣松の下を訪れた  ここへ詰掛けたと言って  ここに引き越した  ここにまた大きな本棚があって  ここに立籠った  ここのすべては静まり返って  ここに置くよ  ここのお役所のことをペテルブルグにお訴えになる  ここに加わった  ここに一枚の写真がある  ここでカールは新ライン新聞に入社し  ここで一応彼の過去をふりかえって  ここはお前さんたちの出はいりする  ここの方がよっぽど凉しゅうございますわ  ここで本田と少し熱っ  ここで終りたいと思う  ここまで大きくなって  ここへ降りて来い  ここで三人が約束して  ここは未だ山の者の往来が御座りまする  ここで荒熊の如き武道者をさえ殺した  ここで呟かれた  ここまでに成れば  ここしばらくの間となった  ここにも歩いている  ここまで語り続けた  ここにはじめて好奇のこころが意味をもつ  ここに呈出し  ここでは居睡りをする  ここまで跡をつけて来たので  ここまで跡をつけて来て  ここから円タクで行きますわ  ここもまた寂としていて  ここの家のお父さまは何も知らずにいらっしゃる  ここを通るので  ここは電燈も薄暗く店先には人もいない  ここも貸間にする  ここに居坐っていてはやり  ここに生活する  ここに寐ているわ  ここに招待券があるから  ここで資料を整理し  ここに少しく彼について言わなければならない  ここに尽きた  ここは当主が死んで  ここで糸をたれていると  ここで元気に働いて暮しましょうと話しあいました  ここをホームにして  ここを出ていってしまおうと思った  ここに乾パンの食いかけが散らばっているよ  ここへ掘りました  ここでは狐が喰い付く  ここまで辿り付いた  ここまで担いで参りましたので  ここの名物柿羊羹の菓子皿をチャブ台に載せて  ここの家の普請中にこんな出来事があったか  ここの家の娘さん達は何か病気でもしている  ここで聴き  ここを立去って  ここへ持つて来な  ここで鍛冶屋は勇を鼓して  ここに鞭があるだから  ここに待つてゐろよ  ここを立ち去りなさい  ここを立ち去れい  ここにはしょっちゅう来ますか  ここだとばかり力をこめて答えた  ここに沢山ある  ここのうちから学校に通う  ここから学校に通う  ここでもみんなの心理に作用していた  ここだとばかり猛烈に反撃して来た  ここでお願いさえすれば  ここで先生を見おくっている  ここでしばらく待っていてくれた  ここで彼の記憶の糸はとぎれて  ここになんだかうづく  ここで村長は指を高くさしあげると  ここかとうかがつたが違つてゐる  ここに日本国であることを忘れないでください  ここにしるした  ここにも自分の上に鍛錬の鉄槌を下すべき  ここに迷妄と怯懦とのひそむ  ここに一つの物語がある  ここで切れております  ここはぼくがいるから  ここですこしばかり読者諸君にもらしておこうと思う  ここに全滅せしめてやろうと  ここではだいた  ここまでいらっしゃいましたね  ここで先生にお目にかかるなんて  ここではそれから先のことを話したがらなかった  ここをおひきあげなさい  ここが考え  ここにとめておきたいからな  ここから脱出する  ここへおいていっては  ここから階段をのぼりますが  ここで相手をうちたおし  ここできさまたちふたりを片づけてしまえば  ここで拾った  ここではわかりません  ここに待っていてくれ  ここでガスコをおさえると  ここに残しておけないよ  ここでお別れしますよ  ここではあわれな  ここから持っていっていただきたい  ここであなた方ときもちよく共同研究をする  ここからはこびだす  ここでブロートが批判している  ここではふれない  ここに三抱に余る  ここのみ赤き氈を敷詰めて  ここに繰返して  ここにも竹の棹つけて  ここまで一度も休まずに駈けて来た  ここへ引っこして来た  ここへよこしてくれないか  ここが路子の注意だと思い  ここで一しょに食事をして頂いた  ここにいらっしゃるから  ここのお家にいる  ここから池の端へ降りて  ここへよこしたの  ここにたいへんな大問題がございますわね  ここで夫人と争って出てしまえば  ここで降られてはこまる  ここにハウス・ツー・レットとかいた  ここは開かないから  ここに告白しようとは思わないが  ここに相会して  ここで並べようとは思わない  ここには消散してしまっている  ここに止っているか  ここでも三四人の店員が雪投げをしていた  ここにその描写を控えなければならないが  ここに一本ある  ここに並べてあげたくなった  ここが道楽くさいという点もまたまるで見当たらなかった  ここに佐野という人が下宿している  ここへ寄ったから  ここへ重吉が来たら  ここに又一つ話があります  ここで絃の調子を変えようとします  ここに又微苦笑があってね  ここと同じこんで  ここにあると思うと  ここへ入って来ると  ここでいろいろ話し  ここがしまるまでねばります  ここへ戻りました  ここにかく  ここにあなたが半ば私を励ます  ここの映画科でとった  ここで問題になると思う  ここまで二十日にかいて  ここはすいて居て  ここへかけて居る  ここの花嫁の幸運を讚えて居りました  ここの家へ来て  ここが完成してしまったら  ここに一つの面白い話があります  ここには何か一寸には云い表し切れない  ここにかくれている  ここのかえりに  ここがしめくくりとしてあらわれる  ここに水野仙子の本は一冊もなくて弱ります  ここで此をかいている  ここはこんなにひろくて風が通っている  ここでかきます  ここで下拵えなすった  ここにはずっと住んでいる  ここにはやっぱり面白いものがあります  ここのところにたぐまっています  ここに私についての具体性としてかくされていると思います  ここにかかれている  ここまで悪用されるとは  ここのところを大変面白い芸術の特殊性の一つだと思います  ここの微妙な生活的モメントを実に実に面白く感じます  ここにあげられている思いつかれた  ここを写真にとったら  ここへおちいった  ここに一人の女があります  ここにかいたから  ここまでにしておいて  ここにはいろいろ興味ある  ここにも何だかいくつかの面白い話題がふくまれて居りますね  ここまでに示されている  ここについて云われている  ここは一種の保守的ギルドめいていて  ここは今日非常にいりくんだ  ここで今日つけられる  ここにも一つの笑話がある  ここはおとなりの台所にくっついていて  ここにも何かのちがいあり  ここは旅行案内の広告によれば  ここはもう初秋にはいっています  ここにあるだけは  ここにねています  ここの家での私の生活の特徴と不如意の形をまざまざと示していて  ここの人は性癖が強いから軽率にして  ここに不思議が幾つかある  ここでなんとか家のゴタゴタを受け流して  ここの空気はいいと言っているでしょう  ここに図を書くと  ここに言われている  ここに小さい字があって  ここに何とはっきり出ているでしょう  ここばかりは譲れないという  ここよりも窮屈になるかもしれん  ここの生活は少し甘すぎた  ここの共同生活の根本になる  ここの共同生活の出発点を定めても  ここの共同生活の体裁をととのえる  ここで共同生活を営んだ  ここの生活は成り立つ  ここでの生活はそれとは全くちがわなければならない  ここでは守るべき  ここに集まって下さい  ここまでたどりつく  ここには君よりも三つ四つ年の若い助手が一名いるが  ここでもやっている  ここの生活の根本になる  ここの生活全体についての案をまとめあげる  ここの生活のねらい  ここに集まって来る  ここの生活を甘く見てもらっても困るが  ここに迎えた  ここの生活設計がおたがいのものとしてできあがった  ここを受け持つ  ここだけにへばりついていては  ここはだいたいすんだ  ここに呼んでくれ  ここの生活にふさわしい心をもって打たれていたからだと思う  ここの生活を象徴する  ここの生活でたい  ここにどうしても私にあきらめのつかない  ここの助手をやめるかもしれないよ  ここに落ちついてから  ここには友愛塾音頭というのがありますから  ここにやって来られる  ここだけは別天地だなんて考える  ここもあるいはかれ  ここに農家病人等ありて  ここの理事長と話し合おうという  ここを自分の死に場所にしたいなんて  ここの生活の空気をこわさない  ここの門をはいって来た  ここではお茶も差しあげられませんし  ここの生活のいいところがわかるまでには  ここに集めてやってるよりか  ここにも塾の修了生が二名ほどいて  ここに旅装をとくと  ここに収録する  ここに廻って来る  ここばかりかも知れぬ  ここに言咎められている  ここに老人が呟いた  ここに名告るは惜かりし  ここへ運べば  ここに参ってからは  ここにはウェセクス賞杯戦に出る  ここにおいでの警部殿も出来るだけの  ここへつれて帰った  ここへもちょいちょいダーヴィシャ宛に手紙が来たという  ここはもう済んだ  ここは用のない者の来る  ここは知らねえ  ここで大きな声でそれを証拠立ててみようか  ここを通らなかった  ここへ連れて来いという  ここは来た  ここの勘定は済んでいる  ここで笑うのに  ここへ坐っちまいますから  ここでおろして  ここに写し取る  ここにもやっぱり悪魔は笑っていた  ここに記録した  ここにその最も大きな特性があると思われます  ここで北といっても  ここにもろもろの手仕事が起った  ここに遷されてから  ここで筆を改めて述べねばならぬ  ここに越ヶ谷の達磨のことも言い添えておくべきでしょうか  ここで出来る  ここは前述のように麻緒で名を広めましたが  ここは少年白虎隊の物語で誰も想い起す  ここでは良い生漉の紙が出来ます  ここは将棋の駒を作るのに  ここまで模様のような形に納めた  ここで一番手短にその地方の暮しを見る  ここも東北によく見られる  ここで他ではほとんど作らない  ここで紙布が発達し  ここに白石の新しい道が見出せると思います  ここは納豆を名産とする  ここにわずか一基の窯があって  ここでも襟飾りに矢絣などを入れて凝ります  ここで今も忙しい仕事が続きます  ここから踵を返し  ここで中部と名づける  ここの仕事の栄えた  ここの本業窯といわれる  ここでも地名が焼物の一般名にまで高まった  ここは誰も知る  ここでも仕事は手をぬいた  ここでなければ他にないものを見かけません  ここにも天然の資材が如何に美しいかを知りますが  ここに発達を得た  ここで道を北陸に転ずる  ここにこの塗の特色がありまして  ここでも仕事の忠実な品は美しさをも保障しております  ここはまた能狂言と茶の湯の町と呼んでも  ここに運ばれます  ここまで仕事を煮つめた  ここで書き添えておきたい  ここは麦屋節とその踊とでも名をなしますが  ここも社会の事情に押されて  ここで生漉のよい紙を今も作ります  ここを中心とした  ここに栄えました  ここに陶法一切の縮図が見られます  ここでも技のみ勝って  ここに集ります  ここで老舗鳩居堂などが鬻ぐ  ここを本場とするので  ここで淡路島に立寄る  ここでも様々な手仕事が保護されたに  ここの品には使いたい  ここに見られるでしょう  ここでは赤間石の硯を得られるでしょう  ここで私たちは石見の国に入り  ここでは黄釉を用いません  ここに見られます  ここに書き記しました  ここの藍を用いました  ここは高知県で都は高知であります  ここで高知市の町はずれにある  ここで国々を順次に訪ねるよりも  ここで簡単に磁器と陶器との区別をお話しておく  ここは北陸の九谷と並んで  ここから有田その他の焼物が船に載せられて  ここに移住しました  ここで作る  ここに手仕事の道徳とでもいう  ここで九州の旅を終え  ここに一渡りの旅を終りました  ここで答えようとする  ここに面白い対比が見られます  ここで私たちは美しさの一つの目標を捕える  ここでは手仕事に現れた  ここにお報らせした  ここに廿年近くの歳月を重ねました  ここに並べ  ここに三つの杯があります  ここに敷きつめてる  ここが私の至らざる  ここまで踏みつけられては  ここをセンドと私が必死に説得しての  ここで予想されている  ここに形成説と名付けようと欲する  ここに物概念或いは実体概念に対する関係概念或いは函数概念の優位が成立する  ここでは形も変化する  ここに帰ってくると  ここは暗黒アフリカの戸端口にすぎない  ここで一同は戻ろうとした  ここまで来ただけでも  ここに二十年あまりもいる  ここへきてみると  ここまで逃げのびると  ここへマコンデから宣教師がふらふらと迷い込んできた  ここが行ってはならない  ここの近くにいた  ここへ逃げこんできた  ここには武器もあり  ここでバイエルタールに殺されたからに  ここで野垂死にしますかね  ここで陥没地に切り折れている  ここを抜けだして  ここを発ってくれないか  ここを去ろうという  ここの低温度がひじょうに気になってきた  ここが地下数十尺の場所とはいえ  ここへ死にに来て  ここで私は冥路の友を得た  ここに理論というものがあり  ここで常識というのは併し  ここで初めて科学の対象となった  ここに初めて思想の科学そのものの科学性も存する  ここに同じ題が私に與へられた  ここに私が一緒に體驗してきた  ここに哲學の一つの重要な領域が存在する  ここには煩瑣を避けて擧げない  ここでひとまづ筆を擱く  ここはたんなるヒマラヤのような大峻嶺かというに  ここではそれも出来ないという  ここでまず最初の謎を知った  ここが人界の終点だろうと思う  ここが海抜約一万六千フィートとすれば  ここで採集に従っていた  ここはさまざまな屈折が氷のなかで戯れて  ここで愚図愚図してたって  ここに新しい世界史という芸術の展望がある  ここへやってくるから  ここへひき返してくる  ここへ来いといってくれ  ここの芸人が一人お払い箱になるらしい  ここじゃ何だから彼方でといって  ここでいちばん運試しをしようと思う  ここで大いに不審がるに  ここに合衆国全土に呼びかける  ここに完全に立証された  ここへ売った  ここのどん詰りは救われ  ここに最終のものが現われるか  ここで贅言を費やすまでもないだろう  ここで不思議に思われる  ここから北が別の島であるのが分った  ここを先途と活躍していた  ここが明かになれば  ここに地底の旅がはじまった  ここにはかけのスリルがあって  ここで少し困難を感ずる  ここで恐るべき  ここに政治の問題が出た  ここからそっと電波を出して  ここへも知れて参りましょう  ここに向けられなければならぬ  ここに玉の井の名が俄に言囃される  ここで皆降りてしまって  ここまで入らっしゃい  ここに一言して置く  ここで埋草に代えておく  ここではその点に触れる  ここでもなかなか発車し  ここは僕のよく通る  ここで遮断機が下りて  ここの軌道は上下にはつきりと揺れ動いてゐる  ここを通り越す  ここで夕飯の馳走になって  ここでわたくしは飛んだ  ここへ来て死んでいる  ここにきてからは  ここにかけている  ここでも寺田さんは人々があたり前として看過している  ここにいたらば  ここをば語るには  ここに来かかりしは  ここで御覧なさいまし  ここに伴いたるかの  ここを取って  ここにも野衾居たりしよ  ここに乗せなば  ここに見ていますからね  ここに見ていますよ  ここに居て遊ぶ  ここに洪水のありし  ここにまた姉上と思いまいらせし  ここまで来つ  ここにて思いき  ここにて謡えるなりき  ここでは二義的なことには触れない  ここにこうして書くだけでも  ここに一つの案をもっている  ここにもあるぞ  ここへ持ってくれば  ここを右に行きますと  ここから一と目に見渡せる  ここまでのみちすがらにさんざん私を悩ました  ここだってむしろ旗をたてて騒いだ  ここにもこの不条理が無知と善良を虐げている  ここからでなくてどこから行く  ここでそんなこといったって  ここを収用する  ここを立ち退いては  ここに居残った  ここはさらに物凄い夜が来る  ここから十三丁も離れているが  ここのうちの裏梯子から三階の屋根裏の物置へあんたが忍んで来る  ここの中にはそりゃとても怖ろしい  ここに電気商岩田京四郎は非常な不利な立場となり  ここまでおいかけてきた  ここまでにげのびた  ここにつれこまれた  ここまできてみれば  ここをにげましょう  ここが苦労した  ここの所をお考え下せえまして  ここで食べていってくれませんか  ここにこそ自分の行くべき  ここで一つ考えなければならない  ここだって空いてるじゃないか  ここで私の考えてみたいと思う  ここで誤解してならない  ここへ来たばかりの  ここから視れば  ここで溜息をつきましたよ  ここに出  ここが灰になって  ここへ願います  ここに居すわりです  ここにあるのに  ここまで持たない  ここへ出たわ  ここへ寄留して取りました  ここへ寄留いたしました  ここ迄書いて  ここに育った  ここでもかなりそういう工事に成功して  ここへ暮す  ここにも一種の心持があります  ここに暮して  ここを止めようと思う  ここに坐っていたら話したくなりました  ここから来ていると  ここで有名なデンマルク貴族天文学者ティホ・デ・ブラーエの助手として貧困な生活を送り  ここに性格と頭脳の構成との連関はみていないのよ  ここに小説家としての私が小さな盆からこぼれる  ここにふる  ここにそういう資質の独得な歓喜と悲劇ともふくまれている  ここにあるでしょう  ここにも文学の資質の新しく発現する  ここの隣組は出席率がわるいということについて町会の小言をつたえて居ります  ここでも冨山房でも三省堂でも神保町の方の角でももう売切れです  ここで生れて育った  ここで生れ  ここの家を自分の家と思っている  ここへ置いていただければという  ここにおいてついに李明植は心燃え  ここでゴーゴリがペテルブルグの画家を慨いた  ここからすっかり酔いつぶれて出て  ここに朝鮮人ありと叫びながら  ここに大陸の人々の苦しむ  ここに玄竜がいる  ここではまだ肉が配給制度なので思うにまかせず  ここでも評判ほどうまくありません  ここに終りを告げました  ここに彼らのなかに一人の工兵士官がありました  ここにおいて大問題は釈けました  ここまでは来るを得べし  ここにみごとに撃退された  ここに一変した  ここに希望を恢復しました  ここにお話しいたしました  ここよりかしこに移れと  ここで考えられて来る  ここから軌道がわかれていて  ここが峠だという展望のある  ここの宿を朝立ちして  ここから東の方だけ言っても  ここを写生し  ここに在ると思ふ  ここは都にするに  ここから投げると  ここで取り上げる  ここにこそ恐怖はひそめ  ここにいささか補訂を加え  ここに我が皇統の最も尊厳なる所以があると信ずる  ここに我が皇室の最も尊厳なる所以が存する  ここまでは万事が頗る理想的に発展したが  ここに來れるやを  ここにわが思想の縺となれる  ここに無花果に代へ無漏  ここにも用ゐし  ここに取り立てて云う  ここに避ける  ここに特筆しておきたい  ここには只売り物としての堕落方面を述べるに止める  ここの女給は或る限られた  ここには敬遠する  ここにも怪しい男女が蠢めいていた  ここで勉強したいと思って来た  ここで仕事をはじめた  ここは東京市外ではあるが  ここさ落すと取れないよ  ここは江東らしいとか大森らしいとか分り  ここだけの話をぶちまけた  ここはやはり東京市内だなと思った  ここのことをいう  ここに敷くという  ここの島根に着いたと  ここで思いきった  ここは菩薩が遊化に来る  ここから二百里もはなれてゐた  ここで立ち話をしない  ここへ數行を挿入しよう  ここまでは筆をすすめて  ここまで彼を高めた  ここで毎晩さわいでゐては  ここでしぼんだ  ここにも枯れた  ここへ集る  ここで結べたら  ここにこうして鹿爪らしく控えてる  ここに於て東西の区別を明にし  ここに來集したから  ここに幾千人のアラビア商人が滯在してをつた  ここに移住した  ここからはよく見えない  ここに新しい発展の段階と次の傑作への道が示されていた  ここにおわした  ここでも一がぬけていたのよ  ここまで崩れたと思い  ここの戸をあけてやる  ここで忽然として  ここまで書いたら立たなくてはならない  ここにともかく場所が出来  ここにいさせて貰わなくてはならないとは思って居りませんから  ここで一ヵ月ほど周囲の全くちがった  ここに無限のものがあります  ここに小説がある  ここの家で気がねしたって  ここまでになった  ここの家を処分して  ここもつまりは引越しますまい  ここがどうなるなどという  ここは全然なくするから  ここがやけのこって焼けた  ここにガスの口があります  ここは戸じまりよく二階の寝る  ここもテーブルの上は紙や帳面やでかなりの有様ではありますが  ここへ植えても  ここの二階の奴ほどにくらしくはありませんでした  ここで歴史的一転をいたしましょう  ここに居りません  ここで終りにいたしましょう  ここに本式のコンクリートの防空壕に着手いたします  ここの家にいて働きます  ここでクマを養う  ここの家の奥の机でこれを書きはじめました  ここの芝生の庭からの眺望は大して損われていず  ここの空気がいいと感じた  ここから帰り  ここの空気がきけば  ここの村では太鼓をのせる  ここで一時間半八百や魚や米炊きさわぎ  ここの間に一日半経ちました  ここからどけておいて見る  ここがヨーロッパに比べて  ここのうちも強制疎開ということになり  ここは消える  ここのところだと思います  ここの家の仕来りとしてこれ丈独立性をもたせた  ここがもし疎開にでもなれば  ここへ腰をおろして  ここへじっと坐っていないかというに  ここの裾へかけて  ここに緊急動議を呈出する  ここは処も嘘ならぬ  ここを片付けて  ここよ人に押されて見  ここに揃っている  ここで途絶えた  ここで忘れていた  ここで左伝次はまた考えた  ここへお忍びなされましたな  ここへお通し申せ  ここは要らない  ここでは非常な不幸の原因になる  ここに関係があるであろう  ここで無数の海底隆起部にはばまれて  ここで問題は俄然表沙汰になり  ここまで登って来るかもしれないね  ここで見たという  ここへ登って来られた  ここへかけ登って来た  ここにまた女子の断髪云々をやかましく説いているが  ここに書いて来た  ここで距離感を失った  ここまで運ばせてきた  ここへとりに来た  ここを出るまでは  ここで大声をたてられたりしたら  ここへ鞄をとりにやってきた  ここの守衛を起こすかして  ここへやってきたに  ここで私はうれしい掘出しものをした  ここに寄ら  ここでお礼をして別れた  ここまで下りて来て  ここは噴出す  ここに一筋の小川が流れる  ここで銑吉が棄鞭を打った  ここにおわするは  ここで濫に火あつかいをさせない  ここに婦人の参詣がある  ここがやけたら  ここでどうしても暮す  ここも凍りついて  ここに暮してくれる  ここで一緒に食事しているし  ここが駄目になったら  ここの家には今おやじと中学二年の弟とがいます  ここから京華に通うでしょう  ここに泊ります  ここがやけてからの  ここがなくなれば  ここの廊下に立って  ここの台所を見ると  ここでうける  ここが焼けて  ここでもびっくりしました  ここにも一つの矛盾がある  ここでも警報はあります  ここには大体一週間ばかりの予定で居ります  ここの家に対する苦しい反撥した  ここへ帰っても  ここのメムバーでは腰かけて  ここの人たちにもちゃんと話をつけて  ここを動きます  ここに納れない  ここのように家の在る  ここで人間は成長出来ないわ  ここで死にました  ここにもよし切りが鳴いて居ります  ここでは不思議とうたが一つも浮んで来ません  ここの畑のさやえん  ここに深く結び合った  ここの人々は百喋って  ここの生活の空気にもなじめず  ここまで来ていて  ここからならすぐ出ますから  ここに来て居りますが  ここでも感じますが  ここの風呂の底がダメになりました  ここはわたしに落付けない  ここらしくからりとした  ここまでは来たのに  ここでも洗濯に出せませんので  ここでさえ大気は生きている  ここの開墾事業に着手した  ここへは来ず  ここで一つ考えを変える  ここの家の戸棚から徳川時代に作られた  ここからあすこまで何日かかる  ここや東京やそちらと全く雰囲気の違う  ここも国府津もやけこそしなかったけれども  ここに暮しつづけるでしょう  ここで夕飯を一緒にたべ  ここの生活は丁度おそろしい不揃の馬におそろしくぶ  ここで三十分ほどで海岸まわりの本線にのって  ここで休んでいる  ここで投げだしては  ここにやつがいるぞ  ここまでもってきなさい  ここからでていく  ここまでしゃべってきたが  ここでつかまっては  ここまでは登ってこられませんよ  ここへすごい常設館をたてて  ここで待っててネ  ここに間接の關係を有する  ここに完全に實現された  ここに盡して居る  ここで梵語の文典を習って  ここに現に梵語を教えつつある  ここにどうしても他人本位では成立たない  ここに一人の作家があって  ここで私は非常に面白い矛盾がさき  ここに一人の民主主義作家があって  ここに居たって居なくたって  ここも段々寒くなって来た  ここではしばしばあり得る  ここから文学が貴重なものを失った  ここで憶い出して頂きたい  ここから海岸伝いで国境を越えた  ここに一言して置こう  ここにおいて飛耳長目の徒は忽ちわが身辺を揣摩して  ここには朱の盤とて隠れなき  ここはなんと言う  ここで私達はいままでの馬車を降りて  ここはもう花巻から七里ばかり離れている  ここからは私達の車の方に遠野の中学の生徒だと言う  ここにのみは軽く塵たち紅き物いささかひらめきて  ここに行きて  ここには今でも安倍貞任の母住めりと言い伝う  ここで相撲を取らぬかという  ここの石器は精巧にて石の質も一致し  ここを開けと呼ぶ  ここを遁れて  ここを遁れ出でて  ここには永く居られない  ここの葛飾で暮らしたかつた  ここと同じように会社でもグズ弁とよばれていた  ここでも採用してもらえた  ここの現業員は会社からの固定収入のほかにも出先きでの  ここへ飲みにくる  ここに勤めてから  ここの新しい住所が書き込まれています  ここだと思い  ここで次の選手と交代になる  ここへ到着する  ここに強調したい  ここに生まれて来ているとも言える  ここがもう楢山だと思っているらしい  ここから二三町先の海岸通りの横町で起った  ここに挟んでおくわ  ここまで云いさすと  ここまで云って来ると  ここへ乗り付けた  ここでは生ずるは  ここよりして  ここでは生ずるは滅ぶるであり  ここに客體の世界に固有なる一事態が發生する  ここに文化的時間性がいかにそれの根源である自然的時間性の影響のもとに立つであらうかを望み見る  ここでは割愛して  ここに時間性との聯關は成立つ  ここに客觀的實在世界とそれの認識とが成立つ  ここに主體の自己認識の可能性の根據は與へられる  ここでも客體としての遊離状態を經て再び實在者の象徴として實在者の生内容たる意義を恢復する  ここでも先驗的囘想の働きを見出すであらう  ここに再び道は分かれる  ここでは活動に固有なる客體面の波動凹凸は跡を絶ち  ここでは自然的時間におけるものと異なつた  ここに時の方向の一種の顛倒が行はれる  ここに根源的時間性の或る形或る程度の克服が存する  ここに現在を介して  ここよりして解し得るであらう  ここに古へより認識の客觀的妥當性を否み  ここに客觀的實在世界の認識の二重的性格に特に注意を向けねばならぬに至る  ここでは消え失せ  ここでは過去も將來も去り  ここに根源を有する  ここに時間性の或る程度の克服のある  ここでは有の外にあり  ここでは本質的に他の存在他の現在へと連らなる存在及び現在となる  ここに死の觀念に關しても  ここではその同一性は最も徹底的なる形において承認を要求する  ここにおいてほど痛切に強烈に自覺を促しつつ  ここよりしても明かである  ここに指し示されてゐる  ここでは却つて存在の母胎となる  ここに胚芽としてはすでに存在するが  ここでは世界内存在において考察される  ここに時間性は完全に克服し  ここでは極みなく生きるを  ここに淵源する  ここでも他者の完全なる消滅は主體にとつては同じく自己の消滅を意味する  ここに問題となすべきは  ここに源を發する  ここには動く  ここにはじめてしかも完全に成就されたかに見える  ここに無時間的從つて超時間的と認められる  ここでは割愛せねばならぬが  ここではつひに  ここでは嚴密の意味における死があり得ぬ如く  ここに生の最も根本的なる問題が宿つてゐる  ここに胚胎する  ここに共同に類する  ここに見出すべくも  ここでは極めて露骨なる自己矛盾として暴露してゐる  ここでは現在は過去をも將來をも單なる内容として部分としてわがうちに包括する  ここでは得るは  ここでは取除かれ  ここに極めて重要なる歸結が現はれて  ここに最も重大なる危機に遭遇した  ここに新たなる天地が開かれぬならば  ここでは主體と他者との間に媒介の任に當り得る  ここでのみ與へられる  ここでのみ絶對者の問題は眞實の問題として成立ち得る  ここにしばし立止まつて  ここにその共同の成立についてなほ立入つた論究を必要とする  ここに更に同じ他者の惠みによつて  ここに事實となり得るに  ここでは啓示の名をもつて呼ばれる  ここでは一切の存在は時間性を本質的性格として持ち  ここでは主體は自己表現に媒介され  ここでは割愛されねばならぬ  ここで道が別れる  ここではエロースをして  ここに人といふのは人倫的共同において人格としての資格を保つ  ここに惡しき有限性は成立つ  ここでは窮みなき  ここでは過去の行爲も單に善處すれば  ここまで達すれば  ここに決定的段階に達する  ここに永遠に生きる  ここで脚本を書く  ここへ散歩に来る  ここに移り住もうほどには  ここに別荘を建て  ここで述べたいと思う  ここに宇宙のエントロピーの量を指示する  ここに節を屈して  ここに出してみようか  ここで出された  ここに足を運んだ  ここに至らしめたる  ここにおいてか衛生状態にしても  ここにあると言わねばならぬ  ここに列挙するまでも  ここにおいてか折角エタ非人の称号が廃せられ  ここにおいてか政府はさらに厳命して  ここにはこれらの名称の是非を論じようとする  ここに収めているという  ここに大頓挫を来したとみえている  ここにこれを立証するの  ここにも行われて  ここに江戸言葉というものが出来た  ここに移転せしめた  ここに三十軒の家持ちの存在を見るに至り  ここにも発展した  ここに流れ込んだ  ここで詳細を申し述べる  ここに隠れ家を求めた  ここに於て極まる  ここでもただ先生と書くだけで  ここで茶を飲み  ここで海水着を洗濯させたり  ここへ帽子や傘を預けたりする  ここへ来たかを  ここでもこの間の言葉がまた先生の口から繰り返された  ここで切り上げて下さい  ここは隅っこだから番をするには  ここへ詳しく書いた  ここで何かいおうとした  ここで休まして下さいって  ここの土を離れて  ここにこうしていたって  ここを動くか動かないかが  ここにあなたという一人の男が存在していないならば  ここの家へ帰って来て  ここへ引っ越して来たけれども  ここへ落ちて来ました  ここの家で充分信用されている  ここに置けば  ここに気が付いていなかった  ここに残して行く  ここに自白します  ここに落ち付いた  ここの家へ来ぬが  ここへ出せ出せ  ここへ出よとはいはれず  ここから見渡す  ここに運んで  ここに定めておく  ここではもう繰り返さない  ここでも私は日本から来た  ここで暮らした  ここに親戚一同がひどく頼みに思っている  ここには榎町の政淳寺に山本家の先祖の墓がある  ここに二十三日を費した  ここで聞けば  ここで別れてくれと云う  ここに今一つの心配が出来た  ここにおいて天武天皇の仰せられました  ここに天照らす  ここで神樣たちが相談をして  ここでは蔓芋の種の擬人化として語られている  ここに天の探  ここにアヂシキタカヒコネの神が非常に怒  ここにヒコホノニニギの命が天からお降りになろうとする  ここにアメノオシヒの命とアマツクメの命と二人が石の靫を負い  ここに仰せになるには  ここにアメノウズメの命に仰せられるには  ここに釘が打ってある  ここは底が知れませんぜ  ここに去年炭焼き小屋がありましたね  ここを下ります  ここでねンねして  ここで欧米に於ける  ここまで研究の歩を進めれば  ここで具体的に述べる  ここで発見されなければならぬ  ここへお集り下さいました  ここで披瀝し  ここに見得る  ここで区別する  ここまで来られる  ここへ連れて来てもらった  ここで失礼して  ここにいてもらった  ここに二十円あります  ここでこれを繰り返す  ここに落ち着いていようかとも思っています  ここで一週間を送ろうという  ここで一寸断って置くが  ここでは西洋の例をもって述べる  ここに恐ろしい一種の疾病を生み出しました  ここで申し上げようと思う  ここに一種の珍らしい現象が起るであろうと  ここに宣明しておく  ここではただ人間の可完全化性を証明せんとする  ここからはずっと離れて  ここに次の挿入句が入る  ここで道徳的という言葉をその最も限られた  ここに述べたよりは  ここの所には第一版からのかなりの訂正削除がある  ここではこの運動を確証しようとは試みず  ここまで登らなければ  ここに樹立せんとする  ここで加える  ここでは困難な事態は極めて狭い範囲に圧縮されており  ここでは他の島よりも階級差別は更にはっきりきまっている  ここに登録した  ここに暗示されている  ここで又マクドゥーガルの心理学を思い出さねばならぬだろう  ここにロマンがこの時代の特有な文学ジャンルとなる  ここで新しいエポスと考えられる  ここに一点疑問はある  ここに価値がある  ここではインテリゲンチャなるカテゴリーを中間層の一種などに数えている  ここから教えられる  ここに集中する  ここではその要点をジードみずからに語らしめよう  ここでは当然奴婢乃至奴隷と荘園発生発展という最も問題を含む  ここに示す  ここに由来するだろう  ここで読み合わせる  ここで左右両翼に対する可なり誠実な理解者であることを示している  ここではジードはソヴェートのために物を云っている  ここに載せられた  ここに科学主義工業提唱者のオリジナリティーかイニシャティヴがある  ここからも判ると思う  ここで気のつく  ここにイデオロギー論の近世に於ける  ここで取り扱われた  ここに一貫する  ここが著者の本書に於ける  ここに発しなければいけない  ここから出版した  ここから連想させられると  ここで生じた驚くべき  ここに直ちに続いて  ここで考慮されている  ここで考慮されているという  ここに述べてある  ここでパラグラフが改められた  ここのところには第二版では次の註があった  ここに示した  ここの御主人のような生活をしていられては  こここうしてかしこまっていた  ここに極秘の作戦を研究しようとしている  ここに極秘の独本土上陸作戦を樹立しようと思う  ここに述べられません  ここにでも残しておいたら  ここから程近い戎の森から広田の森へと飛びゆく  ここにも数へられた  ここにも心中者が一組ゐる  ここに訪ねて来てくれる  ここは空いていますかと訊いた  ここに一人の幽霊がまっすぐに立っているとなると  ここはどうしてもつまりといわなくちゃね  ここまではやって来たが  ここに鉄の棒が出ているから  ここから井戸を出る  ここまで来やしないよ  ここにいたまえ  ここはこの部屋にいる  ここへはいってからの  ここに永い間つながれている  ここまでずっと同じガラス張りの通路がつづいている  ここで白骨になっていても  ここで可能になったという  ここで形の意味をしみじみと感じました  ここでコンドルセエ氏の考えの若干の要旨を伝える  ここで彼は進んで  ここで第八章が終り  ここには第一版には次の註があったが  ここで移住のことを云わなかったが  ここに挙げられた  ここに触れた  ここに言及されている  ここで私が一般社会の形態及び構造における極めて顕著な改善と云う  ここに提唱されている  ここにこの記述をなし  ここではこれらの説に長い詳細な駁論を述べる  ここに記録に止める  ここですら最も恐るべき  ここに次の一文があったが  ここには第一版では次の註があったが  ここまでが第一版から取られた  ここに次の註があったが  ここの景をみる  ここの階上の裏側の窓から新橋の美妓諸姉の夕化粧の艶姿がみえるとて  ここに求めたが  ここを借りうけてやっていた  ここの建築は何といっても  ここへ来て食べた  ここをつき当った  ここがせんべの売り  ここの店にあり  ここの足袋をはいたら  ここの清雲香は私の常用する  ここの美人が今のタイガーのそれの如くに評判になり出した  ここへ行かなくなっていた  ここにもう一つ考えられる  ここからそばをとると  ここの店は一丁目のつやぶき  ここの番頭さんに前田さんという非常な劇通がいて  ここの店窓の一円のわにのおもちゃがあって  ここで第二回艸土社の展覧会をし  ここには主にその方のものを並べてみる  ここでは働き  ここに加わっているという  ここの庭へはいって  ここに順正書院という塾を開いた  ここに実現しようとした  ここで問題としたい  ここに看取せられる  ここに天平時代の後期が始まる  ここにも確かに存している  ここではそれに基づいて  ここでは彫刻の場合のように目に見える  ここになら住んでみようという  ここには屋根の面や線のまがり  ここに注意せらるべき  ここには彼岸の願望を反映する  ここにあらわにされている  ここにすべてを抱擁する  ここにはすべて省く  ここから王子へ通じている  ここの寺にも一人いますよ  ここにも確かに感ぜられる  ここにもくま取りがあったか  ここにもあるらしく見えるが  ここに具体的な姿を現わしている  ここに表現せられている  ここには慈愛と悲哀との杯がなみなみと充たされている  ここにその最もすぐれた  ここにわれわれが反省すべき  ここに様式上の近似を認めざるを得ない  ここからすべり落ちて  ここに竹杖が一本落ちている  ここへ足を踏み入れるとは  ここへ一なだれに攻め寄せようとしている  ここへ引き立てて来い  ここまで言ひかけると  ここに竹杖が一本落ちてゐる  ここへ一なだれに攻め寄せようとしてゐる  ここをどこだと思ふ  ここではじめて諒解する  ここにもラマ教徒の行届いた  ここぞとばかり太鼓を鳴らす  ここでちょっと中休みをしてようすを見る  ここで西蔵語でも勉強して帰ったら  ここに定着した  ここで足をとめると  ここまで辿りついたが  ここから西北になっているので  ここで今更改まって  ここに殺人を行おうとする  ここに一人でもあなたの為に殺人者になったという  ここは一面の畑で誰も通る  ここで会いましょう  ここの窓口で特別券を買って  ここのしきたりもおのずからかわった  ここは昔ながらの薄ら寒いくらがりで  ここにこうしてあっただろうか  ここにつとめているだろうか  ここは屡々出て来る  ここに私たちの反省すべき  ここに創造されつつある  ここに少しふりかえってみたい  ここに案自体が揉みに揉むという  ここに辿り来った  ここでは彼のリアリズムの特色に就いては  ここに疎開してありましたので  ここに母と妹と共に安らかに住むという  ここに来かかり  ここをこうしてと工夫に工夫した  ここは切り上げてと  ここで乞食に仕える  ここにこそ俺の学ぶべき  ここを災難の場所として選んでも  ここまで三四町しかありませんからね  ここには始皇をなぐさめえずして  ここで釣った  ここに来て待っておった  ここでいったんお休みとするか  ここにも小笹屋の若旦那の大ふうが付き纏う  ここのドナウもやはり犯し  ここの食店へ入って来た  ここで鯉を食べて  ここで黒まわし  ここでも羊飼がもう帰る  ここに留学生となって来て居る  ここから愈々ドナウがはじまる  ここで酒宴をしたという  ここにも矢張り古い時代の呵責道具が並べてあった  ここの湖畔の旅舎に一夜ねむり  ここにまごまごしていると  ここへはいんなさい  ここに移す  ここまで書いて来た  ここは人気があった  ここへ謫居の身となっておる  ここのところを君のお父さまは冷静を欠くと叱りなすったし  ここで良人は一寸私の顔を見て  ここまで苦しんだなら  ここに通った  ここへよく飲みに来た  ここが思案のしどころと座敷のまん中に大あぐらをかいてみたが  ここぞと強く相槌を打ち  ここに金銀をあずける  ここにて人数をあらため  ここの事なりと我が子の勝太郎を先に立て  ここを聞きわけておくれ  ここをのがれても  ここに百両あります  ここの道理を忘れちゃいけない  ここに取りちらかしてある  ここへ逃げて来ました  ここで一日あそばせてくれませんか  ここでごちそうになりましょう  ここで一眠りさせていただきましょう  ここで見つけたと騒ぎ  ここで逢うたが  ここへ腰かけて飲めよ  ここに到ってこらえかね  ここを立ちのくにしても  ここで奇妙な事が発見された  ここで片山助役の失敗が持上った  ここで一寸いずまいを正して  ここにこんなものが取ってあるから食べておいでな  ここには寄りつかなくなるね  ここに日本にただ三つしかなきという星の神社あり  ここに書こうと思う  ここに女の肉体がある  ここへ横になったか  ここはあんた一人の留置場とちがう  ここを逃げ出して行く  ここにも一人自分を兄ちゃんと呼ぶ  ここへアドレスを書けと  ここで言えないわよ  ここにいちゃ  ここで関係者の戸籍調べをして置く  ここで一泡吹かせてやろうと考えた  ここにまた一つの事件が起った  ここでいっそう馬力をかけて  ここでもう一度すすり上げて  ここ迄言って  ここで彼がもう一度大声で泣出す  ここに眼のことを言う  ここにこうしてじっと突っ立ってる  ここへつれられて来る  ここから帰らう  ここで密談が行われる  ここに辻がございます  ここにも見えている  ここに俗に陶器師と呼ばれた  ここへお坐りなされ  ここへおいでなされ  ここに開拓している  ここをどこだと思っているな  ここまで聞こえて来る  ここに籠って  ここへ迷い込んだ  ここの人達を罪から救おうと目論んでな  ここへ座るが  ここで待つより  ここに悲劇の第一歩がある  ここで入定された  ここに刻まれてあるが  ここには千余の人が住み  ここにこうして生活している  ここへ参ろうと思って  ここでお暮らしなさりませ  ここと湖水とはかなり距離が離れている  ここに又ひとつの新しい材料がふえた  ここを仕事場としているので  ここで自分がもろい涙を見せて  ここで私達は別れた  ここに待たして置いて  ここに手形が三枚ある  ここでなくちゃいけない  ここでは酒も呑めないよ  ここで呑む  ここまではっきり聞える  ここには存在しない  ここに収めた  ここには割愛した  ここに本集収録の作品に就いて  ここでもまたあわてていった  ここに語られている  ここでこまかに述べる  ここへ人生の案内を乞う  ここには簡単に云いつくされない  ここに又作家としてのデュ・ガールのなかなか面白いところもある  ここでもわたしは駅の前で眼をまぶしくした  ここでは問われている  ここでみせて貰った  ここで一番胸をうたれた  ここからちらと覗いた  ここだけは無作法にもその小窓から覗いてみた  ここから去るにしのびない  ここへ書いてみましょう  ここは広い畳敷きの  ここには無期のひともいる  ここの女囚のひとたちのお風呂場をわたしはみせて貰いましたけれど  こことても時間にきめられて這入るので  ここで教えられる  ここでは少女たちの囚人を指して云う  ここで洗い清めて  ここを先途と漕げども  ここでその当時に於ける  ここまでは届かないので  ここへ呼んで来た  ここまで聞えなかった  ここへ売られて来た  ここに逗留は思いも寄らぬ  ここへ誘って来た  ここを何処だと思っている  ここを何処だと思召す  ここを逃げろと言った  ここを立ち退いてしまえと勧めた  ここで討つ  ここに根據をもつてゐる  ここにこのベーコンの言葉を記す  ここでも個性が與へられた  ここに収録するといふ  ここでは女も運命をえらぶ  ここで旧時代の一巻を終った  ここにもまた馳せ参じていた  ここへその方を伴れて来た  ここまで来て待っておるが  ここにはシャイロックは居ませんし  ここへ捨てていった  ここへよんでください  ここから階段をおりて  ここへ出てきてくださらない  ここへよんでくださいませんか  ここを見せてくださる  ここで話は一日前にさかのぼる  ここで妹をとりかえさねば  ここから中へはいってはいけない  ここへ出してみるが  ここではじめようとおもうが  ここにしばらく忘れられた  ここまでマリ子さんをさがしにきた  ここへおっこった  ここでイワノフ博士が狼狽してくれれば  ここの主人が殺られた  ここのところへ来ている  ここに百人から成る  ここで一しょに払わせる  ここをあけないか  ここへ書いて置いては  ここの部屋ときたら  ここを脱がれる  ここを脱出する  ここで停ってしまった  ここで片づけていく  ここに録して  ここまで怺えた  ここまでやって貰わないと  ここで解剖がたしかに一段落した  ここにその詳しいことを説いている  ここへ引越しました  ここに泪なくしては眺める  ここにちゃんとあります  ここに一切の訟訴手続きが閉鎖される  ここにその原則を述ぶれば  ここに若干の説明を加えて  ここにその最大の原因が存した  ここにも見出される  ここをモメントとして今日にまで発展して来ている  ここでは特別な取引が行なわれていた  ここまで付き添ってきていた  ここから幾組となく幌馬車を駆つてゆく  ここまで訪ねてきた  ここの宿料はどうした  ここを通らなかったかい  ここに戻って  ここをなんとこころえる  ここをなんと心得る  ここを通らなかつたかい  ここを指して集ってきた  ここにもこわや  ここばっかりに天とう  ここから三四哩先の地点にかけて最後の激戦が行われ  ここで映画や芝居を観てたのしむばかりではない  ここでやるし  ここではゴルロフカ全体の新聞が出されている  ここには専門学校まである  ここにしのんでいた  ここにしのんでいる  ここを引き上げて  ここでいちいち報告する  ここに一人いるという  ここから逃げて行こうとさえした  ここで話してくれ  ここは絶対に大丈夫だって言ってるじゃないか  ここへ引っぱって来た  ここへ坐ります  ここに腰掛がございます  ここへ置いちゃ  ここへお見えになりますよ  ここへお呼びした  ここへ呼び出す  ここにいなくて  ここの療養所へ泊めて貰えるかしら  ここは予測の通り余り気に入らず  ここは易々と開いたが  ここまで及ばない  ここへ上陸して来よったら  ここにもまた夾竹桃が血の色に咲いていて  ここからは浦上が西南三キロのやや斜め下に見おろされる  ここから望むと  ここにおいて肉体は寸尺の活動の余地を有しないが  ここはまさしく血河の戦場と化した  ここは艦砲射撃の弾巣になるだろう  ここへ出て来る  ここまで駆けつけたという  ここから二百メートルほど登って  ここには顔見知りの看護婦さんがいた  ここの仮小屋を中心に夜間の救護をつづける  ここににわかに終幕となった  ここでこんなにして  ここにも怪我人がいるわいと  ここを辞す  ここに落ちている  ここに私の立場をつくる  ここがやられると  ここで爆裂直後三週間以内に壕舎住まいを始めた  ここに戦力が残っている  ここでもまた繰り返しておきます  ここでその新徴組の話になる  ここで第一番に出て来る  ここにその玩具を検してみようか  ここに属する  ここへ載せてある  ここまで追ひつめられずに済んだ  ここまで追いつめられずに済んだ  ここにおちこ  ここにおいて一国衆人の名代なる  ここに突如として降って湧いた  ここは他人は一切入れない  ここに張り出した  ここに一つの平面があって  ここに学者なる  ここで足をこのくらい前へ出すとか  ここに茶碗がある  ここで大いに考えなければならぬ  ここにただひとり放っておくという  ここで彼は言葉を切り  ここで杓子定規の説教をされる  ここへお連れしてきてある  ここでお待ちになって  ここの明りを消してくださいね  ここで初めて互いに視線を交わした  ここで開かれました  ここの机の前に立っています  ここでどなってみなければなりません  ここに指物師のランツという人が住んでいませんか  ここに指物師のランツさんが住んではいませんか  ここにいませんかって  ここにいるなら  ここで彼女の名前を尊敬をこめて  ここにつめかけ  ここで何かを改善しようと思っているのね  ここを改善するなんていう  ここの裁判組織を改善する  ここに首を突っこまざるをえなくなった  ここのものはなんでもなんてよごれている  ここで研究されている  ここにはいっていらっしゃった  ここのまわりにある  ここで大勢うようよしている  ここにいてくださる  ここからできるだけ長く離れられたら  ここへ来ているとでもいう  ここで女を見かけなかったか  ここから追い払う  ここの壁のところへ押えつけ  ここの貼  ここでごらんになる  ここがどんなところか見てしまったから  ここにはたくさん道がある  ここで待ってくださいませんか  ここでは珍しいことではありません  ここにはまたいろいろ洗濯物が干しにかけられるという  ここでもう胸を押しつける  ここの連中の手のうちにはいった  ここにゆっくりとすわっていたかったが  ここにはいらっしゃれませんわ  ここに寝泊りまでする  ここでちょっと休みませんか  ここで待たしていただけるだろう  ここでお邪魔にはならない  ここで余計な場所ふさぎをしておられるが  ここで腰かけませんか  ここで中食をとるので  ここで何をやっている  ここで君の笞の下に高位の裁判官がいる  ここに落着きはらってすわっていながら  ここで少し休暇を取り  ここではいろいろな権力手段があって  ここで待ちかまえていた  ここへ来るのよ  ここがこの女の唯一の所を得た  ここに弁護のはいりこむ  ここではまだ弁護士が腕を振うに  ここでほんのわずかでも成果をあげたならば  ここに眼隠しの布があるし  ここでは二つのちがった  ここにも同じような絵があります  ここの下にある  ここに裁判所事務局がある  ここにだけあってはならないという  ここに裁判所事務局を見つけた  ここを照らしてくれませんか  ここで話してもらいたいね  ここにはいらっしゃらない  ここに全部書きつけてあります  ここの弁護士さんの言う  ここの弁護士さんとその仲間の人たちは小弁護士にすぎず  ここによく泊る  ここに泊るって  ここの夜間用の机のそばにおかけになってください  ここで腰をかけ  ここで語られている  ここにはわしの依頼人もいらっしゃる  ここで叫ぶ  ここに居続けようという  ここまで呼ばせた  ここではほかの誰もが入れてもらえなかった  ここに門番を配置した  ここにやってきた  ここにとどまっていても  ここで二人は立ち止った  ここにこのままいた  ここで半睡の  ここの先生の小説を読んでいると  ここにもたたずんでいる  ここの小父さんのくちぞえで青バスの車庫へ試験をうけに行ってみよう  ここは錦町になってる  ここにもうろうろしている  ここに宿屋がありますでしょうか  ここにひとり立っている  ここを読む  ここには女の人もいるのね  ここの扇風器をかけて  ここまで四里はあるだろう  ここをたたんで  ここではまだ助手を置く  ここへ来て当りませんか  ここは内海の静かな造船港だ貝の蓋を閉じてしまった  ここは十二時にはカンバンにする  ここへ逆もどりしたい  ここの子供とかる  ここまで取りに来なければ  ここではすばらしい英雄にさえ思える  ここにもこれだけの生活がある  ここまでは来たけれど  ここで野宿をした  ここの息子が根津なにがしとか云う  ここはお化けの出る  ここに住み込んでいる  ここにいられるだけいて  ここの人達を見た  ここへ引越して来ると  ここだけが安住の場所のような気がして  ここまでにいたれば  ここから花火をどおんと打ちあげる  ここまでで程よい生き方なりと心にきめる  ここには誰もいない  ここのところどうにもならない  ここで清左衛門は眉をひそめたが  ここで一層考えた  ここで二人は黙ってしまった  ここでちょっと言葉を切り  ここでお待ち受け致す  ここでも一式小一郎は瞬間に二人を斃した  ここで気息を抜く  ここまで出張って来たほどでござる  ここに構えていよう  ここでちょっとばかり憂鬱になった  ここの住民は花好きと見え  ここに別社会を建設し  ここでいつまでも住みたい  ここへ住居を許した  ここで上眼を使ったが  ここを去ろう  ここで沈黙をしてしまった  ここでウンと威張ったが  ここを自分の家だと思って  ここに裏門がある  ここへお連れして来ました  ここに囚われている  ここは華子の錬  ここをお突き止めなされた  ここには四五人人がいる  ここへしょびいて来るが  ここまで小走って来た  ここで切れてしまった  ここで吉次は変に笑ったが  ここばかりはひそやかである  ここにこうして市場まがいのものが出はじめた  ここの点にかかっている  ここのところに新しい社会的なものの生じている  ここにその存在の理由を有していると思う  ここをすこし向うへ行って  ここなら大丈夫と思って  ここで逡巡いだりして  ここにちゃんと持っている  ここに入っている  ここの主人らしい先刻のバーテンダーの方に振りかえり  ここまで入ってきた  ここがあたくしの  ここに四月一日を迎えた  ここで僕のよろしくない病がムラムラと起った  ここのところ鳥渡六ヶ敷いんだけれど  ここに買って来た  ここは何処だろうと見廻すと  ここへ命じた  ここで気がつかなければならない  ここん中でも風邪を引きゃしないよ  ここをずっと行くと  ここにありまする  ここでちょっと申しあげておきたい  ここから小田原行の電車に乗り  ここから長い石段のある  ここへ呼んで来て  ここにたくさんあるから  ここは何としても  ここが大切だと思った  ここにも眼を光らして  ここへ連れられてきた  ここに知られる  ここまでつれてくる  ここでは経に就き  ここではまず末法時の特徴である無戒ということに関連して  ここをもて  ここにひさしく願海にいりて  ここに得られる  ここに存するというべきである  ここに弥陀は手をさしのべ給う  ここに願がある  ここではまず一般に真実というものが何を意味するかについて  ここの幹事は間違えた  ここへ來てゐる  ここまでくればと  ここには聴き  ここでおあがりになる  ここに又ひとつの評議がある  ここでは話が出来ない  ここに引籠りまして  ここによい薬があります  ここに長くいる  ここのおかみさんが夜歩きをする  ここの家で助けてくれと云う  ここに准胝観世音の御堂に詣でた  ここのおつかい  ここに居ますがね  ここへお参りして拝んだ  ここに姥塚を築くばかり  ここに青春の復活ということが唱道されるべきである  ここで自分の言おうとしている  ここに贅せない  ここは閑静で居  ここを立去った  ここの庭には大木が茂っているので  ここの家にそういう伝説があるというだけの  ここの家では娘に婿を取ると  ここへ移住して来た  ここで食うと  ここで旅行する  ここへ寄ってくれるだろう  ここへ押し掛けて来て  ここへ来られるね  ここの家へも遊びに来る  ここで雨さえやむなら  ここの工事をやった  ここで雨さえ小降りになるなら  ここと見定めて置いた  ここより本所停車場までの線路の通行を許してくれと乞うた  ここに寝られぬ  ここへ眠ってしまえば  ここに幸福の光を発見する  ここで僕の注意をひいた  ここまで来ないでも  ここで女を待合せていた  ここまで自分と一緒に帰って来て  ここで辛い奉公をする  ここに伝説信仰者のたましいをおびやかした  ここへまいりましたが  ここへ落ちて来て  ここに居ちゃ  ここから出て来ると思った  ここの椅子に坐っていた  ここまで漕ぎ付けた  ここを逃げ出すだけだと思って振り返って見れば  ここに一変して  ここに目録がある  ここが捩子になっていますけれども  ここへ参りまして  ここに訪れてこようとはしない  ここには京中の各派の社中の方々が思い思いの出品もされ  ここに立ち  ここに通ひ出してゐた  ここの一人の女給をどこかに連れ出すらしい  ここでいってしまう  ここでお答えしておきたい  ここの緑蔭に来ては  ここには鎌倉時代そのままな谷の幽翠がしいんと残っていた  ここで私の調べた  ここにもまた一挿話がある  ここの檜が都へ送られ  ここは構造を凝らしてみたい  ここで過誤のおわびをしておく  ここ少々尻痩せの  ここでいっておく  ここで私は史論をのべたてる  ここまでは息をつく  ここに鐘は鳴る  ここにおこる  ここで自刃した  ここで旗を上げ  ここへ納められた  ここで一回を筆間茶話とする  ここで驚かれる  ここで断層をおかれた  ここに生じて  ここもふつうに書けます  ここに始まろうとしている  ここに始まり  ここにまた鞍馬の遮  ここに配流となって  ここから瀬田が見えるなどは  ここの尼院に冷え冷えと坐っていると  ここまではまわって来ないらしい  ここから読む  ここに源平の対立を発端する  ここにも現代の生存競争とか政界にも似かよう  ここだけに精写を尽しきれない  ここも古く火災にあっているので  ここに数ヵ月を潜み  ここでは一ぷくの感を抱く  ここの辺りを弔い  ここに息づいたのみか  ここに埋葬されている  ここの机で書いた  ここで一転機をみせ  ここで断っておきたい  ここまで書いてしまった  ここで頼朝から足止めをくい  ここで別れぬ  ここで逢ひたる  ここに巣を持つ  ここでも一句をひそむ  ここからあの辺の小説は編まれている  ここで書こうという  ここで結ぶ  ここに同氏の好意も併せて  ここに借  ここでお礼をいうにとどめておく  ここを訪うた  ここで戦った  ここで続けて来た  ここにぼくの果てない  ここの松落葉や山茶花のこぼれている  ここはほんの振出しにすぎない  ここの松阪牛については辰野隆氏が何かに書いていたと思う  ここの仲居さんたちがおうわさする  ここは心のふるさとかひさの思ひに詣  ここの木蔭にまで落ちて来て  ここで尾鷲へ帰った  ここも戦災復興の最中かとまちがわれる  ここでは居眠る  ここで峡の絶壁は三断していて  ここは明治何年かに遷された  ここでも役にたった  ここには国宝が百点以上もあるので  ここへも現われる  こことしては御本尊といって  こことみえる  ここでひとまず筆をおきます  ここに重筆は避けるが  ここが配所の跡と思い違いしているらしく  ここに立てば  ここの常設美術館の建築を参考に見てゆくという  ここの黒い柱によりかかって  ここを落ちるとしたら  ここでは別冊との重複を避けて  ここでお礼をのべておく  ここに遊び群れている  ここは土としておこう  ここの社殿にいた  こことして  ここに腰かけていたら  ここには見える  ここに終わる  ここにも清盛塚がある  ここを品よくいえば  ここでは文化の文の字もいえた  ここでは述べきれないし  ここの住僧であったという素姓がはっきり分かる  ここの僧兵をひきいて  ここで世を終わったという  ここは黒川と鶴沼川とが交錯して  ここに供養仏を建立して  ここの渡しを通った  ここの二古老といい  ここに訂正しておく  ここでも厠通いに明け  ここの神社は松を嫌い  ここで酒を醸造しており  ここの戦略的な重要さをなお力説された  ここほど視野の利く  ここへ来てみなければ分からんですよ  ここも夢野と呼ばれていた  ここの地形も無名のままつい見落されて来た  ここの地理に精通してもいる  ここからさらに西方一里以上の山地を迂回して  ここでは川辺氏が潮流と兵船碇泊の関係を説明され  ここは一等だと云ふ  ここに見よう  ここでも考え合せずにいられない  ここに観世音を祠って以来のものといわれている  ここへ訪ねに来たりしている  ここの岩殿寺で云い伝えている  ここに詳解し  ここに掲出しておく  ここで告白しておく  ここでは余り多岐にわたるから措く  ここにこの一画賛の成った  ここに僕の挙げてない  ここまで残忍に徹しきれるかという  ここにこんなことを書く  ここに掲出した  ここにまとめてみる  ここでは言わない  ここまで棒読みのように言って  ここに特記しておきたい  ここであしらわれて  ここから見渡される  ここで休もうじゃないの  ここで一つ景気をつけたいと思ったので  ここに一円二十銭ある  ここに村田がいるっていってね  ここも危くなっちまった  ここで訓練した  ここは昨日眠り病が出たという  ここのようではありますまい  ここでくどくどとふれる  ここへ自然な読後感をもってゆく  ここに四方に四窟を構えた  ここから列石の境界中に入る  ここで夕食をすませ  ここへ来てくださる  ここまではとにかく地図の点線の道とほぼ一致した  ここから道が尾根の北側を廻って  ここに至て地図の道とは全然違っている  ここでは傍系のフインランドや中世からのイスランドは措きまして  ここに正吉と呼ぶ  ここに云ふす  ここにはこんなに菫が咲いてゐる  ここは其の處でないから其調理法や風味の事はあげつらはない  ここまで来たのにからてでか  ここから通してもらいます  ここへ来かかった  ここに立ち至っては  ここの橋通っちゃならんぞ  ここに書いてありやす  ここは村役場だかんねえ  ここに催促に来られてもだな  ここの橋の所まで来ると泣いてござら  ここにすみぬれば  ここは代代足軽といふ役をしてゐた  ここまで出かけて来た  ここに立佇まって考えていた  ここに又一つの奇蹟が現われた  ここまで考え続けて来た  ここまで伝って来た  ここを歩くかを知らぬ  ここに降りて  ここで何をしてる  ここから下り坂をどんどん下ると  ここまで來るとこけ  ここに一大決心をした  ここには七百人からの婦人労働者がいる  ここ暫くアリョーシャはニーナの指導者として並んで  ここへ寫して見よう  ここへ上げられて  ここには沢山いるという  ここには見のがす  ここにさらに勝敗そのものに関する感情構成がある  ここではむしろ避けられるべきであろう  ここで失礼しましょう  ここも同じように引汐の汚い水底を見せていたが  ここに識す  ここに斎藤氏の好意を謝す  ここに書こうという  ここに深厚の敬意を同君に表する  ここに告白して  ここに建立した  ここにも寝台がいくつか入れられている  ここで休みの一部をそういう目的に費している  ここに暮していた  ここを見て  ここではじめてレントゲンの科学的作用をまのあたり知った  ここで笑いがはじまり  ここでは日本人経営の会社に対してもソヴェト労働法がものを云う  ここの地べたに生えてる  ここで材木一本伐り出す  ここで八時間一ルーブリ六十カペイキの煉瓦砕きをやっている  ここへ世話してくれた  ここにいたのに  ここへ名を書く  ここへ来たかしらと  ここで祈祷をおこなった  ここで跳びはねる  ここでは人口も風俗習慣もかわらない  ここでこの主人公とその乗馬の風采いで  ここは略奪の修羅場となり  ここから下って  ここならば死人が安らかに眠る  ここを渡らなければならない  ここにお架けになって居ります  ここから買っていく  ここへ集めて来るには及ばないやね  ここに生きていて  ここから近くに大きな樫があります  ここにあなたの仲間の人たちはいますか  ここに人間がいます  ここへ抜け出して来た  ここにも華奢な青い生命が樹から樹にうごき廻っていたが  ここにも出入りの扉あり  ここの家に四五日御厄介になった  ここの家に寝かして貰って  ここへ掛けなさい  ここの家へ泊まった  ここの家を立去らないで  ここの家のどこかにいて呉れれば  ここの家のお墓はどこにある  ここの家は忌中だから他人を泊める  ここの家は忌中だというのに  ここへ出て来ましたか  ここの家に忍んでいた  ここで生れて  ここへ蝦蟆が出た  ここにいましたか  ここの渡しは明け六つに始まって  ここに泊らせてくれと言った  ここを立去ってしまうであろうと察したからである  ここへ来ましてから  ここで測らずも  ここの処に出ていたと  ここにあると言って  ここに幾日かを暮らしたが  ここを引取ろうではないかと庄屋は言い出した  ここへ忍んで来る  ここに移住する  ここに越智七郎左衛門という武士が住んでいた  ここに屋敷を構えていて  ここに足をとどめて  ここに一つの事件が起った  ここに埋もれたる  ここの家の姓はなんというかと重ねて訊くと  ここで休もうという  ここへ自由にお泊りなさいと  ここの家には化物が出るか  ここには一体誰が泊っている  ここの家には何か怪しいことがあるから泊るなと言うらしい  ここの家の姓は徐といいます  ここの家のむす  ここの家へ貰われて来た  ここの陣屋詰を申付かって来ている  ここにまたひと騒動おこりました  ここでもまたひと騒ぎ出来して  ここにまた一つの事件がある  ここで彼ら夫婦が思わず足をとどめた  ここでみすみす飢え死にしなければならない  ここではただ立派な官員さんと申すだけの  ここまでまいった  ここにお待ち受け申していた  ここに一つの難儀が起った  ここへ襲ってきた  ここへ来るだろうという  ここを立ってしまいましたが  ここを立去ってしまいました  ここで木像と木馬を作る  ここで湯を沸かして  ここの厄介になってもいられないので  ここから外壁の回転窓が見える  ここで僕がくどくど云うよりも  ここに人々は古典の内から二つの言葉を選んで  ここでこの頃睡り  ここに極めて入りくんだ  ここに青年たち自身の今日の課題がある  

~ ここ[名詞]1
役者がここは  私のここで  夢としてここに  私はここまで  自分がここに  命をここに  コップがここに  #わけにゆかないでここに  あとから押してここまで  私をここまで  誰かがここに  お話をここで  ものがここに  私がここに  自分はここに  御飯茶碗がここに  材料はここへ  平家がここで  一刻もここには  何用あってここへは  俄かにここを  角もここで  幸いにここに  おん身をここへ  いまはここを  衣川はここまで  今日はここに  清川はここまで  僕はここに  命をたすかってここまで  親をふりすててまでここへ  よそのここまで  横笛がここまで  義王がここに  のもここを  夜蝉よここにも  花さいてここにも  僕はここへ  誰もここへ  五時までここに  明日までここに  哲也だけがここに  予定でここへ  プールはここも  一時的にここへ  三枝子さんはここへ  あいだ恵子さんはここに  恵子さんはここが  さっきからここに  私はここで  私のですからここへ  私達はここを  教えをここに  生活をここまで  努力はここに  のもここに  著者はここに  おれはここで  石をほうりやがったからここで  青木君はここに  身体はここに  疑獄がここに  声援と共にここに  者と共にここへ  不良気分がここから  さまはここで  さまがここに  交番はここだけしか  七八夜あなたとここで  人たちをここに  それについてここに  私はここにおいて  夜ふくるまでここに  事ではあるがここに  私はここに  道はここに  詩風はここに  自分のここに  原因がここに  そこかここかと  素足でここへ  シナ人のここに  余もここに  シンガポールよりここに  ホンコンよりここに  ところにあらざればここに  あなたがここを  合唱をここに  私はここから  一解釈をここに  ためにはここでの  一人がここへ  手紙をここに  私がここで  私はここでは  要約によってここに  むかしはここで  法隆寺あたりがここに  人たちがここに  道は見ゆここに  彼が始めてここに  ようにここに  法を学びここに  事をここに  傾向がここにも  材料をここに  要点だけをここに  わたしはここに  三人はここぞと  いっしょにここへ  わたしたちがここへ  死体をここまで  今夜はここへ  僕はここでは  精髄がここに  鍵がここに  小田原からここに  無視するここの  シンケルが死ぬまでここに  講義はここで  コロキウムはここで  講義もここの  幸いにここでも  意味がここに  本を買うべきかここが  ここはここで  おかあさんがここへ  わたしはここで  ことをしてここに  徳二郎がここに  栗栖按吉はここに  ところへここは  僕がここまで  汽車はここまで  細君とともにここに  ものはここには  深度基点はここ  時間器械にのせてここへ  僕をここから  時間旅行がここで  僕はここで  僕をここで  通信機もここに  何べんここへ  ゴールはここに  生活をここで  雛遊びをここでは  大要をここに  ところはここ  だれにつれられてここまで  うちにはここを  自然を見よここに  変へてここに  附添でここに  ロジックはここに  女にここまで  園はここの  塵とを厭わないでここまで  修繕師がここに  そこにもここにも  計算までここで  どこもここも  ぬいはここぞと  本気でここの  彼女をここまで  片足をここまで  私はここの  言葉を費してここに  問題をここで  今私がここに  神についてここで  原因のみがここで  詭弁はここにこそ  これらについてはここでは  手から離れてここに  今日はここまでに  報告を学びつつここまで  ことはここでは  慧鶴はここでも  為めにここに  砧うつ声風に送られここにも  私はここでも  俺のここに  理由もここに  藩屏もここに  ためのここの  政治といえばここで  のもここ  男手でここまで  勤務先からここに  イエズスがここへ  鯨もここで  ようはここでも  蜆売に問うてここに  今日はここの  思いでここまで  あなたがここまで  ぼくはここへ  運賃としてここに  音がここでも  ミチ子がここへ  窓からここを  わしがここに  僕がここに  みんながここで  マスクはここに  青江をここで  血はここで  機械をここへ  俺はここを  俺がここに  末端がここに  二人はここまで  小浜兵曹長はここに  貴殿にはここへ  ひそかにここへ  おおっぴらにここへ  刑部屋敷はここ  掠奪をされてここまで  貴殿はここに  収容してここまで  今日はここへ  夫婦がここに  僕たちはここに  波がここまで  カメラはここに  警察からここに  ふたりがここから  録音はここで  ブルドーザーがここへ  住民たちがここを  島のここには  彼女はここに  環礁はここ  アランはここには  のはここ  親父と話しながらここまで  自分がここまで  ア鍵はここに  新顔がここぞと  袖ちよいとここへ  沈澱するここの  君とここで  練習場ができるまでここで  平穏なここが  私もここに  猫をここに  給料を持ってここを  憤然としてここを  者よりもここでは  今私は這い廻るとここへ  嗜好もここまで  明遍僧都がここへ  四十八粁距ったここで  例をとってここに  一所にここへ  部分はここから  のはここの  罵倒論でここには  御蔭でここまで  ことを思うてここに  脱線し過ぎるからここでは  事はここには  再建説はここに  標準をここに  ことをここに  就てここでは  三日前からここで  私にはここにも  遠くへ行って考えたいと思ってここまで  考えをまとめたいと思ってここに  五日前にここに  村もここの  間をここに  豆ばかりここに  青年はここに  上からではここの  僕もここへ  彼はここへ  モラルもここでは  血筋をここに  時などここで  つた道がここに  点はここに  無秩序がここにも  正三もここでは  音響もここまで  正三がここへ  洋服で暮しているここの  朝までをここで  左へ切ればここまで  今し方もここへ  者に救われてここに  ご苦労だけどここへ  見送りもここまでと  日蔭ができたらここを  米さんはここに  助広はここに  誰かここへ  大股にここへ  宵にここへ  拙者にかまわずここを  上り道からここへ  人たちとここまで  丞がここから  病気はここに  茶亭からここへ  俵一八郎をここに  どこからかここへ  彼がここで  女がここに  いつまでここに  神さんをここへ  桟橋からここまでの  一刻もここに  困難はここにも  理由がここに  ゆえんもここに  危害はここに  不二男さんはここまでを  新聞はここに  処でここから  分析をここから  併しここでは  常識とここで  見方がここには  自分がここで  感想をここに  勧誘に甘えてここに  例証をここに  自分のここで  十年もここで  昇給しなければここを  言葉はここに  気焔をここに  おれがここに  土門君をここへ  豹一はここまで  ためにここで  自分がここの  詳細にここで  波濤を凌いでここに  矛盾はここにも  靴をはいてここを  昭彦ちゃんもここに  車をここに  資料はここに  いっしょにここに  彼はここに  料理をここで  一年まえにここへ  ときからここに  ぼくはここに  ふたりにここで  正月をここで  姿がここにも  ものに就いてここに  飜してここに  杖をここに  問題はここまで  因子としてここに  綱をここで  裏からここへ  不用意にここへ  なんしろここに  姉ちゃんはここで  今日はここで  半分はここから  密かにここへ  自分がここへ  何分ともここ  ちょッとここへ  題材としてここに  彼もここでは  眼をここに  訳なればここに  方がここへ  僕にここを  以前はここで  明日あたり私はここを  僕がここを  いやならここから  三次はここに  森様はここに  啓之助はここに  それをここへ  丞はここに  丞がここへ  用でここへ  現実がここに  雲がここにも  彼がここに  頭を盗みおろうというここに  確かにここにばかりは  テーマがここにこそ  ものはここに  ものもここにおいてか  評家はここまで  桜ちるここの  わたしがここを  あんたがここを  廃語をここに  吾妻橋からここに  これをここに  其由来はここに  血まみれ喧嘩もここでは  お前がここへ  瓦灯口になっていてここから  否かについてここに  形而上的虚無思想はここを  風を巻き起してここを  間にここを  息を殺してここに  後にここに  余裕さえあればここで  真理性とはここに  我々はここに  吉川訓導はここまで  一週間の終わるまでここに  働きがここで  二人はここに  婆さんはここを  二人が引っ返してここを  名はここに  根拠はここに  私にはここに  作中人物とがここまで  ざっくばらんにここへ  ハーカーをここへ  ためにここに  方則がここにも  そこからもここからも  性質はここに  人はここに  独創とがここに  時代からここの  ためにここへ  セラピオン師はここで  悪魔がここに  私をここへ  彼はここで  事実談をここに  一度もここへは  暴行事件がここで  言葉をここに  僕がここへ  京子さんがここから  日光がここに  無断でここへ  案内でここには  父がここに  シーズンにここへ  何年もここに  何年もここへ  堂守はここで  手紙がここに  おれはここを  汽船がここを  部屋をここの  有村がここに  一度はここを  いつまでもここに  今夜はここで  傷はここ  前からここまでの  遠慮のいらないここの  駕をここへ  約束どおり店からここへ  ふたりはここで  一散にここを  夕方からここに  子供をここに  大急ぎでここへ  父さんたちがここへ  不意にここへ  名をここに  之をここへ  概念規定をここに  処がここで  客観的根拠をここに  科学はここでも  為にここへ  お前はここへ  お前がここに  わたしはここの  文についてここに  わたくしはここに  官能がここに  世界がここに  友達とともにここを  そこやここに  わたしがここへ  ヒンクマン氏がここへ  ヒンクマン氏とここに  彼に代るべくここに  即刻にここを  婦人の立ち去るまでここに  幽霊がここの  あいつがここに  のちにはここへ  同志討がここに  幸村はここで  女はここにも  けらるるが如くなりしかばここに  譲歩してここに  事どもここに  事はここに  われはここに  知人をここに  作者はここで  僕はここぞと  記念としてここに  それはここに  外からここへ  昨日もここで  足をつけてここに  先廻りをしてここへ  源次をここで  三人はここから  綱はここまで  丞がここまでの  熟睡してここへ  世阿弥はここにかが  立場はここ  おまけにここは  家はここから  甥はここへ  子供がここを  処はここ  ものはここが  ことがここにも  義妹夫妻がここに  ぢめてここに  雀が帰るここの  帳面はここ  教理がここで  日蓮はここにおいて  末がここで  場所がここ  私をここで  私をここから  一緒にここを  虚無僧がここへ  水はここの  わたくしがここに  ちょッとここまで  秘帖もここに  蔭からここへ  秘訣はここに  今日余がここに  一大秘密はここに  なかば茫然とここへ  一ときほどここの  夫人はここで  電話はここで  君はここへ  羅布人はここの  箱に入れてここへ  人間はここまで  像はここばかり  私達のいるここの  径をつけてここまで  彷徨うよりここに  一年もここに  陽光はここまでは  者ばかりがここまで  君こそここの  明日からここの  何かここで  二度目にここへ  男がここに  無駄にここまで  旦那のここに  宵からここに  私もここで  宗右衛門町のここに  御寮人様はここ  そこもここも  これはここの  今夜はここの  ようにここへ  おれがここへ  あいつがここへ  わたしはここ  乞食をしているよりもここに  うちにここを  人に頼もうと思ってここまで  調子はここで  のはここに  仮りにここに  ゆえ明らかにここに  議論もここに  徒党もここに  みたいにここを  さまはここに  仕出し屋から取りつけているここの  内儀さんのここん  オトナにしてここに  便りはここで  どこからここへ  停車場からここへ  おれはここへ  弁当を取り寄せて勝つまでここに  おれはここまで  あなたをここへ  三週間以内にここを  赤シャツがここへ  紹介されたからここに  私がここへ  わしはここで  俺はここに  眺めにここへ  株内はここだけや  様にここへは  世話でここに  俺たちはここの  俺がここの  二つ三つをここに  姿でここへ  競馬場のここの  音はここから  山猫博士がここへ  清八はここぞと  変にここまで  数年前からここに  上りもここに  気持もわかるここの  王子とここさ  見習もここで  姉さんと呼んでいるここの  度にここでも  日本橋からここまでと  青年はここは  年からここに  迚もここに  代表としてここに  あなた方はここから  院長がここから  曾てここを  俺達はここから  末はここから  犯罪をここに  草案をここに  起原をここで  さをここで  後にもここに  それもここへ  家来はここに  彼女はここで  浮橋がここを  奉公口もここの  彼女はここでも  丞はここでも  光はここの  八橋をここへ  次郎左衛門はここで  わたしがここに  心にはここに  話はここだけで  お前さんはここに  前にここの  人類はここまで  お前さっきからここに  記録がここに  飴もここに  人間はここから  みんな順々にここに  lococitatoとしてここには  ところはここに  三日前にここから  患者をここへ  おれたちはここで  一物もここには  一息にここまで  先へここを  何しにここへ  今までここに  大次郎をここの  江戸へ出ればここと  連れだってここへ  こいつをここに  五日前にここへ  仙人はここに  話はここで  四少年がここへ  うち何時間はここで  火星探険協会を起こしてからここに  君はここに  山木はここで  進化してここまで  独りでここに  人達もここまで  司法主任はここを  僕をここに  ビックリしてここへ  鞘はここに  官を棄ててここから  一人でもここに  貴公はここで  足下もここに  後はここに  故郷へ帰ろうと思いここまで  隙をうかがってここへ  どこにもここにも  二三をここに  紙面をかりてここに  楊彪はここに  それがしここに  孫策はここに  人々もここへ  余生をここで  事情はここでも  検証してやるからここに  父をここで  試みはここに  スタインもここに  七十人あまりもここに  いろはをここで  すべてにおいてここにしか  コンピューターをここまで  彼もここで  我々はここでは  玉を与えにここへ  爾はここに  爾を迎えにここへ  女鴨は始めてここに  これだけ居るとここの  呂布はここを  伏完はここに  蘭もここへ  君はここを  逢紀はここへ  禰衡がここへ  かたちでここに  古田がここへ  証拠はここに  帆村探偵はここで  関羽一人はここに  人質としてここに  大勢をここに  一歩もここを  張飛はここに  帰りにはここを  簡雍もここに  玄徳はここで  呉国色をここに  孫権はここに  周瑜がここに  喊声はここに  さきにここを  河北もここに  南皮一城もここに  都を去ってここまで  業はここに  兵がここを  場処はここには  可能を求めてここに  農民はここでは  状態についてここに  手前がここへ  人たちがここへ  お方にここで  わしたちはここで  わたしはここへ  たち二人をここに  あなたはここを  焼きにここへ  夕方などにここに  独りきりでここに  あいつをここへ  それはここなど  テムプル関門はここに  三年後までここで  ほんとうにここは  僕がここで  それじゃここは  知識はここに  嫡子たりともここを  拱手してここに  孔明もここへ  個人としてここだけの  血戦はここに  トッテン社長はここに  作り方はここでも  連中はここで  オレがここの  古川はここで  古川自身をここまで  歴史をここまで  戦略的課題をここに  九〇年代に踏み込んだここの  メリットをここに  一歩からここに  各社はここから  問題はここ  誰もここから  オレはここで  楽しみはここから  これまでここでは  それがここに  動画までここに  提案をここまで  神様はここに  眺望するここの  心臟のここの  くちびるはここに  淫猥なるかたまりここに  貴女はここに  脣はここでは  話がここで  お前さんもここへ  あなたもここに  はじめっからここに  うちにここへ  それにはここの  道家はここぞと  命を助けられてここへ  妾はここで  命数はここで  それがしはここで  大軍がここへ  労苦がここに  戦塵はここに  郡守としてここに  大業もここに  土民がここを  玄徳はここに  趙雲と共にここに  部下を率いてここへ  夫婦はここに  それがしをここの  周瑜はここに  前からここに  間にここへ  二人ともここで  大抵はここで  歌もここでは  表現法がここにも  われはここにぞ  一男をここで  時間表がここに  大半をここの  秋はここに  亡霊がここへ  日にここへ  真先にここに  大勢をここまで  玄徳がここを  三更にここを  いま征馬をここまで  張飛のここに  張魯はここに  きょうはここへ  辺はここへ  主君をここへ  大事はここに  周泰はここに  一行はここに  わしがここを  あっし一人がここで  人がここへ  壁辰はここ  ッとここに  風呂敷包にしてここまで  茶代はここへ  助はここに  首がここに  貼紙してここへ  造酒はここで  上から拾ってここに  趙太爺がここに  空気ランプがここに  なんだってここへ  船をここの  老爺をここへ  今日からここの  お前はここに  真水がここまで  廉平がここに  死骸がここに  僕はここには  片手間にここに  それをここに  新田先生はここへ  千蔵がここに  皆にここへ  誰であったかをここで  これもここだけの  今はここに  一しょにここへ  決心をしてここまで  あとをここまで  火星人がここに  丸木にここへ  ルルをここで  殺人犯人としてここに  結果をここに  あるじをもここに  何に縁りてここに  大目に見ておくがここは  一つをここに  完全にここで  火光はここに  天寿もここに  鉄則はここに  水軍を守ってここに  命を捨ててここに  僕もここで  何んでもここへ  手前がここを  断食をしながらここで  わしがここへ  事実をここに  お前たちはここから  俺がここで  仲間はここへ  私はここへ  大川からここまで  おまえをここまで  はなしがここまで  併しここで  ことはここに  デマゴギーもここまで  氏がここで  上にここには  先見もここと  弱点はここ  カリケチュアをここに  使命がここに  尊敬もここまで  一つはここには  二人がここで  誰かここで  気持でここから  根拠がここに  金座人をここへ  凧がここに  私はここぞと  三十分おくれてここから  きょうはここまで  うちはここから  多くはここに  処がここに  併しここから  半ばはここに  文献学主義がここでの  それにも拘らずここでも  適用がここでは  認識をここから  夫をここで  私的とここに  自由とがここで  対象はここに  人々はここに  本質もここに  社会的地盤はここに  規定をここから  点はここでも  ことをここでも  説明をここでは  運動などはここでは  言葉がここで  読者はここで  結局はここに  個人主義はここに  ことはここから  嘆きはここから  本質をここで  関係がここで  藤沢氏はここで  ものをここに  自由主義としてもここでは  処でここに  大衆はここでも  大衆はここで  イデオロギーがここまで  分析をここで  人がここに  僕はここから  らはここから  馳けてここまで  丁度五日目にここも  ためにばかりここへ  南極はここから  朝までここへ  眼見てここで  余はここに  自分らはここで  媼はここに  北独逸から来てここを  屍体がここへ  内容についてはここに  二階座敷はここだけで  ふたりもここに  道路はここに  道路はここから  やうにここは  のをよろこんでゐるここに  私等がここから  のだここに  のをここは  感謝をもつてここに  駕籠はここ  狸がいてここ  駕籠でここへ  魚を仕入れてここへ  三階からでないとここまで  ところまで戻ってきてここで  ひとりでここまで  話をここまで  彼をここまで  資本にここで  加代姫さまをここへ  日ざかりはここが  加代姫がここへ  先刻からここで  あとでここへ  六平がここへ  あたしがここへ  助がここに  話がここまで  ょろ松はここに  守宮がここへ  二年以上もここに  中へでもまぎれこんでここまで  言つてゐますがここに  おん母マリヤにここに  きょうはここが  墓地といってもここは  途はここに  一期戦はここに  手筈はここに  趙雲はここに  趙雲がここにも  曹休軍をここへ  同盟はここ  彼がここへ  良将がここに  軍馬はここに  自分をここの  珠がここまで  お盆などはここで  他にもここに  私たちはここで  艦隊をここに  手紙をここで  ころまでここに  それがここで  家族がここに  君をここへ  青木はここへ  貧乏もここまで  私にここへ  今でもここに  財布もここでは  遠望するよりここから  有名なここの  君がここで  少年がここに  月人をここで  そをここに  洵にここに  影をここに  謬てここに  渉りここに  われ敢てここに  つぶやきをここに  偶然にここで  遠山にここで  わたしがここから  親子はここまで  二人一しょにここを  着物を着たここの  つた考へをここに  以前からここに  争議をここから  文字をここに  僕たち二人がここへ  研究者たちをここへ  不思議にここで  主にここから  地酒もここが  隙にここの  庄はここまで  妻子をここへ  庄はここへ  庄がここに  庄はここに  男がここへ  関係からここの  宿やここへ  あんたはここの  庄はここを  庄がここへ  僕はここの  磯野のここへ  庄はここの  水準がここに  ろがここに  日本アルプスとここを  十月上旬頃までここへ  根源はここに  点はここにも  曲だけれどもここでは  一つをここにも  ここにいるここに  庸三はここの  十一月ごろ一度葉子をここへ  彼女がここへ  一緒にここで  人をここへ  それに乗ってここへ  これはここだけの  後になってからここの  博士をここへ  博士と別れてここへ  話もここでは  庸三はここを  何ならここで  あたしをここへ  女はここぞとばかり  つもりでここで  21はここへ  告白体自伝はここで  三四郎はここまで  話によるとここは  講義はここに  それよりここに  論理をここまで  三四郎はここで  三四郎をここへ  金はここに  金はここには  お金はここに  当用はここまで  三四郎はここを  野々宮がここへ  事件はここで  日本人でここへ  ためにここと  夫婦を成してここに  我輩がここに  根もとはここ  お茶の水のここへ  浪速あやめとしてここに  三人はここで  妻よここへ  ノメノメとここへは  お母様をここまで  アレクサンドラ云々というはここの  私は生まれてはじめてここで  映画もここに  天草四郎はここへ  案内所がここを  伊豆山もここが  当時久米正雄氏もここを  久米正雄氏もここへ  魂魄はここへ  天下にここより  上京すればここで  ことばはここに  争いを起してここに  底のここには  者がここで  ケンカもここが  酔ッ払いがここを  それはここの  所以はここに  これでここに  方はここへ  理想をもつてここに  弊をここで  直接にここに  一体自分はここへ  油断をしてここに  わたしたちはここでも  課題だからここでは  選択とによってここまで  ノートを持ってここへ  ことと思っていましたがここの  仏訳してここの  ことしはここの  日はここから  入り口をはいるとここに  祈祷をここで  祖先がここに  かたはここで  右側のがここの  歌はここに  シベリアを通ってここまで  陸橋はここで  五ヵ年計画でここに  一人がゐたらここで  方式でここを  いままでここに  真一がここで  年を取ってからここに  原はここ  病人になってここに  一つだけここに  五つ六つをここで  山刀はここに  小手姫がここの  日本武尊がここで  失望してここから  それにまぎれてここへ  袂に入れてここまで  巾着に入れて持って来てここに  熱田にいられなくなってここへ  石がここに  頭が飛んでここに  内容とがここでは  今はここまでは  意見をここに  彼女はここへ  年輪がここに  日本橋をここに  入国してここを  江戸時代がここに  次手にここに  訳はここに  理由はここに  題材をここに  基点をここに  家もここも  船はここにおいて  早船をここへ  のはここからという  道路に出てここに  話はここでは  間にここに  専門ジャーナリストがここに  三島康夫氏などもここに  位置はここでも  特色をここにだけ  お前さんのここへ  遊覧バスがここで  それはここで  レベルはここ  抗議がここから  錯綜がここに  思いをここに  煽動もここまで  縁となってここに  特色はここに  妙境をここに  真夏でもここまでの  竹垣でここから  直とここへ  金之助はここに  色のここに  本質がここに  学問的方法をここで  僕をここへ  蔦がここまで  己をここへ  君がここに  脱け出してここへ  一度もここで  男はここで  方はここに  御用をここまで  私がここまで  後になってここへ  文章をここに  海よりここに  これもここのみに  わけもここに  朝からここに  バスはここで  あたしがここに  鐘がここに  流れはここに  厭でもここは  人間はここでは  夜はここで  吸い殻がここに  秀麿はここに  既つて一度もここに  往きにここで  話そのものよりもここに  彼とともにここに  罪人はここに  つまりはここに  例がここの  発達はここには  マグダはここまでは  作のここの  例などもここに  清さんをここに  鞄をここへ  克明にここに  詳細もここに  博士はここに  今日飛行機でここへ  一つをここで  芳枝さんはここに  木がここに  問題であるのでここに  お前なんかここに  演説でここに  力を振りしぼってここに  ついでながらここに  これまでここで  一のはここで  後者はここでは  お前をここから  鴉片窟はここばかりに  鳥をここへ  夫人をここへ  焦慮もここに  解體せられてここに  先週からここへ  夏目君がここに  ことであるからここに  洞察はここに  相をここに  能くここに  ものなればここには  汗牛充棟なればここには  断片を採つてここに  一同帰り来つてここに  百助をここで  詮じつめるとここに  俺がここへ  人間もここの  内地ではここだけに  彼はここは  紅庵はここでも  あなたがたをここで  通りにここへ  俺をここまで  儂はここに  室もここで  知らせが行くまではここへ  湯よりもここの  所員がここを  曲者はここに  今に見ろここで  概念がここにおいて  蔡倫はここで  屋敷はここ  果物がここに  酒がここに  二日もかかってここへ  二日がかりでここへ  処でここで  種はここに  諸君はここで  急にはここへ  ものをここへ  作者がここで  殺害犯人としてここに  のだからここへ  冬からここに  帰りにここへ  娘がここへ  妾がここに  声をここで  二人だけでここで  吸殻がここに  決心でここに  加十がここで  形になってここに  溜池署からここへ  お前はここを  胸をさすってここで  ものを見てもここで  行動をここで  丁長酒月守がここへ  身代りにここへ  秀陳をここへ  足でここへ  十一時までにここへ  思い付きが浮かばぬまではここを  タキシーを拾ってここへ  一気呵成にここまで  加十はここへ  夜番もここへ  王様はここから  犯人をここで  拘留人はここから  王様はここを  古市加十と間違われてここへ  本意にここから  古市加十をここへ  王様がここから  王様がここに  紆余曲折してここまで  迷路を辿ってここまで  金剛石はここに  午後からここに  持主がここへ  親分面をしてここへ  王様をここへ  初めからここには  王様はここには  ものにここで  少年はここの  雨にぬれてゐるここに  橋かかるここに  山路はや萩を咲かせてゐるここに  曼珠沙華咲いてここが  しんかんとしてここに  水をあびここを  雪ふるけふはここまでの  ぱい舫ひてここに  魚眠洞君と共にけふはここに  ことしもここに  ことしもここに  きりぎりす生きてはゐるここを  権兵衛峠へながれがここで  併しここに  カリケチュアがここに  具合でここへ  氏郷がここで  朝までここで  線路からここまでの  ようにしてここまでは  夫人がここに  誰々がここまで  彼をここへ  人はここへ  誰もここに  道太はここに  道太はここへ  芳さんと組んでここを  オニーシモヴナはここで  必らずここへ  美術家をここへ  彼らにとってはここは  五郎がここへ  心臓がここに  お前さんはここで  向田大尉がここを  新入りがここを  人はここには  我々はここにも  彼はここでも  運命はここにも  すべてがここでは  何かここに  だれだってここは  父さんにここで  二人でここで  二人でここを  手狭なここへ  お上さんはここで  ようにここで  そっちがここへ  ハルクをここに  医者をここへ  提灯がここに  池のここへ  ネラ子をここへ  実相はここに  それにここには  三年前にここに  仲間ではここへ  一断片をここに  作家をここに  彼はここまで  森へ行かないでここへ  日記はここで  もとからここの  土にもここの  つた彼もここでは  マリヴロンはここにも  先生はここの  蜀山人がここを  一行はここまで  そこはここの  種を拾い出してここに  時にはここの  言葉をここで  自分はここへ  名前はここでは  いつでもここが  時節だとここの  一面がここに  ガスがここまで  霜枯れ時分にここへ  いつからかここが  ものであるからここに  執着はここにも  ことであるからここには  安息はここに  誰もここには  変遷史をここに  二人してここの  益さんをここまで  各階からここに  私はここを  洗場がここから  背にとまってここまで  数年前からここは  夜になるまでここに  四回ぐらいはここへ  一座がここの  スタムフォード・ラッフルスがここを  八年前にここに  事がここに  問題はここに  類をもってここに  悲田院がここに  際からここに  後までもここからは  甥がここへ  彼等はここへ  彼自身をここへ  彼をここに  のならここへ  油はここに  病をここに  今ではここに  わけはここに  北支だからここしか  息子が戻るまではここで  色ワキをここで  もみじはここも  軌道がここまで  余はここで  連中を集めてここに  自分でここへ  一人でここに  帰り途にここで  扉を開いてここが  ものはここで  併しここも  私をここに  私を縛るばかりになってここに  ホントにここに  昇さんがここに  そこでもここでも  一晩はここに  つもりだからここでは  広告文をここへ  秘書はここで  碧梧桐がここを  学はここで  窃かにここに  横断し計らずもここまで  手に入れればここに  命もここで  サッサとここを  それじゃここから  三年はここに  興味はここで  料理場からここへ  勘定もここへ  仕事がここに  事ですからここには  彼等がここで  手記はここで  村からここの  事実がここに  相手がここを  伯爵がここまで  いつか僕がここの  お前さんがここの  古藤を連れてここに  手紙をここへ  群れがここにも  たまにはここにも  ものがここにも  事をしてここで  海路からここに  いつでもここで  苦力がここから  お腹のここが  葉子さんがここを  反対を犯してここまで  説明出来ないからここには  紛議中と聞くからここには  筆者がここに  時はここは  能はここまで  私のここに  鳥籠だけがここに  芝山をここへ  土居三津子をここへ  土居がここへ  介をここへ  芝山宇平をここへ  土居三津子がここへ  妹がここへ  対談はここで  瓦斯中毒説をここで  罪悪をここで  土居三津子氏をここへ  写真のここに  空き缶がここへ  検事一行がここへ  末をここへ  末がここに  ようにここでは  盛り場に育つてここに  承認を経てここへ  労働を燃せここには  土に起つここには  異に生きてゐるここは  霊的所産にあらずここに  ウルランドはここに  何でも聞くからここから  予もここで  僕が戻って来るまでここに  二人はここの  めったにはここに  事情をここまで  私がここまでは  閉て切ってあるここまで  娘をここへ  退屈凌ぎにここへ  ひょっとするとここへ  生命はここに  男はここまで  二町ほどここに  一人で行ってくるからここに  朝からここへ  書室を片づけてここに  こっちへきてここへ  民子はここで  一夜をここで  小川のここは  のはここまで  承知でも御座いましょうがここから  教えではここに  今それをここで  眺めもここからが  名所をここに  ゅうしてこの花をここに  菊人形もここで  山谷にここの  誰しもここに  そこよここよと  記憶はここで  心もここに  範囲をここで  側面観をここで  今いったよりここには  わたしたちはここに  ぼくたちはここに  あしたはここから  二三人はここまで  君達がここに  君達がここから  何とあってもここは  手前もここは  半紙はここに  静にここを  爺さんたちをここへ  治兵衛をここへ  祖父武智麻呂のここで  此はここだけの  リングはここに  ことでここまで  前田マサ子がここを  震災もここに  日がここに  紹介状を貰ってここまで  あなたはここの  桑山竹夫はここを  ついでにここへ  繁栄がここまで  敵はここを  六十世帯ぐらいがここに  彼がここを  関係についてここに  渡場はここばかり  古寺があってここにも  秋川などはここで  入海を眺めんにここは  今ではここから  そとけりぬここ  らむ願ひここに  自分でここに  ママちゃんはここに  わたしをここまで  おととい二人でここに  葉子はここにも  倉地がここに  一足先にここに  着のみ着のままでここまで  古藤さんをここに  きょうもここなんかには  きょうはここで  いまにここまで  自分が死んだらここに  岡さんはここで  丸善とこことの  二三句をここに  私がここから  感想はここに  問題がここまで  士族地からここへ  暇さえあればここへ  高瀬をここへ  地所を附けてここを  方からここへ  おばあさんがここの  今日はここまで  社長にここへ  日本はここに  日本はいぜんとしてここに  かしこからここへ  一つはここに  自分はここで  まわりを眺めつつここまで  予はここに  幸福がここにも  不敏を顧みずここに  余のここに  辯じてここまで  梅をここに  而もここでは  切手はここに  現場からここまでの  田部井氏はここで  八時前にここへ  先にここを  先にここへ  おかみさんをここへ  風があたるからここの  殺しがここの  のがここの  僕はここまで  百五十日めでここまで  私たちはここに  金さんがここへ  記録としてここに  自由はここに  悲劇論はここでは  未にここへ  事によるとここに  劒はここで  曲者はここで  君は偽ってここへ  二人だけここに  朝十時にここで  博士がここへ  段から逃げてきたらここで  ルパンがここへ  我輩はここで  様子はここでも  僕はここでも  対話のここに  うちはここ  久し振りにここへ  市がここに  そんならここで  一秒もここに  宏子さんがここへ  宏子がここで  佃がここへ  伝統をここで  佃もここへ  何しにここに  図書館を出てここへ  晩餐会がここに  叩きのめされてもここは  下駄でここを  ついでにここも  自分を鞭打ったりしてここに  合理的核心はここに  ことがここで  ことがここに  現実界がここに  確かにここに  モーラリストとここで  ものがここで  核心がここに  処でここまで  原因はここに  真理とはここで  限界がここで  一つもここに  読者はここでも  あしをここへ  探偵事件がここで  7がここに  人々もここに  客のここへ  旅費を求めてここを  者がここに  それはここから  じきにここに  夫人はここに  君をここに  素直にここを  一家はここに  バーバラがここまで  これまでここに  技師はここまで  富がここへ  事柄をここに  何時でもここへ  毎日あなたとここで  老人をここへ  十二時間以内にここを  六十ぐらいのここの  親分が見廻りに来てここで  私もここでは  友人はここで  真相をここまで  時に限ってここを  スシはここが  自分をここに  謙作はここで  併しここにしか  哲学者はここに  併しここまで  思想もここから  基体がここに  学生はここでも  学生はここまで  知能もここまで  知能はここで  場合にここを  そしそカバンを叩いてここに  大同小異だからここで  一同はここで  心事をここまでに  本体はここに  細君がここまで  無理矢理にここへ  立脚地はここにおいて  道也先生はここにおいて  なかをここまで  少年をここに  途中ではあるがここで  総監はここで  妾がここへ  内容はここに  中にここに  日本美人をここから  女はここで  今朝役所を出てからここへ  私がここの  最前貴様がここへ  支度に手間取らせてここへ  嬢がここで  弥左衛門町に這入ってここへ  自動車でここへ  貴方がここへ  貴方をここへ  二十余名はここにて  言葉はここで  横浜よりここに  西洋人にしてここに  マニラ港よりここに  領事館もここに  木曜島よりここに  タウンズビルよりここに  ブリズベーンよりここに  シドニーよりここに  メルボルンよりここに  ままをここに  悲しみになやまされながらここで  詩に就いてここに  種類がここに  こっちはここで  それよりもここに  其処かここかと  五文までここへ  初めからここへ  お父さんはここに  何でもここへ  そんならここに  今夜はここに  私もここの  旅館だというここへ  契約書はここに  期間かここに  姉さんもここへ  絵がここから  お前もここに  お願いと申しますはここの  香いがここにも  ようにここまで  時はここでも  ようにここの  帰りにここへも  わたしもここの  眼がここに  颶風がここへ  綾衣はここには  指をここに  水管車がここへ  貿易をはじめたらここを  共産党はここに  小平はここで  花を持ってここへ  三晩つづけてここで  ミラー翁がここに  そこへここの  話がここに  小石川からここまで  者などがここへ  何かもここの  あすことこことは  いつかもここを  川を戻るよりはここから  うちでここが  食事ごとにここへ  娘がここには  異はここに  君もここに  動機もここに  伊勢はここに  関はここでは  一本にはここが  本家でここを  王様がここの  冒険をしてまでここへ  生命までここで  五名をここに  僕達がここに  ここにいるからここを  心構えはここの  私等はここでは  二人はここで  何のここが  コマ人はここに  一千七百九十九名をここへ  百姓剣法がここに  今もここに  成人のここに  運動場からもどって来るまでここに  三人はここに  今夜七時にここで  一部隊がここで  俺たちがここの  蔵めをここへ  誰かここに  肌着すらここには  約束をしてここへ  千日でもここに  三年前からここに  そなたがここで  現象記録としてここに  私はここ  社会生活はここから  すべてはここから  西本恵子がここに  いま彼はここを  今日もここが  何度もここで  ロケするならここしか  シーンはここ  これはここに  彼女がここに  部屋がここに  あなたがいつここへ  嫁が来たらここに  いまはここに  いまもここに  あいだ自分はここで  スペースよりここの  恵子がここに  彼はいつここに  将軍はここに  けさ風呂敷に包んでここへ  一つはここにも  さがここに  徒歩でここまで  妹もここで  颱風もここでは  史朗がここへ  麓からずつとここまで  魁奇もここまで  自分だけここを  本位田又八がここに  玄関から廻ってここへ  あたりがここからは  わしとここで  頃からここに  自分のここん  ことがあるからここには  種がここへ  老人もここに  叔父がここへ  御多忙しいようでしたらここから  ため私はここに  目的としてここに  物質とはここでは  今度はここでも  連絡がここから  熊沢はここに  彼等はここから  両手でここを  三宅花圃女史もここの  立ちン坊もここで  立ちン坊もここを  甘酒屋もここで  悲劇をここに  里見八犬伝もここの  当路者がここに  初めにここを  家はここに  月夜雨夜にここを  紅蓮尼はここに  あいだに折りおりここへ  口にここへ  頃にここへ  私もここへ  話し声はここで  二人がここを  わたしもここから  茶代を差し置いてここを  亡骸をここに  一行はここの  案内者はここが  わたしはここと  俳句界を開きしよりここに  余はここにおいて  ラネフスカヤとここの  私さっきからここに  私たちがここに  依怙地なまでにここでは  差当り私がここで  定義がここに  これはここで  泣き真似をここに  それについてここでは  それはここでは  將をもここに  一例としてここに  軍人はここに  輩はここで  お前はここの  十年以上もここに  實にここに  顕示もここまで  島野少佐をここへ  ことを果してあげようと思ってここへ  青竜刀はここに  王老師はここに  金山寺はここに  不潔物をここに  大師もここでは  鳥をここに  悩みはここに  冷凍文化がここに  山城君はここで  家康がここに  塒とここに  頭をここへ  一夜をここに  鬱憤をここに  飼い主はここへ  おまえとここで  駕を持ってここへ  植田良平はここへ  男どもがここに  仕舞い船がここを  それをここから  影はここへ  尾州と歩いてここへ  跛行をひいてここを  学問をここで  形容詞はここに  佐伯氏はここへ  差しつかえなかったらここへ  此頃もここの  子供をここへ  物をここへ  老松姐さんもここへ  ワンワンをここへ  為にここを  一緒にここまで  所でここに  詳細に述べたと思うからここには  あたしはここに  二三日中に嗅ぎつけてここへ  姿に化けてここへ  お前さん達をここまで  容積を変えてここへ  保姆たちがここで  肉体はここに  つて史通までもここに  雄姿を描きてはここには  伊織がここの  武蔵をここへ  一人でここへ  同輩がここには  殘しをここで  ゆふべここに  歌もあらでここに  書生はここへ  一遇をここで  糸子をここへ  貴方はここに  蠅男がここへ  帆村がここで  声とここは  不幸にもここに  せきさまはここには  大将がここで  わたしはここまで  おまえはここで  ルミをここへ  手紙をやってここへ  カピがここに  おまえはここに  ガロフォリ親方に使われにここへ  きみはここへは  びたつかれながら白鮫号がここまで  雷が鳴るまでここから  書洩しましたからここに  不精者をここまで  俺もここへ  箱根丸が出る迄はココに  父がここが  金さえあればここへ  長崎県でもここからは  ホテルを拵えてここへ  ことでここに  憲兵がここまで  父はここを  一思いにここを  訪問はここまで  山へ戻ってここに  一人はここで  吉野朝以前からというここの  肥後殿へここの  助がここへ  われはここにも  おらがここに  正式にここの  武蔵はここ  教えをここで  村上がここまで  わたくしをここに  刑事がここへ  物語がここまでで  統一もここに  日曜日にここへ  いつかおまえがここに  庭にここと  きみがここに  ぼくのここに  わたしたちはここで  バルブレンにここの  ぼくがここに  子がここを  一時にここを  ぼくはここで  きみをここへ  おまえさんがここへ  あした九時にここへ  着物を持ってここまで  原理をここに  理由をここに  鑑賞もここまで  美もここでは  美をここに  肚を見抜きここへ  苦心してここまで  さきほどからここに  ところはここの  一人がみまかってここに  愛情でここへ  趣ばかりがここに  車でここへ  ベエアマンはここで  松倉十内はここが  赤猪口兵衛はここで  タネがここに  あんたがここの  誰がここに  ようだがここから  君だってここまで  買収してここを  扨はここから  不承不承にここまで  筆者はここで  所以がここに  劇場論をここで  安心してここで  全部がここでも  探偵だったらここで  犯人がここへ  男爵にここへ  おれはここに  散策であるがここの  満腹してここの  日曜にここの  筆はここで  公園をここにも  言問ヶ岡と称してここに  略伝の如きはここに  一室はここの  ちょッとここで  端緒をここに  余波とがここで  袴をここに  里子にここへ  座席はここ  病人をここへ  上をここまで  代りにここの  二十六会場はここ  必要であるからここに  先月からここに  予はここで  通りをここに  彼女はここから  当分はここに  二十六會場はここ  三年にしてここまで  私にはここで  業者がここに  釵はここに  私生涯がここで  お前はここで  問題はここを  あなたがここで  七兵衛はここで  金をここで  容易にここを  お松がここで  独言はここで  手筈をここに  兄さんはここで  浜はここに  どこを見てもここを  無事にここまで  浜はここへ  土産をここへ  京都をめざしてここまで  ところからここへ  今宵はここへ  証拠がここに  屋根伝いにここへ  贔屓してやるからここへ  あなたばかりここに  にぎやかにここへ  船長はここに  窓わくのここの  団長さんもここに  それにはここは  トラ十はここには  姓名はここに  お前をここの  面影がここに  水がここで  豊をここへ  豊はここにも  何かに引かれてここまで  金蔵はここに  わたしをここで  豊がここまで  助のここへ  これでここは  うちのここは  前にここを  通りにここまで  豊がここに  人のここに  後裔もここに  誰につれられてここへ  父親はここに  ことをここで  くらゐここにも  現在のここでの  事はここで  農園がここ  お玉とはここで  それを取巻くここの  宵からここへ  山節をここで  ことはここより  姿はここには  狂犬としてここで  巷はここで  それにも拘らずここでは  なんにしてもここまで  一生懸命でここまで  夜になって忍んでここへ  お玉はここまで  悪気でここへ  医者様ならここに  あなたをここまで  袖を振り切ってここへ  作者はここでも  弾丸を込めてからここへ  ものだからここで  月日をここに  舌にまかせてここまで  海道もここまで  峰にもここの  直義めがここへ  なつてここに  囚人ならここへは  人影が立ってここの  犬もここを  墓参りをしてここに  町はここで  ろしいからここへ  品はここへ  旅をして来てここへ  お前もここで  居堪らなくなってここを  順路はここから  浜からここまで  病人ならここへ  拙者をここまで  今晩はここで  今晩はここへ  一人でここを  手をここへ  つれもござんせぬにここへ  腕がここへ  富士川を上ってここが  晩はここに  左から廻ってここで  おじさんもここで  坊がここへ  晩にここで  おれをここまで  八幡村からここへ  神尾主膳でここへ  奴がここへ  貴殿がここへ  噪ぐ声がここまで  俺らはここへ  俺らはここで  二三日でここに  神尾がここへ  そちをここへ  役割とがここで  市五郎がここで  剃刀もここに  わたしに代ってここを  兵馬はここで  譬えがここに  あいつらはここだけ  のをたたずんでここで  美作はここで  あなた様をここの  そこへ行くとここに  その後のここの  あそこにもここにも  のかここで  供をしてここへ  所ってここより  うたにさそわれてここまで  御飯はここで  御飯をたべてここに  荷ってここを  親玉はここの  七兵衛がここで  わたしがここで  出入りでここへ  誰かここを  本人をここへ  差図があるまでここを  道庵先生もここで  君ちゃんはここに  さっきからここで  俺らがここに  つもりでここに  セルゲイもここへ  日本史はここに  論評をここで  理由はここにも  論議をここで  あてたまへここには  江戸からここまで  時にここの  宿へ着いてここの  兵をここで  旅人もここで  米友が好んでここへ  米友はここへ  お松はここで  夢中になってここまで  八千余騎でここに  駕籠だけはここへ  仙境がここへ  船はここまで  がけにここから  出来事はここの  君にはここで  言伝をしておいてここを  辺がここでは  主膳自らはここに  助をここへ  米友はここで  糸切歯がここに  自動車でここを  真直にここまで  青竜王がここへ  青竜王はここに  痣蟹はここに  仕掛け柱へ飛びこんでここから  あたしがここで  泥棒がここへ  座をここに  爽やかにここを  ためにもここの  近江とこことの  独りポカンとここに  諸声をここに  殿はここに  高氏はここ  閑居もここに  毛利時親をここで  権利はここに  櫓もここに  地盤もここに  仮装はここに  ついでにここの  うちにここに  後のはここに  末にここの  小山はここから  汽船がここに  それが済んでからここへ  君のここへ  お嬢様をここへ  そこやここを  これがここの  銀にここへ  羽織だけをここへ  扮装をしてここへ  途端にここへ  成案を立てるというだけはここで  紙撚がここに  一ムクがここまで  夜中にここへ  能登守がここで  急所はここに  元はここの  海舟がここで  次第によってはここに  毎にここに  事態はここよりも  水をかきわけてここまで  百何十人かはここに  それさえここまで  窘窮がここで  士分以上がここの  心はここに  作物果樹をここで  書状はここで  限りはここに  方向を定めてここまで  我々だけがここに  これをここで  それをここで  神着とこことでは  地伯がここに  ソチたちがここへ  オレをここへ  情景をここへ  ポチもここへ  まちがいなくここ  君たちはここまで  女の子だけをここに  わたしたちがここを  恐竜探検にここまで  呼吸がここまで  島へ来てここへ  船がここに  船をここに  賃銀でやとわれてここに  宝がここに  何者かがここから  宝物がここに  これがここに  死と共にここに  宝はここに  物語はここで  以前にもここに  一力はここに  オレがここを  家賃などはここが  園をここへ  お母さんがここへ  お母さんがここの  無事にここに  子供がここに  人にここで  鷹狩を催すと言ってここへ  今日までここに  わたしはここでは  助はここで  乗物もここには  幸内がここへ  催促にここへ  牢を破ってここへ  ほかにここへ  何者がここへ  手紙とがここに  男をここで  今日限り俺らはここを  癪に触ってたまらねえからここの  袖を切ってここの  女親方がここへ  中へ投げ込んでさえ拾い出してここへ  人影がここで  お前様がここに  わたくしはここで  君はここで  桟敷はここを  お供とがここから  二人をここへ  それをせずにここへ  倉三もここに  三月ごろからここへ  旦那がここを  勝負はここで  目をつけられてここへ  炭焼きカマドはここに  前まではここで  ベク助はここでも  無言でここまで  克子はここに  彼はここぞと  ぼくはここ迄を  ぼくはここ迄  手紙をここ迄  図書館がここに  銀様がここへ  お前はここから  あなたにここで  兵馬はここに  踏台がここに  中へ入れられてここまで  慢心和尚はここの  明日一日はここに  絹がここで  きまりをここでは  前にここで  自分もここへ  二郎さんがここを  実演はここに  一時もここに  人にたくしてここを  土地へ渡ろうとここを  角平はここに  稲吉はここで  仙友とここの  一しょにここを  金はここで  おれはここの  今もここの  参詣人はここよりも  世をすててここに  お守りはここへ  いつからここに  わけでここへ  ちょッとここを  山人とともにここを  彼はここから  佐五郎老人はここで  伊助さんはここで  仏像がここに  それをここまで  明日にでもここへ  のがここに  血族にここで  オレがここと  件はここで  拙者がここに  兵馬はここへ  確かにここが  女をここへ  前にもここで  今はここへ  米友がここに  姿をここに  槍でもってここの  自分を訪ねてここへ  ものがここでは  身をここへ  殿がここに  うちはここを  東も分らぬここの  夫婦もここに  一邸をここに  先頃からここに  夫婦さまをここへ  私たちもここに  出現をここに  晩にここへ  牢室をここへ  画面をここで  一部をここに  二階はここに  使命をここで  それなればここを通して  一人ボッチでここに  仙太公はここには  用事があってここさ  これやここへ  仙太がここに  ところはここを  見当のわかるまでここで  者がここへ  軍なんど止めてここへ  家業投げ出してここに  方からここまで  仙さんにいつまでもここに  筑波へは行かずにここへ  道を転じてここまで  俺をここへ  じい心持がここまで  暇を見てここへ  どこで遊ぼうかここで  兵馬のここへ  噂がここまで  誰に断わってここへ  娘たちに頼まれてここまで  弥次馬がここぞとばかり  角はここで  橋を渡ってここまで  方に困ってここへ  動揺がここへ  若い衆さんもここへ  御免を蒙ってここへ  船頭がここまで  女だけをここへ  波路をたどってここまで  前までここに  そなたもここで  我々がここへ  ことはここも  山へ向けてここを  お前とここで  命数がここへ  鐘がここまで  それは殺してここへ  夜更けにここへ  外にここの  自分たちはここで  神風がここから  河内とここの  藤房もここは  幾日でもここで  ものがここへも  諸国からここへ  変はここだけ  楯とここへ  旗をここに  予言はここへ  道誉はここで  異変はここの  兇刃をここへ  ひとり帝とここに  庁議でここへとの  ままでここに  なにせいここは  そちはここから  自分はここから  従つて両君はここに  礼をいってここを  八分でここに  十時半ごろにはここへ  あなたがここに  あなたはここで  客をここへ  四日もここに  胸にはここを  わしはここを  ムク犬がここへ  お前さんがここに  駒井のここに  一人でここまで  野郎がここの  無事でここに  時分にここへ  君もここまで  昨夜もここで  決心がここまで  針がここへ  身体がここから  本所からここまで  わたくしはここまで  我ながらここまで  あれをここへ  小坊主をここへ  執念がここに  先廻りをしてここに  鰻もここに  而してここの  私の降りるのここ  山崎がここへ  後生ですからここへ  彼等はここを  わたくしはここを  調子に乗ってここを  最後までここに  文句があるならここで  山中はここ  がんりきがここで  げにここに  がんりきがここに  真夜中にここを  三ノ橋からここの  衣服のかえはここで  宗良はここに  今日にもここは  山間地方とここの  頂上のここで  飛報はここへ  佐用方面からここへ  彼はここの  まっ黒にここへ  桜がここにも  おれにもここへ  一面だけをここで  網がここに  藤さんもここで  佐々木殿がここを  静かにここで  不可能でないからしてここに  お手本はここに  後についてここまで  商売として選ぶにはここの  方もここだけには  彼もここまで  諸相をここに  同業者中にはここまで  初めからここに  我々はここでもや  少年店員諸君はここに  こともここに  ところをここに  私はここへも  課程はここで  いまそれをここに  刀を抛ってここに  拙者もここで  頼朝がここに  源頼朝はここへ  あともここを  お銭をここへ  今晩もここへ  酒をここへ  つまり二人はここで  小僧をここにつれ  説明はここに  愚民瞞着もここに  東京のここへ  横濱をのがれ出してここに  自分でここ  思いがここにも  死滅してここには  ひとりでここが  温情にここで  安成三五兵衛はここに  京をここに  一時はここが  用談はここで  阿波からここへ  密使をここへ  彼にはここを  能登はここでも  きのうからここに  当夜二十四日もここに  相談事でここの  いちどもここへ  幸いにここは  宰相がここを  一団をここに  介清秋はここに  磯からここまで  斑がここにも  道はここから  いま一にここの  風靡をここに  万難を排してここへ  おまえはここから  顔もここには  眼からここの  職人はここへ  襲がせたいからとここで  巨体はここを  古蹟がここよりも  流れ舟はここで  雪やここへという  連中もここから  今夜はここから  西郷はここに  お嬢様がここに  祭りをここに  いつまでもここで  絹がここへ  威光がここまでも  お松をここに  緒を締めろとはここ  お前にもここが  おいでになるというてここも  六十年前にここを  序にここを  それもここの  妾はここには  襟をここぞと  ヤーコウレヴィッチはここで  数右衛門がここで  書状がここに  横歩きでここまで  男はここに  一閑斎はここに  忠次はここで  お願いと申すはここの  家斉はここで  自分等がここに  寓話作者としてはここで  パドミーニはここには  さっきからここには  三角海綿をここへ  近藤勇はここまで  二つともここでは  てめえはここで  中をここへ  船田入道義昌をここへ  軍令がここへ  令がここへ  千余騎がここへ  大剛もここでは  さきにここへ  一人だけここへ  正成はここへ  正成をここで  束ねがここに  婆がここへ  わしをここに  人物がここに  小松谷からここへ  右馬介がここを  草心尼もここへ  土にかこまれたここの  藤夜叉さまとここで  若ぎみはここの  先廻りしてここに  師直はここで  よそに閉じていたここの  高氏はここで  細川がここに  不知哉丸をここへ  直義はここで  直義はここでも  われらはここで  そちはここに  ことはここへも  破綻からここまで  確とここに  足音がここへ  高氏とここで  中へ送り出すここの  俺はここについて  姿がここに  渠はここに  旦那様がここを  失敗もここに  笛はここへ  四時までここに  神田からここへ  決定論はここでは  一つにはここに  人々はここで  一所にここでは  事はここまで  数々をここまで  面白味はここに  必要もここに  気の毒ですからここでは  弱点をここ迄  大作用はここにも  スフィンクスもここまでしか  お前さんがここへ  あたいがここで  駒井甚三郎はここでも  翌日早朝にここを  助はここへ  貴公子はここには  同行を願ってここを  お松のここで  一議に及ばずここへ  庭がここで  絹がここには  二人だけはここに  万葉集はここへ  ここを追えばここへ  一人はここの  一台をここへ  さっき僕がふらとここへ  三日前からここに  性格概念はここに  動力はここから  所以はここにも  博士はここで  今度はここで  わしはここに  ごらんくだされここに  子供はここを  これまでにここを  一つしてここを  時分はここで  妾はここまで  端書がここへ  人々がここから  一旅客としてここに  逆にここの  一つにここへ  今朝はここの  彼はここを  女たちさえここを  二品親王もここへ  いずれもここで  古典ではここの  仲時がここの  大将二万余騎ともいわれるここの  正成もここに  正成もここでは  生活を託しているここの  縁類を悲しめてここを  わしたちもここを  旗はここに  多摩川を渡りきるまでここに  残軍だけがここに  噂がここへも  三日中にはここへ  一人となってもここで  姿はここに  名もここから  禅もここで  藤沢道場とはここの  歴史をもつここの  幕府もここへは  一手はここへ  義貞に代ってここに  合図にここの  新田勢がここでの  ことならここを  酒甕をここへ  雨とここへも  鎌倉幕府はここに  女がここへ  ッちでここに  皆起きてここへ  私かここに  私はとりあへずここまでを  地誌にはここは  近ごろではここで  だいたいにここは  メキネズさんはここに  コルドバはここから  おかあさんはここに  ツークーマンへはここから  ツークーマンはここから  メキネズさんはここには  柏翁がここまで  二度ともここへ  新潟からここへ  十時頃にはここへ  東京から見るとここは  姉さんもここに  あすこもここもと  今朝はここといった  犯人はここで  ためにもここは  今私はここで  茂太郎はここに  いつまでもここへ  お客様ばかりはここを  重傷を負うてここへ  時節はここ  お前を連れてここを  琵琶そのものがここで  一組となってここを  人はここの  前にここに  分もここに  夏休暇をここに  明治になってからここに  運動にここへ  清三はここへ  一日をかくてここに  一二年前まではここに  家はここ  土手はここから  場所はここから  荻生さんがここが  昼寝にここに  詫びを言い言いここへ  公卿当局がここへ  権はここに  ため宮中はここ  法印からここへ  絶対価をここで  おまえはここを  おらならここを  これをここへ  宮一味をここで  正成がここで  手から借りてここで  自分をもここへ  ままあなたをここに  辺はここを  西園寺家はここに  郎党たちともここで  いずれはここへ  場所はここにしか  一番にここを  昔議会がここで  田畠を売り払ってここで  亭主がここへ  硝子戸はここにも  何某にここで  続きをここで  船はここへ  先輩でなくてはここへ  終にはここで  上京してここへ  因てここに  我々一同がここに  襲来して来てここの  可哀相にここに  弟がここへ  兄はここへ  様子はここから  右心室でここが  成程ここにも  犬をここへ  手に渡るのでここに  ふりをしてここまで  今日にもここを  私共はここにおいて  私達はここで  バルザックはここで  鎖帷子を脱ぎ捨てここを  近頃はここに  みな褐藻類にかはられたこここそ  あすこまでここから  言つてゐたここはよ  ラツパがきこえてくればここが  耕耘部へはここから  だし顔も見えるからここから  びしくなるのはきまつてゐるけれどもここは  のをここに  身二つになるまでここに  わたしはここにも  それもここで  つもりでここへ  恵みにあずかろうとしてここへ  誰にことわってここへ  手古舞がここへ  拙者はここへ  盗人がここを  自分をここまで  苦痛はここから  角一緒にここを  美術でありここに  やつらだらうここは  照射があってここの  一族がここで  寄宿舎へここから  公案をここで  私はここは  歸れないのでここに  山番に助けられてここへ  光はここにて  いつよりここには  何でもここを  おとよここへ  さっきからここへ  悩みを忘れてここに  あなたにもここさ  母もここで  朝廷へとここで  尊氏はここで  わしはここの  尊氏もここ  浮沈もここに  海もここの  直義がここの  不敵を抱いてここへ  幾日でもここへ  足利勢がここに  官軍がここへ  我慢はここ  尊氏もここでは  終りをここに  暴状はここだけ  味方とここの  叡山はここから  独り今夜をここに  疲れやらここに  軍はここまで  教訓をここに  一騎打ち合戦はここでは  ことばどおり彼はここを  代官もここに  摩耶とこことは  兵船五百がここへ  尊氏がここに  いまより急いでここを  方がここでは  尊氏はここを  綸旨がここで  しるしをここに  軍務はここにも  正行がここに  義勇的にここへ  院展がここで  祝いとてここで  因縁はここで  百がここへ  大宮はここと  大殿はここと  年月をここに  西郷隆盛もここで  今日もここへ  お松さんがここへ  お松がここに  紙入をここへ  道庵はここで  米友はここでも  米友もここに  先生はここに  無事でここへ  僕がここの  伊東からここへ  比較してここの  会もここに  多くはここで  エチケットなぞここでは  宙を飛んでここの  女房はここを  伊四郎はここで  これに反してここに  妻子眷族を捨ててここまで  先にここに  日が暮れてもここに  命がけでここまで  中心的地位を持つかはここに  生動がここでは  名にしおうここの  小松からここに  理由はここでは  一たび考察をここに  規定がここまで  幹はここに  当人がここに  誰かが来ってここに  一緒にここへでも  拙者がここへ  偶然にここへ  無断にここを  冬はここへ  いつぺんにここへ  君がここから  我はここに  夫人はここまで  間のここでの  人間がここに  それがここを  事件がここまで  俺を威かしてここへ  評判をここで  検証はここに  昼間からここに  土器がここに  監督がここへ  結果をここで  目的にここへ  押え役としてここまで  両氏がここに  茂太郎がここに  当時からここで  茂太郎はここで  昔はここに  願わくばここに  匂いやここの  当時はここの  だんなはここへ  何かがここに  介はここで  武士がここへ  正成と共にここに  天地もここで  精鋭がここに  敵のうごきもここへ  旗がここだけには  位置もここへ  味方もここを  死傷をここの  地はここ  尊氏がここの  尊氏がここまで  水案内にはここの  尊氏はここまで  尊氏はここから  朝廷もここは  人はここから  それだのにここまで  青年期までここに  げ根を摂りに来てここを  町からここに  処はここから  宅へ置ききれないからここへ  誇りもここに  他生の縁あってここに  十時すぎにここを  あなたはここに  臼をここから  乱行をここで  ユダはここから  郎はここの  札を握ってここに  地もここにおいて  習癖がここに  考へがここまで  一節をここに  時はここに  集会をここに  白川をここまで  御用でここへ  おじさんはここで  厚顔にもここに  論旨をここに  これ吾輩のここに  吟味はここに  做しここに  吾輩はここに  国民的精神はここに  わしがここまで  七老人はここで  おまけにここの  火葬でここに  一緒にここに  七もここで  灯のかげはここまで  お前もここへ  下駄屋はここから  自分をここへ  男がここの  名はここでは  桜時はここも  七はここを  勘定を払ってここを  いまからここへ  立原はここへ  いまはここで  どさくさにまぎれてここまで  のはここでは  週末はここに  バーはここだけ  見合いが終わったらここに  美樹子はここに  空想でここまで  女性がここで  性格がここに  体が直ったらここに  シャツを着てここに  例によってここで  美枝子はここへ  美枝子さんがここに  雄二はここに  仕事が終わったらここへ  密かにここに  家がここには  最初にここを  私だけ泳いでここへ  水着姿でここに  おまえもここの  七はここで  おとどしからここに  誤解されるといけないからここに  おまえはここの  杉とここの  わたしがここの  脇へ廻るからここで  数え日にここで  はじめにここへ  二人がここへ  夏がここへ  ひとがここの  正成をここに  如何にと案じていたここの  者とはここで  義貞もここに  義貞はここの  どこよりもここは  動力はここの  足利勢がここで  尊氏をもここに  永遠にかけてここの  そばを去ってここには  正成兄弟はここを  寸時もここに  ようにここを  僧侶がここに  すべてはここからという  二名をここから  そちもここを  一つがここにも  儂がここで  仏はここの  ふたりはここを  媒介でここへ  中仙道をここまで  わたしもここへ  二年越しここに  二人はここを  昨日俺がここへ  荷物をここへ  練習艦隊旗艦須磨はここに  無線室はここ  潜水艦がここに  一ぱいくわせたのかとむかっ腹をたててここへ  ことがここまで  川上機関大尉がここへ  死骸はここに  皆一緒にここへ  位だからここには  事実だからここには  歌はここの  事であったがここに  今頃からここへ  最後にここを  路草を食いながらここまで  午すぎまでここに  むやみにここを  澹山はここで  眼をさましてここへ  伝四郎だけはここに  三週間をここに  げんがここで  雷獣がここへ  朝がここに  今夜もここから  広はここを  一度もここへ  直はここの  冬からここへ  元がここへ  男とここで  紋七はここで  機嫌でここを  女でここの  野郎をここへ  一緒にここへ  紋作はここにも  喜右衛門をここに  奴らがここに  七は笑いながらここを  差がここに  きのう測らずもここの  仮面がここの  午前にここへ  七はここの  いつでもここへ  五郎がここに  昔からここに  がけにここの  二度目にここの  平七がここの  白ばっくれてここの  前からここへ  様子を聞きながらここへ  晩にここの  のもここの  五年前からここに  飯を食ってここを  怱々にここを  悶着はここに  文三もここに  備忘録としてここに  彼女はここを  年までここで  筆がここから  絹はここの  丁度にここで  孤芳をここへ  駕籠がここの  七老人はここまで  応でもここを  馬に乗せられてここを  旅びとは日暮れてここを  七はここへ  夜逃げ同様にここまで  誰かがここへ  オレがここに  女中はここの  年からここの  寺参りながらここへ  死牛馬をここへ  毎年一度ずつここに  唐人飴屋がここで  平気でここへ  亭主がここまで  わしはここから  自分はここを  強ってここで  戦場もここのみ  すべてはここに  香のするここを  女性がここに  明日はここを  それはここと  戦場を去ってここへ  武力にここで  志を立ててここまで  光明をここに  明朝はここを  綺羅星はここに  神器もここに  あしたはここを  難を避けさせておいたのでここには  天下をここに  世々を経てここまで  問答記事はここで  矢たけびをここに  あなたはここへ  秘密をここで  きみをここまで  針目博士にここへ  善八はここを  番頭がここへ  時代からここに  お前さんはここの  幽霊もここへ  隠居がここで  ひとりはここに  異人たちはここへ  八年前からここへ  御用でここに  三十余年前にここで  謎はここまでは  紙にここに  ヘンリーに別れてここを  死体はここに  松吉はここの  わたくし共がここへ  頃からここの  頃にここを  おさんかお種をここへ  七は思い切ってここを  おれもここへ  為さんをここまで  銀八がここでは  島原とはここ  ひとりでここへ  奴らがここへ  話でここへ  近代劇はここまで  疑問をここで  革命理論がここに  武力がここに  前からここの  罰としてここには  成程ここは  一にここを  確かにここの  三甚もここへは  おれもここまで  名を騙ってここへ  甚五郎はここから  七はここに  魚がここに  兼松もここへ  役割がここにも  今朝はここに  間にここで  嫌疑をかけてここまで  相場はここが  お前をここまで  わたくしがここで  雪はここでも  お雪ちゃんはここまで  お化けがここへ  戸惑いしてここへ  それがここへ  識らずここまで  時を期してここへ  祖はここから  二人がここに  弁信さんがここへ  身でここへ  拍子抜けがしてここまで  ここを押せばここが  銀様のここに  人はここを  脱線もここまで  与八さんもここへ  過ぎにここを  わたしをここへ  話があるからここを  今までここの  権利があってここの  ことがあってもここを  あんたはんがここの  注文もここから  三人がここに  姉さんはここに  小父さんはここに  藤助はここへ  足早にここを  今夜だけはここへ  自分ひとりをここに  素直にここまで  午頃にここまで  自分はここの  姉はここに  姉もここに  運命もここに  徒もここに  明日にもここを  朝右衛門がここの  わしもここに  人でなしをここへ  米友がここでも  婦人に伴われてここへ  機会でここに  あなたもここは  人間をここで  手紙はここに  十時までにここへ  俺はここで  事件が起きたからここで  犯人はここに  人がここを  宗助のここに  六のここへ  宗助がここから  洋灯をここへ  御前達はここで  僕一人でここへ  安井をここに  宗助のここを  安井はここへ  面倒になるとここへ  主人はここで  米にここへ  俗人としてここへ  右門はここへ  右門はここまで  父様をここへ  中川はここにおいて  桶をここへ  オヤ満さんはここに  源之助はここで  発端がここから  皆なここにて  中にここにも  のにここでは  それからここへ  お方でないからここで  力がここに  ひろ子がここへ  子供らをここへ  家がこけたらここで  汽車さえ通らないここに  きょうはここに  苛責がここに  何年でもここに  鉄橋がここで  今晩はここに  二人でここまで  トラックはここまで  道をここまで  決意をここに  鬱憤をここぞと  やうにここへ  国民をしてここに  藤代さんにもここで  船をここまで  ソーンダイクさんがここに  あなたがたはここで  お腹がへるとここに  範疇はここでは  大原君をここへ  かしことここと  六年前にここを  秋にここへ  それはここよりも  考もここから  高踏的態度もここから  日暮にはここに  短銃をもってここに  なんぜここへ  飯ならここで  点をここで  用心とはここの  例をここに  電気的方法によってここへ  遠方からここへ  便宜があるからここを  突進させてしまったけれどここへ  落着いてここに  河原道をここまで  棺をここまで  人間そのものがここを  名古屋からここに  婦人がここへ  早立ちをしてここへ  相手がここに  舟からここへ  何かここにも  おじさんがここまで  二人でここへ  わたくしがここへ  あとのここまで  町がここ  怪物はここへ  怪物をここから  日までここに  成層圏機に乗ってここを  われわれのいるここへ  おれたちがここへ  君たちをここから  兵曹長はここへ  ミミ族がここへ  形跡がここにも  方はここで  名がここにも  作者はここに  契約重点だけをここに  四五十人もここで  人間もここまで  さはここに  それに就きましてここに  おかげでここへ  いっしょにここまで  現実のここの  つてもここから  一山をここに  少年期にここから  特務潜水艦隊とに委せここに  懺悔話としてここに  そうだからここには  一断片の飛散ってここに  我々がここで  鳶もここへ  食餌をここで  ものを求めてここに  貴殿はここで  郎はここへ  倶にしてここを  点はここからも  こと自身がここでは  問題はここから  ことがここでは  更めてここに  合法的暴力はここから  相違点はここに  坂本へ出るとここも  横町を見るとここにも  一時間ばかりここに  予がここに  気運はここに  故主としてここに  実隆はここに  私どもはここを  もちょうどぐあいのいい所をここ  吾君のここに  許宣はここが  事はここでは  写生文家がここまで  示教に対してはここで  象徴であるがここでは  オリンポスをここに  数行だけはここに  宇宙はここでは  ところによってここに  それでここまでは  説明はここには  知識をも借りてここに  証明すると思われるからここに  標本をここに  千ちゃんをここへ  石井さんがここに  実験的にはここよりも  矢張り磁気学研究所としてここで  実験ならここでも  住居はここに  ドライでもここまでの  性急にここでは  秘密会をここで  評判がここにも  彼らはここぞと  天狗先生はここぞとばかり  六条少尉をここへ  自分もここに  仕方なくここへ  足どりがここに  一行をここへ  明日もここで  わたくしらがここに  子がここへ  謄本はここに  やつがれがここへ  最初からここへ  執拗性がここへ  現実にここへ  宮本武蔵がここへ  明日はここへ  神尾がここでも  七兵衛はここでも  奥からここまで  政吉ならここへ  百はここで  間にはここの  必死にここを  何をいうにもここは  一分隊がここを  変事はここまで  ワザワザ道中かつぎ廻ってここまで  方もここまで  弁信はここまで  久々野からここまで  蘭はここに  茂太郎がここでも  船大工連もここには  方向がここに  ぺこぺこになってここへ  方角はここから  あっしはここん  あっしとここの  前にここへ  私にここの  野郎が襲って来てここを  負傷兵をここへ  夫と共にここへ  宿はここでは  文をここまで  三郎はここまで  先はここまでの  乾児を励ましてここまで  んと鳴いてここへ  射殺してここへ  誰がここへ  柵は活きてここに  今こそここへ  姉さんを訪ねてここへ  城下からここまで  俺達はここへは  的をここへ  夢中でここまで  対抗しここに  北山はここで  光はここまでも  勘次はここで  昨日はここまで  昨夜江戸のここで  ころわれはここに  そこへ帰ろうとしてここを  冬となりてここに  迷惑とここに  水垣をここへ  次の間にはここへ  戸外ではここを  弁当を食わずにここに  時からここに  世におくれてここに  仕事なんぞはここに  永久にここの  五条川がここを  一行に伴われてここへ  企画がここに  魂がここに  今晩からここへ  中からここまで  金公がここまで  ホンのここへ  仲さんがここ  花ちゃんもここに  二人でここから  身はここへ  徹底性がここに  世界はここだけ  ざわめきはここまでも  記録をここに  事情をここに  原因をここに  女たちがここまで  考がここまで  力はここにおいて  時までここに  あとを追うてここまで  因果はここで  水はここに  頂上はここより  ようにここでも  うちからここに  ことがここから  二男がここへ  道祖神からここまで  置去りにしてここを  拈ってここへ  そうでなければここは  間にここまで  直接にここへ  一二カ月はここに  白雲はここで  むやみにここへ  気象がここで  文章をここで  あいつをここで  駒井はここへ  当人をここへ  辺ではここが  これこれでここの  夜はここよりぞ  本家でもここを  貴僧がここへ  今時分何しにここへ  これはここへ  これもここで  失物はココに  寝台車でここに  僕はここ  のがここまで  北より吹くかここに  前にここから  師匠を慕ってここの  息づかいがここに  景色はここが  松もここでは  あなたをここから  生活はここを  小倉はここでも  品物はここまで  それまでここで  教師さへここから  春はここに  果てはここよとの  我もここぞと  きょうこそここで  会社官庁などがここの  たびにここへ  将棋名人戦もここで  千代重はここで  一伸しのここまで  日にはここへ  原因もここに  うちにもここへ  機会はここから  乞食する積もりでここさ  秋だけをここで  自分もここで  東京からここまで  山もここまで  星空もここで  参考としてここに  証左としてここに  事実としてここに  躾ながらここに  例証としてここに  地であるここに  世界はここから  戦時中はここに  ついでですからここで  右門はここに  窓はここだけ  右門のここへ  叔父はここで  亭主をここへ  案内者がここが  記事はここに  政治的機能についてはここでは  捕物競争はここに  根本的にはここに  幻想はここでも  秘密はここに  日はここで  急にここまで  一面をここにおいても  能力はここに  七郎兵衛はここに  一号艇はここに  こいつをここへ  局たちのここを  事がここまで  相撲取りがここを  頭をたたいてここと  あっしがここまで  雨にぬれながらここで  先ほどここへ  ことかここの  おまえもここに  今からでもここへ  ふたりともここに  河童がここで  捕物はじまってここに  おまえがここへ  六ツ近くにここへ  さるをここまで  事件はここに  弓を取りにここまで  十二月店をたたんでここへ  下手人はここに  十軒店はここを  時にはここで  二度とはここへ  子をここに  精霊はここに  お客が帰ってしまうまでここに  骨はここにも  ギャップがここにも  いっぺん帯をここへ  いつごろからここに  注進を受けてここへ  へそくりをここへ  こいつがここで  目的あってここに  戦場がここ  福松はここで  女からここで  我々のここに  こっちもここを  その間にここを  風聞がここまで  米友をここで  安然とここへ  友さんはここで  たよりにここまで  伝をここで  物音がここまでも  人里を慕うて下りて行かんとしてここまで  美人はここで  最初からここに  弁信もここでは  血眼になってここへ  自分のここへ  ことでここで  弟子とやらをここへ  蘭しごきもここで  右門流もここまで  今はここから  馬鹿をここで  かぎはここに  品物をここへ  海はここの  んはここに  賀をここへ  コリネットがここから  叔父がここで  間柄はここに  心持ちでここへ  けんめいにここへ  おじさんたちがここに  ふたりしてここを  何者かが絞め殺してからここへ  朝までここに  あたりにしようとここで  一歩でもここを  必死とここへ  顔でここへ  夫がここで  順々にここへ  あっしがここに  春もここばかりは  のはここだけ  感動をもつてここに  換へればここにも  都度誌したからここに  牛乳瓶はここを  一伍一什をここで  小夜子サンはここが  日野はここへ  山賊同士ですらここでは  春ごろからここへ  早朝にここを  安もここまでは  謹三がここへ  時節にここを  令嬢はここで  用事はここに  妃さまがここへ  こっちもここに  圧迫感もここでは  馬車に乗せてここまで  城内でもここの  がたをここに  彼処を破られてはここも  死場所はここ  あきらかにここの  見送りはここ  ことはここで  卒倒されると困りますからここまでに  夜毎にここへ  釈迦瞿曇生誕してここに  彼らをしてここに  双方相俟ってここに  何かここを  話もここまで  いつか夢でここを  美女を携えてここへ  婦ならここに  時刻のくるまでここに  仕事がここから  細論したからここには  詳論したからここでは  処がここでは  こともあるからここでは  アメリカトーキーだとここで  試みにここに  ドン・キホーテはここで  眠り眠りここを  自然に誘い出されてここに  どころもここに  天地自然と共に生きてここに  スワ神社などもここの  のはここから  故郷がここ  これに反してここで  話をここへ  大略をここに  ことにしてここには  結果はここには  驚異はここに  いっさい省略してここには  侯爵はここで  問題がここに  単位がここでは  おとといはここでも  雪女はここの  お前からここの  堀部君はここまで  ことをここの  季節にここまで  マフラーはここに  女はここへ  んはここへ  名をここへ  チューリップはここから  私はここ迄  鬼がここまで  兄さんがここに  村を通って始めてここに  カイはここに  生物とてはここの  夢物語りはここで  かしこやここの  子供よここへ  うちにここまで  諸君はここに  くしがここに  夢をここに  派遣軍はここで  嫌あればここに  字をここに  因縁は知らずここへ  商人はここには  湯の谷もここは  島野もここに  先刻からここに  手柄そうにここに  今朝ほどここの  姉さんがここへ  毛穴はここに  六十年近くもここに  静かにしてここに  教場から帰るまでここに  用事が出来てここまで  母はここで  監督にここへ  今僕がここで  君にここで  君をここから  なんでもここから  ことを言ってここで  唯今ではここに  今夜だけはここの  検束騒ぎをするここの  無表情もここまで  んだからここで  お前がここを  ついでにここで  路上茶話会がここに  火の粉はここまで  能力もここへ  来年はここへは  荷物だけでもここへ  跡のここは  道具立を考えるのにここは  小説をここで  妙理がここにも  千里笈を担うてここに  捜査方針はここに  東作老人はここまで  機能をここで  血液がここに  右側のここに  話がここへ  槙はここで  供はここへ  生活はここでも  弟だけここへ  家でもここから  八犬伝もここの  遺憾ながらここで  後からここに  指を探ろうとしてここに  十七日にここを  確かにここへ  下車してここに  偶然にここに  私たちをここへ  木はここの  大阪人をここに  意味はここに  これはここから  重大性はここに  貴様がここで  力でここまで  種はここから  治三郎老人はここで  物置はここ  ケーテ・コルヴィッツはここに  円タクでここへ  新宿からここまで  静かにここに  ことのここに  浅草へ行ってここへ  高須をここへ  健康性がここに  鼠小僧はここに  春代かによってここへ  凄味まで加わってここへ  白雲もここに  説明をここで  事実はここで  黒船をここまで  水がここまで  舟がここに  二三枚はここに  仕立飛脚氏はここに  銀様はここへ  花さん狐もここへ  松もここへ  神尾主膳はここで  縁はここでは  米友がここへ  無造作にここまで  目的だけにここへ  今晩にもここへ  鬼に喰われずにここまで  鬼に喰われもせずここまで  一目散にここまで  消息がここへ  道づれになってここまで  方ではここに  今晩素直にここへ  問答がここへ  人間一人がここに  猿をつかまえてここへ  現物と引換えてここへ  兵もここを  紙を透してここに  背景を有しここに  鈴木春信によりてここに  一面はここに  余僅にここに  殿としてここに  北斎はここにおいて  所あればここに  遺憾ながらここに  役者絵を論ずるに先立ちてここに  窺ふに当りてここに  事を論じたればここには  模倣に過ぎざればここに  発達と共にここに  我家はここじゃ  さつき農民美術展覽會はここ  旦那様もここに  叔父さんはここへ  事が出来ないでここに  旦那様はここに  道具はここから  こちらへ運んでここで  僕だけここに  一番にここまで  ためにここから  牛もここへ  のを惜しんでここまで  紙切れはここに  鶴見がここで  長話はここで  市内でここが  鶴見はここまで  鶴見はここで  使命はここで  鶴見はここにも  鶴見はここに  鴎外はここで  夢がここに  主人公はここは  抽象的観念がここに  親馬鹿もここまで  土曜までここに  後に残してここを  女をここに  他にはここで  女にここを  らずんばここに  十露里もあるここへ  諸君がここで  ドンコたちはここまで  明日からここを  筋合いがあるからここには  島よりここに  比ぶればここも  巣を移しここに  父親はここの  何をしにここへ  生命保険会社員となってここへ  銀様をここに  深夜にここまで  昨晩からここに  昼にここから  庵がここ  正銘のここの  ろともにここへ  手隙になったらここへ  拙者のここへ  場がここと  役者はここへ  胆吹山からここまで  銀様をここへ  好奇でここへ  心がけを以てここへ  刻にここまで  轡を並べてここへ  関守氏がここで  逢坂山からここまで  でたらめをここに  事をここまで  宿からここへ  道庵がここへ  道庵がここに  君がここへ  伊東以下がここに  斎藤をここへ  事は読めぬからここに  何もここで  桂はここで  目的をもってここへ  妾もここの  彼がここには  者がここは  一部分だけここに  橘はここ  基経はここで  どちらに向いてもここまで  一人がここに  期限をここで  歴史はここで  間がここの  時刻になるとここの  計算はここに  覿面にここへ  四方から押し寄せてここを  本流をここで  皆さんにここへ  時間がここでは  土台はここにも  以前にここの  あそこかここかと  これをもってここへ  逸見多四郎家のここは  その後もここに  時あっしとここに  某屋はここじゃ  照りはここまでも  嘉門はここで  嘉門はここでも  嘉門めにここへ  彼らはここで  由来とはここに  情がここから  コペルニカス的読み違いがここに  淵源はここに  三つばかりここに  集会もここ  原則がここにも  人違いであるといってここから  あそこやここで  皆このごろはここに  場所にここを  そことこことは  作り一つをいってもここは  気でここまでは  交情がここにだけ  格子でもおろしてここに  人もここには  銃猟もここに  成果をここで  まれにここで  さっき源氏はここへ  恥をここで  女房たちなどもここには  一部がここ  加番衆などはここを  二人でここに  半蔵はここまで  系図をここで  けんかもせずにここまで  わたしにはここへ  福島からここまでは  帳面をここへ  源氏をここに  愛子もここに  それがここから  口上書をここに  三人連れで来てはここの  源氏にここは  加茂はここに  のであるからここには  兄弟に別れてもここに  支那でもここでも  それもここから  家に比べるとここは  世をうみにここ  女もここに  しるしにここまでも  多く加わったここの  贈り物などここから  敢てここのみ  柳橋といわれここに  境内あってここに  比較からここに  跡がここに  高地を仰げばここも  ここに住みここに  われらはここにて  社に集まってここで  二つ並べてここで  灯もここまでは  大臣がここに  あちらへ行ってここに  のがここ  人をここで  年月をここで  姫君がここに  生活のここが  極楽がここ  破子詰めなどがここへ  玉鬘がここへ  それはここだけの  主人らしくここは  春はここにばかり  桜もここばかりは  名をばここに  お蔦というここの  繁忙もここまでは  国は知りませんがここでは  のであるがここで  太早計にもここを  夜はここに  風もここでは  女房はここにも  言葉に従わずここに  思召してここへ  女優はここに  夫婦がここへ  ようにここにも  線はここに  真理はここに  和音はここに  一つがここに  時になってここへ  花ありとやここに  ついでにここへも  機会がここに  水準をここまで  関係がここに  幾千幾万のここに  どこまでもここで  朝子をここへ  いのちをも裏づけているここの  それによってここに  堕落がここから  門をここに  跡はここにも  嫁入りじたくもここまで  青山半蔵がここの  ものをここで  なつてゐるからここでは  颶風はここに  櫛をここへ  願いどおりにここを  ことをえずしてここに  百四十人いるというここの  危急を救ってやったここの  反抗的にここを  者がここの  若君をここへ  姿絵をばここに  病室とここを  道もわからなくなりましたからここで  宮さんはここに  乳母に添ってここに  自分までもここを  慰めにここへ  のであるがここには  座敷のここに  中略してここに  余がここに  言をここに  宗家から分れてここに  家としてここへ  高官たちはここで  家に帰って来てここへ  歴史に向ってのここの  現今ではここで  裂け目がここに  二人連れでここまで  米友がここで  米友君はここに  銀様もここに  筋をここまで  参考までにここで  諸侯は競ってここへ  当分はここは  上でここに  そめにも招かれてここへ  招きでここへ  ままにここへ  イヤでもここで  人数がここへ  足はここに  飛騨からここへ  家も持たせてやるからここへ  当分はここを  わたしにここへ  自分のはらが決まってここまで  収穫がここから  地名とをここに  話をここに  ものはここよりと  住居はここから  生涯をここで  父はここの  几帳をここに  事のここに  全文をここに  相手ならばここで  記憶力がここまで  去年よりここに  母だけこことも  むかしはここは  上手にここを  そことここから  一人にしてここへ  一晩じゅう雪に吹き迷わされになりながらここへ  今一日をここに  さに堪えてここに  喪中にここから  今後もここへ  ことによってはここを  住居がここに  敏に別れてここへ  母さんもここに  返事をここで  時もここへ  友仁はここは  今夜弟はここへ  今日からここへ  甲谷はここまで  今日はここは  山口はここで  秋蘭が来ているならここだけは  あいつはここに  僕だってここへ  俺をここから  杉さんのここに  あんたはここに  好きなまでここに  参木もここから  参木はここに  遠因もここから  空想はここまで  学生などがここを  運命がここに  姿がここへ  気配がここにも  所だとここを  いっしょにここを  ものを選んでここの  ままをここまで  今日だけはここに  従者らはここに  途中でもここでも  薫がいつからここへ  京を出て来てここで  浮舟をここへ  季にここで  君はここの  はるかにここに  第一歩をここに  秋もここに  のを取って来てここへ  われわれはここから  二日ほどここに  自分はここへまで  こともここでは  方がここは  出発をここから  場合にここと  所謂オリジナリティーはここに  興味がここに  貸与されてここの  気になってここまで  三公はここに  手前もここへ  妖怪現象もここで  さっきまでここに  一生をここに  仕打ちもここまで  あれはここの  墓所もここに  会をここで  今日もここから  角燈の光りがここへ  帰り路にここまで  あなたもここの  長州藩松平大膳大夫はここでは  一冊もここに  自分はここにも  映画ではここで  八重子はここで  誰もここへは  城をここまで  河豚料理法はここで  男をここへ  声がここまで  なんだここが  作者は計らずもここに  質問がここに  写真師一行もここに  皆なここへ  やうならここを  口に行けばここも  われらはここに  待遇はここにも  王成はここぞと  妙をここに  豊竹和国太夫がここに  十郎ヶ峰はここから  舞台で観てもここが  大将をここへ  おまえのはねでここまで  長崎からここに  娘さんもここに  人々をここで  オレはここへ  オレがここから  山を積んでもここでは  柔がここに  何時までもここに  篠をここへ  お湯つここと  而もここで  モメントはここに  論理はここでは  併しここでも  問題はここでは  地平線上に現われてここに  無理にここで  重複するからここに  駅からここまで  十四分前ぐらいにここに  みんながここへ  プラットがここに  プラットがここへ  財布がここに  何人かここに  おいらはここで  袋をここへ  船がここまで  一切はここで  ほんとうにここでは  おれがここで  駒井がここへ  拙者はここで  小舟でここに  颯爽としてここへ  それをここの  幽霊がここに  手をかけてここで  力もここまで  瞳をここに  耳あてて聞いてゐるここに  ものにはここ  船もここには  翁はここに  誰にことわってここで  とおりどこもここも  心霊をここへ  公表するでせうからここで  ものをここでは  役者ならばここまでの  村松梢風君はここを  谷川がここで  原理がここにも  蟹がここまで  兄さんもここに  大村はここに  論がここで  家光公はここで  偶然中味だけがここに  稲葉さんがここの  秋元家などもここへ  文句をここに  氏はここに  一挙手一投足をここぞとばかり  一夜をここの  電車でここまで  飛行機もここの  貧農派はここの  音楽形式がここに  徳義心がここに  みはここから  ところはここだけ  本家のここの  夜だけ寝にここへ  私らのここの  所帯主でここでは  妻はここの  感じになるここの  由良はここから  一時はここでも  手ごろなここの  一丈もつもるここの  ことはここの  場所もここから  佐々木剋嘉君とここで  今いるここの  作用をここでも  今夜のここの  娘はここから  住所をここへ  お前さんたちがここに  わけがここに  信頼がここに  変化がここには  遊離がここにおいては  逆にここで  要点はここに  処でここは  流石にここでは  右翼団体はここぞとばかり  イデオロギー的用途がここに  問題がここには  自然とここに  充されつつあるかをここに  行政専門家をここに  自由主義者はここまで  研究成果はここに  道をここに  放屁はここの  蹤跡け行くとここに  婦人はここに  そこにもここにもといった  楊貴妃もここの  猴舟津町藤橋を渡りてここへ  二十日はここに  身をここに  ようなここの  てめえはここへ  ひとりをここに  佐賀忠とよぶここの  夜明けまでここは  袖はここの  山本はここに  隠し目付がここに  藪八がここへ  囮になってここへ  袖もここへ  袖を曳いてここの  ところはここから  思いがここまで  明朝八時半にここへ  サルトルがここを  ソッとここへ  幹部全員がここに  三羽烏もここへ  だれもここへ  お前をひっ捕えさせてここから  己はここに  己はここから  金盥をここへ  黒犬なんぞはここには  奴らはここに  代りになってここに  あなたがここへ  リヴジー君がここに  三年間俺はここに  命もここに  あんた方を迎えにここへ  己は選ばれてここで  人間だからこそここで  奴だけがここへ  こいつ一人だけをここへ  金を取りにここへ  ガンだってここに  己たちみんなをここまで  段階はここに  考え方をたち切ってここまで  今をここに  上品さもここまで  それが終るとここで  春からここで  侍がここから  一部分はここへ  刻までにはここへ  恥を忍んでここまで  月をここに  罪をここに  らばここに  ぶざつながらここに  虫封じのまじないをここ  商いしてここへ  一鶏を執ってここに  二鶏を持ってここに  常磐御前とここの  鶏がここで  時に言い忘れたからここに  汝はここを  色はここにこそ  興味はここから  心理はここにも  全面的水準をここに  独力でここまで  われこそここの  それにはここに  主に教わったはここぞと  先にもしるしたればここに  志丈をしてここへ  速記はここで  犠牲にしてもここの  立派にここで  論いはここでは  ここからここに  圓馬はここで  何といってもここは  冒頭述べたごとくここから  今しがた私がここに  姿もここに  こんにちここで  蛇がここに  事なれどここは  合戦もここに  後にここへ  毛虫がここを  説をここに  吾妻川はここで  吾妻川はここでも  峻別点はここに  それがここまで  性格はここから  而もここを  実験的とここで  カントはここで  博士がここで  田辺博士はここで  エネルギーはここを  条件がここに  世界観がここまで  場面はここに  統計的方法がここでは  区別はここでは  欝憤をここに  おなかのここん  品物がここでも  処をここに  所がここも  家にやるとここも  麓のここまで  屋敷を出てここまで  金ならここに  賊をここへ  ところはここで  絵がここに  応接間であるがここを  ところでここに  ライムをもってここへ  明日もここに  心をこめてここに  栄辱得失もここに  地球物理学者たちがここに  それがここの  茶屋からここまで  三右衛門がここへ  弥三郎はここに  恋ふるここ  蒲団をここに  孔子はここで  五人でここへ  時分にここを  馬車がここに  枕元にここの  一昨年母がなくなってからここには  三時間でここで  告白はここで  二男のやまいをここで  姿を見つけたばかりにここへ  ままいつまでもここに  花がここに  おまえさんをここへ  諸国からここに  あれを持ってきてここへ  お祖母さんもここに  やつをここまで  一心不乱とはここの  わたしもここまで  方々に対してはここに  使命はここに  わけでここに  空気がここには  私がここを  綽名はここでも  金はここぞという  奇蹟がここに  怜悧さがここに  一葉はここへ  声がここに  三人でここに  新橋でここが  卒業してここの  文学もここで  誰でもここに  小生はここに  人情はここに  基本はここに  何にもここに  実体はここにこそ  団体がここを  増はここへ  沖へ出てここまで  中で書いたからここでは  神かけてここに  他日小説に書きたいのでここでは  鐘はここより  登りつむればここは  若者をここより  考証はここでは  ことはここにも  問答をここに  問答もここに  語がここに  注意をここに  テーマがここに  弟子がここに  語をここに  考え方がここで  研究はここから  半年もここに  運送をここで  わたしはここから  次へと伝わってここに  状がここに  均平はここでの  銀子はここを  己もここは  均平はここで  遊びにはここも  銀子はここでは  柳原からここへ  妹がここで  都合でここで  女房などもここで  銀子もここへ  らいでここは  親子二人をここに  江戸からここへ  主従とがここで  今日はここより  吉蔵はここで  明日一日くらいここで  笑声嬉々としてここに  馬車はここで  アドレスはここに  植木屋旅館からここの  音羽護国寺前からここまで  球場前を抜けてここへ  宿へ帰ればここの  それもここにては  んだがここの  そしきがここに  軍がここまで  人間がここには  三号含有物がここでは  内地からここへ  埋め合せはここで  らがここまで  一日もここから  側面からここを  これはここが  品をここに  ゴーリキイをここから  拙者はここを  のをここで  クインをここで  伊藤家食客全員はここへ  我れここに  あなた方はここに  付けでここに  橋を渡らずにここまで  二人はおこってここを  御礼を云ってここを  あなたをここに  代りおれは泊めてくれるまでここを  お前たちをここへ  塩漬けにしてここまで  御馳走を食べようと思ってここへ  晩方までにはここに  ことをしてここへ  話はここへも  承諾を得てここに  熱血をここに  先例を破ってここで  私にここに  何もここに  お互いにここに  二つをここで  時間がありませぬからここに  鳥はここが  大尉夫人だけはここで  一端をここに  出でしよりここに  住居を見すてしよりここに  産にしてここの  処にあらざればここをも  鞄はここで  己はここへ  私たちはここを  ハチロウをここで  世話になってここに  三人でここで  五十銭はここへ  私はずつとここに  明日はここから  松はここからも  刺身庖刀はここでも  一日私はここへ  定価があってここに  一にここに  兼営するに至ってここに  応でもここへ  貧民はここへ  内にここは  四五日中にでもここの  チャンとここに  今日中にここを  最初にここに  生活はここで  気でここに  ベッドをここへ  場内へ這入って見るとここも  三時間でもここにさえ  寺僧もここまでは  雪はここで  町を歩いてここで  結局私はここで  死亡診断書もここへ  あんたがここで  お前はいつここへ  殿上人は競ってここに  誰やらとここで  わたくし何時までもここに  人待ち顔にここに  なにしにここへ  われらこそここに  徐かにここを  木の間伝いにここへ  兼輔とここで  今もここを  天狗倒しがここまで  急ぎ足にここを  足を早めてここの  玉藻をここへ  法会をここで  きょうもここへ  ぬき足をしてここへ  迂闊にここで  玉藻をここで  妖獣はここに  ためにここまで  余談であるからここには  先だってからここの  群がここに  関係でここまで  かしこにここに  雌狸をここへ  それとしてここでは  尾崎紅葉もここへ  説明はここで  早やここに  哲学とここの  昨日お嬢さんがここに  老婆はここぞと  深沢君はここで  期間をここに  六万石でここに  浜松からここに  妾はここに  乳房はここに  旨言い送りてここに  メーデーはここでも  散策子はここに  木の生えているここへ  自分をつれてここを  観察欲にもえてここへも  涙をこぼしながら下りて来てここに  ふきにここへ  夜もここで  一発としてここに  女房としてここへ  わたくしはここの  金剛寺坂からここへ  駒さんをここへ  本人がここに  龍造寺様がここに  はじめはここに  せい様がここの  駒ちゃんはここに  何かに呼ばれてここへ  深夜までここに  服装をしてここに  おまえをここへ  財産はここに  蔵からここまで  ブラリとここを  わたくしをここへ  そんならここの  一人としてここを  一部をここの  夏もここで  林檎を持ってここへ  何百年もここに  あたし達がここで  あたしあなたがここで  カイミアラがここに  幾年もここに  いつでもここに  今まで気づかなかったここの  囚人がここに  灯にひかれてここへ  ドオヴァからここまでの  神田さんはここを  ズッとここで  何もここまで  連中をつれてここへ  文枝をここへ  スイッチがここに  方へ行ってしまってここから  おまえたちはここで  愛読されつつあるかをここに  處がここに  夕方までにここへ  左手のここん  ひとり静けさがここにばかり  影をここでは  正体をここまで  方とここで  お話がここまで  点はここ  ように勧め勧めてここまで  方もここにおいて  ご馳走もここに  経にここの  混雑しますからここで  みんなをここへ  一週間前からここに  水沢さんはここへ  鉄はここで  梁福はここで  ものをここまで  使い兼帯でここに  わたくしもここへ  娘はここへ  唯ぼんやりとここへ  半月ぐらいはここに  奥さんがここへ  ただ一人でここへ  婦人ならばここに  彼女と共にここの  代表してここに  亡骸はここに  幽霊はここに  聲だとてここ迄  ものとすればここに  別名と考えればここに  四人がここで  風はここの  リカはここへ  車はここに  お父さんはここまで  ホミはここに  僕もここの  手拭をここへ  あたいをここには  今度はここの  取り返しにはここ  平押しにここまで  名は分ったがここには  ついでにここに  あすこにもここにも  結果としてここに  ものかここに  言葉をここまで  飯場頭はここまで  書生さんでここへ  原さんはここに  事がここで  それはここには  話も出まいと思ってここまで  性格論はここからも  何と云ってもここは  自分を殺しにここまで  酔興にここまで  家からここへ  舌はここで  信一達はここで  軌道でこなければここへ  橋をかけてここを  裁判もここに  路はここで  茶店からここへ  野宿をしてからがここを  繞って参ったがここの  古からここに  草鞋はここに  形はここでも  水がかかってここに  貴僧はここへ  実を申すとここへ  泊からここまでは  遊びにきたここの  温泉まではここの  有明からここまで  神戸まではここから  三国ヶ山へ登っていたらここまで  杭を取りに行ってここへ  小長辿に行きここから  ところは急いでもここだけは  午前六時二十分にここを  三角点はここから  白峯三山とここで  疲れ果ててここへ  六時にここを  道を間違えてここへ  権現岳からここへ  三月三十一日にここを  中からかき立ててここに  スキーをまとめてここを  飄然とここへ  吹雪のやむまでここで  吹雪の止むまでここで  雪が降り出したのでここへ  日でもここから  十一時にここを  日ならここから  単位としてここに  シーツはここに  生田花世氏がここへ  一つ越えてここへ  出発してここに  穴八幡からここまで  自分にはここの  みんながここに  森さんはここ  今いくつもここに  長兄はここへ  最初はここ  雑炊もかくやとばかりのここの  弟にもここは  魚はここにおいて  鼾がここまで  何てここまで  言葉ながらまたしてもここまで  圓朝はここを  この間師匠がここの  ことはここへ  いまいたずらにここで  蒲団を持ってきてここへ  取捨按排してここに  それがここにも  万物をここに  中のここに  朝のここに  智恵子がここに  遊惰とはここの  囲炉裏に居てここを  坂を登るとここが  彼女をここに  感想はここで  革命的意義はここに  奴等はここを  苦心はここに  わたしどもはいつここへ  先生とがここで  ソッとここまで  博士に頼まないとここは  答はここには  あなたなんぞもここで  刑事なんぞここじゃ  案内いたしませうここの  身体をここまで  誠意をここに  午食後よりここに  ほかとしてここに  証書はここに  さっきよりここに  全快してここに  豊をここに  浪子とともにここに  安売りはここ  勝敗のここ  一枚はここに  秋はここにも  監獄がここに  初め東京監獄からここに  名城であるからここに  城ならば入らうと云ってここに  ものを急いでここへ  気持をここで  ホーテンスはここで  水戸はここで  品目がここに  ドレゴはここで  諒解してここでは  計器をここへ  装置と共にここに  ことだがここは  明日今頃にここに  われわれはここへ  池田輝政がここに  真実がここに  自ら進んでここに  死体をここに  百年かかってもここへ  二十二日にここに  僕のここに  九月にここへ  保吉はここへ  者もここに  自由にここに  われら同志友人がここに  一切をここに  安全にここへ  時はここを  畜生道はここにも  身体はここへ  不幸をここで  あなたと別れてからここを  かくにもここ  姫はここを  別々にここを  いつまでここで  跡を慕うてここへ  姫がここに  置き去りにしてここを  そなたはここへ  誰かがここまで  自分ひとりがここへ  魂もここに  そなたもここに  身がここに  うちにここで  自分にここへ  誰に許されてここまで  誰に許されてここへ  秀吉がここに  教師と連立ってここより  緑がここでは  四月にここへ  汽車でここへ  手術はここで  誰がここから  彼はここが  戸倉老人をここに  ドクトルは息せき切ってここへ  机博士をここへ  危険をおかしてここへ  ぼくをここから  話をここで  フィルムをここへ  類型がここに  もさてもここは  恥かきとはここの  幕がここに  天罰覿面はここの  者世にはびこるはここの  女がここまで  七言絶句でもここに  短艇をここまで  ふしもここに  伯爵夫人とともにここにを  夫人はここの  休暇たまはりてここに  かたをこころざしてここを  群立ちてここを  血はほとばしりここに  伯爵夫人とともにここに  休暇たまわりてここに  群らだちてここを  家ならここ  それはここへ  駅まではここから  誰よりもここに  家のここでの  頻繁にここへ  シクラメンがここの  性質とここの  手紙がここで  未定ですがここに  屋根とここの  気持をここの  寿江子がここへ  錦絵はここに  女のここへ  お子さんはここへ  ボートをここへ  だれかがここへ  それもせずにここで  船におればここを  その間にここへ  ゴルドンはここで  一同はここに  のがここにも  ぼくらはここに  ヤアヤアだれかここに  漂着してからここに  二時間前にここに  たよりにここへ  諸君がここへ  昨夜海蛇らがここで  点となってここに  卑陋はここでも  個性がここに  本体をここまで  人類はここに  省察をここに  私達はここまで  伊東胡蝶園もここへ  神様がここへ  一方をここにも  逸作はここへ  商品としてここに  人をここに  疣蛙はここの  種がここで  駅はここから  駅で待つよりここで  あなたがたもここで  眼鏡はここで  破片がここに  ほかのここに  表札をここでも  昭和遊撃隊もここで  平一郎さんもここへ  自然はここに  お母さんをここまで  平一郎さんはここに  七時にここへ  ことがあったらここへ  僕達はここで  夜通しでもここに  奴はここへ  貴様はここを  ようにここへは  安めにここに  学院がここから  あっちに行って黙って立っていてここの  子がここで  理由で持つて来てここのや  治療所へ行きますとここでも  帰りがけにここへ  ところへここに  楽しみにしてここへ  同氏もここに  話はここへ  六人とここへ  李をここへ  わたしもここを  一座はここで  隊長がここに  五日もここに  時にはここに  幾日もここを  どこからもここからも  所に住んでここを  魂がここには  オクスフォードほどにはここを  さがここより  魔ものはここに  隠居さんはここへ  たたずまいなるかなここに  証拠にはここの  声はここで  晩にここに  方がここに  少年がここへ  手に捧げ来りてここに  姪をも併せてここに  柩を送りてここへ  樹間をくぐりて辿りゆけばここにも  荒川のここの  狼をここの  氷雨塚はここより  宮郷というここの  ものを除きここの  幾日でもここで  幾日をここで  一にここにか  常吉はここの  昨夜もここへ  Weltにはここまで  写真に撮りここに  マクワウリはここに  坊主ですねここの  四五年してここの  目で見てもここから  業平来ればここも  嬢はここの  応してここに  ぼろぼろでここで  千早館をここから  光線でここを  こいつはここに  住居区がここ  肺臓癌がここに  病友はここまで  効果がここに  手紙はここで  父がここの  実質がここに  どちらかが還る迄ここで  一端をここへ  明朝九時五十何分かにここを  確にここで  S子さんをここに  お正月はここで  もとにここに  秘密活動本部をここへ  当時はここに  人はここで  番頭もここでは  わたくしはここへ  藤井がここへ  音響をここには  重吉がここへ  向上印刷などへ出ているここの  いまにここか  重要性がここに  院にしてここの  處女作をここで  こんにちここに  自己満足がここにも  雪はここへ  地方農民はここで  道のここの  ここからここまでという  芸人についてはここに  俳優がここに  毎年五月にここに  魅縛的なここの  人物はここへ  三日まえにここへ  あなた方がここを  生活がここにも  課題はここから  文章としてここに  道じゅう蹴りけりここまで  暴王クリスチャン二世がここで  侵入してこようとするをここで  都会文化はここへ  一つだけをここに  親分はここで  羅馬からここへ  ナポレオン一世がここで  天国がここに  それが期せずしてここに  ぺいん人はここが  自伝をここに  機会にここから  すべて自分らがここへ  身はここに  騎士的感激をもってここへ  旅人はここに  それはさておきここで  何だってここに  刑事がここまで  自分はここでは  校正刷をここまで  上陸するとからここの  非人情もここまで  生体はここに  真岡をここまで  なにもここばかりが  いふ奴をここに  余論としてここに  虎はここで  スエズ運河はここから  今度こそはここに  旦那はここに  約束はここ  神としてここに  一部がここに  六人はここで  わたくしはここから  拐引してここへ  自分から望んでここへ  書類をここへ  廻り堰を巡ってここへ  領主様がここへ  お嬢様をここから  有機的にここに  徒はここに  十年もここに  張竭忠がここの  三月なかばにここを  宦者はここぞと  城へ行くにはここを  明日早朝にここを  女はここの  鬼はここぞと  今日わたくしがここへ  二人はここへ  家はここの  相談してここの  その後にもここに  ところとここの  群れがここへ  白昼でもここに  青年はここへ  巣窟はここ  おまえらがここへ  遺骸をここに  叔母がここへ  昨夜もここの  翌日早々にここの  いま私がここに  貴人がここへ  われわれがここへ  日本人がここに  根がここに  実感がここに  疑問についてはここに  昼間はここは  勤め先ではここは  性格をもってここに  文学はここから  お前はここまで  屹度誰かがここに  頁を開いたがここも  矢張り最前からここに  白髪小僧が急いでここを  用事があってここへ  都からここまで  裡にここまで  都からここまでは  紅矢はここが  悪魔がここへ  青眼先生はここまで  女王様がここに  俺はここへ  怒りはここに  北岳はここからは  匆々にここは  うちでもここに  証拠にはここに  価値はここに  雑煮までここで  かたがここだけで  危機がここに  反対意識によって立ち上ったからこそここまで  正統はここに  和算はここに  変化がここに  ことがここの  参考までにここに  欲求はここにも  混りあいながらここでは  わながここに  婆どんもここで  弾丸をここへ  帰りにここで  壺がここにも  六騎がここへ  水祭はここで  われ死なばここに  ごともここに  父が始めてここに  ヘルンはここで  立法例をここで  実験としてここに  動機からここに  今私がここへ  あなたとここに  彼は思い切ってここまで  下にここに  光栄と心得てここへ  理想もここから  自然とここへ  衝突はここに  細君もここに  芸術絶対論はここにも  相対性がここに  吾輩がここで  心がここに  日本がここに  本籍はここ  配列にしてここに  前方に見えるここの  犯人がここに  警官隊がここへ  谷博士がここに  電臓はここに  五人がここで  君たちはここで  先生がここから  あいだにここを  みんなにここへ  私でここに  梢を眺めここの  憂苦をまなんだここには  友よここに  母さんがここに  押し込みを見るここも  解決をここに  ゆゑんはここに  奉公をここぞと  實例をここに  重複するからここで  こともここまで  歴史家はここは  人間をここに  ひとつをここに  やうにここで  為朝はここでも  セエビンはここに  ロシヤからここへ  現象はここから  雪でここに  あなたやここの  つもりでなくここに  六時にここの  かたたちがここに  かただけがここに  上役がここに  最後にここで  私たちもここで  恰好でここに  事情もここでは  わたしたちがここで  立場がここで  あなたはここでは  村長はここで  蝋燭をもってここへ  われわれにここの  われわれがここで  お前さんなんかがここに  フリーダはここに  あいだだけここに  助手たちはここに  あなたたちはここに  フリーダがここの  フリーダはここで  いっしょにここで  助手たちをここへ  部屋とここに  無理にここへ  彼らがここで  これがここへ  小使さんはここに  みんなもってここから  あなたがただけがここに  好きなだけここに  君だってここに  クラムなんかここには  わたしはここを  意志でここへ  ほんとうにここから  おかみさんがここに  オルガがここに  二人きりでここに  意志でここに  あなたがた二人がここに  以上にここに  数日間もここへ  両人ともここに  かたがここ  ところはここには  わたしたちはここへ  自分でもここに  城からここへ  はじのここしか  数はここで  われわれがここに  彼らはここの  様子を見にここへ  ほんとうはここから  羽衣はここに  最近に於いてここに  材木を積んでここに  読者もここに  説明をここに  記事をここに  河川がここに  汽車でここを  竈はここでは  俚諺はここに  道子はここに  ことではここも  黒髪をここに  標語をここでこそと  榊原さんはここの  辺はここと  とき自動車がひろえないからここからの  ユリがここで  家さがしをしてここを  銘がここで  ことについてここに  あなたがここの  私はここよりも  科学をばここに  倹約してもここの  真理はここにも  二日ばかりここへ  二週間ばかりはここで  当人のいないここでは  きょうはここ  私ならここを  息子をつれてここに  医者にもここから  次郎がここに  二人をここに  半分はここで  聞書はここに  捜査がここまで  銅板画にはここに  新聞紙包みをここへ  新聞紙包みをここに  俺はここの  事でここまで  一度はここに  老はここでも  廻縁を通ってここに  急にここで  奥山からここまで  鎧櫃をここへ  邸を見張ってここで  文次はここを  手前はここに  久七がここへ  代はここへ  女はここに  いまそこから来てここへ  雑音もここまでは  汝はここの  人々はここへ  三人がここを  小品をここまで  のがここから  一私はここに  つばめがここに  二羽でここに  町を挙げてここへ  両人がここに  書斎としてここに  朗読的にここまで  書類をここに  フリードリッヒ・エンゲルスもここに  記録をここで  おらがここまで  本多子爵がここまで  警告をここに  自動車でここまで  五日目にはここを  借手さえあればここも  光景もここに  時間までここに  詩を言うに及んでここに  さもここに  核もここに  課題はここに  それについてここの  藤木博士がここまで  主はここに  道江さんがここから  馬田一派はここ  玄関をあがってここまで  場所としてはここよりか  四部をここで  御座所はここか  私はここにも  電文はここで  救援隊をここに  隊員がここから  三根夫さんをここに  家からここまで  子供達をここへ  比較をここで  問題はここには  限度がここに  淫らなかたまりここに  作をここに  番頭にここに  本質的危険はここに  一貫してここまで  一さがここで  きょうはここは  盛にここの  モメントがここに  返事もここで  美はここに  夕刻までここに  ものがここまで  本質はここでは  人生感想はここへ  点がここに  程度にここでは  あちらでここの  異がここに  小人は窮すればここに  これまでのここの  そこはここに  君がここの  人間としてここに  僕はここだけに  これこそここの  もとにここの  ぼくたちだってここの  らをここに  それじゃここで  衣はここを  峻がここへ  荷札ならここ  皇居がここに  蓑はここでも  材料に恵まれてここに  経験がここまで  文化はここを  主にここの  大本山がここに  民藝品をここに  様式がここに  朝鮮からここに  それはここを  紙数では述べ尽されないからここには  ものとしてここで  アッコルティ先生もここまで  三年ぶりでここに  指揮でここまで  偵察機一台をさらってここへ  なによりここを  君ならここを  僕らにかまわずここを  数時間後にはここを  野獣がここへ  道徳意識はここで  海抜一万六千フィートのここは  三上はここへ  鯨狼をここへ  事実問題でここが  わしがここから  一斉にここに  乗客はここで  目付はここには  課題としてここで  全速力でここを  伊八だけがここへ  花咲くはここ  社がひけてからここへ  天下一品はここにも  跡はここから  それはここまでの  私共がここに  明日が来るまではここは  僕んちはここから  木原藤次はここぞと  一風呂浴びてここを  さをここに  ものはここへ  ものはここまで  衣料切符はここへ  私たちはここへ  お湯をあびて来てここに  美術はここから  神秘とはここに  テーマはここに  寿はここで  国はここの  尾形がここに  戦争はここに  彼らはここに  山に移りてここより  批評をここで  今夜にもここへ  請ふここに  事ありてここに  尊稱をここにも  具体的説明はここに  ようだからここには  怺えてここで  工場とはここの  漆喰をここに  身一つでここの  やうやくここまで  きのふ兄がここへ  人達がここに  藤様はここに  私がここでの  考えかたからここまで  わたしもここに  靴物語もここに  日向のここへ  何があってもここは  国はここに  生活もここで  二十八日迄ここの  小説はここに  月曜日にここから  本がここに  前便はここまでで  さっきわしらがここへ  根元からここの  そこよここよ  叮嚀にここへ  敷金もここは  情熱そのものがここでは  看守はここで  さっき老人がここで  直後にここへ  物音を聞いてここへ  理想家がここに  変化とくらべるとここは  足をここまで  明朝私がここを  舟はここに  案内者にもここで  ブランカとしてはここで  わたし一人ならここで  寿がここに  それでここが  ラジオがここに  上京すればここに  配給をここで  今のここの  明日わたしがここを  不意に来たここの  老女がここで  不可能ですしここに  小説もここの  大体まとめてここまでは  共鳴してここの  現在でもここは  開成山へ来たと云ってもここへは  林町もここも  今はここまでに  時間がかかりここまで  ウィスキーはここに  力をここに  時代にはここで  天平時代にここから  多分はここに  埴輪もここより  戸を叩きてここを  隙にここを  花も咲いてゐるどつちにしろここには  夏中でもここの  グズ弁はここと  傍にここの  選手たちがここへ  浪費もここまで  号外をここに  妾がここを  ハラムはここまで  オヤジはここへ  覚悟してここへ  場合と異なつてここでは  立入つた究明はここでは  兩者はここでは  如くにしてここに  のはここより  凹凸波動はここでは  他者性はここに  過去はここでは  觀念はここに  體はここでは  終極性はここでは  生はここでは  ものはここでも  自由とはここに  立入つた論述はここでは  憧憬もここで  源はここに  問題もここに  根源的空間性をここに  和合合一はここに  兩面性はここでは  矛盾もここに  緊張はここでは  生がここに  すなはちここでのみ  合一がここでは  生はここに  彼らを駆りてここに  原因主としてここに  彼らを駆ってここに  戸数をここに  皮革製造はここに  承諾を得てここにも  落伍者がここに  普通民でここに  快楽はここに  抽き抜いてここへ  お母さんがここを  嫁を貰ってここの  一人をここに  それで気に入らねばここの  糸にここへ  緒口をここに  帰結をここに  一行がここに  女もここへ  動機がここに  場所がここからは  二版ではここに  記述をここに  問題に関してはここで  弱点についてはここから  いくつかをここで  ミショオはここで  理由もここから  新明教授はここに  処がここ  教科はここに  ものをここから  教化的講演をここから  二十年間にここで  五版ではここに  母だけがここで  比率はここに  感情がここへ  詳細をここに  ヤリウスがここで  一版ではここで  一版ではここに  二版にはここに  夢をみるがここの  鉛筆をここに  鳩居堂がここへ  本能がここでは  手がここに  境内からここの  幻想をここに  のがここでの  調和をここに  偉大性がここに  契機はここには  開展がここでは  鉄道もここから  効果はここにも  霊光としてここに  われわれはここに  老人がここまで  方はここを  修咒者はここぞとばかり  高原から来てここに  災厄にもあわずにここまで  もとからここに  以てここに  松もここには  父に伴われてここで  八時からここに  家来を連れてここで  省作はここに  日ごとにここで  張はここぞと  原田もここは  男はここぞと  安心してここに  附添ってここまで  式部もここは  目をかけここまで  美人をここで  助役はここで  ともちゃんはここに  邸宅もここに  城織部もここに  世界をここに  仄かにここまで  濶にここへ  力でここの  彼にはここの  行者がここに  錆釘のここ  夜もここに  ものを選んでここに  真意はここに  研究をここで  機微がここにも  罪をここでは  放火でここへ  一つをここへ  罪を犯してここへ  活花をここで  気持ちをここで  影がここまでは  仲居をここへ  今夜もここへ  代にここへ  用があるならここへ  兄上こそここを  男にここを  思想はここに  例がここに  文化史はここで  イワノフ博士をここへ  兄さんはここに  船はここで  大辻さんはここに  大木老人もここへ  計画をここ  探偵長がここへ  最初にここへ  印象記をここに  急にここへ  現実がここにも  鞄につめこまれてここを  人々はここから  ねこがここを  二見ヶ浦にかくれしがここにも  われわれはここで  ソヴェト選挙もここで  代表が集ってここで  両面がここに  おまけにここから  光線はここまで  ほんまにここへ  爆風もここまで  火の手はここばかり  無我夢中でここまで  一隊はここの  手紙とここへ  年齢でここまで  棹もちてここに  可能性のあるここに  審理委員会がここで  彼がここまで  探偵とになってここに  女もここの  やつをここの  報告をすませてくるまでここで  太陽がここの  回復するまでここに  用件があってここに  下宿人がここで  今晩モデルになりにここへ  ときはここの  点についてはここの  ブロックにここに  扉をあけてここの  君をここまで  明日はここの  展覧会がここ  肥料置場でここを  本郷からここまで  今日でここへ  夜になるとここは  現在のここだけが  何事もここまでで  私以外にはここには  東京もここは  小一郎はここで  桔梗様を見棄ててここを  後を追っかけてここまでは  モメントはここの  新訳はここに  円タクをここへ  以前はここから  我々をここまで  冷血ぶりもここまで  夫婦兄妹三人がここに  母屋よりもここの  持主がここに  初年にここへ  後にここを  真っ直ぐにここへ  午前十一時ごろにはここへ  引上げるについてここより  発見してここに  夜をここに  市野はここで  男がここで  夕方船でここへ  漂流者がここに  確かにここから  一方はここに  内にここを  尾行してここへ  気まぐれにもここに  彼女とここの  私なりにここは  去年はここに  正直にここで  四百何十人がここで  尊氏がここで  幼時をここで  篠村とここは  分骨がここへ  花輪グリルを訪うとここも  要旨をここに  源平時代はここに  政子がここに  余生をここに  手でここに  乱以前からここまで  人とここで  ひそかにここでも  貞操観がここに  物語をここで  校もここで  葱を入れながらここの  社会がここに  杖がここでも  刺を通じてここへも  残景がここに  桃源郷はここと  崇徳がここに  建物をここに  岬とここの  一例がここにも  一挿話がここにも  さんもここには  如蔵尼がここで  ケイリンをここへ  尾崎氏がここを  杜撰もここに  表紙になったここの  清盛がここに  一にここほど  喜兵衛がここへ  人間がここまで  有名だからここには  げてもここまで  撥はここで  山西はここで  そうだったらここに  偏執その他についてここで  四時にここへ  地図ではここから  假にここに  手くばりもあらましここに  お前さんもここに  スケツチを見出したからここへ  都合でここへ  堀割はここも  種類とをここに  そうになじんでここに  彼女もここで  信吉はここで  信吉をここへ  連中とここの  オーリャはここへ  斜面がここから  ひとりでここを  だれもここに  樹からここへ  四五日もここの  三年前にここの  いつまでもここの  ゆうべもここへ  大河もここは  渡し船に乗り込んでここに  幸いにここから  蛇吉はここに  菊池がほろびてからここに  毎晩かかさずにここへ  先祖がここに  初め頃まではここに  源平時代からここに  夜からここに  桑名からここの  それを慕ってここまで  うちにはここへ  翌日もここに  

~ ここ[名詞]2
ともかくここ  よくここ  近々ここ  当然ここ  直ぐここ  なおここ  詳しくここ  ふかくここ  とうていここ  多分ここ  いつもここ  どうしてここ  なぜここ  しばらくここ  ずっとここ  到頭ここ  やっとここ  よりここ  実にここ  とにかくここ  何分ここ  主としてここ  たしかここ  どうもここ  せっかくここ  一体ここ  まだここ  どうしてもここ  すこしここ  殆どここ  うっかりここ  はるばるここ  ながくここ  そのゴコ  一寸ここ  やむを得ずここ  もう一度ここ  敢えてここ  いちいちここ  そのままここ  再びここ  もうここ  一向ここ  まったくここ  ちょっとここ  殊にここ  なんとかここ  すぐここ  ひとまずここ  すぐさまここ  おもわずここ  初めてここ  ついにここ  角ここ  まずここ  是非ここ  一旦ここ  ひいてはここ  もはやここ  いよいよここ  ふたたびここ  何やらここ  何しろここ  もしここ  未だここ  決してここ  どうせここ  よしここ  ふらふらここ  これからここ  すでにここ  きっとここ  ぜひここ  確かここ  遂にここ  実際ここ  折角ここ  またここ  やはりここ  とうとうここ  たえずここ  やっぱりここ  みすみすここ  わざわざここ  まさかにここ  あくまでここ  わざとここ  終にここ  まるでここ  たしかにここ  むしろここ  浅しここ  最もここ  要するにここ  間もなくここ  嘗てここ  ちょうどここ  二度とここ  ほとんどここ  早くここ  どうぞここ  はっきりここ  やがてここ  またもここ  恰もここ  ふとここ  始終ここ  つらつらここ  めったにここ  難なくここ  夜もすがらここ  とくにここ  かりにここ  仮にここ  まさかここ  二つながらここ  同時にここ  けだしここ  しかるにここ  しきりにここ  かつてここ  いいここ  大方ここ  ただいまここ  もしもここ  おっつけここ  屡ここ  早々ここ  思わずここ  本当にここ  元来ここ  幸いここ  直ぐにここ  丁度ここ  おとなしくここ  いっそここ  どうかここ  渋々ここ  少しここ  もしやここ  かえってここ  じっとここ  ほんとにここ  はからずもここ  まあここ  とてもここ  いったいここ  今にここ  今やここ  なんでここ  そっとここ  もともとここ  平にここ  はやくここ  断じてここ  唯ここ  はやここ  いかにここ  何でここ  まさにここ  さらにここ  取りあえずここ  必ずここ  沢山ここ  あわただしくここ  たびたびここ  すっかりここ  折々ここ  爾来ここ  ひとたびここ  いきなりここ  はじめてここ  そのうちここ  いくらここ  たとえここ  勿論ここ  必ずしもここ  少なくともここ  今更ここ  更にここ  無論ここ  なくここ  恐らくここ  一般にここ  そろそろここ  ちゃんとここ  生憎ここ  たいていここ  たぶんここ  着々ここ  現にここ  至急ここ  かならずここ  事新しくここ  どの道ここ  一度ここ  思いがけなくここ  ちょくちょくここ  潔くここ  こうここ  正にここ  後にここ  然るにここ  いささかここ  さてはここ  早晩ここ  いかにもここ  たちまちここ  遠くここ  全くここ  いやいやここ  あのここ  もっともここ  一々ここ  又ここ  むりやりここ  別にここ  もとよりここ  ぜひともここ  およそここ  むろんここ  またまたここ  ついここ  何故ここ  万一ここ  突然ここ  まっすぐここ  ようやくここ  とうここ  特にここ  長くここ  ついぞここ  なんとなくここ  あえてここ  今さらここ  もう少しここ  同じくここ  是非ともここ  よほどここ  こっそりここ  畢竟ここ  尚ここ  時々ここ  先ずここ  よくここ  漸くここ  改めてここ  既にここ  随分ここ  くれぐれもここ  寧ろここ  ぽっつりここ  亦ここ  とつぜんここ  どれほどここ  とっくにここ  いまだここ  ないここ  賢いここ  早速ここ  だいたいここ  新しくここ  次第にここ  只ここ  ぞろぞろここ  どうやらここ  たまたまここ  さっそくここ  しげくここ  とかくここ  時にここ  暫くここ  いつぞやここ  やむなくここ  なにかここ  きまってここ  ぽつねんとここ  よくもここ  いずれここ  悉くここ  しばしばここ  スグここ  どんどんここ  全然ここ  しばしここ  よいここ  ようここ  ことさらここ  凡そここ  早うここ  猶ここ  遮二無二ここ  果してここ  口惜しけりゃここ  心ならずもここ  暗にここ  まんまとここ  とうにここ  お揃いでここ  たった今ここ  ともどもここ  辛うじてここ  さっさとここ  まもなくここ  またもやここ  ドンドンここ  おそらくここ  いつのまにここ  便宜上ここ  残らずここ  共にここ  もちろんここ  あまりここ  ついついここ  大抵ここ  何ともここ  いまさらここ  大いにここ  とりあえずここ  やにわにここ  わるくここ  なにしろここ  すばやくここ  しげしげここ  ままここ  何とここ  近頃ここ  到底ここ  どんなにここ  つぶさにここ  そんなにここ  ただちにここ  又もやここ  ひとりここ  夜通しここ  一気にここ  ぞくぞくここ  よしなにここ  おのずとここ  無くここ  久しくここ  余儀なくここ  よろしくここ  せめてここ  ここだここ  程よくここ  何だかここ  いっぺんにここ  そうここ  よしやここ  永くここ  ちっともここ  だいぶここ  なかなかここ  充分ここ  はしなくここ  おめおめここ  一応ここ  そのここ  空しくここ  あたかもここ  幾らかここ  つねにここ  余りにここ  むなしくここ  専らここ  いぜんここ  てっきりここ  ことにここ  そっくりここ  まさしくここ  ただ今ここ  あまりにここ  少なくもここ  総じてここ  チョットここ  時どきここ  命からがらここ  憚りながらここ  別してここ  雑然とここ  ふっとここ  続々ここ  さもここ  とこうここ  今ごろここ  最早ここ  逐一ここ  遥々ここ  概ねここ  何となくここ  忽ちここ  はしなくもここ  がぜんここ  俄然ここ  さいわいここ  よもやここ  ひとりでにここ  直ちにここ  のっそりここ  若しここ  ちらほらここ  ちっとここ  あらかじめここ  よっぽどここ  ちかごろここ  ゆっくりここ  ひょいとここ  粛々とここ  どのみちここ  古くここ  辛くもここ  委しくここ  あらためてここ  朝来ここ  しいてここ  遠慮なくここ  おおかたここ  もうすぐここ  だいいちここ  度々ここ  今にもここ  うとうとここ  いまだにここ  せいぜいここ  珍しくここ  却ってここ  ようようここ  大きにここ  後ほどここ  まっさきにここ  やっぱしここ  いつの間にここ  逸早くここ  つとここ  所詮ここ  いつのまにかここ  夜っぴてここ  ときどきここ  ただただここ  じつはここ  ハッキリここ  一先ずここ  依然としてここ  単にここ  何時もここ  ずんずんここ  どのここ  一目ここ  さしずめここ  暗いここ  再度ここ  何よりここ  常にここ  淋しくここ  もつともここ  ついでにここ  おのずからここ  のこらずここ  よきここ  別段ここ  いつの間にかここ  さすがここ  一円ここ  安いここ  ずーっとここ  一層ここ  いろいろここ  如何にもここ  いったんここ  少かれここ  それだけにここ  もっぱらここ  こんなにここ  だんだんここ  キリキリここ  しょっちゅうここ  すたこらここ  まずまずここ  ちとここ  三々五々ここ  おそらくはここ  突如ここ  いまやここ  それほどここ  べつにここ  遠いここ  

複合名詞
恰度ここ  自然ここ  今ここ  偶然ここ  今日ここ  ここかしこ  ごろここ  今夜ここ  ここぢゃ  それ以上ここ  山頭火ここ  そここ  そこここ  いまここ  ときここ  木ここ  至情ここ  ここ三週間  先年ここ  人ここ  シャンハイ以西ここ  ことここ  夕ここ  余ここ  余輩ここ  みんなここ  ここ数日来友人  ここ一カ年  せんだってここ  アここ  ここ十年間  初めここ  以前ここ  何十回ここ  ここの  一昨日ここ  すべてここ  樂園寂光さんさん泥まみれ豚ここ  将来ここ  ここ旭川  ここ余市  今ここ五稜廓  ここ五稜廓  かしこここ  半熟先生ここ  いつここ  一彦君ここ  昨日ここ  ここ十年  さっきここ  昔ここ  かしここ  事ここ  ここ数年間  毎朝ここ  時ここ  一生ここ  自らここ  ここ東京  その後ここ  大丈夫ここ  ここ一軒  昼ここ  ここ三  ここ須臾  ためここ  ここ一二日  たいここ  ここ四百年間  ここ二年  今一つここ  ここ当分  皆ここ  大阪以来ここ  半日ここ  ここ数日  オオここ  ここ数年  ここ数十年  間ここ  あそこここ  なほここ  級各組そこここ  ここ殆ど  五六匹そここ  結局ここ  当分ここ  最前ここ  諸君ここ  さくらここ  たん桜ここ  僕ここ  路ここ  春ここ  進退ここ  ここ一年あまり  先日ここ  多年ここ  ここ二  明日ここ  一つ一つここ  特別ここ  ここ北極  ここ数年来  三度ここ  ひと晩ここ  幾年ここ  際ここ  中ここ  順序ここ  ア今ここ  ままここ  我等ここ  手近くここ  母さんいまここ鼠  母さん蝙蝠さんいまここ鼠  下道ここ  宿ここ  留守ここ  南京ここ  昨夜ここ  こここと写真  ここクック村  ここ一週間  大体ここ  基ここ  ゆえここ  ここ数日姿  私ここ  ここ等  手前ここ  女学校時分ここ  奥さんここ  あしたここ  お前ここ  ここ一ヶ月  一寸一寸さっきここ  土産物ばなしここ  ここ楼桑村  いつかここ  われらここ  大次郎ここ  二つ三つそこここ  誓約どおり今日ここ  ここ深川  ここ日本橋  三人ここ  手前たちみんなここ  チャントここ  ツイ今しがたここ  四五日来ここ  盟ここ  ここ一ヵ月半  ここ内紛  燕人張飛ここ  ここ戦  日ごとここ  ここ八九年  ここ茅屋  一時ここ  ここ三年  ここ今日  ここ許昌  ここ毎日  ここ二月  ここ一箇所  ここ年々  白日ここ  みなここ  ここかしこ流亡  ここ易州  亡兆ここ  ここニージニ  ここ何年間  ここ以外  きのうここ  君ここ  ここ急激  剣印ここ  心ここ  ここ二年間  会社設立以来ここ  ここ五年  コンピューターここ  猫ここ  ここぢ  折ふしここ  曹仁ここ  ここ連戦連勝  ひとつここ  廻つてここ  ここ半月  やつぱりここ  黄忠ここ  われここ  そこここ洗い  ここお上  自身ここ  唯今ここ  モウ一度ここ  ここ四  本日ここ  学生時代ここ  一つここ  ここ十五分  ここ旦夕  天命ここ  今朝ここ  単騎ここ  ここ数日間  小半刻ここ  総てここ  五ツ半ごろここ  おいらここ  凡てここ  朝ここ  今頃ここ  街街家家ここ  ここ五日  ここ祁山  一たんここ  ここ魏  ここ十年来  ここ七日  頃ここ  ここ数ヶ月  此処ここ  毎日ここ  一日ここ  ゆうべここ  お前今夜ここ  一人ここ  十分ここ  むかしここ  主従ここ  ここ私たち  ここ秋本さん  当座ここ  それ以来ここ  私今夜ここ  二組三組そこここ  このごろここ  書中ここかしこ  ここ数夜  二年ここ  金銀みなここ  あいだここ  今時分ここ  結局ここ以外  三人そこここ  ここ矢足  程度ここ  天女ここ  あたしここ  ここ二カ月間  石狩川ここ  大雪山中ここ  大雪山ここ  お前ここ四  一夏ここ  ここ四五年  婆さんここ  ここ富岡  毎晩ここ  何時ここ  ウントここ  ドウモここ  其処ここ  幾らここ  近ごろここ  男ここ  午前ここ  ところここ以上の  一つ二つここ  そこここやつ  二つ三つここ  雑草ここ  平泉ここ  ここはじゅくじゅくの湿地  サアここ  現在ここ  ここ彼処  不断ここ  一二度ここ  ここ二週間  一マルク二十ペンニヒここ  ここ何週間  五日ここ  無事ここ  ころここ  日ここ  ば余今ここ  三月ごろここ  後ここ  ここ千金  思つてここ  火難以来ここ  丹平がここ  平生ここ  上ここ  通りここ  ここ社殿  忽然ここ  波ここもと  ここ十何年  ここ十年あまり  幾十年かたここ  矢張りここ  今しがたここ  前ここ  もみづりて電信棒われいまここ  二三人ここ  ここ十日  ここ半年  ここ王子  情景ここ  常連ここ  都合上ここ  ここ一日二日  全国ここ  ここ五十年  ここ数年間映画  チョボリここ  ここ數時間  旅今ここ  神ここ  宿その子ここ  問はずここ  ここ春  才ここ  ここ数時間  今わたしここ  夜逃げ同様ここ  戦禍ここ  今晩ここ  ここ十数年  二時間以内ここ  最初ここ  夕方ここ  癖ここ  ここ一二ヵ月  晩ここ  路ここかしこ  ここ三年間  あすここ  ここ二三年  今一度ここ  のここ  お前さんここ  ひかりここ  事態ここ  万事ここ  為め今日ここ  當分ここ  ここ二ヵ月  先刻ここ  ここ何代  ここ四五日  ここ一寸  惜ここ  張本人ここ  ここ数十年来  ここ二十日あまり  ここ一年  ッつけここ  夏ここ  多くここ  體ここ  ホラここ  それぞれここ  寧そここ  ここ五  全部ここ  一切ここ  何日ここ  花そこここ  ひとりここ  2ここ美作  氣ここ  礎ここ  ここ病院  一念ここ  ここ数十分後  ココ宛  生前ここ  そこここの  六日ここ  火曜日ここ  異人南京ここ  今夜一晩ここ  候ここ  涙ここ  ここ数箇月間  ここさ  虎徹ここ  近来ここ  それここ  何年ここ  きょうここ  一通ここ  年ここ  三たびここ  これここ  ここでぶざま  ここ幾日  結果自らここ  ここ数ヵ月  統一ここ  ここ当分三十年  おじさんここ  毎会ここ  ここ消息  ここ六波羅  ここ数代  ここ石川  ここ古市  当時ここ  ここ二三日  敗残ここ  夜ここ  もとここ  ここ四五日間  ワザワザここ  一ここ  ここかしこ日  ここ市川  当日ここ  ッくにここ  ふだんここ  ここ三四日  数日ここ  ここ幾年  ここ一両日中  冬中ここ  目下ここ  ところここ  胴巻ぐるみソックリここ  チョックラここ  拙者ここ  暫らくここ  幸ここ  ここ笠置  ここ一角  ここ関東  すべてここ十日  みずからここ  ここ半月余  ここ百余日  さきごろここ  剽窃犯人ここ  ココ数月  ここ一週間逢  わしらここ  ここ数日らい  ここ連日  ここンとこ  ここ柳営  うちここ  ここ當分搜  明年ここ  花いばらここ  一族郎党ここ  拙者今夜ここ  高氏以下ここ  ここ海上  ここ伯耆  ここ二三年お客  ソラここ  本来ここ  ここ武蔵  永年ここ  ここ小梅  忠次ここ  只今ここ  付け根ここ  ここ七  文運ここ  ここ数日中  ここ千早  ここ隠者  刻ここ  同様ここ  聖日蓮ここ  ここへそー  ここ一つところ  万策ここ  ここ一点  ここ一ト息  ここ幾夜  ここ東勝寺  ここ鎌倉  たいがいここ  ここあたり  今度ここ  一昨年ここ  ここ十町  ここ忍沼  ここぞくぞく  ここ一ト月  こん夜ここ  ここ急速  じきここ  手前たちここ  そこここまばら  屹度ここ  ここ維康  ここ一週間余り毎日  あとここ  針ここ  ここ独特  ここ一番改革  一心ここ  ここ銭  あはれ全国そこここ  千代さんここ  名ここ  義貞ここ  ここ十数日  ここ数日それ  ここ幾日  ここ室  院宣ここ  ここ七日以内  ここ一門  ここ昼夜  ここ木曾  ここどこ  ここさっき  ここ天上  ぼくたちここ  ここ海ぢ  ここのち  つてここ  ここ海  かもここ  ここ博多  ここ一番  ここ長門  何処ここ  ここ数年来産金額  世運ここ  即日ここ  兵すべてここ  われら一族みなここ  ここ密  害賊ここ  ここ建設工事中  ここ南シナ海  ここ二日  評論家ここかしこ  大かたここ  朝晩ここ  夜間ここ  ここ吉野  ここ霊山  ここ六年  ここ数年前  ここ小康時代  ここ二十年位  先祖以来ここ  初期ここ  ここ十里四方  ここん  ここ安房  ここ一刻  ここ半歳  姉さん今ここ  ようここ  四士ここ  ここ位  御前ここ  米ここ  天意ここ  何年もの間ここ  家じゅうそこここ  ここ一両年  独ここ  三十分ここ  ここ勿来  思い一度ここ  決断ここ  一船ここ  ここ一二年  仏誕ここ  一言ここ  いま一人ここ  ここ一二時間  どこここ  邪宗門扉銘ここ  老眼鏡ここ  ここ肥前長崎港  アアわれここ  ここ白骨温泉  ここ数十里  ここ宮川  図ここ  そこここのちゃ