「がっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ がっ[動詞]
ように可愛がっ  昨日一日ですっかりできやがっ  自分を認めたかもしれないと可笑しがっ  人を恋しがっ  女房はうれしがっ  想像してはなつかしがっ  ほんとうに悪るかっ  由公は脆く死にゃがっ  野郎怖じけりゃがっ  たっぷりあるがっ  ぱと嬶とばくみっこすりゃがっ  胸に当てがっ  しんから可愛がっ  羞明しがっ  私は悔しがっ  ようにして可愛がっ  屹度欲しがっ  初こそ悔しがっ  様に尖がっ  家で可愛がっ  あれは大方苦がっ  余りポチばかり可愛がっ  彷徨してやがっ  冷りとさせやがっ  胸を叩いて苦しがっ  邪魔に来やがっ  撞着りたがっ  何だか切りに嬉しがっ  私に会いたがっ  石をほうりやがっ  やあ逃げやがっ  四合目にがっ  使用しやがっ  もんだから、困りやがっ  休憩にしやがっ  頭を刈りやがっ  退校されやがっ  面あしやがっ  畳についた、がっ  インバネスを着やがっ  妹から銭を取りやがっ  畜生ッ、うまくやりやがっ  頭をかっ  娘は嬉しがっ  間を悪がっ  時お前は嬉しがっ  身だから、きっと宜かっ  力で追い散らして先ず宜かっ  生活は煩わしがっ  手足をかっ  地面に蹲りたがっ  あなたに可愛がっ  こいつひとを舐めやがっ  同情したり、恐ろしがっ  ひとを騙しやがっ  児はがっ  警戒兵たちがいまいましがっ  怪我をしやがっ  持ち逃げしやがっ  精神でかっ  他人の気に入りたがっ  寝込みを踏み込みやがっ  真正直に打つかっ  平素それを欲しがっ  詰所へ退がっ  中に入れるほど可愛がっ  中屋敷を退がっ  海中へとびこみたがっ  いってきやがっ  ことをまず聞きたがっ  ニュースを知りたがっ  一刻も早く知りたがっ  詳報を早く知りたがっ  砲口はひくくさがっ  和智君が帰りたがっ  いつまでも可愛がっ  人だと大層くやしがっ  スキー家達もぜひ知りたがっ  ものを見たがっ  それを待ち遠しがっ  伯父さんで、めんどうくさがっ  父が、可愛がっ  自分に会いたがっ  争いをうれしがっ  かんぬきをかっ  とき、どんなにうれしがっ  ように息ぐるしがっ  しろへさがっ  妻君と会わせたがっ  本を欲しがっ  目にかかりたがっ  それが悪るかっ  紫がかっ  僕が悪るかっ  鍵をかっ  人見が送りたがっ  柿江は本当に恐ろしがっ  奴が来やがっ  奴がたくらみやがっ  趙は可愛がっ  傍から可笑しがっ  脊の短いがっ  手をやかせやがっ  これを忘れ得ないほど堅く刻みつけたか、すれば宜かっ  ソヴェト市民が欲しがっ  珍らしがっ  それに酔って嬉しがっ  下へさがっ  弁護士になりたがっ  それをひどく可愛がっ  お前があんなに可愛がっ  供をこんなに可愛がっ  独りでこっそり歌っていたが、恥ずかしがっ  ピタゴラスの定理に打つかっ  面影を知りたがっ  英をひどく可愛がっ  姉さんが、可愛がっ  だって怨みをかっ  のぶ子は、どうかして、そのかわいがっ  頃から可愛がっ  間が悪るかっ  のを、もどかしがっ  タバコを欲しがっ  何を欲しがっ  円味がかっ  脇の下へかっ  内側から閂をかっ  内から閂をかっ  おのれらよくも疑がっ  内陣へ入りたがっ  色気なんか出しやがっ  童貞さまたちが、可愛がっ  誠一に会いたがっ  火打ち石でかっ  母親の悲しく追ひすがっ  今頃来やがっ  藁しべに引かかっ  卒業しやがっ  罪悪を犯したがっ  何だか霞がかっ  私にかっ  とおり惜しがっ  マティルダは作りたがっ  人見知りして恥ずかしがっ  しろにさがっ  エス様もよろこんで求めかつ  天香さんははがゆがっ  非常に可愛がっ  いじわるくからかっ  二人づれで来やがっ  それをくやしがっ  ものを出しやぁがっ  のを、たいへんつらがっ  綱にさがっ  だれも恐しがっ  めにあわせやがっ  青江を殺しやがっ  結論になって引き退がっ  理想的に描きたがっ  味がどうも出たがっ  ことをいって、うれしがっ  おなかが痛がっ  慾しがっ  みんな懐しがっ  言葉をほしがっ  私を愛しがっ  これしか当がっ  色のかっ  玉をかっ  三等切符をかっ  コントがめっかっ  ガランスのかっ  情夫になって可愛がっ  納豆を持って来やがっ  勢いをかっ  跣足になりたがっ  機会だったと今更口惜しがっ  教員になりたがっ  商売をやりたがっ  こ顔を出しやがっ  名前をつけやがっ  眼をしやがっ  手エ出しやがっ  高等学校まで行きやがっ  電話を掛けさせやがっ  うつつを抜かしやがっ  時可愛がっ  ところで停めやがっ  監督とくっつきやがっ  ことを言いやがっ  から、えらい淋しがっ  目に会わせやがっ  構へんかっ  ほんまにやり切れんかっ  言やがっ  所へ出てきやがっ  のませやがっ  目明し根性が出やがっ  ものがほしがっ  めえ、痛がっ  大飯ばっかり喰いやがっ  こと吐かしやがっ  俺が、黙っていられっかっ  野郎きやがっ  変に作り替えやがっ  ことを教えやがっ  食べ物などをやって可愛がっ  証拠を掴みたがっ  ほんとうにおぼえがあれば必ず会いたがっ  永遠に烹られて、痛がっ  のを、また嬉しがっ  それをうす気味悪がっ  それを欲しがっ  声をきいては互に気味悪がっ  待つまも、もどかしがっ  みんなは見たがっ  いまさら感心したり、うらやましがっ  ことをしやがっ  一人娘をそんなにも可愛がっ  佐和子がおかしがっ  のを嬉しがっ  声を出して嬉しがっ  判断して貰いたがっ  不釣合ながっ  男の子はほしがっ  腰にかっ  花をながめてうれしがっ  突んがっ  行衛を晦ましちまやがっ  嘘を吐きに帰りやがっ  面をしやがっ  船が沈んだなんて云いふらしやがっ  頭に当てがっ  歯噛みをして口惜しがっ  言葉を聞きたがっ  母となりたがっ  口から引出したがっ  ところにかつ  腰を振りして、尖がっ  自分をも、よく育て可愛がっ  海を恋しがっ  姿が変わっているので、恥ずかしがっ  こないだうなぎをぬすみやがっ  一匹ぶんぶんいってやがっ  何してるかっ  ん、すっとこ、がっ  通りがかっ  下へかっ  クッションを当てがっ  献立を見たがっ  枝に引かかっ  物を欲しがっ  心臓を苦しがっ  彼が跨がっ  職人の跨がっ  錠はかっ  顔をみたがっ  其処らに引かかっ  ものでがっ  発見してひどく嬉しがっ  ペン画を嬉しがっ  一番欲しがっ  噂ばなしをしきりに聞きたがっ  所へ帰ってきやがっ  旅川周馬が可愛がっ  たいをついて逃げやがっ  しまやがっ  たくさん可愛がっ  女湯覗きをして行きやがっ  食らやがっ  吹ッかけやがっ  腹の中では悲しがっ  ピンハネをしてやがっ  酒だしのかっ  署長が吊られて苦しがっ  極り悪がっ  史料を信じたがっ  君の信じたがっ  部屋へさがっ  日から彼を気味悪がっ  みな歎息して嬉しがっ  腕枕をかっ  隙さえあれば逃げたがっ  こっちを睨みやがっ  僧侶に逢いたがっ  ひと足さがっ  頃は宜かっ  大変に珍しがっ  娘っ子たちに会いたがっ  翼をかっ  眼がかつ  場を引き退がっ  くよくよしたり、嬉しがっ  腰をかけながら知りたがっ  ふだんいじらしいとは思いながら、一層歯痒ゆがっ  陽気に暑がっ  ことを訊きたがっ  事件から遁れたがっ  何かに罹かっ  顎十郎を見ると、うわあ、と躍りあがっ  私に逢いたがっ  桝落しにかけやがっ  なにを覚らせたがっ  ひとをこけにしやがっ  御神灯のさがっ  口へ当がっ  女は薄気味悪がっ  男はいまいましがっ  ことをやりやがっ  目を覚まして、どんなにさびしがっ  番頭、がっ  番衆はうるさがっ  みな懐しがっ  格さがっ  格式はぐっとさがっ  氷をほしがっ  骨がくだけて痛がっ  長作氏は、ほしがって、ほしがっ  のだから、うんとほしがっ  ことがないのに、くやしがっ  子供を可愛がっ  時化でもくらいやがっ  ねずみがかっ  スッ飛んで行きやがっ  どっから持って来やがっ  ノソノソ出て来やがっ  考えやがっ  どこへ行きやがっ  ことをして持って行きやがっ  方法でやりやがっ  祝儀酒を狙うまでにさがっ  始めやがっ  気になりゃがっ  手で浚っていきやがっ  初めやがっ  僕達に話しやがっ  大阪へ来たがっ  くせにしやがっ  ソロソロ機嫌を取ってきやがっ  鼠薬を舐めさせやがっ  毒を呑ませやがっ  一心に捕まえたがっ  計略をかけてきやがっ  食やがっ  おはもじながらと来やがっ  真似をしやがっ  じだんだを踏んで口惜しがっ  コレ宅助と来やがっ  ぇッ、来やがっ  じだんだ踏んで口惜しがっ  片手をかっ  錠をかっ  何かをうるさがっ  名をかっ  二三日するとまた遣って来やがっ  しまやぁがっ  内でも段々厭きて来やがっ  里芋を出しやがっ  百姓奴びっくりしやぁがっ  病気になって死んじまやぁがっ  少年少女が、何よりほしがっ  なにかをほしがっ  子供たちをうるさがっ  可なりうるさがっ  屋上から平地へおりて暮したがっ  うちはおそろしがっ  けいさんに入れんかっ  詰めものをかっ  呆けやがっ  陽あたりよく育ちやがっ  徳島から潜りこんできやがっ  あがきをしやがっ  おれを可愛がっ  驚ろかしやがっ  ように尖がっ  坊っちゃんだと抜かしやがっ  時は多少気味が悪るかっ  悪るかっ  おれが悪るかっ  読者が歯がゆがっ  ちまいやがっ  だって手なんぞ出しやがっ  みんな、早く食べたがっ  伯爵夫人になりたがっ  急に冷たく尖がっ  中まで、すっかり探って行きやがっ  風を食らって逃げだしやがっ  所へ来やがっ  駕をあつらえに行きやあがっ  一緒にいて可愛がっ  大変寂しがっ  ダラリとさがっ  ラシイヌの聞きたがっ  帽子を買ってうれしがっ  帽子をかぶってうれしがっ  狸とは泣いて口惜しがっ  歯ぎしりしてくやしがっ  おかみさんはくやしがっ  蒼味がかっ  鎌首を擡げりゃ可かっ  時から可愛がっ  磔柱にかっ  大変珍しがっ  恥かしがっ  ぼくに撫ぜて貰いたがっ  ふさのさがっ  猫を気味悪がっ  袂を当てがっ  懐中時計を見ては、しきりに待ち遠しがっ  ことをしきりに聞きたがっ  叔母は苦しがっ  傍からもどかしがっ  母親は惜しがっ  のをうるさがっ  こともいろいろ聞きたがっ  身の上をうらやましがっ  の恥ずかしがっ  猟立てに来やがっ  みんな木をなつかしがっ  ありったけ赤くして苦しがっ  のを忌々しがっ  小便引っかけられやがっ  わし同様にいとしがっ  明け暮れあんなにいとしがっ  ことは、可愛がっ  顔をしやがっ  まわりやがっ  所へさがっ  内のがっ  半分往来へ跨がっ  何てって勧めやがっ  心持になりやがっ  実をあげたがっ  俺とこまで穢しやがっ  これを勿体ながっ  鼠と云って逃げやがっ  娘さんがほしがっ  原稿を見たがっ  ろしがっ  中で苦しがっ  来やがっ  赤恥をかかせやがっ  皆彼を愛し尊がっ  何を書きたがっ  良妻になりたがっ  おらもはっきり分んねかっ  めえやがっ  上に跨がっ  かんちがいしやがっ  全然可愛がっ  青大将が住みつきやがっ  一役をかっ  私がかつ  繊を可愛がっ  玉章ほどに欲しがっ  処を、もどかしがっ  襟許に着きやがっ  価値づけをしやがっ  鉦を敲いて来やがっ  ト一度引かかっ  歯を噛んで口惜しがっ  泣きながら口惜しがっ  大かた私たちが心細がっ  命をさも惜しがっ  気色が悪いと言って、いかにも切ながっ  のを怨めしがっ  涙をこぼして嬉しがっ  結末をききたがっ  三番とさがっ  督促してもどかしがっ  方を大層可愛がっ  継子を可愛がっ  膨らかしやがっ  釘づけなんぞにしやがっ  かぎをかっ  から猫はくすぐったがっ  猫はくるしがっ  猫が切ながっ  ものをかくしたがっ  心根をいじらしがっ  京に出たがっ  若君は悲しがっ  心にはかえるまいと思ってどんなに悲しがっ  気味をわるがっ  そうに悲しがっ  若い情のかっ  見付けやがっ  口唇を噛んで口惜しがっ  眼覚ましかっ  漆がかっ  続篇をかきたがっ  ように嬉しがっ  金を遣いたがっ  身もだえしてくやしがっ  今まで可愛がっ  内儀さんは相変らず可愛がっ  一角尊がっ  水をほしがっ  餌を欲しがっ  後ろへ退がっ  おれに喰われたがっ  母屋へ退がっ  壇をさがっ  賊軍にさえ、蹴ちらされて、逃げまわって来やがっ  あしらいやがっ  邪魔だてするかっ  鶏どもは呆れかつ  十円を貰って嬉しがっ  それからひどくはずかしがっ  一月三十一日には逃げ出したがっ  抜きやがっ  轟氏が可愛がっ  初めたりしやがっ  トテモ可愛がっ  特別に可愛がっ  出しやがっ  中から飛出したがっ  熊を飼いやがっ  社長に、なりたがっ  オマモリなんか持たせやがっ  方でも可愛がっ  手許に置きたがっ  藤二も行きたがっ  お前たちと話したがっ  紹介をかっ  眼に入れても痛くないほど可愛がっ  中に入れても痛くないほど、可愛がっ  栓をかっ  どんどん地球から遠去かっ  愕いたりうれしがっ  皆火星へ行きたがっ  いちばん可愛がっ  化粧部屋へ退がっ  侍女は、退がっ  貂蝉は、すぐ退がっ  なにを求めるかっ  なんの役に立つかっ  援けるかっ  呂布にやるかっ  魚雷を喰わせやがっ  一昔前をなつかしがっ  自然をなつっこがっ  巨木からさがっ  家へ入りやがっ  あなたとふたりきりになりたがっ  グッタリとつるさがっ  パパが言っていましたよ、気に入ってくれればいいがっ  年、可愛がっ  タッタ一眼会いたがっ  早やかっ  ためだなんてぬかしやがっ  私が悪るかっ  中にさがっ  ことが判って、淋しがったり苦しがっ  箱をかっ  身でやたらに行きたがっ  囈言をほざくかっ  鼓を鳴らして、近づいて来るではありませんかっ  これっ、鎮まらぬかっ  返辞をせんかっ  廊を悠然と退がっ  却って感激して退がっ  逃げやがっ  袁術が可愛がっ  日頃から欲しがっ  日夜苦しがっ  士気はあがっ  みな退がっ  才のかっ  父様はうれしがっ  心が苦がっ  ものでもないが、焼けただれてはどうにもならないと、時おり思いだしては惜しがっ  解剖に附すると云って口惜しがっ  大けかっ  後方にさがっ  被服廠あとでやけ死んだものの生きたがっ  すべて、かっ  問題だったと今さら口惜しがっ  中等学校教員になりたがっ  ん見えへんかっ  人なら気味悪がっ  靄がかかって、かっ  色がさめたのにぶらりと長くさがっ  舞台は、がっ  ように描きたがっ  花を植えやがっ  睾丸がぶらぶらとさがっ  体温を恋しがっ  位であったが、しかし恥しがっ  たん見えへんかっ  花壇を貰って嬉しがっ  余勢をかっ  藍色に煙りあがっ  能があるかっ  私第へ退がっ  朝をさがっ  日は退がっ  みな許都へ帰りたがっ  彼を嫌い、うるさがっ  彼も会いたがっ  室へさがっ  心から可愛がっ  事を聞きたがっ  只無暗に可愛がっ  頬ペタばかり赤くしやがっ  中には見たがっ  世の中に出たがっ  刀の凄じかっ  島子はくやしがっ  彼が恥しがっ  茣蓙を当てがっ  イタリーへ行ったと思いたがっ  体をまげて、痛がっ  熊があんなに苦しがっ  日いっぱいかァかっ  どこへ、そんなにたかくあァがっ  末起が、どんなに苦しがっ  頭のかっ  小説をかっ  ますます鋭どくなりやがっ  奴、何もかも知ってやがっ  色が変りやがっ  六部だかになりやがっ  ことも恐しがっ  手前はしてやがっ  様子を聞きたがっ  以上に甘やかしたがっ  一人の浅黒いがっ  から悪るかっ  寛大をもどかしがっ  生きがいもないくらい、可愛がっ  そばにおいて可愛がっ  後陣へひき退がっ  袁譚は気味悪がっ  おことばに甘え、しばし退がっ  別館へ退がっ  コロロフォルムを当てがっ  着物を畳みつけたり、散かっ  放題に散かっ  ほか金が散かっ  附近に散かっ  島は散かっ  鏤つけなどして、嬉しがっ  お前を可愛がっ  島の可愛がっ  ことを聴きたがっ  声を侘しがっ  三郎はくやしがっ  八つ手も大きくなりやがっ  時計を買いやがっ  馬をほしがっ  ようにくやしがっ  面会に行きたがっ  ほう使は、はがゆがっ  道太を懐かしがっ  駈落ちしやがっ  前をさがっ  心がやさしくて可愛がっ  後ろから抱きかかえやがっ  奴等びっくりしやがっ  これでもかっ  車に轢かれたがっ  小学生はたいへん知りたがっ  答えをもどかしがっ  お月さまは少しもちがっ  人間どもが攻めて来やがっ  先生はくやしがっ  上自分が悲しがっ  妹も、よく可愛がっ  関羽が退がっ  ッたがっ  中へ退がっ  何をするかっ  技術者をほしがっ  警察へ言って呉れりゃあ宜かっ  もん喰わしやがっ  高慢たれやがっ  成は尖んがっ  旅客機をかっ  変に恥ずかしがっ  一つその口惜しがっ  年増になりやがっ  そこまで来るてえと、やにわに突っ走りやがっ  口を利くせえかっ  不思議に混んがらかっ  それをうるさがっ  みんな可愛がっ  過去をしきりに聞きたがっ  達夫が苦しがっ  もう少し後へさがっ  顔を装いたがっ  顔に当てがっ  んつよがっ  お前をうらやましがっ  甘寧が退がっ  病床から出たがっ  袂に入れて退がっ  名折れではないかっ  士卒があるかっ  とこに当てがっ  ミクロメータアに当てがっ  ヤッと行っちまやがっ  オベッカをたれやがっ  タイカキになりやがっ  タバコなぞを当てがっ  サンザン殺しやがっ  中にはくやしがっ  君をほしがっ  クローズドなんとかっ  両手をかっ  田舎を懐しがっ  相対湿度を高めたがっ  盆をほしがっ  方へ逃げやがっ  揚句地下道から逃げられやがっ  厭やがっ  朱盆を、かっ  ブウがやって来やがっ  ぺてんにかけやがっ  ことができるかっ  兵を退けんかっ  人はいないと思うかっ  御身の知りたがっ  自陣へさがっ  例話を聞きたがっ  セン・ティミエ大会に与かっ  仕事に与かっ  相談に与かっ  雨が続いて降りやがっ  ドイツ人に買われやがっ  図星をさしやがっ  マダムがしきりに欲しがっ  秋がかっ  羽根をゆるゆる動かしながら、かっ  骨組みで、がっ  のをひどくうれしがっ  まごまごしておるかっ  孔明はすぐ退がっ  そこから退がっ  生前曹操が最も可愛がっ  席を退がっ  呉と結びたがっ  将はまた口惜しがっ  後にわかってあり難がっ  アパートを見たがっ  奴め自殺しやがっ  お嬢さんが淋しがっ  欠点を見せたがっ  ように見せたがっ  記代子もやりたがっ  カモになりたがっ  先方が会いたがっ  日本にはやたらに有りやがっ  方なんぞしやがっ  ぼくが悪るかっ  最近母を亡くして寂しがっ  子供たちは寂しがっ  座蒲団を当てがっ  それをことさら煩がっ  真実は売りたがっ  先生に見てもらいたがっ  体のかっ  共、可愛がっ  五六匹来やがっ  犬が来やがっ  役割をかっ  彼には貴とかっ  誠吾の始終忙しがっ  ひそかに嬉しがっ  涙を零して悲しがっ  宅にばかりいて、たんと可愛がっ  一遍自分に逢いたがっ  睦じかっ  却って悪るかっ  遊びに来やがっ  演説しやがっ  はじめやがっ  発作を起しやがっ  スパイにきやがっ  指図をうけて来やがっ  畜生、やりやがっ  見事に、やりやがっ  指図をうけてきやがっ  臙脂のかっ  地団太踏んで口惜しがっ  謝して退がっ  エッセイばかり書きやがっ  自分でえらがっ  怪我が無くって宜かっ  家へ帰らんでも宜かっ  打斬るべえとしやがっ  兼も嬉しがっ  誰ともちがっ  ことを知らず、ひたすら羨しがっ  健康になりたがっ  一度はこの御頂きをうれしがっ  山男が嬉しがっ  村に行きたがっ  私にもお逢いになりたがっ  全滅してしまいたがっ  受信して、聞いたり見たりしたがっ  倍だというので、羨ましがっ  ガタガタふるえて気味悪がっ  のをも訝しがっ  胸を、くっつき合わせやがっ  上で、かっ  みんな、どんなにさびしがっ  大島田はがっ  悪戯盛り、可愛がっ  旦那可愛がっ  前へがっ  何卒目を掛けて可愛がっ  宿屋へ泊って可愛がっ  文吉も可愛がっ  持参すれば宜かっ  しん張をかっ  全体月岡へ泊れば宜かっ  介抱を受けようとは思いませんかっ  寧そ放ん出さないば宜かっ  どっちからでも可愛がっ  素直にうれしがっ  貞世はうれしがっ  恥さらしなまねをしやがっ  ゃっきゃっとうれしがったり恥ずかしがっ  貞世は行きたがっ  泣き声を上げて、苦しがっ  たぬきはうらやましがっ  一つからかっ  ことばかり話したがっ  風呂敷かえせ、とてれくさがっ  話を聞きたがっ  無性に淋しがっ  と金を欲しがっ  さかんに、あぶながっ  顔になりやがっ  バラしやがっ  親父から聞きやがっ  晩、夜通し魘されやがっ  くり返りやがっ  熱を吹きやがっ  イタズラをしやがっ  囮に使ってやがっ  二本棒に見立てやがっ  カラクリ細工に使おうとしやがっ  口を寄せて吐かしやがっ  引取りたがっ  子供ばかりほしがっ  使いやがっ  私は言い出し憎くかっ  極端に醜くかっ  ものを懐しがっ  婆あになりやがっ  先に欲しがっ  大変なつかしがっ  去年からほしがっ  それをほしがっ  のをほしがっ  子供が嬉しがっ  智恵をかっ  総のさがっ  コッソリと知らせたがっ  人たちは羨ましがっ  のぞきたがっ  談話もしたがっ  影をうれしがっ  あとへさがっ  お母さんは淋しがっ  お母さん、せいぜい懐かしがっ  耳にも、なおがっ  ものはなく、がっ  目に合わせやがっ  砂地をかつ  湯がはねかっ  ものがめっかっ  質札を拾ってきやがっ  上手えがっ  海は、よくも来やがっ  畜生、やっと分りゃがっ  皆はかえって羨しがっ  手廻わしを早くしやがっ  何処へ行きゃがっ  ッかながっ  畜生やりゃがっ  部落さ来やがっ  背の高いがっ  毛もかっ  慄えてやがっ  ものが出やがっ  年中飢じがっ  ものをほしがっ  貴下に会いたがっ  四十度も出しやがっ  露助が来やがっ  時間を間違えやがっ  反抗しやがっ  つんと尖んがっ  取り換えやがっ  女が気味悪がっ  皮肉を口惜しがっ  家柄も宜かっ  方が宜かっ  何よりも辛がっ  気持がしたと嬉しがっ  視線が打つかっ  気味を悪がっ  わが物顔にふるまって、かっ  ねずみたちが、くやしがっ  支度をして、寒がっ  血管にかつ  妙になつかしがっ  大へん行きたがっ  ねずみたちが、うれしがっ  名を、とても知りたがっ  所在を知りたがっ  福島県へ追払われやがっ  蝶番が、がっ  陰気にひそひそと嬉しがっ  燈光を恋しがっ  キューピット氏が、しきりに知りたがっ  射撃しやがっ  なにより悲しがっ  それは、どんなに悲しがっ  この間まで居たが、とうとうずらかりやがっ  公に惚れてやがっ  子孫を残したがっ  ことを知りたがっ  逃げきりやがっ  引掛けて遠去かっ  のかと知りたがっ  鞄を欲しがっ  奴がきやがっ  大金を使いやがっ  巡査もいまいましがっ  ッこみやがっ  インネンつけやがっ  役者になりたがっ  話を聴きたがっ  三十五秒とさがっ  拍手を送りたがっ  女を欲しがっ  ゼイタクをさせ、可愛がっ  エプロンなんか巻きつけやがっ  着やがっ  工合が悪るかっ  最後にかつ  アテらが知らんかっ  理にかっ  ライトが消えやがっ  三左衛門の可愛がっ  怒りをかっ  床屋でまで追出されやあがっ  それを嬉しがっ  恥を掻かしやがっ  下あたりに潜ってやあがっ  居酒屋のしたみを舐めやあがっ  流尻から紛れ込みやあがっ  毛抜をいじくってやあがっ  皆様で可愛がっ  先生、どうぞ可愛がっ  吐しやがっ  三杯と啜らせやがっ  おいで遊ばされやがっ  ものを借りやあがっ  不意に打つかっ  から宜かっ  一年をなつかしがっ  三年続くといって、恐ろしがっ  今大いに知りたがっ  ことは同じかっ  後に起りかつ  怪物を珍しがっ  一人で淋しがっ  休みたがっ  ように信じたがっ  怒りやがっ  細君に逢いたがっ  向う脛をかっ  のであろう、実にいたわり可愛がっ  スイートポテトを持ってきやがっ  のは、あの尖がっ  ウソを吐きやがっ  気象状況でも知りたがっ  小作人である事をつくづくと悲しがっ  様に待ち遠がったり、食べたがっ  母親はせわしがっ  待遠がっ  春興行を見たがっ  芝居ばっかり見たがっ  きまりを悪がっ  皆東京へばかり出たがっ  仕事をはなれたがっ  憤慨をかっ  薬をほしがっ  ヒンシュクをかっ  長謙さんは口惜しがっ  レセプシォンにも、めんどうくさがっ  ことを歯痒がっ  ぼくに逢いたがっ  日本でもずいぶん可愛がっ  これでかっ  城に引かかっ  のを可笑しがっ  顔に押しあてて嬉しがっ  野郎がきやがっ  皸を痛がっ  民子だって何もそれほど口惜しがっ  小言をあんなに悔しがっ  それを悔しがっ  御前をさがっ  貞松院が寂しがっ  女中を欲しがっ  世界を見たがっ  宵越しのを勿体ながっ  冬をも暑がっ  話をききたがっ  目にかけて可愛がっ  清さんはたいへん嬉しがっ  刈株にういて引かかっ  先輩を羨ましがっ  手ごめにしやがっ  手数をかけやがっ  ペテンにかけやがっ  時間とをついやさせやがっ  指をかっ  四十両ほどせしめやがっ  歩きやがっ  告げ口をしやがっ  かい棒をかっ  ひとりが、めずらしがっ  受験前でいそがしがっ  物も言わずに寝苦しがっ  折ちまやがっ  三吉は眠がっ  一人連れて行きたがっ  話題を避けたがっ  奥に抱き締めていたがっ  男が嬉しがっ  西洋人が可愛がっ  大変に嬉しがっ  犬を貰って可愛がっ  山烏がかつ  ことがあって、可愛がっ  から羞しがっ  浪にかつ  金を貸せば宜かっ  一緒に来れば宜かっ  上へ跨がっ  小柄を刺されやがっ  母も口惜しがっ  書付まで盗みやがっ  のを珍しがっ  持ち出しやがっ  姉さんをコワがっ  独りでもう堪えられないほど笑って、そんなに可笑しがっ  大将も多忙しがっ  みんな水を欲しがっ  玩具に欲しがっ  からスプラクナクなど可愛がっ  下にさがっ  私を珍しがっ  へんうらやましがっ  本国へ帰りたがっ  領土を欲しがっ  馬鹿にしやがっ  小馬鹿にしやがっ  邪魔をしやがっ  きいきいごえを出してうれしがっ  体から卵を、ぬきだしやがっ  彼がしきりに逢いたがっ  稽古台にされてうるさがっ  さらんかっ  一他人の聞きたがっ  やつめ、怖くなりやがっ  のをもどかしがっ  込みやがっ  それをいぶかしがっ  ことを避けたがっ  先生が倒れやがっ  郁太郎は苦しがっ  紙屑買いは苦しがっ  見送り、引返して、がっ  今来やがっ  何てって来やがっ  ごろごろと舞い戻りやがっ  なぐり込みに来やがっ  様子でも見に来せやあがっ  突込みやがっ  からッて危ながっ  つけで煽がせられて、口惜しがっ  光起さんを恋しがって、懐しがっ  癖にしやがっ  寐やがっ  本線シグナルつきの電信柱はうれしがっ  のを悲しがっ  みんな笑いだして、うれしがっ  それを知りたがっ  犬たちがうれしがっ  母親を欲しがっ  毛布にくるまっていても、やはり苦しがっ  のをうれしがっ  うちを求めたがっ  犬たちはうれしがっ  わたしたちをなつかしがっ  これを苦しがっ  世間が知りたがっ  彼女はひどく淋しがっ  お父さんを恋しがっ  一つ当てがっ  ものをちょいちょいとかっ  力を入れて嬉しがっ  俺を斬りやがっ  枯蘆に引かかっ  彼にも喋って貰いたがっ  喧嘩したがり、喰ってかかりたがっ  下にかっ  力をかりたがっ  首をほしがっ  あまり後にさがっ  私が食べたがっ  歯軋りをして口惜しがっ  豊を隠しやがっ  美があると信じたがっ  酒を飲ませやがっ  全身かゆがっ  始めからかゆがっ  褐色がかっ  噂をされて、口惜しがっ  手から、遠去かっ  父親もうれしがっ  世間に知られるくらいなら、はずかしがっ  はいくらでもくり返してやりたがっ  わけを知りたがっ  いっしょに連れて行きたがっ  気のどくがっ  姿を見ると、かれはうれしがっ  こを開けて見たがっ  ふうを見て、うれしがっ  アルキシーを見ると、うれしがっ  様子を知りたがっ  ところを見つけて、楽しがっ  ヴァルセへ引き止めたがっ  けいこなどめんどうくさがっ  牛を買いたがっ  死ぬほど食べたがっ  ことを悲しがっ  あれほど悲しがっ  一人うっちゃっておいてもらいたがっ  困難に打ちかっ  髪をかっ  後ろへさがっ  一歩一歩とさがっ  ケチを附けやがっ  ケチをつけやがっ  急に焦れったがっ  火事を出しやがっ  手をしきりに痛がっ  糀とがかっ  甘味のかっ  怒り出しやがっ  芝居をしやがっ  事を思いつきやがっ  二人来やがっ  二匹来やがっ  こをして居やがっ  仕舞やがっ  人間が欲しいと云って来やがっ  一つ見え出しやがっ  込で来やがっ  野郎じっと考えて居やがっ  贅沢三昧をして生れて来やがっ  泣きやがっ  事をして居やがっ  乘っかっ  ユダみてえに掴み込んでやがっ  手に入れたがっ  やつどうしやがっ  玩具になりさがりたがっ  ヴェルニイがかっ  チビが来やがっ  睨みやがっ  蒐けやがっ  それが苦しがっ  鼠を欲しがっ  こはがっ  言ッてやがっ  相談をしやがっ  ツベコベツベコベ、ぬかしやがっ  讒訴をしやがっ  ベラベラ喋りやがっ  頬桁叩きやがっ  何だかきまりが悪るかっ  援けぬをもどかしがっ  三重にも可愛がってくれるだろう、また可愛がっ  目的ははずれて、可愛がっ  いくら一人でえらがっ  ことに打つかっ  切符をかっ  水を飲みたがっ  江戸へ行きたがっ  嫉くな妬むな、おや抜きゃがっ  汝、斬りゃがっ  声を嬉しがっ  あれ、あんなに苦しがっ  コジられて苦しがっ  チェッ、来やがっ  虚空を掴んで苦しがっ  水兵が来やがっ  いろいろ説を為したがっ  先生はうるさがっ  酒を飲んで飲んで飲み抜いて死にたがっ  ウと出ると、とたんに躍りあがっ  ことを知らせともながっ  付きやがっ  労わり、可愛がっ  娘も恐ろしがっ  みんなお前を見たがっ  お前を見たがっ  印度人に化けさせやがっ  へん可愛がっ  金貸しなんぞをしやがっ  追剥が出やがっ  それをもどかしがっ  恥をかかせやがっ  のを面憎がっ  狼が出て来やがっ  そりと飛び出して来やがっ  こんど出やがっ  石など放り込みやがっ  気になりやがっ  逐電しやがっ  おれは、さすがに考えやがっ  作家になりたがっ  から、口惜しがっ  歯咬みをして口惜しがっ  馬鹿に嬉しがっ  世話をしてみたがっ  案の如く口惜しがっ  角はまた口惜しがっ  ッ突き当りやがっ  化けやがっ  部屋へ連れて行ったらきっと恐しがっ  垂れさがっ  児達もほしがっ  母も共にうれしがっ  一点負けたと云って口惜しがっ  手袋をはめたがっ  面を持っており、さみしがっ  ものを知りたがっ  眼鏡をかっ  本をかっ  意見を知りたがっ  変死事件について知りたがっ  気持で、働きたがっ  ことを言って、ばかばかしがっ  竿なんぞを持って来やがっ  突きやがっ  大勢来やがっ  木端役人め、出しゃばりやがっ  野郎が、こんなにしやがっ  うえ笑えないで苦しがっ  大変に口惜しがっ  しまやあがっ  馬鹿にのぼって来やあがっ  おれをいとしがっ  のを煩しがっ  髪をがっ  岡村を頼もしがっ  地上にかつ  屋根もあれば、またとがっ  向こう脛をかっ  犬を可愛がっ  ように、可愛がっ  から気取って、はずかしがっ  みんな、とても、おそろしがっ  人とが互いにゆかしがっ  銀様は口惜しがっ  米友は口惜しがっ  ことをもどかしがっ  夜中に苦しがっ  いやに寒くなりやがっ  殿様を恋しがっ  ほんとうに可愛がっ  犬が出やがっ  舌打ちをして多少いまいましがっ  犬を抱いて可愛がっ  火を点けやがっ  警部はたいへん口惜しがっ  紙切はない、よくも騙しやがっ  それが遠去かっ  ガニマール探偵たちと遠去かっ  血相を変えて、突かかっ  心配して心細がっ  槍を取って突かかっ  度合いは低くかっ  ホントに言いたがっ  おだやかにうけがっ  ゃつらはあれを非常に口惜しがっ  小癪に障ることばっかり陳べやがっ  お母さんは口惜しがっ  何をそんなに口惜しがっ  君はこう言って口惜しがっ  角が、焦れったがっ  神尾主膳も忌々しがっ  みんな忌々しがっ  君は嬉しがっ  場をさがっ  野郎、ふざけやがっ  今になって、羨ましがっ  一本貰って、嬉しがっ  から女を恋しがっ  位を欲しがっ  行方を知りたがっ  総て知りたがっ  夜になると淋しがっ  誰が盗りやがっ  握飯を盗んで行きやがっ  タジタジとさがっ  真似を始めやがっ  ファッショ文士達をかっ  だんだん殖えて来やがっ  皆恐ろしがっ  山を欲しがっ  なかったので、ひどく悔しがっ  数言をききたがっ  青味がかっ  大分待たせて、すまんかっ  力には打ちかつ  惨劇を感づいて入りたがっ  板の間に躍りあがっ  地団駄をふんで口惜しがっ  切歯扼腕して口惜しがっ  帆村に云いたがっ  おせっかいをしやがっ  論告を下しやがっ  肱鉄を喰わせやがっ  冷笑しやがっ  ヤ大勢来やがっ  オヤ誰か来やがっ  胴乱も買ってもらって嬉しがっ  覗きに来やがっ  から、もうおっかながっ  俺をおっかながっ  溜飲が、初めてグッとさがっ  ようにしやがっ  縄を放さないで苦しがっ  悪戯をしやがっ  私に見せたがっ  のですから、いくら懐かしがっ  葉書を取り上げて、可愛らしがっ  私が疑がっ  みんなが知りたがっ  女が覗いてるとかっ  人形よりも可愛がっ  隊をさがっ  自分一人かと思って、少し心細がっ  金助は崩れるほど嬉しがっ  顔を押えて、苦しがっ  主膳は苦しがっ  男を打ちやがっ  蚊が出やがっ  忌しがっ  母が会いたがっ  地団太を踏んで口惜しがっ  告口しやがっ  爆漁実演を見たがっ  上から帆布を当てがっ  針金に押し当てがっ  上からモウ二枚帆布を当てがっ  フザケやがっ  留学生が嬉しがっ  鳶を珍しがったり、嬉しがっ  何処からか引っ張って来やあがっ  島がないので引き退がっ  子供などは口惜しがっ  われわれが暑がっ  勇士をみたがっ  栄誉と考えたがっ  感に堪えながっ  継続しやがっ  態度を示したがっ  痙攣的に細くさがっ  ように伸したがっ  だれも、気味悪がっ  僕達に逢いたがっ  真珠を沢山持っていらして、売りたがっ  斧を鳴らして、かっ  幾度か転げ、転げてはまた起き直り、かっ  座に堪えられないほど気味悪がっ  角はもどかしがっ  安心したと嬉しがっ  涙をこぼすほど惜しがっ  一足後へさがっ  ところへ入って来やがっ  人様が可愛がっ  魂が苦しがっ  ますます威張り出しやがっ  方で呼びやがっ  司令部から電話掛って来て、あわてて駈けつけて行きやがっ  山岸さんを恋しがっ  両人に当てがっ  尻にかっ  ようで、尖がっ  爺が、驚かしやがっ  水色がかっ  皆が争って得たがっ  三本盗みやがっ  いつか小豆一升貸せいうて頼んだのに、貸せんというてはねつけやがっ  方が、それほど欲しがっ  共謀しやがっ  おのれ、殴ちゃがっ  顔を殴ちゃがっ  盗み食いしやがっ  大変逢いたがっ  あなたに逢いたがっ  年をしやがっ  ところへ押し寄せてきやがっ  ときいろいろと可愛がっ  目出たがっ  自慢にするほど可愛がっ  ようにして、こうして可愛がっ  次第と分っては、可愛がっ  隠居が可愛がっ  やうにかつ  どこからやって来やがっ  おしろいをぬたくりやがっ  商売をしやがっ  夢に出て来やがっ  血を飲みたがっ  ゾッとして寒がっ  へん苦しがっ  無邪気に嬉しがっ  兵馬を可愛がっ  人と、可愛がっ  悪魔が苦しがっ  から、可愛がっ  あれほどまで苦しがっ  それをけなれがっ  みなうれしがっ  乾杯して、苦しがっ  お話をきいて悲しがっ  精髄をかっぱらって来やがっ  あんたを殺したがっ  女を当てがっ  方が羨ましがっ  足下に在りやがっ  引き千切りかけやがっ  くしちまやがっ  市場に売りに行こうとしやがっ  のをめんどうくさがっ  父がうるさがっ  ことを、ちっとも情けながっ  ひとに別れたくながっ  石を、しきりに買いたがっ  ひとりで、さびしがっ  ばのあるがっ  あなたに、逢いたがっ  あい、とうとう、ひっかかりやがっ  ことをあきらめ切れなくて、悲しがっ  故郷をくれたがっ  みなあなたに逢いたがっ  葛子が帰って来たら、嬉しがっ  キャラコさんが、焦れったがっ  御飯をかっ  ように早くかっ  鮎子さんが、口惜しがっ  気狂いどもがやって来やがっ  戦地から帰っていらしても、あんなに可愛がっ  木のないとがっ  氷醋弾をなげつけやがっ  それをあぶながっ  ことをやりたがっ  のをこしらえやがっ  米友はムキになって痛がっ  音を聞いて、珍しがっ  囃子を焦れったがっ  のを見て、じれったがっ  花だと思ってほしがっ  女になりやがっ  芸名までもらいやがっ  前へ持って来やがっ  世話をやかせやがっ  ものが出て来やがっ  あなたに会いたがっ  ッて、まあ、どんなに可愛がっ  なかった様子で、しきりに懐しがっ  糊つけで、よく売れるので忙しがっ  あたしを可愛がっ  そうに尖がっ  父は面倒くさがっ  のをさびしがっ  方がかっ  乱雑に散かっ  事に出会ったりなどして、如何にも気味が悪るかっ  株をかっ  船頭が寒がっ  私たちをとても可愛がっ  釜さん、遊ばないかっ  抱妓をほしがっ  鉢をかっ  田舎めかしかっ  だんだん後へさがっ  亀の子をほしがっ  大変可愛がっ  みんなが可愛がっ  のを、うらやましがっ  嫌やがっ  西洋と著るしくちがっ  しまわれやがっ  のを、わすれやがっ  殿さまぶっちまやがっ  牛太郎までしやがっ  娘たちは醜くかっ  ピラピラのさがっ  幼少から可愛がっ  からって、決して惜しがっ  田舎者めいたがっ  黄色のかっ  女子供ばかりで心細がっ  舌打ちして忌々しがっ  ものと、いまいましがっ  素直に行っちまやがっ  むやみに焦ったがっ  ほかには可愛がっ  人もなければ、可愛がっ  モシどこかへ出たがっ  それをうまく売り込みたがっ  子供がうるさがっ  申しわけながっ  奴がうらやましがっ  男に逢いたがっ  ことばかりで、焦れったがっ  疑いをかけてみたがっ  世間を呪いたがっ  何かわからずに口惜しがっ  たよりを聞きたがっ  歯ぎしりをして口惜しがっ  ことを喋りゃがっ  梅は泣かぬばかりに口惜しがっ  朋輩も羨ましがっ  浮名儲けにもならないと思って、しきりに口惜しがっ  耳をふさぎたがっ  自分が可愛がっ  絹は可愛がっ  引寄せて、うれしがっ  木を伐ったりして嬉しがっ  狂女の可愛がっ  一家みなで可愛がっ  展べて退がっ  みなは、退がっ  外をにらんで、いまいましがっ  右馬介は、やっと退がっ  静かに退がっ  や座を退がっ  仮屋まで退がっ  不知哉丸を可愛がっ  寝台ごと消えて無くなりやがっ  から法科がまた口惜しがっ  条件が悪るかっ  程淋しがっ  それが尖んがっ  ガチャが来やがっ  一杯散かっ  鳥渡云い出し悪くかっ  知らないのかっ  愚弄するかっ  住所を調べやがっ  手籠めにしやがっ  挨拶をしやがっ  背の低いがっ  だって人に突当りゃがっ  坊ちゃんに会いたがっ  留守につけ込みやがっ  遭せやがっ  お前の可愛がっ  貴様の可愛がっ  ようになって、うるさがっ  狂言自殺をやりやがっ  どこかへ行きやがっ  なんだって怪我などさせやがっ  屁理窟ばかりつべこべと並べやがっ  それも忘れやがっ  何のと言いやがっ  ことを吐かしやがっ  恩を忘れやがっ  なにも分からないと思いやがっ  恩も忘れやがっ  ことばかり吐かしやがっ  奴め、とうとうやりやがっ  んだが、とうとうやりやがっ  人殺しをしたので、おかしくなりやがっ  勝手に連れていったりしやがっ  お松坊が、淋しがっ  眼を向けたがっ  自分にたかりたがっ  人間は、かっ  建物を売りたがっ  こいつら、ふざけやがっ  のは、逃げ出したがって、逃げだしたがっ  心中たのもしがっ  ものもあり、なかにはばかばかしがっ  十まで合わないで、逢えば噛み合いたがっ  口を利き出されると、つい、とろりとして可愛がっ  お前を可愛がりたがっ  女から可愛がっ  自分の可愛がっ  わたしを殺したがっ  傍ばっかり恋しがっ  わたしに逢いたがっ  内裏から退がっ  ため、退がっ  一たん休息に退がっ  内記所へ退がっ  武者所から退がっ  小走りに退がっ  登子が戻りたがっ  登子の帰りたがっ  一せいに、躍りあがっ  控えまで退がっ  外へ退がっ  のか、からみたがっ  しかし、いくらイヤがっ  一軒だけ当てがっ  事を言ってもらいたがっ  結果を知りたがっ  声を聞くと、一層帰りたがっ  下へ隠しやがっ  下の子ほど可愛がっ  弓勢を知りたがっ  身体をくねらせて可笑しがっ  下から後ろへ跳び退がっ  自分を哀しがっ  耳盥なども持って退がっ  下屋へ退がっ  一たん下屋へさがっ  なかをうれしがっ  名を売りたがっ  思切が宜かっ  細工をしないでも宜かっ  どこにさがっ  ときに、やって来やがっ  玉太郎は、くやしがっ  組にはいりたがっ  君の知りたがっ  ところへやろうとしやがっ  から始めやがっ  おれをぶちやがっ  ところへ出しゃばりやがっ  亀の子にしやがっ  一人ヒドイ目に逢いたがっ  相手になりたがっ  何もいわず、元々通り、可愛がっ  あたいがいないと、どのくらい淋しがっ  あたしに逢いたがっ  弁信さんに逢いたがっ  ここへさがっ  それを焦ったがっ  親爺が出て来やがっ  漢文を作りたがっ  道庵はしきりに嬉しがっ  御多分に漏れず嬉しがっ  貴下にかっ  上を低く飛びかっ  ふうにかっ  他人に見せつけたがっ  善良に見られたがっ  ゆっくり唇へ当てがっ  旅を珍しがっ  水面から躍りあがっ  のだろう、といぶかしがっ  ッぱり煖房を欲しがっ  自分があんなにまで欲しがっ  裏をおっつけて寒がっ  ぼく、かっ  盗み聞きなどしやがっ  ぞくぞくしやがっ  家へ退がっ  何しに来やがっ  名前を売りたがっ  コーカサスあたりで成りあがっ  真似ばかりしてやがっ  ところへ当てがっ  場所へ当てがっ  夢心地に引き退がっ  ことを見極めたがっ  殊に知りたがっ  何が書いてあるか、読みたがっ  うちへ退がっ  はいわずに退がっ  栄を欲しがっ  笠置を退がっ  顔を赤くしてひき退がっ  一太刀ずつ浴びせたがっ  はじめは口惜しがっ  おれのつらを引掻きやがっ  のを待遠しがっ  炭団が出て来やがっ  しっくりと可愛がっ  西郷に逢いたがっ  そればっかりはだまっていられないので、口惜しがっ  御幣をまぶしがっ  海を描きたがっ  根塊を珍しがっ  面目ながっ  私たちはすこぶる嬉しがっ  涙が出て来やがっ  兄きがなめるようにして可愛がっ  一緒くたになりやがっ  果てが迷い込んでひもじがっ  安心しやがっ  大事にして可愛がっ  人をだましやがっ  だましやがっ  手を引かねえかっ  汁なんか拵えて居れるかっ  歩ばんかっ  ことが行われると思うかっ  ことでは、ないかっ  別れ別れになってはいかんぞ、よいかっ  子供をほしがっ  お伝えして退がっ  者も帰りたがっ  なだれ退がっ  奥から退がっ  隣室へさがっ  裏切りやがっ  相手をうるさがっ  ものはうるさがっ  ように焦れったがっ  私の知りたがっ  母が少しは可愛がっ  あとで調べて見ると斬らぬでも宜かっ  踏捕めえれば宜かっ  気取りやがっ  なんして一寸可愛がっ  何処かへ逃げやがっ  三階はずーッと長く続がっ  ばかが、また来やがっ  りんごが、どっさりつるさがっ  ことば教えて、引張りこみやがっ  忙がしがっ  皆おいしがっ  さだ嬉しがっ  みな、退がっ  御所をさがっ  帝を愛しがっ  丸小屋へ退がっ  手を抑えやがっ  兵馬が、もどかしがっ  がんりきめ、丸くなってやって来やがっ  人気者になりたがっ  アメリカからそれを移したがっ  金公が来やがっ  子供として可愛がっ  同様に、可愛がっ  時には珍しがっ  一方に立てかけて、がっ  世もあらぬほどに口惜しがっ  吹込みやがっ  これと同じかっ  年寄りをうるさがっ  のどくがっ  人たちに囲まれて青じろいとがっ  確かにかっ  お前の大そう可愛がっ  縁側にすわってかゆがっ  心変りをしやがっ  廻しやがっ  そればかり探りたがっ  ほうへ歩み寄りたがっ  頭から嬉しがっ  たか下へさがっ  使ひやがっ  どうしやがっ  山猫みたいにそんなに唸りやがっ  皮肌一枚でかろうじて継がっ  蜻蛉野郎が食い酔って来やあがっ  申上げねえかっ  猫婆きめやがっ  このごろすこし忙しがっ  松どんくやしがっ  ところすっかり嬉しがっ  和泉屋が嬉しがっ  のも危ながっ  伝十郎も口惜しがっ  黒札のさがっ  っぷり、苦しがっ  めしをしてみたがっ  首筋を、可愛がっ  負傷に苦しがっ  ようにうるさがっ  あたいがいなければ淋しがったり、恋しがっ  何かを嗅ぎ付けやがっ  戸外へばかり出たがっ  話をしやがっ  俺に預けやがっ  ことを、隠したがっ  嘘を吐き、かっ  果物を欲しがっ  学風を帯びかつ  母からことずかっ  二十三にもなりやがっ  同行をうるさがっ  笑い声をうるさがっ  不首尾をかっ  物笑いをかっ  そこをさがっ  前から退がっ  いちど退がっ  恐々ながら引きうけて退がっ  突ッこんで、がっ  バルセロナを懐しがっ  妾が薄気味悪がっ  犬どもがやって来やがっ  貸しやがっ  皆ビクビクして恐ろしがっ  皆、恐ろしがっ  見世物よりも珍しがっ  手柄を羨ましがっ  同列に可愛がっ  長崎へ行きたがっ  のを情けながっ  づ好がっ  無分別をひたすら口惜しがっ  肩身狭がっ  深田でもたいへん惜しがっ  アルペンストックをかっ  一ばんお金をほしがっ  お礼を言いやがっ  それを淋しがっ  弟神はくやしがっ  どれだか混んがらかっ  中にはいっていやあがっ  どこで飲んできやがっ  苦笑してくやしがっ  何か見せたがっ  骨を折らせやがっ  詔をささげて退がっ  屋根を恋しがっ  そこへ帰りたがっ  頭を垂れて聞いて退がっ  わしが可愛がっ  キラめかしかっ  猿がくやしがっ  うさぎはいたがっ  と金太郎が言いますと、くやしがっ  あれほどほしがっ  着物をつけたがっ  靴をかっ  手のひらにのせたりして、うれしがっ  男はひどくうれしがっ  けちをつけやがっ  写真を見たがっ  あいつらがとうとう遣りゃがっ  しまいやあがっ  足退がっ  手をひいて退がっ  高氏へ接したがっ  一喝くれたら、それなり黙って引っ込めやがっ  宿所へさがっ  商売道具を盗みやがっ  まりひどいって口惜しがっ  お河童や、がっ  五十嵐甲子男が、いまいましがっ  仕事ぶりを見て、しきりに嬉しがっ  粗末にしやがっ  物語でなつかしがっ  これを欲しがっ  角は、焦れったがっ  角が口惜しがっ  鼬が出やがっ  出来やがっ  名をつけたがっ  どこへも行きたがりません、行きたがっ  房州へ行きたがっ  一般が最も知りたがっ  しらばっくれやがっ  目にあわせやがっ  匕首なんかひけらかしゃがっ  眼はいつもききたがっ  野郎女に化けて行きやがっ  警察手帳かなんか出しゃがっ  出汁がらにしゃぶりゃがっ  つめをかっ  一と足さがっ  それを聞いてひどく口惜しがっ  それを口惜しがっ  百日芝居で覚えて来やあがっ  生みの子よりも可愛がっ  大切に可愛がっ  もんですから、ひどく口惜しがっ  主人のまえを退がっ  寒帯から熱帯に跨がっ  暇を取って退がっ  そこなやがっ  鷹を欲しがっ  呼びかけたがっ  すりつきたがっ  皮を欲しがっ  お前、欲しがっ  ずうたいをしやがっ  同様、すさまじがっ  娘を貰って、まあ可愛がっ  切腹するとか云って口惜しがっ  前を退がっ  組みやがっ  ふだんから羨ましがっ  気味を悪るがっ  金子を払って嬉しがっ  良人を疑がっ  ホームランを出しやがっ  目に逢わせやがっ  人たちはうす気味悪がっ  女を殺しゃがっ  そとにかがまっていたらしいが、すうと退がっ  直義はそう言ってまもなく退がっ  右馬介は退がっ  直義はくやしがっ  あたりをさがっ  蛇を掴んでみろ、いくら口惜しがっ  非常にくやしがっ  ように口惜しがっ  なにを立ち聴きしていやあがっ  下へ退がっ  おれには隠していやあがっ  祭りを恋しがっ  手紙なんぞよこしやがっ  人間と遊びたがっ  国を取りに来やがっ  やつが寒がっ  のを、浅ましがっ  贔屓にして、ずいぶん可愛がっ  わたしたちを懐かしがっ  引っかけやがっ  ところまで来やがっ  方も嬉しがっ  一人倒れて苦しがっ  大道で倒れて苦しがっ  登様同様に可愛がっ  世間には肥りたがっ  一つ欲しがっ  仕事をさせて、可愛がっ  背中をかっ  額をかっ  垣根に欲しがっ  隠居さんも淋しがっ  お前をさんざん可愛がっ  熱ばかり吹きやがっ  んざ鼻血まで出しやがっ  観客も嬉しがっ  方へ乗り込んで来やあがっ  それを知るとたいへんに口惜しがっ  家じゅうで可愛がっ  家を恋しがっ  いかさまをしやがっ  者は気味悪がっ  常陸屋でも口惜しがっ  煽動しやがっ  ようにすると言いやがっ  冥途から呼び返して来やがっ  後宮に落ちて来やがっ  犬ばかり可愛がっ  弟をひどく可愛がっ  ふたりが退がっ  花山院をさがっ  彼女はすぐ退がっ  辺まで引き退がっ  生田へ退がっ  麓へさがっ  あたりを退がっ  金蔵はたいそう口惜しがっ  むやみに口惜しがっ  汗を掻かせやがっ  喋舌りたがっ  トテモ気味悪がっ  何だってまた沸かしておきゃがっ  そっぽをむいたりしやがっ  何か拾って来やがっ  引っ張り出しに来やがっ  面になりゃがっ  小枝を払いやがっ  いくら可愛がっ  ように止みやがっ  魚でも集りやがっ  物を銜えてやがっ  方から来やあがっ  物を立てやがっ  大飯ばかり喰えやがっ  一人めっかっ  立てやがっ  世話あ焼かせやがっ  理解をつけやがっ  それと聞いたら気味悪がっ  墨が落ちるぜ、ふうん、染めてやがっ  巧やがっ  風を食いやがっ  どこまでずらかりやがっ  道楽を始めやがっ  廻りやがっ  声をしやがっ  露れやがっ  身をふるわせて口惜しがっ  おばさんが苦しがっ  くり苦しがっ  んでしょう、ずいぶん可愛がっ  やつをこしらえやがっ  ビラをまきやがっ  人を懐かしがっ  みんな鉄砲を買いたがっ  一人、行きたがっ  のかなんかと、可愛がっ  のでもない、もとより嬉しがっ  どこかへ隠れたがっ  気持悪がっ  顔を見たがっ  しずかに退がっ  正行はすぐ退がっ  悄然と退がっ  目を細めて可愛がっ  壺を退がっ  彼がまたなく可愛がっ  権力すらも実はそんなに欲しがっ  一時にかつ  身体がなまけやがっ  上に住んでやがっ  先の尖がっ  往生して嬉しがっ  いくつ継がっ  恋でなく、ただ可愛がっ  怒り、恨み、寒がっ  うまい事しやがっ  時に生れやがっ  のを、口惜しがっ  青年が苦しがっ  非常に苦しがっ  自分自身死にそこなって苦しがっ  ストーンがそう言いたがっ  ノルマさえ守っていれば当てがっ  それを悲しがっ  要領つかいやがっ  お母さんが辛がっ  ときやがっ  時は、そりゃ可愛がっ  から羨しがっ  振りもぎりたがっ  横から飛び出しやがっ  味を占めやがっ  それを珍しがっ  もの貼っとかっ  初から恐ろしがっ  耳の尖がっ  私を懐しがっ  口の尖がっ  娘をいとしがっ  口は思わずとがっ  造製に与かっ  物好きを訝かっ  独りで可笑しがっ  水口とめないかっ  気遣かっ  ことを惜しがっ  右衛門はくやしがっ  いちばんくやしがっ  人はじれったがっ  ようにかっ  これをかっ  ように、嬉しがっ  ブラさがっ  奴、また飲みやがっ  わしどもを踏みつけにしやがっ  そのまま取って来て描きやがっ  中安吾になりやがっ  手めえは、何と吐かしゃがっ  人をそねみやがっ  攻撃して凄がっ  評判を立てたがっ  ここまで怒らせやがっ  ように、おっかながっ  馬乗りに跨がっ  かきおろしを、なんぼでも背負いたがっ  幾駄でも、嬉しがって負いたがっ  から道庵もうれしがっ  内地内地と、なつかしがっ  のを羨しがっ  不良るかっ  彼もひじょうに気味悪がっ  講演が悪るかっ  現実には一向打つかっ  運動を始めたがっ  金が降って来やがっ  悪戯しやがっ  種なんぞ孕みやがっ  何処から工面しやがっ  ふいに夜半に来やがっ  上から傷ましがっ  欺瞞に乗るかっ  のを恐ろしがっ  涙をこぼして口惜しがっ  それを羨ましがっ  要素のかっ  小物を売っているので、懐しがっ  抱きしめて思い存分いとしがっ  何か長くほしがっ  のを待ち遠しがっ  さと云ったら凄じかっ  だらしなく、醜くかっ  世話を焼きたがっ  ことだから、それでも美味しがっ  七度にさがっ  事になりやがっ  子供たちはうれしがっ  クリストフが悲しがっ  泥を塗りやがっ  顔を踏みつけやがっ  顔さ泥を塗りやがっ  精神が腐りやがっ  くせ非常に可愛がっ  初めは恥ずかしがっ  隣人をうるさがっ  威嚇しやがっ  すみ子は面倒臭がっ  雪を珍しがっ  それを可笑しがっ  ことをはずかしがったり、淋しがっ  子供たちは珍しがっ  それを苦しがっ  桃色がかっ  妨害しやがっ  悪口してやがっ  交通妨害をしやがっ  ように拵えがっ  土地を売らながっ  ように勝ちたがっ  人々は気味悪がっ  静かにさがっ  ラウペパの欲しがっ  様に嬉しがっ  天気ぁ好がっ  耳を疑がっ  子供たちはいつも抱かれたがっ  手を握っていてもらいたがっ  それからもっと詳しく知りたがっ  人前を恥ずかしがっ  メルキオルはあらかじめ嬉しがっ  やらせたがっ  人に言われたがっ  心持ち白味がかっ  野郎やりやがっ  野郎たち蒼くなってくれやがっ  川へ来やがっ  腹の中へできるだけ強く突きこんで引掻き廻してえぐりながら、苦しがっ  みんなこいつを欲しがっ  銀様が心もとながっ  座をさがっ  兄い、有難え、可愛がっ  ドジを踏みやがっ  安直が歯痒がっ  のが、また湧き上って来やがっ  お前が珍しがっ  頭はがっ  せりふで、がっ  子供を欲しがっ  こいつを生かして置いて、可愛がっ  こんど生れやがっ  引戻したがっ  金を欲しがっ  一時、珍しがっ  乳を欲しがっ  歯噛みをしながら口惜しがっ  こともあるが、かっ  朝食へ退がっ  城を退がっ  伊丹城を退がっ  彼は引き退がっ  書写山と名づけて可愛がっ  官兵衛はすぐ退がっ  糸目をつけず欲しがっ  母里太兵衛、おるかっ  束縛を脱したがっ  何か尋ねたがっ  それに乗じて、かねてほしがっ  気遣い、暑がっ  気遣い、寒がっ  まり悪がっ  笑したくてたまらながっ  私が近づくとひどく恐ろしがっ  体に打つかっ  脅迫しやがっ  女ピストルを突きつけやがっ  変装してやがっ  旅客をかっ  者をたまらなく懐しがっ  ように働いてもらいたがっ  推察し、ただ愛したがっ  意地悪くうれしがっ  上でじれったがっ  彼女ははや心細がっ  人に見せつけたがっ  彼について来てもらいたがっ  二人とも同じくらいうれしがっ  非常に悲しがって、引返したがっ  非常に知りたがっ  機会を作りたがっ  見出してたいへんうれしがっ  うち明けたがっ  彼に見とれさせたがっ  そこへ降りてゆきたがっ  尊重とをほしがっ  英雄になりたがっ  半分ばかり食べやがっ  切歯をしてもどかしがっ  ものを与えてもついぞ嬉しがっ  鳶口を振って駈け着けやがっ  お前さんが嬉しがっ  野郎、よくもぬかしやがっ  私たちから次第に遠去かっ  文王になりたがっ  猫は苦しがっ  栓のかっ  騰貴せしめかつ  叙述をのみ書きたがっ  赤味がかっ  ことを恥ずかしがっ  えな肌をしやがっ  まりわるがっ  みんなうれしがっ  ちらしやがっ  手を当てがっ  日の出にかつ  木片をかっ  私達が話しかけるのに気味悪がっ  仲間に早く加わりたがっ  機嫌が悪るかっ  あなたもたいへん可愛がっ  畳は汚ながっ  拡大鏡を当がっ  返事をしませんかっ  恥かしげも無く並べやがっ  非常によく可愛がっ  之を欲しがっ  へん欲しがっ  ものばかり欲しがっ  何かが這入りやがっ  事をしやがっ  白味がかっ  程がっかりして恥しがっ  ことを嬉しがっ  世話を焼かせやがっ  松をなつかしがっ  ように、多少苦しがっ  乳を呑みたがっ  罰金を取られたがっ  袖を濡らしたがっ  面と戻って来やがっ  盛んに見たがっ  いやがらせに来やがっ  めっかっ  それから下へさがっ  わたしを蹶やがっ  わたしを噛みやがっ  子供たちは嬉しがっ  気まり悪がっ  火を絶やしやあがっ  前にさがっ  しょっちゅう何かしら嬉しがっ  眼で見てはくれず、むしろ気味悪がっ  一人でうれしがっ  のと少しもちがっ  皆可愛がっ  誰もはずかしがっ  東京へ帰りたがっ  お前さんはそううれしがっ  それから恥ずかしがっ  それを結びつけたがっ  考えを知りたがっ  皇帝は、立ちながら死にたがっ  腹匐いに平伏して死にたがっ  親切に見せかけたがっ  身を堕したがっ  熱心に来たがっ  滑稽だと思いたがっ  的才能がないと思いたがっ  人間になりたがっ  ためにたがいに寄り集まりたがっ  狂人だと思わせたがっ  非常に恥ずかしがっ  小節を飛び越したがっ  頂まで上りたがっ  機会を得たのでうれしがっ  口をききたがっ  詳細を聞きたがっ  演奏をやめさせたがっ  なんでも言いたがっ  非常に愛したがっ  友情をほしがっ  瞬間を避けたがっ  停車場へ行きたがっ  理想化したがっ  腕前を見せたがっ  興味を見てうれしがっ  歌を避けたがっ  天気がよくなったので出かけたがっ  ものをあると信じたがっ  母へ告げたがっ  彼女の信じたがっ  胸につかえて言いたくてたまらながっ  噂話をくり返したがっ  んだと思わせたがっ  それを見に早く帰りたがっ  自分で来たがっ  気のかっ  外ではもどかしがっ  のです、離れたがっ  私は可愛がっ  ものから学びたがっ  文句を書きやがっ  悪意でなく、避けたがっ  別に一勢力を欲しがっ  人からくりかえし説いてもらいたがっ  祝杯を挙げたがっ  令嬢に育てたがっ  おかみさんが会いたがっ  婦人を知りたくてたまらながっ  のを苦しがっ  音楽をやりたくてたまらながっ  人に見せびらかしたがっ  クリストフはたいへんうれしがっ  まらながっ  徳操を見たがっ  シェイクスピヤを取り入れたがっ  臭みであり、もしくはそう見せたがっ  役を選びたがっ  背を向けたがっ  興味をもちたがっ  噂話を聞きたがっ  すべてをあやなしたがっ  印象を知りたがっ  中に流し込みたがっ  音楽を聞きたがっ  オペラ・コミック座かへはいりたがっ  眼で言いたがっ  従姉にじれったがっ  人々はうるさがっ  彼はしきりに知りたがっ  ことをもたなかったし、話したがっ  クリストフをかっ  野郎とうとう来やがっ  お爺さんお爺さんと懐かしがっ  開田村とに跨がっ  人を見ると懐かしがっ  嘉門の可愛がっ  賭場銭さらいに来やがっ  さらいに来やがっ  気に触れたがっ  皆恋しがっ  頭中将は見たがっ  額髪をうるさがっ  私がのぞいていて憎らしがっ  女はずいぶん心細がっ  私はじめ兄弟はにがにがしがっ  女は恐ろしがっ  思い出をなつかしがっ  女は恥ずかしがっ  女が恨めしがっ  女房などが悲しがっ  のだとお言いになっては寂しがっ  むやみに恐ろしがっ  から侘しがっ  夫人を恋しがっ  徹頭徹尾謹厳だといわれたがっ  力を振りまわし、威張り、縮み上らせたがっ  どうこうしやがっ  空気が漲りたがっ  心張棒をかっ  権利を得たがっ  到着したくてたまらながっ  これら良識家らが信じたがっ  相談にあずかりたがっ  父に近づきたがっ  友人らに隠したがっ  涙を浮かべて、帰りたがっ  彼は引き留めたがっ  ふうを装っていたが、早く帰ってもらいたがっ  客間をほしがっ  辛苦をほしがっ  散歩に連れ出したがっ  人々がうれしがっ  思い込みたがっ  頭を置かせたがっ  彼女は恥ずかしがっ  きりになっているので心細がっ  祖母をどんなに恋しがっ  祖母を恋しがっ  女王は恐ろしがっ  のを見て、心細がっ  なんでもそんなに悲しがっ  姫君は恐ろしがっ  源氏が教えると、悲しがっ  尼君を恋しがっ  ところはやめたがっ  のだと口惜しがっ  私を悲しがっ  のを、悲しがっ  御覧になりたがっ  若宮にどんなにお逢いになりたがっ  嘘でないかと危ながっ  から、怪しがっ  源氏はうるさがっ  皆口惜しがっ  姫君の寂しがっ  帰らないことでどんなに寂しがっ  別れを悲しがっ  深刻に名残惜しがっ  伺候を珍しがっ  所からは長い途絶えを恨めしがっ  女房たちは珍しがっ  女房も怖しがっ  女房たちも恐ろしがっ  中にはうらやましがっ  ように心細がっ  事に疑って、くやしがっ  里が心細がっ  里の悲しがっ  非常に悲しがっ  入道はくやしがっ  天候を恐ろしがっ  皆が心細がっ  んでは無えかっ  女房などは、悲しがっ  昔は多少恨めしがっ  女王を伴って行きたがっ  職を欲しがっ  ことが近づいてこようとすると悲しがっ  これを惜しがっ  ことを口惜しがっ  予感して口惜しがっ  回収されないかと危うがっ  はじめは少し恥ずかしがっ  非常に見たがっ  のを寂しがっ  車へ早く乗りたがっ  母親はましてどんなに悲しがっ  毎日子を恋しがっ  ことを苦しがっ  方などを知りたがっ  夫人は恨めしがっ  ことを恋しがっ  式を珍しがっ  大宮を恨めしがっ  気がして寂しがっ  のを心細がっ  雁は恐ろしがっ  現状を苦しがっ  ことで、いよいよ恨めしがっ  夜昼泣いて恋しがっ  夕顔夫人を恋しがっ  娘たちは恋しがっ  家族は心細がっ  片時も忘れずに恋しがっ  のを恥ずかしがっ  姫君が恥ずかしがっ  ように恥ずかしがっ  人々はくやしがっ  末摘花は恥ずかしがっ  声で歌い出しやがっ  これを懐かしがっ  処分して置きたがっ  ことに苦々しがっ  姿になりやがっ  こいつを殺したがっ  ムキ出しに懐かしがっ  ブチこまれやがっ  神尾主膳は相当くすぐったがっ  自分を歯痒がっ  土を取りたがっ  お金を蒔きたがっ  お金を貸したがっ  犬に当てがっ  食物を当てがっ  猫が下りたがっ  少女らしく恥ずかしがっ  大臣は恋しがっ  牛乳に感じて宜かっ  用意しといて宜かっ  慾張りゃがっ  ように恐ろしがっ  宮様が心細がっ  内容とを知りたがっ  者は面倒くさがっ  中将が恨めしがっ  なかった日よりもいっそう恋しがっ  女房たちは惜しがっ  青草原をほしがっ  お金を欲しがっ  皆悲しがっ  妻をほしがっ  尚侍を恨めしがっ  らんそんなにまでせずともとくやしがっ  非常に恋しがっ  性格を悲しがっ  尚侍になりたがっ  ように思って、くやしがっ  雁はすっかり恥ずかしがっ  違いないと心苦しがっ  ふうに言って心苦しがっ  今も恨めしがっ  境遇を寂しがっ  彼は、あたかも恥ずかしがっ  身を震わし悲しがっ  破れ衣を脱ぎ捨てたがっ  初め恥ずかしがっ  観念小説を作りたがっ  芝居へ行きたがっ  夫妻とも近づきになりたがっ  苦しみを恥ずかしがっ  のは恥ずかしがっ  性質をもたせたがっ  自己流にこしらえ上げたがっ  説明してもらいたがっ  リュシアン・レヴィー・クールがなんと言ってるか聞きたがっ  原因を知りたがっ  命中するまで打ち合いたがっ  理由を知りたがっ  われわれに教えたがっ  きまり悪がっ  芸術をやりたがっ  それを寂しがっ  ことばかり考えたがっ  奥さんが悲しがっ  銘言を繰り返したがっ  疾駆をもどかしがっ  警戒しに行きたがっ  格別恥ずかしがっ  際に悲しがっ  方に、冷たい賢がっ  明石は片腹痛がっ  恰好をせやがっ  二十度以下にさがっ  露助みたいに呻きやがっ  上から下にさがっ  これほどにもちがっ  手もとへ置きたがっ  姫君は寂しがっ  先夫人をばかり恋しがっ  自信もなく心細がっ  院は悲しがっ  家従たちの忙しがっ  自分はあぶながっ  乳母たちは恨めしがっ  宮の悲しがっ  夫人は気づかわしがっ  衛門督をいたましがっ  誰とでも死にたがっ  から恥ずかしいが、逢いたがっ  故人を恋しがっ  目つきはさすがに恥ずかしがっ  宮はただ恐ろしがっ  中止になって寂しがっ  取り扱いを恨めしがっ  気術ながっ  母を恋しがっ  外聞を悪がっ  許しを得たがっ  夫人は苦しがっ  女王を恋しがっ  ことを厭わしがっ  のを、寂しがっ  朱房のさがっ  のをくやしがっ  君はうるさがっ  長女は恨めしがっ  のを気味悪がっ  女房たちも心細がっ  欝陶しがっ  姫君らを思い、心細がっ  女王を恨めしがっ  宮を少し怨めしがっ  だれもわびしがっ  髪を短くかっ  別れをさえ寂しがっ  言いようもなく情けながっ  あれほど恨めしがっ  女房らは苦しがっ  極度に口惜しがっ  姫君は苦しがっ  当時にもまさって悲しがっ  朝夕に恋しがっ  彼に会いたがっ  自分でも恥ずかしがってなくしてしまいたがっ  俺を騙しやがっ  面自がっ  域にもどりたがっ  知り合いになりたがっ  彼女はうれしがっ  微笑を浮かべて、そしてうれしがっ  非常にうれしがっ  オリヴィエから得たがっ  者でありたがっ  仕事を珍しがっ  一反映としてしまいたがっ  人からいろいろ挑まれても、いつもひどく恥ずかしがっ  ようにうれしがっ  彼に立ち寄ってもらいたがっ  幾週間もじっとしていなければならなくて、もどかしがっ  アルノー夫人によりかかりたがっ  あなたにお目にかかりたがっ  腹を剥きだしにされて、ころころと恥しがっ  五厘ごまかそうと思いやがっ  それを怪しがっ  非常に行きたがっ  腹部も少し高くなり、恥ずかしがっ  人々は恨めしがっ  不満足に思い、ねたましがっ  コン畜生め、惚れやがっ  妻は恨めしがっ  夫人は見苦しがっ  余沢をこうむりたがっ  人からもお侮られになると悲しがっ  人を恨めしがっ  胸を苦しがっ  中ではどんなに口惜しがっ  双方で心細く思い、悲しがっ  尼は悲しがっ  侍従は憎らしがっ  女はただ恥ずかしがっ  ルンペンに見立てやがっ  ものを置いて行きやがっ  牙をがっ  そうに出やがっ  献上に来やがっ  両手でがっ  故郷を恋しがっ  ところへ来やがっ  別のをこしれえやがっ  一生可愛がっ  扱いをしないで可愛がっ  割前を欲しがっ  併合しちまやがっ  ここに納まって動かなければいいに、ややもすれば動きたがっ  一升メシを食らいやがっ  肉まで食いやがっ  真底からわびしがっ  女は苦しがっ  人たちも泣き出さんばかりに恐ろしがっ  のであろうといっそう悲しがっ  今でも恋しがっ  これまでは宜かっ  国司は、うるさがっ  ことかと悲しがっ  乳母は悲しがっ  母としてはどんなに悲しがっ  高声に歌ってはうれしがっ  ように恋しがっ  私はあぶながっ  人々を恨めしがっ  橋をあぶながっ  のをいとわしがっ  非常に恨めしがっ  中将はなおいぶかしがっ  真心から尼君は悲しがっ  非常に恋しがり悲しがっ  男が、少しも悲しがっ  息はずませて、もどかしがっ  吉岡に診せたがっ  つり革にさがっ  あぐらをくんで、うまがっ  のさえ美味しがっ  城へころげ込んで行きやがっ  あなたを恋しがっ  文句ばかり並べやがっ  引上げて行きやがっ  云やがっ  そこへ置きやがっ  奴ニッコリしやがっ  眼を丸くしやがっ  喚めきやがっ  了簡で持って来やがっ  ヤット本音を吐きやがっ  手間を喰わせやがっ  クリストフはうるさがっ  彼らは信じたがっ  自分自身を恥ずかしがっ  みな、信じてると思ってるばかりであり、あるいは信じたがっ  革命家だと信じたがっ  人々や信じたがっ  人々やだまされたがっ  聴衆らが考えたがっ  軽蔑を示してうれしがっ  団体的同盟罷業をなしたがっ  それをたいへんうれしがっ  彼がどう考えてるかを知りたがっ  ユルトゥルーはもとより話したがっ  オリヴィエは恥ずかしがっ  好奇心をそそられながらも眠くてたまらながっ  見栄から奇を衒いたがっ  うちに潜みたがっ  からかいまたかわいがっ  散歩させたがっ  喧嘩にはいりたがっ  十字架につけられたがっ  真実を知りたがっ  一人で行きたがっ  教会堂へ行きたがっ  彼は眠りたがっ  気を廻しやがっ  お多福め、苦しがりやがっ  綯らしやがっ  気障がっ  こと言やがっ  妹をずいぶん可愛がっ  マラリアにでも罹かっ  マラリアに罹かっ  災厄に罹かっ  ふぐを恐ろしがっ  思いをさせやがっ  みんな役人になりたがっ  線がかつ  何をいいたがっ  連中は嬉しがっ  上に、可愛がっ  彼を恐しがっ  燈を残してゆきやがっ  ラムを飲んでやがっ  己をこき使いやがっ  その男がほしがっ  耳が痛がっ  松明をほしがっ  奴らは出て行きたがっ  ナイフを持って行きやがっ  連中がそんなに恐しがっ  皆すっかり恐しがっ  目に遭わせやがっ  掛時計のかっ  血のはねかっ  嫁にほしがっ  目小僧はじれったがっ  母はいたましがっ  西洋料理を思い出してしきりにほしがっ  もの許りほしがっ  方々いたがっ  声を大層淋しがっ  夜が寝られないほど嬉しがっ  ことであった、こんなにまで欲しがっ  継子をとても可愛がっ  後にさがっ  のかと、口惜しがっ  田舎者奴が、可愛がっ  男だと頼もしがっ  失望して悔しがっ  ことになりやがっ  のをむつかしがっ  ア工場をたてたがっ  顔をつぶしやがっ  ように楽しがっ  意を得たりとうれしがっ  好奇心で見たがっ  イマイマしがっ  鼻をまげて臭がっ  あてやがっ  うまいことを、やりやがっ  運が悪るかっ  ッて、待ってやがっ  馬鹿に待たせやがっ  「熊」よりも恐ろしがっ  一杯食わせやがっ  赤恥かかしやがっ  人から聞かれたがっ  人から攻撃されたがっ  ことでもされたがっ  彼が信じたがっ  気違いになりたがっ  彼女が隠したがっ  消費されたがっ  ことを待ち遠しがっ  自己を押し広げたがっ  彼はやって来たがっ  自分によりかかりたがっ  範囲内で息苦しがっ  二人はうれしがっ  ほうをうれしがっ  女にほしがっ  本書はこう言いたがっ  錦子が、はずかしがっ  私を本当によく可愛がっ  方はすぼがっ  兄さんは大層口惜しがっ  手をとりあって入ってきやがっ  骨を折って新しがっ  ためには宜かっ  雨を孕んでやがっ  朝顔みたいなつらをしやがっ  災難にかかりやがっ  定規でも当てがっ  我慢して、苦しがっ  ことを思いつきやがっ  んはむせて、苦しがっ  今まで口惜しがっ  涙を流しながら、口惜しがっ  頃死にたがっ  蔭で可愛がっ  あなたには始終会いたがっ  女に惚れやがっ  からんことになりやがっ  ウワゴト云ってやがっ  カタコト鳴りやがっ  横文字なんか読みやがっ  前歯に仕掛けやがっ  吾吉一人じゃないわよ、と言いやがっ  目と、鋭いとがっ  黄色な、小さいとがっ  子どものうれしがっ  秋蚕なんか始めやがっ  予をなつかしがっ  やつは心細がっ  日本人に考えろといいやがっ  今頃瞞されたと思って口惜しがっ  何うでも宜かっ  喧嘩をしている、尖がっ  ことをいろいろ聞きたがっ  簪を挿して、嬉しがっ  着物などを眺めながら、そう言ってうらやましがっ  方に、がっ  次へさがっ  指環をほしがっ  手と比べて、つまらながっ  色目をつかやがっ  友をなつかしがっ  独りで遠去かっ  ように装わせたがっ  なにしに来やがっ  奉行所をさがっ  物をでも可愛がっ  父母も珍しがっ  昔祖母が恐ろしがっ  ことを珍しがっ  お前はまだ知らんかっ  んつ好がっ  天気好がっ  折らしやがっ  野郎、来やがっ  ナメやがっ  手があるかっ  代りよく可愛がっ  オッ惚れやがっ  独合点しやがっ  ことでは、ずいぶんつらがっ  のは、それほどかなしがっ  みんなもうれしがっ  たまにかっ  酔がかつ  祖父の尖がっ  こっちへやって来やがっ  話をすると、イヤがっ  みんな人間になりたがっ  神経が尖がっ  ルウジュが、まるで嬉しがっ  ひとりで懐しがっ  君のことを羨ましがっ  鶴ちゃん鶴ちゃん、と可愛がっ  矢先、早まりやがっ  タオルなどをかっ  唇に当てがっ  才気を憎らしがっ  殻を破り得ずに苦しがっ  一行に加わりたがっ  無性に嬉しがっ  崇むる太郎作輩に同じかっ  妾ばっかし二十七人も持ってやがっ  半時間さえ惜しがっ  一回は、はずかしがっ  侮辱しやがっ  包子をほしがっ  何をしてやがっ  ゅとるくせに、威張りやがっ  チャンコロめ、かっぱらって行きやがっ  めにあわしやがっ  急激にさがっ  小鳥をば可愛がっ  俺を好かなくなりやがっ  奴がついて来やがっ  金モール服を着てやがっ  誰奴がやりやがっ  先手を打ちやがっ  いくら家畜をみずかっ  娘をかっ  身のほどを顧み、恥じかつ  姿を見ると、恐ろしがっ  ようにもいとしがっ  しずかに引き退がっ  前を引き退がっ  高丸はくやしがっ  鞄は大層口惜しがっ  事だし、また可愛がっ  女性に直しやがっ  ひとりでおそろしがっ  公がひどく可愛がっ  昔を恋しがっ  アしやがっ  のち、あとずさりにさがっ  城をさがっ  江戸に帰りやがっ  脛をかっ  旅に出るとかっ  一人偉がっ  彼女がしきりに確かめたがっ  別のに頼んでみるとめんどうくさがっ  バタもつけて当てがっ  父親に逢いたがっ  均平も少し気味悪がっ  仕込み時代から何となし可愛がっ  母親が羨ましがっ  帳面がこぐらがっ  経済はやっぱりこぐらがっ  せい様があぶながっ  ほうはほしがっ  一隅へさがっ  しこたま買いこみやがっ  人ちがいをしやがっ  妹などと触れ込みやがっ  高は、さびしがっ  背後へさがっ  ことを考えると、うれしがっ  人をなつかしがっ  わたくしなどとも会いたがっ  美代にがっ  相良寛十郎さんがめっかっ  わしでも、どうにもならんかっ  裾が開きたがっ  者が恐ろしがっ  歯噛を食いしばって口惜しがっ  世界へ連れて行ってもらいたがっ  彼は淋しがっ  上京しない、それほど可愛がっ  ンのかっ  暮しかたもあるかと珍しがっ  おばあさまが可愛がっ  からこそ、こんなにせつながっ  声なんか出しやがっ  偶然通りがかっ  黄がかっ  必要が有るかと疑がっ  鼻息を覗かがっ  適度に当てがっ  お前は淋しがっ  気分を出したがっ  母に逢いたがっ  道に出遇うし、欲張って踏み跨がっ  道に踏み跨がっ  主人で可愛がっ  ネバリやがっ  風向きが変ってきやがっ  サシミ庖丁ぐらい握りしめやがっ  上で恐ろしがっ  談論は極めて鋭どかっ  のを痛くイヤがっ  表が泣く、最少し気張れば宜かっ  行儀が悪るかっ  地獄に住みたがっ  行末を考えては心細がっ  ひとりで忙しがっ  ものだと、羨ましがっ  男は出たがっ  紅梅を欲しがっ  浮世をうるさがっ  濡衣をきせられて、しきりにくすぐったがっ  叩きやがっ  パリに行きたがっ  どこに行きゃがっ  酔やがっ  大工をかせいで、可愛がっ  辰公がことづけやがっ  月さんが出やあがっ  セイだと思いちがえて、すまながっ  手を出して、忙しがっ  ただ話に聞いて憎らしがっ  もん、憎らしがっ  喜助を知らねえかっ  見えんかっ  所だとかっ  キレーにかっ  おいでにならんかっ  夕淋しがっ  お父さんは相変わらず可愛がっ  みんなも薄気味悪がっ  熱がさがっ  それから一旦引き退がっ  間は可愛がっ  お袋が可愛がっ  たびごとに、おこって見たり、冷かして見たり、笑って見たり、可愛がっ  いちじくが熟しかけたので、取りたがっ  そうに突き出して、くやしがっ  菊子が嬉しがっ  様子を聴きたがっ  儀式を恥しがっ  喰べましたので、まったく嬉しがっ  巳の可愛がっ  女、泣いてあやまりやがっ  泥をぬりやがっ  どこへうせやがっ  荷物を持って来たというて嬉しがっ  値打がさがっ  者も、口惜しがっ  土地を勿体ながっ  嘘を読んで嬉しがっ  君呼わりにして、しきりに儲けさせたがっ  長蔵さんを恐ろしがっ  縦横に飛び廻って、大いに苦しがったりまた大いに悲しがっ  目に逢わせて嬉しがっ  非常に嬉しがっ  子になるにしたって、おっかながっ  損なやがっ  気分が悪るかっ  始めは頻りに可愛がっ  像のまえにさがっ  非常に逢いたがっ  奴はこきやがっ  だらしなく垂らしやがっ  小児たちは嬉しがっ  女中が淋しがっ  疲れたせいか、いやに睡かっ  皆が危ながっ  影坊子を淋しがっ  片肢でかっ  顔の尖がっ  父よと恋しがっ  綺麗だなァとうれしがっ  代々木かといったといって口惜しがっ  ことをいわなかったらとかれは口惜しがっ  はじめやァがっ  名前をつかやァがっ  物体が打つかっ  農民らしくがっ  歯を痛がっ  友人帆村荘六も大いに知りたがっ  さん、きっと眠がっ  赭味がかっ  家にもかっ  ことをたいへん淋しがっ  小説を読みたがっ  集団農場へ入りたがっ  仕事をもどかしがっ  火がかつ  羞しがっ  大変フランス語を習わせがっ  大変羨ましがっ  猫が入りたがっ  私、思わずかっ  ことをたいへん口惜しがっ  詳細を知りたがっ  意見を聞きたがっ  歯をぎりぎり噛み合わせて口惜しがっ  看護卒をしたというかっ  メソメソしてやがっ  泡盛なんか喰いやがっ  反撥していれば、それだけ嬉しがっ  地団太ふんでくやしがっ  事件に跨がっ  真っ昼間から寝たりなんぞしやがっ  ことには、苦しがっ  その後すっかり怠けかつ  後をつけてきやがっ  背後から襲撃しやがっ  婦人運動をやりたがっ  庭石を運ばせたりしやがっ  魚は可愛がっ  漢産を見たがっ  葉が引かかっ  ほか、かっ  みな嬉しがっ  眠るし、美味しがっ  耳朶をかゆがっ  日はやたらに忙しがっ  太郎がねむがっ  脅迫しに来やがっ  妹同様に可愛がっ  眼にかかりたがっ  何しろ娘みたいに可愛がっ  名探偵が現われて来やがっ  手品が来やがっ  末永く可愛がっ  運動記者を欲しがっ  テッちゃんが会いたがっ  あざらしが大層気に入って、かわゆがっ  安心でうれしがっ  平凡に忙しがっ  椅子をかっ  芝居がかっ  ハツキも会いたがっ  墓を欲しがっ  翠を可愛がっ  白馬に跨がっ  ここでがっ  何うとかこうとかっ  引越しはどうかと、あぶながっ  そばにおきたがっ  私は大層うれしがっ  くそばで遊んで、懐しがっ  落語などを聴きに行きたがっ  愛を持って可愛がっ  お前は、ふざけやがっ  あなたをどんなに可愛がっ  作用とわずかもちがっ  ぐらにその道をこそ歩かせたがっ  何か仕出かしやがっ  飯を食ってやがっ  お客のかえりたがっ  棚に上げやがっ  わけもなく嬉しがっ  ものを見棄てやがっ  高座から引き摺り下ろされ、泣いて口惜しがっ  もてなしに与かっ  白味のかっ  心をいとおしがっ  客が可愛がっ  わたしが可愛がっ  痛手を深く秘めて寂しがっ  家へいれたがっ  吊しやがっ  打ん殴りやがっ  どこへ持って行きやがっ  一人ずつ附いてる、ってやがっ  網棚から首なんぞ吊るしやがっ  癖してやがっ  一度でおどかしやがっ  大袈裟に来やがっ  小僧奴怒鳴りやがっ  永年可愛がっ  肉を美味しがっ  インクがしみて書きにくがっ  ために会いたがっ  とき同然可笑しがっ  はさみたがっ  女の子をほしがっ  仮装舞踏会に出たりしたがっ  話のつづきを聞きたがっ  死体を見たがっ  みんなで嬉しがっ  ことを聞きたがっ  人がほんとにほしがっ  結果を訊きたがっ  エリザベートに会いたがっ  生涯を送りたがっ  ものを殺したがっ  紹待に応じたがっ  説明を聞きたがっ  心は躍りあがっ  ところに引かかっ  リュウマチでがっ  ように、ひどくさびしがっ  殺しに来たと思いやがっ  清兵が飛び出しやがっ  千鶴さんがうらやましがっ  こっちに来たがっ  嫌疑を受けようとは思わんかっ  弧をえがきつつ、かつ射かつ  カタツムリなど珍しがっ  事務所では忙しがっ  証言するなんて、ふざけやがっ  それをうれしがっ  みないじらしがっ  目に入れてもいたくないほど、可愛がっ  ノサバリやがっ  少年探偵三浦三吉も口惜しがっ  歯ぎしり噛んで口惜しがっ  親らしくなりやがっ  ことを本当にやりやがっ  千々に乱れて、とうとう、やりやがっ  井さんとやらが、可愛がっ  遇わしやがっ  真似を、しやがっ  どんは口惜しがっ  勢いで突かかっ  てんてこまいで忙しがっ  さへだとかっ  方へ来たがっ  気をきかせやがっ  日本機め、うまくにげやがっ  笑ひが減ると、がっ  昼の入りがっ  こっちで欲しがっ  母さん小母さんと恋しがっ  柳と打つかっ  のを、嬉しがっ  滝がかっ  鍵をかけやがっ  まねをしやがっ  ことをくやしがっ  歯ぎしりしながらくやしがっ  おもちゃにしやがっ  悪いことばかり覚えやがっ  口を利きやがっ  ほかへやったら、どんなに悲しがっ  隅へ飛び退がっ  声に驚き、飛び退がっ  だいとうれしがっ  肩ばかり持ちやがっ  原からうれしがっ  何しにうせやがっ  目っかっ  チキンの煮ころばしを食いやがっ  たこにつるさがっ  歯をがりがりかんでくやしがっ  弟の欲しがっ  旻は苦しがっ  ことがなく、どんなに恋しがっ  北がかっ  私が、うれしがっ  氏素姓を知りたがっ  彼を知りたがっ  生い立ちを知りたがっ  牢へまぎれ込んで来やがっ  挨拶も忘れて行きやがっ  火を放けやがっ  文壇を離れたがっ  ヒョロヒョロしてやがっ  余ッぽど慌てやがっ  鼻にかけやがっ  客も珍しがっ  漁師はいまいましがっ  何か欲しがっ  砲身をたたいて口惜しがっ  遊撃隊がくやしがっ  群が飛びかっ  頭を撫でて可愛がっ  張もめずらしがっ  私をそんなに可愛がっ  認識して嬉しがっ  児を可愛がっ  死刑になりたがっ  これを見かつ  夕ぐれがかっ  入札して宜かっ  巨きかっ  靄がかっ  川は、どーと当ってがっ  手にさがっ  ことだ、と、口惜しがっ  ことは出来るまい、少しは口惜しがっ  二三歩後にさがっ  ところへ閉じ込めやがっ  妨害をしやがっ  何をしても笑ってばかりいるって歯痒がっ  加十は嬉しがっ  慾呆けやがっ  皇帝になりたがっ  上へ現われて来やがっ  引ッ掻きやがっ  ことを教わって来やがっ  のに思い付かれ、うるさがっ  畜生、ぬかしやがっ  どこで喰い酔うて来やがっ  のを口惜しがっ  元日早々済まんかっ  岩井がどうとかっ  子供を、いたわり可愛がっ  非常に珍しがっ  一番可愛がっ  人だの、逢いたがっ  美佐子さんが淋しがっ  道具一式おき忘れて逃げちまやがっ  ことができませんかっ  手がとどかないので、くやしがっ  それを見ると、くやしがっ  びっくりして、痛がっ  二度ばかにされたので、くやしがっ  それを見て、うらやましがっ  烏はくやしがっ  自分をにくらしがっ  今でもくやしがっ  何を食ってやがっ  ものを欲しがっ  植通は宜かっ  仮名垣魯文さんが欲しがっ  代りに欲しがっ  児よりも可愛がっ  心事を訝かっ  余は思わずかっ  付き家と称して、恐わがっ  酸っぱいものを欲しがっ  九度以下にさがっ  子をどうにかしてしまいたがっ  ジャピイだけを、うんと可愛がっ  お母さんは悲しがっ  くせに恥ずかしがっ  ことなのにと、どんなに口惜しがっ  だんだん青味がかっ  上が尖がっ  和布をかっ  大事にして、可愛がっ  ジイッと見やがっ  親方を殺しやがっ  先で刺しやがっ  煽動てやがっ  僕と思って可愛がっ  玉みたいに可愛がっ  勝手に口惜しがっ  何か飲みたがっ  社交界へ出たがって、早く大きくなりたがっ  世間へ出たがっ  座に、がっ  木もうれしがっ  なにかをききたがっ  ことをちっともききませんでしたので、めずらしがっ  それはうれしがっ  奴ときたら確り握りこんでやがっ  たんぺい急に始めやがっ  稽古をしやがっ  将棋大会へでかけやがっ  それで負けて帰りやがっ  変りやがっ  威勢がよくなりやがっ  一人で嬉しがっ  もっと地面を踏みたがっ  了やがっ  モゲやがっ  空へと吹きっ飛ばされやがっ  タタキへのさばりやがっ  唸りやがっ  叫びやがっ  一生懸命、可愛がっ  ために苦しがっ  子供は恐ろしがっ  私は苦しがっ  貴方に会いたがっ  我をわすれて躍りあがっ  年月ゆかしがっ  ように、なさけながっ  昔どおり珍しがっ  唾を呑んで、待遠しがっ  おばあさんも、うれしがっ  ぱッとうしろへさがっ  人がめずらしがっ  いっぺんで見やぶりやがっ  谷博士は、くやしがっ  じだんだふんでくやしがっ  地上三百メートルにさがっ  事をなつかしがっ  自分の子供がうれしがっ  部屋にとじこもってかっ  千世子はだまってがっ  羽織をかっ  連中に響き渡るほど凄じかっ  梨を見たがっ  栗を見たがっ  事ばっかりをそわそわして嬉しがっ  友達を持ちたがっ  女だと思って可愛がっ  顔をしながらも、実は嬉しがっ  ひとりで苦しがっ  姉の可愛がっ  姉さんが可愛がっ  佐太郎を殺して逃げやがっ  一揃いほしがっ  そのまま谷をさがっ  反り身になって言い出しやがっ  右衛門は苦しがっ  大変に可愛がっ  半分はにくらしがっ  為義もうるさがっ  半分はいまいましがっ  役人がくやしがっ  馬の骨を見、気味悪がっ  叔父ちゃんが苦しがっ  意味するか知り、嬉しがっ  ものは、ほいほい可愛がっ  えさだけとって行きやがっ  牙を当てがっ  屋根の尖んがっ  爪でガリガリ掻きながら、うまがっ  お嬢さまは珍しがっ  落をきめやあがっ  お金をひどく可愛がっ  ポスターを見て嬉しがっ  わしが悪るかっ  鰺を美味しがっ  一目会いたいのは可愛がっ  のが、可愛らしがっ  慾ばりたがっ  上に当てがっ  押し出したがっ  安井が羨ましがっ  云わずに退がっ  それからそれへと聞きたがっ  ひでえことになりやがっ  妻として垂れこめて暮させたがっ  両親も可愛がっ  彼女はすぐにも登りたがっ  何や知らんが、こそぼかっ  腹がかっぶらかっ  体全体が恥しがっ  シグナルがさがっ  右門ではないかっ  懐紙につつんで退がっ  どこにも、無がっ  蜜柑が無がっ  披露して嬉しがっ  切ながっ  これを着て、嬉しがっ  軍部が、如何に口惜しがっ  心残り千万な、といまいましがっ  弄にして、可愛がっ  ようにして、可愛がっ  前後に跨がっ  お母さまはきっと寂しがっ  嘘だらけなのに忌々しがっ  桂子も痛がっ  絵を掛けやがっ  米は食えないぞとおどかしやがっ  身内になりやがっ  伊部はやはり、面倒くさがっ  伸びやがっ  アメリカ人になりたがっ  鬼は苦しがっ  窓から外を見ていたが珍しがっ  餌がなくて、ひもじがっ  あと、あたかもがっ  非常にうまがっ  一つ、用いやがっ  小器用に抜けやがっ  どじを踏みやがっ  へん、えらくにらんでいやあがっ  どこへ行ってやがっ  丹三がうれしがっ  たじたじとさがっ  ほうを受け持ちたがっ  かぶりやがっ  乙に片づけやがっ  里好はがっ  女なんぞ送りつけやがっ  お蔦に惚れてやがっ  まねをさらしやがっ  しかお蔦とかっ  真っ赤にしながら、黙って、恥ずかしがっ  ものを見出さなくてはやり切れながっ  文部省へ行くとかっ  人がほしがっ  殿さまが惜しがっ  発揮しやがっ  のではありませんかっ  早口でも申しつくせませんかっ  形もありませんかっ  気まぐれなはたから見ると、かっ  私はなつかしがっ  兵を用いたがっ  通りがかつ  揃で可愛がっ  位忙がしがっ  不純を疑がっ  賞められたがっ  彼の最も可愛がっ  慾で淋しがっ  自由を欲しがっ  知らない我子の、嬉しがっ  善良に、見せたがっ  腹をして苦しがっ  働らかせたがっ  本物らしく見せびらかしたがっ  働らきたがっ  評価したがっ  傍に寄りたがっ  それ以上のものを贈り返そうとして苦しがっ  発展して来たかを疑がっ  それを酷く怖しがっ  ように気味悪るがっ  舟ばかりを欲しがっ  突出した低いがっ  駿馬を買いたがっ  馬ばかり買いたがっ  バアを恋しがっ  私の聞きづらがっ  いたずらをしやがっ  いつまでも起きてがっ  お前の恋しがっ  豪勢強気に出やがっ  縄張りを荒らしやがっ  笑いやがっ  三歩後へ退がっ  後へ退がっ  いっちまやがっ  人をぶちゃァがっ  二ひきともひっくくりゃァがっ  男にふざけやがっ  五六十ズツもかっ  あいそうがっ  つのようにおっ立てやがっ  満足させたがっ  何も知りたがっ  興奮し、悲しがっ  ほうからしゃべりたがっ  クラムに会いたがっ  ところにいきたがっ  弟がそう思いたがっ  の子はとても悲しがっ  サービスしてもらいたがっ  校長が可愛がっ  時から清三が手がけて教えたので、ことにかれをなつかしがっ  開通工事に忙しがっ  和尚さんは忙しがっ  ッてさびしがっ  ほんとうに、遠くなって淋しがっ  笑いをかっ  ように、うれしがっ  から自分もしたがっ  幾度もくり返して聴きたがっ  繃帯を巻きたがっ  ニコニコうれしがっ  今夜も苦しがっ  山男は口惜しがっ  誰も恐ろしがっ  奥さんを見たがっ  天つう向けやがっ  顔とが打つかっ  酒くらって知んねえかっ  唇を当てがっ  様子を訝しがっ  駒井さんをほしがっ  毎晩可愛がっ  内儀さんばっか可愛がっ  あと小生意気を言いだしやがっ  継母だと思って舐めやがっ  夜もひるも苦しがっ  自分で可笑しがっ  柄付眼鏡を当てがっ  外套掛けにさがっ  から市会議員などになりたがっ  ジョーゼットまがいの、悪く新しがっ  信濃路を見たがっ  しぶきを珍しがっ  ようにさがっ  一足先に帰りやがっ  くせに逃げ出しやがっ  鬼魅をわるがっ  からうすをめずらしがっ  みをかっ  ふたりのかみをかっ  故郷へ連れて行くと、どんなに可愛がっ  銭ばかりほしがっ  芋無えがっ  奴があるかっ  縛をうけるかっ  烏丸光広さまなどが、しきりと惜しがっ  証拠には、いかに口惜しがっ  吟どのも、会いたがっ  家でも気味悪がっ  者連れて来やがっ  人を懐しがっ  子を欲しがっ  火を恋しがっ  点の同じかっ  起原と同じかっ  端にさがっ  遊び相手を欲しがっ  彼らは物珍しがっ  奥へ這入って行って、ああ言うがっ  小悪魔は苦しがっ  うんざりさせやがっ  あいつめとうとうくたびれやがっ  つめまた出て来やがっ  ことばかり言ってやがっ  繩でしばりつけたがっ  日立が悪るかっ  馳けやがっ  やつは、やたらに淋しがっ  けがねを入れやがっ  傷をつけやがっ  いやに可愛がっ  次郎にくっついて歩きたがっ  息をはずませては、もどかしがっ  食べ物を欲しがっ  人でも可愛がっ  話が大ぶちがっ  不思議なほど寂しがっ  子供って、ただ可愛がっ  買やがっ  虫けらみたいにしやがっ  養子になりたがっ  ものは、どっさり上げて可愛がっ  間欲しがっ  お金をずいぶん欲しがっ  亭主があるかっ  んのかっ  つけやがっ  恰好をしやがっ  もの、欲しがっ  槍ばかり並べてやがっ  坊主たちはずっと退がっ  皆行きたがっ  ひとりで可笑しがっ  父様が羨ましがっ  だんだん悪くなりやがっ  あいつどこへ行きやがっ  赤ン坊に惚れやがっ  貢さんも可愛がっ  桃を欲しがっ  お供をして、嬉しがっ  ことを聞いたら、そりゃ可愛がっ  お前さんも恋しがっ  待ち呆けくわせやがっ  腕をひき裂きやがっ  彼は可愛がっ  うえに躍りあがっ  甲板上に躍りあがっ  甚兵衛は大層可愛がっ  馬はくすぐったがっ  瞬きをしやがっ  内部からしんばりをかっ  伝書鳩をかっ  父さまがかっ  なかに、かっ  一のかわいがっ  兄きが舐めるようにして可愛がっ  病いを大いに悲しがっ  後へ摺り退がっ  ふうを見せやがっ  賭場のぞきをしやがっ  名乗りをあげやがっ  ざまを見ろ、あわてやがっ  どこにあるかっ  僕だけ可愛がっ  恭ちゃんも、可愛がっ  誰にも可愛がっ  先をゆずりたがっ  浜のききたがっ  竹竿はあまり役に立たんかっ  本がどうとかっ  肩を小突きやがっ  金蔵破りに来やがっ  オトラ婆さんは口惜しがっ  出来が悪るかっ  指環をかっ  いじめやがっ  欺しやがっ  杉田水兵を殺したがっ  後へさがっ  野郎又来やがっ  悦びやがっ  嬶が死にやがっ  間に死にやがっ  目を丸くしやがっ  欣しがっ  彼方へ退がっ  血をむさぼりたがっ  後へ、果てなく退がっ  柿が落ちて来やがっ  侍たちは退がっ  まま退がっ  十歩ほど退がっ  怪訝しがっ  後へと退がっ  手枕をかっ  寅之助、立たんかっ  窟わすれに、少なからず可愛がっ  気持になって知りたがっ  円座から少しさがっ  乙にさがっ  相手がなくて淋しがっ  今まで知らんかっ  巣へ追いこみやがっ  工夫は有るまいかと、悔しがっ  仮面などを被って居やがっ  矢張り若く見られたがっ  動きなど仕やがっ  緑がかっ  これを羨しがっ  ブラ下って帰って来やがっ  隅に隠れてやがっ  憑きやがっ  チブスに罹かっ  猛烈に打つかっ  勢いで打つかっ  体をひっ担いで退がっ  しとやかに置いて退がっ  気をくばって退がっ  鶴は、口惜しがっ  わずかな間も、苦しがっ  理性のかっ  烟たがっ  頭が痛むとかなんとか云って、逃げたがっ  のをいぶかしがっ  くに、いそがしがっ  地団駄ふんで口惜しがっ  人から聞いて、くやしがっ  弁慶はくやしがっ  誰とでも会いたがっ  名古屋に帰りたがっ  もと、思わずかっ  娘だちには可愛がっ  死場所が悪るかっ  額が打着かっ  ようになりやがっ  明るみに透したりして、嬉しがっ  妻も危ながっ  猫を飼ったりして寂しがっ  さきでも面倒くさがっ  くせによく可愛がっ  ハアハアと言い、くるしがっ  意見は同じかっ  家庭を恋しがっ  たるは好い、合いたがっ  こころもち紫がかっ  ため、くやしがっ  莫迦、よくのめのめ来やがっ  顔してやがっ  夢なんか見やがっ  右乳からすこしさがっ  彼らはたださわぎたがっ  次郎に示したがっ  結果について知りたがっ  それを面倒くさがっ  羞かしがっ  様子などを、何かと聞きたがっ  主人公たちをこっそり羨しがっ  おなかをゆすぶって、くすぐったがっ  あいたがって、かなしがっ  鳥鍋をめずらしがっ  おいおい夏がかっ  親切に可愛がっ  引挟んで、がっ  ヤケにがっ  から寝苦しがっ  馬鹿どもが、口惜しがっ  田沼殿を疑がっ  うまいことをしやがっ  二人で可愛がっ  飽きっぽいんで、さんざっぱら可愛がっ  最初は疑がっ  顔をしてやがっ  君が嘸聞きたがっ  重しにかっ  みゑ子を欲しがっ  三浦さんが至急逢いたがっ  紺三郎が嬉しがっ  一角は、退がっ  無宿者が集まりやあがっ  途中で打つかっ  敷布がさがっ  友達に持ちたがっ  何か買って上げりゃ可かっ  子供などはくやしがっ  家へ帰りたがっ  母に代りたがっ  それにあたらせたがっ  話を避けたがっ  書物を読んで貰いたがっ  湯治場へ持込みやがっ  句が抜けたほど、嬉しがっ  もっと船に乗りたがっ  東京の空を恋しがっ  牝鹿はさびしがっ  へんにはずかしがっ  ふたつの時計をくすねて出かけやがっ  室を退がっ  扼痕に当てがっ  日頃可愛がっ  奴、又ねぼけやがっ  内心、とても嬉しがっ  鍵がかっ  廊下にほうりだしやがっ  やつは恥ずかしがっ  男は苦しがっ  ノートを取りやがっ  警官をよびやがっ  犬をかっ  ように、かっ  海員をほしがっ  水夫部屋へさがっ  草をかっ  ときと同じかっ  むやみに寂しがっ  あんたが引かかっ  文句をつけたがっ  角をまがると、一段さがっ  それから銀座に行きたがっ  意見を求めたがっ  われわれから取上げやがっ  店を出したがっ  ことしやがっ  建てやがっ  耕地を潰して置きやがっ  牛豚開店までやりやがっ  散々手玉にとりやがっ  ベラン氏が躍りあがっ  ポケットから蹄鉄を出して当てがっ  浮気をしやがっ  夢ではなかろうかと訝かっ  追想してなつかしがっ  鶴見はつくづくと懐かしがっ  衆奴皆逃げ出しやがっ  みんな遊びたがっ  勝子などを抱きたがっ  町が嬉しがっ  何をしていやあがっ  醤は、たいへん口惜しがっ  発達史が跨がっ  紅色のかっ  奴が出て来やがっ  昔から、可愛がっ  患者を汚ながっ  唸り声さえもちがっ  娑婆を恋しがっ  一部分をのぞいて赤くなって嬉しがっ  ところへ置いて尊がっ  てめえ大切候に持ってやがっ  カムポスめ、どうしやがっ  それをしきりに見たがっ  死温程度にさがっ  橇をかっ  氷を欲しがっ  不平を云ったり、詰らながっ  猫なんぞを、可愛がっ  彼女はやたらに喋りたがっ  靴下を売りたがっ  家にゆきたがっ  何をたべさせたがっ  大層嬉しがっ  ヒイキに、可愛がっ  これほど可愛がっ  あれほど可愛がっ  からだを欲しがっ  中へ飛び出して行きたがっ  野干、またふざけやがっ  水を欲しがっ  話になんなっかっ  一昨日来やがっ  一ぱい小牛に当てがっ  酒場へ引張って来やがっ  私を信じて可愛がっ  ことが出来たが、かっ  何かボロもうけして成りあがっ  四十になりやがっ  一刻も早く出たがっ  お前も出たがっ  江戸を見たがっ  弦に当てがっ  徹夜でいそがしがっ  半蔵は悲しがっ  あとでお弱りにならなければいいがっ  オレを呼びやがっ  筋からたぐりやがっ  千代はまだ答えながっ  金持になりたがっ  一本参ったので口惜しがっ  奴とうとう訴えやがっ  気分にもちがっ  みんな遊びばかり覚えやがっ  汽車にひかれやがっ  亮助は躍りあがっ  背中に当がっ  淑女貴婦人が争って買いたがっ  爭ひにかつ  恩人が隠したがっ  出来損いが集りやがっ  東京もつまりやがっ  三人前もませやがっ  余ももませやがっ  女中にふられやがっ  彼女は悲しがっ  幾十人となくしたがっ  オレを泣かせやがっ  執拗さでくやしがっ  尻を落ちつけてやがっ  コーヒーを持って来やがっ  そのままうっちゃらかしてでも行きゃがっ  女郎買いをしやがっ  グルグル回ってやがっ  月二割も搾りやがっ  波田は、くやしがっ  ことを、返すがえすもくやしがっ  のぞき込みやがっ  人ですよ。先生に逢いたがっ  日が初めてだし、逢いたがっ  黄味がかっ  尾高がどうしてああまで知りたがっ  しろ、気味悪がっ  何かを語りたがっ  五万円で買いたがっ  残念だと口惜しがっ  海ほおずきを珍しがっ  ことを、恋しがっ  さわってみたがっ  政子は憎らしがっ  気が強くなり、珍しがっ  筆者を引立てて可愛がっ  子供たちはめずらしがっ  ときも可愛がっ  むやみに可愛がっ  まねしやがっ  下手人はあがっ  無性に恋しがっ  彼女を恋しがっ  ふちへ行きたがっ  日々私をたいへん可愛がっ  何をいさかっ  飯籠をかっ  人相書きやかっ  子どもをかっ  欲に迷いやがっ  たたき売りやがっ  日あたりへ出やがっ  言いがかりをつけやがっ  どじを踏むなんて、きいたほどでもねえなんてぬかしやがっ  みんな京吉と踊りたがっ  茉莉ベソをかいてやがっ  チマ子を可愛がっ  男をこしらえて逃げやがっ  あたし眠いわと来やがっ  電話ばっかし掛けやがっ  こいつアひでえキャッキャッになりやがっ  ことも進んでやりたがっ  髭をはやしてやがっ  叔父さんが嬉しがっ  彼女もしたがっ  兄貴に似やがっ  おれを裏切りやがっ  毒をなめやがっ  金子六十両をかっ  やつが出やがっ  手管おぼえやがっ  暑い思いをさせやがっ  ろ吐きやがっ  際なので、嬉しがっ  誰も可愛がっ  大変珍らしがっ  仲間はずれにしやがっ  野郎がうせやがっ  何にでも溺れたがっ  意見をしていきやがっ  出やがっ  細工をしやがっ  まねやりゃがっ  細工をやりやがっ  途中でつじうら売りに化けやがっ  こともねえ名まえをぬかしやがっ  せりふぬかしゃがっ  野郎とほざきゃがっ  値がさがっ  から気味悪がっ  ちくしょうッ、甘く見やあがっ  おいおいは気味悪がっ  気を持たせてぬかしゃがっ  右門はかっ  悔やしがっ  蝋色鞘をがっ  のをかぎつけやがっ  覚悟をつくりゃがっ  手下が、ふうふういいながら駆けてきやがっ  野郎が押し込みゃがっ  押し込みやがっ  そいつを恐れやがっ  ことづてを横取りしやがっ  両方へ現われやがっ  ところを踏んづけておきやがっ  ぱりと切りゃがって、すうと出てうせやがっ  足場にしやがっ  たかとおっかながっ  殺しにさせやがっ  新らしがっ  せりふをぬかしゃがっ  お株を始めやがっ  名をかたりやがっ  女を見かつ  罪業をのべかつ  陽気に当てられやがっ  皆さまにもけええがっ  陽気に当てられちまやがっ  気がふれやがっ  鳴き声を始めやがっ  声を出しやがっ  何か見つけやがっ  庭先へ逃げ込みやがっ  んきょう口を始めやがっ  いを乗りこえやがっ  気を持たしゃがっ  声が出やがっ  僕に会いたがっ  非常にほしがっ  だめを押しやがっ  野郎め千両ゆすり取りやがっ  人間をすり替えりゃがっ  借用証書をつきつけやがっ  だんびらをひねくりまわしゃがっ  ことをぬかしやがっ  汗絞らせやがっ  頭取がぬかしゃがっ  いつか沈めやがっ  二丁雇ってきやがっ  なんだって気短におっ死にゃがっ  ドクを盛りゃがっ  ことになりゃがっ  一服盛りやがっ  使者でも来やがっ  碁なんぞ打ちやがっ  近ごろに覚えやがっ  中なんぞに入れておきゃがっ  反語的に嬉しがっ  ときはあわてすぎやがっ  殺しようをしやがっ  小細工しやがっ  供べやへさがっ  だしがあったとなると、ばかばかしがったり、めでたがっ  腰が抜けちまやがっ  出入さきでやりやがっ  店を張ろうとおもたら、降って来やがっ  一遍だって家を恋しがっ  出世しやがっ  ほんとうに憎めねえじゃござんせんか、うれしがっ  わきやがっ  手間をとらしゃがっ  ホシをかっ  のを、珍しがっ  花びらまでがのぼせやがっ  手をかけやがっ  せりふをぬかしやがっ  なんの用があって来やがっ  見当まちげえやがっ  ひざもとへ迷ってきやがっ  汗かかしやがっ  まごまごしやがっ  女をほしがっ  殺人癖から遠去かっ  油が乗ってきやがっ  足音殺しながらやって来やがっ  のを気がつきやがっ  急にうれしくなりやがっ  丑の時参りがね、もう出ちまやがっ  話がちっとややこしくなってきやがっ  急にどさりと減りやがっ  ものをかっ  ことをぬかしゃがっ  きりやがっ  貧乏にしやがっ  さっき目色を変えて飛び込んできやがっ  ところへ連れてくりゃがっ  張りめぐらしゃがっ  肩が凝りやがっ  判字物が出りゃがっ  えなまねしやがっ  胸がすっとしやがっ  こころもちになりやがっ  目がくらみゃがっ  虫けらが降ってきやがっ  天から降ってきやがっ  住まい近くを騒がせやがっ  目をつりあげやがっ  えな野郎が来やがっ  どこから迷ってきやがっ  ひょっとこなぞとぬかしゃがっ  アしてやがって、一杯はめりゃがっ  ッとなりゃがっ  方しやがっ  伝兵衛なんてつけやがっ  かさにのめって死にやがっ  目がくらみやがっ  急に笑いだしやがっ  うちに来りゃがっ  姿をくらましやがっ  ちくしょうめ、やけにうれしくなりゃがっ  粂五郎が逃げ出しやがっ  とおりまっしぐらに逃げ出しやがっ  どこまで逃げやがっ  気になりながら逃げやがっ  どこへ逃げやがっ  ぼう、また出りゃがっ  シゴキ盗人出やがっ  力を入れりゃがっ  ものが舞い込みやがっ  告げ口しやがっ  本筋になりやがっ  あれが出やがっ  名まえが出りゃがっ  なぞが出りゃがっ  芽が吹きやがっ  新芽を出しやがっ  小降りになりやがっ  今ごろになって出りゃがっ  さっき表をうろうろしやがっ  己に食わせやあがっ  死ぬ前苦しがっ  一等切符をかっ  ステッキをかっ  上にあったがっ  我慢出来ながっ  笑やがっ  はえやがっ  急に忙しくなりやがっ  ほんとうににおってきやがっ  背中が寒くなるほどうれしくなりやがっ  ちくしょうめ、とうとうばっさりやりやがっ  悪党働きやがっ  敷藁を心地よがっ  迂闊さを口惜しがっ  僕も出したがっ  何を恥ずかしがっ  くらくらしやがっ  音をあげだしやがっ  しりこうになったかと思ったら、またよりがもどりやがっ  眼がついてきやがっ  拳を握って口惜しがっ  何によらず、恥ずかしがっ  中がぽうとなりやがっ  手足がこまかく動きだしやがっ  してきやがっ  気がつきやがっ  富士山を拝みやがっ  こっちも逃げやがっ  五匹も絞めやがっ  根がはえだしやがっ  いくらかにおってきやがっ  罪を着たがっ  一句飛び出しやがっ  書き置きを書きやがっ  ようが変わってきやがっ  ところから黙ってはいりゃがっ  それに跨がっ  試合を望まれたら、おっかながっ  台所などを手伝わせて、可愛がっ  押し売りと来やがっ  からは思う存分、可愛がっ  苦心して欲しがっ  その間特に可愛がっ  締めやがっ  番所をさがっ  音が出やがっ  裏口から駆け込んできやがっ  野郎ッ、化かしやがっ  今まで迷わしやがっ  なんかに見えやがっ  ッ赤になりやがっ  同類を見出して、ねたましがっ  たよりながっ  トオサンは甚だ口惜しがっ  風を吸ってなつかしがっ  一人が食べたがっ  しろ欲しがっ  ちょんさんはくやしがっ  紙切が見着かっ  大分工合を悪がっ  汝に捧げかつ  福を見かつ  正義を論じかつ  女優たちは気味悪がっ  ヤミつきになりやがっ  馬の背に跨がっ  金を少しは欲しがっ  何れも死ななくて宜かっ  白眼んで口惜しがっ  耳に当てがっ  お前が疑がっ  手術を受けたがっ  結婚させたがっ  心臓はもう苦しがっ  女中が羨しがっ  摺鉢がおがったりおがっ  周囲に見かつ  老人に売りこみたがっ  きのどくがっ  貝をたいへんうれしがっ  中に這入っていたがっ  肩までにじりあがっ  話からのがれて居たがっ  挨拶もろくに出来ないほど悲しがっ  態度をもどかしがっ  枕を当てがっ  親任官に成りあがっ  観念のかっ  束縛から自由になりたがっ  者になるだろうというて人知れず可愛がっ  ものとひたすら泣いて口惜しがっ  船へ押しかけて来やがっ  引んめくりにかかったら恐ろしく暴れやがっ  イキナリ飛び付きやがっ  切りやがっ  悪態を吐きやがっ  棚へ上げやがっ  骸骨になってまで祟りやがっ  肩に当てがっ  拡大鏡を当てがっ  戸を欲しがっ  真顔でくやしがっ  どこよりもせわしく借りを責め立てやがっ  門口に捨てやがっ  利左をなめやがっ  鮮紅色がかっ  工合が宜かっ  ことは宜かっ  光景を見たがっ  名を掲げかつ  貧乏をつらがっ  一人おとうさんを出してつらがっ  顔をあからめ、はずかしがっ  外へ出したがっ  家にも来たがっ  服を着たがっ  お菓子をほしがっ  ハンナには、ほしがっ  ものないといって悲しがっ  前からほしがっ  とこ、よう忘れんかっ  手洗水を使わぬと覚しかっ  小路へ入ると、寂しがっ  塩鮭を見やがっ  坂口はなんとかまとめたがっ  名前を惜しがっ  彼が可愛がっ  やつが、威張りやがっ  執拗にふとりたがっ  通りやがっ  事言やがっ  縄張りを荒しやがっ  目に会わしてやがっ  のん、さっぱり知らんかっ  手をたたいて嬉しがっ  転びやがっ  一足退がっ  人達は欲しがっ  柄から手を放しやがっ  馬に跨がっ  私をいとしがっ  ほりものとして、ほしがっ  みんな珍しがっ  チェッ、珍しがっ  娘を、どれほど可愛がっ  緒の並んですがっ  独りで焦れたり、嬉しがっ  間男しやがっ  首をつきこみたがっ  さっきね、とても逢いたがっ  島村からことずかっ  タケノコが生えやがっ  左側の尖んがっ  心臓を盗んでいきやがっ  ほんととも、だから可愛がっ  今じゃ、帰って来たがっ  犬になりやがっ  彼等は、珍しがっ  支柱を惜しがっ  やつがやって来やがっ  作りやがっ  お前をかっ  一番この世で欲しがっ  戦争参加を危うがっ  歯をくいしばって、くやしがっ  私があぶながっ  そちらへ早く行きたがっ  お兄ちゃんが可愛がっ  栄さんが珍しがっ  母がたべたがっ  半月形が出ていて、ああと思ってうれしがっ  腰が苦しがっ  紙など下さると、うれしがっ  只今は赤くなってかゆがっ  よう早うに来て貰ってすまんかっ  上布をかっ  布をかっ  下へとさがっ  張浩に逢いたがっ  仲間にはいりたがっ  お嬢さん達が面倒くさがっ  処で痒がっ  お腹を重がっ  次第故どうぞ可愛がっ  顔をしているし、苦しがっ  ところでないと淋しがっ  者がくやしがっ  私とが嬉しがっ  人前でもちっとも恥しがっ  本国とに跨がっ  年から面倒を見て可愛がっ  彼は口惜しがっ  いやに、なまめきやがっ  何を言いたがっ  父も、ずいぶん可愛がっ  いくつになっても、やっぱり甘えたがっ  王妃さまを敬い、なつかしがっ  残金を調べやがっ  こっけいで、えてがっ  厭世思想にかつ  亭主を欲しがっ  のを、日ごろ羨ましがっ  あたしはがくがく寒がっ  犬がくやしがっ  先方もじれったがっ  こどもらは寒がっ  ねどこばかり恋しがっ  温泉に行きたがっ  工合が悪がっ  上手でなくて、癒してしまいたがっ  脛を出したがっ  いいかげんによんで、面倒くさがっ  咲がよみたがっ  線が太くてかっ  一束にかっ  何だか福相がかっ  みんなはうれしがっ  彼の知りたがっ  目に遇っていたら、うれしがっ  梟なんか可愛がっ  エピミーシウスに負けないくらい痛がっ  それは苦しがっ  彼等をうまがっ  ペガッサスに跨がっ  背中に跨がっ  二つの長いとがっ  ところへよこしやがっ  はいませんかっ  落附けませんかっ  上手だとは思いませんかっ  音は聞えませんかっ  今まで飲むとも聞きませんかっ  何だか気が進みませんかっ  ことはありませんかっ  雷干は日向臭いといって好まれませんかっ  客はありませんかっ  何ともいわれませんかっ  本棚にはありませんかっ  先々では喜ばれませんかっ  娘はつい見うけませんかっ  物はいわれませんかっ  気の毒でなりませんかっ  ことなどありませんかっ  こともありませんかっ  人もいませんかっ  風を引いて出ませんかっ  何だか落ちつきませんかっ  御機嫌は悪くもありませんかっ  不服らしくはありませんかっ  思いもかけませんかっ  それがあるかと聞きましたが、ありませんかっ  何も知りませんかっ  頃は見えませんかっ  ことか分りませんかっ  約束して置いて、ついに来ませんかっ  誰にも話しませんかっ  一つしかありませんかっ  相手にしませんかっ  仕事も続きませんかっ  思いも寄りませんかっ  手紙も度々は出しませんかっ  気配を訝しがっ  子供たちが珍しがっ  物は少しも見えませんかっ  物は見えませんかっ  ときは、さびしがっ  急にさがっ  進様には、どんなに可愛がっ  死ぬほど悲しがっ  落付かながっ  大原コレクションを見たがっ  十三年経ってくやしがっ  誇張して珍しがっ  ものをくれやがっ  犬がうれしがっ  さわって苦しがっ  わたしがあぶながっ  婦人が知りたがっ  署名にもちがっ  からじきやめたがっ  者がいくら欲しがっ  愉快そうでそして威張りたがっ  戸を開け放しておきたがっ  業病をかつ  許を去りたがっ  鼻が尖んがっ  一生懸命になって可愛がっ  固形物を欲しがっ  優しい言葉をほしがっ  神様神様、嬉しがっ  しか当てがっ  のをおっかながっ  いいかげん馬鹿だよ、なめられてやがっ  気味良がっ  皆珍らしがっ  古里をなつかしがっ  房のさがっ  店いっぱいにさがっ  濡れ鼠で舞いこんで来やがっ  台所なんぞしやがっ  なぞ生れやがっ  自己から放逐してしまいたがっ  眼を抜きやがっ  肌を恋しがっ  与力部屋へ、退がっ  部屋を退がっ  そこに立っておるかっ  吟味しねえかっ  かわいがるのと、すこしもちがっ  棒をかっ  ように尖んがっ  南部奴に、かっ  小一郎一歩退がっ  職にありつきたがっ  非常に淋しがっ  更それを読みたがっ  枕元へ集めておきたがっ  いくら東京を恋しがっ  からそこへ辿りつきたがっ  活花を、どうして嬉しがっ  接近させたがっ  その男は恥ずかしがっ  嫁に貰って嬉しがっ  文吉はひどく勿体ながっ  ウ氏がつるさがっ  贋物を掴みやがっ  余裕を見せたがっ  僕と遊びたがっ  遊びたがっ  僕にさえ、恥ずかしがっ  染を可愛がっ  彼はこう云って口惜しがっ  顔を反けやがっ  永年お前が欲しがっ  物を盗みやがっ  錠へかっ  間抜けさを、そんなに可愛がっ  拘束をうるさがっ  親友が歯がゆがっ  柱に打つかっ  視線をまぶしがっ  だれもきみわるがっ  みんなは、珍しがっ  輪にまでなりゃがっ  ばっかし上りゃがっ  所へ上りたがっ  美術家を連れて来たがっ  お子さんだなどと言って可愛がっ  僕は思わず躍りあがっ  とったりしやがっ  向うへ遠去かっ  家来になりたがっ  源太、可愛がってやれ可愛がっ  合点して、ええ可愛がっ  大分食ってうんうん苦しがっ  六町内に跨がっ  畜生、ふざけやあがっ  目に会わしやあがっ  帰りやがっ  どこから失せやあがっ  お前も可愛がっ  毒気を抜かれやがっ  ポンと飛び出しやがっ  奴め、すっかり嚇し上げられやがっ  子、くやしがっ  市は可愛がっ  今にして惜しがっ  埠頭へなど行きたがっ  嫉視もかっ  茶がかっ  口を極めて惜しがっ  武蔵はするすると退がっ  隅へ退がっ  まま一歩退がっ  まま後へ退がっ  母さんが淋しがっ  何ですか、いそがしがっ  尻尾を出しやがっ  文にかっ  お母さんも可愛がっ  にわかに懐しがっ  終電が早やかっ  畜生、いよいよ入りやがっ  名をつけて可愛がっ  非常に口惜しがっ  士が珍しがっ  耳へ当てがっ  ミーシャと並びたがっ  早々に引き退がっ  礼を述べて引き退がっ  委細心得て引き退がっ  行方不明になると間もなく可愛がっ  知らず顔に床しがっ  そいつがとびつきやがっ  ことんなりゃがっ  心張棒がかっ  上品さや応対ぶりを羨しがっ  中央にさがっ  学校にさがっ  真中に吊るさがっ  高田さんばかり恋しがっ  しまいたいほど可愛がっ  方をもどかしがっ  から珍らしがっ  光り物を可愛がっ  のをかっ  歯がみをして口惜しがっ  女なんか、新しがっ  肩につるさがっ  奴が、空とぼけやがっ  夜更けまで淋しがっ  事はないが、なかなかさかっ  事実に対して、人間らしく、口惜しがっ  金魚可愛がっ  生活を羨しがっ  価値少しさがっ  非常に欲しがっ  猫のさかっ  きばなんかほしがっ  誰もかっ  家でかっ  犬、ぽくかっ  やつ苦しがっ  何本もの赤布が長くさがっ  一同かぎりなく口惜しがっ  人さえ見ると来てもらいたがっ  独りで凄がっ  やつは苦しがっ  ころがあるってんで、嬉しがって帰りやがっ  他人のぽけっとへ這入りたがっ  彼は、忙しがっ  どっかから犬を借りてくりゃ宜かっ  盆にかっ  十五銭はきっとかっ  人足扱いにしやがっ  鬼退治に行きたがっ  みんな宮仕えに出たがっ  国中の人は悲しがっ  ぞろぞろ飯ばかりかっ食らいやがっ  ぞろぞろ飯ばかりかっ  九太にしたって懐しがっ  顎にかっ  それを避けたがっ  滑らかさを撫で廻しては嬉しがっ  金をやりたがっ  横幅のかっ  俺に似やがっ  じょうぶ可愛がっ  熊が出やがっ  耳掻きを当てがっ  兄に会いたがっ  硝子管を当てがっ  彼が欲しがっ  ぼくが可笑しがっ  手を叩いて、嬉しがっ  木馬に跨がっ  ぼくは尚更、口惜しがっ  訳もなく口惜しがっ  力を見たがっ  頃就職して来やがっ  俺達に近寄って来やがっ  遊びに行きやがっ  落しやがっ  戸塚が見やがっ  気が附きやがっ  その後釜を欲しがっ  彼女自身、少しも危ながっ  席を欲しがっ  藤棚のさがっ  子を産みやあがっ  枝にさがっ  姿が見えるかっ  事を怠緩しがっ  のを惜しがっ  海賊たちは、どんなに口惜しがっ  人たちも可愛がっ  姿をなつかしがっ  無電を打ちたがっ  お客さんは、そんなに暑がっ  ミネ君はうれしがっ  手に入れると、たいへんめずらしがっ  テッド隊員がしきりに知りたがっ  毎晩お湯に行きたがっ  妻をもどかしがっ  馬を欲しがっ  



前後の言葉をピックアップ
かち得  かち得よ  かち得る  加地  買っ  カッ  飼っ  駈っ  苅っ  借っ


動詞をランダムでピックアップ
すくいあげる塞いうごめかし痛めつけ耽けるへし合い曇らし明ける上せ助けりゃ取り分けひやし思い煩いひもとけいとうおとし入れる描きだし捨て去ろ臨も飛びつけ
形容詞をランダムでピックアップ
仰々しから願わしかっ煩わしき耳新しくなまぬるひ弱むさくるしけだかくむなし注意深き小うるさ軽かっ人なつかしくあまかっ黄いろく眩しかっおそれおおく短し冷たいてあらく