「おとろえ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おとろえ[動詞]
病いにおとろえ  英雄主義がおとろえ  病いに弱りおとろえ  視力はおとろえ  増水のいきおいはおとろえ  いきおいもついにおとろえ  顔して痩せおとろえ  間に痩せおとろえ  乳母はすっかりおとろえ  蒼ざめた色が痩せおとろえ  血がついていて、その痩せおとろえ  眼に見えて、瘠せおとろえ  それらがおとろえ  我容色のおとろえ  士気が、おとろえ  心身ともにおとろえ  夜があけてもおとろえ  健康がおとろえ  家運がおとろえ  からだも、なんだかおとろえ  容色はおとろえ  楠木勢におとろえ  意気もおとろえ  火勢はおとろえ  今なお少しのおとろえ  今はおとろえ  体はいたいたしく痩せおとろえ  日から、みるみる痩せおとろえ  姉のおとろえ  後におとろえ  力がおとろえ  饑えにおとろえ  勢いのおとろえ  勢いはおとろえ  風速もしだいにおとろえ  雷鳴もようやくおとろえ  呼吸がおとろえ  家計もまた次第におとろえ  だんだん低く、おとろえ  ように痩せおとろえ  猛威もようやくおとろえ  勢いがおとろえ  虚無僧の痩せおとろえ  間にすっかり痩せおとろえ  奔放さをもちながら、おとろえ  日露戦争前後から堂摺連も次第におとろえ  ベスは、おとろえ  肉体のおとろえ  上のおとろえ  張訓も次第に痩せおとろえ  はじめ頃からだんだんに痩せおとろえ  火がおとろえ  もの、おとろえ  心のおとろえ  孝道のおとろえ  



前後の言葉をピックアップ
劣ろ  おどろ  衰え  衰え  衰えれ  おとろえる  衰える  音羽  乙羽  音羽屋


動詞をランダムでピックアップ
振り出し組み合っ捩じれちぢまるふくらむ翻り報いん泊りゃしなそ宿れるかくおこり遅れる笑え預かろうなりゃ切り落そ華やぎつっかから
形容詞をランダムでピックアップ
痛々しけれえらくひくかっみじかしくわしかっ余儀ないうまかっ粘き薄ぐろい有難から丸く冷たしせつなき低き荒かっ小さかっ敢な小ぐらく親しかっ