「かた」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ かた[動詞]
道具をかた  厚意をかた  罫紙とをかた  情しみじみかた  そいつは、かた  まことにかた  あたりはかた  ッ、かた  栄号をかた  ものをかた  それも致しかた  弓をかた  身をかた  これゃア、いよいよもってかた  手がかりを得て、かた  招待をかた  やう、かた  のも致しかた  なかへかた  私へお洩らし願えれば、かた  御足労、かた  邪は正にかた  身に余ってかた  どなたか知らぬが、かた  心添え、かた  好意をかた  戦争中にもかた  季節に遅れてはかた  山カゴをかた  それは致しかた  

名詞

かた[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
がたまで熱心にテニスを見物してゐた  かたが横のほうからごらんになった  かたがあるならば  かたが多かろうと思います  かたであると思いますし  かたもありましょうけれども  がたを想像させた  かたに一つの材料を提供する  がたは断じて生れる  がたのふりかつてはゆく  かたを指さす  かたへ参られたであろうな  かたのごとくに杯のやりとりあり  かたの木かげより雨月再びうかがい  かたへ迷い出でんとする  かたの推移が心の前面を占める  がたや七年ぶりに相見れば  がたや静かなるゆふべ  がたのぬく  がたの雪が来さうな  がたの大声でゆく  がたがなくなって  がたのふりだした  がたをうたふ  がたにならなければ  かたが私の誕生日にプレゼントしてくれたの  かたを誤ると  かたになった  かたに亜紀子は微笑した  かたを確認した  かたを恵子さんは教えてくれた  がたの着ぶくれてゐる  かたをした  かたを見出して  かたをしました  かたが同じだと思います  かたを何という名でよぶだろう  かたと云い  かたに遊び  がたは物語をはじめる  がたをおぼろにする  がたは生きた  がたをのこしてゆく  がたの細雨にまよふ  がたをゆめみる  がたをほのめかす  がたをひるもゆめみながら  がたの川裾に澤根通れば  かたをこそ天のはじめといふべかりけれ  がたを家長は白きもんぱしてこらをはげまし  かたであらう  がたを次のやうに描いた  かたに絡む  がただそちこちに立つ  かたがあるかもしれません  がたはそのまんなかにあったから  がたを見せない  がたをあらわさない  がたはまったく見えなくなった  がたに見なれていて  がたがへんに思えて  がたを消したが  がたを見かけた  かたをついた  がたをしてあらはれて来る  がたをかんがへました  がたをおもひうかべて見ました  がたになつてあらはれました  がたになつて浮びました  がたなればやきみみえず  がたにて擧げられたり  かたゐ心もいでくるぞ  かたの必然を文学的に理解するだけにも  かたゐなかに訪問した  かたになる  がたをみせた  がたもみえないのに  かたでさらに前へ乗り出していく  かたでおこたっている  かたのはい廻る  かたの巧者によっては自分のネンボウは深く刺され  かたがあるという  かたが我々とは異なっていたろうと思うが  かたをつづける  かたで女というものがどう扱われているかという  かたわなあわれなものをだしにして  がたのおそろしさくりやのすみの玉葱ほのぐらきかをりに浸りて  かたに尾世川さんのことで来たって  かたのすこし前方に進出した  かたを知らないという  かたが足りないからであろうと考えて  かたへに腰かけたる  かたに移り行きて  かたも侍りき  かたに匂ふ  がたに及びて  がたで駐在所に近い愛仙閤という旅館を発つて  かたもあるでしょうが  かたをしたと思うと  かたがあるまいかとおもい  かたをして  がたを早く見ようと  がたをなして  かたがついてるど  かたも違ってくる  かたをする  がたの雪が解けながら  がたが現われた  かたを見出している  かたで行こうと思っているであろうけれど  かたであったように思う  かたで反抗した  かたとはどんなやり  かたがありません  かたをしてみる  がたがうつった  かたにある  かたに柳が一本立つてゐて  かたに去る  かたにて大勢の聲きこ  かたへ行く  かたにて又もや大勢の聲きこ  かたより以前の雲哲と願哲が先に立ちて  かたに入る  かたへ引返して入る  かたを見かへる  かたより助八は猿を引つか  かたをしている  かたというものには実に面白く愛すべき  かたというものの間にある  かただっていろいろあると思うわ  かたにも似ず  かたでさそってくれた  かたに売られてしまう  かたゐとなら  がたが闇のなかにきえるかと思えば  がたまで印刷所で校正の手傳ひを  かたであったと記憶している  かたがないという意味を云っている  かたを持とうとする  かたに普遍性を欠いた  かたを憂慮する  かたなき人間の一人であるという尊厳をとり戻して行けるかという  かたに伝え嗣がれており  かたに又一つより低き方への動きを与えた  かたで使わせようという  かた生めよ殖せよの  かたが在る  かたでぼくにそう言った  かたを語って聞かせた  かたのむごさははっきりした  かたのなかに日頃からそういうモメントがふくまれている  カタになったりして  かたでこれまでうけとって来ていると思う  かたは複雑で弱さも強さも人間らしさの骨頂でもたれている  かたを問題にして来るに従って  ガタとも騒ぐ  かたからはまわりの生活にとってとくに困難なことは起こらなかった  がたをふと心に描いた  かたはないと仰有るならば  かたある所をよめるなどあるを見るに  かただと思った  かたが上手くなったが  かたが見られない  かたの足場を刻みつけて進んでゆくという  かたへこの山の樹樹のことごと芽ぐみたり  かたへふわふわ桜咲き白むかも  かたの松ふく風の声かそ  がたとなる  がたにかへる  がたが改められるか  がただとすれば  がたを映した  がたを夢みる  かたをするなよ  かたには梅の大樹ありて  かたより出  かたを見る  がたにて笠と杖とを持つ  かたへ向つて唸  かたまつた花弁が花の端の方でちよつと割れてゐて  かたまつてゐる  かたをしない  かたやゴーリキイと何かの形で不断の接触を保ちつつ  かたというものは決して単純な関係でないことを考えさせられる  かたを求めている  かたにかかわっている  かたであると思う  かたが当然いると思う  かたからいくらかずつわかってきていたが  かたとして見る  かたをすれば  かたにさえ妙な信念の欠乏と分裂とをおこさせている  かたを私に紹介したら  かたはわたくしをご覧なすった  かたへ少しく振り向きたる  がたひしと開ける  がたを見た  かたに話してあげるが  かたの胸から溜め息などが出るとは  かたでドイツ語の進み  かたをもつ  かたで重吉は左手で帽子を深くかぶり直す  かたが気に入った  がたになって  かたをして来ているか  かたがおありですか  かたがついてしまい  かたかけさん  かたに私も驚いていると  かたはもう一時間以上もこうしていられます  かたが何かお話しくだすって  かたが時どきお歩きになって  かたの処へゆかなければならないから  がたは彼女の完全な肢体のくつろぎを見せていた  かたは若いに似合わず  かたならばきっとようござんすわ  がたはたちまちに隠された  かたに真実を認めて頂けると信じている  かた堪えていた  かたのどこが瀧子の気に入らなかったかと思いかえしている  かたが原因ではあつたかもしれない  かたえに坐って  かたがちがうし  かたしか知らぬ  かたできてる  がたに聞かせたら  がたをあまりにかばい過ぎて  ガタがきてるんで  がたほど汚いものはないと思います  かたの恋のお百度秋子秋子と引きつけ引き寄せ  かたには型ばかりの竹窓あり  かたの奥にある  がたほど汚いものはないと思ひます  がたを愛する  かたを見かへるに  かたはされていない  かたについての質問が出されていて  かたの生きた  かたで大きくなってもしれた  かたに生ひ  がたは一人も見出されなかつた  かたにも何か特別なものがこもっていた  かたから教えられた  かたの書き物をつづけてゐるといふので  かただと勇みたつ  がたも目についてはなれません  がたも目に見る  かたにはお守り石をさし上げます  がたはわかりませんね  がたが映し出される  かたが昔とは違つて来た  かたがあったら  がたを見うしなっては立ちどまり  がたの主人がろうそくを持って  がたに見入るだろう  かたを教えたり  かたで却って妹様ばかり御苦労なさって居らっしゃる  かたへに悲しめる  かたが有るって云う  かたになっていただきたいとねー  かたを見つめ  がたをつっつく  かたすみに床を取ってねた  かたで急に中断された  かたをすると  かたであるが日本にひとりしかいない  カタがつく  がたが見えぬと思ったらわずらって寝ている  がたを認めると  がたを思い出してしまった  がたに集中ている  がたを再拝した  がたを拝し  がたに接すると  がたがうかんできた  がたを迎えると  がたへ向って投げた  がたにすえ  がたを見ると  がたは見えなかった  がたは見当らない  がたが見えないので  がたと同じものにそれが見えたからであろう  がたのきた  かたにはまるにも  かたにはまってるに  かたのさきから転宅して来た  かたをつけて置こうと思って  がたに嘆声をもらした  がたを見かけると  がたをおもわせる  がたを拝した  がたの見える  がたを見て  かたにあろう  かたもない丸肥りの  かたの如く施物などを与えて  かたに共通の一種独特の職業的癖をもっている  かたが幾とおりもあり  がたを見つけた  がたを守った  がたも交じっていた  がたを焔の中につつんだ  がたを見せた  がたが現れて  がたが見えた  がたを探しあてるやいな  がたを現し  がたやおもはれし  がたの鶯ききし  かたのおん耳を啄木鳥食めとの  かたに星のながれし  かたの波かげにむつがたりする  かたを誰にでも親切に教えてやる  かたを思い出した  がたを目前に見るやいな  がたは煙の如く起っては散る  がたを待っていた  かたは実売価格が十万円にくる  かたを付けたと思っていた  かたがいろいろと変っているが  かたにもいろいろあるにはあったが  かたが出ていたので  がたのやうだああこのたへがたく  がたをみる  がたの重なり  がたをかんじた  がたを見ては  がたが見えてきた  がたを退いた  かたより果敢なげに破れて  がたは外にあらじかし  がたを見れば  かたの人に添ひ  かたの山あをくわれに笑む  かたへ聞きせる  がたを見失はしめ  がたがある  がたを夢み  かたをつける  かたを何故したかと  がたが見られた  がたに追いついた  がたを物色した  がたに変装して  がたがあった  がたを見るにつけ  かた持って来て  かたが見えるでしょう  がたを捕えた  がたを見失ってしまった  がたを見失った  がたを見せている  がたをしている  がたは怪しさを加えていった  がたを見せはじめた  がたになった  がたをけしてしまった  がたも見えなかったので  がたが見えなくなった  がたをかくしてしまった  がたも見えなければ  かたを教えたりした  かたへなる  がたは冷たい石像のように動かなかった  がたの見えない  がたをかえりみて  がたまでの何か自分にも訣の分らない  かたがついてしまったんで  かたをつけた  かただと説明する  かたをつけたばっかりに  かたが手に手にふりかざした  かたばかり致しました  かたのおとうさんはこんど会社のご用で上の野原の入り口へおいでになっていられる  がたを御覧になる  かたは申しあげるまでもございませんが  がたが御徒士長屋のうしろのほうへ現れる  がたの絵ときが出来ずに  かたがすこし派手すぎた  かたへとさし伸べる  がたをして  かたはありましょうが  かたにあがる  かたへ匍い出そうとする  かたをしたくないと思います  かたは出来ない  かたも飯の焚き  かたに私たちの今日もっている  がたは見付からなかった  かたも落ちついて来た  がたを行宮に見るや  がたとなり  がたこそ見る  がたを見せなくなってしまった  がたに回さしめ  かたでわかるよ  がたであったといって  かたで食卓の上に食器をおきならべ  かたえから用意の洋酒をとりだして見せる  かたの空は黄金いろに燻りて  がたの空を望まむかな  がたをあらわした  がたが見えなかった  かたは私は存じません  かたが一種特別のどぎつさで相手を途方に暮れさせ  かたができる  がたをもつて示される  がたを読者に示す  がたからはどうしても受けとる  がたを空想する  がたをうつす  がたとして今日では誰でも不用意に並べて  がたがあるとすれば  がたを呈しはしなかつたけれども  がたを暴露してゐる  がたは争へない二重の性格を帯びて浮びあがる  がたを失つてゐる  がたを示してゐる  がたを映してゐる  がたであることは云ふまでも  がたのうちに見られる  がたを想ひ描く  がたをそこに見る  がたがはつきり浮びあがる  がたを消してゐる  がたを知る  がたを脳裡に想ひ描きうる  がたにより好ましいひとつの変貌をもたらす  かたを知らない  かただと言われた  かたというべきではないだろうか  かたでされなければならなかったであろうと思う  かたから批判すれば  かたなきブリの切身になって居る  かたを示している  かたというものを表から明るくばかり見てゆく  かたをきめた  かたをしてはならないという  かたをきめる  かたといいます  かたで國を治めてゆく  かたになっているといっても  かたをきめたからには  かたがあって  かたがイエスとお答えなさるでしょう  がたが見えなくなってしまうと  かたの粗雜貧弱を告白して  かたで生産工程の組織では全国的にフォード化し  かたはここで番人をお待ちくだされたし  かたなき日本の顔を差し出すので  かたとでもいふ  かたに聞えるに  かたは無いと思いますが  かた満洲の山をごろつき  かたで生涯をとじた  かたをきめられる  かたで上京している  がたが感じられた  かたをはっきり区別しようとして  かたの目的のわからない  かたの社会的な性質のちがいにおいて発見する  かたではっきりさせられていない  がたを私に見つけられた  がたを自然に映して  がたをした  かたに我々の聖書をごらんにいれましたか  がたを示す  がたが考へられる  がたにある  がたでもあり得るからです  かたはありません  かたがありませんから  かたに我々の聖書を御覧に入れましたか  かたをし  かたにとらわれず  かたを肯定している  かたで刻々に躍動している  かたが原稿料をとどけて下さったので  かたなりは急になくなってはしまわないので  かたから誘われた  かたの正しいか否かを学問的方法によって吟味する  かたがせられている  がたとその進展の情勢とを具体的なままに把握し  かたの如く月下氷人を入れて  かたから見ると  がたは見えない  がたは見えず  がたになっているので見ちがえたが  がたを思いだした  がたを見る  かたに可笑みを感じた  かたをするから  かたをしたり  かたが癇にさわった  カタだけでもつけてください  かたがついて  カタのついた汚れた  かたに大いなる土竈ありて  かたには丸太を柱ととしたる  がたを絵にかかせて  がたとなっていた  かたで払ってる  かたには想像にも及ばぬ  かたが違う  かたと鳴くに連れて  かたこの日に至つて頂点に達した秘められた  かたでは役に立たないと思ったからです  がたが乙字型に流れてゐる  かたをいたす  かたからして知らない  がたを見つけられたくありませんので  かたは辛い思いをなさった  かたかたいう音がした  かたを変える  かたはすっかりわかる  かたで中断される  がたをみせません  がたをかくしました  がたもやはり人間の目ではみえません  がたに定着せしめ得る  がたをうつすとしても  かただという親しみもしらずしらずあった  かたでも武具の用意や手入れに忙がしい  かたにあずけて  かたへ急いでゆくと  かたかもしれないけれども  がたになり  かただと思う  かたの未熟さから来ている  かたで尻尾をだしてゐる  かたで私の人生に忠告を与へてくれる  かたのある  かたをいつかもつ  がたを消した  がたは再びそこに見出せなかった  かたよりを解放しようとする  がたをしてゐた  かたというような投書が編集部の机上に山積する  がたのしぐれてゆくか  がたは求む  がたをかくしてしまいました  がたはもうありませんでした  がたにはじめて目をとめた  かたに流るべきかを知らざる  かたにも進む  かたにも歩を移さ  がたのお屋敷で若い乳母たちの受ける  がたにしてみれば  かたが見つかったら  かたとくみうちして生きていかなければならなくなってきている  かた昇って行く  かたがあるまいとすら考えた  かたをしても  がたに引戻す  がたにもおなりになれる  がたのないことをたしかめた  かたがつかねえ  がたも見えない  がたをみとめたのに  がたをもとめたが  がたまでがうつった  がたをさがしもとめてもみた  かたをたたいた  かたを叩き  かたをかしてやるから  かたをかした  かたをけった  かたをして来た  がたというならば  かたから申しましても  かたをしたい  かたなんにも食わない  かたについてまじめな心痛を語っている  かたにおかれた  がたもなんとなく見直す  がたは大抵想像されるであろう  がたは見えなかったが  がたは闇に消えた  かたかなを使ったというだけの  かたが一定の方法をもっていて  がたを捜すけれど  かたのついた  かたがプロレタリア的な立場で見れば  がたをかくしてしまって  がたを相当に見受けた  かたとどこか共通した  かたや新らしい道徳は与へなかつた  かたをされた  かたへか行きたるが  かたにたって  かたをしめし  かたを会得させられていない  がたがたっとふるえて  かたに比べると  かたも見えて下さる  がたの薄桃色の陽の光が照らし出している  かたに妻子を育んだ  がたとも言うた  がたと言ふ  かたはありませんか  かたでごまかす  かたについての熱烈な主張が生まれてくる  かたが問題になる  がたに強雨が降  かたばかりの回向をした  かたに佛壇あり  かたの窓より首を出してゐる  がたを認めた  がたを鏡にうつしてみている  がたを見ない  がたの見知らぬ女のひとがこちらをこっそり覗いている  がたを見せなかった  かたを見ると  かたをしたといった  かたにはこの心持ちはおわかりにはならないかもしれないけれども  かたになるに決まっている  かたに充分に見えすいていた  かたなき悪意がひらめいていた  かたの激しさに驚かずにはいられなかった  かたも見えた  かたをなさる  かたが来てくれますか  がたが見えたか見えないか  がたが見えなくなってから  がたが非常に興味ある  がたが映りもし  がたを消してゐた  かたは敵を満足させるだけである  かたの眼つきに相違ありません  がたが見えました  がたを見かけたので  がたにかえりました  かた鳴らしていた  かたと言います  かたの父親であられる  かたがついていました  かたで少からず偶像化しながら  がたを見つめている  かたを能う  がたを描いた  かたにいためられて  かたの不当をはげしく訴え  かたと仕事のやり  かたへの人の鼻をつまんで捩  かたへの旅づつみ恋の詩集の古きあたらしき戸に倚りて菖蒲売る  かたと今日知りし  かたへさびしき春の小川うれしの夢に人遠き朝を絵の具の紅き流さむもろき虹の七いろ  がたは細きくれなゐに  かたへの枝をえらんだ  かたはやはり図にあたっていたと思った  かたが美しい衣装にまとわれて演ぜられた  かたをすると思うと  かたに不快を催したらしかった  かたであるのを歯がゆくは思いながら  かたをしたか  がたをありありと見た  かたなく自分の秘かに欲していた  かたに借金主の息子の妻にさせられるという  がたで現れだした  かた来る日も来る  かた同じ料理屋へいって  かた同じ場所に置いてある  かたをしちゃ  かたとして注目されるべき  かたをしてゆく  かたからはなれて  かたで夫人をよび  かたへ出てゆく  かたの襖をあけて  かたへ駈けてゆく  かたにて案内の声がきこえる  かたより以前の長次郎が先に立ち  かたよりばたばたと足音して  かたには土蔵の白壁がみえて  かたには町家がつづいて見える  かたへ重そうに運んでゆく  かたに向って呼ぶ  かたより常磐津文字清が取り乱した  かたの八つ手のかげより  かたへ走り去る  かたにて二三人の声きこ  かたに向いて  がたであるという自明の理が不思議に実際の舞台では顧みられていず  かたをしながら  カタの間にきこえた  がたの顔にかかる  かたで黙って  かたの区別は知っているが  かたに釣り込まれまいとして  かたと云う  かたというのがある  かたを幾らか腹立たしく感じ  かたがよみがえらされて来ている  カタにとられて追いだされる  カタにとられた  カタにとりたてる  カタにとれ  カタにおいてきた  カタにとりあげる  カタに二百円たてかえて下さい  カタにおいてお帰りになったら  がた寂しとぞ見し  かたよりに寄りてあそべり  カタにとって店から突きだす  かたへ向けた  かた打ち絶えておりました  かた約二三十年の間影を潜めていた  がたの雨を迎える  がたの雨がようやくおさまったが  がたの雲があたりをとざして  がたの空に弓のような虹がかかる  かたの定らないひとほど他人の意見に追随する  かたのなかへむこうから引くる  かたと音をたてて鳴つた  かたばかりの祝ひの膳にその晩一家ぢゆうのものがついた  がたの寢床に夢うつつでゐながら  かたがぼんやりしている  がたが白じろと見えて  かたで綾衣ももうさとった  がたを見  かたに最も多い賞金を与えたら  かたを公平に照し出し  かたに特徴があります  かたへに抛  かたをば見凝る  がたも捨てぬとは  がたが眼につく  かたも明瞭になって来る  がたをおぼえてゐる  がたは見えなくなった  がたを消してしまひました  がたをつくづく見て  がた寝かけた  がたを戸の隙間からのぞき見して惑っている  がたを見ると共に  がたを見たらばと  がたが厨に見えないので  がたをながめ合って  かたの下で働く  がたに日夕なじむ  がたが知れたよ  かたをしてゐた  かたは非常に迫つて聞える  かたがお見えになりました  がたをうずたかく見いだしたる  かたも一定しなかった  かたにすれば  かたがいらしたら  かたがありますでしょう  かたを初めて聞く  かたをするなら  かたは気取っているからな  かたですかと訊いたら  かたかもしれないわ  かたに裕美子は微笑した  かたをしてた  がたがらくに見えました  かたぞいまわれやみて  がたが見えない  がたをすぐその後から見せて  がたが眼の前からいなくなっても  がたを遠くから睨んで  がたを見ぬ  がたに持った  がたを持って来て  がたを振向いて  がたが見いだされる  がたを見つけて  がたが絶えなかった  がたが相当に見られたので  がたに立ち帰った  がたを直視し  かたで弾く  かたに不満を抱いた  がたがこんなに美しくなったので  かたが出来た  かたかたときしみ出す  かたをしていない  かたで丹那の地震を言いあてた  かたはしない  かたを借りると  かたをはじめからしまいまで見ていて  かたに疑惑をもちだし  かたまでバカげているわ  かたをしたって  かたがあたしの癇にさわった  かたはすこし度をこえている  かたを愉快に思っていない  がたを見ても  がたを思い出して  がたに似あわない  がたへ期せずして  がたを揃えて  がたを碑のそばに見つけて  がたを包み  がたは不意に大きな波紋の下にかくれてしまった  がたも見えなくなると  がたが二股に裂けていた  がたが思い出されてならない  がたをかき消した  がたにどこやら似た  かたもある  かたで唾といっしょに鵜飲みにしてしまう  かたのないことだと思う  ガタつかせ  かたを教えて  カタをつけて来る  かたのように思われて  がたへ向い  がたを見上げて  がたを見廻した  かたと鳴りました  かたに音すると  かた笑みせしは  かたにをりからの追分ぶしや  がたの刹那の醉にあく  がたに傚ふ  かたにも御意見を伺つてみたいと思つてゐる  ガタという音で始めて気がついたが  がたにすくと立つかな  がたとかはりぬそのあるものはなかばなれる  かたとはちがっている  かたっぽの耳から血の出ている  かたの好奇心を満足させてあげました  かたが遅いのを気になさってる  かたは気狂いじみてたほどだった  がたへ眼を移して  がたが正面に見えてきた  がたを横目で見ると  がたを見せ  がたを消し  かたの細帯をまいていた  かたが破産したりした  かたではゆるされなかった  かたであるに反して  かたは一つの見  かたの差異が様式となる  かたとはしからば  かたをひろめるという  かたも読んでいられるでしょう  かたのどういうところから湧き出ている  かたがそれたら  かたに答えする  かたという以上に意味をもつと思います  かたをやる  かたを知る  かたのないことを知った  かたで女房を顧みながら  かたで何とかお願い出来ない  かたと千万歎く  かたと嘆けど  がたが目先に浮かんだからである  かたを選んだ  かたおちする  かたをしたが  かたをしていたが  かたに蔦子もひきこまれて  かたそぎを指さして  がたが私の眼の前にぼんやりと現われた  がたを見付けられた  かたまつて遊んで居る  かたを考えて  がたの高声でゆく  がたも気にいつた  かたまつて実となつてゐる  がたを調べてみた  がたをみると  がたになる  がたをかえる  がたにおどろいて  がたを見ていると  がたを消すと  がたも見えなくなって  がたをかえた  かたでわかる  がたと一ゆれして  ガタと開いて  がたに成つては呼んで  がたがとられる  がたを思い浮べて  かたと話してみた  がたまで私の耽  かたを見れば  かたと芭蕉の生涯とは今日の目におのずから対比されて  かたを刻々に流れ  かたと言い  かたのごとく侍所ノ別当へ着到を告げ  かた探っている  かたにかかって居ます  かたの違いがある  がたが見てとられた  かたがございますのよ  かただとほめておりました  かたでしかモノの言えない  かたでやる  かたの順序が逆になった  かたのヨリドコロみたいなものが有るばかりでなく  かたの原型のようなものがドッシリと据えられている  かたの難解さはそんなものではありません  かたをのべておきましょう  かたに示されている  ガタといって動きました  かたなしにお城の方を見ていると  がたを仮りて往来する  かたえににじりよって  かたえから拾った  カタがつかなくてこまる  かたを又怒られる  かたで見せて  がたを中世紀に見せた  かたたまりとなって  がたを想像している  がたは暫く沈んでいた  カタの如く面目を施した  カタに二十いくつも齢のちがう  カタにお嫁にもらったと思う  カタにとるとすれば  カタにとらなくちゃ  カタにしぼりとって  カタにして  かたまつて遠くの山襞にうすく匍ひ上る  かたまつて立つてゐる  ガタつかせながら  かたと面だましいの  かたばかり顔を洗ふ  かたがある  かたはナニ子供のような重さんの頭をぶちなぐる  かたのほうが正しいのかも知れません  かたと結婚する  かたのお追従の中でだけ生きているのに  かたを尊敬する  がたを横から縦から覗き下ろしていたが  がたを説明して  かたと唇の渇きをみせた  かた或る時のわれのこころを焼き  がた見の息のくもりに消されたる  かたを見ていると  かたもちがう  かたをしたので  がたとへそこまで行つてゐるにもせよ  がたを椅子にかけ  かた真に敬虔なるおもいをもってこのみほとけを  かたがまちがつていた  かた自體がきわめて不完全な一面的なものであつた事から來ている  かたを嚴格だと感じた  かたなどと言うと  かたに較べての  カタをつけなきやならない  かたからして  がたが見えないという  がたは見られず  がたの桔梗色の空の下に幾ヵ所となく炎が立った  かたなきプロレタリア性によって貪慾にかかる  がたの無事を見ると  カタをつける  がたへむかって投げられ  がたもまるで変っているらしい  がたにはもんく  がたも見えて  がたを遅しと待ちながら  がたも見えなくなっている  がたを追っかけていた  がたが見える  ガタと鳴って  かたまつてゐた  かたをしみじみと思わせる  かたをしたとなると  かたへなれば  かたも違つて來てはゐはしまいか  がたの我宿に月かげ清しとふ  がたの宿はあれにけり  かたより頼まれ  かたより右の次第を申し来り  かたより表向きの使参り  かたがあると思われる  がたでもあるという  がたも大勢にかこまれて  がたの妹は泣いた  がたと聞くと  かたが大分ちがっていて  かたは忘れてしまう  かたはせぬまでも  かたをしていた  かたには特色がある  かたが少しはおそいかも知れぬが  かたの常とちがっていた  かたを手がるにする  かたを付けてから  かたが残ってゐるだらうね  がたをほこらかに  がたな太刀より優に拵へて前下がりにぞ指し誇らす  がたを奥に捜し求めて  がたは床を蹴って  かたさえ見せて  がたを彷彿せしめるに足りる  カタを習って  カタを習う  カタが一番よいといって  かたばかりの枸橘の生垣から見渡せた  かたをするか知れた  かたなく知っていたからである  かたの不十分というばかりでは  かたなき昨晩のあの芸者の着ていた  かたによって整理され  かたの力をぬきました  がたをそのまま信じた  がたは大内を退出してきた  がたにその難戦苦戦を通って来た  がたをお取りあらせられ  かたを決する  かたないものを鬱々と抑えているには  がたない悲しい光沢をつけられてゐる  かたかげにその慎しい  がたは容易に見付からなかった  かたは致しますけれども  かたをするね  かたをゆすった  がたをみているかと云えば  がたをみせぬ  がたはみえないで  かたを教えました  かたを知らないっての  かたは私たちの結婚式にとても来ては下さらないわね  かたがいけないとは  かたからいうと  がたの由緒あり  がたもまさつて見えます  がたをみつめました  がたをおめにかけませう  かたまつて行くので  かたにしては  がたを見せる  かたをするよりも  がたへあたまをさげていた  かたをはっきり思い出す  かたに履いて  がたになつてゐる  がたに鰭を振り  かたはないと覚悟した  がたが急に見えなくなった  かたが引き継ぎ  かたをつけて  かたに小夜子は笑った  かたかしらと思って  かたがいた  かたにも気を取られていた  かたのぜんたいとして浮かび上がった  かたに柴崎は笑った  かたがいて  かたがカウンターのなかに入って  かたにお伝えください  かたは大げさにすぎるが  かたとして半分を差し引いても  かたをそのままあらわしている  がたを見まわしてみて  かたすみにほうり出されていた  がたは暗い中にふっと消えてしまった  がたはもう見えなくなった  がたと呼吸をじっとみている  がたを胸にえがいていた  がたを知ったので  がたに復古あるべしとて  がたは早くも闇の奥にかくれて  がたを見付けなかった  がたは帳場には見えなかった  がたが発見された  がたは物置のなかから見いだされなかった  がたの少女が横たわっていた  がたとは打って変って  かたが目のなかに殘つてゐる  がたも見えました  がたを見とどけていない  がたの男が突っ立っていた  カタにはなるから  がたは見付からない  がたを発見した  かたが惡い  かたを危ぶまれ  がたを眺めていた  かたがわには椿の木がありました  かたもない想いでいた  かたのごとく酒肴は出たが  かたもこの男がすると  かたない思いをそこへぶつけた  がたに猿皮の靫をかけたり  がたにそれを見る  がたへばかり殺到していた  がたをかりて  がたが見つからない  がたも見なかった  がたは発見できなかった  がたがどんな形をしているか  がたを発見する  がたは見え  がたをけしていて  がたを消してしまった  がたをあらわさなかった  かたがたりない  がたを目前に見いだした  がたが見えなくなったので  がたが見えなくなれば  がたで草履をはいた  がたを見つけたので  がたが見出される  がたを発見したらしかった  かたと鳴らし  かたや書きかたをする  がたが見えなくなってしまったと云う  がたを見いだして  かたがちがっている  かた全く確立するに至った  がたをみせませんでした  かたのほうにはかつえきっておりますよ  かたもすっかり変って  かたを見返ると  かたは何と仰し  がたを透かし視た  がたは見いだされなかった  がたは闇につつまれて見えなかった  がたを見たなどと云う  がたを隠しているので  がたを認め  がたで自分のうしろに突っ立っていたので  がたを書いて置くと  がたも見えず  がたは見えねえ  がたが乱れて見おろされた  がたが見いだされた  がたを見失ってはならないと思ったので  がたと思われなかった  かたがあまり際だっていたので  かたは全く自他の差違に無頓着になって  がたが浮び出した  がたになろうとする  かたで感歓している  かたから見て  かたがひどすぎる  かたで人によろこびを与える  かたでこれらは進捗している  かたがあるか  かたを考える  かたを間違えるからですよ  かたでやられている  がたをのせて上げても  かたへともなく逃れ去  かたばかりなさつて  かた御父母君にさへ  かたの天台宗と弘法大師を御祖師とする  かたに葭簀張の茶店あり  がたにて出  かたに霧立ちこめ  かたを見わたせば  かたへ高く飛びゆく  かたをして来たかという  かたを知らされずに  がたは見えないが  かたをつけているが  がたと入ったが  かたへにとまり  かたに対する注文が出ていず  かたを子の可愛さ一般で肯定し得ないであろうと  がたを見うける  かたかもわからぬ  かたで飲みましたよ  かたなしに破壊された  かたが下手だった為につい吉宗に見られてしまった  かたはありませんでしょうか  がたはかうして  ガタつかせていた  かたを眺めた  かたという言葉は辞書に見れば  かたをかきて  かたとそれを築きあげる  かたのお名前を挙げて  かたより無い事をおっしゃって  かたをなさるので  かたに顧問になってもらい  かたをつけてしまうだろう  がたにつなげる  かたに向う  がたを隠してしまうという  がたを見失う  がたを見せないので  かたに庄太郎の生命を奪られた  がたに眼を凝らして  かたの法則をさぐりもとめる  かたでらちくちゃ  かたへか泊りきたり  がたがたぶつつかりました  かたがいに言いたく思いながら  かたに研きをかけた  かたなどをぴかぴか研ぎ出さなくっても  がたは旅すがたで  がたをこそ捉まえようと  がたまで木の葉のように散らばっていた  がた眺めたその山の姿になにか物語めいた  がたをなすっていられる  がたの男が立ちあらわれ  がたの男がせっせと為事をしている  がたが鮮かによみ返ってきだした  がたをしていた  がたは何んともいえず  かたの俤を見いだす  がたうとううすく眼を開きました  かたと一度も交際してみた  かたには附添いは  かたがたずねて  がたが目に浮んで来ます  かたで養われてきた  かたへに隠る  かたにすむ  がたの庭掃除それがすむのをまつてゐたのかすぐうしろに月は音もなくのつそりとでてゐた  がたがみつからないでよ  がたはこれかと思われる  がたに憤りを感じたからである  がたをちよつと見てやりたい  がたが眼についていた  かたを強いて変えさせた  かたがついたと  かたなく道を柳原の方角へとったので  かたで語ろうとした  かたの不甲斐なさに刺戟され  かたが誤りであったことを自覚した  かたには娘只一人男子もありたれど早世しての  がただけをもつて  がたを思ひ  かたでもこ  かたと見える  かたをはじめてかいま見て  かたのお命を奪えとの  がたが自分の眼の前にあらわれるとか言って狂い出して  かたなき人間の子どもの足を日なたぼっこさせていたというのに  がたは上さまをご警固まいらせ  かたを汗びたしにさせたといっちゃ  かたの味方を得た  かたの生死にもかかわる  かたのおやりなすっても  かたのお越しを願えまして  かたかどうか承れば  かたを実  かたがあるだろうから  かたも行きつく  かたがいると知ったら  かたがあった  かたがおっしゃいました  かたも念を押された  かたをお人払いを願いとう  かたではあるまいと存じていましたが  かたのご名声が高まってきた  かたのご推挙ならばもちっと吟味せねばならぬが  かたずつ大きさのちんばな足を所有している  かたがいま申しあげた  かたのいらっしゃる  かたでござりましょうと存じまして  かた預かっている  かた伝わっている  かたとも破談になり  かたがひょっくりお越しなさいまして  かたがいらっしゃるとみえて  かたとみゆるな  かたのおにぎやかさといい  がたまでふぐのようにふくれていた  かたでござんしたなれど  かたから頼まれまして  かたのお住まいのまわりを持ち運べとの  かたで死にたくなった  かたを看病する  がたをあわれ  がたの入費を支払った  かたがありもしねえ  かた締めておいて  かたでござんしょう  かたにお願いして  かたに相違あるまいと思いまするが  かたなかったとみえて  かたがいらっしゃる  かたの姿が消えてなくなりました  かたはいませんかのう  かたに殺されたらと  かたがわたくしをおどしつけ  がたまでその辺に隠れていた  かたでござりまするな  がたを描き  がたを見かけなかった  がたがみえなくなるまで  カタに押へられてゐた  がたをここに見出すと  がたが見当りました  がたと入れちがいに  がたがいたる  がたに帰ってしまった  かたを見よ  かたがなくなる  かたと密接な関係をもっている  かたをもって  かたがあり  がたと見えた  カタのやうに彦七は矢の催促をはじめました  かたではいつこう  かたには驚いた  かたがなえ  かたのなえこんだの  かたがなえと  がたがわかる  がたをみない  かた寄り散つてゐるが  がたをけした  がたのおもい出がわきます  かたへ属して  ガタつかせて  がたは谷底の靄にかくれて見えなくなった  かたに赤間が石の硯を一つ下す  かたを伏し拝んだ  がたとして考へられる  がたに立ちかえった  かたなり現わし方なりの或る傾向が見えるという  かたは個性的とはいい  かたを個人が酌みとる  がたにおいてこれを見る  がたは単に一種の幻覚とのみ言われない  カタにおく  カタにセーターをぬいで渡した  がたの忘れてあらば  がたを冷やかに見すごした  がたとして淡く見すごされる  がたはもう見えなかつた  がたをそこに発見して  かた引出され  かたへに落ちて  がたが浮びあがる  かたに立って見まわせば  かたに影響した  かたなきマドロスがいる  かたは読んで  かたへの探究という云いまわしをとりつつ  かたはしていない  かたの本心については疑問が抱かれて  かたを承知する  かたに見出されるべき  かたは慇懃ではあるが  がたが象徴の形を取って現れる  がたをみたいという  がたをちらと見たかと思う  かたが抱えて来て  かたの如く据えてある  かたがないことと思い返した  かたにいろいろ異なった  かたにこだわらない  かたをあまり用心ぶか過ぎたなどと  かたは間違っているが  かたを悲しみ  かたはしているが  かたをしてくれる  かたではあらため  かたの途上に横たわる  かたをどう思う  かたの好いところは発揮されていると存じます  かたを御不満な所におかれまして  かたを荷やっかいな越権者にさせるに  かたをお召し還しになり  かたの御満足のゆきます  かたをしたであろう  ガタとも云わない  がたは消えてしまったという  かたに多少の特性を認めない  かたをつけようぜ  かたがつき  かたがつく  かたの選択が語られる  かたに気をうばわれてしまって  かたをしており  かたの足りない  かたなさに書読み物書くを  かただろうなぞと語り合ったりしている  かたが見えています  かたもあります  かたをながめもやらん  かたにあさりても  かたを書きてぞ見るべかりける  かたといわせているが  かたのお顔によく似合い  かたなどにはお返事をお書きなさい  かたなりのままに止め  かたは大抵そらにも覚えをり  かたも喜劇を演りにペテルスブルグへいらっしゃる  かたが先ほど見えましたが  がたになって散り乱れた  がたについて考へてみない  かたを明日の作品によってどのように追究してゆくだろうか  がたはまことに常道を逸した  がたを大きくつかんで  かたで苦労する  がたにズボンとほれて  かたまでこまごまと書いてあるが  かたにする  かたさえあらわれた  がたの空をながめていると  かたについてを思わせます  かたに表現されなければならなかった  かたに何とも云えぬ  かたに天女を妻とした  かたをそのままに眺めている  かたを鴎外は或る意味での屈伏であるとは見ず  かたなき漱石の面影をもった  がたにもならず  がたは消える  がたは消え失せた  がたを認めたという  かたへ逃げ去った  かたの色と匂いを絡み合わせて  かたで靴をぬぎすてて上り  かたを理解し  かただったと思う  かたがちがうから  かたが個人的なせいかしれないね  がたが浮んだ  がたうとう半分ひとりごとのやうに云ひました  かたに従って現代を見れば  かたをしたのでせうか  かたと馬車の音が聞えてきた  かたと草原の中の石ころ道を走り出した  がたがいかにも垢ぬけがして  がたで自立してゐる  かたが王さまであるとは知りませんでしたので  がたをゆびさして  がたをおもうと  がたをみながら  かたもおしえてくださる  かたをばかばかしくおもいましたが  かたをふんがいしたからです  かたにして  かたに己は殊に感服した  がたが浮びあがつてゐる  がたにちがひなかつた  かた大自然の風景などには目をくれた  がたを説明する  がたのなかにある  がたをあらわすとは思わないけれども  かたといったら  かたが惡いとて如何ほど詫びても聞入れが  かたなかりければ  かたが急に熱心におなりなすって  かたもびっくりなすって  かたへ貸して貰えまいかという  かたもない娘が半身を障子のそとへあらわし  かたへに逢ひて  かた寒い音を立てている  かたかた隙間が鳴るだけだった  かたをつづけるだけである  かたとその文学の上にあらわになって来た  かたで終日枝落しや植かへを愉しんでゐた  かたをしてゐてくれた  がたを見せたとおもうと  がたを隠して  がたをありありと夢ではなく事実に見  がたをかえてやってくるけれど  がたがたっと駆け上る  かたと同時に感じていた  かたに科学のよりどころを発見しようとしてきた  かたを正しい関係におき直す  かたがあっても  かたを見まもる  かたの追求に出発する  かたに密着している  かたのところどころに閃いており  かたへの趣向がある  かたを外から眺めるだけの  かたさえ気がおける  かたをこのむ  かたで表現して行くべきか  かたでこの欲求を追究してゆく  かたもともに進展して来ている  かたなき奴となり  かたとしているであろうか  がたが見たいと  がたを丘の上に見つけて  がたにばけて  がたのかたちのをもっていた  がたをけします  がたをけしました  がたが見えなくなりました  がたをながめていた  がたが見えなくなると  がたを写生していました  かたがおかあさんが慰め励まして下さるからなの  かたがいくらもあります  かたの本を見れば  かたがあれば  かたを好いていると思いますか  かたの書いた  かたに顔を合す  かたもいい出せないわ  かたの感情を害する  かたと結婚します  がたに装った  がたが小さく見えていた  かたへうすれて  かたへ潮わしる時まる山のをとめも  かたは甚しかった  かたが勉に四年前の乙女と自分とを思い起させた  がたに姫が櫛ばこを開けてみると  かたでは無かろうかと思っています  かたをしようとも  かたも執念めいた  がたに似たる  がたをとめくれば  がたこそまた夢のまの風情なれねむげの春よさめよ  がたのみ檜は荒し  がたをば誰かは思ひ  がたにも似たりけり  がたにも似たり  がたこそ是おそろしき風情なれ妻鳥は花を馳け出でて  かたに飛べるかな  かたをながむれば  かたを望めども  かたをながむれど湧きくる  かたを眺むれば  かたに文に照らせど  かたで障子にかくれてしまふ  かたはあるまいと思われる  かたは見るに  がたのことを説く  カタが附く  カタに此処の家屋敷の公式の証書類一切と実印をあずける  がたを思い出す  かたに大勝利をもたらした  がたが見えなくな  かたから啓発され  かたにも影響している  かたに徹した  かたとはまるで異った  かたも示している  かたで肉体の問題を見た  かたに反撥し  かたに向って  かたの不十分さと密接に結びついている  かたで示しあう  かたに強く共感していたけれども  かたを我知らずいろいろ観察したり  かたとする  かたの異常さと対照して  かたでなければならなかった  かたに誇張する  かたへの好奇心と共感とが高まって来る  かたで穢される  かたによれば  がたに立かへりゆくべき  がたの整うた  がたが沖の空に遠くみえたので  かたへ流るる  かたを一度も教わった  かたなどと云う  かただけはどうしても気にかかってならなかった  かたを教え出した  かただのと思い返していた  かたばかり気にしていた  かたが見たかった  がたがみたくとも見えない  かたが足りないといいた  カタを残していた  かたこその音響もしない  かたすみにございまして  かたをされる  かたを先ずわからせて行かなければ  がたは何ともいへなかつた  がたは見えませんが  かたの方向に於ては対蹠的な立場に立つ  かたばかりの茶屋に腰掛くれば  かたが激しいといって  かたのようにみうけられますのに  がたに於て捉へられてゐるけれども  かたばかりのお葬式をして  がたは見えません  かたを続けて来た  かたで表現すれば  がたを感じる  かたまつて寢てし  かたで自分の真情を吐露された  がたは阿闍梨の眼先きを離れなかった  がたは忽ち消える  がたは鷲に掴まれた温め  かたもきびしいお人じゃと聞いている  かた絶えて見せなかつた  かたにていきほひある  がたを美しく保たうといふ  がたに見とれながら  かたと芽出度く  かたあひ行くに  がたの水のほとりを歩むなりけり  がたを見つけるなり  かたがついた  かたと鳴る  かたを持つじゃないか  かたと静に開けた  かたに取ったか  かたのかげに  がたが眼さきに浮んだ  がたがはッきりかれのまえに返って来た  がたがいまさらのように惨めにおもい返された  かたのもりの  かたへに来て居った  かたにまだ一遍も会っていもしないのに  かたは続けられている  かたを見くらべると  かたに思えた  かたをかえて  かたよりを枢軸に自分の人生が動いている  かたを思い出し  かたで一生をしめくくる  かたのなまぬるさとの間に激しい軽蔑を感じた  かたをきいていると  かたなんかはね  かたのことをわるくお思いにならないで  かたをわるくお思いにならないで  かたをわるく思わないで  かたできいた  かたを帳消しにする  かたもわかって来るだろうと  かたばかりして来ている  かたで用件を説明した  がたを吐き出した  がたをお高はうらやましく感じた  がたがあらわれて  がたが隠れてしまう  かたなの爪びきをつづけながら  がたに遠いと云う  かたで食べものをとる  かたではあるがね  かたのえらさによほどの割引きをして  かたが異っていると思います  かたが足りない  かたを聞くと  かたをやっている  かたではありませんか  がたが彼の眼底からはなれなかつた  かたを吃驚させようと目論んでいた  かたはいったい間違っている  かたと音をさしはじめた  かたをきめながら  かたは興味がある  かたとお約束が取りかわされていて  かたの勤め先きへ一緒に連れてゆかれる  かたはどうも飛んだ  がたを見ましたが  がたは忽ちに見いだされた  かたをまだ聞いてませんね  かたを変えて  かたの激しさと量を増していった  がたになっている  かたのごとく帳附を始めた  がたをはっきりみながら  かたかもしれないが  かたでそれを表現すれば  かたに反対して来た  かたが改めて知覚され  かたのごとく食し  かたに驚くので  かた半世紀を洋々として流れて来ている  かたも出来ない  かたに寄せて  かたには杉戸の出入口がある  かたの板戸をあけて  かたへ行きか  かたは実に成功的にされている  かたが漠然としている  かたには出入りの襖あり  かたには出入り口の低き枝折戸あり  かたへ立去る  がたがあります  がたを想像する  かたについて周密な自己批判をしている  かたで深く噛みこなし  かたはしねえ  がたぞ親しかりける  かたについては話に花が咲いた  かたで逆宣伝している  かたも起きて下さい  かたをしています  かたで解放運動の全面に参加している  がた若い者をお迎えに差し上げましてございます  かたの戦争に幾万の利を占めける  かたについては山田に相談するが  かたはわかったろう  かたまつて遊ぶ  かたへ行かれた  がたも闇にかくれた  がたも見えなかった  がたが煙りの  かたについて考えて下さり  かたが分った  かたでの勉強をやりましょうという  かたへにしたひよる  がたを見附けて  がたが見られなかった  がたを消して  がたがあり  かたのくずれた  かたへの長椅子へ走  かたへの椅子をふりあげて  かたとは違つた読みかたをしたであらうし  かたは間接的ですらないやうな胸糞わるい思ひが  かたに心留めた  かたへ向きて  かたに高き石の塔あるは  かたをこころざして  かたへうつり  かたもなう鬱陶せく覚えて  かたに心とどめた  かたへゆくほどに  かたへ首さしいだしていうに  かたへ歩みよりぬ  かたへ立ちた  かたえなる  かたえに歩み寄り  かたへうつりたまいぬ  かたものういぶせく覚えて  かたのないことも知っているわ  かたについて二重に考えて下すって  かたがむずかしいこともありありと分って  かたをし得る  かたからだけ求められる  かたをしていたか分って  かたのよい刺戟になり得る  かたが柔かくて特別な線をもっている  かたをもたない  かたをわれわれに示した  がたは見えないと言って  がたが私の目先にひらめいた  がたをかすかに見る  がたをみつめた  がたからすこしも眼をはなさずにいった  がたが画のごとく展開する  がたはどこにも見あたらなかった  がたを見てまわった  がたが森陰にかくれた  がたを見せないと  がたで食卓をかこんでいる  がたを没した  がたを見たので  がたを照らし  がたをかくしている  がたは緑雲たなびく  がたが見えぬ  かたをならべて  かたにかけた  かたをたたいていった  かたは奇妙のようにも見える  がたもなくなっていました  かたであろうと思いながら  がたの団長にあやまりました  かたがつかねえという  かたすみに集まって  がたを照らし出す  かたを知らず  がたを視つめていた  がたは俳優の眼にみえるばかりで  かたは詩的な表現として好む  かたは決してすくなくないだろうと思う  かたも一面に伴っている  かたや仕事の内容に語られている  かたをお笑いになるでしょうね  かたもっとも賢い人々が研究し  かたで殺され  かたをぼんやりと見ていた  かたがこの池の茶屋へ客の足を向けさせるらしい  かたをお呼びしたらと思って  かただけあって  かたを頼まれた  がたが目にみえる  かたで表現すると  かたが随分違っていた  かたはゐないか  かたに響く  かたを示さず  かたを知らしてくれる  かたを昔の人はやっております  かたがいかにもちがう  かたしか出来ないけれども  かたに愛情がこもっている  かたについても種々考え  かたなど見ると  かたをも判ったし  かたでごくそばの日常的接触としての環境というような風に云われて  かたとの関係は同じような条件でつづく  かたの一工夫をしては  かたと時間との関係であるのが大部分だとお思いになったら  かたは言語に絶しますから  かたを国男さんにききました  かたを問題にせず  かたを他にして呉れる  かたとの間には深い諧調が響いていて  かたで護れる  かたなしだから入って行って  かたで一寸おどろきました  かたに後者の要素をもっている  かたがこれまで間違っていたとは思わず  かたとの対比でなかなか歴史的内容をなすと思う  かたも同時的に考えられた  がたで荷車に何か積んでいる  かたではありませんか  かたにも口惜しいところがある  かたにぬれそぼち  かたに土はおとなくしめりたえまなく  がたを歩む  がたで聞き入った  がたをもった  がたの一つであるといふこともわかつた  かたに金持ちに嫁にやられるという  がたの頼母しく見えた  かたで残された  がたに坐って  かたに人間として疑問をもたざるを得ない  がたで現われた  がたも草の家も忽ち跡なく消えうせて  かたが浅いに外なるまい  かたが書に反映するからであろう  かたへ立ち去ってしまったので  かたの娘御で  がたは門内の大きい槐の下に消えた  がたは他人に見えず  がたが森の奥に隠れた  かたに一つの山を認めた  かたもなき思いを笛に寄せて  がたで跳り出た  がたも住む  がたは忽ちに金で作った  がたは消えてしまいました  かたが軽々しく夢を信ずるという  がたが家の前に飄然と現われたので  がたはたちまち隠れました  がたは消えてしまった  がたは見えなくなってしまったので  がたが烟りの  がたは著るしく変っていた  かたでふかした  かたも見といてい  かたで彼女は二つのものを二つにわけてしまう  かたをさせられ  かたとの関係のうちに批判をともなって  かたを求めて叫んでいると思う  かたにはめてしまって来ているからである  かたを学ぼうとするより  かたを学ぶ  かたを求めこそすれ  かたと内容とで作者は経験した  がたに返し  がたの中から真に価値ある  がたにかえす  かたで作ってゆこうと  かたなどを定型的資本家の観念で考えていた  かたには通俗なところがあって  かたとの連関でみると  かたなどを細かに観察すると  かたで呼び  かたがここだけで力を失くしておる  かたぞなき春のかぎりの夕暮のそらこれらの歌にすぐ感じられる  かたもがなつれなく散るをつれなくてみ  がたと働きのなかには往々にしてある  かたが下手で食事の度毎に祖母から注意されたし  がたが胸に浮んだ  かたにも注意して行かなければなりません  かたなく感じられる  がたは見えねども  かたはないであらう  かたに保が全部は同意していない  かたがちがう  かたでそれを語った  かたいわせたり  カタに彼の最も貴重な財産たる一つのミカン箱をおいてきた  カタにとりたてられ  かたはつけますから  かただとは思っていませんでしたよ  かたには皆おぼえがある  がたばかりは録されし  かたを知っていた  かたのひびきもある  がたを戀する  がたを見ないか  かたによって書かれている  かたで書いた  かただと思いました  かたを致します  がたが眼に見える  がたを横たへてゐる  がたを示してゐるが  がたを現代人に借りないだけな  かたでただ一つの高くて強い声がつくり上げられる  かたへと向けられ  かたがしっかりしているからね  かたで口にされた  かたがまずかったかもしれないけれど  かたで話す  かたにどうしておわかりになる  かたとは話さないだろう  かたと話ができない  かたではできない  かたからきた  かたに固執した  かたではありませんでしたよ  かたですむ  かたでは発見できなかった  かたのために仕事をする  かたのために仕事をしている  かたであなたに拒絶されてしまいました  かたのところへわたしがやってきたという  かたの調書を通っていっている  かたのところへいく  かたを通じてやられる  かたがいらっしゃるからでしょうね  かたを襲う  かたがおっしゃった  かたはそれ以上のことをおっしゃらないでしょう  かたがあなたから聴取するという  かたを任命した  かたのなさる  かたでこの秘書のかたにおもねろうなどと思っている  かたの独立した  かたに従わない  かたではやつらをけっして追い払えないよ  かたを知っている  かたで実行している  かたを貫いて  かたでは弟さんはけっして何かをなしとげる  かたでその橋渡しをしようとしたので  かたでやったかもしれません  かたがもっと理解できる  かたを正しいとみとめた  かたを正しいとみとめる  かたであってもかまわないから  かたがそれぞれの道についてまちまちで全体を見通す  かたの従僕たちのあいだにきっと見つけ出す  かたではありますけれど  かたで城へくる  かたで実施しようとすればするほど  かたがまどろんでいらっしゃる  かたはときどきあんなふうに疲労に襲われる  かたが村にいらっしゃる  かたがここでなさる  かたを我慢し  かたでその命令を実行しようとしてやってみた  かたではないというだけの  かたでわきの壁をたたく  かたで試みる  かたではないように思われたりすると  かたで見た  かたでやろうなどとしたら  かたたちのいたあとを片づけるなんていう  かたでだれにでも吹きこんでしまう  かたにもかかわらず  かたで彼女は男のかたたちのためにいっそう時間を多くさく  かたではあったが  かたが部屋から出てくる  かたを身につけている  がたを以て即身成佛の修法を工夫するといふ  がたと味にも世代がある  かたに笑う  かたを変へれば  かたの手本とすべき  がたから註文して置いた  かたを打ながめてあれば  かたにおいても語っている  かたとその各破片のままの閃きの  かたで縫いながら  かたなき髭があった  がただけふかれて  かたは内科と全然ちがった  かたは以前のどれに比べても  かたとどうちがうか  かたの或正直さなどを話し  かたを教えてやったら  かたは一層とき  かたにおいて一方の低さから主観的になり  かたなどあなたと実によく似ています  かたもわかるでしょう  かたしか出来なかったけれども  かたが細かいディテールにふれて  かたにしろ  かたの健康と幸福とを祈るとあります  かたと云えば  かたで紹介して  かただと思います  かたを主張するらしい  かたはして居りませんから  かたもちがうという  かたのことについて云われている  かたにも工夫の範囲で云われている  かたを覚えさせてやる  かたに別に感情を妙にしての間違えをしたりしないという  かたというものをどの位うっちゃっている  かたの所謂完成の姿はあり  ガタつかせては  かただということを知っています  カタにとる  かたでせうか  かた約一年のうち私のふれた  かたにして借りた  かたも少しふざけておりましたし  かた感じたことのない妙な感じに包まれていた  かたの無い事かも知れません  かたを選ぶ  かたのうちに一体のものとしてあらわれて来る  かたを自分に課さなければならないと思う  がたで町を見下しています  がたが見る  がたのなごりも王子は見る  かたからまのあたりお声をかけられた  かたとしたっておりましたから  がたのなかにもある  かた云わせて  かたによつて著しく意味は違ふにせよ  がたで示されて来てゐる  がたを露わにした  がたうとう詩吟もやれば  かたをもって発動し  かたに従うと  かたとツルゲーネフの生き  かたに跟いて  がたない罪障に穢れた  かた初めて見る  かたが浅薄すぎるよ  かただといって  がたをあらわし  がたが豆つぶほどの大きさにうつっている  かたで博士にこたえた  かたで形態化し  かたを教えられるであろう  かたはできない  かたでその活動を年中警察に妨害され  がたは家鴨や鷄によく似てゐて  かただと言った  かたがむしろ早すぎるくらい  かたがよくわかりました  かたでのそれはないにきまっているが  かたというものに独特な味いがあります  かたがまるでちがいます  かたをも知っていない  かたにして見ました  かたを可哀そうに思うの  かたに追いこんでいる  かたが柔かすぎる  かたなどのうちに表現されなければならなかった  かたもあった  かたも今度はやっと結婚出来る  かたが不愉快でいらっしゃる  かたがあるとすれば  かたに導く  かたにおいて処置し  かたも育つ  かたがあるでしょう  かたをも考えます  かたしかあり得ない  かたもゆたかにされます  かたがさけられず求められる  かたがまわりくどからざるを得ないでいる  かたの土台は肯定されていて  かたで作者にぴったりして居りませんが  かたすこし強すぎると  がたも目に浮びます  かたより諸礼の書求くれよとあり  かたは必しも容易に出来る  かたへと飛ぶ  かたに大げさな御案内を出す  かたに何か重くるしいものが感じられた  かたのできる  かたを是認はしていない  かたをしたとすると  かたを余儀なくさせた  かたをやった  かたを非難しながら  がたはすらりとして  がたをくずさない  かたがつかない  がたを見せませんでした  かたにも変化が起った  かたを振りかえれば  かたこそ一つの鼓舞であると感じる  がたが莫迦に細っ  がたがみえなくなりました  がたが見えません  がたの良太おじさんが顔をだしました  がたはどこにもみえません  がたの憲兵をひきつれ  がたがみえなくなり  がたをみて  がたをかえ  かたにかけている  かたにはらをたてながら  かたにかけると  かたをつかまれました  かたなき大天狗が眼の前に立ってるではありませんか  がたはてりしとか  がたはつらくともしばしは忍べ  かたへにたてる  かたの出来ない  かたが少なそうに思えるのよ  かたに馴れない  かたが本当に拙劣であったと思います  かたもむずかしいものと苦笑いたしますし  かたもその話し  かたをある  かたを知りぬいているから  かたで縫った  かたがあるまいと思いました  かたに永い未来への命があるという  かたについて思いなやんでいるとありました  かたをすっかり切りかえて  かたでは達しられないという  かたもするらしいし  かたはきらいよ  かたというものがある  かたに堪えない  かたもふわついていず  かたもうなずけます  かたにまかせ  カタになっているが  カタをもつ  かた起りかけてゐた  かたより來り給ひしと問ふに  かたで母に向って  がたの蝮捕り  かたにむけたり  かたに來れる  かたにむかひたればなり  がたをみし  かた流行り始めた  かたへに神官の御くじを振る  がたを見るなり  がたをむき出しにしてはいけない  かたをつけてしまふ  かたをすべて頭のよさであると獨斷してし  かたに下手な未熟なところがある  かたとなりました  かたがのこっている  かたをいたしません  かたになってしまいました  かたも覚え  かたもいく分合点していて  かたが自分で分らないし  かたにもいろいろあります  かたをへらしていなければならない  かたの中に批評も反駁も主張もふくませる  かたは一風あってね  かただといいけれど  かたではないようなところがあって  がたの見えたり見えなかつたり  かたをしていて  かたなる一の疵を我に示せり  かたにむかひて  かたにむかひゐた  かたにすゝみきたれ  かたにむかふを見たり  かたを十分活かして  かたで久喜でペンがおりる  かたに全くあなたのおっしゃった  がたをととのえなくては  がたをながめながら  かたに恥をかかせたくなかった  がたと突き当り  かたが私には優しく聞こえた  かたと逢う  かたか存じませんけれど  かたとお茶を飲む  かたをするだけで  かたばかりの微笑を続けてゐる  かたにもシゲの受動的な日暮しの態度にもあき足りず  かたぞといふなれど  かたは見やらるれ  かたに山のよこをれるを見て  がたは皆うすめり  かたがちがってきた  がたすやすや睡ついて起き  かたへ行くやと云う  がたひち  かたで民子に思はず  かたに潮満ち寄せる  かたへの写真帖をいだしながら  がたがつてききます  がたとすゝんでゐた  かたは如何にも惶しかったが  カタに煙草を貸りてく  かたに乱れ飛ぶ  かたにまで現れているという  かたみとなりました  かたへにははのあらぬとて  かたを變へれば  かたをしては  かたをするなあ  かたをするという  かたを買い被り  かたにだけは正直になろうと思います  かたをなさらず  かたまでハムレットの真似をしている  かたを遊戯の道具に使っています  がたの眼つきもけろりと忘れ去り  がたもよ吾住む  かたへ志して行く  かたへは青く冬さりにけり倒れたる  かたへに深く耳開き居り  かたへゆがみたるに身を横たふる  かたがあるし  かたで監視人たちに面と向って笑ってやりさえすれば  かたをどうしても抑えられないでいる  かたがありませんか  かたをしてみて  かたをなさいますわね  かたに不快を覚えさせられたが  かたでも有能な人間はほかの人たちよりは多くのものを聞きつけはするが  かたで示される  かたというにすぎない  かたで茶碗に深くかがみこみ  かたをしちゃいけません  かたをまたもう忘れていた  かただと四つばいになっているというので  かたしかしていない  かたをゆるめず  かたで若い人々を赤面させる  かたで注意を自分に向ける  かたにきこえてくる  かたと思っていた  かたに何の奇蹟もないと云う  かたねりの白粉を首筋につけている  かたねりの白粉も買わなければならない  かたをしてもかまいません  かたになってしまう  かたの右だか左だかの手の甲に僕のひっ掻いた  がたを示さなければならぬ  かたは折りまわして古びたる  かたの好きところに炉を切りて  かたには大竹薮あり  かたには低き丸太の柱を立て  かたへ去る  かたより以前の昭全が源五郎を案内して出  かたの芦のなかに隠れる  かたを屹と透し見る  かたへ足早に立去る  かたの芦をかきわけて  かたの竹窓もくずれて  かたには破れ障子を閉めたる  かたより秋草をかきわけて  かたより正吉とおいよ出  かたより芒をかきわけて  かたより猟師源五郎も火縄銃を持ち  かたへ行きかかりて  かたに筵を敷き  かたへ逃げ出そうとすれど  かたにそろそろと逃げ行けば  かたより上のかたへ向って  かたの竹薮へ逃げ込めば  かたの竹薮よりお妙は髪をふり乱し  かたへ逃げ去る  かたの秋草をかき分けておいよ  かたより田原弥三郎は銃を持ちて出  がたを見付けて  がたに見えたから撃った  かたは冗談だと仰し  カタと云う  かたもあるか  かたなどを現す  かたを棋面と見ていってみるならば  がたが主題になってくる  がたを観ようとするばあい  がたと線のよい碑があったが  かたは千差万別する  かたも思潮も風俗もこの十年は空前な歴史を劃して  かたは知りませんでございます  かたに腹を立ててしまった  かたとでもいう  かたへ涼しき風や吹く  かたなく生きて動いている  かたみとて忘れてゆきし  かたでほめればほめる  ガタついたテーブルが軋んでる  がたや音のほかに何も見ききしなかった  かたの壁には簑笠などをかけ  かたには窓あり  かたより家の娘阿  かたへ引返して去る  かたの一室に入る  かたよりこの家のあるじ  かたの壁の前に種々の供物をして  かたをみる  かたの空を仰いで拝す  かたを眺めている  かたより高田圭吉は阿  かたより柳は鎌を持ちて走り出で  かたへ行こうとする  かたの寝室へ運び込む  かたを見て  かたの窓を破りて  がたの男一人入り来る  がたを再び見かけた  がたはどこにも見いだされなかった  がたを仮りて落ちのびて来た  がたを残していまして  がたを一と目みると  がたは一旦沈んで  がたの若侍が彼を待ち受けている  

~ かた[名詞]1
俺は仕かた  山田霊林というかたが  専門のかたが  ようなかたでも  気がついているかたが  気がつかないかたが  熱心なかた  位置にいないからだというかたも  ほかにやりかたが  親鸞聖人というかたは  食べ物にあるといふ見かたに  いふすがたは  本来のすがた  上のかたは  下のかたに  下のかたより  上のかたの  祭壇のかたを  姉御はいずかたへ  下のかたの  表のかたへ  女の生きかたの  さがやるかた  様子はまがうかた  さまざまなりきありがたや  力の入れかたを  距離の取りかた  気持ちのありかた  声と喋りかただけ  裕一の言いかたに  風の吹きかたを  駒の持ちかたを  用ひかたによ  ふるさとのかた  ような言いかた  事実だから致しかたが  孔を通るかた  変なほめかたを  一歩前進したやりかたを  かわいそうな死にかたを  十分の一ばかりに切り下げようとするやりかたは  六・三制予算丸けずりのやりかたと  北のかたに  殿はにがたの  國のかたをこそ  渚のあけがたを  何というかた  未亡人の生きかたに  親切なやりかた  どこにもすがたを  みたいなすがたに  無線技士のかたを  げなるかた  題材の掴まえかたの  シェフィールドのかた  ほかに仕かたは  奇妙なやりかた  いちばん賢明なやりかた  隠れぼっちにかた  足何本などという聞きかたが  力の入れかたが  亡いかた  身のかわしかたを  人気のうつりかたは  男女づれのそのような見かたで  子供らしい考へかた  知的関係のありかたの  自主的なやりかたを  風ひつじさるのかたに  西のかたに  露消えがたに  ご存じのかたも  通信のやりかたが  通信のやりかた  便利なやりかた  不思議なゆれかたを  首にかたが  雪崩に似た砕けかたを  タヒチからいらしたかた  材料も作りかたも  現在の行きかたで  氣取つた言ひかたを  ようなおさめかた  彼自身のやりかたで  彼自身のやりかたとは  冰壮夫のかた  心のやりかたが  紫式部といったかたの  問ひかたを  上のかたには  上のかたより  上のかたに  上のかたにて  上のかたへ  上のかたを  本の読まれかたの  体のつかいかたを  自然なやりかたという  作家の生きかたという  作者の生きかたという  周密なやりかた  彼の見かたは  今までの慌てかたにも  借金のかたに  異土のかた  思わせぶりな言いかたに  彼はいましがたまで  共通の見かた  人生の見かたが  現実のみかたを  腰の据えかたに  事大主義の生きかたを  自分もまがうかた  戯作者の生きかたに  相互関係の見かたに  物の云いかたとしての  体にかえした云いかたで  懸命の生きかたが  世間を知らぬと言われても致しかたが  ぼくのやりかた  身をまかせる抱きかたの  独特の喋りかたで  クラッカーの死にかたを  命令の与えかたの  一生の見かたの  借金のカタに  動物生態学というつづけかたで  自分の生きかたを  社会問題のうけとりかたでは  拾ひとるかた  話題のつかみかた  お茶の飲みかたが  変な掘りかたを  自分の生きかたの  棕梠春光にかがやくかたへ  飮みかたを  厩のかたを  旅すがたにて  立派ななされかた  辻のかた  道のかたへの  きれいなかた  一つにかた  無残な死にかたを  ゴーリキイの生きかたや  時代の見かたという  日本の解きかたを  科学的あらわしかた  照応する活かされかたが  妻としての生きかたから  生涯の閉されかたとして  大袈裟な言いかたを  科学者自身の生きかたにさえ  今会ったかたは  有名なかたという  張りになったかたは  力まかせにがた  夢にえがいていたかた  大まかにつかんだものの云いかたで  自分のかたを  右舷のかたに当たって  悧口なやりかた  同室のかたが  どっちかかたが  あまりの変わりかたに  人好きのするかた  彼女の寝すがたを  薄情なかた  僕のやりかたに  意外な言いかた  自分のやりかたの  緩慢な燃えかたを  變りかたが  窓のかた  枝の生えかたが  とおりの生きかたしか  それをあんたがたに  私はあんたがたを  下のかたには  原始的なすがたを  遙かにこしかたを  様子に似合わない云いかた  風なやりかたは  女の生きかたという  子供の叱りかたについての  なほ奥つかたに  利用したやりかたは  とよ子の云いかたにも  眉のあげかたを  墨汁のふくませかたから  外は仕かたは  外に仕かたは  物の考へかたを  物の考へかたが  何なかたで  びっくりするかたが  君のかたへに  ことを案じていらっしゃるかたが  相談出来るかたに  声はうわずってあらぬかたを  ほかのかたの  部屋のかた  無慈悲なやりかたで  下手な突っ張りかたを  変なあやまりかたを  笑ひかたを  二十万円のカタが  兵古帯すがたの  固定したかたを  身のかた  一日はかたに  神経痛がかたの  心の持ちかたに  玄徳のよろこびかたは  腕の動かしかたに  何を言うにも言いかたが  戦場でおすがたを  餌がひすがたや  めやあけがたの  ほかに生きかたは  ほかの生きかたは  赤坊のとりあげかたを  時のやりかたを  ものの見かたの  すべて断食のあけがたの  命をかけていらっしゃるかたは  髪のたばねかたにも  北アメリカにうまれたかた  端のかたより  さのやるかた  君すむかたの  宵にかたへ  雑作にかたを  子供の育てかたを  満悦なすがたが  広場のかた  信者のかたが  弁の動かしかたを  ような死にかたを  野暮なやりかた  ひとりでかたを  十手をもった捕りかたが  平凡な言いかたを  無礼な言いかたばかり  懦弱な言いかたを  森川庄兵衛ののぼせかたは  アやりかたが  君達のかたへと  御覧のかたは  後のかたに  クリと起きあがってあらぬかたへ  偏した見かたを  固定した言いかたは  淹れかたも  本の買いかたに  才への興じかたも  本来のすがたに  手紙の来かたで  家賃のかた  ような死にかた  不誠実なやりかたで  テーブルのかた  僭越な言いかたを  日の入るかたの  しをりのかた  彼れがたしか  女でかた  同様のみかたが  畸形的なすがたを  やうなすがたが  自己本来のすがたは  どこかへすがたを  物の言いかたを  事をおっしゃるかた  ようなかたでも  気なかた  私をもらうと言ったかた  奇妙なやりかたと  別のやりかたで  現実の見かたから  腰のかがめかたなど  思想のありかたを  一かたまりにかた  進歩したものの考えかたよりは  人間の生きかたという  仕事のやりかたの  仕事のやりかたを  民主主義のやりかた  民主主義の治めかた  二つのやりかたで  代表制民主主義のやりかたの  代表制民主主義のやりかたに  民主主義のやりかたを  國の治めかた  民主主義のやりかたで  幾人のかたが  二つの生きかたしか  一品一工場としたやりかたで  特別な見かたは  事物の見かたと  宝蔵見物のかたは  借金のかたとでも  物の云いかたに  民衆芸術論の説きかたを  速成栽培のやりかたを  自分の生きかたと  植民地問題の論じかたを  仕事のやりかたという  人らしいやりかたで  気狂いじみたやりかたで  存在のありかたを  もの毎日の生きかたの  ひとのもっているものの考えかたの  具体的なありかたで  理想的なすがたを  感情の導かれかた  それは騒いでも仕かたは  僕は仕かたが  ものの見かたに  自身の生きかたとの  ような溶け合いかたで  雑誌社のかたが  ような見かたを  思想なり考えかたなりは  訓みかたから  訓みかたの  訓みかたが  筋肉のかたまりかたから  サト子の言いかたに  ような言いかたを  ものの言いかたを  ものの言いかたが  話のカタだけでも  命令でカタが  隅にカタの  社会的現象のつかみかたが  土産としてもっているものの考えかたの  ぢや仕かたが  点は考えかたが  デリケートな言いかたでは  一鍬の持ちかたから  あしたすがたを  ようなかた  いろいろな言いかたで  彼の話しかたを  お前のやりかたは  愉快なやりかたで  松山のかた  知己のかたに  根岸のかたへ  小説的な捉えかたかも  単純な見かた  政治的生きかたの  錯雑を極めた縺れかたで  遊びに来かたが  憫みかたで  意見や言いかたの  婦人の生きかたという  文学観のかたよりを  傲慢至極なやりかたという  口の利きかたも  われはいづかたにも  逍遙子はいづかたにも  文官のかたには  上つがたの  適当のかたが  政府のやりかたと  実の入れかたが  僕の生きかたが  言葉本来のすがたに  話のかたが  丸本のかたを  質問のもっていきかた  ハルクのかたを  ハルクにかたを  いろいろの言いかたを  日頃の考へかたから  安らかな死にかたを  生活のありかた  ポオルの生きかたについて  ものを買って提げていらっしゃるかたも  石亭先生の弱りかたが  代わりにかたかなを  安が涙でかたの  主題のつかみかたが  大家であるありかたと  人生の見かたや  当り前の亡くなりかたを  従弟のかたと  小走りしていづかたへか  上々のやりかたでは  現実のうけとりかたに  ものとして生きかたを  活溌さにまで働きかたを  武士は仕かた  世の中の腐りかたに  平安城はかたも  会員のかたも  正直言うとカタ  命をかたに  多く其形式化したがたと  席のいるかたは  婉曲な言いかたで  社会的ありかたについての  和尚と共にかたばかりの  こんどはあんたがたの  日本髪を結った痩せがたの  男のかたが  顔のゆがめかたを  木部のあわてかたを  ような断わりかたを  男のかたには  顔にはまごうかた  心の変わりかたの  物のおっしゃりかたを  ようなやりかたは  所望致しかた  同時並行的なすがたを  稲の通るすがたを  女のかたの  考へかたで  商業新聞のやりかたに  肩を上げたものの云いかたを  非合法的なやりかたの  自分たちの生きかたと  矢庭にかたへの  かげの残れるかたも  君がかたへの  あと島田のかたと  鐘のかたへ  自然にかたへの  自分のやりかたは  ままの取り乱しかたが  なんという踏みつけかた  葉子の拗ねかたに  葉子はやるかた  女性はまごうかた  それがまごうかた  爪でかたを  婦人作家の生きかたとして  物の言いかたも  ものの云いかたからは  お前さんという呼びかたで  交渉の見かたとの  鮮かな消えかた  下のかたへ  下のかたにて  殺風景でも仕かたは  団扇のつかいかたを  カチとカタの  手頸の動かしかたで  マドモアゼルのつかいかたの  彼の生きかたに  たちのかた  神経にこたえるやりかたと  ような食いかたという  やうにかた  本店のかたへ  味いかたを  一つの見かたでは  取り上げになっても仕かたは  気違ひならば仕かたは  上衣をカタに  勘定のカタに  何かカタに  金のカタに  所持品衣類をカタに  これをカタに  品物をカタにおいて  秋山の澄みぬるすがた  隈囘のかたよりに  腕時計でもカタにとって  正門のかたへ  煙はあけがたの  もののみかたの  コン吉はせんかた  対象の掴みかたが  ひとみの据えかたで  判断されるかたに  生活のありかたを  乱暴な聞きかたを  可哀相なかた  私としての結ばれかたが  もののありかたも  真黒にかた  別の云いかたを  白はかたの  自然らしい死にかたを  兵右衛門がかたに  庭石のおきかたまで  事務服すがたに  旅行服すがたにな  サフローン君の行きがたが  續ける啼きかたを  さんというかたが  役柄も使われかたも  ような言いかたに  文章を頼んでくださるかたが  筋のとおったかた  簡単な言いかたを  美人ぶりと喋りかたとの  名前があがるほどのかた  優勝のかたの  仕事をなさってるかた  バンドのかた  経歴のかた  常連のかたが  ひとりで生きていけるかた  余裕のある言いかたかも  律子の言いかたに  なにをなさってるかた  雑誌のかたと  時といづかたぞ  風俗をすがたに  頭のさげかた  手首を下げた弾きかたで  劇団のやりかたに  伊達模様という云いかたが  高低でかたか  魚のあばれかたで  不用意な言いかたは  ツルゲネーフの言いかたを  満寿子さんらしい死にかた  臆病者どものやりかたを  アメリカのやりかたに  みじめな死にかたを  ジャガイモのやりかたは  ナンセンスな死にかたを  のというやりかたを  じき言ひかた  旅すがたを  通もせんかた  複雑なやりかたも  礼儀のあるやりかたでは  熟練したやりかたで  素性のかた  超俗なすがた  ふうなかた  お菓子のつくりかたを  沈着なかた  ヒステリックなかた  廚のかたに  後のかたにを  更へがたの  司法当局のかたにも  力の入れかたとは  わたしはかれのかた  まじめなかたの  小野田さんの来かたが  窮屈な育てられかたを  先生の褒めかたは  髪の結いかたは  新らしいやりかたが  竦毛の立つひそまりかた  長唄なども習わせかたは  #ガリレオ的な見かたを  ような見かた  ガリレオ的見かたは  芸術的見かたとは  読者のかたも  彼女の生きかたの  政治上のやりかたという  工場のかた  聡明なかた  これまでに存じ上げたかたの  立派なかた  外に仕かたの  闇のかた  ような見かたで  吸ひかたを  きしきしとかたかたと  役者のかた  気のきかない死にかたを  泰文のやりかたが  妙な飲みかたを  北東に見えるかた  それあすこのかた  一緒にかた  私も教えかたを  ふりかへるうしろすがたが  山桐のかた  清澄明徹いはんかた  いつまでたってもすがたを  それは飛びかたで  戸をガタと  さかり散りがたに  もののうけとりかたの  男のかたと  気の入れかたを  井原西鶴等の生きかたと  人生の生きかたを  鎌倉のありかたと  美貌で痩せがたの  波をうってかたに  誰が聞いても紛うかた  似合のかたが  単純な言いかたでしか  モノの言いかたを  一つの行きかたの  考えかた掴みかた生きかたの  別の言いかたを  ニヒリズムへのこびりつきかたの  ウソをつくというやりかた  マネるというやりかた  私のやりかた  物の言いかたの  私の見かたを  径のかた  蓋がガタと  君もせんかた  十郎のかた  死体のかた  ほかに致しかたも  明日のすがた  一度にカタが  始めのすがたを  経済のくみたてられかたを  一つずつのかた  貸金のカタに  跡目相続をカタに  一所にかた  鮎箱とをガタ  泣過ぎねばならぬ様になるはせんかた  これにてかたばかり  PTAなどのいきかたが  此様なかたは  あなたの生きかたの  取巻きのかたの  友の生きかたを  後醍醐のおすがたを  異様な啼きかた  気の入れかた  宇野久美子のありかたを  額の禿げかたも  首のつきかたも  妙な死にかたを  譬へがた  直衣のおすがたを  振りかえって過ぎ越しかたを  あなた方のやりかたには  變りかた  國のありかたが  觸れかた  父のやりかたを  頭の進みかたなどと  身體の進みかたに  男とはカタを  煙草の吸いかたから  心を知らない力みかた  それだけでカタを  さ言わんかた  漆のあわせかたが  とき地蔵菩薩のおすがたが  生い立ちやらすがたが  水屋戸がガタと  風のうごきかたが  女のありかたを  變りかたは  飮みかたも  憂愁やるかた  工夫たちのかた  ただ一人のかた  鼻のすすりかたを  身動きも出来ないほどのこみかた  のはひそめかたが  ようにと教えたという話しかたも  以前から話しかたが  ほかのあそびかたは  苧の績みかたは  二つの葺きかたは  念入りの葺きかたを  屋根の葺きかたには  形や葺きかたが  お昼の食べかたという  戦時の食べかたの  時のかぞえかた  女性の見かたとの  錢のかたを  借銭のかたを  僧正すがたを  宮のおすがたを  経などのすがたが  野性の言いかたは  ようなはしゃぎかたさえ  芸術の見かたは  段式相当のカタを  私のカタが  不安さがやりきれぬという啼きかたを  一つ処にかた  ことをまがうかた  調査のやりかたの  人の生きかたによって  御国のありかたを  忿懣やるかた  追憶に依てたとへがた  ビーヤホールのかたか  酒の呑みかたは  ためいきに似た打ちかたを  ような打ちかたを  手をふってかたを  つた肥りかたでは  まつ黒にかた  男の生きかたから  事實にかた  机に落ちたかたを  蟹は仕かたが  太古のすがた  おのおのが違ったすがたに  長女のかたが  高杉の言いかたに  顔のかたかしらと  五島のかたが  好きなかた  小説を書くかた  順子の食べかたにも  美枝子の言いかたに  バーテンダーをやってたというかたが  待ち合わせのかたに  ための言いかたとして  彼らのありかたを  以来の荒れかたも  近所のかたと  鉄槌のかたか  フンマンやるかた  千円のカタには  三人が寄りかた  茶のいれかたが  私のやりかたを  誠意の見せかたも  中へすがたを  中からすがたを  へんですがたを  われわれの探しかたが  特色のある言いかた  旅すがたで  竹のかたの  ものの言いかたの  ものの見かたや  分別がたりないやりかた  反対のかた  馬車のかた  警察のやりかたも  故郷のかたぞ  畑のかたを  女の沈めかたを  久我のうろたえかたが  愛嬌のある云いかたで  これまでのやりかたから  ような食べかたを  髪の生えかた  物の云いかたが  その間の生きかたを  遠慮でやりかたを  兵たいさんがたを  熱のあげかた  言ひかたばかり  湖水のかたに  湖水のかたを  岸のかたへ  橋の架けかたを  社会なりの見かたを  簡単にかたを  側からの愛されかたに対する  父親のやりかたを  簡単な言いかたが  ところにいるより仕かたは  仏のおすがたを  ような言いかたかも  紫をあいかたで  色と冷めがたの  あれほどまでにかた  ん儀のとりつけかたと  速度のへりかたが  ご存じのかたは  あなたがたの生きかたを  ほととぎすのかたを  小紋のかた  跡としてのかた  鋳物のかたが  染物のかたが  言ひかたを  次男のかたの  何だかたより  小説家のかたに  おまえのかたを  日のくれがたに  あわてかた  先生のやりかたに  幸いにも死にかたには  のは生きかただけ  何とも言われぬ嘶きかたを  一日すがたを  暁けがたに  百両のかたに  三日にあげずいずかたへか  さやるかた  友人同士であるかたが  鱗のかたに  鱗のかたなどを  旅すがたは  里からゆうがた  卑俗な言いかた  女郎哀傷追慕のおもいやるかた  面の置きかたの  勝利として扱ったものの考えかたで  北海道名物のからすさえもすがたを  只声を呑みてかたへに  はる路のかたばかり  のたがひのすがたが  晴子さんてかた  静かな寝すがた  頼母しいような訊きかたを  人々の生きかたを  穏便にかたが  当番のかたが  允子の生きかたで  母親の生きかたの  従来の生きかたが  中村のかたには  お供のかたも  そうなかたの  これには及ぶまいと思われるほどの蒸しかた  上役のかたの  士籍にあられたかたか  節の見うけられたかたで  ようなかたが  郵便貯金のやりかたが  こちらのかたが  店のかたも  そちらのかたを  大島弥三郎と申しますかたで  血統のかただけの  勤めのかたに  番所のかたに  余のかたの  番所のかた  自身番のかた  幇間のかたで  名代となられたかたが  三家のかたで  武道熱心のかたと  道はまがうかた  貴様のやりかたは  女のかたばかり  おできのかたで  悲憤やるかた  家中のかたは  家賃のカタに  家老のおすがたが  不要意なおすがたでは  太刀のそるかたを  木でも切るより仕かたが  監督のみちびきかたと  物質の見かたを  ツァイスの見かたが  イーストマンの見かたが  襲ふすがたと  猛烈な焙りかたには  張つたつて仕かたが  紅にただようかた  隅にかた  奥州のかたへ  雲文寺のかたの  西のかたの  足駄をガタ  用金のかたに  天井裏のかたを  物の見かたなり  ものの見かたは  類型的見かたを  セーターをカタに  二十円のカタに  爭ひかたは  心のきめかたに  男のかたの  外人のかた  篤学のかたは  昔の言いかたでの  観念との結びつけかたの  両性の生きかたへの  家庭の持ちかたに  理にかなった扱われかたを  変に思っているという見かた  われらもかたの  文机がかたの  女には仕かたが  非常なはりきりかた  性質によってつきかたに  擬うかたも  自分の云いかたに  どこのかた  彼女のやりかたを  奇妙なもつれかたを  見当違いな見かたは  女王のやりかたでは  身の投げだしかた  アイルランド総督のやりかたを  計算した言いかた  とおりのきかたを  鼠がガタとも  今度こそかたを  今度こそかたが  スッパリとかたが  人生に対する生きかたの  字のならべかたに  個人の生きかたという  腰の据えかたを  女の生きかたに  客観的なつかみかたの  さはいはんかた  木曾のかたは  これを贈ったかたが  男のかたも  大草仙蔵というかたが  塩断ちをなさるかたが  行をなさるかたも  潮干のかたに  海人の住むかたを  赤城やまそなたのかたに  高田のかたに  お召しになるかたの  宮以外にあるとも思えないかた  幼稚園にてかたなりの  初のかたは  部分終わりがたに  現在のすがたについて  ジョボロ少佐の生きかたを  空の曇りかたが  演劇全体のすがたを  隅以上のあわてかた  洋服すがたに  餅のたべかたまで  味いかた  秋の終わりがたの  人民の生きかたについてを  対手の死なせかたに  阿部とは生きかたに  安井息軒の生きかたを  ようなやりかたを  そこにはまがうかた  西のかたへ  人のかた  吉岡にまがうかた  ようなやりかたで  瀬川の生きかたを  友達のかた  幹部連のえばりかたが  仕事のやりかたが  眼鏡を直してゐましたがた  幸福とか云う云いかたに従って  間違つた生きかたを  やうに歩きかたにも  言ひかた  和服すがたが  情景のとらえかたは  少年のうしろすがたを  庭のかた  すきなかた  あんまのやりかたも  城のつくりかたの  役所のやりかたを  日本人のやりかたを  はっぴょうするというやりかた  延長である寝すがたの  媛の寝すがたに  揃へかたが  仲人のかたが  仲人のかたも  ほかのかたへ  復員のかた  鍵が降りていてかたか  人間以下の生きかたを  作家の生きかたと  冴子はまごうかた  妙なあせりかたを  鋏のつかひかたで  やうなあつかひかたを  程な荒れかた  路のかた  階段をがたが  目覚まされかたと  社会との見かたに  的な見かたを  一つのよびかたが  子供の生きかたを  ものへのありかたについての  不器用に生きかたの  人間の生きかたに  マリイの生きかたの  娘という云いかたへの  娘という呼びかたを  風な云いかたを  少年がませかた  炭の無くなりかたが  可能なやりかたで  現実に対するみかたも  今度は紛うかた  殿様のおすがたが  リスがかれのすがたに  まき毛のかたが  貧乏だったかたが  うちのあるかたのばかり  世話して下さるかたが  結婚なさるかたに  遠くはなれていらっしゃるかたでは  紳士らしくないやりかた  りっぱなかた  虹のかたへ  淡路のかたへ  口からかた  農家の困りかたは  力をこめた云いかたが  大仰な言いかたを  愛情のえらびかたを  野草のたべかたについての  應へかたを  父の亡くなりかたは  ような訣れかたを  七巻き巻くとかいう云いかたも  けしき都のかたを  都のかたを  日の入るかたを  若は越しかたに  躰の動かしかたで  キ的傾向を持っていないかたは  いつになったらカタが  男子のかたから  方向の求めかたにも  感覚のとらえかたとして  女の生きかたとは  時流に流されかたも  二元的な見かたで  観かた描きかたに  自由なよりひろやかな生きかたに  関係の見かたの  ように対する見かたの  妹という呼びかたで  芸術家としての生きかたに  ような困りかた  社会的雰囲気だけをみかたと  男女の生きかたの  妻小枝の生きかた  別な歪めかたに  卑俗なよろこびかたに対する  彼等の生きかたへの  自分だけの生きかたを  幅のかた  汽車はかかれりいづかたへ  洋食の食べかたを  洋食の食べかたなどと  洋食の食べかただけは  カッフェの飲みかた  二三日洋食の食べかたばかり  柱のおきかた  町のかた  かんどころの掴みかたを  人生の見かたの  谷に臨めるかたばかりの  尾形というかたの  個々の生きかたを  別の云いかたで  一握りにかた  樣な痩せかた  位ゐ減りかたが  躾けかたも  相模一国にならぶかたも  南のかたにて  戀はいづかた  人とくれがたの  座頭さんのかたを  いつか女史のかたへに  影響のありかたを  感情的なうけとりかたに  普通のやりかたを  感情のかたよりを  計代の燃えかたは  現実の生きかたの  人間の生きかたの  事務的な会いかたばかり  差別をおいている話しかたで  あっちのやりかたを  道は離れ合いかたも  心持の進みかたを  考えの進みかたの  可なり考えかたが  ような云いかたを  型紙のつくりかたを  婦人のかたを  俺のやりかたは  金をつかますなどといふやりかたも  樹てかたを  髪の梳りかたを  関井さんというかたと  お話し上手のかた  上原さんというかたは  男のかた  ナナエの死にかたを  #彼女が望んでいた死にかたとは  リカは言いかたを  雨は降りかたの  響きを立てる云いかたかも  政治のやりかたに  上に並んで叫ぶかた  人間生活のありかたが  百姓のやりかたに  今日はまがうかた  云ふ考へかたも  こといはんかた  ような育てかたは  音のつかまえかたが  味いかたで  ような喋りかたは  卑屈にするにはもって来いのやりかた  勇敢に闘ったやりかたについては  彼等らしい歪めかたで  独特なやりかたで  中等室のかた  土産のやりかたも  和服すがたの  見事なやりかたは  全体のつかみかたが  力の入れかたでは  究極は見かたの  前にかた  ここを出ていずかたへ  出来あいの生きかたでは  必要とやりかたが  それぞれのやりかたでの  きみがかたへに  どこにもすがたが  私の読みかたとは  はかに惚れかたを  酒の呑みかたを  由子のやりかたは  殊なるかたに  メエルハイムのかたへ  南のかたに  朝ムッチェンのかたを  骨牌卓のかたへ  園もゆくかたも  道のかたへ  部屋のかたへ  鸚鵡のかたへ  群れのかたへ  ムッチェンのかたへ  玄関のかた  伯爵夫人のかた  かるた卓のかたへ  ほかに仕かたの  ことを言ったって仕かたは  庭木の見かたも  生活のやりかたについて  伯父さまのやりかた  作者の生きかたからだけ  人生の見かたを  精神力のはりつめかたを  楽器のつかいかたが  問題の見かたを  みんなの寝すがたを  なかへすがたを  毎日銃をかたに  鳥打ち銃をかたに  富士男君のかたを  グロースのかたを  私の知りかたは  変なたべかた  ダンスすがたの  フォームのかた  ような云いかたは  愛読したかたは  ものの云いかたも  作家の生きかたや  僕ののぼせかたを  わけのわからぬやりかたで  眼はあらぬかたを  親切なやりかたが  お世話をしてあげるかたを  足袋のはきかたは  苦労をなすったかただけ  果報なかた  方の片づけかたを  部屋にかた  点のやりかたが  色黒に悩むかたは  中に生きかたを  字のつかいかたを  抽象的な云いかたしか  すべてのやりかたに  生活のやりかたについても  江井のやりかたなど  塩の売りかたをも  風の吹きかた  言葉のつかいかたで  私共の話しかたとの  何か話しかたの  電話の切られかたが  アワアのこみかたは  検尿のやりかたを  ものの見かたと  ものの見かたを  肩の入れかたを  かたと導かれかたとの  自分の生きかたで  据りかたで  火のいれかたなどが  自身の生きかたが  彼自身の生きかたとの  男の生きかたという  人々の生きかたも  癒りかたでも  中華民国のかたでは  大谷のやりかたにも  かもめかもめ入日のかたに  日のかたむくかたに  公園のくれがたを  謎めいた飛びかたを  踵を返すといった慌てかたで  のは分かりかたが  人としての分かりかたが  呉質というかたの  彼はやるかたも  古典のひもときかたを  なほ奧つかたに  下品な吸いかたで  身の墜ちかたも  社会とのありかたとの  正当なあつかいかたを  分業のかたに  評論から活きかたを  作品から活きかたを  頃のやりかたと  創始者のやりかたなどを  現実のみかたには  ポテンシャリティの捉えかたとの  関係のありかたなどを  方うたいかたが  月は見るべかりけるながむれば思ひやるべきかたぞ  満足げなすがたの  箸の持ちかたが  心全体の保ちかた  心の動かしかたから  使ひかたにも  有無を論じても仕かたは  朝子の生きてゆきかたに  過去の云いかたで  痛憤やるかた  ほうのかたは  活の入れかたを  山形警部らしい話しかたの  あれ狂ふすがたを  無口なかた  日頃ひいきになってるかたの  技術のかたによって  ようなやりかた  ほうが歩きかたが  他国者のやりかたで  一人のかただけが  敬意をこめたやりかたで  城のかたでは  誇張した呼びかた  ほかのやりかたでは  気持を起こさせるかた  良心的なやりかたから  自分の見かたに  主人のやりかたは  軽率なやりかたでは  よそのかた  城のかたの  二人のかたの  法外なやりかたで  秘書のかたの  秘書のかたを通じて  秘書のかたが  秘書のかたを  へたなやりかたで  #秘書のかたに  恥かしいやりかたで  自分はつくりかたを  バルナバスと会うやりかた  事の進みかたの  ただ今までのやりかたを  のよりかた  多くのかたが  別なやりかたで  ソルティーニのやりかたが  アマーリアのやりかたを  仕事をもっていくというやりかた  車の出てくるきかたが  ほかのやりかたで  わたしのやりかたで  名誉といえない飛び出しかたを  いろいろなやりかたで  賢明なやりかた  われわれのやりかたでは  事務のやりかたで  客室つき女中のやりかたで  下品なやりかたにも  推量するというものの見かたを  娘のまちがった見かたという  感心なかた  扱ひかたを  一般のかたには  言ひかたが  私の生きかたの  いい加減なわかれかたを  東のかたを  時代的なこわれかたと  苦悩の描きかたは  今見れば紛うかた  体全体のつかれかたも  外科の進みかたは  病気のやりかたは  人間のつかみかたと  感じかた描き出しかたの  音へのうつりかえかたという  私のやりかたに  未解決さや生きかたの  ホワイトソースをこしらえかたを  肩の動かしかたなど  私の張りきりかたも  例によっての云いかたしか  私たちにとってまごうかた  私の愛するかたの  私の愛するかたと  男のかたは  詩的でない云いかたで  重点の見かた  子供の認めかたを  一喜一憂といううけかたは  正当なわかりかたという  発意の導きかたにも  全体としてのやりかたに  髯の生えかたは  情熱へのまけかたは  心につたわりかたが  頃はあけがたの  急にガタ  ものの言いかた  口の利きかたを  ところにはカタに  身体をかたに  私の話しかたも  私の言いかたが  白痴の生きかたを  見出しの話しかたを  自信とは生きかたの  りっぱなかたから  原始的なすがたの  レンズの見かたの  レンズの見かた  遠慮して居たがた  ツルゲーネフの見かたに  バルザックの生きかたと  物の見かたに  道江さんは考えかたが  憲兵隊のかた  森のかたへの  変な言いかた  一定のやりかたで  現実の見かたを  喜悲劇などという呼びかたは  ものの云いかた  圭子はいましがたの  ぶっきらぼうな尋ねかたを  彼の来かたが  スポイルのされかたが  卑俗な云いかたでの  正当なつかいかたをも  婦人作家という分けかたに  命の終らせかたに  テーマのつかまえかたが  のとはちがった見かたも  跡淋漓というはりきりかたで  心の持ちかたで  人のこみかた  話の出されかたが  急転した云いかたで  頭の働かせかたに  まともな据えかたにおいて  長成とともにわかりかたも  エキスパートの働かせかたも  作家の見かたの  論点のつかみかたが  もののされかたをも  歴史的見かたしか  文学としての見かたも  十四年間の見かたの  河出のやりかたで  此頃あるかたより  ポーセを知っているかたは  尻の据えかたは  方面のかたに  陸軍省のかた  板木の打ちかたの  板木の打ちかたを  乱暴な打ちかたを  あした打ちかたを  あいまいな言いかたを  入口のかた  人生の見かたにも  初心初心しい言いかたを  声のぬしのすがたは  日もゆうがたの  軍服すがたの  洋服すがたの  中国服すがたの  かばんをかたに  びにはなのすがたは  巫山のかたへ  気のゆるんだくたびれかたの  惶てかたが  面影を持ったかた  暮しのやりかたが  親切のうけかたも  病気にかかりかたも  癒りかたを  気分による生きかたという  の話しかたを  #体だけでの使われかたと  首の曲げかたで  つき合いで致しかたが  二三日は蒸しかたが  体の動かしかたに  人物の見かた  将来の生きかたについて  経済のやりかたを  これ迄のやりかたでは  諒解のつかないやりかたも  生活防衛の生きかたに  苦労もしたらしいから考えかたも  友人的な扱われかたを  一ヵ所押し出したやりかたも  人のやりかたに  須田町辺のこみかたは  緊密な結ばれかたを  ガタガタにまきこまれてガタ  現象の捉えかたに  それぞれのよびかたで  我等のかたに  邑のかたに  詩人のかたに  われ自らのすがたを  すつかりかたを  變りかたを  育ちのかたばかり  水をくぐったらしい萎びかたを  無理なやりかたを  納りかたと  言葉が落ちるものの話しかたが  大変かりかたに  中でやりかたも  自分のやりかたが  丈夫になりかた  兄貴としてのやりかたが  爽やかなやりかた  自然を信じたやりかたも  ことというつきはなした見かた  迚も思えない燃え立ちかた  それ丈人間が食べかたを  こころもちの近づきかたの  人間とのたのしみかたの  ものの云いかたの  ブランカのくつろぎかたは  下さりかたも  未曾有のおくれかた  武骨な絡みかたを  上のかた  彼のかたに  海のかたに  流れのかたに  獸のかたに  形態から学んだやりかたを  現実の見かたの  内容のおくれかた  残酷なやりかた  ようなるかた  家の建てかたは  板戸にがたと  愛子の生きかたにも  霜だにもおかぬかたぞといふ  國のかたは  東のかたに  的な見かたに  風の吹きかたが  雨戸のあけかたが  言ひかたで  沖のかたに  糸子はかたへの  借金のかたを  男のおすがたを  精神の持ちかたの  みんなありがたが  やけくその言いかたでも  拡りかたは  心持の描きかたは  尺八をカタに  唇の動かしかたにまで  夢のかた  作品の見かたが  家族的なやりかた  いやな言いかたを  思わせぶりの言いかたは  男のかたを  あたしの言いかたが  口の曲げかたまで  懸命の生きかたを  自分自身のいましがたの  息栖のとり居みるがた  南のかたへ  十あまり七條憲法見るがた  實のかたへは  我が語るかたへに  藁蒲團のかたへ  無意味なはしゃぎかたを  自分を取扱うやりかたが  裁判所のやりかた  ほかのやりかたが  さまざまなやりかたを  侮蔑的なやりかたで  気の持ちかたと  一種のがっつきかたで  一般的な言いかたを  あなたの言いかた  #彼のとらえかたが  いまの生きかた  ようなのぼせかた  妙な光りかた  友谷さんはかた  羽織をかたに  ような寝かたを  ようなうたいかたに  幼稚なやりかた  下のかたは  下のかたを  花道のかたへ  昨夜ばかりはカタと  本当の生きかた  やうなかたが  密偵網のありかたなどを  源平のありかたを  さいわんかた  山のありかたは  国家のありかたも  婢のやりかたに  共通なうごきかたとでも  峯子の云いかたは  かよひちはかたへ  日のかた  小林みたいな言いかたで  洞穴のかた  尊敬をふくんだ云いかた  脚のガタ  崑に言いかたを  旅すがたの  口を切るかたが  昔のすがたを  方のすがたを  嫌いなかた  

~ かた[名詞]2
このかた  そのかた  貴いかた  偉いかた  こんなかた  遠かた  あのかた  わがかた  若いかた  少々ガタ  すいかた  少しかた  つれなきかた  いいかた  すっかりかた  まるでカタ  そんなかた  ないかた  悪いかた  おもしろいかた  赤くかた  大きなかた  かたかた  それだけがた  わるいかた  偉がた  どんなかた  円いかた  やがてガタ  無いかた  愛しかた  珍しいかた  ちょっとガタ  黒くかた  ばんがた  丸くかた  いささかかた  白いかた  くらいかた  優しいかた  おとなしいかた  強いかた  たとえがた  がたがたがた  折々がた  しきりにガタ  かかるかた  ほそきかた  あどけなきかた  互にがた  どういうかた  おのおのがた  深いかた  どうかた  おもがた  美しいかた  ふとかた  こしかた  唯がた  面白いかた  よいかた  わかいかた  どのかた  さびしいかた  さみしきかた  そのカタ  ひどくカタ  小さくかた  やさかた  はやくかた  早くかた  長いかた  ほの暗きかた  滅多にかた  なしかた  うつくしいかた  こういうかた  うるさいかた  ふかいかた  

複合名詞
カタ開キ  変りかた  先生がた  かた同居  かた自然科学  一かた  暮れがた  出かた  あなたがた  七分がた  朝がた  微笑がた  動きかた  根がた  考えかた  一軒一軒がた  救いかた  佐かた利園  かた今日  前かた  かたすみ  大かた  私自身がた  事情報告かた  使いかた  走りかた  つけかた  泳ぎかた  出来かた  照りかた  とりかた  流れかた  歩きかた  しめかた  結びかた  衣裳かた  男優ゆゑほんものの結びかた  結びかたひとつ  合せかた  夕立がた  笑いかた  ききかた  かた達  あとかた  モゲルがた  暮がた  夕暮がた  ジォルジュ・ロオデンバッハ夕暮がた  同僚教授がた  ところ戦時気分がた  作りかた  ばんがた  運びかた  緊めかた  ひとかた  母がた  並びかた  扱いかた  ひでかたまつ  かきかた  語りかた  身体全体がた  くらしかた  お母さんがた  あなたがた三人  さかたぶり  かたわ者  かたそのもの  感じかた  生きかた  かたまり  わけかた  答えかた  かをりがた  跡かた  観かた  遊びかた  占いかた  鉄砲かたげ  問いかた  夕がた帰  内親王がた  冴えかた  お前がた  かた存在  がた証明  受け入れかた  夜ふけがた  かた我が国  父かた  大かた此所  大かた世  お前さんがた  ガタ馬車  無理がた  かたはじめ  鳴りかた  かたきだかく  澤山かた  さがた  立ちあがりかた  広がりかた  奧樣がた  痕がた  たかみがた  がた等  了見かた  今朝がた  断りかた  気取りかた  代償がた  久保さんがた  讚めかた  向きかた  かた一千年  めがた  三割かた職工  生活方針がた  救いがた  猫がた  あいかた  お嬢さんがた  お子様がた  撥ね上がりかた  かたむき  大かた花  当りかた  ポーがた  進みかた  方考えかた  殺しかた  選びかた  集めかた  成り立ちかた  かた云々  玉島至下原途中矢かた  がため  義かた付  皆一かた  さかた  休養かた  飾りかた  夕がた  眞晝がた  敵がた  立ちかた  鍛冶屋がた  降りかた  拡がりかた  分けかた  生きかた全幅  かかわり合いかた  大かた想像  かたハ霜こ  整理かた  かたたち  ふきかた  割かた近ごろ  割かた自由  教えかた  方がた  揺れかた  かたがけ  木の根かた  おまえがた  がため余  表れかた  かわりおまえがた  あなたがた二人  夕暮かた  がた木  暴れかた  別れかた  落着きかた  大かた現場  ひさかた  貴方がた  がため廣大  建てかた  あんたがた  六尺がた  何かた  きぬ旅衣袂かたしき  澄しかた  幾日かたつて  かた物詣  着かた  皆跡かた  負けかた  山がた  大かた私たち  子ども同士がた  寂寥がた  出かた一つ  狼狽かた  怒りかた  かた最近  卵がた  泣きかた  客人がた  びっこのような笑いかた  大人がた  照燈がた  かた二十八年  ガタ車  暮れがた相府  かた山  みのかた  拵えかた  奥様がた  受入れかた  かた如何  かた皇叔  漬けかた  がたごと  痕かた  束ねかた結びかた  三かた  奥がた  一さいあなたがた  驚きかた  一トかた  字がた  木がた  これ大かた魯人  ガタ倉  対手かた  君がた  ひさかたぶり  がた食事  半分がた  丁度あけがた  かたわなもん  地かた  地かた二十五六里  あなたがた五人組  一つかた  かた湿り  焦りかた  けさがた  腫れかた  古びかた  急ぎかた  ことかた  かた音  甘えかた  かたみなの  区切りかた  貴女がた  足かた  通いかた  お客様がた  皆様がた  がた人力車  私たちがた  神様がた  処分かた  いふ負けかた  見かた  それがた  暁がた  障子がた  四割がた減却  構えかた  かた真情  金がた  示しかた  社会的歩きかた  かたわ  これはみかた  立てかた  育てかた  片かた  すりかた  見聞かた  買出しかた  修繕かた  見物かた  大かた長脇差  かた親  月の輪がた  世界がた  かた手  読みかた  かた取扱いかた  たけみなかた  大かた大正十二年癸亥  日暮れがた  味かた  ひさかたの  馬の足がた  取扱いかた  ガタ馬車キタキター  あけがた  前一人がた  ドリアンがた  かた意地  歩きかたコンテスト  まわりかた  オメデタイかた  だてかた  一かたまり  あらわれかた  かわりかた  好きかた  鸚鵡かた  騒ぎかた  かた秀吉  凝りかたまつ  秀吉がた  見合いかた  喜びかた  積りかた  目かた  ガタ普請  毎日夕がた  突っこみかた  紳士がた  五十二銭がた  久かたぶり  よみかた  黄昏がた  梓川がた  組み合わせかた  あいだあなたがた  かた霊前  九分がた  周章かた  旦那さんがた  感情がた  齒がた  かた今  瓢箪先生がた  懇志かた  星ひとつがた  かた一文  晩がた  婦人がた  消しかた  盛りかた  女かた  ひきかた  レ知かた  おまえ様がた  旦那がた  かた彼  ショゲかた  せんかた  親かた  責めかた  町かた  半分がた火  あなたがた二三名  三十銭がた  弟子さんがた  合かた  切り出しかた  かた死刑  突き出しかた  かた一とつ  かた逐出  流儀がた  若者がた  殿様がた  かたはるか  かた折  一度かた  幾十年かたここ  かた足  八分がた  ぎな考えかた  凝りかた  上げかた  君がた四五人  官がた  大かた半日  年々二割がた  皆さまがた  土かた  優がた  かた風邪  がたちょっと買もの  頼みかた  歯がた  やをらかた  かた仁  今かたかた  けりかたみぞ  がた絹  其がた  かたお客  畳一畳がた日  晴れかた  かたわたし  造りかた  疲れかた  働きかた  かた長安  暮しかた  高まりかた  さし込みかた  かた毎日腰  がたーン  ガタ馬車二台  かた御用  おまえさんがた  もちかた  がた馬車  祈りかた  山の根がた  かた金融  一度づつ先生がた  日暮がた  かた蒼ざめて茫然自失  戦いかた  読みとりかた  焼きかた  かた東京  夕かた  時雨がた  武ミナカタ  扇子がた  出家がた  かたわれ  まとめかた  似合いかた  まとまりかた  大かた焼亡  高めかた  涙かたしき狭筵  かた次第  踊りかた  奥さまがた  大衆的遊びかた  衣かたしき独り  名称がた  母かた  かたみと  かたわれ月  かたみや  がた花  皿がた  かたわに  お客さまがた  さまがた  大かた鍛冶屋  お姫さまがた  ゆきかた  違いかた  大かた九世団十郎時代  乗りかた  夕暮れかた  愛しみかた  叩きかた  半分がた安心  つてかた  縫いかた  かた何事  根かた  称えかた  かた炭  かたわき  かた隅  育ちかた  香がた  みのりかた  戸かた  かた柩  弟子さまがた  がたッ  ガタつき縁  ちりがた  割切りかた  かた朝  ぢかた  掛けかた  選士がた  がた迷惑  蝶々がた  空気がた  概かた癒  国民全体がた  一かたげ  水がた  かた一つ  坐りかた  二割がた  かた往来  此かた  ことガタ馬車  がた形  触れかた  あなたさまがた  公卿がた  かた西洋  奥さんがた  年つき旦那がた  夜明けがた  お客さんがた  考えかた掴みかた  コグラカリかた  取り上げかた  欠けかた  嬢ちゃんがた  咲きかた  夜あけがた  がた早馬  親戚がた  落ちかた  今朝がた狂乱  張りかた  計りがた  かた伊東  狂いかた  傘かた手  かたまつ  身がた  辺がた  大かた年始  遊歩かた  湯治かた  運動かた  分りかた  六波羅がた  山門がた  武家がた  朝廷がた  女房がた  鎌倉がた  かたみの品  束ねかた  うちかた  禿かた  さわりかた  女性がた  地主的匂いがた  眺めかた  傾きかた  痛みかた  かた非常  五六本かた  末がた  漏斗がた  差しかた  幕府がた  表かた  気分がた  三万五千人がた  二かた  大名がた  女院がた  新田がた  いつかあとかた  たる者がた  大かた気絶  一ゑん宮かた武士ども  みちがた  頃カタ  さっきかた斗丈庵  かたかけ  身ぶり暮しかた等  初めがた  かた一さい家人  色がた  かた一言  かた千三百八十余年寸土尺地  かた六年  鏡がた  布教使がた  がたむし  かたさま  頒かたむと  がたぴちさせいっさんに奥  足利がた  かた女房  青年がた  かただれ  三日月がた  がた外  つくりかた  ふさがた  なりかた  かた新田金吾  かた農村  教授がた  取り込みかた  尊氏がた  やおやかた  大かた親類  学者がた  草履かた足  大かた狸  部屋がた  六割かた  大かたここ  ガタ椅子  掘り出しかた  めかた  大かた推量  留守居かた  大かた師匠  ひとまずかた  凝りかたまり  南朝がた  箱がた  夕がた六時ごろ  ふりかた  かい作りかた  大かた江戸  大かた境内  令嬢がた  大かた武家屋敷  大かた斯  鳴海ガタ  客がた  親類かた  素人がた  一世紀がた  今朝夜明がた  すすめかた  のみかた  かた三十年  かた世界人類  あなたがた一人一人  かけかた  前かた上州  みなさんがた  みすがた  二三倍がた  かた人形  花罌粟かたかげ  日の入りがた  いただきかた  かたかたかた  らがた  へんかた  半分がた水  かたくり  がた木曾  ことごとかた  とき楢夫がた  苦しみかた  振りかた  ゑつかた  すかた  代かき馬がた  うまかた  逃げかた  出かたひとつ  だんながた  がたびし  云はんかた  かたぢろぐ雲  おんかた  おんふたかた  ふたかた  みなさまがた  豊臣がた  がた話  かた浪人  ゆがみかた  夕がた兄  だんなさまがた  がた出入り  若だんなさまがた  殿さまがた  相手がた  がた色  花魁がた  かた行き先  嬢さまがた  かたきじゃあるめえし  がた目  諸侯がた  かた思い  かたきみ  あっさりかた  がた日本橋  かた芝露月町土偶師泥斎方  儲けかた  役人がた  きのう夕がた  さるかたさま  女中がた  諸公がた  かた耳  四寸がた  中作りかた  とぼけかた  見舞かた  意気込みかた  先祖がた  かたツラツラ目  かた様  開きかた  侍女がた  一統がた  かた百万遍  大かた今僕  凡てがた  三倍がた  かたみの古金錢  なめかた  かたexistentia  がためかさ  男がた  かたヒステリー  すさみかた  さらえかた  締めかた  出しかた  ひながた  かた自身  頼りかた  日がた  がため当時  黒髮かた  すねかた  馬車がた  寫生かた  アントアネットあなたがた  丈高いすがた  明がた  躾かた  死かた  い死かた  かた決闘  京二郎がた  こめかた  座りかた  客様がた  お気に入りかた  身かた  終りかた  双かた  綴りかた  サザンプトンかた  身かたたち  前かた試験  かた本質  姫宮がた  今あなたがた  近ごろかたかな  五体がた  かた三十九度以上  かた興  あなた様がた  皇女がた  同胞がた  宮様がた  内親王様がた  あちらがた  主人様がた  親王がた  お子さまがた  兄弟がた  女御がた  貴族がた  宮がた  姉宮がた  東宮がた  眼瞬きかた  孫宮がた  皇子がた  夫人がた  女王がた  姫君がた  女王様がた  外かた  かたぐ  貴公子様がた  女がた  宇治がた  主人がた  きしかた  かたみぞ  大かたそれ  かた埼玉  虔十がた  今朝がた兄  がたづねたかつたのだ  ただかた  切りかた  腹がたぶり  こまかた  こまがた  釣りかた  不愉快言はんかた  今夜何とかかた  夕がた酒  天皇がた  かたその他適当  かた五年あまり  保養かた  くりがた  かたふんぱつ勉強二十余万  よう塩尻がた  いまあなたがた  さっきあなたがた  子供さんがた  演技がた  大かた今  かた窒息  歩みかた  かた汽車  学びかた  暇乞かた  彼方がた  田中屋がた  これお前がた  御子樣がた  孃さまがた  人自身がた  登りかた  握りかた  生きかたそのもの  おじょうさんがた  ふみかた  かもかた  がた知らず御名知らず夢  かたづねむ磯  かた両手  応えかた  道がた  かたほとり  乞食かた  はりかた  お子さんがた  がた家  きみあしおんかた  波がた  散歩かた  押しかたまつ  脚かたかた  がた崩れ  濁水がた  子供がた  隠居さまがた  師匠がた  お方がた  今晩あなたがた  致かた  かた世の中  融通かた  御一同様がた  将来あなたがた  入りくみかた  大かた疫病  かた九年  曲がた  貴下がた  暴飲がた  かた一年あまり  味わいかた  かた身  かたすべて  きまりかた  かた釣り  蒼ざめてしまったご婦人がた  笑みかた  お嬢様がた  皆さんがた  一あなたがた  化けかた  画家がた  鯉がた  支えかた  焼けかた  組み立てかた  おなじ作りかた  かたわな人  かたわな手足  かたわな手  詫かた  太刀かた  がたほのか  がたぢろ  現在あなたがた  人間がた  かた一事  大かた獅子身中  三割がた  爪かた  何年かたッ  かた記録  かたぱつたり  一かた今  悄気かた  かたこれ  違つた読みかた  違つた受け入れかた  込みかた  がた貌  かたわなの  後かた  のりかた  勿体ぶりかた  職掌がら先生がた  木の根がた  六枚かた  かた先  便船かた  左かた  ストーリイがた  コチコチかた  氣張かた  判事さまがた  かた食物屋  豊年がた  かた覺  監視かた  明日カタ  かた行く末  振舞いかた  全部かた  押しかた  組みかた  現れかた  間違いかた  動きかたそのもの  がんばりかた  カタ木  かなかた  すべてがた  娘さんがた  がたつき  こなしかた  かた五  大かた子供たち  観かた如何  かた一度  少女がた  がた雷鳥  大かた里  大かたどなた  おこしかた  話かた  へかた  べりかた  今貴方がた  かたがち  たよりかた  払いかた  姉妹がた  毎日あなたがた  がたたち  曉がた  蜂の巣がた  酔いかた  感じかたそのもの  売れかた  輝きかた  経かた  感じ直しかた  来かた  受けかた  自分がた  上野がた  かたいつ  大かた一年  ほうかた  心尽くしかた  鱗がた  かたただ  割りかた  切れかた  夕暮れがた  戻りかた  かた頓  大かた二丁  かた美醜  がた三根夫少年  ともかた  三円がた欠乏  もみかた  かたいかが  映りかた  配分かた  かた雑  語りかたそのもの  嫁がた  かた付申候  加減なみかた  がた一度  馬十かた  人間万事あとかた  びんがた  主意がた  全体がた  かた身辺ラクバク  北西かた  新月がた  かた一人  もてなしかた  菱がた  かた絶えま  サテぼけかた  まとめかたその他困難  守りかた  むしかた  つき合いかた  合わせかた  一つ暮しかた  観念的なみかた  全てがた  かたはし  事どもかたりつ  かたなほ  おのがた  月さまがた  大かたこれ  かかわりかた  彫りかた  仕切りかた  入りかた  ばりかた  移りかた  創造的読みかた  反映的よみかた  じい立てかた  御返事かた  かたわな結びというかひっとき結び  取り出しかた  沢山かた  かた話題  夕がた電燈  かた選擧  觀かた  大かたこの世  神がた  れんかた  王がた  八きみまちがた  かた十五里  先がた  りつかた京  かた枝  難波がた蘆  刻みかた  ちのききかた  かたゆえ  かた着用  申訣がた  全部がた  おじさんがた  母親がた  かた不断  がら糖お子様がた  かたかた下  む秋かた  秋かた  かた枝さし掩  唸りかた  鍵がた  大かた風  かたみか  かたヶ  淑女がた  尼さんがた  大かたこっち  かたかた  かた毎日坊ちゃん  あかつきがた  かた單衣  三四割がた  調べかた  九割がた  かたきだ  がた朦朧  貴方がた三人以外  



前後の言葉をピックアップ
    過多    勝た  固まら  克た  夥多    片羽


動詞をランダムでピックアップ
ひびけ壊せりゃ侵すまじる思いつけ冷やせよかすれ覚え込も見下すみあうむかつき話し合える突当ら褒めちぎる打ち直し沸かすはるほそめぞんじあげすごそ
形容詞をランダムでピックアップ
あたらしかっ雄々しけれ緩い怪しくてばしこくしょぼく冷っこく憎くっおとなし術無末頼もしく弱々しく厳つい果敢なけれうらやましくっじじむさく心細い黄いろいものすごいうす汚く