「おどろか」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おどろか[動詞]
くず屋さん、そんなにおどろか  だれもおどろか  斎藤氏をおどろか  ことにおどろか  連中をおどろか  何を見ようとおどろか  相手をおどろか  ことでは、おどろか  彼等をおどろか  とおり世界をおどろか  司令官はおどろか  博士をおどろか  ろくろ首を見てもおどろか  おれをおどろか  波瀾におどろか  非常におどろか  妹をおどろか  気魄などにはいっこうにおどろか  忠臣だのにおどろか  世界でおどろか  人におどろか  人々をおどろか  洛陽をおどろか  それだけでも、おどろか  のがおどろか  とりを起し、おどろか  不思議がうまれてもおどろか  これがおどろか  千二は、もうおどろか  さにおどろか  さとにおどろか  物音におどろか  正吉をおどろか  みんなをおどろか  しかし、おどろか  丁坊をたいそうおどろか  ことであるのに、おどろか  三人は、べつだんおどろか  久助君もおどろか  わたしはけっしておどろか  わたしはおどろか  信玄は少しもおどろか  女はもうおどろか  物をしておどろか  姿を見ても、一向におどろか  当時としてもおどろか  ちの世界文学をおどろか  私はおどろか  房枝をおどろか  房枝たちにしておどろか  またまた米友をおどろか  ことになってもおどろか  物におどろか  一同をおどろか  皆さんが多分おどろか  六波羅をおどろか  宮中をおどろか  帝もおどろか  宇三郎はおどろか  主人はおどろか  ぴいんと来て、格別おどろか  眼をおどろか  吉野朝廷をおどろか  人々におどろか  死に就いておどろか  王様はおどろか  子になったかとおどろか  觀衆をおどろか  役人たちをおどろか  ことがおどろか  峯子に、一層しみじみとおどろか  これにはおどろか  母やおどろか  前ほどおどろか  私たちをおどろか  ことは、おどろか  変化がおどろか  伸子をおどろか  貧におどろか  母をおどろか  のかとおどろか  春夫をおどろか  私たちは心からおどろか  ことも、おどろか  いふにこそおどろか  から姫もおどろか  曲折におどろか  おれがおどろくか、おどろか  ときほどおどろか  山岸中尉をひじょうにおどろか  少年たちをおどろか  冒険になれて、もう大しておどろか  まり物事におどろか  三休はおどろか  兄のおどろか  ことにはおどろか  あいきょう者をおどろか  君はおどろか  われわれをおどろか  都民をおどろか  作はおどろか  血にはおどろか  聖都かとおどろか  自分におどろか  馬をおどろか  男におどろか  目をおどろか  のはおどろか  こともおどろか  扱いかたもすれて来ているとおどろか  大人をおどろか  ことは、実におどろか  問題でないと、実におどろか  像をおどろか  位でしょう、考えると、おどろか  のかともおどろか  善良におどろか  同年輩人をおどろか  編集者をおどろか  お爺さんは格別おどろか  言葉をきいて、少しもおどろか  三根夫をたいへんおどろか  



前後の言葉をピックアップ
おどろい  オドロイテ  オドロオドロ  おどろおどろしく  驚か  驚かさ  おどろかさ  オドロカシ  驚かし  おどろかし


動詞をランダムでピックアップ
咲乱れるたくましゅうせやろ伸び上がっ捜し求めるあびせる叶い給する打上げる延びる言いなそよこぎっ垂れりゃつくっあわさみせ開け放さ見慣れ払い除ける血迷う
形容詞をランダムでピックアップ
手ばや騒々しき血なまぐさくうらやましけれ気安うくさい寂しけれひだるくおそろしけれ明う空々しき眠けりゃ態とらしくあお小ぐらくよんどころなし極まりないまずきゃうるさくっ鋭から