「おののい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おののい[動詞]
筋肉が細かくおののい  かすかにおののい  私一人が恐れおののい  顫えおののい  さにおののい  色にわくわくとおののい  自身でおののい  心はふるえにふるえおののきにおののい  ようにおののい  怕れおののい  中に、思わずおののい  儀容を崩して、あッとふるえおののい  魂もおののい  めにもかすれおののい  ように痛ましく震えおののい  びりっとおののい  意外さに寧ろおののい  指さきがおののい  何がでるかと思うと、怖れおののい  髪の毛が、気味悪くおののい  手がおののい  ことに絶えずおののい  恐怖におののい  房枝が、おののい  楽屋におののい  声もなくおののい  龍之介は、おそれおののい  一度にぞっとおののい  恟々とおののい  頃は、またかと、おののい  ように恐れおののい  一途に恐れおののい  違いないと恐れおののい  このごろ怖れおののい  運命に怖れおののい  木の葉の如くおののい  ように細かくおののい  予感におののい  鬼それ自身がおののい  真暗でおののい  はなしにおののい  前から病気を恐れおののい  ものが震えおののい  髄までもおののい  彼女は恐れおののい  メッタ斬りにして、それほど慌て、おののい  ことをも考えながら、おののい  慄えおののい  足もとに、おそれおののい  顔へ、おののい  ようになって、おののい  風におののい  草どもも恐れおののい  微かにおののい  蒼ざめて、おののい  六感はおののい  うちにおののい  者は恐れおののい  羞恥におののい  瞳はおののい  お達しといえば、怖れおののい  抱きしめるように取りあげながら、おどおどと恐れおののい  中年増がふるえおののい  前におののい  危険におののい  上に、おののい  晩秋におののい  生命が飢えおののい  修羅道におののい  唇もおののい  



前後の言葉をピックアップ
小野田  小野塚  オノヅカラ  小野寺  オノト  おののか  戦か  おののき  おののく  戦く


動詞をランダムでピックアップ
投げ付け持ち直せ汚さかかり合わ拗ねん取りあつかっ折れ合い追っ払う借換え帰るさし当たり差し響い寄りつけくらわしむすべ揺るが押し開く死にかけかどわかしかぞえ
形容詞をランダムでピックアップ
真新し宜しかろあつくふかくあかぐろくうすきみわるくせち辛硬く暑けれ嬉しく小煩い度し難し言うまでもないほど遠い明い悩ましく遅う上手かっ危ない