「おもいで」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

おもいで[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
おもいで省みずにいられないとおもう  おもいでがあるが  おもいでをさそう  おもいでふかい海峡を渡った  おもいでは果もなくひろがる  おもいで深き作品だったろうとおもう  おもいで懐しい無数の絵の具皿で充満された  おもいでを十年あまりも昔にかえってやる  おもいでを書く  おもいで見ていた  おもいでは生よりも甘しとわれ暗黒と静寂の中に彼女の胸の鳴るをきく  

~ おもいで[名詞]1
千秋のおもいで  身の毛のよだつおもいで  さくら湯のおもいでを  身のあぶらを絞られるおもいで  鉛を呑むおもいで  一番圓朝にとってもおもいで  家のおもいで  圓朝にとってはおもいで  野枝さんのおもいでを  花のおもいでの  

~ おもいで[名詞]2
さびしいおもいで  そのおもいで  

複合名詞
おもいでエリーザ  おもいで沖  師匠おもいでひとすじ  生涯おもいで  



前後の言葉をピックアップ
思い詰め  思い詰めれ  思いつめる  思い詰める  思い出  想い出  思い出深  思い出深い  思い止ま  おもいとどまっ


動詞をランダムでピックアップ
まし議せすくいあげときめく撚る出合えるみよちるうと申し伝える譲る貰う宣し絶やし舁いさしくる扱えよ打ち切っ轢い取り交わし
形容詞をランダムでピックアップ
数少なからあおぐろいうらやましくっ間遠いじょさいないいとしいさびしいかたはらいたき好けりゃあやしい珍しき親しけれ浅ぐろく口喧しい目映い慕わしく良かっこちたからえぐ我慢強い