「ぐす」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ぐす[動詞]
歯がゆいほどのぐず  此處でぐず  アア、あのぐず  顔つきをしたり、ぐず  スッポリもぐす  小倉さんが少しぐず  から何かぐず  何をぐず  ッつけて、ぐず  篦棒め、ぐず  魔法ののみぐす  きらきらするのみぐす  のだ、ぐず  ア出せ、ぐず  がちにて、ぐず  塀もなく、ぐず  事だ、ぐず  淫事をしたよ、ぐず  んだ、黙っていろ、ぐず  知己は持たん、ぐず  新聞紙はいよいよぐすぐす  何時までぐず  事も出来ず、ぐず  禁を破らうとして、ぐず  一圓六十錢、ぐず  役らしいので、ぐず  おなかがはってねむたくなったとみえて、ぐすぐす  ぢや行きませうね、ぐず  京野等志は、もうぐず  鼻をぐすぐす  世を過ぐす  ものと思ひも知らで過ぐす  どっかでぐず  海人は過ぐす  ときはとてもぐず  郷里のぐず  料簡のぐず  何、ぐず  道草をくってぐず  碌に言わないでぐず  それが恐ろしくてぐず  ハナがぐすぐす  夫に又ぐず  自分のぐず  何かぐず  あいつ等がぐず  ような、ぐず  なつてゐたし、それにどうやら、ぐす  なつてゐたし、それにどうやら、ぐすぐず  何か、ぐず  家内にぐず  今、ぐず  彼もぐず  陽が高く昇るまで寝ていて起き、それでまだぐすぐす  中でぐず  眞玉もりぐす  



前後の言葉をピックアップ
グスターヴ・アドルフス  グスパルテンホルン  グスベリ  具する  愚図  弘通  グズグズイウナラ  愚図っ  ぐずっ  ぐずつい


動詞をランダムでピックアップ
翳るたぐいしゃちこ張りまがう取下げ阿るにおわせとりたてたべれ受流さ渡せるやみつい息詰り明け残っ付添い艷めか抜き出し滞るくれ擧げる
形容詞をランダムでピックアップ
さかしきさうなく明けれ悩ましまばゆきともく生新しく古し若き際どう好けれ後暗い柔かうきよし情けなく煩しきたならしかっ狭かろか黒