「くずれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ くずれ[動詞]
天地がくずれ  扉口へくずれ  封建的権力がくずれ  最後にやけくずれ  家がくずれ  決心はすっかりくずれ  線状にくずれ  土煙をあげて、どっとくずれ  空間がくずれ  縁端にくずれ  そこに泣きくずれ  髪のくずれ  大聖堂はくずれ  おもしろそうに笑いくずれ  ペッチャンコにくずれ  なごやかにくずれ  繻子鬢のくずれ  女の、くずれ  砂がくずれ  位相が著しくくずれ  下でくずれ  ようなくずれ  雲のみねは全くくずれ  トンネルがくずれ  横に坐りくずれ  膝へ泣きくずれ  米は、たぼのくずれ  ようにくずれ  見事にくずれ  原形がくずれ  今俄然としてくずれ  みじめに歪みくずれ  花かとばかり泣きくずれ  私のくずれ  軒がくずれ  岩は泣きくずれ  一部がくずれ  入口は半くずれ  ヘタヘタとくずれ  軒はくずれ  全面でくずれ  賊は、乱れ立って一方へくずれ  垣もくずれ  崖がくずれ  職人を呼んで、くずれ  身がまえがくずれ  本陣へ逃げくずれ  ときは、くずれ  土がくずれ  顔がくずれ  土のくずれ  言つて、くずれ  大地がくずれ  計画はくずれ  庭にくずれ  めちゃめちゃにくずれ  壁がくずれ  かげもなく、くずれ  はしから煙になって、くずれ  造作がくずれ  しなやかにくずれ  崖はくずれ  ために、焼けくずれ  重みでくずれ  ようにもろくもくずれ  トレモロが流れ、盛り上がり、くずれ  形のくずれ  雰囲気がくずれ  生活安定の見透しがくずれ  自然にくずれ  権力がくずれ  社会がくずれ  長安へ逃げくずれ  二十里もくずれ  形がくずれ  信仰故にくずれ  ように、くずれ  変なくずれ  味方がくずれ  ように見る見るくずれ  前にくずれ  感激してまた新しく泣きくずれ  地上にくずれ  風でくずれ  生活がくずれ  ばらばらにくずれ  土がぼろぼろとくずれ  中にくずれ  暑気に蒸されながらくずれ  顔は見る見るくずれ  一時にくずれ  穴ぐらは時々くずれ  ためにまったくくずれ  端が、巻きくずれ  ボロボロにくずれ  鐘楼がくずれ  プラットフォームはくずれ  方にくずれ  大正女流は、くずれ  全部で、くずれ  家のくずれ  地震でくずれ  天地のくずれ  城もくずれ  輪郭もくずれ  彼女は、乾きくずれ  海水にくずれ  後らしく着くずれ  亡骸をかき抱いて泣きくずれ  壁のくずれ  バルブレンはくずれ  土塀もくずれ  石垣のくずれ  石炭がくずれ  根がくずれ  ふく毎に、ばらばらくずれ  だんだん身体がくずれ  顔と着くずれ  生活のくずれ  石垣が少しくずれ  崖もくずれ  建物全体がくずれ  新聞紙はいよいよぐすぐすにくずれ  旗本のくずれ  桃代はくずれ  藁屋根がくずれ  房枝は、とうとう泣きくずれ  今ほどくずれ  徴組のくずれ  から髪のくずれ  人数がくずれ  荘園制度がくずれ  宴もくずれ  一切が既にくずれ  花は歪んで、しぼんで、くずれ  道楽息子のくずれ  儀式のくずれ  体勢のくずれ  皺とが、少しくずれ  自信がくずれ  へんに時々くずれ  結束がくずれ  みな焼けくずれ  労働組織はくずれ  火には決して焼けくずれ  群集のくずれ  意志のくずれ  叫びかけて泣きくずれ  輪郭がくずれ  型のくずれ  手勢のくずれ  一陣のくずれ  二陣三陣のくずれ  顔のくずれ  線がなよなよとくずれ  宴会はくずれ  お日待ちがありますんで、そのくずれ  お日待ちのくずれ  さいぜん男衆が言ったな、くずれ  行燈の光りはくずれ  相撲のくずれ  それがだんだんとくずれ  戦意はくずれ  都へ逃げくずれ  敵は逃げくずれ  味方のくずれ  桟敷百十間がくずれ  半分ばかりが、くずれ  下にくずれ  だらしなくくずれ  ように泣きくずれ  手をとって、泣きくずれ  姿勢もくずれ  鹿の子は、少し寝くずれ  場所で出遇って笑いくずれ  水門がくずれ  線はくずれ  衣紋は着くずれ  面持を見つめていたが、やがて泣きくずれ  総くずれにくずれ  姿はまだくずれ  石垣やくずれ  姪まで笑いくずれ  顔が、ぼやぼやとくずれ  壁はくずれ  制度がくずれ  物がくずれ  泥もくずれ  聞こえるが、くずれ  堤がくずれ  土塀のくずれ  規律のくずれ  東南のくずれ  口元がくずれ  痕もあり、くずれ  何もなく、くずれ  穴がくずれ  下がくずれ  塀のくずれ  ものは存外くずれ  胸にくずれ  姉妹山であるばかりでなく、そのくずれ  頭上にくずれ  雪がくずれ  垣がくずれ  腕に泣きくずれ  がた崩れに、くずれ  三本ヒョロヒョロと立って、くずれ  地面に居くずれ  衣紋はくずれ  人のくずれ  横ちょへはさんで、今にもくずれ  なかへどうとくずれ  溝渠がくずれ  磯五は、泣きくずれ  津浪がくずれ  バランスがくずれ  音をたててくずれ  まま、がっくりくずれ  ところにくずれ  顔中が、笑まいでくずれ  上にくずれ  優美に泣きくずれ  ような大くずれ  膝がくずれ  形式ばった茶話会がくずれ  生け垣のくずれ  崖のくずれ  畠のくずれ  デモのくずれ  薬指とがくずれ  あとながらつゆくずれ  屏風が段々くずれ  それから形のくずれ  艦隊はくずれ  上に泣きくずれ  少女は泣きくずれ  型はくずれ  ものを着て、くずれ  かたのくずれ  海面がくずれ  なかばはくずれ  岩がくずれ  岩のくずれ  取巻き志士団のくずれ  岸はくずれ  櫓がくずれ  築地のくずれ  予定は次々にくずれ  姿が、くずれ  塔はくずれ  ダム全体がたちまちくずれ  天地はくずれ  灰がぽとりとくずれ  ため息をつきながらくずれ  路が酷くくずれ  こちらは、着くずれ  束髪がくずれ  着物のくずれ  横ずわりにくずれ  だんだんへんにくずれ  上へべたりとくずれ  足がくずれ  山はくずれ  雨とに濡れくずれ  上へくずれ  声をたてて泣きくずれ  ものが、くずれ  ワッと泣きくずれ  石はぼろぼろとくずれ  山がいつもくずれ  それをくずれ  信用がくずれ  から聞くとくずれ  どろどろに煮えくずれ  三栖紙は白くくずれ  正体もなく泣きくずれ  花はしぼんでくずれ  いくつにもくずれ  あたりだの、ついじのくずれ  実習服を着て、くずれ  それがくずれ  形はくずれ  小さな木標と、くずれ  壁土がくずれ  拍手にくずれ  関ヶ原牢人のくずれ  足を退いてくずれ  入道雲がくずれ  日ごとにくずれ  椅子にくずれ  装幀がくずれ  上に行くに従って、きめが荒く、さわったらぼろぼろとくずれ  室町幕府のくずれ  私は微笑みにくずれ  襟元がくずれ  花びんがぶつかりあってくずれ  波は、くずれ  かたまりが、くずれ  甲板にくずれ  砂をもりあげて、くずれ  自信はくずれ  祝辞ぐらいで、わけなくくずれ  姿勢がいくらかくずれ  ためにくずれ  かけらがくずれ  座にくずれ  力もくずれ  場へくずれ  中にどっとくずれ  もやもやとくずれ  響きを立ててくずれ  八木は、くずれ  普通のくずれ  ギザギザにくずれ  岩はくずれ  顔を埋めてさめざめと泣きくずれ  型もくずれ  焦点がくずれ  うつ伏しながら、よよとばかり泣きくずれ  しろに従えて、そしてふりかえりふりかえり、泣きくずれ  男泣きにくずれ  忍び音に泣きくずれ  安部は酔いくずれ  枝の折れと、そのくずれ  生けがきのくずれ  形こそくずれ  髪がくずれ  馬全体がくずれ  骨が落ちてくずれ  肩に落ちくずれ  一点が、さっとくずれ  髪はくずれ  証拠固めがくずれ  声をおとして、くずれ  声が、くずれ  物像はいつもくずれ  重合したぼやけくずれ  粉々にくずれ  それっきりひそと泣きくずれ  場に泣きくずれ  夢はくずれ  ようで、かべのくずれ  いつまでもいつまでも泣きくずれ  あとは、くずれ  いまにもくずれ  消防手がのりこんでくると、そのとけくずれ  どろどろにとけくずれ  蒼ざめ形のくずれ  ようにもろくくずれ  焼失しかけたとか、全く古くなってくずれ  城がくずれ  窓下に座りくずれ  ギルドのくずれ  それが変り、くずれ  燦き立ち、やがて、くずれ  一画一画がくずれ  なみがくずれ  まま、くずれ  袖はまたふと泣きくずれ  近頃はくずれ  もっと形のくずれ  以前よりくずれ  浪のくずれ  そこへ、着くずれ  竹窓もくずれ  牡丹冷やかにくずれ  文字もくずれ  字の平たくくずれ  膝小僧がくずれ  石垣もくずれ  あめ風にくずれ  地獄から出て来られた、もう死んでしまって、朽ちくずれ  満足に焼けないで、とかくに焼けくずれ  石垣がくずれ  塩をぬりつけて焼けば、くずれ  枝ぶりにもくずれ  惨めにもくずれ  風雨にうたれてくずれ  



前後の言葉をピックアップ
葛湯  九頭竜  九頭竜川  崩れ落ち  崩れん    崩れ  崩れ  崩れよ  崩れれ


動詞をランダムでピックアップ
うばっまなばひきこもっ召抱え発すれ賭けはりあい限りくずれる扮せ洩る出歩こもたせれ浮かされる織り成す卸せ捩じら荒し回り呼ばわり怖がる
形容詞をランダムでピックアップ
貧しけれたけだけしくていたから四角いこげくさい要心深長き善けれ物すさまじいつつがないすべっこくよわよわしうらやましいめんどくさい愛し羨ましい強けれ遠白し泥深あやうく