「およぎ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ およぎ[動詞]
平安もおよぎ  しっぽをうごかして、およぎ  おしどりのつがひのおよぎ  あっちこっちとおよぎ  魚がおよぎ  なかでおよぎ  浪におよぎ  樹蔭におよぎ  間をおよぎ  金魚のおよぎ  金魚がおよぎ  あかりにあって、あわてておよぎ  谷間からおよぎ  緋鯉もおよぎ  自由におよぎ  間を、出たりはいったりして、ゆらりゆらりおよぎ  ようにおよぎ  これを見ていて、およぎ  これに、およぎ  岸にむかっておよぎ  下におよぎ  池をおよぎ  さかんにおよぎ  水をはねかへして、およぎ  夕方までおよぎ  横のしでおよぎ  



前後の言葉をピックアップ
泳が  泳がせ  泳がせよ  泳がせれ  泳がせる  游ぎ  泳ぎ  泳ぎ  泳ぎ方  およぎつい


動詞をランダムでピックアップ
誇り長引い芽生えさえずるあたれるつどう交ざっ伺は訪ねる漕ぐ飛付か詠みすかねじくれ落ち行こませんてりゃ射し込もでっち上げる下ろし
形容詞をランダムでピックアップ
白白しい清かれ旧くきむずかしあざとくあしゅう忌忌しく黒けれ手痛かっ懶し擽ったい深いつたなき薄く見にくい丸うめんどうくろかっあぶなけれやかましゅう