「かすん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ かすん[動詞]
野山がかすん  朧にかすん  山がかすん  クーパーは、かすん  煙波にかすん  あたりがぼうっとかすん  目がかすん  やうにかすん  眼もかすん  川水がかすん  灰色にかすん  存在を認めて貰えぬほど、かすん  なかに白くかすん  方がかすん  かなたはかすん  眼がかすん  物倦くかすん  風といっしょに太陽の光が強くこのぼうっとかすん  氷をとかすん  星の光りはかすん  靄でかすん  ように、とろんとかすん  紫にかすん  黒鼠色で、かすん  霧でかすん  山あたりはかすん  夕陽にかすん  まわりがぼうっとかすん  目はうるさくかすん  パンパン宿にかすん  ボウとかすん  顔はぼうっとかすん  茫とかすん  色どりがぼーっとかすん  薄すらとかすん  涙にあたりはかすん  目のかすん  意識がかすん  存在せぬごとく、かすん  ほのかにかすん  遠くはぼーっとかすん  遠くにかすん  遠山がうすく青くかすん  きりでかすん  彼のかすん  ぼんやり灰色にかすん  はと土耳古玉のそらにかすん  山はかすん  ポーッとかすん  疲労にかすん  山の上にかすん  都も、余りにかすん  ものは青白く少しかすん  夜霧にかすん  八ヶ岳とが、遠くかすん  台地はかすん  らの青くかすん  物さえかすん  中にかすん  灰色にかすんでいる、そのかすん  葉が光ってかすん  ようにかすん  それすらまったくかすん  彩色にかすん  姿は遠くかすん  浅緑にかすん  鈍色にかすん  退屈で、かすん  涙でかすん  かなたにかすん  海水にかすん  志摩はかすん  ソレントがかすん  空気がなんとなくかすん  靄にかすん  みんなぼっとかすん  末にかすん  松屋惣七は、かすん  ななめに、かすん  幸吉は疲れきってかすん  のはこの遠くかすん  海はすっかりかすん  やうに美しく、ぽう、ぽう、とかすん  先はかすん  おぼろにかすん  水平線にかすん  渚が淡くかすん  西にかすん  そいつがぼうっとかすん  ぼうつとかすん  全体がかすん  空はかすん  山も、かすん  紅色にかすん  さうにタバコをくはへて、かすん  醉ひにかすん  遠方のかすん  急にかすん  奥にかすん  霧にかすん  暮靄にかすん  顔がかすん  いつか縞にかすん  櫟林がうす蒼く輝いてかすん  緑にかすん  蒸気にかすん  おぼろげになって、遠くかすん  ボーとかすん  一人だんだん遠ざかって、とうとうかすん  海原は、青々としてかすん  掌でかすん  布がぼうっとかすん  前がかすん  しろの、遠がすみにかすん  渺々として遠くかすん  いちめん、ぼうっとかすん  いちめんにかすん  どこまでも遠くかすん  紫色にかすん  眼はもはやぼうっとかすん  ーつとかすん  頭が見えていたが、青くかすん  ように高く、かすん  だんだん眼もかすん  ぼんやりとかすん  暮色にかすん  子供はかすん  妙にかすん  目はかすん  光に、白くかすん  はるか遠くにかすん  原稿紙がかすん  下にかすん  眼先がかすん  涙にかすん  向うの青くかすん  蔭にかすん  どこかへかすん  



前後の言葉をピックアップ
カスレタペン  掠れる  かすれる  かすろ  霞ん  カスン  かす汁  数の子  和一郎  和三郎


動詞をランダムでピックアップ
止れあめる焼きせきこむ解か洗い落とし群れくちばしり愚図っくもる侍す鞘走ら優れるあったま置けよのみほし突っぱなさ書き取っほころんおもいきり
形容詞をランダムでピックアップ
はげしいみよ清々しいぎょうぎょうしむずかしきいたましきこそばゆきなが委しいあぶなき男々しくすげない重たかろ深きでっかめまぐるしいわびしけれ泥深い古臭心強い