「か」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ か[動詞]
内をさが  無性にうれしが  口外されては捨置きが  地面に蹲りたが  もの、か  写真を欲しが  白蓮の香しきに似か  云ふが  自分であつたらに行きたが  乳房を抑へつけられてゐるので苦しが  経過を唸か  殺人光線は、か  暗々裡にか  頭がさが  臣となり、或は、即か  合はないばかりに嬉しが  それを知りたが  鍵を持つてか  態度について、か  自分をまもってか  乞食の子供をか  位彼を恐ろしが  満足してうれしが  変に楽しく待ち遠しが  人を近か  ボートに乗りたが  日本人たる名を恥ずか  ごはんたべてか  みんな町さばり持ってか  道に反か  洗ふが  浅井を見続が  年毎に欲しが  後にさが  家畜として、か  ものか、いつとはなしに、か  れんが深くて、いとしが  とこへ泊ってか  名をか  内容としては即か  額ずか  按摩取が  顎を撫でてつらが  贅沢を羨ましが  瑕瑾探しをしたり、羨ましが  つたことがなく、汚らしが  心境を即か  やうに口惜しが  蝕ふが  ことに持ってか  言ふが  一人で淋しが  ことを考へ、寂しが  乞ふが  匂ふが  習ひとは知りながら、か  息をも継か  人の近か  音とが、即か  ものを欲しが  心あってか  綱にさが  歸り著か  鳩を見て羨ましが  天下、か  ほか、か  父貞氏は亡きか  女は、か  山がか  方々、か  招待されずに、口惜しが  家がか  日が、しだいにか  ものが、か  それをか  赤貧洗ふが  止めどなくして、か  後宮もか  幾人揃うて落たが  死傷もおそらくか  屋根を持ってか  者はそのか  ばあづさ弓、亡きか  皿で、か  麦のはぜが  一処に行きたが  少年はいつも負けて口惜しが  冀ふが  謂ふが  ムダを言いてえが  お雛様を売りたが  何事も解しか  きこりやまが  ように、即か  花を被か  男が、少しも悲しが  今君を欲しが  事柄を可笑しが  与里も可笑しが  話をして、おこつたり、くやしが  癪に障つたり苦しが  鷹を見つけてうれしが  意に反か  售りたきが  脚本よりか  平等性とは、即か  おなじみの、か  それをもどかしが  救ふが  方へさが  転末を知んが  扶けんが  おとうさんに会ってか  昔をなつかしが  行つて、か  日光にさが  うたふが  買ふが  わたしに贈りたが  のだと疑が  鰹を揚げるのに忙しが  のをもってか  事をして持ってか  ことを口惜しが  淡泊洗ふが  諏訪家を恥ずか  ような、即か  喰ふが  それからひどく羨ましが  今はうなだれてか  上官、もうすっか  ひとが、か  鍵がさが  羨望して鬱陶しが  どてらと、か  風呂敷に包み、か  ハンチングをかぶせてかくし、か  客たちにもまれもまれて、か  背伸びしては、か  舞台よりも、か  嘉七は、か  水上、と聞いて、か  妻に、か  夫婦てんてこまいで、か  心配そうにうろうろして、か  売店で、か  声が大きかったので、か  微笑したら、か  宿が近づいて、か  嘉七もか  そこへか  あとから嘉七、か  ついでにまわってみたいからと、か  おれは、か  うえは、か  崖を這い降りて、近づいて見ると、か  手のひらを、か  幸福感を以て、か  苦笑しながら、か  街道までもか  木にさえぎ止められ、か  嘉七は、よろよろ立ちあがって、か  土を掻き掻き、少しずつ少しずつか  過ぎまで、か  着物を脱いで、かわかし、また、か  土に埋めたり、か  ようになっていたが、か  主張したが、か  結局、か  山に引きかえして来て、か  あとは、か  叔父がか  涙をこぼして嬉しが  歌ふが  マストから、離れず、即か  死人を恥ずか  姿に捺してか  戰くわが  田舎へ持つてか  食ふが  終ふが  指示に反か  姿を消したか、そのやまがらが  請ふわが  航路に当って、即か  兆鼓大倭國つたからにか  者たちを思うさま恥ずか  人々の知りたが  失敗は、か  小生これまでに、か  手をかさねておいて、か  手をのけていって、そのか  これをもってか  歓心をかわんが  こと、そのか  やうに可笑しが  対抗して、即か  丸煮など、か  ダブッテもうかか  一歩とさが  劒をか  推理とに、即か  国と、即か  背景を打ちつけてをか  目先にをか  者で、即か  出家など、か  自在にさが  溜飲がさが  溜飮がさが  灰にさえ、か  



前後の言葉をピックアップ
か細く  か黒  か黒い  か黒き  か黒く      臥牛山    


動詞をランダムでピックアップ
離せんなきはらしやとお降らせやとわどなりこんもつれあっ干上がる飲みこまけかえし当たら遣わ仰るまきおこそもり立てるこりゃ喫すれ残そ広がたてまつろ
形容詞をランダムでピックアップ
はなばなしく面はゆきむつかしゅう偉う鋭しきみがわるかっ普く真っ黒い苦苦しくめまぐるしすばしこいくわしかろ久しかろしおらしかっあっけないさぎよく有り難からびんな