「かんじる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ かんじる[動詞]
さ親密さをかんじる  恐怖をかんじる  指がかんじる  痛みをかんじる  身にかんじる  何となく冷気をかんじる  無力をかんじる  枯淡をかんじる  音がかんじる  両手にかんじる  昇降時にかんじる  



前後の言葉をピックアップ
干城  艦上  勘定  感状  勘定ずく  カンジル  感じる  寛次郎  観次郎  勧進


動詞をランダムでピックアップ
待ち伏せ引き去ら吸い込ん肥れる薙ぎ倒し待たにつまっ稼げよ落ち延びる遮れる付け入ろくわだてる薦める気おされ汗ばむ切りつけろたるま舁い売りつけよかくさ
形容詞をランダムでピックアップ
口うるさい世知辛くかたい疑深い気むずかしいちはやくもどかしくっつら長かれこまかけれ甚だしかろ蒼白し気恥しくっあぶなきおもきのろわしい毛頭なく寝ぐるしかっ気強い