「おれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おれ[動詞]
物差しさえもっておれ  物差しだけもっておれ  技術さえ心得ておれ  目を見開いておれ  命を投げ出しておれ  散在しておれ  ことさえしっかりしておれ  意志が加わっておれ  意志が多く加わっておれ  口髭をつけて歩いておれ  家におれ  ものがおれ  ぼんやり酒を飲んでおれ  骨がおれ  マストがおれ  しるしさえ出ておれ  素振りが怪しい怪しいと思っておれ  雄吉は、向い合って話しておれ  息だけでも通っておれ  医者さえおれ  綱に引っぱられておれ  親の見ておれ  痛みに苦しんでおれ  両端とも開いておれ  無礼に黙っておれ  頭脳さえ優れておれ  三度取りをいちいちたしなめておれ  銭湯屋も黙ってはおれ  女を見ておれ  あいつがおれ  抜き書きしたりしておれ  心が暗くなると同時に、じっとしてはおれ  のですから、じっとしてはおれ  休息致しておれ  大事にさえしておれ  それさえ覚えておれ  精神的にじっとしておれ  涙もこぼさないでしおれ  ほかを忘れておれ  夫婦にならねば生きておれ  ここに控えておれ  駕籠を持って来て待っておれ  ことをしておれ  ッ、なるほどそうか、ぐずぐずしてはおれ  啓之助に囲われておれ  ものと思っておれ  いつまでそうしてもおれ  何だか生徒全体がおれ  教師が勤まらなくっちゃ、おれ  人間さえ出来ておれ  澄しかたなどしておれ  手を引き込めておれ  判然ぬかしおれ  形なと見せおれ  軽蔑してあわれんでおれ  ことであって触れずにおれ  好みにまかせておれ  んですけれど、ああしておれ  今までおれ  気をつけておれ  呑込んでおれ  弘子さんがおれ  ものだが、生かさずにはおれ  儘此処にこうしておれ  ゆきだおれ  行動しておれ  君が笑わずにおれ  用意しておれ  うたわずにはおれ  知らん顔しておれ  泰然としておれ  そちがおれ  尊敬とともに思い起さずにはおれ  徳川時代をつくるにほねのおれ  冷観しておれ  勝手にうせおれ  虚報に慣れておれ  平気でおれ  余りゆっくりはしておれ  鼓を持ち伝えてさえおれ  京都におれ  生簀におれ  恩をこうむっておれ  こで聞いておれ  仕事をしておれ  姿をしておれ  今聞いておれ  扉があいておれ  しんぼうしておれ  無事で生きておれ  今、聞いておれ  坑道にはいっておれ  地上におれ  底におれ  中にはいっておれ  もっと火星人がおれ  人間もおれ  これだけ集まっておれ  狐鼠泥相手に威張っておれ  腰掛に坐っておれ  つもりでおれ  一にしておれ  塵なく片づいてさえおれ  年寄とゆるして程よく答えておれ  傍観しておれ  横臥しておれ  誓わずにおれ  垣ならそれだけ見ておれ  支持せずにおれ  女学校におれ  勝ちを期しておれ  のだが、断りつづけておれ  本が訳されて読まれておれ  気になっておれ  中へまじっておれ  裾でも引いておれ  故郷へ行っておれ  成熟しておれ  二三ヶ月じっとしておれ  先生に診て貰っておれ  前で見る見るしおれ  から、笑わせておれ  まさか、などと言って笑っておれ  知らん振りをして寝ておれ  話をしておれ  ことを考えておれ  わたし生きておれ  今こっちに来ておれ  泥だらけになりおれ  地盤が出来ておれ  ただ側についておれ  これがおれ  装填されておれ  自覚しておれ  自覚がハッキリしておれ  二者併存しておれ  ここにおれ  あれ位似ておれ  空似だと頑張っておれ  ウヌボレておれ  ソッポをむいておれ  同様にこまかく語られておれ  ヘラヘラ笑っておれ  確立しておれ  方に傾いておれ  照合しておれ  老人がおれ  三左衛門もゆったりとしておれ  何もしないで遊んでおれ  確固としておれ  見物しておれ  maternaltendernessを認めずにはおれ  呑気ばかり言ってはおれ  柱のおれ  イタリヤ人もおれ  後生を願っておれ  いつまでもこうしてはおれ  前だけ守っておれ  一刻もこうしてはおれ  ところにじっとしておれ  席を動くまでじっとしておれ  こちらが黙って控えておれ  米友を追いつめてさえおれ  機嫌ばかり取ってはおれ  財産を有しておれ  土地へ隠れておれ  内外情勢を見てじっとしておれ  ことを信じておれ  神経を使わないでおれ  山のぼりなどをしてはおれ  十七字さえ並べておれ  どこまでも精しく与えられおれ  三郎がおれ  悪人でござりまする、こうしておれ  業と申しおれ  心が募って、じっとしてはおれ  前では、じっとして坐っておれ  後見がおれ  あれが生きておれ  訊問に答えておれ  駅前におれ  汚れものが、退りおれ  四人も使っておれ  今日これが残っておれ  心がこもっておれ  間何かをしておれ  板の間になりおれ  手綺麗に行届きおれ  あなたが知ってさえおれ  必要がない、黙っておれ  後に、何故おれ  気の毒で見ておれ  それを見てはおれ  絹もだまってはおれ  ことを考えると、そうも言っておれ  評定は相すみおれ  血縁もおれ  浪岡をおれ  ぼくらの身分では、きたないなどとは言ってはおれ  満足してはおれ  創作方法では、やって行けないし、やっておれ  クロッキイを描いてさえおれ  断片を書いてさえおれ  点は、そうしてさえおれ  ジッとておれ  默つて見ちやあおれ  ジッとしてはおれ  言つてはおれ  滿足しておれ  繪が描いておれ  正面から見ておれ  書物など飾りたてておれ  両親もおれ  ふうもなく食い込んでおれ  母牛はおれ  寐たり起きたりしておれ  大石でもおれ  大石がおれ  はいておれ  下におれ  笑わずにおれ  から、こうして寝ころんで待っておれ  かしらも、もうじっとしておれ  日を暮しておれ  成就しておれ  気ずい気ままはしてはおれ  おれはおれ  仕事が残っておれ  もっと早くから読んでおれ  注意しておれ  ただ知ってさえおれ  高時が預かっておれ  物蔭で聞いておれ  シッカリしておれ  ジッとしておれ  シッカリさえしておれ  のだ、しないではおれ  部下もおれ  何かに縋りつかないではおれ  夜は、そうしておれ  先が尖っておれ  状態に迄達しておれ  そばにおれ  五百もつれておれ  おなじ立場になってみては黙っておれ  通りにしておれ  ことにはかまっておれ  ことを言うておれ  加減にしておれ  力を待たではおれ  静かに見とどけておれ  朝夕親炙いたしておれ  やみくもに逃げ出さんでもいい、じっとしておれ  代官が生きておれ  私がおれ  気象さえあらわれておれ  麻痺しておれ  ナンテ冷然とすましてはおれ  戦慄せずにはおれ  道路でも開けておれ  はじめからわかっておれ  沈黙を固く守らせておれ  国民的敬意にたよっておれ  消息が通っておれ  静かにしておれ  超越してなどおれ  笑さずにはおれ  十年、生きてさえおれ  二名さえ付いておれ  運賃をいっておれ  自分が愛されてさえおれ  ままではもう生きておれ  柵により掛らねば立っておれ  万事助手にやらせて見ておれ  いくらかでも残っておれ  病室に帰って来て寝ておれ  遺蹟も残っておれ  細工さえうまくいっておれ  記録さえ残っておれ  女でも、気に入っておれ  気違いだと知っておれ  年になっておれ  父様がおれ  侍従がおれ  私さえだまっておれ  君は思っておれ  陛下を拝んでおれ  小説を書いておれ  現在だけを見ておれ  母はもう待っておれ  結婚をしておれ  世界へ行っておれ  妻に得ておれ  長生きしておれ  主張しておれ  勢力に引かれておれ  大臣が生きておれ  人さえおれ  信念さえ持っておれ  後援者がついておれ  仏に願っておれ  身になっておれ  今ではうかとしておれ  それを思いつめておれ  所に迎えられておれ  私はもう疑わないではおれ  酒を飲んでおれ  子供がおれ  頼みにせず早く死んでおれ  山におれ  住っておれ  いっしょにおれ  のである、生きておれ  エーエーとか言わず、しばらく待っておれ  大発見を学びおれ  一年も引きつづいて、やっておれ  これをどう隠しておれ  人が生きておれ  近くに来ておれ  大我についておれ  丈夫に暮らしてさえおれ  家にとどまっておれ  ぼやぼやしておれ  犯人が生きてさえおれ  しかし、こうして進んでおれ  間眼をつぶっておれ  ローマにおれ  仕事さえしておれ  地面に接してさえおれ  泥まみれになっておれ  病気を知っておれ  記憶えておれ  もので、こうしておれ  わしが見ておれ  とおりに振舞っておれ  勉も眠っておれ  それさえ分っておれ  から、ただ坐ってくらしておれ  無言でおれ  相手に遊んでおれ  ちがいないと思うと、思わずにやりとせずにはおれ  日本におれ  人を苦しめておれ  ぼんやりせずにはおれ  足踏みさえしておれ  酒でも飲んでおれ  わきを向いておれ  娘もおれ  人生を愛さずにはおれ  芸術家を求めずにおれ  何かしら気遣わしい、話さないではおれ  ゆっくり話しておれ  冗談も言っておれ  手仕事となりおれ  鵞鳥さえおれ  岸に坐りおれ  井守を取り違えおれ  世界中におれ  見世物になっておれ  惚れ惚れと見とれておれ  腕前ときたら危なっかしくて見ちゃおれ  うちにおれ  よう出しおれ  要求通り行っておれ  ポールと話しておれ  兵士がおれ  足とさえ働かしておれ  長国、じっとしておれ  それに、持ってさえおれ  磯屋におれ  やつであるとわかっておれ  来年あたり、とてもそんな遊んでなんかおれ  何もおれ  ッそだまっておれ  長蔵さんにさえ食っついてさえおれ  饒舌っておれ  それをせずにはおれ  方向へ向って歩いておれ  木曽福島附近が晴れておれ  雪が降っておれ  今日はとても出かけられませんよといって動かずにおれ  小屋におれ  何かしらじっとしておれ  雀もおれ  ピイチクピイチク、鳴いておれ  話などしておれ  電車に乗っておれ  行先がわかっておれ  感慨なしにおれ  んじゃ、いつもそうしておれ  実をむさぼりつつ、どうもじっとしておれ  彼はじっとしておれ  今、うれしくてじっとしておれ  富江がおれ  ままにおれ  完成して、もういても立ってもおれ  家にじっとしておれ  航海者たちをかなり信じておれ  ために、たいへんほねかおれ  まらなくなってじっとしておれ  考えになったかとおもうと、ぞっとしないではおれ  さからとても立ちなおれ  はいえもどかしくてじっとしておれ  下僚におれ  身を側めて、聞きおれ  性がわかっておれ  うちで黙って見てもおれ  我らは、受けておれ  喉を持ってさえおれ  秀れてさえおれ  船におれ  無心に見ておれ  悪魔だけが棲んでおれ  超然としておれ  探求せずにおれ  着物を着ておれ  杖をついておれ  ことに構っちゃおれ  のぞみをかけ、かけずにはおれ  これで済ましておれ  手をふったりせずにはおれ  逡巡いたしておれ  ッとしておれ  間島におれ  理学者もおれ  もっともおれ  煙草ばかしふかしておれ  前から怨みでも含んでおれ  ことをきかずにはおれ  者は、じっと坐についておれ  陸地におれ  態度を持っておれ  三度はいつの日でも食わずにおれ  紙さえ見ておれ  陳列棚を見ておれ  そこにおれ  沈黙を守っておれ  啓さんがおれ  ことをでも考えておれ  自由自在に愛しんでおれ  がら、おれ  顔をつき合わせておれ  皺がより、坐っておれ  西欧文明を追ってさえおれ  関心でおれ  空費しておれ  三日もおれ  ピオニイルにならずにおれ  とき死んでおれ  そこさえわかっておれ  支那におれ  ジャワにおれ  薫がおれ  ところだけを、見ておれ  何事かおっ始まってるに、おれ  気持ちでおれ  間違いなくしておれ  武蔵がおれ  姿で死んでおれ  食物としておれ  足形をしておれ  警戒しておれ  恭一に対してだけは、どうしてもじっとしておれ  手があいておれ  わしに、ついておれ  話を書いておれ  科学といっておれ  のを心から嫌っておれ  先刻から黙って聞いておれ  半裸体のもおれ  二三時間以上も頑張っておれ  悪口をだらだらと述べずにはおれ  ことさえ刻んでおれ  眼にとまっておれ  由を記しおれ  何処かですこし休んでおれ  紹介せられておれ  鋏動かす様がおかしくて見ておれ  水雷亭とは珍しきと見ておれ  默ってはおれ  のだが、もうだまってはおれ  若い生命がおどりだして、もうじっとしてはおれ  手紙を書かないではおれ  それが誤まっておれ  ゆっくりはしておれ  胸にさしてさえおれ  全国に散らばっておれ  精神さえしっかりしておれ  馬多くおれ  のどかに見ておれ  奥所にまどろんでおれ  あたりに、死んで沈んでおれ  業にさえ達しておれ  頭を下げておれ  性質も受けておれ  精進をしておれ  身を置いておれ  心持でおれ  境遇におれ  それに縋っておれ  座に出ておれ  仲間に入っておれ  主人が生きておれ  羽織でもふわりとまとっておれ  波三郎もおれ  木片を持っておれ  心にかかりおれ  一日一緒におれ  底にまではいっておれ  いやがらせを言っておれ  保有しておれ  ことをきいておれ  面を被っておれ  それさえわかっておれ  二三年奉公に出ておれ  世間に知れたら生きてはおれ  労働者達は、黙ってそうですかと引込んではおれ  三人一しょに暮しておれ  介意ってはおれ  そんなら、こうはしてはおれ  いつまでも、こうはしちゃおれ  芥川龍之介が生きておれ  音楽が唄っておれ  口づけしておれ  生命さえ残っておれ  ものですよ。戦争文学を寝ころんで読んでおれ  合祀依然行なわれおれ  坊主はおれ  盲動しておれ  一心にやっておれ  前に坐ってさえおれ  のもおれ  自分らも、生きてはおれ  いたずらに驚いておれ  役者さえ出ておれ  先に立っておれ  僕も生きてはおれ  いっしょに生きてはおれ  間にとどまっておれ  音が違っておれ  客に飲んでもらうのにむしろほねがおれ  ジットしておれ  嫋竹の、おれ  怨みが尽きるまで生きておれ  ビショ湿れに湿しおれ  髪の湿しおれ  私といれちがっておれ  食しておれ  一服頂戴せずにはおれ  こちらで黙っておれ  尻を据えておれ  

名詞

おれ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
おれに化けて  おれの女房をなぐさむ  おれは欺かれはせぬ  おれはおれだから是非一派を立てて見せると  おれはこんな面をしてゐる  おれは見つとも  おれがかうや  おれの千年の眠りから醒まされなければよ  おれはもう立ち上つて  おれの息を吹つかへさせてくれた  おれに以前のやうな獸性をも一緒に返して呉れた  おれは眞先きに  おれも同じ値うちであるという  おれじゃないと弁解するかと  おれのとこだつて働いて  おれはああいふ  おれがはじめに睨んだ  おれの事を盗人根性があると  おれが幽霊だと知っているから  おれは手前の声で驚いた  おれと見たばかりじゃ  おれは今年六十九に成るが  おれも此の節は拠ろない  おれだってお前に何か序でがあったら云おうと思っていたが  おれも随分道楽をした  おれに愛想が尽きたなら  おれを召捕り  おれも同じような夢を見たよ  おれは朝飯前に柔道のけいこをしてきたから  おれはここで八百屋の豊公を待っている  おれもどこかへ追いだされたら  おれはおまえのような下卑た  おれの仲間にゃされない  おれは秀吉だからお前は加藤か小西になれよ  おれの貴重な鼻をガンと打ったね  おれも死ぬよ  おれは毎朝生蕃になぐられる  おれはだまってなきゃならない  おれにみつ  おれの家の小僧をおどかして  おれをどうする  おれがしっかりしなければ  おれの父をなぐった  おれのらっぱででたりはいったりする  おれの命令にしたがってる  おれは見ないけれども  おれにくれ  おれの目は古今東西の書を読みつくしたから  おれは人につばを吐きかけられたら  おれがしょう  おれは今町会傍聴にいってきた  おれは大どろぼうを打ち殺しにゆく  おれの親父にふりまわされてる  おれに考えがあるから  おれを殺しにきた  おれはなおれ  おれもゆく  おれはずいぶん不良だが校長先生の恩だけは知ってる  おれはあやまりにきた  おれは先生にあやまりにきた  おれはおまえ達に殺されれば  おれはおまえに悪いことばかりした  おれを救うてくれた  おれは今日から生まれかわる  おれが今までよいと思っていた  おれは悪いことをして  おれになんでも学校で一番強い人間になれというだろう  おれは喧嘩をした  おれはそれをまねて見た  おれに悪いところがあるなら  おれがいさめて改めさせれば  おれはあいつにあやまらなきゃならない  おれはやはり豆腐屋でいるだろう  おれが働かなきゃ  おれだっておめえを豆腐屋にしたくない  おれの生まれた  おれが生まれた  おれの方が頭をさげて  おれと伯父さんは夜の目も寝ずに  おれがチビだからみんながおれをばかにしてる  おれが貧乏だからみんながおれをばかにしてる  おれが承知しねえ  おれは貧乏だから書物が買えなかった  おれに本を貸してくれた  おれに貸してくれた  おれはそれを読んだ  おれの机の上をジロジロ見る  おれははずかしくて本をかくした  おれはこんな時代おくれの  おれは読んだ  おれは入学試験を受ける  おれは思った  おれはいった  おれにこういった  おれもひじを畳についた  おれはいい加減にあしらう  おれは少しずつ力をだして  おれもちょっと癪にさわった  おれは満身の力をこめて  おれは頭を畳にすりつけ  おれのこぶしをひた押しに倒してしまった  おれは汗をびっしょりかいて  おれの顔を見て  おれのハチ切れ  おれは試験場でへそをなでなかったが  おれが受験から帰ってくると  おれは試験の問題とおれの書いた  おれににわとりのすき焼きをご馳走してくれる  おれは先生の恩はわすれない  おれのようなつまらない人間でもはげましたり打ったりして  おれも早くその歌をうたいたいな  おれはバットを作ってやる  おれの造った  おれは日本人だから日本の文字のしるしを書く  おれの鼻穴になにかはいってないか  おれの球をあんなに打つ  おれはなぐる  おれはどうしてもあいつをぶんなぐらなきゃ  おれはそれが気に食わねえ  おれはなにかの雑誌を読んだがね  おれに見せようたって  おれだってどなりたくは  おれは帰る  おれにまかせろ  おれもおれの父もあれだけにつくしてやったにかかわらず  おれは売られた  おれをだましたな  おれの妹をき  おれの妹を誘惑したろう  おれが見た  おれには証拠がある  おれがちゃんと見ていた  おれはかれに対して  おれが第一になすべき  おれの潔白を明らかにする  おれにかかってる  おれはその事実をきわめて柳に謝罪させなければならぬ  おれは決して一歩もゆずらない  おれのいいたい  おれをなぐってくれ  おれがきみにした  おれの顔のどこでもなぐってくれ  おれはいやだというに  オレが建てた  おれが見てやる  おれと云ってくれたが  おれが所領の大きさを知る  おれがさがしあてたいと  おれの骨をやるよ  おれはすぐ帰ろう  おれにしても  おれを見ろ  おれは艦隊司令官へ報告ができない  おれをだませるとおもっている  おれがつける  おれの父様はもつと  おれの円を踏んではいかん  おれはどうした  おれは選んでしまった  おれがまだ午前中に宿へもどってきて  おれの店主がなんていうか  おれの汽車は五時に出る  おれはどうあっても  おれのことをききにだれかがやってくるだろう  おれが起きず  おれが地位を失う  おれはもうこうしたことのすべてを我慢できなくなるだろう  おれの晩年の安らぎ  おれは食欲があるが  おれは死ぬ  おれのことも心配してくれよ  おれにはできねえよ  おれが媒介をして  おれの方から本人に話をつけてやろう  おれには貴様の外套が要る  おれの外套の世話をするどころか  おれがぐるになつてゐると  おれがやはり匿まつてゐると疑つてゐる  おれは森へ行って  おれに手伝わないか  おれの森なんだからさっきのように勝手にわらびなんぞ取る  おれの仕事に手伝え  おれはお前の大恩人ということになっている  おれがもうける  おれの所に相談に来い  おれは昔は森の中の昆布取り  おれの手がぐらぐらとゆれた  おれの妹はスタアになっていた  おれの裁断には地殻も服する  おれは南の方でやって見せるよ  オレヲ蹴  オレヲ看  オレノ悲シイ懶怠  おれは世界が何故このやうにおれを報いたかを考へてみる  おれをうながす  おれにはよくわからんよ  おれの作品はおれから始まつて  おれはどうしてこうへまをやらかす  おれは金もいらぬ  おれの絵はおれの絵の好きな奴に買つてもらいたい  おれは思う  おれがいつたい  おれはあんな握り飯がこの世の中に在る  おれの頭は警察法規の活字でいつ  おれは上州の生れじや  おれの寝ている  おれを脅そうという  おれはどんなことがあっても  おれが命令する  おれははじめて見たぞ  おれも見ている  おれも青江とともに死ぬ  おれが火を消してやるから  おれがよろしいというまで死んじゃならんぞ  おれをこんな魚に食べさせようと考えている  おれはてまえを  おれも商売ならてめえも射たなけ  おれを殺す  おれなどは何か栗かしだのみでも食っていて  おれも死んでも  おれも死ぬ  おれもおまえの家の前でちゃんと死んでいてやるから  おれも年老ったでばな  おれは死んだと  おれと一緒に來い  おれに授けた  おれはよく知らないが  おれの家では前夜の疲れでよく寝込んでしまって  おれがなほしてやるよ  おれが今手紙をかいてやるからな  おれはなんと云う  おれはまるで馬鹿にされた  おれが云ったじゃないか  おれのどなりをひょっと聞いて  おれは見た  おれのきく  おれが生れる  おれの横の腹に病気が起るじゃないか  おれは一体何のために歩いている  おれは探し出す  おれも食われるだけだ  おれは助かるか助からないか  おれも負ける  おれは上品上生の往生をしなければおかぬ  おれを捨てて行くかといって  おれはバカバカしくなった  おれが云った  おれの横の腹に病気が起る  おれは一体何のために歩いてゐる  おれも食はれるだけだ  おれはそのあとですぐに辞表をタタキ付けて  おれの課長も首をチョン切られた  おれ見たいな奴に仕事を任せたむくいかと思うと  おれの所謂労農尊重主義が必要になって来る  おれは江戸ッ子に生れた  おれの建築のねうちは今は分らない  おれの頭をそんな風に作り替えて  おれは食べない  おれも手伝う  おれはもっといい食べものがある  おれの家へほうりこんで  おれの知らん  おれにはお礼をいわないで  おれも可愛がつて遣らうか  おれに貸してくれ  おれだつて同じ商賣で  おれが斯うして働いてゐるのに  おれとが相棒で稼ぎに出るばかりだ  おれの家ぢやあ斯うして大の男が兄弟揃つて出てゐる  おれが相手になつて遣ら  おれはまあ止さう  おれの女房は三年前に死んだし  おれの咳が伝染った  おれは何と寝  おれが夜中に起きて  おれの部屋が何処かへ消えて無くなってしまっているなんて  おれはこのおれの手でさっきそれを握りながら  おれがそこら中に脱ぎ棄てておいた  おれの姿を髣髴させている  おれの部屋にそれをす  おれを落し入れようとしている  おれは何かに瞞されている  おれは何時の間にこんな血を吐いた  おれも昨日までは苦痛を通して死ばかり見つめていたけれども  おれはまた脳貧血をやり  おれは何と寢呆けてゐる  おれの部屋が何處かへ消えて  おれはこのおれの手でさつきそれを握りながら  おれがおれを待つてゐる  おれの姿を髣髴させてゐる  おれを落し入れようとしてゐる  おれは何かに瞞されてゐる  おれは何時の間にこんなに血を吐いた  おれも昨日までは苦痛を通して死ばかり見つめてゐたけれども  おれのけらいになるという  おれの命令にしたがう  おれもすッかり忘れていた  おれも気が落ちついた  おれをみる  おれに落ちてくるかもしれないわ  おれの手にかかれば  おれの方円流もまだ上手とはいえねえなあ  おれは医者だから漢薬蘭薬なんでも売るが  おれは罹る  おれは異人墓へもぐりこんで  おれが物好き過ぎる  おれは迷惑した  おれといい捨てて  おれが来てる  おれが相手にならう  おれのようになんのあてもなく自堕落な生活をおくっている  おれはきまって腹立たしくなる  おれのほうはみむきもしない  おれの靴音がこつんこ  おれの近づく  おれは奇態なほどその女にひきつけられてしまった  おれの右手をぎゅっとにぎりひきよせようとした  おれの脳神経をあまずっぱく刺戟した  おれの甘チャンぶりをはやくも洞察した  おれがそのままずるずると女のあとにしたがった  おれと女の靴音が虚無にひびいた  おれを左手の小部屋におしこんだ  おれは面喰った  おれの体があまり健康でないということは説明するまでもないだろう  おれの手ははっと息をころすと  おれの眼はほとんど本能的にドアの隙間に吸いついた  おれののぞいている  おれはあんな人相のわるい男をみた  おれの部屋にいた  おれの隙見にかんづいた  おれのあいかたがころされた  おれの下宿まで二時間ばかりだからたかがしれているし  おれの足はいっそうはずんできた  おれの行動を監視していて  おれだって場数はふんでいるし  おれはできるだけおだやかに答えた  おれをねめつけながら  おれがこう答える  おれがうしろだてにしていた  おれの右手三尺のところに腐った  おれとしてはふたたびきりこんでくるであろう  おれはいちかばちかの骰子をなげた  おれは体をかがめた  おれになるが  おれの新聞をみる  おれにすら隙見  おれとおなじい  おれのおそれている  おれがめずらしくはやおきをして  おれが無事に放免されたという  おれとわたりあった  おれとおなじ管轄の署内で再会した  おれはなるべくふれない  おれをおどろかせた  おれはしばしあっけにとられた  おれにさせるなんて  おれを苦しめ出し  おれより五つ六つ上だと思ふが  おれも口をきく  おれは不思議に思つてると  おれはすつかり  おれを迎へに来た  おれが如何にこの任務達成のために苦しんでゐたか  おれに話しながら  おれに合図をして  おれがやつてみた  おれが真実と言ひきる  おれもハルビンにしばらくゐたよ  おれに勘定を払はせたが  おれはいやといふほど足を踏みつけられた  おれの方をみて  おれの肩へつかまつて来た  おれにみせたよ  おれは衆人環視のなかで此の女をものにした  おれを誰や思てけつかん  おれを莫迦にしている  おれの顔を見ないでくれ  おれに変態趣味があれば  おれに黙って  おれが今どこに居るかぐらい探せばわかる  おれの居所を探しだせ  おれの電話をきいたか  おれは諦めたね  おれがここにいると  おれの声の大きさでわかったという  おれを軽蔑するだろう  おれが儲ける  おれは水商売仲間ではつぶしがきく  おれのものにしたら  おれは食って行ける  おれに感謝してくれとる  おれに頼ってくれとる  おれもそれ食べたいと  おれは人気女優と肩を並べて歩いている  おれがこの女の傍にいる  おれはあの女をものにしてみせるぞ  おれの計画の邪魔をしやがる  おれが出たら  おれなら眼をまわさないがね  おれの言う  おれにかつがせろよ  おれと云っている  おれの知つたことぢやないから勝手にしろつていふ  おれが驚いて  おれが先生に頼んでやる  おれの差している  おれにゃ別の大望があるからよ  おれの真意を感づいていたろうに  おれもいつまで  おれの辻斬り稼ぎをしている  おれが殺してやろう  おれの意に従え  おれはその間に渡し船を探してくる  おれは法月弦之丞様に頼まれて  おれに指でもさすなら  おれのものだと安んじている  おれもお綱を連れて  おれの足をすくった  おれにも合点がゆかねえが  おれまで釣り込まれてしまったが  おれが阿波を飛びだしてから  おれはお綱を自由にする  おれにゃあおよそ分っている  おれにはッきりと話しておきてえ  おれも行く  おれと天堂一角との話を立ち聞きして  おれもうすうす知っているが  おれの手は血糊でヌラヌラしてきたから  おれのような悪い親父を持った  おれは急に西へ立つから  おれの話を聞いてくれ  おれは兵隊と同じものを食つとる  おれは云つてやる  おれに隊長の番が廻つて来ん  おれともう一人特務兵がゐる  おれも乗せてみてくれないかなあ  おれを乗せて行けと  おれは生きられるだろう  おれが事かとシヨパン云ひ  おれはその間馬でかけ  おれは鎧のかくしから  おれの刀と弓をもち  おれを誰だと考へる  おれが一人を待つ  おれに当てはめようとする  おれは後で行くよ  おれの眼にはしかと分った  おれが先手に斬って  おれに当り前の戯曲が書けるか知ら  おれもいいところがあるよ  おれの面をげんこで殴りつけて  おれを手洗いのところへ連れて行ってくれた  おれに持ってきとくれ  おれの顔がおわかりかなあ  おれは洋服だからかまわない  おれはお妾さんに出来た  おれは昨夜から急に何だか若くなった  おれはそんなドジなまねはしない  おれの悪口をよろこんで  おれの心底がわかってゐる  おれの方ではちゃんとわかってゐる  おれの方への密告者がまじってゐる  おれを撲りにか  おれの方では誰の家の納屋の中に何斗あるか  おれが講演までして  おれの講演を手を叩いて笑った  おれの煙は木のけむりと  おれが番してるから  おれだってトケイにぁ妻も子供もある  おれにもつらに見おぼえがある  おれが炭焼がまに入れられて  おれは早くからにらんでゐた  おれのことなどは潰すなり灼くなり  おれを殺すなら殺せ  おれは二日か三日寝てゐた  おれは日本人だから日本風を好むと  おれも泣きたい  おれが家の裏の畑の榧の木に今も鶫が来て啼くか  おれは去年の夏は東京に今年の今は葛飾にわかれねばならぬ  おれも行くよ  おれは今夜そこへ泊まりに行く  おれの聞いた  おれの寝床を用意しておいてくれ  おれの短銃と匕首も持って行ってくれ  おれは鎧戸をあけて  おれの魂は恐れないぞ  おれにもわからない  おれの罰を恐れている  おれの家の東にあたる畔の境の上に出ている  おれと星との間を何物かが通った  おれの眼にはなんにも見えない  おれは毎日あいつが出現する  おれは昨夜もおなじ上掩いを着て  おれは誓って眠らなかった  おれは気違いになるだろう  おれはもう気違いになっている  おれは立ち去らない  おれを追い出す  おれはもう我慢が出来ない  おれを気違いだと思うか  おれは秘密を解決した  おれは木の頂上に鶫の群れがいっぱいに止まっている  おれの耳にきこえないだけの  おれは気が違っている  オレはだまされないぞ  オレが説いてやろう  オレが誰よりも考えている  オレが知っている  オレの盗まれた  おれは眼が覚めている  おれに言わせると  おれの手から奪って  おれはたぶんおまえを夢にも思わない  おれの身体には流れ込んでいない  おれの息で殺されない  おれを呪い倒した  おれの血管を毒薬で満たした  おれは道書も仏書も読んだ  おれなぞはだんだん年をとると  おれにかまうな  おれを馬鹿な空想家扱いにしやあがったなと  おれの愛をあたえてくれ  おれはもう少し寝なくっちゃならない  おれはシムラにいる  おれを独りにしておく  おれは別にあの女に対してなんの危害を加えた  おれはあの女を殺す  おれは独りでいられないか  おれは賜暇を得て  おれはここを忘れてはならないぞ  おれに返事をしない  おれはおまえに一ポンドの金貨をやろう  おれはもうひと晩ここにいるよ  おれを出してくんな  おれと一緒に来  おれが見る  おれが引きうけてやるから  おれが様子を見に行ってやるから  おれも一角のように構えて  おれの真価も分るこった  おれに毒をのませてまで  おれに会う  おれもこうしちゃあいられねえ  おれは知らない  おれが持っている  おれが一人で仕事をする  おれの一生を暗闇にしてしまった  おれが見ても判らん  おれが力になってやる  おれも川島へ帰って  おれは少し気になってきた  おれもこんどは落ちつくぜ  おれが見てやるから  おれに訊いたって  おれは知らねえ  おれは死ぬだろう  おれはバッタリ眼をおとしてしまうに  おれのなすべき  おれの死に骸からあの一帖を見出した  おれの氏素姓を知っている  おれを殺しに来る  おれがお前に殺される  おれの元の屋敷にいた  おれもさまざまな女に逢ったが  おれの頭巾を見て思い浮かんだといったが  おれの頭巾の曰くを知っている  おれのおふくろは息を引き取った  おれはてめえを殺さなけれやならない  おれはてめえを殺そうとしている  おれにいったい何を説こうっていう  おれが殺してきたばかりだ  おれを何者と思っているだろう  おれのした  おれでも取れるという  おれの磨いた  おれの先輩と敬っている  おれも踊れない  おれが奢ろうぜ  おれは気の練れた  おれの奢る  おれのように図太くなれ  おれは睨んでいる  おれは元来阿波を見物にきた  おれの今を囃していやがる  おれが帰った  おれから見れば  おれが帰府すれば  おれは本土へ帰るよ  おれは様子を見てくるから  おれはそこへ潜っているから  おれも若布採りに化けすまして  おれの前の不始末の罪を償って  おれの帰国をとりなさない  おれは昔から撲りたくなる  おれはその外国人を知つてゐる  おれの知り  おれがこの前に来た  おれと同じ上海のホテルに泊つてゐたから  オレのカンが当ったという  オレの確信をたしかめる  オレはお前があの晩陳の庭でこの時計を拾った  オレは新しいヒントを得た  オレだけが見ている  オレが首実検すれば判る  おれはもう死ぬ  おれの薄情な恋人が住んでいる  おれの胸の血で染めて  おれの胸を射貫き  おれの精神の飛躍は阻む  おれの肉体はぬかるみの舗石の上へ叩きつけられても  おれも知らない  おれがここへ来た  おれの場所にするのに  おれはあれを見る  おれの奥の虫歯がいたんで来た  おれはあのお姿を見ると  おれは気障が過ぎるわい  おれは口にしまりが  おれはこういう小説を書きたいと思っている  おれが遊ぶ  おれはおれだと小春お夏を跳ね飛ばし泣けるなら泣けと  おればかりにある  おれは夢を見ていた  おれはかう  おれの袷の袖の中にはいった  おれの二の腕へ食い付いた  おれの袷の片袖がもげて  おれを可愛がってくれなかった  おれを見る  おれを勘当すると言い出した  おれを非常に可愛がってくれた  おれを無暗に珍重してくれた  おれには清の云う  おれはお世辞は嫌いだと答える  おれの顔を眺めている  おれを製造して誇ってる  おれを可愛がった  おれは無論入らないと云ったが  おれは何が嫌いだと云って  おれをもって  おれはその時から別段何になると云う  おれがうちでも持って  おれも何だかうちが持てる  おれはある  おれは東京でまだ学問をしなければならない  おれはどうでもするが  おれはかように分れたが  おれは四畳半の安下宿に籠って  おれは六百円の使用法について寝ながら考えた  おれは三年間学問はしたが  おれが行く  おれを前へ置いて  おれの自慢を甥に聞かせた  おれが小さい時寝小便をした  おれの関係を封建時代の主従のように考えていた  おれの来た  おれは単簡に当分うちは持たない  おれの行く  おれの顔をじっと見て  おれは泣かなかった  おれはここへ降りる  おれの革鞄を二つ引きたくって  おれがあきれ返って  おれはこれでも学資のあまりを三十円ほど懐に入れて  おれより背が高くって強そうなのが居る  おれは無論いい加減に聞いていたが  おれは嘘をつく  おれの顔を見ていた  おれがはいった  おれの顔を見た  おれと同じ数学の教師に堀田というのが居た  おれはこの時からこの坊主に山嵐という渾名をつけてやった  おれの顔を見ると  おれは生れてから  おれは文章がまずい上に字を知らないから  おれでも先生が勤まる  おれは江戸っ子で華奢に小作りに出来ているから  おれは江戸っ子だから君等の言葉は使えない  おれの茶を遠慮なく入れて  おれをつらまえて  おれを風流人だなどと真面目に云う  おれはそんな呑気な隠居のやる  おれは何事によらず  おれは前に云う  おれの前へ大きな硯を突きつける  おれの方を見た  おれも挨拶をした  おれの銭でおれが食うのに  おれはだまって  おれのはいった  おれは二皿食って  おれはここへ来てから  おれはこの手拭を行きも帰りも  おれの事を赤手拭赤手拭と云う  おれはいつでも上等へはいった  おれは人の居ない  おれのために特別に新調した  おれはそれから泳ぐ  おれの番に廻って来た  おれは小使にちょっと出てくると云ったら  おれは腹が立ったから  おれの散歩をほめたよ  おれが寝る  おれは早速寄宿生を三人ばかり総代に呼び出した  おれの床の中へ入れた  おれはバッタの一つを生徒に見せて  おれを遣り込めた  おれがいつ  おれだって中学に居た  おれはこんな腐った  おれよりよっぽどえらく見える  おれは何事が持ち上がった  おれの通る  おれが馳け出して  おれが戸を開けて  おれを馬鹿にする  おれは勇気のある  おれの顔にかかわる  おれはこう決心をしたから  おれの坐ってた  おれの前に立っている  おれの鼻の先にある  おれの部屋まで来いと引っ立てると  おれが宿直部屋へ連れてきた  おれは五十人あまりを相手に約一時間ばかり押問答をしていると  おれなら即席に寄宿生をことごとく退校してしまう  おれはこう答えた  おれの顔を見つめていたが  おれは顔中ぼりぼり掻きながら  おれに聞いた  おれくらいな声が出るのに  おれはそうですなあと少し進まない  おれを降参させたと  おれへ口を掛けた  おれに見せびらかす  おれが行かないと  おれはこう考えたから  おれは黙ってた  おれもはいってるなら  おれの方を見たが  おれは何だかやな心持ちがした  おれの関係した  おれには到底出来ないと見ていると  おれは考えた  おれの顔は潮水だらけになった  おれは海の中で手をざぶざぶと洗って  おれのような数学の教師にゴルキだか車力だか見当がつく  おれでも知ってる  おれは一匹で懲りたから  おれにはよく聞えない  おれは空を見ながら  おれは外の言葉には耳を傾けなかったが  おれの耳にはいる  おれは動かないで  おれのことについて内所話しをしているに  おれなんか誘わなければ  おれにある  おれを煽動して  おれをいじめたと云う  おれは皿のような眼を野だの頭の上へまともに浴びせ掛けてやった  おれは免職になるか  おれは笑われる  おれの単純なのを笑った  おれの乗っていた  おれを捕まえて  おれが邪魔になるなら  おれの顔に関わる  おれは清から三円借りている  おれの懐中をあてにしてはいない  おれの片破れと思うからだ  おれはこれでも山嵐に一銭五厘奮発させて  おれはここまで考えたら  おれは膏っ  おれの鼻の側面へ持って来たから  おれが山嵐と戦争をはじめて鎬を削ってる  おれの肩を持つべきだ  おれは教頭に向って  おれを疑  おれの顔を見るや  おれは机の上にあった  おれが存外真面目でいるので  おれの机の上に掃き返した  おれは君に氷水を奢られる  おれには山嵐の云う  おれが知ってる  おれと山嵐の方を見て  おれも喧嘩を中止して  おれは様子が分らないから  おれの方を見る  おれも負けない  おれとうらなり  おれは君子という言葉を書物の上で知ってるが  おれは校長の言葉を聞いて  おれが大人しく宿直をする  おれの顔をにらめている  おれはこう考えて  おれは野だの云う  おれは生徒をあやまらせるか  おれの代りに山嵐がすっかり言ってくれた  おれはこう云う  おれが悪るかった  おれはまた起って  おれが何か云いさえすれば笑う  おれの前へ出て  おれのいう  おれは即夜下宿を引き払った  おれが敬愛するうらなり  おれがいか銀の座敷を引き払うと  おれの居た  おれもこれにはあきれた  おれの傍を離れずに済むし  おれの立つ  おれはこんな事ばかり考えて  おれの天麩羅や団子の事も知ってるかも知れない  おれのような単純なものには白とか黒とか片づけてもらわないと  おれは焦っ  おれはそんな事には構っていられない  おれが椽鼻で清の手紙をひらつかせながら  おれは芋は大好きだと明言したには  おれはさっきの話を聞いてから  おれの云う  おれが居なくっちゃ  おれになる  おれの言葉を聞いて  おれは美人の形容などが出来る  おれはちゃんと知ってる  おれの傍へ腰を卸した  おれでさえ上等を奮発して  おれは会議や何かでいざと極まると  おれが団子を食って  おれに余所ながら注意をしてくれるかと思うと  おれを追い出すかと思うと  おれの方が早足だと見えて  おれの足音を聞きつけて  おれは考えがあるから  おれは苦もなく後ろから追い付いて  おれの頭の中へ浸  おれを睨めた  おれと口を利かない  おれは無論手が出せない  おれは話そうと思っても話せない  おれと山嵐には一銭五厘が祟った  おれが絶交の姿となったに引き  おれは依然として在来の関係を保って  おれの傍へ来て  おれなんか大学総長がつとまる  おれも一つ奮発して  おれに代数と算術を教わる  おれには一向分らない  おれが酒を飲むかと云う  おれは船つきのいいここへ来てさえ  おれの月給を上げるなんて  おれの月給は上がろうと下がろうと  おれと見  おれの顔を眺めたが  おれはちょっと困った  おれはよく親父から貴様はそそっかしくて駄目だ駄目だと云われたが  おれはもう赤シャツに対して不信任を心の中で申し渡してしまった  おれが間違ってたと恐れ入って引き  おれを遣り込めようとも  おれの心がどう動く  おれは何とも云わずに  おれの蝦蟇口のなかへ入れた  おれは君に奢られる  おれは無論行く  おれは肴を食ったら  おれが代りに行ってやりたい  おれはまず冒頭としてマドンナ事件から説き出したが  おれより詳しく知っている  おれより遥かに字を知っていない  おれが増給を断わったと話したら  おれが云ったら  おれはあまり感心したから  おれにも出来  おれは見合せた  おれよりは考えがあると見える  おれがすると  おれは一度も足を入れた  おれが山城屋で占領した  おれの顔くらいな大きさな字が二十八字かいてある  おれは今だに下手だと思っている  おれの方を見たには  おれは今度も手を叩こうと思ったが  おれの面を見ると  おれも真似をして  おれの前へ来て  おれも窮屈にズボンのままかしこまって  おれは学校を休んで送る  おれと山嵐をぐいぐい引っ張って行く  おれを壁際へ圧し付けた  おれも少し驚ろいたが  おれの前へ来た  おれは唄わない  おれが剣舞をやるから  おれはさっきから苦しそうに袴も脱がず控えているうらなり  おれはさっきから肝癪が起っている  おれも職員の一人としていっしょにくっついて行く  おれは宿直事件で生徒を謝罪さして  おれが組と組の間にはいって行くと  おれの事を天麩羅と云った  おれの顔を汚す  おれも人間だから駄目でも何でもそうならなくっちゃ始末がつかない  おれは邪魔になる  おれは墨を磨って  おれは筆と巻紙を抛り出して  おれの真心は清に通じるに  おれはうちへ帰ると  おれが蜜柑の事を考えている  おれは下宿で芋責豆腐責になってる  おれも加勢してやる  おれと山嵐がしきりに赤シャツ退治の計略を相談していると  おれに同行を勧める  おれと山嵐が感心のあまりこの踴を余念なく見物していると  おれは無論の事逃げる  おれの方を見て云うから  おれの背中の上へ乗った  おれの頬骨へ中ったなと思ったら  おれの五分刈の頭を掠めて  おれを誰だと思う  おれは飛白の袷を着ていたから  おれは新聞を丸めて  おれの云ってしかるべき  おれの顔を見て笑っている  おれの顔よりよっぽど手ひどく遣られている  おれと山嵐がこんなに注意の焼点となってる  おれが意地にも務める  おれと山嵐は校長と教頭に時間の合間を見計って  おれより智慧のある  おれは明日辞表を出して  おれは例の計画を断行する  おれもやろうと  おれと赤シャツとは今までの行懸り  おれだって赤シャツと両立する  おれを間のくさびに一席伺わせる  おれよりも利巧らしいから万事山嵐の忠告に従う  おれも十一時頃まで張番をしたが  おれが行くと  おれも急にうれしくなって  おれは一貫張の机の上にあった置き  おれと山嵐は一生懸命に障子へ面をつけて  おれは銭のつづく  おれは思わずどきりとした  おれは窓をあけて  おれの事を勇み肌の坊っちゃんだと抜かしやがった  おれの申し出を斥けた  おれが前へ廻って  おれはすぐ前に立ち塞がって  おれはこの時気がついてみたら  おれはいきなり袂へ手を入れて  おれは食う  おれの成功した  おれが玉子をたたきつけている  おれも同時に野だを散々に擲き据えた  おれは逃げも隠れもせん  おれが下宿へ帰った  おれは早速辞表を書こうと思ったが  おれも疲れて  おれが東京へ着いて  おれが出る  オレに一服もる  オレのせいにするけどさ  オレの口のせいにする  オレは駅へでて  オレよりも貧乏にやつれ  オレは憎めないよ  オレが十七八のチゴサンのような色気がでてきたと云ったから  オレは喋りだすと  オレはキミと会話してるじゃないか  オレにだけ白状した  おれの情婦になり  おれは何もかも知っている  おれは思はず  おれは新嘉坡を想ひ出した  おれがもう年を取ったので  おれなんぞは追い出そうと言う  おれの所へ一しょに往く  おれの姿が老いぼれていて  おれを打つなり抓るなりしない  おれに知らせてくれなかった  おれには往かれ  おれがどうしてそんな事をまだ許す  おれは野原でおかしな風に枯草を積んだ  おれはきっと五六日のうちにポラーノの広場をさがすから  おれには酒を注がんか  おれが相手になってやろう  おれの悪口を言った  おれはき  おれがうしろで見ているから  おれの介添人になれ  おれの介添をしろ  おれをねたんでる  おれは今度は虫けら会の副会長になる  おれはいまに虫けら会の会長になってきっ  おれも大きくなる  おれが相手になってやらう  おれは貴さまに決闘を申し込む  おれが介添をやらう  おれはよくは知らな  おれは別にお前を呼びはしない  おれの方から知らせるまで控えてくれる  オレは人生を割りきっているだけだ  オレの人生が割りきれたら  おれの方にも考がある  おれの何処が気に入らない  おれが思う  おれの心もちはちっとも変らないのに  おれは穢れがあるから  おれも思わなかった  おれは先へ往くぞ  おれだけこちらへ急いでやって来た  おれだけは無論寄るね  おれは追かけて  おれは昏倒し  おれはなぐり殺されてしまふ  おれに言つてくれ  おれの罪を許してくれ  おれは牢屋へはいつて  おれはつく  おれはわる  おれももう寝る  おれも知っている  おれが訳をいって  おれとは違う  おれも細ぼそながら  おれが自分から進んで  おれはいい恥を掻かなければならない  おれを亡い  おれも男らしく白状しようか  おれの足の下に踏みにじられてしまった  おれの物ときまった  おれに任せて置け  おれが掛け合いに行くと言い聞かせた  おれが踏み殺してやると  おれがやる  おれと手を切る  おれのためには随分苦労している  おれは八橋と離れて生きてはいられないという  おれも昔は男を売った  おれも財布の底をはたき尽くして  おれではないと思いながらも  おれもその方がい  おれをうれしがらせる  おれがいっしょにして  おれがふんづけたかい  おれといっしょにこないかね  おれはどうしてやっていけよう  おれは魔術師なんてものを大してえらいとは思つちやゐない  おれは何を考へてゐる  おれに教へてくれないか  おれはなかなか死に  オレを誘惑した  オレの魂を貸してやる  おれは滅亡の民であるという思念一つが動かなかった  オレのオッカアはふとっていて  おれは柏の木大王のお客さまになつて来てゐる  おれは柏の木大王のお客さまになって来ている  おれにはなぜ酒を買わんか  おれにはなぜ買わんか  おれには買わんか  オレも愈々精神病院だと絶望した  オレのオッカアはふとつてゐて  おれはおめえを救ってやった  オレは酒をのみ  オレが気合いをかけてやる  オレの頭が悪くなったら  オレだと思え  オレがだしてやりたいけど  オレが命令を下して  オレが見ている  オレは来たくなかったけど  オレも気がつかなかったな  おれにも息子があるが  おれが睨んでいる  おれの眼をかすめて  おれは行く  おれは真実を聴く  おれに頭を下げさせておきながら  おれは考えるな  おれはそんなに人に騙されたおぼえは  おれに喰われたがって  おれの口には合わん  おれのことかと気づいた  おれを捕まえにきたと  おれが行って  おれを斬るとは  おれあもう何も言う  おれの高札が立ったよ  おれの胸がおめえにゃアわからねえ  おれの高札が建っている  おれはいつも不思議に思う  おれは山へ行ったよ  おれを斬ると  おれはこの女を刺し殺す  おれは下の千浪をちょっと見て来る  おれがこうして押さえている  おれは千浪を思いつめている  おれが引き受けたから  おれが預かったからにゃ  おれは違う  おれがあの大次郎と代った  おれがはいるから  おれは君たちが成人した  おれは君たちが成人の地球人だとばかり思って  おれはあんなにがみがみいう  オレは二度しかありつけない  おれをいじめている  おれの身を生擒っている  おれとした  おれを買いかぶらせた  おれはまた煩悩すぎる  おれも寝よう  おれでも兵を引っさげて馳せ参ずるな  おれがいわぬ  おれが董卓を殺そうとしたのに  おれに董卓を殺させてくれれば  おれが大挙して攻めかけるから  おれと命令しておきました  おれの陣まで送って来い  おれはここで自害する  おれにいった  おれの掌に授かった  おれは俺でやろう  おれは今まで彼を少し買いかぶっておったよ  おれを小児のようにもてあそぶか  おれの艶福をからかう  おれの心を囚えてしまった  おれを欺いた  おれを嘲うと  おれの堪忍もやぶれた  おれはこの憤りを抑えておる  おれはやる  おれに送り  おれから董卓のほうへやる  おれを験そうという  おれは近頃ぼやけているにゃ  おれの傍にいたんだが  おれはまだいわんぞ  おれにも分らない  おれに和睦をすすめに来たな  おれとのお指図はうけましたが  おれはこんなことでは足らない  おれが許す  おれは飲まん  おれを臣下とでも思っている  おれの饗膳へ上るとすれば  おれもなんだかそんな気がした  おれを恨まぬ  おれの戟を持って来い  おれが双方を呼んで  おれがいう  おれが一矢射て見せる  おれは手を退いて  おれの娘をやるのに  おれに黙って会っていた  おれを過らせたぞ  おれの堪忍はやぶれた  おれを辱めるにも  おれはもう曹操などに屈してはいられないぞ  オレは灰色の目で落ちる  オレはエノキの葉についた  オレはまんざらでもないではないかと思った  オレは唐突に思った  オレの目にはパーソナルコンピューターは淀んでいる  オレは思った  オレは小さな声で言ってみた  オレにもあなたにも押せる  おれもそう思うが  おれに画桿の戟と赤兎馬のある  おれを城外へ誘い出そうとする  おれは自重するときめた  おれはこう老いぼれる  おれはそれを悲しむ  おれは彼の厩へ忍んで  おれは真面目に心配しておる  おれは思うが  おれにいっても  おれをたしなめたではないか  おれの手をひ  おれはもう一人の民も持たない  おれは関羽とちがって  おれは放さん  おれの将来を卜してくれといわれて  おれはこんなに日本語を知らない  おれの後をついて来い  おれが後からついて  おれが学校へ行く  おれがうまくやらうつて  おれの肩へつかまつて  おれの古城へ来てくれ  おれが自刃する  おれが間違えをやらかすとなると  おれにゃ気にくわねえよ  おれの気に入らねえほどの嗄れ  おれに見せねえ  おれは間違えをするなあ  おれが間違えをやらかす  おれだってまるっきりわかんねえ  おれはお前の前脚を信用出来ねえよ  おれの知った  おれに悪いことになる  おれあそんな勝手な真似なんぞしてもれえたかねえ  おれあもう祈ってもれえたかねえ  おれあそんなこたあ我慢が出来ねえ  おれあぺてんにかけられて  おれが靴を磨いてる  おれを呼ぶ  おれあまたあんな風にやられたかね  おれあ貸馬車みて  おれでどれが他人さまだかわかんねえくれ  おれの懐工合はそのためにちっともよくはならねえ  おれあそんなことは勘弁がならねえ  おれに持って来てくれ  おれを起しに来てくれ  おれはあいつはずいぶん美男だなと思った  おれはいつだってしっかりしてるさ  おれは他の子供たちに宿題をしてやって  おれには今日昼から夜へかけて  おれは君と乾杯はするが  おれは飲みたくない  おれにはすっかりわかってるよ  おれがそっちへ行くから  おれをさえぎる  オレが書いてから  オレの内にも湧いてきた  オレにはやはりそんなご立派な真似はできやしない  オレの漢字書き取り  オレはユウサクごっこを宴会芸の切り札にしていた  オレは知らない  オレも知っている  オレの脳裏からもしばらくのあいだ離れ  オレは気づかなかった  オレが東京駅から地下鉄の大手町駅まで走り  オレはエールを送る  オレが鼻たれ小僧だったころには強力なメディアだった本物の紙芝居の機能に加え  オレは世の中一般と同程度とにらんでいて  オレの見る  オレの脳裏をかけ巡っていた  オレが分析すれば  オレはもう一化けを期待しているという  オレが望む  オレの目が節穴であることを見せ付けた  オレには関澤専務のパフォーマンスを一度見る  オレから奪った  オレを含む  オレに表現力を与えよ  オレが触れえた  オレにして  オレは枝雀を知らぬ  オレが敬愛して止まない  オレは本流や傍流といった枠組みを越えて  オレはそう考える  オレは唸り  オレのところにも当時多少冷たい風が吹いてきた  オレが通り魔的に発した  オレは遭遇してしまった  オレは寝小便をかました  オレの血潮の中に脈々と流れていて  オレには全体の構成を決めずに  オレは東京ドームの天井も張り裂けよとばかり  オレははなから谷川ユズルの精神構造が理解できなかったね  オレはチューニングという概念を持っておらず  オレの自由奔放な演奏スタイルに文句を付けなかった  オレは目覚めた  オレがブルーハーツをはじめて聞いた  オレは東芝の青梅工場に潜入して  オレも漫画はいやほど読んでおるけどよ  オレはいつもこの野郎をぶんなぐってやっていた  オレは新しいマシンについて書く  オレはオスギほどはこの映画にははまらなかったろう  オレはまだ失っていないからね  オレは横浜東宝会館からでてきた  オレはかなり心のひだをくすぐられた  オレの心の中で六〇年代のドツボに向けて  オレにそうささやく  オレを取り巻いている  オレが思い出させてやるぞ  オレが初めて書いた  オレは知らぬ  オレの文字に再入力を求めてきた  オレはコンピューターで人の頭をひっぱたく  オレの六〇年代化した  オレの期待も膨らむ  オレはこうした手帳の電子化のコンセプトにのらないので  オレが立ち会っていたとすれば  オレは過ぎ去った  オレが悪いと言えば  オレの免疫系はツラレミア大原病ウイルスとの激闘に疲れ果てている  オレが言う  オレの取り付かれた  オレは約束してしまっていた  オレもその場に顔を出していた  オレはさっぱり覚えていない  オレがウイルス頭を抱えて  オレの書いてやった  オレがそう考えているからだ  オレのストレスを募らせる  オレの寿命が半日くらいは伸びやしないかと思っているだけさ  オレは氏を内心でトッテン師匠と呼ばさせていただいている  オレにはスクエアー・アレルギーというかなんというか  オレは若干の心悸の昂進を抑えられないでいた  オレはある  オレとしてはやむを得ずアキレス腱固めに及ぶしか  オレの胸のうちにはなにやらモヤモヤした  オレの悪妻自慢に悪乗りした  オレが機会を伺っている  オレはまざまざと思いだしてしまった  オレは一人祈った  オレに取っても  オレにしても  オレのライター生命をよみがえらせて  オレはしっかり覚えておくからね  オレは実に美しいと思う  オレは感じてきた  オレははっきりと覚えておくからな  オレが十月に目撃したものの  オレの脳裏にもう一人の大人の顔が浮かんだ  オレが目撃した  オレはこのかましが今も根っこの方に生きていると思えばこそ  オレをおいて  オレの声はあなたの耳に届きますか  オレからこの場のオレに託された  オレはニワトリとタマゴが混在していると考える  オレは思い出してしまう  オレはこれまでさんざん笑いものにしてきた  オレは縁側で渋茶をすすりつつ過ぎ去った  オレには東大を狙う  オレをくぐらせる  オレにも思えなかった  オレは呑気にそう考えていた  オレは一九七一年に東京の私立大学に紛れ込んだ  オレは正直なにをしたら  オレの頭は今でも自然と垂れる  オレは日本語処理の消耗戦に開け暮れていた  オレと同様に七〇年代に収まり  オレは見えない  オレはベーシックと格闘しながら  オレはなぜ自分が編集プロダクションに所属している  オレが日本語処理の肥え  オレは目の前のマシンが漢字を使えない  オレは腰を抜かした  オレを苦しめた  オレの暮らしている  オレは瑣末な約束事の特殊処理班として奮闘していた  オレも野暮に振る舞わざるを得ない  オレに多少の基礎知識がある  オレが涙の編集屋として携わっていた  オレは大声で断言してしまうけれど  オレは知らないが  オレの頭にあった  オレはこう書いた  オレに気づいた  オレは心の中で唐突にそう叫んだ  オレが感じ取った  オレの予言めいた  オレはそのとき小狡くもほくそ笑んでいた  オレがリビドーのはけ口を仕事以外に知らなかった  オレは直視しようとしなかった  オレなりの思い込みがある  オレの頭がおかしくなった  オレの時間感覚はますます混乱する  オレの錯乱に拍車をかけた  オレにはまだ見えない  オレの時間感覚の混乱に決定的拍車をかけた  オレも人並みに感動したり  オレは思う  オレはかつてのマシンへの求心力を感じ取れなくなっていた  オレは力いっぱいの拍手を送る  オレは毎号買っていた  オレは縁側に出て  オレが世間様に向けて投げ掛けた  オレの目の前に突然蘇った  オレはおっさんと会った  オレはちっぽけな本に言った  オレの仕事に比べれば  オレなりに振り返ってみよう  オレは実際肝をつぶした  オレの責任において勝手に予測しておく  オレの責任において言っておく  オレはやはりあると答える  オレの棲息する  オレはけなすにしても褒めるにしても  オレは日本のコンピューター界に現われた  オレはそうは思わない  オレは今考えている  オレはこの流れに沿って  オレの予想が外れていたら  オレは考えている  オレの住んでいる  オレが何を予想して  オレは踏んだ  オレはここで叫んでおくぞ  オレの欲求不満を解決してくれるだろう  オレが日常的にもっとも長く使っている  オレは時にこの名刺の山をひっくり返す  オレのマシンは立ち上がっていないからだ  オレのマックがしょっちゅう眠っており  オレはけっこうこいつを愛用している  オレのうちには留守番電話が二台ある  オレが聞く  オレは答える  オレもブラジルにでも逃げるしかないかなと思った  オレだって許さねえよ  オレを襲った  オレは途方に暮れて泣いた  オレは唇のはしに不快の気配をいつも漂わせる  オレの唇のねじれ具合がきつくなった  オレに突き付けた  オレは田原氏の仕事の手伝いをいくつかやってきた  オレの喉まででかかった  オレは突然〇・二秒間脳死した  オレが抱いた  オレは一瞬の脳死から蘇生した  オレがACEに感じた  オレに提供する  オレがマッキントッシュで出合った  オレが位置づけられる  オレは違和感を感じ  オレが何をほざこうと  オレは生涯二度目の遺伝子関係の恐怖を乗り越えた  オレはオレの道を行く  オレは毛嫌いしている  オレはかなりの量の文章をマシン上で作ってきた  オレにとってみれば  オレのギターを成層圏まですっとばしてくれるし  オレが怒り狂っていただけだという  オレなりに小狡い計算はしっかり働かせていた  オレの中でこの連載はすでに終わりかけていた  オレを支配していた  オレの中で何かが形をなし始めた  オレはそう感じ始めた  オレは確信し始めた  オレは思いだしていた  オレが連載に区切りを付けた  オレの両脇を支えてくれた  おれだって見た  おれはこの目で見ただけの  おれんしった  おれは何でもこれは福の神に違いないと思って従いて行って見ると  おれはおこって  おれはよく知っているよ  おれのほうからあがって行くぞ  おれの手にかかるとは  おれも一緒になって  おれは恥を知っている  おれはほんとに苦しんでゐる  おれが求めてゐる  おれには出鱈目のやうに思はれる  おれはかなしく来た  おれはまた空にうかぶ  おれが見てねえ  おれの言ふ  おれにどうしろつていふ  おれがゐては  おれの手並を見てから  おれが知らぬ顔をしようとしても  おれの男ッ振りにうちの財産がある  おれのようないい男に言い寄られて  おれの手柄になる  おれはすこし神経質になっている  おれが行く迄の  おれの前へ引っ張って来い  おれと申すに  オレもオッキなって  オレのウチの父も母もオレたちに云ってこわがらすが  オレも大きくなって  オレはいまから諦めてるよ  おれのところに泊めてやろう  おれの乗ってた  おれは海の上にほうり出されて  おれはマリイの姿を見かけたが  おれは海賊の仲間にはいっている  おれはどうしたら  おれがあすこへ行って見る  おれはお前の願いなぞは聞かない  おれの言いつけに背いて  おれの声がお前には人間の声に聞える  おれは唯お前に尋ねる  おれがあすこへ行つて見る  おれはお前の願ひなぞは聞かない  おれの言ひ  おれにはあたりはしないが  おれの前に出て来た  おれが穴を掘つてる  おれの道具をお前に貸してやらう  おれがこんなことを言ひ出した  おれの方はどうだつてい  おれが掘つた  おれの方もよく似合ふだらう  おれだつてはじめてさ  おれの見  おれをこわがる  おれのたのみを聞いてくれれば  おれと言うのに  おれはここへ帰って来る  おれのする  おれを知らない  おれは偽警官の貴様をふんじばって  おれはおかしくなった  おれを待たせると言って怒っていますが  おれはしなかった  おれというのに  おれの名前を焼きつけておこうと思う  おれは困る  おれが出かけるぞ  おれは地球へでかけていって  おれにあたってたまるか  おれと一しょに来ないか  おれの屋敷へいこう  おれの力を知らないらしいな  おれがいって  おれが行ってやらんと  おれが来たからには  おれにそむく  おれが一度号令すると  おれの命令どおりしない  おれのまわりをとりまくとは  おれの職をはぎとった  おれを免職するなんて  おれを撃つという  おれはどこかへ出て行かうと考へてゐるらしかった  おれはひどくむしゃくしゃした  おれはそれがしゃくにさわった  おれと北の方の野原へ出かける  おれは考へた  おれの着物を笑ひ出した  おれはそっと考へて見たが  おれを慰める  おれにはどういふ  おれは立ちあがって  おれなんぞまだ着物など三つも四つもためられる  おれはぷいと外へ出た  おれの革スリッパを変な裏口のやうな土間に投げ出した  おれはこんな赤いすれっからしが  おれは外へ出た  おれは少し上流にのぼって行った  おれは全体川をき  おれはかなり高い声で云った  おれはそっちへ行かうと思った  おれは青白く光る  おれは立ちどまった  おれは典獄をやめて  おれに異心などある  おれはどうしてそいつに気がつかなかった  おれは随分長いことおれの仕事を打棄らかしていたなあ  おれはお前のことを小説に書こうと思う  おれには考えられ  おれの好きなように書く  おれも仕事をするとなりあ  おれは何んだかいまのような生活がおれの気まぐれなのじゃないかと思った  おれはさっき目を覚ましてしまった  おれにはどうもこれまでに何遍もこうやって  おれはいま漸っと気がついた  おれが其処へ行って見たら  おれの夢がこんなところまでお前を連れて来た  おれは自分の仕事にばかり心を奪われている  おれは現在のお前の事なんぞちっとも考えてやりはしない  おれは仕事をしながら  おれはいつのまにか好い気になって  おれの詰まらない  おれはおれの心を縛りつけていられる  おれはおれの生の欲求を少し許り見くびり過ぎていた  おれの心の縛がこんなにも引きちぎられ  おれの生の欲求を沈黙の中に見抜いて  おれを苦しめ出している  おれはどうしてこんなおれの姿をこいつに隠し  おれの仕事のことを考えている  おれにはどうしても好い結末が思い浮ばない  おれはおれ達が無駄に生きていた  おれと一しょに考えて呉れないか  おれの小屋の明りがこんな下の方の林の中にまで射し込んでいようなどとは  おれの意識なんぞ意識しないで  おれを生かして置いてくれている  おれの方が余っ程  おれがいかにも何気なさそうに生きていられる  おれがこうやって  おれに出来ていられる  おれはおれには勿体ないほどのお前の愛に慣れ切ってしまっている  おれには何んにも求めずに  おれのような優男は住み切れねえ  おれにこんな仕事をやらせた  おれのほうとすれば  おれに痺れ  おれが闇雲に飛び出す  おれは草加までお八重をひっ張ってゆき  おれは向うの土手のあたりで駕籠から転げだすから  おれというに  オレは字は書けないから叱らないでよ  おれに断りも  おれをなんだと心得ておる  おれに釣らせるな  おれが釣ろうという  おれが釣りになんぞくる  おれの釣りたい  おれにはどちらともわからねえが  おれはこれでけえるぜ  おれなんぞのでる  おれの眼玉はとかくとんでもねえところへ行きたがる  おれは今いった  おれのような阿呆陀羅経ならいざしらず  おれは揚屋へ行って  おれと同じように詮じつめてしまった  おれはうちで寝っころがって考えただけの  おれの見た  おれを風来坊の大痴だと思っている  おれはこれから松平佐渡の部屋へ帰るから  おれが頼みたいという  おれは三十分おくれて  おれの耳はお前たちのとはチト出来がちがう  おれは知っている  おれも虎こ山の下まで行って見で来た  おれ見っ  おれはタスカロラにはあさっての朝着くだろう  おれが朝の辰刻になっても帰らなかったら  おれの口から頼みます願いますでは  おれにしちゃ  おれの見こみ  おれも行こう  おれは甲府から出てきたばかりの  おれは伏鐘の中に入って  おれに拾両よこすかと言った  おれは江戸無宿だからどうともままにしてくれと言ってひっくりかえれば  おれも頭をひねった  おれはこの話を聴いた  おれのところへ来た  おれがひとりでひっしょって  おれの見こみでは  おれにはうすうす見当がついているが  おれが不浄へ行って帰って来るまでの  おれはたったひとつだけのことしかしていない  おれが手洗鉢の蓋をとった  おれがここに控えておれば  おれにとっちゃ  おれともあろうものがマンマとはめられて  おれの弱点をついて  おれを釣りよせるなんて  おれを金蔵破りのぼくよけにして  おれならば鯨鍋にする  おれも先刻からそれを考えている  おれがその後をつづけて見ようじゃないか  おれを嵌めようたって  おれとでは学がちがうでな  おれにはわからねえ  おれに鍬を貸せ  おれはちょっとかんがえた  おれは浄心寺の帝釈堂の前で待っているから  おれの頼む  おれの弟子だけのことはある  おれはとど助さんと茅場の茶漬屋で飯を喰いながら待っているから  おれの指図に従わんな  おれは日本酒を飲み  おれは度重なる  おれの心はもう喜久子から離れていた  おれは喜久子を愛した  おれは彼女の大きな乳房に甘えた  おれにとってはつまり  おれはもぐり込んだ  おれは感じた  おれはその温気のなかに没入したくなった  おれが思うには  おれが強要したにもせよ  おれはしばしば中野の幻影に悩まされた  おれには分らなかった  おれは心に留めた  おれの思いも及ばない  おれが喜久子に溺れこんだ  おれにもよく分らない  おれはたて続けに二本目の煙草を吸って  おれを此処に引張って来た  おれの方でうっかりした  おれの神経を刺戟する  おれと彼と何の関係があるか  おれに一礼した  おれは急に癇癪が起り  おれは彼女の体温の中に沈没した  おれの理智を麻痺させ  おれの眼をつぶらせる  おれは時々あばれた  おれを本当に好きかどうか尋ねた  おれとああいう  おれに不安を与える  おれはいつしか中野を避ける  おれは一人になると  おれはなるべく他の客達と顔を合わせる  おれの方へ押しよせてきた  おれは虚勢を張って  おれとの親昵を曝露してしまう  おれは却って救われた  おれは胸壁にもたれて  おれに向っては  おれは眉をひそめた  おれはとっさに思ったが  おれは自分の立場の滑稽なのを感じた  おれと喜久子との仲をよく知ってると言った  おれを無視している  おれは中野の話を喜久子に伝えた  おれの眼に据えた  おれの首を抱いたが  おれの方を真剣だと言う  おれのところには遊びしか残らなくなるかも知れない  おれは決意した  おれは可なりの金額を調達した  おれはそう言って  おれは次のように宣言する  おれは自暴自棄的に而も真面目に考えていた  おれの魂がそれに反撥する  おれの魂は頑強に反抗した  おれは身を動かした  おれは我に返って立ち上った  おれは祝杯をあげかけたが  おれは寝床へ連れこまれたらしい  おれは夜中に眼を覚ました  おれは眼をこすり  おれは頭から布団にもぐりかけたが  おれの首に巻いた  おれは自分で自分の息を塞ぐ  おれは酔っていた  おれはそっと起き上って  おれはもう何も考えず  おれの魂はもう荷いきれなくなった  おれとのことを真剣だと言った  おれは探し求めた  おれは立ち上って  おれのものにするから  おれにも判らない  オレもどうかしているなと  オレの知った  オレに百万かさないかな  オレにも死神がついてる  オレもイノチをすてる  オレをまいて  オレがオレをからかっているだけな  オレの身にもなってくれよ  オレはパンパンに軽蔑されにきた  オレが憎んでやる  オレが偉いと思ってりゃ  オレをあわれんでくれよ  オレの本心は全然動揺してやしない  オレの影がゆれているだけ  オレを泥棒あつかいに  オレの女になれよ  オレがやっても  オレと遊ばないという  オレが北川を殺したら  オレの女になるか  オレにタバコをすすめるとは  オレはさッきから待っているが  オレはその決心を口実にして  オレも知らないけどさ  オレの心が京都へ行こう  オレとユックリ酒をのんでくれる  オレは安心して  オレにだって分ってるよ  オレはお天気まかせだよ  オレは長さんの正体を見とどける  オレが来年も生きているとしたら  オレにくれろよ  オレはハッキリしていると思うな  オレは記代子に愛情なんぞもってやしない  オレは同情できねえや  オレは持ってやらないぜ  オレは長さんを憎む  おれは気が変になる  おれがいやかと訊くと  おれの名前を知つてやがるな  おれの詩を読んだ  おれに見せてくれい  おれに身の上を明かして  おれの家の客にする  おれは本能でそれがわかるよ  おれが現在空想している  おれと言うだけれど  おれはどうもき  おれの姿を見て  おれはぢきに降りる  おれのこれほどの親切がわからん  おれの処へ来なくても  おれがき  おれは鳥になってしまう  おれが医者などやれる  おれはみみずくの病気なんどなおしてやった  おれのセロの音がごうごうひびくと  おれは怒った  おれが責任をもつ  おれも君の看護に来た  おれも家内のいる  おれもうつかり  おれが書いた  おれが話すと  おれが金を返さなければこそ  おれと云って  おれが初めて主君のかたき討をする  オレは英語がしゃべれないから  オレが買っても  オレがいくらボケたって  オレの生まれた  オレの村では毎朝目がさめると  オレの子供のころ新潟の医科大学にはツツガ虫を二十年も研究して  オレの子供のころはオレンチにもイタチがいたが  オレの趣味はモロモロあるぞ  オレもやろう  オレが何になるか  オレは死刑になる  オレのことはオレでする  オレもよう知らんな  オレをバカヤローと言ったな  オレのできない  オレを総理大臣にしてみろ  おれは幸にして  おれはどうしていいかわからん  おれのほうが遅れて  オレなぞとも云ってましたが  オレが引受けた  オレの顔を知ってる  おれのほんとのおとっつあんじゃないだろう  おれのごろっこ  おれもいくよ  おれの頭がでっかちなので  おれが名をつけてやるよ  おれのでしにしてやるよ  おれの弟にしてやった  おれのおっかさんのいる  おれのおっかさんいるけ  おれが息せききってかけつけたと思っているが  オレは武力征服などという暴力はとらない  おれはもう運転士の免状を引き破る  おれでさへ昼学校では大抵まぎれて忘れてゐる  おれはそれを見ようとはしない  おれも困るからよ  おれも頭の毛の長く生えるまでは居なければならぬ  おれも今までの坊主とは違い  おれは此の家へ這入って  おれが酔うた  おれも立つよ  おれは追剥をする  おれの差配人さんでは間に合わない  おれは美しい正方形のつめくさの絨氈の上で夕方までいろいろ踊るといふ  おれはおれの創造力に充分な自信があった  おれはそこへ花でBeethovenのFantasyを描く  おれはすっかり舞台に居る  おれはびっくりして  おれも感応した  おれの考へてゐる  おれはこの愉快な創造の数時間をめちゃめちゃに壊した  おれを見てゐなかった  おれはその憐れむべき  おれにした  おれを仲間外れにして  おれがまぜ返してやる  おれの音楽にかなう  おれは夜鳴く  おれの最も親炙する  おれも不思議と思ふから  おれは父親に可愛がられていないという  おれのやうな人間はどうすれば  おれはすべてを信じない  おれは胸がいつ  おれはあの幼芽のねんばりした  おれは狐にでも化かされている  おれを意気地なしだと思つてゐやがる  おれへ当てつけの  おれがだました  おれだって読みたくない  おれも出世したわいと  おれが何をしてるか  おれの歌の事を賞めて書いてあり  おれは知らん顔をしといてやるから  おれの周囲に集る  おれのそばにゐる  おれはこのなりでい  おれは西郷から此の衣物を貰つて来たと  おれは若い時親に死別れてからは  おれに匿さいでも宜からうと怒  おれの名と一緒だと笑つて居りました  おれも武市と一緒に帰つて居た  おれの為めには随分骨を折てくれたが  おれは不大胆の厭世家やて云うとる  おれがやってみる  おれについて来い  おれの巣だった  おれが翼賛会の興亜本部にいる  おれはちよつといやな気がした  おれもあと二三年の寿命だと思ふが  おれはビールの残りをゆつくり飲んでからにする  おれのしやべる  おれもこれで歌に夢中になつた頃があるよ  おれも一番名乗り出たかも知れん  おれに似てる  おれは物心がついてから  おれはいくどにらみつけて  おれは失敗した  おれが口走つた  おれはまともに惚れてゐた  おれは弁解はしなかつた  おれが女の子と仲よくするなんて  おれの青春をメチャメチャにした  おれは軍夫といふやつを志願した  おれにだつてどこか見どころがある  おれの頭の中で渦を巻いた  おれのところへ嫁さんに来た  おれを自分好みの男に仕たてる  おれはつくづく考へた  おれはなんべんもいつた  おれもギャフンと参つたことがある  おれの顔をちらと見る  おれは兜をぬいだ  おれのどこに不満がある  おれはちつとも  おれのことなんか心配しないで  おれの自由になるとしたら  おれの渇いた  おれには信じられない  おれの責任もあるとは思ふ  おれが女つていふ  おれはもう帰るよ  おれも一番陽気に唄ってやろうか  おれはこの通り頑丈な甲で身をかためている  おれはあの木のかげへ行って  おれもさっきから唄いくたびれたから  おれの姿を見ると  おれにみこまれたら  おれが決めた  おれはお前のたのみをきいた  おれの頼みをきくだろうな  おれはお前と約束した  おれはお前のところへ婿入りする  おれを呼び起せば  おれの方が先になる  おれも我慢が出来なくなって来た  おれの大きい眼はみがいた  おれの口には赤い舌が火のように燃えている  おれのからだには鉄のような鱗が一面に生えている  おれはこれほどの武器をもっている  おれのような強い者になって  おれは帰るぞ  おれにも見えないという  おれの見損じか  おれが社会主義の宣伝をしている  おれの手を握つた  おれをつかまえて離さない  おれには父さん母さん大きい兄さん小さい兄さんがあった  おれはたちまち独りぼっちになってしまった  おれをなにくれと  おれに届けてくれた  おれには叔父がひとりあって  おれを山狩りにさそった  おれに向って  おれは穴の中へ入って行った  おれの行く手が明るくなると  おれのそばを通るのに  おれの方を見ない  おれの方を見ずに  おれのそばを通っても気づいた  おれに吠えかけている  おれはふしぎに思って  おれもひとつでかけてみようかと  おれがこしらえておいた  おれはああいう  おれはまもなくこの世からいなくなる  オレに任せておけなど  おれが退屈してる  おれだ我だと争った  おれにも今日から手伝はせておくりや  おれには何だかわからなくな  おれの仕事を手伝つてくれた  おれに手伝はせてくれ  おれには分っとる  おれは知らんよ  おれの屋敷に生えた  おれも時々鍋をつっつきに寄った  おれは親爺に聞いた  おれもそうしよう  おれはどうやら彼を好きになったらしい  おれのような小僧っ子を信用して  おれに尋ねた  おれにくれた  おれには何のことかよく分らなかった  おれの批評など求めはしなかった  おれはただ生魚を時々持っていった  おれが識り合った  おれまで物置小屋へ引っぱってゆき  おれには話がよく分らなかった  おれは北川さんの書いた  おれは聞いてみた  おれは物置小屋の外におり  おれはへんな気がした  おれの方を見つめた  おれがためらっていると  おれの方で冷りとした  おれは帰ってゆこうとしたが  おれに渡して  おれは思わず言ってしまった  おれにも分ったが  おれが眉根をしかめてみると  おれの肩を一つ叩いて言った  おれは台所の用をすまして  おれはこの人が嫌いになった  おれはどきりとした  おれはいらいらしてきた  おれは言った  おれにもすすめたので  おれも飲んでやった  おれは気を利かせて  おれは梅の木を見に行った  おれは梅の木を見上げた  おれを呼んだ  おれがびっくりして  おれは顔が赤くなる  おれを見た  おれはそこにばかのように突っ立ってる  おれは首垂れてしまった  おれの中にもはっきり伝わってきた  おれはそれだけ言って  おれにもよく分らなかったが  おれはそこらを歩きまわって  おれが貰ってやろうときめた  おれは嘲って  おれは先から知っていたねえ  おれの火の愛情を理解しては呉れなかった  おれは下司ではあるが  おれは今腹を切って死ぬる  おれが死んでしもうたら  おれはそれがかわいそうでならん  おれと一しょに死のうとは思わんかい  おれは命が惜しくて生きている  おれをどれほど悪く思う  おれは今瓢箪に油を塗って切ろうと思う  おれが死んだら  おれの子じゃというて  おれの子に生まれた  おれがもらう  おれにはせんようがあると考えた  おれがお供から帰ったに  おれが生きてゐる  おれを邦原家の避難先へ連れて行けと言った  おれと云ってもおってやらないさ  おれは日本語の丁寧な言葉ってものを一つも知らない  おれの山から作りだす  おれが老い込むと  おれも随分鍋島家には世話をやかせた  おれの持つ  おれのわざはこんな山の中に封じられて終る  おれの傍に坐った  おれは女に飢え渇いている  おれは道楽はしても  オレは今ごろ気がついたが  オレは熱のことを忘れていたぞ  おれあドウしてもわからねえ  おれもお前もよく識っている  おれの書いた  おれが相手として望む  おれの思う  おれの悪口を土のなかへ葬むるように強く降れ  おれは多分死ぬだろう  おれは殺されたくは  おれは朝起きする  おれの持っていた  おれは自分で凍  おれはおれ自身へ対して  おれは自分の魂をおれ自身で剽竊して  おれの熱情は恐怖とともに満月のように輝いてきたが  おれの嫉妬であるかも知れない  おれはそれほどの罰あたりであるかも知れない  おれは未だに過去の忘却の饗宴の席へつれられてはいない  おれの執拗な抵抗を見てみろ  おれは真実悲観はしていたろう  おれは絶望はしていない  おれは産前のありとあらゆる精力を尽したかの  おれは自分の母親をこの都へ呼び寄せる  おれは自分が身のほどに働いて  おれの舞台上の過程であるかも知れない  おれは形而上形而下以外の別のものになる  おれは不死の約束に入れられて  おれは浅薄にも溜息とともに大学を止した  おれはずっとアンニューイという生物のような智力に苦しめられつづけて来た  おれは黄金の都会から墜落した  おれの憧れは憧れ  おれの才能はペテロを見るだけにも足りない  おれの才能はサルフィユを見るだけにも足りない  おれよりもすぐれた  おれがいままでに見た  おれは母の信用を質入した  おれの敵は姿を変装して来た  おれに部屋を借してくれた  おれは死ぬぞ  おれはおれの躯を愛しそこねた  おれはおれの躯を愛し  おれを忘れた  おれを愚弄した  おれは冷たい吹息を吹きかけられた  おれは懇願する  おれの胃が躯を抜け出ようとした  おれは物騒な人と言われるだけの  おれがおれの胸の奥底へおし隠して  おれはその感情を汲み出そう汲み出そうと  おれは大変感じ  おれは疑う  おれは因循姑息に犯された  おれはおれの敵を見た  おれは自分を愛しそこねた  おれは何ものからも見棄てられたではないか  おれの身のほどを誤って  おれは自分の躯を愛しそこねた  おれは常に真実を話した  おれは勝手に自分の真実を喋った  おれは自分の数ある  おれは夢と現実とを分つ  おれが保泉村を通りかけて  おれのお母に指でもさす  おれが面白い話をしてきかせる  おれもこの話をあまり本気にしなかった  おれが表を掃いていると  おれは何気なく受け取って見ると驚いた  おれはいよいよそれに違いないと思った  おれは顫え上った  おれはそのあくる日中野の鶴原家に鼓を持って行って  おれは誰にも云わないが  おれはこの頃から決心をした  おれはこのごろこの事ばかり気にしていた  おれが一つ打つと  おれが何時いやな顔をした  おれが新聞を読む  おれが溜息を吐く  おれが欠伸をする  おれを捌く  おれにはお前の素振りがまったく解せない  おれをあんな眼腐れ金と見かえる  おれがこれから引添って行って  おれは毎日その肱掛椅子へ腰を下して  おれは時々こんな空想を浮べながら  おれの所へは訪問に来る  おれの部屋の中には鏡にうつる  おれの相手を勤めてゐる  おれが向うの二階の窓を見ると  おれへ会釈をした  おれへ会釈をする  おれが待ち暮した  おれの方でも必ず会釈をする  おれの所へ来た  おれを尋ねたが  おれに会ふ  おれは昨夜あの混血児の女が抛りこんだ  おれの待ちに待つてゐた  おれの耳へ伝へたのに  おれの戸口へ立つかも知れない  おれの生活の臭いだと一寸惹かれてみたら  おれの寝息をうかがう  おれの寝息なんぞうかがう  おれは神経衰弱をやっている  おれは働こう  おれの心が解らない  おれにはわからない  おれは沼のほとりを歩いてゐる  おれは進んで  おれは石のやうに水底へ沈みながら  おれの身のまはりに飛びちがふやうな心もちがした  おれの憧れてゐた  おれの死骸はかう思ひながら  おれに会えないだろう  おれがそう言った  おれは弓箭沙汰を用いないで  おれが天下を取る  おれに勝てるか  おれも金があると  おれを連れてって  おれが無理矢理かどわかした  オレの命がなくなってしまう  オレが心から愛している  オレに知れるが  オレは事情あって  オレをお前のウチへ案内しろ  オレは事情があって  おれはこの挿話を書きながら  おれが書く  おれはお君さんの名誉のためにつけ加える  おれも知っていない  おれが知っていない  おれは今夜中にこの小説を書き上げなければならないからである  おれが今いくら心配した  おれは今日だけでもほかの人たちの三倍ぐらいも働いた  おれになって居る  おれは飛行機工場をたてる  おれが周旋するよ  おれが事務長になるとか  おれはよほど目をかけて  おれにも考へがある  おれをあまく見て  おれが貰った  おれが保証して  おれが虎船長にとりなすから  おれを売ったな  おれをたすけてくれ  おれがゆるしちゃおかないぞ  おれがもらった  おれは知らなかった  おれに人ごろしをさせた  おれをペテンにかけやがった  おれの命令にしたがわぬというか  おれはたすかる  おれは死なないぞ  おれの死ぬときゃ  おれの手ににぎらせてくれ  おれのバンドをといて  おれは酔っちゃいない  おれがやろう  おれの家の庭へも春がやって来るよ  おれにことわりもしないで  おれに黙って行くなんて  おれが一人でいただいちまおうよ  おれは胸が軽くなった  おれはそばへ行って  おれだけが世界の真理を把んでいると  おれが三年見  おれと盗つ  おれは菅笠の縁に手をかけ  おれの旅慣れ  おれに追ひついて  おれも異存がある  おれは実に持て余しての  おれがゐ  おれは吹き出す  おれは急に腹が立つたから  おれの前へ手をついての  おれの素性を洗つてやるから  おれのなぐ  おれは可笑しさがこみ上げての  おれの手にかけて絞め殺した  おれの口を干し  おれも盗つ  おれは考へたが  おれはその間に草鞋をはいて  おれの方を見  おれは今更のやうにあの野郎が可哀さうにもなつて来たから  おれがひやかすと  おれは呆れただけだつたが  おれが止めようと思ふ  おれが云ふ  おれがさがす  おれの番だという気になり  おれは大丈夫だという気になると見えますね  おれはこんどしばらくおまえと別れなければなるまいよ  おれはあした山烏を追いに行く  おれとの約束はすっかり消えた  おれはあした戦死する  おれはこんどしばらくおまへと別れなければなるまいよ  おれはあした山烏を追ひに行く  おれとの約束はすつかり消えた  おれの飛行機は美しいから見せてやろうという  おれは無事着陸したぞ  おれの作っておいた  おれを愕かすなよ  おれに委せろよ  おれを愛してる  おれを憎んだ  おれもおまへを愛してる  おれは此処で待つてゐなくてはならない  おれの肉体は滅びても  おれの霊魂はいつまでも自分の財を守っている  おれの墳墓をあばこうとする  おれど清らかな高い徹る  おれはこの女を愛してゐるだらうか  おれは未だに愛してゐる  おれはお前は善悪の差を認めてゐないと  おれは仕止めて見せる  おれが引き取ってやろう  おれも腹が痛くなってきた  おれが夢中になつて愚痴をこぼす  おれを吸った  おれは縁故と言えば  おれが見える  おれのあとについて二人いっしょにまねをする  おれにわかる  おれの姿が現はれた  おれも四十年前横浜に行った  おれの袴羽織を貸してやるから  おれの宅へ来い  おれも胃が悪くなった  おれが許してやると評したから  おれは梨畑をやめて  おれはまた三十銭がた買って来ようと思ったら  おれは博士じゃないよと急に橋本が云い出した  おれは描き上げた  おれの部屋の前で止まつた  おれの頬に唇を触れた  おれは女の見慣れないけば  おれはLESANNALES誌の主筆のブリツソン君が撮  おれとのまづい  おれは南洋の土人夫婦と云つた風に撮られた  おれは此女と妻のことに就て語りたくなかつたので  おれと此女との間に用ひる  おれと並んで  おれは躊躇せずに  おれは急いで  おれの使つて居る  おれはトランクの底から百フランの紙幣を三枚抜き出して  おれに持たせて置いて  おれは女がなぜこんな荷物を持つて出掛ける  おれは停車場の中の本屋でランスの智識を得る  おれの心は淋しくなつて来た  おれは大抵人間の階級の見当が附き  おれを何と想つてる  おれを黒奴の下部あつかひにして居る  おれがあの女の後ろからこの荷物を持つて  おれはこんなことを考へて  おれは改札口の処で待ち合せて  おれに必要になつて来た  おれは二十歳前後のおれと四十面下げた  おれと一所に乗つた  おれは寝る  おれは咄嗟に都合よく女の情緒の調子を合せる  おれもはあこうなっては  おれの邪魔をしている  おれと合図しました  おれにはちやんとわかつとる  おれが何時責めた  おれに砂糖をすこしもつてきてくんねえか  おれと言った  おれは気が変になり  おれが会う  おれをばかにしやがるな  おれも聞いた  おれの主人は野暮だとか判らず  おれに恥辱をあたえた  おれの鎧櫃をかついでいる  おれを強請ろうという  おれが担いで行く  おれの首が飛んだら  おれから届ける  おれの首を入れられる  おれもよっぽど臆病だとみえる  おれの空耳であろうと思いながら  おれの眼がぼうとしている  おれが不意にあばれ出す  おれも生涯に一度も吹いた  おれは耳が遠いから傍へ来て  おれは馬鹿なことをした  おれが内証で教えてやるから  おれの殿様は剣術や手習を教えて  おれの大小をどうした  おれは急いで行かなければならない  おれが見てたらしつ  おれの死ぬ  おれ行って見で来べが  おれあ行って見べが  おれ行って見べが  おれも一遍行ってみべが  おれ歌うだうはんて  おれあ行つて見べが  おれも一遍行つてみべが  おれの寝床へはいりこんで来たよ  おれに童貞を捨てさせろ  おれを恨んでやがる  おれには百年も経った  おれが吹いてやっても  おれも何んだかこの子の姿がぼやけて見える  おれの妹を惑わして  おれのうけた  おれの連れが来る  おれは聞いたが  おれの帰りを待っていたろう  おれを待っている  おれが盗んだと  おれが行つて来ようか  おれもふんばる  おれが追払つてやる  おれには変に好意をもつてる  おれは面白い芝居を書く  おれだってむずかしい顔をするぞ  おれの顔さえ見れば  おれの方から行って  おれも諦らめてしまった  おれは御父さんの使に来た  おれの身をかわりに吸え  おれによって来い  おれは忘れた  おれは覚えて居る  おれをいとしがって居る  おれの墓と言う  おれが悪かったと言う  おれすら忘れて居た  おれにせられてしまった  おれの妻の生んだ  おれの子というほどの  おれよりも嗜きだったかも知れぬほどだが  おれも考えれば  おれのいる  おれは娘を人にわたす  おれはそんなことで諦らめたりなんかする  おれは何という下らない自分ひとりよがりを考えている  おれのせゐにしやがる  おれは逃げると  おれやそんなこと考へねえや  おれが逃げ出しでもしたら  おれの方が後で生れた  おれは覺えて居る  おれをいとしがつて居る  おれの墓と言ふも  おれが惡かつたと言ふ  おれにせられてし  おれよりも嗜きだつたかも知れぬほどだが  おれも考へれば  おれはどうしてかうだらう  おれはおもちやで遊ぶぞ  おれがおもちやで遊ぶ  おれ程おまへもおもちやが見えたら  おれはおもちや以外のことは考へてみた  おれはおもちやが面白かつたんだしかしそれかと云つておまへにはおもちや以外の何か面白いことといふのがある  おれの行動をスピード籤に賭けてみよう  おれの行動を決定し  おれが傘を取りに行ってる  おれの珈琲飲んでしまう  おれが教える  おれは学校を追い出されるだろう  おれのサノサをきけ  おれに気があるからだろう  おれの一生のたのみや  おれの家はこんな商売をしてる  おれかテもう一ぺんあの女を妾にしたる  おれが一本にする  おれは芸者や舞妓を道具に使って儲けた  おれが責任もつ  おれは耳かきですくう  おれを書くというが  おれの予感が適中した  おれと一緒に歩いていた  おれによつて来い  おれが悪かつたと言ふ  おれはどうしてかうだろう  オレが背負ってやる  オレは一日に五へん食う  オレが安く買ってきてやる  オレにまかしておけ  オレが造ってやる  オレはのまん  オレが一人でする  おれの腹が減らない  おれだつてバケツに一杯づゝなら提げて  おれが死んだという  おれが飛ばしてやった  おれとは違うぞという  おれの心は急に締めあげられる  おれを忘れてし  おれのからだに触  おれは死んでゐる  おれのからだは著こんだ  おれは何もわからなくな  おれの昔があり  おれをどうしろと仰る  おれの見える  おれに出来る  おれより嗜きだつたかも知れないほどだつたが  おれはどうしてかうだ  おれは新しい現實を此目で見て  おれは心で起きてゐたらしい  おれも出て見よう  おれは常々それをさびしく眺めてゐた  おれにないのだと自分を責めた  おれのお前に對する  おれの努力を思つて我慢しておくれ  おれは隨分考へた  おれにはどうしてもさう思ふ  おれは別れる  おれは直接お前に尋ねはしなかつたけれど  おれは舞踏といふことを考へてゐた  おれの涙かなと私は思ひ  おれを疑っているな  おれは残らずいってのけたよ  おれのいうた  おれはくどい事は好かんからな  おれがこの上の御奉公をしてたまるか  おれが木村以上にお前に深惚れしていると  おれはこれでいざとなると  おれは幾日も浜には行き  おれは少しばかり手回りの荷物だけ持って  おれも埋れ木になってしまった  おれは負け惜しみをいうは  おれは家内や娘たちの事を思うと  おれも急に三人まで子を失くしたらさびしくってならんから  おれはこんなのは見た  おれはきょうは二人に対面して  おれは赤の他人におれの女を養わすほど  おれはこれから竹柴へ行く  おれにはさっきの話が喉につかえて残っとるて  おれの金を心まかせに使う  おれは用のないものは片っ端から捨てる  おれを疑っとる  おれの面に泥を塗りこくっとる  おれのようなやくざを構っとると  おれをだましにかかると  おれは女の子の二人や三人養うに  おれまでがいらん  おれが悪かったのかもしれない  おれは早や世の中の底潮にもぐり込んだ  おれがお前を見捨てるか見捨てないか  おれが一つ顔を出して見せれば  おれは長年海の上で暮らしたが  おれが愛ちゃんに頼んだに  おれに厭きたな  おれが喰い込んでも  おれはうそほんなしにお前とは手を切って見せるから  おれもそう思う  おれはまだもう一反り反ってみてくれる  おれは女のき  おれが暇を無理に作って  おれはお前も愛するが去った  おれは妻とは家庭を持とう  おれの愛している  おれが未練を持っていると思う  おれのほうの仕事はどうもおもしろくなくなって来おった  おれがここに来る  おれの事を少しは思ってみてくれても  おれはこれまでにどんな不貞腐れをした  おれはこれから引き返して  おれも月並みに同情したが  おれを追い出してやったと  おれの方から見限った  おれが使った  おれは思っていたが  おれの一命はこんなところで果すべき  おれはいま百万円の借金がある  おれも一番記者になって  おれは中等学校へは二三年通った  おれが言う  おれの力を認めている  おれとお前の関係はこの船場新聞にはじまって  おれはお前を助けて来た  おれが居なければ  おれが昔取った  おれの記事をぶつぶつ恨み  おれに惚れていた  おれはそううぬぼれていた  おれの思いちがいだったかも知れないが  おれの方が好かれていた  おれは呆れ果てた  おれを甘く見た  おれは甘く出来ていなかった  おれはそんな請求には応じなかった  おれのところへやって来られた  おれもあきれた  おれの精神が腐っていたからといって  おれの弥次馬根性がそうさせた  おれも何思ったか  おれは変にうれしくなってしまい  おれはぷっと噴きだし  おれの宣伝のやり方が堂に入っていたからだ  おれが宣伝の才にめぐまれていたかは  おれの言葉をあやしむ  おれも随分罪な宣伝をやった  おれに言い言いし  おれは随分くさってしまったが  おれは情けない目を見た  おれがしてやった  おれも平気な顔をしていた  おれもお前に貰って  おれに出会った  おれの親切が腑に落ちかねて  おれは惚れこんだ  おれが智慧をしぼって考えだした  おれも予想しなかった  おれの名を書きそえる  おれの血の最後の一滴まで啜らせてやるぞ  おれがやらなかった  おれは己惚れている  おれも気恥かしいくらいだ  おれの案だなどと断るまでも  おれの智慧を借りなくても  おれでなくてはやれなかったろう  おれの知っている  おれもあの女だけはよせと忠告する  おれの家へ自動車で乗りつけた  おれの惚れていた  おれはがっかりしたが  おれは突然変な気を起し  おれの手を振りはらい  おれの変な気持をそそる  おれもそんな振舞いに出る  おれはがっかりした  おれはこうも変る  おれは辛抱して見ていたが  おれは今更お前の慈善行為にけちをつける  おれはこれだけ言って置きたい  おれはもう黙って見ていられなかった  おれはお前を金持ちにしてやる  おれの出る  おれはおれのしたい  おれはお前に金を掴まして置いて  おれはお前の新聞に年に八万円払ってる  おれに相談した  おれはその醜態にふきだし  おれを失う  おれにくれるべき  おれはなんとなく気にくわず  おれに見はなされた  おれと別れて  おれも近頃めっきり気が弱くなった  オレが呼吸器病のために必死に闘っている  おれはずいぶん配慮した  おれとの仲が主人にばれて  おれのところへ飛び込んで来て  おれのところへ飛び込んで来るなどという  おれも考えた  おれはぶん殴ってやるかも知れないが  おれには余計な金がいる  おれは助かった  おれも窮余の策を発見した  おれはそのノートを原稿用紙に清書する  おれの家にいて  おれの方に引き受けた  おれの気に入った  おれには不安になった  おれも黙っていたが  おれの懐にはそれだけ原稿料がころがり込むという  おれのところへ相談に来る  おれは言う  おれの書斎にやってくる  おれはそれを肯定し  おれが飛びかかっていっても暴れても  おれは心身とも素っ裸のまま包みこまれてしまう  おれの精神は張り切り  おれに差し出し  おれはぞっと総毛立ち  おれにはもうそんな物はいらない  おれの顔をぼんやり見上げてる  おれはジンのグラスを置いて  おれは扇子を取って立ち上り  おれはそれらを愛用してる  おれはいい加減に助言してやった  おれの胸に萠してくる  おれを見たが  おれはそこに寝そべり  おれの身内に頭をもたげている  おれは起き上って  おれの名を呼んだ  おれは頬笑ましくなった  おれはジンのグラスを取り上げた  おれは大声で言い直してやった  おれはもう返事をせず  おれは卵を掴んで  おれを睥みつける  おれはぞっとした  おれは途方にくれて  おれはジンを飲もう  おれはそれが起こるまで  おれの云つたことがまた聞えて来や  おれを困らせていけねえ  おれに叩かしてみろ  おれの註文を聴いてから  おれがさっきから犬っ  おれがちゃんと睨んでいる  おれがもう睨んでいる  おれを怨むな  おれのようなやくざな人間のことを考えていちゃいけないよ  おれが負ってやるっていうのに  おれに委せとけよ  おれは忘れたよ  おればかりかと思ったが  おれも一しょにいるさ  おれは役人をやめてしまう  おれもきっと一緒に行くぞ  おれはお前の阿  おれが住むより  おれが住まわせろと云ったら  おれのような田舎婆が行ったら  おれあ楽しみなごんだ  おれが知るかい  おれはぞつとするよ  おれにお説教なんぞする  おれが受ける  おれや知らん  おれの頭はばかになった  オレは日本画を描いては  おれは嫌れえだ  おれが教へてやる  おれはエミリーの酒場に敬意を表してくる  おれが話を切り出した  おれには分らない  おれの長靴を盗んだな  おれが貰って置こう  おれを撲ったな  おれの剣も盗んだな  おれでも八つ裂きにし兼ねないから  おれはただ立っていろと言っただけな  オレが精神病者であることはハッキリしているが  おれがさう  おれにはホメロスでもあり  おれの力じゃ到底出来ん  おれはフランスよりアメリカの方をすきになる  オレの頭をなぐれ  オレがよぶまで上ってくるな  オレに仇をとれという  おれと云っても  オレにたのんだって  おれはその耳に口をよせて  おれは舌をぺろりと出して  おれにはもっと面白いことが残っていた  おれは駈けだした  おれは山根さんの様子を見にいった  おれの腑におちない  おれは思って  おれが思ってる  おれも呆れた  おれはチェッと舌打ちした  おれの腑におちないという  おれの手伝いもあるにはあったが  おれは愉快になった  おれは諦めて  おれは南さんを千疋屋の二階に見出した  おれは彼の真正面に両肱をついて  おれも辛抱してついてきた  おれが予言した  おれが見込んだだけはある  おれは頭をかいた  おれは首を傾げた  おれは頷いてやった  おれは呟いてやった  おれもさすがに冷やりとした  おれも酔っ払うとしようかなと考えた  おれは待ちくたびれて  おれは助言してやった  おれは苦笑した  おれはせき立てた  おれはそれを手伝って  おれは退屈になって  おれは二階のある  おれは往来に面した  おれは眼をさますと  おれが飛び上って叩き落さなかったら  おれは眼を見張った  おれは不思議に思って  おれはそこに残って  おれには少し腑におちない  おれは正夫の寝てる  おれがその額に接吻してやると  おれの手におえない  おれはばかばかしくなって  おれも結婚しないのに  オレがまだ結婚しないのにと  オレの村に銀座ができて  オレが一割もお礼やる  オレは普通の健全な人間だと云って  オレをだますか  オレは別だと云いたいでしょうが  おれが保証人になって  おれも拘泥している  おれも驚ろいた  おれの態度がどうしても向には酌み取れないと見えると  おれが暇さえあればと云う  おれは当然二十円五十銭の月給で沢山だと思った  おれは逢わない  おれの方が困る  おれもその方を埋める  おれは構わん  おれは行かれない  おれに頭をさげねばならんと思う  おれにはおれがある  おれを出さないで  おれを出す  おれが犬なら直ぐに女を探し出す  おれでもしたら  オレは同行したくないよ  おれが審判官にならう  おれが雪子の姿を見出して  おれは救ひを呼ばなければならないが  おれは胸を締められる  おれはお前にいいつける  おれが用意しておいた  おれの調べた  おれがピストルを持てば  おれが二発目を発射する  おれもそう思うがの  おれはこれで帰るから  おれも急にぞっとしたよ  おれや論爭を買つて出たよ  おれはひとを最高をもつて律し  おれの心ははじめて慰む  おれが人にも自分にものぞむ  おれは生きたい  おれもあん  おれの方の雜誌にもそのうちなんか書いてくれよ  おれが家督をとる  おれは余り酒は飲まない  おれにもちっと考えがある  おれの屋敷まで知らせに参れと  おれの留守にたびたび来た  おれまでが厄介になろうとは思わない  おれも悪旗本かも知れないよ  おれが今この鎧を持ち出して  おれも以前は武芸に凝り固まって  おれのところへ知らせて来いと言った  おれはいよいよ甲府勝手になり  おれを手討ちにすると言ったよ  おれもこれを持っている  おれもこんなものは鬱陶しくていけねえ  おれには櫻湯をくんねえ  オレの次の代からは本丸をフモトへうつせよ  おれに何の用があるだろう  おれは生きのびた  おれは生まれ代わる  おれという人間はもう箸にも棒にもかからない  おれの性根もなおるだろう  おれは竹馬を作ってやった  おれは用がある  おれを今よりもっと不幸にするかも知れない  おれの連だったが  おれが一番さきになる  おれはそんなことをしたかな  おれはとにかく首尾よく降りた  おれは靴をぬごう  おれははだしで行こうかな  おれはやっぱり川を下った  おれもおりる  おれははだしで行かうかな  オレが牛か豚に見えるとは思われないが  オレの方が浦上切支丹よりも我慢強いような気がしないが  オレが一合七勺の遅配欠配に我慢ができても  おれ見たいな人間には少し寂しい気がする  おれのパトロンの青山修理のこの抱地に一軒空いてる  おれは狐にしたら  オレの国の誰それ様だとも言いかねる  オレだと言いたてたがる  オレを死者扱いは何事であるかと刀をぬいて  おれをうやまったが  おれが杭州で釣をしている  おれもすぐ後から出発する  おれはおこわめしをみやげにもらっていた  オレでも間に合うべ  おれは考えたよ  おれのことも考えてくれ  おれは故郷の家族に一度も会わずに来た  おれになっていた  おれは最初しめたと思った  おれの親達が以前仕えていた  おれは謝ったら  おれも片腕を貸してやろうじゃないか  おれの姿を見れば  おれの影を見れば  おれを仇の何のと罵ったが  おれは恥じない  おれはこれから日名倉の木戸へ行く  おれは何をして来たか  おれはかういふ  おれはどこへいく  おれかと云って  おれだかなんだかわからない  おれがどっちがさきに死ぬか  おれはあの時宮本村の故郷へ帰らなかったろうか  おれは在る  おれは敗れた  おれは勝っている  おれはあの老僧の日観に敗けを負わされて戻っている  おれはまだ何もやっていない  おれも逃げたい  おれに劣らない  おれは負けない  おれが承知しないぞっ  おれはまだこんな国のある  おれは湯槽がよく祟る  おれと似ているな  おれは曾てこの母の乳を飲んだ  おれは軍人でないから軍隊の拘束を受けない  おれに逢いたければ  おれを呼べ  オレと一しょに旅にでて  おれときまって居る  おれの処に渡りをつけろ  おれな心理になり  おれと言う  おれが出かけて行って  おれはたぶんべつべつに死ぬ  おれは愛する  おれはコロラドのフェニックスの鉱山でトレーラーの運転手をやっていた  おれは昨日トオキョオへ行って  おれは日本の戦災の状況をグァム島で毎日ラジオで聞いていた  おれは心理作戦部というところにいる  おれも真人間になれるか  おれであると思っている  おれの頭のよさに敬意をはらわない  おれは飛びこむ  おれは入って見る  おれはピストルを持っているけれど  おれの方へ声をかけてくれ  おれを罪人扱いする  おれは四十を七つも越えてから  おれなどの例を見ると  おれはいい  おれが歴  おれはどうしよう  おれに頼むといった  おれの今日の生命のつなぎになっている  おれにも運が向いてきた  おれは石曳きする  おれは博戯事に来た  おれを知らんか  おれが聞いた  おれが嘘をいうと思う  おれの気持もわかった  おれに従わない  おれに腕がないからだとあの養母はいっている  おれをこうまで意地にさせて  おれに恥をかかす  おれから去ってやる  おれの愛があまりに烈し過ぎたので  おれが会ってやろう  おれはかつて出会っている  おれが沢庵を千年杉に縛りあげて  おれは勝つ  おれが黙って聞いていれば知らないと思って  おれは書きたい  おれだって呑みたかった  おれのうしろにやって来て  おれだつて呑みたかつた  おれの出て行く  おれの感想を率直に述べると  おれの股の下をくぐって  おれの足へそんなものを塗ったくっている  おれなんぞは牛乳が入っているから  おれだって肉桂が入っている  おれに約束すれば  おれは勤務のある  おれに何を呉れるち  おれなんぞもう死のうと思った  おれがきっとかたきを取ってやるから  おれも来て  おれのからだを詰めたに  おれの葬式として不足も言えまい  おれを揺り起したけれど  おれがあやまったら  おれの病気の間の幾つもの夜と昼とをよくもあんなに光ってながれつ  おれはまだこの畑地に到着してから  おれを見てゐる  おれもだまって見てゐるとむす  おれはぼろぼろの服を着て  おれの組合から買ってくれたの  おれの仕事がはじまる  おれの仕事を見てやがる  おれは勧めておいたよ  おれは腹が減っている  おれが足場の下にいた  おれが言った  おれの人が変わったかしれないが  おれを半殺しにもした  おれはあしたは村長さんの所へあいつを連れて行って  おれはずいぶん金を使わされた  おれはこの子を養いたくない  おれは一ぱい買うよ  おれはノートルダームで友だちに会った  おれはどうするか見ろ  おれはきさまのようなやつを見た  おれの前につっ立っている  おれはこんなところを見ると  おれにはどのくらいつらいと思う  おれのはらわたをつき破る  おれの苦しい心も察して  おれに対してちっとでも情けや恩を知っているなら  おれにも言う  おれがそれを言えば  おれは美女だと己惚れるなら  おれの家では買わせねえ  おれが対手になってやろう  おれと叱られるが如く  おれと伝える  おれは斬罪になる  おれが手を挙げたら  おれに出来ぬ  おれを紹介わせてくれ  おれに心はゆるさない  おれという枝から離れて  おれに修行をすすめた  おれを友達と思ってくれるなら  おれを救ってくれる  おれは一向知らないよ  おれは何かが食いたい  おれんとこへよこしな  おれはやっぱりもぐらを基本とした  おれは魔法使いをやろうという  おれは後悔する  おれはいままでした  おれのために神様におわびをしてくれ  おれがそのどろ  おれがとった  おれの寝台の下にはいっている  おれは懺悔する  おれもいっしょにほうりこめ  おれはくい改める  おれはのどがかわいた  おれの時計をやるぞ  おれは奇跡を心配しない  おれは日本の農業を改良したいからだと言うであろう  おれも一つ海軍に入って  おれの所へ来てくれ  おれはこういう学問をする  おれは菊花栽培に最も精通している  おれの威厳に恐れて  おれはこの恋を遂げて見せるぞと  おれは日本の農業を改良したいからだと  おれは斯ういふ  おれは菊花栽培に最も精通して居る  おれの威嚴に恐れて  おれがつかまると  おれだけを追いまわすという  おれが家へおれが来るに  おれが来たといつて  おれが来たといつ  オレは何かで読んだ  オレが何もできないと思うか  オレの手がふるえたと思うか  オレをなぐれ  おれはここに坐って  おれがその骨の折れる  おれの働きを心にくく思いつろう  おれには実の夫のあの民部の刀禰がこたび二の君の軍に加わ  おれが手ずから本磨ぎに磨ぎ上げた  おれは今泣いてはいぬぞ  おれも武士の妻あだに夫を励まし  おれが矢の根を日々磨ぎ澄まして  おれはこれから看経しょうぞ  おれとは一方ならぬ  おれが功名して帰ろう  おれがこれから鎌倉へ行こうぞと馳せ行いた  おれがここへ来る  おれに恥を見せたと  おれはそんな手で胡魔化されないぞ  おれはそこにいる  おれの邪魔をしやがったな  おれの名前を聞きたいという  おれの前へ出てこい  おれがゆこう  おれが手斧を持つ  おれの負としておこう  おれの前に平つくばって  おれの命令する  おれをだまそうと思っても  おれの潜水服を着ている  おれのまねをしやがる  おれの声をまねるとは  おれは知らないぞ  おればかりにしゃべらせないで  おれの潜水服をぬがせてしまえ  おれは食物をとってくるからな  おれがいこう  おれもいく  おれはケレンコ司令官の戦意をうたがっている  おれはこれから宗旨をかえて  おれは御免蒙りだといったり  おれが貰え受けた  おれが方から言えば  おれの生れ故郷へ行くさ  おれは信用が無いので困る  おれは近いうちに宇津木兵馬を殺すぞよ  おれを蒔く  おれの今日の運命は自ら求めた  おれは落魄れても  おれの飯をさいそくしてこい  おれの横に腰をかけていた  おれもついていってやる  おれを爆死させようとしたの  おれの前へおいたじゃないか  おれの前へ持って来やがったから  おれが死んだと見せる  おれの席のまわりを血だらけにしてやった  おれはすぐ花籠をつかんで  おれがしっかり持っているから  おれが助けた  おれにあまり手あらなことをさせない  おれにかくす  おれをばかにする  おれは耳にした  おれにつづけ  おれの鉄砲を知っている  おれが引受ける  おれは古いマントを着て  おれはその男を見ると  おれが前へさしか  おれは咄嗟に壁へぴつたりと體を擦りよせた  おれはもう助からん  おれには氣がつかれないや  おれのマントはひどく汚れてはゐるし  おれはこいつをよく知つてゐる  おれはメッヂイがさう  おれもまつたく魂消てし  おれはつひぞ  おれは肚の中でうなづいた  おれは洋傘をひろげて  おれは口の中で呟やいた  おれの友達が一人ここに住んでゐるが  おれが役所へ行くと  おれに當りちらす  おれにはちやんと分つてるよ  おれが格別な好意を寄せられてゐるのに  おれがどこぞの平民の出だとでもいふ  おれだつて今に出世して見せる  おれだつて大佐相當官ぐらゐにはなつて見せるぞ  おれにだつてルチェフ仕立ての流行の燕尾服を着せて  おれには不思議で堪らなかつた  おれは芝居にゆく  おれの出勤した  おれも負けずに  おれには知りたい  おれは何遍も閣下に話しかけてみようと  おれは心にうなづいた  おれは一度メッヂイを手もとへ呼んで  おれには甘藍といふやつがどうにも鼻もちがならぬのに  おれは鼻を押へて大急ぎに駈け  おれが呼鈴をならすと  おれはすぐに見て  おれの鼻へ咬み  おれに用のある  おれの脹脛に咬み  おれに取りあげられてし  おれを狂人だと思つたに違ひない  おれはどうも蝋燭のあかりでは字がよく讀めないからだ  おれは戸外へ出た  おれには何もかもが明瞭になる  おれはちやあんと知つてゐた  おれは人間のことが知りたい  おれだつてそいつあ少し變だと思ふぞ  おれのことを當てこす  おれの髮の毛を乾草みたいだなんて吐かす  おれが知らないと  おれを不倶戴天の仇として恨んでやがる  おれを陷れよう  おれも將官になりたい  おれはこの馬鹿げた  おれは自分がどういふ  おれからはどんな偉いものが飛び出すか分つた  おれが將官の禮裝でもつけて  おれは九等官でしかあり得ないなんていふ  おれの頭から離れない  おれは食事ちゆうも  おれを瘋癲病院へ入れようと思ひつか  おれには何でも掌へ載せた  おれが西班牙の王樣だと分ると  おれは努めて  おれはフィリップなどとは似ても似つかぬ  おれも同じやうにしたけれど  おれが參内を躊躇してゐる  おれはそれを鋏でずたずたに切りこまざいてし  おれがそれを着たら  おれの身分にいつかう  おれは今か今かと使節の到  おれは西班牙へ來てし  おれは夢に夢みる  おれは推察した  おれの手を執  おれを小つぽけな部屋へ押し込んでからに  おれは政務を親裁する  おれは月の至つて軟らかで脆いことを想像すると  おれには不思議でならん  おれはもう居ても立つてもゐられなく  おれの君命を果さうとて馳せ集まり  おれは王のこととて一人あとに殘つてゐると  おれが一生懸命に喚いたけれど  おれは狂人のやうに暴れだす  おれは宗教裁判の手にひつかかつたのぢやないかと思ふ  おれは總理大臣だと思つてゐた  おれに死ぬまで  おれはちやんと知つてるぞ  おれの姿が見えない  おれは返  おれはやはり默つてゐた  おれを見つけると  おれを小突き出した  おれは發見した  おれに何らかの懲罰を加へると  おれはすっかり輕蔑してゐる  おれの女房のお豊を出せ  おれが酔うとる  おれの代理をつとめて呉れよ  おれの顔を見るなり  おれが承知だから遠慮なく食いついてやれ  おれにも女のファンが出来たなんて  おれの靴は水が染みて  おれなんぞはいろんな事をやってみた  おれは癲癇病みもやってみた  おれの頸を攫んで引っ立てて行きゃあがった  おれはこのごろ時たま一本腕をやる  おれだって一口乗らねえにも限らねえ  おれは盗んだ  おれがおぬしに見せてやる  おれが盗んだ  おれが盗んでいる  おれならそう云う  おれの宝石を切る  おれに与えた  おれはあれを殺っつけて  おれは馭者台から飛び降りておいて  おれにはおれの生命を懸けての  おれの力で蔦代を逃がしてやろう  おれのことを心配している  おれのような馬鹿な兄貴のことなんか心配したって始まらねえぞ  おれもあとから行くし  おれのことなんか心配するなったら  おれは馬車をどんどん急がせるから  おれだけが生きて帰ったとしたら  おれは生きていて  おれは木の枝へ引っかかった  おれはあとから馬車が墜落していった  おれなんかのことはもう馬か牛のように思っている  おれは紀久ちゃんを死なせたく  おれだってもうどこかへ行ってしまっていたかもしれない  おれはこうしている  おれはやはり紀久ちゃんの傍を離れられねえ  おれは紀久ちゃんの傍にいたい  おれに書置きをしてあった  おれがなにも知らねえと思っている  おれと何の関係がある  おれに教えるっていう  おれに訊いたって分かるか  おれのために自殺をしたって  おれだっていう  おれが何もかも引き受けるから  おれは敬二郎よりももっと紀久ちゃんを想っている  おれがやった  おれの言っている  おれは自分のためにばかりやっている  おれがその準備をするから  おれが支度するまで  おれのとおりに動いてくれ  おれが動けって言うまで  おれへの手紙を見ても分かる  おれはいっさいなにも知らなかった  おれは門のところまで一緒に来て  おれがこうして押さえているから  おれはすぐこの部屋を逃げ出していくから  おれは真っ先に入ってこないで  おれが行って持ってくるかな  おれが入ってきた  おれはこれから警察へ行かなくちゃ  おれは本当のことを言っている  おれのように下男として働かなくちゃならなくなるかもしれないからなあ  おれはきみを旦那さまとして戴く  おれの電報を預かってる  おれにとって嬉しいこた  おれとがどんな風にして育ってきたか  おれの親父がどんなに難儀したか  おれの親父は言ってみれば  おれが言わなくても  おれは前祝いでもしてくるから  おれに寄越してる  おれのほうさ電報を寄越す  おれの親父がそう考えていた  おれの手で返してやりたい  おれのほうもすぐよくなる  おれが引っ張ってくるから  おれにはだれのことだか分かんねえなあ  おれには分かんねえ  おれの親父について来た  おれの親父まで騙して  おれは紀久ちゃんに言う  おれになんの用がある  おれがいちゃ  おれを殺そうという  おれだっておめおめと殺されちゃいねえから  おれがいたんじゃ  おれが逃げ  おれをその横へ乗せてくれ  おれと一緒に来てくれ  おれには紀久ちゃんの本当の気持ちがどうも分からない  おれと紀久ちゃんとの間に婚約のある  おれにはそんな大金ができねえから  おれがそれを出してやろう  おれも一つお願いがあるのでがすが  おれもできれば  おれが払ってやるから  おれだって手紙なんかやらねえさ  おれが手紙をやれば  おれたちさ金をくれておいて  おれに言わねえで  おれと紀久ちゃんとの世界が来た  おれが抑えていればこそだが  おれを生殺しにしておく  おれは佐々木道誉とは違う  おれが一見しておけば  おれと一緒にどこまでも行くか  おれの眼の見える  おれの導きをしろ  おれに張り合ってみようという  おれをまだ殺さぬわい  おれを敵にするが  おれを拾うてくれる  おれはよくしてやったとは思わぬわい  おれをここまでつれて来て  おれが来たから  おれの身体で埋めようという  おれには人の情を弄ぶ  おれも久しぶりで江戸見物をやる  おれの袖をしっかり捉めえていろ  おれの豪いことをいま知ったか  おれの面を見ただけで逃げてしまった  おれは印度の言葉を心得ている  おれを印度人に化けさせやがった  おれに断りなしに拵えた  おれの家から取って行った  おれに食われる  おれの方からもお聞き申したい  おれが直に連れて来てやると  おれは一旦ものにしかけた  おれもあの女ゆえにこの腕を一本なくして  おれも釣り込まれて  おれには分っている  おれから自由になろう  オレが君を追い廻して  おれはイヤだと言ってことわれたか  おれまいと思われる  おれは共産主義的に世の中を見  おれの言ってる  おれの馬の先に立って  おれが信玄と軍をする  おれは楽しみ  おれはもう胸が一ぱいになった  おれがこう云って立ち止まると  おれは可哀そうでならなかった  おれは今鎌を買いに  おれは未だに覚えてる  おれが松尾へ往きついても  おれは又あの蜩の鳴く  おれはそれを真似ようとは思わないけど  おれが兼さんお早ようと詞を掛ける  おれの鼻っ  おれに許り其蓙へ腰をかけさせ  おれの鎌はおれの戸棚へ終って措くといって  おれの前へ置いた  おれが今日にも打って措くべい  おれがいくと  おれのいった  おれはそこまで来たから  おれには口は聞かせない  おれがこれこれだと話すと  おれの近くへ石臼を持出し話しながら  おれも訳なしに話に釣り込まれた  おれもすっかり安心してるよ  おれがあやまるから  おれを広福寺の裏まで送ってくれた  おれは今六十五になるが  おれを大騒ぎしてくれる  おれが内の様子を窺うてみる  おれは捨ておけ  おれと仰っし  おれの相談には乗れねえ  おれには思えぬが  おれにも腕を貸さないかと  おれをただの諜者の下ッ端と見くびっていた  おれは六波羅の放免すべてを締めくく  オレもマンザラでないなと一安心していただけるでしょう  オレはサムライになりたいと思うが  オレのようなのを用人に召抱えて  オレの智恵学問が役に立つぞ  オレを然るべき人の用人に世話をしてもらいたい  オレが殺されるぞ  オレの心を見せたいなと思った  オレの寝首をとられるか  オレも及ばぬ  オレは負けやしないぜ  オレは三十分も前から目を皿にして見ている  オレもフランケンには三四度会って  オレが船乗りのころ挨拶にきた  オレがチャンと見ていた  オレのところへは相談ごとにくる  オレは自分の目でチャンと見届けている  オレがウンと云わなければ  オレが乗っ取ってやろうと  オレが現場に立ちあっても  オレが加助を犯人と見た  オレの目にありのままの現実が見える  オレがズッと拒む  オレを殺してでも  オレが殺した  オレを下手人と見せかける  オレの云う  オレは睨んでいたが  オレがちゃんと見ていた  おれの方に一人の新参があった  おれは人を斬りたいから斬る  おれは生きていられない  おれは強い人を斬ってみたい  おれはただ斬れば  おれの羽織にしがみついたなりに残った  おれは生きてはおられぬ  おれも弱っている  おれに飛んだ  オレに礼を云う  オレは今夜は夢之助のところへ泊るから  オレが癩病患者の子供だということを隠していた  オレの父は癩病になって狂って死んだと  オレのおののく  オレは殺されるかも知れないと  オレの真珠の儲けをそっくり賭けるから  オレの手で貝を採りながら  オレにも覚悟がある  オレも船長をつとめて  オレが犯人でないことは分りきっているが  オレの持ち物で調べてみたい  オレがこう横の方から見ているから  オレの作法をよく見て  オレはひ  オレに犯人を教えてくれるとは  オレに犯人を教えてくれれば  オレにも確かに犯人だと心当りがある  オレを見かけた  オレはたしかに八十吉がデッキから戻ってきた  オレがそれと入れ違いに  オレは隅ですぐ寝ちまったからな  オレにしてみりゃ  オレはこの耳できいていた  オレには分らねえや  オレは眠ってしまった  オレには分らない  オレには分らねえ  オレは一足先に帰るぜ  オレが見ていた  おれはみんな信じない  おれからそれを信ずる  おれはかえる  おれは何をしてる  オレのうちはそのような大それた  オレを打ち負かした  オレを負かして  オレに勝ったが  オレに勝てやしねえな  オレをだまして  オレが秩父へつれて帰って  オレの知人に御家人クズレの漢方医がいて  オレがみんな化けの皮をはいでみせる  オレが一枚加えられたとは知らなかった  オレをここへ呼んだ  オレが必死に考えていた見落しの  オレを呼びやがったかは知らないが  オレの癇癪が奴メにグッとこたえたらしいなと思っていると  オレを怒らせようという  オレが見てきた  オレに限った  オレは津右衛門の指す  オレが十日もコンをつめりゃ  オレをよびよせた  オレがこうして介添役に控えている  オレの霊もひきずりまわして  オレの腕をネジ動かして  オレの形勢が逆転した  オレが石をきいてまわる  おれのこっった  おれの頭は熱帯ぼけの上に漂流ぼけがしていると見える  おれは恐竜のあまりでっかいのにびっくりして  おれが手をのばして  おれをのけものにして  おれが引立ててやろう  おれはロープをたぐりあげて  おれはどうなる  おれは交替しようという  おれは籠をあみにかかる  おれに預けて行きねえ  おれが早合点する  オレのような余計な邪魔ものもいつ殺されるか知れた  オレとお前さんと組で会社をやろうじゃないか  オレがここを本拠にサイハイをふって  オレはむかし深川貧民窟のアサリ売りだが  オレがマゴコロをこめて  オレがなんとかしてやるよ  オレが片づけてやるよと  おれくらいの学者が一月飼っておけるとなりゃ  オレが近いかも知れんな  おれの差料にした  おれには帰れぬ  おれの言った  オレの子ではない方が幸せにきまっているから  オレのウチにいるな  オレの勘当した  オレの倅ではないから大事にするには及ばんが  オレも路頭に迷っているが  オレに何を告白させようという  オレの長男ではあるが  オレがその事実を承知しているが  オレの室内に当分預っておく  オレにとってはこれほど目出たい  オレの子と知っている  オレのオトシダネとは知らない  オレは昔この目で見て知っている  オレの実子だなどと笑わせるな  オレと一しょに別室にいては  オレのものだと思いつのる  オレは房州生れだからアマの作業を見て知っているが  オレを送ってくれたから  オレを泊めろと  オレに手を握らせろなんてネ  オレはメガネをなくした  オレはどうしても鉄路を枕に死にたいと云って  オレだけが名タンテイぶって  オレは何も知らんぞ  オレは死んでいた  オレはあの日一日伐っただけだから  オレはオタツが牛でもヘタバるような大きな材木をかついで行く  オレは何も言わないよ  オレがいつ  オレは見たよ  オレに伐った  オレが運んだ  オレのウチとクサレ目のウチがアッチとコッチにありました  オレが十一のときオタツが九ツで二人は夫婦の約束をしましたが  オレはオチオチ安心ができませんや  オレは小男で耳の大きなゼゲンを一人知っているが  オレとオタツを祝ってくれた  オレはお茶だと思うが  オレが花房の湯のフダを裏がえしにする  オレのせ  オレは知らねえや  オレは新しい女の話を教えてやらなかった  オレは何も知らねえや  オレの話をきいて  オレはいつも谷で待ってるだけだ  オレは一度も炭小屋でねた  オレが人を殺す  オレの妹のお紺というのが島田道場で女中にやとわれているが  オレが立会っている  オレには解せないが  オレときては  オレがシナにいた  オレが本腰を入れる  オレが真犯人をあげても  オレの小説を学ぶが  オレは術を知らないから  オレが抱いてねた  オレはお前だけ信じているよ  オレにもオレのことすらも分らない  オレの言葉を信じてもらいたい  オレが眠っている  オレはお前だけしか信じる  オレが総ての物を疑らねばならない  オレの目をごまかす  オレはそれをきいて行ってやろうと思ったが  オレをどんな人間と思っているか  オレを一人にしておいてくれ  オレの呼ぶ  オレは一人で考えてみなければならぬ  オレがいかに真実を語っても  おれは人が斬りたいから生きている  おれが見届けてやる  おれに茶飯を振舞いさえすれば  オレがキリョウ好みをした  オレの死ぬ  オレの方が身ぐるみはいでやると  オレの年ごろで町道場へ通わなかった  オレが見てきてやろう  オレと兄弟子はお茶をひいて  オレと兄弟子に庭へ穴をほれと  オレはぬけだすから  オレが自然に寝が  オレのカラダをヒックリ返しちゃ  オレにはそんな話はしなかったが  オレがアンマをとっていたと思いなさい  オレが小僧にもませていた  オレがゆうべ清月へよんで  オレとした  おれに譲るという  おれはもう手を出さねえから  おれが川から金を揚げてくる  おれは俄にぞっとして  おれは鰻を見ただけでも  おれは永年この商売をしているが  おれは食ふ  おれは永年この商売をしてゐるが  おれは今日かぎりで屹とこの商売をやめる  おれの気のせゐだ  オレがこの店をつぶしてしまうと  オレが築いた  オレの買いつけた  オレを泣かせやがったよ  オレだけはその系図や古文書と称する  オレが直々借り出しに出かけるから  オレは山上の社殿の前から八方に向って  オレには分らないな  オレにすらも見る  オレを珍しがらないね  オレの立場になった  オレがよくきかせてやる  オレは犬に似ている  オレの主人を誰が殺したか  オレの行先はハッキリしないな  オレの住宅区域でなくなった  オレにのこされた  オレが失った  オレのあれはどこへ包んだ  オレとハマがこうなった  オレが思い  オレに隠して  オレがふと気がついたら  オレには見透しだ  オレは心配していないね  オレのウチでは自分のほかの人間の動勢や運命を考えない  オレに何かささやいている  オレがでかけて掘ってもらってくる  オレは年に一度のツキアイだから鬼のことはよく知らんぞ  オレの敵だと思うから  オレの酒の量を減らしおる  オレをよんで  オレは昔も今も鬼とツキアイがないから知らんな  オレは知らんが  オレに持たせて帰す  オレもそッくり持って帰る  オレも鬼の才川平作の手下になって  オレの人相判断と易の卦はよその易者のヘナヘナの見立てとちがう  オレの見立てに伺いをたてて  オレは杉代が死んだ  オレの稼ぎ場も日増しに少くなる  オレの目に見えない  オレがあのウチに居た  オレが鬼のウチから出た  オレのところへ金策に来た  オレに貸せという  オレを訪ねてきた  オレの目の睨んだ  オレは並の行商の百姓とは違う  オレのところへタケノコを買いにきてくれるが  オレのタケノコを変テコな奴が食ってやがる  オレが先き駈けする  オレは一流の料亭を三ツ当ってみた  オレがここと狙った  おれの隣へ来た  おれにはおれでお手前物の毒というものがある  おれも長らくあの辺にうろついているが  おれも一緒に行きたいな  おれも様子を見てから  おれに一人でやれという  おれがあとをつけた  おれでなくってはできねえ  おれが女中部屋の寝  おれもはじめからその見込みで入った  おれが語り聞かした  おれが恐れ入った  おれの性に合わねえ  おれもひどい目に逢ってしまったよ  おれと息子とはちがふ  おれの云ひ  おれの一番最初の患者と云つてもい  おれは知らん振りをしたかつた  おれはまだ一本立ちの医者といふわけにはいかない  おれが真正面から反抗的に出て  おれもこないだ通り合せた  おれは今まで散々したい  おれは初恋の女がどうしても忘れられない  おれもこんな風にだらしなくはならなかつた  おれは全くどうしてい  おれは自分が思つた通りのことをどうしてもする  おれはまだ完全に通り抜けてはゐないぞ  おれの眼に狂いがあるか  おれには何でも任せ  おれにも分らねえ  おれを取り囲んでいる  おれはその臭ひが  おれが新案を取つて  おれが病気になると  おれが病気になる  おれが病気を怖がる  おれを大事にし  おれは註文を取りに出かける  おれやしない  おれなくなったと見える  おれの恩のある  おれの腕じゃあ納まりがつかねえ  おれの心が恥かしいと言った  おれの持っている  おれはこの煙草入を見ると  おれが高島とそんなに懇意であるかと言った  おれよりも少し頭がいいから世間から騒がれる  おれの腹にある  おれにやわからんけ  おれもなんのことかわからんけ  おれもいくらか世間を見て来たでなあ  おれには十分彼女の好意を感じる  おれはもううるさいから相手にしない  おれが呼んで来てやらうか  おれにはかまふな  おれや別に誰からも頼まれた  おれが今夜は預る  おれの捕った  おれなら正成みたいな馬鹿正直はやらぬ  おれはおれの生き方で行く  おれの時代のように振舞ってゆくぞ  おれを抱き込む  おれの胸が分っていると  おれからいう  おれは反対の印象をうけている  おれにはまだある  おれを訪ねて  おれだってなにも兄貴をこき使って  おれは悲しいことに一本足りねえ  おれが見せてやりてえと言った  おれの女房は美い  おれも好きで女房に貰った  おれが好きで貰った  おれが美い  おれが惚れるくらいの  おれは眼鏡も何もすてて来たよ  おれは去年から知ってるよ  おれには五本ばかりしか見えないよ  おれも田中みたいに政友會の辯士さやとはれて  おれはちつともおどろいてなんかゐやしないよ  おれにこの波がうまく乘り切れるか  おれにこうして附き廻る  おれに刃を向ける  おれの度胆を抜こうとした  おれの機嫌をとる  おれの前へ出られる  おれにも子はあるのに  おれならどうにでもなるなどの  おれにもここへ来ては  おれを嫌って  おれには藤夜叉さまに見えた  おれも行くさ  おれに陥る  おれはこの道でおっかね  おれがいろいろ考えてみると  おれが心得ている  おれを知ってるか  おれも少しうんざりしている  おれがこうして網を張っている  おれは不憫で涙がこぼれる  おれが見ると  おれの匙にかかって  おれがこうして殊勝に引込んでいる  おれも今までの仕来りを考えてみれば  おれは自分で農家の間を奔走して  おれも共に一泊した  おれに挨拶して  おれも実に狼狽したよ  おれの家が見える  おれの復讐心は満足しない  おれという者が来た  おれの仇は弱すぎる  おれは躍起となる  おれは満足になり得るだろうか  おれは飲む  おれはどう怺えても  おれのような敵持ち  おれが三五兵衛に討たれたら  おれも今夜はきっとやって見せてやる  おれも今すぐに出向くから  おれをわらった  おれはどっちへも賭けていない  おれは島を離れぬ  おれも還らん  おれにくれるだろうか  おれが今夜行った  おれが言っていたとつたえるが  おれはみかどのおことばなればこそ  おれのつらは変ったろ  おれはいま言った  おれの手を抑えやがって  おれがスゲ替えてやるから  おれが預かっとくぜ  おれには方寸がある  オレは山の仕事があるから  オレが見た  オレのウチの桃はもッとうめえ  オレが云うても  おれをそそのかしに来た  おれの英雄心を見て取っての  おれは十五歳にして  おれはまだ高杉晋作なる  おれも今日はしらふで話してる  おれが死ぬとは  おれが死ぬとは思っていないが  おれはまだ生きているし  おれの面体にこの傷をつけた  おれには眼が三ツある  おれの家に二反の畑さえあれば  おれのように足が早く生れついてくれるなと  おれは女には気を置き過ぎる  おれを打つ  おれを打つてみろ  おれの針なんぞをい  おれが教へてやらう  おれは今度また引越しをしたぜ  おれは細君を持つまでは  おれはどうも初め思いたった  おれん処へ来て  おれと一緒が厭なら一人でやっても  おれは其奴を自分には言いたくない  おれもそう思ってる  おれと一緒に行って  おれはそんなに俗人に見える  おれも実は最初変だと思ったよ  おれもこれから一つ君を歌人扱いにしてやろうと思ってる  おれは今後無責任を君の特権として認めて置く  おれを無理矢理に一等室に入れた  おれが飯屋へ飛び込んで  おれに言った  おれの読んだ  おれの頭の調子を歌うにしてもだね  おれは小さいから却って便利だと思っている  おれはいのちを愛するから  おれはおれのいのちを愛して  おれはおれに歌を作らせるよりも  おれを愛している  おれも学校なんか止めさせて  おれに恥をかかせたな  おれならばくれるな  おれは貴様の友達だからこそ云う  おれには向かねえ  おれは夢にさえ見た  おれにははっきり解らないが  おれは感激したい  おれは創造したい  おれを盲目にする  おれは神秘を信じない  おれもそう思って諦めている  おれには解っている  おれをさえ捨てようとする  おれのどこが気に入ったな  おれがもしもひとごろしなら  おれがお前を殺したら  おれについて来ない  おれには解らない  おれは行くぞ  おれはどっちでもいい  おれはお北に殺されるぞ  おれは少々失望したよ  おれを刺戟して  おれの所へ来ると  おれの心は誰にもわからない  おれもあきた  おれは打たれた  おれの眼が曇った  おれに破られたな  おれはこう思う  おれの根深いふさぎの  おれもそういうことにしよう  おれは剣はやめだ  おれの本職へ帰る  おれと一面の識がある  おれにぶつかった  おれに謝る  おれが鼓を調べさえすれば  おれと競争でもする  おれは何もうなってはいない  おれが叱られる  おれが困るよ  おれはちっとも知らない  おれは知らないよ  おれは何んにも知らねえ  おれは何んにも知らねえよ  おれはちっとばかりしゃべり過ぎたからな  おれは借りているよ  おれをまえから知っていた  おれはすこし違う  おれも江戸をしくじってな  おれは待ってる  オレはもう村へ帰ろうと思う  おれが呼んだら駈けて来い  おれの方から戻って来る  おれを楯にしてつづいて来い  おれは忍の仁義を信じている  おれのもどるまで  おれはとっくに千早の一兵でいる  おれの子だなという感じがわく  おれに従え  おれは殿軍して  おれを信じている  オレの主人を嘲ったの  おれ見たいな人もゐる  おれは二十五人も一しよに  おれがききとれていたら  おれがこんなにお百度を踏むのに  おれの儲け処が貴様達にわかる  おれを引き渡すなら引渡せ  おれを欺す  おれは物質的に死ぬるとも  おれの用を達しに来た  おれに囚われてはいけない  おれもどれ位気が楽になるか知れないがなあ  おれには猫一匹も描けない  おれは今でも刀を取れば  おれの先祖は誰々だと誇張した  おれはこの通り綺麗に出家を遂げて  おれも出家して見せるといって  おれの頭の毛をひっぱりました  おれは人を殺しました  おれを信用しねえ  おれはおれ  オレには信じられん  オレは知らん  オレはどんな女でも一晩ねる  オレはさつき  おれは帰るよ  おれにもその生葡萄酒ちょうものを一杯ついでもらいたい  おれが復員してきて  おれの方にじっと向けた  おれは突然考えてみた  おれがうまくやって来たという  おれはまた繰り返さねばならなかった  おれは少し酒もまわっていたので  おれは睥みつけてやった  おれが話した  おれは進んで行った  おれは思いきり引っ叩いてやった  おれはただ見ていた  おれは外から様子を窺った  おれはそこへはいって行った  おれを見向きもしないが  おれは何にも言う  おれに殴られた  おれのことなど完全に無視してる  おれは知らないが  おれは忌わしい気持になるばかりでなく  おれには腑に落ちない  おれはむかついてくる  おれの胸の中に巣くっていた  おれは肯定する  おれには縁遠いものに思われた  おれの世界から絶滅しなければならない  おれは千代の病院入りに賛成した  おれからは話し  おれがそのままぐずついてる  おれも迂  おれなんかが嘉代さんへ話をするよりは  おれは合点した  おれにまで聞える  おれは赤木をつっついて  おれは機械的に答えた  おれにもよく分らないが  おれは席を立った  おれはも一杯酒を飲み  おれは寝坊してる  おれは腑におちなくて  おれはちょっと迎い酒をやっていた  おれを土間の隅っこに引張って言った  おれにはのみこめない  おれが出かけようとすると  おれの腕をつかまえた  おれは聞いた  おれは気持が引っくり返った  おれは胆を落着けて  おれは桜の方へやって行った  おれは急に胸を衝かれた  おれは足を早めた  おれは千代の方へ歩みよった  おれは平手打ちを一つ喰わした  おれは彼女の腕を執って  おれはみんな知っている  おれには天の一方に相思ふ  おれは地に生れおちて  おれのこの頃の病気だと私はひとりでつぶやいた  おれはてているだろうという  おれはどうしていままでお母さんのお墓まいり  おれにはお母さんの事が身にしみて考えられる  おれもさっきから疑っていた  おれも実は二度ばかり来た  おれに厭な思いはさせまい  おれには語らない  おれはえらい者にならんでも  おれこそ鳥の仲間では第一等の功労者といふやうな顔をして  おれも覚悟があるから  おれはいま住んでいる  おれの震えている  おれの歯はし  おれはあの大きな苦痛の叫び声のためにじっとしている  おれには堪えられぬ  おれと一緒に外の夜の世界へ来い  おれの匙にかかっちゃあ堪らねえ  おれをぶちやがったな  おれは承知しても  おれを亀の子にしやがったな  おれをどうしようという  おれが粋を通して足を遠くしていてやる  おれの鼻っぱしを噛りに来た  おれを撫でた  おれもつい失念してしまったが  おれもつくづく日頃からそれを考えていた  おれにやれる  おれには剣術が出来ない  おれの家を訪ねてくれろ  おれの家を宿にして  おれは感心しない  おれが出なければ  おれは忠臣蔵の芝居を見て泣いたという  おれと二人でそっと行く  おれがたたく  おれもあちこち聞き歩いてみた  おれでも怒る  おれとのことで控えていると  おれ見よがしの  おれを婆娑羅というが  おれの上を超す  おれのまえでも尊氏を庇い  おれどほかならぬ  おれもすぐ表書院の陣座へ出る  おれをたまらぬ  おれは仮病をつかうなど  おれも急ぐ  おれは大名になる  おれは天皇の子を殺した  おれの姿を見て逃げた  おれが飯を喰っている  おれが用達しに行っとる  おれを何だと思う  おれあたまげたぞ  おれも聞いていたから  おれを馬鹿だといって笑ったかか  おれを思ふ  おれもそろそろ北へ帰って  おれは何とかして忘れよう  おれはほんとうに光栄だと思っている  おれにはそれがよくわかる  おれはそれを聞くと  おれにはすこしもわからん  おれはこの衣紋の崩れを直してから行く  おれを疑っておる  おれは死ぬるとも  おれは君のあの小説のために救われた  おれは知って居る  おれは新らしくてパリパリの銀杏なみきをくぐつてゆく  おれはやつぱり口笛をふいて  おれはあんまりステツキをふりすぎた  おれなどは石炭紀の鱗木のしたの  おれのかくしに  おれははね起きる  おれは数しれぬ  おれのステツキはいつたい  おれに働きだした  おれといふこの明らかな牧師の意識からぐんぐんものが消えて行くとは  おれはたしかにその北極犬のせ  おれはまつたくたまらない  おれはさびしくないたつたひとりで生きて行く  おれのつらを引掻きやがったが  おれは朝暗いうちから江戸へ馬をひいて通ったが  おれももう盗人はやめだ  おれが盗人をやめて  おれより先に寝ついた  おれは今日から百姓になる  おれはこれからもつ  おれがい  おれにはふたつもいぼがあるぞ  おれのてのひ  おれだと思ってゐた  おれだとおもってゐる  おれも鉛筆をぽろっと落しだまって  おれはまさしくどろの木の葉のやうにふるへる  おれの仕事わたせ  おれをうつ  おれはおまへの行く  おれのところへ来る  おれが手柄を吹聴し  おれが出過ぎを  おれが今見てあげるけど  おれも骨を折る  おれが思うにゃ  おれは言いだしたら引く  おれには不思議でなんねい  おれの覚悟はいつかも話した  おれはいつでもえい  おれは面目だのなんぼくだのということは言わんがな  おれにもたいした事はできんけれど  おれの顔はどうする  おれを今日の難場に使ったな  おれの中には亡父のおもかげや先祖の遺言などが常住無意識に住んでいる  おれといえ  おれはまだまだ生きる  おれも眼が明いていた  おれだって見参していないという  おれもヤキが廻ったかなと  おれと一緒について来い  おれはおめえの心意気が欣しいんだ  おれが謝罪つてやつから待つて  おれがいふ  おれが鹽梅惡いから當てつけに兼こと怒んだ  おれが云ふこと  おれも頼まれたから  おれだつていめ  おれは此れだからうめ  おれが云ふことは  おれも呆きれた  おれが聞いて  おれも三春へ行つて見て  オレも目を閉じてやってみよう  オレの心にしみこんでいた  オレが今まで考えなれていた  おれを化かすに  おれは牢へいれられたと  オレも亡びる  オレの頭上にサクレツするかと怯えつづけていたが  オレの手に原子バクダンがあれば  オレがまだこの通行人ほど正直でないような気がして  オレでなかっただけの話にすぎない  おれのとこへ持って来たって  おれがそれを思い出せたら  おれにはああいう  おれに穀物を半分おくれよ  おれの仕事をだいなしにしてしまった  おれの仕事はうまくすすんで行っている  おれはシモンを大へんな向う見ずにしてやった  おれはその前の晩シモンの陣にある  おれの方は手伝ってもらわなくても  おれはまず第一にあれをいっそうよくばりにし  おれはあいつの買い込んだ  おれの方はどうもうまく行かない  おれはあいつの鋤を破してやった  おれは地面へもぐり込んで  おれは手を切った  おれはお前と一しょに暮す  おれの主人が見つかるまで  おれがあいつの代りをしなくちゃならない  おれのからだ中傷だらけにしやがるし  おれの家来に命いつける  おれは兵隊を打殻の藁でこさえる  おれはこれから麦を落そうと思っている  おれと家内を養ってくれ  おれの方もこれで一休み休む  おれは世界中の金をみんな手に入れる  おれは国一つを平げて大へん立派な暮しをしている  おれはまた金はどっさりもうけたが  おれはもっと兵隊をこさえさせて  おれの部下に食べさせれば  おれのところには兵隊がもっとたりない  おれにおれの兵隊を養うだけ  おれの腕でやらなくちゃなるまい  おれはよりたくさんの金を残す  おれの暮しはますますゆかいになるという  おれももう二日間というもの何一つ食べる  おれのものにしてしまえるぞ  おれが金をやると言うのに  おれは頭で働く  おれの手に硬いところがないと言って  おれに食物をあてがわないが  おれがそんなことをする  おれがそうしないと  おれは頭で仕事をした  おれはあのユダヤの乞食哲学者に対しては不思議な感じがした  おれの眼はどうかしている  おれのとこへ持つて  おれにはもう故郷の事情はさっぱりわからない  おれのほうがお前に譲歩すべきだった  おれは心から結ばれているし  おれは君とちが  おれは口に出す  おれは文學を知らぬのであらう  おれは別なもつとほんたうのものを見つめてゐる  おれの言葉を卑俗とか生野暮とかといやしめるにちがひない  おれのこんな態度をこそ鼻で笑へる  おれの恥さらしとなるかも知れぬ  おれは一篇の小説をしあげた  おれの家庭の仕合せを神に誇つた  おれは妻にもそれを讀ませた  おれにだらしない動作をしかけた  おれは妻をせめた  おれは最後の奸策をもちゐた  おれのやうな男に處女がさづかつた  おれはその箇所をとりあげて  おれはいまに大作家になる  おれに囁いた  おれは笑つて妻を愛撫した  おれはもつ  おれは尚も笑ひつづけながら  おれの知らない  おれは手段でなく妻を抱擁した  おれの顏を覗いたでないか  おれは君に知らせてやりたい  おれはどうして過したか  おれと妻との最近までの安樂だつた日を追想してしまふからである  おれはすぐ外出した  おれは別な問題について考へふけるので  おれは途上の植物について頭をひねつた  おれはいそいで  おれはほとんど走る  おれは陣容をたて直した  おれの話を聞いてゐる  おれは知つてゐる  おれのやうな災難を受けた  おれは人體の内臟器官の名稱をいちいち數へあげながら  おれはやうやくほつとした  おれは友人の近作について饒舌をふるつた  おれはそのときどんな批評をしたのであらうか  おれはひとわたり難癖をつける  おれは始めから友人に言葉をさしはさむ  おれに怒られ  おれは手持ちぶさたな思ひをしたくなかつた  おれは將棋にさへ  おれは將棋の道具をとりのけ  おれとならんで  おれは動いてゐなければいけない  おれは寢床へ腹這ひにな  おれは口外しないよ  おれのたつた  おれは消えもいりたい  おれはしません  おれの仕事は日本流で行く  おれの腕からは赤が出せる  おれがこんどの仕事に腰をつくだろうと  おれを蹴った  おれの女をおれが蹴るに  おれの女にちげえねえ  おれの仕事に茶々を入れるなあ  おれの骨もけずり込まれている  おれの自由になっていね  おれはおめえに拝まれて  おれはここらの具足師をしめくく  おれをまだ足利家の者としか見ない  おれほど奇道から奇道をあるいた  おれの縄目を解いて放してくれた  オレだけはウドンをやめないと  オレの鯉で餅の味をつけようて  オレは米をつくる  オレは野良にでて  オレは昔三年間ばかりその方の研究をした  オレの身代をオレがパチンコでつぶす  オレは今まで働いた  オレも生れ変って働く  オレで働くから  おれの存在は器用に分裂した  おれを食いにかかったなと  おれは何か書いて見ようと思っている  おれはあの子はどうしたかと思いながら  おれがいても  おれがおらんと  おれは惚れた  おれも持っている  おれはまだ自由を欲する  おれが一人で食べてしまう  おれの威勢にかなう  おれが一声うなれば  おれが一走り走れば  おれの足にかなう  おれはその通知をうけてね  おれはそんな事ででも役に立たなきゃ  おれもどんな鉱山か全く知らないが  おれの方にも考へがある  おれに任しておけ  おれの方にも考えがある  おれも前から聞いていたが  おれに取っちゃあ  おれも支度をして  おれは途中でそいつに逢った  おれも好い加減おどかして置いたから  おれは浪人する  おれはこれからちっと心当りを突いて来るから  おれもあとから行くから  おれが大事の商売道具を盗みやがったな  おれが何を盗んだ  おれはいない  おれもまさかと思うが  おれが案内者になるぜ  おれを担ごうとしたね  おれが少しちょっかいを出して見たい  おれの腑に落ちねえ  おれは実はふところに十手を持っている  おれが手を引いてやるから  おれが出なけりゃ  おれを連れて行きたけりゃ  おれを縛りたけりゃ  おれは立派に御用の十手を持っているが  おれの眼についた  おれはそれを調べに来た  おれが様子を訊きに来るから  おれが直接に出張って行くから  おれの身分は知らねえでも  おれが睨んだに  おれはこれから玄庵さんのところへ行ってくるから  おれが受け合って  おれから旦那にいいように吹き込んでやるから  おれにいろいろ泣き付いて行ったが  おれを見  おれの方から云うが  おれもそう思わねえでも  おれが親分に嘘をついた  おれに恥をかかしゃあがったから  おれは脇へ廻るから  おれもまあ考えてみようよ  おれは葺屋町の七兵衛と云って  おれはお前を引っ張って行かなけりゃ  おれが付いて行ってみようと思う  おれに突いて来た  おれも実は不思議に思っていたが  おれもそうらしいと思っている  おれの方へ持って来たって  おれも一旦はそう思ったが  おれが一旦こう云い出したからにゃ  おれはこれからお前のあずかっている  おれと一緒に来ねえ  おれも一緒に行こう  おれもこのあいだ行って見て  おれも大抵判った  おれがすぐに行って来る  おれにもまだ見当はつかねえが  おれも考えてみるから  おれが手伝って  おれが取った  おれはちっと思い当る  おれは機関部第二分隊長の実力をもって  おれは時々こっちへも廻って来るが  おれの女房を狐の餌食にして  おれが買う  おれがその仇を取ってやる  おれも一緒にいく  おれもそうらしいと思った  おれに売ってくれろと  おれが行って引っ張って来ると云って  おれが少し貰って行く  おれが呼ぶ  おれの方から云って聞かせる  おれのところへそんな事を云って来る  おれが一緒に頼んでやろうという  おれの代りに采配を振って  おれも知らねえ  おれにばかりしゃべらせて  おれというので  おれはその馬道の質屋へ行って  おれはまだ見ねえが  おれも縁がある  おれにも一挺頼む  おれの所へ知らせてくれ  おれが打つ  おれの網にはいった  おれもよく考えて置こう  おれと一緒に番屋へ来い  おれと一緒に逃げろと云って  おれも一緒に行く  おれも察しるよ  おれに少し判らねえ  おれが行って取ってくる  おれが手伝って殺してやる  おれと一緒にいた  おれに追いつめられて  おれが受け合った  おれが確かに見とどけた  おれが見たと云ったら  おれは御法事に呼ばれて来た  おれも最初は見当が付かなかったが  おれも最初は衣裳屋の定吉に眼をつけたが  おれがこれだけのことを突き留めた  おれがあとから乗り込んで行って  おれも承知して帰って来た  おれの耳にはいっている  おれはちっとも知らなかった  おれが預かっておく  おれに相談してくれれば  おれもやってみようかと思っていた  おれは馬鹿にしてかかっていたので  おれの指図するまでは  おれはちゃんと知っているぞ  おれは先に行って待っている  おれの方からもっと云って聞かしてやろうか  おれに口をきかせれば利かせる  おれの方からよく云って聞かせる  おれにしゃべらせる  おれも驚いたよ  おれも傍から声をかけたが  おれもびっくりして押えようとしたが  おれも途方に暮れてしまったが  おれもそのまま帰って来たが  おれも何だかそんな気がする  おれも考えている  おれと一緒に行く  おれは江戸川のむらさき鯉を一度食ってみたいと云い出した  おれも一度は是非その鯉を食いたいと云うと  おれはほかに行く  おれを殺しにでも来た  おれに礼をいう  おれはまだ知っている  おれもその話は聞いたが  おれはこれから少し用があるから  おれの吟味はちっと暴っぽいからそう思え  おれよりも貴様の方がよく知っている  おれの天眼鏡に陰りはある  おれがそこまで一緒に行ってやろう  おれが送ってやろう  おれは欺されねえ  おれには隠して  おれもそうだろうと思った  おれも一生に一度はそんな掘り出し物をして  おれも其の話を聴いて  おれはちょいと奥を貸して貰うぜ  おれが訊く  おれはおとなしくおめえに云って聞かせる  おれの天眼鏡の方が見透しの  おれにも幾らか見料を出しても  おれもこれから箱根まで行って  おれはここらに年経る  おれにゃあちゃんと判っている  おれも或る屋敷でたった一度見せて貰っただけだが  おれは白山前から指ヶ谷町へまわって来る  おれは岡崎屋の嫁の里へ行って調べて来たが  おれもだんだん考えたが  おれに及ぶ  オレはハキダメから料理をつくる  オレも然らばこのへんで自殺はやめて  オレも天才をさがして  オレもお客になりていなど  オレも近々上げられる  オレがもしその気がありや  オレが帽子にならう  おれも替玉と睨んでいた  おれの名をいえば  おれの顔を忘れたか  おれは鍋久の小僧を調べて  おれの方にも眼があるから  おれを思っているに  おれは親切ずくで働いている  おれはもう手を引くから  おれを恨みなさんなよ  おれは途中で考えながら来た  おれはどうもそうらしく思う  おれもよっぽど焼きがまわったな  おれを下手人として突き出してくれと云うと  おれがふいと考えた  おれが帰って来た  おれは狙われてる  おれは先へ行くよ  おれをだます  おれも一度踏み出してみよう  おれも天狗の話を聴いた  おれは芝の両替屋へ行って  おれの縄張り近所へ羽を伸して来やあがると  おれにもはっきりとした  おれも一緒に行くとしよう  おれに考えがある  おれが人相を見てやるから  オレをこんなにした  オレも変な気持になった  オレは金なんか取る  オレが結婚して  オレがここに居る  オレが時々ここに閉じこもって暮していると  おれが立ち合った  おれに代らせてくれと云って  おれは素人でわからねえが  おれは妾の宿へ行ってみようと思うが  おれだけに云うと思って話してくれ  おれはみんな聞き流しにする  おれだって洒落や冗談に訊いている  おれもなんだか可哀そうになって  おれも可怪しな夢を見たよ  おれの夢はここらで醒めた  おれは一服吸いながら聞くぜ  おれも察している  おれと向き合って  おれは外地の戦場から戻ってきて  おれは三日三晩考えぬいた  おれの方では黙っていたが  おれは見られてる  おれは逆に傲慢な態度を取った  おれの出席率の甚だ悪いことが教授会の話題に上っても  おれは或る人から聞いた  おれの能力を以てすれば  おれは方便としても神妙な態度を装わなければならない  おれはそれほど甘っ  おれには妙な癖がある  おれの前に坐った  おれに言葉をかけて  おれが素気なく振り切った  おれの気附薬を混じた  おれはじっと眺めた  おれに向けた  おれは彼女を誘って  おれはもう覚えていないほど  おれはあぶなく笑い出し  おれはむかむかっと不愉快になった  おれの様子を怪訝そうに眺めていた  おれをじっと見てる  おれは考える  おれのところへ訪れて来ると言っていたが  おれと彼女とのことを心配してくれている  おれは毒々しい気持ちになっていった  おれは妙に冷りとした  おれの冷りとした  おれは当り障りのないことだけを答えたが  おれは立って行って  おれの受持ちの  おれの方でもさして気は進まぬが  おれがちょっと変な気がした  おれはむかついてきて  おれは他の電車で帰途についた  おれは鮨の折箱を一つ手に下げた  おれの予感はたいてい当る  おれはぐっと胎を据えた  おれは鮨の折箱を差出した  おれの眼を惹いた  おれにも土瓶の酒を出してくれる  おれは彼女に逢った  おれの方をじっと見た  おれは彼女に甘えたい  おれの顔をじっと見つめた  おれは彼女の肩を抱いて  おれは苛立たしい  おれの体をしめあげたが  おれが冷淡になると  おれが出版社の編輯員だということを知って  おれは驚いたが  おれは何にも知らない  おれは自分ながら眉をひそめた  おれは酒を飲んだ  おれはふいに  おれの面倒をいろいろみてくれた  おれの身辺の世話をやく  おれの方が得をした  おれが生きてる  おれを迎えた  おれに御馳走をして  おれはその好意に乗じた  おれは彼女の肉体を犯した  おれは部下の兵に拳銃を持たして  おれは駆け出した  おれは忌わしい病気にかかっていた  おれが考えた  おれは彼女に飛びつき  おれは一生懸命に考えていた  おれは駭然として立ち止った  おれは考えていた  おれはまた歩きだした  おれはますます首垂れていった  おれに恐ろしい衝激を与えた  おれは栄子殺害の計画を考えていた  おれだって威張れやしないが  おれはもう恐れずに  おれを助けてくれた  おれもかうして  おれは故郷へ帰るぞよ帰らぬ  おれも青山へ一度行ってみよう  おれは誰かを連れて行って  おれはきのうから睨んでいた  おれの番だと思った  おれは剣術をけいこして  おれはこの僧正ガ谷に住む  おれが教えてやろう  おれも刀を千本そろえよう  おれの家来になるか  おれが出す  おれだけがその水をのむなら  おれが金を出す  おれにはよくのみこめ  おれがひとつやって見せてやろかい  おれを恨んでいるという  おれは土岐ノ頼  おれはここに帰っているぞ  おれはその非を追求しない  おれにはそんな弓は持てぬ  おれは他人の力によって征服される  おれがさがしている  おれももう堪忍袋の緒が切れた  おれにはもう大抵見当がついた  おれに相当の分け前をくれなければ  おれの病を君から委しく書いて  おれは無事に通って  おれこそはという意気込みで押し掛けて行くと  おれは客の振りをして  おれは御用聞きの  おれが確かに見たという  おれも何だかそんな気がしねえでもねえ  おれはこれから足ついでに谷中へ廻って  おれもああいう  おれもそれに係り合った  おれの一存で返事は出来ねえ  おれに加勢を頼む  おれは横浜へ行って  おれは死骸を見ねえから  おれは西洋人について修業している  おれもそうだろうと思っていた  おれも邪慳な事をしたくねえ  おれもここへ来合わせた  おれに手伝って  おれの許すまで  おれが入院すりゃ  おれはかつてこの母の乳を飲んだ  おれは吉良のような悪い事はしない  おれもちっと芝居気を出したくなる  おれに一応知らせてくれ  おれと一緒に逃げろと云いました  おれは早く帰るから  おれも今まで気がつかなかったが  おれに見せてくれ  おれが調べる  おれの葬礼はいつ出る  おれが急に思い付いた  おれはふいと  おれがやるという  おれがやって見せると引き受けた  おれの顔をよく見ろ  おれに嘘をついたね  おれの方でもひと通りは調べてある  おれに隠しているが  おれの方から云って聞かせても  おれが死んでやらうといふので  おれの森をあらす  おれにまけて  おれはお侍になる  おれは遠島船を腰に着けている  おれは死んでも浮かばれねえ  おれが生きていれば  おれは江戸に恨みのある  おれの顔にかかわるとか  おれが出しゃばる  おれは酔っていたから  おれも知っているが  おれはみんな知っているぞ  おれもこれから踏み込んで  おれは急ぎの用があるから  おれが斯うして身分を明かしても  おれもここまでわざわざ踏み出して来た  おれを誰だと思っている  おれが名代を勤めてやろうと云うので  おれのところへ相談に来れば  おれの家へおいでになって  おれのところへ知らせに来てくれ  おれのところに知らせてくれ  おれは此の頃出不精になった  おれも一緒に行ってみよう  おれはこの女の番をしているから  おれもそんな事だろうと思った  おれはこれから真っ直ぐに帰るから  おれがもう一度出かけよう  おれはちゃんと見ていた  おれが仇を取ってやるから  おれもそれを考えたが  おれも当てがはずれてしまった  おれに附き合ってくれ  おれはまだ思い切れねえ  おれは那智は知らんが  おれはまだ見ない  おれの力ではどうする  おれも貧乏に於てはかなり人後に落ちないが  おれが食べたって  おれが直々に掛け合って  おれの家へ舞い込んで来た  おれもそんな事をかんがえたが  おれももう少し考えるから  おれの帰るまで  おれは此のままで宿屋の貸下駄をはいて行く  おれを縛りゃあがる  おれは江戸から御用で来た  おれを新感覚派にしてくれてゐる  おれには貸してくれるよ  おれも頼んでみようかな  おれも朝湯の帰りに覗いて来たが  おれにもまだ判断が付かねえ  おれもちょいと出て来る  おれが音羽へ出かけて  おれもそいつを調べてみようと思っていた  おれが調べるから  おれの身分にも拘わるからな  おれはもう覚悟している  おれは勤めのある  おれも探しに出よう  おれも最初から火の番のことが気にかかっていた  おれも聞いている  おれも見たよ  おれの足音を聞きつけると  おれがその侍と話している  おれの眼には確かに菅糸と見えた  おれがだんだん調べてみると  おれは上野の烏凧から考えて  おれもそれを考えている  おればかり責めるなよ  おれもよく調べて見なけりゃ  おれも後から行く  おれの鑑定は外れたかな  おれの鑑定もまんざら外れた  おれもそっと覗いてみたが  おれが直かに当たってみよう  おれが代りに来た  おれも屋敷の飯を食っている  おれの方じゃあおめ  おれはなんにも知らねえと云うのに  おれは別に覚悟するほどの  おれも黙っているから  おれの方からは一々訊かねえ  おれがべらべらしゃべってしまった  おれにも考えがあるから  おれは半七を識っているとか  おれが半七であると自称している  おれをおっ  おれも負けてはいないぞという  おれは詩をつくっていたろう  おれあクビになった  おれの大学時代の友達がいる  おれに話してくれた  おれが云わなくたって  おれをブチこんでおいて  おれがしょっ引いて行ってやるから  おれは自白する  おれが行くとも  おれがすぐ知らせてやる  おれと同一の運命に陥る  おれがあの時東京へ出られなかったからの  おれにも分らないが  おれが悪いって云う  おれの手に残った  おれも考えて置こう  おれももう一返  おれのような運命に陥るだろうと思って  おれがもう一遍佐伯へ行って掛合って見るがと  おれは歯の性がよっぽど悪いと見えるね  おれは細君の虚栄心を満足させる  おれは一つ新らしい外套を拵えたいな  おれさえついてれば  おれはまだ靴は買わないでも済むよ  おれが持っていた  おれは歌留多は久しく取らないから  おれの意のごとくにして見せると云いながら  おれの番かも知れない  おれがゆるす  おれの言葉は無理だったかも知れん  おれには日本語は読めない  おれは借金までして  おれがこの道を歩いていると  おれがよく云っとくけれどね  おれは十の時から船を乗りまわしている  おれの町へ行く  おれの顔を見てくれ  おれの顔ばかり見ないで  おれのことを悪しざまにいいふらしておきながら  おれはエンジンを見てくる  おれがみてやるから  おれと交代する  おれのことを喋ったか  おれのほうはどのくらいかかるか  おれと思った  おれには観音様が附いてゐる  おれがいったんいかんといったら  おれが今夜彼家の婚礼の席へおまえを連れて行った  おれさえアイと合点すりゃ  おれという邪魔者がおって  おれがことを無慈悲なやつと怨んでいよう  おれが承知しなかったと思われると  おれは喜んで  おれが乞食をして  おれがちゃんと心得てるから  おれが断わった  おれが気に入った  おれの生命を助けてくれてさ  おれは気に入ってる  おれも承知をしたかもしれんが  おれが探ってみると  おれがなんだということも知らず  おれはもうすべての事業を打ち棄てた  おれはもう世の中に生きてる  おれが仕方を考えて思い知らせてやろう  おれも望みが遂げられる  おれをしてくれるといったって  おれが仕返しをする  おれももう取る  おれが死ぬ  おれには判らぬ  おれに救いを求めた  おれは送り狼になりたくたい  おれはただ行きずりの男に過ぎないじゃないか  おれは十六から吸っている  おれが飲ましたろか  おれの尻について来い  おれから物好きを取ってしもたら  おれの言うてる  おれも苦労するわい  おれのしてる  おれやないとしたら  おれは君なんかに掏られる  おれが探してる  おれが云うてたと  おれも仕込むが  おれも随分大勢の肌に針を入れてきたが  おれと来たら  おれを驚かせたらな  おれの帰りを待ってる  おれに黙って出てしまった  おれが著物のことで奔走しているのに  おれは気が抜けてしもたよ  おれは人をあっと云わせる  おれは死に  おれは知らん  おれ一寸行って来る  おれの家の近所で植えつけられた  おれはあの青蛇団と留置場の中ですっかり仲良しになった  おれが一番良く知ってる  おれのデカダンスのクリニングになるかも知れない  おれの甥を可愛がってくれたと  おれだって知って  おれを生んだ  おれの取る  おれに誰が學資を出して  おれのお父さんが少し出すには  おれがその頃迄取つた  おれがどうかした  おれの兄弟が内にゐた  おれなんぞの顏は閲歴が段々に痕を刻み附けた  おれよりも上手かも知れぬ  おれは何を見ても聞いても  おれと角力をとっても負けまいな  おれを取  おれは騒がなかったけれども  おれの監視役兼取押え  おれがここへ泊った  おれは寝過した  おれの来る  おれは都合あって  おれは一服しているよ  おれは外で働き  おれはこんなに貧乏して  おれが助けにゆく  おれにも考えがある  おれの体を起してくれ  おれにまかしてもらおう  おれは一杯はめられた  おれはもう我慢ならない  おれもそれを祈っている  おれが気が違っていたと思っている  おれは本当のことをいうが  おれは常に正当なることを喋っている  おれがこのロケットから下ろして  おれは今そのわけをお話しよう  おれの話を聞く  オレはひとりもの赤い山の風がオレよ雨よ山の風の中を走るなよ  オレがバスの中でそんなことを云った  オレは疲れきっている  オレの魂のハートのクインよオレをねむらせてくれよ  オレがいつもフトコロへ入れていた  オレの大事なお守りだから誰にも見せたくなかった  オレのお守りにした  オレを殺してくれ  オレを抱いた  オレが行くとよろこんで  オレの顔を見ると  オレに貸して抱かせてくれと云った  オレに短刀を持たせて  オレの返事をきいた  オレが大人になる  オレの手を押えて  オレの目を見ていたし  オレが突けないと思った  オレはサヨに云われた  オレが短刀を引き下して抜いてから  オレに云った  オレには分った  オレは一人で誰にも見せずに  おれが飲む  おれもまだ食ふぜ  おれなんかにやわからん  おれはいつも済まんと思っているよ  おれの池のおれの金魚が大切といえば  おれは百姓外套を着て  おれは本当と思った  おれにはなんでも見えるし  おれを黙らせようとしても  おれを黙らせる  おれの舌を抜いて見ろ  おれはこの評判を誇りにしている  おれのことは百年たっても忘れずにいるだろうよ  おれの肺はしっかりしてる  おれは地獄だって堪え通せる  おれの頸っ  おれの後からついといで  おれはいやだと答えられた  おれが骨折って掘ってやった  おれにも貸してくんな  おれの機に乗ってた  おれも一度向うの川で見た  おれもハイネのようにこう呟やきながら嘆いてばかりいなきゃなるまい  おれの睨んどる  おれはすぐれている  おれにはいいところがある  おれはし  おれの見舞いにゆく  おれに又たせがむ  おれが生まれる  おれのお父さんが生まれる  おれの気にいるかも知れない  おれが知っている  おれは平気で居られぬ  おれは敗けて  おれは嫉妬しない  おれをきらう  おれは生き残った  おれには重すぎる  おれの手にあまる  おれの苦悩のはじまりな  おれど久々で見る  おれの店の肉をみんなくっていく  おれの店の番人になるか  おれんとこにもいい犬がいたんだよ  おれになついて  おれもいって見よう  おれの方だってさうだ  おれもなんだか怪しいと思っていた  おれが願え  おれが乾してやろう  おれが知らずにゐる  おれが寝室を出ると  おれに対しては飽くまで冷やかな態度を取  おれから注意して置くから  おれは非常に風邪を引き  おれの云ふ  おれはいったいおれに与えられた  おれはどっちの生活にも真剣にはなれない  おれの絵に対する熱心だけから言うと  おれに絵のかき  おれの絵を見てくれる  おれの絵を見る  おれを励まし  おれは漁夫で一生を終える  おれから見ると  おれらしい生き方ができる  おれが芸術家でありうる  おれは一刻の躊躇もなく実生活を踏みにじっても  おれは自分の天才をそうやすやすと信ずる  おれのようなものをかいていながら  おれだけはまるで陰謀でもたくらんでいる  おれっちが行く  おれは中有に迷つてゐても  おれも苦しみはしまい  おれを指さした  おれを吹き落さうとする  おれがため  おれは繩を解きながら  おれの前には妻が落した  おれはそれを手にとると  おれの胸へ刺した  おれの口へこみ上げて  おれは其處に倒れた  おれの側へ來たものがある  おれはおまえにきくが  おれは勿論口は利け  おれはそんな意味を伝えたいと思った  おれは妬し  おれは中有に迷っていても  おれを吹き落そうとする  おれの姿へ眼をやった  おれがためらう  おれの縄を切った  おれは縄を解きながら  おれの口へこみ上げて来る  おれはそこに倒れた  おれの側へ来た  おれはそちらを見ようとした  おれも国を出てから  おれが上にいる  おれにできる  おれは音楽をよく知らない  おれには気に入るかもしれない  おれにはくれない  おれはまもなく町へ行く  おれは魚屋の前から来た  おれは町にはいったら  おれはきっとおまえたちをみんなもとのようにしてやるからな  おれはきつとおまへたちをみんなもとのやうにしてやるからな  おれはひとりぽっちだ  おれが案内して来た  おれに斬れという  おれは腹が立たんとなれば  おれはもう店をお前に譲りたく  おれにいや気を起させたなあ  おれを蔑むなよ  おれに何の関係がある  おれは泣く  おれは中世的に出来上がっている  オレの目はだませないぞ  オレがこれほどの身代を築きあげたのに  オレがママにならない  オレにオソレ多くも話しかける  オレには不二男についてる  オレが法力で落してみせる  オレにはチャンと見えている  オレが必ずやってみせます  オレがスッパリ落してみせます  おれの旅心を道破している  おれはその品を見たい  おれに詫びを言っても  おれ喰ってしまったと  おれがいいこと教えてやる  おれが指図するから  おれが算術を習つてゐる  おれも見えませんでした  おれは水夫たちの仲間からまでも受けが  おれは何だって船員になんぞなった  おれは二度まで沈没船に乗っていた  おれはもうとてもだめだと思っていた  おれをばかにして  おれは蘇生した  おれは親の金で教育を受けている  おれが生きてるという  おれが自分を活かさなきゃならない  おれの生活がある  おれは帰らなきゃならん  おれの腕はある  おれはまた泣かねばならぬ  おれはついて行き  おれをだましでもしたら  おれをきっと女郎買いにやってくれる  おれが上陸ごとに女郎買いに行く  おれと一緒に上がった  おれはこの場合すべき  おれは家で寝る  おれは今夜は上陸してはならない  おれは船中で一番えらい地位を持っていて  おれは自由に手足のように船員を使う  おれがいないと  おれに親切にしてくれたら  おれは隠れてて  おれが経験したこったろうか  おれの考えてる  おれとは違った  おれを台なしにする  おれはなぜ藤原君のいう  おれがその中の最なる  おれはおれ自身の中に見いだした  おれの救わなければならない  おれが監獄へほうり込まれる  おれは便所に神を見た  おれのによく似た  おれより先にいつでも便所を掃除してる  おれは休む  おれにいって見ろ  おれを助けると思って  おれはこの船をほうり出されたら  おれも徹底的にやらねばならん  おれは出帆の時がいいと思うぜ  おれはチエンロッカーにはいらないよ  おれのところに連れて来い  おれが女のことなどいい出した  おれには何とも返事ができない  おれは言うがなあ  おれから渡すまでだ  おれの顔も踏みつぶす  おれでは決められ  おれに持ち込んで来る  おれだってあと一年で船長の免状がとれる  おれの責任だとお前は言いたい  おれを愚弄してる  おれの首を切れた  おれがいなけ  おれは宅へ帰るから  おれには覚悟がある  おれあぼんやりしてたよ  おれは東京まで行って来よう  おれは動けもしない  おれの出て来るまで  おれは祈って  おれは森へ行って遊んでくるぞ  おれが買ってある  おれが受け止めてやらなかったら  おれは山師張るときめた  おれについて行く  おれのほうへはいってるぞ  おれのほうへ流す  おれのほうへ水こない  おれのみな口でないから水とめない  おれの沼ばたけのオリザ見なよ  おれの所ではもうオリザ刈りをやるぞ  おれの死んだ  おれを山師だといってわらった  おれのとこで暮らしてしまっては  オレは観戦記を書くだけだ  オレは死んだ  オレは泣きたいよ  おれがどんな美事な新種の花を作ったからとて  おれの一番好きなものだから作る  おれが手を出し  おれがだんだん人事に興味を喪う  おれの助手とはいいながら  おれが君を寂しくしといた埋  おれは千代重君に礼をいって  おれはこの組合からはずされても  おれの手を取る  おれでもすれば  おれが引き受けてやろう  おれだって出来る  おれが奴らを甘やかしすぎた  おれは怒ったぞ  おれが勝つてみせるぞ  おれは鬼の子だが殺さぬなら出て遣る  おれもすけてやるべと  おれは一度あいつをたべてみたいと思っていたが  おれは良心を安んじさせる  おれは世間をあざむけば  おれに加えたかず  おれをあざけり  おれを圧迫し  おれには忍ぶべからざる  おれのいじけた  おれを彼にたいして反抗を不可能ならしめて  おれという被害者がはぎ  おれはこんなことをくどくどと書きつける  おれは右の方法に一つの改良をほどこした  おれは予定どおり大学をやめた  おれははじめ邸内の一部に研究室をたてようとおもった  おれの計略を見やぶられる  おれは都合のよい人間をしっていたので  おれが殺人をする  おれがはじめ心配した  おれは回転速度をおおよそ三時間に一回転としてテストをやってみた  おれはまたプランに一つの改良を加えた  おれは夜あたりにだれもいない  おれは目撃者を内部におく  おれを揶揄しながら  おれはおかしさをかみこらえて  おれはそっとスイッチをひねって  おれは気づかせまいとして  おれが平素のおれでないのに多少気づいたであろう  おれはころあいを計ってかねて  おれが彼を殺す  おれが彼を恨んでいる  おれの目的は完全にたっせられたが  おれが殺したという  おれの殺意をみとめはしなかった  おれの計略を見破る  おれを迎えにくるだろうと思っていたが  おれはなんだか蜘蛛の研究がやめられない  おれはまたせっせと蜘蛛の研究をはじめだした  おれはなんだか蜘蛛に呪われている  おれをにらんで  おれは呪われている  おれは貴様とたたかうぞ  おれはこのごろ蜘蛛がおそろしくなってきた  おれはとうていこの部屋のなかで眠る  おれの死後謙信と和睦せよ  おれも帰るとこない  おれがこの家へ君の消息を訊きに来た  おれがそいつを努めなかつた  おれに相談してくれればよ  おれにその資格がなかつたためだとすれば  おれで役に立つ  おれは忙しくなるからな  おれがこの眼で見た  おれは挨拶に困  おれは美佐に会う  おれに相談してくれ  おれには別に変つたところもみえないぜ  おれは出かけるかも知れないから  おれはどうかしてるぞ  おれが兵隊に取られる  おれのこつた  おれがわかつたつて  おれがつけるよ  おれは失敬するぜ  おれも人力を挽いた  おれのところで請け  おれにはさつ  おれはちよつと出て来る  おれの今の力ではどうにもならん  おれに委せろ  おれはたしかに振られた  おれの芽が吹いて出  おれの耳はおまえたちのきくらげ耳とは種が違うぞ  おれにも似合わねえ  おれの霊験を見せてやろう  おれは今度は虫けら会の相談役になる  おれにおじぎをさせて見せるぞ  おれは地獄行きのマラソンをやった  おれを後まはしにした  おれのにらんだ  おれはまだ一度も手口の現場を見ていない  おれもちっとばかり今度という今度は知恵を絞ったよ  おれにさえ隠すほど  おれが地中の下からはい出てきた  おれの草香流やわらの逆腕にかかっちゃ  おれをどうしてくれる  おれの家作だと教えた  おれが勝負に勝ちさえすれば  おれも実  おれにきいたってわからねえじゃねえか  おれはこれからお小屋にかえってひと寝入りするからな  おれがどじを踏むなんて  おれんちのやつを盗んだ  おれが手にかけるがほどの  おれがそんな女に参ってたまるけ  おれと思うか  おれもいま考え直している  おれを裏切りやがったな  おれの男がすたるから  おれはてめえたちへのつらあてに死んでやる  おれが牛若丸になり  おれはそのとき毒をあおって  おれがなんで死んだかも  おれがきのうこの暑っ  おれの耳は横へついているかもしれねえが  おれに訴えて  おれにさえいわねえ  おれが察して  おれをだれと思ってる  おれがにらんでからの  おれは追ひ抜かれた  おれも焼きが回ったかな  おれはかりにもむっつり右門といわれている  おれも気がついた  おれも一口買って出よう  おれがにらみゃ  おれにあいそがつきた  おれでなくちゃ判断のつかねえ  おれでなくちゃ判断がつかねえと  おれがお先に失礼するよ  おれがあばたのやつに負かされるなんて  おれもあせるらしいよ  おれにも似合わねえって話さ  おれが隣のお美代坊に去年から夢中になっている  おれがいま八丁堀でかくれもねえ  おれがひとつ当たってやろう  おれがすきたくてすくんじゃねえ  おれが腹の減っている  おれァあの子に帯を買ってやる  おれが出馬するとなり  おれに右門だかどうだか念を押した  おれのにらんでいる  おれがそのからくりをあばいてやら  おれはそのうえに飛びのってやる  おれがのぼったら  おれをのぞいて  おれの門前にすえておくなあ  おれもあき  おれのものだといわぬばかりに  おれが負けるとでも思っている  おれの目玉が安物でねえ証拠をいま見せてやるから驚くな  おれの目の届かない  おれでなくち  おれがわざわざ出るにも当たらねえじゃねえか  おれもちっとてつだうかな  おれの目にゃそう書いてある  おれがいま引いた  おれに手を引かする  おれのお番所へ行き  おれをのけ者にした  おれが手がけていたら  おれに出馬しろとおっしゃった  おれがこうとにらんでの  おれが今から思いきり昼寝をさせてやるから  おれがお出馬あそばしているじゃねえか  おれがお出ましになったとなると  おれの眼力のちっとばかり自慢して  おれの大喝に出会って  おれにかかってはかなわないぞという  おれの一喝で夢からさめた  おれを知らねえの  おれにこういう芸当があるじゃねえか  おれもいっしょに死んでやるから  おれも殺せ  おれの殺し  おれにだって八艘飛び  おれがいちいちずぼしを  おれの名まえなんぞ  おれの力が借りたいというなら  おれあどうも欲の深い金満家とは一つ世の中に住みたくねえよ  おれがにらんでから  おれの青梅と眼がついたな  おれにあばかれちゃならねえと思って  おれが目にへえらねえ  おれの目は見える  おれを前にして  おれに早変わりしちまったな  おれがついているじゃねえか  おれの名まえは隠しておきなよ  おれがふたり分堪能してやるから  おれがこうと眼をつけた  おれを向こうに回して  おれが正気にさせてやら  おれを向こうに回そうとおっしゃる  おれもあの妙ちきりんな白封の手紙を見たときゃ  オレにドクを盛りゃがったな  おれも調子につり込まれてしまったが  おれが代わりに注文してやら  おれが来たくて  おれはがまんしても  おれに食ってかかったって  おれがすかした  おれにおまんまを食べさせねえというの  おれがいる  おれと警告しながら  おれが奥山くんだりの河原乞食のうわさを知らなくたって  おれにだってもあごがあるという  おれの目の玉はちっとばかり品が違う  おれの目がにらんだ  おれが横から飛び込んで  おれに頼みに来たら  おれが出かけるにもあたる  おれに断わりも  おれもおめえの顔を見ると  おれとのふたりに手配りさせようと  おれのふところが痛む  おれの眼はただの一度狂った  おれまでが朝寝をしたわい  おれに抱けとは  おれがこれを受け取らなくちゃならねえ  おれに食ってかかったってし  おればっかりにいやがらせをしやがる  おれが窮面してやら  おれはいやになった  おれにも少し了見があるから  おれも一時は面喰って  おれの手を借りて  おれだって影の形に添うが如く  おれのものになりきって  おれは今まで金を欲しがっていた  おれは恥かしながら  おれも一つ踊ろう  おれがおる  おれの血のめぐりも  おれが騒いだ  おれの感情にピッタリした  おれの研究はまさに完成する  おれは無限の財産を手に入れる  おれは五年でやってのける  おれはとうとうそれを発見した  おれにとってルウレットはもはや僥倖を期待する  おれにとってそれは組合せと順列の簡単な遊戯にすぎない  おれは茫然自失した  おれはその日から絵筆を折った  おれが逢いたいと思ってると  おれと貴様の間には感応し合う  おれはもう社交の習慣を忘れてしまったとか  おれは目を三つおきに読んだだけだが  おれは十年やった  おれでさえまだいっこうにわからん  おれがかならず勝つと思っているかね  おれはあの晩愕然とそれを悟った  おれは出鱈目な組合せをつくって  おれがなにをいいだす  おれはまるで餓鬼のように勝ちたがっている  おれがシステムなんか持って出かけていたら  おれはこれからそのほうの研究をはじめる  おれはみょうなことになったよ  おれは熱烈にあの妻君を愛する  おれは過去にこんな経験を持たぬので  おれは人間が経験するであろう  おれはあの細君に愛されたい  おれはあこがれ  おれにはもはや青春も健康も精力も残っていない  おれの道徳はどんな理由があろうと  おれがやってやる  おれは自殺する  おれのシステムが完成して  おれの肉体は過労で困憊して  おれはこうやって  おれは動けなくなった  おれを窓から投げだして貰いたいから  おれにくれるという  おれもそっちへ向いて死のうと  おれは硝子の箱のなかにゐた  おれだって眼のつく  おれを知らねえかよ  おれもひとつ入れてみてやろうと思って  おれがもう一本十手の当て身をくらわしてやら  おれが先に手を出したじゃねえか  おれといったのに  おれを婿におれを婿にといいだした  おれと申されまして  オレの若いころはそんなことはできなかった  オレの事務所で働けよぐらいの  オレに残りの金をくれて死ねば  オレも小夜子サンにヤキモチやいて  オレにもいくらかくれねえかな  おれに取持ってくれという  おれに演らせればもつと  おれもお礼になにかしてやろう  おれはこれから町へ出かけて  おれのことをどういっているか  おれのしてゐる  おれを寝かさんな  おれのあとを慕って来たか  おれの鍛冶小屋の鞴でみんな焼き溶かしてくれるから  おれの弟小一郎も同然に思っている  おれがこんなことをする  おれに嫌疑をかけないだらうか  おれにも一杯頼むぜ  おれは色紙を貰って見せると  おれはそれを直してみた  おれは微笑を信じるだけだ  オレの凄味を見ねえ  おれを肯定しないで  おれは不思議なことを発見した  おれは酔つとるから  おれが飲まんていふ  おれを瞞して  おれが会った  オレが大鹿と膝ヅメ談判して  オレと結婚するな  オレも見張るよ  オレが真ッ暗の部屋へはいって行ったら  オレを疑うだろうと思うと  おれが少し頂戴した  おれの名を呼んでる  おれは狐に化かされた  おれの前に出て来るか知らぬが  おれはあっちの綿入羽織を着て行こうか  おれは人間だと威張っている  おれが持っているよりも  おれのダウデンはどうしたと  おれがもう監獄から出てくるかと思って  おれの顔が電灯の光の中に現れた  おれの服をもって引き下ろした  おれが知りたいと願っていた  おれも出る  おれがいま駅員と話をした  おれも睡くなるだろうよ  おれのポケットに入っていた  おれの名前を知っている  おれを捨てていった  おれは約束を守ろう  おれは約束を守るぞ  おれの記憶が消えてしまった  おれの着ている  おれなら何を売るかな  おれと相図しておいて  おれが目に見えねえ  おれにはおれの仕事がある  おれの眼を見た  おれを置いてけぼりにして  おればっかり置いてけぼりにして  おれはかしこの森で二人の姿を見たという  おれはここの野道で二人が手を取って歩いている  おれが引き取って  おれの名前をきいていただろう  おれの家までみんな来てくれ  おれはこの蔓を腰に巻き付けるから  おれも自分の力で働く  オレのウチへ来た  おれの村へ行き着いたら  おれの顔を見る  おれにはとんと見当もつかず  おれは壁づたいにするすると天井裏までのぼっていった  おれは日本人だから日本人の趣味を現わす  おれはよほど頭が悪くなったな  オレのイノチも無事だろうと野村は心をきめて  オレは見とおし  オレを見な  オレに気兼ね遠慮するな  オレがイモでも煮てやるからな  オレも先祖の大婆サンに会ってる  オレもそんな気がしてきたからね  オレは再びキミを訪ねないぜ  おれを殺した  おれは人殺であった  おれは役所に寝泊りをしてもい  おれの気持ちもわかつてるだろうが  おれは自分の責任だけ果せば  おれにもまんざらわからん  おれは早くから軍職に身をさ  おれは軍人を志し  おれは今さら軍服を脱いだ  おれの少年期の最後と青年期の大部分をあげて  おれに二つの道を自由に選ばせた  おれに押しつけた  おれの目ざしている  おれはお前をもらうについて  おれの顔をじつと見た  おれの決心に変りがないとすれば  おれの最期を見と  おれがいま死んだら  おれが安心するじやないか  おれといつしよにでも  おれのことはおれが考える  おれといつしよに死ぬ  おれの行動を妨げる  おれの身にもなってくれ  おれはあの箕島の嚥みこんだ  おれは病理学教室にいる  おれは上野から来た  おれはそれを見た  おれはあの女に苦しめられて来た  おれの下劣な血の中に在る  おれの直感にくるひはない  おれの直感にくるいはない  おれはまた慾が一つ出て来た  おれは変な気になった  おれの子供時分からのことを知っている  おれの見る  おれに取持て  おれがいったん口に出した  おれの寝床の中へもぐり込んで  おれも一人じゃ生きていられない  おれは長崎で蘭医の修業をやりそこねた  おれの口から進んで  おれは江戸へ出て  おれを追いかけて来る  おれは捕われた  おれの身の上にかかる  おれは安達の黒塚へ追いこまれた  おれを取捕まえる  おれの動静を感づいた  おれの寸法が当った  おれの魂をあげるから  おれは明日死ななくてはならない  おれは十五に相当する  おれの膝に腰を掛けて  おれは起きて出掛けた  おれにうやうやしく小さい包みを渡した  おれは問うた  おれの事を侯爵だと云っている  おれはいい加減に口をもぐつかせて  おれはそれを提げて  おれは聞えない  おれを追い掛けに飛んで下りる  おれに追い附いた  おれは丁寧に礼を言った  おれと握手した  おれはこの出来事のために余程興奮して来たので  おれははっと思うと  おれは切れぎれに云った  おれは椅子から立ち上がった  おれはすっかり気色を悪くして  おれに渡してくれる  おれはとうとう包みと  おれは随分くたびれていて  おれは大熱になった  おれの膝に腰を掛ける  おれは一工夫して  おれを失望させた  おれは右党の席を一しょう  おれは襟に再会する  おれは安心した  おれを探偵だと思ったらしい  おれの考えは少々違っていた  おれに渡す  おれの受け取った  おれはホテルを出て  おれはロシアを出て来た  おれの包みを入れたら  おれは身を旋らしてその男を見た  おれのわざと忘れて置いた  おれはそいつのふくらんだ  おれは口笛を吹いて歩き出した  おれはそこで捕縛せられた  おれは五時間の予審を受けた  おれがなぜそんな事をしたか分からない  おれは死刑を宣告せられた  おれに例の紙包みを持って来て渡した  おれの傍には卓があって  おれは処刑を受ける  おれも丈夫になったといって  おれはヂレッタントだといって笑っていた  おれには少し思いついた  おれも今それを見直そうと思っている  おれがまだ農家に転出していた  おれは小用をしに立って  おれはその時死ぬ  おれの発明ぶりを讃歎するなり  おれは酒の代用品を思いついた  おれがその男に今いった  おれはその時強調して  おれはこれを聞いて  おれはまた掬われたなと感じた  おれを言下に痛罵するかも知れない  おれは自作の歌の巧拙を今問うている  おれが推奨する  おれは今そんなことを考えている  おれだって多少の教養は持っているよ  おれは信じていない  おれの精神も遽かに羽根を生やして  おれも禁煙で煙草は楽になったが  おれには最早過去があるばかりだ  おれは絶え絶えに声に立つ  おれのからだのどこを捜して見ても  おれには植物に対する興味が押え切れぬほどある  おれは今面白いことを考えている  おれの平生考えている  おれの無知の蒙を  おれの回想のなかで産声をあげた  おれが青山にいた  おれにも分り  おれの花火に関する閲歴のとじ  おれの生涯は敏慧で親切で寛容な夫人の優雅な言葉を縫糸にして  おれにはそう思われて  おれの体に浸  おれの思想を支配していた  おれの生母のいきさつをも熟知していたかも知れない  おれにはつまらぬ  おれの境遇をよく知っていたので  おれを憐んでいた  おれにはそうとしか思われぬ  おれの夢は明瞭すぎるほど  おれはなお自由と法悦とを求めて止まない  おれはそう思って  おれの無知を責めてかかる  おれにはおれの立場がある  おれの為すべき  おれは現実から刻薄の毒素を絞り取って  おれは早晩その杯を傾けねばならない  おれはこうやって倒れるまで  おれは気に入ったよ  おれも老いこんだよ  おれの足はきょうも透谷の住んでいる  おれはそう思っている  おれもそう思っている  おれの結語はそこにある  おれは信の種を播いた  おれは破滅だと思っちまった  おれのような生活をつづけて行く  おれも間接の原因の一つなのかもしれんが  おれに惚れたといって  おれにあの人をどうしろという  おれは発て  おれの発とうとしている  おれは気が違った  おれがヒステリーを重視した  おれは今日のうちにも貨物船かさもなければ帆船でもいい乗り込んで  おれを侮辱する  おれを憎んでいる  おれはまだ生きている  おれが呪ってやまぬ  オレもやるぞ  オレのついだ  オレはこんなカラ騒ぎの席にゐたくないから引きあげる  オレも一しよに  オレもひと廻り廻る  オレと一しよに  オレを殺す  オレは知らんぞ  オレは今すぐ基地へ帰る  オレは是が非でも帰る  オレも一しよに行く  おれはどうかしてゐる  おれの眼の前へ持って来やがった  おれは今まで苦労をしないで  おれはこう見えたって  おれに任せろ  おれの御機嫌を取らぬ  おれを快しとしない  おれも支配から押しこめに会って  おれは楽隠居でいられる  おれに対するこのような不届きなことをさせる  おれは引っ張ってやろう  おれは男だという認識の長い躊躇を要したであろう  おれの死なない  おれの友だちだろうとかまいはしない  おれはサン・ミゲル島を取ってやろう  おれには異教徒を焼き殺す  おれは決心した  おれの力を思い知らせてやろう  おれが望む  おれは追跡されている  おれは斯ういう世間に通った  おれはそんな贅沢なものは食わない  おれは書けるが  おれも来る  おれを認めさせずに行かせる  おれの捕虜にした  おれの家とは違う  おれも感心したねえ  おれは自分で自分に言ってる  おれはお前さまのお母様をよく覚えている  おれはお前さまを抱いて  おれも一肌脱がずばなるまいよ  おれは山から木を背負って来た  おれはけさ早く起きて  おれが伏見屋へち  おれはさっきから来て待ってるが  おれは何からお話して  おれは気でも違い  おれは何をしていたかと思う  おれは今まで畠にいたが  おれはこうしちゃいられない  おれが何を知らすか  おれは一向知らんが  おれも山の中にいて  おれは囲炉裏ばたでいただかず  おれも弱った  おれは島流しにでもなった  おれの出稼ぎを疑問にしているに  おれも退役願いを出したくらいだから  おれもどうかしていると見えて  おれの思うには  おれも承知してるが  おれの加勢をしてくれた  おれの内部にいろいろなものを見つけてくれる  おれはこれから中津川へ打ち合わせに行って  おれは京都まで御奉行様のあとを追って行って  おれも一肩入れさせてもらいたいな  おれは寝ていて  おれは右の方をやられた  おれは耳まで右の方が遠くなった  おれは金兵衛さんのところへお風呂でももらいに行って来る  おれとありますがね  おれもどのくらい心配したか知れ  おれはお前さまのために恵那山までよく雪を取りに行って来た  おれも遠く来た  おれはほとんどあの人と言い合った  おれを攻撃した  おれはあとになって  おれの家へ古い書付なぞを見せに持ち込んで来た  おれの覚え  おれも隠居する  おれにきくん  おれは勤王なんてことをめったに口にした  おれはふき出したくなる  おれは王滝まで出かけて行って来るぜ  おれの目をあけてくれた  おれは調べたい  おれだって考える  おれが半蔵に学問を勧めた  おれは自分で自分の学問の足りない  おれは止めはしなかった  おれも街道のことには骨を折って見たが  おれが宿場の世話をした  おれも思い当たる  おれの家じゃ問屋を商売とは考えていない  おれの家の歴史を考えて見てくれると  おれも感心してるがね  おれが一つ将棋のたとえを出すよ  おれの見込はまるッきり大外れになる  おれがやって来なかったら  おれに教えてくれ  おれが敵を取  おれに読めと言う  おれの面を見ている  おれも戯曲を書いてやらうと思ひ立つた  おれは王滝の方へ出かける  おれが王滝へ行くなら  おれがあのお父さんの病気を祷りに行った  おれは清助さんに止められて  おれはしかって置いたが  おれはこの懐中をたたいて見せる  おれからも言って置こうがね  おれは思うよ  おれの来べき  おれもどうかしてしまった  おれも路に迷ったかしらん  おれを止めるかと思った  おれは青山さんを連れて  おれも腹が減つてきたので  おれは毎晩盃の數をはかつてちやんと知つてる  おれあ徳利を持つて見た  おれがまた明日うんともうけて  おれは虱の中から身を起した  おれは子供心にもこつ  おれあ子供心にもよくわかつた  おれが大きくなつたら一所懸命稼いで  おれはこつ  おれを見込んで  おれに持ちかける  おれを勵してくれた  おれは降  おれは六貫を倍にして  おれはさう  おれはさう思つて孝行をして  おれは決してこんな事を自慢する  おれに取  おれは自分に言ふんだ  おれは親父に思ふだけの  おれに不足を言ふ  おれは思ふ  おれを生したつ  おれが今かうして  おれを援けてくれんべと  おれはおんつ  おれは全く感心してる  おれは忘れね  おれはその晩はお伽をする  おれが言ひかけると  おれが死んだ  おれはお前の一方ならぬ  おれに足を擦らせながら  おれに足を擦らせた  おれのやうな者にさう  おれにさう  おれの脱穀を持って行きゃ  おれも刳られた  おれの身体でも売れると  おれはしねえ  おれを捨ててくれねえけりゃ  おれの眼で見りゃ  おれが強盗になりゃ  おれが一昨日盗賊をして来た  おれは此処を引越してしまおうと思うよ  おれはそうは思わない  おれがたたき殺してやろう  おれが高志の大蛇を斬つた  おれはお前があの若者の妻になる  おれと一しよに  おれの矢を探しに  おれなら口も利かずに  おれは今までにもあの男を何度殺さうと  おれに何の罪があるか  おれよりももつと  おれはおれだと思っているだけでした  おれはあけ  おれはおれだと思つてゐるだけでした  おれを盛りつぶして  おれが好んで  おれをあの里へつれ込んだ  おれを抛り込んで置いた  おれをあそこへ案内して置いて  おれの帰る  おれがぶっつかった  おれを頼りにして  おれも泣いたよ  おれがその将来を見ても  おれも無益の殺生をしないで済んだという  おれはもう女を卸してしまったが  おれはまだ女と別れていない  おれもかなりしたい  おれにはそんな辛抱はできない  おれは幾つになっても  おれもその手で苦しんだ  おれも早くその辺に気がついて  おれに見て  おれは忠義道徳を看板にする  おれは格が違う  おれにはできぬと  おれにはできぬ  おれは親の愛情というものを知らない  おれの分限にも近くなってくるし  おれにはできないと  おれに子供でもあったらば  おれのいろではあるまいし  おれの名前でよろしければ貸して上げても  おれと駒井の相場がそれほど違うかな  おれはそんなことは知らん  おれに向って晴らしに来た  おれは勝を一概に奸物と見たくないが  おれにはやれない  おれは一概にあいつを奸物だとは見たくない  おれもずいぶん馬鹿を尽しただけに  おれがまだ読まんから貸せない  おれも癪に障ったから  おれも思い切って  おれももう我慢が出来なくなったから  おれのうしろに坐っている  おれの右の方に坐っている  おれも少しのぼせて来て  おれもしまいには夢中になって  おれが案内する  おれは饒舌り出すと  おれはあいつの自畫像でしかあいつを見た  おれに対してそういうことを頼んでいながら  おれもはいる  おれもお聴聞に来ました  おれといふものもずゐ  おれが拵へて見せよう  おれは気取  おれはやはり死ぬ  おれに聞かせるでもなかろう  おれとお吉と婚礼の媒妁役して呉れたを  おれは当人じゃ無れば取計いかねると仰  おれも昔は脇差に好をして  おれの養女分にして  おれも一トつの善い功徳をする  おれの所業をば不審もして居た  おれは植木の医者の方が上手かも知れない  おれは川崎の大師で食べた  おれは勤向きのことでは人に批難をされる  おれの部屋だから構わん  おれの方からねげひ出して  おれを忘れたの  おれのくちばしやつめを見ろ  おれがいい名を教えてやろう  おれを持って去って呉れる  おれは此男を手に掛けたろう  おれの足の皮剥に懸るを待ってみる  おれは戦争の利益になった  おれが従軍しようと  おれの心一ツで親女房に憂目を見するという  おれはソノ馬鹿だという  おれも是になって  おれは到頭泣出した  おれの失望落胆と云ったら  おれではあるが  おれも同じく此姿になる  おれの傷を負った  おれは長崎をでる  おれが一人でひきうけてやる  オレをスイセンして  オレの膝元に育ち  オレが工夫の骨法は大過なく会得している  オレも気附かぬ  オレが病気のために余儀なく此奴を代理に差出す  オレが見込んで差出す  オレが呆れて  オレはそれまで親方にほめられた  オレをまったく驚愕させた  オレをひそかに別室へよんで  オレはムラムラと腹が立った  オレが一心不乱にやれば  オレの造る  オレを親方の代りに長者の邸へ連れていった  オレをイラだたせた  オレを連れて行く  オレは旅の途中でアナマロに別れて  オレは自分に云いきかせた  オレのイノチを打ちこんだ  オレが刻んだ  オレは生きて帰らぬ  オレは一心不乱にヒメを見つめなければならないと思った  オレの師匠がそう云っていた  オレは夜長ヒメを見つめた  オレは親方の教訓の重大な意味が分った  オレはむしろ張りつめた  オレが負けた  オレはヒメを見つめていた  オレを長者にひき合せて  オレの耳を一心に見つめた  オレの頭に血がさかまいた  オレはヒメの顔だけは見つめなければいけないし  オレは処置に窮して立ちすくんだ  オレは突然ふりむいて走っていた  オレはオレの部屋の前まで走っていった  オレは川の流れに沿うて  オレに五六日おくれて  オレを馬に見立ててから  オレをウマミミとよぶ  オレは青ガサの高慢が憎いと思ったが  オレの肚はきまっていた  オレが気がついたと  オレはこれをきいて  オレは考えていた  オレの生れた  オレのようなタクミが奴隷に買われて行く  オレをビックリさせた  オレはヒメの気に入る  オレは日暮れちかくまで滝壺のそばにいた  オレはヒメの気に入らない  オレに大きな驚愕を与えた  オレがもらう  オレはエナコを見つめた  オレの目はエナコの顔から放れなかったが  オレは驚愕と怒りを抑えた  オレの目をエナコに向けて  オレの視線に気がついた  オレはシマッタと思ったが  オレもにわかに憎しみにもえた  オレは即座に云い返した  オレの国では女が野良を耕すが  オレの国の馬は手にノミを握って  オレの前へ進んだ  オレを見おろした  オレの目もエナコの顔から放れなかった  オレの背後へまわった  オレの耳をつまんだ  オレは耳に焼かれた  オレはふりむいて  オレは突然気がついた  オレはクビをまわして  オレは何か忘れていた  オレの片耳の上部をオレの酒杯の中へ落して立去った  オレも山の木を伐りだしてきて  オレは蔵の裏の人の立ち入らぬ  オレは高窓を二重造りに仕掛け  オレの仕事はできあがるまで  オレの気を散らさねえ  オレを見定めた  オレも差向いに腰をおろした  オレが良いように申上げておくから  オレが追いだしたい  オレは叫んだ  オレの手はノミやカンナをとる  オレは今日かぎりここのウチに雇われた  オレが勝手に三ヵ年仕事をする  オレの両肩に手をかけて  オレを見つめた  オレに手渡して  オレと一しょに斧をもって  オレをいらだたせた  オレの身のためを思うなら  オレは即座に肚をきめた  オレはここへ来た  オレにつづいて参れ  オレの跫音をききつけて  オレを睨んで  オレが女を憎むなら  オレを憎むとは  オレはふと気がついたが  オレは誰かに耳を斬り落された  オレを仇のように憎みきっているという  オレの咒いの一念はあげて  オレは十五の歳に仲間の一人に屋根から突き落されて  オレに恨みを持っていた  オレは骨を折ったので  オレがたった一日といえども  オレは泣き泣きノミをふる  オレを仇のように憎む  オレが女をほしがっていると思って  オレと思うか  オレの心は落附いた  オレを睨みつけて  オレを仇のように睨む  オレは云ってやった  オレはスックと立ってみせた  オレはわざと何も言わなかった  オレの顔に血がのぼった  オレの心を裏切る  オレを憎む  オレを仇のように睨んでいるから  オレが女をわが物にしたい  オレは虚をつかれて  オレの顔は益々熱く燃え  オレの下心がたしかにそうだと白状している  オレは益々うろたえた  オレは観念して  オレにとってこの赤面と汗はマトモに抵抗し  オレは目を開けて確かめる  オレはもう一度ジックリとヒメの顔が見たかった  オレはシブシブ目をあけた  オレはエナコがよもやそれを受けとるとは考えていなかった  オレの耳を斬る  オレは考えた  オレはこう思った  オレがうまいこと警句の一ツも合せる  オレがこう考えた  オレの耳を斬れと命じている  オレが片耳を失った  オレが怖ろしい  オレの耳を斬り落せと命じているのに  オレは夢を見た  オレはエナコが刀のサヤを払うまいと思ったから  オレがすさまじい気魄に気がついて  オレの目の前に進んでいた  オレの鼻先で懐剣のサヤを払い  オレは他の全てを忘れて  オレは茫然とヒメの顔を見つめた  オレは放心した  オレの耳が斬り落される  オレはみんな知っていたが  オレの心は目にこもる  オレは耳をそぎ落された  オレの耳がそがれた  オレはヒメのツブラな目が生き生きとまるく大きく冴える  オレの目に一粒ずつの大粒の涙がたまっている  オレがノミをふるう  オレの目に残る  オレはそれを押し返す  オレがヒメに自然に見とれてしまった  オレがどのようにあがいても  オレは是が非でも押し返して  オレはひるむ  オレは松ヤニをいぶした  オレの小屋のまわりはジメジメした  オレはそれをひ  オレにのりうつり  オレは念じた  オレは心のひるむ  オレは山に入って  オレはかえって力がわいた  オレにこもって  オレは仕事をつづける  オレはヒメの笑顔を押し返すほど  オレの力だけでは足りない  オレの心がヒメにとりつく  オレのヒルミに気がついた  オレは蛇の生き血に飢えていた  オレにも得体が知れなかった  オレは冬になって  オレはのこされた  オレの物を並べた  オレは小屋へ戻ると  オレは戸を叩く  オレはふと思いついた  オレは食物を運んできた  オレには新年も元日もありやしねえ  オレが口をす  オレが戸を開ける  オレはそれをきいた  オレの全身が恐怖のために凍った  オレはウロウロとむなしく時間を費した  オレはさとっていたが  オレははじかれた  オレの前を通りこして  オレが見納めにした  オレの小屋では笑顔の絶える  オレの目にそれをのこして  オレは侍女にみちびかれて  オレはヒメの無邪気な笑顔がどのようなものであるかを思い知る  オレの耳を斬り落す  オレの小屋の天井からぶらさがった  オレの耳を斬り落せと  オレの斧で斬り落せと  オレにすすめて  オレがここから逃げる  オレが造った  オレはその怖ろし  オレの造った  オレは今に至って  オレを殺すであろう  オレを裂いて  オレのタクミとしての必死の願望にもかなっていた  オレはようやく風呂からあがる  オレは奥の間へみちびかれた  オレは顔をあげる  オレに向って  オレは満足のほかにつけ加える  オレに数々のヒキデモノをくれた  オレはもうこれしきのことでは驚かなくなっていたが  オレを見つめていた  オレは青ガサが残した  オレの仕事を気にかけている  オレの仕事のはかどりを見に来た  オレを選んで  オレはヒメになぶられている  オレは時々考えた  オレはそれを人づてにきいて  オレが咒いをかけて刻んだ  オレを生かしておく  オレの物を選んでおいて  オレにヒキデモノを与えた  オレの何かに興味をもったという  オレがヒメにいつ殺されても  オレのミロクはどうやらヒメの無邪気な笑顔に近づいてきた  オレが精魂かたむけて  オレのノミが刻みださなければならない  オレはそんなことを考えた  オレを殺すかも知れない  オレの仕事の心棒になった  オレの小屋へ現れて  オレは何も言う  オレはヒメの本心を訊いてみたいとは思わなかった  オレはたちまち名人ともてはやされたが  オレの手になる  オレのバケモノを拝みにきた  オレに示して  オレはヒメがからかいに来たと見て  オレの言葉にとりあわなかった  オレは呆れて  オレの手にカブと菜ッ葉がのこっていた  オレはヒメの魔法にかけられて  オレがいま造っている  オレという人間のタマシイがそッくり乗りうつッているだろう  オレは確信をもって  オレの確信の根元からゆりうごかしてくずす  オレが見失ってしまった  オレの小屋へきて  オレはヒメに命じられては  オレの頭に浮かばなかった  オレは裏の山にわけこんで  オレはこの山で蛇をとったが  オレが蛇とりにこの山をうろついていた  オレの造りかけのバケモノが腑抜けのように見えた  オレはヒメの笑顔に押されるという  オレのノミが素直に表す  オレは素直な心に立っているから  オレはともかく心に安らぎを得て  オレも今年のオレも変りがないように思っていたが  オレの方がすべてに於て立ちまさっていると思った  オレは大きな袋にいっぱい蛇をつめて戻った  オレは小屋にこもって  オレのバケモノが魔よけの神様にまつりあげられ  オレははじめて高楼から村を眺めた  オレに命じた  オレはチョコにうけて飲みましたよ  オレはまさかと思っていたが  オレが自分でする  オレが袋の中の蛇をみんな裂いて吊るし終ると  オレに言った  オレは冷水をあびせかけられた  オレは居たたまらずに  オレの足はすくんでいたし  オレはヒメが憎いとはついぞ思った  オレの心は縛られていた  オレは蛇をとる  オレをかりたててやまなかった  オレは黙って  オレは今朝からまだ一言もヒメに口をきかなかった  オレが仕事小屋でしていた  オレは単純にそう思う  オレがあんなことをした  オレの小屋を見たから  オレの小屋を見ていなければ  オレの手に負える  オレのノミもとうていヒメをつかむ  オレはシミジミ思い知らずにいられなかった  オレは嘆かずにいられなかった  オレを迎えた  オレにニッコリと笑いかけながら  オレはヒメの言葉をきいている  オレはどうしてよいのか分らなくなってしまった  オレによびかけた  オレはランカンに駈けよって  オレは目をとじて  オレはそれをハッキリ信じた  オレが天井を見上げると  オレが逆吊りにした  オレの手が斬り落すか  オレが逃げ去るか  オレの心が変った  オレはフシギにためらわなかった  オレを押す  オレはヒメに歩み寄ると  オレの肩はハアハアと大きな波をうっていたが  オレはヒメの言う  オレも挨拶がしたかったし  オレの目に不覚の涙があふれた  オレの手をとり  オレはヒメを抱いた  おれについてくるが  おれがつかまえて見せる  おれが消えるか  おれはどこへ行く  おれの手に血がついてやしないかい  おれが連れて  おれのからだの何処へあたるだらうといふ  おれのそばへ寄るな  おれの顔ばかりにらんでいたら  おれを覚えているだろう  おれが金を持っている  おれがそこへ来ると  おれのほうじゃ今までわざと名のらないでいた  おれが君のうちへ行ったり  おれを訪ねてきたりする  おれがベイスフォードへ帰る  おれはここで喫煙車に乗りかえるからね  おれが犬をつれてくる  おれは野原をさがしてみる  おれが野原からかえるまで  おれが呼ぶまで待っていてくれ  おれをその下請のルンペンに見立てやがった  おれも両腕があっては  おれを見かけて  おれに使えと言わぬばっかりだ  おれが仕込んで  おれも考えてみると  おれのところへ来やがった  おれがグレ出したという  おれは盗人さえしなければ  おれはそう思うよ  おれは仲間での出雲の神様になりてえ  おれをふみつけさえすれば  おれの娘分のお松と出来合うなんていう  おれがここでやきもき思ったからとて  おれはそれに随って来たが  おれも案内して  おれが着るから  おれに味わわせようという  おれが吉原を断わって  おれの頭の中は一変したよ  おれにひとつ京都へ出張ってみないかという  おれは京都へ乗込むよ  おれは明日にもまた折返して  おれは但馬守ほどに剣術は使えないし  おれとおっしゃる  おれはそれを実地に見せられて  おれはこの眼でよく見て来たぞ  おれは後で西洋の操練を習ってから  おれがはじめてアメリカへ行って帰った  おれに十万石を与えれば  オレもサムライにならなきゃいけない  オレの身になってくれなきゃ  オレがつけた  オレは退職手当を貰わなきゃ  オレに映って見える  おれはきさまを詛ってやる  おれはいま娘の涙を手に弄んでいる  おれのことを三等機関士なんていったぞ  おれもかう  おれに一疋売ってくれ  おれとお前とはこの国を半分宛持っている  おれによこしても  おれの一番いい家来にしてやる  おれは何にでもあたる  おれもその方が有り  おれはさっきからお前の島へゆく  おれはこれまでこの舟でおおぜいの人を島へ送った  おれについでにそのわけを話して聞せてくれぬか  おれは死ねるだろうと思っている  おれも名前だけ書き込んで来る  おれが手をとって  おれの計画している  おれは金ほしくて貸した  おれの家は知らん  おれはせん  おれはまだ蚤の評論というのを見た  おれは殴られた殴られた  おれはじっと我慢をし通して来たが  おれと参右衛門と仲が悪うなると  おれは自分が悪いと思えばこそ  おれにしたってだ  おれに云わし  おれは何もかも知っとる  おれは駐在所へ呼びつけられた  おれは云うと  おれに同情してくれて  おれは云うた  おれだけが知っとる  おれはいつでも黙って  おれは嫌われておるのでのう  おれのことを分る  おれだけ死ぬ  おれは幾ら聞いても分らん  おれんちに  おれには嬉しいのか悲しいのか分らないね  おれよりも見どころのある  おれは出さぬ  おれも出さぬ  おれは苦労をかけた  おれは諦めた  おれを飯炊き婆と思うてる  おれんとこは商売はした  おれの若いときは一時間に二百五十束もした  おれの生れた  おれの着物にしてくれ  おれはあの人の科学談を拝聴しに行っただけだよ  おれは金はいらん  おれはお世話して来て  おれも困るでのう  おれも知らん  おれの悪口をみなは云うが  おれはあれから殴られた殴られた  おれの女房になろうとは  おれは働いた働いた  おれのようなきたない靴をはいて来る  おれを陶酔させる  おれは冴子に惚れている  おれは気取っているぞ  おれは二流だとはっきり言う  おれに与えられた  おれには女に好かれる  おれにはただ一劇作家としてつきあっているだけかも知れない  おれが接吻してやったから  おれはこの女を誘惑した  おれはもうこの女を東京へ追い返す  おれは毎日この女を追い出す  おれはそれを口に出す  おれは見ている  おれを困らせないでくれやい  おれが説いても  おれに喰ってかかっても  おれにいう  おれがおめえになり代ってやりてえくらいな  おれには考えられる  おれの身をかりて  おれにつながる  おれを見て  おれを忘れちゃ困る  おれにも祝って  おれにぶつかれば  おれが預かって行くよ  おれに会わせろ  おれの女を奪ったな  おれも飲むぞ  おれが生きていてさえ喰いかねる  おれにだけ見せて  おれの授けた  おれが達者で出かければ  おれはここ三日間の報告を午まえにすまして  おれから話す  おれから渡りをつけておく  おれの体がうごけねえ  おれは助かる  おれは落着いている  おれが真実をいわぬ  おれが召捕る  おれの足袋はないと見えるわい  オレをツルちゃんから遠ざけようて  オレは写真を撮り  オレの肩をもめよ  オレの仕事はすみました  オレのカラダはかまわないけど  オレひとり残るなんて  オレはヒマを見て  オレは進駐軍関係の土建業務もやっとるから  オレは進駐軍に神道を普及したいと思うとるが  オレが助けてやろうと思うとるが  オレが商用で箱根へくる  オレが正宗を助けてやる  オレを送りと  オレも行く  オレはもう知らねえや  オレが買いつけとる  オレの今やっとる  オレが諸君に放出してやろうと思う  オレが放出してやる  オレだから安く買いつけて  オレのコレが危いわい  オレの材木が安値のわけが分ったろう  オレは商売になると思うが  オレに顔の立つ  オレの欲しいのは材木の売ったり買ったり  オレは退屈している  オレがうまくモノにしてやろうとほくそえんでいる  オレは東京へひきあげるから  オレを天草商事へつれて行け  オレは戦地へ行っても  オレに返せたって  オレはエライと思う  オレよりも大衆がエライという事実を知る  オレと大衆の優劣感のある  オレはちっとも困らんよ  おれの胸までどきどき云いやがる  おれが来た  おれについて歩けると思う  おれと言えば  おれの女房という狭く息苦しい囲いの中に入れられる  おれが勝って  おれへの敵意となって  おれも蒙  おれくらいの大男はざらにいる  おれと遊びに飛んで来な  おれと遊びにはねて来な  おれと遊ぶが  おれが来たとは話すなよ  おれあ別に今日行かなく  オレのおつか  オレは仕事に出るからね  おれが貴様みた  おれにこの五十銭ぎんくわを下すつた  おれが工場をやめて  おれの困つてゐる  おれを助けて下すつた  おれがあんな大学生とでも引け目なしにぱりぱり談した  おれの力を感じていた  おれには鉱夫どもにさえ馬鹿にはされない  おれのほうが勝ち目がある  おれごし  おれだって伊手ででもいいあねこ見れば  おれの妹だって云えば  おれが死んじまったら  おれいいっていいかわからないわ  おれが兄貴と喧嘩する  おれに訊かんでも  おれにさえ聴こうとはせぬ  おれにはおれのやり方がある  おれは今までに蛇を食った  おれに呉れ  おれが請合う  オレの子供じゃないだろうと疑っている  オレはお前を愛していた  オレがなれない  オレがあんた方に催眠術をかける  オレに温灸を施す  オレが術を行うだけで  おれは歩く  おれ見てきべ  おれの生きてる  おれはいつ死んでも  おれにてんで見覚えの無いのはなぜだらう死んだ  おれの玩具の単調な音がする  おれの冒険ののち名前ない体験のなり止まぬ  おれに美術家たるの天才がある  おれは一個の画家として成功するだろうかなんてしきりと  おれが後ろへ振り向くなら  おれの後ろからいきなり頸筋へ食らいつくなら着いても  おれな生活の空気にいた  おれが霊も魂も所謂スピリットも攫まない  おれは都会をすかん  おれには自分ひとりを支えてゆく  おれは一人でも焼け死んで見せるぞ  おれはここで並木君と大に談じてるから  おれもあしたでかけるかな  おれも少し計画している  おれもこんな犬おどしの  おれは大鳥の尾白を撃つという  おれはこれから庄屋の家へ寄って  おれが酔っていると思って  おれを化かす  おれが文をつけた  おれが書いても  おれの文には必ず女の返事が来る  おれの艶書の文体にしても  おれと一度話さへすれば  おれの手にかかると  おれのひがみかな  おれの胸算用も見透かしてしまふかも知れないな  おれを相手にしない  おれの心を立ち去らなければ  おれの命もある  おれの命の助かる  おれにはどちらとも返答出来ない  おれはあの木とよく似ている  おれあもうあるけない  おれはもう動く  おれああんた方のような珍らしい御夫婦は初めて見た  おれも乗りたいけれども  おれはあの臭をきいたので  おれあ日に十ペン御飯をたべても構わない  おれは外を散歩して来るから  おれがすぐに治してやる  おれは貴様の背骨を引き抜いて  おれはお金をウンと儲ける  おれはちょっと行って来る  おれが長生きの薬を詰めて入れておけば  おれあもう諦めた  おれはここに待っていて  おれはこの家に泊って  おれをこんなに背中に結び付けて  おれの腕前を知らないから  おれが追払ってやる  おれの処に居ない  おれがどれ位強いか知ってるか  おれが今追い払ってやる  おれが行って見てやろう  おれのうちの番頭をあんなに黒ん坊にしてしまった  おれのうちは貴様みた  おれを殺したら  おれが色の黒くなる  おれは白くなる  おれには特別にあとでお酒を沢山に持って来い  おれは当り前のお医者とは違う  おれが見なくとも  おれが歌うから  おれが一人一人に死なない  おれも飲もう  おれが尋ねる  おれは塩漬け売りだ  おれはちゃんと見ていたぞ  おれは自分が助かりたいばっかりに  おれはこれから二人の塩漬けの人間を生き上らせに行く  おれの屁の音をきかせるぞ  おれはお前たちをこの樽に塩漬けにして  おれはお前たちをここへ連れて来た  おれが山の草で作った  おれはちょうど貴様と同じ位の身体だからお前の身体に合う  おれの薬の利かない  おれの病気がもとの通りになるばかりでなく  おれの家はブチ壊されてしまうかも知れない  おれは大変なことを知っている  おれは話さない  おれも玉葱の皮だの大根の首だのの料理はきいた  おれも会いたかった  おれも二人のおかげで思う  おれがよい名をつけてやる  おれも名前を牟田先生とかえよう  おれはあの木とよく似てゐる  おれを育ててくれた  おれの住んだ  おれは別にこの金を使う  おれの建った  おれが貧乏になったら  おれを助けろ  おれは下の方から掘ろう  おれの口の中に入ってしまう  オレと一緒になりゃ  おれは気恥かしいんだよ  おれは彼等が憤  おれはいつも尻を拭つてゐる  おれは自分一人のために文学をやつてゐる  おれが文学の好きなことだけは信じてもらひたい  おれの判断によると  おれがいひたい  おれに話す  おれは気ちがひに  おれのことを気がちがつたと思ふにさうゐない  おれもあやふく命をひろつた  おれはりつぱに死骸になつてゐる  おれは時間を空費してゐる  おれの進むべき  おれの尻を落ちつける  おれの安住の地位があったと  おれの仲間に引き摺り込んでやろうという  オレが死んだら  おれは人が十行で書ける  おれが買ってやった  おれは国へ帰る  おれがその羊を食うべき  おれはこの島に渡って  おれほどの苦を受けている  おれならばまっ先にふき出してしまうぞ  おれは一人でも不自由はせぬ  おれの話を聞いてくれい  おれがこの島へ流された  おれを数えていた  おれはそう思っていたから  おれを捉えて離さぬ  おれは鶴の前に夢中になっても  おれはこの島へ渡った  おれに会いさえすれば  おれにも行けと云うたが  おれにもその葉を見せ  おれにもわからぬ  おれにはわかっている  おれはそんな事を考えると  おれは笑いながら  おれが少将に怒られた  おれが慰めてやると  おれは吹き出してしも  おれに遇うても  おれは手招ぎをした  おれはともかくも船と云うから  おれもその船を見た  おれの名前がはいっていない  おれを慰めたり  おれは不動心を振い起しながら  おれの議論に応ずるかも知れぬ  おれはこう考えたら  おれは気の毒に思うたから  おれもあの男は咎めずとも  おれのほかに誰も頼まなかった  おれはそう思うたら  おれの使った  おれは浜べにじだんだを踏みながら  おれをはり倒した  おれは目が眩らみながら  おれの肉身に宿らせ給う  おれが世話してやるで  おれにだってわきまえという  おれもよっておったで  おれも起きられる  おれの手足がすこやかになったら  おれも長年烏帽子こそ折れ  おれの心に従わぬぞ  おれに靡けと  おれはみな知っている  おれには確かな証人があるぞ  おれは車を降りる  おれは天人か乙姫さまかと思うたよ  おれの引き籠っている  おれの運かもしれない  おれはその場に居合わせた  おれはけさ早う土御門へ行って  おれと云うたら  おれは大庭常子をちよつと見直したよ  おれが醺っていた  おれが仲通の骨董店で見つけて来た  おれが思っていた  おれの頭髪もこんなに禿げてはいなかったろうという  おれは時々自分の家で飲む  おれの所へ来るという  おれも行末はその女と同棲になろうという  おれはその後その娘を思っているという  おれが酒さえ飲むといえば  おれをよく知っている  おれが苦しい思いをした  おれに隠していた  おれはなにも知らない  おれのところへ相談にきた  おれに柚子さんの代理をしてくれという  おれにそんなことが言えるな  おれはその雪の上に腰をおろして  おれの胸ぞこへしみわたる  おれは大田が亡せて  おれの身にまと  おれの身を離れてある  おれのほかには京の留守居をさせる  おれはこの店全体をお前と二人でやって行こうといっている  おれは真剣に相談している  おれのところへ帰って来さえすれ  おれにあひとり妹がある  おれはいわば後見をしている  おれは根っからの呉服屋でねえことをおせい様は知っているから  おれが女の物を見立てる  おれにする  おれに何をしようという  おれには眼に見えている  おれが若松屋をなぐった  おれがおめえのいうなりにする  おれの妹になってもらいてえ  おれの妹だといってすわっていりゃ  おれのことにはかかりあってもらう  おれを信じる  おれがきれえになる  おれと夫婦になる  おれはおせい様と近いうちにいっしょになる  おれのきいた  おれにあさっぱりわからねえ  おれにあまだ腑に落ちねえ  おれがこうと一眼でにらんだら  おれからあの磯屋さんによく話し合ってみるとしよう  おれは黙って見ている  おれのからだがうごく  おれの御主筋に当たってくる  おれはよさねえ  おれが出してやろう  おれがよいと申したら  おれもそう思った  おれがつれて行って  おれのことあいわねえ  おれんとこへお針頭に住み込んでいる  おれの妹になっているが  おれから頼んで入れておいた  おれにその証文を破かせて  おれをおそれておる  おれにしろ  おれあおめえのからだを見る  おれとは関係のねえことにして  おれの心がわかってはいない  おれを殺そうとしている  おれには何もできはせぬ  おれの気もちが違うな  おれは戦っている  おれの事だからいつだかわからんと云った  おれは捨ててやると思っている  おれは何のためだか知らないが  おれにも殺せる  おれがおまえならそうする  おれがかってなことをするに  おれが引きうけた  おれが引きうけたから  おれは源三郎になりかわって  おれはこのあぶない橋をわたって  おれは濁水を飲んだ  おれにかまわずに  おれが達者になる  おれがいたとて  おれはおめえのためにした  おれといっしょにいてくれ  おれはすぐに忘れて  おれはないと思う  おれの心底を見せてやろうかの  おれは断食しないではいられないだけの  おれにはできない  おれはもっと断食しつづけるぞ  オレに素ッ気なくする  オレのいた  オレだって昔は三年も社会部のメシを食ってる  オレが証明できる  オレがいまに彼女の無罪を証明するから  オレを待ってて  オレにはよくききとれなかったが  オレをうながして  オレが神社の前で佇んでいた  オレが広間にいる  おれと申されました  おれと云った  おれは正直すぎる  おれにその金があるか  おれが出すか  おれは金は出せない  おれのことはおれでなけれやわからん  おれの責任でもあるが  おれは良い仕事をやる  おれの埋め  おれの絵などを黒田がわかる  おれは今日だけでもほかの人達の三倍ぐらいも働いた  おれが今あすこを通ったら  おれも確かに一度見とどけた  おれが手のすじを見てやろう  おれの奥さんにしてやろうか  おれは受け合っておくが  おれがここへ来るまでの  おれのところへ持って来た  おれの家をあずかっていながら  おれが貰おう  おれも元はこれで学校へも通った  おれのようになったが  おれは遊びに行って来るから  おれも覚がある  おれもの後へ出て来る  おれもを二遍繰り返した  おれが出してやる  おれは山中組にいる  おれが拵えてやるから  おれも昔はそう云う  おれが今に敵を打ってやるから  おれの方で周旋ができようと思うが  おれはしんきろうをみている  おれは往来で寝て  おれはたびたびそうおもった  おれはいろんな望をおこした  おれも士官になりすました  おれの心をささげた  おれはいっそあの男と代る  おれはもとの夜番になりたいとのぞんだ  おれはむこう  おれも星の世界までちょいととんでいくく  おれは気がちがう  おれはまずいちばんまえの  おれはどうも気ちがいになるうまれつきらしい  おれはおれだでやっていける  おれはほんとうにおこってしまう  おれを分つてゐないといふ  おれは着て  おれも早速買ふことにしよう  おれに一服喫はせてみろよ  おれも二三日うちに磨ぎに遣るから  オレより先にタケリンがやられるだらう  オレも気をつける  おれが自分でこし  おれをどうしようというの  おれはこれからどうなる  おれを一体どうしようという  おれをロケットに乗せ  おれがさっき電報かけて  おれもよほどお豊を入れ込もうと骨折って見たじゃないか  おれよりもたれよりもおか  おれになるは  おれが躾をして見せる  おれおのずから事多くして  おれは長生きしたいなんて  おれは高みから行かう  おれは谷から行かう  おれは向うを通る  おれは此処を通る  おれはタッタ一つでいいから餅菓子が食いたい  おれは噛み殺されたって  おれのことはおれがする  おれにも判らぬが  おれと言わないばかりに  おれがそんなへまをやると思いますか  おれはこう見えても  おれが手に入れておいた  おれがとびこんでくるから  おれに知らせたい  おれはお前にやりかえしてやる  おれの作った  おれはお前のそばをはなれないから  おれの正体がどのようなものであったかいってみろ  おれは気が変になっている  おれの部屋へつれてこい  おれはやっぱり貴様に礼をいわねばならぬわい  おれが翻訳した  おれの腕前はわかったか  おれが小男とわかってもか  おれが号令をかけるから  おれでとまりだなあと思ったりした  おれと共有しているかも知れねえ  おれが困るから  おれに連れられて  おれとゆかぬか  おれの耳にはいって来る  おれにまじめに相談した  おれは何としても  おれも我を折って  おれはお前を死んだ  おれに隠して  おれは呆れて  おれは奥でよこになるから  おれは覚悟した  おれが談判してやろう  おれは重大な責任をせおってる  オレのお嫁になれって云う  オレは立場上さうする  オレは時間に負けた  オレは読んで読みぬく  オレは席のあた  オレが負けるなんて思ひもよらない  オレは然し今度は負けると  オレだけだと思つてゐたから  オレはいつでも大山にのる  おれが一度仕事に行った  おれもツイ誘い込まれたという  おれの身になってくれ  おれが介添えしてやるから  おれの分を少しやるから  おれがきっと勝たしてやる  おれもちょっと砂利場へ様子を見に出掛けた  おれが分らないとみえる  おれにとっては生命をかける  おれと向きあって坐る  おれの計画に感付いた  おれがその男を殺した  オレがもぐって見て来る  オレを殺せる  おれを好いているか  おれが生命をもらったからには  おれの敵を攻めにゆく  おれはもっと暴れたかったなあ  おれになった  おれは今暁飛行機で香港にくると  おれをやり込めるであろうな  おれは奥村さんのところへでも逃げて行こうか  おれが何をいやがらせる  おれを凌辱した  おれを軽蔑して  おれの額の上にも勇ましい流浪のあらしは吹き荒れていた  おれは包孝粛の姿をしているが  おれが案内してやると言うと  おれの方から呼び出した  おれの女房だつていふ貼  おれが判断する  おれは逃げも隠れもしない  おれに何をする  おれが生を享けた憎むべき  おれの姿ときたら  おれはひとりぼっちで  おれは永遠の復讐を誓った  おれが永久に奪われているからこそ  おれに力がある  おれはひとりぼっちな  おれは愛情をもっているが  おれが匍いずりまわっているというのに  おれのそのほかの情熱を枯らす  おれは死ぬかもしれないが  おれは恐れないし  おれの支配はまだ終っていない  おれの永遠の憎しみがおまえの苦悩を見て  おれを退屈さから救つてくれる  おれは金のかからない  おれに取つて  おれは怖いとは思はなかつた  おれの肩を叩く  おれの顔を見てる  おれはブランコをこし  おれのことが気になるなら  おれも云おうとして  おれにたべ  おれのからだをじっと見る  おれのことを考えている  おれも相当な代価を払ってきた  おれに反抗する  おれは命拾ひをしたぞ  おれをきつと許してくれるだらうな  おれのさかんな柴刈姿には惚れ直したかな  おれも刈つた柴を大急ぎで集めて  おれのあとについて来い  おれをこれから爺さんのところに連れて  おれは蛇だつて何だつてこの世の中にこはいものなんかありやしないが  おれは何とも言へず不愉快になる  おれがかう  おれはもう恥づ  おれのはうから  おれも死ぬかも知れねえ  おれに近寄らない  おれを女ぎらひかと思つてゐる  おれが生れてから  おれはいつ  おれの気持がわからない  おれはこの色黒のため生れて  おれの色黒はなほらない  おれは死んだ  おれは地獄へ落ちる  おれは狸汁にされる  おれには神さまがついてゐる  おれはもう頭のてつぺんからキリキリと小さい竜巻が立ち  おれはあいつを捕へようとして  おれは恩に着るぜ  おれの岩乗な舟を作つてくれてゐる  おれは泳ぎが出来ねえ  おれはそれにつかまつて  おれの頭を殴りやが  おれはその桃太郎を書かなかつた  おれでなくちや出来ない  おれの生きてゐる  おれの真価の発揮できる  おれだつて大いに働く  おれをこんな無口な男にさせた  おれもこのひとの家の事はよく知つてゐるけれど  おれが引受けた  おれのおやぢがいつかさう  おれの履物はどこにあります  おれは荷物を持つて歩く  おれが知っているくらいなら  おれを抱えて  おれを乗せてくれ  おれが悪いというよりも  おれの頭はへんになって  おれがかじらないとすれば  おれに抱きついていても  おれの眼をごま化し  おれに食べる  おれはおどろいて  おれをつかまえて  おれが助けられるなんて  おれが向うをむいている  おれは見ていたぞ  おれは今のも見ていたぞ  おれはここにいる  おれはなかなかおちついて  おれはお前とちがって  おれはかねて  おれの通り何故やらぬ  おれの氣持がわからない  おれはもう頭のてつぺんからキリキリと小さい龍卷が立ち  おれに食べさせてくれた  おれの岩乘な舟を作つてくれてゐる  おれは泳ぎが出  おれでなくちや出來ない事もある  おれの眞價の發揮できる  おれもやつてやる  おれも明日は死ぬかも知れない  おれもゐないとすると  おれもさうだが  おれにもすこし見せろ  おれの肩をすこし揉んでくれ  おれは追剥をして捕まった  おれという  おれにつかまれ  おれをなぶるな  おれは勘弁ならん  おれが死ぬまでに  おれの姿に化けて行ったに  おれの左の足を傷つけたかと責めた  おれを切りゃあがった  おれを貧乏な人間にこしらえたから  おれに天罰をくだそうというなら  おれの漁場をあらした  おれの名をきいて  おれは貴様が独りでいる  おれの気持も忘れずにいてくれるだろうな  おれは自分の父も説いたり  おれは来ねえが  おれはこの冬までに最後の工事を仕遂げると  おればかりが欣し  おれは欣しくて  おれは聞きたい  おれが鎮めてやる  おれをこんな目に会わした  おれなんか問題にならない  おれはそんな力はないから腕っぷしで退治しようとは思わん  おれは水の中にもぐって  おれは山の神に訴えられて  おれは千歳にして  おれの死期もいよいよ至った  おれは貴様を養ってやったのに  おれを死地におとしいれるとは  おれだけで東京へ行く  おれは男とは寝ないよ  おれが一緒にゆく  おれはお前と兄弟分になった  おれを何で上帝に訴えた  おれの居どころがないと思っている  おれは今から蜀川へ行く  おれならかかるよ  おれの名を当ててみろ  おれは役人であるといっても  おれは決して渡さないぞ  おれにも銭をくれ  おれをおどしに来た  おれは閻羅王の差紙を持って来た  おれを担ぐ  おれを化かして  おれが攘ってやろうといって  おれの前へ連れて来いとおどしつけて  おれの所へも来るだろうから  おれは十里さきの小さい寺にかくれて待っているから  おれに出口を教えてくれ  おれの姿をみると  おれを殺すな  おれが退治してくれる  おれをあの楼に泊めてくれ  おれの威名を聞けば  おれはどうしてもあの楼に一夜を明かす  おれを玩具にしやあがった  おれが再びここを通る  おれの名の震に応じている  おれが開くべき  おれが呉れてやら  おれは誤魔化されたい  おれはおれを気持よく誤魔化す  おれの頭も殴れ  おれを笑はして見ろ  おれは暖かな秋の色とその色の中から出る  おれの家にきな  おれと一しょに来い  おれはいま土のしたで蛆蟲とあそんでゐる  おれの心もちを察してくれて  おれが右の獄の放免をしていた  おれと今のおれとを比べれば  おれの姿が見えると  おれの事を臆病だと言って  おれに話した  おれはこう思った  おれだけが占有している  おれが教わった  おれの苦しい心はいくぶんか楽になった  おれの心を鈍らせた  おれの胸に残っている  おれがその時始めて  おれの記憶を離れない  おれはそのために片目つぶれた  おれのうぬぼれだろうか  おれに変わり  おれにひきくらべて考えれば  おれから奪おうとする  おれの失う  おれに用捨はしないだろう  おれが殺されるか  おれを避けている  おれに面と向かって  おれはそのたびに腹を立てた  おれはすべてを失う  おれがひきうけたからは  おれは酒で身を亡ぼした  おれだけはお前らと違うぞという  おれは会いたかったよ  おれが彼の地位にいたら  オレにたのむ  オレがなくなる  オレはいけ  オレも一つマネをしてと慌て  オレの頭を持ってきてやった  オレが三時間ぐらい突っ立ってる  オレが自転車でついてやるから  オレの頭が狂っているか  オレが東京からガキを一匹つれてくるから  オレの町には正坊てえ天才がいて  オレが市内を三べん廻って  おれはよく考えられない  おれが叩きのめしてやる  おれは腰をぬかす  おれをにせものだといっぺんで見やぶりやがった  おれはあの少女をおさえつけ  おれに手むかおうとたくらんだな  おれの力が分かったか  おれのからだはびくともしないぞ  おれが全精力をかたむけて作りあげた  おれの計画のじゃまをされた  おれはこれなんだ犬よ青白いふしあはせの  おれの長い歴史からなにをして  おれの腕にぶら  おれは決して忘れない  おれはかんがへる  おれの手く  おれはどうしてこんなものを演らせた  おれがあの連中と茶を飲んだ  おれはあんまり見すぼらしい  おれの生命はお前の掌中にある  おれだけ殺す  おれの釣る  おれに釣られた  おれはかくの如くやつてゐると  おれは面の皮で書くよ  おれを何だと思っている  おれは天子さまのお罰をうける  おれもいろいろおもしろいことをして来たから  おれがここで一人死んでやれば  おれこそはワラタ号の生き残りだなどと言い出す  おれにはまだわからん  おれの金米糖をやろう  おれも出ていくよ  おれはもう疑いなんかもたない  おれはアマーリアの名誉を取りもどしてやるぞ  おれはこれからイェレミーアスにもっと注意しなければなら  おれをお前のベッドに寝かせてくれるなら  おれのために廻っている  おれの書類かもしれないぞ  おれもかえる  おれはおれの顏をだれも知りぬいてゐる  おれも神さまにプランをさづけてくれなんて  おれは負けた  おれくちと不吉な訓みをつけられる  おれだって忘れる  おれの方が嫌になってしまう  おれは旅に出るよ  おれの食物の分量さえ減らなきゃ  おれの臆病らしいのをみて  おれは慶応で死ぬ  おれのステッキの柄のやうになる  おれの方にはあちこちからたくさん訴が来てゐる  おれからあづかった  おれはちゃんと手帳へ書いておいたがね  おれのでんしんのはりがねに  おれのように勢力不滅の法則や熱力学第二則がわかると  おれはちやんと手帳へ書いておいたがね  おれのやうに勢力不滅の法則や熱力学第二則がわかると  おれにも一つくれ  おれなくなっていた  おれが行ってみる  おれも申訳ないと思ってる  おれも一旦仲にはいったからには  おれの方を片づけてからにして貰おうかな  おれはむしゃくしゃまぎれにあんなあわれな人間などをいじめた  おれの考えるべき  おれというものは何だ結局狐にも劣った  おれはどうすれば  おれはむしゃくしゃまぎれにあんなあはれな人間などをい  おれの考へるべき  おれといふものは何だ結局狐にも劣った  おれはどうすればい  おれがどうする  おれもたいへん迷惑するし  おれに隠していたかと思うと  おれみてえな野暮天にかかっちゃあ  おれあゆうべ神田の津賀閑山の店へ寄ってな  おれにはまだすこうし  おれは酔うとる  おれの声名に傷つけ  おれはそれを頼もしい性格と思った  おれの生れて  おれは財布をもってる  おれは今まで洋かんを一さおたべた  おれが言いはしなかったかね  おれはまだ此処にいる  おれはこう気が揉める  おれは奴らを知りもせず  おれがいったい彼らに何をした  おれを局長にでもしてくれるという  おれは発つ  おれのほうから離れてしまった  おれは気が狂った  おれは気ちがい  おれは将来は海軍に行く  おれを踏むなり蹴るなりしろ  おれを片づけてからにせい  おれに貸せ  おれもいろいろな事を経験するよ  おれも若い時分に弓をやりに来た  おれはそろそろ飯をくおう  おれはいらない  おれはもうすぐ帰る  おれにはもう分っている  おれはちょっと店へ行かなくっちゃならない  おれには能くわかっていた  おれが自身に手を下さずに  おれが行っておごってやろう  おれもあの時分には随分したい  おれももう一度奮発して働いて見ようかと思う  おれ見たようになっても  おれがあっちへ行っている  おれはもういけない  おれはなんにも読まない  おれが何時か書くかも知れぬ  おれがゐなくな  おれはもう下手に書く  おれを褒めてゐる  おれが開けてやらう  おれがお前に高貴な令嬢方も滅多にはいてゐない  おれを隠して呉れ  おれはこの世ではお目にかからねえよ  おれの罪障の深い魂の追善をして  おれはつい俗事にかまけて  おれの長持の中にある  おれを背中へ乗せてつれて行け  おれを信用しを  おれはたつた  おれはよう知つとるぞ  おれが持つて来たか  おれがその魔窟を蹴散らして呉れるわ  おれに任しとけって  おれあ身代ありつたけ投げだした  おれの眼にとまつて見ろ  おれはまたクリミヤか土耳古へでも押しわたつて  おれの鳶いろの  おれはどうしたといふ  おれの傍へ出てくる  おれがお前を長上衣にくるんで  おれがしつかりと  おれの帽子をかぶせてやるよ  おれをからかふ  おれは一時間だつてお前を見ないでゐる  おれにも倦きが来た  おれが碌でもないところをほつつきま  おれが彼奴のいた  おれの拳固の堅さを味はつて見くさるが  おれを誤魔化す  おれは金鉱のでる  おれの乗ってきた  おれだという事はわかるまい  おれは餓死するまえに  おれもしらないが  おれを知っていやがったか  おれの持ち  おれがちょっと宇宙の一角へむけて  おれは空腹になり  おれの色女が泣いてる  おれはあの暴君の喉へ毎朝髪剃りをあてる  おれの境遇は丁度この通りだということを見せてやろうというので  おれが円められると思う  おれはちゃんと知ってるよ  おれをしていた  おれもわかる  おれの力はこの国さえもこわしてしまえる  おれのまえで話してみよ  おれは気まぐれもんだ  おれがやつてみるよ  おれが中にはいつて  おれはこのとほりまつ  おれがすててやらうか  おれにまかしておけよ  おれの情婦ともしらないで  おれの恩を仇で返す  オレの喋る  オレは国語が便利になる  おれの前へ出て来い  おれはひどく燥っているな  おれを見て知らない  おれがついてるから  おれはドイツできさまの悪口を云ってやる  おれが判事になった  おれを笑った  オレは失っていないぞと云って  おれが自分で置く  おれが帰つて来たら  おれと一緒に戦地へ行くか  おれは大変助かる  おれからよく訊いて見てやらう  おれは誰にも相談なんかしはせんぞ  オレもやるといふ  おれは亀になりたい  おれには思われる  おれは焼山で茅をもやす  おれは海へ身を投げて死ぬ  おれが取りに行く  おれは仕事はあるし  おれに抱いて下さい  おれというものを確かに知っていないらしい  おれが電話をかけに行ってくる  おれは落着いていなければいけない  おれも埋められても  おれはよその子をみても  おれの子じゃないと思うと  おれはいったい何しに  おれの顔がわかるかね  おれはまた下らないことを喋り出した  おれはおれ自身をどうしていいのかさえ分らない  おれはちょいと医者のところへ行って見ようと思う  おれは何もかも瞭然と頭にイリかねる  おれはおれ自身で諦らめきれないで  おれさえ何かに触れれば  おれはなんだか少し卑怯になっている  オレと九時会ってくれ  おれも年月気にかからぬでもなかつたが  おれも貴公に尽力を頼んだ  おれを連込む  おれの方寸にあるから  おれは虐めた  おれは怒る  おれとお前とは二年越し  おれには厭な奴が沢山ある  おれの心には変てこな塊が出来ている  おれの奉行眼から見ても  おれの事を案じて  おれには他に情婦が出来たよ  おれには聞きたい  おれも降参したよ  おれには解らなかったよ  おれはうんと書物を読んだよ  おれは眼が覚めたよ  おれが後苑を歩いていると  おれは従いて行った  おれは驚いて  おれは取っ掴まってしまった  おれは仰天して助けてくれ  おれは産まれて  おれは怒鳴ってやった  おれを殺そうとする  おれは黙ってしまった  おれはすっかり喜んでしまった  おれは早速いった  おれは決心したよ  おれを盲目あつかいにした  おれはそれこそ殺されたかもしれねえ  おれも威張ろう  おれの記憶は縁日の猿芝居へおれを連れて行く  おれの胸に始めて  おれはお前程巧妙なトラジツク・コメデイアンを見た  おれが心の中でかう呟くと  おれの前の金網にぶら下りながら  おれに返事をしたぜ  おれもおどろいたぜ  おれにかくし  おれの胸をついて  おれがとめる  おれのだいじな荷物をだいなしにしないかと  おれはだまされた  おれはこの年になるまで  おれはたしかに見た  おれはちゃんと見た  おれが考えるのに  おれがいった  おれがろうそくをもって  おれがどんな人間か知りたければしらせてやろう  おれをなぐるとは  おれはよっぱらった  おれはちゃんといる  おれの姿がみえなくても  おれはどうかしてしまったよ  おれの姿がおまえに見えないからって  おれのことをからかわないでくだせえよ  おれの体にさわらせてやるからな  おれがこうしておまえのあとをつけてきた  おれにたのみたい  おれははだかなので  おれのために働いてくれ  おれをうらぎってみろ  おれをまいて逃げようという  おれの姿が透明で着物を身につけさえしなければ  おれを追いまわすにきまってるだろうし  おれにはいり  おれはだいそれたことをたくらんでいる  おれがいつもくっついててやるから  おれのいいつけどおりにしていれば  おれのいいつけどおりにやりさえすれば  おれといっしょにくるんだ  おれがおどろくか  おれが朝はやくセント・マイクル小路を歩いていた  おれのずっと先を歩いている  おれはこんど乗っていく  おれは思わずなんども目をこすったよ  おれは金貨がマイクル小路のかどに消えてゆくまで  おれも金貨が見えてる  おれも頭がどうかしている  おれは足をねらう  おれがひきうけた  おれがおまえなんかにつかまる  おれにむかって  おれの家にまいこんできた  おれも透明になれる  おれのノートを取りやがって  おれを苦しめたな  おれだって引揚げて来た  おれに万事をまかせなよ  おれも一万円とる  おれを甘くみてやがるとし  おれの指図通りに仕事をしろ  おれは籐の杖を小脇にして  おれは散歩を続けながらも  おれの心の上にのしかかつてゐる  おれはこの儘たつた  おれが立つて見てゐる  おれは徐に踵を返して  おれの迷ひたるに過ぎない  おれをよみ返らせてくれる  おれは籐の杖を小脇にした  おれといっても  おれの車に五人も乗れるか  おれも堂突をなすべしとて  おれは相撲など取る  おれもじつはとこの話を白状し  おれはヤマハハにぼっかけられてあるなり  おれもヤマハハに連れて来られたる  オレを殺させるだろう  オレは人を狙う  オレは立派な会社勤めがあってよ  オレがスパナーを持ってる  おれに隠してる  おれも学者になれる  おれはこういう性質になった  おれの方にあるだけだという  おれより先へ死ぬだろうかね  おれの方が先へ行くとするね  おれが死んだらは止して  おれが結構という事になる  おれはお前の知ってる  おれの方から見て  おれに取って  おれもこの分じゃ  おれの時には弱ったからね  おれにそんな事ができる  おれは物を偸まない巾着切みた  おれの留守に叔父さんと心易くした  おれは合点がゆかぬ  おれを義理ある  おれを隔てるな  おれもスキーをぬごうか  おれは相撲を取つてゐる  おれがさがしに来るから  おれは裸でゐなければならない  おれの持たない  おれに何かを寄越す  オレは交通費として現金を十円ほど持っていた  おれが好いことを一つ教えてやろう  おれが好いことを教えてやろう  おれは峨眉山に棲んでいる  おれの弟子にとり立ててやろう  おれの弟子にした  おれはこれから天上へ行って  おれがいなくなると  おれも安心した  おれは行って来るから  おれが住居をしている  おれの弟子になった  おれは即座にお前の命を絶ってしまおうと思っていた  おれは泰山の南の麓に一軒の家を持っている  おれが好いことを一つ教へてやらう  おれが好いことを教へてやらう  おれは峨眉山に棲んでゐる  おれの弟子にとり立ててやらう  おれがゐなくなると  おれは行つて来るから  おれが住居をしてゐる  おれは即座にお前の命を絶つてしまはうと  おれは泰山の南の麓に一軒の家を持つてゐる  おれだと思えと  おれに出来ない  おれは考へて  おれはするりとはいって行った  おれの崇敬は照り返され  おれは堪へかねて  おれの方で取って食ってやるべ  おれは直ぐ後から行くから  おれはこれから客人の交際いに直ぐ吉原へ行くから  おれは草臥れてる  おれが負けたら  おれを呼んだら  おれがおはまに負けたら  おれに負けたら  おれは俵を編む  おれも百姓になろう  おれちゃんと見た  おれを思ってる  おれを思ってるなんて  おれが鎌で手を切ったら  おれを思ってるに  おれの前で嬶を打つち  おれとおとよさんが何ほど思い合っても  おれはもう凍えて死に  おれの腹掛けから取り出した  おれを馬鹿にしている  おれも親爺と一緒に来れば  おれは国元を出発して  おれは聞いたぞ  おれに親切にしてみせるが  おれにはちゃんとわかっている  おれには一滴も酒を飲ませないばかりか  おれはもう少し寝るよ  おれはこんなに太っているから  おれは小説家ときくと  おれに馴染の女なんぞある  おれだツて房雄さんといろ  おれのきずにはならぬ  おれも好かない  おれにばかり食つてかかられてはこまるが  おれの手を掴んで  おれは土曜の晩は泊る  おれもそう呼ぶ  おれを泊めてくれる  おれがとって置きの  おれの誘いを断り切れまい  おれのものになったも  おれとうとう泊る  おれに来ている  おれは爪楊枝けずりの  おれも行けば  おれなんか憎くて憎くてたまらん  おれが君に金を出した  おれと一緒に歩くと  おれもう京都にいねえよと  おれの足許に膝まずかしてやる  おれにヒロポン打ってくれ  おれもう京都がいやになった  おれにかせと  おれの知ったこった  おれの前へ連れて来た  おれを樋口だと思いやがる  おれも随分キャッキャッは見て来たが  おれも年取ったよ  おれの子だと言ってる  おれもひとの女房に手を出す  おれが坂野の所へ行って謝らせて来てやる  おれは弁士時代から口が軽いと来てやがる  おれ行って来てやるよ  おれはこんな所でボヤボヤしていても  おれはスリを働いた  おれをつける  おれをつけて来た  おれをつけた  おれがスリをした  おれも昔はあんな顔だったこともあると  おれの思った  おれがこの汽車に乗った  おれの自尊心は二重に傷つく  おれは到頭人殺しをしてしまった  おれはいま生れてはじめて  おれ見てやりたいや  おれも正々堂々と泊まれると  おれの知ってる  おれはまだ人の女を盗んだ  おれは当時西国の博多に店を持って  おれと一緒に西国へ来て  おれが添え  オレも一ツ投書しよう  オレを大人と思うからいけねえ  オレは日に十五時間配達するから  オレの店は新聞を売る  オレがみるとしよう  オレが商売でもはじめる  オレぐらい深く心得ている  オレが人生案内してやるから  オレにまかしときゃ  オレをミミズとまちがえてやがるな  オレも死んでしまう  オレはこう見えても  オレも人生案内のその解答をたのしみに待ってるぜ  オレの見てる  オレだけがホンモノなのかも知れねえ  オレに天下の政治をやらしてみろ  おれは先生なんだなと気がつきました  おれは四人もひよどりを  おれはもつと  おれが払ってやる  おれが仲居を呼んで  おれは知らぬ  おれの相方でなければ自由に帰してやる  おれがお前を相方にする  おれにぜひ買わせてくれ  おれの相方と決まっていたか  おれが払うから  おれが揚げ  おれが言ってやる  おれは兄の居どころを知っている  おれも同じ放埒者と見えるかも知れない  おれとは性根が違うぞと  おれとを一緒に見たら  おれも金に明かし  おれもその鶯を江戸まで持って帰ろうとは思わぬが  おれは友達ずくで意見したい  おれの行状から見たら  おれにはまたおれの料簡がある  おれはちょっと戻らなければなるまいか  おれはさすがにもう堪  おれもやがて帰るから  おれも今引っ返して  おれに教えてくれな  おれが頼む  おれが素直に戻れば  おれにも罪はある  おれはこれから河原へ行って  おれに隠れろと言う  おれには死ぬだけの  おれはうしろからちゃんとみていた  おれの身体を半分轢いていったろう  おれが助けてやろう  おれを喜ばせたに  おれにその葡萄酒を一杯くれ  おれにその葡萄酒を一杯呉れ  おれはも少し見て行くからと言ったら  おれは寧ろ前からそうなる  おれは云って見れば  おれには余りにも切な過ぎる  おれは宿屋なんぞより此処の方が余っ程  おれは一体どうすれば  おれの心の空しさは何処から来ている  おれにあてがわれている  おれでなくったって出来る  おれの生活に一体何が残る  おれは自分が心からしたいと思った  おれはいま何にこんなに絶望している  おれがこれまでに失ったと思っている  おれは果してそれを本気で求めていたと云えるか  おれは菜穂子さんに逢って見たいなんぞとは  おれは菜穂子さんがいまどんな風にしているか  おれはもう最初の目的を達した  おれを見ないでくれないか  おれは又どうしてこんどはこの村へやって来るなり  おれの運命だとしたら  おれはとうとう自分の求めている  おれは此の旅では只おれの永久に失った  おれの使命だと云う  おれは一生懸命にそれに堪えて見せる  おれの身体を気ちがいのようにさせている  おれの一生はあの冷い  おれの過ぎて来た  おれに似た  おれはこんどの事は母さんに黙っているよ  おれの傍に帰って来たいなら  おれなんかどんなことをしたって落ちやしない  おれといいました  おれは午後から出ると  おれは法治国に住んでいる  おれの住居においておれを襲うという  おれの知る  おれはいちばん下の連中だけしか知らないが  おれに差出している  おれのことをとらえている  おれをとらえる  おれが言ったろう  おれのことも密告し  おれにも笞を食わせようっていう  おれは賄賂なんかでだまされないぜ  おれを看病してくれるよ  おれには女の助力者が集まるな  おれに得体の知れない  おれの膝の上にのっている  おれの経歴に投げこまれた  おれに好意を持っており  おれのために事を容易にしてやろうとしてくれるだろうが  おれがこれまで形成していた  おれは何を望むべきか  おれの個人的な悶着が片づいたら  おれはこの女を愛している  おれがいないも  おれは追い立てられている  おれはあの男にうさんくさく見える  おれが立ち止ると  おれが行こうとすると  おれのところへよこしやがった  おれのことを片づけようとしている  おれが今なしうる  おれはいつも二十本もの手を持って  おれに全然教える  おれは見せるべきだろうか  おれから拒んだ  おれが見なかった  おれがそこまでは行きつけなかった  おれのことを銀行の支店長だと思っており  おれの声望が傷つけられても  おれの価値が下落する  おれのことはもう片づいた  おれが生きている  おれは日本を代表する  おれの一擧手一投足に依り  オレの荷物だと叫んで  おれも昔は武家の禄を食んだ  おれは又すぐに出なければならない  おれのほかに三人あるが  おれにはまだ本当に呑み込めないが  おれには構わずに  おれにも本当とは思われないが  おれも迂闊に手を出す  おれも加勢して  おれが皆んなに戯われる  おれを迎いに来た  おれはその狼の出る  おれも今夜は鉄砲を持ち出して  おれは何だか腹が立って来た  おれがこれ程に云う  おれが途中まで送って遣ろう  おれが手柄をさせて遣ろうというのに  おれの女房が今ごろ何でこんなところを駈け廻っていた  おれは確に狼を撃った  おれが退治して  おれの目論んだ  おれが自分で目論んだ  おれはあのボーシュレーて奴は信用出来ない  おれは早くあいつを追い出してしまわなかったかと思っておるくらい  おれに必要なものを食わせてくれる  おれと一緒に捜し物をする  おれを偉いと思うか  おれにも書いてくれ  おれの家の系図書にもない人間を描いているから  おれの勾玉を渡したと云ったな  おれは主人の帰る  おれは女を劫して  おれの忘れていた  おれを守って居て下さる  おれとおれの影と驛長と驛長の影とそれだけがあつた見はるかす高原はまだ宵なのにシンシンと太古からのように暗いその中で秋草がハッカの匂いをさせて  おれの肺から空氣をうばつて輕い  おれは舞臺をおりて  おれの微笑に安心して  おれはすでになぜここを歩くかを知らぬ  おれは理由のない行爲をする  おれは笑つたが笑い聲は聞えないで  おれと中村がいつもの店に行くと  おれは襖のこちらの居間に眠つて目がさめたら  おれの足は谷あいへ降りて行く  おれがどうしてこうなつたのかどうしてもわからないしかしねえ  おれが養ってやるわ  オレが大臣になったら  オレが殺されたら  おれはおまえがやあになった  おれがついてゐてやるから  おれにまかしておく  おれが片附けてしまう  おれもそう思うから  おれでは話し相手にならないと云う  おれから頂戴して  おれをそっち退けにして  おれにも見えた  おれが寝ている  おれには又おれの料簡がある  おれはどっちの贔屓をするでも  おれは悠長過ぎるかも知れない  おれという好い友達を持った  おれも行くとしようか  おれの料簡はおまえ達には判らない  おれに意見するだろう  おれを守ってくれるに  おれはもう魂が抜けた  おれが一緒に行って遣ろうか  おれはどうも気にかかってならない  おれが青蛙神に祈った  おれが知った  おれだって迂闊なことをする  おれは確に見て置いた  おれが火縄を振っているから  おれに当った  おれの手にはいった  おれの枕もとへ来た  おれの扇子をやった  おれの枕もとへ来て  おれはきっと二本目でくい止めてみせる  おれもこんなことを長くはやっていられ  おれは怖しいうわばみに出逢って  おれももう途方にくれてしまったが  おれの亡い  おれの名を呼んで  おれがきっと救ってやるよ  おれはそれを思い出したので  おれが股引を引裂いた  おれを苦しませるな  おれのほんとうに愛している  おれのほんとうに愛してゐる  

~ おれ[名詞]1
おれに化けておれの  おれはおれ  何んておれは  中におれが  これはおれの  趣向だおれの  そればかりでなくおれの  今夜はおれが  これはおれが  手前とおれと  やつはおれの  さまはおれの  伯父がおれの  ことをいってもおれの  おまえたちはおれの  それはおれの  さまはおれを  二度ともおれを  親父はおれに  ところがあるならおれが  害はおれ  ときにもおれは  ここがおれの  あべこべにおれの  みんながおれを  先生はおれに  先生がおれに  遊びにきておれの  虫づくしをいうのでおれも  ふしぎがってるおれの  腕とおれの  問題とおれの  先生はおれの  帽子をおれに  あいつがおれも  それをおれが  ことはおれの  疑いがおれに  ものとすればおれは  ときこそはおれは  ようにおれの  家におれと  壺狩でおれが  職業をおれは  ことをやったらおれの  のがおれにとって  店からおれの  これがおれの  貴様はおれの  奴もおれの  お前もおれの  フクジロはおれが  自分でさがせなかったらおれの  博士はおれの  いまではおれは  それも知らぬおれは  やうにおれを  作品はおれから  絵はおれの  ピストルでおれを  因果ならおれも  それで死ぬならおれも  二年目にはおれも  これこそおれの  んもおれが  いままでおれは  何でもおれの  お父さんはおれが  ここでおれは  そこに登っておれは  法然はおれを  奴がおれの  ものをおれは  いわしなんかをおれの  山猿をおれに  今までおれも  兄貴とおれとが  それだからおれの  ッておれの  間におれの  空っぽのおれが  みんなそれぞれにおれの  今のおれを  おれがおれを  お前はおれの  これでおれも  ジロとおれを  歯ぎしりしてもおれの  鼻をあかしてくれるから見ておれと  今度はおれが  路地をあるくおれの  眼をくばりながらあるいてゆくおれの  センチメンタルになるほどおれも  両手をだしておれの  女はおれの  ようにおれを  さっき迄おれの  やつらはおれの  そこがおれの  のちのおれの  それまでおれが  こだおれに  しろうとのおれにすら  気持はおれと  日はおれが  くらやみでおれと  やつらがおれと  結末を報じておれを  役割ばかりおれに  年はおれより  彼女とおれに  晩からおれを  げた顔をおれに  毛利豹一はおれを  時間以内におれの  千姫はおれが  いまのおれの  電話のおれの  のがおれの  女はおれを  ここを追い出されたっておれは  女をおれの  女でおれは  女はおれに  支配人のおれに  矢野はおれが  こんどはおれに  此処におれと  どこにもおれには  丞はおれの  完全におれの  お前がおれには  後方勤務はおれの  のはおれと  前車を挽いておれを  チヨピンとはおれが  度ごとにおれは  クワスをおれに  所でおれの  七人のおれの  中に入れられたらおれの  丘に来て啼いたおれも  なつたらうおれが  部屋へおれの  その間におれは  星がおれの  あいつにおれを  ここはおれの  男がおれを  理ならオレが  ことはオレが  ことができないとオレが  青年をおれの  おまえはおれを  ウェッシントン夫人はおれを  貴様はおれに  その後におれが  鍵はおれが  後はおれが  ことまでおれは  お前がおれを  男が取れるならおれでも  周馬はおれの  貴公もおれも  後へ戻っておれの  下におれのという  周馬とおれとの  そこへおれが  これでおれが  あいつはおれの  あいつもおれと  顔はオレだけが  舗石をおれの  弾丸がおれの  のはおれ  ここをおれの  通信文のおれの  出所はあるべしおれが  応用しおれは  兄がおれを  おやじがおれを  度におれは  そうにおれの  力でおれを  清はおれを  清はおれが  四月におれは  兄とおれは  時のおれは  他人のおれの  自分とおれの  車へ乗り込んだおれの  事務員に聞いてみるとおれは  中にはおれより  眼をぱちつかせておれの  五杯食おうがおれの  生徒がおれの  札はおれの  ようなおれでは  のはおれの  生意気におれを  教師のおれより  清はおれの  東西相応じておれを  ままに済ましてはおれの  赤シャツがおれに  物理学校でさえおれくらい  無愛想のおれへ  ところをおれに  事で見せびらかされるおれじゃ  ここでおれが  うちにおれも  赤シャツがおれ  明瞭におれの  非はおれに  堀田がおれを  煽動しておれを  そめにもおれの  清をおれの  盤台面をおれの  元来ならおれが  銭をおれの  冷然とおれの  下宿を出ようが出まいがおれの  山嵐もおれに  山嵐もおれも  ところをおれの  清もおれの  容子じゃおれの  ようにおれが  フロックコートを着ればおれに  平屋はおれが  正面からおれの  それ以来山嵐はおれと  山嵐とおれが  赤シャツとおれは  一番におれの  月給は上がろうと下がろうとおれの  ようなおれと  方からおれの  教頭流におれを  論法でおれの  マドンナ事件はおれより  んだろうとおれが  山嵐でもおれよりは  山嵐がおれの  みんながおれの  君がおれの  人ならおれも  体はおれより  それがおれの  下からおれの  靴でおれの  今度はおれの  それじゃおれも  それじゃおれを  方がおれよりも  ものはおればかり  二晩はおれも  隙を見ては逃げ出そうとするからおれは  それはオレは  なんしろオレは  おれは思はずおれの  あれはおれの  処ではおれには  貴さまがおれの  誰かおれの  貴さまはおれの  天の川はおれは  此方におれとの  空気をおれは  べつてしまへばおれは  ことはおれも  男ならおれが  昔のおれとは  一年まえのおれ  あとから付けて来ておれを  所でおれを  万事はおれに  十両はおれが  妹もおれの  刀はおれの  ことを恐れるおれでは  術をおれに  そんならおれには  調子ではオレも  ついでにオレが  それをオレが  骨はおれが  雲長はおれの  煩悩になりきったおれ  貴様こそおれの  そちがおれを  大次郎はおれ  七ツのおれを  月でも見ながらおれも  外からおれが  予言者がおれに  王允がおれを  其許がおれの  世間がおれを  金銭をおれに  橋を固めておれとの  徐州がおれの  双方ともにおれを  ここからおれが  貴様はおれを  人情はおれの  んじゃないかとおれは  ものだとおれは  貴様がおれの  玄徳が放してもおれは  今晩はおれに  一軒がおれの  関羽はおれの  のをおれに  平地へつれてくまではおれは  どれがおれで  それだのにおれの  十時になったらおれを  感慨がオレの  側に回ってもオレには  トタン屋根ぼろバラック程度だったオレの  染み程度のオレの  到達点ならオレも  観客であるオレは  割合をオレは  席上でオレの  原石にオレは  この世でオレが  基礎体力をオレから  舌っ足らずのオレに  十代のオレの  山猿なりにオレは  今もオレの  普段のオレには  当時のオレは  たびにオレは  ところかなと思いつつオレは  風のオレの  六〇年代化したオレの  時点のオレにも  手書きに対するオレの  警戒心を欠いていたオレが  絶命寸前のオレの  発病以前のオレは  ウイルス頭のオレは  首を占められたオレの  百合ケ丘に近づくに連れオレは  日のオレは  冥福をオレは  片足突っ込んだオレの  マルチメディア国際会議でオレが  兄弟はオレを  前項のオレから  #場のオレに  途端にオレの  ことをオレは  十六歳のオレにも  原稿書きが増えてくるとオレは  本意ではあるがオレも  編集屋出身のオレに  これをやらされたオレは  アルゴリズムで迫るべきかオレは  時点のオレの  一をつけられたオレは  これがオレの  発表してオレの  最後にオレの  のはオレの  前にオレが  ちっぽけなオレの  挑戦をオレは  のがオレの  時点でのオレの  ことが問われているとオレは  打破してくれるだろうとのオレの  以上二点に関するオレの  電話にまつわるオレの  前項のオレが  場のオレは  当時のオレには  おっさんがオレにとっては  当時のオレを  有無を言わさずオレに  言葉がオレの  将来構想に対してオレが  コマとしてオレが  オレはオレの  こと一般をオレは  売文業者であるオレの  アンプはオレの  ものにオレは  瞬間こそがオレにとっては  確認したオレの  確認したオレは  的にオレが  時代が開けるとオレは  その後のオレの  今日のおれと  曲り角におれは  夕餉を取りおれ  ア何もおれの  俺がおれ  そっちのおれが  貴様は黙っておれと  ろもオレも  それだからオレは  お盆だというのにオレの  今夜はおれの  何しにおれの  それをおれに  いつまでおれを  一手ににぎっているおれの  いずれはおれが  誰がおれの  今日はおれと  急におれの  何かもにやもにや云っておれを  のかなとおれは  どこかで聞いたぞとおれは  のはおれじゃ  魂がおれの  今のおれには  生活がおれの  お蔭でおれは  一人でおれが  頃のおれは  おれはおれの  それをおれと  そいつ達がおれの  頃のおれの  風におれが  それはおれが  おれはおれには  お前はおれには  風来坊のおれに  これでおれの  痺れがとれたらおれが  際におれを  ことはおれは  見事ぬけだしたらおれに  これにはおれも  お前がおれの  手紙でおれを  話を持ちこんでおれを  お前とおれとでは  ふたつ入ったというおれの  何もおれ  初めからおれは  中におれは  ことだかおれには  彼からおれの  それによっておれは  ことだなとおれは  彼はおれと  彼女はおれの  片腕をおれの  彼女はおれとの  きょうからおれの  長平さんはオレに  オレがオレを  梶せつ子とオレの  梶せつ子がオレの  ためだかオレも  ためにオレの  ようなオレの  ためにオレが  君はおれの  当分はおれの  湯島で来ておれと  トマトだっておれの  何もおれの  ことしていたらおれは  時にはおれが  それだからおれは  上に座っておれと  のはオレは  仔犬をオレが  今でもオレの  ことはオレで  農夫たちはオレの  顔をしておれを  ためにおれの  ふだんはオレなぞとも  下を流れてゐるけれどもおれは  二っつがおれを  円かとおれは  誰もおれを  ことをするならおれが  そんならおれも  へんそれがおれへ  範囲ではおれが  ここにおれの  周囲に集るおれの  のはおれは  様におれに  夫れではおれの  佐野はおれの  折てくれたがおれは  そやかさいおれは  みんなどこかおれに  寝言つていへばおれは  一度におれの  娘はおれの  冷然としておれに  お前はおれに  やうにおれの  我儘に育てたおれの  遠くからおれの  用が済んだらおれは  独りぼっちのおれを  いちばん先におれに  勇気をふるい起しておれは  男女が下りて来ておれの  皮などおれが  本家はおれ  今度はおれに  ことでおれは  北川さんはおれに  少年雑誌をおれに  姿をおれが  紙幣をおれに  北川さんはおれの  ことがおれにも  時からおれは  山口はおれの  木はおれが  はずのおれが  窯焚きのおれの  彼はおれの  あいつがおれの  兇鳥が吐き出すおれの  呻吟しているおれの  自分勝手におれの  それはおれ  これらはおれの  敵はおれの  君はおれを  それはおれを  おれがおれの  虫こそおれの  今日はおれが  それにつけておれは  慇懃におれへ  いつかはおれの  深谷がおれの  やつぱりお前にはおれの  それもおれには  沼にはおれの  長居してはオレの  一人娘がオレの  女だけはオレが  後になってオレに  残念ながらおれの  理智的なおれ  残念ながらおれも  作者たるおれが  位費用だおれに  お客をおれが  あいつはおれは  正直者のおれに  国におれと  後からおれに  江戸にやおれが  おまけにおれの  鼠小僧とはおれの  云ふおれの  思やおれも  真面目におれが  家はおれが  一度とておれを  のだけれどおれは  節こそ鄙びてはおれど  確かにおれが  今日からおれの  そんならおれなんて  前におれの  妻とおれとの  白粉入を出しておれの  荷物をおれに  一年近く居るおれは  二十歳前後のおれと  #十面下げたおれとの  馬車を呼んでおれと  私に待っておれと  これは止まっておれと  勝手だがおれが  弱味を見つけておれを  役人にはおれから  これもおれの  熱があるのでおれの  魔はおれの  おら知らないがおれが  そだらこんだおれ  出来ごとはおれと  後からおれの  今日はおれは  其でもおれの  途中でおれが  んだおれは  んぞおれは  今日一日のおれの  世界中でおれは  子はおれが  鶴雄はおれと  畑はオレが  其をすつかりおれは  人がおれを  其をおれは  やつてゐるおれの  今のおれに  十分の一もおれには  囚れて考へるおれでは  氣のしたおれ  噂によつておれが  愛がおれに  どこまでもおれについて  叡智をおれに  廻転しつつおれの  お前はおれを  泥を塗って喜んでるおれが  いつ首になるか知れないおれが  間もおれは  今でもおれは  事ならおれは  自分ながらおれは  他人におれの  のんき坊のおれまでが  さまはおれに  妻などにおれが  記事もおれが  原因のおれの  千鶴はおれに  お前よりはおれの  お前が思っていたおれの  ひとつにはおれの  お前もおれも  声でおれに  時お前がおれに  実行力におれは  ことに驚かぬおれ  これはおれだけの  ここへはおれの  いまもおれは  れいによっておれの  なにもおれの  つまりはおれの  ひとつこれもおれの  何もおれは  お前なぞおれの  金もおれには  此のおれ  加代がおれの  手をおれに  情がおれの  眼を挙げておれを  お前に会うだけがおれ  誰に頼まれておれに  好意をおれが  犯人はおれ  長靴はおれの  マントルはおれが  それがおれには  お前さんはオレが  いっしょにおれと  それはおれにも  はんとおれは  誰しもオレは  高柳君はおれが  御前よりおれの  何だろうがおれに  おれにはおれが  芝居はおれが  それもおれが  ようであったらおれにも  乳母はおれの  叔父はおれを  時公におれは  主人はおれの  帽子はおれの  女の子にはオレが  それがオレの  化身はオレ  アジスキはオレを  お前さんぐらいならオレでも  ここまで突き詰めているおれの  一つ横だおれに  張をしておれと  のがおれかと  反応でおれ  お前とおれが  ことにおいておれは  それをいわれるとおれも  おまえもおれに  方へ行っておれ  安心しておれや  声でおれを  昔からともだおれと  見世物をするならおれの  格式だおれ  お前とおれは  ほうをおれは  タマス・ジュポンならおれ  畑はおれの  おまえがおれに  人におれは  葉でおれの  いろいろにしておれを  今考えりゃおれが  水はおれの  雨けれどもおれは  影法師を落してだまって立っておれを  服はおれの  ほんとのおれの  枝にひっからまられながらしゃちほこばっておれの  裁判所ではおれが  パリへ行っておれの  そこはおれを  ためにおれは  それだとおれは  のはおれには  声がおれの  さまらがおれに対して  邪魔だから寝ておれと  家で待っておれと  ほんとうはおれが  相続人はおれの  学者はおれの  非でもおれは  學者はおれの  家へおれが  父のおれが  こととおれとは  記章にはおれが  これにはおれの  あそこにおれの  それとぶつかってもおれは  処はおれは  念を押しておれが  郁太郎はおれの  やつがおれの  かわいそうにおれの  恩人たるおれの  命はおれが  お前までおれに  あとはおれが  令孃はおれには  ところでおれは  そこでおれは  あいつがおれに  そいつがおれには  言へばおれは  今はおれと  ことにおれの  初めはおれの  紙束をおれに  子はおれを  のもおれは  手紙でおれには  士族のおれからは  一件がおれの  つたのでおれも  總理大臣がおれの  のがおれには  粉微塵に潰れてしまふと考へるとおれは  言下におれの  あいつはおれに  審問官がおれの  彼奴はおれの  下からおれを  ことをおれは  飲用に供しおれ  突立ちおれ  青金剛石はおれが  あれを奪っておれに  あれを殺っつけておれの  おれにはおれの  おまえはおれの  奴がおれに  紀久ちゃんにはおれの  ことがおれと  ことをおれに  のがおれだって  蔦のおれへの  ところで降ろしてしまってからおれは  蔦はおれの  のはおればかりじゃ  奴はおれから  時分にはおれの  きみはおれの  紀久ちゃんとおれとが  牧場が出来上がるまでおれの  今度だっておれの  つもりでおれの  親父はおれの  何かおれに  奴らがおれが  五人はおれが  返事をしようとしまいとおれの  紀久ちゃんはおれと  紀久ちゃんはおれの  奴が死んでしまえばおれと  火災とは見ておれ  先に立っておれの  世間はおれを  人があっておれを  それを甘んじているおれの  さをおれの  気持を抱かないで見ておれ  いま生きていたならばおれの  顔をおれは  風だからおれは  顔をおれの  兼公はおれに  鎌はおれの  鎌をおれの  分はおれが  えい男だと思っておれも  えいからおれも  鎌とを持っておれを  一におれの  そこにおれと  濃姫はオレの  いまにオレが  化け者めにオレの  喜平次はオレも  これはオレが  川木屋をオレが  献金をオレが  奴めはオレを  人物だとオレは  神尾主膳はおれに  人を斬らねばおれは  片腕がおれの  ときのオレの  日本へ帰るまではオレが  犯人探しをしてオレに  これはオレにも  のはオレだけじゃ  外でオレを  それがオレには  何かがおれから  のはオレじゃ  力を借りてオレに  オレをだましてオレに  東太はオレが  天下にオレが  これはオレを  のはオレに  ためにオレを  霊力でオレの  そんときからオレの  いくらかオレが  子供もオレの  没落でオレも  人間はオレに  方はオレの  親類縁者でもオレの  久吉がオレの  久吉がオレと  万が一にしてしまえばオレの  川又はオレを  時田さんがオレを  お前はオレに  のはオレと  ガマ六が来たからオレは  ガマ六とオレの  オレにもオレの  お前だけはオレの  義兄やオレの  君はオレを  ほかにおれの  奴はオレの  今死んだっておれは  弁内なんぞがオレを  イビキ声がきこえるとオレは  待合でオレが  アンマもオレが  代りにおれは  例祭にオレは  行方はオレには  姿はオレにすらも  誰もオレを  ダンドリをオレが  三四時間はオレに  ウチがオレの  ジッとこらえているだけがオレに  お前もオレに  ホトケがオレに  ところへオレが  弟子が来おるとオレの  タケノコメシはオレが  のかオレは  坊主のオレに  改心してオレの  ムコがオレを  料理屋がオレの  役目をオレが  おれにはおれで  ことはおれ  腕のあるおれが  男はおれの  むかしからおれと  方を見ておれ  ことも考えておれ  恥と思うおれでは  腰を撫でてみたおれの  万事はおれの  人間かおれにや  お客さんはおれが  時代をおれの  公卿はおれを  菅笠をおれに  ほんまにおれも  自信がおれには  何を間違っておれに  お前とおれの  藤夜叉はおれが  外形だおれに  ことならおれが  近藤勇といえどもおれには  例のおれの  反復して祈りおれ  絶命を待ちおれ  渡世をなしおれ  塵紙が無くなりおれも  ことではおれの  手をたたいておれを  日でなくばおれも  幕府はおれに  もくろみを立てたおれも  首はおれが  こいつはおれが  前からのおれの  切符を持ってるおれを  短歌が滅びるとおれに  今夜のおれの  ところはおれに  おれはおれに  追分はおれには  そいつはおれには  斃しておれも  勝負はおれの  兄貴めがおれの  目的とおれの  都合が変ったらおれの  師直もおれに  世の中にはおれ  意味から云えばおれの  人間ならオレも  晩におれが  千代はおれを  ことやおれの  冗談がおれを  思いがおれの  ことはおれには  醜悪はおれの  ひそかにおれに  これはおれも  嘉代さんはおれを  話をおれは  話ならおれは  花はもうしおれ  何事もおれには  いやならおれも  お前にはおれの  有様はおれには  ここいらでおれが  貴公とおれと  木魚はおれが  薬餌にしたしんではおれど  虚無がおれを  天皇はおれの  何をしようとおれの  んならおれだって  揃いもそろっておれを  しりゆききするおれは  ものけらをまとひおれを  さつきからゆれてゐるおれは  おまけにのびたおれなどは  ところでおれといふ  いまこそおれは  これはおれより  これはおれ  これがおれ  互ひにおれは  やうにおれも  尾羽に見えおれは  甲におれを  戦慄すべきおれの  ッとおれの  麁相はおれ  我かおれかが  仕合せとおれは  決心一つでおれは  くせ兄のおれの  休息しておれと  ことかおれが  何時でもおれが  今日はおれも  それぢやおれ  來ておれは  それだからおれが  狸がおれを  一しょにオレも  原子バクダンがいつオレの  それがオレ  一におれは  主人が見つかるまでおれと  麦束よおれの  商売が出来るまでおれと  あれに言っておれは  それでおれの  お前におれの  これでおれは  霊までおれの  お前たちはおれに  友だちとおれは  作品がおれの  裝うておれの  ふんべつをしておれに  友人もおれと  気の毒だがおれの  女をおれが  芳はおれの  てめえがおれの  ふしぎなおれという  身代をオレが  オレはオレで  槌を措いておれの  じいさんもおれの  世界中でおれの  萬事はおれに  兄貴をおれが  あしたはおれが  御用仕舞いでおれも  柳原でおれに  尻をおれの  御用でおれは  酒はおれが  南京玉はおれが  近江屋へ行っておれが  先はおれも  供たちは黙って引込んでおれと  駒にはおれも  縁でおれの  そんならおれと  それをおれも  今度はおれを  素直におれの  道場でおれに  蝶々がオレ  今のオレが  置土産におれの  糸に化けておれを  友達がオレを  千太がおれに  それはおれも  存在らしくおれは  マダムにおれが  笑顔でおれの  眼をおれに  誰だったかおれは  彼女に対するおれの  戸川はおれの  中からおれを  時はおれは  カフェーでおれは  ことになったとおれは  それ以外におれは  彼女はおれより  実質的にはおれの  気持ちでおれは  日が暮れるおれも  うちにやおれも  今夜からおれが  降参しておれの  そこがおれには  それへおれの  斎藤はおれの  話をおれも  本人もおれは  なんでもおれの  今度はおれも  妾は怒つておれが  こんどのおれの  李伯将軍とはおれの  名はおれも  菅糸をおれも  留吉はおれの  のはおれが  あいつがおれを  テエマでおれは  ためにおれを  おかげでおれ  部屋におれの  罪もねえおれを  そこはおれにも  方がおれより  向がおれの  今日こそおれの  家に這入っておれと  ウィレットにはおれが  規則よりおれの  ひさしぶりに会えておれは  知らん顔をしておれと  どぎまぎして慌ておれ  それこそおれが  そこをおれが  おまえほどおれが  女ならおれも  ばかにおれは  うちにはおれが  金満におれを  何もおれが  娘はおれに  今夜のおれと  ペペ公といわれるおれとも  あれほどおれの  ひびのはいったおれの  内にはおれの  あとはおれに  君はおれが  風がオレよ  クインよオレを  サヨはオレに  サヨはオレが  サヨはオレの  お守りをオレに  目が開いているとオレが  サヨは苦しみながらオレに  ことがオレには  ことがしてやれたからオレは  池のおれの  ものはおれは  あれはおれが  兵曹がおれの  ところへまで出て来ておれに  年頃闇には慣れておれ  お前はおれが  いつでもおれを  ふうに過ごしたらおれは  現在縛られたおれを  今程おれも  根のおれを  樣におれを  妻はおれが  一箇所だけおれの  一突きにおれの  塊がおれの  時間よおれは  いまほどおれも  逆様におれを  方がおれには  昔からおれは  これでもおれは  昔のオレでは  狐はオレが  今日のおれの  現在のおれという  あそこでおれが  愚助のおれも  それやおれが  そこにおれの  あたりがおれの  道をおれは  船長はおれを  船長だっておれが  それまでおれは  女がおれの  船員手帳はおれの  こっちはおれの  船長におれから  あなたはおれでは  ことまでもおれに  船長だっておれの  時分はおれが  そんならおれの  なんだっておれの  あすこはおれの  花はおれの  他におれが  場合によったらおれは  優勝はおれの  熊をおれが  問わず語りにおれは  彼がおれに  二人きりではおれが  皮肉をまじえておれを  平素のおれ  彼はおれが  一人ぐらいおれの  眼つきをしておれを  外語でおれと  いつでもおれに  段取りはおれに  右門はおれの  右門様っていうなおれの  子分のおれが  それじゃおれの  山王さんにおれが  小娘のおれに  右門といわれるおれが  今になっておれに  何かおれ  さまはおれが  三度もおれに  死骸をおれの  これさえ見つかればおれの  おまえこそおれが  この世におれの  なにもおれが  絵図面のおれが  なぞもおれに  あだ名のおれを  右門といわれるおれじゃ  あだ名のおれが  自慢のおれ  右門といわれるおれを  ふたりといねえおれ  うっかりとおれも  ここにおれが  先輩のおれの  皆遠くに退いておれと  人並みにおれにだっても  敬とおれとの  右門といわれるおれが  情けも持ち合わせているおれの  きょうはおればっかりに  今のおれの  久し振りだからおれも  傑作をながめておれは  君等はおれが  金をもうけたっておれの  近所づきあいにおれも  ふたりともおれが  代わりにおれを  女中べやにはいっておれと  これでオレも  蜂までがおれを  冠ったおれの  言葉巧みにおれを  昔のおれ  光はオレと  人はオレを  面をしておれの  おれが知りたいと願っていたおれの  後から遅れて来るおれの  可憐そうだからおれが  断じながらもオレは  ゆえをもって断りおれ  団子をおれ  限りはオレの  その間にオレが  御前がおれを  あらましはおれの  事情がおれの  女をおれに  すべてはおれの  ことはおれが  お前だけがおれに  気になって聴いているおれでは  討論するおれでは  山出しのおれを  ここまで落ちのびたおれ  こいつがおれを  こいつまでおれの  二人はおれを  ハンケチを振っておれを  名刺をくれておれと  門番はおれの  顔をしておれに  あとだからおれは  潜水夫がおれの  ことなんぞはおれの  幸におれは  ホテルではおれを  なんだっておれは  中へおれの  こないだ電車から飛び下りておれの  押丁はおれに  明日はおれは  あれをおれが  手でおれの  感化がおれの  裡におれの  夫人ならおれの  不幸なおれの  孤児としてのおれを  女房がおれに  忘れ物だと言っておれの  王をしておれに対する  彼奴がおれの  二人で残っておれ  汽車が動いたらおれの  長崎奉行にはおれも  質素はおれも  それじゃおれが  そいつはおれも  連中はおれの  香蔵さんとおれとは  江戸におれと  ことはおれだって  点はおれも  ッとおれが  あれをおれに  顔でおれの  気まぐれにおれも  新婦の来るを待ちおれ  左右に傾けおれ  時もおれは  目をつぶっておれと  ものでもなかろうとおれは  多吉さん夫婦だけはおれを  源兵衛はおれの  子供のおれを  違つた相談をおれに  子供心にもおれは  親父はおれを  來まいとおれは  今度こそおれは  家とおれの  叔父はおれに  邪魔はおれは  旗本でもおれは  立ちまわりはおれには  戸惑いしておれの  女ではおれも  ものでおれといふ  説諭をおれに  何にして食おうがおれの  因縁でおれの  誰かおれを  恨が有っておれは  傷を負ったおれの  目を見てからのおれの  覚もあるおれでは  彼犬に視べればおれの  国手がおれの  身代りにオレを  ころからオレの  口にオレも  技を競って劣るまいとオレが  ホメ言葉はオレを  イノチがオレの  ことを云ってオレを  名誉がオレを  それはオレが  アナマロはオレを  ヒメがオレを  人々はオレを  チイサ釜はオレの  座であろうとオレは  言葉はオレを  言葉はオレに  女はオレが  心になりきろうとオレは  エナコはオレの  ズカズカとオレの  半周してオレの  そッとオレの  ことにオレは  クビをまわしてオレの  エナコはそぎ落したオレの  上部をオレの  ことでオレの  上下にオレを  あとはオレが  アナマロはオレの  シミジミとオレを  黄金をオレに  主がオレと  ようにオレを  耳を斬り落されたオレが  女がオレを  奴めがオレを  ことでオレに  親方はオレが  仕事をするオレと  エナコがオレを  これをきくとオレの  笑顔だとオレは  縄をきりはらってやったオレの  懐剣を与えてオレの  順を追うてオレの  のをオレは  怨霊がオレに  仕事にものりうつれとオレは  笑顔に押されているオレの  横へオレの  ことをオレが  ヒメはオレに  のだとオレは  エナコがオレの  クビをオレの  ここを逃げよとオレに  笑顔を刻み残して殺されたいとオレは  ヒメはオレを  方法があるだけだとオレは  それはオレの  ヒメに頼んでみようとオレは  それだけでオレは  ヒメとオレの  ヒメはオレの  元日にオレを  作からオレの  いまはオレを  ヒメがオレの  笑顔がいつオレを  ホコラへオレの  菜ッ葉をオレに  笑顔はオレの  冴え冴えとオレを  ヒメが立去ってからでないとオレの  いまのオレは  去年のオレも  今年のオレの  目がさめるほどオレの  一途にオレを  ものを見てしまったとオレは  仕事をつづけて行けるだろうかとオレは  目もかがやきに燃えてオレを  声がオレに  ことだろうとオレは  ことではないとオレは  死体をオレの  ここからオレが  うちにオレの  ヒメだろうとオレは  力がオレを  瞳はオレに  こんどはおれの  君だっておれを  君がおれを  土産つきでおれの  水呑百姓のおれん  罪はおれが  ここにおれと  オシンコはオレが  顔がオレに  久板君がおれも  国をおれに  駐在所へおれの  奴はおれよりも  今までおれは  のはおれだけ  誰もおれは  ことがおれに  女はおれが  きょうはおれにも  図面はおれが  女房にはおれから  東京にもおれの  フツカヨイのオレに  織田君はオレの  ヒノキはオレが  これはオレの  時こそオレが  そこへ行くまで待っておれと  やつがおれについて  東を向いておれと  西を向いておれと  恋にはおれが  子でもおれと  兎も来ないおれと  みちにはおれの  ぎたって云ったらおれ  本役のおれの  あんた方がオレに  透明におれの  狂犬であっておれの  観念だおれ  隣家にひかえおれ  それもおれの  歌でもおれが  侍従はおれが  相手はおれ  侍従はおれを  やつとおれの  もんはおれの  それはおれでも  それじゃおれは  そんならおれは  お前たちがおれの  お前達はおれの  夫婦はおれの  貴様はおれが  一所におれの  今からおれが  静かにおれの  邪魔をするとおれの  それよりもおれについて  中にはおれが  金はおれの  一つはおれを  一つはおれの  お前なんぞはおれの  後でないとおれは  けしからんぞおれは  おれはおれだけで  あいつもおれの  金持はオレが  ちんはおれが  都人もおれの  山荘もおれの  始はおれも  それさえおれには  少将はおれと  明日でもおれと  康頼はおれにも  少将はおれの  何もわからぬおれ  少将はおれが  間はおれに  男こそおれより  何度もおれは  康頼はおれより  気の毒そうにおれを  高平太はおれを  きょうはおれが  牛もおれも  暮におれが  頃はおれの  父がおれに  娘もおれの  時分のおれを  んはおれの  ままのおれでは  男のおれが  手に乗るおれじゃあ  ところでおれの  ときからおれが  ものがあるばっかりに晴れておれと  今夜はおれと  肝腎のおれの  のかおれに  それがおれに  そんならおれが  いつまでもおれの  ここでおれと  高はおれを  三年でもおれと  美代がおれを  らばおれにも  萩乃とおれを  のはオレだけ  アケミさんはオレを  そこで待っておれという  前で待っておれと  そいつをおれが  それをおれの  今云い掛けたおれもの  彼はおれもを  旅費はおれが  男にはおれの  男はおれより  室生はおれを  烟管でおれに  予備におれ  皇陛下だからおれよりも  一家総だおれに  予備にこそおれ  机博士をおれの  家もおれで  八重をおれと  親方が帰ってくるとおれが  山越えておれと  いまはおれの  塚田名人とオレとは  芸だとおれは  将棋におれと  分際でオレを  横だおれに  同腹になっておれを  明らかにおれを  指をくわえているおれでは  身脱けの出来ぬおれの  一不断からおれを  顔におれの  敵におれは  ものをおれが  さまでおれが  それでこそおれは  夢に対するおれの  大谷地中でおれの  つて遠慮しておれに  うつとりおれの  一匹捕つて来ておれに  櫂でおれの  事をするおれでは  指揮官たるおれの  友だちがおれを  つて來ておれに  胸に刻まれおれ  わしを殺さずに遊んでおれと  手前はおれを  今夜こそおれは  妖怪がおれの  天がおれを  一人になってもおれは  笛太鼓をおれは  約束を破つておれだけで  ためしにおれの  鷹がおれの  けりやおれが  考証だおれ  おれはおれを  時のおれと  #今のおれの  自慢らしくおれに  不思議におれの  今でもおれの  目にもおれよりは  沙金をおれから  沙金もおれを  今までのおれを  つてもオレに  あれがなくなるとオレが  感動してオレも  今日はオレは  かんがへるおれの  奴らだおれの  奴らだおれは  眼がおれの  奴らだおれを  話だがおれ  お前よりおれの  おやじがおれに  狐はおれから  ように聞き流しにばかりはしておれ  方はおれは  樺の木がおれに  今までおれに  いま何かおれが  何だっておれは  のはおればかり  蔭でおれを  日に焼けてこそおれ  直ぐにおれを  ぺてんをおれは  靴をおれが  魔法使でおれを  平尾ぐらいおれに  家でおれの  鷲めがおれの  足にはおれの  こともやっておれ  これならおれ  ものかおれも  中でおれの  一生懸命だおれを  努力だおれも  ものかおれの  雑談などしておれ  感心ばかりもしておれ  暇はおれに  こんどはおれが  解釈はおれの  先刻もおれを  アホーアホーとおれを  それまで覚えておれ  アレがやるからオレも  夕方はおれが  あそこならおれも  子でおれの  上はおれの  何んだか知らねえがおれの  ひょっとするとおれの  それよりおれには  あれにはおれも  無学のおれには  オヤとおれは  時にはおれは  これまでおれを  今朝までおれは  それじゃあおれも  猿芝居へおれを  尻尾がおれに  どこのどいつがおれの  おまえにおれの  これでもおれの  わけがあっておれの  それよりおれが  おまえがおれを  やつらはおれを  やつでもおれに  やつらはおれに  そいつがおれの  金でおれの  売文生活に疲れたおれを  のでありますから覚えておれと  何に変ろおれも  欠点はおれの  お前はおれより  子をおれ  われもオレの  羊からおれの  おまえにおれが  だれかおれを  お前がおれに  さんはおれが  さんがおれを  さんがおれに  時にもおれが  さんがおれの  のをおれは  ツておれと  最初ツからおれも  限り尽しおれ  存立を許しおれ  合併せんと力めおれ  東京ならおれも  方がおれは  セントルイスならおれ  明日はおれが  銀造はおれも  後にオレが  天下にオレぐらい  気持でオレに  お前にでてゆかれてはオレも  のがオレという  花はおれが  花代はおれが  昼もおれが  兄もおれも  市之助とおれとは  市之助とおれとを  中のおれの  身とおれは  市之助はおれに  自動車はおれの  勝手に考えたりするおれの  事はおれには  切実さこそおれには  眼つきでおれを  此のおれは  いま事務所でおれに  此のおれの  時に備えておれと  男にかまっておれ  厭だからおれは  何者がおれの  身体をおれに  彼はおれに  役者をおれの  訴訟がおれに  残りをおれから  考えではおれの  愚図愚図しておれ  なかでもおれは  併しおれは  程のおれでは  妙さんはおれが  それがおれにも  屹とおれが  仕事はおれの  何かおれの  フォームにおれと  輕さがおれの  舞臺だおれは  顏ですかして見たがおれの  ように罰されているおれは  のだおれと  奧におれは  自然におれの  奧さんあんたにはおれが  今日からおれが  だれでもオレが  五分間でおれが  お前もおれという  白扇がおれの  二度もおれの  おまえ達を呼んでおれの  いつまでもおれを  狸めがおれを  

~ おれ[名詞]2
かくおれ  若しおれ  おとなしくおれ  なにもかもおれ  あおいおれ  どうしておれ  小さいおれ  このオレ  ほんとにおれ  すこしおれ  すっかりおれ  げにおれ  どうもおれ  まるでおれ  もうおれ  いよいよおれ  是非ともおれ  間もなくおれ  もちろんおれ  そのおれ  このおれ  やっぱりおれ  一体おれ  何しろおれ  じっとおれ  依然おれ  とうとうおれ  そろそろおれ  いつもおれ  そんなにおれ  なぜおれ  もとよりおれ  何でおれ  一度おれ  いかにもおれ  こんなにおれ  まだおれ  今におれ  たった今おれ  いずれおれ  とにかくおれ  なんだかおれ  総じておれ  ちっともおれ  いろいろおれ  折々おれ  ひとしくおれ  実際おれ  突然おれ  しばらくおれ  ちょっとおれ  何でもおれ  別段おれ  じかにおれ  時々おれ  ようやくおれ  こういうおれ  ことごとくおれ  いきなりおれ  全然オレ  いっそおれ  どうせおれ  まさかおれ  これからおれ  ちょうどおれ  改めておれ  いさぎよくおれ  少なくともオレ  もしおれ  実にオレ  なにしろオレ  そのオレ  そんなオレ  実際オレ  かつてオレ  なんとオレ  早くオレ  なぜオレ  ないオレ  本当にオレ  ざっとオレ  まずオレ  さらにオレ  あらためてオレ  要するにオレ  ましてオレ  何だかオレ  はたおれ  なんでおれ  そんなおれ  こんなおれ  何気なくおれ  きっとおれ  手ごわいおれ  遂におれ  たといおれ  却っておれ  全然おれ  どうぞおれ  どうせオレ  次におれ  別におれ  ときどきおれ  早くおれ  やはりおれ  ひとりおれ  絶えずおれ  要するにおれ  何もかもおれ  遠慮なくおれ  何故おれ  少なくともおれ  ともかくおれ  ふとおれ  いくらおれ  折角おれ  目まぐるしくおれ  さっさとおれ  まんまとおれ  なるべくおれ  弱いおれ  万一おれ  あんまりおれ  何だかおれ  次第におれ  またおれ  必ずおれ  危なくおれ  愛しいおれ  若いおれ  ないおれ  せめておれ  たびたびおれ  当のおれ  ちゃんとおれ  本当はおれ  余程おれ  勿論おれ  ぬけぬけおれ  そういうおれ  いかにおれ  すぐさまおれ  随分おれ  まずおれ  べつだんおれ  にわかにおれ  何故かおれ  一層おれ  もはやおれ  まずまずおれ  さしておれ  決しておれ  ほんにおれ  よくもおれ  どうやらおれ  全くおれ  なにしろおれ  もう少しおれ  由来おれ  こっそりおれ  早くからおれ  先ずおれ  ぜひおれ  やがておれ  近頃おれ  激しおれ  未だにおれ  まだオレ  まるでオレ  そっとおれ  せっかくオレ  どうもオレ  間もなくオレ  どうにもオレ  なきゃオレ  さてはオレ  直ぐにおれ  もうオレ  ちとオレ  ちょうどオレ  一度オレ  一々オレ  まあおれ  たしかにおれ  たちどころにおれ  深くおれ  いやいやおれ  悉くおれ  元来おれ  なにかおれ  中でもおれ  おそらくおれ  うとうおれ  いちいちおれ  なくおれ  うまくおれ  少しおれ  単にオレ  実におれ  すくなくともおれ  よくおれ  さぞおれ  いったんおれ  同時におれ  いつもオレ  そのうえおれ  あんなにおれ  いったいおれ  なかなかおれ  こうおれ  あのおれ  どうしてもおれ  現におれ  すぐおれ  いままでおれ  だいたいおれ  いまさらおれ  むろんおれ  一応おれ  多少おれ  なんにもおれ  さきほどおれ  てっきりおれ  はじめておれ  いつのまにかおれ  断じておれ  とてもおれ  ちっとおれ  よくもオレ  つくづくおれ  わざわざおれ  まったくおれ  とうおれ  一旦おれ  いわんやおれ  かえっておれ  本当におれ  かたくおれ  初めておれ  どうかおれ  わざとおれ  断然おれ  イロイロオレ  いつの間におれ  定めしおれ  何ぞおれ  当のオレ  たしかにオレ  むろんオレ  それほどオレ  いっそうオレ  またオレ  にわかにオレ  内々オレ  特にオレ  すくなくともオレ  たまたまオレ  とてもオレ  少なくもおれ  はやくおれ  そうおれ  だいたいオレ  どんなにおれ  果たしておれ  角おれ  只おれ  丁度おれ  もっともおれ  よりおれ  おっつけおれ  よしおれ  今にオレ  たちまちおれ  唯おれ  大方おれ  さてはおれ  醜いおれ  いまだにおれ  なおさらおれ  始終おれ  夢にもおれ  てんでおれ  涼しいおれ  しつこくおれ  重たくおれ  悩ましいおれ  平にオレ  多分おれ  いやにおれ  どだいおれ  いつの間にかおれ  それほどおれ  又おれ  

複合名詞
いまおれの  さつきおれ  おれ達  おれたち  晩おれ  時おれ  おれぁ  あいつおれ  おまえおれ  おれはけ  おればね  おれひとり  いまおれ  おれたちふたり  一體おれ  おれはじめ沢山  おれの  幻覚デアツタラウカ弾創ハスデニ弾創トシテ生キテユクノカオレ  タタイテオレ  レイタンナ風ガ渡リオレ  ぜんたいおれたち  おれ一人  そおれ  おれ自身  今夜おれ  バッタリおれ  ころおれ  おれたち二人  おれ先  今おれ  むかしおれ  いつかおれ  おればいいん  ことおれ  おれ海  なあにおれ  おれお前  おれら  今後オレ  昨夜おれ  更おれ  おれなんざ  先刻おれ  おれ鉄  みんなおれたち  皆おれ  二時間前おれ  ひと通りおれ  上おれ  先夜おれ  約束通りおれ  おれ等  翌日おれ  夜おれ  前日おれ  オレ一人  事おれ  頃おれ  おれん  おれはか  おれたち夫婦  おれゃいやだ  あしたおれ  おれア金  おれア日本室  おれ部下ども  ためおれ  犬めおれさま  今晩おれ  おれだい  近ごろおれ  おれ達皆  オレ達  結果オレ  オレはがき  オレ自身  オレ様  ところオレ  オレたち  当時オレ  オレ自身うろちょろ  日オレ  回路上オレ  ままオレ  おれア実  おれア  おれぢ  みんなおれ  アおれ  三郎おれ  こいつおれの  おれぁあんまり  ホンノリおれ  哉おれ  オレみたい  刀おれ矢つき  現在おれ  こんどおれ  一おれ  おれさま  おれ今  代りおれ  いまオレ  おれきょう  汝おれ  感応体おれ  会つたおれ  おれ達の  おれぁ庄吉  おれみたい  そりゃあおれ  一たいおれ  それ以来おれ  おれ以外  手前おれ  いつ何時おれ  おれ様  さっきおれたち  おれたち俘虜ども一同  云つておれ  りやおれ  毎日日にちおれ  おれたち日本人  最後おれたち  お前おれ  ん伴天連おれ  屹度おれ  おれ行つて  こんどおれ行つて  此おれ  おれ自分  五おれ  おれ友達  一つおれ  オレの  三おれ  お前對おれ  きょうおれ  みなおれ  暫らくおれ  それきりおれ  当時おれ  おれ以上  全部おれ  一切合財おれ  就中おれ  毎晩おれ  實際おれたち  おれ自身恥  オレ一代限り  おれチンセイ  絶対おれ  おれたち総がかり  おれッ  ときおれ  そりおれ  刀おれ矢  オヤおれ  洋電機株式会社おれ  おれそこ  アアおれ  アヽおれ  朝おれたち  一番おれ  万事おれさま  二度おれ  一遍おれ  おれ紀久ちゃん  おれらこれ  おれども  おれたち仲間  控えおれ  そん時おれ  兼公おれ  処おれ  翌朝オレ  オレたち四人  みんなオレ同様  一万円ごとオレ  ゆうべオレ  のオレ  オレ同様  存命中オレ  毎年オレ  みなおれたち同様  おれやつぱり歸  おれば  ちやおれ  ちやおれん  汝アおれ  おれ苦悶中  おれたち四人  みんなおれ位  おれ何時  ォおればいィばら  おれどもの  ひとりおれ  おれみずから  十三日間おれ  タッタ今おれ  おれむばかりに娘  おれあな  おれ足  おれたち武士  うにおれ  おれはぶつきら棒  むぽうげおれ  平生おれ  ウムおれ  おれたち家来  ツアヽおれ藥貰  おれことぶつ  おれげ  おれ幾ら體  おれ惡  まま行倒おれ  つておれ  おれ頭  ひとつおれ  万事おれ  明日おれ  きょうおれ達  昼間おれ達  オレ刑務所  この間おれたち  おれ一人眼  朝おれ  オオおれ  コノオレ  あいだおれ  昨日おれ  おれ掏摸  奴おれ  一オレ  ときオレ  曾つておれ  おれのち  おれ窩人  一日中おれ  さっきおれ  みんなおれたちみたい  おれたちはかま  きのうおれたち  おれぁ二度起ぎ  おれぁ迎ぃに行  おれたち自身  これ以上おれたち  おれ今日陸  おれたちあて  おれたちゃのまれてるんだ  なにおれ  このごろおれ  どおりおれ  おれときさま  おれゃ  おれゃ女  おれさまたち  おれ一流  おれゃさっき  何度おれ  おれあご番所  おれゃお奉行さま  おれゃきのどくで涙  おれもと十人  おれゃちょっくら朝湯  おれゃべっぴんというやつが気  おれゃ八丁堀  おれたち一騎  はじめおれ  こいつおれん  松おれ口  おれはかまはん  おれたち市民  おれたち一家  おれぢやあ  鶯谷庵独言おれ  矢張りおれ  おれ家  ところおれ  一生涯おれ  貰つたおれ  万事オレ次第ニナッテ居ルカラ  今日おれ  おれ丈ケ  おれぁの家さ  おれおれ  偶然おれ  莫おれ  すべてオレ  音おれ  半年おれ  おれたち貧乏人  一生おれ  おれたち人間  おれ達悪党  おれたち南  おれ達三名  おれたち三名  ことオレ  オレひとりッ  今朝オレ  オレたちワケ  おれこれがら出掛げ  おれ実家さ  踊つたおれ  差向きおれ  きのうおれ  いつおれ  おれども三人  おれ一人衆苦  おれ一人赦免  内心おれ  昔おれ  誰一人おれ  おれたち風情  みんなオレ  おれア伊賀  おれたちアみな恨みッこなし  おれかけ  おれ急斜面  全体おれ  見事おれ  通りおれ  つて云ふからおれ  次第おれ  一滴おれ  おれ位顔  君おれたち  一つおれたち  オレん  倒おれ  オレなんざア  逃走おれら  通りおれら  天路巡歴おれ  びにくつついてゐたことをおれ  ひつぱたくおれ  オレ御用  おれぇ  大井町おれ  おれバ  おれ役人輩  こいつおれ  おれ眼付  日おれ  おれはじぶん  船頭小唄一おれ  おれ蛇  日暮れおれ  おれ京極  おれ茉莉ン家  おれ居候みたい  おれ今夜  子おれ  おれ金  おれ京都  おれポン引  おれ趣味  おれ我慢  おれいや  おれ東京  おれツモ  パイパンおれ  おれ気ちがい  おれきらい  おれたち監視人  今一つおれ  毎夜おれ  こん夜っきりおれ  おれたち二人きり  おれ達夫婦  



前後の言葉をピックアップ
折れよ  折れれ  折れん  織れよ  織れ    折合  折れ合い  おれあい  折れ合う


動詞をランダムでピックアップ
ながれる引き下がら語ろあぐね集めるゆきあい奪い取ら打ちみはりめぐらすしせ揃えろ打ち消し貯まっ待合せ馳せる問合せ洩れれ和しよ勧めよ
形容詞をランダムでピックアップ
はげしけれ激しかっおくゆかしい激しくっ紛らわしみにくき眠くっあぶなかっこすい歯痒い苦い濃い胸苦しいみっともなくふかうゆるいなるい固かっ花々しき物物し