「くら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ くら[動詞]
今夜もくら  ものを捻くら  雨戸がくら  源吉にくら  形はくら  先生はくら  目もくら  ウルリックはくら  希望にくら  停電のくら  谷中のくら  根岸で下りる、くら  一つはね、くら  岡野へ寄ろうと、くら  ッそり出かけて、くら  俥を下りて、くら  熱たち胸もくら  抜裏の、くら  伴ふどち可笑しがりて、くわくら  候ははくら  のだから、くら  きりで、待てどくら  書捲くら  中もくら  一喝をくら  耕地さぼいこくら  大正三・二晩餐暴風をくら  博士はくら  猫又坂、くら  刺叉を引っ奪くら  手に引っ奪くら  豆鉄砲をくら  松は、くら  泡をくら  もんどりうってくら  犯人をもくら  おやじならば、いかにくら  入り口のくら  宵待草まてどくら  これでもくら  一段降りると同時にくら  肉をくら  下のくら  

形容詞

~ くら[形容詞]
はいくら  後でくら  凡クラ  薄ら寒いくら  

~ くら[形容詞]
雲のくら  何のくら  闇のくら  室のくら  朝駈けのくら  智慧のくら  峡谷のくら  

くら[形容詞]
くらさ  くら後  クラな声明  くら以外  

名詞

くら[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
くらをしてゐる  くらゐなら俺は却つて救はれるだらう  ぐらに凩をついて  くらになっていた  ぐらへ飛びこんでくれなかったら  ぐらに走  くらやきりうが滝へ身を投げる  くらゐなら竈の前でこき  くらな海上を東に向かって  くらな火薬のけむりとでもって  くらな海におちていく  くらはせたからでした  くらゐ上手にアラビヤ語を話しました  くらゐ歴史や自然科学に凝る  くらをしている  くらな夜になっていました  ぐらに青白い路を駆けて居ります  ぐらに駈け出した  くらな浜べにかけつけた  くらな部屋へおりていって  くらな夜になってしまいました  くらになりました  ぐらに三脚を据えつけて  ぐらが組んである  ぐらの上に立った  ぐらのある  ぐらの上にあがって  ぐらまで運び出して据えつけた  ぐらのわきを走り抜けながら  ぐらを指さした  ぐらが組んであった  ぐらから周囲の熱帯樹やお寺の建物にロープが張り渡され  ぐらを囲み  くらをしておりました  くらゐに私の希望をすべて快く容れてくれ  くらゐの信玄袋の口を開けて  くらゐ年が違うたが  くらゐの信玄袋を提げ  くらなまっくらなとこで一緒にまわりからのはげしい圧迫やすてきな強い熱にこらえて来たではありませんか  グラついて来ていた  くらゐ高くなって  くらゐのみ  くらなまっくらなとこで一緒にまはりからのはげしい圧迫やすてきな強い熱にこらへて来たではありませんか  ぐらに駈け出す  くらなこの漁村に昨夜おそく着きました  くらゐに君はおはすを  くらゐ時間がたつ  くらゐ囀りだした  くらに見えました  ぐらに立っている  くらになった  くらゐでせう  くら暗と雨との中をうす明く飛びすぎる  くらゐくるくるとはがれおちる  くらゐなら人心を動かさぬだけでも  くらに輝ききらめける  くらぶれば姿かたちいたくおとりて  くらな穴のようなものに変ってしまって  くらゐ云はれてゐる  くらゐな気持になつてゐる  くらゐの満酌の感を覚える  くらゐに繊細な役立をする  くらゐの現金があの村にある  ぐらを降りて  くらをしていると  ぐらを供へる  くらになっているから  くらな処に持って行けば  グラつきだす者が出て  くらゐの決意がないと言ひきれない  ぐらに北極へと突進して行く  くらをしたという  くらゐにくしやくしやと書けたら  くらをさせるなんて  くらゐにした  くらゐ大きくなったら  くらゐの事が判らない  くらゐ葦の密生する  くらゐにもだえなやみました  くらなくつたつて  くらはせた  くらひポカポカ僕を蹴つ飛ばしてし  ぐらに飛び去つて行く  くらゐ遊んで帰ると  くらゐあります  くらゐエネルギーが横溢してゐて  くらはし  くらな中に煙草のにおいとクチャクチャクチャとお行儀のわるい人のものをかむ  くらをやった  ぐらに僕の上に飛びか  くらゐ間違つてゐる  くらゐの間違ひは  くらするような愚をさけた  くらをやってたぜ  くらの地面におよいでゐる  くらな闇の夜も踊っていなければなりませんでした  くらゐ母さんには迷惑をかけてゐるか解らない  くらができないだけの  くらな床下の穴が見えて来た  くらな四角な穴は広がっていく  くらな宇宙に光の尾を引いて走っていきます  くらな外のあり  くらがしてみたい  ぐら昇りゆく  ぐらの上に立って  ぐらに疾風はまるで密集せる  くらいたしますささぶねさ  ぐらへ駈けのぼった  くらな空にダイヤモンドをちりばめた  くらゐのものを拵へる  くらゐ引合せて  くらと骨休めをなすって  くらかえっていた  くらゐにして  くらゐだらうかと逆に問うてくる  ぐらに走り去つてしまふ  ぐらに駈け出させたい  くらかえしていたが  くらかえしてストリンドベルグの小説を抜き出して来て開いてみた  ぐらに攻め入る  くらりと告白し  くらゐだつて申して参りました  くらになると  くらな原っぱへ出たりすると  くらな道をよろよろと走っている  くらな道を走りだしました  くらゐのことでその牛を殺してい  くらゐにしておいて  くらな穴の中にころがっていました  くらをしてゐた  くらゐにしか思はないらしい  くらになつてし  くらゐ積んでゐる  くらゐニヤニヤ笑つてゐる  くらゐになつてゐる  ぐらに駛つて行く  くらゐだから沍寒はきびしいのであらう  くらゐのお慈悲があるなら  くらをしてゐました  くらゐ引きつつてゐる  くらはせてやらうと  くらゐ私たちは生きられる  くらゐではびくともいたす  くらゐかすかに鼻の中でいつて  くらゐに鼻の中でいひました  ぐらに馳けだして行った  くらゐで喰べると  くらゐアッサリと電燈をつけて  くらゐ言ひ強めた  くらゐ真理にきこえてくるのよ  くらゐの冗談は誰の口にもありうる  くらゐのことはするが  くらをする  ぐらに駆け出して行くと  くらをしてみたくなった  くらをした  くらな造船所へどこからやってきた  くらなふかい海のそこに横たおしになってねています  くらでも出ます  くらゐおわかりになるでせう  くらゐの吹出物ができてゐた  くらゐある  くらゐ疲れて  ぐらに逃げ出して  くらにつけてあった  くらをしているからです  くらゐのすき間ができました  ぐらに北へ進みました  くらになっている  くらやあぶ  くらをつける  くらを作る  くらゐ澄んでゐる  ぐら付かせて乗つてゐる  くらゐ正しい批評をして見せる  くらゐは出来る  くらになる  グラつかせるだけで  クラもなにもしていない  くらゐだし  くらゐに綺麗に見えますよ  ぐらに走り去つた  くらでなんにも見えなかった  くらゐ残しました  くらゐをたべただけです  くらゐの格の人だといふ  くらゐの勢ひでした  くらをするより  くらな空をさした  くらをしながら  くらへば止めようと  くらゐは忍んでもい  くらゐ戸口に彳んで待つてゐても  くら有っても足りない  くらゐにすぎぬと  くらはすと  くらゐに彼等はもてた  くらゐなら何故喧嘩なんかしやがる  くらな丘の間まで遁げて来た  ぐらからレコードが鳴り響いて  くらゐあるかしら  くらゐの智識はもつてゐた  くらゐ風体が変つてゐた  くらゐ好いかしれない  くらゐに思つてゐたので  くらゐに叩くのに  くらゐいらいらする  くらゐ鳴らしても  くらゐに思うてゐる  くらゐにサツと染められた  くらゐの力は持つてゐた  くらゐになつて行つてゐる  くらゐほどのいもあとも残り  ぐらに馳せ去りぬ  ぐらの中程まで登つて来た  くらゐに思つてゐたが  くらゐ用立ててもらつてもい  くら暗の中になつかしいなつかしいお母さんの姿がありありと見えて来ました  くらゐな女はいくらでもあるだらう  くらなヒッソリした  ぐら付いて来ると  ぐら付いて来るではないか  ぐらに駆け降りた  クラ暗の中を見まわしている  くらゐ汽車や船に乘つたら行けるんでせう  くらゐか經つて約束の場所に着いた  くらもくらと蛇体みたいに天さのぼっての  ぐらを結えつけ  くらゐはっきりはしてゐないな  クラにのるという  くらゐの効果は充分にある  ぐらに追い駈けて行って  くらゐの進歩振りを見せて  ぐらに駈出してゆく  くらのいところだと評判していると  ぐらに武蔵は山沢へ入りこむ  くらゐのところであらう  ぐらに人間の存在を薙ぎ倒してゆく  ぐらに花散りて  くらゐの年輩になりますと  ぐらに一つの道を突き進む  くらゐ歩いては  くらゐにしよ  くらをなすっていらっしゃるじゃありませんか  くらめきあかりに幻燈のぼかしの青み蒸し  くらになるほど降って来て  くらな処に埋められた  くらな処に埋められたのでせう  くらなぞと嘲弄されては  くらゐの奴に成ると  くらゐ悟り得ない  くらをして  くらな簡易食堂があり  くらゐでは足りない  くらゐになるかな  くらな海の上を走りだした  くらな海中にひきずりこまれて  くらゐのものを書いて  くらゐにすべての物が整然としてゐる  ぐらを組みたてれば  ぐらを立てる  ぐらができると  ぐらから当番の川口もよびおろされて  くらゐの年配でもあり  くらとなった  くらな室内にとびこむと  くらな道を行くと  くらになってしまって  くらゐゐる  くらゐこの地球の小さいかと云ふ  くらゐ僕自身の小さいかと云ふ  くらゐ僕の阿呆だつたかを感じ  くらゐここにも罪悪や悲劇の行はれてゐるかを知り  くらに生えて  くらゐがせいぜいのところだらうと思はれる  くらゐな點にまで達する  グラつき出す  くらゐ生ま生ましい  グラつくのも気づかぬ  くらな海のこととてポチの顔は見えなかったが  くらに閉じこめられて  ぐらに一つの目的に突進した  くらゐの細かい枝を無数に目に見させ  くらゐに云つとけば  クラとしているだけに  くらゐになつてる  くらゐの女の子を抱いて  くら調べて見ようと  グラと奈落の口もとでかかとを踏まえる  くらなお庭の上につっ立って  グラつき出した  グラついた江戸城の礎を立て直すほどの  くらゐにしておけば  ぐらの床几に腰かけて  ぐらの上から声があったばかりである  くらゐ習俗と歩調を合せて歩いてゐる  くらをはずして  くらやくつわをはずして  ぐらで誰か叫んだ  ぐらの上に立っていた  くらへばといふ諺のせゐでは  くらゐなら小使になるよ  くらゐ素早く外套の襟の方へ走つて  くらゐ私の心も落ち着く  くらゐの義務は負つても好いでせう  くらゐに成ると  くらゐの間違ひの  くらかけつづきの  くらゐにしか見えない  くらだ太陽がくらくらまはつてゐるにもか  くらかけ山の下あたりでゆつくり  くらつと青く走  くらな森林のなか爬虫がけはしく  くらゐです今夜のやうなしづかな晩はつめたい空気は下へ沈んで  ぐらに東京へ着いた  くらゐそこらいっぱいひかり出す  くらかけ山の凄まじい谷の下で雪ものぞけば  くらゐまで冷たく味のないくらゐまで  くらな海に封ぜられても悔いてはいけない  くらゐ徐々として下から呑んでしまひ  ぐらの上へ両肱をのせて  ぐらの上に頬杖をついた  ぐらの上へ頬ずりをするほどに  くらでも眠れず  くらな島のまん中に高い高いやぐらが一つ組まれて  くらなものがいく  くらな孔がどほんとあいている  ぐらが一つ組まれて  ぐらの上のゆるい服の男は俄かに赤い旗をあげて  ぐらが夜のそらにぼんやり立っていました  ぐらが夜のそらにぼんやり立つてゐました  くらになつたやうに思ひました  くらな地平線の向うから青じろいのろしがまるでひるまの  くらつしゆといふ音が聞える  くらつしゆされた  ぐらの上のゆるい服の男はにわかに赤い旗をあげて  くらゐになる  ぐらの上へあがって  ぐらの上へ戻って行き  くらかえしている  くらをしたって  くらで来い  くらゐ抱き締めてくれたの  くらを見せられている  くらひこむ  くらな夜になつてしまひました  くらゐ倒れとは  くらゐの日記を殘した  くらゐ冷たさうに感ぜられた  くらがえをした  くらかえしてしまう  くらに御負けなどと云われると  くらゐお上手にお話申し上げて  くらゐのづば抜けた  くらゐそのまんま出てゐる  くらゐ甚だ遠まはしのあいまいな言ひ  くらゐに慇懃鄭重の物腰で御挨拶をなされ  くらゐに少くなつてしまひました  くらゐたくさん蟹が集る  くらゐ浅間しく  くらゐに衝と鮮かな色彩を見せた  くらゐまで飛ぶか  くらゐまで漲つて居るか  ぐらに飛んでゐる  ぐらに狂奔した  くらな畦道をまるで犬かなんかのように四ンばいになり  くらにして走る  くらであろうと思っていた  クラという名前が昔あったから  クラと呼んでいた  クラと原一つであると見て  クラがあって  クラは発生の時代がスズメより古いか知らぬが  クラが雀の啼声から出た  クラ暗の中で冴え返って行く  くらゐに思つてゐますと  くらゐの克己心はある  くらになっても帰って来ませんでした  くらな森の中へはいって  くらになったり  ぐらは建ち  くらまっていきました  くらな座敷へどんどんと上がっていった  グラつき始めた  くらな夜中だというのに  くらにあかりが消されて  くらなへやの中を折り紙つきの逸品でじっと見透かしていた  くらがさせる  くらゐならどうにでもなるが  くらゐに気を詰めて歩いた  くらなお納戸へ閉じこもった  くらな納戸べやに閉じこもって  くらにならない  くら走っていやがるからね  くらゐに思つてゐた  くらゐのことであらう  くらゐのことがわかるが  ぐらに野を越え  グラついて力が抜ける  グラついて思はずのめり  くら返した上にとろろでも打ちまいた  くらゐの気のつき  ぐらに帝都を襲ふす  くらにピストルを二ちょうさして  くらな恥と絶望に心がめちゃめちゃに打ち拉がれ  くらにする  くら暗に反響さした  くらゐはまだ輕い  くらゐヒッソリすると  くらだのって下らない事をしてさわいだ  くらゐ立派な透きとほった  くらゐなら自殺した  くらゐの餘裕があれば  くらゐに微笑してゐた  くらの後ろに乗せた  ぐらほどもある  くらゐの自信もついてゐる  くらゐでは歯の立たない  くらゐテキパキした  くらゐ始終にこにこと笑つてゐる  くらゐ年が違ふ  ぐらに奧の室へ駈込むと  くらをしましょうか  くらに敷く  ぐらに干した  くらをしたり  グラつき出したから  くらりと遁れる  ぐらの上を直ちに机にしつらえて  くらゐ着込み  くらん夢のような気がいたしました  くらゐ心を砕いた  くらゐに止めて  くらゐ徹底してゐる  くらゐ疎通を欠いてゐる  グラついて来た  くらと言つたつて  くらがえする  くらかして  くらをしていた  くらゐの裾を持つてゐる  くらゐにひどく肩が凝つてゐる  くらゐの割にして  くらゐに重い頭蓋骨を持つてゐる  くらゐ近づいてくる  くらやしきをかまえていました  くらやしきにおくってきて  くらやしきにつとめて  くらやしきにおくりこまれてきた  くらやしきにつとめており  くらになってしまいました  くらぼったい家は子供心にも堪えられぬ  くらゐ分つてゐた  くらな岩穴の中をくぐって  ぐらに駈け  くらゐなものにはなつた  ぐらの上にのせてしまった  くらゐの率の収入になる  くらゐ索然としますね  くら責めてぞ立ちたりける  くらゐの見分けはつくさ  くらゐのことの出  くらゐ弱々しく句尾のみを繰返して  くらをさした  くらゐ氣が付き  くら返している  くらにつけていました  ぐらに丘を駈け  くらでならくの渦をまいてゐる  ぐらに沖に向つてはしるではないか  ぐらに飛んできて  くらになって  くらでもしたくなった  ぐらに眼下の風景を突破し去つた  くらはした  くらゐに老けて見えた  くらひおちよぼ  くらゐな年頃になると  ぐらの高さとも劣らぬほどの  くらほくらと散り澄んで輝いてゐる  くらゐ話の筋を掴んだ  くらな風に乗ってくる  くらゐだらうといふ底深い悩みが漂つてゐます  くらゐ待つたの  くらゐにして置かう  くらゐ版を重ねた  くらゐに恋しくてならなかつた  くらゐなことは世間の娘の誰もがもつ  くらはしたで  くらする反抗を覚えた  くらゐ本当のことは或ひは  くらゐ普通のことのやうに思へた  ぐらに駈け寄つてくる  ぐらに走つて来る  くらゐの鮎をながめてゐた  くらゐたつたら治る  くらな晩にかすかな光がどこからかさす  くらゐ整つてゐる  くらにした  くらとなり  くらと無言の炎をみせる  くらゐだと思つたほどの若い女がゐた  くらばかりして  くらな森の様な気のする  くらな闇に迷いこむ  くらな絶望に心か閉され  くらな闇になった  くらな闇がひろがりました  くらゐたくさんお目にかか  くらゐどつさりあるとかいふ  くらゐいつも陽気に笑つてはしやいでゐる  くらゐの大きさになり  くらゐの汚点を認めて  くらゐの広大の場所が燃えてゐる  くらゐの広い座敷になつてゐる  くらゐの鈍く光る  くらゐの小さいお土産はありませんか  くらになり  くらゐいつも陽氣に笑つてはしやいでゐる  くらゐの汚點を認めて  くらゐの廣大な場所が燃えてゐる  くらゐの廣い  くらゐ可憐らしさの籠つた言葉でもつて  くらゐ降りこめた  くらゐに思へる  くらゐな論理は成り立つに  くら返されて  くら返された  くら返しては帳面に記入する  くらゐにわかります  くらゐびつくりした  くらゐになりませうか  くらゐの実力もあり  くらゐ気に入らな  くらゐ時が経つたらうか  くらゐ耄碌してゐた  くらゐな氣もちになれる  くらきいろなれば  くらゐでしたが何人にも悪い感じを持たれない  くらな実験室の中へしのびこんだ  くらな家にかえって行って  くらを先頭にして  くらの髪や舌舐めずりしている  くらは歯のない口を開いて  くらが占めている  くらの瞳の中に映ったり  くらの寝間に赴いた  くらの咽喉深くにグサリと押し込んだ  ぐらに動いてゐるが  くらゐに努力して  くらゐ一ぱいお酒がはひつてゐた  くらゐに嬋娟たる美女ではある  くら休んでいる  くらゐにして通りました  くらゐ遊ぶか知れないが  くらゐの程度で始める  くらな茶の間で長火鉢の前に坐り  くらな土の香の高い水気の多い土面の下の中に一寸出て居る  ぐらだと思ふ  くらはしてやる  ぐらに敵艦目がけて  ぐらに飛んで行く  くらゐ五郎兵衛の頭が上らなかつた  くらゐに始める  くらゐたまらん  くらゐ静かに出て来た  くらゐ仰むかなくては見えぬほど  ぐらに飛んで  くらつぼの  くらな空間をあてもなくただよっていた  くらへと鎮台に攻かけ居り  くらなほら穴のなかにずんずんはいって行きました  くらなテントがありました  くらゐならばすゝんで死を選べと  くらゐで話をつけようて  グラつかないものがある  くらぶれば何ぞ及ばん  くらぶれば噛まる  くらか羞かし  くらかえす歩き方を繰り返して行く  くらへる木この上にあり  くらはしむ  くらひしため夫アダムと共に樂園を逐はる  くらゐあるか  ぐらに壞滅の道を進む  ぐらに自己の貫徹擴張へと突進する  ぐらに突進する  ぐらに彼方へ突進する  ぐらに自己を主張する  くら返るという奇態な現象になりました  くらへるため禍ひを  くらひて罪を犯し  ぐらに開拓して行く  ぐらに電車が走  くらで分らない  くらゐ半島のやうに突き出た  くらにかくしてゐるでせう  くらもくらと足引の山路いとなぐさめ  くらしっくを保つてゆかうとした  くらしっくな  くらしっくに書いて居り  くらゐしづかにすぎていきました  くらひに凄ま  くらな小さな穴がありました  くらでよくわからないけれども  くらで山道を歩く  くらゐには書けないでせう  くらふべらなりたらの木の木の芽を摘むと  ぐら付いているぜ  くらゐ大きなハンチングをかぶり  くらもしていられないので  くらにくらて笑い笑い  くらゐにまでなつてゐた  

~ くら[名詞]1
矢張り夜と睨めくらを  これをくら  失礼に思はれるくら  酔ひ方をするくら  イナをやるくら  まつしぐらに  男がまつしぐらに  中はまつくら  女学校へあげるくら  やけどをして泣いたくら  んとくらは  人とかはらないくら  風変りなくら  組を分けて乗りっくらを  二人はまつしぐらに  懸念があるくら  外のやぐらに  材木でやぐらが  文字どおりそれはやぐら  三脚とをやぐらまで  カメラが据えつけてあるやぐらを  盆踊りのやぐらが  輪になってやぐらを  いのことくら  化け物が押しくらを  意外なくら  ものさへあるくら  考えがグラ  空へ届くくら  六銭銀貨のくら  街道をまつしぐらに  ことに気がついたくら  十善のみくら  PhilosophenWegと呼んでゐたくら  餘されたくら  カルタ遊びと切り離しては考へられないくら  今船やぐらに  目に見えないくら  部屋が足りないくら  ことを忘れてゐたくら  海が荒れるくら  気がするくら  扱はれるくら  外のくら  両国のやぐらや  ッしぐらに  のに気がついたくら  云つてるくら  音が聞えないくら  不思議に思ふくら  それが信じられないくら  つてゐるくら  思つてゐるくら  指導をしてゐるくら  話をしかけたくら  妾に起させたくら  歌どもに見くら  尻もちをついたくら  云はれすぎるくら  悲しみとするくら  説もあるくら  流行したくら  密着するくら  つても足りないくら  知つてゐるくら  口では述べきれぬくら  譯が解るくら  二つはひるくら  つてがつかりしたくら  三層楼のやぐらの  阿波守はやぐらを  天道さまと睨みっくらを  鏡を見直すくら  人身御供にあげるくら  願望が燃えるくら  ノルゲ号はまつしぐらに  ものだと思ふくら  心が傷むくら  一時間植物とにらめくらを  のか判らぬくら  机と睨めっくらを  浮と睨めくらを  何も解らないくら  もさはられないくら  風にとばされるくら  扇子をはなせないくら  顏を見合せたくら  神祕なくら  越後信濃にまで及んでゐたといふくら  やうに思はれないくら  蛇さへ溶けるくら  色も見えないくら  像がわかるくら  名前も書けなかつたくら  乳をはなれないくら  年はわからないくら  ことを忘れるくら  富士を思ひ出すくら  中腹までも達しないくら  ガンとくらは  中へめり込むくら  夜のくらや  夜のくら  何のくら  残つてゐるくら  支那人に劣らないくら  之を認めてゐるくら  うちをくら  研究をやらせてゐたといふくら  検束のしっくらを  餓ゑ死をするくら  やうだといふくら  論戦を開いたくら  壁にぶつけて押しくら  仕事もしてゐないくら  男も流しくらを  ときまつくらの  のか分らないくら  それはくら  人生と睨めつくらが  注意ですむくら  地獄のくら  街路樹と押しっくらが  鳶はましぐら  合羽を着てやぐらの  疾風街上をまつしぐらに  城のやぐらへ  目がくら  不公平なくら  此のくら  帶も見えないくら  言はれるくら  棒を放り込むくら  兄哥にしろといふくら  親分から見離されるくら  窓はまつくらに  妖氣が棚引いてゐるくら  ちよいと見たくら  合點が行かないくら  笑へるくら  言葉ができてゐるくら  のに驚くくら  気もせぬくら  人間といふくら  つて恬然としてゐるくら  きりをつけなければならぬくら  一方へまつしぐらに  吉良邸へまつしぐらに  羽織がいるくら  ことにかけっくらに  頭突きをくらは  腕時計と睨めくらを  手紙を書いてゐるくら  家根裏はまつくらにな  目が覚めるくら  小説文学が創り出されてゐるくら  向もあるくら  方さへできるくら  リンクなどがあるくら  不思議なくら  時計とにらめつくらを  停電でまつくらに  こともできないくら  違はぬくら  ピンタをくら  思つて感心したくら  國が有りますくら  落噺もできてゐるくら  ことがあるくら  説教をしたくら  これにくら  太郎は聞えるか聞えないくら  燒いたくら  投げやりなくら  不思議と思ふくら  無礼なくら  無理なくら  人だわと思ふくら  食つて行けるくら  正月は向うからやってくら  それを試してみたくなるくら  批評家もあるくら  唐突と思はれるくら  やうにならないくら  風呂屋で着かへて出てくるくら  三人がまつしぐらに  蕊を吹きくらを  ことを知らなかつたくら  仕事はいっくらでも  彼が感じたくら  やうなくら  目に見えるくら  氣味なくら  何んにも思ひ出せないくら  病気と睨めっくらを  烏の飛ぶくら  つてまつしぐらに  りっぱなくらを  体をぐら  不思議と思はれるくら  びつくりするくら  声を出すくら  シャリイ・テムプルを思はせるくら  これはクラも  思つてるくら  筆を荒ませるくら  言葉もあるくら  想像できぬくら  ことなさるくら  糸瓜と睨みつくらを  帳簿と睨めつくらを  霊柩車はまつしぐらに  世の中がまつくらに  茄子のもぎくらを  ちの実のくら  豆粒のくら  人たちもあるくら  づさなかつたと思ふくら  暗闇と睨めっくらを  恋物語りもあるくら  砥粉をくらへば  不自由なくら  話すらもあるくら  姉さんはくら  實彈が飛び出すくら  一ツ肩をくらは  待されるくら  世間にもてはやされるくら  餌にしようといふくら  広場のやぐらから  方面にあるかくら  今日まで忘れてゐたくら  んといはれたくら  見分けのつかぬくら  目礼するくら  何うかしないと近寄れないくら  了つたのだくら  誰か起きずにはゐられないくら  身も亡びるかと思はれるくら  歌はれてあるくら  のだらうと思はれるくら  ものだくら  不思議に思はれるくら  すゝめるくら  それとわかるくら  進物にはけしくら  走り行ってくら  挙動とを載せてましぐらに  ものがあるくら  後までも続いたくら  癖だくら  のを聞くくら  さを忘れるくら  美姫にくら  二組ぐらゐ充分出來るくら  來るくら  仮定がぐら  どん底からぐら  桑畑までまつしぐらに  血刀を提げてクラ  親類も呆れてゐるくら  くらもくらと  炬燵のやぐらを  つもりだったが思ったくら  乗鞍のクラに  ぴしりぴしりと叩いて廻るくら  研究といふくら  のに驚いたくら  驀しぐらに  薔薇と睨めっくらを  其冬を越したくら  基礎的知識を与へるといふくら  演劇科を設けるくら  主張したくら  さでまつしぐらに  癖汗ばんだくら  ひとり革鞄と睨めくらを  お断りをいうくらの  短文を書くくら  苦笑をもらすくら  城のやぐらに  俄かにグラ  了へるくら  勞力を費すくら  毒なくら  睥みっくらを  些と離したくら  日本人離れがしてゐるくら  信用がグラ  瓶と睨めっくらを  白昼もまつくら  雨戸を開けないで置くくら  どきどきしたくら  ひそかに考へてゐたくら  窮屈なくら  電車でまつしぐらに  やつてゐたくら  はりやぐらを  はりやぐらの  当番はやぐらの  嚔めをするくら  つたといはれるくら  どちらだか分らないくら  手づかみ出來さうに思へるくら  二人は睨めくらを  徳川幕府がグラ  殘酷なくら  面をすべるくら  籐椅子がグラ  實が見えるくら  背後のクラ  笑はれるくら  外が歩けるくら  呼吸をとめたくら  人もあるくら  口も利けぬくら  足迹を辿つて通れるくら  鎌倉といはれるくら  御名医方が見放すくら  顔いろにグラ  ことが出来ないくら  自分でも驚いたくら  門柱と押しつくらを  気にしてゐるくら  身のうへくら  云へるくら  楽天的とも思はれるくら  馬のくらを  馬のくらや  それにくら  汗を握るくら  城のやぐらで  流行しだしたくら  合はぬくら  夏がくら  毎日宿直をするくら  欠点をなほしたくなるくら  世界がひっくら  笑ひくら  なつたかならないくら  のはくら  南京鼠のくら  のだしくら  木立のぼせるくら  並樹をくら  白堊のまつくら  却つて暖かなくら  息もつけなくなるくら  針ここはくら  んべんくら  眼にも附かないくら  橋のやぐらが  丁度合ふほど稼いでゐるくら  云はうとしたくら  一ぺんにまつくらに  ときまつくら  汝はやぐらの  彼方のやぐらの  上向きにひっくら  それよりか駆けっくらで  芸子女中まで見惚れるくら  つて思うくら  背骨が折れるくら  癪なくら  文學を談ずるくら  追っかけっくらを  半分はくら  牛のくら  ことに結びつけて考へたくら  働きを引き離しては考へられないくら  木戸を飛び越えるくら  領したといふくら  筆頭にあるくら  創造にくらが  発見出来ないくら  気が引けるくら  山を掘っくら  蝉の捕りくらを  つてゐたらうと思ふくら  つて居られたくら  眼前に浮ぶくら  種になるくら  わけのわからぬくら  不自然に見えるくら  よみになるくら  数へるくら  笑はせるといふくら  書きあらはしになるくら  笑はれないくら  身振りを真似るくら  鼻と並ぶくら  摘草をしたくら  地響きを挙げてまつしぐらに  雀をクラという  これはクラよりも  小鳥全体をクラと  物いうクラ  シジュウと啼くクラというまで  沖縄にクラが  子供だなくら  語り合へるくら  二人にくら  天井と睨めくらを  幻影にくら  腹がたつくら  一歩手前で踏み止るくら  姉だかわからないくら  しんかんと響くくら  コンパスとにらめっくらを  いくつものやぐらは  二人集まると怒鳴りくらが  帰つて来るくら  汗を出すくら  ところでも散ってくら  四光とくら  疳がたかぶってくら  強化されてゐるくら  ハミでるくら  當ついたくら  緒についたくら  繪があるくら  二種だつたらうくら  想像するくら  一人物かと思ふくら  最大とするくら  ッしぐら  足許がグラ  相にグラ  そいつを散じようと心掛けてるくら  眼がグラ  ごみ箱をひっくら  勉強をしはじめてゐるくら  まじつてゐたくら  間のくら  血を煮えくら  雷落しや話しっくら  注意を惹くくら  枝も埋まるくら  それと分かるくら  舎人をくらの  城のやぐらほども  云ひ出して見るくら  光を受けたくら  発見するといふくら  これを認めてゐるくら  愛想なくら  人力車も這入らないくら  まごまごしてしまつてゐるくら  盡ましぐらに  馬のくらに  絵葉書の集めっくらを  習慣があるくら  土台からグラ  心配をかけるくら  通り薪割りをしてゐたくら  掃除をするくら  便所が寝られるくら  んだくら  石がぐら  壁のくら  気の毒なくら  先づこれくら  たんのうするくら  意味がわかるくら  舞台と睨めつくらを  国家的補助が与へられるくら  ものも出るくら  名も挙げてゐるくら  眼を転じつつあるくら  名があるくら  遺失すくら  共産党にくらが  お話にならないくら  レコードで覚えたくら  いくらでも書けるぞといふくら  のではないかとさへ思ふくら  滑稽なくら  者を騙くらか  機械と睨めっくらを  呼吸ができないくら  わたしをこよしがるくら  支へられないくら  觸れるくら  後者と比べられないくら  堂島にくらや  大阪のくらや  窓只一つのくら  冷やかなくら  ものもあるくら  戸数万戸に満たないくら  逆説をもちだしたくなるくら  顔をあげてゐられないくら  肩を小突いたりするくら  想像もつかないくら  ギヨッとするくら  めぬくら  彼等に見せてやりたいと思ふくら  なかにもみえてゐるくら  眼さへ感じないくら  坂径をまつしぐらに  ために作ったやぐらの  気がしないくら  羽ぶくら  一度も見に行かなかつたくら  帝大を出たてくら  のが見えるくら  仕事を探すくら  人生はまつくら  俺はまつくら  ちょッとばかしグラ  道樂で書くくら  陶と飲みっくらを  西洋人はゐないくら  つて候鳥がまつしぐらに  つてらつしやるくら  足のとりっくらでも  氣が着いたくら  雁首でくらは  枕でなぐり合って落としっくらを  やうに見えるくら  さうに思へるくら  金なんか取らないで見せるくら  飯をくら  出來るくら  みな喜んだくら  王様のやぐらの  女はすっくら  なかにほくら  手もち無沙汰になるくら  精がつきるくら  ことさへあるくら  欲望を制しきれないくら  雪が降つたといふくら  道に悩まされるくら  殆ど問題にならないくら  蔭口も聞えたくら  それをしそびれるくら  議場で読み上げるくら  ぺたの光るくら  火見やぐらの  涙をこぼすくら  さまにくらは  批判するくら  自分で死ぬかするくら  かしなくら  氣がするくら  先生が褒めてゐられるくら  方へまつしぐらに  野をまつしぐらに  埃が見えないくら  聞手になるくら  聴えてくるくら  さをかんじたくら  自分自身とは飽きるくら  隋書にも出て居るくら  不気味なくら  病院にも負けないくら  期待にくら  山径を歩くくら  焚火がはじまるくら  ことができるくら  結婚するくら  やうに出来てるくら  横にまつしぐらに  侑めるくら  しっぽとくら  毎日毎日嘘のつきくらばかり  内をくら  文句を書き入れてゐるくら  木石ではないかと疑はれるくら  ものにならぬくら  蓮葉なくら  つて畳二枚くらゐ敷けるくら  灰を撒いたくら  二十ほど寄せ集めたくら  怪我させたくら  溜息が出るくら  年上ではないかと思はれるくら  ふところにはひるくら  つて疊二枚くらゐ敷けるくら  予約をしたりするくら  廻はされて来たくら  気が咎めるくら  仕事ができないくら  ことをと思へるくら  吃驚するくら  目にも見えないくら  蠅でも唸つてゐないかと思はれるくら  樣なくら  わたしに負けぬくら  嬉し涙を出したくら  足は先走りして見えるくら  針孔が通らないくら  ことさへ知らないくら  露出するくら  嘲笑したくら  使つてゐるくら  言葉まであるくら  言葉さへあるくら  節もあるくら  山もまつくら  それよりも勝つてゐるくら  指し負かすくら  名称を生んだくら  男かと呆れるくら  言つたといふくら  うつかり忘れてしまふくら  どこにあらうかと思はれるくら  空虚なくら  ベルナアルが書いてゐるくら  捉まえて押しくらを  逢はせるくら  生命にくら  戰慄したくら  老い皺ばった教主のくらを  狙いを定めくらの  名所であるくら  通りにまつしぐらに  つて気障なくら  豊潤に驚いてゐたくら  握手でもしたくなるくら  西郷隆盛もかくやと思はれるくら  似合なくら  透きとほるくら  間ゆっくら  みんなまつくら  ほんとか知らと思ふくら  方向にまつしぐらに  最大傑作なりと叫んだくら  素通りするくら  内輪なくら  ことが出来るくら  姿を見せるくら  勘定も出来ないくら  唾を吐いたくら  ことも出来ぬくら  犬にも気がつかぬくら  ことも出来たくら  ことも出来ませぬくら  さうなくら  ましなくら  ちさうになるくら  叫び声をあげたくら  音も聞えぬくら  馬のくら  自分ながら呆れかへるくら  部屋にさしこんでいるくら  糞をくらへと  目にもつくくら  世界の駈けくら  洗しっくらを  身を任すくら  ひともグラ  いきさつも御座いましたくら  さまにくら  我等をくら  加味してくらへ  肉をくらへ  森のくら  上でひっくら  ときにくら  餌をくら  エーヴァのくら  水にくら  肉をくらは  火にくら  實をくら  云つて眼くばせをされるくら  他者へとまつしぐらに  誤解されるくら  皆で集まって読んだものの話しくらを  天がまつくらに  汝のくら  糧をもくらへ  音にくら  食物を貪りくら  果をくら  予言したくら  分野をまつしぐらに  意外に思ふくら  こはくなるくら  発表したくら  酒をくら  顔を覚えてゐないくら  奥に見えるくら  ものにならないくら  小繋まではもくらも  表面だけのくら  聯想を抱かせるくら  二羽一度にしとめるくら  何もきこえないくら  らを引つくら  指につくくら  油にいりてくら  攀ぢ登り取りてくら  耳に残るくら  手が考へられるくら  祖師と睨めくらも  文字とにらめくらを  のちがひくら  くらにくらて  思出すくら  やうやく通れるくら  のではないかと信じたくら  氣のつかないくら  彼女に信じさせたくら  

~ くら[名詞]2
珍しいくら  ぐらぐらぐら  このくら  どのくら  うるさいくら  いいくら  遅いくら  面白いくら  ないくら  同じくら  よいくら  寂しいくら  そのくら  多いくら  あのくら  惜しいくら  寒いくら  暑いくら  明いくら  怖いくら  おなじくら  ちょっとグラ  少しくら  とつぜんぐら  其のくら  フックラ  歯痒いくら  少しぐら  痛いくら  熱いくら  辛いくら  にくいくら  神々しいくら  ちらくら  勿体ないくら  少しグラ  いくらかくら  気味が悪いくら  可笑しいくら  せっせとくら  蒸し暑いくら  すこしグラ  どんとくら  一寸くら  強いくら  もの凄いくら  あまりにくら  なくくら  心細いくら  つたないくら  口惜しいくら  いつもグラ  今にもクラ  あついくら  幾分くら  薄気味悪いくら  ずいぶんぐら  其のぐら  長いくら  

複合名詞
クライブ傳  これくら  半年くら  くらがり  めくら  ソークラテスくら  それくら  却つて面くら  ゆくらゆくら  燈明くらがり  一體どれくら  クライブ  クラちゃん  めくら鴉  づまのやうにめくら鴉  ふつくら  くら山  クライン  くらやみ  くらはるよつて  類くら  上つたグラ  カマクラ  目くら鬼  何これくら  洗濯屋くら  一寸五分くら  其くら  庭くら  中くら  クラキン  時くら  上つたくら  真しぐら  ボンクラ  どれくら  張りつくら  はいちめんまつくら  面くら  くらッ  四枚半くら  二十歳くら  まじくら  ぐら柱  くら木の葉  くら風  目くら  くらひき  クラカウ  目くら千人目  二倍くら  九つくら  煙草錢くら  人間くら  かけくら  位めくら按摩  遊びくら  猟くら悲誌  猟くら  ぐら下宗七宅  ぐら下  ぐら下宗七  凡クラ  らめくら  あちこちめくら  八代義政くら  時代くら  伊達氏くら  くらふたけた  くらつて  仲裁くら  クラレット  イスクラ  くらびょう  くら三宝  くら戸  平均どれくら  引ッくら  ダンサアくら  彼くら  一言くら  ナマクラ者  くら闇  くら闇の  ッくら  凡くら  まつくら  風邪くら  日本人くら  鳴きくら  今度くら  鶏くら  くらア  高みくら此世  二人くら  五分くら  十年使つたくら  半分くら  転換くら  くら饅頭  音楽家クラバック  クラバック  クラヤミ  一私くら  クラデル氏  クラデル博士  クラデル君  クラデル様  クラデル先生  蟻くら  国民くら  クラキチ先生  腰弁くら  雲くら  クラバック君  クラバック自身  ゆうべクラバック  五石くら  日本くら  一つくら  八人くら  あれくら  笑つたくら  一間くら  凡くら諸侯  思つたくら  くらつて逃走  つたくら  執行猶予くら  ボンクラ署長  俄雨くら  くらつて矢庭  熱くら  君くら  倍くら  平生くら  一人くら  一年くら  ときくら  凡くら相手  くらら  くらら鳥  さきまつくら  クララ  ナマクラ  ナマクラ千万  牝牛くら  ビスクラ  めくら壁  五貫目くら  小鳥くら  煙草くら  歯刷子くら  四十歳くら  八くら  三つくら  直径二分くら  ちょッくらもち  くらがり坂  くらやみ坂  七くら水  屋ぐら  合はんくら  くらかげん罪人  睥めくら  ぐら造りの  廿五年ぶりくら  つてひつくら返しひつくら返し  私くら  初版二千部くら  五度くら  一夜くら  消息くら  百五十円くら  役くら  ビイルくら  ままくら  一足クラヤミ  満山クラヤミ  一時間くら  ぐら付き  クラウド  クラウド号  ナマクラ手口  大体ひと月くら  イスクラ編集者  巴里くら  デモクラ  くら橋  五枚くら  二尺くら  めくら扱い  クラわせ  くらやみ路  一目くらやみ  酒くらつて酔つて  常住くらやみ  是くら  二箇月くら  此くら  十歳くら  八仙くら  マイナスくら  八十仙くら  一ヶ年三萬圓くら  壁くら  芋くら  ちよツくら口  ぐら黄  背くら  くらつた  女一人くら  十日十五日くら  糞くら  知つたくら  ぐら新田  あなたくら  南圃さんくら  五分四方くら  一丈くら  ッくらヤミ  ボンクラめ  月くら  面くらッ  判つたくら  上州無宿くらやみ  深川はやぐら下  日くらしな  クラワシ  股くら毛  めんくらつて  くらべり  ちょッくら往ッ  一ヶ年くら  一度くら  ぐら梯子  ぐら組  ぐら武者  ましぐら  うたくら  月ただくらがり  ボンクラ性  あなぐら  めくら星  くらかけ  ためくら同様  くらぁに  くらぁ  一センチくら  五十銭くら  一メートルくら  風ぐら  地くら  ボンクラ大名  三寸くら  グラ付き初め  自分くら  三月くら  ボンクラ共  のちくら  くら持ち  十銭くら  真田股野くらがり  三通りくら  昨日三十貫くら  一日十挺くら  三日目くら  三百トンくら  二十人くら  二時間くら  断片くら  事くら  相手くら  怪我くら  ものくら  同類くら  台所くら  はめくら  ハマクラ  くらッくらッ  ちょッくら  嫌ひなくら  いくつくら  そうくら  めくら千人め  めくらあんま  くらむあっしじゃござんせんよ  土橋くらさん  五寸四方くら  くらお出まし  一二分くら  三十分くら  四號くら  實驗くら  印刷機一臺くら  美濃四ツ折くら  武家くら  浦賀奉行配下拾石五人扶持くら  十日間くら  プーチヤチンくら  十年くら  後妻クラ  八分目くら  一尺くら  一月くら  クラウド谷  クラウド河  クラウド氷河  三歩くら  ボンクラ作家  一生五十年めくら  刃くら  くらびとがくらんどとなる  クラ闇  すみれくら  家賃三十円くら  ことくら  込くら  眼くら  面くらつて  玄關くら  作品くら  芥川さんくら  一晩くら  五十歳くら  二百年くら  十年以来くら  十五町くら  そら豆くら  四斗樽くら  くらひだつたの  クラアク  ここでぶッくら  芸術くら  笑いくら  わかめくら  しき家くら  フツクラ  グラつき  くら加減  火繩銃くら  出しくら  三十目くら  八十四度くら  三十度くら  二十枚くら  六十歳くら  三十歳くら  百円くら  三度目くら  シャッタアくら  目くら縞  さくら  怪物くら  ゆくら  つてくらア嘘  複雑くら  くらおの  ッくら闇  くら葉  くらはん  あん餅くらはん  酒くらはん  ようくらはん  造つたくら  着物くら  斯奴くら  ふつくら盛り上  五へんくら  梅狸坂くらやみ坂  狸坂くらやみ坂  三日三晩くら  幾日くら  二日くら  二十圓くら  クラシ  油びかりする目くら縞  めんくらつた面持  めくら千人  くらぁくらの二里  ピアノくら  一畦くら  酒くら  葉くら  くら野郎  鉄砲ぐら  偽目くら  クラバットがわり  三十一首くら  めくら婆さん  朝飯くら  商売仇きのボンクラ探偵  ボンクラ刑事  作家くら  画的経歴くら  張つたくら  重役くら  五倍くら  めんくらつて立ち  一ぺんくら  三日くら  四つくら  十五六本くら  大腿くら  二尺四方くら  十日くら  魔くら  しぼくら  警報くら  瘤くら  つて畳二枚くら  桶屋くら  百万山くら  百尋くら  方くら  身長二尺くら  つて疊二枚くら  百萬山くら  くらさんぼう  女将くら  一時問くら  二十分くら  何丁くら  十篇くら  牧師くら  泥棒くら  インディアン・ラジャ・めくら  クラコウ大学  底くら  ひまくら  花ひとりみつつや春日くら  丹生川くら  言葉くら  一中隊くら  まつくらやみ  一面これくら  人生まつくら  三里くら  里くら  ボンクラ学校  教主くら  くらい怖ろ  千軒くら  四百メートルくら  三倍くら  十分の一くら  紙一重くら  五百五十年くら  土地くら  綾足くら  二十年振りくら  三メートルくら  幅一尺くら  人口五千くら  何年振りくら  三十年振りくら  現在人口五千くら  十畳くら  小屋くら  四千くら  人口二千五百くら  似合ひなくら  五十くら  間口三間くら  十分くら  事実くら  くらさん  くら玄関  とめくら  ヴェネチア滯在中くら  ぐらッぐらッ  三分の一くら  ぐら芝  一発くら  文庫ぐら  三冊分くら  紡錘くら  一樽くら  十五分くら  五十台くら  ひつくら  平手同志くら  さ五分くら  半めくら  妙くらやみ  大概それくら  デモクラ式男女関係  デモクラ宣伝  大々的デモクラ行為  二十くら  十色くら  クラリス  百圓くら  一圓くら  三時間くら  菓子折くら  クライブ伝  クラヤマツミ  五六くら  七〇くら  ボンくら  足軽くら  クラシイ  一町くら  二十軒くら  瞞くら  死くら  びツくら  クラリスさん  難波くら  くらお願い  酒くらつて  



前後の言葉をピックアップ
倉繁  くら    刳ら      暗ます      


動詞をランダムでピックアップ
見すかし骨折っ助けるねらわれ引去る干割れさとり愛せ滅入りひけん投げ捨てよひっ掴む泣きわめく語れかこ干さ習わせ預かっ似せかき消し
形容詞をランダムでピックアップ
あつかっ分厚かっ可愛く勿体らしい女々し頼もしき美味くしげかっ事新しゅうまずう忌いましい深けれちっちゃ揺るぎないすさまじかっ真新しい委しい気味が悪かろもの悲しく